JP4492396B2 - 検体採取液容器 - Google Patents

検体採取液容器 Download PDF

Info

Publication number
JP4492396B2
JP4492396B2 JP2005070840A JP2005070840A JP4492396B2 JP 4492396 B2 JP4492396 B2 JP 4492396B2 JP 2005070840 A JP2005070840 A JP 2005070840A JP 2005070840 A JP2005070840 A JP 2005070840A JP 4492396 B2 JP4492396 B2 JP 4492396B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
container
cylindrical container
collection liquid
stopper
sample collection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005070840A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006250860A (ja
Inventor
長谷川  満
寿稔 安部
昌克 冨田
匡史 大谷
Original Assignee
ニプロ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ニプロ株式会社 filed Critical ニプロ株式会社
Priority to JP2005070840A priority Critical patent/JP4492396B2/ja
Priority claimed from TW095108375A external-priority patent/TW200643396A/zh
Publication of JP2006250860A publication Critical patent/JP2006250860A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4492396B2 publication Critical patent/JP4492396B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明はウイルスなどの細菌検査のための検体採取液容器に関する。より詳しくはインフルエンザなどのウイルスを検出するための反応試薬容器へ滴下する検体採取液を調製するときに、検査者がウイルスによる汚染や感染におけるリスクを防止しうる構造を備えた検体採取液容器に関する。
インフルエンザ等のウイルス抗原検査の1つとして、近年、ベッドサイドで検査ができるインフルエンザ抗原検査キットが使用されてきている。さらに、該検出キットによりインフルエンザのA型・B型の判定も迅速に検出可能となってきている。このような検査キットは、一般にイムノクロマトグラフィー法、フロースルー法、EIA法などが利用されている。いずれの方法においても、予め患者から採取した検体から調製した検体採取液を反応試薬容器、例えば反応試薬カセットに滴下することにより実施される。具体的には、患者の鼻腔や咽頭から粘液を吸引装置により吸引するかあるいは綿棒で拭い取った後に、溶解液にて溶解して検体採取液を調製し、反応試薬容器へ滴下する。
このような検体採取液を調製する容器としては、予め溶解液が充填されたキャップ付き容器のキャップを滴下口キャップに付け替えて滴下するものを挙げることが出来る(特許文献1)。例えば、スクイズチューブ内に検体処理液をまず調製し、次いで検体を採取した綿棒を検体処理液に浸して検体を処理し、検体採取液を調製する。さらに、スクイズチューブに滴下口キャップ(滴下チップ)をはめ込み、スクイズチューブを反転させて、滴下口キャップ(滴下チップ)から反応試薬容器の検体滴下部へ試料を滴下する。
特開2004−109015号公報
上記タイプの容器では、検体採取液容器をそのまま滴下用容器とすることができ、1滴目から検体毎のばらつきの少ない均一に抽出された液を反応試薬に滴下することができる。また、滴下口キャップ(滴下チップ)にフィルタを取り付けておけば、粘性の高い膿汁や固形物が含まれていても目詰まりすることがない。しかしながら、この場合、滴下口キャップ(滴下チップ)を取り付けるのに、検体採取液が周辺に飛び散るなどして付着した場合や滴下口キャップ(滴下チップ)が小さい場合などには、検査者がウイルスに感染するリスクが著しく高まる。
また、滴下口に取り付ける専用のキャップがない場合には、滴下後の容器を廃棄する際に、廃棄容器内に検体採取液が拡がり、廃棄物処理の際にも感染のリスクが高まってしまう。さらには、滴下口キャップ(滴下チップ)を検体の数だけ別途予め準備しておかなければならない等、煩雑な作業が伴う。そこで、本発明の課題は検査者のウイルスによる汚染や感染リスク、あるいは煩雑な作業性という欠点を解消した検体採取液容器を提供することにある。
本発明者らは、上記課題を解決するため種々鋭意検討を行った結果、筒状容器において、綿棒などの採取棒を挿入する開口部と反対側に滴下口を一体に構成し、検体採取液を調製した後、筒状容器を反転することなく、直ちに検体採取液を滴下できるような検体採取液容器を見出し、本発明に到達した。
すなわち、本発明は、上端及び下端が開口した筒状容器と、該筒状容器内に液密性の溶解液室を設けるために、筒状容器内に摺動自在に挿入されたストッパーと該筒状容器の上端に着脱自在に取り付けられるキャップとを有し、かつ、該筒状容器の下端に液密に取り付けられたアダプタを有する検体採取液容器であって、筒状容器は下端の内径がストッパーの外径よりも若干大きく、アダプタは筒状容器の溶解液室を圧迫したときに押し下げられたストッパーを収容し、筒状容器の下端内壁とストッパーの外面との間に空隙が形成され、さらに、下端に滴下口を備えたことを特徴とする検体採取液容器である。
また、本発明の検体採取液容器は滴下口に隣接して上方に高粘度液をトラップするためのフィルタが設けられている。さらに、本発明の検体採取液容器は滴下口に着脱自在に取り付けられる滴下口用キャップが設けられている。
本発明の検体採取液容器は摺動自在にストッパーを挿入し、さらに滴下口を有することにより反応試薬容器への滴下液を調製する際に、検査者がウイルスによる汚染や感染などのリスクを防止することが可能である。また、操作の煩雑さを低減させることも可能である。
本発明に係る検体採取液容器を図面を用いて具体的に説明する。図1は本発明の検体採取液容器の縦断面図であり、図2は本発明の検体採取液容器に開口部から検体を採取した綿棒を挿入した状態を示す縦断面図である。図3は図1の検体採取液容器の筒状容器の溶解液室を外部から圧迫し、ストッパーが押し下げられ、検体採取液が筒状容器の内面とストッパーの外面との空隙を通り、滴下口から滴下する状態を示す概略図である。
本発明の検体採取液容器1は図1に示すように、上端及び下端が開口した筒状容器2と、該筒状容器内に液密性の溶解液室7を設けるために、筒状容器2内に摺動自在に挿入されたストッパー3と該筒状容器2の上端に着脱自在に取り付けられるキャップ4とを有し、かつ、該筒状容器2の下端に液密に取り付けられたアダプタ5を有する。
筒状容器2は上端にキャップ4を通常、螺合可能な開口部を有し、下端には内径がストッパー3の外径よりも若干大きい部分を有する。また、該下端部分にはアダプタ5を内挿することができる。
筒状容器2は、その下端近くに摺動自在なストッパー3が挿入され、かつ、上端に着脱自在にキャップ4が取り付けられている。ストッパー3とキャップ4が取り付けられることにより、筒状容器2内に溶解液室7が形成される。溶解液室7には検体(鼻腔ぬぐい液、鼻腔吸引液、咽頭ぬぐい液など)を溶解する液が充填されている。通常、溶解液は水であって、反応試薬に滴下した際の検体との反応性を高めるために、界面活性剤が添加されている。さらに防腐剤として、アジ化ナトリウムなどが添加されている。
筒状容器2内で処理された検体採取液を押し出すためには、筒状容器2を外部から圧迫し、筒状容器2の筒部を変形させて溶解液量に対して相対的に溶解液室の容積を小さくすることに限らず、他の物理的手段により押し出すか、溶解液室にある気体を圧縮して内圧を上昇させるなどの操作を行なってもよい。
したがって、筒状容器2は容器内の状態が確認でき、かつ繰り返し圧迫しても白化しない透明性と可撓性を有することが好ましく、このような素材としてはポリエチレン、ポリプロピレン、塩化ビニル樹脂などが好適に用いられる。
ストッパー3およびキャップ4は、筒状容器2の溶解液室の液密性を保持して組み立てられているので、溶解液が筒状容器2から外部に漏出する危険性はない。
ストッパー3は一般に製造時や長期保存時において傾いて液密性を損なわない程度の形状、好ましくは長さ(寸法)が小さい円筒形状を有し、検体を添加する前は上記筒状容器2の内壁に密接している。しかし、ストッパー3が摺動して筒状容器2の下端方向へ移動すると、内壁との間に空隙を形成する。この空隙は筒状容器の溶解液室の変形を解除したときでも塞がらないようになっている。
ストッパー3の素材としては、ノルマルブチルゴム、ハロゲン化ブチルゴム、ブタジエンゴム、イソプレンゴム、イソブチレンゴム、熱可塑性エラストマーなどの弾性材料が挙げられるが、通常、熱可塑性エラストマーが用いられる。
また、摺動を円滑にする目的でストッパー3には環状リブが設けられていても良い。
キャップ4は、筒状容器2に着脱自在に取り付けられており、通常、螺合される。また、液密性を保持するために筒状容器の開口端内壁と接合するスリーブが通常、設けられている。
アダプタ5は、筒状容器2の下端に接続される筒状部材であり、筒状容器2の溶解液室7を圧迫したときに押し下げられたストッパー3を収容し、筒状容器2の下端内壁とストッパー3の外面との間に空隙を形成し、さらに、下端に滴下口8を備える。検体採取液を調製する前、アダプタ5内には通常、空気のみが存在している。
アダプタ5は筒状容器2に液密性を保持して取り付けられていれば、溶着されていても、あるいは溶剤で接着されていても、さらには圧入される状態で接合されていても良い。このような素材としてはポリエチレン、ポリプロピレン、ABS樹脂、ポリスチレン、BS樹脂、ポリカーボネート樹脂等が用いられる。
アダプタ5の内腔に、滴下口8に隣接して上方にフィルタ6が設けられている。フィルタ6は患者から採取された検体が高い粘性のものであったり、固形物を含んでいたりする場合に、滴下口が目詰まりしないようにトラップされる程度の口径を有するものである。ろ過有効面積と目の粗さは自由に選択することができる。このような素材としてはポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素系樹脂、ナイロン樹脂等の他、無機材料等が用いられるが、通常、ポリエチレン焼結体が用いられる。
滴下口8には着脱自在に取り付けられる滴下口用キャップ9が設けられている。滴下口用キャップ9は、滴下口8に着脱自在に取り付けられていても良く、素材としてはポリエチレン、ポリプロピレン、塩化ビニル樹脂等が用いられる。また、アダプタ5と一体に形成されていても良い。さらに検体採取液容器を専用の容器立てに複数立てておくことが出来るように、専用の容器立ての直径を筒状容器2の胴径と略同じ大きさとしてもよい。
検体採取液の調製に際しては、図2に示すように、まず開口部のキャップ4を上に向けた状態で開放し、患者より採取した検体の付着した綿棒などの採取棒を、上端開口部から筒状容器2の溶解室中に挿し入れて、検体を溶解液により溶解抽出し、検体採取液を調製する。
次に、図3に示すように再度、筒状容器2の開口部にキャップ4を取り付け、容器2の反対側に位置する滴下口8を反応試薬容器に向けてから、筒状容器2の溶解液室のある胴部を圧迫すると、その押圧による内部の圧力上昇により、ストッパー3が下方へ前進し、アダプタ5内に移動し収容される。収容されたストッパー4の外面とアダプタ5の内壁の間には、溶解液室7内の検体採取液がその間を通って滴下出来る空隙が設けられている。したがって、検体採取液はこの空隙を通り、滴下口8から外部に導かれ、反応試薬容器に滴下することが出来る。
本発明の検体採取液容器は、インフルエンザウイルスなどのウイルス検査に限ることなく、他の病原体を含む一般的な生体検査に利用することが可能である。
本発明の検体採取液容器の使用前の状態を示す縦断面図である。 本発明の検体採取液容器の溶解調整時の状態を示す縦断面図である。 本発明の検体採取液容器の滴下時の状態を示す概略図である。
符号の説明
1 検体採取液容器
2 筒状容器
3 ストッパー
4 キャップ
5 アダプタ
6 フィルタ
7 溶解液室
8 滴下口
9 滴下口用キャップ

Claims (3)

  1. 上端及び下端が開口した筒状容器と、該筒状容器内に液密性の溶解液室を設けるために、筒状容器内に摺動自在に挿入されたストッパーと該筒状容器の上端に着脱自在に取り付けられるキャップとを有し、かつ、該筒状容器の下端に液密に取り付けられたアダプタを有する検体採取液容器であって、筒状容器は下端の内径がストッパーの外径よりも若干大きく、アダプタは筒状容器の溶解液室を圧迫したときに押し下げられたストッパーを収容し、筒状容器の下端内壁とストッパーの外面との間に空隙が形成され、さらに、下端に滴下口を備えたことを特徴とする検体採取液容器。
  2. 前記アダプタの内腔に滴下口に隣接して上方にフィルタが設けられている、請求項1に記載の検体採取液容器。
  3. 前記滴下口に着脱自在に取り付けられる滴下口用キャップが設けられている、請求項1または2に記載の検体採取液容器。
JP2005070840A 2005-03-14 2005-03-14 検体採取液容器 Active JP4492396B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005070840A JP4492396B2 (ja) 2005-03-14 2005-03-14 検体採取液容器

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005070840A JP4492396B2 (ja) 2005-03-14 2005-03-14 検体採取液容器
TW095108375A TW200643396A (en) 2005-03-14 2006-03-13 Specimen material collection liquid container
CNA2006800079712A CN101137895A (zh) 2005-03-14 2006-03-14 试样采取液容器
AU2006223987A AU2006223987A1 (en) 2005-03-14 2006-03-14 Sampling liquid container
EP06729015A EP1867972A4 (en) 2005-03-14 2006-03-14 LIQUID SAMPLING CONTAINER
PCT/JP2006/304954 WO2006098297A1 (ja) 2005-03-14 2006-03-14 検体採取液容器

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006250860A JP2006250860A (ja) 2006-09-21
JP4492396B2 true JP4492396B2 (ja) 2010-06-30

Family

ID=37091522

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005070840A Active JP4492396B2 (ja) 2005-03-14 2005-03-14 検体採取液容器

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP4492396B2 (ja)
CN (1) CN101137895A (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5265492B2 (ja) * 2009-09-28 2013-08-14 栄研化学株式会社 環境微生物検査用拭き取り器具
JP2012021953A (ja) * 2010-07-16 2012-02-02 Mk Medical Co Ltd 植毛ブラシ検査キット、及びこれを用いた拭き取り検査方法
JP6344794B2 (ja) * 2014-08-20 2018-06-20 株式会社佐藤アンプル製作所 検体検査用具
CN112014141A (zh) * 2020-07-31 2020-12-01 珠海市人民医院 一种取样反应方法
CN111889152A (zh) * 2020-07-31 2020-11-06 珠海市人民医院 一种反应试剂瓶

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03107824U (ja) * 1990-02-22 1991-11-06
JPH0915240A (ja) * 1995-04-24 1997-01-17 Sekisui Chem Co Ltd 便潜血判定装置
JPH11183468A (ja) * 1997-12-19 1999-07-09 Eiken Kizai Kk 環境衛生検査用の検体採取容器
JPH11183469A (ja) * 1997-12-17 1999-07-09 Katsutsune Sato 検体採取器具
JP2000258308A (ja) * 1999-01-05 2000-09-22 Eiken Chem Co Ltd 検診用容器、試料検体の採取方法および採便容器
JP2000515420A (ja) * 1996-08-02 2000-11-21 ツェー.アー.グライナー ウント ゼーネ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング 保持装置用の閉鎖装置、分離装置および保持容器
JP2001116739A (ja) * 1999-08-06 2001-04-27 Sekisui Chem Co Ltd 検査用器具
JP2003175985A (ja) * 2001-10-01 2003-06-24 Tomey Corp 液体滴下容器

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03107824U (ja) * 1990-02-22 1991-11-06
JPH0915240A (ja) * 1995-04-24 1997-01-17 Sekisui Chem Co Ltd 便潜血判定装置
JP2000515420A (ja) * 1996-08-02 2000-11-21 ツェー.アー.グライナー ウント ゼーネ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング 保持装置用の閉鎖装置、分離装置および保持容器
JPH11183469A (ja) * 1997-12-17 1999-07-09 Katsutsune Sato 検体採取器具
JPH11183468A (ja) * 1997-12-19 1999-07-09 Eiken Kizai Kk 環境衛生検査用の検体採取容器
JP2000258308A (ja) * 1999-01-05 2000-09-22 Eiken Chem Co Ltd 検診用容器、試料検体の採取方法および採便容器
JP2001116739A (ja) * 1999-08-06 2001-04-27 Sekisui Chem Co Ltd 検査用器具
JP2003175985A (ja) * 2001-10-01 2003-06-24 Tomey Corp 液体滴下容器

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006250860A (ja) 2006-09-21
CN101137895A (zh) 2008-03-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4811404B2 (ja) 検体採取液容器
JP4840366B2 (ja) 便採取容器
KR100473123B1 (ko) 여과 및 추출 장치와 이를 사용하는 방법
US7114403B2 (en) Fluid collection and application device and methods of use of same
JP6799043B2 (ja) 生物体液の極微標本管理装置
US9925539B2 (en) Fluid rapid testing device
ES2790881T3 (es) Aparato de recogida y análisis de muestras de líquido
US20120132015A1 (en) Method of Sampling Specimen, Test Method and Dropping Pipette and Specimen Sampler to be Used Therein
WO2006098297A1 (ja) 検体採取液容器
JP4492396B2 (ja) 検体採取液容器
JP4650102B2 (ja) 検体採取液容器
WO2008122908A1 (en) Method and device for gathering a fluid sample for screening purposes
JP2006329728A5 (ja)
JP4609252B2 (ja) 検体採取液容器
US20080312576A1 (en) Plunger-less syringe for controlling blood flow
WO2019104945A1 (zh) 一种取样加样装置及其使用方法
GB2232599A (en) One-step blood to plasma device
JP2006317264A (ja) 検体採取液容器
JP2007033356A (ja) 検体採取液容器
CN207570819U (zh) 一种取样加样装置
JP2005300164A (ja) 検体試験容器セット及び検体試験キット
JP2008026090A (ja) 検体採取液容器
JP2009247491A (ja) 採血器具
JP4609323B2 (ja) 検体採取液容器
JP6424666B2 (ja) 検査キットおよびこれに具備される調製用容器

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071016

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100316

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100329

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160416

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250