JP4488793B2 - Polarizing plate, a liquid crystal display device, and the polarizing plate production method using the same - Google Patents

Polarizing plate, a liquid crystal display device, and the polarizing plate production method using the same Download PDF

Info

Publication number
JP4488793B2
JP4488793B2 JP2004153534A JP2004153534A JP4488793B2 JP 4488793 B2 JP4488793 B2 JP 4488793B2 JP 2004153534 A JP2004153534 A JP 2004153534A JP 2004153534 A JP2004153534 A JP 2004153534A JP 4488793 B2 JP4488793 B2 JP 4488793B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
substrate
dye
forming
recess
layer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004153534A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005010768A (en )
Inventor
将人 岡部
Original Assignee
大日本印刷株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、液晶表示装置等に用いることが可能な偏光板およびその製造方法に関するものである。 The present invention relates to a polarizing plate and a manufacturing method that can be used in a liquid crystal display device or the like.

近年、液晶表示装置は、各種ディスプレイ用の表示装置として目覚ましい発展を遂げており、この液晶表示装置の薄型化に伴い、液晶表示装置に用いられる偏光板に対しても、薄膜化や製造効率の向上等、様々な要求がある。 In recent years, a liquid crystal display device has achieved remarkable development as a display device for various displays, along with the thinning of the liquid crystal display device, even for polarizing plate used in a liquid crystal display device, thinning and production efficiency such as improvement, there are various requirements.

従来より一般的に用いられている偏光板としては、ポリビニルアルコール系樹脂フィルムを一軸延伸し、その表面にヨウ素や二色性直接染料等を吸着配向させたものが挙げられ、強度の付与や、水分からの保護等の目的から、上記偏光板の両面にトリアセチルセルロースフィルムのような透明保護フィルムと貼りあわせて用いられている。 The polarizing plate generally used conventionally, a polyvinyl alcohol-based resin film was uniaxially stretched, that is adsorbed and oriented iodine or a dichroic direct dye and the like on the surface, of the strength imparting and, the purpose of protection of the water, are used by bonding a transparent protective film such as triacetyl cellulose film on both surfaces of the polarizing plate.

しかしながら、上記の偏光板においては、通常延伸後のフィルムの厚みは30μm程度有することから薄膜化が困難であるという問題があった。 However, in the above-mentioned polarizing plate, the thickness of the film after normal stretching has a problem that it is difficult thinned from having about 30 [mu] m.

このような問題を解決するため、例えば基材をラビング処理した後、コロナ処理を施し、その上に二色性直接染料を塗布し、ラビング方向に上記二色性直接染料を配向させて偏光層を形成する偏光板が提案されている(特許文献1)。 To solve such a problem, for example, by rubbing the substrate, subjected to corona treatment, thereon was coated the dichroic direct dye, by orienting the dichroic direct dye in the rubbing direction polarization layer polarizer has been proposed to form (Patent Document 1). しかしながら、上記方法等により得られる偏光板は偏光性能が不十分であることから、実用化には至っておらず、透過率やコントラストについて、より一層の向上が求められている。 However, a polarizing plate obtained by the above method or the like since the polarization performance is insufficient, not put to practical use, the transmittance and contrast, are more sought to achieve better.

特開平3−54506号公報 JP 3-54506 discloses

以上のことから、偏光性能が良く、薄膜化が可能であり、製造効率のよい偏光板の提供が望まれている。 From the above, well-polarization performance, but it may be thinner, providing a polarizing plate is desired good manufacturing efficiency.

上記目的を達成するために、本発明は、基材と、上記基材上に形成され、かつ表面に凹部または凸部がパターン状に形成された樹脂層と、上記樹脂層上に形成され、かつ平板状色素を含有する偏光層とを有することを特徴とする偏光板を提供する。 To achieve the above object, the present invention comprises a substrate, formed on the base material, and a resin layer concave or convex portion is formed in a pattern on the surface, is formed on the resin layer, and to provide a polarizing plate and having a polarizing layer containing tabular dye.

本発明によれば、凹部または凸部を有する樹脂層が形成されていることから、例えば上記平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を、上記樹脂層上に塗布することにより、その樹脂層表面の凹部のパターンにより容易に上記平板状色素を一定方向に整列して配向させ、偏光層とすることが可能となる。 According to the present invention, since the resin layer having recesses or protrusions are formed, for example, a polarizing layer forming coating liquid containing the tabular dye, by coating the resin layer on its easily oriented by the flat dye aligned in a fixed direction by the pattern of the recesses of the resin layer surface, it is possible to polarizing layer. したがって基材を延伸等することなく偏光層を形成することができることから、偏光板の膜厚を薄いものとすることができ、また効率よく製造された偏光板とすることができるのである。 Therefore since it is possible to form the polarizing layer without stretching or the like substrate, it is possible to the thinner the film thickness of the polarizing plate, also it is possible to polarizing plates efficiently manufactured.

上記発明においては、上記平板状色素がアントラキノン系色素、フタロシアニン系色素、ポルフィリン系色素、ナフタロシアニン系色素、キナクリドン系色素、ジオキサジン系色素、インダンスレン系色素、アクリジン系色素、ペリレン系色素、ピラゾロン系色素、アクリドン系色素、ピランスロン系色素、およびイソビオラントロン系色素からなる群より選ばれる色素であることが好ましい。 In the above invention, the plate-like pigment anthraquinone dyes, phthalocyanine dyes, porphyrin dyes, naphthalocyanine dyes, quinacridone dyes, dioxazine dyes, indanthrene dyes, acridine dyes, perylene dyes, pyrazolone system dye, acridone dyes, is preferably a pyranthrone pigment, and isoviolanthrone-based dye selected from the group consisting of dyes. これらの平板状色素は、可視光域において、光吸収異方性を有するからである。 These tabular dye is in the visible light region, since a light absorption anisotropy.

また本発明においては、上記平板状色素は、上記平板状色素の法線方向が上記基材の一定方向を向いて積み重なったカラム構造を形成し、上記カラム構造が上記樹脂層の凹部に沿って配向していることが好ましい。 In the present invention, the plate-like pigment, the normal direction of the flat plate-like dye to form a column structure in which stacked facing a certain direction of the substrate, the column structure along the recess portion of the resin layer it is preferable that the orientation. 上記樹脂層の凹部に沿って平板状色素からなるカラム構造が配向するので、偏光特性がよく、耐熱性に優れた偏光層を容易に形成することができるからである。 Since the column structure composed of plate-like pigment along the recess of the resin layer is oriented, the polarization characteristics good, because the polarizing layer excellent in heat resistance can be easily formed.

さらに本発明においては、上記平板状色素は、溶液中でリオトロピック液晶相を示すものであることが好ましい。 Further, in the present invention, the plate-like pigment is preferably one having lyotropic liquid crystal phase in a solution. 上記平板状色素は、溶液中で自己組織化によりカラム構造を形成し、リオトロピック液晶相を示すので、このような平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、カラム構造を容易に配向させることができるからである。 The flat pigment, a column structure formed by self-assembly in solution, exhibits a lyotropic liquid crystal phase, by applying a polarizing layer forming coating liquid containing such tabular dyes, column structure This is because it is possible to easily orient.

また本発明においては、上記樹脂層表面に親水化処理が施されていることが好ましい。 In the present invention, it is preferable that the hydrophilization treatment to the resin layer surface is subjected. 通常、このような凹凸構造を複製する場合、形成された表面は撥水性が高くなり、平板色素がうまく配向しない可能性があるからである。 Usually, when duplicating such a concavo-convex structure, formed surface becomes high water repellency, there is a possibility that the flat plate dye is not aligned well.

本発明は、また、上記記載の偏光板と、液晶セルとが積層されたことを特徴とする液晶表示装置を提供する。 The present invention also provides a liquid crystal display device, characterized in that the polarizing plate described above, and the liquid crystal cell are laminated. 本発明によれば、上記偏光板を用いることにより、液晶表示装置の膜厚を薄いものとすることができ、また製造効率やコストの面でも好ましい液晶表示装置とすることが可能となるのである。 According to the present invention, by using the above polarizing plate, it can be assumed thin the film thickness of the liquid crystal display device, and also than is possible to preferably liquid crystal display device in terms of production efficiency and cost .

また本発明は、基材または表面に凸部がパターン状に形成された凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程、上記基材および上記凹部形成用基板を、上記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる配置工程、上記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程、および、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離して凹部をパターン状に形成する凹部形成工程を行うことにより、樹脂層を形成する樹脂層形成工程と、 The present invention is coating step of coating a curable resin composition on the convex portion is patterned to form recesses formed on the substrate for a substrate or surface, the substrate and the recess-forming substrate, the curable stripping arrangement step of superimposing across the resin composition, the curing process of the curable resin by curing the above curable resin composition, and, the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin by performing the recess forming step of forming a recess in a pattern with a resin layer forming step of forming a resin layer,
上記樹脂層上に平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、上記樹脂層の凹部により上記平板状色素を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程、上記塗膜を乾燥させる乾燥工程、および、上記平板状色素の配向状態を固定化する固定化工程を行うことにより偏光層を形成する偏光層形成工程とを有することを特徴とする偏光板の製造方法を提供する。 Applying a polarizing layer forming coating solution containing tabular dye to the resin layer, the concave portion of the resin layer coating film forming step of forming a coating film by orienting the flat pigment, the coating film dried to a drying step, and to provide a method of manufacturing a polarizing plate and having a polarizing layer forming step of forming a polarizing layer by performing a fixing step to fix the alignment state of the plate-shaped dye .

本発明によれば、例えばパターン状に凸部が形成された上記凹部形成用基板と、基材との間に硬化性樹脂組成物を挟んで硬化させることにより、表面にパターン状に凹部を有する樹脂層を形成することができる。 According to the present invention, having the above-described recess-forming substrate having a convex portion formed, for example, a pattern, by curing across the curable resin composition between the substrate, a recess pattern on the surface it is possible to form the resin layer. 続いて、この樹脂層上に上記平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、上記凹部のパターンにより平板状色素を一定方向に整列して配向させることが可能となり、偏光層とすることができるのである。 Subsequently, by applying a polarizing layer forming coating liquid containing the tabular dye to the resin layer, it becomes possible to orient and align the flat dye in a predetermined direction by the pattern of the recess, it is possible that the polarizing layer. これにより、効率よく、また基材の種類や膜厚が限定されることなく偏光板を製造することが可能となるのである。 Thus, efficient and it become possible to produce a polarizing plate without the type and thickness of the substrate is limited.

上記発明においては、上記平板状色素は、上記平板状色素の法線方向が上記基材の一定方向を向いて積み重なったカラム構造を形成し、上記偏光層形成用塗工液中でリオトロピック液晶相を示すものであり、上記カラム構造は上記樹脂層の凹部に沿って配向していることが好ましい。 In the above invention, the plate-like pigment, the normal direction of the flat plate-like dye to form a column structure in which stacked facing a certain direction of the substrate, lyotropic liquid crystal phase in the polarizing layer forming coating liquid is indicative of, it is preferable that the columnar structure is oriented along the recess portion of the resin layer. このような平板状色素は、溶液中で自己組織化によりカラム構造を形成し、リオトロピック液晶相を示すので、この平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、樹脂層の凹部に沿ってカラム構造を容易に配向させることができるからである。 Such tabular dyes, the column structure formed by self-assembly in solution, exhibits a lyotropic liquid crystal phase, by applying a polarizing layer forming coating solution containing the tabular dye, resin layer This is because it is possible to easily orient the column structure along the recess.

また本発明においては、上記偏光層形成工程の塗膜形成工程では、上記偏光層形成用塗工液に対して剪断応力が加わらない塗布方法が用いられることが好ましい。 In the present invention, the film-forming step of the polarizing layer forming step, a coating method shearing stress is not applied with respect to the polarizing layer forming coating solution is preferably used. 剪断応力のかかる塗布方法を用いると、塗布方向に平板状色素が配向する可能性があり、樹脂層の凹部により配向しにくくなる場合があるからである。 With the coating method according the shear stress may be oriented flat dye coating direction, there is a case where hardly oriented by the recess of the resin layer.

さらに本発明においては、上記偏光層形成工程の固定化工程では、上記平板状色素を架橋する方法が用いられることが好ましい。 Further, in the present invention, the step of immobilizing the polarizing layer forming step, a method of crosslinking the flat pigment is preferably used. 上記平板状色素を架橋することにより、偏光度が高く、耐熱性に優れた偏光層を形成することができるからである。 By crosslinking the flat pigment, the degree of polarization is high, it is possible to form the polarizing layer excellent in heat resistance.

また本発明においては、上述した樹脂層形成工程の後、凹部が形成された樹脂層表面を親水化する親水化処理工程が行われることが好ましい。 In the present invention, after the above-mentioned resin layer forming step, a hydrophilic treatment step for hydrophilizing the recess formed resin layer surface is preferably carried out. 通常、このような樹脂層形成工程を行うと、形成された樹脂層表面は撥水性が高くなり、液晶がうまく配向しない可能性があるからである。 Normally, when such a resin layer forming step, the formed resin layer surface becomes high water repellency, there is a possibility that the liquid crystal is not aligned well.

本発明によれば、上記凹部を有する樹脂層が形成されていることから、例えば上記平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を、上記樹脂層上に塗布することにより、その樹脂層表面の凹部のパターンにより容易に上記平板状色素を一定方向に整列して配向させ、偏光層とすることが可能となる。 According to the present invention, since the resin layer having the concave portion is formed, for example, a polarizing layer forming coating liquid containing the tabular dye, by coating the resin layer, the resin layer easily oriented by the flat dye aligned in a fixed direction by the pattern of the recesses of the surface, it is possible to polarizing layer. したがって基材を延伸し、これにヨウ素を含浸させて形成する従来の偏光板と比較して、偏光板の膜厚を薄いものとすることができ、また効率よく製造された偏光板とすることができるのである。 Thus stretching the substrate, this in comparison with the conventional polarizing plate formed by impregnating iodine, it is possible to the thinner the film thickness of the polarizing plate, also be a polarizing plate produced efficiently but they can.

本発明は、液晶表示装置等に用いることが可能な偏光板、その偏光板を用いた液晶表示装置、および偏光板の製造方法に関するものである。 The present invention, which can be used in a liquid crystal display device such as a polarizing plate, a liquid crystal display device using the polarizing plate, and a method of manufacturing a polarizing plate. 以下、それぞれについてわけて説明する。 Hereinafter, it will be described separately for each.

A. A. 偏光板 まず、本発明の偏光板について説明する。 Polarizer will be described first polarizing plate of the present invention. 本発明の偏光板は、基材と、上記基材上に形成され、かつ表面に凹部または凸部がパターン状に形成された樹脂層と、上記樹脂層上に形成され、かつ平板状色素を含有する偏光層とを有するものである。 The polarizing plate of the present invention comprises a substrate, formed on the base material, and a resin layer concave or convex portion is formed in a pattern on the surface, it is formed on the resin layer, and a flat dye and it has a polarizing layer containing.

本発明の偏光板について図面を参照しながら説明する。 Will be described with reference to the drawings polarizing plate of the present invention. 図1は本発明の偏光板の一例を示す概略断面図である。 Figure 1 is a schematic sectional view showing an example of a polarizing plate of the present invention. 図1に示すように、本発明の偏光板は、基材1と、この基材1上に形成され、かつ表面に凹部または凸部がパターン状に形成された樹脂層2と、この樹脂層2上に形成され、平板状色素を含有する偏光層3とを有するものである。 As shown in FIG. 1, the polarizing plate of the present invention comprises a substrate 1, is formed on the substrate 1, and the resin layer 2 which recesses or projections are formed in a pattern on the surface, the resin layer it is formed on the 2 and has a polarizing layer 3 containing tabular dye.

本発明によれば、凹部または凸部を有する樹脂層が形成されていることから、この樹脂層上に、例えば上記平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、その表面の凹凸により容易に上記平板状色素を一定方向に整列して配向させることが可能となる。 According to the present invention, since the formed resin layer having recesses or protrusions, to the resin layer, for example by applying a polarizing layer forming coating liquid containing the tabular dye, its easily the flat dye by the unevenness of the surface it is possible to orient aligned in a certain direction. したがって、上記偏光層を形成する際に、基材を延伸等する必要がないことから、偏光板の膜厚は基材の膜厚に左右されず、薄膜とすることも可能となり、また基材の種類も限定されないことから、様々な種類の基材を用いることができる。 Therefore, in forming the polarizing layer, it is not necessary to stretch such a substrate, the film thickness of the polarizing plate is not influenced by the thickness of the substrate, also the result that a thin film, also substrate since also the types are not limited, it is possible to use various types of substrates. これにより、偏光板に強度や耐性等、様々な特性を付与することが可能となる。 Thus, the strength and resistance like the polarizing plate, it is possible to impart various properties. またさらに、上記偏光層形成用塗工液を塗布することにより、偏光層を形成することができることから、偏光板を効率良く製造されたものとすることができるのである。 Furthermore, by applying the polarizing layer forming coating solution, since it is possible to form the polarizing layer, it is possible to assume that a polarizing plate is efficiently produced.
以下、このような本発明の偏光層における各構成について説明する。 Each of the components will be described below in the polarizing layer of the present invention as described above.

1. 1. 樹脂層 まず、本発明に用いられる樹脂層について説明する。 Resin layer will be described first resin layer used in the present invention. 本発明に用いられる樹脂層は、後述する基材上に形成され、かつ表面に凹部または凸部がパターン状に形成されたものである。 Resin layer used in the present invention is formed on a later-described base material, and in which recesses or projections are formed in a pattern on the surface. 本発明においては、樹脂層が凹部または凸部を有することから、平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することによって、平板状色素を凹部のパターンにより一定方向に整列して配向させることができ、後述する偏光層とすることが可能となるのである。 In the present invention, since the resin layer has a concave or convex portion, by applying a polarizing layer forming coating solution containing tabular dye, aligned in a predetermined direction by the pattern of recesses a flat dye can be oriented, it become possible to later-described polarizing layer.

本発明における樹脂層の凹部または凸部のパターンの形状としては、平板状色素を配向させた際、偏光性を有する層とすることが可能となる形状であれば特に限定されるものではないが、中でもストライプ状に一定の間隔で規則的に形成されているパターンであることが好ましい。 The shape of the pattern of recesses or protrusions of the resin layer in the present invention, when to align the flat pigment, is not particularly limited as long as the shape is possible to a layer having polarizing is preferably a pattern is regularly formed at regular intervals among them in stripes. ストライプ状の凹部により、容易に平板状色素を配向させることができるからである。 The stripe-shaped recess, because it is possible to easily align the flat dye.

本発明において、このような凹部の幅としては、後述する偏光層の項で説明する平板状色素の種類等によって異なるものであるが、通常0.1μm〜100μmの範囲内、好ましくは0.1μm〜10μmの範囲内、特に0.2μm〜1μmの範囲内とすることが好ましい。 In the present invention, the width of such a recess, but is different depending on the type of tabular dyes described in later sections for polarizing layer, usually in the range of approximately 0.1-100 [mu] m, preferably 0.1μm in the range of 10 .mu.m, particularly preferably in the range of 0.2Myuemu~1myuemu. 凹部の幅を上記範囲よりも狭く形成するのは製造法的に困難であり、逆に凹部の幅を広くし過ぎると平板状色素からなるカラム構造を配列させることが困難となる場合があるからである。 The width of the recess is the production legally difficult to form smaller than the above range, since it may be difficult to align the columnar structure consisting of concave width widely too the flat dye conversely it is. ここで、凹部の幅とは、例えば図2のaで示される幅であり、凹状に形成されている部分の幅をいうこととする。 Here, the width of the recess, the width is indicated, for example, by a in FIG. 2, and to refer to the width of a portion which is formed in a concave shape.

また、凹部の深さとしては、通常0.05μm〜1μmの範囲内、中でも0.1μm〜0.2μmの範囲内であることが好ましい。 As the depth of the recess, in the range of usually 0.05 to 1 m, preferably in the range of inter alia 0.1Myuemu~0.2Myuemu. 凹部の深さが浅すぎると平板状色素からなるカラム構造を配向させる性能が低くなり、逆に凹部の深さが深すぎると平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を樹脂層上に塗布する際に塗りムラが生じる可能性があるからである。 Performance is lowered to align the column structure depth of the recesses is made of too shallow the flat pigment, a polarizing layer forming coating solution of the resin layer containing tabular dye the depth of the recess is too deep there is a possibility that uneven coating may occur when applying the. ここで、凹部の深さとは、例えば図2のbで示される深さであり、凹部内の最深部から凹部の端部までの高さをいうこととする。 Here, the depth of the recess, for example, a depth indicated by b in FIG. 2, and that means the height from the deepest recess to the edge of the recess.

さらに、凹部または凸部のパターンがストライプ状である場合、凹部の間隔は、後述する平板状色素の種類等により異なるものであるが、通常隣接する凹部の端と凹部の端との間隔、すなわち凸部の幅が可視光の波長の半分以下とされ、好ましくは0.05μm〜2μmの範囲内、より好ましくは0.1μm〜1μmの範囲内、特に0.1μm〜0.2μmの範囲内とされることが好ましい。 Furthermore, if the pattern of recesses or protrusions are stripe-shaped, the distance between the recesses, but is different from the kind of flat dye to be described later, the normal distance between the end edge and the recess between adjacent concave portions, i.e. the width of the convex portion is less than half the wavelength of visible light, preferably in the range of 0.05Myuemu~2myuemu, more preferably in the range of 0.1 to 1 m, and particularly in the range of 0.1μm~0.2μm it is preferred that the. 隣接する凹部の端の間隔を上記範囲よりも狭く形成するのは製造法的に困難であり、逆に隣接する凹部の端の間隔を広くし過ぎると平板状色素からなるカラム構造を配列させることが困難となる場合があるからである。 The spacing of the ends of the adjacent concave portions is producing legally difficult to form smaller than the above range, it is arranged a columnar structure consisting of widely too the tabular dye apart end of the recess adjacent the opposite This is because it may become difficult. また、隣接する凹部の端と凹部の端との間隔が可視光の波長に近い値であると、光の回折により光学的に色付き等の不具合が生じる可能性があるからである。 Further, because the distance between the end edge and the recess of the adjacent recess when is a value close to the wavelength of visible light, there is a possibility that a problem may occur such as colored optically by diffraction of light. ここで、隣接する凹部の端と凹部の端との間隔とは、例えば図2のcで示される間隔である。 Here, the distance between the end edge and the recess between adjacent concave portions, an interval is indicated, for example, by c in FIG.

また、凹部のピッチとしては、後述する平板状色素の種類等により適宜選択されるものであるが、通常0.1μm〜10μmの範囲内、好ましくは0.2μm〜1μmの範囲内、特に0.2μm〜0.4μmの範囲内とすることが好ましい。 As the pitch of the recesses, but is appropriately selected depending on the kind or the like of the plate-shaped dye to be described later, in the range of usually 0.1 m to 10 m, preferably in the range of 0.2Myuemu~1myuemu, especially 0. it is preferably in the range of 2Myuemu~0.4Myuemu. 凹部のピッチを上記範囲よりも狭く形成するのは製造法的に困難であり、逆に凹部のピッチを広くし過ぎると平板状色素からなるカラム構造を配列させることが困難となる場合があるからである。 The pitch of the recesses is the production legally difficult to form smaller than the above range, since it may be difficult to align the columnar structure consisting of plate-shaped dye is excessively wide pitch of the recesses in the opposite it is. ここで、凹部のピッチとは、例えば図2のdで示されるピッチであり、隣接する凹部の中心から凹部の中心までの距離をいうこととする。 Here, the pitch of the recesses, for example, a pitch indicated by d in FIG. 2, and that refers to the distance to the center of the recess from the center of the adjacent concave portions.

上記樹脂層の凹部の断面形状としては特に限定されるものではなく、例えば図1に示すように凹部の断面形状が矩形であってもよく、また凹部の断面形状が台形等、その他の形状であってもよい。 The cross-sectional shape of the recess of the resin layer is not particularly limited, for example, may have cross-sectional shape of the recess as shown in Figure 1 a rectangular, also cross-sectional shape trapezoid recess, other shapes it may be. 本発明においては、中でも凹部の断面形状が矩形であることが、後述する平板状色素からなるカラム構造を容易に一定方向に整列して配向させることが可能となる面から好ましい。 In the present invention, among them that the recess cross section is rectangular it is preferable from the viewpoint that it becomes possible to align aligned easily fixed direction column structure composed of plate-like pigments to be described later.

上述したような凹部を有する樹脂層は、目的とする凹部の形状と対称である凸部を表面に有する凹部形成用基板を準備し、この凹部形成用基板と後述する基材との間に硬化性樹脂組成物を挟んで硬化させることにより形成することができる。 Resin layer having a recess as described above, curing between substrates to prepare the recess-forming substrate having a convex portion in the shape and symmetry of the recess of interest on the surface, below this recess forming substrate it can be formed by curing across the sexual resin composition. このような樹脂組成物に用いられる硬化性樹脂としては、例えば不飽和ポリエステル、メラミン、エポキシ、ポリエステル(メタ)アクリレート、ウレタン(メタ)アクリレート、エポキシ(メタ)アクリレート、ポリエーテル(メタ)アクリレート、ポリオール(メタ)アクリレート、メラミン(メタ)アクリレート、もしくはトリアジン系アクリレート等の硬化性樹脂を単独または混合して用いることができる。 As such a curable resin used in the resin composition, such as unsaturated polyester, melamine, epoxy, polyester (meth) acrylate, urethane (meth) acrylate, epoxy (meth) acrylates, polyether (meth) acrylate, polyol (meth) acrylate, melamine (meth) acrylate, or a curable resin such as triazine-based acrylate can be used alone or in combination. また、上記樹脂組成物は、熱硬化性樹脂または紫外線硬化性樹脂であってもよく、またこれらを組み合わせたものであってもよい。 Further, the resin composition may be a thermosetting resin or an ultraviolet curable resin, or may be a combination of these.

また、上記樹脂組成物には、必要に応じて硬化剤や、光重合開始剤等、各種添加剤を加えたものであってもよく、また後述する基材上に塗布または、後述する基材と上記凹部形成用基板との間に流し込むために、溶剤やモノマー等を用いて粘度を調整したものとしてもよい。 The aforementioned resin composition, and curing agent, if necessary, a photopolymerization initiator, etc., may be obtained by adding various additives, also applied onto described below substrate or, later to the substrate and for pouring between the recess-forming substrate may be obtained by adjusting the viscosity with a solvent or monomers.

また、上記樹脂層の膜厚は、偏光板の種類によって異なるものではあるが、凹部の厚みが通常1μm以下、好ましくは0.2μm以下とする。 The thickness of the resin layer, there is a different from the type of the polarizing plate, but the thickness of the recess is normally less than 1 [mu] m, preferably to 0.2μm or less. 凹部の厚みが厚すぎると、本発明の偏光板が重厚となる可能性があるからである。 If the thickness of the recess is too thick, because the polarizing plate of the present invention may become a massive. また、偏光板の薄型化を考慮すると凹部の厚みは薄い方が好ましいが、薄すぎるものを形成するのは困難であることから、凹部の厚みは通常0.1μm以上である。 Although better thin thickness of the consideration of the recess in the thickness of the polarizing plate is preferred, because it to form what is too thin is difficult, the recess has a thickness of usually 0.1μm or more. ここで、凹部の厚みとは、例えば図2のeで示されるような凹部が形成されている部分の厚みをいう。 Here, the thickness of the recess, for example, refers to the thickness of the portion recess, as indicated by e in FIG. 2 is formed.

なお、上記樹脂層の形成方法については、後述する「C.偏光板の製造方法」の項で説明するので、ここでの説明は省略する。 Note that the method for forming the resin layer, so described in "production method of C. polarizing plate" which will be described later, and description thereof is omitted here.

本発明においては、通常、このような凹凸構造を複製する場合、形成された樹脂層表面は撥水性が高くなり、液晶がうまく配向しない可能性がある。 In the present invention, usually, when cloning such a concavo-convex structure, formed resin layer surface becomes high water repellency, it is possible that the liquid crystal is not aligned well. この樹脂層上に、後述する偏光層を形成する偏光層形成用塗工液が塗布されることから、上記樹脂層は親水性であることが好ましく、上記樹脂層上に親水性層が設けられていてもよく、また上記樹脂層表面が親水化処理されたものであってもよい。 This resin layer, since the polarizing layer forming coating solution for forming the polarizing layer to be described later is applied, the resin layer is preferably a hydrophilic, the hydrophilic layer is provided on the resin layer even if well, or it may be one that the resin layer surface is hydrophilized. 上記樹脂層の表面を親液性となるように表面処理する方法としては、アルゴンや水などを利用したプラズマ処理による親液性表面処理等が挙げられ、また樹脂層上に形成する親液性層としては、例えばテトラエトキシシランのゾルゲル法によるシリカ膜等を挙げることができる。 The surface of the resin layer as a method for surface treatment so as to be lyophilic is lyophilic surface treatment and the like by plasma processing using such as argon or water and lyophilic formed on the resin layer the layer can include silica film or the like for example by a sol-gel method of tetraethoxysilane.

2. 2. 偏光層 次に、本発明に用いられる偏光層について説明する。 Polarizing layer will be described polarizing layer used in the present invention. 本発明に用いられる偏光層は、平板状色素を含有する層であり、その平板状色素が、上記樹脂層の凹部のパターンにより、一定方向に整列して配向されているものであれば、特に限定されるものではない。 Polarizing layer used in the present invention is a layer containing tabular dye, the plate-shaped dye, the pattern of the recesses of the resin layer, as long as it is oriented in alignment in a fixed direction, particularly the present invention is not limited.

このような偏光層に用いられる平板状色素としては、上記樹脂層の凹部により配向するものであり、配向することにより偏光性を有する層を形成することができるものであれば特に限定されるものではなく、例えばアントラキノン系色素、フタロシアニン系色素、ポルフィリン系色素、ナフタロシアニン系色素、キナクリドン系色素、ジオキサジン系色素、インダンスレン系色素、アクリジン系色素、ペリレン系色素、ピラゾロン系色素、アクリドン系色素、ピランスロン系色素、およびイソビオラントロン系色素からなる群より選ばれる色素等を挙げることができる。 Such use in polarizing layer flat dye, which orient the recess portion of the resin layer, to be particularly limited as long as it can form a layer having a polarization by orienting rather than, for example anthraquinone dyes, phthalocyanine dyes, porphyrin dyes, naphthalocyanine dyes, quinacridone pigments, dioxazine-based dyes, indanthrene dyes, acridine dyes, perylene dyes, pyrazolone dyes, acridone-based dyes , it can be exemplified pyranthrone pigments, and dyes selected from the group consisting of isoviolanthrone-based pigments.

また、本発明に用いられる平板状色素は、平板状色素の法線方向が基材の一定方向を向いて積み重なったカラム構造を形成するものであることが好ましい。 Tabular dye used in the present invention preferably the normal direction of the flat pigment is to form a column structure in which stacked facing a certain direction of the substrate. 上記平板状色素の自己組織化により形成されたカラム構造は、上記樹脂層の凹部に沿って一定方向に容易に配向するため、偏光特性のよい偏光層とすることができるからである。 Column structure formed by self-assembly of the flat pigment, in order to easily oriented in a certain direction along the recess portion of the resin layer, it is because it is possible to good polarizing layer having polarization characteristics.

図3は、本発明に用いられる偏光層の概略斜視図である。 Figure 3 is a schematic perspective view of a polarizing layer used in the present invention. 図3に示すように、この偏光層においては、平板状色素13は、樹脂層2の凹部に沿って、平板状色素13の法線方向nが基材1の一定方向を向いて積層してカラム構造13´を形成し、このようなカラム構造13´が複数配列して偏光層を構成している。 As shown in FIG. 3, in this polarizing layer, tabular dye 13, along the recess of the resin layer 2, the normal direction n of the flat pigment 13 is laminated facing to the fixed direction of the substrate 1 forming a column structure 13 ', constitute the polarizing layer such column structure 13' is a plurality of sequences. このように平板状色素13が配列して構成される偏光層においては、複数のカラム構造13´のカラムの軸方向が基材1の一定方向を向いているので、偏光性を有する層とすることができる。 In the polarizing layer configured thus flat dye 13 is arranged, since the axial direction of the column of the plurality of column structure 13 'is oriented a certain direction of the substrate 1, a layer having a polarization property be able to.

このような平板状色素としては、柱状に積層することによりカラム構造を形成することができるものであれば特に限定されるものではない。 Such tabular dye, is not particularly limited as long as it can form a column structure by stacking the columnar. カラム構造を形成する平板状色素としては、例えば、スルホン酸基等の親水性基を有する平板状色素、または長鎖のアルキル基等の疎水性基を有する平板状色素が挙げられる。 The tabular dye to form a column structure, for example, tabular dye having a hydrophobic group such as a flat dye or long-chain alkyl group having a hydrophilic group such as a sulfonic acid group. 中でも、親水性基を有する平板状色素を用いることが好ましい。 Among them, it is preferable to use a flat dye having a hydrophilic group. 親水性基を有する平板状色素は、この親水性基が小さく、隣接するカラム構造同士の距離が近いため、容易にカラム構造を配列させることができるからである。 Flat dye having a hydrophilic group, the hydrophilic group is small, the distance of the column structure with adjacent short, because it is possible to easily arrange the column structure. また、スルホン酸基等の親水部を中和して水に難溶もしくは不溶とすることで固定化処理が容易となるからである。 Further, because the immobilization process by to neutralize the hydrophilic portion such as a sulfonic acid group in water and poorly soluble or insoluble is facilitated. 上記親水性基としては、スルホン酸基、スルホン酸ナトリウム基、スルホン酸アンモニウム基、スルホン酸リチウム基、スルホン酸カリウム基等のスルホン酸系の親水性基、カルボキシル基、カルボン酸ナトリウム基、カルボン酸アンモニウム基、カルボン酸リチウム基、カルボン酸カリウム基等のカルボン酸系の親水性基、水酸基、アミノ基などが挙げられる。 Examples of the hydrophilic group, a sulfonic acid group, a sulfonic acid sodium group, a sulfonic acid ammonium group, sulfonic acid lithium group, a sulfonic acid type of hydrophilic groups such as sulfonic acid potassium groups, carboxyl groups, sodium carboxylate group, a carboxylic acid ammonium group, a carboxylic acid lithium group, a carboxylic acid type hydrophilic groups such as carboxylic acid potassium groups, hydroxyl group and an amino group. これらの中でも、スルホン酸系の親水性基であることが好ましい。 Among these, it is preferable that the hydrophilic group of the sulfonic acid type.

ここで、平板状色素がカラム構造を形成しているとは、X線回折装置を用いて測定することにより確認することがきる。 Here, the flat plate-like pigment forms a column structure, kill be confirmed by measurement using an X-ray diffractometer.

本発明に用いられる平板状色素としては、上記の中でも、溶液中でリオトロピック液晶相を示すものであることが好ましい。 The flat dye used in the present invention, among the above, it is preferable that the lyotropic liquid crystal phase in a solution. 上記平板状色素は、溶液中でカラム構造を形成し、リオトロピック液晶相を示すので、このような平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布することにより、カラム構造を容易に配向させることができるからである。 The flat pigment, a column structure is formed in solution, exhibits a lyotropic liquid crystal phase, by applying a polarizing layer forming coating liquid containing such tabular dyes, easy orientation of the column structure This is because it is possible to.

このような溶液中でリオトロピック液晶相を示す平板状色素としては、水溶液中でリオトロピック液晶相を示す平板状色素、または有機溶媒中でリオトロピック液晶相を示す平板状色素が挙げられる。 As such a solution tabular dye having lyotropic liquid crystal phase in a tabular dye lyotropic liquid crystal phase or tabular dye having lyotropic liquid crystal phase in an organic solvent, and in aqueous solution. 上記の溶液の種類は、上記平板状色素の置換基によって異なるものであり、平板状色素がスルホン酸基等の親水性基を有する場合は水溶液が用いられ、長鎖のアルキル基等の疎水性基を有する場合は有機溶媒が用いられる。 Type of the solutions are different from the substituents of the above flat pigment, an aqueous solution is used if the plate-like pigment having a hydrophilic group such as sulfonic acid groups, hydrophobicity, such as long chain alkyl groups when having a group organic solvent is used. これらの中でも、水溶液中でリオトロピック液晶相を示す平板状色素を用いることが好ましい。 Among these, it is preferable to use a flat dye having lyotropic liquid crystal phase in an aqueous solution. 上記平板状色素が親水性基を有し、水溶液中でリオトロピック液晶相を示すものであることにより、後述する平板状色素の配向状態を固定化する際の処理が簡便になるからである。 The tabular dye having a hydrophilic group, by those having lyotropic liquid crystalline phase in an aqueous solution, because the process of time to fix the alignment state of the tabular dye to be described later is simplified.

上述したカラム構造を形成し、水溶液中でリオトロピック液晶相を示す平板状色素の具体例としては、下記化学式で示される物質が挙げられる。 Forming the above-mentioned column structure, as a specific example of a flat dye having lyotropic liquid crystal phase in aqueous solution include materials represented by the following chemical formula.

上記各化学式中のアルキル基は、炭素原子1〜4個を有するものであることが好ましい。 The alkyl groups in the above formula is preferably one having 1 to 4 carbon atoms. また、上記各化学式中のハロゲンとしては、Cl、Brであることが好ましい。 As the halogen in the above formula, Cl, is preferably Br. さらに、上記各化学式中のカチオンとしては、H 、Li 、Na 、K 、Cs 又はNH が挙げられる。 Further, as the cation in the above formula, H +, Li +, Na +, K +, Cs + or NH 4 + and the like. これらの物質は単独でも、2種以上を組み合わせて用いることもできる。 Also these substances alone or may be used in combination of two or more.

本発明においては、上記の中でも、上記化学式I〜Vで表される物質が好適に用いられる。 In the present invention, among the above, materials represented by Formula I~V is preferably used.

また、上記平板状色素としては、上述したようなリオトロピック液晶相を示すものに限定されるものではなく、サーモトロピック液晶相を示すものであってもよい。 Further, as the plate-like pigment is not limited to those having lyotropic liquid crystalline phase as described above, may represent a thermotropic liquid crystal phase.

さらに、本発明に用いられる偏光層としては、上記平板状色素の他に、液晶材料を含有していてもよい。 Further, as the polarizing layer used in the present invention, in addition to the above flat pigment may contain a liquid crystal material. 例えば、平板状色素が樹脂層の凹部により配向しにくいものであったとしても、液晶材料を凹部に沿って配向させることにより、この液晶材料の配向方向に沿って平板状色素を配向させることができるからである。 For example, even if the plate-like pigment were those difficult oriented by the recess of the resin layer, by aligning the liquid crystal material along the recess, be oriented tabular dye along the orientation direction of the liquid crystal material This is because possible. 上記液晶材料としては、一般に偏光層に用いることができる液晶材料を使用することができる。 As the liquid crystal material, generally a liquid crystal material which can be used for the polarizing layer can be used. また、上記液晶材料と平板状色素との液晶組成物は、リオトロピック液晶相を示すものであっても、サーモトロピック液晶相を示すものであってもよいが、通常はサーモトロピック液晶相を示すものが用いられる。 The liquid crystal composition of the liquid crystal material a flat dye, even those having lyotropic liquid crystal phase, may indicate a thermotropic liquid crystal phase, but usually show a thermotropic liquid crystal phase It is used.

本発明において形成される偏光層の膜厚は、上記平板状色素の種類や偏光板の目的とする透過率等により、異なるものであるが、通常50nm〜2000nmとし、中でも100nm〜1000nmの範囲内とすることが好ましい。 The film thickness of the polarizing layer formed in the present invention, the transmission rate, which is the object of the type and the polarizing plate of the plate-like pigment, but is different from, and typically 50 nm to 2000 nm, among others within the scope of 100nm~1000nm it is preferable that the.

なお、偏光層の形成方法に関しては、後述する「C.偏光板の製造方法」の項に記載するため、ここでの説明は省略する。 Regarding the method for forming a polarizing layer, to the section "production method of C. polarizing plate" which will be described later, and description thereof is omitted here.

3. 3. 基材 次に、本発明に用いられる基材について説明する。 Substrate will be described base material used in the present invention. 本発明においては、上記樹脂層を形成可能であれば、特に限定されるものではない。 In the present invention, the resin layer formed if possible, but is not particularly limited. 本発明においては、上記樹脂層の凹部を利用して上記偏光層が形成されることから、基材は延伸される必要がなく、基材も限定されない。 In the present invention, since the above-described polarizing layer using the recess portion of the resin layer is formed, the substrate need not be stretched, but are not limited substrates. したがって、例えば基材として例えば強度や耐性等、種々の機能性を有するものを用いることも可能となり、形成される偏光板の種類により、適宜選択することができる。 Thus, for example, for example, strength and resistance as the base material or the like, it becomes possible to use those having various functional, depending on the type of the polarizing plate to be formed can be suitably selected. また、可撓性を有するもの、例えば樹脂製フィルム等であってもよく、可撓性を有さないもの、例えばガラス基材等であってもよい。 Further, those having flexibility, for example, may be a resin film or the like, which flexibility no, may be, for example, a glass substrate or the like.

本発明においては、上述したように、基材上に硬化性樹脂組成物を塗布し、基材および凸部を有する凹部形成用基板の間に硬化性樹脂組成物を挟みこむことにより凹部を形成して樹脂層を形成することが可能であることから、ロールトゥロールプロセスにより連続的に偏光板を作製することもできる。 In the present invention, as described above, a recess by the curable resin composition is coated on a substrate, sandwiching a curable resin composition between the recess-forming substrate having a substrate and a protrusion and since it is possible to form the resin layer, it is also possible to produce a continuous polarizer by roll-to-roll process. この場合、上記基材としては、可撓性を有し、光透過率が80%以上の透明な樹脂製フィルムであることが好ましい。 In this case, as the base material has flexibility, it is preferable light transmittance is transparent resin film of 80% or more. このような樹脂製フィルムとしては、セルロース系樹脂、ノルボルネン系樹脂、およびシクロオレフィン系樹脂等のフィルム、さらにポリカーボネート、ポリアリレート、ポリスルフォン、およびポリエーテルスルホン等のフィルムを使用することができる。 As such a resin film can be used a film such as a cellulose resin, norbornene resin, and a cycloolefin resin, further polycarbonate, polyarylate, polysulfone, and a film of polyether sulfone or the like.

また、上記樹脂層を形成する際に、基材側から例えば紫外線を照射して硬化性樹脂を硬化させる場合は、上記基材は紫外線透過性を有する必要がある。 Further, in forming the resin layer, when curing the curable resin is irradiated from the substrate side such as ultraviolet rays, the substrate should have a UV transparent.

さらに、本発明の偏光板が、透過型偏光板として用いられる場合には、通常基材に透明性が必要とされるが、例えば、基材の表面に金属等からなる反射層が形成されて反射型偏光板や半透過型偏光板とされる場合には、上記基材に透明性は必ずしも必要とされない。 Further, the polarizing plate of the present invention, when used as a transmission type polarizing plate is transparent to the normal substrate is required, for example, the reflective layer of metal etc. on the surface of the substrate is formed If it is a reflection type polarizing plate or a transflective type polarizing plate, transparent to the substrate it is not necessarily required.

本発明に用いられる基材の膜厚は、偏光板の種類や用途によって異なるものであるが、通常100〜1000μmの範囲内とすることが可能である。 The film thickness of the base material used in the present invention is different from the polarizer and the kind and the intended use, it is possible in the range of usually 100 to 1000 [mu] m.

また、基材と樹脂層との密着性を向上させるために、基材に表面処理を行ってもよい。 In order to improve the adhesion between the substrate and the resin layer may be subjected to a surface treatment to the substrate. 具体的には、グロー放電処理、コロナ放電処理、UV処理、ケン化処理等を用いることができる。 Specifically, glow discharge treatment, corona discharge treatment, UV treatment, or saponification treatment. また、基材上にプライマー層を形成してもよい。 Further, a primer layer may be formed on the substrate. さらに、硬化性樹脂から基材を保護する目的でプライマー層(バリア層)を設けてもよい。 Furthermore, it is also possible to provide a primer layer (barrier layer) for the purpose of protecting the substrate from the cured resin. このようなプライマー層としては、例えばシラン系、チタン系のカップリング剤等を挙げることができる。 Such primer layers, such as silane-based, and a coupling agent such as titanium-based.

さらに、上記基材上には、機能層が形成されていてもよい。 Furthermore, on the substrate, the functional layer may be formed. 本発明に用いられる機能層としては、一般に液晶表示装置に用いられるものであれば特に限定されるものではなく、例えばカラーフィルタ層等を挙げることができる。 The functional layer used in the present invention, generally is not particularly limited as long as it is used in a liquid crystal display device, it may include, for example, a color filter layer or the like. カラーフィルタ層としては、一般に液晶表示装置のカラーフィルタ層として用いられているものであれば特に限定されるものではなく、顔料や樹脂を用いたものを使用することができる。 The color filter layer, generally it is not particularly limited as long as it is used as a color filter layer of a liquid crystal display device, it is possible to use those using pigments and resins. また、各色の間にブラックマトリックスが形成されていてもよい。 It may also have a black matrix is ​​formed between the respective colors.

4. 4. 偏光板 次に、本発明の偏光板について説明する。 Polarizers will now be described polarizing plate of the present invention. 本発明の偏光板は、上述した基材上に上記樹脂層が形成され、その樹脂層表面の凹部により平板状色素が一定方向に整列して配向することで偏光層が形成されているものであれば、特に限定されるものではない。 The polarizing plate of the present invention, the resin layer is formed on a substrate as described above, those in which the tabular dye polarizing layer is formed by orienting aligned in a fixed direction by the recess of the resin layer surface if, it is not particularly limited.

本発明の偏光板の膜厚は、その偏光板の用途や種類により適宜選択されるものであるが、通常50μm〜1000μmの範囲内とすることができる。 The film thickness of the polarizing plate of the present invention is intended to be appropriately selected depending on applications and the type of the polarizing plate may be in the range of from 50Myuemu~1000myuemu.

本発明においては、上記基材上に金属等からなる反射層が形成された反射型偏光板とするものであってもよく、また、上記基材上にある程度可視光に対して透過性を有するように上記反射層が形成された半透過反射型偏光板とするものであってもよい。 In the present invention, it may be one of a reflective type polarizer reflective layer is formed of metal etc. on the base material, also permeable to some extent visible light on the base material or it may be a semi-transmissive reflective polarizer where the reflective layer is formed so as.

このような反射層としては、例えばアルミニウムや銀等のような高反射率の金属を、例えば真空蒸着法、スパッタリング法、イオンプレーティング法等によって形成することができ、例えば反射型偏光板を形成する場合には、膜厚を通常10nm〜100nmの範囲内、また半透過反射型偏光板を形成する場合には、膜厚を通常10nm〜30nmの範囲内とすることができる。 Such reflective layer, for example, a high reflectance metal such as aluminum or silver, for example, a vacuum deposition method, a sputtering method, can be formed by an ion plating method, for example, forming a reflection type polarizing plate when the range of the film thickness of usually 10 nm to 100 nm, also in the case of forming a semi-transmissive reflection type polarizing plate may be a thickness in the range of usually 10 nm to 30 nm. また、上記金属からなる反射層を形成した場合には、上記反射層の劣化を防止するために、例えばアクリル樹脂、エポキシ樹脂、ポリエステル樹脂、ウレタン樹脂、アルキド樹脂等の保護層を形成することが好ましい。 Further, in the case of forming a reflective layer of the metal, in order to prevent the deterioration of the reflective layer, for example, acrylic resins, epoxy resins, polyester resins, urethane resins, to form a protective layer, such as alkyd resins preferable. また、必要に応じて光拡散層等が形成されたものであってもよい。 Also, or may be the light diffusion layer or the like is formed as necessary.

B. B. 液晶表示装置 次に、本発明の液晶表示装置について説明する。 The liquid crystal display device Next, description will be given of a liquid crystal display device of the present invention. 本発明の液晶表示装置は、上述した偏光板と液晶セルとが積層されたものであれば、特に限定されるものではなく、例えば液晶セルの両面に上記偏光板が積層されたものであってもよく、また液晶セルの前面偏光板もしくは背面偏光板として、液晶セルの片面に積層されたものであってもよい。 The liquid crystal display device of the present invention, as long as the polarizing plate mentioned above and the liquid crystal cells are laminated, is not particularly limited, for example, be those the polarizing plate on both surfaces of the liquid crystal cells are stacked at best, also as a front polarizer or the rear polarizing plate of the liquid crystal cell, or may be laminated on one surface of a liquid crystal cell. またさらに、液晶セルが、2枚の高分子フィルムが対向して配置されたプラスチック液晶セル等である場合には、その液晶フィルムセルを構成する高分子フィルムとして、上記偏光板を用いるものであってもよい。 Furthermore, the liquid crystal cell, when the polymer film two is a plastic liquid crystal cell or the like which is arranged to face, as a polymer film constituting the liquid crystal film cell, be those using the above polarizing plate it may be.

本発明の液晶表示装置は、上記偏光板を用いることから、薄型なものとすることが可能であり、また製造効率やコストの面からも好ましいものとすることが可能となるのである。 The liquid crystal display device of the present invention, since the use of the polarizing plate, it is possible to thin ones, also than is possible to preferable in terms of production efficiency and cost.

本発明に用いられる液晶セルは、通常液晶表示装置に用いられるものを用いることが可能である。 A liquid crystal cell used in the present invention, it is possible to use a generally used for a liquid crystal display device.

C. C. 偏光板の製造方法 次に、本発明の偏光板の製造方法について説明する。 Method for producing a polarizing plate will be described a method of producing a polarizing plate of the present invention.
本発明の偏光板の製造方法は、基材または表面に凸部がパターン状に形成された凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程、上記基材および上記凹部形成用基板を、上記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる配置工程、上記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程、および、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離して凹部をパターン状に形成する凹部形成工程を行うことにより、樹脂層を形成する樹脂層形成工程と、 Method for producing a polarizing plate of the present invention, the coating process, the substrate and the recess-forming substrate for applying a curable resin composition on the convex portion is patterned to form recesses formed on the substrate for the substrate or surface a disposing step of superimposing across the curable resin composition, curing step of curable resin by curing the above curable resin composition, and said recess from said curable resin composition or the curable resin by performing the recess forming step of forming a recess in a pattern formation substrate peeling to, a resin layer forming step of forming a resin layer,
上記樹脂層上に平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、上記樹脂層の凹部により上記平板状色素を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程、上記塗膜を乾燥させる乾燥工程、および、上記平板状色素の配向状態を固定化する固定化工程を行うことにより偏光層を形成する偏光層形成工程とを有するものである。 Applying a polarizing layer forming coating solution containing tabular dye to the resin layer, the concave portion of the resin layer coating film forming step of forming a coating film by orienting the flat pigment, the coating film dried to a drying step, and those having a polarizing layer forming step of forming a polarizing layer by performing a fixing step to fix the alignment state of the plate-like pigment.

本発明の偏光板の製造方法について図面を参照しながら説明する。 Will be described with reference to the drawings a method of producing a polarizing plate of the present invention. 図4は、本発明の偏光板の製造方法の一例を示す工程図である。 Figure 4 is a process diagram showing an example of the method for producing the polarizing plate of the present invention. 図4に示すように、本発明の偏光板の製造方法においては、まず、基材1上に硬化性樹脂組成物12を塗布し(図4(a))、基材1および凸部がパターン状に形成された凹部形成用基板4を硬化性樹脂組成物12を挟んで重ね合わせ、紫外線21を照射することにより硬化性樹脂組成物12を硬化させる(図4(b))。 As shown in FIG. 4, in the manufacturing method of the polarizing plate of the present invention, first, a curable resin composition 12 is coated on the substrate 1 (FIG. 4 (a)), 1 and the convex member group pattern the recess-forming substrate 4 formed on Jo superimposed across the curable resin composition 12 to cure the curable resin composition 12 by irradiation of ultraviolet rays 21 (Figure 4 (b)). さらに、凹部形成用基板4を剥離することにより(図4(c))、凹部を有する樹脂層2が形成される(図4(d))。 Furthermore, by separating the recess-forming substrate 4 (FIG. 4 (c)), the resin layer 2 is formed with a recess (Fig. 4 (d)). このようにして樹脂層形成工程が行われる。 In this manner, the resin layer forming step is performed. 次に、上記樹脂層2上に平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、樹脂層2の凹部により平板状色素を配向させ、平板状色素の配向状態を固定化することにより偏光層3を形成する(図4(e))。 Then, the coating a polarizing layer forming coating solution containing tabular dye on the resin layer 2, the concave portion of the resin layer 2 are oriented tabular dye, to fix the alignment state of the flat pigment by forming the polarizing layer 3 (FIG. 4 (e)). このようにして偏光層形成工程が行われる。 In this way, the polarizing layer forming step is performed.

本発明によれば、上記樹脂層形成工程により、表面にパターン状に凹部が形成された樹脂層が形成されることから、この樹脂層の凹部のパターンにより、容易に上記平板状色素を一定方向に整列して配向させることができ、偏光層とすることが可能となる。 According to the present invention, the above resin layer forming step, since the resin layer having a concave portion formed in a pattern is formed on the surface, the pattern of the recesses of the resin layer, easily fixed direction the flat dye aligned to be oriented, it becomes possible to polarizing layer. これにより、効率よく、また基材の種類や膜厚が限定されることなく偏光板を製造することが可能となるのである。 Thus, efficient and it become possible to produce a polarizing plate without the type and thickness of the substrate is limited.
以下、本発明の偏光板の製造方法の各工程について説明する。 The following describes each step of the production method of the polarizing plate of the present invention.

1. 1. 樹脂層形成工程 まず、本発明における樹脂層形成工程について説明する。 Resin layer forming step will be described first resin layer forming step in the present invention. 本発明における樹脂層形成工程は、基材上または表面に凸部がパターン状に形成された凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程と、上記基材および上記凹部形成用基板を、上記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる配置工程と、上記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程と、および、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離して凹部を形成する凹部形成工程とを有するものである。 The resin layer forming step in the present invention includes a coating step of applying a curable resin composition on the convex portion on a base material or surface is patterned to form recesses forming board, for the substrate and the recess formed the substrate, a disposing step of superimposing across the curable resin composition, a curing process of the curable resin by curing the above curable resin composition, and, the curable resin composition or the curable resin from those having a recess forming step of forming a concave portion by peeling the recess-forming substrate.
以下、このような樹脂層形成工程の各工程について説明する。 The following describes each step of such a resin layer forming step.

(1)塗布工程 本発明における樹脂層形成工程においては、まず、基材上または表面に凸部がパターン状に形成された凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程が行われる。 (1) In the resin layer forming step in the coating process the present invention, firstly, coating step of coating a curable resin composition on the convex portion is patterned to form recesses formed on the substrate for the substrate or on the surface of the line divide.

なお、本工程に用いられる硬化性樹脂組成物、基材等については、上述した「A.偏光板」の項に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 Incidentally, the curable resin composition used in this step, the base material and the like are the same as those described in the section described above "A. polarizing plate", explanation here is omitted. 以下、凹部形成用基板および硬化性樹脂組成物の塗布方法について説明する。 The following describes the method of applying recess-forming substrate and a curable resin composition.

(凹部形成用基板) (Substrate recess formed)
まず、本工程に用いられる凹部形成用基板について説明する。 First, it will be described for forming recesses substrate used in the present process. 本工程に用いられる凹部形成用基板は、表面に凸部がパターン状に形成されたものであり、この凸部の形状およびパターンは、目的とする樹脂層の凹部のパターンの形状と対称となるように形成されているものである。 Recess-forming substrate used in the present process are those protrusions on the surface is formed in a pattern, the shape and pattern of the convex portion has a shape symmetrical pattern of the recesses of the resin layer of interest are those formed as.

なお、凸部の幅や高さ、パターンの形状等は上述した「A.偏光板」における樹脂層の項で説明した、樹脂層上に形成された凹部の形状と対応するものであるので、ここでの説明は省略する。 The width and height of the projection, the shape of the pattern was described in the section of the resin layer in the "A. polarizing plate" mentioned above, since it corresponds to the shape of the recess formed on the resin layer, description thereof is omitted here.

このような凹部形成用基板としては、上記のようなパターンが形成されているものであれば、その種類等は特に限定されるものではなく、可撓性を有するもの、例えば樹脂フィルム等であってもよいし、可撓性を有さないもの、例えばガラス等であってもよい。 Such recess-forming substrate, as long as the pattern as described above is formed, is not particularly limited its kind, those having flexibility, there in a resin film or the like may be, that flexibility no, may be, for example, glass or the like. 本発明においては、凹部形成用基板は繰り返し用いられるものであることから、所定の強度を有する材料が好適に用いられる。 In the present invention, since the substrate recess formed is intended to be repeatedly used, a material having a predetermined strength is suitably used. 具体的には、ガラス、セラミック、金属、プラスチック等を挙げることができる。 Specifically, mention may be made of glass, ceramics, metals, plastics and the like. このような材料は、後述する凸部の形成方法により、適宜選択されるものである。 Such materials, the method for forming the convex portion to be described later, is appropriately selected. さらに、上記凹部形成用基板は、後述する硬化工程における硬化性樹脂組成物を硬化させる際の紫外線の照射方法により適宜選択される。 Furthermore, the recess-forming substrate is appropriately selected depending on the irradiation method of ultraviolet light for curing the curable resin composition in the curing step described below. すなわち、凹部形成用基板側から紫外線を照射する場合は、紫外線透過性を有する必要があるが、基材側から紫外線を照射する場合は、特に限定されるものではない。 That is, when irradiated with ultraviolet light from the recess-forming substrate side, it is necessary to have a UV transparent, when irradiated with ultraviolet light from the substrate side is not particularly limited.

また、上記凹部形成用基板は、凹凸用円筒ドラムにより移動していてもよく、さらには凹部形成用基板自体が凹凸用円筒ドラムを構成している、すなわち凹凸用円筒ドラムの表面に凸部が形成されていてもよい。 Further, the recess-forming substrate, which may be moved by concave-convex cylindrical drum, further itself substrate recess formed constitutes the concave-convex cylindrical drum, that is, convex portions on the surface of the concave-convex cylindrical drum it may be formed. ロールトゥロールプロセスを経ることにより、基材上に凹部を連続的に複製することができ、製造効率が向上するからである。 Through the roll-to-roll process, it is possible to continuously replicate recess on a substrate, it is improved production efficiency. また、このような凹部形成用基板の原版を一度作製するだけで、偏光特性の良好な偏光板を大量に製造できるため、製造効率をより一層向上させることができる。 Also, just to produce a precursor of such a recess-forming substrate once, since it mass-produced good polarizing plate of the polarizing properties, it is possible to further improve the manufacturing efficiency.

このようなパターン状の凸部の形成方法としては、例えばガラスや樹脂フィルム等をパターニングする方法、ガラス等の表面に感光性樹脂層等を塗布して、この感光性樹脂層をパターニングする方法などを用いることができる。 As a method for forming such a pattern-shaped convex portion, for example, a method of patterning a glass or a resin film or the like, on the surface of glass or the like by coating the photosensitive resin layer, etc., a method of patterning the photosensitive resin layer, etc. it can be used. パターニング方法としては、一般的な方法を用いることが可能であり、例えばフォトリソグラフィー法、スパッタ法、また機械的に切削する方法等が挙げられる。 The patterning method, it is possible to use a general method, for example, a photolithography method, a sputtering method, also and a method of mechanically cutting. さらに、斜め蒸着法、ラビング法等を用いることもできる。 Further, the oblique deposition method, it is also possible to use a rubbing method or the like.

(硬化性樹脂組成物の塗布方法) (The method of coating the curable resin composition)
本工程においては、硬化性樹脂組成物12は、例えば図4(a)に示すように基材1上に塗布してもよく、図示しないが凹部形成用基板上に塗布してもよい。 In this step, the curable resin composition 12, for example, FIG. 4 may be applied onto the substrate 1 (a), a not shown may be applied on a substrate recess formed. また、基材と凹部形成用基板とを所定の間隙をおいて固定し、その間に硬化性樹脂組成物を流し込み、塗布するものであってもよい。 Further, a substrate base material and the recess formed was fixed at a predetermined gap, pouring a curable resin composition during, or may be applied.

上記硬化性樹脂組成物の塗布方法としては、スピンコート法、ロールコート法、プリント法、ディップコート法、カーテンコート法(ダイコート法)等が挙げられる。 As a method for coating the curable resin composition, a spin coating method, a roll coating method, a printing method, a dip coating method, a curtain coating method (die coating method).

塗布された硬化性樹脂組成物の膜厚としては、0.1〜30μmの範囲内、中でも0.2〜10μmの範囲内であることが好ましい。 The thickness of the applied curable resin composition, in the range of 0.1 to 30 [mu] m, preferably in the range of inter alia 0.2 to 10 [mu] m. 硬化性樹脂組成物の膜厚が薄すぎると、硬化性樹脂組成物への凹部の複製が十分に行われない可能性があるからである。 If the thickness of the curable resin composition is too thin, replication of the recess of the curable resin composition there is a possibility that not sufficiently. また、膜厚が厚すぎると、本発明により製造された偏光板の薄型化が困難となり、さらに基材がフィルムである場合、塗布面がカールしやすくなる可能性があるからである。 Further, the film thickness is too thick, thinner polarizing plate produced by the present invention becomes difficult, if further substrate is a film, there is a possibility that the coated surface tends to curl.

また、上記硬化性樹脂組成物が所望の膜厚となるように、塗布量を制御して上述した方法により塗布してもよく、塗布した後に余剰な硬化性樹脂組成物を取り除いてもよい。 Furthermore, as the curable resin composition has a desired thickness, it may be applied by the method described above by controlling the coating amount may be removed excess curable resin composition after application. 余剰な硬化性樹脂組成物を取り除く方法としては、ローラーを用いて取り除く方法、ドクターを用いて掻き取る方法等が挙げられる。 As a method of removing excess curable resin composition, a method of removing by using a roller, and a method of scraping with a doctor and the like. また、このような余剰な硬化性樹脂組成物を取り除く工程は、塗布工程後に行ってもよく、後述する配置工程後に行ってもよい。 The step of removing such excess curable resin composition may be carried out after the coating step may be performed after placement step described below.

(2)配置工程 次に、本発明における樹脂層形成工程の配置工程について説明する。 (2) arranging step will be described step of arranging the resin layer forming step in the present invention. 本発明における配置工程は、上記基材および上記凹部形成用基板を、上記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる工程である。 Arrangement step of the present invention, the substrate and the recess-forming substrate is a step of superimposing across the curable resin composition.

上記基材および凹部形成用基板の配置方法としては、塗布された硬化性樹脂組成物が基材および凹部形成用基板と接するように配置されていれば特に限定されないが、硬化性樹脂組成物が基材と密着するように配置されることが好ましい。 As an arrangement method of the base material and recesses forming substrate is a curable resin composition applied is not particularly limited so long as it is placed in contact with the substrate and recesses forming substrate, the curable resin composition it is preferably arranged to be in close contact with the substrate. 硬化性樹脂組成物を硬化させた硬化性樹脂からなる樹脂層は基材上に形成されるため、硬化性樹脂組成物が基材と密着することが好ましいからである。 Resin layer made of a cured curable resin of the resin composition is cured is because it is preferable to be formed on a substrate, the curable resin composition is in close contact with the substrate. また、上記基材と上記凹部形成用基板とは、硬化性樹脂組成物が目的の膜厚となるように、間隙をおいて配置されることが好ましい。 Further, the above-mentioned substrate and the recess-forming substrate, as the curable resin composition is a thickness of interest, is preferably disposed at a gap.

また、上記基材と上記硬化性樹脂組成物との密着性を向上させるために、基材に表面処理行うことが好ましい。 In order to improve the adhesion between the substrate and the curable resin composition, it is preferable to perform surface treatment on the substrate. 具体的には、グロー放電処理、コロナ放電処理、UV処理、ケン化処理等を用いることができる。 Specifically, glow discharge treatment, corona discharge treatment, UV treatment, or saponification treatment. また、基材上にプライマー層を形成してもよい。 Further, a primer layer may be formed on the substrate. さらに、硬化性樹脂から基材を保護する目的でプライマー層(バリア層)を設けてもよい。 Furthermore, it is also possible to provide a primer layer (barrier layer) for the purpose of protecting the substrate from the cured resin. このようなプライマー層としては、例えばシラン系、チタン系のカップリング剤等を挙げることができる。 Such primer layers, such as silane-based, and a coupling agent such as titanium-based.

(3)硬化工程 本発明における樹脂層形成工程においては、上記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程が行われる。 (3) In the resin layer forming step in the curing process the present invention, the curing step of the curable resin by curing the above curable resin composition is conducted.

上記硬化性樹脂組成物の硬化の方法は、硬化性樹脂組成物の種類により適宜選択されるものであり、上記硬化性樹脂組成物中の硬化性樹脂が、熱硬化性樹脂である場合には、常温で、または加温して所定の時間放置することにより行うことができる。 The method of curing the curable resin composition, which is appropriately selected depending on the kind of the curable resin composition, the curable resin of the curable resin composition is, when a thermosetting resin it can be carried out by at normal temperature, or warming to left for a predetermined time. また、上記硬化性樹脂組成物中の硬化性樹脂が、紫外線硬化性樹脂である場合には、紫外線を照射することにより行うことができる。 Further, the curable resin of the curable resin composition is, when an ultraviolet curable resin can be performed by irradiating ultraviolet light. この場合、上記基材または凹部形成用基板のいずれかが紫外線透過性を有することが必要とされる。 In this case, any of the above substrate or recess-forming substrate is required to have a UV transparent.

また、硬化性樹脂組成物を硬化することにより得られる硬化性樹脂の膜厚としては、0.1〜30μmの範囲内、中でも0.2〜10μmの範囲内であることが好ましい。 The film thickness of the cured resin obtained by curing the curable resin composition, in the range of 0.1 to 30 [mu] m, preferably in the range of inter alia 0.2 to 10 [mu] m. 膜厚が上記範囲より厚い場合は、本発明により製造された偏光板の薄型化が困難となる可能性があるからである。 When the film thickness is larger than the above range, because the thickness of the polarizing plate produced by the present invention may become difficult. また、膜厚が上記範囲より薄い場合は、強靭性に劣るからである。 Also, if the film thickness is thinner than the above range is because poor toughness.

本発明において、硬化工程は、上記塗布工程後、上記配置工程後、または凹部形成工程中のいずれに行ってもよいものである。 In the present invention, the curing process after the coating process, but may be made in any of the in after the placement step, or recess forming step. すなわち、硬化性樹脂組成物を基材または凹部形成用基板上に塗布した後に硬化させる(塗布工程後)、硬化性樹脂組成物を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせて配置した後に硬化させる(配置工程後)、または、硬化性樹脂組成物から凹部形成用基板を剥離した後に硬化させる(凹部形成工程中)のどの場合で行ってもよいものである。 That is, the curable resin composition (after application process) to harden after application to a substrate or recesses forming board, after placing superposed substrates and recess-forming substrate across the curable resin composition curing (after placement step), or, in which may be carried out in case the curable resin composition is cured after separating the substrate recessed portion formed (in the concave portion forming step) of the throat. 以下、各態様について説明する。 The following describes each aspect.

(第1の態様) (The first aspect)
本発明において、硬化工程の第1の態様は、硬化性樹脂組成物を基材または凹部形成用基板上に塗布し、加熱または紫外線照射により上記硬化性樹脂組成物を硬化し、硬化して得られる硬化性樹脂を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせて配置し、上記硬化性樹脂から凹部形成用基板を剥離し、凹部を形成するものである。 In the present invention, a first aspect of the curing step, the curable resin composition is applied to a substrate or recesses forming board, and curing the curable resin composition by heating or ultraviolet irradiation, and curing to give curable resin by the base material and superposed recesses forming substrate sandwiching arranged to be, peeling the substrate recess formed from the curable resin, thereby forming a recess. 本態様においては、例えば図5に示すように、硬化性樹脂組成物12を基材1上に塗布した後に、紫外線21を照射して上記硬化性樹脂組成物12を硬化させる。 In this embodiment, for example, as shown in FIG. 5, the curable resin composition 12 after application on the substrate 1 is irradiated with ultraviolet rays 21 to cure the curable resin composition 12. 図5においては、硬化性樹脂組成物12を基材1上に塗布しているが、凹部形成用基板上に塗布してもよい。 In Figure 5, but the curable resin composition 12 is coated on the substrate 1, it may be coated onto a substrate recess formed.

この際、上記硬化性樹脂組成物を硬化させるための紫外線の照射方向としては、基材または凹部形成用基板側からでもよく、硬化性樹脂組成物側からでもよい。 At this time, the irradiation direction of ultraviolet light for curing the curable resin composition may also from the substrate or recess-forming substrate side, may be from the curable resin composition side. ただし、基材または凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布し、基材または凹部形成用基板側から照射する場合は、基材または凹部形成用基板が紫外線透過性を有している必要がある。 However, the curable resin composition is applied to a substrate or recesses formed on the substrate for the case of irradiating the substrate or recess-forming substrate, the substrate or recess-forming substrate has a UV transparent There is a need.

また、基材上に硬化性樹脂組成物を塗布して硬化させる場合は、硬化して得られる硬化性樹脂の表面に凹部形成用基板を配置して、凹部を複製することから、硬化後も硬化性樹脂は所定の粘度を有している必要がある。 Also, the case of curing by applying a curable resin composition on a substrate is to place the recess-forming substrate on the surface of the cured resin obtained by curing, since duplicating the recess, after curing curable resin is required to have a predetermined viscosity. よって、硬化性樹脂組成物を完全に硬化させないことが好ましく、硬化性樹脂の表面に凹部形成用基板を配置した後、または硬化性樹脂から凹部形成用基板を剥離した後に、再度硬化させてもよい。 Therefore, it is preferable to not completely cure the curable resin composition, after placing the recess-forming substrate on the surface of the cured resin, or after separating the substrate recess formed of a curable resin, it is cured again good.

(第2の態様) (Second embodiment)
本発明において、硬化工程の第2の態様は、硬化性樹脂組成物を基材または凹部形成用基板上に塗布し、上記硬化性樹脂組成物を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせて配置し、加熱または紫外線照射により上記硬化性樹脂組成物を硬化し、硬化して得られる硬化性樹脂から凹部形成用基板を剥離し、凹部を形成するものである。 In the present invention, the second aspect of the curing step, the curable resin composition was applied to a substrate or recesses formed on the substrate for superimposing the substrate and the recess forming substrate by sandwiching the curable resin composition Te arranged to cure the curable resin composition by heating or UV irradiation, peeling off the substrate recess formed of a curable resin obtained by curing, thereby forming a recess. 本態様においては、例えば図4(b)に示すように、硬化性樹脂組成物12を挟んで基材1および凹部形成用基板4を重ね合わせて配置した後に、紫外線21を照射して上記硬化性樹脂組成物12を硬化させる。 In this embodiment, for example, as shown in FIG. 4 (b), after placing by superposing the substrate 1 and the recess-forming substrate 4 across the curable resin composition 12, the cured by irradiation with ultraviolet rays 21 curing the sexual resin composition 12.

この際、上記硬化性樹脂組成物を硬化させるための紫外線の照射方向としては、凹部形成用基板側からでもよく、基材側からでもよい。 At this time, the irradiation direction of ultraviolet light for curing the curable resin composition may even from recess-forming substrate side, may be from the substrate side. ただし、基材側から照射する場合は、基材が紫外線透過性を有している必要があり、また凹部形成用基板側から照射する場合は、凹部形成用基板が紫外線透過性を有している必要がある。 However, the case of irradiating from the substrate side, it is necessary to base has a UV transparent, and if irradiated from recess-forming substrate side, recess-forming substrate has a UV transparent it is necessary to have.

(第3の態様) (Third aspect)
本発明において、硬化工程の第3の態様は、硬化性樹脂組成物を基材または凹部形成用基板上に塗布し、上記硬化性樹脂組成物を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせて配置し、上記硬化性樹脂組成物から凹部形成用基板を剥離し、加熱または紫外線照射により上記硬化性樹脂組成物を硬化し、凹部を形成するものである。 In the present invention, a third aspect of the curing step, the curable resin composition was applied to a substrate or recesses formed on the substrate for superimposing the substrate and the recess forming substrate by sandwiching the curable resin composition Te place, peeling off the substrate recess formed from the curable resin composition, and curing the curable resin composition by heating or UV irradiation, thereby forming a recess. 本態様においては、例えば図6に示すように、硬化性樹脂組成物12から凹部形成用基板4を剥離した後に、紫外線21を照射して上記硬化性樹脂組成物12を硬化させる。 In this embodiment, for example, as shown in FIG. 6, after removing the recess-forming substrate 4 from the curable resin composition 12 is irradiated with ultraviolet rays 21 to cure the curable resin composition 12.

この際、上記硬化性樹脂組成物を硬化させるためのエネルギー線の照射方向としては、硬化性樹脂組成物側からでもよく、基材側からでもよい。 At this time, the irradiation direction of the energy beam for curing the curable resin composition may also from the curable resin composition side, may be from the substrate side. ただし、基材側から照射する場合は、基材が紫外線透過性を有している必要がある。 However, the case of irradiating from the substrate side, it is necessary to base has a UV transparent.

また、硬化性樹脂組成物から凹部形成用基板を剥離した後に、硬化性樹脂組成物を硬化させることから、硬化性樹脂組成物は凹部形成用基板を剥離した後も凹部を維持している必要がある。 Further, after peeling the substrate recess formed from the curable resin composition, the curing the curable resin composition, the curable resin composition is required to maintain the recess even after peeling the substrate recess formed there is. よって、硬化性樹脂組成物が所定の粘度を有するように、硬化性樹脂組成物から凹部形成用基板を剥離する前に、予め半硬化状態とさせてもよい。 Thus, as the curable resin composition has a predetermined viscosity, prior to separating the substrate recess formed from the curable resin composition, it may be previously in a semi-cured state.

(4)凹部形成工程 本発明における樹脂層形成工程においては、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離して凹部をパターン状に形成する凹部形成工程が行われる。 (4) In the resin layer forming step in the recess forming step present invention, the concave portion forming step of forming a recess in a pattern is peeled off the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin is performed . これにより、例えば図4(c)に示すように、上記凹部形成用基板4の凸部のパターンに対応した凹部のパターンを有する樹脂層2を形成することができるのである。 Thus, for example, as shown in FIG. 4 (c), it is possible to form a resin layer 2 having a pattern of recesses corresponding to the pattern of the convex portion of the recess-forming substrate 4.

上記硬化性樹脂組成物もしくは上記硬化性樹脂から凹部形成用基板を剥離する方法としては、硬化性樹脂組成物もしくは硬化性樹脂が凹部形成用基板から剥がれ、基材に密着しており、かつ凹部が形成されていれば、特に限定されるものではない。 As a method for peeling the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin, the curable resin composition or the curable resin is peeled off from the substrate recess formed in close contact to the substrate, and the recess There be formed, it is not particularly limited.

また、本発明においては、凹部形成用基板が凹凸用円筒ドラムにより移動し、基材が基材用円筒ドラムにより移動しており、上記二つの円筒ドラム上で硬化性樹脂組成物または硬化性樹脂を挟んで基材および凹部形成用基板を重ね合わせ、上記硬化性樹脂組成物または上記硬化性樹脂から上記凹部形成用基板を剥離し、上記基材上に連続的に凹部を複製することにより、凹部を有する樹脂層が形成されてもよい。 In the present invention, the recess forming the substrate is moved by concave-convex cylindrical drum, the substrate is moving through the cylindrical drum base, the curable resin composition on said two cylindrical drum or curable resin overlay a substrate and a recess-forming substrate across, was peeled off the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin, by replicating continuously recess on the base material, resin layer may be formed to have a recess. さらに、上記凹部形成用基板が、凹凸用円筒ドラムであってもよい。 Furthermore, the recess-forming substrate may be a cylindrical drum uneven. ロールトゥロールプロセスを経ることにより、基材上に凹部の複製を連続的に行うことができ、製造効率が向上するからである。 Through the roll-to-roll process, a replica of the recess can be continuously performed on the substrate are improved production efficiency. また、このような凹部形成用基板の原版を一度作製するだけで、偏光特性の良好な偏光板を大量に製造できるからである。 Also, just to produce a precursor of such a recess-forming substrate once, because good polarizing plate of the polarizing characteristics in large quantities can be produced.

2. 2. 偏光層形成工程 次に、本発明における偏光層形成工程について説明する。 Polarizing forming process will now be described polarizing layer forming step in the present invention. 本発明における偏光層形成工程は、上記樹脂層上に平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、上記樹脂層の凹部により上記平板状色素を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程と、上記塗膜を乾燥させる乾燥工程と、上記平板状色素の配向状態を固定化する固定化工程とを行うことにより偏光層を形成する工程である。 Polarizing layer forming step in the present invention is coated with a polarizing layer forming coating solution containing tabular dye to the resin layer, to form a coating film by orienting the flat dye by the recess of the resin layer and a coating film forming step, a drying step of drying the coating film, a step of forming a polarizing layer by performing a fixing step to fix the alignment state of the plate-like pigment.

本発明においては、上記樹脂層上に凹部がパターン状に形成されていることから、この凹部のパターンにより、平板状色素を一定方向に整列して配向させることが可能となるのである。 In the present invention, since the recess in the resin layer is formed in a pattern, the pattern of the recess, it become possible to orient and align the flat pigment in a certain direction.
以下、このような偏光層形成工程における各工程について説明する。 The following describes each step in such a polarization layer forming step.

(1)塗膜形成工程 本発明における塗膜形成工程は、樹脂層上に平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、上記平板状色素を配向させて塗膜を形成する工程である。 (1) a coating film formation step coating film forming step in the present invention, the polarizing layer forming coating solution containing tabular dye on the resin layer by coating, to form a coating film by orienting the flat dye it is a process.

本工程に用いられる偏光層形成用塗工液は、平板状色素を含有するものである。 Polarizing layer forming coating solution used in this process are those containing tabular dye. なお、平板状色素については、上述した「A.偏光板」の偏光層の項に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 Note that the flat pigment is the same as in the item of the polarizing layer of the above-described "A. polarizing plate", explanation here is omitted.

上記偏光層形成用塗工液に用いられる溶媒としては、上記平板状色素に導入された置換基によって適宜選択される。 Examples of the polarizing layer forming coating solvent used in the solution, is appropriately selected depending on substituents introduced into the plate-like pigment. 例えばスルホン酸基等の親水性基が導入されている場合は、溶媒としては水が用いられる。 For example, when a hydrophilic group such as sulfonic acid group is introduced as the solvent water is used. 一方、長鎖のアルキル基等の疎水性基が導入されている場合は、有機溶媒が用いられる。 On the other hand, if the hydrophobic group such as long chain alkyl group is introduced, the organic solvent is used. このような有機溶媒としては、一般的なものを使用することができる。 As such organic solvents, it may be used common. また、上記偏光層形成用塗工液は、必要に応じて例えばポリエチレングリコール等の界面活性剤等の各種添加剤を含有していてもよい。 Also, the polarizing layer forming coating solution may contain various additives such as a surfactant, such as, for example, polyethylene glycol, if necessary.

本発明においては、上記の中でも、偏光層形成用塗工液が水系であることが好ましい。 In the present invention, among the above, it is preferable for the polarizing layer forming coating solution is an aqueous. 本発明に用いられる平板状色素として、カラム構造を形成し、親水性基を有しており、水溶液中でリオトロピック液晶相を示すものが好適に用いられるからである。 As tabular dye used in the present invention, to form a column structure has a hydrophilic group, because is preferably used having lyotropic liquid crystalline phase in aqueous solution.

また、上記偏光層形成用塗工液は、上記平板状色素の他に、液晶材料を含有していてもよい。 Also, the polarizing layer forming coating solution, in addition to the above flat pigment may contain a liquid crystal material. 例えば、平板状色素が樹脂層の凹部により配向しにくい場合であっても、液晶材料を樹脂層の凹部に沿って配向させ、この液晶材料の配向方向に沿って平板状色素を配向させることができるからである。 For example, even when the plate-like pigment is not easily aligned by the recess of the resin layer, a liquid crystal material is oriented along the recess of the resin layer, to orient the flat dye along the alignment direction of the liquid crystal material This is because possible. なお、液晶材料については、上述した「A.偏光板」の偏光層の項に記載したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 Note that the liquid crystal material is the same as in the item of the polarizing layer of the above-described "A. polarizing plate", explanation here is omitted.

このような偏光層形成用塗工液の塗布方法としては、偏光層形成用塗工液が塗布可能であり、上記平板状色素を上記樹脂層の凹部のパターンにより一定方向に配列可能であれば、特に限定されるものではないが、剪断応力が加わらない塗布方法であることが好ましい。 The coating method of such a polarizing layer forming coating solution, for the polarizing layer formed coating solution is coatable, arranged if possible in a fixed direction to the flat pigment by the pattern of the recesses of the resin layer , but it is not particularly limited, but preferably the shear stress is a coating method that does not damage it. 剪断応力のかかる塗布方法を用いると、塗布方向に平板状色素が配向し、上記樹脂層の凹部のパターンにより配向しにくくなる可能性があるからである。 With the coating method according the shear stress, tabular dye is oriented in the coating direction, there is a possibility that hardly oriented by the pattern of the recesses of the resin layer. このような剪断応力が加わらない塗布方法としては、例えばスプレーコート、インクジェット法、フレキソ印刷法等が挙げられる。 As the coating method such shearing stress is not applied, for example spray coating, ink jet method, flexographic printing method. これらの中でもインクジェット法が好ましく用いられる。 Among these inkjet method is preferably used.

(2)乾燥工程 本発明における乾燥工程は、上記塗膜形成工程にて形成された塗膜を乾燥する工程であり、上記偏光層形成用塗工液中に含有される溶媒を乾燥させる工程である。 (2) drying process in the drying process the present invention is a step of drying the coating film formed by the above coating film forming step, the step of drying the solvent contained in the polarizing layer forming coating liquid is there. 本発明においては、この乾燥工程を設けることにより、後述する固定化工程を円滑に行うようにしている。 In the present invention, by providing the drying step, so that smoothly the fixing step to be described later.

上記偏光層形成用塗工液中の溶媒の乾燥方法としては、一般的に溶媒の乾燥に用いられている方法、例えば加熱乾燥、常温乾燥、凍結乾燥、遠赤外乾燥等を用いることができる。 The drying method of the solvent having the above polarizing layer forming coating liquid is generally methods used for drying of solvents, for example heat drying, air drying, freeze-drying, it is possible to use a far-infrared drying .

(3)固定化工程 本発明における固定化工程は、上記平板状色素の配向状態を固定化する工程である。 (3) Immobilization step in fixing step present invention is a process to fix the alignment state of the plate-like pigment. 本発明においては、このような固定化工程を行うことにより、偏光層に耐水性および耐熱性を付与することができ、本発明により製造された偏光板の使用環境等により平板状色素の配向性が乱れることなく、配向安定性に優れたものとすることができる。 In the present invention, by performing such fixing step, the polarizing layer can impart water resistance and heat resistance, the orientation of the plate-like pigment on the use environment or the like of the polarizing plate produced by the present invention without disturbance, it can be excellent in alignment stability.

本発明に用いられる平板状色素の配向状態の固定化方法としては、平板状色素を架橋させる方法を用いることができる。 As the method for immobilizing orientation of plate-shaped dye used in the present invention, it is possible to use a method of crosslinking a flat dye. この平板状色素の架橋方法としては、上記平板状色素に導入された置換基によって異なるものである。 As the method of crosslinking the flat pigment is different from the substituent introduced into the plate-like pigment.

上記平板状色素がスルホン酸基等の親水性基を有する場合は、この親水性基を疎水化処理する架橋方法が用いられる。 If the tabular dye having a hydrophilic group such as a sulfonic acid group, the crosslinking method of hydrophobic treatment of the hydrophilic group is used. 上記平板状色素の親水性基を疎水化処理すると、隣接する平板状色素間で架橋が形成され、平板状色素の配向状態が固定化されるのである。 When hydrophobized hydrophilic group of the flat pigment, crosslinking between adjacent flat dye is formed, is the orientation of the tabular dye is immobilized. 上記平板状色素が水溶液中でリオトロピック液晶相を示すものであるときは、このような疎水化処理を行わないと、耐水性が悪く、空気中の湿気等により配向状態が乱れ易く、不安定となる場合がある。 When the tabular dye shows a lyotropic liquid crystal phase in aqueous solution, Without such hydrophobic treatment, poor water resistance, easily disturbed alignment state by moisture in air or the like, unstable there is a case to be.

上記疎水化処理の際に用いられる疎水化処理液としては、上記親水性基を疎水化できるものであれば特に限定されるものではなく、用いられる平板状色素の親水性基により異なるものであるが、隣接する平板状色素間で架橋を形成できるものであることが好ましい。 The hydrophobic treatment solution to be used for the above hydrophobic treatment, the long hydrophilic group as it can be hydrophobic is not particularly limited, is different from the hydrophilic group of the flat dye used There is preferably one capable of forming crosslinks between adjacent flat dye. 例えば2価の金属の塩の水溶液を用いることができる。 For example it is possible to use an aqueous solution of divalent metal salt. 2価の金属としては、マグネシウム、カルシウム、バリウム等が挙げられる。 Examples of the divalent metal, magnesium, calcium, barium, and the like. 具体的には、塩化バリウム水溶液、塩化マグネシウム水溶液、塩化カルシウム水溶液等を用いることができる。 Specifically, it is possible to use aqueous solution of barium chloride, magnesium chloride solution, an aqueous calcium chloride solution and the like.

隣接する平板状色素が架橋される機構は以下の通りである。 Mechanism adjacent flat dye is crosslinked as follows. 例えば、平板状色素がSO Na基を有しており、塩化バリウム水溶液を用いて疎水化処理する場合、平板状色素のSO Na基のSO イオンと、塩化バリウム水溶液中のBaイオンとが結合することにより、隣接する平板状色素が架橋され、配向状態が固定化されるのである。 For example, flat pigment has a SO 3 Na group, to hydrophobic treatment with barium chloride solution, and SO 3 ions SO 3 Na group of the flat pigment, and Ba ions in the barium chloride solution There by combined, tabular dye adjacent crosslinking and the orientation state is immobilized. すなわち、平板状色素の法線方向が一定方向を向いて積み重なった状態で、隣接する平板状色素が架橋されるので、カラム構造が固定化されるのである。 That is, in a state in which the normal direction of the flat plate-like pigment stacked facing a certain direction, since tabular dye adjacent is crosslinked, is the column structure is immobilized.

また、疎水化処理の方法としては、上記親水性の置換基を疎水化できる方法であれば特に限定されるものではなく、上記偏光層形成用塗工液を乾燥させた後、上記疎水化処理液を塗布する方法、上記疎水化処理液に浸漬する方法などが挙げられる。 As a method for hydrophobic treatment it is not particularly limited so long as it is a method capable of hydrophobizing the hydrophilic substituents, After drying the polarizing layer forming coating solution, the hydrophobic treatment method of applying a liquid, or a method of immersing in the hydrophobization processing solution. この疎水化処理液の塗布後または浸漬後は、洗浄および乾燥することにより、偏光層とすることができる。 Or after immersion After the hydrophobic treatment liquid application is by washing and drying can be a polarizing layer.

一方、上記平板状色素が長鎖のアルキル基等の疎水性基を有する場合は、例えば平板状色素のコア部分あるいはアルキル側鎖の一部に重合性基を導入し、この重合性基を重合させることにより、平板状色素を線状または網目状に架橋させ、配向状態を固定化する架橋方法が用いられる。 On the other hand, when the plate-like pigment having a hydrophobic group such as an alkyl group of chain introduces example part polymerizable group of the core portion or the alkyl side chains of the flat pigment, polymerizing the polymerizable groups by the flat pigment is crosslinked into a linear or mesh, crosslinking method to fix the alignment state is used.

さらに、上記偏光層形成用塗工液が上述した液晶材料を含有する場合は、この液晶材料を重合させることによっても平板状色素の配向状態を固定化することができる。 Furthermore, if the polarizing layer forming coating liquid contains a liquid crystal material described above, it is possible to fix the alignment state of the flat pigment also by polymerizing the liquid crystal material. この場合、上記液晶材料は重合性基を有している必要がある。 In this case, the liquid crystal material is required to have a polymerizable group.

3. 3. その他 本発明においては、上記樹脂層形成工程の後、凹部が形成された樹脂層表面を親水化する親水化処理工程が行われることが好ましい。 In other present invention, after the resin layer forming step, a hydrophilic treatment step for hydrophilizing the recess formed resin layer surface is preferably carried out. 通常、上述したような樹脂層形成工程を行うと、形成された樹脂層表面は撥水性が高くなり、液晶がうまく配向しない可能性があるからである。 Usually, when a resin layer forming step as described above, formed resin layer surface becomes high water repellency, there is a possibility that the liquid crystal is not aligned well. なお、親水化処理方法に関しては、上記「A.偏光板」の欄で説明したものと同様であるので、ここでの説明は省略する。 With respect to the hydrophilic treatment method is the same as that described in the above section "A. polarizing plate", explanation here is omitted.

なお、本発明は、上記実施形態に限定されるものではない。 The present invention is not limited to the above embodiment. 上記実施形態は例示であり、本発明の特許請求の範囲に記載された技術的思想と実質的に同一な構成を有し、同様な作用効果を奏するものは、いかなるものであっても本発明の技術的範囲に包含される。 The above embodiments are illustrative, have the technical idea substantially the same configuration described in the claims of the present invention, which achieves the same effect, the present invention be any one It is encompassed in the technical scope.

以下、本発明について実施例を用いて具体的に説明する。 It will be specifically described below with reference to examples for the present invention.
(実施例1) (Example 1)
洗浄したガラス基板上に、下記の組成のUV硬化型のアクリレート樹脂をスピンコートし、これに電子ビーム描画法により凹凸を形成した原版を載せ、100kgの加重を1分間かける。 The cleaned glass substrate, a UV-curable acrylate resin of the following composition was spin coated, subjected this place the original plate formed with irregularities by the electron beam drawing method, a load of 100 kg 1 minute. この状態で、UV光を100mJ/cm 照射し、さらに原版を剥離した後、UV光を3000mJ/cm 照射し、凹部の幅1μm、凹部のピッチ2μm、凹部の深さ0.2μmの凹部または凸部パターンを形成した。 In this state, the UV light 100 mJ / cm 2 was irradiated, further after peeling the original, the UV light 3000 mJ / cm 2 was irradiated, the width 1μm of the recess, the pitch of the recesses 2 [mu] m, the recess depth 0.2μm recess or to form a protrusion pattern. これにプラズマ処理を加えることで、表面の親水化処理を行った。 This By adding plasma treatment was carried out hydrophilic treatment of the surface.

このように形成した凹部または凸部パターンの溝方向に沿って、マイヤーバーを用いて、平板構造の色素を含有する水溶液(オプティバ社製;LCPN013)をコーティングし、乾燥後、15wt%の塩化バリウム水溶液に約1秒間浸漬させた。 Thus formed recess or along the groove direction of the convex portion pattern, using a Mayer bar, an aqueous solution containing the plate structure dye (Optiva Inc.; LCPN013) coated, after drying, 15 wt% of barium chloride It was about dipped for 1 second in an aqueous solution. さらに洗浄して、再度乾燥し300nmの偏光板を得た。 And further washed to obtain a polarizing plate again dried 300 nm. 偏光度を測定したところ、88%であった。 Was measured the degree of polarization, it was 88%.

<UV硬化型アクリレート樹脂の組成> <Composition of UV-curable acrylate resin>
・ゴーセラックUV−7500B(日本合成化薬社製) 40重量部・1,6ヘキサンジオールジアクリレート(日本化薬社製) 35重量部・ペンタエリスリトールトリアクリレート(東亞合成化学社製) 21重量部・1ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン(チバガイギー社製) 2重量部・ベンゾフェノン(日本化薬社製) 2重量部 · Goserakku UV-7500B (manufactured by Nippon Synthetic reduction Kusurisha) 40 parts by weight 1,6-hexanediol diacrylate (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.) 35 parts by weight of pentaerythritol triacrylate (manufactured by Toagosei Chemical Co., Ltd.) 21 parts by weight 1-hydroxycyclohexyl phenyl ketone (manufactured by Ciba Geigy) 2 parts by weight of benzophenone (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.) 2 parts by weight

(実施例2) (Example 2)
形状を、凹部の幅0.2μm、凹部のピッチ0.4μm、凹部の深さ0.2μmとした以外は実施例1と同様にして凹部または凸部パターンを形成し、これにプラズマ処理を加えることで、表面の親水化処理を行った。 The shape, width 0.2μm recess, the pitch of the recesses 0.4 .mu.m, except for using the depth 0.2μm recess in the same manner as in Example 1 to form a concave or convex portion pattern is added to plasma treatment thereto it is, subjected to hydrophilization treatment of the surface.

このように形成した凹部または凸部パターンの溝方向に沿って、インクジェットを用いて、平板構造の色素を含有する水溶液(オプティバ社製;N015)をコーティングし、乾燥後、15wt%の塩化バリウム水溶液に約1秒間浸漬させた。 Thus formed recess or along the groove direction of the convex portion pattern, using an ink jet, an aqueous solution containing the plate structure dye (Optiva Inc.; N015) coated, after drying, 15 wt% barium chloride aqueous solution It was about dipped for 1 second in. さらに洗浄して、再度乾燥し300nmの偏光版を得た。 And further washed, to obtain a polarizing plate again dried 300 nm. 偏光度を測定したところ、98%であった。 Measurement of the degree of polarization was 98%.

(比較例1) (Comparative Example 1)
洗浄したガラス基板にマイヤーバーを用いて、平板構造の色素を含有する水溶液(オプティバ社製;LCPN013)をコーティングし、乾燥後、15wt%の塩化バリウム水溶液に約1秒間浸漬させた。 Using washed glass substrate to a Meyer bar, a dye with an aqueous solution containing (Optiva Inc.; LCPN013) of plate structure coated, dried, and then about dipped for 1 second in the barium chloride solution of 15 wt%. さらに洗浄して、再度乾燥し300nmの偏光版を得た。 And further washed, to obtain a polarizing plate again dried 300 nm. 偏光度を測定したところ、83%であった。 Was measured the degree of polarization, it was 83%.

(比較例2) (Comparative Example 2)
洗浄したガラス基板にマイヤーバーを用いて、平板構造の色素を含有する水溶液(オプティバ社製;N015)をコーティングし、乾燥後、15wt%の塩化バリウム水溶液に約1秒間浸漬させた。 Using washed glass substrate to a Meyer bar, a dye with an aqueous solution containing (Optiva Inc.; N015) of plate structure coated, dried, and then about dipped for 1 second in the barium chloride solution of 15 wt%. さらに洗浄して、再度乾燥し300nmの偏光版を得た。 And further washed, to obtain a polarizing plate again dried 300 nm. 偏光度を測定したところ、93%であった。 Was measured the degree of polarization, it was 93%.

本発明の偏光板の一例を示す概略断面図である。 It is a schematic sectional view showing an example of a polarizing plate of the present invention. 本発明に用いられる樹脂層の形状の一例を示す概略断面図である。 Is a schematic cross-sectional view showing an example of a shape of the resin layer used in the present invention. 平板状色素を説明するための説明図である。 It is an explanatory diagram for explaining a tabular dye. 本発明の偏光板の製造方法の一例を示す工程図である。 Is a process diagram showing an example of the method for producing the polarizing plate of the present invention. 本発明の偏光板の製造方法における硬化工程の一例を示す工程図である。 Is a process drawing showing an example of the curing step in the method for manufacturing a polarizing plate of the present invention. 本発明の偏光板の製造方法における硬化工程の他の例を示す工程図である。 Another example of a curing step in the manufacturing method of the polarizing plate of the present invention is a process diagram showing.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 … 基材 2 … 樹脂層 3 … 偏光層 4 … 凹部形成用基板 12 … 硬化性樹脂組成物 13 … 平板状色素 1 ... base 2 ... resin layer 3 ... polarization layer 4 ... recess-forming substrate 12 ... curable resin composition 13 ... flat dye

Claims (10)

  1. 基材と、前記基材上に形成され、かつ表面に凹部または凸部がパターン状に形成された樹脂層と、前記樹脂層上に形成され、かつ平板状色素を含有する偏光層とを有し、 Yes and the substrate, is formed on the substrate, and a resin layer concave or convex portion is formed in a pattern on the surface, it is formed on the resin layer, and a polarizing layer containing tabular dye and,
    前記樹脂層は硬化性樹脂からなるものであり、その膜厚が0.1μm〜1μmの範囲内であり、 The resin layer is made of a curable resin, its thickness is in the range of 0.1 to 1 m,
    前記樹脂層の凹部または凸部のパターンの形状がストライプ状であり、 Shape of the pattern of recesses or protrusions of the resin layer is a stripe,
    前記平板状色素は、前記平板状色素の法線方向が前記基材の一定方向を向いて積み重なったカラム構造を形成し、前記カラム構造が前記樹脂層の凹部に沿って配向していることを特徴とする偏光板。 Said tabular dye that normal direction of the flat dye to form a column structure in which stacked facing a certain direction of the substrate, wherein the columnar structure is oriented along the concave portion of the resin layer a polarizing plate features.
  2. 前記平板状色素がアントラキノン系色素、フタロシアニン系色素、ポルフィリン系色素、ナフタロシアニン系色素、キナクリドン系色素、ジオキサジン系色素、インダンスレン系色素、アクリジン系色素、ペリレン系色素、ピラゾロン系色素、アクリドン系色素、ピランスロン系色素、およびイソビオラントロン系色素からなる群より選ばれる色素であることを特徴とする請求項1に記載の偏光板。 The flat plate-like dye is an anthraquinone dye, a phthalocyanine dye, a porphyrin-based dye, naphthalocyanine dye, quinacridone pigments, dioxazine-based dyes, indanthrene dyes, acridine dyes, perylene dyes, pyrazolone dyes, acridone system dyes, pyranthrone pigments, and polarizing plate according to claim 1, characterized in that the isoviolanthrone-based pigment selected from the group consisting of dyes.
  3. 前記平板状色素は、溶液中でリオトロピック液晶相を示すものであることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の偏光板。 It said tabular dyes, polarizing plate according to claim 1 or claim 2, characterized in that shows a lyotropic liquid crystal phase in a solution.
  4. 前記樹脂層表面に親水化処理が施されていることを特徴とする請求項1から請求項3までのいずれかの請求項に記載の偏光板。 The polarizing plate according to any one of claims of claims 1 to 3, characterized in that hydrophilic treatment is applied to the resin layer surface.
  5. 請求項1から請求項4までのいずれかの請求項に記載の偏光板と、液晶セルとが積層されたことを特徴とする液晶表示装置。 A liquid crystal display device comprising the polarizing plate according to any one of claims of claims 1 to 4, that the liquid crystal cells are stacked.
  6. 基材または表面に凸部がパターン状に形成された凹部形成用基板上に硬化性樹脂組成物を塗布する塗布工程、前記基材および前記凹部形成用基板を、前記硬化性樹脂組成物を挟んで重ね合わせる配置工程、前記硬化性樹脂組成物を硬化させて硬化性樹脂とする硬化工程、および、前記硬化性樹脂組成物または前記硬化性樹脂から前記凹部形成用基板を剥離して凹部をパターン状に形成する凹部形成工程を行うことにより、樹脂層を形成する樹脂層形成工程と、 Coating step of convex portions on the substrate or surface is coated with the curable resin composition in a pattern which is formed in the recess formed on the substrate for, the substrate and the recess-forming substrate, sandwiching the curable resin composition pattern placement step of superimposing, the curing step of the curable resin by curing the curable resin composition, and, the concave portion is peeled off the recess-forming substrate from the curable resin composition or the curable resin by performing the recess forming step of forming the Jo, a resin layer forming step of forming a resin layer,
    前記樹脂層上に平板状色素を含有する偏光層形成用塗工液を塗布し、前記樹脂層の凹部により前記平板状色素を配向させて塗膜を形成する塗膜形成工程、前記塗膜を乾燥させる乾燥工程、および、前記平板状色素の配向状態を固定化する固定化工程を行うことにより偏光層を形成する偏光層形成工程とを有し、 Applying a polarizing layer forming coating solution containing tabular dye on the resin layer, a coating film forming step of forming a coating film by orienting the flat dye by the recess of the resin layer, the coating film dried to a drying step, and, and a polarization layer forming step of forming a polarizing layer by performing a fixing step to fix the alignment state of the flat pigment,
    前記樹脂層の凹部のパターンの形状がストライプ状であり、 Shape of the pattern of the recesses of the resin layer is a stripe,
    前記平板状色素は、前記平板状色素の法線方向が前記基材の一定方向を向いて積み重なったカラム構造を形成し、前記カラム構造は前記樹脂層の凹部に沿って配向していることを特徴とする偏光板の製造方法。 Said tabular dye that normal direction of the flat dye to form a column structure in which stacked facing a certain direction of the substrate, wherein the columnar structure is oriented along the concave portion of the resin layer method for producing a polarizing plate according to claim.
  7. 前記平板状色素は、前記偏光層形成用塗工液中でリオトロピック液晶相を示すものであることを特徴とする請求項6に記載の偏光板の製造方法。 Said tabular dye, a method of producing a polarizing plate of claim 6, wherein in the polarizing layer forming coating liquid shows a lyotropic liquid crystal phase.
  8. 前記偏光層形成工程の塗膜形成工程では、前記偏光層形成用塗工液に対して剪断応力が加わらない塗布方法が用いられることを特徴とする請求項6または請求項7に記載の偏光板の製造方法。 And in the coating film forming process of the polarizing layer forming step, the polarizing plate according to claim 6 or claim 7, characterized in that a coating method shearing stress is not applied to the polarizing layer forming coating solution is used the method of production.
  9. 前記偏光層形成工程の固定化工程では、前記平板状色素を架橋する方法が用いられることを特徴とする請求項6から請求項8までのいずれかの請求項に記載の偏光板の製造方法。 Wherein in the fixing step of the polarizing layer forming step, the manufacturing method of the polarizing plate according to any one of claims claims 6 to 8, characterized in that the method for crosslinking the tabular dye is used.
  10. 前記樹脂層形成工程の後、凹部が形成された樹脂層表面を親水化する親水化処理工程が行われることを特徴とする請求項6から請求項9までのいずれかの請求項に記載の偏光板の製造方法。 After the resin layer forming step, the polarization of any of claims of recesses formed resin layer surface claim 6, characterized in that the hydrophilizing treatment step is carried out to hydrophilic to claim 9 method of manufacturing the plate.
JP2004153534A 2003-05-26 2004-05-24 Polarizing plate, a liquid crystal display device, and the polarizing plate production method using the same Expired - Fee Related JP4488793B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003147899 2003-05-26
JP2004153534A JP4488793B2 (en) 2003-05-26 2004-05-24 Polarizing plate, a liquid crystal display device, and the polarizing plate production method using the same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004153534A JP4488793B2 (en) 2003-05-26 2004-05-24 Polarizing plate, a liquid crystal display device, and the polarizing plate production method using the same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005010768A true JP2005010768A (en) 2005-01-13
JP4488793B2 true JP4488793B2 (en) 2010-06-23

Family

ID=34106642

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004153534A Expired - Fee Related JP4488793B2 (en) 2003-05-26 2004-05-24 Polarizing plate, a liquid crystal display device, and the polarizing plate production method using the same

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4488793B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100454092C (en) * 2005-07-01 2009-01-21 株式会社日立显示器 Liquid crystal display
JP5283146B2 (en) 2005-07-01 2013-09-04 株式会社ジャパンディスプレイ The liquid crystal display device
JP4929480B2 (en) * 2007-11-19 2012-05-09 日東電工株式会社 Polarizing film produced for the coating solution and a polarizing film
DE102007056587A1 (en) * 2007-11-23 2009-05-28 Sortech Ag functional composite
CN102565908B (en) 2010-12-27 2015-06-10 京东方科技集团股份有限公司 Polarizing plate, display equipment and preparation method for polarizing plate
JP6307864B2 (en) * 2013-12-16 2018-04-11 日本ゼオン株式会社 The method of manufacturing identification medium for authenticity identification

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001504238A (en) * 1996-04-15 2001-03-27 オプティバ,インコーポレイティド A liquid crystal display and method
JP2002180052A (en) * 2000-12-14 2002-06-26 Fuji Photo Film Co Ltd Water-soluble dichromatic pigment, optical film, polarizer, method for orientating micelle of dichromatic pigment and method for producing optical film
JP2002311246A (en) * 2001-02-07 2002-10-23 Sumitomo Chem Co Ltd Polarizing plate, method for manufacturing the same and liquid crystal display device
JP2003149439A (en) * 2001-11-12 2003-05-21 Dainippon Printing Co Ltd Method for manufacturing optical element which controls circularly polarized light

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0921913A (en) * 1995-07-05 1997-01-21 Sharp Corp Axisymmetrical polarizing plate and its production as well as liquid crystal display device

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001504238A (en) * 1996-04-15 2001-03-27 オプティバ,インコーポレイティド A liquid crystal display and method
JP2002180052A (en) * 2000-12-14 2002-06-26 Fuji Photo Film Co Ltd Water-soluble dichromatic pigment, optical film, polarizer, method for orientating micelle of dichromatic pigment and method for producing optical film
JP2002311246A (en) * 2001-02-07 2002-10-23 Sumitomo Chem Co Ltd Polarizing plate, method for manufacturing the same and liquid crystal display device
JP2003149439A (en) * 2001-11-12 2003-05-21 Dainippon Printing Co Ltd Method for manufacturing optical element which controls circularly polarized light

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2005010768A (en) 2005-01-13 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5716740A (en) Method for manufacturing a color filter in which light irradiation alters the ink absorption of portions of a resin layer and in which coloring is done by ink jets
US6322936B1 (en) Color filter and method of making the same
US6221543B1 (en) Process for making active substrates for color displays
US6022647A (en) Method for making color filter substrate, color filter substrate produced by the method, and liquid crystal device using the substrate
US6356324B1 (en) Retardation film and method for producing the same, and liquid crystal display device
US20100073604A1 (en) Retardation film, method of manufacturing the same, and display
US6127072A (en) Production of color filter by forming light-screening layer and irradiating resin layer to achieve ink-accepting property
US6630289B1 (en) Photo-patterned light polarizing films
US20030137632A1 (en) Cholesteric liquid crystal color filter and process for producing the same
US5706131A (en) Polarizing element, polarizing plate, and process for production thereof
JPH09193333A (en) Glare protecting film
US5817441A (en) Process for preparation of color filter and liquid crystal display device
Ichimura et al. Surface-assisted photolithography to form anisotropic dye layers as a new horizon of command surfaces
US6042974A (en) Production processes of color filter and liquid crystal display device
US6723479B2 (en) Method for providing a surface of an article with a decoration or text
JP2004191832A (en) Optical retardation element, display element provided with the same, and production method of optical retardation element
JP2000206317A (en) Glare shielding film, polarizing plate, display device and manufacture of glare shielding film
EP1203967A1 (en) Polarizing film
US20050062906A1 (en) Optical element and liquid crystal display device using the same
JP2008268940A (en) Reflection type polarizing plate and liquid crystal display device using same
JP2000089213A (en) Liquid crystal device and its production
JPH07281181A (en) Production of planer optical element
JP2010280079A (en) Display, pressure-sensitive adhesive label, transfer foil, and article with label
JPH09193332A (en) Glare protecting film
JP2004109171A (en) Optical film, its manufacturing method and liquid crystal display device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070215

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090930

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091006

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091207

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100105

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100304

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100330

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100330

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130409

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees