JP4484255B2 - Information processing apparatus and information processing method having a touch panel - Google Patents

Information processing apparatus and information processing method having a touch panel Download PDF

Info

Publication number
JP4484255B2
JP4484255B2 JP14891796A JP14891796A JP4484255B2 JP 4484255 B2 JP4484255 B2 JP 4484255B2 JP 14891796 A JP14891796 A JP 14891796A JP 14891796 A JP14891796 A JP 14891796A JP 4484255 B2 JP4484255 B2 JP 4484255B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
p2
keyboard
position
display
process
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP14891796A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH09330175A (en
Inventor
仁 山寺
勉 畠山
泰介 鹿島
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社日立製作所 filed Critical 株式会社日立製作所
Priority to JP14891796A priority Critical patent/JP4484255B2/en
Publication of JPH09330175A publication Critical patent/JPH09330175A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4484255B2 publication Critical patent/JP4484255B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、コンピュータ、ワードプロセッサなどの情報処理装置に関する。 The present invention is a computer, an information processing apparatus such as a word processor. 特に、小型軽量化を図りつつ、かつ、効率よく入力作業を行うための情報処理装置及びその操作方法に関する。 In particular, while achieving size and weight reduction, and an information processing apparatus and a method of operation for efficiently perform input work.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来、文字列等をコンピュータ等に入力するには、備え付けの機械的なキーボードを用いるのが一般的であった。 Conventionally, to enter a character string to a computer or the like, to use a mechanical keyboard equipped were common.
【0003】 [0003]
しかし、最近では、携帯の便のためあるいは占有スペース低減のために装置が小型軽量化される傾向にある。 However, in recent years, there is a tendency that the device is smaller and lighter in order for the mobile phone of flights or occupied space reduction. このため、機械的なキーボードをもたない情報処理装置が開発されている。 Therefore, the information processing devices have been developed without a mechanical keyboard. このような装置では、例えば、画面の上面と下面とが接触したことを感知する手段を備えた画面にペン等で触れることにより文字列等の入力を行う方法がとられている。 In such devices, for example, a method for inputting such a character string by touching with a pen or the like on a screen having a means for sensing that the upper and lower surfaces of the screen to contact therewith. すなわち、画面に表示された文字群の中の所定の文字をペンで触れて選択することにより文字列を入力したり、画面上にペンで文字を手書きすることにより装置にその文字を認識させて文字列を入力するものである。 That is, to input a character string by selecting a predetermined character among the character group displayed on the screen by touching with the pen, by recognizing the character in the device by handwritten characters with the pen on the screen it is to enter a string.
【0004】 [0004]
また、上記特開平6ー083512号には、机の上等における手及び指の動きをカメラによりとらえ、とらえた信号ををデジタル化することにより文字等の入力を行うことについて開示されている。 The aforementioned JP-A 6-1 No. 083,512, discloses for conducting input characters and the like by capturing by the camera movements of the hand and fingers of choice desk, digitize the captured signal.
【0005】 [0005]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、上記ペン等による入力は、キーボードによる入力と比較して入力効率が著しく低下する。 However, input by the pen or the like, input efficiency compared to the input by the keyboard is significantly reduced. 入力すべき文字を一文字毎に画面に表示された文字群の中から目で見て探し出し、そこにペン先を移動して画面に触れなければならないためである。 Locate the character to be input from a group of characters that are displayed on the screen for each character as seen in the eyes, it is because there must be touching the screen by moving the pen tip. また、画面上にペンで文字を手書きすることにより装置にその文字を認識させることは、手書き動作及び装置による文字認識に多くの時間を要する。 Further, it is recognized that character to the apparatus by handwriting characters with the pen on the screen, time-consuming character recognition by a handwriting operation and apparatus.
【0006】 [0006]
また、上記特開平6ー083512号に開示されているような、画像としてとらえた情報をデジタル化する方法は、高い精度を得ることは困難であると考えられるため、文字等を効率よく入力することは困難である。 A method of digitizing the information, captured as an image as disclosed in JP said Hei 6-1 083512, since considered to be difficult to obtain a high accuracy, to input characters and the like efficiently it is difficult. なお、上記特開平6ー083512号には、画面に表示されたキーボードに触れることにより文字等を入力することについては開示されていない。 Note that the above-mentioned Japanese Unexamined 6-1 No. 083,512, is not disclosed to input characters or the like by touching the keyboard displayed on the screen.
【0007】 [0007]
本発明の目的は、小型薄型でありながら入力効率のよい情報処理装置及び情報処理方法を提供することにある。 An object of the present invention is to provide a good information processing apparatus and information processing method of the input efficiency while a small and thin.
【0008】 [0008]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
前記目的を達成するために、本発明に係るタッチパネルを備えた情報処理装置及び情報処理方法では、表示パネルの表示画面に指示手段のタッチ位置を検出するタッチパネルが設けられ、該表示画面に表示されるキーボードをタッチして操作できるようにしたタッチパネルを備えた情報処理装置及び情報処理方法において、該キーボードをタッチ操作する際の指示手段による押圧力Pを検知する検知手段と、予め設定圧力P1,P2(但し、0<P1<P2)が設けられ、該検知手段による検知圧力がP1≦P≦P2であるとき、第1の処理を行い、該押圧力PがP1≦P≦P2からP2<Pに変化したとき、第2の処理を行う制御部とを有し、前記第1の処理を、前記表示画面のタッチ位置に応じた位置にキーボードを表示する処理とし、前 To achieve the above object, the information processing apparatus and information processing method with a touch panel according to the present invention, a touch panel is provided for detecting the touch position of the indicating means on the display screen of the display panel, are displayed on the display screen in the information processing apparatus and information processing method having the the touch panel can be operated by touching the keyboard that, detection means for detecting the pressing force P by the pointing means when touched the keyboard, preset pressure P1, P2 (where, 0 <P1 <P2) is provided, when the pressure detected by said detecting means is a P1 ≦ P ≦ P2, performs the first processing, from the pressing force P is P1 ≦ P ≦ P2 P2 < when changes to P, and a control unit that performs second processing, the first processing, a process of displaying the keyboard in a position corresponding to the touch position of the display screen, before 第2の処理を、前記表示画面の所定の位置に入力表示される文字として、前記キーボードのうち、P2<Pの押圧力が検出された位置に対応するキーに割り当てられた文字が指示される処理とし、かつ、前記第1の処理としてのキーボードの表示は、前記P1≦P≦P2の圧力を検知したタッチ位置でそのまま前記キーボードを操作できる位置に表示する。 A second process, as a character input displayed at a predetermined position of the display screen, among the keyboard, P2 <characters pressing force P is allocated to the key corresponding to the detected position is indicated and processing, and display of the keyboard as the first process is displayed at a position that can be operated directly the keyboard touch position detected pressure of the P1 ≦ P ≦ P2.
【0009】 [0009]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、本発明により電子メールを送信する実施例を図1〜図32を用いて詳述する。 Hereinafter, an embodiment for sending e-mail by the present invention will be described in detail with reference to FIGS. 1 to 32.
【0010】 [0010]
各図面において、同一符号は同一対象物を表す。 In the drawings, the same reference numerals represent the same object.
【0011】 [0011]
図1は本実施例による情報処理装置の斜視図、図2は本実施例の情報処理装置の構成を示すブロック図、図3〜図10は本実施例の圧力分布検出を説明するための図、図11〜図16は、本実施例の操作フローを示す図、図17〜図32は本実施例の操作の各段階における表示画面例を示す図である。 Figure 1 is a perspective view of an information processing apparatus according to this embodiment, FIG. 2 is a block diagram showing the configuration of an information processing apparatus of this embodiment, diagram for explaining the Figures 3-10 the pressure distribution detection in this embodiment , 11 to 16 is a view showing an operation flow of the present embodiment, FIGS. 17 to 32 are views showing a display screen example at each stage of operation of the present embodiment.
【0012】 [0012]
図1において、本装置200は、内部を本体装置ケース201によって一部ないし全体を覆った構造をとっている。 In Figure 1, the apparatus 200 takes the structure that covers a part or the whole some systems casing 201 inside. 装置のサイズは、B5からA4程度であり、容易に持ち運ぶことができる大きさである。 The size of the device is about A4 from B5, be large enough to be easily carried around. 表示装置202は、本体装置ケース201に嵌合されている。 Display device 202 is fitted to the main unit casing 201. 表示装置202の上に透明のタブレット装置240が載置されている。 Tablet device 240 of the transparent over the display device 202 is placed. タブレット装置240が透明なので、使用者は、本装置200の外部から表示装置202の表示内容を見ることができる。 Since the tablet device 240 is transparent, the user can see the display contents of the display device 202 from the outside of the device 200. 24Cはタブレット装置カット部であり、表示装置202の上にタブレット装置240が載置されていることの説明のために設けたもので、実際にはカットされていない。 24C is a tablet device cutting unit, which was provided for explanation of the tablet device 240 on the display device 202 is placed, in practice not been cut.
【0013】 [0013]
表示画面に表示されたキーボード(以下、「仮想キーボード」という)430は、図1の例では、表示装置202上に表示されるカーソル415の位置に、文字列を挿入するためのものである。 Keyboard displayed on the display screen (hereinafter, "virtual keyboard" hereinafter) 430, in the example of FIG. 1, the position of the cursor 415 displayed on the display device 202 is for inserting a string.
【0014】 [0014]
220はマウス装置であり、228はペンである。 220 is a mouse device, 228 is a pen. 421は使用者の左手、422は右手である。 421 is the left hand of the user, 422 is a right hand.
【0015】 [0015]
図2は、本実施例による仮想キーボードが適用されるタブレット付情報処理装置の構成を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing the structure of the tablet with the information processing apparatus virtual keyboard is applied according to the present embodiment.
【0016】 [0016]
図2を参照して本装置の構成を説明する。 Referring to FIG 2 illustrating the configuration of the apparatus.
【0017】 [0017]
図2において、電源209は本装置の電子部品各部に電力を供給するためのものであり、電源ボタン210は電源209を制御するためのものである。 2, the power supply 209 is used to supply power to the electronic component each part of the apparatus, the power button 210 is for controlling the power supply 209. クロック211は、本装置各部を同期して動作させるための発振装置である。 Clock 211 is an oscillation apparatus for operating in synchronization with the respective units. 制御装置224は、マウス装置220への入力信号に対して必要な処理を行い、その信号を中央処理装置231へ伝達する機能をもつ。 Controller 224, performs necessary processing on the input signal to the mouse device 220 has a function of transmitting the signal to the central processing unit 231. 操作者は、タブレット装置240の入力面を指やペン等で押すことによりデータを入力することができる。 The operator can input data by pressing the input surface of the tablet device 240 with a finger or a pen. タブレット装置圧力分布処理モジュール241は、タブレット装置240への入力信号を処理して中央処理装置231に送ると共に、表示装置202上の仮想キーボード等の表示状態等の情報を中央処理装置231から受け取る機能をもつ。 Tablet device pressure distribution processing module 241 has a function of receiving and sends processes the input signal to the tablet device 240 to the central processing unit 231, information such as display state such as a virtual keyboard on the display device 202 from the central processing unit 231 the with. 二次記憶装置234は必要なデータを、外部から中央処理装置231に供給する機能等をもつ。 The secondary storage device 234 that have data, with like features supplied from the outside to the central processing unit 231. 表示装置202は、中央処理装置231内の表示用メモリに書き込まれたデータを、装置外部に対して表示するためのものである。 Display device 202, was written into the display memory of the central processing unit 231 data is used to display to the outside of the apparatus.
【0018】 [0018]
次に、図3〜図10を用いて本装置におけるキーデータの検出について詳述する。 Next, it will be described in detail the detection of key data in the present apparatus with reference to Figures 3-10.
【0019】 [0019]
図3は、図2のタブレット装置圧力分布処理モジュール241を詳細に説明するためのブロック図である。 Figure 3 is a block diagram for explaining a tablet device pressure distribution processing module 241 of FIG. 2 in detail. 242は被圧キー検出部、243は後処理モジュール、244は制御装置である。 242 the pressure key detection unit, 243 is a post-processing module, 244 controller. また、240はタブレット装置である。 In addition, 240 is a tablet device.
【0020】 [0020]
本装置のタブレット装置240は、透明板状の入力装置であり、格子状のグリッドが配置されている。 Tablet device 240 of the present device is a transparent plate-shaped input device, lattice grid is arranged. すべての格子点にかかる圧力を同時に検知することが可能である。 It is possible to detect the pressure applied to all the lattice points simultaneously. この圧力を検知する格子点を感圧点とよぶ。 The grid point detecting this pressure is referred to as a pressure sensing points.
【0021】 [0021]
タブレット装置240から、全感圧点の圧力データが一定の時間間隔にて被圧キー検出部242へ入力される。 From the tablet device 240, the pressure data of all pressure sensing points are inputted into the pressure key detection unit 242 at regular time intervals.
【0022】 [0022]
被圧キー検出部242は一定の時間間隔にて、修飾キーや機能キーを含む各キーについて、押されているとみなせるかの情報を後処理モジュール243に渡す。 The pressure key detection unit 242 at regular time intervals, for each key, including modifier keys and function keys, pass or information regarded as being pushed by the post-processing module 243. それとともに、被圧キー検出部242は表示キーボード等の位置または種類を更新するかどうか、或いは更新するならば、表示装置のどの位置にどの種類のキーボードを表示するかの情報を中央処理装置231に伝える。 At the same time, if the pressure key detection unit 242 whether to update the location or type of such display keyboard, or updating, the central processing unit or information to display what type of keyboard in any position of the display device 231 tell. キーボードの種類としては、QWERTYキーボードやテンキー等がある。 The type of the keyboard, there is a QWERTY keyboard or a numeric keypad and the like.
【0023】 [0023]
後処理モジュール243は、被圧キー検出部242から受け取った各キーのデータの立ち上がり、立ち下がり等を見る。 Post-processing module 243, the rise of the data of the key received from the pressure key detection unit 242, see falling like. それにより、修飾キーを含む各キーごとに、新規に押されたか、継続して押されているか等を検出し、結果を中央処理装置231に伝える。 Thus, for each key, including modifier keys, it was pressed to newly detects such or being pressed continuously conveys the result to the central processing unit 231. 修飾キーとは、コントロールキーやシフトキー等のことである。 The modifier keys, is that such control key and the shift key.
【0024】 [0024]
図4のように両方の親指を除く8本の指がタブレット装置240に置かれた場合、実際に圧力を測定するのは、タブレット装置240上の感圧点がある地点ごとであるが、タブレット装置240の単位面積当たりの感圧点の個数が十分に大きければ、感圧点と感圧点の間の圧力を補間により近似しても、実用的には支障がない。 If eight fingers excluding both thumbs as shown in FIG. 4 is placed on the tablet device 240, actually to measure pressure is the per point there is a tablet device 240 Ueno sense pressure points, tablets if the number of pressure sensing points per unit area of ​​the apparatus 240 is sufficiently large, it is approximated by interpolation the pressure between the pressure sensing points and pressure sensing points, there is no problem in practice. こうしてタブレット装置240を押す圧力の等圧線を考えることができる。 In this way it is possible to think about the isobars of pressure to press the tablet device 240.
【0025】 [0025]
同じ指による等圧線を1つの集合にまとめると、この集合は、圧力値を地形図における高さに置き換えた場合、地形図でいう山に見立てることができる。 To summarize the isobar by the same finger on one set, this set, when replacing the height at topographical pressure value can be Mitateru the mountain mentioned topographic. 以下、同じ指による等圧線の集合を「山」と呼ぶことがある。 Below, a set of isobars by the same finger may be referred to as a "mountain". 図5の場合、山は8個である。 In the case of FIG. 5, the mountain is eight. また、圧力の補間の結果、最も圧力が高いといえる領域の中心を「頂点」と呼ぶことにする。 Also, will be referred to the results of the interpolation of the pressure, the center of the region be the most pressure is high, the "apex". タブレット装置の感圧点の密度は十分に大きいものとする。 Density of pressure sensing points of the tablet device is made sufficiently large.
【0026】 [0026]
図5において、551は使用者の右手人指し指によってできる圧力分布の等圧線である。 5, 551 is an isobar pressure distribution can by right hand index finger of the user. ここの説明ではタブレット装置240に向かって右向きを+x方向、上向きを+y方向とする。 + X direction right direction on the tablet device 240 here in the description, and the upward + y direction. xy座標軸550はこの説明のためのものであり、実際の装置には無い。 xy coordinate axis 550 is for this description, not the actual device.
【0027】 [0027]
図6は指がタブレット装置240を押す圧力の等圧線の説明図であり、552は図5の等圧線551の拡大図、553は頂点である。 Figure 6 is an explanatory view of the isobar of pressure finger presses the tablet device 240, 552 is an enlarged view of the isobar 551 of FIG. 5, 553 is the vertex.
【0028】 [0028]
図7は、各指によってタブレット装置240が「強く押されている」状態と「弱く押されている」状態について、説明する図である。 Figure 7, for each finger and the state tablet device 240 is "pressed strongly," "is pressed weakly" by the state diagrams for explaining. 554は図5の等圧線551の拡大図、555は頂点である。 554 is an enlarged view of the isobar 551 of FIG. 5, 555 is the vertex.
【0029】 [0029]
タブレット装置240を押す圧力P1、P2を定数とし、0<P1<P2とする。 The pressure P1, P2 to push the tablet device 240 is a constant, and 0 <P1 <P2. 頂点の圧力をpとするとき、P1≦p≦P2ならば、その頂点が属するキーは「弱く押されている」と定義し、P2<p ならば、その頂点が属するキーは「強く押されている」と定義する。 When the pressure of the vertex and p, if P1 ≦ p ≦ P2, the vertex belongs key defined as "being pushed weak", P2 <if p, key to which the vertex belongs is pushed "strongly It is defined as to have ".
【0030】 [0030]
P1とP2は、仮想キーボード430などのテンプレートが表示されていない時は、山の頂点のx座標の値に応じて個別に設定できるものとする。 P1 and P2, when the template such as the virtual keyboard 430 is not displayed, it is assumed that can be set individually depending on the value of x-coordinate of the mountain vertex. これにより、「強く押している」の基準を、例えば右手の中指と右手の小指とで個別に設定することもできる。 As a result, it is also possible to set the criteria for "is pressed strongly", individually, for example, the middle finger of the right hand and the right hand little finger.
【0031】 [0031]
また、それらのテンプレートが表示されている時は、キー領域によって別々に設定できるものとする。 Moreover, when those templates is displayed is assumed to be set separately by the key area. ここで「キー領域」とは、QWERTY型の仮想キーボード430やテンキーといったテンプレートの各キートップの表示で区切られる領域を表す。 Here, the "key area", represents the area that is separated by a display of each key top of the template, such as QWERTY type of virtual keyboard 430 or a numeric keypad.
【0032】 [0032]
以下、状態遷移図である図8〜図10を用いて、被圧キー検出部242の動作を説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 8 to 10 which is a state transition diagram, illustrating the operation of the pressure key detection unit 242.
【0033】 [0033]
画面2001は仮想キーボード430の表示されていない画面状態を表す。 Screen 2001 represents a screen state which is not display of the virtual keyboard 430.
【0034】 [0034]
画面2002は、画面状態は画面2001と同じだが、本装置の内部の状態が画面2001の時と異なり、特定の山の個数が一定時間続くかを測っている状態であるため、画面2001の状態ノードとは異なるノードとして表現した。 Screen 2002, the screen state is the same as the screen 2001, the internal state of the apparatus is different from the time of the screen 2001, because it is a state in which the number of a particular mountain is measured or followed by a certain period of time, the screen 2001 state It was expressed as a different node from the node.
【0035】 [0035]
画面2003はQWERTY型の仮想キーボード430が表示されていて、キーコードが入力可能になっている画面状態を表す。 Screen 2003 represents a screen state of the virtual keyboard 430 of the QWERTY type is being displayed, the key code is enabled input.
【0036】 [0036]
被圧キー検出部242はタブレット装置240に同期して動作する。 The pressure key detection unit 242 operates in synchronization with the tablet device 240. すなわち、一定時間ごとにタブレット装置240から被圧キー検出部242へ入力があり、その一定時間をかけて図8〜図10の状態遷移が1回起こるものとする。 That is, there is an input from the tablet device 240 at predetermined intervals to the pressure key detection unit 242, the state transition of FIGS. 8 to 10 over its predetermined time is assumed to occur once.
【0037】 [0037]
使用者は本装置において、少なくとも2種類のテンプレートを表示させることができる。 In the user the device can display at least two types of templates. 一つはQWERTY型の仮想キーボード430であり、もう一つは仮想テンキーである。 One is a virtual keyboard 430 of QWERTY type, the other is a virtual numeric keypad.
【0038】 [0038]
画面2001において、次の2種類のいずれかの呼び出し操作を入力すると、QWERTY型の仮想キーボード430或いは仮想テンキーが表示される。 In screen 2001, when entering one of the call operation of the two types, QWERTY-type virtual keyboard 430 or virtual numeric keypad is displayed.
【0039】 [0039]
QWERTY型の仮想キーボード430を表示させる呼び出し操作は、次の条件(1)〜(4)を全て満たすものである。 Call operation for displaying the virtual keyboard 430 of the QWERTY type are those satisfying all the following conditions (1) to (4).
【0040】 [0040]
(1)本装置がQWERTY型の仮想キーボード430も仮想テンキーも表示していない状態であること。 (1) that the virtual keyboard 430 of the apparatus QWERTY type also is a state that is not also displayed virtual keypad.
【0041】 [0041]
(2)8本の指で弱く押された状態が一定時間以上続くこと。 (2) eight weakly pressed state by the finger a predetermined time lasting longer than that. ここでいう8本の指で弱く押された状態とは、山の個数が8であり、かつ、8つの山すべてについて頂点の圧力pがP1≦p≦P2を満たすことである。 The weakly pressed state of eight fingers here, is the number of mountains is 8, and, for all eight peaks pressure p vertices is to satisfy P1 ≦ p ≦ P2.
【0042】 [0042]
(3)山の頂点の x 座標の小さい方から4点が「ほぼ一直線上かつ、指間隔くらいの間隔」であること。 (3) smaller from four points of the x-coordinate of the vertex of the mountain "on almost a straight line and the spacing of the long finger pitch" it is. ここで、「ほぼ一直線上」とは、例えばその4点の最小2乗法による直線からの距離が、その4点全てについて8mm以内ということである。 Here, "substantially on a straight line", for example, the distance from the straight line by the least squares method of the four points, is that within 8mm of all the four points. また、「指間隔くらいの間隔」とは、例えば隣り合う山の頂点同士の間隔が19mmから22mmということである。 In addition, the "interval of much finger interval", for example, the interval between the vertices of the adjacent mountain is that the 22mm from 19mm.
【0043】 [0043]
(4)山の頂点の x 座標の大きい方から4点が「ほぼ一直線上かつ、指間隔くらいの間隔」であること。 (4) the larger from the four points of the x-coordinate of the vertex of the mountain "on almost a straight line and, interval of much finger interval" it is.
【0044】 [0044]
以下、これをQWERTY型の仮想キーボード呼び出し操作と呼ぶ。 Hereinafter referred to as the QWERTY virtual keyboard call operation.
【0045】 [0045]
仮想テンキーを表示させる呼び出し操作は、次の条件(1)〜(3)を全て満たすものである。 Call operation for displaying a virtual keypad, satisfies all the following conditions (1) to (3).
【0046】 [0046]
(1)本装置がQWERTY型の仮想キーボード430も仮想テンキーも表示していない状態であること。 (1) that the virtual keyboard 430 of the apparatus QWERTY type also is a state that is not also displayed virtual keypad.
【0047】 [0047]
(2)3本の指で弱く押された状態が一定時間以上続くこと。 (2) three weakly pressed state by the finger a predetermined time lasting longer than that. ここでいう3本の指で弱く押された状態とは、山の個数が3であり、かつ、3つの山すべてについて頂点の圧力pがP1≦p≦P2を満たすこと。 Here, the weak pressed state three fingers say, the number of mountains is 3, and for all three peaks pressure p of vertices that meet P1 ≦ p ≦ P2.
【0048】 [0048]
(3)3つの山の頂点が「ほぼ一直線上かつ、指間隔くらいの間隔」であること。 (3) the apex of the three mountains "on almost a straight line and, interval of much finger interval" it is. ここで、「ほぼ一直線上」とは、例えばその3点からの最小2乗法による直線からの距離が、その3点全てについて8mm以内ということである。 Here, "substantially on a straight line", for example, the distance from the straight line by the least square method from the three points is that within 8mm of all the three points. また、「指間隔くらいの間隔」とは、例えば隣り合う山の頂点同士の間隔が19mmから22mmということである。 In addition, the "interval of much finger interval", for example, the interval between the vertices of the adjacent mountain is that the 22mm from 19mm.
【0049】 [0049]
以下、これをテンキー呼び出し操作と呼ぶ。 Hereinafter referred to as the numeric keypad call operation.
【0050】 [0050]
QWERTY型の仮想キーボード430や仮想テンキー以外のテンプレートを、それらを表示させるための呼び出し操作と対応づけて予め用意しておくことにより、それらのテンプレートを使用者が利用することも可能である。 The QWERTY-type virtual keyboard 430 or other virtual numeric keypad template by calling operation for displaying them and prepared in advance in association, it is also possible for a user to use those templates.
【0051】 [0051]
その場合の呼び出し操作は適切なものであればよく、必ずしも上記の例にならう必要はない。 In that case the calling operation as long as appropriate, not necessarily follow the above example.
【0052】 [0052]
例えば、5本の指を一定時間以上タブレット装置240に触れていたならば、50音順配列のテンプレートを表示する、などが考えられる。 For example, if the five fingers have touched the certain period of time the tablet device 240, displaying the template syllabary arrangement, the like can be considered.
【0053】 [0053]
画面2001において、QWERTY型の仮想キーボード呼び出し操作が入力されると、画面2003へ遷移してQWERTY型の仮想キーボード430を表示する。 In screen 2001, the QWERTY-type virtual keyboard call operation is input, and displays a virtual keyboard 430 of the QWERTY-type transitions to the screen 2003.
【0054】 [0054]
また、画面2001において、仮想テンキー呼び出し操作が入力されると、画面2003へ遷移してテンキーを表示する。 Further, in the screen 2001, the virtual numeric keypad call operation is input, and displays a numeric keypad and a transition to a screen 2003.
【0055】 [0055]
以下では被圧キー検出部242の動作を、状態の遷移に合わせて段階的に説明する。 The operation of Hi圧 key detection unit 242 in the following, steps will be described in accordance with the state transition.
【0056】 [0056]
まず、以下の説明において用いるNという変数について説明する。 First, description will be given variable called N used in the following description.
【0057】 [0057]
強く押している指の本数、すなわち、頂点の圧力をpとする時に、P2<pをみたす頂点の個数をNとおく。 The number of are pushing strongly finger, that is, the pressure of the vertex when the p, put the N the number of vertices that satisfies P2 <p.
【0058】 [0058]
表示装置にQWERTY型の仮想キーボード430など、何らかのテンプレートが表示されているときに、タブレット装置をP1以上の圧力で押している指の本数を0にすると、テンプレートの表示が消去される。 Such as virtual keyboard 430 of QWERTY type display device, when any template is displayed and the number of fingers pressing the tablet device in P1 above the pressure to 0, the display of the template is erased.
【0059】 [0059]
この状態が開始状態であり、図8の画面2001がこの状態に相当する。 This state is the starting state, the screen 2001 in FIG. 8 correspond to this state.
【0060】 [0060]
タブレット装置が3本或いは8本の指で弱く押され、かつ、ソフトウエアキーボード呼び出し操作の(3)と(4)を満たす入力を入力1601Aとする。 Tablet device is pressed weakly with the three or eight fingers, and an input 1601A input satisfying software keyboard calling operation (3) and (4).
【0061】 [0061]
画面2001の状態において、入力1601Aが入力されたとき、本装置は、入力1601Aにおける山の個数が一定時間続くかを調べるための計測を開始し、画面2002の状態へ遷移する。 In the state of the screen 2001, when the input 1601A is input, the apparatus starts measurement for examining whether the number of peaks in the input 1601A after a period, the state transitions to the state of the screen 2002. 一定時間とは例えば200ミリ秒である。 The predetermined time is, for example, 200 milliseconds.
【0062】 [0062]
画面2001の状態において、入力1601A以外の入力がされたとき、被圧キー検出部242は後処理モジュール243に便宜上、指で強く押されているキーがないことを伝えるとともに、中央処理装置231には、テンプレートの表示を消したまま変化させないよう伝える。 In the state of the screen 2001, when an input other than the input 1601A is, the pressure key detection unit 242 for convenience in post-processing module 243, along with stating that none of the keys is pressed strongly with a finger, the central processing unit 231 conveys so as not to change while turn off the display of the template. そして、状態は画面2001のままである。 Then, the state will remain on the screen 2001.
【0063】 [0063]
ここで「便宜上」といったのは、実際には強く押されているキー領域が存在する可能性があるからである。 Here the like "for convenience" is because there is a possibility that the actual key region being pressed strongly to exist.
【0064】 [0064]
例えば、「4本の指を一定時間以上タブレット装置に触れている」という操作を、何らかのテンプレートを呼び出す操作と定義していない場合に、4本の指で装置をP1以上の圧力で押し、かつ、4本のうち少なくとも1本でP2以上の圧力で押していたとする。 For example, the operation of "touching the four fingers a certain time or more tablet device", if not defined an operation to call any template, press device with four fingers P1 or pressure, and , and was pressed at P2 over the pressure in at least one of the four.
【0065】 [0065]
この場合、P2以上の圧力で押されているキーが存在するにもかかわらず、便宜上、後処理モジュール243に対しては、そうしたキーはない、と伝えるということである。 In this case, despite the presence of keys that are pressed in P2 pressure above, for convenience, with respect to the post-processing module 243, such key is that there is no, and convey.
【0066】 [0066]
画面2002の状態において、入力1601Aにおける山の個数のままで、かつ、すべての指はタブレット装置を弱く押している状態で一定時間続いた場合、山の個数が3だったらテンキーを、8だったらQWERTY型の仮想キーボード430を表示して、画面表示2003の状態へ遷移するとともに、P2<pとなる頂点を含む、すなわち強く押されているキー領域がないことを後処理モジュール243に伝える。 In the state of screen 2002, remains of the number of mountain in the input 1601A, and, all fingers If you have followed a certain period of time in the state in which the press weakens the tablet device, the number of mountain is the numeric keypad you were 3, it was 8 QWERTY display the type of the virtual keyboard 430, with a transition to the state of the screen display 2003, P2 <including vertex to be the p, telling that there are no key regions to the post-processing module 243 that is strongly pressed.
【0067】 [0067]
画面2002の状態において、入力1601Aにおける山の個数のままで全ての頂点は弱く押されており、かつ、一定時間経っていない場合には、入力1601Aにおける山の個数が一定時間続くか否かを調べるための計測を継続し、画面2002の状態にとどまる。 In the state of the screen 2002, all vertices remain number of mountains in the input 1601A are pressed weakly, and, if not passed a predetermined time, the number of mountains in the input 1601A is whether after a period to continue the measurement of the order to investigate, stay on the state of the screen 2002.
【0068】 [0068]
画面2002の状態において、一定時間経たないうちに、タブレット装置を弱く押している山の個数が、入力1601Aにおける山の個数と異なった場合、入力1601Aにおける山の個数が一定時間続くかを調べるための計測を破棄し、画面2001の状態に遷移する。 In the state of the screen 2002, in less certain time, the mountain is pressed weak tablet device number is, if different from the number of peaks in the input 1601A, to see if the number of peaks in the input 1601A after a period discard the measurement, a transition to a state of the screen 2001.
【0069】 [0069]
画面2003において、次の3種類がある。 In the screen 2003, there are three types.
【0070】 [0070]
(1)山の個数が1以上で、かつ、N=0の入力の時、被圧キー検出部242は、指で強く押されているキーがないことを後処理モジュール243に伝えるとともに、中央処理装置231には、テンプレートの表示を変化させないよう伝える。 In (1) the number of peaks is 1 or more, and, when the input of N = 0, the pressure key detection unit 242, with important that no key is pressed strongly with a finger to the post-processing module 243, the central the processor 231 communicates so as not to change the display of the template. そして、状態は画面2003のままである。 Then, the state will remain on the screen 2003.
【0071】 [0071]
(2)山の個数が1以上で、かつ、N>0の入力の時、被圧キー検出部242は、指で強く押されているキー領域を全て後処理モジュール243に伝えるとともに、中央処理装置231には、テンプレートの表示を変化させないよう伝える。 (2) by the number of peaks is 1 or more, and, when the input of N> 0, the pressure key detection unit 242, with important to all post-processing module 243 a key space that is strongly pressed by a finger, a central processing the device 231 conveys so as not to change the display of the template. そして、状態は画面2003のままである。 Then, the state will remain on the screen 2003.
【0072】 [0072]
(3)山の個数が0の時、すなわち、タブレット装置240をどの指もP1以上の圧力で押していない入力の場合は、被圧キー検出部242は、指で強く押されているキーがないことを後処理モジュール243に伝えるとともに、中央処理装置231には、テンプレートの表示をしないよう伝える。 (3) when the number of mountain of 0, i.e., if the input is not pressed the tablet device 240 in which finger is also P1 or more pressure, the pressure key detection unit 242, none of the keys is pressed strongly with a finger it with important to the post-processing module 243, the central processing unit 231 conveys not to display the template. そして、状態は画面2001へ遷移する。 Then, the state transition to the screen 2001.
【0073】 [0073]
次に図11〜図32を用いて本発明に基づいた情報処理装置の操作例につき詳述する。 Next, a detailed description will be made per operation example of the information processing apparatus in accordance with the present invention with reference to FIGS. 11 to 32.
【0074】 [0074]
図11〜図16は、本実施例による情報処理装置の操作フローを示す図である。 11 to 16 are views showing the operation flow of the information processing apparatus according to this embodiment.
【0075】 [0075]
図11〜図16において、「A:」に続く部分は使用者の意図や、使用者による装置への入力を、「B:」に続く部分は使用者の入力等に対する装置の反応を表すものとする。 In 11 to 16, "A:" portion that follows the intention and the user, the input to the device by the user, "B:" portion following the represent the reaction of the device to input or the like of the user to.
【0076】 [0076]
ステップ1000〜1010について説明する。 The steps 1000 to 1010 will be explained.
【0077】 [0077]
使用者は図2に示した電源ボタン210を押して、電源209の電力を本装置の電子部品各部に供給可能な状態にするとともに本装置を起動する。 The user presses the power button 210 shown in FIG. 2, to launch the device as well as the power of the power supply 209 to the ready supply to the electronic component each part of the apparatus. すると、本装置は表示装置に図17に示すような初期画面400を表示する。 Then, the device displays an initial screen 400 as shown in FIG. 17 to the display device.
【0078】 [0078]
電子メールを読む例を説明する。 Explaining an example to read the e-mail. 使用者はマウス装置220或いは同様のポインティング装置(以下、マウス装置220等と呼ぶ)を用いてマウスポインタ225の操作あるいは同等の操作を行い、電子メール起動アイコン401を選択かつ実行する。 User mouse device 220 or similar pointing device (hereinafter, referred to as a mouse device 220, etc.) do or equivalent operation of the mouse pointer 225 is used to select and execute the e-mail activation icon 401.
【0079】 [0079]
ステップ1011について説明する。 For step 1011 it will be described. 本装置は、電子メールソフトウエアを起動し、図18に示すような利用者名・パスワード入力ウインドウ410を表示装置に表示し、使用者に対して、カーソル415の位置に利用者名等の入力を促す。 This device, start the e-mail software, and displayed on the display device the user name, password input window 410 as shown in FIG. 18, to the user, the input of the user or the like name to the position of the cursor 415 the urge.
【0080】 [0080]
ステップ1020について説明する。 For step 1020 it will be described. 使用者は利用者名を表す文字列を入力したい。 The user would like to enter a string that represents the user name. 使用者は、図19に示すように、現在一般に使われている通常のキーボードに左右の手を置くときのように、使用者の左手421と使用者の右手422の10本の指のうち、親指を除く8本の指を、左右の人差し指同士を十分に離した状態で置く。 The user, as shown in FIG. 19, such as when placing the left and right hand in the standard keyboard that are now commonly used, among the ten fingers of a user's right hand 422 and the left hand 421 of the user, eight fingers except the thumb, put in a state in which the fully release the left and right index finger each other. ここで「十分に離す」とは、後からQWERTY型の仮想キーボードを表示したときに、QWERTY型の仮想キーボードの左手用の部分と、右手用の部分が重なり合わないだけの距離を離しながら、という意味である。 Here, the "sufficiently release" is, when you view the QWERTY type of virtual keyboard later, while away a part of for the left hand of the QWERTY type of virtual keyboard, a distance of only non-overlapping portions for the right hand, it is meant that. QWERTY型の仮想キーボードについては、後述する。 For QWERTY type of virtual keyboard will be described later.
【0081】 [0081]
ステップ1021について説明する。 For step 1021 it will be described. 本装置はタブレット装置240に指が8本置かれたと判断し、図20に示すように、タブレット装置上の右手421と左手422がおかれた位置がそのままホームポジションとなる位置に、その使用者の指に合ったキーピッチのQWERTY型の仮想キーボード430を表示する。 The apparatus determines that the finger is placed 8 to digitizing tablet 240, as shown in FIG. 20, at a position a position right 421 and left 422 on the tablet device is placed directly becomes the home position, the user to display the virtual keyboard 430 of the QWERTY type of key pitch for your finger.
【0082】 [0082]
ホームポジションとは、QWERTY型のキーボードの場合、左手の人指し指がFキーの位置、右手の人指し指がJキーの位置となる指の置き方のことである。 Home position and, in the case of QWERTY-type keyboard, the position of the left hand of the index finger F key, is that the index finger of the right hand is how to place the finger to be the position of the J key.
【0083】 [0083]
本実施例によれば、使用者は表示装置上に手を置いた位置をそのままホームポジションとすることができる。 According to this embodiment, the user can be directly used as a home position of the positions at the hand on the display device. このため、手指の位置をホームポジションの位置に合わせる調整のために、視線をQWERTY型の仮想キーボード430の表示部分へ移動し、手指を動かす必要がない。 Therefore, in order to adjust to align the finger on the position of the home position, to move the line of sight to the display portion of the QWERTY type of the virtual keyboard 430, there is no need to move the finger. すなわち、使用者は、文字列の挿入地点から視線を離さずにQWERTY型の仮想キーボード430を使うことが可能である。 In other words, the user, it is possible to use a virtual keyboard 430 of the QWERTY-type from the insertion point of the string without releasing the line of sight. よって、使用者の視覚的な疲労を減少でき、さらに、手指の位置を調整したり、視点を移動したりする分の操作時間を短縮することができる。 Therefore, it reduces the visual fatigue of the user can be further shortened to adjust the position of the finger, the minute operation time to move the viewpoint.
【0084】 [0084]
また、キーピッチとは、横方向に隣り合って並んだ任意の2つのキーの中心間の距離のことである。 Also, the key pitch is that of each other and any two keys aligned adjacent to the lateral distance between the centers.
【0085】 [0085]
太さをはじめとして、指の形態は個人により異なるので、キーボードのキーピッチは可変であることが望ましい。 Including the thickness, the form of the finger varies depending on individuals, it is desirable that the key pitch of the keyboard is variable.
【0086】 [0086]
従来の仮想キーボードの場合、(1)使用者ごとにあらかじめ適切なキーピッチを登録しておく、或いは、(2)制御パネル等を用いて、何らかの操作を使用者が明示的に行い調整する等の操作が必要であった。 For conventional virtual keyboard (1) is registered in advance appropriate key pitch for each user, or (2) using the control panel or the like, some user operates such explicitly performs adjustment operation was necessary.
【0087】 [0087]
しかし、本装置は、使用者にあったキーピッチを、タブレット装置240へ接触する指同士の距離をもとに決定するので、キーピッチの指定が、直接的かつ自動的に行える。 However, the apparatus, the key pitch was in a user, because it determines on the basis of the distance of the fingers between contacting the tablet device 240, the specified key pitch is performed directly and automatically.
【0088】 [0088]
さらに、指の太さは指毎に異なるので、自然に指を開いた状態での隣り合う指同士の距離は、指毎に異なると考えられる。 Further, since the thickness of the finger varies from finger, the distance between fingers adjacent with open fingers naturally thought to be different for each finger. 本装置は、キーピッチを隣り合う各指の間隔に自動的に合わせた仮想キーボード430を提供することも可能である。 This device is also capable of providing a virtual keyboard 430 automatically adjusts the interval of each finger adjacent the key pitch. これにより、手指の無理な動きを軽減し、身体的負担を低減することができる。 As a result, to reduce the excessive movement of the fingers, it is possible to reduce the physical burden.
【0089】 [0089]
図20の状態におけるQWERTY型の仮想キーボード430は、もともと表示されていた部分がQWERTY型の仮想キーボード430の表示によって、できるだけ隠れないように半透明状態で表示してもよいし、不透明状態で表示してもよい。 Virtual keyboard 430 of the QWERTY type in the state of FIG. 20, the originally were showing part of displaying QWERTY-type virtual keyboard 430, may be displayed in a semitransparent state as much as possible hidden display an opaque state it may be. 半透明状態で表示すれば、もともと表示されていた部分もユーザが認識し、情報を利用できるという利点がある。 By displaying a semitransparent state, there is an advantage that originally part which has been displayed even recognize the user can utilize the information.
【0090】 [0090]
QWERTY型の仮想キーボード430の表示における半透明状態とは、もともと表示されていた部分がQWERTY型の仮想キーボード430の表示によって、できるだけ隠れないようにするためのものであり、もともと表示装置に表示されていた部分の上からQWERTY型の仮想キーボード430の表示が透けて互いに重なり合って見えるようにするものである。 The semi-transparent state in the display of the QWERTY type of the virtual keyboard 430, the originally were showing part of displaying QWERTY-type virtual keyboard 430 is intended for preventing possible hidden, it appears in the originally display device is intended to be visible on top of each other from the top of which was partially-through display of QWERTY type of the virtual keyboard 430. もともと表示されていた部分のうち、隠れる部分が少なくなるように、表示装置の表示ドットのうち、使用者がキーの判別をするに十分なドットの値だけを変更する。 Of the portion that was originally displayed, as part hiding is reduced, in the display dots of the display device, the user can change only the value of the sufficient dots to the determination of the key. こうすることにより、もともと表示されていた部分をもユーザがある程度認識し、情報を利用することができる。 By doing so, it is possible that the user is also a part that was originally displayed recognize some extent, to use the information.
【0091】 [0091]
ステップ1022〜1056について説明する。 The steps 1022 to 1056 will be explained. 使用者は、表示装置に表示されたQWERTY型の仮想キーボード430を利用して指でタイプすることにより、正しい利用者名と正しいパスワードを入力する。 The user, by typing in a finger by using a virtual keyboard 430 of the QWERTY-type that is displayed on the display device, enter the correct user name and the correct password.
【0092】 [0092]
すると、システムは、図21に示すような、メール題名一覧の画面400Eを表示する。 Then, the system, as shown in FIG. 21, to display the screen 400E of the e-mail title list. 452は題名が「温泉旅行のお誘い」の電子メールを表す。 452 title represents the e-mail of "teaser hot spring travel". 453は題名が「先日はありがとう」の電子メールを表す長方形領域である。 453 is a rectangular area that title represents the e-mail of "Thank you the other day." 454は題名が「xxxを見てきた感想」の電子メールを表す長方形領域である。 454 is a rectangular area that title represents the e-mail of "impressions've seen xxx". 455は題名が「ごちそうさま」の電子メールを表す長方形領域である。 455 is a rectangular area that title represents the e-mail of "I'm Done". 456は題名が「近況」の電子メールを表す長方形領域である。 456 is a rectangular area that title represents the e-mail of "recent". 452、453、454、455、456は使用者に対して現在届いている電子メールについて、送信者と題名を表示している。 452,453,454,455,456 for e-mail that has arrived now to the user, displaying the sender and title.
【0093】 [0093]
ステップ1060について説明する。 For step 1060 it will be described. 使用者はマウス装置220等を用いて、マウスカーソル225等を必要に応じて操作し、長方形領域452を選択かつ実行する。 The user using a mouse device 220 or the like, by operating necessary the mouse cursor 225 or the like, selects and executes the rectangular region 452.
【0094】 [0094]
ステップ1061について説明する。 For step 1061 it will be described. 本装置は、表示装置に「温泉旅行のお誘い」の内容を表示する。 The device, to display the contents of the "teaser hot spring travel" to the display device. この例において、本装置は表示装置上部に本文、下部にパンフレットを表示するものとする。 In this example, the apparatus is intended to display the brochure display upper body, the lower part.
【0095】 [0095]
図22は「温泉旅行のお誘い」とその添付書類であるパンフレットの表示の様子を説明するものである。 FIG. 22 is intended to explain the appearance of the display of the brochure is the attached documents as a "teaser hot spring travel". 610は使用者が受信した「温泉旅行のお誘い」というメールの本文を表示するウインドウである。 610 is a window that displays the body of the e-mail called "invitation of the hot spring travel" the user has received. 620は受信メール添付パンフレット内容のウインドウである。 620 is a window of receiving e-mail attachments brochure content. この例では温泉のパンフレットである。 In this example is a brochure of the hot spring. また、601はメニューバーであり、602は「メッセージ」に関連するサブメニューを表示させるためのメニューアイテムである。 Also, 601 is a menu bar, 602 is a menu item for displaying a sub-menu associated with the "messages".
【0096】 [0096]
ステップ1070〜1071について説明する。 The step from 1070 to 1071 will be explained. 使用者は画面上のウインドウ610と受信メール添付パンフレット内容のウインドウ620の内容を読み、返事を書くこととする。 The user reads the contents of the window 620 of the received e-mail attachments and brochure content with the window 610 on the screen, and to write a reply.
【0097】 [0097]
図23は返事作成を開始するメニューアイテムを使用者が選択かつ実行時の画面の様子を説明するものである。 Figure 23 is one in which the user menu items to begin creating reply explaining how the screen when selecting and executing. 603は、「メッセージ」に関連するサブメニューである。 603 is a sub-menu associated with the "message". 603Aはこのサブメニューの一つであり、返事作成コマンドを選択し実行するためのメニューアイテムである。 603A is one of the submenu, a menu item for performing select reply creation command. 603Bはこのサブメニューの一つであり、転送コマンドを選択し実行するためのメニューアイテムである。 603B is one of the submenu, a menu item for performing select transfer command. 603Cはこのサブメニューの一つであり、送信コマンドを選択し実行するためのメニューアイテムである。 603C is one of the submenu, a menu item for performing selects a transmission command.
【0098】 [0098]
図24は使用者が返事を書くためのウインドウを表示した時の画面の様子について説明するものである。 FIG. 24 is intended to illustrate the state of the screen when displaying the window for the user to write a reply. 使用者は、図23の画面で、返事を作成するメニューアイテム603Aをマウス装置220等を用いて選ぶ。 The user, on the screen of FIG. 23, selecting a menu item 603A to create a reply using the mouse 220 or the like. すると本装置は、使用者が返事を書くためのウインドウ640を表示装置に表示する。 Then, this device displays the window 640 for the user to write a reply to a display device. 他は図22の説明に同じである。 Others are the same as described in Figure 22.
【0099】 [0099]
ステップ1100から1103について説明する。 Steps 1100 1103 will be described. 図25において、431はリターンキー領域、432はスペースキー領域である。 In Figure 25, 431 return key region, is 432 a space key region. まず、使用者はタブレット装置240に、右手421と左手422の親指を除く8本指で触れる。 First, the user is in the tablet device 240, touching in 8 fingers except the thumb of the right hand 421 and the left hand 422. すると本装置は表示装置にQWERTY型の仮想キーボード430を使用者の各指のホームポジションに合うように表示する。 Then the device displays to match the home position of each finger of a user a virtual keyboard 430 of the QWERTY type display device.
【0100】 [0100]
使用者は、必要ならばQWERTY型の仮想キーボード430内にあるキーを用いて日本語入力モードに切換える。 User, if necessary by using the keys on the QWERTY type of virtual keyboard 430 is switched to the Japanese input mode. ここでは、通常に知られている、ローマ字かな変換と、かな漢字変換を用いるものとする。 Here, it is known to usually convert the kana romaji, and those using kana-kanji conversion. そして、”hiyouhadonokuraikakarisoudesuka?”とタイプすることで、”ひようはどのくらいかかりそうですか?”という変換字種を入力する。 And, "hiyouhadonokuraikakarisoudesuka?" And be to type, "the cost is how much is it takes likely to do?" To a conversion character type that. そして使用者は、通常のかな漢字変換操作と同様に、変換のためのキー領域であるスペースキー領域432を指でタイプすることで変換を行い、確定する。 The user, as usual kana-kanji conversion operation, a space key region 432 is a key region for the conversion performs conversion by typing a finger, determined. すると、本装置は”費用はどのくらいかかりそうですか?”という文字列を、カーソル415の位置に挿入して表示装置に表示する。 Then, the device is "cost is how much do you take going?" The string, and displays it on the display device is inserted into the position of the cursor 415. 本実施例のかな漢字変換システムは、スペースキーが変換キーを兼用しているものとする。 Kana-kanji conversion system of the present embodiment, it is assumed that the space key also serves as a conversion key.
【0101】 [0101]
図26は、”費用はどのくらいかかりそうですか?”という文字列の入力に続いて使用者が改行コードと”パンフレット”という文字列を入力した時の画面の状態を説明するものである。 FIG. 26, "the cost is how much do you take going?" Are those followed by the user to the input of a character string that is to explain the screen status for when you enter the string "brochure" and the new line code. 改行コードはリターンキー領域431を押すことにより入力できる。 New line code can be entered by pressing the return key area 431. 651は入力により挿入された文字列であり、他は図25の説明に同じである。 651 is inserted character string by the input, the other is the same as described in Figure 25.
【0102】 [0102]
ステップ1104〜ステップ1105について説明する。 It will be described step 1104~ step 1105. 使用者が右手421と、左手422をタブレット装置240から離すことにより、図27に示すように、QWERTY型の仮想キーボード430が表示装置に表示されなくなる。 And user right 421, by releasing the left hand 422 from the tablet device 240, as shown in FIG. 27, the virtual keyboard 430 of the QWERTY type is not displayed on the display device.
【0103】 [0103]
一般に、仮想キーボードは入力するときにだけ、表示されていれば十分である。 In general, the virtual keyboard is only when entering, it is sufficient if it is displayed. 本装置でいえば使用者がタブレット装置240に指を触れている状態でだけ表示されていれば十分である。 Speaking user in the device is sufficient if it is displayed only while fingering the tablet device 240. それ以外の時に表示されると、仮想キーボードが表示されている分、表示装置は表示面積が実質的に減少する。 When it is displayed at a time other than the partial virtual keyboard is displayed, the display device displays the area is substantially reduced.
【0104】 [0104]
本装置は、入力の完了に伴い、両手の全ての指を、タブレット装置240から離すことで自動的にQWERTY型の仮想キーボード430の表示を消す操作を行うことができる。 The apparatus, with the completion of the input, all the fingers of both hands can be automatically perform an operation to turn off the display of the QWERTY type of the virtual keyboard 430 by away from the tablet device 240. そのため、QWERTY型の仮想キーボード430の表示による表示面積の実質的減少を、少ない操作手順で防止することができる。 Therefore, a substantial reduction of the display area by the display of the QWERTY type of the virtual keyboard 430 can be prevented with a small operating procedure.
【0105】 [0105]
ステップ1110〜1111について説明する。 The steps 1110 to 1111 will be explained. 使用者が、再び手をタブレット装置240上に戻すと、図26の状態、すなわちQWERTY型の仮想キーボード430が表示され、文字入力が可能な状態に戻る。 User and returned on the tablet device 240 hands again, the state of FIG. 26, namely the virtual keyboard 430 of the QWERTY type appears, returns to a state capable of character input. 使用者は、文章入力操作を続けて返事を完成させた後、マウス装置220等を用いて、図23に示した送信を表すメニューアイテム603Cを選択かつ実行し、メールを送信する。 The user, after completing the reply continue text input operation using the mouse 220 or the like, transmission select and execute a menu item 603C representing a shown in FIG. 23, to send mail.
【0106】 [0106]
以降の操作については説明を省略する。 The description thereof is omitted for the subsequent operations.
【0107】 [0107]
以下、使用者が文字入力を行おうとしているウインドウが、表示画面上におかれた使用者の指と重なって見えにくくなる位置に表示される場合の、本装置の挙動について説明する。 Hereinafter, the window the user is attempting to input characters, when displayed at a position difficult to see overlaps the fingers of a user placed on the display screen, it will be described the behavior of the device.
【0108】 [0108]
例えば、上記ステップ1071における画面の様子が、図24のようではなく、図28のように、返事作成のウインドウ640が使用者の指と重なりそうな画面下部に表示されている場合である。 For example, state of the screen in step 1071, rather than as in FIG. 24, as shown in FIG. 28, a case where the window 640 of creating answer is displayed on the lower screen likely overlap with the finger of the user. 文字列等の入力は入力経過を見ながら行うことが望ましいが、このような場合、特別な対応を何も行わなければ、入力経過を見ながら入力することが困難である。 Although input such as a character string, it is desirable to do while watching the input elapsed, in such a case, if nothing made a special support, it is difficult to enter while watching the input elapsed.
【0109】 [0109]
図15に示すステップ1312〜1313について説明する。 Described steps 1312-1313 shown in FIG. 15. 使用者は文章を入力するため、タブレット装置240に8本指で触れる。 User to enter the text, touching in 8 fingers on the tablet device 240. すると本装置は表示装置の表示を上方へスクロールさせつつ、QWERTY型の仮想キーボード430を使用者の指の位置がホームポジションとなるように表示する。 Then this device while scrolling the display of the display device upward, the position of the finger of the user a virtual keyboard 430 of the QWERTY type display so that the home position.
【0110】 [0110]
図29、図30はこのスクロールの様子を説明するための図である。 29, FIG. 30 is a diagram for explaining the state of the scroll. 図29は使用者の両手441、442がまだタブレット装置240に触れていない時の様子である。 FIG. 29 is a state when you do not touch the hands 441 and 442 still tablet device 240 of the user. 図30はタブレット装置240に触れた両手441、442によってウインドウ640が指で隠れないように、QWERTY型の仮想キーボード430が表示される直前に、表示装置の画面が自動的に上方へスクロールした状態である。 Figure 30 is a state window 640 by hands 441 and 442 touches the tablet device 240 so as not hidden by the finger, just before the virtual keyboard 430 of the QWERTY type is displayed, the screen of the display device is automatically scrolls upward it is.
【0111】 [0111]
使用者は、この自動スクロール機能を行うようにも行わないようにも設定可能である。 The user can be set to not to perform to perform the automatic scrolling.
【0112】 [0112]
ステップ1320〜ステップ1333について説明する。 To describes the steps 1320~ step 1333. 使用者は図31のように”費用はどのくらいかかりそうですか?(改行文字)パンフレット”と入力したところで、受信メール添付パンフレット内容のウインドウ620を見たくなったとする。 User as shown in Figure 31 "cost is how much do you take likely? (Newline character) brochure" where you type, and became want to see the window 620 of the received e-mail attachments brochure content. しかし、この状態では、ステップ1321による表示装置の上方へのスクロールで、受信メール添付パンフレット内容のウインドウ620が可視部分から外れている。 However, in this state, the scroll to the upper portion of the display device at step 1321, the window 620 of the received mail attachments brochure content is out of the visible portion. ここで、図32に示すように、全指をタブレット装置240から一時的に離すと、上方へのスクロールが解除され、受信メール添付パンフレット内容のウインドウ620が表示装置に表示される。 Here, as shown in FIG. 32, when the temporarily release all fingers from the tablet device 240, is released scroll upward, the window 620 of the received mail attachments brochure contents are displayed on the display device.
【0113】 [0113]
使用者は受信メール添付パンフレット内容のウインドウ620を参照した後、再度8本の指をタブレット装置240に置くことにより、入力を継続する。 After the user with reference to the window 620 of the received e-mail attachments brochure content, by placing the eight fingers again to the tablet device 240, to continue the input. 文章が完成したら、送信を表すメニューアイテムを選択かつ実行し、送信する。 Once the sentence is complete, select and execute the menu item that represents the transmission, to transmit.
【0114】 [0114]
以下、電源ボタン210を切るまでの操作の説明は省略する。 Below, a description of the operation of up to turn off the power button 210 is omitted.
【0115】 [0115]
以上に詳述したように、本実施例の情報処理装置は、機械的なキーボードを設ける必要がないので、装置全体の軽量化と薄型化をはかることが可能である。 As described in detail above, the information processing apparatus of the present embodiment, since it is not necessary to provide a mechanical keyboard, it is possible to reduce the weight and thickness of the entire device.
【0116】 [0116]
また、キーボード等のテンプレートを表示装置に表示し、タブレット装置に指などを接触させることで文字列等の入力ができるので、あたかも機械的キーボードが存在するような操作ができ、機械的キーボードを設けない装置における入力効率の低下を防止することができる。 Also, to display the template such as a keyboard, a display device, since it is input such as character strings by contacting the finger on the tablet device, though operations can be performed mechanically keyboard is present, provided with a mechanical keyboard a decrease in input efficiency can be prevented in the absence device.
【0117】 [0117]
また、仮想キーボード方式なので、多様なテンプレートを使用者に提供することができる。 Further, since the virtual keyboard system, it is possible to provide a variety of templates to the user. ここでいう多様なテンプレートとは、例えば、表示位置、キーピッチ、キー領域の形状等の多様さを含むとともに、多国語対応や機能を含めたキーのラベルづけや配列の多様さ等を含む。 A variety of templates here include, for example, the display position, key pitch, with including a variety of shapes of the key region, the label pickled or array of keys, including a multi-lingual and functional diversity and the like. 具体的には、文字入力のキーボードの場合、通常に知られているQWERTYタイプの配列の他にDVORAK配列、また、日本語ならば五十音順等の配列を表示しての入力を使用者に提供することができる。 Specifically, in the case of the character input keyboard, in addition to DVORAK array of arrays of QWERTY type known to usually, also, if the Japanese use the input of display the array of alphabetical order such person it is possible to provide in. 数値入力用にはテンキー配列、音楽向けにはピアノのキーボード等の配列を表示しての入力を使用者に提供することができる。 Numeric numeric keypad array for input, the music for it is possible to provide input to display an array of keyboard or the like of the piano to the user. また、アプリケーションソフトウエアごとに、機能キーのラベル付けを変化させながら表示させることができる。 Further, it is possible for each application software to display while changing the labeling of function keys.
【0118】 [0118]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上に述べたように、本発明によれば、情報処理装置の表示画面の押圧によるタッチ操作を効率よく行うことができるので、装置の薄型軽量化を実現し、かつ、効率的に操作・入力することができる。 As described above, according to the present invention, it is possible to perform a touch operation by the pressing of the display screen of the information processing apparatus efficiently, and realize a thin weight of the apparatus, and efficient operation and input can do.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の一実施例を示す情報処理装置の斜視図である。 It is a perspective view of an information processing apparatus according to an embodiment of the present invention; FIG.
【図2】本発明の一実施例の情報処理装置の構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing the configuration of an information processing apparatus of one embodiment of the present invention.
【図3】本発明の一実施例の情報処理装置の構成を示すブロック図を更に詳細に示す図である。 3 is a diagram showing a more detailed block diagram of an information processing apparatus of one embodiment of the present invention.
【図4】本発明の一実施例の圧力分布検出を説明するための図である。 4 is a diagram for explaining a pressure distribution detector according to an embodiment of the present invention.
【図5】本発明の一実施例の圧力分布検出を説明するための図である。 5 is a diagram for explaining a pressure distribution detector according to an embodiment of the present invention.
【図6】本発明の一実施例の圧力分布検出を説明するための図である。 6 is a diagram for explaining a pressure distribution detector according to an embodiment of the present invention.
【図7】本発明の一実施例の圧力分布検出を説明するための図である。 7 is a diagram for explaining a pressure distribution detector according to an embodiment of the present invention.
【図8】本発明の一実施例の圧力分布検出を説明するための状態遷移図である。 8 is a state transition diagram for explaining a pressure distribution detector according to an embodiment of the present invention.
【図9】本発明の一実施例の圧力分布検出を説明するための状態遷移図である。 9 is a state transition diagram for explaining a pressure distribution detector according to an embodiment of the present invention.
【図10】本発明の一実施例の圧力分布検出を説明するための状態遷移図である。 Is a state transition diagram for explaining a pressure distribution detector according to an embodiment of the present invention; FIG.
【図11】本発明の一実施例の操作フローを示す図である。 11 is a diagram showing an operation flow of an embodiment of the present invention.
【図12】本発明の一実施例の操作フローを示す図である。 12 is a diagram showing an operation flow of an embodiment of the present invention.
【図13】本発明の一実施例の操作フローを示す図である。 13 is a diagram showing an operation flow of an embodiment of the present invention.
【図14】本発明の一実施例の操作フローを示す図である。 14 is a diagram showing an operation flow of an embodiment of the present invention.
【図15】本発明の一実施例の操作フローを示す図である。 15 is a diagram showing an operation flow of an embodiment of the present invention.
【図16】本発明の一実施例の操作フローを示す図である。 16 is a diagram showing an operation flow of an embodiment of the present invention.
【図17】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 17 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図18】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 18 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図19】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 19 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図20】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 20 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図21】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 21 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図22】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 22 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図23】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 23 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図24】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 It is a diagram showing a display screen example in the embodiment of Figure 24 the present invention.
【図25】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 25 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図26】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 26 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図27】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 27 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図28】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 28 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図29】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 29 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図30】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 30 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図31】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 31 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【図32】本発明の一実施例における表示画面例を示す図である。 32 is a diagram showing a display screen example in the embodiment of the present invention.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
200…本装置、201…本体装置ケース、202…表示装置、209…電源、210…電源ボタン、211…クロック、220…マウス装置、224…マウス装置の制御装置、225…マウスポインタ、228…ペン、231…中央処理装置、234…二次記憶装置、240…タブレット装置、24C…タブレット装置カット部、241…タブレット装置圧力分布処理モジュール、242…被圧キー検出部、243…後処理モジュール、244…制御装置、400…初期画面、400E…受信メール題名一覧画面、401…電子メール起動アイコン、410…利用者名・パスワード入力ウインドウ、415…カーソル、421…使用者の左手、422…使用者の右手、430…QWERTY型の仮想キーボード、431…リターンキー領域 200 ... the device, 201 ... main unit case, 202 ... display unit, 209 ... power supply, 210 ... power button, 211 ... clock, 220 ... mouse device, 224 ... control device of the mouse device, 225 ... mouse pointer 228 ... pen , 231 ... CPU, 234 ... secondary storage device, 240 ... tablet device, 24C ... tablet device cutting unit, 241 ... tablet device pressure distribution processing module, 242 ... the pressure key detection unit, 243 ... post-processing module, 244 ... controller, 400 ... initial screen, 400E ... received mail title list screen, 401 ... e-mail start-up icon, 410 ... user name, password input window, 415 ... cursor, of 421 ... user's left hand, of the 422 ... user the right hand, 430 ... QWERTY type of virtual keyboard, 431 ... return key area 432…スペースキー領域、452…題名が「温泉旅行のお誘い」の電子メールを表す長方形領域、453…題名が「先日はありがとう」の電子メールを表す長方形領域、454…題名が「xxxを見てきた感想」の電子メールを表す長方形領域、455…題名が「ごちそうさま」の電子メールを表す長方形領域、456…題名が「近況」の電子メールを表す長方形領域、550…xy座標軸、551…使用者の右手人指し指によってできる圧力分布の等圧線、552…等圧線551の拡大図(1)、553…頂点(1)、554…等圧線551の拡大図(2)、555…頂点(2)、556…P1を表す等圧線、557…P2を表す等圧線、601…メニューバー、602…「メッセージ」に関するサブメニューを表示させるメニューア 432 ... space key area, a rectangular area that represents the e-mail of 452 ... title is "teaser of hot spring travel", the rectangular region that represents the e-mail of 453 ... title is "Thank you the other day", has 454 ... title to see the "xxx rectangular area that represents the e-mail of impressions ", the rectangular region that represents the e-mail of 455 ... title is" I'm Done ", the rectangular region that represents the e-mail of 456 ... title is" recent ", 550 ... xy coordinate axes, 551 ... user the isobar of pressure distribution that can be the right hand forefinger, enlarged view of the 552 ... isobaric lines 551 (1), 553 ... vertex (1), enlarged view of the 554 ... isobaric lines 551 (2), 555 ... vertex (2), the 556 ... P1 It represents isobars, isobars representing the 557 ... P2, 601 ... menu bar, menu a to display a submenu related to 602 ... "message" テム、610…受信メール本文のウインドウ、620…受信メール添付パンフレット内容のウインドウ、225…マウスポインタ、603…「メッセージ」に関連するサブメニュー、603A…返事作成を表すメニューアイテム、603B…転送を表すメニューアイテム、603C…送信を表すメニューアイテム、640…使用者が返事を書くためのウインドウ、651…挿入された文字列、1000…操作ステップ、1001…操作ステップ、1010…操作ステップ、1011…操作ステップ、1020…操作ステップ、1021…操作ステップ、1022…操作ステップ、1051…操作ステップ、1056…操作ステップ、1060…操作ステップ、1061…操作ステップ、1070…操作ステップ、1071…操作ステップ、1 Representing Temu, 610 ... received mail body of the window, 620 ... receiving e-mail attachments brochure contents of the window, 225 ... mouse pointer, 603 ... sub-menu associated with the "message", menu item, which represents the creation 603A ... reply, the 603B ... transfer menu item, 603C ... menu item that represents the transmission, 640 ... window for the user to write a reply, 651 ... inserted string, 1000 ... operation step, 1001 ... operation step, 1010 ... operation step, 1011 ... operation step , 1020 ... operating steps, 1021 ... operating steps, 1022 ... operating steps, 1051 ... operating steps, 1056 ... operating steps, 1060 ... operating steps, 1061 ... operating steps, 1070 ... operating steps, 1071 ... operation step, 1 100…操作ステップ、1101…操作ステップ、1102…操作ステップ、1103…操作ステップ、1104…操作ステップ、1105…操作ステップ、1110…操作ステップ、1111…操作ステップ、1312…操作ステップ、1313…操作ステップ、1320…操作ステップ、1321…操作ステップ、1322…操作ステップ、1323…操作ステップ、1330…操作ステップ、1331…操作ステップ、1332…操作ステップ、1333…操作ステップ、1601A…入力、2001…画面、2002…画面、2003…画面。 100 ... operation step, 1101 ... operation step, 1102 ... operation step, 1103 ... operation step, 1104 ... operation step, 1105 ... operation step, 1110 ... operation step, 1111 ... operation step, 1312 ... operation step, 1313 ... operation step, 1320 ... operation step, 1321 ... operation step, 1322 ... operation step, 1323 ... operation step, 1330 ... operation step, 1331 ... operation step, 1332 ... operation step, 1333 ... operation step, 1601A ... input, 2001 ... screen, 2002 ... screen, 2003 ... screen.

Claims (6)

  1. 表示パネルの表示画面に指示手段のタッチ位置を検出するタッチパネルが設けられ、該表示画面に表示されるキーボードをタッチして操作できるようにしたタッチパネルを備えた情報処理装置において、 The information processing apparatus having a touch panel is provided for detecting the touch position of the indicating means on the display screen of the display panel, and to be operated by touching the keyboard displayed on the display screen a touch panel,
    該キーボードをタッチ操作する際の指示手段による押圧力Pを検知する検知手段と、 Detection means for detecting a pressing force P by the pointing means when touched the keyboard,
    予め設定圧力P1,P2(但し、0<P1<P2)が設けられ、該検知手段による検知圧力がP1≦P≦P2であるとき、第1の処理を行い、該押圧力PがP1≦P≦P2からP2<Pに変化したとき、第2の処理を行う制御部とを有し、 Preset pressure P1, P2 (where, 0 <P1 <P2) is provided, when the pressure detected by said detecting means is a P1 ≦ P ≦ P2, performing a first process, pressing force P is P1 ≦ P when changes from ≦ P2 P2 <P, and a control unit that performs second processing,
    前記第1の処理は、前記表示画面のタッチ位置に応じた位置にキーボードを表示する処理であり、 The first process is a process for displaying a keyboard on the position corresponding to the touch position of the display screen,
    前記第2の処理は、前記表示画面の所定の位置に入力表示される文字として、前記キーボードのうち、P2<Pの押圧力が検出された位置に対応するキーに割り当てられた文字が指示されたこととする処理であり、かつ、前記第1の処理としてのキーボードの表示は、前記P1≦P≦P2の圧力を検知したタッチ位置でそのまま前記キーボードを操作できる位置に表示することを特徴とするタッチパネルを備えた情報処理装置。 The second process, as a character input displayed at a predetermined position of the display screen, said one of the keyboard, P2 <is instructed characters assigned to the key pressing force corresponding to the detected position of the P a processing and ever, and the display of the keyboard as the first process, the display means displays the position that can be operated directly the keyboard touch position detected pressure of the P1 ≦ P ≦ P2 the information processing apparatus having a touch panel that.
  2. 前記第1の処理は、該検知手段による検知圧力がP1≦P≦P2の状態が一定時間以上継続したときに行われる ことを特徴とする請求項1に記載のタッチパネルを備えた情報処理装置。 Wherein the first process, the information processing apparatus having a touch panel according to claim 1, sensing the pressure by said detecting means is characterized by being performed when the state continues of P1 ≦ P ≦ P2 certain period of time.
  3. 前記第1の処理が行われている状態において、前記キーボードに対応する位置の前記押圧力PがP2<Pとなったとき、前記第2の処理が行われる ことを特徴とする請求項1または2に記載のタッチパネルを備えた情報処理装置。 In a state in which the first processing has been performed, when the pressing force P of the position corresponding to the keyboard is turned P2 <P, claim 1, wherein the second process is performed or the information processing apparatus having a touch panel according to 2.
  4. 前記第1の処理は、前記表示画面に前記キーボードを、前記P1≦P≦P2の圧力を検知したタッチ位置がそのままホームポジションとなる位置に表示する処理である ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれかに記載のタッチパネルを備えた情報処理装置。 Wherein the first process, the keyboard on the display screen, 1 to claim, characterized in that the touch position has been detected pressure of the P1 ≦ P ≦ P2 is the process of displaying as it becomes the home position the information processing apparatus having a touch panel according to any one of the three.
  5. 表示パネルの表示画面に設けられたタッチパネルにより指示手段のタッチ位置を検出し、該表示画面に表示されるキーボードをタッチして操作できるようにしたタッチパネルを用いた情報処理方法であって、 Detecting a touch position of the indicating means by the touch panel provided on the display screen of the display panel, an information processing method using a touch panel to allow operation by touching the keyboard displayed on the display screen,
    該キーボードをタッチ操作する際の指示手段による押圧力Pを検知し、予め設定圧力P1,P2(但し、0<P1<P2)が設けられ、検知した前記指示手段による押圧力がP1≦P≦P2であるとき、第1の処理を行い、該押圧力PがP1≦P≦P2からP2<Pに変化したとき、第2の処理を行い、 Detects the pressing force P by the pointing means when touched the keyboard, preset pressure P1, P2 (where, 0 <P1 <P2) is provided, the pressing force by the instruction means detects the P1 ≦ P ≦ when a P2, performs the first processing, when the pressing force P is changed from P1 ≦ P ≦ P2 to P2 <P, performing a second process,
    前記第1の処理は、前記表示画面のタッチ位置に応じた位置にキーボードを表示する処理であり、 The first process is a process for displaying a keyboard on the position corresponding to the touch position of the display screen,
    前記第2の処理は、前記表示画面の所定の位置に入力表示される文字として、前記キーボードのうち、P2<Pの押圧力が検出された位置に対応するキーに割り当てられた文字が指示されたこととする処理であり、かつ、前記第1の処理としてのキーボードの表示は、前記P1≦P≦P2の圧力を検知したタッチ位置でそのまま前記キーボードを操作できる位置に表示することを特徴とするタッチパネルを備えた情報処理方法。 The second process, as a character input displayed at a predetermined position of the display screen, said one of the keyboard, P2 <is instructed characters assigned to the key pressing force corresponding to the detected position of the P a processing and ever, and the display of the keyboard as the first process, the display means displays the position that can be operated directly the keyboard touch position detected pressure of the P1 ≦ P ≦ P2 information processing method which includes a touch panel that.
  6. 前記第1の処理が行われている状態において前記キーボードに対応する位置の前記押圧力PがP2<Pとなったとき、前記第2の処理が行われることを特徴とする請求項5に記載のタッチパネル用いた情報処理方法。 When the pressing force P of the position corresponding to the keyboard in a state in which the first processing has been performed becomes P2 <P, according to claim 5, wherein the second process is performed information processing method using the touch panel.
JP14891796A 1996-06-11 1996-06-11 Information processing apparatus and information processing method having a touch panel Expired - Fee Related JP4484255B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14891796A JP4484255B2 (en) 1996-06-11 1996-06-11 Information processing apparatus and information processing method having a touch panel

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14891796A JP4484255B2 (en) 1996-06-11 1996-06-11 Information processing apparatus and information processing method having a touch panel

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09330175A JPH09330175A (en) 1997-12-22
JP4484255B2 true JP4484255B2 (en) 2010-06-16

Family

ID=15463555

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14891796A Expired - Fee Related JP4484255B2 (en) 1996-06-11 1996-06-11 Information processing apparatus and information processing method having a touch panel

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4484255B2 (en)

Families Citing this family (65)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9292111B2 (en) 1998-01-26 2016-03-22 Apple Inc. Gesturing with a multipoint sensing device
US9239673B2 (en) 1998-01-26 2016-01-19 Apple Inc. Gesturing with a multipoint sensing device
EP1717679B1 (en) * 1998-01-26 2016-09-21 Apple Inc. Method for integrating manual input
CN1320492C (en) * 1999-10-27 2007-06-06 菲罗兹·加萨比安 Content management and distribution method
US6525717B1 (en) 1999-12-17 2003-02-25 International Business Machines Corporation Input device that analyzes acoustical signatures
US7292228B2 (en) 2000-12-05 2007-11-06 Kabushiki Kaisha Tokai-Rika-Denki-Seisakusho Screen operating device for a vehicle
US8576173B2 (en) * 2002-07-04 2013-11-05 Koninklijke Philips N. V. Automatically adaptable virtual keyboard
JP3630153B2 (en) 2002-07-19 2005-03-16 ソニー株式会社 Information display input device and the information display input method, and an information processing apparatus
US8381135B2 (en) 2004-07-30 2013-02-19 Apple Inc. Proximity detector in handheld device
US20060033724A1 (en) * 2004-07-30 2006-02-16 Apple Computer, Inc. Virtual input device placement on a touch screen user interface
US7614008B2 (en) 2004-07-30 2009-11-03 Apple Inc. Operation of a computer with touch screen interface
US8479122B2 (en) 2004-07-30 2013-07-02 Apple Inc. Gestures for touch sensitive input devices
SG171484A1 (en) * 2005-01-30 2011-06-29 Simtrix Ltd Computer mouse peripheral
JP4725485B2 (en) * 2006-10-20 2011-07-13 パナソニック株式会社 Keyboard display device
JP5067345B2 (en) * 2008-10-30 2012-11-07 日本電気株式会社 Mobile communication terminal, method of controlling a mobile communication terminal, a program, and a recording medium
US9041660B2 (en) * 2008-12-09 2015-05-26 Microsoft Technology Licensing, Llc Soft keyboard control
TW201027393A (en) * 2009-01-06 2010-07-16 Pixart Imaging Inc Electronic apparatus with virtual data input device
US20110296333A1 (en) * 2010-05-25 2011-12-01 Bateman Steven S User interaction gestures with virtual keyboard
JP5959797B2 (en) 2010-09-28 2016-08-02 京セラ株式会社 The method of the input device and the input device
WO2012046295A1 (en) * 2010-10-05 2012-04-12 富士通株式会社 Information processing device and input device display method
JP5622270B2 (en) * 2010-10-28 2014-11-12 Necカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社 Input display control device, the input display control method, and program
JP5496337B2 (en) * 2011-02-04 2014-05-21 パナソニック株式会社 Electronics
JP5749043B2 (en) 2011-03-11 2015-07-15 京セラ株式会社 Electronics
JP5524153B2 (en) * 2011-09-08 2014-06-18 日本電信電話株式会社 Touch-operated software keyboard of the display system, a display method and a program
JP6001249B2 (en) * 2011-09-27 2016-10-05 京セラ株式会社 Electronics
JP5520273B2 (en) * 2011-10-11 2014-06-11 ヤフー株式会社 Information input device, method, and program
US20130111391A1 (en) * 2011-11-01 2013-05-02 Microsoft Corporation Adjusting content to avoid occlusion by a virtual input panel
WO2013118226A1 (en) * 2012-02-07 2013-08-15 Necカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社 Information processing device, display form control method, and nontemporary computer-readable medium
DE202013012233U1 (en) * 2012-05-09 2016-01-18 Apple Inc. Device and graphical user interface to display additional information in response to a user Contact
WO2013169845A1 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for scrolling nested regions
WO2013169843A1 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for manipulating framed graphical objects
WO2013169865A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for moving a user interface object based on an intensity of a press input
WO2013169882A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for moving and dropping a user interface object
WO2013169849A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Industries Llc Yknots Device, method, and graphical user interface for displaying user interface objects corresponding to an application
AU2013259630B2 (en) 2012-05-09 2016-07-07 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for transitioning between display states in response to gesture
CN108241465A (en) 2012-05-09 2018-07-03 苹果公司 Device and method for providing tactile feedback for operations performed in a user interface
WO2013169842A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for selecting object within a group of objects
WO2013169875A2 (en) 2012-05-09 2013-11-14 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for displaying content associated with a corresponding affordance
DE112013002412T5 (en) 2012-05-09 2015-02-19 Apple Inc. Device, Method, and Graphical User Interface for providing feedback for changing activation states of a user interface object
CN109062488A (en) 2012-05-09 2018-12-21 苹果公司 For selecting the equipment, method and graphic user interface of user interface object
JP5910345B2 (en) 2012-06-21 2016-04-27 富士通株式会社 Character input program, the information processing apparatus and a character input method
WO2014105279A1 (en) 2012-12-29 2014-07-03 Yknots Industries Llc Device, method, and graphical user interface for switching between user interfaces
CN109375853A (en) 2012-12-29 2019-02-22 苹果公司 To equipment, method and the graphic user interface of the navigation of user interface hierarchical structure
EP2939098B1 (en) 2012-12-29 2018-10-10 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for transitioning between touch input to display output relationships
EP2939096A1 (en) 2012-12-29 2015-11-04 Apple Inc. Device, method, and graphical user interface for determining whether to scroll or select contents
JP2014235612A (en) 2013-06-03 2014-12-15 富士通株式会社 Terminal device, correction method, and correction program
US9990107B2 (en) 2015-03-08 2018-06-05 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for displaying and using menus
US9632664B2 (en) 2015-03-08 2017-04-25 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for manipulating user interface objects with visual and/or haptic feedback
US10048757B2 (en) 2015-03-08 2018-08-14 Apple Inc. Devices and methods for controlling media presentation
US10095396B2 (en) 2015-03-08 2018-10-09 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for interacting with a control object while dragging another object
US9645732B2 (en) 2015-03-08 2017-05-09 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for displaying and using menus
US9639184B2 (en) 2015-03-19 2017-05-02 Apple Inc. Touch input cursor manipulation
US9785305B2 (en) 2015-03-19 2017-10-10 Apple Inc. Touch input cursor manipulation
US10152208B2 (en) 2015-04-01 2018-12-11 Apple Inc. Devices and methods for processing touch inputs based on their intensities
JP6027182B2 (en) * 2015-05-12 2016-11-16 京セラ株式会社 Electronics
US9891811B2 (en) 2015-06-07 2018-02-13 Apple Inc. Devices and methods for navigating between user interfaces
US9860451B2 (en) 2015-06-07 2018-01-02 Apple Inc. Devices and methods for capturing and interacting with enhanced digital images
US10200598B2 (en) 2015-06-07 2019-02-05 Apple Inc. Devices and methods for capturing and interacting with enhanced digital images
US9830048B2 (en) 2015-06-07 2017-11-28 Apple Inc. Devices and methods for processing touch inputs with instructions in a web page
US9674426B2 (en) 2015-06-07 2017-06-06 Apple Inc. Devices and methods for capturing and interacting with enhanced digital images
US20170045981A1 (en) 2015-08-10 2017-02-16 Apple Inc. Devices and Methods for Processing Touch Inputs Based on Their Intensities
US10248308B2 (en) 2015-08-10 2019-04-02 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for manipulating user interfaces with physical gestures
US10235035B2 (en) 2015-08-10 2019-03-19 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for content navigation and manipulation
US9880735B2 (en) 2015-08-10 2018-01-30 Apple Inc. Devices, methods, and graphical user interfaces for manipulating user interface objects with visual and/or haptic feedback
JP6190006B2 (en) * 2016-07-01 2017-08-30 京セラ株式会社 Electronics

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09330175A (en) 1997-12-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4695055B2 (en) Reduced keyboard ambiguity removal system
KR101176657B1 (en) Improving touch screen accuracy
US6337698B1 (en) Pen-based interface for a notepad computer
US7154480B2 (en) Computer keyboard and cursor control system with keyboard map switching system
US8583440B2 (en) Apparatus and method for providing visual indication of character ambiguity during text entry
US6986614B2 (en) Dual navigation control computer keyboard
EP1536316B1 (en) Information display input device and information display input method, and information processing device
AU2005203634B2 (en) Integrated keypad system
US7002553B2 (en) Active keyboard system for handheld electronic devices
AU2008100006A4 (en) Method, system, and graphical user interface for providing word recommendations
CN1826573B (en) Text input system and method
AU2007100827A4 (en) Multi-event input system
JP4326591B2 (en) Reduced keyboard ambiguity removal system
EP1010057B1 (en) Reduced keyboard disambiguating system
US6944472B1 (en) Cellular phone allowing a hand-written character to be entered on the back
US9164654B2 (en) User interface for mobile computer unit
US5917476A (en) Cursor feedback text input method
US5926178A (en) Display and control of menus with radial and linear portions
US5250929A (en) Interactive overlay-driven computer display system
US5812117A (en) Method for inputting information using a selectable soft keyboard
US9104312B2 (en) Multimodal text input system, such as for use with touch screens on mobile phones
CN1304988C (en) Character input device
US20080259041A1 (en) Method, system, and graphical user interface for activating hyperlinks
US8570292B2 (en) Virtual keyboard system with automatic correction
US6639586B2 (en) Efficient entry of characters from a large character set into a portable information appliance

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050401

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050628

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050829

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051101

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051228

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20060417

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20061017

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061213

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20070205

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20070406

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100212

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100323

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130402

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140402

Year of fee payment: 4

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees