JP4444634B2 - Program generating apparatus and a program generating method and a program and recording medium - Google Patents

Program generating apparatus and a program generating method and a program and recording medium Download PDF

Info

Publication number
JP4444634B2
JP4444634B2 JP2003383415A JP2003383415A JP4444634B2 JP 4444634 B2 JP4444634 B2 JP 4444634B2 JP 2003383415 A JP2003383415 A JP 2003383415A JP 2003383415 A JP2003383415 A JP 2003383415A JP 4444634 B2 JP4444634 B2 JP 4444634B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
db
table
program
input
code
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2003383415A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005148976A (en )
Inventor
裕之 中川
Original Assignee
キヤノンソフトウェア株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、ウェブ(Web)アプリケーション開発支援システムにおいて、ユーザが動的にデータベース(DB)の切り替えが可能なウェブアプリケーションプログラムの一連のプログラムコードを業務仕様という枠組みの中から自動生成可能なプログラム生成装置およびプログラム生成方法およびプログラムおよび記録媒体に関するものである。 The present invention provides a web (Web) application development support system, the user is dynamically automatic database can generate program generation switching a set of program code capable web application program from within the framework of business specifications (DB) to an apparatus and a program generating method and a program and recording medium.

従来、リレーショナルデータベースシステムなど、複数のテーブルに分かれて格納されているデータベース(DB)システムの場合、DBを構成する複数の関連あるテーブルに対してデータ入力を行わなければならなかった。 Conventionally, such as relational database systems, we had the case of multiple databases stored divided into a table (DB) system, to be performed data input to a plurality of relevant tables constituting the DB.

また、膨大なデータを扱い、しかも適切に所望のデータにアクセスするためには、DB固有のデータ構造を意識する必要があった。 Moreover, handling huge data, yet to properly access the desired data, it is necessary to be aware of the DB-specific data structures.

この問題に対し特開平6-68151号公報(特許文献1)の「データベースアクセス方法および装置」では、DBのデータ構造を論理的に構築したスキーマを管理し表示するブラウザ手段により、DBアクセス手段を備える方法を提案している。 The "Database Access Methods and Apparatus" in Japanese Patent 6-68151 discloses solve this problem (Patent Reference 1), the browser means for displaying manage schema to construct a data structure of a DB logically, the DB access unit It has proposed a method comprising. この方法により、ユーザはDBの構造を意識することなく、効率よくDBの操作が行えるようになった。 In this way, the user is without being aware of the structure of the DB, now operating efficiently DB can be performed.
特開平6-68151号公報 JP 6-68151 discloses

しかしながら、上記特許文献1では、テーブルの切り替えが行えるのは単一のDBシステム内のリレーションが張られているテーブルのみとなっており、分散型DBに対してのアクセス手段については何ら考慮がなされていない。 However, in Patent Document 1, the enable switching of the table is made only table that stretched the relations in a single DB system, is no consideration is given access means for the distributed DB made not.

そのため、対象となるDBシステム以外のDBにアクセスしようとする場合、そのDB用のアプリケーションを一から開発しなくてはならないという問題点があった。 Therefore, if you try to access the DB other than the DB system of interest, without having to develop applications for the DB from scratch there is a problem that should not be.

本発明は、上記の問題点を解決するためになされたもので、本発明の目的は、分散したデータベースに対する接続をユーザの選択により動的に切り替え、該データベースのテーブルへのアクセス処理が可能なウェブアプリケーションプログラム、又は同一のデータベース内の異なるテーブルをユーザの選択により動的に切り替えてアクセス処理が可能なウェブアプリケーションプログラムを業務仕様の枠組みから選択的に自動生成でき、生産性と保守性に優れたウェブアプリケーションプログラムの領域を広げることができる優れたプログラム生成環境を構築できるプログラム生成装置およびプログラム生成方法およびプログラムおよび記録媒体を提供することである。 The present invention has been made to solve the above problems, an object of the present invention, dynamically switches the connection to the distributed database by selection of the user, it can process of accessing of the database table a web application program, or the same the different tables in the database dynamically switched by the user's choice can be selected and automatically generating access processing is possible is a web application program from the framework of business specifications, maintenance and productivity to provide a good web application program program generating apparatus can attain an excellent program generation environment area can be increased and of program generation method and a program and recording medium.

本発明は、複数のデータベースのテーブルにアクセス可能な機能を有するウェブアプリケーションプログラムを生成するプログラム生成装置であって、データベースのデータベース名およびテーブル名の組合せを含む情報によりテーブルをそれぞれ定義する複数のテーブル情報を記憶する第1の記憶手段と、前記複数のテーブル情報によりそれぞれ定義された複数のテーブルを1つの画面で切り替え可能なグループとして定義したグループ情報を記憶する第2の記憶手段と、前記データベース毎に、データベースへ接続する際に用いるドライバ名、接続先、及び認証情報を含む接続情報を記憶する第3の記憶手段と、前記グループ情報を用いて、前記グループ情報でグループとして定義された前記複数のテーブルのいずれかを接続の切り替え The present invention includes a plurality of tables that define respectively a table by the information A program generating device for generating a web application program, comprising a combination of database name and name of the database table with accessible functions in multiple database tables first storage means for storing information, and second storage means for storing the group information that defines a plurality of tables defined respectively by said plurality of table information as switchable group on one screen, the database every, driver name used to connect to a database, the destination, and a third storage means for storing connection information including the authentication information, using the group information, the defined as a group by the group information switching of the connection to any of a plurality of table として選択可能な操作画面をウェブブラウザで表示するためのプログラムコードを、生成する第1の生成手段と、ウェブブラウザに表示される前記操作画面の操作により接続の切り替え先として選択されたテーブルの情報を前記ウェブブラウザから受け取った場合、前記選択されたテーブルに対応するデータベースの前記接続情報を用いて、前記選択されたテーブルに対応するデータベースへ接続を切り替えて前記選択されたテーブルにアクセスするためのプログラムコードを、生成する第2の生成手段とを有することを特徴とする。 First generating means, said operation screen operated by the selected table information as switching destination connections that appear in the web browser a selectable operation screen program code for displaying a web browser, generates a when receiving from the web browser, using the connection information database corresponding to the selected table, for accessing the selected table by switching a connection to a database corresponding to the selected table and having a second generating means for a program code to generate.

本発明によれば、分散したデータベースに対する接続をユーザの選択により動的に切り替え、該データベースのテーブルへのアクセス処理が可能なウェブアプリケーションプログラム、又は同一のデータベース内の異なるテーブルをユーザの選択により動的に切り替えてアクセス処理が可能なウェブアプリケーションプログラムを業務仕様の枠組みから選択的に自動生成でき、生産性と保守性に優れたウェブアプリケーションプログラムの領域を広げることができる優れたプログラム生成環境を構築できる等の効果を奏する。 According to the present invention, dynamically switches the connection to the distributed database by selection of the user, the access process is capable web application program into the database tables, or by selection of a user different tables of the same database dynamically switching can selectively automatically generate capable web application program access processing from the framework of business specifications, excellent program generation environment can be widened area of ​​the web application program having excellent maintainability and productivity an effect such as that can be built.

以下、図を参照して本発明のアプリケーション開発システムについて説明する。 Hereinafter, it will be described with reference to the drawings application development system of the present invention.

図1は、本発明の一実施形態を示すプログラム生成装置の構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing the configuration of a program generation apparatus according to an embodiment of the present invention.

図において、101は入力装置で、キーボードやマウス等のポインティングデバイス等に相当し、業務仕様情報(データ項目のデータベースへの配置とデータ項目間の関係、即ちあるデータがどのような条件のもとにどのようなデータから求められるかを示す情報等)の入力を行うことが可能である。 In the figure, 101 is an input device corresponds to a pointing device such as a keyboard and a mouse, the relationship between the arrangement and the data items to the business specification information (data item database, i.e. under which conditions there is data it is possible to input the information, etc.) indicating whether obtained from any data.

102は表示装置で、CRT,LCD等で構成され、業務仕様情報の入力画面や、該入力画面から入力された業務仕様情報、生成されたプログラムコード等を表示可能である。 102 denotes a display device, CRT, is an LCD or the like, an input screen and operational specification information can be displayed business specifications information input from the input screen, the generated program code, and the like. 104はハードディスク等の外部記憶装置で、入力された業務仕様(データベース上の複数のテーブルをそれぞれ定義した定義情報)を記憶するための入出力テーブル109、入力されたデータベースへ接続するための接続情報を記憶するログイン情報110,入力された生成するウェブアプリケーションのアプリケーション名111,生成されたプログラムコード(JSPコード112,サーブレット(Servlet)コード113,Beanコード114)等を記憶するものである。 104 denotes an external storage device such as a hard disk, connection information for connecting to the output table 109, the input database for storing the input task specification (definition information defining each a plurality of tables in the database) login information 110 that stores the application name 111 of the web application that generates input, the generated program code (JSP code 112, the servlet (servlet) code 113, bean code 114) is for storing the like.

103は処理装置で、CPU,ROM,RAM等から構成され、CPUがROM,外部記憶装置104又はその他の記録媒体に格納されるプログラムをRAM上にロードして実行することにより実現されるものであり、画面制御部105,コード生成部107を備える。 103 is a processing unit, CPU, ROM, a RAM or the like, in which the CPU ROM, a realized by loading and executing programs stored in the external storage device 104 or other recording medium on the RAM There, the screen control unit 105 includes a code generator 107.

画面制御部105は、入力装置101から業務仕様情報の入力を行うために表示装置102の画面(不図示)を制御する業務仕様記述部116を有する。 Screen control unit 105 includes a task specification description unit 116 for controlling the screen (not shown) of the display device 102 to perform input operations specification information from the input device 101.

コード生成部107は、入力装置101から入力された又は外部記憶装置104から読み出された業務仕様情報に基づいてプログラムコード(JSPコード112,サーブレット(Servlet)コード113,Beanコード114)を生成し、外部記憶装置104に記憶させる。 Code generator 107 generates the program code based on business specifications information read from has been or external storage device 104 from the input device 101 (JSP code 112, the servlet (Servlet) code 113, bean code 114) , it is stored in the external storage device 104.

108は全体制御部で、画面制御部105,コード生成部107等の各部の制御を行う。 108 in the overall control unit, the screen control unit 105 controls the various sections, such code generator 107.

図2は、図1に示したコード生成部107によって生成したサーブレット、JSP、およびBeanを利用したウェブアプリケーションシステムの全体構成の一例を示す図である。 Figure 2 is a diagram illustrating the servlet generated by the code generating unit 107 shown in FIG. 1, JSP, and an example of the entire configuration of a web application system using bean.

コード生成部107によって生成されたサーブレット、JSP、およびBeanは、それぞれ実行可能な状態で、サーバ304側のアプリケーションサーバ306上に配置される。 Servlet that is generated by the code generating unit 107, JSP, and Bean are respectively executable state, it is placed on the application server 306 of the server 304 side.

このWebアプリケーションシステムは、クライアント301からウェブブラウザ302によって利用される。 The Web application system is utilized by the web browser 302 from the client 301. ウェブブラウザ302からJSP309にアクセスすることにより、HTMLページ303を生成し、クライアント301側に返送する。 By accessing from the web browser 302 to JSP309, it generates an HTML page 303, is returned to the client 301 side. そして、ウェブブラウザ302上には、JSP309から送信されるHTMLページ303が表示される。 Then, on the web browser 302, HTML page 303 is displayed that is sent from JSP309.

また、Webブラウザ302からのリクエストは、HTTP経由でサーバ304側に送信される。 Also, a request from the Web browser 302 are transmitted to the server 304 side via HTTP. サーバ304にはHTTPサーバ305とアプリケーションサーバ306があり、アプリケーションサーバ306にはサーブレットやJSPの実行環境が含まれている。 The server 304 has an HTTP server 305 and application server 306, the application server 306 includes the execution environment of the servlet or JSP.

サーバ304側にリクエストが送信されると、リクエストに応じて該当するサーブレット307が起動される。 When a request to the server 304 side is transmitted, the servlet 307 in question on request is started. サーブレット307は、対応するBean308に処理を要求する。 Servlets 307 requests the processing corresponding Bean308. さらに、Bean308は、サーブレット307からの要求に応じてDBアクセスオブジェクト310a,DBアクセスオブジェクト310bを利用して内部データベース311a,外部データベース311bにアクセスし、その処理結果をBean308内に保持する。 Furthermore, Bean308 accesses the internal database 311a, the external database 311b using DB access object 310a, a DB access object 310b in response to a request from a servlet 307, and holds the processing result in the Bean308.

次に、サーブレット307からJSP309にBean308を渡し、JSP309を呼び出す。 Then, pass the Bean308 from servlet 307 to JSP309, call the JSP309. JSP309は、Bean308で保持する処理結果を参照して、HTMLページを生成し、クライアント301側に返送する。 JSP309 refers to the processing result held by Bean308, it generates an HTML page and returns it to the client 301 side. クライアント301側に返送されたHTMLページは、Webブラウザ302上に表示される。 The returned HTML page to the client 301 side, is displayed on the Web browser 302.

サーブレット307は、Webブラウザ302からのリクエストの受け付け、Bean308への処理要求、およびJSP309の呼び出しという、それぞれの間をつなぎ、制御する役割を持つ。 Servlets 307 receives the request from the Web browser 302, the processing request to Bean308, and that calls to JSP309, connects between each has a role of controlling. JSP309はHTMLページを出力するための表示に関することを受け持ち、Bean308はデータベース311a,311bへのアクセス等の業務に関する処理を受け持つ。 JSP309 is responsible that a display for outputting an HTML page, Bean308 is responsible for processing about the database 311a, operations such as access to 311b.

なお、Bean308やJSP309を利用せずにサーブレット307のみで(又は、サーブレット307やBean308を利用せずにJSP309のみで)、Webブラウザ302からのリクエストを処理することは可能であるが、Bean308やJSP309を利用してそれぞれの役割を明確に分離することで、機能分担を簡潔に把握することができる。 Incidentally, only the servlet 307 without using the Bean308 and JSP309 (or, without the use of servlets 307 and Bean308 JSP309 only), it is possible to process a request from the Web browser 302, Bean308 and JSP309 the uses that to clearly separate the respective role can be briefly understand the function sharing.

なお、Bean308は、内部データベースアクセス用のBeanと外部データベースアクセス用のBeanとに分けて実装してもよい。 Incidentally, Bean308 may be mounted separately in the Bean for Bean and external database access for internal database access.

また、内部データベースが複数あってもよいし、外部データベースが複数あってもよい。 Further, to the internal database may be a plurality, it may be a plurality external databases.

図3は、本発明のプログラム生成装置における第1の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図1に示した処理装置103の全体制御部108の動作に対応する。 Figure 3 is a flow chart showing an example of a first control processing procedure in the program generating device of the present invention, it corresponds to the operation of the overall control unit 108 of the processing apparatus 103 shown in FIG. なお、S101〜S105は各ステップを示す。 Incidentally, S101 to S105 denote processing steps.

図1に示した処理装置103は、コード生成する業務仕様(入出力テーブル)の入力を行う入力モードと、入力された業務仕様(入出力テーブル)からプログラムコードを生成する生成モードとを有する。 Processing apparatus 103 shown in FIG. 1 includes an input mode for inputting operational specifications code generation (output table), and a generation mode for generating the program code from the business specifications entered (output table).

まず、全体制御部108が起動されると、ステップS101において、入力装置101からオペレータの指示により選択されたモードが生成モードか入力モードかを判定し、入力モードが選択されたと判定した場合には、ステップS102に進み、全体制御部108は、画面制御部105を起動する。 First, the overall control unit 108 is activated, at step S101, if the selected mode from the input device 101 by the instruction of the operator to determine whether generation mode or input mode is determined that the input mode is selected , the process proceeds to step S102, the overall controller 108 activates the screen control unit 105.

起動された画面制御部105は、ステップS103において、業務仕様記述部116により業務仕様入力画面(不図示)を表示させ、オペレータからの業務仕様の一形態である入出力テーブル(詳細は図4に示す)への項目入力,ログイン情報(詳細は図5に示す)の入力,生成するウェブアプリケーションのアプリケーション名111の入力等を受け付け、外部記憶装置104に格納し(入出力テーブル109,ログイン情報110,アプリケーション名111)、処理を終了する。 The activated screen control unit 105, in step S103, the task specification describing portion 116 to display the task specifications input screen (not shown), is a is input table (detail a form of business specifications from the operator in FIG. 4 item input to the show), an input of login information (details are shown in FIG. 5) receives an input, such as the application name 111 of the web application that generates and stores in the external storage device 104 (output table 109, login information 110 , application name 111), the processing is terminated.

一方、ステップS101において、入力装置101からオペレータの指示により選択されたモードが生成モードであると判定した場合には、ステップS104に進み、全体制御部108は、外部記憶装置104に格納された入出力テーブルを読み出し、該読み出した入出力テーブル内の業務仕様情報に基づいてコード生成を行う。 On the other hand, in step S101, if it is determined from the input device 101 and an operator mode selected by the instruction is generated mode, the program proceeds to step S104, the overall controller 108, input stored in the external storage device 104 It reads the output table, to generate code based on the task specifications information in the read-out output table.

そして、ステップS105において、全体制御部108は、生成されたコードを、オペレータの指示により表示装置102に表示したり、外部記憶装置104に書き込む出力処理を行う。 Then, in step S105, general control section 108, the generated code can be displayed on the display device 102 by an operator's instruction, the output process is performed for writing in the external memory device 104.

以下、図4を参照して、本発明のプログラム生成装置における業務仕様情報(入出力テーブル)について説明する。 Referring to FIG. 4, it will be described task specifications information in the program generation apparatus of the present invention (input-output table). 図示しない入力画面から入力される業務仕様情報は、内部的には図4に示すような入出力テーブルの形式で保存される。 Task specifications information input from the input screen (not shown) is internally stored in the form of input and output table as shown in FIG.

図4は、本発明のプログラム生成装置における業務仕様情報(図1に示した入出力テーブル109)について説明する模式図であり、ウェブアプリケーションにおけるDBの動的な切り替え機能とそれを表示するための画面の定義を記述した業務仕様を入出力テーブルの形式で示したものに対応する。 Figure 4 is a schematic diagram for explaining operations specification information in the program generation apparatus of the present invention (input-output table 109 shown in FIG. 1), a dynamic switching capabilities of the DB in the web applications and for displaying it corresponding to those shown business specifications describing the definition of the screen in the form of the input and output tables.

列1は、DBシステム名を示したものであり、DBシステムを利用するときに識別用として用いる。 Column 1 is shows the DB system name is used as identification when using the DB system.

列2は、データファイル番号を示したものであり、データファイルを構成するデータ項目として列3のデータファイル項目枝番がある。 Column 2, which shows the data file number, and a data file entry branch number in column 3 as data items constituting the data file.

列4はデータファイルの名称であり、列5はデータファイル項目枝番に対応する各データ項目の名称である。 Column 4 is the name of the data file, column 5 is the name of each data item corresponding to the data file item branch numbers.

列6は、その項目の種別を示したIO区分である。 Column 6 is a IO classification that indicates the type of the item. IO区分はそれぞれ、ファイルであることを示す「F」、表示項目であることを示す「D」、複数のテーブルをまとめて、一つの画面で制御できる機能があることを示す「G1」と「G2」がある。 Each IO classification shows that the file "F", indicating that the displayed item "D", collectively a plurality of tables, indicating that the ability to control on one screen as "G1", " there is a G2 ". この制御については別途下記で説明する。 This control is separately described below.

即ち、列6のIO区分で「F」が指定されている場合には、その行のデータはデータ項目を定義し、「D」が指定されている場合には、その行のデータは画面表示項目を定義し、「G1」,「G2」が指定されている場合には、その行のデータはDB・テーブルの切り替え機能を定義するものとなる。 That is, when the "F" in IO section of column 6 is specified, the data for the row defines a data item, when "D" is specified, the data of the line screen to define the field, "G1", when the "G2" is designated, the data of the line is intended to define the switching function DB · table.

列7は、各項目の桁数を表している。 Column 7 represents the number of digits of each item. 列8は、表示方法を示しており、「S」の場合は検索用の項目として表示され、「H」の場合は検索結果を表示する項目として扱われる。 Column 8 shows a display method, are displayed as items for retrieval in case of "S", in the case of "H" is treated as an item for displaying the search results. また、検索用にも結果用にも使用される項目は「S,H」として定義する。 Also, items that are also used for the results for the search is defined as "S, H '. 列9は、項目の項番を示している。 Column 9 shows the item number of the item.

図5は、図1に示したログイン情報を説明するための模式図である。 Figure 5 is a schematic diagram for explaining the login information shown in FIG.

図において、601はDBシステム名で、生成されるアプリケーションで接続するDBシステムの名称に対応する。 In the figure, 601 is a DB system name, corresponding to the name of the DB system for connecting an application to be generated. 602はJDBCドライバで、DBシステムに接続する際に用いるドライバである。 602 is a JDBC driver is a driver used when connecting to the DB system. 603はURL,604はユーザ名,605はパスワードで、DBシステムに接続する際に用いるURL,ユーザ名,パスワードに対応する。 603 URL, 604 username, 605 a password, URL used to connect to the DB system, a user name, corresponds to the password.

なお、入出力テーブル109,ログイン情報110,アプリケーション名111は、業務仕様記述部116により表示される業務仕様入力画面(不図示)から入力する構成であってもよいし、その他の任意のアプリケーションにより生成されるテキストファイル,CSVファイル,その他のファイル形式のファイルであってもよい。 Incidentally, output table 109, login information 110, the application name 111, may be configured to input from the business specifications input screen is displayed (not shown) by task specification describing portion 116, by any other application text files generated, CSV file may be a file of other file formats.

以下、図6〜図8を参照して、DBの動的な切り替えについて説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 6 to 8 to describe the dynamic switching of DB.

図6〜図8は、本発明のプログラム生成装置により生成されるアプリケーションによるDB接続切り替えを説明するためのDB構成図であり、特に図6は外部(リモート)分散DB構成図に対応し、図7は内部(ローカル)同一DB構成図に対応し、図8は内部(ローカル)DB及び外部(リモート)DBによる分散DB構成図に対応する。 6 to 8, a DB configuration diagram for explaining a DB connection switching by the application generated by the program generating device of the present invention, in particular FIG. 6 corresponds to the external (remote) Distributed DB diagram, FIG. 7 corresponds to the internal (local) identical DB diagram, FIG. 8 correspond to the distributed DB configuration diagram according to an internal (local) DB and an external (remote) DB.

DBの動的な切り替えとは、一つの生成された画面において検索や更新の対象となるDB・テーブルを画面上の操作で選択することで、対象DB・テーブルを切り替えることができる機能を示している。 The dynamic switching of DB, one DB · table to be searched and update object in the generated screen to select the operation on the screen, shows the functions that can be switched target DB · table there.

本発明では、図6〜図8に示すように、切り替え対象のDB・テーブルを仮想的に一つのテーブルとして制御する手段をとる(図6〜図8に示す仮想DB401)。 In the present invention, as shown in FIGS. 6 to 8, take steps to control the DB · table switching target virtually as a single table (virtual DB401 shown in FIGS. 6 to 8).

具体的には、予め定義してあるログイン情報110(JDBCドライバ,URL,ユーザ名,パスワード)を入出力テーブル109の列6に「G2」が定義されている行(図4の例では「行2」,「行3」)の列3の値(図4の例では「CliDB/ClinicM」,「DruDB/DrugstoreM」)と照らし合わせて取得し、その情報をアプリケーションに付加する。 Specifically, log information 110 are defined in advance (JDBC driver, URL, user name, password) "line in the example of the line (Fig. 4 to column 6 of the input-output table 109," G2 "is defined 2 ", in the example of the values ​​in column 3 (FIG. 4" row 3 ") acquired against the" CliDB / ClinicM "," DruDB / DrugstoreM "), it adds the information to the application. アプリケーション生成後に画面上からユーザがテーブルを選択すれば、上記情報を利用してDBシステム・テーブルへのアクセスを行うことが可能となっている。 If the user from the screen after the application generated by selecting the table, it is possible to perform the access to the DB system tables using the above information.

この切り替えの際、図6に示すような異なる外部DBシステム同士の切り替えの場合、及び図8に示すような外部DBシステムと内部のDBシステムとを切り替える場合(即ち、分散型DBの場合)は、DBシステムそのものの切り替えを生成されたアプリケーション内で行うこととなる。 During this changeover, when switching the external DB system and internal DB system as shown in the case of switching between different external DB system together as shown in FIG. 6, and 8 (i.e., if the distributed DB) is , and thus it performed in the application that is generating the switching of the DB system itself.

また、図7に示すような同一DBシステム内での切り替えの場合は、上記の外部DBの切り替えの場合と同様にして、DBシステム内のテーブルをその都度切り替えてセレクトすることを生成されたアプリケーション内で行うこととなる。 The application in the case of switching in the same DB system as shown in FIG. 7, which in the same manner as the switching of the external DB, was generated to select switches each time the table in the DB system It becomes possible to perform within.

このような制御方法により、生成されたアプリケーションのユーザは、DBシステムの物理的な構成や接続を意識することなく切り替えが行えるようになる。 This control method, the user of the generated application will allow switching without being conscious of the physical structure and connection of the DB system.

例えば、図6に示すように、外部のDBシステムに接続されたテーブル同士を交互に切り替えたり、図7に示すように、内部のDB内のテーブルを切り替えたり、図8に示すように、内部と外部のDBシステムを組み合わせたものでも、そのことを意識することなく切り替えることが可能となる。 For example, as shown in FIG. 6, or switch between tables, which is connected to an external DB system alternately, as shown in FIG. 7, to switch the internal tables in the DB, as shown in FIG. 8, the internal It is a combination of an external DB system and, it is possible to switch without being aware of it.

切り替えの対象となるDB・テーブルは、図4で示した入出力テーブル109の列6で「G2」が指定されている行(図4の例では「行2」「行3」)の列3の値(図4の例では「CliDB/ClinicM」,「DruDB/DrugstoreM」)となる。 Switching the subject to DB · table, column line (in the example of FIG. 4, "Line 2", "Line 3") of "G2" is specified in column 6 of input-output table 109 shown in FIG. 4 3 value (in the example of FIG. 4 "CliDB / ClinicM", "DruDB / DrugstoreM") becomes. この値の記述ルールは、DBシステム名/テーブル名のように「/」記号で区切って表す。 Description rule of this value represents separated by a "/" symbol as DB system name / table name.

このDB切り替え機能を使用すれば、例えばユーザが薬を検索したいといった場合には、CliDB(例えば内部DBシステム)に接続されている病院テーブル(ClinicM)とDruDB(例えば外部ネットワークに接続されている外部DBシステム)に接続されている薬局テーブルを、ユーザが操作画面(後述する図9に示す)上から選択することで、DBの切り替えを行いその検索対象をリアルタイムに切り替えることが可能となる。 With this DB switching function, for example external users or just want to find a drug, which is connected CliDB (e.g. internal DB system) hospital table that is connected to (ClinicM) DruDB (for example, an external network pharmacy table that is connected to the DB system), by selecting from the top user operation screen (shown in Figure 9 to be described later), it is possible to switch the search target switches the DB in real time.

このように、複数のDB・テーブルをまとめる仮想的なテーブルの生成は、上記の図4に示した入出力テーブル109の「行1」〜「行3」の定義を読み込んで行われる。 Thus, generation of virtual tables combine multiple DB · table is done by reading the definition of "Line 1" to "Line 3" in the output table 109 shown in FIG. 4 above.

まず、入出力テーブル109において、列6のIO区分が「G1」の行(図4の例では「行1」)をセレクトする。 First, in the input table 109, (in the example of FIG. 4 "row 1") row of the IO section of column 6 is "G1" and selects. この行は、対象となるDB・テーブルを仮想的に一つにまとめるための項目となる。 This line is a item for combined into one DB · tables of interest virtually. 対象となるDB・テーブルは、IO区分に「G2」が指定されている行2,行3に記述されている。 DB · table of interest, the line 2 is "G2" is designated in the IO segment, are described in line 3.

IO区分に「G2」が指定された行2,行3の列3のデータファイル項目枝番はDB/テーブル名を示している。 IO classified as "G2" is specified row 2, data files item branch number in column 3 of row 3 shows the DB / table name. なお、生成されたアプリケーションの操作画面に表示されるテーブル名称(後述する図9の201a,201b)は列5で指定されているデータファイル項目名(図4の例では、「病院」,「薬局」)となる。 Incidentally, (201a in FIG. 9 to be described later, 201b) table names displayed on the operation screen of the generated application in the example of the data file item name (Fig. 4 specified in column 5, "hospital", "Pharmacy ") and a.

図9は、本発明のプログラム生成装置により生成されるウェブアプリケーションにおける操作画面の一例を示す模式図である。 Figure 9 is a schematic diagram showing an example of an operation screen in the web application generated by the program generating device of the present invention.

上述したような生成方法により生成された操作画面は、図9の左上にあるようなプルダウン式の選択メニュー201と切り替え検索ボタン202が自動的に生成され、選択メニュー201の中に、201a,201bに示すように、図4の列6で「G2」が定義された行のデータファイル項目名がテーブル名称として表示される。 Operation screen generated by the generation method as described above, search button 202 switched pull-down selection menu 201 as the upper left of Figure 9 is automatically generated, in the selection menu 201, 201a, 201b as shown, the data file item names of rows defined "G2" in column 6 of Figure 4 is displayed as a table name. この選択メニュー201でテーブル名称(201a又は201b)を選択し、切り替え検索ボタン202を押下すれば、DB・テーブルの接続を切り替え、選択したテーブルが検索・更新の対象となる。 Select the table name (201a or 201b) in the selection menu 201, if the user presses down the switch search button 202 switches the connection of the DB-table and the selected table as a target of search and update.

なお、検索のための処理は、検索条件入力欄203に値を入力し、検索ボタン204を指示することで行われる。 The processing for the search, enter the values ​​in the search condition input column 203 is carried out by instructing the search button 204.

また、更新のための処理は、検索結果表示入力覧205で値を変更入力し、更新ボタン206を指示することで行われる。 Further, processing for updating the value by changing the input in the search result display input list 205 is performed by instructing the update button 206.

さらに、検索条件入力欄203に値を入力した状態で、切り替え検索ボタン202を指示すると、DB・テーブルの接続を切り替え、該切り替えられたDB・テーブルに対して、該検索条件入力欄203に入力されている検索条件での検索処理が実行される。 Further, the input in a state where the search condition input column 203 and enter a value, and instructs switching search button 202 switches the connection of the DB · table, with respect to the switched DB · table, in the search condition input column 203 search processing in the search condition has been executed. これにより、同一の検索条件で、DB・テーブルを切り替えて順次検索することが可能である。 Thus, in the same search condition, it is possible to sequentially search by switching DB · table.

以下、図10〜図14のフローチャートを参照して、図1に示したコード生成部107によるコード生成処理について説明する。 Hereinafter, with reference to the flowchart of FIGS. 10 14, the code generation process will be described by the code generating unit 107 shown in FIG.

図10は、本発明の第2の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図1に示したコード生成部107によるコード生成処理に対応する。 Figure 10 is a flow chart showing an example of a second control processing procedure of the present invention, corresponding to the code generation process by the code generating unit 107 shown in FIG. なお、S201〜S207は各ステップを示す。 Incidentally, S201 to S207 denote processing steps.

まず、ステップS201において、外部記憶装置104に記憶された入出力テーブル109から1行(1データ項目)を読み取り、ステップS202において、列6のIO区分の値を取得し、ステップS203において、取得したIO区分の値が「G1」であるか否かをチェックする。 First, in step S201, the reading from the input-output table 109 stored in the external storage device 104 per line (1 data item), in step S202, acquires the value of the IO section of column 6, in step S203, and acquires the value of the IO segment is to check whether or not the "G1".

ステップS203で、列6のIO区分の値に「G1」が定義されていないと判定した場合には、そのままステップS205に進む。 In step S203, when it is determined that there is not defined "G1" to the value of the IO section of column 6, the process proceeds to step S205.

一方、ステップS203で、列6のIO区分の値に「G1」が定義されていると判定した場合には、ステップS204において、入出力テーブル109から列6のIO区分の値が「G2」となる行を全て取得してグループ化し、列2,列3,列4の情報をグループの「DB情報」としてRAM内のワークエリアに書き込む。 On the other hand, in step S203, if it is determined that the "G1" to the value of the IO section of column 6 is defined, in step S204, from the input-output table 109 the value of the IO section of column 6 is the "G2" comprising row grouping all obtained by the column 2, column 3, is written in the work area in the RAM the information column 4 as "DB information" of the group.

次に、ステップS205において、画面表示項目,ファイル項目情報の取得処理(図11)を行い、ステップS206に進む。 Next, in step S205, it performs screen display items, acquisition processing of the file item information (FIG. 11), the flow proceeds to step S206.

ステップS206において、入出力テーブル109内の全行(全データ項目)について、ステップS201〜S205の処理を終了したか否かを判定し、まだ終了していないと判定した場合には、ステップS201の処理に戻る。 In step S206, for all the rows in the input table 109 (all data items), it is determined whether or not the process of steps S201 to S205, if it is determined not yet completed, the step S201 It returns to the process.

一方、ステップS206で、入出力テーブル109内の全行(全データ項目)について、ステップS201〜S205の処理を終了したと判定した場合には、ステップS207の処理に進む。 On the other hand, in step S206, for all the rows in the input table 109 (all data items), when it is determined that the processing has been finished in step S201~S205, the processing proceeds to step S207.

次に、ステップS207において、JSP,サーブレット,Bean生成処理を行い、処理を終了し、図2のフローチャートに戻る。 Next, in step S207, performs JSP, servlets, the Bean generating process, the process ends, returning to the flowchart of FIG.

図11は、本発明の第3の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図10に示したステップS205の画面表示項目,ファイル項目情報の取得処理に対応する。 Figure 11 is a flowchart showing an example of a third control processing procedure of the present invention, the screen display items in step S205 of FIG. 10, it corresponds to the acquisition of the file item information. なお、S301〜S304は各ステップを示す。 Incidentally, S301 to S304 denote processing steps.

まず、ステップS301において、列6のIO区分の値が「D」であるか否かをチェックする。 First, in step S301, the value of the IO section of column 6 is checked whether the "D".

ステップS301で、列6のIO区分の値に「D」が定義されていると判定した場合には、「画面表示項目指定情報」と判定して、ステップS302に進み、図10のステップS201で入出力テーブル109から読み出した1行のデータ(列2〜列8)を「画面表示項目指定情報」として取得してRAM内のワークエリアに書き込み、ステップS303に進む。 In step S301, if "D" is determined to have been defined to the value of the IO section of column 6, it is determined that "Display item specification information", the flow proceeds to step S302, in step S201 of FIG. 10 a row of data read from the input-output table 109 (column 2 row 8) to obtain a "screen display item specifying information" write in the work area in RAM, which proceeds to step S303.

一方、ステップS301で、列6のIO区分の値に「D」が定義されていないと判定した場合には、そのままステップS303に進む。 On the other hand, in step S301, if "D" is determined not to be defined to the value of the IO section of column 6, the process proceeds to step S303.

ステップS303で、列6のIO区分の値に「F」が定義されていると判定した場合には、ファイル項目定義情報と判定して、ステップS304に進み、図10のステップS201で入出力テーブル109から読み出した1行のデータ(列1〜列7)を「ファイル項目定義情報」として取得してRAM内のワークエリアに書き込む。 In step S303, if "F" is determined to have been defined to the value of the IO section of column 6, it is determined that the file item definition information, the flow proceeds to step S304, input-output table in step S201 of FIG. 10 a row of data read from the 109 (column 1 column 7) to obtain a "file item definition information" is written in the work area in the RAM.

一方、ステップS303で、列5のIO区分の値に「F」が定義されていないと判定した場合には、そのまま処理を終了し、図10のフローチャートにリターンする。 On the other hand, in step S303, if "F" is determined not to be defined to the value of the IO section of the column 5, it terminates the process and returns to the flowchart of FIG. 10.

図12は、本発明の第4の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図10のステップS207に示したJSP,サーブレット,Bean生成処理に対応する。 Figure 12 is a flow chart showing an example of a fourth control processing procedure of the present invention, JSP shown in step S207 of FIG. 10, servlets, corresponding to the Bean generating process. なお、S401〜S403は各ステップを示す。 Incidentally, S401 to S403 denote processing steps.

まず、ステップS401において、外部記憶装置104に格納されたログイン情報110,アプリケーション名111,RAM内のワークエリアに記憶されたDB情報,ファイル項目情報に基づいて、各データベースへの接続,データ検索,データ更新を行うBean114を生成する(詳細は図13に示す)。 First, in step S401, on the basis of log information 110 stored in the external storage device 104, an application name 111, DB information stored in the work area in RAM, which the file entry information, connections to each database, data retrieval, generating a Bean114 performing data update (details are shown in FIG. 13).

次に、ステップS402において、外部記憶装置104に格納されたアプリケーション名111,RAMに記憶されたDB情報,画面用情報に基づいて、ウェブブラウザからの入力データを取得してBean114,JSP112を呼び出しウェブアプリケーション全体を制御するサーブレット113を生成する(詳細は図14に示す)。 Next, in step S402, DB information stored in the application name 111, RAM stored in the external storage device 104, based on the screen information, acquires the input data from the web browser Bean114, JSP112 calls web generating a servlet 113 for controlling the entire application (details are shown in FIG. 14).

次に、ステップS403において、外部記憶装置104に格納されたアプリケーション名111,RAMに記憶されたDB情報,画面用情報,ファイル項目情報に基づいて、図9に示した操作画面のウェブブラウザへの表示を制御するJSP112を生成し(詳細は図15に示す)、処理を終了して、図10のフローチャートに戻る。 Next, in step S403, DB information, the screen information stored in the application name 111, RAM stored in the external storage device 104, based on the file entry information, to the operation screen Web browser shown in FIG. 9 It generates JSP112 to control the display (details shown in FIG. 15), and the process ends, returning to the flowchart of FIG. 10.

図13は、本発明の第5の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図12のステップS401に示したBean生成処理に対応する。 Figure 13 is a flowchart showing an example of a fifth control processing procedure of the present invention, corresponding to the Bean generating process shown in step S401 in FIG. 12. なお、S501〜S505は各ステップを示す。 Incidentally, S501~S505 denote processing steps.

まず、ステップS501において、Beanファイルを生成する。 First, at step S501, it generates a Bean file. なお、Beanファイル名は、例えば、図示しない入力画面より入力されたアプリケーション名に文字列「Bean」を付加し拡張子を「java(登録商標)」としたBeanファイルとする。 It should be noted, Bean file name, for example, and Bean files that were added to the character string "Bean" in the application name that has been input from the input screen (not shown) extension to the "java (registered trademark)". また、このとき、作成したBeanファイル内の先頭に、「パッケージ名(例えば、アプリケーション名に文字列「Bean」を付加したもの)の宣言、「java(登録商標).sql」パッケージのインポート、Java(登録商標)Beansを利用するために必要なインタフェースの実装等を行うコード、データベース接続オブジェクトの宣言、SQLステートメントオブジェクトの宣言、結果セットオブジェクトの宣言等を行うコード」を格納しておく。 In addition, at this time, to the top of the Bean in the file that you created, "the package name (for example, those obtained by adding the string" Bean "in the application name) declaration," java (registered trademark) .sql "package import, Java (R) code for implementing such interfaces required to use Beans, declaration of database connection object, the declaration of SQL statement object, stores the code "that declares such result set objects.

次に、ステップS502において、外部記憶装置104に格納されたログイン情報110,RAMに記憶されたDB情報に基づいて「各DBに対する各DB接続用メソッドに対応する各コード」をBeanファイル内に生成する。 Then, generated in step S502, the "each code corresponding to each DB connection methods for each DB" in Bean file based on the DB information stored in the log information 110, RAM stored in the external storage device 104 to.

詳細には、「ログイン情報110内のDBシステム名601に対応するJDBCドライバ602を用いてドライバクラスをロードし、さらに、ログイン情報110内のDBシステム名601に対応するURL603,ユーザ名604,パスワード605を用いてデータベースへ接続する処理を行い、さらに、SQLステートメントオブジェクトを生成する処理を行う各DB毎のDB接続用メソッドに対応するコード」をBeanファイル内に生成する。 In particular, "to load the driver class using the JDBC driver 602 corresponding to the DB system name 601 of the login information 110, further, URL603 corresponding to DB system name 601 in the login information 110, user name 604, password 605 performs processing to connect to the database using a further generates code "to the Bean file that corresponds to a method for DB connection for each DB that performs processing for generating an SQL statement object.

次に、ステップS503において、RAMに記憶されたDB情報に基づいて「各DBに対する各DB切断用メソッドに対応する各コード」をBeanファイル内に生成する。 Next, in step S503, it generates a 'each code corresponding to each DB cutting method for each DB "in Bean file based on the DB information stored in the RAM.

詳細には、「SQLステートメントオブジェクトとデータベース接続オブジェクトをクローズする処理を行う各DB毎のDB切断用メソッドに対応するコード」をBeanファイル内に生成する。 In particular, to produce a "code corresponding to the DB cutting method for each DB to perform the process of closing the SQL statement object and database connection objects" to Bean file.

次に、ステップS504において、RAMに記憶されたDB情報,ファイル項目情報に基づいて「各テーブルに対する各データ検索用メソッドに対応するコード」をBeanファイル内に生成する。 Next, in step S504, and it generates DB information stored in the RAM, and "code corresponding to the data search method for each table" in Bean file based on the file entry information.

詳細には、「データファイル番号をテーブル名、該データファイル番号内のデータ項目枝番をテーブル内の項目名とし、セットされた検索条件によりテーブルデータを検索するSQL文を生成し、該SQL文のクエリを実行し検索結果を取得する各テーブル毎のデータ検索用メソッドに対応するコード」をBeanファイル内に生成する。 In particular, generates a "data file number to the table name, SQL statements that the data item branch number in the data file number and the name of an entry in the table, searching a table data by the set search criteria, the SQL statement generating a code "corresponding to the data search method for each table executed to obtain the results query Bean file.

次に、ステップS505において、RAMに記憶されたDB情報,ファイル項目情報に基づいて「各テーブルに対する各データ更新用メソッド」をBeanファイル内に生成する。 Next, in step S505, the stored DB information in RAM, and it generates a "method for each data update for each table" in Bean file based on the file entry information.

詳細には、「データファイル番号をテーブル名、該データファイル番号内のデータ項目枝番をテーブル内の項目名とし、セットされた更新データによりテーブルデータを更新するSQL文を生成し、該SQL文のクエリを実行する各テーブル毎のデータ更新用メソッドに対応するコード」をBeanファイル内に生成する。 In particular, it generates a "data file number to the table name, SQL statements that the data item branch number in the data file number and the name of an entry in the table, and updates the table data by the set has been updated data, the SQL statement the code "corresponding to the data updating method for each table to generate the Bean file to run the query.

そして、処理を終了し、図12のフローチャートにリターンする。 Then, the process ends, the flow returns to the flowchart of FIG 12.

図14は、本発明の第6の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図1に示したコード生成部107によるサーブレット作成処理(図12のステップS402)に対応する。 Figure 14 is a sixth flowchart showing an example of a control processing procedure of the present invention, corresponding to the servlet creation processing by the code generating unit 107 shown in FIG. 1 (step S402 in FIG. 12). なお、S601〜S607は各ステップを示す。 Incidentally, S601~S607 denote processing steps.

まず、ステップS601において、サーブレットファイルを生成する。 First, in step S601, it generates a servlet file. このサーブレットファイルのファイル名は、例えば、アプリケーション名に文字列「Servlet」を付加し拡張子を「java(登録商標)」とする。 The file name of this servlet file, for example, the extension adds a character string "Servlet" to the application name and "java (registered trademark)". なお、このとき、サーブレットファイル内の先頭に、「使用するBeanパッケージ及びその他必要なパッケージをインポートするコード、アクセス修飾子,クラスの定義,クラス(例えば、HttpServletクラス)の継承、ウェブブラウザ(HTMLフォーム)から送信されたパラメータ(送信情報)を受け取るためのメソッドを示すコード」を格納しておく。 It should be noted that, this time, to the top of the servlet within the file, the code to import the Bean package and other required packages to "use, access modifiers, the definition of the class, the class (for example, HttpServlet class) inheritance, web browser (HTML form ) storing the code "indicating the method for receiving a parameter transmitted (transmission information) from.

次に、ステップS602において、RAMに記憶された画面表示項目情報に基づいて「ウェブブラウザからの送信情報を受け取るコード」をサーブレットファイル内に生成する。 Next, in step S602, based on the screen display item information stored in the RAM to generate a "code to receive transmission information from the web browser" servlet file.

次に、ステップS603において、RAMに記憶されたDB情報に基づいて「切り替え検索が指示された場合、Beanのメソッドを用いて、テーブル切り替え検索処理を行うコード」をサーブレットファイル内に生成する。 Next, in step S603, "if switch search is instructed by using a Bean methods, code for table switching search process" on the basis of the DB information stored in the RAM to generate the servlet file.

詳細には、「ウェブブラウザからの送信情報に基づいてユーザからの指示に基づいて切り替え検索が指示された(ユーザにより切り替え検索ボタン202が指示された)と判定した場合、さらに、切り替え先のテーブルが現在接続されているDBか判定し、現在接続されているDBでない場合、現在接続されているDBのDB切断用メソッドにより切断し、切り替え先のテーブルのDBのDB接続用メソッドにより切り替え先のテーブルのDBに接続し、接続したDBの情報を所定の記憶領域(セッションオブジェクト)に保存し、切り替え先のテーブルのデータ検索用メソッドを用いて、ウェブブラウザから取得した検索条件での検索処理を実行し、一方、切り替え先のテーブルが現在接続されているDBの場合には、切り替え先のテーブ Specifically, if it is determined that the "switching instruction retrieved based on the user based on the transmitted information from the web browser is instructed (switching search button 202 is instructed by the user), further, switching destination table There is judged whether DB that is currently connected, if not DB that is currently connected, cut by DB cutting method of the DB that is currently connected, to switch to the DB connection method of the DB of the target table connect the DB table, the information of the connected DB stored in a predetermined storage area (session object), using the target table method for the data search, the search process in the search condition acquired from the web browser run, whereas, in the case of DB the switching destination table is currently connected, the switching destination table のデータ検索用メソッドを用いて、ウェブブラウザから取得した検索条件での検索処理を実行するコード」をサーブレットファイル内に生成する。 By using the data search method, to generate a code "in which to perform search operations in the search conditions obtained from the web browser to the servlet within the file.

次に、ステップS604において、RAMに記憶されたDB情報に基づいて「検索が指示された場合、Beanのメソッドを用いて、データ検索処理を行うコード」をサーブレットファイル内に生成する。 Next, in step S604, the based on the DB information stored in the RAM "when a search is instructed by using a Bean method, code to data search process" to generate the servlet file.

詳細には、「ウェブブラウザからの送信情報に基づいてユーザからの指示に基づいて検索が指示された(ユーザにより検索ボタン204が指示された)と判定した場合、さらに、現在のテーブルのDBが接続されているか判定し、現在のテーブルのDBが接続されていない場合は、現在のテーブルのDBに対応するDB接続用メソッドにより現在のテーブルのDBに接続し、接続したDBの情報を所定の記憶領域(セッションオブジェクト)に保存し、現在のテーブルのデータ検索用メソッドを用いて、ウェブブラウザから取得した検索条件での検索処理を実行し、一方、現在のテーブルのDBが接続されている場合は、そのまま、現在のテーブルのデータ検索用メソッドを用いて、ウェブブラウザから取得した検索条件での検索処理を実行 In particular, when it is judged to be "based on an instruction from the user based on information transmitted from a web browser search is instructed (search button 204 is instructed by the user), and further, the DB of the current table determines whether it is connected, if not connected DB of the current table, the current table DB connection method corresponding to the DB of connecting to DB of the current table, connection information of predetermined of DB stored in the storage area (session object), using the current table method for data retrieval, it performs a search process in the search condition acquired from the web browser, whereas, if the DB of the current table is connected it is, as it is, by using the data search method of the current table, perform a search processing in the search conditions obtained from the web browser るコード」をサーブレットファイル内に生成する。 To generate that code "to the servlet within the file.

次に、ステップS605において、RAMに記憶されたDB情報に基づいて「更新が指示された場合、Beanのメソッドを用いて、データ更新処理を行うコード」をサーブレットファイル内に生成する。 Next, at step S605, on the basis of the DB information stored in the RAM "when an update is instructed, using the Bean methods, code to data updating process" to generate the servlet file.

詳細には、「ウェブブラウザからの送信情報に基づいてユーザからの指示に基づいて更新が指示された(ユーザにより更新ボタン206が指示された)と判定した場合、さらに、現在のテーブルのDBが接続されているか判定し、現在のテーブルのDBが接続されていない場合は、現在のテーブルのDBに対応するDB接続用メソッドにより現在のテーブルのDBに接続し、接続したDBの情報を所定の記憶領域(セッションオブジェクト)に保存し、現在のテーブルのデータ更新用メソッドを用いて、ウェブブラウザから取得した更新データの更新処理を実行し、一方、現在のテーブルのDBが接続されている場合は、そのまま、現在のテーブルのウェブブラウザから取得した更新データの更新処理を実行するコード」をサーブレットファ Specifically, if it is determined that the "update in accordance with an instruction from the user based on information transmitted from the web browser is instructed (update button 206 is instructed by the user), and further, the DB of the current table determines whether it is connected, if not connected DB of the current table, the current table DB connection method corresponding to the DB of connecting to DB of the current table, connection information of predetermined of DB stored in the storage area (session object), using the current table method for the data update, to perform the update processing of the update data acquired from the web browser, whereas, if a DB of the current table is connected , as it is, the code "to perform the update processing of the update data obtained from the web browser of the current table servlet file ル内に生成する。 To generate in the Le.

次に、ステップS606において、「Beanを所定の記憶領域(例えば、セッションオブジェクト)に保存するコード」をサーブレットファイル内に生成する。 Next, in step S606, the generating "a Bean predetermined storage area (e.g., session object) code to be stored in" a servlet file.

次に、ステップS607において、「JSPを呼び出すコード」をサーブレットファイル内に生成し、処理を終了して図12のフローチャートにリターンする。 Next, in step S607, the generates a "code that calls the JSP" servlet file, the flow returns to the flowchart of FIG 12 terminates the process.

図15は、本発明の第7の制御処理手順の一例を示すフローチャートであり、図1に示したコード生成部107によるJSP作成処理(図12のステップS403)に対応する。 Figure 15 is a seventh flowchart showing an example of a control processing procedure of the present invention, corresponding to the JSP creation process by the code generator 107 shown in FIG. 1 (step S403 in FIG. 12). なお、S701〜S710は各ステップを示す。 Incidentally, S701~S710 denote processing steps.

まず、ステップS701において、JSPファイルを生成する。 First, in step S701, the generating a JSP file. このJSPファイルのファイル名は、例えば、アプリケーション名に拡張子を「jsp」とする。 File name of the JSP file, for example, to "jsp" an extension to the application name. なお、このJSPファイル内には、「JSPページのMIMEタイプとエンコードするキャラクタセットを設定するコード、当該データファイルに対応するBeanをインスタンスするコード、htmlのタグである「<html><head><title>アプリケーション名</title>」等のコード」を生成し格納しておくものとする。 Note that this JSP file code to set the character set encoding and MIME type of "JSP pages, code that instantiates the Bean that corresponds to the data file, a tag html" <html> <head> < title> application name </ title> "to generate the code" such as it is assumed to be stored.

次に、ステップS702において、「所定の記憶領域(セッションオブジェクト)からBeanを取得するコード」をJSPファイル内に生成する。 Next, in step S702, it generates a "code to get Bean from a predetermined storage area (Session Object)" in the JSP file.

次に、htmlのタグである「</head><body>」等を格納した後、ステップS703において、「フォームのパラメータが送信されたときに、起動するサーブレットを指定するコード」を生成する。 Then, after storing the a tag html "</ head> <body>" and the like, in step S703, "when the form of the parameters have been sent, the code specifying the servlet to launch" to generate. 詳細には、htmlのタグである「<form method="post" action=サーブレットのurl>」等のコードを格納する。 Details in stores the code, such as a tag of html "<form method =" post "action = servlet url>".

次に、ステップS704において、RAMに記憶されたDB情報に基づいて「選択メニュー201を生成するコード」をJSPファイル内に生成する。 Next, in step S704, based on the DB information stored in the RAM to generate a "code that generates a selection menu 201" in the JSP file.

次に、ステップS705において、「フォームのパラメータを送信する機能を備える切り替え検索ボタン202を生成するコード」をJSPファイル内に生成する。 Next, in step S705, the generating a "code that generates a switching search button 202 provided with a function of transmitting a parameter of the form" a JSP file.

次に、ステップS706において、RAMに記憶された画面表示項目情報(特に「S」「S,H」のある項目)に基づいて「検索条件入力欄203を生成するコード」をJSPファイル内に生成する。 Then, generated in step S706, the "Code of generating a search condition input column 203," the JSP file based on the screen display item information stored in the RAM (in particular "S" "S, H" item of) to. なお、この検索条件入力欄203を生成するコードは、画面表示項目情報内で指定される各項目の桁数に応じて各項目の入力欄を生成するにコードとする。 Incidentally, the code that generates the search condition input column 203, a code generating input fields for each item in accordance with the number of digits of each item specified in the screen display item information.

次に、ステップS707において、「フォームのパラメータを送信する機能を備える検索ボタン202を生成するコード」をJSPファイル内に生成する。 Next, in step S707, the generating a "code that generates the search button 202 provided with a function of transmitting a parameter of the form" a JSP file.

次に、ステップS708において、RAMに記憶された画面表示項目情報(特に「S,H」「H」のある項目)に基づいて「検索結果表示入力欄205を生成するコード」をJSPファイル内に生成する。 Next, in step S 708, the screen display items information stored in the RAM based on (especially "S, H" an item of "H") to "code that generates a search result display input column 205 'in the JSP file generated. なお、この検索結果表示入力欄205を生成するコードは、画面表示項目情報内で指定される各項目の桁数に応じて各項目の表示入力欄を生成するにコードとする。 Incidentally, the code that generates the search result display input column 205, a code to generate the display input field for each item in accordance with the number of digits of each item specified in the screen display item information.

次に、ステップS709において、「フォームのパラメータを送信する機能を備える更新ボタン206を生成するコード」をJSPファイル内に生成する。 Next, in step S709, it generates a "code that generates the update button 206 having a function of transmitting a parameter of the form" a JSP file.

次に、ステップS710において、RAM内に格納された画面表示項目情報に基づいて「Bean内に検索条件情報が格納されている場合、該検索条件情報を検索条件入力欄203にセットし、また、Bean内に検索結果情報が格納されている場合、該検索結果情報を検索結果表示入力欄205にセットするコード」をJSPファイル内に生成する。 Next, in step S710, if based on the screen display item information stored in the RAM to "search condition information in the Bean is stored, and sets the search condition information in the search condition input column 203, also, If the search result information in the Bean is stored, to generate code "to the JSP file that sets the search result information in the search result display input column 205.

最後に、htmlのタグである"</form></body></html>"等を格納し、処理を終了して図12のフローチャートにリターンする。 Finally, a tag html "</ form> </ body> </ html>" stores, etc., the flow returns to the flowchart of FIG 12 terminates the process. なお、このJSP内に、Java(登録商標)Script等の各種スクリプトコード等も含むように構成してもよい。 Incidentally, in this JSP, it may be configured to include also Java (registered trademark) Script various script code such as.

図4に示すように、テーブルの定義と画面構成を業務仕様の一部として定義することにより、DB接続切り替え、操作に関するコードと画面を自動生成することができる。 As shown in FIG. 4, by defining the definition and the screen configuration of the table as part of the business specifications, DB connection switching, it is possible to automatically generate code and screen related operations. これにより、業務仕様の変更などに柔軟に対応でき、設計・実装・管理を一元管理し高品質でスピーディーなウェブアプリケーションの開発が可能となる。 As a result, the flexibility can respond to such change of business specifications, it is possible to develop speedy web applications with high quality to centrally manage the design, implementation and management.

以下、図4に示した入出力テーブル109の内容にそって、図10〜図15に示した処理による、ユーザが動的にDB・テーブルを切り替え可能な操作画面(図9)の生成例について示す。 Hereinafter, along with the contents of the input-output table 109 shown in FIG. 4, according to the processing shown in FIGS. 10 to 15, for example of generating a user dynamically capable of switching DB · table operation screen (Fig. 9) show.

図4に示した入出力テーブル109の行1では、列6に「G1」が定義されおり、同じ列6に「G2」が定義されている行2,行3の項目をまとめて仮想的に一つのテーブルとする処理が行われる。 Figure 4, row 1 of the input and output table 109 shown in "G1" are defined in column 6, line 2 "G2" is defined in the same column 6, virtually together item row 3 processing is performed to one table.

また、行2では、列6に「G2」が定義されていることから、列3で定義している「CliDB/ClinicM」を画面上で選択可能なテーブルとして使用できることを示している。 Also, in row 2, since the "G2" is defined in column 6, it shows that it can be used to "CliDB / ClinicM" as defined in column 3 as a selectable table on the screen.

同様に、行3も「DruDB/DrugstoreM」が選択可能なテーブルとして定義されている。 Similarly, row 3 has also been defined as "DruDB / DrugstoreM" is selectable table.

さらに、行4〜行10では、列6に「D」が定義されているので、実際に画面の表示項目となることを示している。 Furthermore, the line 4 to line 10, since the "D" are defined in column 6, shows that actually the display items on the screen. それぞれ列5のデータファイル項目名が画面に表示され、列7で指定した桁数分の入力項目が生成される。 Data file item name of each column 5 is displayed on the screen, input the item of number of digits specified in column 7 is generated. なお、生成される画面は検索用とその結果表示用という構成になっている。 Incidentally, the screen that is generated has a structure that for the for the search result display. 検索用(図9の検索条件入力欄203)には、列8で「S」又は「S,H」が指定されている行4〜行7までの項目が表示され、結果表示用(図9の検索結果表示入力欄205)には「H」又は「S,H」が指定されている行6〜行10の項目が表示される。 For searching (the search condition input column 203 in FIG. 9), the item to the line 4 to the line 7 in column 8 "S" or "S, H" is specified are displayed, the result display (Fig. 9 the search result display input column 205) of the item of line 6 to line 10 of "H" or "S, H" is specified is displayed.

また、行11〜行24では、列6に「F」が定義されているので、ファイル定義であることを示している。 Also, the line 11 to line 24, since the column 6 "F" is defined, which indicates a file definition. このファイル定義は行2,行3で定義されている「病院」と「薬局」の二つのDB・テーブルについて定義しており、行11〜行17が「病院」を示し、行18〜行24が「薬局」を示している。 This file defines the row 2, are defined in rows 3 and "hospital" has been defined for the two DB · table of "pharmacy", line 11 to line 17 represents the "hospital", line 18 to line 24 There has been shown the "pharmacy".

そして、上記図4に示した入出力テーブル109に基づく図10〜図15の処理の結果、実行時に図9のような操作画面を表示するウェブアプリケーションが生成される。 Then, the 4 output table based on 109 of the processing of FIGS. 10 to 15 the results shown in the web application that displays an operation screen as shown in FIG. 9 at runtime is generated.

まず、図4に示した入出力テーブル109の行1の定義より、この画面がDB・テーブルを動的に切り替えることが出来る機能がある画面ということになり、図9に示すようなDB・テーブルの選択メニュー201と切り替え確認のための切り替え検索ボタン202が図1に示したコード生成部107により自動的に生成される。 First, input the definition of row 1 of the table 109, this screen is the fact that the screen has a function that can be switched dynamically DB · table, DB · table as shown in FIG. 9 shown in FIG. 4 Toggle search button 202 for confirming switched selection menu 201 is automatically generated by the code generating unit 107 shown in FIG.

選択メニュー201に表示されているテーブル201a,201bは、図1の行2,行3で定義されているDB・テーブルとなる。 Table 201a displayed in the selection menu 201, 201b is a DB · tables defined in row 2, row 3 of Figure 1. 例えば、ここで「Clinic(病院)」201aを選択し、切り替え検索ボタン202を押下すれば検索の対象は図4に示した入出力テーブル109の行11〜行17で定義されている「CliDB」DBシステムの「ClinicM」テーブルとなる。 For example, where "Clinic (Hospital)" 201a is selected, the object of the search if the user presses down the switch search button 202 is defined by line 11 to line 17 of the input-output table 109 shown in FIG. 4 "CliDB" It becomes "ClinicM" table of the DB system.

また、検索するためのキーを入力する項目は、図4に示した入出力テーブル109の行4〜行7の項目となっている。 Further, items for inputting a key for searching has become an item of row 4 line 7 of the input and output table 109 shown in FIG.

これにより生成された検索条件入力欄203に必要な値を入力し、検索ボタン204を指示すると、指定されたテーブルを検索し、図9に示す検索結果表示入力欄205に結果一覧が表示される。 Thereby enter the required values ​​in the search condition input column 203 produced, and instructs the search button 204, searches for the specified table is a list results in the search result display input field 205 shown in FIG. 9 .

この検索結果表示入力欄205は、図4に示した入出力テーブル109の行6〜行10で定義された項目が表示される。 The search result display input column 205 is defined items in rows 6 through line 10 of the input and output table 109 shown in FIG. 4 is displayed. なお、図4に示した入出力テーブル109で利用したアプリケーションにおけるDBの構成は図6に示すDB構成に対応する。 The configuration of the DB in the application using input and output table 109 shown in FIG. 4 corresponds to the DB configuration shown in FIG.

なお、この図4に示した入出力テーブル109を用いた生成例は、異なる外部DBシステム間での切り替えに対応するが、図4に示した入出力テーブル109の定義を変更すれば、図6に示したような外部DBを切り替える機能以外にも、図8に示したような内部DB内のテーブルを切り替える機能や、図9に示したような内部と外部DBの切り替えを行う機能を付加することが可能である。 The generation example using the output table 109 shown in FIG. 4 is corresponding to the switching between different external DB system, by changing the definition of the input and output table 109 shown in FIG. 4, FIG. 6 besides ability to switch external DB such as shown in, adding a function to function or to switch the table in the internal DB as shown in FIG. 8, the inside and the switching of the external DB such as shown in FIG. 9 It is possible.

図16は、本発明のプログラム生成装置における業務仕様情報(図1に示した入出力テーブル109)について説明する模式図であり、同一のDBシステム(内部DB又は外部DB)内でテーブル切り替えを行う場合に対応する。 Figure 16 is a schematic diagram for explaining operations specification information in the program generation apparatus of the present invention (input-output table 109 shown in FIG. 1), the table switching in the same DB system (internal DB or external DB) corresponding to the case.

例えば、入出力定義を図16に示した入出力テーブルのように行2,行3の列3の値を「CliDB/ClinicM」,「CliDB/DrugstoreM」とし、「/」記号の前のDBシステム名称を同一の「CliDB」として記述し、図16の行11〜行24のファイル定義も列1のDBシステム名を「CliDB」と同一とする。 For example, "CliDB / ClinicM" line 2, the values ​​in column 3 lines 3 as the input and output tables showing the input and output defined in FIG. 16, "CliDB / DrugstoreM" and "/" sign in front of the DB system describes the name as the same "CliDB" file definition line 11 to line 24 of FIG. 16 also DB system name column 1 is the same as "CliDB". このように定義を変更した場合は、同一のDB(内部DBのみ又は外部DBのみ)の「ClinicM」テーブルと「DrugstoreM」テーブルを交互に切り替えることになる。 If thus changing the definition, so that the switching the same DB to "ClinicM" table and a "DrugstoreM" table (internal DB only or external DB only) alternately. 内部DBのみのDB構成は、図7に示した例に対応する。 DB structure of the internal DB alone corresponds to the example shown in FIG.

また、図4の行2の列3に示した「CliDB」を外部DBとし、図4の行3の列3の「DruDB」を内部DBとする。 Further, the "CliDB" shown in column 3 of row 2 of Figure 4 as an external DB, and the "DruDB" in column 3 of row 3 of Figure 4 with the internal DB. なお、内部DB,外部DBの区別は、図5に示したログイン情報110のURL603で定義される。 The internal DB, distinction external DB is defined by URL603 login information 110 shown in FIG.

このようなDB構成の場合は、外部DB「CliDB」のテーブル「ClinicM」と内部DB「DruDB」のテーブル「DrugstoreM」を交互に切り替えることが可能となる。 For such DB configuration, it is possible to switch the table "ClinicM" External DB "CliDB" Table "DrugstoreM" internal DB "DruDB" alternately. このような外部DB及び内部DBからなるDB構成は、図8に示した例に対応する。 DB structure comprising such an external DB and internal DB correspond to the example shown in FIG.

以上示したように、DBの接続方法(URL指定(ネットワーク接続でもローカルでもよい)等)とDBのテーブル構成を業務仕様を入力として、DBの選択画面プログラム(JSP112)を生成するステップと、DBへの接続(割り当て)処理プログラム(サーブレット113)を生成するステップと、DBへのアクセス処理プログラム(Bean114)を生成するステップとを備えることにより、ウェブアプリケーション開発支援システムにおいて、ネットワーク接続された複数のDBをユーザ選択により動的に切り替えてアクセスする機能、又は、同一DB上の複数のテーブルをユーザ選択により動的に切り替えてアクセスできる機能を、業務仕様の枠組みの中で定義し、プログラムコードを自動生成することができる。 As indicated above, the connection method (URL specified (or locally at network connection), etc.) of the DB and the table configuration of DB as an input operational specifications, and generating a DB selection screen program (JSP112), DB generating a connection (assignment) processing program (servlet 113) to, by providing the steps of generating an access processing program (Bean114) to DB, the web application development support system, multiple networked DB ability to access dynamically switched by user selection, or a function that can be accessed dynamically switched by the user selecting a plurality of tables on the same DB, defined within the framework of business specifications, program code it can be automatically generated.

従って、生成された操作画面上で対象となるDB上のテーブルへの割り当てとアクセス処理をユーザが動的に切り替えることができる機能を有するアプリケーションプログラムを、DB接続のための定義を業務仕様の枠組みの中で定義して自動生成することができ、生産性,保守性,管理性を著しく向上することができる。 Therefore, an application program having a function of the allocation and access processing to generated operation on the screen on the target by the DB table the user can dynamically switch, framework business specifications defined for the DB connection can be automatically generated by defining in productivity, maintainability can be remarkably improved manageability.

また、分散したDBに対してユーザの選択による動的に接続を切り替え、また該テーブルへのアクセス処理が自動生成可能となったことで、生産性と保守性に優れたWebアプリケーションプログラムの領域を広げることができる。 The switching dynamically connected by the selection of the user to the distributed DB, also by the access processing to the table becomes possible automatically generated, an area of ​​the Web application program with excellent maintainability and productivity it is possible to widen.

同様な定義・生成方式の枠組みの中で、同一DBで異なるテーブルへの接続、アクセス処理を自動生成可能とした。 Within the framework of the same definition and generation method, connection to different tables in the same DB, and enabling automatic generation access process.

また、上記実施形態中では、2つのDB・テーブルを例にして、該2つのDB・テーブルを切り替え可能なウェブアプリケーションの生成方法について説明したが、切り替え可能なDB・テーブルは2つに限られるものではなく、入出力テーブル109に切り替え可能な3つ以上のDB・テーブルを定義し、ログイン情報110に対応するDBの接続情報をそれぞれ定義することにより、3つ以上のDB・テーブルを切り替え可能なウェブアプリケーションを生成することができる。 Further, during the above-described embodiment, the two DB · table as an example, has been described a method of generating a web application that can switch the two DB · table, limited to the two switchable DB · table not, define three or more DB · table switchable to the input-output table 109, by the connection information DB corresponding to the login information 110 defining each switchable three or more DB · table it is possible to generate a web application.

また、ログイン情報110に、DBシステム名,JDBCドライバ名,URL,ユーザ名,パスワードを記憶させる場合について説明したが、JDBCドライバ名,URL,ユーザ名,パスワードの代わりに、DBシステムのオブジェクト名を記憶させるように構成してもよい。 Further, the login information 110, DB system name, JDBC driver name, URL, user name, has been described to store the password, JDBC driver name, URL, user name, instead of a password, the object name of the DB system it may be configured to stored. その場合、DBシステムのオブジェクト名からDBシステムを検索して接続するようなDB接続用メソッドを生成するように構成する。 In that case, configured to generate a DB connection methods such as connecting searches the DB system from the object name of the DB system.

また、図4,図5,図16の各種データの構成及びその内容はこれに限定されるものではなく、用途や目的に応じて、様々な構成や内容で構成されることは言うまでもない。 Further, FIGS. 4, 5, the configuration and the contents of various data in FIG. 16 is not limited to this, depending on the application and purpose, be it goes without saying that various configurations and contents.

以上、一実施形態について示したが、本発明は、例えば、システム、装置、方法、プログラムもしくは記録媒体等としての実施態様をとることが可能であり、具体的には、複数の機器から構成されるシステムに適用しても良いし、また、一つの機器からなる装置に適用しても良い。 Although shown for an embodiment, the present invention is, for example, a system, device, method, it is possible to adopt an embodiment as a program or a recording medium such as, specifically, is composed of a plurality of devices it may be applied to a system that also may be applied to an apparatus comprising a single device.

また、本発明のプログラム生成装置により生成されるプログラムコードを、ASP(Active Server Pages),PHP(Hypertext Preprosessor)等のJava(登録商標)以外の他のプログラムによるウェブアプリケーションとすることで、本発明のプログラム生成装置を各種ウェブアプリケーションの生成にも適用可能である。 Further, the program code generated by the program generating device of the present invention, ASP (Active Server Pages), by the web application by PHP (Hypertext Preprosessor) or the like Java (registered trademark) than other programs, the present invention the program generation apparatus is also applicable to the generation of various web applications.

さらに、上記実施形態では、入出力テーブル109で指定されるデータベース上の複数のテーブルをそれぞれ定義する複数の定義情報、及びログイン情報110で指定される前記データベースへ接続するための接続情報に基づいて「前記複数のテーブルを動的に切り替えてアクセス可能なプログラムコード」を生成するプログラム生成装置について説明したが、複数のテーブルを動的に切り替えてアクセスすることができるデータベースアクセス装置(方法)そのものも本発明に含まれるものである。 Furthermore, in the above embodiment, based on the connection information for connecting to the database specified multiple tables in the database specified by the input-output table 109 a plurality of definition information for defining, respectively, and login information 110 has been described program generating device for generating a "dynamic program code accessible by switching the plurality of tables", database access device that can be accessed dynamically switching a plurality of tables (method) is also itself it is intended to be included in the present invention.

さらに、上記各実施形態では、ウェブアプリケーションサーバ上で動作するウェブアプリケーションプログラムを生成するプログラム生成装置について説明したが、ミドルウェアとしてウェブアプリケーションサーバの代わりに、ノーツ(商品名)・アプリケーションサーバやドミノ(商品名)・アプリケーションサーバ等のグループウェアを利用したアプリケーションを生成するように構成してもよい。 Furthermore, the above embodiments have been described program generating device for generating a web application program running on a web application server, instead of the web application server as middleware, Notes (trade name) application server and Domino (trade it may be configured to generate an application that uses the groupware of the name), application server, and the like.

この場合、サーブレットの代わりに、エージェントと呼ばれるJava(登録商標)で作成されたプログラムをプログラム生成装置で生成し、グループウェアのアプリケーションサーバに配置するものとする。 In this case, instead of servlet, generated by the program generation apparatus a program written in Java (registered trademark), called agents, shall be arranged in the groupware application server. また、JSPにより表示していた入出力画面は、フォームと呼ばれるコンテンツとして、プログラム生成装置で生成して、グループウェアのデータベースに登録しておく。 Furthermore, the input-output screen displayed by the JSP, as content called foam, generated by the program generating device, is registered in the groupware database. また、Beanは上記実施形態と同一のものを使用可能である。 Further, bean can be used for the same as the above embodiment.

また、本発明のプログラム生成装置が生成するアプリケーションは、PDA(携帯情報端末)や携帯電話といった携帯端末をクライアントとするアプリケーションとしてもよい。 The application generated by the program generation apparatus of the present invention may be an application that PDA a mobile terminal such as (personal digital assistant) or a mobile phone with a client.

そして、クライアントとの間のプロトコルもHTTPのみではなく、WAP(Wireless Application Protocol)等とし、JSPにより生成されるコードも、HTMLに限られるものではなく、XML,WML等のその他の構造化言語とするような、プログラムを、本発明のプログラム生成装置が生成するように構成してもよい。 And, not only it is the HTTP protocol between the client and the WAP (Wireless Application Protocol) or the like, code generated by JSP is also not limited to HTML, XML, and other structured language such as WML such as, program may be configured to generate the program generation apparatus of the present invention.

また、上記実施形態では、プログラム生成装置が、データベースへのアクセスを行うためのBean,各データ項目の入出力画面を選択された画面パターンで表示するためのJSP、入出力画面からの入力情報を取得して該入力情報に基づいてBean,JSPの実行を制御してアプリケーション全体を統括制御するサーブレットから構成されるウェブアプリケーションを生成する場合について説明したが、上記Bean,JSPの機能をも含んだサーブレットのみ、上記Beanの機能を含んだサーブレットとJSPのみ、又は、上記JSPの機能を含んだサーブレットとBeanのみ、から構成されるウェブアプリケーションを生成するように構成してもよいことはいうまでもない。 In the above embodiment, the program generation apparatus, bean for accessing the database, JSP for display selected screen pattern input screen of each data item, the input information from the input screen bean based on input information acquired, it has been described that produces a web application consists servlet overall control to control the execution of JSP application, including the bean, also the function of JSP servlet only, only inclusive servlets and JSP a function of the bean, or only inclusive servlet and bean a function of the JSP, from to say that may be configured to generate a web application consisting Absent.

さらに、上記実施形態内に記載された各変形例を組み合わせた構成も全て本発明に含まれるものである。 Furthermore, those in the configuration even all the present invention in combination with the modifications described in the above embodiment.

以下、図17に示すメモリマップを参照して本発明に係るプログラム生成装置で読み取り可能なデータ処理プログラムの構成について説明する。 The following describes the structure of a data processing program readable by the program generating apparatus according to the present invention with reference to the memory map shown in FIG. 17.

図17は、本発明に係るプログラム生成装置で読み取り(読み出し)可能な各種データ処理プログラムを格納する記録媒体(記憶媒体)のメモリマップを説明する図である。 Figure 17 is a diagram illustrating a memory map of a read by the program generating apparatus according to the present invention (read) a recording medium capable of storing various data processing programs (memory medium).

なお、特に図示しないが、記録媒体に記憶されるプログラム群を管理する情報、例えばバージョン情報,作成者等も記憶され、かつ、プログラム読み出し側のOS等に依存する情報、例えばプログラムを識別表示するアイコン等も記憶される場合もある。 Although not illustrated, information for managing the programs stored in the recording medium, such as version information, author, etc. are also stored, and information depending on the OS of the program reading side, for displaying identify, for example, program as an icon or the like are also stored.

さらに、各種プログラムに従属するデータも上記ディレクトリに管理されている。 Furthermore, data depending on various programs is also managed in the directory. また、インストールするプログラムやデータが圧縮されている場合に、解凍するプログラム等も記憶される場合もある。 Further, when the program or data to be installed is compressed, there is also a program for decompressing the compressed program can be stored.

本実施形態における図3,図10,図11,図12,図13,図14,図15に示す機能が外部からインストールされるプログラムによって、ホストコンピュータにより遂行されていてもよい。 3 in the present embodiment, and FIG. 10, FIG. 11, the 12, 13, 14, the program functions shown in FIG. 15 is externally installed, it may be executed by a host computer. そして、その場合、CD−ROMやフラッシュメモリやFD等の記録媒体により、あるいはネットワークを介して外部の記録媒体から、プログラムを含む情報群を出力装置に供給される場合でも本発明は適用されるものである。 Then, the case, the recording medium such as a CD-ROM, a flash memory, an FD, or from an external recording medium through a network, the present invention even if it is supplied to an output device information group including the program is applied it is intended.

以上のように、前述した実施形態の機能を実現するソフトウエアのプログラムコードを記録した記録媒体を、システムあるいは装置に供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記録媒体に格納されたプログラムコードを読出し実行することによっても、本発明の目的が達成されることは言うまでもない。 As described above, storing the recording medium which stores software program codes for realizing the functions of the above processes to a system or an apparatus, the computer of the system or apparatus (or CPU or MPU) recording medium also by reading out and executing the program code, it goes without saying that the object of the present invention is achieved.

この場合、記録媒体から読み出されたプログラムコード自体が本発明の新規な機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記録媒体は本発明を構成することになる。 In this case, the program code itself read from the recording medium realizes the novel functions of the present invention, a recording medium storing the program code constitutes the present invention.

プログラムコードを供給するための記録媒体としては、例えば、フレキシブルディスク,ハードディスク,光ディスク,光磁気ディスク,CD−ROM,CD−R,DVD−ROM,磁気テープ,不揮発性のメモリカード,ROM,EEPROM,シリコンディスク等を用いることができる。 As the recording medium for supplying the program code, a floppy disk, a hard disk, a magneto-optical disk, CD-ROM, CD-R, DVD-ROM, magnetic tape, nonvolatile memory card, ROM, EEPROM, a silicon disk or the like can be used.

また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペレーティングシステム)等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Further, by executing the read program by computer, as well as functions of the above embodiments are realized on the basis of the instructions of the program code, OS running on the computer (operating system) or the like It performs a part or entire process but also to a case where the functions of the above-described embodiments are realized by those processes.

さらに、記録媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書き込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPU等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Furthermore, the program codes read out from the recording medium are written in a memory of a function expansion unit connected to a function expansion board inserted into the computer or on the basis of the instructions of the program code, the function expansion CPU or the like provided in the board or function expansion unit performs part or all of the actual processing so that the program codes and the functions of the above-described embodiments are realized by those processes.

また、本発明は、複数の機器から構成されるシステムに適用しても、1つの機器からなる装置に適用してもよい。 Further, the present invention can be applied to a system constituted by a plurality of devices or to an apparatus comprising a single device. また、本発明は、システムあるいは装置にプログラムを供給することによって達成される場合にも適応できることは言うまでもない。 Further, the present invention is, of course, can be adapted to the case where it is accomplished by supplying a program to a system or apparatus. この場合、本発明を達成するためのソフトウエアによって表されるプログラムを格納した記録媒体を該システムあるいは装置に読み出すことによって、そのシステムあるいは装置が、本発明の効果を享受することが可能となる。 In this case, by reading a recording medium storing a program represented by software for achieving the present invention to the system or apparatus, the system or apparatus can enjoy the effect of the present invention .

さらに、本発明を達成するためのソフトウェアによって表されるプログラムをネットワーク上のサーバ,データベース等から通信プログラムによりダウンロードして読み出すことによって、そのシステムあるいは装置が、本発明の効果を享受することが可能となる。 Furthermore, the program represented by software for achieving the present invention on a network server, by reading download the communication program from the database or the like, can be the system or the apparatus, to enjoy the effects of the present invention to become.

本発明のプログラム生成装置により生成されるプログラムコードを、ASP(Active Server Pages),PHP(Hypertext Preprosessor)等のJava(登録商標)以外の他のプログラムによるアプリケーションとすることで、本発明のプログラム生成装置を各種アプリケーションの生成にも適用可能である。 The program code generated by the program generating device of the present invention, ASP (Active Server Pages), by application by PHP (Hypertext Preprosessor) or the like Java (registered trademark) than other programs, the program product of the present invention the device is also applicable to the generation of various applications.

本発明の一実施形態を示すプログラム生成装置の構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of a program generation apparatus according to an embodiment of the present invention. 図1に示したコード生成部によって生成したサーブレット、JSP、およびBeanを利用したウェブアプリケーションシステムの全体構成の一例を示す図である。 It is a diagram illustrating the servlet generated by the code generating unit depicted in FIG. 1, JSP, and an example of the entire configuration of a web application system using bean. 本発明のプログラム生成装置における第1の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a first control processing procedure in the program generating device of the present invention. 本発明のプログラム生成装置における業務仕様情報(図1に示した入出力テーブル)について説明する模式図である。 It is a schematic diagram for explaining operations specification information in the program generation apparatus of the present invention (input-output table shown in FIG. 1). 図1に示したログイン情報を説明するための模式図である。 It is a schematic diagram for explaining the login information shown in FIG. 本発明のプログラム生成装置により生成されるアプリケーションによるDB接続切り替えを説明するためのDB構成(外部(リモート)分散DB構成)を示す図である。 It is a diagram illustrating a DB configuration for explaining DB connection switching by the application generated by the program generating device of the present invention (external (remote) Distributed DB configuration). 本発明のプログラム生成装置により生成されるアプリケーションによるDB接続切り替えを説明するためのDB構成(内部(ローカル)同一DB構成)を示す図である。 It is a diagram illustrating a DB configuration for explaining DB connection switching by the application generated by the program generating device of the present invention (internal (local) identical DB configuration). 本発明のプログラム生成装置により生成されるアプリケーションによるDB接続切り替えを説明するためのDB構成(内部(ローカル)DB及び外部(リモート)DBによる分散DB構成)を示す図である。 It is a diagram illustrating a DB configuration for explaining DB connection switching by the application generated by the program generating device of the present invention (internal (dispersed DB configuration by local) DB and an external (remote) DB). 本発明のプログラム生成装置により生成されるウェブアプリケーションにおける操作画面の一例を示す模式図である。 Is a schematic diagram showing an example of an operation screen in the web application generated by the program generating device of the present invention. 本発明の第2の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a second control processing procedure of the present invention. 本発明の第3の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a third control processing procedure of the present invention. 本発明の第4の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a fourth control processing procedure of the present invention. 本発明の第5の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating an example of a fifth control processing procedure of the present invention. 本発明の第6の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。 A sixth example of a control processing procedure of the present invention is a flow chart showing. 本発明の第7の制御処理手順の一例を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing an example of a seventh control processing procedure of the present invention. 本発明のプログラム生成装置における業務仕様情報(図1に示した入出力テーブル)について説明する模式図である。 It is a schematic diagram for explaining operations specification information in the program generation apparatus of the present invention (input-output table shown in FIG. 1). 本発明に係るプログラム生成装置で読み取り(読み出し)可能な各種データ処理プログラムを格納する記録媒体(記憶媒体)のメモリマップを説明する図である。 Is a diagram illustrating a memory map of a read by the program generating apparatus according to the present invention (read) a recording medium capable of storing various data processing programs (memory medium).

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101 入力装置 102 表示装置 103 処理装置(CPU,RAM,ROM) 101 input device 102 display device 103 processing unit (CPU, RAM, ROM)
104 外部記憶装置(ハードディスク) 104 external storage device (hard disk)
105 画面制御部 116 業務仕様記述部 107 コード生成部 108 全体制御部 109 入出力テーブル 110 ログイン情報 111 アプリケーション名 112 JSPコード 113 Servletコード 114 Beanコード 105 whole screen control unit 116 task specification describing portion 107 code generating unit 108 control unit 109 input-output table 110 login information 111 application name 112 JSP code 113 Servlet code 114 bean code

Claims (7)

  1. 複数のデータベースのテーブルにアクセス可能な機能を有するウェブアプリケーションプログラムを生成するプログラム生成装置であって A program generating device for generating a web application program that have a accessible functions to a plurality of database tables,
    データベースのデータベース名およびテーブル名の組合せを含む情報によりテーブルをそれぞれ定義する複数のテーブル情報を記憶する第1の記憶手段と、 First storage means for storing a plurality of table information that defines the table respectively by information including a combination of database name and a table name in the database,
    前記複数のテーブル情報によりそれぞれ定義された複数のテーブルを1つの画面で切り替え可能なグループとして定義したグループ情報を記憶する第2の記憶手段と、 Second storage means for storing the group information that defines a plurality of tables defined respectively as switchable group on one screen by said plurality of table information,
    前記データベース毎に、データベースへ接続する際に用いるドライバ名、接続先、及び認証情報を含む接続情報を記憶する第の記憶手段と、 For each of the database, and third storage means for storing driver name used to connect to a database, the destination, and the connection information including the authentication information,
    前記グループ情報を用いて、前記グループ情報でグループとして定義された前記複数のテーブルのいずれかを接続の切り替え先として選択可能な操作画面をウェブブラウザで表示するためのプログラムコードを、生成する第1の生成手段と、 Using the group information, first the program code for displaying a selectable operation screen on the Web browser any of the plurality of tables defined as a group by the group information as switching destination of the connection, to produce and generating means,
    ウェブブラウザに表示される前記操作画面の操作により接続の切り替え先として選択されたテーブルの情報を前記ウェブブラウザから受け取った場合、前記選択されたテーブルに対応するデータベースの前記接続情報を用いて、前記選択されたテーブルに対応するデータベースへ接続を切り替えて前記選択されたテーブルにアクセスするためのプログラムコードを生成する第2の生成手段と、 When receiving the information of the selected table as a switching destination of the connection by the operation of the operation screen displayed on the web browser from the web browser, using the connection information database corresponding to the selected table, the a second generating unit configured program code for accessing the selected table by switching a connection to a database corresponding to the selected table to generate,
    を有することを特徴とするプログラム生成装置。 Program generating apparatus characterized by having a.
  2. 前記テーブル情報で定義されたテーブルは、 同一のデータベースもしくは異なるデータベース上に配置されるものであることを特徴とする請求項1記載のプログラム生成装置。 The tables defined by table information, program generation apparatus according to claim 1, characterized in that disposed on the same database or a different database.
  3. 前記操作画面は、前記操作画面で接続の切り替え先として選択されているテーブルに対して検索条件を指定して検索指示を行うための検索指示部を有し、 The operation screen includes a search instruction unit for performing to search instruction specifying a search condition on a table that has been selected as the switching destination of connection by the operation screen,
    前記第2の生成手段により生成されるプログラムコードは、「前記操作画面の操作により前記操作画面で接続の切り替え先として選択されているテーブルに対する前記検索指示をウェブブラウザから受け取った場合、前記選択されているテーブルに対応するデータベースに接続されているか判定し、前記選択されているテーブルに対応するデータベースに接続されていない場合は、前記選択されているテーブルに対応するデータベースの前記接続情報を用いて前記データベースに接続して前記検索指示で指定された検索条件での検索処理を実行し、一方、前記選択されているテーブルに対応するデータベースに接続されている場合は、そのまま前記検索指示で指定された検索条件での検索処理を実行するためのプログラムコード」を含むこと Program code generated by said second generating means, when receiving the search instruction for the table that is selected as the switching destination of connection by the operation screen by the operation of "the operation screen from the web browser, it said selected and has determined whether it is connected to the corresponding database table, the if the selection has been that the table is not connected to the corresponding database, using the connection information database corresponding to the table being the selected connected to the database to perform the search processing in the search conditions specified by the search instruction, whereas, when connected to a database corresponding to the table that is the selection is specified as is the search instruction program code "include for executing a search process in search conditions 特徴とする請求項2記載のプログラム生成装置。 Program generating apparatus according to claim 2, wherein.
  4. 前記操作画面は、前記操作画面で選択されているテーブルに対して更新データを指定して更新指示を行うための更新指示部を有し、 The operation screen includes an update instruction unit for performing an update instruction specifying the update data to the table that is selected in the operation screen,
    前記第2の生成手段により生成されるプログラムコードは、「前記操作画面の操作により前記操作画面で選択されているテーブルに対する前記更新指示をウェブブラウザから受け取ると、前記選択されているテーブルに対応するデータベースに接続されているか判定し、前記選択されているテーブルに対応するデータベースに接続されていない場合は、前記選択されているテーブルに対応するデータベースの前記接続情報を用いて前記データベースに接続して前記更新データでの更新処理を実行し、一方、前記て選択されているテーブルに対応するデータベースに接続されている場合は、そのまま前記更新指示で指示された更新データでの更新処理を実行するためのプログラムコード」を含むことを特徴とする請求項2又は3記載のプログラ Program code generated by said second generating means, when receiving the update instruction for the table selected in the operation screen by the operation of "the operation screen from the web browser corresponding to the table being the selected determines whether it is connected to a database, the case where the selected and have the table is not connected to the corresponding database, connect to the database using the connection information database corresponding to the table being the selected the running update process in the update data, whereas, when connected to a database corresponding to the selected table the Te is required to perform updates in the update data designated by it the update instruction program according to claim 2 or 3 further characterized in that the containing program code " 生成装置。 Generating device.
  5. 複数のデータベースのテーブルにアクセス可能な機能を有するウェブアプリケーションプログラムを生成するコンピュータにおけるプログラム生成方法であって A program generation method in a computer for generating a web application program that have a table accessible functions of several databases,
    前記コンピュータの記憶手段に、データベースのデータベース名およびテーブル名の組合せを含む情報によりテーブルをそれぞれ定義する複数のテーブル情報、前記複数のテーブル情報によりそれぞれ定義された複数のテーブルを1つの画面で切り替え可能なグループとして定義したグループ情報、前記データベース毎に、データベースへ接続する際に用いるドライバ名、接続先、及び認証情報を含む接続情報を、それぞれ記憶させておき、 The storage means of the computer, can be switched multiple table information that defines each table by information including a combination of database name and a table name in the database, a plurality of tables defined respectively by said plurality of table information on a single screen group information defined as a group, for each of the database, the driver name is used to connect to a database, the destination, and the connection information including authentication information, advance respectively are stored,
    前記コンピュータが、前記グループ情報を用いて、前記グループ情報でグループとして定義された前記複数のテーブルのいずれかを接続の切り替え先として選択可能な操作画面をウェブブラウザで表示するためのプログラムコードを、生成する第1の生成ステップと、 The computer, using the group information, the program code for displaying a selectable operation screen on the Web browser any of the plurality of tables defined as a group by the group information as switching destination of the connection, a first generating step of generating,
    前記コンピュータが、ウェブブラウザに表示される前記操作画面の操作により接続の切り替え先として選択されたテーブルの情報を前記ウェブブラウザから受け取った場合、前記選択されたテーブルに対応するデータベースの前記接続情報を用いて、前記選択されたテーブルに対応するデータベースへ接続を切り替えて前記選択されたテーブルにアクセスするためのプログラムコードを、生成する第2の生成ステップと、 The computer, when receiving the information of the selected table as a switching destination of the connection by the operation of the operation screen displayed on the web browser from the web browser, the connection information database corresponding to the selected table used, and a second generation step of the program code for switching the connection to the database accessing the selected table corresponding to the selected table to generate,
    を有することを特徴とするプログラム生成方法。 Program generating method characterized by having a.
  6. 請求項に記載されたプログラム生成方法をコンピュータに実行させるためのプログラム。 Order of the program to execute the program generating method according to claim 5 on a computer.
  7. 請求項に記載されたプログラム生成方法をコンピュータに実行させるためのプログラムをコンピュータが読み取り可能に記した記録媒体。 Program generating method a recording medium which the order of the program computer has readable recorded cause the computer to execute according to claim 5.
JP2003383415A 2003-11-13 2003-11-13 Program generating apparatus and a program generating method and a program and recording medium Active JP4444634B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003383415A JP4444634B2 (en) 2003-11-13 2003-11-13 Program generating apparatus and a program generating method and a program and recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003383415A JP4444634B2 (en) 2003-11-13 2003-11-13 Program generating apparatus and a program generating method and a program and recording medium

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005148976A true JP2005148976A (en) 2005-06-09
JP4444634B2 true JP4444634B2 (en) 2010-03-31

Family

ID=34692139

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003383415A Active JP4444634B2 (en) 2003-11-13 2003-11-13 Program generating apparatus and a program generating method and a program and recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4444634B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010182116A (en) 2009-02-05 2010-08-19 Ricoh Co Ltd Server device and driver package generation program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2005148976A (en) 2005-06-09 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5867706A (en) Method of load balancing across the processors of a server
US6163878A (en) Method and system for designing, generating and storing applications
US7353464B1 (en) Hierarchical data navigation tool populated by a web service
US6311180B1 (en) Method for mapping and formatting information for a display device
US5539909A (en) Negotiation method for calling procedures located within other objects without knowledge of their calling syntax
US7509374B2 (en) Systems and methods for creating customized applications
US7051080B1 (en) Techniques for navigating in mobile applications
US7716332B1 (en) System and method for server-based predictive caching of back-end system data
US7133908B1 (en) Metrics and status presentation system and method using persistent template-driven web objects
US20080141136A1 (en) Clipping Synchronization and Sharing
US20080177883A1 (en) Web server for managing session and method thereof
US20050256834A1 (en) Data controls architecture
US20040215740A1 (en) Real-time data interface and method for browsers and the like
US20020169789A1 (en) System and method for accessing, organizing, and presenting data
US20040039988A1 (en) Methods and systems for implementing auto-complete in a web page
US20110055314A1 (en) Page rendering for dynamic web pages
US7013329B1 (en) Techniques for programming event-driven transactions in mobile applications
US20070206221A1 (en) Methods and apparatus for enabling use of web content on various types of devices
US20050273695A1 (en) Representing spreadsheet document content
US20090234823A1 (en) Remote Access of Heterogeneous Data
US20040187111A1 (en) Content management portal and method for communicating media content
US20040034853A1 (en) Mobile download system
US20040215608A1 (en) Search engine supplemented with URL&#39;s that provide access to the search results from predefined search queries
US6854120B1 (en) Accessing a ERP application over the internet using strongly typed declarative language files
US20040103090A1 (en) Document search and analyzing method and apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20061027

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20080403

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090818

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091019

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091020

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100112

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100114

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130122

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140122

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250