JP4419754B2 - インクジェットヘッド - Google Patents

インクジェットヘッド Download PDF

Info

Publication number
JP4419754B2
JP4419754B2 JP2004247713A JP2004247713A JP4419754B2 JP 4419754 B2 JP4419754 B2 JP 4419754B2 JP 2004247713 A JP2004247713 A JP 2004247713A JP 2004247713 A JP2004247713 A JP 2004247713A JP 4419754 B2 JP4419754 B2 JP 4419754B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plurality
ink
driver ic
actuator unit
pressure chamber
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2004247713A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006062211A (ja
Inventor
直樹 片山
Original Assignee
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ブラザー工業株式会社 filed Critical ブラザー工業株式会社
Priority to JP2004247713A priority Critical patent/JP4419754B2/ja
Publication of JP2006062211A publication Critical patent/JP2006062211A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4419754B2 publication Critical patent/JP4419754B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/14Structure thereof only for on-demand ink jet heads
    • B41J2/14201Structure of print heads with piezoelectric elements
    • B41J2/14209Structure of print heads with piezoelectric elements of finger type, chamber walls consisting integrally of piezoelectric material
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/14Structure thereof only for on-demand ink jet heads
    • B41J2/14201Structure of print heads with piezoelectric elements
    • B41J2/14209Structure of print heads with piezoelectric elements of finger type, chamber walls consisting integrally of piezoelectric material
    • B41J2002/14217Multi layer finger type piezoelectric element
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/14Structure thereof only for on-demand ink jet heads
    • B41J2/14201Structure of print heads with piezoelectric elements
    • B41J2/14209Structure of print heads with piezoelectric elements of finger type, chamber walls consisting integrally of piezoelectric material
    • B41J2002/14225Finger type piezoelectric element on only one side of the chamber
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/14Structure thereof only for on-demand ink jet heads
    • B41J2/14201Structure of print heads with piezoelectric elements
    • B41J2002/14306Flow passage between manifold and chamber
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/14Structure thereof only for on-demand ink jet heads
    • B41J2002/14459Matrix arrangement of the pressure chambers
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/14Structure thereof only for on-demand ink jet heads
    • B41J2002/14491Electrical connection

Description

本発明は、記録媒体にインクを吐出して印刷を行うインクジェットヘッドに関する。

インクジェットヘッドは、インクジェットプリンタ等において、インクタンクから供給されたインクを複数の圧力室に分配し、各圧力室に選択的にパルス状の圧力を付与することによりノズルからインクを吐出するものである。圧力室に選択的に圧力を付与するための一つの手段として、圧電性のセラミックからなる複数の圧電シートが積層されたアクチュエータユニットが用いられることがある。

かかるインクジェットヘッドの一例として、連続平板状の圧電シートを、複数の圧力室に跨って形成された共通電極と、各圧力室に対向して配置された主電極部及び外部より電圧が印加される補助電極部からなる複数の個別電極とで挟み込んだ複数のアクチュエータユニットを有するものが知られている(特許文献1参照)。個別電極及び共通電極に挟まれ且つ積層方向に分極された圧電シートの部分は、個別電極がフレキシブルプリント回路(FPC:Flexible Printed Circuit)からの駆動電圧の供給によって、共通電極と異なる電位にされると、いわゆる圧電縦効果により積層方向に伸縮する。これにより圧力室内の容積が変動し、圧力室に連通したノズルから記録媒体に向けてインクを吐出することが可能となっている。個別電極と接続されるFPCには、各個別電極に対応するように複数の接続パッド(端子)が配置されていると共に、各個別電極に供給される駆動電圧を生成するドライバICの出力端子と各接続パッドとを接続する信号線(配線)が配置されている。

特開2003−311953号公報

しかしながら、上述した特許文献1に記載のインクジェットヘッドにおいて、印刷画質の向上及びインクジェットヘッドの小型化の両方の要求に対応するために、複数の圧力室がより高密度に配置されるに連れ、複数の圧力室にそれぞれ対応する個別電極の補助電極部も、圧電シート上に高密度に配置されることになる。それに伴って、複数の補助電極部にそれぞれ駆動電圧を供給する複数の信号線を有したFPCが必要となるが、1枚のFPCに各接続パッドから同方向に引き出された複数の信号線を高密度に形成するには限度がある。そこで複数のFPCに信号線を形成することが考えられるがFPCの面積が大きくなるためコストが高くなる。

そこで、本発明の目的は、FPCなどの平型柔軟ケーブルに形成される配線のピッチを広げつつ、平型柔軟ケーブルの面積を小さくすることが可能なインクジェットヘッドを提供することである。

課題を解決するための手段及び発明の効果

本発明のインクジェットヘッドは、搬送される被記録媒体に対して、この搬送方向と直交する方向に走査することで前記被記録媒体に記録するインクジェットヘッドである。そして、それぞれがノズルに連通した複数の圧力室が平面に沿って配置された流路ユニットと、前記流路ユニットに固定されていると共に、前記流路ユニットとの固定面とは反対側の面に前記圧力室ごとに配置された複数の個別ランドを有しており、前記個別ランドに供給される駆動信号に基づいて、対応する前記圧力室内のインクに吐出エネルギーを付与するアクチュエータユニットとを備えている。さらに、前記アクチュエータユニットに前記吐出エネルギーを付与させるための制御信号が入力される複数の制御用端子、及び前記制御信号に基づいて生成された前記駆動信号を出力する複数の駆動信号端子を有する第1及び第2のドライバICと、前記第1及び第2のドライバICが実装されていると共に、複数の前記個別ランドに接合された複数の出力端子、複数の前記出力端子と前記第1のドライバICにおける複数の前記駆動信号端子とに接続されている第1の駆動用配線、前記第1のドライバICにおける複数の前記制御用端子から引き出された複数の第1の制御用配線、複数の前記出力端子と前記第2のドライバICにおける複数の前記駆動信号端子とに接続されている第2の駆動用配線、及び前記第2のドライバICにおける複数の前記制御用端子から引き出された複数の第2の制御用配線を有する平型柔軟ケーブルとを備えている。このとき、前記第1及び第2のドライバICが複数の前記出力端子を挟むように配置され、前記第1の駆動用配線が前記第1のドライバICから最も離れた前記出力端子に達していないこと及び前記第2の駆動用配線が前記第2のドライバICから最も離れた前記出力端子に達していないことの少なくともいずれか一方が成り立っており、且つ、前記第2の制御用配線が、前記第2のドライバICから、前記第1のドライバICと前記第2のドライバICとを結ぶ直線に直交する前記第1のドライバICを通過する直線を越えてその反対側へと延在している。

本発明によると、各配線間のピッチを広くしつつ、平型柔軟ケーブルの面積を小さくすることができる。これにより、平型柔軟ケーブルの製造コストを低減することができる。また、出力端子の両側に第1及び第2のドライバICが配置されているため、アクチュエータユニット及び流路ユニットに対する第1及び第2のドライバICからの熱の影響を均一にすることができる。

本発明においては、前記第2の制御用配線が、前記出力端子同士の間を通過しないように配線されていてもよい。これによると、第2の制御配線を、第1及び第2の駆動用配線から放射されるノイズから保護することができる。

または、前記第2の制御用配線が、前記出力端子同士の間を通過するように配線されていてもよい。これによると、第2の制御配線を効率よく配置することができるため、平型柔軟ケーブルの面積をより小さくすることができる。

また、本発明においては、前記第1及び第2の制御用配線が、平型柔軟ケーブルの一端部に配置された接続用端子に接続されていることが好ましい。これによると、接続用端子を介して第1及び第2の制御用配線と上位の制御部側の端子とを効率よく接続することができる。

さらに、本発明においては、前記複数のノズルが、前記搬送方向に沿って配列されている複数のノズル列を形成しており、前記搬送方向に伸びて、前記アクチュエータユニットを2つの領域に区画する仮想線を仮想したとき、一方の前記領域に属するノズルに対応する前記出力端子に前記第1の駆動用配線が接続されていると共に、他方の前記領域に属するノズルに対応する前記出力端子に前記第2の駆動用配線が接続されており、且つ、一方の前記領域に属するノズル列の数と他方の前記領域に属するノズル列の数との差が1以下であることが好ましい。これによると、第1及び第2の駆動用配線が対向しないため、各配線間のピッチを効率よく広くすることができる。

加えて、本発明においては、前記流路ユニットが、互いに異なる複数の前記圧力室に連通する複数の共通インク室をさらに備えており、前記複数のノズルが、前記搬送方向に沿って配列されている複数のノズル列を形成していると共に、1又は複数の前記ノズル列からなる複数のノズル列群を形成している。そして、前記ノズル列群に関する前記圧力室が同一の前記共通インク室に連通している。前記搬送方向に伸びて、前記アクチュエータユニットを2つの領域に区画する仮想線を仮想したとき、一方の前記領域に属するノズルに対応する前記出力端子に前記第1の駆動用配線が接続されていると共に、他方の前記領域に属するノズルに対応する前記出力端子に前記第2の駆動用配線が接続されており、且つ、一方の前記領域に属するノズル列群の数と他方の前記領域に属するノズル列群の数との差が1以下であることが好ましい。これによると、共通インク流路毎に互いに異なる色のインクを供給する多色対応のインクジェットヘッドにおいても、第1及び第2の駆動用配線が対向しないため、各配線間のピッチを効率よく広くすることができる。

また、本発明においては、前記流路ユニットの前記搬送方向の一端部を基準として、前記搬送方向沿った距離に基づく、奇数番目及び偶数番目のいずれか一方の前記ノズルに対応する前記出力端子に前記第1の駆動用配線が接続され、奇数番目及び偶数番目の他方の前記ノズルに対応する前記出力端子に前記第2の駆動用配線が接続されていることが好ましい。これによると、第1及び第2のドライバICの製造誤差によるインクの吐出特性の差を目立たなくすることができる。

さらに、本発明においては、少なくとも前記アクチュエータユニットと前記第1及び第2のドライバICとの間において、前記平型柔軟ケーブルが、前記流路ユニットに対して接着固定されていることが好ましい。これによると、平型柔軟ケーブルの応力などにより、個別ランドと出力端子との接合が外れるのを防止することができる。

加えて、本発明においては、前記流路ユニットが、前記アクチュエータユニットとの固定面において前記アクチュエータユニットを取り囲むように形成されているフレームをさらに有しており、前記平型柔軟ケーブルが、前記フレームに対して接着固定されていることがより好ましい。このとき、前記フレームの厚みが、前記アクチュエータユニットの厚み以上、且つ、前記アクチュエータユニットの厚みに加えて50μm以下の範囲にあることがより一層好ましい。これによると、平型柔軟ケーブルがフレームを介して流路ユニットと接着されているため、個別電極と出力端子との接合に係る不要な応力を小さくすることができる。

また、本発明においては、前記アクチュエータユニットが、前記フレーム、前記平型柔軟ケーブル、及びこれらを接着固定する接着剤により密封されていることがより好ましい。これによると、個別電極と出力端子との接合をダストから保護することができる。

以下、本発明の好適な実施の形態について、図面を参照しつつ説明する。

[第1実施形態]
<ヘッド全体構造>
図1は、本発明の第1実施形態によるインクジェットヘッドの外観斜視図である。図2は、図1のII−II線における断面図であり、インクジェットヘッドを構成するホルダにヘッド本体が組み付けられた状態を示している。図3は、図2に示すヘッド本体に補強板が接着された状態を示す斜視図である。インクジェットヘッド1は、シリアル式のインクジェットプリンタ(図示略)に用いられて、副走査方向に平行に搬送されてきた用紙に対してマゼンタ、イエロー、シアン及びブラックの4色のインクを吐出して記録するものである。図1及び図2に示すようにインクジェットヘッド1は、4色のインクをそれぞれ貯溜する4つのインク室3が形成されたインクタンク71と、このインクタンク71の下方に配置されたヘッド本体70とを備えている。

インクタンク71の内部には、4つのインク室3が主走査方向に並んで形成されており、図2中左方のインク室3からマゼンタ、イエロー、シアン、ブラックのインクが順に貯溜されている。これら4つのインク室3においては、対応するインクカートリッジ(図示せず)がチューブ40(図1参照)によってそれぞれ接続されており、インクカートリッジからインク室3に各色のインクが供給されるようになっている。また、図2及び図3に示すようにインクタンク71が、平面矩形形状の補強板41に組み付けられている。この補強板41は、略直方体形状を有するホルダ72に紫外線型硬化剤43で固着されている。さらに、この補強板41には、図3に示すように、平面形状が長方形形状の開口部42が形成されており、この開口部42内に後述のアクチュエータユニット21を配置するようにして、ヘッド本体70が接着固定されている。インクタンク71の下端部には、4つのインク室3にそれぞれ連通する4つのインク導出口3aが形成されている。一方、補強板41には、図3に示すように、4つのインク導出口3aとそれぞれ連なる平面形状が楕円形状の4つの貫通孔41aが形成されている。

ヘッド本体70は、それぞれの色ごとに複数のインク流路が形成された流路ユニット4と、流路ユニット4の上面にエポキシ系の熱硬化性接着剤によって接着されたアクチュエータユニット21とを含んでいる。流路ユニット4及びアクチュエータユニット21は、複数の薄板を積層して互いに接着させた構成であり、これら流路ユニット4及びアクチュエータユニット21はインクタンク71の下方に配置されている。流路ユニット4の上面には、平面形状が楕円形状の4つのインク供給口4a(図4参照)が形成されている。また、図3に示すように補強板41には、補強板41に形成された貫通孔41aと流路ユニット4に形成されたインク供給口4aとがそれぞれ連なるようにして流路ユニット4が接着されている。この構成により、インクタンク71内の4種類のインクが、インクタンク71に形成された4つのインク導出口3a及び補強板41に形成された4つの貫通孔41aを通ってそれぞれに対応する流路ユニット4の4つのインク供給口4aから流路ユニット4内に供給されている。

また、ヘッド本体70は、図2に示すように流路ユニット4がインク吐出面70aを外部に露出する状態で、補強板41がホルダ72の下面に形成された段付き状の開口部72aに装着されており、ホルダ72と流路ユニット4との間はシール剤73により封止されている。なお、ヘッド本体70の底面が微小径を有する多数のノズル8(図6参照)が配列されたインク吐出面70aである。また、アクチュエータユニット21の上面には、給電部材であるフレキシブルプリント回路(FPC:平型柔軟ケーブル)50が接合されている。さらに、このFPC50の上面には、FPC50及びアクチュエータユニット21を保護すると共に、アクチュエータユニット21の温度を均一化するための保護プレート44が接着されている。

FPC50は、インクタンク71の互いに対向する両壁と平行に配置されているドライバIC(第1のドライバIC)75a、及びドライバIC(第2のドライバIC)75bを実装した状態で、アクチュエータユニット21の上面からインクタンク71の互いに対向する両壁面に沿うように引き出されている。ドライバIC75b側に引き出されたFPC50は、さらにインクジェットヘッド1の外部に配置されている図示しない制御部に向かって延びている。FPC50は、ドライバIC75a、75bから出力された駆動信号をヘッド本体70のアクチュエータユニット21(後に詳述)に伝達するように、両者とハンダ付けによって電気的に接合されている。また、FPC50は、ドライバIC75a、75bと共に、スポンジなどの弾性体74を介してインクタンク71の互いに対向する両壁に固定されている。

図2において、ホルダ72のドライバIC75a、75bが対向する各側壁には、ドライバIC75a、75bの熱を外部に放散する為の開口部72bがそれぞれ形成されている。さらに、ドライバIC75a、75bとホルダ72の開口部72bとの間には、略直方体形状のアルミ板からなるヒートシンク76a、76bがドライバIC75a、75bに密着するように配置されている。これらヒートシンク76a、76b及び開口部72bにより、ドライバIC75a、75bで発生した熱を効率的に散逸させることができる。また、開口部72b内には、ホルダ72の側壁とヒートシンク76a、76bの隙間を埋めるためのシール剤77が配置されており、インクジェットヘッド1の本体にゴミやインクが侵入することを防いでいる。

図4は、ヘッド本体70の平面図である。図4に示すように、ヘッド本体70は流路ユニット4の一方向(副走査方向)に延在した矩形平面形状を有している。図4において、流路ユニット4内には、流路ユニット4の長手方向(一方向)に沿って互いに平行に延在された4つのマニホールド流路(共通インク室)5が形成されている。これらマニホールド流路5には、流路ユニット4の4つのインク供給口4aを通じてインクタンク71のインク室3からそれぞれインクが供給される。本実施の形態では、図4中の4つのマニホールド流路5は上方から下方に向かって順にマゼンタ、イエロー、シアン及びブラックに対応するマニホールド流路5M、5Y、5C、5Kとなっている。これら4つのマニホールド流路5M、5Y、5C、5Kのうち、3つのマニホールド流路5M、5Y、5Cは流路ユニット4の幅方向(主走査方向)において等間隔に配置されており、マニホールド流路5Kは3つのマニホールド流路5M、5Y、5Cの配置間隔より大きい配置間隔でマニホールド流路5Cから離隔された位置(図4中流路ユニット4の下方位置)に形成されている。また、流路ユニット4の上面であって4つのインク供給口4aを覆う位置には、フィルタ部材45が配置されている。フィルタ部材45は、各インク供給口4aと重なる位置に複数の微小孔が形成されたフィルタ45aを有している。こうして、インクタンク71から流路ユニット4内に供給されるインク内のゴミなどがフィルタ部材45のフィルタ45aによって捕獲される。

流路ユニット4の上面には、平面形状が長方形形状のアクチュエータユニット21が、インク供給口4aを避けたほぼ中央部分に接着されている。アクチュエータユニット21と流路ユニット4との接着領域と対応する流路ユニット4の下面は、多数のノズル8(図6参照)が配列されたインク吐出領域となっている。アクチュエータユニット21に対向する流路ユニット4の接着領域には、マトリクス状に配列された多数の圧力室10(図6参照)及び空隙60(図5参照)が形成されている。言い換えると、アクチュエータユニット21はすべての圧力室10及び空隙60に跨る寸法を有している。FPC50の基端には、インクジェットプリンタ内に設けられた制御部のコネクタと接続されるコネクタ接続部50aを有している。コネクタ接続部50aには、後述する接続用端子83が多数配置されている(図9参照)。

<流路ユニットの構造>
図5は、図4内に描かれた一点鎖線で囲まれた領域Aの拡大図である。流路ユニット4には、複数の圧力室10がマニホールド流路5と平行に配列された16本の圧力室列11と、多数の空隙60が圧力室列11と平行に配列された4本の空隙列61とが形成されている。16本の圧力室列11は、隣接して形成された4本の空隙列61の集団によって、12本の集団と4本の集団とに隔てられている。図5に示すように、圧力室10及び空隙60は平面形状及びサイズが同じである。多数の圧力室10及び空隙60は、両者を区別のないものと考えたときに、流路ユニット4において1つの配列パターンが形成されるように規則的に配列されている。

流路ユニット4に形成された圧力室10は、角部にアールが施された略菱形の平面形状を有しており、その長い方の対角線は流路ユニット4の幅方向(主走査方向)に平行である。各圧力室10の一端はノズル8に連通しており、他端はアパーチャ13を介してマニホールド流路5に連通している。これにより、各マニホールド流路5には、ノズル8に連通して各圧力室10ごとに形成された多数の個別インク流路7(図6参照)が接続されている。図5には、図面を分かりやすくするために流路ユニット4内にあって破線で描くべき圧力室10、アパーチャ13及びノズル8等を実線で描いている。

図6は、個別インク流路を示す断面図であり、図5に示すVI−VI線に沿った断面図である。図6から分かるように、各ノズル8は、圧力室10及びアパーチャ(すなわち絞り)13を介してマニホールド流路5と連通している。すなわち、マニホールド流路5の出口からアパーチャ13、圧力室10を経てノズル8に至る1つの流路が構成されている。このようにして、ヘッド本体70には、個別インク流路7が圧力室10ごとに形成されている。

ヘッド本体70は、図6に示すように、上から、アクチュエータユニット21、キャビティプレート22、ベースプレート23、アパーチャプレート24、サプライプレート25、マニホールドプレート26〜29及びノズルプレート30の合計10枚のシート材が積層された積層構造を有している。これらのうち、アクチュエータユニット21を除いた9枚のプレートから流路ユニット4が構成されている。

アクチュエータユニット21は、後述するように、4枚の圧電シート31〜34(図7参照)の積層体である。そのうちの最上層だけが電界印加時に活性部となる部分を有する層(以下、単に「活性部を有する層」というように記する)とされ、残り3層が活性部を有しない非活性層とされたものである。キャビティプレート22は、圧力室10及び空隙60を構成するほぼ菱形の孔が、アクチュエータユニット21の貼付範囲(接着領域)内に多数設けられた金属プレートである。ベースプレート23は、キャビティプレート22の1つの圧力室10について、圧力室10とアパーチャ13との連絡孔及び圧力室10からノズル8への連絡孔がそれぞれ設けられた金属プレートである。

アパーチャプレート24は、キャビティプレート22の1つの圧力室10について、アパーチャ13となる孔のほかに圧力室10からノズル8への連絡孔がそれぞれ設けられた金属プレートである。サプライプレート25は、キャビティプレート22の1つの圧力室10について、アパーチャ13とマニホールド流路5との連絡孔及び圧力室10からノズル8への連絡孔がそれぞれ設けられた金属プレートである。マニホールドプレート26〜29は、マニホールド流路5に加えて、キャビティプレート22の1つの圧力室10について、圧力室10からノズル8への連絡孔がそれぞれ設けられた金属プレートである。ノズルプレート30は、キャビティプレート22の1つの圧力室10について、ノズル8がそれぞれ設けられた金属プレートである。

これら10枚のシート21〜30は、図6に示すような個別インク流路7が形成されるように、互いに位置合わせして積層されている。この個別インク流路7は、マニホールド流路5からまず上方へ向かい、アパーチャ13において水平に延在し、それからさらに上方に向かい、圧力室10において再び水平に延在し、それからしばらくアパーチャ13から離れる方向に斜め下方に向かってから垂直下方にノズル8へと向かう。

図5に戻って、各圧力室10は、その長い対角線の一端においてノズル8に連通していると共に、長い対角線の他端においてアパーチャ13を介してマニホールド流路5に連通している。後述するように、アクチュエータユニット21上には、平面形状がほぼひし形で圧力室10よりも一回り小さい個別電極35(図7参照)が、圧力室10と対向するようにマトリクス状に配列されている。なお、図5には、図面を簡略にするために、複数の個別電極35のうちの幾つかだけを描いている。

また、キャビティプレート22に形成された複数の空隙60は、キャビティプレート22に形成された圧力室10と同じ形状及び同じ大きさを有する孔がアクチュエータユニット21及びベースプレート23によって塞がれることによって画定されている。そのため、空隙60にはインク流路が接続されておらず、複数の空隙60はインクで満たされることがない。複数の空隙60は、配列方向A(副走査方向)及び配列方向Bの2方向に千鳥状配列パターンでマトリクス状に隣接配置されている。複数の空隙60は、互いに平行な4列の空隙列61を形成しており、それら4列の空隙列61によって空隙群62が構成されている。この空隙群62を挟むようにして複数の圧力室10が流路ユニット4に形成されており、後述の複数の圧力室列群12が、インク吐出面70aの短手方向の中心を通過するように長手方向に延びる仮想線15に関して、非対称な位置関係となるように形成されている。

なお、本実施の形態では、圧力室10も空隙60もその形状、サイズ、配置状態に区別なく形成されている。そして、全体的には、圧力室10と空隙60とが、配列方向A及び配列方向Bの2方向に千鳥状配列パターンでマトリクス状に隣接配置されている。配列方向Aは、インクジェットヘッド1の長手方向、すなわち流路ユニット4の延在方向であって、圧力室10の短い方の対角線と平行である。配列方向Bは、配列方向Aと鈍角θをなす圧力室10の一斜辺方向である。

配列方向A及び配列方向Bの2方向にマトリクス状に隣接配置された圧力室10は、配列方向Aに沿って解像度に対応した間隙を介して配置されている。例えば、本実施の形態では、150dpiの解像度による印字を可能とするため、隣接する圧力室10は配列方向Aに沿って37.5dpiに相当する距離ずつ離隔している。また、圧力室10は、流路ユニット4内において、配列方向Bに沿って4つの空隙60を挟むようにして16個並べられているとともに、図5の紙面に対して垂直な方向(第3の方向)から見て、配列方向Aと直交する方向(第4の方向)に沿って2つの空隙60を挟むようにして8個並べられている。

マトリクス状に配置された多数の圧力室10は、図5に示す配列方向Aに沿って、複数の圧力室列11を形成している。複数の圧力室列11は、第3の方向から見て、各マニホールド流路5との相対位置に応じて、第1の圧力室列11a、第2の圧力室列11b、第3の圧力室列11c、及び、第4の圧力室列11dに分けられる。これら第1〜第4の圧力室列11a〜11dは、流路ユニット4の幅方向(主走査方向)における一方から他方(図5中下方から上方)に向けて、11c→11a→11d→11b→11c→11a→・・11bという順番で周期的に4個ずつ配置されている。これら周期的に配置されて隣接した第1〜第4の圧力室列が1つの圧力室列群12を形成している。そのため、流路ユニット4には、4つの圧力室列群12が形成されている。また、全てのノズル8を第4の方向に射影したとき、各圧力室列群12においては、同じ圧力室列11a〜11dに連通するノズル8同士が重ならず、圧力室列群12間においては、同じ圧力室列11a〜11dに連通するノズル8同士が重なるようになっている。

各圧力室列群12に属するすべての圧力室10は、同じマニホールド流路5とそれぞれアパーチャ13を介して連通している。つまり、各圧力室列群12はマニホールド流路5毎に形成されているため、4つの圧力室列群12は4色のインクに対応する圧力室列群12M、12Y、12C、12Kとなっている。また、各圧力室群12は、上述のようにそれぞれ特定のマニホールド流路5に関連付けられているものであり、流路ユニット4内におけるマニホールド流路5の配設状態に対応して、ブラックインクが供給されることになる圧力室群12Kが他の圧力室群12M、12Y、12Cと隔離された位置に形成されている。さらに、これら4つの圧力室列群12M、12Y、12C、12Kのそれぞれに属する圧力室10がアクチュエータユニット21によって容積変化されることで4色のインクを各圧力室列群12に属する圧力室10と連通したノズル8から吐出することが可能になる。

さらに、仮想線15で分けられた流路ユニット4の2つの領域について考える。図5中上方領域17と図5中下方領域18である。このうち、上方領域17に2つの圧力室列群12M、12Yが存在し、下方領域18に2つの圧力室列群12C、12Kが存在することになる。つまり、上方領域17と下方領域18とで、同じ数の圧力室列群が存在している。

図5に示すように圧力室列群12の第1の圧力室列11aを構成する圧力室10a及び第3の圧力室列11cを構成する圧力室10cにおいては、第3の方向から見て、配列方向Aと直交する方向(第4の方向)に関して、ノズル8が図5の紙面下側に偏在している。そして、ノズル8が、それぞれ対応する圧力室10の下端部の左側付近と隣接している。一方、第2の圧力室列11bを構成する圧力室10b及び第4の圧力室列11dを構成する圧力室10dにおいては、第4の方向に関して、ノズル8が図4の紙面上側に偏在している。そして、ノズル8が、それぞれ対応する圧力室10の上端部の右側付近と隣接している。第1及び第4の圧力室列11a、11dにおいては、第3の方向から見て、圧力室10a、10dの半分以上の領域が、マニホールド流路5と重なっている。第2及び第3の圧力室列11b、11cにおいては、第3の方向から見て、圧力室10b、10cのほぼ全領域が、マニホールド流路5aと重なっていない。そのため、いずれの圧力室列に属する圧力室10についてもこれに連通するノズル8がマニホールド流路5aと重ならないようにしつつ、マニホールド流路5の幅を可能な限り広くして各圧力室10にインクを円滑に供給することが可能となっている。

また、流路ユニット4のインク吐出面70aにおいて、ノズル8が空隙群62と対向する位置に形成されていないため、インク吐出面70aに形成されたインク吐出領域がブラック色のインクを吐出するブラック領域と、マゼンタ、イエロー及びシアン色のインクを吐出する有彩色領域とに分けられることになる。

このようにインク吐出領域が空隙群62を挟んで有彩色領域とブラック領域とに分けられることで、ブラックインクが吐出される複数のノズル8と有彩色インクが吐出される複数のノズルとが隔離された構成となる。そのため、流路ユニット4のインク吐出面70aのメンテナンス時において、ブラックインクと有彩色インクとの混色を抑制することができる。つまり、インク吐出面70aのメンテナンスは、板状の弾性部材からなるブレード(図示せず)でインク吐出面70aに付着した各色のインクを拭き取る。ブラック領域と有彩色領域とが近接していると、ブラックインクがブレードに沿って有彩色領域に移動し、有彩色インクを吐出するノズル8の出口付近にブラックインクが残留してブラックインクと有彩色インクとが混色を起こしてしまう。しかし、本実施の形態のようにインク吐出領域において、ブラック領域と有彩色領域とが空隙群62を挟んで離隔されることで、インク吐出時のメンテナンス時にブラックインクがブレードに沿って移動しても有彩色領域にまで到達しにくくなり、ブラックインクと有彩色インクとの混色が起こりにくくなる。

<アクチュエータユニットの構造>
次に、アクチュエータユニット21の構成について説明する。アクチュエータユニット21上には、圧力室10と同じ配列パターンで多数の個別電極35がマトリクス状に配置されている。各個別電極35は、平面視において圧力室10と対向する位置に配置されている。このように複数の圧力室10及び個別電極35が規則正しく配置されていることで、設計が容易になる。

図7は、アクチュエータユニットを示しており、(a)は図6における一点鎖線で囲まれた部分の拡大図であり、(b)は個別電極の平面図である。図8は、図4に描かれた2点鎖線で囲まれた領域Bの拡大図である。なお、図7(a)においては各個別電極35と電気的に接続されたFPC50を2点鎖線で描いている。また、図8を分かりやすくするために、本来、破線で描かれるFPC50の端子46、駆動用配線48を実線で描いているとともに、アクチュエータユニット21の個別電極35の幾つかを実線で描いている。図7(a)、(b)に示すように、個別電極35は圧力室10と対向する位置に配置されている。平面視において圧力室10の平面領域内に形成された主電極領域35aと、主電極領域35aにつながっており且つ圧力室10の平面領域外に形成された補助電極領域35bとから構成されている。

図7(a)に示すように、アクチュエータユニット21は、それぞれ厚みが15μm程度で同じになるように形成された4枚の圧電シート31、32、33、34を含んでいる。これら圧電シート31〜34は、ヘッド本体70内のインク吐出領域内に形成された多数の圧力室10に跨って配置されるように連続した層状の平板(連続平板層)となっている。圧電シート31〜34が連続平板層として多数の圧力室10に跨って配置されることで、例えばスクリーン印刷技術を用いることにより圧電シート31上に個別電極35を高密度に配置することが可能となっている。そのため、個別電極35に対応する位置に形成される圧力室10をも高密度に配置することが可能となって、高解像度画像の印刷ができるようになる。圧電シート31〜34は、強誘電性を有するチタン酸ジルコン酸鉛(PZT)系のセラミックス材料からなるものである。

最上層の圧電シート31上に形成された個別電極35の主電極領域35aは、図7(b)に示すように、圧力室10とほぼ相似である略菱形の平面形状を有している。略菱形の主電極領域35aにおける一方の鋭角部は延出され、補助電極領域35bとつながっている。補助電極領域35bの先端には、個別電極35と電気的に接続された円形のランド部36が設けられている。図7(b)に示すように、ランド部36は、キャビティプレート22において圧力室10が形成されていない領域に対向している。ランド部36は、例えばガラスフリットを含む金からなり、図7(a)に示すように、補助電極領域35bにおける表面上に形成されている。

図8に示すように、キャビティプレート22の圧力室10の並び(圧力室列11)に対応して、複数の個別電極35は配列方向Aに沿って互いに平行に配列された複数の個別電極列37を形成している。複数の個別電極列37は圧力室列11a〜11dのそれぞれに対向するように個別電極列37a〜37dに分けられている。さらに、これら個別電極列37a〜37dを1つの群として、4つの圧力室列群12に対応する4つの個別電極列群38M、38Y、38C、38Kが形成されている。本実施の形態の個別電極列群38は、個別電極列37c、37dと、これら個別電極列37c、37dに比べて列を構成する個別電極35の数が1つだけ少ない個別電極列37a、37bとからなり、数が少ない個別電極列37a、37bと数が多い個別電極列37c、37dとが第4の方向(アクチュエータユニット21の幅方向であって主走査方向)に沿って交互に配置されている。すなわち、図8に示すように、アクチュエータユニット21の幅方向における図中下方から上方に向けて、37c→37a→37d→37b→37c→・・・→37bという順番で周期的に4列ずつ配置されている。これら周期的に配置されて隣接した4列の個別電極列37が1つの個別電極列群38を形成している。

また、圧力室列群12M、12Yに対向する位置に形成された個別電極列群38M、38Yの個別電極35の補助電極領域35bと、圧力室列群12C、12Kに対向する位置に形成された個別電極列群38C、38Kの個別電極35の補助電極領域35bとが、仮想線15を境にして、互いに反対方向を向くように形成されている。つまり、FPC50にランド部36を介して接合されるそれぞれの個別電極35の補助電極領域35bが、FPC50を介して接合されるそれぞれのドライバIC75a、75b側を向くように形成されている。

図7に戻って最上層の圧電シート31とその下側の圧電シート32との間には、圧電シート31と同じ外形及び略2μmの厚みを有する共通電極39が介在している。個別電極35及び共通電極39は共に、例えばAg−Pd系などの金属材料からなる。

共通電極39は、個別電極35が形成された圧電シート31上であって図8中右側に第4の方向に沿って形成された複数の共通ランド39aと接続されている。共通ランド39aが形成された部分の圧電シート31には、厚み方向に貫通したスルーホール(図示せず)が形成されており、そのスルーホール内に充填された導体を介して、共通電極39と共通ランド39aとが電気的に接続されている。また、共通ランド39aは、数の少ない個別電極列37a、37bのランド部36の並びと配列方向Aに連続するように配置されている。すなわち、図8中右側端部に位置するランド部36から、配列方向Aに沿うランド部36の配列間隔分だけ離隔して配置されている。このように配置されることで、共通ランド39aが個別電極列37a、37bのランド部36でなすランド部列に沿った位置に配置されることになる。また、共通ランド39aも含めて考えれば、いずれのランド部列も同数のランド部により構成されることになる。そのため、個別電極列37及びランド部列内において個別電極35及びランド部36を規則的に配列することができる。なお、共通ランド39aはFPC50に形成された後述の端子46a、46bと接続される。そして、共通電極39を一定の電位に保ち、すべての圧力室10に対応する領域において等しく一定の電位となるようにされている。本実施の形態では、共通電極39は接地されている。

<FPCの構造>
FPC50は、図7(a)に示すように、ベースフィルム49と、その下面に形成された複数の駆動用配線48と、後述する複数の制御用配線81と、ベースフィルム49の下面のほぼ全体を覆うカバーフィルム52とを含む。ベースフィルム49は略25μm、駆動用配線48は略9μm、カバーフィルム52は略20μmの厚みをそれぞれ有する。カバーフィルム52には、駆動用配線48より小さな面積の貫通孔53が、アクチュエータユニット21に形成されたランド部36と共通ランド39aに対応して、複数形成されている。ベースフィルム49、駆動用配線48、及び、カバーフィルム52は、各貫通孔53の中心と駆動用配線48の中心線とが対応するように位置合わせして積層されている。そのため、貫通孔53が形成される部位では、駆動用配線48の外周縁部分がカバーフィルム52によって覆われている。さらに、FPC50の端子(出力端子)46a、46bが、貫通孔53を介して、駆動用配線48と接続するように形成されている。

ベースフィルム49及びカバーフィルム52は、いずれも絶縁性を有するシート部材である。本実施形態において、ベースフィルム49はポリイミド樹脂からなり、カバーフィルム52は感光性材料からなる。このようにカバーフィルム52を感光性材料から構成することで、多数の貫通孔53を形成するのが容易になる。

駆動用配線48及び制御用配線81は、銅箔により形成されている。また、駆動用配線48は、ドライバIC75a、75bと接続された配線であり、制御用配線81は、FPC50の基端にある接続用端子83と接続された配線である。共にベースフィルム49の下面において、それぞれ所定のパターンを形成している(図9参照)。

端子46a、46bは、例えばニッケルなどの導電性材料を用いて、カバーフィルム52の表面から突出するように形成されている。この端子46a、46bにより、貫通孔53が塞がれると共に、カバーフィルム52表面における貫通孔53の外側周縁も覆われている。端子46a、46bの径は略50μm、カバーフィルム52の下面からの厚みは略30μmである。

<アクチュエータユニットに対するFPCの固定>
図8に示すように、FPC50の複数の端子46a、46bには、ランド部36又は共通ランド39aに対向するものと、ランド部36又は共通ランド39aに対向しないものとがある。そして、端子46a、46bに対向するランド部36又は共通ランド39aだけが、半田54によって電気的に接合されている。このうち、ランド部36の接合状態が図7(a)に示されている。FPC50の各端子46aからは、ドライバIC75a側に向う方向(第4の方向)に駆動用配線(第1の制御用配線)48が引き出されている。また、FPC50の各端子46bからは、ドライバIC75b側に向う方向(第4の方向)に駆動用配線(第2の制御用配線)48が引き出されている。したがって、ドライバIC75a側に向う方向に引き出されている駆動用配線48と、ドライバIC75b側に向う方向に引き出されている駆動用配線48とは互いに対向しない。

FPC50の複数の端子46a、46bは、配列方向Aに沿った24本の端子列56を形成している。24本の端子列56は、第3の方向から見て、ランド部36又は共通ランド39aと対向する端子46aからなる16本の端子列56と、ランド部36又は共通ランド39aと対向しない端子46aからなる8本の端子列56とに分けられる。前者である16本の端子列56は、個別電極列群38Mに対応する4本の端子列56からなる端子列群57Mと、個別電極列群38Yに対応する4本の端子列56からなる端子列群57Yと、個別電極列群38Cに対応する4本の端子列56からなる端子列群57Cと、個別電極列群38Kに対応する4本の端子列56からなる端子列群57Kとに分けられる。すなわち、各端子列群(ノズル列群に対応)57M、57Y、57C、57Kは4本の端子列56a、56b、56c、56dにより構成され、それぞれ、個別電極列37a、37b、37c、37dと対向している。一方、後者である4本の端子列56は、端子列群58、59を形成している。図8では、端子列群58、59に属する4本の端子列56にも、端子列群57M、57Yと同様の順序で、符号56a、56b、56c、56dが付されている。

図8に示すように、仮想線15からドライバIC75a側(図中上側)に向かって2番目に該当する端子列群57Mの各端子46aは、端子列群58の同じ位置関係に位置する各端子46aと駆動用配線48によりそれぞれ接続されている。また、仮想線15からドライバIC75b側(図中下側)に向かって3番目に該当する端子列群57Kの各端子46aは、端子列群59の同じ位置関係に位置する各端子46aと駆動用配線48によりそれぞれ接続されている。また、端子列群57M、57Y、57C、57Kの各端子列56のうち、端子列56a及び端子列56bの図8中右側端部に位置する端子46aは、共通ランド39aと接合されている。これにより、共通ランド39aを介して共通電極39が接地される。

このような構成により、端子列群58の各端子46aは、端子列群57Mの各端子46aを介して圧力室列群12Mに対応する個別電極列群38Mの各ランド部36及び共通ランド39aと接続されている。言い換えると、端子列群58の各端子46aは駆動用配線48を介して間接的に各ランド部36及び共通ランド39aに接続されている。また、端子列群59の各端子46bは、端子列群57Kの各端子46bを介して圧力室列群12Kに対応する個別電極列群38Kの各ランド部36及び共通ランド39aと接続されている。言い換えると、端子列群59の各端子46bは駆動用配線48を介して間接的に各ランド部36及び共通ランド39aに接続されている。

FPC50に形成された各端子46a、46bは、アクチュエータユニット21の平面領域内における仮想線15の中点15aに関して点対称となるように配置されている。つまり、FPC50を仮想線15の中点15aを回転中心として180°回転させ、FPC50をFPC51と同様な位置に配置すると、FPC50の各端子46aはすべてFPC51の各端子46bと重なる位置に配置される。したがって、制御部における制御内容を調整すれば、FPC50を、仮想線15の中点15aを回転中心として180°回転させてアクチュエータユニット21に取り付けることが可能となる。

<FPCにおけるアクチュエータユニット及びドライバICに対する配線>
次に、FPC50におけるアクチュエータユニット21及びドライバIC75a、75bに対する配線について述べる。図9は、FPC50におけるアクチュエータユニット21及びドライバIC75a、75bに対する配線状態を示した図である。図10は、図9に示す一点鎖線の領域の拡大図である。図9及び図10に示すように、コネクタ接続部50aの接続用端子83は、FPC50の長手方向の端部において、FPC50の短手方向に沿うように配列している。制御用配線81には、ドライバIC75aの複数の制御用端子82とコネクタ接続部50aの接続用端子83とを電気的に接続する制御用配線(第1の制御用配線)81と、同様に、ドライバIC75bの複数の制御用端子82と接続用端子83とを接続する制御用配線(第2の制御用配線)81とがある。制御部は制御用配線81を介してドライバIC75a、75bの制御用端子82に画像データに対応した制御信号を入力する。

そして、上述したように、駆動用配線48は、ドライバIC75a、75bの各駆動用端子84とこれに対応するアクチュエータユニット21のランド部36とを直線状に結ぶように形成されている。また、ドライバIC75bの複数の制御用端子82と接続用端子83とを電気的に接続する制御用配線81が、各制御用端子82とこれに対応する接続用端子83とを直線状に結ぶように形成されている。さらに、ドライバIC75aの複数の制御用端子82と接続用端子83とを電気的に接続する制御用配線81が、ドライバIC75a及びドライバIC75bの外側を通過しつつ、ドライバIC75a及びドライバIC75bを結ぶ直線に直交するドライバIC75bを通過する直線を越えて、各制御用端子82とこれに対応する接続用端子83とを結ぶように形成されている。このため、ドライバIC75aに接続された制御用配線81が、端子46a、46b同士の間を通過しない。したがって、制御用配線81が、駆動用配線48の配線領域と重なることなく包囲するように配設されている。

<流路ユニットに対するFPCの固定>
次に、流路ユニット4に対するFPC50の固定について述べる。図11は、流路ユニット4に対するFPC50の固定状態を示す図である。なお、説明の都合上補強板41を省略している。図12は、図11に示すXI−XIの拡大断面図である。図13は、図12に示す一点鎖線の領域の拡大図である。図11及び図12に示すように、流路ユニット4の上面(アクチュエータユニット21が固定されている面)に、薄板形状を有する固定フレーム86が密着するように接着固定されている。固定フレーム86には矩形状の孔86aが形成されており、アクチュエータユニット21は孔86a内に配置されている。言い換えれば、アクチュエータユニット21が固定フレーム86に包囲されている。アクチュエータユニット21に接合されたFPC50は、孔86aを覆うように配置されている。固定フレーム86の厚みはアクチュエータユニット21の厚みと同じである。なお、固定フレーム86の厚みは、アクチュエータユニット21の厚み以上、且つアクチュエータユニット21の厚みに加えて50μm以下の範囲であればよい。

そして、FPC50は、孔86aの外縁部に沿って塗布された接着剤87により固定フレーム86に対して接着固定されている。言い換えれば、FPC50は、固定フレーム86を介して流路ユニット4の上面に接着固定されている。また、接着剤87は、孔86aの外縁部を完全に包囲するように塗布されているため、孔86a内は、アクチュエータユニット21が配置された状態でFPC50と接着剤87と流路ユニット4とにより密封されている。なお、本実施の形態では、補強板41は、接着剤87による固定領域よりも一回り大きな開口部42が形成されている。そのため、この補強板41を組み付けることにより、この開口部42から接着固定されたFPC50が露出することになる。

また、図13に示すように、FPC50の固定フレーム86の外縁部に対向する領域に、孔50bが形成されている。孔50bに接着剤を逃がすようにすることにより、接着剤を固定フレーム86の外縁部に効率良く塗布することができる。また、余剰の接着剤がアクチュエータユニット21の表面にまで達してしまい、とりわけ活性部の変位を阻害することがなくなる。

<アクチュエータユニットの駆動方法>
次に、アクチュエータユニット21の駆動方法について述べる。アクチュエータユニット21における圧電シート31の分極方向はその厚み方向である。つまり、アクチュエータユニット21は、上側(つまり、圧力室10とは離れた)1枚の圧電シート31を活性部が存在する層とし且つ下側(つまり、圧力室10に近い)3枚の圧電シート32〜34を非活性層とした、いわゆるユニモルフタイプの構成となっている。従って、個別電極35を接地電位に対して正又は負の所定電位とすると、例えば電界と分極とが同方向であれば圧電シート31中の電極に挟まれた電界印加部分が活性部(圧力発生部)として働き、圧電横効果により分極方向と直角方向に縮む。

本実施の形態では、図7(a)に示すように圧電シート31において個別電極35と共通電極39とによって挟まれた部分は、電界が印加されると圧電効果によって歪みを発生する活性部として働く。一方、圧電シート31の下方にある3枚の圧電シート32〜34は、分極されておらず活性部としてほとんど機能しない。したがって、圧電シート31において主に主電極領域35aと共通電極39とによって挟まれた部分が、圧電横効果により分極方向と直角方向に縮むことになる。

一方、圧電シート32〜34は、自発的には変位しないので、上層の圧電シート31と下層の圧電シート32〜34との間で、分極方向と垂直な方向への歪みに差を生じることとなり、圧電シート31〜34全体が非活性側に凸となるように変形しようとする(ユニモルフ変形)。このとき、図7(a)に示したように、アクチュエータユニット21の下面は圧力室10を区画する隔壁(キャビティプレート)22の上面に固定されているので、結果的に圧電シート31〜34は圧力室側へ凸になるように変形する。このため、圧力室10の容積が低下して、インクの圧力が上昇し、ノズル8からインクが吐出される。その後、個別電極35を共通電極39と同じ電位に戻すと、圧電シート31〜34は元の形状になって圧力室10の容積が元の容積に戻るので、インクをマニホールド流路5側から吸い込む。

なお、他の駆動方法として、予め個別電極35を共通電極39と異なる電位にしておき、吐出要求があるごとに個別電極35を共通電極39と一旦同じ電位とし、その後所定のタイミングにて再び個別電極35を共通電極39と異なる電位にすることもできる。この場合は、個別電極35と共通電極39とが同じ電位になるタイミングで、圧電シート31〜34が元の形状に戻ることにより、圧力室10の容積は初期状態(両電極の電位が異なる状態)と比較して増加し、インクがマニホールド流路5側から圧力室10内に吸い込まれる。その後再び個別電極35を共通電極39と異なる電位にしたタイミングで、圧電シート31〜34が圧力室10側へ凸となるように変形し、圧力室10の容積低下によりインクへの圧力が上昇し、インクが吐出される。

以上、説明した第1実施形態によると、ドライバIC75a、75b間において、ドライバIC75aに接続されている駆動用配線48と、ドライバIC75bに接続されている駆動用配線48とが対向せず、且つ、ドライバIC75aに接続された制御用配線81がドライバIC75bの反対側に向かって延在しないため、各配線間のピッチを広くしつつ、FPC50の面積を小さくすることができる。これにより、FPC50の製造コストを低減することができる。また、端子46a、46bの両側にドライバIC75a、75bが配置されているため、アクチュエータユニット21及び流路ユニット4に対するドライバIC75a、75bからの熱の影響を均一にすることができる。

また、ドライバIC75aに接続された制御用配線81が、端子46a、46b同士の間を通過しないように配線されているため、ドライバIC75aに接続された制御用配線81を駆動用配線48からのノイズから保護することができる。

さらに、全ての制御用配線81が、コネクタ接続部50aに配列された接続用端子83に接続されているため、ドライバIC75a、75bと制御部とをコネクタ接続部50aを介して効率よく接続することができる。

加えて、FPC50が、適切な厚みを有する固定フレーム86を介して流路ユニット4の上面に接着固定されているため、FPC50の応力などにより、端子46a、46bとランド部36との接合が外れるのを防止することができる。

また、固定フレーム86の孔86a内が、アクチュエータユニット21が配置された状態でFPC50と接着剤87と流路ユニット4とにより密封されているため、端子46a、46bとランド部36との接合部をダストから保護することができる。

<変形例>
第1実施形態においては、制御用配線81が、端子46a、46bの間を通過しない構成であるが、このような構成に限定されるものではない。以下、変形例について述べる。図14は、FPC50におけるアクチュエータユニット21及びドライバIC75a、75bに対する配線状態の変形例を示した図である。図15は、図14に示す一点鎖線の領域の拡大図である。

図14及び図15に示すように、コネクタ接続部50aの接続用端子83は、FPC50の長手方向の端部において、FPC50の短手方向に沿うように配列している。そして、上述したように、駆動用配線48は、ドライバIC75a、75bの各駆動用端子とこれに対応するアクチュエータユニット21のランド部36とを直線状に結ぶように形成されている。また、ドライバIC75bの複数の制御用端子82と接続用端子83とを電気的に接続する制御用配線81が、各制御用端子82とこれに対応する接続用端子83とを直線状に結ぶように形成されている。さらに、ドライバIC75aの複数の制御用端子82と接続用端子83とを電気的に接続する制御用配線81が、ドライバIC75a及びドライバIC75bの下面を通過しつつ、ドライバIC75a及びドライバIC75bを結ぶ直線に直交するドライバIC75bを通過する直線を越えて、各制御用端子82とこれに対応する接続用端子83とを結ぶように形成されている。このため、ドライバIC75aに接続された制御用配線81が、端子46a、46b同士の間を通過する。これによると、制御用配線81が駆動用配線48と対向するように配置されるため、FPC50の面積をより小さくすることができる。

[第2実施形態]
以下、本発明に係る第2実施形態によるインクジェットヘッドについて説明する。なお、第1実施形態と実質的に同様の部材については、第1実施形態の符号を付して、その説明を省略する。図16は、第2実施形態のインクジェットヘッドが有するヘッド本体とFPCとの接続状態及びFPCの各配線を示した図である。

第1実施形態のインクジェットヘッド1は、マゼンタ、イエロー、シアン及びブラックの4色のインクを吐出する多色対応のものであるが、第2実施形態のインクジェットヘッドは、ブラックのインクのみを吐出する単色対応のものであり、流路ユニット104とアクチュエータユニット121とを含んでいるヘッド本体170を備えている。アクチュエータユニット21の上面にはFPC150が接続されている。

<流路ユニットの構造>
流路ユニット104には、多数の圧力室10がマニホールド流路5と平行に配列された8本の圧力室列11が形成されている。圧力室10は、千鳥状配列パターンでマトリクス状に隣接配置されている。圧力室10やマニホールド流路5及びこれらを含む個別インク流路7の構造は第1実施と実質的に同様であるためその説明を省略する。

マトリクス状に配置された多数の圧力室10は、図16に示す配列方向Aに沿って、複数の圧力室列11を形成している。複数の圧力室列11は、第1の圧力室列11a〜第8の圧力室列11hに分けられる。これら第1の圧力室列11a〜第8の圧力室列11hは、アクチュエータユニット21の幅方向(主走査方向)における一端部から他端部(図16中下方から上方)に向けて、11b→11f→11d→11h→11a→11e→11c→11gという順番で配置されている。また、全てのノズル8を配列方向Aに直交する方向に射影したとき、全てのノズル8同士が重ならないようになっている。

インク吐出面の短手方向の中心を通過するように長手方向に延びる仮想線115で分けられた流路ユニット104の2つの領域について考える(図16中上方領域及び図16中下方領域)。これによると、上方領域に圧力室11a、11e、11c、11gが配置され、下方領域に、圧力室列11b、11f、11d、11hが配置されている。つまり、上方領域と下方領域とで同じ数の圧力室列11が存在している。

<アクチュエータユニットの構造>
アクチュエータユニット121上には、圧力室10と同じ配列パターンで多数の個別電極35がマトリクス状に配置されている。

つまり、流路ユニット104の圧力室10の並び(圧力室列11)に対応して、複数の個別電極35が、配列方向Aに沿って互いに平行に配列された複数の個別電極列37を形成している。複数の個別電極列37は圧力室列11a〜11hのそれぞれに対応するように個別電極列37a〜37hに分けられている。なお、アクチュエータユニット121の構造及び動作は、第1実施形態のアクチュエータユニット21の構造及び駆動方法と実質的に同様であるため、その詳細な説明を省略する。

<FPCにおけるアクチュエータユニット及びドライバICに対する配線>
FPC150の構造については、第1実施形態のFPC50と実質的に同様であるため、その詳細な説明を省略する。FPC150の各端子46aからは、図16中上方に実装されたドライバIC75a側に向かって駆動用配線(第1の制御用配線)148が引き出されている。また、FPC150の各端子46bからは、図16中下方に実装されたドライバIC75b側に向かって方向に駆動用配線(第2の制御用配線)148が引き出されている。したがって、ドライバIC75a側に向う方向に引き出されている駆動用配線148と、ドライバIC75b側に向う方向に引き出されている駆動用配線148とは互いに対向しない。

アクチュエータユニット121を、その長手方向(搬送方向)の一端部(図16中左側端部)から長手方向に沿って走査すると、圧力室列11a〜11dの順に各圧力室列11a〜11dに属する圧力室10が表れる。つまり、アクチュエータユニット121の長手方向の一端部を基準として長手方向沿った距離に基づく奇数番目の圧力室10である圧力室列11a、11c、11e、11gが上側領域に配置されている。偶数番目の圧力室10である圧力室列11c、11d、11f、11hが下側領域に配置されている。これにより、奇数番目の圧力室10に対応する端子46aが、駆動用配線148を介してドライバIC75aに接続され、偶数番目の圧力室10に対応する端子46bが、駆動用配線148を介してドライバIC75bに接続されている。

コネクタ接続部50aの接続用端子83は、FPC150の長手方向の端部において、FPC150の短手方向に沿うように配列している。そして、駆動用配線148は、ドライバIC75a、75bの各駆動用端子とこれに対応するアクチュエータユニット121のランド部36とを直線状に結ぶように形成されている。また、ドライバIC75bの複数の制御用端子82と接続用端子83とを電気的に接続する制御用配線81が、各制御用端子82とこれに対応する接続用端子83とを直線状に結ぶように形成されている。さらに、ドライバIC75aの複数の制御用端子82と接続用端子83とを電気的に接続する制御用配線81が、ドライバIC75a及びドライバIC75bの外側を通過しつつ、ドライバIC75a及びドライバIC75bを結ぶ直線に直交するドライバIC75bを通過する直線を越えて、各制御用端子82とこれに対応する接続用端子83とを結ぶように形成されている。このため、ドライバIC75aに接続された制御用配線81が、端子46a、46b同士の間を通過しない。したがって、制御用配線81は駆動用配線48の配線領域を包囲するように配設されている。

以上、説明した第2実施形態によると、ドライバIC75aに接続されている駆動用配線148とドライバIC75bに接続されている駆動用配線148とが対向しないように、且つ、ドライバIC75aに接続された制御用配線81が、二手に分かれ、全体としてアクチュエータユニット121を包囲するように、ドライバIC75bに向かって延在しているため、各配線間のピッチを広くしつつ、FPC150の面積を小さくすることができる。

また、アクチュエータユニット121の長手方向(搬送方向)の一端部を基準として長手方向沿った距離に基づく奇数番目の圧力室10に対応する端子46aが、駆動用配線148を介してドライバIC75aに接続されて、偶数番目の圧力室10に対応する端子46bが、駆動用配線148を介してドライバIC75bに接続されているため、ドライバIC75a、75bの製造誤差によるインクの吐出特性の差を目立たなくすることができる。

以上、本発明の好適な実施の形態について説明したが、本発明は上述の実施の形態に限られるものではなく、特許請求の範囲に記載した限りにおいてさまざまな設計変更が可能なものである。例えば、上述したインクジェットヘッド1は、共通インク室となるマニホールド流路が4つ形成されているが、それ以上設けられていてもよい。また、マニホールド流路の数と圧力室列群との数は必ずしも同じ数にならなくてもよい。また、流路ユニットに形成された圧力室列群は、少なくとも1つ以上の圧力室列で構成されていればよい。

また、上述した実施の形態においては、ドライバIC75aに接続されている駆動用配線48と、ドライバIC75bに接続されている駆動用配線48とが互いに対向しない構成であるが、このような構成に限定されるものではない。つまり、ドライバIC75aに接続されている駆動用配線48が、ドライバIC75aから最も離れた端子46bに達していないこと、及びドライバIC75bに接続されている駆動用配線48が、ドライバIC75bから最も離れた端子46a達していないことの少なくともいずれかが成り立っていれば、ドライバIC75aに接続されている駆動用配線48と、ドライバIC75bに接続されている駆動用配線48とが互いに対向してもよい。

さらに、上述した実施の形態においては、接続用端子83がFPC50の一端部に配置されている構成であるが、接続用端子は端部以外のところに配置されていてもよいし、複数の端部に配置されていてもよい。

加えて、上述した実施の形態においては、仮想線15による上側領域と下側領域とで同じ数の端子列56及び端子列群57が配置される構成であるが、上側領域と下側領域とで配置される端子列または端子列群の数が異なっていてもよい。

また、上述した実施の形態においては、FPC50が、固定フレーム86を介して流路ユニット4に接着固定される構成であるが、固定フレーム86を介さずFPC50を直接流路ユニット4に接着固定してもよいし、FPC50を直接流路ユニット4に接着固定しなくてもよい。

またさらに、アクチュエータユニットを、その長手方向の一端部から長手方向に沿って走査することで印字を行う方式において、第2の実施の形態では、アクチュエータユニットの長手方向を被記録媒体の搬送方向にとっていた。しかし、その長手方向を主走査方向に取り、さらに複数のアクチュエータユニットを長手方向に沿って連続的に配設して長尺のヘッドとした場合にも適用可能である。この構成では、ヘッド自体が移動することはないが、インクを吐出すべきノズルを選択するために被記録媒体の搬送方向と直交する方向に電気的に走査をすることになる。この場合においても、上述してきた実施の形態が備える効果を享受することができる。

また、上述の実施の形態では、FPC50を固定フレーム86に接着固定する場合、固定フレーム86の開口部86aの外縁部に沿って塗布された接着剤を用いた。しかし、外部からの不要な力が、直接的にアクチェーエータユニット21上で形成されている電気的接合部に及ぶことを防ぐという観点からは、固定フレーム86の外縁部に対向するように形成されたFPC50の孔50bを介して上方から固定フレーム86方向に接着剤を注入することで固定するようにしても良い。この場合、アクチュエータユニット21にFPC50を固定した後に孔50bより接着剤を注入することで、孔50bに対応した離散的な部位で両者が固定されることになる。FPC50と固定フレーム86との界面において、注入された接着剤の広がりに期待はできるが、隣接する孔50b間には接着剤で固定されていない部分が生じる可能性がある。すなわち、外部からのインクやゴミの侵入を防ぐという点では多少不十分な点があるが、複数の孔50bの位置で固定されることから外部からの不要な力を十分に防ぐことができる。さらに、接着剤は孔50bを介して接着面(界面)に供給されることになるので、孔50b内に接着剤が確実に充填された状態で固化する。これにより、接着剤の塗布対象に対する直接的な接着力に加えて、構造的な接着力の向上すなわちアンカー効果によって接着力が向上する。また、開口部86aの外縁部に孔50bが位置合わせされていれば、接着剤を孔50bに充填するだけで所望の接着は完了する。接着剤の種類によっては、加熱や光照射といった処理を加えることがあるが、接着部に対して外部から力を加えることはない。そのため、作業自体が簡単容易であると共に、注入された接着剤が所定の接着部以外にも広がってしまうこと、特に、アクチュエータユニット21の動作を阻害してしまうように広がることもなく確実に固定することができる。

さらに、上述した実施の形態においては、インクジェットヘッドは圧電方式のアクチュエータユニットによって駆動され、インクがノズルから吐出されるが、FPCから送られた信号によって各圧力室内のインクを加熱し、圧力室内のインクに吐出エネルギーを付与する方式のインクジェットヘッドであっても適用可能である。

本発明の第1実施形態によるインクジェットヘッドの外観斜視図である。 図1のII−II線における断面図である。 図2に示すヘッド本体に補強板が接着された状態を示す斜視図である。 ヘッド本体の平面図である。 図4内に描かれた一点鎖線で囲まれた領域の拡大図である。 図5のVI−VI線における断面図である。 本発明の第1実施形態によるインクジェットヘッドのアクチュエータユニットを示しており、(a)は図6における一点鎖線で囲まれた部分の拡大図であり、(b)は個別電極の平面図である。 図8は、図4に示す2点鎖線で囲まれた領域を示す拡大図である。 図1に示すFPCにおけるアクチュエータユニット及びドライバICに対する配線状態を示した図である。 図9に示す一点鎖線の領域の拡大図である。 図2に示す流路ユニットに対するFPCの固定状態を示す図である。 図11に示すXI−XIの拡大断面図である。 図12に示す一点鎖線の領域の拡大図である。 図1に示すFPCにおけるアクチュエータユニット及びドライバICに対する配線状態の変形例を示した図である。 図14に示す一点鎖線の領域の拡大図である。 第2実施形態のインクジェットヘッドが有するヘッド本体とFPCとの接続状態及びFPCの各配線を示した図である。

符号の説明

1 インクジェットヘッド
4 流路ユニット
8 ノズル
10 圧力室
11(11a、11b、11c、11d) 圧力室列
12(12M、12Y、12C、12K) 圧力室列群
21 アクチュエータユニット
35 個別電極
36 ランド部
37(37a、37b、37c、37d) 個別電極列
46a 端子
46b 端子
48 駆動用配線
50 FPC
56(56a、56b、56c、56d) 端子列
57、58、59 端子列群
81 制御用配線
82 制御用端子
83 接続用端子
84 駆動用端子

Claims (11)

  1. 搬送される被記録媒体に対して、この搬送方向と直交する方向に走査することで前記被記録媒体に記録するインクジェットヘッドであって、
    それぞれがノズルに連通した複数の圧力室が平面に沿って配置された流路ユニットと、
    前記流路ユニットに固定されていると共に、前記流路ユニットとの固定面とは反対側の面に前記圧力室ごとに配置された複数の個別ランドを有しており、前記個別ランドに供給される駆動信号に基づいて、対応する前記圧力室内のインクに吐出エネルギーを付与するアクチュエータユニットと、
    前記アクチュエータユニットに前記吐出エネルギーを付与させるための制御信号が入力される複数の制御用端子、及び前記制御信号に基づいて生成された前記駆動信号を出力する複数の駆動信号端子を有する第1及び第2のドライバICと、
    前記第1及び第2のドライバICが実装されていると共に、複数の前記個別ランドに接合された複数の出力端子、複数の前記出力端子と前記第1のドライバICにおける複数の前記駆動信号端子とに接続されている第1の駆動用配線、前記第1のドライバICにおける複数の前記制御用端子から引き出された複数の第1の制御用配線、複数の前記出力端子と前記第2のドライバICにおける複数の前記駆動信号端子とに接続されている第2の駆動用配線、及び前記第2のドライバICにおける複数の前記制御用端子から引き出された複数の第2の制御用配線を有する平型柔軟ケーブルとを備えており、
    前記第1及び第2のドライバICが複数の前記出力端子を挟むように配置され、前記第1の駆動用配線が前記第1のドライバICから最も離れた前記出力端子に達していないこと及び前記第2の駆動用配線が前記第2のドライバICから最も離れた前記出力端子に達していないことの少なくともいずれか一方が成り立っており、且つ、前記第2の制御用配線が、前記第2のドライバICから、前記第1のドライバICと前記第2のドライバICとを結ぶ直線に直交する前記第1のドライバICを通過する直線を越えてその反対側へと延在していることを特徴とするインクジェットヘッド。
  2. 前記第2の制御用配線が、前記出力端子同士の間を通過しないように配線されていることを特徴とする請求項1に記載のインクジェットヘッド。
  3. 前記第2の制御用配線が、前記出力端子同士の間を通過するように配線されていることを特徴とする請求項1に記載のインクジェットヘッド。
  4. 前記第1及び第2の制御用配線が、平型柔軟ケーブルの一端部に配置された接続用端子に接続されていることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項に記載のインクジェットヘッド。
  5. 前記複数のノズルが、前記搬送方向に沿って配列されている複数のノズル列を形成しており、
    前記搬送方向に伸びて、前記アクチュエータユニットを2つの領域に区画する仮想線を仮想したとき、一方の前記領域に属するノズルに対応する前記出力端子に前記第1の駆動用配線が接続されていると共に、他方の前記領域に属するノズルに対応する前記出力端子に前記第2の駆動用配線が接続されており、且つ、一方の前記領域に属するノズル列の数と他方の前記領域に属するノズル列の数との差が1以下であることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載のインクジェットヘッド。
  6. 前記流路ユニットが、互いに異なる複数の前記圧力室に連通する複数の共通インク室をさらに備えており、
    前記複数のノズルが、前記搬送方向に沿って配列されている複数のノズル列を形成していると共に、1又は複数の前記ノズル列からなる複数のノズル列群を形成しており、
    前記ノズル列群に関する前記圧力室が同一の前記共通インク室に連通しており、
    前記搬送方向に伸びて、前記アクチュエータユニットを2つの領域に区画する仮想線を仮想したとき、一方の前記領域に属するノズルに対応する前記出力端子に前記第1の駆動用配線が接続されていると共に、他方の前記領域に属するノズルに対応する前記出力端子に前記第2の駆動用配線が接続されており、且つ、一方の前記領域に属するノズル列群の数と他方の前記領域に属するノズル列群の数との差が1以下であることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載のインクジェットヘッド。
  7. 前記流路ユニットの前記搬送方向の一端部を基準として、前記搬送方向沿った距離に基づく、奇数番目及び偶数番目のいずれか一方の前記ノズルに対応する前記出力端子に前記第1の駆動用配線が接続され、
    奇数番目及び偶数番目の他方の前記ノズルに対応する前記出力端子に前記第2の駆動用配線が接続されていることを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載のインクジェットヘッド。
  8. 少なくとも前記アクチュエータユニットと前記第1及び第2のドライバICとの間において、前記平型柔軟ケーブルが、前記流路ユニットに対して接着固定されていることを特徴とする請求項1〜7のいずれか1項に記載のインクジェットヘッド。
  9. 前記流路ユニットが、前記アクチュエータユニットとの固定面において前記アクチュエータユニットを取り囲むように形成されているフレームをさらに有しており、
    前記平型柔軟ケーブルが、前記フレームに対して接着固定されていることを特徴とする請求項8に記載のインクジェットヘッド。
  10. 前記フレームの厚みが、前記アクチュエータユニットの厚み以上、且つ、前記アクチュエータユニットの厚みに加えて50μm以下の範囲にあることを特徴とする請求項9に記載のインクジェットヘッド。
  11. 前記アクチュエータユニットが、前記フレーム、前記平型柔軟ケーブル、及びこれらを接着固定する接着剤により密封されていることを特徴とする請求項9又は10に記載のインクジェットヘッド。
JP2004247713A 2004-08-27 2004-08-27 インクジェットヘッド Active JP4419754B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004247713A JP4419754B2 (ja) 2004-08-27 2004-08-27 インクジェットヘッド

Applications Claiming Priority (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004247713A JP4419754B2 (ja) 2004-08-27 2004-08-27 インクジェットヘッド
AT05018496T AT405426T (de) 2004-08-27 2005-08-25 Tintenstrahlkopf
DE200560009087 DE602005009087D1 (de) 2004-08-27 2005-08-25 Tintenstrahlkopf
EP20050018496 EP1629981B1 (en) 2004-08-27 2005-08-25 Inkjet head
CN 200510092295 CN100441416C (zh) 2004-08-27 2005-08-26 喷墨头
US11/212,418 US7438389B2 (en) 2004-08-27 2005-08-26 Inkjet head
CN 200520107223 CN2848567Y (zh) 2004-08-27 2005-08-29 喷墨头

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006062211A JP2006062211A (ja) 2006-03-09
JP4419754B2 true JP4419754B2 (ja) 2010-02-24

Family

ID=35355692

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004247713A Active JP4419754B2 (ja) 2004-08-27 2004-08-27 インクジェットヘッド

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7438389B2 (ja)
EP (1) EP1629981B1 (ja)
JP (1) JP4419754B2 (ja)
CN (2) CN100441416C (ja)
AT (1) AT405426T (ja)
DE (1) DE602005009087D1 (ja)

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4419754B2 (ja) 2004-08-27 2010-02-24 ブラザー工業株式会社 インクジェットヘッド
JP4561637B2 (ja) 2006-01-10 2010-10-13 ブラザー工業株式会社 インクジェットヘッド
JP4487938B2 (ja) * 2006-01-18 2010-06-23 ブラザー工業株式会社 インクジェットヘッド
JP2007245363A (ja) * 2006-03-13 2007-09-27 Fuji Xerox Co Ltd 液体吐出ヘッド及び画像形成装置
US7992961B2 (en) * 2006-03-31 2011-08-09 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Ink-jet head
US7789497B2 (en) * 2006-03-31 2010-09-07 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Ink-jet head
US7810910B2 (en) * 2006-06-29 2010-10-12 Eastman Kodak Company Fluid-ejecting device with simplified connectivity
JP5181465B2 (ja) * 2006-11-15 2013-04-10 ブラザー工業株式会社 記録ヘッドの駆動装置
JP5018351B2 (ja) * 2007-08-31 2012-09-05 ブラザー工業株式会社 液滴吐出ヘッド
JP5213423B2 (ja) * 2007-12-06 2013-06-19 キヤノン株式会社 液体吐出ヘッド及びその製造寸法管理方法
JP5256771B2 (ja) * 2008-02-23 2013-08-07 株式会社リコー 液滴吐出ヘッド、インクカートリッジ及び画像形成装置
JP2009241438A (ja) * 2008-03-31 2009-10-22 Brother Ind Ltd 液滴吐出ヘッド
JP4888475B2 (ja) * 2008-11-27 2012-02-29 ブラザー工業株式会社 配線基板
JP5035261B2 (ja) * 2009-01-31 2012-09-26 ブラザー工業株式会社 ドライバicの配線構造および液滴吐出装置
JP4915422B2 (ja) * 2009-01-31 2012-04-11 ブラザー工業株式会社 液滴吐出ヘッドの配線構造
JP5359695B2 (ja) * 2009-08-31 2013-12-04 ブラザー工業株式会社 電子デバイスの製造方法及び電子デバイス
JP5388834B2 (ja) * 2009-12-24 2014-01-15 京セラ株式会社 液体吐出ヘッドおよびそれを用いた記録装置
JP5299318B2 (ja) * 2010-02-26 2013-09-25 ブラザー工業株式会社 アクチュエータの駆動制御装置
JP5067440B2 (ja) 2010-03-31 2012-11-07 ブラザー工業株式会社 配線基板
JP5434932B2 (ja) * 2010-08-23 2014-03-05 ブラザー工業株式会社 液体吐出ヘッド及びその製造方法
CN102615976A (zh) * 2012-03-13 2012-08-01 新会江裕信息产业有限公司 一种打印机喷头结构
JP6089061B2 (ja) * 2015-04-24 2017-03-01 株式会社東芝 インクジェット式記録ヘッドおよびインクジェット記録装置

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6270193B1 (en) * 1996-06-05 2001-08-07 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Ink-jet and ink jet recording apparatus having IC chip attached to head body by resin material
JP3171231B2 (ja) 1996-06-19 2001-05-28 セイコーエプソン株式会社 インクジェット式記録ヘッド
US5755909A (en) * 1996-06-26 1998-05-26 Spectra, Inc. Electroding of ceramic piezoelectric transducers
DE69805457T2 (de) * 1997-02-21 2003-01-16 Seiko Epson Corp Tintenstrahlaufzeichnungskopf
JP4206775B2 (ja) 2002-02-18 2009-01-14 ブラザー工業株式会社 インクジェットヘッド
DE60326289D1 (de) * 2002-02-18 2009-04-09 Brother Ind Ltd Tintenstrahldruckkopf und damit versehene Druckvorrichtung
JP4419754B2 (ja) 2004-08-27 2010-02-24 ブラザー工業株式会社 インクジェットヘッド

Also Published As

Publication number Publication date
AT405426T (de) 2008-09-15
CN2848567Y (zh) 2006-12-20
CN100441416C (zh) 2008-12-10
JP2006062211A (ja) 2006-03-09
CN1739966A (zh) 2006-03-01
DE602005009087D1 (de) 2008-10-02
EP1629981A1 (en) 2006-03-01
US20060044363A1 (en) 2006-03-02
EP1629981B1 (en) 2008-08-20
US7438389B2 (en) 2008-10-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7004565B2 (en) Ink-jet head and ink-jet printer having the ink-jet head
EP1403050B1 (en) Inkjet head and manufacturing method of the same
US7294952B2 (en) Laminated-type piezoelectric element and inkjet recording head having the same
US20040119790A1 (en) Ink-jet head
JP4206775B2 (ja) インクジェットヘッド
EP1336495B1 (en) Ink-jet head and ink-jet printer
JP2003305852A (ja) インクジェットヘッド及びこれを有するインクジェットプリンタ
JP4069864B2 (ja) インクジェットヘッド
US7438389B2 (en) Inkjet head
EP1679194A1 (en) Inkjet head with annular escape grooves for excessive adhesive
US7246889B2 (en) Inkjet printing head
JP3951933B2 (ja) インクジェットヘッド及びこれを有するインクジェットプリンタ
US6984027B2 (en) Ink-jet head and ink-jet printer having ink-jet head
US7351649B2 (en) Recording head unit and method of producing the same
JP2000158645A (ja) インクジェットヘッド
US7374277B2 (en) Ink-jet head
EP1645417B1 (en) An ink jet head
US7416279B2 (en) Connection structure for inkjet recording head
EP1459898B1 (en) Ink-jet head and method for manufacturing the same
US7073894B2 (en) Ink jet printer head
US7008049B2 (en) Inkjet head
US7585058B2 (en) Ink-jet head
JP5432064B2 (ja) 液体噴射ヘッド及び液体噴射装置
JP3991952B2 (ja) インクジェットヘッド
US6536880B2 (en) Piezoelectric ink jet printer head and method for manufacturing same

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20070607

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Effective date: 20091030

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091110

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091123

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 3

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121211

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131211

Year of fee payment: 4