JP4414569B2 - 太陽光発電装置 - Google Patents

太陽光発電装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4414569B2
JP4414569B2 JP2000229253A JP2000229253A JP4414569B2 JP 4414569 B2 JP4414569 B2 JP 4414569B2 JP 2000229253 A JP2000229253 A JP 2000229253A JP 2000229253 A JP2000229253 A JP 2000229253A JP 4414569 B2 JP4414569 B2 JP 4414569B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
gantry
longitudinal
groove
joint
screw
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000229253A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2001107518A (ja
Inventor
竹治 山脇
和成 岩本
輝樹 廿日岩
Original Assignee
株式会社カネカ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP11-217051 priority Critical
Priority to JP21705199 priority
Application filed by 株式会社カネカ filed Critical 株式会社カネカ
Priority to JP2000229253A priority patent/JP4414569B2/ja
Publication of JP2001107518A publication Critical patent/JP2001107518A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4414569B2 publication Critical patent/JP4414569B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/60Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/20Peripheral frames for modules
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/30Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules using elongate rigid mounting elements extending substantially along the supporting surface, e.g. for covering buildings with solar heat collectors
    • F24S25/33Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules using elongate rigid mounting elements extending substantially along the supporting surface, e.g. for covering buildings with solar heat collectors forming substantially planar assemblies, e.g. of coplanar or stacked profiles
    • F24S25/35Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules using elongate rigid mounting elements extending substantially along the supporting surface, e.g. for covering buildings with solar heat collectors forming substantially planar assemblies, e.g. of coplanar or stacked profiles by means of profiles with a cross-section defining separate supporting portions for adjacent modules
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/60Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules
    • F24S25/63Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules for fixing modules or their peripheral frames to supporting elements
    • F24S25/632Side connectors; Base connectors
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/60Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules
    • F24S25/65Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules for coupling adjacent supporting elements, e.g. for connecting profiles together
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S40/00Safety or protection arrangements of solar heat collectors; Preventing malfunction of solar heat collectors
    • F24S40/80Accommodating differential expansion of solar collector elements
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S2025/80Special profiles
    • F24S2025/801Special profiles having hollow parts with closed cross-section
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B10/00Integration of renewable energy sources in buildings
    • Y02B10/10Photovoltaic [PV]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B10/00Integration of renewable energy sources in buildings
    • Y02B10/20Solar thermal
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/40Solar thermal energy, e.g. solar towers
    • Y02E10/47Mountings or tracking

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、太陽光発電をする複数の太陽電池モジュールを備えて屋根等に設置して使用される太陽光発電装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
太陽光発電装置が備える複数の太陽電池モジュールは、その左右又は前後のフレームを、互いに所定の配設間隔を置いて平行に配置される架台に支持して屋根等に設置される。各架台は、いずれも直線状に並べられる複数のレール状架台要素同士を金属製の継手で接続して形成される。
【0003】
継手は、断面略コの字形をなしているとともに、架台の長手方向に隣接する架台要素の端部間にわたって内装される。そして、架台要素の端部に通されるねじにより固定されて、隣接した架台要素の端部同士を接続している。
【0004】
太陽光発電装置の使用時に、太陽電池モジュール及び金属等からなる架台等は日射を受けて熱膨脹する。しかし、前記のように架台要素と継手とがねじ止めされていて、しかも、継手の視認をなくすために、架台の長手方向に隣接する架台要素の端面同士が突き当てられており、それに応じて互いに平行な架台にわたって支持された太陽電池モジュール同士も、架台の長手方向に突き当てて配置されている従来の構成では、前記熱膨脹を吸収することはできない。そのため、前記熱膨張が架台の固定部に対する負荷となり、架台の設置状態に悪影響を与える恐れがある。場合によっては前記熱膨張が太陽電池モジュールの透明ガラス基板に対する負荷となって波及する恐れも考えられる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
本発明が解決しようとする課題は、熱膨張の影響を抑制できる太陽光発電装置を得ることにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】
本発明は、直線状に並べられた複数のレール状架台要素同士を継手で接続してなり、互いに平行に被設置部に固定される架台と、これら互いに平行な架台にわたって支持されて前記架台の長手方向に並べられる複数の太陽電池モジュールと、を具備し、前記長手方向に隣接する架台要素間に要素間間隙を設けて、この間隙の範囲内で前記架台要素をその長手方向に移動可能とした太陽光発電装置を前提とする。
【0007】
そして、前記課題を解決するために、請求項1の発明は、前記架台要素は、天井壁と、この天井壁に対向する底壁と、これら天井壁と底壁とにわたる側壁とを有し、かつ、前記架台要素の長手方向に連続して延びる開口が前記天井壁の幅方向中央部に形成されているとともに、この開口と対向して前記架台要素の長手方向に連続して延びる隆起凸条が前記底壁の幅方向中央部に形成されており、前記長手方向に隣接する架台要素の端部間にわたって前記継手が内装されており、この継手が、前記隆起凸条に接するとともにこの隆起凸条の両側に連続する前記底壁の低い内面部位との間に隙間を形成して配置される底板部と、この底板部の両縁から上側に折り曲げられて前記架台要素の側壁内面に接する側板部とを有し、前記継手の底板部及び前記架台要素の隆起凸条を通って前記被設置部にねじ込まれたねじにより前記架台要素を前記被設置部に固定し、前記ねじの直径よりも、このねじが通る前記底壁のねじ通孔を大径とするか、又は前記ねじ通孔を前記長手方向に延びる長孔として、前記要素間間隙の範囲内での前記架台要素の移動を許したことを特徴とするものである。
【0008】
本発明及び以下の各発明において、架台装置の架台及び架台カバー等、及び継手は、耐候性がある材料、例えば金属、合成樹脂、或いはこれらの複合材料等により作ることができ、特に、軽金属、例えばアルミニューム合金の押出し型材を用いて作ることは、その製造が容易、かつ軽量で取り扱い易く太陽光発電装置全体の重量を軽くできる点で望ましい。又、太陽電池モジュールにはその光電変換をなすセルが、IV族半導体、例えば結晶系、又は非晶質(アモルファス)系で作られるもの、若しくは例えばGaAsに代表される化合物半導体で作られるもの、又は例えばフタロシアニン色素に代表される有機物半導体で作られるもの等を使用できる。
【0009】
この請求項1の発明においては、各太陽電池モジュールを支持する架台の長手方向に隣接する架台要素間に設けた要素間間隙の範囲内で、日射に基づく架台要素の熱膨張を吸収できる。
【0010】
この場合、架台要素が要素間間隙の範囲内で移動できるようにするための手段として、前記長手方向に隣接する架台要素の端部間にわたって前記継手が内装されており、この継手が、架台要素の底壁に設けられた隆起凸条に接するとともにこの隆起凸条の両側に連続する底壁の低い内面部位との間に隙間を形成して配置される底板部と、この底板部の両縁から上側に折り曲げられて架台要素の側壁内面に接する側板部とを有し、前記継手の底板部及び前記架台要素の隆起凸条を通って前記被設置部にねじ込まれたねじにより前記架台要素を前記被設置部に固定し、前記ねじの直径よりも、このねじが通る前記底壁のねじ通孔を大径とするか、又は前記ねじ通孔を前記長手方向に延びる長孔として、前記要素間間隙の範囲内での前記架台要素の移動を許しているので、架台要素のねじ通孔とねじとの径の差によって、又は架台要素の長孔からなるねじ通孔によって、熱膨張した際の架台要素の移動を許すことができる。
【0011】
請求項2の発明は、前記継手の底板部に設けられるねじ通孔を前記長手方向に延びる長孔で形成したことを特徴とする。
【0012】
この発明においては、架台の長手方向に隣接する両架台要素の底壁、及びこの底壁上の上側に重なった継手の底板部にねじを通して、前記両架台要素端部を継手を介して接続する場合に、架台要素の寸法のばらつきや、架台要素の底壁のねじ通孔の位置のばらつき等に拘らずに、架台要素の底壁のねじ通孔に継手の底板部のねじ通孔を確実に対向させて、これらにねじを通して継手による接続作業を行なえるので、架台の長手方向に隣接する両方の架台要素同士の接続作業性を向上できる。
【0013】
請求項3の発明は、前記要素間間隙を設けるためのスペーサ部材が施工時に取外し可能にセットされるスペーサ着脱部を、前記要素間間隙に露出させて前記両側板部に夫々設けたことを特徴とする。
【0014】
この発明においては、継手を用いて架台要素の端部同士を接続する際に、継手のスペーサ着脱部にスペーサ部材を取付けて、架台の長手方向に隣接する架台要素の端面を前記スペーサ部材に当てて、これら両架台要素を位置決めし、その状態で継手を介して両架台要素を接続することにより、両架台要素間に適正な大きさの要素間間隙を容易に作ることができる。又、この後、既述の熱膨張の吸収機能を損なわないようにスペーサ部材はスペーサ着脱部から取外される。
【0015】
請求項3の発明を実施するにあたり、請求項4の発明のように、前記スペーサ着脱部をプラスねじ回しの軸部が取外し可能にセットされる大きさの孔又は切欠き溝で形成するとよい。
【0016】
この請求項4の発明においては、被設置部に架台要素等をねじ止めしたり、その他の部分でのねじ止めに使用されるプラスねじ回しを、スペーサ部材として用いることができる。そのため、格別にスペーサ部材を準備することなく、架台の長手方向に隣接する架台要素間に適正な大きさの要素間間隙を容易に作ることができる。
【0025】
【発明の実施の形態】
以下、図1〜図6を参照しながら本発明の一実施形態を説明する。
【0026】
図1(A)には一実施形態に係る太陽光発電装置が屋根に設置された状況が概略的に示され、この図中11は金属板ぶき屋根、例えば瓦棒ぶきの屋根であり、12は屋根ぶき用金属板、13は瓦棒ぶきを示し、また、図1(A)、図2(A)、及び図6中矢印Aは軒側、矢印Bは棟側を示している。
【0027】
被設置部としての屋根11上に設置される太陽光発電装置15は、2種類の架台装置16、17、これらの架台装置16、17によって支持されてアレイに配設される複数枚の太陽電池モジュール18、これらモジュール18に接続して設けられる図示しない出力ケーブル等を備えている。
【0028】
架台装置16、17は、瓦棒ぶき13と直角に交差し、かつ、図2(A)に示すように互いに所定の配設間隔Eを置いて平行な姿勢で屋根11上に横方向に延びて設置される。軒側と棟側に最も近い位置に夫々配置される架台装置16は、同一構造であり、対称に配置される。他の少なくとも一つの架台装置17は一対の架台装置16間に設置される。
【0029】
図2(A)に示すように一対の架台装置16、17は、いずれも直線状に並べられた複数のレール状架台要素21a同士を後述の継手41で接続してなる架台21と、架台カバー22と、連結ユニット23とを備えている。各架台要素21a及び各架台カバー22はアルミニューム合金等を押し出し成形して得た型材からなる。
【0030】
図2(A)〜(C)、図4及び図5に示すように架台要素21aは、モジュール支え24と、溝状のケーブル収納部25とを有する。架台要素21aは、ゴム板等の防水用下地シート26を瓦棒ぶき13との間に挟んで屋根11にねじ込まれる木ねじ19よって、屋根11上に固定される。モジュール支え24は、その天井壁24aの幅方向中央部に長手方向に連続して延びる開口24bを有しているとともに、この開口24bの縁をなして天井壁24aの内外面から夫々上下に突出する開口フランジ24cを有し、かつ、これらフランジ24cを間に置いて天井壁24aの内面から下向きに突出する一対の突条24dを有している。開口24bは木ねじ19等をねじ込む際の通路として用いられる。
【0031】
なお、図2(B)(C)中24eはタッピングホールであって、これにねじ込まれる図示しないセルフタッピングねじにより架台装置16、17の両端の開口を塞いで夫々配置される図示しない端板が取付けられる。天井壁24aの開口24bの両側に位置される天井壁部分の内の少なくとも一方は、モジュール支持部として使用され、この支持部上に太陽電池モジュール18が載置され連結ユニット23により固定される。ケーブル収納部25内には図示しない前記出力ケーブルが収納し配線される。
【0032】
図2(B)(C)に示すように連結ユニット23は、アルミニューム合金等金属製の押え部材27と、ステンレス等金属製のナット板28と、連結ボルト29とからなる。押え部材27の下面には前記開口24bに嵌入するインロー凸部27aが一体に突設され、かつ、上面には一対の爪受け部27bが一体に突設されている。押え部材27は、そのインロー凸部27aを開口24bに嵌合して前記天井壁24a上に位置決めして配置され、又、ナット板28は、その両端を前記一対の突条24dに当てて回り止めされるとともに、締め付け完了の時点ではその上面を前記開口フランジ24cの下端で位置決めされてモジュール支え24内に配置される。これら押え部材27とナット板28とは、押え部材27を上方から挿通してナット板28に螺合される連結ボルト29の締付けにより、モジュール支え24のモジュール支持部を挟んで取付けられる。そして、連結ボルト29の締め付けに伴い、押え部材27は、前記モジュール支持部との間に太陽電池モジュール18のフレームを挟着し、この太陽電池モジュール18を固定する。
【0033】
架台カバー22は、架台装置16又は17の架台要素21aの底壁24fと略平行に張出すカバー突縁22aと、モジュール支え24の天井壁24a方向に突出する一対の下向き引っ掛け爪22bとを有している。これら引っ掛け爪22bはその先端に爪部を有している。軒棟方向の両端に配置される一対の架台装置16の架台カバー22は、この架台装置16の架台21がエンドレールとして用いられる関係で一つのカバー突縁22aを有し、前記一対の架台装置16間に配置される中間位置の架台装置17の架台カバー22は、この架台装置17の架台21が中間レールとして用いられる関係で互いに逆方向に張出す一対のカバー突縁22aを有している。
【0034】
これらの架台カバー22は、モジュール支え24の天井壁24aに被せることにより、その引っ掛け爪22bを爪受け部27bに夫々引掛けてモジュール支え24に装着され、架台21及び連結ユニット23を被って設けられる。各架台カバー22は、それに上向きの外力を加えることにより、引っ掛け爪22bの弾性変形を利用して爪受け部27bとの引っ掛かりを外すことができる。つまり、各架台カバー22は架台21に対して必要に応じて取外し可能である。
【0035】
後述のように所定枚数の太陽電池モジュール18を設置して、太陽光発電装置15に必要な発電量を確保するために、前記構成の架台装置16及び17の架台要素21aの配置の一例が図6に示されている。この図6で代表されるように長手方向に連続的に配置された架台要素21a相互間には夫々後述の要素間間隔G1が設けられる。
【0036】
そして、長手方向に連続的に配置された架台要素21aの端部同士は図3〜図5に示す継手41で接続されている。以下、この接続を架台装置16の架台要素21aの端部同士の接続構造について代表して説明する。
【0037】
継手41は、金属製、例えばステンレス板或いはアルミニューム合金の押出し型材で形成されている。アルミニューム合金製とすることは、架台要素21aとの間で電食の恐れがない点で優れており、又、本実施形態のようにステンレス製とすることはその機械的強度が大であるので接続強度を高くできる点で優れている。図3〜図5に示すように継手41は、架台21の長手方向に隣接する架台要素21aの底壁24fの端部内面に接する底板部42と、この底板部42の両縁から折り曲げられて架台要素21aの側壁24gの端部内面に接する側板部43とを有している。
【0038】
底板部42には、その長手方向、つまり、架台要素21aの長手方向に延びる長孔44がねじ通孔として形成されているとともに、両側板部43の長手方向中間部、好ましくは長手方向中央部には相対向するスペーサ着脱部45が形成されている。両側板部43の上縁は互いに近付くように継手41の内側に向けて折り曲げられているとともに、両側板部43の下部は架台21の長手方向に隣接する架台要素21aの下部のタッピングホール24eを逃げるように斜状をなして底板部42につながっている。こうした側板部43を有することは、継手41の機械的強度を高め得る点で好ましい。
【0039】
スペーサ着脱部45は例えば円形の通孔で形成され、その孔径は、太陽光発電装置15の屋根11への施工に際して使用されるプラスねじ回し(図示しない)の軸部が取外し可能に挿脱される大きさに設定されている。なお、スペーサ着脱部45は、側板部43の上縁に開放する切欠き溝で形成してもよく、この場合にもその溝幅を前記プラスねじ回しの軸部が取外し可能な大きさにするとよい。そして、このスペーサ着脱部45には、本実施形態の場合、図4及び図5に示されるような丸棒からなるスペーサ部材46が取外し可能に挿脱される。このスペーサ部材46の径は前記プラスねじ回しの軸部と同径であり、その長さは架台21の長手方向に隣接する架台要素21aのモジュール支え24の幅よりも長い。
【0040】
又、図3〜図5中47は各架台要素21aの長手方向の両端部底壁24fに夫々明けられたねじ通孔である。詳しくは、図4及び図5に示すようにねじ通孔47は、底壁24fの幅方向中央部に形成された隆起凸条24fpの端部に開けられている。隆起凸条24fpは、架台要素24aの長手方向に延びており、開口24bに下方から対向している。ねじ通孔47には前記長孔44を通って挿入されるねじ48が遊挿され、このねじ48は屋根11にねじ込まれて架台要素21aの長手方向両端部と継手41の端部とを連結する。この連結により、図3に示すように継手41の底板部42が、隆起凸条24fpに接するとともにこの隆起凸条24fpの両側に連続する底壁24fの低い内面部位との間に隙間G3を形成して配置される。なお、符号49はワッシャを示す。そして、ねじ通孔47は架台要素21aの長手方向に延びる長孔で形成されており、この孔47の範囲でねじ48に対する架台要素21aの動きを許すようになっている。なお、ねじ通孔47の直径をねじ48のねじ部の直径より大きくして、この孔47の範囲でねじ48に対する架台要素21aの動きを許すようにすることもできる。
【0041】
図1(B)及び図2に示すように太陽電池モジュール18は、集積化されたセル及び電極等を有する長四角形のモジュール本体31と、この本体31の四周に夫々取付けられたフレーム32、33とを備えている。モジュール本体31を構成するセルの数や配列或いはセルの種類(結晶系又は非晶質系等)は任意であり、特に制約されるものではないが、本実施形態ではアモルファスシリコン製のセルを採用している。
【0042】
図2で代表して示すようにフレーム32、33はアルミニューム合金等を押し出し成形して得た型材からなる。棟側又は軒側に配設されるモジュール本体31の短い方の側縁に取付けられる一対のフレーム33は、タッピングホール33aを有し、このホール33aに、モジュール本体31の長い方の側縁に取付けられた一対のフレーム32の端部を通って図示しないセルフタッピングねじをねじ込むことにより、隣接するフレーム32、33同士が連結され枠組みされている。
【0043】
各フレーム32、33の高さはモジュール本体31の厚みよりも高く、これらの上端部には溝状の嵌合部34が設けられ、この内側にガスケット35を介してモジュール本体31の縁部が嵌合して取付けられている。更に、各フレーム32、33はモジュール支え24の天井壁24aからなるモジュール支持部に載置される底部36を有している。
【0044】
前記構成の太陽電池モジュール18は、そのフレーム33の底部36を、屋根11上にその軒棟方向に所定の配設間隔で既に固定された架台21のモジュール支え24の天井壁24a上に載せた状態で、連結ユニット23を締め付けることによって、モジュール支え24上に固定される。
【0045】
次に、太陽光発電装置15を屋根11上に施工する手順を説明する。
【0046】
まず、架台装置16、17の架台要素21aを必要本数用意し、それらを屋根11上に互いに平行に配置し、かつ、開口24bを通って屋根11にねじ込まれる木ねじ19を用いて夫々固定する。(第1工程)
この第1工程における各架台要素21aの固定に際しては、図6に示すように複数本のエンドレール用架台要素21aがその長手方向に連続的に並べられ、かつ、その長手方向に隣接する端部同士が継手41を介して接続され、同様に複数本の中間レール用の架台要素21aもその長手方向に連続的に並べられ、かつ、その長手方向に隣接する端部同士が継手41を介して接続される。
【0047】
これらの接続の手順は以下の通りである。まず、スペーサ部材46をスペーサ着脱部45にわたって貫通させて継手41に直交するように配置した後、この継手41の一端部を、既に固定された架台要素21aにおけるモジュール支え24の端部内側に挿入する。この挿入の深さは、モジュール支え24の端面にスペーサ部材46が当ることで規制できる。次に、前記既設の架台要素21aに対してその長手方向に直線状に並べようとする新たな架台要素21aを、前記既設の架台要素21aの長手方向に並べて配置するとともに、そのモジュール支え24における前記既設の架台21側の端部の内側に、前記継手41の他端部を挿入する。この時の挿入深さも新たに固定しようとする架台要素21aのモジュール支え24の端面がスペーサ部材46に当ることで規制できる。この後、既設の架台要素21a及び新たに固しようとする架台要素21aのモジュール支え24の開口24bを通してねじ止めを行なう。このねじ止めは、ワッシャ49を通したねじ48を、継手41の長孔44及びその下側に連通している架台要素21aのねじ通孔47に通して、屋根11にねじ込むことにより実施できる。それにより、継手41を介して架台21相互が連結されて、それらの長手方向に連続的に並ぶように設置される。最後に、隣接した架台要素21a相互間に挟まれるように位置していたスペーサ部材46を継手41のスペーサ着脱部45から引き抜く。
【0048】
以上の手順により直線状に並べられて隣接した架台要素21a同士の接続が完了し、こうした接続手順をエンドレール用の架台要素21a相互に対して必要回数繰り返し、かつ、中間レール用の架台要素21a相互に対しても必要回数繰返す作業を行なって、架台21の屋根11への設置を完了する。こうして設置された架台21の架台要素21a同士の接続が完了した状態は図3及び図4に示されており、架台21の長手方向に隣接した架台要素21a相互間には図3に示されるように要素間間隙G1が形成され、この間隙G1を通して継手41の中間部は露出されている。
【0049】
なお、以上の接続作業において、スペーサ部材46が何らかの手違い等で手元にない場合には、屋根11に架台要素21a等をねじ止めしたり、その他の部分でのねじ止めに使用されるプラスねじ回し(図示しない)の軸部を、スペーサ着脱部45に挿通させて、この軸部をスペーサ部材として用いることができる。従って、屋根11の傾斜に沿って不用意に棒状スペーサ部材が抜け出すようなことがあっても、前記作業をねじ回しを用いて継続でき、その場合においても、架台21の長手方向に隣接する架台要素21a間に適正な大きさの要素間間隙G1を形成できる。又、前記スペーサ部材46の一端部に曲げや広がり部からなるストッパ部を設けて、このストッパ部を棟側に位置させてスペーサ着脱部45に通して使用する場合には、前記のように不用意に抜け出ることを防止して作業ができる点で有利である。
【0050】
しかも、前記継手41の底板部42のねじ通孔が長孔44で形成されているので、各架台要素21aの寸法のばらつきや、各架台21の端部底壁24fのねじ通孔47の位置のばらつき等があっても、前記接続作業においてねじ通孔47と長孔44とを確実に対向させることができる。そのため、前記ばらつきに拘らずに長孔44及びねじ通孔47にねじ48を容易に通して前記接続作業を行なうことができる。したがって、架台21の長手方向に隣接する架台要素21a同士の継手41を介しての接続作業性がよいものである。
【0051】
次に、屋根11の棟軒方向に隣接して互いに平行に配置された架台21の架台要素21a間にわたって太陽電池モジュール18を仮置きする。この仮置き作業は、太陽電池モジュール18が有する一対のフレーム33を棟軒側に位置させて、これらを棟軒方向に隣接した隣接した架台要素21aの天井壁24aのモジュール支持部に載置することで実施できる。(第2工程)
この後、仮置きされた太陽電池モジュール18の設置位置に対応して軒側の架台要素21a内に、既に押え部材27に通された連結ボルト29にナット板28を螺合して組立てられた例えば2個の連結ユニット23をセットする。これらのユニット23は、その押え部材27のインロー凸部27aを架台要素21aの開口24bに嵌めた状態で、架台要素21aの端面開口を通して挿入され、開口24bをガイドとして締付け位置まで摺動される。そして、締付け位置において、ナット板28が架台要素21aの突条24d間にあって回り止めされる状態にあること、及び押え部材27がフレーム33の底部36に被っていることを確認した後、連結ボルト29を軽く締めて、各連結ユニット23を前記締付け位置に仮止めする。(第3工程)
次に、既に仮置きされた太陽電池モジュール18の位置を確認した後、前記2個の連結ユニット23の連結ボルト29を本締めして、太陽電池モジュール18の軒側フレーム33を架台要素21aに固定する。この固定は、前記締付けによって、押え部材27とナット板28との間に押え部材27及び軒側フレーム33の底部36が挟着されることによって実現される。(第4工程)
そして、前記第2〜第4工程を経て既に軒側が固定された既設の太陽電池モジュール18に対して棟側に隣接して配置される新たな太陽電池モジュール18を、前記第2工程と同じ手順により、互いに隣接している中間レール用架台21と棟側(端側)レール用架台21とにわたって仮置きする。この後、中間レール用架台21に2個の連結ユニット23を、前記第3工程と同じ手順により締付け位置にセットしてから、これらの連結ユニット23を前記第4工程と同じ手順で本締めして、中間レール用架台21に前記既設の太陽電池モジュール18の軒側フレーム33を固定すると同時に、前記新たな太陽電池モジュール18の軒側フレーム33を固定する。こうした軒棟方向に列をなす太陽電池モジュール18の設置は複数の列(例えば2列)に至るまで繰返される。
【0052】
この後、カバー突縁22aが一つしかない架台カバー22が、エンドレール用の軒側及び棟側の架台21の架台要素21aに夫々被着されるとともに、一対のカバー22aを有した架台カバー22が中間レール用架台21の架台要素21aに被着される。これらの被着作業は、2列の太陽電池モジュール18の合計幅に応じて予め用意された架台カバー22を、その両端が2列の太陽電池モジュール18の両端に一致するように位置合わせした状態で、これらのカバー22を上方から軽く叩いて、その一対の引っ掛け爪22bを各連結ユニット23の爪受け部27bに引っ掛けることにより行われる。(第5工程)
そして、以上説明した第1〜第5の各工程を必要な列だけの太陽電池モジュール18の設置について繰返すことによって、図1に示すように屋根11への太陽光発電装置15を設置できる。なお、既述の設置手順においては説明を省略したが、各太陽電池モジュール18の出力を取出すための出力ケーブルの取り廻しやそれへの他のケーブルの接続などの作業が並行して行なわれることは勿論である。
【0053】
こうして設置された太陽光発電装置15においては、屋根11の横方向(各架台装置16、17が直線状に延びる方向)に隣接した2枚の太陽電池モジュール18の合計の幅寸法と、一本の架台カバー22の長さ寸法とが同じに設定されているとともに、6本の架台カバー22の合計の長さ寸法と一本の架台21の長さ寸法とが同じに設定されている。
【0054】
そのため、屋根11への既述の施工に伴って、各架台21において前記横方向に隣接した架台要素21a相互間には、図1(B)に代表して示すように要素間間隙G1が夫々形成されるとともに、軒棟方向に並んだ架台装置16、17によって固定されたモジュール群の内、このモジュール群の端に位置されて前記横方向に隣接する太陽電池モジュール(なお、他の太陽電池モジュール18との区別を容易にするために図1においては便宜上符号18aで示す。)間にも、前記要素間隙間G1に応じたモジュール間間隙G2が夫々形成される。そして、これら両間隙G1、G2は互いに連通されている。
【0055】
以上のように屋根11上に設置された太陽光発電装置15の使用時には、日射を受けて各架台装置16、17及び各太陽電池モジュール18が熱膨張する。しかし、太陽光発電装置15は、その横方向(軒棟方向と直交する方向)の中間部に、縦方向(軒棟方向)に互いに連続して前記装置15をその各モジュール群毎に横方向に分断する要素間間隙G1及びモジュール間間隙G2を有しており、かつ、架台装置16、17の各架台要素21aと継手41とを接続しているねじ48に対して各架台要素21aは、このねじ48が遊挿しているねじ通孔47の範囲内で、ねじ48に妨げられることなく前記熱膨脹に伴う移動ができる。
【0056】
したがって、架台装置16、17及び太陽電池モジュール18の熱膨張を前記隙間G1、G2で吸収できる。そのため、前記熱膨張が架台装置16、17を屋根11に固定するねじ48等に対する負荷となることが抑制され、架台21の設置状態に悪影響を与えることを防止できる。又、太陽電池モジュール18が有する透明ガラス基板等へ前記熱膨張の影響が波及して、この基板等に負荷を与えることを抑制できる。
【0057】
又、前記一実施形態では、太陽光発電装置15の施工において、太陽電池モジュール18を架台21に連結ユニット23を用いて固定し、その後に架台カバー22を取付けるようにしたが、これに代えて架台21に対する太陽電池モジュール18と架台カバー22との取付けを同時に実施してもよい。
【0058】
すなわち、まず、互いに平行に設置された複数本のレール状の架台内の夫々に、その端からナットが予め埋め込まれた必要な数のモジュール止め金具を挿入してセットしてから、各架台が有するモジュール支持部に太陽電池モジュールのフレームを載置して、互いに平行な架台の架台要素間にわたって必要な数の太陽電池モジュールを配置する。この後、棟軒方向両端側に配置される端側の架台の架台要素に対して用意される端側架台カバーと、中間位置の架台の架台要素に対して用意される中間架台カバーとを、これら架台カバーの長手方向複数箇所に有した通孔に固定ボルトを通して、このボルトをモジュール止め金具のナットに螺合して、所定の締付けトルクで締付ける。それに伴い、架台カバーが夫々架台を上側から覆って固定されると同時に、このカバーと架台要素との間に位置されているフレームの突片が挟着されて太陽電池モジュールの固定が行われる。それにより、太陽光発電装置を屋根上等に設置できる。
【0059】
次に、図7〜図13を参照しながら本発明の第1参考例を説明する。
【0060】
図7及び図8中符号121はスレート屋根であり、この屋根121上には太陽光発電装置124が設置される。この装置124は、架台装置125と、複数枚の太陽電池モジュール130とを備えている。
【0061】
架台装置125は、屋根121上に棟軒方向に延びてねじ止め等により固定される複数本のレール状の縦桟191と、これら縦桟191にわたって屋根121の横方向(屋根121の傾斜方向と直角に交差する方向)に延びて配置される複数本の架台126〜129とを備えている。各架台126〜129は、いずれも直線状に並べられた複数の架台要素を継手241で接続してなる。各架台126〜129は、屋根121の傾斜方向に沿って太陽電池モジュール130の縦幅に応じた間隔で設けられ、かつ、互いに平行に設置されている。
【0062】
このように配設される複数の架台126〜129のうち最も棟側に配置される架台126と最も軒側に配置される架台129とは、端部架台又はエンドレールとも称され、また、これらエンドレール間に配置される各架台127、128は中間架台又は中間レールとも称される。そして、これら各架台126〜129において屋根121の傾斜方向に隣接する架台同士のうち棟側に配置される架台を上側架台と称し、軒側に配置される架台を下側架台と称する。
【0063】
縦桟191はアルミニューム合金の押出し成形して得た中空構造の型材製であり、図9及び図11に示されるように左右両側壁にナット収容溝条192を有しているとともに、上面にもナット収容溝条193を有して形成されている。これらの溝条192、193はいずれもあり溝構造であって、縦桟191の長手方向全長にわたり延びて設けられている。
【0064】
これらの縦桟191は複数のサポート金具195にボルト196及び四角形状のナット197を介して連結されている。図9に代表して示されるようにサポート金具195は、屋根121上にねじ止めされるベース板198の上面に縦桟受け板199をリベット止めしてなり、縦桟受け板199が有する相対向する側板部には長円形のボルト通孔199aが開けられている。
【0065】
縦桟191は、その下部を縦桟受け板199の相対向する側板部間に収めた状態でボルト196及びナット197の締付けによりサポート金具195に固定されている。つまり、ナット収容溝条192にその端面開口を通って収容されかつこの溝条192に対して回り止めされた四角形のナット197に、ボルト通孔199a及びナット収容溝条192の側面開口を通ってボルト196を挿入して、このボルト196を締付けることにより、サポート金具195に縦桟191が固定されている。この固定状態において縦桟受け板199の傾斜している側板部に倣って縦桟191は軒方向が多少下がるようになっている。なお、図9中201はボルト196が貫通するばねワッシャ、202は締付け荷重を分散するワッシャを夫々示している。
【0066】
図8等に示されるように棟側の架台126の架台要素126aは、屋根121に設置された状態で斜め下向きに開放する下向き溝141と、この溝141の下側に一体成型された一対の設置フランジ142と、下向き溝141の上側に一体成型された一対の部材受け部143とを有している。これら下向き溝141、設置フランジ142、及び部材受け部143はいずれも架台要素211の長手方向に連続して延びている。一対の設置フランジ142は、架台要素126aの下端から幅方向に一体に張出して設けられている。
【0067】
下向き溝141は互いに平行な溝上壁141aと溝底壁141bとの間に形成されているとともに、この溝141の高さ寸法は太陽電池モジュール130の厚みよりも小さい。溝上壁141aは溝底壁141bよりも出幅が短く形成されていて、それにより下向き溝141の開口の大きさを、溝上壁141a及び溝底壁141bの出幅が同じ場合よりも大きくしている。更に、上向きに起立している一対の部材受け部143の相対向する面には、夫々図示しないが例えば凸部からなる爪受け部が設けられている。これら爪受け部は図9で代表して示す後述の中間架台127、128の爪受け部と同様な構成である。
【0068】
軒側架台129の各架台要素129aは、屋根121に設置された状態で斜め上向きに開放する上向き溝145と、この溝145の下側に一体成型された一対の設置フランジ146と、下向き溝145の上側に一体成型された一対の部材受け部147とを有している。これら下向き溝145、設置フランジ146、及び部材受け部147はいずれも架台129の長手方向に連続して延びている。一対の設置フランジ146は架台129の下端から幅方向に一体に張出して設けられている。
【0069】
上向き溝145は互いに平行な溝上壁145aと溝底壁145bとの間に形成されているとともに、この溝145の高さ寸法は太陽電池モジュール130の厚みよりも小さい。溝上壁145aは溝底壁145bよりも出幅が短く形成されていて、それにより上向き溝145の開口の大きさを、溝上壁145a及び溝底壁145bの出幅が同じ場合よりも大きくしている。更に、上向きに起立している一対の部材受け部147の相対向する面には、夫々図示しないが例えば凸部からなる爪受け部が設けられている。これら爪受け部は図9で代表して示す後述の中間架台127、128の爪受け部と同様な構成である。
【0070】
中間架台127、128の各架台要素127a、128aは同一構造であり、図8〜図10に示すように屋根121に設置された状態で軒側に向けて斜め下向きに開放する下向き溝151と、棟側に向けて斜め上向きに開放する上向き溝152と、これらの溝151、152の下側に一体成型された一対の設置フランジ153と、両溝151、152の上側に一体成型された一対の部材受け部154とを有している。両溝151、152、設置フランジ153、及び部材受け部154はいずれも架台127、128の長手方向に連続して延びている。一対の設置フランジ153は架台127、128の下端から幅方向に一体に張出して設けられている。
【0071】
下向き溝151は互いに平行な溝上壁151aと溝底壁151bとの間に形成されているとともに、この溝151の高さ寸法は太陽電池モジュール130の厚みよりも小さい。溝上壁151aは溝底壁151bよりも出幅が短く形成されていて、それにより下向き溝151の開口の大きさを、溝上壁151a及び溝底壁151bの出幅が同じ場合よりも大きくしている。同様に、上向き溝152は互いに平行な溝上壁152aと溝底壁152bとの間に形成されているとともに、この溝152の高さ寸法は太陽電池モジュール130の厚みよりも小さい。溝上壁152aは溝底壁152bよりも出幅が短く形成されていて、それにより上向き溝152の開口の大きさを、溝上壁152a及び溝底壁152bの出幅が同じ場合よりも大きくしている。更に、上向きに起立している一対の部材受け部154の相対向する面には、図9及び図10に示すように例えば凸部からなる爪受け部154aが夫々設けられている。これら爪受け部154aは段差により形成することもできる。
【0072】
前記各架台要素126a〜129aは、いずれもアルミニューム合金を押出し成型して得た型材であって、これらは図8〜図10等に示されるように長手方向に貫通する第1、第2の内側空間部212、213を有している。両空間部212、213は例えばホロー部からなり、第1内側空間部212を形取る壁を符号212a〜212dで示す。上側の壁212aと前記溝底壁151bとは同じである。この第1内側空間部212内の一部にはタッピングホール214(図9及び図10参照)が設けられており、このタッピングホール214及び前記壁212a〜212cは位置規制用の係合部として用いられるようになっている。
【0073】
各架台要素126a〜129aの夫々にはメッキ処理を施されている。したがって、図示しないメッキ層及びその表面をコーテングする保護層は、架台要素211の外表面にだけ形成されていて、第1、第2の内側空間部212、213にはメッキ層は形成されておらず、これら第1、第2の内側空間部212、213の内表面には金属地肌が露出されている。タッピングホール214も金属地肌面の一部をなしている。
【0074】
各架台要素126a〜129aは、図9〜図11の架台要素127a、128aで代表して示されるように設置フランジ153のボルト通孔230に例えば上向きに通されるボルト231及びこれに螺合されるナット232を介して縦桟191に固定されている。
【0075】
つまり、ボルト231にはその頭部が四角形状のものが使用されており、この頭部は、縦桟191のナット収容溝条193にその端面開口から挿入され、かつこの溝条193に対して回り止めされている。ボルト231の軸部分はナット収容溝条193の上面開口を上向きに通っており、この軸部分はボルト通孔230に通される。そして、この上向き軸部分にナット232を螺合して締付けることにより、縦桟191上に直角に交差して架台要素126a〜129aが固定される。なお、図9及び図11中233は緩み止め用のばねワッシャである。
【0076】
前記押さえ部材132は、アルミニューム合金の押出し型材からなるもので、太陽電池モジュール130の横幅正数倍の長さで、図示のものは太陽電池モジュール130の横幅と同じである。これらの押さえ部材132は、図9及び図10で代表して示すように幅方向両側部に枠材押さえ部133を有しているとともに、これらの間に前記爪受け部154aに引っ掛けられる一対の係止爪134を一体に有している。各押さえ部材132は、架台126〜129の部材受け部143、又は146、或は154に被せて上方から押圧して、その係止爪143を爪受け部154aに引っ掛けることにより、架台126〜129の夫々にこれらを覆い隠して取付けられている。
【0077】
なお、第1参考例の構成において、各押さえ部材132を省略して太陽光発電装置124を実施する場合には、一対の部材受け部143、一対の部材受け部147、及び一対の部材受け部154は夫々も省略されるものである。
【0078】
前記架台要素126a同士、架台要素127a、架台要素128a同士、及び架台要素129a同士を夫々個別に接続する前記継手241は、金属材料、好ましくは電腐等を防止する上で架台要素126a〜129aと同じ材料で作るとよく、第1参考例では、アルミニューム合金の押出し型材製であって、メッキ処理が施されていないものが採用されている。
【0079】
図9に示されるように継手241は、例えば断面が長方形の直方体からなり、第1内側空間部212に丁度嵌入できる大きさに形成されている。詳しくは、図10に示されるように継手241は、第1内側空間部212に嵌入された状態で、上下両面が第1内側空間部212の上下を形取る壁212a、212bに接触可能であるとともに、一側面が第1内側空間部212の一側を形取る壁212cに接触可能であり、かつ、他側面を第1内側空間部212のタッピングホール214に接触可能な大きさに形成されている。なお、タッピングホール214を省略する場合には、前記他側面が第1内側空間部212の他側を形取る壁212dに接触可能な大きさに形成される。
【0080】
この継手241の長手方向略中央部の上面には、継手を二分する線状の表示242(図9中2点鎖線参照)が塗料などにより設けられていて、この表示242を境に一端側及び他端側を夫々第1内側空間部212への嵌入部241a及び241bとしている。表示242の幅は要素間間隙G1(図7参照)の幅と同等に形成されていとともに、この表示242の一部にはねじ孔243が開口されている。このねじ孔243には、要素間間隙G1を形成するためにこの隙間G1の幅に等しい軸径のねじ244がスペーサ凸部としてねじ込んで取付けられている。
【0081】
図12及び図13に示すように太陽電池モジュール130は、方形状の太陽電池モジュール本体161の周部にフレームを取付けるとともに、本体161の裏面に端子箱162を取付けて形成されている。フレームは、太陽電池モジュール本体161の上縁に嵌合して装着された上側枠材163と、本体161の下縁に嵌合して装着された下側枠材164と、本体161の左右両側の側縁に個別に嵌合して装着された左右の側枠材165、166とを、互いにねじ167により連結して枠組みして形成されている。各枠材163〜166はいずれもアルミニューム合金の押出し型材からなる。なお、図8中168はガスケットである。
【0082】
太陽電池モジュール本体161は、長方形の透明ガラス基板の裏面に薄膜太陽電池を設け、この電池を裏面側から封止材料により封止してなる。太陽電池は、透明ガラス基板の前記裏面に透明電極層を形成しこれを複数の光起電力領域に分離した後、この透明電極層上にアモルファスシリコン等の光起電力薄膜半導体層を形成して、この半導体層を複数個の領域に分割してなる光起電力素子(セル)を、これら素子上に形成される裏面電極層により電気的に直列に接続するとともに、その接続の終端として電力を集めるための一対のバス領域を有し、かつ、両バス領域に電極としてのバスバーを個別に半田付けして、形成されている。両バスバーには個別に出力取出し線の一端部が半田付けされ、これら取出し線は前記封止材料を貫通して前記端子箱162に接続されている。又、端子箱162には正負2本の出力ケーブル(図示しない)が接続されている。これら出力ケーブルはその先端部に他の電線部分よりも太いコネクタを有し、これらのコネクタに接続される他の電線を介して太陽電池モジュール本体161に発生した電力が屋外等に引込まれるようになっている。
【0083】
各枠材163〜166の高さ(厚み)寸法はいずれも同じであって、その高さによって太陽電池モジュール130の厚みを規定している。上下の両枠材163、164は架台126〜129の溝底壁141b、145b、151b、152bのいずれかに支持される下辺部163a、164aを有している。
【0084】
図8及び図12に示されるように上側枠材163の外側面には、この枠材163の厚み方向の中間の高さ位置、詳しくは上側からほぼ1/3の高さ位置において第1挿入凸部171が一体に突設されている。この凸部171は、前記溝上壁141a、151aのいずれかに引っ掛るものであって、上側枠材163の厚みよりも遥かに薄い平板状であり、上側枠材163の長手方向に連続して延びているとともに、比較的出幅が大きく形成されている。第1挿入凸部171の上面には、その少なくとも長手方向両端部に位置して緩衝材例えば弾性材材料好ましくはゴム板172が接着されている。又、上側枠材163の下片部163aの下面にも、その少なくとも長手方向両端部に位置して緩衝材としてのゴム板172が接着されている。
【0085】
同様に、下側枠材164の外側面にも、この枠材164の厚み方向の中間の高さ位置、詳しくは前記第1挿入凸部171と同じ高さ位置である上側からほぼ1/3の高さ位置において第2挿入凸部175が一体に突設されている。この凸部175は、前記溝上壁145a、152aのいずれかに引っ掛るものであって、下側枠材164の厚みよりも遥かに薄い平板状であり、下側枠材164の長手方向に連続して延びているとともに、その出幅は第1挿入凸部171よりもかなり短く形成されている。第2挿入凸部175の上面には、その少なくとも長手方向両端部に位置して緩衝材例えば弾性材材料好ましくはゴム板176が接着されている。又、下側枠材164の下片部164aの下面にも、その少なくとも長手方向両端部に位置して緩衝材としてのゴム板176が接着されている。
【0087】
次に、太陽光発電装置124を屋根121に取付け施工する手順を説明する。
【0088】
まず、屋根121上に複数のサポート金具195を固定するとともに、既述の手順で各サポート金具195を介して縦桟191を屋根121の棟軒方向に延びる姿勢にボルト止めする。次に、複数の架台、つまり、棟側及び軒側のエンドレールとなる架台126、129及び中間レールとなる架台127、128を、互いに平行に配置された複数本の縦桟191と直角に交差させて、既述の手順で各縦桟191にボルト止めし、それにより、各架台126〜129を夫々屋根121の傾斜方向に所定間隔を置いて互いに平行に配置し固定する。
【0089】
各架台126〜129は、その設置フランジ142又は146或は153の縦桟191との交差部分にボルト通孔230を屋根121上で開けた後に、既述の手順でボルト231及びナット232を介して縦桟191に固定される。
【0090】
こうした各架台126〜129の縦桟191間にわたる架設に際して、その長手方向に隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士は、次のように接続される。この接続の手順は同じであるので、架台要素127a同士の接続について代表して説明する。
【0091】
つまり、始めに継手241の長手方向中央部のねじ孔243にその上方からねじ244をねじ込んで取付け、このねじ244によりストッパ凸部を継手241に形成する。次に、このねじ244が既に固定されている架台要素127aの長手方向一端面に当るまで、継手241の一端側の嵌入部241aを架台要素127aの第1内側空間部212に嵌入させる。この後、接続しようとする架台要素127aの長手方向一端面がねじ244に当るまで、前記接続しようとする架台要素127aの第1内側空間部212を継手241の他端側の嵌入部241bに被嵌させる。以上の手順により、直線状に並べられた接続すべき架台要素127a相互が継手241を用いて接続されて、架台127が組立てられる。そして、同様な手順で他の全ての接続すべき架台要素126a同士、128a同士、及び129a同士が継手241により接続されて、全ての架台126〜129が組立てられる。
【0092】
次に、屋根121の傾斜方向に隣接する上側架台と下側架台とにわたって太陽電池モジュール130を次々にけんどん方式により設置する。この設置手順を、軒側エンドレールをなす下側架台129と中間レールをなして下側架台129に隣接した上側架台128との間に太陽電池モジュール130を設置する場合について代表して以下説明する。
【0093】
はじめに、図8中2点鎖線及び図13に示すように太陽電池モジュール130を屋根121の傾斜方向とは逆に傾けて、その上側枠材163に一体に突設された第1挿入凸部171を斜め下向きに開放する上側架台128の下向き溝151に挿入する。この挿入方向を図8及び図12中矢印Cで示す。次に、上側架台128を回動支点側として太陽電池モジュール130を、その下側枠材164が下側架台129側に寄るように回動させる。この回動方向を図8及び図13中矢印Dで示す。この回動操作により、下側枠材164が斜め上向きに開放する下側架台129の上向き溝145に近接対向される。この後、太陽電池モジュール130全体をその自重により屋根121の傾斜に沿って斜め下方に移動させて、第1挿入凸部171の下向き溝151への挿入を維持したまま下側枠材166の第2挿入凸部175を上向き溝145に挿入させる。この場合の太陽電池モジュール130の移動は手で補助しても差し支えないとともに、その移動方向を図8及び図13中矢印Eで示す。以上の手順により太陽電池モジュール130が上下に隔たって隣接した架台128、129にわたって配置される。
【0094】
全ての太陽電池モジュール130が以上のようなけんどん方式での取付けにより次々に屋根121上に配置される。こうした配置において、屋根121の傾斜方向と交差して隣接する太陽電池モジュール130同士はその側枠材164、65が互いに接触するように設けられて屋根121の横方向に並べられる。なお、各太陽電池モジュール130群の横並び方向の一端は、予め屋根121又は架台装置125に取付け固定される図示しないストッパにより位置決めされているとともに、全ての太陽電池モジュール130の配置が終わった後には、各太陽電池モジュール130群の横並び方向の他端は、屋根121又は架台装置125に後付け固定される図示しないストッパにより位置規制される。それにより、太陽電池モジュール130群を屋根121の横方向に動き止めする。
【0095】
最後に、各架台126〜129の夫々にそれらを隠すように押さえ部材133を被着する。これら押さえ部材133は、各架台126〜129の夫々に対して適正位置に被せた後、上方から手で加圧すると同時にその係止爪182を架台の爪受け部154aに係止させることにより行う。
【0096】
以上の手順で太陽光発電装置124が屋根121上に設置される。この設置の際に実行されるけんどん方式による太陽電池モジュール130の設置作業においては、既述のように上側架台の下向き溝141又は151への太陽電池モジュール130の上側枠材163の挿入が、上側枠材163の厚み全体を挿入するのではなく、それよりも遥かに厚みが薄い第1挿入凸部171を挿入して行われる。そのため、第1挿入凸部171が下向き溝141の溝上壁141a又は下向き溝151の溝上壁151aに競り合うことが少なく、下向き溝141又は151への第1挿入凸部171の挿入を容易に行うことができる。
【0097】
しかも、第1挿入凸部171が上側枠材163の高さ方向中間位置にあることにより、第1挿入凸部171の先端から下側枠材164の最外端、つまり第1参考例では第2挿入凸部175とを直線で結ぶ長さは、上側枠材164の厚み全体を下向き溝141又は151に挿入した場合における同様な直線の長さよりも短い。そのため、屋根121の傾斜方向に隣接した架台の間隔が狭めてあっても、太陽電池モジュール130をその下側枠材164が下側架台側に寄るように回動させる際に、下側枠材164の第2挿入凸部175が下側架台の溝上壁145a又は152aに当り難くなり、前記回動を容易にできる。
【0098】
更に、溝底壁141bより溝上壁141aの出幅を短くして下向き溝141の間口を広くしてあるとともに、溝底壁151bより溝上壁151aの出幅を短くして下向き溝151の間口を広くしてあり、又、同様に、溝底壁145bより溝上壁145aの出幅を短くして上向き溝145の間口を広くしてあるとともに、溝底壁152bより溝上壁152aの出幅を短くして上向き溝152の間口を広くしてある。そのため、この点においても、けんどん方式で太陽電池モジュール130を取付ける際に、溝上壁141a、145a、151a、152aへ太陽電池モジュール130が引っ掛ることを少なくできるとともに、特に、既述のように矢印C方向に挿入する際の屋根面と太陽電池モジュール130とがなす挿入角度を大きくでき、下向き溝141、151への第1挿入凸部171の挿入作用をより容易にできる。
【0099】
又、太陽電池モジュール130の裏面には端子箱162が上側枠材164側に寄せて設けられているから、太陽電池モジュール130の設置に際しては、上側枠材164が上を向く姿勢にして設置する必要がある。この場合に、上側枠材164には下側枠材165の第2挿入凸部175よりも長い第1挿入凸部171が突設されているので、それを目印にして容易に太陽電池モジュール130の取付け姿勢を判断することができる。そのため、太陽電池モジュール130が誤った向きに取付け施工される恐れが少ない。
【0100】
したがって、以上の諸理由により既述のけんどん作業を容易にできる。
【0101】
以上の手順で取付けられた各太陽電池モジュール130の上側枠材163は、その第1挿入凸部171が上側横枠材の下向き溝141の溝上壁141a又は下向き溝151の溝上壁151aに引っ掛るように位置されているとともに、下辺部163aが下向き溝141の溝底壁141b又は下向き溝151の溝底壁151bに載置されているので、上側枠材163はその厚み方向の動きを拘束される。同様に、下側枠材164は、その第2挿入凸部175が下側架台の上向き溝145の溝上壁145a又は上向き溝152の溝上壁152aに引っ掛るように位置されているとともに、下辺部164aが上向き溝145の溝底壁145b又は下向き溝152の溝底壁152bに載置されているので、下側枠材164はその厚み方向の動きを拘束される。
【0102】
したがって、屋根121の棟軒方向に隣接した架台の間から太陽電池モジュール130が外れることが妨げられる。しかも、太陽湯電池モジュール130の上側枠材163と下側枠材164とは、各架台126〜129の夫々に被着された押さえ部材132の枠材押さえ部181で上側から押さえられているから、これら押さえ部材132により軒棟方向に隣接した架台にわたって取付けられた太陽電池モジュール130が外れることをより確実に防止でき、太陽電池モジュール130の設置強度を向上できる。又、この設置状態では、上側枠材163と下向き溝141又151との間に挟み込まれたゴム板172、173、及び下側枠材164と上向き溝145又152との間に挟み込まれたゴム板176、177によって、太陽電池モジュール130がその厚み方向にがたつくことを抑制できる。
【0103】
又、前記太陽光発電装置124の構成では、既述のように太陽電池モジュール130の上側枠材163の厚み全体を上側架台の下向き溝141、151に挿入する必要がないとともに、下側枠材164についてもその厚み全体を下側架台の上向き溝145、152に挿入する必要がないので、下向き溝141、151及び上向き溝145、152の上下方向の幅寸法を太陽電池モジュール130の厚みより小さくできる。そのため、これらの溝を有した有した架台126〜129の高さを低くでき、それに伴う架台126〜129の材料コストの低減が可能であり、ひいては太陽光発電装置124のコストを低減できる。
【0104】
又、太陽電池モジュール130がけんどん方式で取付けられて、各架台126〜129上に積み重ねて設置されることがないことに加えて、既述のように太陽電池モジュール130及び各架台126〜129を薄型化できることによって、太陽光発電装置124の屋根121への設置高さを低くできる。そのため、屋根121とその上に設置された太陽光発電装置124との段差が少なくなり、設置された太陽光発電装置124の外観を向上できる。
【0105】
又、既述の手順で屋根121に設置される前記構成の太陽光発電装置124では、継手241の殆どが架台126〜129の長手方向に隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士にわたって嵌入されるにも拘らず、これら架台要素間に継手241のねじ244が挟まれる。そのため、架台126〜129の長手方向に隣接して継手241を介して接続された架台要素126a相互間、127a相互間、128a相互間、及び129a相互間に、適正な大きさの要素間間隙G1を確実に設けることができる。
【0106】
したがって、この要素間間隙G1の範囲内で、日射に基づく架台要素126a〜129aの熱膨張を吸収でき、熱膨脹によってもたらされる不具合を未然に防ぐことができる。しかも、要素間間隙G1を確保するスペーサ凸部をねじ244で形成したので、後付けにより簡単にスペーサ凸部を継手241に設けることができる。なお、本発明の参考例において、スペーサ凸部はねじ244に代えて継手241と一体に設けてもよく、例えば切起こすことによって設けることも、又、一体成形によって設けることもできる。
【0107】
継手241の長手方向中央部表面に要素間間隙G1に対応する線状の表示242を設けたから、仮に、ねじ244の取付けを忘れた場合でも、架台126〜129の長手方向に隣接する架台要素126a間、127a間、128a間、及び129a間に適正な大きさの要素間間隙G1を容易に作ることができる。
【0108】
つまり、架台126〜129の長手方向に隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士の端部に対する継手241の嵌め込み長さを適正に指定している前記表示242を目安として、これが隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士の端部間に丁度露出するように継手241を位置させることにより、継手241の殆どが互いに隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士にわたって嵌入されるにも拘らず、架台要素126a間、127a間、128a間、及び129a間に適正な大きさの要素間間隙G1を設けることができる。
【0109】
又、架台要素126a〜129aの第1内側空間部212へ挿入された継手241の嵌入部241a、241bは、第1内側空間部212を形取る壁212a〜212c及びタッピングホール214に係合されるから、これらの接触により架台126〜129の長手方向に隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士を継手241の幅方向及び高さ方向に位置規制できる。
【0110】
そのため、隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士の高さ方向及び幅方向へのずれを抑制して各架台126〜129を整然と配置できる。それに伴い太陽電池モジュール130の配置上におけるずれも抑制され、整然と太陽電池モジュール130群を屋根121上に設置できる。したがって、太陽電池モジュール130の設置強度が向上されて、このモジュール130が風圧の作用等によりがたつくことも抑制できる。
【0111】
しかも、ストッパ凸部をなすねじ244が隣接した架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士の端部端面に引っ掛っているから、継手241が架台126〜129に対して位置決めされて、架台126〜129の長手方向に継手241が移動することを防止できる。
【0112】
更に、アースをとるために隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士を電気的に接続しなければならないが、この場合の電気的接続には格別にアース線で接続することを要しない。すなわち、架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士を接続している継手241の嵌入部241a、241bの外表面と、これらが嵌入された架台要素126a〜129aのホロー構造の第1内側空間部212の内表面とは、いずれも金属地肌を露出させた面からなり、これら両面が接触されている。そのため、これら金属地肌同士の接触により、接続しようとする架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士の電気的接続を継手241を介して実現できる。このように隣接する架台要素126a同士、127a同士、128a同士、及び129a同士を格別にアース線で接続することを要しないものであり、そして、アース線接続作業を省略できるに伴い太陽光発電装置124の屋根121への取付け施工性も向上できる。
【0113】
次に、本発明の第2参考例を図14及び図15を参照して説明する。この第2参考例は基本的には第1参考例と同じであるから、第1参考例と同一構成については同一符号を付してその説明を省略し、以下、第1参考例とは異なる構成について説明する。この第2参考例第1参考例と異なる構成は、各架台の架台要素の内側空間部及び設置フランジの構成、並びに前記内側空間部に対応する継手の構成である。なお、以下の説明において、各架台の架台要素の構成は同様であるので、架台要素127aで代表して説明する。
【0114】
アルミニューム合金の押出し型材からなる架台要素127aはホロー構造をなす一つの内側空間部215を備えており、この空間部215の四隅には夫々タッピングホール214が設けられている。又、架台要素127aの軒側に突出する設置フランジ216は、その先端に上向き縁部を一体に有し、この縁部と対向する壁部との間に溝条216aを形成して断面L字形状をなしている。溝条216aは太陽電池モジュールの端子箱に接続された出力ケーブルを収容する部分として用いられる。
【0115】
アルミニューム合金の押出し型材からなる継手341は、両側壁341a、及びこれら両側壁341aの上縁間を一体につないだ上壁341b、並びに両側壁341aの下縁から互い近づくように直角に折れ曲がった下片壁341cとから形成されている。そして、この継手341の上壁341bと下片壁341cの外表面間の高さ寸法は、内側空間部215を形取る壁215a(これは前記溝下壁151b及び152bを含んでいる。)と壁215bとの両内表面間の高さ寸法の略等しく、かつ、継手341の両側壁341aの外表面間の幅寸法は、内側空間部215を形取る左右の壁215c、215d側内面に一体に形成されたタッピングホール214間の間隔と略同じに設定されている。継手341のメッキされていない上壁341b及び下片壁341cの外表面は内側空間部215のメッキされていない上下両壁215b、215c内表面に接触可能であり、又、継手341のメッキされていない両側壁341aは内側空間部215のメッキされていないタッピングホール214に接触可能であり、これらの接触により隣接した架台要素127a同士の幅及び高さ方向の位置規制と電気的接続とを実現するようになっている。
【0116】
この継手341の長手方向中央部の上壁341bには例えば2本のねじ244がストッパ凸部としてねじ込まれるようになっている。又、341a、342bは継手341の表示242を境とする嵌入部を示している。なお、以上説明した点以外の構成は図14及び図15に示されない部分の構成を含めて前記第1参考例と同じである。
【0117】
従って、この第2参考例においても、継手341に取付けたねじ244により代表した架台127の長手方向に隣接する架台要素127a間に所定の大きさの要素間間隙を設けることができるので、第1参考例と同様の作用を得て本発明の課題を解決できる。しかも、その他の作用についても第1参考例と同様に得ることができる。
【0118】
なお、本発明は前記一実施形態には制約されない。例えば、本発明は架台装置の各架台を屋根の軒棟方向に延びるように配設して設置される太陽光発電装置にも適用できる。
【0119】
【発明の効果】
本発明は、以上説明したような形態で実施され、以下に記載されるような効果を奏する。
【0120】
請求項1の発明によれば、日射に基づく各架台要素の熱膨張を吸収して、熱膨張に起因する架台への悪影響を抑制できる太陽光発電装置を提供できる。
【0121】
請求項2の発明によれば、架台要素の寸法のばらつきや、架台要素の端部底壁のねじ通孔の位置のばらつき等に拘らずに、架台の長手方向に隣接する架台要素同士の接続作業性を向上できる。
【0122】
請求項3及び4の発明によれば、架台の長手方向に隣接する架台要素間に適正な大きさの要素間間隙を継手により容易に作ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 (A)は本発明の一実施形態に係る太陽光発電装置が屋根に設置された状況を概略的に示す斜視図。
(B)は図1(A)中のZ部を拡大して示す斜視図。
【図2】 (A)は図1(A)中のY−Y線に沿って示す太陽光発電装置の断面図。
(B)は図2(A)の軒側の架台装置の構造を拡大して示す断面図。
(C)は図2(A)の中間位置の架台装置の構造を拡大して示す断面図。
【図3】 図1の太陽光発電装置が備える軒側架台の架台要素間の連結構造を示す断面図。
【図4】 図3中X−X線に沿って示す断面図。
【図5】 一実施形態で使用する継手と架台とスペーサ部材とを互いに分離して示す斜視図。
【図6】 図1の太陽光発電装置の各架台の屋根への配置を示す平面図。
【図7】 本発明の第1参考例に係る太陽光発電装置を概略的に示す斜視図。
【図8】 図7の太陽光発電装置を示す断面図。
【図9】 図7の太陽光発電装置の一部を分解して示す斜視図。
【図10】 図7の太陽光発電装置の継手部分を示す断面図。
【図11】 (A)は図7の太陽光発電装置の縦桟への架台の固定構造を示す断面図。
(B)は図11(A)中W−W線に沿って示す断面図。
【図12】 (A)は図7の太陽光発電装置が備える太陽電池モジュールの正面図。
(B)は図12(A)中V方向から見た太陽電池モジュールの上面図。
(C)は図12(A)中U−U線方向から見た太陽電池モジュールの上部の側面図。
(D)は図12(A)中T方向から見た太陽電池モジュールの下面図。
(E)は図12(A)中S−S線方向から見た太陽電池モジュールの下部の側面図。
【図13】 図7の太陽光発電装置の太陽電池モジュールを屋根にけんどん方式により設置する状況を示す概略的斜視図。
【図14】 本発明の第2参考例に係る太陽光発電装置の一部を分解して示す斜視図。
【図15】 図14の太陽光発電装置の継手部分を示す断面図。
【符号の説明】
11…屋根(被設置部)
15…太陽光発電装置
16、17…架台装置
18、18a…太陽電池モジュール
21…架台
21a…架台要素
22…架台カバー
23…連結ユニット
24a…架台要素の天井壁
24b…架台要素の開口
24f…架台要素の底壁
24fp…底壁の隆起凸条
24g…架台要素の側壁
41…継手
42…継手の底板部
43…継手の側板部
44…継手の長孔(ねじ通孔)
45…スペーサ着脱部
46…スペーサ部材
47…架台の端部側壁のねじ通孔
48…ねじ
G1…要素間間隙
G3…隙間

Claims (4)

  1. 直線状に並べられた複数のレール状架台要素同士を継手で接続してなり、互いに平行に被設置部に固定される架台と、これら互いに平行な架台にわたって支持されて前記架台の長手方向に並べられる複数の太陽電池モジュールと、を具備し、前記長手方向に隣接する架台要素間に要素間間隙を設けて、この間隙の範囲内で前記架台要素をその長手方向に移動可能とした太陽光発電装置において、
    前記架台要素は、天井壁と、この天井壁に対向する底壁と、これら天井壁と底壁とにわたる側壁とを有し、かつ、前記架台要素の長手方向に連続して延びる開口が前記天井壁の幅方向中央部に形成されているとともに、この開口と対向して前記架台要素の長手方向に連続して延びる隆起凸条が前記底壁の幅方向中央部に形成されており、
    前記長手方向に隣接する架台要素の端部間にわたって前記継手が内装されており、この継手が、前記隆起凸条に接するとともにこの隆起凸条の両側に連続する前記底壁の低い内面部位との間に隙間を形成して配置される底板部と、この底板部の両縁から上側に折り曲げられて前記架台要素の側壁内面に接する側板部とを有し、
    前記継手の底板部及び前記架台要素の隆起凸条を通って前記被設置部にねじ込まれたねじにより前記架台要素を前記被設置部に固定し、前記ねじの直径よりも、このねじが通る前記底壁のねじ通孔を大径とするか、又は前記ねじ通孔を前記長手方向に延びる長孔として、前記要素間間隙の範囲内での前記架台要素の移動を許したことを特徴とする太陽光発電装置。
  2. 前記継手の底板部に設けられるねじ通孔を前記長手方向に延びる長孔で形成したことを特徴とする請求項1に記載の太陽光発電装置。
  3. 前記要素間間隙を設けるためのスペーサ部材が施工時に取外し可能にセットされるスペーサ着脱部を、前記要素間間隙に露出させて前記両側板部に夫々設けたことを特徴とする請求項1又は2に記載の太陽光発電装置。
  4. 前記スペーサ着脱部をプラスねじ回しの軸部が取外し可能にセットされる大きさの孔又は切欠き溝で形成したことを特徴とする請求項3に記載の太陽光発電装置。
JP2000229253A 1999-07-30 2000-07-28 太陽光発電装置 Expired - Fee Related JP4414569B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11-217051 1999-07-30
JP21705199 1999-07-30
JP2000229253A JP4414569B2 (ja) 1999-07-30 2000-07-28 太陽光発電装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000229253A JP4414569B2 (ja) 1999-07-30 2000-07-28 太陽光発電装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001107518A JP2001107518A (ja) 2001-04-17
JP4414569B2 true JP4414569B2 (ja) 2010-02-10

Family

ID=26521785

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000229253A Expired - Fee Related JP4414569B2 (ja) 1999-07-30 2000-07-28 太陽光発電装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4414569B2 (ja)

Families Citing this family (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7012188B2 (en) * 2000-04-04 2006-03-14 Peter Stuart Erling Framing system for solar panels
JP2003064835A (ja) * 2001-08-28 2003-03-05 Sharp Corp 太陽電池モジュールの施工方法およびその取付構造
US6617507B2 (en) * 2001-11-16 2003-09-09 First Solar, Llc Photovoltaic array
EP1449262B1 (en) 2001-11-16 2012-10-03 First Solar, Inc Photovoltaic array
US6959517B2 (en) 2003-05-09 2005-11-01 First Solar, Llc Photovoltaic panel mounting bracket
DE202004015811U1 (de) * 2004-10-13 2004-12-16 Bbt Thermotechnik Gmbh Befestigungsvorrichtung für mindestens einen Sonnenkollektor
WO2006044510A1 (en) * 2004-10-15 2006-04-27 Bp Corporation North America Inc. Method and apparatus for preventing distortion of a framed solar module
JP4679447B2 (ja) * 2006-06-27 2011-04-27 株式会社屋根技術研究所 屋根材レール
JP4679448B2 (ja) * 2006-06-27 2011-04-27 株式会社屋根技術研究所 屋根材レール
DE102006044418B3 (de) * 2006-09-18 2007-12-06 Solon AG für Solartechnik Leichtgewichtiges Photovoltaiksystem in einer Ausbildung als Modulplatte
DE202007010330U1 (de) * 2007-07-23 2008-08-28 Henkenjohann, Johann Photovoltaik-Module mit aus ALU-Rahmenprofilen gefertigten Rahmen
JP2010071046A (ja) * 2008-09-22 2010-04-02 Sanko Metal Ind Co Ltd 太陽光発電装置
WO2010045514A2 (en) * 2008-10-17 2010-04-22 E. I. Du Pont De Nemours And Company An anchor having three-dimensional freedom of motion for mounting a framework element to a structure
JP5202430B2 (ja) * 2009-05-11 2013-06-05 株式会社屋根技術研究所 太陽電池モジュールの固定構造
CA2765472A1 (en) * 2009-06-19 2010-12-23 Unirac, Inc. Modular structural framing system
JP4987059B2 (ja) * 2009-08-07 2012-07-25 シャープ株式会社 構造物設置用架台、構造物設置用架台の施工方法、及び太陽電池システム
JP5896196B2 (ja) * 2010-01-20 2016-03-30 元旦ビューティ工業株式会社 外設部材の取付構造、及び取付方法
FR2960625A1 (fr) * 2010-05-26 2011-12-02 Energysol Dispositif de support etanche de panneaux solaires pour toutes toitures
JP2011249644A (ja) * 2010-05-28 2011-12-08 Noritz Corp 太陽光発電モジュールの架台用アースファスナー及びその架台導通方法
JP5611707B2 (ja) * 2010-08-02 2014-10-22 株式会社屋根技術研究所 板状モジュールの固定構造
JP5611716B2 (ja) * 2010-08-16 2014-10-22 株式会社屋根技術研究所 板状モジュールの固定構造
FR2971839B1 (fr) * 2011-02-18 2013-03-29 Tenesol Structure de montage, kit pour la realisation d'une telle structure, systeme de recuperation d'energie solaire comprenant une telle structure et installation comprenant un tel systeme
ITBS20110053U1 (it) * 2011-09-22 2013-03-23 Designeering Srl Pannello fotovoltaico in particolare per coperture
EP2535661B1 (en) * 2011-10-24 2013-04-24 Doors Sistem S.r.L. Modular type assembly system for the installation of photovoltaic system
FR2983890A1 (fr) * 2011-12-12 2013-06-14 Davy Huguet Structure support pour panneaux
JP2013147831A (ja) * 2012-01-18 2013-08-01 Sharp Corp 太陽電池モジュール、太陽電池モジュールの支持構造、太陽電池モジュールの設置方法、及び太陽光発電システム
JP6254784B2 (ja) * 2013-07-19 2017-12-27 ソーラーフロンティア株式会社 連結構造
JP5660550B2 (ja) * 2014-01-09 2015-01-28 元旦ビューティ工業株式会社 外設部材の取付構造、及び取付方法
JP6334941B2 (ja) * 2014-02-13 2018-05-30 奥地建産株式会社 面状物品の屋根上支持固定構造及び方法
JP6283239B2 (ja) * 2014-03-11 2018-02-21 積水化学工業株式会社 太陽エネルギー収集パネルの固定構造及び方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2001107518A (ja) 2001-04-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10365017B2 (en) Self-adjusting end clamp
EP3087670B1 (en) Improved clamps for solar systems
US8935893B2 (en) Direct rooftop mounting apparatus for solar panels
JP6034427B2 (ja) 太陽電池アレイ
US8919075B2 (en) Unitized photovoltaic assembly
EP2304812B1 (en) Photovoltaic module and module arrays
EP2597682B1 (en) Solar cell array
US8404963B2 (en) Auxiliary member
US8191320B2 (en) Photovoltaic panel clamp
US8266848B2 (en) Photovoltaic module mounting system
EP0621983B1 (en) Photovoltaic roof system
EP2413063B1 (en) Slider clip and photovolatic structure mounting system
JP5989992B2 (ja) 構造体への光起電力デバイスの設置システム
US7487771B1 (en) Solar panel frame assembly and method for forming an array of connected and framed solar panels
JP3907668B2 (ja) 太陽電池モジュールの取付け構造
CA2755217C (en) Support system for solar panels
US20150107168A1 (en) Securing structure for solar cell module
AU773404B2 (en) Structure and method of installing photovoltaic module
EP2048715B1 (en) Electric connection system
JP4365450B1 (ja) 太陽電池モジュールの固定構造、太陽電池モジュール用のフレーム及び固定部材
KR101390571B1 (ko) Pv 모듈 실장 및 지지 조립체 및 실장 방법
JP5295436B2 (ja) 取付部材およびこれを用いた太陽電池アレイ
KR101768728B1 (ko) 태양광 모듈의 부착 장치 및 장착 방법
US20140182662A1 (en) Method and Apparatus for Forming and Mounting a Photovoltaic Array
EP2431553A1 (en) Solar module fixing structure

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070319

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090729

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090811

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091013

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091117

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091120

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121127

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 4414569

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131127

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131127

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees