JP4401293B2 - 船舶 - Google Patents

船舶 Download PDF

Info

Publication number
JP4401293B2
JP4401293B2 JP2004528167A JP2004528167A JP4401293B2 JP 4401293 B2 JP4401293 B2 JP 4401293B2 JP 2004528167 A JP2004528167 A JP 2004528167A JP 2004528167 A JP2004528167 A JP 2004528167A JP 4401293 B2 JP4401293 B2 JP 4401293B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ship
means
water contact
contact means
ram
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2004528167A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005535495A (ja
Inventor
ブライアン ヘイリング,クリストファー
ロングマン,マイケル
Original Assignee
ヘイリング テクノロジーズ ピーティーワイ リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to AU2002950750A priority Critical patent/AU2002950750A0/en
Priority to AU2003900852A priority patent/AU2003900852A0/en
Application filed by ヘイリング テクノロジーズ ピーティーワイ リミテッド filed Critical ヘイリング テクノロジーズ ピーティーワイ リミテッド
Priority to PCT/AU2003/001028 priority patent/WO2004016497A1/en
Publication of JP2005535495A publication Critical patent/JP2005535495A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4401293B2 publication Critical patent/JP4401293B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B39/00Equipment to decrease pitch, roll, or like unwanted vessel movements; Apparatus for indicating vessel attitude
    • B63B39/005Equipment to decrease ship's vibrations produced externally to the ship, e.g. wave-induced vibrations
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B1/00Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils
    • B63B1/02Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement
    • B63B1/10Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls
    • B63B1/14Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls the hulls being interconnected resiliently or having means for actively varying hull shape or configuration
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B1/00Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils
    • B63B1/16Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces
    • B63B1/18Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type
    • B63B1/22Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type with adjustable planing surfaces
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B1/00Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils
    • B63B1/02Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement
    • B63B1/10Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls
    • B63B1/12Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls the hulls being interconnected rigidly
    • B63B1/125Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls the hulls being interconnected rigidly comprising more than two hulls
    • B63B2001/126Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls the hulls being interconnected rigidly comprising more than two hulls comprising more than three hulls
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B1/00Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils
    • B63B1/02Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement
    • B63B1/10Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls
    • B63B1/14Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls the hulls being interconnected resiliently or having means for actively varying hull shape or configuration
    • B63B2001/145Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving lift mainly from water displacement with multiple hulls the hulls being interconnected resiliently or having means for actively varying hull shape or configuration having means for actively varying hull shape or configuration
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B1/00Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils
    • B63B1/16Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces
    • B63B1/18Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type
    • B63B1/20Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type having more than one planing surface
    • B63B2001/204Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type having more than one planing surface arranged on multiple hulls
    • B63B2001/205Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type having more than one planing surface arranged on multiple hulls the hulls being interconnected rigidly
    • B63B2001/207Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type having more than one planing surface arranged on multiple hulls the hulls being interconnected rigidly comprising more than two hulls
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B1/00Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils
    • B63B1/16Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces
    • B63B1/18Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type
    • B63B1/20Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type having more than one planing surface
    • B63B2001/204Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type having more than one planing surface arranged on multiple hulls
    • B63B2001/209Hydrodynamic or hydrostatic features of hulls or of hydrofoils deriving additional lift from hydrodynamic forces of hydroplane type having more than one planing surface arranged on multiple hulls the hulls being interconnected resiliently, or having means for actively varying hull shape or configuration
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63BSHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; EQUIPMENT FOR SHIPPING 
    • B63B17/00Vessels parts, details, or accessories, not otherwise provided for
    • B63B2017/0072Seaway compensators
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B63SHIPS OR OTHER WATERBORNE VESSELS; RELATED EQUIPMENT
    • B63JAUXILIARIES ON VESSELS
    • B63J3/00Driving of auxiliaries
    • B63J3/04Driving of auxiliaries from power plant other than propulsion power plant

Description

本発明は、船舶に関するものであり、特に詳しくは、排水量型船舶(displacement−type water craft)及び滑走型船舶(plaining−type water craft)に関するものである。

排水量型船舶が水域を走行する時に、大量の水が船首から船尾に向かって排水される事が知られている。

比較的低速度においては、船舶は割合に効率よく水域を走行する事が可能である。しかしながら、船舶が比較的高速度で水域を走行する時には、必然的に排水速度の増加が必要となるので、重大な乱流を引き起こし、その結果、効率の低下を招く。船舶が波に遭遇する時にこの影響は顕著になる。なぜならば、船舶が波高点を通過する時に、水域に深く切り込むからである。

更に、排水量型船舶本体は一般的に水面に追随するので、乗客に不快な乗り心地をもたらし、ひいては船酔いさせる事になりがちである。

排水量型船舶のいくつかの不利な点を克服するために、よく知られている事だが、滑走型船舶が提供されている。それは十分な速度に達した時に、水域から持ち上がり水域表面を滑走する。それにより、排水量型船舶よりも少ないエネルギーで、しかも水域表面をより早く滑走することが可能となる。

しかし、水面が比較的に平坦でない場合は、船舶と引き続いて押し寄せる波面との強い衝撃によりギシギシした不快な振動が発生する。やや荒波の状態では、滑走型船舶は滑走可能な速度に達せず、排水量型船舶と同様に、余儀なく比較的低速度で非効率的に走行せざるをえない。

更なる代替案としては、やや幅の広い単一の船体よりも、幅が狭く長い艇体を3つ以上備えたものの方が波を切るのに、より経済的で、なおかつ、より快適である。

然しながら、その様な多艇体型船舶は、柔軟性に欠ける構造を有しているので、事故が起こりやすい。つまり、例えば水面が荒れているような状況下では、少なくとも一つの艇体が、残りの他の艇体がまだ水面下にあるにもかかわらず、持ち上がってしまう事がある。その結果として、極端な力が構造部の一部にかかり、船舶を破損させるか転覆させるに至る。

水域とその艇体または各艇体との接触表面領域を減らす事によって速度を上げ、かつ、より快適にするために、水中翼型船舶が製作されている。その様な水中翼型船舶は、水中翼を具備し、船舶が特定の速度に達すると、その翼は船体を水中から持ち上げるに十分な浮揚力を生じさせる。水面を滑走すると言うよりも、むしろその翼は完全に水中にあり、水を切って進むことから、水中翼型船舶には、走行中に水域からその艇体または各艇体を持ち上げるためにかなりのエンジンパワーが必要となる。更に、水中翼によって引起される抗力は、船舶がゆっくり走行する時には、非常に非効率的な走行の原因となる。また、その翼とエンジンプロペラは、停船時または低速走行中は水面下数メートルに達するので、水中翼型船舶は比較的浅い水域では走行できない。

この発明の第1の態様によれば、次に述べる特徴を有する船体シャーシ部分および少なくとも4つの水接触手段と相互接続手段を含む船舶が提供される。すなわち、各水接触手段は船体シャーシ部に接続され、かつ船体シャーシ部と相対的には実質的に垂直方向に移動可能であり、また相互接続手段は、少なくとも4つの水接触手段と機能的に連結し、水面が波立っていて、水接触手段が同一平面上に必ずしも配置されていなくても、船体シャーシ部が水面の平均平面に対して実質的に走行中に一定の方向を維持できるように配置される。

1つの配置では、いかなる荷重条件に対しても、水接触手段が同一平面上に必ずしも配備されてない時でさえ、各水接触手段上の静的荷重は実質的に一定のままとなるように相互接続手段を水接触手段と機能的に連結させる配置にする。

最初の1組目の反対側に位置する水接触手段によって支えられる重量と2組目の反対側に位置する水接触手段によって支えられる重量の相対的比率が静的な状態で実質的に一定であるように、相互接続手段を水接触手段と機能的に連結させる配置にする事が好適である。

水接触手段の1つが、走行中に船体シャ−シ部に対し垂直方向で一般的に上昇する方向に動くよう要求されたときには、2つの隣接した水接触手段は船体シャーシ部に対し垂直方向で一般的に下降するよう迫られるように、相互接続手段を水接触手段と機能的に連結させる配置にする事が好適である。

1つの配置では、平面図で見ると、水接触手段は船体シャーシ部に対し菱形状の構成で配置される。

この配置においては、2つの隣接する水接触手段が走行中に船体シャーシ部に対し垂直方向で一般的に上昇する同一方向に動くよう要求されたときには、反対側の2つの隣接した水接触手段は、船体シャーシ部に対し垂直方向で一般的に下降する動きが制限されるように、相互接続手段を水接触手段と機能的に連結させる配置にする。

代替案の配置として、平面図で見ると、水接触手段を船体シャーシ部に対し矩形状の構成で配置する。

この配置においては、船舶の一番目の側面に設置された2つの隣接する水接触手段が走行中に船体シャーシ部に対し一般的に上昇する垂直方向に動くよう要求されたときには、船舶の反対側の二番目の側面に設置された2つの隣接した水接触手段は、船体シャーシ部に対し一般的に下降する垂直方向の動きが制限されるように、相互接続手段を水接触手段と機能的に連結させる配置にする。

1つの変化例として、船舶の一番目の側面に設置された2つの隣接する水接触手段が、横断的に船舶の反対側の二番目の側面に設置された2つの隣接した水接触手段と機能的に連結させる。

別の変化例として、船舶の一番目の側面に設置された2つの隣接する水接触手段が、対角線的に船舶の反対側の二番目の側面に設置された2つの隣接した水接触手段と機能的に連結させる。

一つの具体例に於いては、当該相互接続手段が、当該水接触手段と機械的に且つ機能的に接続する為に設けられている。

この具体例に於いては、当該相互接続手段は、使用中に隣接する水接触手段間で力を伝達する為に設けられているドロップリンクを含んでいてもよく、少なくとも一つ若しくはそれ以上の当該ドロップリンクは、弾力性を持つものであっても良い。

それに替わる具体例として、当該相互接続手段は使用中に隣接する当該水接触手段間で力を伝達する為に設けられているギアを含むものであっても良い。

代替可能な具体例に於いては、当該相互接続手段は、当該水接触手段と流体的或は空気流的で機能的にリンクするために設けられている。

この具体例に於いては、当該相互接続手段は複数個のラムと複数個の流体導管を含んでいても良く、それぞれのラムは水接触手段と関連付けられており、叉各ラムは、少なくとも一つの流体導管を使用している少なくとも一つ水接触手段と関連する少なくとも一つの他のラムと流体的に接続されているもので有っても良い。

少なくとも2つの水接触手段が各々2つのラムと関連し、各ラムは少なくとも1つの他の水接触手段と関連する少なくとも1つの他のラムに流動的に結合している事が好適である。

当該ラムおよび当該流体導管は、複数の離散的流体回路を形成し、少なくとも数個の当該流体回路は、2つの隣接するラムの上部チェンバー間に延びる一番目の流体回路部を含んでおり、且つ少なくとも数個の当該流体回路は、2つの隣接するラムの下部チェンバー間に延びる二番目の流体回路部を含んでいる事が好適である。

平面図で見た時に、水接触手段は船体シャーシ部に対し、菱形状構成で配置されることもあり、この構成では、少なくとも数個の流体回路は隣接しているラムによる第1のラム対に対する一番目の流体回路部と反対側に位置する第2のラム対に対する二番目の流体回路部間に延長されている三番目の流体回路部を含んでいるもので有っても良い。

平面図で見た時に、水接触手段は船体シャーシ部に対し、矩形状構成で配置されることもあり、この構成では、少なくとも数個の流体回路は、当該船舶の一番目の側面に設置された一番目の隣接ラムのペアに対する一番目の流体回路部と、当該船舶の二番目の側面に設置された、対角線的に当該船舶の反対側に位置する隣接ラムのペアに対する二番目の流体回路部間に延長されている三番目の流体回路部を含んでいるもので有っても良い。

別の例として、平面図で見た時に、水接触手段は船体シャーシ部に対し、矩形状構成で配置されることもあり、この構成では少なくとも数個の流体回路は三番目の流体回路部を含み、それは船舶の一番目の側面に設置された一番目の隣接ラムのペアの一番目の流体回路、および船舶の二番目の側面に設置され、横断的に船舶の反対側に位置する隣接ラムのペアの二番目の流体回路間へと延長される。

船舶は更に少なくとも1つの流体回路、および/または少なくとも1つのダンパーバルブを持った流体連通におけるアキュムレータを少なくとも1つ含んでいる事が好適である。

1つの配置として、少なくとも1つのダンパーバルブは制御可能で、緩衝レベルが調整可能なように配置する。走行中に流体回路を通して流体フローが磁気部材とコイル間で相対的運動をもたらし、それにより電流を発生させ、制御可能なダンパーバルブにより提供される緩衝の程度がコイルから惹起される電力の大きさに比例するように、制御可能なダンパーバルブを配置する。

制御可能なダンパーバルブは流体回路を有する回路内に歯車モータを含んでいてもよい。

その歯車モータは流体が流体回路を通るときに回転するように配置され、発電機は歯車モータの回転に連動して回転し、それにより電流を発生する。

別の例として、制御可能なダンパーバルブはピストン部およびシリンダ部を含んでいてもよい。ピストン部およびシリンダ部の1つは磁場を発生するよう配置し、そしてコイルを含む他のピストン部およびシリンダ部は、流体が流体回路を通るときにピストン部のシリンダ部に対する相対運動を発生させ、それによりそのコイルに電流を惹起するよう配置する。

船舶は、更に、水表面の平均面に対する水接触手段の方向制御のための手段を含む事が好適である。水接触手段の方向制御のための手段は少なくとも1つの制御ラムおよび少なくとも1つのセンサーを含み、そのセンサーは船舶の操作に関連したパラメータを検出し、少なくとも1つのそのセンサーに反応して少なくとも1つのラムの拡張または収縮を生じさせるように配置する。船舶の操作に関するパラメータとしては、横力(lateral force)、ピッチ力(pitch force)、揺首力(yaw force)、および操舵位置が適用可能である。

少なくとも1つの水接触手段はシャーシー部へ二重ウィッシュボーンを用いて接合する事が好適である。

少なくとも1つの水接触手段は、走行中に水面と接触するように配置された裏面を含み、走行中の船舶がその裏面の輪郭に沿って進み、横ずれを抑えるようにする事が好適である。

好適な実施例として、船舶の左舷に3つの水接触手段、および右舷に3つの水接触手段を配置する矩形状構成を有する6つの水接触手段を持った船舶をあげる。別の実施例として、8つ、10またはそれ以上の水接触手段を持つものが提供されている。

本発明に係る船舶は、少なくとも一つの水接触手段によるシャーシーに対する相対的な動きから生ずるエネルギーを吸収するために配置されている少なくとも一つのダンパー手段を含んでいても良い。それぞれのダンパー手段は、水接触手段と連携せしめられており、叉当該各ダンパー手段は、第1のダンパー手段と、当該水接触手段が当該シャーシーに対して移動する際に当該第1のダンパー手段に対して移動する様に配置されている第2のダンパー手段とを含んでおり、且つ当該ダンパー手段は、当該第1と第2のダンパー手段間の相対的な動きが,磁石手段とコイル手段との間の相対的な動きを発生させ、それによって電流を発生させる様に配置されていて、制御可能なダンパーバルブにより提供されるダンピングの程度が当該コイルから引き出される電力の大きさに比例する様に構成されている。

当該ダンパー手段は、更にピストン部とシリンダー部とを含んでいても良く、そのうちの一つのピストン部とシリンダー部は、磁界を発生させる為に配置されており、他のピストン部とシリンダー部はコイルを含んでおり、当該ピストン部は、当該水接触手段が当該シャーシー部に対して相対的に移動する際に、当該シリンダー部に対して相対的に移動する様に配置せしめられていて、それによって当該コイルに電流を発生する様に構成されているものである。

別の構成としては、当該ダンパー手段は、流体ポンプと流体貯留装置を含んでいても良く、当該流体ポンプは、当該水接触手段が当該シャーシーに対して相対的に移動する際に当該流体を当該流体貯留装置に移動させるように配置されているものである。

好ましくは、本発明に係る船舶は、更に当該ダンパー手段により吸収されたエネルギーの少なくとも一部を貯蔵する様に構成されたエネルギー貯蔵手段を含んでいるものである。

当該エネルギー貯蔵手段はバッテリ手段を含んでいても良い。

本発明に於ける他の態様に於いては、当該船舶はシャーシー、複数の水接触手段、及び少なくとも一つのダンパー手段を含んでおり、且つ当該それぞれのダンパー手段は当該水接触手段に連携されており、且つそれぞれのダンパー手段は第1のダンパー手段と、当該水接触手段が当該シャーシーに対して移動する際に当該第1のダンパー手段に対して相対的に移動する様に配置されている第2のダンパー手段とを含んでおり、且つ当該ダンパー手段は、当該第1と第2のダンパー手段間の相対的な動きが、当該シャーシーに対する少なくとも一つの当該水接触手段の動きから生ずるエネルギーを吸収するように構成されているものである。

以下に、本発明に係る船舶の具体的な構成を実施例により図面を参照しながら詳細に説明する。

図1乃至図10を参照すれば、本発明に係る具体例に従った船舶10が示されている。

本発明に係る当該船舶10は、中央基体部或はシャーシー12と前脚部ヒンジ接合部16に於いて、当該シャーシー部12と旋回自在に接合されている前脚部14と、右脚部ヒンジ接合部20に於いて、当該シャーシー部12と旋回自在に接合されている右側脚部18と、後脚部ヒンジ接合部24に於いて、当該シャーシー部12と旋回自在に接合されている後脚部22と、左脚部ヒンジ接合部28に於いて、当該シャーシー部12と旋回自在に接合されている左側脚部26とを含んでいる。

図1乃至4に於いては、当該中央基体部或はシャーシー12は、単純なビーム構造、例えば、平面的にみてI型の構造として示されているが、これは単純化の為であり、それによって当該脚部接合や他の部材等が観察できる。

本発明に於ける実際の構成に於いては、当該中央基体部或はシャーシー12は当該船舶の主要な乗客用船体と一体化されるか、当該乗客用船体と置換されるものであっても良い。

当該各脚部14,18,22、26のそれぞれの端部には、スキー、フロート、或はその他の適切な水接触装置からなる水接触手段が個別に設けられている。

本明細書では、当該水接触手段は参照が容易となる様に、ポッド(pod:補助燃料タンク状の形状を持つ構造物)と称する。

当該前脚部14の当該シャーシー部12から離れた側の端部には、前ポッドヒンジ接合部32に於いて当該前脚部と旋回自在に接合された前ポッド30が設けられている。同様に、当該右側、後、左側の各脚部18,22、26の当該シャーシー部12から離れた側のそれぞれの端部には、右ポッド34、後ポッド38、及び左ポッド42が個別に設けられており、当該各ポッドは、関連する脚部に、個々の右、後、左ポッドヒンジ接合部36、40、44のそれぞれによって旋回自在に接合されている。

当該脚部ヒンジ接合部16、20、24、28、当該脚部14、18、22、26及び当該ヒンジ接合部32、36、40、44の配列は、当該シャーシー部に対して当該ポッドのある特定の位置を提供し、且つ使用中における当該シャーシー部に対して相対的に、一般的に垂直な方向の当該ポッドの移動を実現するということが理解されるであろう。

同様に、前、右、後、左ヒンジ接合部32、36、40、44は、叉、当該前及び後ポッド30,38のピッチ型の動き及び当該右側及び左側ポッド34,42のロール型の動きを実現させるものである事も理解されるであろう。前及び後脚部14、22は、同じ様に構成されている。

一対の横方向に間隔を空けて配置されている主脚部部46、54は、個々の脚部ヒンジ接合部16、24と個々のポッドヒンジ接合部32,54との間に延展されている。

一方、前及び後脚部レバーアーム部材48、56が、個別に当該個々の脚部ヒンジ接合部16、24から突出しているが、当該主脚部部材46、54とに固定されて設けられている。

図示されているそれぞれの当該脚部レバーアーム部材の長さは、それが固定されている当該主脚部部材の長さの略3分の1である。

この場合、前或は後ポッドが示す如何なる垂直方向の動きは、関連する前或は後脚部レバーアーム部材48,56の自由端部における一般的に反対方向の垂直方向の動きを発生させる。当該動きの量は、当該ポッドの動きの量の約3分の1である
各側面脚部18,26は、個々の側面脚部ヒンジ接合部20,28と個々の右或は左ポッドヒンジ接合部36と44の間に延展している2つの側面部材52を含んでおり、当該右側脚部18の側面部材52のそれぞれと当該左側脚部26の側面部材52のそれぞれには、ドロップリンク57が設けられている。

当該4個のドロップリンク57のそれぞれは、当該4個の側面部材52の一つと当該前脚部レバーアーム部材48或は当該後脚部レバーアーム部材56の何れか一つの自由端部との間に接合されている。

図1乃至図10に於いては、それぞれのドロップリンク57は図示の様に、当該それぞれの側面部材52と、それぞれの側面脚部ヒンジ接合部20、28とそれぞれのポッドヒンジ接合部36,44との間の距離の約3分の1の位置に接続されている。

当該船舶10の為の上記した接続配列の動作は、以下に説明する。

即ち、前、後及び側面脚部14、18、22、26は、当該前及び後脚部14,22の一方による一般的に垂直方向での動きが当該前及び後脚部14,22の他方による同一方向の垂直方向の動きを発生させ、且つ当該側面脚部18,26の一般的に反対方向の垂直方向の動きを発生させる様に、相互に接続されている。

同様に、当該側面脚部18,26の一方による一般的に垂直方向での動きが当該側面脚部18,26の他方による同一方向の垂直方向の動きを発生させ、且つ当該前及び後脚部14,22の一般的に反対方向の垂直方向の動きを発生させる。

当該ドロップリンク57の当該脚部に対する相対的な位置は、使用中に於ける当該脚部の弧状動作の程度とそれぞれのポッドにより支えられる荷重の量とに影響を与える。

上記した様な当該脚部の動きを実現する事によって、当該前及び後のポッドに掛かる荷重の総量は、使用中で、実質的に当該一対の側面ポッドに掛かる荷重と同等である事は理解されるであろう。

従って、当該シャーシー部12は、当該船舶が均一でない水面を航行する際に実質的に安定した傾斜(inclination 横方向傾斜)を維持する様に作用する。

当該前及び後脚部14、22を当該側面脚部18、26の下部に配置する代わりに、上部に配置することによって、同じ動作が実現しうることも理解されるであろう。

然しながら、かかる配列によって、当該ドロップリンク57は、通常は、伸張される代わりに圧縮されるであろう。

図10に示す様に、当該ポッドの下側表面58は、要求される用途に応じた輪郭が形成されているのであって、例えば、使用中に於ける両側のポッドの横方向へのスリップは制限される様に構成されているか或は当該前ポッドと後ポッドは、当該船舶が旋回することを実現するために横方向に動ける様に構成されている。

それに加えて、或はそれの代わりに、固定された及び/叉は操縦可能なフィンを使用する事が可能である。

使用中の本発明に於ける具体例は図5と図6に示されており、図中では、当該船舶10が波の頂点部と波間のへこみ部を航行している場合を示している。

図5に示す様に、当該船舶10が波の頂点部60を越えて航行する場合、当該前及び後脚部14,22は、当該シャーシー部12に対して相対的に下方に動く様に作動せしめられ、そして当該側面脚部18、26は当該シャーシー部12に対して相対的に上方に動く様に作動せしめられ、それによって当該ポッド30、36、40、44の全てが水面62と接触し、且つ実質的に均等な荷重が当該前、後対ポッド及び側部対のポッド間で促進される。

同様に、図6に示す様に、当該船舶10が波間のへこみ部63を航行する場合、当該前及び後脚部14,22は、当該シャーシー部12に対して相対的に上方に動く様に作動せしめられ、そして当該側面脚部18、26は当該シャーシー部12に対して相対的に下方に動く様に作動せしめられ、それによって当該ポッド30、36、40、44の全てが水面62と接触し、且つ実質的に均等な荷重が当該前、後対ポッド及び側部対のポッド間で維持され、それによって当該各ポッド間に於いて、当該シャーシー部12の平均的な傾斜レベルが実現される。

上記した具体例に於ける当該船舶10は、当該脚部ヒンジ接合部16、20、24、28から個々のドロップリンク57に到る距離が略等しい様な、略等しい長さを持つ脚部14、18、22、26を含んでいる。

その結果、当該シャーシー部12に印加された如何なる荷重でも、全ての4個のポッドによって実質的に均等に分担される事になる。

然しながら、当該脚部の長さ及び当該ドロップリンクの位置が当該船舶の使用中に於ける当該脚部の弧状の動きの程度及び各ポッドにより支えられる荷重の量を決定するので、当該脚部の長さ及び当該ドロップリンクの位置は、支えられる望ましい荷重やうねりのある水面を航行する当該船舶のシャーシー部傾斜特性等に基づいて修正しえることは理解されるであろう。

当該脚部の長さや当該ドロップリンクの位置に係わらず、何れかの個々のポッドにより支えられる静止荷重は波が当該船舶の下を通過する際には実質的に変化しない。

当該ドロップリンク57は、弾性を有するもので有っても良く、及び/叉はダンパー手段を含むものであっても良く、それによって、急速なポッドの動きを吸収し且つ4個のポッドの上下運動を吸収する事が出来る事が理解されるであろう。

例えば、当該ドロップリンク57は、ロープ材料、バンジーゴム(bungy rubber)及びそれに類したもので構成される事も可能である。

叉、他の具体例としては、当該ドロップリンクが通常は圧縮された状態にある場合には、圧縮されたスプリング或はそれに類する機能を持つ装置が使用される必要がある。当該ダンパー手段は当該弾性を持つドロップリンクと平行に衝撃吸収装置を含むもので有っても良い。

本発明に於いては、同じ様な方法で動作する他の機械的な配列を使用する事が可能である事も理解されるであろう。

例えば、当該前及び後ポッド30、38を当該左及び右ポッド34、42と同時に且つ互いに反対の方向に動かす事を実現する為に、当該ヒンジ接合部16、20、24、28と当該ドロップリンク57を設ける替わりに、ギヤ手段を設けることも可能であり、個々の脚部は、少なくとも2個の関連したギヤ手段を持っていて、且つ各ギヤ手段は隣接する脚部のギヤ手段とかみ合い等によって当該脚部間で動きを伝達するものである。

図7乃至図10を参照すれば、本発明に係る更に別の具体例に従った船舶77が示されており、当該本発明における更に別の具体例に於いては、同じ構成部分に関しては、上記した具体例で使用した参照符号の同じ参照符号が付されている。

当該船舶77は、当該船舶77の脚部が機械的な接合手段を使用する替わりに流体回路を使用して相互接続されている点を除いて、図1乃至図6に示された船舶と同じ方法で動作する。

本発明に係る当該船舶77は、上部シャーシー79とリンク81で接合されている下部シャーシー80を有する基体部或はシャーシー部78を含んでいる。
前脚部82は、前脚部ヒンジ接続部83に於いて当該下部シャーシー80と旋回自在に接続されており、右側脚部84は、右側脚部ヒンジ接続部85に於いて当該下部シャーシー80と旋回自在に接続されており、後脚部86は、後脚部ヒンジ接続部88に於いて当該下部シャーシー80と旋回自在に接続されており、左側脚部90は、左側脚部ヒンジ接続部92に於いて当該下部シャーシー80と旋回自在に接続されている。

本具体例に於いては、当該前脚部、右側脚部、後脚部、及び左側脚部82、84,86、90のそれぞれの端部には、前ポッド30、右側ポッド34、後ポッド38、及び左側ポッド42がそれぞれ設けられている。

当該前脚部82と上部シャーシー79との間には、その間に延展されており且つ当該両者間にフレキシブルに接続されている二重駆動型前右部ラム(ram:流体圧ピストン)94と二重駆動型前左部ラム96が設けられている。

当該右側脚部84と上部シャーシー79との間には、その間に延展されており且つ当該両者間にフレキシブルに接続されている二重駆動型右前部ラム98と二重駆動型右後部ラム100が設けられている。

当該後脚部86と上部シャーシー79との間には、その間に延展されており且つ当該両者間にフレキシブルに接続されている二重駆動型後右部ラム102と二重駆動型後左部ラム104が設けられている。

当該左側脚部90と上部シャーシー79との間には、その間に延展されており且つ当該両者間にフレキシブルに接続されている二重駆動型左前部ラム106と二重駆動型左後部ラム108が設けられている。

本発明に於ける当該具体例に於いては、それぞれのラムは、流体式ピストンであり、それぞれのラムのシリンダ部分は当該上部シャーシー79に接続されており、当該それぞれのラムのピストン部は当該脚部と接続されている。

係る構成にあって、それぞれのラムの上部チャンバー内でのピストンの表面領域は、当該ラムに於ける下部チャンバー内のピストン部の表面領域よりも大きい。

当該前右部ラム94と当該右前部ラム98の上部チャンバー及び当該前右部ラム94と当該右前部ラム98の下部チャンバーは、それぞれ上部前右導管110と下部前右導管102によって、共に流体伝達可能な状態(in fluid communication)に接続されている。

更に、当該右後部ラム100と当該後右部ラム102の上部チャンバー及び当該右後部ラム100と当該後右部ラム102の下部チャンバーは、それぞれ上部後右導管114と下部後右導管116によって、共に流体伝達可能な状態に接続されている。

更に、当該後左部ラム104と当該左後部ラム108の上部チャンバー及び当該後左部ラム104と当該左後部ラム108の下部チャンバーは、それぞれ上部後左導管118と下部後左導管120によって、共に流体伝達可能な状態に接続されている。

当該前左部ラム96と当該左前部ラム106の上部チャンバー及び当該前左部ラム96と当該左前部ラム106の下部チャンバーは、それぞれ上部前左導管122と下部前左導管124によって、共に流体伝達可能な状態に接続されている。

上部前右導管部110は、第2のリンク導管128を介して下部後左導管120と流体伝達可能な状態に接続されている。

上部前左導管部122は、第3のリンク導管130を介して下部後右導管116と流体伝達可能な状態に接続されている。

下部前左導管部124は、第4のリンク導管132を介して上部後右導管114と流体伝達可能な状態に接続されている。

当該船舶77は叉、当該導管部と共に制御回路(circuit)内に配置されている幾つかのアキュムレータ(緩衝器)134とダンパーバルブ136を含んでおり、当該アキュムレータは、当該船舶が使用されている間に生ずる当該脚部の急速な動きを吸収する様に作動し、叉当該ダンパーバルブ136は、当該流体の流れの量を制御する様に作動し、それによって、当該動きの行き過ぎを制限し、且つ当該船舶が過度に飛び上がる事を防止するものである。

参照し易くする為に、当該ラム94、96、98、100、102、104、106、108と相互連結導管部(interconnecting conduit)110,
112,114,116,118,120,122,124,126,128,130,132が図10にダイアグラム化して示されている。

当該図10には、当該アキュムレータやダンパーバルブは示されてはいないが、実際には、当該アキュムレータやダンパーバルブは存在しているものとして理解されるべきである。

此処で、当該船舶77の操作について、図7乃至図10を参照しながら説明する。

当該船舶77が、比較的平坦な水域に停船している時には、当該船舶77の重量は、当該上部シャーシー部79と脚部との間で圧縮状態に保持されている当該ラムによって実質的に均等に支えられる。

正常な状態に於いては、当該ラムのピストン棒は、当該ピストン棒の頭部が当該ラムシリンダーに関して一般的にその中央に位置する様に安定的に調整されるものである。

この事は、当該ラムの同一量の伸張と圧縮が可能である事を確実にする。

当該と長さ及び当該アキュムレータ内のガスの量は、当該船舶の為のスプリング率(spring rate)を決定する。

例えば、当該スプリング率の増加は、当該ピストン棒の直径を増加させることにより、或は当該アキュムレータ内のガスの量を低下させる事によって実現されるものと理解されるであろう。

通常の使用に於いては、当該船舶が停泊していて、当該船舶に対して付加的な荷重が印加された場合、当該ラムは追加的に圧縮され、それによって当該ラムの全体の長さが減少し、当該流体系統ないに導入された当該ピストン棒の追加的体積部分に等しい流体の量が当該アキュムレータ内に導入され、そして当該アキュムレータ内のガスの量が減少する事になる。

当該荷重が印加された後で、当該船舶に於ける通常の最適な航行移動高さ(travelling ride height)にリセットする為に、追加的な流体が当該流体制御系統ないに導入される事になる。

若し、使用中に当該前ポッド30が波高点と遭遇した場合、当該前脚部82は、当該シャーシー部78に対して相対的に上方向に移動させられ、それによって当該前右部ラム94と当該前左部ラム96が圧縮される。

この事は、当該前右部ラム94と前左部ラム96の上部チャンバーに於ける流体圧力を増加させ、叉これに対応して、上部前右導管部110と上部前左導管部122に於ける流体圧力を増加させる事になる。

この事は、当該流体を、当該前右部ラム94と前左部ラム96の上部チャンバーから当該右前ラム98と左前ラム106の上部チャンバーに向けて流れる様にするものである。

更に、この事は、これらのラムの当該上部チャンバーが拡大するにつれて、当該右前部ラム98と左前部ラム106を伸張させ、当該上部前右部導管部110と上部前左部導管部122に於ける流体圧力の増加から当該流体量を調節する。

この結果、当該右側及び左側脚部84と90は、当該シャーシー部78に対して相対的に下方向に移動する。

当該右後部ラム100と当該左後ラム部108は叉当該個々の側部脚部84或は90及び当該シャーシー部78との間で接合されているので、当該側部脚部84及び90が当該シャーシー部に対して相対的に下方向に移動する場合には、当該右後部ラム100と当該左後部ラム108が同様に伸張する。

この事は、当該右後部ラム100と当該左後部ラム108の上部チャンバーが拡大されそして当該両ラムの上部チャンバー内の流体圧力を減少させる。

この事は叉、当該流体が、当該後右部ラム102と当該後左部ラム104の上部チャンバーから当該右後部ラム100と当該左後ラム部108の上部チャンバーに向けて流れる事になり、それによって、当該後右部ラム102と当該後左部ラム104が当該船舶の重量の下で縮小する事を許容する。

その結果、当該後側脚部86は、それぞれのラムによって支持させる圧力と重量を実質的に均等化するために、当該シャーシー部78に対して相対的に上方に移動する。

従って、それぞれの脚部は機械的に相互に接続され且つそれぞれが流体圧的に隣接する脚部のラムに接続されている2つの二重駆動型ラムが設けられている事が理解されるであろう。

その結果、当該脚部のうちの一つによる略垂直方向の動きは、当該隣接する脚部による反対方向の垂直方向の動きを発生させる傾向があり、対向する脚部の当該動作は同一の方向となる。

然しながら、当該船舶77が比較的高速で水域を移動している場合、より快適な乗船状態を促進させるために、当該脚部の一つが他の脚部の動作発生させる傾向をなくす様なアキュムレータ及びダンパーバルブ等が設けられる。

若し、当該船舶を使用中に、当該船舶77が、隣接するポッド、例えば前ポッド30と右側ポッド34とが水中に沈むような傾向を持つか或は当該船舶の船体を傾斜させる傾向を有し、更には対向するポッド、例えば後ポッド38と左側ポッド42とを上昇させる傾向を持った、ピッチアンドロールタイプ(pitch and roll type)の力を受けた場合に、当該船舶は、前右部ラム94と右前部ラム98を縮小させ、そして後左部ラム104と左後部ラム108とを拡張させる様な、明らかな重量シフトを経験する事になる。

当該前右部ラム94と当該右前部ラム98の上部チャンバーは、実質的に同じ圧力の増加を経験する事になり、叉当該後左部ラム104と当該左後部ラム108の下部チャンバーは、実質的に同じ圧力の増加を経験する事になるので、圧力差は、当該前右部ラム94、当該右前部ラム98、当該後左部ラム104及び当該左後部ラム108を通じて形成される事になる。

当該後左部ラム104及び当該左後部ラム108の下部チャンバーに於ける圧力の増加は、当該後左部ラム104及び当該左後部ラム108の縮小を促し、それによって当該後左部ラム104及び当該左後部ラム108の下部チャンバーにおける流体の量を増加させる。

その結果、当該後脚部86と左側脚部90は当該シャーシー部78に対して相対的に上方に動き、それによって当該シャーシー部78の左後部分が当該シャーシー部78の前右部に対して相対的に持ち上げられる事を防止する。

従って、当該船舶77の2個或はそれ以上の隣接する脚部が当該シャーシー部78に対して同じ略垂直の方向に動かされる場合には、他の脚部が叉同一の方向に動かされるという事が理解されるであろう。

上記した流体圧式回路が、当該船舶のピッチアンドロール動作を制限する様に作動するけれども、当該脚部のそれぞれの個別の動きは制約されるものではないという事もまた理解されるものである。

当該船舶は、従って、転覆することなく、横風の方向(in a cross−wind)に移動すること可能であり、その一方で、それぞれのポッドは、隣接しているポッドに対して動ける様に構成されている。

上記した様に、各脚部の動きを容易にする事によって、当該ポッドと後側ポッド上に掛かる荷重の総計は、その使用中においては、一対のペアとなっている当該側部ポッド上に掛かる荷重と実質的に同じであると理解されるものである。

叉、従って、当該シャーシー78は、当該船舶が不均一な水面上を航行する際に、実質的に安定した傾きを維持する様に構成されている。

上記した他の具体例は、下部シャーシー部80に旋回自在に接続された脚部を含んだ船舶77に関して説明されているが、当該ポッドを当該シャーシー部に可動自在に接続される様な別の構成も可能である事が理解されるであろう。

例えば、当該脚部は、ダブルウィシュボーン(double wishbone;鳥の叉骨状の形状を持つもの)によって置き換えられても良い。

かかる構成の利点は、当該ポッドが一般的に垂直に動くのに加えて、当該ウィシュボーンが当該ポッドを傾かせる様に設計されているものであっても良く、それによって例えば、当該ポッドが水との接触を失った時に、再度着水する際に、当該ポッドの前方部分が水の中に突っ込まないと言う事である。

更に、当該側部ポッドが、当該シャーシー部に対して相対的に弧状をなして上下に動く場合に、当該側部ポッドは当該船舶に対して平行で且つ平均的な水位レベルに配置されるように構成されていても良い。

図7乃至図9に示す様に、隣接する2つのラムの上部チャンバー、対向して隣接配置されている2つのラムの下部チャンバー及び本具体例に於いて、当該チャンバーを相互連結している導管とによって形成されている4つの独立した流体回路のそれぞれは、少なくとも一つのアキュムレータが設けられており、本具体例では、流体アキュムレータ134であって、通常では、少なくとも一つのダンパーである。

然しながら、要求される反発性及び緩衝性のレベルに応じて、如何なる数の叉如何なるタイプのアキュムレータ叉はダンパーでも使用しうるものである事は理解されるであろう。

一つの具体例に於いて、それぞれのアキュムレータ134は、当該アキュムレータに流入し叉そこから流出する流体の速度を低減する為に、ダンパーバルブが当該アキュムレータ134の流体導入部に隣接して設けられている。

当該ダンパーバルブは、叉、船体の飛び跳ね或は持ち上がり(bounce/heave)を制御する為に、当該流体の流れの制限の程度を容易に制御する様に作動する。

本発明の一つの具体例に於いては、それぞれのラムには、通常は当該ラムの上部チャンバーと連携している一つのダンパーバルブが設けられており、それによって当該ラムの動きを容易に制御する事が出来る。

2つのダンパーバルブが叉、当該リンク導管126、128、130、132と共に当該回路内に配置されていても良く、一つのダンパーバルブは、ロール及びピッチ動作特定の制御を実行する為に、当該リンク導管のそれぞれの長手方向の端部近傍に配置されているものである。

それぞれのアキュムレータ134は、ブラダー(bladder)或はピストンの形状を持つ様な、如何なる適宜のタイプであっても良く、叉当該流体流入口部に可動のダンパーバルブ機構が設けられているものであっても良い。

当該ダンパーバルブの特性は、適切な変形可能なシムス(shims)を選択するか、より複雑なニードル或はスプールバルブによるか、或は、当該船舶77上の多数の部位に配置されている複数のセンサーから出される信号に応答して、電子制御ユニット(ECU)を使用して任意的に制御されるソレノイド等によって変化するものであっても良い。

当該アキュムレータと当該ダンパーバルブの機能は、当該ポッドの急速な動きに適応する為の反発性(resilience)の程度を提供し、叉、当該ぎしぎしした不快な乗船及び船舶の外部損傷部(traumatise component)を発生させる可能性のあるスパイク状の荷重(spike loads)を解決するものであると理解されるであろう。

特に、当該アキュムレータ及び当該ダンパーバルブは、当該船舶77が、相対的に高速で航海する時に、主として重要なものとなる。

相対的に遅い速度に於いては、当該船舶77が相対的に平坦な波を介して航海する場合には、当該隣接するラムのチャンバー間に当該流体が移動せしめられる事によって、当該前ポッドと後ポッドとは、共に一つの方向に動く傾向を示す一方、当該左側ポッドと右側ポッドとは、共に反対方向に動く傾向を示す。

然しながら、当該船舶が相対的に高速で航海する場合で且つ当該船舶が経験する条件が相対的に荒い場合、対角線上に対向して配置されている一対のラム同士の反対方向の動きを促進させる代わりに、当該ポッドの高速動作を吸収する為に、所定の程度の反発性(a degree of resilience)が要求される。

本発明に於ける具体例に於いては、当該アキュムレータ134と当該アキュムレータと関連する当該ダンパーバルブ136とは、一般的に、当該第1、第2、第3、及び第4のリンク導管126、128、130、及び132の中央部に配置されており、この位置は、特に過度の質量効果(mass effect)無しに、且つ過度に長い導管通路の結果によって生じる過度のダンピング無しに、当該ポッドの重要性が低く且つ高速な動きを吸収する為に適している。

然しながら、当該アキュムレータは、当該流体回路に於ける他の場所に配置させる事も可能であり、叉追加的なアキュムレータ及び/叉はダンパー装置を必要に応じて設けることも可能である事は理解されるであろう。

例えば、ダンパーバルブは、何れのラムのチャンバーとそれの関連する導管との間或は当該導管内に配置させる事も可能である。

ダンピングは、叉、ポイント制限器(point restrictors)の使用或は当該何れかの導管を細くすることによって実現可能である。

当該船舶77は、それぞれ個別の脚部に関係する当該ポッドの配置を制御する手段を更に含んでいても良い。

この目的の為には、当該前ポッド30は、関連する前ポッドラム部138と前ポッド位置センサー140を有しており、当該右側ポッド34は、関連する右側ポッドラム部142と右側ポッド位置センサー144を有しており、当該後ポッド38は、関連する後ポッドラム部146と後ポッド位置センサー148を有しており、当該左側ポッド42は、関連する左側ポッドラム部150と左側ポッド位置センサー152を有している。

当該ポッドラム138、142、146及び150は、当該前ポッド30と後ポッド38が適正に上向き或は下向きに角度付けられる様に、叉側部ポッド34と42は、一方の方向に適正に角度付けられる様に、当該脚部に関連する当該ポッドの配置を制御する。

例えば、若し当該船舶がエアボーン(airborne)になった場合、当該前ポッド30と後ポッド38は上方に向けて角度付けられそれによって、着水時に当該スキス(skis)が水中に突っ込むことから防止する。

叉、当該船舶が旋回する場合に、当該側ポッド34と42は一方の側に角度付けられても良く、それによって当該船舶が側方向にスリップする事を制約する。

上記した様に、各ポッドのロール状態は、各ポッドを当該シャーシー部或は当該船舶の主たる船体に接続しているダブルウィッシュボーンの様な接続手段の幾何学的形状により制御可能である。

更に、例えばパワーボートの様なある用途については、当該それぞれのポッドのピッチ状態を、当該船舶が運行を開始する時に、当該船舶をポッド上の滑走位置まで上昇するのを支援する為に前部に於いてポッドが上方に向けて角度付けされる様な、ポッドピッチ調整手段を使用して個別に制御することは望ましいと言える。

上記した具体例は、説明する目的の為のみのものであり、実際には、当該シャーシー部12、74、78はプラスチック、直接或は成型GRP、発泡材サンドイッチプラスチック、回転成型(roto moulded)プラスチック、或はアルミニウム等の様な適宜の材料で形成された胴体部で包囲されている事もあると言う事は理解しえるであろう。

当該脚部とポッドは叉、発泡材を内蔵するか内蔵しないプラスチック、炭素繊維或はガラス繊維を含むプラスチック、発泡材サンドイッチプラスチック等の様な如何なる適宜の材料で構成される事も可能である。

より大きな船舶は、強度と剛性を持たせる為に6061T6の様な合金材料からなるトラス部材と一体化されている脚部、本体部及びポッドが設けられている。

このようなトラス部材は、船荷、積荷、燃料、エンジン、乗船者室等を収容する為に使用される内部空間を作り出す為にプラスチック材料或は合金の被覆材によってカバーされても良い。

叉、如何なる適宜の推進手段も考慮される事は理解されるであろう。

例えば、当該船舶はエンジン及び/叉はジェットエンジンを有するもので有っても良く、帆、波からの力を利用する様に構成された推進手段等を有するものであっても良い。

当該導管内の流体の量は、当該シャーシー部78の傾斜を動的に調整し、ロールタイプ及び/叉はピッチタイプの力に対する反応を修正する為或は状況に従って当該シャーシー部78を上昇或は下降させる等の為に変更せしめられると言うことは理解できるであろう。

例えば、当該船舶77の初期移動の前に、センサーは、当該シャーシー部78の傾斜を決定する為に使用されても良く、叉、適切な変更も、当該シャーシー部78の相対的な水準を上昇或は下降させたり、設定するために、当該流体回路内の流体の量を制定する為に使用される。

叉、滑走型船舶として高速に走行する事を意図している船舶77に関しては、当該ポッド30,34、38、42は水との接触がなくなる様に持ち上げられ、それによって低速で走行に於ける水底との接触による抵抗(drag)を低減させる。

当該滑走型船舶にとっては、当該シャーシー部78は、低速度では排水量型船舶として作動し、相対的に高速度では、水との接触を離れて(clear of water)持ち上がる船体内に包含されているものである。

このようなタイプの船舶としては、当該ポッド及び脚部の緩衝されていない(unsprung)荷重は、出来るだけ少なくすべきであり、それによって、当該脚部及び当該ポッドは、使用中に高速で上下に移動する事が可能となる。

ヨットの様な、排水量型船舶については、当該脚部及びポッドは相対的に重くすべきであるが、使用中に当該船舶の胴部が水との接触から離反する様に保持するために十分な浮力を有するものである必要がある。

当該ポッドにおける重量の増加を達成する為に、補助エンジン、発電機等が当該側部ポッドに配置されていても良く、それによって、使用中に船体が傾斜することを防止するのに役立つ様に、当該船舶の両側に追加的な錘を提供する。

当該流体回路に於ける流体の調整は図11に示す様な制御回路154を使用する事により実現される。

当該制御回路154は、当該流体回路中の流体の量を制御する為に配置された電子制御ユニット(ECU)を含んでおり、それによって、当該シャーシー部77の高さと配置を制御し、更に任意的に当該ポッド30,34、38、42の配列も制御する。

当該制御回路154は、更に、当該脚部ラムと相互接続している当該流体回路に向けて或は当該流体回路から流体を移動させる為の制御導管158を含んでおり、当該制御導管158のそれぞれは、当該リンク導管126、128、130、132の一つと流体的に連通した状態で接続されている。

当該制御導管158は、叉加圧マニホルド160と帰還マニホルド162とに接続されている。

当該加圧マニホルド160は、第1の制御ライン164を介して、当該一次電子制御ユニット(ECU)156の制御の下に一つ或はそれ以上の当該制御導管158に向けて流体を選択的に流す様に構成されている。

当該帰還マニホルド162は、第1の制御ライン164によって、当該一次電子制御ユニット(ECU)156の制御の下に、一つ或はそれ以上の当該制御導管158から当該流体を選択的に排出する様に構成されている。

当該加圧マニホルド160と当該帰還マニホルド162は当該回路内で流体タンク166と流体ポンプ168を有している。

使用中は、一つ若しくはそれ以上の制御導管158内にポンプ供給されるべき流体が当該流体タンク166から流出して当該流体ポンプ168と加圧導管170を介して当該流体タンク166に移動する。

同様に、使用中は、当該一つ若しくはそれ以上の制御導管158から排出されるべき流体は、 当該帰還マニホルド162から、1つの帰還導管172を介して当該流体タンク166に移動する。

適切な制御導管158の選択を容易にするために、当該加圧マニホルド160と当該帰還マニホルド162は、当該一次電子制御ユニット156によって制御可能なバルブが設けられていても良い。

当該バルブはソレノイド型、ポッペット型、或はスプール型のバルブ等、いかなる形式のバルブでも使用可能である。

当該制御回路154は叉、必要に応じて当該脚部に対する当該ポッドの配列状態を調整する為に、当該流体を各ポッドラム138、142、146、150に向けて流入させるかあるいはそれらから流出させる為のポッド導管174を含んでいる。

当該ポッド導管174は、分配マニホルド176と帰還マニホルド178と流体的に接続されている状態にあり、当該分配マニホルド176と帰還マニホルド178は、当該一次電子制御ユニット156によって制御可能であり、それによって、選択的に各ポッドラム138、142、146、150のチャンバーに対して流体を流し、或はそれらから選択的に当該流体を排出する。

当該分配マニホルド176と帰還マニホルド178は、当該回路内で、流体タンク166及び流体ポンプ168を伴って配置されている。

使用中は、選択された当該ポッドラムのチャンバーに流入されるべき流体は、当該流体タンク166から流出して、そして当該流体ポンプ168と当該分配マニホルド176を介して適切な一つ若しくはそれ以上の当該ポッド導管174に流入する。

同様に、使用中に、一つ若しくはそれ以上のポッドラムのチャンバーから排出されるべき流体は、適切な一つ若しくはそれ以上のポッド導管174を介して及び当該帰還マニホルド178を介して当該流体タンク166に戻る。

適切な制御導管174の選択を容易にするために、当該分配マニホルド176と帰還マニホルド178は、当該一次電子制御ユニット156によって制御可能なバルブが設けられていても良い。

適切な当該調節導管158と、流体を導入し且つそこから当該流体を排出する適切なポッド導管174とを決定する為に、当該船舶77の当該ポッドの配列状態を決定する為に多数のセンサーが設けられている。

例えば、当該センサーは、水平方向力センサー(lateral force sensor)182、ピッチ力センサー(pitch force sensor)184、ヨー力センサー(yaw force sensor)186及びステアリング位置センサー188等を含んでいる。

当該一次電子制御ユニット156は、叉、当該ポッドの現在の位置を確定する為にポッド位置センサー140、144、148、152を使用している。

当該制御導管154は叉、当該電子制御ユニット156の制御の下で、ダンピングのレベルを調整する為に設けられる回生ダンパー190を含んでいる。

本具体例に於いては、2つの回生ダンパー190が設けられており、それぞれの回生ダンパー190は、当該回路内で、隣接する2つの脚部ラムの上部チャンバーと接続されている上部チャンバー110、114、118、122の一つと接続されているギアモーター192を含んでいる。

当該ギヤモーターは、当該流体が当該隣接しているラムの上部チャンバー間で移動する際に回転せしめられる。

ローターが回転せしめられることによって電気を発電する電気発電器194が、当該ギヤモーター192に機械的に接続されている。

当該発電機194により発生された出力信号はその後、整流され且つバッテリー196の充電電流を供給する為に使用される一定の直流出力電圧を供給する為に制御される。

当該発電機のローターを回転させる為に必要な力は当該充電電流の増加に従って増加するので、当該充電電流の量を制御する事によって、ダンピングのレベルが制御される。

当該充電電流の量は、二次電子制御ユニット或は一次電子制御ユニットによって制御する事が可能である。

若し、当該バッテリーが完全に充電されていると、抵抗バンク(resistor bank)は、余計な電力(power)を熱として消失するように切り替えられる。

当該バッテリーは、少なくとも当該回生ダンパー190と関連している電子機器に電力を供給する為に使用しうるし、更なる可能性としては、当該制御回路154と関連する電子機器、及び/叉は、船底ポンプ(bilge pumps)、船舶レベルポンプ(craft levelling pump)、小型推進モーター等にも使用されうる。

当該船舶は、自己推進手段が無くとも浮き上がることは出来るが、例えば、ラジオ或は光放出ビーコンの様な船上に設けられているシステムに供給するための電力を発電する為の回生ダンピングシステムを使用して、その場所に停泊することも可能である。

同様に、当該船舶は、当該ポッドの下部を流れる波により生ずる当該ポッドの動きからエネルギーを取り出し、それを変換し、電気的電荷としてのエネルギーを保存するか或は流体圧力として保存するか或は水素ガスを発生させるか叉は陸地に向けて電力を供給する様な、発電所の代替手段としても使用される。

当該船舶は、如何なる数のポッドを持っていても良く、好ましくは6個或はそれ以上であり、切り替え可能なエネルギー源として海洋上、特には丁度の沖合いに停泊させておくことも可能である。

当該回生ダンピングのレベルを調整するために他の構成も可能である事は、同様に理解されるであろう。

例えば、電気機械的なダンピング構造が、一つ若しくはそれ以上の当該流体ラムに組み込まれる事も可能であり、当該ダンピング構成は、当該流体ラムの当該シリンダー内に設けられる永久磁石からなるピストン部と導電性コイル部とを含んでいる。

係る構成は、当該ピストン部が当該コイル部に対して相対的に移動する際、電流が発生せしめられ、当該電流は整流され、直流に変換され、そして上記で説明された当該回生ダンパー190と共に、バッテリーを充電する為に使用される。

当該コイルの数、当該コイルの密度、及び充電電流の量は、当該ダンピングレベルを決定する。

当該具体例に対する別の可能性のある変形態様としては,当該永久磁石からなるピストン部を、他の応用では知られている、励磁電圧が入力されるピストン部と置換する事も可能である。

更に別の態様としては、図12に示す様に、それぞれのポッドが、付加的に関連する回生ダンパー240を持つ様に構成されていても良い。

同じ構成が同じ参照符号を持って示唆されている。

当該回生ダンパー240は、使用中に、当該脚部の当該シャーシー部に対する相対的な動きが、当該ラム242の圧縮或は伸張を発生させる様に、当該脚部と当該シャーシー部との間に配置された二重駆動型ラム242を含んでいる。

当該ラム242のチャンバーは、導管244を使用してギアモーター192と流体的に連結されており、その結果、使用中に於いて、当該ラム242の圧縮或は伸張は、当該導管244を介して流体の流れを発生させ、それによって、ギアモーター192は回転する。

電気発電手段194は、当該ギアモーター192と機械的に接続されており、当該ギアモーター192が回転する際には電流が発生せしめられる。

当該発電手段194によって発電された電流は、整流器246に供給され、そこで、全波整流された電流が発生する。

当該整流電流は、バッテリー充電電流として当該バッテリー196に供給される。

当該整流器246によって供給された充電電流の量は、如何なる適当な制御可能なレギュレータを使用する事によって調整可能であり、当該充電電流の量は、当該発電手段194のローター部を回転するのに要求される力に比例するし、叉当該回生ダンパー240により発生されるダンピングのレベルに比例する。

当該回生ダンパー240は、叉、電子制御ユニット248と位置センサー250とを含んでおり、当該位置センサー250は、当該電子制御ユニット248に対して個々のポッドの位置を表示する情報を提供する。

当該電子制御ユニットは、当該レギュレータを制御する為に配置されるものであっても良く、それによって、充電電流の量が修正され、その結果、当該位置センサー250からの情報を使用して当該ダンピングのレベルも修正される。

図12には、一つの位置センサーが示されているが、例えば、ステアリングセンサーとか、G−フォースセンサー(G−force sensor)等の様な、使用中に当該船舶或は当該船舶の一部分の挙動を検出する為に、別のセンサーを設けることも可能である事は理解できる事である。

更に、図12に示す様な関連する回生ダンパー240を有するそれぞれのポッドを設ける事により、叉適宜のセンサーと単一で共通の電子制御ユニットを使用して当該回生ダンパーを制御する事によって、それぞれのポッドのダンピングのレベルが当該船舶の使用中でのピッチ及びロール動作を選択的に制御する為に、個々のポッドに関するダンピングのレベルが個別に制御されると言う船舶の為の回生ダンピングシステムが構成されるという事は、理解されるであろう。

他の再々ダンパーシステム260が図13に示されている。

同じ構成に対しては同じ参照番号により示されている。

当該別の構成による回生ダンパー260の動作は、図12に関連して示されている回生ダンパーシステムの動作と実質的に同じであり、つまり、適切なセンサーと電子制御ユニットが、使用中に於けるラムの伸張及び圧縮の結果によって発生せしめられる整流電流の量を修正する事により、それぞれのポッドに関するダンピングを個別に制御する事を実現する為に、使用される。

当該別の回生ダンパーシステム260は、複数の代替可能なダンパー262を含んでいる。

それぞれの代替可能なダンパー262は、永久磁石からなるピストンヘッド部266を有する二重駆動型ラム264、或は、それに代わって、励磁電流が入力されるコイル部を持ったピストン部を含んでいる。

一方、本具体例に於いては、胴材料からなる電気的に導通性を持つコイル268が、当該ラム264の周りに巻きつけられている。

各ラム264の当該チャンバーは、バイパス導管270を介して相互に接続されていても良く、或は開放されていて、それによって当該各ラムのチャンバーが大気と連通しているものであっても良い。

それとは別に、当該ユニットは、外部からシールされていても良いが内部的には、ピストンに設けた孔部及びノーピストンシール(no piston seal)を介して2つのチャンバーが接続されていても良い。

当該コイル部268の各端部は、整流器246に接続されている。

図12に関連して上記で説明された当該回生ダンパーシステムに関しては、それぞれの回生ダンパー262は、当該脚部と当該シャーシー部との間に配置されており、それによって、使用中に、当該シャーシー部に対する当該個々の脚部の相対的な動きが、当該回生ダンパー262の圧縮或は伸張を生じさせる。

然しながら、図13に示す回生ダンパーシステム20に関しては、当該ラム264の当該ギアモーター及び当該発電機を駆動する、伸張及び圧縮に代わって、本具体例では、当該ラム264の伸張と圧縮が、当該永久磁石の当該巻き付けコイルに対する相対的な動きを発生させ、それによって当該コイル268を介して電流が発生する事になる。

図12に関する上記説明した回生ダンパーシステムに関しては、当該船舶或は当該船舶の一部分の使用中に於ける動きの状態を検出する為に、例えば、位置センサー250やステアリングセンサー251の様な如何なる適切なセンサーでも使用可能である。

図12に関連して上記で説明した回生ダンピングシステムに関しては、個々のダンパー262のそれぞれによって発生するダンピングレベルは、当該バッテリ196に対して共有される充電電流の量を修正することによって選択可能であり、本具体例に於いては、当該充電電流の量は、当該コイル268から流れ出る電流の量と当該コイルに対する当該ピストンヘッドの相対的な動きに対する抵抗の量とに比例する。

更に別の具体例としては、当該シャーシー部にたいする当該ポッドの相対的な動きは、アキュムレータの様な一方向バルブを介して流体をポンプアップして当該流体貯留装置に供給する為に使用されても良く、叉、当該流体貯留装置に貯留されている圧縮された流体は、その後、電気発電手段、ビルジポンプ等の当該船舶に於ける構成要素を駆動するための流体力として如何なる場所にも供給される。

図14を参照するならば、本発明に於ける更に他の具体例に従った更に別の船舶300の構成例が示されている。

同様の構成に対しては、同じ参照番号によって示されている。

当該船舶300は、図7乃至図10に示されている船舶と同じ様に動作するものであり、当該船舶の脚部は、流体回路を使用して相互に接続されていて、それによって、当該船舶のロール及びピッチ動作が各脚部n個々の動きを制限することなしに、制限する事が出来る。

然しながら、図7乃至図10に示された具体例とは異なり、当該船舶300は、6個の脚部を含んでおり、それらは、2個の前脚部302と304、2個の中央脚部306と308、及び2個の後脚部310と312が矩形の形状に配列されている。

前左脚部302の端部には前左ポッド314が設けられており、前右脚部304の端部には前右ポッド316が設けられている。

中央左脚部306の端部には中央左ポッド318が設けられており、中央右脚部308の端部には中央右ポッド320が設けられている。

後左脚部310の端部には後左ポッド322が設けられており、後ろ右脚部312の端部には後右ポッド324が設けられている。

それぞれの脚部は、図7乃至図10に示されている具体例の様に、例えば、ヒンジ接続手段を使用する様に、適宜の如何なる方法によって、当該シャーシー部(図示せず)に旋回自在に接続されている。

もし、それぞれのポッドに関して単一の脚部が使用されている場合には、当該ポッドヒンジ接続部に対する相対的な当該ポッドの回転位置を制御する為に、図7乃至図10に関連して説明されている様に、ポッドレベルラムが設けられても良い。

それとは別に、それぞれのポッドは、当該ポッドが船体に対して相対的に垂直方向に移動する事が出来る様に、及びそれぞれのポッドの回転位置が一つ以上の脚部の配置による幾何学的位置によって制御される様に、多くの適用分野ではポッドレベルラムの必要性を否定できる、ひとつ以上の脚部により、主船体部301のシャーシー部に対して相対的に位置せしめられても良い。

理想的には、それぞれのポッドに対してダブルウィシュボーン型配列に於いて、2個の脚部が使用される。

図7乃至図10に示される具体例と比較すると、本具体例に於いては、2個の流体ラム326と328、330と332、334と336は,それぞれの脚部とシャーシー部との間に柔軟性を有して接続されている。

当該左脚部ラム326、330及び310に於けるそれぞれ隣接している一対のラム326と330及び当該右脚部304、308、及び312に於けるそれぞれ隣接している一対のラム328と332は、当該隣接するラムに於ける上部チャンバーが、個々の前左上部、後左上部、前右上部、及び後右上部の各流体導管338、346、342、350のそれぞれと流体連結によって相互に接続されており、叉隣接するラムの下部チャンバーがは個々の前左下部、後左下部、前右下部、及び後右下部の各流体導管340、348、344、352のそれぞれと流体連結によって相互に接続されている様に相互に接続されている。
かかる相互接続部338、340、342、344、346、348、350、352の結果、当該一つの脚部に於ける一般的な垂直方向の動きは、隣接する脚部に於ける反対方向の垂直方向の動きを発生させる傾向があり、そして、係る方法により、当該船舶のシャーシー部(図示せず)は、当該船舶が、平坦ではない水面を介して走行する際に、実質的に安定した傾斜を維持する様に作動する。

然しながら、追加的な相互接続無しに、上記に説明した相互接続部338、340、342、344、346、348、350、352は、6個の全てのポッドにおける純粋な垂直変位に対して、当該ポッドのロール変位(roll displacement)に対すると同様に、同じようなスティフネス(stiffness 堅牢性、容易には動かない性質)を提供する事が出来るであろう。

当該配列に於ける当該ロール(横方向ゆれ)スティフネスを増加する為の能力を提供するには、対角線的な追加的な相互接続が提供される。

即ち、個々の前左上部導管338は、第1の対角線導管354によって、後右下部導管352と接続されている。

同様に、第2の対角線導管356は前右上部導管342と後左下部導管348とを接続させ、第3の対角線導管358は後左上部導管346と前右下部導管344とを接続し、更には、第4の対角線導管360は後右上部導管350と前左下部導管340とを接続させている。

係る構成は、依然として、過度の低いピッチ(たて方向ゆれ)スティフネス(low pich stiffness)を有する事も可能であり、従って、図14に示す様に、当該前脚部302と304とに関連する当該最も前方の一対のラム334の上部チャンバーは、流体で満たされる事が可能になっており、且つ共に前導管362による流体接続によって共に接続されている。

同様に、当該後脚部310と312とに関連する当該最も後方の一対のラム336の上部チャンバーは、流体で満たされる事が可能になっており、且つ共に後ろ導管364による流体接続によって共に接続されている。

最前部の一対のラムと最後部の一対のラムを用いて追加的なピッチスティフネスを設けることの不利益の一つとしては、当該船舶が衝突する(head−on)波を乗り越える(negotiate)際に、一対の中央ポッド318と320が波間の間に入ると当該ポッドは無荷重の状態となることである。

その結果、係る構成は、水面の全ての形態に亘って全てのポッドに対して一定の荷重を与えることが出来ない。

係る問題に対する部分的な解決方法としては、図15に示す様に、最前部の一対のラム或は最後部の一対のラムの何れかひとつを削除することである。

若し、それらが提供する低いピッチスティフネスが、当該特定の船舶にかかる配置及び応用について好ましいものである場合には、当該最前部の一対のラム及び当該最後部の一対のラムの双方を削除する事は望ましい場合がある事は理解されなければならない。

上記した問題に対する別の解決を提供する更に別の具体例が図16に示されている。

図16に示される構成は、図14に示されている構成と同じであり、図中、一つのポッドに対して、2つのラムが設けられている構成が示されており、同じ参照符号により符号化されている叉同様の相互連結部が示されている。

当該左側脚部302、306の当該隣接する一対のラム326と当該右側脚部304、308の当該隣接する一対のラム328は、当該隣接するラム上部チャンバーが共に、個個の前左上部導管338と前右上部導管342によって流体的連結状態で個別的に接続されており、当該隣接するラムの下部チャンバーは個個の前左下部導管340と前右下部導管344によって流体的連結状態で個別的に接続されている様に、共に接続されている。

当該最後部の一対のラム336は、此処では、当該後部左脚部310上の最後部ラムに於ける個別の上部及び下部のチャンバーを持った二重駆動型ラムであり、当該二重駆動型ラムは、個別の最後部左上部導管370及び最後部左下部導管372を介して、他の2つの左脚部302、306の隣接する一対のラムの個別の上部及び下部チャンバーと流体的な連結状態にある。

同様に、当該後部右脚部312上の最後部ラムに於ける個別の上部及び下部のチャンバーは,を持った個別の最後部右上部導管374及び最後部右下部導管376を介して、他の2つの右脚部304、308の隣接する一対のラムの個別の上部及び下部チャンバーと流体的な連結状態にある。

当該一対のラム326の上部チャンバーと当該船舶の左側にある最後部のラム336の上部チャンバーは、一対のラム328の下部チャンバーと流体的連結状態にあり、叉第1の水平導管378を介して当該船舶の右側の最後部ラム336とも流体的連結状態にある。

当該一対のラム328の上部チャンバーと当該船舶の右側の最後部ラム336の上部チャンバーは当該一対のラム326の下部チャンバーと流体的連結状態にあり、叉第2の水平導管380を介して当該船舶の左側の最後部ラム336とも流体的連結状態にある。

上記で説明した相互連結338、340、342、344、370、372、374、374、376、378及び380は、飛び跳ね(bounce)スティフネス、高いロールスティフネスに備えるものであり、ピッチスティフネスに備えるものはない。

これらは叉、それぞれのポッドにかかる静的荷重をあらゆる水面の変動に対して一定に維持する事を可能とする。

更なる当該飛び跳ねスティフネス及びロールスティフネスを提供する為に、当該前脚部302,304と関連する最前部の一対のラム334に於ける上部チャンバーは、再び前導管362により共に流体連結状態で接続されている。

叉、左脚部306、310の隣接する一対のラムと右脚部308、312の隣接する一対のラム332は互いに接続されており、それによって、隣接するラムの上部チャンバーが、個々の後部左側上部導管346と後部右部上部導管350によって流体連結状態で共に接続されている。

当該後左上部導管346と後右上部導管350とは、第3の水平方向導管382を介して流体的に連結されている状態にある。

当該ラム344の相互接続は、前部支持部材を提供し、双方のラム対330、332の相互接続は、後部支持部材を提供し、叉前部及び後部支持部材が、それぞれのポッド上の静的荷重が如何なる波状を示す水面に対しても一定に維持されるような方法で提供される。

図16に示される更なる具体例は、従って、船体の安定した状態を提供できるものであり、叉如何なる波状の水面に於いてもそれぞれのポッド上に掛かる一定した静的荷重を提供する。

仮に、全てのラムに於けるロッド部及びボア部のディメンジョンが同じであり、全ての脚部の幾何学的状態が同じであるならば、図16に示される態様は、ピッチセンターがセンターポッド306及び308の後にある様な帆走船舶に関して最も適切であろう。

然しながら、モーターボートの用途に使用される場合に於いては、当該配置が逆転される可能性があり、例えば、流体系システムは、当該推進手段が、当該船舶に於ける重心中心以下である時に、当該流体システムが安定性を改善する為に前と後とで鏡面的な状態に配置されるものである。

図14乃至16に於いて、図7乃至図10に示された具体例と同様に、アキュムレータ134及びダンパーバルブ136とが設けられており、その結果、当該ポッドの急速な動き及びスパイク状の荷重の発生を解消する為のある程度の反発性が提供される。

6個のポッドを持った船舶システムに関する3つの相互に代替できる構成が、図14乃至図16に関連して説明されてはいますが、それは、他の変形態様も可能である事が理解されるであろう。

図14乃至図16に示されている当該具体例は6個のポッドと矩形状に配置された関連する脚部を持った船舶に関して説明されているけれども、例えば、8個のポッドとそれに関連する脚部を有する他の変形態様も可能であることは理解されるであろう。

更に、図7乃至図10に示された具体例に関連して上記で説明された他の構成や、図14乃至図16に示されている具体例に適応可能な他の構成も、それが適切である限り本発明に含まれるものであると理解されるであろう。

例えば、当該回生ダンパー190はダンピング制御の調整されたレベルを提供するために本発明に含められるものである。

当業者にとって、明らかである修正或は変形は本発明の範囲に含まれるものである。

図1は、本発明に於ける船舶の一具体例に於ける構成を示す概略斜視図である。 図2は、図1に示される本発明の船舶の概略平面図である。 図3は、図1及び図2に示される本発明の船舶の概略側面図である。 図4は、図1乃至図3に示される本発明に係る船舶の概略正面図である。 図5は、図1乃至図4に示される本発明に係る船舶が使用中に波の頂点部を横切って航行している場合の概略側面図である。 図6は、図1乃至図4に示される本発明に係る船舶が使用中に波の間のくぼみを航行している場合の概略側面図である。 図7は、本発明に於ける船舶の他の具体例に於ける構成を示す概略斜視図である。 図8は、図7に示される本発明の船舶の概略平面図である。 図9は、図7及び図8に示される本発明の船舶の概略側面図である。 図10は、図7乃至図9に示される本発明に係る船舶の流体回路の動作を説明するダイアグラムである。 図11は、図7乃至図9に示される本発明に係る船舶に使用される制御回路を説明するダイアグラムである。 図12は、本発明による船舶に用いられる回生式ダンパーシステムを説明するダイアグラムである。 図13は、本発明による船舶に用いられる別の回生式なダンパーシステムを説明するダイアグラムである。 図14は、本発明に於ける更に別の具体例に係る船舶の平面概略図である。 図15は、本発明に於ける他の具体例に係る船舶の平面概略図である。 図16は、本発明に於ける更に他の具体例に係る船舶の平面概略図である。

符号の説明

30,34,38,42 水接触手段、ポッド
32、36、40、44 ポッドヒンジ接合部
14、18、22、26 脚部
16、20、24、28 脚部ヒンジ接合部
52 側面部材
48 前脚部レバーアーム部材
56 後脚部レバーアーム部材
57 ドロップリンク
77 船舶
78 シャーシー部
79 上部シャーシー
80 下部シャーシー
81 リンク
82 前脚部
83 前脚部ヒンジ接続部
84 右側脚部
85 右側脚部ヒンジ接続部
86 後脚部
88 後脚部ヒンジ接続部
90 左側脚部
92 左側脚部ヒンジ接続部
94 二重駆動型前右部ラム
96 二重駆動型前左部ラム
98 二重駆動型右前部ラム
96 前左部ラム
100 右後部ラム
102 後右部ラム
104 後左部ラム
106 左前部ラム
108 左後部ラム
94、96,98,100,102,104,106、108 相互接続手段
134 アキュムレータ
136 ダンパーバルブ
190 回生式ダンパー
110 上部前右導管
102 下部前右導管
110、114、118、122 上部チャンバー
192 ギアモーター
110 相互連結導管部
154 制御回路
158 制御導管
126、128、130、132 リンク導管
160 加圧マニホルド
162 帰還マニホルド
164 第1の制御ライン
156 一次電子制御ユニット(ECU)

Claims (39)

  1. シャーシ部と、少なくとも四つの水接触手段と相互接続手段を含む船舶であって、
    各水接触手段はシャーシ部に接続され、前記シャーシ部に対して相対的に垂直方向に移動可能であり、
    当該相互接続手段は、複数のラムと、複数の流動導管とからなり、各ラムは、水接触手段と前記シャーシ部との間に設けられ、又、各ラムは、少なくとも一つの流動導管を用いて、少なくとも一つの他の水接触手段に関連付けられた少なくとも一つの他のラムに流体的に接続され、
    隣接する水接触手段が、互いに反対側の垂直方向に動いたとき、全ての水接触手段が、同時に動くことが可能なように、又、隣接する二つの水接触手段が、走行中に、前記シャーシ部に対して同じ垂直方向に動くように要求された時、反対側の隣接する二つの水接触手段は、前記シャーシ部に対して反対側の垂直方向の動きが制限されるように、前記相互接続手段が、少なくとも四つの水接触手段を機能的に連結するように構成され、前記シャーシ部が水面の平均平面に対して実質的に走行中に一定の方向を維持できるように配置され、更に
    走行中に、水面の平均平面に対して前記水接触手段の配置を制御する手段を含むことを特徴とする船舶。
  2. 当該相互接続手段は、いかなる荷重条件に対しても、当該水接触手段が同一平面上に実質的に配備されてない時であっても、各水接触手段上の静的荷重が実質的に一定のままとなるように当該水接触手段と機能的に連結させる様に配置されている事を特徴とする請求項1に記載の船舶。
  3. 対向して配置されている第1の組の当該水接触手段によって支えられる重量と対向して配置されている第2の当該水接触手段によって支えられる重量の相対的比率が静的な状態で実質的に一定であるように、当該相互接続手段を当該水接触手段と機能的に連結させる様に配置されている事を特徴とする請求項1叉は2に記載の船舶。
  4. 各水接触手段は、二つのラムと関連付けれており、各ラムは、隣接する水接触手段に関連付けられたラムに流体的に接続されている事を特徴とする請求項1乃至3の何れかに記載の船舶。
  5. 当該水接触手段は、平面図で見た場合、当該シャーシ部に対し菱形状の形状で配置される事を特徴とする請求項1乃至4の何れかに記載の船舶。
  6. 当該水接触手段は、平面図で見た場合、当該シャーシ部に対し矩形状の形状で配置される事を特徴とする請求項1乃至4の何れかに記載の船舶。
  7. 当該船舶の第1の側面に設けられた隣接する二つの水接触手段が、走行中に、前記シャーシ部に対して同じ垂直上方方向に動く時、当該船舶の対向する第2の側面に設けられた隣接する二つの水接触手段は、前記シャーシ部に対して垂直下方方向への動きが制限されるように、前記相互接続手段が、当該水接触手段を機能的に連結するように構成され、当該船舶の第1及び第2の側面をロール軸に支持する事を特徴とする請求項6に記載の船舶。
  8. 当該ラムおよび当該流体導管は、複数の離散的流体回路を形成し、少なくとも数個の当該流体回路は、当該船舶の第1の側面に設けられた第1の隣接するラム対の上部チャンバ間に設けられた第1の流体導管と、当該船舶の対向する第2の側面に設けられた第2の隣接するラム対の下部チャンバ間に設けられた第2の流体導管と、前記第1の流体導管と第2の流体導管間に設けられた第3の流体導管とを含む事を特徴とする請求項7に記載の船舶。
  9. 少なくとも六つの水接触手段を含み、少なくとも三つの水接触手段が、当該船舶の第1の側面に設けられ、少なくとも三つの水接触手段が、当該船舶の対向する第2の側面に設けられる事を特徴とする請求項6乃至8の何れかに記載の船舶。
  10. 前記第3の流体導管が、当該船舶の第1の側面に設けられた第1の隣接するラム対の第1の流体導管と、当該船舶の対向する第2の側面に設けられ、横断的に配置された第2の隣接するラム対の第2の流体導管との間に設けられる事を特徴とする請求項9に記載の船舶。
  11. 前記第3の流体導管が、当該船舶の第1の側面に設けられた第1の隣接するラム対の第1の流体導管と、当該船舶の対向する第2の側面に設けられ、対角線状に配置された第2の隣接するラム対の第2の流体導管との間に設けられる事を特徴とする請求項9に記載の船舶。
  12. 前方左ラムと、前方右ラムと、前記前方左ラムと前方右ラム間に設けた前方流体導管とからなり、前方左ラムと前方右ラムと前記前方流体導管とが、当該船舶の前部をピッチ軸に支持するための前方流体回路を形成する事を特徴とする請求項1乃至11の何れかに記載の船舶。
  13. 後方左ラムと、後方右ラムと、前記後方左ラムと後方右ラム間に設けた後方流体導管とからなり、後方左ラムと後方右ラムと前記後方流体導管とが、当該船舶の後部をピッチ軸に支持するための後方流体回路を形成する事を特徴とする請求項1乃至11の何れかに記載の船舶。
  14. 当該船舶は、前記流体導管の少なくとも一つの流体導管と流体連通状態にある少なくとも一つのアキュムレータを含んでおり、各アキュムレータは、走行中に、少なくとも一つの水接触手段に於ける急速な動きを吸収する様に配置されている事を特徴とする請求項1乃至13の何れかに記載の船舶。
  15. 更に、前記水接触手段に対して、前記シャーシ部の配置を決定する為に用いられるセンサと、前記センサに応答して、前記シャーシ部に対して、前記水接触手段の位置を制御する手段とを含む事を特徴とする請求項1乃至14の何れかに記載の船舶。
  16. 走行中の状態に従って、当該船舶の反応を修正するために、前記シャーシ部の配置を動的に制御する手段を含む事を特徴とする請求項1乃至15の何れかに記載の船舶。
  17. 前記シャーシ部の配置を動的に制御する前記手段は、走行中の状態に従って、ロールタイプの力に対しての、当該船舶の反応を修正するように構成した事を特徴とする請求項16に記載の船舶。
  18. 前記シャーシ部の配置を動的に制御する前記手段は、走行中の状態に従って、ピッチタイプの力に対しての、当該船舶の反応を修正するように構成した事を特徴とする請求項16又は17に記載の船舶。
  19. 前記シャーシ部の配置を動的に制御する前記手段は、走行中の状態に従って、当該船舶のシャーシ部を上昇させ又は下降させるように構成した事を特徴とする請求項16に記載の船舶。
  20. 前記流体回路の流体量を制御する電子制御ユニット(ECU)を含み、前記電子制御ユニット(ECU)は、前記水接触手段に対して、前記シャーシ部の高さ及び配置を制御する事を特徴とする請求項15至19の何れかに記載の船舶。
  21. 相互接続されたラム間の流体の流れを制限するための少なくとも一つのダンパーバルブを設けた事を特徴とする請求項1乃至20の何れかに記載の船舶。
  22. 少なくとも一つの前記ダンパーバルブは、ダンピングのレベルを調整可能に構成した調整可能なダンパーバルブである事を特徴とする請求項21に記載の船舶。
  23. 前記調整可能なダンパーバルブは、使用中に流体回路を通して流れる流体が、磁気部材とコイル間で相対的運動をもたらし、それにより電流を発生させ、当該調整可能なダンパーバルブにより提供されるダンピングの程度が、前記コイルから惹起される電力の大きさに比例するように構成されている事を特徴とする請求項22に記載の船舶。
  24. 前記調整可能なダンパーバルブは、流体回路を有する回路内に配置されている歯車モータを含んでおり、当該歯車モータは、流体が流体回路を流れるときに回転するように構成されており、ロータを有する発電機が、当該歯車モータの回転に連動して回転し、それにより電流を発生させる事を特徴とする請求項23に記載の船舶。
  25. 前記調整可能なダンパーバルブは、ピストン部およびシリンダ部を含んでおり、且つ少なくとも一つのピストン部およびシリンダ部が、磁場を発生するよう構成されており、且つ当該他のピストン部およびシリンダ部は、コイルを含んでおり、流体が当該流体回路を流れるときに、前記ピストン部が、前記シリンダ部に対して運動するように構成され、それにより当該コイルに電流を発生させる事を特徴とする請求項24に記載の船舶。
  26. 当該水接触手段の配列を制御する為の手段は、少なくとも一つの制御ラムを含んでいる事を特徴とする請求項1至25の何れかに記載の船舶。
  27. 当該水接触手段の配列を制御する為の当該制御手段は、当該船舶の操作に関連したパラメータを検出し、そして少なくとも1つの当該センサーに反応して少なくとも1つの当該制御ラムの伸張または収縮を生じさせるように構成された少なくとも一つのセンサーを含んでいる事を特徴とする請求項26に記載の船舶。
  28. 当該船舶の操作に関するパラメータは、横力(lateral force)、ピッチ力(pitch force)、揺首力(yaw
    force)、および操舵位置である事を特徴とする請求項27に記載の船舶。
  29. 走行中に、当該水接触手段が、前記シャーシ部に対して垂直方向に動いたとき、当該水接触手段が傾くように、当該水接触手段の少なくとも一つが、前記シャーシ部に接続している事を特徴とする請求項1至28の何れかに記載の船舶。
  30. 走行中に、当該水接触手段が、前記シャーシ部に対して垂直方向に動いたとき、当該水接触手段を傾かせるように構成した機械的連結手段を用いて、当該水接触手段の少なくとも一つが、前記シャーシ部に接続している事を特徴とする請求項1至28の何れかに記載の船舶。
  31. 前記機械的連結手段が、ダブルウイッシュボーンで構成されている事を特徴とする請求項30に記載の船舶。
  32. 低速度にならないように、走行中に水との接触を少なくするように、全ての当該水接触手段の動きを促進するように構成されている事を特徴とする請求項1至31の何れかに記載の船舶。
  33. 少なくとも1つの当該水接触手段は、走行中に水面と接触するように設計された裏面を含んでおり、当該裏面は、走行中の船舶の横ずれを抑えるような輪郭を有している事を特徴とする請求項1乃至32の何れかに記載の船舶。
  34. 当該船舶は、更に、少なくとも一つの当該水接触手段による当該シャーシー部に対する相対的な動きから生ずるエネルギーを吸収するために配置されている少なくとも一つのダンパー手段を含んでいる事を特徴とする請求項1乃至33の何れかに記載の船舶。
  35. 当該それぞれのダンパー手段は、当該水接触手段と連携せしめられており、且つ当該各ダンパー手段は、第1のダンパー手段と、当該水接触手段が当該シャーシーに対して移動する際に当該第1のダンパー手段に対して相対的に移動する様に配置されている第2のダンパー手段とを含んでおり、且つ当該ダンパー手段は、当該第1のダンパー手段と第2のダンパー手段間の相対的な動きが,磁石手段とコイル手段との間の相対的な動きを発生させ、それによって電流を発生させる様に配置されていて、前記ダンパー手段により提供されるダンピングの程度が、当該コイルから引き出される電力の大きさに比例する事を特徴とする請求項34に記載の船舶。
  36. 当該ダンパー手段は、更にピストン部とシリンダー部とを含んでおり、当該ピストン部とシリンダー部のうちの一つは、磁界を発生させる為に配置されており、他のピストン部とシリンダー部はコイルを含んでおり、当該ピストン部は、当該水接触手段が当該シャーシー部に対して相対的に移動する際に、当該シリンダー部に対して相対的に移動する様に構成されており、それによって当該コイルに電流を発生させる様に構成されている事を特徴とする請求項35に記載の船舶。
  37. 当該ダンパー手段は、流体ポンプと流体貯留装置を含んでおり、当該流体ポンプは、当該水接触手段が当該シャーシー部に対して相対的に移動する際に、当該流体を当該流体貯留装置に移動させるように構成されている事を特徴とする請求項36に記載の船舶。
  38. 当該船舶は、更に当該ダンパー手段により吸収されたエネルギーの少なくとも一部を貯蔵する様に構成されたエネルギー貯蔵手段を含んでいる事を特徴とする請求項34乃至36の何れかに記載の船舶。
  39. 当該エネルギー貯蔵手段は、バッテリ手段を含んでいる事を特徴とする請求項38に記載の船舶。
JP2004528167A 2002-08-14 2003-08-14 船舶 Active JP4401293B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
AU2002950750A AU2002950750A0 (en) 2002-08-14 2002-08-14 A water craft
AU2003900852A AU2003900852A0 (en) 2003-02-26 2003-02-26 A water craft
PCT/AU2003/001028 WO2004016497A1 (en) 2002-08-14 2003-08-14 A water craft

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005535495A JP2005535495A (ja) 2005-11-24
JP4401293B2 true JP4401293B2 (ja) 2010-01-20

Family

ID=31888748

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004528167A Active JP4401293B2 (ja) 2002-08-14 2003-08-14 船舶

Country Status (5)

Country Link
US (1) US7314014B2 (ja)
EP (1) EP1534582B8 (ja)
JP (1) JP4401293B2 (ja)
NZ (1) NZ538804A (ja)
WO (1) WO2004016497A1 (ja)

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
AU2005339386B2 (en) * 2005-12-23 2012-05-24 Thomas Wilmot Meyer High speed watercraft suitable for rough water conditions
WO2009120062A2 (en) 2008-03-26 2009-10-01 Itrec B.V. Heave compensation system and method
US8857365B2 (en) * 2008-06-16 2014-10-14 Juliet Marine Systems, Inc. Fleet protection attack craft and underwater vehicles
US8408155B2 (en) 2008-06-16 2013-04-02 Juliet Marine Systems, Inc. Fleet protection attack craft
US9327811B2 (en) 2008-06-16 2016-05-03 Juliet Marine Systems, Inc. High speed surface craft and submersible craft
WO2012135718A1 (en) 2011-03-30 2012-10-04 Juliet Marine Systems, Inc. High speed surface craft and submersible vehicle
FR2946004B1 (fr) * 2009-05-28 2011-05-27 Gerard Dufour Dispositif d'aide a la pratique de sports de glisse tractes
EP2298637A1 (en) * 2009-09-17 2011-03-23 Ankira Teknoloji Muhendislik Ve Yapi San. Tic. Ltd. Sti. Trimaran with extensile hulls
EP2571751B1 (en) 2010-05-16 2018-09-05 Nauti-Craft Pty Ltd Control of multi-hulled water craft
EP2571752B1 (en) 2010-05-16 2020-04-29 Nauti-Craft Pty Ltd Multi-hulled water craft including suspension
JP2012096774A (ja) * 2010-10-04 2012-05-24 Honda Motor Co Ltd 減揺機能を備えたトリマラン船
US8555801B1 (en) 2011-01-31 2013-10-15 Bombardier Recreational Products Inc. Watercraft helm support structure and deck
US9731798B2 (en) 2013-03-25 2017-08-15 Nauti-Craft Pty Ltd Stabilising of marine bodies
CN103434947B (zh) * 2013-09-12 2016-06-15 浙江海洋学院 海上中转龙门吊
EP3079980B1 (en) * 2013-12-11 2019-02-06 Nauti-Craft Pty Ltd Docking control for vessels
EP3142920B1 (en) * 2014-05-16 2019-10-02 Nauti-Craft Pty Ltd Control of multi-hulled vessels
GB2547403A (en) * 2014-11-27 2017-08-16 Nauti-Craft Pty Ltd Suspension systems for multi-hulled water craft
WO2017147658A1 (en) 2016-03-04 2017-09-08 Nauti-Craft Pty Ltd Multi-link suspension for multi-hulled vessels
KR101948054B1 (ko) * 2017-09-07 2019-02-14 한국해양대학교 산학협력단 자가 발전식 선박
KR102056866B1 (ko) * 2018-04-13 2019-12-17 동신산업(주) 조립식 선박
IT201800005703A1 (it) 2018-05-25 2019-11-25 Veicolo multiscafo articolato.

Family Cites Families (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US509796A (en) * 1893-11-28 dixon
US1344903A (en) * 1918-05-16 1920-06-29 Koiransky Simon Apparatus for sea navigation
US2991746A (en) * 1958-09-12 1961-07-11 Cecil B Cunningham Marine speed craft
US3146752A (en) * 1962-08-28 1964-09-01 Allen G Ford Captured air bubble vehicle
US3265026A (en) * 1963-05-28 1966-08-09 Paterson John Boats
US3922994A (en) * 1974-05-31 1975-12-02 Long Ellis R De Twin-hulled outrigger sailboat
FR2451312B1 (ja) * 1979-03-14 1982-10-08 Vernier Gabriel
FR2531398B1 (fr) 1982-08-03 1987-02-20 Forestier Jean Michel Trimaran
FR2533525B1 (fr) * 1982-09-29 1988-07-15 Jeannet Michel Yves Perfectionnements aux trimarans
FR2541962B1 (ja) * 1982-12-20 1985-05-10 Leblay Alfred
FR2546474B1 (fr) * 1983-05-26 1985-08-02 Cabrol Lucien Appareil pourvu de moyens de propulsion aeriens et susceptible de se deplacer a la surface d'un plan d'eau
GB2198718B (en) * 1986-11-28 1990-05-02 Mardon Illingworth A container
FR2607097A1 (fr) * 1986-11-24 1988-05-27 Delchambre Jean Embarcation a plusieurs flotteurs
US5097916A (en) 1988-09-30 1992-03-24 Cadillac Gage Textron Inc. Active hydropneumatic suspension system
AU8703191A (en) * 1990-11-06 1992-05-14 Grant Mervyn Gilbert Charles Edwards Boat/submarine with adjustable wings and hydrofoils powered by a modified jet fan motors that operate under water
FR2678232B1 (fr) * 1991-06-28 1997-08-08 Xavier Santoni Nouvelle structure flottante.
US5799603A (en) 1993-11-18 1998-09-01 Tellington; Wentworth J. Shock-absorbing system for floating platform
CA2119417A1 (en) * 1994-03-18 1995-09-19 Gerhard W. Moog Sailing vessel
US5592894A (en) * 1994-11-29 1997-01-14 Johnson; Herrick J. Spidercraft
WO1998008732A1 (en) 1996-08-27 1998-03-05 Newport Technologies, Ltd. Hydroskiing marine vessel
US6270098B1 (en) * 1996-10-31 2001-08-07 Kinetic Limited Load distribution unit for vehicle suspension system
FR2766785A1 (fr) * 1997-08-01 1999-02-05 Larguier Jean J Quatromaran
JP2002193181A (ja) * 2000-12-27 2002-07-10 Tomio Ueda 水面滑走型の高速船

Also Published As

Publication number Publication date
WO2004016497A1 (en) 2004-02-26
EP1534582B1 (en) 2016-04-06
EP1534582B8 (en) 2016-06-08
AU2003249785A1 (en) 2004-03-03
US20060144311A1 (en) 2006-07-06
NZ538804A (en) 2007-10-26
US7314014B2 (en) 2008-01-01
EP1534582A1 (en) 2005-06-01
JP2005535495A (ja) 2005-11-24
EP1534582A4 (en) 2006-05-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2657125B1 (en) Underwater mobile apparatus and moving method thereof
US3623444A (en) High-speed ship with submerged hulls
KR100995817B1 (ko) 고속 해양 선박
CA2568275C (en) Method and apparatus for modifying wake
US6895883B2 (en) Powered boat hull
AU649513B2 (en) A displacement and multihull ship with limited transverse rectifying torque and with reduced resistance to forward motion
US5277142A (en) Variable-beam catamaran
US4686377A (en) System for generating power from waves
CA2504734C (en) Variable-draft vessel
US6688248B2 (en) Submersible catamaran
AU737098B2 (en) A Monohull having stern stabilizers for a high-speed ship
US3985106A (en) Sailboat stabilizing system
US7913636B2 (en) High speed watercraft suitable for rough water conditions
US20020088387A1 (en) Computer controlled electric watercraft
US6499419B1 (en) Hydrofoil wing system for monohull keel boat
KR100540335B1 (ko) 수면부상형선박선체
AU2006325588B2 (en) Dual draft vessel
JP2008515699A (ja) 改良された転換可能な船舶
CN102661231B (zh) 一种具有半潜船特征的漂浮鹰式波浪能发电装置
ES2414659T3 (es) Construcción de embarcación con múltiples góndolas sumergidas con aletas de control
US5176095A (en) Multiple hull air ride boat
AU2012273185B2 (en) Quadfoiler
ES2324347T3 (es) Sistema de suspension de cubierta activo.
US4457248A (en) Multihull vessels
US5280760A (en) Sailing craft

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060814

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081125

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090223

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090302

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090324

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090331

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090423

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091006

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091027

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4401293

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121106

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121106

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131106

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250