JP4387613B2 - Magenta toner - Google Patents

Magenta toner

Info

Publication number
JP4387613B2
JP4387613B2 JP2001196746A JP2001196746A JP4387613B2 JP 4387613 B2 JP4387613 B2 JP 4387613B2 JP 2001196746 A JP2001196746 A JP 2001196746A JP 2001196746 A JP2001196746 A JP 2001196746A JP 4387613 B2 JP4387613 B2 JP 4387613B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2001196746A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002091086A (en )
Inventor
隆晃 上滝
泰弘 市川
隆行 板倉
孝明 栢
誠 神林
勝己 近藤
育 飯田
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G03PHOTOGRAPHY; CINEMATOGRAPHY; ELECTROGRAPHY; HOLOGRAPHY
    • G03GELECTROGRAPHY; ELECTROPHOTOGRAPHY; MAGNETOGRAPHY
    • G03G9/00Developers
    • G03G9/08Developers with toner particles
    • G03G9/09Colouring agents for toner particles
    • G03G9/0906Organic dyes
    • G03G9/091Azo dyes
    • GPHYSICS
    • G03PHOTOGRAPHY; CINEMATOGRAPHY; ELECTROGRAPHY; HOLOGRAPHY
    • G03GELECTROGRAPHY; ELECTROPHOTOGRAPHY; MAGNETOGRAPHY
    • G03G9/00Developers
    • G03G9/08Developers with toner particles
    • G03G9/0821Developers with toner particles characterised by physical parameters
    • GPHYSICS
    • G03PHOTOGRAPHY; CINEMATOGRAPHY; ELECTROGRAPHY; HOLOGRAPHY
    • G03GELECTROGRAPHY; ELECTROPHOTOGRAPHY; MAGNETOGRAPHY
    • G03G9/00Developers
    • G03G9/08Developers with toner particles
    • G03G9/09Colouring agents for toner particles
    • G03G9/0906Organic dyes
    • G03G9/092Quinacridones

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は静電荷現像法またはトナージェット方式の画像形成に用いられるマゼンタトナーに関し、高温オフセットを防止するためのオイルを使用しないか、又は、オイルの使用量を少なくした加熱加圧定着手段を用いても高精細性を発現するマゼンタトナーに関する。 The present invention relates to a magenta toner used in the image formation of the electrostatic charge development method or a toner jet method, or does not use oil to prevent high-temperature offset, or the heat-and-pressure fixing means to reduce the amount of oil used It is related magenta toner expressing high finesse.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
近年、提案されているフルカラー複写機においては、4つの感光体とベルト状転写体を用い、各感光体上にそれぞれ形成された静電荷像をシアントナー,マゼンタトナー,イエロートナー及びブラックトナーを用い現像後、感光体とベルト転写体間に転写材を搬送しストレートパス間で転写後、フルカラー画像を形成せしめる方法や、感光体に対向せしめた転写体表面に静電気力やグリッパーの如き機械的作用により転写材を巻き付け、現像−転写工程を4回実施することでフルカラー画像を得る方法が一般的に利用されている。 Recently, in the full-color copying machines have been proposed, using four photosensitive members and a belt-like transfer member, the photosensitive cyan toner an electrostatic image formed respectively on the body, a magenta toner, a yellow toner and a black toner using after the development, post-transcriptional between conveyed straight path of the transfer material between the photosensitive member and the belt transfer member, and method in which forming a full-color image, such as mechanical action of electrostatic force or gripper transfer surface that opposition to the photoconductor wound transfer material, the developing - a method of obtaining a full color image by performing four times the transfer process is generally used.
【0003】 [0003]
これらフルカラー用複写機に登載されるトナーとしては、色再現性の向上やオーバーヘッドプロジェクター(OHP)画像の透明性を損なうことなく加熱加圧定着工程で各トナーが十分混色することが必要である。 The toner to be Tosai these full-color copying machine, it is necessary that each toner in heat-and-pressure fixing step without impairing the transparency of the color reproducibility of the improvement and overhead projector (OHP) image is sufficiently mixed. 一般の白黒複写機用黒トナーと較べフルカラー画像用トナーは、シャープメルト性を有する低分子量結着樹脂が好ましい。 For full-color image than the black toner for ordinary monochromatic copying machine toner, the low molecular weight binder resin having a sharp melting property is preferable. しかしながら、通常、シャープメルト性結着樹脂を用いると加熱加圧定着工程でトナーが溶融した際、結着樹脂の自己凝集力が低いため耐高温オフセット性に問題を生じ易い。 However, usually, when the toner in the heat-and-pressure fixing step using a sharp melting binder resin is melted, prone to problems hot offset resistance because self cohesion is low the binder resin. 一般の白黒複写機用黒トナーでは、定着時の耐高温オフセット性を向上させるためポリエチレンワックスやポリプロピレンワックスに代表される比較的高結晶性のワックスが離型剤として用いられている。 In general the black toner for black and white copier, a relatively highly crystalline wax as typified by polyethylene wax and polypropylene wax to improve the high-temperature offset resistance at the time of fixing is used as a release agent. 例えば特公昭52−3304号公報、特公昭52−3305号公報、特開昭57−52574号公報に提案されている。 For example Japanese Patent Publication 52-3304 discloses, is proposed JP-B 52-3305 and JP-Sho 57-52574. フルカラー画像用トナーにおいては、この離型剤自身の高結晶性やOHP用シートの材質との屈折率の違いのためOHPで透映した際、透明性が阻害され、投影像は彩度や明度が低くなる。 In the toner for full color image, when reflects permeability in OHP for refractive index difference between the material of high crystallinity and an OHP sheet of the release agent itself, transparency is hindered, the projected image saturation and lightness It is low.
【0004】 [0004]
このような問題を解決するため、特定の貯蔵弾性率を有するトナーについて提案されている。 To solve this problem, it has been proposed for the toner having a specific storage elastic modulus.
【0005】 [0005]
例えば、特開平11−84716号公報や特開平8−54750号公報では、180℃または170℃において特定の貯蔵弾性率を有するトナーが提案されている。 For example, Japanese Laid-11-84716 and JP 8-54750 and JP-toner having a specific storage elastic modulus are proposed at 180 ° C. or 170 ° C.. しかし、低温定着と耐高温オフセットの両立、高温オフセット防止のためのオイルを使用しないか、又は、オイルの使用量を少なくした加熱加圧定着手段での良好な定着性、十分な混色特性が必要とされるカラートナーとしては、トナーの粘度が低すぎるうえ、高温環境下での保存性について、満足できるものではなかった。 However, both the low-temperature fixing and high-temperature offset, or not use oil for high-temperature offset prevention, or, good fixation in the heat-and-pressure fixing means to reduce the amount of oil, it must have sufficient color mixing property and the color toner to be, upon the viscosity of the toner is too low, the storage stability in a high-temperature environment, is not satisfactory.
【0006】 [0006]
さらに、特開平5−249735号公報、特開平7−92737号公報、特開平7−234542号公報、特開平7−295298号公報、特開平8−234480号公報、特開平8−278662号公報、特開平10−171156号公報においても特定の貯蔵弾性率を有するトナーが提案されている。 Further, JP-A-5-249735, JP-A No. 7-92737, JP-A No. 7-234542, JP-A No. 7-295298, JP-A No. 8-234480, JP-A No. 8-278662, JP- the toner having a specific storage elastic modulus are proposed in JP-a 10-171156 JP. しかしながら、カラートナーとしての理想的な定着特性、保存性、OHP透明性を得るためには、改良の余地があった。 However, the ideal fixing characteristics as color toners, in order to obtain storage stability, the OHP transparency, there is room for improvement.
【0007】 [0007]
この問題を解決するため、造核剤をワックスと併用することでワックスの結晶性を低下させる方法が、特開平4−149559号公報や特開平4−107467号公報に提案されている。 To solve this problem, a method of reducing the crystallinity of the wax by a combination of nucleating agent and wax, has been proposed in JP-A-4-149559 and JP 4-107467. 更に結晶化度の低いワックスを用いる方法が特開平4−301853号公報や特開平5−61238号公報に提案されている。 Further a method of using a low crystallinity wax has been proposed in JP-A-4-301853 and JP 5-61238. 比較的透明性が良く融点の低いワックスとしてモンタン系ワックスがあり、モンタン系ワックスの使用が、特開平1−185660号公報、特開平1−185661号公報、特開平1−185662号公報、特開平1−185663号公報、特開平1−238672号公報に提案されている。 Relatively transparent has montan wax as well low melting wax, the use of montan wax, JP-1-185660, JP-A No. 1-185661, JP-A No. 1-185662, JP-A No. 1-185663, JP has been proposed in Japanese Patent Laid-Open No. 1-238672. しかしながら、これらのワックスは、OHPでの透明性と加熱加圧定着時の低温定着性及び耐高温オフセット性の全てが十分満足されるものではない。 However, these waxes are not all of the low-temperature fixing performance and high-temperature anti-offset properties at the time of heating pressure fixing and transparency in OHP is sufficiently satisfied.
【0008】 [0008]
このため通常のカラートナーでは、離型剤を極力添加せずに加熱定着ローラーへシリコーンオイルやフッ素オイルの如きオイルを塗布せしめ耐高温オフセット性の向上とOHPでの透明性を図っている。 Therefore, in the ordinary color toners, thereby achieving a release agent as much as possible to the heat fixing roller without addition brought applying such oil silicone oil or fluorine oil transparency in the high-temperature offset resistance of the improvement and OHP. しかしながら、このようにして得られた定着画像は、その表面に余分のオイルが付着している。 However, fixed images thus obtained, the excess oil is adhered to the surface thereof. オイルが感光体に付着して汚染したりオイルが定着ローラーを膨潤し、定着ローラーの寿命を短かくする場合がある。 Oil oil or contamination attached to the photosensitive member to swell the fixing roller, the service life of the fixing roller sometimes short. 定着画像上へのオイルスジを発生させないため、オイルを均一に且つ定量的に定着ローラー表面上に供給する必要性があり、定着装置が大型化する傾向にある。 Order not to generate Oirusuji onto the fixed images, there is a need to supply on uniformly and quantitatively fixing roller surface oil, fixing device tends to be large.
【0009】 [0009]
そのため、オイルを使用しないか、又は、オイルの使用量を少なくした加熱加圧定着手段において、オフセットの発生が抑制されているトナーであり、さらに、定着画像の透明性に優れているトナーが待望されている。 Therefore, either do not use oil, or in heat-and-pressure fixing means to reduce the amount of oil, a toner offset occurred is suppressed, further, the toner is excellent in transparency of a fixed image is awaited It is.
【0010】 [0010]
一方で、カラー複写機がコントローラーを介してコンピューターと接続され、高品位カラープリンターとして使われるケースが増加するにつれて、システム全体を色管理するカラーマネージメントシステムが提案されるようになってきた。 On the other hand, the color copying machine is connected to a computer via a controller, as the case used as a high-quality color printer is increased, the color management system for color management of the entire system has come to be proposed. その結果特定のユーザーにおいては、電子写真方式のカラー複写機で出力される出力画像がプロセスインキをベースとした印刷の出力画像と色味の点で一致することを強く望むようになり、プロセスインキと同様の色調を有するトナーというものも要求されるようになってきた。 In its result a particular user, become an output image outputted by the color electrophotographic copying machine desires strongly agreed that the output image and the color of printing based process inks, process ink It has come to be required as of toner having the same hue as.
【0011】 [0011]
これまでマゼンタトナー用顔料としてはいくつか提案されているが、色の鮮明性と透明性に優れ、かつ耐光性にも優れるという点でキナクリドン系の顔料が広く用いられてきた。 So far as the pigment for magenta toner have been proposed, excellent sharpness and transparency of color and has pigment quinacridone is widely used in that is excellent in light resistance.
【0012】 [0012]
例えば、特開昭49−27228号公報、特開昭57−54954号公報及び特開平1−142559号公報等は、2,9−ジメチルキナクリドンを単独で含有したトナーを開示している。 For example, JP 49-27228 and JP Sho 57-54954 and JP Hei 1-142559, etc., disclose a toner containing alone 2,9-dimethylquinacridone. このトナーは、確かに耐光性には優れているものの、十分に鮮やかなマゼンタトナーとは言い難かった。 This toner, although certainly are excellent in light resistance, has been difficult to say that sufficiently vivid magenta toner. 特開昭64−9466号公報は、キナクリドン系顔料とキサンテン系染料またはキサンテン系染料をレーキ化した顔料とを組み合わせ、トナーの鮮やかさを向上させようとしたことを開示している。 JP 64-9466 discloses the combination of a pigment laked a quinacridone pigment and a xanthene dye or xanthene dye, discloses that tried to improve the vividness of toners. このトナーは、まだ充分な鮮やかさが得られていなかったし、色が変化し、画像を長時間放置すると変色してしまうという問題点があった。 This toner, to have not been obtained yet sufficient vividness, color change, image there is a problem that discoloration with long time left.
【0013】 [0013]
特開平1−154161号公報は、マゼンタトナーの透明性を向上させようとして、平均粒径が0.5μm以下のキナクリドン系顔料を用いることを開示している。 JP-1-154161 discloses, as a attempt to improve the transparency of magenta toner, the average particle diameter discloses the use of the following quinacridone pigments 0.5 [mu] m. トナーの透明性は顔料と樹脂、そして樹脂への分散方法とその程度によって決まるものであって、必ずしも透明性の高いマゼンタトナーは得られていなかった。 Transparency of the toner be those determined by the pigment and the resin and dispersion method and extent of the resin, were not necessarily highly transparent magenta toner was obtained.
【0014】 [0014]
一方で、フルカラー画像の場合は、色材の3原色であるイエロートナー,マゼンタトナー,シアントナーの3色の有彩色トナー又はそれに黒色トナーを加えた4色のトナーで色再現するものであり、目的とする色調の画像を得るためには、他色とのバランスが重要であり、マゼンタトナーの色調を若干変えようという試みもなされている。 On the other hand, in the case of full-color image, which yellow toner the three primary colors of coloring materials, magenta toner, 3-color chromatic toner or four color toners plus it black toner of cyan toner to reproduce color, to obtain an image of the color of interest, it is important balance with other colors, it has been made tried to make slight color tone of the magenta toner.
【0015】 [0015]
例えば、特公昭63−18628号公報は、置換されたキナクリドン2種を含有する化合物の混合物を開示しており、特開昭62−291669号公報は、2,9−ジメチルキナクリドンと、無置換のキナクリドンとの混晶をマゼンタ用着色剤として用いることを記載しており、目的とする色相を有し、かつトナーの摩擦帯電性の改善をも目的とした着色剤として提案されている。 For example, JP-B-63-18628 discloses a mixture of compounds containing two quinacridone substituted, JP 62-291669 discloses the 2,9-dimethylquinacridone and, unsubstituted the mixed crystal of quinacridone and describes the use as a magenta colorant have been proposed as a coloring agent for the purpose also has a color of interest, and improvement of the triboelectric chargeability of the toner.
【0016】 [0016]
しかしながら、2,9−ジメチルキナクリドンを単独で用いた時よりも全体として黄味の方向へ色味はシフトしているものの、オフセット印刷用のマゼンタインキの色相と比較すると青味が強く、改善すべき点が多く残されていた。 However, 2,9 although color in the direction of the yellowness is shifted to dimethylquinacridone as a whole than when used alone, strongly bluish when compared with the hue of magenta inks for offset printing, improved to point had been left much to be.
【0017】 [0017]
特開2000−181144号公報には,ジメチルキナクリドン顔料と赤色顔料とを併用した鮮明なマゼンタ色の画像記録用着色組成物の提案がなされているが、我々の検討では連続定着時の耐オフセット性にまだまだ改善の余地があり,オイルレス定着用トナーとしては満足のいくレベルのものではなかった。 JP-A-2000-181144 discloses, although proposals dimethylquinacridone pigment vivid magenta color image-recording colorant composition using a combination of red pigments have been made, the offset resistance during continuous fixation in our study There is still room for improvement in, as the oil-less fixing toner was not of satisfactory level.
【0018】 [0018]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明の目的は、上述の如き問題点を解決したマゼンタトナーを提供するものである。 An object of the present invention is to provide a magenta toner which has solved the above-mentioned problems.
【0019】 [0019]
すなわち、本発明の目的は、低温定着性に優れたマゼンタトナーを提供するものである。 An object of the present invention is to provide a superior magenta toner low-temperature fixing property.
【0020】 [0020]
本発明の目的は、保存安定性,耐熱性,耐ブロッキング性に優れたマゼンタトナーを提供するものである。 An object of the present invention is to provide storage stability, heat resistance, excellent magenta toner blocking resistance.
【0021】 [0021]
本発明の目的は、低濃度から高濃度までの広いダイナミックレンジをカバーする高着色力を有し、彩度及び明度が高く、OHP透明性に優れ、着色剤の分散性に優れ、高耐光性を有し、さらに色調がプロセスインキのマゼンタと合っているマゼンタトナーを提供するものである。 An object of the present invention has a high coloring power to cover a wide dynamic range from a low concentration to a high concentration, saturation and high lightness, excellent OHP transparency, excellent dispersibility of the coloring agent, light resistance It has a further color tone is to provide a magenta toner matching magenta process inks.
【0022】 [0022]
本発明の目的は、良好な定着性及び混色性を示し、充分な摩擦帯電性を有し、画像品質を高める光沢性が高く、高温オフセットが十分に防止され、定着可能温度が広く、現像器内、すなわち、スリーブ,ブレード,塗布ローラーなどの部品へのトナー融着が抑えられており、さらにクリーニング性が良好であり、感光体へのフィルミングが抑制されたマゼンタトナーを提供するものである。 An object of the present invention exhibits good fixability and color mixing properties, has sufficient frictional chargeability, increase the image quality is high gloss, high temperature offset is sufficiently prevented, wider fixable temperature, the developing device among them, i.e., sleeve, blade, toner fusion are suppressed to components such as application roller, good further cleanability, there is provided a magenta toner filming to the photosensitive member is suppressed .
【0023】 [0023]
本発明の目的は、カブリが抑制されており、ハイライト再現性に優れ、ベタ均一性に優れ、耐久安定性に優れたマゼンタトナーを提供するものである。 An object of the present invention, fogging is suppressed, excellent highlight reproducibility, excellent solid uniformity, and provides a superior magenta toner durability stability.
【0024】 [0024]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
少なくとも結着樹脂及び着色剤を含有するマゼンタトナーにおいて、 In the magenta toner containing at least a binder resin and a colorant,
該マゼンタトナーの温度80℃における貯蔵弾性率(G' 80 )が1×10 〜1×10 [dN/m ]の範囲にあり、温度120〜180℃における貯蔵弾性率(G' 120−180 )が2×10 〜1×10 [dN/m ]の範囲にあり、 Storage elastic modulus at a temperature of 80 ° C. of the magenta toner (G '80) is in the range of 1 × 10 6 ~1 × 10 8 [dN / m 2], storage elastic modulus at a temperature of 120~180 ℃ (G' 120 -180) is in the range of 2 × 10 3 ~1 × 10 6 [dN / m 2],
該マゼンタトナーは、下記一般式(1)及び下記一般式(2)で示される化合物からなる群から選択される少なくとも1つの化合物と、下記一般式(3)で示される化合物とを少なくとも含有することを特徴とするマゼンタトナーに関する。 The magenta toner contains at least at least one compound selected from the group consisting of compounds represented by the following general formula (1) and the following general formula (2) with a compound represented by the following general formula (3) it relates to a magenta toner, wherein.
【0025】 [0025]
【外12】 [Outside 12]
【0026】 [0026]
(式中,R D 2は、H又はOCH 3を示し、R D 4は、H又はCONH 2を示し、R D 5は、H,SO 2 N(C 2 H 5 ) 2 ,CONHC 6 H 5 ,CONH 2又はCONHC 6 H 4 -(p)CONH 2を示し、R K 2は、H,OCH 3 ,CH 3又はOC 2 H 5を示し、R K 4は、H,OCH 3又はClを示し、R K 5は,H,OCH 3 ,Cl又はNO 2を示す。) (Wherein, R D 2 represents H or OCH 3, R D 4 represents H or CONH 2, R D 5 is, H, SO 2 N (C 2 H 5) 2, CONHC 6 H 5 , CONH 2 or CONHC 6 H 4 - shows a (p) CONH 2, R K 2 are, H, OCH 3, shows a CH 3 or OC 2 H 5, R K 4 is, H, indicates OCH 3 or Cl , R K 5 represents H, an OCH 3, Cl or NO 2.)
【0027】 [0027]
【外13】 [Outside 13]
【0028】 [0028]
(式中、R D 2は、H又はSO 3 を示し、R D 4は、H,Cl又はCH 3を示し、R D 5は、H,Cl,CH 3 ,C 2 H 5又はSO 3 を示し、Mは,Ba,Ca,Sr,Mn又はMgを示す。但し、R D 2又はR D 5の一方は、SO 3 である。) (Wherein, R D 2 is, H, or SO 3 - indicates, R D 4 represents H, Cl or CH 3, R D 5 is, H, Cl, CH 3, C 2 H 5 or SO 3 - indicates, M represents Ba, Ca, Sr, Mn, or Mg, however, one of R D 2 and R D 5 is SO 3 -. a it).
【0029】 [0029]
【外14】 [Outside 14]
【0030】 [0030]
(式中、R D 1及びR D 2は、H又はCH 3を示す。) (Wherein, R D 1 and R D 2 represents H or CH 3.)
【0031】 [0031]
本発明者らは鋭意検討の結果、オイルを使用しないか、又は、オイルの使用量を少なくした加熱加圧定着手段においても耐高温オフセット性に優れ、かつ、高温環境下における長期保存安定性と低温定着性の両立を達成するためには、トナーが上記の要件を満足することが有効であることを見出し、加えて、耐光性に優れ、かつ良好な色調のマゼンタトナーを得るためには、前述の一般式(1)及び一般式(2)からなる群から選択される少なくとも1つの化合物と、一般式(3)で示される化合物を一定の割合で混合して分散せしめたとき、優れた顔料分散性と高いOHT透明性が得られることを見出した。 The present inventors have conducted extensive studies results, do not use oil or excellent high-temperature offset resistance even at heat-and-pressure fixing means to reduce the amount of oil, and the long-term storage stability in a high-temperature environment to achieve both low-temperature fixability, the toner is found that it is effective to satisfy the above requirements, in addition, in order to obtain excellent light resistance and a magenta toner of a good color tone, and at least one compound selected from the group consisting of the above-described general formulas (1) and (2), when the general formula (3) a compound represented by was allowed mixed and dispersed at a constant rate, excellent It found that pigment dispersibility and high OHT transparency can be obtained.
【0032】 [0032]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明のトナーに関して詳細に説明する。 It will be described in detail with respect to the toner of the present invention.
【0033】 [0033]
まず、温度80℃におけるトナーの貯蔵弾性率(G' 80 )は、1×10 〜1×10 [dN/m ]であり、好ましくは1×10 〜9×10 [dN/m ]であり、より好ましくは2×10 〜9×10 [dN/m ]である。 First, the storage modulus of the toner at a temperature 80 ℃ (G '80) is 1 × 10 6 ~1 × 10 8 [dN / m 2], preferably 1 × 10 6 ~9 × 10 7 [dN / a m 2], and more preferably from 2 × 10 6 ~9 × 10 7 [dN / m 2]. この範囲を満たす場合には、トナーの高温環境下においても良好な保存性、耐熱性、耐ブロッキング性が得られる。 When satisfying this range, also good storage stability in high-temperature environment of the toner, heat resistance, blocking resistance is obtained. 貯蔵弾性率(G' 80 )が1×10 [dN/m ]よりも小さい場合には、高温環境下における保存性、耐熱性、耐ブロッキング性が劣る様になり、トナー粒子同士が合一し、大きなトナーの凝集体を形成するため好ましくない。 When the storage modulus (G '80) is less than 1 × 10 6 [dN / m 2] is conserved in a high-temperature environment, heat resistance, will be as blocking resistance is poor, the toner particles to each other if one was not preferable to form aggregates of larger toner. 近年、複写機、プリンターの出力スピードの高速化や本体の小型化が進んでいるため、機内の温度が高くなる傾向にあり、高精細・高画質の画像を安定して得るためには、トナーが高温環境下における十分な保存性、耐熱性、耐ブロッキング性を有することは重要である。 Recently, copiers, for speed and body size of the output speed of the printer is advanced, there is a tendency that cabin temperature increases, in order to stably obtain an image of high definition and high image quality, toner There is important to have sufficient storage stability in a high-temperature environment, heat resistance, blocking resistance. また、貯蔵弾性率(G' 80 )が1×10 [dN/m ]より大きい場合には、保存性、耐熱性、耐ブロッキング性は十分であるものの、低い温度での十分な定着性が得られないため好ましくない。 Further, when the storage elastic modulus (G '80) is greater than 1 × 10 8 [dN / m 2] is storability, heat resistance, although the blocking resistance is sufficient, sufficient fixability at low temperatures undesirably it can not be obtained.
【0034】 [0034]
また、温度120〜180℃におけるトナーの貯蔵弾性率(G' 120−180 )は、2×10 〜1×10 [dN/m ]であり、好ましくは5×10 〜1×10 [dN/m ]であり,より好ましくは5×10 〜5×10 [dN/m ]である。 Also, the storage modulus of the toner at a temperature 120~180 ℃ (G '120-180) is 2 × 10 3 ~1 × 10 6 [dN / m 2], preferably 5 × 10 3 ~1 × 10 6 [dN / m 2], more preferably an a 5 × 10 3 ~5 × 10 5 [dN / m 2]. この範囲を満たす場合には、十分な定着性と耐高温オフセット性と両立させることができ、さらには均一なグロスを有する画像を得ることができる。 When satisfying this range, it is possible to achieve both sufficient fixing performance and high-temperature offset resistance, it is possible to further obtain an image having a uniform gloss. 貯蔵弾性率(G' 120−180 )が2×10 [dN/m ]よりも小さい場合には、トナーの十分な耐高温オフセット性を得ることができないため好ましくない。 When the storage modulus (G '120-180) is less than 2 × 10 3 [dN / m 2] it is not preferable because it is not possible to obtain sufficient high-temperature anti-offset properties of the toner. また、貯蔵弾性率(G' 120−180 )が1×10 [dN/m ]より大きい場合には、トナーを十分に定着せしめることが出来ず、トナーの発色性は著しく低下してしまう。 Further, when the storage elastic modulus (G '120-180) is greater than 1 × 10 6 [dN / m 2] can not allowed to sufficiently fix the toner, coloring property of the toner is significantly lowered . 温度120℃におけるトナーの貯蔵弾性率(G' 120 )は1×10 〜8×10 [dN/m ]、温度180℃におけるトナーの貯蔵弾性率(G' 180 )は5×10 〜5×10 [dN/m ]であることが好ましい。 Temperature 120 storage modulus of the toner in ° C. (G '120) is 1 × 10 4 ~8 × 10 5 [dN / m 2], storage elastic modulus of the toner at a temperature 180 ℃ (G' 180) is 5 × 10 3 is preferably ~5 × 10 5 [dN / m 2].
【0035】 [0035]
さらに、本発明のトナーは、温度120〜180℃における貯蔵弾性率の最小値(G' min )と最大値(G' max )との比(G' max /G' min )が、20以下である時にさらに良好な耐オフセット性を発揮する。 Further, the toner of the present invention, the minimum value of storage elastic modulus at a temperature of 120~180 ℃ (G 'min) between the maximum value (G' max) and the ratio of (G 'max / G' min ) is 20 or less exhibit better anti-offset properties when certain. (G' max /G' min )が20より大きい場合には、定着温度によって定着画像の光沢が異なるため、大量の画像を出力する際に、高品位な画像を安定して得るという点においても好ましくない。 If (G 'max / G' min ) is greater than 20, since the gloss of the fixed image by the fixing temperature differs, when outputting a large number of images, even in that get a high quality image stably unfavorable. より好ましくは、(G' max /G' min )が15以下であることが望ましい。 More preferably, it is desirable (G 'max / G' min ) is 15 or less.
【0036】 [0036]
さらに、本発明のトナーに用いられる結着樹脂は、(a)ポリエステルユニットとビニル系共重合体ユニットを有しているハイブリッド樹脂、もしくは(b)ハイブリッド樹脂とビニル系共重合体との混合物、(c)ハイブリッド樹脂とポリエステル樹脂との混合物のいずれかから選択される樹脂が好ましいが、樹脂成分のゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)により測定される分子量分布が、メインピークを分子量3,500乃至10,000の領域に有しており、好ましくは、分子量4,000乃至9,000の領域に有しており、Mw(重量平均分子量)とMn(個数平均分子量)の比(Mw/Mn)が5.0以上であることが好ましい。 Moreover, the binder resin used in the toner of the present invention, (a) a mixture of a hybrid resin, or (b) a hybrid resin and a vinyl copolymer and a polyester unit and a vinyl copolymer unit, Although resin selected from any of the mixture of (c) a hybrid resin and a polyester resin is preferred, the molecular weight distribution measured by gel permeation chromatography (GPC) of the resin component, the molecular weight 3,500 to the main peak has 10,000 region, preferably has a molecular weight region of 4,000 to 9,000, Mw (weight average molecular weight) and Mn ratio (number average molecular weight) (Mw / Mn) it is preferred but 5.0 or more. メインピークが分子量3,500未満の領域にある場合には、トナーの耐ホットオフセット性が不十分である。 If the main peak is in the region of molecular weight less than 3,500, hot offset resistance of the toner is insufficient. 一方、メインピークが分子量10,000超の領域にある場合には、十分なトナーの低温定着性が得られないうえ、OHPの透過性が不十分となるため好ましくない。 On the other hand, when the main peak is in the molecular weight greater than 10,000 regions, upon not obtained low-temperature fixability of sufficient toner is not preferable because the transparency of OHP becomes insufficient. また、Mw/Mnが5.0未満である場合には良好な耐オフセット性を得ることが困難となる。 Further, it is difficult to obtain a satisfactory offset resistance when Mw / Mn is less than 5.0.
【0037】 [0037]
結着樹脂としてポリエステル系の樹脂を用いる場合は、アルコールとカルボン酸、もしくはカルボン酸無水物、カルボン酸エステル等が原料モノマーとして使用できる。 When using a polyester resin as the binder resin, alcohols and carboxylic acids or carboxylic acid anhydrides, such as carboxylic acid ester can be used as a raw material monomer. 具体的には、例えば2価アルコール成分としては、ポリオキシプロピレン(2.2)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン、ポリオキシプロピレン(3.3)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン、ポリオキシエチレン(2.0)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン、ポリオキシプロピレン(2.0)−ポリオキシエチレン(2.0)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン、ポリオキシプロピレン(6)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン等のビスフェノールAのアルキレンオキシド付加物、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、1,2−プロピレングリコール、1,3−プロピレングリコール、1,4−ブタンジオール、 Specifically, for example, the divalent alcohol component, polyoxypropylene (2.2) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane, polyoxypropylene (3.3) -2,2-bis ( 4-hydroxyphenyl) propane, polyoxyethylene (2.0) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane, polyoxypropylene (2.0) - polyoxyethylene (2.0) -2,2 - bis (4-hydroxyphenyl) propane, polyoxypropylene (6) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) alkylene oxide adducts of bisphenol a such as propane, ethylene glycol, diethylene glycol, triethylene glycol, 1, 2-propylene glycol, 1,3-propylene glycol, 1,4-butanediol, オペンチルグリコール、1,4−ブテンジオール、1,5−ペンタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、1,4−シクロヘキサンジメタノール、ジプロピレングリコール、ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、ポリテトラメチレングリコール、ビスフェノールA、水素添加ビスフェノールA等が挙げられる。 O neopentyl glycol, 1,4-butenediol, 1,5-pentanediol, 1,6-hexanediol, 1,4-cyclohexanedimethanol, dipropylene glycol, polyethylene glycol, polypropylene glycol, polytetramethylene glycol, bisphenol A , hydrogenated bisphenol A, and the like.
【0038】 [0038]
3価以上のアルコール成分としては、例えばソルビトール、1,2,3,6−ヘキサンテトロール、1,4−ソルビタン、ペンタエリスリトール、ジペンタエリスリトール、トリペンタエリスリトール、1,2,4−ブタントリオール、1,2,5−ペンタントリオール、グリセロール、2−メチルプロパントリオール、2−メチル−1,2,4−ブタントリオール、トリメチロールエタン、トリメチロールプロパン、1,3,5−トリヒドロキシメチルベンゼン等が挙げられる。 Examples of the trivalent or higher alcohol components, such as sorbitol, 1,2,3,6-hexane tetrol, 1,4-sorbitan, pentaerythritol, dipentaerythritol, tripentaerythritol, 1,2,4-butanetriol, 1,2,5-pentane triol, glycerol, 2-methylpropane triol, 2-methyl-1,2,4-butane triol, trimethylol ethane, trimethylol propane, 1,3,5-trihydroxy methyl benzene and and the like.
【0039】 [0039]
酸成分としては、フタル酸、イソフタル酸及びテレフタル酸の如き芳香族ジカルボン酸類又はその無水物;こはく酸、アジピン酸、セバシン酸及びアゼライン酸の如きアルキルジカルボン酸類又はその無水物;炭素数6〜12のアルキル基で置換されたこはく酸もしくはその無水物;フマル酸、マレイン酸及びシトラコン酸の如き不飽和ジカルボン酸類又はその無水物;が挙げられる。 As the acid component, phthalic acid, aromatic dicarboxylic acids such as anhydrides thereof isophthalic acid and terephthalic acid; succinic acid, adipic acid, alkyl dicarboxylic acids or their anhydrides such as sebacic acid and azelaic acid; C6-12 succinic acid or its anhydride substituted with an alkyl group; unsaturated dicarboxylic acids such as fumaric acid, or anhydrides thereof maleic acid and citraconic acid; and the like.
【0040】 [0040]
それらの中でも、特に、下記一般式(4)で代表されるビスフェノール誘導体をジオール成分とし、2価以上のカルボン酸又はその酸無水物、又はその低級アルキルエステルとからなるカルボン酸成分(例えば、フマル酸、マレイン酸、無水マレイン酸、フタル酸、テレフタル酸、トリメリット酸、ピロメリット酸等)を酸成分として、これらを縮重合したポリエステル樹脂が、カラートナーとして、良好な帯電特性を有するので好ましい。 Among them, particularly, a bisphenol derivative with a diol component represented by the following general formula (4), a di- or higher-valent carboxylic acid or an acid anhydride, or carboxylic acid component consisting of a lower alkyl ester thereof (e.g., fumaric acid, maleic acid, maleic anhydride, phthalic acid, terephthalic acid, trimellitic acid, as pyromellitic acid, etc.) the acid component, these condensation polymerization polyester resin, as a color toner, preferable than having a good charging performance .
【0041】 [0041]
【外15】 [Outside 15]
【0042】 [0042]
さらに結着樹脂としてポリエステルユニットとビニル系共重合体ユニットを有しているハイブリッド樹脂を用いる場合、さらに良好なワックス分散性と、低温定着性,耐オフセット性の向上が期待できる。 Further, when using a hybrid resin having a polyester unit and a vinyl copolymer unit as the binder resin, it can be expected even better and the wax dispersibility, low-temperature fixability, improved anti-offset properties. 本発明に用いられる「ハイブリッド樹脂成分」とは、ビニル系重合体ユニットとポリエステルユニットが化学的に結合された樹脂を意味する。 The "hybrid resin component" used in the present invention, the vinyl polymer unit and a polyester unit means a chemically bound resin. 具体的には、ポリエステルユニットと(メタ)アクリル酸エステルの如きカルボン酸エステル基を有するモノマーを重合したビニル系重合体ユニットとがエステル交換反応によって形成されるものであり、好ましくはビニル系重合体を幹重合体、ポリエステルユニットを枝重合体としたグラフト共重合体(あるいはブロック共重合体)を形成するものである。 Specifically, which a vinyl polymer unit obtained by polymerizing a monomer having a polyester unit and (meth) carboxylate group such as acrylic acid ester is formed by transesterification, preferably vinyl polymer the and forms trunk polymer, a graft copolymer obtained by the branch polymer polyester unit (or block copolymer).
【0043】 [0043]
ビニル系樹脂を生成するためのビニル系モノマーとしては、次のようなものが挙げられる。 The vinyl monomer for forming the vinyl resin include the following. スチレン;o−メチルスチレン、m−メチルスチレン、p−メチルスチレン、α−メチルスチレン、p−フェニルスチレン、p−エチルスチレン、2,4−ジメチルスチレン、p−n−ブチルスチレン、p−tert−ブチルスチレン、p−n−ヘキシルスチレン、p−n−オクチルスチレン、p−n−ノニルスチレン、p−n−デシルスチレン、p−n−ドデシルスチレン、p−メトキシスチレン、p−クロルスチレン、3,4−ジクロルスチレン、m−ニトロスチレン、o−ニトロスチレン、p−ニトロスチレンの如きスチレン及びその誘導体;エチレン、プロピレン、ブチレン、イソブチレンの如きスチレン不飽和モノオレフィン類;ブタジエン、イソプレンの如き不飽和ポリエン類;塩化ビニル、塩化ビニルデン、臭化ビニル、フッ Styrene; o-methylstyrene, m- methylstyrene, p- methyl styrene, alpha-methyl styrene, p- phenyl styrene, p- ethyl styrene, 2,4-dimethylstyrene, p-n-butylstyrene, p-tert butyl styrene, p-n-butylstyrene, p-n-octyl styrene, p-n-nonyl styrene, p-n-decyl styrene, p-n-dodecyl styrene, p- methoxy styrene, p- chlorostyrene, 3, 4-di-chlorostyrene, m- nitro styrene, o- nitro styrene, such as styrene and its derivatives p- nitrostyrene, ethylene, propylene, butylene, such as styrene unsaturated monoolefins isobutylene; butadiene, isoprene such unsaturated polyenes, vinyl chloride, vinylidene chloride, vinyl bromide, fluoride ビニルの如きハロゲン化ビニル類;酢酸ビニル、プロピオン酸ビニル、ベンゾエ酸ビニルの如きビニルエステル類;メタクリル酸メチル、メタクリル酸エチル、メタクリル酸プロピル、メタクリル酸n−ブチル、メタクリル酸イソブチル、メタクリル酸n−オクチル、メタクリル酸ドデシル、メタクリル酸2−エチルヘキシル、メタクリル酸ステアリル、メタクリル酸フェニル、メタクリル酸ジメチルアミノエチル、メタクリル酸ジエチルアミノエチルの如きα−メチレン脂肪族モノカルボン酸エステル類;アクリル酸メチル、アクリル酸エチル、アクリル酸プロピル、アクリル酸n−ブチル、アクリル酸イソブチル、アクリル酸n−オクチル、アクリル酸ドデシル、アクリル酸2−エチルヘキシル、アクリル酸ステアリル、アクリル酸2− Such as vinyl halides such as vinyl, vinyl acetate, vinyl propionate, such as vinyl esters benzoate vinyl; methyl methacrylate, ethyl methacrylate, propyl methacrylate, n- butyl methacrylate, isobutyl methacrylate, n- octyl, dodecyl methacrylate, 2-ethylhexyl methacrylate, stearyl methacrylate, phenyl methacrylate, dimethylaminoethyl methacrylate, such as diethylaminoethyl methacrylate α- methylene aliphatic monocarboxylic acid esters; methyl acrylate, ethyl acrylate , propyl acrylate, n- butyl acrylate, isobutyl acrylate, n- octyl, dodecyl acrylate, 2-ethylhexyl acrylate, stearyl acrylate, 2 ロルエチル、アクリル酸フェニルの如きアクリル酸エステル類;ビニルメチルエーテル、ビニルエチルエーテル、ビニルイソブチルエーテルの如きビニルエーテル類;ビニルメチルケトン、ビニルヘキシルケトン、メチルイソプロペニルケトンの如きビニルケトン類;N−ビニルピロール、N−ビニルカルバゾール、N−ビニルインドール、N−ビニルピロリドンの如きN−ビニル化合物;ビニルナフタリン類;アクリロニトリル、メタクリロニトリル、アクリルアミドの如きアクリル酸もしくはメタクリル酸誘導体等が挙げられる。 Roruechiru, such as acrylic acid esters phenyl acrylate; vinyl methyl ether, vinyl ethyl ether, such as vinyl ethers vinyl isobutyl ether; vinyl methyl ketone, vinyl hexyl ketone, such as vinyl ketones of methyl isopropenyl ketone; N- vinyl pyrrole, N- vinylcarbazole, N- vinyl indole, N- vinylpyrrolidone, such as N- vinyl compounds, vinyl naphthalenes; acrylonitrile, methacrylonitrile, and the like such as acrylic acid or methacrylic acid derivatives of acrylamide.
【0044】 [0044]
さらに、マレイン酸、シトラコン酸、イタコン酸、アルケニルコハク酸、フマル酸、メサコン酸の如き不飽和二塩基酸;マレイン酸無水物、シトラコン酸無水物、イタコン酸無水物、アルケニルコハク酸無水物の如き不飽和二塩基酸無水物;マレイン酸メチルハーフエステル、マレイン酸エチルハーフエステル、マレイン酸ブチルハーフエステル、シトラコン酸メチルハーフエステル、シトラコン酸エチルハーフエステル、シトラコン酸ブチルハーフエステル、イタコン酸メチルハーフエステル、アルケニルコハク酸メチルハーフエステル、フマル酸メチルハーフエステル、メサコン酸メチルハーフエステルの如き不飽和二塩基酸のハーフエステル;ジメチルマレイン酸、ジメチルフマル酸の如き不飽和二塩基酸エステル;アクリル酸、メタ Furthermore, maleic acid, citraconic acid, itaconic acid, alkenylsuccinic acid, fumaric acid, such unsaturated dibasic acids mesaconic acid; maleic anhydride, citraconic anhydride, itaconic anhydride, such as alkenyl succinic anhydride unsaturated dibasic acid anhydrides; maleic acid methyl half ester, ethyl maleate half ester, butyl maleate half ester, methyl citraconate half ester, ethyl citraconate half ester, butyl citraconate half ester, methyl itaconate half ester, dimethyl maleate, unsaturated dibasic acid esters such as dimethyl fumarate; alkenylsuccinic acid methyl half ester, methyl fumarate half ester, half ester of such unsaturated dibasic acids mesaconic acid methyl half ester acrylic acid, methacrylic リル酸、クロトン酸、ケイヒ酸の如きα,β−不飽和酸;クロトン酸無水物、ケイヒ酸無水物の如きα,β−不飽和酸無水物、該α,β−不飽和酸と低級脂肪酸との無水物;アルケニルマロン酸、アルケニルグルタル酸、アルケニルアジピン酸、これらの酸無水物及びこれらのモノエステルの如きカルボキシル基を有するモノマーが挙げられる。 Acrylic acid, crotonic acid, such as cinnamic acid alpha, beta-unsaturated acid; crotonic acid anhydride, such as alpha of cinnamic acid anhydride, beta-unsaturated acid anhydride, the alpha, beta-unsaturated acids and lower fatty acids anhydride with; alkenyl malonic acid, alkenyl glutaric acid, alkenyl adipic acid, these monomers having acid anhydride and carboxyl group such these mono ester.
【0045】 [0045]
さらに、2−ヒドロキシエチルアクリレート、2−ヒドロキシエチルメタクリレート、2−ヒドロキシプロピルメタクリレートなどのアクリル酸またはメタクリル酸エステル類;4−(1−ヒドロキシ−1−メチルブチル)スチレン、4−(1−ヒドロキシ−1−メチルヘキシル)スチレンの如きヒドロキシ基を有するモノマーが挙げられる。 Further, 2-hydroxyethyl acrylate, 2-hydroxyethyl methacrylate, acrylic acid or methacrylic acid esters such as 2-hydroxypropyl methacrylate; 4- (1-hydroxy-1-methylbutyl) styrene, 4- (1-hydroxy-1 - it includes monomers having a methyl hexyl) such hydroxy group of styrene.
【0046】 [0046]
本発明のトナーにおいて、結着樹脂のビニル系重合体ユニットは、ビニル基を2個以上有する架橋剤で架橋された架橋構造を有していてもよいが、この場合に用いられる架橋剤は、芳香族ジビニル化合物として例えば、ジビニルベンゼン、ジビニルナフタレンが挙げられ;アルキル鎖で結ばれたジアクリレート化合物類として例えば、エチレングリコールジアクリレート、1,3−ブチレングリコールジアクリレート、1,4−ブタンジオールジアクリレート、1,5−ペンタンジオールジアクリレート、1,6ヘキサンジオールジアクリレート、ネオペンチルグリコールジアクリレート及び以上の化合物のアクリレートをメタクリレートに代えたものが挙げられ;エーテル結合を含むアルキル鎖で結ばれたジアクリレート化合物類としては In the toner of the present invention, the vinyl polymer unit of the binder resin may have a crosslinked structure crosslinked with a crosslinking agent having two or more vinyl groups, but the crosslinking agent used in this case, for example, as aromatic divinyl compounds, divinyl benzene, divinyl naphthalene may be mentioned; as the diacrylate compounds bonded with alkyl chains such as ethylene glycol diacrylate, 1,3-butylene glycol diacrylate, 1,4-butanediol di linked with an alkyl chain containing an ether bond; acrylate, 1,5-pentanediol diacrylate, 1,6-hexanediol diacrylate, that instead of the acrylate methacrylate neopentyl glycol diacrylate and the above compounds may be mentioned diacrylate compounds 例えば、ジエチレングリコールジアクリレート、トリエチレングリコールジアクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコール#400ジアクリレート、ポリエチレングリコール#600ジアクリレート、ジプロピレングリコールジアクリレート及び以上の化合物のアクリレートをメタアクリレートに代えたものが挙げられ;芳香族基及びエーテル結合を含む鎖で結ばれたジアクリレート化合物類として例えば、ポリオキシエチレン(2)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパンジアクリレート、ポリオキシエチレン(4)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパンジアクリレート及び以上の化合物のアクリレートをメタクリレートに代えたものが挙げられる。 For example, those obtained by changing diethylene glycol diacrylate, triethylene glycol diacrylate, tetraethylene glycol diacrylate, polyethylene glycol # 400 diacrylate, polyethylene glycol # 600 diacrylate, acrylate of dipropylene glycol diacrylate and the above compounds to methacrylate It can be mentioned; as, for example, diacrylate compounds linked with a chain containing an aromatic group and an ether bond, polyoxyethylene (2) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane diacrylate, polyoxyethylene ( 4) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) that the acrylate propane diacrylate and the above compounds is replaced with methacrylate.
【0047】 [0047]
多官能の架橋剤としては、ペンタエリスリトールトリアクリレート、トリメチロールエタントリアクリレート、トリメチロールプロパントリアクリレート、テトラメチロールメタンテトラアクリレート、オリゴエステルアクリレート及び以上の化合物のアクリレートをメタクリレートに代えたもの;トリアリルシアヌレート、トリアリルトリメリテートが挙げられる。 Polyfunctional crosslinking agents include pentaerythritol triacrylate, trimethylolethane triacrylate, trimethylolpropane triacrylate, tetramethylolmethane tetraacrylate, has been replaced with methacrylate acrylate oligoester acrylate and the above compounds; Toriarirushia cyanurate, triallyl trimellitate.
【0048】 [0048]
本発明ではビニル系共重合体成分及び/又はポリエステル樹脂成分中に、両樹脂成分と反応し得るモノマー成分を含むことが好ましい。 The vinyl copolymer component and / or polyester resin component in the present invention preferably contains a monomer component capable of reacting with both resin components. ポリエステル樹脂成分を構成するモノマーのうちビニル系共重合体と反応し得るものとしては、例えば、フタル酸、マレイン酸、シトラコン酸、イタコン酸の如き不飽和ジカルボン酸又はその無水物などが挙げられる。 As capable of reacting with the vinyl copolymer of the monomers constituting the polyester resin component is, for example, phthalic acid, maleic acid, citraconic acid, unsaturated dicarboxylic acids such as itaconic acid, or anhydrides thereof. ビニル系共重合体成分を構成するモノマーのうちポリエステル樹脂成分と反応し得るものとしては、カルボキシル基又はヒドロキシ基を有するものや、アクリル酸もしくはメタクリル酸エステル類が挙げられる。 As capable of reacting with the polyester resin component out of monomers constituting the vinyl copolymer component, having a carboxyl group or a hydroxy group, and acrylates or methacrylates.
【0049】 [0049]
ビニル系樹脂とポリエステル樹脂の反応生成物を得る方法としては、先に挙げたビニル系樹脂及びポリエステル樹脂のそれぞれと反応しうるモノマー成分を含むポリマーが存在しているところで、どちらか一方もしくは両方の樹脂の重合反応をさせることにより得る方法が好ましい。 As a method of obtaining a reaction product of a vinyl resin and a polyester resin, where the polymer comprising monomer component capable of reacting with each of the vinyl resin and polyester resin mentioned above is present, either or both of the method of obtaining by the polymerization reaction of the resin is preferred.
【0050】 [0050]
本発明のビニル系共重合体を製造する場合に用いられる重合開始剤としては、例えば、2,2'−アゾビスイソブチロニトリル、2,2'−アゾビス(4−メトキシ−2,4−ジメチルバレロニトリル)、2,2'−アゾビス(−2,4−ジメチルバレロニトリル)、2,2'−アゾビス(−2メチルブチロニトリル)、ジメチル−2,2'−アゾビスイソブチレート、1,1'−アゾビス(1−シクロヘキサンカルボニトリル)、2−(カーバモイルアゾ)−イソブチロニトリル、2,2'−アゾビス(2,4,4−トリメチルペンタン)、2−フェニルアゾ−2,4−ジメチル−4−メトキシバレロニトリル、2,2'−アゾビス(2−メチル−プロパン)、メチルエチルケトンパーオキサイド、アセチルアセトンパーオキサイド、シクロヘキサノ As the polymerization initiator used in the production of vinyl copolymer of the present invention, for example, 2,2'-azobisisobutyronitrile, 2,2'-azobis (4-methoxy-2,4 dimethylvaleronitrile), 2,2'-azobis (2,4-dimethylvaleronitrile), 2,2'-azobis (-2-methylbutyronitrile), dimethyl-2,2'-azobis isobutyrate, 1,1'-azobis (1-cyclohexanecarbonitrile), 2- (Kabamoiruazo) - isobutyronitrile, 2,2'-azobis (2,4,4-trimethylpentane), 2-phenylazo-2,4 dimethyl-4-methoxy-valeronitrile, 2,2'-azobis (2-methyl - propane), methyl ethyl ketone peroxide, acetylacetone peroxide, cyclohexanone パーオキサイドの如きケトンパーオキサイド類、2,2−ビス(t−ブチルパーオキシ)ブタン、t−ブチルハイドロパーオキサイド、クメンハイドロパーオキサイド、1,1,3,3−テトラメチルブチルハイドロパーオキサイド、ジ−t−ブチルパーオキサイド、t−ブチルクミルパーオキサイド、ジ−クミルパーオキサイド、α,α'−ビス(t−ブチルパーオキシイソプロピル)ベンゼン、イソブチルパーオキサイド、オクタノイルパーオキサイド、デカノイルパーオキサイド、ラウロイルパーオキサイド、3,5,5−トリメチルヘキサノイルパーオキサイド、ベンゾイルパーオキサイド、m−トリオイルパーオキサイド、ジ−イソプロピルパーオキシジカーボネート、ジ−2−エチルヘキシルパーオキシジカーボネート、ジ−n− Ketones such as peroxides, peroxide, 2,2-bis (t-butylperoxy) butane, t- butyl hydroperoxide, cumene hydroperoxide, 1,1,3,3-tetramethylbutyl hydroperoxide, di -t- butyl peroxide, t- butyl cumyl peroxide, di - cumyl peroxide, alpha,. alpha .'- bis (t-butylperoxy isopropyl) benzene, isobutyl peroxide, octanoyl peroxide, decanoyl peroxide , lauroyl peroxide, 3,5,5-trimethyl hexanoyl peroxide, benzoyl peroxide, m- tri oil peroxide, di - isopropyl peroxydicarbonate, di-2-ethylhexyl peroxydicarbonate, di -n- ロピルパーオキシジカーボネート、ジ−2−エトキシエチルパーオキシカーボネート、ジ−メトキシイソプロピルパーオキシジカーボネート、ジ(3−メチル−3−メトキシブチル)パーオキシカーボネート、アセチルシクロヘキシルスルホニルパーオキサイド、t−ブチルパーオキシアセテート、t−ブチルパーオキシイソブチレート、t−ブチルパーオキシネオデカノエイト、t−ブチルパーオキシ2−エチルヘキサノエイト、t−ブチルパーオキシラウレート、t−ブチルパーオキシベンゾエイト、t−ブチルパーオキシイソプロピルカーボネート、ジ−t−ブチルパーオキシイソフタレート、t−ブチルパーオキシアリルカーボネート、t−アミルパーオキシ2−エチルヘキサノエート、ジ−t−ブチルパーオキシヘキサハイドロ Ropi peroxy dicarbonate, di-2-ethoxyethyl peroxydicarbonate, di - methoxyisopropyl peroxydicarbonate, di (3-methyl-3-methoxybutyl) peroxy carbonate, acetyl cyclohexyl sulfonyl peroxide, t-Buchirupa oxyacetate, t- butyl peroxy isobutyrate, t- butyl peroxyneodecanoate Eight, t- butyl peroxy 2-ethylhexanoate, t- butyl peroxy laurate, t- butyl peroxy benzoate, t-butyl peroxy isopropyl carbonate, di -t- butyl peroxy isophthalate, t- butyl peroxy allyl carbonate, t-amyl peroxy 2-ethyl hexanoate, di -t- butyl peroxy hexahydro レフタレート,ジ−t−ブチルパーオキシアゼレートがあげられる。 Terephthalate, di -t- butyl peroxy azelate and the like.
【0051】 [0051]
本発明のトナーに用いられるハイブリッド樹脂を調製できる製造方法としては、例えば、以下の(1)〜(6)に示す製造方法を挙げることができる。 As a production method of a hybrid resin used in the toner of the present invention can be prepared, for example, a manufacturing method shown in the following (1) to (6).
【0052】 [0052]
(1)ビニル系樹脂、ポリエステル樹脂及びハイブリッド樹脂成分をそれぞれ製造後にブレンドする方法であり、ブレンドは有機溶剤(例えば、キシレン)に溶解・膨潤した後に有機溶剤を留去して製造される。 (1) vinyl resins, a method of blending after manufacturing each of the polyester resin and the hybrid resin component, the blend is prepared by distilling off the organic solvent after dissolving and swelling in an organic solvent (e.g., xylene). 尚、ハイブリッド樹脂成分は、ビニル系重合体とポリエステル樹脂を別々に製造後、少量の有機溶剤に溶解・膨潤させ、エステル化触媒及びアルコールを添加し、加熱することによりエステル交換反応を行なって合成されるエステル化合物を用いることができる。 Incidentally, the hybrid resin component after manufacture separately a vinyl polymer and a polyester resin was dissolved and swelled in a small amount of organic solvent, adding an esterification catalyst and alcohol, by performing an ester exchange reaction by heating synthesized esters compounds can be used.
【0053】 [0053]
(2)ビニル系重合体ユニット製造後に、これの存在下にポリエステルユニット及びハイブリッド樹脂成分を製造する方法である。 (2) After a vinyl-based polymer unit production, it is a method for producing a polyester unit and a hybrid resin component in the presence of. ハイブリッド樹脂成分はビニル系重合体ユニット(必要に応じてビニル系モノマーも添加できる)とポリエステルモノマー(アルコール、カルボン酸)及び/またはポリエステルとの反応により製造される。 The hybrid resin component is produced by the reaction of (a vinyl monomer may optionally be added) vinyl polymer unit and a polyester monomer (alcohol, carboxylic acid) and / or polyester. この場合も適宜、有機溶剤を使用することができる。 In this case as appropriate, it may be an organic solvent.
【0054】 [0054]
(3)ポリエステルユニット製造後に、これの存在下にビニル系重合体ユニット及びハイブリッド樹脂成分を製造する方法である。 (3) After a polyester unit produced is a method of producing a vinyl polymer unit and a hybrid resin component in the presence of. ハイブリッド樹脂成分はポリエステルユニット(必要に応じてポリエステルモノマーも添加できる)とビニル系モノマー及び/またはビニル系重合体ユニットとの反応により製造される。 The hybrid resin component is produced by reaction of a polyester unit (if necessary polyester monomer may also be added) with vinyl monomers and / or vinyl polymer unit.
【0055】 [0055]
(4)ビニル系重合体ユニット及びポリエステルユニット製造後に、これらの重合体ユニット存在下にビニル系モノマー及び/またはポリエステルモノマー(アルコール、カルボン酸)を添加することによりハイブリッド樹脂成分が製造される。 (4) a vinyl polymer unit and a polyester unit after the production, the hybrid resin component is prepared by adding a vinyl monomer and / or a polyester monomer (alcohol, carboxylic acid) in the presence of these polymer unit. この場合も適宜、有機溶剤を使用することができる。 In this case as appropriate, it may be an organic solvent.
【0056】 [0056]
(5)ハイブリッド樹脂成分を製造後、ビニル系モノマー及び/またはポリエステルモノマー(アルコール、カルボン酸)を添加して付加重合及び/又は縮重合反応を行うことによりビニル系重合体ユニット及びポリエステルユニットが製造される。 (5) After manufacturing the hybrid resin component, a vinyl monomer and / or a polyester monomer (alcohol, carboxylic acid) vinyl polymer unit and a polyester unit by performing an addition polymerization by the addition of and / or polycondensation reaction is produced It is. この場合、ハイブリッド樹脂成分は上記(2)乃至(4)の製造方法により製造されるものを使用することもでき、必要に応じて公知の製造方法により製造されたものを使用することもできる。 In this case, a hybrid resin component (2) to (4) of the can also be used those manufactured by the manufacturing method, it is also possible to use those produced by known production methods as needed. さらに、適宜、有機溶剤を使用することができる。 Moreover, appropriately, it is possible to use organic solvents.
【0057】 [0057]
(6)ビニル系モノマー及びポリエステルモノマー(アルコール、カルボン酸等)を混合して付加重合及び縮重合反応を連続して行うことによりビニル系重合体ユニット、ポリエステルユニット及びハイブリッド樹脂成分が製造される。 (6) vinyl monomer and a polyester monomer (alcohol, carboxylic acid, etc.) vinyl polymer unit by continuously performing addition polymerization and condensation polymerization reaction by mixing, the polyester unit and a hybrid resin component are produced. さらに、適宜、有機溶剤を使用することができる。 Moreover, appropriately, it is possible to use organic solvents.
【0058】 [0058]
上記(1)乃至(5)の製造方法において、ビニル系重合体ユニット及び/またはポリエステルユニットは複数の異なる分子量、架橋度を有する重合体ユニットを使用することができる。 In the manufacturing method of the above (1) to (5), the vinyl polymer unit and / or the polyester unit may use a plurality of polymer units having different molecular weight, degree of crosslinking.
【0059】 [0059]
なお、本発明のトナーに含有される結着樹脂は、上記ポリエステルとビニル系共重合体との混合物、上記ハイブリッド樹脂とビニル系共重合体との混合物、上記ポリエステル樹脂と上記ハイブリッド樹脂に加えてビニル系共重合体の混合物を使用しても良い。 Incidentally, the binder resin contained in the toner of the present invention, a mixture of the polyester and vinyl copolymer, a mixture of the hybrid resin and a vinyl copolymer, in addition to the polyester resin and the hybrid resin it may be used a mixture of vinyl copolymer.
【0060】 [0060]
本発明のトナーに含有される結着樹脂のガラス転移温度は40〜90℃が好ましく、より好ましくは45〜85℃である。 The glass transition temperature of the binder resin contained in the toner of the present invention is preferably from 40 to 90 ° C., more preferably from 45 to 85 ° C.. 樹脂の酸価は1〜40mgKOH/gであることが好ましい。 Preferably has an acid value of the resin is 1~40mgKOH / g.
【0061】 [0061]
次に本発明に用いられるワックスについて説明する。 It will be described wax used in the present invention.
【0062】 [0062]
本発明のトナーは、一種または二種以上のワックスを含有していることが好ましい。 The toner of the present invention preferably contains one or two or more waxes.
【0063】 [0063]
さらに、本発明のトナーは、低温定着性と耐ブロッキング性を両立するという観点から、示差熱分析(DSC)測定における吸熱曲線において、温度30〜200℃の範囲に1個又は複数の吸熱ピークを有し、該吸熱ピーク中の最大吸熱ピークのピーク温度が60〜110℃の範囲にあることが好ましい。 Further, the toner of the present invention, from the viewpoint of achieving both low-temperature fixability and blocking resistance, in an endothermic curve in differential thermal analysis (DSC) measurements, one or more endothermic peaks in a temperature range of 30 to 200 ° C. It has a peak temperature of maximum endothermic peak in the endothermic peak is preferably in the range of 60 to 110 ° C.. より好ましくは65〜100℃の範囲に吸熱曲線の最大ピークがあることが好ましい。 More preferably that there is a maximum peak of endothermic curve in the range of 65 to 100 ° C.. 最大吸熱ピークのピーク温度が60℃未満である場合はトナーの耐ブロッキング性が悪くなり、逆に最大吸熱ピークのピーク温度が110℃超の場合は定着性が低下してしまう。 If the peak temperature of the maximum endothermic peak is less than 60 ° C. is deteriorated blocking resistance of the toner, when the peak temperature of the maximum endothermic peak on the contrary of 110 ° C. greater fixability is lowered.
【0064】 [0064]
本発明に用いられるワックスの一例としては、次のものが挙げられる。 An example of a wax used in the present invention are given below. 低分子量ポリエチレン、低分子量ポリプロピレン、マイクロクリスタリンワックス、パラフィンワックスなどの脂肪族炭化水素系ワックス、また酸化ポリエチレンワックスなどの脂肪族炭化水素系ワックスの酸化物、またはそれらのブロック共重合物;カルナバワックス、サゾールワックス、モンタン酸エステルワックスなどの脂肪酸エステルを主成分とするワックス類、及び脱酸カルナバワックスなどの脂肪酸エステル類を一部または全部を脱酸化したものなどが挙げられる。 Low molecular weight polyethylene, low molecular weight polypropylene, microcrystalline wax, aliphatic hydrocarbon wax such as paraffin wax, also oxides of aliphatic hydrocarbon waxes such as oxidized polyethylene wax, or block copolymers thereof; carnauba wax, Sasol wax, waxes mainly containing fatty acid esters such as montanic acid ester wax, and such as those deoxidizing the like a part or all of fatty acid esters such as deoxidized carnauba wax. さらに、パルミチン酸、ステアリン酸、モンタン酸などの飽和直鎖脂肪酸類;ブランジン酸、エレオステアリン酸、バリナリン酸などの不飽和脂肪酸類;ステアリルアルコール、アラルキルアルコール、ベヘニルアルコール、カルナウビルアルコール、セリルアルコール、メリシルアルコールなどの飽和アルコール類;ソルビトールなどの多価アルコール類;リノール酸アミド、オレイン酸アミド、ラウリン酸アミドなどの脂肪酸アミド類;メチレンビスステアリン酸アミド、エチレンビスカプリン酸アミド、エチレンビスラウリン酸アミド、ヘキサメチレンビスステアリン酸アミドなどの飽和脂肪酸ビスアミド類;エチレンビスオレイン酸アミド、ヘキサメチレンビスオレイン酸アミド、N,N'ジオレイルアジピン酸アミド、N,N'ジオ Further, palmitic acid, stearic acid, saturated straight chain fatty acids such as montanic acid; Buranjin acid, eleostearic acid, unsaturated fatty acids such as parinaric acid; stearyl alcohol, aralkyl alcohol, behenyl alcohol, carnaubyl buildings alcohol, ceryl alcohol saturated alcohols such as melissyl alcohol; polyhydric alcohols such as sorbitol; linoleic acid amide, oleic acid amide, fatty amides such as lauric acid amide; methylene bis-stearic acid amide, ethylene capric acid amide, ethylenebis lauric acid amides, saturated fatty bisamides such as hexamethylene-bis-stearic acid amide, ethylene bis-oleic acid amide, hexamethylene bis-oleic acid amide, N, N 'dioleyl adipic acid amide, N, N' geo イルセバシン酸アミドなどの不飽和脂肪酸アミド類;m−キシレンビスステアリン酸アミド、N,N'ジステアリルイソフタル酸アミドなどの芳香族系ビスアミド類;ステアリン酸カルシウム、ラウリン酸カルシウム、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸マグネシウムなどの脂肪族金属塩(一般に金属石けんといわれているもの);脂肪族炭化水素系ワックスにスチレンやアクリル酸などのビニル系モノマーを用いてグラフト化させたワックス類;ベヘニン酸モノグリセリドなどの脂肪酸と多価アルコールの部分エステル化物;植物性油脂の水素添加などによって得られるヒドロキシル基を有するメチルエステル化合物などが挙げられる。 Unsaturated fatty amides such as Irusebashin acid amide; m-xylene bis-stearic acid amide, N, aromatic bisamides such as N 'distearyl isophthalic acid amide; calcium stearate, calcium laurate, zinc stearate, magnesium stearate aliphatic metal salts (generally those are said to metal soaps); waxes obtained by grafting of a vinyl monomer such as aliphatic hydrocarbon wax to styrene and acrylic acid; and fatty acids such as behenic acid monoglyceride multi esters of partial ester; methyl ester compounds having hydroxyl groups obtained by and hydrogenated vegetable oils and the like.
【0065】 [0065]
本発明において特に好ましく用いられるワックスとしては、脂肪族炭化水素系ワックスが挙げられる。 Particularly preferred wax used in the present invention include aliphatic hydrocarbon waxes. 例えば、アルキレンを高圧下でラジカル重合あるいは低圧下でチーグラー触媒で重合した低分子量のアルキレンポリマー;高分子量のアルキレンポリマーを熱分解して得られるアルキレンポリマー;一酸化炭素及び水素を含む合成ガスからアーゲ法により得られる炭化水素の蒸留残分から、あるいはこれらを水素添加して得られる合成炭化水素ワックスがよい。 For example, alkylene low molecular weight alkylene polymers polymerized by Ziegler catalysts under radical polymerization or low under high pressure; Arge from synthesis gas containing carbon monoxide and hydrogen, alkylene polymers obtained by the high molecular weight alkylene polymer pyrolyzed from the distillation residue of hydrocarbons obtained by law, or it is synthetic hydrocarbon waxes obtained by these hydrogenation. さらにプレス発汗法、溶剤法、真空蒸留の利用や分別結晶方式により炭化水素ワックスの分別を行なったものが、より好ましく用いられる。 Further press sweating, solvent, those conducted fractionation of hydrocarbon waxes by utilizing or fractional crystallization method of the vacuum distillation are more preferably used. 母体としての炭化水素は、金属酸化物系触媒(多くは2種以上の多元系)を使用した一酸化炭素と水素の反応によって合成されるもの[例えばジントール法、ヒドロコール法(流動触媒床を使用)によって合成された炭化水素化合物];ワックス状炭化水素が多く得られるアーゲ法(同定触媒床を使用)により得られる炭素数が数百ぐらいまでの炭化水素;エチレンなどのアルキレンをチーグラー触媒により重合した炭化水素が、分岐が少なくて小さく、飽和の長い直鎖状炭化水素であるので好ましい。 Hydrocarbons, serving as a matrix are those metal oxide type catalyst (mostly more than two multi-) is synthesized by reacting carbon monoxide with hydrogen using the example Jintoru method, hydro call method (fluidized catalyst bed hydrocarbon compound synthesized by the use)]; waxy hydrocarbon many resulting Arge method carbon atoms obtained by (using identification catalyst bed) is hydrocarbon of up to about several hundred; alkylene such as ethylene by the Ziegler catalyst preferred polymerized hydrocarbons, smaller less branches, because it is a long linear hydrocarbon saturation. 特にアルキレンの重合によらない方法により合成されたワックスがその分子量分布からも好ましいものである。 In particular, waxes synthesized by the method not relying on the polymerization of alkylenes are preferred in view of their molecular weight distribution.
【0066】 [0066]
ワックスの分子量分布では、メインピークが分子量400〜2400の領域にあることが好ましく、分子量430〜2000の領域にあることがより好ましい。 The molecular weight distribution of the wax, it is preferred that the main peak is in the region of molecular weight from 400 to 2,400, and more preferably in the region of molecular weight from 430 to 2,000. このような分子量分布をもたせることによりトナーに好ましい熱特性を付与することができる。 By to have such a molecular weight distribution can impart preferable thermal properties to the toner.
【0067】 [0067]
また、トナーの定着時により有効に機能させるために、上記ワックスの融点は、60〜110℃にあることが好ましく、65〜100℃にあることがより好ましい。 In order to function effectively by when the toner is fixed, the melting point of the wax is preferably in the 60 to 110 ° C., and more preferably in the 65 to 100 ° C..
【0068】 [0068]
ワックスは結着樹脂100質量部あたり0.1〜20質量部、好ましくは0.5〜10質量部使用するのが良い。 Wax binder resin 0.1 to 20 parts by weight per 100 parts by weight, preferably to use 0.5 to 10 parts by weight.
【0069】 [0069]
ワックスは通常、樹脂を溶剤に溶解し樹脂溶液温度を上げ、撹拌しながら添加混合する方法や、混練時に混合する方法で結着樹脂に含有される。 Waxes typically resin was raised was dissolved in a solvent the resin solution temperature, and a method of adding while being stirred, is contained in the binder resin by a method of mixing during kneading.
【0070】 [0070]
次に本発明に用いられる顔料について説明する。 It will be described pigment used in the present invention.
【0071】 [0071]
下記一般式(3)で示されるキナクリドン系の顔料は、 Quinacridone pigments represented by the following general formula (3) is,
【0072】 [0072]
【外16】 [Outside 16]
【0073】 [0073]
(式中、R D 1及びR D 2は、H又はCH 3を示す。) (Wherein, R D 1 and R D 2 represents H or CH 3.)
【0074】 [0074]
耐光性にすぐれた顔料であり,古くから用いられてきている顔料であり,鮮やかなマゼンタ色を示する。 Is a pigment having excellent light resistance, a pigment that has been used for a long time, view the vivid magenta color. 特に下記式(3−1)で示される2,9-ジメチルキナクリドンは明度,彩度が高く,色再現性の高いマゼンタ色を示す。 In particular the following formula 2,9-dimethyl quinacridone represented by (3-1) shows lightness, chroma is high, a high magenta color reproducibility. ただ,オフセットインキ用のマゼンタの色調と比較して青みが強いという特徴を有している。 However, blue compared to the color tone of magenta for offset inks have a feature that strong.
【0075】 [0075]
【外17】 [Outside 17]
【0076】 [0076]
また,下記式(3−2)で示される無置換のキナクリドンは,α,β,γ型の結晶構造を取る事が知られており,α型より,β型が,β型よりγ型の構造の方が耐光性に優れる。 Further, unsubstituted quinacridone represented by the following formula (3-2), alpha, beta, is known to take a γ-type crystal structure, from alpha type, beta type, type from beta-type γ If the structure is excellent in light resistance. 一方でβ型とγ型のキナクリドンは,X線回折スペクトルにおいて明確なピークパターンの違いを示し,色味も大きく異なる。 On the other hand β-type and γ-type quinacridone in represents the difference in clear peak pattern in the X-ray diffraction spectrum, color is also different. β型のキナクリドンは紫味が強く,γ型のキナクリドンはβ型と比較して色味は黄味にシフトする。 β-type quinacridone has a strong Purplish, color γ-type quinacridone compared to the type β is shifted to yellowish. 本発明においては、(3−2)で示される化合物がγ型のキナクリドンであることが好ましいが、特にその結晶構造を限定するものではない。 In the present invention, but not particularly limited to the crystal structure is preferably a quinacridone compound of the type γ represented by (3-2).
【0077】 [0077]
【外18】 [Outside 18]
【0078】 [0078]
一方で、プロセスインキ用マゼンタ顔料として、これまでカーミン系の顔料やナフトール系の顔料が広く用いられているが、これをトナーに応用した場合には、赤味が強すぎて、青色領域の再現性が大きく狭まるという欠点を有している。 On the other hand, as a magenta pigment for process inks, thus far pigment pigment or naphthol carmine system is widely used, in the case where this is applied to the toner, and red is too strong, reproduction in the blue region It has the disadvantage that sex is narrowed significantly. 加えて、これらの顔料は一般に耐光性に乏しく、キナクリドン系の顔料と比較するとその差は歴然である。 In addition, these pigments are generally poor in light resistance, the difference when compared to the pigment of the quinacridone is Rekizen.
【0079】 [0079]
一般式(1)で示される化合物は、ナフトールAS顔料と呼ばれている顔料群の中のひとつであり、また一般式(2)で示される化合物は、β−ナフトール系のレーキ顔料と呼ばれている顔料群の中のひとつであり、様々な分野で用いられている顔料である。 Compound represented by the general formula (1) is one of the group of pigments which are called naphthol AS pigment, also compounds represented by the general formula (2) is referred to as a lake pigment of β- naphthol and a one of the group of pigments which are pigments which are used in various fields. これらをトナーに応用した例もいくつか報告されているが、これらの顔料は、赤味が強すぎてそれ自体ではフルカラー用としては不適である。 While these have been reported few examples of applying the toner, these pigments, in itself reddish too strong is not suitable as a full-color. しかしながら、一般式(3)で示される顔料と併用するとマゼンタの色調を目的とするプロセスインキのマゼンタの色調と合致させることが出来る。 However, the general formula (3) color tone of magenta when used with pigment represented by can be matched with the color tone of magenta process inks intended for.
【0080】 [0080]
本発明者らは、耐光性に優れ、明度,彩度が高く、色再現性の広いマゼンタトナーであって、プロセスインキのマゼンタの色相と一致したマゼンタトナーについて鋭意検討した結果、下記一般式(1)又は下記一般式(2)で示される化合物と、一般式(3)で示される化合物とを混合し、均一に分散せしめたときに、良好な色相のトナーになり得ることを見出した。 The present inventors have found that excellent light resistance, lightness, saturation is high, a large magenta toner color reproducibility, a result of intensive studies for magenta toner consistent with the hue of the magenta process inks, the following general formula ( 1) or a compound represented by the following general formula (2), mixing the general formula (3) a compound represented by, when allowed uniformly dispersed, found that can be a toner good hue.
【0081】 [0081]
【外19】 [Outside 19]
【0082】 [0082]
(式中,R D 2は、H又はOCH 3を示し、R D 4は、H又はCONH 2を示し、R D 5は、H,SO 2 N(C 2 H 5 ) 2 ,CONHC 6 H 5 ,CONH 2又はCONHC 6 H 4 -(p)CONH 2を示し、R K 2は、H,OCH 3 ,CH 3又はOC 2 H 5を示し、R K 4は、H,OCH 3又はClを示し、R K 5は,H,OCH 3 ,Cl又はNO 2を示す。) (Wherein, R D 2 represents H or OCH 3, R D 4 represents H or CONH 2, R D 5 is, H, SO 2 N (C 2 H 5) 2, CONHC 6 H 5 , CONH 2 or CONHC 6 H 4 - shows a (p) CONH 2, R K 2 are, H, OCH 3, shows a CH 3 or OC 2 H 5, R K 4 is, H, indicates OCH 3 or Cl , R K 5 represents H, an OCH 3, Cl or NO 2.)
【0083】 [0083]
【外20】 [Outside 20]
【0084】 [0084]
(式中、R D 2は、H又はSO 3 を示し、R D 4は、H,Cl又はCH 3を示し、R D 5は、H,Cl,CH 3 ,C 2 H 5又はSO 3 を示し、Mは,Ba,Ca,Sr,Mn又はMgを示す。 但し、R D 2又はR D 5の一方は、SO 3 である。) (Wherein, R D 2 is, H, or SO 3 - indicates, R D 4 represents H, Cl or CH 3, R D 5 is, H, Cl, CH 3, C 2 H 5 or SO 3 - indicates, M represents Ba, Ca, Sr, Mn, or Mg, however, one of R D 2 and R D 5 is SO 3 -. a it).
【0085】 [0085]
一般式(1)又は一般式(2)以外の顔料では、たとえ色味の調整が可能であったとしても、耐光性との両立が不可能である。 In formula (1) or (2) other than the pigment, even if were possible to adjust the color, it is impossible to achieve both the light resistance. 一般式(1)、一般式(2)、一般式(3)で示される化合物は、各々オイルレス定着用を目的として設計したバインダー樹脂中での分散性が良好であり、OHTの透明性にも優れる。 Formula (1), the general formula (2), the compound represented by the general formula (3), respectively for oil-less fixing has good dispersibility in the binder resin was designed for, the transparency of the OHT also excellent.
【0086】 [0086]
本発明においては、一般式(1)で表される化合物(化合物(1))と化合物(3)、あるいは、一般式(2)で表される化合物(化合物(2))と化合物(3)が、好ましくは5:95乃至70:30の質量比で混合されていることが良く、より好ましくは10:90乃至60:40、さらに好ましくは15:85乃至50:50が良い。 In the present invention, the compound represented by the general formula (1) (Compound (1)) and the compound (3), or the compound represented by the general formula (2) (Compound (2)) with the compound (3) but preferably may be is mixed at a weight ratio of 5:95 to 70:30, more preferably 10:90 to 60:40, more preferably from 15:85 to 50:50.
【0087】 [0087]
化合物(1)又は化合物(2)の割合が5より小さいときは、本発明の目的のひとつである色調のコントロールが不充分であり、プロセスインキの色調とは大きく違いが生じる場合がある。 When the proportion of the compound (1) or compound (2) is less than 5, which is one control of the color tone of the object of the present invention is the insufficient, sometimes large difference occurs between the color tone of the process inks. 逆に化合物(1)又は化合物(2)の割合が70より大きい時はトナー耐光性が低下してしまう場合がある。 Conversely Compound (1) or when the ratio is greater than 70 Compound (2) in some cases where the toner lightfastness is lowered. 加えて、カラー画像の場合は、色材の3原色である、イエロー,マゼンタ,シアンの3色又はそれに黒を加えた4色で色再現するため、マゼンタの色調が大きく赤色に変化しすぎてしまうと、シアンとの減法混色によって出力可能な青系の色の再現性が大きく低下してしまい、好ましくない。 In addition, in the case of color images, the three primary colors of coloring materials of yellow, magenta, for color reproduction in three colors or four colors to which it was added to the black cyan, too turns red large color tone of magenta put away when, will be reduced significantly reproducibility of colors can be output bluish by subtractive color mixing of cyan, which is not preferable.
【0088】 [0088]
本発明のトナーにおいては、化合物(1)と化合物(3)の混合物、又は化合物(2)と化合物(3)の混合物が、結着樹脂100質量部に対して、合計して好ましくは2〜15質量部、より好ましくは2.5〜12質量部、さらに好ましくは3〜10質量部含有されていることが良い。 In the toner of the present invention, a mixture of Compound (1) and the compound (3), or a mixture of compounds (2) with the compound (3) is, relative to 100 parts by weight of the binder resin, a total of preferably 2 to 15 parts by weight, more preferably 2.5 to 12 parts by weight, more preferably from it are contained 3-10 parts by weight.
【0089】 [0089]
化合物(1)と化合物(3)の含有量の合計、又は化合物(2)と化合物(3)の含有量の合計が2質量部より少ない場合には、トナーの着色力が低下する場合があり、高画像濃度の高品位画像が得られ難い。 Total content of the compound (1) and the compound (3), or when the total content of the compound (2) with the compound (3) is less than 2 parts by mass, there is a case where the coloring power of the toner is reduced , hard high-grade images with high image density can be obtained. 逆に、15質量部より多い場合には、トナーの透明性が低下してしまい、トランスペアレンシー透明性が低下してしまう。 Conversely, when more than 15 parts by weight, transparency of the toner is lowered, transparency transparency is lowered. 加えて、人間の肌色に代表される様な、中間色の再現性も低下してしまう。 In addition, such as typified by the human skin color, neutral color reproducibility is also lowered. 更にはトナーの帯電性も不安定になり低温低湿環境下でのカブリ、高温高湿環境下でのトナー飛散といった問題も引き起こす。 Furthermore fogging at low temperature and low humidity environment becomes unstable chargeability of the toner, also cause problems such as toner scattering in a high-temperature and high-humidity environment.
【0090】 [0090]
化合物(1)と化合物(2)と化合物(3)は各々優れた分散性を示し、トナー表面からの脱離も少なく、カブリ,ドラム汚染,クリーニング不良といった種々の問題を引き起こしにくい。 Compound (1) and the compound (2) with the compound (3) shows each excellent dispersibility, even detachment from the toner surface less, fogging, drum contamination, less likely to cause a variety of problems such as poor cleaning. さらに化合物(1)及び化合物(3)を含有する、又は化合物(2)及び化合物(3)を含有するようなトナーを二成分系現像剤として用いるときにも、キャリア汚染といった問題を引き起こすこともなく、長期の耐久において安定した帯電特性を示す。 Further containing compound (1) and the compound (3), or compound (2) and also when using compounds toner that contains (3) as a two-component developer, may also cause problems such as carrier contamination without showing a stable charging property in long-term durability.
【0091】 [0091]
また本発明のトナーは、耐光性にも優れ、画像サンプルを市販のウェザーメーターで、JIS K7102にほぼ準じて、長期の暴露テストを行った際も、ほとんど色彩の変化は見られない。 The toner of the present invention is excellent in light fastness, the image samples in a commercial weatherometer, substantially according to JIS K7102, even when subjected to prolonged exposure test, almost no change in color was observed.
【0092】 [0092]
一般式(1)で示される化合物は、好ましくは下記式(1−1),(1−2),(1−3),(1−4),(1−5)であることが好ましく,一般式(2)で示される化合物は、好ましくは下記式(2−1)で表されている化合物であることが、色調のコントロール、帯電の安定化等々の点で望ましい。 Compound represented by the general formula (1) is preferably represented by the following formula (1-1), (1-2), (1-3), (1-4), preferably from (1-5), compound represented by the general formula (2) is preferably be a compound represented by the following formula (2-1) is, the color tone control, preferably in terms of like stabilization of charging.
【0093】 [0093]
ただ、本発明においては一般式(1)又は一般式(2)の化合物を以下の化合物に限定するものではない。 However, formula (1) or (2) it does not limit the compounds of the following compounds in the present invention.
【0094】 [0094]
【外21】 [Outside 21]
【0095】 [0095]
【外22】 [Outside 22]
【0096】 [0096]
【外23】 [Outside 23]
【0097】 [0097]
【外24】 [Outside 24]
【0098】 [0098]
【外25】 [Outside 25]
【0099】 [0099]
【外26】 [Outside 26]
【0100】 [0100]
本発明のトナーにおいては、芳香族カルボン酸誘導体の金属化合物を含有していることが好ましい。 In the toner of the present invention, preferably contains a metal compound of an aromatic carboxylic acid derivative. これは、帯電制御剤として機能するばかりでなく、一般式(1),一般式(2)及び一般式(3)で示される化合物の分散性向上にも寄与する。 This not only functions as a charge control agent, the general formula (1) contributes to improving dispersibility of the compound represented by the general formulas (2) and (3).
【0101】 [0101]
芳香族カルボン酸誘導体の金属化合物が顔料の分散性を向上させる理由は定かではないが、結着樹脂と芳香族カルボン酸誘導体の金属化合物との相互作用によって、一部架橋反応が進み、混練時の着色剤にかかるシェアーを増大させることによって、難分散性の一般式(1)、(2)及び(3)の化合物の分散性が上がったものと考えられえる。 Why metal compound of an aromatic carboxylic acid derivative to improve the dispersibility of the pigment is not clear, by the interaction between the metal compound in the binder resin and the aromatic carboxylic acid derivative, the process proceeds some crosslinking reaction during kneading by increasing the shear according to the colorant, flame dispersibility of the general formula (1) may be considered as that raised the dispersibility of the compound of (2) and (3).
【0102】 [0102]
芳香族カルボン酸としては、下記3種の化合物(5)〜(7)が挙げられる。 The aromatic carboxylic acids include the following three compounds (5) to (7).
【0103】 [0103]
【外27】 [Outside 27]
【0104】 [0104]
〔式中、R 乃至R は同一又は異なる基を示し、水素原子、炭素数1〜12のアルキル基、炭素数2〜12のアルケニル基、−OH,−NH ,−NH(CH ),−N(CH ,−OCH ,−O(C ),−COOH又は−CONH を示す。 [In the formula, R 1 to R 7 are the same or different groups, a hydrogen atom, an alkyl group having 1 to 12 carbon atoms, an alkenyl group having 2 to 12 carbon atoms, -OH, -NH 2, -NH ( CH 3 ), - N (CH 3) 2, -OCH 3, -O (C 2 H 5), - it shows a COOH or -CONH 2. ]
【0105】 [0105]
好ましいR としては、ヒドロキシル基、アミノ基及びメトキシ基が挙げられるが、中でもヒドロキシル基が好ましい。 Preferred R 1, hydroxyl groups include an amino group and a methoxy group, among which a hydroxyl group is preferred. 芳香族カルボン酸としては、特にジ−tert−ブチルサリチル酸の如きジアルキルサリチル酸が好ましい。 The aromatic carboxylic acids, dialkyl salicylic acids are preferred, such as in particular the di -tert- butyl salicylate.
【0106】 [0106]
有機金属化合物を形成する金属としては、Mg 2+ ,Ca 2+ ,Sr 2+ ,Pb 2+ ,Fe 2+ ,Co 2+ ,Ni 2+ ,Zn 2+ ,Cu 2+ ,Al 3+ ,Cr 3+ ,Fe 3+ ,Zr 4+があげられる。 The metal forming the organometallic compound, Mg 2+, Ca 2+, Sr 2+, Pb 2+, Fe 2+, Co 2+, Ni 2+, Zn 2+, Cu 2+, Al 3+, Cr 3+, Fe 3+, Zr 4+ is mentioned It is. 本発明においては、有機金属化合物として、ジ−tert−ブチルサリチル酸のアルミニウム化合物が好ましい。 In the present invention, as the organometallic compound, the aluminum compound of di -tert- butyl salicylic acid.
【0107】 [0107]
芳香族カルボン酸の金属化合物は、例えば、芳香族カルボン酸を水酸化ナトリウム水溶液に溶解させ、2価以上の金属原子を溶融している水溶液を水酸化ナトリウム水溶液に滴下し、加熱撹拌し、次に水溶液のpHを調整し、室温まで冷却した後、ろ過水洗することにより芳香族カルボン酸の金属化合物を合成し得る。 Metal compounds of aromatic carboxylic acids, for example, an aromatic carboxylic acid are dissolved in sodium hydroxide solution, an aqueous solution being melted divalent or more metal atoms added dropwise to an aqueous solution of sodium hydroxide, heated and stirred, following adjust the pH of the aqueous solution, after cooling to room temperature, capable of synthesizing metal compound of an aromatic carboxylic acid by filtration washing with water. ただし、上記の合成方法だけに限定されるものではない。 However, the invention is not limited to the above method of synthesis.
【0108】 [0108]
有機金属化合物は、結着樹脂100質量部当り0.5〜10質量部、好ましくは1〜9質量部、より好ましくは1.5〜8質量部使用するのがトナーの粘弾性特性及び摩擦帯電特性を調整する点で好ましい。 Organometallic compounds, 100 parts by weight per 0.5 to 10 parts by weight of the binder resin, preferably 1-9 parts by weight, more preferably 1.5 to 8 parts by weight for use viscoelastic properties and triboelectric charging of the toner preferable in terms of adjusting the characteristics.
【0109】 [0109]
0.5質量部より少ない時は、帯電制御剤としてあまり機能しないばかりでなく、良好な顔料分散性が達成できない。 When less than 0.5 parts by mass, not only does not significantly function as a charge control agent, it can not be achieved good pigment dispersibility. 一方、10質量部よりも多いときは、架橋が進みすぎてしまい、トナーとしての定着性が損なわれてしまう。 On the other hand, when more than 10 parts by weight, crosslinking becomes too advanced, fixability of the toner is impaired.
【0110】 [0110]
本発明のトナーは、その帯電性をさらに安定化させる為に必要に応じて上記の有機金属化合物以外の化合物を荷電制御剤として用いても良い。 The toner of the present invention, the charging property was further necessary to stabilize the compound other than the organic metal compound of the above may be used as a charge control agent.
【0111】 [0111]
本発明に使用するカラートナー粒子を作製するには、結着樹脂及び着色剤としての顔料、ワックス、さらに必要に応じて荷電制御剤、その他の添加剤等をボールミルの如き混合機により充分混合してから加熱ロール、ニーダー、エクストルーダーの如き熱混練機を用いて溶融・捏和及び練肉して樹脂類を互いに相溶せしめた中に顔料を分散せしめ、冷却固化後粉砕及び厳密な分級を行ってカラートナー粒子を得ることができる。 To produce color toner particles used in the present invention, the pigment as a binder resin and a colorant, wax, further a charge control agent if necessary, other additives such as sufficiently mixed by such a ball mill mixer heating roll after, kneader, melting and kneading and kneading using a heat kneading machine such as an extruder dispersed pigment in which brought compatible with each other the resins, the pulverization and strict classification cooled and solidified done it is possible to obtain a color toner particles.
【0112】 [0112]
カラートナー粒子中の顔料粒子の分散状態を向上させるには、第1の結着樹脂と、分散媒に対して不溶性の顔料粒子5〜50質量%を含有するペースト顔料とを、混練機または混合機に仕込み、非加圧下で混合しながら加熱して第1の結着樹脂を溶融させ、ペースト顔料(すなわち液相中の顔料)を、加熱されている第1の結着樹脂の溶融樹脂相に移行させた後、第1の結着樹脂及び顔料粒子を溶融混練し、液体分を除去蒸発させて乾燥し、第1の結着樹脂及び顔料粒子を有する第1の混練物を得、次いで第1の混練物に第2の結着樹脂、さらに必要に応じて電荷制御剤の如き添加物等を加えた混合物を、加熱溶融混練して第2の混練物を得、得られた第2の混練物を冷却後粉砕及び分級してトナー化することが好ましい。 To improve the dispersion state of the pigment particles in the color toner particles, a first binder resin, and a paste pigment containing 5 to 50 wt% pigment particles insoluble in the dispersion medium, kneader or mixing were charged to the machine, and heated with mixing in a non-pressure to melt the first binder resin, paste pigment (i.e. a pigment in a liquid phase), the molten resin phase of the first binder resin is heated after transition to the first binder resin and the pigment particles were melt-kneaded, the liquid fraction by removing evaporated and dried to obtain a first kneaded product having a first binder resin and pigment particles, and then the first second binder resin kneaded product, further mixture was added such additives, etc. of the charge control agent as required, to obtain a second kneaded product was heat-melted and kneaded, the resulting second it is preferred to toner of the kneaded product was pulverized and classified after cooling. ここで、第1の結着樹脂と第2の結着樹脂は、同じであっても異なる樹脂であっても構わない。 Here, the first binder resin and the second binder resin, but may be also a different resin be the same.
【0113】 [0113]
上記ペースト顔料は、顔料粒子製造工程において該顔料粒子がただの一度も乾燥工程を経ずに存在している状態が望ましい。 The paste pigment, state pigment particles in the pigment particle production process are present without even a drying step just once is desirable. 換言すれば、顔料粒子がほぼ一次粒子の状態で全ペースト顔料に対して5〜50質量%存在している状態である。 In other words, a state in which the pigment particles are present 5 to 50% by weight relative to the total paste pigment in a state of almost primary particles. ペースト顔料中の残りの約50〜95質量%は若干の分散剤及び助剤などと共に大部分の揮発性の液体が占めている。 About 50 to 95 wt% of the remaining paste in the pigment has most of the volatile liquid occupies with such slight dispersing agents and auxiliaries. 該揮発性の液体は、一般の加熱によって蒸発する液体であれば特に何ら限定するものではないが、エコロジー的にも好ましく用いられる液体は水である。 Volatile liquids include, but are not particularly limited in any way as long as liquid evaporates by the general heating, the liquid used preferably also in ecological is water.
【0114】 [0114]
混練装置としては、加熱ニーダー,一軸押し出し機,二軸押し出し機,ニーダーなどが挙げられ、特に好ましくは加熱ニーダーが挙げられる。 The kneading apparatus, heating kneader, single screw extruder, twin-screw extruder, a kneader and the like, particularly preferably heating kneader.
【0115】 [0115]
本発明のマゼンタトナーは、重量平均粒径が4〜10μmであることが好ましく、個数平均粒径が3.5〜9.5μmであることが好ましい。 Magenta toner of the present invention, the weight average particle diameter of 4 to 10 [mu] m, it is preferable number average particle diameter of 3.5~9.5Myuemu.
【0116】 [0116]
トナーの重量平均粒径が10μmより大きい場合は、高画質化に寄与し得る微粒子が少ないことを意味し、高い画像濃度が得られ易く、トナーの流動性に優れるというメリットがあるものの、感光ドラム上の微細な静電荷像上に忠実に付着しづらく、ハイライト部の再現性が低下し、さらに解像性も低下する場合がある。 When the weight average particle diameter is larger than 10μm toner means that particles that may contribute to high image quality is small, easy to high image density can be obtained, but there is a merit that excellent toner fluidity, the photosensitive drum difficult to faithfully adhere onto a fine electrostatic charge image on, reduces the reproducibility of a highlight portion, it may be reduced further resolution. また、必要以上にトナーが静電荷像に乗りすぎが起こり、トナー消費量の増大を招きやすい傾向にもある。 The toner unnecessarily occur too ride electrostatic image, there is also a tendency to cause an increase in toner consumption.
【0117】 [0117]
逆にトナーの重量平均粒径が4μmより小さい時には、トナーの単位質量あたりの帯電量が高くなり、画像濃度の低下、特に低温低湿下で画像濃度が低下してしまう場合がある。 When the weight average particle diameter of the toner is 4μm smaller Conversely, the charge amount per unit mass of toner is increased, a decrease in image density, especially image density under a low-temperature low-humidity sometimes lowered. これでは、特にグラフィック画像の如き画像面積比率の高い用途には不向きである。 This is particularly unsuitable for such an image area proportion of high use of graphic images.
【0118】 [0118]
さらに重量平均粒径が4μmより小さい時には、キャリアなどの帯電付与部材との接触帯電がスムーズに行われにくく、充分に帯電し得ないトナーが増大し、非画像部への飛び散りによるカブリが目立つ様になる。 During further weight average particle diameter of 4μm less, hardly contact charging the charge-providing member such as carrier is smoothly performed sufficiently charged not toner is increased, such that fog is noticeable by scattering to non-image portion become. これに対処すべくキャリアの比表面積を稼ぐためにキャリアの小径化が考えられるが、重量平均径が4μm未満のトナーでは、トナー自己凝集も起こり易く、キャリアとの均一混合が短時間では達成されにくく、トナーの連続補給耐久においては、カブリが生じてしまう傾向にある。 Although diameter of the carrier is considered to make the specific surface area of ​​the carrier in order to cope with this, in the toner of less than the weight-average diameter of 4 [mu] m, easily occur toner self-aggregation, it is achieved in a short time uniform mixing with the carrier is Nikuku, in a continuous replenishment durability of the toner tends to fog occurs.
【0119】 [0119]
また本発明のトナーは、重量平均粒径が4μm以下の粒径のトナーを全粒子数の5〜50個数%、好ましくは5〜25個数%含有することが好ましい。 The toner of the present invention, 5 to 50% by number toner of the total number of particles of particle size of not more than the weight average particle diameter of 4 [mu] m, preferably preferably contains 5 to 25% by number. 重量平均粒径が4μm以下の粒径のトナーが5個数%未満であると、高画質のために必須な成分である微小のトナー粒子が少ないことを意味し、特に、コピー又はプリントアウトを続けることによってトナーが連続的に使われるに従い、有効なトナー粒子成分が減少して、本発明で示すトナーの粒度分布のバランスが悪化し、画質がしだいに低下する傾向を示す。 When the weight average particle diameter of the toner of particle size of less than 4μm is less than 5% by number, it means that the toner particles of the fine small an essential component for a high-quality, in particular, continue copying or printing-out according toner is continuously used by the effective toner particle component is decreased, the balance of particle size distribution of the toner shown by the present invention is deteriorated, a tendency that the image quality is lowered gradually.
【0120】 [0120]
また、重量平均粒径が4μm以下の粒径のトナーが50個数%を超えると、トナー粒子相互の凝集状態が生じ易く、本来の粒径以上のトナー塊として、挙動することも多くなり、その結果、荒れた画像が形成されやすく、解像性を低下させたり、又は静電荷像のエッジ部と内部との濃度差が大きくなり、中抜け気味の画像となり易い。 Further, the toner weight average particle diameter of the particle size of less than 4μm exceeds 50% by number, tends to occur aggregation of the toner particles mutually, as a toner mass on the original particle size or less, it is also often behave, that result, tends to be rough image forming, or reduce the resolution, or density difference between the edge portion and the interior of the electrostatic image increases, likely to become hollow defect slightly image. さらに、重量平均粒径12.70μm以上の粒子が7体積%以下であることが画質向上の上で好ましい。 Further, it is preferable in terms of improving image quality weight average particle diameter 12.70μm or more of the particles is less than 7% by volume.
【0121】 [0121]
さらに、本発明のトナー粒子には、流動性向上剤が外添されていることが画質向上、高温環境下での保存性の点で好ましい。 Further, the toner particles of the present invention, it is the image quality improvement fluidity improving agent is externally added, preferred in terms of storage stability in a high-temperature environment. 流動性向上剤としては、シリカ,酸化チタン,酸化アルミニウム等の無機微粉体が好ましい。 The fluidity improving agent, silica, titanium oxide, inorganic fine powder such as aluminum oxide are preferable. 該無機微粉体は、シランカップリング剤,シリコーンオイル又はそれらの混合物の如き疎水化剤で疎水化されていることが好ましい。 Inorganic fine powder, silane coupling agent, may preferably be hydrophobized by such hydrophobizing agents silicone oils or mixtures thereof.
【0122】 [0122]
疎水化剤としては、シランカップリング剤、チタネートカップリング剤、アルミニウムカップリング剤、ジルコアルミネートカツプリング剤の如きカップリング剤が挙げられる。 The hydrophobic agent, silane coupling agent, titanate coupling agent, aluminum coupling agents, coupling agents such as zircoaluminate cutlet coupling agent.
【0123】 [0123]
具体的に例えばシランカップリング剤としては、一般式R SiY As specific example, a silane coupling agent of the general formula R m SiY n
〔式中、Rはアルコキシ基を示し、mは1〜3の整数を示し、Yはアルキル基、ビニル基、フェニル基、メタアクリル基、アミノ基、エポキシ基、メルカプト基又はこれらの誘導体を示し、nは1〜3の整数を示す。 [The equation, R represents an alkoxy group, m represents an integer of 1 to 3, Y represents an alkyl group, a vinyl group, a phenyl group, a methacrylic group, an amino group, an epoxy group, a mercapto group or a derivative thereof , n is an integer of 1-3. ]
で表されるものが好ましい。 In those represented by it is preferred. 例えばビニルトリメトキシシラン、ビニルトリエトキシシラン、γ−メタクリルオキシプロピルトリメトキシシラン、メチルトリメトキシシラン、メチルトリエトキシシラン、イソブチルトリメトキシシラン、ジメチルジメトキシシラン、ジメチルジエトキシシラン、トリメチルメトキシシラン、ヒドロキシプロピルトリメトキシシラン、フェニルトリメトキシシラン、n−ヘキサデシルトリメトキシシラン、n−オクタデシルトリメトキシシラン等を挙げることができる。 For example vinyltrimethoxysilane, vinyltriethoxysilane, .gamma.-methacryloxypropyltrimethoxysilane, methyltrimethoxysilane, methyltriethoxysilane, isobutyltrimethoxysilane, dimethyldimethoxysilane, dimethyldiethoxysilane, trimethylmethoxysilane, hydroxypropyl trimethoxysilane, phenyltrimethoxysilane, n- hexadecyl trimethoxy silane, it can be mentioned n- octadecyl trimethoxysilane.
【0124】 [0124]
その処理量は、無機微粉体100質量部に対して、好ましくは1〜60質量部、より好ましくは3〜50質量部である。 The processing amount, the inorganic fine powder 100 parts by weight, preferably from 1 to 60 parts by weight, more preferably 3 to 50 parts by weight.
【0125】 [0125]
本発明において特に好適なのは、一般式(8)で示される化合物であり、 Particularly preferred in the present invention is a compound represented by the general formula (8),
2n+1 −Si−(OC 2m+1 (8) C n H 2n + 1 -Si- ( OC m H 2m + 1) 3 (8)
〔式中、nは4〜12の整数を示し、mは1〜3の整数を示す。 Wherein, n represents an integer of 4 to 12, m is an integer of 1-3. ]
で示されるアルキルアルコキシシランカップリング剤である。 In an alkylalkoxysilane coupling agent represented. 該アルキルアルコキシシランカップリング剤において、nが4より小さいと、処理は容易となるが疎水化度が低く、好ましくない。 In the alkylalkoxysilane coupling agent, n and smaller than 4, the process becomes easy low hydrophobicity, which is not preferable. nが12より大きいと、疎水性が十分になるが、酸化チタン微粒子同士の合一が多くなり、流動性付与能が低下しやすい。 n is larger than 12, but hydrophobic is sufficient, the more the coalescence of titanium oxide fine particles, fluidity imparting ability tends to decrease. mは3より大きいと、該アルキルアルコキシシランカップリング剤の反応性が低下して疎水化を良好に行いにくくなる。 m is 3 and greater, the reactivity of the alkylalkoxysilane coupling agent is less likely to satisfactorily perform hydrophobic reduced. より好ましくはアルキルアルコキシシランカップリング剤はnが4〜8であり、mが1〜2であるのが良い。 More preferably alkyl alkoxy silane coupling agent n is 4 to 8, m is the better 1-2.
【0126】 [0126]
アルキルアルコキシシランカップリング剤の処理量も、無機微粉体100質量部に対して、好ましくは1〜60質量部、より好ましくは3〜50質量部が良い。 Processing amount of the alkylalkoxysilane coupling agent may, with respect to the inorganic fine powder 100 parts by weight, preferably 1 to 60 parts by weight, more preferably from 3 to 50 parts by weight.
【0127】 [0127]
疎水化処理は1種類の疎水化剤単独で行っても良いし、2種類以上の疎水化剤を使用しても良い。 It hydrophobic treatment may be carried out in one hydrophobizing agent alone may be used two or more hydrophobizing agents. 例えば1種類のカップリング剤単独で疎水化処理を行っても良いし、2種類のカップリング剤で同時に、またはカップリング剤での疎水化処理を行った後、別のカップリング剤で更に疎水化処理を行っても良い。 For example one type of coupling agent to alone may be performed to hydrophobic treatment, two at the same time a coupling agent, or after the hydrophobic treatment with a coupling agent, more hydrophobic with another coupling agent processing may be performed.
【0128】 [0128]
流動化剤は、トナー粒子100質量部に対して0.01〜5質量部添加することが好ましく、0.05〜3質量部添加することがより好ましい。 Fluidizing agent is preferably added from 0.01 to 5 parts by mass relative to 100 parts by weight of the toner particles, it is more preferable to add 0.05 to 3 parts by weight.
【0129】 [0129]
本発明のカラートナーは、一成分系現像剤及び二成分系現像剤に適用できるものであり、特に何らこれを限定するものではないが、本発明のカラートナーを二成分系現像剤に用いる場合に、併用されるキャリアとしては、例えば表面酸化又は未酸化の鉄、ニッケル、銅、亜鉛、コバルト、マンガン、クロム、希土類等の金属及びそれらの合金または酸化物及びフェライトなどが使用できる。 The color toner of the present invention, which can be applied to a one-component developer and a two-component developer is not particularly in any way limited to this, when using the color toner of the present invention in two-component developer to, carriers to be used in combination, for example, formed of metals such as iron, nickel, copper, zinc, cobalt, manganese, chromium, and metal and their alloys or oxides and ferrites of the rare earth and the like can be used.
【0130】 [0130]
特に、マンガン、マグネシウム及び鉄成分を主成分として形成されるMn−Mg−Feの3元素の磁性フェライト粒子がキャリア粒子として好ましい。 In particular, manganese, magnetic ferrite particles of three elements Mn-Mg-Fe is formed mainly of magnesium and iron components preferred carrier particles. 磁性キャリア粒子は、樹脂で被覆されていることが好ましく、樹脂としてはシリコーン樹脂が好ましい。 Magnetic carrier particles is preferably covered with a resin, preferably silicone resin as a resin. 特に、含窒素シリコーン樹脂または、含窒素シランカップリング剤とシリコーン樹脂とが反応することにより生成した変性シリコーン樹脂が、本発明のカラートナーへのマイナスの摩擦電荷の付与性、環境安定性、キャリアの表面の汚染に対する抑制の点で好ましい。 In particular, a nitrogen-containing silicone resin or modified silicone resin produced by the nitrogen-containing silane coupling agent and a silicone resin is the reaction, imparting of negative friction charges to the color toner of the present invention, environmental stability, carrier It preferred in view of suppression against contamination of the surface.
【0131】 [0131]
磁性キャリアは、平均粒径が15乃至60μm(より好ましくは、25乃至50μm)がトナーの重量平均粒径との関係で好ましい。 Magnetic carrier has an average particle size of 15 to 60 [mu] m (more preferably, 25 to 50 [mu] m) preferably in relation to the weight average particle diameter of the toner. 磁性粒子を上記の平均粒径及び特定の粒度分布を有するように調製する方法としては、例えば、篩を用いることによる分級によって行うことが可能である。 The magnetic particles as a method for preparing to have an average particle diameter and specific particle size distributions described above, for example, can be performed by the classification with the use of a sieve. 特に、精度良く分級を行うために、適当な目開きの篩を用いて複数回くり返してふるうことが好ましい。 In particular, in order to accurately perform classification, it is preferable sieving repeated multiple times with an appropriate mesh sieve. また、ふるいの開口の形状をメッキ等によって制御したものを使うことも有効な手段である。 It is also an effective means to use what the shape of the opening of the sieve was controlled by plating or the like.
【0132】 [0132]
二成分現像剤を調製する場合、その混合比率は現像剤中のトナー濃度として、2〜15質量%、好ましくは4〜13質量%にすると通常良好な結果が得られる。 When preparing a two-component developer, the toner concentration of the mixing ratio in the developer, 2-15% by weight, preferably normally good results have been obtained in 4 to 13 mass%. トナー濃度が2%未満では画像濃度が低くなりやすく、15質量%を超える場合ではカブリや機内飛散が増加しやすい。 Toner density image density tends to lower in less than 2%, fog and machine scatter tends to increase in the case of more than 15 wt%.
【0133】 [0133]
本発明のトナーを用いることのできる画像形成装置の好ましい一具体例を図1を参照しながら、以下に説明する。 One preferred embodiment of an image forming apparatus capable of using the toner of the present invention with reference to FIG. 1, will be described below.
【0134】 [0134]
図1に示す画像形成装置は、下部のデジタルカラー画像プリンタ部(以下単に「プリンタ部」という。)Iと、上記のデジタルカラー画像リーダ部(以下単に「リーダ部」という。)IIとを備えており、例えば、リーダ部IIで読み取った原稿Dの画像に基づき、プリンタ部Iによって記録材Pに画像を形成する。 The image forming apparatus shown in FIG. 1, the lower digital color image printer unit (hereinafter referred to simply as "printer".) And I, said digital color image reader unit (hereinafter simply referred to as "reader".) And a II and which, for example, based on the image of the document D read by the reader unit II, to form an image on a recording material P by the printer unit I.
【0135】 [0135]
以下、プリンタ部Iの構成、つづいてリーダ部IIの構成を説明する。 Hereinafter, configuration of the printer unit I, illustrating the configuration of the reader unit II followed.
【0136】 [0136]
プリンタ部Iは、矢印R1方向に回転駆動される静電荷像担持体としての感光ドラム1を有する。 The printer unit I includes a photosensitive drum 1 as an electrostatic image bearing member which is rotated in an arrow R1 direction. 感光ドラム1の周囲には、その回転方向に沿って順に、一次帯電器(帯電手段)2、露光手段3、現像装置(現像手段)4、転写装置5、クリーニング器6、前露光ランプ7等が配置されている。 Around the photosensitive drum 1, in order along the rotating direction, a primary charger (charging means) 2, an exposure means 3, a developing device (developing means) 4, a transfer device 5, a cleaning unit 6, a pre-exposure lamp 7, etc. There has been placed. 転写装置5の下方(すなわちプリンタ部Iの下半部)には、記録材Pの給送搬送部8が配置され、さらに転写装置5の上部には分離手段9が設置され、また分離手段9の下流側(記録材Pの搬送方向についての下流側)には加熱加圧定着器10及び排紙部11が配置されている。 Below the transfer device 5 (i.e. the lower half of the printer unit I), is disposed a recording material feeding conveyor 8 of P is, the more the top of the transfer device 5 is installed separation means 9 is also separation means 9 heat-pressure fixing device 10 and a sheet discharge unit 11 is disposed on the side (downstream side of the conveyance direction of the recording material P) of the downstream side.
【0137】 [0137]
感光ドラム1は、アルミニウム製のドラム状の基体1aと、その表面を覆うOPC(有機光半導体)の感光体1bとを有し、駆動手段(不図示)によって矢印R1方向に所定のプロセススピード(周速度)で回転駆動されるように構成されている。 The photosensitive drum 1, and the aluminum drum-shaped base 1a, and a photoreceptor 1b of OPC (organic photo semiconductor) covering the surface, a predetermined process speed in the direction of arrow R1 by driving means (not shown) ( It is configured to be rotated at a peripheral speed).
【0138】 [0138]
一次帯電器2は、感光ドラム1に対向する部分が開口したシールド2aと、シールド2aの内側に感光ドラム1の母線と平行に配置された放電ワイヤ2bと、シールド2aの開口部に配置されて帯電電位を規制するグリッド2cとを有するコロナ帯電器である。 Primary charger 2, a shield 2a which portion facing the photosensitive drum 1 is opened, and the discharge wire 2b disposed parallel to the generating line of the photosensitive drum 1 inside the shield 2a, is disposed in an opening of the shield 2a a corona charger having a grid 2c for regulating the charging potential. 一次帯電器2は、電源(不図示)によって帯電バイアスが印加され、これにより、感光ドラム1表面を所定の極性、所定の電位に均一に帯電するようになっている。 Primary charger 2, a charging bias is applied by a power source (not shown), thereby, a predetermined polarity of the photosensitive drum 1 surface, so as to uniformly charged to a predetermined potential.
【0139】 [0139]
露光手段3は、後述のリーダ部IIからの画像信号に基づいてレーザ光を発光するレーザ出力部(不図示)と、レーザ光を反射するポリゴンミラー3aと、レンズ3bと、ミラー3cとを有する。 Exposure means 3 includes a laser output unit for emitting a laser beam based on an image signal from the reader unit II will be described later (not shown), a polygon mirror 3a for reflecting the laser beam, a lens 3b, and a mirror 3c . 露光手段3は、このレーザ光が感光ドラム1表面を照射するすることによって感光ドラム1を露光し、露光部分の電荷を除去して静電潜像を形成するように構成されている。 Exposing means 3, the laser light exposes the photosensitive drum 1 by irradiating the surface of the photosensitive drum 1, is configured to form an electrostatic latent image by removing the charges of the exposed portion. 本実施例では、感光ドラム1表面に形成される静電潜像は、原稿の画像に基づいて、イエロー、シアン、マゼンタ、ブラックの4色に色分解され、それぞれの色に対応した静電潜像が順次形成されるようになっている。 In this embodiment, an electrostatic latent image formed on the surface of the photosensitive drum 1, based on the image of the document, yellow, cyan, magenta, is color-separated into four colors of black, electrostatic latent corresponding to the respective colors image is adapted to be sequentially formed.
【0140】 [0140]
現像装置4は、感光ドラム1の回転方向(矢印R1方向)に沿って上流側から順にイエロートナー、シアントナー、マゼンタトナー、ブラックトナーの各色トナー(現像剤)を収納した現像器4Y、4C、4M、4Bkを備えている。 The developing device 4, a yellow toner in order from the upstream side in the rotational direction (arrow R1 direction) of the photosensitive drum 1, cyan toner, magenta toner, the developing device 4Y accommodating a color toner of black toner (developer), 4C, 4M, and includes a 4Bk. 各現像器4Y、4C、4M、4Bkは、それぞれ感光ドラム1表面に形成された静電荷像を現像するためのトナーを有する現像剤を担持している現像スリーブ4aを有し、静電荷像の現像に供せられる所定の色の現像器が偏心カム4bによって、択一的に感光ドラム1表面に近接する現像位置に配置されている。 The developing devices 4Y, 4C, 4M, 4Bk includes a developing sleeve 4a carrying a developer having a toner for developing an electrostatic image formed on each photosensitive drum 1 surface, the electrostatic charge image by the developing device of the predetermined color to be subjected to development eccentric cam 4b, it is arranged in the developing position close to alternatively photosensitive drum 1 surface. 現像スリーブ4aに担持されている現像剤のトナーが静電荷像を現像し、顕像としてのトナー像(可視画像)を形成するように構成されている。 Toner in the developer carried on the developing sleeve 4a is developing an electrostatic charge image, and is configured to form a toner image as a visible image (visible image). 現像に供せられる現像器以外の他の3色の現像器は、現像位置から退避するようになっている。 Other three color developing units other than the developing device to be subjected to development is adapted to retract from the developing position.
【0141】 [0141]
転写装置5は、表面に転写材Pを担持する転写ドラム(転写材担持体)5a、感光ドラム1上のトナー像を転写材Pに転写する転写帯電器(転写帯電手段)5b、転写材Pを転写ドラム5aに吸着させるための吸着帯電器5cとこれに対向する吸着ローラ5d、内側帯電器5e、外側帯電器5fを有し、矢印R5方向に回転駆動されるように軸支された転写ドラム5aの周面開口域には誘電体からなる転写材担持シート5gが円筒状に一体的に張設されている。 The transfer device 5, a transfer charger for transferring the transfer drum carrying the transfer material P on the surface (transfer material bearing member) 5a, a toner image on the photosensitive drum 1 onto the transfer material P (transfer charging means) 5b, the transfer material P the a transfer suction charger 5c an adsorption roller 5d opposed thereto for attracting the drum 5a, an inner charger 5e, an outer charger 5f, which is pivotally supported so as to be rotated in an arrow R5 direction transfer the peripheral surface opening region of the drum 5a transfer material carrying sheet 5g made of a dielectric material is integrally stretched into a cylindrical shape. 転写材担持シート5gは、ポリカーボネートフィルムの如き誘電体シートを使用している。 Transfer material carrying sheet 5g uses a such dielectric sheet of polycarbonate film. 転写装置5は転写ドラム5a表面に転写材Pを吸着して担持するように構成されている。 The transfer device 5 is configured to carry adsorbs the transfer material P to the transfer drum 5a surface.
【0142】 [0142]
クリーニング器6は、転写材Pに転写されずに感光ドラム1表面に残った残留トナーを掻き落とすクリーニングブレード6a、及び掻き落したトナーを回収するクリーニング容器6bを備えている。 The cleaning device 6 includes a cleaning vessel 6b for recovering the cleaning blade 6a, and scrape the toner scraping off toner remaining on the photosensitive drum 1 surface without being transferred onto the transfer material P.
【0143】 [0143]
前露光ランプ7は、一次帯電器2の上流側に隣接して配置され、クリーニング器6によって清掃された感光ドラム1表面の不要な電荷を除去する。 Pre-exposure lamp 7 is disposed adjacent to the upstream side of the primary charger 2, to remove unnecessary charges of the cleaning photosensitive drum 1 surface by the cleaning device 6.
【0144】 [0144]
給紙搬送部8は、大きさの異なる転写材Pを積載収納する複数の給紙カセット8a、給紙カセット8a内の転写材Pを給紙する給紙ローラ8b、多数の搬送ローラ、そしてレジストローラ8c等を有し、所定の大きさの転写材Pを転写ドラム5aに供給する。 Paper feeding conveyance section 8, a plurality of paper feed cassettes 8a to stacks and stores different transfer materials P sizes, paper feed roller 8b for feeding the transfer material P in the paper feed cassette 8a, a number of conveying rollers and registration, It has a roller 8c and the like, and supplies to the transfer drum 5a and the transfer material P of a predetermined size.
【0145】 [0145]
分離手段9は、トナー像が転写された後の転写材Pを転写ドラム5aから分離するための分離帯電器9a、分離爪9b、そして分離押上げころ9c等を有する。 Separation means 9 includes a separation charger 9a for separating the transfer material P after the toner image is transferred from the transfer drum 5a, a separation claw 9b, and separation push-up roller 9c and the like.
【0146】 [0146]
加熱加圧定着器10は、内側にヒータを有する定着ローラ10aと、定着ローラ10aの下方に配置され、転写材Pを定着ローラ10aに押し付ける加圧ローラ10bとを有する。 Heat-pressure fixing device 10 includes a fixing roller 10a having a heater inside, it is arranged below the fixing roller 10a, a pressure roller 10b for pressing the transfer material P to the fixing roller 10a.
【0147】 [0147]
排紙部11は、加熱加圧定着器10の下流側に配置された、搬送パス切替えガイド11a、排出ローラ11b、排紙トレイ11c等を有する。 Discharge unit 11 has been disposed on the downstream side of the heat-pressure fixing device 10, conveying path switching guide 11a, the discharge roller 11b, and paper discharge tray 11c and the like. また、搬送パス切替えガイド11aの下方には、1枚の転写材Pに対してその両面に画像形成を行うために搬送縦パス11d、反転パス11e、積載部材11f、中間トレイ11g、さらに搬送ローラ11h、11i、反転ローラ11j等が配置されている。 Below the conveying path switching guide 11a, conveyance vertical path 11d in order to perform image formation on both sides with respect to one of the transfer material P, a reverse path 11e, loading members 11f, an intermediate tray 11g, further conveying rollers 11h, 11i, etc. reversing roller 11j is disposed.
【0148】 [0148]
また、感光ドラム1周囲における、一次帯電器2と現像装置4との間には、感光ドラム表面の帯電電位を検出する電位センサS1 が、また現像装置4と転写ドラム5aとの間には、感光ドラム1上のトナー像の濃度を検知する濃度センサS2 が、それぞれ配置されている。 Further, the photosensitive drum 1 around between the primary charger 2 and the developing device 4, between the potential sensor S1 for detecting the charging potential of the photosensitive drum surface is also a developing device 4 and the transfer drum 5a, density sensor S2 for detecting the density of the toner image on the photosensitive drum 1 are arranged respectively.
【0149】 [0149]
つづいて、リーダ部IIについて説明する。 Subsequently, a description will be given reader unit II. プリンタ部Iの上方に配置されたリーダ部IIは、原稿Dを載置する原稿台ガラス12a、移動しながら原稿Dの画像面を露光走査する露光ランプ12b、原稿Dからの反射光をさらに反射させる複数のミラー12c、反射光を集光するレンズ12d、そしてレンズ12dからの光に基づいてカラー色分解画像信号を形成するフルカラーセンサ12e等を有する。 The reader unit II disposed above the printer unit I includes an original glass stand 12a for placing the document D, an exposure lamp 12b for exposing and scanning the image surface of the original D while moving, further reflects the reflected light from the original D a plurality of mirrors 12c for, with a full-color sensor 12e, etc. to form a color separation image signals based on the reflected light to the light from the lens 12d and the lens 12d, condenses. カラー色分解画像信号は、増幅回路(不図示)を経て、ビデオ処理ユニット(不図示)によって処理を施され、上述のプリンタ部Iに送出されるようになっている。 Color separation image signal is passed through an amplifying circuit (not shown) is subjected to processing by a video processing unit (not shown), and is sent to the printer unit I above.
【0150】 [0150]
次に、上述構成の画像形成装置の動作を説明する。 Next, the operation of the image forming apparatus of the above-described configuration. 以下の説明においては、イエロー、シアン、マゼンタ、ブラックの順に4色フルカラーの画像を形成するものとする。 In the following description, the yellow, cyan, as forming magenta, an image of full-color in the order of black.
【0151】 [0151]
リーダ部IIの原稿台ガラス12aに載置された原稿Dの画像は、露光ランプ12bによって照射され、色分解されてまずイエローの画像がフルカラーセンサ12eによって読み取られ、所定の処理を施され画像信号としてプリンタ部Iに送られる。 The reader unit II of the platen image of the document placed D in glass 12a is illuminated by the exposure lamp 12b, first yellow image is color-separated is read by the full-color sensor 12e, the image signal is subjected to predetermined processing It is sent to the printer unit I as.
【0152】 [0152]
プリンタ部Iでは、感光ドラム1が矢印R1方向に回転駆動され、一次帯電器2によって表面が均一に帯電される。 In the printer unit I, the photosensitive drum 1 is rotated in the direction of arrow R1, the surface by the primary charger 2 is uniformly charged. 上述のリーダ部IIから送られてきた画像信号に基づいて、露光手段3のレーザ出力部からレーザ光が照射され、ポリゴンミラー3a等を介して帯電済の感光ドラム1表面を光像Eによって露光する。 Based on the image signal sent from the reader unit II above exposure, laser beam is emitted from the laser output unit of the exposure means 3, a light image E charged already of the photosensitive drum 1 surface via the polygonal mirror 3a, etc. to. 感光ドラム1表面の露光を受けた部分は、電荷が除去され、これによりイエローに対応した静電荷像が形成される。 Portion which receives the exposed surface of the photosensitive drum 1, charge is removed, this electrostatic image corresponding to yellow is formed. 現像装置4においては、イエローの現像器4Yが所定の現像位置に配置され、その他の現像器4C、4M、4Bkは現像位置から退避される。 In the developing apparatus 4, the yellow developing device 4Y is disposed at a predetermined developing position, the other developing devices 4C, 4M, 4Bk is retracted from the developing position. 感光ドラム1上の静電荷像は、現像器4Yによってイエローのトナーが付着され、顕像化されてイエロートナー像となる。 Electrostatic image on the photosensitive drum 1, the yellow toner is deposited by the developing device 4Y, the yellow toner image is visualized. この感光ドラム1上のイエロートナー像は、転写ドラム5aに担持された転写材Pに転写される。 The yellow toner image on the photosensitive drum 1 is transferred onto the transfer material P carried on the transfer drum 5a. 転写材Pは、原稿画像に適した大きさの転写材Pが所定の給紙カセットを8aから給紙ローラ8b、搬送ローラ、そしてレジストロー8c等を介して所定のタイミングで転写ドラム5aに供給されたものである。 The transfer material P is supplied transfer material P of a size suitable for document image is a predetermined sheet feeding cassette from 8a paper feed roller 8b, the conveying roller and the transfer drum 5a at a prescribed timing via the register straw 8c etc., it is those that have been. このようにして供給された転写材Pは、転写ドラム5aの表面に巻き付くように吸着されて矢印R5方向に回転し、転写帯電器5bによって感光ドラム1上のイエロートナー像が転写される。 Thus the transfer material P supplied to the transfer drum 5a is adsorbed to wind around the surface of the rotating in the arrow R5 direction, the yellow toner image on the photosensitive drum 1 is transferred by the transfer charger 5b.
【0153】 [0153]
一方、イエロートナー像が転写された後の感光ドラム1は、クリーニング器6によって表面の残留トナーが除去され、さらに前露光ランプ7によって不要な電荷が除去され、一次帯電から始まる次の画像形成に供される。 On the other hand, the photosensitive drum 1 after the yellow toner image is transferred, the cleaning device 6 residual toner on the surface is removed by being removed unnecessary charges by further pre-exposure lamp 7, the next image formation starting from the primary charging It is subjected.
【0154】 [0154]
以上のリーダ部IIによる原稿画像の読取りから、転写ドラム5a上の転写材Pに対するトナー像の転写、さらには感光ドラム1の清掃、除電に至る各プロセスが、イエロー以外の他の色、すなわちシアン、マゼンタ、ブラックについても同様に行われ、転写ドラム5a上の転写材Pには、イエロートナー,シアントナー,マゼンタトナー及びブラックトナーの4色のトナー像が重なるようにして転写される。 From reading of the original image by the above reader unit II, a transfer of the toner image onto the transfer material P on the transfer drum 5a, further cleaning of the photosensitive drum 1, the process leading to the charge removal, other colors other than yellow, namely cyan , magenta, performed similarly for the black, the transfer material P on the transfer drum 5a, the yellow toner, cyan toner, is transferred as toner images of four colors of magenta toner and black toner are overlapped.
【0155】 [0155]
4色のトナー像の転写を受けた転写材Pは、分離帯電器9a、分離爪9b等によって転写ドラム5aから分離され、未定着のトナー像を表面に担持した状態で定着器10に搬送される。 4-color transfer material P having received the toner image of the separation charger 9a, is separated from the transfer drum 5a by the separation claw 9b, etc., is conveyed to the fixing device 10 while carrying the unfixed toner image on the surface that. 転写材Pは、加熱加圧定着器10の定着ローラ10a及び加圧ローラ10bによって加熱加圧され、カラートナー像が溶融されて定着され、フルカラー画像が転写材の一方の面に形成される。 The transfer material P is heated and pressurized by the fixing roller 10a and pressure roller 10b of the heat-pressure fixing device 10, the color toner image is fixed is melted, a full-color image is formed on one surface of the transfer material. 定着後の記録材Pは、排出ローラ11bによって排紙トレイ11c上に排出される。 The recording material P after fixing is discharged onto the discharge tray 11c by the discharge roller 11b.
【0156】 [0156]
次に、図2を参照して加熱加圧定着装置10について説明する。 Next, the heat-pressure fixing device 10 with reference to description of FIG. 2.
【0157】 [0157]
図2において、カラートナー像と接触する定着ローラ10aは、例えばアルミニウム製の芯金31上の1mm厚のHTV(高温加硫型)シリコーンゴム層32、この外側に特定の付加型シリコーンゴム層33を有し、直径60mmに形成されている。 2, the fixing roller 10a, for example made of aluminum of 1mm thickness on the core metal 31 HTV (high temperature vulcanization type) silicone rubber layer 32, the particular addition type silicone rubber layer 33 to the outside in contact with the color toner image It has, has a diameter 60 mm.
【0158】 [0158]
一方、加圧ローラ10bは、例えば、アルミニウム製の芯金34上に、1mm厚のHTVと、さらに厚さ1mmの前述の特定の付加型シリコーンゴム層35を設け、直径60mmに形成されている。 On the other hand, the pressure roller 10b is, for example, on aluminum core metal 34, and 1mm thick HTV, further specific addition type silicone rubber layer 35 of the aforementioned 1mm thick provided, has a diameter 60mm .
【0159】 [0159]
上述の定着ローラ10aには、発熱手段である搬送ローラヒータ36が芯金31内に配設され、加圧ローラ10bには、同じくヒータ37が芯金34内に配設されて記録材Pの両面からの加熱を行っている。 The fixing roller 10a described above, the transport roller heater 36 is heating means is disposed within the core metal 31, the pressure roller 10b, both surfaces of the recording material P likewise heater 37 is disposed in the core metal 34 It is subjected to heat from. 加圧ローラ10bに当接されたサーミスタ38によって加圧ローラ10bの温度が検知され、この検知温度に基づいて制御装置39によりハロゲンヒータ36,37が制御され、定着ローラ10a及び加圧ローラ10bの温度がともに170℃の一定に維持されるように制御される。 Temperature of the pressure roller 10b by the thermistor 38 is in contact with the pressure roller 10b is detected, the halogen heaters 36 and 37 are controlled by the controller 39 on the basis of this detected temperature, the fixing roller 10a and the pressing roller 10b temperature is controlled to be maintained at a constant both 170 ° C.. なお、定着ローラ10aと加圧ローラ10bとは、加圧機構(不図示)によって総圧約80kgで加圧されている。 Incidentally, the fixing roller 10a and the pressure roller 10b is pressurized at a total pressure of about 80kg by pressurizing mechanism (not shown).
【0160】 [0160]
また、図2において、Oはオイル塗布装置であり、Cはクリーニング装置であり、C1は加圧ローラ10bのオイル汚れを除去するクリーニングブレードである。 Further, in FIG. 2, O is an oil application device, C is a cleaning device, C1 denotes a cleaning blade for removing oil stains of the pressing roller 10b. オイル塗布装置Oは、オイルパン40内のジメチルシリコーンオイル41をオイル汲み上げローラ50,42及びオイル塗布ローラ43を経由させてオイル塗布量調整ブレード44でオイル塗布量を規制して定着ローラ10aに塗布する。 Oil coating device O, applying a dimethyl silicone oil 41 in the oil pan 40 to the oil drawing roller 50,42 and an oil applying roller 43 is through an oil application amount adjusting blade 44 fixing roller 10a to regulate the oil application amount in to. クリーニング装置Cは、突当ローラ45によって定着ローラ10aに当接されたウエブ46によって定着ローラ10a表面を清掃する。 The cleaning device C cleans the fixing roller 10a surface by web 46 which is in contact with the fixing roller 10a by abutting rollers 45.
【0161】 [0161]
上述の定着装置10では、未定着トナー像を表面に担持した転写材Pは、定着ローラ10aと加圧ローラ10bとの間の定着ニップに挟持搬送され、このとき表裏両面から加熱加圧されてトナーの定着が行われる。 In the fixing device 10 described above, the transfer material P bearing the unfixed toner image on the surface is a fixing nip to sandwich the conveyance between the fixing roller 10a and the pressure roller 10b, this time heated and pressed from both sides the fixing of the toner is performed. この際、定着ローラ10a、加圧ローラ10bに付着したトナーは、それぞれクリーニング装置C、クリーニングブレードC1によって除去される。 At this time, the fixing roller 10a, and adhered to the pressure roller 10b toner is removed by a cleaning device C, a cleaning blade C1 respectively.
【0162】 [0162]
以上、転写材の一方の面のみにフルカラー画像を形成するものについて説明したが、次にこのフルカラー画像を転写材の表面及び裏面の両方に形成する方法及び装置について図1を参照しながら説明する。 While there have been described what form only the full-color image on one surface of the transfer material, will be described with reference to FIG. 1, a method and apparatus for forming a full color image on both front and back surfaces of the transfer material .
【0163】 [0163]
転写材Pの両面にフルカラー画像を形成する場合は、加熱加圧定着器10は排出後の転写材Pを、すぐに搬送パス切替えガイド11aを駆動し、搬送パス11dを経て、反転パス11eに一旦導いた後、反転ローラ11jの逆転により、送り込まれた際の後端を先頭にして、送り込まれた方向と反対向きに退出させ、中間トレイ11gに収納する。 When forming a full color image on both sides of the transfer material P, a heat-pressure fixing device 10 is a transfer material P after ejection, and driving the conveying path switching guide 11a immediately, through the transfer path 11d, the reverse path 11e after that it led once, by the reverse rotation of the reverse roller 11j, and the top rear end when fed, is leaving the the fed the direction opposite, housed in the intermediate tray 11g. その後、中間トレイ11gの一方の面にフルカラー画像を有する転写材Pは転写ドラム5aに送られ、他方の面に再度上述の画像形成プロセスによりイエロートナー,シアントナー及びマゼンタトナーのカラートナーが転写され、さらにブラックトナーが転写される。 Thereafter, the transfer material P having the full color image on one surface of the intermediate tray 11g is sent to the transfer drum 5a, a yellow toner, color toner of cyan toner and magenta toner is transferred again by the above-described image forming process on the other side , black toner is transferred further. 転写材Pのフルカラー画像が転写ドラム5a接触するので、定着時にフルカラー画像面に付着したシリコーンオイルが転写ドラム5aに付着し、転写工程を通常に阻害しやすいが、本発明のカラートナーは、シリコーンオイルの吸収性に優れているので、転写ドラム5aに付着するシリコーンオイル量は従来と比較して極めて少ない。 Since the full-color image of the transfer material P comes into contact transfer drum 5a, a silicone oil adhered to the full-color image plane is attached to the transfer drum 5a at the time of fixing, but likely inhibit transcription process typically the color toner of the present invention, the silicone since the excellent absorption of the oil, the silicone oil amount adhering to the transfer drum 5a is extremely small as compared with the conventional.
【0164】 [0164]
転写材の他方の面に未定着のカラートナー画像を有する転写材Pは、転写ドラム5aから分離され、加熱加圧定着器10へ送られ、未定着のカラートナー画像は、転写材の他方の面に加熱加圧定着され、転写材Pの両面にフルカラー画像が形成される。 Transfer material P having the color toner image unfixed to the other surface of the transfer material is separated from the transfer drum 5a, sent to heat-and-pressure fixing device 10, the color toner image unfixed, the other of the transfer material is heated and pressure fixing to the surface, full color images are formed on both sides of the transfer material P. その際、本発明のカラートナーは、特定な疎水性アルミナ微粉体がカラートナー粒子に外添され、特定な粒度分布と、特定な粘弾性特性を有しているので、両面が良好におこなえ、定着ローラ10a及び加圧ローラ10bへの転写材Pの巻き付きが抑制され、オフセット現象の発生も良好に防止されるものである。 At that time, the color toner of the present invention, a specific hydrophobic fine alumina powder is externally added to the color toner particles, and particle size distribution of specific, since they have specific viscoelastic properties, both sides carried out satisfactorily, fixing roller 10a and the winding of the transfer material P to the pressure roller 10b can be suppressed, but also occurrence of the offset phenomenon is effectively prevented.
【0165】 [0165]
本発明のカラートナーを使用すると、転写ドラム5aの転写材担持シート5gのシリコーンオイル等の汚染は従来と比較して極めて少ないが、必要によりファーブラシ13aとバックアップブラシ13b及びオイル除去ローラ14aとバックアップブラシ14bによって清掃を行う。 Using color toner of the present invention, the transfer drum 5a is contamination such as silicone oil the transfer material carrying sheet 5g of but very few in comparison with the conventional fur brush 13a and a backup brush 13b, an oil removing roller 14a and a backup if necessary for cleaning by the brush 14b. このような清掃は、必要により画像形成前もしくは画像形成後に行い、またジャム(紙づまり)発生した場合には随時行う。 Such cleaning is carried out after the image formation before or imaging necessary, also in the event of a jam (paper jam) is carried out from time to time.
【0166】 [0166]
次に各物性の測定方法について以下に説明する。 It will be described below measurement methods of the properties.
【0167】 [0167]
トナーの粘弾性の測定方法 Method of measuring the viscoelasticity of the toner
トナーを直径25mm,厚さ約2〜3mmの円板状の試料に加圧成形する。 The diameter of the toner 25 mm, is pressed into a disk-shaped sample having a thickness of about 2 to 3 mm. 次にパラレルプレートにセットし、50〜200℃の温度範囲内で徐々に昇温させ、温度分散測定を行う。 Then set to the parallel plate, it is gradually heated within a temperature range of 50 to 200 ° C., the temperature dispersion measurement. 昇温速度は2℃/minとし、角周波数(ω)は6.28rad/secに固定し、歪率は自動とする。 Heating rate was 2 ° C. / min, the angular frequency (omega) is fixed at 6.28 rad / sec, distortion factor and automatic. 横軸に温度、縦軸に貯蔵弾性率(G')を取り、各温度における値を読み取る。 Temperature on the horizontal axis, the storage modulus in the vertical axis of (G '), read the value at each temperature. 測定にあたっては、RDA‐II(レオメトリックス社製)を用いる。 For the measurement, using the RDA-II (manufactured by Rheometrics). 本発明においては、特に測定装置を限定するものではない。 In the present invention, not particularly limited measurement device.
【0168】 [0168]
トナーの吸熱ピークの測定方法 Method of measuring the endothermic peak of the toner
示差走査熱量計(DSC測定装置),DSC−7(パーキンエルマー社製)を用いてASTM D3418−82に準じて測定する。 Differential scanning calorimeter (DSC measuring device), according to ASTM D3418-82 using DSC-7 (manufactured by Perkin-Elmer).
【0169】 [0169]
測定試料は2〜10mg、好ましくは5mgを精密に秤量する。 Measurement sample is 2 to 10 mg, preferably precisely weighed 5 mg.
【0170】 [0170]
これをアルミパン中に入れ、リファレンスとして空のアルミパンを用い、測定温度範囲30〜200℃の間で、昇温速度10℃/minで常温常湿下で測定を行う。 The mixture was placed in an aluminum pan, using an empty aluminum pan as a reference, among the measurement temperature range 30 to 200 ° C., it performs measurement under normal temperature and normal humidity at a heating rate of 10 ° C. / min.
【0171】 [0171]
この昇温過程で、温度30〜200℃の範囲におけるDSC曲線のメインピークの吸熱ピークが得られる。 In this heating process, the main peak endothermic peak of the DSC curve in the temperature range of 30 to 200 ° C. is obtained.
【0172】 [0172]
GPC測定 GPC measurement
ゲルパーミエーションクロマトグラフィー(GPC)によるクロマトグラムの分子量は次の条件で測定される。 The molecular weight of the chromatogram obtained by gel permeation chromatography (GPC) is measured under the following conditions.
【0173】 [0173]
40℃のヒートチャンバー中でカラムを安定化させ、この温度におけるカラムに溶媒としてテトラヒドロフラン(THF)を毎分1mlの流速で流し、試料濃度として0.05〜0.6質量%に調整した樹脂のTHF試料溶液を約50〜200μl注入して測定する。 A column is stabilized in a heat chamber at 40 ° C., poured into a column at that temperature at a flow rate per minute 1ml tetrahydrofuran (THF) as a solvent, the resin was adjusted to 0.05 to 0.6% by mass as a sample concentration measured about 50~200μl injected THF sample solution. 試料の分子量測定にあたっては、試料の有する分子量分布を数種の単分散ポリスチレン標準試料により作成された検量線の対数値とカウント数(リテンションタイム)との関係から算出する。 Of sample molecular weight is calculated from the relationship between several kinds of monodisperse polystyrene calibration curve prepared using a standard sample logarithmic value and count number of the molecular weight distribution of the sample (retention time). 検量線作成用の標準ポリスチレン試料としては、例えば東ソー社製或いはPressure Chemical Co. As the standard polystyrene samples used for the preparation of the calibration curve, for example, manufactured by Tosoh Corporation or Pressure Chemical Co. 製の分子量が6×10 、2.1×10 、4×10 、1.75×10 、5.1×10 、1.1×10 、3.9×10 、8.6×10 、2×10 、4.48×10 のものを用い、少なくとも10点程度の標準ポリスチレン試料を用いるのが適当である。 The molecular weight of manufacturing is 6 × 10 2, 2.1 × 10 3, 4 × 10 3, 1.75 × 10 4, 5.1 × 10 4, 1.1 × 10 5, 3.9 × 10 5, 8 .6 × 10 5, 2 × 10 6, used as a 4.48 × 10 6, it is appropriate to use at least about 10 standard polystyrene samples. 検出器にはRI(屈折率)検出器を用いる。 The detector may be an RI (refractive index) detector.
【0174】 [0174]
カラムとしては、10 〜2×10 の分子量領域を的確に測定するために、市販のポリスチレンジェルカラムを複数本組み合わせるのが良く、例えば昭和電工社製のshodex GPC KF−801,802,803,804,805,806,807の組み合わせや、Waters社製のμ−styragel The column, 10 3 in order to accurately measure the molecular weight region of to 2 × 10 6, good combine a plurality of commercially available polystyrene gel columns, shodex GPC KF-801, 802, 803 made of, for example, Showa Denko KK , the combination of 804, 805, 806, and 807 and, manufactured by Waters Corporation μ-styragel
500、10 、10 、10 の組み合わせを挙げることができる。 500, 10 3, may be mentioned 10 4, 10 5 combination of.
【0175】 [0175]
トナー粒度分布の測定 Measurement of toner particle size distribution
本発明において、トナーの平均粒径及び粒度分布はコールターカウンターTA−II型(コールター社製)を用いて行うが、コールターマルチサイザー(コールター社製)を用いることも可能である。 In the present invention, the average particle size and particle size distribution of the toner is performed by using a Coulter counter Model TA-II (manufactured by Coulter Co.), it is also possible to use Coulter Multisizer (manufactured by Coulter Electronics, Inc.). 電解液は1級塩化ナトリウムを用いて1%NaCl水溶液を調製する。 Electrolyte an aqueous 1% NaCl solution is prepared using first-grade sodium chloride. 例えば、ISOTON R−II(コールターサイエンティフィックジャパン社製)が使用できる。 For example, ISOTON R-II (available from Coulter Scientific Japan Co.) may be used. 測定法としては、前記電解水溶液100〜150ml中に分散剤として界面活性剤、好ましくはアルキルベンゼンスルフォン酸塩を0.1〜5ml加え、更に測定試料を2〜20mg加える。 As the measurement method, a surfactant as a dispersing agent of the above aqueous electrolytic solution 100 to 150 ml, preferably added 0.1~5ml alkyl benzene sulfonate, is added of a sample 2 to 20 mg. 試料を懸濁した電解液は超音波分散器で約1〜3分間分散処理を行い、前記測定装置によりアパーチャーとして100μmアパーチャーを用いて、2.00μm以上のトナーの体積,個数を測定して体積分布と個数分布とを算出した。 The electrolytic solution in which the sample is suspended is subjected to about 1 to 3 minutes dispersion treatment with an ultrasonic dispersing device, using a 100μm aperture as an aperture by said measuring device, toner having a volume of more than 2.00 .mu.m, by measuring the number volume It was calculated and the distribution and the number distribution. それから本発明に係る体積分布から求めた重量基準の重量平均粒径(D4)(各チャンネルの中央値をチャンネル毎の代表値とする)を求めた。 Then determine the weight average particle diameter based on weight was determined from the volume distribution according to the present invention (D4) (the middle value of each channel is used as the representative value for each channel).
【0176】 [0176]
チャンネルとしては、2.00〜2.52μm;2.52〜3.17μm;3.17〜4.00μm;4.00〜5.04μm;5.04〜6.35μm;6.35〜8.00μm;8.00〜10.08μm;10.08〜12.70μm;12.70〜16.00μm;16.00〜20.20μm;20.20〜25.40μm;25.40〜32.00μm;32.00〜40.30μmの13チャンネルを用いる。 The channel, 2.00~2.52μm; 2.52~3.17μm; 3.17~4.00μm; 4.00~5.04μm; 5.04~6.35μm; 6.35~8. 00μm; 8.00~10.08μm; 10.08~12.70μm; 12.70~16.00μm; 16.00~20.20μm; 20.20~25.40μm; 25.40~32.00μm; using a 13 channel of 32.00~40.30μm.
【0177】 [0177]
【実施例】 【Example】
以下、本発明の具体的実施例について説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。 Will hereinafter be described specifically by the following examples of the present invention, the present invention is not limited to these examples.
【0178】 [0178]
(ハイブリッド樹脂製造例1) (Hybrid Resin Production Example 1)
ビニル系共重合体として、スチレン1.9mol、2−エチルヘキシルアクリレート0.21mol、フマル酸0.15mol、α−メチルスチレンの2量体0.03mol、ジクミルパーオキサイド0.05molを滴下ロートに入れる。 As the vinyl copolymer, styrene 1.9 mol, 2-ethylhexyl acrylate 0.21 mol, 0.15 mol of fumaric acid, alpha-2 dimer 0.03mol methyl styrene, add dicumyl peroxide 0.05mol dropping funnel . また、ポリオキシプロピレン(2.2)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン7.0mol、ポリオキシエチレン(2.2)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン3.0mol、テレフタル酸3.0mol、無水トリメリット酸2.0mol、フマル酸5.0mol及び酸化ジブチル錫0.2gをガラス製4リットルの4つ口フラスコに入れ、温度計,撹拌棒,コンデンサー及び窒素導入管を取りつけマントルヒーター内においた。 Further, polyoxypropylene (2.2) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane 7.0 mol, polyoxyethylene (2.2) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane 3. 0 mol, 3.0 mol of terephthalic acid, trimellitic anhydride 2.0 mol, fumaric acid 5.0mol and dibutyltin oxide 0.2g placed in four-necked flask made of glass 4 liter thermometer, stirring rod, condenser and nitrogen introducing tube was placed in the mounting mantle heater. 次にフラスコ内を窒素ガスで置換した後、撹拌しながら徐々に昇温し、145℃の温度で撹拌しつつ、先の滴下ロートよりビニル系樹脂の単量体、架橋剤及び重合開始剤を4時間かけて滴下した。 Next, after the inside of the flask was replaced with nitrogen gas, the temperature was gradually raised with stirring, with stirring at a temperature of 145 ° C., a monomer of the vinyl resin from the previous dropping funnel, a crosslinking agent and a polymerization initiator It was dropped over a period of 4 hours. 次いで200℃に昇温を行い、4時間反応せしめてハイブリッド樹脂(1)を得た。 Then subjected to heating to 200 ° C., to obtain a hybrid resin (1) by reacting for 4 hours. GPCによる分子量測定の結果を表1に示す。 The results of molecular weight measurement by GPC are shown in Table 1.
【0179】 [0179]
(ハイブリッド樹脂製造例2) (Hybrid Resin Production Example 2)
スチレン3.8mol、α−メチルスチレンの2量体0.07mol、ジクミルパーオキサイド0.1molを使用すること以外は、ハイブリッド樹脂製造例1と同様に反応させ、ハイブリッド樹脂(2)を得た。 Styrene 3.8 mol, 2 dimer 0.07mol of α- methyl styrene, but using dicumyl peroxide 0.1 mol, it was reacted in the same manner as the hybrid resin production example 1, to obtain a hybrid resin (2) . GPCによる分子量測定の結果を表1に示す。 The results of molecular weight measurement by GPC are shown in Table 1.
【0180】 [0180]
(ハイブリッド樹脂製造例3) (Hybrid Resin Production Example 3)
フマル酸5.0molに代えてマレイン酸4.0molとイタコン酸3.5molを使用すること、ジクミルパーオキサイド0.05molに代えてイソブチルパーオキサイド0.1molを使用すること以外は、ハイブリッド樹脂製造例1と同様に反応させ、ハイブリッド樹脂(3)を得た。 The use of maleic acid 4.0mol and 3.5mol itaconic acid instead of fumaric acid 5.0 mol, except using isobutyl peroxide 0.1mol instead dicumyl peroxide 0.05 mol, Hybrid Resin Production example 1 was reacted in the same manner to obtain a hybrid resin (3). GPCによる分子量測定の結果を表1に示す。 The results of molecular weight measurement by GPC are shown in Table 1.
【0181】 [0181]
(ハイブリッド樹脂製造例4) (Hybrid Resin Production Example 4)
テレフタル酸3.0mol、無水トリメリット酸2.0mol、の替わりに無水トリメリット酸5.2molにしてハイブリッド樹脂製造例1と同様に反応させ、ハイブリッド樹脂(4)を得た。 3.0mol of terephthalic acid, is reacted in the same manner as the hybrid resin production example 1 and trimellitic anhydride 5.2mol in place of trimellitic anhydride 2.0 mol,, to obtain a hybrid resin (4). GPCによる分子量測定の結果を表1に示す。 The results of molecular weight measurement by GPC are shown in Table 1.
【0182】 [0182]
(ポリエステル樹脂製造例1) (Polyester Resin Production Example 1)
ポリオキシプロピレン(2.2)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン3.6mol、ポリオキシエチレン(2.2)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン1.6mol、テレフタル酸1.7mol、無水トリメリット酸1.1mol、フマル酸2.4mol及び酸化ジブチル錫0.1gをガラス製4リットルの4つ口フラスコに入れ、温度計,撹拌棒,コンデンサー及び窒素導入管を取りつけマントルヒーター内においた。 Polyoxypropylene (2.2) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane 3.6 mol, polyoxyethylene (2.2) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane 1.6 mol, 1.7mol of terephthalic acid, placed trimellitic anhydride 1.1 mol, fumaric acid 2.4mol and dibutyltin oxide 0.1g four-necked flask made of glass 4 liter thermometer, a stirring rod, a condenser and a nitrogen inlet tube the attachment was placed in a mantle heater. 窒素雰囲気下で、215℃で5時間反応させ、ポリエステル樹脂(5)を得た。 Under a nitrogen atmosphere, reacted for 5 hours at 215 ° C., to obtain a polyester resin (5). GPCによる分子量測定の結果を表1に示す。 The results of molecular weight measurement by GPC are shown in Table 1.
【0183】 [0183]
(ポリエステル樹脂製造例2) (Polyester Resin Production Example 2)
ポリオキシプロピレン(2.2)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン1.6mol、ポリオキシエチレン(2.2)−2,2−ビス(4−ヒドロキシフェニル)プロパン3.3mol、テレフタル酸1.6mol、無水トリメリット酸0.3mol、フマル酸3.2molのモノマー構成で上記と同様に反応させ、ポリエステル樹脂(6)を得た。 Polyoxypropylene (2.2) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane 1.6 mol, polyoxyethylene (2.2) -2,2-bis (4-hydroxyphenyl) propane 3.3 mol, 1.6mol of terephthalic acid, trimellitic anhydride 0.3 mol, are reacted in the same manner as described above with a monomer structure of fumaric acid 3.2 mol, to obtain a polyester resin (6). GPCによる分子量測定の結果を表1に示す。 The results of molecular weight measurement by GPC are shown in Table 1.
【0184】 [0184]
(ビニル系樹脂の製造例1) (Preparation of vinyl resin 1)
スチレン2.2mol、2−エチルヘキシルアクリレート0.23mol、ジクミルパーオキサイド0.08mol、酸化ジブチル錫3.2gを、温度計,ステンレス製撹拌棒,流下式コンデンサー及び窒素導入管を装備した3リットルの4つ口フラスコに入れ、マントルヒーター中で、窒素雰囲気にて225℃の温度で撹拌しつつ反応させ、ビニル系樹脂(7)を得た。 Styrene 2.2 mol, 2-ethylhexyl acrylate 0.23 mol, dicumyl peroxide 0.08 mol, dibutyltin oxide 3.2 g, thermometer, a stainless stirring rod, a 3 liter equipped with a reflux condenser and a nitrogen inlet tube placed in a four-necked flask, in a heating mantle, it is reacted with stirring at a temperature of 225 ° C. in a nitrogen atmosphere to obtain a vinyl resin (7). GPCによる分子量測定の結果を表1に示す。 The results of molecular weight measurement by GPC are shown in Table 1.
【0185】 [0185]
【表1】 [Table 1]
【0186】 [0186]
本発明に用いたワックスを表2に示す。 The wax used in the present invention are shown in Table 2.
【0187】 [0187]
【表2】 [Table 2]
【0188】 [0188]
<実施例1> <Example 1>
以下の方法でマゼンタトナー1を調製した。 The magenta toner 1 was prepared in the following manner.
・ハイブリッド樹脂(1) 70質量部・化合物(1−1)を含有する顔料スラリーから水をある程度除去し、ただの一度も乾燥工程を経ずに得た固形分30質量%の第1のペースト状顔料(残りの70質量%は水) 30質量部・化合物(3-1)を含有する顔料スラリーから水をある程度除去し、ただの一度も乾燥工程を経ずに得た固形分30質量%の第2のペースト状顔料(残りの70質量%は水) 70質量部【0189】 Hybrid resin (1) 70 parts by mass Compound (1-1) The water was removed to some extent from a pigment slurry containing, just even once dry solids 30 mass process yield without going through the% of the first paste Jo pigment (remaining 70 wt% water) 30 parts by mass compound (3-1) the water was removed to some extent from a pigment slurry containing solid even just once to obtain without a drying step content of 30% the second paste pigment (remaining 70 wt% water) 70 parts by weight of [0189]
(第一の混練工程) (First kneading step)
上記の原材料を上記の処方でまずニーダー型ミキサーに仕込み、混合しながら非加圧下で昇温させる。 The above raw materials were charged into a first kneader-type mixer in the above formulation, raise the temperature with mixing under no pressing. 最高温度(ペースト中の溶媒の沸点により必然的に決定される。この場合は90〜100℃程度)に達した時点で水相中の顔料が、溶融樹脂相に分配もしくは移行し、これを確認した後、さらに30分間加熱溶融混練させ、ペースト中の顔料を充分に移行させる。 (It is necessarily determined by the boiling point of the solvent in the paste. In this case about 90 to 100 ° C.) a maximum temperature pigments in the aqueous phase at which point is distributed or shifts to the molten resin phase, confirmed this after, further heated and melted and kneaded for 30 minutes, to sufficiently migrate pigment in the paste. その後、一旦、ミキサーを停止させ、熱水を排出した後、さらに130℃まで昇温させ、約30分間加熱溶融混練を行ない、顔料を分散させるとともに水分を留去し、該工程を終了した後、冷却させ、混練物を取り出し第1の混練物を得た。 Then, once the mixer was stopped, after discharging the hot water, allowed to warm further to 130 ° C., subjected to heat melt-kneaded for about 30 minutes to distill off water together with the pigment is dispersed, after terminating the process , allowed to cool, to obtain a first kneaded product was taken out a kneaded product. この第1の混練物の含水量は0.5質量%程度であった。 The water content of the first kneaded product was about 0.5 wt%.
【0190】 [0190]
(第二の混練工程) (Second kneading step)
上記の処方で十分ヘンシェルミキサーにより予備混合を行い、二軸押出し混練機で温度を100℃に設定し溶融混練した。 A preliminary mixture by well Henschel mixer in the above formulation was melt kneaded to set the temperature to 100 ° C. in a twin-screw extrusion kneader. 混練機出口での混練物の実温度は146℃であり、混練物の粘度は、ハイブリッド樹脂(1)と比較して大幅にアップしていた。 The actual temperature of the kneaded material in the kneading machine outlet is 146 ° C., the viscosity of the kneaded product had greatly increased as compared with the hybrid resin (1). 冷却後ハンマーミルを用いて約1〜2mm程度に粗粉砕し、次いでエアージェット方式による微粉砕機で20μm以下の粒径に微粉砕した。 Using cooled hammer mill was coarsely crushed to about 1 to 2 mm, and then finely pulverized to particle size of less than 20μm using a fine grinding mill of an air jet system. さらに得られた微粉砕物を分級して、粒度分布における重量平均粒径が7.2μmになるように選択してマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 Further resulting finely pulverized product was classified, the weight average particle diameter in the particle size distribution was obtained selected and magenta toner particles (classified product) to be 7.2 [mu] m.
【0191】 [0191]
流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.0質量部を合せてマゼンタトナー1とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and the magenta toner 1 the combined 1.0 parts by weight.
【0192】 [0192]
さらに、マゼンタトナー1と、シリコーン樹脂で表面被覆した磁性フェライトキャリア粒子(平均粒径45μm)とを、トナー濃度が7質量%になるように混合し、二成分系マゼンタ現像剤1とした。 Further, the magenta toner 1, a magnetic ferrite carrier particles surface coated with a silicone resin (average particle size 45 [mu] m), were mixed to a toner concentration of 7 mass%, and a two-component magenta developers 1. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0193】 [0193]
【表3】 [Table 3]
【0194】 [0194]
【表4】 [Table 4]
【0195】 [0195]
【表5】 [Table 5]
【0196】 [0196]
【表6】 [Table 6]
【0197】 [0197]
【表7】 [Table 7]
【0198】 [0198]
このマゼンタ現像剤1で、カラー複写機CLC−800(キヤノン製)の定着ユニットのオイル塗布機構を取り外した改造機を用い、単色モードで常温低湿環境下(23℃/5%)、高温高湿環境下(30℃/80%)で画像面積比率20%のオリジナル原稿を用いて、1万枚の耐刷試験と常温常湿度環境下(23℃/60%)で定着試験を行った。 In this magenta developer 1, using a modified machine removal of the oil application mechanism of the fixing unit of the color copying machine CLC-800 (manufactured by Canon Inc.), a normal temperature low humidity environment in a single color mode (23 ℃ / 5%), high temperature and high humidity environment by using at (30 ℃ / 80%) of the original document image area ratio of 20%, were fixing test in 10,000 sheets printing test and normal temperature and normal humidity environment (23 ℃ / 60%). さらに定着可能領域の評価については、定着ユニットを手動で定着温度が設定できるように改造した。 For further evaluation of the fixable range, manually fixing temperature of the fixing unit is modified to be set.
【0199】 [0199]
1万枚の耐久後でもカブリのないオリジナルを忠実に再現するマゼンタ色画像が得られ、色再現性に優れていた。 Magenta color image to faithfully reproduce the original with no fog even after 10,000 sheets of durability can be obtained, it was excellent in color reproducibility. 複写機内での搬送、現像剤濃度検知も良好で安定した画像濃度が得られた。 Conveying of the copying machine, the developer concentration detection was good stable image density was obtained. 定着温度設定170℃にして1万枚の繰り返し複写でも定着ローラーへのオフセットはまったく生じなかった。 Offset in the fixing temperature setting 170 ° C. to 10,000 sheets over and fixing roller in the copying of the did not occur at all. なお、定着ローラーへのオフセットの発生状況は、繰り返し複写後の定着ローラーの表面を目視により観察することによって行った。 Incidentally, occurrence of offset to the fixing roller was performed by observing visually the surface of the fixing roller after repeated copying.
【0200】 [0200]
カラー複写画像の評価方法として、画像表面のグロス(光沢度)を測定することにより、カラー画像の良否を判定する方法がある。 As an evaluation method of a color copy image, by measuring the image surface gloss (glossiness), there is a method of determining the quality of a color image. すなわち、グロス値が高いほど画像表面が平滑でつやのある彩度の高いカラー品質と判断され、逆にグロス値が低いと、くすんだ彩度のとぼしい、画像表面があれたものと判断される。 That is, it is determined that a high color quality saturation of gloss values ​​higher image surface with a smooth and glossy, A low gloss value Conversely, dull saturation scarce, it is determined that that there is an image surface. 実施例1においてコントラスト電位300Vでの画像濃度は1.70(マクベス反射濃度)であり、その時のグロスは21%であった。 Implementation image density contrast potential 300V in Example 1 was 1.70 (Macbeth reflection density), gloss at that time was 21%.
【0201】 [0201]
グロス(光沢度)の測定には、日本電色社製PG−3型光沢度計を用いた。 To measure the glossiness was used Nippon Denshoku Ltd. PG-3 type gloss meter. 測定にあたっては、投光角度、受光角度をそれぞれ75°に合わせ、0点調整及び標準板を用い、標準設定の後に試料台の上に白紙を3枚重ね、その上に前記試料画像を置き測定を行い、標示部に示される数値を%単位で読みとった。 For the measurement, the projection angle, align the light receiving angle to each 75 °, using a zero point adjustment and standard plate, three sheets of white paper on the sample stage after standard setting, measuring placed the sample image thereon was carried out, read a numerical value shown in indicia in percent.
【0202】 [0202]
得られた画像の色度は目標とするものが得られた。 Chromaticity of the resulting images were obtained that the target. すなわちa*=72.2 b*=−2.8 L*=47.3であった。 That a * = 72.2 b * = - 2.8 was L * = 47.3.
【0203】 [0203]
トナーの色調は1976年に国際照明委員会(CIE)で規格された表色系の定義に基づき、定量的に測定した。 Color of the toner based on the definition of the color system that is standardized by the International Commission on Illumination in 1976 (CIE), was quantitatively measured. その際、画像濃度は1.70に固定し、a*、b*(a*、b*は色相と彩度を示す色度)L*(明度)を測定した。 At that time, the image density was fixed at 1.70, a *, b * (a *, b * chromaticity indicating hue and saturation) was measured L * (lightness). 測定器にはX−Rite社製分光測色計タイプ938を用い、観察用光源はC光源、視野角は2°とした。 The instrument used an X-Rite, Inc. spectrophotometric colorimeter type 938, observation light source was illuminant C, viewing angle and 2 °.
【0204】 [0204]
さらにトランスペアレンシーフィルムに形成したカラー画像をオーバーヘッドプロジェクター(OHP)に投影したOHT画像の透明性も良好なものであった。 Furthermore were those also excellent transparency OHT image projected on an overhead projector color image formed on transparency film (OHP).
【0205】 [0205]
上記の実施例におけるOHT画像の透明性については、市販のオーバーヘッドプロジェクターを用いて、トランスペアレンシーフィルムに形成したカラー画像を投影して、以下の評価基準に基づいて評価した。 The transparency of the OHT images in the above embodiment, by using a commercially available overhead projector, by projecting the color image formed on transparency films were evaluated based on the following evaluation criteria.
【0206】 [0206]
(評価基準) (Evaluation criteria)
A:透明性に優れ、明暗ムラも無く、色再現性も優れる。 A: excellent transparency, brightness unevenness without, color reproducibility is also excellent.
B:若干明暗ムラがあるものの、実用上問題ない。 B: Although some there is an unevenness of light and darkness, no practical problem.
C:明暗ムラがあり、色再現性に乏しい。 C: There is unevenness of light and darkness, poor color reproducibility.
【0207】 [0207]
得られたベタ画像(画像濃度1.70)の耐光性をJIS K7102にほぼ準じて確認したところ、400時間光照射後の画像もほぼ初期と同様の画像濃度(1.66)を示し、色相変化もほとんど見られなかった(ΔE=2.8)。 The light resistance of the resulting solid image (image density 1.70) was confirmed substantially according to JIS K7102, even images after 400 hour irradiation showed almost initial and same image density (1.66), hue change was not observed most (ΔE = 2.8). なお光源にはカーボンアークランプを使用した。 Note the light source using carbon arc lamps. 耐光性の評価基準は、光照射前後の画像よりΔE値を求め定量的に評価した。 Evaluation criteria for light fastness was evaluated quantitatively determine the ΔE values ​​than the image before and after the light irradiation.
【0208】 [0208]
(耐光性ランク) (Light resistance rank)
A:400時間試験でほとんど変化なし。 A: Almost no change at 400 hour test.
B:200時間試験でほとんど変化なし。 B: almost no change in the 200 hour test.
C:100時間試験で退色。 C: fading in the 100 hour test.
【0209】 [0209]
マゼンタトナー1の保存安定性を調べた結果、良好なデータを示した。 Results of examination of the storage stability of the magenta toner 1 showed good data. すなわち、サンプルトナーの耐ブロッキング性に関しては、50℃のオーブン内にて2週間放置することにより評価した。 That is, for anti-blocking properties of sample toners was evaluated by standing for 2 weeks in an oven of 50 ° C.. 評価としては目視による凝集性のレベルより判定した。 The evaluation was determined the level of cohesiveness visually.
【0210】 [0210]
(耐ブロッキング性の評価基準) (Blocking resistance of the evaluation criteria)
A:凝集体が全く見られなく流動性が非常に良いB:若干の凝集体は見られるがすぐにほぐれるC現像剤攪拌装置では凝集体が十分にほぐれない。 A: aggregates very good fluidity not observed at all B: is not sufficiently loosened aggregates in some aggregates C developer stirring device is but to loosen immediately seen.
【0211】 [0211]
マゼンタトナー1で用いた顔料に代えて、銅フタロシアニン系のシアン顔料(Pigment Blue15:3)、ジアラリード系のイエロー顔料(Pigment Yellow17)をそれぞれ用いて、あとはほぼ同様にして、シアントナー1,イエロートナー1を作製し、ほぼ同様にして現像剤を調製して画出しした。 In place of a pigment used in a magenta toner 1, a copper phthalocyanine cyan pigment (Pigment Blue15: 3), respectively using the Jiararido-based yellow pigment (Pigment Yellow17), in much the same way the after, cyan toner 1, yellow to prepare a toner 1 was put image to prepare a developer in the same way. 赤、青の2次色の再現を見たところ、彩度、明度ともに高い良好な色相の画像が得られた。 Red, apparently a secondary color reproduction of blue, color saturation, high good hue of the image in brightness both obtained.
【0212】 [0212]
<実施例2〜5> <Example 2-5>
ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2),ハイブリッド樹脂(3),ポリエステル樹脂(5),及びビニル系の樹脂(7)を使用したこと以外は実施例1と同様にして、マゼンタトナー2〜5を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤2〜5を得た。 Instead of Hybrid resin (1), the hybrid resin (2), the hybrid resin (3), polyester resin (5), and except for using a vinyl resin (7) in the same manner as in Example 1, magenta to prepare a toner 2-5, to obtain a magenta developer 2-5 in a similar manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0213】 [0213]
<実施例6> <Example 6>
実施例1において、化合物(1−1)と化合物(3-1)の混合割合が、最終的に1:9になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとは同様にしてマゼンタトナー6を得た。 In Example 1, the mixing ratio of the compound (1-1) with the compound (3-1) is, finally 1: except that Ensure a 9 to prepare a toner, a magenta toner 6 in the same manner as the later Obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例1と比較して青味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、赤の再現性も良好であった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted to bluish compared with Example 1, the red reproducibility was also good. すなわち画像の色度は、a*=71.2 b*=−12.8 That chromaticity of the image, a * = 71.2 b * = - 12.8
L*=45.3であった。 It was L * = 45.3.
【0214】 [0214]
<実施例7> <Example 7>
実施例1において、化合物(1−1)と化合物(3-1)の混合割合が、最終的に4:6になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとは同様にしてマゼンタトナー7を得た。 In Example 1, the mixing ratio of the compound (1-1) with the compound (3-1) is, finally 4: except that as of 6 to prepare a toner, a magenta toner 7 in the same manner as the later Obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例1と比較して赤味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、青の再現性も問題なかった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted to reddish compared to Example 1, the reproducibility of blue was also no problem. すなわち画像の色度は、a*=70.8 b*=3.2. That chromaticity of the image, a * = 70.8 b * = 3.2. L*=42.7であった。 L * = was 42.7.
【0215】 [0215]
<実施例8> <Example 8>
実施例1において、化合物(1−1)と化合物(3-1)の混合割合が、最終的に6:4になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとは同様にしてマゼンタトナー8を得た。 In Example 1, the mixing ratio of the compound (1-1) with the compound (3-1) is, finally 6: except that Ensure a 4 to produce a toner, a magenta toner 8 in the same manner as the later Obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例1と比較してかなり赤味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、青の再現性も問題なかった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted considerably redness compared to Example 1, the reproducibility of blue was also no problem. すなわち画像の色度は、a*=70.8 b*=5.4. That chromaticity of the image, a * = 70.8 b * = 5.4. L*=43.1であった。 L * = was 43.1.
【0216】 [0216]
<実施例9> <Example 9>
実施例1において、精製ノルマルパラフィン(A)に替えて、エステルワックス(B)を用いたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー9を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤9を得た。 In Example 1, in place of purified normal paraffin (A), followed except for using an ester wax (B) is prepared magenta toner 9 were obtained in the same manner magenta developer 9 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0217】 [0217]
<実施例10> <Example 10>
実施例1において、精製ノルマルパラフィン(A)に替えて、ポリエチレンワックス(D)を用いたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー10を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤10を得た。 In Example 1, in place of purified normal paraffin (A), followed except for using polyethylene wax (D) is prepared magenta toner 10 were obtained in the same manner magenta developer 10 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0218】 [0218]
<実施例11> <Example 11>
実施例1において、ジ−tert−ブチルサリチル酸アルミニウム化合物を2質量部に減らしたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー11を得た。 In Example 1, after the exception that a reduced di -tert- butyl salicylate aluminum compound 2 parts by mass to obtain a magenta toner 11 in the same manner. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性に関してやや劣るようになるものの実用上問題となるレベルではなかった。 It was not a level slightly becomes a practical problem of what becomes inferior with respect to anti-blocking properties.
【0219】 [0219]
<実施例12> <Example 12>
実施例1において、ジ−tert−ブチルサリチル酸の亜鉛化合物を4質量部使用したことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー12を得た。 In Example 1, after except using 4 parts by weight of zinc compound of di -tert- butyl salicylic acid was obtained magenta toner 12 in the same manner. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性に関してやや劣るようになるものの実用上問題となるレベルではなかった。 It was not a level slightly becomes a practical problem of what becomes inferior with respect to anti-blocking properties. また定着試験において、高温側でのオフセット発生温度が、実施例1に記載のマゼンタトナー1と比較して30℃程度低くなったが、実用レベル内であった。 In fixing test, offset temperature at high temperature side, but lower 30 ° C. of about compared with the magenta toner 1 described in Example 1, was practical levels.
【0220】 [0220]
低温低湿環境下での1万枚の耐久において、マゼンタトナー12は、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに徐々に画像濃度が低下してしまう傾向が見られた。 In the 10,000-sheet endurance under low temperature and low humidity environment, magenta toner 12, the charge-up tendency can be seen, gradually image density with durability tended to decrease. 但し実用レベル内であった。 However was a practical level within.
【0221】 [0221]
<実施例13〜16> <Examples 13 to 16>
化合物(1−1)の顔料に替えて、化合物(1−2)の顔料,化合物(1−3)の顔料,化合物(1−4)の顔料,化合物(1−5)の顔料をそれぞれ使用したこと以外は実施例1とほぼ同様にして、マゼンタトナー13〜16を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤13〜16を得た。 Instead of the pigment of the compound (1-1), using the pigment of the compound (1-2), the pigment of the compound (1-3), the pigment of the compound (1-4), the pigment of the compound (1-5), respectively It was except that in much the same way as in example 1 to prepare a magenta toner 13 to 16, to obtain a magenta developer 13 to 16 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0222】 [0222]
<実施例17> <Example 17>
実施例1において、ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2)を使用したことと,精製ノルマルパラフィン(A)の替わりにパラフィンワックス(C)を使用したことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー17を得た。 In Example 1, in place of the hybrid resin (1), after the exception and for using Hybrid resins (2), for the use of paraffin wax (C) instead of the purified normal paraffin (A) is in the same manner obtain a magenta toner 17 Te. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性に関して劣るようになり、実用レベルぎりぎりであった。 Become inferior with respect to anti-blocking properties were practical level barely. また定着試験において、高温側でのオフセット発生温度が、実施例1に記載のマゼンタトナー1と比較して30℃程度低くなったが、実用レベル内であった。 In fixing test, offset temperature at high temperature side, but lower 30 ° C. of about compared with the magenta toner 1 described in Example 1, was practical levels.
【0223】 [0223]
<実施例18> <Example 18>
実施例1において、ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2)を使用したことと,精製ノルマルパラフィン(A)の替わりにアルコール変性PEワックス(E)を使用したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー18を得た。 In Example 1, in place of the hybrid resin (1), after the exception and for using Hybrid resins (2), for the use of alcohol-modified PE wax (E) instead of the purified normal paraffin (A) is to obtain a magenta toner 18 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. マゼンタトナー18はワックスの結晶性が影響してOHTの透明性が若干低下する傾向が見られた、また低温側の定着性も低下したがなんとか実用レベル内であった。 Magenta toner 18 the transparency of the OHT tended to decrease slightly affect the crystallinity of the wax also was reduced fixability of the low-temperature side was managed within a practical level.
【0224】 [0224]
<実施例19> <Example 19>
実施例17において、パラフィンワックス(C)を使用しなかったことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー19を得た。 In Example 17, after except for not using paraffin wax (C) was obtained magenta toner 19 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. マゼンタトナー19はワックスを含有していないため高温側での耐オフセット性が大きく低下し、低温側での定着性に関しても劣るようになったが、ぎりぎり実用レベル内であった。 The magenta toner 19 was significantly decreased offset resistance at high temperature side because it does not contain wax, but became inferior with regard fixability at a low temperature side was barely practical levels.
【0225】 [0225]
<実施例20> <Example 20>
実施例1とほぼ同様にして,粒度分布における重量平均粒径が4.8μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 1, a weight average particle diameter in the particle size distribution is obtained magenta toner particles of 4.8μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.2質量部を合せてマゼンタトナー20とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 20 the combined 1.2 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例1のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での1万枚の耐久試験において、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに若干濃度が低下してしまった。 Fixing performance was almost the same as in Toner Example 1, the 10,000-sheet running test under the low temperature and low humidity environment, the charge-up tendency can be seen, a slight concentration with endurance had decreased.
【0226】 [0226]
<実施例21> <Example 21>
実施例1とほぼ同様にして、粒度分布における重量平均粒径が9.8μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 1, a weight average particle diameter in the particle size distribution is obtained magenta toner particles of 9.8μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、0.8質量部を合せてマゼンタトナー21とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 21 the combined 0.8 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例1のトナーとほぼ同じであったが,低温低湿環境下での画出しにおいて、ハーフトーン再現性が若干低下し全体にがさっぽい画像が得られた。 Fixability was almost the same as that of the toner in Example 1, but in image reproduction in a low-temperature and low-humidity environment, halftone reproducibility Gasa ish images were obtained over the entire slightly reduced. 但し実用レベル内であった。 However was a practical level within.
【0227】 [0227]
<実施例22> <Example 22>
実施例1とほぼ同様にして、粒度分布における重量平均粒径が3.9μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 1, a weight average particle diameter in the particle size distribution is obtained magenta toner particles of 3.9μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.3質量部を合せてマゼンタトナー22とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 22 the combined 1.3 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例1のトナーと比較して低温側も、高温側も10℃狭くなったがほぼ同様の結果を得た。 Fixability even lower temperature side as compared with the toner in Example 1, but narrowed hot side 10 ° C. to obtain substantially the same results. ただ、低温低湿環境下での1万枚の耐久試験において、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに濃度が低下し耐久途中から若干のかぶりも見られた。 However, the 10,000-sheet running test under the low temperature and low humidity environment, observed charge-up tendency, concentration with durability was seen a slight head halfway durability decreases.
【0228】 [0228]
<実施例23> <Example 23>
実施例1とほぼ同様にして、粒度分布における重量平均粒径が10.5μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 1, a weight average particle diameter in the particle size distribution is obtained magenta toner particles of 10.5μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、0.7質量部を合せてマゼンタトナー23とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 23 the combined 0.7 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例1のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での画出しにおいて、ハーフトーン再現性,及び細線再現性が低下し全体にがさっぽい画像が得られた。 Fixing performance was almost the same as in Toner Example 1, the image reproduction in a low-temperature and low-humidity environment, halftone reproducibility, and fine line reproducibility was obtained Gasa ish image throughout lowered.
【0229】 [0229]
<比較例1> <Comparative Example 1>
ハイブリッド樹脂(1)に替えてハイブリッド樹脂(4)を使用したこと以外は、同様にしてマゼンタトナー24を得た。 Except for using Hybrid resin (4) in place of the hybrid resin (1), to obtain a magenta toner 24 in the same manner. 評価結果を表3に示した。 The evaluation results are shown in Table 3. マゼンタトナー24は、Mw/Mnの大きな樹脂からなり、その結果80℃におけるG'も大きくなり非常に硬いトナーとなった。 Magenta toner 24 is made large resin Mw / Mn, was a very hard toner G 'becomes large in the resulting 80 ° C.. 本トナーではOHTの透過性が悪く、低温定着性も著しく悪化した。 Poor permeability OHT In this toner, the low-temperature fixing property was also deteriorated significantly.
【0230】 [0230]
<比較例2> <Comparative Example 2>
ハイブリッド樹脂(1)に替えてポリエステル樹脂(6)を使用したこと以外は、ほぼ同様にしてマゼンタトナー25を得た。 Except for using a polyester resin (6) in place of the hybrid resin (1), to obtain a magenta toner 25 in much the same way. 評価結果を表3に示した。 The evaluation results are shown in Table 3. マゼンタトナー25は、Mw/Mnの小さな樹脂からなり、その結果120〜180℃におけるG'も小さい値を示し、定着試験において、低い温度(140℃)で上ローラーへ巻きついてしまった。 Magenta toner 25 is made a resin having a low Mw / Mn, the results show the values ​​G 'is small at 120 to 180 ° C., in the fixing test, had wrapped around the upper roller at a lower temperature (140 ° C.).
【0231】 [0231]
<比較例3> <Comparative Example 3>
実施例1において、化合物(3-1)を添加せずに、化合物(1−1)のみを用いて全樹脂に対して顔料の割合が6質量部になる様に調製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー26を得た。 In Example 1, without addition of the compound (3-1), the compound (1-1) except that the ratio of the pigment was prepared as to be 6 parts by weight with respect to total resin using only, after the to obtain a magenta toner 26 in much the same way. 同様に評価したところ、実施例1と同一の現像コントラストでは、画像濃度が1.52と低めであり、現像コントラスト電位を360Vにアップして、画像濃度1.70の画像を得た。 It was evaluated in the same manner, in the same development contrast as in Example 1, the image density is low and 1.52, and up to development contrast potential 360 V, to obtain an image of the image density 1.70. その時の色度は、実施例1と比較して大きく赤味にシフトしてしまい、フルカラー用マゼンタトナーとしては不適なものであった。 Chromaticity at that time, will be largely shifted to reddish compared with Example 1, it was unsuitable as a full-color magenta toner. すなわち画像の色度は、a*=68.2 b*=5.6 L*=45.8であった。 That chromaticity of images was a * = 68.2 b * = 5.6 L * = 45.8. マゼンタトナー26では、彩度も乏しく肌色の再現性も大きく低下してしまった。 In the magenta toner 26, the saturation also had reduced poor skin color reproducibility is large.
【0232】 [0232]
<比較例4> <Comparative Example 4>
実施例1において、化合物(1−1)を添加せずに、化合物(3-1)のみを用いて全樹脂に対して顔料の割合が6質量部になる様に調製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー27を得た。 In Example 1, without addition of the compound (1-1), the compound (3-1) except that the ratio of the pigment was prepared as to be 6 parts by weight with respect to total resin using only, after the to obtain a magenta toner 27 in much the same way. 同様に評価したところ、鮮やかやマゼンタ色のトナーが得られたものの、プロセスインキのマゼンタの色調と比較すると、大きく青味によっていた。 It was evaluated in the same manner, although the toner of bright and magenta is obtained, when compared with the color tone of magenta process inks, was by the large bluish. 青色の再現性は優れるものの赤領域での色再現性が低下してしまった。 The blue of the reproducibility of the color reproducibility in the red region of what excellent had decreased. すなわち画像濃度1.70の画像の色度は、a*=74.6 b*=−22.4 L*=43.8であった。 That chromaticity of the image of the image density 1.70, a * = 74.6 b * = - was 22.4 L * = 43.8.
【0233】 [0233]
<比較例5> <Comparative Example 5>
実施例1において、化合物(1−1)と化合物(3−1)の代わりに、化合物(2−1)を樹脂に対して4質量部になる様に混練してトナーを作製したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー28を得た。 In Example 1, in place of Compound (1-1) and the compound (3-1), except that to prepare a toner compound (2-1) were kneaded so as to be 4 parts by weight with respect to the resin after got a magenta toner 28 in much the same way Te. マゼンタトナー28は着色力は高いものの、赤味が強く、青領域での色再現性が悪化した。 Although the magenta toner 28 coloring power is high, redness is strong, color reproducibility in the blue region has worsened. またこのトナーは耐光性に乏しく、100時間の光照射で大きく色味変動してしまった。 The toner is poor in light resistance, greatly accidentally color change by light irradiation for 100 hours.
【0234】 [0234]
<実施例24> <Example 24>
実施例1において、化合物(1−1)に替えて、化合物(2−1)を使用したこと以外は実施例1と同様にして、マゼンタトナー29を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤29を得た。 In Example 1, in place of the compound (1-1), except for using Compound (2-1) in the same manner as in Example 1 to prepare a magenta toner 29, magenta developer 29 in the same manner Obtained. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
得られた画像の色度は目標とするものが得られた。 Chromaticity of the resulting images were obtained that the target. すなわちa*=72.2 b*=-0.8 L*=45.3であった。 That a * = 72.2 b * = - 0.8 was L * = 45.3.
【0235】 [0235]
<実施例25〜28> <Example 25 to 28>
ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2),ハイブリッド樹脂(3),ポリエステル樹脂(5),及びビニル系の樹脂(7)を使用したこと以外は実施例24とほぼ同様にして、マゼンタトナー30〜33を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤30〜33を得た。 Instead of Hybrid resin (1), the hybrid resin (2), the hybrid resin (3), polyester resin (5), and except for using a vinyl resin (7) is in substantially the same manner as in Example 24, to prepare a magenta toner 30 to 33, to obtain a magenta developer 30-33 in a similar manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0236】 [0236]
<実施例29> <Example 29>
実施例24において、化合物(2−1)と化合物(3−1)の混合割合が、最終的に1:9になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー34を得た。 In Example 24, the mixing ratio of the compound (2-1) with the compound (3-1) is, finally 1: Ensure a 9 except that to produce a toner, magenta toner 34 in much the same way the after It was obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例24と比較して青味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、赤の再現性も良好であった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted to bluish compared to Example 24, red reproducibility was also good. すなわち画像の色度は、a*=71.2 b*=−11.8 L*=45.5であった。 That chromaticity of the image, a * = 71.2 b * = - was 11.8 L * = 45.5.
【0237】 [0237]
<実施例30> <Example 30>
実施例24において、化合物(2−1)と化合物(3−1)の混合割合が、最終的に4:6になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー35を得た。 In Example 24, the mixing ratio of the compound (2-1) with the compound (3-1) is, finally 4: Ensure a 6 except that to produce a toner, magenta toner 35 in much the same way the after It was obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例24と比較して赤味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、青の再現性も問題なかった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted to reddish compared to Example 24, the reproducibility of blue was also no problem. すなわち画像の色度は、a*=70.8 b*=4.9 L*=43.7であった。 That chromaticity of images was a * = 70.8 b * = 4.9 L * = 43.7.
【0238】 [0238]
<実施例31> <Example 31>
実施例1において、化合物(2−1)と化合物(3−1)の混合割合が、最終的に6:4になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー36を得た。 In Example 1, the mixing ratio of the compound (2-1) with the compound (3-1) is, finally 6: Ensure a 4 except that to produce a toner, magenta toner 36 in much the same way the after It was obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例1と比較してかなり赤味にシフトし、青の再現性が低下したがなんとか実用レベル内であった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 shifts quite reddish compared to Example 1, but the reproducibility of blue drops were somehow within a practical level. すなわち画像の色度は、a*=70.7 b*=7.4. That chromaticity of the image, a * = 70.7 b * = 7.4. L*=43.5であった。 L * = was 43.5.
【0239】 [0239]
<実施例32> <Example 32>
実施例24において、精製ノルマルパラフィン(A)に替えて、エステルワックス(B)を用いたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー37を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤37を得た。 In Example 24, in place of purified normal paraffin (A), followed except for using an ester wax (B) is prepared magenta toner 37 were obtained in the same manner magenta developer 37 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0240】 [0240]
<実施例33> <Example 33>
実施例24において、精製ノルマルパラフィン(A)に替えて、ポリエチレンワックス(D)を用いたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー38を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤38を得た。 In Example 24, in place of purified normal paraffin (A), followed except for using polyethylene wax (D) is prepared magenta toner 38 were obtained in the same manner magenta developer 38 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0241】 [0241]
<実施例34> <Example 34>
実施例24において、ジ−tert−ブチルサリチル酸アルミニウム化合物を2質量部に減らしたことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー39を得た。 In Example 24, after the exception that a reduced di -tert- butyl salicylate aluminum compound 2 parts by mass to obtain a magenta toner 39 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性はやや悪化するもの実用上問題となるレベルではなかった。 Blocking resistance was not a level causing a practical problem that slightly worse.
【0242】 [0242]
<実施例35> <Example 35>
実施例24において、ジ−tert−ブチルサリチル酸の亜鉛化合物を4質量部使用したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー40を得た。 In Example 24, after except using 4 parts by weight of zinc compound of di -tert- butyl salicylic acid was obtained magenta toner 40 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性はやや悪化するもの実用上問題となるレベルではなかった。 Blocking resistance was not a level causing a practical problem that slightly worse. また定着試験において、高温側でのオフセット発生温度が、実施例24に記載のマゼンタトナー29と比較して30℃程度低くなったが、実用レベル内であった。 In fixing test, offset temperature at high temperature side, but lower 30 ° C. of about compared with the magenta toner 29 described in Example 24, was practical levels.
【0243】 [0243]
低温低湿環境下での1万枚の耐久において、マゼンタトナー40は、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに徐々に画像濃度が低下してしまう傾向が見られた。 In the 10,000-sheet endurance under low temperature and low humidity environment, magenta toner 40, the charge-up tendency can be seen, gradually image density with durability tended to decrease. 但し実用レベル内であった。 However was a practical level within.
【0244】 [0244]
<実施例36> <Example 36>
実施例24において、ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2)を使用したことと,精製ノルマルパラフィン(A)の替わりにパラフィンワックス(C)を使用したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー41を得た。 In Example 24, in place of the hybrid resin (1), after the exception and for using Hybrid resins (2), for the use of paraffin wax (C) instead of the purified normal paraffin (A) it is substantially the same as to to obtain a magenta toner 41. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性は悪化し実用レベルぎりぎりであった。 Blocking resistance was deteriorated practical level barely. また定着試験において、高温側でのオフセット発生温度が、実施例24に記載のマゼンタトナー24と比較して30℃程度低くなったが、実用レベル内であった。 In fixing test, offset temperature at high temperature side, but lower 30 ° C. of about compared with the magenta toner 24 described in Example 24, was practical levels.
【0245】 [0245]
<実施例37> <Example 37>
実施例24において、ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2)を使用したことと,精製ノルマルパラフィン(A)の替わりにアルコール変性PEワックス(E)を使用したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー42を得た。 In Example 24, in place of the hybrid resin (1), after the exception and for using Hybrid resins (2), for the use of alcohol-modified PE wax (E) instead of the purified normal paraffin (A) is to obtain a magenta toner 42 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. マゼンタトナー42はワックスの結晶性が影響してOHTの透明性が若干悪する傾向が見られ、低温側の定着性が悪化したがなんとか実用レベル内であった。 Magenta toner 42 tended to slightly bad transparency OHT crystallinity is influenced wax, although fixability on the low temperature side is deteriorated was somehow the practical level.
【0246】 [0246]
<実施例38> <Example 38>
実施例36において、パラフィンワックス(C)を使用しなかったことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー43を得た。 In Example 36, after except for not using paraffin wax (C) was obtained magenta toner 43 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. マゼンタトナー43はワックスを含有していないため高温側での耐オフセット性が大きく低下し,低温側での定着性も悪化したが,ぎりぎり実用レベル内であった。 The magenta toner 43 was significantly decreased offset resistance at high temperature side because it does not contain a wax, was worse fixability at a low temperature side was barely practical levels.
【0247】 [0247]
<実施例39> <Example 39>
実施例24とほぼ同様にして,粒度分布における体積平均径が4.7μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 24, the volume-average diameter in particle size distribution was obtained magenta toner particles of 4.7μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.2質量部を合せてマゼンタトナー44とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 44 the combined 1.2 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例1のトナーとほぼ同じであったが,低温低湿環境下での1万枚の耐久試験において,チャージアップ傾向が見られ,耐久とともに若干濃度が低下してしまった。 Fixing performance was almost the same as in Toner Example 1, the 10,000-sheet running test under the low temperature and low humidity environment, the charge-up tendency can be seen, a slight concentration with endurance had decreased.
【0248】 [0248]
<実施例40> <Example 40>
実施例24とほぼ同様にして、粒度分布における体積平均径が9.7μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 24, the volume-average diameter in particle size distribution was obtained magenta toner particles of 9.7μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、0.8質量部を合せてマゼンタトナー45とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 45 the combined 0.8 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例24のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での画出しにおいて、ハーフトーン再現性が若干低下し全体にがさっぽい画像が得られた。 Fixing property was approximately the same as the toner of Example 24, but in image reproduction in a low-temperature and low-humidity environment, halftone reproducibility Gasa ish images were obtained over the entire slightly reduced. 但し実用レベル内であった。 However was a practical level within.
【0249】 [0249]
<実施例41> <Example 41>
実施例24とほぼ同様にして、粒度分布における体積平均径が3.8μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 24, the volume-average diameter in particle size distribution was obtained magenta toner particles of 3.8μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.3質量部を合せてマゼンタトナー46とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 46 the combined 1.3 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例24のトナーと比較して低温側も、高温側も10℃狭くなったがほぼ同様の結果を得た。 Cold side to the electrophotographic toner of the fixability Example 24 also, although narrower hot side 10 ° C. to obtain substantially the same results. ただ、低温低湿環境下での1万枚の耐久試験において、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに濃度が低下し耐久途中から若干のかぶりも見られた。 However, the 10,000-sheet running test under the low temperature and low humidity environment, observed charge-up tendency, concentration with durability was seen a slight head halfway durability decreases.
【0250】 [0250]
<実施例42> <Example 42>
実施例24とほぼ同様にして、粒度分布における体積平均径が10.6μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 24, the volume-average diameter in particle size distribution was obtained magenta toner particles of 10.6μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、0.7質量部を合せてマゼンタトナー47とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 47 the combined 0.7 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例24のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での画出しにおいて、ハーフトーン再現性、及び細線再現性が低下し全体にがさっぽい画像が得られた。 Fixing performance was almost the same as the toner of Example 24, the image reproduction in a low-temperature and low-humidity environment, halftone reproducibility, and fine line reproducibility was obtained Gasa ish image throughout lowered.
【0251】 [0251]
<比較例6> <Comparative Example 6>
実施例24において、ハイブリッド樹脂(1)に替えてハイブリッド樹脂(4)を使用したこと以外は、ほぼ同様にしてマゼンタトナー48を得た。 In Example 24, except for using Hybrid resin (4) in place of the hybrid resin (1), to obtain a magenta toner 48 in much the same way. 評価結果を表4に示した。 The evaluation results are shown in Table 4. マゼンタトナー48は、Mw/Mnの大きな樹脂からなり、その結果80℃におけるG'も大きくなり非常に硬いトナーとなった。 Magenta toner 48 is made large resin Mw / Mn, was a very hard toner G 'becomes large in the resulting 80 ° C.. 本トナーではOHTの透過性が悪く、低温定着性も著しく悪化した。 Poor permeability OHT In this toner, the low-temperature fixing property was also deteriorated significantly.
【0252】 [0252]
<比較例7> <Comparative Example 7>
実施例24において、ハイブリッド樹脂(1)に替えてポリエステル樹脂(6)を使用したこと以外は、ほぼ同様にしてマゼンタトナー49を得た。 In Example 24, except for using a polyester resin (6) in place of the hybrid resin (1), to obtain a magenta toner 49 in much the same way. 評価結果を表4に示した。 The evaluation results are shown in Table 4. マゼンタトナー49は、Mw/Mnの小さな樹脂からなり、その結果120〜180℃におけるG'も小さい値を示し、定着試験において、低い温度(140℃)で上ローラーへ巻きついてしまった。 Magenta toner 49 is made a resin having a low Mw / Mn, the results show the values ​​G 'is small at 120 to 180 ° C., in the fixing test, had wrapped around the upper roller at a lower temperature (140 ° C.).
【0253】 [0253]
<比較例8> <Comparative Example 8>
実施例1において、化合物(1−1)と化合物(3−1)の代わりに化合物(3−2)のみを用いて全樹脂に対して顔料の割合が6質量部になる様に調製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー50を得た。 In Example 1, the compound (1-1) with the compound (3-1) Compound (3-2) prepared that as the ratio of the pigment is 6 parts by weight with respect to total resin using only instead of other than, after got a magenta toner 50 in much the same way. 同様に評価したところ、色度は、実施例1と比較して青味にシフトしてしまい、フルカラー用マゼンタトナーとしては不適なものであった。 Was evaluated in the same manner, chromaticity, will be shifted to blue tinge as compared with Example 1, it was unsuitable as a full-color magenta toner. すなわち画像の色度は、a*=67.2 b*=−3.8 L*=46.8であり彩度に乏しかった。 That chromaticity of the image, a * = 67.2 b * = - was poor in 3.8 L * = 46.8 a and saturation. また、マゼンタトナー50では、着色力が低く、実施例1と同一の現像コントラストでは画像濃度は、1.37しか出なかった。 Further, the magenta toner 50, coloring power is low, the image density in the same developing contrast as in Example 1, was left only 1.37.
【0254】 [0254]
<実施例43> <Example 43>
実施例1において、化合物(3−1)に替えて、化合物(3−2)を使用したこと以外は実施例1と同様にして、マゼンタトナー50を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤50を得た。 In Example 1, in place of the compound (3-1), except for using Compound (3-2) in the same manner as in Example 1 to prepare a magenta toner 50, magenta developer 50 in the same manner Obtained. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
得られた画像の色度は目標とするものが得られた。 Chromaticity of the resulting images were obtained that the target. すなわちa*=73.1 b*=3.8 L*=46.2であった。 That was a * = 73.1 b * = 3.8 L * = 46.2.
【0255】 [0255]
<実施例44〜47> <Example 44-47>
ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2),ハイブリッド樹脂(3),ポリエステル樹脂(5),及びビニル系の樹脂(7)を使用したこと以外は実施例43と同様にして、マゼンタトナー51〜54を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤51〜54を得た。 Instead of Hybrid resin (1), the hybrid resin (2), the hybrid resin (3), polyester resin (5), and except for using a vinyl resin (7) in the same manner as in Example 43, magenta to prepare a toner 51 to 54, to obtain a magenta developer 51-54 in a similar manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0256】 [0256]
<実施例48> <Example 48>
実施例43において、化合物(1−1)と化合物(3−2)の混合割合が、最終的に1:9になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとは同様にしてマゼンタトナー55を得た。 In Example 43, the mixing ratio of the compound (1-1) with the compound (3-2) is, finally 1: except that Ensure a 9 to prepare a toner, the magenta toner 55 in the same manner as the later Obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例43と比較して若干彩度が低下したものの十分実用レベル内であり、赤の再現性も良好であった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within but slightly chroma compared is lowered as in Example 43, the red reproducibility was also good. すなわち画像の色度は、a*=70.2 b*=1.2 L*=44.2であった。 That chromaticity of images was a * = 70.2 b * = 1.2 L * = 44.2.
【0257】 [0257]
<実施例49> <Example 49>
実施例43において、化合物(1−1)と化合物(3−2)の混合割合が、最終的に4:6になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとは同様にしてマゼンタトナー56を得た。 In Example 43, the mixing ratio of the compound (1-1) with the compound (3-2) is, finally 4: addition to be the 6 that was produced a toner, a magenta toner 56 in the same manner as the later Obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例43と比較して赤味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、青の再現性も問題なかった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted to reddish compared to Example 43, the reproducibility of blue was also no problem. すなわち画像の色度は、a*=75.2 b*=4.2 L*=45.2であった。 That chromaticity of images was a * = 75.2 b * = 4.2 L * = 45.2.
【0258】 [0258]
<実施例50> <Example 50>
実施例43において、化合物(1−1)と化合物(3−2)の混合割合が、最終的に6:4になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとは同様にしてマゼンタトナー57を得た。 In Example 43, the mixing ratio of the compound (1-1) with the compound (3-2) is, finally 6: except that Ensure a 4 to produce a toner, the magenta toner 57 in the same manner as the later Obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例43と比較してかなり赤味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、青の再現性も問題なかった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted considerably redness compared to Example 43, the reproducibility of blue was also no problem. すなわち画像の色度は、a*=76.2 b*=4.6 L*=45.3であった。 That chromaticity of images was a * = 76.2 b * = 4.6 L * = 45.3.
【0259】 [0259]
<実施例51> <Example 51>
実施例43において、精製ノルマルパラフィン(A)に替えて、エステルワックス(B)を用いたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー58を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤58を得た。 In Example 43, in place of purified normal paraffin (A), followed except for using an ester wax (B) is prepared magenta toner 58 were obtained in the same manner magenta developer 58 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0260】 [0260]
<実施例52> <Example 52>
実施例43において、精製ノルマルパラフィン(A)に替えて、ポリエチレンワックス(D)を用いたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー59を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤59を得た。 In Example 43, in place of purified normal paraffin (A), followed except for using polyethylene wax (D) is prepared magenta toner 59 were obtained in the same manner magenta developer 59 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0261】 [0261]
<実施例53> <Example 53>
実施例43において、ジ−tert−ブチルサリチル酸アルミニウム化合物を2質量部に減らしたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー60を得た。 In Example 43, after the exception that a reduced di -tert- butyl salicylate aluminum compound 2 parts by mass to obtain a magenta toner 60 in the same manner. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性に関してやや劣るようになるものの実用上問題となるレベルではなかった。 It was not a level slightly becomes a practical problem of what becomes inferior with respect to anti-blocking properties.
【0262】 [0262]
<実施例54> <Example 54>
実施例43において、ジ−tert−ブチルサリチル酸の亜鉛化合物を4質量部使用したことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー61を得た。 In Example 43, after except using 4 parts by weight of zinc compound of di -tert- butyl salicylic acid was obtained magenta toner 61 in the same manner. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性に関してやや劣るようになるものの実用上問題となるレベルではなかった。 It was not a level slightly becomes a practical problem of what becomes inferior with respect to anti-blocking properties. また定着試験において、高温側でのオフセット発生温度が、実施例43に記載のマゼンタトナー50と比較して40℃程度低くなったが、ぎりぎり実用レベル内であった。 In fixing test, offset temperature at high temperature side, but was lower about 40 ° C. as compared with the magenta toner 50 as described in Example 43 was barely practical levels.
【0263】 [0263]
低温低湿環境下での1万枚の耐久において、マゼンタトナー61は、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに徐々に画像濃度が低下してしまう傾向が見られた。 In the 10,000-sheet endurance under low temperature and low humidity environment, magenta toner 61, the charge-up tendency can be seen, gradually image density with durability tended to decrease. 但し実用レベル内であった。 However was a practical level within.
【0264】 [0264]
<実施例55〜58> <Example 55 to 58>
化合物(1−1)の顔料に替えて、化合物(1−2)の顔料,化合物(1−3)の顔料,化合物(1−4)の顔料,化合物(1−5)の顔料をそれぞれ使用したこと以外は実施例43とほぼ同様にして、マゼンタトナー62〜65を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤62〜65を得た。 Instead of the pigment of the compound (1-1), using the pigment of the compound (1-2), the pigment of the compound (1-3), the pigment of the compound (1-4), the pigment of the compound (1-5), respectively It was except that in much the same way as in example 43, to prepare a magenta toner 62 to 65, to obtain a magenta developer 62 to 65 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0265】 [0265]
<実施例59> <Example 59>
実施例43において、ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2)を使用したことと,精製ノルマルパラフィン(A)の替わりにパラフィンワックス(C)を使用したことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー66を得た。 In Example 43, in place of the hybrid resin (1), after the exception and for using Hybrid resins (2), for the use of paraffin wax (C) instead of the purified normal paraffin (A) is in the same manner obtain a magenta toner 66 Te. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性に関して劣るようになり、実用レベルぎりぎりであった。 Become inferior with respect to anti-blocking properties were practical level barely. また定着試験において、高温側でのオフセット発生温度が、実施例43に記載のマゼンタトナー50と比較して30℃程度低くなったが、ぎりぎり実用レベル内であった。 In fixing test, offset temperature at high temperature side, but was lower about 30 ° C. as compared with the magenta toner 50 as described in Example 43 was barely practical levels.
【0266】 [0266]
<実施例60> <Example 60>
実施例43において、ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2)を使用したことと、精製ノルマルパラフィン(A)の替わりにアルコール変性PEワックス(E)を使用したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー67を得た。 In Example 43, in place of the hybrid resin (1), after the exception and for using Hybrid resins (2), for the use of alcohol-modified PE wax (E) instead of the purified normal paraffin (A) is to obtain a magenta toner 67 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. マゼンタトナー67はワックスの結晶性が影響してOHTの透明性が若干低下する傾向が見られた、また低温側の定着性も低下したがなんとか実用レベル内であった。 Magenta toner 67 the transparency of the OHT tended to decrease slightly affect the crystallinity of the wax also was reduced fixability of the low-temperature side was managed within a practical level.
【0267】 [0267]
<実施例61> <Example 61>
実施例59において、パラフィンワックス(C)を使用しなかったことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー68を得た。 In Example 59, after except for not using paraffin wax (C) was obtained magenta toner 68 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. マゼンタトナー68はワックスを含有していないため高温側での耐オフセット性が大きく低下し、低温側での定着性に関しても劣るようになったが、ぎりぎり実用レベル内であった。 The magenta toner 68 was significantly decreased offset resistance at high temperature side because it does not contain wax, but became inferior with regard fixability at a low temperature side was barely practical levels.
【0268】 [0268]
<実施例62> <Example 62>
実施例43とほぼ同様にして、粒度分布における重量平均粒径が4.8μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 43, the weight average particle diameter in the particle size distribution is obtained magenta toner particles of 4.8μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.2質量部を合せてマゼンタトナー69とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 69 the combined 1.2 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例43のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での1万枚の耐久試験において、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに若干濃度が低下してしまった。 Fixing performance was almost the same as the toner of Example 43, the 10,000-sheet running test under the low temperature and low humidity environment, the charge-up tendency can be seen, a slight concentration with endurance had decreased.
【0269】 [0269]
<実施例63> <Example 63>
実施例43とほぼ同様にして、粒度分布における重量平均粒径が9.8μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 43, the weight average particle diameter in the particle size distribution is obtained magenta toner particles of 9.8μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、0.8質量部を合せてマゼンタトナー70とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 70 the combined 0.8 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例43のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での画出しにおいて、ハーフトーン再現性が若干低下し全体にがさっぽい画像が得られた。 Fixing property was approximately the same as the toner of Example 43, but in image reproduction in a low-temperature and low-humidity environment, halftone reproducibility Gasa ish images were obtained over the entire slightly reduced. 但し実用レベル内であった。 However was a practical level within.
【0270】 [0270]
<実施例64> <Example 64>
実施例43とほぼ同様にして、粒度分布における重量平均粒径が3.9μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 43, the weight average particle diameter in the particle size distribution is obtained magenta toner particles of 3.9μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.3質量部を合せてマゼンタトナー71とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 71 the combined 1.3 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例43のトナーと比較して低温側も、高温側も10℃狭くなったがほぼ同様の結果を得た。 Cold side to the electrophotographic toner of the fixability Example 43, but narrower hot side 10 ° C. to obtain substantially the same results. ただ、低温低湿環境下での1万枚の耐久試験において、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに濃度が低下し耐久途中から若干のかぶりも見られた。 However, the 10,000-sheet running test under the low temperature and low humidity environment, observed charge-up tendency, concentration with durability was seen a slight head halfway durability decreases.
【0271】 [0271]
<実施例65> <Example 65>
実施例43とほぼ同様にして、粒度分布における重量平均粒径が10.5μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 43, the weight average particle diameter in the particle size distribution is obtained magenta toner particles of 10.5μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、0.7質量部を合せてマゼンタトナー72とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 72 the combined 0.7 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例43のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での画出しにおいて、ハーフトーン再現性,及び細線再現性が低下し全体にがさっぽい画像が得られた。 Fixing performance was almost the same as the toner of Example 43, the image reproduction in a low-temperature and low-humidity environment, halftone reproducibility, and fine line reproducibility was obtained Gasa ish image throughout lowered.
【0272】 [0272]
<比較例8> <Comparative Example 8>
ハイブリッド樹脂(1)に替えてハイブリッド樹脂(4)を使用したこと以外は、同様にしてマゼンタトナー73を得た。 Except for using Hybrid resin (4) in place of the hybrid resin (1), to obtain a magenta toner 73 in the same manner. 評価結果を表3に示した。 The evaluation results are shown in Table 3. マゼンタトナー73は、Mw/Mnの大きな樹脂からなり、その結果80℃におけるG'も大きくなり非常に硬いトナーとなった。 Magenta toner 73 is made large resin Mw / Mn, was a very hard toner G 'becomes large in the resulting 80 ° C.. 本トナーではOHTの透過性が悪く、低温定着性も著しく悪化した。 Poor permeability OHT In this toner, the low-temperature fixing property was also deteriorated significantly.
【0273】 [0273]
<比較例9> <Comparative Example 9>
ハイブリッド樹脂(1)に替えてポリエステル樹脂(6)を使用したこと以外は、ほぼ同様にしてマゼンタトナー74を得た。 Except for using a polyester resin (6) in place of the hybrid resin (1), to obtain a magenta toner 74 in much the same way. 評価結果を表3に示した。 The evaluation results are shown in Table 3. マゼンタトナー74は、Mw/Mnの小さな樹脂からなり、その結果120〜180℃におけるG'も小さい値を示し、定着試験において、低い温度(140℃)で上ローラーへ巻きついてしまった。 Magenta toner 74 is made a resin having a low Mw / Mn, the results show the values ​​G 'is small at 120 to 180 ° C., in the fixing test, had wrapped around the upper roller at a lower temperature (140 ° C.).
【0274】 [0274]
<実施例66> <Example 66>
実施例43において、化合物(1−1)に替えて、化合物(2−1)を使用したこと以外は実施例43と同様にして、マゼンタトナー75を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤75を得た。 In Example 43, in place of the compound (1-1), except for using Compound (2-1) in the same manner as in Example 43, to prepare a magenta toner 75, magenta developer 75 in the same manner Obtained. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
得られた画像の色度は目標とするものが得られた。 Chromaticity of the resulting images were obtained that the target. すなわちa*=73.2 b*=4.2 L*=45.1であった。 That was a * = 73.2 b * = 4.2 L * = 45.1.
【0275】 [0275]
<実施例67〜70> <Example 67 to 70>
ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2),ハイブリッド樹脂(3),ポリエステル樹脂(5),及びビニル系の樹脂(7)を使用したこと以外は実施例66とほぼ同様にして、マゼンタトナー76〜79を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤76〜79を得た。 Instead of Hybrid resin (1), the hybrid resin (2), the hybrid resin (3), polyester resin (5), and except for using a vinyl resin (7) is in substantially the same manner as in Example 66, to prepare a magenta toner 76 to 79, to obtain a magenta developer 76 to 79 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0276】 [0276]
<実施例71> <Example 71>
実施例66において、化合物(2−1)と化合物(3−2)の混合割合が、最終的に1:9になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー80を得た。 In Example 66, the mixing ratio of the compound (2-1) with the compound (3-2) is, finally 1: Ensure a 9 except that to produce a toner, magenta toner 80 in much the same way the after It was obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例66と比較して青味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、赤の再現性も良好であった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted to bluish compared to Example 66, red reproducibility was also good. すなわち画像の色度は、a*=70.1 b*=2.2 L*=43.2であった。 That chromaticity of the image, a * = 70.1 b * = was 2.2 L * = 43.2.
【0277】 [0277]
<実施例72> <Example 72>
実施例24において、化合物(2−1)と化合物(3−2)の混合割合が、最終的に4:6になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー81を得た。 In Example 24, the mixing ratio of the compound (2-1) with the compound (3-2) is, finally 4: Ensure a 6 except that to produce a toner, magenta toner 81 in much the same way the after It was obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例66と比較して赤味にシフトしたものの十分実用レベル内であり、青の再現性も問題なかった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 is sufficient practical level within those shifted to reddish compared to Example 66, the reproducibility of blue was also no problem. すなわち画像の色度は、a*=74.2 b*=5.9 L*=43.6であった。 That chromaticity of the image, a * = 74.2 b * = was 5.9 L * = 43.6.
【0278】 [0278]
<実施例73> <Example 73>
実施例1において、化合物(2−1)と化合物(3−2)の混合割合が、最終的に6:4になるようにしてトナーを作製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー82を得た。 In Example 1, the mixing ratio of the compound (2-1) with the compound (3-2) is, finally 6: Ensure a 4 except that to produce a toner, magenta toner 82 in much the same way the after It was obtained. 同様に評価したところ、画像濃度1.70の時の色度は、実施例66と比較してかなり赤味にシフトし、青の再現性が低下したがなんとか実用レベル内であった。 Was evaluated in the same manner, the chromaticity when the image density 1.70 shifts quite reddish compared to Example 66, but reproducibility of blue drops were somehow within a practical level. すなわち画像の色度は、a*=76.3 b*=6.3 L*=46.2であった。 That chromaticity of images was a * = 76.3 b * = 6.3 L * = 46.2.
【0279】 [0279]
<実施例74> <Example 74>
実施例66において、精製ノルマルパラフィン(A)に替えて、エステルワックス(B)を用いたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー83を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤83を得た。 In Example 66, in place of purified normal paraffin (A), followed except for using an ester wax (B) is prepared magenta toner 83 were obtained in the same manner magenta developer 83 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0280】 [0280]
<実施例75> <Example 75>
実施例66において、精製ノルマルパラフィン(A)に替えて、ポリエチレンワックス(D)を用いたことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー84を作製し、同様にしてマゼンタ現像剤84を得た。 In Example 66, in place of purified normal paraffin (A), followed except for using polyethylene wax (D) is prepared magenta toner 84 were obtained in the same manner magenta developer 84 in the same manner. トナーの測定結果を表3に示す。 The measurement results of the toner are shown in Table 3.
【0281】 [0281]
<実施例76> <Example 76>
実施例66において、ジ−tert−ブチルサリチル酸アルミニウム化合物を2質量部に減らしたことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー85を得た。 In Example 66, after the exception that a reduced di -tert- butyl salicylate aluminum compound 2 parts by mass to obtain a magenta toner 85 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性はやや悪化するもの実用上問題となるレベルではなかった。 Blocking resistance was not a level causing a practical problem that slightly worse.
【0282】 [0282]
<実施例77> <Example 77>
実施例66において、ジ−tert−ブチルサリチル酸の亜鉛化合物を4質量部使用したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー86を得た。 In Example 66, after except using 4 parts by weight of zinc compound of di -tert- butyl salicylic acid was obtained magenta toner 86 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性はやや悪化するもの実用上問題となるレベルではなかった。 Blocking resistance was not a level causing a practical problem that slightly worse. また定着試験において、高温側でのオフセット発生温度が、実施例66に記載のマゼンタトナー75と比較して30℃程度低くなったが、ぎりぎり実用レベル内であった。 In fixing test, offset temperature at high temperature side, but was lower about 30 ° C. as compared with the magenta toner 75 as described in Example 66 was barely practical levels.
【0283】 [0283]
低温低湿環境下での1万枚の耐久において、マゼンタトナー86は、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに徐々に画像濃度が低下してしまう傾向が見られた。 In the 10,000-sheet endurance under low temperature and low humidity environment, magenta toner 86, the charge-up tendency can be seen, gradually image density with durability tended to decrease. 但し実用レベル内であった。 However was a practical level within.
【0284】 [0284]
<実施例78> <Example 78>
実施例66において、ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2)を使用したことと,精製ノルマルパラフィン(A)の替わりにパラフィンワックス(C)を使用したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー87を得た。 In Example 66, in place of the hybrid resin (1), after the exception and for using Hybrid resins (2), for the use of paraffin wax (C) instead of the purified normal paraffin (A) it is substantially the same as to to obtain a magenta toner 87. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐ブロッキング性は悪化し実用レベルぎりぎりであった。 Blocking resistance was deteriorated practical level barely. また定着試験において、高温側でのオフセット発生温度が、実施例66に記載のマゼンタトナー75と比較して40℃程度低くなったが、ぎりぎり実用レベル内であった。 In fixing test, offset temperature at high temperature side, but was lower about 40 ° C. as compared with the magenta toner 75 as described in Example 66 was barely practical levels.
【0285】 [0285]
<実施例79> <Example 79>
実施例66において、ハイブリッド樹脂(1)に替えて、ハイブリッド樹脂(2)を使用したことと、精製ノルマルパラフィン(A)の替わりにアルコール変性PEワックス(E)を使用したことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー88を得た。 In Example 66, in place of the hybrid resin (1), after the exception and for using Hybrid resins (2), for the use of alcohol-modified PE wax (E) instead of the purified normal paraffin (A) is to obtain a magenta toner 88 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. マゼンタトナー88はワックスの結晶性が影響してOHTの透明性が若干悪する傾向が見られ、低温側の定着性が悪化したがなんとか実用レベル内であった。 Magenta toner 88 tended to slightly bad transparency OHT crystallinity is influenced wax, although fixability on the low temperature side is deteriorated was somehow the practical level.
【0286】 [0286]
<実施例80> <Example 80>
実施例78において、パラフィンワックス(C)を使用しなかったことを除いてあとはほぼ同様にしてマゼンタトナー89を得た。 In Example 78, after except for not using paraffin wax (C) was obtained magenta toner 89 in much the same way. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. マゼンタトナー89はワックスを含有していないため高温側での耐オフセット性が大きく低下し,低温側での定着性も悪化したが,ぎりぎり実用レベル内であった。 Magenta toner 89 is greatly reduced offset resistance at high temperature side because it does not contain a wax, was worse fixability at a low temperature side was barely practical levels.
【0287】 [0287]
<実施例81> <Example 81>
実施例66とほぼ同様にして、粒度分布における体積平均径が4.7μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 66, the volume-average diameter in particle size distribution was obtained magenta toner particles of 4.7μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.2質量部を合せてマゼンタトナー90とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 90 the combined 1.2 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例43のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での1万枚の耐久試験において、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに若干濃度が低下してしまった。 Fixing performance was almost the same as the toner of Example 43, the 10,000-sheet running test under the low temperature and low humidity environment, the charge-up tendency can be seen, a slight concentration with endurance had decreased.
【0288】 [0288]
<実施例82> <Example 82>
実施例66とほぼ同様にして、粒度分布における体積平均径が9.7μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 66, the volume-average diameter in particle size distribution was obtained magenta toner particles of 9.7μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、0.8質量部を合せてマゼンタトナー91とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 91 the combined 0.8 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例66のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での画出しにおいて、ハーフトーン再現性が若干低下し全体にがさっぽい画像が得られた。 Fixing property was approximately the same as the toner of Example 66, but in image reproduction in a low-temperature and low-humidity environment, halftone reproducibility Gasa ish images were obtained over the entire slightly reduced. 但し実用レベル内であった。 However was a practical level within.
【0289】 [0289]
<実施例83> <Example 83>
実施例66とほぼ同様にして、粒度分布における体積平均径が3.8μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 66, the volume-average diameter in particle size distribution was obtained magenta toner particles of 3.8μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、1.3質量部を合せてマゼンタトナー92とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 92 the combined 1.3 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例66のトナーと比較して低温側も、高温側も狭くなったがほぼ同様の結果を得た。 Cold side to the electrophotographic toner of the fixability Example 66 also became smaller high-temperature side to obtain substantially the same results. ただ、低温低湿環境下での1万枚の耐久試験において、チャージアップ傾向が見られ、耐久とともに濃度が低下し耐久途中から若干のかぶりも見られた。 However, the 10,000-sheet running test under the low temperature and low humidity environment, observed charge-up tendency, concentration with durability was seen a slight head halfway durability decreases.
【0290】 [0290]
<実施例84> <Example 84>
実施例66とほぼ同様にして、粒度分布における体積平均径が10.6μmのマゼンタトナー粒子(分級品)を得た。 In much the same way as in Example 66, the volume-average diameter in particle size distribution was obtained magenta toner particles of 10.6μm (the classified product). 流動性向上及び帯電特性付与を目的として、i−C Si(OCH :25質量部で処理した疎水性酸化アルミニウム(BET170m /g)を、上記マゼンタ系樹脂粒子100質量部に対して、0.7質量部を合せてマゼンタトナー93とした。 For the purpose of flowability improvement and charging characteristics imparted, i-C 4 H 9 Si (OCH 3) 3: 25 parts by mass treated with hydrophobic aluminum oxide (BET170m 2 / g), 100 parts by mass of the magenta-based resin particles relative, and a magenta toner 93 the combined 0.7 parts by weight. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 定着性は実施例66のトナーとほぼ同じであったが、低温低湿環境下での画出しにおいて、ハーフトーン再現性、及び細線再現性が低下し全体にがさっぽい画像が得られた。 Fixing performance was almost the same as the toner of Example 66, the image reproduction in a low-temperature and low-humidity environment, halftone reproducibility, and fine line reproducibility was obtained Gasa ish image throughout lowered.
【0291】 [0291]
<比較例10> <Comparative Example 10>
実施例66において、ハイブリッド樹脂(1)に替えてハイブリッド樹脂(4)を使用したこと以外は、ほぼ同様にしてマゼンタトナー94を得た。 In Example 66, except for using Hybrid resin (4) in place of the hybrid resin (1), to obtain a magenta toner 94 in much the same way. 評価結果を表3に示した。 The evaluation results are shown in Table 3. マゼンタトナー94は、Mw/Mnの大きな樹脂からなり、その結果80℃におけるG'も大きくなり非常に硬いトナーとなった。 Magenta toner 94 is made large resin Mw / Mn, was a very hard toner G 'becomes large in the resulting 80 ° C.. 本トナーではOHTの透過性が悪く、低温定着性も著しく悪化した。 Poor permeability OHT In this toner, the low-temperature fixing property was also deteriorated significantly.
【0292】 [0292]
<比較例11> <Comparative Example 11>
実施例66において、ハイブリッド樹脂(1)に替えてポリエステル樹脂(6)を使用したこと以外は、ほぼ同様にしてマゼンタトナー95を得た。 In Example 66, except for using a polyester resin (6) in place of the hybrid resin (1), to obtain a magenta toner 95 in much the same way. 評価結果を表3に示した。 The evaluation results are shown in Table 3. マゼンタトナー95は、Mw/Mnの小さな樹脂からなり、その結果120〜180℃におけるG'も小さい値を示し、定着試験において、低い温度(140℃)で上ローラーへ巻きついてしまった。 Magenta toner 95 is made a resin having a low Mw / Mn, the results show the values ​​G 'is small at 120 to 180 ° C., in the fixing test, had wrapped around the upper roller at a lower temperature (140 ° C.).
【0293】 [0293]
<比較例12> <Comparative Example 12>
実施例43において、化合物(1−1)と化合物(3−2)の代わりに化合物(3−2)のみを用いて全樹脂に対して顔料の割合が6質量部になる様に調製したこと以外、あとはほぼ同様にしてマゼンタトナー96を得た。 In Example 43, the compound (1-1) with the compound (3-2) Compound (3-2) prepared that as the ratio of the pigment is 6 parts by weight with respect to total resin using only instead of other than, after got a magenta toner 96 in much the same way. 同様に評価したところ、色度は、実施例43と比較して青味にシフトしてしまい、フルカラー用マゼンタトナーとしては不適なものであった。 Was evaluated in the same manner, chromaticity, will be shifted to blue tinge as compared with Example 43, it was unsuitable as a full-color magenta toner. すなわち画像の色度は、a*=67.3 b*=−3.8 L*=44.2であり彩度に乏しかった。 That chromaticity of the image, a * = 67.3 b * = - was poor in 3.8 L * = 44.2 a and saturation. また、マゼンタトナー97では、着色力が低く、実施例43と同一の現像コントラストでは画像濃度は、1.37しか出なかった。 Further, the magenta toner 97, coloring power is low, the image density in the same developing contrast as in Example 43, was left only 1.37.
【0294】 [0294]
<実施例85> <Example 85>
実施例1において、ジ−tert−ブチルサリチル酸アルミニウム化合物を加えなかったことを除いてあとは同様にしてマゼンタトナー97を得た。 In Example 1, after except that no addition of di -tert- butyl salicylate aluminum compound to obtain a magenta toner 97 in the same manner. 結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3. 耐高温オフセット性に関してやや劣るようになるものの実用上問題となるレベルではなかった。 It was not a level slightly becomes a practical problem of what becomes inferior with respect to high-temperature offset resistance. ただ、高温高湿環境下での耐久試験において、耐久途中からトナー飛散が見られはじめた。 However, in the durability test under high-temperature and high-humidity environment, the toner scattering began seen from the middle durability.
【0295】 [0295]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明のカラートナーは、耐ブロッキング性、高温環境下での保存性、低温定着性、耐高温オフセット性、光沢性、OHP透明性、転写性に優れており、高精細・高品位な画像を安定して得ることができる。 Color toner blocking resistance of the present invention, storage property under high temperature environment, the low temperature fixability, hot offset resistance, gloss resistance, OHP transparency, it is excellent in transferability, high definition and high quality images it can be stably obtained.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明のマゼンタトナーを使用する画像形成装置の一具体例を示す図である。 1 is a diagram showing a specific example of an image forming apparatus using the magenta toner of the present invention.
【図2】本発明のマゼンタトナーを使用する画像形成装置中の定着装置の一具体例を示す図である。 It is a diagram showing a specific example of a fixing device in an image forming apparatus using the magenta toner of the present invention; FIG.

Claims (17)

  1. 少なくとも結着樹脂及び着色剤を含有するマゼンタトナーにおいて、 In the magenta toner containing at least a binder resin and a colorant,
    該マゼンタトナーの温度80℃における貯蔵弾性率(G' 80 )が1×10 〜1×10 [dN/m ]の範囲にあり、温度120〜180℃における貯蔵弾性率(G' 120−180 )が2×10 〜1×10 [dN/m ]の範囲にあり、 Storage elastic modulus at a temperature of 80 ° C. of the magenta toner (G '80) is in the range of 1 × 10 6 ~1 × 10 8 [dN / m 2], storage elastic modulus at a temperature of 120~180 ℃ (G' 120 -180) is in the range of 2 × 10 3 ~1 × 10 6 [dN / m 2],
    該マゼンタトナーは、下記一般式(1)及び下記一般式(2)で示される化合物からなる群から選択される少なくとも1つの化合物と、下記一般式(3)で示される化合物とを少なくとも含有することを特徴とするマゼンタトナー。 The magenta toner contains at least at least one compound selected from the group consisting of compounds represented by the following general formula (1) and the following general formula (2) with a compound represented by the following general formula (3) magenta toner, characterized in that.
    【外1】 [Outside 1]
    (式中,R は、H又はOCH を示し、R は、H又はCONH を示し、R は、H,SO N(C ,CONHC ,CONH 又はCONHC −(p)CONH を示し、R は、H,OCH ,CH 又はOC を示し、R は、H,OCH 又はClを示し、R は,H,OCH ,Cl又はNO を示す。) (Wherein, R D 2 represents H or OCH 3, R D 4 represents H or CONH 2, R D 5 is, H, SO 2 N (C 2 H 5) 2, CONHC 6 H 5 , CONH 2 or CONHC 6 H 4 - shows a (p) CONH 2, R K 2 are, H, OCH 3, shows a CH 3 or OC 2 H 5, R K 4 is, H, indicates OCH 3 or Cl , R K 5 represents H, an OCH 3, Cl or NO 2.)
    【外2】 [Outside 2]
    (式中、R は、H又はSO を示し、R は、H,Cl又はCH を示し、R は、H,Cl,CH ,C 又はSO を示し、Mは,Ba,Ca,Sr,Mn又はMgを示す。但し、R 又はR の一方は、SO である。) (Wherein, R D 2 is, H, or SO 3 - indicates, R D 4 represents H, Cl or CH 3, R D 5 is, H, Cl, CH 3, C 2 H 5 or SO 3 - indicates, M represents Ba, Ca, Sr, Mn, or Mg, however, one of R D 2 and R D 5 is SO 3 -. a it).
    【外3】 [Outside 3]
    (式中、R 及びR は、H又はCH を示す。) (Wherein, R D 1 and R D 2 represents H or CH 3.)
  2. 前記一般式( )で示される化合物 、下記式(3−1)で示される化合物であることを特徴とする請求項1に記載のマゼンタトナー。 Magenta toner according to claim 1 wherein the compound represented by the general formula (3), characterized in compound der Rukoto represented by the following formula (3-1).
    【外4】 [Outside 4]
  3. 前記一般式(1) 及び一般式(2)で示される化合物からなる群から選択される化合物が、下記式(1−1)で示される顔料であることを特徴とする請求項1または2に記載のマゼンタトナー。 Compound selected from the group consisting of compounds represented by the general formulas (1) and (2), in claim 1 or 2, characterized in that a pigment represented by the following formula (1-1) magenta toner according.
    【外5】 [Outside 5]
  4. 前記一般式(1) 及び一般式(2)で示される化合物からなる群から選択される化合物が,下記式(1−2)で示される顔料であることを特徴とする請求項1または2に記載のマゼンタトナー。 Compound selected from the group consisting of compounds represented by the general formulas (1) and (2), in claim 1 or 2, characterized in that a pigment represented by the following formula (1-2) magenta toner according.
    【外6】 [Outside 6]
  5. 前記一般式(1) 及び一般式(2)で示される化合物からなる群から選択される化合物が、下記式(1−3)で示される顔料であることを特徴とする請求項1または2に記載のマゼンタトナー。 Compound selected from the group consisting of compounds represented by the general formulas (1) and (2), in claim 1 or 2, characterized in that a pigment represented by the following formula (1-3) magenta toner according.
    【外7】 [Outside 7]
  6. 前記一般式(1) 及び一般式(2)で示される化合物からなる群から選択される化合物が、下記式(1−4)で示される顔料であることを特徴とする請求項1または2に記載のマゼンタトナー。 Compound selected from the group consisting of compounds represented by the general formulas (1) and (2), in claim 1 or 2, characterized in that a pigment represented by the following formula (1-4) magenta toner according.
    【外8】 [Outside 8]
  7. 前記一般式(1) 及び一般式(2)で示される化合物からなる群から選択される化合物が,下記式(1−5)で示される顔料であることを特徴とする請求項1または2に記載のマゼンタトナー。 Compound selected from the group consisting of compounds represented by the general formulas (1) and (2), in claim 1 or 2, characterized in that a pigment represented by the following formula (1-5) magenta toner according.
    【外9】 [Outside 9]
  8. 前記一般式(1)及び一般式(2) 示される化合物からなる群から選択される化合物が、下記式(2−1)で示される顔料であることを特徴とする請求項1または2に記載のマゼンタトナー。 Compound selected from the group consisting of compounds represented by the general formulas (1) and (2), in claim 1 or 2, characterized in that a pigment represented by the following formula (2-1) magenta toner according.
    【外10】 [Outside 10]
  9. 該マゼンタトナーが、ワックスをさらに含有することを特徴とする請求項1乃至8のいずれかに記載のマゼンタトナー。 Magenta toner according to any one of claims 1 to 8 wherein the magenta toner, characterized by further containing a wax.
  10. 該マゼンタトナーは、示差熱分析(DSC)測定における吸熱曲線において、温度30〜200℃の範囲に1個又は複数の吸熱ピークを有し、該吸熱ピーク中の最大吸熱ピークのピーク温度が60〜110℃の範囲にあることを特徴とする請求項1乃至9のいずれかに記載のマゼンタトナー。 The magenta toner is in the endothermic curve in differential thermal analysis (DSC) measurements have one or more endothermic peaks in a temperature range of 30 to 200 ° C., the peak temperature of the maximum endothermic peak in the endothermic peak 60 magenta toner according to any one of claims 1 to 9, characterized in that in the range of 110 ° C..
  11. 該マゼンタトナーの温度80℃における貯蔵弾性率(G' 80 )が1×10 〜9×10 [dN/m ]の範囲にあり、温度120〜180℃における貯蔵弾性率が5×10 〜1×10 [dN/m ]の範囲にあることを特徴とする請求項乃至10のいずれかに記載のマゼンタトナー。 Storage elastic modulus at a temperature of 80 ° C. of the magenta toner (G '80) is 1 × 10 6 ~9 × 10 7 in the range of [dN / m 2], storage elastic modulus at a temperature of 120 to 180 ° C. of 5 × 10 3 to 1 × 10 6 magenta toner according to any one of claims 1 to 10, characterized in that in the range of [dN / m 2].
  12. 該マゼンタトナーの温度120〜180℃における貯蔵弾性率の最小値(G' min )と最大値(G' max )との比(G' max /G' min )が、20以下であることを特徴とする請求項1乃至11のいずれかに記載のマゼンタトナー。 The minimum value of storage elastic modulus at a temperature of 120 to 180 ° C. of the magenta toner (G 'min) between the maximum value (G' max) and the ratio (G 'max / G' min ) is characterized by more than 20 magenta toner according to any one of claims 1 to 11,.
  13. 該マゼンタトナーは、芳香族カルボン酸誘導体の金属化合物を含有していることを特徴とする請求項1乃至12のいずれかに記載のマゼンタトナー。 The magenta toner, a magenta toner according to any one of claims 1 to 12, characterized by containing a metal compound of an aromatic carboxylic acid derivative.
  14. 該芳香族カルボン酸誘導体の金属化合物が、芳香族カルボン酸誘導体のアルミニウム化合物であることを特徴とする請求項13に記載のマゼンタトナー。 Magenta toner according to claim 13 where the metal compound of the aromatic carboxylic acid derivative, characterized in that an aluminum compound of an aromatic carboxylic acid derivative.
  15. 該結着樹脂は、(a)ポリエステル樹脂,又は(b)ポリエステルユニットとビニル系共重合体ユニットを有しているハイブリッド樹脂、又は(c)ハイブリッド樹脂とビニル系共重合体との混合物、もしくは,(d)ハイブリッド樹脂とポリエステル樹脂との混合物のいずれかから選択される樹脂であることを特徴とする請求項1乃至14のいずれかに記載のマゼンタトナー。 The binder resin, (a) a mixture of a polyester resin, or (b) a hybrid resin and a polyester unit and a vinyl copolymer unit, or (c) a hybrid resin and a vinyl copolymer, or , (d) magenta toner according to any one of claims 1 to 14, characterized in that the resin is selected from any of a mixture of a hybrid resin and a polyester resin.
  16. 該マゼンタトナーの重量平均粒径が,4〜10μmであることを特徴とする請求項1乃至15のいずれかに記載のマゼンタトナー。 The weight average particle diameter of the magenta toner, the magenta toner according to any one of claims 1 to 15, characterized in that it is 4 to 10 [mu] m.
  17. 前記一般式(1) 及び一般式(2)で示される化合物からなる群から選択される化合物と、式(3)で示される化合物とが、5:95乃至70:30の質量比で含有されていることを特徴とする請求項1乃至16のいずれかに記載のマゼンタトナー。 A compound selected from the group consisting of compounds represented by the general formulas (1) and (2), and a compound represented by the formula (3), 5: is contained at a weight ratio of 95 to 70:30 magenta toner according to any one of claims 1 to 16, wherein the are.
JP2001196746A 2000-07-10 2001-06-28 Magenta toner Active JP4387613B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000208027 2000-07-10
JP2000-208027 2000-07-10
JP2001196746A JP4387613B2 (en) 2000-07-10 2001-06-28 Magenta toner

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001196746A JP4387613B2 (en) 2000-07-10 2001-06-28 Magenta toner
EP20010116548 EP1172705B1 (en) 2000-07-10 2001-07-09 Magenta toner
EP20150151579 EP2863263A1 (en) 2000-07-10 2001-07-09 Magenta toner
US09900858 US6664016B2 (en) 2000-07-10 2001-07-10 Magenta toner

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002091086A true JP2002091086A (en) 2002-03-27
JP4387613B2 true JP4387613B2 (en) 2009-12-16

Family

ID=26595681

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001196746A Active JP4387613B2 (en) 2000-07-10 2001-06-28 Magenta toner

Country Status (3)

Country Link
US (1) US6664016B2 (en)
EP (2) EP1172705B1 (en)
JP (1) JP4387613B2 (en)

Families Citing this family (34)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4387613B2 (en) 2000-07-10 2009-12-16 キヤノン株式会社 Magenta toner
EP1329774B1 (en) * 2002-01-18 2006-12-20 Canon Kabushiki Kaisha Color toner, and full-color image-forming method
JP2003215847A (en) * 2002-01-24 2003-07-30 Fuji Xerox Co Ltd Electrophotographic magenta toner and method for forming full-color image
JP3818185B2 (en) * 2002-03-19 2006-09-06 富士ゼロックス株式会社 Electrophotographic color toners and electrophotographic electrophotographic color toner set using the same, electrophotographic color developer, a color image forming method and a color image forming apparatus
JP3927998B2 (en) 2002-09-06 2007-06-13 日本ゼオン株式会社 Magenta toner
DE60306080T2 (en) * 2002-11-29 2006-11-30 Canon K.K. toner
JP4179074B2 (en) * 2003-07-10 2008-11-12 富士ゼロックス株式会社 The electrostatic image developing magenta toner, a process for their preparation developer and image forming method
JP4135583B2 (en) * 2003-07-11 2008-08-20 富士ゼロックス株式会社 Electrophotographic toner, an image forming method, image forming apparatus, and the toner cartridge
JP4289981B2 (en) * 2003-07-14 2009-07-01 キヤノン株式会社 Toner and image forming method
JP4492069B2 (en) * 2003-09-11 2010-06-30 富士ゼロックス株式会社 The toner, image forming apparatus, image forming method, and a manufacturing method of the electrostatic image developing toner
DE602004019373D1 (en) * 2003-10-22 2009-03-26 Ricoh Kk Imaging process
US20050106488A1 (en) * 2003-11-07 2005-05-19 Canon Kabushiki Kaisha Yellow toner, image forming apparatus and a method for producing a toner
JP4407435B2 (en) 2004-09-02 2010-02-03 富士ゼロックス株式会社 Electrophotographic toner, manufacturing method, and an image forming method thereof
US8026030B2 (en) * 2005-11-07 2011-09-27 Canon Kabushiki Kaisha Toner
JP4927099B2 (en) * 2007-02-02 2012-05-09 キヤノン株式会社 The image forming method
JP5767107B2 (en) * 2008-06-26 2015-08-19 イー・アイ・デュポン・ドウ・ヌムール・アンド・カンパニーE.I.Du Pont De Nemours And Company Magenta inkjet inks and methods of making and using the same
US8475987B2 (en) * 2009-02-27 2013-07-02 Canon Kabushiki Kaisha Yellow toner
JP4565053B2 (en) 2009-02-27 2010-10-20 キヤノン株式会社 Magenta toner
JP4565054B2 (en) * 2009-02-27 2010-10-20 キヤノン株式会社 Black toner
US8313880B2 (en) * 2009-08-13 2012-11-20 Lexmark International, Inc. Magenta toner with binder resin of selected molecular weight composition
CN103140806B (en) 2010-09-16 2015-11-25 佳能株式会社 Toner
JP5865032B2 (en) 2010-11-29 2016-02-17 キヤノン株式会社 toner
WO2012086524A1 (en) 2010-12-24 2012-06-28 Canon Kabushiki Kaisha Toner
CN105739255A (en) 2011-06-03 2016-07-06 佳能株式会社 Toner
JP5274692B2 (en) 2011-06-03 2013-08-28 キヤノン株式会社 toner
JP5743959B2 (en) 2011-06-03 2015-07-01 キヤノン株式会社 toner
KR101600160B1 (en) 2011-06-03 2016-03-04 캐논 가부시끼가이샤 Toner
CN105452965A (en) 2013-07-31 2016-03-30 佳能株式会社 Toner
US9588450B2 (en) 2013-07-31 2017-03-07 Canon Kabushiki Kaisha Magnetic toner
WO2016147635A1 (en) 2015-03-13 2016-09-22 キヤノン株式会社 Magnetic carrier
DE112016001562T5 (en) 2015-03-31 2017-12-28 Canon Kabushiki Kaisha magnetic carrier
US9823595B2 (en) 2015-06-30 2017-11-21 Canon Kabushiki Kaisha Toner
US9798256B2 (en) 2015-06-30 2017-10-24 Canon Kabushiki Kaisha Method of producing toner
JP2017044792A (en) 2015-08-25 2017-03-02 キヤノン株式会社 Magnetic carrier, two-component developer, developer for replenishment, and image forming method

Family Cites Families (60)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3345293A (en) 1963-09-03 1967-10-03 Xerox Corp Colored electrostatographic toners containing organic dye pigments
JPS523304B2 (en) 1972-10-21 1977-01-27
GB1442835A (en) 1972-10-21 1976-07-14 Konishiroku Photo Ind Toner for use in developing electrostatic images
JPS523305B2 (en) 1972-10-23 1977-01-27
JPS523305A (en) 1975-01-08 1977-01-11 Western Electric Co Circuit for detecting identity of bit rows
JPS523304A (en) 1975-06-27 1977-01-11 Advance Transformer Co Circuit for energizing magnetron
DE2842468A1 (en) 1978-09-29 1980-04-10 Hoechst Ag Quinacridone pigment mixtures, processes for their production and their use
JPS5584250A (en) 1978-12-16 1980-06-25 Nippon Sanso Kk Production of mold
CA1165163A (en) * 1979-10-01 1984-04-10 Oscar G. Hauser Blended toners including styrene/n-butyl methacrylate copolymer and cyan, magenta and yellow colorants
US4301355A (en) 1980-08-04 1981-11-17 Dimetrics, Inc. Gas metal arc welding system
US4312932A (en) 1980-08-18 1982-01-26 Xerox Corporation Toners, developers for use in a single pass color image development
DE3618214A1 (en) 1986-05-30 1987-12-03 Hoechst Ag Improved magenta colorant for electrophotographic recording method
JPS63173066A (en) * 1987-01-13 1988-07-16 Fuji Xerox Co Ltd Red toner for electrophotography
JPH034228B2 (en) 1987-02-19 1991-01-22 Nippon Medeikaru Sapurai Kk
JPH0810360B2 (en) * 1987-02-25 1996-01-31 オリヱント化学工業株式会社 The electrostatic image developing toner -
JPS649466A (en) 1987-07-02 1989-01-12 Ricoh Kk Color electrophotographic toner
JPH01142559A (en) 1987-11-28 1989-06-05 Toshiba Corp Production of nonmagnetic one component magenta toner
JP2887153B2 (en) 1987-12-11 1999-04-26 株式会社リコー Transparent magenta toner for color electrophotography
JPH01185663A (en) 1988-01-19 1989-07-25 Konica Corp Toner for developing electrostatic latent image
JPH01185660A (en) 1988-01-19 1989-07-25 Konica Corp Toner for developing electrostatic latent image
JPH01185661A (en) 1988-01-19 1989-07-25 Konica Corp Toner for developing electrostatic latent image
JPH01185662A (en) 1988-01-19 1989-07-25 Konica Corp Toner for developing electrostatic latent image
JPH01238672A (en) 1988-03-19 1989-09-22 Konica Corp Toner for developing electrostatic image
JPH0296183A (en) * 1988-09-30 1990-04-06 Mita Ind Co Ltd Electrophotographic magenta toner
US5262264A (en) * 1990-02-27 1993-11-16 Dainippon Ink And Chemical, Inc. Combination of color toners for developing electrostatic latent image
JPH04107467A (en) 1990-08-28 1992-04-08 Ricoh Co Ltd Electrostatic latent image developing toner
JPH04149559A (en) 1990-10-12 1992-05-22 Sanyo Chem Ind Ltd Releasing agent composition for electrophotographic toner
JPH04301853A (en) 1991-03-29 1992-10-26 Canon Inc Electrostatic charge image developing toner
JPH0561238A (en) 1991-08-29 1993-03-12 Canon Inc Color toner for developing electrostatic charge image
JP3218404B2 (en) 1992-03-06 2001-10-15 キヤノン株式会社 The toner for developing electrostatic images
JP2946173B2 (en) 1993-03-31 1999-09-06 キヤノン株式会社 The toner, image forming method and a process cartridge
US5744276A (en) 1993-03-31 1998-04-28 Canon Kabushiki Kaisha Toner for developing electrostatic image containing higher and lower molecular weight polymer components
US5332636A (en) * 1993-04-19 1994-07-26 Xerox Corporation Toner compositions with aluminum negative charge enhancing additives
JP3721205B2 (en) * 1993-07-13 2005-11-30 株式会社リコー The toner for developing electrostatic images
DE69418016D1 (en) 1993-12-29 1999-05-27 Canon Kk Toner for developing electrostatic images
JP2984563B2 (en) 1993-12-29 1999-11-29 キヤノン株式会社 The toner for developing electrostatic images
JP3256820B2 (en) 1994-04-27 2002-02-18 キヤノン株式会社 Electrostatic image developer
JP3885241B2 (en) 1994-06-06 2007-02-21 コニカミノルタホールディングス株式会社 Toner and image forming method for an electrophotographic image development
US5547800A (en) 1994-06-06 1996-08-20 Konica Corporation Toner and electrophotographic image forming method using the same
JP3240369B2 (en) 1994-12-21 2001-12-17 キヤノン株式会社 The toner for developing electrostatic images
DE69516649T2 (en) * 1994-12-21 2000-09-21 Canon Kk Toner for developing electrostatic images
JP3295790B2 (en) 1995-04-07 2002-06-24 キヤノン株式会社 Toner resin composition and toner for electrostatic image development
US6002903A (en) * 1995-05-15 1999-12-14 Canon Kabushiki Kaisha Toner for developing electrostatic image, apparatus unit and image forming method
JP3322104B2 (en) * 1995-12-25 2002-09-09 富士ゼロックス株式会社 Electrophotographic magenta toner, for electrophotographic magenta developer and image forming method
US6159649A (en) * 1996-06-13 2000-12-12 Clariant Gmbh Electrophotographic, resin-containing, electret, or inkjet compositions containing magenta azo pigment and use thereof
DE19654959A1 (en) * 1996-06-13 1998-06-04 Clariant Gmbh Azo:pigment dyes
EP0822460B1 (en) 1996-08-02 2003-11-05 Canon Kabushiki Kaisha Magenta toner, process for producing same and color image forming method using same
JP3817348B2 (en) 1996-10-09 2006-09-06 キヤノン株式会社 Toner and image forming method for developing an electrostatic charge image
DE69705102D1 (en) 1996-10-09 2001-07-12 Canon Kk Toner for developing electro static images, and image forming method
JP3352369B2 (en) * 1996-11-11 2002-12-03 キヤノン株式会社 Non-magnetic toner for developing electrostatic image, manufacturing method and an image forming method of the non-magnetic toner particles
JP3436067B2 (en) * 1997-05-12 2003-08-11 富士ゼロックス株式会社 Color toner composition and a full-color image forming method
US6117605A (en) * 1997-07-08 2000-09-12 Canon Kabushiki Kaisha Magenta toner for developing electrostatic images and process for production thereof
JP3170473B2 (en) 1997-09-01 2001-05-28 株式会社巴川製紙所 Toner for electrostatic charge development
JP3670148B2 (en) 1998-12-15 2005-07-13 大日精化工業株式会社 Image recording coloring composition and an image recording agent
JP2000191935A (en) * 1998-12-24 2000-07-11 Tokyo Shikizai Kogyo Kk Insoluble azo pigment compound and use thereof
JP3874330B2 (en) * 2000-05-02 2007-01-31 株式会社リコー Multi-color image forming method and a toner used therefor
JP4387613B2 (en) 2000-07-10 2009-12-16 キヤノン株式会社 Magenta toner
US6586147B2 (en) * 2000-07-10 2003-07-01 Canon Kabushiki Kaisha Toner and full-color image forming method
DE60131227T2 (en) * 2000-09-01 2008-10-09 Canon K.K. Toner and image forming method
US20020172880A1 (en) * 2001-03-01 2002-11-21 Dainippon Ink And Chemicals, Inc. Dry color toner for electrostatic image development

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP1172705B1 (en) 2015-10-07 grant
JP2002091086A (en) 2002-03-27 application
EP1172705A1 (en) 2002-01-16 application
US20020037466A1 (en) 2002-03-28 application
EP2863263A1 (en) 2015-04-22 application
US6664016B2 (en) 2003-12-16 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20120237868A1 (en) Toner, image forming method, and process cartridge
US6586147B2 (en) Toner and full-color image forming method
US7147980B2 (en) Toner and image forming apparatus
US6528222B2 (en) Toner
US20050100808A1 (en) Color toner and two-component developer
US6751424B2 (en) Image-forming method in high-speed mode and in low-speed mode
US20040209178A1 (en) Cyan toner and method for forming an image
JPH10171156A (en) Toner for developing electrostatic charge image and image forming method
US6808852B2 (en) Toner and heat-fixing method
JPH08234480A (en) Toner for developing electrostatic charge image
JP2006065015A (en) Method for manufacturing toner for electrostatic image development
US7361441B2 (en) Color toner, and full-color image-forming method
US20060251451A1 (en) Fixing method and fixing device
US6664016B2 (en) Magenta toner
US7320850B2 (en) Magenta toner
US6187495B1 (en) Yellow toner, process for producing the tower and image forming method using the toner
US7297455B2 (en) Toner, and image forming method
US6203956B1 (en) Electrophotographic toner and image-forming method
JP2008176311A (en) Electrostatic image developing toner
JP2005316058A (en) Full color toner kit
JP2005156824A (en) Color toner
US5652075A (en) Color toner, two-component type developer, image forming apparatus, color image forming method and process for producing a color toner
JP2011100106A (en) Electrophotographic toner and image forming apparatus
JPH10115951A (en) Toner for developing electrostatic charge image
JP2000056511A (en) Toner and image forming method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070216

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080407

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090106

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090212

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090929

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091001

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121009

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131009

Year of fee payment: 4