JP4338195B2 - コンロ - Google Patents

コンロ Download PDF

Info

Publication number
JP4338195B2
JP4338195B2 JP2004175949A JP2004175949A JP4338195B2 JP 4338195 B2 JP4338195 B2 JP 4338195B2 JP 2004175949 A JP2004175949 A JP 2004175949A JP 2004175949 A JP2004175949 A JP 2004175949A JP 4338195 B2 JP4338195 B2 JP 4338195B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
flame
burner
stove
inward
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004175949A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005351603A (ja
Inventor
勝 児玉
Original Assignee
パロマ工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by パロマ工業株式会社 filed Critical パロマ工業株式会社
Priority to JP2004175949A priority Critical patent/JP4338195B2/ja
Publication of JP2005351603A publication Critical patent/JP2005351603A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4338195B2 publication Critical patent/JP4338195B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、内周面に複数の炎口を形成した環状の本体部を有する内向き炎口バーナを備え、その内向き炎口バーナによって調理容器を加熱するコンロに関する。
テーブルコンロ等のコンロにおいては、調理容器の底から外側に火炎が溢れ出ることを防止するために、内周面に複数の炎口を形成した環状の本体部を有する内向き炎口バーナが用いられる場合がある。
特に、このようなコンロにあっては、熱効率を向上させるため、本体部の外周に、空気の吹き出し部を内周側に開口する環状の給気通路を同心で設け、その給気通路に、送風機からの空気を接線方向の運動成分を持つ状態で流入させ、給気通路を旋回させることで、吹き出し部から燃焼用二次空気を渦巻き状に吹き出させて、火炎に旋回流を生じさせるガスコンロが知られている(特許文献1参照)。
特開2004−53114号公報
このような内向き炎口バーナにおいては、火力が強い場合は、火炎が中央付近まで長く延び、調理容器の底面を均等に加熱できる。しかし、火力を弱くすると、火炎や燃焼ガスはすぐに上昇してしまうため、旋回流であっても調理容器の底面をリング状に加熱するにとどまり、中央部が加熱不足となって焼けむら等の調理不良を生じさせることがある。
そこで、請求項1に記載の発明は、内向き炎口バーナを用いた場合であっても、火力の強さにかかわらず調理容器を常に均等に加熱でき、調理不良を起こさせないコンロを提供することを目的としたものである。
上記目的を達成するために、請求項1に記載の発明は、火力調節手段により選択された所定の火力の場合にのみ、給気ファンから空気の供給を受けて、内向き炎口バーナの本体部の上方外周側からその中心方向へ向けて空気を吹き出す吹き出し手段を設けたことを特徴とするものである。
発明によれば、空気の吹き出し手段によって燃焼ガスが調理容器の中央部まで集められた後に調理容器の底面に沿って放射状に拡がって排出されるため、火力が弱くても調理容器を中央部を含めて均等に加熱できる。よって、焼けむら等の調理不良が生じなくなり、良好な調理性能が得られる。
また、吹き出し手段を必要なタイミングで効果的に使用でき、コストの低減が図られる。
以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
図1は、本発明を適用したコンロの一例であるテーブルコンロの説明図で、このテーブルコンロ1には、トッププレート2に形成された開口3内に、内向き炎口バーナ4が配置され、この内向き炎口バーナ4の上方でトッププレート2上に、中央を開口した五徳リング6と、その五徳リング6上へ放射状に立設される倒L字状の五徳爪7,7・・とからなる五徳5がセットされて、五徳爪7に調理容器Pが載置可能となっている。
内向き炎口バーナ4は、上流端に燃焼用空気を供給するための給気ファン9が接続され、空気供給路の途中に、燃料ガスを噴出するガスノズル10が設けられるバーナ本体8と、バーナ本体8上に載置されるリング状のバーナヘッド11とからなる。バーナ本体8は、給気ファン9から供給された燃焼用空気とガスノズル10から噴出された燃料ガスとを混合させる混合管部12と、バーナヘッド11の載置部となると共に環状の混合気室14を形成する本体部13とからなる。
混合管部12及び本体部13は、プレス成形された上下の金属板を端部でカシメ結合して形成され、混合管部12の上端に固着されたフランジ部15を、本体部13の下面に形成された連通孔16の位置でカシメ結合することで、一体に連結されている。また、本体部13の下面には、載置片17を介して汁受皿18が設けられ、本体部13の内部には、リング状の平板に多数の分布孔20,20・・を周方向へ均等に穿設した分布板19が設けられている。
バーナヘッド11は、多数のスリット状の炎口22,22・・を穿設した帯状の金属板を円筒状に形成した炎口形成部21と、炎口形成部21の上端に溶接された接合部23によって結合されるリング状の重し部材24とからなり、重し部材24を本体部13上の所定位置に載置することで、炎口形成部21が本体部13と同心でその内壁を形成するように組み付けられる。また、炎口形成部21の各炎口22において、上下方向の内縁には、図2にも示すように、旋回流付与手段として、炎口形成部21の半径方向から所定角度傾斜した案内板25,25・・が延設されている。
一方、給気ファン9からの空気供給路は、内向き炎口バーナ4側とは別に分岐供給路26に分岐しており、この分岐供給路26が、重し部材24の上方で五徳リング6との間にセットされた吹き出し手段としての吹き出しリング27に接続されている。この吹き出しリング27は、バーナヘッド11の炎口形成部21よりも僅かに小さい内径を有する偏平な中空のリング体で、図3にも示すように、内周には、所定間隔で吹出口28,28・・が中心方向へ向けて突設されている。また、分岐供給路26上には、当該分岐供給路26を開閉する電磁弁29が設けられている。
30は、ガスノズル10の上流側にあって、図示しない点火ボタンの動作に連動してガス供給路の開閉を行うガス供給手段としての制御ユニット、31は、制御ユニット30に設けられたガス量調整用のツマミで、そのスライド操作により、図示しない調整弁が回転して内向き炎口バーナ4へのガス流路の開度を変化させる周知の火力調節手段を形成するが、このツマミ31による操作量をコントローラ32が検出して、給気ファン9の回転制御と電磁弁29の開閉制御とを行うようになっている。
以上の如く構成されたテーブルコンロ1においては、調理容器Pを五徳5の上に載置して、図示しない点火ボタンを押すと、コントローラ32により給気ファン9が回転すると共に、ガスノズル10から燃料ガスが噴出され、バーナ本体8の混合管部12で混合気となって本体部13内に流入し、分布板19によって混合気室14内で均等に拡散した後、バーナヘッド11の各炎口22から内周側へ噴出される。そして、図示しないイグナイタの動作によって点火され、各炎口22から火炎を形成することになるが、案内板25により混合気に角度が付されているので、火炎は全体で渦巻き状に形成されて調理容器Pの底部を加熱する。なお、内向き炎口バーナ4は、給気ファン9によって必要な燃焼用空気が強制的に供給されるので、内向き炎口バーナ4と調理容器Pとの間で二次空気の導入路を確保する必要がなく、内向き炎口バーナ4と調理容器Pとの距離を狭くすることができる。よって、エネルギーロスがなくなり、熱効率の向上が得られる。
そして、ツマミ31を操作して火力を調節すると、コントローラ32は、選択された火力に応じて、適正な空燃比となるように給気ファン9の回転数を制御することになるが、火力「弱」が選択されると、コントローラ32は分岐供給路26の電磁弁29を開弁させて、給気ファン9による空気を吹き出しリング27へも供給する。よって、図3に矢印で示すように、吹き出しリング27の吹出口28,28・・から空気が中心方向へ向けて水平に吹き出されることになる。この空気の吹き出しにより、燃焼ガスはバーナヘッド11の中心付近に集まってから上昇し、調理容器Pの底面に当接した後、その底面に沿って放射状に移動し、調理容器Pの側面に沿って上昇することになる。
このように上記形態のテーブルコンロ1によれば、給気ファン9から空気の供給を受けて、内向き炎口バーナ4の本体部13の上方外周側からその中心方向へ向けて空気を吹き出す吹き出しリング27を設けたことで、燃焼ガスが調理容器Pの中央部まで集められた後に調理容器Pの底面に沿って放射状に拡がって排出される。よって、火力が弱くても調理容器Pを中央部を含めて均等に加熱でき、焼けむら等の調理不良が生じなくなって良好な調理性能が得られる。
特に、火炎が短くなる火力「弱」の場合にのみ吹き出しリング27から空気の吹き出しを行うようにしているため、吹き出しリング27を必要なタイミングで効果的に使用でき、コストの低減が図られる。
なお、吹き出しリングは、一つに限らず、上下複数段設けたりしても良いし、水平方向のみでなく、若干上向きに吹き出すようにしても良い。また、内径や外径寸法も適宜変更可能である。さらに、偏平な中空体とするに限らず、断面円形のリング状のパイプに、吹出口となる小パイプを半径方向に接続する等の設計変更も可能である。
一方、吹き出し手段としては必ずしもリング体とする必要はなく、分岐供給路をさらに複数に分岐して、1又は複数の吹出口を有する分岐管を内向き炎口バーナの上方周囲に配設することで、中心方向への空気の吹き出しを行っても良い。
さらに、吹き出しリング27等の吹き出し手段を使用するタイミングも、上記形態のように火力「弱」でのみ使用するものに限らず、火力「中」以下で常に使用するようにしてもよい。この場合、コントローラに電磁弁の開度を火力に応じて変化させて、火力が大きくなるに従って吹き出し強さが弱くなるようにするのが望ましい。
その他、適用するコンロも、テーブルコンロに限らず、キッチンカウンター等に組み込まれるビルトインコンロであっても本発明は採用可能である。
テーブルコンロの説明図である。 バーナヘッドの炎口部分の拡大図である。 吹き出しリングの平面図である。
符号の説明
1‥テーブルコンロ、2‥トッププレート、4‥内向き炎口バーナ、5‥五徳、8‥バーナ本体、9‥給気ファン、11‥バーナヘッド、12‥混合管部、13‥本体部、14‥混合気室、21‥炎口形成部、22‥炎口、25‥案内板、26‥分岐供給路、27‥吹き出しリング、28‥吹出口、29‥電磁弁、30‥制御ユニット、31‥ツマミ、32‥コントローラ、P‥調理容器。

Claims (1)

  1. 内周面に複数の炎口を形成した環状の本体部を有する内向き炎口バーナと、その内向き炎口バーナへ燃焼用空気を強制的に供給する給気ファンと、前記内向き炎口バーナの火炎に旋回流を生じさせる旋回流付与手段と、前記内向き炎口バーナへのガス供給量を調節する火力調節手段とを備えたコンロであって、
    前記火力調節手段により選択された所定の火力の場合にのみ、前記給気ファンから空気の供給を受けて、前記内向き炎口バーナの本体部の上方外周側からその中心方向へ向けて空気を吹き出す吹き出し手段を設けたことを特徴とするコンロ。
JP2004175949A 2004-06-14 2004-06-14 コンロ Expired - Fee Related JP4338195B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004175949A JP4338195B2 (ja) 2004-06-14 2004-06-14 コンロ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004175949A JP4338195B2 (ja) 2004-06-14 2004-06-14 コンロ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005351603A JP2005351603A (ja) 2005-12-22
JP4338195B2 true JP4338195B2 (ja) 2009-10-07

Family

ID=35586228

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004175949A Expired - Fee Related JP4338195B2 (ja) 2004-06-14 2004-06-14 コンロ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4338195B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ITVE20120036A1 (it) * 2012-09-27 2014-03-28 Defendi Italy Srl Metodo di regolazione del potere riscaldante di un bruciatore a gas e bruciatore a gas perfezionato che utilizza il metodo.
CN106524161A (zh) * 2016-12-30 2017-03-22 宁波方太厨具有限公司 一种家用灶具燃烧器

Also Published As

Publication number Publication date
JP2005351603A (ja) 2005-12-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4547560B2 (ja) コンロバーナ
US9206986B2 (en) Burner
JP4346031B2 (ja) コンロバーナ
JP4565203B2 (ja) ガスコンロ
JP4203456B2 (ja) こんろバーナ
JP4338195B2 (ja) コンロ
KR101425387B1 (ko) 버너장치
JP2008232619A (ja) ガスコンロ
JP4631023B2 (ja) コンロバーナ
EP3473928A1 (en) Radial flame plate and gas burner using same
JP2006138595A (ja) ガスコンロ
JP4639319B2 (ja) コンロ
JP2004218875A (ja) 親子バーナ
KR101787388B1 (ko) 가스버너
JP4103114B2 (ja) バーナ装置
JP4631024B2 (ja) ガスコンロ
JP2005291666A (ja) 燃焼機器
JP2006138594A (ja) ガスコンロ
JP2000193211A (ja) コンロ用バ―ナ
JP4452879B2 (ja) コンロ
JP2005291667A (ja) ガスコンロ
US6457970B1 (en) Combustion device of gas burner for cooking
JPH11108313A (ja) 加熱装置
CN211781069U (zh) 一种燃气燃烧器及灶具
JP4461369B2 (ja) コンロ

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070525

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090227

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090310

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090428

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090609

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090629

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120710

Year of fee payment: 3

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120710

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120710

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150710

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees