JP4311039B2 - 遊技機の遊技盤 - Google Patents

遊技機の遊技盤 Download PDF

Info

Publication number
JP4311039B2
JP4311039B2 JP2003051068A JP2003051068A JP4311039B2 JP 4311039 B2 JP4311039 B2 JP 4311039B2 JP 2003051068 A JP2003051068 A JP 2003051068A JP 2003051068 A JP2003051068 A JP 2003051068A JP 4311039 B2 JP4311039 B2 JP 4311039B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game ball
passage
game
guide
ball
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003051068A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004255024A (ja
Inventor
正博 竹内
芳生 若菜
誠 田結
英勝 竹内
誠市 梁川
Original Assignee
株式会社竹屋
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社竹屋 filed Critical 株式会社竹屋
Priority to JP2003051068A priority Critical patent/JP4311039B2/ja
Publication of JP2004255024A publication Critical patent/JP2004255024A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4311039B2 publication Critical patent/JP4311039B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、始動口と、大入賞口などを有する変動入賞装置とを備えた遊技機の遊技盤の構造に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、所定の条件を満たした場合、例えば始動口への遊技球の入賞に基いて、特定遊技状態になると、大入賞口を開けて、広い入賞領域を開放し、遊技球が極めて入りやすくなる変動入賞装置を備えた遊技機が慣用されている。又、この様な遊技機は、遊技盤のほぼ中央に特別図柄などの遊技画像を表示する表示装置を備え、その下に、始動口が設置され、更に始動口の下に、変動入賞装置を備えるといった配置が一般的である。
【0003】
しかも、この種の遊技機は、始動口に入賞した遊技球(始動球とも言う)を証拠球として一時蓄積したり、或いはセンサー等で検出して、計数するために、始動球と他の遊技球(他の入賞領域に入った遊技球等)とを異なる経路で排出するように構成されている。
【0004】
このため、始動口の下部に位置する変動入賞装置に入った遊技球は、変動入賞装置に形成された誘導通路から、そのまま排出部に排出されているが、始動口に入った遊技球は、上記誘導通路を経由することが出来ないため、下方に位置する変動入賞装置を避けて、始動口の裏側から、遊技盤に添って、斜め下方に向かって配設された通路を経由して、排出部に達するようにされている。
【0005】
【特許文献1】
特開平5−68735号
【0006】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、近年、遊技機は、遊技性の向上や斬新さの創出のために、特別図柄表示装置等の表示装置が大型化されたり、ワープ通路や飾りもので作られた球通路などの奥行きのある演出装置が遊技盤に取り付けられるようになってきた。
【0007】
このため、この様な表示装置や演出装置が遊技盤の中で広い範囲を占め、結果として、始動口の取付位置が下方に移動することとなり、始動口が変動入賞装置の近傍に配置される場合が多くなっている。
従って、始動口と排出部とを連絡する通路が変動入賞装置に邪魔されて、傾斜の緩い構成を採用するしかない場合がある。
【0008】
この結果、通路内にゴミが入ったり、汚れが付着して、始動口に入った遊技球が通路内で止まって、遊技の進行が停止する可能性が増大して、遊技機の安定性や信頼性を低下させる虞があった。
本発明は、始動口と変動入賞装置とが接近する構成で、始動口に入った遊技球が速やかに排出される構成、及び玉詰まりによる遊技機の停止を回避することができる構造を提供することで、遊技機の安定性や信頼性を向上、および設計の自由度の向上を図ることを目的とする。
【0009】
又、この構成を採用した上で、組み付け工数と、解体工数の低減を図ることを目的とする。
【0010】
【課題を解決するための手段及び発明の効果】
上記課題を解決するための手段として、請求項1の発明の遊技機の遊技盤は、遊技を提供するために落下する遊技球の落下方向順に、上記落下する遊技球の入口と、出口とを有する始動口と、所定の条件を満たした場合に、上記落下する遊技球の入口が形成される変動入賞装置と、上記変動入賞装置の近傍に配設され、上記始動口と、上記変動入賞装置とを通過した遊技球が排出される排出部に、上記遊技球を誘導する誘導通路とが設けられた遊技機の遊技盤であって、上記始動口の出口と、上記誘導通路との間を連絡して、上記遊技球を通す連絡通路部材と、上記連絡通路部材の所定箇所に形成され、上記遊技球の通過が可能な形状の空き部と、上記空き部と、上記排出部との間を連絡して、上記遊技球を通す迂回通路部材とを備えることを要旨とする。
【0011】
これにより、遊技盤内に発射された遊技球は、始動口の入口に入ると、始動口の出口から出て、連絡通路部材に入り、変動入賞装置の近傍に配設された誘導通路を経由して、排出部から排出される。従って、遊技球を通す通路は、変動入賞装置を避けることなく変動入賞装置の近傍に設けられた誘導通路と、その誘導通路と始動口との間を連絡する連絡通路部材とを経由して、排出部から排出される構造となるため、無理に変動入賞装置を避ける必要がなくなって、遊技盤に添って、斜め下方に緩い傾斜で配設する必要がなくなる。従って、始動口から、連絡通路部材と、誘導通路とを経由して、排出部に排出される遊技球の通路は、始動口と変動入賞装置とが接近する構成でも、始動口に入った遊技球を急な傾斜で誘導することが出来るため、玉詰まりが発生し難くい。
【0012】
又、連絡通路部材は、その所定箇所に、遊技球の通過が可能な形状の空き部を備え、その空き部と、排出部との間が迂回通路部材によって連絡されている。
従って、連絡通路部材の空き部を遊技球が通過すると、その遊技球は、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される。
【0013】
これにより、仮に誘導通路で玉詰まりが発生しても、その始動口から入ってきた遊技球の詰まりが、連絡通路部材の空き部に達すると、その空き部から遊技球が、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される様になるため、遊技球の詰まりが連絡通路部材を越えて、始動口にまで達すると言うことが防止される。したがって始動口の機能を維持することが出来る。
【0014】
しかも、始動口から連絡通路部材と、誘導通路を経由して、排出部に排出される経路に、仮に傾斜が緩い部分があったとしても、その部分の始動口側に連絡通路部材の空き部を配置する構成にすることで、傾斜が緩い部分による玉詰まりが、始動口に波及することを防止することが出来るため、誘導通路の設計の自由度が向上する。
【0015】
この結果、始動口に入った遊技球の玉詰まりの可能性を極めて小さくできる構成の提供と、万が一の玉詰まりが始動口にまで波及することを防止することが出来る構成の提供とにより、遊技が止まってしまう事態の発生をなくして、遊技機の安定性や信頼性を向上することが出来るという極めて優れた効果を奏する。
【0016】
請求項2の発明の遊技機の遊技盤は、上記変動入賞装置が、大入賞口を備えることを特徴とする請求項1に記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、遊技盤内に発射された遊技球は、始動口の入口に入ると、始動口の出口から出て、連絡通路部材に入り、大入賞口の近傍に配設された誘導通路を経由して、排出部から排出される。従って、遊技球を通す通路は、大入賞口を避けることなく大入賞口の近傍に設けられた誘導通路と、その誘導通路と始動口との間を連絡する連絡通路部材とを経由して、排出部から排出される構造となるため、無理に大入賞口を避ける必要がなくなって、遊技盤に添って、斜め下方に緩い傾斜で配設する必要がなくなる。従って、始動口から、連絡通路部材と、誘導通路とを経由して、排出部に排出される遊技球の通路は、始動口と大入賞口とが接近する構成でも、始動口に入った遊技球を急な傾斜で誘導することが出来るため、玉詰まりが発生し難くなる。
【0017】
又、連絡通路部材は、その所定箇所に、遊技球の通過が可能な形状の空き部を備え、その空き部と、排出部との間が迂回通路部材によって連絡されている。
従って、連絡通路部材の空き部を遊技球が通過すると、その遊技球は、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される。
【0018】
これにより、仮に誘導通路で玉詰まりが発生して、始動口から入ってきた遊技球の詰まりが、連絡通路部材の空き部に達すると、その空き部から遊技球が、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される様になるため、遊技球の詰まりが連絡通路部材を越えて、始動口にまで達すると言うことが防止される。従って始動口の機能を維持することが出来る。
【0019】
しかも、始動口から連絡通路部材と、誘導通路を経由して、排出部に排出される経路に、仮に傾斜が緩い部分があったとしても、その部分の始動口側に連絡通路部材の空き部を配置する構成にすることで、傾斜が緩い部分による玉詰まりが、始動口に波及することを防止することが出来るため、誘導通路の設計の自由度が向上する。
【0020】
この結果、始動口に入った遊技球の玉詰まりの可能性を極めて小さくできる構成の提供と、万が一の玉詰まりが始動口にまで波及することを防止することが出来る構成の提供とにより、遊技が止まってしまう事態の発生をなくして、遊技機の安定性や信頼性を向上することが出来るという極めて優れた効果を奏する。
【0021】
請求項3の発明の遊技機の遊技盤は、上記誘導通路が、上記変動入賞装置によって形成されていることを特徴とする請求項1、又は請求項2に記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、遊技盤内に発射された遊技球は、始動口の入口に入ると、始動口の出口から出て、連絡通路部材に入り、変動入賞装置によって形成された誘導通路を経由して、排出部から排出される。従って、遊技球を通す通路は、変動入賞装置を避けることなく変動入賞装置によって形成された誘導通路と、その誘導通路と始動口との間を連絡する連絡通路部材とを経由して、排出部から排出される構造となるため、無理に変動入賞装置を避ける必要がなくなって、遊技盤に添って、斜め下方に緩い傾斜で配設する必要がなくなる。従って、始動口から、連絡通路部材と、誘導通路とを経由して、排出部に排出される遊技球の通路は、始動口と変動入賞装置とが接近する構成でも、始動口に入った遊技球を急な傾斜で誘導することが出来るため、玉詰まりが発生し難くい。
【0022】
又、連絡通路部材は、その所定箇所に、遊技球の通過が可能な形状の空き部を備え、その空き部と、排出部との間が迂回通路部材によって連絡されている。
従って、連絡通路部材の空き部を遊技球が通過すると、その遊技球は、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される。
【0023】
これにより、仮に誘導通路で玉詰まりが発生しても、その始動口から入ってきた遊技球の詰まりが、連絡通路部材の空き部に達すると、その空き部から遊技球が、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される様になるため、遊技球の詰まりが連絡通路部材を越えて、始動口にまで達すると言うことが防止される。したがって始動口の機能を維持することが出来る。
【0024】
しかも、始動口から連絡通路部材と、誘導通路を経由して、排出部に排出される経路に、仮に傾斜が緩い部分があったとしても、その部分の始動口側に連絡通路部材の空き部を配置する構成にすることで、傾斜が緩い部分による玉詰まりが、始動口に波及することを防止することが出来るため、誘導通路の設計の自由度が向上する。
【0025】
この結果、始動口に入った遊技球の玉詰まりの可能性を極めて小さくできる構成の提供と、万が一の玉詰まりが始動口にまで波及することを防止することが出来る構成の提供とにより、遊技が止まってしまう事態の発生をなくして、遊技機の安定性や信頼性を向上することが出来るという極めて優れた効果を奏する。
【0026】
請求項4の発明の遊技機の遊技盤は、上記誘導通路は、上記変動入賞装置に取り付けられた誘導通路部材であることを特徴とする請求項1、又は請求項2に記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、遊技盤内に発射された遊技球は、始動口の入口に入ると、始動口の出口から出て、連絡通路部材に入り、変動入賞装置に取り付けられた誘導通路を経由して、排出部から排出される。従って、遊技球を通す通路は、変動入賞装置を避けることなく変動入賞装置に取り付けられた誘導通路と、その誘導通路と始動口との間を連絡する連絡通路部材とを経由して、排出部から排出される構造となるため、無理に変動入賞装置を避ける必要がなくなって、遊技盤に添って、斜め下方に緩い傾斜で配設する必要がなくなる。従って、始動口から、連絡通路部材と、誘導通路とを経由して、排出部に排出される遊技球の通路は、始動口と変動入賞装置とが接近する構成でも、始動口に入った遊技球を急な傾斜で誘導することが出来るため、玉詰まりが発生し難くい。
【0027】
又、連絡通路部材は、その所定箇所に、遊技球の通過が可能な形状の空き部を備え、その空き部と、排出部との間が迂回通路部材によって連絡されている。
従って、連絡通路部材の空き部を遊技球が通過すると、その遊技球は、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される。
【0028】
これにより、仮に誘導通路で玉詰まりが発生しても、その始動口から入ってきた遊技球の詰まりが、連絡通路部材の空き部に達すると、その空き部から遊技球が、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される様になるため、遊技球の詰まりが連絡通路部材を越えて、始動口にまで達すると言うことが防止される。したがって始動口の機能を維持することが出来る。
【0029】
しかも、始動口から連絡通路部材と、誘導通路を経由して、排出部に排出される経路に、仮に傾斜が緩い部分があったとしても、その部分の始動口側に連絡通路部材の空き部を配置する構成にすることで、傾斜が緩い部分による玉詰まりが、始動口に波及することを防止することが出来るため、誘導通路の設計の自由度が向上する。
【0030】
この結果、始動口に入った遊技球の玉詰まりの可能性を極めて小さくできる構成の提供と、万が一の玉詰まりが始動口にまで波及することを防止することが出来る構成の提供とにより、遊技が止まってしまう事態の発生をなくして、遊技機の安定性や信頼性を向上することが出来るという極めて優れた効果を奏する。
【0031】
請求項5の発明の遊技機の遊技盤は、上記連絡通路部材が、上記変動入賞装置によって形成されていることを特徴とする請求項1ないし請求項4の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、遊技盤内に発射された遊技球は、始動口の入口に入ると、始動口の出口から出て、変動入賞装置によって形成された連絡通路部材に入り、変動入賞装置の近傍に配設された誘導通路を経由して、排出部から排出される。
【0032】
従って、遊技球を通す通路は、変動入賞装置を避けることなく変動入賞装置の近傍に設けられた誘導通路と、その誘導通路と始動口との間を連絡する連絡通路部材とを経由して、排出部から排出される構造となるため、無理に変動入賞装置を避ける必要がなくなって、遊技盤に添って、斜め下方に緩い傾斜で配設する必要がなくなる。従って、始動口から、連絡通路部材と、誘導通路とを経由して、排出部に排出される遊技球の通路は、始動口と変動入賞装置とが接近する構成でも、始動口に入った遊技球を急な傾斜で誘導することが出来るため、玉詰まりが発生し難くい。
【0033】
又、連絡通路部材は、その所定箇所に、遊技球の通過が可能な形状の空き部を備え、その空き部と、排出部との間が迂回通路部材によって連絡されている。
従って、連絡通路部材の空き部を遊技球が通過すると、その遊技球は、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される。
【0034】
これにより、仮に誘導通路で玉詰まりが発生しても、その始動口から入ってきた遊技球の詰まりが、連絡通路部材の空き部に達すると、その空き部から遊技球が、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される様になるため、遊技球の詰まりが連絡通路部材を越えて、始動口にまで達すると言うことが防止される。したがって始動口の機能を維持することが出来る。
【0035】
しかも、始動口から連絡通路部材と、誘導通路を経由して、排出部に排出される経路に、仮に傾斜が緩い部分があったとしても、その部分の始動口側に連絡通路部材の空き部を配置する構成にすることで、傾斜が緩い部分による玉詰まりが、始動口に波及することを防止することが出来るため、誘導通路の設計の自由度が向上する。
【0036】
この結果、始動口に入った遊技球の玉詰まりの可能性を極めて小さくできる構成の提供と、万が一の玉詰まりが始動口にまで波及することを防止することが出来る構成の提供とにより、遊技が止まってしまう事態の発生をなくして、遊技機の安定性や信頼性を向上することが出来るという極めて優れた効果を奏する。
【0037】
請求項6の発明の遊技機の遊技盤は、上記連絡通路部材は、上記変動入賞装置に取り付けられることを特徴とする請求項1ないし請求項4の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、遊技盤内に発射された遊技球は、始動口の入口に入ると、始動口の出口から出て、変動入賞装置に取り付けられた連絡通路部材に入り、変動入賞装置の近傍に配設された誘導通路を経由して、排出部から排出される。
【0038】
従って、遊技球を通す通路は、変動入賞装置を避けることなく変動入賞装置の近傍に設けられた誘導通路と、その誘導通路と始動口との間を連絡する連絡通路部材とを経由して、排出部から排出される構造となるため、無理に変動入賞装置を避ける必要がなくなって、遊技盤に添って、斜め下方に緩い傾斜で配設する必要がなくなる。従って、始動口から、連絡通路部材と、誘導通路とを経由して、排出部に排出される遊技球の通路は、始動口と変動入賞装置とが接近する構成でも、始動口に入った遊技球を急な傾斜で誘導することが出来るため、玉詰まりが発生し難くい。
【0039】
又、連絡通路部材は、その所定箇所に、遊技球の通過が可能な形状の空き部を備え、その空き部と、排出部との間が迂回通路部材によって連絡されている。
従って、連絡通路部材の空き部を遊技球が通過すると、その遊技球は、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される。
【0040】
これにより、仮に誘導通路で玉詰まりが発生しても、その始動口から入ってきた遊技球の詰まりが、連絡通路部材の空き部に達すると、その空き部から遊技球が、迂回通路部材を経由して、排出部に排出される様になるため、遊技球の詰まりが連絡通路部材を越えて、始動口にまで達すると言うことが防止される。したがって始動口の機能を維持することが出来る。
【0041】
しかも、始動口から連絡通路部材と、誘導通路を経由して、排出部に排出される経路に、仮に傾斜が緩い部分があったとしても、その部分の始動口側に連絡通路部材の空き部を配置する構成にすることで、傾斜が緩い部分による玉詰まりが、始動口に波及することを防止することが出来るため、誘導通路の設計の自由度が向上する。
【0042】
この結果、始動口に入った遊技球の玉詰まりの可能性を極めて小さくできる構成の提供と、万が一の玉詰まりが始動口にまで波及することを防止することが出来る構成の提供とにより、遊技が止まってしまう事態の発生をなくして、遊技機の安定性や信頼性を向上することが出来るという極めて優れた効果を奏する。
【0043】
請求項7の発明の遊技機の遊技盤は、上記連絡通路部材と、上記誘導通路とは、相互の連結用の係止部材を有することを特徴とする請求項1ないし請求項6の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、誘導通路の係止部材に、連結通路部材の係止部材を係止させることで、誘導通路と、連結通路部材との連結が行われ、始動口から、連結通路部材と、誘導通路を経由して、排出部までの通路が全て遊技盤に取り付けられる。従って、遊技盤単体として、備える機能が多くなり、結果として遊技機全体における組立工数の低減を図ることが可能になる。
【0044】
又、誘導通路と、連結通路部材とが係止部材によって連結される構造であるため、組み付け、及び取り外しにねじ回しなど用いる必要がなくなり、組み付け、及び解体の工数を低減することが可能になるという極めて優れた効果を奏する。
請求項8の発明の遊技機の遊技盤は、上記空き部が、上記変動入賞装置によって形成されていることを特徴とする請求項1ないし請求項7の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
【0045】
これにより、空き部が変動入賞装置によって提供されるため、遊技球の詰まりが変動入賞装置だけで解消され、変動入賞装置の始動口側に波及しなくなる。
従って、変動入賞装置の極めて近い位置に始動口を設けても、始動口に入った遊技球が詰まることなく排出部に排出される構造を採用することが可能になり、極めて大きな表示装置や演出装置を利用しても、これら装置と変動入賞装置との間に始動口を設ける慣用されている遊技盤の構成を採用することが可能になり、遊技盤の設計自由度が向上されると言う極めて優れた効果を奏する。
【0046】
請求項9の発明の遊技機の遊技盤は、上記空き部が、上記変動入賞装置に、上記連絡通路部材を取り付けた境界に形成されていることを特徴とする請求項1ないし請求項7の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、空き部が変動入賞装置と、連絡通路部材との境界に設けられるため、連絡通路部材の連結部分の形状を工夫するだけで、空き部を作ることが可能になる。従って、変動入賞装置の構造を大きく変更することなく空き部を作って、遊技球の詰まりが発生しない構成の提供が可能になる。しかも、この遊技球の詰まりが変動入賞装置の極近傍の位置で、解消され、その位置から始動口側に波及しなくなる。
【0047】
従って、変動入賞装置の極めて近い位置に始動口を設けても、始動口に入った遊技球が詰まることなく排出部に排出される構造を採用することが可能になり、極めて大きな表示装置や演出装置を利用しても、これら装置と変動入賞装置との間に始動口を設ける慣用されている遊技盤の構成を採用することが可能になり、遊技盤の設計自由度が向上されると言う極めて優れた効果を奏する。
【0048】
請求項10の発明の遊技機の遊技盤は、上記空き部が、上記連絡通路部材の所定箇所を切り欠いた部分に構成されたことを特徴とする請求項1ないし請求項9の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、連絡通路部材が誘導通路と連結される部分を切り欠いた形状にして、誘導通路と、連結通路部材との境界部分に空き部を設けることが可能になる。つまり、連絡通路部材の端部を切り欠くという簡単な構造で空き部を作ることが出来るという極めて優れた効果を奏する。
【0049】
又、これにより誘導通路の詰まりが連結通路部材に波及しなくなり、連結通路部材を極めて短い構造のものとしても良くなる。
従って、誘導通路の極めて近い位置に始動口を設けても、始動口に入った遊技球が詰まることなく排出部に排出される構造を採用することが可能になり、極めて大きな表示装置や演出装置を利用しても、これら装置と変動入賞装置との間に始動口を設ける慣用されている遊技盤の構成を採用することが可能になり、遊技盤の設計自由度が向上されると言う極めて優れた効果を奏する。
【0050】
請求項11の発明の遊技機の遊技盤は、上記空き部が、上記連絡通路部材の所定箇所を開口した形状であることを特徴とする請求項1ないし請求項9の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
これにより、連絡通路部材が誘導通路と連結される部分を切り欠いた形状にして、誘導通路と、連結通路部材との境界部分に空き部を設けたり、連結通路部材の下の方や中程に開口を開けて、空き部を設けることが可能になる。つまり、連絡通路部材を誘導通路に連結する構造に応じて、或いは連結通路部材、誘導通路、変動入賞装置の形状などに応じて、適宜空き部を設ける位置を選択することが可能になり、設計の自由度が向上されると言う極めて優れた効果を奏する。
【0051】
請求項12の発明の遊技機の遊技盤は、上記誘導通路に配設され、該誘導通路内の遊技球を検出して誘導通路内遊技球信号を出力する誘導通路内遊技球センサと、上記誘導通路内遊技球信号の出力が所定時間以上の場合に、誘導通路玉詰まり信号を出力する玉詰まり信号出力手段とを加えたことを特徴とする請求項1ないし請求項11の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
【0052】
これにより、誘導通路内に位置する遊技球が止まって移動しなくなると、それを誘導通路内遊技球センサと、玉詰まり信号出力手段とにより、検出して、誘導通路玉詰まり信号を出力する。
この結果、誘導通路内に遊技球が玉詰まりを起こした場合に、誘導通路玉詰まり信号が出力される。従って、この信号をモニタすることで、誘導通路内の玉詰まりの検出が可能になり、速やかに玉詰まりの解消を行うことが可能になり、遊技機の安定性や信頼性の向上を図ることが可能になるという極めて優れた効果を奏する。
【0053】
請求項13の発明の遊技機の遊技盤は、上記迂回通路部材に配設され、該迂回通路部材内の遊技球を検出して迂回通路内遊技球信号を出力する迂回通路内遊技球センサを加えたことを特徴とする請求項1ないし請求項12の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
【0054】
これにより、迂回通路内遊技球センサが迂回通路部材に位置する遊技球を検出して、迂回通路内遊技球信号を出力する。
この結果、誘導通路内に玉詰まりが発生して、遊技球が空き部から迂回通路部材内に流れ出すと、迂回通路内遊技球信号が出力される。従って、この信号をモニタすることで、誘導通路内の玉詰まり、および迂回通路部材内の玉詰まりの検出が可能になり、速やかに玉詰まりの解消を行うことが可能になり、遊技機の安定性や信頼性の向上を図ることが可能になるという極めて優れた効果を奏する。
【0055】
特に、迂回通路部材内の玉詰まりは遊技の停止に直結し、これを検出することは、重要である。従って、遊技機の安定性や信頼性の向上を図ることが可能になるという極めて優れた効果を奏する。
請求項14の発明の遊技機の遊技盤は、上記連絡通路部材から上記誘導通路に流れる上記遊技球が、上記誘導通路内に止まって、上記空き部の近傍に達した場合に、上記遊技球が該空き部から上記迂回通路部材内に溢流することを特徴とする請求項1ないし請求項13の何れかに記載の遊技機の遊技盤を要旨とする。
【0056】
これにより、遊技通路内の玉詰まりが空き部に達した場合に、外部からの動力に頼ることなく溢流により迂回通路部材内に流れる。
従って、高価なセンサやアクチュエータを用いることなく簡単で、かつ少ない部品数で遊技球の迂回が出来、組み付け工数と、解体工数の低減、および部品コストの低減を図ることが出来るという極め優れた効果を奏する。
【0057】
【発明の実施の形態】
次に発明の実施の形態を説明する。
図1は本発明の一実施例である遊技機1の概略正面図である。この遊技機1はその表面に円弧状の外レール3及び内レール5の2本のレール等により略円形状に囲まれた遊技部7を備えた遊技盤9を有している。また、遊技部7の表面には図示していない複数の釘と数カ所の入賞口が備えられている。この様に構成された遊技部7内に図示しない発射杵により打ち出された遊技球27は、外レール3と内レール5に導かれて遊技部7の上部に放たれ、前述した複数の釘に当たって複雑に進行方向を変えながら落下し、途中その進行経路上に入賞口があれば、入賞口に入るようになっている。
【0058】
遊技部7のほぼ中央には、表示装置11が設けられている。この表示装置11は、その中央に設けられ後述するスクロール表示が可能なTFTタイプ等の液晶画面13と、この液晶画面13の下方に位置し、保留球の数を表示するための4個のLEDからなる保留球表示領域15とを備えている。そしてこれらを制御する制御部(図示せず)が遊技部7の背面に備えられている。
【0059】
遊技部7の表示装置11の下方には、1つの遊技球27が入ると後述するスクロール表示を1回行う始動入賞口(以下「始動口17」という。)が設けられている。この始動口17に連続して遊技球27(以下始動口17に入った遊技球27を「始動球」という。)が入った場合には、制御部により最大4個まで保留球として扱い、保留球の数を保留球表示領域15のLEDを点灯して表示する。そして、保留球表示領域15に表示された数に応じて、制御部の動作によって液晶画面13上で後述するスクロール表示を繰り返し行う。
【0060】
また、上記始動口17は、遊技球27が入ると、遊技盤9の裏側に露出した出口17aから遊技球27が排出される構造を有している。始動口17の下方には、変動入賞装置19が設けられている。この変動入賞装置19は、前面に設けられた入賞領域(図示せず)を塞ぐと共に、この入賞領域を開閉する開閉扉21を備える。この開閉扉21は、通常遊技時には入賞領域を閉じている。
【0061】
一方、始動口17に遊技球27が入賞すると、制御部の動作によって液晶画面13においてスクロール表示が行われる。このスクロール表示は、例えば連続して並ぶ複数の図柄によって構成される列が複数列、液晶画面上で垂直方向に流れるように表示(スクロール)され、一定時間経過後、各列が順に停止し、その時の停止図柄を表示する動作を意味する。その停止図柄の組み合わせが、予め定められた図柄の組み合わせと等しい場合、特別遊技を実行する(以下「特定遊技状態」という。)。そして、特定遊技状態では、所定時間(例えば30秒)を経過するかあるいは、変動入賞装置19の入賞領域に所定個数(例えば10個)の遊技球27が入賞するまで開閉扉21が開放され、遊技球27が変動入賞装置19の入賞領域33に入り易い状態になる。そして前記一連の動作が所定回数(例えば15ラウンド)繰り返された後に特別遊技状態が終了する。つまり、変動入賞装置19の開閉扉21は、いわゆる大入賞口として機能する。
【0062】
次に、変動入賞装置19を図面に基づいて説明する。
図2は変動入賞装置19の斜視図、図3は、変動入賞装置19の分解図、図4は、連絡通路部材23の斜視図、図5は、誘導通路複合部材25に連絡通路部材23を連結する過程の説明図、図6は、誘導通路複合部材25に連絡通路部材23を連結した状態の斜視図、図7は、誘導通路複合部材25に連絡通路部材23を連結した状態で、遊技球27が始動口17に入賞した場合の説明図、図8は、誘導通路複合部材25に連絡通路部材23を連結した状態で、遊技球27が詰まり、迂回される状態の説明図である。
【0063】
変動入賞装置19の表飾り部29には、図2に示すように、入賞口31が複数設けられており、中央には前述した開閉扉21が設けられている。そしてこの開閉扉21の内部には入賞領域33が設けられており、変動入賞装置19の内部へ遊技球27を導くように構成されている。
【0064】
又、各入賞口31には、図3に示すような遊技球センサ35が取り付けられており、入賞口31への入賞信号を出力する。尚、表飾り部29の詳細な構成の説明は、省略する。
一方、変動入賞装置19の背面において左右両側には、前述した入賞口31に入った遊技球27を下方の遊技球排出樋(図示せず)に誘導する誘導部37が設けられ、中央には、開閉扉21の開閉を行うアクチュエータ39と、遊技球振り分け部材43の作動を行うアクチュエータ45とを備える裏機構部41が設けられている。またこれら変動入賞装置19の誘導部37と裏機構部41は、表飾り部29から背面側に突出した形で構成されており、その突出した部分が遊技盤9に穿設された孔(ルーター)に入り込む状態で、遊技盤9に取り付けられている。
【0065】
また、変動入賞装置19には、裏機構部41から更に突出した形で、誘導通路複合部材25と連絡通路部材23とを備える遊技球始動球誘導部47が設けられており、前述した開閉扉21内の入賞領域33より入った遊技球27を左右2つの経路に分け、遊技球排出口49を通り下方の遊技球排出樋(図示せず)へ排出するようになっている。
【0066】
この様に、遊技球27を遊技球排出樋(図示せず)へ導く遊技球始動球誘導部47の誘導通路複合部材25は、既述したように、遊技球排出口49に遊技球27を導くと共に、この2つの遊技球排出口49を通る遊技球27を検出する遊技球センサ51を備え、入賞領域33に入った遊技球27を検出する。ここでは、特定遊技状態において、入賞個数を反映した信号を出力する。
【0067】
又、誘導通路複合部材25は、図5に示すように、連絡通路部材23が連結される通路連結部53と、通路連結部53に連結された連絡通路部材23を通ってきた遊技球27を遊技球排出樋(図示せず)へ導く始動球誘導路55と、始動球誘導路55から溢れた遊技球27を遊技球排出樋(図示せず)へ導く迂回誘導路57とを備えている。
【0068】
連絡通路部材23は、図4に示すように、4角筒状の連絡通路61と、この連絡通路61の一端61aに形成された4角厚板状の架台63と、この架台63と連絡通路61との境界部分に形成されたクランク状の連結片65とから構成されており、連絡通路61の一端61aには、切欠部67が形成されている。この切欠部67は、図6に示すように、連結片65側から連絡通路61の筒幅61hのほぼ半分程度まで切り取り幅61lで、切り取られた形状で構成されている。
【0069】
又、連結片65は、図4に示すように、連絡通路61の筒壁61bから直角方向に張り出した腕部65bと、この腕部65bから連絡通路61の筒壁61bと平行に伸びた挿入部65cと、この挿入部65cの先端部65aから腕部65bと平行に張り出した係止面69aを有する係止片69とから構成されている。
【0070】
この連絡通路部材23は、詳細は後述するが連絡通路61の他端61cが遊技球27の入口になり、連絡通路61の一端61aが遊技球27の出口になる。
又、架台63が連絡通路61を誘導通路複合部材25の通路連結部53上に載置させ、連結片65が連絡通路61を誘導通路複合部材25の通路連結部53に連結させる。
【0071】
連絡通路部材23が連結される誘導通路複合部材25の通路連結部53は、図5に示すように、誘導通路複合部材25の裏側壁板71と一体に成型され、連絡通路部材23の挿入部65cが挿入される挿入部73と、架台63を載置する載置部75とを備えている。この通路連結部53の挿入部73は、裏側壁板71に沿った挿入孔73aを提供する挿入筒77と、この挿入筒77に挿入された連結片65の係止片69の係止面69aが係止される係止部材79とを備えている。
【0072】
これにより、連結片65の挿入部65cが挿入部73に挿入されると、係止片69の係止面69aと、係止部材79とが係止状態になると共に、挿入部65cが挿入筒77で保持される。従って、連結片65の挿入部65cが挿入部73に挿入されると、挿入部65cが挿入部73に係止され、かつガタつきなどが殆ど生じない状態になって、連絡通路部材23と、通路連結部53との連結が維持される状態になる。
【0073】
又、この状態で、架台63が載置部75上に載置される様に構成されており、この載置部75上の架台63と、連結片65と挿入部73との結合とによって、連絡通路部材23が誘導通路複合部材25から抜けたり、ガタ付いたりすることなく連結状態が保持される。
【0074】
尚、既述した連絡通路部材23は、クランク状の連結片65を1個備え、この連結片65が連結される誘導通路複合部材25の通路連結部53も1箇所備える片持ち連結構成であるが、更にもう1個、クランク状の連結片65を4角筒状の連絡通路61に備え、この追加した連結片65が連結される通路連結部53を誘導通路複合部材25に設けて、両持ち連結構成にしても良い。この様に片持ちを両持ちにすることで、連絡通路部材23と誘導通路複合部材25との連結力が向上されるとともに、ガタつきやぐらつきがより小さくなって、連結通路部材23が適切な連結位置を保持する能力が高くなり、耐久性が向上する。
【0075】
尚、図5は、連絡通路部材23が誘導通路複合部材25に連結される直前の状態を示し、図6は、連結が完了した状態を示す。
この図6に示す様に、連絡通路部材23と誘導通路複合部材25との連結が完了した状態では、連絡通路61の一端61aである遊技球27の出口は、始動球誘導路55に隣接する(遊技機1を設置した状態で、始動球誘導路55は、一端61aの下方に位置する)様構成されている。この状態で、連絡通路61の一端61aは、始動球誘導路55との間が遊技球27を容易に通過させることが出来る間隔を保持するように構成されている。又、連絡通路61の一端61aに形成された切欠部67は、以下に示す様に傾斜を有する始動球誘導路55に合わせて切り取り幅61lが決定され、後述するように遊技球27が始動球誘導路55から溢れて、迂回誘導路57側に転がり落ちることが容易になるように構成されている。
【0076】
この遊技球27の出口にある始動球誘導路55は、傾斜路部81と、垂直路部83とから構成され、傾斜路部81は、始点81aから傾斜終点81bまで徐々に下降する様構成されている。尚、傾斜路部81は、下降する形状であれば良く、途中で斜度が変化する構成でも良い。
【0077】
又、始点81aは、連絡通路部材23から落下した遊技球27が傾斜路部81の始点81aと傾斜終点81bとの間に、当たる位置であればよいが、迂回誘導路57に遊技球27を溢れさせる好適な構成を採用する場合には、図6に示すように、連絡通路61の始点81a側(傾斜路部81の上流側)に形成された切欠部67に隣接する位置(切欠部67の直下の近傍の位置)になるように構成する。これにより、連絡通路部材23から落下した遊技球27は、連絡通路61に案内されて、連絡通路61の一端61aの直下の傾斜路部81上に落下し、そのまま、或いはバウンドしながら傾斜路部81を傾斜終点81b側に転がり落ちていき、垂直路部83から落下して、遊技球排出樋(図示せず)へ排出される。従って、傾斜路部81の始点81aを越えて、迂回誘導路57に入ることはない。
【0078】
この通常は、遊技球27が入ってこない迂回誘導路57は、傾斜路部81の始点81aから傾斜終点85まで徐々に下降する傾斜路部87と、傾斜終点85に隣接する垂直路部89とから構成されている。この構成により、迂回誘導路57は、始点81aを越えてきた遊技球27を先ず傾斜路部87上を転がし、その後垂直路部89から落下させて、遊技球排出樋(図示せず)へ排出させる。
【0079】
以上のように構成された遊技球始動球誘導部47の誘導通路複合部材25は、変動入賞装置19を遊技盤9に組み付ける場合に、遊技盤9に穿設された孔(ルーター)を通って、遊技盤9の裏側に露出する。この状態で、連絡通路部材23を誘導通路複合部材25の通路連結部53に連結することで、変動入賞装置19の構成が完成する。
【0080】
連絡通路部材23が誘導通路複合部材25に連結されると、連絡通路部材23の他端61cは、遊技盤9の裏側に露出した出口17aに整合されるように、始動口17の構造と、位置とが構成されている。始動口17と、連絡通路部材23との整合状態の図示は省略する。これにより、図7に示すように、遊技盤9の表側から始動口17に遊技球27が矢印yaに示すように入ると、出口17aから連絡通路部材23の連絡通路61に矢印ybに示すように入り、直下方向に誘導され、始動球誘導路55上に落下する。その後、始動球誘導路55上を矢印ycに示すように転がり落ちて、垂直路部83に達すると、そこから矢印ydに示すように落下して遊技球排出樋(図示せず)へ排出される。これにより、遊技機1の遊技が滞りなく提供される。
【0081】
又、図8に示すように、遊技球排出樋(図示せず)に遊技球27が排出されなくなって、誘導通路複合部材25の垂直路部83から始動球誘導路55上まで遊技球27が詰まると、連絡通路部材23の連絡通路61を落下してきた遊技球27は、連絡通路61直下の遊技球27Aに当たって、矢印yfに示すように、切欠部67と、遊技球27Aとの間を通って、迂回誘導路57上に転がり落ち、その後、垂直路部89から落下して、遊技球排出樋(図示せず)へ排出される。
【0082】
尚、この様に、連絡通路61直下の遊技球27Aに当たって、切欠部67と、遊技球27Aとの間を通って、迂回誘導路57上に転がり落ちる作用が確実に発揮されるために、始点81aを越えることなく始動球誘導路55上に止まっている遊技球27Aと、切欠部67との間は、確実に遊技球27が通り抜けられるだけの間隙kgが保持される様、各部の寸法が設定されている。この好適な寸法は、実験により、適宜決定される。
【0083】
又、垂直路部83、又は、垂直路部89に、停止状態の遊技球27を検出する遊技球センサ91、又は遊技球27の通過を検出する遊技球センサ93を取り付け、この検出信号を出力するように構成しても良い。
遊技球センサ91を取り付けると、始動球誘導路55が詰まったことを検出することが出来、遊技球センサ93を取り付けると始動球誘導路55に遊技球27が入らなくなって、迂回誘導路57上に遊技球27が溢れて来たことを検出することが出来る。何れの場合も誘導通路複合部材25に何らかの異常が生じていることを検出することが可能になり、遊技球27が完全に詰まって、遊技に支障が生じる前に、サービスを施すことが可能になり、遊技機1の安定性、信頼性を維持するための役に立つという効果を奏する。
【0084】
尚、連絡通路61の通路長は、始動口17と、変動入賞装置19との位置関係に基づいて、適宜設定される設計値であり、始動口17の出口17aに整合される連絡通路部材23の他端61cの形状は、始動口17の出口17aに合わせて適宜設計されるものである。例えば、連絡通路部材23は、連絡通路61が他端61cに近づくに従って、開口が徐々に広がる形状にしたり、始動口17の出口17aに内嵌(内側から填まる、或いは内側に挿入される形状)、又は外嵌(外側から填まる、或いは外側を覆う形状)にしても良い。
【0085】
以上に説明した遊技機1の遊技盤9は、特別図柄などの遊技図柄を表示する表示装置11と、その特別図柄などを始動させる始動口17との下方に位置する変動入賞装置19を備える構成で、この変動入賞装置19の一部分を構成する状態で、遊技球始動球誘導部47が設けられているので、連絡通路部材23を変動入賞装置19を避けて設ける必要がなく、始動口17と変動入賞装置19とを従来に比べて密接する構成にすることが可能になる。従って、限られたパチンコ遊技機盤面積の中で、表示装置11や、変動入賞装置19を大きくすることができ、より、遊技者に魅力的なパチンコ遊技機を提供することが可能になる。
【0086】
また、本実施例では連絡通路部材23は変動入賞装置19に対して一体で形成されておらず、変動入賞装置19を遊技盤9に組み付けた後に、遊技盤背面側で、変動入賞装置19の通路連結部53に組み付けるようになっている。このため遊技盤9に穿設された孔(ルーター)に変動入賞装置19を組み付ける際、連絡通路部材23が邪魔になることがない。さらに本実施例では、連絡通路部材23は、遊技盤9や変動入賞装置19の通路連結部53にネジ等を用いて直接固定するのではなく、連絡通路部材23に設けられた連結片65によって、変動入賞装置19の挿入部73に手作業にて装着されている。このため、パチンコ遊技機組立時の作業性が向上している。一方、解体時も、連絡通路部材23を変動入賞装置19の通路連結部53から手作業にて取り外し、その後、遊技盤9から変動入賞装置19を取り外せばよいことから、解体時の作業性も向上している。
【0087】
その上、遊技球排出樋(図示せず)に遊技球27が排出されなくなって、誘導通路複合部材25の垂直路部83から始動球誘導路55上まで遊技球27が詰まると、連絡通路部材23の連絡通路61を落下してきた遊技球27は、連絡通路61直下の遊技球27Aに当たって、切欠部67と、遊技球27Aとの間を通って、迂回誘導路57上に転がり落ち、その後、垂直路部89から落下して、遊技球排出樋(図示せず)へ排出されるように構成されていることから、始動口17と変動入賞装置19とが接近する構成で、始動口17に入った遊技球27が速やかに排出される構成、及び玉詰まりによる遊技の停止を回避することができる構成を提供することが可能になる。
【0088】
これにより、仮に玉詰まりが発生して、始動口17から入った遊技球27が始動球誘導路55から遊技球排出樋(図示せず)に排出されない障害が発生しても、その詰まった遊技球27が始動球誘導路55の始点81aに達すると、切欠部67から迂回誘導路57上に排出される様になるため、遊技球27の詰まりが連絡通路部材23を越えて、始動口17にまで達すると言うことが防止される。
【0089】
この結果、始動口17に入った遊技球27が速やかに排出される構成、及び玉詰まりによる遊技の停止を回避することができる構成が提供され、遊技機1の安定性や信頼性を向上することが出来るという極めて優れた効果を奏する。

【0090】
尚、この様に、連絡通路61直下の遊技球27Aに当たって、切欠部67と、遊技球27Aとの間を通って、迂回誘導路57上に転がり落ちる作用が確実に発揮されるために、始点81aを越えることなく始動球誘導路55上に止まっている遊技球27Aと、切欠部67との間は、確実に遊技球27が通り抜けられるだけの間隙kgが保持される様、各部の寸法が設定されている。この好適な寸法は、実験により、適宜決定される。
【0091】
以上、本発明の実施例を説明したが、本発明は上記実施例に限定されるものではなく、種々の態様を採ることができる。
例えば上記実施例では連絡通路部材23は爪型の連結片65を用いたが、着脱時の作業性は低下するがネジ止めしても構わない。ネジ止めする方法を取ることにより、一見して着脱方法が理解できる利点がある。
【0092】
さらに、連絡通路部材23の取り外し方法はパチンコ遊技機の盤面を構成するベニア板に印刷されているとよい。すなわち、それらを参照することにより着脱方法がすぐに理解でき、着脱が容易に行えるようになる。
なお、本実施例ではパチンコ遊技機を取り上げたが、本発明はこの他にアレンジ遊技機や雀球遊技機等の遊技機にも適用することができ、上記実施例と同様の作用及び効果が得られる。
【0093】
次に特許請求の範囲の構成と、発明の実施の形態との対応を説明する。
請求項1の遊技球は、遊技球27、落下方向順は、表示装置11、始動口17、変動入賞装置19が並んでいる順番、出口は、出口17a、始動口は、始動口17、変動入賞装置は、変動入賞装置19、誘導通路は、始動球誘導路55と垂直路部83、遊技機は、遊技機1、遊技盤は、遊技盤9、連絡通路部材は、連絡通路部材23、空き部は、始動球誘導路55の始点81a近傍に止まった遊技球27Aと切欠部67とによって形成される間隙kg、迂回通路部材は、迂回誘導路57と垂直路部89とがそれぞれ対応する。
【0094】
請求項2の大入賞口は、開閉扉21を備えた変動入賞装置19が対応する。
請求項3の誘導通路が、変動入賞装置によって形成されていることは、始動球誘導路55と垂直路部83とが、誘導通路複合部材25によって形成され、誘導通路複合部材25が変動入賞装置19の一部分を構成することが対応する。
【0095】
請求項4の誘導通路は、変動入賞装置に取り付けられた誘導通路部材であることは、始動球誘導路55と垂直路部83とが、誘導通路複合部材25によって形成され、誘導通路複合部材25が裏機構部41に取り付けられることで、変動入賞装置19を構成することが対応する。
【0096】
請求項5の連絡通路部材が、変動入賞装置によって形成されていることは、連絡通路部材23が誘導通路複合部材25に連結されることで、変動入賞装置19の一部分を構成することが対応する。
請求項6の連絡通路部材は、変動入賞装置に取り付けられることは、連絡通路部材23が誘導通路複合部材25に連結されることで、変動入賞装置19の一部分を構成することが対応する。
【0097】
請求項7の連絡通路部材と、誘導通路とは、相互の連結用の係止部材を有することは、連絡通路部材23が連結片65を備え、誘導通路複合部材25が係止部材79を備えることが対応する。
請求項8の空き部が、変動入賞装置によって形成されていることは、始動球誘導路55の始点81aの近傍に止まった遊技球27Aと切欠部67とによって形成される間隙kgが変動入賞装置19の誘導通路複合部材25の構造によって、形成されることが対応する。
【0098】
請求項9の空き部が、変動入賞装置に、連絡通路部材を取り付けた境界に形成されていることは、始動球誘導路55と、連絡通路部材23との連結箇所に間隙kgが形成されることが対応する。
請求項10の空き部が、連絡通路部材の所定箇所を切り欠いた部分に構成されたことは、連絡通路部材23の切欠部67によって、間隙kgが形成されることが対応する。
【0099】
請求項11の空き部が、上記連絡通路部材の所定箇所を開口した形状であることは、連絡通路部材23の切欠部67が開口形状であることが対応する。
請求項12の誘導通路内遊技球センサと玉詰まり信号出力手段とを合わせたものは、遊技球センサ91が対応する。
【0100】
請求項13の迂回通路内遊技球センサは、遊技球センサ93が対応する。
請求項14の連絡通路部材から上記誘導通路に流れる上記遊技球が、上記誘導通路内に止まって、上記空き部の近傍に達した場合に、上記遊技球が該空き部から上記迂回通路部材内に溢流することは、図8に基づく説明の状態が対応する。
【図面の簡単な説明】
【図1】 遊技機1の概略正面図である。
【図2】 変動入賞装置19の斜視図である。
【図3】 変動入賞装置19の分解図である。
【図4】 連絡通路部材23の斜視図である。
【図5】 誘導通路複合部材25に連絡通路部材23を連結する過程の説明図である。
【図6】 誘導通路複合部材25に連絡通路部材23を連結した状態の斜視図である。
【図7】 誘導通路複合部材25に連絡通路部材23を連結した状態で、遊技球27が始動口17に入賞した場合の説明図である。
【図8】 誘導通路複合部材25に連絡通路部材23を連結した状態で、遊技球27が詰まり、迂回される状態の説明図である。
【符号の説明】
1…遊技機、3…外レール、5…内レール、
7…遊技部、9…遊技盤、11…表示装置、
13…液晶画面、15…保留球表示領域、17…始動口、
17a…出口、19…変動入賞装置、21…開閉扉、
23…連絡通路部材、25…誘導通路複合部材、27…遊技球、
27A…遊技球、29…表飾り部、31…入賞口、
33…入賞領域、35、91、93…遊技球センサ、37…誘導部、
39、45…アクチュエータ、41…裏機構部、43…遊技球振り分け部材、
47…遊技球始動球誘導部、49…遊技球排出口、51…遊技球センサ、
53…通路連結部、55…始動球誘導路、57…迂回誘導路、
61…連絡通路、61a…一端、61b…筒壁、
61c…他端、61h…筒幅、61l…切り取り幅、
63…架台、65…連結片、65a…先端部、
65b…腕部、65c…挿入部、67…切欠部、
69…係止片、69a…係止面、71…裏側壁板、
73…挿入部、73a…挿入孔、75…載置部、
77…挿入筒、79…係止部材、81…傾斜路部、
81a…始点、81b…傾斜終点、83…垂直路部、
85…傾斜終点、87…傾斜路部、89…垂直路部、
kg…間隙

Claims (14)

  1. 遊技を提供するために落下する遊技球の落下方向順に、
    上記落下する遊技球の入口と、出口とを有する始動口と、
    所定の条件を満たした場合に、上記落下する遊技球の入口が形成される変動入賞装置と、
    上記変動入賞装置の近傍に配設され、上記始動口と、上記変動入賞装置とを通過した遊技球が排出される排出部に、上記遊技球を誘導する誘導通路とが設けられた遊技機の遊技盤であって、
    上記始動口の出口と、上記誘導通路との間を連絡して、上記遊技球を通す連絡通路部材と、
    上記連絡通路部材の所定箇所に形成され、上記遊技球の通過が可能な形状の空き部と、
    上記空き部と、上記排出部との間を連絡して、上記遊技球を通す迂回通路部材と
    を備えることを特徴とする遊技機の遊技盤。
  2. 上記変動入賞装置が、大入賞口を備えることを特徴とする請求項1に記載の遊技機の遊技盤。
  3. 上記誘導通路が、上記変動入賞装置によって形成されていることを特徴とする請求項1、又は請求項2に記載の遊技機の遊技盤。
  4. 上記誘導通路は、上記変動入賞装置に取り付けられた誘導通路部材であることを特徴とする請求項1、又は請求項2に記載の遊技機の遊技盤。
  5. 上記連絡通路部材が、上記変動入賞装置によって形成されていることを特徴とする請求項1ないし請求項4の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  6. 上記連絡通路部材は、上記変動入賞装置に取り付けられることを特徴とする請求項1ないし請求項4の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  7. 上記連絡通路部材と、上記誘導通路とは、相互の連結用の係止部材を有することを特徴とする請求項1ないし請求項6の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  8. 上記空き部が、上記変動入賞装置によって形成されていることを特徴とする請求項1ないし請求項7の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  9. 上記空き部が、上記変動入賞装置に、上記連絡通路部材を取り付けた境界に形成されていることを特徴とする請求項1ないし請求項7の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  10. 上記空き部が、上記連絡通路部材の所定箇所を切り欠いた部分に構成されたことを特徴とする請求項1ないし請求項9の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  11. 上記空き部が、上記連絡通路部材の所定箇所を開口した形状であることを特徴とする請求項1ないし請求項9の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  12. 上記誘導通路に配設され、該誘導通路内の遊技球を検出して誘導通路内遊技球信号を出力する誘導通路内遊技球センサと、
    上記誘導通路内遊技球信号の出力が所定時間以上の場合に、誘導通路玉詰まり信号を出力する玉詰まり信号出力手段とを加えたことを特徴とする請求項1ないし請求項11の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  13. 上記迂回通路部材に配設され、該迂回通路部材内の遊技球を検出して迂回通路内遊技球信号を出力する迂回通路内遊技球センサを加えたことを特徴とする請求項1ないし請求項12の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
  14. 上記連絡通路部材から上記誘導通路に流れる上記遊技球が、上記誘導通路内に止まって、上記空き部の近傍に達した場合に、上記遊技球が該空き部から上記迂回通路部材内に溢流することを特徴とする請求項1ないし請求項13の何れかに記載の遊技機の遊技盤。
JP2003051068A 2003-02-27 2003-02-27 遊技機の遊技盤 Expired - Fee Related JP4311039B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003051068A JP4311039B2 (ja) 2003-02-27 2003-02-27 遊技機の遊技盤

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003051068A JP4311039B2 (ja) 2003-02-27 2003-02-27 遊技機の遊技盤

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004255024A JP2004255024A (ja) 2004-09-16
JP4311039B2 true JP4311039B2 (ja) 2009-08-12

Family

ID=33116309

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003051068A Expired - Fee Related JP4311039B2 (ja) 2003-02-27 2003-02-27 遊技機の遊技盤

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4311039B2 (ja)

Families Citing this family (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4919579B2 (ja) * 2003-07-02 2012-04-18 株式会社三洋物産 遊技機
JP4682586B2 (ja) * 2004-11-04 2011-05-11 株式会社三洋物産 遊技機
JP4504179B2 (ja) * 2004-12-27 2010-07-14 株式会社ニューギン パチンコ遊技機
JP4822729B2 (ja) * 2005-03-31 2011-11-24 株式会社ニューギン 遊技機
JP5025909B2 (ja) * 2005-03-31 2012-09-12 株式会社ニューギン 遊技機
JP4527704B2 (ja) * 2006-11-09 2010-08-18 株式会社藤商事 弾球遊技機
JP5055526B2 (ja) * 2007-01-31 2012-10-24 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機
JP2010148903A (ja) * 2010-03-01 2010-07-08 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP5110215B2 (ja) * 2012-05-18 2012-12-26 株式会社三洋物産 遊技機
JP5408291B2 (ja) * 2012-05-28 2014-02-05 株式会社三洋物産 遊技機
JP6172705B2 (ja) * 2013-01-18 2017-08-02 豊丸産業株式会社 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2004255024A (ja) 2004-09-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4311039B2 (ja) 遊技機の遊技盤
JP2006263129A (ja) 弾球遊技機
JP2005261985A (ja) 弾球遊技機
JP2007006949A (ja) パチンコ遊技機の遊技盤
JP2804470B2 (ja) 遊技機
JP2011030860A (ja) 遊技機
JP4504179B2 (ja) パチンコ遊技機
JP5328188B2 (ja) ステージ構造
JP5088491B2 (ja) 遊技機
JP3644870B2 (ja) パチンコ機の遊技盤
JP2004008821A (ja) パチンコ機の遊技盤
JP2005058392A (ja) 弾球遊技機
JP5133535B2 (ja) パチンコ遊技機の可変入賞装置
JP2511248B2 (ja) パチンコ遊技機
JPH07124316A (ja) 遊技球振り分け機構
JP2001079231A (ja) 遊技機
JPH10249005A (ja) 弾球遊技機の変動入賞装置
JP2000176124A (ja) 遊技機
JP5133534B2 (ja) パチンコ遊技機の可変入賞装置
JP2600034B2 (ja) パチンコ遊技装置
JPH07222847A (ja) 遊技機
JPH07178225A (ja) 遊技機
JP2005124703A (ja) 入賞装置
JP2001300081A (ja) パチンコ遊技機
JPH05146548A (ja) パチンコ遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060110

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090421

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090504

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120522

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees