JP4299991B2 - Information storage proxy device, an information storage proxy method and information storage agency program - Google Patents

Information storage proxy device, an information storage proxy method and information storage agency program Download PDF

Info

Publication number
JP4299991B2
JP4299991B2 JP2002018994A JP2002018994A JP4299991B2 JP 4299991 B2 JP4299991 B2 JP 4299991B2 JP 2002018994 A JP2002018994 A JP 2002018994A JP 2002018994 A JP2002018994 A JP 2002018994A JP 4299991 B2 JP4299991 B2 JP 4299991B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
client terminal
server
communication means
pre
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2002018994A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003223418A (en
Inventor
定夫 大澤
知 横田
Original Assignee
ソフトバンクテレコム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ソフトバンクテレコム株式会社 filed Critical ソフトバンクテレコム株式会社
Priority to JP2002018994A priority Critical patent/JP4299991B2/en
Publication of JP2003223418A publication Critical patent/JP2003223418A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4299991B2 publication Critical patent/JP4299991B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、例えばクライアント・サーバシステムにおいて情報の記憶等を代理する装置、方法及びプログラムに係り、特にクライアント端末に代って、少なくともURLと入力情報とを関連付けて記憶することで、クライアント端末側での入力作業を簡略化する、情報記憶代理装置、情報記憶代理方法及び情報記憶代理プログラムに関する。 The present invention is, for example, apparatus for proxy storage of information in a client-server system relates to a method and a program, in particular place of the client terminal, by storing in association with at least URL and input information, the client terminal to simplify the input operation in the information storage proxy device, an information storage proxy method and information storage proxy program.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来、インターネット上においては、各種サーバにより種々のWebページ等の情報が提供されているが、クライアント端末より当該サーバのWebページにログインする場合には、所定の認証を経る必要があった。 Conventionally, on the Internet, although the various servers information such as various Web pages are provided, when logging from the client terminal to the Web page of the server, it is necessary to go through a predetermined authentication. 具体的には、クライアント端末では、所定のログイン画面を表示した後、自己のクライアントIDやパスワード等の入力を受け、これら入力情報をサーバ側に送信し、サーバ側にて所定の認証を受ける必要があった。 Specifically, should the client terminal, after displaying a predetermined login screen, which receives an input, such as self-Client ID and password, and sends these input information to the server, receiving a predetermined authentication by the server-side was there. かかる認証作業は、上記の他、LANやWANによるクライアント・サーバシステムにおいても同様に必要とされていた。 Such authentication operations, in addition to the above, has been required also in a client-server system according to a LAN or WAN.
【0003】 [0003]
ここで、パーソナルコンピュータ等の処理性能の高いクライアント端末では、Cookie等の技術を用いて、当該クライアント端末とサーバとの間の入出力に必要な情報、即ち、例えばインターネットのWebページにアクセスする際の各種情報を、クライアント端末側で記憶することが一般的になされている。 Here, in the high client terminal processing performance such as a personal computer, using techniques Cookie, etc., information necessary to output between the client terminal and the server, i.e., for example, when accessing the Internet Web pages of various kinds of information, be stored at the client terminal is commonly done.
【0004】 [0004]
さらに、例えば、特許3137173号公報、特開平10−177552号公報、特開平10−269184号公報では、クライアント端末によりコンテンツを提供するサーバへアクセスする際に、当該コンテンツを提供するサーバとは個別に設置された認証サーバにて認証動作を行う技術が開示されている。 Furthermore, for example, Patent 3137173, JP-A No. 10-177552 discloses, in JP-A 10-269184, JP-when accessing server providing the content by the client terminal, separately from the server providing the content a technique for performing an authentication operation at the installed authentication server are disclosed.
【0005】 [0005]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、上記従来技術では、クライアント端末により所望とするサーバにログインする場合には、クライアントIDやパスワードを、その都度入力しなければならなかった。 However, in the conventional art, when logging in to the server to be desired by the client terminal, the client ID and password, had to enter each time. また、クライアント端末より複数のサーバにログインする場合には、各サーバに対応したクライアントIDやパスワードをクライアント端末側で記憶、入力しなければならず、煩雑であった。 Also, when logging into a plurality of servers from the client terminal stores the client ID and password corresponding to each server in the client terminal must enter, it is troublesome. 特に、クライアント端末として携帯電話機等を使用する場合においては、上記入力に際して英数字の入力モードに切替える必要があり、クライアントによる作業負担は大きかった。 Particularly, in the case of using a mobile phone or the like as the client terminal, it is necessary to switch the input mode of alphanumeric upon the input, the work burden of the client was great.
【0006】 [0006]
更に上記Cookie等を用いてクライアント端末とサーバとの間の入出力に必要な情報をクライアント端末側で記憶する技術についても、例えば、出張先や外出先で別の端末からサーバへアクセスする場合には、クライアント端末に記憶された情報を有効に使うことはできなかった。 For even technique further stores information necessary to output the client terminal side between the client terminal and the server by using the Cookie and the like, for example, when accessing from another terminal on the road or on the road to the server were unable to effectively use information stored in the client terminal. また、クライアント端末側で記憶されている情報は、アクセス対象(ドメイン、サーバ又はURL)毎に異なる為、当該アクセス対象の増加に伴ってユーザ端末に記憶すべき情報量も増加することになる。 Also, information stored in the client terminal side, the access target (domain server or URL) different for each, the amount of information to be stored in the user terminal with the increase of the access target is also increased. 一般に、処理性能や記憶容量の小さい端末では、記憶する情報量は少なければ少ない程よいことからも、この点、改善されることが嘱望されていた。 In general, the small terminal processing performance and storage capacity, the amount of information to be stored from the fact reasonable fewer, this point, to be improved has been expectation.
【0007】 [0007]
また、上記特許3137173号公報、特開平10−177552号公報、特開平10−269184号公報等により開示された技術は、認証行為自体を代理するものであって、認証時にクライアント端末からサーバへ送られるべき入力情報を記憶代理することについては何等示唆も開示もされていない。 Moreover, the patent 3137173, JP-A No. 10-177552 discloses a technique disclosed by Japanese Patent 10-269184 discloses such is for proxy authentication action itself, sent during the authentication from the client terminal to the server is about to proxy stores the input information should be not be disclosed nothing like suggested.
【0008】 [0008]
その他、上記従来技術では、サーバへのアクセスを、例えばオフィスタイムの平日9時から17時まで使用させたいといった場合や、サーバに作業が発生した場合には、サーバへの作りこみが必要となっていた。 Others, in the prior art, the access to the server, for example office or if you say that you want to use from the weekdays 9 am to 17 of the time, when the work on the server occurs, it becomes necessary of building to the server which was.
【0009】 [0009]
本発明は、上記問題に鑑みてなされたもので、その目的とするところは、クライアント端末よりサーバにログインする際に必要とされる認証情報やサーバの動作時間等に係るアクセス制御情報等の各種情報を一元的に記憶、管理し、必要に応じて当該クライアント端末やサーバに代って上記情報を入力、送信することで、当該クライアント端末やサーバでの各種処理負担を軽減すると共に、クライアントによる作業負担を軽減し、更にはクライアント端末側の記憶容量の削減及びそれによる低コスト化を実現することにある。 The present invention, said been made in view of the problems, it is an object of various access control information according to the operation time of the authentication information and the server that is required to log into the server from the client terminal centrally store information, and manages, on behalf of the client terminal or the server as needed enter the information, by transmitting, as well as reduce the various processing load on the client terminal and the server, the client to reduce the work load, further to achieve a reduction and cost reduction due to its storage capacity of the client terminal.
【0010】 [0010]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記目的を達成するために、本発明の第1の態様では、クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在な情報記憶代理装置において、上記クライアント端末、サーバと通信を行う通信手段と、上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より抽出された所定情報を少なくとも記憶する記憶手段と、上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶し、上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信する、ように制御する制御手段とを具備し、上記制御手段により、上記クライアント端末からのアクセス回数を確認し、確認されたアクセス回数によっ To achieve the above object, in a first aspect of the present invention, interposed between a client terminal and a server, in a freely information storage proxy device communicating via both the network to the client terminal, a server communication and communication means, storage means for storing at least the predetermined information extracted from the first information from the client terminal received by the communication means, the first information from the client terminal received by said communication means stored in the memory means by more extracts predetermined information to the client terminal via the communication means including the predetermined information to the second information from the server received by the communication means, so that and control means for controlling, by the control means, to check the number of accesses from the client terminal, depending on the number of accesses has been confirmed 上記クライアント端末に対する処理の内容を変更することを特徴とする。 And changing the contents of the process for the client terminal.
【0011】 [0011]
そして、本発明の第2の態様に係る情報記憶代理装置では、上記制御手段は、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付け、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出するように制御する、ことを更なる特徴とする。 Then, in the information storage proxy device according to the second aspect of the present invention, the control means receives a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server, based on the third information related to the pre-registration, It controls to extract predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that.
【0012】 [0012]
さらに、本発明の第3の態様に係る情報記憶代理装置では、上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が含まれることを更なる特徴とする。 Furthermore, in the information storage proxy device according to the third aspect of the present invention, the predetermined information is further characterized to include the authentication information by the URL and the client terminal of the server.
【0013】 [0013]
本発明の第4の態様では、クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在であり、通信手段、記憶手段、制御手段を有する情報記憶代理装置による情報記憶代理方法において、上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する第1のステップと、上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信する第2のステップと、 上記制御手段により、上記クライアント端末からのアクセス回数を確認し、確認されたアクセス回数によって上記クライアント端末に対する処理の内容を変更する第3のステップと、を有することを特徴とする。 In a fourth aspect of the present invention, interposed between the client terminal and the server can freely communicate through both a network, communication means, storage means, the information storage proxy process by the information storage proxy apparatus having a control means, a first step of storing in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal received by the communication means, the second information from the server received by the communication means a second step of transmitting to the client terminal via the communication means, including the predetermined information, by the control means, to check the number of accesses from the client terminal, with respect to the client terminal by the access number has been identified a third step of changing the contents of processing, and having a.
【0014】 [0014]
そして、本発明の第5の態様に係る情報記憶代理方法では、上記制御手段により、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付ける第のステップを更に有し、上記第1のステップでは、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する、ことを更なる特徴とする。 Then, in the fifth information storage proxy method according to an aspect of the present invention, by the control means further comprises a fourth step of receiving a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server, the first step So based on the third information related to the pre-register, and stores in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that.
【0015】 [0015]
さらに、本発明の第6の態様に係る情報記憶代理方法では、上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が含まれることを更なる特徴とする。 Furthermore, in the sixth information storage proxy method according to an aspect of the present invention, the above-mentioned predetermined information, further characterized to include URL and authentication information by the client terminal of the server.
【0016】 [0016]
本発明の第7の態様では、クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在であり、通信手段、記憶手段、制御手段を有する情報記憶代理装置の情報記憶代理プログラムにおいて、上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する第1のステップと、上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信する第2のステップと、 上記制御手段により、上記クライアント端末からのアクセス回数を確認し、確認されたアクセス回数によって上記クライアント端末に対する処理の内容を変更する第3のステップと、コンピュータに実行させることを特徴とする。 In a seventh aspect of the present invention, interposed between the client terminal and the server can freely communicate through both a network, communication means, storage means, the information storage proxy program information storage proxy device having a control unit, a first step of storing in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal received by the communication means, the second information from the server received by the communication means a second step of transmitting to the client terminal via the communication means, including the predetermined information, by the control means, to check the number of accesses from the client terminal, with respect to the client terminal by the access number has been identified a third step of changing the contents of processing, and characterized by causing a computer to execute the.
【0017】 [0017]
そして、本発明の第3の態様に係る報記憶代理プログラムは、上記制御手段により、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付ける第のステップを更に有し、上記第1のステップでは、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する、ことを更なる特徴とする。 The broadcast storing proxy program according to the third aspect of the present invention, by the control means further comprises a fourth step of receiving a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server, the first step So based on the third information related to the pre-register, and stores in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that.
【0018】 [0018]
さらに、本発明の第9の態様に係る情報記憶代理プログラムは、上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が含まれることを更なる特徴とする。 Further, the ninth information storage proxy program according to aspects of the present invention, the above-mentioned predetermined information is further characterized to include URL and authentication information by the client terminal of the server.
【0019】 [0019]
本発明の第10の態様にでは、クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在である情報記憶代理装置において、上記クライアント端末又はサーバに所定の事前登録画面に係る情報を送信して当該事前登録を促し、当該クライアント端末又はサーバからの事前登録に係る情報を受信する通信手段と、上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より抽出された所定情報を少なくとも記憶する記憶手段と、上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶し、上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信するように、制御する制御手段と、を有し、 Information in the tenth aspect of the present invention, interposed between the client terminal and the server, in the information storage proxy device Ru communicate freely der through both a network, which in the client terminal or the server according to a predetermined pre-registration screen the transmission and signal prompting the pre-registration, communication means for receiving information relating to pre-registration from the client terminal or the server, is extracted from the first information from the client terminal received by said communication means storage means for storing at least predetermined information, by extracting a first predetermined information from the information from the client terminal received by said communication means is stored in the storage means, received by the communication means the server the second information from including the predetermined information to be sent to the client terminal via the communication means includes a control means for controlling, the, 記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が少なくとも含まれる、ことを特徴とする。 A serial predetermined information, URL and authentication information by the client terminal of the server is included at least, characterized in that.
本発明の第11の態様に係る情報記憶代理装置では、 上記制御手段は、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付け、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出するように制御する、ことを更なる特徴とする。 In a 11 information storage proxy device according to the aspect of the present invention, the control means receives a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server, based on the third information related to the pre-registration, the client It controls to extract predetermined information from the first information from the terminal, further characterized in that.
本発明の第12の態様に係る情報記憶代理プログラムでは、クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在であり、通信手段、記憶手段、制御手段を有する情報記憶代理装置による情報記憶代理プログラムにおいて、上記クライアント端末又はサーバに所定の事前登録画面に係る情報を上記通信手段を介して送信して当該事前登録を促し、当該クライアント端末又はサーバからの事前登録に係る情報を上記通信手段を介して受信する第1のステップと、上記通信手段にてクライアント端末からの第1の情報を受信し、当該第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する第2のステップと、上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクラ In the twelfth information storage proxy program according to aspects of the present invention, interposed between the client terminal and the server can freely communicate through both a network, communication means, storage means, according to the information storage proxy apparatus having a control means in the information storage behalf programs, the information relating to a predetermined pre-registration screen in the client terminal or the server prompts the pre-registration by sending through the communication means, the information relating to pre-registration from the client terminal or the server a first step of receiving via the communication unit, the second for receiving the first information from the client terminal by the communication means, and stores the extracted predetermined information from the first information in the storage means class via the communication means, including the steps of, the predetermined information to the second information from the server received by the communication means アント端末に送信する第3のステップと、をコンピュータに実行させるための情報記憶代理プログラムであって、上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が少なくとも含まれる、ことを特徴とする。 An information storage proxy program to execute a third step of transmitting to the Ant terminal and the computer, the predetermined information, URL and authentication information by the client terminal of the server is included at least, that and features.
本発明の第13の態様に係る情報記憶代理プログラムでは、上記制御手段により、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付ける第4のステップを更に有し、上記第1のステップでは、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する、ことを更なる特徴とする。 In a thirteenth information storage proxy program according to aspects of the present invention, by the control means further comprises a fourth step of receiving a pre-registration according to at least one of the client terminal and the server, in the first step, based on the third information related to the pre-register, and stores in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that.
本発明の第14の態様に係る情報記憶代理方法では、クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在であり、通信手段、記憶手段、制御手段を有する情報記憶代理装置による情報記憶代理方法において、上記クライアント端末又はサーバに所定の事前登録画面に係る情報を上記通信手段を介して送信して当該事前登録を促し、当該クライアント端末又はサーバからの事前登録に係る情報を上記通信手段を介して受信する第1のステップと、上記通信手段にてクライアント端末からの第1の情報を受信し、当該第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する第2のステップと、上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末 In the fourteenth information storage proxy method according to an aspect of the present invention, interposed between the client terminal and the server can freely communicate through both a network, communication means, storage means, according to the information storage proxy apparatus having a control means in the information storage behalf method, the information relating to a predetermined pre-registration screen in the client terminal or the server prompts the pre-registration by sending through the communication means, the information relating to pre-registration from the client terminal or the server a first step of receiving via the communication unit, the second for receiving the first information from the client terminal by the communication means, and stores the extracted predetermined information from the first information in the storage means a step of the client terminal via the communication means including the predetermined information to the second information from the server received by the communication means 送信する第3のステップと、を有し、上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が少なくとも含まれる、ことを特徴とする。 A third step of transmitting, and the predetermined information, URL and authentication information by the client terminal of the server is included at least, characterized in that.
本発明の第15の態様に係る情報記憶代理方法では、上記制御手段により、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付ける第4のステップを更に有し、上記第1のステップでは、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する、ことを更なる特徴とする。 In a fifteenth information storage proxy method according to an aspect of the present invention, by the control means further comprises a fourth step of receiving a pre-registration according to at least one of the client terminal and the server, in the first step, based on the third information related to the pre-register, and stores in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that.
【0020】 [0020]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、図面を参照して、本発明の実施の形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings, embodiments of the present invention are described.
【0021】 [0021]
先ず、図1(a)には、本発明の一実施の形態に係る情報記憶代理装置としての入力データ記憶代理サーバ2を採用したシステムの構成を示し説明する。 First, in FIG. 1 (a), is shown and described adopted the system constituting the input data storage proxy server 2 as an information storage proxy device according to an embodiment of the present invention.
【0022】 [0022]
このシステムは、ユーザ端末1(1a,1b…)とサーバ3(3a,3b…)の間に入力データ記憶代理サーバ2が配設されており、これらが相互にネットワーク4を介して通信自在に構成されている。 This system, the user terminal 1 (1a, 1b ...) and the server 3 (3a, 3b ...) the input data stored proxy server 2 is disposed between the communication freely these via the network 4 to each other It is configured. そして、ユーザ端末1としては、例えば、携帯電話機、PDA(Personal Digital Assistant)、パーソナルコンピュータ等、種々のものを採用することができる。 Then, as the user terminal 1, for example, a cellular phone, PDA (Personal Digital Assistant), a personal computer or the like, can be adopted various ones. さらに、上記ネットワーク4としては、インターネットのほか、LAN(Local Area Network)、WAN(Wide Area Network)等、種々のものを採用することができることは勿論である。 Further, as the network 4, other Internet, LAN (Local Area Network), etc. WAN (Wide Area Network), that may employ various ones of course.
【0023】 [0023]
ここで、図1(b)に示されるように、情報記憶代理装置としての入力データ記憶代理サーバ2は、通信部2aと制御部2b、記憶部2cを有している。 Here, as shown in FIG. 1 (b), the input data storage proxy server 2 as an information storage proxy device includes a communication unit 2a and the controller 2b, and the storage unit 2c.
【0024】 [0024]
尚、請求項記載の通信手段、制御手段、記憶手段は、これら通信部2a、制御部2b、記憶部2c等に相当するものであるが、これには限定されない。 Note that the communication unit of claim, the control means, storage means, these communication unit 2a, a control unit 2b, but which corresponds to the storage unit 2c or the like, which are not limited.
【0025】 [0025]
このような構成において、入力データ記憶代理サーバ2では、制御部2bによる制御の下、記憶部2cに含まれるデータベースにて、クライアント端末1よりサーバ3にログインする際に必要とされる認証情報やサーバ3の動作時間に係るアクセス制御情報等の各種情報が、一元的に記憶され、管理されている。 In such a configuration, the input data storage proxy server 2, under the control of the control unit 2b, in a database included in the storage unit 2c, Ya authentication information needed to log from the client terminal 1 to the server 3 various information such as access control information according to the operation time of the server 3, is centrally stored and managed.
【0026】 [0026]
さらに、制御部2bは、上記記憶部2より上記各種情報を適宜読み出し、当該情報を通信部2aよりクライアント端末1やサーバ3に送信する。 Further, the control unit 2b reads appropriately the various types of information from the storage unit 2, and transmits from the communication unit 2a of the information to the client terminal 1 and the server 3.
【0027】 [0027]
以下、図2及び図4を参照して、入力データ記憶代理サーバ2へのクライアント端末1による事前登録処理について詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 2 and 4, it will be described in detail preregistration processing by the client terminal 1 to the input data storing proxy server 2.
【0028】 [0028]
本実施の形態では、クライアント端末1がサーバ3にアクセスする際には、入力データ記憶代理サーバ2を経由することが前提条件とされており、従って、当該サーバ2に対して予めデータを設定しておく必要がある。 In this embodiment, when the client terminal 1 accesses the server 3 is a prerequisite to be via an input data storage proxy server 2, therefore, set in advance data to the server 2 there is a need advance.
【0029】 [0029]
尚、以下では、クライアント端末1として携帯電話機を採用した例を示す。 In the following, an example employing a mobile phone as the client terminal 1.
【0030】 [0030]
クライアント端末1において事前登録用のURLが押下され、事前登録用の画面に係るhtmlファイルの要求がなされる(ステップS1,S2)。 In the client terminal 1 is URL is pressed for pre-registration, request for html files according to screen for pre-registration is performed (step S1, S2).
【0031】 [0031]
入力データ記憶代理サーバ2では、この要求が受信されると、制御部2bの制御の下で、事前登録用の画面に係るhtmlファイルが記憶部2cより読み出され、クライアント端末1へと送信されることになる(ステップS3)。 The input data storage proxy server 2, when the request is received, under the control of the control unit 2b, html file according to screen for pre-registration is read out from the storage unit 2c, is transmitted to the client terminal 1 It becomes Rukoto (step S3).
【0032】 [0032]
クライアント端末1では、先ず、図4(a)に示されるような事前登録用の画面のうちメニュー一覧画面が表示される。 In the client terminal 1, first, a menu list screen is displayed within the screen for pre-registration, as shown in Figure 4 (a). ここで、「オプション設定」が押下されると、図4(b)に示されるような画面が次に表示される。 Here, the "option setting" is pressed, a screen as shown in FIG. 4 (b) is then displayed. そして、「オートメモリ」が押下されると、図4(c)に示されるような画面が表示される。 When the "Auto Memory" is pressed, a screen as shown in FIG. 4 (c) is displayed.
【0033】 [0033]
この間、クライアント端末1と入力データ記憶代理サーバ2との間では、各画面に係るhtmlファイルの要求、送信等に係る通信が適宜なされる。 During this time, between the client terminal 1 and the input data stored proxy server 2, the request for an html file according to each screen, communication is performed appropriately according to the transmission or the like.
【0034】 [0034]
こうして、クライアントにより所望とするサーバ3a,3b…に関するURLの入力及びチェックボックスの選択が順次なされて、最終的に、図4(d)に示されるような画面にて「登録」が押下されると(ステップS4)、これらhtmlデータがデータ入力データ記憶代理サーバ2に送信される(ステップS5)。 Thus, the server 3a to desired clients, 3b ... is made the selection of URL input and check boxes are sequentially related, ultimately, "registration" is pressed in a screen as shown in FIG. 4 (d) and (step S4), and these html data is transmitted to the data input data storing proxy server 2 (step S5).
【0035】 [0035]
尚、請求項記載の事前登録に係る第3の情報とは、例えば、このhtmlデータに相当するが、これに限定されるものではないことは勿論である。 It should be noted that the third information relating to pre-registration according to claim, for example, is equivalent to the html data, it is of course not limited thereto.
【0036】 [0036]
本実施の形態では、htmlデータの中で、INPUTタグのタイプ属性においてtext及びpasseordを対象としており、該当ページのhtmlデータにおいて、上位5つがチェックボックスにそれぞれ対応するが、このような仕様に限定されるものではないことは、勿論のことである。 In this embodiment, in the html data, the type attribute of INPUT tag directed to a text and Passeord in html data of the corresponding page, but the top five but correspond to the check box, limited to such a specification it is not intended to be is of course possible.
【0037】 [0037]
従って、事前登録の際には、クライアントは、所望とするサーバのURL毎にオートメモリ用のURLを設定し、そして、オートメモリとして記憶したい項目についてチェックボックスにチェックをすればよいことになる。 Therefore, during the pre-registration, the client sets the URL for auto memory for each URL of the server to be desired, and, so that the item to be stored as an auto memory may be a check box.
【0038】 [0038]
こうして、入力データ記憶代理サーバ2にて、これらhtmlデータが受信されると、制御部2bの制御の下、記憶部2cに記憶され、クライアント端末1に向けて完了通知に係るhtmlデータが送信される(ステップS6)。 Thus, by the input data storage proxy server 2, if these html data is received, under the control of the control unit 2b, is stored in the storage unit 2c, html data relating to the completion notification to the client terminal 1 is transmitted that (step S6).
【0039】 [0039]
次に、図3及び図5を参照して、入力データ記憶代理サーバ2へのサーバ3による事前登録処理について詳細に説明する。 Next, with reference to FIGS. 3 and 5 will be described in detail preregistration processing by the server 3 to the input data storing proxy server 2.
【0040】 [0040]
サーバ3において事前登録用のURLが押下され、事前登録用の画面に係るhtmlファイルの要求がなされる(ステップS11,S12)。 The URL for pre-registration in the server 3 is pressed, a request for an html file according to screen for pre-registration is performed (step S11, S12).
【0041】 [0041]
入力データ記憶代理サーバ2では、この要求が受信されると、制御部2bの制御の下で、事前登録用の画面に係るhtmlファイルが記憶部2cより読み出され、サーバ3へと送信されることになる(ステップS13)。 The input data storage proxy server 2, when the request is received, under the control of the control unit 2b, html file according to screen for pre-registration is read out from the storage unit 2c, is transmitted to the server 3 It will be (step S13). これにより、サーバ3では、図5に示されるような事前登録にかかる画面が表示される。 Thus, the server 3, the screen according to the pre-registration, as shown in Figure 5.
【0042】 [0042]
そして、事前登録を所望とするサーバ3a,3b…に関するURLの入力及びチェックボックスの選択が順次なされた後、最終的に「登録」が押下されると(ステップS14)、これら事前登録に係るhtmlデータがデータ入力データ記憶代理サーバ2に送信されることになる(ステップS15)。 The server 3a to the pre-registration and desired, after 3b ... input and the check box of URL related is made sequentially, the finally "registration" is pressed (step S14), and according to these pre-registration html so that the data is transmitted to the data input data storing proxy server 2 (step S15).
【0043】 [0043]
尚、請求項記載の事前登録に係る第3の情報とは、例えば、このhtmlデータに相当するが、これに限定されるものではないことは勿論である。 It should be noted that the third information relating to pre-registration according to claim, for example, is equivalent to the html data, it is of course not limited thereto.
【0044】 [0044]
上記同様、本実施の形態では、htmlデータの中で、INPUTタグのタイプ属性においてtext及びpasseordを対象としており、該当ページのhtmlのデータにおいて、上位5つがチェックボックスに対応する。 The same, in this embodiment, in the html data, the type attribute of INPUT tag directed to a text and Passeord, the data of the html of the page, the top five but corresponding to the check box.
【0045】 [0045]
従って、事前登録の際には、所望とするサーバのURL毎にオートメモリ用のURLを設定し、そして、オートメモリとして記憶したい項目についてチェックボックスにチェックをすればよいことになる。 Therefore, during the pre-registration, set the URL for auto memory for each URL of the server to be desired, and, so that the item to be stored as an auto memory may be a check box.
【0046】 [0046]
例えば、記入例にもあるように、 For example, as is also the entry example,
タイトル :総務部URL :http//xxxxx.co.jp Title: General Affairs Department URL: http // xxxxx.co.jp
トップページ:http//xxxxx.co.jp/index.html Top page: http // xxxxx.co.jp / index.html
オートメモリ:http//xxxxx.co.jp/soumu/login.html Auto memory: http // xxxxx.co.jp / soumu / login.html
の如く記入した後、チェックボックスをチェックすればよいことになる。 After you fill in as, it is sufficient to check the check box.
【0047】 [0047]
尚、このような設定は、システム全体、或いは個人毎に行うことができる。 Incidentally, such setting may be carried out throughout the system, or each person.
【0048】 [0048]
こうして、入力データ記憶代理サーバ2にて、これらhtmlデータが受信されると、制御部2bの制御の下、記憶部2cに記憶され、サーバ3に向けて完了通知に係るhtmlデータが送信される(ステップS16)。 Thus, by the input data storage proxy server 2, if these html data is received, under the control of the control unit 2b, is stored in the storage unit 2c, html data is transmitted according to the completion notice to the server 3 (step S16).
【0049】 [0049]
尚、上記事前登録に限らず、クライアント端末1のクライアント或いはサーバ3の管理者は、その意志により入力データ記憶代理サーバ2の所望とする情報を適宜登録することが可能であることは勿論である。 The present invention is not limited to the above pre-registration, the administrator client or server 3 of the client terminal 1, of course it is possible to properly register the information to the desired input data storage proxy server 2 by its intention .
【0050】 [0050]
次に、図6乃至図11を参照して、実施の形態に係る情報記憶代理装置による記憶代理処理について詳細に説明する。 Next, with reference to FIGS. 6 to 11, it will be described in detail storing the proxy process by the information storage proxy device according to the embodiment. 尚、ここでは、前述した事前登録において、チェックボックス1のみがチェックされているものとする。 Here, the pre-registration described above, it is assumed that only check box 1 is checked.
【0051】 [0051]
先ず、「初回入力時」の記憶代理処理について説明する。 First, a description will be given of the storage agent processing of "first time input".
【0052】 [0052]
クライアント端末1において、所望とするURLが押下されると、ログイン用画面の要求に係るデータが送信される(ステップS21,S22)。 In the client terminal 1, the URL of the desired is pressed, the data is transmitted according to the request of the login screen (step S21, S22). 入力データ記憶代理サーバ2では、この要求に係るデータを受けると、クライアントが認識され、アクセス状況(初回か二回目以降か)が確認される(ステップS23)。 The input data storage proxy server 2 receives the data according to the request, the client is recognized, the access status (or first or second or later) is checked (step S23).
【0053】 [0053]
ここでは、初回であることが確認されるので、上記要求に係るデータがサーバ3側に送信される(ステップS24)。 Here, since it is confirmed that the first time, data relating to the request is sent to the server 3 side (step S24). サーバ3では、この要求に係るデータを受けると、ログイン画面に係るhtmlファイルが入力データ記憶代理サーバ2を介して、クライアント端末1へ送信される(ステップS25,S26)。 In the server 3 receives the data relating to this request, html file according to the login screen through the input data storage proxy server 2 is transmitted to the client terminal 1 (step S25, S26).
【0054】 [0054]
クライアント端末1では、このhtmlファイルが受信されると、ログイン画面が表示される。 In the client terminal 1, when the html file is received, the login screen is displayed. 即ち、許可されているサーバ3は、上記総務部及び全社回覧版であるので、図8(a)に示されるようなログイン画面が表示される。 That is, the server 3 is permitted, because it is the General Affairs and wide circulation version, a login screen as shown in FIG. 8 (a) is displayed. ここで「総務部」が押下されると、図8(b)に示されるような画面が表示される。 Now "Affairs Department" is pressed, a screen as shown in FIG. 8 (b) is displayed.
【0055】 [0055]
更に、図8(c)に示されるように社員番号やパスワードが入力され、「ログイン」が押下されると(ステップS27)、社員番号やパスワードを含むデータが入力データ記憶代理サーバ2に送信されることになる(ステップS28)。 Furthermore, employee number and password as shown in FIG. 8 (c) is input, the "login" is pressed (step S27), the data including the employee number and password is sent to the input data storage proxy server 2 It becomes Rukoto (step S28).
【0056】 [0056]
尚、請求項記載の第1の情報は、例えば、この社員番号やパスワードを含むデータに相当し、所定情報とは、例えば、この社員番号やパスワークに係るデータに相当するが、これらに限定されるものではないことは勿論である。 The first information according to claim is, for example, correspond to the data including the employee number and password, the predetermined information, for example, is equivalent to the data relating to the employee number or paths work, limited to not to be it is a matter of course.
【0057】 [0057]
入力データ記憶代理サーバ2では、事前登録にてチェックボックス1のみがチェックされていたので、社員番号のみが記憶部2cに記憶される(ステップS29)。 In the input data stored in the proxy server 2, because the only check box 1 had been checked by the pre-registration, only the employee number is stored in the storage unit 2c (step S29). そして、これらデータがサーバ3に転送される(ステップS30)。 And these data are transferred to the server 3 (step S30).
【0058】 [0058]
サーバ3では、認証が行われ、認証が成立すると(ステップS31)、次の画面に係るhtmlファイルが入力データ記憶代理サーバ2を介してクライアント端末1へと送信されることになる(ステップS32,S33)。 In the server 3, the authentication is performed, the authentication is satisfied (step S31), so that the html file according to the next screen is transmitted via the input data storage proxy server 2 to the client terminal 1 (step S32, S33).
【0059】 [0059]
次に「2回目以降」の記憶代理処理について説明する。 Next, a description will be given of the storage agent processing of "the second and subsequent times."
【0060】 [0060]
クライアント端末1において、所望とするURLが押下されると、認証用の画面の要求に係るデータが送信される(ステップS41,S42)。 In the client terminal 1, the URL of the desired is pressed, the data is transmitted according to the request of the screen for authentication (step S41, S42). 入力データ記憶代理サーバ2では、この要求に係るデータを受信すると、クライアントが認識され、アクセス状況(初回か二回目以降か)が確認される(ステップS43)。 The input data storage proxy server 2 receives the data according to the request, the client is recognized, the access status (or first or second or later) is checked (step S43).
【0061】 [0061]
ここでは、2回目以降であることが確認され、上記要求に係るデータがサーバ3側に送信される(ステップS44)。 Here, it is the second or later confirmed, data related to the request is sent to the server 3 side (step S44). サーバ3では、この要求を受けると、ログイン画面に係るhtmlファイルが入力データ記憶代理サーバ2を介して、クライアント端末1へ送信される(ステップS45)。 In the server 3, upon receiving this request, html file according to the login screen through the input data storage proxy server 2 is transmitted to the client terminal 1 (step S45).
【0062】 [0062]
ここでは、2回目以降であることが先に認識されているので、入力データ記憶代理サーバ2は、クライアント端末1より送信されたhtmlのソースコードに入力データ(この場合は、社員番号)を挿入し(ステップS46)、クライアント端末1に送信する(ステップS47)。 Here, since it is the second or later is recognized previously, the input data storage proxy server 2, the input data (in this case, employee number) in the source code of the html transmitted from the client terminal 1 inserts (step S46), and transmits to the client terminal 1 (step S47).
【0063】 [0063]
尚、請求項記載の第2の情報とは、例えば、このログイン画面に係るhtmlファイルに相当するが、これに限定されるものではない。 It should be noted that the second information according to claim, for example, is equivalent to the html file according to the login screen, but is not limited thereto.
【0064】 [0064]
これにより、クライアント端末1たる携帯電話機の画面には、図8(d)に示されるように、入力フィールドに社員番号に係るデータが入力された段階が表示されることになる。 Thus, the screen of the client terminal 1 barrel cellular phone, as shown in FIG. 8 (d), step data is input according to the employee number will be displayed in the input field. クライアント端末1において、パスワードが入力され、「ログイン」が押下されると(ステップS48)、これら社員番号やパスワードに係るデータが入力データ記憶代理サーバ2に送信される(ステップS49)。 In the client terminal 1, the password is entered, the "login" is pressed (step S48), the data relating to these employee number and password is sent to the input data storage proxy server 2 (step S49).
【0065】 [0065]
入力データ記憶代理サーバ2では、受信した社員番号に係るデータが記憶内容と異なる場合、記憶されているデータに当該データが上書きされ(ステップS50)、これらデータがサーバ3へと転送される(ステップS51)。 The input data storage proxy server 2, if the data relating to the employee number received is different from the stored contents, the data is overwritten on the data stored (step S50), these data are transferred to the server 3 (step S51).
【0066】 [0066]
サーバ3では、所定の認証が行われ、認証が成立すると(ステップS52)、次の画面に係るhtmlファイルが入力データ記憶代理サーバ2を介してクライアント端末1へと送信されることになる(ステップS53,S54)。 In the server 3, a predetermined authentication is performed, the authentication is satisfied (step S52), so that the html file according to the next screen is transmitted via the input data storage proxy server 2 to the client terminal 1 (step S53, S54).
【0067】 [0067]
ここで、入力データ記憶代理サーバ2のデータベースについて詳述する。 Here, it will be described in detail database of input data stored in the proxy server 2.
【0068】 [0068]
この実施の形態に係る情報記憶代理装置では、詳細は前述したような「事前登録」によって、記憶部2cのデータベースにサーバ3がアクセスを許可するクライアント端末1のデータを事前に入力しておくことができる。 In the information storage proxy device according to this embodiment, more information by the "Pre-registration" as described above, the server 3 to the database of the storage portion 2c keep prepopulated data of the client terminal 1 to allow access can.
【0069】 [0069]
より具体的に説明すると、このデータベースは、図9に示されるように、各サーバ3a,3b…のURL▲1▼▲2▼…毎に、チェックボックス▲1▼〜▲5▼を設定することが可能となっており、更に当該設定に基づいてクライアント端末(No.00001,00002…)の入力データを記憶代理可能な構造となっている。 To be more specific, the database, as shown in FIG. 9, each of the servers 3a, 3b ... URL ▲ 1 ▼ ▲ 2 ▼ ... for each of the check boxes ▲ 1 ▼ ~ ▲ 5 ▼ to set the has become possible, further a storage proxiable structure input data of the client terminal (No.00001,00002 ...) based on the setting.
【0070】 [0070]
例えば、クライアント端末(No.00001)がサーバ3aのURL▲1▼にアクセスして、社員番号「12345」、パスワード「0088」を入力すると、入力データ記憶代理サーバ2では、サーバ3aのURL▲1▼とチェックボックス▲1▼が登録済であることから該当データとして社員番号「12345」をデータベースに格納することになる(図10参照)。 For example, the client terminal (No.00001) accesses the URL ▲ 1 ▼ of the server 3a, employee number "12345", If you enter the password "0088", the input data stored in the proxy server 2, the server 3a URL ▲ 1 ▼ and checkboxes ▲ 1 ▼ is to store employee number "12345" to the database as corresponding data because it is already registered (see FIG. 10).
【0071】 [0071]
従って、クライアント端末(No.00001)が、再度、サーバ3aのURL▲1▼にアクセスする場合には、既にチェックボックス▲1▼のデータはデータベースに格納されていることから、入力データ記憶代理サーバ2により、サーバ3aから送られるhtmlデータにチェックボックス▲1▼のデータが付加され、クライアント端末(No.00001)へ送出されることになる。 Therefore, the client terminal (No.00001) is again, when accessing the URL ▲ 1 ▼ server 3a, since the check box ▲ 1 ▼ is data stored in the database already input data storing proxy server the 2, checkboxes ▲ 1 ▼ data in html data sent from the server 3a is added, will be delivered to the client terminal (No.00001).
【0072】 [0072]
これと同様に、クライアント端末(No.00003)がサーバ3bのURL▲2▼にアクセスして、社員番号「98765」、パスワード「0041」を入力すると、入力データ記憶代理サーバ2では、サーバ3bのURL▲2▼とチェックボックス▲1▼▲2▼が登録済であることから該当データとして社員番号「98765」とパスワード「0041」をデータベースに格納する(図11参照)。 In the same way, the client terminal (No.00003) accesses the URL ▲ 2 ▼ of server 3b, employee number "98765", If you enter the password "0041", the input data stored in the proxy server 2, the server 3b URL ▲ 2 ▼ and the check box ▲ 1 ▼ ▲ 2 ▼ to store employees and number "98765" and the password "0041" to the database as the appropriate data from it is already registered (see Figure 11).
【0073】 [0073]
従って、クライアント端末(No.00003)が、再度、サーバ3bのURL▲2▼にアクセスする場合には、既にチェックボックス▲1▼▲2▼のデータはデータベースに格納されていることから、入力データ記憶代理サーバ2により、サーバ3bから送られるhtmlデータにチェックボックス▲1▼▲2▼のデータが付加され、クライアント端末(No.00003)へ送出されることになる。 Accordingly, since the client terminal (No.00003) is again when accessing the URL ▲ 2 ▼ server 3b is that already data checkbox ▲ 1 ▼ ▲ 2 ▼ are stored in a database, the input data by storing the proxy server 2, the check box ▲ 1 ▼ ▲ 2 ▼ data is added to html data sent from the server 3b, will be delivered to the client terminal (No.00003).
【0074】 [0074]
以上説明したように、本発明の実施の形態によれば、入力データ記憶代理サーバ2に複数のサーバ3a,3b…が登録してあれば、当該サーバ3a,3b…毎に異なったログインIDやパスワードを記憶することができる。 As described above, according to the embodiment of the present invention, a plurality of servers 3a to the input data storage proxy server 2, if 3b ... are registered, the server 3a, 3b ... different login ID Ya per it is possible to store the password. また、長くて複雑なログインIDを入力する必要があっても、2回目以降の際には入力を省略することができることから、クライアントの作業負担が軽減される。 In addition, even if there is a need to enter the complex login ID long, at the time of the second and subsequent times from the fact that it is possible to omit the input, the client's work load is reduced.
【0075】 [0075]
以上、本発明の実施の形態について説明したが、本発明はこれに限定されることなく、その趣旨を逸脱しない範囲で種々の改良・変更が可能である。 Having described embodiments of the present invention, the present invention is not limited thereto, but various improvements and modifications within a range not departing from its gist.
【0076】 [0076]
例えば、入力データ記憶代理サーバ2は、クライアント端末1がサーバ3にアクセスすることを、曜日や時間毎に制限することや、サーバ3がメンテナンス中である場合にメンテナンス中である旨を示すメッセージをクライアント端末1側に送信することも代理することができる。 For example, input data storing proxy server 2, the client terminal 1 accesses the server 3, or be limited to every day of the week and time, the message indicating that the server 3 is being maintained when it is undergoing maintenance it can also be a proxy be sent to the client terminal 1 side. この場合、サーバ3による回収が不要となり、効率的なアクセス制御が実現されることになる。 In this case, recovery by the server 3 is not required, so that efficient access control can be realized.
【0077】 [0077]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上詳述したように、本発明によれば、クライアント端末よりサーバにログインする際に必要とされる認証情報やサーバの動作時間等に係るアクセス制御情報等の各種情報を一元的に記憶、管理し、当該クライアント端末やサーバに代って上記情報を入力、送信することで、当該クライアント端末やサーバでの各種処理負担を軽減すると共に、クライアントによる作業負担を軽減し、更にはクライアント端末側の記憶容量の削減及びそれによる低コスト化を実現する情報記憶代理装置及び情報記憶代理方法を提供することができる。 As described above in detail, according to the present invention, centrally storing various information of the access control information according to the operation time of the authentication information and the server that is required to log into the server from the client terminal, the management and, you input the information on behalf of the client terminal and the server, by sending, as well as reduce the various processing load on the client terminal and the server, and reduce the work burden of the client, even the client terminal reduction and information storage proxy device and the information storage proxy method to achieve low cost by its storage capacity can be provided.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】(a)は、本発明の一実施の形態に係る情報記憶代理装置としての入力データ記憶代理サーバを採用したシステムの構成を示す図であり、(b)は入力データ記憶代理サーバ2の詳細な構成を示す図である。 1 (a) is a diagram showing an adopted system constituting the input data storage proxy server serving as an information storage proxy device according to an embodiment of the present invention, (b) the input data stored proxy server it is a diagram showing a second detailed configuration.
【図2】入力データ記憶代理サーバ2へのクライアント端末1による事前登録処理について詳細に説明するデータフロー図である。 2 is a data flow diagram illustrating in detail preregistration processing by the client terminal 1 to the input data storing proxy server 2.
【図3】入力データ記憶代理サーバ2へのサーバ3による事前登録処理について詳細に説明するデータフロー図である。 3 is a data flow diagram illustrating in detail preregistration processing by the server 3 to the input data storing proxy server 2.
【図4】(a)乃至(d)はクライアント端末1で表示される事前登録画面を示す図である。 4 (a) to (d) are diagrams illustrating a pre-registration screen displayed by the client terminal 1.
【図5】サーバ3で表示される事前登録用の画面を示す図である。 FIG. 5 is a diagram showing a screen for pre-registration to be displayed in the server 3.
【図6】初回入力時の記憶代理処理について説明するデータフロー図である。 6 is a data flow diagram illustrating the stored proxy process at initial input.
【図7】2回目以降の記憶代理処理について説明するデータフロー図である。 7 is a data flow diagram for explaining the second and subsequent storage proxy process.
【図8】(a)乃至(d)はクライアント端末1で表示される認証画面を示す図である。 8 (a) to (d) are diagrams illustrating an authentication screen displayed by the client terminal 1.
【図9】記憶部2cに含まれるデータベースの構造を示す図である。 9 is a diagram showing the structure of a database included in the storage unit 2c.
【図10】記憶部2cに含まれるデータベースの構造を示す図である。 10 is a diagram showing the structure of a database included in the storage unit 2c.
【図11】記憶部2cに含まれるデータベースの構造を示す図である。 11 is a diagram showing the structure of a database included in the storage unit 2c.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 クライアント端末2 入力データ記憶代理サーバ2a 通信部2b 制御部2c 記憶部3 サーバ4 ネットワーク 1 client terminal 2 input data storage proxy server 2a communication unit 2b controller 2c storage unit 3 Server 4 Network

Claims (15)

  1. クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在な情報記憶代理装置において、 Interposed between the client terminal and a server, in a freely information storage proxy device communicating over both the networks,
    上記クライアント端末、サーバと通信を行う通信手段と、 Communication means for communicating said client terminal, a server,
    上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より抽出された所定情報を少なくとも記憶する記憶手段と、 Storage means for storing at least a first predetermined information extracted from the information from the client terminal received by said communication means,
    上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶し、上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信する、ように制御する制御手段とを具備し、 Extracts predetermined information from the first information from the client terminal received by said communication means is stored in the storage means, the predetermined information to the second information from the server received by the communication means including by a control means for controlling so as to transmit to the client terminal via the communication means,
    上記制御手段により、上記クライアント端末からのアクセス回数を確認し、確認されたアクセス回数によって上記クライアント端末に対する処理の内容を変更することを特徴とする情報記憶代理装置。 By the control means, to check the number of accesses from the client terminal, information storage proxy device by validated access number and changing the contents of the process for the client terminal.
  2. 上記制御手段は、 It said control means,
    上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付け、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出するように制御する、 Receiving a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server, based on the third information related to the pre-registration, and controls to extract predetermined information from the first information from the client terminal,
    ことを更なる特徴とする請求項1に記載の情報記憶代理装置。 Information storage proxy device according to claim 1, further characterized in that.
  3. 上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が含まれることを更なる特徴とする請求項1又は2に記載の情報記憶代理装置。 Above the predetermined information, the information storage proxy device according to claim 1 or 2, further characterized to include URL and authentication information by the client terminal of the server.
  4. クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在であり、通信手段、記憶手段、制御手段を有する情報記憶代理装置による情報記憶代理方法において、 Interposed between the client terminal and the server can freely communicate through both a network, communication means, storage means, the information storage proxy process by the information storage proxy apparatus having a control means,
    上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する第1のステップと、 A first step of storing in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal received by said communication means,
    上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信する第2のステップと、 A second step of transmitting to the client terminal via the communication means including the predetermined information to the second information from the server received by the communication means,
    上記制御手段により、上記クライアント端末からのアクセス回数を確認し、確認されたアクセス回数によって上記クライアント端末に対する処理の内容を変更する第3のステップと、 By the control means, and a third step of changing the contents of the process for the client terminal by an access number to check the number of accesses it has been confirmed from the client terminal,
    を有することを特徴とする情報記憶代理方法。 Information storage proxy method characterized by having a.
  5. 上記制御手段により、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付ける第のステップを更に有し、 By the control means further comprises a fourth step of receiving a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server,
    上記第1のステップでは、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する、ことを更なる特徴とする請求項4に記載の情報記憶代理方法。 In the first step, based on the third information related to the pre-register, and stores in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that information storage proxy method according to claim 4.
  6. 上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が含まれることを更なる特徴とする請求項4又は5に記載の情報記憶代理方法。 Above the predetermined information, the information storage proxy method according to claim 4 or 5, further characterized to include URL and authentication information by the client terminal of the server.
  7. クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在であり、通信手段、記憶手段、制御手段を有する情報記憶代理装置の情報記憶代理プログラムにおいて、 Interposed between the client terminal and the server can freely communicate through both a network, communication means, storage means, the information storage proxy program information storage proxy device having a control unit,
    上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する第1のステップと、 A first step of storing in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal received by said communication means,
    上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信する第2のステップと、 A second step of transmitting to the client terminal via the communication means including the predetermined information to the second information from the server received by the communication means,
    上記制御手段により、上記クライアント端末からのアクセス回数を確認し、確認されたアクセス回数によって上記クライアント端末に対する処理の内容を変更する第3のステップと、 By the control means, and a third step of changing the contents of the process for the client terminal by an access number to check the number of accesses it has been confirmed from the client terminal,
    コンピュータに実行させることを特徴とする情報記憶代理プログラム。 An information storage proxy program for causing a computer to execute.
  8. 上記制御手段により、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付ける第のステップを更に有し、 By the control means further comprises a fourth step of receiving a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server,
    上記第1のステップでは、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する、ことを更なる特徴とする請求項7に記載の情報記憶代理プログラム。 In the first step, based on the third information related to the pre-register, and stores in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that information storage proxy program according to claim 7.
  9. 上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が含まれることを更なる特徴とする請求項7又は8に記載の情報記憶代理プログラム。 Above the predetermined information, the information storage agency program according to claim 7 or 8, further characterized to include the authentication information by the URL and the client terminal of the server.
  10. クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在である情報記憶代理装置において、 In interposed, Ru communicate freely der information storage proxy device via both the network between the client terminal and the server,
    上記クライアント端末又はサーバに所定の事前登録画面に係る情報を送信して当該事前登録を促し、当該クライアント端末又はサーバからの事前登録に係る情報を受信する通信手段と、 Prompting the pre-registration by sending the information relating to a predetermined pre-registration screen in the client terminal or the server, communication means for receiving information relating to pre-registration from the client terminal or the server,
    上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より抽出された所定情報を少なくとも記憶する記憶手段と、 Storage means for storing at least a first predetermined information extracted from the information from the client terminal received by said communication means,
    上記通信手段にて受信されたクライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶し、上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信するように、制御する制御手段と、 Extracts predetermined information from the first information from the client terminal received by said communication means is stored in the storage means, the predetermined information to the second information from the server received by the communication means including in to be sent to the client terminal via the communication means, and control means for controlling,
    を有し、上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が少なくとも含まれる、ことを特徴とする情報記憶代理装置 The a, above the predetermined information, URL and authentication information by the client terminal of the server is included at least, the information storage proxy device, characterized in that.
  11. 上記制御手段は、 It said control means,
    上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付け、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出するように制御する、 Receiving a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server, based on the third information related to the pre-registration, and controls to extract predetermined information from the first information from the client terminal,
    ことを更なる特徴とする請求項10に記載の情報記憶代理装置。 Information storage proxy device of claim 10, further characterized in that.
  12. クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在であり、通信手段、記憶手段、制御手段を有する情報記憶代理装置による情報記憶代理プログラムにおいて、 Interposed between the client terminal and the server can freely communicate through both a network, communication means, storage means, the information storage proxy program by the information storage proxy apparatus having a control means,
    上記クライアント端末又はサーバに所定の事前登録画面に係る情報を上記通信手段を介して送信して当該事前登録を促し、当該クライアント端末又はサーバからの事前登録に係る情報を上記通信手段を介して受信する第1のステップと、 The information relating to a predetermined pre-registration screen in the client terminal or the server prompts the pre-registration by sending via said communication means, receiving information relating to pre-registration from the client terminal or the server via the communication means a first step of,
    上記通信手段にてクライアント端末からの第1の情報を受信し、当該第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する第2のステップと、 A second step of receiving the first information from the client terminal extracts predetermined information from the first information stored in said storage means in said communication means,
    上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信する第3のステップと、 A third step of transmitting to the client terminal via the communication means including the predetermined information to the second information from the server received by the communication means,
    をコンピュータに実行させるための情報記憶代理プログラムであって、上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が少なくとも含まれる、ことを特徴とする情報記憶代理プログラム。 The A information storage proxy program for causing a computer to execute the the predetermined information, information storage proxy program URL and authentication information by the client terminal of the server is included at least, be characterized.
  13. 上記制御手段により、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付ける第4のステップを更に有し、 By the control means further comprises a fourth step of receiving a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server,
    上記第1のステップでは、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する、ことを更なる特徴とする請求項12に記載の情報記憶代理プログラム。 In the first step, based on the third information related to the pre-register, and stores in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that information storage proxy program according to claim 12.
  14. クライアント端末とサーバとの間に介在し、双方とネットワークを通じて通信自在であり、通信手段、記憶手段、制御手段を有する情報記憶代理装置による情報記憶代理方法において、 Interposed between the client terminal and the server can freely communicate through both a network, communication means, storage means, the information storage proxy process by the information storage proxy apparatus having a control means,
    上記クライアント端末又はサーバに所定の事前登録画面に係る情報を上記通信手段を介して送信して当該事前登録を促し、当該クライアント端末又はサーバからの事前登録に係る情報を上記通信手段を介して受信する第1のステップと、 The information relating to a predetermined pre-registration screen in the client terminal or the server prompts the pre-registration by sending via said communication means, receiving information relating to pre-registration from the client terminal or the server via the communication means a first step of,
    上記通信手段にてクライアント端末からの第1の情報を受信し、当該第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する第2のステップと、 A second step of receiving the first information from the client terminal extracts predetermined information from the first information stored in said storage means in said communication means,
    上記通信手段にて受信されたサーバからの第2の情報に上記所定情報を含めて上記通信手段を介してクライアント端末に送信する第3のステップと、 A third step of transmitting to the client terminal via the communication means including the predetermined information to the second information from the server received by the communication means,
    を有し、上記所定情報には、上記サーバのURLと上記クライアント端末による認証情報が少なくとも含まれる、ことを特徴とする情報記憶代理方法。 The a, the predetermined information, URL and authentication information by the client terminal of the server is included at least, information storage agency and wherein the.
  15. 上記制御手段により、上記クライアント端末及びサーバの少なくともいずれかによる事前登録を受け付ける第4のステップを更に有し、 By the control means further comprises a fourth step of receiving a pre-registration according to at least one of said client terminals and a server,
    上記第1のステップでは、当該事前登録に係る第3の情報に基づいて、上記クライアント端末からの第1の情報より所定情報を抽出して上記記憶手段に記憶する、ことを更なる特徴とする請求項14に記載の情報記憶代理方法。 In the first step, based on the third information related to the pre-register, and stores in the storage means extracts predetermined information from the first information from the client terminal, and further characterized in that information storage proxy method according to claim 14.
JP2002018994A 2002-01-28 2002-01-28 Information storage proxy device, an information storage proxy method and information storage agency program Active JP4299991B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002018994A JP4299991B2 (en) 2002-01-28 2002-01-28 Information storage proxy device, an information storage proxy method and information storage agency program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002018994A JP4299991B2 (en) 2002-01-28 2002-01-28 Information storage proxy device, an information storage proxy method and information storage agency program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003223418A JP2003223418A (en) 2003-08-08
JP4299991B2 true JP4299991B2 (en) 2009-07-22

Family

ID=27743085

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002018994A Active JP4299991B2 (en) 2002-01-28 2002-01-28 Information storage proxy device, an information storage proxy method and information storage agency program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4299991B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5585009B2 (en) * 2009-06-25 2014-09-10 日本電気株式会社 Authentication assistant device and authentication system
JP5473471B2 (en) 2009-08-11 2014-04-16 キヤノン株式会社 Communication system, communication device, and its control method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003223418A (en) 2003-08-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0977399B1 (en) Authentication and access control in a management console program for managing services in a computer network
US7720914B2 (en) Performing an operation on a message received from a publish/subscribe service
EP1025507B1 (en) Combined internet and data access system
CN100463469C (en) Method, device and system for sharing applied program conversation information on multichannels
CA2480821C (en) Connector gateway
US7950055B2 (en) Cross-domain authentication
US6199077B1 (en) Server-side web summary generation and presentation
JP3613550B2 (en) Web page acquisition service system, server, web page acquisition method, storage medium and a program transmission apparatus
US7239877B2 (en) Mobile provisioning tool system
KR100800339B1 (en) Method and system for user-determined authentication and single-sign-on in a federated environment
US7761582B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, and transmitting medium
US7865463B2 (en) Method and system for maintaining synchronization between a local data cache and a data store
US8006289B2 (en) Method and system for extending authentication methods
US7849135B2 (en) Sharing content on mobile devices
JP4413774B2 (en) User authentication method and system using the e-mail address and hardware information
US7334254B1 (en) Business-to-business security integration
US7472171B2 (en) Method and system for determining receipt of a delayed cookie in a client-server architecture
USRE45295E1 (en) System and method for integrating public and private data
US5848412A (en) User controlled browser identification disclosing mechanism
US8195153B1 (en) Mobile access to backup and recovery services
US20020147687A1 (en) Method and computer system for program recording service
US6714926B1 (en) Use of browser cookies to store structured data
CA2231810C (en) Load balancing across the processors of a server computer
US7263717B1 (en) Integrated security framework and privacy database scheme
US5875296A (en) Distributed file system web server user authentication with cookies

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050112

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20071112

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080205

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080311

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080508

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090331

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090420

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120424

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120424

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150424

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250