JP4290915B2 - System and method for reducing intraocular pressure - Google Patents

System and method for reducing intraocular pressure Download PDF

Info

Publication number
JP4290915B2
JP4290915B2 JP2001551369A JP2001551369A JP4290915B2 JP 4290915 B2 JP4290915 B2 JP 4290915B2 JP 2001551369 A JP2001551369 A JP 2001551369A JP 2001551369 A JP2001551369 A JP 2001551369A JP 4290915 B2 JP4290915 B2 JP 4290915B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cornea
channel
branch passage
characterized
foot
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001551369A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003520077A (en
Inventor
ストイ ウラジミール
ワンデル サデウス
コート ダナ
ミュルヘルン マーガレット
ピアース ロバート
Original Assignee
ベクトン・ディキンソン・アンド・カンパニーBecton, Dickinson And Company
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US17565800P priority Critical
Priority to US60/175,658 priority
Application filed by ベクトン・ディキンソン・アンド・カンパニーBecton, Dickinson And Company filed Critical ベクトン・ディキンソン・アンド・カンパニーBecton, Dickinson And Company
Priority to PCT/US2001/000350 priority patent/WO2001050943A2/en
Publication of JP2003520077A publication Critical patent/JP2003520077A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4290915B2 publication Critical patent/JP4290915B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F9/00Methods or devices for treatment of the eyes; Devices for putting-in contact lenses; Devices to correct squinting; Apparatus to guide the blind; Protective devices for the eyes, carried on the body or in the hand
    • A61F9/007Methods or devices for eye surgery
    • A61F9/00781Apparatus for modifying intraocular pressure, e.g. for glaucoma treatment

Description

【0001】 [0001]
(背景) (background)
(関連する出願) (RELATED APPLICATIONS)
本出願は、参照として本明細書に内容が組み込まれている2000年1月12日に出願された米国特許出願第60/175,658号、「Glaucoma Pressure Relief Valve and Drug Delivery Device」に関連し、その権利を主張する。 The present application, the contents herein by reference, filed January 12, 2000, which is incorporated U.S. Patent Application No. 60 / 175,658, related to "Glaucoma Pressure Relief Valve and Drug Delivery Device" , claiming their rights.
【0002】 [0002]
(発明の属する技術分野) (Field of the Invention)
本発明は、一般に、眼内圧を低減するためのシステムと方法に関する。 The present invention relates generally to systems and methods for reducing intraocular pressure. 1つの実施形態において、本発明は、緑内障の高眼内圧特性を解放するための房水の排水のための植込み可能なデバイスに関する。 In one embodiment, the present invention relates to an implantable device for draining aqueous humor for releasing the elevated intraocular pressure characteristic of glaucoma.
【0003】 [0003]
(従来の技術) (Prior art)
眼球は、形状および状態が、外部中空膠原質球体を満たす内因性流体によって維持されている実質的に球形構造をしている。 Eye, shape and condition, has a substantially spherical structure being maintained by endogenous fluid filling the external hollow collagenous spheres. 眼球の内部は、前房および後房の2つの房に分かれている。 Internal eye is divided into two bunches of anterior chamber and posterior chamber. これらの房の間には、水晶体、およびそれを支持している組織、および関連する組織が懸垂している。 Between these tufts, lens, and the support to tissue it, and related organizations are suspended. 後房は、眼内圧(IOP)と呼ばれる眼球内の圧力レベルに大幅に寄与しているとは考えられていない硝子体液と呼ばれる膠様材料で満たされている。 Posterior chamber is filled with glue-like material called vitreous humor not considered to be significantly contributes to the pressure level in the eye, called intraocular pressure (IOP). 対照的に、前房は、一定して生産され、再吸収されている房水と呼ばれる水っぽい流体で満たされている。 In contrast, the anterior chamber is produced constant, filled with watery fluid called aqueous humor being reabsorbed. この流体は、上に横たわる角膜、およびそれを取り囲む全ての構造に対して圧力をかけている。 This fluid is under pressure to all of the structures surrounding the cornea overlying, and it. もし生産される房水の量が過剰であれば、前房内部および眼球内部の圧力は上昇する。 If an excessive amount of aqueous humor being produced if, before the pressure inside the tufts inside and eye rises. 正常なIOPは、房水の生産と再吸収の間の健全な平衡からもたらされる。 Normal IOP is effected from a healthy equilibrium between the aqueous humor production and re-absorption.
【0004】 [0004]
房水は、虹彩の基部の後方で生産され、前房に流れ込む。 Aqueous humor is produced in the rear of the base of the iris and into the anterior chamber. 再吸収は線維柱網系を介して起こり、そこから、この流体は鞏膜血管に通過し、血流に取り込まれる。 Resorption occur through the trabecular network system, from which the fluid is passed through the sclera vessels, it is taken into the bloodstream. 前房内の圧力の特定の範囲が正常と考えられており、一般に10と21ミリHgの間である。 And a specific range of pressure in the anterior chamber is considered normal, it is generally between 10 and 21 millimeters Hg. 前房内の圧力は、房水がいかに迅速に生産されるかと、線維柱網系を介していかに迅速に排水されるかとで決定される。 The pressure in the anterior chamber are, whether aqueous humor is how quickly produced, is determined out with either how quickly drained through the trabecular network system. 排水系への障害は、上昇した眼内圧をもたらすことがある。 Failure to drain system can result in elevated intraocular pressure. 上昇したIOPの持続は、上昇したIOPが視神経を損傷し、視力に影響を及ぼすことがあり、適切な処置を行わないと最後には盲目に至る緑内障と呼ばれる状態を作り出す。 Duration of elevated IOP is elevated IOP can damage the optic nerve, may affect vision, the end Without appropriate measures create a state called glaucoma leading to blindness.
【0005】 [0005]
緑内障のためには、様々な処置が利用可能である。 For glaucoma, a variety of treatments are available. 診療は、流体の流出を改善して、または、流体の生産量を減少させてIOPを低減するための努力を重ねている。 Care is to improve the outflow of the fluid, or is making efforts to reduce IOP by decreasing the production of fluid. 利用可能な治療法は、局所的な目薬の投薬または体系的な投薬を含んでもよい。 Available treatments may include medication or systematic administration of topical eye drops. しかし、医薬品による治療は、患者が従わないこと、高い費用、または、十分に認識されている多くの併発症と副作用のいずれか1つによっても、失敗することがある。 However, treatment with drugs, the patient does not comply, high cost, or, by any one of a number of complications and side effects are well recognized and may fail. 医薬品による治療が成功しなかった場合、房水の過剰を解放するため、通常の解剖学的構造を変更するか、または、植込み可能な排水装置を導入するかのいずれかのためにさらに侵襲的な治療法を患者に提供することができる。 If treatment with pharmaceuticals is not successful, to release the excess of aqueous humor, or to change the normal anatomy, or even invasive for either or introducing implantable drainage devices the Do treatment can be provided to the patient. 例えば、線維柱網の解剖学的構造を変更し、前房の排水を促進するためにレーザ手術を推奨することができる。 For example, to change the anatomical structure of the trabecular network, it is possible to recommend laser surgery in order to promote the drainage of the anterior chamber. また、緑内障治療のためには、他のレーザを介した眼科学的処理も利用可能である。 Further, for the glaucoma treatment, ophthalmological treatment are also available through the other lasers. 医学的治療およびレーザの介入にもかかわらず、上昇した眼内圧を有し続ける緑内障の眼は、決定的な外科的処理を必要とすることがある。 Despite the medical treatment and laser intervention glaucomatous eyes that continue to have elevated intraocular pressure, may require definitive surgical treatment.
【0006】 [0006]
1つの例として、従来のタイプの外科的介入は、瘻孔または他の排水流路を眼の前房の外へ作ることを目指している。 As one example, surgical intervention conventional type is aimed at making fistula or other drainage passage outside the anterior chamber of the eye. これによって、房水は、しばしば「水疱」と呼ばれる外科的に作られた結膜下の、または、鞏膜の空洞内に流れるように向けられ、ここから、この流体は血流が再吸収されることができる。 Thus, aqueous humor is often subconjunctival made surgically called "blister" or directed to flow within the cavity of the sclera, from here, that this fluid is resorbed blood flow can. この手術は、過剰な流体が前房の外に流れることを可能にすることによって、眼内圧を低減する。 This surgery, excess fluid is by allowing to flow out of the anterior chamber, to reduce intraocular pressure. しかし、このような処理には、いくつかの知られている限界が付随する。 However, such a processing, several known limitations associated. 第一に、傷の正常な治癒が、瘻孔の明白さおよび排水空洞の寸法に干渉する傾向にあり、そのため、これらの手術が、許容できない率で失敗することがある。 First, the normal wound healing is in the dimension interferes trends evident and drainage cavity fistula, therefore, these surgery, may fail with index unacceptable. このタイプの外科手術の成功率を上昇させるために、内科医は、傷の正常な治癒を調節する薬剤を用いた補助薬療法を推奨することができる。 To increase the success rate of this type of surgery, the physician is able to recommend adjuvant therapy with an agent that modulates the normal healing of wounds. このような治療法は、これらの処理に関連した第二の種類の問題、すなわち、房水の過剰な、または、迅速過ぎる流出の出現率を上昇させる。 Such therapies, these processes a second type of problems associated with, i.e., an excess of aqueous humor or increase the incidence of rapid too outflow. 多すぎる房水の余りに素早い除去は、眼内圧を、低緊張と呼ばれる状態である危険なほど低いレベルに急激に低下させることがあり、視力を脅かす多くの併発症の潜在的な原因となっていることはよく知られている。 Too rapid removal of too much aqueous humor, intraocular pressure, may reduce rapidly to dangerously low levels is a condition known as low tension, become a potential cause of many complications vision-threatening it is well known that there. この問題を防止するため、手術部位は、制御された房水排水を作り出すために十分良好に治癒しなければならない。 To prevent this problem, the surgical site must heal sufficiently well to produce a controlled aqueous humor drainage. これが起きるためには、傷の正常な治癒が不可欠である。 For this to happen, the normal healing of the wound is essential. したがって、傷の治癒を妨げる治療法は、過剰な房水排水に関連した危険を増加させる。 Thus, therapies that prevent wound healing increases the risks associated with excessive aqueous humor drainage. このタイプの従来の排水処理に付随する第三の種類の問題は、感染の危険が高まることである。 A third type of problems associated with conventional waste water treatment of this type is that the increased risk of infection. 鞏膜の、または、結膜下の水疱への房水の排水は、微生物が侵入できる流体環境を提供することによって、感染の危険をもたらす。 Sclera, or drainage of aqueous humor into blisters subconjunctival by providing a fluid environment in which microorganisms can penetrate, resulting in the risk of infection. さらに、感染が流体で満たされた空洞内で確立される場合は、微生物が、排水流路を介して逆行することができ、眼の前房に進入し、それも同様に感染させる。 Furthermore, if the infection is established in the cavity filled with fluid, microorganisms can be retrograde through the drain passage, enters the anterior chamber of the eye, it also infected as well. これはさらに深刻な状態である。 This is a more serious condition.
【0007】 [0007]
従来の手術に関連した問題のいくつかに対処するため、前房から過剰な流体を排水するために努力を払う多くの植込み可能な装置が提案されている。 To address some of the problems associated with conventional surgery, pay effort to draining excess fluid from the anterior chamber many implantable devices have been proposed. 軟組織手術に影響を及ぼす上記に説明した問題は、しかし、同様に、植込み手術にも影響を及ぼす。 Problem described affecting the soft tissue surgery, however, similarly, also affects the implantation surgery. 手術が眼内インプラントの植込みを含むとしても、傷の治癒メカニズムはそのまま作用する。 Surgery is also as including the implantation of an intraocular implant, wound healing mechanism of the act as it is. 確かに、人工材料は傷の局所的な治癒を刺激し過ぎることがあり、過剰な瘢痕組織の形成をもたらす。 Indeed, the artificial material may excessively stimulate local wound healing, resulting in the formation of excessive scar tissue. さらに、例え、人工装置がプロセスに含まれているとしても、房水の流出速度の制御は不可欠のままである。 Furthermore, even if the artificial device is included in the process, the control of the outflow rate of aqueous humor remains essential. 加えて、感染の危険が残る。 In addition, there remains the risk of infection. 眼の外側から内側への微生物を送り出すために利用可能な機械的導管を備えた何らかのメカニズムが、逆行による感染を抑えるために望ましい。 Some mechanism equipped with a mechanical conduit available to feed the microorganisms from the outside of the eye to the inside is desirable in order to suppress the infection by retrograde. 最後に、眼は、人体のほとんどの組織と同じく、人工材料の長期にわたる存在に対する耐性が限られている。 Finally, the eye, like most of the tissues of the human body, resistant is limited for long-term presence of artificial materials. 局所的に設置されたインプラントは、周囲の組織を異常に刺激することがある。 Locally installed implants may be abnormally stimulate surrounding tissues. もちろん、眼は、特に敏感である。 Of course, the eye is particularly sensitive. 眼の表面に植込まれる装置は、患者によって、慢性の、頑固な、かつ、迷惑な異物として認識されることがある。 Device implanted in the surface of the eye, by the patient, chronic, stubborn, and may be recognized as unsolicited foreign matter. 最後に、眼の組織は非常に繊細であるため、インプラントは、傷付きやすい、隣接した、下方の、または、上に横たわる組織を損傷しないように設計され、設置されなければならない。 Finally, ocular tissue is very delicate, implant, easy scratched, adjacent, lower, or is designed so as not to damage the tissue overlying shall be established. しかし、当初は適切に設置されたとしても、インプラントは、その場所の組織の動きによって移動させられることがあるか、または、傷の収縮性治癒プロセスによって突き出されることがある。 However, even initially it has been properly installed, the implant, or may be moved by the movement of the tissue at that location, or it may be protruded by a scratch of the contractile healing process.
【0008】 [0008]
従来技術の様々な装置は、これらの問題のいくつか、または、全てに解決策を提供することを趣旨とする。 Various devices of the prior art, some of these problems, or to the purpose to provide all the solutions. 例えば、従来技術のある装置は、鞏膜内または結膜下に植込まれた貯水部または排水領域に房水を分流させる。 For example, a prior art apparatus, divert aqueous humor in the reservoir or drainage areas implanted under or in the conjunctiva sclera. しかし、既に述べたように、これらの装置は、房水の流出の調節、感染の阻止、および局所組織への異常刺激と外傷の問題に直面している。 However, as already mentioned, these devices, the regulation of outflow of aqueous humor, is facing problems blocking, and to local tissue abnormalities irritation and trauma of the infection. 房水の流出の調節という第一の問題は、流体の流出を生物学的に制限するために、傷が十分に治癒するまでは、この流体の排水速度がインプラントの機械的特性に実質的に依存するために生じる。 The first problem that the regulation of outflow of aqueous humor, in order to limit the outflow of fluid biologically until wound has healed sufficiently, substantially the mechanical properties of the drainage rate of the fluid is implants occurs because the dependent. 房水の流出に対する生物学的抵抗と機械的抵抗の釣り合いを効果的に取ることは、インプラントに基づいた排水処理に対する問題として残る。 To balance the biological resistance and the mechanical resistance to outflow of aqueous humor effective, it remains a problem for the waste water treatment based on the implant. 従来技術の装置は、房水流出を制限するための様々なメカニズムを利用する。 Prior art devices utilize a variety of mechanisms for limiting aqueous humor outflow. しかし、傷の治癒が確立したなら、これらのメカニズムの各々は負担となることがある。 However, if the wound healing has been established, each of these mechanisms is sometimes a burden. インプラント内の制限的要素は、傷の治癒によって有効となる制限と組み合わされた時、ことによると非治療学的レベルにまで、房水流出の速度を過度に低下させることがある。 Limiting elements in implants, when combined with effective become limited by wound healing, to a non-therapeutic level and possibly, it may be excessively reduce the rate of aqueous humor outflow. 眼内感染の可能性という第二の問題は、インプラントの存在が、前房の内部に細菌が進入することができる導管を提供するために生じる。 The second problem that the possibility of intraocular infection, the presence of the implant, the bacteria inside the anterior chamber is caused to provide a conduit can enter. 従来技術のある排水装置は、前房内への感染の逆行送達を阻止するために、フィルタもしくはバルブ、または、他の導管システムを導入している。 A prior art drainage device, in order to prevent retrograde delivery infection into the anterior chamber, filter or valve, or, have introduced other conduit system. しかし、これらのメカニズムは制限を有する。 However, these mechanisms have limitations. すなわち、それらは、微生物の通過を阻止するうえで効果的である時、効果的な排水も妨げることがある水圧効果を流体の流出に及ぼすことである。 In other words, they, when an effective in blocking the passage of microorganisms, the pressure effects may interfere also effective drainage is that on the outflow of the fluid. 最後に、局所組織の耐性の問題は、これらの異物が、組織の反応を刺激して局所的な膨張または突出が最大になることがあり、患者にとって感知でき、不愉快であることもあるために、従来技術のある装置に生じる。 Finally, the resistance of the local tissue problems, these foreign matters, to stimulate the reaction of the tissue may localized expansion or projections is maximized, in order to be sensed for the patient, also be unpleasant occurs in the prior art a device. インプラントの存在に対するこれらの反応は、インプラントの使用を臨床的に不適切なものにすることがある。 These reactions to the presence of the implant may be those clinically inappropriate use of the implant.
【0009】 [0009]
房水排水を有効にするために透明角膜を介して設置された装置は、鞏膜または結膜下への植込みに付随するある制限を回避することを意図されている。 The installed device through the transparent cornea to enable aqueous humor drainage is intended to avoid certain limitations associated with the implantation of the sclera or subconjunctival. ある装置、例えば、米国特許第3,788,327号と米国特許第5,807,302号、および米国特許第5,743,868号は、涙と混合するために、角膜の表面に前房の流体を排水する角膜横断導管を提供する。 A device, for example, U.S. Patent No. 3,788,327 Patent and U.S. Patent No. 5,807,302, and U.S. Pat. No. 5,743,868, for mixing with tears, anterior chamber to the surface of the cornea providing corneal cross conduit to drain the fluid. 上記に述べた特許で教示する装置は、流出の調節、微生物の制限、局所組織との親和性、および位置安定性の問題に向けられた特徴を含む。 Apparatus taught patents mentioned above includes regulation of the outflow restriction microbial affinity with the local tissue, and features directed to the position stability problems. 既に検討したように、これらの問題は、角膜横断装置と同様に影響を及ぼす。 As discussed previously, these problems, corneal crossing device as well as influence. したがって、傷の治癒の気まぐれにもかかわらず、房水の十分に制御された流出を可能にする、生体と親和性を持つ前房排水装置に対する必要性が残る。 Thus, despite the vagaries of wound healing, to allow well-controlled outflow of aqueous humor, there remains a need for aqueous humor drainage device before having a biological affinity. 微生物の進入を制限でき、それによって、眼の内部を感染から保護できる排水装置に対するさらなる必要性が残る。 You can limit the ingress of microorganisms, thereby further need for drainage device which can protect the interior of the eye from infection remains. 加えて、患者にとって、十分に耐性があって心地よい眼科学的排水装置に対する必要性が残る。 In addition, for the patient, there remains a need for pleasantly ophthalmological drainage device if there is sufficient resistance. 最後に、位置安定性の問題は、満足に解決されていない。 Finally, the position stability problems have not been solved satisfactorily. 排斥、移動、突出の恐れがなく、安全に高い信頼性で適切な位置に設置できる排水装置に対する必要性が、当技術分野において存在する。 Exclusion, movement, without fear of the projection, the need for drainage device that can be installed in position in a secure high reliability is present in the art.
【0010】 [0010]
緑内障などの状態における前房の恒久的または耐久性のある排水に対する前述の必要性に加えて、一時的な前房排水または減圧に対する付加的な必要性がある。 In addition to the aforementioned needs for permanent or durable wastewater anterior chamber in conditions such as glaucoma, there is an additional need for temporary anterior chamber drainage or vacuum. 例えば、短い間隔(1時間〜2週間)にわたるIOPの上昇が、白内障索出および網膜剥離の修復を含む多くの眼科学的処理に続いて存在することがある。 For example, increased IOP over short intervals (1 hour to 2 weeks) is, may be present following the number of ophthalmological treatment comprising a repair cataract search unloading and retinal detachment. さらに、内科医は、長期にわたる分流を採用しない、緑内障のための他の外科的処理に着手する前に、緑内障におけるIOPを一時的に制御するための分流を使用することが有利であることを見出すことがある。 Furthermore, physicians do not employ a long-term diversion, before embarking on another surgical treatment for glaucoma, that it is advantageous to use a shunt for temporarily controlling IOP in glaucoma there is to find. これら、および類似する状況における短期の前房排水に対する必要性を満たすための装置に対する必要性が存在する。 These, and a need exists for apparatus for filling the need for short-term anterior chamber drainage in similar situations.
【0011】 [0011]
角膜横断排水装置の無傷挿入のために特に適合された送出システムを提供するためのさらなる必要性が存在する。 Further need to provide a particularly adapted delivery system for intact insertion of corneal cross drainage device is present. 有利に、このような送出システムは、排水装置が外科医によって設置できるように、排水装置を堅固に保持することができる。 Advantageously, such a delivery system, the drainage device so that it can be installed by the surgeon, it is possible to firmly hold the drainage device. このような送出システムは、これが角膜を介して挿入される時に、排水装置の即座の解放をさらに可能にする。 Such delivery systems, which when inserted through the cornea, and further allows the immediate release of the drainage device. 送出システムは、角膜の上皮組織および間質の繊細な組織にいかなる付加的な損傷も導入することを回避するように組み立てられるがさらに望ましい。 Delivery system, any additional damage to the epithelium and stroma delicate tissue of the cornea is also assembled so as to avoid the introduction is further desirable.
【0012】 [0012]
(発明の要約) (Summary of the Invention)
本発明の目的は、眼内圧を低減するためのシステムを提供することである。 An object of the present invention is to provide a system for reducing the intraocular pressure. 本発明のシステムは、眼の透明角膜を介して前房に挿入可能で、それから房水を排水するための分流路を含むことができる。 The system of the present invention, can be inserted into the anterior chamber through the transparent cornea of ​​the eye, then it is possible to include a shunt path for draining aqueous humor. 分流路は、前房から透明角膜の外部表面への房水の排水を可能にするチャネルを備えた実質的に円筒形の本体を含むことができる。 Shunt path can pre includes a substantially cylindrical body with a channel that allows drainage of aqueous humor from the chamber into the outer surface of the transparent cornea. 分流路は、透明角膜の外側表面に対して載るヘッド、角膜の内側表面に載るフット、およびチャネルを介した房水の流速を調節し、微生物の進入を最小に抑える、本体のチャネル内部に保持することができる細長いフィルタをさらに含むことができる。 Shunt path, head rests against the outer surface of the transparent cornea, adjusted foot, and the flow rate of aqueous humor through the channel rests on the inner surface of the cornea, minimize the ingress of microorganisms, held within the channel of the body elongated filter capable of may further include a. 1つの実施形態において、房水は、フット内の開口部を介して流れることができ、本体内のチャネルに進入し、これを通過し、ヘッド内のスリットを介して出ていき、角膜の表面上を流れる。 In one embodiment, the aqueous humor can flow through the opening in the foot, enters the channel in the body, through it, exits through the slit of the head, the surface of the cornea It flows over. 1つの実施形態において、ヘッドおよびフットは、本体と一体化させて形成される。 In one embodiment, the head and foot are formed by integrally with the body. 他の実施形態において、ヘッド、フット、または、本体は、脱水可能なポリマーで作ることができる。 In other embodiments, head, foot, or body may be made of dehydration polymers. 特定の実施形態において、ヘッドまたはフットの外部表面は、細胞の癒着または固着を最小に抑えるように構成することができる。 In certain embodiments, the head or foot of the outer surface can be configured to suppress the adhesion or sticking of cells to a minimum. 特定の実施形態において、本体の外部表面は、組織の癒着または固着を促進するように、または、組織と親和性を持つように構成することができる。 In certain embodiments, the outer surface of the body, so as to promote adhesion or sticking of the tissue, or can be configured to have a tissue affinity. フットは、角膜を介した分流路の導入を促進するように、特に形状を定めることができる。 Foot, so as to facilitate the introduction of the shunt path through the cornea, can be particularly define the shape. 特定の実施形態において、本体は、ヘッドまたはフットより外周が小さい。 In certain embodiments, the body has a smaller outer circumference than the head or foot. 細長いフィルタは、詰め込み、または、他の任意の適切なメカニズムによって本体のチャネル内部に保持することができる。 Elongate filter, stuffing, or may be held within the channel of the body by any other suitable mechanism. 細長いフィルタは、本体の近位の端部または内部の他のいかなる位置にも設置することができる。 Elongate filter may be located in the proximal end or any other location within the body.
【0013】 [0013]
他の実施形態において、本発明のシステムは、眼の前房を排水するために、角膜を横切って設置することができるインプラントを含むことができる。 In other embodiments, the system of the present invention, in order to drain the anterior chamber of the eye, can comprise an implant that can be placed across the cornea. インプラントは、ヘッド、フット、前房と流体の連絡がある内部チャネルを有するフットとヘッドとの間の筒状導管、および房水の流出を調節するため、および微生物の侵入を制限、または、その進入を最小に抑えるか、または、微生物の通過を阻止するための前房内部に詰め込むことができるフィルタを含むことができる。 The implant head, foot, before to adjust a tubular conduit, and outflow of aqueous humor between the foot and the head having an internal channel that has contact tufts fluid, and limit the microbial invasion, or its or suppress the ingress to a minimum, or may include a filter that can be packed inside the anterior chamber for preventing passage of microorganisms.
【0014】 [0014]
さらに他の実施形態において、本発明のシステムは角膜横断分流路を含むことができ、この角膜横断位置に分流路を植込むための送出装置をさらに含むことができる。 In yet another embodiment, the system of the present invention can include corneal cross branch passage, a delivery device for writing the divisional channel planted in the cornea transverse position can further comprise. 特定の実施形態において、送出装置を使用して植込まれる角膜横断分流路は、ヘッド、フット、内部を通じるチャネルを有するヘッドとフットとの間の実質的に円筒形の本体、チャネルを介した房水の流速を調節するため、およびさらに、微生物の進入を制限するためのチャネル内に設置されたフィルタを有することができる。 In certain embodiments, the corneal cross divisional channel that implanted using a delivery device, through the head, foot, substantially cylindrical body between the head and the foot having a channel leading to the interior, the channel for regulating the flow rate of the aqueous humor, and further, it may have a filter placed in the channel to limit the ingress of microorganisms. 特定の実施形態において、送出装置は、分流路を保持するため、および角膜の外部表面を介した挿入のために分流路を設置するために、寸法が適合された先端部を含むことができ、近位の位置から遠位の位置に滑動できるプランジャ(plunger)であって、プランジャを滑動させることが分流路を押し退け、角膜の外部表面を介して角膜横断位置に分流路を促進させるプランジャをさらに含むことができる。 In certain embodiments, delivery device, for retaining the shunt path, and to place a shunt path for insertion through an external surface of the cornea, can include a tip size is adapted, a plunger slidable in the distal position from the position of the proximal (plunger), thereby sliding the plunger pushes aside the branch passage, further a plunger to promote shunt path to the cornea transverse position via the outer surface of the cornea it can be included.
【0015】 [0015]
本発明のさらなる目的は、前房の流体圧力を減少させるための方法を提供し、それによって、緑内障、および上昇した前房の圧力によって特徴付けられる他の異常を治療することである。 A further object of the present invention, prior to providing a method for reducing the fluid pressure of the tufts, thus is to treat glaucoma, and elevated anterior chamber other abnormalities characterized by pressure. これらの方法は、角膜横断分流路を供給するステップと、分流路を角膜横断位置に設置するための送出装置を提供するステップと、分流路の挿入を可能にするために、角膜の外部表面を介した案内孔を切り込むステップと、分流路を角膜横断位置に挿入するための送出装置を採用するステップを含むことができる。 These method includes supplying a corneal cross divisional channel, the steps of the branch passage to provide a delivery device for placement on the cornea transverse position, in order to allow insertion of the branch passage, the outer surface of the cornea a step of cutting the guide hole through the shunt path may include the step of employing a delivery device for insertion into the cornea transverse position. 本発明の1つの実施態様において、提供される分流路は、実質的に円筒形の本体、ヘッド、フット、およびフィルタを有することができる。 In one embodiment of the present invention, the shunt path is provided can have substantially cylindrical body, head, foot, and a filter. 本発明のさらに他の目的は、前房流体の一時的な排水のための方法を提供し、それによって、眼内圧を減少させることである。 Still another object of the present invention, prior to providing a method for temporary drainage tufts fluid, thereby is to reduce the intraocular pressure. 一時的排水は、一時的排水周期の完了において除去可能とすることができるか、または、その一時的周期の終了において再吸収されるために生体内劣化が可能であってもよい装置を使用して、例えば、1時間から数週間の短期間にわたって行われると理解されている。 Temporary drainage, or it may be a removable at completion of the temporary drainage period, or, using even or device be capable of in vivo degradation in order to be re-absorbed at the end of the transient period Te, for example, it is understood to be performed over several weeks short term from 1 hour. このような装置は、IOPの増加が後に続くことがあるそれらの処理に続く植込みに役立つことがあるか、または、増加したIOPによって特徴付けられる異常の一時的矯正として役立つことがある。 Such devices, or it may help implantation their subsequent processing may be increased IOP is followed, or, it may serve as a temporary correction of abnormalities characterized by increased IOP.
【0016】 [0016]
本発明による分流路は、上昇したIOPの治療のための眼科学的技術に持続してきた上述の特定の問題を解決することを意図されている。 Divisional channel according to the invention is intended to solve the specific problems described above that have persisted ophthalmological techniques for the treatment of elevated IOP. 第一に、分流路、その送出装置、およびそれらの使用方法は、透明角膜を横切る排水システムの設置のために適合され、それによって、結膜下または鞏膜下の排水に付随する困難を回避することである。 First, the divisional channel, the delivery device, and methods for their use are adapted for placement drainage system across the transparent cornea, thereby avoiding the difficulties associated with the drainage under subconjunctival or sclera it is. 第二に、房水の流出は、傷治癒のメカニズムを巻き込むことなく、フィルタシステムによって一定して調節され、そのため、一方で低緊張の危険を、他方で不適切な排水を回避するために、予測可能な流出速度が計算できる。 Secondly, the outflow of aqueous humor, without involving the mechanism of wound healing is regulated by a constant by the filter system, therefore, on the one hand the risk of hypotonic, to avoid improper drainage on the other hand, predictable outflow rate can be calculated. 第三に、フィルタは、細菌の進入を阻止するための制限的な経路を提供する。 Third, the filter provides a restrictive path for preventing the entry of bacteria. 加えて、ヘッドに開口するスリットは、細菌の侵入を阻止するように形状および大きさを定められている。 In addition, a slit which is open to the head is defined a shape and size so as to prevent bacterial invasion. さらに、ヘッド自体は、微生物の癒着を含む細胞の癒着を阻止する材料から組み立てられる。 Further, the head itself is constructed from a material which prevents adhesion of cells containing adhesion of microorganisms. 第四に、装置は、角膜が十分耐性を持つ材料で作られる。 Fourth, the device is made of a material that cornea has sufficient resistance. ヘッドおよびフットは、細胞の癒着を阻止し、装置を覆う瘢痕を抑える一方、本体は、細胞の癒着を促進する材料で作られ、それによって、装置を角膜横断位置に堅固に固着する。 Head and foot, prevents the adhesion of a cell, while suppressing the scars covering the device main body is made of a material that promotes adhesion of cells, thereby firmly anchoring the device to the corneal cross position. 本発明のこれらの、および他の目的、特徴、および長所は、以下の検討および同じ番号が同じ構成要素を表す添付の図面からさらに明らかになる。 These, and other objects, features and advantages of the invention will become more apparent from the following discussion and the accompanying drawings in which like numerals represent like components.
【0017】 [0017]
(詳細な説明) (Detailed description)
図1を参照すると、本発明による分流路10の斜視図を見ることができる。 Referring to FIG. 1, it can be seen a perspective view of a branch passage 10 according to the present invention. 代表的な実施形態において、分流路10は、約0.5ミリメータの外周を備えた約1ミリメータの長さである。 In an exemplary embodiment, the divisional channel 10 has a length of about 1 millimeter with a periphery of about 0.5 millimeters. 本図および以降の図に示される分流路10は、円筒形の構造として示される一方、他の形状の筒状導管も、同じく適切とすることができる。 Branch passage 10 shown in this figure and subsequent figures, while depicted as cylindrical structure, the tubular conduit other shapes can also be similarly suitable. 例えば、分流路10は、より楕円の形状、または、よりレンズ状の形状を想定することができる。 For example, the divisional channel 10 is more oval in shape, or can assume a more lenticular shape. 図1は、分流路10を、その頂部から、または、外観を示す。 1, the branch passage 10, from the top, or shows the appearance. 分流路10は、角膜横断の位置決めのために寸法が適合される。 Shunt path 10, the dimensions are adapted for positioning the corneal cross. ヘッド12は、分流路10が所定の位置にある時に、角膜の外部または上皮組織表面上に配置される。 Head 12, the divisional channel 10 when in the predetermined position, is disposed on the outside or epithelial tissue surface of the cornea. この図に示すように、ヘッド12は、装置から角膜への連続的な遷移表面を提供するためにドーム状であってもよい。 As shown in this figure, the head 12 may be domed to provide a continuous transition surface the cornea from the device. この形状では、患者の瞼が十分に耐性を持つこともできる。 In this configuration, it is also possible with eyelids sufficiently resistant patients. この形状が特に有利に見える一方、ヘッドの他の形状も、同じ利点を提供するために設計することができる。 While this shape looks particularly advantageous, other shapes of the head can also be designed to provide the same advantages. 例えば、丸くなったエッジを備えた最小に突出した平坦なヘッド12は、等しく十分に耐性を持たれることができる。 For example, a flat head 12 that minimize the protrusion having a rounded edge can be no equally well tolerated. 他の適切な設計は、定例的な実験を越えないものを使用して決定することもできる。 Other suitable designs may also be determined using one that does not exceed the regular experimentation. ヘッド12の(図示しない)下面は、装置が設置される角膜表面の形状に一致させるために、平坦または適切に湾曲してもよい。 (Not shown) the lower surface of the head 12, in order to conform to the shape of the corneal surface which apparatus is installed, may be flat or suitably curved. ヘッド12、本体14、およびフット18は、全てがユニットとして一体化して形成することができるか、ヘッド12またはフット18が本体とともに一体化して形成されてもよい。 Head 12, body 14, and the foot 18, or all can be integrally formed as a unit, the head 12 or the foot 18 may be formed integrally with the body. 他の実施形態において、各構成要素は、他の構成要素から分解できる。 In another embodiment, each component can be decomposed by other components.
【0018】 [0018]
共重合体のハイドロキシエチルメタクリレート(HEMA)は、分流路の構成要素の組み立てにおいて使用することができる。 Copolymers of hydroxyethyl methacrylate (HEMA) may be used in the assembly of the components of the shunt path. 一実施形態において、ヘッド12は、組織および細菌の付着を阻止するための滑らかな材料で形成され、高度に水和され、涙に濡れやすい。 In one embodiment, the head 12 is formed of a lubricious material for preventing adhesion of tissue and bacteria, it is highly hydrated, easily wet with tears. ヘッド12は、細胞の癒着を阻止するために、当技術分野においてよく知られているHEMAにメタクリル酸を加えたものなどのHEMAポリマーを含む表面成分を有することができる。 Head 12 may be in order to prevent the adhesion of cells has a surface component comprising a HEMA polymer such plus methacrylic acid well known HEMA in the art. 例として、分流路の容器のために、ポリ2−ヒドロキシエチルメタクリレート(PHEMA)を使用してもよい。 As an example, for a container of the shunt path, poly 2-hydroxyethyl methacrylate (PHEMA) may be used. 一実施形態において、細胞を誘引する組織一体化層コーティングのための基部材料は、HEMAおよびシクロヘキシルメタクリレートを含むことができる。 In one embodiment, the base material for tissue integration layer coating to attract cells can include HEMA and cyclohexyl methacrylate. コンタクトレンズに使用され、重量で少なくとも15%(およびさらに好ましくは、少なくとも20重量%)の平衡水含有量を有する共有結合的に架橋結合されたヒドロゲル、特に、ジ−およびポリヒドロキシ化合物を備えたアクリル酸およびメタクリル酸のエステルの共重合体は、容器の組成に含まれてもよい。 Is used in the contact lens, at least 15% by weight (and more preferably at least 20 wt%) covalently cross-linked hydrogel having an equilibrium water content of, in particular, di - equipped with and polyhydroxy compounds copolymers of acrylic acid and esters of methacrylic acid may be included in the composition of the container. 適切なポリヒドロキシ化合物の例は、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、1,2−プロパンジオール、グリセロール、グリセロールモノアセテート、グルコースなどを含む。 Examples of suitable polyhydroxy compounds include ethylene glycol, diethylene glycol, triethylene glycol, 1,2-propanediol, glycerol, glycerol monoacetate, glucose and the like. このようなエステルは、ビニルピロリジン、アクリル酸とメタクリル酸、アクリルアミド、N−置換アクリルアミド、および当業者には明らかな他の多くの類似する化合物とさらに共重合することができる。 Such esters, vinyl pyrrolidine, acrylic acid and methacrylic acid, acrylamide, N- substituted acrylamide, and can be further copolymerized with apparent many other similar compounds to those skilled in the art. このようなヒドロゲルの多くの特定の化合物は、当技術分野においてよく知られており、その多くが適しており、当業者には、定例の実験を越えないものを使用してすぐに識別される。 Many of the specific compounds of such hydrogels are well known in the art, that are many suitable to those skilled in the art, it is immediately identified using what not exceeding regular experiments . 典型的な架橋物は、上記のジオールのジアクリレートおよびジメタクリレート、およびポリオールである。 Typical crosslinking compounds are diacrylates and dimethacrylates, and polyols of the above diols. 特定の実施形態において、本体14の表面は、架橋結合ポリマー、例えば、HEMAと、アクリルメタクリレート、特に、シクロヘキシルメタクリレートを含む組成、および特に、前記アルキルメタクリレートが、HEMAより高い濃度で使用されている化合物における架橋結合ポリマーを含む組織一体化層を含むことができる。 In certain embodiments, the surface of the body 14, cross-linked polymers, e.g., a HEMA, acrylic methacrylate, in particular, compositions comprising cyclohexyl methacrylate, and in particular, the alkyl methacrylate, the compound used in the higher HEMA concentration it can include tissue integration layer comprising a crosslinked polymer in the. 組織一体化層は、滑らか、パターン付き、または、多孔性でもよい。 Tissue integration layer is smooth, with patterns, or may be porous. 例示的一実施形態において、本発明による分流路は、可逆水和、形状記憶、親水性または疎水性の特性を備えた限局性表面領域、異なった水和特性を備えた限局性表面、および異なった細胞癒着特性を有する限局性表面を含む特定の物理的特性によって特徴付けられる。 In an exemplary embodiment, the divisional channel according to the invention, the reversible hydration, shape memory, hydrophilic or localized surface regions with hydrophobic character, localized surface having a different hydration characteristics, and different It was characterized by specific physical characteristics including localized surface having cell adhesion properties.
【0019】 [0019]
細菌の侵入は、ヘッド12を横切るスリット22によってさらに阻止される。 Bacterial invasion is further prevented by a slit 22 across the head 12. スリット22は、透明角膜上に流れ、それによって、涙の薄い層に進入するために分流路を通過した房水の流出を可能にする。 Slit 22 flows on the transparent cornea, thereby allowing the outflow of aqueous humor which has passed through the branch passage to enter the thin layer of tears. 本図に描くスリット22が単一の長い開口部である一方、他のスリット構成も、房水の流出および細菌侵入の制限に有利に備えることができることが理解される。 While the slit 22 to draw in the figure is a single long opening, the other slit configurations are also, it is understood that it can comprise advantageously a restriction of the outflow of aqueous humor and bacterial invasion. 例えば、複数の小さなスリットのパターンを設計することができる。 For example, it is possible to design a pattern of a plurality of small slits. または、例えば、スリットまたは一連のスリットは、本図が描くより短く、丸くてもよい。 Or, for example, slits or series of slits is less than the figure is drawn, may be rounded. 他のスリット構成は、当業者によってすぐに推測できる。 Other slit configurations can be inferred immediately by those skilled in the art.
【0020】 [0020]
フット18は、ヘッド12と類似の材料から作ることができる。 Foot 18, can be made with the head 12 from the similar materials. 本図は、角膜の内側または内皮の表面と接触するために適合されたフット18の頂部または外側の表面を示す。 This figure shows an adapted top or outer surface of the foot 18 in order to contact with the inner or endothelial surface of the cornea. 示すように、フット18は平坦でもよく、または、それが接触する角膜表面の形状に一致させるために湾曲してもよい。 As shown, the foot 18 may be flat, or it may be curved to match the shape of the corneal surface in contact. さらに、フット18は、角膜を介した挿入を促進するために、傾斜しているか、切頭円錐形でよい。 Furthermore, the foot 18, to facilitate insertion through the cornea, or inclined, or frustoconical. 描く実施形態において、フット18は本体14より幅広い。 In the embodiment drawn, foot 18 is wider than the main body 14. フット18の(図示しない)内側表面は、房水が分流路10に進入する開口部を備える。 (Not shown) the inside surface of the foot 18 is provided with an opening through which aqueous humor enters the branch passage 10. フット18の上記その他の特徴は他の図に示す。 These and other features of the foot 18 are shown in other figures.
【0021】 [0021]
図1をさらに参照すると、分流路10の本体14は、ヘッド12とフット18との間に設置され、これらと接続される。 Still referring to FIG. 1, the body 14 of the branch passage 10 is disposed between the head 12 and foot 18 are connected to these. 本体18は、固いHEMAポリマーから作ることができ、細胞癒着を促進するように機能するHEMAおよびシクロヘキシルメタクリレートの共重合体などのヒドロゲルでコーティングされる。 Body 18, hard it can be made from HEMA polymer, is coated with a hydrogel, such as a copolymer of HEMA and cyclohexyl methacrylate function to promote cell adhesion. 本体18のコーティング20は、組織の固着を受け入れ、そのため、本体18は、所定の位置に堅固に固定される。 Coating 20 of the body 18, accepts the fixation tissue, therefore, the body 18 is firmly fixed in position. この特徴は、分流路10が、その場での動きおよび移動を阻止することを可能にする。 This feature shunt path 10, possible to prevent movement and migration in situ. さらに、この特徴は、分流路10が設置されている角膜横断チャネルに沿った細菌の内部への成長を防止するために機能する。 Furthermore, this feature serves to prevent ingrowth of bacteria along the corneal cross channel branch passage 10 is provided. 組織の内方成長および細胞の固着をさらに促進するために、本体18のコーティング20は、特定の組織形成、粗面化、または、パターンを持つ不規則さの導入などの表面改変を施すことができる。 To further facilitate fixation of the ingrowth and cell tissue, the coating 20 of the body 18, a specific tissue formation, roughening, or be subjected to surface modification such as introduction of irregularity with patterns it can. 本体14上への細胞癒着を促進するHEMAポリマーと、ヘッド12およびフット18上への細胞癒着を阻止するHEMAポリマーとの組み合わせは、分流路10が、本体14が通過する角膜と堅固に固着すること、および同じく、潜在的なその後の侵入を伴う細菌のヘッド12への付着を阻止することの双方を可能にする。 The combination of the HEMA polymer to promote cell adhesion to the upper body 14, a HEMA polymer to inhibit cell adhesion to the head 12 and the foot 18 above, the divisional channel 10, firmly fixed and cornea body 14 passes it, and also allows both to prevent any potential adhesion subsequent to the bacterial head 12 with penetration.
【0022】 [0022]
HEMAで作られた装置に対して、眼が十分に耐性を持つことが当技術分野において理解されている。 The apparatus made of HEMA, eye that has a sufficiently resistant is understood in the art. 加えて、HEMAなどの脱水したポリマーから作られた装置は、小さな切り込みを介した植込みのために、脱水して小さなサイズに縮小することができる。 In addition, dehydrated devices made from polymers such as HEMA is for implantation through a small incision, can be reduced to a smaller size by dehydration. この特徴は、最小の組織破壊で、案内孔または類似の小さな接触経路を介した分流路の挿入を促進することができる。 This feature, with minimal tissue destruction, it is possible to facilitate insertion of the shunt path through the guide hole or similar small contact path. 本発明による脱水された分流路10が適切に設置された後、分流路10は、周囲の組織から水分を吸収し、所定のサイズに膨張する。 After divisional channel 10 which is dehydrated according to the present invention is properly installed, the divisional channel 10 absorbs moisture from the surrounding tissue, expanded to a predetermined size. ヒドロゲルの特定の処方によっては、脱水の程度を変えることも可能である。 Depending on the particular formulation of the hydrogel, it is also possible to vary the degree of dehydration. 例え、脱水がサイズを少ししか縮小しないとしても、それは植込みを促進する。 Even if dehydration is not reduced only a little size, which facilitates implantation. さらに、脱水された装置をその角膜横断位置に植込むこと、およびそれが水分を吸収し、それによって、膨張することを可能にすることは、意図された位置に強固に適合することを確保する。 Furthermore, the implanting the dehydrated device for the cornea transverse position, and it absorbs moisture, thereby allowing the expansion, ensuring that firmly fit the intended position .
【0023】 [0023]
図2は、底部または内部面から見た分流路10の斜視図を示す。 Figure 2 shows a perspective view of a branch passage 10 as viewed from the bottom or inner surface. 描く実施形態において、分流路10が解剖学的に設置された時、フット18は、角膜の内部面または内皮上に置かれ、前房内に突き出す。 In the embodiment drawn, when the shunt path 10 is installed anatomically, foot 18 is placed on an inner surface or on endothelial corneal, projects into the anterior chamber. 本図においては、本体14およびヘッド12も見られる。 In this figure, main body 14 and the head 12 can also be seen. 分流路10には、ヘッドの下方に接近するために、フット18および本体14を介して通過するチャネル24が設けられる。 The shunt path 10, in order to approach the lower head, the channel 24 is provided which passes through the foot 18 and the body 14. 前の図に示すように、ヘッド12上の(図示しない)スリットは、チャネル24を介して流れた房水の外出を可能にする。 As shown in the previous figure, the head 12 on (not shown) slits allows the out of aqueous humor flowing through the channel 24. フィルタ28は、前房から眼の外部面への房水の流れを調節し、細菌の通過を妨害するためにチャネル24を介した抵抗の多い経路を提供する。 Filter 28 regulates the flow of aqueous humor from the anterior chamber to the exterior surface of the eye, providing resistance-rich path through the channel 24 to prevent the passage of bacteria. 1つの実施形態において、フィルタ28はチタンで作ることができる。 In one embodiment, the filter 28 can be made of titanium. セラミックおよびポリマーなどの他の材料も、同じく、フィルタ28に適する。 Other materials, such as ceramics and polymers are also well suited to the filter 28. 特定の実施形態において、フィルタ28は、本体14のチャネル24内に詰め込める。 In certain embodiments, the filter 28 is cram within the channel 24 of the body 14. フィルタ28は、分流路10の恒久的要素を形成することを意図することもできる。 Filter 28 may also be intended to form a permanent element of the branch passage 10. 代案として、フィルタ28は、チャネル24への接触が分流路10の角膜横断位置を妨害することなく設けられる実施形態においては、除去可能であり、交換可能とすることもできる。 Alternatively, filter 28, in the embodiment provided without contact with the channel 24 interferes with the corneal cross position of the shunt path 10 is removable, it may be a replaceable. 例えば、除去可能なヘッド12は、除去および交換ができるようにフィルタ28に接触することを可能にしてもよい。 For example, head 12 can be removed, it may be possible to contact the filter 28 to allow removal and replacement. 他の例として、ヘッド12には、ヘッド12の位置を妨害することなく、フィルタ28への接触が可能であるように位置する(図示しない)接触ポートを設けてもよい。 As another example, the head 12, without disturbing the position of the head 12, contact with the filter 28 is positioned so that it can (not shown) may be provided in contact port. この接触ポート、およびそのヘッド12への装着は、特定の実施形態において、既に説明したスリットシステムと一体化できる。 The contact port, and attachment to the head 12, in certain embodiments, be integrated with a slit system already described. 当業者には、他の構成もすぐに推測することができる。 Those skilled in the art can also be inferred immediately other configurations. フィルタは、堅牢な筐体に収容してもよい。 Filters may be housed in a rugged enclosure. この筐体は、組織一体化層が本体14の所定の位置に固定された後、眼内での容器の固定を妨害することなく、分流路本体14から挿入され、除去されることができる。 The housing, after tissue integration layer is fixed at a predetermined position of the body 14, without disturbing the fixation of the container in the eye, is inserted from the branch passage body 14 can be removed.
【0024】 [0024]
図2に示すように、フィルタ28は、圧入によってチャネル24内部に挿入される円筒として組み立ててもよい。 As shown in FIG. 2, the filter 28 may be assembled as a cylinder is inserted into the channel 24 by press-fitting. 示す実施形態において、チャネル24は、滑らかな壁30を有する。 In the embodiment shown, channel 24 has a smooth wall 30. 約0.02×0.02インチの寸法を持つフィルタ28は、チャネル24内に堅固に固定されるために、これの壁に接触する。 Filter 28 having dimensions of about 0.02 × 0.02 inch, in order to be firmly secured within the channel 24, in contact therewith a wall. 描くフィルタ28は、約0.5ミクロンの孔サイズを持つ孔のネットワークを含む。 Draw filter 28 includes a network of pores with pore size of about 0.5 microns. 孔のサイズは、流体の流速を毎分約2マイクロリッタに制御するために寸法が適合されている。 The pore size dimensions in order to control the per minute 2 microliters fluid flow rates are adapted. 流れに適切な抵抗を与えるように孔のサイズと流路の長さを製作することによって得られるこの流速は、緑内障に関連する過剰な眼内圧を低下するために十分である一方、眼の低緊張を防止する。 The flow rate obtained by fabricating the length size and the flow path of the hole to provide adequate resistance to flow, while is sufficient to reduce the excessive intraocular pressure associated with glaucoma, ocular low to prevent tension. 孔のサイズおよび流れの長さの既に説明した構成が、本発明のシステムに特に有利に見える一方、孔のサイズおよび流れの長さの他の構成も適することが理解される。 Components already described size and flow length of the hole, while the look particularly advantageous in the system of the present invention, it is understood that also suitable other configurations of size and flow length of the hole. 金属、セラミック、または、ポリマーの水圧特性が変化すること、およびこれらの物質から作られたフィルタの仕様も同様に変化する一方、一貫した、予測可能な、かつ、病理生理学的に望ましい房水の流出速度を提供する一方、微生物の逆行通過を妨害するいかなるフィルタの意図を以って、本発明の範囲内にまだ該当することがさらに理解される。 Metal, ceramic, or the pressure characteristics of the polymer is changed, and while changes in the same manner also the specification of filters made from these materials, a consistent, predictable, and pathophysiological desirable aqueous humor while providing the outflow speed, drives out the intent of any filter that interfere with retrograde passage of microorganisms, it is further understood that still applicable within the scope of the present invention.
【0025】 [0025]
図3は、本発明による分流路10を断面で示す。 Figure 3 shows a branch passage 10 according to the invention in cross-section. 本図は、前房からチャネル24を介して本体14を通過し、ヘッド12内のスリット22を介して排水するための房水のための流体経路を示す。 This figure, before the bunch through channel 24 passes through the body 14, showing a fluid path for aqueous humor for draining through the slit 22 in the head 12. 本図は、全てがユニットとして一体化されて製作されたヘッド12、本体14、およびフット18を示す。 This figure, all heads 12 are manufactured are integrated as a unit, showing the body 14, and a foot 18. 本図は、ヘッド12を貫通する単一の直線スリット22も示す。 The figure shows a single linear slit 22 passing through the head 12 also. 描くスリット22は、軸方向にヘッド12を通じて延びる。 Slit 22 to draw extends through the head 12 in the axial direction. 他のスリット構成も、同様に推測できる。 Other slit configurations may likewise be inferred. 例えば、不規則なスリット経路が設けることができる。 For example, it is possible to irregular slit paths provided. 複数のスリットまたはスリットの組み合わせ、および他の形状を持つ穿孔も同様に設けることができる。 The combination of a plurality of slits or slits, and even perforation with other shapes can be provided as well. 本図において、不規則な表面を備えたコーティング20が、本体14の外側の面に施されている。 In the figure, the coating 20 with an irregular surface, is subjected to the outer surface of the body 14. フィルタ28は、チャネル24の内部に堅固に設置され、示される。 Filter 28 is rigidly mounted inside the channel 24, is shown. 本図に示すように、フィルタ28は、チャネル24の中央部分を占有する。 As shown in the figure, the filter 28 occupies the central portion of the channel 24. フィルタ28の他の位置も、同様に適するようにできる。 Another position of the filter 28 can also be as equally suitable. 例えば、フィルタ28は、本図に示すより近位にまたは遠位に設置することができる。 For example, the filter 28 can be placed proximally than shown in the figure or distally.
【0026】 [0026]
図4は、角膜104を横切る解剖的位置にある分流路10を備えた解剖的断面を示す。 Figure 4 shows the anatomical cross-section with a branch passage 10 which is in anatomical locations across the cornea 104. 既に説明したように、描く実施形態の表面は、異なった特性、特に、上記に説明したように、細胞癒着または蛋白質の堆積を阻止する表面を備え、細胞癒着を誘引する表面を備えた異なった特性を備えた異なった材料から作ることができる。 As already described, the surface of the embodiment drawn, different characteristics, in particular, as described above, comprises a surface that prevents the deposition of cell adhesion or proteins differed with a surface to attract cells adhesion characteristics can be made from different materials with. 装置のヘッド12は、角膜表面118上に載っている。 Head 12 of the device rests on the corneal surface 118. 分流路10には、前房108内部の流体が、透明角膜104を横切って眼の外部表面に流れることを可能にする、分流路10を通じる通路が設けられる。 The shunt path 10, anterior chamber 108 inside the fluid is permitted to flow to the outside surface of the eye across the transparent cornea 104, passage is provided which communicates the branch passage 10. 分流路10の内部通路に進入する流体は、続いて、装置に進入し、外部角膜表面118上に流れ、ここから、流体は涙の薄層と混合する。 Fluid entering the internal passage of the branch passage 10, subsequently, enters the device, flows over outer corneal surface 118, from which the fluid is mixed with tears thin layer. 本図は、外部角膜表面118と接触している分流路10のヘッド12を示す。 This figure shows the head 12 of the branch passage 10 in contact with the outer corneal surface 118. 本図は、内部角膜表面122と接触しているフット18を示すが、このような接触は、申し分なく設置するためには必要ではない。 The figure shows a foot 18 in contact with the inner corneal surface 122, such contact is not required for installation alright. 代表的な設置において、本発明の分流路10は、透明角膜の上部面に配置し、薄目の間に上瞼によって覆われてもよい。 In a typical installation, the divisional channel 10 of the present invention disposed on the upper surface of the transparent cornea, may be covered by the upper eyelid during thin. 本発明による分流路10の実施形態は、外部角膜表面118上の涙の薄層と前房108との間の角膜間質にわたるように構成することもできる。 Embodiment of the flow path 10 according to the present invention can also be configured to span the corneal stroma between the thin layer and the anterior chamber 108 tears on the external surface of the cornea 118. 特定の実施形態において、分流路10は、少なくとも以下の構成要素、(a)ヒドロゲルから作られ、間質組織と直接接触している外部表面を有する本体14、(b)角膜から突出し、涙の薄層と接触し、(図示しない)瞼の内部面と少なくとも断続的に接触している外部表面を有するヘッド12、(c)前房108内に突出するフット18を含むことができる。 In certain embodiments, the divisional channel 10, at least the following components, (a) is made from a hydrogel, the body 14 having the stromal tissue in direct contact with that outer surface, the protruding, tears (b) Corneal in contact with the thin layer may include a head 12, a foot 18 protruding (c) the anterior chamber 108 having an outer surface in at least intermittent contact with (not shown) inside surface of the eyelid. 述べる実施形態において、本体14の少なくとも外部表面およびヘッド12は、細胞癒着および水分への濡れやすさに関して、異なった特性を有する。 In the described embodiment, at least the outer surface and the head 12 of the body 14, with respect to wettability of the cell adhesion and moisture, they have different characteristics. 特に好ましい実施形態において、ヘッド12の外部表面は細胞に反癒着性を持ち、涙に非常に濡れやすく、高度に脱水されているが、本体14の外部表面は、脱水が少なく、細胞に対して高度に癒着性を持つ。 In a particularly preferred embodiment, the outer surface of the head 12 has an anti-adhesion to the cells, very easy to wet with tears, it has been highly dehydrated, the outer surface of the body 14 is less dehydration, to cells highly with the adhesion. 図4は、他の解剖的構造も模式的に示す。 4, other anatomical structures shown schematically. レンズ100は、後房102から前房108を分けて示す。 Lens 100 is shown divided into anterior chamber 108 from the posterior chamber 102. レンズ100の横は、毛様体112の毛様体突起114であり、この構造体は、房水の生産に責任を負う。 Next to the lens 100 is the ciliary 114 of the ciliary body 112, the structure is responsible for the production of aqueous humor. レンズ100の前は、虹彩120である。 Front of the lens 100 is the iris 120.
【0027】 [0027]
図5は、本発明による分流路10の実施形態を模式的に示す。 Figure 5 is an embodiment of the branch passage 10 according to the invention is shown schematically. 描く実施形態において、本体14を、直径が約0.017〜0.018インチのチャネル24が横切る。 In the embodiment drawn, the main body 14, across the channel 24 of about 0.017 to 0.018 inches in diameter. 描く実施形態において、チャネル24は、長さが約0.048インチである。 In the embodiment drawn, the channel 24 is approximately 0.048 inches long. フィルタ28は、チャネル24の内部に示す。 Filter 28 shows the inside of the channel 24. フィルタ28は、垂直方向の高さが約0.020インチである。 Filter 28, the vertical height is about 0.020 inches. フィルタが、細菌、ウイルス、カビ、およびそれらの胞子を保持するように構成することは有利である。 Filter, it is advantageous to configure to hold bacteria, viruses, fungi, and their spores. フット18は、角膜を横切る分流路10の挿入を促進するために、傾斜したエッジ16を有するように示す。 Foot 18, to facilitate insertion of the shunt path 10 across the cornea, shown as having an edge 16 which is inclined. 本図に描く傾斜エッジ16は、約0.008インチの距離を経た45度での斜視図である。 Inclined edge 16 to draw in the drawing is a perspective view at 45 degrees through the distance about 0.008 inches. フット18は、約0.013インチの垂直方向の全体的な高さを有することができる。 Foot 18 may have an overall height in the vertical direction of about 0.013 inches. フット18の他のサイズおよび形状は、角膜を横切る分流路10の挿入を促進する一方、フット18が、前房の内部に適切に設置されたまま残ることを可能にすることが推測できる。 Other sizes and shapes of the foot 18, while facilitating the insertion of the branch passage 10 across the cornea, foot 18 can be inferred that allows the remain is properly installed in the anterior chamber. 例えば、フット18には、脱水でこれのサイズを最小に抑え、再水和で大きく膨張する折り畳み、または、ひだ付き構造を設けることもできる。 For example, the foot 18, minimizes this size dehydration, folding expands greatly rehydration, or can be provided with a pleated structure. 他の実施形態において、フット18は、その挿入を促進するために折り畳むことができる切頭円錐形状、または、反転した切頭円錐形状を有することができる。 In other embodiments, the foot 18 is frusto can be folded to facilitate the insertion or, may have a frustoconical shape which is inverted. 特定の実施形態において、フット18は、本図に示すように、本体14より大きい。 In certain embodiments, the foot 18, as shown in the figure, a larger body 14. 本図に示すフィルタ28がチャネル24の遠位の端部に位置する一方、フィルタ28のための他の位置も本発明と矛盾しない。 While filter 28 shown in the figure is positioned at the distal end of the channel 24, not inconsistent with the present invention are other positions for the filter 28. 例えば、フィルタ28は、チャネル24にさらに近付いて設置することができるか、または、チャネル内に設置されて占有することができるか、フィルタ28がチャネル24の実質的に全てを占有することを可能にするために十分な孔のサイズと流体経路の長さで製作することもできる。 For example, filter 28, it can be placed further closer to the channel 24, or, it can be occupied is installed in a channel, allowing the filter 28 occupies substantially all of the channels 24 It may be made of a sufficient length of pore size and fluid path to the.
【0028】 [0028]
特定の実施形態において、本発明による分流路10は、小さな切り込みを介した挿入に適した変形された形状に変化することができ、水和または体温に応じて所定の形状に戻る形状記憶ポリマーから形成することができる。 In certain embodiments, the divisional channel 10 according to the present invention, a small incision can be changed deformed shape for insertion through a return to a predetermined shape in response to hydration or body temperature shape memory polymer it can be formed. 例えば、室温より高く、好ましくは体温に近い軟化温度Tsを備えた部分的脱水の状態にある分流路10は、当初、到達用切り込み(例えば、スリット、切除、刺し傷、または、当業者が熟知している他のいかなる到達用切り込み)を介して、角膜横断位置に挿入することができ、続いて、再水和および温度上昇の際に、所定のサイズおよび形状となるために膨張する。 For example, higher than room temperature, preferably branch passage 10 in a state of partial dehydration having a softening temperature Ts close to body temperature, initially cut for reaching (e.g., slit, cut, puncture, or, those skilled in the art familiar through to other cuts for any arrival are), can be inserted into the cornea transverse position, subsequently, upon re-hydration and temperature increase, it expands to a predetermined size and shape.
【0029】 [0029]
本発明による分流路を製造するための方法は、使い捨ての鋳型で、または、硬化可能な組成として施されている組織一体化層を機械加工することによるものを含む。 The method for producing a branch passage according to the invention comprises a disposable mold, or, as by machining the tissue integration layer which is applied as a curable composition. 例えば、角膜インプラントまたは分流路は、所定の形状にされたダイを使用して、刻印によって形成される空洞を備えた単一の部分シリコン鋳型内で、HEMA、メタクリル酸、ジメタクリレート架橋物、およびフリーラジカル反応開始剤の混合物から鋳造することができる。 For example, corneal implants or shunt path, using a die which is in a predetermined shape, in a single part silicone mold having a cavity formed by a stamped, HEMA, methacrylic acid, dimethacrylate crosslinked product, and It may be cast from a mixture of free radical initiator. 代案として、角膜インプラントまたは分流路は機械加工することができ、続いて、分流路の外部表面に組織一体化層を施すことができる。 Alternatively, a corneal implant or shunt path can be machined subsequently, may be subjected to tissue integration layer on the outer surface of the branch passage. 組織一体化層は、HEMAと、アルキルメタクリレート、モノマHEMA、ジメタクリレート架橋物、フリーラジカル反応開始剤、および揮発性溶剤の共重合体を含む硬化可能な組成である。 Tissue integration layer includes a HEMA, alkyl methacrylates, monomers HEMA, dimethacrylate crosslinked product, a curable composition comprising a free radical initiator, and a copolymer of a volatile solvent. これらのシステムおよび方法による角膜インプラントまたは分流路を製造するための他の方法は、関連技術分野の当業者によってすぐに識別できる。 Other methods for producing the corneal implant or shunt path by these systems and methods can be identified immediately by those skilled in the relevant art.
【0030】 [0030]
本発明のシステムおよび方法は、分流路または他の排水装置を保持する、分流路または排水装置を角膜に隣接する所定の位置に設置する、および角膜横断位置を占有するように分流路または排水装置を角膜表面を横切って挿入するために適合された送出装置を有利に採用することができる。 The system and method of the present invention, the divisional channel or holding other drainage device, a branch passage or drainage device is installed in a predetermined position adjacent to the cornea, and the divisional channel or drain device to occupy corneal cross position the may be advantageously employed the adapted delivery device to insert across the corneal surface. 特定の実施形態において、送出装置は、分流路を解放可能に保持するため、および角膜の外部表面を介した挿入のために分流路を設置するために適合された挿入先端部を含むことができ、近位位置から遠位位置へ滑動可能挿入器であって、挿入器を近位位置から遠位位置へ滑動させることが、分流路を挿入先端部から押し退け、角膜の外部表面を介して角膜横断位置に分流路を促進する挿入器をさらに含むことができる。 In certain embodiments, delivery device for releasably holding the shunt path, and insertion tip adapted to install the shunt path can include for insertion through an external surface of the cornea , a proximal slidable inserter from the position to the distal position, thereby sliding the inserter from the proximal position to the distal position, pushing the shunt path from the insertion tip, through the outer surface of the cornea cornea It may further include an insertion instrument to facilitate the branch passage in the transverse position. 有利に、案内孔または他の小さな到達用傷は、所定の角膜横断位置に装置を送出するために送出システムが使用される時に抵抗を低減するために、分流路または排水装置を挿入する前に、角膜表面内に作ることができるか、または、角膜間質内またはこれを介して延ばすことができる。 Advantageously, the guide holes or other small arrival for wounds, in order to reduce the resistance when the delivery system is used to deliver a device to a predetermined corneal cross position, before inserting the branch passage or drainage device , or it can be made in the cornea surface, or may extend within the cornea stroma or through this. 本発明による送出システムは、特定の実施形態において、分流路が適切に設置されたことを手術者に示すために適合することができる。 Delivery system according to the present invention can in certain embodiments, be adapted to indicate to the operator that the shunt path is properly installed.
【0031】 [0031]
図6Aは、本発明による分流路を角膜横断位置に挿入するために適した送出装置200を示す。 6A is a branch passage according to the present invention showing the delivery device 200 suitable for insertion into the cornea transverse position. 本図に描く送出装置200は、近位の長いシャフト206、グリップ領域210、滑動可能先端部分を含む挿入器212、および挿入器先端部214を備えた人間工学的デザインを有する。 Delivery device 200 to draw in the drawing, has an ergonomic design with inserter 212 and inserter tip 214 comprises a long shaft 206, a grip region 210, slidable tip portion of the proximal. シャフト206およびグリップ領域210は、本体筐体202から形成され、好ましくは、軽量プラスチック材料から作られる。 Shaft 206 and grip region 210 is formed of a main housing 202, preferably made of a lightweight plastic material. 送出装置200の前方部分は、内部で滑動可能先端部分212が前方および後方に移動できる中空の遠位筐体226を含む。 Forward portion of the delivery device 200 includes a hollow distal housing 226 slidably tip portion 212 within the can move forward and backward. グリップ領域210は、間で送出装置200が鉛筆のような握り方で把握され、シャフト206が手術者の第一指間膜の背側の空間に載ることを可能にする近位の隆起204および遠位の隆起208を特徴とする。 Grip region 210, the transmission device 200 is grasped by the gripping hand like a pencil between the raised proximal that allows the shaft 206 rests on the back side of the space of the first interdigital membranes operator 204 and the distal ridge 208 is characterized. 鉛筆のような握り方は、挿入先端部214を精密に案内するために特に適するが、他のタイプのグリップ部も、手術者の裁量で装置200のために利用可能である。 Grip way as a pencil is particularly suitable for precisely guide the insertion tip 214, the grip portion of the other types are also available for device 200 at the discretion of the operator. 挿入先端部214の遠位端部には、(図示しない)分流路を配置することができる挿入開口部218がある。 The distal end of the insertion tip 214, the insertion opening 218 can be disposed shunt path (not shown).
【0032】 [0032]
図6Bは、前方に進められた滑動可能先端部分212を備えた本発明による送出装置200の遠位部分の断面を示す。 6B shows a cross section of a distal portion of the delivery device 200 according to the present invention with a slidable tip portion 212 that is advanced forward. 滑動可能先端部分212は、固定されたプランジャ220に沿って軸方向に滑動する。 Slidable tip portion 212 slides axially along a fixed plunger 220. 図6Bは、遠位筐体226内のプランジャ220の固定位置に比較して前方の位置にある滑動可能先端部分212を示す。 6B shows the slidable tip portion 212 located at the forward position as compared to the fixed position of the plunger 220 in the distal housing 226. この位置において、プランジャの遠位端部230と、分流路10を解放可能に保持するために寸法が適合された挿入頂部214の内部の挿入開口部218との間に小室が形成される。 In this position, the distal end 230 of the plunger, chamber is formed between the inside of the insertion opening 218 of the insertion top 214 dimensions adapted for releasably holding the branch passage 10. 本図において、分流路10は、挿入開口部218のちょうど内部に、滑動可能先端部分212の挿入先端部214の内部に位置して見られる。 In the figure, the divisional channel 10, just inside the insertion opening 218, seen positioned within the insertion tip 214 of the slidable tip portion 212. 本図において、先端部分212の遠位端部における挿入先端部214は、角膜228の表面と接触して示す。 In the figure, the insertion tip 214 at the distal end of the tip section 212, shown in contact with the surface of the cornea 228. このように設置されたため、分流路10の前方面は、遠位挿入先端部214と概略同じ高さに据えられ、分流路10の後方面は、プランジャ220の遠位端部230に対して隣接する。 Since the thus installed, the front face of the branch passage 10 is seated on the distal insertion tip 214 and approximately the same height, the rear surface of the branch passage 10, adjacent to the distal end 230 of the plunger 220 to. この位置において、さらに、滑動可能先端部分212の背面端部228の後方、かつ、固定された逆転防止部224の前方に、後方チャンバ222が、形成される。 In this position, further, the rear of the rear end portion 228 of the slidable tip portion 212 and, in front of a fixed backstop 224, the rear chamber 222 is formed. この後方チャンバ222は、後方に向けられた力によって滑動可能先端部分212が押されることができる空間を提供する。 The rear chamber 222 provides a space that can be slidable tip portion 212 by a force directed rearward is pressed. このような後方に向けられた力は、送出装置ユニット200の遠位挿入先端部214が角膜の表面228に接触して、手術者が送出装置ユニット200を前方に進めた時に、滑動可能先端部分212に対してかけることができる。 The force is that directed to such backward, when the distal insertion tip 214 of the delivery device unit 200 is in contact with the surface 228 of the cornea, the operator has proceeded delivery device unit 200 forward, slidable tip portion it can be applied to the 212. 角膜の表面228は、遠位挿入先端部214の前方への動きに抵抗し、滑動可能先端部分212を後方に強制する。 Surface 228 of the cornea resists forward movement of the distal insertion tip 214, forcing the slidable tip portion 212 to the rear. 逆に、プランジャ220の位置は、送出装置200の内部に固定される。 Conversely, the position of the plunger 220 is fixed inside the delivery device 200. したがって、滑動可能先端部分212が相対的に後方に強制されるにつれ、プランジャ220は、手術者の手の中の送出装置200の継続的な前進によって相対的に前方に推進される。 Therefore, as the slidable tip portion 212 is forced relatively backward, the plunger 220 is propelled forward relative the continuous advancement of the delivery device 200 in the operator's hand. プランジャ220、およびプランジャ220の遠位端部230と接触している分流路10は、分流路が、角膜の表面228を通過してその角膜横断位置に促進されるように、前方への移動を続ける。 Plunger 220, and branch passage 10 in contact with the distal end 230 of the plunger 220, shunt path, as promoted the cornea transverse position past the surface 228 of the cornea, the forward movement to continue. 角膜の表面228を介した分流路10の通過は、(図示しない)分流路のフットが進入できる小さな挿入部位または案内孔を設けることによって促進することができる。 Passage of the branch passage 10 via the surface 228 of the cornea can be promoted by providing a small insertion site or guide holes may enter it (not shown) foot of the shunt path. 滑動チャンバ222の軸方向の長さは、分流路10の長さと概略同じでよい。 The axial length of the sliding chamber 222 may be the length and outline of the branch passage 10 the same. この設計は、分流路10を眼の中に深く押し込み過ぎることを低減する。 This design, the branch passage 10 to reduce the too push deeper into the eye.
【0033】 [0033]
滑動可能先端部分212の後方変位の程度は、図6Cに見られる。 The extent of rearward displacement of the slidable tip portion 212, seen in FIG. 6C. 本図において、挿入先端部214は、遠位筐体226に対して遠位に目視でき、滑動可能先端部分212は、遠位筐体226内に近位に押し込まれている。 In the figure, the insertion tip 214 can visually distal to the distal housing 226, slidable tip portion 212 is pushed proximally within the distal housing 226. 本図は、遠位挿入先端部214の挿入開口部218を介して目視できるプランジャの遠位端部230も示し、滑動可能先端部分212が完全に後方に押された時に、プランジャの遠位端部230が、挿入先端部214の遠位端部と概略接触することができることを示唆する。 This figure also shows the distal end 230 of the plunger visible through the insertion opening 218 of the distal insertion tip 214, when the slidable tip portion 212 is completely pushed to the rear, distal end of the plunger part 230, suggests that it is possible to distal end and schematic contact insertion tip 214.
【0034】 [0034]
図6Dは、分流路10が、角膜間質232を横切ってその角膜横断位置を占有するために、角膜表面を介して押された時の送出装置構造の位置を断面で示す。 Figure 6D shunt path 10, in order to occupy the corneal cross position across the corneal stroma 232, indicating the position of the delivery apparatus structure when pushed through the corneal surface in cross section. 滑動可能先端部分212は、その完全な後方位置にあり、その背面端部228は、プランジャの逆転防止部224に接触している。 Slidable tip portion 212 is in its fully rearward position, the rear end portion 228 is in contact with the backstop portion 224 of the plunger. プランジャ220自体は、遠位筐体226の内部で移動できない。 The plunger 220 itself can not move within the distal housing 226. 代わりに、創出装置200の前進は、滑動可能先端部分212を、プランジャ220に比較して後方に押している。 Alternatively, advancement of creation device 200, the slidable tip portion 212 is pushed rearwardly relative to the plunger 220. プランジャの遠位端部230と接触したままである分流路10は、これによって、角膜表面228を介して、有利には案内孔または切り込みまたは挿入部位を介してその角膜横断位置を占めるように促進される。 Shunt path 10 remains in contact with the distal end 230 of the plunger, whereby, through the corneal surface 228, facilitating advantageously to occupy its corneal cross position through the guide hole or notch or insertion site It is. 送出装置200に対するさらなる前方に向けられた圧力は、もはや移動可能でない滑動可能先端部分212の遠位挿入先端部214が、角膜表面228に対して押すにつれ、抵抗を受ける。 The pressure directed to the further forward relative to the delivery device 200 includes a distal insertion tip 214 of the slidable tip portion 212 no longer can move, as the press against the surface of the cornea 228, resisted. この抵抗に遭遇して、手術者は、それ以上圧力を加えないことを知る。 Encountering the resistance, the operator knows that without the addition of further pressure.
【0035】 [0035]
分流路10が正しく設置されたことを手術者に知らせるために、他のメカニズムも推測することができる。 To inform the operator that the shunt path 10 is properly installed, other mechanisms can also be inferred. 例えば、後房222には、滑動可能先端部分212が後方に完全に移動された時に、滑動可能先端部分212上の相関的構造と嵌合する(図示しない)刻み目またはタブを装備することができる。 For example, the posterior chamber 222, can be slidably tip portion 212 when fully moved backward, correlated structure and fitting on the slidable tip portion 212 (not shown) equipped with notches or tabs . これらの互いに嵌合された構造の係合は可聴かつ可触知のクリックを発生し、滑動可能先端部分212の完全な後方移動、およびしたがって、分流路10の完全な前方設置が行われたことを手術者に知らせることができる。 The engagement of these interdigitated structure generates a click audible and variable tactile, full rearward movement of the slidable tip portion 212, and therefore, that the complete front installation of the shunt path 10 is performed it is possible to inform the operator. 嵌合された構造の係合は恒久的にすることができ、そのため、滑動可能先端部分はその前方位置に戻ることができないか、または、係合は、ラッチ、ボタン、または、類似のメカニズムによって解放可能にすることができる。 The engagement of the engaged structures can be permanent, therefore, whether the slidable tip portion can not be returned to its forward position, or, engaging the latch, button, or by similar mechanisms it is possible to allow release. 分流路の位置について手術者に信号を発するための他の同等な構造は、当業者によってすぐに推測できる。 Other equivalent structures for emitting a signal to the operator for the location of the shunt path can be inferred immediately by those skilled in the art. 特定の実施形態において、滑動可能先端部分212全体または挿入先端部214は透明な材料で作ることができる一方、プランジャは、不透明または明るい色彩の材料から作ることができる。 In certain embodiments, one slidable tip portion 212 all or insertion tip 214 which may be made of a transparent material, the plunger can be made from opaque or brightly-colored material. この係合は、これらの構造の互いに関する相対位置を手術者が容易に感知することを可能にすることができる。 This engagement may allow that a relative position with respect to each other of these structures operator easily sensed. 代案として、遠位構造の全ては、手術者が、送出装置200の透明な領域を介して角膜表面を容易に見えるようにできるように透明な材料から作ることができる。 Alternatively, all of the distal structure, the operator can, can be made from transparent material to allow the visible easily corneal surface through a transparent region of the delivery device 200.
【0036】 [0036]
図7Aは、本発明による送出装置200のさらに他の実施形態を示す。 Figure 7A illustrates yet another embodiment of the delivery device 200 according to the present invention. 本実施形態の外形は、例えば、後方に延びて(図示しない)シャフトを形成する本体筐体202、および近位の隆起204および遠位の隆起208とともに人間工学的に形成されたグリップ領域210を備え、図6A〜Dに描く送出装置200の外形と類似してもよい。 Outline of the present embodiment, for example, the main housing 202 and proximal ridge 204 and ergonomically formed grip region 210 with distal ridge 208 to form a extending rearward (not shown) the shaft provided, it may be similar to the outer shape of the delivery device 200 depicted in FIG. 6A-D. 描く実施形態において、挿入開口部218は、(図示しない)分流路が解放可能に挿入できる挿入先端部214の最も遠位の部分に設けられる。 In the embodiment drawn, the insertion opening 218 is provided (not shown) the most distal portion of the insertion tip 214 divisional channel can releasably inserted. しかし、描く実施形態において、固定された先端部分244および挿入先端部214は、送出装置200に比較して固定される。 However, in the embodiment drawn, the tip portion 244 and the insertion tip 214 is fixed, is fixed relative to the delivery device 200. トリガ240は、グリップ領域210に近接して設けられる。 Trigger 240 is provided close to the gripping area 210. トリガ240は、遠位筐体226を介して切り欠け刻み目242の内部に滑動可能に設置される。 Trigger 240 is slidably installed inside the chipping notches 242 outright via the distal housing 226. トリガ刻み目242は、遠位筐体226に比較したトリガ240の前方移動を可能にする。 Trigger notch 242 allows the forward movement of the trigger 240 relative to the distal housing 226. 本図に描くように、トリガはグリップ領域210に近接するが、トリガメカニズム240のための他のいかなる便利な位置も、選択することができる。 As depicted in this figure, the trigger is close to the grip region 210, also any other convenient location for the trigger mechanism 240, may be selected. トリガ240は、手術者によってさらに操縦しやすいように、粗面化された、ひだを寄せた、または、不規則な表面を有することができる。 Trigger 240 is, for ease of further steered by the operator, roughened, brought near to folds, or may have an irregular surface.
【0037】 [0037]
図7Bは、図7Aの直線A−A′で取られた送出装置200の縦方向断面を示す。 7B shows a longitudinal section of the delivery device 200 taken in a straight line A-A 'in Figure 7A. 本図では本体筐体202を中空として示す一方、トリガシャフト250に対して近位の本体筐体202は、固くても、または、いかなる便利な方法で構成してもよい。 While indicating the main housing 202 in this figure as a hollow, main housing 202 proximal to the trigger shaft 250, even hard, or may be formed in any convenient way. しかし、遠位筐体226は、内部を通じた滑動可能プランジャ248の軸方向の動きを可能にするために十分に中空である。 However, the distal housing 226 are sufficiently hollow to permit axial movement of the slidable plunger 248 through the interior. 描く実施形態において、遠位筐体226は、トリガシャフト250が内部に前進できる切り欠けトリガ刻み目242も有する。 In the embodiment drawn, the distal housing 226 also has cutout trigger notch 242 trigger shaft 250 can be advanced therein. 本図に示すように、前方へのトリガシャフト250の前進は、同様に、遠位筐体226の位置に比較して前方への滑動可能プランジャ248の促進もする。 As shown in the figure, forward of the trigger shaft 250 forward similarly compared to the position of the distal housing 226 also facilitate the slidable plunger 248 forward. 本図は、固定された先端部分224の挿入先端部214の内部に存在するチャンバ216を示す。 The figure shows a chamber 216 present inside the insertion tip 214 of the fixed tip portion 224. このチャンバ216は、本発明による(図示しない)分流路を解放可能に保持するために寸法が適合されている。 The chamber 216, in accordance with the present invention (not shown) dimensioned to releasably hold the shunt path is adapted. 本図に描く送出装置200が分流路を挿入し、設置するために使用された時、手術者は、トリガ刻み目242の最も前方の位置にトリガ240を進めることができ、それによって、滑動可能プランジャ248がチャンバ216内に進み、そこから(図示しない)分流路を押し退けるように、トリガシャフト250および添付された滑動可能プランジャ248を進める。 Delivery device 200 depicted in the figure is inserted a shunt path, when used for installation, the operator can advance the trigger 240 in the most forward position of the trigger notch 242 thereby slidably plunger 248 proceeds to the chamber 216, (not shown) from which to displace the branch passage, advancing the trigger shaft 250 and the attached slidable plunger 248. 送出装置200の挿入先端部214は、分流路送出の間、角膜の外側表面に接触するために適合される。 Insertion tip 214 of the delivery device 200, while the shunt path outgoing, is adapted to contact the outer surface of the cornea. 手術者は、送出装置200をしっかり保持し、その挿入先端部214は、所定の位置で角膜表面と接触し、続いて、手術者は、同時に、角膜を介して指定された領域に分流路を挿入するために、トリガ240を前方に進める。 The operator holds the delivery device 200 firmly, the insertion tip 214 is in contact with the corneal surface at a predetermined position, followed by the operator at the same time, the divisional channel into the area specified through the cornea to insert advances the trigger 240 forward. 既に述べたように、様々な材料が、送出装置200の製作のために使用できる。 As already mentioned, various materials can be used for fabrication of the delivery device 200. 特に、送出装置の遠位要素は、透明な材料で作ることができる。 In particular, the distal element of the delivery device can be made of transparent material. 滑動可能プランジャ248も、分流路の目視化を促進するために、透明な材料で作ることができる。 Slidable plunger 248 also to facilitate the visual of the shunt path may be made of a transparent material. 代案として、挿入先端部214および/または固定先端部分244は透明な材料で作ることができる一方、滑動可能プランジャ248は、その相対位置がすぐに目視化できるように、明るい色彩にすることができる不透明な材料で作ることができる。 Alternatively, one insertion tip 214 and / or the fixed tip portion 244 that may be made of a transparent material, slidable plunger 248 may be the relative position for immediate visualized, to bright colors it can be made of an opaque material.
【0038】 [0038]
上記に説明した図面を参照することによって、本発明にしたがって前房の流体圧力を低減するための特定の方法を理解することができる。 By reference to the drawings described above, it is possible to understand the specific method for reducing the fluid pressure in the anterior chamber in accordance with the present invention. 本発明の1つの実施において、分流路は房水を排水するために提供され、送出装置は、分流路を挿入するために適して提供される。 In one embodiment of the present invention, the shunt path is provided for draining the aqueous humor, the delivery device is provided suitable for inserting the shunt path. 分流路は、所定の速度で房水を排水するため、さらに、微生物の侵入を阻止するために適合することができる。 Shunt path, for draining aqueous humor at a predetermined speed can be further adapted to prevent microbial invasion. 適切な麻酔が施された後、排水分流路の挿入のために部位が選択される。 After the appropriate anesthesia has been performed, the site is selected for insertion of the drainage shunt path. 角膜の外部表面を横切って延び、角膜間質を介して伸びることができ、さらに、前房内に延びることができる案内孔を作ることができる。 Extends across the outer surface of the cornea, it can extend through the corneal stroma and further can make a guide hole that may extend into the anterior chamber. 案内孔の寸法は、外科的判断および個々の患者の解剖構造に基づき、個々の手術者によって決定される。 The dimensions of the guide hole, based on surgical judgment and anatomy of the individual patient, as determined by the individual operator. 針、套管針、メス、または、眼科医が熟知する多数の器具のいずれも、案内孔または類似の挿入部位を形成するために使用することができる。 Needle, trocar, scalpel, or any of a number of instruments ophthalmologist familiar, may be used to form a guide hole or similar insertion site. 分流路は、手術者によって送出装置に挿入することができるか、または、分流路は、送出装置の製造の間に送出装置に事前挿入することができる。 Shunt path, you can be inserted into the delivery device by the operator, or shunt path can be pre-inserted into the delivery device during manufacture of the delivery device. 分流路のサイズに対する特定の例示的寸法が本明細書に開示されている一方、ある範囲の分流路のサイズが、個々の解剖構造の変化に一致させるために利用可能であることが理解される。 While specific exemplary dimensions for the size of the shunt path is disclosed herein, the size of the shunt path of a range is understood to be available in order to match the changes in the individual anatomy . 異なったサイズの分流路を係合するために様々なサイズの送出装置を提供することができること、または、単一のサイズの送出装置が異なった全てのサイズの分流路を植込むために適するようにできることがさらに理解される。 Different to be able to provide a delivery device of various sizes in order to engage the branch passage size, or, as appropriate for implanting the shunt path of all sizes delivery device of a single size are different further understood that it is possible to. 送出装置の挿入先端部内に固定された分流路の場合、手術者は、送出装置を角膜の外部表面に向けて進める。 For divisional channel which is fixed to the insertion tip of the delivery device, the operator is a delivery device advances toward the outer surface of the cornea. 送出装置が角膜上の所定の位置に到達した時、分流路は、分流路を進め、押し退けるための送出装置のメカニズムを使用して、角膜横断位置に促進される。 When the delivery device has reached a predetermined position on the cornea, the divisional channel advances the shunt path, using the mechanisms of the delivery device for displacing is facilitated the cornea transverse position. 分流路が、角膜を介して延びるために適切に設置された時、角膜表面上に房水を排水することができる。 Shunt path, when properly installed to extend through the cornea, it is possible to drain the aqueous humor on the corneal surface. 分流路の適切な設置は、植込まれた装置のヘッド上の房水の目視可能な液滴の存在によって立証することができる。 Proper placement of the shunt path may be demonstrated by the presence of visible droplets of aqueous humor on the head of the implanted device.
【0039】 [0039]
このような装置が、IOPの増加が後に続くことがある処理に続く植込みのために役立てることができるか、または、増加したIOPによって特徴付けられる異常に対する一時的矯正として役立てることができることが理解される。 Such devices, it can be useful for implantation following the increase may be followed by treatment of the IOP, or, it is understood that it can serve as a temporary correction for abnormalities characterized by increased IOP that. 網膜手術、白内障索出、または、他の浸潤性眼科手術に続く一時的矯正の場合、装置は、2時間から最大1ヶ月にわたって、または、IOPが安定するまで植込まれる。 Retinal surgery, out cataract cord, or in the case of temporary correction following the other invasive ophthalmologic surgery, the device for up to 1 month after 2 hours, or IOP is implanted to stabilize. 対照的に、本発明の装置を使用する恒久的さもなくば長期のインプラントは、糖尿病患者の緑内障の治療の場合に使用される。 In contrast, permanent, else if prolonged implant using the device of the present invention is used for the treatment of glaucoma in diabetic patients.
【0040】 [0040]
上記に提供された仕様は、その図面および説明とともに、本発明の例示、および特定の例示的実施形態に過ぎないことが理解される。 Specifications provided above, together with its drawings and description, illustrative of the present invention, and to be only certain exemplary embodiments are understood. 分流路およびその送出システムの様々な構成要素と構造および方法に対しては、本発明の範囲から逸脱することなく、変更および変形を行うことができることがさらに理解される。 For divisional channel and various components and structures and methods of the delivery system, without departing from the scope of the present invention, it is further understood that changes may be made and variations. むしろ、本発明は、冒頭の特許請求の範囲によって定義されることが理解される。 Rather, the present invention will be understood to be defined by the appended claims.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 本発明の一実施形態の斜視図である。 1 is a perspective view of one embodiment of the present invention.
【図2】 フィルタの挿入経路を示す本発明の一実施形態の分解図である。 2 is an exploded view of one embodiment of the present invention showing the insertion path of the filter.
【図3】 本発明の一実施形態の断面図である。 3 is a cross-sectional view of one embodiment of the present invention.
【図4】 本発明による所定の位置にある分流路を示す解剖構造的断面図である。 Is a anatomical cross-sectional view showing a shunt path in a predetermined position according to the present invention; FIG.
【図5】 本発明の一実施形態の模式的ダイヤグラム図である。 5 is a schematic diagram view of an embodiment of the present invention.
【図6A】 本発明による送出装置の斜視図である。 6A is a perspective view of a delivery device according to the present invention.
【図6B】 本発明による送出装置の断面図である。 6B is a cross-sectional view of the delivery device according to the present invention.
【図6C】 本発明による送出装置の斜視図である。 6C is a perspective view of a delivery device according to the present invention.
【図6D】 本発明による送出装置の断面図である。 Figure 6D is a cross-sectional view of the delivery device according to the present invention.
【図7A】 本発明による送出装置の代案となる実施形態の斜視図である。 7A is a perspective view of the embodiment the alternative delivery device according to the present invention.
【図7B】 本発明による送出装置の代案となる実施形態の断面図である。 7B is a cross-sectional view of the embodiment the alternative delivery device according to the present invention.

Claims (20)

  1. 眼の前房内に前記眼の透明角膜を介して挿入可能な分流路であって、 A insertable branch passage through the transparent cornea of ​​the eye into the anterior chamber of the eye,
    前記前房から前記透明角膜の外部表面に房水を排水するために、本体の近位端部から遠位端部に延びるチャネルを有する実質的に円筒形の本体と、 To drain the aqueous humor to the outer surface of the transparent cornea from the anterior chamber, a substantially cylindrical body having a channel extending to the distal end from the proximal end of the body,
    前記透明角膜の前記外部表面に対する係合のために、前記本体の前記遠位端部に位置するヘッドであって、房水の外出を可能にする、および微生物の進入を最小に抑えるように前記チャネルと流体連絡する、内部を通じる開口部を有するヘッドと、 For engagement with the outer surface of the transparent cornea, a head located at the distal end of the body, allowing the going out of the aqueous humor, and the like minimize the ingress of microorganisms contact channels and fluid, and a head having an opening communicating the interior,
    前記角膜の内部表面に対する係合のために、前記本体の前記近位端部に位置するフットであって、前記チャネルへの房水の進入を可能にするように、前記チャネルと流体連絡する、内部を通じる開口を有するフットと、 For engagement against the interior surface of the cornea, a foot located at the proximal end of the body, to allow entry of aqueous humor into the channel communicates the channel and the fluid, a foot having an opening to the interior,
    前記チャネルを介した房水の流速を調節するため、および微生物の進入をさらに最小に抑えるための前記チャネル内部に保持可能な細長いフィルタを含むことを特徴とする分流路。 For regulating the flow rate of aqueous humor through the channel, and branch passage, characterized in that it comprises the elongate filter capable of holding channel inside to suppress further minimize the ingress of microorganisms.
  2. 前記ヘッドおよび前記フットの少なくとも1つが、前記本体と一体化して形成されることを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 Said head and said foot of at least one, characterized by being formed integrally with the body, branch passage according to claim 1.
  3. 前記ヘッド、前記フット、および前記本体の少なくとも1つが、脱水可能なポリマーを含むことを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 The head, the foot, and at least one of said body, characterized in that it comprises a dehydrating polymeric, divisional channel according to claim 1.
  4. 前記分流路が脱水可能なポリマーを含み、これによって、前記角膜内の小さな切り込みを介した植込みのために、前記分流路の脱水が前記分流路のサイズを減少させ、前記分流路の脱水が前記分流路を前記角膜内に堅固に嵌めるための必要を満たすことを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 Wherein comprises a branch passage dehydration polymeric, whereby, for implantation through a small incision in said cornea, dehydration of the branch passage reduces the size of the branch passage, dehydration of the branch passage is the and satisfies the need for firmly fitting the branch passage into said cornea, divisional channel according to claim 1.
  5. 前記細長いフィルタが前記チャネルから除去可能であることを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 Characterized in that said elongate filter can be removed from the channel, shunt path according to claim 1.
  6. 前記本体がヒドロゲルを含むことを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 It said body characterized in that it comprises a hydrogel, branch passage according to claim 1.
  7. 前記ヒドロゲルが、共有結合的に架橋結合され、メタクリル酸誘導体に基づくことを特徴とする、請求項6に記載の分流路。 It said hydrogel is covalently cross-linked, characterized in that based on methacrylic acid derivatives, divisional channel according to claim 6.
  8. 前記ヘッドの外部表面および前記フットの外部表面の少なくとも1つが、細胞の癒着を最小に抑えるように構成されることを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 At least one external surface and the foot of the outer surface of said head, characterized in that it is configured to suppress the adhesion of cells to a minimum, the divisional channel according to claim 1.
  9. 前記本体の外部表面が、組織の癒着を促進するように構成されることを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 The outer surface of said body, characterized in that it is configured to promote tissue adhesion, divisional channel according to claim 1.
  10. 前記フットが、前記角膜を介した前記角膜分流路の挿入を容易にするために傾斜されることを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 The foot, characterized in that it is inclined to facilitate insertion of the cornea shunt path through the cornea, branch passage according to claim 1.
  11. 前記フットが、前記角膜を介した前記角膜分流路の挿入を容易にするために、第1の構成から第2の構成に寸法が変化可能であることを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 Said foot, in order to facilitate the insertion of the cornea shunt path through the cornea, and wherein the dimensions from the first configuration to the second configuration can vary, according to claim 1 diversion channel.
  12. 前記細長いフィルタが、詰め込みによって前記チャネル内部に保持可能であることを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 Said elongated filter, characterized in that it is capable of holding within said channel by packing, divisional channel according to claim 1.
  13. 前記細長いフィルタが、前記チャネル内部に近位に保持可能であることを特徴とする、請求項1に記載の分流路。 It said elongated filter, characterized in that inside the channel is capable of holding the proximal branch passage according to claim 1.
  14. 眼の前房を排水するために角膜横断配置するためのインプラント(implant)であって、 The implant (implant) for corneal positioned transversely to drain the anterior chamber of the eye,
    房水の外出を可能にする一方、微生物の進入を阻止するスリットを有し、細胞の癒着に抵抗性を持つ外部表面を有する、角膜の外部面上に載るために適合されたヘッドと、 While allowing out of aqueous humor, it has a slit which prevents the ingress of microorganisms, having an outer surface having a resistance to adhesion of cells, and a head adapted to rest on the external surface of the cornea,
    前記角膜を横切る前記前房内への挿入のために適合され、前記角膜の内部面に無傷に接触するようにさらに適合され、房水の流出を可能にするための開口を有するフットと、 Adapted for insertion into the anterior chamber across said cornea, is further adapted to intact contact with the inner surface of the cornea, and the foot having an opening to allow the outflow of aqueous humor,
    前記開口および前記スリットと流体連絡がある内部チャネルを有し、細胞の癒着に抵抗性を持つ外部表面を有する、前記フットと前記ヘッドとの間の筒状の導管と、 Having the opening and the slit and the internal channel has fluid communication with an outer surface having a resistance to adhesion of cells, and tubular conduit between the foot and the head,
    前記内部チャネルの内部に保持するために寸法が適合され、房水の流出速度を調節するため、および微生物の侵入を制限するための濾過孔が設けられた細長いフィルタを含むことを特徴とするインプラント。 It said internal channel inside is adapted dimensions to hold the implant, characterized in that for regulating the outflow rate of aqueous humor, and which includes an elongated filter filtration holes are provided for limiting the microbial invasion .
  15. 眼内圧を低減するためのシステムであって、 A system for reducing intraocular pressure,
    房水を前房から角膜の外部表面に排水するための、請求項1から13のいずれかに記載の角膜横断分流路と、 For draining from the anterior chamber to the exterior surface of the cornea aqueous humor, cornea transverse branch passage according to any of claims 1 to 13,
    前記分流路を角膜横断して植込むための送出装置であって、 Said branch passage to a delivery device for implanting in the cornea across,
    前記分流路を解放可能に保持するため、および前記外部表面を介した挿入のために前記分流路を定置するために、寸法が適合された挿入先端部と、 For releasably holding said branch passage, and in order to position the branch passage for insertion through said outer surface, an insertion tip dimensioned is adapted,
    第1の位置から第2の位置に滑動することが、前記分流路を前記挿入先端部から押し退け、前記外部表面を介して角膜横断位置に前記分流路を促進する、前記第1の位置から前記第2の位置に滑動可能挿入器を含む送出装置を含む、 Be slid from the first position to the second position, displacement of the branch passage from the insertion tip, the promoting divisional channel the cornea transverse position through the exterior surface, said from said first position the second position comprises a delivery device comprising a slidable inserter,
    前記分流路による前記前房から前記角膜の前記外部表面への房水の排水が、眼内圧を低減することを特徴とするシステム。 System the drainage of aqueous humor of the by shunt path from the anterior chamber to the external surface of the cornea, characterized in that to reduce the intraocular pressure.
  16. 前記角膜横断分流路が、細長い筒状本体、ヘッド、フット、およびフィルタを有し、前記本体が1つの端部から反対側の端部に延びる水状流体を排水するためのチャネルを有し、前記ヘッドが、前記外部表面に対する係合のために本体の1つの端部に位置し、前記外部表面上への房水の外出を可能にし、微生物の進入を制限するために前記チャネルと連絡するスリットを有し、前記フットが、角膜の内部面に対する係合のために前記本体の反対側の端部に位置し、房水の導入を可能にするために前記チャネルと連絡する開口を有し、前記フィルタが、房水の流速を調節するため、および微生物の進入をさらに制限するために前記チャネルの内部に保持可能であることを特徴とする、請求項15に記載のシステム。 The cornea transverse branch passage is elongated tubular body having a head, a foot, and a filter, said body having a channel for draining water-like fluid that extends at the opposite end from one end, the head is positioned on one end of the body for engagement with the external surface, allowing the going out of the aqueous humor onto the external surface in communication with said channel in order to limit the ingress of microorganisms has a slit, the foot is positioned at the opposite end of said body for engagement against the internal surface of the cornea, has an opening in communication with said channel to permit the introduction of aqueous humor the filter is characterized by for regulating the flow rate of the aqueous humor, and can be retained within the channel in order to further limit ingress of microorganisms, the system according to claim 15.
  17. 前記挿入器が前方から後方に移動可能な滑動可能先端部分を含み、前記送出装置が前記滑動可能先端部分を軸方向に備えた固定されたプランジャをさらに含むことを特徴とする、請求項15に記載のシステム。 The inserter comprises a movable slidable tip portion from the front to the rear, wherein the delivery device further comprises a fixed plunger with the slidable tip portion in the axial direction, to claim 15 system described.
  18. 前記送出システムが、固定された遠位先端部分をさらに含み、前記挿入器が、固定された遠位先端部分を軸方向に備え、後方から前方に移動可能である滑動可能プランジャを含むことを特徴とする、請求項15に記載のシステム。 Wherein the delivery system further comprises a fixed distal tip portion, wherein the inserter is provided with a fixed distal tip portion in the axial direction, comprising a slidable plunger is movable from the rear to the front that system of claim 15.
  19. 所定の形状に形作られたダイを使用して、刻印によって形成される空洞を備えた単一の部分シリコン鋳型内に、HEMA、メタクリル酸、ジメタクリレート架橋結合物、およびフリーラジカル反応開始剤を含む混合物を鋳造するステップを含むことを特徴とする、請求項14に記載の角膜インプラントを製造する方法。 Using a die is shaped into a predetermined shape, including a single portion in the silicon mold having a cavity formed by a stamped, HEMA, methacrylic acid, dimethacrylate crosslinking material, and the free radical initiator characterized in that it comprises a step of casting the mixture, a method of producing a corneal implant according to claim 14.
  20. 分流路を機械加工するステップと、組織一体化層を前記分流路の外部表面に塗布するステップを含む角膜インプラントを製造するための方法であって、前記組織一体化層が、アルキルメタクリレート、モノマHEMA、ジメタクリレート架橋結合物、フリーラジカル反応開始剤、および揮発性溶剤とHEMAの共重合体を含む硬化可能な組成を含むことを特徴とする、請求項14に記載の角膜インプラントを製造する方法。 A step of machining the shunt path, a tissue integration layer A method for producing a corneal implant comprising the steps of applying to an external surface of the branch passage, the tissue integration layer, an alkyl methacrylate, monomers HEMA , dimethacrylate crosslinking material, free radical initiator, and characterized in that it comprises a curable composition containing a copolymer of a volatile solvent and HEMA, a method of producing a corneal implant according to claim 14.
JP2001551369A 2000-01-12 2001-01-05 System and method for reducing intraocular pressure Expired - Fee Related JP4290915B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US17565800P true 2000-01-12 2000-01-12
US60/175,658 2000-01-12
PCT/US2001/000350 WO2001050943A2 (en) 2000-01-12 2001-01-05 Systems and methods for reducing intraocular pressure

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003520077A JP2003520077A (en) 2003-07-02
JP4290915B2 true JP4290915B2 (en) 2009-07-08

Family

ID=22641117

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001551369A Expired - Fee Related JP4290915B2 (en) 2000-01-12 2001-01-05 System and method for reducing intraocular pressure

Country Status (15)

Country Link
EP (1) EP1246656A2 (en)
JP (1) JP4290915B2 (en)
CN (1) CN100408118C (en)
AU (1) AU783775B2 (en)
BR (1) BR0107591A (en)
CA (1) CA2397166A1 (en)
CZ (1) CZ20022477A3 (en)
HU (1) HU0301786A2 (en)
IL (2) IL150630D0 (en)
MX (1) MXPA02006889A (en)
NZ (1) NZ520099A (en)
PL (1) PL362931A1 (en)
RU (1) RU2262331C2 (en)
WO (1) WO2001050943A2 (en)
ZA (1) ZA200205386B (en)

Families Citing this family (44)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6524275B1 (en) 1999-04-26 2003-02-25 Gmp Vision Solutions, Inc. Inflatable device and method for treating glaucoma
US20050119737A1 (en) * 2000-01-12 2005-06-02 Bene Eric A. Ocular implant and methods for making and using same
US7708711B2 (en) 2000-04-14 2010-05-04 Glaukos Corporation Ocular implant with therapeutic agents and methods thereof
US6638239B1 (en) 2000-04-14 2003-10-28 Glaukos Corporation Apparatus and method for treating glaucoma
US9301875B2 (en) 2002-04-08 2016-04-05 Glaukos Corporation Ocular disorder treatment implants with multiple opening
EP1977724A1 (en) 2001-04-07 2008-10-08 Glaukos Corporation System for treating ocular disorders
US7431710B2 (en) 2002-04-08 2008-10-07 Glaukos Corporation Ocular implants with anchors and methods thereof
US7867186B2 (en) 2002-04-08 2011-01-11 Glaukos Corporation Devices and methods for treatment of ocular disorders
US7678065B2 (en) 2001-05-02 2010-03-16 Glaukos Corporation Implant with intraocular pressure sensor for glaucoma treatment
WO2002089699A2 (en) 2001-05-03 2002-11-14 Glaukos Corporation Medical device and methods of use for glaucoma treatment
EP2316394B1 (en) 2001-06-12 2016-11-23 The Johns Hopkins University Reservoir device for intraocular drug delivery
US7331984B2 (en) 2001-08-28 2008-02-19 Glaukos Corporation Glaucoma stent for treating glaucoma and methods of use
US7951155B2 (en) 2002-03-15 2011-05-31 Glaukos Corporation Combined treatment for cataract and glaucoma treatment
US7186232B1 (en) 2002-03-07 2007-03-06 Glaukoa Corporation Fluid infusion methods for glaucoma treatment
US20040236343A1 (en) * 2003-05-23 2004-11-25 Taylor Jon B. Insertion tool for ocular implant and method for using same
US7544176B2 (en) * 2005-06-21 2009-06-09 Becton, Dickinson And Company Glaucoma implant having MEMS flow module with flexing diaphragm for pressure regulation
US8506515B2 (en) 2006-11-10 2013-08-13 Glaukos Corporation Uveoscleral shunt and methods for implanting same
JP5328788B2 (en) * 2007-07-17 2013-10-30 トランセンド・メディカル・インコーポレイテッドTranscend Medical, Inc. Intraocular implant with enhanced capability of the hydrogel
US8623395B2 (en) 2010-01-29 2014-01-07 Forsight Vision4, Inc. Implantable therapeutic device
US8399006B2 (en) 2009-01-29 2013-03-19 Forsight Vision4, Inc. Posterior segment drug delivery
US10206813B2 (en) 2009-05-18 2019-02-19 Dose Medical Corporation Implants with controlled drug delivery features and methods of using same
CA2807554A1 (en) 2010-08-05 2012-02-09 Forsight Vision4 Inc. Implantable therapeutic device
CA2807535C (en) 2010-08-05 2019-03-19 Forsight Vision4, Inc. Injector apparatus and method for drug delivery
CN105726166B (en) * 2011-03-07 2017-10-27 科罗拉多州立大学董事会 IOL shape memory polymer
US10245178B1 (en) 2011-06-07 2019-04-02 Glaukos Corporation Anterior chamber drug-eluting ocular implant
US20140228951A1 (en) * 2011-06-21 2014-08-14 University Hospitals Clevland Medical Center Implant insertion device and method of use thereof
WO2013022801A1 (en) 2011-08-05 2013-02-14 Forsight Vision4, Inc. Small molecule delivery with implantable therapeutic device
CN102406526A (en) * 2011-08-09 2012-04-11 卿国平 Eye anterior chamber angle bracket
EP2755600A4 (en) 2011-09-16 2015-09-16 Forsight Vision4 Inc Fluid exchange apparatus and methods
CN103190983A (en) * 2012-01-05 2013-07-10 首都医科大学 Aqueous humor drainage implant
US10010448B2 (en) 2012-02-03 2018-07-03 Forsight Vision4, Inc. Insertion and removal methods and apparatus for therapeutic devices
EP2830553B1 (en) 2012-03-26 2017-12-27 Glaukos Corporation Apparatus for delivering multiple ocular implants
US9480598B2 (en) * 2012-09-17 2016-11-01 Novartis Ag Expanding ocular implant devices and methods
US9730638B2 (en) 2013-03-13 2017-08-15 Glaukos Corporation Intraocular physiological sensor
AU2014236455B2 (en) 2013-03-14 2018-07-12 Forsight Vision4, Inc. Systems for sustained intraocular delivery of low solubility compounds from a port delivery system implant
US9592151B2 (en) 2013-03-15 2017-03-14 Glaukos Corporation Systems and methods for delivering an ocular implant to the suprachoroidal space within an eye
US9526654B2 (en) 2013-03-28 2016-12-27 Forsight Vision4, Inc. Ophthalmic implant for delivering therapeutic substances
ITBO20130352A1 (en) * 2013-07-08 2015-01-09 Custom Dieci Dieci Di Fiori Barbara S A S Intrastromal corneal insert
KR20170034396A (en) 2014-07-15 2017-03-28 포사이트 비젼4, 인크. Eye implant delivery device and method
CA2957548A1 (en) 2014-08-08 2016-02-11 Forsight Vision4, Inc. Stable and soluble formulations of receptor tyrosine kinase inhibitors, and methods of preparation thereof
EP3115031A1 (en) 2015-07-06 2017-01-11 Max-Planck-Gesellschaft zur Förderung der Wissenschaften e.V. Intraocular device and method for preparing the same
AU2016331925A1 (en) * 2015-09-30 2018-04-26 Microoptx Inc. Dry eye treatment devices and methods
RU175984U1 (en) * 2017-03-16 2017-12-25 федеральное государственное автономное образовательное учреждение высшего образования "Российский университет дружбы народов" (РУДН) An apparatus for reducing intraocular pressure
RU176012U1 (en) * 2017-04-03 2017-12-26 федеральное государственное автономное образовательное учреждение высшего образования "Российский университет дружбы народов" (РУДН) Apparatus for reducing excessive intraocular pressure

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5743868A (en) 1994-02-14 1998-04-28 Brown; Reay H. Corneal pressure-regulating implant device
IL113723A (en) 1995-05-14 2002-11-10 Optonol Ltd Intraocular implant
US5807302A (en) * 1996-04-01 1998-09-15 Wandel; Thaddeus Treatment of glaucoma
GB9700390D0 (en) * 1997-01-10 1997-02-26 Biocompatibles Ltd Device for use in the eye
US6050999A (en) * 1997-12-18 2000-04-18 Keravision, Inc. Corneal implant introducer and method of use

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003520077A (en) 2003-07-02
EP1246656A2 (en) 2002-10-09
WO2001050943A3 (en) 2002-01-03
AU2928301A (en) 2001-07-24
AU783775B2 (en) 2005-12-01
MXPA02006889A (en) 2003-05-23
CZ20022477A3 (en) 2003-02-12
IL150630D0 (en) 2003-02-12
ZA200205386B (en) 2003-05-08
RU2262331C2 (en) 2005-10-20
NZ520099A (en) 2005-03-24
RU2002118596A (en) 2004-01-20
WO2001050943A2 (en) 2001-07-19
CN1620316A (en) 2005-05-25
CN100408118C (en) 2008-08-06
HU0301786A2 (en) 2003-10-28
CA2397166A1 (en) 2001-07-19
BR0107591A (en) 2004-07-27
IL150630A (en) 2011-01-31
PL362931A1 (en) 2004-11-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2637656C (en) Glaucoma treatment device
AU730161B2 (en) Apparatus for lowering the intraocular pressure of an eye
US9585789B2 (en) Ocular implant with hydrogel expansion capabilities
US4037604A (en) Artifical biological drainage device
US8529494B2 (en) Methods and apparatus for treating glaucoma
US8333726B2 (en) Lacrimal implants and related methods
JP5726186B2 (en) Single operator device for delivering an intraocular implant
JP3088746B2 (en) Glaucoma implant
EP1534363B1 (en) Uveoscleral drainage device
JP4031836B2 (en) Glaucoma drain implant device and method
US6186974B1 (en) Device for use in the eye
US6508779B1 (en) Adjustable flow rate glaucoma shunt and method of using same
AU2008326619B2 (en) Ocular implant delivery system and method
AU2004200908B2 (en) Drug delivery device
US7431709B2 (en) Glaucoma implant device
US9549845B2 (en) Ocular implant applier and methods of use
US4729761A (en) Tissue-implantable, fluid-dissipating device
CA2683224C (en) System and methods thereof for treatment of ocular disorders
US8337509B2 (en) Methods and apparatus for delivering ocular implants into the eye
US6669950B2 (en) Ophthalmic drug delivery device
AU2010271218B2 (en) Ocular implants and methods for delivering ocular implants into the eye
JP5524983B2 (en) Implant system
JP3670291B2 (en) Ocular implant, introduced devices
US7186232B1 (en) Fluid infusion methods for glaucoma treatment
US20070212397A1 (en) Pharmaceutical delivery device and method for providing ocular treatment

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071221

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20071221

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080701

A524 Written submission of copy of amendment under section 19 (pct)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A524

Effective date: 20081001

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090306

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090402

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120410

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees