JP4276673B2 - 車両用ブレーキ液圧制御装置 - Google Patents

車両用ブレーキ液圧制御装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4276673B2
JP4276673B2 JP2006280420A JP2006280420A JP4276673B2 JP 4276673 B2 JP4276673 B2 JP 4276673B2 JP 2006280420 A JP2006280420 A JP 2006280420A JP 2006280420 A JP2006280420 A JP 2006280420A JP 4276673 B2 JP4276673 B2 JP 4276673B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mounting hole
assembly
hole
peripheral
pressure control
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006280420A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008094321A (ja
Inventor
和宏 太田
Original Assignee
日信工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日信工業株式会社 filed Critical 日信工業株式会社
Priority to JP2006280420A priority Critical patent/JP4276673B2/ja
Publication of JP2008094321A publication Critical patent/JP2008094321A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4276673B2 publication Critical patent/JP4276673B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60TVEHICLE BRAKE CONTROL SYSTEMS OR PARTS THEREOF; BRAKE CONTROL SYSTEMS OR PARTS THEREOF, IN GENERAL; ARRANGEMENT OF BRAKING ELEMENTS ON VEHICLES IN GENERAL; PORTABLE DEVICES FOR PREVENTING UNWANTED MOVEMENT OF VEHICLES; VEHICLE MODIFICATIONS TO FACILITATE COOLING OF BRAKES
    • B60T8/00Arrangements for adjusting wheel-braking force to meet varying vehicular or ground-surface conditions, e.g. limiting or varying distribution of braking force
    • B60T8/32Arrangements for adjusting wheel-braking force to meet varying vehicular or ground-surface conditions, e.g. limiting or varying distribution of braking force responsive to a speed condition, e.g. acceleration or deceleration
    • B60T8/34Arrangements for adjusting wheel-braking force to meet varying vehicular or ground-surface conditions, e.g. limiting or varying distribution of braking force responsive to a speed condition, e.g. acceleration or deceleration having a fluid pressure regulator responsive to a speed condition
    • B60T8/36Arrangements for adjusting wheel-braking force to meet varying vehicular or ground-surface conditions, e.g. limiting or varying distribution of braking force responsive to a speed condition, e.g. acceleration or deceleration having a fluid pressure regulator responsive to a speed condition including a pilot valve responding to an electromagnetic force
    • B60T8/3615Electromagnetic valves specially adapted for anti-lock brake and traction control systems
    • B60T8/3675Electromagnetic valves specially adapted for anti-lock brake and traction control systems integrated in modulator units
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F15FLUID-PRESSURE ACTUATORS; HYDRAULICS OR PNEUMATICS IN GENERAL
    • F15BSYSTEMS ACTING BY MEANS OF FLUIDS IN GENERAL; FLUID-PRESSURE ACTUATORS, e.g. SERVOMOTORS; DETAILS OF FLUID-PRESSURE SYSTEMS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F15B13/00Details of servomotor systems ; Valves for servomotor systems
    • F15B13/02Fluid distribution or supply devices characterised by their adaptation to the control of servomotors
    • F15B13/06Fluid distribution or supply devices characterised by their adaptation to the control of servomotors for use with two or more servomotors
    • F15B13/08Assemblies of units, each for the control of a single servomotor only
    • F15B13/0803Modular units
    • F15B13/0807Manifolds
    • F15B13/0814Monoblock manifolds
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F15FLUID-PRESSURE ACTUATORS; HYDRAULICS OR PNEUMATICS IN GENERAL
    • F15BSYSTEMS ACTING BY MEANS OF FLUIDS IN GENERAL; FLUID-PRESSURE ACTUATORS, e.g. SERVOMOTORS; DETAILS OF FLUID-PRESSURE SYSTEMS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F15B13/00Details of servomotor systems ; Valves for servomotor systems
    • F15B13/02Fluid distribution or supply devices characterised by their adaptation to the control of servomotors
    • F15B13/06Fluid distribution or supply devices characterised by their adaptation to the control of servomotors for use with two or more servomotors
    • F15B13/08Assemblies of units, each for the control of a single servomotor only
    • F15B13/0803Modular units
    • F15B13/0832Modular valves
    • F15B13/0835Cartridge type valves

Description

本発明は、電磁弁、ポンプ、圧力センサなどの組付部品の取付構造に特徴を有する車両用ブレーキ液圧制御装置に関する。
車輪ブレーキに作用させるブレーキ液圧の大きさを制御する車両用ブレーキ液圧制御装置として、ブレーキ液の流路を内包する基体と、電磁弁、ポンプ、圧力センサなどの組付部品とを備える車両用ブレーキ液圧制御装置が知られている(例えば特許文献1参照。)。
ところで、特許文献1においては、組付部品の一つである電磁弁を、基体内部の流路と連通するように基体の表面に凹設された有底の取付穴に組み付けている。なお、特許文献1においては、電磁弁の下端部を取付穴の下部に挿入してかしめた後に、取付穴の開口部の周囲において基体の表面を押圧することで取付穴の穴壁に塑性変形部を形成し、当該塑性変形部を電磁弁の外周面に形成された係止溝に入り込ませることで、取付穴からの電磁弁の抜け出しを阻止している。
特開2001−280533号公報
ところで、電磁弁の下端部を取付穴の下部に圧入する際には、電磁弁の下端部を取付穴の穴壁に沿って摺動させる必要があるので、寸法公差の組み合わせによっては、取付穴の下部に細かな切粉(金属粉)が発生する場合がある。
この切粉がブレーキ液に混入すると、車両用ブレーキ液圧制御装置の摺動部分における摺動抵抗が増加する虞があり、さらには、シール部分を磨耗させる虞がある。
なお、前記した問題は、組付部品が電磁弁である場合に限らず、ポンプ、リザーバ、圧力センサである場合にも共通して当てはまる。
このような観点から、本発明は、基体の取付穴に組付部品を圧入する際に発生する切粉が流路に流出することを防止することができる車両用ブレーキ液圧制御装置を提供することを課題とする。
このような課題を解決する本発明は、ブレーキ液の流路を内包する基体と、前記流路と連通するように前記基体に形成された取付穴に組み付けられた組付部品とを備える車両用ブレーキ液圧制御装置であって、前記組付部品の下端部の外周面を前記取付穴の下部に形成された当接部の内周面に密着させるとともに、前記組付部品の下端面の全体を前記取付穴の底面に突き当てることで、前記組付部品の下端部を前記取付穴に圧入する際に発生する切粉を収容可能な密閉された収容空間を前記組付部品の下端部の周囲に形成するとともに、前記組付部品の挿入位置を規制し、前記取付穴の底面に前記組付部品の下端面を突き当てた状態を維持しつつ前記組付部品の位置決めに寄与しない前記取付穴の上部の穴壁をかしめることで前記組付部品を固定したことを特徴とする。
本発明における組付部品とは、液圧回路を具現化するために基体に組み付けられる部品の総称であって、少なくとも、電磁弁、ポンプ、リザーバ、圧力センサなどが含まれる。また、本発明における組付部品の「上下」は、組付部品を取付穴に組み付けた状態を基準としていて、組付部品の「下端部」とは、取付穴の底面側の端部を意味している。
この車両用ブレーキ液圧制御装置によれば、基体の取付穴に組付部品を圧入する際に切粉が発生した場合であっても、当該切粉を収容空間に封入することが可能となる。つまり、この車両用ブレーキ液圧制御装置によれば、ブレーキ液への切粉の混入を防止することが可能となるので、車両用ブレーキ液圧制御装置の摺動部分における摺動抵抗の増加を抑制することが可能となり、さらには、シール部分の磨耗を防止することが可能となる。また、組付部品の下端面を取付穴の底面に突き当てることで、前記組付部品の挿入位置を規制し、さらに、取付穴の底面に組付部品の下端面を突き当てた状態を維持しつつ取付穴の穴壁をかしめることとしたので、組付部品を固定する際に、組付部品が傾倒し難くなる。
本発明においては、前記組付部品の下端部に、前記取付穴の前記当接部に圧入される圧入部と、この圧入部よりも小径の小径部とを設け、前記小径部の外周面と前記取付穴の内周面とを利用して前記収容空間を形成するとよい。なお、組付部品の下端部に小径部を形成する場合には、前記圧入部の下側に形成し、前記小径部の下端面を、前記取付穴の底面に突き当てるとよい。このようにすると、組付部品の下端部を取付穴の当接部に圧入する際に、小径部が「誘い」となるので、圧入作業を行い易くなる。
本発明においては、前記取付穴の前記当接部の内周面に、その周方向に沿って周面溝を凹設し、前記周面溝を利用して前記収容空間を形成してもよい。すなわち、取付穴の当接部の一部を拡径して収容空間を形成してもよい。また、本発明においては、前記取付穴の底面に、当該底面の外周に沿って底面溝を凹設し、前記底面溝を利用して前記収容空間を形成してもよい。取付穴を加工して収容空間を形成すれば、組付部品に対する加工等を省略あるいは簡略にすることが可能となるので、従来の組付部品を流用することが可能となる。また、組付部品に対する加工等が簡略化されれば、組付部品のハウジング等の強度を減少させることなく、収容空間を確保することが可能となる。なお、底面溝は、ローソク型のドリルによって形成することができるので、周面溝よりも簡単且つ安価に形成することができる。
本発明においては、前記組付部品の下端面を、前記取付穴の底面側に凸となるような形状に成形するとよい。このようにすると、組付部品の下端面と取付穴の底面との接触面圧が高まるので、前記した収容空間の密閉度がより一層向上する。
また、前記取付穴は、前記当接部よりも浅い部位に形成された導入部と、前記当接部と前記導入部とを繋ぐテーパー部とを備えており、前記導入部における穴径が、前記当接部における穴径よりも大径であることが好ましい。このようにすると、組付部品の下端部を取付穴の当接部に圧入する際に、テーパー部が「誘い」となるので、圧入作業を行い易くなる。
前記した課題を解決する本発明に係る他の車両用ブレーキ液圧制御装置は、ブレーキ液の流路を内包する基体と、前記流路と連通するように前記基体に形成された取付穴に組み付けられた組付部品とを備え、前記組付部品の下端部の外周面を前記取付穴の下部に形成された当接部の内周面に密着させるとともに、前記組付部品の下端面を前記取付穴の底面に突き当てることで、前記組付部品の下端部を前記取付穴に圧入する際に発生する切粉を収容可能な密閉された収容空間を前記組付部品の下端部の周囲に形成するとともに、前記組付部品の挿入位置を規制し、前記取付穴の底面に前記組付部品の下端面を突き当てた状態を維持しつつ前記取付穴の穴壁をかしめることで前記組付部品を固定した車両用ブレーキ液圧制御装置であって、前記組付部品は、前記取付穴の開口部を塞ぐ蓋部を備えており、前記蓋部の外周面には、その周方向に沿って係止溝が形成されており、前記係止溝の上側における前記蓋部の外径が、前記係止溝の下側における前記蓋部の外径よりも小さくなっており、前記取付穴の穴壁をかしめた際に形成される塑性変形部が前記係止溝に入り込むとともに、前記取付穴の内周面が前記蓋部の外周面に密着していることを特徴とする。
係止溝の上側における蓋部の外径を下側の外径よりも小さくすると、塑性変形後(かしめ後)における取付穴の穴径も、係止溝の上側の方が下側よりも小さくなる。したがって、取付穴から押し出す方向の力が組付部品に作用すると、係止溝の下側の外周縁から斜め上方に立ち上がるようにせん断破壊面が形成されることになる。つまり、蓋部の外径が係止溝の上側と下側とで同一になっている場合においては、せん断破壊距離が係止溝の溝幅と等しくなるが、この車両用ブレーキ液圧制御装置によれば、せん断破壊距離が係止溝の溝幅以上になるので、係止溝の溝幅を小さくしても、蓋部の外径を係止溝の上下で同一にした場合と同等の組付強度を確保することが可能となる。
本発明に係る車両用ブレーキ液圧制御装置によると、基体の取付穴に組付部品を圧入する際に発生する切粉が流路に流出することを防止することができる。
以下、本発明を実施するための最良の形態を、添付した図面を参照しつつ詳細に説明する。なお、同一の要素には同一の符号を付し、重複する説明は省略する。
図1に示すように、本実施形態に係る車両用ブレーキ液圧制御装置Uは、ブレーキ液の流路を内包する基体1や、この基体1に形成された取付穴10Aに組み付けられる組付部品である常開型の電磁弁2などを備えて構成されている。なお、車両用ブレーキ液圧制御装置Uは、常閉型の電磁弁3、リザーバ4、ポンプ5、圧力センサ6といった他の組付部品のほか、モータ7、電子制御ユニット8、ハウジング9、などを備えているが、従来のものと同様であるので、その詳細な説明は省略する。
基体1は、略直方体を呈するアルミニウム合金製の部材であり、流体であるブレーキ液の流路1a(図2参照)を内包している。基体1には、常開型の電磁弁2が装着される取付穴10Aと、この取付穴10Aの開口部を取り囲むように形成された凹部10Bとが形成されており、さらには、常閉型の電磁弁3、リザーバ4、ポンプ5、圧力センサ6などが装着される穴、マスタシリンダ(図示略)に通じる図示せぬ配管が接続される入口ポート1bや車輪ブレーキ(図示略)に至る図示せぬ配管が接続される出口ポート1cなどが形成されている。なお、各穴同士は、直接に、あるいは基体1の内部に形成された図示せぬ流路を介して互いに連通している。
取付穴10Aは、図2に示すように、基体1の内部に形成された流路1a,1aと連通するように形成された有底の穴であり、下部(最深部)に形成された円筒状の当接部11と、この当接部11よりも浅い部位に形成された円筒状の導入部12と、当接部11と導入部12とを繋ぐ円錐台状のテーパー部13と、導入部12よりも浅い部位に形成された円筒状の保持部14と、導入部12と保持部14とを繋ぐ円錐台状の繋ぎ部15とを備えている。
導入部12における穴径は、当接部11における穴径よりも大径であり、保持部14における穴径は、導入部12における穴径よりも大径である。すなわち、取付穴10Aは、底面16から開口部に向かうに従って順次拡径する段付き円筒状に成形されている。
流路1a,1aのうちの一方は、底面16に開口し、他方は、保持部14に開口している。なお、一方の流路1aが、底面16に開口しているため、底面16は、円帯状を呈している。
凹部10Bは、上面視円帯状を呈していて、かつ、取付穴10Aと同軸に形成されている。凹部10Bの底面17は、取付穴10Aの底面16を基準にして形成されている。すなわち、凹部10Bは、基体1の表面1dからの深さを規定して形成されたものではなく、凹部10Bの底面17から取付穴10Aの底面16までの深さを規定して形成されたものである。なお、取付穴10Aの底面16と凹部10Bの底面17とは平行になっている。
常開型の電磁弁2は、図3に示すように、固定コアとなる円筒状の弁ハウジング21と、この弁ハウジング21の下端部の内空に装着された第一の集塵フィルター22と、この集塵フィルター22の上側において弁ハウジング21の内空に装着された弁座構成材23と、この弁座構成材23の上側において弁ハウジング21の内空に配置された弁体24と、弁座構成材23と弁体24との間に介設された戻しばね25と、弁体24の上側に配置された可動コア26と、この可動コア26を覆うカバー27と、弁ハウジング21の外周面に環装された第二の集塵フィルター28と、を備えて構成されている。なお、電磁弁2は、取付穴10Aから突出するが、この突出した部位の周囲には、電磁弁2を駆動させるための電磁コイル29が配置される。
弁ハウジング21は、鉄や鉄合金等の磁性材料からなり、取付穴10Aに挿入される挿入部21Aと、取付穴10Aの開口部を塞ぐ蓋部21Bと、この蓋部21Bに突設された突出部21Cとを備えている。なお、弁ハウジング21の内空は、下に向かうに従って順次拡径する段付き円筒状に成形されている。
挿入部21Aの下端部(すなわち、電磁弁2の下端部)は、図4に示すように、取付穴10Aの当接部11に圧入(嵌入)される圧入部211と、この圧入部211よりも小径の小径部212とを備えている。
圧入部211の外径は、取付穴10Aの当接部11の穴径と同じか僅かに大きくなっていて、圧入部211を取付穴10Aの当接部11に圧入すると、圧入部211の外周面が取付穴10Aの当接部11の内周面に密着する。圧入部211の外周面が当接部11の内周面に密着することで、当接部11の内周面を伝ってのブレーキ液の漏れが防止される。
小径部212は、圧入部211の下側に形成されている。小径部212の下端面は、その全体(全周)が取付穴10Aの底面16に突き当てられる。なお、挿入部21Aのうち、圧入部211よりも上側にある部位(以下、「弁室構成部213」という)は、取付穴10Aの導入部12および保持部14の内周面と隙間をあけて対向する。弁室構成部213には、弁室Vと一方の流路1aとを連通するための透孔213aが形成されている。
本実施形態においては、小径部212の外周面、取付穴10Aの当接部11の内周面および底面16によって、環状の収容空間Kが形成される。収容空間Kは、圧入部211(すなわち、電磁弁2の下端部)を取付穴10Aに圧入する際に発生する切粉を収容可能な空間であり、圧入部211の外周面を取付穴10Aの当接部11の内周面に密着させるとともに、小径部212の下端面(すなわち、電磁弁2の下端面)を取付穴10Aの底面16に突き当てていることから、密閉された空間になっている。
図3に示すように、蓋部21Bの外周面には、その周方向に沿って、取付穴10Aの穴壁をかしめた際に形成される塑性変形部18(図2参照)が入り込む係止溝214が凹設されている。この蓋部21Bにおいては、係止溝214の上側における外径が、係止溝214の下側における外径よりも小さくなっている。本実施形態では、係止溝14の上側と下側とで、0.4mmの外径差を設けている。なお、以下の説明においては、蓋部21Bのうち、係止溝214よりも下側に位置する環状の部位を「下蓋215」と称し、上側に位置する環状の部位を「上蓋216」と称することとする。
下蓋215は、電磁弁2を取付穴10Aに組み付けたときに、保持部14に開口する流路1aよりも上側に位置する。下蓋215の外径は、挿入部21Aおよび突出部21Cの外径よりも大きくなっているが、取付穴10Aの保持部14の穴径よりも僅かに小さくなっていて、下蓋215の外周面は、取付穴10Aの保持部14の内周面と僅かな隙間をあけて対向する。なお、下蓋215の下面が、取付穴10Aの穴壁に当接することはない。
上蓋216は、電磁弁2を取付穴10Aに組み付けたときに、凹部10Bの底面17から突出する。なお、上蓋216の上側の周縁部216aは、面取りされている。上蓋216の外径は、取付穴10Aの保持部14の穴径よりも小さくなっている。すなわち、上蓋216の外周面は、取付穴10Aの保持部14の内周面と隙間をあけて対向する。
突出部21Cは、段付き円筒状を呈しており、その上半部の外径が下半部の外径よりも小さくなっている。なお、突出部21Cは、電磁コイル29の中に配置される。
第一の集塵フィルター22は、弁ハウジング21の圧入部211に嵌め込まれる円筒状の枠体221と、この枠体221に保持される網状体222とを備えて構成されている。
弁座構成材23は、弁ハウジング21の弁室構成部213に嵌め込まれる円筒状の部材であり、その外周面が弁室構成部213の内周面に密着している。弁座構成材23の上面の中央には、弁体24が着座する弁座231が中空部232を取り囲むように突設されている。また、弁座構成材23の側部には、中空部232と並列して貫通孔233が形成されており、貫通孔233の下端部には、一方向弁となる球体234が配置されている。球体234は、集塵フィルター22側の液圧が弁室V側の液圧よりも高いときには貫通孔233を閉塞し、逆に、弁室V側の液圧が集塵フィルター22側の液圧よりも高いときには貫通孔233を開放する。
弁体24は、弁ハウジング21の突出部21Cの内部を摺動する摺動部材241と、この摺動部材241の下端に取り付けられたニードル部材242とを備えて構成されている。摺動部材241の上端部は、電磁コイル29を消磁した状態においては、弁ハウジング21の上端面から突出する。
戻しばね25は、コイルばねからなり、弁座構成材23と弁体24との間に圧縮状態で介設され、弁体24を可動コア26側に付勢する。
可動コア26は、磁性材料からなり、その下端面を弁体24の上端面に当接させた状態でカバー27の内部を上下方向に移動する。すなわち、可動コア26は、電磁コイル29を励磁したときに、固定コアである弁ハウジング21に引き寄せられて下方向に移動し、弁体24を下方向に押動する。
カバー27は、有底円筒状を呈しており、弁ハウジング21の上部(より詳細には、突出部21Cの上半部)に被せられている。なお、カバー27は、その全周を溶接することにより弁ハウジング21に固着される。
第二の集塵フィルター28は、弁ハウジング21の透孔213aを取り囲むように配置されるものであり、弁ハウジング21の挿入部21Aの弁室構成部213に環装される。第二の集塵フィルター28は、図4に示すように、上下一対の環状リング281,281と、この環状リング281,281に保持される網状体282とを備えて構成されている。
なお、図3に示す電磁コイル29は、ハウジング9(図1参照)に組み付けられていて、ハウジング9を基体1に取り付けたときに、弁ハウジング21の突出部21Cとカバー27とに環装される。
以上のように構成された電磁弁2は、電磁コイル29を励磁させたときに閉弁し、消磁させたときに開弁する。すなわち、電子制御ユニット8(図1参照)からの指令に基づいて電磁コイル29を励磁させると、可動コア26が固定コアである弁ハウジング21に吸引されて下方向に移動するのに伴って、弁体24が下方向に移動し、その下端部(ニードル部材242)が弁座構成材23の弁座231に着座して中空部232を閉塞する。また、電磁コイル29を消磁させると、戻しばね25の付勢力によって弁体24および可動コア26が上方向に押し戻され、弁体24の下端部(ニードル部材242)が弁座231から離間して中空部232を開放する。
図5乃至図7を参照して、車両用ブレーキ液圧制御装置Uの製造方法を説明する。
図5の(a)に示すように、まず、所定の形状に成形した基体1に、取付穴10Aおよび凹部10Bを形成する(穴あけ工程)。取付穴10Aおよび凹部10Bは、段付きの穴あけ工具Dを用いて一工程で一体的に形成する。穴あけ工具Dは、取付穴10Aを形成するための切削刃を有する下段部D1と、凹部10Bを形成するための切削刃を有する上段部D2とを備えている。そして、図5の(b)および(c)に示すように、穴あけ工具Dを回転させつつ基体1の表面に押し付けると、下段部D1によって取付穴10Aが形成され、次いで、上段部D2によって凹部10Bが形成される。
なお、図示は省略するが、前記した作業に前後して、基体1の適所に、常閉型の電磁弁3、リザーバ4、ポンプ5(図1参照)などを装着するための穴(孔)を形成するとともに、基体1の表面を削孔することで基体1の内部にブレーキ液の流路1aなどを形成する。
次に、図6の(a)および(b)に示すように、取付穴10Aに常開型の電磁弁2を挿入し、その下端面を取付穴10Aの底面16に当接させる(挿入工程)。すなわち、図4に示すように、電磁弁2の圧入部211を取付穴10Aの当接部11に圧入し、圧入部211の外周面を当接部11の内周面に密着させつつ、小径部212の下端面の全周を取付穴10Aの底面16に突き当てる。本実施形態においては、取付穴10Aの当接部11と導入部12との間に形成したテーパー部13および電磁弁2の下端部に形成した小径部212が、それぞれ電磁弁2の「誘い(ガイド)」として機能するので、電磁弁2の圧入部211を簡単かつ確実に取付穴10Aの当接部11に圧入することができる。
電磁弁2の圧入部211を取付穴10Aの当接部11に圧入し、小径部212の下端面を取付穴10Aの底面16に当接させると、小径部212の外周面と取付穴10Aの当接部11の内周面とによって、収容空間Kが形成されるので、電磁弁2の圧入に際して発生した切粉等は、収容空間Kに収容されることになり、さらには、電磁弁2の挿入位置が径方向にも上下方向(深さ方向)にも規制されることになる。
続いて、電磁弁2の挿入位置を基準として取付穴10Aの穴壁をかしめて電磁弁2を固定する(固定工程)。すなわち、図6の(c)に示すように、電磁弁2の下端面を取付穴10Aの底面16に突き当てた状態を維持しつつ有底円筒状を呈するかしめ治具Eを凹部10Bの底面17に押し当て、かしめ治具Eで取付穴10Aの穴壁を下方向(底面16方向)に押圧することで取付穴10Aの穴壁に塑性変形部18(図4参照)を形成し、この塑性変形部18を電磁弁2の外周面に形成された係止溝214(図4参照)に係止させることで、電磁弁2を取付穴10Aにかしめ固定する。電磁弁2を取付穴10Aに挿入した後に、凹部10Bの底面17を取付穴10Aの底面16方向に押圧して塑性変形部18を形成することで、電磁弁2が取付穴10Aに抜け出し不能に保持されるとともに、塑性変形部18における径方向の残留応力によって液密にシールされる。なお、本実施形態においては、電磁弁2の下端部の外周面を取付穴10Aの当接部11の内周面に密着させるとともに、電磁弁2の下端面の全周を取付穴10Aの底面16に突き当てることで、電磁弁2の挿入位置を規制し、この挿入位置を維持しつつ、電磁弁2の位置決めに寄与していない取付穴10Aの保持部14の穴壁をかしめることとしたので、電磁弁2を固定する際に、電磁弁2が傾倒し難い。
図7を参照して、固定工程をより詳細に説明する。まず、図7の(a)に示すように、かしめ治具Eの下端面の全周を凹部10Bの底面17の内周縁に当接させる。なお、かしめ治具Eの内径は、電磁弁2の上蓋216の外径と略同一であるが、電磁弁2の上蓋216の周縁部216aが面取りされているので、かしめ治具Eをスムーズに位置決めすることができる。すなわち、かしめ治具Eを電磁弁2に被せると、かしめ治具Eの下端部が周縁部216aによってガイドされるので、かしめ治具Eの下端面の全周を確実に凹部10Bの底面17に当接させることができる。
次に、かしめ治具Eに下向きのかしめ荷重を付与し(図8に示すグラフ中の「a」→「b」)、図7の(b)に示すように、かしめ治具Eの下端部を凹部10Bの底面17に減り込ませる。なお、取付穴10Aの保持部14の内周面と電磁弁2の上蓋216の外周面との間に隙間が形成されているので(図7の(a)参照)、かしめ治具Eの下端部を凹部10Bの底面17に減り込ませると、取付穴10Aの保持部14における穴壁が電磁弁2の上蓋216に向かって塑性変形(塑性流動)し、取付穴10Aの保持部14(図3参照)の内周面の全周が電磁弁2の上蓋216の外周面に密着するようになる。ちなみに、取付穴10Aの保持部14の内周面と電磁弁2の上蓋216の外周面との間に隙間が形成されているので、小さなかしめ荷重で取付穴10Aの穴壁を塑性変形させることができる。
かしめ荷重を増大させると(図8に示すグラフ中の「b」→「c」)、図7の(c)に示すように、かしめ治具Eの下端部がより深くまで減り込み、これに伴って、取付穴10Aの穴壁が電磁弁2の下蓋215の上側に迫り出し、下蓋215と係止溝214との境界部分217を全周に亘って押さえ込むようになる。なお、この時点で、塑性変形部18によって電磁弁2が抜出し不能に係止され、かつ、塑性変形部18における径方向の残留応力によって取付穴10Aの保持部14と電磁弁2の下蓋215の間がシールされる。
かしめ荷重をさらに増大させると(図8に示すグラフ中の「c」→「d」)、図7の(d)に示すように、取付穴10Aの穴壁に、より一層の塑性変形(塑性流動)が発生し、取付穴10Aの穴壁に形成された塑性変形部18が電磁弁2の係止溝214に入り込むようになる。
なお、かしめ荷重をより一層増大させると(図8に示すグラフ中の「d」→「e」)、図示は省略するが、電磁弁2の係止溝214の全体が取付穴10Aの塑性変形部18によって充填されることになる。このように、車両用ブレーキ液圧制御装置Uにおいては、図8のグラフに示す「c」から「e」の範囲に入るようにかしめ治具Eのストロークおよびかしめ荷重を管理すれば、前記した部位をシールすることができる。
常開型の電磁弁2を基体1に組み付ける前、若しくは組み付けた後に、図1に示すように、常閉型の電磁弁3、リザーバ4、ポンプ5、圧力センサ6、モータ7などを基体1に組み付け、さらに、電磁弁2,3を覆うようにハウジング9を組み付けるなどすると、車両用ブレーキ液圧制御装置Uが完成する。
以上説明した車両用ブレーキ液圧制御装置Uによれば、基体1の取付穴10Aに電磁弁2を圧入する際に切粉が発生した場合であっても、当該切粉が収容空間Kに封入されるので、ブレーキ液への切粉の混入を防止することが可能となる。つまり、車両用ブレーキ液圧制御装置Uの摺動部分における摺動抵抗の増加を抑制することが可能となり、さらには、シール部分の磨耗を防止することが可能となる。
さらに、車両用ブレーキ液圧制御装置Uにおいては、取付穴10Aの周囲に凹部10Bを形成し、かつ、この凹部10Bの底面17を取付穴10Aの底面16を基準にして形成するとともに、電磁弁2の下端面を取付穴10Aの底面16に突き当てたので、取付穴10Aに電磁弁2をかしめ固定する際に、かしめ荷重の大きさにばらつきが生じ難くなる。すなわち、かしめ治具Eのストロークは、基体1の表面(本実施形態では、凹部10Bの底面17)から電磁弁2の係止溝214までの距離に依存するところ、この車両用ブレーキ液圧制御装置Uにおいては、凹部10Bの底面17を取付穴10Aの底面16を基準にして形成したことで取付穴10Aの深さ(すなわち、取付穴10Aの底面16から凹部10Bの底面17までの距離)にばらつきが生じ難くなり、さらに、電磁弁2の下端面を取付穴10Aの底面16に突き当てたことで電磁弁2の挿入量にもばらつきが生じ難くなるので、凹部10Bの底面17から電磁弁2の係止溝214までの距離にもばらつきが生じ難くなり、その結果、塑性変形部18の係止溝214への充填量にばらつきが生じ難くなる。
特に、本実施形態においては、取付穴10Aと凹部10Bとを同一の穴あけ工具Dで一体的に形成したので、取付穴10Aの深さのばらつきが極めて小さくなり、凹部10Bの底面17から電磁弁2の係止溝214までの距離のばらつきは、電磁弁2の製作精度のみに依存することになる。つまり、車両用ブレーキ液圧制御装置Uによれば、凹部10Bの底面17から電磁弁2の係止溝214までの距離のばらつきが極めて小さく、したがって、かしめ治具Eのストロークのばらつきも極めて小さいものとなる。
また、車両用ブレーキ液圧制御装置Uにおいては、係止溝214の上側における電磁弁2の外径が下側の外径よりも小さくなっているので、塑性変形後(かしめ後)における取付穴10Aの穴径も、係止溝214の上側の方が下側よりも小さくなる。したがって、取付穴10Aから押し出す方向の力が電磁弁2に作用すると、図9の(a)に示すように、係止溝214の下側の外周縁(下蓋215と係止溝214との境界部分217)から斜め上方に立ち上がるようにせん断破壊面が形成されることになる。図9の(b)に示すように、電磁弁2の外径が係止溝214’の上側と下側とで同一になっている場合においては、せん断破壊距離S2が係止溝214’の溝幅と等しくなるが、図9の(a)に示すように、係止溝214の上側における穴径を下側における穴径よりも小さくすれば、せん断破壊距離S1が係止溝214の溝幅以上になるので、係止溝214の溝幅を図9の(b)の係止溝214’の溝幅より小さくしても、図9の(b)の場合と同等の組付強度(ブレーキ液圧による押出力に対する抵抗力)を確保することが可能となる。
また、車両用ブレーキ液圧制御装置Uにおいては、係止溝214の上側に隙間が形成されているので、小さなかしめ荷重で塑性変形部18を形成することが可能となり、ひいては、製造設備の小型化を図ることが可能となる。
なお、車両用ブレーキ液圧制御装置Uの構成は適宜変更しても差し支えない。例えば、本実施形態では、図10の(a)に示すように、電磁弁2の下端面を平坦な形状に成形して取付穴10Aの底面16に当接させたが、図10の()に示すように、取付穴10Aの当接部11の内周面に、その周方向に沿って周面溝11aを凹設し、この周面溝11aを利用して収容空間Kを形成してもよい。すなわち、取付穴10Aの当接部11の一部を拡径して収容空間Kを形成してもよい。なお、図10の()の電磁弁2においては、小径部212(図4参照)を省略しているが、当接部11に周面溝11aを設けることで、収容空間Kを確保している。取付穴10Aを加工して収容空間Kを形成すれば、電磁弁2に対する加工等を省略あるいは簡略にすることが可能となるので、従来の電磁弁を流用することが可能となる。また、電磁弁2に対する加工等が簡略化されれば、電磁弁2の弁ハウジング21等の強度を減少させることなく、収容空間Kを確保することが可能となる。
さらに、図10の()に示すように、取付穴10Aの底面16に、この底面16の外周に沿って底面溝16aを凹設し、この底面溝16aを利用して収容空間Kを形成してもよい。なお、底面溝16aは、ローソク型のドリルによって形成することができるので、図10の()に示す周面溝11aよりも簡単且つ安価に形成することができる。
本発明の実施形態に係る車両用ブレーキ液圧制御装置を示す分解斜視図である。 取付穴を示す断面図である。 電磁弁の構成を説明するための断面図である。 電磁弁の構成を説明するための拡大断面図である。 (a)〜(c)は、本発明の実施形態に係る車両用ブレーキ液圧制御装置の製造方法の穴あけ工程を説明するための断面図である。 (a)〜(c)は、本発明の実施形態に係る車両用ブレーキ液圧制御装置の製造方法の挿入工程および固定工程を説明するための断面図である。 (a)〜(d)は、固定工程を詳細に説明するための断面図である。 かしめ荷重の推移を表すグラフである。 (a)は本発明の実施形態に係る車両用ブレーキ液圧制御装置の作用を説明するための断面図、(b)は比較例に係る車両用ブレーキ液圧制御装置の断面図である。 (a)は図4の拡大段面図、(b)および)は、本発明の実施形態に係る車両用ブレーキ液圧制御装置の変形例を示す拡大断面図である。
符号の説明
1 基体
10A 取付穴
10B 凹部
11 当接部
12 導入部
13 テーパー部
14 保持部
16 取付穴の底面
17 凹部の底面
18 塑性変形部
2 電磁弁
211 圧入部
212 小径部
214 係止溝
D 穴あけ工具

Claims (7)

  1. ブレーキ液の流路を内包する基体と、
    前記流路と連通するように前記基体に形成された取付穴に組み付けられた組付部品とを備える車両用ブレーキ液圧制御装置であって、
    前記組付部品の下端部の外周面を前記取付穴の下部に形成された当接部の内周面に密着させるとともに、前記組付部品の下端面の全体を前記取付穴の底面に突き当てることで、前記組付部品の下端部を前記取付穴に圧入する際に発生する切粉を収容可能な密閉された収容空間を前記組付部品の下端部の周囲に形成するとともに、前記組付部品の挿入位置を規制し、前記取付穴の底面に前記組付部品の下端面を突き当てた状態を維持しつつ前記組付部品の位置決めに寄与しない前記取付穴の上部の穴壁をかしめることで前記組付部品を固定したことを特徴とする車両用ブレーキ液圧制御装置。
  2. ブレーキ液の流路を内包する基体と、
    前記流路と連通するように前記基体に形成された取付穴に組み付けられた組付部品とを備え、
    前記組付部品の下端部の外周面を前記取付穴の下部に形成された当接部の内周面に密着させるとともに、前記組付部品の下端面を前記取付穴の底面に突き当てることで、前記組付部品の下端部を前記取付穴に圧入する際に発生する切粉を収容可能な密閉された収容空間を前記組付部品の下端部の周囲に形成するとともに、前記組付部品の挿入位置を規制し、前記取付穴の底面に前記組付部品の下端面を突き当てた状態を維持しつつ前記取付穴の穴壁をかしめることで前記組付部品を固定した車両用ブレーキ液圧制御装置であって、
    前記組付部品は、前記取付穴の開口部を塞ぐ蓋部を備えており、
    前記蓋部の外周面には、その周方向に沿って係止溝が形成されており、
    前記係止溝の上側における前記蓋部の外径が、前記係止溝の下側における前記蓋部の外径よりも小さくなっており、
    前記取付穴の穴壁をかしめた際に形成される塑性変形部が前記係止溝に入り込むとともに、前記取付穴の内周面が前記蓋部の外周面に密着していることを特徴とする車両用ブレーキ液圧制御装置。
  3. 前記組付部品の下端部は、前記取付穴の前記当接部に圧入される圧入部と、この圧入部よりも小径の小径部とを備えており、
    前記小径部の外周面と前記取付穴の内周面とを利用して前記収容空間が形成されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の車両用ブレーキ液圧制御装置。
  4. 前記圧入部の下側に前記小径部が形成されており、
    前記小径部の下端面が、前記取付穴の底面に突き当てられていることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか一項に記載の車両用ブレーキ液圧制御装置。
  5. 前記取付穴の前記当接部の内周面には、その周方向に沿って周面溝が凹設されており、
    前記周面溝を利用して前記収容空間が形成されていることを特徴とする請求項1乃至請求項のいずれか一項に記載の車両用ブレーキ液圧制御装置。
  6. 前記取付穴の底面に、当該底面の外周に沿って底面溝が凹設されており、
    前記底面溝を利用して前記収容空間が形成されていることを特徴とする請求項1乃至請求項のいずれか一項に記載の車両用ブレーキ液圧制御装置。
  7. 前記取付穴は、前記当接部よりも浅い部位に形成された導入部と、前記当接部と前記導入部とを繋ぐテーパー部とを備えており、
    前記導入部における穴径が、前記当接部における穴径よりも大径であることを特徴とする請求項1乃至請求項6のいずれか一項に記載の車両用ブレーキ液圧制御装置。
JP2006280420A 2006-10-13 2006-10-13 車両用ブレーキ液圧制御装置 Active JP4276673B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006280420A JP4276673B2 (ja) 2006-10-13 2006-10-13 車両用ブレーキ液圧制御装置

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006280420A JP4276673B2 (ja) 2006-10-13 2006-10-13 車両用ブレーキ液圧制御装置
US11/870,930 US8141959B2 (en) 2006-10-13 2007-10-11 Vehicle brake hydraulic pressure control unit
EP07020065A EP1911646B1 (en) 2006-10-13 2007-10-12 Vehicle brake hydraulic pressure control unit
CN200710152467.8A CN101161521B (zh) 2006-10-13 2007-10-15 车辆用制动液压控制装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008094321A JP2008094321A (ja) 2008-04-24
JP4276673B2 true JP4276673B2 (ja) 2009-06-10

Family

ID=38948373

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006280420A Active JP4276673B2 (ja) 2006-10-13 2006-10-13 車両用ブレーキ液圧制御装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US8141959B2 (ja)
EP (1) EP1911646B1 (ja)
JP (1) JP4276673B2 (ja)
CN (1) CN101161521B (ja)

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4276674B2 (ja) * 2006-10-13 2009-06-10 日信工業株式会社 車両用ブレーキ液圧制御装置および車両用ブレーキ液圧制御装置の製造方法
DE102009055293A1 (de) * 2009-12-23 2011-06-30 Robert Bosch GmbH, 70469 Magnetventilvorrichtung
JP5193272B2 (ja) * 2010-11-25 2013-05-08 日信工業株式会社 液圧制御装置およびその製造方法
JP5478571B2 (ja) * 2011-08-03 2014-04-23 日本電信電話株式会社 防災情報配信方法及び装置
KR101294674B1 (ko) * 2011-11-02 2013-08-09 주식회사 만도 브레이크 시스템용 솔레노이드 밸브
WO2014115809A1 (ja) * 2013-01-25 2014-07-31 日信工業株式会社 車両用ブレーキ液圧制御装置
JP2015160464A (ja) * 2014-02-26 2015-09-07 株式会社デンソー ブレーキ液圧制御用アクチュエータ
DE102015220440A1 (de) * 2014-10-21 2016-04-21 Mando Corporation Integrierte dynamische Bremsvorrichtung
KR20160080899A (ko) * 2014-12-29 2016-07-08 주식회사 만도 전동식 일체형 브레이크 장치
DE102017213885A1 (de) * 2017-08-09 2019-02-14 Robert Bosch Gmbh Druckmitteleinheit, insbesondere zur Einstellung und/oder Regelung eines Bremsdrucks in einer elektronisch schlupfregelbaren Fahrzeugbremsanlage sowie hutförmiges Filterelement
KR102079023B1 (ko) * 2017-11-06 2020-02-19 주식회사 만도 일체형 솔레노이드밸브 및 그를 이용한 브레이크 시스템
CN110332179B (en) * 2019-07-11 2021-09-17 陶象余 Supporting hydraulic pressure station of grouting pump

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5184804A (en) 1992-05-12 1993-02-09 Siemens Automotive L.P. Contamination containment device
FR2692876B1 (fr) 1992-06-25 1996-03-08 Heidelberger Druckmasch Ag Dispositif automatique de capture d'une bande de papier dechiree.
GB9510177D0 (en) * 1995-05-19 1995-07-12 Lucas Ind Plc Improvements in and relating to electronic braking systems
DE19535368C2 (de) * 1995-09-25 1998-04-30 Bosch Gmbh Robert Kraftstoffeinspritzeinrichtung für Brennkraftmaschinen
JP3613628B2 (ja) * 1996-01-12 2005-01-26 日清紡績株式会社 電磁弁装置
DE19700980A1 (de) * 1997-01-14 1998-07-16 Teves Gmbh Alfred Elektromagnetventil
JPH1137316A (ja) 1997-07-18 1999-02-12 Unisia Jecs Corp 液圧機器の栓部材
JP3989625B2 (ja) 1998-06-12 2007-10-10 コンティネンタル・テーベス株式会社 液圧ポンプの固定部材の取り付け方法、及びハウジング構造
JP4269477B2 (ja) 2000-03-28 2009-05-27 株式会社デンソー 電磁弁の組み付け構造及びそれを適用したブレーキ装置
JP3934882B2 (ja) 2001-03-30 2007-06-20 株式会社日立製作所 プランジャポンプ
JP3742354B2 (ja) 2001-04-25 2006-02-01 株式会社日立製作所 車載装置のブレーキ液圧制御ユニット
JP4563095B2 (ja) 2001-04-25 2010-10-13 日立オートモティブシステムズ株式会社 ブレーキ液圧制御ユニット
US6846408B2 (en) * 2003-03-07 2005-01-25 Kelsey-Hayes Company Filter assembly for a control valve in a vehicular brake system
JP2007055521A (ja) * 2005-08-26 2007-03-08 Advics:Kk ブレーキ制御用電磁弁

Also Published As

Publication number Publication date
EP1911646B1 (en) 2013-03-27
CN101161521A (zh) 2008-04-16
US20080088176A1 (en) 2008-04-17
EP1911646A2 (en) 2008-04-16
CN101161521B (zh) 2015-03-25
JP2008094321A (ja) 2008-04-24
US8141959B2 (en) 2012-03-27
EP1911646A3 (en) 2009-10-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4276673B2 (ja) 車両用ブレーキ液圧制御装置
JP2838626B2 (ja) 電磁弁装置
JP4432681B2 (ja) ブレーキ用流体制御装置
US8651453B2 (en) Valve cartridge for a solenoid valve, and associated solenoid valve
US9511753B2 (en) Vehicle brake hydraulic pressure control unit and method for producing the same
CN101535107A (zh) 磁阀
JP5487836B2 (ja) 電磁弁を有する液圧装置
JP2008111355A (ja) 往復動ポンプ
JP4891754B2 (ja) 車両用ブレーキ液圧制御装置の製造方法および車両用ブレーキ液圧制御装置
JP5011187B2 (ja) 車両用ブレーキ液圧制御装置
WO2015040889A1 (ja) ブレーキ装置
JP5639524B2 (ja) チェック弁、液圧制御装置、車両用ブレーキ液圧制御装置およびチェック弁の製造方法
JP2004340324A (ja) 電磁弁
JP4918060B2 (ja) 車両用ブレーキ液圧制御装置のリザーバ
JP4787729B2 (ja) 車両用ブレーキ液圧制御装置およびその製造方法
US10471943B2 (en) Vehicle brake hydraulic pressure control apparatus and method for manufacturing the same
WO2017064898A1 (ja) 流体圧機器及びその製造方法
JP5086866B2 (ja) 車両用ブレーキ液圧制御装置のリザーバ
JP5432945B2 (ja) 車両用ブレーキ液圧制御装置
CN209484005U (zh) 安全阀
JP2009234372A (ja) ブレーキ液圧制御装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080226

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080812

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080814

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081001

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090224

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090306

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4276673

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120313

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130313

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140313

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250