JP4232797B2 - Sound system configuration display editing device - Google Patents

Sound system configuration display editing device Download PDF

Info

Publication number
JP4232797B2
JP4232797B2 JP2006185149A JP2006185149A JP4232797B2 JP 4232797 B2 JP4232797 B2 JP 4232797B2 JP 2006185149 A JP2006185149 A JP 2006185149A JP 2006185149 A JP2006185149 A JP 2006185149A JP 4232797 B2 JP4232797 B2 JP 4232797B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scene
zone
master
signal processing
recall
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006185149A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008017085A (en
Inventor
真 廣井
Original Assignee
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ヤマハ株式会社 filed Critical ヤマハ株式会社
Priority to JP2006185149A priority Critical patent/JP4232797B2/en
Priority claimed from US11/825,019 external-priority patent/US8249278B2/en
Publication of JP2008017085A publication Critical patent/JP2008017085A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4232797B2 publication Critical patent/JP4232797B2/en
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

この発明は、音響信号を処理する装置を複数台組み合わせて協同的に動作させる音響システムの構成を画面上に表示して編集する音響システム構成表示編集装置に関する。   The present invention relates to an acoustic system configuration display editing apparatus that displays on a screen and edits the configuration of an acoustic system in which a plurality of apparatuses that process acoustic signals are combined to operate cooperatively.
従来より、音響信号処理部を、プログラムに従って動作可能なプロセッサ(例えば、ディジタル信号処理装置(DSP))を用いて構成するとともに、外部のPC(パーソナルコンピュータ)を用いて編集したミキサ構成(信号処理構成)に基づいて音響信号を処理できるようにした音響信号処理装置が知られている。このような音響信号処理装置を、本願では「ミキサエンジン」と呼ぶ。ミキサエンジンは、PCにより編集され転送された信号処理構成を内部に記憶し、その記憶している信号処理構成に基づいて単独で音響信号の処理を行うことができる。また、複数のミキサエンジンを組み合わせることにより大規模なミキサシステムを構成することもできる。非特許文献1に記載のミキサエンジンでは、複数のミキサエンジンを協同的に動作させるため「ゾーン」という考え方を導入している。また、特許文献1には、複数台のミキサエンジンを自由に組み合わせてゾーンを構成し、ゾーン単位で協同的な動作を実現する音響信号処理システムが開示されている。   Conventionally, an acoustic signal processing unit is configured using a processor (for example, a digital signal processing device (DSP)) operable according to a program, and a mixer configuration (signal processing) edited using an external PC (personal computer). 2. Description of the Related Art An acoustic signal processing apparatus that can process an acoustic signal based on the configuration is known. Such an acoustic signal processing device is referred to as a “mixer engine” in the present application. The mixer engine stores therein the signal processing configuration edited and transferred by the PC, and can independently process the acoustic signal based on the stored signal processing configuration. Also, a large-scale mixer system can be configured by combining a plurality of mixer engines. In the mixer engine described in Non-Patent Document 1, the concept of “zone” is introduced in order to cooperatively operate a plurality of mixer engines. Patent Document 1 discloses an acoustic signal processing system that forms a zone by freely combining a plurality of mixer engines and realizes cooperative operation in units of zones.
ここでゾーンについて詳しく説明する。図18は、3台のミキサエンジンを用いて単一ゾーンを構成した例を示す。PC1801と3台のミキサエンジン1803〜1805とが、スイッチングハブ1802により相互に接続されている。3台のミキサエンジン1803〜1805は、1つのゾーン1806を構成している。ゾーンにはゾーンマスタと呼ばれる機器が必ず1台存在し、その他の機器はスレーブとなる。例えば図18(a)では、ミキサエンジン1803がゾーンマスタ、ミキサエンジン1804および1805がスレーブである。ゾーンマスタ1803からの制御により、スレーブ1804,1805をコントロールできる。また、PC1801からゾーンマスタ1803に指示を与えることにより、ゾーン内の全ての機器をコントロールすることができる。   Here, the zone will be described in detail. FIG. 18 shows an example in which a single zone is configured using three mixer engines. A PC 1801 and three mixer engines 1803 to 1805 are connected to each other by a switching hub 1802. The three mixer engines 1803 to 1805 constitute one zone 1806. A zone always has one device called a zone master, and the other devices are slaves. For example, in FIG. 18A, the mixer engine 1803 is a zone master, and the mixer engines 1804 and 1805 are slaves. The slaves 1804 and 1805 can be controlled by the control from the zone master 1803. Also, by giving an instruction from the PC 1801 to the zone master 1803, all devices in the zone can be controlled.
図18(b)は、複数のゾーンを設定した例を示す。スイッチングハブ1813に3台のミキサエンジン1821〜1823が接続され、これによりゾーン1820が構成されている。同様にして、ミキサエンジン1831,1832でゾーン1830が、ミキサエンジン1841〜1843でゾーン1840が、それぞれ構成されている。上述したように各ゾーンにはそれぞれ1台のゾーンマスタが存在する。スイッチングハブ1813〜1815はルータ1812に接続され、該ルータ1812にはPC1811が接続されている。   FIG. 18B shows an example in which a plurality of zones are set. Three mixer engines 1821 to 1823 are connected to the switching hub 1813, thereby forming a zone 1820. Similarly, a zone 1830 is constituted by the mixer engines 1831 and 1832, and a zone 1840 is constituted by the mixer engines 1841 to 1843, respectively. As described above, each zone has one zone master. The switching hubs 1813 to 1815 are connected to a router 1812, and a PC 1811 is connected to the router 1812.
なお、図18(a)及び(b)では、ミキサシステムの制御系の接続関係のみを図示した。ここでは不図示だが、実際は各ミキサエンジン間には音響信号を伝送する接続線が張られており、またマイクなどから入力した音響信号の入力線やアンプやスピーカなどへの出力線も存在する。   18A and 18B, only the connection relationship of the control system of the mixer system is shown. Although not shown here, a connection line for transmitting an acoustic signal is actually provided between the mixer engines, and an input line for an acoustic signal input from a microphone or the like, and an output line for an amplifier, a speaker, or the like.
上述したゾーンは任意の方式で定義できるが、ここでは同じドメインを構成するIPアドレスが与えられた複数の機器で1つのゾーンを構成するようにしている。具体的には、クラスCアドレスのネットワークアドレスが同一の機器は同じゾーンに含まれるようにする。従って、1つのゾーンは最大で256台の機器から構成され、ゾーン間の接続はルータ(例えば図18(b)の1812)を介する必要がある。   The above-described zone can be defined by an arbitrary method, but here, a single zone is configured by a plurality of devices to which IP addresses configuring the same domain are given. Specifically, devices with the same class C network address are included in the same zone. Therefore, one zone is composed of a maximum of 256 devices, and the connection between the zones needs to be via a router (for example, 1812 in FIG. 18B).
以上のようなゾーンを設定することにより、1つのゾーン内の機器を協同的に動作させることができる。例えば、ゾーンに含まれる任意のミキサエンジンから1つのシーンを指定してリコールすると、ゾーン内の全てのミキサエンジンに一括してリコールされたシーンが設定される。なお、シーンとはコンフィグレーションとプリセットパラメータの組み合わせである。コンフィグレーションとは、目的のミキサシステムを構築するためのコンポーネントの組み合わせを言う。コンポーネントとは信号処理などを行う部品となる構成要素であり、例えばミキサ、コンプレッサ、エフェクト、クロスオーバなどのオーディオプロセッサや、フェーダ、スイッチ、パン、メータなどの操作子や表示器のコンポーネントが用意されている。ユーザは、PC上で所定のミキサ制御プログラムを実行してミキサ編集画面を表示し、該画面上で任意のコンポーネントを選択して配置し、各コンポーネントの端子間に結線を引いて音響信号の入出力関係を定義し、これにより所望のミキサ構成のコンフィグレーションを作成することができる。作成したコンフィグレーションは、コンパイル(ミキサエンジンが解釈できる情報に変換すること)した後、PCからミキサエンジンに転送される。ミキサエンジンは、そのコンフィグレーションをカレントメモリ上に呼び出して実行することにより、そのコンフィグレーションで定義されたミキサ構成のミキサが実現される。プリセットパラメータとは、上述したミキサ構成の各コンポーネントにおけるパラメータデータのセットである。   By setting the zones as described above, the devices in one zone can be operated cooperatively. For example, when one scene is designated and recalled from an arbitrary mixer engine included in the zone, the recalled scene is collectively set to all the mixer engines in the zone. A scene is a combination of configuration and preset parameters. Configuration refers to a combination of components for constructing a target mixer system. A component is a component that is a component that performs signal processing.For example, audio processors such as mixers, compressors, effects, and crossovers, and controls and indicators such as faders, switches, pans, and meters are prepared. ing. The user executes a predetermined mixer control program on the PC to display the mixer editing screen, selects and arranges arbitrary components on the screen, draws a connection between the terminals of each component, and inputs an acoustic signal. By defining the output relationship, a configuration of a desired mixer configuration can be created. The created configuration is compiled (converted into information that can be interpreted by the mixer engine) and then transferred from the PC to the mixer engine. The mixer engine calls the configuration on the current memory and executes it, thereby realizing a mixer having a mixer configuration defined by the configuration. A preset parameter is a set of parameter data in each component of the mixer configuration described above.
また、PCからの制御によりゾーン単位でミキサシステムの制御を行なうことができる。例えば、図18(b)のPC1811からゾーン1820を指定してシーンリコールを指示すると、ゾーン1820のミキサエンジン1821〜1823では、指示されたシーンのコンフィグレーションとプリセットパラメータが呼び出されて設定される。ゾーンは完全に独立して制御されるものであるので、あるゾーンに対する指示が他のゾーンに影響を及ぼすことはない。また、ゾーンに対する指示はそのゾーン内の全機器に対する指示であるので、ゾーンに対する指示が為されたときにはそのゾーン内の全機器で指示に応じた制御動作が実行されることになる。   Further, the mixer system can be controlled in zone units by control from the PC. For example, when a scene recall is instructed from the PC 1811 in FIG. 18B by specifying the zone 1820, the configuration and preset parameters of the instructed scene are called and set in the mixer engines 1821 to 1823 in the zone 1820. Since zones are controlled completely independently, instructions for one zone do not affect other zones. In addition, since the instruction for the zone is an instruction for all the devices in the zone, when the instruction for the zone is given, the control operation corresponding to the instruction is executed in all the devices in the zone.
このように複数のミキサエンジンを組み合わせてミキサシステムを構成する場合、各ミキサエンジンの接続関係などを見渡せるようにするため、全体の構成を表すようなゾーン構成画面を表示し、ユーザが該ゾーン構成画面上で各種の機器同士を結線し、全体の構成を表すような画面を作成できる機能を持つものがある(例えば、非特許文献2参照)。   When a mixer system is configured by combining a plurality of mixer engines in this way, in order to be able to overlook the connection relationship of each mixer engine, a zone configuration screen showing the overall configuration is displayed, and the user can configure the zone configuration. Some devices have a function of connecting various devices on the screen and creating a screen that represents the entire configuration (see, for example, Non-Patent Document 2).
図19は、図18(b)の3つのゾーンのそれぞれのゾーン構成画面の表示例を示す。メイン画面1900上に、ゾーン1(図18(b)のゾーン1820)のゾーン構成画面1901、ゾーン2(図18(b)のゾーン1830)のゾーン構成画面1902、およびゾーン3(図18(b)のゾーン1840)のゾーン構成画面1903が、それぞれ表示されている。
特開2005−252686 「DIGITAL MIXING ENGINE DME64N/24N 取扱説明書」、ヤマハ株式会社、2001年、第11頁 「DME Designer Version1.1 取扱説明書」、ヤマハ株式会社、2004年、第203〜207頁
FIG. 19 shows a display example of the zone configuration screen for each of the three zones in FIG. On the main screen 1900, a zone configuration screen 1901 for zone 1 (zone 1820 in FIG. 18B), a zone configuration screen 1902 for zone 2 (zone 1830 in FIG. 18B), and zone 3 (FIG. 18B). ) Zone configuration screen 1903 of zone 1840).
JP 2005-252686 A "DIGITAL MIXING ENGINE DME64N / 24N Instruction Manual", Yamaha Corporation, 2001, page 11 "DME Designer Version1.1 Instruction Manual", Yamaha Corporation, 2004, pp. 203-207
上述したように、従来技術ではゾーン単位で機器が連動しているため、図19のような構成画面を表示するときには、ゾーン毎のウインドウで表示するしかなかった。すなわち、複数のゾーンの構成を1つのウインドウでまとめて表示することはできなかった。しかし、ユーザの設定の仕方によっては、複数ゾーンで1つのオーディオシステムを構築するような場合があり、そのような場合では1画面で複数ゾーンの全体を見渡したいという要求がある。従来技術では、そのような要求に応えることができなかった。   As described above, in the prior art, since devices are linked in units of zones, when displaying a configuration screen as shown in FIG. 19, there is no choice but to display in a window for each zone. That is, the configuration of a plurality of zones cannot be displayed together in one window. However, depending on the user's setting method, there is a case where one audio system is constructed in a plurality of zones, and in such a case, there is a demand for looking over the entire plurality of zones on one screen. The prior art has not been able to meet such requirements.
本発明は、複数のミキサエンジンを組み合わせてミキサシステムを構成する際に、任意のミキサエンジンで複数のグループを構成した場合でも、それら複数のグループの全体構成がまとめて1つの画面で見渡せるような音響システム構成表示編集装置を提供することを目的とする。   In the present invention, when a plurality of mixer engines are combined to configure a mixer system, even when a plurality of groups are configured with an arbitrary mixer engine, the entire configuration of the plurality of groups can be viewed on a single screen. An object of the present invention is to provide an audio system configuration display editing apparatus.
上記目的を達成するため、本発明は、信号処理を行う部品となるコンポーネントの組合せおよび該コンポーネント間の信号の入出力関係を規定した情報を含むコンフィグデータに基づいて規定される信号処理構成音響信号処理を行うようプログラム可能なプロセッサを備える複数の音響信号処理装置をネットワークを介して相互に接続した音響信号処理システムを構成する前記複数の音響信号処理装置、画面上に表示して編集する音響システム構成表示編集装置において、予め、前記複数の音響信号処理装置を1つのゾーン内の機器として定義し、該1つのゾーン内の機器をさらにグループ分けし複数のデバイスグループおよび各デバイスグループのグループマスタとなる音響信号処理装置を定義しておく。また、複数の音響信号処理装置のそれぞれは、自機が属するデバイスグループに対してシーンナンバが指定されたシーンリコール命令が与えられたとき、該デバイスグループに属する音響信号処理装置のそれぞれにおいてリコールすべき情報を特定する情報を登録したデバイスグループシーンテーブルと、シーンリンクナンバが指定されたゾーンに対するシーンリコール命令が与えられたとき、該ゾーンを構成する複数のデバイスグループのそれぞれにおいてリコールすべきデバイスグループのシーンデータを特定するシーンナンバを登録したシーンマスタテーブルとを用意しておく。そして、ユーザ操作による入力、または外部の装置からネットワーク経由で入力されたシーンリコール命令であって、前記シーンナンバが指定されたデバイスグループに対するシーンリコール命令、または前記シーンリンクナンバが指定されたゾーンに対するシーンリコール命令を受付けたとき、自機がグループマスタでないなら、そのシーンリコール命令を自機が属するデバイスグループのグループマスタとされた音響信号処理装置に転送する。自機がグループマスタであり、かつ、受け付けたシーンリコール命令が、シーンナンバが指定されたシーンリコール命令である場合は、デバイスグループシーンテーブルを参照して、自デバイスグループに属する音響信号処理装置のそれぞれに、指定されたシーンナンバで特定されるリコールすべき情報のリコールの実行を指示する命令を送信する。自機が前記グループマスタであり、かつ、受け付けたシーンリコール命令が、シーンリンクナンバが指定されたシーンリコール命令である場合、シーンマスタテーブルを参照して、ゾーンを構成する複数のデバイスグループのグループマスタとされた音響処理装置のそれぞれに、指定されたシーンリンクナンバで特定されるシーンナンバを指定した各デバイスグループに対するシーンリコール命令を送信する。また、前記リコールの実行を指示する命令を受信した場合、指示されたリコールすべき情報のリコールを実行する。さらに、前記定義されたゾーン乃至デバイスグループに関する情報に従って、1つのゾーン内の機器の構成を1画面で表示するとともに、その1画面内に、そのゾーンを構成する前記複数のデバイスグループの機器の構成を前記複数のデバイスグループ毎に異なる表示態様にて表示する。 In order to achieve the above object, in the present invention , a signal processing configuration defined based on configuration data including information defining a combination of components to be signal processed and a signal input / output relationship between the components . The plurality of acoustic signal processing devices constituting the acoustic signal processing system in which a plurality of acoustic signal processing devices having a programmable processor for performing acoustic signal processing are connected to each other via a network are displayed on the screen and edited. In the acoustic system configuration display editing apparatus , a plurality of device groups and device groups in which the plurality of acoustic signal processing devices are defined as devices in one zone and the devices in the one zone are further grouped An acoustic signal processing device to be a group master is defined. Each of the plurality of sound signal processing devices recalls each of the sound signal processing devices belonging to the device group when a scene recall command in which the scene number is specified is given to the device group to which the own device belongs. Device group scene table in which information for specifying information to be registered is registered, and a device group to be recalled in each of a plurality of device groups constituting the zone when a scene recall command is given for the zone in which the scene link number is specified And a scene master table in which scene numbers for specifying the scene data are registered. A scene recall command input by a user operation or input from an external device via a network, for a scene recall command for a device group to which the scene number is specified, or a zone for which the scene link number is specified When the scene recall command is received, if the own device is not the group master, the scene recall command is transferred to the acoustic signal processing apparatus which is the group master of the device group to which the own device belongs. When the own device is a group master and the received scene recall command is a scene recall command with a specified scene number, the device group scene table is referred to and the sound signal processing device belonging to the own device group is referred to. A command for instructing execution of recall of information to be recalled specified by the designated scene number is transmitted to each. When the own device is the group master and the received scene recall command is a scene recall command in which a scene link number is specified, a group of a plurality of device groups constituting a zone with reference to the scene master table A scene recall command for each device group that designates a scene number specified by the designated scene link number is transmitted to each of the master sound processing apparatuses. Further, when an instruction for instructing execution of the recall is received, the instructed information to be recalled is executed. Further, according to the information about the defined zones to device groups, and displays the configuration of devices in one zone on one screen, on the one screen, construction of equipment of the plurality of device groups constituting the zone Are displayed in different display modes for each of the plurality of device groups .
前記表示する手段は、前記複数のデバイスグループ毎に指定された色で表示するようにするとよい。また、新たな機器の表示要素の追加が指示されたときには、その機器が、既存のデバイスグループの何れかに属するものか、または新規のデバイスグループに属するものかを指定させ、新規のデバイスグループに属するものであると指定されたときにはそのデバイスグループ名を入力させるようにするとよい。 The means for displaying may be displayed in a color designated for each of the plurality of device groups. In addition, when an instruction to add a display element for a new device is given, it is specified whether the device belongs to one of the existing device groups or a new device group, and the new device group is designated. When it is specified that the device belongs, the device group name may be input.
本発明によれば、複数のミキサエンジンを組み合わせてミキサシステムを構成する際に、任意のミキサエンジンで複数のグループを構成した場合でも、全体を1つのゾーンとし、該ゾーン内に複数のデバイスグループを定義しているので、それら複数のデバイスグループの全体構成がまとめて1つの画面で見渡せる。特に、デバイスグループ毎に指定された色で表示されるので、離れた位置に配置された機器が同じデバイスグループに属する場合でも、そのことが一目で認識できる。さらに、新たな機器の表示要素の追加が指示されたときには、その機器が、既存のデバイスグループの何れかに属するものか、または新規のデバイスグループに属するものかを指定させ、新規のデバイスグループに属するものであると指定されたときにはそのデバイスグループ名を入力させるようにしているので、各機器は必ず何れかのデバイスグループで括られ全体として見やすい構成の表示が実現される。   According to the present invention, when a mixer system is configured by combining a plurality of mixer engines, even if a plurality of groups are configured by an arbitrary mixer engine, the whole is set as one zone, and a plurality of device groups are included in the zone. Therefore, the entire configuration of the plurality of device groups can be viewed together on a single screen. In particular, since it is displayed in a color designated for each device group, even when devices arranged at distant positions belong to the same device group, this can be recognized at a glance. Furthermore, when an instruction to add a display element for a new device is given, it is specified whether the device belongs to one of the existing device groups or a new device group, and the new device group is designated. When a device group is designated as belonging, the device group name is input, so that each device is always bound by any device group, and a display with an easy-to-view configuration as a whole is realized.
以下、図面を用いてこの発明を実施するための一形態例を説明する。   An embodiment for carrying out the present invention will be described below with reference to the drawings.
本実施形態のミキサシステム(音響信号処理システム)では、ゾーンの下位にデバイスグループの概念を新たに導入している。従来技術ではゾーンのみを機器の連動単位としているが、本実施形態のミキサエンジンでは、最小連動単位をデバイスグループとしている。ゾーンは複数のデバイスグループで構成され、同一ゾーン内のデバイスグループは互いに通信可能である。また、特定のシーンにおいて、デバイスグループ内の特定の機器を連動させないような設定が可能であり、これにより最小連動単位をデバイスグループを構成する機器のうちの任意の台数の機器とすることも可能である。デバイスグループにはグループマスタと呼ばれる機器が必ず1台存在し、その他の機器はスレーブとなる。   In the mixer system (acoustic signal processing system) of this embodiment, the concept of a device group is newly introduced in the lower part of the zone. In the prior art, only the zone is used as a device interlocking unit, but in the mixer engine of this embodiment, the minimum interlocking unit is a device group. A zone is composed of a plurality of device groups, and device groups in the same zone can communicate with each other. In addition, in a specific scene, it is possible to set a specific device in the device group not to be linked, so that the minimum linkage unit can be any number of devices that make up the device group. It is. A device group always has one device called a group master, and the other devices are slaves.
デバイスグループ内のグループマスタは、同一ゾーン内にある他のデバイスグループの情報を知っている。他のデバイスグループ内の全ての機器のことを知っている必要はなく、グループマスタの情報さえ知っていればよい。これは、どのデバイスグループにおいても、何らかの制御動作を行なう際には、グループマスタが自分が管轄するスレーブに指示を与えるためである。全てのマスタの情報が記述されているテーブルをマスタテーブルと呼び、このテーブルを全マスタが共有することにより、デバイスグループ間で機器の連動が可能になる。   The group master in the device group knows information on other device groups in the same zone. It is not necessary to know all the devices in other device groups, and it is only necessary to know the group master information. This is because, in any device group, when performing some control operation, the group master gives an instruction to the slave that it has jurisdiction over. A table in which information of all masters is described is called a master table, and all the masters share this table, so that devices can be linked between device groups.
特に、本実施形態ではシーンに関するマスタテーブルであるシーンマスタテーブルを例として説明する。すなわち、シーンについては、デバイスグループ毎のシーンテーブル(「デバイスグループシーンテーブル」と呼ぶ)を用意するとともに、各デバイスグループシーンテーブルに登録されているデバイスグループで有意なシーン(「デバイスグループシーン」と呼ぶ)を組み合わせたもの(要するに各デバイスグループのデバイスグループシーンを特定するIDを組み合わせたものであり、「シーンリンク」と呼ぶ)を用意する。このシーンリンクを登録したテーブルがシーンマスタテーブルとなる。シーンマスタテーブルに登録するシーンリンクでは、特定のデバイスグループシーンについてはリコールしない、という設定が可能である。また、デバイスグループシーンテーブルに登録するデバイスグループシーンでは、特定の機器についてはシーンリコールしない、という設定が可能である。なお、これらのテーブルについては後に詳しく説明する。 In particular, in this embodiment, a scene master table that is a master table related to a scene will be described as an example. That is, for a scene, a scene table for each device group (referred to as a “device group scene table”) is prepared, and significant scenes (“device group scene” and “device group scene”) are registered in each device group scene table. (In other words, a combination of IDs for specifying device group scenes of each device group, referred to as “scene link”). A table in which the scene link is registered becomes a scene master table. In the scene link registered in the scene master table, it is possible to set not to recall a specific device group scene. Further, the device group scene to be registered in the device group scene table, not For scene recall to specific equipment, it is possible to set that. These tables will be described in detail later.
図1(a)は、単一のデバイスグループの構成例である。3台のミキサエンジン103〜105がスイッチングハブ102を介して接続され、1つのデバイスグループ106を構成している。ハブ102にはPC101が接続されている。   FIG. 1A shows a configuration example of a single device group. Three mixer engines 103 to 105 are connected via the switching hub 102 to form one device group 106. A PC 101 is connected to the hub 102.
図1(b)は、単一ゾーン内に複数のデバイスグループを構成した例を示す。デバイスグループ120は3台のミキサエンジン121〜123で構成され、デバイスグループ130は2台のミキサエンジン131,132で構成され、デバイスグループ140は3台のミキサエンジン141〜143で構成されている。これら8台のミキサエンジン121〜123,131,132,141〜143は、スイッチングハブ112に接続され、該ハブ112にはPC111が接続されている。背景技術の欄で説明したように、クラスCアドレスのネットワークアドレスが同一の機器は同じゾーンに含まれるようにしているが、図1(b)では8台のミキサエンジンで単一のゾーンを構成しているので、これらのミキサエンジンはスイッチングハブ112で相互に接続可能である。高価なルータを用いる必要が無く、ハブで相互接続できるので、全体としてコストが低減できる。   FIG. 1B shows an example in which a plurality of device groups are configured in a single zone. The device group 120 is composed of three mixer engines 121 to 123, the device group 130 is composed of two mixer engines 131 and 132, and the device group 140 is composed of three mixer engines 141 to 143. These eight mixer engines 121 to 123, 131, 132, 141 to 143 are connected to the switching hub 112, and the PC 111 is connected to the hub 112. As described in the background art section, devices having the same class C network address are included in the same zone, but in FIG. 1B, a single zone is composed of eight mixer engines. Therefore, these mixer engines can be connected to each other via the switching hub 112. There is no need to use an expensive router, and interconnection is possible with a hub, so that the overall cost can be reduced.
上述したように、最小連動単位は1つのデバイスグループであり、複数のデバイスグループで1つのゾーンを構成している。また、ゾーンは従来技術のゾーンと同様の単位であるので、ゾーン単位で動作させれば、複数のデバイスグループを連動させることもできることになる。1つのデバイスグループには1台のグループマスタが存在するものとする。複数のデバイスグループのグループマスタ間で通信を行うことで、ゾーンを越えることなく他の連動単位と通信することができる。システム立ち上げ時には、各機器間で初期化のための通信が行なわれ、デバイスグループ内の全機器はそのデバイスグループ内のどの機器がグループマスタでどの機器がスレーブであるかの情報を共有するものとし、さらに各デバイスグループのグループマスタはゾーン内に存在する全デバイスグループについてどの機器がグループマスタであるかの情報を共有するものとする。   As described above, the minimum interlocking unit is one device group, and a plurality of device groups constitute one zone. In addition, since the zone is a unit similar to the zone of the prior art, a plurality of device groups can be linked when operated in units of zones. It is assumed that one group master exists in one device group. By communicating between group masters of a plurality of device groups, it is possible to communicate with other interlocking units without crossing the zone. When starting up the system, communication for initialization is performed between each device, and all devices in the device group share information on which device in the device group is the group master and which device is the slave. Furthermore, the group master of each device group shall share information on which device is the group master for all device groups existing in the zone.
図2は、図1の各ミキサエンジンのハード構成図を示す。ミキサエンジンは、CPU(中央処理装置)201、ランダムアクセスメモリ(RAM)202、フラッシュROM(リードオンリメモリ)203、操作子204、検出回路205、表示部206、表示回路207、外部機器208、通信インターフェース(I/F)209、外部機器210、音声I/F211、および通信バス212を備える。   FIG. 2 shows a hardware configuration diagram of each mixer engine of FIG. The mixer engine includes a CPU (central processing unit) 201, a random access memory (RAM) 202, a flash ROM (read only memory) 203, an operator 204, a detection circuit 205, a display unit 206, a display circuit 207, an external device 208, communication An interface (I / F) 209, an external device 210, an audio I / F 211, and a communication bus 212 are provided.
CPU201は、このミキサエンジン全体の動作を制御する処理装置である。RAM202は、CPU201が実行するプログラムをロードしたり各種バッファ領域を確保する揮発性メモリである。フラッシュROM203は、書き替え可能な不揮発性メモリであり、後述するシーンテーブルなどの各種の情報を格納する。操作子204は、本ミキサエンジンの外部パネル上に設けられたボタンやホイールなどの各種の操作子である。検出回路205は、操作子204の操作を検出し、CPU201に検出結果を送る。表示部206は、本ミキサエンジンの外部パネル上に設けられた各種の情報を表示するためのディスプレイである。表示回路207は、CPU201からの指示を受けて表示データを表示部206に送り表示させる。通信インターフェース(I/F)209は、外部機器208と接続するためのLAN(ローカルエリアネットワーク)のインターフェースである。図1(a)で各ミキサエンジンはハブ102に接続され、図1(b)で各ミキサエンジンはハブ112に接続されているが、これは通信I/F209によりハブに接続されているものである。音声I/F211は、外部機器210と接続するためのインターフェースである。図1では制御系の接続関係のみを図示し、音響信号を伝送する接続関係は省略しているが、実際にはミキサエンジン間で音響信号をやり取りする接続線などが張られており、音声I/F211はそのような音響信号の伝送を行なうためのインターフェースである。なお、図2に示した構成要素のほか、ミキサエンジンは音響信号の処理を行なうためのDSPを備えているがここでは省略した。   The CPU 201 is a processing device that controls the operation of the entire mixer engine. The RAM 202 is a volatile memory that loads a program executed by the CPU 201 and secures various buffer areas. The flash ROM 203 is a rewritable nonvolatile memory, and stores various information such as a scene table to be described later. The operator 204 is various operators such as buttons and wheels provided on the external panel of the mixer engine. The detection circuit 205 detects the operation of the operation element 204 and sends a detection result to the CPU 201. The display unit 206 is a display for displaying various information provided on the external panel of the mixer engine. The display circuit 207 receives an instruction from the CPU 201 and sends display data to the display unit 206 for display. A communication interface (I / F) 209 is a LAN (local area network) interface for connecting to the external device 208. In FIG. 1A, each mixer engine is connected to the hub 102, and in FIG. 1B, each mixer engine is connected to the hub 112. This is connected to the hub by the communication I / F 209. is there. The audio I / F 211 is an interface for connecting to the external device 210. In FIG. 1, only the connection relationship of the control system is shown, and the connection relationship for transmitting the acoustic signal is omitted. However, in reality, a connection line for exchanging the acoustic signal between the mixer engines is provided. / F211 is an interface for transmitting such an acoustic signal. In addition to the components shown in FIG. 2, the mixer engine includes a DSP for processing acoustic signals, but is omitted here.
図1のPC101,111のハード構成も図2に示したものと同様である。図2の構成をPC101,111の構成と見た場合、PCで音響信号の処理を行なわないのであれば、音声I/F211は不要である。また、フラッシュROMは通常のROMでよく、通常はハードディスクなどの補助記憶装置が接続されている。操作子204はキーボードやマウス、表示部206はPCのディスプレイであるのでミキサエンジンのディスプレイよりは大型の表示器となる。   The hardware configuration of the PCs 101 and 111 in FIG. 1 is the same as that shown in FIG. When the configuration of FIG. 2 is viewed as the configuration of the PCs 101 and 111, the audio I / F 211 is not necessary if the PC does not perform processing of acoustic signals. The flash ROM may be a normal ROM, and is usually connected to an auxiliary storage device such as a hard disk. Since the operation element 204 is a keyboard and a mouse, and the display unit 206 is a PC display, the display is larger than the display of the mixer engine.
図3を参照して、シーンテーブルについて説明する。図3(c)および(d)は、従来のミキサシステムにおけるシーンテーブルの例を示す。例えば、図3(c)は図18(b)のゾーン1820のシーンテーブルであり、図3(d)は図18(b)のゾーン1840のシーンテーブルである。図3(c)のシーンテーブルは、PC1811上で所定のミキサ制御プログラムを実行して作成され、PC1811からゾーン1820内のミキサエンジン1821〜1823のそれぞれに転送され、各ミキサエンジン1821〜1823のフラッシュROM203に格納されたものである。例えば、ゾーン1820内の何れかのミキサエンジンにおける操作で、あるいはPC1811からゾーン1820を指定した上での操作で、シーンNo.001がリコールされたとすると、ミキサエンジン1821〜1823のそれぞれで図3(c)のテーブルが参照されConfig01が読み出されて各ミキサエンジンのミキサ構成が設定され、さらにゾーンマスタであるミキサエンジン1821ではPreset001が、スレーブ1であるミキサエンジン1822ではPreset001が、スレーブ2であるミキサエンジン1823ではPreset002が、それぞれ読み出されてパラメータとして設定される。なお、Config01やConfig02はコンポーネントの組み合わせと結線関係の実体データであるコンフィグファイルのファイル名であり、その実体データであるコンフィグファイルは、予めPC1811上のミキサ制御プログラムで作成され各ミキサエンジン1821〜1823に転送されているものである。Preset001などのプリセットファイルも同様である。   The scene table will be described with reference to FIG. FIGS. 3C and 3D show examples of scene tables in a conventional mixer system. For example, FIG. 3C is a scene table for the zone 1820 in FIG. 18B, and FIG. 3D is a scene table for the zone 1840 in FIG. 18B. The scene table in FIG. 3C is created by executing a predetermined mixer control program on the PC 1811, transferred from the PC 1811 to each of the mixer engines 1821 to 1823 in the zone 1820, and flashed to the mixer engines 1821 to 1823. It is stored in the ROM 203. For example, when an operation is performed on any mixer engine in the zone 1820 or an operation is performed after designating the zone 1820 from the PC 1811, the scene No. If 001 is recalled, each of the mixer engines 1821 to 1823 refers to the table of FIG. 3 (c), reads Config01, sets the mixer configuration of each mixer engine, and further, in the mixer engine 1821 that is the zone master, Preset001 is read and set as a parameter in the mixer engine 1822 which is the slave 1 and Preset002 is read out in the mixer engine 1823 which is the slave 2. Note that Config01 and Config02 are file names of configuration files that are entity data related to the combination of components and connections, and the configuration file that is entity data is created in advance by a mixer control program on the PC 1811 and each mixer engine 1821-1823. Has been transferred to. The same applies to preset files such as Preset001.
図3(d)も図3(c)のシーンテーブルと同様のものである。ただし、図3(c)はゾーン1820のテーブルであり、図3(d)はゾーン1840のテーブルであるので、同じシーンNo.であってもその内容は一般的には異なる。コンフィグやプリセットのファイル名も図3(d)と図3(c)とで同じものがあるが、そのファイルの内容は一般的には異なる。   FIG. 3D is the same as the scene table of FIG. However, since FIG. 3C is a table of the zone 1820 and FIG. 3D is a table of the zone 1840, the same scene No. But the content is generally different. The file names of the config and preset are the same in FIGS. 3D and 3C, but the contents of the files are generally different.
このような従来のシーンテーブルに対し、本実施形態のミキサエンジンは図3(a)及び(b)に示すようなシーンテーブルを有する。   In contrast to such a conventional scene table, the mixer engine of the present embodiment has a scene table as shown in FIGS.
図3(a)は、デバイスグループ単位で連動したシーンリコールを行なうためのデバイスグループ内のシーンテーブル(デバイスグループシーンテーブル)を示す。このテーブルは図3(c)や(d)の従来のゾーン単位のシーンテーブルと同様の構成であり、図3(c)や(d)の説明も「ゾーン」を「デバイスグループ」と読み替えればそのまま適用されるものである。ただし、従来技術のシーンテーブルでは各ミキサエンジンに対応するプリセットファイルが必ず指定されているが、本実施形態の図3(a)のデバイスグループシーンテーブルではプリセットファイルの指定が無く「−」が記載されている部分がある。これは、そのシーンNo.がリコールされたときに、プリセットの欄が「−」であるミキサエンジンについてはコンフィグ及びプリセットのリコールを行なわないこと(すなわち現時点の状態のままとする)を意味している。   FIG. 3A shows a scene table (device group scene table) in a device group for performing scene recall linked in units of device groups. This table has the same configuration as the conventional zone unit scene table of FIGS. 3C and 3D, and the description of FIGS. 3C and 3D can also be read as “device group” as “zone”. It is applied as it is. However, although the preset file corresponding to each mixer engine is always specified in the conventional scene table, the preset file is not specified in the device group scene table of FIG. There is a part that is. This is the scene no. Means that the mixer engine whose preset column is “-” is not recalled for the configuration and the preset (that is, the current state is kept).
このようなデバイスグループシーンテーブルが、デバイスグループ内の全ミキサエンジンに記憶されているので、デバイスグループ内の何れかのミキサエンジンにおける操作で、あるいはPCからデバイスグループを指定した上での操作で、シーンNo.が指定されてリコールが指示されると、デバイスグループ内の全ミキサエンジンが連動して(ただし、テーブルで「−」が指定されているミキサエンジンは除く)、シーンリコールが実行される。なお、各ミキサエンジンは、自機が属するデバイスグループのデバイスグループシーンテーブルを記憶しておけば良く、他のデバイスグループのデバイスグループシーンテーブルは記憶しておく必要はない。   Since such a device group scene table is stored in all the mixer engines in the device group, in an operation in any mixer engine in the device group or in an operation after designating a device group from the PC, Scene No. Is designated and recall is instructed, all the mixer engines in the device group are linked (except for the mixer engine for which “−” is designated in the table), and the scene recall is executed. Each mixer engine only needs to store a device group scene table of a device group to which the own engine belongs, and does not need to store device group scene tables of other device groups.
図3(b)は、ゾーン単位で連動したシーンリコールを行なうためのシーンテーブル(シーンマスタテーブル)を示す。シーンリンクNo.(Scene Link No.)に対応して、各デバイスグループ毎にリコールすべきシーンNo.の組み合わせであるシーンリンクが登録されている。このようなシーンマスタテーブルは、例えば図1(b)のPC111上で所定のミキサ制御プログラムを実行して作成され、PC111から全デバイスグループのそれぞれのグループマスタに転送され、グループマスタ経由で各デバイスグループの全スレーブにも転送され、結果としてゾーン内の全てのミキサエンジンのフラッシュROM203に格納される。図1(b)の単一ゾーン内の任意のミキサエンジンにおける操作で、あるいはPC111からゾーンを指定した上での操作で、シーンリンクNo.が指定されてゾーンのシーンリコールが指示されると、各デバイスグループのグループマスタは当該シーンリンクNo.のシーンリンクで自グループに指定されているシーンNo.のシーンをデバイスグループシーンテーブルを参照して取得し、自デバイスグループ内で前記取得したシーンをリコールすればよい。これにより、ゾーン内の全デバイスグループで連動したシーンリコールが実行される。   FIG. 3B shows a scene table (scene master table) for performing scene recall linked in zone units. Scene link No. Corresponding to (Scene Link No.), the scene No. to be recalled for each device group. A scene link that is a combination of the above is registered. Such a scene master table is created, for example, by executing a predetermined mixer control program on the PC 111 in FIG. 1B, transferred from the PC 111 to each group master of all device groups, and each device via the group master. The data is also transferred to all slaves in the group, and as a result, stored in the flash ROM 203 of all mixer engines in the zone. In the operation of an arbitrary mixer engine in the single zone in FIG. 1B or the operation after designating the zone from the PC 111, the scene link No. Is specified and the scene recall of the zone is instructed, the group master of each device group will receive the scene link No. The scene No. specified for the group in the scene link of Is obtained by referring to the device group scene table, and the obtained scene is recalled within the own device group. As a result, the scene recall linked with all the device groups in the zone is executed.
なお、シーンマスタテーブルに登録されているシーンリンクには、シーンNo.が記載されておらず「−」が記載されている部分がある。これは、そのシーンリンクがリコールされたときに、シーンリンクNo.が記載されておらず「−」が記載されているデバイスグループについてはリコールを行なわないこと(すなわち現時点の状態のままとする)を意味している。これにより、ゾーン内の任意のデバイスグループを対象として、連動したシーンリコールが実現できる。   The scene link registered in the scene master table includes a scene No. There is a part where “-” is described without being described. This is because when the scene link is recalled, the scene link No. This means that recall is not performed (that is, the current state is kept) for a device group in which is not described but “−” is described. As a result, linked scene recall can be realized for any device group in the zone.
次に、本実施形態のミキサシステムの各ミキサエンジンにおいてシーンリコールを指示する操作手順について説明する。   Next, an operation procedure for instructing scene recall in each mixer engine of the mixer system of this embodiment will be described.
図4(a)は、本実施形態のミキサエンジンの外部パネル(一部)上の外観を示す。外部パネル400上に、表示部206に相当する液晶表示装置(LCD)401と、操作子204に相当するホイール402、シーンボタン403、エンターボタン404、およびキャンセルボタン405が設けられている。シーンボタン403を押下すると、図4(b)に示すメニュー411がLCD401に表示される。メニュー411はリコールするシーンがゾーンのシーンかデバイスグループのシーンかを選択するメニューである。ゾーンのシーンとは、図3(b)のシーンマスタテーブルに登録されている何れかのシーンリンクのことである。デバイスグループのシーンとは、図3(a)のデバイスグループシーンテーブル(シーンボタン403の押下が行なわれたミキサエンジンが属するデバイスグループのもの)に登録されている何れかのシーンのことである。ホイール402を操作して、メニュー411でゾーンまたはデバイスグループの何れかを選択し、エンターボタン404を押下すると、図4(c)に示すようなメニューが表示される。このメニュー412は、メニュー411でゾーンが選択されたときは図3(b)のシーンマスタテーブルに登録されているシーンリンクの一覧のメニューであり、メニュー411でデバイスグループが選択されたときは図3(a)のデバイスグループシーンテーブルに登録されているシーンの一覧のメニューである。このメニュー412から1つのシーンまたはシーンリンクを選択して、エンターボタン404を押下することにより、そのシーンまたはシーンリンクをリコールする。なお、メニュー412ではシーンまたはシーンリンクの一覧に名称が付けられているが、これはユーザが任意に付けられるものとする。   FIG. 4A shows an appearance on the external panel (part) of the mixer engine of the present embodiment. On the external panel 400, a liquid crystal display device (LCD) 401 corresponding to the display unit 206, a wheel 402 corresponding to the operation element 204, a scene button 403, an enter button 404, and a cancel button 405 are provided. When the scene button 403 is pressed, a menu 411 shown in FIG. A menu 411 is a menu for selecting whether a scene to be recalled is a zone scene or a device group scene. A zone scene is any scene link registered in the scene master table of FIG. A device group scene refers to any scene registered in the device group scene table of FIG. 3A (the device group to which the mixer engine to which the scene button 403 is pressed belongs). When the wheel 402 is operated to select either a zone or a device group from the menu 411 and the enter button 404 is pressed, a menu as shown in FIG. 4C is displayed. This menu 412 is a menu of a list of scene links registered in the scene master table in FIG. 3B when a zone is selected in the menu 411, and is displayed when a device group is selected in the menu 411. This is a menu of a list of scenes registered in the device group scene table 3 (a). By selecting one scene or scene link from the menu 412 and pressing the enter button 404, the scene or scene link is recalled. In the menu 412, a name is assigned to a list of scenes or scene links, but this is arbitrarily assigned by the user.
図5は、あるデバイスグループのグループマスタから当該デバイスグループ内のシーンリコールを行う場合(図4(b)のメニューでデバイスグループを選択した場合)のグループマスタとスレーブの処理手順を示す。グループマスタは、ステップ501で、図4で説明したUI(ユーザインタフェース)操作によるリコールの指示を受付け、またはPC101から送信されるシーンリコールのコマンドを受信する。ステップ502で、自デバイスグループの全てのスレーブに、操作されあるいは受信したシーンリコールの指示を通知する。その後、ステップ503で、自機におけるシーンリコールを実行する。当該デバイスグループのスレーブは、ステップ511で、シーンリコールの指示を受信する。ステップ512で、指示されたシーンをリコールする。   FIG. 5 shows a processing procedure of a group master and a slave when a scene recall in the device group is performed from a group master of a certain device group (when a device group is selected from the menu of FIG. 4B). In step 501, the group master accepts a recall instruction by a UI (user interface) operation described with reference to FIG. 4 or receives a scene recall command transmitted from the PC 101. In step 502, all slaves in the device group are notified of the scene recall instruction that has been operated or received. Thereafter, in step 503, a scene recall in the own device is executed. In step 511, the slave of the device group receives a scene recall instruction. In step 512, the designated scene is recalled.
図6は、あるデバイスグループのスレーブから当該デバイスグループ内のシーンリコールを行う場合(図4(b)のメニューでデバイスグループを選択した場合)のグループマスタとスレーブの処理手順を示す。スレーブは、ステップ611で、図4で説明したUI操作によるリコールの指示を受付け、またはPC101から送信されるシーンリコールのコマンドを受信する。ステップ612で、そのシーンリコールの指示をグループマスタに通知する。グループマスタは、ステップ601でその通知を受信し、ステップ602で自デバイスグループの全てのスレーブに当該シーンリコールの指示を通知する。その後、グループマスタは、ステップ603で、自機において指示されたシーンをリコールする。一方、スレーブ(当該デバイスグループの全てのスレーブ)は、ステップ613でグループマスタからシーンリコールの指示を受信し、ステップ614で自機において指示されたシーンをリコールする。   FIG. 6 shows a processing procedure of the group master and the slave when a scene recall in the device group is performed from a slave of a certain device group (when a device group is selected from the menu of FIG. 4B). In step 611, the slave receives a recall instruction by the UI operation described with reference to FIG. 4 or receives a scene recall command transmitted from the PC 101. In step 612, the scene recall instruction is notified to the group master. In step 601, the group master receives the notification, and in step 602, notifies the slaves of the device group of the scene recall instruction. Thereafter, in step 603, the group master recalls the scene instructed by itself. On the other hand, the slave (all slaves in the device group) receives the scene recall instruction from the group master in step 613, and recalls the scene instructed in its own apparatus in step 614.
図7は、複数デバイスグループが存在する場合において、あるデバイスグループのグループマスタからゾーン内のシーンリコールを行う場合(図4(b)のメニューでゾーンを選択した場合)のグループマスタとスレーブの処理手順を示す。あるデバイスグループ700のグループマスタは、ステップ701で、図4で説明したUI操作によるリコールの指示を受付け、またはPC101から送信されるシーンリコールのコマンドを受信する。ステップ702で、他デバイスグループのグループマスタに、そのグループマスタで実行すべきシーンリコールの指示を通知する。その後のステップ703,704,711,712の処理は、それぞれ図5のステップ502,503,511,512と同じ処理である。   FIG. 7 shows processing of a group master and a slave when a scene recall within a zone is performed from a group master of a certain device group (when a zone is selected from the menu of FIG. 4B) when there are a plurality of device groups. Show the procedure. In step 701, the group master of a device group 700 receives a recall instruction by the UI operation described with reference to FIG. 4 or receives a scene recall command transmitted from the PC 101. In step 702, a scene recall instruction to be executed by the group master is notified to the group master of the other device group. The subsequent processes in steps 703, 704, 711, and 712 are the same processes as steps 502, 503, 511, and 512 in FIG.
ステップ702の通知を受けた他デバイスグループ720のグループマスタは、ステップ721で、当該シーンリコールの指示を受信する。その後のステップ722,723,731,732の処理は、それぞれ図5のステップ502,503,511,512と同じ処理である。   In step 721, the group master of the other device group 720 that has received the notification in step 702 receives the scene recall instruction. The subsequent processing of steps 722, 723, 731, and 732 is the same processing as steps 502, 503, 511, and 512 of FIG.
図8は、複数デバイスグループが存在する場合において、あるデバイスグループのスレーブからゾーン内のシーンリコールを行う場合(図4(b)のメニューでゾーンを選択した場合)のグループマスタとスレーブの処理手順を示す。あるデバイスグループ800のスレーブは、ステップ811で、図4で説明したUI操作によるリコールの指示を受付け、またはPC101から送信されるシーンリコールのコマンドを受信する。ステップ612で、そのシーンリコールの指示を自デバイスグループのグループマスタに通知する。当該グループマスタは、ステップ801で、当該シーンリコールの指示を受信する。その後の当該デバイスグループ800でのステップ802,803,804,813,814の処理は図7のステップ702,703,704,711,712と同じ処理である。また、他デバイスグループ820でのステップ821,822,823,831,832の処理は図7のステップ721,722,723,731,732と同じ処理である。   FIG. 8 shows a processing procedure of a group master and a slave when a scene recall in a zone is performed from a slave of a device group when a plurality of device groups exist (when a zone is selected from the menu of FIG. 4B). Indicates. In step 811, a slave of a certain device group 800 receives a recall instruction by the UI operation described with reference to FIG. 4 or receives a scene recall command transmitted from the PC 101. In step 612, the scene recall instruction is notified to the group master of the own device group. In step 801, the group master receives the scene recall instruction. The subsequent processing of steps 802, 803, 804, 813, and 814 in the device group 800 is the same processing as steps 702, 703, 704, 711, and 712 of FIG. Further, the processing of Steps 821, 822, 823, 831, 832 in the other device group 820 is the same processing as Steps 721, 722, 723, 731, 732 of FIG.
図5〜図8から分るように、本実施形態では、デバイスグループ内の制御は、まずグループマスタに指示を通知し、グループマスタからグループ内のスレーブに該指示を通知する、という手順で行なうようにしている。   As can be seen from FIG. 5 to FIG. 8, in the present embodiment, the control within the device group is performed by a procedure in which an instruction is first notified to the group master, and the instruction is sent from the group master to the slaves in the group. I am doing so.
図9は、各ミキサエンジンにおけるシーンリコールの処理手順を示す。この処理は、図5のステップ503,512、図6のステップ603,614、図7のステップ704,712,723,732、及び図8のステップ804,814,823,832のそれぞれで実行される処理である。   FIG. 9 shows a scene recall processing procedure in each mixer engine. This processing is executed in steps 503 and 512 in FIG. 5, steps 603 and 614 in FIG. 6, steps 704, 712, 723, and 732 in FIG. 7, and steps 804, 814, 823, and 832 in FIG. It is processing.
ステップ901で、現在当該ミキサエンジンに設定されているミキサ構成(コンフィグ)が、リコールするシーンに登録されているコンフィグと同じか、判定する。異なるときは、ステップ902で、リコールするシーンのコンフィグ情報を自機内のデバイスグループシーンテーブル(図3(a))から読み込む。次にステップ903で、そのコンフィグ情報に従いコンポーネントを配置し、ステップ904で、そのコンフィグ情報に従いコンポーネントを結線し、ステップ905に進む。ステップ903,904の処理は、具体的には自機のDSPにそのコンフィグ情報に従った音響信号処理を行なうマイクロプログラムをロードする処理である。ステップ901で同じコンフィグのときは、そのままステップ905に進む。ステップ905では、リコールするシーンのプリセット情報をデバイスグループシーンテーブルから読み込む。ステップ906で、そのプリセット情報に従い、コンポーネントのパラメータ値をセットし、終了する。   In step 901, it is determined whether the mixer configuration currently set in the mixer engine is the same as the configuration registered in the scene to be recalled. If they are different, in step 902, the configuration information of the scene to be recalled is read from the device group scene table (FIG. 3 (a)) in the own device. In step 903, components are arranged according to the configuration information. In step 904, components are connected according to the configuration information, and the process proceeds to step 905. The processing in steps 903 and 904 is specifically processing for loading a microprogram for performing acoustic signal processing in accordance with the configuration information on the DSP of its own device. If the configurations are the same in step 901, the process proceeds directly to step 905. In step 905, the preset information of the scene to be recalled is read from the device group scene table. In step 906, the parameter value of the component is set according to the preset information, and the process ends.
図10は、図4で説明したUI操作によるシーン切り替えルーチンの手順を示す。この処理は、図4(a)のシーンボタン403が押下されたとき起動されるものであり、図5のステップ501、図6のステップ611、図7のステップ701、及び図8のステップ811で実行が開始される処理である。なお、PCからのシーンリコールコマンドを受信した場合も同様の処理である(ただし、ユーザの選択操作の代わりにコマンドで指示された情報を用いるものとする)。   FIG. 10 shows the procedure of the scene switching routine by the UI operation described in FIG. This process is started when the scene button 403 in FIG. 4A is pressed, and in step 501 in FIG. 5, step 611 in FIG. 6, step 701 in FIG. 7, and step 811 in FIG. This is the process where execution starts. Note that the same processing is performed when a scene recall command is received from the PC (however, information indicated by the command is used instead of the user's selection operation).
ステップ1001で、シーンを切り替える対象がゾーン全体かまたは自デバイスグループのみかを判定する。図4(b)のメニュー411でゾーンが選択されてエンターボタン404が押下されたときはステップ1002に進み、メニュー411でデバイスグループが選択されてエンターボタン404が押下されたときはステップ1005に進む。   In step 1001, it is determined whether the object to switch scenes is the entire zone or only the own device group. When a zone is selected in the menu 411 in FIG. 4B and the enter button 404 is pressed, the process proceeds to step 1002, and when a device group is selected in the menu 411 and the enter button 404 is pressed, the process proceeds to step 1005. .
ステップ1002では、ゾーンのシーンテーブル(図3(b)で説明したシーンマスタテーブル)を取得し、そのシーンリンクの一覧を図4(c)のメニュー412のように表示する。ステップ1003で、選択されたシーン番号(正確にはシーンリンクの番号である)、すなわちユーザによりメニュー412から選択されエンターボタン404が押下されたシーン番号を取得する。ステップ1004で、リコールするシーン情報を取得し、ステップ1008に進む。これにより、各デバイスグループでリコールすべきシーンNo.が取得されたことになる。   In step 1002, a zone scene table (scene master table described with reference to FIG. 3B) is acquired, and a list of the scene links is displayed as a menu 412 in FIG. 4C. In step 1003, the selected scene number (specifically, the scene link number), that is, the scene number selected by the user from the menu 412 and pressed the enter button 404 is obtained. In step 1004, scene information to be recalled is acquired, and the process proceeds to step 1008. As a result, the scene No. to be recalled in each device group. Will be acquired.
ステップ1005では、自デバイスグループのシーンテーブル(図3(a)で説明したデバイスグループシーンテーブル)を取得し、そのシーンの一覧を図4(c)のメニュー412のように表示する。ステップ1006で、選択されたシーン番号、すなわちユーザによりメニュー412から選択されエンターボタン404が押下されたシーン番号を取得する。ステップ1007で、リコールするシーン情報を取得し、ステップ1008に進む。これにより、自デバイスグループでリコールすべきシーンNo.が取得されたことになる。   In step 1005, a scene table of the own device group (device group scene table described with reference to FIG. 3A) is acquired, and a list of the scenes is displayed as a menu 412 in FIG. 4C. In step 1006, the selected scene number, that is, the scene number selected by the user from the menu 412 and pressed the enter button 404 is acquired. In step 1007, scene information to be recalled is acquired, and the process proceeds to step 1008. As a result, the scene No. Will be acquired.
ステップ1008では、自機がグループマスタか否か判定し、グループマスタであるときは、ステップ1009でシーンリコール(図11の処理)した後、終了する。自機がスレーブのときは、ステップ1010で自グループのデバイスマスタに通知し、終了する。ステップ1010の通知は、図6のステップ612及び図8のステップ812に相当する。   In step 1008, it is determined whether or not the own device is a group master. If it is a group master, the scene is recalled in step 1009 (the processing in FIG. 11), and the process is terminated. If the own device is a slave, it notifies the device master of its own group in step 1010 and ends. The notification in step 1010 corresponds to step 612 in FIG. 6 and step 812 in FIG.
図11は、図10のステップ1009の詳細な処理手順を示す。ステップ1101で、シーンリコールするのがゾーン全体か自デバイスグループのみかを判定する。ゾーン全体であるとき(すなわち図10のステップ1002〜1004を通ってきたとき)は、ステップ1102で、他デバイスグループのグループマスタにシーンリコールを通知し(ステップ1004で各デバイスグループでリコールすべきシーンNo.が取得されているので、各デバイスグループのグループマスタにそのデバイスグループでリコールすべきシーンNo.を通知する)、ステップ1103で、シーンマスタテーブルから自デバイスグループでリコールするシーンNo.を取得し(実際にはステップ1004で各デバイスグループでリコールすべきシーンNo.が取得されているので、その中から自デバイスグループでリコールすべきシーンNo.を取得すればよい)、ステップ1104に進む。ステップ1101で自デバイスグループのみのとき(すなわち図10のステップ1005〜1007を通ってきたとき)は、直接ステップ1104に進む。ステップ1104で、自デバイスグループのスレーブにシーンリコールを通知する。これは、既に自デバイスグループでリコールすべきシーンNo.が取得されているので、そのシーンNo.を通知してリコールを指示するものである。ステップ1105で、リコールするシーン(コンフィグとプリセット)があるか判定する。あるときは、ステップ1106で自機のシーンをリコールし、終了する。リコールするシーンが無いときは、そのまま終了する。ステップ1106では上記図9の処理を行なう。   FIG. 11 shows the detailed processing procedure of step 1009 of FIG. In step 1101, it is determined whether the scene is recalled for the entire zone or only the own device group. When it is the entire zone (that is, when it passes through steps 1002 to 1004 in FIG. 10), in step 1102, the group master of another device group is notified of the scene recall (the scene to be recalled in each device group in step 1004). No. is acquired, the scene number to be recalled by the device group is notified to the group master of each device group), and in step 1103, the scene number to be recalled by the own device group is retrieved from the scene master table. (Actually, since the scene number to be recalled in each device group is obtained in step 1004, the scene number to be recalled in its own device group may be obtained from among the scene numbers.) move on. When only the local device group is determined in step 1101 (that is, when passing through steps 1005 to 1007 in FIG. 10), the process directly proceeds to step 1104. In step 1104, the slave of the device group is notified of the scene recall. This is because the scene number to be recalled in the own device group has already been set. Is acquired, the scene No. Is notified and a recall is instructed. In step 1105, it is determined whether there is a scene (configuration and preset) to be recalled. If there is, in step 1106, the own scene is recalled and the process ends. If there is no scene to recall, the process ends. In step 1106, the process shown in FIG. 9 is performed.
上記ステップ1102の通知は、図7のステップ702及び図8のステップ802に相当する。上記ステップ1104の通知は、図5のステップ502、図6のステップ602、図7のステップ703,722、及び図8のステップ803,822に相当する。なお、ステップ1102の通知を受けた他のデバイスグループのグループマスタ(図7のグループ720のグループマスタや図8のグループ820のグループマスタ)では、当該通知を受けて、図11の処理を実行するものである。   The notification in step 1102 corresponds to step 702 in FIG. 7 and step 802 in FIG. The notification in step 1104 corresponds to step 502 in FIG. 5, step 602 in FIG. 6, steps 703 and 722 in FIG. 7, and steps 803 and 822 in FIG. Note that the group master of another device group that has received the notification in step 1102 (the group master of the group 720 in FIG. 7 or the group master of the group 820 in FIG. 8) receives the notification and executes the processing in FIG. Is.
図12は、デバイスグループのスレーブにおけるシーンリコールルーチンを示す。この処理は、図11のステップ1104の通知を受けたスレーブで実行される処理であり、図5のステップ512、図6のステップ614、図7のステップ712,732、及び図8のステップ814,832で実行されるものである。まずステップ1201で、リコールするシーンがあるか判定する。ある場合は、ステップ1202で自機のシーンをリコールし終了する。無い場合はそのまま終了する。   FIG. 12 shows a scene recall routine in the slave of the device group. This process is executed by the slave that has received the notification in step 1104 in FIG. 11, and is performed in step 512 in FIG. 5, step 614 in FIG. 6, step 712, 732 in FIG. 7, and step 814 in FIG. 832 is executed. First, in step 1201, it is determined whether there is a scene to be recalled. If there is, in step 1202, the own scene is recalled and the process is terminated. If not, the process ends.
次に、本実施形態のミキサシステムにおけるゾーンの構成の表示編集機能について説明する。本実施形態のミキサシステムでは、図1に示したPC101,111から複数のミキサエンジンの制御を行なうことができるが、その制御のためにPC101,111で実行するミキサ制御プログラムは、ゾーンの構成の表示編集機能を備えている。これは、ユーザが任意に画面上にミキサエンジンを示すブロックを配置し、それらの接続関係を示す結線を引き、これにより全体としてのミキサシステムの構成を一目で見渡せるようにする機能である。特に、本実施形態では、上述したようなデバイスグループの概念を導入しているので、画面上に配置したミキサエンジンがどのデバイスグループに属するものかが一目で分るように表示上の工夫をしている。以下では、そのような表示上の工夫をしたゾーンの構成の表示編集機能について説明する。   Next, the display editing function of the zone configuration in the mixer system of this embodiment will be described. In the mixer system of the present embodiment, a plurality of mixer engines can be controlled from the PCs 101 and 111 shown in FIG. 1, but the mixer control program executed by the PCs 101 and 111 for the control has a zone configuration. It has a display editing function. This is a function in which the user arbitrarily arranges blocks indicating mixer engines on the screen, draws connections indicating their connection relations, and thereby allows the overall configuration of the mixer system to be viewed at a glance. In particular, in this embodiment, since the concept of device groups as described above is introduced, the display engine is devised so that it can be seen at a glance which device group the mixer engine placed on the screen belongs to. ing. In the following, the display editing function of the zone configuration with such a display device will be described.
図13は、PC上で図1で説明したようなミキサシステムの構成を示す画面例である。メイン画面1300内に、ツールキットのウインドウ1301と編集画面(以下、CAD画面と呼ぶ)のウインドウ1303が表示されている。CAD画面1303は1つのゾーン内の各機器構成について表示するものであり、ここではデバイスグループ1331〜1333が表示されている。ユーザは、ツールキット1301からミキサエンジンを選択し画面1303にドラッグ&ドロップして配置することができる。また、ミキサエンジン以外の要素も同様にして画面1303に配置でき、任意に結線を引いて、全体としてのミキサシステムの構成図を作成編集することができる。CAD画面1303上に、新たにミキサエンジンをドラッグ&ドロップして配置したときには、指定したデバイスグループ内に含めるように呼び出すこともできるし、新しいデバイスグループを定義しその中に呼び出すこともできる。特に、表示されている要素を指定して色を変える操作が為された場合以外は、通常、同じデバイスグループに属するミキサエンジンのブロックは同じ色で表示するようにしている。これにより、離れた位置に表示されても同じデバイスグループに属するミキサエンジンが判別しやすくなるという利点がある。   FIG. 13 is a screen example showing the configuration of the mixer system as described in FIG. 1 on the PC. In the main screen 1300, a toolkit window 1301 and an edit screen (hereinafter referred to as CAD screen) window 1303 are displayed. The CAD screen 1303 is displayed for each device configuration in one zone, and here, device groups 1331 to 1333 are displayed. The user can select a mixer engine from the tool kit 1301 and place it on the screen 1303 by dragging and dropping it. In addition, elements other than the mixer engine can be arranged on the screen 1303 in the same manner, and a configuration diagram of the entire mixer system can be created and edited by arbitrarily drawing connections. When a new mixer engine is dragged and dropped on the CAD screen 1303, it can be called to be included in the designated device group, or a new device group can be defined and called. In particular, the blocks of the mixer engines belonging to the same device group are usually displayed in the same color except when an operation of changing the color by designating the displayed element is performed. Accordingly, there is an advantage that mixer engines belonging to the same device group can be easily discriminated even if they are displayed at distant positions.
図14(a)は、図13のCAD画面1303上に、新たにミキサエンジンをドラッグ&ドロップしたときにポップアップ表示されるダイアログボックスを示す。ユーザは、ラジオボタン1401または1402の何れかをオンして、いまドラッグ&ドロップしたミキサエンジンが、既に存在するデバイスグループに属するものか、新しいデバイスグループに属するものかを選択する。既に存在するデバイスグループに属するものとしたい場合は、ラジオボタン1401をオンし、リストボックス1403により既に存在するデバイスグループのうち1つを選択し、OKボタン1406をオンする。これにより、CAD画面1303上に、新たなミキサエンジンが、選択されたデバイスグループに既に割当てられている色で表示される。   FIG. 14A shows a dialog box that pops up when a new mixer engine is dragged and dropped on the CAD screen 1303 of FIG. The user turns on either of the radio buttons 1401 or 1402 to select whether the mixer engine that has been dragged and dropped belongs to an existing device group or a new device group. When it is desired to belong to a device group that already exists, the radio button 1401 is turned on, one of the already existing device groups is selected from the list box 1403, and the OK button 1406 is turned on. As a result, a new mixer engine is displayed on the CAD screen 1303 in a color already assigned to the selected device group.
新たに追加するミキサエンジンを新しいデバイスグループに属するものとしたい場合は、ラジオボタン1402をオンし、デバイスグループ名の入力領域1404に任意の名称を入力し、さらにセレクトカラーボタン1405をオンして、新たに追加するデバイスグループの色を指定した後、OKボタン1406をオンする。これにより、新しいデバイスグループがCAD画面1303内に表示され、そのデバイスグループ内に新たなミキサエンジンの表示がなされ、その色はユーザが指定した色とされる。なお、キャンセルボタン1407をオンすると、ミキサエンジンの追加はキャンセルされる。   If you want to add the newly added mixer engine to the new device group, turn on the radio button 1402, enter an arbitrary name in the device group name input area 1404, turn on the select color button 1405, After designating the color of the device group to be newly added, the OK button 1406 is turned on. As a result, a new device group is displayed in the CAD screen 1303, a new mixer engine is displayed in the device group, and the color is set by the user. Note that when the cancel button 1407 is turned on, the addition of the mixer engine is canceled.
図14(b)は、デバイスグループの表示色を変更するダイアログボックスである。図13のCAD画面から、任意のデバイスの表示要素を選択し、例えばマウスの右クリックなどの所定の操作を行なうと、図14(b)のダイアログボックスが表示される。選択したデバイスのみについて表示色を変更したいときは、ラジオボタン1411をオンし、セレクトカラーボタン1413をオンして変更する色を指定する。選択したデバイスが属するデバイスグループ内の全ての機器の色を変更したいときは、ラジオボタン1412をオンし、セレクトカラーボタン1413をオンして変更する色を指定する。   FIG. 14B is a dialog box for changing the display color of the device group. When a display element of an arbitrary device is selected from the CAD screen of FIG. 13 and a predetermined operation such as a right click of the mouse is performed, a dialog box of FIG. 14B is displayed. To change the display color for only the selected device, the radio button 1411 is turned on, and the select color button 1413 is turned on to specify the color to be changed. When it is desired to change the colors of all the devices in the device group to which the selected device belongs, the radio button 1412 is turned on, and the select color button 1413 is turned on to designate the color to be changed.
図15は、CAD画面上に1台目を追加する操作がなされたときの処理を示す。CAD画面上に1台のミキサエンジンも表示されていないときは、ドラッグ&ドロップで新たなミキサエンジンを追加したとき本処理が実行される。ステップ1501で、CAD画面上に描画する色をユーザに指定させる。ステップ1502で、追加した新たなミキサエンジンをグループマスタに設定する。ステップ1503で、CAD画面上に前記指定された色でミキサエンジンを描画し、終了する。   FIG. 15 shows processing when an operation of adding the first unit on the CAD screen is performed. When one mixer engine is not displayed on the CAD screen, this process is executed when a new mixer engine is added by drag and drop. In step 1501, the user specifies a color to be drawn on the CAD screen. In step 1502, the added new mixer engine is set as the group master. In step 1503, the mixer engine is drawn in the designated color on the CAD screen, and the process ends.
図16は、CAD画面上に2台目以降を追加する操作がなされたときの処理を示す。このときは、まず図14(a)のダイアログボックスが表示される。ステップ1601で、新たにデバイスグループを作成するか否か判定する。これは図14(a)のダイアログボックスでラジオボタン1401と1402のどちらがオンされているかを判別することによる。新たにデバイスグループを作成する場合は、ステップ1602で追加するミキサエンジンをグループマスタに設定し、ステップ1603でCAD画面上に描画する色を指定させ、ステップ1606でCAD画面上に描画する。新たなグループを作成しない場合は、ステップ1604でミキサエンジンを追加するデバイスグループを選択させ、ステップ1605でグループマスタの描画色をCAD画面上に描画する色として設定した後、ステップ1606に進む。   FIG. 16 shows processing when an operation for adding the second and subsequent units is performed on the CAD screen. At this time, a dialog box shown in FIG. 14A is first displayed. In step 1601, it is determined whether or not a new device group is to be created. This is because it is determined which one of the radio buttons 1401 and 1402 is turned on in the dialog box of FIG. When a new device group is to be created, the mixer engine to be added is set as the group master in step 1602, the color to be drawn on the CAD screen is designated in step 1603, and the drawing is performed on the CAD screen in step 1606. If a new group is not to be created, the device group to which the mixer engine is added is selected in step 1604, the drawing color of the group master is set as the color to be drawn on the CAD screen in step 1605, and the process proceeds to step 1606.
図17は、CAD画面上の機器の表示色を後で変更するときの処理手順を示す。所定の操作で図14(b)のダイアログボックスが表示される。その後、ステップ1701で、CAD画面上に描画する色を指定させする。ステップ1702で、選択されたミキサエンジンが属するデバイスグループ内の機器の表示色を全て変更する選択がなされているか判定する。全て変更する場合は、ステップ1703で、当該デバイスグループ内の全ての機器の表示色を変更する。選択された機器のみ表示色を変更する場合は、ステップ1704で、当該機器の表示色のみを変更する。ステップ1703,1704の後、ステップ1705でCAD画面上に描画し、終了する。   FIG. 17 shows a processing procedure when the display color of the device on the CAD screen is changed later. The dialog box shown in FIG. 14B is displayed by a predetermined operation. Thereafter, in step 1701, a color to be drawn on the CAD screen is designated. In step 1702, it is determined whether or not a selection for changing all display colors of the devices in the device group to which the selected mixer engine belongs has been made. If all are to be changed, in step 1703, the display colors of all the devices in the device group are changed. If only the selected device is to change the display color, in step 1704, only the display color of the device is changed. After Steps 1703 and 1704, drawing is performed on the CAD screen in Step 1705, and the process is terminated.
デバイスグループの構成例を示す図Diagram showing an example of device group configuration ミキサエンジンのハード構成図Hardware configuration diagram of mixer engine シーンテーブルの構成図Diagram of scene table ミキサエンジンの外部パネル(一部)上の外観図とメニューの図External view and menu on the external panel (part) of the mixer engine シーンリコールを行う場合のグループマスタとスレーブの処理手順(その1)を示す図The figure which shows the processing procedure (the 1) of the group master and slave when performing a scene recall シーンリコールを行う場合のグループマスタとスレーブの処理手順(その2)を示す図The figure which shows the processing procedure (the 2) of the group master and slave when performing the scene recall シーンリコールを行う場合のグループマスタとスレーブの処理手順(その3)を示す図The figure which shows the processing procedure (the 3) of the group master and slave when performing scene recall シーンリコールを行う場合のグループマスタとスレーブの処理手順(その4)を示す図The figure which shows the processing procedure (the 4) of a group master and a slave when performing a scene recall シーンリコールの処理手順を示すフローチャートFlowchart showing the scene recall procedure UI操作によるシーン切り替えルーチンの手順を示すフローチャートThe flowchart which shows the procedure of the scene switching routine by UI operation ステップ1009の詳細な処理手順を示すフローチャートThe flowchart which shows the detailed process sequence of step 1009 デバイスグループのスレーブにおけるシーンリコールルーチンのフローチャートFlowchart of scene recall routine in device group slave ミキサシステムの構成を示す画面例Sample screen showing mixer system configuration CAD画面上に、新たにミキサエンジンをドラッグ&ドロップしたときにポップアップ表示されるダイアログボックスの図Diagram of the dialog box that pops up when a new mixer engine is dragged and dropped onto the CAD screen CAD画面上に1台目を追加する操作がなされたときの処理を示すフローチャートA flowchart showing processing when an operation for adding the first device is performed on the CAD screen. CAD画面上に2台目以降を追加する操作がなされたときの処理を示すフローチャートThe flowchart which shows a process when operation which adds the 2nd unit or later is made on the CAD screen. CAD画面上の機器の表示色を後で変更するときの処理手順を示すフローチャートThe flowchart which shows the process sequence when changing the display color of the apparatus on a CAD screen later 3台のミキサエンジンを用いて単一ゾーンを構成した例を示す図The figure which shows the example which comprised the single zone using three mixer engines ゾーン構成画面の表示例を示す図Figure showing a display example of the zone configuration screen
符号の説明Explanation of symbols
101…PC、102…スイッチングハブ、103〜105…ミキサエンジン、106…デバイスグループ106。   DESCRIPTION OF SYMBOLS 101 ... PC, 102 ... Switching hub, 103-105 ... Mixer engine, 106 ... Device group 106.

Claims (3)

  1. 信号処理を行う部品となるコンポーネントの組合せおよび該コンポーネント間の信号の入出力関係を規定した情報を含むコンフィグデータに基づいて規定される信号処理構成音響信号処理を行うようプログラム可能なプロセッサを備える複数の音響信号処理装置をネットワークを介して相互に接続した音響信号処理システムを構成する前記複数の音響信号処理装置、画面上に表示して編集する音響システム構成表示編集装置であって、
    予め、前記複数の音響信号処理装置を1つのゾーン内の機器として定義し、該1つのゾーン内の機器をさらにグループ分けし複数のデバイスグループおよび各デバイスグループのグループマスタとなる音響信号処理装置を定義し、
    前記複数の音響信号処理装置のそれぞれは、
    シーンナンバと、自機が属するデバイスグループに対してシーンナンバが指定されたシーンリコール命令が与えられた場合に、該デバイスグループに属する音響信号処理装置のそれぞれにおいてリコールすべき情報を特定する情報とを含む、デバイスグループのシーンデータを、複数記憶したデバイスグループシーンテーブルと、
    シーンリンクナンバと、該シーンリンクナンバが指定されたゾーンに対するシーンリコール命令が与えられた場合に、該ゾーンを構成する複数のデバイスグループのそれぞれにおいてリコールすべきデバイスグループのシーンデータを特定するシーンナンバとを含む、ゾーンのシーンデータを、複数記憶したシーンマスタテーブルと、
    ユーザ操作による入力、または外部の装置からネットワーク経由で入力されたシーンリコール命令であって、前記シーンナンバが指定されたデバイスグループに対するシーンリコール命令、または前記シーンリンクナンバが指定されたゾーンに対するシーンリコール命令を受付ける手段と、
    自機が前記グループマスタでない場合に、前記受け付けたシーンリコール命令を自機が属するデバイスグループのグループマスタとされた音響信号処理装置に転送する手段と、
    自機が前記グループマスタであり、かつ、前記受け付けたシーンリコール命令が、前記シーンナンバが指定されたシーンリコール命令である場合、前記デバイスグループシーンテーブルを参照して、自デバイスグループに属する音響信号処理装置のそれぞれに、前記指定されたシーンナンバで特定されるリコールすべき情報のリコールの実行を指示する命令を送信する手段と、
    自機が前記グループマスタであり、かつ、前記受け付けたシーンリコール命令が、前記シーンリンクナンバが指定されたシーンリコール命令である場合、前記シーンマスタテーブルを参照して、前記ゾーンを構成する複数のデバイスグループの前記グループマスタとされた音響信号処理装置のそれぞれに、前記指定されたシーンリンクナンバで特定されるシーンナンバを指定した各デバイスグループに対するシーンリコール命令を送信する手段と、
    前記リコールの実行を指示する命令を受信した場合、指示されたリコールすべき情報のリコールを実行する手段と
    を備えたものであり、
    前記定義されたゾーン乃至デバイスグループに関する情報に従って、1つのゾーン内の機器の構成を1画面で表示するとともに、その1画面内に、そのゾーンを構成する前記複数のデバイスグループの機器の構成を前記複数のデバイスグループ毎に異なる表示態様にて表示する手段を備えることを特徴とする音響システム構成表示編集装置。
    Comprising a programmable processor to perform the sound signal processing of the signal processing arrangement, which is defined based on the configuration data that contains information defining input and output relationship of signals between the combination and the components of the components serving as components for performing signal processing An acoustic system configuration display editing device that displays and edits the plurality of acoustic signal processing devices constituting the acoustic signal processing system in which a plurality of acoustic signal processing devices are connected to each other via a network,
    The plurality of acoustic signal processing devices are defined as devices in one zone in advance, and a plurality of device groups obtained by further grouping the devices in the one zone, and an acoustic signal processing device serving as a group master for each device group Define
    Each of the plurality of acoustic signal processing devices is
    When specifying a scene number and a scene recall command in which the scene number is specified for the device group to which the device belongs, information for specifying information to be recalled in each of the acoustic signal processing apparatuses belonging to the device group; Including a device group scene table storing a plurality of device group scene data, and
    When a scene link number and a scene recall command for a zone in which the scene link number is designated are given, a scene number that specifies scene data of the device group to be recalled in each of a plurality of device groups constituting the zone Including a scene master table that stores a plurality of zone scene data, and
    A scene recall command input by a user operation or input from an external device via a network, a scene recall command for a device group to which the scene number is specified, or a scene recall for a zone to which the scene link number is specified Means for accepting orders;
    Means for transferring the received scene recall command to the acoustic signal processing device as the group master of the device group to which the own device belongs, when the own device is not the group master;
    When the own device is the group master and the received scene recall command is a scene recall command in which the scene number is specified, the sound signal belonging to the own device group is referred to with reference to the device group scene table Means for instructing each of the processing devices to execute a recall of information to be recalled specified by the designated scene number;
    When the own device is the group master and the received scene recall command is a scene recall command in which the scene link number is designated, a plurality of the zones constituting the zone are referred to with reference to the scene master table Means for transmitting a scene recall command for each device group that designates a scene number specified by the designated scene link number to each of the acoustic signal processing devices as the group master of the device group;
    Means for executing recall of information to be recalled when receiving an instruction to perform the recall;
    With
    According to the information about the defined zones to device groups, wherein displays an arrangement of devices in one zone on one screen, on the one screen, the configuration of a device of the plurality of device groups constituting the zone An acoustic system configuration display editing apparatus comprising means for displaying different display modes for a plurality of device groups .
  2. 請求項1に記載の音響システム構成表示編集装置において、
    前記表示する手段は、前記複数のデバイスグループ毎に指定された色で表示することを特徴とする音響システム構成表示編集装置。
    In the acoustic system configuration display editing apparatus according to claim 1,
    The sound system configuration display editing apparatus according to claim 1, wherein the display means displays in a color designated for each of the plurality of device groups.
  3. 請求項2に記載の音響システム構成表示編集装置において、
    新たな機器の表示要素の追加を指示する手段と、
    新たな機器の表示要素の追加が指示されたとき、その機器が、既存のデバイスグループの何れかに属するものか、または新規のデバイスグループに属するものかを指定させるとともに、新規のデバイスグループに属するものであると指定されたときにはそのデバイスグループ名を入力させる手段と
    をさらに備えることを特徴とする音響システム構成表示編集装置。
    In the acoustic system configuration display editing apparatus according to claim 2,
    Means for instructing the addition of a new device display element;
    When an instruction to add a display element for a new device is given, it is specified whether the device belongs to one of the existing device groups or a new device group, and belongs to a new device group An audio system configuration display editing apparatus, further comprising means for inputting a device group name when it is designated as a device.
JP2006185149A 2006-07-05 2006-07-05 Sound system configuration display editing device Expired - Fee Related JP4232797B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006185149A JP4232797B2 (en) 2006-07-05 2006-07-05 Sound system configuration display editing device

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006185149A JP4232797B2 (en) 2006-07-05 2006-07-05 Sound system configuration display editing device
US11/825,019 US8249278B2 (en) 2006-07-05 2007-07-03 Audio signal processing system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008017085A JP2008017085A (en) 2008-01-24
JP4232797B2 true JP4232797B2 (en) 2009-03-04

Family

ID=39073709

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006185149A Expired - Fee Related JP4232797B2 (en) 2006-07-05 2006-07-05 Sound system configuration display editing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4232797B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2010150314A1 (en) * 2009-06-25 2010-12-29 パイオニア株式会社 Mixer device, reproduction system, player, and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2008017085A (en) 2008-01-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10802677B2 (en) Methods and apparatus to manage zones of a multi-zone media playback system
CN107925705B (en) Stream design device of contact center
CN105308902B (en) Playback queue transmission in media playback system
CN103581306B (en) System and method for connecting and controlling music-related tools via a communication network
US9933991B2 (en) Remote controlled digital audio mixing system
JP5349484B2 (en) Private view of data and local computation during real-time collaboration
JP5318575B2 (en) Connecting to different network types through a common user interface
US11010122B2 (en) Audio digital signal processor utilizing a hybrid network architecture
US20140064519A1 (en) Distributed, self-scaling, network-based architecture for sound reinforcement, mixing, and monitoring
JP4621523B2 (en) System for discovery of node structure in audio related systems
US20160217114A1 (en) Screenshot processing device and method for same
US9916124B2 (en) System and method for controlling and monitoring a sound masking system from an electronic floorplan
US8621053B2 (en) Firmware update apparatus and program
JP2010531479A (en) How to configure a mobile device user interface from a remote location
US7620468B2 (en) Control apparatus for music system comprising a plurality of equipments connected together via network, and integrated software for controlling the music system
JP2006252197A (en) Theme changing system, portable communication equipment, server device and computer program
US7206651B2 (en) Method of displaying and editing mixer configuration by mixer engine control program
US20070229474A1 (en) Parameter editor and signal processor
US20130076651A1 (en) Methods and apparatus to change control centexts of controllers
US9728172B1 (en) System and method to interface and control multiple musical instrument effects modules on a common platform
JP5322941B2 (en) Programming environment and metadata management for programmable multimedia controllers
KR101348401B1 (en) Method of rendering user interface, server performing the same and stroage media sotring the same
JP5043651B2 (en) Electronic equipment system
DE102013108377B4 (en) A music system comprising a musical instrument and a method for recording a musical performance
US7565212B2 (en) Configuration method of digital audio mixer

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080825

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081023

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20081118

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20081201

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111219

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4232797

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111219

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121219

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131219

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees