JP4231985B2 - Relay server and communication system - Google Patents

Relay server and communication system Download PDF

Info

Publication number
JP4231985B2
JP4231985B2 JP2001007656A JP2001007656A JP4231985B2 JP 4231985 B2 JP4231985 B2 JP 4231985B2 JP 2001007656 A JP2001007656 A JP 2001007656A JP 2001007656 A JP2001007656 A JP 2001007656A JP 4231985 B2 JP4231985 B2 JP 4231985B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
relay server
connection
connection information
terminal
relay
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2001007656A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002217938A (en
JP2002217938A5 (en
Inventor
好史 谷本
Original Assignee
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 村田機械株式会社 filed Critical 村田機械株式会社
Priority to JP2001007656A priority Critical patent/JP4231985B2/en
Priority claimed from US10/045,897 external-priority patent/US7206088B2/en
Publication of JP2002217938A publication Critical patent/JP2002217938A/en
Publication of JP2002217938A5 publication Critical patent/JP2002217938A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4231985B2 publication Critical patent/JP4231985B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、複数のネットワーク装置及び複数の中継サーバがネットワークによって接続された通信システムと、そのような通信システムにおいて利用して好適な中継サーバに関するものである。 The present invention includes a communication system in which a plurality of network devices and a plurality of relay servers are connected by a network, to a suitable relay server by using in such a communication system.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
図7は、一般的なインターネットを用いたシステムの一例を示す説明図である。 Figure 7 is an explanatory diagram showing an example of a system using a general Internet. 図中、1,2はローカルシステム、3はインターネット、11,12,21,22は端末、13,23はゲートウェイ、14,24はLANである。 In the figure, 1 and 2 the local system, the Internet 3, is 11, 12, 21, 22 terminal, 13 and 23 gateway, 14, 24 is LAN. ローカルシステム1は、端末11、端末12、ゲートウェイ13などがLAN14により接続されて構成されている。 Local system 1, terminal 11, terminal 12, such as gateways 13 are configured by connecting the LAN 14. ゲートウェイ13は、LAN14とともにインターネット3に接続されており、LAN14上の端末11,12など、各種のネットワーク機器からインターネットを利用することができる。 The gateway 13 is connected to the Internet 3 together with the LAN 14, it may be utilized such as a terminal 11, 12 on the LAN 14, the various network devices as the Internet. またローカルシステム2も同様であり、端末21、端末22、ゲートウェイ23などがLAN24により接続されて構成されている。 The local system 2 is also similar, terminal 21, terminal 22, such as gateways 23 is formed by connecting the LAN 24. ゲートウェイ23は、LAN24とともにインターネット3に接続されており、LAN24上の端末21,22など、各種のネットワーク機器からインターネットを利用することができる。 The gateway 23 is connected to the Internet 3 together with the LAN 24, it may be utilized such as a terminal 21, 22 on the LAN 24, the various network devices as the Internet. もちろん、それぞれのローカルシステム1,2において、他の様々な機器がLAN14,24により接続されていてよい。 Of course, in each of the local systems 1, various other devices may be connected by LAN14,24.
【0003】 [0003]
このようなシステムにおいて、通常はローカルシステム1,2に対してはグローバルIPアドレスは1ないし複数個が割り当てられるが、ローカルシステム1,2内のそれぞれのネットワーク機器にグローバルIPアドレスが割り当てられるわけではない。 In such a system, is usually 1 or a plurality is assigned a global IP address for local systems 1, not the global IP address is assigned to each of the network devices in the local system 1,2 Absent. それぞれのローカルシステム1,2内の各ネットワーク機器にはプライベートなIPアドレスが割り振られており、ゲートウェイ13,23によってNATやIPマスカレードなどの機能を用いてプライベートなIPアドレスとグローバルなIPアドレスとの変換を行っている。 Each individual network devices in the local systems 1 are assigned a private IP address, the gateway 13, 23 of the private IP address and a global IP address by using the functions such as NAT and IP masquerading It is doing the conversion. このようなIPアドレスの変換機能を有するゲートウェイ13,23を用い、例えばローカルシステム1では端末11,12はゲートウェイ13を介してインターネット3を利用することになる。 Using a gateway 13, 23 having a function of converting such IP address, for example, terminals 11, 12 in the local system 1 will use the Internet 3 via a gateway 13. またローカルシステム2においても、端末21,22はゲートウェイ23を介してインターネット3を利用することになる。 Also in the local system 2, the terminal 21 and 22 will utilize the Internet 3 via a gateway 23.
【0004】 [0004]
またゲートウェイ13,23あるいは別のネットワーク装置等においてはファイアウォールやプロキシサーバなどの機能を有し、これらの装置を介して各端末がインターネット3を利用するような構成も利用されており、システムの安全性を向上させている。 Also has functions such as firewalls and proxy server in the gateway 13, 23 or another network device such as, have also been utilized, the safety system of the structure as the terminal via these devices use the Internet 3 thereby improving the sex.
【0005】 [0005]
ここで、例えばインターネット3からローカルシステム1内の端末11に対してアクセスしようとすると、ゲートウェイ13のグローバルIPアドレスを知ることはできるものの、端末11のプライベートなIPアドレスを知ることはできない。 Here, for example, when the Internet 3 tries to access the terminal 11 within the local system 1, although it is possible to know the global IP address of the gateway 13, can not know the private IP address of the terminal 11. 従って、通常の接続方法ではローカルシステム1の外部から端末11をアクセスすることはできない。 Thus, it is not possible to access the terminal 11 from outside the local system 1 in the normal connection method. またゲートウェイ13のファイアウォールの機能などによって、アクセスを受け付けるサイトが制限されている場合もある。 Also depending on the function of the firewall of the gateway 13, sometimes site that accepts access is restricted. もちろん、端末12についても同様であるし、ローカルシステム2内の端末21,22についても同様である。 Of course, the same applies to the terminal 12, is the same for the terminal 21, 22 in the local system 2.
【0006】 [0006]
さらに、ローカルシステム1内の端末11や端末12、ローカルシステム2内の端末21や端末22は、通常はクライアント機能しか有しておらず、他のネットワーク機器からの情報を受け付けるサーバの機能を有していない。 Further, the terminal 11 and terminal 12 in the local system 1, the terminal 21 and terminal 22 in the local system 2, usually has only client function, have the functions of the server that receives information from other network devices 're not. そのため、端末11,12,21,22から他のネットワーク機器にアクセスしない限り、他のネットワーク機器からこれらの端末に情報を送信することができない。 Therefore, unless the access from the terminal 11, 12, 21, 22 to other network devices, it is impossible to transmit information to these devices from other network devices.
【0007】 [0007]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明は、上述した事情に鑑みてなされたもので、インターネットからローカルシステム内の端末への接続、あるいは異なるローカルシステム内の端末間の接続を容易に行うことができる通信システム、および、そのような通信システムにおいて利用して好適な中継サーバを提供することを目的とするものである。 The present invention has been made in view of the above circumstances, the communication system from the Internet can be carried out connection to the terminal in the local system, or a connection between terminals in different local systems easily, and, such it is an object to provide a suitable relay server by using the Do communication system.
【0008】 [0008]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明は、中継サーバにおいて、複数のネットワーク装置とそれぞれ1以上のTCP/IPコネクションを用いて通信可能であるとともに他の中継サーバと通信可能な通信手段と、通信可能な前記ネットワーク装置の接続情報を保持する接続情報保持手段を有し、前記通信手段は、前記ネットワーク装置とTCP/IPコネクションの確立後、前記TCP/IPコネクションを維持し、前記ネットワーク装置からの要求に基づいて前記接続情報を更新するとともに、該接続情報の更新を前記他の中継サーバに通知することを特徴とするものである。 The present invention, in the relay server, connection information of a plurality of network devices with each other relay server capable of communicating with the communication means with can communicate with one or more TCP / IP connection, which can communicate the network device a connection information holding means for holding said communication means, after establishment of the network device and TCP / IP connections, maintaining the TCP / IP connection, the connection information based on a request from the network device and updates, is characterized in that notifies the updating of the connection information to the other relay server. また、前記通信手段は、前記他の中継サーバからの接続情報更新時の通知に基づいて前記接続情報保持手段中の前記接続情報を更新することを特徴とするものである。 Further, the communication means is characterized by updating the connection information in the connection information storage unit based on the connection information update time of notification from the other relay servers.
【0009】 [0009]
また本発明は、複数のネットワーク装置及び複数の中継サーバがネットワークによって接続された通信システムにおいて、前記ネットワーク装置は、いずれかの前記中継サーバと1以上のTCP/IPコネクションを確立して維持し、他のネットワーク装置との接続要求を行って通信を行うものであり、中継サーバは、通信可能なネットワーク装置の接続情報を保持するとともに、前記ネットワーク装置との間で前記TCP/IPコネクションを確立後、前記ネットワーク装置からの要求に基づいて前記接続情報を更新して他の中継サーバに通知し、また他の中継サーバから送られてくる接続情報更新時の通知に基づいて前記接続情報を更新することを特徴とするものである。 The present invention is a communication system in which a plurality of network devices and a plurality of relay servers are connected by a network, the network device may establish and maintain one of the relay servers and one or more TCP / IP connections, performs communication by performing a connection request to the other network devices, the relay server holds the connection information of a communication network capable device, after establishing the TCP / IP connection between the network device the updates the connection information and notifies the other relay servers, also updates the connection information based on the notification of incoming connection information update transmitted from another relay server based on a request from the network device it is characterized in.
【0010】 [0010]
このように、それぞれの中継サーバに接続されるネットワーク装置の接続情報が更新されると、それを他の中継サーバに通知し、また他の中継サーバから接続情報の更新通知を受けることによって、ネットワーク装置の接続情報を常に更新し、共有することができる。 Thus, when the connection information of the network devices connected to each of the relay server is updated, by receiving the update notification of the connection information it notifies the other relay server, also from other relay servers, network the connection information of the apparatus constantly updated, can be shared. 従って、ネットワーク装置から他のネットワーク装置に対して接続要求を行う場合でも、中継サーバは、接続先のネットワーク装置がどの中継サーバに接続されているかを知ることができ、即座に通信を中継することができる。 Therefore, even if a connection request from the network device to other network devices, the relay server, or connect to the network devices are connected to which the relay server can be known immediately to relay communications can. またネットワーク装置側でも、接続先のネットワーク装置がどの中継サーバに接続されているかといったことを意識する必要がなく、容易に接続要求を行うことができる。 Also in the network device side, it is not necessary to be aware that such or connection destination network devices are connected to which the relay server, it is possible to easily connect request. さらに、中継サーバには他の中継サーバに接続されているネットワーク装置の接続情報も集積されていることから、これらの接続情報をネットワーク装置から参照可能に構成すれば、接続要求を行う前に接続先の状態などを確認することが可能になる。 Further, since the relay server has also been integrated connection information of the network devices connected to the other relay servers, referring configured to be capable of these connection information from a network device, connected before a connection request it is possible to check the previous state.
【0011】 [0011]
上述のような接続情報更新時の通知は、更新を行った中継サーバが他のすべての中継サーバに対して行うほか、中継サーバが当該通知についても中継するように構成することができる。 Connection information update time of notification as described above, except that the relay server that made the update does for all the other relay servers, it is possible to relay server configured to relay also the notification. この場合、中継サーバは、通知を受け取ったら発信元以外の他の中継サーバに対して転送するように構成するとともに、受け取った通知がそれまでに受け取った通知以前の過去のものである場合には更新せずに破棄するように構成するとよい。 In this case, the relay server is configured to configured to transfer to other relay servers other than source when you get a notification, when received notification is of the past before the notification received up to that point it may be configured to discard without updating. これによって当該通知のループを防ぎながら、当該通知を行き渡らせることができる。 Thus while preventing loop of the notification, it is possible to spread the notification.
【0012】 [0012]
さらに本発明は、複数のネットワーク装置及び複数の中継サーバがネットワークによって接続された通信システムにおいて、さらに前記ネットワーク装置の接続情報を保持して前記中継サーバに前記接続情報を提供するデータベースサーバを有し、前記ネットワーク装置は、いずれかの前記中継サーバと1以上のTCP/IPコネクションを確立して維持し、他のネットワーク装置との接続要求を行って通信を行うものであり、中継サーバは、前記ネットワーク装置との間で前記TCP/IPコネクションを確立後、前記ネットワーク装置からの要求に基づいて前記接続情報を更新する場合に、更新した接続情報を前記データベースサーバに保持させることを特徴とするものである。 The present invention is a communication system in which a plurality of network devices and a plurality of relay servers are connected by a network, further the holding connection information of the network device includes a database server that provides the connection information to the relay server the network device may establish and maintain one of the relay servers and one or more TCP / IP connection, which performs communication by performing a connection request to the other network devices, the relay server, the after establishing the TCP / IP connection with the network device, when updating the connection information based on a request from the network device, which is characterized in that to hold the updated connection information to the database server it is.
【0013】 [0013]
このように、それぞれの中継サーバに接続されるネットワーク装置の接続情報がデータベースサーバに保持され、中継サーバに対して接続情報が提供されている。 Thus, the connection information of the network devices connected to the respective relay servers held in the database server, the connection information is provided to the relay server. そして、接続情報が更新されるとその更新された接続情報がデータベースサーバにアップロードされるので、常に最新の接続情報が保持され、提供されることになる。 Then, when the connection information is updated so that the updated connection information is uploaded to the database server, always held the latest connection information, will be provided. 従って、ネットワーク装置から他のネットワーク装置に対して接続要求を行う場合でも、中継サーバは、データベースサーバから接続情報を取得することによって、接続先のネットワーク装置がどの中継サーバに接続されており、どのような状態であるかを知ることができ、通信が可能であれば即座に通信を中継することができる。 Therefore, even if a connection request from the network device to other network devices, the relay server by obtaining the connection information from the database server is connected to which relay server connection destination network device, which whether the state can be known that it is possible to relay communication in real if possible communications. またネットワーク装置側でも、接続先のネットワーク装置がどの中継サーバに接続されているかといったことを意識する必要がなく、容易に接続要求を行うことができる。 Also in the network device side, it is not necessary to be aware that such or connection destination network devices are connected to which the relay server, it is possible to easily connect request. さらに、データベースサーバから接続情報を取得してネットワーク装置から参照可能に構成すれば、ネットワーク装置において接続要求を行う前に接続先の状態などを確認することが可能になる。 Furthermore, referring capable constructed from the network device obtains the connection information from the database server, it is possible to check the connection state of destination before a connection request at a network device.
【0014】 [0014]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
図1は、本発明の中継サーバを含む通信システムの第1の実施の形態を示す構成図である。 Figure 1 is a block diagram showing a first embodiment of a communication system including a relay server of the present invention. 図中、図7と同様の部分には同じ符号を付して重複する説明を省略する。 In the figure, the description thereof is omitted for the same parts as in FIG. 7 that overlap the same reference numerals. 4,5は中継サーバ、41は通信部、42は接続情報保持部である。 4,5 relay server, 41 communication unit, 42 is a connection information holding unit. 中継サーバ4および中継サーバ5は、インターネット3に接続されており、それぞれグローバルIPアドレスを有している。 Relay server 4 and the relay server 5 is connected to the Internet 3, and has a global IP address. このグローバルIPアドレスに対するネットワーク機器からのログイン要求を受け付け、そのネットワーク機器との接続を維持して通信路を確保しておく。 This accepts a login request from the network device to the global IP address, set aside a communication path to maintain a connection with the network equipment. また、中継サーバ4と中継サーバ5との間も通信路が確保されているものとする。 Further, it is assumed that also the communication path between the relay server 4 and the relay server 5 is ensured. ネットワーク機器はいずれの中継サーバに対して接続していてもよい。 Network devices may be connected to any relay server. 図1に示す例では、ローカルシステム1内の端末11や端末12がゲートウェイ13を介して中継サーバ4に、また、ローカルシステム2内の端末21や端末22が中継サーバ5に、それぞれ通信路が確保されている例を示している。 In the example shown in FIG. 1, the terminal 11 and the relay server 4 terminal 12 via the gateway 13 within the local system 1, also to the terminal 21 and terminal 22 is the relay server 5 in the local system 2, each communication channel It shows an example that is secured. なお中継サーバ4,5は、それぞれ、複数のネットワーク機器との間で接続を維持しておくことができる。 Incidentally relay server 4 and 5, respectively, it can be maintained a connection between a plurality of network devices.
【0015】 [0015]
中継サーバ4,5は、このようなネットワーク機器との通信路を用いて、インターネットから、あるいは他のローカルシステムのネットワーク機器からのデータを中継して通信を行う。 The relay server 4 and 5, by using a communication path with such a network device, performs communication by relaying the data from the network device from the Internet or other local systems. また、ネットワーク機器から他のネットワーク機器などに対する接続要求を受けると、接続先が当該中継サーバとの通信路を確保していれば、その通信路を用いて両者間のデータを中継し、通信を行う。 Further, when receiving a connection request from the network device, such as for other network devices, if the destination is to secure a communication path between the relay server relays the data between them using the communication path, the communication do. 接続先が他の中継サーバと通信可能に接続されている場合には、接続要求を行ったネットワーク機器と他の中継サーバとの間でデータを中継し、さらにデータが転送された他の中継サーバで接続先のネットワーク機器にデータを中継し、ネットワーク機器間における通信を実現する。 If the destination is communicably connected to the other relay servers, network equipment and relays data to and from other relay servers, other relay servers that further data is transferred, which made the connection request in relays data to the network the connected device, to realize the communication between network devices.
【0016】 [0016]
例えば中継サーバ4からローカルシステム1内のゲートウェイ13に対しては接続可能であるが、端末11や端末12については接続することができない。 For example for the gateway 13 within the local system 1 from the relay server 4 can be connected, it can not be connected for terminal 11 and terminal 12. しかし、中継サーバ4のグローバルIPアドレスを使用すれば、端末11や端末12からゲートウェイ13を介して中継サーバ4に接続することは可能である。 However, using the global IP address of the relay server 4, it is possible to connect to the relay server 4 from the terminal 11 or the terminal 12 via the gateway 13. 従って、端末11や端末12から中継サーバ4に対してログイン要求を行うことによって、中継サーバ4とログイン要求を行った端末11あるいは端末12との間の双方向の通信が可能になる。 Therefore, by performing a login request to the relay server 4 from the terminal 11 or the terminal 12, allowing two-way communication between the terminal 11 or terminal 12 performing the relay server 4 and the login request. 同様に、中継サーバ5からローカルシステム2内のゲートウェイ23に対しては接続可能であるが、端末21や端末22については接続することができない。 Similarly, with respect to the gateway 23 within the local system 2 from the relay server 5 can be connected, it can not be connected for terminal 21 and terminal 22. しかし、中継サーバ5のグローバルIPアドレスを使用すれば、端末21や端末22からゲートウェイ23を介して中継サーバ5に接続することは可能である。 However, using the global IP address of the relay server 5, it is possible to connect to the relay server 5 from the terminal 21 or the terminal 22 via the gateway 23. 従って、端末21や端末22から中継サーバ4に対してログイン要求を行うことによって、中継サーバ5とログイン要求を行った端末21あるいは端末22との間の双方向の通信が可能になる。 Therefore, by performing a login request to the relay server 4 from the terminal 21 or the terminal 22, allowing two-way communication between the terminal 21 or terminal 22 performing the relay server 5 and login request. さらに中継サーバ4と中継サーバ5とが通信を行うことによって、端末11や端末12と、端末21または端末22とが、中継サーバ4および中継サーバ5を介して通信を行うことができる。 Further by the relay server 4 and the relay server 5 can perform communication, the terminal 11 and terminal 12, the terminal 21 or terminal 22 can perform communication via the relay server 4 and the relay server 5.
【0017】 [0017]
中継サーバ4は、例えば通信部41および接続情報保持部42を含んで構成することができる。 Relay server 4, for example, can be configured to include a communication unit 41 and the connection information holding unit 42. 通信部41は、インターネット3を介して複数のネットワーク機器および1ないし複数の中継サーバと通信可能である。 The communication unit 41 is capable of communicating with a plurality of network devices and one or a plurality of relay servers via the internet 3. そして通信部41は、通信可能に接続されているネットワーク機器から接続要求情報を受け取ると、その接続要求情報に従って接続情報保持部42内の接続情報を参照して接続先のネットワーク機器が接続されている中継サーバを割り出し、その中継サーバに直接、あるいは他の中継サーバを介して接続要求を中継し、接続を要求したネットワーク機器との間でのデータ転送を中継する。 The communication unit 41 receives the connection request information from the network device that is communicatively connected, the connection request network device connection by referring to the connection information of the connection information storage unit 42 destination is connected according to the information indexing the relay server are, directly to the relay server, or relay the connection request via the other relay server, and relays the transfer of data between the network device that requested the connection. 例えば端末11がそれぞれ通信部41により通信可能に接続されており、中継サーバ5に接続されている端末21との接続要求情報を受け取ると、端末11と通信部41との間でデータ転送を行うとともに、通信部41と中継サーバ5との間でデータ転送を行う。 For example terminal 11 are communicably connected by the communication unit 41, respectively, when receiving the connection request information to the terminal 21 connected to the relay server 5 performs data transfer to and from the communication unit 41 and the terminal 11 together, it performs data transfer with the communication unit 41 and the relay server 5. さらに中継サーバ5で端末21との間の通信を行うことによって、実質的に端末11と端末21との間での通信を実現する。 Furthermore by performing communication between the terminal 21 in the relay server 5, substantially realizes the communication between the terminal 11 and the terminal 21. もちろん、中継サーバ4に接続されている2台のネットワーク機器間での通信も可能である。 Of course, it is also possible communication between two network devices connected to the relay server 4. また、1台のネットワーク機器と複数の接続を確保しておくことも可能であり、1台のネットワーク機器が複数の接続を用いて複数台のネットワーク機器との通信を行うことが可能である。 It is also possible to reserve a single network device and a plurality of connections, it is possible to network device one communicates with the plurality of network devices by using a plurality of connections.
【0018】 [0018]
なお、中継サーバ5の構成は中継サーバ4と同様に構成することができる。 The configuration of the relay server 5 may be configured similarly to the relay server 4. もちろん、中継サーバは2台に限らず、さらに多くの中継サーバがインターネット上に設けられていてよい。 Of course, the relay server is not limited to two, more relay servers may be provided on the Internet. また、それぞれの中継サーバは、すべての中継サーバと接続できなくてもよく、1ないし複数の中継サーバを介して目的の中継サーバと接続される接続形態であってもよい。 Further, each of the relay servers may not be connected with all the relay server may be a form of connection is connected to the object relay server via one or a plurality of relay servers.
【0019】 [0019]
通信部41は、上述のようなネットワーク機器からのログインの要求や他のネットワーク機器に対する接続要求、さらには接続後の通信終了、ログアウトなどを処理し、ネットワーク機器との接続の状態が変化すると、当該ネットワーク機器に対応する接続情報保持部42中の接続情報を更新し、接続情報を更新したことを他の中継サーバに通知する。 Communication unit 41, a connection request to the request and other network equipment login from the network device described above, further communication end after connection, such as to process the logout, the state of the connection to the network device is changed, It updates the connection information of the connection information in the holding unit 42 corresponding to the network device, notifying that updating the connection information to another relay server. この通知は、例えば当該中継サーバに接続されるすべてのネットワーク機器の更新後の接続情報、あるいは、変更のあったネットワーク機器の更新後の接続情報等を含めることができる。 This notification may for example connect the updated information of all the network devices connected to the relay server or may include connection information of the updated network device that have changed. また、更新日時や更新を行った中継サーバを特定する情報を含めておくとよい。 Also, the update time and update good idea to include information for identifying the relay server went.
【0020】 [0020]
また通信部41は、他の中継サーバから送られてきた通知を受け取り、接続情報保持部42に保持されている接続情報と比較して新しければ受け取った通知に従って接続情報を更新する。 The communication unit 41 also receives a notification transmitted from the other relay servers, and updates the connection information according to the notification received if Newer compared with the connection information stored in the connection information hold section 42. そして、その通知の送信元以外の中継サーバに対して受け取った通知を転送する。 Then, the forward notifications received for the relay server other than the transmission source of the notification. また、受け取った通知が接続情報保持部42に保持されている接続情報以前の過去のものである場合には、接続情報保持部42の更新を行わずに破棄し、他の中継サーバへの転送も行わない。 Further, when the received notification is of the past previous connection information held in the connection information hold section 42 discards without updating the connection information holding unit 42, transfer to other relay servers not performed. これによって、接続情報保持部42に保持される接続情報を常に最新のものとなるように管理し、また、通知の転送がループにならないようにして、すべての中継サーバに行き渡るように転送することができる。 Thus, to manage the connection information stored in the connection information hold section 42 so as to always the latest, also the notification of transfer so as not to loop forward all as spread in the relay server can.
【0021】 [0021]
接続情報保持部42は、それぞれの中継サーバに接続可能なネットワーク機器の接続情報を保持している。 Connection information holding unit 42 holds the connection information of the network device connectable to the respective relay servers. 接続情報は、例えばユーザIDや接続状態などの情報を含んでおり、中継サーバを介して通信可能なユーザ(ネットワーク機器)の管理や、通信状態の管理などを行うことができる。 Connection information, for example, contains information such as the user ID and the connection state, it can be carried out management of communicable user (network equipment), a communication state management, etc. via the relay server. 図2は、接続情報保持部42が保持している接続情報を含む情報の一例の説明図である。 Figure 2 is an illustration of an example of information including connection information connection information holding unit 42 holds. 図2に示す例では、中継サーバに固有の情報としてサーバ名、IPアドレスなどの情報を含むとともに、ユーザID、タイプ、属性、状態などの情報を含む接続情報と、その接続情報の最終更新日時などの情報を接続情報保持部42に保持させている。 In the example shown in FIG. 2, the server name as information specific to the relay server, with it includes information such as IP address, the connection information containing the user ID, type, attributes, information such as status, last update date and time of the connection information It is made to hold information such as the connection information holding unit 42. タイプはネットワーク機器の種別の情報、例えばクライアント端末であるのかFAXやプリンタなどの装置であるかなどの情報を保持することができる。 Type can hold information such as whether the device information of the types of network devices, such as is the or FAX and printers client terminal. 属性は、タイプの情報に付随した種々の情報を保持することができ、例えば図2に示す例ではファイル単位の送受信を行う旨を示す属性を付した例を示している。 Attribute can hold various information accompanying the type of information, in the example shown in FIG. 2 for example shows an example in which given the attribute indicating that transmit and receive file units. 状態の情報としては、例えばログイン中であるか否かや、ログインした後に他のネットワーク機器と通信を行っているか否かなどを示す情報を保持することができる。 The status information may be retained for example whether Kaya is being logged, information indicating, for example, whether communicating with other network devices after logging. もちろん、接続情報として、このほかにも各種の情報を含んでいてよい。 Of course, as the connection information may include various information to the other.
【0022】 [0022]
また、最終更新日時は、当該接続情報を更新したときに他の中継サーバに通知する際に付加しておくことが望ましい。 Furthermore, last update date and time, it is desirable to added when notifying the other relay servers when updating the connection information. 通知を受け取った中継サーバは、付加されている最終更新日時によって、最新の情報か否かを判断することが可能になる。 The relay server having received the notification, the last update date and time is added, it is possible to determine whether the latest information.
【0023】 [0023]
なお、図2(A)に示すそれぞれのネットワーク機器毎の接続情報は、当該中継サーバに接続されるネットワーク機器を特定して予め登録しておくことができる。 The connection information for each of the network devices shown in FIG. 2 (A), can be registered in advance to identify the network devices connected to the relay server. これによって、登録されているネットワーク機器以外からのログイン要求などを拒否し、安全性を確保することができる。 Thus, rejects the like login request from other network devices are registered, it is possible to ensure safety. さらにパスワードなどの認証データを保持させておくことによって、安全性を向上させることが可能である。 By keeping to further hold the authentication data such as a password, it is possible to improve safety.
【0024】 [0024]
接続情報保持部42には、中継サーバ4に接続されるネットワーク機器の接続情報のほか、他の中継サーバから送られてくる接続情報も保持している。 The connection information storage unit 42, in addition to the connection information of the network devices connected to the relay server 4 also holds connection information transmitted from the other relay server. これらは、例えば図2(B)に示すようにそれぞれの中継サーバ毎の接続情報として保持しておくことができる。 These may be held as a respective connection information of each relay server as shown in example FIG. 2 (B). このように中継サーバ毎に接続情報を管理することによって、ネットワーク機器から他のネットワーク機器への接続要求を受けたとき、接続先のネットワーク機器が接続されている中継サーバを即座に割り出すことができる。 By managing the connection information thus each relay server, when receiving a connection request from the network device to other network devices, it is possible to determine the relay server network the connected device is connected immediately . また、接続先のネットワーク機器の状態についても知ることができ、例えば接続先のネットワーク機器がログインしていなければ、他の中継サーバに中継することなく、接続要求をエラーとすることも可能である。 Also, it is possible to know the state of the network device to connect to, for example, if logged network device connection destination without relayed to other relay servers, it is possible to the connection request as an error .
【0025】 [0025]
図3、図4は、本発明の中継サーバを含む通信システムの第1の実施の形態における通信手順の一例を示すシーケンス図である。 3, FIG. 4 is a sequence diagram showing an example of a communication procedure in the first embodiment of a communication system including a relay server of the present invention. 図3、図4に示す通信手順は、TCP/IPを利用して実行され、中継サーバとの接続、接続の維持、端末への接続要求、端末へのデータ転送、端末との接続終了、中継サーバとの接続終了等を行うものである。 3, the communication procedure shown in FIG. 4 is executed by using the TCP / IP connection with the relay server, the maintenance of the connection, a connection request to the terminal, the data transfer to the terminal, termination of the connection with the terminal, the relay It performs a connection termination, etc. with the server. このうち、中継サーバとの接続、接続の維持、中継サーバとの接続終了の部分を図3に示し、端末への接続要求、端末へのデータ転送、端末との接続終了等の部分を図4に示している。 Among them, connected with the relay server, the maintenance of the connection, a portion of the termination of the connection with the relay server shown in FIG. 3, a connection request to the terminal, the data transfer to the terminal, Figure 4 part of the connection termination, etc. with the terminal It is shown in.
【0026】 [0026]
ここでは一例として、図1におけるローカルシステム1内の端末11とローカルシステム2内の端末21との間で通信を行う場合について示している。 Here, as an example, it shows a case where communication is performed between the terminal 11 and the terminal 21 in the local system 2 in the local system 1 in FIG. 1. 予め、中継サーバ4に対して端末11をユーザとして登録し、また中継サーバ5に対して端末21をユーザとして登録しておく。 Previously, it registers the terminal 11 as the user to the relay server 4, also registers the terminal 21 as the user to the relay server 5. 登録の情報としては、例えば図2(A)に示した接続情報の各項目の情報とすることができる。 The information of the registration, it is possible to each item of information of the connection information shown in example FIG. 2 (A). このほか、認証のためにパスワードなどを登録しておくとよい。 In addition, a good idea to register such as a password for authentication. これらの接続情報は、例えば登録時に接続情報の更新として捉え、ネットワーク機器が登録された中継サーバから他の中継サーバへ通知される。 These connection information, for example, regarded as update connection information at the time of registration is notified from the relay server the network device is registered to the other relay servers. これによって、中継サーバ4と中継サーバ5は互いの接続情報を共有することになる。 Thus, the relay server 4 and the relay server 5 will share each other's connection information.
【0027】 [0027]
端末11は、例えば起動後あるいはオペレータによって指示されると、(1)において、ゲートウェイ13を介して中継サーバ4に接続し、ログインして中継サーバ4とのTCP/IPコネクション(接続1)を確立する。 Terminal 11, for example, when instructed by the activation or after the operator, establishing in (1), via the gateway 13 connected to the relay server 4, the login to the TCP / IP connection with the relay server 4 (connection 1) to. 端末11はローカルシステム1内のネットワーク機器であるため、中継サーバ4から直接通信を行うことはできないが、クライアントである端末11からのログインにより中継サーバ4への接続は可能である。 Terminal 11 is for a network device in the local system 1, it can not be directly communicate from the relay server 4, connection to the relay server 4 by logging in from the terminal 11 is a client is possible. TCP/IPコネクションは双方向型のデータ通信が可能であるので、端末11から中継サーバ4へ、また中継サーバ4から端末11への通信を行うことができる。 Because TCP / IP connection can be a data communication bidirectional type, from the terminal 11 to the relay server 4, also can communicate from the relay server 4 to the terminal 11.
【0028】 [0028]
接続1が確立した後、(2)において端末11はユーザIDを中継サーバ4に送る。 After the connection 1 has been established, and sends the terminal 11 a user ID to the relay server 4 (2). 中継サーバ4は、受け取ったユーザIDが接続情報保持部42に接続情報として保持されているかを調べる。 The relay server 4 checks whether the user ID received is held as the connection information to the connection information storage unit 42. なお、端末11のユーザIDとともに、例えばパスワードなどによって認証を行うとよい。 Incidentally, together with the user ID of the terminal 11, it may perform authentication by, for example, a password, etc.. この認証によって、不特定の第3者との接続を回避し、安全性を確保することができる。 This authentication avoids connection with unspecified third person, it is possible to ensure safety. もし接続情報が登録されていなかったり、認証に失敗した場合には、中継サーバ4は端末11に対して否定応答を行うか、あるいはそのまま接続1を切断する。 May not have been if registration connection information, when the authentication fails, the relay server 4 or performs a negative acknowledgment to the terminal 11, or to cut it the connection 1. 認証が成功したら、(3)において肯定応答を行うとともに、端末11の接続情報をログインの状態に変更し、(4)において、接続情報の更新を他の中継サーバ(ここでは中継サーバ5)に通知する。 Once authentication succeeds, it performs acknowledgment in (3), to change the connection information of the login state of the terminal 11, (4), the other relay server to update the connection information (here the relay server 5) Notice. 中継サーバ5では、この通知を受けて、保持している中継サーバ4の接続情報を更新して、中継サーバ4が保持している接続情報と一致させる。 In the relay server 5 receives this notification, update the connection information of the relay server 4 holds, the relay server 4 is to match the connection information held.
【0029】 [0029]
中継サーバ4とのTCP/IPコネクションが確立し、認証が得られたら、その接続(接続1)を保持しておくために、(5)において定期的に中継サーバ4に対し接続保持のコマンドを送出し、(6)において中継サーバ4からの確認の応答を得る。 And TCP / IP connection is established between the relay server 4, when the authentication is obtained, in order to hold the connection (connection 1), a command periodically connects to the relay server 4 holds in (5) delivery, obtaining a response confirmation from the relay server 4 (6). これによって接続を保持しておくとともに、中継サーバが正常に稼働していることの確認を行う。 Together they hold a connection by which, and confirms that the relay server is operating normally. このようにして端末11と中継サーバ4との間で通信可能な接続1を維持する。 In this way, to maintain the connection 1 can communicate between the terminal 11 and the relay server 4.
【0030】 [0030]
同様に端末21は、(1')において、ゲートウェイ23を介して中継サーバ5に接続し、ログインして中継サーバ5とのTCP/IPコネクション(接続2)を確立する。 Similarly the terminal 21, in (1 '), connected to the relay server 5 via the gateway 23, login to establish a TCP / IP connection (connection 2) between the relay server 5. 端末21もローカルシステム2内のネットワーク機器であるため、中継サーバ5から直接通信を行うことはできないが、クライアントである端末21からのログインにより中継サーバ5への接続は可能である。 Since the terminal 21 is also a network device within the local system 2, it can not be directly communicate from the relay server 5, connection to the relay server 5 by logging in from the terminal 21 is a client is possible. 接続2によって、端末21から中継サーバ5へ、また中継サーバ5から端末21への通信を行うことができる。 By a connection 2, to the relay server 5 from the terminal 21, also capable of communicating from the relay server 5 to the terminal 21.
【0031】 [0031]
接続2が確立した後、(2')において端末21はユーザIDを中継サーバ5に送る。 After the connection 2 is established, and sends the terminal 21 a user ID to the relay server 5 (2 '). 中継サーバ5は、受け取ったユーザIDが登録されているか否かを調べる。 Relay server 5, the user ID received is checked whether or not it is registered. なお、端末11のユーザIDとともに、例えばパスワードなどによって認証を行うとよい。 Incidentally, together with the user ID of the terminal 11, it may perform authentication by, for example, a password, etc.. この認証によって、不特定の第3者との接続を回避し、安全性を確保することができる。 This authentication avoids connection with unspecified third person, it is possible to ensure safety. もし接続情報が登録されていなかったり、認証に失敗した場合には、中継サーバ5は端末21に対して否定応答を行うか、あるいはそのまま接続2を切断する。 It may not have been if the connection information is registered, if the authentication fails, the relay server 5 or performs a negative acknowledgment to the terminal 21, or to cut it the connection 2. 認証が成功したら、(3')において、肯定応答を行うとともに、端末21の接続情報をログインの状態に変更し、(4')において、接続情報の更新を他の中継サーバ(ここでは中継サーバ4)に通知する。 When authentication is successful, (3 ') at, together with acknowledgment, change the connection information of the login state of the terminal 21, (4'), the relay server (relay server here update the other connection information to notify the 4). 中継サーバ4では、この通知を受けて、保持している中継サーバ5の接続情報を更新して、中継サーバ5が保持している接続情報と一致させる。 In the relay server 4 receives this notification, update the connection information of the relay server 5 holds, the relay server 5 match the connection information held.
【0032】 [0032]
中継サーバ5とのTCP/IPコネクションが確立し、認証が得られたら、その接続(接続2)を保持しておくために、(5')において定期的に中継サーバ5に対し接続保持のコマンドを送出し、(6')において中継サーバ5からの確認の応答を得る。 Was established TCP / IP connection with the relay server 5, when the authentication is obtained, in order to hold the connection (connection 2), the connection holding to regularly relay server 5 (5 ') command It sends to give a response confirmation from the relay server 5 (6 '). これによって接続を保持しておくとともに、中継サーバが正常に稼働していることの確認を行う。 Together they hold a connection by which, and confirms that the relay server is operating normally. このようにして端末21と中継サーバ5との間で通信可能な接続2を維持する。 In this manner, to maintain a communicable connection 2 with the relay server 5 and the terminal 21.
【0033】 [0033]
なお、端末11と中継サーバ4との接続と、端末21と中継サーバ5との接続は、両者の通信前であればいつ行ってもよい。 Note that the connection terminal 11 and the relay server 4, connection between the terminal 21 and the relay server 5 may be carried out any time if it is before both communication. このようにしてローカルシステム内の端末がいずれかの中継サーバに接続されていれば、それらの端末間において通信を行うことができる。 If it is connected to the relay server terminal of one of the local system in this manner, it is possible to perform communication between these terminals. 端末間で通信を行う場合のシーケンスを図4に示している。 It shows a sequence when communication is performed between terminals in FIG.
【0034】 [0034]
端末11から端末21に接続したいという要求が発生すると、(11)において、端末11は中継サーバ4に対して接続したい端末21のユーザIDを指定して接続要求を行う。 If demand for connection from the terminal 11 to the terminal 21 is generated, in (11), the terminal 11 performs a connection request with the user ID of the terminal 21 to be connected to the relay server 4. なお、接続先となる端末21のユーザIDは、予め取得しておくか、あるいは中継サーバ4からログイン中のユーザの一覧などによって確認して指定するなど、任意の方法で指定することができる。 The user ID of the destination to become terminal 21 can be specified in advance or keep acquired, or the like to specify confirmed by such as a list of logged-in user from the relay server 4, any method.
【0035】 [0035]
中継サーバ4は、接続情報保持部42に保持されている接続情報を参照して、端末11から指定されたユーザIDを有するネットワーク機器がいずれの中継サーバに接続されているのかを特定する。 The relay server 4 refers to the connection information stored in the connection information storage unit 42, a network device having a user ID specified from the terminal 11 to identify whether the is connected to one of the relay servers. なお、中継サーバ4は、指定されたユーザIDに対応する接続情報が取得できなかった場合や、指定されたユーザIDに対応するネットワーク機器がログインしていない場合には、エラーの応答を端末11に対して返す。 The relay server 4, when or if the connection information corresponding to the specified user ID can not be acquired, the network device corresponding to the specified user ID is not logged in, the response of the error terminal 11 return against.
【0036】 [0036]
中継サーバ4は、接続要求によって指定された端末21が接続される中継サーバ5を特定したら、(12)において、特定した中継サーバ5に対して端末21への接続要求を送る。 Relay server 4 After identifying the relay server 5 terminal 21 specified by the connection request is connected, at (12), it sends a connection request to the terminal 21 to the relay server 5 identified. 中継サーバ5は、中継サーバ4から転送されてきた接続要求を受け取り、(13)において、端末21に対して接続要求がある旨の情報と接続を要求している端末11のユーザIDを含む接続要求通知を送信する。 Relay server 5 receives the connection request transferred from the relay server 4, in (13), connecting including the user ID of the terminal 11 requesting the connection information to the effect that there is a connection request to the terminal 21 It sends a request notification.
【0037】 [0037]
端末21は、接続要求通知の送信に用いられた接続が端末11との接続に使用されていることを記憶して、(14)において受け入れ可能の応答を返す。 Terminal 21, the connection request notification connection used for transmission of stores that have been used in connection with the terminal 11 returns a response of acceptable (14). なお、接続を拒否する場合はエラーを返す。 In the case it rejects connections return an error. 中継サーバ5は、(15)において、端末21からの応答を中継サーバ4に転送する。 Relay server 5 in (15), it transfers a response from the terminal 21 to the relay server 4. このとき、端末21が接続要求を受ける応答の場合、端末21の接続2に対する接続情報を更新して接続2を端末11との通信に用いることを記憶し、(17)において接続情報の更新を他の中継サーバ(中継サーバ4)に通知する。 At this time, if the response terminal 21 receives a connection request, the connection 2 to update the connection information to the connection 2 of the terminal 21 stores the use for communicating with the terminals 11, the update of the connection information in (17) to notify the other relay server (relay server 4).
【0038】 [0038]
一方、中継サーバ4は、中継サーバ5から転送されてきた端末21からの応答を(16)において端末11に対して返す。 On the other hand, the relay server 4 returns to the terminal 11 a response from the terminal 21 that has been transferred from the relay server 5 in (16). 端末21からの応答が接続要求を受ける旨の応答である場合、端末11の接続1に対する接続情報を更新して接続1を端末21との通信に用いることを記憶し、(18)において接続情報の更新を他の中継サーバ(中継サーバ5)に通知する。 If the response from the terminal 21 is a response with respect to the receipt of a connection request, store the use of connections 1 and updates the connection information to the connection 1 of the terminal 11 for communicating with the terminals 21, the connection information in (18) to notify the update to the other relay server (relay server 5). また端末21からの応答を受け取った端末11では、受け入れ可能の応答を受け取った場合には、使用している接続(接続1)を端末21との通信に使用するものとして記憶する。 Also the terminal 11 has received the response from the terminal 21, when receiving the response of acceptable stores connections using (connection 1) as those used for communicating with the terminals 21.
【0039】 [0039]
なお、中継サーバ4は中継サーバ5からの通知を受けて、保持している中継サーバ5の接続情報を更新して、中継サーバ5が保持している接続情報と一致させる。 The relay server 4 receives the notification from the relay server 5 updates the connection information of the relay server 5 holds, the relay server 5 match the connection information held. また、中継サーバ5も中継サーバ4からの通知を受けて、保持している中継サーバ4の接続情報を更新して、中継サーバ4が保持している接続情報と一致させる。 Further, the relay server 5 even when receiving the notification from the relay server 4 updates the connection information of the relay server 4 holds, the relay server 4 is to match the connection information held. (17)と(18)の接続情報の更新通知は、通信経路によっていずれが先になる場合もある。 Update notification of the connection information (17) and (18) may also receive one comes before the communication path.
【0040】 [0040]
このようにして端末11と端末21との間で通信を行うことを確認した後、(26)以降において実際にデータを送信することになる。 After confirming that communicates with the terminal 11 and the terminal 21 in this way, it will send the actual data in the following (26). なお、図4に示す例では、端末11と端末21との間の通信を行うことが決定された後に、その他のネットワーク機器からの接続要求を受けたり、他のネットワーク機器への接続要求を行うために、それぞれ、新しいTCP/IPコネクションを中継サーバ4,5に確立する。 In the example shown in FIG. 4, after it is determined that communication between the terminal 11 and the terminal 21, and receive a connection request from the other network devices, a connection request to another network device in order, respectively, to establish a new TCP / IP connection to the relay server 4 and 5. すなわち、端末11は(19)において中継サーバ4にログインして中継サーバ4とのTCP/IPコネクション(接続3)を確立し、(20)において端末11はユーザIDを中継サーバ4に送る。 That is, the terminal 11 establishes a TCP / IP connection (connection 3) to the relay server 4 by logging to the relay server 4 in (19), and sends the terminal 11 a user ID to the relay server 4 in (20). 中継サーバ4は、受け取ったユーザIDなどに基づいて端末11の認証を行い、(21)において応答を返す。 Relay server 4 authenticates the terminal 11 on the basis of such a user ID received, returns a response in (21). それとともに端末11に対する接続情報を更新し、(22)において他の中継サーバ(ここでは中継サーバ5)に対して通知する。 The same time updates the connection information to the terminal 11 notifies the other relay servers (here relay server 5) in (22). 中継サーバ5では中継サーバ4からの通知を受け、中継サーバ4の接続情報を更新する。 Receiving the notification from the relay server 5, relay server 4, and updates the connection information of the relay server 4. 中継サーバ4は、新たな接続3を維持するため、定期的に(24)において端末11から中継サーバ4へ接続保持コマンドを送信し、中継サーバ4は(25)において応答を端末11に返す。 Relay server 4, to maintain a new connection 3 periodically (24) transmits a connection holding command to the relay server 4 from the terminal 11 in the relay server 4 returns to the terminal 11 a response in (25).
【0041】 [0041]
同様に端末21は(19')において中継サーバ5にログインして中継サーバ5とのTCP/IPコネクション(接続4)を確立し、(20')において端末21はユーザIDを中継サーバ5に送る。 Similarly the terminal 21 'establishes a TCP / IP connection (connection 4) to the relay server 5 by logging into the relay server 5 in, (20 (19)' sending terminal 21 a user ID to the relay server 5 in) . 中継サーバ5は、受け取ったユーザIDなどに基づいて端末21の認証を行い、(21')において応答を返す。 Relay server 5 performs authentication of the terminal 21 based on such a user ID received, returns a response in (21 '). それとともに端末21に対する接続情報を更新し、(23)において他の中継サーバ(ここでは中継サーバ4)に対して通知する。 The same time updates the connection information to the terminal 21 notifies the other relay server (here the relay server 4) in (23). 中継サーバ4では中継サーバ5からの通知を受け、中継サーバ5の接続情報を更新する。 In the relay server 4 receives the notification from the relay server 5 updates the connection information of the relay server 5. 中継サーバ5は、新たな接続4を維持するため、定期的に(24')において端末21から中継サーバ5へ接続保持コマンドを送信し、中継サーバ5は(25')において応答を端末21に返す。 Relay server 5, to maintain the new connection 4, periodically (24 ') transmits a connection holding command from the terminal 21 to the relay server 5 in the relay server 5 (25' to the terminal 21 a response in) return. なお、このような空きの接続を確保しておく必要がなければ、(19)〜(25)あるいは(19')〜(25')の手順は必要ない。 If there is no need to secure the connection of such vacant, (19) to (25) or (19 ') Step to (25') is not required. また、既に複数の接続を確保している場合も、これらの手順を行わなくてもよい。 Moreover, even if already secured multiple connections may not perform these steps.
【0042】 [0042]
上述の(11)〜(18)によって端末11と端末21との間で通信を行うことを確認したら、(26)において、端末11は中継サーバ4に対して接続1を用いて端末21へ送るデータを送信する。 After verifying that the above (11) - (18) communicates with the terminal 11 and the terminal 21, in (26), the terminal 11 sends to the terminal 21 using the connection 1 to the relay server 4 to send the data. 中継サーバ4は、端末11からのデータを受け取り、(27)において、受け取ったデータを中継サーバ5に転送する。 The relay server 4 receives data from the terminal 11, in (27), and transfers the received data to the relay server 5. 中継サーバ5は、中継サーバ4から転送されてきたデータを受け取り、(28)において、接続2を用いて端末21へ送信する。 Relay server 5 receives the data transferred from the relay server 4, in (28), and transmits to the terminal 21 using the connection 2. 端末21は、中継サーバ4から接続2を用いて送られてきた端末11からのデータを受け取り、(29)において端末11に対する応答を中継サーバ5に対して送信する。 Terminal 21 receives data from the terminal 11 which sent using the connection 2 from the relay server 4, and transmits a response to the terminal 11 to the relay server 5 in (29). 中継サーバ5は、(30)において、端末21が送信した端末11への応答を中継サーバ4に転送する。 Relay server 5 in (30), transfers the response to the terminal 11 that the terminal 21 is transmitted to the relay server 4. 中継サーバ4は、中継サーバ5から転送されてきた端末21から端末11に対する応答を受け取り、受け取った応答を、(31)において接続1を用いて端末11へ送信する。 The relay server 4 receives the response to the terminal 11 from the terminal 21 that has been transferred from the relay server 5, the responses received, and transmits to the terminal 11 using the connection 1 in (31).
【0043】 [0043]
このようにして、端末11と中継サーバ4との間の接続1と、中継サーバ4と中継サーバ5との通信と、端末21と中継サーバ5との間の接続2とを用い、中継サーバ4および中継サーバ5でデータを中継することによって、端末11と端末21との間の通信を行うことができる。 In this way, using a connection 1 between the terminal 11 and the relay server 4, the relay server 4 and the communication with the relay server 5, and the connection 2 between the terminal 21 and the relay server 5, relay server 4 and by relaying data by the relay server 5 can communicate between the terminal 11 and the terminal 21. なお、(26)〜(31)による端末11から端末21へのデータ転送は、複数回繰り返されてもよい。 The data transfer from the terminal 11 to the terminal 21 by (26) - (31) may be repeated a plurality of times. また、端末21から端末11へのデータ転送が行われてもよい。 Further, the data transfer may be performed from the terminal 21 to the terminal 11.
【0044】 [0044]
端末11と端末21との間のデータ転送が終了したら、端末11あるいは端末21から終了通知を行う。 Once the data transfer between the terminal 11 and the terminal 21 is completed, the end notification from the terminal 11 or the terminal 21. ここでは端末11から行うものとし、(32)において端末11は端末21に対する終了通知を、接続1を使用して中継サーバ4に対して送信する。 This shall be made from the terminal 11, the terminal 11 in (32) is an end notification to the terminal 21, and transmits to the relay server 4 using the connection 1. 中継サーバ4は、端末11から受け取った端末21への終了通知を、(33)において中継サーバ5へ転送する。 Relay server 4, the end notification to the terminal 21 received from the terminal 11, transfers to the relay server 5 in (33). 中継サーバ5は、中継サーバ4から転送されてきた端末21への終了通知を受け取り、その終了通知を(34)において接続2を使用して端末21へ送信する。 Relay server 5 receives an end notification to the terminal 21 that has been transferred from the relay server 4 transmits the completion notification with a connection 2 to the terminal 21 in (34). 終了通知を送信した端末11は、(35)において、接続1が空きになったことを示す開放通知を中継サーバ4へ送信する。 Terminal 11 which has transmitted the termination notification, in (35), sends a release notification indicating that the connection 1 has become empty to the relay server 4. また終了通知を受け取った端末21も、(35')において、接続2が空きになったことを示す開放通知を中継サーバ5へ送信する。 The terminal 21 which has received the completion notifications, in (35 '), and transmits a release notification indicating that the connection 2 becomes empty to the relay server 5. これによって中継サーバ4は、接続1の接続情報を、端末11と端末21との間の通信用から空きに更新し、その旨を(36)において他の中継サーバ(ここでは中継サーバ5)に通知する。 This relay server 4 for the connection information connection 1, and updates the free from communication between the terminal 11 and the terminal 21, to that effect (36) other relay servers in the (here relay server 5) Notice. また中継サーバ5は、接続2の接続情報を、端末11と端末21との間の通信用から空きに更新し、その旨を(36')において他の中継サーバ(ここでは中継サーバ4)に通知する。 The relay server 5, the connection information connection 2, and updates the free from communication between the terminal 11 and the terminal 21, to that effect (36 ') in the other relay servers (here the relay server 4) Notice. それぞれ接続情報の更新通知を受けた中継サーバ4,5は、通知に従って接続情報を更新する。 The relay server 4 and 5 which received the update notification of each connection information, updates the connection information according to the notification. なお、この例では21は終了通知に対する応答を行っていないが、応答を返信するようにしてもよい。 While in the 21 in this example does not go the response to termination notification may be returned a response.
【0045】 [0045]
このようにして開放された接続1および接続2は、(5)、(6)または(5')、(6')で示したように接続保持コマンドとその応答を定期的に行って、端末11と中継サーバ4との間、および、端末21と中継サーバ5との間の接続を保つ。 Thus the connection 1 and connection 2 is open, the (5), (6) or (5 '), (6' periodically performs the connection holding command and its response as indicated by), the terminal between 11 and the relay server 4, and maintains the connection between the terminal 21 and the relay server 5. なお、この時点では端末11と中継サーバ4との間では接続1と接続3が確保されている。 The connection 1 and connection 3 is ensured between the terminal 11 at this point the relay server 4. 同様に、端末21と中継サーバ5との間では接続2と接続4が確保されている。 Similarly, connected to the connection 2 4 is ensured between the terminal 21 and the relay server 5. そのままでもよいし、接続1および接続2の解放時にこれらの接続については切断してもよい。 May be as such, may be cut for these connections when the release connection 1 and connection 2. もちろん、接続1および接続2を存続させ、接続3および接続4を切断してもよい。 Of course, it survived the connection 1 and connection 2, may disconnect 3 and the connection 4.
【0046】 [0046]
図3に戻り、例えば端末11が電源を切断する場合や、中継サーバ4への接続をやめる場合には、(7)において、端末11は中継サーバ4に対してログアウトを通知する。 Returning to Figure 3, for example, when the terminal 11 is powered off, when the stop connections to the relay server 4 (7), the terminal 11 notifies the logout to the relay server 4. このとき、複数の接続が確保されている場合には、いずれの接続を用いて行ってもよい。 At this time, when a plurality of connection is ensured, it may be accomplished using any of the connection. そして、端末11はすべての接続を切断する。 The terminal 11 disconnects all connections. ここでは、まず(8)において接続1を切断する。 Here, it disconnects 1 in first (8). また図4における端末21との通信時に接続3も設けたので、(9)において接続3についても切断して終了する。 Since the connection 3 is also provided at the time of communication with the terminal 21 in FIG. 4, and ends also cut the connection 3 in (9).
【0047】 [0047]
中継サーバ4は、端末11からのログアウトの通知を受け、接続情報を更新するとともに、(10)において接続情報の更新を他の中継サーバ(ここでは中継サーバ5)に対して通知する。 The relay server 4 receives a logout notification from the terminal 11 updates the connection information, notifies the updating of the connection information to the other relay servers (here relay server 5) (10). 中継サーバ5は、中継サーバ4の接続情報を通知に基づいて更新することになる。 Relay server 5 will be updated based on the notification of the connection information of the relay server 4. また中継サーバ4は、端末11のログアウトにより接続1,3を切断する。 The relay server 4, disconnects 1,3 by logging out of the terminal 11. なお、端末21においても中継サーバ5に対して同様にしてログアウトを行うことができる。 Incidentally, it is possible to perform the logout are similarly to the relay server 5 in the terminal 21.
【0048】 [0048]
上述のような手順を実行することによって、それぞれあるいは一方がローカルシステム内のネットワーク機器である場合でも、通信を行うことが可能になる。 By the steps as described above, even if each or one is a network device within a local system, it is possible to perform communication. また、それぞれのネットワーク機器が別の中継サーバに接続されている場合でも、支障なく通信を行うことができる。 Further, even if each network device is connected to another relay server, it is possible to perform without hindrance communication. このとき、いずれの中継サーバに接続されているかを知る必要がなく、容易に通信を行うことができる。 In this case, it is not necessary to know whether it is connected to one of the relay server, it is possible to easily perform communication.
【0049】 [0049]
なお、上述のような中継サーバ4との接続、接続の維持、端末への接続要求、端末へのデータ送信、端末との接続終了、中継サーバとの接続終了を行うための手順は、上位で動作するアプリケーションプロトコルがやりとりするコマンドやデータに対しては透過性を保ち何の影響も与えないように構成することが可能であり、既存のアプリケーションプロトコルをそのまま用いて通信を行うことが可能である。 The connection with the relay server 4 as described above, the maintenance of the connection, the connection request to the terminal, the data transmission to the terminal, termination of the connection with the terminal, the procedure for connecting the end of the relay server, the upper for commands or data application protocol that operates to interact it is possible to configure so no effect maintaining transparency, it is possible to perform communication using as an existing application protocol .
【0050】 [0050]
上述の例では、接続要求元のネットワーク機器が接続されている中継サーバと、接続先のネットワーク機器が接続されている中継サーバとが直接通信を行うことが可能な場合について示した。 In the above example, shows the case the relay server connection request source of the network devices are connected, and the relay server network apparatus of the destination is connected is capable of communicating directly. しかし本発明はこのような構成に限られるものではなく、例えば2つの中継サーバの間に1ないし複数の中継サーバが介在してもよい。 However, the present invention is not limited to such a configuration, for example, one or a plurality of relay servers between the two relay servers may be interposed. この場合、それぞれの中継サーバがルーティングを行えばよい。 In this case, each of the relay server may be performed routing.
【0051】 [0051]
また、接続情報を更新した際の通知は、上述の例では相互に行えばよい。 The notification of the time of updating the connection information, in the example described above may be performed to each other. また、すべての中継サーバに対して直接通信を行うことができる場合には、更新を行った中継サーバが他の中継サーバそれぞれに対して通知を行えばよい。 Further, if it can communicate directly to all the relay server, the update relay server may perform notification to each other relay servers that were performed. しかし、直接通信を行うことができない中継サーバが存在する場合には、通知に対しても中継サーバによる中継を行うなど、何らかの方策が必要となる。 However, when the relay server can not perform the direct communication is present, also including relaying by the relay server, some measures are required against the notification. 複数の中継サーバの接続形態に関係なく、通知を行き渡らせるための一つの方法として、それぞれの中継サーバが、通知の送信元以外の直接通信できる中継サーバに対して通知を転送するように構成すればよい。 Regardless connection of the plurality of relay servers, as a method for disseminating notification, each relay server, be configured to forward the notification to the relay server that can communicate directly other than the notification of the sender Bayoi. これによって、どのようなルートであっても通信路がつながっていれば通知を送ることができる。 Thus, whatever the route can send a notification if also connected a communication path. しかしこの場合、ループによる情報の循環が発生する可能性がある。 However, in this case, there is a possibility that the circulation of information by the loop. これを防止するため、通知中の更新日時を参照し、保存している接続情報の更新日時以前の古い通知については破棄し、それ以上の転送を行わないようにすればよい。 To prevent this, referring to the update time in the notification, and discarded the update date and older notification of the connection information stored may be so as not to further transfer.
【0052】 [0052]
図5は、中継サーバ間の通知の転送方法の一例の説明図である。 Figure 5 is a diagram illustrating an example of a method of notifying transfer between the relay servers. 図中、51〜54は中継サーバである。 In the figure, 51 to 54 is a relay server. この例では中継サーバ52は中継サーバ51,53,54と通信路が確立されており、また中継サーバ53,54間にも通信路が確立されている。 In this example the relay server 52 is established communication path with relay server 51, 53, 54, also it has also been established communication path between the relay servers 53 and 54. 例えば中継サーバ51において接続情報を更新して通知を行う場合、中継サーバ51は中継サーバ52に対して通知する。 For example, when a notification to update the connection information in the relay server 51, relay server 51 notifies the relay server 52. 中継サーバ52は、その通知によって接続情報を更新するとともに、その通知の送信元である中継サーバ51を除外した他の通信可能な中継サーバ、すなわち中継サーバ53,54に対して通知を転送する。 The relay server 52 updates the connection information by the notification, the notification other communicable relay server excluding the relay server 51 that is the sender, i.e. transferring the notification to the relay server 53. 中継サーバ53では、受け取った通知に従って接続情報を更新するとともに、その通知の送信元である中継サーバ52を除外した他の通信可能な中継サーバ、すなわち中継サーバ54に対して通知を転送する。 The relay server 53 updates the connection information according to the notification received, and transfers the notification other communicable relay server excluding the relay server 52 that is the sender, i.e. a notification to the relay server 54. 同様に中継サーバ54では、中継サーバ52から受け取った通知に従って接続情報を更新するとともに、その通知の送信元である中継サーバ52を除外した他の通信可能な中継サーバ、すなわち中継サーバ53に対して通知を転送する。 Similarly, in the relay server 54 updates the connection information in accordance with the notification received from the relay server 52, the notification other communicable relay server excluding the relay server 52 that is the sender, i.e. the relay server 53 to transfer the notification.
【0053】 [0053]
中継サーバ53では、中継サーバ54から通知を受け取るが、同じ通知を中継サーバ52から受け取っており、更新日時以前の通知であるので破棄し、それ以上の通知を行わない。 In the relay server 53, but it receives a notification from the relay server 54, and receives the same notification from the relay server 52 discards since update date previous notification is not performed any further notification. 同様に、中継サーバ54でも、中継サーバ53から通知を受け取るが、同じ通知を中継サーバ52から受け取っており、更新日時以前の通知であるので破棄し、それ以上の通知を行わない。 Similarly, in the relay server 54, but receives a notification from the relay server 53, and receives the same notification from the relay server 52 discards since update date previous notification is not performed any further notification. このようにして、通知をすべての中継サーバに行き渡らせるとともに、通知が中継サーバ52,53,54の間でループしてしまうのを防止することができる。 In this manner, the disseminating notifies all the relay servers can be notified to prevent the looping between the relay servers 52, 53, 54.
【0054】 [0054]
図6は、本発明の中継サーバを含む通信システムの第2の実施の形態を示す構成図である。 Figure 6 is a block diagram showing a second embodiment of a communication system including a relay server of the present invention. 図中、図1と同様の部分には同じ符号を付して説明を省略する。 In the figure, the description thereof is omitted the same reference numerals are given to the same parts as FIG. 6はデータベースサーバである。 6 is a database server. 上述の第1の実施の形態では、それぞれの中継サーバにおける接続情報を中継サーバ間で通知しあって共有する例を示した。 In the first embodiment described above, an example of sharing the connection information in each of the relay servers each other notified between the relay server. この場合、同じ接続情報をそれぞれの中継サーバにおいて保持する必要がある。 In this case, it is necessary to hold the same connection information in each of the relay servers. この第2の実施の形態では、それぞれの中継サーバで保持していた接続情報を一括してデータベースサーバ6に保持させ、中継サーバによって共用する例を示している。 In the second embodiment, it is held in the database server 6 collectively connection information retained in the respective relay servers, an example of sharing by the relay server.
【0055】 [0055]
データベースサーバ6は、例えば上述の図2に示すような接続情報を、それぞれの中継サーバ毎に保持しており、中継サーバからの問い合わせに応じて接続情報を提供する。 Database server 6, for example, connection information such as shown in FIG. 2 described above, it holds for each relay server, providing the connection information in response to an inquiry from the relay server. また、中継サーバからの更新要求に応じて、要求元の中継サーバの接続情報を更新する。 Further, in response to the update request from the relay server, update the connection information of the requesting the relay server.
【0056】 [0056]
中継サーバ4,5は、ネットワーク機器からのログインの要求や他のネットワーク機器に対する接続要求、さらには接続後の通信終了、ログアウトなど、ネットワーク機器との接続の状態が変化すると、当該ネットワーク機器に対応する接続情報の更新をデータベースサーバ6に対して要求する。 The relay server 4 and 5, a connection request to the request and other network equipment login from the network device, and further communication end after connection, such as logout, the state of the connection to the network device is changed, corresponding to the network device requesting the update of the connection information to the database server 6. また、ネットワーク機器からの接続要求を受けたとき、接続先のネットワーク機器の接続情報をデータベースサーバ6から取得して、当該接続先のネットワーク機器が接続されている中継サーバを割り出す。 Further, when receiving the connection request from the network device obtains the connection information of the network device of the destination from the database server 6, determine the relay server network device of the connection destination is connected. このとき、その接続先のネットワーク機器の接続状態を判断し、通信が可能か否かについても判断することが可能である。 In this case, to determine the connection state of the network device of the connection destination, it is also possible to determine whether communication is possible. さらに、ネットワーク機器から接続要求を行う前に、中継サーバがデータベースサーバ6から通信可能なネットワーク機器の一覧情報を取得し、接続されているネットワーク機器に提供することも可能である。 Furthermore, before the connection request from the network device, the relay server acquires list information of a communication network capable devices from the database server 6, it is also possible to provide the connected network devices.
【0057】 [0057]
この第2の実施の形態における通信手順は、ほぼ上述の図3,図4に示された手順を実行すればよく、ここでは相違点のみについて説明する。 Communication procedures in the second embodiment, FIG. 3 generally described above, may be the steps shown in FIG. 4, it will be described here only the differences. まず、ネットワーク機器からTCP/IPコネクションが確立され、ユーザID等に基づいて認証を行う際には、中継サーバはデータベースサーバ6へ接続情報あるいはネットワーク機器の登録情報を問い合わせ、当該ネットワーク機器に対応する接続情報を取得して認証を行うことができる。 First, TCP / IP connection from the network device is established, when performing authentication based on the user ID or the like, the relay server queries the registration information of the connection information or network device to the database server 6, corresponding to the network device it can be authenticated by obtaining the connection information. あるいは中継サーバにネットワーク機器の登録情報を保持しておき、保持している登録情報に従って認証を行ってもよい。 Alternatively the relay server holds the registration information of a network device, according to the registration information held may be performed authentication. 認証後、接続を許可する場合には、接続情報の更新をデータベースサーバ6に対して要求する。 After authentication, to allow connection requests to update the connection information to the database server 6. この動作は、接続要求時に別の接続を確保する場合においても同様である。 This operation is the same also in the case of securing another connection when the connection request.
【0058】 [0058]
中継サーバに接続されているネットワーク機器から接続要求を受けた場合には、接続先の接続情報をデータベースサーバ6に対して問い合わせ、当該接続情報を取得する。 If the network devices connected to the relay server receives a connection request, querying the connection information of the connection destination to the database server 6 acquires the connection information. 取得した接続情報に従い、接続先のネットワーク機器が接続されている中継サーバを割り出すとともに、接続先のネットワーク機器が通信可能か否かを調べる。 According acquired connection information, along with determining the relay server network the connected device is connected, the network device to connect to investigate whether it is possible to communicate. 接続先のネットワーク機器が通信可能であれば、割り出した中継サーバに対して接続要求を送る。 Network equipment to connect to a communication possible, sends a connection request to the relay server indexing. 接続先のネットワーク機器が通信を承諾したら、その接続先のネットワーク機器が接続されている中継サーバ、および、接続要求元のネットワーク機器が接続されている中継サーバは、接続情報の更新をデータベースサーバ6に要求する。 After the network equipment of the destination will accept the communication, the relay server the network device of the destination is connected, and, the relay server connection request source of the network devices are connected, updates the database server connection information 6 to request to. 以後、ネットワーク機器間でデータ通信が行われる。 Thereafter, data communication between network devices is performed.
【0059】 [0059]
通信終了後、終了通知をネットワーク機器間で転送し、それぞれのネットワーク機器から接続の開放通知を受け取ると、それぞれのネットワーク機器が接続されている中継サーバでは、接続情報の更新をデータベースサーバ6に要求する。 After end of communication, to transfer end notification between network devices, when receiving a release notification of the connection from the respective network device, the relay server, each network device is connected, the request to update the connection information to the database server 6 to. また、ネットワーク機器からログアウトが通知されると、これに応じて中継サーバは接続情報の更新をデータベースサーバ6に要求する。 Furthermore, logout from the network device is notified, the relay server requests an update of the connection information to the database server 6 accordingly.
【0060】 [0060]
このようにして、ネットワーク機器と中継サーバとの接続状態が変化するたびにデータベースサーバ6に更新を要求することによって、データベースサーバ6にはすべての中継サーバにおける常に最新の接続情報が保持されることになる。 Thus, by requiring an update to the database server 6 each time the connection between the network device and the relay server is changed, always the latest connection information is retained in all the relay servers in the database server 6 become. これを複数の中継サーバで共用すれば、それぞれの中継サーバが接続情報を保持しなくても、ネットワーク機器間の通信を管理することができる。 If shared this plurality of relay servers, without the respective relay servers holds the connection information, it is possible to manage the communication between network devices.
【0061】 [0061]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上の説明から明らかなように、本発明によれば、ローカルシステム内のネットワーク装置から中継サーバへ予め接続して通信路を確保しておいて、この通信路を用いてデータの中継を行うので、インターネットからローカルシステム内のネットワーク機器へのデータ転送、あるいは異なるローカルシステム内のネットワーク装置間のデータ転送を実現することができる。 As apparent from the above description, according to the present invention, keep in advance connected from the network devices in the local system to the relay server to secure a communication path, since the relay data using this channel , it is possible to realize the data transfer between the network devices in the network data transfer to devices or different local systems, in the local system from the Internet. また、それぞれの中継サーバがネットワーク装置の接続情報を共有あるいは共用することによって、ネットワーク装置がいずれの中継サーバに接続されていても、接続先のネットワーク機器がどの中継サーバに接続されているかを意識することなく、容易にネットワーク機器間での通信を行うことができるという効果がある。 Also, by the respective relay servers share or share the connection information of the network device, whether the network devices be connected to one of the relay servers, network equipment connection destination is connected to any relay server awareness there is an effect that no easily can communicate between network devices be.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の中継サーバを含む通信システムの第1の実施の形態を示す構成図である。 1 is a configuration diagram showing a first embodiment of a communication system including a relay server of the present invention.
【図2】接続情報保持部42が保持している接続情報を含む情報の一例の説明図である。 Figure 2 is an illustration of an example of information including connection information connection information holding unit 42 holds.
【図3】本発明の中継サーバを含む通信システムの第1の実施の形態におけるログインおよびログアウト時の通信手順の一例を示すシーケンス図である。 3 is a sequence diagram showing an example of a first log in the embodiment and logout of the communication procedure of the communication system including a relay server of the present invention.
【図4】本発明の中継サーバを含む通信システムの第1の実施の形態における接続要求時の通信手順の一例を示すシーケンス図である。 Is a sequence diagram showing an example of a first communication procedure when a connection request in the embodiment of the communication system including a relay server of the present invention; FIG.
【図5】中継サーバ間の通知の転送方法の一例の説明図である。 5 is a diagram illustrating an example of a method of notifying transfer between the relay servers.
【図6】本発明の中継サーバを含む通信システムの第2の実施の形態を示す構成図である。 6 is a block diagram showing a second embodiment of a communication system including a relay server of the present invention.
【図7】一般的なインターネットを用いたシステムの一例を示す説明図である。 7 is an explanatory diagram showing an example of a system using a general Internet.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1,2…ローカルシステム、3…インターネット、4,5…中継サーバ、6…データベースサーバ、11,12,21,22…端末、13,23…ゲートウェイ、14,24…LAN、41…通信部、42…接続情報保持部、51〜54…中継サーバ。 1,2 ... local system, 3 ... Internet, 4, 5 ... relay server, 6 ... database server, 11, 12, 21, 22 ... terminal, 13, 23 ... gateway, 14, 24 ... LAN, 41 ... communication unit, 42 ... connection information holding unit, 51 to 54 ... relay server.

Claims (4)

  1. 複数のネットワーク装置とそれぞれ1以上のTCP/IPコネクションを用いて通信可能であるとともに他の中継サーバと通信可能な通信手段と、通信可能な前記ネットワーク装置の接続情報を保持する接続情報保持手段を有し、前記通信手段は、前記ネットワーク装置とTCP/IPコネクションの確立後、前記TCP/IPコネクションを維持し、前記ネットワーク装置からの要求に基づいて前記接続情報を更新するとともに、該接続情報の更新を前記他の中継サーバに通知することを特徴とする中継サーバ。 A plurality of network devices and the other relay servers capable of communicating with the communication means with can communicate with one or more TCP / IP connections, respectively, the connection information holding means for holding connection information for communicable said network device a, the communication unit after the establishment of the network device and TCP / IP connections, maintaining the TCP / IP connection, and updates the connection information based on a request from the network device, of the connection information relay server and notifies the update to the other relay server.
  2. 複数のネットワーク装置とそれぞれ1以上のTCP/IPコネクションを用いて通信可能であるとともに他の中継サーバと通信可能な通信手段と、通信可能な前記ネットワーク装置の接続情報を保持する接続情報保持手段を有し、前記通信手段は、前記他の中継サーバからの接続情報更新時の通知に基づいて前記接続情報保持手段中の前記接続情報を更新することを特徴とする中継サーバ。 A plurality of network devices and the other relay servers capable of communicating with the communication means with can communicate with one or more TCP / IP connections, respectively, the connection information holding means for holding connection information for communicable said network device a, the communication unit, the relay server and updates the connection information in the connection information storage unit based on the connection information update time of notification from the other relay servers.
  3. 複数のネットワーク装置及び複数の中継サーバがネットワークによって接続された通信システムにおいて、前記ネットワーク装置は、いずれかの前記中継サーバと1以上のTCP/IPコネクションを確立して維持し、他のネットワーク装置との接続要求を行って通信を行うものであり、中継サーバは、通信可能なネットワーク装置の接続情報を保持するとともに、前記ネットワーク装置との間で前記TCP/IPコネクションを確立後、前記ネットワーク装置からの要求に基づいて前記接続情報を更新して他の中継サーバに通知し、また他の中継サーバから送られてくる接続情報更新時の通知に基づいて前記接続情報を更新することを特徴とする通信システム。 In a communication system in which a plurality of network devices and a plurality of relay servers are connected by a network, the network device may establish and maintain one of the relay servers and one or more TCP / IP connections, and other network devices is intended to perform the communication by performing a connection request, the relay server holds the connection information of a communication network capable device, after establishing the TCP / IP connection between the network device, from said network device the updated connection information notifies the other relay server, also and updates the connection information based on the notification of incoming connection information update transmitted from another relay server based on the request Communications system.
  4. 複数のネットワーク装置及び複数の中継サーバがネットワークによって接続された通信システムにおいて、さらに前記ネットワーク装置の接続情報を保持して前記中継サーバに前記接続情報を提供するデータベースサーバを有し、前記ネットワーク装置は、いずれかの前記中継サーバと1以上のTCP/IPコネクションを確立して維持し、他のネットワーク装置との接続要求を行って通信を行うものであり、中継サーバは、前記ネットワーク装置との間で前記TCP/IPコネクションを確立後、前記ネットワーク装置からの要求に基づいて前記接続情報を更新する場合に、更新した接続情報を前記データベースサーバに保持させることを特徴とする通信システム。 In a communication system in which a plurality of network devices and a plurality of relay servers are connected by a network, having a further said database server that provides the connection information to the relay server holds the connection information of the network device, the network device establish and maintain one of the relay servers and one or more TCP / IP connection, which performs communication by performing a connection request to the other network devices, relay server, and from the network device in a communication system, wherein said after establishing a TCP / IP connection, in the case of updating the connection information based on a request from the network device, thereby holding the updated connection information to the database server.
JP2001007656A 2001-01-16 2001-01-16 Relay server and communication system Active JP4231985B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001007656A JP4231985B2 (en) 2001-01-16 2001-01-16 Relay server and communication system

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001007656A JP4231985B2 (en) 2001-01-16 2001-01-16 Relay server and communication system
US10/045,897 US7206088B2 (en) 2001-01-15 2002-01-10 Relay server, communication system and facsimile system

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2002217938A JP2002217938A (en) 2002-08-02
JP2002217938A5 JP2002217938A5 (en) 2006-10-26
JP4231985B2 true JP4231985B2 (en) 2009-03-04

Family

ID=18875378

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001007656A Active JP4231985B2 (en) 2001-01-16 2001-01-16 Relay server and communication system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4231985B2 (en)

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7206088B2 (en) 2001-01-15 2007-04-17 Murata Kikai Kabushiki Kaisha Relay server, communication system and facsimile system
US20070233844A1 (en) 2006-03-29 2007-10-04 Murata Kikai Kabushiki Kaisha Relay device and communication system
JP4935218B2 (en) * 2006-07-19 2012-05-23 株式会社ナカヨ通信機 The call control server having a calling means specified functions
EP1942634B1 (en) 2006-11-24 2012-08-29 Murata Machinery, Ltd. Relay server, relay communication system, and communication device
JP2008140254A (en) * 2006-12-04 2008-06-19 Murata Mach Ltd Communication device and relay communication system
JP4957225B2 (en) * 2006-12-11 2012-06-20 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
US8010647B2 (en) 2006-12-11 2011-08-30 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system arranged to share resources between networks
JP5125087B2 (en) * 2006-12-13 2013-01-23 村田機械株式会社 Relay server
EP1990974A3 (en) 2007-05-02 2010-03-24 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
US8606941B2 (en) 2007-05-02 2013-12-10 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
JP4645915B2 (en) 2007-12-27 2011-03-09 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP4784598B2 (en) * 2007-12-28 2011-10-05 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP4753165B2 (en) * 2007-12-28 2011-08-24 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP4947086B2 (en) * 2009-04-09 2012-06-06 村田機械株式会社 Relay communication system
JP5387300B2 (en) * 2009-09-30 2014-01-15 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP5552787B2 (en) 2009-10-02 2014-07-16 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
CN103210614B (en) 2010-11-18 2015-10-07 村田机械株式会社 The relay server and a relay communication system
JP5621639B2 (en) 2011-02-08 2014-11-12 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
JP5569697B2 (en) 2011-03-09 2014-08-13 村田機械株式会社 Relay server and a relay communication system
US9191320B2 (en) 2011-04-21 2015-11-17 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
JP2015082696A (en) * 2013-10-21 2015-04-27 株式会社オプティム Communication relay terminal, communication relay system, communication relay method, and program for communication relay terminal

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002217938A (en) 2002-08-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7984163B2 (en) Method and system for optimizing DNS queries
US9172620B2 (en) Cooperative proxy auto-discovery and connection interception
JP4276568B2 (en) Router and sip server
US6128298A (en) Internet protocol filter
US8239520B2 (en) Network service operational status monitoring
CA2383247C (en) External access to protected device on private network
EP1760971A2 (en) Processing communication flows in asymmetrically routed networks
US7305375B2 (en) Method and system for distributed remote resources
US20020174208A1 (en) Network communications management system and method
EP1175061A2 (en) Computer systems, in particular virtual private networks
ES2348260T3 (en) asynchronous data retrieval in real time.
US8117292B2 (en) Server for routing connections between the server and a client machine
US20020016926A1 (en) Method and apparatus for integrating tunneling protocols with standard routing protocols
US7356841B2 (en) Server and method for providing specific network services
EP1926285B1 (en) Relay server
US20050286452A1 (en) Method and system for bi-directional exchange of data based on user-defined policies for the selection of a preferred datalink
CN100525187C (en) Authentication method, terminal device, relay device and authentication server
US6181692B1 (en) Method and apparatus for data routing, delivery, and authentication in a packet data network
US6931016B1 (en) Virtual private network management system
US8356169B2 (en) Encryption communication system, apparatus and method for allowing direct encryption communication with a plurality of nodes
ES2464163T3 (en) System and method for secure network communication
US20070147419A1 (en) Communication network system and communication apparatus
EP1304830A2 (en) Virtual private network management
JP4957225B2 (en) Relay server and a relay communication system
US7665129B2 (en) Method and system for managing access authorization for a user in a local administrative domain when the user connects to an IP network

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060417

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060907

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20081112

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20081125

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111219

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121219

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131219

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131219

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250