JP4213050B2 - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン Download PDF

Info

Publication number
JP4213050B2
JP4213050B2 JP2004006325A JP2004006325A JP4213050B2 JP 4213050 B2 JP4213050 B2 JP 4213050B2 JP 2004006325 A JP2004006325 A JP 2004006325A JP 2004006325 A JP2004006325 A JP 2004006325A JP 4213050 B2 JP4213050 B2 JP 4213050B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
winning
flag
special
specific
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004006325A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004105768A (ja
Inventor
進 今関
憲路 岸
美紀 杉坂
Original Assignee
株式会社オリンピア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社オリンピア filed Critical 株式会社オリンピア
Priority to JP2004006325A priority Critical patent/JP4213050B2/ja
Publication of JP2004105768A publication Critical patent/JP2004105768A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4213050B2 publication Critical patent/JP4213050B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

この発明は、スロットマシン、特に、入賞判定の抽選において入賞に当選した場合には入賞フラグを成立させ、特定の入賞フラグ成立の権利については持ち越しが可能なスロットマシンに関するものである。
一般に、制御装置により回転リールの停止制御を行うスロットマシンにおいては、ストップスイッチを押した時点で所定位置に直ちに停止できる回転リールの図柄を基準図柄として、基準図柄から回転方向に5コマ移動した時の図柄までの範囲で回転リールを停止させることとしている。すなわち、この5コマの範囲内において、どこで停止させるかを制御装置によって決定するのである。
すなわち、抽選において何らかの入賞が当選したときには、その入賞に対応した図柄(入賞図柄)が極力所定位置に停止するように、それ以外の図柄が停止しないように制御を行い、前記5コマの範囲内で停止図柄を決定することとなる。従って、何らかの入賞が当選したとき、あるいは何の入賞にも当選しなかったとき(「ハズレ」のとき)には、それぞれ所定の図柄が入賞したことあるいはハズレたことを制御装置に記憶しておく必要がある。そしてその記憶結果に従って、停止させるべき図柄を5コマの範囲内で極力停止するように、停止させるべきでない図柄が極力停止しないように制御するものである。
このように、「当たり」「ハズレ」のデータを制御装置に記憶しておくメモリ部分を「入賞フラグ」という。具体的には、入賞図柄に対応したビットを、停止させるべき入賞図柄と停止させてはいけない図柄とにわけてそれぞれ設ける。停止制御では、まず、停止させてはいけない図柄を停止させないように制御をし、ついで停止させるべき図柄を停止させるような制御を行う。これらの制御は、前述したビットに記憶されているデータに基づいて行われるものであるが、この入賞図柄に対応するビットを一般に入賞フラグと呼んでいるのである。
従来、この種のスロットマシンにおいては、特定の入賞フラグ(多くの場合、ビックボーナスゲームのような特別遊技の入賞フラグ)が成立した場合、その入賞フラグ成立中に、有効入賞ライン上に入賞図柄を揃え入賞を確定させることができなくても、入賞が確定するまで入賞フラグ成立の権利が持ち越されるように形成されていた。
しかし、上記した従来のスロットマシンでは、例えばビックボーナスゲームに当選したことが判明した場合、遊技者は、数回の遊技の後にはビックボーナスゲームが開始されるのは当然のものと考え、緊張感が薄れてしまうおそれがあった。
そこで、各請求項にそれぞれ記載された各発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、次の点にある。
すなわち、請求項1乃至記載の発明は、遊技者が入賞の当選を知っても緊張感を持ち続けたまま遊技を行うことができ、入賞の確定を逃してしまった場合でも、遊技者に次のチャンスを与え、期待感を高めることができるスロットマシンを提供することを目的とする。
さらに、請求項記載の発明にあっては、上記請求項1乃至記載の発明の目的に加え、たとえ入賞フラグが成立しても、その持ち越し期間はフラグ成立時の抽選によって異なり、遊技者にさらに緊張感を与えることができるスロットマシンを提供することを目的とする。
各請求項にそれぞれ記載された各発明は、上記した各目的を達成するためになされたものであり、各発明の特徴点を図面に示した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。
なお、符号は、発明の実施の形態において用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
(請求項1)
請求項1記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項1記載の発明は、周囲に複数の図柄61を表示した回転リール40を有するリールユニット60と、前記リールユニット60の駆動を開始させるためのスタートスイッチ30と、前記リールユニット60の駆動を停止させるためのストップスイッチ50と、前記リールユニット60、前記スタートスイッチ30及び前記ストップスイッチ50を制御すると共に、一定確率で入賞か否かの入賞判定の抽選を行うための制御装置20を有し、抽選の結果、所定の入賞に当選したときには入賞フラグを成立させ、当該入賞フラグ成立中に、複数の回転リール40が停止した状態で正面側に表示される複数の図柄61が予め予定した所定の方向の有効入賞ライン上に揃ったときに入賞が確定するスロットマシンであって、遊技として、通常遊技と、特定の入賞又は抽選結果に基づいて開始し前記通常遊技よりも遊技者に有利な遊技を行わせる特別遊技とを備え、入賞として、小役入賞と、前記特別遊技を開始可能な特別入賞とを少なくとも備えるスロットマシンである。
そして、前記通常遊技中における前記特別入賞に係る特別入賞フラグの成立時の遊技において、当該特別入賞が確定しなかった場合には、当該特別入賞フラグ成立の権利について、一定の遊技期間に限り次遊技以降に持ち越しを行わせるためのフラグ持ち越し制御手段140を設け、前記一定の遊技期間及び当該期間の終了予告を遊技者に告知する報知手段150を設け、前記フラグ持ち越し制御手段140は、前記一定の遊技期間中に、前記特別入賞フラグ成立の権利を持ち越したまま入賞を確定させることができなかった場合には、当該特別入賞フラグを消滅させて他の入賞フラグを成立させることを特徴とする。
ここで、「特別入賞フラグ成立の権利の持ち越し」とは、特別入賞フラグが成立した場合には、その遊技で入賞が確定しなくても、次回以降の遊技において入賞抽選手段110の抽選結果に関わらず、特別入賞フラグが成立することである。本発明は、その特別入賞フラグ成立の権利の持ち越しに制限を加えたものである。
また、「一定の遊技期間」とは、予め定められた回数の遊技が終了するまでの期間としてもよいし、所定時間が経過するまでとしてもよい。あるいは、これら所定回数、所定時間を抽選により決定するものとしてもよい。これらの制御は、遊技制御装置21に設けられたフラグ持ち越し制御手段140が行う。
特別入賞フラグ消滅後に成立する「他の入賞フラグ」としては、メダルが払い出される小役の入賞フラグ(フラグ成立の権利の持ち越しなし)でもよいし、RBゲーム等の特別遊技の入賞フラグ(フラグ成立の権利の持ち越しあり)でもよい。他の入賞フラグの成立時期は、前記特定フラグ消滅後としてもよいし、次遊技開始時であってもよい。
なお、「一定の遊技期間」が終了するまでの残り遊技回数又は残り時間を表示装置66に表示して、遊技者に告知するようにしてもよい。
本発明によれば、特別入賞フラグが成立しても、例えば10回の遊技中に当該特別入賞を確定できない場合には、その特別入賞フラグが消滅してしまうので、遊技者には、当選の告知があったからといって安穏と遊技をしていられないという緊迫感を与えることができる。さらに、本発明によれば、特別入賞フラグ成立中に入賞確定を果たせなくても、その代わりに他の入賞フラグが成立するので、遊技者には特別入賞の埋め合わせ又は次の入賞のチャンスが与えられることとなる。
(請求項2)
請求項2記載の発明は、上記した請求項1記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、前記特別遊技として、遊技者に有利な遊技を行わせる特定遊技と、一定回数の通常遊技中に一定回数の特定遊技を行うことが可能な特定導入遊技とを設け、前記特別入賞フラグは、特定導入遊技の入賞フラグであるものとしたことを特徴とする。
本発明は、特定導入遊技、いわゆるBBゲームの入賞フラグが成立した場合には、一定期間内に入賞を確定させないと当該入賞フラグが消滅してしまうよう形成したものである。
(請求項3)
請求項3記載の発明は、上記した請求項1記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、前記特別遊技として、遊技者に有利な遊技を行わせる特定遊技を設け、前記特別入賞フラグは、特定遊技の入賞フラグであるものとしたことを特徴とする。
本発明は、特定遊技、いわゆるRBゲームの入賞フラグが成立した場合には、一定期間内に入賞を確定させないと当該入賞フラグが消滅してしまうよう形成したものである。
(請求項4)
請求項4記載の発明は、上記した請求項1又は2記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、前記特別遊技として、遊技者に有利な遊技を行わせる特定遊技を設け、前記他の入賞フラグは、特定遊技の入賞フラグであるものとしたことを特徴とする。
本発明によれば、例えばBBゲームの入賞フラグ成立中にBB入賞を果たせなくても、その代わりにRBゲームの入賞フラグが成立するので、遊技者は次の入賞のチャンスを与えられることとなる。
(請求項
請求項記載の発明は、上記した請求項1乃至のいずれか1項に記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、前記入賞フラグ成立の権利の持ち越しが行われる一定の遊技期間を、抽選により決定することとし、当該期間及び当該期間の終了予告を遊技者に告知するよう形成したことを特徴とする。
本発明は、例えば特別入賞フラグが成立時に「一定の遊技期間」の抽選を行い、その抽選結果を遊技者に告知すると共に、当該期間終了までの遊技回数又は残り時間を予告するものである。
具体的には、持ち越し期間抽選手段141の抽選により特定フラグ消滅までのリミットを
決定し、その結果を残り期間計測手段160に送出する。例えば「10ゲーム」とか「12
0秒」などである。そして、特定フラグ成立後の遊技が開始されたら、残り期間計測手段160が残り期間を計測し、その結果に基づき「残りNゲーム」、「残りM秒」のようにリミット表示部67に表示する。あるいは音声によりこれらの告知を行ってもよい。
本発明は、以上のように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。
すなわち、請求項1乃至記載の発明によれば、入賞予告等により遊技者が特定フラグの成立を知り得ても、そのフラグは一定期間経過後には消滅してしまうので、期間内に入賞を確定させようという緊張感が保たれる。また、BB入賞等については、入賞が確定せずにフラグが消滅する場合を考慮して、抽選確率を高めに設定可能となる。従って、遊技全体に対する遊技者の期待感も上昇する。
また、たとえ一定期間内に入賞確定を果たせなくても、遊技者には再度入賞のチャンスが与えられることとなるので期待感が生まれ、遊技を興味溢れるものとすることが可能なスロットマシンを提供することができる。
さらに、請求項記載の発明にあっては、入賞フラグが成立しても、その持ち越し可能な期間はフラグ成立時の抽選毎に異なるので、遊技者にさらに緊張感を与えることができる。
(図面の説明)
図1乃至図6は、本発明の実施の形態を示すものである。
図1はスロットマシンの入力、制御及び出力のブロック図、図2はスロットマシンの外観正面図及び図3乃至図5はスロットマシンの動作の概略のフローをそれぞれ示すものである。図6は、フラグ持ち越し制御の概略のフローをそれぞれ示すものである。
(スロットマシン10)
スロットマシン10は、図2に示すように、四角箱状の筐体11を有する。前記筐体11の中央部及び上部には、遊技者側に向かって臨む四角窓状の表示窓12が形成されている。そして、この中央部の表示窓12の中央には、三個の回転リール40の図柄61を見ることができる図柄表示窓13が形成されている。
スロットマシン10の内部には、図示していないが、スロットマシン10の全体の動作を制御するための制御装置20(図1参照)が内蔵されている。
(制御装置20)
上記制御装置20は、図示しないが、CPUを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備えている。ここで、CPU、ROM、RAM及びI/O等は一体化されてワンチップを構成してもよい。そして制御装置20は、主制御装置及び副制御装置とから成り、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、次の(1)及び(2)の装置を構成する。
(1)遊技制御装置21
(2)演出制御装置22
遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びストップスイッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を制御するためのものであり、主制御装置に配置される。演出制御装置22は、ランプやスピーカ等の表示装置66を制御するためのものであり、副制御装置に配置される。
なお、上記(1)及び(2)の詳細については後述する。
(入力段)
上記制御装置20の入力段には、図1に示すように、次のパーツが接続されている。
(1)投入スイッチ15
(2)ベットスイッチ16
(3)精算スイッチ17
(4)スタートスイッチ30
(5)ストップスイッチ50
なお、入力段としては、上記した(1)乃至(5)のパーツに限定されるものではない。
(投入スイッチ15)
投入スイッチ15は、図2に示すように、回転リール40の斜め下方に位置するスイッチであって、投入された遊技メダルを検知するためのものである。
(ベットスイッチ16)
ベットスイッチ16は、図2に示すように、回転リール40の下方に位置するスイッチであって、貯留メダル数を減じてメダル投入に代えるためのものである。
(精算スイッチ17)
精算スイッチ17は、図2に示すように、回転リールの斜め下方に位置するスイッチであって、貯留した投入メダルを払い出すためのものである。
(スタートスイッチ30)
スタートスイッチ30は、図2に示すように、回転リール40の斜め下方に位置するレバーであって、遊技メダルの投入若しくはベットスイッチ16の投入を条件に、または、「再遊技(Replay)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、リールユニット60の駆動を開始させるためのものである。
なお、ここで、「再遊技(Replay)」とは、入賞抽選手段110の抽選により、「再遊技
(Replay)」のフラグが成立し、「再遊技(Replay)」の図柄が有効入賞ライン上に揃うことにより、次の遊技において、遊技メダルを新たに投入することなく、再度、遊技を行うことができるものである。
(ストップスイッチ50)
ストップスイッチ50は、リールユニット60の駆動を停止させるためのものである。具体的には、ストップスイッチ50は、図2に示すように、各回転リール40に対応した三個のスイッチから構成され、各回転リール40の下方に1個ずつ配置されているものである。回転リール40に対応したストップスイッチ50の操作により、当該対応した回転リール40が回転を停止するように設定されているものである。
(出力段)
前記制御装置20の出力段には、図1に示すように、次のパーツが接続されている。
(1)リールユニット60
(2)ホッパーユニット65
(3)表示装置66(ランプ及びスピーカ)
(4)リミット表示部67
なお、出力段としては、上記した(1)乃至(4)のパーツに限定されるものではない。
(リールユニット60)
リールユニット60は、特に図示しないが枠体に固定或いは支持された三個のモータと、各々のモータの出力軸に固定された三個の回転リール40とから構成されている。そして、各回転リール40は、合成樹脂からなる回転ドラムと、この回転ドラムの周囲に貼付されるテープ状のリールテープ42とを備えている。このリールテープ42の外周面には、複数個(例えば21個)の図柄61が表示されている。
(ホッパーユニット65)
ホッパーユニット65は、図示しないが、遊技の結果に基づいて、遊技者にメダルを払い出すためのものである。
(表示装置66)
表示装置66は、スピーカや表示ランプ等であって、遊技者に入賞等を報知させるためのものである。具体的には、演出制御装置22の制御により、入賞時にスピーカから入賞音を発生させ、表示ランプを点灯又は点滅させ、又は画像を表示させることにより、遊技者に入賞等を報知するためのものである。
(リミット表示部67)
リミット表示部67は、特定フラグ成立の権利持ち越しが可能な一定の遊技期間及びその残り期間を表示するためのものである。具体的には、残り期間計測手段160の計測結果に基づき、特定フラグ消滅までの残り期間を、ランプ、液晶、LED等により表示するものである。
(遊技制御装置21)
次に、遊技制御装置21について詳述する。
遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びストップスイッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を制御するためのものである。そして、この遊技制御装置21は、次の(1)乃至(4)の手段として機能する。
(1)通常遊技制御手段70
(2)特別遊技制御手段80
(3)入賞抽選手段110
(4)フラグ持ち越し制御手段140
遊技制御装置21としては、上記した(1)乃至(4)の手段に限定されるものではなく、他の手段を含んでいても良い。
(通常遊技制御手段70)
通常遊技制御手段70は、通常遊技を行わせるためのものである。
すなわち、メダルの投入若しくはベットスイッチ16の投入を条件に、または、「再遊技(Replay)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、スタートスイッチ30を操作すると、リールユニット60が駆動され、三個の回転リール40が回転を開始する。
その後、ストップスイッチ50の一個を操作すると、当該対応する回転リール40の回転が停止する。
そして、ストップスイッチ50を三個全て操作し終わると、三個の回転リール40の回転が全て停止する。このとき、表示窓12の有効入賞ライン上に、予め設定された図柄61が停止すると、ホッパーユニット65を介して所定枚数のメダルが払い出される。なお、メダルを払い出す代わりに、クレジットしても良い。
入賞には、遊技メダルの払い出しを伴い、遊技者に利益を付与する小役入賞と、この小役入賞よりもさらに大きな利益を遊技者に付与する特別入賞と、遊技メダルの払い出しは無いが、遊技メダルを新たに投入することなく再度の遊技を行うことができる「再遊技(Replay)」とを備えている。
入賞抽選手段110の抽選結果がいずれかの入賞となった場合、その入賞に対応した入賞
フラグが成立する。そして、抽選結果が特別入賞である場合に、特別入賞フラグが成立し、この特別入賞フラグ成立中に、リールユニット60の回転リール40の停止図柄61の組み合わせが、予め定められた所定の特別入賞図柄61(例えば、有効入賞ライン上に「7」が三個揃うもの)と一致したことを条件に入賞が確定し、遊技者に有利な特別遊技を行わせるように形成されている。一方、抽選により特別入賞フラグが成立したが、回転リール40の停止図柄61の組み合わせが特別入賞図柄61と一致していない場合には、それ以後の遊技に特別入賞フラグ成立の権利が持ち越されるように設定されている。しかし、小役の入賞フラグは、入賞フラグが成立した遊技で入賞を確定させられない場合、入賞フラグ成立の権利の次の遊技への持ち越しはない。
なお、前記特別入賞フラグ成立の権利の持ち越しは、無制限に行われるのではなく、フラグ持ち越し制御手段140の制御により一定条件の下で行われるものであるが、この詳細については後述する。
また、いずれかの入賞フラグが成立中に、対応する入賞図柄61を有効入賞ライン上に揃えることができるか否かは、回転リール40の回転速度が一定の場合、ストップスイッチ50のタイミングによるものである。具体的には、ストップスイッチ50を操作した後、190ms以内に回転リール40が停止するように設定されているため、ストップスイッチ50を操作した後、そのまま停止させるか、或いは190ms以内に停止可能な回転リール40の円周上の引き込み可能図柄61、例えば停止図柄から連続する4個の引き込み可能図柄61の中に、対応する入賞図柄61が含まれているような場合には、停止するまでの時間を遅らせて、回転リール40は有効入賞ライン上にその入賞図柄61を引き込んで停止する。一方、かかる4個の引き込み可能図柄61の中に、対応する入賞図柄61が含まれていないような場合には、有効入賞ライン上にその入賞図柄61を引き込んで停止することができない。
(特別遊技制御手段80)
特別遊技制御手段80は、抽選手段の抽選結果に基づいて、遊技者に有利な特別遊技を行わせるためのものである。
上記特別遊技としては、大別すると、次のゲームがある。
(1)特定導入遊技(BBゲーム)
(2)特定遊技(RBゲーム)
(3)特定入賞遊技(JACゲーム)
(4)高確率遊技
(5)チャレンジタイム遊技
特定遊技、例えばRBゲームは、特定導入遊技、例えばBBゲーム中に行われる場合と、BBゲーム中でないときにも単独で行われる場合がある。また、上記特定入賞遊技、いわゆるJACゲームは、RBゲーム中に行われるものである。なお、特別遊技としては、上記した(1)乃至(5)の遊技に限定されるものではない。
特別遊技制御手段80は、図1に示すように、大別すると、次の手段を備える。
(1)特定導入遊技制御手段91(BBゲーム制御手段90)
(2)特定遊技制御手段101(RBゲーム制御手段100)
(3)高確率遊技制御手段120
(4)チャレンジタイム遊技制御手段130
(特定導入遊技制御手段91)
特定導入遊技制御手段91は、BBゲームを制御するためのものである。
具体的には、通常遊技において、図示しないが、例えば「7」等の図柄61が有効入賞ライン上に三個揃うと、ホッパーユニット65を介して、例えば15枚のメダルが払い出される。このとき、BBゲームが開始される。
BBゲームに移行すると、通常遊技と同様に最大3枚のメダルの投入によって開始され、3つの回転リールの回転を各々停止させた際に、有効入賞ライン上に入賞図柄が揃っているか否かによって、メダルの払い出しが行われるものである。
したがって、BBゲーム中では、通常遊技と同様に小役を含めた抽選が毎回行われるものである。ただ、このBBゲーム中にRBゲームに移行するための特定入賞図柄が有効入賞ライン上に揃った場合には、その後RBゲームに移行するものである。
なお、通常、BBゲーム中はRBゲームへの移行が、例えば最大3回行われることになっているために、1回目のRBゲームが終了した後は、また前述したような通常遊技と同様な抽選及び制御が行われるものである。
そして、BBゲームでは、BBゲーム中のRBゲームが所定の最大回数、例えば3回か、或いはBBゲーム中の通常遊技が所定の最大回数、例えば最大30回の終了により、BBゲームは終了するものである。
(特定遊技制御手段101)
特定遊技制御手段101は、RBゲームを制御するためのものである。
具体的には、RBゲームに移行すると、メダルが1枚投入となり、回転リール40の所定の図柄61が表示窓12のセンターライン上に揃った場合に入賞確定となる特定入賞遊技が行われるものである。そして、RBゲームでは、入賞するか否かの特定入賞遊技が最大12回行えるものであり、そのうち、最大8回の入賞確定が可能である。すなわち、最大8回の入賞が確定するか、或いは最大12回の特定入賞遊技の終了により、RBゲームは終了するものである。
(高確率遊技制御手段120)
高確率遊技制御手段120は、高確率テーブルによる遊技に移行させるためのものである。
入賞抽選手段110は、通常の遊技時は低確率テーブルを用いて抽選を行っている。そして、高確率遊技に移行するための特定の入賞が確定することにより、又は一定期間内における投入メダルと払い出しメダルの差枚数(獲得メダル)が所定枚数以下になることにより、あるいは、特定フラグが消滅することにより高確率遊技が開始される。
高確率テーブルとは、例えば、小役入賞の抽選確率を通常テーブルに比して高く設定してあると共に再遊技及びハズレの抽選確率を通常テーブルよりも低く設定してあるもの等であって、通常テーブルを用いて抽選したときよりも遊技者にとって利益が大きくなるように形成されているものである。
高確率遊技の期間は、例えば30回の高確率遊技の終了又は獲得メダル200枚超過により終了する。高確率遊技の期間が終了すると、低確率テーブルに移行して通常遊技が行われる。
(チャレンジタイム遊技制御手段130)
チャレンジタイム遊技制御手段130は、入賞抽選手段110のチャレンジタイムに移行するか否かの抽選結果に基づいて、小役入賞の図柄についての停止制御を中止可能とするためのものである。
具体的には、チャレンジタイム遊技は、特定の図柄(BBゲーム、RBゲーム、再遊技の入賞図柄)以外の図柄の蹴飛ばし設定や引き込み設定を行わないものである。そして、入賞抽選手段110の抽選により上記特定の図柄が当選したときには、その図柄の引き込み設定を行うと共に他のすべての図柄の蹴飛ばし設定を行う。一方、上記特定の図柄が当選しなかった場合には、当該特定の図柄の蹴飛ばし設定が行われるものである。すなわち、入賞抽選手段110の抽選の結果が、小役入賞当選や「ハズレ」となった場合には、ストップスイッチ50を押すタイミングのみで回転リール40を停止させることが可能となる。そのため、目押しの技量に優れた遊技者にとっては、入賞によりメダルを獲得するチャンスが増すこととなる。
チャレンジタイム遊技に移行するか否かの抽選は、入賞抽選手段110がBBゲーム入賞時に行う。そしてこの抽選に当選した場合には、BBゲーム終了後にチャレンジタイム遊技が開始され、チャレンジタイムに移行する。あるいは、BBゲーム又はRBゲームの入賞フラグ成立中に入賞確定を果たせず、当該フラグ消滅後にチャレンジタイムに移行するようにしてもよい。
そして、チャレンジタイム遊技中にBBゲームに当選した場合、獲得メダル数(払い出し枚数と投入枚数との差枚数)が例えば200枚を越えた場合、遊技回数が例えば150回を越えた場合、のいずれかに該当した場合には、チャレンジタイムは終了する。
(入賞抽選手段110)
入賞抽選手段110は、予め定めた抽選確率に基づいて入賞か否かの入賞判定の抽選を行うものである。そして、入賞抽選手段110による抽選結果が入賞である場合に入賞フラグが成立し、この入賞フラグ成立中に、回転リール40の停止図柄の組み合わせが予め定められた入賞図柄と一致したことを条件に入賞が確定し、遊技者にメダルの払い出しや、特別遊技等の利益が付与されるように設定されている。
上記入賞抽選手段110は、図1に示すように、大別すると、次の手段を備える。
(1)乱数発生手段111
(2)乱数抽出手段112
(3)入賞判定テーブル113
(4)判定手段114
なお、入賞抽選手段110としては、上記した(1)乃至(4)に限定されるものではない。
(乱数発生手段111)
乱数発生手段111は、入賞抽選用の乱数を所定の領域内(例えば十進数で0〜65535)で発生させるものである。
(乱数抽出手段112)
乱数抽出手段112は、乱数発生手段111が発生する乱数を、所定の条件(例えば、スタートスイッチ30の操作)で抽出するものである。なお、この抽出した乱数を抽出乱数データとする。
なおここで、「乱数発生手段」としては、ソフト乱数としての平均採中法等で乱数を発生させることができるものの他に、一定範囲の数字を高速で1づつ加算するカウンタを用いて構成することもできる。例えば、0〜16383の範囲の数字を、1秒間に700万回程度順次繰り返すようにしたカウンタが考えられる。そして、「乱数抽出手段」としては、スタートスイッチを押したタイミングでカウンタの数字を読みとることなる。
このように形成すると、「乱数発生手段」では乱数を発生しているわけではないものの、「乱数抽出手段」によって抽出される数字は、あたかも乱数のような分布となる。このように、結果として乱数のような分布を示す数字が得られる手段を、ここでは「乱数発生手段」あるいは「乱数抽出手段」に含めて考えるものとする。
(入賞判定テーブル113)
入賞判定テーブル113は、乱数発生手段111がとる乱数の全領域中、各入賞項目の入賞領域を有するものである。この入賞判定テーブル113としては、各入賞の確率の異なる複数のテーブルを設けてもよい。
(判定手段114)
判定手段114は、乱数抽出手段112が抽出した抽出乱数データと、入賞判定テーブル113の抽選確率データを基に、乱数発生手段111がとる乱数の全領域中の各入賞項目の入賞領域からなる入賞判定領域データとを照合し、当該抽出乱数データが属する入賞領域に対応する入賞を決定するものである。
(スロットマシン10の動作)
次に、上記構成を備えたスロットマシンの動作の概略について、図3乃至図5に示したフローを用いて説明する。
先ず、図3に示すステップ100において、スタートスイッチ30が操作されることにより、スタートスイッチ30がONとなる。そして、次のステップ101に進む。
ステップ101において、入賞抽選手段110により抽選処理が行われる。そして、次の
ステップ102に進む。
ステップ102において、回転リール40の回転が開始する。そして、次のステップ103に進む。
ステップ103において、ストップスイッチ50が操作されることにより、ストップスイッチ50がONとなる。そして、次のステップ104に進む。
ステップ104において、回転リール40の回転停止処理が行われる。そして、次のステップ105に進む。
ステップ105において、三個の回転リール40に対応するストップスイッチ50の操作が行われたか否かが判定される。そして、三個の回転リール40に対応するストップスイッチ50の操作が行われたと判定された場合、次のステップ106に進む。
ステップ106において、入賞フラグ成立中に当該入賞フラグに対応する入賞図柄が有効入賞ライン上に揃ったか否か、すなわち、入賞が確定したか否かが判定される。そして、入賞が確定したと判定された場合、次のステップ107に進む。
ステップ107において、入賞図柄に相当するメダルが払い出される。そして、遊技が終了する。
前記ステップ105において、三個の回転リール40に対応するストップスイッチ50の操作が行われていないと判定された場合、ステップ103に戻る。
前記ステップ106において、入賞が確定していないと判定された場合、ステップ107を飛び越して、遊技が終了する。
上述したステップ101の抽選処理について、図4のフローを用いて説明する。
ステップ200において、入賞抽選手段110の乱数発生手段111により発生された乱数の中から乱数抽出手段112により乱数が抽出される。そして、次のステップ201に進む。
ステップ201において、抽出された乱数が乱数抽出手段112の内部に記憶される。そして、次のステップ202に進む。
ステップ202において、判定手段114により、抽出された乱数と、入賞判定テーブル113の入賞判定領域データとの比較が行われる。そして、次のステップ203に進む。
ステップ203において、判定手段114により、抽出された乱数が、入賞判定テーブル113のどの入賞領域に含まれるか決定され、抽選処理の評価が決定される。そして、次のステップ204に進む。
ステップ204において、所定の図柄の蹴飛ばしと、所定図柄の引き込みとが設定される。そして、抽選処理が終了する。
上述したステップ104の回転リール40の回転停止処理について、図5を用いて説明する。
ステップ300において、所定の図柄に対して、蹴飛ばしの設定が達成されたか否かが判定される。そして、所定の図柄の蹴飛ばしの設定が達成されていないと判定された場合、次のステップ301に進む。
ステップ301において、1個の図柄分だけ、回転リール40を回転させる。すなわち、1個の図柄分だけ蹴飛ばしを行う。そして、次のステップ302に進む。
ステップ302において、上述した1個の図柄分だけ回転リール40を回転させた当該図柄の数がストップスイッチ50の操作後の4個目に該当するか否かが判定される。そして、ストップスイッチ50を操作した後、1図柄ずつ回転リール40を回転させてずらした図柄の数が4個目の場合には、次のステップ303に進む。
ステップ303において、回転リール40の回転を停止させる。これにより、メダル投入から回転リール40の回転停止までのスロットマシン10の動作が終了する。
前記ステップ300において、所定の図柄の蹴飛ばしの設定が達成されていると判定された場合、次のステップ304に進む。
ステップ304において、いずれかの図柄に対して引き込みが設定されているか否かが判定される。そして、いずれかの図柄に対して引き込みが設定されていると判定された場合、次のステップ305に進む。
ステップ305において、引き込み設定が達成されたか否かが判定される。そして、引き込み設定が達成されたと判定された場合、次のステップ303に進む。
前記ステップ304において、いずれの図柄に対しても引き込みが設定されていないと判定された場合、ステップ303に進む。
前記ステップ305において、引き込み設定が達成されていないと判定された場合、ステップ301に進む。
前記ステップ302において、ストップスイッチ50を操作した後、1図柄ずつ回転リール40を回転させてずらした図柄の数が4個目でない場合には、ステップ300に戻る。
なお、上述した実施の形態において、回転リール40の停止処理に関してステップ301乃至ステップ305で説明しているが、この例は、いわゆる最小引き込み停止制御の例であり、逆に最大引き込み停止制御としても良い。更には、例えば、ストップスイッチ50を押すタイミングで予め定めたテーブルに従って回転リール40の停止位置を決定する、いわゆるテーブル停止制御の方法によるものでも良いものである。このテーブル停止制御は、入賞フラグ成立の有無や、入賞フラグ成立中の入賞図柄に基づいた複数のテーブルを有し、この複数のテーブルから適宜、遊技状況に応じたテーブルが選択されるものである。
また、テーブル停止制御においても、入賞フラグが成立しているときには、その入賞フラグに対応する図柄が有効入賞ライン上に揃うように、予めテーブルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる引き込み設定の一種を備えているものである。また、入賞フラグが成立していないときには、他の入賞図柄が有効入賞ライン上に揃わないように、予めテーブルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる蹴飛ばし設定の一種を備えているものである。
(フラグ持ち越し制御手段140)
次に、フラグ持ち越し制御手段140について詳述する。
フラグ持ち越し制御手段140は、特定フラグが成立したときに、一定期間フラグ成立の権利の持ち越しを行うためのものである。このフラグ持ち越し制御手段140は、図1に示すように、持ち越し期間抽選手段141を有している。
持ち越し期間抽選手段141は、入賞抽選手段110の抽選結果が特定の入賞、例えばBB入賞となった場合には、その特定フラグ成立の権利を持ち越し可能な一定の遊技期間を抽選により決定するとともに、その決定結果を演出制御装置22に送信するためのものである。
具体的には、持ち越し期間抽選手段141は複数の期間データを有しており、特定フラグが成立すると、それらのデータの中から抽選で一のデータを決定する。期間データとしては、例えば複数の遊技回数データ(5回、10回、15回)、複数の時間データ(30秒、60秒、120秒)などであり、いずれかのカテゴリのみとしてもよいし、双方のカテゴリを含むものとしてもよい。そして、期間データが決定されたら、演出制御装置22の報知手段150及び残り期間計測手段160にそのデータを送信する。
フラグ持ち越し制御手段140は、入賞抽選手段110から特定の入賞当選の信号を受信して作動を開始する。そして、特定フラグ成立時の遊技において入賞が確定しなかった場合には、次遊技においても特定フラグが成立するように制御する。その遊技においても入賞が確定しなかった場合には、その次遊技においても特定フラグが成立するように制御する。ただし持ち越し期間抽選手段141の決定した期間(例えば遊技回数10回)を経過すると、特定フラグを消滅させる。すなわち、上述の例によれば、特定フラグ成立後11回目の遊技については、入賞抽選手段110の抽選結果に基づき、入賞又はハズレの決定がされるのである。
さらに、フラグ持ち越し制御手段140は、特定フラグ消滅後に、他の入賞フラグを成立させる。例えば、BBフラグ消滅後に、RBフラグや小役入賞のフラグを成立させたり、RBフラグ消滅後に、チャレンジタイム遊技の入賞フラグや小役入賞のフラグを成立させたりするものである。特に、RBフラグ消滅後にチャレンジタイム遊技の入賞フラグを成立させるようにすると、目押しの技量の優れた上級者にとっては、RB入賞をわざと外してチャレンジタイムに突入させメダル獲得を狙うという新たなゲーム性を生み出すことができる。
次に、フラグ持ち越し制御手段140の行う特定フラグ成立の権利持ち越し制御の概略を、図6のフローを用いて説明する。なお、図中Gは遊技回数を表し、kは持ち越し期間抽選手段141が抽選により決定した期間データであって、フラグ持ち越しのリミットを表すものである。
まず、図6に示すステップ500において、BBフラグを成立させる。そして、次のステップ501に進む。
ステップ501において、遊技回数をn回とする。例えば、BBフラグが成立した時の遊技の場合はG=1とする。そして、次のステップ502に進む。
ステップ502において、BB入賞が確定したかどうかを判断する。その結果、入賞確定でない場合には、次のステップ503に進む。一方、入賞確定の場合はステップ507に進む。
ステップ503において、当該入賞の確定しなかった遊技の遊技回数がフラグ持ち越しのリミット回数に当たるかどうかを判断する。その結果、G=kの場合、すなわちその遊技がフラグ持ち越しのリミット回数に当たる場合には、次のステップ505に進む。
ステップ505において、BBフラグを消滅させる。そして、次のステップ506に進む。
ステップ506において、RBフラグを成立させる。このとき、演出制御装置に22にRBフラグ成立信号を送出し、演出制御装置22の報知手段150にその旨を報知させてもよい。そして、フラグ持ち越し制御手段140は作動を停止する。
前記ステップ502において、BB入賞確定の場合は次のステップ507に進む。ステップ507において、BBフラグを消滅させる。そして、そして、フラグ持ち越し制御手段140は作動を停止する。
なお、本実施の形態においては、フラグ持ち越し可能な特定遊技はBBゲームとしてあるが、RBゲームその他の特別遊技としてもよい。また、特定フラグ消滅後に成立する他の入賞フラグはRBフラグとしてあるが、その他の特別遊技の入賞フラグとしてもよいし、払い出し小役の入賞フラグとしてもよい。
さらに、本実施の形態では、フラグ持ち越し可能な一定の遊技期間は遊技回数によるものとなっているが、フラグ持ち越し制御手段140にタイマーを設け、図6におけるGを経過時間(秒)とし、持ち越し期間抽選手段141が抽選により決定した所定時間が経過したらフラグを消滅させるように制御してもよい。
(演出制御装置22)
次に、演出制御装置22について説明する。
演出制御装置22は、副制御装置に配置されており、主制御装置に配置された遊技制御装置21からの種々の信号に基づき、遊技の進行状況に合わせて音声を発したり表示ランプの点滅を行うなど、遊技に付随する演出を制御するためのものである。
具体的には、演出制御装置22は(1)及び(2)の手段を有する。
(1)報知手段150
(2)残り期間計測手段160
なお、演出制御装置22としては、上記手段に限られず、他の手段を有していてもよい。
(報知手段150)
報知手段150は、遊技に付随する演出として、入賞の当選告知や入賞の報知を行うのためのものである。例えばBBゲームの当選をランプの点滅等により告知し、入賞確定時の報知音やBBゲーム中のボーナスサウンドをスピーカから出力したりするとともに、特定フラグ消滅までの残り期間を表示し、報知するものである。
具体的には、遊技制御装置21からのBB当選信号、BB入賞信号を受信して、所定の音声又はランプ等による演出を行い、残り期間の報知を行う。すなわち、持ち越し期間抽選手段141の決定信号を受信して、特定フラグ成立の権利を持ち越し可能な一定期間を表示すると共に、残り期間計測手段160からの信号を受信して、フラグ消滅までの残り期間をリミット表示部67に表示させる。このとき「あと3ゲーム!」などの音声をスピーカから出力させてもよい。また、フラグ持ち越し制御手段140により、特定フラグ消滅後に他のフラグ、例えばRBフラグが成立した場合には、その旨を表示又は音声出力させてもよい。
(残り期間計測手段160)
残り期間計測手段160は、持ち越し期間抽選手段141の決定に基づいて、特定フラグを消滅させるまでの残り期間を計測するとともに、その計測結果を報知手段150に送信するためのものである。
具体的には、残り期間計測手段160は、持ち越し期間抽選手段141が有する期間データに対応する演出データを有しており、持ち越し期間抽選手段141の抽選結果に基づき該当する期間データを選択する。このデータは報知手段150に送信され、リミット表示部67に表示され、あるいは音声により報知される。そして、遊技制御装置21からの、スタートスイッチ30等のスイッチ操作信号に基づき遊技回数をカウントし、そのカウント値と持ち越し期間抽選手段141の決定した期間との差回数を計測する。その数値は順次報知手段150に送信され、リミット表示部67に表示される。カウント値が持ち越し期間抽選手段141の決定した期間と一致した場合には、残り期間はゼロとなり、残り期間計測手段160は作動を停止する。
あるいは、残り期間計測手段160にタイマーを設け、特定フラグ成立後、持ち越し期間抽選手段141の決定した時間(例えば30秒)までの残り時間をカウントダウンするように形成してもよい。
本発明の実施の形態であって、スロットマシンの入力、制御及び出力を示すブロック図である。 本発明の実施の形態であって、スロットマシンを示す外観正面図である。 本発明の実施の形態であって、スロットマシンの動作の概略を示すフローである。 本発明の実施の形態であって、スロットマシンの動作のうち、抽選処理の概略を示すフローである。 本発明の実施の形態であって、スロットマシンの動作のうち、回転リールの回転停止処理の概略を示すフローである。 本発明の実施の形態であって、フラグ持ち越し制御の概略を示すフローである。
符号の説明
10 スロットマシン 11 筺体
12 表示窓 13 図柄表示窓
15 投入スイッチ 16 ベットスイッチ
17 精算スイッチ 20 制御装置
21 遊技制御装置 22 演出制御装置
30 スタートスイッチ 40 回転リール
42 リールテープ 50 ストップスイッチ
60 リールユニット 65 ホッパーユニット
66 表示装置 70 通常遊技制御手段
80 特別遊技制御手段 91 特定導入遊技制御手段
101 特定遊技制御手段 110 入賞抽選手段
111 乱数発生手段 112 乱数抽出手段
113 入賞判定テーブル 114 判定手段
120 高確率遊技制御手段 130 チャレンジタイム遊技制御手段
140 フラグ持ち越し制御手段 150 報知手段
160 残り期間計測手段

Claims (5)

  1. 周囲に複数の図柄を表示した回転リールを有するリールユニットと、
    前記リールユニットの駆動を開始させるためのスタートスイッチと、
    前記リールユニットの駆動を停止させるためのストップスイッチと、
    前記リールユニット、前記スタートスイッチ及び前記ストップスイッチを制御すると共に、一定確率で入賞か否かの入賞判定の抽選を行うための制御装置を有し、
    入賞判定の抽選の結果、所定の入賞に当選したときには入賞フラグを成立させ、
    当該入賞フラグ成立中に、複数の回転リールが停止した状態で正面側に表示される複数の図柄が予め予定した所定の方向の有効入賞ライン上に揃ったときに入賞が確定するスロットマシンであって、
    遊技として、通常遊技と、特定の入賞又は抽選結果に基づいて開始し前記通常遊技よりも遊技者に有利な遊技を行わせる特別遊技とを備え、
    入賞として、小役入賞と、前記特別遊技を開始可能な特別入賞とを少なくとも備えるスロットマシンにおいて、
    前記通常遊技中における前記特別入賞に係る特別入賞フラグの成立時の遊技において、当該特別入賞が確定しなかった場合には、当該特別入賞フラグ成立の権利について、一定の遊技期間に限り次遊技以降に持ち越しを行わせるためのフラグ持ち越し制御手段を設け、
    前記一定の遊技期間及び当該期間の終了予告を遊技者に告知する報知手段を設け、
    前記フラグ持ち越し制御手段は、前記一定の遊技期間中に、前記特別入賞フラグ成立の権利を持ち越したまま入賞を確定させることができなかった場合には、当該特別入賞フラグを消滅させて他の入賞フラグを成立させることを特徴とするスロットマシン。
  2. 前記特別遊技として、遊技者に有利な遊技を行わせる特定遊技と、一定回数の通常遊技中に一定回数の特定遊技を行うことが可能な特定導入遊技とを設け、
    前記特別入賞フラグは、特定導入遊技の入賞フラグであるものとした請求項1記載のスロットマシン。
  3. 前記特別遊技として、遊技者に有利な遊技を行わせる特定遊技を設け、
    前記特別入賞フラグは、特定遊技の入賞フラグであるものとした請求項1記載のスロットマシン。
  4. 前記特別遊技として、遊技者に有利な遊技を行わせる特定遊技を設け、
    前記他の入賞フラグは、特定遊技の入賞フラグであるものとした請求項1又は2記載のスロットマシン。
  5. 前記特別入賞フラグ成立の権利の持ち越しが行われる一定の遊技期間を、抽選により決定することとし、
    当該期間及び当該期間の終了予告を遊技者に告知するよう形成したことを特徴とする請求項1乃至のいずれか1項に記載のスロットマシン。
JP2004006325A 2004-01-14 2004-01-14 スロットマシン Expired - Fee Related JP4213050B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004006325A JP4213050B2 (ja) 2004-01-14 2004-01-14 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004006325A JP4213050B2 (ja) 2004-01-14 2004-01-14 スロットマシン

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000246116A Division JP3711000B2 (ja) 2000-08-15 2000-08-15 スロットマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004105768A JP2004105768A (ja) 2004-04-08
JP4213050B2 true JP4213050B2 (ja) 2009-01-21

Family

ID=32291383

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004006325A Expired - Fee Related JP4213050B2 (ja) 2004-01-14 2004-01-14 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4213050B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009050342A (ja) * 2007-08-24 2009-03-12 Olympia:Kk スロットマシン

Also Published As

Publication number Publication date
JP2004105768A (ja) 2004-04-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3718417B2 (ja) 遊技機
JP4213145B2 (ja) 遊技機
JP2009066279A (ja) 遊技機
JP2002095793A (ja) 遊技機
JP4040820B2 (ja) スロットマシン
JP2007050014A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP3711000B2 (ja) スロットマシン
JP3751234B2 (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2001137425A (ja) スロットマシン
JP4590374B2 (ja) 遊技機
JP4203429B2 (ja) 遊技機
JP4282870B2 (ja) 遊技機
JP2001238999A (ja) 遊技機
JP4426991B2 (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び、遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP4213050B2 (ja) スロットマシン
JP3993165B2 (ja) 遊技機
JP2001112917A (ja) スロットマシン
JP4327860B2 (ja) 遊技機
JP3711019B2 (ja) 遊技機
JP4213144B2 (ja) 遊技機
JP4313769B2 (ja) 遊技機
JP3995847B2 (ja) スロットマシン
JP4057210B2 (ja) スロットマシン
JP4037030B2 (ja) スロットマシン
JP4318624B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040115

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070927

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071122

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20081023

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20081029

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111107

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111107

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121107

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121107

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131107

Year of fee payment: 5

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees