JP4204648B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP4204648B2
JP4204648B2 JP04109396A JP4109396A JP4204648B2 JP 4204648 B2 JP4204648 B2 JP 4204648B2 JP 04109396 A JP04109396 A JP 04109396A JP 4109396 A JP4109396 A JP 4109396A JP 4204648 B2 JP4204648 B2 JP 4204648B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
variable display
display
symbols
control
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP04109396A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09225098A (ja
Inventor
詔八 鵜川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sankyo Co Ltd
Original Assignee
Sankyo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Co Ltd filed Critical Sankyo Co Ltd
Priority to JP04109396A priority Critical patent/JP4204648B2/ja
Publication of JPH09225098A publication Critical patent/JPH09225098A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4204648B2 publication Critical patent/JP4204648B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、たとえばパチンコ遊技機やコイン遊技機あるいはスロットマシン等で代表される遊技機に関し、詳しくは、複数種類の識別情報を可変表示可能な可変表示装置を有し、該可変表示装置の表示結果が予め定められた特定の表示結果になった場合に、遊技者に有利な状態に制御可能な遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】
この種の従来の遊技機において、従来から一般的に知られているものに、たとえば、図柄等からなる複数種類の識別情報を可変表示可能な可変表示部を複数有する可変表示装置が設けられ、その複数の可変表示部が可変開始された後たとえば時期を異ならせて停止制御され、停止時の表示結果が予め定められた特定の識別情報の組合せ等からなる特定の表示結果(たとえば777)になった場合に、遊技者に有利な状態に制御可能となるように構成されたものがあった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
一方、この種の従来の遊技機においては、たとえば、前記複数の可変表示部の一部がまだ可変表示中において既に表示結果が導出表示されている可変表示部の表示結果が、前記特定の表示結果となる条件を満たしているいわゆるリーチ表示状態が成立する場合がある。その場合に、そのリーチ表示されている図柄(リーチ図柄)と同じ種類の図柄が前記可変表示中の可変表示部により表示された瞬間遊技者がそれを認識できれば、遊技者は、そのリーチ図柄が停止表示されることを望み、前記特定の表示態様となる期待感を抱く。すなわち、たとえば、リーチ状態等のように、可変表示中の可変表示装置により前記特定の表示結果が表示結果として表示される可能性がまだ残っている場合には、その可変表示中の可変表示部の可変表示状態に遊技者の注目が集まり、遊技者が前記特定の表示結果成立への期待感をもってその可変表示中の可変表示状態に興味を持ちながら視認する状態となる。
【0004】
ところが、従来の遊技機においては、可変表示中の前記可変表示装置により前記特定の表示結果が表示される可能性がまだ残っている場合であっても、可変表示中の可変表示部の可変表示状態が通常どおり可変表示するだけのものであり、何ら特別な変化のある可変表示が行なわれないために、遊技者は、可変表示中のどの識別情報が表示結果として表示されるのか全く予測できなかった。このため、遊技者は、可変表示態様に対して単に漠然とした期待感を持つだけであるので、従来の遊技機では、それ以上の期待感および遊技の面白みを可変表示中において遊技者に与えることができなかった。
【0005】
本発明は、かかる実情に鑑み考え出されたものであり、その目的は、可変表示装置の可変表示中において、表示結果として導出表示される可能性がある識別情報と、その可能性がない識別情報とを視覚的に容易に判別可能にし、その結果として、可変表示中における遊技者の興趣を向上させることである。
【0006】
【課題を解決するための手段】
請求項1に記載の本発明は、複数種類の図柄を所定順序で配列した配列データに基づいて種類識別画像と所定のキャラクタの画像とが一体として構成された複数種類の図柄を可変表示可能な左可変表示部と中可変表示部と右可変表示部との複数の可変表示部を有する可変表示装置を含み、各可変表示部の表示結果として導出表示された各々の図柄に含まれる種類識別画像の組合わせが予め定められた特定の組合せになったときに、遊技者に有利な状態に制御可能な遊技機であって、
前記複数の可変表示部の各々の表示結果としての図柄を決定する第1のCPUより成る表示結果決定手段と、
前記複数の可変表示部において前記複数種類の図柄を前記配列データに基づく図柄ポジション数の順序で巡回させる可変表示を開始させた後、前記表示結果決定手段により決定された図柄を表示結果として導出表示させる制御を行なう第2のCPUより成る可変表示制御手段と、
前記可変表示装置においてリーチ状態が発生した後に未だ可変表示されている前記可変表示部の前記複数種類の図柄のうち、前記表示結果決定手段により表示結果として決定された事前決定図柄および発生しているリーチ状態との関係において前記特定の組合せを成立させる特定図柄のいずれでもない第1の図柄を対象として、前記種類識別画像以外の構成要素の一部を欠落させる欠落制御を行なうことによって、前記第1の図柄以外の第2の図柄と前記第1の図柄とを前記構成要素の一部の有無の点で相違させる表示態様変更手段と、
該表示態様変更手段によって前記欠落制御が行なわれるときに、当該欠落制御の対象の第1の図柄以外の図柄に含まれるキャラクタが作用して、当該欠落制御の対象の第1の図柄から構成要素の一部を欠落させていく演出をする演出実行手段とを含み、
前記第1のCPUは、前記リーチ状態の発生後の前記複数種類の図柄の巡回回数と前記欠落制御の対象の第1の図柄の種類との対応関係を複数パターン定めたテーブルデータと、乱数データとを用いて、前記巡回回数に対応する前記欠落制御の対象の第1の図柄を決定し、
前記テーブルデータにおいては、前記配列データのうち前記特定図柄の図柄ポジション数を基準とした加算数が規定されており、前記第1のCPUは、当該加算数を前記特定図柄の図柄ポジション数に加算することによって得られる図柄ポジション数に対応する図柄を前記欠落制御の対象の図柄として選択し、かつ、当該選択した図柄が前記第1の図柄以外のときには、さらに当該図柄ポジション数に所定の加算値を加算することによって得られる図柄ポジション数に対応する図柄を前記欠落制御の対象の図柄に変更し、
前記表示態様変更手段は、前記第1のCPUの選択に基づいて、前記複数種類の図柄を一巡させて可変表示する毎に前記欠落制御の対象の第1の図柄を変えて段階的に複数の第1の図柄について前記欠落制御を実行し、
前記可変表示制御手段は、前記欠落制御の実行後も前記構成要素の一部が欠落された前記第1の図柄を含む前記複数種類の図柄を前記配列データに基づいた順序で可変表示させてから、前記事前決定図柄を表示結果として導出表示することを特徴とする。
【0011】
【作用】
請求項1に記載の本発明によれば、第1のCPUより成る表示結果決定手段の働きにより、前記複数の可変表示部の各々の表示結果としての図柄が決定される。第2のCPUより成る可変表示制御手段の働きにより、前記複数の可変表示部において前記複数種類の図柄を前記配列データに基づく図柄ポジション数の順序で巡回させる可変表示を開始させた後、前記表示結果決定手段により決定された図柄を表示結果として導出表示させる制御が行なわれる。表示態様変更手段の働きにより、前記可変表示装置においてリーチ状態が発生した後に未だ可変表示されている前記可変表示部の前記複数種類の図柄のうち、前記表示結果決定手段により表示結果として決定された事前決定図柄および発生しているリーチ状態との関係において前記特定の組合せを成立させる特定図柄のいずれでもない第1の図柄を対象として、前記種類識別画像以外の構成要素の一部を欠落させる欠落制御が行なわれ、前記第1の図柄以外の第2の図柄と前記第1の図柄とが前記構成要素の一部の有無の点で相違するようになる。演出実行手段の働きにより、該表示態様変更手段によって前記欠落制御が行なわれるときに、当該欠落制御の対象の第1の図柄以外の図柄に含まれるキャラクタが作用して、当該欠落制御の対象の第1の図柄から構成要素の一部が欠落していく演出が行なわれる。前記第1のCPUの働きにより、前記リーチ状態の発生後の前記複数種類の図柄の巡回回数と前記欠落制御の対象の第1の図柄の種類との対応関係を複数パターン定めたテーブルデータと、乱数データとが用いられて、前記巡回回数に対応する前記欠落制御の対象の第1の図柄が決定される。前記テーブルデータにおいては、前記配列データのうち前記特定図柄の図柄ポジション数を基準とした加算数が規定されており、前記第1のCPUの働きにより、当該加算数を前記特定図柄の図柄ポジション数に加算することによって得られる図柄ポジション数に対応する図柄が前記欠落制御の対象の図柄として選択され、かつ、当該選択された図柄が前記第1の図柄以外のときには、さらに当該図柄ポジション数に所定の加算値を加算することによって得られる図柄ポジション数に対応する図柄が前記欠落制御の対象の図柄に変更される。前記表示態様変更手段の働きにより、前記第1のCPUの選択に基づいて、前記複数種類の図柄を一巡させて可変表示する毎に前記欠落制御の対象の第1の図柄を変えて段階的に複数の第1の図柄について前記欠落制御が実行される。前記可変表示制御手段の働きにより、前記欠落制御の実行後も前記構成要素の一部が欠落された前記第1の図柄を含む前記複数種類の図柄が前記配列データに基づいた順序で可変表示されてから、前記事前決定図柄が表示結果として導出表示される。
【0016】
【発明の実施の形態】
以下に、本発明の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。なお、以下の実施の形態においては、遊技機の一例としてパチンコ遊技機を示すが、本発明は、これに限らず、たとえばコイン遊技機やスロットマシン等であってもよく、複数種類の識別情報を可変表示可能な可変表示装置を有し、該可変表示装置の表示結果が予め定められた特定の表示結果になった場合に、遊技者に有利な状態に制御可能な遊技機であれば、すべてに適用することが可能である。
【0017】
図1は、本発明に係る遊技機の一例のパチンコ遊技機の遊技盤面の構成を示す正面図である。パチンコ遊技機の遊技盤1の前面には、遊技領域3が形成されている。パチンコ遊技機は、遊技者が打球操作するための打球操作ハンドル(図示せず)が設けられており、この打球操作ハンドルを遊技者が操作することにより、パチンコ玉を1個ずつ発射することができる。発射されたパチンコ玉は、区画レール2の間を通って遊技領域3内に導かれる。
【0018】
遊技領域3の中央には、複数種類の識別情報(特別図柄)を可変表示して表示状態が変化可能な可変表示装置4が設けられている。可変表示装置4の下方には、可変入賞球装置8が設けられている。この可変入賞球装置8は、ソレノイド37が励磁状態にされることにより開閉板9が開成して打玉が入賞可能な遊技者にとって有利となる第1の状態と、開閉板9が閉成して打玉が入賞不可能な遊技者にとって不利な第2の状態とに変化可能に構成されている。
【0019】
可変表示装置4の上部には、たとえば7セグメント表示器で構成され、複数種類の識別情報(普通図柄)を可変表示可能な普通図柄表示器20が設けられている。この普通図柄表示器20は、たとえば複数種類の数字を可変表示可能なものである。可変表示装置4と、可変入賞球装置8との間の部分には、左右1対の可動片を有する始動口7が設けられている。この始動口7は、普通図柄表示器20の表示結果に基づいて可動片が駆動される。
【0020】
可変表示装置4の左側方部分および右側方部分には、それぞれワープ入口18が設けられている。このワープ入口18に進入した打玉は、可変表示装置4の裏面側を通って下方に流下してワープ出口19から再度遊技領域3に放出される。このワープ出口19は、始動口7のちょうど上方部分に位置する。このため、ワープ出口19から放出された打玉は、始動口7に比較的入賞しやすい状態となる。可変表示装置4の左側方部分に設けられたワープ入口18に進入した打玉の通過経路には、普通図柄始動通過口17が設けられており、その普通図柄始動通過口17の下方部分に通過玉検出器23が設けられている。
【0021】
遊技領域3内に打込まれた打玉が普通図柄始動通過口17に進入すれば、その通過玉が通過玉検出器23により検出され、その検出出力に基づいて普通図柄表示器20が可変開始される。
【0022】
その普通図柄表示器20の表示結果が予め定められた特定の識別情報(たとえば7)となれば、ソレノイド36が励磁されて、始動口7の可動片が所定期間だけ開成して始動口7が開成状態となり、打玉がより入賞しやすい状態(小当り)となる。この始動口7に入賞した始動入賞玉は始動玉検出器26により検出され、その検出出力に基づいて可変表示装置4が可変開始される。
【0023】
この可変表示装置4は、たとえばCRT(Cathode Ray Tube) 等で構成されており、識別情報等の画像を表示する可変表示部5が中央部に設けられている。この可変表示部5は、少なくとも左可変表示部、中可変表示部および右可変表示部に3分割されており、すべての可変表示部が一斉に可変開始することにより複数種類の図柄等からなる識別情報が上から下に向かってスクロール表示され、たとえば、まず左可変表示部が停止制御され、次に右可変表示部が停止制御され、最後に中可変表示部が停止制御される。この可変表示部5は、そのような識別情報に加えて、キャラクタ画像、背景画像等の画像情報を表示可能な構成になっている。
【0024】
この可変表示装置4が可変停止された状態で、識別情報が、予め定められた特定の識別情報の組合せ(たとえば777)となり、表示結果が予め定められた特定の表示態様の表示結果となった場合には、遊技者に有利な特定遊技状態が発生し、可変入賞球装置8が第1の状態に制御されて所定の遊技価値が付与可能な大当り状態となる。このように、このパチンコ遊技機には、図柄を可変表示するものとして、普通図柄を表示する普通図柄表示器20と、特別図柄を表示する可変表示装置4とが設けられている。
【0025】
このような可変表示装置4の可変表示中においては、リーチ状態が発生する場合がある。ここで、リーチとは、表示状態が変化可能な可変表示装置を有し、該可変表示装置が時期を異ならせて複数の表示結果を導出表示し、該複数の表示結果が予め定められた特定の表示態様の組合せとなった場合に、遊技状態が遊技者にとって有利な特定遊技状態となる遊技機において、前記複数の表示結果の一部がまだ導出表示されていない段階で、既に導出表示されている表示結果が前記特定の表示態様の組合せとなる条件を満たしている表示状態をいう。また、別の表現をすれば、リーチとは、表示状態が変化可能な可変表示部を複数有する可変表示装置の表示結果が予め定められた特定の表示態様の組合せになった場合に、遊技状態が遊技者にとって有利な特定遊技状態となる遊技機において、前記可変表示装置の表示結果がまだ導出表示されていない段階で、前記特定の表示態様の組合せが表示されやすい可変表示態様になったと遊技者に思わせるための表示状態をいう。そして、たとえば、前記特定の表示態様の組合せが揃った状態を維持しながら複数の前記可変表示部による可変表示を行なう状態もリーチ表示状態に含まれる。
【0026】
可変表示装置4は、CRTのほかに、液晶表示,LED,エレクトロルミネッセンス等を利用したその他の電気的可変表示装置であってもよい。また、可変表示装置4は、電気的可変表示装置に限らず、回転ドラム式、複数の図柄が付されたベルトが巡回することにより表示状態が変化するベルト式、リーフ式、複数の図柄が付された回転円板が回転することにより表示状態が変化するいわゆるディスク式等の機械的可変表示装置であってもよい。
【0027】
可変入賞球装置8には、特定入賞領域(Vポケット)と、通常入賞領域とが設けられている。これらの特定入賞領域および通常入賞領域は、開閉板9が開成することにより大入賞口が開放された場合に現われ、入賞が可能となる。この特定入賞領域に入賞した入賞玉が特定玉検出器11により検出される。また、その他の可変入賞球装置8内に入賞したすべての入賞玉が入賞玉検出器12により検出される。
【0028】
第1の状態となった可変入賞球装置8に進入した打玉が所定個数(たとえば9個)入賞玉検出器12により検出された場合または所定期間(たとえば30秒間)が経過した場合のうちのいずれか早い方の条件が成立した場合に、可変入賞球装置8の第1の状態が終了して第2の状態となる。なお、入賞玉検出器12による検出個数は、7セグメント表示器よりなる個数表示器10により表示される。そして、可変入賞球装置8が第1の状態となっている期間中に進入した打玉が特定入賞領域に入賞して特定玉検出器11により検出されれば、その回(ラウンド)の第1の状態が終了するのを待って一旦第2の状態になって再度可変入賞球装置8を第1の状態にする繰返し継続制御が実行される。この繰返し継続制御の実行上限回数は、たとえば16回と定められている。
【0029】
可変表示装置4が可変表示中に打玉が再度始動口7に入賞して始動玉検出器26により検出されれば、その始動入賞玉が記憶される。この始動入賞記憶の上限は、たとえば「4」と定められている。現時点における始動入賞記憶個数が始動記憶表示器6により表示される。可変表示装置4が可変停止した後、再度可変開始可能な状態になってから前記始動入賞記憶に基づいて可変表示装置4が再度可変開始される。
【0030】
普通図柄表示器20が可変表示中に打玉が再度通過玉検出器23により検出されれば、その検出された通過玉が記憶(普通始動記憶)される。この普通始動記憶の上限は、たとえば「4」と定められている。現時点における普通始動記憶個数が普通始動記憶表示器25により表示される。普通図柄表示器20が可変停止した後、再度可変開始可能な状態になってから前記普通始動記憶に基づいて普通図柄表示器20が再度可変開始される。
【0031】
遊技領域3内には、さらに、風車22、通常の入賞口13,14,15,16、遊技領域3内に打込まれた打玉がいずれの入賞領域や可変入賞球装置にも入賞しなかった場合にアウト玉として回収するためのアウト口24が設けられている。さらに、遊技領域3内には、サイドランプ21,47が設けられている。さらに、遊技領域3内には、入賞口15を上部に有する入賞口本体60が設けられている。この入賞口本体60には、入賞口15に進入した打玉によって回転される回転部61が設けられている。
【0032】
風車22には、風車ランプ45が設けられている。入賞口14の下方部分には、肩ランプ46が設けられている。入賞口本体60には、袖LED49が設けられている。可変入賞球装置8には、アタッカーランプ48および飾りLED50が設けられている。
【0033】
次に、このパチンコ遊技機に設けられる制御回路について説明する。図2は、図1に示すパチンコ遊技機の遊技制御に用いられる制御回路を示すブロック図である。
【0034】
この制御回路は、基本回路33、情報出力回路27、初期リセット回路28、定期リセット回路29、アドレスデコード回路30、LED回路31、ソレノイド回路32、電飾信号回路34、入力回路35、賞球個数信号出力回路38、CRT回路39、ランプ回路40、CRT表示器41、音声合成回路42、音量増幅回路43および電源回路44を含む。
【0035】
基本回路33の内部には、制御用プログラム等を記憶しているROM、その制御用プログラムに従って制御動作を行なうためのCPU、そのCPUのワーク用メモリとして機能するRAM、I/Oポート等が設けられている。なお、基本回路33の内部構成については図示を省略する。
【0036】
アドレスデコード回路30は、基本回路33から送られてきたアドレス信号を解読(デコード)し、基本回路33の内部に含まれるROM、RAM、I/Oポート等のうちのいずれかを選択するための信号を出力する回路である。初期リセット回路28は、電源投入時に基本回路33をリセットするための回路である。この初期リセット回路28から送られてきた初期リセットパルスに応じて、基本回路33がRAMおよびI/Oポートを初期化する。
【0037】
定期リセット回路29は、基本回路33に定期リセット用のクロックパルスを供給するための回路である。基本回路33のCPUは、定期リセット回路29から定期的に送られてくるリセットパルスに応答して所定の制御用プログラムを先頭から繰返し実行するためのリセット処理を行なう。この定期リセット回路29から送られてくるリセットパルスは、たとえば、0.002秒毎に送られてくる。
【0038】
打玉が始動入賞口7に入賞して始動玉検出器26により検出されれば、その検出信号が入力回路35を介して基本回路33に入力される。打玉が通常入賞領域に入賞して入賞玉検出器12により検出されれば、その検出信号が入力回路35を介して基本回路33に入力される。打玉が特定入賞領域(Vポケット)に入賞して特定玉検出器11により検出されれば、その検出信号が入力回路35を介して基本回路33に入力される。打玉が普通図柄始動通過口17を通過して通過玉検出器23により検出されれば、その検出信号が入力回路35を介して基本回路33に入力される。
【0039】
このパチンコ遊技機には、入賞に伴って景品玉を払出す払出制御を行なうための払出制御基板(図示せず)が設けられている。そして、可変入賞球装置8に打玉が入賞すれば、1個の入賞玉につきたとえば15個の景品玉が払出制御される。また、それ以外の入賞口に入賞した場合には、1個の入賞玉につきたとえば5個の景品玉が払出制御される。
【0040】
このように、このパチンコ遊技機は、入賞に伴って払出される景品玉の個数が異なるように入賞領域が複数種類に分類されている。そして、打玉が入賞すれば、玉払出制御基板から、どの分類に属する入賞領域に打玉が入賞したかを特定するための当り玉信号Aまたは当り玉信号Bが入力回路35に入力される。そして、その信号が基本回路33に入力される。基本回路33では、その入力されてきた当り玉信号の種類に応じて、払出すべき景品玉の個数である賞球個数信号0〜3を賞球個数信号出力回路38を介して払出制御基板に出力する。この賞球個数信号0〜3は、0,1,2,3の4ビットの信号から構成されている。
【0041】
入力回路35には、確率設定キー(図示せず)が接続されている。この確率設定キーは、キースイッチで構成されており、遊技場の係員がこの確率設定キーに所定の鍵を差込んでキー操作することにより、後述するように、設定1,設定2,設定3の3段階で大当りを発生する確率が可変設定可能となる。
【0042】
基本回路33は、LED回路31を介して普通図柄表示器20、個数表示器10、始動記憶表示器6、普通図柄始動記憶表示器25、飾りLEDおよび袖LEDをそれぞれ表示制御する。基本回路33は、ソレノイド回路32を介して、ソレノイド35,36を励磁制御する。
【0043】
基本回路33は、情報出力回路27を介して、大当り情報、図柄確定回数および確率変動情報を、ホストコンピュータであるホール用管理コンピュータ等に対して出力する。その大当り情報とは、可変表示装置4の可変表示による大当りの発生に関する情報である。また、確率変動情報とは、後述する確率向上状態(高確率状態)の発生に関する情報である。また、図柄確定回数情報とは、可変表示装置4において図柄が確定した回数に関する情報である。
【0044】
基本回路33は、CRT回路39に表示制御用の指令信号を出力する。CRT回路39は、その指令信号を受けて、CRT表示器41に表示駆動用の信号を出力してCRT表示器41に画像表示を行なわせる。そしてこのCRT表示器41が画像表示することにより可変表示部5に画像が表示される。CRT回路39からCRT表示器41に送信される信号の中には、コマンド信号(コマンドデータ)としてのCD0〜CD7と、表示制御通信トリガ信号(割込み信号)であるINTとが含まれる。さらに、CRT回路39と、CRT表示器41とを接続する信号線には、電源供給のための+5V線、+12V線およびGND線(グランド信号線)が含まれる。
【0045】
基本回路33は、ランプ回路40を介して、風車ランプ45、肩ランプ46、サイドランプ47およびアタッカーランプ48等の各種ランプを点灯または点滅表示させる。
【0046】
基本回路33は、音声合成回路42に音データ信号を出力し、音声合成回路42から音信号が音量増幅回路に供給される。音量増幅回路では、音信号を増幅し、電飾基板(図示せず)へ供給する。これにより、スピーカ等から効果音等が発せられる。
【0047】
電源回路44は、AC24Vの交流電源に接続され、+30V、+21V、+12V、+5V、GND等の複数種類の直流電圧を各回路に供給するための回路である。電源回路44から発生される+30VおよびGNDの直流電圧は、CRTユニット(図示せず)へ出力される。
【0048】
電飾信号回路34は、基本回路33から制御信号を受け、その信号に応答して、パチンコ遊技機に設けられた複数種類の電飾(図示せず)の点灯状態を制御する電飾用基板(図示せず)へランプ制御データD0〜D3を送信する。ランプ制御データD0〜D3は、電飾の点灯状態を制御するためのデータであり、大当り時、あるいは高確率状態等における電飾の点灯状態を指定する。なお、ランプ制御データコモンは、共通線信号である。
【0049】
前述したCRT表示器41は、画像表示制御基板(図示せず)を含む。この画像表示制御基板には、可変表示部5の画像表示制御を行なうための制御回路が形成されている。次に、画像表示制御基板に形成された制御回路を詳細に説明する。
【0050】
図4は、画像表示制御基板に形成された制御回路を示すブロック図である。図4を参照して、この制御回路は、CPU52、ワークRAM(以下、WRAMという)53、ROM54、ビデオカラーエンコーダ(以下、VCEという)55、ビデオディスプレイコントローラ(以下、VDCという)56、ビデオRAM(以下、VRAMという)57,58を含む。CPU52は、コネクタ51およびCRT回路39(図3参照)を介して基本回路33に接続される。CPU52およびVCE55は、コネクタ59を介して可変表示部5(CRT表示器41に含まれる)に接続される。
【0051】
CPU52は、CRT回路39およびコネクタ51を介して基本回路33から画像表示のためのコマンドデータを受取り、ROM54に格納されている画像表示用のプログラムおよびデータに基づいて、WRAM53を作業領域として使用しながら画像表示を行なう。その手順は次のとおりである。CPU52は、受取ったコマンドに応答してROM54から画像表示用のデータ(動画像表示用の動画像データが含まれる)を読出し、そのデータをVDC56に与える。このときCPU52は、画像表示用のデータのみでなく、表示のための座標や、スクロール等のVRAMコントロールのためのデータもVDC56に与える。
【0052】
VDC56は、画像表示用のデータを受け、それらをVRAM57,58に割付けるとともに、色、明るさ等に関する加工を行なう。VDC56は、そのようにして作成された画像表示用のデータをVCE55に与える。VCE55は、VRAM57,58から与えられたデータを、可変表示部5(図1参照)で表示するための複合同期信号に変換し、その複合同期信号を、コネクタ59を介して可変表示部5に与える。
【0053】
図5は、遊技制御,可変表示装置4の可変表示制御に用いられる各種ランダムカウンタを説明するための説明図である。ランダムカウンタは、以下に示すように6種類あり、それぞれのランダムカウンタは、前述した基本回路33によりカウント動作される。
【0054】
C RND1は、大当り状態(特定遊技状態)を発生させるか否かを事前決定するために用いられ、「0」からカウントアップしてその上限(304,326または368)までカウントアップし、再度0からカウントアップし直すように構成されている。このC RND1のカウント上限値は、設定1,設定2,設定3によりそれぞれ相違しており、設定1では「304」、設定2では「326」、設定3では「368」となっている。この設定1,設定2,設定3は、前述したように、パチンコ遊技機の遊技盤裏面側や機構板等のように、遊技者が操作できず遊技場の係員が操作可能な位置に設けられた確率設定キー(図示せず)により遊技場の係員が3段階設定するものである。
【0055】
このC RND1のカウントアップの加算更新は、0.002秒毎にC RND1が1ずつ加算されることにより行なわれる。前述の基本回路33に設けられたCPUは、定期的(0.002秒毎)に定期リセット回路29からリセット信号が入力され、プログラムを先頭から実行してその最後まで実行した後リセット待ち状態となっており、前記リセット信号が入力されることにより再度プログラムを先頭からし直すことを繰返し、リセット信号の入力毎にプログラムを先頭から最後まで実行することを繰返すことにより、パチンコ遊技機の遊技状態を制御できるように構成されている。
【0056】
WC RND Lは、左可変表示部の停止時に表示される特別図柄の左図柄(左予定停止図柄)を事前に決定するために用いられる。このWC RND Lは、「0」からカウントアップしてその上限である「14」までカウントアップした後再度0からカウントアップし直されるものである。このパチンコ遊技機の遊技制御用のプログラムは、0.002秒毎に先頭から実行開始されてプログラムの最後まで実行され、それを0.002秒毎に繰返し実行することにより遊技制御が実行されるのであり、プログラムの先頭からその最後まで実行が通常0.002秒かからないために、その0.002秒が終了するまでの割込み処理余り時間が生じる。このWC RND Lは、0.002秒毎に加算更新されるとともに、前記割込み処理余り時間を利用して無限ループにより加算更新される。
【0057】
WC RND Cは、中可変表示部の停止時に表示される特別図柄の中図柄(中予定停止図柄)を事前に決定するために用いられる。このWC RND Cは、「0」からカウントアップしてその上限である「15」までカウントアップし、その後再度「0」からカウントアップし直すように構成されている。このWC RND Cは、0.002秒毎に1ずつ加算更新される。
【0058】
WC RND Rは、右可変表示部の停止時に表示される特別図柄の右図柄(右予定停止図柄)を事前に決定するために用いられる。このWC RND Rは、「0」からカウントアップしてその上限である「14」までカウントアップし、再度「0」からカウントアップし直すように構成されている。このWC RND Rは、WC RND Lの桁上げのときに1ずつ加算更新される。すなわち、WC RND Lの値が「14」から「0」に変化したときに1ずつこのWC RND Rが加算更新されるのである。
【0059】
WC RND GAGは、割込みギャグの種類を決定するために用いられる。ここで、割込みギャグとは、可変表示部5に表示されるストーリー性(物語り性)のある動画像および音で構成され、大当り状態中に、予め定められたラウンド(たとえば複数ラウンドの各ラウンド)において表示される。この割込みギャグの動画像は、複数種類用意されている。すなわち、割込みギャグの動画像データは、ROM54に複数種類記憶されている。このような割込みギャグは、WC RND GAGの値に応じて選択的に表示される。
【0060】
このWC RND GAGは、「0」からカウントアップしてその上限である「19」までカウントアップした後、再度「0」からカウントアップし直されるものである。このWC RND GAGは、次に示すWC RND RCHの桁上げのときに1ずつ加算更新される。すなわち、WC RND RCHの値が「99」から「0」に変化したときに1ずつこのWC RND GAGが加算更新されるのである。
【0061】
WC RND RCHは、リーチの種類を決定するために用いられるものである。この遊技機においては、表示するリーチが複数種類のリーチの中から選択決定される。このWC RND RCHは、「0」からカウントアップしてその上限である「99」までカウントアップした後、再度「0」からカウントアップし直されるものである。このWC RND RCHのカウントアップの更新は、WC RND Lと同様に、0.002秒毎および割込み処理余り時間に実行される。このWC RND RCHの値と、リーチの種類とが予め関係付けられており、その抽出値に応じて、リーチの種類が決定される。
【0062】
リーチの種類の一つには、図柄削除リーチがある。この図柄削除リーチは、WC RND RCHの値が所定値になった場合に実行される。この図柄削除リーチの詳細な内容は後述する。
【0063】
図6は、可変表示装置4において可変表示される図柄の配列構成を示す説明図である。この図6においては、WC RND L,C,Rの抽出値である図柄ポジションと、左,中,右図柄の種類との関係が示される。左可変表示部に表示される特別図柄である左図柄および右可変表示部に表示される特別図柄である右図柄は、それぞれ1〜6,7・8,9〜16の15種類に定められている。そして、図柄の配列も左,右図柄において同一の配列となっている。それらの図柄は、WC RND L,Rの0〜14の図柄ポジションに割振られている。また、中可変表示部に表示される特別図柄である中図柄は、1〜6,8,7,9〜12,16,13〜15の16種類に定められている。それらの図柄は、WC RNDCの0〜15の図柄ポジションに割振られている。WC RND L,C,Rの各図柄ポジションの番号と一致する場所の図柄が、予定停止図柄として選択決定される。
【0064】
次に、ランダムカウンタの値により大当りを発生させるか否かを事前に決定するための手順を、大当り発生確率の設定1,設定2,設定3に分けて説明する。図7は、設定1の場合にランダムカウンタの値により大当りを発生させるか否かを事前に決定するための手順を示すフローチャートである。打玉が始動口7に入賞して始動玉検出器26により検出されれば、その時点におけるWC RND1の値を抽出し、その抽出値が「7」のときに大当りを発生させることが事前決定される。その場合、WC RND Cの抽出値により、大当りとなる図柄が決定される。
【0065】
一方、WC RND1の抽出値が「7」以外のときには、外れが事前決定される。その場合には、WC RND Lの抽出値により左可変表示部の予定停止図柄が決定され、WC RND Cの値により中可変表示部の予定停止図柄が決定され、WC RND Rの抽出値により右可変表示部の予定停止図柄が決定される。
【0066】
なお、これら3つの予定停止図柄を決定した際に、その決定内容がたとえばぞろめとなり大当りを発生させるための図柄の組合せが偶然一致した場合には、WC RND Cの抽出値に「1」を加算して強制的に外れの図柄となるように制御する。但し、3つの予定停止図柄が、7・8,7,7・8の場合の大当り図柄と一致した場合には、WC RND Cの抽出値に「2」を加算して強制的に外れの図柄となるように制御する。
【0067】
また、遊技状態が後述する確率向上状態(以下高確率状態という)のときには、WC RND1の抽出値が、「7,71,151,227」のときに大当りを発生させることが事前決定され、それ以外のときに外れが事前決定される。
【0068】
ここで、高確率状態について説明する。高確率状態とは、大当りが発生する確率が向上した状態であり、この高確率状態においては、以下のような制御が行なわれる。大当り状態の発生時における可変表示装置4の表示結果が予め定められた特別の識別情報の組合せとなっていた場合に、以降の大当りが発生する確率が向上する高確率状態に制御される。そして、この高確率状態中においては、可変表示装置4により表示される大当りとなるように予め定められた特定の識別情報の組合せ(特定の表示態様)の表示される確率が向上するのであり、その可変表示装置4により特定の識別情報の組合せが表示された場合には、再度大当り制御が開始される。
【0069】
また、この高確率状態においては、普通図柄表示器20において小当りが発生する確率が高くなるように制御される。さらに、その場合には、普通図柄表示器20における普通図柄の変動時間を短縮する制御も行なわれる。このような制御が行なわれることにより、始動口7の可動片が開成する頻度が高くなり、その結果、打玉が始動入賞しやすい状態になる。また、持玉が減りにくくなる。
【0070】
次に、設定2の場合を説明する。図8は、設定2の場合にランダムカウンタの値により大当りを達成させるか否かを事前に決定するための手順を示すフローチャートである。ここでは、図7に示す設定1の場合との相違点について説明する。設定2の場合が設定1の場合と異なるのは次の点である。まず、WC RND1の上限値が異なる。さらに、高確率状態のときに大当りを発生させるWC RND1の抽出値が異なる。すなわち、高確率状態のときには、WC RND1の抽出値が、7,71,151,277,307,313のときに大当りを発生させることが事前決定され、それ以外のときに外れが事前決定される。このように、設定2の場合は、設定1の場合と比べて通常時に大当りを発生させる確率が低いが、高確率時に大当りを発生させる確率が高いのである。
【0071】
次に、設定3の場合を説明する。図9は、設定3の場合にランダムカウンタの値により大当りを発生させるか否かを事前に決定するための手順を示すフローチャートである。ここでは、設定1および設定2との相違点を説明する。
【0072】
設定3が、設定1,設定2と異なるのは次の点である。まず、WC RND1の上限値(368)が異なる。さらに、高確率状態のときに大当りを発生させることが事前決定されるWC RND1の抽出値が異なる。すなわち、高確率状態のときには、WC RND1の抽出値が、7,71,151,277,307,313,359のときに大当りを発生させることが事前決定され、それ以外のときに外れが事前決定される。このように、設定3では、設定1,設定2と比べて、通常時に大当りを発生させる確率が低いが、高確率状態のときに大当りを発生させる確率が高い。
【0073】
図10は、ランダム数WC RND Cを用いて大当り図柄を決定する際のWC RND Cと、特別図柄の組合せとの関係を表形式で示す図である。WC RND Cの抽出値は、「0」〜「15」の16種類あるため、大当り図柄も16種類ある。すなわち、大当り図柄は、「1,1,1」〜「15,15,15」の16種類存在する。これらの16種類の大当り図柄のうち、「3,3,3」,「5,5,5」,「7,7,7」,「16,16,16」が、高確率状態へ移行する大当り図柄である。
【0074】
この遊技機においては、可変表示中の特別図柄について、表示結果として導出表示される可能性がない図柄と、表示結果として導出表示される可能性がある図柄とを表示において区別する制御が行なわれる。具体的には、可変表示中において、表示結果として導出表示される可能性がない特別図柄の表示態様を通常の表示態様とは異なる表示態様に変更する表示態様変更制御が行なわれる。
【0075】
さらに具体的には、表示態様の変更として、表示される特別図柄の構成要素の一部を削除(欠落)する処理(以下、図柄削除処理という)が行なわれる。以下に、その図柄削除処理の内容を詳細に説明する。
【0076】
図11は、図柄削除処理に用いられるランダムカウンタを説明するための説明図である。図11を参照して、WC RND ZUは、図柄削除処理において削除する対象の図柄を決定するために用いられる。このWC RND ZUは、「0」からカウントアップしてのその上限である「3」までカウントアップし、再度「0」からカウントアップし直すように構成されている。このWC RND ZUのカウントアップの更新は、前述したWC RND1等と同様に、0.002秒ごとに1ずつ加算更新されることにより行なわれる。このこのWC RND ZUの値は、図柄削除処理を行なう際に抽出される。
【0077】
この場合、図柄削除処理は、左特別図柄の停止図柄と、右特別図柄の停止図柄とが揃ってリーチ状態が発生した後に、可変表示している中特別図柄に対して実行される。具体的には、図6に示される配列構成を有する中特別図柄が、リーチ状態の発生後に一巡表示されて1周するごとに行なわれる。この場合には、リーチ状態の発生後に中可変表示部が3周するまで1周ごとに行なわれる。そのような1周目から3周目までの各周において削除の対象となる特別図柄の指定は、次に示す削除指定図柄決定テーブルを用いて行なわれる。
【0078】
図12は、削除指定図柄決定テーブルの内容を表形式で示す図である。この図12に示される削除指定図柄決定テーブルにおいては、WC RND ZUの抽出値と、1周目〜3周目の各周において削除の対象となる特別図柄との関係が定められている。
【0079】
詳しくは次の通りである。1周目〜3周目のそれぞれにおいて削除の対象となる図柄は、WC RND ZUの抽出値に基づいて一度に選択決定される。たとえば、「+4」は、リーチ状態となった左,右可変表示部の停止図柄と同じ図柄(以下、リーチ図柄という)を基準の図柄ポジションとして、その図柄ポジションに「4」を加えた結果の図柄ポジションを示しており、その図柄ポジションに対応する中特別図柄が削除対象の図柄として指定される。この削除指定図柄決定テーブルにおけるその他の数値においても同様の意味で示されている。ここで、図柄ポジションとは、図6に示された図柄ポジション0〜15を示しており、たとえば、リーチ図柄の図柄ポジションが「1」である場合において、「+4」の図柄ポジションとは、「5」の図柄ポジションである。また、リーチ図柄の図柄ポジションが「13」である場合における「+4」の図柄ポジションは、「1」の図柄ポジションである。
【0080】
ここで、削除指定図柄決定テーブルにおけるWC RND ZUの抽出値と、1周目〜3周目の削除指定図柄との関係の具体例を説明する。WC RND ZUの抽出値が「0」の場合を代表例として説明すると次のとおりである。すなわち、1周目の削除指定図柄には、リーチ図柄の図柄ポジション+4の図柄ポジションの図柄が指定される。2周目の削除指定図柄には、リーチ図柄の図柄ポジション+9の図柄ポジションの図柄が指定される。3周目の削除指定図柄には、リーチ図柄の図柄ポジション+6の図柄ポジションの図柄およびリーチ図柄の図柄ポジション+12の図柄ポジションの図柄が指定される。
【0081】
この削除指定図柄決定テーブルは、リーチ図柄以外の図柄が削除指定図柄として指定されるように構成されている。すなわち、ここでいうリーチ図柄とは、リーチ状態が発生した後にその図柄が停止すると大当り状態が発生する図柄であるため、リーチ状態が発生した場合における大当り図柄を構成する中特別図柄以外の図柄が削除指定図柄として指定されるのである。
【0082】
また、この削除指定図柄決定テーブルでは、1周目〜3周目と状態が進行するに従って、段階的に、構成要素の一部が削除された図柄の数が増えていくように設定されている。言い換えると、リーチ状態の発生後、可変表示が進行するに従って徐々に、構成要素の一部が削除された図柄の数が増えていくように設定されている。
【0083】
図13および図14は、図柄削除処理に関する処理内容を示すフローチャートである。まず、図13(A)に示される図柄削除のルーチンを参照して、ステップS(以下単にSという)1により、図柄削除リーチであるか否かが判断される。この判断は、前述したWC RND RCHの抽出値が、図柄削除リーチを指定するときにYESの判断がなされ、それ以外のときにはNOの判断がなされる。そして、S1で、NOの判断がなされた場合には、この図柄削除のルーチンがそのまま終了する。
【0084】
一方、S1によりYESの判断がなされた場合には、S2に進み、WC RAD ZUの抽出値をチェックし、図12に示された削除対象図柄決定テーブルを参照して、1周目の削除指定図柄、2周目の削除指定図柄および3周目の削除指定図柄を決定する処理がなされる。
【0085】
次に、S3に進み、左,右可変表示部の停止図柄によりリーチ状態が発生した後中可変表示部で表示されるすべての図柄が1順表示されて1周したか否かの判断がなされ、1周していなければこのルーチンが終了する。そして、この図柄削除のルーチンが前述したリセットパルスの入力ごとに実行されてその都度S3の処理がなされ、複数回実行されるうちに中可変表示部により表示される複数種類の図柄が一巡して1周する状態となり、その状態に達したときにS3によりYESの処理がなされてS4に進む。
【0086】
S4では、図柄削除処理1の実行がなされる。この図柄削除処理1は、図13(B)に基づいて後述する。S4の後、S5に進み、中可変表示部が2周したか否かの判断がなされ、中可変表示部が2周した段階でYESの処理がなされてS6に進み、図柄削除処理2が実行される。この図柄削除処理2は、図14(A)に基づいて後述する。
【0087】
次にS7に進み、中可変表示部の図柄が3周したか否かの判断がなされ、中可変表示部が3周した段階でYESの判断がなされてS8に進み、図柄削除処理3が実行される。その後、このルーチンが終了する。この図柄削除処理3は、図14(B)に基づいて後述する。
【0088】
図13(B)は、前記S4に示された図柄削除処理1のサブルーチンプログラムである。図柄削除処理1では、まず、S41において、中可変表示部の予定停止図柄が1周目削除指定図柄に一致するか否かの判断がなされる。この予定停止図柄とは、C RND Cの抽出値に基づいて事前決定された中可変表示部の予定停止図柄のことである(図6,図10参照)。
【0089】
S41によりNOの判断がなされた場合にはS43に進むが、S41によりYESの判断がなされた場合には、後述するS43に進む。一方、S41によりYESの判断がなされた場合には、S42に進み、1周目削除指定図柄のうち予定停止図柄に該当する図柄の図柄ポジションに「1」を加算し、その図柄をaとする処理がなされる。S42の処理の後、S43に進む。
【0090】
S43では、1周目削除指定図柄、または、S42により変更された新たな図柄を最終指定図柄として選択し、その最終指定図柄を構成する要素の一部を削除する処理がなされる。
【0091】
図14(A)は、前記S6により示された図柄削除処理2のサブルーチンプログラムである。この図柄削除処理2では、まず、S61により、予定停止図柄が2周目削除指定図柄に一致するか否かの判断がなされる。この2周目削除指定図柄は、前述したようにWC RND ZUの抽出値に基づいて指定される。S61により、一致しないと判断された場合には、後述するS64に進む。一方、S61により、一致すると判断された場合には、S62に進み、2周目削除指定図柄のうち予定停止図柄に該当する図柄の図柄ポジションに「1」を加算し、それをbとする処理がなされる。このS62の後、S63に進む。
【0092】
S63では、S62で設定されたbが1周目削除指定図柄または前記aのいずれかに該当するか否かの判断がなされる。S63により、該当しないと判断された場合には、後述するS64に進む。一方、S63において、該当すると判断された場合には、S62に戻る。そして、S62に戻った場合には、S63で該当すると判断された図柄の図柄ポジションにさらに「1」を加算する処理がなされてその図柄をbにする処理がなされる。そして、このS62,S63の処理を繰返して、前記bが1周目削除指定図柄、または、前記aのいずれにも該当しなくなった段階で、処理がS64に進む。
【0093】
S64では、2周目削除指定図柄、または、S62により変更された新たな図柄を最終指定図柄として選択し、その最終指定図柄を構成する要素の一部を削除する処理がなされる。
【0094】
図14(B)は、前記S8により示された図柄削除処理3のサブルーチンプログラムである。この図柄削除処理3では、まず、S81により、中可変表示部の予定停止図柄が3周目削除指定図柄に該当するか否かの判断がなされる。S81により該当しないと判断された場合には、後述するS84に進む。一方、S81により該当すると判断された場合には、S82に進む。S82では、S81において該当すると判断された図柄の図柄ポジションに対し「1」を加算し、その加算された図柄をcとする処理がなされる。このS82の後S83に進む。
【0095】
S83では、前記cが1周目削除指定図柄、2周目削除指定図柄、または、前記a,bのいずれかに該当するか否かの判断がなされる。そして、S83により該当すると判断された場合にはS82に戻る。S82に戻った場合には、S83で該当すると判断された図柄の図柄ポジションに対し「1」を加算してその新たな図柄をcとする処理がなされ、再度S83による判断がなされる。そして、S82,S83の処理を繰返し実行してcが1周目削除指定図柄、2周目削除指定図柄、または、前記a,bのいずれにも該当しなくなれば、処理がS84に進む。
【0096】
S84では、3周目削除指定図柄、または、S82により変更された新たな図柄を最終指定図柄として選択し、その最終指定図柄を構成する要素の一部を削除する処理がなされる。
【0097】
以上に示した図柄削除の処理においては、リーチ図柄および予定停止図柄が削除の対象の図柄に指定されない。その理由は、図12の削除指定図柄決定テーブルにおいてリーチ図柄の指定がなされないようになっており、また、図13(B)のS41、図14(A)のS61および図14(B)のS81により、予定停止図柄が削除指定図柄から除外されるからである。
【0098】
以上の処理が行なわれることにより、中可変表示部に表示される中特別図柄が1周目,2周目,3周目と可変表示されていくに従って、S43,S64,S84により、段階的にリーチ図柄および予定停止図柄以外の図柄の構成要素の一部が削除されていき、そのように構成要素の一部が削除されずに残った図柄に対してリーチ図柄が占める割合が向上する。このため、表示上の大当りが発生する確率が向上し、遊技者に対して、大当りの発生確率が向上したように見せかけることができる。
【0099】
次に、前述した図柄削除の処理によって行なわれる画像の表示態様の変更の具体例について説明する。
【0100】
図15は、図柄削除処理によって行なわれる画像の表示態様の変更の具体例を示す図である。図15の上段および下段には、可変表示部5の表示画像が示される。この場合には、上段の画像が表示された後に下段の画像が表示される。
【0101】
まず、図15の上段の可変表示部5の表示画像を参照して、左可変表示部5a,中可変表示部5b,右可変表示部5cがそれぞれ左特別図柄50a,中特別図柄50b,右特別図柄50cの可変表示を開始した後、左,右可変表示部5a,5cが同じ図柄「一」で停止しており、リーチ状態が発生している。
【0102】
左,中,右可変表示部5a,5b,5cでそれぞれ可変表示される特別図柄の各々は、1つの図柄(たとえば5b)が、1つの数字(たとえば51b)と、キャラクタ(たとえば52b)とで構成されている。そして、特別図柄が可変表示する場合には、各図柄を構成する数字およびキャラクタが一体となって可変表示される。
【0103】
図15の上段の表示画像においては、左,右可変表示部5a,5cが停止しており、中可変表示部5bのみがスクロールして可変表示されている。そして、前述した図柄削除の処理が行なわれる。具体的には、スクロールしている削除対象の中特別図柄5bのキャラクタ52bに対して、停止している左特別図柄5aのキャラクタ52aおよび右特別図柄のキャラクタ52cがともにパンチを浴びせる表示が行なわれ、その後、図15の下段の表示画像に示されるように、削除対象の中特別図柄5bのキャラクタ52b(パンチを浴びせられたもの)が表示において欠落(削除)される。
【0104】
すなわち、この場合の図柄削除の処理においては、図柄を構成する要素の一部(キャラクタ)を削除して欠落させることにより、特別図柄の表示態様の変更が行なわれる。このようなキャラクタの動作による図柄の一部欠落(一部削除)は、前述した削除指定図柄に対して順次行なわれていく。
【0105】
このような表示が行なわれると、停止する可能性がない特別図柄はキャラクタが欠落させられ、停止する可能性がある特別図柄はキャラクタが欠落させられずに残ることになる。このため、可変表示中の特別図柄において、キャラクタが残っているか否かを識別することにより、遊技者は、可変表示中において、停止する可能性がある図柄と、停止する可能性がない図柄とを視覚的に容易に判別することができる。
【0106】
また、遊技者は、可変表示中における図柄の表示態様の変更により、停止する可能性がある図柄が限定されていくことを視認することが可能である。したがって、遊技者は、可変表示中において、大当り状態が発生するか否かをある程度予測することができる。このため、可変表示中における遊技者の興趣を向上させることができる。
【0107】
また、1周目に削除されるはずの複数の図柄も1周のうちで1つずつ段階的に削除されて行くため遊技者は、徐々に期待感が増し、興趣を向上させることができる。
【0108】
また、このような図柄の表示態様変更制御が、リーチ状態が発生した場合に行なわれるため、遊技者の興趣をより一層向上させることができる。なお、このような表示態様変更処理は、リーチ状態が発生した場合に限らず、リーチ状態が発生しない場合にも、各可変表示部について行なってもよい。
【0109】
また、表示態様変更制御により、中可変表示部の図柄が1周目,2周目,3周目と可変表示されていくに従ってだんだんとリーチ図柄以外の図柄に含まれるキャラクタが削除されていき、キャラクタが削除されずに残った図柄に対してリーチ図柄が占める割合が向上するため、表示上の見た目の大当りが発生する確率が向上し、遊技者に大当りの発生確率が向上したように見せかけることができる。このように、このパチンコ遊技機においては、見た目の大当り発生確率が向上するため、遊技者の期待感を大きくすることができ、遊技者の興趣を向上させることができる。
【0110】
また、特別図柄を構成する要素の一部(たとえばキャラクタ)を欠落せさる表示態様の変更が行なわれるため、停止する可能性がない図柄であっても、表示において一部(たとえば数字)が残っている。したがって、可変表示中の図柄の配列の順序は変更されない。このように、図柄の配列の基本的な順序が変更されないので、停止する可能性がある図柄と、その可能性がない図柄との遊技者による判別を容易にすることができる。
【0111】
また、前述した図柄削除の処理においては、1周目,2周目,3周目と可変表示が進行するに従って段階的に図柄の削除が行なわれるため、大当りに対する遊技者の期待感を徐々に大きくさせることができる。このように、このパチンコ遊技機では、徐々に遊技者の期待感を大きくさせることにより、より一層遊技者の興趣を向上させることができる。
【0112】
その他の実施の形態
次に、本発明のその他の実施の形態を説明する。ここでは、特に、前述した図11〜図15に示される図柄の表示態様変更制御の処理に関するその他の実施の形態を説明する。具体的には、図11〜図15の例においては、停止する可能性がない特別図柄と、停止する可能性がある特別図柄とを可変表示中に判別可能にするために、停止する可能性がない特別図柄の構成要素の一部を欠落(削除)させる処理を行なったが、以下に示すその他の実施の形態においては、構成要素の一部を欠落させる代わりに、停止する可能性がない特別図柄の色を変更する処理について説明する。
【0113】
図16は、その他の実施の形態による特別図柄の表示態様の変更の具体例を示す図である。図16の上段および下段には、可変表示部5の表示画像が示される。この場合には、上段の画像が表示された後に、下段の画像が表示される。
【0114】
この場合の特別図柄は、前述した場合と異なり、キャラクタを含まない。まず、図15の上段の可変表示部5の表示画像を参照して、図15の上段に示した場合と同様に、左,右可変表示部5a,5cが同じ図柄(「1」)で停止しており、リーチ状態が発生している。この状態においては、左,中,右特別図柄50a,50b,50cは、同じ色で表示されている。
【0115】
図16の上段の表示画像においては、左,右可変表示部5a,5cが停止しており、中可変表示部5bのみがスクロールにより可変表示されている。その後、図16の下段の表示画像に示されるように、可変表示中の中可変表示部5bの特別図柄50bについて、停止する可能性がない図柄に対して色の変更(図中斜線で図示)を行なう処理がなされる。
【0116】
すなわち、この場合においては、特別図柄の表示の色を予め定められた特定の色に変更することにより、特別図柄の表示態様の変更が行なわれる。このような色の変更は、前述した図柄削除の処理と同様に、可変表示が進行するに従って順次行なわれていく。
【0117】
このような色の変更が行なわれると、停止する可能性がない特別図柄は色が変更させられ、停止する可能性がある特別図柄は色が変更されない。このため、可変表示中の特別図柄において、色が変更されているか否かを判断することにより、遊技者は、遊技中において停止する可能性がある図柄と、停止する可能性がない図柄とを視覚的に容易に判別することができる。すなわち、このような色の変更を行なうことにより、前述した図柄削除の処理を行なう場合と同様の効果を得ることができるのである。その効果については、図柄削除の処理について説明したものと同じであるため、ここでは詳細な説明を省略する。
【0118】
このような色の変更による特別図柄の表示態様の変更は、次に示すように実現することが可能である。すなわち、前述した図11に示されるランダムカウンタWC RND ZUを、色を変更する対象の図柄を決定するために用いる。そして、前述した図12に示されるテーブルを1周目〜3周目において色を変更する図柄の指定のために用いる。
【0119】
さらに、図13および図14に示される処理を、図柄の削除に代えて、図柄の色の変更のために用いる。具体的には、前述した図柄削除リーチに代えて、または、図柄削除リーチに加えて、図柄色変更リーチを設定する。そして、図13(B),図14(A),図14(B)のそれぞれの処理の対象を、削除指定図柄に代えて、色変更指定図柄とする。すなわち、図13,図14における処理の対象を、図柄の削除に代えて図柄の色の変更とするのである。このような処理を行なうことにより、図柄の表示態様の変更を色の変更により行なうことが可能である。
【0120】
なお、この実施の形態においては、停止する可能性がない特別図柄と、停止する可能性がある特別図柄とを区別するために、停止する可能性がない特別図柄の色を変化させたが、これに限らず、色を変化させる代わりに、特別図柄の表示の大きさ、表示の濃さ、または表示の形状を変化させるようにしてもよい。停止する可能性がない特別図柄に対して所定の文字、所定の印、または、所定の絵等を表示において付加するようにしてもよい。また、それらを組合せてもよい。そのような処理を行なえば、前述した効果に加えて、可変表示の面白みを向上させることができる。
【0121】
なお、以上に説明した実施の形態においては、キャラクタを欠落させる表示態様の変更,特別図柄の色を変更する表示態様の変更等の表示態様の変更により、停止する可能性がない特別図柄の表示態様を変更し、停止する可能性がある図柄と、停止する可能性がない図柄との表示態様を変更させた例を説明した。しかし、これに限らず、前述した場合とは逆に、停止する可能性がある特別図柄の表示態様を変更することにより、停止する可能性がある図柄と、停止する可能性がない図柄との表示態様を相違させてもよい。そのようにした場合にも、停止する可能性がない特別図柄の表示態様を変更する場合に得られる効果と同様の効果を得ることができる。
【0122】
停止する可能性がある図柄の表示態様の変更の具体例としては、前述したキャラクタの表示の変更、もしくは、特別図柄の表示の色、大きさ、濃さ、または、形状の変更、および、そのような特別図柄の色等の変更に対して所定の文字、所定の印、または、所定の絵の付加等の停止する可能性がない図柄の表示態様の変更の具体例として前述したもののすべてが含まれる。
【0123】
この発明の主な変形例等を列挙する。
(1) 前述した実施の形態においては、識別情報(特別図柄)の表示態様を変更する処理をリーチ状態が発生した場合に行なったが、これに限らず、そのような表示態様変更の処理は、リーチ状態が発生しない場合において行なってもよい。たとえば、左,中,右可変表示部を順次停止表示させる場合において各可変表示部の特別図柄について表示態様の変更を適用してもよい。
【0124】
(2) 図2に示されたランダムカウンタWC RND L,C,Rにより、可変表示装置における識別情報(特別図柄)の表示結果を決定する表示結果決定手段が構成されており、図13および図14に示されたフローチャートにより、前記表示結果決定手段により表示結果として決定された識別情報以外の種類の識別情報のうちの少なくとも一部により構成される第1の識別情報の可変表示中の表示態様と、表示結果決定手段により表示結果として決定された識別情報を少なくとも含み、第1の識別情報以外の識別情報により構成される第2の識別情報の可変表示中の表示態様とを相違させる表示態様の変更を行なう表示態様変更手段が構成されているが、その表示態様変更手段は、次のような表示態様の変更を行なってもよい。すなわち、表示態様変更手段は、識別情報の表示態様を変更する場合に、その識別情報の色を変更してもよい。
【0125】
(3) 前記表示態様変更手段が識別情報の表示態様を変更する場合には、識別情報の色、大きさ、濃さ、または、形状を変更してもよい。さらに、そのような色、大きさ、濃さ、または、形状の変更に加えて、表示される識別情報に対して、所定の文字、所定の印、または所定の絵を付加してもよい。
【0126】
(4) 前記表示態様変更手段は、識別情報の表示態様を変更する場合において、表示態様を変更する対象の識別情報をすべて同時に変更するようにしてもよい。
【0127】
(5) 削除指定図柄は、予めテーブルにより定められていたが、これをランダムに抽選して決定してもよい。
【0128】
(6) 前記表示態様変更手段による前記識別情報(特別図柄)の表示態様の変更は、前記第1の識別情報(停止する可能性がない特別図柄)の方の表示態様の変更により行なってもよく、または、前記第2の識別情報(停止する可能性がある特別図柄)の方の表示態様の変更により行なってもよい。
【0129】
【課題を解決するための手段の具体例】
(1) 図2に示された基本回路33により、可変表示装置4における識別情報(特別図柄)の表示結果を決定する表示結果決定手段が構成されている。その基本回路33は、図5に示されたランダムカウンタWC RND L,C,Rを用いて表示結果を決定する。図4に示された制御回路により、可変表示装置4を可変表示開始させた後表示結果決定手段により決定された識別情報の表示結果を導出表示させる制御を行なう可変表示制御手段が構成されている。図2に示された基本回路33により実行される図13および図14のフローチャートにより、表示結果決定手段により表示結果として決定された識別情報以外の種類の識別情報のうちの少なくとも一部により構成される第1の識別情報(停止する可能性がない特別図柄)の可変表示中の表示態様と、前記表示結果決定手段により表示結果として決定された識別情報を少なくとも含み、前記第1の識別情報以外の識別情報により構成される第2の識別情報(停止する可能性がある特別図柄)の可変表示中の表示態様とを相違させる表示態様の変更を行なう表示態様変更手段が構成されている。
【0130】
(2) 前記表示態様変更手段は、図13,図14,図15,図16に示されるように、前記可変表示装置においてリーチ状態が発生した場合において、その発生後に可変表示されている複数種類の識別情報(特別図柄)について、可変表示中の表示態様の変更(図15,図16参照)を行なう。
【0131】
(3) 図12の削除対象図柄決定テーブルおよび図13のS2に示されるように、前記表示態様変更手段は、リーチ状態が発生した場合に、その発生後に可変表示されている複数種類の識別情報のうち、導出表示されると特定の表示結果(大当り図柄)が成立する識別情報(リーチ図柄)についてはその可変表示中の表示態様を前記第2の識別情報の可変表示中の表示態様と同じ表示態様にする。
【0132】
(4) 前記表示態様変更手段は、図15に示されるように、識別情報(特別図柄)の表示態様を変更する場合に、表示においてその識別情報を構成する要素の一部(たとえばキャラクタ52b)を欠落させる変更を行なう。
【0133】
(5) 前記表示態様変更手段は、図13および図14の図柄削除処理1,図柄削除処理2,図柄削除処理3に示されるように、複数の識別情報(特別図柄)の表示態様を変更する場合に、変更する識別情報を複数組に分け、段階的に1組ずつ識別情報の表示態様を変更する(図12参照)。
【0134】
【課題を解決するための手段の具体例の効果】
請求項1に関しては、可変表示中において、表示結果として導出表示され特定の組合せとなる可能性がある図柄と、表示結果として導出表示される可能性がない図柄とが遊技者により視覚的に容易に判別できるようにすることができる。このため、可変表示中において遊技者により、特定の組合せが得られるか否かがある程度予測できるようにすることができる。さらに、表示結果として導出表示され特定の組合せとなる可能性がある図柄と、表示結果として導出表示される可能性がない図柄とが判別可能になるため、特定の組合せが得られる見た目の確率を向上させることができる。その結果として、遊技者の期待感を高めることができ、遊技者の興趣を向上させることができる。さらにまた、特定の組合せが得られる確率が高い状態であるリーチ状態が発生したときにおいて図柄の表示態様の変更が行なわれるため、遊技者の期待感をさらに高めることができ、遊技者の興趣をより一層向上させることができる。さらにまた、第1の図柄に含まれる種類識別画像が示す図柄の種類の同一性および第2の図柄に含まれる種類識別画像が示す図柄の種類の同一性を保ちつつ図柄の表示態様の変更が行なわれる。このため、可変表示中の図柄の表示順序が変更されないので、停止する可能性がある図柄と、その可能性がない図柄との遊技者による判別を容易にすることができる。
また、図柄の表示態様の変更が、図柄の構成要素の一部を欠落させることにより行なわれるため、表示態様が変更された図柄であっても、その他の構成要素が残る。このため、可変表示される複数種類の図柄の表示順序が変更されないので、表示結果として導出表示される可能性がある図柄と、その可能性がない図柄との判別を遊技者にさらに容易に行なわせることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】遊技機の一例のパチンコ遊技機の遊技盤面の正面図である。
【図2】パチンコ遊技機の制御回路を示すブロック図である。
【図3】パチンコ遊技機の制御回路を示すブロック図である。
【図4】画像表示制御基板に形成された制御回路を示すブロック図である。
【図5】遊技制御,可変表示装置の可変表示制御に用いられる各種ランダムカウンタを説明するための説明図である。
【図6】可変表示装置において可変表示される図柄の配列構成を示す説明図である。
【図7】設定1の場合にランダムカウンタの値により大当りを発生させるか否かを事前に決定するための手順を示すフローチャートである。
【図8】設定2の場合にランダムカウンタの値により大当りを発生させるか否かを事前に決定するための手順を示すフローチャートである。
【図9】設定3の場合にランダムカウンタの値により大当りを発生させるか否かを事前に決定するための手順を示すフローチャートである。
【図10】中図柄決定用の乱数の抽出値と大当り図柄との関係を表形式で示す図である。
【図11】図柄削除の処理に用いられるランダムカウンタを説明するための説明図である。
【図12】削除指定図柄決定テーブルの内容を表形式で示す図である。
【図13】図柄削除の処理に関する処理内容を示すフローチャートである。
【図14】図柄削除の処理に関する処理内容を示すフローチャートである。
【図15】図柄削除の処理によって行なわれる画像の表示態様の変更の具体例を示す図である。
【図16】その他の実施の形態による表示態様の変更の具体例を示す図である。
【符号の説明】
1は遊技盤、3は遊技領域、4は可変表示装置、5は可変表示部、8は可変入賞球装置、33は基本回路、52はCPU、54はROMである。

Claims (1)

  1. 複数種類の図柄を所定順序で配列した配列データに基づいて種類識別画像と所定のキャラクタの画像とが一体として構成された複数種類の図柄を可変表示可能な左可変表示部と中可変表示部と右可変表示部との複数の可変表示部を有する可変表示装置を含み、各可変表示部の表示結果として導出表示された各々の図柄に含まれる種類識別画像の組合わせが予め定められた特定の組合せになったときに、遊技者に有利な状態に制御可能な遊技機であって、
    前記複数の可変表示部の各々の表示結果としての図柄を決定する第1のCPUより成る表示結果決定手段と、
    前記複数の可変表示部において前記複数種類の図柄を前記配列データに基づく図柄ポジション数の順序で巡回させる可変表示を開始させた後、前記表示結果決定手段により決定された図柄を表示結果として導出表示させる制御を行なう第2のCPUより成る可変表示制御手段と、
    前記可変表示装置においてリーチ状態が発生した後に未だ可変表示されている前記可変表示部の前記複数種類の図柄のうち、前記表示結果決定手段により表示結果として決定された事前決定図柄および発生しているリーチ状態との関係において前記特定の組合せを成立させる特定図柄のいずれでもない第1の図柄を対象として、前記種類識別画像以外の構成要素の一部を欠落させる欠落制御を行なうことによって、前記第1の図柄以外の第2の図柄と前記第1の図柄とを前記構成要素の一部の有無の点で相違させる表示態様変更手段と、
    該表示態様変更手段によって前記欠落制御が行なわれるときに、当該欠落制御の対象の第1の図柄以外の図柄に含まれるキャラクタが作用して、当該欠落制御の対象の第1の図柄から構成要素の一部を欠落させていく演出をする演出実行手段とを含み、
    前記第1のCPUは、前記リーチ状態の発生後の前記複数種類の図柄の巡回回数と前記欠落制御の対象の第1の図柄の種類との対応関係を複数パターン定めたテーブルデータと、乱数データとを用いて、前記巡回回数に対応する前記欠落制御の対象の第1の図柄を決定し、
    前記テーブルデータにおいては、前記配列データのうち前記特定図柄の図柄ポジション数を基準とした加算数が規定されており、前記第1のCPUは、当該加算数を前記特定図柄の図柄ポジション数に加算することによって得られる図柄ポジション数に対応する図柄を前記欠落制御の対象の図柄として選択し、かつ、当該選択した図柄が前記第1の図柄以外のときには、さらに当該図柄ポジション数に所定の加算値を加算することによって得られる図柄ポジション数に対応する図柄を前記欠落制御の対象の図柄に変更し、
    前記表示態様変更手段は、前記第1のCPUの選択に基づいて、前記複数種類の図柄を一巡させて可変表示する毎に前記欠落制御の対象の第1の図柄を変えて段階的に複数の第1の図柄について前記欠落制御を実行し、
    前記可変表示制御手段は、前記欠落制御の実行後も前記構成要素の一部が欠落された前記第1の図柄を含む前記複数種類の図柄を前記配列データに基づいた順序で可変表示させてから、前記事前決定図柄を表示結果として導出表示することを特徴とする、遊技機。
JP04109396A 1996-02-28 1996-02-28 遊技機 Expired - Fee Related JP4204648B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04109396A JP4204648B2 (ja) 1996-02-28 1996-02-28 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04109396A JP4204648B2 (ja) 1996-02-28 1996-02-28 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09225098A JPH09225098A (ja) 1997-09-02
JP4204648B2 true JP4204648B2 (ja) 2009-01-07

Family

ID=12598870

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP04109396A Expired - Fee Related JP4204648B2 (ja) 1996-02-28 1996-02-28 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4204648B2 (ja)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001161953A (ja) * 1999-12-09 2001-06-19 Heiwa Corp 遊技機
JP2002272962A (ja) * 2001-03-16 2002-09-24 Okumura Yu-Ki Co Ltd 遊技機
JP4451035B2 (ja) * 2001-09-28 2010-04-14 株式会社三共 遊技機
JP2006198336A (ja) * 2005-01-24 2006-08-03 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ機
JP2007252648A (ja) * 2006-03-23 2007-10-04 Samii Kk 遊技機
JP5067918B2 (ja) * 2006-03-23 2012-11-07 サミー株式会社 遊技機
JP6206635B2 (ja) * 2012-11-19 2017-10-04 株式会社三共 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09225098A (ja) 1997-09-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3992381B2 (ja) 遊技機
JP4121571B2 (ja) 遊技機
JP3990720B2 (ja) 弾球遊技機
JP2006061666A (ja) 遊技機
JP6568705B2 (ja) 遊技機
JPH09253296A (ja) 遊技機
JP2019037528A (ja) 遊技機
JP2005211087A (ja) 遊技機
JP4276062B2 (ja) 遊技機
JP2012161640A (ja) 遊技機
JPH09206437A (ja) 遊技機
JP4204648B2 (ja) 遊技機
JP2001087491A (ja) 遊技機
JP2005204890A (ja) 遊技機
JP2005204889A (ja) 遊技機
JP2005204891A (ja) 遊技機
JP4248608B2 (ja) 遊技機
JP2004329782A (ja) 遊技機
JP2018042711A (ja) 遊技機
JP4222641B2 (ja) 遊技機
JP4114963B2 (ja) 遊技機
JPH11347210A (ja) 遊技機
JP2016140656A (ja) 遊技機
JPH07194808A (ja) 遊技機
JPH09108412A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070627

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070717

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070918

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080311

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080509

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20081007

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20081015

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111024

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111024

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111024

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121024

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121024

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131024

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees