JP4201334B2 - パチンコ機 - Google Patents

パチンコ機 Download PDF

Info

Publication number
JP4201334B2
JP4201334B2 JP2003423235A JP2003423235A JP4201334B2 JP 4201334 B2 JP4201334 B2 JP 4201334B2 JP 2003423235 A JP2003423235 A JP 2003423235A JP 2003423235 A JP2003423235 A JP 2003423235A JP 4201334 B2 JP4201334 B2 JP 4201334B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
value
reselection
symbol
area
random number
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003423235A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005177162A (ja
Inventor
勇夫 後藤
Original Assignee
マルホン工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by マルホン工業株式会社 filed Critical マルホン工業株式会社
Priority to JP2003423235A priority Critical patent/JP4201334B2/ja
Publication of JP2005177162A publication Critical patent/JP2005177162A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4201334B2 publication Critical patent/JP4201334B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、遊技球が通過することにより球検出信号を出力する遊技盤面上の始動領域と、遊技球が入賞可能な状態と不可能な状態とに変換可能な遊技盤面上の変動入賞装置と、複数の図柄を表示すると共に遊技状態に応じた演出画像を表示する画像表示装置とを備えたパチンコ機に関する。
遊技球が通過することにより球検出信号を出力する遊技盤面上の始動領域と、遊技球が入賞可能な状態と不可能な状態とに変換可能な遊技盤面上の変動入賞装置と、複数の図柄を表示すると共に遊技状態に応じた演出画像を表示する画像表示装置と、始動領域からの球検出信号に基づいて、遊技状態を、変動入賞装置へ遊技球が入賞可能な特別遊技作動を実行させるか否かを決定するための当落判定値を選択する当落選択手段と、当落選択手段による選択結果に対応した停止図柄を決定するための停止図柄値を選択する停止図柄選択手段と、停止図柄選択手段が決定した停止図柄を表示するまでの図柄の変動態様を決定するための変動態様値を選択する変動態様選択手段と、始動領域からの球検出信号に基づいて選択された当落判定値、変動態様値及び停止図柄値とを保留記憶として記憶領域に記憶する保留記憶手段と、画像表示装置上で、図柄の変動を行った後、停止図柄を確定表示する一連の図柄生成行程を、各保留記憶に対応した内容で順次実行させる画像表示制御手段と、記憶領域に保留記憶が追加される度に保留記憶の数を1加算し、図柄生成行程が新たに開始される度に保留記憶の数を1減算する保留記憶数演算手段と、前記保留記憶の数を表示する保留記憶数表示装置と、該保留記憶数表示装置の表示を制御する記憶数表示制御手段とを備えたパチンコ機はよく知られている。こうしたパチンコ機としては、例えば第1種パチンコ機や第3種パチンコ機が知られている。
かかるパチンコ機にあっては、遊技球の始動領域通過により、乱数発生手段等から当落判定値、停止図柄値および変動態様値等がそれぞれ取得される。そして、その後に画像表示装置上の図柄を変動開始させた後停止して、停止図柄を表示する一連の図柄生成行程を実行する。この図柄生成行程では取得した当落判定値が当りであれば当り態様の停止図柄を、ハズレであればハズレ態様の停止図柄を遊技者に一定時間停止表示(確定表示)して、遊技者に当落判定の結果を報知する。そして、当り態様の停止図柄が確定表示された場合には、当りとなって、変動入賞装置が遊技球を入賞可能な状態に変換することにより、遊技者が多数の賞球を獲得可能な特別遊技作動が実行される。
なお、この図柄生成行程においては、図柄の変動中に、種々のリーチ変動や、当りの発生を遊技者に予見させる様々な演出表示が画像表示装置上で実行され、遊技者の、特別遊技作動への期待感を高めるようになっている。
また、これらのパチンコ機にあっては、図柄生成行程を開始可能な状態で、遊技球が始動領域を通過した場合には、取得した各値に基づいた図柄生成行程が即座に開始される。一方、図柄生成行程中などで、図柄生成行程を新たに開始できない時に、遊技球が始動領域を通過した場合には、取得した各値を保留記憶として一纏めにして記憶領域に記憶保持する。この保留記憶は所定個数を限度として記憶され、図柄生成行程が開始可能となる度に、保留記憶の内容に基づいた図柄生成行程が記憶された順に開始される。また、かかる構成では、記憶保持された保留記憶が所定限度数である場合には、始動領域を遊技球が通過しても、保留記憶は追加記憶されず無効となる(特許文献1参照)。
特開2000−288197号公報
ところで、従来のパチンコ機の図柄生成行程では、図柄を変動させた後、停止図柄を確定表示するための停止表示時間が設定されている。この停止表示時間は、様々な変動態様(変動パターン)により遊技者の期待感を高める図柄変動中とは対照的に、停止図柄を一定時間表示して遊技者に当りかハズレかを認識させるだけの単調な時間である。しかも、多くの場合、停止表示時間中に遊技者に表示される結果はハズレであり、ハズレの結果が表示される時間中、遊技者は、図柄の変動中の高揚感が冷めて、気落ちしてしまったり、喪失感を感じたりすることとなる。このように従来の停止表示時間中は、遊技者に退屈な思いをさせる時間であり、遊技に熱中させ難いという問題点があった。
本発明は、かかる現状に鑑みてなされたものであり、停止表示時間中に、遊技者に退屈な思いをさせることなく、遊技を間断なく楽しませ得るパチンコ機を提供するものである。
本発明は、遊技球が通過することにより球検出信号を出力する遊技盤面上の始動領域と、遊技球が入賞可能な状態と不可能な状態とに変換可能な遊技盤面上の変動入賞装置と、複数の図柄を表示すると共に、遊技状態に応じた演出画像を表示する画像表示装置と、始動領域からの球検出信号に基づいて、遊技状態を、変動入賞装置へ遊技球が入賞可能な特別遊技作動を実行させるか否かを決定するための当落判定値を選択する当落選択手段と、当落選択手段による選択結果に対応した停止図柄を決定するための停止図柄値を選択する停止図柄選択手段と、停止図柄選択手段が決定した停止図柄を表示するまでの図柄の変動態様を決定するための変動態様値を選択する変動態様選択手段と、始動領域からの球検出信号に基づいて選択された当落判定値、変動態様値及び停止図柄値とを保留記憶として記憶領域に記憶する保留記憶手段と、画像表示装置上で、図柄の変動を行った後、停止図柄を確定表示する一連の図柄生成行程を、各保留記憶に対応した内容で順次実行させる画像表示制御手段と、前記保留記憶手段に保留記憶が記憶される度に保留記憶の数に1加算し、図柄生成行程が新たに開始される度に保留記憶の数を1減算する保留記憶数演算手段と、前記保留記憶数演算手段の結果に基づいて保留記憶の数を表示する保留記憶数表示装置と、記憶数表示装置の表示を制御する記憶数表示制御手段とを備えたパチンコ機において、遊技球が通過することにより球検出信号を出力する遊技盤面上の再選択領域と、画像表示装置上に停止図柄選択手段で選択された停止図柄を確定させるための停止表示時間中に、再選択領域から球検出信号が出力されると、該球検出信号に基づいて、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つを再度選択し直す再選択手段とを備えたことを特徴とするパチンコ機である。
ここで、当落判定値、停止図柄値、変動態様値とは、図柄生成行程で当りとするか否か、図柄生成行程の停止図柄、変動態様(変動パターン)を決定するための値であり、乱数発生手段等を用いて取得されるものであるが、これらの値は、それらを決定するための主要な値であればよく、それら以外にも当りや停止図柄等を選択するためのパラメーターが存在しても構わない。例えば変動態様値に関して言えば、図柄生成行程の変動パターンの全てを決定するための値でなく、リーチ変動を伴う変動態様か、伴わない変動態様かのみを決定するための値であっても構わない。
また、本発明の再選択手段は、一回の停止表示時間中に、再選択領域から球検出信号が複数出力された場合に、保留記憶の値を、球検出信号が出力された回数だけ、保留記憶の値を選択し直すものでも構わないし、一回だけ選択し直すものでも構わない。さらに、再選択手段は、停止表示時間中の再選択領域からの球検出信号に随時対応するものに限らず、停止表示時間中に所定期間が設定され、その所定期間中に生じる球検出信号によってのみ保留記憶を選択し直すような構成でも構わない。
かかる構成にあっては、停止表示時間中に、遊技盤面上に設けられた再選択領域を遊技球が通過すると、保留記憶の内容が再度選択し直される。すなわち、当落判定値、停止図柄値、変動態様値の少なくとも一つを再度取得した後、記憶領域に記憶される保留記憶の値を取得した値に書き換える。従って、例えば、ハズレの当落判定値を記憶保持する保留記憶を当りとなるものに変更したり、リーチ変動や演出表示のないつまらない変動パターンが実行される変動態様値を、演出効果の高いものに変更したりするなど、遊技球の始動領域通過により生じた保留記憶を、遊技者にとって好ましい内容に変更可能となる。このように、本発明のパチンコ機にあっては、停止表示時間が、遊技者の技量により保留記憶を変更できる特別な時間となっており、遊技者は、図柄の変動が停止してハズレ態様の停止図柄が確定表示されても、再選択領域へ遊技球を通過させようと挑戦することにより、興奮を持続したまま遊技を続けることが可能となる。
ところで、上述の構成にあっては、停止表示時間中の再選択領域通過により、無作為に保留記憶の値を選択し直していると、元々当りとなる当落判定値が記憶されていたものがハズレの値に変更されたり、リーチ変動を伴う変動態様を選択する変動態様値がリーチ変動なしの値に変更されるといった具合に、遊技者が望まない方向に、保留記憶の値が書き換えられる場合もあり得る。こうした保留記憶の値の変更を抑制し得る構成の一つとして、停止表示時間中の再選択領域からの球検出信号に応じて、再選択手段により保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つを再度選択し直すか否かを判定する再選択判定手段を備え、再選択判定手段が変更すると判定した場合にのみ、再選択手段は、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つを再度選択し直すようにした構成としている。かかる構成では、停止表示時間中に再選択領域で遊技球が検知されると、再選択判定手段が、保留記憶の値を再度選択し直すかどうかの判定を行い、再度選択し直すと判定した場合にのみ、保留記憶の値が選択し直される。従って、保留記憶の当落判定値が既に当りである場合には、再選択判定手段により、選択し直さないと判定させるように条件設定すれば、保留記憶の内容が遊技者の望まない方へ変化するのを抑制可能となる。具体的な判定方法としては、上述のように保留記憶の値を参照して選択し直すかどうかの可否を判定してもよいが、再取得した値に基づいて判定を行うようにしてもよい。すなわち、再選択手段により当落判定値等の値を再取得だけさせておいて、取得した当落判定値が当りとなるものであった場合にのみ、再選択判定手段が、再選択手段に保留記憶の書き換えを実行させるといったような判定方法も可能である。
さらに、停止表示時間中の再選択領域からの球検出信号に応じて、当落判定値、変動態様値及び停止図柄値の中から、少なくとも一つを選び出す再選択内容決定手段を備え、再選択手段は、再選択内容決定手段により選び出された値について、保留記憶手段が記憶する値を再度選択し直すようにした構成も提案される。かかる構成にあっては、停止表示時間中に再選択領域で遊技球が検知されると、再選択内容決定手段が当落判定値、変動態様値、停止図柄値のどれか、若しくは全てを選択し、選択された値に関して保留記憶の値が再度選択し直される。このように、遊技球が再選択領域を通過しても画一的に保留記憶を選択し直すのではなく、より多様な形で保留記憶を変更することが可能となる。この再選択内容決定手段の具体的方法に関しては、上記再選択判定手段と同様に、保留記憶の値や、取得した値の内容を参照して判定可能であるし、単に乱数による振分けであっても構わない。
また、再選択領域は、遊技盤面上の通過口等に球検出信号を出力するスイッチ等を取り付けることにより配設可能であるが、既存の入賞口の内部に設けたり、始動領域と兼用させて、球検出信号の出力手段を共通させたりすることも考えられる。また、この再選択領域は、一箇所に限らず複数箇所に配設することも可能であり、複数の再選択領域毎に、遊技球が通過した場合に、保留記憶を選択し直すパターンを異ならせて、遊技に多様性をもたせることも可能である。
ところで、保留記憶は、所定数(例えば4個)を上限として記憶領域に複数記憶され得るものであるが、再度選択し直す保留記憶の対象は、いずれの保留記憶であっても構わない。もちろん、再選択領域からの球検出信号により、複数の保留記憶の値を一度に選択し直すことも可能であるし、状況に応じて再度選択し直す対象の保留記憶を選択するような選択手段を設けることも可能である。
また、再選択手段により、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つが再度選択し直されたことを遊技者に報知する再選択報知手段を設けた構成が提案される。かかる構成にあっては、停止表示時間中に再選択領域で遊技球が検知された後、再選択報知手段が、保留記憶の内容が再度選択し直されたかどうか、そして、場合によっては、どの保留記憶の、どの種類の値が書き換えられたか、また、どのように書き換えられたか等の情報を、遊技者に報知する。このため、遊技者は、選択し直された保留記憶に基づく図柄生成行程に対して、当りへの期待を一層募らせることとなり、遊技の興趣性を一層向上させることができる。
また、再選択領域の上方に位置し、遊技球を保留する保留状態と、保留した遊技球を解放して再選択領域へ流下させる開放状態とに変換可能な球保留装置と、所定契機により該球保留装置の状態を変換駆動させる変換制御手段を備えた構成も提案される。かかる構成にあっては、球保留装置により、再選択領域の上方で遊技球を係止し、変換制御手段により球保留装置を開放状態に変換させることにより、遊技球を、任意のタイミングで再選択領域へ流下させることが可能となり、球保留装置を変換駆動する契機を適宜設定することにより、新たな趣向性が加味された面白い遊技を提供可能となる。
本発明は、遊技球が通過することにより球検出信号を出力する遊技盤面上の再選択領域と、画像表示装置上に停止図柄選択手段で選択された停止図柄を確定させるための停止表示時間中に、再選択領域から球検出信号が出力されると、該球検出信号に基づいて、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つを再度選択し直す再選択手段とを備えたことを特徴とするパチンコ機であるから、停止表示時間が、遊技者の技量により保留記憶を変更可能な特別な期間となり、従来構成では退屈な停止表示時間中にあっても、遊技者は飽くことなく遊技に興じることができる。
そして、かかる構成にあって、停止表示時間中の再選択領域からの球検出信号に応じて、再選択手段により、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つを再度選択し直すか否かを判定する再選択判定手段を備えたから、保留記憶の値を、遊技者の望ましい方向に選択的に変更させることが可能となり、遊技球を再選択領域へ通過させようとする遊技者の挑戦意欲を一層増進させることができる。
また、停止表示時間中の再選択領域からの球検出信号に応じて、当落判定値、変動態様値及び停止図柄値の中から、少なくとも一つを選び出す再選択内容決定手段を備えた場合には、遊技球の再選択領域通過により、保留記憶の値を、より多様に変更することが可能となり、遊技者の想像力を刺激することにより、遊技を盛り上げることができる。
さらに、再選択手段により、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つが再度選択し直されたことを遊技者に報知する再選択報知手段を設けた場合には、再選択領域を遊技球が通過した後、目には見えない保留記憶が選択し直される過程を、遊技者に認識させることが可能となり、再度選択し直された保留記憶に基づく図柄生成行程に対し、遊技者に強い期待を抱かせることができる。
そして、再選択領域の上方に位置し、遊技球を係止する保留状態と、係止した遊技球を開放して再選択領域へ流下させる開放状態とに変換可能な球保留装置と、所定契機により該球保留装置の状態を変換させる変換制御手段を備えた場合には、遊技球を任意のタイミングで再選択領域へ流下させることが可能となり、遊技状態に応じて、保留記憶の変更を可能にしたり、不可能にしたりすることで、多様な遊技形態を実現可能となる。
本発明の実施形態を、いわゆる第1種パチンコ機に適用した実施例を用いて説明する。なお、本実施例のパチンコ機においては、以下に述べる特別保留記憶と普通保留記憶とが存在するが、本発明の保留記憶は、特別保留記憶に対応するものである。
図1は本実施例のパチンコ機における遊技盤1の正面図である。この遊技盤1の盤面上には、ほぼ円形を呈する誘導レール2によって遊技領域3が区画形成されている。
この遊技領域3の中央には、液晶表示器や発光ダイオードLED等を組み込んだセンターケース4が配設される。図2は、この遊技領域3の中央に配設されたセンターケース4の正面図である。ここでセンターケース4内には、画像表示装置6が組み付けられている。この画像表示装置6は、液晶表示器又はCRT表示器等からなり、前面に設けられた画像表示領域7に三つの特別図柄A,B,Cが横並びに表示される。この特別図柄A,B,Cは、それぞれ「0」〜「9」の数字からなり、各特別図柄A、B,Cが数字の順序に配列された上下方向の特別図柄列を構成している。そして、後述する特別始動領域14を遊技球が通過すると、特別図柄A,B,Cが変動開始し、その後停止して、いずれかの数字を停止図柄として確定表示する一連の図柄生成行程が実行される。この図柄生成行程にあって、特別図柄A,B,Cの全てが停止する前段階として、二つの特別図柄A,CがA=Cで停止した場合には、いわゆる「リーチ」となって後述のリーチ変動が実行される。そして、停止した特別図柄A,B,Cからなる、横方向に並列表示された停止図柄の組合せ態様が当り態様(A=B=C)である場合に、いわゆる「大当り(当り)」となって後述の特別遊技作動が実行される。
また、画像表示装置6の右上位置には、四個の発光ダイオードLEDからなる特別記憶数表示装置5が設けられている。この特別記憶数表示装置5は、発光ダイオードLEDの点灯数により、後述の特別保留記憶数Uを表示するものであり、この特別記憶数表示装置5が本発明の記憶数表示装置を構成する。
一方、画像表示装置6の右側には、三個の発光ダイオードLEDからなる普通図柄表示装置9が配設される。そして、後述する普通図柄作動ゲート13を遊技球が通過すると、この発光ダイオードLEDが順次点滅し、その後、種々の点灯態様のいずれかで点灯する。この点灯態様が所定の点灯態様であると当りとなり、後述の普通電動役物15が拡開作動する。
また、画像表示装置6の左上位置には、四個の発光ダイオードLEDからなる普通記憶数表示装置11が配設されている。この普通記憶数表示装置11は、後述の普通図柄始動スイッチS2(図5参照)の遊技球検出を、主制御基板60(図5参照)の記憶装置RAMの一部領域が記憶した場合に、その記憶数を表示するものである。
さらに、図1に示すように、センターケース4の両側方には、普通図柄作動ゲート(普通図柄始動領域)13,13が設けられる。この普通図柄作動ゲート13を遊技球が通過すると、この普通図柄作動ゲート13に内蔵された普通図柄始動スイッチS2が遊技球通過を検知し、かかる検知信号に基づいて、前記普通図柄表示装置9を点滅開始させる。
また、センターケース4の直下位置には、内部を特別始動領域14とする普通電動役物15が配設されている。この普通電動役物15は、開閉翼片を備え、普通図柄表示装置9の点灯態様が、上述の当り態様の場合に、この開閉翼片が所定時間拡開する。このように、普通電動役物15が拡開作動すると、開閉翼片により入賞口を兼ねた入り口の開口度が変化し、遊技球が特別始動領域14を通過し易い(入賞し易い)状態となる。なお、この開閉翼片の拡開作動は、普通電動役物ソレノイド(図5参照)により作動する。また、この普通電動役物15内には、光電スイッチ、リミットスイッチ等の始動口スイッチS1(図5参照)が備えられ、特別始動領域14を遊技球が通過して、始動口スイッチS1が球検出信号を出力すると、特別図柄A,B,Cの始動(変動開始)条件が成立する。すなわち、この特別始動領域14が本発明の始動領域にあたるものである。
普通電動役物15の直下位置には、内部に特定領域と一般領域とを有する大入賞口23を具備する変動入賞装置25が配設されている。この変動入賞装置25は横長矩形状の開閉片24を具備し、この開閉片24は大入賞口開放ソレノイド(図5参照)により開閉制御されることにより大入賞口23が開放状態又は閉鎖状態のいずれかに変換される。なお、大入賞口23内部には、特定領域に入った遊技球を検知する特定領域スイッチS3と、当り中の入賞個数を計数するカウントスイッチS4とが設けられている。ここで特定領域スイッチS3にも、特定領域に入った遊技球を計数するカウントスイッチとしての機能が備えられている。
また、図2に示すように、センターケース4の、画像表示装置6の両脇位置には、球通路16,17がそれぞれ設けられている。この左右の球通路16,17は、その内部を本発明の要部である再選択領域とするものであり、後述するように、その内部には球検出手段が設けられ、遊技球がこの球通路16,17を通過すると、該球検出手段が球検出信号を出力する。そして、図柄生成行程の停止表示時間中に、該球検出信号が出力されると、この検出信号に基づいて特別保留記憶の値が再度選択し直される。
左側の左球通路16の球入口19は、図2,3に示すように、センターケース4の上部中央位置に形成される。そして、この球入口19に流入した遊技球は、左球通路16を通り、画像表示装置6の左脇に形成された、球出口20からセンターケース4下部に設けられたステージ12上に排出される。ここで、左球通路16内には光電スイッチ等からなる左再選択スイッチS5が備えられ、遊技球の左球通路16通過により、この左再選択スイッチS5が球検出信号を出力する。また、ステージ12上に排出された遊技球は、ステージ12の形状に合わせて揺動し、センターケース4の下方へと流下する。
一方、右側の右球通路17の球入口21は、図2,4に示すように、センターケース4の右側部に形成されており、この球入口21に流入した遊技球は、右球通路17を通り、画像表示装置6右脇の球出口22からステージ12上に排出される。また、この右球通路17内にも、遊技球の通過により球検出信号を出力する右再選択スイッチS6が設けられている。なお、本実施例にあっては、左球通路16の方が右球通路17よりも遊技球が流入し易い構成となっており、後述するように、遊技球が通過した際に、再選択する特別保留記憶の乱数値の種類を、左球通路16と右球通路17とで異ならせている。
次に、本実施例のパチンコ機の遊技作動を、図1,2を参照して簡単に説明する。なお、上述のように本実施例のパチンコ機は、第1種パチンコ機に本発明を適用したものであり、既知の第1種パチンコ機に準じた遊技が実行される。このため、従来の第1種パチンコ機と共通する遊技作動についての詳細な説明は省略する。
遊技球が発射装置から遊技盤1の遊技領域3に発射され、該遊技球が特別始動領域14を通過した場合、図柄生成行程が直ちに開始可能であれば、画像表示領域7の特別図柄A,B,Cが変動し、図柄生成行程が開始される。一方、図柄生成行程の実行中等で、図柄生成行程が開始できない場合には、特別記憶数表示装置5の点灯数が一つ追加され、新たな図柄生成行程が開始可能となる度に、未実行の図柄生成行程が開始されると共に、特別記憶数表示装置5の点灯数が一つ減少する。
さらには、この特別始動領域14の遊技球通過に基づき、遊技者に所定数の賞球が払い出されると共に、スピーカや装飾用ランプが所定態様で作動し、遊技を盛り上げる。なお、後述するように、未実行の図柄生成行程の変動態様や停止図柄等に関する情報は、特別保留記憶として、実行開始まで所定の記憶領域に保持されるが、これは所定数(四個)を限度として記憶保持可能となっており、特別保留記憶の数が上限数であった場合には、新たに記憶することができないため、賞球のみが遊技者に払い出される。
そして、図柄生成行程が開始されると、特別図柄A,B,Cは所定時間変動し、その後、当り態様若しくはハズレ態様の組合せの停止図柄が一定時間停止表示(確定表示)される。ここで、図柄生成行程中には、場合によって遊技者の大当り(当り)への期待感を高めるいわゆるリーチ変動が実行される。このリーチ変動では、複数の特別図柄A,B,Cのうち少なくとも二箇所に同図柄が揃った状態で停止し、画像表示領域7の隅で小さく図柄列を表示し、それ以外で多様な演出が実行される。かかるリーチ変動を実行する場合には、通常よりも当り図柄で確定表示する頻度が高くなるように設定されており、遊技者はリーチ変動により大当りの期待感を高めると共に、画像表示領域7での多様な演出態様により、特別図柄A,B,Cの全てが停止するまで興奮を持続させることができる。そして、特別図柄A,B,Cが停止すると、遊技者に停止図柄の組合せ態様を認識させるために、その停止図柄は一定時間停止表示(確定表示)される。この停止図柄を確定表示するための時間が停止表示時間であり、本実施例にあっては、この停止表示時間は1秒間に設定されている。
ここで、特別図柄A,B,Cが当り態様の組合せ(A=B=C)で確定表示されて大当り(当り)となると、図柄生成行程の終了後、以下の特別遊技作動が実行される。すなわち、画像表示領域7で開始ディレーが表示実行された後、変動入賞装置25の内部に設けらた大入賞口ソレノイドが駆動し、開閉片24を前方に傾動して大入賞口23を開放し、開閉ラウンドを実行する。そして、大入賞口23の特定領域に遊技球が流入すると、次の開閉ラウンドへ移行され、一旦開閉片24が閉鎖駆動して、1ラウンドを終了する。そして、その動作終了後に再び大入賞口23が開放して、次の開閉ラウンドへ移行する。一方、所定制限時間(30秒)が経過するか、この所定制限時間内に、遊技球が10個入賞しても、大入賞口23は閉鎖する。このような開閉ラウンドを最大15回繰り返し、遊技球の入賞に応じて賞球を払い出して、遊技者に所定の利得を供与する。そして、一連の変動入賞装置25の開閉作動が終了すると、画像表示領域7で終了ディレーを表示実行し、特別遊技作動を終了する。
また、本実施例にあっては、大当りとなった停止図柄の組合せが、特定の組合せ(A=B=C=奇数)であった場合に、当該大当りによる特別遊技作動の終了後に、確変遊技状態となるように制御している。この確変遊技状態は、通常遊技状態に比して大当り確率が高くなる、遊技者にとって有利な遊技状態であり、さらに、普通図柄表示装置9は、通常遊技状態に比して、点滅時間が短縮されると共に、普通図柄の当りによって拡開作動する普通電動役物15の拡開時間が延長されて、普通電動役物15への入賞頻度も高くなるようになっている。
次に普通図柄表示装置9の変動態様について概説する。
遊技球が普通図柄作動ゲート13を通過すると、普通図柄表示装置9の三個の発光ダイオードLEDが点滅開始する。この点滅は、「上下の発光ダイオードLEDが点灯」又は「中央の発光ダイオードLEDのみが点灯」のいずれかの状態で停止する。一方、この普通図柄表示装置9の点滅中または普通電動役物15の開放動作中に、遊技球が普通図柄作動ゲート13を通過すると、普通記憶数表示装置11の発光ダイオードLEDの点灯数が追加され、未実行の点滅回数を遊技者に報知する。
この普通図柄表示装置9の点滅停止後、又は普通電動役物15の開放動作終了後に、普通記憶数表示装置11の発光ダイオードLEDが点灯している場合には、該発光ダイオードLEDが一つ消灯し、普通図柄表示装置9は再び点滅開始する。そして、普通図柄表示装置9は所定時間経過すると点滅を停止し、中央の発光ダイオードLEDのみが点灯した状態であれば当りとなり、普通電動役物15の拡開作動が実行される。
次に、本実施例のパチンコ機の遊技作動を制御する制御回路を、図5を参照して説明する。
マイクロコンピュータを構成する主制御基板60には、パチンコ機の遊技作動等を制御するための基板回路が設けられている。この主制御基板60は、遊技の統括的な制御を実行するものであり、本発明の再選択手段、再選択判定手段および再選択内容決定手段等は、主にこの主制御基板60により実現される。この基板回路上には主制御用中央制御装置CPUが配設されている。この主制御用中央制御装置CPUには、演算処理に用いる動作プログラムを格納する記憶装置ROMと、必要なデータを随時読み書きできる記憶装置RAMとが、データを読み書きするアドレスを指定する情報を一方的に伝えるアドレスバス(図示省略)と、データのやり取りを行うデータバス(図示省略)を介して接続され、主制御基板60の基板回路を構成している。記憶装置ROMには、制御プログラムや、各種乱数テーブル等の固定データが格納されている。ここで、この乱数テーブルとしては、大当り乱数テーブル、大当り図柄乱数テーブル、リーチ選択乱数テーブル、及び変動パターン選択乱数テーブル等があり、所定の要件が充足されると主制御用中央制御装置CPUが各乱数テーブルから乱数値を取得する。また、この記憶装置ROMには、取得された乱数値に基づき、図柄生成行程での図柄変動態様を決定するための変動パターンテーブルも格納されている(図6参照)。
ここで、各乱数テーブルについて説明する。
大当り乱数テーブルは、0〜299の300コマからなる。この大当り乱数テーブルから取得された大当り乱数値Kは、所定の判定データと比較され、取得した大当り乱数値Kが判定データの値と一致していた場合には「大当り」となり、不一致であった場合には「ハズレ」となる。ここで所定判定用データには、高確率用判定データ「7,11,127,233,273」と低確率用判定データ「7」の二種類があり、通常遊技状態では、大当り乱数値Kは低確率用判定データと比較されるが、上述の確変遊技状態では、高確率用判定データと比較される。すなわち、通常遊技状態では、大当り乱数テーブルから取得した大当り乱数値KがK=7の場合にのみ「大当り」となり、確変遊技状態では、大当り乱数テーブルから取得した大当り乱数値KがK=7,11,127,233,273の場合に「大当り」となる。従って、通常遊技状態では、「大当り」となる確率(以下、大当り確率という)は1/300であり、確変遊技状態では、大当り確率は5/300(=1/60)となる。この大当り乱数値Kが、本発明の当落判定値あたるものであり、当落選択手段や当落判定手段は主制御基板60により構成される。
また、大当り図柄乱数テーブルは0〜9の10コマからなり、取得した大当り乱数値Kの内容が「大当り」である場合に、特別図柄A,B,CがA=B=Cとなる停止図柄の組合せを決定するのに用いられる。例えば、この大当り図柄乱数テーブルから取得した大当り図柄乱数値LがL=3の場合に、特別図柄は「3,3,3」で停止する。すなわち、この大当り図柄乱数値Lが、本発明の停止図柄値にあたるものであり、停止図柄選択手段は主制御基板60により構成される。
また、リーチ選択乱数テーブルは0〜19の20コマからなり、取得した大当り乱数値Kの内容が「ハズレ」である場合に、このリーチ選択乱数テーブルから取得したリーチ選択乱数値Nにより、該当する図柄生成行程でリーチ変動を行うか否か決定する。本実施例では、取得したリーチ選択乱数値NがN=3・17の場合に、後述の図柄表示制御基板62で特別図柄A=C≠Bのハズレとなる停止図柄の組合せが決定され、当該図柄生成行程でリーチ変動を伴い、ハズレの組合せの停止図柄を表示する図柄生成行程が実行される。
そして、変動パターン選択乱数テーブルは0〜49の50コマからなり、遊技球の特別始動領域14あるいは左再選択スイッチS5又は右再選択スイッチS6の通過により、この乱数テーブルから0〜49のいずれかの変動パターン選択乱数値Gが取得される。そして、この変動パターン選択乱数値Gに基づいて、記憶装置ROMに記憶された変動パターンテーブル(図6参照)から、図柄生成行程での変動態様が決定される。
すなわち、大当りの場合、または、ハズレで且つリーチ変動を実行する場合には、取得した変動パターン選択乱数値Gに基づいて、変動パターンテーブル(図6参照)からパターン1〜5のいずれかの変動態様として決定される。一方、ハズレで、リーチ変動も行わない場合には、変動パターン選択乱数値Gに基づいて、変動パターンテーブルからパターン6〜10のいずれかの変動態様が決定される。このように、これらのリーチ選択乱数値Nや変動パターン選択乱数値Gが、本発明の変動態様値にあたるものであり、変動態様選択手段は主制御基板60により構成される。
ここで、前記変動パターンテーブルには、各種のリーチ変動を伴う変動態様(変動パターン)が記憶されている。これらのリーチ変動には、通常リーチ変動やロングリーチ変動、スペシャルリーチ変動等の種類があり、変動パターンテーブルにより、大当りとハズレの場合の実行比率を種類ごとに変化させることで、見掛け上の大当り確率を異ならせて、遊技者の期待感を盛り上げるようにしている。また、各リーチ変動態様は、低速スクロール、逆走行、低速走行からの加速的停止等によって、さらに多様なパターンを構成している。なお、本実施例にあっては、取得した変動パターン選択乱数値Gの値が大きい程、遊技者の大当りへの期待感を高め得る変動パターンが選択されるようになっている。
一方、記憶装置RAMには、始動口スイッチS1、普通図柄始動スイッチS2のON作動による通過記憶等が一時的に記憶される記憶エリア、ソフトタイマを構成するレジスタ領域、及びワークエリア等が設けられている。すなわち、この記憶装置RAMに、本発明に係る特別保留記憶や特別保留記憶数U等が記憶保持される。
特別保留記憶は、特別始動領域14の遊技球通過により取得された大当り乱数値K、大当り図柄乱数値L、リーチ選択乱数値N、変動パターン選択乱数値G等の各種乱数値が一纏めにして記憶保持されたものである。ここで記憶装置RAM内には、特別保留記憶を記憶するための四つの記憶領域1〜4が設けられており、発生した特別保留記憶のうち、最も先に記憶されたものから順番に、記憶領域1から記憶領域4へと記憶保持される。そして、画像表示領域7で図柄生成行程を開始可能となると、この記憶領域1に記憶保持される特別保留記憶に基づいた図柄生成行程が実行開始されると共に、記憶領域2〜4に特別保留記憶が残っている場合には、それらの特別保留記憶が記憶領域1〜3へとシフトする。そして、図柄生成行程が終了すると、新たに記憶領域1に基づく図柄生成行程が実行開始される。また、記憶領域1〜4に何個、すなわち図柄生成行程何回分の特別保留記憶が記憶されているかが、特別保留記憶数Uとして記憶装置RAMに記憶保持される。
また、記憶装置RAM内には、各種フラグやタイマー等を記憶するための記憶領域も設けられる。ここで本発明に係るフラグとしては、タイマーフラグやL_SWフラグ、R_SWフラグ等がある。各フラグについて簡単に説明すると、タイマーフラグは、特別保留記憶を再度選択可能な期間であるか否かの判断に用いられる。本実施例にあっては、停止表示時間(1秒間)の開始から0.8秒間と設定された乱数再取得期間中に、球通路(再選択領域)16,17を遊技球が通過した場合にのみ特別保留記憶が選択し直され、このタイマーフラグは、かかる乱数再取得期間中にのみONとなる。また、L_SWフラグおよびR_SWフラグは、前記乱数再取得期間中に、左右の再選択スイッチS5,S6から球検出信号が出力されたか否かを判断するためのフラグである。
さらに、この主制御基板60の基板回路には、所定のクロックパルスを出力するクロック装置(図示省略)が設けられ、主制御用中央制御装置CPUに接続されている。そして主制御用中央制御装置CPUは、一定間隔のクロックパルスによって時系列的に演算処理を行い、一連の処理作動を順次実行する。また、このクロック装置により出力されたクロックパルスをカウントして、時間を計測するタイマーTMも接続されている。
また、この主制御基板60の基板回路には、主制御用中央制御装置CPUが周辺機器とデータ通信を行う入力ポート(図示省略)及び出力ポート(図示省略)が設けられており、この出力ポートを介して主制御基板60からの制御指令が、図柄表示制御基板62、音源制御基板63、光源制御基板64、及び払出制御基板65の各入力ポートに向け、一方向に出力されるように接続されている。また、主制御基板60の入力ポートには、上述した始動口スイッチS1が接続されると共に、盤面中継基板61を介して、普通図柄始動スイッチS2、特定領域スイッチS3、カウントスイッチS4、及び本発明に係る左右の再選択スイッチS5,S6が接続されている。そして、主制御基板60が2msごとに各スイッチS1〜S6の遊技球検出状態を調べ、遊技球検出があると、その信号が波形整形回路により波形整形されて主制御用中央制御装置CPUに入力され、その情報を記憶装置RAMに記憶する。また、主制御基板60の出力ポートには、盤面中継基板61を介して普通電動役物15の開閉翼片を拡開する普通電動役物ソレノイドや、変動入賞装置25の開閉片24を開閉する大入賞口ソレノイド等が接続され、主制御用中央制御装置CPUが所定の条件を選出した場合に作動される。
ここで主制御用中央制御装置CPU、及び後述する各制御基板62,63,64,65に設置されている各中央制御装置CPUは、所定のデータの処理を行う演算ユニット(ALU)を連成した演算装置と、この演算装置に入出力するデータや読み込んだ命令を保管しておくレジスタと、命令を解読するデコーダ等によって構成されている。なお、この演算ユニットの連成数によって、中央制御装置CPUの演算処理能力が決まる。そして、この主制御用中央制御装置CPUは、所定の形式で生成したデータ又はコマンドを各制御基板62,63,64,65にそれぞれ出力し、各制御基板62,63,64,65の中央制御装置CPUがこのデータ等に従って所定の制御を処理実行することとなる。
上記の図柄表示制御基板62には、画像表示装置6の画像表示領域7の表示態様を制御するための基板回路が設けられている。この基板回路は、図柄生成行程の表示パターン等の表示態様を制御処理する図柄制御用中央制御装置CPUに、その表示態様に関する固定データが格納されている記憶装置ROMと、必要なデータを読み書きできる記憶装置RAMと、入力ポート及び出力ポートとが接続されて構成されている。
図柄表示制御基板62は、主制御基板60から入力ポートを介して入力されたデータ又はコマンドを図柄制御用中央制御装置CPUにおいて演算処理し、所定の表示態様を表示するデータを、出力ポートを介して表示用ドライバに出力する。そして、この表示用ドライバが、前記データに従って画像表示装置6の画像表示領域7に所定態様で表出させる。すなわち、この図柄表示制御基板62および主制御基板60等により、画像表示装置6上で図柄生成行程を実行させる画像表示制御手段が構成される。
上記の音源制御基板63には、スピーカから発生する効果音等を制御するための基板回路が設けられている。この基板回路は、音響を制御する音源制御用中央制御装置CPUに、動作プログラムや音響発生パターン等の固定データが格納されている記憶装置ROMと、必要なデータを読み書きする記憶装置RAMと、入力ポート及び出力ポートとが接続されて構成されている。この音源制御基板63は、上記の主制御基板60より入力ポートを介して入力されたデータ又はコマンドを音源制御用中央制御装置CPUで演算処理し、所定の音データを、出力ポートを介してサウンドジェネレータに出力し、このサウンドジェネレータが、前記音データに従ってスピーカに効果音を出力させる。
上記の光源制御基板64には、特別記憶数表示装置5、普通図柄表示装置9、普通記憶数表示装置11、その他の装飾ランプ等を制御するための基板回路が設けられている。この基板回路は、発光ダイオードLEDやランプ等の点灯、点滅等を制御する光源制御用中央制御装置CPUに、動作プログラムや、発光ダイオードLED,装飾ランプ等を所定の発光態様に従って発光させるための発光パターン等の固定データが格納されている記憶装置ROMと、必要なデータを読み書きする記憶装置RAMと、入力ポート及び出力ポートとが接続されて構成されている。
この光源制御基板64は、光源制御用中央制御装置CPUで、上記の主制御基板60から入力ポートを介して入力されたデータ又はコマンドを演算処理し、所定の光データを、出力ポートを介して、発光ダイオードLEDやランプ等を発光作動するドライバを配した光源作動基板に出力し、この光源作動基板が、所定の発光ダイオードLEDやランプ等を点灯、点滅させる。
上記の払出制御基板65には、遊技球の貸球や賞球等を制御するための基板回路が設けられている。この基板回路は、貸球ユニットや賞球ユニット等の各種ソレノイドを作動して、所定の貸球や賞球の供給を制御する払出制御用中央制御装置CPUに、動作プログラム、賞球や貸球の球数パターン等の固定データが格納されている記憶装置ROMと、球数カウントデータ等の必要なデータを読み書きする記憶装置RAMと、入力ポート及び出力ポートとが接続されて構成されている。この払出制御基板65は、主制御基板60から入力されたデータ又はコマンドに従い、払出制御用中央制御装置CPUで演算処理し、所定のデータを、出力ポートを介して払出中継基板に送信し、このデータにより貸球ユニットや賞球ユニット等の各種ソレノイドを作動し、所定の貸球や賞球の払い出しを実行する。また、払出制御基板65は、遊技球の貸球を記憶したプリペイドカードの読込みや書込みを行うプリペイドカードユニットと、このプリペイドカードのデータ処理を中継するCR接続基板を介して接続され、遊技球の残球データ等をやり取りする。
次に、主制御基板60で行われる、本実施例のパチンコ機の制御処理を説明する。
このパチンコ機の制御処理は、図7に示すように、電源投入後の初期処理の後、複数のサブルーチンからなるメインルーチンを繰り返し実行するメインルーチンからなるものである。すなわち、まずパチンコ機の電源を入れると、内部動作初期設定が行われた後、記憶装置RAMの消去条件が成立しているかを確認し、条件が成立しているならば、記憶装置RAMの内容が消去され、続いて内部デバイスの初期設定が行われる。
こうした、電源投入後の初期処理が行われた後に、制御コマンド送信処理、スイッチ処理、乱数更新処理、球切れ処理、下皿満杯処理、通過口検出処理、始動口処理、図柄処理、変動入賞装置作動処理、普通図柄作動処理、普通電動役物閉止処理を実行し、その後、制御コマンド送信処理から普通電動役物閉止処理までの一連のサブルーチンを繰り返し実行する。なお、この制御コマンド送信処理から普通電動役物閉止処理までのループ処理は、上述したタイマーTMによりカウントされる所定単位時間(2ms)ごとに実行される。
このメインルーチンの構成は、従来のパチンコ機で採用されているものであり、上述したサブルーチンの多くは従来機同様の制御処理を行うものである。このため、本発明に係る当落選択手段、停止図柄選択手段、変動態様選択手段、保留記憶手段、保留記憶数演算手段、そして再選択手段を実現させる通過口検出処理、始動口処理、及び図柄処理の三つのサブルーチンについてのみ詳述する。
まず、通過口検出処理について、図8を参照して説明する。通過口検出処理では、停止表示時間中に設定される乱数再取得期間にセンターケース4内の球通路16・17に設けられている左再選択スイッチS5・右再選択スイッチS6で遊技球が検出されたか否かを判定する。なお、本実施例では、乱数再取得期間は停止表示時間(1秒間)の開始から0.8秒間となっている。
通過口検出処理が開始されると、タイマーフラグが確認され、タイマーフラグがOFFである場合には、通過口処理を終了する。なお、上述したように、タイマーフラグは乱数再取得期間中にのみONとなるものである。
そして、タイマーフラグがONである場合には、左球通路16に設けられた左再選択スイッチS5から球検出信号が出力されたか否かが判断され、球検出信号が出力された場合には、L_SWフラグをONとして、通過口検出処理を終了する。
一方、左再選択スイッチS5の球検出信号が検知されなかった場合には、右再選択スイッチS6からの球検出信号の有無を判定し、出力されていた場合にはR_SWフラグをONとして、通過口処理を終了する。
次に、特別始動領域14の遊技球通過に関する処理を行う始動口処理について説明する。始動口処理では、図9に示すように、その開始時に、所定期間内に遊技球が特別始動領域14を通過しているか、すなわち始動口スイッチS1がON作動しているかをチェックする。そして遊技球通過がない場合には始動口処理を終了し、遊技球通過を確認した場合には、以下に述べる制御処理を実行する。
まず、記憶装置RAMに記憶保持される特別保留記憶数UがU<4であるか否かを判定する。そして、特別保留記憶数UがU≧4である場合は、記憶領域1〜4に新規の特別保留記憶を追加不可能であるため、始動口処理を終了する。
一方、特別保留記憶数UがU<4であると、記憶装置ROMに格納されている大当り乱数テーブル、大当り図柄乱数テーブル、リーチ選択乱数テーブル、及び変動パターン選択乱数テーブルから、大当り乱数値K、大当り図柄乱数値L、リーチ選択乱数値N、及び変動パターン選択乱数値Gをそれぞれ取得し、取得した各乱数値を一つの特別保留記憶として、特別保留記憶が記憶保持されていない記憶領域1〜4のうち、最も番号の低い記憶領域に格納する。そして、この特別保留記憶の格納と共に、特別保留記憶数Uを一つ加算(U=U+1)する。
そして、特別保留記憶を記憶した後に、当該特別保留記憶の内容が、大当りとなるものであるか否か、また、リーチ変動を伴うものであるか否かの判断を行う。まず、現在の遊技状態が確変遊技状態であるか否かを判断し、確変遊技状態である場合には、高確率用の大当り判定データ(「7」「11」「127」「233」「273」)をセットし、また、確変遊技状態でない通常遊技状態である場合は、低確率用の大当り判定データ(「7」)をセットする。
そして、格納した大当り乱数値Kと、セットした大当り判定データとを比較判断する。そして、大当り乱数値Kが大当り判定データと一致した場合(大当り)は、大当りフラグをONとして、始動口処理を終了する。
一方、大当り乱数値Kが大当り判定データと不一致であった場合(ハズレ)には、格納したリーチ選択乱数値Nが、リーチ変動を実行する所定値(「3」「17」)であるかの判断を行い、所定値である場合には、リーチフラグをONとして、始動口処理を終了する。また、所定値でない場合には、そのまま始動口処理を終了する。
次に、図柄処理について図10を参照して説明する。この図柄処理は図柄生成行程の実行制御を行うものであり、処理が開始されると、まず画像表示領域7で特別図柄A,B,Cが変動中であるか否かを判断する。
そして変動中でない場合には、特別保留記憶数Uの値を確認し、U=0の場合には、開始すべき図柄生成行程がないため、そのまま図柄処理を終了する。一方、U>0の場合には、特別保留記憶に基づいた図柄生成行程を実行開始するための一連の処理を実行する。
すなわち、大当りフラグを確認し、大当りフラグがON(大当り)である場合には、変動パターン選択乱数値Gに基づいて変動パターンテーブル(図6参照)から大当り用の変動パターンを決定し、大当りフラグをOFFとする。
一方、大当りフラグがOFF(ハズレ)の場合には、ハズレリーチ図柄を決定した後、リーチフラグを確認し、リーチフラグがONであれば、変動パターン選択乱数値Gに基づいて変動パターンテーブル(図6参照)からハズレリーチ用の変動パターンを決定し、リーチフラグをOFFとする。
また、リーチフラグがOFFであれば、ハズレ図柄を決定した後、変動パターン選択乱数値Gに基づいて変動パターンテーブル(図6参照)からハズレ用の変動パターンを決定する。
そして、決定された変動パターンを開始する図柄生成行程の変動パターンとして格納し、特別保留記憶数Uを1つ減算した後、決定された変動パターンに基づいて変動時間を設定して、変動開始コマンドを図柄表示制御基板62へ出力し、画像表示領域7の特別図柄A,B,Cを変動させる。そして、記憶領域2〜4に記憶されている特別保留記憶を、記憶領域1〜3にシフトさせて、図柄生成行程開始のための処理を終了する。
図柄生成行程開始のための処理が終了した場合、若しくは、図柄処理の開始時に、画像表示領域7で特別図柄A,B,Cが変動中である場合には、図柄生成行程の開始時に設定された変動時間が経過したか否かを判断する。この変動時間が経過していない場合には、そのまま図柄処理を終了する。
一方、変動時間が経過していた場合には、変動停止コマンドを図柄表示制御基板62へ出力して、画像表示領域7で停止図柄を確定表示させると共に、後述する乱数再取得処理を実行する。乱数再取得処理は乱数再取得期間中、すなわち停止表示時間開始から0.8秒間続けられる。そして、この乱数再取得処理を終了すると、タイマー値T0に「100(0.2秒)」をセットし、このタイマー値T0がT0=0となるまで、2ms毎に繰り返し減算を行うことにより、停止表示時間の残り時間をカウントし、図柄処理を終了する。
次に本発明の要部である乱数再取得処理について説明する。
乱数再取得処理が開始されると、まず記憶領域1に記憶される大当り乱数値K、大当り図柄乱数値L、リーチ選択乱数値Nおよび変動パターン選択乱数値Gを、一時的に変数a〜dに記憶する。
その後、タイマー値T1に400(0.8秒)をセットし、乱数再取得期間であるか否かを判定するためのタイマーフラグをONとして、乱数再取得期間中は以下のループ処理を実行する。
以下に、乱数再取得期間中に実行されるループ処理を説明する。
ループ処理では、L_SWフラグ、R_SWフラグの値が確認され、L_SWフラグがONであると、リーチ選択乱数値Nを選択し直すための処理が実行され、その後に変動パターン選択乱数値Gを選択し直すための処理が実行される。R_SWフラグがONである場合には、大当り乱数値Kおよび大当り図柄乱数値Lを選択し直すための処理が実行され、その後に変動パターン選択乱数値Gを選択し直すための処理が実行される。L_SWフラグ、R_SWフラグのどちらもOFFであった場合には、タイマー値T1だけが減算され、このタイマー値T1がT1=0となるまで、このループ処理が繰り返される。
ループ処理において、L_SWフラグがON(左再選択スイッチS5で遊技球検出)の場合、記憶領域1のリーチフラグがONであるかを判定する。そして、リーチフラグがOFFである場合には、リーチ選択乱数テーブルからリーチ選択乱数値Nを再取得する。そして、再取得したリーチ選択乱数値Nがリーチ変動を実行する所定の値(「3」,「17」)であるかを判定し、リーチ変動を実行する値であった場合には、リーチフラグをONとした後、変数cに再取得したリーチ選択乱数値Nを記憶し、変動パターン選択乱数値Gを選択し直す処理へ移行する。再取得したリーチ選択乱数値Nがリーチ変動を実行しない値であった場合には、上記の処理を行わず、リーチフラグはOFFのまま、変動パターン選択乱数値Gを選択し直す処理へ移行する。また、リーチフラグが最初からONである場合にも、そのまま変動パターン選択乱数値Gを選択し直す処理へ移行する。
一方、ループ処理において、R_SWフラグがON(右再選択スイッチS6で遊技球検出)の場合、記憶領域1の大当りフラグがONであるかを判定する。そして、大当りフラグがOFF(ハズレ)である場合は、大当り乱数テーブルから大当り乱数値Kを再取得する。そして、中確率用の大当り判定データ(「7」,「233」)をセットし、再取得した大当り乱数値Kとの比較により大当りか否かを判定する。その判定結果がハズレである場合は、変動パターン選択乱数値Gを選択し直す処理へ移行する。一方、判定結果が大当りである場合には、大当りフラグをONとして、再取得した大当り乱数値Kを変数aに代入し、以下の処理(大当り図柄乱数値Lが奇数であるか否かの判定処理)へ移行する。
記憶領域1の大当りフラグがONの場合、或いは、大当り乱数値Kの再取得の結果、大当りフラグがONとなった場合は、変数bが奇数であるか否かを判定する。そして、奇数である場合は、そのまま変動パターン選択乱数値Gを選択し直す処理へ移行する。偶数である場合には、大当り図柄乱数テーブルから大当り図柄乱数値Lを再取得し、再取得した大当り図柄乱数値Lを変数bに代入し、変動パターン選択乱数値Gを選択し直す処理へ移行する。
変動パターン選択乱数値Gを選択し直す処理では、まず、変動パターン選択乱数テーブルから変動パターン選択乱数値Gを再取得する。そして、再取得した変動パターン選択乱数値Gと変数dとを比較する。再取得した変動パターン選択乱数値Gの方が大きい場合には、変数dに再取得した変動パターン選択乱数値Gを代入した後、L_SWフラグ及びR_SWフラグをOFFし、タイマー値T1の減算処理へ移行する。一方、変数dの方が大きい場合は、変数dの値はそのままでL_SWフラグ及びR_SWフラグをOFFし、タイマー値T1の減算処理へ移行する。
上記ループ処理が乱数再取得期間中(0.8秒間)繰り返されて、タイマー値T1がT1=0となるとループ処理を終了する。そして、タイマーフラグをOFFとした後、変数a〜dに代入されている値を記憶領域1の特別保留記憶の値と書き換えて、乱数再取得処理を終了する。
このように、乱数再取得処理においては、乱数再取得期間の間、ループ処理が実行され、左球通路16・右球通路17の遊技球通過に応じて、各種乱数値が再取得され、乱数再取得期間終了時に、再取得した各種乱数値を記憶領域1の特別保留記憶の値に書き換える。また、ループ処理においては、大当りフラグやリーチフラグ、変数a〜dの値、そして再取得する乱数の値を参照して、乱数の再取得を行うか否か、また特別保留記憶の値を書き換えるか否かが判定され、特別保留記憶が遊技者にとって好ましい方向にのみ書き換えるようになっている。すなわち、かかる乱数再取得処理により、本発明の再選択手段および再選択判定手段が実現される。
次に、停止表示時間中に遊技球が左球通路16・右球通路17を通過した場合の、特別保留記憶の値の変更態様について、図12〜15を参照して説明する。
図12は、左再選択スイッチS5(左再選択SW)の作動と、画像表示領域7の特別図柄A,B,Cの変動等の関係を示すタイミングチャートである。このタイミングチャートにあっては、特別保留記憶数UがU=0の状態で、三つの遊技球が特別始動領域14を通過し、始動口スイッチS1(始動口SW)のON作動イ、ロ、ハ(球検出信号イ、ロ、ハ)が立て続けに発生する。そして、この球検出信号イ、ロ、ハにより各種乱数値が取得され、これらに基づく図柄生成行程イ、ロ、ハが順番に行われる。この間、複数の遊技球が左球通路16を通過し、左再選択スイッチS5(左再選択SW)は、何度もON作動(球検出信号出力)するが、乱数再取得期間外に出力された球検出信号は無効とされ、図12の例にあっては、図柄生成行程イ中の乱数再取得期間に出力された一つの球検出信号によってのみ、特別保留記憶の値が再度選択し直されることとなる。
そして、図13は、記憶装置RAMの当該変動用のエリアと記憶領域1〜4に記憶保持された大当り乱数値K、大当り図柄乱数値L、リーチ選択乱数値N、および変動パターン選択乱数値Gの値を示したものであり、図13(I)は、図柄生成行程イにおいて、停止図柄が確定表示される直前の状態を示し、図13(II)は、図柄生成行程イにおいて、停止表示時間が終了する直前の状態を示す。図13(I)の状態では、球検出信号イにより取得、格納された各乱数値が当該変動用のエリアにコピーされており、球検出信号ロ、ハにより生じた特別保留記憶が、発生した順に記憶領域1,2に記憶保持されている。
そして、図13(II)に示すように、乱数再取得期間中に左再選択スイッチS5から球検出信号が出力されると、リーチ選択乱数値Nおよび変動パターン選択乱数値Gが各乱数テーブルから再取得され、記憶領域1の特別保留記憶のリーチ選択乱数値Nおよび変動パターン選択乱数値Gが書き換えられる。すなわち、記憶領域1に記憶されていたリーチ選択乱数値N「8」がリーチ変動を実行する値「3・17」でないため、リーチ選択乱数値Nが再取得され、再取得したリーチ選択乱数値Nがリーチ変動を実行する値「17」であったため、記憶領域1のリーチ選択乱数値Nが、「8」から「17」に書き換えられる。また、その後に再取得された変動パターン選択乱数値Gにあっても、記憶領域1の変動パターン選択乱数値G「15」よりも、遊技者にとって好ましい変動パターンを選択する値「27」であったため、記憶領域1の変動パターン選択乱数値Gが、「15」から「27」に書き換えられる。このため、変動パターンテーブル(図6参照)に基づいて、リーチ変動のない短い変動パターン(変動時間8秒)が実行されるはずであった図柄生成行程ロにおいて、リーチ変動を伴う演出効果に富んだ変動パターン(変動時間40秒)が実行されることとなる。このように、本実施例にあっては、乱数再取得期間中に、左球通路16へ遊技球を通過させることにより、リーチ変動を伴わない単純な変動パターンが実行されるはずの図柄生成行程を、リーチ変動を伴う、演出効果の高いものに変更することができる。
一方、図14は、右再選択スイッチS6(右再選択SW)の作動と、画像表示領域7の特別図柄A,B,Cの変動等の関係を示すタイミングチャートである。このタイミングチャートにあっては、特別保留記憶数UがU=0の状態で、三つの遊技球が特別始動領域14を通過し、始動口スイッチS1(始動口SW)のON作動ニ、ホ、ヘ(球検出信号ニ、ホ、ヘ)が立て続けに発生する。そして、この球検出信号ニ、ホ、ヘにより各種乱数値が取得され、これらに基づく図柄生成行程ニ、ホが実行される。この間、三つの遊技球が右球通路17を通過し、右再選択スイッチS6(右再選択SW)は、三度ON作動(球検出信号出力)するが、乱数再取得期間外に出力された球検出信号は無効とされ、図柄生成行程ニ中の乱数再取得期間に出力された一つの球検出信号によってのみ、特別保留記憶の値が再度選択し直される。
そして、図15には、記憶装置RAMの当該変動用のエリアと記憶領域1〜4に記憶保持された各乱数値K,L,N,Gの値を示す。ここで図15(I)は、図柄生成行程ニにおいて、停止図柄が確定表示される直前の状態であり、図15(II)は、図柄生成行程ニにおいて、停止表示時間が終了する直前の状態を示す。図15(I)の状態では、球検出信号ニにより取得、格納された特別保留記憶の各乱数値が当該変動用のエリアにコピーされており、球検出信号ホ、ヘにより生じた特別保留記憶が、発生した順に記憶領域1,2に記憶保持される。
そして、図15(II)に示すように、乱数再取得期間中に右再選択スイッチS6から球検出信号が出力されると、大当り乱数値Kおよび変動パターン選択乱数値Gが各乱数テーブルから再取得され、記憶領域1の特別保留記憶の大当り乱数値Kおよび変動パターン選択乱数値Gが書き換えられる。すなわち、記憶領域1に記憶されていた大当り乱数値K「17」が大当りする値ではないため、大当り乱数値Kが再取得され、再取得した大当り乱数値Kが判定の結果大当りであったため、記憶領域1の大当り乱数値Kが、「17」から「7」に書き換えられる。また、その後に再取得された変動パターン選択乱数値Gにあっても、記憶領域1の変動パターン選択乱数値G「8」よりも、遊技者にとって好ましい変動パターンを選択する値「35」であったため、記憶領域1の変動パターン選択乱数値Gが、「8」から「35」に書き換えられる。このため、変動パターンテーブル(図6参照)に基づいて、短い変動時間(5秒)の後、ハズレ態様で確定表示される図柄生成行程が実行されるはずであった図柄生成行程ホにおいて、リーチ変動を伴う演出効果に富んだ変動時間(40秒)の後、当り態様で確定表示される図柄生成行程が実行されることとなる。なお、記憶領域1の大当り図柄乱数値Lが既に確変遊技状態となる値「3」であるため、この場合は大当り図柄乱数値Lの再取得は行われない。このように、右球通路17へ遊技球を通過させた場合には、ハズレ態様で確定表示されるはずの図柄生成行程を、特別保留記憶の値を再度選択し直すことにより、大当りとなる図柄生成行程に変更することができる。
このように、本実施例にあっては、停止表示時間中に、左球通路16・右球通路17(再選択領域)へ遊技球を通過させることにより、記憶領域1に記憶保持される特別保留記憶の各種乱数値を再度選択し直して、遊技者にとってより好ましいものに変更することが可能となっている。すなわち、かかるパチンコ機では、停止表示時間は、遊技者の技量により特別保留記憶の値を改善できる特別な時間であり、遊技者は、ハズレ態様の停止図柄が確定表示されても、左球通路16・右球通路17へ遊技球を通過させようと挑戦することにより、次の図柄生成行程まで、退屈することなく遊技を続けることができる。
次に、再選択領域の上方に、遊技球を保留可能な球保留装置を備えた第二実施例を説明する。なお、本実施例は、センターケースの構成、および遊技球の再選択領域通過に伴う処理に特徴があり、その他の構成については第一実施例と同様である。このため、特徴的な部分のみ詳細に説明し、重複する構成は符号を共通して説明を省略する。
本実施例の遊技盤の構成は、図1に示す、第一実施例の遊技盤1と同様であるが、センターケース4に替えて、図16〜19に示すセンターケース40が設けられる。このセンターケース40の両側には、図16に示すように、発射された遊技球が流入可能な球入口42,42が設けられており、該球入口42に流入した遊技球は、センターケース40内部を貫通する球通路41,41を通過して、球出口43、43から、センターケース40の下部に設けられたステージ44(44a〜44c)上に流出するようになっている。
このステージ44は、図18に示すように、前後方向に分かれた三段のステージ44a〜44cにより構成されており、球通路41を通過した遊技球は、後側の第一ステージ44a上に流出する。流出した遊技球は揺動しながら、第一ステージ44aから中央の第二ステージ44b、そして前側の第三ステージ44cへと転がり落ちて、第三ステージ44cの前縁からセンターケース40下方へ流下するようになっている。
ここで、図17に示すように、センターケース40の下部中央には、再選択スイッチS7を備え、内部を再選択領域とする再選択通路48が設けられる。この再選択通路48の球入口49は、図18,19に示すように、第二ステージ44bに臨む位置に形成されており、第二ステージ44bの該球入口49に対向する位置には、遊技球が停留可能な凹部45が形成される。さらに、ステージ44bの後方には、再選択通路48の球入口49を閉塞し、該凹部45に遊技球Yを保留可能な保留状態と、後方に退避して球入口49を開放し、保留された遊技球Yを再選択通路48へ流下可能な開放状態とに変換可能な通過阻止部材46が設けられ、その後方には、この通過阻止部材46を保留状態と開放状態とに変換駆動するソレノイド47が配設される。ここで、このソレノイド47を駆動する制御回路を、図5に示す第一実施例の制御回路を借りて説明すると、ソレノイド47は、パチンコ機背面に設けられた盤面中継基板61に接続され、主制御基板60からの出力信号により駆動制御される。すなわち、この通過阻止部材46が本発明の球保留装置を構成するものであり、球保留装置の状態を変換させる変換制御手段は、ソレノイド47および主制御基板60、盤面中継基板61等により構成される。また、本実施例の再選択スイッチS7も、盤面中継基板61を介して、主制御基板60に接続されており、遊技球が再選択通路48を通過すると、再選択スイッチS7から主制御基板60へ球検出信号が出力される。
本実施例では、通過阻止部材46は、停止表示時間が開始される度に保留状態から開放状態に変換され、停止表示時間が終了する度に開放状態から保留状態に変換される。すなわち、図17,18に示すように、揺動する遊技球Yのスピードが緩やかで、第二ステージ44bの凹部45に停留した遊技球Yは、停止表示時間中であれば、そのまま再選択通路48へ流入し、停止表示時間外であれば、通過阻止部材46により凹部45に保留され、停止表示時間の開始とともに再選択通路48へ流入する。このように、本実施例にあっては、再選択通路48(再選択領域)の上方に、球保留装置を設けることにより、凹部45に停留するタイミングに関係なく、停止表示時間中に遊技球Yを再選択通路48へ通過させることが可能となっている。
本実施例における乱数再取得処理の流れを説明する。
本実施例にあっては、主制御基板60の記憶装置ROMに、0〜29までの30コマからなる選択内容決定乱数テーブルが格納されており、再選択通路48に設けられた再選択スイッチS7から球検出信号が出力されると、該乱数テーブルから選択内容決定乱数値Pが取得される。また、主制御基板60の記憶装置ROMには、選択乱数決定テーブル(図20参照)が格納されており、特別保留記憶のどの乱数値を選択し直すかが、取得した選択内容決定乱数値Pに基づいて、このテーブルから選択される。例えば、取得した選択内容決定乱数値PがP=3である場合には、リーチ選択乱数値Nが再取得される。そして、再取得したリーチ選択乱数値Nが、リーチ変動を実行する値「3.17」であったならば、記憶領域1に記憶保持される特別保留記憶のリーチ選択乱数値Nの値を、再取得したリーチ選択乱数値Nに書き換える。
なお、本実施例では、球保留装置を構成するソレノイド47は、停止表示時間の開始時と終了時に駆動して、第二ステージ44bの凹部45に保留した遊技球Yを、停止表示時間となる度に、再選択通路48を通過可能となるようにしている。すなわち、本実施例では、球保留装置を変換する契機は、停止表示時間の開始時および終了時であるが、球保留装置を変換駆動させる契機は、かかる構成に限定されず、種々変更可能である。
例えば、実施可能な契機としては、
・画像表示領域に表示された停止図柄が特定の組合せであると変換駆動
・停止表示時間が開始される度に開放状態と保留状態との間を交互に変換駆動
・図柄生成行程がリーチ変動を伴うものであった場合に、その後の停止表示時間中に開放位置に変換駆動
などが挙げられる。
また、かかる第二実施例では、取得した選択内容決定乱数値Pに基づいて、選択乱数決定テーブルから、大当り乱数値K、リーチ選択乱数値N、変動パターン選択乱数値Gのいずれかが選択される構成であったが、選択する乱数値に大当り図柄乱数値Lを選択するようにしてもよいし、大当り乱数値Kと大当り図柄乱数値L、またはリーチ選択乱数値Nと変動パターン選択乱数値Gといったように、複数の乱数値を同時に選択させることも可能である。さらに、再度選択し直す乱数値の種類を決定する方法にあっては、選択内容決定乱数値Pのような新たな乱数値を取得して決定する方法以外にも、例えば、停止表示時間に確定表示される停止図柄に基づいて、再選択する乱数値の種類を決定するなど、多様な選択方法を用いることができる。
次に、第三実施例を説明する。かかる実施例のパチンコ機にあっては、特別保留記憶が再度選択し直されたことを遊技者に報知する再選択報知手段を備えたものである。また、本実施例では、再選択領域は特別始動領域と兼用される。なお、本実施例にあっては、再選択報知手段および再選択領域以外の構成は、第一実施例と同様であるため、構成の異なる部分のみ詳細に説明し、重複する部分の説明は省略する。
本実施例の遊技盤の構成を、図1に示す第一実施例の遊技盤1を借りて説明すると、上述したように、本実施例ではセンターケース4に球通路(再選択領域)16,17は設けられず、特別始動領域14が再選択領域と兼用され、遊技球が特別始動領域14を通過すると、特別保留記憶が記憶領域に記憶されたり、記憶された特別保留記憶の乱数値が選択し直されたりする。すなわち、制御回路にあっても、図5に示すような、再選択スイッチS5,S6を備えず、始動口スイッチS1が、遊技球の再選択領域通過を検知する球検知手段の働きを兼ね備える。具体的には、特別始動領域14(再選択領域)を遊技球が通過して、始動口スイッチS1から球検出信号が出力されると、通常は、各乱数テーブルから乱数値が取得され、記憶領域1〜4に特別保留記憶として図柄生成行程の開始まで記憶保持される。一方、特別保留記憶数Uが上限(U=4)で特別保留記憶が追加記憶できず、且つ停止表示時間中である場合に、特別始動領域(再選択領域)を遊技球が通過して球検出信号が出力されると、乱数再取得処理が実行される。
本実施例における乱数再取得処理の流れを説明する。
本実施例では、第二実施例同様に、主制御基板60の記憶装置ROMに、0〜29までの30コマからなる選択内容決定乱数テーブルが格納されており、上記条件(U=4かつ停止表示時間中)を満足している時に、始動口スイッチS1が球検出信号を出力すると、該球検出信号に基づいて、選択内容決定乱数テーブルから選択内容決定乱数値Pが取得される。そして、主制御基板60の記憶装置ROMには、選択乱数決定テーブル(図22参照)が格納されており、特別保留記憶のどの種類の乱数値を選択し直すかが、取得した選択内容決定乱数値Pに基づいて、このテーブルから選択される。例えば、取得した選択内容決定乱数値PがP=7である場合には、大当り乱数値Kが再取得される。そして、再取得した大当り乱数値Kが、大当りとなる値「7」であるならば、記憶領域1に記憶保持される特別保留記憶の大当り乱数値Kの値を「7」に書き換える。また、取得した選択内容決定乱数値PがP=20である場合には、どの種類の乱数値も選択せずに乱数再取得処理を終了する。
そして、乱数再取得処理が実行されて、停止表示時間が終了すると、画像表示領域7では、すぐには新規の図柄生成行程は開始されず、かかる乱数再取得処理の結果を遊技者に報知する、結果表示行程が実行される。なお、この結果表示行程は、主制御基板60や図柄表示制御基板62からの出力信号により画像表示装置6上で実行されるものであり、本発明の再選択報知手段は、これらの制御基板により実現される。
以下に、本実施例で実行される結果表示行程の一例を、図23を参照して説明する。まず図柄生成行程において、画像表示領域7で特別図柄A,B,Cが停止して1秒間の停止表示時間の間、停止図柄が表示される(図23a参照)。
この停止図柄表示時間中に、特別始動領域14を遊技球が通過すると、以下の結果表示行程が実行される。一つの遊技球も通過しない場合には、結果表示行程を実行せずに、次の図柄生成行程が開始される。
まず、画像表示領域7に「チャンス」の文字が表示され、遊技者の注意を引き(図23b参照)、その後に、変動するスロットのリールx,y,zが表示されると共に、左下部には「PUSH」とボタンを押す画像vも同時に表示される(図23c参照)。この「PUSH」の画像vは、本実施例のパチンコ機10に設けられた図柄停止ボタン8(図21参照)の操作を遊技者に促すものである。
そして、遊技者が図柄停止ボタン8を押すか、若しくは1秒経過すると、左側のリールxが停止する(図23d参照)。同様にして、図柄停止ボタン8を操作するか1秒経過する毎に、中央のリールy、右側のリールzが停止して、各リールx,y,zに所定の図柄が停止表示される(図23e参照)。なお、この停止図柄のパターンは、遊技球の再選択領域通過に伴う処理により決定されるものであり、図柄停止ボタン8の操作タイミングとは関係なく決定される。
すなわち、本実施例にあっては、
(イ)大当り乱数値Kを選択し直した場合には、ライオンが横一列に揃う
(ロ)リーチ選択乱数値Nを選択し直した場合には、イノシシが横一列に揃う
(ハ)変動パターン選択乱数値Gを選択し直した場合には、キリンが横一列に揃う
といったように、選択し直した乱数値の種類により異なる図柄パターンが停止表示される。例えば、大当り乱数値Kを再度選択し直した場合には、図23fに示すように、ライオン図柄が横方向に一列表示された後、図23gに示すように、再度選択し直した乱数値の種類に応じたメッセージを表示し、次の図柄生成行程で遊技者に、何かが起こることを期待させる。一方、いずれの種類の乱数値も選択し直さなかった場合には、いずれの図柄も横一列に揃わずに(図23f’参照)、「残念」といったメッセージを表示する(図23g’参照)
このように、本実施例にあっては、遊技者に特別保留記憶の値が変更されたことが報知されるため、変更された特別保留記憶に基づく図柄生成行程に対して遊技者に強い期待感を抱かせることができる。また、本実施例のように、結果表示行程自体を演出効果に富んだものとすれば、遊技者を一層楽しませることができる。
なお、本実施例では、選択内容決定乱数値Pが、いずれの種類の乱数値も選択しない値であった場合にも結果表示行程を実行したが、かかる場合には結果表示行程を実行せずに、停止表示時間終了後、即時に次の図柄生成行程を開始するようにしても良いし、或いは、「チャンス」の表示時点(図23b参照)で「残念」の文字を表示させてもよい。
以上のように実施例を説明したが、本発明は、上記実施例の構成に限定したものではなく、本発明の趣旨の範囲内で適宜変更可能である。例えば、実施例は第1種パチンコ機に本発明を適用しているが、本発明は第3種パチンコ機に対しても、同様にして適用可能である。
遊技盤1の正面図である。 センターケース4の正面図である。 図2のD−D断面である。 図2のE−E断面である。 遊技を制御する制御回路を示すブロック回路図である。 変動パターンテーブルを示す図表である。 複数のサブルーチンからなるメインルーチンの処理内容を示すフローチャートである。 通過口検出処理の処理内容を示すフローチャートである。 始動口処理の処理内容を示すフローチャートである。 図柄処理の処理内容を示すフローチャートである。 乱数再取得処理の処理内容を示すフローチャートである。 左再選択スイッチS5(左再選択SW)の作動と、画像表示領域7の特別図柄A,B,Cの変動の関係を示すタイミングチャートである。 左再選択スイッチS5の作動による、特別保留記憶の変更態様例を示す説明図I,IIである。 右再選択スイッチS6(右再選択SW)の作動と、画像表示領域7の特別図柄A,B,Cの変動の関係を示すタイミングチャートである。 右再選択スイッチS6の作動による、特別保留記憶の変更態様例を示す説明図I,IIである。 第二実施例のセンターケース40の正面図である。 図16のF−F断面であり、(I)は通過阻止部材46の保留状態を示し、(II)は、通過阻止部材46の開放状態を示す。 第二実施例のセンターケース40の斜視図である 図18のG部分の拡大図であり、(I)は通過阻止部材46の保留状態を示し、(II)は、通過阻止部材46の開放状態を示す。 第二実施例における、再取得する乱数値の種類を選択するための選択乱数決定テーブルを示す図表である。 第三実施例で用いる図柄停止ボタン8を示すパチンコ機10の斜視図である。 第三実施例における、再取得する乱数値の種類を選択するための選択乱数決定テーブルを示す図表である。 第三実施例における、報知表示行程の一例を示す説明図a〜g,f’g’である。
符号の説明
1 遊技盤
3 遊技領域
4 センターケース
5 特別記憶数表示装置
6 画像表示装置
7 画像表示領域
10 パチンコ機
14 特別始動領域
15 普通電動役物
16 左球通路(再選択領域)
17 右球通路(再選択領域)
23 大入賞口
25 変動入賞装置
40 センターケース
44 ステージ
44a 第一ステージ
44b 第二ステージ
44c 第三ステージ
46 通過阻止部材
47 ソレノイド
48 再選択通路(再選択領域)
A,B,C 特別図柄
S1 始動口スイッチ
S5 左再選択スイッチ
S6 右再選択スイッチ
S7 再選択スイッチ
Y 遊技球

Claims (4)

  1. 遊技球が通過することにより球検出信号を出力する遊技盤面上の始動領域と、
    遊技球が入賞可能な状態と不可能な状態とに変換可能な遊技盤面上の変動入賞装置と、
    複数の図柄を表示すると共に、遊技状態に応じた演出画像を表示する画像表示装置と、
    始動領域からの球検出信号に基づいて、遊技状態を、変動入賞装置へ遊技球が入賞可能な特別遊技作動を実行させるか否かを決定するための当落判定値を選択する当落選択手段と、
    当落選択手段による選択結果に対応した停止図柄を決定するための停止図柄値を選択する停止図柄選択手段と、
    停止図柄選択手段が決定した停止図柄を表示するまでの図柄の変動態様を決定するための変動態様値を選択する変動態様選択手段と、
    始動領域からの球検出信号に基づいて選択された当落判定値、変動態様値及び停止図柄値とを保留記憶として所定の記憶領域に記憶する保留記憶手段と、
    画像表示装置上で、図柄の変動を行った後、停止図柄を確定表示する一連の図柄生成行程を、各保留記憶に対応した内容で順次実行させる画像表示制御手段と、
    前記保留記憶手段に保留記憶が記憶される度に保留記憶の数に1加算し、図柄生成行程が新たに開始される度に保留記憶の数を1減算する保留記憶数演算手段と、
    前記保留記憶数演算手段の結果に基づいて保留記憶の数を表示する保留記憶数表示装置と、
    保留記憶数表示装置の表示を制御する記憶数表示制御手段と
    を備えたパチンコ機において、
    遊技球が通過することにより球検出信号を出力する遊技盤面上の再選択領域と、
    停止図柄選択手段で選択された停止図柄を画像表示装置上に確定表示させるための停止表示時間中に、再選択領域から球検出信号が出力されると、該球検出信号に基づいて、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つを再度選択し直す再選択手段と、
    停止表示時間中の再選択領域からの球検出信号に応じて、再選択手段により、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つを再度選択し直すか否かを判定する再選択判定手段とを備え、
    再選択判定手段が選択し直すと判定した場合にのみ、再選択手段は、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つを再度選択し直すことを特徴とするパチンコ機。
  2. 停止表示時間中の再選択領域からの球検出信号に応じて、当落判定値、変動態様値及び停止図柄値の中から、少なくとも一つを選び出す再選択内容決定手段を備え、
    再選択手段は、再選択内容決定手段により選び出された値について、保留記憶手段が記憶する値を再度選択し直すことを特徴とする請求項1に記載のパチンコ機。
  3. 再選択手段により、保留記憶手段が記憶する当落判定値、変動態様値及び停止図柄値のうち、少なくとも一つが再度選択し直されたことを遊技者に報知する再選択報知手段を設けたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のパチンコ機。
  4. 再選択領域の上方に位置し、遊技球を保留する保留状態と、保留した遊技球を解放して再選択領域へ流下させる開放状態とに変換可能な球保留装置と、所定契機により該球保留装置の状態を変換駆動させる変換制御手段を備えたことを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載のパチンコ機。
JP2003423235A 2003-12-19 2003-12-19 パチンコ機 Expired - Fee Related JP4201334B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003423235A JP4201334B2 (ja) 2003-12-19 2003-12-19 パチンコ機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003423235A JP4201334B2 (ja) 2003-12-19 2003-12-19 パチンコ機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005177162A JP2005177162A (ja) 2005-07-07
JP4201334B2 true JP4201334B2 (ja) 2008-12-24

Family

ID=34783837

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003423235A Expired - Fee Related JP4201334B2 (ja) 2003-12-19 2003-12-19 パチンコ機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4201334B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5773431B2 (ja) * 2011-09-19 2015-09-02 サミー株式会社 弾球遊技機
JP5888529B2 (ja) * 2014-05-15 2016-03-22 株式会社大都技研 遊技台
JP6053074B2 (ja) * 2015-06-24 2016-12-27 サミー株式会社 弾球遊技機
JP2022002610A (ja) * 2020-06-23 2022-01-11 京楽産業.株式会社 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2005177162A (ja) 2005-07-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4855994B2 (ja) 遊技機
JP2004159857A (ja) パチンコ遊技機
JP2008289795A (ja) 遊技機
JP2006280917A (ja) 遊技機及びその演出方法
JP4201334B2 (ja) パチンコ機
JP2003126381A (ja) パチンコ遊技機
JP2018164588A (ja) 遊技機
JP2005211407A (ja) 弾球遊技機
JP4212481B2 (ja) パチンコ機
JP2005095238A (ja) 遊技機
JP6681149B2 (ja) スロットマシン
JP2010022477A (ja) スロットマシン
JP4079805B2 (ja) パチンコ遊技機
JP6592477B2 (ja) 遊技機
JP4014209B2 (ja) パチンコ遊技機
JP5060833B2 (ja) 遊技機
JP4373367B2 (ja) パチンコ遊技機
JP3988991B2 (ja) パチンコ遊技機
JP5074825B2 (ja) 遊技機
JP3877289B2 (ja) パチンコ遊技機
JP4966540B2 (ja) 遊技機
JP2021078585A (ja) 遊技機
JP2021078584A (ja) 遊技機
JP2004049537A (ja) 遊技機
JP2002292031A (ja) 遊技機及び遊技機の制御方法、並びに当該方法を実行可能な制御プログラムを記憶した記憶媒体

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080401

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080423

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080611

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20081001

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20081006

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111017

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111017

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111017

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111017

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141017

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees