JP4170838B2 - Relay device, a communication system and communication method - Google Patents

Relay device, a communication system and communication method Download PDF

Info

Publication number
JP4170838B2
JP4170838B2 JP2003195203A JP2003195203A JP4170838B2 JP 4170838 B2 JP4170838 B2 JP 4170838B2 JP 2003195203 A JP2003195203 A JP 2003195203A JP 2003195203 A JP2003195203 A JP 2003195203A JP 4170838 B2 JP4170838 B2 JP 4170838B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
time
device
information
relay
request
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003195203A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005033431A (en
Inventor
皓毅 万
基治 三宅
太朗 石川
浩 稲村
修 高橋
Original Assignee
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ filed Critical 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
Priority to JP2003195203A priority Critical patent/JP4170838B2/en
Publication of JP2005033431A publication Critical patent/JP2005033431A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4170838B2 publication Critical patent/JP4170838B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/14Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/40According to the transmission technology
    • Y02D70/44Radio transmission systems, i.e. using radiation field
    • Y02D70/448Radio transmission systems, i.e. using radiation field for communication between two or more posts
    • Y02D70/449Radio transmission systems, i.e. using radiation field for communication between two or more posts at least one of which is mobile

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、無線LANの無線ステーションのようなクライアント端末において通信動作モードを適切に切り換えるための技術に関する。 The present invention relates to a technique for appropriately switching the communication operation mode in the client terminal such as a radio station of a wireless LAN.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
無線LAN(Local Area Network)においては、無線ステーションが「transmit」、「awake」及び「doze」という3つの通信動作モードを切り換えながらアクセスポイントと通信を行うようになっている。 In wireless LAN (Local Area Network), a wireless station is "transmit", and performs communication with the access point while switching the three communication operation mode of "awake" and "doze". ここで、「transmit」モードとは、無線ステーションがアクセスポイントにデータを送信可能な状態にあることを意味している。 Here, "transmit" mode, which means that the radio station is in a transmission capable state data to the access point. このモードにある場合、無線ステーションの送信回路には送信処理に必要な電力が供給されるため、その消費電力は比較的大きい。 When in this mode, since the transmission circuit of the radio station is supplied power required for transmission processing, its power consumption is relatively large. 次に、「awake」モードとは、無線ステーションがアクセスポイントからデータを受信可能な状態にあることを意味しており、給電対象は主として受信回路のみでよいため消費電力は中程度である。 Next, the "awake" mode, which means that the radio station is ready to receive data from the access point, the power supply target is moderate power consumption since it is only the receiving circuit mainly. そして、「doze」モードとは、無線ステーションがアクセスポイントとの間で送受信を一切行っていない状態を意味しており、その消費電力は非常に小さい。 Then, the "doze" mode, the radio station has means a state that is not made any transmission and reception with the access point, power consumption is very small. このように複数の通信動作モードが用意されているため、無線ステーションは、アクセスポイントと通信を行う必要がある場合には「transmit」モード或いは「awake」モードに切り換えて送信処理或いは受信処理を行うし、通信を行う必要がない場合には「doze」モードに切り換えて消費電力を節約することができる。 Thus, since that is a plurality of communication operation modes are prepared, the wireless station performs transmission processing or reception processing is switched to the "transmit" mode or "awake" mode when it is necessary to communicate with the access point and, when there is no need to communicate it can save power consumption by switching to the "doze" mode. なお、以下の説明においては、「transmit」モード及び「awake」モードを合わせて「通信実行状態」といい、「doze」モードを「通信休止状態」という。 In the following description, in accordance with the "transmit" mode and "awake" mode is referred to as a "communication execution state", the "doze" mode of "communication pause state".
【0003】 [0003]
非特許文献1には、無線ステーションにおいて通信動作モードを切り換えるための仕組みが開示されている。 Non-Patent Document 1, a mechanism for switching the communication operation mode is disclosed in the radio station. 以下、この記載例について図7に示したシーケンスに沿って説明する。 Hereinafter, this embodiment is described with reference to that shown for the described example in FIG. なお、図7においては、無線ステーションとWWW(World Wide Web)サーバ装置との間に、通信の中継を行うゲートウェイ装置が介在している場合を想定している。 In FIG. 7, between the radio station and the WWW (World Wide Web) server device, a gateway device for relaying communication it is assumed that the interposed.
【0004】 [0004]
まず、通信実行状態にある無線ステーションは、ファイル名「index.html」のデータファイル(以降、「index.html」ファイルという)を要求するため、GETメソッドを用いたHTTP(Hypertext Transfer Protocol)メッセージ(以降、HTTPリクエストという)をWWWサーバ装置に送信する(ステップS1)。 First, the radio station which is in communication execution state, the data file (hereinafter, "index.html" that the file) of the file name "index.html" for requesting, HTTP using the GET method (Hypertext Transfer Protocol) message ( later, and it transmits a) that HTTP request to the WWW server apparatus (step S1). WWWサーバ装置は、ゲートウェイ装置を介して上記HTTPリクエストを受信すると、「index.html」ファイルをメモリから読み出して無線ステーションに送信する(ステップS2)。 WWW server device, upon receiving the HTTP request via the gateway apparatus transmits the "index.html" file to the wireless station from the memory (step S2). 無線ステーションは、ゲートウェイ装置を介して「index.html」ファイルを受信すると、このファイル内において指定されているテキストオブジェクトや画像オブジェクトなどの複数のオブジェクト1〜nを要求するべく、再度、HTTPリクエストをWWWサーバ装置に送信する(ステップS3)。 Radio station, when via the gateway device receives the "index.html" file, to request multiple objects 1~n such as text objects and image objects which are specified in this file again, the HTTP request and it transmits to the WWW server (step S3). WWWサーバ装置は、上記HTTPリクエストを受信すると、このリクエストによって要求されているオブジェクト1〜nを1オブジェクトずつ無線ステーションに宛てて送信する。 WWW server device, upon receiving the HTTP request, transmits the object 1~n being requested by the request addressed to the radio station by one object. これらの各オブジェクトは、ゲートウェイ装置においてオブジェクト1〜nの全てが揃うまで一時的に記憶(キャッシュ)され、全てのオブジェクトがゲートウェイ装置によってキャッシュされた後に、ゲートウェイ装置から無線ステーションへ連続して転送されるようになっている。 Each of these objects are temporarily stored in the gateway device to all objects 1~n align (caches), after all the objects have been cached by the gateway device, it is continuously transferred from the gateway to the wireless station It has become so.
【0005】 [0005]
このときゲートウェイ装置では、受信したオブジェクトの統計情報に基づいて、WWWサーバ装置からオブジェクト1〜nの全てを受信するまでに要する時間xを予測し、予測した時間xを無線ステーションに通知する。 In this case the gateway device, based on the statistics of the received object, to predict the time x required from the WWW server device until it receives all the objects 1 to n, and notifies the time predicted x to a radio station. これによって、無線ステーションは、通知された時間xの期間だけは通信休止状態を維持することができる。 Thereby, the radio station, for a period of the notified time x can maintain a communication pause state. なぜなら、この時間xにおいては、ゲートウェイ装置がWWWサーバ装置からオブジェクトを受信し続けるだけであって、ゲートウェイ装置と無線ステーションとの間では通信を一切行う必要がないからである。 This is because, in this time x, because the gateway device is merely continues to receive the object from the WWW server, it is not necessary to perform any communication between the gateway apparatus and the wireless station.
【0006】 [0006]
以下、上記時間xの算出手法について具体的に説明する。 It will be specifically described method for calculating the time x.
まず、ゲートウェイ装置は、オブジェクト1以降の幾つかのオブジェクトを受信した時点で、それらオブジェクトの統計情報に基づいて、オブジェクト1〜nの全てを受信するまでに要するであろう時間x1を算出し(ステップS4)、この時間x1を無線ステーションに通知する(ステップS5)。 First, the gateway apparatus, upon receiving a number of objects in the object 1 after, on the basis of their object statistics, calculates the likely will time x1 required until receiving all the objects 1 to n ( step S4), and notifies the time x1 to the radio station (step S5). 一方、無線ステーションは、時間x1を受け取るまでは通信実行状態であるが、時間x1を受け取ると、自らの通信動作モードを通信実行状態から通信休止状態へと切り換える。 On the other hand, the radio station, but until it receives a time x1 is a communication execution state, upon receiving a time x1, switching to the communication dormant its own communication operation mode from the communication execution state.
【0007】 [0007]
時間xは、より多くの統計情報に基づいて算出した方がより正確な値に近づくことが知られており、上記のようなごく少数の統計情報にのみ基づいた時間x1はあまり正確ではない。 Time x is known that better calculated based on more statistics closer to the accurate value, time x1 based only on a small number of statistics as described above is not very accurate. よって、ゲートウェイ装置は、時間x1を算出した後、引き続き受信した幾つかのオブジェクトの統計情報を用いて、さらに正確であろうと思われる時間x2を算出する(ステップS6)。 Therefore, the gateway apparatus, after calculating the time x1, continue using the statistics of several objects received, calculates the time x2 you think that would be more accurate (step S6). 一方、無線ステーションは、時間x1を受け取った後、この時間x1が経過するのを待たずに、すぐに通信休止状態から通信実行状態へ切り換えて、ゲートウェイ装置に対し時間xを問い合わせるためのポーリングメッセージを送信する(ステップS7)。 On the other hand, the radio station, after receiving a time x1, without waiting for the time x1 elapses, switching immediately from the communication dormant communication execution state, polling message for inquiring a time x to the gateway device It transmits the (step S7). このとき、ゲートウェイ装置が時間x2を算出していれば、これを無線ステーションに送信する(ステップS8)。 At this time, the gateway device if the calculated time x2, and transmits it to the radio station (step S8). 無線ステーションは時間x2を受け取ると直ちに通信休止状態に切り換えるが、上記と同じように、この時間x2が経過するのを待たずに通信実行状態へ切り換えてゲートウェイ装置にポーリングメッセージを送信する。 Wireless station switches immediately communication pause state when receiving a time x2, but in the same way as above, sends a polling message to the gateway device is switched to the communication execution state without waiting for this time x2 has elapsed.
【0008】 [0008]
このようにして、ゲートウェイ装置が時間xの予測を何回か試み、最も正確であろうと思われる最終的な所要時間xLastを算出する一方(ステップS9)、無線ステーション側も、通信実行状態と通信休止状態とを適宜切り換えながらポーリングメッセージの送信を何回か試みる(ステップS10)。 In this way, the gateway apparatus several attempts to predict the time x, the most accurate and seems would while calculating the final duration XLAST (step S9), and also a radio station side, communicates with the communication execution state while switching and dormant appropriate try several times to send a polling message (step S10). そして、無線ステーションは最終的な時間xLaxtを取得することができたなら(ステップS11)、以降、この時間xLastの間だけは通信休止状態を維持する。 The radio station if it was possible to obtain a final time XLaxt (step S11), and thereafter, only during this time xLast maintains a communication pause state. そして、この時間xLastが経過すると、無線ステーションは、通信休止状態から通信実行状態へ切り換え、ポーリングメッセージをゲートウェイ装置に送信する(ステップS12)。 When this time xLast has elapsed, the radio station, switching the communication dormant communication execution state, sends a polling message to the gateway device (step S12). このとき、ゲートウェイ装置が全てのオブジェクト1〜nを受信し終わっていれば、これらを順次、無線ステーションに送信する(ステップS13〜ステップS15)。 At this time, if the gateway device finishes receiving all the objects 1 to n, these sequentially, to the radio station (step S13~ step S15). そして、無線ステーションは、受信したオブジェクト1〜nを「index.html」ファイルに記述された内容に従って表示する。 Then, the radio station will be displayed in accordance with what has been described the object 1~n received in the "index.html" file.
【0009】 [0009]
【非特許文献1】 Non-Patent Document 1]
ジー、アナスタシ(G.Anastasi),エム、コンティ(M.Conti),イー、グレゴリ(E.Gregori),エイ、パサレラ(A.Passarella),ア・パワーセービング・アーキテクチャ・フォァ・ウェブアクセス・フロム・モバイルコンピュータ(A Power Saving Architecture for Web Access from Mobile Computers),ピサ(イタリア)におけるアイエフアイピー・ティーシー6・ネットワーク協議会会報(Proceeding of the IFIP TC-6 Networking Conference,Pisa(I)),2002年5月19日−24日【0010】 Gee, Anasutashi (G.Anastasi), M, Conti (M.Conti), E, ​​Gregory (E.Gregori), rays, Pasarela (A.Passarella), a-power saving architecture Foa web access FROM mobile computer (A Power Saving Architecture for Web Access from mobile computers), Pisa Aiefu IPD-tea Sea 6 network Council Proceedings in (Italy) (Proceeding of the IFIP TC-6 Networking Conference, Pisa (I)), 2002 years May 19 - 24 days [0010]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
上述した技術によれば、無線ステーションは、ゲートウェイ装置によって通知されてくる時間xに基づいて通信実行状態から通信休止状態に切り替えるようになっている。 According to the techniques described above, the radio station, the switching to a communication pause state from the communication execution state based on the time to come is notified x by the gateway device. しかし、その時間xの信頼性が低いために、無線ステーションは頻繁に通信休止状態から通信実行状態に切り換えて、正確な時間xを得ることができるまで何度もポーリングを行わなければならない。 However, due to the low reliability of the time x, radio stations often switched from the communication hibernation communication execution state, must also perform the polling times until it is possible to obtain accurate time x. 即ち、本来は無線ステーションが通信休止状態を維持できるはずの時間内であるのに、通信休止状態から通信実行状態に切り換えなければならないので、その分だけ無駄に電力を消費してしまうことになる。 That is, though originally is in the supposed time wireless stations can maintain communication dormant, since it must switch from the communication hibernation communication execution state, so that consumes power wastefully correspondingly . また、通信休止状態と通信休止状態とを切り換える際には瞬間的に大きな電力が必要とされるため、この切替処理を頻繁に行わなければならないこと自体も消費電力を増大させる要因になってしまう。 Moreover, since it is required a large electric power instantaneously to when switching the communication dormant communication hibernation, thus itself becomes a cause of increasing the power consumption that have must frequently perform this switching process .
【0011】 [0011]
本発明は上記のような背景に鑑みてなされたものであり、その目的は、無線ステーションのようなクライアント端末において通信休止状態を継続し得る時間をより正確に予測し、クライアント端末における消費電力を低減させることにある。 The present invention has been made in view of the background described above, and its object is to predict the time may continue communication pause state in the client terminal such as a radio station more precisely, the power consumption in client terminals It is to reduce.
【0012】 [0012]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記課題を解決するため、本発明は、クライアント装置とサーバ装置との間で通信の中継を行う中継手段と、前記クライアント装置が情報を要求するためのリクエストを前記サーバ装置宛てに送信した時から、当該リクエストが前記中継手段によって中継されて前記サーバ装置に到達する時までに要するリクエスト伝送所要時間を、前記中継手段が当該リクエストを前記サーバ装置に送信してから当該リクエストに対する当該サーバ装置の応答を受信するまでの往復伝搬遅延時間を計算することによって予測する予測手段と、前記サーバ装置が前記クライアント装置宛てに情報を送信し始めた時から、当該情報を前記中継手段が受信し終わる時までに要する情報伝送所要時間を前記サーバ装置から受信する受信手段と、前記予測手段によって To solve the above problems, the present invention is, from the time that a relay means for relaying communication between a client device and a server device, a request to the client device requests information transmitted to the server device addressed the response of the server device a request transmission time required by the time the request reaches the server device is relayed by the relay unit from the relay unit sends the request to the server device for the request prediction means for predicting by calculating the round-trip propagation delay time between receiving the, from the time the server device begins to transmit information to the client device destined to when the information is the relay unit finishes receiving receiving means for receiving information transmission time required from the server device, by the prediction means 測されたリクエスト伝送所要時間と、前記受信手段によって受信された情報伝送所要時間とに基づいて、前記クライアント装置において通信を行わない状態を継続し得る休止状態継続時間を計算する計算手段と、前記計算手段によって計算された休止状態継続時間を前記クライアント装置に通知する通知手段とを備える中継装置を提供する。 A request transmission duration that is measured, and calculation means on the basis of the information transmission required time received by said receiving means, for calculating the hibernation duration in the client device may continue a state of not performing communication, the the has been dormant duration calculated by the calculation means to provide a relay device and a notification unit configured to notify the client device.
この中継装置によれば、クライアント端末において通信休止状態を継続し得る時間をより正確に予測し、これをクライアント端末に通知する。 According to this relay device to predict the time may continue communication pause state at the client terminal more accurately, and notifies the client terminal. よって、クライアント端末は必要十分な時間だけ通信休止状態を維持することができる。 Therefore, the client terminal can maintain the communication dormant only need sufficient time.
【0016】 [0016]
また、本発明 、クライアント装置によって送信されてくるリクエストに応じて当該クライアント装置宛てに情報を送信するサーバ装置と、前記クライアント装置と前記サーバ装置との間で通信の中継を行う中継装置とを備え、前記サーバ装置は、前記中継装置と自サーバ装置との間の通信路における情報伝送速度を取得する取得手段と、前記リクエストによって要求されている情報の情報量と前記取得手段によって取得された情報伝送速度とに基づいて、当該情報を前記クライアント装置宛てに送信し始めた時から、送信された前記情報を前記中継装置が受信し終わる時までに要する情報伝送所要時間を計算する計算手段と、 前記計算手段によって計算された情報伝送所要時間を前記中継装置に通知する通知手段とを有し、前記中継装置は Further, the present invention includes a server device that transmits information to the client device addressed in response to a request transmitted by the client device, a relay device for relaying communications between the client device and the server device wherein the server apparatus includes acquisition means for acquiring information transmission rate in a communication path between the relay device and the own server, which is acquired by the information amount and the acquisition unit of the information requested by the request based on the information transmission speed, the information from the time of starting to send to the client device destined calculation means for calculating the information transmission time required by the time the information transmitted finishes receiving said relay device , and a notifying means for notifying the information required for transmission time calculated by said calculating means to said relay device, the relay device 前記クライアント装置が情報を要求するためのリクエストを前記サーバ装置宛てに送信した時から、当該リクエストが自中継装置によって中継されて前記サーバ装置に到達する時までに要するリクエスト伝送所要時間を、自装置が当該リクエストを前記サーバ装置に送信してから当該リクエストに対する当該サーバ装置の応答を受信するまでの往復伝搬遅延時間を計算することによって予測する予測手段と、前記サーバ装置によって送信されてくる情報伝送所要時間を受信する受信手段と、前記予測手段によって予測されたリクエスト伝送所要時間と、前記受信手段によって受信された情報伝送所要時間とに基づいて、前記クライアント装置において通信を行わない状態を継続し得る休止状態継続時間を計算する計算手段と、前記計算手段 A request to the client device requests information from the time of sending to the server device addressed, the request transmission time required by the time the request reaches the server device is relayed by the own relay device, the own device transmission but information transmitted prediction means for predicting, by the server device by calculating the round-trip propagation delay time from transmission of the request to the server apparatus until a response is received the server device for the request receiving means for receiving the required time, a request transmission required time predicted by said predicting means, on the basis of the information transmission required time received by said receiving means continues a state of not performing communication at the client device calculating means and said calculating means for calculating the obtained hibernation duration よって計算された休止状態継続時間を前記クライアント装置に通知する通知手段とを有する通信システムを提供する。 Thus providing a calculated hibernation duration communication system and a notification unit configured to notify the client device.
【0017】 [0017]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
前述した図7を参照してわかるように、無線ステーションが通信休止状態を維持することができる時間は、無線ステーションがオブジェクト1〜nを要求するためのHTTPリクエストを送信した時から、そのリクエストに応じてWWWサーバ装置からゲートウェイ装置に全てのオブジェクト1〜nが送信されてゲートウェイ装置がこれらを受信し終わった時(即ちキャッシュし終わった時)までの時間である。 As can be seen with reference to FIG. 7 described above, the time can be wireless stations to maintain communication hibernation, since the radio station has transmitted the HTTP request for requesting the object 1 to n, with the request is the time from the WWW server apparatus until all objects 1~n sent gateway device to the gateway device has finished receiving these (that is, when it has finished the cache) depending. この時間は、さらに詳細に分析すると、無線ステーションがオブジェクトを要求するためのHTTPリクエストを送信してから、このHTTPリクエストがゲートウェイ装置を経由してWWWサーバ装置に到達した時までに要する時間(以下、「リクエスト伝送所要時間」という)と、WWWサーバ装置が無線ステーション宛てに最初のオブジェクト1が送信し始めたときから、ゲートウェイ装置が最後のオブジェクトnを受信し終わった時までに要する時間(以下、「情報伝送所要時間」という)との和である。 This time, further when analyzed in detail, from the transmission of the HTTP request to the radio station requests an object, the time required (hereinafter until the HTTP request reaches the WWW server via the gateway device , and it referred to as "request transmission duration"), since the WWW server apparatus first object 1 has started to transmit to the radio station addressed, the time required until when the gateway device has finished receiving the last object n (hereinafter , is the sum of the) that "information required for transmission time".
【0018】 [0018]
本実施形態では、上記の「リクエスト伝送所要時間」と「情報伝送所要時間」とを、それぞれ次のようにして算出するようにしている。 In the present embodiment, the above the "request transmission required time" and "information required for transmission time", as each is calculated as follows.
まず、「情報伝送所要時間」については、WWWサーバ装置から無線ステーションに送信すべきオブジェクトの総データ量を、WWWサーバ装置とゲートウェイ装置との間におけるTCP(Transmission Control Protocol)コネクションのデータ伝送速度(bps)で除算することによって求める。 First, the "information required for transmission time", the total data amount of the object to be transmitted from the WWW server to the wireless station, the data transmission rate of TCP (Transmission Control Protocol) connection between the WWW server and the gateway device ( determined by dividing in bps). TCPコネクションのデータ伝送速度は、WWWサーバ装置とゲートウェイ装置との間で常にほぼ一定値であることが予めわかっているならその値を用いればよいし、一方の装置から所定サイズのパケットを送信してこれに他方の装置が応答してくるまでの時間を検出するなどの周知の手法を用いて取得してもよい。 Data transmission rate of the TCP connection, may be used that value if it is known in advance that is always substantially constant between the WWW server and the gateway device transmits a packet of a predetermined size from one device it may be obtained by using conventional techniques such as this and the other device for detecting the time to come in response Te.
次に、「リクエスト伝送所要時間」については、ゲートウェイ装置とWWWサーバ装置との間の往復伝搬遅延時間(RTT;Round Trip Time)をもってこのリクエスト伝送所要時間とみなすことにしている。 Next, the "request transmission required time", the gateway apparatus and the WWW server device round-trip propagation delay time between; are to be regarded as a (RTT Round Trip Time) The request transmission duration with. 厳密にいえば、無線ステーション及びサーバ装置間のリクエスト伝送所要時間と、ゲートウェイ装置及びWWWサーバ装置間の往復伝搬遅延時間とは少し異なる値を取るであろう。 Strictly speaking, a request transmission duration between the wireless stations and the server device, the propagation delay between the gateway apparatus and the WWW server device will take a slightly different value. しかしながら、これら両者はいずれも、ゲートウェイ装置から送信されたリクエストがWWWサーバ装置に到達するまでの時間を含んでいるから、大体において、近似する値となると考えることができる。 However, none of these two is because the request transmitted from the gateway device includes a time to reach the WWW server device can be considered to a large extent, a value approximated.
このようにして得たリクエスト伝送所要時間と情報伝送所要時間との和を通信休止状態を継続し得る休止状態継続時間として無線ステーションに通知すれば、無線ステーションは、この休止状態継続時間の間だけは通信休止状態を維持することができる。 If notice this way the sum of the requests transmitted Time and information transmission required time obtained as a dormant duration may continue communication dormant wireless station, wireless station, only during the dormant time duration it can maintain a communication pause state.
以上が本実施形態の概略である。 The above is the outline of the present embodiment.
【0019】 [0019]
次に、図面を参照しながら、本発明の実施の一形態について詳細に説明する。 Next, with reference to the drawings will be described in detail an embodiment of the present invention. なお、図面において、共通する部分には同一の符号が付されている。 In the drawings, the same parts are denoted by the same reference numerals.
(1)構成図1は、本実施形態に係る通信システムの全体構成を示す図である。 (1) Configuration FIG. 1 is a diagram showing the overall configuration of a communication system according to this embodiment. 図1に示すように、この通信システムは、複数のユーザによりそれぞれクライアント装置として利用される複数の無線ステーション10a〜10dと、複数のアクセスポイント20a〜20dが通信ケーブルによって接続されて形成された無線LAN200と、無線LAN200とインターネット40とを接続するゲートウェイ装置30と、インターネット40に接続された複数のWWWサーバ装置50a、50bとを備えている。 As shown in FIG. 1, the communication system includes a plurality of radio stations 10a~10d utilized as each client apparatus by a plurality of users, a wireless multiple access points 20a~20d is formed are connected by a communication cable a LAN 200, provided with a gateway device 30 that connects the wireless LAN 200 and the Internet 40, a plurality of WWW server devices 50a connected to the Internet 40, and 50b. なお、図1においては、説明の便宜のため、無線ステーション及びアクセスポイントを4つずつ、そしてWWWサーバ装置を2つしか図示していないが、実際にはこれらはもっと多数存在してもよい。 In FIG. 1, for convenience of explanation, each four wireless stations and access points, and is not a WWW server apparatus only two shown, in practice these may be present many more. 無線ステーション10a〜10dは、いずれもほぼ同様の構成及び動作であるから、以下では、これらを特に区別して説明する必要がある場合を除き、「無線ステーション10」という用語で総称する。 Radio station 10a~10d, since all have substantially the same structure and operation, in the following, unless it is necessary to explain in These distinguish, generally referred to by the term "radio station 10". アクセスポイント20a〜20dcやWWWサーバ装置50a、50bについても同様に、「アクセスポイント20」や「WWWサーバ装置50」という用語で総称する。 The access point 20a~20dc and WWW server devices 50a, similarly also 50b, collectively by the term "access point 20" and "WWW server 50".
【0020】 [0020]
無線ステーション10は、オフィス或いは家庭に設置されたデスクトップコンピュータや家電製品などの固定ステーションや、ユーザが携帯可能な携帯電話機やPDA(Personal Digital Assistants)などの移動ステーションである。 Radio station 10, and fixed stations, such as installed desktop computers and consumer electronics products in the office or home, the user portable cellular phone and PDA (Personal Digital Assistants) is a mobile station, such as. この無線ステーション10は、図2に示すように、CPU(Central Processing Unit)や各種メモリからなる制御部11と、ハードディスクやEEPROM(Electrically Erasable and Programmable Read Only Memory)などの不揮発性メモリからなる記憶部12と、アクセスポイント20と無線による通信を行うためのアンテナや通信回路からなる無線通信部13と、ユーザによる入力操作を受け付ける操作キーやマウスなどからなる入力操作部14と、各種情報を表示するCRT(Cathode Ray Tube)や液晶ディスプレイなどの表示部15とを備えている。 The radio station 10, as shown in FIG. 2, CPU (Central Processing Unit), various control unit 11 of memory, hard disk or EEPROM (Electrically Erasable and Programmable Read Only Memory) memory unit consisting of a non-volatile memory, such as 12, a wireless communication unit 13 composed of an antenna and a communication circuit for communicating with the access point 20 and the wireless, an input operation section 14 made of an operation key or a mouse for accepting an input operation by the user, and displays various information CRT and a display unit 15 such as (Cathode Ray Tube) or a liquid crystal display.
【0021】 [0021]
記憶部12には、情報閲覧プログラムであるWWWブラウザソフトウェアが記憶されている。 In the storage unit 12, WWW browser software is stored is an information browsing program. 制御部11は、このWWWブラウザソフトウェアを実行することによって、無線LAN200及びインターネット40を介してWWWサーバ装置50にHTTPリクエストを送信したり、WWWサーバ装置50から送信されてくるHTTPレスポンスを受信し、受信したレスポンスに含まれるHTML(Hypertext Markup Language)形式のデータ(以下、HTMLデータという)を解釈して表示部15に表示する。 Control unit 11, by executing the WWW browser software, receives and transmits an HTTP request to the WWW server 50 via the wireless LAN200 and Internet 40, the HTTP response transmitted from the WWW server 50, HTML included in the received response (Hypertext Markup Language) format data (hereinafter, referred to as HTML data) to interpret the display unit 15. また、記憶部12には、制御部11が、「transmit」、「awake」及び「doze」という3つの通信動作モードを切り換えるための手順が記述されたモード切替プログラムが記憶されている。 The storage unit 12, the control unit 11, "transmit", "awake" and "doze" procedure for switching the three communication operation modes is documented the mode switching program is stored. なお、以下の説明においては、「transmit」モード及び「awake」モードを合わせて「通信実行状態」といい、「doze」モードを「通信休止状態」という。 In the following description, in accordance with the "transmit" mode and "awake" mode is referred to as a "communication execution state", the "doze" mode of "communication pause state".
【0022】 [0022]
WWWサーバ装置50は、図3に示すように、CPUや各種メモリからなる制御部51と、ハードディスクなどの不揮発性メモリからなる記憶部52と、インターネット40に接続されてこのインターネット40を介して通信を行う通信部53とを備えている。 WWW server 50, as shown in FIG. 3, the communication control unit 51 including a CPU, various memories, a storage unit 52 composed of a nonvolatile memory such as a hard disk, via the Internet 40 is connected to the Internet 40 and a communication unit 53 that performs. 記憶部52には、テキスト、画像或いはオーディオなどの様々な情報と、無線ステーション10とHTTPに基づいてデータ通信を行うためのWWWサーバソフトウェアとが記憶されている。 The storage unit 52, text, and various information such as an image or audio, a WWW server software for performing data communication based on radio station 10 and HTTP are stored. このWWWサーバソフトウェアには、WWWサーバ装置50とゲートウェイ装置30との間におけるTCPコネクションのデータ伝送速度を検出するための手順が記述されている。 This is the WWW server software, instructions for detecting a data transmission rate of the TCP connection between the WWW server 50 and the gateway device 30 is described. 制御部51は、このWWWサーバプログラムを実行して、適宜、TCPコネクションのデータ伝送速度を検出し、これを取得しておくことができる。 Control unit 51 executes the WWW server program, as appropriate, to detect the data transmission rate of the TCP connection may have been get this. また、WWWサーバソフトウェアには、無線ステーション10に送信すべきデータの総データ量を上記データ伝送速度で除算することによって、WWWサーバ装置50が無線ステーション10宛てにデータを送信し始めた時から当該データをゲートウェイ装置30が受信し終わる時までに要する情報伝送所要時間を計算するための手順が記述されている。 In addition, the WWW server software, and the total amount of data to be transmitted to the radio station 10 by dividing the data transmission rate from the time when the WWW server 50 starts to transmit the data to the radio station 10 destined the procedure for calculating the information transmission time required by the time the data finishes receiving gateway device 30 is a is described. このようにして計算された情報伝送所要時間は、WWWサーバ装置50からゲートウェイ装置30に通知されるようになっている。 In this way, the calculated information transmission duration is adapted to be notified from the WWW server 50 to the gateway device 30.
【0023】 [0023]
ゲートウェイ装置30は、WWWサーバ装置50と無線ステーション10との間でデータ通信の中継処理を行う。 The gateway device 30 performs relay processing of the data communication between the WWW server 50 and the wireless station 10. このゲートウェイ装置30は、図4に示すように、CPUや各種メモリからなる制御部31と、ハードディスクなどの不揮発性メモリからなる記憶部32と、インターネット40に接続されてこのインターネット40を介してWWWサーバ装置50と通信を行うインターネット通信部33と、無線LAN200に接続されてこの無線LAN200を介して無線ステーション10とデータ通信を行うLAN通信部34とを備えている。 The gateway device 30, as shown in FIG. 4, via a control unit 31 including a CPU, various memories, a storage unit 32 composed of a nonvolatile memory such as a hard disk, the Internet 40 is connected to the Internet 40 WWW an Internet communication unit 33 for communicating with the server device 50, is connected to the wireless LAN 200 and a LAN communication unit 34 that performs radio station 10 and data communication via the wireless LAN 200. 制御部31は、図示せぬクロック回路から出力されるクロック信号に基づいて、時間を計測する計時機能を備えている。 Control unit 31, based on the clock signal output from the clock circuit (not shown), and a timer function for measuring time. 記憶部32には、無線ステーション10とWWWサーバ装置50との間で中継処理を行うための手順が記述された中継プログラムが記憶されている。 The storage unit 32, a relay program instructions for performing relay processing between the wireless station 10 and the WWW server device 50 is described is stored. この中継プログラムには、制御部31が往復伝搬遅延時間RTTを計算することによってリクエスト伝送所要時間を予測するための手順が記述されている。 This relay program, procedure for predicting the request transmission time required by the control unit 31 calculates the round-trip propagation delay time RTT is described. また、記憶部32には、WWWサーバ装置50によって無線ステーション10宛てに送信されてくるデータを一時的に記憶するためのキャッシュ領域が設けられている。 Also, the storage unit 32, cache area for temporarily storing the data sent to the radio station 10 destined by the WWW server 50 is provided.
【0024】 [0024]
(2)動作図5は、ゲートウェイ装置30の制御部31が上記中継プログラムに記述された手順に従って行う動作フローを示す図である。 (2) Operation FIG. 5, the control unit 31 of the gateway device 30 is a diagram showing an operation flow performed by following a procedure described in the relay program.
図5において、制御部31は、インターネット通信部33或いはLAN通信部34がメッセージを受信したことを検知すると(ステップS51;Yes)、受信したメッセージがHTTPメッセージかポーリングメッセージかを判断する(ステップS52)。 5, the control unit 31, the Internet communication unit 33 or the LAN communication unit 34 detects that the message has been received (step S51; Yes), the received message to determine whether the HTTP message or polling message (step S52 ). HTTPメッセージであれば(ステップS52;HTTP)、制御部31は、受信したHTTPメッセージがHTTPリクエストかHTTPレスポンスかを判断し(ステップS53)、これがHTTPリクエストであれば(ステップS53;リクエスト)、そのHTTPリクエストを受信した時刻(以下、リクエスト受信時刻という)を記憶部32の所定領域に記憶する(ステップS54)。 If the HTTP message (step S52; HTTP), the control unit 31, the received HTTP message determines whether the HTTP request or HTTP response (step S53), if this is the HTTP request (step S53; request), the time of receiving the HTTP request (hereinafter, referred to as the request reception time) is stored in a predetermined area of ​​the storage unit 32 (step S54). このとき、制御部31は、受信したHTTPリクエストのオプションフィールドである「タイムスタンプ」フィールドを参照すれば、上述した計時機能によって計測された受信時刻が記述されているはずであるから、上記リクエスト受信時刻を容易に認識できる。 At this time, the control unit 31, referring to "time stamp" field is an optional field of the HTTP request received, because it should reception time measured by the timing function mentioned above is described, the request receiving time can be easily recognized.
【0025】 [0025]
次いで、制御部31は、上記HTTPリクエストをその宛先であるWWWサーバ装置50に送信する(ステップS55)。 Then, the control unit 31 transmits the HTTP request to the WWW server 50 which is the destination (step S55). この後、上記HTTPリクエストに応じてWWWサーバ装置50からHTTPレスポンスが送信されてくる。 Then, HTTP response from the WWW server 50 in response to the HTTP request is transmitted. 制御部31は、上述したようなステップS51〜ステップS53の手順を踏んで、HTTPレスポンスを受信したことを検知すると(ステップS53;レスポンス)、そのレスポンスにテキストや画像などのオブジェクトが含まれているか否かを判断する(ステップS56)。 Controller 31 stepped on the procedure of Step S51~ step S53 as described above, when detecting the reception of the HTTP response; it contains (step S53 response), objects such as text and images on the response determines whether (step S56). オブジェクトが含まれていなければ(ステップS56;No)、制御部31は、受信したHTTPレスポンスはオブジェクトを含まない「index.html」ファイルなどのHTMLファイルであると判断し、このレスポンス内に情報伝送所要時間が含まれているか否かを判断する(ステップS58)。 Has to contain objects (step S56; No), the control unit 31, HTTP response received is determined to be an HTML file, such as "index.html" files that do not contain objects, information transmission in the response It determines if it contains the required time (step S58). 情報伝送所要時間が含まれていれば(ステップS58;Yes)、制御部31は、そのレスポンスを受信した時刻(以下、レスポンス受信時刻という)を記憶部32の所定領域に記憶する(ステップS59)。 If it contains information required for transmission time (Step S58; Yes), the control unit 31, the time that has received the response (hereinafter, referred to as a response reception time) is stored in a predetermined area of ​​the storage unit 32 (step S59) . このとき、制御部31は、受信したHTTPレスポンスの「タイムスタンプ」フィールドを参照すれば、上述した計時機能によって計測された受信時刻が記述されているはずであるから、容易にレスポンス受信時刻を認識できる。 At this time, the control unit 31, referring to "time stamp" field of the received HTTP response, since it should reception time measured by the timing function mentioned above is described, easily recognize the response reception time it can.
【0026】 [0026]
次に、制御部31は、ステップS59において記憶したレスポンス受信時刻と、それに先だってステップS54において記憶したリクエスト受信時刻との差を計算することによって、ゲートウェイ装置30とWWWサーバ装置50との間の往復伝搬遅延時間RTTを求める(ステップS60)。 Next, the control unit 31, a response reception time stored in step S59, the thereto by calculating the difference between the request receiving time stored in prior step S54, reciprocating between the gateway device 30 and the WWW server 50 determine the propagation delay time RTT (step S60). 次いで、制御部31は、求めた往復伝搬遅延時間RTTと、ステップS58において既に検出している情報伝送所要時間とを加算する。 Then, the control unit 31 adds the propagation delay RTT obtained, and information required for transmission time already detected in step S58. そして、制御部31は、この加算結果を休止状態継続時間として上記HTTPレスポンスの所定領域に挿入して(ステップS61)、無線ステーション10に送信する(ステップS55)。 Then, the control unit 31, a sum as dormant duration is inserted into a predetermined region of the HTTP response (step S61), and transmits to the radio station 10 (step S55). 前述したように、この休止状態継続時間は無線ステーション10が通信を行う必要がない時間である。 As described above, the quiescent state continuation time is the time it is not necessary to radio station 10 communicates. 従って、無線ステーション10はゲートウェイ装置30によって休止状態継続時間が通知されてくると、直ちに通信実行状態から通信休止状態へと切り換えて、その休止状態継続時間の間だけは通信休止状態を維持する。 Therefore, the radio station 10 comes is notified hibernation duration by the gateway device 30, immediately switched from the communication execution state to the communication hibernation only during the dormant duration to maintain communication dormant.
【0027】 [0027]
一方、ステップS56において、受信したHTTPレスポンスにオブジェクトが含まれていれば(ステップS56;Yes)、制御部31は、そのオブジェクトを記憶部32のキャッシュ領域に記憶する(ステップS57)。 On the other hand, in step S56, if it contains objects in the HTTP response received (step S56; Yes), the control unit 31 stores the object in the cache area of ​​the storage unit 32 (step S57). WWWサーバ装置50から無線ステーション10宛に複数のオブジェクトが連続して送信されてくる場合には、制御部31は、上記ステップS51〜S53及びステップS56〜S57)の手順を踏んで、受信したオブジェクトを次々とキャッシュ領域に記憶することになる。 Object when a plurality of objects in the radio station 10 addressed from the WWW server 50 is transmitted in succession, the control unit 31, which stepping on procedure in steps S51~S53 and step S56~S57), received one after another will be stored in the cache area.
【0028】 [0028]
そして、ステップS52において受信したメッセージがポーリングメッセージであった場合(ステップS52;ポーリング)、制御部31は、そのポーリングメッセージを送信してきた無線ステーション10を宛先とする全てのオブジェクトを記憶部32のキャッシュ領域に記憶し終わっているか否かを判断する(ステップS62)。 When the message received at step S52 was polling message (step S52; polling), the control unit 31, cache memory section 32 to all objects that the radio station 10 which has transmitted the polling message destined It determines whether finished stored in the area (step S62). 記憶し終わっていなければ(ステップS62;No)、制御部31はその旨を無線ステーション10に返信するし(ステップS63)、記憶し終わっていれば(ステップS62;Yes)、制御部31は、キャッシュ領域からオブジェクトを1つずつ読み出し(ステップS64)、これらを順次無線ステーション10に送信する(ステップS55)。 If not finished stored (step S62; No), to the control unit 31 returns the fact to the radio station 10 (step S63), if the finished stored (step S62; Yes), the control unit 31, read from the cache area each object (step S64), and transmits them sequentially to the radio station 10 (step S55).
【0029】 [0029]
次に、図6を参照しながら、システム全体の動作例について説明する。 Next, referring to FIG. 6, a description is given of an operation example of the entire system. なお、図6においては、無線ステーション10aがWWWサーバ装置50aにアクセスし、ファイル名「index.html」のデータファイル(「index.html」ファイルという)を取得する場合を例に挙げて説明する。 In FIG. 6, the radio station 10a accesses the WWW server apparatus 50a, will be described as an example the case of acquiring the data file with the file name "index.html" (called "index.html" file).
まず、通信実行状態にある無線ステーション10aは、「index.html」ファイルを要求するため、HTTPリクエストをWWWサーバ装置50aに送信する(ステップS101)。 First, the wireless station 10a in communication execution state in order to request the "index.html" file, and transmits the HTTP request to the WWW server apparatus 50a (step S101). ゲートウェイ装置30は、受信したHTTPリクエストの「タイムスタンプ」フィールドを参照し、リクエスト受信時刻を記憶部32に記憶する(ステップS102)。 The gateway device 30 refers to the "time stamp" field of the received HTTP request, and stores the request reception time in the storage unit 32 (step S102). 次いで、ゲートウェイ装置30は、上記HTTPリクエストをWWWサーバ装置50aに転送する(ステップS103)。 Then, the gateway device 30 transfers the HTTP request to the WWW server apparatus 50a (step S103).
【0030】 [0030]
WWWサーバ装置50aは、上記HTTPリクエストを受信すると、まず、このHTTPリクエストによって要求されている「index.html」ファイル内の全てのオブジェクト(オブジェクト1〜n)の総データ量を、予め検出しているTCPコネクションのデータ伝送速度で除算して情報伝送所要時間を計算する(ステップS104)。 WWW server apparatus 50a receives the HTTP request, first, the total amount of data of all objects "index.html" file that is requested by the HTTP request (object 1 to n), previously detected by dividing the data transmission rate of TCP connections have to calculate the information transmission time required (step S104). 次に、WWWサーバ装置50aは、「index.html」ファイルと上記情報伝送所要時間を含むHTTPレスポンスを無線ステーション10a宛てに送信する(ステップS105)。 Next, WWW server 50a transmits an HTTP response including the "index.html" file and the information transmission time required to a radio station 10a destined (step S105). ゲートウェイ装置30は、このHTTPレスポンスを受信すると、このHTTPレスポンスの「タイムスタンプ」フィールドを参照し、レスポンス受信時刻を記憶部32に記憶する。 The gateway device 30 receives this HTTP response, by referring to "time stamp" field of the HTTP response, and stores the response reception time in the storage unit 32. さらにゲートウェイ装置30は、このレスポンス受信時刻と、それに先だって既に記憶しているリクエスト受信時刻との差を計算することによって往復伝搬遅延時間RTTを求める(ステップS106)。 Further gateway device 30 obtains a round-trip propagation delay time RTT by calculating the difference between this and the response reception time, it the prior already request reception time it is stored (step S106). そして、ゲートウェイ装置30は、WWWサーバ装置50aから受信している情報伝送所要時間と、求めた往復伝搬遅延時間RTTとを加算し、その加算結果を休止状態継続時間として上記HTTPレスポンスに挿入し、無線ステーション10aに送信する(ステップS107)。 Then, the gateway device 30 adds the information transmission required time are received from the WWW server apparatus 50a, and a round-trip propagation time RTT obtained was inserted into the HTTP response to the addition result as a dormant duration to the radio station 10a (step S107).
【0031】 [0031]
無線ステーション10aは、上記HTTPレスポンスを受信すると、このレスポンスの中から「index.html」ファイルと休止状態継続時間とを抽出し、「index.html」ファイル内において指定されているオブジェクト1〜nを要求するためのHTTPリクエストをWWWサーバ装置50aに送信する(ステップS108)。 Radio station 10a receives the HTTP response, extracts the "index.html" file dormant duration from the response, the object 1~n specified in the "index.html" file It sends an HTTP request for requesting the WWW server apparatus 50a (step S108). この後、無線ステーション10aは、モード切替プログラムの手順に従って直ちに通信実行状態から通信休止状態に切り換えて(ステップS109)、上記休止状態継続時間の間だけは通信休止状態を維持する。 Thereafter, the radio station 10a is switched from immediate communication execution state in accordance with the procedure of the mode switching program communication pause state (step S109), only during the dormant duration to maintain communication dormant.
【0032】 [0032]
一方、WWWサーバ装置50aは、ゲートウェイ装置30を介して上記HTTPリクエストを受信すると、このリクエストによって要求されているオブジェクト1〜nを1オブジェクトずつ無線ステーション10aに宛てて送信する(ステップS110〜S113)。 On the other hand, WWW server apparatus 50a receives the HTTP request via gateway device 30, transmits the object 1~n being requested by the request addressed to the radio station 10a by one object (step S110 to S113) . これらの各オブジェクトは、ゲートウェイ装置30においてオブジェクト1〜nの全てが揃うまで一時的に記憶(キャッシュ)される。 Each of these objects is temporarily stored in the gateway device 30 until all objects 1~n align (cache).
【0033】 [0033]
さて、無線ステーション10aは、ステップS109の時点から休止状態継続時間が経過すると、モード切替プログラムの手順に従って通信休止状態から通信実行状態へ切り換えて(ステップS114)、ゲートウェイ装置30に対しオブジェクトを要求するためのポーリングメッセージを送信する(ステップS115)。 Now, the radio station 10a, when dormant duration from the time point of the step S109 elapses, switching from communication pause state according to the procedure of the mode switching program to the communication execution state (step S114), and requests the objects to the gateway device 30 sending a polling message for (step S115). このとき、ゲートウェイ装置30が全てのオブジェクト1〜nを受信しキャッシュし終わっていれば、これらを順次、無線ステーション10aに送信する(ステップS116〜S119)。 At this time, the gateway device 30 if done cache receives all the objects 1 to n, these sequentially, to the radio station 10a (step S116~S119). そして、無線ステーション10aは、受信したオブジェクト1〜nを「index.html」に記述された内容に従って表示部15に表示する。 The radio station 10a is displayed on the display unit 15 in accordance with the contents described objects 1~n received the "index.html".
【0034】 [0034]
以上のように、本実施形態によれば、ゲートウェイ装置30とWWWサーバ装置50とが連携することによって、無線ステーション10において通信休止状態を継続し得る時間をより正確に予測可能となるので、無線ステーション10における消費電力を低減させることができる。 As described above, according to this embodiment, by the gateway device 30 and the WWW server device 50 cooperate, the time capable of continuing communication hibernation become more accurately predict allow the radio station 10, the radio it is possible to reduce the power consumption in the station 10.
【0035】 [0035]
(3)変形例本発明は、上述した実施形態に限定されず、次のような変更が可能である。 (3) Modification The present invention is not limited to the embodiments described above, but may be modified as follows.
(3−1)第1変形例実施形態では、リクエスト伝送所要時間が、ゲートウェイ装置30とWWWサーバ装置50との間の往復伝搬遅延時間RTTとほぼ同値であるとみなしていた。 (3-1) In the first modification embodiment, the request transmission required time, was considered to be approximately equivalent with the round-trip propagation delay time RTT between the gateway device 30 and the WWW server 50. しかし、無線ステーション10の計時機能とWWWサーバ装置50の計時機能とがほぼ正確に同期して計時処理を行うことが保証されていれば、次のようにしてもよい。 However, if it is guaranteed that the timing functions of the clock function and the WWW server 50 of the radio station 10 performs almost exactly synchronously timing process may be as follows.
即ち、無線ステーション10が送信したHTTPリクエストに付与されている送信時刻と、WWWサーバ装置50が無線ステーション10宛てに送信したHTTPレスポンスに付与されている送信時刻との差をゲートウェイ装置30が計算し、これをリクエスト伝送所要時間とみなしてもよい。 That is, the transmission time radio station 10 is given to the HTTP request transmitted, WWW server device 50 is a difference gateway device 30 calculates the transmission time granted to the HTTP response sent to the radio station 10 destined , this may be regarded as a request transmission required time. 具体的には、図6のステップS101において、通信実行状態にある無線ステーション10aが「index.html」ファイルを要求するためのHTTPリクエストをWWWサーバ装置50aに送信する際にそのリクエスト送信時刻をHTTPリクエストの所定領域に書き込んでおく。 Specifically, HTTP in step S101 of FIG. 6, the request transmission time when transmitting an HTTP request to the radio station 10a in communication execution state requests "index.html" file to the WWW server apparatus 50a It is written in a predetermined area of ​​the request. ゲートウェイ装置30は、ステップS102において受信したHTTPリクエストを参照してリクエスト送信時刻を記憶した後に、ステップS103において上記HTTPリクエストをWWWサーバ装置50aに転送する。 The gateway device 30, after referring to the received HTTP request and stores the request transmission time in step S102, and transfers the HTTP request to the WWW server apparatus 50a in step S103. 一方、WWWサーバ装置50aは、ゲートウェイ装置30を介して上記HTTPリクエストを受信すると、ステップS105において「index.html」ファイルと情報伝送所要時間とを含むHTTPレスポンスを無線ステーション10aに送信するが、このときのレスポンス送信時刻を上記HTTPレスポンスの所定領域に書き込んで送信する。 On the other hand, WWW server apparatus 50a receives the HTTP request via gateway device 30, but transmits an HTTP response including the "index.html" file and the information transmission time required to a radio station 10a in step S105, this the response transmission time to transmit writing to a predetermined region of the HTTP response time. そして、ゲートウェイ装置30は、ステップS106において受信したHTTPレスポンスを参照してレスポンス送信時刻を記憶した後、既に記憶しているリクエスト送信時刻とレスポンス送信時刻との差を算出する。 Then, the gateway device 30, after storing the response transmission time with reference to the HTTP response received in step S106, already calculates the difference between the request transmission time and the response transmission time stored therein. そして、ステップS107において、ゲートウェイ装置30は、WWWサーバ装置50aから受信している情報伝送所要時間と、求めた差とを加算し、その加算結果を休止状態継続時間として上記HTTPレスポンスに挿入し、無線ステーション10aに送信する。 Then, in step S107, the gateway device 30 adds the information transmission required time are received from the WWW server apparatus 50a, and the obtained difference, and inserted into the HTTP response to the addition result as a dormant duration to the wireless station 10a.
なお、リクエスト伝送所要時間と情報伝送所要時間については、いずれも上述した方法によって算出したものをそのまま利用するのではなく、その算出値に対して適当な補正を施し、補正後の値を利用するようにしてもよい。 Note that the request transmission duration information transmission required time, either instead of utilizing as it is calculated by the method described above, subjected to appropriate correction to the calculated value, using a value after the correction it may be so.
【0036】 [0036]
(3−2)第2変形例上述したゲートウェイ装置30、無線ステーション10及びWWWサーバ装置50の制御部が実行するコンピュータプログラムは、制御部によって読み取り可能な磁気記録媒体、光記録媒体あるいはROM等の記録媒体に記録して提供することが可能である。 (3-2) Second Modification aforementioned gateway device 30, a computer program for the control unit of the radio station 10 and the WWW server 50 is executed, the control unit magnetic recording medium readable by, such as an optical recording medium or ROM It can be provided by being recorded on a recording medium. また、これらプログラムを、インターネットのようなネットワーク経由でゲートウェイ装置30、無線ステーション10及びWWWサーバ装置50にダウンロードさせることももちろん可能である。 Moreover, these programs, the gateway device 30 via a network such as the Internet, it is of course also possible to download to the wireless station 10 and the WWW server 50.
【0037】 [0037]
(3−3)第3変形例なお、本発明は無線LANにのみ適用されるものではなく、クライアント装置とサーバ装置との間にゲートウェイ装置のような中継装置が介在して通信を中継するような場合には適用可能である。 (3-3) Third Modification The present invention is not intended to be applied only to a wireless LAN, so that the relay device such as a gateway device between a client device and a server device relays communication interposed it is applicable to the case.
また、クライアント装置は通信動作モードを切り換えて通信を行うものであれば、無線による通信を行うものに限らず、有線によって通信を行うものであってもよい。 Also, if the client device performs communication by switching the communication operation mode is not limited to performing communication by radio, it may be one that performs communication by wire.
また、WWWサーバ装置50とゲートウェイ装置30とは、インターネット40ではなく、専用線によって直接接続されていてもよい。 Further, a WWW server 50 and the gateway device 30, the Internet 40 rather, may be connected directly by a dedicated line.
【0038】 [0038]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように、本発明によれば、無線ステーションのようなクライアント端末において通信休止状態を継続し得る時間をより正確に予測し、クライアント端末における消費電力を従来よりも低減させることができる。 As described above, according to the present invention, predicts the time that can continue communication dormant in the client terminal such as a radio station more precisely, the power consumption in the client terminal can be reduced than conventionally.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 本発明の実施の一形態に係るシステムの全体構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing an overall configuration of a system according to an embodiment of the present invention.
【図2】 同システムにおける無線ステーションの構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing the configuration of a radio station in the same system.
【図3】 同システムにおけるWWWサーバ装置の構成を示すブロック図である。 3 is a block diagram showing the structure of the WWW server apparatus in the system.
【図4】 同システムにおけるゲートウェイ装置の構成を示すブロック図である。 4 is a block diagram showing a configuration of a gateway apparatus in the system.
【図5】 同システムにおけるゲートウェイ装置の制御部が行う動作フローを示す図である。 5 is a diagram illustrating an operation flow performed by the controller of the gateway apparatus in the system.
【図6】 同システムにおける動作例を示すシーケンス図である。 6 is a sequence diagram showing an operation example in the same system.
【図7】 従来の動作例を示すシーケンス図である。 7 is a sequence diagram showing a conventional operation example.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
10・・・無線ステーション(クライアント装置)、20・・・アクセスポイント、30・・・ゲートウェイ装置(中継装置)、40・・・インターネット、50・・・WWWサーバ装置(サーバ装置)。 10 ... wireless station (client device), 20 ... access point, 30 ... gateway device (relay device), 40 ... Internet, 50 ... WWW server (server device).

Claims (4)

  1. クライアント装置とサーバ装置との間で通信の中継を行う中継手段と、 A relay means for relaying communication between a client device and a server device,
    前記クライアント装置が情報を要求するためのリクエストを前記サーバ装置宛てに送信した時から、当該リクエストが前記中継手段によって中継されて前記サーバ装置に到達する時までに要するリクエスト伝送所要時間を、前記中継手段が当該リクエストを前記サーバ装置に送信してから当該リクエストに対する当該サーバ装置の応答を受信するまでの往復伝搬遅延時間を計算することによって予測する予測手段と、 Wherein a request to the client device requests information from the time of sending to the server device addressed, the request transmission time required by the time the request reaches the server device is relayed by the relay unit, the relay prediction means for means for predicting by calculating the round-trip propagation delay time from transmission of the request to the server apparatus until a response is received the server device for the request,
    前記サーバ装置が前記クライアント装置宛てに情報を送信し始めた時から、当該情報を前記中継手段が受信し終わる時までに要する情報伝送所要時間を前記サーバ装置から受信する受信手段と、 From when the server device begins to transmit information to the client device destined, and receiving means for receiving the information transmission time required by the time the information is the relay unit finishes receiving from said server apparatus,
    前記予測手段によって予測されたリクエスト伝送所要時間と、前記受信手段によって受信された情報伝送所要時間とに基づいて、前記クライアント装置において通信を行わない状態を継続し得る休止状態継続時間を計算する計算手段と、 A request transmission required time predicted by said predicting means, on the basis of the information transmission required time received by said receiving means, calculation for calculating the hibernation duration in the client device may continue a state of not performing communication and means,
    前記計算手段によって計算された休止状態継続時間を前記クライアント装置に通知する通知手段と を備える中継装置。 Relay apparatus and a notifying means for notifying the hibernation duration calculated by the calculation unit to the client device.
  2. クライアント装置によって送信されてくるリクエストに応じて当該クライアント装置宛てに情報を送信するサーバ装置と、 A server device for transmitting information to the client device addressed in response to a request transmitted by the client device,
    前記クライアント装置と前記サーバ装置との間で通信の中継を行う中継装置とを備え、 And a relay device for relaying communications between the server device and the client device,
    前記サーバ装置は、 Said server apparatus,
    前記中継装置と自サーバ装置との間の通信路における情報伝送速度を取得する取得手段と、 An acquisition unit configured to acquire information transmission rate in a communication path between the relay device and the own server,
    前記リクエストによって要求されている情報の情報量と前記取得手段によって取得された情報伝送速度とに基づいて、当該情報を前記クライアント装置宛てに送信し始めた時から、送信された前記情報を前記中継装置が受信し終わる時までに要する情報伝送所要時間を計算する計算手段と、 Based on the obtained information transmission rate by the amount of information and the acquisition unit of the information requested by the request, the information from the time of starting to send to the client device addressed, the relay the information transmitted a calculation means for calculating the information transmission time required by the time the device has finished receiving,
    前記計算手段によって計算された情報伝送所要時間を前記中継装置に通知する通知手段とを有し、 And a notifying means for notifying the information required for transmission time calculated by said calculating means to said relay device,
    前記中継装置は、 The relay device,
    前記クライアント装置が情報を要求するためのリクエストを前記サーバ装置宛てに送信した時から、当該リクエストが自中継装置によって中継されて前記サーバ装置に到達する時までに要するリクエスト伝送所要時間を、自装置が当該リクエストを前記サーバ装置に送信してから当該リクエストに対する当該サーバ装置の応答を受信するまでの往復伝搬遅延時間を計算することによって予測する予測手段と、 A request to the client device requests information from the time of sending to the server device addressed, the request transmission time required by the time the request reaches the server device is relayed by the own relay device, the own device There prediction means for predicting by calculating the round-trip propagation delay time from transmission of the request to the server apparatus until a response is received the server device for the request,
    前記サーバ装置によって送信されてくる情報伝送所要時間を受信する受信手段と、 Receiving means for receiving by the incoming information transmission required time transmitted by the server device,
    前記予測手段によって予測されたリクエスト伝送所要時間と、前記受信手段によって受信された情報伝送所要時間とに基づいて、前記クライアント装置において通信を行わない状態を継続し得る休止状態継続時間を計算する計算手段と、 A request transmission required time predicted by said predicting means, on the basis of the information transmission required time received by said receiving means, calculation for calculating the hibernation duration in the client device may continue a state of not performing communication and means,
    前記計算手段によって計算された休止状態継続時間を前記クライアント装置に通知する通知手段とを有する通信システム。 Communication system and a notifying means for notifying the hibernation duration calculated by the calculation unit to the client device.
  3. クライアント装置とサーバ装置との間で通信を中継する中継装置が行う通信方法であって、 A communication method of a relay apparatus performs the relay communication between the client apparatus and the server apparatus,
    前記中継装置が、前記クライアント装置から前記サーバ装置宛てに情報を要求するためのリクエストが送信された時から、当該リクエストが自中継装置を経由して前記サーバ装置に到達する時までに要するリクエスト伝送所要時間を、自装置が当該リクエストを前記サーバ装置に送信してから当該リクエストに対する当該サーバ装置の応答を受信するまでの往復伝搬遅延時間を計算することによって予測する予測ステップと、 The relay apparatus, from the time the request for requesting information to the server apparatus addressed from the client device is transmitted, the request transmission required by the time the request reaches the server device via the own relay apparatus the required time, a prediction step when the device itself predicted by calculating the round-trip propagation delay time from transmission of the request to the server apparatus until a response is received the server device for the request,
    前記中継装置が、前記サーバ装置から前記クライアント装置宛てに情報を送信し始めた時から当該情報を自中継装置が受信し終わる時までに要する情報伝送所要時間を前記サーバ装置から受信する受信ステップと、 The relay device, a receiving step of receiving the information transmission time required by the time the information from the time of starting to send the information to the client device addressed from the server device finishes receiving the own relay apparatus from the server apparatus ,
    前記中継装置が、前記予測ステップにおいて予測されたリクエスト伝送所要時間と、前記受信ステップにおいて受信された情報伝送所要時間とに基づいて、前記クライアント装置において通信を行わない状態を継続し得る休止状態継続時間を計算する計算ステップと、 The relay device, wherein the request transmission required time predicted in the prediction step, on the basis of the information transmission required time received in said receiving step, continuous may dormant continue a state of not performing communication at the client device and a calculating step of calculating the time,
    前記中継装置が、前記計算ステップにおいて計算された休止状態継続時間を前記クライアント装置に通知する通知ステップと を備える通信方法。 The relay apparatus, a communication method and a notification step of notifying the calculated hibernation duration in the computation step to the client device.
  4. サーバ装置が、クライアント装置によって送信されてくるリクエストを中継装置を介して受信する受信ステップと、 Server device, a receiving step of receiving via the relay device a request sent by the client device,
    前記サーバ装置が、前記リクエストによって要求されている情報の情報量と、前記中継装置と自サーバ装置との間の通信路における情報伝送速度とに基づいて、当該情報を前記クライアント装置宛てに送信し始めた時から前記中継装置が受信し終わる時までに要する情報伝送所要時間を計算する計算ステップと、 It said server apparatus, and the amount of information that is requested by the request, based on the data transmission rate in a communication path between the relay device and the own server, and transmits the information to the client device addressed a calculating step of calculating an information transmission time required by the time have been received is the relay device from the time of starting,
    前記サーバ装置が、前記計算ステップにおいて計算された情報伝送所要時間を前記中継装置に通知する所要時間通知ステップと、 Said server apparatus, and the required time notifying step for notifying information required for transmission time calculated in said calculating step in said relay device,
    前記中継装置が、前記クライアント装置によって前記サーバ装置宛てにリクエストが送信された時から、当該リクエストが自中継装置を経由して前記サーバ装置に到達する時までに要するリクエスト伝送所要時間を、自装置が当該リクエストを前記サーバ装置に送信してから当該リクエストに対する当該サーバ装置の応答を受信するまでの往復伝搬遅延時間を計算することによって予測する予測ステップと、 The relay apparatus, from the time the request is sent to the server device addressed by the client device, a request transmission time required by the time the request reaches the server device via the own relay device, the own device There a prediction step of predicting by calculating the round-trip propagation delay time from transmission of the request to the server apparatus until a response is received the server device for the request,
    前記中継装置が、前記所要時間通知ステップにおいて前記サーバ装置によって通知されてくる情報伝送所要時間と、前記予測ステップにおいて予測されたリクエスト伝送所要時間とに基づいて、前記クライアント装置において通信を行わない状態を継続し得る休止状態継続時間を計算する計算ステップと、 A state where the relay device, and the information transmission time required to come notified by the server device at the required time notifying step, on the basis of the predicted requested transmission duration in the prediction step, does not perform communication at the client device a calculation step of calculating and may hibernation duration continues,
    前記中継装置が、前記計算ステップにおいて計算された休止状態継続時間を前記クライアント装置に通知する継続時間通知ステップと を備える通信方法。 The relay apparatus, a communication method and a duration notification step of notifying the calculated hibernation duration in the computation step to the client device.
JP2003195203A 2003-07-10 2003-07-10 Relay device, a communication system and communication method Expired - Fee Related JP4170838B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003195203A JP4170838B2 (en) 2003-07-10 2003-07-10 Relay device, a communication system and communication method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003195203A JP4170838B2 (en) 2003-07-10 2003-07-10 Relay device, a communication system and communication method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005033431A JP2005033431A (en) 2005-02-03
JP4170838B2 true JP4170838B2 (en) 2008-10-22

Family

ID=34206122

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003195203A Expired - Fee Related JP4170838B2 (en) 2003-07-10 2003-07-10 Relay device, a communication system and communication method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4170838B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007082015A2 (en) * 2006-01-11 2007-07-19 Fisher-Rosemount Systems, Inc. Control of low power wireless networks for power conservation
US8644211B2 (en) 2010-12-16 2014-02-04 Palo Alto Research Center Incorporated Energy-efficient content retrieval in content-centric networks
JP5327303B2 (en) * 2011-11-01 2013-10-30 カシオ計算機株式会社 The server device, the client device and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2005033431A (en) 2005-02-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9401980B2 (en) Method for communication with a portable communication device implemented at a base
US8750188B2 (en) System support for accessing and switching among multiple wireless interfaces on mobile devices
RU2313123C2 (en) Method and system for controlling power consumption of network interface module in a wireless computing device
CN103765385B (en) Cross-application state transfer device
KR101130409B1 (en) Method for maintaining wireless network response time while saving wireless adapter power
US7508760B2 (en) Data distribution server and terminal apparatus
US7945673B2 (en) Reduced wireless internet connect time
CN101069173B (en) Method for low power operation of wireless lan interfaces
CA2386681C (en) Method and apparatus for assigning location estimates from a first transceiver to a second transceiver
KR100643107B1 (en) System and method for concurrent multimodal communication
CN101742618B (en) Method and base station for determining discontinuous transmission mode
US20120188928A1 (en) Method for maintaining connection between terminal and network server, terminal and network server
US5768508A (en) Computer network system and method for efficient information transfer
US7586864B2 (en) Communication system, base station, terminal, communication device, communication management method, control program, and computer-readable recording medium containing the same
JP3644503B2 (en) Wireless terminal and that end between delay control method and program
US20060223504A1 (en) Efficient server polling system and method
KR101088718B1 (en) Mobile wlan gateway
KR100610286B1 (en) System and method for concurrent multimodal communication session persistence
US9465777B2 (en) System and method of performing domain name server pre-fetching
CN103119899B (en) Reduce the overhead data transmission method and apparatus
JP2012114923A (en) Methods and apparatus for communication of notifications
US9392073B2 (en) Apparatus and method for context-aware mobile data management
CN1961533A (en) Energy-aware communications for a multi-radio system
CN105453662A (en) Neighbor discovery to support sleepy nodes
US20070021155A1 (en) System and method for reducing call establishment delay in a wireless network

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060406

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080512

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080520

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080717

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080805

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080807

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110815

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110815

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120815

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120815

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130815

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees