JP4162579B2 - 負角成形金型 - Google Patents

負角成形金型 Download PDF

Info

Publication number
JP4162579B2
JP4162579B2 JP2003396640A JP2003396640A JP4162579B2 JP 4162579 B2 JP4162579 B2 JP 4162579B2 JP 2003396640 A JP2003396640 A JP 2003396640A JP 2003396640 A JP2003396640 A JP 2003396640A JP 4162579 B2 JP4162579 B2 JP 4162579B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold
die
negative angle
unit
cam
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003396640A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005152965A (ja
Inventor
忠俊 木下
Original Assignee
株式会社ユアビジネス
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社ユアビジネス filed Critical 株式会社ユアビジネス
Priority to JP2003396640A priority Critical patent/JP4162579B2/ja
Publication of JP2005152965A publication Critical patent/JP2005152965A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4162579B2 publication Critical patent/JP4162579B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D5/00Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves
    • B21D5/04Bending sheet metal along straight lines, e.g. to form simple curves on brakes making use of clamping means on one side of the work
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D37/00Tools as parts of machines covered by this subclass
    • B21D37/08Dies with different parts for several steps in a process

Description

本発明は被加工板を自動車のボデーサイド等、複雑な曲面形状に成形加工するための金型に関し、詳しくは被加工板を下型に載置して上型と下型を衝合させて成形する際、上型の下降軌跡より下型内に入り込む成形部、即ち、負角になる成形部を有する部材を成形するための負角成形金型に関するものである。

従来、この種の負角成形を行う場合には成形加工を複数回に分け、先ず、負角成形部を除いた部分の成形を行い、次に負角成形部の加工を行うように構成されている。

例えば特許文献1或いは2に示されるように、負角のない既成形部を上型に設けられた押さえ型と下型に設けられた支持ベースと揺動型の先端部材支持部によって挟持して成形を行い、次に上型押さえ型部の昇降動作に連動して昇降するスライドカム部材によって負角成形し、揺動型を揺動して加工が完了した被加工板を抜き取るようになっている。

また、特許文献3に示されるように、軸方向に溝を刻設し、溝縁部に負角成形部を形成した円柱状の回転カムを用い、回転カム内に負角成形部が入る範囲で回転カムの長さを設定し、複数の円柱状回転カムによる複数の成形部を並列した成形型も提案されている。
特開2001−347319号公報 特開2001−47135号公報 特公平8−256号公報

しかしながら、従来の揺動型は成形装置本体の底面と平行して回動支軸が設けられるため、自動車のフロントピラー等のように曲面形状の高低差が大きい場合には、固定支持ベースと揺動型の部材支持部の接離分割ラインが各断面で高さが異なってくるため1つの断面では固定支持ベースが成立しても他の断面では設計的に成立しないので、これに対応した固定支持ベースを設けることが難しく、成形加工の工程を分割したり、固定支持ベースを設けることなく揺動型の部材支持部だけで部材支持をしてきた。

また、短い範囲でしか成形加工できないため、例えば、自動車パネルの場合等はフロントピラー、ルーフ、中間、リアといった部分毎に成形金型を調整し、成形作業を何回も繰り返すといった無駄があった。

更に、揺動型を揺動駆動する際に用いられるリフトピンは、型底部に当接する頂部が球面加工されただけの点接触により型底部に摺動しながら揺動型のL字型尾端を押し上げるものであるため、摩擦によるエネルギーロスが発生するほか、大きなカジリの原因にもなっていた。

軸方向に溝を刻設し、溝縁部に負角成形部を形成した円柱状の回転カムを用いた成形型については、回転カム全体が回動軸となるため軸芯が集中しないことによる加工精度の問題と外周面全部が摺動することによる摺動摩擦の問題が残されている。

上記ように、複数の円柱状回転カムによる複数の成形部を並列した成形型として構成する場合には、タイミングプレートによる回転速度の調整によって隣接回転カムとの回動干渉を防止してきたが、成形する曲面形状に高低差がある場合には対応することができず、構造的にも複雑であり作動の確実性とコスト面での問題が残されている。

本発明は上記の課題に対処するもので、被加工板を固定支持する固定支持ベースと支持型の合成と、負角成形後に製品を取り出すための負角成形型の分離合成作動をL字型のスウィング揺動によって行い、揺動の枢軸となる回動支軸機構を成形する曲面形状の高低差に対応して設定された傾斜度に傾斜させて設定するようにしたものである。

この構成により、成形する曲面形状に高低差があり本体基礎の枢軸線に対して許容範囲を超えて傾斜するため、固定支持ベースと支持型の合成設定ができない場合でも、成形する曲面形状の傾斜度に対応して揺動型の回動支軸の方を傾斜させて設定するので、成形する曲面形状の高低差に平行する回動支軸となり、型のスウィング揺動に全く支障のない枢軸線が構成される。

更に、フロントピラー、ルーフ、中間、リアといった自動車パネルの場合等は、図に示すようにデザイン部分毎に平均的な曲面形状の高低差に纏めて分割し、その形状の高低差に平行する回動支軸の設定が可能となるので、負角成形ユニットの並列による長尺パネルの一挙成形加工を可能としたものである。

加えて、並列ユニットにおいて支持型と雌型負角成形部が形成される揺動型頂部の隣接ユニットとの接合面を上下縦方向に形成される相互テーパー面によるテーパー接合として、隣接する揺動型頂部の接合面が互いに重合して一体化すると共に、接離作動が円滑に行われるようにして、複数のユニットが金型として一体化するように構成した。

また、負角成形完了後、揺動型の尾端を押し上げ揺動するリフトピンの頂部に揺動型底面との摺動方向に回動するローラーベアリングを押し上げ方向に付勢させて設定するように構成し、摩擦によるエネルギーロスを無くし、大きなカジリの原因を解消したものである。

以下、本発明の実施例を図面にしたがって説明する。

1は上型、2は下型で上下一対で成形用金型本体を構成し、上型1が下型2上に昇降して基本的な成形加工作動が行われる。

3は揺動型で、全体として略L字型に構成され、立ち上がり先端部に、固定支持ベース4と接合して被加工板Wを支持する支持型31と雌型負角成形部32が形成され、成形する曲面形状の高低差に対応して設定された傾斜度に傾斜させて下型2に設定された回動支軸機構21を枢軸として、支軸33を中心として揺動し、固定支持ベース4の接合部41と接離作動をする。

なお、揺動型3の揺動によって合成される揺動型先端の支持型31と支持ベース4について、支持ベース若しくは揺動型先端支持型の合成端縁に切欠部42を設けるようにすれば、合成駆動における接離作動が切欠クリアランスによって円滑に行われ、成形加工後の加工板Wの取り出し容易にできる。

上型1には押さえ型11がスプリング等の緩衝部材Sを介して設定され、上型1の下降により下型2に設けられた支持ベース4と合成する支持型31との衝合によって被加工板Wを挟持し、上型1の押さえ型部の昇降動作に連動して昇降するスライドカム部材5に設けられた雄型負角成形部51を、揺動型3の雌型負角成形部32に衝合させて被加工板Wを成形加工するように構成されている。

以上のような基本的成形作動を行う揺動型3、固定支持ベース4、支持型31、スライドカム部材5は、被加工板Wが長尺な場合、例えばフロントピラー、ルーフ、中間、リアといった自動車パネルの場合等は、図5に示すようにデザイン部分毎に平均的な曲面形状の高低差に纏めて分割し、単位ユニットとして成形加工部材のデザイン部分毎に平均的な曲面形状の高低差に纏めて分割されて上型1及び下型2上に並列して設定される。

また、これらの単位ユニットに対応して上型1には上型の昇降動作に連動して揺動型3を前方に押圧揺動する従動カム部材12を進退させる駆動カム6が設定され、その先端部にはテーパー状にせり上がり従動カム部材12の背部テーパーカム13と摺動接合して揺動型3を前方に押圧する摺動カム61が設定され、その高さと長さをユニット毎に調整して隣接する揺動型の揺動が適宜の時間差をもって行われるように構成されている。なお、場合によっては図3に示すように従動カム部材12を設定せずに揺動型3の背部に直接テーパーカム13を設定しても良い。

また、上記のような長尺な被加工板Wに対応して揺動型3を並列した並列ユニットにおいては、支持型と雌型負角成形部が形成される揺動型頂部aの隣接ユニットとの接合面bを図9に示すように上下縦方向に形成される相互テーパー面によるテーパー接合とすれば、隣接する揺動型頂部の接合面が互いに重合して円滑に接離するようにして、複数のユニットが金型として一体化する。

成形加工の基本作動について説明すると、先ず、所定形状まで成形加工された被加工板Wと同形状に形成された支持ベース4上に、同被加工板Wを嵌着載置する。この段階では揺動型3の基台部尾端底部が押し上げ方向に付勢されたリフトピン8、或いはエアシリンダー等によって押し上げられた状態となっているので、支持型31は支持ベース4と合成されていない。

上型1が下降を始め、これと共に下降する駆動カム6が従動カム部材12の背部、或いは揺動型3の背部を押し、更に、リフトピン8の押し上げ付勢に抗して揺動型3を前方に押圧揺動して支持型31を支持ベース4と合成させ合成支持台が形成される。この際、リフトピン8の頂部に設定されたローラーベアリング81が揺動型底面との摺動方向に回動するので、揺動型3の揺動は極めて円滑に行われる。

また、支持型31と支持ベース4との合成は、支持ベース4の合成端縁に切欠部42が設けられることにより、接離作動をより円滑に行うことができる。

なお、この端縁切欠部は支持型31の方に設けても良いことは勿論である。合成支持台が形成されると、更に、押さえ型11が下降して合成支持台と衝合し被加工板Wを挟持する。

次いで上型1に設けられたスライドベース7が下降し、その下面に摺動するスライドカム部材5の底面が揺動型3の基台部上面の摺動ガイドプレート22に当接し、これに案内されてスライドカム部材5が前進して先端の雄型負角成形部51を揺動型3の雌型負角成形部32に衝合させて被加工板Wを成形加工する。

被加工板Wの負角成形加工が終了すると、上型1が上昇を始め、スライドカム部材5が後退し、従動カム部材12の背部を押していた駆動カム6が上昇して摺動カム61とテーパーカム13の摺動接合が外れ、リフトピン8の押し上げ付勢によって揺動型3は揺動して初期位置に復帰するので、被加工板Wの金型よりの取り出しが可能となる。

並列する揺動型3の揺動は、前記のように駆動カム6の下降により前方に押圧される従動カム部材12の背部に設定されるテーパーカム13と駆動カム6の先端部に設定される摺動カム61の設定位置の高さと長さによってユニット毎に調整され、隣接するユニットB、Cが同時に揺動して互いに干渉することがないように構成されている。

即ち、摺動カム61が駆動カム6の先端側に設定されていれば早い時期に揺動が開始し、上部側に設定されていればそれだけ遅い時期に揺動が開始されることになる。テーパーの角度が緩やかであれば揺動がゆっくりと行われ、鋭角に設定されれば急速な回動が行われる。

また、カムの長さが長ければ回動位置に長く止まり、短ければ復帰回動が早い時期に開始されることになる。また、カムの高さが高ければ揺動型は大きく揺動する。このような構成により、並列する揺動型は下死点においては図6に示すように横一線に並列するが、中間駆動時及び上死点においては図7に示すように時間差をもって作動し互いに干渉されることがない。

本発明は以上のように構成したので、従来、成形する曲面形状に高低差があり本体基礎の枢軸線に対して許容範囲を超えて傾斜するため、固定支持ベースと支持型の合成設定ができない場合でも、無理なく確実にスウィング軸を設定することができ、更に、従来、複数の工程によらざるを得なかった長尺パネルの成形加工にも一挙成形加工で対応することができたものである。

本発明の実施例を示すもので、固定支持ベースと支持型の合成支持台上に被加工板を載置し押さえ型により挟持した状態を示す負角成形金型の全体縦断面側面図 同じく、成形加工を完了し揺動型を回動して被加工板を取り出せる状態とした状况を示す負角成形金型の全体縦断面側面図 同じく、他の実施例による負角成形金型を示すもので、スライドカム部材を雌型負角成形部に衝合させて被加工板の負角成形加工を行った状態を示す全体縦断面側面図 同じく、揺動型の回動支軸機構を成形加工する曲面形状の高低差に対応して傾斜設定した状况と駆動カムとの関係を示す揺動型を取り除いた状態における回動支軸機構の正面図 同じく、下型に並列設定した揺動型ユニットと成形加工する被加工板の曲面形状との関係を示す被加工板の曲面形状を中心として重合させた平面図 同じく、分割並列した揺動型ユニットの並列する状况を示す簡略平面図 同じく、図6の揺動型ユニットが時間差により回動する状况を示す平面図 同じく、下型に並列設定した揺動型ユニットについて図5、図6と異なった実施態様により、揺動型頂部の隣接ユニットとの接合面をテーパー接合とした隣接ユニットとの接合状况を示す揺動型揺動機構部の平面図 同じく、図8の揺動型ユニットの接合状况を示す揺動型揺動機構部の正面図

符号の説明

1 上型
11 押さえ型
12 従動カム部材
13 テーパーカム
2 下型
21 揺動型の回動支軸機構
22 揺動型基台部上面の摺動ガイドプレート
3 揺動型
31 揺動型の先端支持型
32 揺動型の先端雌型負角成形部
33 揺動型の中心支軸
4 固定支持ベース
41 固定支持ベースの揺動型先端支持型との接合部
42 支持ベースの合成端縁切欠部
5 スライドカム部材
51 スライドカム部材の雄型負角成形部
6 駆動カム本体
61 摺動カム
62 摺動カムのテーパー部
7 スライドベース
8 リフトピン
81 リフトピンのローラーベアリング
A 基本作動揺動型ユニット
B ユニットAに隣接する揺動型ユニット
C ユニットAに隣接する揺動型ユニット
S 押さえ型の緩衝部材
a 揺動型の立ち上がり部
b 並列揺動型の隣接型との接合面
W 被加工板

Claims (2)

  1. 水平面に設置された下型に、
    成形する曲面形状の高低差に平行する傾斜に対応して支軸を傾斜させ、傾斜範囲内で曲面形状の高部と低部を包摂する単位ユニットに纏めたデザイン部分毎に分割区分した回動支軸機構を有し、
    同回動支軸機構の支軸を枢軸として回動する、固定支持ベースの接合部と接離揺動する略L字形に形成された揺動型を並列し、
    各揺動型の先端部に、固定支持ベースと接合して被加工板を支持する支持型と雌型負角成形部を形成し、
    上型に設けられた押さえ型と下型に設けられた固定支持ベースと合成する支持型によって被加工板を挟持すると共に、上型の昇降動作に連動して揺動型を前方に押圧揺動する駆動カムとこれに対応するカム部材のテーパー接合面をユニット毎に調整して、隣接する揺動型の揺動が適宜の時間差をもって行われるように構成することにより
    上型押さえ型部の昇降動作に連動して昇降するスライドカム部材に設けられた雄型負角成形部を、前記揺動型の雌型負角成形部に衝合させて被加工板を成形加工するように構成した
    ことを特徴とする負角成形金型
  2. 支持型と雌型負角成形部が形成される揺動型頂部の隣接ユニットとの接合面を、上下縦方向に形成される相互テーパー面によるテーパー接合として構成した請求項1記載の負角成形金型
JP2003396640A 2003-11-27 2003-11-27 負角成形金型 Expired - Fee Related JP4162579B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003396640A JP4162579B2 (ja) 2003-11-27 2003-11-27 負角成形金型

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003396640A JP4162579B2 (ja) 2003-11-27 2003-11-27 負角成形金型
US10/885,122 US7243524B2 (en) 2003-11-27 2004-07-07 Negative-angle press-working die
DE602004009025T DE602004009025T2 (de) 2003-11-27 2004-07-09 Formwerkzeug für eine Presse zum Biegen eines negativen Winkels
EP20040016197 EP1535674B1 (en) 2003-11-27 2004-07-09 Negative-angle press-working die
KR1020040081401A KR101082807B1 (ko) 2003-11-27 2004-10-12 음각 성형 금형
CNB2004100901697A CN100366359C (zh) 2003-11-27 2004-10-29 负角成形模具

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005152965A JP2005152965A (ja) 2005-06-16
JP4162579B2 true JP4162579B2 (ja) 2008-10-08

Family

ID=34463821

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003396640A Expired - Fee Related JP4162579B2 (ja) 2003-11-27 2003-11-27 負角成形金型

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7243524B2 (ja)
EP (1) EP1535674B1 (ja)
JP (1) JP4162579B2 (ja)
KR (1) KR101082807B1 (ja)
CN (1) CN100366359C (ja)
DE (1) DE602004009025T2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102554038A (zh) * 2011-12-29 2012-07-11 瑞鹄汽车模具有限公司 一种侧驱动压料机构及其冲压方法

Families Citing this family (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5013736B2 (ja) * 2006-04-17 2012-08-29 株式会社ユアビジネス 軸受構造及び該構造を有するプレス成形装置
US7624615B2 (en) * 2006-10-27 2009-12-01 Chrysler Group Llc Wedge activated rotating filler cam
US20080237961A1 (en) * 2007-03-30 2008-10-02 Honda Motor Co., Ltd. Pad for holding blank and die assembly therewith
JP5014069B2 (ja) * 2007-11-06 2012-08-29 株式会社ユアビジネス プレス成形用金型
FR2924366B1 (fr) * 2007-11-30 2010-05-14 Peugeot Citroen Automobiles Sa Outil de presse d'emboutissage
US8516874B2 (en) * 2007-12-27 2013-08-27 Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America, Inc. Pillar for motor vehicle and tool for making the same
DE102008031138A1 (de) * 2008-07-01 2010-01-07 GM Global Technology Operations, Inc., Detroit Abkant- und Prägevorrichtung sowie Verfahren zur Bearbeitung von Blechen
CN101352743B (zh) * 2008-07-28 2011-07-20 奇瑞汽车股份有限公司 斜楔翻边复合刀块机构
US20100050729A1 (en) * 2008-09-01 2010-03-04 Rahul Kulkarni Die assembly for use in an apparatus for forming a workpiece
JP5448520B2 (ja) * 2009-03-27 2014-03-19 三協オイルレス工業株式会社 カム装置のカムスライダー用緩衝材の取付構造
DE202010003605U1 (de) * 2010-03-15 2010-07-08 Voestalpine Automotive Gmbh Vorrichtung zum Formen und/oder Härten von Blechbauteilen
JP5210365B2 (ja) * 2010-09-17 2013-06-12 株式会社ユアビジネス プレス成形用金型
FR2976197A1 (fr) * 2011-06-10 2012-12-14 Peugeot Citroen Automobiles Sa Outillage de formage d'une partie d'extremite d'un bord en contre-depouille d'une piece en tole
CN102357593B (zh) * 2011-08-16 2013-09-11 奇瑞汽车股份有限公司 一种浮动整形模具
FR2984189B1 (fr) * 2011-12-15 2014-05-09 Peugeot Citroen Automobiles Sa Presse a emboutir permettant le travail d’une tole dans deux directions differentes de celle du mouvement de la presse
CN102601229A (zh) * 2012-03-08 2012-07-25 无锡同捷汽车设计有限公司 一种翻边整形模
FR2995232B1 (fr) * 2012-09-10 2014-09-19 Peugeot Citroen Automobiles Sa Outil de presse pour l’emboutissage d’une tole
CN102825111A (zh) * 2012-09-12 2012-12-19 昆山荣腾模具部品制造有限公司 模具加工产品的负角度快速成型机构
CN102962358A (zh) * 2012-11-22 2013-03-13 奇瑞汽车股份有限公司 一种旋转式子母斜楔模具
US9481020B2 (en) 2013-01-29 2016-11-01 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Bending an edge portion of a housing panel
CN103464561B (zh) * 2013-06-13 2015-11-25 上海飞机制造有限公司 一种飞机用蒙皮部分的成形模具
CN104416072A (zh) * 2013-09-05 2015-03-18 上海赛科利汽车模具技术应用有限公司 汽车侧围上槛侧整形模具
CN103817239A (zh) * 2014-02-21 2014-05-28 奇瑞汽车股份有限公司 一种斜楔侧整形模具
FR3024380B1 (fr) * 2014-08-04 2016-08-26 Peugeot Citroen Automobiles Sa Presse d’emboutissage permettant d’emboutir une piece en tole de section en contre-depouille
CN104384329B (zh) * 2014-11-07 2016-06-01 奇瑞汽车股份有限公司 天窗侧整形模具
FR3031685B1 (fr) 2015-01-21 2017-01-20 Peugeot Citroen Automobiles Sa Tombage et pliage simultane de deux bords sur un embouti.
KR101655668B1 (ko) * 2015-04-20 2016-09-07 기아자동차주식회사 캠형 프레스
CN105234273B (zh) * 2015-10-26 2018-09-07 上汽通用五菱汽车股份有限公司 一种用于冲压负角的装置
CN107159797A (zh) * 2017-07-28 2017-09-15 安徽成飞集成瑞鹄汽车模具有限公司 适于汽车轮罩冲压模具的压料翻边装置

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
IN154338B (en) * 1979-07-05 1984-10-20 Automotive Products Plc Ball and socket joints
US4797019A (en) * 1986-07-16 1989-01-10 Trw Inc. Bearing for a joint
JPH035018A (en) 1989-05-30 1991-01-10 Honda Motor Co Ltd Sending die assembly
EP0427886A1 (en) 1989-11-16 1991-05-22 Uemura Metal Industries Co., Ltd. Die for negative angle forming
JPH08256B2 (ja) 1993-06-07 1996-01-10 ユミックス株式会社 薄板の成形型
US5347838A (en) * 1993-06-25 1994-09-20 Umix Co., Ltd. Forming die for thin plate
DE19543688C2 (de) * 1995-11-23 1998-04-09 Trw Fahrwerksyst Gmbh & Co Vorrichtung zur Festlegung einer Lagerschale eines Gelenkes in einer Aufnahmeöffnung
US5784916A (en) 1997-02-05 1998-07-28 Umix Co., Ltd. Thin sheet forming die assembly including a lower die having plural parallel rotating cylindrical members
DE29708162U1 (de) * 1997-05-09 1997-07-17 Lemfoerder Metallwaren Ag Radialkugelgelenk für Kraftfahrzeug
DE19823781C5 (de) * 1998-05-28 2006-10-05 Trw Fahrwerksysteme Gmbh & Co Kg Lagerschale
US6038908A (en) 1998-12-08 2000-03-21 Yourbusiness Co., Ltd. Bending die having rotary die
JP3051735B1 (ja) * 1999-04-15 2000-06-12 ユミックス株式会社 負角成形型とその加圧装置
JP3540965B2 (ja) 1999-08-04 2004-07-07 株式会社ユアビジネス 板材のプレス成形装置
JP4201463B2 (ja) 2000-06-06 2008-12-24 株式会社ユアビジネス 板材のプレス成形装置
JP3849568B2 (ja) 2002-04-19 2006-11-22 トヨタ自動車株式会社 ロータリーカム式プレス装置
KR100440161B1 (ko) * 2002-06-28 2004-07-12 현대자동차주식회사 캠형 프레스 장치

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102554038A (zh) * 2011-12-29 2012-07-11 瑞鹄汽车模具有限公司 一种侧驱动压料机构及其冲压方法

Also Published As

Publication number Publication date
DE602004009025T2 (de) 2008-01-24
KR101082807B1 (ko) 2011-11-11
CN1621176A (zh) 2005-06-01
KR20050051541A (ko) 2005-06-01
US20050115301A1 (en) 2005-06-02
JP2005152965A (ja) 2005-06-16
US7243524B2 (en) 2007-07-17
EP1535674A1 (en) 2005-06-01
CN100366359C (zh) 2008-02-06
EP1535674B1 (en) 2007-09-19
DE602004009025D1 (de) 2007-10-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0699489B1 (en) Forming die for forming thin plate
CN103639258B (zh) 一种双动翻边整形机构
US7171735B2 (en) Shape member manufacturing apparatus and shape member manufacturing method
CN1684779B (zh) 成形制品的加工方法以及在该方法中使用的上下模具
US20020095968A1 (en) Press die
EP0586725B1 (en) Noise reducing structure of slide-cam die
US4658626A (en) Conveyor in plastic working machine
JP5014069B2 (ja) プレス成形用金型
KR100667196B1 (ko) 부각 성형 다이
CN1496291A (zh) 冲压机
JP5791876B2 (ja) 管体成型プレス方法
JP2002263900A (ja) プレス機
CN102397940B (zh) 一种灯头冲压设备
CN102548684A (zh) 曲轴的制造方法及曲轴的制造装置
JP4955251B2 (ja) ガラス板の切断用装置及び方法
CN203556772U (zh) 一种翻边整形机构
KR101407557B1 (ko) 단속적 공급 와이어로부터 네일 블랭크를 컷팅하기 위한 장치
EP0857525B1 (en) Thin sheet forming dies
CN106180858A (zh) 一种高精度的闸式剪板机的使用方法
CN100413672C (zh) 注射成型机的合模机构
US6530255B1 (en) Forming press apparatus
US7363794B2 (en) Bearing structure and press molding apparatus having the structure
CN104289600B (zh) 一种支撑件多工位级进模具及制作方法
CN101733459A (zh) 加工组件
CN101406919A (zh) 多级组合浮动式斜楔机构

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060112

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060421

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060510

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061108

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061124

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070521

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070703

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080501

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080623

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080716

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080722

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110801

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110801

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140801

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees