JP4149859B2 - Amusement stand - Google Patents

Amusement stand Download PDF

Info

Publication number
JP4149859B2
JP4149859B2 JP2003169797A JP2003169797A JP4149859B2 JP 4149859 B2 JP4149859 B2 JP 4149859B2 JP 2003169797 A JP2003169797 A JP 2003169797A JP 2003169797 A JP2003169797 A JP 2003169797A JP 4149859 B2 JP4149859 B2 JP 4149859B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
door
effect
image
game
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2003169797A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005000540A5 (en
JP2005000540A (en
Inventor
一幸 平川
俊吾 竹内
良 酒井
Original Assignee
株式会社大都技研
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社大都技研 filed Critical 株式会社大都技研
Priority to JP2003169797A priority Critical patent/JP4149859B2/en
Publication of JP2005000540A publication Critical patent/JP2005000540A/en
Publication of JP2005000540A5 publication Critical patent/JP2005000540A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4149859B2 publication Critical patent/JP4149859B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、スロットマシン(パチスロ)に代表される遊技台に関する。
【0002】
【従来の技術】
スロットマシン等の遊技台は、遊技の期待感を高めることを目的とした演出を液晶表示装置や演出専用のリール等を用いて行っている。特に、液晶表示装置のような画像の表示装置を搭載したタイプのスロットマシンは、画面上に様々なキャラクタ等を表示して多彩な演出を遂行することが可能である。また、このような表示装置の表示領域を遮蔽可能にしたスロットマシンも提案されている。
【0003】
例えば、特許文献1には表示装置の前面に開閉自在な扉を配置したスロットマシンが提案されており、このスロットマシンでは、画面の前面で扉を動かすことによって遊技者の注意を喚起し、表示内容の見落とし等を減少させることができるようになっている。
【0004】
【特許文献1】
特開2001−346935号公報
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
本発明は、このように表示領域を遮蔽可能な遊技台を改良したものであり、特に、表示内容の興趣を一層高める遊技台を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】
本発明によれば、画像を表示する表示手段と、前記表示手段の手前に左右方向に開閉自在に設けられ、閉鎖時に前記表示手段の左右半分の表示領域をそれぞれ遮蔽する左右一対の扉部材と、前記左右一対の扉部材をそれぞれ個別に移動させる駆動手段と、複数種類の絵柄が施され、回転駆動される複数のリールと、複数種類の入賞役の内部当選の当否を抽選により判定する抽選手段と、前記リールの回転を開始させるためのスタートスイッチと、各々の前記リールに対応して設けられ、前記リールの回転を個別に停止させるための停止スイッチと、停止時の前記リールにより表示された前記絵柄の組合せが、予め定めた絵柄の組合せであるか否かに基づいて入賞を判定する判定手段と、を備えた遊技台であって、前記表示手段は、前記抽選手段の抽選結果を示す画像を含む複数種類の画像を表示する演出を実行し、前記駆動手段は、前記表示手段が前記演出を実行している場合、前記複数種類の画像が全て露出する位置から前記抽選結果を示す画像以外の画像を遮蔽する位置に前記左右一対の扉部材を移動させ、前記表示手段は、前記駆動手段が前記抽選結果を示す画像以外の画像を遮蔽する位置に前記左右一対の扉部材を移動させる時に前記抽選結果を示す画像を拡大表示することを特徴とする遊技台が提供される。
【0007】
本発明では前記駆動手段は、前記表示手段が前記演出を実行している場合、前記複数種類の画像が全て露出する位置から前記抽選結果を示す画像以外の画像を遮蔽する位置に前記扉部材を移動させることにより、画像の表示と機械的に動作する前記扉部材との意外性ある組合せによる一体感のある演出が可能となり、前記表示手段による表示内容の興趣を一層高めることができる。また、抽選結果に対する遊技者の期待感を盛り上げることができる。更に、前記表示手段は、前記駆動手段が前記抽選結果を示す画像以外の画像を遮蔽する位置に前記左右一対の扉部材を移動させる時に前記抽選結果を示す画像を拡大表示することにより、前記扉部材の可動範囲を補うことができる。
【0020】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の好適な実施の形態について、図面を参照して説明する。
【0021】
<全体の構成>
図1は、本発明の一実施形態に係るスロットマシン100の外観を示す斜視図図1に示すように、スロットマシン100の中央内部には、外周面に複数種類の絵柄(「7」、「Bar」、「ベル」、「リプレイ」等:図示省略)を配列した円筒状のリールが3個(左リール110、中リール111、右リール112)収納され、本体201の内部で回転駆動されるように構成されている。本体201の両サイドには、取手部201cが設けられ、スロットマシン100の運搬の際に利用される。
【0022】
前面扉101には、リール表示窓113が設けられており、リール110乃至112を正面から眺めると、これに施された絵柄がリール表示窓113から縦方向に3つ見えるようになっている。つまり、全リール110乃至112が停止した場合、遊技者は、3×3の合計9個の絵柄を見ることができる。これらのリール110乃至112が回転し、停止することにより、様々な絵柄の組み合せが表示されることになる。絵柄の組合せは、複数種類の各入賞役に対応しており、そのような入賞役としては、ビッグボーナス、レギュラーボーナス、小役、再遊技等を挙げることができる。なお、本実施形態では、3個のリールを備えているが、リールの数やリールの設置位置はこれに限定されるものではない。
【0023】
各リール110乃至112の裏側には、リール表示窓113上に表示される個々の絵柄を照らすためのバックライト(図示せず)が配置されている。バックライトは、例えば、7色(赤、緑、青紫の三原色と、白色等をはじめとするこれらの混合色)の光を発することが可能であり、各原色に対応したLED等を含んで構成される。
【0024】
入賞ライン表示ランプ120は、遊技毎に有効となる入賞ライン114を示すランプである。有効となる入賞ライン114は、スロットマシン100に投入された遊技媒体(本実施形態ではメダルを想定する。)の枚数によって変化する。例えば、図1に示すように水平3本と斜め2本の5本の入賞ライン114を有する場合、メダルを1枚投入したときは中段の水平入賞ライン、2枚投入したときは、上段の水平入賞ラインおよび下段の水平入賞ラインを加えた3つの入賞ライン、3枚投入したときは更に2本の斜めの入賞ラインを加えた5ラインが有効となり、有効な入賞ライン114上に揃った絵柄の組み合せにより入賞が判断されることとなる。勿論、入賞ラインの数は5本に限定されるものではない。
【0025】
スタートランプ121は、リール110乃至112が回転することができる状態にあることを遊技者に知らせるランプである。再遊技ランプ122は、入賞役である再遊技に入賞したとき(例えば、リプレイ−リプレイ−リプレイの再遊技絵柄の組み合せが入賞ライン114上に揃ったとき)、遊技者へ次の遊技が再遊技であることを知らせるランプである。再遊技の場合、次遊技において遊技媒体であるメダルの投入が免除される。告知ランプ123は、特別な入賞役(例えば、ビッグボーナス(BB)やレギュラーボーナス(RB))に内部当選した状態にあることを遊技者に報知するランプである。
【0026】
メダル投入ランプ124は、遊技開始にあたって遊技者にメダルの投入が必要であることを報知するランプである。メダル投入枚数表示ランプ125は、遊技者が投入したメダル枚数を表示するランプである。本実施形態では、1回の遊技に最大3枚までメダル投入できるので、縦に配置した3つのランプを用いてメダル投入枚数を表示している。無論、ランプで表示する他に7セグメント表示器等で直接メダル投入枚数を表示してやることもできる。
【0027】
払出枚数表示器126は、メダルの払い出しのある何らかの入賞役に入賞したとき、遊技者へ払い出されるメダルの枚数を表示する表示器である。遊技回数表示器127は、ビッグボーナスゲーム中の一般ゲームの回数等を表示する表示器である。貯留枚数表示器128は、電子的に貯留(クレジット)しているメダルの枚数を表示する表示器である。演出用ランプ129は、遊技の興趣を高めるための演出に使用されるランプである。
【0028】
メダル投入ボタン131、132は、貯留されたメダルをスロットマシン100へ電子的に投入するための投入ボタンであり、いわゆるベットボタンと呼ばれているものである。本実施形態では、最大メダル投入ボタン131(いわゆるマックスベットボタン)と、1回押下するごとに1枚のメダルを投入する1枚メダル投入ボタン132とを有し、これらのボタンのいずれかを押下することにより遊技に必要な1〜3枚のメダルがスロットマシン100へ電子的に投入される。2枚のメダルを投入する場合は、1枚メダル投入ボタン131を2回押下することとなる。投入されたメダル枚数分は、現在の貯留枚数から減算されて残枚数が貯留枚数表示器128に表示される。
【0029】
メダル投入口ブロック133は、遊技を開始するに当たって遊技者が直接メダルを投入するための開口を有する。メダルを直接投入した際に、メダル投入口直下にあるメダルセレクターユニット(図示せず)内にメダルが詰まってしまった場合は、メダルキャンセルスイッチ133aを操作することによってメダルの詰まりを解消させる。スタートレバー135は、遊技の開始操作として、リール110〜112の回転を開始させるレバー型のスイッチである。
【0030】
ストップボタンユニット136には、3つのストップボタン136a〜136cが設けられている。各ストップボタンは、押下することによって対応するリール110乃至112を停止させるボタン型のスイッチである。136aを操作することによって左リール110が、136bを操作することによって中リール111が、136cを操作することによって右リール112がそれぞれ停止する。各ストップボタン136a〜136cの内部にはランプ(図示せず)が設けられており、スタートレバー135が操作された後、リール110乃至112の停止操作が可能な状態になると全ランプが点灯し、遊技者に停止操作が可能になったことを報知する。各ストップボタン136a〜136cのランプは各ストップボタンが押下される毎に消灯する。無論、停止操作可能な状態とその他の状態とでランプの発光色を変化させるように構成することもできる。
【0031】
精算ボタン138は、遊技者が獲得したメダルを精算して排出する精算処理を行う場合に押下されるボタンである。なお、精算ボタン138は、遊技者がメダル投入口ブロック133から投入したメダルのうち所定枚数(例えば3枚)以上のメダルまたは入賞により獲得したメダルを最大50枚まで貯留するか否かを切換える場合にも使用され、例えば、一回精算ボタン押下されて精算処理が行われると、非貯留モードが設定され、もう一度精算ボタン押下されると、貯留モードが設定される。ここに、メダルの貯留とは、メダルを直接払い出さずに、電子的にその枚数を後述する制御部に一時記憶しておくことを意味する。
【0032】
キー孔139は、扉開閉用のキーを差し込む孔で、キーを差し込んで時計方向に回すとロックが解除され、スロットマシン100の前面扉101を開けることができる。メダル排出口165は、メダルを排出するための開口であり、入賞時に払い出されるメダルはここから排出される。排出されたメダルは、受け皿160に溜まるようになっている。
【0033】
上部ランプ190、サイドランプ151、152、中央ランプ153、154、腰部ランプ155、156、下部ランプ157、158、は、遊技を盛り上げるための演出用のランプであり、遊技状態に応じて点灯/消灯/点滅する。本実施形態では、受皿160を透光性材料で構成し、受皿取り付け面からランプ光を入射させることで上記演出用のランプと同様の効果を発揮させるように構成している。また、受皿160には、着脱可能に構成した灰皿ユニット170が設けられている。
【0034】
上部ランプ190の近傍の左右にはスピーカーの音孔(図示せず)を設けられている。また、ストップボタンユニット136の直下に背面スピーカーからの効果音を出力するための音孔(図示せず)が設けられている。背面スピーカーの音孔には、装飾が施されたスピーカーカバー173が装着され、ここから遊技の効果音が出力される。
【0035】
扉付表示装置180は、液晶表示装置(LCD)181が設けられており、このLCD181により、遊技に関する各種の情報の画像、例えば、ゲームを盛り上げるためキャラクタ等を登場させるゲーム画面、スロットマシンの内部で異常が発生した場合にエラーの内容を表示するエラー画面等の画像を表示することができる。扉付表示装置180は、LCD181の手前(前面)に開閉自在に設けられ、閉鎖時にLCD181の表示領域を全面的に遮蔽する扉役物183が設けられている。以下、その構成について図5を参照して説明する。図5は扉付表示装置180の構成例を示す図である。
【0036】
扉役物183は、左右方向に移動可能に設けられた一対の扉部材183aを備え、障子状の扉を構成している。各扉部材183aは、LCD181の表示領域をそれぞれが半分づつ遮蔽するまで移動させることができ、遮蔽部材を構成している。そして、両者を当接させる位置まで移動すると全閉位置となり、LCD181の表示領域が完全に遮蔽される。一方、両者が図1に示す位置(全開位置)にあるときはLCD181の表示領域が完全に露出する。
【0037】
各扉部材183aは、それぞれモータMからの駆動力を得て移動し、個別に開閉される。このため可動範囲以内であれば、いずれか一方の扉部材183aを任意の停止位置及び速度で移動させることができる。各扉部材183aは、その上下を図示しないガイドレール等の案内部材によって支持され、移動可能に設けられている。扉部材183aの上下縁部にはそれぞれモーターMの駆動力を伝達するためのラック183bが設けられている。各モーターMは、回転軸にピニオン歯車が取り付けられており、扉部材183aのラック183bと噛み合わさり扉部材183aに直線運動を行わせる。
【0038】
各扉部材183aにモーターMを設けることで、扉部材183aを個別に動作させることができる。このためLCD181の表示領域を一方の扉部材183aで半分のみ遮蔽することができる。また、モーターMをステッピングモータ−とすることで扉部材183aを可動範囲以内で任意の停止位置で停止させることや、任意の速度で開閉させることもできる。
【0039】
このように本実施形態では、LCD181の表示領域を全体的に遮蔽するように扉部材183aを設けているが、必ずしも表示領域を全体的に遮蔽可能とする必要はなく、表示領域の少なくとも一部を遮蔽可能としてもよい。また、本実施形態では障子状の扉役物183を採用したが、表示領域を遮蔽する遮蔽部材の構成としてはこれに限られず種々の構成が採用可能である。
【0040】
<制御部>
図2を参照してスロットマシン100の制御部の構成について説明する。本実施形態における制御部は、全体を制御する主制御部300と、遊技を盛り上げるための演出に関する制御等を遂行する副制御部400と、LCD180を制御するLCD表示制御部500と、で構成されている。
【0041】
<主制御部300>
マイクロプロセッサ(以下、MainCPUと称す)310は、スロットマシン100における制御の中枢となるものであり、バス370を介して、周辺部との間で制御信号やデータの受渡しが行われる。
【0042】
乱数発生器311は、入賞役の内部抽選等に用いられる乱数を発生するもので、複数のカウンタ、クロック発振器、分周器及びラッチ回路等で構成される。乱数発生器311が発生した乱数値は、バス370を介して、RAM313の乱数記憶領域に記憶され、必要に応じてMainCPU310へ送られる。
【0043】
MainCPU310には、入力インターフェース360およびバス370を介して、メダル投入口ブロック134の投入口より投入されたメダルを検知するメダルセンサ320、スタートレバー135の操作を検知するスタートレバーセンサ321、ストップボタンのいずれかが押された場合、どのストップボタンが押されたかを検知するストップボタンセンサ322、メダル投入ボタン131、132のいずれかが押下された場合、どのメダル投入ボタンが押されたかを検知するメダル投入ボタンセンサ323が接続されている。
【0044】
ROM(リード・オンリー・メモリ)312は、各種制御を行うためのプログラムや、各種制御データ等を記憶する記憶手段の一つである。MainCPU310は、バス370を介して、ROM312からプログラムや、各種制御データ等を読み込む。RAM(ランダム・アクセス・メモリ)313は、バス370を介して、MainCPU310によって処理されるプログラムのワークエリアを有し、可変データ等を記憶する記憶手段の一つである。本実施形態ではROM及びRAMを用いているが他の記憶手段を用いてもよいことはいうまでもない。この点は後述する副制御部400、LCD表示制御部500においても同様である。
【0045】
また、リール110乃至112を回転駆動するモータ(図示省略)を制御するモータ制御部331、及び、メダル払出装置(いわゆるホッパー:図示省略)を制御するホッパー制御部332が、入出力インターフェース330及びバス370を介してMainCPU310に接続されている。
【0046】
演出用ランプ・表示器類340とは、図1で示した入賞ライン表示ランプ120、スタートランプ121、再遊技ランプ122等のランプ類や、払出枚数表示器125、遊技回数表示器126等の各種表示器をまとめて表したもので、出力インターフェース340およびバス370を介してMainCPU310に接続され制御される。
【0047】
出力インターフェース350は、MainCPU310の指示に基づき、各種のコマンドを副制御部400の入力インターフェース430へ送信する。コマンドには、例えば、メダルが投入されたことを示すコマンド、スタートレバー135が操作されたことを示すコマンド、押されたストップボタン136a〜136cを示すコマンド、演出の内容(バックライト、上部ランプ、音声出力、LCD表示装置等による演出の内容)を規定したコマンド等がある。
【0048】
<副制御部400>
マイクロプロセッサ(以下、SubCPUと称す)410は、主制御部300から送信された各種コマンドを入力インターフェース430およびバス470を介して受信し、受信したコマンドの内容に応じて副制御部400全体を制御する。
【0049】
ROM411は、副制御部400全体を制御するためのプログラムやデータ等を記憶する記憶手段の一つである。RAM412は、SubCPU410で処理されるプログラムのワークエリアを有し、可変データ等を記憶する記憶手段の一つである。
【0050】
バックライトは、リール110〜112の絵柄を照らす発光手段で、SubCPU410の指示に従って点灯/点滅/消灯する。演出用発光表示部は、上部ランプ190、サイドランプ151、152、中央ランプ153、154、腰部ランプ155、156、下部ランプ157、158、受け皿ランプをまとめて表したもので、SubCPU410の指示に従って点灯/点滅/消灯する。バックライトおよび演出用発光表示部は、出力インターフェース420、バス470を介してSubCPU410と接続されている。
【0051】
楽音信号形成部460は、SubCPU410から受け渡された制御データに基づいて、楽音信号を形成して出力する。この楽音信号は、アンプ461で増幅された後、スピーカー(具体的には上部スピーカー及び背面スピーカー)462から音として出力される。
【0052】
出力インターフェース450は、SubCPU410の指示に基づき、各種制御データをLCD表示制御部500へ送信する。この制御データに基づいて、LCD表示制御部500は、LCD180を表示制御する。LCD制御部500については後述する。
【0053】
<LCD表示制御部500>
LCD・扉制御用SubCPU510は、副制御部400から送信された各種コマンドを入出力インターフェース530を介して受信し、受信したコマンドの内容に応じてモーター制御部560へ制御パルスを出力して扉役物183を制御し、VDP制御用SubCPU520へは画像パターンコマンドを送信し、LCD181の表示制御を行う。
【0054】
ROM511は、LCD・扉制御用SubCPU510の制御プログラムやデータ等を記憶する記憶手段の一つである。VDP・扉制御用SubCPU520は、LCD・扉制御用SubCPU510からの画像パターンコマンドから、画像データを特定し、VDP550へLCD181へ表示させるべき画像データを指示する。
【0055】
ビデオ・ディスプレイ・プロセッサー(以降VDP)550は、指定された画像データを外部接続されたROM552から読み込んで描画処理を行うと共にRGB信号に変換してLCD181に表示を行う。モーター制御部560は、LCD・扉制御用SubCPU510からの制御パルスに基づいてモーター駆動パルスを出力することで扉役物183の扉部材183aを移動させるモーターMの制御を行う。
【0056】
<遊技の基本的制御処理>
図19は、本実施形態のスロットマシン100における遊技の基本的制御を示すフローチャートである。この処理は、CPU310が中心になって行い、電源断等を検知しないかぎり実行を繰り返す。
【0057】
主制御部300のリセットスイッチ(図示省略)が押下された状態で電源が投入された場合、先ずステップ101(S101)が実行される。なお、単に、電源を投入する場合は、以前の状態(電源を落とした時点の状態)から処理が開始される。
【0058】
S101では、初期化処理を行う。ここでは、例えば、初期化コマンドを副制御部400に送信する等の処理を行う。S102では、メダル投入に関する処理を行う。ここでは、メダルの投入の有無をチェックし、投入されたメダルの枚数に応じて入賞ライン表示ランプ120を点灯させる。なお、前回の遊技で再遊技に入賞した場合はメダルの投入が不要である。
【0059】
S103では、遊技のスタート操作に関する処理を行う。ここでは、スタートレバー135が操作されたか否かのチェックを行い、スタート操作されたと判断した場合は、S104において、投入されたメダル枚数に応じて、有効な入賞ライン114を確定する。S105では、乱数発生器311で発生させた乱数を取得する。
【0060】
S106では、S105で取得した乱数値と、ROM312に格納されている入賞役抽選データテーブルを用いて、複数種類の入賞役の内部当選の当否を抽選により判定する内部抽選を行う。入賞役抽選テーブルには、各入賞役毎に内部当選となる数値範囲が設定されており、S105で取得した乱数値と当該数値範囲と比較して内部当選の当否が定められる。数値範囲の大きさが各入賞役の内部当選の確率となる。
【0061】
S107では、演出抽選を実行する。演出抽選は、演出を実行する/しない、演出を実行する場合の演出内容が抽選により決定される。本実施形態では、S106の内部抽選の結果に応じてこの演出抽選が実行される。例えば、内部抽選の結果毎に演出内容が複数種類設定されており、S106の内部抽選の結果に対応する演出内容の中から抽選でいずれかの演出内容が選択されることになる。
【0062】
S108では、ROM312に格納されているリール停止制御テーブルを選択する。リール停止制御テーブルは、各リール110乃至112を停止制御するためのテーブルであり、S106の内部抽選の結果に応じて選択される。例えば、内部抽選の結果がハズレであった場合、いずれの入賞役の絵柄の組合せも揃わないように停止制御するテーブルが選択される。また、例えば、内部抽選の結果が、ある入賞役の内部当選であった場合は、その入賞役の絵柄の組合せが揃うことを許容するテーブルが選択される。
【0063】
S109では、全リール110乃至112の回転を開始させる。S110では、ストップボタン136a乃至136cの受け付けが可能になり、いずれかのストップボタンが押されると、押されたストップボタンに対応するリールを、S108で選択されたリール停止制御テーブルに基づいて停止させる。
【0064】
S111では、入賞判定を行う。ここでは、有効化された入賞ライン114上に、入賞役に対応する絵柄組合せが表示された場合にその入賞役に入賞と判定する。例えば、有効化された入賞ライン114上に、「ベル−ベル−ベル」が揃っていたならばベル入賞と判定する。また、「7−7−7」が揃っていたならばBB入賞と判定する。
【0065】
S112では、払い出しのある何らかの入賞役に入賞していれば、その入賞役に対応する枚数のメダルを払い出す。S113では、遊技状態制御処理を実行する。この遊技状態制御処理では、遊技の種類を移行するための制御が行われ、例えば、BB入賞の場合には、次回からBBゲームを開始できるよう準備し、BBゲームの最終遊技では、次回から通常遊技が開始できるよう準備する。
【0066】
S114では、遊技終了か否かを判断し、遊技終了の場合は、同図の処理を終了し、そうでなければ、S102に戻る。以上により1ゲームが終了し、以降、これを繰り返すことにより遊技が進行することとなる。
【0067】
なお、主制御部300から副制御部400には、必要に応じて、各種のコマンド(制御コマンド)が送信される。主制御コマンドとしては、例えば、以下のものが存在する。括弧内のステップは、送信タイミングを示す。すなわち、スタートレバー操作コマンド(スタートレバーの受け付けを示すコマンド:S103)、演出コマンド(演出抽選で決定した演出の内容を格納したコマンド:S107)、第1停止操作コマンド(第1停止操作が行われたリールを示す情報が格納され、第1停止操作が行われた時点で送信されるコマンド:S110)、第1リール停止コマンド(第1停止したリールを示す情報が格納され、第1リールの停止時に送信されるコマンド:S110)、同様な、第2停止操作コマンド、第2リール停止コマンド、第3停止操作コマンド、第3リール停止コマンド(S110)、入賞判定情報コマンド(入賞結果を格納したコマンド:S111)が存在する。
【0068】
<演出実行制御>
次に、本実施形態のスロットマシン100の演出実行制御について説明する。図3は、本実施形態のスロットマシン100の演出実行制御を示す概念図である。本実施形態では、扉付表示装置180による多彩な演出が可能である。
【0069】
スロットマシン100で実行される演出は、LCD181に動画等を表示することで行われる画像演出、スピーカー462から発生される音声や効果音による音演出、リールバックランプ、上部ランプ190、サイドランプ151〜156等のランプを用いた発光演出、扉役物183の開閉動作によってLCD181の表示内容を補完するために行われる補完演出とに分けられる。
【0070】
これらの演出の実行制御は、副制御部400において行われている。副制御部400は、遊技の進行を制御する主制御部300から遊技進行に応じて送信される制御コマンドに基づいて遊技の進行に応じた各種の演出を実行するようになっている。
【0071】
ここで、例として遊技者に内部抽選結果(図19のS106)の示唆を行う期待感演出が実行された場合の演出制御について説明する。遊技の進行において、スタートレバー135を操作して、主制御部300において内部抽選処理が実行される(図19のS106)。内部抽選の結果、内部当選役が決定されると、主制御部300では、その内部当選役に応じて設定された複数の演出の中なら1つの演出態様が決定される、演出抽選処理が行われる(図19のS107)。
【0072】
決定された演出態様は、演出コマンドとして副制御部400に送信される。副制御部400は、演出選択処理において、演出コマンドに応じた演出データを選択する。演出データは、遊技の進行に応じて演出を進行させるため、遊技操作毎に行われる演出の集合体で構成されている。遊技操作は、回転開始(スタートレバー135操作時)→第1停止操作時→第2停止操作時→第3停止操作時→メダル投入時の順となっている。本実施形態では、このようにLCD181に表示される画像の情報や、扉役物183を作動する制御情報といった各種演出データが、各遊技操作に対応して設定されている。
【0073】
そして、遊技操作に応じた制御コマンドを主制御部300から受信することを契機に、設定された演出を順次実行してゆくようになっている。演出の実行は、演出実行制御処理で行われる。演出実行制御処理は、選択された演出データを、各デバイスに応じて配分されたRAM412上の領域に展開する処理を行う。展開されたデータは、所定の時間周期で実行される割り込み処理で各デバイスへ送信される。割り込み処理は、演出データを割り込み時間周期で順次各デバイスに送信することで演出全体の同期と実行時間を制御している。
【0074】
ここで演出データの内、LCD181に表示する画像の情報と扉役物183の制御情報に関する演出データは、LCD表示制御部500へと送信される。LCD表示制御部500は、受信した演出データに基づいて、LCD181と扉役物183を制御する。以下、この点を詳細に説明する。
【0075】
まず、演出データは、LCD・扉制御用SubCPU510へ入力される。LCD・扉制御用SubCPU510は、画像・扉制御ROM511から演出データに応じた画像パターンデータと、扉パターンデータとを読み込む。画像パターンデータはLCD181に表示させる一連の画像を示すデータであり、扉パターンデータはLCD181に表示される画像に対応して扉役物183を制御するためのデータであり、扉部材183aを移動するための情報である。このように本実施形態では、LCD181に表示する画像に関連付けて扉役物183を制御する情報をROM511に記憶するようにしている。
【0076】
画像パターンデータ・扉パターンデータは、副制御部400と同様にRAM上に展開され、LCD表示制御部500で実行される割り込み処理により、VDP制御用CPU520、モーター制御部560へと送信される。VDP制御用CPU520は、LCD181の画像表示を制御するVDP550を制御する専用のCPUである。VDP制御用CPU520は、画像制御ROM522から画像パターンを構成するパターンデータを読み込み。パターンデータに設定されている画像データをVDP550へ送信する。VDP550は画像データROM552から画像データを読み込み描画処理、デジタルアナログ変換処理等を行いLCD181に画像を出力する。
【0077】
モーター制御部560は、LCD・扉制御用SubCPU510からの制御パルスに基づいてモータードライバ等によってモーター駆動パルスを生成し、扉役物183を駆動するモーターMへ供給し、扉役物183を駆動制御する。
【0078】
図4に演出データの説明図を示す。演出データは、図中左の表に示すようにパターン番号、実行時間、繰返し回数で構成されている。操作毎に行われる演出を構成する演出データは、図中左の表に示すように楽音制御データ(SOUND××)、ランプ発光制御データ(LUMP××)、画像・扉制御データ(MOVIE××)で構成されている。
【0079】
この演出データを実行時間に沿って展開すると中央に示す図になる。楽音制御データは、図に示すようにスピーカーL・Rの効果音パターンを1900msの時間に渡り再生するように構成されている。音を発生しないところは「0」、音を発生する箇所については「A」「B」と言ったように効果音データが配置されている。これらのデータを時間の経過に応じて順次実行することで図中右に示すようにスピーカーL・Rから効果音を発生させる。
【0080】
ランプ発行制御データは、例えば、4箇所のLED(発光単位)を発光制御するデータの場合、時間の経過に対して発光させるLED1〜4に発光信号「1」を出力するように構成されたビット配列データとなっている。時間の経過と共に発光信号が変化することで図中右に示すようにLED1〜4の発光場所を変化させている。
【0081】
画像・扉制御データは、LCD表示制御部500に対して、表示させる画像(動画)のパターン番号、実行時間、繰返し回数を送信して画像表示制御を行う。LCD表示制御部500は、受信したデータに基づいて、画像データと扉パターンデータとを設定する。そして、画像データは、設定されてパターンに基づいて図中に示す順序でVDP550に与えられる。VDP550は、与えられた画像データを画像データROM552から読み出してLCD181に表示させる。画像データは、図に示すように00〜03に大まかに分割されていると共に、その中で更に細分化されている。このため、細分化されたData1〜9の単位でLCD181に表示させることもできる。
【0082】
扉パターンデータは、画像パターンに関連付けて設定されている。扉パターンデータは、説明の便宜上、全開、全閉、半開等表示しているが、具体的には、停止位置(0:全開位置〜202:全閉位置)や移動速度(0.1pps〜1000pps)といった制御情報が設定される。したがって任意の停止位置、移動速度を指定して動作させることもできるが、予め使用する動作をパターン化し、そのパターンを指定することで容易に制御できるようになっている。
【0083】
効果音、ランプ、画像及び扉役物による補完演出は、時間経過に基づいて分割されたデータで構成されているので、データ毎に実行時間を設定することで容易に同期制御することができる。また、データ自体は、効果音、ランプ、画像等と個別に保持しているので効果音のみの修正や発光場所の変更、画像の差し替え等は個別に修正することができる。また、実行時間配分や、発生タイミングも個別に調整することができる。
【0084】
<扉付表示装置180による演出の具体例>
(予告演出例1)
次に本実施形態のスロットマシン100の予告演出例について説明する。図7は、遊技者の期待感を煽る予告演出例である。予告演出は、スロットマシン100の内部抽選結果を遊技者に暗示する演出形態である。本実施形態では遊技者の操作毎に段階的に報知を行っていくことにより、一回の遊技全体を通じて遊技者の興趣を向上する。
【0085】
遊技開始すなわちスタートレバー135の操作が行われ、リール110乃至112の回転が開始させる際、図7(a)に示すように一対の扉部材183aの双方が遮蔽位置へ移動し、一旦扉役物183がLCD181の表示領域全体を遮蔽する。扉役物183により表示領域が遮蔽されている間、LCD181の表示領域では、図示しない第1の画像から図7(b)に示す第2の画像へ、画像の切り替えが行われている。画像の切り替え終了後、一対の扉部材183aが、非遮蔽位置に移動し、扉役物183が全開して表示領域全体が露出する。
【0086】
LCD181の表示領域には2人のキャラクタ画像が表示され、予告演出が行われる。左側のキャラクタが、「ベル」に内部当選していることを暗示する。右側のキャラクタが「スイカ」に内部当選していることを暗示する。この予告演出は、内部抽選結果が、「ベル」「スイカ」のいずれかである可能性があることを遊技者に報知している。
【0087】
遊技者がストップボタン136a〜136cのいずれかを操作して、リールの第1停止操作を行うと、扉役物183が作動し、左側の扉部材183aがLCD181の表示領域の左半分を遮蔽するように遮蔽位置へ移動する(図7(c))。この動作により、表示領域の右側のみが遊技者に視認されることとなり、内部当選結果が「スイカ」の可能性が高いことを報知する。
【0088】
次に、遊技者がリールの第2停止操作を行うと、今度は、第1停止操作で遮蔽した左側の扉部材183aが非遮蔽位置へ移動し、右側の扉部材183aが表示領域の左半分を遮蔽するように遮蔽位置へ移動する。この動作により、表示領域の左側のみが遊技者に視認されることとなり、内部当選結果が「ベル」の可能性が高いことを報知する。
【0089】
次に、遊技者がリールの第3停止操作を行うと、右側の扉部材183aが非遮蔽位置へ移動すると共に左側の扉部材183aが、左側のキャラクタ位置までの遮蔽位置へ移動する。左側の扉部材183aの移動と共にLCD181の表示領域では、左側のキャラクタが跳ね飛ばされて遠方に飛ばされる演出が行われる。LCD181の表示領域では、最終結果として右側のキャラクタが残るので内部当選結果が「スイカ」であったことを報知する。
【0090】
本例では、遊技開始時に扉役物183で表示領域全体を一旦遮蔽することにより、LCD181の表示領域で画像の切り替えが行われることを遊技者に見えないようにしている。扉役物183で遮蔽することなく表示領域の画像切り替えを行えば、急に全く異なる画面が瞬時に表示されるだけであり、期待感演出の導入部分としての盛り上がりに欠けるものとなる。
【0091】
一方、本例のように扉役物183により表示領域を一旦遮蔽することで、次に扉役物183が開いたときに何が表示されるのかを期待させることが可能になる。本物の扉を模した扉部材183aが遮蔽することで、単にLCD181の表示領域に扉を描画する以上のインパクトを遊技者に与えると共に、切り替えられる画像への期待感を高める効果も発揮する。
【0092】
同様に、敢えて2つのキャラクタの表示されている表示領域のうち、いずれか一方のキャラクタの表示されている表示領域を遮蔽することで表示内容をより盛り上げる補完的な役割を扉役物183が担っている。
【0093】
最終表示結果(図7(d))では、一方のキャラクタが閉まる左側の扉部材183aに弾き飛ばされるような表示態様、すなわち、弾き飛ばされるキャラクタ画像の移動に併せて左側の扉部材183aを移動させる補完演出を行わせることで、LCD181の表示内容と扉役物183とが連携して一つの演出を完成させるという今までに無い連動演出形態を行わせることができる。このように本例では表示内容の興趣を一層高めることができる。
【0094】
(予告演出例2)
図8は、他の予告演出の形態例を示す。本例も前述の予告演出と同様に遊技者に内部当選結果の報知を行う演出形態である。本例では、表示領域の表示内容に応じて扉役物183に協調動作を行わせることで演出を盛り上げる。また、遊技の開始時に内部当選結果の報知を行うことで遊技者が内部当選役を狙い打ちできるようにするものである。
【0095】
本例では、図8(a)に示すように、遊技開始時にLCD181の表示画像を地震が発生したかのように周期的に振動動作させ、キャラクタ画像もいっしょに揺らされるように表示するとともに何か異変があるかのように「?」を表示する。
【0096】
扉役物183は、表示領域の振動に合わせるようにして小刻みに左右に振動させる。すなわち、各扉部材183aを左右に振動させ、表示領域と扉役物183とが一体になって周期的な動作を行うことにより単にLCD191の画像だけで地震を表現するよりも、本物らしい地震を表現することができる。
【0097】
そして、図8(b)に示すように、遊技者によるリールの第1〜3停止操作のいずれかのタイミングで、内部当選した入賞絵柄がキャラクタの頭上から落ちてきてキャラクタを押しつぶす。落ちてくる絵柄の大きさで内部当選の期待の大きさを表すようにしてもよい。このように扉役物183に協調動作を行わせることで表示内容とあわせてより実感のある演出を行うことができる。このように本例でも表示内容の興趣を一層高めることができる。
【0098】
(予告演出例3)
図9は、他の予告演出の形態例を示す。本例も前述の予告演出と同様に遊技者に内部当選結果の報知を行う演出形態である。また、遊技の開始時に内部当選結果の報知を行うことで遊技者が内部当選役を狙い打ちできるようにするものである。
【0099】
本例では、遊技開始時に図9(a)に示すように、扉役物183を全閉してLCD181の表示領域を遮蔽した状態から図9(b)に示すように扉役物183を全開し、LCD181の表示領域に3人のキャラクタ画像を表示する。各キャラクタの頭上には遊技者に判るようにいずれのキャラクタが当りに相当するかを報知する。続いて、扉部材183aを移動させて各キャラクタのうち、いずれかのキャラクタのみが順次若しくはランダムに選択して表示されるように、選択されたキャラクタ以外のキャラクタ画像の表示領域を遮蔽する(図9(c)及び(d))。
【0100】
この際、LCD181は、選択されたキャラクタを強調するため、その画像を図9(b)の場合よりも拡大表示する。この拡大表示は、扉役物183の可動範囲を補うための拡大表示である。その点では、扉役物183の可動範囲の制限を補う目的で表示領域の制御が行われている。例えば、図9(b)の表示例では3人のキャラクタ画像が表示されているが、中央のキャラクタ画像を扉部材183aで隠し、両脇のキャラクタ画像のいずれかのみを表示しようとする場合、本実施形態では個々の扉部材183aが最大でLCD181の表示領域の半分しか遮蔽できないため、図9(b)のキャラクタ画像の大きさのままでは中央のキャラクタ画像のみを隠すことができない。しかし、選択されたキャラクタ画像を拡大表示すること、すなわち、LCD181の表示領域の半分を用いて表示することで、中央のキャラクタ画像を隠すことができ、扉役物183の可動範囲を補うことができる。
【0101】
最終的に各扉部材183aが遮蔽位置(中途の遮蔽位置)に移動して停止し、3つのキャラクタのうち、一つのキャラクタのみが表示され、他のキャラクタは扉部材183aにより遮蔽される。最終的に表示されたキャラクタが当りに該当するキャラクタであれば所定の入賞役に入賞していることなる。
【0102】
以上のように、画像が拡大され、強調表示が行われている表示領域、すなわち遊技者に注目させたい特定の画像の表示領域以外の表示領域を遮蔽するように扉部材183aを移動させることで、注目してもらいたい表示領域のみを遊技者に見せることができる。このため遊技者により強調表示を注視させることができる。このように本例でも表示内容の興趣を一層高めることができる。
【0103】
<透過演出>
次に、透過演出について説明する。図10に透過演出例を示す。本例の場合、LCD181の遮蔽時にLCD181の表示画像が透けて見えるようにしたものである。この透過演出に用いられる扉部材183aは、透過性を有する材料で構成するが、例えば、扉を形成するフレーム部分と、フレーム部分に貼り付けられた透過部材とで構成される。透過部材は、例えば、半透明のシート部材からなり、LCD181の表示領域を遮蔽しても完全に遮光することなく表示内容をある程度確認できる透過性を有するものを挙げることができる。
【0104】
透過部材の例としては、有色透明の材料を用いる場合や、有色透明又は無色透明の材料の表面に、凹凸等を施す場合が挙げられる。具体的には、例えば、透明なシートに紫外線硬化樹脂を印刷し、所定時間紫外線を照射することで樹脂を硬化させ印刷面に光拡散面となる凹凸を形成させることにより光をある程度透過するシートを作成し、これを用いることができる。紫外線の照射時間によって凹凸の粗さや大きさが異なるすなわち透過性の異なるシートとすることができる。紫外線硬化樹脂の印刷範囲だけを半透明にすることもできる。さらに紫外線硬化樹脂に白色の顔料を混入することで曇りガラス風のシートが作成できる。同様に顔料の混入比率によって透過性を異ならせることもできる。
【0105】
扉部材183aが透過性を有することにより、LCD181の表示領域を透過させることで、LCD181の表示内容が、丁度、障子に浮かび上がる影を模したように見せることもできる。
【0106】
図10(a)の例では、LCD181の表示領域にキャラクタ等の画像が表示されているが、遊技者は表示されたキャラクタを遮蔽位置にある扉部材183a越しに見るため輪郭がぼやけて見え、どの種類のキャラクタが表示されているかの判別を難しいものとしている。
【0107】
また、図10(b)の例では、扉部材183aが遮蔽位置にある場合に、LCD181の表示画像をシルエット画像として表示したもので、表示領域のキャラクタを黒単一色で表示したものである。このように表示することで、扉部材183aに浮かび上がる影のような表示が可能となる。
【0108】
図10(c)は、図10(a)及び(b)の態様から扉部材183aを非遮蔽位置へ移動し、扉役物183を全開した態様を示す図である。図10(b)の態様から図(c)の態様へ移行する場合には、扉部材183aを開く直前にシルエット画像から本来の画像に表示切り替えすることで(本例では輪郭はそのままで黒単一色から有色へ切り替える)、違和感が無く、しかも視覚的に効果的な演出とすることができる。
【0109】
このように、透過性を有する扉部材183aを用いて表示領域を暈して表示させることで、遊技者に表示領域で表示されている内容に興味を持たせることができる。従って本例でも表示内容の興趣を一層高めることができる。
【0110】
(発展演出)
次に、発展演出例について説明する。発展演出は、一の予告演出による演出終了後に、他の演出パターンへと移行する演出形態を言う。すなわち、リールの第3停止操作後の演出に引き続いて行われる演出形態である。多くの場合、発展演出では、移行する演出パターンが複数設定されており、その中のいずれかが選択される。本例では、発展演出においても扉役物183を用いて演出の移行を違和感なく行うようにしている。
【0111】
図7の第3停止時において入賞役の予告演出が完結し、発展演出が開始される。図11に発展演出例を示す。図11(a)は図7(e)と同じもので、第3停止時の演出形態を示している。そして、発展演出では、最終表示された右側のキャラクタを、別のキャラクタが出てきて跳ね飛ばす演出を行う(図11(b))。
【0112】
そして、遮蔽位置にある左側の扉部材183aが非遮蔽位置へ移動する。左側の扉部材183aの移動により、開放された表示領域にはキャラクタが表示されており発展演出の種類を報知する(図11(c))。ここでは、発展演出の一つに設定されているバトル演出へと移行することがこのキャラクタによって報知される。続いて、所定の演出が実行され(図11(d))、結果表示が行われる直前に扉役物183が、表示領域の全てを遮蔽する(図11(e))。
【0113】
その裏側では、結果表示の画面切り替えが行われ、続いて扉役物183が全開となる。最終勝者のキャラクタが表示されて演出は終了する(図11(f))。キャラクタの種類に応じて設定された遊技結果と入賞判定結果とを比較して遊技者は、内部当選結果を推定する。以上のように、演出の切り替わりや、結果表示される直前を扉役物183で遮蔽し、演出結果に対する期待感を高めることができる。このように本例でも表示内容の興趣を一層高めることができる。
【0114】
<連続演出>
次に、連続演出例について説明する。連続演出とは、複数遊技に渡って連続性を持った内容の演出を言い、3〜5ゲーム程度に渡り実行される。基本的に複数の最終的な演出結果が用意されており、遊技を進めて行くにしたがって、いずれかの演出結果にたどり着くようになっている。連続演出中は、遊技毎にその遊技で演出が、完結する場合と次回遊技に演出結果が持ち越される場合とに分かれており、連続演出の初めの方の遊技では、演出内容がバッドエンディング(遊技者にとって悪い結果)で終了し、内部当選結果がハズレである場合が多い。すなわち、連続演出が継続するほどに、特別な入賞役に内部当選している可能性が高くなるように設定されている。最終的に表示結果が、グッドエンディング(遊技者によって良い結果)であれば特別入賞役等の内部当選が確定するようにすることができる。
【0115】
図12に連続演出例を示す。遊技開始時に扉役物183が一旦閉まり(図12a)、連続演出への画像切り替えを行い、扉役物183が開放する(図12(b))。表示領域には、2人のキャラクタが宇宙船に乗って冒険に出かける画像が表示され、その冒険のストーリに沿った演出が開始される。最初の遊技では、キャラクタが宇宙船に乗り込んで宇宙へ出発する表示内容となっている。ここで宇宙船に乗り込んで宇宙へ旅立つことができればグッドエンディングとなり、次遊技へと演出が継続される。逆に宇宙船発射の際に宇宙船が故障した場合は、バッドエンディングとなり、連続演出が終了する。
【0116】
演出継続であった場合、次遊技開始時に再び扉役物183が閉じて(図12(c))、画像切り替えが行われた後、扉役物183が開かれる(図12(d))。次は、冒険の過程で、敵宇宙船と遭遇し、敵宇宙船との対決になる演出が開始される。ここでは、遊技者によるリールの停止操作毎にキャラクタ側の宇宙船が敵宇宙船を攻撃するシーンが展開される。全リール停止後、敵宇宙船が撃破されればグッドエンディングとなり次遊技へと演出が継続する。逆に敵宇宙船の反撃を受けて撃墜された場合は、バットエンディングとなり連続演出は終了する。
【0117】
次遊技では、同様に扉役物183の開閉が行われて(図12(e)及び(f))、宇宙船が惑星に着陸する演出から開始される。惑星には、宝箱が置いてあり、宇宙船から降りたキャラクタが宝箱に駆け寄って宝箱の蓋を開ける(図12(f))。宝箱から宝物が出てくればグッドエンディングとなり連続演出が完結する。この場合は、特別な入賞役に内部当選していることが確定する。遊技者に明確に報知する場合は、宝箱の蓋を開けたときに「BONUS確定」といった表示を行えばよい。逆に宝箱の中が空っぽであった場合は、バットエンディングとなって連続演出が終了し、内部当選結果がハズレであったことを報知する。
【0118】
複数遊技に渡る演出を行う場合、演出が切れ目なく実行されると遊技の進行と演出との関係が不明確になり遊技者に演出の真意が伝わらないだけでなく、却って遊技者を混乱させることになる。本例のように遊技毎に扉の開閉を行い画像切り替えを行わせることで遊技の開始と演出の開始との対応を遊技者に明確に把握させることができる。このように本例でも表示内容の興趣を一層高めることができる。
【0119】
<扉付表示装置180の他の構成例1>
図6は、扉付表示装置180の他の構成例を示す図である。本例では、遮蔽部材として扉形状のシールS1及びS2を採用し、これを透明かつ無端の2枚のシートベルトB1及びB2上にそれぞれ貼り付けている。シートベルトB1及びB2は案内ロールR1乃至R4及びR5乃至R8により、それぞれ張設・ガイドされて循環的に移動可能になっている。案内ロールR1及びR6には、各々のシートベルトB1及びB2を移動させるモーターMがそれぞれ装着され、各モータMの回転駆動により、各シートベルトB1及びB2を個別に移動できるようにしている。
【0120】
各シートベルトB1及びB2は、LCD181の前面で重なるように配置されている。右扉に相当するシートベルトB2が内側でループを形成し、左扉に相当するシートベルトB1が外側でループを形成する。各モーターMを駆動させることでシートベルトB1及びB2を移動させ、扉シールS1及びS2をLCD181の前面に位置させることで、その表示領域を遮蔽することができる。尚、シートベルトB1及びB2の扉シールS1及びS2以外の領域に他のキャラクタ等のシールを設けて表示させることもできる。
【0121】
<扉付表示装置180の他の構成例2>
次に本発明のスロットマシン100の扉付表示装置の更に他の実施形態について説明する。図13乃至図15に本実施形態における扉付表示装置の構成を示す。遮蔽装置700は、回動動作によりLCD181の表示領域を遮蔽する機構となっている。
【0122】
LCD181および遮蔽装置700は、スロットマシン100の外殻にあたるパネル680等(図15参照)の裏面に設けられている。パネル680等には、イラスト681や模様が描かれており、LCD181の表示領域にあたる部分に開口部690が設けられ、表示領域を外部より観察可能に構成されている。
【0123】
遮蔽装置700は、揺動部材730と、揺動部材730を回動させる駆動手段であるモーターMとで構成されている。揺動部材730は、遮蔽板731と、遮蔽板731とモータMの回転軸とを連結するアーム部材732とで構成されている。遮蔽板731は、アーム部材732の回転半径に沿って湾曲した形状となっている。モータMとしてはステッピングモータを想定する。ステッピングモーターとすることで、揺動部材730を任意の速度と停止位置で停止制御することができる。無論、ソレノイド等を用いて揺動部材730を駆動するようにしてもよい。本実施形態によれば扉付表示装置を簡単な構成で安価に提供することができる。この扉付表示装置を複数設けることで表現力も多様化することができる。
【0124】
次に本実施形態の扉付表示装置を用いた演出形態例について説明する。図15は、本実施形態の扉付表示装置を使用したスロットマシン100の上部正面図である。本実施形態の扉付表示装置は、上部のパネル680に描かれたキャラクタ681の目にあたる部分の背後に設けられている。
【0125】
パネル680に描かれたキャラクタ681の瞳にあたる部分を開口部690とし、開口部690に臨ませたLCD181の表示領域が観察可能となっている。遮蔽装置700は、駆動させることによって揺動部材730を上下方向に昇降させ、開口部690を遮蔽したり、開口したりする。すなわち、遮蔽装置700は、キャラクタ681の瞼の役割をし、LCD181は、キャラクタ681の瞳の役割を行っている。揺動部材730で開口部690が遮蔽されている場合は、あたかもキャラクタ681が目を瞑っているように見え、逆に開口部690が開放している場合は、表示装置181に表示される瞳の画像により、キャラクタ681が目を開けているように見えることになる。本実施形態では、扉付表示装置は両方の瞳に装着されている。
【0126】
図16〜図18に本実施形態の扉付表示装置の要部であるキャラクタ681の瞳部分の拡大図を示す。図16に示すように開口部690の裏面にある揺動部材730がモーターMによって上限位置まで移動している場合は、開口部690は全開となる。表示装置181の表示領域には、キャラクタ681の瞳が表示されており、パネル680の絵と一体化してキャラクタ681の目が開いているかのように見えることになる。
【0127】
図17は、揺動部材730を中間位置まで下げた状態の図である。表示装置181の表示をそのままに、揺動部材730を中間位置まで下降させて停止することで、キャラクタ681の目は半開き状態になりあたかも眠そうな目をしているように見せることができる。図18は、揺動部材730で開口部690を完全に遮蔽した時の図である。この状態においては、キャラクタ681の目が完全に閉じているように見えることになる。
【0128】
以上のように、本実施形態では、遮蔽装置を瞼、表示装置をキャラクタの瞳とし、表示領域の変更を、瞼を閉じる補完動作によって違和感なく行えるようになっている。
【0129】
(演出例)
次に、本実施形態による演出形態例について説明する。第一の演出形態としては、内部当選結果の予告演出例について説明する。通常遊技時においては、開口部690を揺動部材730で遮蔽し、キャラクタ681が眠っているように見せる。遊技において、内部抽選の結果をいずれかの入賞役に内部当選した場合、揺動部材730を上限位置に移動させるとともに表示領域に内部当選役に応じた色の瞳を表示させる。たとえば、黄色の入賞絵柄組合せに内部当選している場合は、黄色の瞳が表示される。赤い入賞絵柄であれば赤い瞳となる。ここで、一方の瞳だけで演出が行われる場合と、両方に瞳で演出が行われる場合とで報知信頼度を異ならせるようにすることができる。また、瞳の色を入賞絵柄の色に変化させるタイミングも遊技者のリール停止操作タイミングに合わせて変化させるようにしてもよい。
【0130】
また、瞳の画像はLCD181で描画されてることから、LCD181により直接絵柄を表示させるようにすることもできる。また、「$」「ハートマーク」「○」「×」「?」といった図形表示を行えば、曖昧ではあるものの遊技者に何らかの遊技結果が導出される可能性を暗示させることも可能である。両方の瞳を異なる色で表示させることで2つの入賞役のうちいずれかに内部当選しているといった報知形態とすることもできる。最後のリールを停止操作したときに内部当選していない絵柄側の揺動部材730を下限位置に移動させ、瞳を閉じることで、残った方が内部当選していた入賞役であったことを報知する。
【0131】
また、瞳の色のみではなく、瞳自体に動きを持たせた表示を行うことで細かな変化を演出させることもできる。内部当選した入賞役の配当の多い場合と少ない場合とで瞳を動かす回数を変化させてもよい。また、動かし方を上下方向や円を描くように動かすようにしてもよい。瞳を左右にキョロキョロと動かしてみたり、停止操作を追うように瞳を動かしてみたりすることでキャラクタ681の表情も豊かに表現することができる。
【0132】
第2の演出形態として、前兆演出例について説明する。前兆演出は、特別な入賞役への入賞や、特別な遊技状態が開始されることが近いことを遊技者に報知する演出形態であり、特定の演出が発生する頻度を高くする事が一般的に行われる。本実施形態では、遮蔽機構700を用いて前兆演出を行わせる。特別な入賞役への入賞が近くなると、揺動部材730を上限位置に駆動して、通常時閉じていた瞳が、数ゲームに渡り開くように制御する。単に数ゲーム間に渡り開くだけではなく、遊技者の停止操作時に瞬きするように揺動部材730を駆動制御する。瞬きは、遊技操作に応じて常に起こるものではなく、あらかじめ定められたパターンに基づいて制御が行われる。瞬きの回数が多ければ、特別入賞役への入賞の期待度が高く、少ない場合は期待度が低くなるようにパターンを設定する。また、3回連続で発生すれば特別入賞役入賞が確定するといったパターンを設定してもよい。
【0133】
以上の他にも特定の遊技状態に移行する過程を揺動部材730の停止位置で報知させるような演出形態も考えられる。閉じていた目が徐々に遊技を進行するにしたがって開いてくるように制御する。最終的に全開位置まで開いて、キャラクタが目を覚ましたら、特別な遊技状態に移行する。
【0134】
本実施形態の扉付表示装置によれば、パネルデザイン等と組み合わせてキャラクタの一部を構成させ、キャラクタに変化を持たせた報知態様とすることができる。併せて、キャラクタを立体的な形状として各部例えば口や手等を可動式にすることでより変化を持たせることもできる。このように本例でも表示内容の興趣を一層高めることができる。
【0135】
【発明の効果】
以上説明したように本発明の遊技台によれば、表示内容の興趣を一層高めることができる。また、抽選結果に対する遊技者の期待感を盛り上げることができる。更に、抽選結果を示す画像を拡大表示することにより、扉部材の可動範囲を補うことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態に係るスロットマシン100の外観を示す斜視図である。
【図2】スロットマシン100の制御ブロック図である。
【図3】スロットマシン100の演出制御の説明図である。
【図4】スロットマシン100の演出データの説明図である。
【図5】スロットマシン100の扉役物付表示装置の構成図である。
【図6】スロットマシン100の他の扉役物付表示装置の構成図である。
【図7】スロットマシン100の予告演出例である。
【図8】スロットマシン100の他の予告演出例である。
【図9】スロットマシン100の他の予告演出例である。
【図10】スロットマシン100の透過演出例である。
【図11】スロットマシン100の発展演出例である。
【図12】スロットマシン100の連続演出例である。
【図13】スロットマシン100の他の扉役物付表示装置の構成例である。
【図14】スロットマシン100の他の扉役物付表示装置の動作例である。
【図15】スロットマシン100の上部正面図である。
【図16】スロットマシン100の扉役物付表示装置の拡大図である。
【図17】スロットマシン100の扉役物付表示装置の拡大図である。
【図18】スロットマシン100の扉役物付表示装置の拡大図である。
【図19】スロットマシン100における遊技の基本的制御を示すフローチャートである。
【符号の説明】
100 スロットマシン、110〜112 リール、113 リール表示窓、114 入賞ライン、120 入賞ライン表示ランプ、121 スタートランプ、122 再遊技ランプ、123 告知ランプ、124 メダル投入ランプ、125 メダル投入枚数表示ランプ、126 払出枚数表示器、127 遊技回数表示器、128 貯留枚数表示器、129 演出用ランプ、131、132 メダル投入ボタン、133 メダル投入口ブロック、135 スタートレバー、136 ストップボタンユニット、138 精算ボタン、139 キー孔、151、152 サイドランプ、153・154 中央ランプ、155・156 腰部ランプ、157・158 下部ランプ、160 受け皿、165 メダル払出口、170 灰皿ユニット、180 扉役物付表示装置、190 上部ランプ、201 キャビネット、300 主制御部、310 MainCPU、311 乱数発生器、312・411・521・522 ROM、313・412・531 RAM、320 メダルセンサ、321 スタートレバーセンサ、322 ストップボタンセンサ、323 メダル投入ボタンセンサ、360・430 入力インターフェース、330・450・530 入出力インターフェース、331・560モーター制御部、332 ホッパー制御部、340・350・420 出力インターフェース、370・470・519 バス、400 副制御部、410 SubCPU、460 楽音信号形成部、461 アンプ、462 スピーカー、500 LCD表示制御部、510 LCD・扉制御用SubCPU、520 VDP制御用SubCPU、550 VDP
[0001]
BACKGROUND OF THE INVENTION
The present invention relates to a game machine represented by a slot machine (pachislot).
[0002]
[Prior art]
A gaming machine such as a slot machine performs an effect aimed at enhancing the expectation of the game using a liquid crystal display device, a reel dedicated to the effect, and the like. Particularly, a slot machine of a type equipped with an image display device such as a liquid crystal display device can display various characters on the screen and perform various effects. A slot machine that can shield the display area of such a display device has also been proposed.
[0003]
For example, Patent Document 1 proposes a slot machine in which a door that can be opened and closed is arranged on the front surface of a display device. In this slot machine, the player is alerted by moving the door on the front surface of the screen. It is possible to reduce oversight of contents.
[0004]
[Patent Document 1]
JP 2001-346935 A
[0005]
[Problems to be solved by the invention]
The present invention is an improvement of the game stand that can shield the display area as described above, and in particular, to provide a game stand that further enhances the interest of display contents.
[0006]
[Means for Solving the Problems]
  According to the present invention, display means for displaying an image;A pair of left and right door members that are provided in front of the display means so as to be opened and closed in the left-right direction, and respectively shield the left and right display areas of the display means when closed,SaidSeparate pair of left and right door membersDriving means for moving;A plurality of reels that are provided with a plurality of types of patterns and are driven to rotate, lottery means for determining whether or not an internal winning of a plurality of types of winning combinations is won, and a start switch for starting rotation of the reels, The combination of a stop switch provided corresponding to each of the reels for individually stopping the rotation of the reels and the design displayed by the reel at the time of the stop is a predetermined design combination. Determining means for determining a winning based onA game machine equipped withThe display means performs an effect of displaying a plurality of types of images including an image indicating a lottery result of the lottery means,The driving means is the display means.When the effect is being executed, the pair of left and right door members are located at positions where the images other than the image indicating the lottery result are shielded from a position where all of the plurality of types of images are exposed.MoveThe display means enlarges and displays the image showing the lottery result when the driving means moves the pair of left and right door members to a position where the image other than the image showing the lottery result is shielded.Is provided.
[0007]
  In the present inventionThe drive means moves the door member from a position where all of the plurality of types of images are exposed to a position where an image other than the image indicating the lottery result is shielded when the display means is executing the effect. ByIt is possible to produce a sense of unity by an unexpected combination of an image display and the mechanically operated door member, and it is possible to further enhance the interest of display content by the display means.In addition, the player's sense of expectation for the lottery result can be increased. Further, the display means enlarges and displays the image showing the lottery result when the drive means moves the pair of left and right door members to a position where the image other than the image showing the lottery result is shielded. The movable range of the member can be supplemented.
[0020]
DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
DESCRIPTION OF EXEMPLARY EMBODIMENTS Hereinafter, preferred embodiments of the invention will be described with reference to the drawings.
[0021]
<Overall configuration>
FIG. 1 is a perspective view showing an appearance of a slot machine 100 according to an embodiment of the present invention. As shown in FIG. 1, a plurality of types of patterns (“7”, “ Three cylindrical reels (left reel 110, middle reel 111, right reel 112) arranged with “Bar”, “bell”, “replay” and the like (not shown) are accommodated and rotated inside the main body 201. It is configured as follows. Handles 201 c are provided on both sides of the main body 201 and are used when the slot machine 100 is transported.
[0022]
The front door 101 is provided with a reel display window 113. When the reels 110 to 112 are viewed from the front, three patterns applied to the reels 110 to 112 are visible from the reel display window 113 in the vertical direction. That is, when all the reels 110 to 112 are stopped, the player can see a total of nine patterns of 3 × 3. As these reels 110 to 112 rotate and stop, various combinations of patterns are displayed. The combination of pictures corresponds to a plurality of types of winning combinations, and examples of such winning combinations include a big bonus, a regular bonus, a small combination, and a replay. In the present embodiment, three reels are provided, but the number of reels and the installation position of the reels are not limited to this.
[0023]
On the back side of each of the reels 110 to 112, a backlight (not shown) for illuminating each picture displayed on the reel display window 113 is disposed. The backlight is capable of emitting light of, for example, seven colors (three primary colors of red, green, and bluish purple and a mixed color such as white) and includes an LED corresponding to each primary color. Is done.
[0024]
The winning line display lamp 120 is a lamp indicating a winning line 114 that is valid for each game. The effective pay line 114 changes depending on the number of game media (in this embodiment, medals are assumed) inserted into the slot machine 100. For example, as shown in FIG. 1, when there are five horizontal winning lines 114 of three horizontal lines and two diagonal lines, when a single medal is inserted, the middle horizontal horizontal winning line and when two coins are inserted, the upper horizontal line 114 Three winning lines, including the winning line and the lower horizontal winning line, when three cards are inserted, five additional lines including two diagonal winning lines are valid. The winning combination will be determined by the combination. Of course, the number of winning lines is not limited to five.
[0025]
The start lamp 121 is a lamp that informs the player that the reels 110 to 112 are in a state of being able to rotate. When the replay lamp 122 wins a replay that is a winning combination (for example, when a combination of replay-replay-replay replay patterns is arranged on the winning line 114), the next game is replayed to the player. It is a lamp that informs that it is. In the case of a re-game, the medal that is a game medium is exempted in the next game. The notification lamp 123 is a lamp for notifying the player that a special winning combination (for example, a big bonus (BB) or a regular bonus (RB)) has been won internally.
[0026]
The medal insertion lamp 124 is a lamp for notifying the player that it is necessary to insert a medal at the start of the game. The medal insertion number display lamp 125 is a lamp for displaying the number of medals inserted by the player. In this embodiment, since up to three medals can be inserted in one game, the number of medals inserted is displayed using three vertically arranged lamps. Of course, in addition to displaying with a lamp, the number of medals inserted can be directly displayed on a 7-segment display or the like.
[0027]
The payout number display unit 126 is a display unit that displays the number of medals to be paid out to the player when winning a winning combination with a medal payout. The game number display 127 is a display for displaying the number of general games in the big bonus game. The stored number display 128 is a display that displays the number of medals stored electronically (credited). The effect lamp 129 is a lamp used for an effect for enhancing the interest of the game.
[0028]
The medal insertion buttons 131 and 132 are insertion buttons for electronically inserting the stored medals into the slot machine 100, and are so-called bet buttons. In the present embodiment, there is a maximum medal insertion button 131 (so-called “max bet button”) and a single medal insertion button 132 for inserting one medal every time the button is pressed, and one of these buttons is pressed. As a result, 1 to 3 medals necessary for the game are electronically inserted into the slot machine 100. When inserting two medals, the one-medal insertion button 131 is pressed twice. The number of inserted medals is subtracted from the current stored number, and the remaining number is displayed on the stored number display 128.
[0029]
The medal slot block 133 has an opening through which a player directly inserts medals when starting a game. When a medal is directly inserted and a medal is clogged in a medal selector unit (not shown) immediately below the medal insertion slot, the medal cancel switch 133a is operated to eliminate the clogging of the medal. The start lever 135 is a lever-type switch that starts the rotation of the reels 110 to 112 as a game start operation.
[0030]
The stop button unit 136 is provided with three stop buttons 136a to 136c. Each stop button is a button type switch that stops the corresponding reel 110 to 112 when pressed. The left reel 110 is stopped by operating 136a, the middle reel 111 is operated by operating 136b, and the right reel 112 is stopped by operating 136c. Each stop button 136a to 136c is provided with a lamp (not shown). After the start lever 135 is operated, all the lamps are turned on when the reels 110 to 112 can be stopped. Inform the player that the stop operation is possible. The lamps of the stop buttons 136a to 136c are turned off each time the stop button is pressed. Of course, it is also possible to change the light emission color of the lamp between the stop operation enabled state and other states.
[0031]
The settlement button 138 is a button that is pressed when performing a settlement process in which the medals acquired by the player are settled and discharged. The checkout button 138 is used to switch whether or not to store up to a maximum of 50 medals acquired by winning or winning a predetermined number (for example, three) of medals inserted from the medal slot block 133 by the player. For example, when the settlement button is pressed once and the settlement process is performed, the non-storage mode is set, and when the settlement button is pressed again, the storage mode is set. Here, storing medals means temporarily storing the number of medals temporarily in a control unit (to be described later) without directly paying out medals.
[0032]
The key hole 139 is a hole into which a door opening / closing key is inserted. When the key is inserted and turned clockwise, the lock is released and the front door 101 of the slot machine 100 can be opened. The medal discharge port 165 is an opening for discharging medals, and medals paid out at the time of winning a prize are discharged from here. The discharged medals are accumulated in the tray 160.
[0033]
The upper lamp 190, the side lamps 151 and 152, the center lamps 153 and 154, the waist lamps 155 and 156, and the lower lamps 157 and 158 are effects lamps for exciting the game, and are turned on / off according to the game state. / Flashes. In the present embodiment, the tray 160 is made of a translucent material, and is configured to exhibit the same effect as the lamp for production described above by making the lamp light incident from the tray mounting surface. In addition, the tray 160 is provided with an ashtray unit 170 configured to be detachable.
[0034]
Speaker sound holes (not shown) are provided on the left and right in the vicinity of the upper lamp 190. A sound hole (not shown) for outputting sound effects from the rear speaker is provided directly below the stop button unit 136. A speaker cover 173 with a decoration is attached to the sound hole of the rear speaker, from which a game sound effect is output.
[0035]
The display device 180 with a door is provided with a liquid crystal display device (LCD) 181. By this LCD 181, an image of various information relating to the game, for example, a game screen on which a character or the like for exciting the game appears, and the inside of the slot machine An image such as an error screen can be displayed to display the contents of the error when an abnormality occurs in The door-attached display device 180 is provided in front of the LCD 181 (front surface) so as to be opened and closed, and provided with a door accessory 183 that covers the entire display area of the LCD 181 when closed. The configuration will be described below with reference to FIG. FIG. 5 is a diagram illustrating a configuration example of the display device 180 with a door.
[0036]
The door accessory 183 includes a pair of door members 183a provided so as to be movable in the left-right direction, and forms a shoji-shaped door. Each door member 183a can move until the display area of the LCD 181 is shielded half by half, and constitutes a shielding member. And when it moves to the position which contacts both, it will be in a fully closed position, and the display area of LCD181 will be shielded completely. On the other hand, when both are in the position shown in FIG. 1 (fully open position), the display area of the LCD 181 is completely exposed.
[0037]
Each door member 183a moves with the driving force from the motor M, and is individually opened and closed. For this reason, if it is within a movable range, any one door member 183a can be moved by arbitrary stop positions and speeds. Each door member 183a is supported by a guide member such as a guide rail (not shown) at the top and bottom thereof, and is provided to be movable. Racks 183b for transmitting the driving force of the motor M are provided on the upper and lower edges of the door member 183a. Each motor M has a pinion gear attached to the rotating shaft, and meshes with the rack 183b of the door member 183a to cause the door member 183a to perform a linear motion.
[0038]
By providing the motor M for each door member 183a, the door member 183a can be individually operated. Therefore, only half of the display area of the LCD 181 can be shielded by the one door member 183a. Further, by using the motor M as a stepping motor, the door member 183a can be stopped at an arbitrary stop position within the movable range, and can be opened and closed at an arbitrary speed.
[0039]
As described above, in this embodiment, the door member 183a is provided so as to shield the display area of the LCD 181 as a whole, but it is not always necessary to shield the display area as a whole, and at least a part of the display area is not necessarily required. May be shieldable. Further, in this embodiment, the shoji-like door accessory 183 is employed, but the configuration of the shielding member that shields the display area is not limited to this, and various configurations can be employed.
[0040]
<Control unit>
The configuration of the control unit of the slot machine 100 will be described with reference to FIG. The control unit in the present embodiment includes a main control unit 300 that controls the whole, a sub-control unit 400 that performs control related to effects for exciting the game, and an LCD display control unit 500 that controls the LCD 180. ing.
[0041]
<Main control unit 300>
The microprocessor (hereinafter referred to as “Main CPU”) 310 serves as a center of control in the slot machine 100, and exchanges control signals and data with peripheral units via the bus 370.
[0042]
The random number generator 311 generates a random number used for an internal lottery of a winning combination, and includes a plurality of counters, a clock oscillator, a frequency divider, a latch circuit, and the like. The random value generated by the random number generator 311 is stored in the random number storage area of the RAM 313 via the bus 370 and is sent to the Main CPU 310 as necessary.
[0043]
The Main CPU 310 has a medal sensor 320 for detecting a medal inserted from the insertion slot of the medal insertion slot block 134 via the input interface 360 and the bus 370, a start lever sensor 321 for detecting the operation of the start lever 135, and a stop button. When one of the buttons is pressed, a stop button sensor 322 that detects which stop button is pressed, and when one of the medal insertion buttons 131 and 132 is pressed, a medal that detects which medal insertion button is pressed A closing button sensor 323 is connected.
[0044]
A ROM (read-only memory) 312 is one of storage means for storing programs for performing various controls, various control data, and the like. The Main CPU 310 reads a program, various control data, and the like from the ROM 312 via the bus 370. A RAM (Random Access Memory) 313 has a work area for a program processed by the Main CPU 310 via the bus 370 and is one of storage means for storing variable data and the like. In this embodiment, ROM and RAM are used, but it goes without saying that other storage means may be used. This also applies to the sub-control unit 400 and the LCD display control unit 500 described later.
[0045]
Further, a motor control unit 331 that controls a motor (not shown) that rotationally drives the reels 110 to 112, and a hopper control unit 332 that controls a medal payout device (so-called hopper: not shown) include an input / output interface 330 and a bus. It is connected to the Main CPU 310 via 370.
[0046]
The effect lamps / displays 340 include various types of lamps such as the winning line display lamp 120, the start lamp 121, and the replay lamp 122 shown in FIG. 1, the payout number display 125, the game number display 126, and the like. The display is collectively shown, and is connected to and controlled by the Main CPU 310 via the output interface 340 and the bus 370.
[0047]
The output interface 350 transmits various commands to the input interface 430 of the sub-control unit 400 based on instructions from the Main CPU 310. The commands include, for example, a command indicating that a medal has been inserted, a command indicating that the start lever 135 has been operated, a command indicating the pressed stop buttons 136a to 136c, and the contents of the effect (backlight, upper lamp, There are commands that stipulate the audio output and the content of the effects produced by the LCD display device.
[0048]
<Sub-control unit 400>
The microprocessor (hereinafter referred to as SubCPU) 410 receives various commands transmitted from the main control unit 300 via the input interface 430 and the bus 470, and controls the sub control unit 400 as a whole according to the contents of the received commands. To do.
[0049]
The ROM 411 is one of storage means for storing programs and data for controlling the sub-control unit 400 as a whole. The RAM 412 has a work area for programs processed by the SubCPU 410, and is one of storage means for storing variable data and the like.
[0050]
The backlight is a light emitting means for illuminating the patterns on the reels 110 to 112, and is turned on / flashes / extinguishes according to instructions from the SubCPU 410. The production light-emitting display unit collectively represents the upper lamp 190, the side lamps 151 and 152, the center lamps 153 and 154, the waist lamps 155 and 156, the lower lamps 157 and 158, and the saucer lamp, and is turned on according to the instruction of the SubCPU 410. / Blinks / turns off. The backlight and the light emission display unit for effect are connected to the SubCPU 410 via the output interface 420 and the bus 470.
[0051]
The tone signal forming unit 460 forms a tone signal based on the control data transferred from the SubCPU 410 and outputs the tone signal. The musical sound signal is amplified by an amplifier 461 and then output as a sound from a speaker (specifically, an upper speaker and a rear speaker) 462.
[0052]
The output interface 450 transmits various control data to the LCD display control unit 500 based on an instruction from the SubCPU 410. Based on this control data, the LCD display control unit 500 controls the display of the LCD 180. The LCD control unit 500 will be described later.
[0053]
<LCD display control unit 500>
The LCD / door control SubCPU 510 receives various commands transmitted from the sub-control unit 400 via the input / output interface 530 and outputs a control pulse to the motor control unit 560 in accordance with the contents of the received command. The object 183 is controlled, an image pattern command is transmitted to the VDP control SubCPU 520, and display control of the LCD 181 is performed.
[0054]
The ROM 511 is one of storage means for storing a control program and data of the LCD / door control SubCPU 510. The VDP / door control SubCPU 520 specifies image data from the image pattern command from the LCD / door control SubCPU 510 and instructs the VDP 550 to display the image data on the LCD 181.
[0055]
A video display processor (hereinafter referred to as VDP) 550 reads designated image data from an externally connected ROM 552, performs drawing processing, converts the image data into RGB signals, and displays them on the LCD 181. The motor control unit 560 controls the motor M that moves the door member 183a of the door accessory 183 by outputting a motor drive pulse based on the control pulse from the LCD / door control SubCPU 510.
[0056]
<Basic game control processing>
FIG. 19 is a flowchart showing basic control of the game in the slot machine 100 of the present embodiment. This process is performed mainly by the CPU 310, and is repeatedly executed unless a power-off or the like is detected.
[0057]
When the power is turned on while the reset switch (not shown) of the main control unit 300 is pressed, step 101 (S101) is first executed. When the power is simply turned on, the processing is started from the previous state (the state at the time when the power is turned off).
[0058]
In S101, initialization processing is performed. Here, for example, processing such as transmitting an initialization command to the sub-control unit 400 is performed. In S102, processing relating to medal insertion is performed. Here, it is checked whether or not medals have been inserted, and the winning line display lamp 120 is turned on according to the number of medals inserted. It is not necessary to insert a medal when winning the re-game in the previous game.
[0059]
In S103, processing related to a game start operation is performed. Here, it is checked whether or not the start lever 135 has been operated. If it is determined that the start operation has been performed, in S104, the valid winning line 114 is determined according to the number of inserted medals. In S105, the random number generated by the random number generator 311 is acquired.
[0060]
In S <b> 106, an internal lottery is performed to determine whether or not the internal winning of a plurality of types of winning combinations is determined by lottery using the random number value acquired in S <b> 105 and the winning combination lottery data table stored in the ROM 312. In the winning combination lottery table, a numerical range for internal winning is set for each winning combination, and whether the internal winning is determined or not is determined by comparing the random number acquired in S105 with the numerical range. The size of the numerical range is the internal winning probability of each winning combination.
[0061]
In S107, an effect lottery is executed. In the effect lottery, the contents of the effect when the effect is executed are determined by lottery. In the present embodiment, this effect lottery is executed according to the result of the internal lottery in S106. For example, a plurality of types of effect contents are set for each result of the internal lottery, and one of the effect contents is selected by lottery from among the effect contents corresponding to the result of the internal lottery in S106.
[0062]
In S108, the reel stop control table stored in the ROM 312 is selected. The reel stop control table is a table for controlling stop of each reel 110 to 112, and is selected according to the result of the internal lottery in S106. For example, when the result of the internal lottery is a loss, a table to be controlled to stop is selected so that no combination of the winning combinations is matched. Further, for example, when the result of the internal lottery is an internal winning of a winning combination, a table that allows the combination of the patterns of the winning combination is selected.
[0063]
In S109, rotation of all reels 110 to 112 is started. In S110, the stop buttons 136a to 136c can be received. When any one of the stop buttons is pressed, the reel corresponding to the pressed stop button is stopped based on the reel stop control table selected in S108. .
[0064]
In S111, a winning determination is performed. Here, when a combination of symbols corresponding to the winning combination is displayed on the activated winning line 114, it is determined that the winning combination is a winning combination. For example, if “bell-bell-bell” is arranged on the validated winning line 114, it is determined that the bell is won. In addition, if “7-7-7” is prepared, it is determined that a BB winning is achieved.
[0065]
In S112, if any winning combination with payout is won, the number of medals corresponding to the winning combination is paid out. In S113, a game state control process is executed. In this game state control process, control for shifting the type of game is performed. For example, in the case of winning a BB game, preparation is made so that the BB game can be started from the next time. Prepare to start the game.
[0066]
In S114, it is determined whether or not the game is over. If the game is over, the processing of FIG. One game is completed as described above, and thereafter, the game progresses by repeating this.
[0067]
Various commands (control commands) are transmitted from the main control unit 300 to the sub control unit 400 as necessary. Examples of main control commands include the following. Steps in parentheses indicate transmission timing. That is, a start lever operation command (command indicating acceptance of the start lever: S103), an effect command (command storing the contents of the effect determined in the effect lottery: S107), a first stop operation command (the first stop operation is performed) The information indicating the reels stored is stored and the command transmitted when the first stop operation is performed: S110, the first reel stop command (information indicating the first stopped reel is stored, and the first reel is stopped. Command transmitted at the time: S110), a similar second stop operation command, second reel stop command, third stop operation command, third reel stop command (S110), winning determination information command (command storing a winning result) : S111) exists.
[0068]
<Production execution control>
Next, production execution control of the slot machine 100 of the present embodiment will be described. FIG. 3 is a conceptual diagram showing effect execution control of the slot machine 100 of the present embodiment. In the present embodiment, various effects can be provided by the display device with a door 180.
[0069]
The effects executed by the slot machine 100 include an image effect performed by displaying a moving image or the like on the LCD 181, a sound effect generated by sound or sound effect generated from the speaker 462, a reel back lamp, an upper lamp 190, a side lamp 151- It is divided into a light emitting effect using a lamp such as 156 and a complementary effect performed to complement the display content of the LCD 181 by opening and closing the door accessory 183.
[0070]
Execution control of these effects is performed in the sub-control unit 400. The sub-control unit 400 executes various effects according to the progress of the game based on a control command transmitted according to the progress of the game from the main control unit 300 that controls the progress of the game.
[0071]
Here, as an example, description will be given of effect control in the case where an expectation effect that suggests an internal lottery result (S106 in FIG. 19) to the player is executed. In the progress of the game, the start lever 135 is operated, and an internal lottery process is executed in the main control unit 300 (S106 in FIG. 19). When the internal winning combination is determined as a result of the internal lottery, the main control unit 300 performs an effect lottery process in which one effect mode is determined among a plurality of effects set according to the internal winning combination. (S107 in FIG. 19).
[0072]
The determined effect mode is transmitted to the sub-control unit 400 as an effect command. The sub-control unit 400 selects effect data corresponding to the effect command in the effect selection process. The production data is composed of a group of productions performed for each game operation in order to advance the production according to the progress of the game. The game operation is in the order of rotation start (when the start lever 135 is operated) → first stop operation → second stop operation → third stop operation → medal insertion. In the present embodiment, various effect data such as information on the image displayed on the LCD 181 and control information for operating the door accessory 183 are set corresponding to each game operation.
[0073]
Then, when the control command corresponding to the game operation is received from the main control unit 300, the set effects are sequentially executed. The execution of the effect is performed by the effect execution control process. The effect execution control process performs a process of expanding the selected effect data in an area on the RAM 412 allocated according to each device. The expanded data is transmitted to each device by an interrupt process executed at a predetermined time period. The interruption process controls the synchronization and execution time of the entire effect by sequentially transmitting the effect data to each device in the interrupt time period.
[0074]
Here, of the effect data, the effect data related to the image information displayed on the LCD 181 and the control information of the door accessory 183 is transmitted to the LCD display control unit 500. The LCD display control unit 500 controls the LCD 181 and the door accessory 183 based on the received effect data. Hereinafter, this point will be described in detail.
[0075]
First, the effect data is input to the LCD / door control SubCPU 510. The LCD / door control SubCPU 510 reads the image pattern data corresponding to the effect data and the door pattern data from the image / door control ROM 511. The image pattern data is data indicating a series of images displayed on the LCD 181, and the door pattern data is data for controlling the door accessory 183 corresponding to the image displayed on the LCD 181, and moves the door member 183 a. It is information for. As described above, in the present embodiment, information for controlling the door accessory 183 in association with the image displayed on the LCD 181 is stored in the ROM 511.
[0076]
The image pattern data / door pattern data is expanded on the RAM similarly to the sub-control unit 400, and is transmitted to the VDP control CPU 520 and the motor control unit 560 by an interrupt process executed by the LCD display control unit 500. The VDP control CPU 520 is a dedicated CPU that controls the VDP 550 that controls image display on the LCD 181. The VDP control CPU 520 reads pattern data constituting an image pattern from the image control ROM 522. The image data set in the pattern data is transmitted to the VDP 550. The VDP 550 reads image data from the image data ROM 552, performs drawing processing, digital / analog conversion processing, and the like, and outputs an image to the LCD 181.
[0077]
The motor control unit 560 generates a motor drive pulse by a motor driver or the like based on the control pulse from the LCD / door control SubCPU 510 and supplies the motor drive pulse to the motor M that drives the door accessory 183, thereby controlling the drive of the door accessory 183. To do.
[0078]
FIG. 4 is an explanatory diagram of effect data. The production data is composed of a pattern number, an execution time, and the number of repetitions as shown in the table on the left in the figure. As shown in the table on the left in the figure, the production data constituting the production performed for each operation includes musical sound control data (SOUNDxx), lamp emission control data (LUMPxx), image / door control data (MOVIExx). ).
[0079]
When this effect data is developed along the execution time, it becomes a figure shown in the center. As shown in the figure, the musical sound control data is configured to reproduce the sound effect pattern of the speakers LR over a time of 1900 ms. Sound effect data is arranged as “0” where no sound is generated and “A” and “B” where sound is generated. By sequentially executing these data as time elapses, sound effects are generated from the speakers L and R as shown on the right in the figure.
[0080]
The lamp issuance control data is, for example, a bit configured to output a light emission signal “1” to the LEDs 1 to 4 that emit light over time in the case of data for controlling light emission of four LEDs (light emission units). It is array data. As the light emission signal changes over time, the light emission locations of the LEDs 1 to 4 are changed as shown on the right side of the figure.
[0081]
The image / door control data performs image display control by transmitting the pattern number, execution time, and number of repetitions of an image (moving image) to be displayed to the LCD display control unit 500. The LCD display control unit 500 sets image data and door pattern data based on the received data. Then, the image data is set and given to the VDP 550 in the order shown in the figure based on the pattern. The VDP 550 reads the given image data from the image data ROM 552 and displays it on the LCD 181. As shown in the figure, the image data is roughly divided into 00 to 03 and further subdivided therein. For this reason, it can also be displayed on the LCD 181 in units of subdivided Data 1-9.
[0082]
The door pattern data is set in association with the image pattern. For convenience of explanation, the door pattern data is displayed as fully open, fully closed, half open, etc. Specifically, the stop position (0: fully open position to 202: fully closed position) and moving speed (0.1 pps to 1000 pps). ) Is set. Therefore, it can be operated by designating an arbitrary stop position and moving speed, but it can be easily controlled by patterning the operation to be used in advance and designating the pattern.
[0083]
Since the supplementary effect by the sound effect, the lamp, the image, and the door accessory is composed of data divided based on the passage of time, it can be easily synchronously controlled by setting the execution time for each data. In addition, since the data itself is individually stored with sound effects, lamps, images, and the like, correction of only sound effects, change of light emission location, replacement of images, and the like can be individually corrected. Also, the execution time distribution and the generation timing can be individually adjusted.
[0084]
<Specific example of effect by display device with door 180>
(Preliminary presentation example 1)
Next, a notice effect example of the slot machine 100 of the present embodiment will be described. FIG. 7 shows an example of a notice effect that enthuses the player's expectation. The notice effect is an effect form that implies to the player the internal lottery result of the slot machine 100. In this embodiment, the interest of the player is improved throughout the entire game by performing notification step by step for each operation of the player.
[0085]
When the game is started, that is, when the start lever 135 is operated to start the rotation of the reels 110 to 112, both the pair of door members 183a move to the shielding position as shown in FIG. 183 shields the entire display area of the LCD 181. While the display area is shielded by the door accessory 183, the display area of the LCD 181 is switched from the first image (not shown) to the second image shown in FIG. 7B. After the image switching is completed, the pair of door members 183a move to the non-shielding position, the door accessory 183 is fully opened, and the entire display area is exposed.
[0086]
Two character images are displayed in the display area of the LCD 181 and a notice effect is performed. The character on the left implies that “Bell” has been won internally. Implying that the character on the right has won “Watermelon” internally. This notice effect informs the player that the internal lottery result may be either “Bell” or “Watermelon”.
[0087]
When the player operates one of the stop buttons 136a to 136c to perform the first reel stop operation, the door accessory 183 is activated, and the left door member 183a shields the left half of the display area of the LCD 181. To the shielding position (FIG. 7C). With this operation, only the right side of the display area is visually recognized by the player, and it is notified that the internal winning result is highly likely to be “watermelon”.
[0088]
Next, when the player performs the second stop operation of the reel, the left door member 183a shielded by the first stop operation moves to the non-shielding position, and the right door member 183a moves to the left half of the display area. Move to the shielding position so as to shield. By this operation, only the left side of the display area is visually recognized by the player, and it is notified that the possibility of the internal winning result being “bell” is high.
[0089]
Next, when the player performs the third reel stop operation, the right door member 183a moves to the non-hiding position and the left door member 183a moves to the hiding position up to the left character position. As the door member 183a on the left side moves, the display area of the LCD 181 produces an effect in which the character on the left side is skipped and moved far away. In the display area of the LCD 181, the right character remains as a final result, so that the internal winning result is “watermelon”.
[0090]
In this example, the entire display area is once shielded by the door accessory 183 at the start of the game so that the player cannot see that the image is switched in the display area of the LCD 181. If the image of the display area is switched without being blocked by the door accessory 183, a completely different screen is suddenly displayed, and the excitement as an introduction part of the expectation effect is lacking.
[0091]
On the other hand, as shown in this example, once the display area is shielded by the door accessory 183, it is possible to expect what is displayed when the door accessory 183 is opened next time. When the door member 183a imitating a real door is shielded, the player is given more impact than simply drawing the door in the display area of the LCD 181, and the effect of increasing the expectation of the switched image is also exhibited.
[0092]
Similarly, the door actor 183 plays a complementary role of enlarging the display content by shielding the display area where one of the two characters is displayed. ing.
[0093]
In the final display result (FIG. 7D), the left door member 183a is moved in accordance with the movement of the character image to be flipped, that is, the display mode in which one character closes the left door member 183a. By causing the supplementary effect to be performed, an unprecedented linked effect form in which the display content of the LCD 181 and the door accessory 183 cooperate to complete one effect can be performed. Thus, in this example, the interest of the display content can be further enhanced.
[0094]
(Preliminary production example 2)
FIG. 8 shows another example of a notice effect. This example is also an effect form in which the player is notified of the internal winning result in the same manner as the aforementioned notice effect. In this example, the effect is raised by causing the door accessory 183 to perform a cooperative operation in accordance with the display content of the display area. In addition, by notifying the internal winning result at the start of the game, the player can aim for the internal winning combination.
[0095]
In this example, as shown in FIG. 8A, at the start of the game, the display image of the LCD 181 is periodically vibrated as if an earthquake has occurred, and the character image is displayed so as to be shaken together. Or “?” Is displayed as if there was an incident.
[0096]
The door accessory 183 vibrates left and right in small increments so as to match the vibration of the display area. That is, the door member 183a is vibrated to the left and right, and the display area and the door accessory 183 are integrated to perform a periodic operation, so that a real earthquake can be expressed rather than just an image of the LCD 191. Can be expressed.
[0097]
Then, as shown in FIG. 8 (b), at any timing of the first to third reel stop operations by the player, the internally winning winning picture falls from above the character and crushes the character. The size of the falling pattern may represent the expected size of the internal winning. In this way, by causing the door accessory 183 to perform a cooperative operation, it is possible to produce a more realistic effect together with the display content. Thus, the interest of the display content can be further enhanced in this example.
[0098]
(Notice production example 3)
FIG. 9 shows another example of a notice effect. This example is also an effect form in which the player is notified of the internal winning result in the same manner as the aforementioned notice effect. In addition, by notifying the internal winning result at the start of the game, the player can aim for the internal winning combination.
[0099]
In this example, at the start of the game, as shown in FIG. 9 (a), the door accessory 183 is fully opened as shown in FIG. 9 (b) from the state where the door accessory 183 is fully closed and the display area of the LCD 181 is shielded. Then, three character images are displayed in the display area of the LCD 181. Which character corresponds to the win is informed on the head of each character as understood by the player. Subsequently, the door member 183a is moved to shield the display area of the character image other than the selected character so that only one of the characters is selected or displayed sequentially or randomly (see FIG. 9 (c) and (d)).
[0100]
At this time, the LCD 181 enlarges and displays the image as compared with the case of FIG. 9B in order to emphasize the selected character. This enlarged display is an enlarged display for supplementing the movable range of the door accessory 183. In that respect, the display area is controlled for the purpose of supplementing the limitation of the movable range of the door accessory 183. For example, in the display example of FIG. 9B, three character images are displayed, but when the central character image is hidden by the door member 183a and only one of the character images on both sides is to be displayed, In this embodiment, since each door member 183a can shield only half of the display area of the LCD 181 at the maximum, only the central character image cannot be hidden with the size of the character image in FIG. 9B. However, by enlarging and displaying the selected character image, that is, using half of the display area of the LCD 181, the center character image can be hidden, and the movable range of the door accessory 183 can be supplemented. it can.
[0101]
Finally, each door member 183a moves to the shielding position (midway shielding position) and stops, and only one of the three characters is displayed, and the other characters are shielded by the door member 183a. If the finally displayed character is a hit character, it means that a predetermined winning combination is won.
[0102]
As described above, by moving the door member 183a so as to shield the display area in which the image is enlarged and highlighted, that is, the display area other than the display area of the specific image that the player wants to pay attention to. Only the display area that the user wants to pay attention to can be shown to the player. For this reason, the highlight can be watched by the player. Thus, the interest of the display content can be further enhanced in this example.
[0103]
<Transparent production>
Next, the transmission effect will be described. FIG. 10 shows a transmission effect example. In the case of this example, the display image of the LCD 181 can be seen through when the LCD 181 is shielded. The door member 183a used for the transmission effect is made of a material having transparency, and is made up of, for example, a frame part forming the door and a transmission member attached to the frame part. Examples of the transmissive member include a translucent sheet member, and have a transparency that allows the display contents to be confirmed to some extent without completely shielding even if the display area of the LCD 181 is shielded.
[0104]
Examples of the transmissive member include a case where a colored transparent material is used, and a case where unevenness is provided on the surface of a colored transparent or colorless transparent material. Specifically, for example, an ultraviolet curable resin is printed on a transparent sheet, and the resin is cured by irradiating with ultraviolet rays for a predetermined period of time, thereby forming a light diffusion surface on the printed surface, thereby transmitting light to some extent. Can be used. The roughness and size of the unevenness according to the irradiation time of the ultraviolet rays, that is, a sheet having different permeability can be obtained. Only the printing range of the ultraviolet curable resin can be made translucent. Furthermore, a frosted glass-like sheet can be prepared by mixing a white pigment into an ultraviolet curable resin. Similarly, the permeability can be varied depending on the mixing ratio of the pigment.
[0105]
Since the door member 183a has transparency, the display area of the LCD 181 can be transmitted through the display area of the LCD 181 so that the display content of the LCD 181 can be imitated just like a shadow that appears on a shoji.
[0106]
In the example of FIG. 10A, an image of a character or the like is displayed in the display area of the LCD 181. However, the player looks at the displayed character through the door member 183a at the shielding position, so that the outline appears blurred. It is difficult to determine which type of character is displayed.
[0107]
In the example of FIG. 10B, when the door member 183a is in the shielding position, the display image of the LCD 181 is displayed as a silhouette image, and the characters in the display area are displayed in a single black color. By displaying in this way, it is possible to display a shadow that appears on the door member 183a.
[0108]
FIG.10 (c) is a figure which shows the aspect which moved the door member 183a to the non-shielding position from the aspect of FIG.10 (a) and (b), and opened the door accessory 183 fully. When shifting from the mode of FIG. 10B to the mode of FIG. 10C, the display is switched from the silhouette image to the original image immediately before the door member 183a is opened (in this example, the outline remains as it is and the black image is simply displayed). Switching from one color to colored), there is no sense of incongruity and it can be a visually effective production.
[0109]
In this way, by using the transparent door member 183a to display the display area, the player can be interested in the contents displayed in the display area. Therefore, the interest of the display content can be further enhanced in this example.
[0110]
(Development production)
Next, an example of development effects will be described. The development effect refers to an effect form that shifts to another effect pattern after the effect of one notice effect is completed. That is, it is an effect form performed subsequent to the effect after the third stop operation of the reel. In many cases, in the development effect, a plurality of effect patterns to be transferred are set, and one of them is selected. In this example, the transition of the production is performed without a sense of incongruity using the door accessory 183 also in the development production.
[0111]
At the time of the third stop in FIG. 7, the notice effect for the winning combination is completed, and the development effect is started. FIG. 11 shows an example of development effects. Fig.11 (a) is the same as FIG.7 (e), and has shown the production | presentation form at the time of a 3rd stop. In the development effect, another character appears and jumps off the right-side character that is finally displayed (FIG. 11B).
[0112]
Then, the left door member 183a at the shielding position moves to the non-shielding position. By the movement of the left door member 183a, a character is displayed in the opened display area to notify the type of development effect (FIG. 11 (c)). In this case, the character is notified of the transition to the battle effect set as one of the development effects. Subsequently, a predetermined effect is executed (FIG. 11D), and immediately before the result display is performed, the door accessory 183 shields the entire display area (FIG. 11E).
[0113]
On the back side, the result display screen is switched, and then the door accessory 183 is fully opened. The final winner's character is displayed and the production ends (FIG. 11 (f)). The player estimates the internal winning result by comparing the game result set according to the character type with the winning determination result. As described above, it is possible to enhance the sense of expectation for the effect result by shielding the effect change and immediately before the result is displayed with the door accessory 183. Thus, the interest of the display content can be further enhanced in this example.
[0114]
<Continuous production>
Next, a continuous effect example will be described. Continuous production means production of contents having continuity over a plurality of games, and is executed over about 3 to 5 games. Basically, a plurality of final production results are prepared, and as the game progresses, one of the production results is reached. During the continuous production, the production is divided into a case where the production is completed for each game and a case where the production result is carried over to the next game. In the game at the beginning of the continuous production, the production content is bad ending (game In many cases, the result of the internal winning is a loss. That is, as the continuous production continues, the possibility that the player wins a special winning combination is increased. If the display result is a good ending (a good result by the player), the internal winning such as a special winning combination can be confirmed.
[0115]
FIG. 12 shows a continuous effect example. When the game starts, the door accessory 183 is temporarily closed (FIG. 12a), the image is switched to the continuous effect, and the door accessory 183 is opened (FIG. 12 (b)). In the display area, an image of two characters going on an adventure on a spaceship is displayed, and an effect along the story of the adventure is started. In the first game, the display content is that the character gets into the spaceship and leaves the space. If you can get on the spaceship and leave for space, it will be a good ending and the production will continue to the next game. On the other hand, if the spacecraft breaks down when the spacecraft is launched, it becomes bad ending and the continuous production ends.
[0116]
When the production is continued, the door accessory 183 is closed again at the start of the next game (FIG. 12C), and after the image is switched, the door accessory 183 is opened (FIG. 12D). Next, in the process of adventure, encountering an enemy spaceship, the production that becomes a confrontation with the enemy spaceship is started. Here, a scene is developed in which the character-side spacecraft attacks the enemy spacecraft every time the player stops the reels. After all reels stop, if the enemy spacecraft is destroyed, it will be a good ending and the production will continue to the next game. On the other hand, if the enemy spaceship is counterattacked and shot down, the bat ends and the continuous performance ends.
[0117]
In the next game, the door actor 183 is similarly opened and closed (FIGS. 12 (e) and 12 (f)), and starts from the effect that the spacecraft lands on the planet. A treasure chest is placed on the planet, and a character who gets off the spacecraft rushes to the treasure chest and opens the lid of the treasure chest (FIG. 12 (f)). If treasure comes out of the treasure box, it will be a good ending and the continuous production will be completed. In this case, it is determined that a special winning combination is won internally. In order to clearly notify the player, a display such as “BONUS confirmation” may be performed when the treasure chest cover is opened. On the contrary, if the treasure box is empty, it becomes bat ending and the continuous performance is ended, and it is notified that the internal winning result is lost.
[0118]
When performing productions across multiple games, if the productions are executed seamlessly, the relationship between the progress of the game and the production will not be clear, and the player will not be informed of the real intention of the production, but on the contrary, the player will be confused. become. By opening and closing the door and switching the image for each game as in this example, the player can clearly grasp the correspondence between the start of the game and the start of the production. Thus, the interest of the display content can be further enhanced in this example.
[0119]
<Other configuration example 1 of the display device 180 with a door>
FIG. 6 is a diagram illustrating another configuration example of the door-equipped display device 180. In this example, door-shaped seals S1 and S2 are employed as shielding members, and these are attached to two transparent and endless seat belts B1 and B2, respectively. The seat belts B1 and B2 are stretched and guided by guide rolls R1 to R4 and R5 to R8, respectively, and can be moved cyclically. Motors M for moving the respective seat belts B1 and B2 are mounted on the guide rolls R1 and R6, and the respective seat belts B1 and B2 can be moved individually by the rotational drive of the respective motors M.
[0120]
The seat belts B1 and B2 are arranged so as to overlap each other on the front surface of the LCD 181. The seat belt B2 corresponding to the right door forms a loop on the inner side, and the seat belt B1 corresponding to the left door forms a loop on the outer side. By driving the motors M, the seat belts B1 and B2 are moved, and the door seals S1 and S2 are positioned on the front surface of the LCD 181, thereby shielding the display area. It should be noted that a seal such as another character may be provided and displayed in an area other than the door seals S1 and S2 of the seat belts B1 and B2.
[0121]
<Other configuration example 2 of the display device 180 with a door>
Next, still another embodiment of the display device with a door of the slot machine 100 of the present invention will be described. The structure of the display device with a door in this embodiment is shown in FIGS. The shielding device 700 is a mechanism that shields the display area of the LCD 181 by a rotating operation.
[0122]
The LCD 181 and the shielding device 700 are provided on the back surface of a panel 680 or the like (see FIG. 15) that is an outer shell of the slot machine 100. An illustration 681 and a pattern are drawn on the panel 680 and the like, and an opening 690 is provided in a portion corresponding to the display area of the LCD 181 so that the display area can be observed from the outside.
[0123]
The shielding device 700 includes a swing member 730 and a motor M that is a driving unit that rotates the swing member 730. The swing member 730 includes a shielding plate 731 and an arm member 732 that connects the shielding plate 731 and the rotation shaft of the motor M. The shielding plate 731 has a curved shape along the radius of rotation of the arm member 732. As the motor M, a stepping motor is assumed. By using a stepping motor, the swinging member 730 can be controlled to stop at an arbitrary speed and stop position. Of course, the swing member 730 may be driven using a solenoid or the like. According to this embodiment, the display device with a door can be provided at a low cost with a simple configuration. Expressive power can be diversified by providing a plurality of display devices with doors.
[0124]
Next, an example of an effect form using the display device with a door of the present embodiment will be described. FIG. 15 is a top front view of the slot machine 100 using the door-equipped display device of the present embodiment. The display device with a door of the present embodiment is provided behind the portion corresponding to the eyes of the character 681 drawn on the upper panel 680.
[0125]
A portion corresponding to the pupil of the character 681 drawn on the panel 680 is an opening 690, and the display area of the LCD 181 facing the opening 690 can be observed. The shield device 700 is driven to raise and lower the swing member 730 in the vertical direction, thereby shielding or opening the opening 690. That is, the shielding device 700 serves as a cocoon for the character 681, and the LCD 181 serves as a pupil for the character 681. When the opening 690 is shielded by the swing member 730, it appears as if the character 681 is meditating on the eyes, and conversely, when the opening 690 is open, the pupil displayed on the display device 181 is displayed. From this image, the character 681 appears to have opened eyes. In this embodiment, the display device with a door is attached to both pupils.
[0126]
FIGS. 16 to 18 show enlarged views of the pupil portion of the character 681, which is the main part of the display device with a door of this embodiment. As shown in FIG. 16, when the swing member 730 on the back surface of the opening 690 is moved to the upper limit position by the motor M, the opening 690 is fully opened. The pupil of the character 681 is displayed in the display area of the display device 181, and it appears as if the eyes of the character 681 are open by being integrated with the picture on the panel 680.
[0127]
FIG. 17 is a view showing a state where the swing member 730 is lowered to the intermediate position. While the display on the display device 181 is left as it is, the swinging member 730 is lowered to the intermediate position and stopped, so that the eyes of the character 681 are in a half-open state and can appear as if they are sleepy. FIG. 18 is a view when the opening 690 is completely shielded by the swing member 730. In this state, the character 681's eyes appear to be completely closed.
[0128]
As described above, in the present embodiment, the shielding device is the heel, the display device is the pupil of the character, and the display area can be changed without any sense of incongruity by the complementary operation of closing the heel.
[0129]
(Example)
Next, examples of effects according to this embodiment will be described. As a first effect form, a notice effect example of an internal winning result will be described. During a normal game, the opening 690 is shielded by the swing member 730 so that the character 681 appears to sleep. In the game, when the result of the internal lottery is an internal winning combination for any winning combination, the swing member 730 is moved to the upper limit position and a color pupil corresponding to the internal winning combination is displayed in the display area. For example, when the winning combination of yellow prizes is won internally, a yellow pupil is displayed. If it is a red winning picture, it will be a red pupil. Here, the notification reliability can be made different between the case where the effect is performed with only one pupil and the case where the effect is performed with both eyes. Further, the timing for changing the color of the pupil to the color of the winning picture may also be changed in accordance with the reel stop operation timing of the player.
[0130]
Further, since the pupil image is drawn on the LCD 181, the design can be directly displayed on the LCD 181. In addition, if graphic display such as “$”, “heart mark”, “◯”, “×”, “?” Is performed, it is possible to imply the possibility that some game result is derived to the player although it is ambiguous. By displaying both pupils in different colors, it is possible to make a notification form that one of the two winning combinations is won internally. When the last reel is stopped, the swing member 730 on the pattern side that is not internally won is moved to the lower limit position and the pupil is closed. Inform.
[0131]
Further, not only the color of the pupil but also the display itself with a movement can be performed to produce a fine change. The number of times the pupil is moved may be changed depending on whether the payout of the winning prize winning in the interior is large or small. Moreover, you may make it move how to move so that an up-down direction and a circle may be drawn. The expression of the character 681 can be richly expressed by moving the pupil left and right, or moving the pupil to follow the stop operation.
[0132]
As a second effect form, a precursor effect example will be described. A prelude effect is an effect form in which a player is notified that a special winning combination or a special gaming state is about to start, and it is common to increase the frequency of occurrence of a specific effect. To be done. In the present embodiment, a sign effect is performed using the shielding mechanism 700. When a special winning combination is near, the swing member 730 is driven to the upper limit position so that the normally closed pupil is opened for several games. The swinging member 730 is driven and controlled not only to open for several games but also to blink when the player stops the operation. The blink does not always occur in accordance with the game operation, and control is performed based on a predetermined pattern. If the number of blinks is large, the pattern is set so that the degree of expectation for the special winning combination is high, and when the number is small, the degree of expectation is low. Alternatively, a pattern may be set in which a special winning combination winning is confirmed if it occurs three times in succession.
[0133]
In addition to the above, an effect form may be considered in which a process of shifting to a specific gaming state is notified at the stop position of the swing member 730. Control is performed so that the eyes that are closed open gradually as the game progresses. When it finally opens to the fully open position and the character wakes up, it shifts to a special gaming state.
[0134]
According to the door-equipped display device of the present embodiment, a part of the character can be configured in combination with a panel design or the like, and a notification mode in which the character is changed can be obtained. In addition, it is possible to make the character more three-dimensional by making each part, such as the mouth and the hand, movable. Thus, the interest of the display content can be further enhanced in this example.
[0135]
【The invention's effect】
  As described above, according to the gaming machine of the present invention, it is possible to further enhance the interest of display contents.In addition, the player's sense of expectation for the lottery result can be increased. Furthermore, the movable range of the door member can be supplemented by displaying an enlarged image of the lottery result.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is a perspective view showing an appearance of a slot machine 100 according to an embodiment of the present invention.
FIG. 2 is a control block diagram of the slot machine 100. FIG.
FIG. 3 is an explanatory diagram of effect control of the slot machine 100. FIG.
4 is an explanatory diagram of effect data of the slot machine 100. FIG.
FIG. 5 is a configuration diagram of a display device with a door accessory of the slot machine 100. FIG.
6 is a configuration diagram of another display device with a door accessory in the slot machine 100. FIG.
FIG. 7 is a notice effect example of the slot machine 100.
FIG. 8 shows another example of a notice effect in the slot machine 100.
FIG. 9 shows another example of a notice effect in the slot machine 100.
FIG. 10 is an example of a transmission effect of the slot machine 100.
FIG. 11 is an example of a development effect of the slot machine 100.
FIG. 12 shows an example of a continuous effect of the slot machine 100.
13 is a configuration example of another display device with a door accessory in the slot machine 100. FIG.
14 is an operation example of another display device with a door accessory in the slot machine 100. FIG.
15 is an upper front view of the slot machine 100. FIG.
16 is an enlarged view of the display device with a door accessory of the slot machine 100. FIG.
17 is an enlarged view of the display device with a door accessory of the slot machine 100. FIG.
18 is an enlarged view of the display device with a door accessory of the slot machine 100. FIG.
FIG. 19 is a flowchart showing basic control of a game in the slot machine 100.
[Explanation of symbols]
100 slot machine, 110-112 reel, 113 reel display window, 114 winning line, 120 winning line display lamp, 121 start lamp, 122 replay lamp, 123 notification lamp, 124 medal insertion lamp, 125 medal insertion number display lamp, 126 Payout number display device, 127 game number display device, 128 stored number display device, 129 effect lamp, 131, 132 medal insertion button, 133 medal insertion port block, 135 start lever, 136 stop button unit, 138 checkout button, 139 key Hole, 151, 152 Side lamp, 153, 154 Central lamp, 155, 156 Lumbar lamp, 157, 158 Lower lamp, 160 Receptacle, 165 Medals outlet, 170 Ashtray unit, 180 Door accessory Display device, 190 upper lamp, 201 cabinet, 300 main control unit, 310 Main CPU, 311 random number generator, 312, 411, 521, 522 ROM, 313, 412, 531 RAM, 320 medal sensor, 321 start lever sensor, 322 stop Button sensor, 323 Medal insertion button sensor, 360/430 input interface, 330/450/530 input / output interface, 331/560 motor control unit, 332 hopper control unit, 340/350/420 output interface, 370/470/519 bus , 400 Sub-control unit, 410 SubCPU, 460 Musical tone signal forming unit, 461 Amplifier, 462 Speaker, 500 LCD display control unit, 510 LCD / door control SubCPU, 20 VDP control SubCPU, 550 VDP

Claims (1)

  1. 画像を表示する表示手段と、
    前記表示手段の手前に左右方向に開閉自在に設けられ、閉鎖時に前記表示手段の左右半分の表示領域をそれぞれ遮蔽する左右一対の扉部材と、
    前記左右一対の扉部材をそれぞれ個別に移動させる駆動手段と、
    複数種類の絵柄が施され、回転駆動される複数のリールと、
    複数種類の入賞役の内部当選の当否を抽選により判定する抽選手段と、
    前記リールの回転を開始させるためのスタートスイッチと、
    各々の前記リールに対応して設けられ、前記リールの回転を個別に停止させるための停止スイッチと、
    停止時の前記リールにより表示された前記絵柄の組合せが、予め定めた絵柄の組合せであるか否かに基づいて入賞を判定する判定手段と、
    を備えた遊技台であって、
    前記表示手段は、前記抽選手段の抽選結果を示す画像を含む複数種類の画像を表示する演出を実行し、
    前記駆動手段は、前記表示手段が前記演出を実行している場合、前記複数種類の画像が全て露出する位置から前記抽選結果を示す画像以外の画像を遮蔽する位置に前記左右一対の扉部材を移動させ
    前記表示手段は、前記駆動手段が前記抽選結果を示す画像以外の画像を遮蔽する位置に前記左右一対の扉部材を移動させる時に前記抽選結果を示す画像を拡大表示することを特徴とする遊技台。
    Display means for displaying an image;
    A pair of left and right door members that are provided in front of the display means so as to be opened and closed in the left-right direction, and respectively shield the left and right display areas of the display means when closed,
    Driving means for individually moving the pair of left and right door members ;
    A plurality of reels that are given multiple types of patterns and are driven to rotate,
    A lottery means for determining whether or not an internal winning of a plurality of types of winning combinations is a lottery;
    A start switch for starting rotation of the reel;
    A stop switch provided for each of the reels, for individually stopping the rotation of the reels;
    Determining means for determining a winning based on whether or not the combination of the patterns displayed by the reel at the time of stopping is a predetermined combination of patterns;
    A game machine equipped with
    The display means performs an effect of displaying a plurality of types of images including an image indicating a lottery result of the lottery means,
    When the display means is executing the effect , the driving means moves the pair of left and right door members to a position that shields an image other than the image indicating the lottery result from a position where all of the plurality of types of images are exposed. the moved,
    The display means enlarges and displays the image showing the lottery result when the driving means moves the pair of left and right door members to a position where the image other than the image showing the lottery result is shielded. .
JP2003169797A 2003-06-13 2003-06-13 Amusement stand Active JP4149859B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003169797A JP4149859B2 (en) 2003-06-13 2003-06-13 Amusement stand

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003169797A JP4149859B2 (en) 2003-06-13 2003-06-13 Amusement stand

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2005000540A JP2005000540A (en) 2005-01-06
JP2005000540A5 JP2005000540A5 (en) 2007-07-12
JP4149859B2 true JP4149859B2 (en) 2008-09-17

Family

ID=34094826

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003169797A Active JP4149859B2 (en) 2003-06-13 2003-06-13 Amusement stand

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4149859B2 (en)

Families Citing this family (92)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006000227A (en) * 2004-06-15 2006-01-05 Naito Shokai:Kk Display device for game machine
JP2006204696A (en) * 2005-01-31 2006-08-10 Dragon:Kk Game machine
JP4856390B2 (en) * 2005-04-08 2012-01-18 株式会社大都技研 Amusement stand
JP4308165B2 (en) * 2005-05-11 2009-08-05 京楽産業.株式会社 Game machine
JP4765403B2 (en) * 2005-05-24 2011-09-07 奥村遊機株式会社 Game machine
JP2006325932A (en) * 2005-05-26 2006-12-07 Samii Kk Slot machine
JP4555180B2 (en) * 2005-07-13 2010-09-29 株式会社大都技研 Amusement stand
JP2007021103A (en) * 2005-07-21 2007-02-01 Samii Kk Slot machine
JP2007029597A (en) * 2005-07-29 2007-02-08 Samii Kk Slot machine
JP4776309B2 (en) * 2005-09-07 2011-09-21 株式会社大都技研 Amusement stand
JP2007125080A (en) * 2005-11-01 2007-05-24 Samii Kk Game machine
JP2007229177A (en) * 2006-02-28 2007-09-13 Daito Giken:Kk Game machine
JP5102456B2 (en) * 2006-03-22 2012-12-19 株式会社平和 Game machine
JP5102457B2 (en) * 2006-03-22 2012-12-19 株式会社平和 Game machine
JP5454831B2 (en) * 2006-03-27 2014-03-26 サミー株式会社 Slot machine
JP2007282899A (en) * 2006-04-18 2007-11-01 Daito Giken:Kk Game machine
JP5118819B2 (en) * 2006-04-27 2013-01-16 株式会社ユニバーサルエンターテインメント Game machine
JP4874715B2 (en) * 2006-06-02 2012-02-15 株式会社大都技研 Amusement stand
JP4860356B2 (en) * 2006-06-02 2012-01-25 株式会社大都技研 Amusement stand
JP4709072B2 (en) * 2006-06-02 2011-06-22 株式会社大都技研 Amusement stand
JP4614927B2 (en) * 2006-09-07 2011-01-19 株式会社ソフイア Slot machine
JP2008099945A (en) * 2006-10-20 2008-05-01 Daito Giken:Kk Game machine
JP5183923B2 (en) * 2006-12-28 2013-04-17 株式会社三共 Game machine
JP5502264B2 (en) * 2007-01-16 2014-05-28 株式会社三共 Game machine
JP5138233B2 (en) * 2007-01-26 2013-02-06 株式会社ユニバーサルエンターテインメント Game machine
JP4933912B2 (en) * 2007-02-07 2012-05-16 株式会社平和 Game machine
JP4810461B2 (en) * 2007-02-21 2011-11-09 株式会社大都技研 Amusement stand
JP4810462B2 (en) * 2007-02-21 2011-11-09 株式会社大都技研 Amusement stand
JP4157584B1 (en) * 2007-04-24 2008-10-01 Daxel株式会社 Production unit for gaming machines
JP5305258B2 (en) * 2007-06-04 2013-10-02 株式会社平和 Game machine
JP5305060B2 (en) * 2007-06-04 2013-10-02 株式会社平和 Game machine
JP2009000381A (en) * 2007-06-22 2009-01-08 Heiwa Corp Game machine
JP2009022378A (en) * 2007-07-17 2009-02-05 Heiwa Corp Shutter member operating apparatus and game machine
JP4971079B2 (en) * 2007-08-31 2012-07-11 株式会社大都技研 Amusement stand
JP5009108B2 (en) * 2007-09-12 2012-08-22 Daxel株式会社 Slot machine
JP5038077B2 (en) * 2007-09-24 2012-10-03 Daxel株式会社 Slot machine
JP2009125300A (en) * 2007-11-22 2009-06-11 Daito Giken:Kk Game machine
JP2009240351A (en) * 2008-03-28 2009-10-22 Heiwa Corp Reel type game machine
JP5619343B2 (en) * 2008-04-01 2014-11-05 株式会社三共 Slot machine
JP2009285210A (en) * 2008-05-29 2009-12-10 Daito Giken:Kk Game table
JP2009285211A (en) * 2008-05-29 2009-12-10 Daito Giken:Kk Game machine
JP2009297160A (en) * 2008-06-11 2009-12-24 Daito Giken:Kk Game table
JP2009297159A (en) * 2008-06-11 2009-12-24 Daito Giken:Kk Game machine
JP5176091B2 (en) * 2008-07-29 2013-04-03 株式会社大都技研 Amusement stand
JP4926194B2 (en) * 2008-07-31 2012-05-09 タイヨーエレック株式会社 Game machine
JP2010094394A (en) * 2008-10-20 2010-04-30 Daito Giken:Kk Game machine
JP5223099B2 (en) * 2009-10-08 2013-06-26 株式会社ソフイア Game machine
JP5082077B2 (en) * 2009-10-08 2012-11-28 株式会社ソフイア Game machine
JP2011115260A (en) * 2009-12-01 2011-06-16 Daito Giken:Kk Game board
JP4814367B2 (en) * 2009-12-15 2011-11-16 株式会社大都技研 Amusement stand
JP5358760B2 (en) * 2010-01-13 2013-12-04 株式会社大都技研 Amusement stand
JP5564667B2 (en) * 2010-07-13 2014-07-30 株式会社大都技研 Amusement stand
JP5261727B2 (en) * 2010-08-03 2013-08-14 株式会社大都技研 Amusement stand
JP5425755B2 (en) * 2010-12-22 2014-02-26 株式会社大都技研 Amusement stand
JP2011087992A (en) * 2011-02-07 2011-05-06 Daito Giken:Kk Game machine
JP5071830B2 (en) * 2011-05-09 2012-11-14 株式会社大一商会 Game machine
JP5614777B2 (en) * 2011-08-26 2014-10-29 株式会社大都技研 Amusement stand
JP5411248B2 (en) * 2011-12-27 2014-02-12 株式会社カプコン Game machine
JP5715080B2 (en) * 2012-03-15 2015-05-07 株式会社三共 Game machine
JP5392516B2 (en) * 2012-06-04 2014-01-22 株式会社大一商会 Game machine
JP5905793B2 (en) * 2012-07-30 2016-04-20 株式会社ニューギン Game machine
JP5530499B2 (en) * 2012-10-26 2014-06-25 株式会社三共 Slot machine
JP5444446B2 (en) * 2012-12-11 2014-03-19 株式会社三共 Game machine
JP5952727B2 (en) * 2012-12-19 2016-07-13 株式会社ソフイア Slot machine
JP5731470B2 (en) * 2012-12-26 2015-06-10 株式会社ユニバーサルエンターテインメント Game machine
JP5679474B2 (en) * 2013-01-28 2015-03-04 株式会社大一商会 Game machine
JP5679473B2 (en) * 2013-01-28 2015-03-04 株式会社大一商会 Game machine
JP5716772B2 (en) * 2013-02-26 2015-05-13 株式会社三洋物産 Game machine
JP2013144207A (en) * 2013-04-25 2013-07-25 Sankyo Co Ltd Game machine
JP2014230700A (en) * 2013-05-30 2014-12-11 株式会社大都技研 Game stand
JP2014028202A (en) * 2013-08-28 2014-02-13 Daito Giken:Kk Game machine
JP6017394B2 (en) * 2013-10-02 2016-11-02 株式会社三洋物産 Game machine
JP5450882B1 (en) * 2013-11-06 2014-03-26 株式会社カプコン Game machine
JP5450881B1 (en) * 2013-11-06 2014-03-26 株式会社カプコン Game machine
JP5450880B1 (en) * 2013-11-06 2014-03-26 株式会社カプコン Game machine
JP2015104560A (en) * 2013-11-29 2015-06-08 株式会社ディ・ライト Game machine
JP6177684B2 (en) * 2013-12-27 2017-08-09 株式会社三共 Game machine
JP6349530B2 (en) * 2014-01-29 2018-07-04 株式会社オリンピア Game machine
JP5986127B2 (en) * 2014-03-13 2016-09-06 株式会社三共 Game machine
JP5797304B2 (en) * 2014-06-24 2015-10-21 株式会社三共 Slot machine
JP5869077B1 (en) * 2014-08-29 2016-02-24 京楽産業.株式会社 Game machine
JP5990747B2 (en) * 2014-09-03 2016-09-14 株式会社大都技研 Amusement stand
JP5990559B2 (en) * 2014-11-20 2016-09-14 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2016158999A (en) * 2015-03-04 2016-09-05 京楽産業.株式会社 Game machine
JP5986273B2 (en) * 2015-08-03 2016-09-06 株式会社三共 Game machine
JP2016019850A (en) * 2015-10-02 2016-02-04 株式会社大都技研 Game machine
JP6281982B2 (en) * 2015-11-09 2018-02-21 株式会社大一商会 Game machine
JP6359503B2 (en) * 2015-11-19 2018-07-18 株式会社ニューギン Game machine
JP6353432B2 (en) * 2015-12-16 2018-07-04 株式会社大都技研 Amusement stand
JP2016182435A (en) * 2016-07-25 2016-10-20 株式会社ユニバーサルエンターテインメント Game machine
JP6582255B2 (en) * 2017-03-15 2019-10-02 株式会社大都技研 Amusement stand
JP6483307B2 (en) * 2018-04-23 2019-03-13 株式会社ユニバーサルエンターテインメント Game machine

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2912434B2 (en) * 1990-09-06 1999-06-28 株式会社三洋物産 Pachinko machine
JP2668067B2 (en) * 1990-12-20 1997-10-27 サミー株式会社 Slot machine display
JP2001038005A (en) * 1999-07-27 2001-02-13 Adachi Light Co Ltd Display device for game machine
JP2001095977A (en) * 1999-10-01 2001-04-10 Aruze Corp Game machine
JP2001346935A (en) * 2000-06-06 2001-12-18 Daito Giken:Kk Game stand
JP3756071B2 (en) * 2001-03-05 2006-03-15 株式会社藤商事 Bullet ball machine
JP2003117080A (en) * 2001-10-11 2003-04-22 Aruze Corp Game machine, control method of game machine, computer- readable storage medium and server
JP4249409B2 (en) * 2001-11-02 2009-04-02 株式会社大都技研 Amusement stand
JP4112843B2 (en) * 2001-11-09 2008-07-02 株式会社藤商事 Bullet ball machine
JP3990443B2 (en) * 2007-05-24 2007-10-10 株式会社大都技研 Amusement stand

Also Published As

Publication number Publication date
JP2005000540A (en) 2005-01-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1260928B1 (en) Reel spinning slot machine with superimposed video image
JP4783600B2 (en) Amusement stand
JP4914047B2 (en) Game machine
JP3935378B2 (en) Game machine, recording medium, and program
JP5342133B2 (en) Game machine
JP4837926B2 (en) Amusement stand
JP4183939B2 (en) Game machine
JP2004305269A (en) Game table
JP2005065893A (en) Symbol display device for game machine
JP2004049519A (en) Game machine
JP2007282683A (en) Slot machine
JP5939732B2 (en) Game machine
JP2004024328A (en) Game machine
JP2006334236A (en) Game machine
JP4227136B2 (en) Game table and image display unit
JP2006288646A (en) Game table
JP3802423B2 (en) Slot machine
JP2008113881A (en) Game machine
JP2011156301A (en) Slot machine
JP4034803B2 (en) Game table and image display unit
JP2004283548A (en) Game machine
JP2006020791A (en) Slot machine and control method of slot machine
US7470194B2 (en) Gaming machine with integrated display
JP2007282899A (en) Game machine
JP2006204681A (en) Game machine and slot machine

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050330

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070524

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070622

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070807

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A132

Effective date: 20071214

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080602

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080626

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4149859

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110704

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140704

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250