JP4115093B2 - Computer system - Google Patents

Computer system Download PDF

Info

Publication number
JP4115093B2
JP4115093B2 JP2001053458A JP2001053458A JP4115093B2 JP 4115093 B2 JP4115093 B2 JP 4115093B2 JP 2001053458 A JP2001053458 A JP 2001053458A JP 2001053458 A JP2001053458 A JP 2001053458A JP 4115093 B2 JP4115093 B2 JP 4115093B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lu
storage
file
storage area
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001053458A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002082775A (en
Inventor
賢哲 江口
和彦 茂木
弘治 荒井
敬史 荒川
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2000205510 priority Critical
Priority to JP2000-205510 priority
Application filed by 株式会社日立製作所 filed Critical 株式会社日立製作所
Priority to JP2001053458A priority patent/JP4115093B2/en
Publication of JP2002082775A publication Critical patent/JP2002082775A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4115093B2 publication Critical patent/JP4115093B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、記憶装置に記憶されたデータを再配置する技術に関し、特に、複数の記憶装置を有する計算機システムでのデータの再配置に好適な技術に関する。 The present invention relates to reposition a technology for data stored in the memory device, and more particularly to a technique suitable rearrangement of data in a computer system having a plurality of storage devices.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
計算機システムにおける、ストレージサブシステム内に記憶されたデータを再配置する技術として、特開平9-274544号公報記載のディスクアレイシステムがある。 In a computer system, as a technique for relocating the data stored in the storage subsystem, a disk array system of JP-A-9-274544 JP. ここで、ストレージサブシステムとは、複数の記憶装置から構成される記憶装置システムのことを言う。 Here, the storage subsystem refers to a storage system from a plurality of storage devices.
【0003】 [0003]
ディスクアレイシステムとは、複数のディスク装置をアレイ状に配置し、各ディスク装置を並列に動作させることで、各ディスク装置に分割格納されるデータのリード/ライトを高速に行うシステムのことである。 The disk array system, arranging a plurality of disk devices in an array, by operating the respective disk devices in parallel, is that the system performs a read / write of data to be divided stored in each disk device at a high speed . D. D. A. A. Patterson, G. Patterson, G. Gibson, and R. Gibson, and R. H. H. Kats,”A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks (RAID)”(in Proc. ACM SIGMOD, pp.109-116, June 1988)に記載されているように、冗長性を付加したディスクアレイシステムには、その冗長構成に応じてレベル1からレベル5の種別が与えられている。 Kats, "A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks (RAID)" (in Proc. ACM SIGMOD, pp.109-116, June 1988), as described in, the disk array system obtained by adding a redundancy, its type from the level 1 level 5 in accordance with the redundancy is given. これらの種別に加えて、冗長性無しのディスクアレイシステムをレベル0と呼ぶこともある。 In addition to these types, sometimes referred to as level 0 disk array system without redundancy.
【0004】 [0004]
ディスクアレイシステムを構成するためのコスト、ディスクアレイシステムの性能や特性等は、ディスクアレイシステムのレベルによって異なる。 Cost for configuring the disk array system, the performance and characteristics of the disk array system, varies depending on the level of the disk array system. そこで、システムの使用目的に応じて、ディスクアレイシステムの構築の際にレベルの異なる複数のアレイ(ディスク装置の組)を混在させることも多い。 Therefore, depending on the intended use of the system, and thereby often mix levels different arrays in the construction of the disk array system (a set of disk devices). このようにレベルの異なるアレイを混在させたディスクアレイシステムにおいて、各レベルのアレイは、パリティグループと呼ばれる。 In this way the disk array system with mix different arrays of levels, each level of the array is called a parity group. また、ディスク装置についても性能や容量等によりコストが異なるので、最適のコストパフォーマンスを実現するシステムを構築するために、性能や容量の異なる複数種のディスク装置を用いることがある。 Further, since the cost varies depending on the performance and capacity, and the like for the disk device, in order to construct a system for realizing the cost of the optimal, it is possible to use a plurality of kinds of disk devices having different performance and capacity.
【0005】 [0005]
ディスクアレイシステムでは、データが複数のディスク装置に分散して配置されるため、ディスクアレイシステムに接続されるホストコンピュータが、論理記憶領域とディスク装置の記憶領域を示す物理記憶領域との対応付け(アドレス変換)を行っている。 The disk array system, because the data are distributed in the plurality of disk devices, the association of the host computer connected to the disk array system, a physical storage area showing a storage area of ​​the logical storage area and the disk unit ( It is doing the address translation).
【0006】 [0006]
特開平9-274544号公報には、ディスクアレイシステム内において、物理記憶領域間におけるデータの再配置を実行し、データの論理記憶領域に対する物理記憶領域への対応付けを、再配置前の物理記憶領域から再配置後の物理記憶領域に変更する技術が開示されている。 JP-A-9-274544, in a disk array system, perform the rearrangement of data between the physical memory area, the mapping of the physical storage area to the logical storage area of ​​the data, before rearrangement of the physical storage technique for changing the physical storage area after relocation from the area is disclosed. また、ディスクアレイシステムがホストコンピュータからの各論理記憶領域に対するアクセスによる負荷状況を管理し、その実績に応じて再配置後にデータが適正配置となるように、再配置の内容を決定するという技術も開示されている。 The disk array system manages the load status by the access to each logical storage area from the host computer, so that the data after rearrangement according to the results may have an appropriate arrangement, also technology that determines the content of the relocation It has been disclosed.
【0007】 [0007]
ホストコンピュータおよびディスクアレイシステム等のストレージサブシステム間におけるデータ転送の技術としては、M. As a technique for data transfer between the storage subsystems, such as a host computer and a disk array system, M. T. T. O'Keefe,”Shared File Systems and Fibre Channel”(in Proc. Sixth Goddard Conference on Mass Storage Systems and Technologies, pp.1-16, March 1998)に開示された技術がある。 O'Keefe, "Shared File Systems and Fibre Channel" (in Proc. Sixth Goddard Conference on Mass Storage Systems and Technologies, pp.1-16, March 1998) there is disclosed technology.
【0008】 [0008]
この技術は、高速のネットワークであるFibre Channel(以下「FC」と称する。)で複数のホストコンピュータと複数のストレージサブシステムとを接続し、FC経由でデータ共有を実現するストレージ環境、いわゆるStorage Area Network(SAN)を実現するための技術である。 This technique is faster network Fiber Channel (hereinafter referred to as "FC".) Connecting a plurality of host computers and a plurality of storage subsystems, the storage environment to realize the data shared via FC, so-called Storage Area it is a technology for implementing Network (SAN). このように、FC経由でデータ転送を行うことにより、一般的なネットワーク経由に比べ、ホストコンピュータおよびネットワークの負荷が削減される。 Thus, by performing data transfer through the FC, compared with over general network, the load of the host computer and the network is reduced.
【0009】 [0009]
高速なFCを使用しない、一般的なネットワークに接続されたストレージサブシステムに保持されているファイル等のデータを、複数のコンピュータで共有する技術としては、NFS(Network File System)が広く知られている。 Do not use fast FC, data such as files that are common holding the attached storage subsystem to the network, as a technique shared by multiple computers, NFS (Network File System) is widely known there.
【0010】 [0010]
NFSを用いてネットワーク間でデータ共有を行う場合には、FCを使用する場合に比べ、ファイルを共有しているコンピュータや、コンピュータとストレージサブシステムをつなぐネットワークに対する負荷が大きくなる。 When data is shared between network using NFS, compared to using the FC, and computers sharing the file, load on the network that connects the computer and the storage subsystem increases. しかし、NFSを用いると、既存のネットワークを使用できることから、新たにFCのネットワークを敷設することと比較すると、新規設備コストを抑えられ、またファイル共有等の管理が容易である等の利点がある。 However, the use of NFS, since the existing network can be used, when compared with the newly laid network FC, suppressed new equipment costs, also has advantages such management is easy file sharing, etc. .
【0011】 [0011]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
上述したように、特開平9-274544号公報に開示された技術では、1つのストレージサブシステム内におけるデータの再配置が可能となる。 As described above, in the disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 9-274544 technique enables rearrangement of data within one storage subsystem. しかしながら、複数のストレージサブシステムを有する計算機システムにおいて、異なるストレージサブシステム間でのデータの再配置を行うことはできない。 However, in a computer system having a plurality of storage subsystems, it is impossible to perform the rearrangement of data between different storage subsystems. また、ディスクアレイシステムはファイルを認識できないため、ファイル単位でデータの再配置を行うことができない。 Further, since the disk array system can not recognize the file can not be rearranged data in file units.
【0012】 [0012]
一方、SANの技術を用いれば、異なるストレージサブシステムにおける高速なデータ転送が可能となる。 On the other hand, the use of the SAN technology allows high-speed data transfer in different storage subsystems. しかしながら、従来技術においては、SANの技術を利用してストレージサブシステム間でデータの再配置を行うことは出来なかった。 However, in the prior art, it was not possible to perform the rearrangement of data between storage subsystems utilizing SAN technology.
【0013】 [0013]
つまり、従来技術においては、SANを構成する各ストレージサブシステムの各記憶領域の負荷状況等、データの適正な配置を決定するために必要な情報を、ホストコンピュータやシステムを使用するユーザが得ることについて、何ら考えられていない。 That is, in the prior art, the load status of each storage area of ​​each storage subsystem constituting the SAN, the information necessary to determine the proper placement of the data, the user to use the host computer or system to obtain for, not considered in any way. このため、ホストコンピュータや、そのユーザが、どのようにしてデータの再配置を行えば、データの適正な配置を実現することができるのかを判断できない。 Therefore, and the host computer, the user can, by performing the repositioning of how to data, can not determine whether it is possible to realize the proper placement of the data.
【0014】 [0014]
さらに、仮にユーザが自らストレージサブシステム間におけるデータの再配置を行おうとしても、データを再配置するための未使用領域の管理等を、全てユーザが詳細に検討して行わなければならず、ユーザに対する負担は大きいものがあった。 Further, if the user even attempt to relocate data between themselves storage subsystem, the management of unused area for repositioning the data, the user all must perform consider in detail, burden on the user was something big.
【0015】 [0015]
また、異なるストレージサブシステム間でデータを転送すると、アプリケーションが認識するデータの位置、すなわち、アプリケーションが同じデータにアクセスするために指定すべきアクセス先が再配置の前後で変化してしまうが、この変化についても従来技術では何ら考慮されていない。 Further, when data is transferred between different storage subsystems, the position of the application recognized data, i.e., the access destination to be designated for the application to access the same data is changed before and after the relocation, the no consideration in the prior art is also about change.
【0016】 [0016]
さらに、一般的なネットワークで接続されているコンピュータ同士で、NFSを使用してデータ共有を行う場合にも、以下の問題がある。 Furthermore, between computers that are connected by a common network, even when data is shared using the NFS, the following problems arise.
【0017】 [0017]
すなわち、従来、NFSによるデータ共有を実現するために使用されるホストコンピュータ(NFSサーバ)が、複数のストレージサブシステムを管理している場合、NFSサーバ自身は、その複数のストレージサブシステム間でのデータの物理的再配置等を行うことはできなかった。 That is, conventionally, a host computer that is used to implement data sharing by NFS (NFS server), if you manage a plurality of storage subsystems, NFS server itself, among the plurality of storage subsystems it was not possible to perform a physical rearrangement of the data. このため、NFSサーバを用いてデータ共有を行うコンピュータ毎に、共有されるデータの物理的位置を変更するといった、ストレージサブシステムの有する記憶領域についてのより細かい区別および管理を行うことができなかった。 Therefore, each computer for data sharing with NFS server, it is impossible to perform such changes the physical location of the data to be shared, a finer distinction and management of storage areas of the storage subsystem .
【0018】 [0018]
本発明は上記事情に鑑みてなされたものであり、本発明の目的は、NFSサーバを含めたホストコンピュータがデータの適正配置の決定に必要な情報をストレージサブシステムから取得できるようにし、SAN環境において、データの再配置を実現することにある。 The present invention has been made in view of the above circumstances, an object of the present invention, a host computer, including the NFS server as the information needed to determine the proper placement of the data can be retrieved from the storage subsystem, SAN environment in is to achieve a data reallocation. また、異なる目的としては、ユーザのストレージサブシステムの管理負担を軽減することにある。 As the different purposes, it is to reduce the burden of managing user of the storage subsystem. また、異なるストレージサブシステム間におけるデータの再配置を、アプリケーションが認識するデータの位置が、再配置の前後で変化しないようにして、行えるようにすることにある。 Further, the rearrangement of data between different storage subsystems, the position of the application recognized data, so as not to change before and after the relocation is to the allow. さらにまた、ファイルを対象とするデータの再配置を可能とすることにある。 Furthermore, to make it possible to re-arrangement of data intended for the file.
【0019】 [0019]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
前記の課題を解決するため、本発明においては計算機と、前記計算機に接続される複数のストレージサブシステムとを有する計算機システムであって、前記複数のストレージサブシステムの各々は、該ストレージサブシステムが有する記憶領域の各々について、前記記憶領域の使用状況を取得する取得手段と、前記計算機からの指示に従って、ほかの前記複数のストレージサブシステムのうちのいずれかからデータの移動を行う移動手段と、前記移動が完了したことを前記計算機に通知する通知手段と、を有しており、前記計算機は、前記複数のストレージサブシステムの各々から、前記取得手段によって取得された記憶領域各々の使用状況を収集する収集手段と、前記データを記憶する記憶領域と、前記計算機で実行されるファイルシス To solve the above problems, in the present invention, a computer, a computer system having a plurality of storage sub-system connected to said computer, each of the plurality of storage subsystems, the storage subsystem for each of the storage areas having an acquisition unit for acquiring the usage status of the storage area, in accordance with an instruction from the computer, a moving means for moving the data from any of the other of said plurality of storage subsystems has a notification means for notifying said computer that the move is complete, the computer, from each of the plurality of storage subsystems, usage of the storage area respectively acquired by the acquisition means collecting means for collecting a storage area for storing the data, file cis executed by said computer ムが管理するファイルとの対応関係を保持するファイル対応関係記録部と、前記収集手段で収集した前記複数のストレージサブシステムの各々が有する記憶領域の使用状況の情報と、前記ファイル対応関係記録部とを使用して、前記ファイルごとに前記記憶領域の使用状況を収集する第2の収集手段と、前記第2の収集手段で収集した前記複数のストレージサブシステムの各々が有する記憶領域のファイルごとの使用状況の情報に基づいて、各ストレージサブシステムにおける記憶領域の使用状況を計算する第2の計算手段と、前記計算した結果と、前記収集手段で収集した各ストレージサブシステムの記憶領域の使用状況の情報とを少なくとも表示する表示部と、該計算機の使用者から、前記表示部で表示された各々の記憶領域のいずれ And file correspondence recording section for holding the correspondence between the file arm managed, and usage information of the storage area, each having a plurality of storage subsystems collected by said collecting means, said file correspondence recording unit use bets, each file of said second collection means for collecting usage of the storage area for each file, the storage area, each having the plurality of storage subsystems collected in the second collection means based on the usage information, the use of a second calculation means for calculating the usage of the storage area in the storage subsystem, and a result of the calculation, the storage area of each storage subsystem collected by said collecting means a display unit for displaying at least the status information, from the user of the computer, any of the storage regions of each displayed by the display unit の選択の入力を受け付ける選択手段と、前記データの論理的な位置と、前記ストレージサブシステムにおいて前記データが格納される記憶領域との対応を記憶する対応記憶部と、前記通知手段によって前記ストレージサブシステム間でのデータの移動が完了した通知を受け取った場合に、前記対応記憶部を更新する更新手段と、を有しており、前記計算機からの指示には、前記選択手段によって選択された記憶領域を指定する情報が含まれている、ことを特徴とする。 A selection means for accepting input of selection, the logical location of the data, the corresponding storage unit for storing a correspondence between the storage area where the data is stored in the storage subsystem, the storage subsystem by said notification means in response to receiving notification that moving data between systems has been completed, the updating means for updating the correspondence storage unit, has a, wherein the instruction from the computer, storing selected by said selection means It includes information specifying an area, and wherein the.
また本発明においては、計算機と、前記計算機に接続される複数のストレージサブシステムとを有する計算機システムであって、前記複数のストレージサブシステムの各々は、該ストレージサブシステムが有する記憶領域の各々について、前記記憶領域の使用状況を取得する取得手段と、前記計算機からの指示に従って、ほかの前記複数のストレージサブシステムのうちのいずれかからデータの移動を行う移動手段と、前記移動が完了したことを前記計算機に通知する通知手段と、を有しており、前記計算機は、前記複数のストレージサブシステムの各々から、前記取得手段によって取得された記憶領域各々の使用状況を収集する収集手段と、前記データを記憶する記憶領域と、前記計算機で実行されるファイルシステムが管理するファイル In the present invention also includes a computer, a computer system having a plurality of storage sub-system connected to said computer, each of the plurality of storage subsystems, for each of the storage areas to which the storage subsystem has an acquisition unit that acquires the usage status of the storage area, in accordance with an instruction from the computer, a moving means for moving the data from any of the other of said plurality of storage subsystems, said movement is completed the has a notification means for notifying said computer, said computer, from each of the plurality of storage subsystems, collecting means for collecting usage of the storage area respectively acquired by the acquisition means, a storage area for storing the data, file the file system to be executed by the computer to manage の対応関係を保持するファイル対応関係記録部と、前記収集手段で収集した前記複数のストレージサブシステムの各々が有する記憶領域の使用状況の情報と、前記ファイル対応関係記録部とを使用して、前記ファイルごとに前記記憶領域の使用状況を収集する第2の収集手段と、前記第2の収集手段で収集した前記複数のストレージサブシステムの各々が有する記憶領域のファイルごとの使用状況の情報に基づいて、各ストレージサブシステムにおける記憶領域の使用状況を計算する第2の計算手段と、前記計算した結果と、前記収集手段で収集した各ストレージサブシステムの記憶領域の情報とに基づいて、所定の条件を満たす前記記憶領域を自動的に選択する第2の選択手段と、前記データの論理的な位置と、前記ストレージサブシス Of the file correspondence recording unit for storing relationships, and usage information of the storage area, each having a plurality of storage subsystems collected by said collecting means, using said file correspondence recording unit, and second collection means for collecting usage of the storage area for each of the files, the usage information for each file in the storage area, each of said plurality of storage subsystems collected in the second collection means having based on, on the basis of the second calculation means for calculating the usage of the storage area in the storage subsystem, and a result of the above calculation, and information of the storage area of each storage subsystem collected by said collecting means, predetermined and second selecting means for selecting satisfying the storage area of the automatic, and logical location of the data, the storage sub-cis ムにおいて前記データが格納される記憶領域との対応を記憶する対応記憶部と、前記通知手段によって前記ストレージサブシステム間でのデータの移動が完了した通知を受け取った場合に、前記対応記憶部を更新する更新手段と、を有しており、前記計算機からの指示には、前記第2の選択手段によって選択された記憶領域を指定する情報が含まれている、ことを特徴とする。 A correspondence storing unit that stores the correspondence between the storage area where the data is stored in the beam, in response to receiving notification that the movement of the data is completed among the storage subsystems by said notifying means, said correspondence storage unit It has a updating means for updating, and the on instructions from the computer, the second information specifying the selected storage area by the selection means is included, characterized in that.
【0020】 [0020]
ここで、各記憶領域の使用状況とは、例えば、その記憶領域の物理的な記憶空間の使用状況やその記憶空間へのアクセス処理に消費された処理時間等である。 Here, the usage of the storage area, for example, a processing time, etc. consumed in the access processing to the usage and the storage space of the physical storage space of the storage area.
【0021】 [0021]
また、ストレージサブシステムで移動されるデータの単位及び計算機で管理されるデータの単位がファイル単位であることも考えられる。 It is also conceivable unit of data managed by the unit and the computer data to be moved in the storage subsystem is a file unit.
【0022】 [0022]
さらに、全てのストレージサブシステムが有する論理的な記憶領域全体を管理する手段と、記憶装置の特徴と論理的な記憶領域との対応関係を管理する手段とを計算機に付加した構成も考えられる。 Furthermore, a means for managing the entire logical storage area of ​​all of the storage subsystem, also conceivable configuration and means for managing a correspondence relationship between the feature and the logical storage area of ​​the storage device was added to the computer.
【0023】 [0023]
また、計算機に、ストレージサブシステムに格納されているデータをネットワーク間で共有する手段を付加した構成も考えられる。 Further, the computer, is also conceivable configuration obtained by adding a means for sharing the data stored in the storage subsystem among networks.
【0024】 [0024]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
図1は、本発明が適用された計算機システムの第1実施形態の構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a configuration of a first embodiment of a computer system to which the present invention is applied.
【0025】 [0025]
本実施形態の計算機システムは、ホストコンピュータ(ホスト)100、ディスクアレイ200、スイッチ500、クライアント800及びローカルディスク190を有する。 The computer system of this embodiment includes a host computer (host) 100, disk array 200, a switch 500, the client 800 and the local disc 190.
【0026】 [0026]
ホスト100は、ネットワークインタフェース170により、ネットワーク700を介して、クライアント800及びディスクアレイ200に接続される。 The host 100, the network interface 170, via the network 700, is connected to a client 800 and a disk array 200. ホスト100は、また、FCインタフェース160、スイッチ500及びFC600を介して、ディスクアレイ200及びローカルディスク190に接続される。 The host 100 also, FC interface 160, via the switch 500 and FC600, is connected to the disk array 200 and the local disk 190.
【0027】 [0027]
ホスト100は、ファイルシステム110、オペレーティングシステム(以下「OS」と称する。)120、マネージャ130及びアプリケーション140をホスト100自身が有する記憶領域に有する。 Host 100, the file system 110, an operating system (hereinafter referred to as "OS".) 120, having a manager 130 and application 140 in the storage area by the host 100 itself has.
【0028】 [0028]
アプリケーションプログラム(以下、単にアプリケーションと呼ぶ)140は、OS120およびファイルシステム110を介してディスクアレイ200に対してリードやライトの要求を出す。 The application program (hereinafter, simply referred to as applications) 140 issues a request for read and write to the disk array 200 via the OS120 and file system 110.
【0029】 [0029]
ホスト100及びクライアント800としては、一般的な電子計算機が用いられる。 As the host 100 and the client 800, a general computer is used. ファイルシステム110等のプログラムは、ホスト100の外部にあるローカルディスク190に記憶され、必要に応じてホスト100に読み込まれて実行される。 Programs such as the file system 110 is stored in the local disk 190 which is external to the host 100, it is read and executed by the host 100 as needed.
【0030】 [0030]
ホスト100がその内部に記憶装置を有する場合には、当該記憶装置をローカルディスク190として使用することも考えられる。 If the host 100 has a storage device therein it is also conceivable to use the storage device as a local disk 190.
【0031】 [0031]
ローカルディスク190には、OS120及びファイルシステム110が使用する論理ユニット(以下、「LU」と称する)論理位置名テーブル191及びLU内アドレス論理位置名テーブル195等の各種管理情報が格納されている。 The local disk 190, a logical unit OS120 and file system 110 is used (hereinafter, referred to as "LU") various management information such as the logical position name table 191 and the LU in address logical position name table 195 is stored. LU論理位置名テーブル191は、アプリケーション140がディスクアレイシステム200のデータにアクセスするときに指定する論理位置名と、論理位置名により特定されるデータを格納するLUとの対応を示す情報を保持したテーブルである。 LU logical position name table 191, the application 140 holds a logical position name specified when accessing the data of the disk array system 200, the information indicating the correspondence between the LU for storing the data specified by the logical position name it is a table.
【0032】 [0032]
LU内アドレス論理位置名テーブル195は、アプリケーション140がディスクアレイシステム200のデータにアクセスするときに指定する論理位置名と、論理位置名により特定されるデータのLU内アドレスとの対応を示す情報を保持したテーブルである。 LU address within the logical position name table 195, a logical position name application 140 to specify when accessing data in the disk array system 200, the information indicating the correspondence between LU in address data specified by the logical position name as a holding table.
【0033】 [0033]
ディスクアレイ200は、制御部300、複数のディスク装置210、ネットワークインタフェース270及びFCインタフェース260を有する。 Disk array 200 includes a control unit 300, a plurality of disk devices 210, network interface 270 and the FC interface 260.
【0034】 [0034]
制御部300は、処理を実行するためのCPU310、メモリ320及びキャッシュメモリ330を有する。 Control unit 300 includes a CPU 310, memory 320 and cache memory 330 to perform the process.
【0035】 [0035]
メモリ320には、論理/物理対応情報321、論理ボリューム使用状況322及びコピー領域管理テーブル323が格納される。 The memory 320, the logical / physical correspondence information 321, logical volume usage 322 and the copy area management table 323 is stored. これらの情報の詳細については後述する。 For more information on these information will be described later.
【0036】 [0036]
本実施形態では、n台(nは2以上の整数)のディスク装置210でアレイ(以下「RAID」と称する。)が構成されており、このn台のディスク装置210によるRAIDをパリティグループ220と呼ぶ。 In the present embodiment, n number (n is an integer of 2 or more) (hereinafter referred to as "RAID".) Array disk apparatus 210 is configured, the RAID by this n disks apparatus 210 and the parity group 220 call.
【0037】 [0037]
RAIDとしては、1つのパリティグループ220に含まれるn台のディスク装置210のうち、n-1台のディスク装置210の格納内容から生成される冗長データ(以下「パリティ」と称する。)を残りの1台に格納する構成や、n/2台に格納されている内容を残りのn/2台がコピーしたミラーディスク(RAIDレベル1)構成が考えられる。 The RAID, among n number of disk devices 210 included in one parity group 220, the redundant data generated from the contents stored in the n-1 disk units 210 (hereinafter referred to as "parity".) The remaining configuration and to be stored in one, n / mirror disk the contents stored remaining n / 2 units and copied to two (RAID level 1) configuration are contemplated. また、各パリティグループ220を、ホスト100からのアクセス対象の1単位とみなすことができる。 Further, each parity group 220, can be regarded as one unit to be accessed from the host 100.
【0038】 [0038]
本実施形態においては、ディスクアレイ200を構築する各パリティグループ220の性能、信頼性、特性などの属性は、同一であってもよいし、あるいは、異なっていてもかまわない。 In the present embodiment, the performance of each parity group 220 to build a disk array 200, reliability, attributes such properties may be the same or may be different.
【0039】 [0039]
制御部300は、ホスト100がリード/ライトする論理ボリュームとディスク装置210の記憶領域を示す物理アドレスとの対応付け(アドレス変換)を行い、ホスト100に論理ボリュームを提供する。 Control unit 300 performs correlation between a physical address indicating a storage area of ​​the logical volume and the disk device 210 by the host 100 to read / write (address conversion), and supplies a logical volume to the host 100. ディスクアレイ200は、アドレス変換において、複数の論理ボリュームを結合して1つのLUとしてホスト100に提供することもできる。 Disk array 200, the address conversion, by combining a plurality of logical volumes may be provided as a single LU to the host 100. すなわち、ディスクアレイ200は、少なくとも1つの論理ボリュームからなるLUをホスト100に提供する。 That is, the disk array 200 may provide an LU formed of at least one logical volume to the host 100. ホスト100は、LUに対してリード/ライトを行う。 Host 100 performs a read / write to the LU.
【0040】 [0040]
本実施形態では、複数のディスクアレイ200間における、ディスクアレイ200の使用状況を考慮したデータの物理的再配置を可能とする。 In the present embodiment, between a plurality of disk array 200, allowing physical rearrangement of the data in consideration of the usage of the disk array 200. 具体的には、ディスクアレイ200は、ホスト100からのリード/ライトに対するディスク装置210の使用状況を取得する。 Specifically, the disk array 200 acquires usage of the disk unit 210 for the read / write from the host 100. ホスト100は、複数のディスクアレイ200各々が取得した使用状況を収集し、ユーザに提示する。 Host 100 collects usage of 200 each plurality of disk arrays have been acquired is presented to the user. さらに、ホスト100は、ディスクアレイ200の使用状況の提示を受けたユーザからの指示等に応じ、ローカルディスク190内のLU論理位置名テーブル191を変更すると共に、ディスクアレイ200がLUに格納しているデータをコピーする。 Further, the host 100, according to an instruction from the user who has received the presentation of usage of the disk array 200, along with changing the LU logical position name table 191 in the local disk 190, the disk array 200 is stored in the LU to copy the data there. これにより、複数のディスクアレイ200間におけるLUの再配置が行われる。 Thus, rearrangement of the LU during a plurality of disk array 200 is performed. そして、ディスクアレイ200の使用状況を考慮したデータの再配置を可能とすることにより、データの適正配置が可能となる。 Then, by allowing the rearrangement of the data in consideration of the usage of the disk array 200, it is possible to properly place the data.
【0041】 [0041]
図2は、ディスクアレイ200が、ホスト100からのリード/ライト要求に応答して行うリード/ライト処理、及びディスクアレイ200が、ディスク装置210の使用状況を取得する使用状況取得の処理の手順を示すフロー図である。 2, the disk array 200, the read / write processing performed in response to a read / write request from the host 100, and the disk array 200, a procedure of usage and acquires usage of the disk unit 210 it is a flow diagram showing. 使用状況取得の処理は、随時、又はホスト100からのリード/ライト要求時に行われる。 Processing usage acquisition, time to time, or is performed during the read / write request from the host 100.
【0042】 [0042]
ホスト100のアプリケーション140は、ファイル論理位置名によってファイルを指定し、ファイルに対するリード/ライトをOS120に要求する。 Application 140 of the host 100 specifies the file by the file logical position name, requesting read / write to the OS120 for the file. OS120は、ファイルシステム110にファイルのリード/ライトを要求する。 OS120 is, to request a read / write of the file in the file system 110.
【0043】 [0043]
ファイルシステム110は、FCインターフェース160を介してローカルディスク190にアクセスし、指定されたファイルが格納されているLU番号をLU論理位置名テーブル191から求める。 File system 110 accesses the local disk 190 through the FC interface 160, obtains the LU number specified file is stored from the LU logical position name table 191. ファイルシステム110は、指定されたファイルが格納されているLU内アドレス等を、LU内アドレス論理位置名テーブル195から求める。 File system 110, an LU in the address or the like which is specified file is stored is obtained from the LU in address logical position name table 195.
【0044】 [0044]
ホスト100は、FCインターフェース160を介して、求めたLU番号のLUを提供するディスクアレイ200に対し、LU番号やLU内アドレスを伴うSmall Computer System Interface(SCSI)規格のリードコマンド、あるいはライトコマンドを発行する。 Host 100, via the FC interface 160, the disk array 200 to provide an LU of obtained LU number, Small Computer System Interface (SCSI) standard read command with the LU number and LU the address or a write command issue.
【0045】 [0045]
アプリケーション140が、論理ドライブ名、ディレクトリ名及びファイル名によるファイルの論理位置までのパスの記述によりファイルを指定するシステムでは、論理位置(論理ドライブやディレクトリやファイル)へのパスの記述が、ファイルの論理位置の論理位置名となる。 Application 140, logical drive name, a system for designating a file by a description of the path to the logical position of the file by the directory name and the file name, the path description of the logical position (logical drives and directories or files), files the logical position name of the logical position. 一般的には、論理位置名とは、アプリケーションがアクセス対象の指定に使用する論理位置の情報である。 In general, the logical position name is information for the logical position that the application uses to specify the access target.
【0046】 [0046]
ファイルシステム110は、各論理位置を管理するため、ディレクトリ構造などの各論理位置間の階層的な論理構造を管理する他、各論理位置の論理位置名とLU番号との対応をLU論理位置名テーブル191に記述し管理する。 File system 110 for managing each logical position, in addition to managing the hierarchical logical structure between the logical location, such as directory structure corresponds to the LU logical position name of the logical position name and LU number for each logical position described in the table 191 and managed. また、各論理位置の論理位置名とLU内アドレスとの対応をLU内アドレス論理位置名テーブル195に記述し管理する。 Also manages describes the correspondence between the logical position name and LU in address of each logical position in the LU within the address logical position name table 195. なお、LU番号は、そのLU番号のLUを提供するディスクアレイ200も表す(ステップ1000)。 Incidentally, LU number also represents a disk array 200 that provide LU of the LU number (step 1000).
【0047】 [0047]
ホスト100からリード/ライトのコマンドを受領した制御部300は、メモリ320内の論理/物理対応情報321を用いて、コマンドで指定されているLU番号により特定されるLUを構成する論理ボリュームを特定する。 Control unit 300 that received the command of the read / write from the host 100, identifies the logical volume by using the logical / physical correspondence information 321 in memory 320, an LU identified by the LU number specified in the command to. 制御部300は、論理ボリュームに対応するディスク装置210の領域を求め、コマンドで指定されているLU内アドレスの物理アドレスへの変換を行う。 Control unit 300 obtains the area of ​​the disk device 210 corresponding to the logical volume, performs conversion to the physical address of the LU in the address specified in the command.
【0048】 [0048]
論理/物理対応情報321は、図3に示すように、LUとディスク装置210の物理アドレスとの対応関係についての情報を保持するテーブルである。 Logical / Physical correspondence information 321, as shown in FIG. 3 is a table that holds information about the correspondence between the physical addresses of LU and the disk device 210.
【0049】 [0049]
図中、LU番号5001およびLU内アドレス5002は、ホスト100のファイルシステム110がリード/ライト処理で指定するLU番号及びLU内アドレスを示す。 In the figure, the LU number 5001 and LU the address 5002 indicates the LU number and LU in the address file system 110 of the host 100 is designated by the read / write processing. 論理ボリューム番号5003は、LU番号5001で特定されるLUに対応する論理ボリュームの番号である。 Logical volume number 5003 is the number of the logical volume corresponding to the LU identified by the LU number 5001. 論理ボリュームアドレス5004は、LU内アドレス5002に対応する論理ボリューム内のアドレスである。 Logical volume address 5004 is an address in the logical volume corresponding to the LU in the address 5002.
【0050】 [0050]
物理アドレスは、データとパリティが格納されるディスク装置210上の領域を示すアドレスである。 Physical address is an address indicating an area on the disk device 210 in which data and parity are stored. 物理アドレスは、パリティグループ番号5005、データおよびパリティ各々に対するディスク装置番号5006及びディスク装置内アドレス5007を有する。 The physical address has a parity group number 5005, a disk device number 5006, and a disk device address 5007 for data and parity respectively. パリティグループ番号5005は、個々のパリティグループ220を示す。 Parity group number 5005, shows the individual parity group 220. ディスク装置番号5006は、個々のディスク装置210を示す。 Disk device number 5006 indicates the individual disk devices 210. ディスク装置内アドレス5007は、ディスク装置210内での領域を示すアドレスである(ステップ1010)。 Disk device address 5007 is an address indicating an area of ​​the disk device 210. (Step 1010).
【0051】 [0051]
データのリードの場合、制御部300は、アドレス変換で得た物理アドレスに基づいて、ディスク装置210のデータを読み出し、ホスト100に転送する。 For data read, the control unit 300, based on the physical address obtained by the address translation, reads the data of the disk device 210, is transferred to the host 100. データのライトの場合、制御部300は、ホスト100から転送されたデータ及びデータに関連して生成したパリティを、アドレス変換で得たディスク装置210の物理アドレスの位置に格納する(ステップ1020)。 For data write, the control unit 300 stores the parity generated in connection with the transferred data and data from the host 100, the position of the physical address of the disk device 210 obtained by the address conversion (step 1020).
【0052】 [0052]
、リード/ライト処理を終了した制御部300は、使用状況取得処理を実行する。 , The control unit 300 terminates the read / write processing executes the usage acquisition process. この処理では、制御部300は、リード/ライト処理でのリード/ライト種別やシーケンシャル/ランダムアクセス種別を判別し、メモリ320のリード/ライト対象となった論理ボリュームの論理ボリューム使用状況322を更新する。 In this process, the control unit 300 discriminates the read / write type, sequential / random access types in the read / write processing, and updates the logical volume usage 322 of the logical volume of a read / write target memory 320 . 論理ボリューム使用状況322は、ディスクアレイ200に含まれるLUの使用状況についての情報を保持したテーブルである。 Logical volume usage 322 is a table holding information about the usage of the LU that is included in the disk array 200. 論理ボリューム使用状況322の一例を、図4に示す。 An example of a logical volume usage 322, shown in FIG.
【0053】 [0053]
論理ボリューム使用状況322には、論理ボリューム毎に、論理ボリューム番号5101及びリード/ライト種別およびシーケンシャル/ランダムアクセス種別毎のディスク使用時間(マイクロ秒単位)5102が記述される。 The logical volume usage 322, for each logical volume, the logical volume number 5101 and the read / write type and sequential / random access types each disc usage time (microseconds) 5102 are described. ここでは、リード/ライト対象となった論理ボリュームの論理ボリューム番号5101に対応する、ディスク使用時間5102に、リード/ライトに要した時間が加算される(ステップ1030)。 Here, corresponding to the logical volume number 5101 of logical volume of a read / write target, the disk usage time 5102, the time required to read / write is added (step 1030).
【0054】 [0054]
図5は、ホスト100が、各ディスクアレイ200からディスク装置210の使用状況を収集する使用状況収集処理の手順を示すフロー図である。 5, the host 100 is a flowchart showing the steps of the use status collecting process from the disk array 200 collects usage of the disk unit 210. この処理は、随時行われる。 This processing is carried out from time to time.
【0055】 [0055]
ホスト100のマネージャ130は、FCインターフェース160を介し、コマンドボリュームに対して、情報収集用のパラメータをライトデータとするSCSI規格のライトコマンドを発行する。 Manager 130 of the host 100, via the FC interface 160, the command volume, issues a write command SCSI standard that the parameter of information collection and write data. コマンドボリュームは、ディスクアレイ200が有する情報転送用のLUであって、対応する物理領域が指定されない論理ボリュームである。 Command volume is an LU for information transfer the disk array 200 has a logical volume corresponding physical area is not specified. (ステップ1100)。 (Step 1100).
【0056】 [0056]
制御部300は、発行されたコマンドがコマンドボリュームに対するライトコマンドであることを確認すると、ホスト100から転送された情報収集用のパラメータに含まれるオペレーションコードから、要求された情報を判別する。 Control unit 300, issued command confirms that a write command to the command volume, from the operation code included in the parameters for information gathering transferred from the host 100, to determine the requested information. 制御部300は、要求された情報をメモリ320上に用意する(ステップ1110)。 Control unit 300 prepares the requested information on the memory 320 (step 1110). 制御部300は、FCインターフェース260を介して、ホスト100にライトの完了を報告する(ステップ1120)。 Control unit 300, via the FC interface 260, reports the completion of writing to the host 100 (step 1120).
【0057】 [0057]
完了報告を受けたホスト100のマネージャ130は、FCインターフェース160を介して、ディスクアレイ200のコマンドボリュームに、SCSI規格のリードコマンドを発行する(ステップ1130)。 Manager 130 of the host 100 that received the completion report, through the FC interface 160, a command volume in the disk array 200, issues a read command of the SCSI standard (step 1130).
【0058】 [0058]
制御部300は、コマンドボリュームに対するリードコマンドを受領すると、メモリ320上に用意した情報を、FCインターフェース260を介してホスト100に転送する(ステップ1140)。 Control unit 300, upon receiving a read command to the command volume, the information provided in the memory 320, is transferred to the host 100 through the FC interface 260 (step 1140). 制御部300は、FCインターフェース260を介してホスト100にリードの完了を報告する(ステップ1150)。 Control unit 300, via the FC interface 260 reports the completion of the lead to the host 100 (step 1150).
【0059】 [0059]
ステップ1100でライトされる情報収集用のパラメータ及びステップ1110で用意される情報には、論理ボリューム情報、パリティグループ情報及び使用状況情報の3種類の情報が含まれる。 The information provided by the parameter and the step 1110 for information collection to be written in step 1100, includes the logical volume information, the three types of information of the parity group information and use status information.
【0060】 [0060]
ステップ1100でライトされる情報収集用のパラメータが、図6に示すような論理ボリューム情報のパラメータである場合、制御部300は、その0〜1バイト目で指定された論理ボリューム番号5201で特定される論理ボリュームについて、図7に示すような論理ボリューム情報(ディスクアレイ200内のその論理ボリュームの構成を示す情報)を用意する。 Parameters for information collection to be written in step 1100, if a parameter of the logical volume information, as shown in FIG. 6, the control unit 300 is identified by the logical volume number 5201 specified by the 0-1 byte that the logical volume, providing a logical volume information (information indicating the configuration of the logical volume in the disk array 200) as shown in FIG.
【0061】 [0061]
図7に示す論理ボリューム情報において、8〜47バイト目には、その0〜1バイト目に記述されている論理ボリューム番号5201で特定される論理ボリュームの各種情報5202が記述される。 In the logical volume information shown in FIG. 7, the 8-47 byte, various information 5202 of the logical volume identified by the logical volume number 5201 described in the 0-1 byte is described. 49〜121バイト目には、その論理ボリュームが属するLUを構成する各論理ボリュームの情報5203が記述される。 The 49-121 byte, information 5203 for each logical volume constituting the LU to which the logical volume belongs is described.
【0062】 [0062]
情報収集用のパラメータが、パリティグループ情報のパラメータの場合、制御部300は、パラメータで指定された論理ボリュームが属するパリティグループ220のパリティグループ情報(RAIDの構成、ディスク装置210の型名等、ディスクアレイ200内のそのパリティグループ220の構成を示す情報)を用意する。 Parameters for information collection, in the case of the parameter of the parity group information, the control unit 300, parity group information (RAID configuration of the parity group 220 belonging logical volume specified by the parameter, the name of the disk device 210 or the like, a disk providing information) indicating the parity group 220 constituting the array 200.
【0063】 [0063]
情報収集用のパラメータが、ディスク装置210の使用状況を確認するためのパラメータの場合、制御部300は、パラメータで指定された論理ボリュームの使用状況情報(ディスクアレイ200内のリソースの使用状況、例えば論理ボリュームが占有される時間、論理ボリュームの各種コマンド受領回数やキャッシュメモリ330のヒット回数等の情報、プロセッサ310の占有時間及び内部バスの占有時間等の情報等)を用意する。 Parameters for information collection, in the case of parameters to confirm the usage of the disk apparatus 210, the control unit 300, resource usage usage information (disk array 200 of the designated logical volume parameter, e.g. time logical volume is occupied, the information of the hit count and the like of the logical volumes of various commands received frequency and cache memory 330, to prepare information, etc.) of the occupancy time of the occupancy time and the internal bus of the processor 310.
【0064】 [0064]
制御部300は、あらかじめ、論理ボリューム毎に、各種コマンド受領回数やキャッシュメモリ330のヒット回数やプロセッサ310の占有時間や内部バスの占有時間等を取得している。 Control unit 300 in advance, for each logical volume, and acquires various command reception frequency and occupancy time of the hit count and the processor 310 of the cache memory 330 and the internal bus occupation time, and the like. マネージャ130は、例えば複数回取得した占有時間の平均を取得間隔で割ることにより、単位時間あたりの占有時間率を求めることができる。 Manager 130, for example, by dividing the average of multiple acquired occupation time acquisition interval, can be determined occupation time rate per unit time.
【0065】 [0065]
制御部300は、論理ボリューム情報やパリティグループ情報を生成する際に、論理/物理対応情報321の一部あるいは全部を使用する。 Control unit 300, when generating the logical volume information and the parity group information, use some or all of the logical / physical correspondence information 321. マネージャ130は、各型のディスク装置210の性能に関する情報を保持しており、ディスク装置210の型名を基に、パリティグループ220を構成するディスク装置210の性能を得ることができる。 Manager 130 holds information relating to the performance of the disk device 210 of each type may be based on the type name of the disk device 210 to obtain the performance of the disk drive 210 constituting the parity group 220.
【0066】 [0066]
また、ホスト100のマネージャ130は、LUに対しSCSI規格のINQUIRYコマンドを発行して応答データを得ることで、この応答データからLUに属する論理ボリューム番号を得ることもできる。 Further, the manager 130 of the host 100, to obtain a response data by issuing the INQUIRY command SCSI standard to LU, it is possible to obtain a logical volume number belonging from the response data to the LU.
【0067】 [0067]
図8は、ホスト100が再配置すべきデータを決定する再配置対象決定処理の手順を示すフロー図である。 Figure 8 is a flowchart showing the steps of a relocation target decision process of determining a data host 100 to relocate. 本処理は、ユーザが再配置すべきデータを検索する際に使用するアプリケーションが実行された時に実行される。 This processing is executed when the application to be used when searching for data to be relocated user is executed.
【0068】 [0068]
ホスト100のマネージャ130は、OS120が使用しているLU及び使用していないLU(空きLU)を、例えばローカルディスク190に格納されているLU論理位置名テーブル191から判定する。 Manager 130 of the host 100 determines OS120 is not to have LU and used using LU (the empty LU), for example from LU logical position name table 191 stored in the local disk 190. マネージャ130は、OS120が使用している各LUについて、LUが属するディスクアレイ200における各論理ボリュームの使用状況や、LUに対応する論理ボリュームの使用状況等を計算する。 Manager 130 for each LU that OS120 is using, and usage of each logical volume in the disk array 200 to which the LU belongs, to calculate the use status of the logical volume corresponding to the LU. この計算には、INQUIRYコマンドを発行して得られるLUに属する論理ボリューム番号、使用状況収集処理で得られる各ディスクアレイ200における論理ボリューム情報、パリティグループ情報および論理ボリュームの使用状況等が使用される(ステップ1200)。 This calculation, INQUIRY command logical volume number belonging to the LU obtained by issuing, logical volume information in each disk array 200 obtained by the use status collecting processing, usage or the like of the parity group information and the logical volume is used (step 1200).
【0069】 [0069]
マネージャ130は、使用状況等の計算結果を、各論理ボリュームが属するパリティグループ220の属性(RAID構成、ディスク装置210の型名又はディスク装置210の性能等)等と共にユーザに提示する(ステップ1210)。 Manager 130, the calculation result of such usage attributes (RAID configuration, the performance of the model name or disc device 210 of the disk device 210, etc.) of the parity group 220 of the logical volume belongs to present to the user with such (step 1210) .
【0070】 [0070]
マネージャ130は、各LUについて、INQUIRYコマンドを発行して得られた各LUに属する論理ボリューム番号、使用状況収集処理で得られた各ディスクアレイ200における論理ボリューム情報、パリティグループ情報及び論理ボリュームの使用状況等とから、各空きLUが対応する各論理ボリュームの使用状況等を計算する(ステップ1220)。 Manager 130 for each LU, a logical volume number belonging to each LU obtained by issuing the INQUIRY command, the logical volume information in each disk array 200 obtained in use status collecting process, the use of parity group information and the logical volume and a status, etc., each free LU calculates usage of each logical volume corresponding (step 1220). この計算結果が、各空きLUに関連するパリティグループ220の属性等と共にユーザに分類されて提示される(ステップ1230)。 The calculation results are presented are classified into the user with attributes like parity group 220 associated with each free LU (step 1230).
【0071】 [0071]
使用状況等の情報は、ホスト100あるいはホスト100にネットワーク接続された他の計算機で表示することもできる。 Information such as the usage can be displayed with other computers that are networked to the host 100 or the host 100.
【0072】 [0072]
ユーザは、各ディスクアレイ200の各LUについての情報を参照し、データを再配置すべきLU(再配置元LU)及びデータの再配置先のLUを決定する。 The user refers to the information about each LU in the disk array 200, LU should relocate data (relocation source LU) and determines the relocation destination LU data. ただし、ユーザではなく、ホスト100のマネージャ130が、各LUについての情報から自動的にデータ再配置元又は再配置先を決定してもよい。 However, not the user, the manager 130 of the host 100 may determine the data automatically relocation source or relocation destination from information for each LU. 再配置の決定は、たとえば、再配置後に、ディスクアレイ200間での負荷分散、パリティグループ220間での負荷分散、高性能を要求するファイルが存在するLUの高性能パリティグループ220への配置等が実現されるように行なわれる。 Determination of relocation, for example, after relocation, load distribution among the disk array 200, load balancing among the parity groups 220, arrangement of the high-performance parity group 220 of the LU that files that require high performance exists There is performed as implemented. 再配置先LUのサイズは、再配置元LUのサイズ以上でなければならない。 The size of the relocation destination LU must be greater than or equal to the size of the relocation based on LU. 各LUのサイズは、SCSI規格のREAD CAPACITYコマンドで取得することができる(ステップ1240)。 The size of each LU may be obtained by READ CAPACITY command SCSI standard (step 1240).
【0073】 [0073]
図9は、ホスト100が行う、データの再配置処理の手順を示すフロー図である。 9, the host 100 performs a flow diagram showing the steps of rearrangement processing of the data. ホスト100は、再配置を決定したユーザの指示、例えば再配置を指示する実行コマンドの入力等があった場合に本処理を実行する。 Host 100, a user instruction to determine a relocation, to perform this processing when there is an input such as the execution command for instructing relocation example.
【0074】 [0074]
ユーザからの指示が入力されたホスト100のマネージャ130は、ファイルシステム110に再配置元LUのロックを指示する(ステップ1300)。 Manager 130 of the host 100 an instruction from the user is input, instructs the lock relocation origin LU to the file system 110 (step 1300). ファイルシステム110は、ロック指示に応じて、再配置元LUへのリード/ライト要求の受付を禁止する(ステップ1310)。 File system 110, in accordance with the lock indication, prohibits acceptance of the read / write request to the relocation source LU (step 1310).
【0075】 [0075]
次に、マネージャ130は、ファイルシステム110に、再配置元LUについてのキャッシュメモリのフラッシュを指示する(ステップ1320)。 Next, the manager 130, the file system 110 instructs the cache memory for relocation origin LU flash (step 1320). ファイルシステム110は、再配置元LUに格納されるデータであって、ホスト100上のメモリにキャッシュされていて且つディスクアレイ200に未だライトされていないデータを、ディスクアレイ200の再配置元LUにライトする(ステップ1330)。 File system 110 is a data stored in the relocation origin LU, data that has not yet been written to and the disk array 200 have been cached in memory on the host 100, the relocation origin LU of the disk array 200 the write (step 1330).
【0076】 [0076]
マネージャ130は、ファイルシステム110に、再配置元LUについてのキャッシュの無効化を指示する(ステップ1340)。 Manager 130, the file system 110 instructs the cache invalidation for relocation source LU (step 1340). ファイルシステム110は、再配置元LUに格納されるデータであってホスト100上のメモリにキャッシュされているデータを無効にする(ステップ1350)。 File system 110 is a data stored in the relocation source LU to disable the data cached in memory on the host 100 (step 1350).
【0077】 [0077]
LUのロック、キャッシュメモリのフラッシュ及び無効化の処理は、LUのアンマウントの処理に相当する。 LU lock, flash handling and invalidation of the cache memory corresponds to unmount process of LU.
【0078】 [0078]
マネージャ130は、再配置先LUが存在するディスクアレイ200に、再配置元LUから再配置先LUへのデータのコピーを指示する。 Manager 130, the disk array 200 to which the relocation destination LU is present, instructs the copying of data to the relocation destination LU from relocation source LU. この指示は、使用状況収集処理と同様、再配置先LUが存在するディスクアレイ200のコマンドボリュームに、コピー指示オペレーションコードや再配置元LUや再配置先LU等のコピー指示のパラメータを含んだライトコマンドを発行することで行われる(ステップ1360)。 This indication, as well as the use status collecting process, the command volume in the disk array 200 to which the relocation destination LU are present, including the parameters of the copy instruction, such as a copy instruction opcodes and relocation origin LU and the relocation destination LU Light It is performed by issuing a command (step 1360). ディスクアレイ200は、後述のコピー処理を開始し、コピー指示の受領をマネージャ130に通知する(ステップ1370)。 Disk array 200 starts copy processing will be described later, to notify the receipt of a copy instruction to the manager 130 (step 1370).
【0079】 [0079]
マネージャ130は、ローカルディスク190に格納されているファイルシステム110が使用するLU論理位置名テーブル191を書き換え、再配置元LUと再配置先LUとの論理位置名を入れ替える。 Manager 130 rewrites the LU logical position name table 191 a file system 110 stored in the local disk 190 is used, replacing the logical position name of the relocation origin LU and the relocation destination LU. 入れ替えられるLU論理位置名テーブル191の例を、図10及び図11に示す。 Examples of are interchanged LU logical position name table 191, shown in FIGS. 10 and 11.
【0080】 [0080]
図中、ディスクアレイ番号、IDおよびLUNは、LU番号6001を特定するために必要な情報である。 In the figure, the disk array number, ID and LUN is information necessary to identify the LU number 6001. 図10は、論理位置名をディレクトリ形式で示したものであり、図11は、論理位置名をドライブ形式で示したものである。 Figure 10 is shows the logical position name in directory format, Figure 11 shows the logical position name in drive type. いずれも、アプリケーション140が使用する記憶領域としてのLUの論理位置を示している(ステップ1380)。 Both shows the logical position of the LU as the storage area application 140 uses (step 1380). マネージャ130は、ファイルシステム110に、LU論理位置名テーブル191の更新(再読み込み)及びステップ1300で指示したロックの解除を指示する(ステップ1390)。 Manager 130, the file system 110 instructs the release of the lock is indicated by update (reload) and step 1300 of the LU logical position name table 191 (step 1390).
【0081】 [0081]
ファイルシステム110は、LU論理位置名テーブル191を再度読み込んで情報を更新する(ステップ1400)。 File system 110 updates the information reads the LU logical position name table 191 again (step 1400). ファイルシステム110は、ロックを解除してリード/ライト要求の受け付けを再開する(ステップ1410)。 File system 110 resumes the acceptance of the read / write request to release the lock (step 1410).
【0082】 [0082]
ステップ1400及び1410の処理は、LUのマウント処理に相当する。 Processing in steps 1400 and 1410 correspond to the mounting process of the LU.
【0083】 [0083]
ステップ1410の処理が実行された後は、ファイルシステム110のリード/ライトの対象となるLUが再配置の対象であるLUであれば、ファイルシステム110のリード/ライト処理は、ステップ1380において情報が入れ替えられた再配置先LUに対して行われる。 After the processing of step 1410 is executed, if the LU LU to be read / write file system 110 is relocated, the read / write processing of the file system 110, the information in step 1380 made to the relocation destination LU that is replaced.
【0084】 [0084]
図12は、再配置処理において、ディスクアレイ200が、ホスト100からコピー指示を受けた際に行うコピー処理の手順を示すフロー図である。 12, in the relocation process, the disk array 200 is a flowchart showing the procedure of a copying process performed upon receiving a copy instruction from the host 100.
【0085】 [0085]
再配置先LUが存在するディスクアレイ200が、FCインターフェース260を介してホスト100からコピー指示を受け取ると、制御部300は、コピー指示で指定された再配置先LUについてのコピー領域管理テーブル323をメモリ320上に用意する。 Relocation destination disk array 200 that LU is present, receives a copy instruction from the host 100 through the FC interface 260, the control unit 300, the copy area management table 323 for the relocation destination LU specified in the copy instruction It is prepared on the memory 320.
【0086】 [0086]
図13は、コピー領域管理テーブル323の内容を示す図である。 Figure 13 is a diagram showing the contents of the copy area management table 323. コピー領域管理テーブル323は、コピーされるデータの範囲、大きさ等の情報が登録されているテーブルである。 Copy area management table 323 is a table range of data to be copied, the information such as the size is registered.
【0087】 [0087]
図中、コピー先LU番号6101及びコピー元LU番号6102は、FC600のネットワーク内において再配置先LUと再配置元LUを一義的に示す番号を格納する領域である。 In the figure, the copy destination LU number 6101 and the copy source LU number 6102 is an area for storing a number uniquely indicating the relocation destination LU and the relocation origin LU in the network of FC600. 具体的には、ホスト100からコピー指示のパラメータとして指定された8バイトの番号(WORLD WIDE NAME)、3バイトの番号(N_PORT ID)、SCSI規格のターゲットIDもしくはLUNが格納される。 Specifically, 8 bytes of number specified as a parameter of the copy instruction from the host 100 (WORLD WIDE NAME), 3-byte number (N_PORT ID), the SCSI standard target ID or LUN is stored. コピーブロック数6103には、コピーする領域のブロック(最小リード/ライト単位)の数であり、コピー領域の大きさを示すデータが格納される。 The copy block number 6103, the number of blocks in the area to be copied (minimum read / write unit), data indicating the size of the copy area is stored. ビットマップ6104のビットには、LUのコピー対象領域の各ブロックが割り当てられる。 The bits of the bit map 6104 are assigned blocks of copy target area of ​​the LU. ビットが「1」である場合は未コピーを示し、「0」である場合はコピー済を示す。 If the bit is "1" indicates a non-copy, if a "0" indicates copied. 初期時は、コピー対象領域に対応するすべてのビットが1に設定される(ステップ1500)。 Initial time, all bits corresponding to the copy target area is set to 1 (step 1500).
【0088】 [0088]
制御部300は、コピー指示の受領をホスト100に通知する。 Control unit 300 notifies the receipt of a copy instruction to the host 100. この通知は、コピー指示を実際に受領してから、コピー領域管理テーブル323の設定後、実際にコピーを行う前の時点で行われる。 This notification from the actually received the copy instruction, after setting the copy area management table 323, is actually performed at a time prior to copying. このため、コピー指示の受領から当該通知までの時間は短い(ステップ1510)。 Therefore, time is short from the receipt of a copy instruction to the notification (Step 1510).
【0089】 [0089]
制御部300は、FCインターフェース260を介して再配置元LUから格納すべきデータをリードし、再配置先LUに格納するコピーを行う(ステップ1520)。 Control unit 300 reads the data to be stored from the relocation origin LU through the FC interface 260, to copy to be stored in the relocation destination LU (step 1520).
【0090】 [0090]
制御部300は、LUのコピー対象領域について、コピー済の領域に対応するビットマップ6104のビットを順次0に変更する(ステップ1530)。 Control unit 300, the copy target area of ​​the LU, changes the order 0 bit in the bit map 6104 corresponding to the copied area (step 1530). 制御部300は、対象となるLU全体のコピーが終了したら、コピー処理を終了する(ステップ1540)。 Control unit 300, a copy of the entire LU of interest When finished, the copy processing ends (step 1540).
【0091】 [0091]
再配置元LUが存在するディスクアレイ200と再配置先LUが存在するディスクアレイ200とが同一の場合には、ディスクアレイ200内でLUのコピーが行われる。 When the disk array 200 that relocation destination LU and a disk array 200 exists relocation origin LU is present are the same, LU copying is performed in the disk array 200..
【0092】 [0092]
ホスト100からの再配置対象LUへのリード/ライトは、再配置対象LUのデータがコピー中であっても、再配置先LU、すなわち再配置先LUの存在するディスクアレイ200に対して行われる。 Read / write to relocated LU from the host 100, the data relocation target LU is a copying, relocation destination LU, i.e. made to the disk array 200 in the presence of the relocation destination LU .
【0093】 [0093]
図14は、再配置先LUの存在するディスクアレイ200が、データの再配置におけるコピー処理の最中に、再配置の対象となるLUに対するリード/ライトコマンドを受けた場合における処理の手順について示すフロー図である。 Figure 14 is a disk array 200 in the presence of relocation destination LU is shown during the copy process in the rearrangement of data, a procedure of processing in case of receiving a read / write command to an LU to be rearranged it is a flow diagram.
【0094】 [0094]
ディスクアレイ200が、FCインターフェース260を介してリードコマンドを受け取ると、制御部300は、リード対象範囲とテーブル323のビットマップ6104とを比較する(ステップ1610)。 Disk array 200 receives the read command via the FC interface 260, the control unit 300 compares the bit map 6104 for the read target range and the table 323 (step 1610). リード対象領域に未コピーの領域が含まれている場合には、制御部300は、リード対象領域のデータを優先して読み出してコピーを済ませる(ステップ1630)。 If it contains uncopied area read target area, the control unit 300, dispense a copy read with priority data of the read region of interest (step 1630). 制御部300は、ビットマップ6104のリード対象領域に対応するビットをコピー済みに更新する(ステップ1640)。 Control unit 300 updates the bits corresponding to the read target region of the bitmap 6104 to copied (step 1640). 制御部300は、ディスクアレイ200内のコピーしたデータをホスト100に転送する(ステップ1650)。 Control unit 300 transfers the copied data in the disk array 200 to the host 100 (step 1650). リード対象領域がすべてコピー済であれば、制御部300は、ディスクアレイ200内のコピー済みのデータをホスト100に転送する(ステップ1650)。 If already read target area all copies, the control unit 300 transfers the copied data in the disk array 200 to the host 100 (step 1650).
【0095】 [0095]
制御部300は、FCインターフェース260を介してライトコマンドを受け取ると、ホスト100から転送されたデータについて、ライト対象領域にライトを行う(ステップ1670)。 Control unit 300 receives the write command via the FC interface 260, the data transferred from the host 100 performs a write to the write-targeted area (step 1670). 制御部300は、コピー領域管理テーブル323のビットマップ6104のライト対象領域に対応するビットをコピー済に更新する(ステップ1680)。 Control unit 300 updates the bits corresponding to the write target area of ​​the bitmap 6104 of the copy area management table 323 in the copied state (step 1680). 制御部300は、残りの未コピー領域のコピーを継続する(ステップ1690)。 Control unit 300 continues the copy of the remaining non-copy area (step 1690).
【0096】 [0096]
以上の処理により、再配置先LUが存在するディスクアレイ200は、データ再配置におけるコピー処理中であっても、ホスト100からのリード/ライトを処理することができる。 By the above processing, the disk array 200 to the relocation destination LU is present, even during the copy process of the data rearrangement, it is possible to process the read / write from the host 100.
【0097】 [0097]
なお、このリード/ライトの処理の際、制御部300は、同時に、先に説明した使用状況取得処理も行う。 Incidentally, during the processing of the read / write control unit 300, at the same time, also used state acquisition processing described above performed.
【0098】 [0098]
また、ホスト100のマネージャ130は、データ再配置におけるコピー処理中に、ディスクアレイ200のコマンドボリュームにコピー進捗取得のためのパラメータを含むデータのライトコマンドを発行し、ディスクアレイ200が用意したデータをリードすることで、コピーの進捗情報等をディスクアレイ200に問い合わせることができる。 Further, the manager 130 of the host 100 during the copying processing in the data relocation issues a write command data including parameters for the copy progress get command volume in the disk array 200, the data disk array 200 was prepared by lead can query the progress information of the copy to the disk array 200.
【0099】 [0099]
具体的には、コマンドボリュームに対するライトコマンドを受け付けた制御部300は、コマンドボリュームにライトされたパラメータを確認する。 More specifically, the control unit 300 which has received the write command to the command volume confirms the parameters written to the command volume. 制御部300は、コピー領域管理テーブル323を参照してパラメータに対応するコピーの進捗率などの情報をメモリ320上に用意し、ライト完了をホスト100に通知する。 Control unit 300 prepares information such as the progress rate of a copy corresponding to the parameter with reference to the copy area management table 323 in the memory 320, and notifies the write completion to the host 100. マネージャ130は、コマンドボリュームに対するリードを行う。 Manager 130, performs a read to the command volume. 制御部300は、ホスト100のリードに対して、メモリ320上に用意したデータを転送することによって、コピーの進捗等の問い合わせに答える。 Control unit 300, to the lead of the host 100, by transferring the data prepared in the memory 320, answering inquiries progress in copying.
【0100】 [0100]
本実施形態によれば、複数のディスクアレイ200間におけるLUの再配置によるデータの適正配置を、アプリケーション140にとって再配置前後で論理的に等価となるように、すなわち、アクセス対象のアクセスにアプリケーションが使用すべき論理位置名が変化しないようにしつつ実現できる。 According to this embodiment, the proper placement of data by relocation LU between a plurality of disk array 200, so that logically equivalent before and after the relocation to the application 140, i.e., the application to access the access target It can be realized logical position name to be used while preventing change.
【0101】 [0101]
また、本態様によれば、計算機は、ディスクアレイから取得した、各記憶領域の物理的な記憶装置資源の使用状況を、例えば記憶装置資源の負荷分散等の観点による、データの適正配置の決定に用いることができる。 Further, according to this embodiment, computer, acquired from the disk array, the usage of physical storage resources of the storage areas, for example due to the viewpoint of load distribution or the like of the storage resources, the determination of the proper placement of the data it can be used for. したがって、この情報を用いて、例えば異なるストレージサブシステム間でデータを再配置することにより、データの適正配置を行うことができる。 Thus, using this information, for example by relocating data between different storage subsystems, it is possible to perform the proper placement of the data.
【0102】 [0102]
なお、本実施形態では、複数のディスクアレイ200間におけるデータの再配置について説明した。 In the present embodiment has been described rearrangement of data between a plurality of disk array 200. しかし、再配置対象データを格納するストレージサブシステムは、ディスクアレイサブシステムでなくてもよい。 However, the storage subsystem that stores the relocated data may not be a disk array subsystem. 磁気ディスク装置、光磁気ディスク装置、磁気テープ装置又は半導体ディスク装置などを用いた他の種類のストレージサブシステムであってもよい。 Magnetic disk device, a magneto-optical disk device may also be other types of storage subsystems using a magnetic tape device or a semiconductor disk device.
【0103】 [0103]
尚、マネージャ130は、FC600経由ではなく、ネットワーク700経由で、例えばSimple Network Management Protocol(SNMP)で規定されているプロトコルを用いて情報の収集や指示を行ってもよい。 Incidentally, manager 130, rather than through FC600, via the network 700, for example, a protocol specified by Simple Network Management Protocol (SNMP) may be carried out collection and indication information using.
【0104】 [0104]
本実施形態では、ディスクアレイ200の制御部300が取得する論理ボリューム使用状況322が使用時間の累積値である場合について説明した。 In the present embodiment has described the case the logical volume usage 322 by the control unit 300 of the disk array 200 is acquired is the cumulative value of the usage time. しかし、制御部300が単位時間毎の使用時間を使用率の形式にしてメモリ320に蓄積し、これを論理ボリューム使用状況322として、ホスト100のマネージャ130が収集するようにしてもよい。 However, the control unit 300 is stored in the memory 320 by the use time per unit time in the form of usage, this as a logical volume usage 322, may be the manager 130 of the host 100 collects.
【0105】 [0105]
図15は、本発明が適用された計算機システムの第2実施形態の構成を示す図である。 Figure 15 is a diagram showing a configuration of a second embodiment of a computer system to which the present invention is applied.
【0106】 [0106]
図示するように、本実施形態の計算機システムは、ローカルディスク190にLU領域範囲テーブル192を格納し、スイッチ500にコピー制御部510を設けた構成を有している点が、第1実施形態の計算機システムと異なる。 As shown, the computer system of this embodiment are that stores the LU area range table 192 in the local disk 190 has a structure in which a copy control unit 510 to the switch 500, the first embodiment different from the computer system.
【0107】 [0107]
本実施形態では、ディスクアレイ200がディスク装置210の使用状況を取得し、ホスト100が複数のディスクアレイ200から使用状況を収集し、使用状況を計算機システムのファイルに基づく分析も含めてユーザに提示する。 In the present embodiment, the disk array 200 acquires the usage of the disk device 210, the host 100 collects usage from a plurality of disk array 200, presented to the user including the analysis based usage file of the computer system to. ホスト100は、ファイル管理のためのデータ(以下「メタデータ」と称する)を変更する。 Host 100 changes the data (hereinafter referred to as "metadata") for file management. スイッチ500は、ホスト100の指示に基づいて、ディスクアレイ200に格納されているデータをコピーする。 Switch 500 based on the instruction of the host 100, copies the data stored in the disk array 200. これにより、複数のディスクアレイ200間におけるファイルの再配置を可能とし、データの適正配置を行えるようにする。 Thus, to allow relocation of files between a plurality of disk array 200, to allow proper placement of the data.
【0108】 [0108]
第1実施形態においては、ホスト100のファイルシステム110は、各LUを、使用中のものと使用していないものとに区別して管理した。 In the first embodiment, the file system 110 of the host 100, each LU, and differentiated management and those not used as in use. 本実施形態では、ファイルシステム110は、全てのLUを使用し、全てのLUの領域の集合を単一領域(以下、「統合領域」と称する。)として管理する。 In the present embodiment, the file system 110 uses all LU, single domain the set of regions of all the LU (hereinafter referred to. As "integrated region") is managed as. また、統合領域上のファイルを、後述するメタデータで管理する。 Furthermore, a file on a combined area, managed by the later-described metadata. メタデータは、統合領域の既定の位置に格納される。 Metadata is stored in the default position of the integrated region.
【0109】 [0109]
図16は、本実施形態において、ファイルシステム110が統合領域を管理するために用いるLU領域範囲テーブル192の例を示した図である。 16, in this embodiment, the file system 110 is a diagram showing an example of the LU area range table 192 used to manage the integration area. LU領域範囲テーブル192は、統合領域の範囲と各LU内領域の範囲との対応を示す情報を保持している。 LU area range table 192 holds information indicating the correspondence between the scope and the LU region of integration area.
【0110】 [0110]
図中、領域内アドレス6301には、統合領域内でのアドレスが格納される。 In the figure, the region address 6301, the address of the integrated area is stored. LU番号6302は、ディスクアレイ番号、ID及びLUNを含み、領域内アドレス6301に格納されるLUを示す。 LU number 6302 includes a disk array number, the ID and LUN, indicating an LU that is stored in the area address 6301. LU内アドレス6303は、対応するLU番号6302で特定されるLU内でのアドレスが格納される図17は、ホスト100がリード/ライトを行う場合の処理の手順を示すフロー図である。 LU in address 6303, 17 the address in the LU identified by the corresponding LU number 6302 is stored is a flow diagram host 100 showing a procedure of processing when performing read / write.
【0111】 [0111]
前提として、ホスト100のアプリケーション140は、ファイルシステム110が管理するファイルの論理位置を指定して、ディスクアレイ200が格納するデータにリードやライトを行うものとする。 As a prerequisite, an application 140 of the host 100 designates the logical location of the file by the file system 110 manages, and performs a read or write to the data disk array 200 stores. また、ファイルシステム110は、データをファイルとして管理するために、メタデータをディスクアレイ200に格納している。 The file system 110, to manage data as a file, and stores the metadata in the disk array 200.
【0112】 [0112]
なお、メタデータはディスクアレイ200に格納されているが、ファイルシステム110の管理に基づき、ホスト100上のメモリにキャッシュされている場合もある。 Note that the metadata is stored in the disk array 200, but based on the management of the file system 110, it may have been cached in memory on the host 100. 以下、メタデータがホスト100上のメモリにキャッシュされている場合で説明する。 Hereinafter, a description will be given of a case where the metadata is cached in memory on the host 100.
【0113】 [0113]
図18は、メタデータの内容を示す図である。 Figure 18 is a diagram showing the contents of the metadata.
【0114】 [0114]
図示するように、メタデータには、各ファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時、属性、ファイル論理位置名、セキュリティ情報、及びファイル位置等が含まれる。 As shown, the metadata creation date and time of each file, update date, access date, attribute, file logical position name includes security information, and file position and the like. 各ファイルに対応する統合領域内の範囲は、ファイル位置6407に格納された情報で示される。 Range of integration in the region corresponding to each file is represented by information stored in the file position 6407.
【0115】 [0115]
ホスト100のアプリケーション140は、ファイル論理位置名によってファイルを指定し、ファイルに対するリード/ライトをOS120に要求する(ステップ1700)。 Application 140 of the host 100 specifies the file by the file logical position name, requesting read / write to the OS120 for the file (step 1700). OS120は、ファイルシステム110に、ファイルのリード/ライトを要求する(ステップ1710)。 OS120 is the file system 110 to request a read / write file (step 1710). ファイルシステム110は、キャッシュメモリされているメタデータを参照し、メタデータ及びLU領域範囲テーブル192の情報から、指定されたファイルの位置(LUおよびLU内アドレス)を得る(ステップ1720)。 File system 110 refers to the metadata cached memory, from the information of the metadata and LU area range table 192 to obtain the position of the specified file (LU and LU the address) (step 1720).
【0116】 [0116]
要求がライト要求である場合、ファイルシステム110は、さらにメタデータの更新を行う(ステップ1740)。 If the request is a write request, the file system 110 further updates the metadata (Step 1740). ファイルシステム110は、ステップ1720で得たファイルの位置が示す領域内のリード/ライトをディスクアレイ200に対して行い(ステップ1750)、キャッシュされたメタデータ及びディスクアレイ200のメタデータを更新する(ステップ1760)。 File system 110 performs (step 1750) to the disk array 200 to read / write in the area indicated by the position of the file obtained in step 1720, and updates the metadata of the metadata and a disk array 200 that is cached ( step 1760).
【0117】 [0117]
ステップ1740及び1760でのメタデータの更新は、アクセスされたファイルについて、作成日時6401、更新日時6402、アクセス日時6403、属性6404、ファイル論理位置名6405、セキュリティ情報64060、及びファイル位置6407等に格納された情報を、アクセス内容に応じて更新することで行われる。 Updating metadata in step 1740 and 1760 store, the accessed file, creation date and time 6401, update date 6402, access date 6403, an attribute 6404, file logical position name 6405, security information 64060, and the like to the file position 6407 the information is carried out by updating, depending on the access content. 例えば、ライトによりファイルサイズが増減する場合は、これに合わせて、メタデータのファイル位置6407が示す領域内の範囲が増減される。 For example, if the file size is increased or decreased by the write, In accordance with this, the range of the area identified by the file position 6407 of the metadata is increased or decreased. また、ファイルが新規に作成される場合は、メタデータに新規ファイルのエントリが追加され、ファイルが削除される場合は対応するエントリが削除される。 Also, if a file is newly created, the metadata entry for the new file is added to, if the file is deleted the corresponding entry is deleted.
【0118】 [0118]
本実施形態において、制御部300は、第1実施形態と同様の使用状況取得処理を行う。 In the present embodiment, the control unit 300 performs the same usage acquisition process in the first embodiment. また、ホスト100のマネージャ130は、第1実施形態と同様の使用状況収集処理を行う。 Further, the manager 130 of the host 100 performs the same usage collection process in the first embodiment.
【0119】 [0119]
図19は、ホスト100が行うファイル単位の再配置対象決定処理の手順を示すフロー図である。 Figure 19 is a flowchart showing the steps of a relocation target determining process of file units by the host 100.
【0120】 [0120]
ホスト100のマネージャ130は、統合領域に存在する各ファイルについて、ファイルとLUとの対応を、ファイルシステム110に問い合わせる(ステップ1800)。 Manager 130 of the host 100 for each file present in the combined area, the correspondence between the file and the LU, querying the file system 110 (step 1800). ファイルシステム110は、キャッシュされたメタデータ及びLU領域範囲テーブル192を用いて、問い合わせに答える(ステップ1810)。 File system 110 uses the metadata and LU area range table 192 cached, answer queries (step 1810).
【0121】 [0121]
マネージャ130は、ディスクアレイ200毎の各論理ボリュームの使用状況、各LUの各論理ボリュームの使用状況及びファイル毎の各論理ボリュームの使用状況等を計算する。 Manager 130 calculates the usage of each logical volume for each disk array 200, usage of each logical volume usage and each file of each logical volume for each LU, and the like. この計算には、INQUIRYコマンドによって得られた各ディスクアレイ200における各LUに属する論理ボリューム番号、使用状況収集処理で得られた各ディスクアレイ200における論理ボリューム情報及びパリティグループ情報及び論理ボリュームの使用状況等が使用される(ステップ1820)。 This calculation, logical volume number belonging to each LU in the disk array 200 obtained by the INQUIRY command, usage of the logical volume information, and parity group information and the logical volume in each disk array 200 obtained in use status collecting process etc. is used (step 1820). マネージャ130は、計算結果を、各論理ボリュームが属するパリティグループ220の属性等と共にユーザに提示する。 Manager 130, the calculation results are presented to the user along with the attributes and the like of the parity group 220 of the logical volume belongs. すなわち、ホスト100は、使用状況に関する情報を、ディスクアレイ200、論理ボリューム、LU、ファイルといった各種の視点でユーザに提供する(ステップ1830)。 In other words, the host 100, information about the usage, disk array 200, a logical volume, LU, provides the user with a variety of viewpoints, such as the file (step 1830).
【0122】 [0122]
マネージャ130は、各ディスクアレイ200が提供するLUや論理ボリュームについて利用可能な空き領域を計算し、ユーザに提示する(ステップ1840)。 Manager 130, the available free space is calculated for LU and logical volumes each disk array 200 is provided, to present to the user (step 1840). マネージャ130は、各ディスクアレイ200が提供するLUや論理ボリュームについて利用可能な空き領域を、ファイルシステム110に問い合わせる(ステップ1850)。 Manager 130, the free space available for LU and logical volumes each disk array 200 is provided, querying the file system 110 (step 1850). ファイルシステム110は、キャッシュされたメタデータ及びLU領域範囲テーブル192を参照して、ファイルが存在しない空き領域を特定し、マネージャ130に答える(ステップ1860)。 File system 110 refers to the metadata and LU area range table 192 cached to identify free space the file does not exist, answering to the manager 130 (step 1860). マネージャ130は、使用状況収集処理で得た各種使用状況等から、空き領域の論理ボリュームの使用状況等を、論理ボリュームやパリティグループ220の属性等と共にユーザに分類して提示する(ステップ1870)。 Manager 130, the various usage such as obtained by the use status collecting process, the use status of the logical volume of the free space is presented by classifying the user with attributes such as a logical volume and the parity group 220 (step 1870).
【0123】 [0123]
使用状況や空き領域の情報は、ホスト100またはホスト100にネットワークで接続された他の計算機で表示することができる。 Information usage and free space, can be displayed in other computers connected via a network to a host 100 or the host 100. ユーザは、これらの情報より再配置すべきファイルと再配置先の空き領域とを決定する。 The user determines the these files and relocation destination of free space to be relocated from the information. マネージャ130は、これらの情報から、自動的に同様の再配置対象や空き領域を決定してもよい(ステップ1880)。 Manager 130 may determine from this information, automatically similar relocated or free space (step 1880).
【0124】 [0124]
ホスト100のファイルシステム110が、OS120やアプリケーション140からの各ファイルへのリード/ライト要求頻度(アクセス頻度)を監視して統計情報を生成し、ステップ1830でユーザに提示しするようにしてもよい。 File system 110 of the host 100, to generate statistics monitors the read / write request frequency (access frequency) to each file from OS120 or application 140, may be presented to the user in step 1830 .
【0125】 [0125]
これにより、ユーザは、ホスト100での各ファイルのアクセス頻度を勘案して再配置すべきファイルを決定することができる。 Thus, the user can determine the file to be rearranged taking into account the access frequency of each file on the host 100.
【0126】 [0126]
図20は、ホスト100が、再配置対象決定処理の結果を受けて行う再配置処理の手順を示すフロー図である。 Figure 20 is a host 100, a flow diagram showing the steps of rearrangement processing performed by receiving the results of the relocated determining process. 本処理は、基本的には、図9に示すLU単位の再配置決定処理の手順において、LUをファイルに、ディスクアレイ200をスイッチ500に読み替えた処理と同じである。 This process is basically in the procedure of re-arrangement determination processing of LU units shown in FIG. 9, the LU to file the same as the processing replaced the disk array 200 to the switch 500. 以下、図9とは異なる部分についてのみ説明する。 Hereinafter, only different parts will be described in the FIG.
【0127】 [0127]
マネージャ130は、ファイルシステム110に、再配置先の空き領域についての領域の使用予約を指示する(ステップ1940)。 Manager 130, the file system 110 instructs the use of space reservation for free space relocation destination (step 1940). ファイルシステム110は、指定された再配置先領域が確保されるよう、キャッシュされたメタデータを更新する(ステップ1950)。 File system 110, so that the designated relocation destination regions is ensured, and updates the cached metadata (Step 1950). マネージャ130は、ファイルシステム110に、メタデータのキャッシュメモリのフラッシュを指示する(ステップ1960)。 Manager 130, the file system 110 instructs the flash cache memory of the metadata (Step 1960). ファイルシステム110は、ホスト100上のメモリにキャッシュメモリしてあるメタデータを、ディスクアレイ200にライトする(ステップ1970)。 File system 110, metadata in the memory of the host 100 are cached memory, writing to the disk array 200 (step 1970).
【0128】 [0128]
マネージャ130は、メタデータを書き換え、指定されたファイルの位置を、再配置元領域から再配置先領域へ入れ替える。 Manager 130 rewrites the metadata, the position of the specified file, replacing the relocation source area to the relocation destination area. これにより、再配置元の領域を空き領域とする(ステップ2010)。 Thus, the relocation source region to a free area (step 2010). マネージャ130は、ファイルシステム110に、メタデータについて、キャッシュの無効化を指示する(ステップ2020)。 Manager 130, the file system 110, the metadata, and instructs the cache invalidation (step 2020). ファイルシステム110は、ホスト100上のメモリにキャッシュしてあるメタデータを無効にする(ステップ2030)。 File system 110 disables the metadata are cached in memory on the host 100 (step 2030).
【0129】 [0129]
以降、ファイルシステム110が、ファイルにリード/ライトする場合には、再配置先領域にコピーされたデータに対して正常にリード/ライトを行うことができる。 Thereafter, the file system 110, when the read / write the file, can be normally read / write with respect to the copied data to the relocation destination area.
【0130】 [0130]
本実施形態によれば、複数のディスクアレイ200間でのファイルの適正配置を、アプリケーション140にとって再配置前後で論理的に等価となるように行うことが可能となる。 According to this embodiment, the proper placement of the file among the plurality of disk array 200, it is possible to perform such a logically equivalent before and after the relocation to the application 140.
【0131】 [0131]
図21は、本発明が適用された計算機システムの第3実施形態の構成を示す図である。 Figure 21 is a diagram showing a configuration of a third embodiment of a computer system to which the present invention is applied.
【0132】 [0132]
本実施形態の計算機システムは、クライアント800が、FCインタフェース860及びネットワークインタフェース870を有する。 The computer system of this embodiment, the client 800 has an FC interface 860 and network interface 870. そして、クライアント800がFCインターフェース860を介してFC600経由でホスト100、ディスクアレイ200及びスイッチ500に接続され、かつネットワークインターフェース870を介してネットワーク700経由でホスト100およびディスクアレイ200に接続される点が、第2実施形態の計算機システムと異なる。 Then, the point that the client 800 is the host 100 via FC600 through the FC interface 860 is connected to the disk array 200 and the switch 500, and is connected to the host 100 and the disk array 200 via the network 700 through a network interface 870 differs from the computer system of the second embodiment. 本実施形態では、複数のクライアント800とホスト100とが、ディスクアレイ200上のファイルを共有する。 In the present embodiment, a plurality of clients 800 and hosts 100, to share files on a disk array 200. クライアント800は、OS820とアプリケーション840を有する。 The client 800 has a OS820 and application 840. クライアント800は一般的な電子計算機である。 The client 800 is a common computer.
【0133】 [0133]
第2実施形態と同様に、本実施形態のファイルシステム110は、全てのLUを使用し、全てのLUの領域を集合して単一の統合領域として管理する。 Like the second embodiment, the file system 110 of the present embodiment, using all of the LU, managed as a single integrated region by aggregating regions of all the LU. そして、統合領域上のファイルを、第2実施形態と同様にメタデータにより管理する。 Then, a file on a combined area, managed as in the second embodiment by the metadata.
【0134】 [0134]
クライアント800が、ディスクアレイ200に格納されているファイルへアクセスする処理について説明する。 Client 800 will be described the process for accessing files stored in the disk array 200.
【0135】 [0135]
図22は、クライアント800がディスクアレイ200に格納されているファイルのリードを行う場合の処理の手順を示すフロー図である。 Figure 22 is a flow diagram illustrating a procedure of processes performed when the client 800 performs read a file stored in the disk array 200.
【0136】 [0136]
クライアント800のアプリケーション840は、OS820にファイルのリードを要求する(ステップ2100)。 Application 840 of the client 800, to request the lead of the file to the OS820 (step 2100). OS820は、ネットワークインターフェース870あるいはFCインターフェース860を介して、ホスト100のファイルシステム110にファイルのリードを通知する(ステップ2110)。 OS820 via the network interface 870 or FC interface 860, and notifies the read file in the file system 110 of the host 100 (step 2110).
【0137】 [0137]
ファイルのリードの通知を受けたファイルシステム110は、ファイルが格納されているLUおよびLU内アドレスを、メタデータとLU領域範囲テーブル192とを参照して求める(ステップ2120)。 File system 110 having received the notification of the file read is the LU and LU the address file is stored is obtained by referring to the metadata and LU area range table 192 (step 2120). ファイルシステム110は、ファイルが格納されているLUのLU内アドレスを他のクライアント800からのライトに対してロックする(ステップ2130)。 File system 110 locks the LU in address of the LU where the file is stored to the write from another client 800 (step 2130). ファイルシステム110は、ホスト100のキャッシュメモリにあるメタデータをフラッシュする(ステップ2140)。 File system 110 flushes metadata in the cache memory of the host 100 (step 2140). ファイルシステム110は、クライアント800のOS820に、ファイルが格納されているLUおよびLU内アドレスと、メタデータの格納されているLUおよびLU内アドレスとを返答する(ステップ2150)。 File system 110, the OS820 client 800 replies with LU and LU the address where the file is stored, the LU and LU the address is stored in the metadata (Step 2150).
【0138】 [0138]
返答を受けたクライアント800のOS820は、リードの対象となるファイルが格納されているLUが存在するディスクアレイ200に対し、FCインターフェース860を介して、ファイルが格納されているLU内アドレスに対するリードを行って、アプリケーション840からの要求を処理する(ステップ2160)。 OS820 client 800 having received the reply, the disk array 200 there are LU that file to be read of the object is stored, via the FC interface 860, a read operation to the LU in the address where the file is stored go and processes the request from the application 840 (step 2160).
【0139】 [0139]
クライアント800から要求されたデータのリード処理が終了したら、OS820は、ホスト100のファイルシステム110から通知されたLUおよびLU内アドレスにあるメタデータ上のファイルのアクセス日時を更新する(ステップ2170)。 When the read process of the data requested by the client 800 is completed, OS 820 updates the access time of the file on the metadata in the LU and LU the address notified from the file system 110 of the host 100 (step 2170). OS820は、ファイルシステム110に、ネットワークインターフェース870またはFCインターフェース860を介して、処理の完了を通知する(ステップ2180)。 OS820 is the file system 110 via the network interface 870 or FC interface 860, and reports the completion of processing (step 2180).
【0140】 [0140]
完了通知を受けたファイルシステム110は、ホスト100上のメタデータのキャッシュメモリを無効化し(ステップ2190)、ステップ2130で行ったロックを解除する(ステップ2200)。 File system 110 which has received the completion notification, invalidates the cache memory of the metadata on the host 100 (step 2190), to unlock performed in step 2130 (step 2200).
【0141】 [0141]
図23は、ライトを行う場合の処理の手順を示すフロー図である。 Figure 23 is a flow diagram illustrating a procedure of processing when performing write.
【0142】 [0142]
ライト処理は、図22のリード処理において、リードをライトに置き換えた処理とほぼ同一である。 Write processing, in a read process of FIG. 22 is substantially the same as the process of replacing the lead write. 以下、異なる部分について説明する。 Below, different parts will be described.
【0143】 [0143]
ファイルシステム110は、ライトで増加する可能性のあるファイル使用領域のための領域の予約をメタデータに記述する(ステップ2340)。 File system 110 describes a reserved area for file use area that may increase the write metadata (Step 2340). ファイルシステム110は、クライアント800のOS820に、ファイルが格納されているLUおよびLU内アドレス(ライトで増加する可能性のあるファイル使用領域のために予約した領域を含める)と、メタデータが格納されているLU及びLU内アドレスとを返答する。 File system 110, the OS820 client 800, the LU and LU the address file is stored (including an area reserved for files used area that may be increased in the light), the metadata is stored replies the LU and LU the address is. なお、ライトで増加する可能性のあるファイル使用領域の増加量は、クライアント800のOS820からのライトの通知に含まれているものとする(ステップ2360)。 Incidentally, the amount of increase in file used area that may be increased in light is assumed to be included in the write notification from OS820 client 800 (step 2360).
【0144】 [0144]
返答を受けたOS820は、ライトの対象となるファイルが格納されているLUが存在するディスクアレイ200に対し、FCインターフェース860を介して、ファイルが格納されているLU内アドレスに対するライトを行い、アプリケーション840からの要求を処理する(ステップ2370)。 OS820 having received the reply, the disk array 200 there are LU file to be write is stored, via the FC interface 860, the Write to an LU in the address file is stored, the application processing a request from a 840 (step 2370).
【0145】 [0145]
このようにして、クライアント800のアクセスを処理することにより、クライアント800およびホスト100は、ディスクアレイ200に格納されているファイルを矛盾なく共有して使用することができる。 In this way, by treating the access client 800, the client 800 and the host 100 may be used to share consistently files stored in the disk array 200. なお、ホスト100自身のファイルアクセスも、クライアント800によるファイルアクセスと同様に処理される。 Note that the file access of the host 100 itself is processed in the same manner as the file access by the client 800.
【0146】 [0146]
次に、本実施形態でのファイルの再配置について説明する。 Next, a description will relocate a file in this embodiment.
【0147】 [0147]
本実施形態でのファイルの再配置に関する処理(使用状況取得処理、使用状況収集処理、再配置対象決定処理および再配置処理)は、第2実施形態と同様である。 Processing related relocation file in this embodiment (usage acquisition process, use status collecting process, relocated determination processing and relocation processing) is similar to the second embodiment. ただし、アプリケーション840が要求するデータのリード/ライト処理でファイルがロックされている間、再配置処理は実行されない。 However, while the file read / write processing of the data application 840 requests is locked, the relocation processing is not performed. また、図20に示す再配置処理のステップ1920及び1930におけるファイルのキャッシュメモリのフラッシュと、ディスクアレイへ200への書き戻しは、ファイルシステム110がそのファイルをキャッシュメモリしているクラインアント800に対して指示し、これを行わせる。 Further, the cache memory of the file flash at step 1920 and 1930 of the rearrangement processing illustrated in FIG. 20, the write back to 200 to the disk array, to Klein Ant 800 file system 110 is a cache memory that file It instructs Te, to do this.
【0148】 [0148]
本実施形態によれば、ディスクアレイ200に格納されているデータを共有して使用する環境においても、複数のディスクアレイ200間におけるファイルの物理的な再配置を、アプリケーション140、840に対して、再配置前後で論理的に等価となるように行うことができる。 According to this embodiment, even in an environment that share and use data stored in the disk array 200, the physical relocation of files between a plurality of disk array 200, the application 140,840, it can be carried out so as to be logically equivalent relocation before and after.
【0149】 [0149]
本実施形態においても、ホスト100のファイルシステム110が、OS120、820やアプリケーション140、840からの各ファイルへのリード/ライト要求頻度を監視し、統計情報を生成して、再配置対象決定処理においてユーザに提示するようにしてもよい。 In this embodiment, the file system 110 of the host 100 monitors the read / write request frequency for each file from OS120,820 and applications 140,840, and generate statistics, in relocated determining process it may be presented to the user.
【0150】 [0150]
本実施形態において、クライアント800上にマネージャ130のプログラムが格納され、そのマネージャ130が、FCインターフェース860あるいはネットワークインターフェース870を用いて、使用状況等の情報の収集や指示などの処理を、ホスト100のファイルシステム110やディスクアレイ200に要求するようにしてもよい。 In this embodiment, stored program manager 130 on the client 800, the manager 130, using the FC interface 860 or the network interface 870, a processing such as collecting and instructions information such as usage, the host 100 it may be requested to the file system 110 and disk array 200.
【0151】 [0151]
図24は、本発明が適用された計算機システムの第4実施形態の構成を示す図である。 Figure 24 is a diagram showing the configuration of a fourth embodiment of a computer system to which the present invention is applied.
【0152】 [0152]
本実施形態の計算機システムは、ホスト100がLUプールマネージャ900及びLU管理テーブル910を有する点で、第1実施形態の計算機システムと異なる。 The computer system of this embodiment, in that the host 100 has an LU pool manager 900 and LU management table 910 differs from the computer system of the first embodiment.
【0153】 [0153]
本実施形態によれば、LUの再配置先の選択を容易にすることができる。 According to this embodiment, it is possible to facilitate the selection of the relocation destination LU.
【0154】 [0154]
図25は、LU管理テーブル910を示す図である。 Figure 25 is a diagram illustrating an LU management table 910.
【0155】 [0155]
LU管理テーブル910は、システム全体のLUの状態に関する情報が登録されているテーブルである。 LU management table 910 is a table in which information about the LU status of the entire system is registered.
【0156】 [0156]
LU番号3310には、各LUに一意に割り当てられた番号が登録される。 The LU number 3310 uniquely assigned number to each LU is registered. この番号は、LUプールマネージャ900が各LUを管理するために使用される。 This number is used to LU pool manager 900 manages each LU. サイズ3320には、対応するLUの容量が登録される。 The size 3320, the capacity of the corresponding LU is registered. 構成3330には、RAID構成の種別が格納される。 The configuration 3330, the type of the RAID configuration is stored. 構成3330には、LUがキャッシュメモリ330や単体ディスクで構成されている場合には、その情報も格納される。 The configuration 3330, when the LU is configured with a cache memory 330 and a single disk, the information is also stored.
【0157】 [0157]
状態3340には、LUの状態を示す情報が格納される。 The state 3340, information indicating the state of the LU is stored. その種別として、「オンライン」、「オフライン」、「未実装」及び「障害オフライン」が設けられている。 As a type, "online", "offline", "not yet implemented" and "fault offline" are provided. 「オンライン」は、LUが正常な状態であり、ホスト100からアクセス可能であることを示す。 "Online", LU is in a normal state, indicating that from the host 100 is accessible. 「オフライン」は空きLU、すなわちLUは正常に存在するが、ホスト100からはアクセス不能の状態におかれていることを示す。 "Offline" is empty LU, ie LU is normally present, indicating that it is placed in a state of inaccessible from the host 100. 「未実装」は、このLUは定義されておらず、ホスト100からアクセス不能であることを示す。 "Unmounted" indicates that this LU is not defined, it is inaccessible from the host 100. 「障害オフライン」は、LUに障害が発生してホスト100からのアクセスができないことを示す。 "Failure offline" indicates that in the LU failure occurs can not be accessed from the host 100.
【0158】 [0158]
ディスクアレイ番号3350には、対応するLUが存在するディスクアレイ200を示す情報が格納される。 The disk array ID 3350, information indicating the disk array 200 corresponding LU is present are stored.
【0159】 [0159]
パス3360には、各ディスクアレイ200に複数接続するFC600のどれにLUが割り当てられているかを示す番号が格納される。 The path 3360, which of FC600 for multiple connections to each disk array 200 is a number indicating whether LU is allocated is stored. ID3370及びLUN3380には、LUを示す番号が格納される。 The ID3370 and LUN3380, numbers indicating the LU is stored.
【0160】 [0160]
ディスク性能3390には、対応するLUが現在配置されているディスク装置210の性能を示す指標が格納される。 The disk performance 3390, indicator of the performance of the disk device 210 corresponding LU is currently located is stored. 具体的には、 図25に示すとおり、ディスク装置210の平均シーク時間、平均回転待ち時間及び構成から、ディスク装置210の性能が高性能、中性能、低性能の指標に分類されて格納されている。 Specifically, as shown in FIG. 25, the average seek time of the disk device 210, the average rotational latency and configuration, the performance of the disk device 210 is high, medium performance, stored are classified as indication of a low performance there. キャッシュメモリ上のLUは、超高性能に分類される。 LU on the cache memory is classified into ultra-high performance.
【0161】 [0161]
エミュレーションタイプ3400には、ディスクアレイ200がホスト100に提供する各LUのディスク装置としての型を示す情報が格納される。 The emulation type 3400, information disk array 200 indicates the type of the disk device of each LU to be provided to the host 100 is stored.
【0162】 [0162]
再配置可能フラグ3410には、LUの再配置を行う際に、LUの再配置先として使用できるか否かを指定するためのフラグが格納される。 The relocatable flag 3410, when rearranging the LU, the flag for specifying whether or not it is possible to use as the relocation destination LU is stored. ユーザは、このフラグを用いて再配置用のLUとその他のLUを区別することができる。 The user can distinguish the LU and other LU for relocation with this flag. ユーザはフラグのオン/オフを変更することができる。 The user can change the flag on / off.
【0163】 [0163]
図25は、ディスクアレイ番号0についてのLU管理テーブルを示す図である。 Figure 25 is a diagram illustrating an LU management table for the disk array number 0. マネージャ130は、すべてのディスクアレイ200についてのLU管理テーブルを保持している。 Manager 130 holds the LU management table for all of the disk array 200.
【0164】 [0164]
本実施形態における再配置対象の決定は、以下のようにして行われる。 Determining relocated in this embodiment is performed as follows.
【0165】 [0165]
ユーザは、マネージャ130に対して、再配置元LUの指定及び再配置先LUとして必要とされる条件を指定する。 The user specifies the conditions under which the manager 130 is required as specified and relocation destination LU relocation source LU. 具体的な条件としては、性能条件や信頼性レベル等がある。 Specific conditions, there is a performance condition and reliability levels, and the like.
【0166】 [0166]
例えば、あるLUが過度に使用され、そのLUを含むディスク装置の能力を超えて負荷がかかっている場合、そのLUの再配置先としてより高性能のディスク装置を指定すれば、LUの処理能力が増大し、計算機システムの性能向上が期待できる。 For example, there LU is overused, if under load beyond the capabilities of the disk device containing the LU, by specifying the performance of the disk device than as a relocation destination of the LU, LU processing capacity There was increased, improving the performance of the computer system can be expected.
【0167】 [0167]
又、重要なデータを格納しているLUが単体ディスクや冗長なしRAID(RAID0)上に存在する場合、再配置先としてRAID5やRAID1を指定すれば、冗長性による耐障害性を確保できる。 Further, if the LU that contains critical data is present on a single disc or redundant without RAID (RAID0), by specifying the RAID5 or RAID1 as the relocation destination, it can secure fault tolerance by redundancy.
【0168】 [0168]
マネージャ130は、LU管理テーブル910に登録された情報を用いて再配置先のLUを決定し、ユーザに通知した上で、LUの再配置を行う。 Manager 130 determines the relocation destination LU using the information registered in the LU management table 910, after informs the user rearranges the LU.
【0169】 [0169]
図26は、本実施形態における再配置対象決定処理の手順を示すフロー図である。 Figure 26 is a flowchart showing the steps of a relocation target determining process in the present embodiment. 本処理は、ユーザの指示に対応して実行される。 This processing is executed in response to a user instruction.
ユーザは、マネージャ130に対して再配置元LUのディスクアレイ番号、パス、ID及びLUNを指定する。 The user specifies relocation origin LU of the disk array number, pass, the ID and LUN to the manager 130. この場合、パス及びID等の代わりに、ディスクアレイ番号及びLU番号を指定してもよい(ステップ2500)。 In this case, instead of such path and ID, which may specify a disk array number and LU number (step 2500).
【0170】 [0170]
ユーザは、マネージャ130に対して、再配置先についての要求条件として性能条件や信頼性レベルを指定する(ステップ2510)。 User, the manager 130 specifies the performance requirements and reliability levels as requirements for relocation destination (step 2510).
【0171】 [0171]
マネージャ130は、再配置元LU、および再配置先についての要求条件をLUプールマネージャ900に通知する(ステップ2520)。 Manager 130 notifies relocation source LU, and the requirements for relocation destination LU pool manager 900 (step 2520). LUプールマネージャ900は、LU管理テーブル910内を検索して、要求された条件を満たすLUの有無を確認する(ステップ2530)。 LU pool manager 900 searches through the LU management table 910 to confirm the presence or absence of the requested conditions are satisfied LU (step 2530).
【0172】 [0172]
この場合、検索条件は、「状態がオフライン」かつ「サイズが再配置元LU以上」かつ「エミュレーションタイプが再配置元LUと同じ」かつ「再配置可能フラグがオン(真)すなわち可能」かつ「性能条件が要求を満たす」かつ「信頼性レベルが要求を満たす」でなければならない。 In this case, the search condition, and "state offline" and and "size relocation origin LU or more" and "Same as emulation type relocation origin LU" "relocatable flag is on (true) or can", " performance condition satisfies the request "and" confidence level must be satisfy the request. "
【0173】 [0173]
ステップ2540において条件を満たすLUが存在した場合、LUプールマネージャは、該当するLUをマネージャ130に通知する(ステップ2550)。 Satisfies If LU is present in step 2540, LU pool manager notifies the corresponding LU manager 130 (step 2550). マネージャ130は、通知されたLUを再配置先LUとして決定する(ステップ2560)。 Manager 130 determines the notified LU as the relocation destination LU (step 2560).
【0174】 [0174]
ステップ2540で条件を満たすLUが存在しなかった場合、LUプールマネージャ900は、LU管理テーブル910内を検索して「状態が未実装」のLU番号3310を探す(ステップ2570)。 If conditions are satisfied LU in step 2540 does not exist, LU pool manager 900 searches through the LU management table 910 Find LU number 3310 of "state unmounted" (step 2570).
【0175】 [0175]
未実装のLU番号3310が存在しなかった場合は、LUプールマネージャ900は、マネージャ130に条件を満たすLUの利用不可を通知する(ステップ2580)。 If LU number 3310 of unimplemented did not exist, LU pool manager 900 notifies the satisfying LU unavailable to the manager 130 (step 2580). 通知を受けたマネージャ130は、ユーザに再配置先LU決定不可を通知する(ステップ2590)。 Manager 130 which has received the notification, notifies the relocation destination LU determined not to the user (step 2590).
【0176】 [0176]
ステップ2570で未実装のLUが存在した場合は、LUプールマネージャ900は、未実装のLU番号と再配置先LUについての条件を指定して、該当するディスクアレイ200に再配置先LUの構築を指示する(ステップ2600)。 If not implemented the LU is present in step 2570, LU pool manager 900 designates the conditions for LU number and relocation destination LU unimplemented, the construction of the relocation destination LU in the appropriate disk array 200 instruction (step 2600).
【0177】 [0177]
この場合の再配置先LUについての条件は、「サイズが再配置元LU以上」かつ「エミュレーションタイプが再配置元LUと同じ」かつ「性能条件が要求を満たす」かつ「信頼性レベルが要求を満たす」である。 Conditions for relocation destination LU in this case, "size relocation origin LU or more" and "the emulation type is the same as the rearrangement based LU" "meet the performance criteria required" and and "confidence level requests it is satisfied. "
【0178】 [0178]
LUの構築を指示されたディスクアレイ200は、LU構築処理を行う(ステップ2610)。 Disk array 200 is instructed to build LU performs LU construction process (step 2610). 構築が成功した場合は、ディスクアレイ200は、LUプールマネージャ900に、構築したLUについてのディスクアレイ番号、パス、ID及びLUNなどを含む一連の情報を通知する(ステップ2620)。 If construction is successful, the disk array 200, the LU pool manager 900 notifies the disk array number for LU constructed, path, a set of information including ID and LUN (step 2620). 構築が失敗した場合には、ディスクアレイ200は、LUプールマネージャ900に構築不可の通知を行う(ステップ2610)。 If the build fails, the disk array 200, a notification of not built LU pool manager 900 (step 2610).
【0179】 [0179]
LUプールマネージャ900は、通知されたLUの情報をLU管理テーブル910に登録し(ステップ2630)、マネージャ130に通知する(ステップ2550)。 LU pool manager 900 registers the information of the notified LU in the LU management table 910 (step 2630), and notifies the manager 130 (step 2550). マネージャ130は、このLUを再配置先LUとして決定する(ステップ2560)。 Manager 130 determines the relocation destination LU this LU (step 2560).
【0180】 [0180]
構築不可の通知を受けたLUプールマネージャ900は、マネージャ130に条件を満たすLUの利用不可を通知する(ステップ2580)。 LU pool manager 900 that has received the notification of not building notifies the satisfying LU unavailable to the manager 130 (step 2580). 通知を受けたマネージャ130は、ユーザに再配置先LU決定不可を通知する(ステップ2590)。 Manager 130 which has received the notification, notifies the relocation destination LU determined not to the user (step 2590).
【0181】 [0181]
図27は、ディスクアレイ200が行うLU構築処理の手順を示すフロー図である。 Figure 27 is a flow diagram showing a procedure of LU construction processing the disk array 200 is performed. この処理は、LUプールマネージャ900の指示を受けた時に行われるディスクアレイ200は、LUプールマネージャ900からの指示により、未実装のLU番号と再配置先LUについての条件を受け取る(ステップ2700)。 This process, a disk array 200 that is performed when receiving an instruction LU pool manager 900, an instruction from the LU pool manager 900 receives conditions for LU number and relocation destination LU of unimplemented (step 2700).
【0182】 [0182]
ディスクアレイ200は、ディスク装置210やキャッシュメモリ330などの内部資源割り当て状況等と受け取った条件を比較して、要求された条件のLUが構築可能かどうかを判断する(ステップ2710)。 Disk array 200 compares the condition received internal resource allocation status, etc., such as a disk device 210 or cache memory 330, LU of the requested conditions to determine whether be constructed (step 2710). LUが構築可能な場合は、ディスクアレイ200は、内部資源を割り当て、フォーマット/初期化処理を行ってLUを構築する。 If LU is buildable, disk array 200 assigns the internal resources to build the LU-formatted / initialization process. ディスクアレイ200は、構築したLUに、LUプールマネージャー900から受けとった未実装のLUに対応するLU番号を割り当てる(ステップ2720)。 Disk array 200, the LU constructed, assign LU number corresponding to the LU of unimplemented received from LU pool manager 900 (step 2720).
【0183】 [0183]
ディスクアレイ200は、FCインタフェース260を設定し、LUにパス、ID、LUNを割り当てる(ステップ2730)。 Disk array 200 sets the FC interface 260, assigned path, ID, a LUN to LU (step 2730). ディスクアレイ200は、構築したLUについての、ディスクアレイ番号、パス、ID及びLUN等を含む一連の情報をLUプールマネージャ900に通知する(ステップ2740)。 Disk array 200, for LU constructed notifies the disk array number, path, a set of information including the ID and LUN, etc. LU pool manager 900 (step 2740).
【0184】 [0184]
ステップ2710においてLUが構築不可能だった場合は、ディスクアレイ200は、構築不可をLUプールマネージャ900に通知する(ステップ2750)。 If LU is impossible constructed at step 2710, the disk array 200 notifies the Call constructed LU pool manager 900 (step 2750).
【0185】 [0185]
再配置先LUが決定されたら、マネージャ130は、第一の実施の形態と同様に再配置元LUと再配置先LUについての再配置処理を行う。 If it is determined relocation destination LU is, the manager 130 performs rearrangement processing for the relocation origin LU and the relocation destination LU in the same manner as in the first embodiment.
【0186】 [0186]
図28は、再配置元LUのオフライン化処理の手順を示すフロー図である。 Figure 28 is a flowchart showing the steps of a relocation origin LU of offline processing.
【0187】 [0187]
マネージャ130は、第一の実施の形態で説明した方法でコピーの進捗を取得し、コピーが終了した場合は、LUプールマネージャ900に再配置元LUのオフライン化を指示する(ステップ2800)。 Manager 130 obtains the progress of the copy in the manner described in the first embodiment, when the copy is completed, it instructs the offline relocation origin LU to LU pool manager 900 (step 2800).
【0188】 [0188]
オフライン化の指示を受けたLUプールマネージャ900は、再配置元LUのディスクアレイ200に、再配置元LUのオフライン化を指示する(ステップ2810)。 LU pool manager 900 that has received the instruction of offline is a disk array 200 of the relocation source LU, and instructs the offline relocation source LU (step 2810). オフライン化の指示をうけたディスクアレイ200は、FCインタフェース260を設定してLUにロックをかけることで、LUをオフラインにする(ステップ2820)。 Disk array 200 having received an instruction for offline sets the FC interface 260 that locks the LU, the LU offline (step 2820). ディスクアレイ200は、オフライン化したことをLUプールマネージャ900に通知する(ステップ2830)。 Disk array 200 notifies that it has taken offline LU pool manager 900 (step 2830).
【0189】 [0189]
オフライン化の通知を受けたLUプールマネージャは、LU管理テーブル910のLUの状態3340の内容をオフラインに更新する(2840)。 LU pool manager notified of offline updates the contents of the status 3340 of the LU of the LU management table 910 offline (2840).
【0190】 [0190]
ここでは、マネージャ130がコピーの進捗情報を取得する例を説明したが、ディスクアレイ200がコピー終了をマネージャ130に通知してもよい。 Here, an example has been described in which the manager 130 obtains the progress information of the copy, the disk array 200 may notify the copy end to the manager 130.
【0191】 [0191]
また、マネージャ130がオフライン化を指示する代わりにディスクアレイ200がコピー終了時点で再配置元LUをオフライン化し、オフライン化したことをLUプールマネージャ900に通知してもよい。 Also, offline relocation origin LU disk array 200 at the copy end point instead of the manager 130 instructs the offline, it may notify the LU pool manager 900 that it has offline.
【0192】 [0192]
本実施形態においては、マネージャ130が、SCSI規格のEXTENDED COPYコマンドを用いてスイッチ500のコピー制御部510へのコピー指示を行う場合について説明したが、他のコマンドを用いてもよい。 In this embodiment, the manager 130, there has been described a case where the copy instruction to copy control section 510 of the switch 500 by using the EXTENDED COPY command SCSI standard may use other commands. 他のコマンドとは、例えば、コマンドボリュームへのライトコマンド等である。 The other commands, for example, a write command, etc. to the command volume. また、図15に示すように、ディスクアレイ200がコピー制御部510を有し、マネージャ130がディスクアレイ200のコピー制御部510に、コピー指示を行って、ディスクアレイ200がコピー処理を行うようにしてもよい。 Further, as shown in FIG. 15, a disk array 200 is a copy control section 510, the copy control section 510 of the manager 130 is a disk array 200, performs copy instruction, as the disk array 200 executes a copying process it may be.
【0193】 [0193]
本実施形態では、再配置先LUとして要求する条件などの情報はユーザが指定しているとしたが、マネージャ130が自動的に判断して指定してもよい。 In the present embodiment, information such as the conditions required for the relocation destination LU has been set to the user has specified, may be designated managers 130 are automatically determined.
【0194】 [0194]
本実施形態では、LUプールマネージャ900とマネージャ130が同じホスト100に存在するとしたが、LUプールマネージャ900がリモートコンピュータ400といった、マネージャ130とは異なるコンピュータに存在してもよい。 In the present embodiment, although the LU pool manager 900 and the manager 130 are on the same host 100, LU pool manager 900 is such remote computer 400 may reside on different computers with the manager 130. この場合、LUプールマネージャ900とマネージャ130は、FC600やネットワーク700を介してSCSIやSNMPや他のプロトコルやコマンド体系で指示や通知を行う。 In this case, LU pool manager 900 and manager 130, an instruction or notification SCSI or SNMP or other protocol or command system via the FC600 and network 700.
【0195】 [0195]
本実施形態によれば、LUの再配置の処理において、再配置先のLUの管理や選択を容易にしてユーザの負荷を削減し、計算機システムの管理を容易にすることができる。 According to this embodiment, it is possible in the process of relocation of LU, the management and selection of the relocation destination LU to facilitate reducing the load on the user, to facilitate the management of the computer system.
【0196】 [0196]
図29は、本発明を適用した計算機システムの第5実施形態を示す図である。 Figure 29 is a diagram showing a fifth embodiment of a computer system according to the present invention. 本実施形態の計算機システムは、LU領域範囲テーブル192に新たな項目を付加したLU領域範囲テーブル193を用いて、クライアント800からのリード/ライト要求に基づき、ホスト100がファイルをリード/ライトする。 The computer system of this embodiment, by using the LU area range table 193 by adding a new entry in the LU area range table 192, based on the read / write request from the client 800, the host 100 read / write the file. そして、クライアント800との間でネットワーク700を介してデータを転送する処理を行う点が、第3実施形態の計算機システムと異なる。 Then, the point of performing the process of transferring data over the network 700 between the client 800 is different from the computer system of the third embodiment.
ネットワーク700を経由したファイル共有のためのプロトコルとしては、Network File System(NFS)やCommon Internet File System(CIFS)が広く用いられている。 The protocol for file sharing over a network 700, Network File System (NFS) or Common Internet File System (CIFS) is widely used. これらのプロトコルや広く普及しているネットワーク700を用いることにより、容易にファイル共有環境を実現することができる。 By using the network 700 that is popular these protocols and wide, it is possible to realize easily file sharing environment. 本実施形態においても、NFS又はCIFSを使用することを考える。 In this embodiment, consider the use of NFS or CIFS.
【0197】 [0197]
図30は、LU領域範囲テーブル193を示す図である。 Figure 30 is a diagram illustrating an LU area range table 193. LU領域範囲テーブル193には、LU領域に対するアクセスがネットワークを使用するか否かに関する情報が格納される。 The LU area range table 193, information on whether access to the LU region use the network are stored.
【0198】 [0198]
使用種別3510には、LU領域が、リード/ライトの処理が第3実施形態のようにFC600を介して行われるLU領域であるか、本実施形態で説明するようにネットワーク700を介してリード/ライトの処理が行われるLU領域であるかを示す情報が格納される。 The use type 3510, LU region, or the processing of the read / write is LU region is performed via the FC600 as in the third embodiment, via the network 700 as described in the present embodiment the read / information indicating whether the LU area processing of the write is executed is stored.
【0199】 [0199]
使用種別3510には、LU領域が、第1実施形態のようにLUを再配置する構成および方法に用いる領域(この場合のリード/ライト要求はFC600を経由する)であるか、LUへのリード/ライトの処理が、ネットワーク700を介して行う領域であるかの情報を格納することができる。 The use type 3510, or LU region is a region used for the configuration and method to reposition the LU as in the first embodiment (read / write request in this case is via the FC600), leads to the LU / process lights can store one of information is a region for through a network 700. 使用種別3510には、未使用領域の情報を格納することもできる。 The use classification 3510 may also store information of unused space. その他、領域内アドレス、ディスクアレイ番号、ID、LUN、LU内アドレスは、第3実施形態で説明したものと同様なので、説明を省略する。 Other regions in the address, the disk array number, ID, LUN, the LU within the address the same as the ones described in the third embodiment, the description thereof is omitted.
【0200】 [0200]
LU領域範囲テーブル193を用いてLUを集中して管理することで、ファイルシステム110は、LUを少なくとも使用種別毎に区別された、複数の領域として管理することができる。 By managing to concentrate LU using LU area range table 193, the file system 110 can distinguished for each at least use types of LU, managed as a plurality of regions.
【0201】 [0201]
LU領域範囲テーブル193が設定されることによって、ホスト100は、クライアント800からの要求が、第3実施形態で説明した方法でのアクセスか、ネットワークを介した形でのアクセスかを、要求で用いられるプロトコルなどで区別する。 By LU area range table 193 is set, the host 100 may request from the client 800, or access by the method described in the third embodiment, whether the access in the form via the network, using the request distinguished by such is protocol. ホスト100は、この種別に応じて、LU領域を使用種別3510毎に区別して扱う。 Host 100, depending on the type, treat distinguished LU area for each use type 3510.
【0202】 [0202]
ホスト100は、第3実施形態の方法でアクセスされるファイルおよび領域と、本実施形態の方法でアクセスされるファイルおよび領域を区別して処理する。 The host 100 includes a file and the area to be accessed by the method of the third embodiment, it processes by distinguishing files and areas are accessed by the method of the present embodiment. したがって、同一のファイルおよび領域へアクセスする方法が混在することはない。 Therefore, a method to access the same file and the region will not be mixed.
【0203】 [0203]
ホスト100は、アクセス可能なファイルの検索においても、同様の区別を行う。 Host 100, also in the search for an accessible file, the same distinction. つまり、同一のディスクアレイ200に存在する各ファイルに、クライアント800からのアクセス要求があった場合、クライアント800からの使用種別を識別することにより、クライアント800の使用種別とは異なる他の使用種別のファイルをクライアント800に対して返答しない。 In other words, each file that exists on the same disk array 200, when there is an access request from a client 800, by identifying the use type of the client 800, different other uses type to the use type of the client 800 It does not answer the file to the client 800. したがって、クライアント800には、自己が使用するアクセス方法でのみアクセス可能なファイルだけが通知される。 Thus, the client 800, only only files accessible by access method used itself is notified. このことにより、本システムにおいては、共有ファイルの管理を容易に行うことができる。 Thus, in this system, it is possible to easily manage the shared files.
【0204】 [0204]
さらに、第1実施形態のように、LUを再配置する構成および方法に用いる領域(リード/ライトはFC600経由)と、LUへのリード/ライトをホスト100およびネットワーク700を介して行う領域との区別を行うことによって、上述したような効果をこれら全ての使用種別に対して得ることができる。 Furthermore, as in the first embodiment, the area used for configuration and method to reposition the LU (via read / write FC600), the area to be read / write to the LU via the host 100 and the network 700 by performing the distinction, the effects as described above can be obtained for all of these use type. 又、ユーザは、ホスト100またはリモートコンピュータ400を介して、LU領域範囲テーブル193を自由に設定することができる。 The user, through the host 100 or remote computer 400, it is possible to set the LU area range table 193 freely.
【0205】 [0205]
本実施形態では、NFSやCIFSのようなファイル共有プロトコルをネットワーク700経由で使用し、ホスト100とクライアント800間のデータ転送をネットワーク700経由で行うとしたが、ネットワーク700の代わりに、FC800経由で行う処理も考えられる。 In the present embodiment, the file sharing protocols such as NFS and CIFS used over the network 700, has been to perform the data transfer between the host 100 and the client 800 over the network 700, instead of the network 700, via FC800 processing to be performed may be considered. 更に、クライアント800が行う各LUへのリード/ライト要求を、ホスト100およびネットワーク700を介して行う処理も考えられる。 Further, the read / write request to the LU that the client 800 is performed, processing is also conceivable to carry out via the host 100 and the network 700. この場合、ホスト100は、クライアント800が要求するリード/ライト対象領域を、LU領域範囲テーブル192を用いて求める。 In this case, the host 100, the read / write target area client 800 requests, determined using the LU area range table 192. ホスト100は、対象となるデータをリードしてクライアント800にネットワーク700経由で転送する。 The host 100 transmits via the network 700 to read the data of interest to the client 800. あるいは、ホスト100は、クライアント800からデータをネットワーク700経由で受領してライトする。 Alternatively, the host 100 writes to receive data over the network 700 from the client 800.
【0206】 [0206]
図31は、クライアント800のアプリケーション840が、ディスクアレイ200に格納されているファイルに対してリードを行う場合における、ホスト100の処理の手順を示すフロー図である。 Figure 31 is an application 840 of the client 800, when performing read the file stored in the disk array 200 is a flowchart showing the steps in the process of the host 100.
【0207】 [0207]
第3実施形態と同様に、リード通知をうけたホスト100のファイルシステム110は、LU領域範囲テーブル193とメタデータを参照することで、ファイルの格納されているLU及びLU内領域を求める(ステップ2900)。 Like the third embodiment, the file system 110 of the host 100 that received the read notification refers to the LU area range table 193 and the metadata to determine the LU and LU region is stored in the file (step 2900). ファイルシステム110は、他のライト要求に対してリード対象となるファイルをロックする(ステップ2910)。 File system 110 locks the file to be read subject to other write request (step 2910). ファイルシステム110は、ファイル内のデータをリードして(ステップ2920)、クライアント800にネットワーク700を介してリードした内容を転送する(ステップ2930)。 File system 110 reads the data in the file (step 2920), and transfers the contents read via the network 700 to the client 800 (step 2930). ファイルシステム110は、メタデータ上のファイルアクセス日時を更新する(ステップ2940)。 File system 110 updates the file access time on the metadata (Step 2940). ファイルシステム110は、ファイルのロックを解除し(ステップ2950)、リード処理の完了をクライアント800に通知する(ステップ2960)。 File system 110, to unlock the file (step 2950), and notifies the completion of the read processing to the client 800 (step 2960).
【0208】 [0208]
図32は、アプリケーション840が、ライトを行う場合の処理の手順を示すフロー図である。 Figure 32 is an application 840, is a flow diagram illustrating a procedure of processing when performing write.
【0209】 [0209]
ライト通知を受けたホスト100は、ネットワーク700経由でクライアント800からライトデータを受け取る(ステップ3000)。 Host 100 that received the write notification receives the write data from the client 800 via the network 700 (step 3000). ホスト100は、LU領域範囲テーブル193とメタデータを参照することで、ファイルの格納されているLUとLU内領域を求める(ステップ3010)。 Host 100 refers to the LU area range table 193 and the metadata, obtaining an LU and LU area stored in the file (step 3010). ホスト100は、ファイルをロックし(ステップ3020)、ファイルにデータをライトする。 Host 100 locks the file (step 3020), it writes the data to a file. このとき、必要ならばメタデータを更新してファイル使用領域の追加を行う(ステップ3030)。 At this time, to add the files used area and updates the metadata if necessary (step 3030).
【0210】 [0210]
ホスト100は、メタデータ上のファイル更新日時とアクセス日時を更新する(ステップ3040)。 Host 100 updates the file update and access times on the metadata (Step 3040). ホスト100は、ロックを解除し(ステップ3050)、ライト完了をクライアント800に通知する(ステップ3060)。 Host 100, to release the lock (step 3050), and notifies the write completion to the client 800 (step 3060).
【0211】 [0211]
図33は、クライアント800のアプリケーション840またはOS820が、アクセス可能なファイルの存在についてホスト100に問い合わせた場合の処理の手順を示すフロー図である。 Figure 33 is an application 840 or OS820 client 800 is a flowchart showing the procedure of processes performed when the inquiry to the host 100 for the presence of accessible files.
【0212】 [0212]
アプリケーション840またはOS820自身の要求があった時、OS820は、ネットワーク700を介してホスト100にアクセス可能なファイルの存在を問い合わせる(ステップ3100)。 When there is an application 840 or OS 820 itself request, OS 820 inquires the presence of accessible files to the host 100 via the network 700 (step 3100).
【0213】 [0213]
通知をうけたホスト100のファイルシステム110は、アクセス可能なファイルを、LU領域範囲テーブル193とメタデータを参照して求める(ステップ3110)。 File system 110 of the host 100 having received the notification, the accessible file is obtained with reference to the LU area range table 193 and the metadata (Step 3110). ファイルシステム110は、各ファイルのファイル名などの情報をクライアント800に通知する(ステップ3120)。 File system 110 notifies the information such as the file name of each file to the client 800 (step 3120).
【0214】 [0214]
本実施形態では、クライアント800およびホスト100は、ディスクアレイ200に格納されているファイルをホスト100経由で共有して使用することができる。 In the present embodiment, the client 800 and the host 100 may be used to share files stored in the disk array 200 via the host 100. データの再配置の方法等は第3実施形態と同様である。 How such relocation data is the same as that of the third embodiment. ただし、再配置処理は各使用種別の領域内で行われる。 However, the relocation processing is carried out in the region of each use type.
【0215】 [0215]
本実施形態では、ディスクアレイ200に格納されているデータを共有して使用する環境においても、アプリケーション140およびアプリケーション840が関与することなく、複数のディスクアレイ200間でのファイルの物理的再配置を行うことができる。 In the present embodiment, even in an environment that share and use data stored in the disk array 200, without the application 140 and application 840 are involved, the physical relocation of files among the plurality of disk array 200 It can be carried out.
【0216】 [0216]
本発明は、各実施形態に限定されるものではなく、その要旨の範囲内で数々の変形が可能である。 The present invention is not intended to be limited to the embodiments, and various modifications are possible within the scope of the invention.
【0217】 [0217]
たとえば、図1、図15および図21に示すように、マネージャ130を、ネットワークインタフェース470とFCインタフェース460とを有するリモートコンピュータ400上のプログラムとして、ホスト100の外部に配置してもよい。 For example, as shown in FIGS. 1, 15 and 21, the manager 130, as a program on the remote computer 400 and a network interface 470 and the FC interface 460, may be disposed outside of the host 100. ホスト100外部のマネージャ130がFC600あるいはネットワーク700経由で情報の収集や指示を行い、各実施形態と同様の処理を行って、複数のディスクアレイ200間におけるLUの再配置によるデータの適正配置を、アプリケーション140に対して透過的に行うことができる。 Host 100 external manager 130 performs the collection and indication information via FC600 or network 700, and performs the same processing as each of the embodiments, the proper placement of data by relocation LU between a plurality of disk array 200, it can be performed transparently to the application 140.
【0218】 [0218]
また、第1実施形態において、第3実施形態と同様に、ファイルの共有等を行うようにしてもよい。 In the first embodiment, like the third embodiment, it may be performed to share such files. この場合も、記第1実施形態と同様に、複数のディスクアレイ200間でのデータの物理的再配置を、アプリケーション140、840に対し、再配置前後で論理的に等価となるように透過的に行うことができる。 In this case, similarly to the serial first embodiment, a physical rearrangement of data between a plurality of disk array 200, for applications 140,840, transparently so that logically equivalent relocation before and after it can be carried out in.
【0219】 [0219]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように、本発明によれば、ストレージサブシステム間におけるデータの再配置を容易に行うことが出来る。 As described above, according to the present invention, it is possible to easily relocate the data between the storage subsystems. また、本発明によれば、ホストコンピュータが適正配置の決定に必要な情報を複数のストレージサブシステムから取得することができる。 Further, according to the present invention, it is possible to host computer obtains the information needed to determine the proper placement of a plurality of storage subsystems. また、異なるストレージサブシステム間におけるデータの再配置を、アプリケーションにとってのデータ位置が、再配置の前後で変化しないように行うことができる。 Further, the rearrangement of data between different storage subsystems, the data location for the application, can be carried out so as not to be changed before and after the relocation. さらに、異なるストレージサブシステム間におけるファイルを対象とするデータの再配置を行うことができる。 Furthermore, it is possible to perform the rearrangement of data to be files between different storage subsystems.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の第1実施形態が適用された計算機システムの構成を示す図である。 1 is a diagram showing a configuration of a first embodiment has been applied the computer system of the present invention.
【図2】本発明の第1実施形態でのリード/ライト処理および使用状況取得処理の手順を示すフロー図である。 2 is a flow diagram illustrating a procedure of a read / write processing and usage acquisition process in the first embodiment of the present invention.
【図3】本発明の第1実施形態で用いる論理/物理対応情報を示す図である。 It is a diagram illustrating a logical / physical correspondence information used in the first embodiment of the present invention; FIG.
【図4】本発明の第1実施形態で用いる論理ボリューム使用状況を示す図である。 Is a diagram showing a logical volume usage used in the first embodiment of the present invention; FIG.
【図5】本発明の第1実施形態での使用状況収集処理の手順を示すフロー図である。 5 is a flowchart showing the procedure of use status collecting processing in the first embodiment of the present invention.
【図6】本発明の第1実施形態で用いる論理ボリューム情報のパラメータを示す図である。 Is a diagram showing the parameters of the logical volume information used in the first embodiment of the present invention; FIG.
【図7】本発明の第1実施形態で用いる論理ボリューム情報を示す図である。 7 is a diagram showing a logical volume information used in the first embodiment of the present invention.
【図8】本発明の第1実施形態での再配置対象決定処理の手順を示すフロー図である。 8 is a flow diagram illustrating a procedure of a relocated determining process in the first embodiment of the present invention.
【図9】本発明の第1実施形態での再配置処理の手順を示すフロー図である。 9 is a flow diagram illustrating a procedure of a relocation process in the first embodiment of the present invention.
【図10】本発明の第1実施形態で用いるLU論理位置名テーブルを示す図である。 10 is a diagram illustrating an LU logical position name table used in the first embodiment of the present invention.
【図11】本発明の第1実施形態で用いるLU論理位置名テーブルを示す図である。 11 is a diagram illustrating an LU logical position name table used in the first embodiment of the present invention.
【図12】本発明の第1実施形態でのコピー処理の手順を示すフロー図である。 12 is a flow diagram illustrating a procedure of a copying process in the first embodiment of the present invention.
【図13】本発明の第1実施形態で用いるコピー領域管理テーブルを示す図である。 13 is a diagram showing a copy area management table used in the first embodiment of the present invention.
【図14】本発明の第1実施形態での、図16に示す処理によるコピー中における、再配置先LUへのリード/ライトコマンドに対する処理の手順を示すフロー図である。 [14] in the first embodiment of the present invention, during the copy by the processing shown in FIG. 16 is a flowchart showing the steps in the process for the read / write command to the relocation destination LU.
【図15】本発明の第2実施形態が適用された計算機システムの構成を示す図である。 15 is a diagram showing a configuration of a second embodiment has been applied the computer system of the present invention.
【図16】本発明の第2実施形態で用いるLU領域範囲テーブルを示す図である。 16 is a diagram illustrating an LU area range table used in the second embodiment of the present invention.
【図17】本発明の第2実施形態でのリード/ライト処理の手順を示すフロー図である。 17 is a flowchart showing the procedure of the read / write processing in the second embodiment of the present invention.
【図18】本発明の第2実施形態で用いるメタデータを示す図である。 18 is a diagram illustrating a metadata used in the second embodiment of the present invention.
【図19】本発明の第2実施形態での再配置対象決定処理の手順を示すフロー図である。 19 is a flowchart showing the procedure of relocation object determination process in the second embodiment of the present invention.
【図20】本発明の第2実施形態での再配置処理の手順を示すフロー図である。 FIG. 20 is a flow diagram illustrating a procedure of a relocation process in the second embodiment of the present invention.
【図21】本発明の第3実施形態が適用された計算機システムの構成を示す図である。 21 is a diagram showing a configuration of the third embodiment has been applied the computer system of the present invention.
【図22】本発明の第3実施形態において、クライアントのアプリケーションがファイルのリードを行う際の処理の手順を示すフロー図である。 In a third embodiment of Figure 22 the present invention, a flow diagram client application showing a procedure of processing when performing a read of the file.
【図23】本発明の第3実施形態において、クライアントのアプリケーションがファイルのライトを行う際の処理の手順を示すフロー図である。 In a third embodiment of Figure 23 the present invention, a flow diagram client application showing a procedure of the processing for writing the file.
【図24】本発明の第4実施形態が適用された計算機システムの構成を示す図である。 24 is a diagram showing the configuration of a fourth embodiment is applied the computer system of the present invention.
【図25】本発明の第4実施形態でのLU管理テーブル910を示す図である。 25 is a diagram illustrating an LU management table 910 in the fourth embodiment of the present invention.
【図26】本発明の第4実施形態での再配置対象決定処理の手順を示すフロー図である。 26 is a flowchart showing the procedure of relocation object determination process in the fourth embodiment of the present invention.
【図27】本発明の第4実施形態でのLU構築処理の手順を示すフロー図である。 27 is a flowchart showing a procedure of LU building process in the fourth embodiment of the present invention.
【図28】本発明の第4実施形態での再配置元LUオフライン化処理の手順を示すフロー図である。 28 is a flowchart showing the procedure of relocation origin LU offline processing in the fourth embodiment of the present invention.
【図29】本発明の第5実施形態が適用された計算機システムの構成を示す図である。 29 is a diagram showing a configuration of a fifth embodiment has been applied the computer system of the present invention.
【図30】本発明の第5実施形態でのLU領域範囲テーブル193を示す図である。 30 is a diagram illustrating an LU area range table 193 in the fifth embodiment of the present invention.
【図31】本発明の第5実施形態でのクライアント800のアプリケーション840がファイルのリードを行う際の処理の手順を示したフロー図である。 Figure 31 is a flow diagram application 840 of the client 800 showing a procedure of the processing for the read files in the fifth embodiment of the present invention.
【図32】本発明の第5実施形態でのクライアント800のアプリケーション840がファイルのライトを行う際の処理の手順を示すフロー図である。 [Figure 32] Applications 840 Client 800 in the fifth embodiment of the present invention is a flow diagram illustrating a procedure of the processing for writing the file.
【図33】本発明の第5実施形態でのアクセス可能ファイル応答処理の手順を示すフロー図である。 33 is a flow diagram illustrating a procedure of an access file response processing in the fifth embodiment of the present invention.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
100…ホスト、110…ファイルシステム、120、820…OS、130…マネージャ、140、840…アプリケーション、160、260、460、860…FCインタフェース、170、270、470、870…ネットワークインタフェース、190…ローカルディスク、191…LU論理位置名テーブル、192…LU領域範囲テーブル、200…ディスクアレイ、210…ディスク装置、220…パリティグループ、300…制御部、310…CPU、320…メモリ、321…論理/物理対応情報、322…論理ボリューム使用状況、323…コピー領域管理テーブル、330…キャッシュメモリ、400…リモートコンピュータ、500…スイッチ、510…コピー制御部、600…Fibre Channel(FC)、700…ネットワーク、800…ク 100 ... host, 110 ... file system, 120,820 ... OS, 130 ... manager, 140,840 ... application, 160,260,460,860 ... FC interface, 170,270,470,870 ... network interface, 190 ... local disk, 191 ... LU logical position name table, 192 ... LU area range table, 200 ... disk array, 210 ... disc apparatus, 220 ... parity group 300 ... controller, 310 ... CPU, 320 ... memory, 321 ... logical / physical correspondence information 322 ... logical volume usage, 323 ... copy area management table, 330 ... cache memory, 400 ... remote computer 500 ... switch, 510 ... copy control section, 600 ... Fibre Channel (FC), 700 ... network, 800 ... click イアント。 Ianto.

Claims (6)

  1. 計算機と、前記計算機に接続される複数のストレージサブシステムとを有する計算機システムであって、 And computer A computer system having a plurality of storage sub-system connected to said computer,
    前記複数のストレージサブシステムの各々は、 Each of the plurality of storage subsystems,
    該ストレージサブシステムが有する記憶領域の各々について、前記記憶領域の使用状況を取得する取得手段と、 For each of the storage areas included in said storage subsystem, an acquisition unit that acquires the usage status of the storage area,
    前記計算機からの指示に従って、ほかの前記複数のストレージサブシステムのうちのいずれかからデータの移動を行う移動手段と、 In accordance with an instruction from the computer, a moving means for moving the data from any of the other of said plurality of storage subsystems,
    前記移動が完了したことを前記計算機に通知する通知手段と、を有しており、 It has a notification means for notifying said computer that the movement is completed,
    前記計算機は、 Wherein the computer,
    前記複数のストレージサブシステムの各々から、前記取得手段によって取得された記憶領域各々の使用状況を収集する収集手段と、 From each of the plurality of storage subsystems, collecting means for collecting usage of the storage area respectively acquired by the acquisition means,
    前記データを記憶する記憶領域と、前記計算機で実行されるファイルシステムが管理するファイルとの対応関係を保持するファイル対応関係記録部と、 A storage area for storing the data, and file correspondence recording unit for storing relationships of the file and the file system to be executed by the computer to manage,
    前記収集手段で収集した前記複数のストレージサブシステムの各々が有する記憶領域の使用状況の情報と、前記ファイル対応関係記録部とを使用して、前記ファイルごとに前記記憶領域の使用状況を収集する第2の収集手段と、 Use the usage information storage area, each having a plurality of storage subsystems collected by said collection means and said file correspondence recording unit, collects usage of the storage area for each of the file and a second collection means,
    前記第2の収集手段で収集した前記複数のストレージサブシステムの各々が有する記憶領域のファイルごとの使用状況の情報に基づいて、各ストレージサブシステムにおける記憶領域の使用状況を計算する第2の計算手段と、 Based on the usage information for each file in the storage area, each of said plurality of storage subsystems collected in the second collection means having, a second calculation that calculates the usage of the storage area in the storage subsystem and means,
    前記計算した結果と、前記収集手段で収集した各ストレージサブシステムの記憶領域の使用状況の情報とを少なくとも表示する表示部と、 A result of the above calculation, a display unit and usage information to at least view the storage area of ​​each storage subsystem collected by said collecting means,
    該計算機の使用者から、前記表示部で表示された各々の記憶領域のいずれかの選択の入力を受け付ける選択手段と、 From the user of the computer, and selection means for receiving an input of one of the selection of the storage area of ​​each displayed by the display unit,
    前記データの論理的な位置と、前記ストレージサブシステムにおいて前記データが格納される記憶領域との対応を記憶する対応記憶部と、 A correspondence storing unit that stores the logical location of the data, the correspondence between the storage area where the data is stored in the storage subsystem,
    前記通知手段によって前記ストレージサブシステム間でのデータの移動が完了した通知を受け取った場合に、前記対応記憶部を更新する更新手段と、を有しており、 In response to receiving notification that the movement of the data is completed among the storage subsystems by said notification means has a updating means for updating the correspondence storage unit,
    前記計算機からの指示には、前記選択手段によって選択された記憶領域を指定する情報が含まれている、 Wherein the instruction from the computer, information specifying the storage area selected by the selection means is included,
    ことを特徴とする計算機システム。 Computer system, characterized in that.
  2. 計算機と、前記計算機に接続される複数のストレージサブシステムとを有する計算機システムであって、 And computer A computer system having a plurality of storage sub-system connected to said computer,
    前記複数のストレージサブシステムの各々は、 Each of the plurality of storage subsystems,
    該ストレージサブシステムが有する記憶領域の各々について、前記記憶領域の使用状況を取得する取得手段と、 For each of the storage areas included in said storage subsystem, an acquisition unit that acquires the usage status of the storage area,
    前記計算機からの指示に従って、ほかの前記複数のストレージサブシステムのうちのいずれかからデータの移動を行う移動手段と、 In accordance with an instruction from the computer, a moving means for moving the data from any of the other of said plurality of storage subsystems,
    前記移動が完了したことを前記計算機に通知する通知手段と、を有しており、 It has a notification means for notifying said computer that the movement is completed,
    前記計算機は、 Wherein the computer,
    前記複数のストレージサブシステムの各々から、前記取得手段によって取得された記憶領域各々の使用状況を収集する収集手段と、 From each of the plurality of storage subsystems, collecting means for collecting usage of the storage area respectively acquired by the acquisition means,
    前記データを記憶する記憶領域と、前記計算機で実行されるファイルシステムが管理するファイルとの対応関係を保持するファイル対応関係記録部と、 A storage area for storing the data, and file correspondence recording unit for storing relationships of the file and the file system to be executed by the computer to manage,
    前記収集手段で収集した前記複数のストレージサブシステムの各々が有する記憶領域の使用状況の情報と、前記ファイル対応関係記録部とを使用して、前記ファイルごとに前記記憶領域の使用状況を収集する第2の収集手段と、 Use the usage information storage area, each having a plurality of storage subsystems collected by said collection means and said file correspondence recording unit, collects usage of the storage area for each of the file and a second collection means,
    前記第2の収集手段で収集した前記複数のストレージサブシステムの各々が有する記憶領域のファイルごとの使用状況の情報に基づいて、各ストレージサブシステムにおける記憶領域の使用状況を計算する第2の計算手段と、 Based on the usage information for each file in the storage area, each of said plurality of storage subsystems collected in the second collection means having, a second calculation that calculates the usage of the storage area in the storage subsystem and means,
    前記計算した結果と、前記収集手段で収集した各ストレージサブシステムの記憶領域の情報とに基づいて、所定の条件を満たす前記記憶領域を自動的に選択する第2の選択手段と、 A result of the above calculation, a second selection means automatically selects a predetermined condition is satisfied the storage area based on the information of the storage area of ​​each storage subsystem collected by said collecting means,
    前記データの論理的な位置と、前記ストレージサブシステムにおいて前記データが格納される記憶領域との対応を記憶する対応記憶部と、 A correspondence storing unit that stores the logical location of the data, the correspondence between the storage area where the data is stored in the storage subsystem,
    前記通知手段によって前記ストレージサブシステム間でのデータの移動が完了した通知を受け取った場合に、前記対応記憶部を更新する更新手段と、を有しており、 In response to receiving notification that the movement of the data is completed among the storage subsystems by said notification means has a updating means for updating the correspondence storage unit,
    前記計算機からの指示には、前記第2の選択手段によって選択された記憶領域を指定する情報が含まれている、 Wherein the instruction from the computer, information specifying the storage area selected by the second selection means is included,
    ことを特徴とする計算機システム。 Computer system, characterized in that.
  3. 前記記憶領域は、ディスク装置を用いて形成される論理的な記憶領域である 、ことを特徴とする請求項1 または請求項2に記載の計算機システム。 The storage area is a computer system according to claim 1 or claim 2 which is a logical storage area, it is characterized in that is formed by using a disk device.
  4. 前記所定の条件とは、前記記憶領域へのアクセスの頻度が一定値以上であるという条件である、 Wherein the predetermined condition is that the frequency of access to the storage area is not less than a predetermined value,
    ことを特徴とする請求項または請求項に記載の計算機システム。 The computer system according to claim 1 or claim 2, characterized in that.
  5. 前記計算機は、前記通知手段によって、ストレージサブシステム間のファイルの移動が完了したことを通知されると、前記ファイル対応関係記録部を更新する手段、を更に有する ことを特徴とする請求項または請求項に記載の計算機システム。 Wherein the computer by the notification unit, when the movement of files between the storage subsystem is informed of the completion, the file correspondence means for updating the recording unit further claim 1 or characterized in that it has a the computer system according to claim 2.
  6. 前記使用状況には、データを読み出す際に前記記憶領域が占有される時間が含まれる、 Wherein the usage the storage area when reading data include time occupied,
    ことを特徴とする請求項1から請求項のいずれかに記載の計算機システム。 The computer system according to any one of claims 1 to 5, characterized in that.
JP2001053458A 2000-07-06 2001-02-28 Computer system Expired - Fee Related JP4115093B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000205510 2000-07-06
JP2000-205510 2000-07-06
JP2001053458A JP4115093B2 (en) 2000-07-06 2001-02-28 Computer system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001053458A JP4115093B2 (en) 2000-07-06 2001-02-28 Computer system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002082775A JP2002082775A (en) 2002-03-22
JP4115093B2 true JP4115093B2 (en) 2008-07-09

Family

ID=26595536

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001053458A Expired - Fee Related JP4115093B2 (en) 2000-07-06 2001-02-28 Computer system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4115093B2 (en)

Families Citing this family (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6752120B2 (en) 2002-03-25 2004-06-22 Toyoda Koki Kabushiki Kaisha Crankshaft and engine
JP5106093B2 (en) * 2002-04-26 2012-12-26 株式会社日立製作所 Storage system control method and storage control device
JP4183443B2 (en) 2002-05-27 2008-11-19 株式会社日立製作所 Data relocation method and apparatus
JP2004013215A (en) 2002-06-03 2004-01-15 Hitachi Ltd Storage system, storage sub-system, and information processing system including them
JP4100968B2 (en) 2002-06-06 2008-06-11 株式会社日立製作所 Data mapping management device
JP2004252934A (en) * 2002-06-12 2004-09-09 Hitachi Ltd Method and system for managing replication volume
US6925541B2 (en) * 2002-06-12 2005-08-02 Hitachi, Ltd. Method and apparatus for managing replication volumes
US7457822B1 (en) * 2002-11-01 2008-11-25 Bluearc Uk Limited Apparatus and method for hardware-based file system
JP4509089B2 (en) * 2002-11-25 2010-07-21 株式会社日立製作所 Virtualization controller and a data transfer control method
JP4116413B2 (en) 2002-12-11 2008-07-09 株式会社日立製作所 Prefetch appliance server
JP4294353B2 (en) 2003-03-28 2009-07-08 株式会社日立製作所 Storage system disorders management method and apparatus has a job management function
JP2004302751A (en) 2003-03-31 2004-10-28 Hitachi Ltd Method for managing performance of computer system and computer system managing performance of storage device
US9489150B2 (en) 2003-08-14 2016-11-08 Dell International L.L.C. System and method for transferring data between different raid data storage types for current data and replay data
US7613945B2 (en) 2003-08-14 2009-11-03 Compellent Technologies Virtual disk drive system and method
JP4486632B2 (en) * 2003-09-17 2010-06-23 株式会社日立製作所 Storage system
JP2005115506A (en) 2003-10-06 2005-04-28 Hitachi Ltd Storage system
JP4282464B2 (en) 2003-12-17 2009-06-24 株式会社日立製作所 Remote copy system
JP4547162B2 (en) * 2004-01-27 2010-09-22 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 Dynamic load balancing method
JP2005234834A (en) * 2004-02-19 2005-09-02 Hitachi Ltd Method for relocating logical volume
WO2005115016A1 (en) 2004-04-26 2005-12-01 Olympus Corporation Image processing device, image retouching/editing device, image file reproducing device, image processing method, image retouching/editing method, and image file reproducing device
US7065611B2 (en) * 2004-06-29 2006-06-20 Hitachi, Ltd. Method for controlling storage policy according to volume activity
JP4842909B2 (en) * 2004-08-30 2011-12-21 株式会社日立製作所 Storage system and data relocation control device
JP4549787B2 (en) * 2004-09-10 2010-09-22 株式会社日立製作所 Storage devices
US7523286B2 (en) * 2004-11-19 2009-04-21 Network Appliance, Inc. System and method for real-time balancing of user workload across multiple storage systems with shared back end storage
JP4741304B2 (en) * 2005-07-11 2011-08-03 株式会社日立製作所 Data migration method or data migration system
JP4704161B2 (en) * 2005-09-13 2011-06-15 株式会社日立製作所 How to build a file system
JP4890048B2 (en) * 2006-02-24 2012-03-07 株式会社日立製作所 Storage control device and data migration method using storage control device
US7555575B2 (en) * 2006-07-27 2009-06-30 Hitachi, Ltd. Method and apparatus for migrating data between storage volumes of different data pattern
JP4943081B2 (en) * 2006-07-27 2012-05-30 株式会社日立製作所 File storage control device and method
JP4552957B2 (en) * 2007-04-06 2010-09-29 株式会社日立製作所 Centralized storage management method
JP5362975B2 (en) * 2007-10-17 2013-12-11 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation Control apparatus, method, program, and storage system for controlling data replication between storage devices
KR101189766B1 (en) 2008-12-22 2012-10-10 한국전자통신연구원 Hot Data Management Based on Hit Counter from Data Servers in Parallelism
JP2011221570A (en) * 2010-04-02 2011-11-04 Nec Corp Data shift system and data shift method
US8443160B2 (en) 2010-08-06 2013-05-14 Hitachi, Ltd. Computer system and data migration method
JP2012133436A (en) * 2010-12-20 2012-07-12 Nec Corp Data storage device, data migration method and program
EP2633385A1 (en) 2011-03-02 2013-09-04 Hitachi, Ltd. Computer system and data migration method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002082775A (en) 2002-03-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7769711B2 (en) Migration of control in a distributed segmented file system
CN100430914C (en) Storing system having vitual source
JP4494420B2 (en) Adaptation file read-ahead based on multiple factors
US7143228B2 (en) Storage control system and method for storing block level data in internal or external storage control system based on control information via networks
US8683171B2 (en) Data management method in storage pool and virtual volume in DKC
US7308528B2 (en) Virtual tape library device
US7945726B2 (en) Pre-allocation and hierarchical mapping of data blocks distributed from a first processor to a second processor for use in a file system
US8484425B2 (en) Storage system and operation method of storage system including first and second virtualization devices
US7676514B2 (en) Distributed maintenance of snapshot copies by a primary processor managing metadata and a secondary processor providing read-write access to a production dataset
US6944711B2 (en) Cache management method for storage device
US7171522B2 (en) Storage system including storage adaptors having cache memories and grasping usage situation of each cache memory and equalizing usage of cache memories
US7409494B2 (en) Extension of write anywhere file system layout
US8266375B2 (en) Automated on-line capacity expansion method for storage device
US8281098B2 (en) Storage subsystem and performance tuning method
US6898670B2 (en) Storage virtualization in a storage area network
US5819310A (en) Method and apparatus for reading data from mirrored logical volumes on physical disk drives
CN100334534C (en) Methods and apparatus for implementing virtualization of storage within a storage area network
CN101276366B (en) Computer system preventing storage of duplicate files
US7676628B1 (en) Methods, systems, and computer program products for providing access to shared storage by computing grids and clusters with large numbers of nodes
US7653832B2 (en) Storage array virtualization using a storage block mapping protocol client and server
US9069476B2 (en) Method for managing storage system using flash memory, and computer
US7380059B2 (en) Methods and systems of cache memory management and snapshot operations
CN101819506B (en) Storage subsystem and storage system architecture performing storage virtualization and method thereof
US7228380B2 (en) Storage system that is connected to external storage
US6247099B1 (en) System and method for maintaining cache coherency and data synchronization in a computer system having multiple active controllers

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040914

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20060418

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070316

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070410

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20070604

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070604

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20070731

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080110

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080229

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20080318

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080409

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080415

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110425

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110425

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120425

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120425

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130425

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees