JP4092484B2 - 車両前部構造 - Google Patents

車両前部構造 Download PDF

Info

Publication number
JP4092484B2
JP4092484B2 JP2003072077A JP2003072077A JP4092484B2 JP 4092484 B2 JP4092484 B2 JP 4092484B2 JP 2003072077 A JP2003072077 A JP 2003072077A JP 2003072077 A JP2003072077 A JP 2003072077A JP 4092484 B2 JP4092484 B2 JP 4092484B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle
strut housing
engine room
dash
reinforcing member
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003072077A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004276789A (ja
Inventor
政利 加藤
志暎 金
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nissan Motor Co Ltd
Original Assignee
Nissan Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nissan Motor Co Ltd filed Critical Nissan Motor Co Ltd
Priority to JP2003072077A priority Critical patent/JP4092484B2/ja
Publication of JP2004276789A publication Critical patent/JP2004276789A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4092484B2 publication Critical patent/JP4092484B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
この発明は、ストラットハウジングとフロントピラーとの間を補強部材により結合した車両前部構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
従来の車両前部構造としては、図6(a)に示すようなものが知られている。
【0003】
この車両前部構造では、ダッシュパネル2によって車両1の内部がエンジンルームEと車室Sとに区画され、車両前側に位置するエンジンルームE内のストラットハウジング3とダッシュパネル2とが補強部材4により結合されている。
【0004】
この補強部材4は、図6(b)に示すように、ダッシュパネル2の上縁部2aとストラットハウジング3の上面3aとの間に渡架されている。
【0005】
また、図8(a)に示すような車両前部構造も知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0006】
この車両前部構造では、ストラットハウジング3の後側面3bがダッシュパネル2に接合されて、ダッシュパネル2とストラットハウジング3とが一体に形成されている。
【0007】
そして、このダッシュパネル2とストラットハウジング3の接合部分に対応して車室R内に配設された補強部材4の前端部4aが接合され、フロントピラー5の前端部5a近傍に対応して補強部材4の後端部4bが接合されている。
【0008】
さらに、図8(b)に示すような車両前部構造も知られている(例えば、特許文献2参照)。
【0009】
この車両前部構造では、ダッシュパネル2及びこのダッシュパネル2の前方に設けられたストラットハウジング3の車外側側方に車両前後方向に延びるサイドメンバ6が設けられている。また、ダッシュパネル2の側端部には、フロントピラー5の最前端部5aが連結されている。さらに、ダッシュパネル2からストラットハウジング3に向けて延設部2bが設けられ、この延設部2bの上面には補強部材としてのブレース7が接合されている。
【0010】
そして、これらのダッシュパネル2、サイドメンバ6、ブレース7とにより、ストラットハウジング3からフロントピラー5の最前端部5aにまで延びる閉断面部Hが設けられている。
【0011】
また、図9に示すような車両前部構造も知られている(例えば、特許文献3参照)。
【0012】
この事両前部構造では、ストラットハウジング3の車外側面及びフロントピラー5の車外側面とを補強部材としてのフードレッジレインフォース8によって連結している。
【0013】
【特許文献1】
特開2002−316666号公報(0005段落、図1、図2)
【特許文献2】
特開平6−247341号公報
【特許文献3】
特開平8−164874号公報
【0014】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、上述の図6及び図8に示した車両前部構造では、車両の前方から荷重Fが入力した場合、ストラットハウジング3が、それぞれの図中に「P」で示したフロントピラーの最前端部5a近傍を回転中心にして、矢印Xで示すようなエンジンルームE内に入り込む方向に回動してしまうことがあった。
【0015】
そのため、例えば図7に示すように、回動したストラットハウジング3がエンジンルームE内に入り込みながら後退し、ストラットハウジング3の後方に配設された、例えば車両停止装置であるブレーキマスタシリンダ9等に点Q位置で接触するおそれがあった。
【0016】
また、ストラットハウジング3がエンジンルームE内に入り込むので、車両前後方向に延在されたフロントサイドメンバ10にも回動したストラットハウジングが接触するおそれがあった。
【0017】
さらに、回動したストラットハウジング3に押されたフロントサイドメンバ10が、エンジン等のエンジンルーム内ユニット11に接触したり、ダッシュパネル2を後退させたりするおそれも生じていた。
【0018】
なお、このような問題は図8(a)、(b)に示す従来の他の例であっても同様に生じるおそれがあった。
【0019】
また、図9に示した車両前部構造であっても、車両外側面の補強はされているが、車両前方から荷重Fが入力した場合には、ストラットハウジング3が補強されていないエンジンルームE側に入り込んでしまうおそれがあった。そして、上述のような問題が生じるおそれがあった。
【0020】
この発明は、上記問題に鑑みてなされたもので、車両前方から荷重が入力した場合であっても、ストラットハウジングの移動量を抑制することができる車両前部構造を提供することを目的としている。
【0021】
【課題を解決するための手段】
上記課題を解決するため、請求項1に係る発明は、
エンジンルーム内に配設されたストラットハウジングと、エンジンルームの後方に位置する車室の両側前部にそれぞれ配設されて車両上下方向に延在されたフロントピラーとの間を補強部材により結合した車両前部構造であって、補強部材は、車両内側に配設され、前端部がストラットハウジングの側面に接合され、後端部がフロントピラーの最後端部に接合され、上下縁部が車両外方に向かって延在されると共に車両側面部に接合され、且つ、エンジンルームと車室とを区画するダッシュロアパネルとダッシュアッパパネルとで狭持されていることを特徴としている。
【0022】
このような請求項1の発明によれば、車両内側に配設された補強部材が、ストラットハウジングの側面と、フロントピラーの最後端部と、車両側面部とに接合されているので、この補強部材によって、ストラットハウジングは車両内側且つ車両後方から支持される。
【0023】
そして、車両前方から入力した荷重は、ストラットハウジングの側面から補強部材を介してフロントピラーの最後端部へと伝達され、広範囲にわたる支持面で支持することができる。
【0024】
そのため、ストラットハウジングがエンジンルーム内に入り込むように回動することを防止でき、このストラットハウジングの移動量を抑制することができる。
【0025】
また、ストラットハウジングとフロントピラーとの間を、閉断面によって支持することができるので、支持剛性が向上し、さらにストラットハウジングの移動抑制を効果的に図ることが可能となる。
【0026】
請求項2に係る発明は、請求項1に記載の車両前部構造において、補強部材の前端部は、エンジンルームの中心に最も近いストラットハウジングの側面である最内面部に接合されていることを特徴としている。
【0027】
このような請求項2の発明によれば、請求項1の効果に加え、補強部材がストラットハウジングの最内面部に接合されているので、車両側面部と補強部材とによってストラットハウジングを挟み込むように支持することができ、より確実にストラットハウジングの移動量を抑制することができる。
【0028】
請求項3に係る発明は、請求項1又は2に記載の車両前部構造において、補強部材の前端部は、ストラットハウジングの上面に接合されていることを特徴としている。
【0029】
このような請求項3の発明によれば、請求項1又は2の効果に加え、補強部材がストラットハウジングの上面に接合されているので、このストラットハウジングの上面に取り付けられるサスペンションの取付剛性を向上させることができる。
【0030】
請求項4に係る発明は、請求項1ないし3のいずれか一つに記載の車両前部構造において、エンジンルームと車室とを区画するダッシュパネルとストラットハウジングとの間に間隙を設け、この間隙の近傍に車両停止装置を配設したことを特徴としている。
【0031】
このような請求項4の発明によれば、請求項1ないし3の効果に加え、車両前方から入力した荷重によって、エンジンルーム内に配設されたエンジン等のユニットが後退した場合であっても、このユニットが車両停止装置に接触しにくくすることができる。そして、車両停止装置の破損を防止することができる。
【0032】
【発明の実施の形態】
以下、図面に基づいてこの発明の実施の形態を説明する。
【0033】
図1はこの発明の車両前部構造が適用される自動車等の車両のフレーム構造20を示している。このフレーム構造20は、ほとんどの部分がアルミニウム等の軽金属の鋳物によって成型された構造体である。
【0034】
このフレーム構造20において、Eは車両の前部に配設されたエンジンルームであり、SはエンジンルームEの後方に位置する車室である。このエンジンルームEと車室Sとは、ダッシュパネル21によって区画されている。
【0035】
エンジンルームEは、両側部の内壁面がダッシュサイドパネル22によって形成されている。そして、このエンジンルームEの内部には、ダッシュサイドパネル22と一体に形成されたストラットハウジング30、車両前後方向に延在されたフロントサイドメンバ23、エンジン等のユニット24(図4参照)、ブレーキマスタシリンダやブレーキブースター等からなる車両停止装置25(図4参照)等が配設されている。
【0036】
また、車室Sの両側部の前部である両側前部には、車両上下方向に延在されたフロントピラー40が配設されている。
【0037】
そして、エンジンルームEの内部に形成されたストラットハウジング30と、車室Sの両側前部に配設されたフロントピラー40との間には、補強部材50が架け渡され、この補強部材50によってストラットハウジング30とフロントピラー40とが結合されている。
【0038】
ダッシュパネル21は車幅方向に延在されており、図5に示すようにダッシュロアパネル21aと、このダッシュロアパネル21aの上部に取り付けられるダッシュアッパパネル21bとを備えている。また、ダッシュロアパネル21aには、車両停止装置25が取り付けられる取付孔21cが設けられている(図2参照)。
【0039】
ダッシュサイドパネル22は車両前後方向に延在されており、後部にダッシュパネル21の側縁部が接合されると共に、後端部の車外側面にはフロントピラー40が取り付けられている。さらに、このダッシュサイドパネル22の車外側面の前部から後部近傍までは、フロントフェンダー22aによって覆われている。
【0040】
ストラットハウジング30は、図1〜図5に示すように、ダッシュサイドパネル22からエンジンルームE内に膨出するように形成されている。ここで、ストラットハウジング30はエンジンルームEの後部近傍に形成されると共に、ダッシュパネル21との間に間隙が設けられている。
【0041】
また、このストラットハウジング30の上面31は、図4に示すようにほぼ半楕円形状を呈しており、円形の開口31a及び複数のネジ孔31bが形成されている。
【0042】
さらに、ストラットハウジング30の下方(裏面側)には、ホイールハウジングHが形成され、このホイールハウジングHから立ち上がるようにストラットハウジング30の側面32が形成されている。
【0043】
なお、ホイールハウジングHには図示しないタイヤが配設され、このタイヤに取り付けられたサスペンション(図示せず)が開口31aから突出するようになっている。また、サスペンションは、ストラットハウジング30の上面31にネジ孔31bを介して固定される。
【0044】
フロントサイドメンバ23は、エンジンルームEの側部近傍に位置しており、ユニット24や車両停止装置25の下方に配設されている。そして、後端23aがダッシュパネル21のダッシュロアパネル21aに接合されている。さらに、図3に示すように、この後端23aは下方に向かって湾曲し、車室Sの下側に延在されている。
【0045】
車両停止装置25は、ダッシュロアパネル21aに設けられた取付孔21cに挿入固定されて取り付けられている。また、この車両停止装置25は、ダッシュパネル21とストラットハウジング30との間に設けられた間隙近傍に配設され、ここでは、図4に示すように、ストラットハウジング30のほぼ後方に位置している。
【0046】
フロントピラー40は、図4に示すように、車両前後方向にそれぞれ突出した前フランジ部40a、後フランジ部40bを有する断面ほぼハット型のピラーアウタ41を備えている。そして、このピラーアウタ41の前後フランジ部40a、40bがダッシュサイドパネル22に接合されて、フロントピラー40が構成されている。
【0047】
補強部材50は、図2及び図3に示すように、車両内側に配設され、ダッシュパネル21を跨って前部がエンジンルームE内に位置し、後部が車室S内に位置している。
【0048】
そして、補強部材50は、前端部51がストラットハウジング30の上面31及び側面32にそれぞれ接合され、後端部52がフロントピラー40の最後端部である後フランジ部40bに対応して接合され、上下縁部53、54が車両外方に向かって延在されると共に車両側面部であるダッシュサイドパネル22に接合されている。
【0049】
ここで、補強部材50の前端部51は、ストラットハウジング30の上面31に接合される上前端フランジ51aと、ストラットハウジング30の側面32に接合される側前端フランジ51bとを有している。
【0050】
このように、補強部材50の前後端部51、52及び上下縁部53、54が、それぞれストラットハウジング30、フロントピラー40、ダッシュサイドパネル22に接合されることにより、図5に示すように閉断面が形成されている。
【0051】
なお、ダッシュパネル21のダッシュロア21aは、車幅方向両側部に切欠部21dが形成されており、補強部材50がこの切欠部21dに嵌められている。これにより、図5に示すように、補強部材50の上縁部53が延在されて形成された上面53aと、ダッシュロアパネル21aの上端とがほぼ面一になっている。そして、この補強部材50の上面53aにはダッシュアッパパネル21bが接合されており、補強部材50は、ダッシュロアパネル21aとダッシュアッパパネル21bとで挟持されるように支持されている。
【0052】
次に、この車両前部構造の作用について説明する。
【0053】
上述のような車両前部構造において、車両の前方から荷重Fが入力した場合、この入力された荷重Fは、まず、ダッシュサイドパネル22及びフロントサイドメンバ23を通じて車両の後方に向かって伝達される。
【0054】
そして、車両の後方に伝達された荷重Fは、ダッシュサイドパネル22と一体に形成されたストラットハウジング30に伝達される。また、ダッシュサイドパネル22の車外側面に取り付けられたフロントピラー40にも荷重Fは伝達されていく。
【0055】
このように伝達された荷重Fによって、ストラットハウジング30には、図4に示すように、フロントピラー40の最前端部である前フランジ部40a近傍を回転中心Pとして、エンジンルームE内に入り込む方向の力(矢印X)が作用する。
【0056】
このとき、車両内側に配設された補強部材50が、ストラットハウジング30の側面32と、フロントピラー40の最後端部である後フランジ部40bと、車両側面部であるダッシュサイドパネル22とにそれぞれ接合されている。そのため、補強部材50がストラットハウジング30を車両内側且つ後方から支持し、矢印Xで示す方向に作用する力に対抗することができる。つまり、補強部材50が回転中心Pに対して突っ張りとなる。
【0057】
また、車両前方から入力された荷重Fは、ストラットハウジング30の側面32から補強部材50を介して、フロントピラー40の最後端部である後フランジ部40bへと伝達されるので、広範囲にわたる支持面で荷重Fを支持することができる。
【0058】
これにより、ストラットハウジング30がエンジンルームE内に入り込むように回動することを防止でき、このストラットハウジング30の移動量を抑制することが可能となる。
【0059】
また、ストラットハウジング30とフロントピラー40との問を、閉断面となっている補強部材50によって支持することができるので、支持剛性が向上し、さらにストラットハウジング30の移動抑制を効果的に図ることが可能となる。
【0060】
さらに、ストラットハウジング30の移動量が抑制されているので、このストラットハウジング30の後方に位置するダッシュパネル21の後退量も抑制することが可能となる。
【0061】
そして、ここでは、補強部材50の前端部51の上前端フランジ51aがストラットハウジング30の上面31に接合されている。これによりストラットハウジング30の上面31の剛性を向上させることができる。そして、このストラットハウジング30の上面31に取り付けられる図示しないサスペンションの取付剛性を向上させることができる。
【0062】
さらに、エンジンルームEと車室Rとを区画するダッシュパネル21と、ストラットハウジング30との間に間隙が設けられ、この間隙の近傍に車両停止装置25が配設されている。
【0063】
これにより、車両前方から入力した荷重Fによって、エンジンルームE内に配設されたエンジン等のユニット24が図4に一点鎖線で示すように後退した場合であっても、このユニット24が車両停止装置25に接触しにくくすることができる。
【0064】
なお、ストラットハウジング30は補強部材50によって支持されており、移動量が抑制されているので、ストラットハウジング30が車両停止装置25に接触することは防止される。
【0065】
そして、このように車両停止装置25にユニット24及びストラットハウジング20が接触することが防止されるので、この車両停止装置25の破損を防止することができる。
【0066】
以上、この発明に係る実施の形態を図面により詳述してきたが、具体的な構成は上述の実施の形態に限らず、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計の変更等があってもこの発明に含まれる。
【0067】
上述の実施の形態では、補強部材50の前端部51の側前端フランジ51bは、ストラットハウジング30の側面32に接合されているが、この接合部分を、ストラットハウジング30の側面32のうち最内面部N(図4に示す)にしてもよい。
【0068】
この最内面部Nは、エンジンルームEの中心に最も近いストラットハウジング30の側面32であり、エンジンルームEの内側に最も膨出した部分である。
【0069】
このように、補強部材50の前端部51をストラットハウジング30の最内面部Nに接合することにより、車両側面部であるダッシュサイドパネル22と補強部材50とにより、ストラットハウジング30を挟み込むように支持することができる。そして、車両前方から荷重Fが入力した際に、より確実にストラットハウジング30の移動量を抑制することができる。
【0070】
【発明の効果】
この発明によれば、車両前方から荷重が入力した場合であっても、ストラットハウジングの移動量を抑制することができる車両前部構造を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明に係る車両前部構造を有する車両全体のフレーム構造を示す斜視図である。
【図2】この発明に係る車両前部構造をエンジンルーム側から見た場合を示す斜視図である。
【図3】この発明に係る車両前部構造を車室側から見た場合を示す斜視図である。
【図4】この発明に係る車両前部構造を示す平面図である。
【図5】図2におけるB−B断面図である。
【図6】(a)従来の車両前部構造を示す平面図である。
(b)図6(a)におけるA−A断面図である。
【図7】図6(a)における従来の車両前部構造において、車両前方から荷重が入力した場合を示す説明図である。
【図8】(a)従来の車両前部構造の他の第2例を示す平面図である。
(b)従来の車両前部構造の他の第3例を示す平面図である。
【図9】従来の車両前部構造の他の第3例を示す斜視図である。
【符号の説明】
22 ダッシュサイドパネル(車両側面部)
30 ストラットハウジング
32 側面
40 フロントピラー
40b 後フランジ部(最後端部)
50 補強部材
51 前端部
52 後端部
53 上縁部
54 下縁部

Claims (4)

  1. エンジンルーム内に配設されたストラットハウジングと、前記エンジンルームの後方に位置する車室の両側前部にそれぞれ配設されて車両上下方向に延在されたフロントピラーとの間を補強部材により結合した車両前部構造であって、
    前記補強部材は、車両内側に配設され、前端部が前記ストラットハウジングの側面に接合され、後端部が前記フロントピラーの最後端部に接合され、上下縁部が車両外方に向かって延在されると共に車両側面部に接合され、且つ、前記エンジンルームと前記車室とを区画するダッシュロアパネルとダッシュアッパパネルとで狭持されていることを特徴とする車両前部構造。
  2. 請求項1に記載の車両前部構造において、前記補強部材の前記前端部は、前記エンジンルームの中心に最も近い前記ストラットハウジングの側面である最内面部に接合されていることを特徴とする車両前部構造。
  3. 請求項1又は2に記載の車両前部構造において、前記補強部材の前記前端部は、前記ストラットハウジングの上面に接合されていることを特徴とする車両前部構造。
  4. 請求項1ないし3のいずれか一つに記載の車両前部構造において、前記エンジンルームと前記車室とを区画するダッシュパネルと前記ストラットハウジングとの間に間隙を設け、該間隙の近傍に車両停止装置を配設したことを特徴とする車両前部構造。
JP2003072077A 2003-03-17 2003-03-17 車両前部構造 Expired - Fee Related JP4092484B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003072077A JP4092484B2 (ja) 2003-03-17 2003-03-17 車両前部構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003072077A JP4092484B2 (ja) 2003-03-17 2003-03-17 車両前部構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004276789A JP2004276789A (ja) 2004-10-07
JP4092484B2 true JP4092484B2 (ja) 2008-05-28

Family

ID=33288368

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003072077A Expired - Fee Related JP4092484B2 (ja) 2003-03-17 2003-03-17 車両前部構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4092484B2 (ja)

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4923406B2 (ja) * 2005-01-12 2012-04-25 トヨタ自動車株式会社 車体の前部構造
JP5007575B2 (ja) * 2007-02-21 2012-08-22 マツダ株式会社 自動車の車体構造
JP5499991B2 (ja) 2010-08-19 2014-05-21 トヨタ車体株式会社 車両のボディ構造
KR101704039B1 (ko) * 2010-11-12 2017-02-07 현대자동차주식회사 차량용 프런트 서스펜션 보강구조
JP5857412B2 (ja) * 2011-02-16 2016-02-10 マツダ株式会社 車両前部の補強構造
EP2684779B1 (en) 2011-03-09 2017-05-03 Nippon Steel & Sumitomo Metal Corporation Front vehicle body structure
JP5976105B2 (ja) 2012-05-29 2016-08-23 本田技研工業株式会社 ダンパハウジング構造体の製造方法
KR101526398B1 (ko) * 2013-12-18 2015-06-05 현대자동차 주식회사 차량용 카울 크로스 멤버 마운팅 조립체
JP6225891B2 (ja) 2014-12-09 2017-11-08 トヨタ自動車株式会社 車両前部構造及び車両前部の組付方法
JP6540846B1 (ja) * 2018-03-06 2019-07-10 マツダ株式会社 車両の車体構造

Also Published As

Publication number Publication date
JP2004276789A (ja) 2004-10-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4092484B2 (ja) 車両前部構造
JP6322181B2 (ja) テールゲート構造
JP3838125B2 (ja) フェンダ構造
JP2008126862A (ja) 車両のドア構造
JP3866176B2 (ja) 車体構造
WO2008062763A1 (en) Reinforcing structure of vehicle body
JP2002211447A (ja) スポーツユーティリティートラックのミッドゲート設置構造
JP2010023663A (ja) 車体前部構造
JP2004130976A (ja) 自動車の車体前部構造
JP2002145124A (ja) 車両の下部車体構造
JP4193529B2 (ja) 車両の後部車体構造
JP2017185902A (ja) 車両用フード
JP4503776B2 (ja) 車両の側部構造
JP2008081041A (ja) 自動車の下部車体構造
JP2006218995A (ja) 自動車の後部車体構造
JP4297727B2 (ja) 車両のキャブ構造
JP2008087510A (ja) 自動車の側部車体構造
JP2009040127A (ja) 自動車の前部車体構造
JP2003165464A (ja) 車体前部構造
JP4470665B2 (ja) 車両のダッシュパネル構造
JP2008030614A (ja) 自動車の側部構造
JP2008100599A (ja) 自動車の車両部品配設構造
JPH10316025A (ja) カウルサイド構造
JP2541768Y2 (ja) 自動車の下部車体構造
JP6903845B2 (ja) 車両用バックドアインナパネル

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060127

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070629

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070710

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070816

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080205

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080218

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110314

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110314

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120314

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130314

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130314

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees