JP4089017B2 - Reproducing method and apparatus for after-recording method and apparatus, and the digital recording medium in a digital recording medium - Google Patents

Reproducing method and apparatus for after-recording method and apparatus, and the digital recording medium in a digital recording medium Download PDF

Info

Publication number
JP4089017B2
JP4089017B2 JP19182798A JP19182798A JP4089017B2 JP 4089017 B2 JP4089017 B2 JP 4089017B2 JP 19182798 A JP19182798 A JP 19182798A JP 19182798 A JP19182798 A JP 19182798A JP 4089017 B2 JP4089017 B2 JP 4089017B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
recording
bit stream
recording medium
data
audio
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP19182798A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH11144378A (en
Inventor
靖 藤波
Original Assignee
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP9-237163 priority Critical
Priority to JP23716397 priority
Application filed by ソニー株式会社 filed Critical ソニー株式会社
Priority to JP19182798A priority patent/JP4089017B2/en
Publication of JPH11144378A publication Critical patent/JPH11144378A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4089017B2 publication Critical patent/JP4089017B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、デジタル記録媒体に記録したビデオデータ等に対してアフターレコーディングを行う方法及び装置等に関する。 The present invention relates to a method and apparatus for performing after-recording to the video data or the like recorded on the digital recording medium.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
アフターレコーディング(以下、単に「アフレコ」ともいう)は、例えばスタジオ収録や野外収録等でオリジナルデータ(ビデオデータのみ、あるいはビデオデータとセリフ等の音声データ)を記録した後、編集過程において、効果音等の新たな音声データ(アフレコ音声データ)を追加して記録したり、あるいはオリジナルの音声データの一部をこうしたアフレコ音声データで置き換えたりする音声編集処理法である。 After recording (hereinafter, simply referred to as "after-recording") is, for example, in the studio recording and outdoor recording, such as the original data (video data only, or voice data, such as video data and speech) After recording the, in the editing process, sound effects to record by adding a new audio data (after-recording audio data) etc., or a sound editing processing method or replaced with such after-recording audio data part of the original audio data.
【0003】 [0003]
デジタル記録媒体に記録したオリジナルデータに対してアフレコを行う手法には、例えば次の(1)〜(3)のような幾通りかのものが存在しているが、本明細書ではこのうちの(1)及び(3)の手法を対象として説明を行うものとする。 The method of performing after-recording to the original data recorded in the digital recording medium, for example, those of several ways, such as the following (1) to (3) are present, in the present specification of the (1) and techniques will be referred to as a target (3).
【0004】 [0004]
(1)オリジナルデータを再生しながらアフレコ音声を入力し、このアフレコ音声データを、オリジナルデータの再生時にリアルタイムにオリジナルデータと多重化して当該デジタル記録媒体に記録する。 (1) enter the after-recording audio while reproducing the original data, the after-recording audio data, and the original data and the multiplexing in real time recorded in the digital recording medium during reproduction of the original data.
【0005】 [0005]
(2)オリジナルデータを再生しながら入力したアフレコ音声データを一旦別の記録媒体に記録しておき、その後(即ちリアルタイムでなく)、この別の記録媒体から再生したアフレコ音声データを、オリジナルデータを記録しているデジタル記録媒体に多重化して記録する。 (2) Leave the original data temporarily after-recording audio data input while playing recorded in another recording medium, then (i.e., not real-time), the after-recording audio data reproduced from the other recording medium, the original data multiplexes and records the digital recording medium recorded therein.
【0006】 [0006]
(3)当該デジタル記録媒体に、アフレコ音声のデータをオリジナルデータとは多重化せずに記録し、再生時に、当該デジタル記録媒体から読み出したオリジナルの音声データとアフレコ音声データとをミキシングして完成音として出力する。 (3) on the digital recording medium, the dubbing audio data recorded without multiplexing the original data, at the time of reproduction, and mixes the original audio data and the after-recording audio data read from the digital recording medium completed and outputs it as sound.
【0007】 [0007]
図5は、デジタル記録媒体へのデータ(ビットストリーム)の記録例を示す。 Figure 5 shows an example of recording data (bit stream) to a digital recording medium. ビデオビットストリームVと、主音声ビットストリームA1と、副音声ビットストリームA2とが、1つのストリームに多重化して記録されている。 A video bit stream V, a main audio bitstream A1, the secondary audio bit stream A2 is recorded in multiplexed into one stream. ビデオビットストリームのビットレートに対して音声ビットストリームのビットレートは低いので(例えば、前者が6Mbpsまたは8Mbps程度であるのに対して後者は256kbps程度なので、その比はおよそ25対1または32対1である)、ほとんどの記録領域をVが占める中で、A1,A2の記録領域は周期的に点在している。 Since low bit rate of the audio bit stream to the bit rate of the video bit stream (e.g., because the latter with respect to the former in the range of about 6Mbps or 8Mbps of about 256kbps, the ratio is about 25: 1 or 32: 1 in a), most of the recording area in occupied by V, the recording area of ​​the A1, A2 are periodically interspersed.
【0008】 [0008]
尚、デジタル記録媒体用の符号化標準としては例えばMPEG2が用いられるが、その場合には、MPEG2のビデオで圧縮符号化したビデオビットストリームVと、MPEG2のオーディオで圧縮符号化した主音声ビットストリームA1及び副音声ビットストリームA2とが、MPEG2のシステムによりパケット多重方式で記録されることになる。 Although example MPEG2 is used as a coding standard for digital recording medium, in this case, a video bit stream V compressed coded by MPEG2 video, main audio bitstream compression coding by the MPEG2 audio and A1 and secondary audio bit stream A2 is, will be recorded in the packet multiplexing the MPEG2 system.
【0009】 [0009]
図6は、デジタル記録媒体に図5の例のように記録したオリジナルデータに対して上記(1)の手法でアフレコを行う際の処理過程の一例を示す。 Figure 6 shows an example of a process when performing audio dubbing in the method (1) with respect to the recorded original data as shown in the example of FIG. 5 in the digital recording medium. 最初に、オリジナルデータであるビデオビットストリームVと主音声ビットストリームA1とをデジタル記録媒体から読み出し、RF及び復調回路21,ECC回路22で復調,誤り訂正を行った後、読み出しレートとデコード処理のレートとの差を吸収するためのバッファ23を経て、デコーダ(多重分離のためのデマルチプレックス部とビデオデコーダとオーディオデコーダとを含む)24でデコードし、ビデオ出力端子P1,音声出力端子P2から図示しないディスプレイ,スピーカに送ってオリジナルの映像,音声を再生する。 First, read the video bit stream V and the primary audio bit stream A1 is the original data from the digital recording medium, demodulated by the RF and demodulation circuit 21, ECC circuit 22, after performing the error correction, the read rate and decoding via a buffer 23 for absorbing the difference between the rate (including a demultiplexer and the video decoder and audio decoder for demultiplexing) decoder decodes at 24, a video output terminal P1, from the audio output terminal P2 display (not shown) to reproduce the original video, the audio is sent to the speaker.
【0010】 [0010]
アフレコを行おうとするユーザは、このように映像及び音声を再生しながら、アフレコ音声データ(例えば、図示しないマイクの前で発生した音声のデータ、またはアフレコ音声のライブラリテープから選択して再生した音声データ等)を音声入力端子P3から入力する。 User who tries to dubbing while reproducing the video and audio in this way, after-recording audio data (e.g., to selectively reproduce the audio data generated in the previous microphone not shown or library tape dubbing voice, audio data and the like) input from the audio input terminal P3. 実際に記録するアフレコ音声データとしては、この入力したアフレコ音声データにミキサ25でオリジナル(主音声)の音声データをミキシングしたものを用いることも多い。 The after-recording audio data is actually recorded, often used after mixing the audio data of the original (main audio) in mixer 25 to the after-recording audio data this input.
【0011】 [0011]
そして、オリジナルの映像,音声の再生に同期してアフレコ音声データをエンコーダ26でエンコードし、エンコード処理レートと書き込みレートとの差を吸収するためのバッファ27を経て、ECC回路28,変調及びRF回路29で誤り訂正符号の付加,変調を行った後、副音声ビットストリームA2の記録領域にこのアフレコ音声データを書き込む。 Then, the original image, in synchronization with the reproduction of the audio encodes the after-recording audio data in the encoder 26, via a buffer 27 for absorbing the difference between the encode processing rate and write rate, ECC circuit 28, modulation and RF circuit 29 addition of error correction code, the after modulation, writes the after-recording audio data in the recording area of ​​the sub-audio bitstream A2.
【0012】 [0012]
ここで、副音声ビットストリームA2の記録領域は、アフレコ音声データを記録できる容量を有してさえいればよいので、アフレコを行う前に音声データが記録されている必要はなく、空白になっていてもよい。 Here, the recording area of ​​the sub-audio bitstream A2, so need only have a capacity capable of recording dubbing audio data need not audio data is recorded before performing the after-recording, is blank it may be. 但し、空白になっている副音声ビットストリームA2の記録領域にアフレコ音声データを書き込んだ際に、ビデオビットストリームVと主音声ビットストリームA1と副音声ビットストリームA2とが正しい(MPEG2のシステムの規格に則った)多重化ビットストリームにならない場合には、アフレコ時に再度多重化を行うことが必要である。 However, when writing the after-recording audio data in the recording area of ​​the sub-audio bitstream A2 which are blank, the video bit stream V and the primary audio bit stream A1 and sub audio bitstream A2 is correct (MPEG2 system standard if not a accordance with) multiplexed bit stream, it is necessary to again perform the multiplexing during dubbing.
【0013】 [0013]
以上でアフレコが完了する。 Dubbing or more to complete. このようにアフレコを終えたデジタル記録媒体から完成作品としての映像及び音声を再生する際には、オリジナルの音声(主音声ビットストリームA1)とアフレコ音声(副音声ビットストリームA2)とのうちの任意の一方を選択して再生することができる。 When reproducing this way the video and audio as a finished piece from a digital recording medium having been subjected to post-recording is, any of the original speech (main audio bitstream A1) and additional sound (secondary audio bit stream A2) it can be reproduced by selecting one of the.
【0014】 [0014]
尚、上記処理過程例では、便宜上書き込み時にアフレコ音声データのみを書き込むものとして説明を行った。 In the above process examples were described as writing only after-recording audio data for convenience when writing. しかし、実際には、ECC回路が一定の大きさのデータブロックを単位として処理を行うことを理由として、アフレコ音声データの書き込みと併せてオリジナルデータの書き直しも行う必要がある。 However, in practice, by reason of the ECC circuit performs a process data block of predetermined size as a unit, it is necessary to perform rewriting of the original data in conjunction with the writing of the after-recording audio data. 即ち、例えば音声ビットストリームのパケットの大きさが2kバイトであるのに対し、ECC回路のデータブロックの大きさが32kバイトまたは64kバイトであるとすると、ECC回路28での誤り訂正符号の付加は、アフレコ音声データと、この音声データを書き込むべき副音声ビットストリームA2の記録領域に隣接する領域に記録されているビデオビットストリームV等とを併せた32または64kバイト分のデータを単位として行なわなければならない。 Thus, for example with respect to the size of the packets of the audio bit stream that is 2k bytes, the size of the data block of the ECC circuit is assumed to be 32k bytes or 64k bytes, addition of error correction code at the ECC circuit 28 , be made dubbing audio data, the data of the 32 or 64k bytes in conjunction with the video bit stream V or the like in the recording area of ​​the sub-audio bitstream A2 to write the audio data recorded in the area adjacent units shall. このように、デジタル記録媒体中の一部の領域に新たなデータを書き込む際にそれに隣接する領域のデータも誤り訂正符号を付加し直すべき対象となることから、オリジナルデータの書き直しが必要になる。 Thus, consists of interest also data of adjacent areas should again adds an error correction code thereto, is necessary to rewrite the original data when writing new data in a partial area in the digital recording medium .
【0015】 [0015]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
ところで、このような処理過程を経るアフレコでは、ビデオビットストリームV及び主音声ビットストリームA1を読み出してからアフレコ音声データを書き込むまでに、各回路において概ね次のような処理時間がかかる。 Incidentally, in the after-recording undergoing such process, from reading the video bit stream V and the primary audio bit stream A1 to write the after-recording audio data, generally takes processing time as follows in each circuit.
【0016】 [0016]
ECC回路22,28:それぞれ数十ミリ秒程度バッファ23,27:それぞれ数百ミリ秒から数十秒程度(使用するバッファの機能に応じて大きなばらつきがある) ECC circuit 22, 28: each several tens of milliseconds approximately buffer 23, 27: (there is a large variation depending on the buffer used functions) respectively several hundred and several tens seconds to millisecond
デコーダ24:数十ミリ秒程度エンコーダ26:数十ミリ秒程度【0017】 Decoder 24: tens of milliseconds approximately encoder 26: several tens of milliseconds [0017]
従って、通算として数百ミリ秒から数秒程度(場合によっては数十秒程度)の処理時間がかかるので、アフレコ音声データが、同時に再生されるべきオリジナルデータが記録されている領域よりもこの処理時間分だけ遅れた再生時刻に対応する領域に書き込まれるというディレイの問題が生じていた。 Therefore, it takes a processing time of about several seconds several hundred milliseconds as total (several tens of seconds in some cases), the after-recording audio data, the processing time than areas recorded original data to be reproduced simultaneously delay problem minute are written in the area corresponding to the delayed playback time has occurred. 即ち、例えばパケット多重化の場合には、アフレコ音声データが、同時に再生されるべきオリジナルデータのパケット中のタイムスタンプが示す時刻よりも遅い時刻を示すタイムスタンプを有するパケットとして記録されていた。 Thus, for example in the case of packet multiplexing, the after-recording audio data, has been recorded as a packet with a time stamp indicating a time later than the time indicated by the time stamp in the packet of the original data to be reproduced simultaneously.
【0018】 [0018]
しかも、この処理時間の長さはアフレコを行う毎に多少は変動するのが通常なので、オリジナルデータの記録領域に対するアフレコ音声データの記録領域の時間的関係もアフレコを行う毎に変動してしまう。 Moreover, since a normal to fluctuate somewhat each time perform a dubbing length of the processing time, the temporal relationship between the recording area of ​​the after-recording audio data to the recording area of ​​the original data even varies each time performing audio dubbing. その結果、従来は、完成作品としての映像及び音声を再生する際に、アフレコ音声をオリジナルの映像等と時間的に正確に一致させて再生することは困難であった。 As a result, conventionally, when reproducing video and audio as a finished work, it is difficult to reproduce the after-recording audio to match the original, such as a temporally precise image.
【0019】 [0019]
本発明は上述の点に鑑みてなされたもので、上記(1)のアフレコ手法を採用した図6のような処理過程を経ても、アフレコ音声を容易にオリジナルの映像等と時間的に正確に一致させて再生することのできるアフレコの方法及び装置を提供しようとするものである。 The present invention has been made in view of the above, (1) even after the process shown in FIG. 6 employing a dubbing method, the after-recording audio readily original such temporally accurate picture to match is intended to provide a method and apparatus for post-recording that can be reproduced.
【0020】 [0020]
また、上記(3)のアフレコ手法を採用しても、アフレコ音声をオリジナルの映像等と時間的に正確に一致させて再生することのできる、アフレコの方法及び装置並びに再生方法及び装置を提供しようとするものである。 Further, employing a dubbing method (3), can be reproduced by the audio dubbing audio to match the original, such as a temporally precise images, to provide a method and apparatus and reproducing method and apparatus dubbing it is an.
【0021】 [0021]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明に係るアフレコ方法は、請求項1に記載のように、 ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体から、ビデオビットストリームと少なくとも1つの音声ビットストリームとを含むビットストリームを読み出す第1ステップと、このビットストリームをデコードする第2ステップと、このビットストリームのデコードに同期して、新たな音声データをエンコードしてアフレコ用のビットストリームとする第3ステップと、このアフレコ用のビットストリームをこの記録媒体の副音声ビットストリームの記録領域に書き込む第4ステップと、この記録媒体から読み出したビットストリームとアフレコ用のビットストリームとの時間的な対応関係を示す情報として、記録媒体か Dubbing method according to the present invention, as described in claim 1, from a recording medium having a recording area of the video bit stream and the primary audio bit stream and the secondary audio bit stream, a video bit stream with the at least one audio bitstream a first step of reading the bit stream containing the bets, and a second step of decoding the bit stream in synchronization with the decoding of the bit stream, a third of the bit stream for dubbing by encoding the new voice data a step, a fourth step of writing the bit stream for the after-recording in the recording area of the sub-audio bitstream for the recording medium, a temporal relationship between the bit stream for the bit stream dubbing read from the recording medium as information indicating whether the recording medium 読み出したビットストリームのうちアフレコ用のビットストリームと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を前記記録媒体の付加情報を記録するための領域に書き込む第5ステップとを含むことを特徴としている。 It is characterized in that it comprises a fifth step of writing information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the bit stream for dubbing of the read bit stream area for recording additional information of the recording medium.
【0022】 [0022]
このアフレコ方法によれば、 ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体から読み出したビデオビットストリームと少なくとも1つの音声ビットストリームとを含むビットストリームのデコードに同期して新たな音声データをエンコードして得たアフレコ用のビットストリームを、当該記録媒体の副音声ビットストリームの記録領域に書き込むようにしている。 According to this after-recording method, synchronizing the decoding of the video bit stream and the primary audio bit stream and the bit stream with the read video bit stream from the recording medium and at least one audio bitstream having a recording area of the sub-audio bitstream the bit stream for dubbing obtained by encoding new audio data are to be written in the recording area of the sub-audio bitstream of the recording medium.
【0023】 [0023]
このように、アフレコ用の音声データを副音声ビットストリームの記録領域に書き込むことにより、オリジナルデータ(ビデオビットストリーム及び少なくとも1つの音声ビットストリーム)の記録領域に対するアフレコデータの記録領域の時間的関係が明確になる。 Thus, by writing the audio data for after-recording in the recording area of the sub-audio bitstream, the temporal relationship between the recording area of the audio dubbing data to the recording area of the original data (video bit stream and at least one audio bitstream) It becomes clear. これにより、完成作品としての映像及び音声を再生する際に、アフレコデータを容易にオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生することが可能になる。 Thus, when reproducing the video and audio as a finished work, dubbing data easily match the original data and temporally accurately it can be reproduced. そして、オリジナルデータとアフレコデータとの時間的な対応関係を示す情報として、オリジナルデータのうちアフレコデータと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を記録媒体の付加情報の記録領域に書き込むので、オリジナルデータとアフレコデータとを多重化せずに記録しても、付加情報中のこの情報に基づいて、アフレコデータをオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生することが可能になる。 Then, as information indicating the temporal correspondence between the original data and the after-recording data, since writing information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the after-recording data of the original data in the recording area of ​​the additional information recording medium, be recorded and the original data and dubbing data without multiplexing, on the basis of this information in the additional information, after recording the data the original data and temporally exactly match the to be played.
【0024】 [0024]
また本発明に係るアフレコ装置は、請求項に記載のように、 ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体から、ビデオビットストリームと少なくとも1つの音声ビットストリームとを含むビットストリームを読み出す読み出し手段と、このビットストリームをデコードするデコーダと、新たな音声データをエンコードしてアフターレコーディング用のビットストリームとするエンコーダと、このアフターレコーディング用のビットストリームを記録媒体に書き込むための書き込み手段と、このデコーダによるビットストリームのデコードに同期してこのエンコーダによりエンコードされたアフターレコーディング用のビットストリームを、この書き込み手段を制御して記録媒 The dubbing apparatus according to the present invention, as described in claim 5, at least one audio bit from the recording medium, the video bit stream having a recording area of the video bit stream and the primary audio bit stream and the secondary audio bit stream reading means for reading a bit stream including a stream, a decoder for decoding the bit stream, an encoder for the bit stream for after-recording by encoding new voice data, a recording medium a bit stream for the after-recording writing means and, in synchronism with the decoding of the bit stream by the decoder a bitstream for after-recording encoded by the encoder, the recording medium and controlling the writing means for writing the 副音声ビットストリームの記録領域に書き込ませる制御手段と、記録媒体から読み出したビットストリームとアフターレコーディング用のビットストリームとの時間的な対応関係を示す情報として、記録媒体から読み出したビットストリームのうちアフターレコーディング用のビットストリームと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を記録媒体の付加情報を記録するための領域に書き込む付加情報書込み手段とを備えたことを特徴としている。 And control means for writing in the recording area of the sub-audio bit stream, as information indicating the temporal correspondence between the bit stream of the bit stream and after-recording read from the recording medium, of the bit stream read from the recording medium It is characterized in that an additional information writing means for writing information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the bit stream for after-recording in the area for recording the additional information recording medium.
【0025】 [0025]
このアフレコ装置によれば、読み出し手段により記録媒体から読み出したビデオビットストリームと少なくとも1つの音声ビットストリームとを含むビットストリームのデコーダによるデコードに同期して、新たな音声データがエンコーダによりエンコードされてアフレコ用のビットストリームが得られると、このアフレコ用のビットストリームが、制御手段の制御のもとで、書き込み手段により当該記録媒体の副音声ビットストリームの記録領域に書き込まれる。 According to the dubbing device, in synchronization with the decoding by the decoder of the bit stream including the read video bit stream from the recording medium and at least one audio bitstream by reading means, and new audio data is encoded by the encoder after-recording When the bit stream of use is obtained, the bit stream for the after-recording is under the control of the control means, are written in the recording area of the sub-audio bitstream of the recording medium by the writing means.
【0026】 [0026]
このように、アフレコ用の音声データを副音声ビットストリームの記録領域に書き込むことにより、オリジナルデータの記録領域に対するアフレコデータの記録領域の時間的関係が明確になる。 Thus, by writing the audio data for after-recording in the recording area of the sub-audio bitstream, the temporal relationship between the recording area of the audio dubbing data to the recording area of the original data is clarified. これにより、完成作品としての映像及び音声を再生する際に、アフレコデータを容易にオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生することが可能になる。 Thus, when reproducing the video and audio as a finished work, dubbing data easily match the original data and temporally accurately it can be reproduced. そして、オリジナルデータとアフレコデータとの時間的な対応関係を示す情報として、オリジナルデータのうちアフレコデータと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を記録媒体の付加情報の記録領域に書き込むので、オリジナルデータとアフレコデータとを多重化せずに記録しても、付加情報中のこの情報に基づいて、アフレコデータをオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生することが可能になる。 Then, as information indicating the temporal correspondence between the original data and the after-recording data, since writing information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the after-recording data of the original data in the recording area of ​​the additional information recording medium, be recorded and the original data and dubbing data without multiplexing, on the basis of this information in the additional information, after recording the data the original data and temporally exactly match the to be played.
【0027】 [0027]
尚、請求項及び1 に記載の再生方法及び装置は、前述の(3)のアフレコ手法を採用した場合に好適な方法及び装置の一例である。 Incidentally, reproducing method and apparatus according to claim 8 and 1 1 is an example of a preferred method and apparatus in the case of employing the dubbing method of the aforementioned (3).
【0029】 [0029]
この再生方法及び装置によれば、 ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体の付加情報の記録領域から、オリジナルデータ(ビデオビットストリーム及び少なくとも1つの音声ビットストリーム)とアフレコ音声データとの時間的な対応関係を示す情報として、オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報が読み出され、この情報に基づき、オリジナルデータと、記録媒体の副音声ビットストリームの記録領域に書き込まれているアフレコ音声データとが同期して読み出されてデコードされるので、アフレコ時にオリジナルデータとアフレコ音声データとが多重化せずに記録されていても、アフレコ音声 According to the reproducing method and apparatus, the recording area of the additional information recording medium having a recording area of the video bit stream and the primary audio bit stream and the secondary audio bit stream, the original data (video bit stream and at least one audio bit as information indicating the temporal correspondence between the stream) and the after-recording audio data, information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the after-recording audio data in the original data is read out, on the basis of this information, the original data since dubbing audio data written in the recording area of the secondary audio bit stream recording medium is being read synchronously decoding, the original data and the after-recording audio data is recorded without being multiplexed during dubbing even though, after-recording audio de タがオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生される。 Data is reproduced to match the original data and time and accurately.
【0030】 [0030]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
最初に、前述のアフレコ手法(1)〜(3)のうちの(1)の手法を採用する場合(すなわちオリジナルデータを再生しながらアフレコ音声を入力し、このアフレコ音声データを、オリジナルデータの再生時にリアルタイムにオリジナルデータに多重化して当該デジタル記録媒体に記録する場合)における本発明の一例について説明することにする。 First, type the after-recording audio case (i.e. while reproducing the original data to adopt the method (1) of the aforementioned dubbing techniques (1) to (3), the after-recording audio data, reproducing the original data sometimes it will be explained an example of the present invention in the multiplexed case of recording on the digital recording medium) to the original data in real time.
【0031】 [0031]
この(1)のアフレコ手法を採用する場合において、アフレコ音声データを記録するデジタル記録媒体の「所定の領域」として具体的にどのような領域を決定するかについては、例えば次の(A)または(B)のような領域が考えられる。 In case of employing the after-recording method of (1), for either determining What specific areas as the "predetermined area" of the digital recording medium for recording after-recording audio data, for example, the following (A) or region can be considered, such as (B). 但し、これらはそれぞれ好適な例であり、それ以外の領域を除外する趣旨ではない。 However, these are preferred examples, respectively, it is not intended to exclude other regions.
【0032】 [0032]
(A)オリジナルデータの記録領域と略等しい再生時刻に対応する領域これは、MPEGのシステムのような多重方式における方式上の制約に従って決定した例である。 (A) region corresponding to substantially equal reproduction time and the recording area of ​​the original data which is an example of determining to constraints on system in multiplex system such as the system of MPEG. 図5及び図6との関係でこの領域を説明すると、図6の処理過程で読み出した主音声ビットストリームA1と略同時に再生される副音声ビットストリームA2の記録領域ということになるが、具体的には、例えば次の(i)〜(ii)のうちのいずれかの領域とすることが考えられる。 To explain this area in relation to FIGS. 5 and 6, but it comes to the recording area of ​​the sub-audio bitstream A2 to substantially be reproduced simultaneously with the main audio bitstream A1 read in process of FIG. 6, specifically the, for example, it is conceivable to any region of the of the following (i) ~ (ii).
【0033】 [0033]
(i)この主音声ビットストリームA1の記録領域に最も空間的に近い副音声ビットストリームA2の記録領域(ii)この主音声ビットストリームA1に付加されている時刻情報(MPEGのシステムではパケット中のプレゼンテーションタイムスタンプ(PTS))と略同じ時刻を示す時刻情報を付加されている副音声ビットストリームA2の記録領域【0034】 (I) in the packet is the most spatially close secondary audio bit stream A2 recording region (ii) The main audio bitstream time information added to A1 (the MPEG system in the recording area of ​​the main audio bitstream A1 presentation time stamp (PTS)) approximately recording area [0034] of the sub-audio bitstream A2 which is added the time information indicating the same time
(B)オリジナルデータの記録領域から大幅に遅れた時刻に対応する領域これは、多重方式における方式上の制約に従わずに決定した例である。 (B) region corresponding to the significantly delayed time from the recording area of ​​the original data which is an example of decision without following the constraints scheme in multiplexing.
【0035】 [0035]
このうち、上記(A)の領域にアフレコ用のデータを書き込む場合には、デジタル記録媒体からオリジナルデータを読み出すためのデータチャネルと、アフレコ用のデータを当該デジタル記録媒体に書き込むデータチャネルとが別々に必要である。 Among them, when writing data for after-recording in the region of the (A) is a data channel for reading original data from a digital recording medium, and a data channel for writing data for after-recording in the digital recording medium separately there is a need to. 従って、読み出し用と書き込み用との2系統のヘッドを設けて読み出しと書き込みとを独立して行う方法か、あるいは1系統のヘッドをシークさせて読み出しと書き込みを時分割に行う方法かのいずれかを採用する必要がある(後者の方法は、ディスクのようなランダムアクセス方式の記録媒体に記録したオリジナルデータに対してアフレコを行う場合に限られることはもちろんである)。 Therefore, either how to do when two systems or methods head is provided independently performed the reading and writing, or 1 to read and write a system of the head to seek split between the write and the read it is necessary to adopt (the latter method is of course to be limited to the case of performing after-recording to the original data recorded in a recording medium of a random access scheme, such as a disk).
【0036】 [0036]
こうした方法は、一般的に記録再生装置においてデータの入出力をマルチチャネルで行う場合の方法と同じである。 Such method is the same as the method for performing input and output of data in a multi-channel in a general recording and reproducing apparatus. しかし、チャネル数が僅か2つであり読み出しと書き込みとを独立して行う場合でもヘッドは2系統のみで足りることや、読み出しと書き込みとを時分割に行う場合でもディレイの大きさに応じた距離だけヘッドをシークすればよい(フルストロークのシークを行うようなことはない)のでシーク距離が比較的小さいことから、一般的なマルチチャネルにおけるよりは実現のための条件は厳しくないといえる。 However, it is two the number of channels is small head and it is sufficient only two systems even when performed independently and read and write, the distance corresponding to the magnitude of the delay, even when performing time division the read and write since only need to seek head (never like performs a seek full stroke) said that since the seek distance is relatively small, than in a general multi-channel conditions for realizing the less stringent.
【0037】 [0037]
これに対し、上記(B)の領域にアフレコ用のデータを書き込む場合には、1系統のヘッドでオリジナルデータを読み出した後、当該ヘッドの現在の位置でアフレコ用のデータの書き込みを行えば足りる。 In contrast, when writing data for after-recording in the region of the (B) is 1 after reading the original data in the system of the head, it is sufficient to be able to write the data for dubbing at the current position of the head . 従って、ヘッドの系統数の削減やヘッドの制御の簡略化という点からは、こちらのほうが更に実現が容易であるといえる。 Therefore, it can be said that from the viewpoint of simplification of the system number of the reduction and the head control heads, better here is easy to further realized.
【0038】 [0038]
しかし、この場合には、完成作品としての映像及び音声の再生時に、アフレコデータをオリジナルデータと時間的に一致させて再生するための処理を行わなければならない。 However, in this case, during reproduction of the video and audio as a finished work, it must perform a process for reproducing audio dubbing data original data and temporally matched with. この処理は、特にスロー再生や倍速再生等の特殊再生時には煩雑である。 This process is cumbersome, especially during special playback such as slow reproduction and double-speed playback. また、こうした処理を行うことは、装置のコストの増加にもつながる。 Further, by performing such processing leads to an increase in cost of the apparatus. 従って、これらの点からは、逆に上記(A)の領域に書き込むほうが望ましいといえる。 Therefore, it can be said from these points, the better written back to the region of the (A) is desirable.
そこで、以下では、上記(A)の領域に書き込む場合を例にとって具体例を説明する。 In the following, a specific example of a case as an example of writing in the region of the (A).
【0039】 [0039]
図1は、前述の(1)のアフレコ手法を採用する場合において本発明のアフレコ方法及び装置を適用した光ディスク装置のシステム構成の一例を示す。 Figure 1 shows an example of a system configuration of an optical disk apparatus to which the after-recording method and apparatus of the present invention in a case of employing the dubbing method of the aforementioned (1).
この光ディスク装置では、1枚の書き換え型の光ディスク1に対して1系統の光ピックアップ(光ヘッド)2が設けられており、データの読み出しと書き込みの双方にこの光ピックアップ2が共用される。 The optical disk apparatus is one system of the optical pickup with respect to one rewritable optical disk 1 (optical head) 2 is provided, the optical pickup 2 is shared for both data reading and writing. 光ディスク1には、図5に示したのと同様にして、ビデオビットストリームV,主音声ビットストリームA1及び副音声ビットストリームA2がMPEG2のシステムによりパケット多重方式で記録されている。 On the optical disc 1, in a manner similar to that shown in FIG. 5, the video bit stream V, the main audio bitstream A1 and secondary audio bit stream A2 is recorded in the packet multiplexing the MPEG2 system. 各ビットストリームV,A1及びA2において、それぞれ幾つかのパケットに対して1つの割合で、プレゼンテーションタイムスタンプを有するパケットが存在している。 In each bit stream V, A1 and A2, at a rate of one for some packets each packet having a presentation time stamp are present.
【0040】 [0040]
光ピックアップ2により光ディスク1から読み出されたビットストリームは、RF及び復調/変調回路3(図6のRF及び復調回路21と変調及びRF回路29との機能を併有するもの),ECC回路4(図6のECC回路22とECC回路28との機能を併有するもの)でそれぞれ復調,誤り訂正を施された後、スイッチ5を介し、読み出しレートとデコード処理レートとの差を吸収するための読み出しチャネル用バッファ6に送られる。 Bit stream read from the optical disc 1 by the optical pickup 2, RF, and demodulation / modulation circuit 3 (which functions of both the RF and demodulation circuit 21 of FIG. 6 and the modulation and RF circuit 29), ECC circuit 4 ( each demodulated by the ECC circuit 22 as having both functions of the ECC circuit 28) of FIG. 6, after being subjected to error correction, through the switch 5, the read for absorbing the difference between the read rate and decoding rate It is sent to the channel buffer 6.
【0041】 [0041]
読み出しチャネル用バッファ6から取り出されたビットストリームは、デコーダ(デマルチプレックス部とビデオデコーダとオーディオデコーダとを含む)7でデコードされ、ビデオ出力端子P1,音声出力端子P2から図示しないディスプレイ,スピーカに送られて再生される一方で、バイパスバッファ8に送られる。 Bit stream retrieved from the read channel buffer 6 is decoded by the decoder (including a demultiplexer and a video decoder and an audio decoder) 7, a video output terminal P1, not shown, from the audio output terminal P2 display, the speaker while in to be reproduced sent by and sent to the bypass buffer 8. バイパスバッファ8は、光ディスク1から読み出されたビットストリームを、デコード処理の後にも蓄積しておいて光ディスク1に再び書き込むことができるようにする役割を果たす。 Bypass buffer 8 serves to a bit stream read from the optical disk 1, so that it is possible to write again leave also accumulated after the decoding process on the optical disc 1.
【0042】 [0042]
バイパスバッファ8から取り出されたビットストリームは、各パケット中のストリームIDに基づいて当該パケットのメディアの種類(ビデオか、主音声か、副音声か)を検出する検出器9を経て、スイッチ10の一方の固定接点に送られる。 Bit stream retrieved from the bypass buffer 8 through the media type of the packets based on the stream ID in each packet (whether video, main audio or sub audio or) a detector 9 for detecting a switch 10 It is sent to the fixed contact.
【0043】 [0043]
他方、音声入力端子P3から入力された音声データは、エンコーダ11でエンコードされた後、エンコーダバッファ12に蓄積される。 On the other hand, the audio data inputted from the audio input terminal P3, after being encoded by the encoder 11, is stored in the encoder buffer 12. エンコーダバッファ12から取り出された音声データは、スイッチ10のもう一方の固定接点に送られる。 Audio data retrieved from the encoder buffer 12 is sent to the other fixed contact of the switch 10.
【0044】 [0044]
スイッチ10の可動接点は、エンコード処理レートと書き込みレートとの差を吸収するための書き込みチャネル用バッファ13に接続されている。 The movable contact of the switch 10 is connected to the write channel buffer 13 for absorbing the difference between the encode processing rate and write rate. スイッチ10を介して書き込みチャネル用バッファ13に送られたデータ(バイパスバッファ8から取り出されたビットストリームまたはエンコーダバッファ12から取り出された音声データ)は、書き込みチャネル用バッファ13から取り出され、スイッチ5を介してECC回路4,RF及び復調/変調回路3で誤り訂正符号の付加,変調を施された後、光ピックアップ2により光ディスク1に書き込まれる。 Data sent to the write channel buffer 13 via the switch 10 (the audio data extracted from the bit stream or the encoder buffer 12 taken out from the bypass buffer 8) is taken out from the write channel buffer 13, the switch 5 after undergoing the addition of error correction codes, a modulation in the ECC circuit 4, RF and demodulation / modulation circuit 3 through, written by the optical pickup 2 on the optical disk 1.
【0045】 [0045]
尚、一例として、読み出しレートと書き込みレートとは互いに等しい大きさになっている(あるいは、読み出しレートと書き込みレートとの双方が可変であってそれらの最大レートが互いに等しくなっている)。 As an example, it has become mutually equal magnitude and read rate and the write rate (or a variable both the read rate and write rate their maximum rate are equal to each other).
【0046】 [0046]
この光ディスク装置でも、このように光ディスク1からビットストリームを読み出してから、その再生に同期して入力した音声データが光ディスク1に書き込まれるまでに、図6を用いて説明したような理由からやはり数百ミリ秒から数秒程度の処理時間がかかる。 In this optical disk apparatus, after reading a bit stream from such the optical disc 1, by the voice data input in synchronism with the playback is written to the optical disc 1, the number again from the reasons as described with reference to FIG. 6 it takes a long processing time of a few seconds from one hundred milliseconds.
【0047】 [0047]
従って、この読み出しから書き込みまでの間に、光ディスク1に対する光ピックアップ2の位置は、この処理時間分だけ先に進んでしまうことになる。 Therefore, during the period from the read to write, the position of the optical pickup 2 with respect to the optical disc 1 will become go ahead only the processing time. 換言すれば、或る時刻を基準にして考えると、読み出したデータの記録領域と略等しい再生時刻に対応する領域にデータを書き込むために光ピックアップ2が存在しなければならない位置Wは、図2に示すように、当該時刻における光ピックアップ2の読み出し位置Rよりも、この処理時間分だけ後方にあることになる。 In other words, given a certain time as a reference, the read position W must optical pickup 2 is present in order to write data in the area corresponding to substantially the same reproduction time and the recording area of ​​the data, Fig. 2 as shown in, than the read position R of the optical pickup 2 at the time, there would be backward by the processing time.
【0048】 [0048]
図1に戻り、システムコントローラ14は、後述のようにアフレコ時にこの光ディスク装置の各部の動作を制御するものであり、図示せずも、CPUと、CPUが実行すべき処理プログラム等を格納したROMと、処理過程で生じたデータ等を一時記憶するためのRAMとを含んでいる。 Returning to Figure 1, system controller 14 is for controlling the operation of each unit of the optical disk apparatus at the time of post-recording as described later, also not shown, and stores the CPU, the processing program to be executed by the CPU such as a ROM When, and a RAM for temporarily storing the resulting data and the like during processing. 尚、この制御のうち、光ピックアップ2の位置の微調整は、RF及び復調/変調回路3で復調されたビットストリームを取り込んで現在読み出し中のデータのアドレス情報を検出するアドレス検出回路15の検出結果に基づいて行われる。 Of the control, fine adjustment of the position of the optical pickup 2 detects the address detection circuit 15 for detecting the address information of data currently being read capture bit stream demodulated by the RF and demodulation / modulation circuit 3 It is performed on the basis of the result. また、スイッチ10の切り替え制御は、検出器9の検出結果に基づいて行われる。 The switching control of the switch 10 is performed based on the detection result of the detector 9.
【0049】 [0049]
次に、アフレコ時にこのシステムコントローラ14が実行する処理の一例を説明する。 Next, an example of processing system controller 14 executes the after-recording.
〔第1ステップ〕 First step]
最初に、図示しない操作パネルの操作によりユーザがアフレコ対象のオリジナルデータを指定することか、あるいは予め光ディスク1に書き込まれているアフレコ対象のオリジナルデータの指定情報を読み出すことに基づき、光ディスク1に記録されているオリジナルデータのうち、アフレコの対象となるオリジナルデータの範囲を確定する。 First, based on reading the designation information of the original data after-recording target user by operating the operation panel (not shown) is being written or that specify the original data after-recording target, or in advance on the optical disc 1, recording on the optical disk 1 of the original data being determines the range of the original data to be after-recorded.
【0050】 [0050]
続いて、このアフレコ対象のオリジナルデータのアドレス情報に基づき、光ピックアップ2を読み出し開始位置X0にシークさせる。 Then, based on the address information of the original data of the after-recording target, to seek the starting position X0 read out optical pickup 2. そして、光ピックアップ2,RF及び復調/変調回路3,ECC回路4を読み出しモードに設定すると共にスイッチ5を読み出しチャネル用バッファ6側に切り替え、光ピックアップ2の位置を微調整した後、光ピックアップ2による読み出しを開始する。 Then, switch to channel buffer 6 side reads the switch 5 and sets the read out optical pickup 2, RF and demodulation / modulation circuit 3, ECC circuit 4 mode, after fine adjustment of the position of the optical pickup 2, an optical pickup 2 to start reading by. これにより、アフレコ対象のオリジナルデータが読み出しチャネル用バッファ6に蓄積されていく。 Thus, the original data of the after-recording target is accumulated in the read channel buffer 6.
【0051】 [0051]
図3は、アフレコ時の各時刻における光ピックアップ2の位置と読み出し・書き込み状況との関係(同図A)を示すと共に、これらの時刻における読み出しチャネル用バッファ6,書き込みチャネル用バッファ13のデータ蓄積量(同図B,C)を示す。 3, along with showing the relationship between the position and the read-write status of the optical pickup 2 at each time of the after-recording (the drawing A), the data storage read channel buffer 6, the write channel buffer 13 at these times It indicates the amount (Fig. B, C). 尚、図3Aでは、太い実線は読み出し中であることを示し、破線は書き込み中であることを示し、細い実線はシーク中であることを示している。 In FIG. 3A, it shows that the thick solid line is being read, indicates that the broken line is being written, it is shown that a thin solid line is during a seek.
【0052】 [0052]
この図3では、読み出しチャネル用バッファ6への蓄積処理は、時刻T0からT2までの段階に相当しており、同図にも読み出しチャネル用バッファ6のデータ蓄積量が増加する様子が表れている。 In FIG. 3, the storage processing to the read channel buffer 6 is equivalent to the stage from time T0 to T2, how the amount of data accumulated in the read channel buffer 6 in FIG increases are evident .
【0053】 [0053]
〔第2ステップ〕 Second step]
読み出しチャネル用バッファ6からオリジナルデータを取り出し、デコーダ7でデコードして再生する一方で、バイパスバッファ8に蓄積する。 Taking out the original data from the read channel buffer 6, while reproducing by decoding by the decoder 7, and accumulates the bypass buffer 8.
【0054】 [0054]
デコーダ7でのデコード処理は、光ピックアップ2の位置にかかわらず、また読み出しモードと書き込みモードのいずれであるかにかかわらず、アフレコが終了するまで継続して行う。 Decoding processing in the decoder 7, regardless of the position of the optical pickup 2, also regardless of whether the read and write modes, continuously performed until after-recording is finished.
このデコード処理は、図3との関係では時刻T0と時刻T1との間で開始される。 The decoding process is started between time T0 and time T1 in relation to FIG.
【0055】 [0055]
〔第3ステップ〕 Third step]
オリジナルデータの再生に同期してユーザが入力したアフレコ音声データを、エンコーダ11でエンコードし、エンコーダバッファ12に蓄積する。 The after-recording audio data entered by the user in synchronization with the reproduction of the original data, and encoded by the encoder 11, it is stored in the encoder buffer 12.
エンコーダ11でのエンコード処理は、光ピックアップ2の位置にかかわらず、また読み出しモードと書き込むモードのいずれであるかにかかわらず、アフレコが終了するまで継続して行う。 Encoding process of the encoder 11, regardless of the position of the optical pickup 2, also regardless of whether it is a mode for writing the read mode and continues until after-recording is finished.
【0056】 [0056]
〔第4ステップ〕 Fourth step]
バイパスバッファ8からオリジナルデータを取り出して検出器9に送る。 Sent from the bypass buffer 8 to the detector 9 is taken out of the original data.
検出器9の検出結果が、現在バイパスバッファ8から取り出しているオリジナルデータがビデオビットストリームVまたは主音声ビットストリームA1であることを示しているときは、スイッチ10の可動接点を検出器9側の固定接点に切り替えて、オリジナルデータを書き込みチャネル用バッファ13に蓄積する。 Detection result of the detector 9, when the original data is extracted from the current bypass buffer 8 indicates that it is a video bit stream V or main audio bitstream A1, the movable contact of the switch 10 of the detector 9 side switch to the fixed contact and accumulate in channel buffer 13 writes the original data.
【0057】 [0057]
他方、検出器9の検出結果が、現在バイパスバッファ8から取り出しているオリジナルデータが副音声ビットストリームA2であることを示しているときは、スイッチ10の可動接点をエンコーダバッファ12側の固定接点に切り替えて、エンコーダバッファ12から取り出したアフレコ音声データを書き込みチャネル用バッファ13に蓄積する。 On the other hand, the detection result of the detector 9, when the original data is extracted from the current bypass buffer 8 indicates that it is a secondary audio bit stream A2, the movable contact of the switch 10 to the fixed contact of the encoder buffer 12 side switched, accumulates in the channel buffer 13 writes the after-recording audio data retrieved from the encoder buffer 12. それと同時に、バイパスバッファ8から副音声ビットストリームA2を取り出して検出器9側の固定接点に流し続けることにより、書き込みチャネル用バッファ13側ではこの副音声ビットストリームA2を無視するようにする。 At the same time, by the bypass buffer 8 continues to flow to the fixed contact of the detector 9 side is taken out secondary audio bit stream A2, a write channel buffer 13 side to ignore the secondary audio bit stream A2.
【0058】 [0058]
これにより、オリジナルデータであるビデオビットストリームV,主音声ビットストリームA1及び副音声ビットストリームA2のうちの副音声ビットストリームA2をアフレコ音声データで置き換えることによりオリジナルデータとアフレコ音声データとを組み合わせたビットストリームが、書き込みチャネル用バッファ13に蓄積されていく。 Bits Thus, the combination of the original data and the after-recording audio data by replacing a video bit stream V, and secondary audio bit stream A2 of the main audio bitstream A1 and secondary audio bit stream A2 in the after-recording audio data is original data stream are accumulated in the write channel buffer 13.
【0059】 [0059]
この書き込みチャネル用バッファ13への蓄積処理は、光ピックアップ2の位置にかかわらず、また読み出しモードと書き込むモードのいずれであるかにかかわらず、アフレコが終了するまで継続して行う。 Accumulation process to the write channel buffer 13, regardless of the position of the optical pickup 2, also regardless of whether it is a mode for writing the read mode and continues until after-recording is finished.
この書き込みチャネル用バッファ13への蓄積処理は、図3では時刻T1以降の段階に相当している。 This accumulation process to the write channel buffer 13 is equivalent to a stage subsequent in FIG time T1.
【0060】 [0060]
続いて、次の(a)〜(f)の要因のうちのいずれか1つまたは2以上の組み合わせにより決定される一定の条件が満たされた時点で、オリジナルデータの読み出しを停止し、スイッチ5を書き込みチャネル用バッファ13側に切り替える。 Then, as soon as one or certain conditions determined by two or more combinations of the factors of the following (a) ~ (f) are satisfied, stops reading of the original data, the switch 5 write switch to channel buffer 13 side.
(a)読み出し開始からの経過時間(b)読み出しチャネル用バッファ6のデータ蓄積量(c)書き込みチャネル用バッファ13のデータ蓄積量(d)メディアレート(光ディスク1に対する読み出し・書き込みのレート) (A) elapsed time from the read start (b) the amount of data accumulated in the read channel buffer 6 (c) the amount of data accumulated in the write channel buffer 13 (d) media rate (rate of reading and writing to the optical disc 1)
(e)読み出しチャネル,書き込みチャネルのデータレート(デコーダ7の消費レート,エンコーダ11の出力レート) (E) read channel, a write channel data rate (consumption rate of the decoder 7, the output rate of the encoder 11)
(f)バッファ6,13の容量【0061】 (F) the capacity of the buffer 6, 13 [0061]
そして、最後に読み出しチャネル用バッファ6に送ったオリジナルデータのアドレス情報を記憶する。 Then, it stores the address information of the original data that was last sent to the read channel buffer 6. (次回読み出しを再開する際には、このアドレス情報に基づき、この最後にバッファ6に送ったデータに続くオリジナルデータを光ディスク1から読み出していく。) (When resuming the next read, based on the address information, it will read out the original data subsequent to the data sent to the last buffer 6 from the optical disk 1.)
このスイッチ5の切り替えは、図3では時刻T2の段階に相当している。 The switching of the switch 5 corresponds to the step of FIG. 3 time T2.
【0062】 [0062]
続いて、システムコントローラ14に予め記憶された情報に基づき、光ピックアップ2を、現在の位置X2から、書き込み開始位置(ここでは、読み出し開始位置と同じ位置X0)にまでシークさせ、位置X0に近づくと光ピックアップ2の位置を微調整する。 Then, based on the previously stored information to the system controller 14, the optical pickup 2 from the current position X2, the writing starting position (in this case, the same position X0 as the read start position) is seeking to a, closer to the position X0 a fine adjustment of the position of the optical pickup 2.
【0063】 [0063]
このシーク動作は、図3では時刻T2からT3までの段階に相当している。 This seek operation corresponds to the step of FIG. 3 from time T2 to T3. 前出の図2を例にとれば、このシーク動作により光ピックアップ2の位置はRからWに変化することになる。 Taking Figure 2 the previous example, the position of the optical pickup 2 will change to the W from R by the seek operation.
【0064】 [0064]
そして、光ピックアップ2,RF及び復調/変調回路3,ECC回路4を書き込みモードに切り替えて、書き込みチャネル用バッファ13からデータを取り出す。 Then, the optical pickup 2, RF and demodulation / modulation circuit 3, and switch the write mode ECC circuit 4 fetches the data from the write channel buffer 13. これにより、光ディスク1から読み出したオリジナルデータのうち副音声ビットストリームA2をアフレコ音声データで置き換えたデータが、誤り訂正符号を付加し直された後、光ディスク1上の当初の記録領域と略等しい領域に書き込まれていく。 Thus, the data obtained by replacing the secondary audio bit stream A2 of the original data read from the optical disk 1 in the after-recording audio data, after being re-adds an error correction code substantially equal to the original recording area on the optical disc 1 region go written in to. 換言すれば、オリジナルデータであるビデオビットストリームV及び主音声ビットストリームA1の記録領域と略等しい再生時刻に対応する副音声ビットストリームA2の領域に、当該オリジナルデータと同時に再生されるべきアフレコ音声データが多重化して記録されていく。 In other words, in the area of ​​the sub-audio bitstream A2 corresponding to substantially equal reproduction time and the recording area of ​​the video bit stream V and the primary audio bit stream A1 is the original data, after-recording audio data to be reproduced the original data at the same time There will be recorded by multiplexing.
【0065】 [0065]
この書き込み処理は、図3では時刻T3からT4までの段階に相当しており、同図にも書き込みチャネル用バッファ13のデータ蓄積量が減少する様子が表れている。 The writing process is equivalent to the stage of FIG. 3 from time T3 to T4, how the amount of data accumulated in the write channel buffer 13 in FIG decreases is evident.
【0066】 [0066]
続いて、書き込み開始からの経過時間及び上記(b)〜(f)の要因のうちのいずれか1つまたは2以上の組み合わせにより決定される一定の条件が満たされた時点で、光ディスク1へのデータの書き込みを停止し、スイッチ5を再び読み出しチャネル用バッファ6側に切り替える。 Subsequently, when certain conditions are met as determined by any one or more combinations of the factors of the elapsed time and the (b) ~ (f) from the write start, to the optical disk 1 writing data to stop, again switched to the buffer 6 side for the read channel switches 5. そして、最後に書き込んだデータのアドレス情報を記憶する。 And stores the address information of the last written data. (次回書き込みを再開する際には、このアドレス情報に基づき、この最後に書き込んだデータに続くデータを書き込みチャネル用バッファ13から取り出していく。) (When resuming the next write, based on the address information, it will take out from the channel buffer 13 write data following the data written to the last.)
このスイッチ5の切り替えは、図3では時刻T4の段階に相当している。 The switching of the switch 5 corresponds to the step of FIG. 3 the time T4.
この第4ステップまでで、アフレコ動作の1サイクルが終了する。 Up to the fourth step, 1 cycle of after-recording operation is completed.
【0067】 [0067]
続いて、前回スイッチ5を書き込みチャネル用バッファ13側に切り替えた際に記憶したアドレス情報に基づき、光ピックアップ2を、現在の位置X1から、前回読み出しを停止した位置X2にまでシークさせる。 Then, based on the stored address information when switching to channel buffer 13 side write last switch 5, the optical pickup 2 from the current position X1, is seeking to a position X2 has stopped last time read.
【0068】 [0068]
このシーク動作は、図3では時刻T4からT5までの段階に相当している。 This seek operation corresponds to the step of FIG. 3 from time T4 to T5. 前出の図2を例にとれば、このシーク動作により光ピックアップ2の位置はWからRに変化することになる。 Taking Figure 2 the previous example, the position of the optical pickup 2 will change from W to R by the seek operation. このように、光ピックアップ2の位置は読み出し位置と書き込み位置との間を往復する。 Thus, the position of the optical pickup 2 reciprocates between the read position and the writing position.
【0069】 [0069]
そして、光ピックアップ2,RF及び復調/変調回路3,ECC回路4を再び読み出しモードに設定して、光ピックアップ2の位置を微調整した後、光ピックアップ2による読み出しを再開する。 Then, the optical pickup 2, RF and demodulation / modulation circuit 3, by setting the ECC circuit 4 again read mode, after fine adjustment of the position of the optical pickup 2 is resumed read by the optical pickup 2. 以下、アフレコ対象のオリジナルデータに対応するアフレコデータの書き込みが全て完了するまで(あるいは図示しない操作パネルの操作によりユーザがアフレコの終了を指示するまで)、図3に時刻T5以降の段階として示すように、上述のような読み出しと書き込みとを時分割に行っていく。 Hereinafter, (until the user by operating the operation panel or not shown it indicates the end of dubbing) to write the after-recording data corresponding to the original data after-recording target is completed, as shown as a step after time T5 in FIG. 3 in, intended to make the time division and reading and writing as described above.
【0070】 [0070]
尚、図1の例ではバイパスバッファ8の後段に検出器9を設けているが、バイパスバッファ8の前段に検出器9を設けたり、あるいはデコーダ7でパケットのメディアの種類を検出したりしてもよい。 Although provided detector 9 downstream of the bypass buffer 8 in the example of FIG. 1, may be provided a detector 9 in front of the bypass buffer 8, or by or to detect the media type of the packet at the decoder 7 it may be. 但し、そうする場合には、検出結果とバイパスバッファ8の蓄積データとの関連をシステムコントローラ14が記憶しておく必要がある。 However, when doing so, the relationship between the accumulated data of the detection result and the bypass buffer 8 system controller 14 it is necessary to store.
【0071】 [0071]
また、メディアの種類を検出するだけでなくパケット中のプレゼンテーションタイムスタンプに基づいて各パケットの再生時刻をも検出する検出器を設けるようにしてもよい。 It is also possible to provide a detector for detecting also the playback time of each packet based on the presentation time stamp in the packet not only to detect the media type. そうすることにより、アフレコ音声データをビデオビットストリームV及び主音声ビットストリームA1の記録領域と略等しい再生時刻に対応する領域に多重化して記録する処理を、一層高精度に行うことができる。 By doing so, the after-recording audio data processing for recording are multiplexed in a region corresponding to substantially equal reproduction time and the recording area of ​​the video bit stream V and the primary audio bit stream A1, can be performed more accurately.
【0072】 [0072]
また、こうした検出器とスイッチ10との組み合わせに代えて、バイパスバッファ8から取り出したオリジナルデータとエンコーダバッファ12から取り出したアフレコ音声データとを多重化するための多重化器を設けるようにしてもよい。 Further, instead of the combination of these detectors and the switch 10, the dubbing audio data retrieved from the original data and the encoder buffer 12 is taken out from the bypass buffer 8 may be provided with a multiplexer for multiplexing . そうすることにより、一層効率的かつ高精度に多重化を行うことができるとともに、当初のオリジナルデータとは異なる構成で多重化を行うことができる。 By doing so, it is possible to multiplex more efficient and accurate, it is possible to perform multiplexing in different configuration than the original of the original data.
【0073】 [0073]
図4は、前述の(1)のアフレコ手法を採用する場合において本発明のアフレコ方法及び装置を適用した光ディスク装置のシステム構成の別の一例を示すものであり、図1と同一の部分には同一符号を付して重複説明を省略する。 Figure 4 shows another example system configuration of the applied optical disc apparatus after-recording method and apparatus of the present invention in a case of employing the dubbing method of the aforementioned (1), the same parts as Figure 1 a repeated explanation thereof are denoted by the same reference numerals.
【0074】 [0074]
この光ディスク装置では、ECC回路4用のワークメモリとして2系統のワークメモリ16,17が設けられており、ECC回路4に供給されるデータが、スイッチ18を介してワークメモリ16,17のうちのいずれか一方に一時記憶されるようになっている(これに対し、図1の光ディスク装置では、ECC回路4には図示せずも1系統のワークメモリのみが設けられている)。 In the optical disk apparatus has a work memory 16, 17 of two systems are provided as a work memory for the ECC circuit 4, data to be supplied to the ECC circuit 4, of the work memory 16, 17 via the switch 18 is adapted to be temporarily stored in either (in contrast, in the optical disk apparatus of FIG. 1, only the work memory also one system not shown in the ECC circuit 4 is provided).
【0075】 [0075]
この光ディスク装置においてアフレコ時にシステムコントローラ14が実行する処理は、図1の光ディスク装置での処理に対して次のような相違点を有しているが、その他の点については図1の光ディスク装置での処理と一致している。 In this process the system controller 14 at the time of post-recording in the optical disc apparatus performs is has the following differences with respect to the processing of the optical disk apparatus of FIG. 1, other optical disk apparatus of FIG. 1 for the points It is consistent with the treatment.
【0076】 [0076]
〔読み出しモードでの相違点〕 [Differences in the read mode]
光ディスク1から読み出されてECC回路4に供給されるオリジナルデータを、スイッチ18を介して例えば一方のワークメモリ16に一時記憶する。 The original data read from the optical disc 1 is supplied to the ECC circuit 4, and temporarily stores the via the switch 18, for example one of the work memory 16.
【0077】 [0077]
前述の(a)〜(f)の要因のうちのいずれか1つまたは2以上の組み合わせにより決定される一定の条件が満たされてスイッチ5を書き込みチャネル用バッファ13側に切り替える際に、スイッチ18をワークメモリ17側に切り替える。 When switching to any one or more of the channel buffer 13 side write switch 5 certain conditions are met as determined by a combination of the factors of the aforementioned (a) ~ (f), the switch 18 the switch to the work memory 17 side.
【0078】 [0078]
オリジナルデータの読み出しを停止してアドレス情報を記憶する際に、読み出しチャネル用バッファ6に最後に送ったオリジナルデータではなく、ワークメモリ16に最後に送ったオリジナルデータのアドレス情報を記憶する。 In storing read out by stopping the address information of the original data, not the original data sent to the last read channel buffer 6 and stores the address information of the original data sent to the last work memory 16.
【0079】 [0079]
〔書き込みモードでの相違点〕 [Differences in write mode]
前述の(a)〜(f)の要因のうちのいずれか1つまたは2以上の組み合わせにより決定される一定の条件が満たされてスイッチ5を読み出しチャネル用バッファ6側に切り替える際に、スイッチ18を再びワークメモリ16側に切り替える。 When switching to any one or more certain conditions determined by the combination of is satisfied channel buffer 6 side reads the switch 5 of the factors of the aforementioned (a) ~ (f), the switch 18 again switched to the work memory 16 side.
【0080】 [0080]
このような処理を行う利点は、次の通りである。 The advantage of such processing is as follows.
図1の光ディスク装置での処理では、ECC回路4が一定の大きさのデータブロックを単位として処理を行うことから、ECC回路4に入力されてはいるがデータブロックの大きさに達していないデータは、スイッチ5の切り替え時にECC回路4において破棄してしまわざるを得ない。 In the process of the optical disk apparatus of FIG. 1, not from the ECC circuit 4 performs processing of predetermined size of the data block as a unit, it has but is input to the ECC circuit 4 reaches the size of the data block Data It is inevitably would provide an discarded in the ECC circuit 4 at the time of switching of the switch 5. 従って、読み出し再開時にはこの破棄したデータを光ディスク1から読み出し直さなければならず、書き込み再開時にもこの破棄したデータを書き込みチャネル用バッファ13から取り出し直さなければならないので、非効率的である。 Thus, the discarded data must be re read from the optical disk 1 at the time of reading restart, since it must re removed from the channel buffer 13 is also at the time of writing resumes writing the discarded data, which is inefficient.
【0081】 [0081]
これに対し、図4の光ディスク装置での処理では、読み出し時,書き込み時にECC回路4に入力されたがデータブロックの大きさに達していないデータが、スイッチ5の切り替え後にもそのままワークメモリ16,17に保持されるので、読み出し再開時にはワークメモリ16に保持したデータに続くデータを光ディスク1から読み出せば足り、書き込みの再開時にもワークメモリ17に保持したデータに続くデータを書き込みチャネル用バッファ13から取り出せば足りるので、効率的にアフレコを行うことができる。 In contrast, in the processing of the optical disk apparatus of FIG. 4, during reading, data is input to the ECC circuit 4 does not reach the size of data blocks during writing, as the work memory 16 even after switching of the switch 5, because it is held in the 17, at the time of reading resumes sufficient to read out data following the data stored in the work memory 16 from the optical disk 1, the channel buffer 13 write data following the data stored in the work memory 17 also when writing resumes it is sufficient to retrieve from, it is possible to perform efficiently dubbing.
【0082】 [0082]
次に、前述のアフレコ手法(1)〜(3)のうちの(3)の手法を採用する場合(すなわちオリジナルデータを記録したデジタル記録媒体に、アフレコ音声のデータをオリジナルデータとは多重化せずに記録し、再生時に、当該デジタル記録媒体から読み出したオリジナルの音声データとアフレコ音声データとをミキシングして完成音として出力する場合)における本発明の一例について説明することにする。 Next, the digital recording medium when (that is, the recording original data employing the technique of (3) of the aforementioned dubbing techniques (1) to (3), the after-recording audio data were multiplexed with the original data It was recorded without, during reproduction, will be described in an example of the present invention in a case) for outputting the read original audio data and the after-recording audio data from the digital recording medium as mixing to complete sound.
【0083】 [0083]
図7は、この(3)のアフレコ手法を採用する場合において本発明のアフレコ方法及び装置を適用した光ディスク装置のシステム構成の一例を示すものであり、図1と同一の部分には同一符号を付して重複説明を省略する。 FIG. 7 shows an example of a system configuration of an optical disk apparatus to which the after-recording method and apparatus of the present invention in a case of employing the after-recording method of (3), the same reference numerals to the same parts as in FIG. 1 given the duplicated description thereof is omitted by.
この光ディスク装置では、1枚の書き換え型の光ディスク19に対して1系統の光ピックアップ(光ヘッド)2が設けられており、データの読み出しと書き込みの双方にこの光ピックアップ2が共用される。 The optical disk apparatus is one system of the optical pickup with respect to one rewritable optical disk 19 (optical head) 2 is provided, the optical pickup 2 is shared for both data reading and writing. 光ディスク19には、図8に示すように、ビデオビットストリームV,主音声ビットストリームA1及び副音声ビットストリームA2が記録されている。 On the optical disc 19, as shown in FIG. 8, a video bit stream V, the main audio bitstream A1 and secondary audio bit stream A2 is recorded. オリジナルデータであるビデオビットストリームVと主音声ビットストリームA1は、MPEG2のシステムによりパケット多重方式で記録されている(Rの部分)。 Video bit stream V and the primary audio bit stream A1 is the original data is recorded in the packet multiplexing the MPEG2 system (part of R). また副音声ビットストリームA2は、MPEG2のシステムのパケット多重方式によりパケットに入っているが、ビットストリームV,A1とは独立して記録されている(Wの部分)。 The secondary audio bit stream A2 is has entered into packets by the packet multiplexing of the MPEG2 system are recorded independently of the bit stream V, A1 (W portion). 各ビットストリームV,A1及びA2において、それぞれ幾つかのパケットに対して1つの割合で、プレゼンテーションタイムスタンプを有するパケットが存在している。 In each bit stream V, A1 and A2, at a rate of one for some packets each packet having a presentation time stamp are present.
【0084】 [0084]
光ピックアップ2により光ディスク19から読み出されたビットストリームは、RF及び復調/変調回路3(図6のRF及び復調回路21と変調及びRF回路29との機能を併有するもの),ECC回路4(図6のECC回路22とECC回路28との機能を併有するもの)でそれぞれ復調,誤り訂正を施された後、スイッチ5を介し、読み出しレートとデコード処理レートとの差を吸収するための読み出しチャネル用バッファ6に送られる。 Bit stream read from the optical disk 19 by the optical pickup 2, RF, and demodulation / modulation circuit 3 (which functions of both the RF and demodulation circuit 21 of FIG. 6 and the modulation and RF circuit 29), ECC circuit 4 ( each demodulated by the ECC circuit 22 as having both functions of the ECC circuit 28) of FIG. 6, after being subjected to error correction, through the switch 5, the read for absorbing the difference between the read rate and decoding rate It is sent to the channel buffer 6.
【0085】 [0085]
読み出しチャネル用バッファ6から取り出されたビットストリームは、デコーダ(デマルチプレックス部とビデオデコーダとオーディオデコーダとを含む)7でデコードされ、ビデオ出力端子P1,音声出力端子P2から図示しないディスプレイ,スピーカに送られて再生される。 Bit stream retrieved from the read channel buffer 6 is decoded by the decoder (including a demultiplexer and a video decoder and an audio decoder) 7, a video output terminal P1, not shown, from the audio output terminal P2 display, the speaker It is reproduced sent in.
【0086】 [0086]
他方、音声入力端子P3から入力された音声データは、エンコーダ11でエンコードされた後、エンコーダバッファ12に蓄積される。 On the other hand, the audio data inputted from the audio input terminal P3, after being encoded by the encoder 11, is stored in the encoder buffer 12. エンコーダバッファ12から取り出された音声データは、多重化器20を経て、書き込みチャネル用バッファ13に送られる。 Audio data retrieved from the encoder buffer 12, via the multiplexer 20 and sent to write channel buffer 13.
【0087】 [0087]
書き込みチャネル用バッファ13に送られたデータ(エンコーダバッファ12から取り出された音声データ)は、書き込みチャネル用バッファ13から取り出され、スイッチ5を介してECC回路4,RF及び復調/変調回路3で誤り訂正符号の付加,変調を施された後、光ピックアップ2により光ディスク19に書き込まれる。 Data sent to the write channel buffer 13 (audio data retrieved from the encoder buffer 12) is taken out from the write channel buffer 13, the error in the ECC circuit 4, RF and demodulation / modulation circuit 3 through the switch 5 the addition of correction codes is subjected to the modulation, it is written to the optical disk 19 by the optical pickup 2.
【0088】 [0088]
本例の場合には、読み出しレートと書き込みレートとは互いに異なっているのが通常である。 In the case of the present example, the are different from each other between the read rate and the write rate is usually. つまり、読み出しレートはビデオとオーディオとが多重化されているストリームのビットレートであり、書き込みレートはオーディオ1本から成るストリームのビットレートであるため、読み出しレートのほうが書き込みレートよりも高いことが予想される。 That is, the read rate is the bit rate of the stream being multiplexed with video and audio, because the write rate is the bit rate of the stream consisting of one audio, expected to be higher than the writing rate towards the reading rate It is.
【0089】 [0089]
この光ディスク装置でも、このように光ディスク19からビットストリームを読み出してから、その再生に同期して入力した音声データが光ディスク19に書き込まれるまでに、図6を用いて説明したような理由からやはり数百ミリ秒から数秒程度の処理時間がかかる。 In this optical disk apparatus, after reading a bit stream from such the optical disc 19, until the voice data input in synchronism with the playback is written to the optical disk 19, the number again from the reasons as described with reference to FIG. 6 it takes a long processing time of a few seconds from one hundred milliseconds.
【0090】 [0090]
従って、この読み出しから書き込みまでの間に、光ディスク19に対する光ピックアップ2の位置は、この処理時間分だけ先に進んでしまうことになる。 Therefore, during the period from the read to write, the position of the optical pickup 2 with respect to the optical disc 19 would cause to proceed by this processing time. 但しこの例では、オリジナルデータのビットストリームは図8におけるRの部分であるのに対し、後述するようにアフレコ音声データは図8におけるWの部分に書き込まれ、この両部分は互いに異なるそれぞれ独立したビットストリームであるため、遅れは考慮しなくてよい。 However, in this example, the bit stream of the original data while a part of R in FIG. 8, after-recording audio data, as will be described later is written in the portion of W in FIG. 8, the both portions are different, respectively independently of one another for a bit stream, a delay may be considered. つまり、読み出しているデータと書き込んでいるデータとの間には、信号処理による遅れだけの時間差が発生しているが、これは記録時の動作には全く影響しない。 That is, between the being written and read out and data data, the time difference between the delayed by the signal processing occurs, this does not affect at all the recording operation.
但し、後述するように、オリジナルデータのビットストリームとアフレコ音声データのビットストリームとの時間的な対応関係について光ディスク19のTOCの領域に記録しておく。 However, as will be described later, it is recorded in the area of ​​the TOC of the optical disc 19 for temporal correspondence between the bit stream of the dubbing audio data of the original data.
【0091】 [0091]
図7に戻り、システムコントローラ14は、後述のようにアフレコ時にこの光ディスク装置の各部の動作を制御するものであり、図示せずも、CPUと、CPUが実行すべき処理プログラム等を格納したROMと、処理過程で生じたデータ等を一時記憶するためのRAMとを含んでいる。 Returning to Figure 7, the system controller 14 is for controlling the operation of each unit of the optical disk apparatus at the time of post-recording as described later, also not shown, and stores the CPU, the processing program to be executed by the CPU such as a ROM When, and a RAM for temporarily storing the resulting data and the like during processing. 尚、この制御のうち、光ピックアップ2の位置の微調整は、RF及び復調/変調回路3で復調されたビットストリームを取り込んで現在読み出し中のデータのアドレス情報を検出するアドレス検出回路15の検出結果に基づいて行われる。 Of the control, fine adjustment of the position of the optical pickup 2 detects the address detection circuit 15 for detecting the address information of data currently being read capture bit stream demodulated by the RF and demodulation / modulation circuit 3 It is performed on the basis of the result.
【0092】 [0092]
次に、アフレコ時にこのシステムコントローラ14が実行する処理の一例を説明する。 Next, an example of processing system controller 14 executes the after-recording.
〔第1ステップ〕 First step]
最初に、図示しない操作パネルの操作によりユーザがアフレコ対象のオリジナルデータを指定することか、あるいは予め光ディスク19に書き込まれているアフレコ対象のオリジナルデータの指定情報を読み出すことに基づき、光ディスク19に記録されているオリジナルデータのうち、アフレコの対象となるオリジナルデータの範囲を確定する。 First, based on reading the designation information of the original data after-recording target user by operating the operation panel (not shown) is written to or advance optical disc 19, specifying the original data of the after-recording target, recorded on the optical disc 19 of the original data being determines the range of the original data to be after-recorded.
【0093】 [0093]
続いて、このアフレコ対象のオリジナルデータのアドレス情報に基づき、光ピックアップ2を読み出し開始位置X0にシークさせる。 Then, based on the address information of the original data of the after-recording target, to seek the starting position X0 read out optical pickup 2. そして、光ピックアップ2,RF及び復調/変調回路3,ECC回路4を読み出しモードに設定すると共にスイッチ5を読み出しチャネル用バッファ6側に切り替え、光ピックアップ2の位置を微調整した後、光ピックアップ2による読み出しを開始する。 Then, switch to channel buffer 6 side reads the switch 5 and sets the read out optical pickup 2, RF and demodulation / modulation circuit 3, ECC circuit 4 mode, after fine adjustment of the position of the optical pickup 2, an optical pickup 2 to start reading by. これにより、アフレコ対象のオリジナルデータが読み出しチャネル用バッファ6に蓄積されていく。 Thus, the original data of the after-recording target is accumulated in the read channel buffer 6.
【0094】 [0094]
図9は、アフレコ時の各時刻における光ピックアップ2の位置と読み出し・書き込み状況との関係(同図A)を示すと共に、これらの時刻における読み出しチャネル用バッファ6,書き込みチャネル用バッファ13のデータ蓄積量(同図B,C)を示す。 9, along with showing the relationship between the position and the read-write status of the optical pickup 2 at each time of the after-recording (the drawing A), the data storage read channel buffer 6, the write channel buffer 13 at these times It indicates the amount (Fig. B, C). 尚、図9Aでは、太い実線は読み出し中であることを示し、破線は書き込み中であることを示し、細い実線はシーク中であることを示している。 In FIG 9A, it shows that the thick solid line is being read, indicates that the broken line is being written, it is shown that a thin solid line is during a seek.
【0095】 [0095]
この図9では、読み出しチャネル用バッファ6への蓄積処理は、時刻T0からT2までの段階に相当しており、同図にも読み出しチャネル用バッファ6のデータ蓄積量が増加する様子が表れている。 In FIG 9, the storage process to the read channel buffer 6 is equivalent to the stage from time T0 to T2, how the amount of data accumulated in the read channel buffer 6 in FIG increases are evident .
【0096】 [0096]
〔第2ステップ〕 Second step]
読み出しチャネル用バッファ6からオリジナルデータを取り出し、デコーダ7でデコードして再生する。 Taking out the original data from the read channel buffer 6, and reproduces the decoded by the decoder 7.
【0097】 [0097]
デコーダ7でのデコード処理は、光ピックアップ2の位置にかかわらず、また読み出しモードと書き込みモードのいずれであるかにかかわらず、アフレコが終了するまで継続して行う。 Decoding processing in the decoder 7, regardless of the position of the optical pickup 2, also regardless of whether the read and write modes, continuously performed until after-recording is finished.
このデコード処理は、図9との関係では時刻T0と時刻T1との間で開始される。 The decoding process is started between time T0 and time T1 in relation to FIG.
【0098】 [0098]
〔第3ステップ〕 Third step]
オリジナルデータの再生に同期してユーザが入力したアフレコ音声データを、エンコーダ11でエンコードし、エンコーダバッファ12に蓄積する。 The after-recording audio data entered by the user in synchronization with the reproduction of the original data, and encoded by the encoder 11, it is stored in the encoder buffer 12.
エンコーダ11でのエンコード処理は、光ピックアップ2の位置にかかわらず、また読み出しモードと書き込むモードのいずれであるかにかかわらず、アフレコが終了するまで継続して行う。 Encoding process of the encoder 11, regardless of the position of the optical pickup 2, also regardless of whether it is a mode for writing the read mode and continues until after-recording is finished.
【0099】 [0099]
〔第4ステップ〕 Fourth step]
エンコーダバッファ12から取り出したアフレコ音声データは、多重化器20でMPEG2のシステムの規格に則ったパケットに収められて、書き込みチャネル用バッファ13に蓄積される。 After-recording audio data retrieved from the encoder buffer 12 is housed in the multiplexer 20 into packets conforming to the MPEG2 systems standard are stored in the write channel buffer 13.
【0100】 [0100]
これにより、オリジナルデータと時間的に対応するビットストリームが作成されて、書き込みチャネル用バッファ13に蓄積されていく。 Thus, created the original data temporally corresponding bit stream, it is accumulated in the write channel buffer 13.
【0101】 [0101]
この書き込みチャネル用バッファ13への蓄積処理は、光ピックアップ2の位置にかかわらず、また読み出しモードと書き込むモードのいずれであるかにかかわらず、アフレコが終了するまで継続して行う。 Accumulation process to the write channel buffer 13, regardless of the position of the optical pickup 2, also regardless of whether it is a mode for writing the read mode and continues until after-recording is finished.
この書き込みチャネル用バッファ13への蓄積処理は、図9では時刻T1以降の段階に相当している。 This accumulation process to the write channel buffer 13 is equivalent to a stage after time in Figure 9 T1.
【0102】 [0102]
続いて、次の(a)〜(f)の要因のうちのいずれか1つまたは2以上の組み合わせにより決定される一定の条件が満たされた時点で、オリジナルデータの読み出しを停止して、スイッチ5を再び書き込みチャネル用バッファ13側に切り替る。 Then, as soon as one or certain conditions determined by two or more combinations of the factors of the following (a) ~ (f) are met, to stop the reading of the original data, the switch 5 again switched to the buffer 13 side write channel.
(a)読み出し開始からの経過時間(b)読み出しチャネル用バッファ6のデータ蓄積量(c)書き込みチャネル用バッファ13のデータ蓄積量(d)メディアレート(光ディスク19に対する読み出し・書き込みのレート) (A) elapsed time from the read start (b) the amount of data accumulated in the read channel buffer 6 (c) the amount of data accumulated in the write channel buffer 13 (d) media rate (rate of reading and writing to the optical disc 19)
(e)読み出しチャネル,書き込みチャネルのデータレート(デコーダ7の消費レート,エンコーダ11の出力レート) (E) read channel, a write channel data rate (consumption rate of the decoder 7, the output rate of the encoder 11)
(f)バッファ6,13の容量【0103】 (F) the capacity of the buffer 6, 13 [0103]
そして、最後に読み出しチャネル用バッファ6に送ったオリジナルデータのアドレス情報を記憶する。 Then, it stores the address information of the original data that was last sent to the read channel buffer 6. (次回読み出しを再開する際には、このアドレス情報に基づき、この最後にバッファ6に送ったデータに続くオリジナルデータを光ディスク19から読み出していく。) (When resuming the next read, based on the address information, it will read out the original data subsequent to the data sent to the last buffer 6 from the optical disk 19.)
このスイッチ5の切り替えは、図9では時刻T2の段階に相当している。 The switching of the switch 5 corresponds to the step of FIG. 9 the time T2.
【0104】 [0104]
続いて、システムコントローラ14に予め記憶された情報に基づき、光ピックアップ2を、現在の位置X2から、書き込み開始位置(ここでは、オリジナルデータの記録位置である図8のRの部分とは重ならない、副音声ビットストリームA2の記録位置である図8のWの部分の中の位置Y0)にまでシークさせ、位置Y0に近づくと光ピックアップ2の位置を微調整する。 Then, based on the previously stored information to the system controller 14, the optical pickup 2 from the current position X2, the writing starting position (in this case, does not overlap the R portion of FIG. 8 which is a recording position of the original data , then seek to a position Y0) in the portion of W in FIG. 8 which is a recording position of the sub-audio bitstream A2, it approaches a position Y0 to finely adjust the position of the optical pickup 2.
【0105】 [0105]
このシーク動作は、図9では時刻T2からT3までの段階に相当している。 This seek operation corresponds to the step of FIG. 9 from the time T2 to T3. 前出の図8を例にとれば、このシーク動作により光ピックアップ2の位置はRからWに変化することになる。 Taking FIG. 8 of the preceding example, the position of the optical pickup 2 will change to the W from R by the seek operation.
【0106】 [0106]
そして、光ピックアップ2,RF及び復調/変調回路3,ECC回路4を書き込みモードに切り替えて、書き込みチャネル用バッファ13からデータを取り出す。 Then, the optical pickup 2, RF and demodulation / modulation circuit 3, and switch the write mode ECC circuit 4 fetches the data from the write channel buffer 13. これにより、アフレコ音声データが、誤り訂正符号を付加された後、光ディスク19上に書き込まれていく。 Accordingly, after-recording audio data, after being adds an error correction code, it will be written on the optical disk 19.
【0107】 [0107]
この書き込み処理は、図9では時刻T3からT4までの段階に相当しており、同図にも書き込みチャネル用バッファ13のデータ蓄積量が減少する様子が表れている。 The writing process is equivalent to the stage of FIG. 9 from the time T3 to T4, how the amount of data accumulated in the write channel buffer 13 in FIG decreases is evident.
【0108】 [0108]
続いて、書き込み開始からの経過時間及び上記(b)〜(f)の要因のうちのいずれか1つまたは2以上の組み合わせにより決定される一定の条件が満たされた時点で、光ディスク19へのデータの書き込みを停止し、スイッチ5を再び読み出しチャネル用バッファ6側に切り替える。 Subsequently, when certain conditions are met as determined by any one or more combinations of the factors of the elapsed time and the (b) ~ (f) from the write start, in the optical disk 19 writing data to stop, again switched to the buffer 6 side for the read channel switches 5. そして、最後に書き込んだデータのアドレス情報を記憶する。 And stores the address information of the last written data. (次回書き込みを再開する際には、このアドレス情報に基づき、この最後に書き込んだデータに続くデータを書き込みチャネル用バッファ13から取り出していく。) (When resuming the next write, based on the address information, it will take out from the channel buffer 13 write data following the data written to the last.)
このスイッチ5の切り替えは、図9では時刻T4の段階に相当している。 The switching of the switch 5 corresponds to the step of FIG. 9 the time T4.
この第4ステップまでで、アフレコ動作の1サイクルが終了する。 Up to the fourth step, 1 cycle of after-recording operation is completed.
【0109】 [0109]
続いて、前回スイッチ5を書き込みチャネル用バッファ13側に切り替えた際に記憶したアドレス情報に基づき、光ピックアップ2を、現在の位置Y1から、前回読み出しを停止した位置X2にまでシークさせる。 Then, based on the stored address information when switching to channel buffer 13 side write last switch 5, the optical pickup 2 from the current position Y1, is seeking to a position X2 has stopped last time read.
【0110】 [0110]
このシーク動作は、図9では時刻T4からT5までの段階に相当している。 This seek operation corresponds to the step of FIG. 9 from time T4 to T5. 前出の図8を例にとれば、このシーク動作により光ピックアップ2の位置はWからRに変化することになる。 Taking FIG. 8 of the preceding example, the position of the optical pickup 2 will change from W to R by the seek operation. このように、光ピックアップ2の位置は読み出し位置と書き込み位置との間を往復する。 Thus, the position of the optical pickup 2 reciprocates between the read position and the writing position.
【0111】 [0111]
そして、光ピックアップ2,RF及び復調/変調回路3,ECC回路4を再び読み出しモードに切り替え、光ピックアップ2の位置を微調整した後、光ピックアップ2による読み出しを再開する。 The switching optical pickup 2, RF and demodulation / modulation circuit 3, the ECC circuit 4 again read mode, after fine adjustment of the position of the optical pickup 2 is resumed read by the optical pickup 2. 以下、アフレコ対象のオリジナルデータに対応するアフレコデータの書き込みが全て完了するまで(あるいは図示しない操作パネルの操作によりユーザがアフレコの終了を指示するまで)、図9に時刻T5以降の段階として示すように、上述のような読み出しと書き込みとを時分割に行っていく。 Hereinafter, (up by operating the operation panel or not shown user instructs the end of dubbing) to write the after-recording data corresponding to the original data after-recording target is completed, as shown as a step after time T5 in FIG. 9 in, intended to make the time division and reading and writing as described above.
【0112】 [0112]
〔第5ステップ〕 Fifth step]
アフレコの最終段階として、オリジナルデータとアフレコ音声データとの時間的な対応関係を示す情報を光ディスク19に記録する。 As a final step of post-recording, it records information indicating temporal relationship between the original data and the after-recording audio data on the optical disk 19.
ここでは、一例として、プレゼンテーションタイムスタンプ(PTS)を利用する。 Here, as an example, it utilizes a presentation time stamp (PTS).
すなわち、先にも述べたように、MPEG2のシステムでは、各メディアのビットストリームのパケットがプレゼンテーションタイムスタンプを有しているので、図10に例示するように、オリジナルデータであるビデオビットストリームV及び主音声ビットストリームA1のうちアフレコ音声データである音声ビットストリームA2と対応し始める部分(すなわちユーザあるいは光ディスク19に書き込まれている指定情報により指定されたアフレコ対象のオリジナルデータの先頭部分)のプレゼンテーションタイムスタンプにより、オリジナルデータとアフレコ音声データとの時間的な対応関係が一義的に特定されることになる。 That is, as described earlier, in the MPEG2 system, the packets of each media bitstream has a presentation time stamp, as illustrated in FIG. 10, the video bit stream V and an original data presentation time of the portion begins to correspond to the audio bit stream A2 is after-recording audio data of the main audio bitstream A1 (i.e. the top portion of the original data of the designated dubbing target by specifying information written to the user or the optical disk 19) the stamp, so that the temporal relationship between the original data and the after-recording audio data is uniquely identified.
【0113】 [0113]
そこで、アフレコ対象のオリジナルデータに対応するアフレコ音声データの書き込みが全て完了したときあるいはユーザがアフレコの終了を指示したときには、システムコントローラ14は、オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を、光ディスク19のTOC(Table Of Contents )の領域に記録する。 Therefore, when the after-recording target or user upon completing all of the writing of the after-recording audio data corresponding to the original data has instructed the end of the after-recording, the system controller 14, a presentation of the portion begins to correspond to the after-recording audio data in the original data information indicating a time stamp is recorded in the area of ​​the TOC of the optical disc 19 (Table of Contents).
また、オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分(図9のX0)のアドレス情報と、アフレコ音声データの開始位置(図9のY0)及び終了位置のアドレス情報も、TOCの領域に記録する。 Further, the address information of the portion begins to correspond to the after-recording audio data of the original data (X0 in FIG. 9), also address information of the start position (Y0 in FIG. 9) and the end position of the after-recording audio data, recorded in the area of ​​TOC to.
【0114】 [0114]
このように、オリジナルデータとアフレコ音声データとの時間的な対応関係を示す情報として、オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報が光ディスク19のTOCの領域に記録されるので、オリジナルデータとアフレコ音声データとが多重化せずに記録されるにも係わらず、TOC中のこの情報に基づいて、アフレコ音声データをオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生することが可能になる。 Thus recorded, as the information indicating the temporal correspondence between the original data and the after-recording audio data, information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the after-recording audio data of the original data in the region of the TOC of the optical disc 19 since the, despite the original data and the after-recording audio data is recorded without being multiplexed, based on the information in the TOC, and the after-recording audio data to match the original data and time and accurately reproduced it becomes possible to.
【0115】 [0115]
図11は、前述の(3)のアフレコ手法を採用する場合において本発明の再生方法及び装置を適用した光ディスク装置のシステム構成の一例を示す。 Figure 11 shows an example of a system configuration of an optical disk apparatus using the reproducing method and apparatus of the present invention in a case of employing the dubbing method of the aforementioned (3).
この光ディスク装置では、データ読み出し用の1系統の光ピックアップ(光ヘッド)31が設けられており、この光ディスク装置に装着された光ディスクから光ピックアップ31により読み出されたビットストリームは、RF及び復調回路32(図6のRF及び復調回路21の機能を有するもの),ECC回路33(図6のECC回路22の機能を有するもの)でそれぞれ復調,誤り訂正を施された後、スイッチ34を介し、読み出しレートとデコード処理レートとの差を吸収するためのバッファ35(チャンネル(Ch)1のバッファ35aとチャンネル(Ch)2のバッファ35bとのいずれか)に送られる。 In this optical disk apparatus, the optical pickup of one system for reading data (optical head) 31 is provided, the bit stream read by the optical pickup 31 from the optical disk mounted on the optical disc apparatus, RF, and the demodulation circuit 32 (having a function of RF and demodulation circuit 21 of FIG. 6), demodulated respectively ECC circuit 33 (having the function of the ECC circuit 22 in FIG. 6), after having been subjected to error correction, through the switch 34, sent to (one of the channels (Ch) 1 buffer 35a and the channel (Ch) 2 buffers 35b) buffer 35 for absorbing the difference between the read rate and decoding rate.
【0116】 [0116]
Ch1のバッファ35aから取り出されたビットストリームは、デコーダ(デマルチプレックス部とビデオデコーダとオーディオデコーダとを含む)36aでデコードされる。 Bit stream retrieved from Ch1 buffer 35a is decoded by the decoder (including a demultiplexer and a video decoder and an audio decoder) 36a. デコーダ36aから出力された映像信号は、ビデオ出力端子P1から図示しないディスプレイに送られ、デコーダ36aから出力された音声信号は、ミキシング回路37に送られる。 The video signal output from the decoder 36a is sent to a display (not shown) from a video output terminal P1, the audio signals output from the decoder 36a is sent to the mixing circuit 37.
【0117】 [0117]
他方Ch2のバッファ35bから取り出されたビットストリームは、デコーダ(オーディオデコーダを含む)36bでデコードされ、デコーダ36bから出力された音声信号はミキシング回路37に送られる。 Bit stream retrieved from the buffer 35b of the other Ch2 (including audio decoder) decoder is decoded by 36b, the audio signal output from the decoder 36b is sent to the mixing circuit 37.
ミキシング回路37から出力された音声信号は、音声出力端子P2から図示しないスピーカに送られて再生される。 Audio signal output from the mixing circuit 37 is regenerated is sent to a speaker (not shown) from the audio output terminal P2.
【0118】 [0118]
また図示せずも、光ピックアップ31により光ディスクから読み出されたTOC情報は、RF及び復調回路32,ECC回路33でそれぞれ復調,誤り訂正を施された後、システムコントローラ38に送られる。 Also not shown, TOC information read from the optical disc by the optical pickup 31 is demodulated respectively by the RF and demodulation circuit 32, ECC circuit 33, after being subjected to error correction, sent to the system controller 38.
システムコントローラ38は、後述のように再生時にこの光ディスク装置の各部の動作を制御するものであり、図示せずも、CPUと、CPUが実行すべき処理プログラム等を格納したROMと、処理過程で生じたデータ等を一時記憶するためのRAMとを含んでいる。 The system controller 38 is for controlling the operation of each part of the optical disk device during reproduction as described below, also not shown, a CPU, a ROM in which the CPU stores the to be processing program executed in the process the resulting data or the like and a RAM for temporarily storing. 尚、この制御のうち、光ピックアップ31の位置の微調整は、RF及び復調/変調回路32で復調されたビットストリームを取り込んで現在読み出し中のデータのアドレス情報を検出するアドレス検出回路39の検出結果に基づいて行われる。 Of the control, fine adjustment of the position of the optical pickup 31, the detection of the address detection circuit 39 for detecting the address information of data currently being read capture bit stream demodulated by the RF and demodulation / modulation circuit 32 It is performed on the basis of the result.
【0119】 [0119]
次に、光ディスク19(図7の光ディスク装置によりアフレコが行われたもの)の再生時にこのシステムコントローラ38が実行する処理の一例を説明する。 Next, an example of processing system controller 38 executes the playback of the optical disc 19 (which after-recording is performed by the optical disc apparatus in FIG. 7).
〔第1ステップ〕 First step]
光ピックアップ31に光ディスク19のTOC情報を読み出させた際に、図7の光ディスク装置により記録された情報であるところの、オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報と、オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分(図9のX0)のアドレス情報と、アフレコ音声データの開始位置(図9のY0)及び終了位置のアドレス情報とを得る。 Shown upon to read the TOC information of the optical disk 19 to the optical pickup 31, where the information recorded by the optical disk apparatus of FIG. 7, the presentation time stamp of the portion begins to correspond to the after-recording audio data in the original data obtaining information and the address information of the portion begins to correspond to the after-recording audio data of the original data (X0 in FIG. 9), and the address information of the start position (Y0 in FIG. 9) and the end position of the after-recording audio data.
【0120】 [0120]
〔第2ステップ〕 Second step]
図示しない操作パネルの操作によりユーザがオリジナルデータ(図8のビデオビットストリームV及び主音声ビットストリームA1)の再生開始位置を指定すると、この再生開始位置のアドレス情報に基づき、光ピックアップ31をこの再生開始位置にシークさせる。 When the user by operating the operation panel (not shown) specifies a playback start position of the original data (video bit stream V and the primary audio bit stream A1 in FIG. 8), based on the address information of the playback start position, the optical pickup 31 the reproduction to seek to the start position. そして、スイッチ34をCh1のバッファ35a側に切り替え、光ピックアップ31の位置を微調整した後、光ピックアップ31による読み出しを開始する。 Then, it switches the switch 34 to the buffer 35a side of Ch1, after fine adjustment of the position of the optical pickup 31 starts reading by the optical pickup 31.
そして、バッファ35aに蓄積されたオリジナルデータをバッファ35aから取り出してデコーダ36aに送り、デコーダ36aでのデコード処理を開始する。 Then, the feed to the decoder 36a takes out the original data stored in the buffer 35a from the buffer 35a, starts decoding processing at the decoder 36a.
【0121】 [0121]
これにより、オリジナルの映像が再生されると共に、オリジナルの音声がミキシング回路37を経てそのまま再生される。 Thus, the original image is reproduced, the original sound is reproduced as it is through the mixing circuit 37.
尚、デコーダ36aの消費レートは光ディスク19からの読み出しレートよりも小さいので、バッファ35aに容量一杯にまでオリジナルデータが蓄積されると、光ディスク19からのオリジナルデータの読み出しを中断し、その後バッファ35aからデータが取り出されることによりバッファ35aの容量に十分な空きができると、光ディスク19からの読み出しを再開する。 Since consumption rate of the decoder 36a is smaller than the rate of reading from the optical disk 19, when the original data is accumulated to a full capacity in the buffer 35a, interrupting the reading of the original data from the optical disk 19, from subsequent buffer 35a If there is enough space in the capacity of the buffer 35a by the data is retrieved, it resumes reading from the optical disk 19.
【0122】 [0122]
このようにしてオリジナルデータが読み出されていき、第1ステップで得た情報が示すプレゼンテーションタイムスタンプと同じプレゼンテーションタイムスタンプを有する部分(図9ではX0、図10ではPTSの部分)に達すると、バッファ35aのデータ蓄積量が例えば次の(g)〜(j)のような各要因から決定される最低限必要な量(一例として容量一杯の量)になった時点で、オリジナルデータの読み出しを停止すると共にバッファ35aからのオリジナルデータの取り出しを停止して、スイッチ34をCh2のバッファ35b側に切り替える。 Thus will read the original data (in FIG. 9 X0, part of PTS in FIG. 10) portions having the same presentation time stamp and a presentation time stamp indicating information obtained in the first step is reached, the when it becomes the amount of data stored in the buffer 35a, for example, the following (g) ~ minimum required amount determined from the factors such as (j) (the amount of capacity full, for example), the reading of original data stop taking out the original data from the buffer 35a is stopped, it switches the switch 34 to the buffer 35b side of Ch2. (g)第1ステップで得た情報が示すプレゼンテーションタイムスタンプと同じプレゼンテーションタイムスタンプを有する部分に達してからの経過時間(h)メディアレート(光ディスク19に対する読み出し・書き込みのレート) (G) the elapsed time from reaching the portions having the same presentation time stamp and a presentation time stamp indicating the information obtained in the first step (h) Media rate (rate of reading and writing to the optical disc 19)
(i)Ch1,Ch2のデータレート(デコーダ36a,36bの消費レート) (I) Ch1, Ch2 data rate (decoder 36a, 36b consumption rate)
(j)バッファ35a,35bの容量【0123】 (J) buffer 35a, the capacity of 35b [0123]
そして、最後にバッファ35aに送ったオリジナルデータのアドレス情報を記憶する。 Finally, to store the address information of the original data sent to the buffer 35a. (次回オリジナルデータの読み出しを再開する際には、このアドレス情報に基づき、この最後にバッファ35aに送ったデータに続くオリジナルデータを光ディスク19から読み出していく。) (When resuming the reading of the next original data, based on the address information, it will read out the original data subsequent to the data sent to the last buffer 35a from the optical disk 19.)
【0124】 [0124]
続いて、第1ステップで得たアドレス情報に基づき、光ピックアップ31を、現在の位置から、アフレコ音声データの開始位置(図9のY0)にまでシークさせ、光ピックアップ31の位置を微調整した後、光ピックアップ31による読み出しを開始する。 Then, based on the address information obtained in the first step, the optical pickup 31 from the current position, is seeking to the start position of the after-recording audio data (Y0 in FIG. 9), fine adjustment of the position of the optical pickup 31 after starts reading by the optical pickup 31.
これにより、アフレコ音声データ(図8の副音声ビットストリームA2)がバッファ35bに蓄積されていく。 Thus, (secondary audio bit stream A2 of FIG. 8) after-recording audio data is accumulated in the buffer 35b.
【0125】 [0125]
〔第3ステップ〕 Third step]
続いて、バッファ35bのデータ蓄積量が、例えば上記(h)〜(j)及び次の(k)及び(l)のような各要因から決定される最低限必要な量(一例として容量一杯の量)になった時点で、Ch1のバッファ35a,Ch2のバッファ35bからオリジナルデータ,アフレコ音声データをそれぞれ取り出してデコーダ36a,36bに送り、デコーダ36bでのデコード処理も開始する。 Subsequently, the amount of data stored in the buffer 35b is, for example, the (h) ~ (j) and the following (k) and the minimum required amount (volume filled as an example which is determined from the respective factors such as (l) when it becomes amount), the original data from the buffer 35a, Ch2 buffer 35b of Ch1, feeding the decoder 36a, and 36b take out the after-recording audio data, respectively, also starts decoding processing at the decoder 36b.
(k)アフレコ音声データの読み出しを開始してからの経過時間(l)Ch1のバッファ35aのデータ蓄積量尚、バッファ35bについての上記最低限必要なデータ蓄積量は、バッファ35aについての上記最低限必要なデータ蓄積量よりも小さくてもよい。 (K) after recording the elapsed time from the start of reading the audio data (l) Ch1 buffer 35a of the data storage RyoSho, the minimum required amount of data accumulated in the buffer 35b, the above minimum to buffer 35a it may be smaller than the amount of accumulated data necessary. なぜなら、デコーダ36bでのデコード処理の開始後もまだアフレコ音声データの読み出しを続けているので、バッファ35bにアンダーフローが発生する危険性が少なくなっているからである。 This is because continues to read the still after-recording audio data after the start of the decoding process in the decoder 36b, because the risk of underflow occurs in the buffer 35b is low.
【0126】 [0126]
また、この例では、第2ステップにおいて、第1ステップで得た情報が示すプレゼンテーションタイムスタンプと同じプレゼンテーションタイムスタンプを有する部分に達すると、Ch1のバッファ35aからのオリジナルデータの取り出しを停止し(従ってデコーダ36aでのオリジナルデータのデコード処理を停止し)、その後の第3ステップにおいて、Ch2のバッファ35bからのアフレコ音声データの取り出しを開始してデコーダ36bでのアフレコ音声データのデコード処理を開始すると同時に、バッファ35aからのオリジナルデータの取り出しを再開(従ってデコーダ36aでのオリジナルデータのデコード処理を再開)している。 In this example, in the second step, it reaches a portion having the same presentation time stamp and a presentation time stamp indicating information obtained in the first step is to stop the extraction of the original data from the buffer 35a of Ch1 (hence decoder stops decoding the original data at 36a), in the subsequent third step, at the same time when starting the decoding of the after-recording audio data in the decoder 36b starts the extraction of the after-recording audio data from the buffer 35b of Ch2 has resumed taking out the original data from the buffer 35a (hence resume decoding of the original data at the decoder 36a). しかし別の例として、第2ステップにおいて、第1ステップで得た情報が示すプレゼンテーションタイムスタンプと同じプレゼンテーションタイムスタンプを有する部分に達しても、バッファ35aからのオリジナルデータの取り出しを継続し(従ってデコーダ36aでのオリジナルデータのデコード処理を継続し)、このようにデコーダ36aでのデコード処理を継続した状態で、第3ステップにおいて、バッファ35bからのアフレコ音声データの取り出しを開始してデコーダ36bでのアフレコ音声データのデコード処理を開始するようにしてもよい。 As, however another example, in a second step, is reached in a portion having the same presentation time stamp and a presentation time stamp indicating the information obtained in the first step, to continue the retrieval of the original data from the buffer 35a (hence the decoder continues decoding the original data at 36a), thus while continuing decoding at the decoder 36a, in a third step, at the decoder 36b starts the extraction of the after-recording audio data from the buffer 35b it may start the decoding of the after-recording audio data.
【0127】 [0127]
〔第4ステップ〕 Fourth step]
これにより、オリジナルの映像が再生されると共に、オリジナルの音声とアフレコ音声とがミキシング回路37でミキシングされて再生され始める。 Thus, the original image is reproduced, the original audio dubbing audio begins to play are mixed by the mixing circuit 37.
【0128】 [0128]
続いて、例えば上記(h)〜(j),(k),(l)及び次の(m)のような各要因から決定される一定の条件を満たした時点で、アフレコ音声データの読み出しを停止し、スイッチ34を再びCh1のバッファ35a側に切り替える。 Then, for example, the (h) ~ (j), when certain conditions are met as determined from the respective factors such as (k), (l) and the following (m), the reading of the after-recording audio data stop, it switched to the buffer 35a side of the switch 34 again Ch1.
(m)Ch2のバッファ35bのデータ蓄積量そして、最後にバッファ35bに送ったアフレコ音声データのアドレス情報を記憶する。 (M) the amount of data stored in the buffer 35b of Ch2 and, finally stores the address information of the after-recording audio data sent to the buffer 35b. (次回アフレコ音声データの読み出しを再開する際には、このアドレス情報に基づき、この最後にバッファ35bに送ったデータに続くアフレコ音声データを光ディスク19から読み出していく。) (When resuming the reading of the next dubbing audio data, based on the address information, will read out the after-recording audio data following the data sent to the last buffer 35b from the optical disk 19.)
【0129】 [0129]
続いて、前回スイッチ34をCh2のバッファ35b側に切り替えた際に記憶したアドレス情報に基づき、光ピックアップ31を、現在の位置から、前回読み出しを停止したオリジナルデータの位置にまでシークさせ、光ピックアップ31の位置を微調整した後、光ピックアップ31による読み出しを開始する。 Then, based on the stored address information when switching the previous switch 34 to the buffer 35b side of Ch2, the optical pickup 31 from the current position to seek to a position of the original data that has stopped last read, the optical pickup after fine adjustment of the position of 31, it starts reading by the optical pickup 31.
以下、アフレコ音声データの終了位置までの読み出しが全て完了するまで(あるいは図示しない操作パネルの操作によりユーザが再生の終了を指示するまで)、、上述のようなオリジナルデータの読み出しとアフレコ音声データの読み出しとを時分割に行っていく。 Hereinafter, (by the operation of or the operation panel (not shown) until the user indicates the end of reproduction) read until all of the end position of the after-recording audio data ,, the original data as described above reading and the after-recording audio data I went to the time division and reading.
【0130】 [0130]
図12は、この再生時の定常状態における、光ピックアップ31の読み出し状況(同図A)と、Ch1のバッファ35a,Ch2のバッファ35bのデータ蓄積量(同図B,C)との一例を示す。 Figure 12 illustrates the steady state during this reproduction, the read status of the optical pickup 31 (FIG. A), the amount of data stored in the buffer 35b of the buffer 35a, Ch2 of Ch1 (Fig B, C) an example of the . 図12Aにおいて、Ch1はオリジナルデータを読み出し中の期間であり、Ch2はアフレコ音声データを読み出し中の期間であり、Tpはシーク中の期間であり、Tcは時分割読み出しの繰り返し周期であり、Rmは光ディスク19からの読み出しレートである。 In Figure 12A, Ch1 is the period during the reading of the original data, Ch2 is the period during a read after-recording audio data, Tp is a time period during the seek, Tc is the repetition period of the time division reading, Rm is the rate of reading from the optical disk 19.
【0131】 [0131]
この図12では、時刻T0に、バッファ35aのデータ蓄積量がゼロになる前にオリジナルデータの読み出しが再開され、その後の時刻T1に、オリジナルデータの読み出しが停止され、時刻T1からT2の間に光ピックアップ31がアフレコ音声データの記録位置にシークされ、その後時刻T2に、バッファ35bのデータ蓄積量がゼロになる前にアフレコ音声データの読み出しが再開され、その後の時刻T3に、アフレコ音声データの読み出しが停止され、時刻T3からT4の間に光ピックアップ31がオリジナルデータの記録位置にシークされ、以下同様な過程が繰り返される様子が表れている。 In FIG 12, at time T0, the reading of the original data is resumed before the data storage amount in the buffer 35a becomes zero, the subsequent time T1, the reading of the original data is stopped, the period from time T1 to T2 the optical pickup 31 is seek the recording position of the after-recording audio data, thereafter time T2, readout of the after-recording audio data before the data storage amount in the buffer 35b becomes zero is resumed, the subsequent time T3, the after-recording audio data reading is stopped, the optical pickup 31 during the period from the time T3 T4 is seek the recording position of the original data, is evident how the same process is repeated below.
【0132】 [0132]
尚、図12では、オリジナルデータの読み出し中の期間とアフレコ音声データの読み出し中の期間との長さの関係や、バッファ35aのデータ蓄積量とバッファ35bのデータ蓄積量と大きさの関係を捨象して描いている。 In FIG. 12, the length of the relationship and the time period during a read period and the after-recording audio data in the reading of the original data, the data accumulation amount and size of the relationship between the amount of accumulated data and the buffer 35b of the buffer 35a abstracted to depict. しかし、オリジナルデータはビデオビットストリームV及び主音声ビットストリームA1から成るのに対し、アフレコ音声データは副音声ビットストリームA2のみから成るので、オリジナルデータの読み出し中の期間がアフレコ音声データの読み出し中の期間よりも長く、且つバッファ35aのデータ蓄積量がバッファ35bのデータ蓄積量よりも大きくてよいことはもちろんである。 However, the original data is to consist of a video bit stream V and the primary audio bit stream A1, since the after-recording audio data is composed of only the sub audio bitstream A2, the period during the reading of the original data is being read in the after-recording audio data longer than the period, and that the data storage amount in the buffer 35a may be larger than the amount of data accumulated in the buffer 35b, as a matter of course.
【0133】 [0133]
このように、光ディスク19のTOCの領域から、オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報が読み出され、この情報に基づき、オリジナルデータとアフレコ音声データとが同期して読み出されてデコードされるので、アフレコ時にはオリジナルデータとアフレコ音声データとが多重化せずに記録されているにも係わらず、アフレコ音声データがオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生される。 Thus, from the area of ​​the TOC of the optical disc 19, information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the after-recording audio data in the original data is read out, on the basis of this information, the original data and the after-recording audio data and synchronization since the decoded read in, at the time of dubbing despite the original data and the after-recording audio data is recorded without being multiplexed, to the after-recording audio data to match the original data and time and accurately It is played.
【0134】 [0134]
以上の各例では1系統の光ピックアップをシークさせて読み出しと書き込みと(または2チャンネルのデータの読み出し)を時分割に行っているが、2系統の光ピックアップを設けて読み出しと書き込みと(または2チャンネルのデータの読み出し)を独立して行うようにしてもよい。 Is performed in time division to seek the optical pickup of one system to the read-write (or second channel data read) in each of the above example, the read is provided an optical pickup of two systems and a write (or may be performed independently 2 read channel data).
【0135】 [0135]
また、以上の例では書き換え型の光ディスクを搭載した光ディスク装置に本発明を適用しているが、例えば磁気ディスク等の適宜の書き換え可能なディスク状記録媒体(あるいはディスク状記録媒体以外のランダムアクセス方式のデジタル記録媒体)を搭載した記録再生装置に本発明を適用してもよい。 Further, In the above example rewritable was the application of the present invention an optical disc equipped with an optical disc device, for example, suitable rewritable disc-shaped recording medium (or random access method other than the disc-shaped recording medium such as a magnetic disk digital recording medium) may be applied to the present invention to the recording and reproducing apparatus equipped with. また、2系統のヘッドを設ける場合には、例えば磁気テープ等のシーケンシャルアクセス方式のデジタル記録媒体を搭載した記録再生装置に本発明を適用してもよい。 Further, in the case of providing the two systems head, the present invention may be applied for example to the recording and reproducing apparatus equipped with digital recording medium of the sequential access method such as a magnetic tape.
【0136】 [0136]
また、以上の例ではオリジナルデータをパケット多重方式で記録した記録媒体に本発明を適用しているが、適宜の方式でオリジナルデータを記録したデジタル記録媒体に本発明を適用してよい。 Further, the invention is applied to a recording medium recording the original data in the packet multiplexing in the above example, it may be applied to the present invention in a digital recording medium recording the original data in an appropriate manner.
【0137】 [0137]
また、以上の例ではビデオビットストリームVと主音声ビットストリームA1とから成るオリジナルデータに対して音声データのアフレコを行うようにしているが、適宜のメディア種類のビットストリームから成るオリジナルデータに対して適宜の種類の新たなデータのアフレコを行う場合に本発明を適用してよい。 Although more than in the examples are to perform the after-recording audio data to the original data comprising video bit stream V and the primary audio bit stream A1 Prefecture, on the original data comprising a suitable medium type of the bit stream it may apply the present invention when performing dubbing of the new data for appropriate types. 即ち、例えばビデオビットストリームのみから成る(あるいはビデオビットストリームと音声ビットストリームとから成る)オリジナルデータに対して音声データとグラフィックデータとの少なくともいずれか一方のアフレコを行う場合や、音声ビットストリームのみから成るオリジナルデータに対してビデオデータとグラフィックデータとの少なくともいずれか一方のアフレコを行う場合等にも本発明を適用してよい。 Thus, for example made of only the video bitstream (consisting of or video bitstream and an audio bitstream) or when performing at least one of the after-recording of audio data and graphic data to the original data, only audio bitstream may apply the present invention even such a case of performing at least one of the after-recording of the video data and the graphic data to the original data composed.
【0138】 [0138]
そして、前述の(3)のアフレコ手法を採用する場合における再生時のミキシングも、図11の光ディスク装置におけるように主音声ビットストリームA1と副音声ビットストリームA2とについて行なうだけでなく、オリジナルデータのうちのビデオビットストリームと、アフレコデータのうちのビデオビットストリームまたはグラフィックビットストリームとについて行なうようにしてもよい。 Then, mixing time of reproduction in the case of employing the dubbing method of the aforementioned (3), not only carried out for the main audio bitstream A1 as in the optical disc apparatus in FIG. 11 and sub audio bitstream A2, the original data a video bit stream out, it may be performed for the video bit stream or graphic bit stream of the dubbing data.
【0139】 [0139]
また、本発明は、以上の実施例に限らず、本発明の要旨を逸脱することなく、その他様々の構成をとりうることはもちろんである。 Further, the present invention is not limited to the above embodiments without departing from the gist of the present invention, it is needless to say that can take various other configurations.
【0140】 [0140]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上のように、本発明に係るアフレコ方法及び装置によれば、オリジナルデータ(ビデオビットストリーム及び少なくとも1つの音声ビットストリーム)の記録領域に対するアフレコ用の音声データの記録領域の時間的関係が明確になるので、完成作品としての映像及び音声を再生する際に、アフレコデータを容易にオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生することができるという効果が得られる。 As described above, the present according to the after-recording method and apparatus according to the invention, the original data (video bit stream and at least one audio bit stream) of the recording area temporal relationship between the recording area of audio data for dubbing is clearly against since, when reproducing the video and audio as a finished work, the effect is obtained that dubbing data easily match the original data and temporally accurately can be reproduced.
【0141】 [0141]
また 、オリジナルデータとアフレコデータとの時間的な対応関係を示す情報として、オリジナルデータのうちアフレコデータと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報記録媒体の付加情報の記録領域に記録されるので、オリジナルデータとアフレコデータとが多重化せずに記録しても 、この情報に基づいて、アフレコデータをオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生することができるという効果が得られる。 Further, as information indicating the temporal correspondence between the original data and dubbing data, information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the after-recording data of the original data is recorded in the recording area of the additional information recording medium because, even the original data and dubbing data are recorded without being multiplexed, based on this information, the effect is obtained that the after-recording data can be reproduced original data and temporally match exactly the.
【0142】 [0142]
また、本発明に係る請求項及び1 に記載の再生方法及び装置によれば、 ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体の付加情報の記録領域から、オリジナルデータ(ビデオビットストリーム及び少なくとも1つの音声ビットストリーム)とアフレコ音声データとの時間的な対応関係を示す情報として、オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報が読み出され、この情報に基づき、オリジナルデータと、記録媒体の副音声ビットストリームの記録領域に書き込まれているアフレコ音声データとが同期して読み出されてデコードされるので、アフレコ時にオリジナルデータとアフレコ音声データとが多重化 Further, according to the reproducing method and apparatus according to claim 8 and 1 1 according to the present invention, the recording area of the additional information recording medium having a recording area of the video bit stream and the primary audio bit stream and the secondary audio bit stream from shows the original data (video bit stream and at least one audio bitstream) as information indicating the temporal correspondence between the after-recording audio data, the presentation time stamp of the portion begins to correspond to the after-recording audio data in the original data information is read, based on this information, the original data, since the secondary audio bit after-recording audio data written in the recording area of the stream of the recording medium is being read synchronously decode the original during dubbing multiplexed data and the after-recording audio data せずに記録されていても、アフレコ音声データをオリジナルデータと時間的に正確に一致させて再生することができるという効果が得られる。 Be recorded without an effect is obtained that after-recording audio data original data and temporally match exactly can be reproduced by.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明を適用した光ディスク装置のシステム構成の一例を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing an example of a system configuration of an optical disk apparatus according to the present invention.
【図2】光ピックアップの読み出し位置と書き込み位置との関係の一例を示す図である。 2 is a diagram showing an example of the relationship between the read position and the writing position of the optical pickup.
【図3】光ピックアップの位置と読み出し・書き込みの状況との関係と、バッファへのデータ蓄積量との一例を示す図である。 [3] and the relationship between the status of the position and the read-write optical pickup is a diagram showing an example of the data storage amount of the buffer.
【図4】本発明を適用した光ディスク装置のシステム構成の別の一例を示すブロック図である。 4 is a block diagram showing another example of the system configuration of the applied optical disc apparatus of the present invention.
【図5】デジタル記録媒体へのデータの記録例を示す図である。 5 is a diagram showing an example of recording data in the digital recording medium.
【図6】従来のアフレコの処理過程の一例を示す図である。 6 is a diagram illustrating an example of a process of a conventional after-recording.
【図7】本発明を適用した光ディスク装置のシステム構成の一例を示すブロック図である。 7 is a block diagram showing an example of the system configuration of the applied optical disc apparatus of the present invention.
【図8】光ピックアップの読み出し位置と書き込み位置との関係の一例を示す図である。 8 is a diagram showing an example of a relationship between the read position and the writing position of the optical pickup.
【図9】光ピックアップの位置と読み出し・書き込みの状況との関係と、バッファへのデータ蓄積量との一例を示す図である。 [9] and the relationship between the status of the position and the read-write optical pickup is a diagram showing an example of the data storage amount of the buffer.
【図10】オリジナルデータのうちアフレコ音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す図である。 10 is a diagram showing a presentation time stamp of the portion begins to correspond to the after-recording audio data in the original data.
【図11】本発明を適用した光ディスク装置のシステム構成の別の一例を示すブロック図である。 11 is a block diagram showing another example of the system configuration of the applied optical disc apparatus of the present invention.
【図12】時分割再生時における光ピックアップの読み出しの状況とバッファへのデータ蓄積量との一例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of the situation and the amount of data accumulated in the buffer of the optical pickup read during time division reproduction FIG. 12.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1,19‥‥光ディスク、2,31‥‥光ピックアップ、3‥‥RF及び復調/変調回路、4、33‥‥ECC回路、5,10,18、34‥‥スイッチ、6‥‥読み出しチャネル用バッファ、7,36a,36b‥‥デコーダ、8‥‥バイパスバッファ、9‥‥検出器、11‥‥エンコーダ、12‥‥エンコーダバッファ、13‥‥書き込みチャネル用バッファ、14,38‥‥システムコントローラ、15,39‥‥アドレス検出回路、16,17‥‥ワークメモリ、20‥‥多重化器,32‥‥RF及び復調回路、35a‥‥Ch1のバッファ、35b‥‥Ch2のバッファ、37‥‥ミキシング回路 1, 19 ‥‥ optical disk, 2, 31 ‥‥ optical pickup, 3 ‥‥ RF and demodulation / modulation circuit, 4,33 ‥‥ ECC circuit, 5,10,18,34 ‥‥ switch, for 6 ‥‥ read channel buffer, 7,36a, 36b ‥‥ decoder, 8 ‥‥ bypass buffer, 9 ‥‥ detector, 11 ‥‥ encoder, 12 ‥‥ encoder buffer, 13 ‥‥ write channel buffer, 14, 38 ‥‥ system controller, 15, 39 ‥‥ address detection circuit, 16, 17 ‥‥ working memory, 20 ‥‥ multiplexer, 32 ‥‥ RF and demodulation circuit, 35a ‥‥ Ch1 buffer, buffer 35b ‥‥ Ch2, 37 ‥‥ mixing circuit

Claims (13)

  1. ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体から、ビデオビットストリームと少なくとも1つの音声ビットストリームとを含むビットストリームを読み出す第1ステップと、 From a recording medium having a recording area of the video bit stream and the primary audio bit stream and the secondary audio bit stream, a first step of reading the bit stream and at least one audio bitstream as video bit stream,
    前記ビットストリームをデコードする第2ステップと、 A second step of decoding the bit stream,
    前記ビットストリームのデコードに同期して、新たな音声データをエンコードしてアフターレコーディング用のビットストリームとする第3ステップと、 In synchronism with the decoding of the bit stream, and a third step of the bit stream for after-recording by encoding new voice data,
    前記アフターレコーディング用のビットストリームを前記記録媒体の前記副音声ビットストリームの記録領域に書き込む第4ステップと、 A fourth step of writing the bit stream for the after recording in the recording area of the sub-audio bitstream of said recording medium,
    前記記録媒体から読み出されたビットストリームと前記アフターレコーディング用のビットストリームとの時間的な対応関係を示す情報として、前記記録媒体から読み出されたビットストリームのうち前記アフターレコーディング用のビットストリームと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を前記記録媒体の付加情報を記録するための領域に書き込む第5ステップと を含むことを特徴とする記録媒体におけるアフターレコーディング方法。 As information indicating the temporal correspondence between the bit stream for the after recording the bit stream read from the recording medium, and a bit stream for the after-recording of the bit stream read out from said recording medium after-recording method in the recording medium, characterized in that it comprises a fifth step of writing information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the area for recording additional information of the recording medium.
  2. 前記記録媒体は書き換え可能なディスク状記録媒体であり、前記第1ステップと前記第4ステップとを、共通の読み出し・書き込み用ヘッドを時分割に用いて行うことを特徴とする請求項に記載の記録媒体におけるアフターレコーディング方法。 The recording medium is a disc-shaped recording medium rewritable, according to claim 1, characterized in that with said fourth step and said first step, when dividing the common read-write head After recording method in the recording medium.
  3. 前記第2ステップでは、前記ビットストリームをデコーダに送る一方でバッファに蓄積し、前記第4ステップでは、前記バッファから取り出した前記ビットストリームと前記アフターレコーディング用のビットストリームとを組み合わせて前記記録媒体に書き込むことを特徴とする請求項1 または2に記載の記録媒体におけるアフターレコーディング方法。 In the second step, the bit stream stored in the buffer while sending to the decoder, the in the fourth step, the recording medium by combining the bit stream for the after-recording and the bit stream is taken out from the buffer after-recording method in the recording medium according to claim 1 or 2, characterized in that writing.
  4. 前記第4ステップでは、前記アフターレコーディング用のビットストリームを、前記第1ステップで読み出した前記ビットストリームと多重化せずに書き込むことを特徴とする請求項1乃至のいずれかに記載の記録媒体におけるアフターレコーディング方法。 Wherein in the fourth step, the recording medium according to the bit stream for after recording, any one of claims 1 to 3, characterized in that writing without the bit stream and multiplexing read in the first step After recording method in.
  5. ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体から、ビデオビットストリームと少なくとも1つの音声ビットストリームとを含むビットストリームを読み出す読み出し手段と、 From a recording medium having a recording area of the video bit stream and the primary audio bit stream and the secondary audio bit stream, reading means for reading a bit stream including at least one audio bitstream as video bit stream,
    前記読み出し手段が前記記録媒体から読み出したビットストリームをデコードするデコーダと、 A decoder for decoding a bit stream in which the reading means has read from said recording medium,
    新たな音声データをエンコードしてアフターレコーディング用のビットストリームとするためのエンコーダと、 An encoder for the bit stream for after-recording by encoding new voice data,
    前記アフターレコーディング用のビットストリームを前記記録媒体に書き込むための書き込み手段と、 Writing means for writing the bit stream for the after recording on the recording medium,
    前記デコーダによる前記ビットストリームのデコードに同期して前記エンコーダによりエンコードされた前記アフターレコーディング用のビットストリームを、前記書き込み手段を制御して前記記録媒体の前記副音声ビットストリームの記録領域に書き込ませる制御手段と、 Control for writing the encoded bit stream for the after recording by the encoder in synchronism with the decoding of the bit stream by the decoder, the recording area of the sub-audio bitstream of the recording medium by controlling said writing means and means,
    前記記録媒体から読み出されたビットストリームと前記アフターレコーディング用のビットストリームとの時間的な対応関係を示す情報として、前記記録媒体から読み出されたビットストリームのうち前記アフターレコーディング用のビットストリームと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を前記記録媒体の付加情報を記録するための領域に書き込む付加情報書込み手段と を備えたことを特徴とする記録媒体におけるアフターレコーディング装置。 As information indicating the temporal correspondence between the bit stream for the after recording the bit stream read from the recording medium, and a bit stream for the after-recording of the bit stream read out from said recording medium after-recording device in a recording medium, characterized in that an additional information writing means for writing information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the area for recording additional information of the recording medium.
  6. 前記記録媒体は書き換え可能なディスク状記録媒体であり、 The recording medium is a disc-shaped recording medium rewritable,
    前記読み出し手段と前記書き込み手段とは共通の読み出し・書き込み用ヘッドであり、 Wherein the reading means and the writing means is a common read-write head,
    前記制御手段は、前記読み出し・書き込み用ヘッドを時分割に用いて前記アフターレコーディング用のビットストリームを書き込ませることを特徴とする請求項に記載の記録媒体におけるアフターレコーディング装置。 Wherein, after recording device in a recording medium according to claim 5, characterized in that to write the bit stream for the after-recording by using the time division the read-write head.
  7. 前記制御手段は、前記アフターレコーディング用のビットストリームを、前記読み出し手段で読み出した前記ビットストリームと多重化せずに書き込ませることを特徴とする請求項5または6に記載の記録媒体におけるアフターレコーディング装置。 Wherein, after recording device in a recording medium according to the bit stream for the after recording, to claim 5 or 6, characterized in that for writing without the bit stream and multiplexing read by said reading means .
  8. ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体の付加情報の記録領域から、アフターレコーディングの対象となった、ビデオビットストリームと少なくとも1つの音声ビットストリームとを含むオリジナルデータのビットストリームと、該オリジナルデータのビットストリームとは多重化せずに書き込まれたアフターレコーディング用音声データのビットストリームとの時間的な対応関係を示す情報として、前記オリジナルデータのうち前記アフターレコーディング用音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を読み出す第1ステップと、 Including the recording area of the additional information recording medium having a recording area of the video bit stream and the primary audio bit stream and the secondary audio bit stream, were subject to after-recording, and at least one audio bitstream as video bit streams the bit stream of the original data, as the information indicating the temporal correspondence between the bit stream of the after-recording audio data written without multiplexing the bit stream of the original data, the one of the original data after a first step of reading out the information indicating the presentation time stamps of the part begins to correspond to the recording voice data,
    前記情報に基づき、前記オリジナルデータのビットストリームと、前記記録媒体の前記副音声ビットストリームの記録領域に書き込まれている前記アフターレコーディング用音声データのビットストリームとを同期させて読み出す第2ステップと、 Based on the information, a bit stream of the original data, a second step of reading in synchronism the said after-recording audio data written in the recording area of the sub-audio bitstream and a bitstream of said recording medium,
    前記オリジナルデータのビットストリーム及び前記アフターレコーディング用音声データのビットストリームをデコードする第3ステップと を含むことを特徴とするアフターレコーディングされた記録媒体の再生方法。 The method of reproducing a recording medium which is after recording, characterized in that it comprises a third step of decoding the bit stream of the bit stream and the after-recording audio data of the original data.
  9. 前記第3ステップでデコードした前記オリジナルデータのビットストリームと前記アフターレコーディング用データのビットストリームとをミキシングする第4ステップを更に含むことを特徴とする請求項に記載のアフターレコーディングされた記録媒体の再生方法。 The after-recording is a recording medium according to claim 8, further comprising a fourth step of mixing the bit stream of the decoded bitstream with the after-recording data of the original data in the third step playback method.
  10. 前記記録媒体はディスク状記録媒体であり、前記第2ステップを、1つの読み出しヘッドを時分割に用いて行うことを特徴とする請求項またはに記載のアフターレコーディングされた記録媒体の再生方法。 The recording medium is a disc-shaped recording medium, said second step, the method of reproduction after recording is a recording medium according to claim 8 or 9, characterized in that using the time division one read head .
  11. ビデオビットストリームと主音声ビットストリームと副音声ビットストリームとの記録領域を有する記録媒体からビットストリームを読み出すための読み出し手段と、 Reading means for reading a bit stream from a recording medium having a recording area of the video bit stream and the primary audio bit stream and the secondary audio bit stream,
    前記読み出し手段に、前記記録媒体の付加情報の記録領域から、アフターレコーディングの対象となった、ビデオビットストリームと少なくとも1つの音声ビットストリームとを含むオリジナルデータのビットストリームと、該オリジナルデータのビットストリームとは多重化せずに書き込まれたアフターレコーディング用音声データのビットストリームとの時間的な対応関係を示す情報として、前記オリジナルデータのうち前記アフターレコーディング用音声データと対応し始める部分のプレゼンテーションタイムスタンプを示す情報を読み出させ、該情報に基づき、前記読み出し手段を制御して、前記オリジナルデータのビットストリームと、前記記録媒体の前記副音声ビットストリームの記録領域に書き込まれている前記アフターレコ It said reading means, from the recording area of the additional information of the recording medium, were subject to after-recording, the video bit stream and the bit stream of the original data and at least one audio bitstream, of the original data bit stream multiplexing as information indicating the temporal correspondence between the bit stream of the after-recording audio data written without, presentation time stamps of the part begins to correspond to the after-recording audio data of the original data and to read the information indicating, on the basis of the information, the control the reading means, and a bit stream of the original data, wherein the after-record written to the recording area of the sub-audio bitstream of said recording medium ディング用音声データのビットストリームとを同期させて読み出させる制御手段と、 And control means for read out is synchronized with the bit stream of the audio data for loading,
    前記読み出し手段が前記記録媒体から読み出したビットストリームをデコードするデコーダと を備えたことを特徴とするアフターレコーディングされた記録媒体の再生装置。 Reproducing apparatus after recording the recording medium, characterized in that said read means and a decoder for decoding the bit stream read from the recording medium.
  12. 前記デコーダがデコードした前記オリジナルデータのビットストリームと前記アフターレコーディング用データのビットストリームとをミキシングするミキシング手段を更に備えたことを特徴とする請求項1 に記載のアフターレコーディングされた記録媒体の再生装置。 Playback after recording by the recording medium of claim 1 1, characterized in that said decoder further comprises a mixing means for mixing the bit stream of the bit stream of the original data decoded the after-recording data apparatus.
  13. 前記記録媒体はディスク状記録媒体であり、 The recording medium is a disc-shaped recording medium,
    前記読み出し手段は1つの読み出し用ヘッドであり、 It said reading means is one of the read heads,
    前記制御手段は、前記1つの読み出しヘッドを時分割に用いて前記オリジナルデータのビットストリームと前記アフターレコーディング用データのビットストリームとを読み出させることを特徴とする請求項1 または1 に記載のアフターレコーディングされた記録媒体の再生装置。 The control means according to claim 1 1 or 1 2, characterized in that to read the bit stream of the after-recording data and a bit stream of the original data using the time division the one read head reproducing apparatus of the after-recording is a recording medium.
JP19182798A 1997-09-02 1998-07-07 Reproducing method and apparatus for after-recording method and apparatus, and the digital recording medium in a digital recording medium Expired - Fee Related JP4089017B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9-237163 1997-09-02
JP23716397 1997-09-02
JP19182798A JP4089017B2 (en) 1997-09-02 1998-07-07 Reproducing method and apparatus for after-recording method and apparatus, and the digital recording medium in a digital recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19182798A JP4089017B2 (en) 1997-09-02 1998-07-07 Reproducing method and apparatus for after-recording method and apparatus, and the digital recording medium in a digital recording medium

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11144378A JPH11144378A (en) 1999-05-28
JP4089017B2 true JP4089017B2 (en) 2008-05-21

Family

ID=26506915

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19182798A Expired - Fee Related JP4089017B2 (en) 1997-09-02 1998-07-07 Reproducing method and apparatus for after-recording method and apparatus, and the digital recording medium in a digital recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4089017B2 (en)

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100466496B1 (en) 1998-08-07 2005-01-13 가부시키가이샤 히타치세이사쿠쇼 Recording media, Recording device, Play-back device, Recording method and Computer-readable Recording media
JP2000251394A (en) 1999-02-26 2000-09-14 Matsushita Electric Ind Co Ltd Video/audio data converting device and disk device using it
EP1126454A4 (en) 1999-07-07 2004-11-24 Matsushita Electric Ind Co Ltd Av data recording device and method, disk recorded by the av data recording device and method, av data reproducing device and method therefor
CA2376090C (en) 1999-07-29 2004-10-19 Sharp Kabushiki Kaisha Method of locating access positions in a recording medium and managing device of the recording medium
JP2001043616A (en) * 1999-07-30 2001-02-16 Sharp Corp Recording method, recording medium and recorder
US6775465B1 (en) 1999-09-03 2004-08-10 Samsung Electronics Co., Ltd. Apparatus and method for recording/reproducing moving picture and recording medium
KR100657241B1 (en) 1999-09-03 2006-12-18 삼성전자주식회사 Recording/reproducing apparatus and method for moving picture, and recording medium
US7386222B2 (en) * 2000-09-18 2008-06-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Audio/video information recording/reproducing device and method therefor
KR100399999B1 (en) 2001-02-05 2003-09-29 삼성전자주식회사 Recording medium containing multi-stream recorded thereon, recording apparatus, recording method therefor, reproducing apparatus, and reproducing method therefor
JP2003169292A (en) 2001-11-30 2003-06-13 Victor Co Of Japan Ltd After-recording device, computer program, recording medium, transmission method and reproducing device
JP2003199045A (en) 2001-12-26 2003-07-11 Victor Co Of Japan Ltd Information-recording-signal generating method and apparatus, information-signal reproducing method and apparatus, information-signal transmitting method, apparatus and program, and information-signal recording medium
JP3986973B2 (en) 2002-10-17 2007-10-03 シャープ株式会社 Av data recording method, av data recording apparatus, a data recording medium, and program
EP1465181A1 (en) * 2003-04-02 2004-10-06 Deutsche Thomson-Brandt Gmbh Method for controlling an optical pick-up for reading data streams for simultaneous reproduction
JP4779340B2 (en) 2004-03-29 2011-09-28 ソニー株式会社 Data processing method, data processing apparatus, information recording medium, and computer program
US8003024B2 (en) 2006-09-18 2011-08-23 Coopervision International Holding Company, Lp Polyolefin contact lens molds and uses thereof
CN104135667B (en) 2014-06-10 2015-06-24 腾讯科技(深圳)有限公司 Video remote explanation synchronization method, terminal equipment and system

Also Published As

Publication number Publication date
JPH11144378A (en) 1999-05-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1221130C (en) Equipment and method for reducing user response time during reproducing and recording simultaneously
KR100332332B1 (en) Recording medium, data recording unit and data playback unit reading from and writing to the recording medium
JP3484834B2 (en) Data encoding / decoding method and apparatus
JP4328989B2 (en) Reproducing apparatus, reproducing method, and a recording medium
US5504585A (en) Apparatus and method for providing plural pictures while searching a recording medium whereon a compressed picture signal is recorded
JP4487374B2 (en) Encoding apparatus and the encoding method and multiplexing device and the multiplexing method
KR100637291B1 (en) Frame-accurate editing of encoded a/v sequences
AU723796B2 (en) Apparatus and method for encoding and decoding digital video data
JP3130522B2 (en) Optical disc recording apparatus, an optical disc recording method, and a program recording medium
US6697566B2 (en) Encoded signal characteristic point recording apparatus
CN1134157C (en) Data decoding instrument and method thereof
CN1129310C (en) Method and apparatus for reverse playback of time-division multiplexed signal
EP0905692B1 (en) Signal Recording/reproducing apparatus and method
CN1231051C (en) Method for storing compressed digital audio and video data
US20010026561A1 (en) Methods and apparatus for making and replaying digital video recordings, and recordings made by such methods
CN1323559C (en) Changig playback speed for video presentation recorded in progressive frame structure format
US5978543A (en) Video disk recorder which compresses video data and inserts addresses of intra-frames into the user data area of the headers of the intra-frames
US5701386A (en) Recording and reproducing apparatus and method for compressed video signal
US5802240A (en) Video editing apparatus
JP2003529991A (en) The method for editing a digital video recording material and apparatus and recorded matter created in such a way
JP2001052437A (en) Disk recorder
JP3552506B2 (en) Reproducing method and apparatus
KR20030009043A (en) Information receiving/ recording/reproducing apparatus and information receiving/recording/ reproducing method
JP3701051B2 (en) Information recording apparatus and information reproducing apparatus
JP3319209B2 (en) Data decoding device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050308

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070712

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070717

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070918

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20071016

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071214

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20071227

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080205

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080218

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110307

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110307

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120307

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130307

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130307

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140307

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees