JP4086482B2 - ポータブルオーディオ機器及び車載オーディオ機器 - Google Patents

ポータブルオーディオ機器及び車載オーディオ機器 Download PDF

Info

Publication number
JP4086482B2
JP4086482B2 JP2001181194A JP2001181194A JP4086482B2 JP 4086482 B2 JP4086482 B2 JP 4086482B2 JP 2001181194 A JP2001181194 A JP 2001181194A JP 2001181194 A JP2001181194 A JP 2001181194A JP 4086482 B2 JP4086482 B2 JP 4086482B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
audio
vehicle
portable
unit
audio data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001181194A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002373484A (ja
Inventor
孝之 荻野
Original Assignee
アルパイン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by アルパイン株式会社 filed Critical アルパイン株式会社
Priority to JP2001181194A priority Critical patent/JP4086482B2/ja
Publication of JP2002373484A publication Critical patent/JP2002373484A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4086482B2 publication Critical patent/JP4086482B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明はポータブルオーディオ機器及び車載オーディオ機器に係わり、特に、ポータブルオーディオ機器の所有者が車両に乗り込んだとき、あるいは、車両より降りたとき、両機器を連携させてオーディオデータを連続再生することができるポータブルオーディオ機器と車載オーディオ機器に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、車載オーディオ機器とポータブルオーディオ機器(ICオーディオ機器など)は別個のものであり、何ら連携することなく個別に制御して再生するものであった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
例えば、手元にポータブルオーディオ機器を持っていて、
▲1▼ポータブルオーディオ機器の音声を聞きながら車に乗り込むシーン、
▲2▼車載のオーディオソースからのオーディオデータに基づいてオーディオを聞いていて、車を降りるシーン、
において、「ポータブルオーディオ機器から出力するオーディオ音声」と「車載オーディオ機器から出力するオーディオ音声」は別のものとして扱われ、互いに連携して制御されない。このため、▲1▼の場合にはアクセサリースイッチをオンすると車載オーディオ機器の再生音声も出力され、両機器のオーディオ音声が重なってしまう問題がある。又、▲2▼の場合には、それまで車載オーディオ機器で聞いていたオーディオ音声が聞けなくなり、お気に入りの曲が途中であり該曲を最後まで聞くには、その曲が終わるまで車内に留まる必要があった。
【0004】
以上から本発明の目的は、車に乗り込んでアクセサリースイッチをオンしても両機器のオーディオ音声が重ならないようにでき、しかも、ポータブルオーディオ機器で聞いていた曲などを連続して車載オーディオ機器のスピーカより聞けるようにすることである。
本発明の別の目的は、車から降りるべくアクセサリースイッチをオフする場合であっても、それまで車載オーディオ機器で聞いていた曲などをポータブルオーディオ機器で連続して聞けるようにすることである。
【0005】
【課題を解決するための手段】
本発明の第1はポータブルオーディオ機器であり、(1) オーディオデータを記憶する記憶部、(2)記憶部から読み取ったオーディオデータに基づいてオーディオ音を再生、出力するオーディオ再生部、(3) 車載オーディオ機器に設けられている無線送受信部と双方向に通信可能な無線送受信部、(4) オーディオ再生部で再生中に、車載オーディオ機器より車両のアクセサリースイッチオンに基づいた制御信号を受信したとき、記憶部から読み取ったオーディオデータの送出先をオーディオ再生部より車載オーディオ機器に切り替える制御部、を備えている。
又、制御部は、車載オーディオ機器より車両のアクセサリースイッチオフに基づいた制御信号を受信した時、記憶部から読み取ったオーディオデータの送出先を車載オーディオ機器よりオーディオ再生部に切り替える。
又、制御部は、電源オフ状態において、車載オーディオ機器より車両のアクセサリースイッチオフに基づいた制御信号を受信した時、電源をオンし、無線で車載オーディオ機器から受信したオーディオデータをオーディオ再生部に入力して再生を行なわせる。
【0006】
本発明の第2は、オーディオソースから出力するオーディオデータに基づいてオーディオ音を再生する車載オーディオ機器であり、(1) 車載のオーディオソースから出力するオーディオデータあるいはポータブルオーディオ機器より無線で送られてくるオーディオデータに基づいてオーディオ音を再生するオーディオ再生部、(2) ポータブルオーディオ機器に設けられている無線送受信部と双方向に通信可能な無線送受信部、(3) アクセサリースイッのチオン/オフを検出する検出部、(4) 各種操作指示を入力する操作部、(5) 車両のアクセサリースイッチオンを検出して該アクセサリースイッチオンに基づいた制御信号をポータブルオーディオ機器に送り、該制御信号に基づいてポータブルオーディオ機器より無線で送られてくるオーディオデータを受信してオーディオ再生部に入力する制御部を備えている。
【0007】
又、制御部は、オーディオデータをポータブルオーディオ機器より受信して再生中において、車両のアクセサリースイッチがオフしたとき制御信号を無線でポータブルオーディオ機器に送信してオーディオデータの送信停止を要求する。
又、制御部は、車載のオーディオソースから出力するオーディオデータに基づいて再生中において、車両のアクセサリースイッチがオフしたとき制御信号を無線でポータブルオーディオ機器に送信して電源オン及びオーディオデータ受信待機を要求し、しかる後、オーディオデータを無線でポータブルオーディオ機器に送信し、ポータブルオーディオ機器のスピーカよりオーディオ音を再生させる。
以上の第1、第2の発明によれば、車に乗り込んでアクセサリースイッチをオンしても両機器のオーディオ音声が重ならないようにでき、しかも、ポータブルオーディオ機器で聞いていた曲を連続して車載オーディオ機器のスピーカより聞くことができる。又、第1、第2の発明によれば、車から降りるべくアクセサリースイッチをオフする場合であっても、それまで車載オーディオ機器で聞いていた曲をポータブルオーディオ機器で連続して聞くことができる。
【0008】
【発明の実施の形態】
(A)ポータブルオーディオ機器及び車載オーディオ機器
(a)ポータブルオーディオ機器
図1はポータブルオーディオ機器の構成図であり、11は各曲のオーディオデータを記憶するメモリ、12はメモリよりオーディオデータを読み出す読出制御部、13は車載オーディオ機器に設けられている無線送受信部と双方向に通信可能な無線送受信部(例えば、Bluetooth送受信部)、14は入力したオーディオデータに基づいてオーディオ音を再生するオーディオ再生部、15はオーディオ音を放射する内蔵スピーカまたはヘッドフォン、16はポータブルオーディオ機器全体を制御する制御部、17は電源オン/オフ回路、18は制御データ解読・作成部であり、無線通信により車載オーディオ機器から送られてくる制御データを解読して制御部16に入力すると共に、制御部16からの指示により車載オーディオ機器に送出する制御データを作成する。19は各種操作指示を入力する操作部、20は出力切替部であり、メモリ11から読出されたオーディオデータをオーディオ再生部14あるいは無線送受信部13(車載オーディオ機器)に入力するもの、21は入力切替部であり、メモリから読出されたオーディオデータと無線送受信部13(車載オーディオ機器)から入力するオーディオデータの一方を選択してオーディオ再生部14に入力する。
【0009】
(b)車載オーディオ機器
図2は車載オーディオ機器の構成図であり、31はオーディオ再生部であり、ディジタルのオーディオデータをアナログ信号にDA変換し、しかる後、適宜音質制御、音量制御、増幅制御を施してスピーカ32よりオーディオ音を放射する。33はポータブルオーディオ機器(図1)に設けられている無線送受信部13と双方向に通信可能な無線送受信部(例えば、Bluetooth送受信部)、34はCDプレーヤ、ミニディスク装置などの車載のオーディオソース、35は車載オーディオ機器全体を制御する制御部、36は制御データ解読・作成部であり、無線通信によりポータブルオーディオ機器から送られてくる制御データを解読して制御部35に入力すると共に、制御部35からの指示によりポータブルオーディオ機器に送出する制御データを作成する。
【0010】
37は各種操作指示を入力する車載オーディオ機器の操作部、38は各部に電圧を供給する電源回路であり、アクセサリースイッチACC SW、操作部上の電源ボタンによりオン/オフする。39はアクセサリースイッチACC SWのオン/オフを検出するACC ON/OFF検出部、40は出力切替部であり、オーディオソース34から出力するオーディオデータをオーディオ再生部31あるいは無線送受信部33(ポータブルオーディオ機器)に入力するもの、41は入力切替部であり、オーディオソースから出力するオーディオデータと無線送受信部33を介してポータブルオーディオ機器から入力するオーディオデータの一方を選択してオーディオ再生部31に入力する。
【0011】
(B)本発明の制御の概略
本発明では、「ポータブルオーディオ機器で音楽を聞く」→「車に乗り込んだら続きを車載オーディオ機器のスピーカで聞く」→「車から降りるときも、乗車中の音楽の続きをポータブルオーディオ機器で聞く」のようなシームレスな環境を実現するものである。
【0012】
(a)シーンA
図3はシーンAの説明図であり、ポータブルオーディオ機器10で音楽を聴きながら、車に乗り込み車内スピーカ32に音声出力を切り替える場合であり、図1、図2と同一部分には同一符号を付している。
▲1▼ポータブルオーディオ機器10で音楽を聴きながら車に乗り込む。
▲2▼ アクセサリースイッチACC SWをオンしてその OFF→ONが検出されると、車載オーディオ機器30における電源回路38、無線送受信部(Bluetooth機能)33、スピーカ32がONになる。スピーカがONとは、スピーカにオーディオ信号が入力される状態になったことである。
▲3▼ ▲2▼と同時に車載オーディオ機器30からポータブルオーディオ機器10へ無線送受信部33を介して無線でACC ONに基づく制御信号(「音声信号送信指示」及び「内蔵スピーカOFF指示」する制御信号)を送る。
▲4▼ ▲3▼のACC ONに基づく制御信号を受信したポータブルオーディオ機器 10は、内蔵スピーカ(又はヘッドフォン)15をOFFすると共に、Bluetooth送受信部13を介して音声信号(オーディオデータ)を車載オーディオ機器30へ送る。
【0013】
▲5▼ ▲4▼の音声信号を受信した車載オーディオ載機30は該受信した音声信号をオーディオ再生部31に入力し、車載スピーカ32から出力する。
この場合、スピーカ32から出力する音楽は、ポータブルオーディオ機器10がそれまで出力していた音楽を継続するイメージである。よって、車載オーディオ機器として準備されているオーディオソース34は使用しない。
▲6▼ 上記▲5▼の状態で、車載オーディオ機器30側で別ソース(車載CDなど)を選択すれば、車載オーディオ機器30からオーディオデータ送信停止及び電源オフを指示するBluetooth信号(制御信号)がポータブルオーディオ機器10に送信され、電源オン/オフ回路17により電源がOFFされる。
【0014】
(b)シーンB
図4はシーンBの説明図であり、ポータブルオーディオ機器10から音声信号をBluetooth経由で車載オーディオ機器30に送信し、そのスピーカ32から出力している状態(シーンAの▲3▼の状態)において、ポータブルオーディオ機器を所有するドライバが車から降りて車外に出る場合である。
▲1▼ 前記シーンAの▲3▼の状態において、ポータブルオーディオ機器10より送られてくるオーディオデータを再生して車載スピーカ32より音楽を聴いている。
▲2▼ この状態で、アクセサリースイッチACC SW のON→OFFが検出されると、車載オーディオ機器30はポータブルオーディオ機器10へ無線でACC OFFに基づく制御信号(「音声信号送信停止」及び「内蔵スピーカ ON」を指示する制御信号)を送信する。又、車載のスピーカ32は、ポータブルオーディオ機器10のスピーカ15から音が出力されるまでの時間(数秒)、オンを継続してオーディオ音を出力する。しかる後、無線送受信部(Bluetooth機能)33、スピーカ32、電源回路42をOFFする。
▲3▼ ポータブルオーディオ機器10は、ACC OFFに基づく制御信号(「音声信号送信停止」及び「内蔵スピーカ ON」を指示する制御信号)を受信すれば、音声信号を車載オーディオ機器へ送信するのを停止し、代って、スピーカ15をオンし、該音声信号をオーディオ再生部14に入力し、スピーカ15よりでオーディオ音を出力する。これにより、ユーザは引き続き音楽を聴くことができる。
【0015】
(c)シーンC
図5はシーンCの説明図であり、車載オーディオ機器30の音楽ソース(CDなど)34のからのオーディオデータを再生して車載スピーカ32から出力している状態で、車外に出る場合である(通常の車載オーディオを聞いている状態)。
▲1▼ アクセサリースイッチACC SWのON→OFFが検出されると、車載オーディオ機器30からポータブルオーディオ機器10へ無線で「電源ON」、「音声信号受信待機」を指示する制御信号を送信する。
▲2▼ ついで、車載オーディオ機器30のスピーカ32の出力をOFFし、同時にポータブルオーディオ機器10へ無線でオーディオソース34から出力する音声信号を送信する(継続送信)。以上によりポータブルオーディオ機器10の電源がオンし、又、車載オーディオ機器30から無線で送られてくる音声信号がオーディオ再生部14に入力し、スピーカ15はオーディオ音を出力する。
【0016】
▲3▼ 車載オーディオ機器30から音声信号送信中は、ポータブルオーディオ機器10と車載オーディオ機器30間では、通信プロトコルに従ってお互いに送受信が正しく行われていることの確認信号が交わされ続ける。
▲4▼ ポータブルオーディオ機器の所有者が車外に出て、ポータブルオーディオ機器10と車載オーディオ機器30の間の距離が長くなってBluetooth通信が途切れたことがポータブルオーディオ機器10及び車載オーディオ機器30により検出されると、それぞれの電源をOFFする。この場合、ポータブルオーディオ機器10は、ポータブルオーディオ側で持っている音楽ソース(ICオーディオ等)の音声に切り替えることも可能である。
【0017】
(C)処理
(a)シーンAの場合の処理
図6はシーンAの場合、すなわち、ポータブルオーディオ機器10で音楽を聴きながら、車に乗り込み車内スピーカ32に音声出力を切り替える場合の連続再生処理フローである。
ポータブルオーディオ機器10の制御部16は音楽再生中(ステップ101)、車載オーディオ機器30よりACC ONに基づく制御信号、例えば「音声信号送信」及び「内蔵スピーカOFF」を要求する制御信号を受信したか監視し(ステップ102)、受信しなければメモリ11から読み取ったオーディオデータをオーディオ再生部14に入力し、該オーディオ再生部14による再生を継続する。
【0018】
一方、車載オーディオ機器30はアクセサリースイッチACC SWがオンしたか監視している(ステップ201)。かかる状態において、ポータブルオーディオ機器の所有者がポータブルオーディオ機器10で音楽を聴きながら車に乗り込み、アクセサリースイッチACC SWをオンする。制御部35はアクセサリースイッチ ACC SWの OFF→ONが検出されると車載オーディオ機器30の電源をオンすると共に、入力切替部41を制御して無線送受信部33(ポータブルオーディオ機器10)をオーディオソースにするよう入力切換を行なわせる(ステップ202)。ついで、制御部35は、ポータブルオーディオ機器10へ無線送受信部33を介してACC ONに基づく制御信号(「オーディオデータの送信」及び「内蔵スピーカのOFF」を要求する制御信号)を送り(ステップ203)、以後、オーディオデータがポータブルオーディオ機器10から送られてくるのを待つ(ステップ204)。
【0019】
ポータブルオーディオ機器10の制御部16はACC ONに基づく制御信号を受信すれば、内蔵スピーカ(又はヘッドフォン)をOFFすると共に、出力切替部20を制御して入力信号の出力先を無線送受信部13にする。これにより、メモリ11から読み取ったオーディオデータは無線送受信部13を介して車載オーディオ機器30に送信される(ステップ103〜104)。以後、制御部16は車載オーディオ機器30より「オーディオデータの送信停止」及び「内蔵スピーカOFF」を指示する制御信号を受信するまで(ステップ105)、オーディオデータを無線送受信部13を介して車載オーディオ機器30に送信する。
【0020】
一方、車載オーディオ機器30の制御部35はポータブルオーディオ機器10よりオーディオデータを受信すれば、受信したオーディオデータをオーディオ再生部31に入力して再生音をスピーカ32より出力し(ステップ205)、以後、例えば、別のオーディオソースが選択されるまで(ステップ206)、受信オーディオデータに基づいて再生音を出力する。そして、車載オーディオ機器30のオーディオソース(CD、ミニディスク等)が選択されると、無線送受信部33を介して「オーディオデータの送信停止」及び「内蔵スピーカOFF」を指示する制御信号をポータブルオーディオ機器10に送信し(ステップ207)、以後、選択したオーディオソース34からのオーディオデータをオーディオ再生部31に入力して再生する(ステップ208)。
【0021】
ポータブルオーディオ機器10の制御部16は前記制御信号を受信すればスピーカ15をオフし、かつオーディオデータの送信を停止する(ステップ106)。
以上のようにすれば、ポータブルオーディオ機器10で音楽を聞きながら車に乗り込んで、アクセサリースイッチACC SWをオンして車載オーディオ機器30の電源をオンしても、両機器のオーディオ音声が重ならないようにでき、しかも、ポータブルオーディオ機器10で聞いていた曲を連続して車載オーディオ機器30のスピーカより聞くことができる。
【0022】
(b)シーンBの場合の処理
図7はシーンBの場合、すなわち、ポータブルオーディオ機器10から音声信号をBluetooth経由で受信して車載オーディオ機器30のスピーカ32から出力している状態で、ポータブルオーディオ機器所有者が車から降りて車外に出る場合の連続再生処理フローである。
ポータブルオーディオ機器10の制御部16はオーディオデータをBluetooth経由で車載オーディオ機器30に送信しているとき(ステップ301)、車載オーディオ機器30より「オーディオデータの送信停止」を指示する制御信号を受信したかチェックし(ステップ302)、受信するまでオーディオデータの送信を継続する。
【0023】
一方、車載オーディオ機器30の制御部35はポータブルオーディオ機器10より送られてくるオーディオデータをオーディオ再生部31に入力して再生している(ステップ401)。このとき、制御部35はアクセサリースイッチACC SWがオフしたか監視しており(ステップ402)、オフしなければステップ401の再生処理を継続する。
しかし、アクセサリースイッチACC SWのON→OFFが検出されると、車載オーディオ機器30はポータブルオーディオ機器10へ無線で「オーディオデータ送信停止」及び「内蔵スピーカ ON」を指示する制御信号を送信する(ステップ403)。ついで、制御部35は設定されている遅延時間が経過するまで、すなわち、制御遅延によりポータブルオーディオ機器10のスピーカ15から再生音が出力されるまでの間(数秒)、電源オンを継続して、ポータブルオーディオ機器10より送られてくるオーディオデータを再生してスピーカ32よりオーディオ音を出力する(ステップ404)。そして、遅延時間が経過すれば、制御部35は電源回路38をオフし、無線送受信部(Bluetooth機能)33、スピーカ32、オーディオ再生部31をOFFする(ステップ405)。
【0024】
一方、ポータブルオーディオ機器10の制御部16は、「オーディオデータ送信停止」及び「内蔵スピーカ ON」を指示する制御信号を受信すれば、オーディオデータを車載オーディオ機器30へ送信するのを停止し、代って、スピーカ15をオンし、該オーディオデータをオーディオ再生部14に入力し(ステップ303)、スピーカ15よりオーディオ音を出力する(ステップ304)。これにより、車から降りるべくアクセサリースイッチをオフする場合であっても、それまで車載オーディオ機器で聞いていた曲をポータブルオーディオ機器で連続して聞くことができる。
【0025】
(c)シーンCの場合の処理
図8はシーンCの場合、すなわち、車載オーディオ機器30の音楽ソース34からのオーディオ音をスピーカ32より出力している状態で、ポータブルオーディオ機器の所有者が車外に出る場合の連続再生処理フローである。
ポータブルオーディオ機器10の制御部16は、車載オーディオ機器30より「電源オン」及び「オーディオデータ受信待機」を指示する制御信号の受信を監視している(ステップ501)。
【0026】
一方、車載オーディオ機器30はオーディオソース(CD、ミニディスクプレーヤ等)34からのオーディオデータに基づいて再生動作を行なうと共に(ステップ601)、アクセサリースイッチACC SWがオフしたか監視している(ステップ602)。かかる状態において、アクセサリースイッチACC SWのON→OFFが検出されると、制御部35はBluetooth制御信号によりポータブルオーディオ機器10へ「電源ON」及び「オーディオデータ受信待機」を指示する(ステップ603)。ついで、制御部35はオーディオソース34から読み取ったオーディオデータを出力切替部40、無線送受信部33を介して無線でポータブルオーディオ機器10に送信する(ステップ604)。
【0027】
ついで、制御部35は設定されている遅延時間が経過するまで、すなわち、制御遅延によりポータブルオーディオ機器10のスピーカ15から再生音が出力されるまでの間(数秒)、オーディオソース34から出力するオーディオデータをオーディオ再生部31に入力し、再生音をスピーカ32より出力する(ステップ605)。そして、遅延時間が経過すれば、制御部35はスピーカ32をオフし、以後、オーディオデータのポータブルオーディオ機器10への送信を継続する(ステップ606,607)。
以後、制御部35はポータブルオーディオ機器10との通信が正常であるかチェックし(ステップ608)、正常であればオーディオデータをポータブルオーディオ機器10へ送信する。しかし、ポータブルオーディオ機器10の所有者が車外に出て、ポータブルオーディオ機器10と車載オーディオ機器30の間の距離が長くなってBluetooth通信が途切れると、制御部35は車載オーディオ機器30の電源をOFFする(ステップ609)。
【0028】
一方、ポータブルオーディオ機器10の制御部16は、ステップ501において、車載オーディオ機器30より「電源ON」及び「オーディオデータ受信待機」を指示する制御信号を受信すれば、電源をオンし(ステップ502)、ついで、入力切替部21を制御して車載オーディオ機器より受信したオーディオデータを選択してオーディオ再生部14に入力するように切り換える(ソース切換、ステップ503)。
かかる状態において、車載オーディオ機器30よりオーディオデータを受信すれば(ステップ504)、オーディオデータ再生部14は該オーディオデータを再生してスピーカ15よりオーディオ音を出力する(ステップ505)。以後、制御部16は車載オーディオ機器30との通信が正常であるかチェックし(ステップ506)、正常であるかぎり車載オーディオ機器より送られてくるオーディオデータによる再生動作を継続する。
【0029】
しかし、ポータブルオーディオ機器10の所有者が車外に出て、ポータブルオーディオ機器10と車載オーディオ機器30の間の距離が長くなってBluetooth通信が途切れると、制御部16はポータブルオーディオ機器10の電源をOFFする(ステップ507)。
以上により、オーディオソース34からの音楽を車載オーディオ機器のスピーカ32より出力している場合において、車から降りるべくアクセサリースイッチをオフした場合であっても、それまで車載オーディオ機器で聞いていたオーディオソースの曲をポータブルオーディオ機器で連続して聞くことができる。
以上、本発明を実施例により説明したが、本発明は請求の範囲に記載した本発明の主旨に従い種々の変形が可能であり、本発明はこれらを排除するものではない。
【0030】
【発明の効果】
以上本発明によれば、車に乗り込んで車両のアクセサリースイッチをオンしても、ポータブルオーディオ機器、車載オーディオ機器の両機器のオーディオ音声が重ならないようにでき、しかも、ポータブルオーディオ機器で聞いていた曲を連続して車載オーディオ機器より聞くことができる。
又、本発明によれば、車から降りるべくアクセサリースイッチをオフする場合であっても、それまで車載オーディオ機器で聞いていた曲をポータブルオーディオ機器で連続して聞くことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】ポータブルオーディオ機器の構成図である。
【図2】車載オーディオ機器の構成図である。
【図3】シーンAの説明図である。
【図4】シーンBの説明図である。
【図5】シーンCの説明図である。
【図6】ポータブルオーディオ機器で音楽を聴きながら、車に乗り込み車内スピーカに音声出力を切り替える場合の連続再生処理フローである。
【図7】ポータブルオーディオ機器から音声信号を受信して車載オーディオ機器のスピーカから出力している状態で、ポータブルオーディオ機器の所有者が車から降りて車外に出る場合の連続再生処理フローである。
【図8】車載オーディオ機器の音楽ソースからのオーディオ音をスピーカより出力している状態で、ポータブルオーディオ機器の所有者が車外に出た場合の連続再生処理フローである。
【符号の説明】
10 ポータブルオーディオ機器
13 無線送受信部(Bluetooth送受信部)
14 オーディオ再生部
15 スピーカ
16 制御部
17 電源オン/オフ回路
30 車載オーディオ機器
31 オーディオ 再生部
32 スピーカ
33 無線送受信部(Bluetooth送受信部)
35 制御部
38 電源回路
39 アクセサリースイッチオン/オフ検出部

Claims (2)

  1. ポータブルオーディオ機器において、
    オーディオデータを記憶する記憶部、
    前記記憶部から読み取ったオーディオデータに基づいてオーディオ音を再生するオーディオ再生部、
    ポータブルオーディオ機器の電源をオン/オフする電源オン/オフ回路、
    車載オーディオ機器に設けられている無線送受信部と双方向に通信可能な無線送受信部、
    電源オン状態において前記オーディオ再生部で再生中に、車載オーディオ機器より車両のアクセサリースイッチオンに基づいた制御信号を受信したとき、前記記憶部から読み取ったオーディオデータの送出先を該オーディオ再生部より車載オーディオ機器に切り替え、また、電源オフ状態において、車載オーディオ機器より車両のアクセサリースイッチオフに基づいた制御信号を受信した時、ポータブルオーディオ機器の電源をオンし、無線で車載オーディオ機器から受信したオーディオデータを前記オーディオ再生部に入力する制御部
    を備えたことを特徴とするポータブルオーディオ機器。
  2. オーディオソースから出力するオーディオデータに基づいてオーディオ音を再生する車載オーディオ機器において、
    車載のオーディオソースから出力するオーディオデータあるいはポータブルオーディオ機器より無線で送られてくるオーディオデータに基づいてオーディオ音を再生するオーディオ再生部、
    ポータブルオーディオ機器に設けられている無線送受信部と双方向に通信可能な無線送受信部、
    アクセサリースイッチのオン/オフを検出する検出部、
    各種操作指示を入力する操作部、
    アクセサリースイッチのオンを検出して該アクセサリースイッチオンに基づいた制御信号をポータブルオーディオ機器に送り、該制御信号に基づいてポータブルオーディオ機器より無線で送られてくるオーディオデータを受信して前記オーディオ再生部に入力し、また、車載のオーディオソースから出力するオーディオデータに基づいて再生中において、車両のアクセサリースイッチがオフしたとき制御信号を無線でポータブルオーディオ機器に送信して電源オン及びオーディオデータ受信待機を要求し、しかる後、オーディオデータを無線でポータブルオーディオ機器に送信し、ポータブルオーディオ機器のスピーカよりオーディオ音を再生させる制御部、
    を備えたことを特徴とする車載オーディオ機器。
JP2001181194A 2001-06-15 2001-06-15 ポータブルオーディオ機器及び車載オーディオ機器 Expired - Fee Related JP4086482B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001181194A JP4086482B2 (ja) 2001-06-15 2001-06-15 ポータブルオーディオ機器及び車載オーディオ機器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001181194A JP4086482B2 (ja) 2001-06-15 2001-06-15 ポータブルオーディオ機器及び車載オーディオ機器

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002373484A JP2002373484A (ja) 2002-12-26
JP4086482B2 true JP4086482B2 (ja) 2008-05-14

Family

ID=19021501

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001181194A Expired - Fee Related JP4086482B2 (ja) 2001-06-15 2001-06-15 ポータブルオーディオ機器及び車載オーディオ機器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4086482B2 (ja)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4506658B2 (ja) 2005-11-30 2010-07-21 ソニー株式会社 無線通信システム,通信装置,設定情報提供方法,設定情報取得方法,およびコンピュータプログラム
JP4632974B2 (ja) * 2006-03-09 2011-02-23 アルパイン株式会社 車載オーディオシステム
JP5176287B2 (ja) * 2006-04-25 2013-04-03 ソニー株式会社 コンテンツ再生システム、コンテンツ再生装置及びコンテンツ再生方法
JP2008027345A (ja) * 2006-07-25 2008-02-07 Honda Motor Co Ltd オーディオ装置
KR100878741B1 (ko) 2006-12-26 2009-03-03 주식회사 레인콤 Portable Multimedia File Player
JP2007157323A (ja) * 2007-01-16 2007-06-21 Sony Corp 再生システム
JP2008204501A (ja) * 2007-02-16 2008-09-04 Sun Corp 再生機器制御装置
US8265617B2 (en) 2007-04-10 2012-09-11 Research In Motion Limited Media transfer and control system
US7881744B2 (en) * 2007-04-10 2011-02-01 Research In Motion Limited Media transfer and control system
US20110307576A1 (en) * 2009-02-23 2011-12-15 Pioneer Corporation Content transmitting apparatus, content output system, transmission control method, transmission control program, and recording medium
JP2012114851A (ja) * 2010-11-26 2012-06-14 Yamaha Corp オーディオ装置及びオーディオシステム
JP5837462B2 (ja) * 2012-07-03 2015-12-24 ソニー株式会社 Wireless communication system, communication apparatus, setting information providing method, setting information obtaining method, and computer program
JP6323541B2 (ja) * 2016-11-30 2018-05-16 ソニー株式会社 情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002373484A (ja) 2002-12-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6608901B2 (ja) ドックに接続された携帯用メディアデバイスからのメディア再生
USRE45126E1 (en) Radio communication apparatus and radio communication method, radio communication system, recording medium, and computer program
JP6209684B2 (ja) 状況に応じた音声チューニング
US8483775B2 (en) Vehicle communication system
RU2411691C2 (ru) Аудиогарнитура
US7257398B1 (en) Telephone set, communication adaptor, home appliance control method, and program recording medium
AU2004307459B2 (en) Multiple channel wireless communication system
US6642629B2 (en) Audio system with removable, active faceplate
US6330337B1 (en) Automotive entertainment system for rear seat passengers
JP3715224B2 (ja) 車両に搭載されるエンターテイメントシステム
US8208654B2 (en) Noise cancellation for wireless audio distribution system
JP4004817B2 (ja) リモートコントロール装置、電子機器、および電子機器システム
US7603080B2 (en) Multiple channel wireless communication system
TWI474724B (zh) 多重模式之聲音再生裝置
US9078058B2 (en) Applications for a two-way wireless speaker system
EP1402398B1 (en) On-line music data providing system via bluetooth headset
US7953231B2 (en) Audio output apparatus and audio processing system
US7937118B2 (en) Wireless audio distribution system with range based slow muting
US8265293B2 (en) Audio signal output method and apparatus for short-range communication enabled headset
JP3989712B2 (ja) 車載用音響システム
JP3714882B2 (ja) 携帯型通信端末充電システム
US7181024B1 (en) Portable audio listening apparatus
US20140032014A1 (en) Wireless media source for communication with devices on data bus of vehicle
EP1145909B1 (en) Audio system and its contents reproduction method, audio apparatus for a vehicle and its contents reproduction method, computer program product and computer-readable storage medium
EP1146674B1 (en) System and method for reproducing audio data, method and apparatus for reproducing audio data to be used in a vehicle and computer readable storage medium for storing a computer program

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060131

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070215

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070529

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070713

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080219

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080219

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110228

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4086482

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110228

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120229

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120229

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130228

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130228

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140228

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees