JP4076233B2 - 固形廃棄物のガス化溶融処理方法及び装置 - Google Patents

固形廃棄物のガス化溶融処理方法及び装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4076233B2
JP4076233B2 JP50268798A JP50268798A JP4076233B2 JP 4076233 B2 JP4076233 B2 JP 4076233B2 JP 50268798 A JP50268798 A JP 50268798A JP 50268798 A JP50268798 A JP 50268798A JP 4076233 B2 JP4076233 B2 JP 4076233B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
combustion
furnace
waste
melting
fluidized bed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP50268798A
Other languages
English (en)
Inventor
正昭 入江
孝裕 大下
哲久 廣勢
晶作 藤並
和夫 高野
Original Assignee
株式会社荏原製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP18401396 priority Critical
Application filed by 株式会社荏原製作所 filed Critical 株式会社荏原製作所
Priority to PCT/JP1997/002191 priority patent/WO1997049953A1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4076233B2 publication Critical patent/JP4076233B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G5/00Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor
    • F23G5/08Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor having supplementary heating
    • F23G5/14Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor having supplementary heating including secondary combustion
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J3/00Production of combustible gases containing carbon monoxide from solid carbonaceous fuels
    • C10J3/46Gasification of granular or pulverulent flues in suspension
    • C10J3/48Apparatus; Plants
    • C10J3/482Gasifiers with stationary fluidised bed
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J3/00Production of combustible gases containing carbon monoxide from solid carbonaceous fuels
    • C10J3/46Gasification of granular or pulverulent flues in suspension
    • C10J3/48Apparatus; Plants
    • C10J3/485Entrained flow gasifiers
    • C10J3/487Swirling or cyclonic gasifiers
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J3/00Production of combustible gases containing carbon monoxide from solid carbonaceous fuels
    • C10J3/46Gasification of granular or pulverulent flues in suspension
    • C10J3/54Gasification of granular or pulverulent fuels by the Winkler technique, i.e. by fluidisation
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J3/00Production of combustible gases containing carbon monoxide from solid carbonaceous fuels
    • C10J3/58Production of combustible gases containing carbon monoxide from solid carbonaceous fuels combined with pre-distillation of the fuel
    • C10J3/60Processes
    • C10J3/64Processes with decomposition of the distillation products
    • C10J3/66Processes with decomposition of the distillation products by introducing them into the gasification zone
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J3/00Production of combustible gases containing carbon monoxide from solid carbonaceous fuels
    • C10J3/72Other features
    • C10J3/82Gas withdrawal means
    • C10J3/84Gas withdrawal means with means for removing dust or tar from the gas
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10KPURIFYING OR MODIFYING THE CHEMICAL COMPOSITION OF COMBUSTIBLE GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE
    • C10K3/00Modifying the chemical composition of combustible gases containing carbon monoxide to produce an improved fuel, e.g. one of different calorific value, which may be free from carbon monoxide
    • C10K3/001Modifying the chemical composition of combustible gases containing carbon monoxide to produce an improved fuel, e.g. one of different calorific value, which may be free from carbon monoxide by thermal treatment
    • C10K3/003Reducing the tar content
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G5/00Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor
    • F23G5/006General arrangement of incineration plant, e.g. flow sheets
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G5/00Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor
    • F23G5/02Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor with pretreatment
    • F23G5/027Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor with pretreatment pyrolising or gasifying stage
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G5/00Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor
    • F23G5/08Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor having supplementary heating
    • F23G5/14Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor having supplementary heating including secondary combustion
    • F23G5/16Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor having supplementary heating including secondary combustion in a separate combustion chamber
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G5/00Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor
    • F23G5/30Incineration of waste; Incinerator constructions; Details, accessories or control therefor having a fluidised bed
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10GCRACKING HYDROCARBON OILS; PRODUCTION OF LIQUID HYDROCARBON MIXTURES, e.g. BY DESTRUCTIVE HYDROGENATION, OLIGOMERISATION, POLYMERISATION; RECOVERY OF HYDROCARBON OILS FROM OIL-SHALE, OIL-SAND, OR GASES; REFINING MIXTURES MAINLY CONSISTING OF HYDROCARBONS; REFORMING OF NAPHTHA; MINERAL WAXES
    • C10G2300/00Aspects relating to hydrocarbon processing covered by groups C10G1/00 - C10G99/00
    • C10G2300/10Feedstock materials
    • C10G2300/1003Waste materials
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J2200/00Details of gasification apparatus
    • C10J2200/15Details of feeding means
    • C10J2200/158Screws
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J2300/00Details of gasification processes
    • C10J2300/09Details of the feed, e.g. feeding of spent catalyst, inert gas or halogens
    • C10J2300/0903Feed preparation
    • C10J2300/0906Physical processes, e.g. shredding, comminuting, chopping, sorting
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J2300/00Details of gasification processes
    • C10J2300/09Details of the feed, e.g. feeding of spent catalyst, inert gas or halogens
    • C10J2300/0913Carbonaceous raw material
    • C10J2300/0946Waste, e.g. MSW, tires, glass, tar sand, peat, paper, lignite, oil shale
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J2300/00Details of gasification processes
    • C10J2300/09Details of the feed, e.g. feeding of spent catalyst, inert gas or halogens
    • C10J2300/0983Additives
    • C10J2300/0993Inert particles, e.g. as heat exchange medium in a fluidized or moving bed, heat carriers, sand
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J2300/00Details of gasification processes
    • C10J2300/09Details of the feed, e.g. feeding of spent catalyst, inert gas or halogens
    • C10J2300/0983Additives
    • C10J2300/0996Calcium-containing inorganic materials, e.g. lime
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10JPRODUCTION OF PRODUCER GAS, WATER-GAS, SYNTHESIS GAS FROM SOLID CARBONACEOUS MATERIAL, OR MIXTURES CONTAINING THESE GASES; CARBURETTING AIR OR OTHER GASES
    • C10J2300/00Details of gasification processes
    • C10J2300/12Heating the gasifier
    • C10J2300/1223Heating the gasifier by burners
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G2201/00Pretreatment
    • F23G2201/40Gasification
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G2202/00Combustion
    • F23G2202/10Combustion in two or more stages
    • F23G2202/101Combustion in two or more stages with controlled oxidant supply
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G2202/00Combustion
    • F23G2202/20Combustion to temperatures melting waste
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G2203/00Furnace arrangements
    • F23G2203/30Cyclonic combustion furnace
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G2209/00Specific waste
    • F23G2209/26Biowaste
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G2209/00Specific waste
    • F23G2209/28Plastics or rubber like materials
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
    • F23GCREMATION FURNACES; CONSUMING WASTE PRODUCTS BY COMBUSTION
    • F23G2900/00Special features of, or arrangements for incinerators
    • F23G2900/70Incinerating particular products or waste
    • F23G2900/7006Incinerating used automobiles
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P20/00Technologies relating to chemical industry
    • Y02P20/10Process efficiency
    • Y02P20/129Energy recovery, e.g. by cogeneration, H2recovery or pressure recovery turbines

Description

技術分野
本発明は、都市ごみ、固形化燃料、スラリー化燃料、廃プラスチック、廃FRP、バイオマス廃棄物、シュレッダーダスト(廃車、家電等)といった固形廃棄物あるいは固形廃棄物由来の燃料をガス化燃焼することによる処理方法に関する。
ここで、固形化燃料は都市ごみを破砕選別後、生石灰を添加して圧縮成形したものをいい、スラリー化燃料(SWM)は都市ごみを破砕後水スラリー化し、高圧下で水熱分解により油化したものを云う。FRPは繊維強化プラスチックである。バイオマス廃棄物には、上下水廃棄物(夾雑物、下水汚泥)、農業廃棄物(もみがら、稲わら)、林産廃棄物(のこくず、バーク、間伐材)、産業廃棄物(パルプチップダスト)、建築廃材等が含まれる。
背景技術
現在、都市ごみの75%が流動焼却炉やストーカ炉により焼却処理されている。しかし、以下の理由により、焼却処理に代わる新たな環境保全型の廃棄物処理技術が熱望されている。すなわち、
▲1▼ 埋立地の延命化、灰の無害化、土木建築材等への有効利用のため、灰溶融に対するニーズが急速に高まってきた。
▲2▼ 近い将来予測される、より厳しいダイオキシン規制に対応する必要がある。
▲3▼ ダイオキシン分解や灰溶融といった課題に個別対応する従来のやり方では、処理施設全体の建設費や運転費の上昇が避けられなくなった。一方、低酸素比燃焼により排ガス量が低減されれば、ガス処理設備の縮小が可能となる。
▲4▼ 廃棄物をエネルギー源と見なし、これを発電等に最大限に有効活用しようとする気運が高まってきた。
こうした背景を踏まえ、現在ガス化を組み込んだ新たな廃棄物処理システムが開発中であるが、中でも先行しているのが、ガス化炉に竪型シャフト炉を用いた方式(以下、S方式という)と、ロータリーキルン炉を用いた方式(以下、R方式という)である。第3図に、S方式のフローを示す。図中、符号31は溶融炉であり、溶融炉31内には予備乾燥帯32、熱分解帯33、および燃焼・溶融帯34が形成されている。また、符号35は除塵器であり、符号36は燃焼室である。第3図において、aは廃棄物、bはコークス+石灰石、cは酸素富活空気、dはスラグ、eは生成ガス、fは空気、gはダスト、hは燃焼排ガス、kは金属である。
第3図に示すように、溶融炉31の内部には予備乾燥帯32(200〜300℃)、熱分解帯33(300〜1000℃)、および燃焼・溶融帯34(1500℃以上)が上から順に層状に形成される。炉上部に投入された廃棄物aは、より下のゾーンから上昇するガスと熱交換しつつ炉内を下降する。溶融炉31の上部から出た生成ガスeは、除塵器35を通過後、燃焼炉36に供給され約900℃で燃焼される。熱分解帯33にて生成する炭化物は、装入されたコークス+石灰石bとともに溶融・燃焼帯34に下降し、羽口から供給される酸素富活空気cにより高温燃焼される。高温のため溶融状態となったスラグdと金属kは炉底より排出される。
第4図に、R方式のフローを示す。図中、符号41は熱分解ドラムであり、熱分解ドラム41に隣接して順次、クーラー42、分別設備43、粉砕機44、サイロ45が配設されている。符号46は旋回式溶融炉、符号47は高温空気加熱器である。第4図において、aは廃棄物、fは空気、iはチャー、jは不燃物、eは生成ガス、dはスラグ、hは燃焼排ガスである。廃棄物aは破砕後、高温空気fにより外熱された熱分解ドラム41に供給され、回転による撹拌作用を受けながら、約450℃の無酸素雰囲気下でゆっくりと熱分解ガス化される。熱分解ドラム41を出た生成ガスeは、直接後段の旋回式溶融炉46に供給される。
一方、固体状のチャーiと不燃物jは、熱分解ドラム41から取り出され、クーラー42で冷却後、分別設備43での篩分けにより粗大な不燃物jと細かなチャーiに分別される。粉砕機44にて微粉砕されたチャーiは、サイロ45にて貯留後、溶融炉46に送られ、熱分解ドラム41から来る生成ガスeとともに約1300℃で高温燃焼する。溶融炉46の炉底からは溶融したスラグdが排出される。
上記2方式の抱える問題点について述べる。S方式のシャフト炉は、1700〜1800℃という高温の溶融ゾーンを炉底部に形成するため、コークス等補助燃料の使用が避けられず、このため運転費が上昇し、二酸化炭素の排出量も増加する。また、廃棄物中に含有される金属を溶融してしまうため、回収された金属は合金状となる。従って、金属を種類別に地金のような形でリサイクル利用するには都合が悪い。さらに、本方式は固定床炉と呼ばれる炉形式であるが、形状が種々雑多な廃棄物を炉内に高く積み上げるため、廃棄物の隙間にガスを均一に流そうとしても、吹き抜けや局部的な偏流が避けられない。このため、安定運転に支障を来し、炉内圧やガス発生量さらにはガスの組成に甚だしい変動を生ずることが避けられない。
一方、R方式の回転炉は、伝熱が効率の悪い外熱によるため炉の著しい大型化が避けられず、スケールアップ上の問題となっている。生成するチャーは、他の不燃物とともに回転炉から取り出し、冷却後、粗大不燃物を分別除去する。次いで、微粉砕してホッパーに貯留する。さらに、必要に応じて適量を切り出し、搬送した後に溶融炉に供給する。こうした、チャーのハンドリングに伴う設備の複雑化は、設備費の上昇を招くばかりか、安定運転の障害にもなる。また、チャーの保有する顕熱が冷却や放熱により失われるが、これはエネルギー利用上好ましいことではない。
本発明は、上述の事情に鑑みなされたもので、コークス等の補助燃料が不要で、二酸化炭素の排出量が増加せず、鉄,銅,アルミニウム等の金属を未酸化でクリーンな状態で回収でき、炉がコンパクトでしかもスケールアップが容易で、チャーの微粉砕等に拘わる設備が不要な固形廃棄物のガス化溶融処理方法及び装置を提供することを目的とする。
発明の開示
上述の目的を達成するため、R方式に検討を加えた結果、ガス化炉に流動層炉を用いる方式(以下、F方式という)を考案するに至った。さらに、実験を繰り返すことによって、廃棄物をガス化炉と溶融炉で合計三段階の燃焼をする方法が最良であることを見出した。すなわち、ガス化炉の流動層部にて一次燃焼した後に、ガス化炉のフリーボード部にて二次燃焼し、さらに後段の溶融炉にて三次燃焼を行うものである。1300℃という高温の三次燃焼により溶融スラグ化した灰分は、溶融炉の炉底より連続的に排出される。様々な実験の結果、本F方式に関して各部の操作条件を確立することができた。
炉の温度については、ガス化炉流動層部での一次燃焼が600±50℃以内、望ましくは600±30℃以内、フリーボード部での二次燃焼が725±75℃以内、さらに溶融炉での三次燃焼では灰の溶流温度より50〜100℃高くすべきことが判明した。ガス化炉流動層が500℃以下になると、熱分解ガス化反応が遅くなるため、ガス発生量が抑えられ、流動層内への未分解物の堆積量が増大する。この結果、溶融炉に送られる可燃物、すなわちガス、タール、チャーの量が減少するため、溶融炉の燃焼温度を維持することが困難となる。
一方、ガス化炉流動層部の温度が650℃以上だと、ガス化反応が速くなり過ぎるために、溶融炉への可燃物供給に伴う変動がガス発生の変動を招き、溶融炉内の燃焼に悪影響を及ぼすことが明らかとなった。廃棄物に含まれる金属のうち、融点が流動層温度より低ければ、ガス化炉の炉底より流動媒体とともに取り出すことができる。特に、アルミニウムの回収を意図する場合、アルミニウムの融点が660℃であるため、ガス化温度を650℃より低く設定する必要がある。ガス化温度をアルミニウムの融点以上とすると、大部分のアルミニウムは気化するため、溶融炉以降にて灰に混じって捕集されるが、多くは酸化された価値の乏しいものとなってしまう。
ガス化炉のフリーボード部では二次燃焼を行うが、その際温度が80℃を越えると、ガス化炉と溶融炉を接続する煙道において、局部的な高温燃焼による灰の軟化のため、閉塞が起きやすくなることが判明した。この二次燃焼は、溶融炉での三次燃焼の負荷を軽減することと、フリーボード部の空間の積極的活用を意図している。溶融炉内の燃焼温度は、放射温度計で計測することが可能であるが、予め測定により得られた灰の溶流温度より50〜100℃高くすれば、スラグの流出は順調に行われた。溶融炉内の燃焼温度を灰の溶流温度より100℃以上高くすることは、炉材の損耗を徒に助長するので、好ましくない。
F方式では、ガス化炉の流動媒体に砂(硅砂等)を用いるが、その平均粒径は0.4〜0.8mmの範囲で選択される。0.4mm以下だと、炉床面積当たりの処理量が小さくなるため、経済的でない。0.8mm以上にすると、流動層から吹き上げるガスの空塔速度が大きくなり、廃棄物を流動層の上方より投入することに支障を来す。すなわち、廃棄物中の細かなものや軽いものが流動層に落下せずに、ガスに同伴されてしまう。また、ガスへのチャーの同伴量も増大する。本F方式におけるガス化炉は、浅層流動層の使用を特徴としているが、その層高(静止層高)は流動層部内径の1.0〜1.5倍程度が好適である。一次燃焼用あるいは流動化用として供給する空気または含酸素ガスの空塔速度は、流動媒体のumf(最小流動化速度)の6倍程度とすることが好ましい。これより、炉床平米当たりの必要ガス流量は400〜1700Nm3/hrの範囲とすればよい。廃棄物の熱分解ガス化に必要な熱量は、廃棄物の部分燃焼と流動媒体の伝熱作用によって迅速かつ効率良く提供される。こうした熱の供給方法を一般的には内熱式と呼ぶが、内熱式の炉がコンパクト性並びに熱効率の点で外熱式より優れていることは明らかである。
一次燃焼の熱分解ガス化反応にて生成するチャーは、部分燃焼と流動媒体の攪乱運動により微細化される。流動媒体に固い硅砂を用いることにより、チャーの粉砕は一段と促進される。チャーは多孔質のため見かけの比重は0.1〜0.2と小さい。この結果、砂の流動層の上に細かなチャーの流動層が形成される。このまま状態を放置すると、チャーの流動層はフリーボード部の最上部にまで達してしまい、ガス化炉への廃棄物のフィード(搬送)に支障を来す。廃棄物のガス化炉への投入口は、砂の流動層の上方に設けられるため、フリーボード上部を−20mmAq程度の負圧に保っても、廃棄物の投入口がチャーの流動層中に没すれば、投入口付近はプラス圧となるため、可燃ガスが供給装置を通じて外部へリークする恐れを生ずる。これは、安全性の上から、そして防臭上の点からも好ましくない。検討の結果、砂の流動層の直上に空気あるいは含酸素ガスを供給することによりチャーの燃焼を促進し、チャーの堆積を防ぐ方法を考案した(特願平7−349428)。空気あるいは含酸素ガスの供給量については、フリーボード部における全ガスの空塔速度を、0.7m/sec以上、望ましくは1.0m/sec以上とすれば、1mm以下の微細なチャーは容易に後段の溶融炉に気流搬送されることが判明した。空気あるいは含酸素ガスの供給位置は、砂の流動層表面より1000mm以内の高さとすれば良い。これにより、フリーボードは単に気流分級のみならず、二次燃焼部として十全の機能を発揮し得、特にチャーの燃焼を促進することが可能となる。
溶融炉での三次燃焼は、廃棄物の低酸素比燃焼を完結させるとともに、灰分の溶融スラグ化並びにダイオキシン及びダイオキシン誘導体の分解を目的とする。三次燃焼も含酸素ガスを供給して行う。スラグの安定流出のために溶融炉の燃焼温度を灰の溶流温度プラス50〜100℃とすることは既に述べたが、ダイオキシン及びダイオキシン誘導体を完全分解するには、1300℃以上の高温燃焼を0.5秒(sec)以上保持する必要のあることが判明した。本F方式では、S方式のような1700〜1800℃といった高温部は存在しないので、コークス等の補助燃料は不要である。廃棄物の質や目標とするガス性状に応じて、一次〜三次燃焼に供給する空気、酸素富活空気あるいは酸素の中から適宜選択すれば良い。溶融炉は前段の燃焼室と後段のスラグ分離部よりなるが、ガスとスラグを効率的に分離するには、スラグ分離部でのガスの上昇速度を6m/sec以下に抑える必要のあることも判明した。
F方式では、トータルの酸素比が1.3程度の低酸素比燃焼となるよう意図されている。ここで、酸素比とは燃焼時に使用する酸素量の理論燃焼量に対する比をいう。一次〜三次燃焼でのそれぞれの酸素比については、ガス化炉の流動層部での一次燃焼が0.1〜0.3、フリーボード部での二次燃焼が0.05〜0.1、溶融炉での三次燃焼が0.9〜1.1であることが実験的に明らかとなった。即ち、流動層ガス化炉の流動層部にて酸素比0.1〜0.3、フリーボード部にて酸素比0.05〜0.1、前記溶融炉にて酸素比0.9〜1.1となる燃焼を行い、両炉合わせた酸素比を1.3程度とする。
本F方式は、流動層ガス化炉と溶融炉(好ましくは旋回式溶融炉)を組み合わせたものである。本システムの特徴を列記すると、
▲1▼ 1.3程度の低酸素比燃焼のため、排ガス量は大幅に低減される。
▲2▼ 排ガスと灰にダイオキシン類は含まれない。
▲3▼ 灰分は重金属等が溶出しない無害なスラグとして回収される。このため、埋立地の延命化が図れ、土建材等への利用が可能となる。
▲4▼ ガス化炉にて生成するガス、タール、チャーの有するエネルギーを、灰溶融に有効利用できるため、補助燃料が不要で、運転費を低く保つことができる。
▲5▼ システム中にダイオキシン分解や灰溶融の機能が組み込まれるため、設備全体がコンパクト化され、建設費もそれぞれの機能を在来型の焼却設備に付加するより安価となる。
▲6▼ 鉄、銅、アルミニウム等の金属を、未酸化でクリーンな状態で回収できるため、リサイクル利用が可能となる。
以上より、ガス化炉に流動層炉を用いるF方式が、運転操作が容易な点、コークス等補助燃料が不要な点、二酸化炭素の排出量を増やさない点、さらに、鉄、銅、アルミ等の金属を未酸化でクリーンな状態で回収できる点においてS方式に優り、また、ガス化炉がコンパクトで、機械的な駆動部が存在せず、スケールアップが容易で、しかも、チャー(炭化物)の微粉砕等に拘わる設備が一切不要である点において、本方式がR方式に優ることが明らかとなった。
従来型の焼却設備の中には、灰溶融設備を保有しないか、あるいはその近隣に灰溶融設備のない場合があり、焼却炉や廃熱ボイラから排出される炉下灰や灰の処理に困窮している場合がある。このような燃焼設備から出る灰を本設備に受け入れ、他の固形廃棄物とともに溶融処理することにより、未然分を含まない良質なスラグとして、有効利用することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に係る固形廃棄物のガス化溶融処理方法を実施する装置の構成を示す概略図であり、第2図は廃棄物を熱分解した際の処理温度による各種生成物の割合を示す図であり、第3図は従来の廃棄物処理システムの一例を示す概略図であり、第4図は従来の廃棄物処理システムの他の例を示す概略図である。
発明を実施するための最良の形態
以下、本発明の固形廃棄物のガス化溶融処理方法及び装置を具体化した形態について図面を参照して説明する。なお、以下の形態はあくまで一例にすぎず、本発明の技術的範囲を限定する性格のものではないことを明記しておく。
第1図は本発明の固形廃棄物のガス化溶融処理を実施する装置の構成を示す概略図である。第1図において、符号1は流動層ガス化炉であり、流動層ガス化炉1には定量供給装置2によって廃棄物が供給されるようになっている。流動層ガス化炉1の内部にはフリーボード3、流動層4、空気分散板5および空気室6が形成される。流動層ガス化炉1に隣接して分別装置7およびバケットコンベア8が配設されている。
流動層ガス化炉1で生成されたガス、タール、チャーは、後段の旋回式溶融炉9に供給されるようになっている。旋回式溶融炉9の内部には、一次燃焼室10、二次燃焼室11、スラグ分離部12が形成される。符号13は水砕トラフ、符号14はスラグコンベアである。第1図において、aは廃棄物、fは空気、lは砂、jは不燃物、gは生成ガス、dはスラグ、mは循環水、hは燃焼排ガスを示す。
廃棄物aは、必要に応じて破砕、選別などの前処理を施した後、スクリュー式の定量供給装置2により、流動層ガス化炉1に定量供給される。一次燃焼用空気fは、ガス化炉1の空気室6に供給され、空気分散板5から上方に向かって吹き上げることにより、分散板上に充填された砂1を流動化する。流動媒体として用いられる砂は硅砂である。流動層の上方に供給された廃棄物aは流動層内に落下し、600±50℃、望ましくは600±30℃に保持された流動層中で、一次燃焼用空気fと接触することにより速やかに熱分解ガス化される。
流動層中への不燃物の堆積を防ぐために、ガス化炉1の炉底からは不燃物jと砂lの混合物が、連続的あるいは間欠的に排出される。サイズの大きな不燃物jは、トロンメル等からなる分別装置7によって分離除去される。不燃物中には鉄、銅、アルミニウムといった金属が含まれるが、炉内が還元雰囲気であるため、未酸化でしかも砂に磨かれたクリーンな状態で回収することができる。これは、有用な金属をリサイクル利用する上で、極めて重要な技術といえる。粗大不燃物jが除かれた砂lは、バケットコンベア8により上方へ搬送され、再びガス化炉1内に返送される。
ガス化炉に投入された廃棄物aは、熱分解ガス化反応により速やかにガス、タール、チャーとなる。炭化物であるチャーは、流動層内に分散され、砂とともに流動化しながら、酸化反応あるいは流動層の攪乱運動により、徐々に微細化される。こうして微細化されたチャーは、流動層上にチャーの流動層を形成する。流動層の直上には二次燃焼用空気fを吹き込み、725±75℃以内の温度にて第二段の燃焼を行いつつ、微細化したチャーはガスの上昇流に同伴される。こうして気流搬送されたチャーは、ガス、タールとともにガス化炉1を出て、旋回式溶融炉9の一次燃焼室10に供給され、予熱された三次燃焼用空気fと共に強力な旋回流中で混合しながら、1300℃以上の高温で高速燃焼される。燃焼は二次燃焼室11にて完結し、燃焼排ガスhはスラグ分離部12の上部より排出される。この高温燃焼のために、チャーに含まれる灰分はスラグミストとなる。旋回流の遠心力により一次燃焼室10の炉壁上に捕捉されたスラグdは、重力の作用で炉壁を伝って二次燃焼室11へ、次いで、二次燃焼室11からスラグ分離部12へと流れ下り、スラグ分離部12の下部から水砕トラフ13に向けて流れ落ちる。
水砕トラフ13は、滑り台の上に水を流したような構造をしており、万一大きなスラグの塊が落下しても、水蒸気爆発が起こらないよう、万全の配慮に基づいて配置されたものである。水砕トラフ13上に流下したスラグdは、トラフ上を勢い良く流れる循環水mと接触して急冷され、小豆状の水砕スラグとなって、スラグコンベア14内に入る。次いで、スラグコンベア14により外部に搬出される。スラグコンベア14により搬出された水砕スラグdは、コンベアで運搬される際に細かく砕かれ、数mmの粒状となる。旋回式溶融炉9内の高温燃焼は、ダイオキシン並びにダイオキシン誘導体の分解という目的もあり、一次燃焼室10と二次燃焼室11を合わせた容積は、ガスの滞留時間で0.5sec以上となるよう設計されている。旋回式溶融炉9を出た燃焼排ガスhは、廃熱ボイラ、節炭器、空気予熱器といった一連の熱回収装置や脱塵装置を経た後に大気放出される。なお、旋回式溶融炉9の燃焼室には、それぞれ始動用のオイルバーナが設置される。
第2図は第1図に示すガス化炉を使用して廃棄物を熱分解した際の処理温度による各種生成物の割合を示す図である。第2図により、ガス化炉のフリーボード温度で二次燃焼を行うことにより、、ガスの収率を高める効果のあることが確認された。これは、ガスの多い方が次段の溶融炉で瞬時に燃焼するため、溶融炉を小形化できるのである。
以上説明したように本発明によれば、流動層ガス化炉と溶融炉を組み合わせ、ガス化炉の流動層部で一次燃焼、フリーボード部で二次燃焼し、しかる後に溶融炉で高温の三次燃焼を行い、灰分を溶融スラグ化するとともにダイオキシンを分解することにより、簡易性、コンパクト性、マテリアルリサイクル、エネルギーリサイクル、環境保全性のいずれの点においても優れ、しかも、運転の容易性・安全性を向上させた次世代型の廃棄物処理技術を提供することができる。
産業上の利用の可能性
本発明は、都市ごみ、固形化燃料、スラリー化燃料、廃プラスチック、廃FRP、バイオマス廃棄物、シュレッダーダスト(廃車、家電等)といった固形廃棄物あるいは固形廃棄物由来の燃料を処理する技術であり、廃棄物処理に好適に利用可能である。

Claims (2)

  1. 固形廃棄物を、流動層ガス化炉で熱分解ガス化した後に、溶融炉で高温燃焼する処理方法において、ガス化炉流動層部での一次燃焼を600±50℃以内で行い、ガス化炉フリーボード部での二次燃焼を725±75℃以内で行い、溶融炉での三次燃焼を灰の溶流温度より50〜100℃高い温度で行い、上記一次燃焼での酸素比(供給酸素量の理論燃焼酸素量に対する比)を0.1〜0.3、二次燃焼での酸素比を0.05〜0.1、三次燃焼での酸素比を0.9〜1.1とし、トータルの酸素比を1.3程度とすることを特徴とする固形廃棄物のガス化溶融処理方法。
  2. 固形廃棄物の一次燃焼を600±50℃以内で、かつ酸素比(供給酸素量の理論燃焼酸素量に対する比)0.1〜0.3で行って該固形廃棄物からガスとチャーを生成する流動層部、及び該流動層部からのガスとチャーの二次燃焼を725±75℃以内で、かつ酸素比0.05〜0.1で行うフリーボード部を有するガス化炉と、
    該フリーボード部からのガスとチャーの三次燃焼を灰の溶流温度より50〜100℃高い温度で、かつ酸素比0.9〜1.1で行い灰分を溶融する溶融炉とを備え、
    トータルの酸素比が1.3程度であることを特徴とする固形廃棄物のガス化溶融処理装置。
JP50268798A 1996-06-25 1997-06-25 固形廃棄物のガス化溶融処理方法及び装置 Expired - Lifetime JP4076233B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18401396 1996-06-25
PCT/JP1997/002191 WO1997049953A1 (fr) 1996-06-25 1997-06-25 Procedes pour le traitement par fusion de dechets solides en vue de leur gazeification

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP4076233B2 true JP4076233B2 (ja) 2008-04-16

Family

ID=16145813

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP50268798A Expired - Lifetime JP4076233B2 (ja) 1996-06-25 1997-06-25 固形廃棄物のガス化溶融処理方法及び装置

Country Status (6)

Country Link
US (1) US6168425B1 (ja)
EP (1) EP0908672B1 (ja)
JP (1) JP4076233B2 (ja)
CN (1) CN1133040C (ja)
DE (1) DE69724617T2 (ja)
WO (1) WO1997049953A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103759266A (zh) * 2014-01-17 2014-04-30 陈辉华 一种生活垃圾热解处理方法

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
TW510958B (en) * 2001-04-19 2002-11-21 Ebara Corp Slagging combustion furnace
JP2003004214A (ja) * 2001-04-20 2003-01-08 Ebara Corp ガス化溶融炉設備の溶融炉及び溶融炉燃焼用ガス投入方法
US20050211143A1 (en) * 2003-09-04 2005-09-29 Recycling Solutions Technology, Llc System and method of generating electricity
US6932002B2 (en) * 2003-09-04 2005-08-23 Recycling Solutions Technology, Llc System and method of processing solid waste
WO2005116524A1 (en) * 2004-05-25 2005-12-08 Ecotran Energy Ltd Improved gasifier
GB0411643D0 (en) * 2004-05-25 2004-06-30 Stein Peter Improved gasifier
US7452203B2 (en) * 2006-10-16 2008-11-18 Praxair Technology, Inc. Stratified staging in kilns
CN101178178B (zh) * 2006-11-08 2010-05-12 台湾洁净能源科技股份有限公司 物质的燃烧方法及其系统
ES2303785B1 (es) * 2007-02-05 2009-08-07 Qostquanto S.L. Procedimiento para la valorizacion de lodos procedentes de estaciones depuradoras de aguas residuales.
JP4413275B2 (ja) 2007-11-07 2010-02-10 メタウォーター株式会社 流動焼却炉及びこれを用いた汚泥の流動焼却方法
US8192647B2 (en) * 2008-12-19 2012-06-05 Enerkem Inc. Production of synthesis gas through controlled oxidation of biomass
JP2010223564A (ja) * 2009-03-25 2010-10-07 Mitsui Eng & Shipbuild Co Ltd 流動床式ガス化炉の運転方法及び流動床式ガス化炉
US8690977B2 (en) 2009-06-25 2014-04-08 Sustainable Waste Power Systems, Inc. Garbage in power out (GIPO) thermal conversion process
FI20105165A (fi) * 2010-02-19 2011-10-17 Migliore Oy Menetelmä saastuneiden materiaalien käsittelemiseksi korkeassa lämpötilassa
CN102338386B (zh) * 2010-07-21 2013-06-05 安徽海螺集团有限责任公司 垃圾气化炉
CN102003713B (zh) * 2010-11-02 2012-07-18 中国科学院广州能源研究所 一种可燃固体废弃物气化燃烧的装置
CN102586515B (zh) * 2011-01-11 2014-04-30 宝山钢铁股份有限公司 热固性玻璃钢废弃物的处置方法
JP6215538B2 (ja) * 2012-07-20 2017-10-18 荏原環境プラント株式会社 廃棄物の処理方法及び廃棄物焼却炉
US10377952B2 (en) 2013-07-11 2019-08-13 Mitsubishi Heavy Industries Environmental & Chemical Engineering Co., Ltd. Method for inhibiting occurrence of pyrolysis deposit in pyrolysis gasification system, and pyrolysis gasification system
CN103557528B (zh) * 2013-11-04 2016-02-24 赵山山 一体式环保气化熔融焚烧炉
CN104501171B (zh) * 2014-12-24 2017-09-29 山东华源锅炉有限公司 垃圾衍生燃料(rdf)热解气化系统
JP6460846B2 (ja) * 2015-03-04 2019-01-30 株式会社神鋼環境ソリューション 廃棄物処理方法および廃棄物処理装置
AT520305B1 (de) * 2018-03-09 2019-03-15 Andritz Ag Maschf Verbrennungsanlage

Family Cites Families (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE2729764A1 (de) 1977-07-01 1979-01-04 Davy Bamag Gmbh Verfahren zur vergasung von kohlenstoffhaltigem material
JPS5457371A (en) 1977-10-17 1979-05-09 Babcock Hitachi Kk Method of operating swirling jet flow bed furnace
JPS6235004B2 (ja) 1979-06-20 1987-07-30 Ebara Mfg
US4448589A (en) 1980-01-23 1984-05-15 Kansas State University Research Foundation Pyrolytic conversion of carbonaceous solids to fuel gas in quartz sand fluidized beds
JPH0152654B2 (ja) * 1984-10-29 1989-11-09 Nippon Furnace Kogyo Kk
LU85980A1 (fr) 1985-06-28 1987-01-13 Alpha Foundation PROCESS AND PLANT FOR THE INCINERATION OF FUELS
US4676177A (en) 1985-10-09 1987-06-30 A. Ahlstrom Corporation Method of generating energy from low-grade alkaline fuels
CA1285375C (en) 1986-01-21 1991-07-02 Takahiro Ohshita Thermal reactor
JPS6452654A (en) 1987-08-24 1989-02-28 Mitsubishi Electric Corp Production of oxide based superconducting material
JP2573046B2 (ja) 1988-11-29 1997-01-16 株式会社荏原製作所 流動層ガス化方法及び流動層ガス化炉
JPH0743102B2 (ja) 1990-02-20 1995-05-15 株式会社荏原総合研究所 溶融炉
FR2660415B1 (fr) 1990-03-28 1992-06-26 Stein Industrie Procede et dispositif de traitement de dechets toxiques ou polluants solides ou liquides.
DE4112593C2 (de) 1991-04-17 1995-03-23 Pka Umwelttech Gmbh & Co Kg Verfahren und Anlage zum thermischen Aufbereiten von mit organischen Komponenten verunreinigten Metallschrott
JPH0526421A (ja) 1991-07-19 1993-02-02 Sanki Eng Co Ltd ごみ焼却炉のごみ燃焼方法
JPH05196218A (ja) 1992-01-20 1993-08-06 Mitsui Eng & Shipbuild Co Ltd ごみ焼却炉
DE4235412A1 (de) * 1992-10-21 1994-04-28 Metallgesellschaft Ag Verfahren zum Vergasen von brennbare Bestandteile enthaltenden Abfallstoffen
JP3174210B2 (ja) 1992-12-11 2001-06-11 株式会社神戸製鋼所 廃棄物焼却炉及び廃棄物焼却炉による廃棄物焼却方法
EP0601584B1 (en) 1992-12-11 1997-08-27 Kabushiki Kaisha Kobe Seiko Sho Waste incinerator and waste incinerating method using same
JPH06307614A (ja) * 1993-04-23 1994-11-01 Sekisui Chem Co Ltd 廃棄物焼却方法
FR2710967B1 (fr) * 1993-10-05 1995-12-29 Fm Ind Procédé et unité de traitement par calcination de déchets dangereux.
JP3153091B2 (ja) 1994-03-10 2001-04-03 株式会社荏原製作所 廃棄物の処理方法及びガス化及び熔融燃焼装置
DE4435349C1 (de) 1994-09-21 1996-05-02 Noell En Und Entsorgungstechni Verfahren und Vorrichtung zur Verwertung von brennbaren Rest- und Abfallstoffen

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103759266A (zh) * 2014-01-17 2014-04-30 陈辉华 一种生活垃圾热解处理方法

Also Published As

Publication number Publication date
WO1997049953A1 (fr) 1997-12-31
EP0908672A4 (en) 2000-02-23
CN1133040C (zh) 2003-12-31
DE69724617D1 (de) 2003-10-09
US6168425B1 (en) 2001-01-02
DE69724617T2 (de) 2004-08-12
CN1223715A (zh) 1999-07-21
EP0908672A1 (en) 1999-04-14
EP0908672B1 (en) 2003-09-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Malkow Novel and innovative pyrolysis and gasification technologies for energy efficient and environmentally sound MSW disposal
Tanigaki et al. Co-gasification of municipal solid waste and material recovery in a large-scale gasification and melting system
RU2554970C2 (ru) Способ и устройство для обработки отходов
RU2272064C2 (ru) Способ пиролиза и газификации органических веществ или смесей органических веществ и устройство для осуществления способа
US4308806A (en) Incinerator for burning waste and a method of utilizing same
US6032467A (en) Method and apparatus for recovering energy from wastes
CA2716912C (en) Gasification system with processed feedstock/char conversion and gas reformulation
US6987792B2 (en) Plasma pyrolysis, gasification and vitrification of organic material
US6669822B1 (en) Method for carbonizing wastes
US4658736A (en) Incineration of combustible waste materials
RU2138730C1 (ru) Способ и устройство для газификации горючего материала в топке с флюидизированной подушкой
US5656044A (en) Method and apparatus for gasification of organic materials
CN1179149C (zh) 通过气化处理废物的方法
US4676177A (en) Method of generating energy from low-grade alkaline fuels
KR101298907B1 (ko) 폐기물 처리 방법 및 장치
Arena Process and technological aspects of municipal solid waste gasification. A review
EP1419220B1 (en) Plasma pyrolysis, gasification and vitrification of organic material
JP4525009B2 (ja) ロータリーキルンによる廃棄物処理方法
EP0359209A2 (en) Method and apparatus for using hazardous waste to form non-hazardous aggregate
US9321640B2 (en) Gasification system with processed feedstock/char conversion and gas reformulation
CA2066667C (en) Minimization of environmental wastes
WO2007131239A2 (en) A control system for the conversion of a carbonaceous feedstock into gas
US4177742A (en) Incinerator for burning waste and a method of utilizing same
JP4377824B2 (ja) バイオマスを利用する廃棄物溶融処理方法
CN101294708A (zh) 城市生活垃圾流化床气化燃烧处理方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040119

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040119

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061017

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061218

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070410

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070611

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20071002

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20071029

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071029

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20071220

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080129

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080129

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110208

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120208

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120208

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130208

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140208

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term