JP4058073B2 - Cloth-like personal care products - Google Patents

Cloth-like personal care products Download PDF

Info

Publication number
JP4058073B2
JP4058073B2 JP2005509994A JP2005509994A JP4058073B2 JP 4058073 B2 JP4058073 B2 JP 4058073B2 JP 2005509994 A JP2005509994 A JP 2005509994A JP 2005509994 A JP2005509994 A JP 2005509994A JP 4058073 B2 JP4058073 B2 JP 4058073B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
web
fibers
personal care
example
skin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005509994A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006520324A (en
Inventor
デューイ スミス ザ サード エドワード
ジョン ハゼノーレル エリック
ジョセフ キュロ ジョン
カーク ヘッジス スティーブン
チャールズ ペック ダニエル
バートン シアーズ ダニエル
ヘインズ ターナー ロバート
Original Assignee
ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US32466102A priority Critical
Priority to US43599603A priority
Priority to US46964303P priority
Priority to US61029903A priority
Application filed by ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー filed Critical ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
Priority to PCT/US2003/040232 priority patent/WO2004058214A1/en
Publication of JP2006520324A publication Critical patent/JP2006520324A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4058073B2 publication Critical patent/JP4058073B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/15577Apparatus or processes for manufacturing
    • A61F13/15707Mechanical treatment, e.g. notching, twisting, compressing, shaping
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/51104Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin the top sheet having a three-dimensional cross-section, e.g. corrugations, embossments, recesses or projections
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/51113Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin comprising an additive, e.g. lotion or odour control
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/51121Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin characterised by the material
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • A61F13/538Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium characterised by specific fibre orientation or weave
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/84Accessories, not otherwise provided for, for absorbent pads
    • A61F13/8405Additives, e.g. for odour, disinfectant or pH control
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/0208Tissues; Wipes; Patches
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • A61Q19/10Washing or bathing preparations
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q5/00Preparations for care of the hair
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q5/00Preparations for care of the hair
    • A61Q5/02Preparations for cleaning the hair
    • DTEXTILES; PAPER
    • D04BRAIDING; LACE-MAKING; KNITTING; TRIMMINGS; NON-WOVEN FABRICS
    • D04HMAKING TEXTILE FABRICS, e.g. FROM FIBRES OR FILAMENTARY MATERIAL; FABRICS MADE BY SUCH PROCESSES OR APPARATUS, e.g. FELTS, NON-WOVEN FABRICS; COTTON-WOOL; WADDING NON-WOVEN FABRICS FROM STAPLE FIBRES, FILAMENTS OR YARNS, BONDED WITH AT LEAST ONE WEB-LIKE MATERIAL DURING THEIR CONSOLIDATION
    • D04H11/00Non-woven pile fabrics
    • D04H11/08Non-woven pile fabrics formed by creation of a pile on at least one surface of a non-woven fabric without addition of pile-forming material, e.g. by needling, by differential shrinking
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A47FURNITURE; DOMESTIC ARTICLES OR APPLIANCES; COFFEE MILLS; SPICE MILLS; SUCTION CLEANERS IN GENERAL
    • A47KSANITARY EQUIPMENT NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; TOILET ACCESSORIES
    • A47K10/00Body-drying implements; Toilet paper; Holders therefor
    • A47K10/24Towel dispensers, e.g. for piled-up or folded textile towels; Toilet-paper dispensers; Dispensers for piled-up or folded textile towels provided or not with devices for taking-up soiled towels as far as not mechanically driven
    • A47K10/32Dispensers for paper towels or toilet-paper
    • A47K2010/3266Wet wipes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00089Wound bandages
    • A61F2013/00238Wound bandages characterised by way of knitting or weaving
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00361Plasters
    • A61F2013/00365Plasters use
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F2013/00361Plasters
    • A61F2013/00902Plasters containing means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/51Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the outer layers
    • A61F13/511Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin
    • A61F13/51113Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin comprising an additive, e.g. lotion or odour control
    • A61F2013/51117Topsheet, i.e. the permeable cover or layer facing the skin comprising an additive, e.g. lotion or odour control the lotion having skin care properties
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • A61F13/538Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium characterised by specific fibre orientation or weave
    • A61F2013/5386Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium characterised by specific fibre orientation or weave by the fibre orientation in the z plane or vertical direction

Description

本発明は、その処置が必要な皮膚、毛髪、及び体表面の同様のケラチン含有組織をクレンジング且つ/又は処置するのに有用な、布状の使い捨てパーソナルケア用品に関し、より詳細には、繊維性不織布ウェブと共に、前記不織布繊維ウェブに適用された処置組成物及び/又はクレンジング組成物を含む、使い捨てクレンジング用品に関する。 The invention, its treatment is required skin, hair, and useful for similar keratin-containing tissues of the body surface to cleansing and / or treatment relates to cloth-like disposable personal care products, and more particularly, fibrous with a nonwoven web, comprising the treatment composition was applied to a nonwoven fibrous web and / or cleansing composition, relates to a disposable cleansing article.

パーソナルケア製品は、従来、固形石鹸、クリーム、ローション、及びジェルのような様々な形態で販売されてきた。 Personal care products have traditionally been sold soap solid, cream, lotion, and in a variety of forms, such as a gel. これらのパーソナルケア製品は、消費者に許容可能となるための多くの基準を満たすことが試みられている。 These personal care products, it has been attempted to satisfy a number of criteria to be acceptable to consumers. これらの基準には、クレンジングの有効性、肌触り、皮膚、毛髪、及び眼の粘膜に対する低刺激性、並びに十分な泡体積が含まれる。 These criteria include effectiveness of cleansing, skin, skin, hair, and low irritation to mucous membranes of the eye, as well as sufficient foam volume. 理想的なパーソナルケア製品は、皮膚若しくは毛髪を穏やかにクレンジング、処置、又はコンディショニングし、ほとんど又は全く炎症を引き起こさず、頻繁に使用した後で皮膚若しくは毛髪を過度に乾燥させないものでなければならない。 Ideal personal care products, skin or hair gently cleanse, treatment, or conditioning, without causing little or no inflammation, it shall do not overly dry the skin or hair after frequent use. パーソナルケア製品は、しばしば、クレンジング配合物を保持する、又は皮膚若しくは毛髪に別個のクレンジング、処置、若しくはコンディショニング配合物を与えるために使用される、繊維性不織布ウェブ若しくは他の用具(例えば、洗い布、ヘチマ、擦り洗いタオル、網目状のメッシュなど)を用いた用品と共に使用され、或いはそのような用品の形態で販売される。 Personal care products often retain a cleansing formulation, or skin or hair in a separate cleansing, treatment, or is used to give a conditioning formulation, fibrous, nonwoven web or other devices (e.g., wash cloth , loofah, scrubbing towels, it is used with articles using such reticulated mesh), or sold in such articles form.

パーソナルケアクレンジング製品及び用品の従来型の形態は、効果的なクレンジング及び泡立ちを提供するのに非常に有用な場合がある。 Traditional forms of personal care cleansing products and goods may be very useful to provide effective cleansing and lathering. しかし、そのような従来の製品及び用品は、皮膚若しくは毛髪の利益をもたらす他の望ましい薬剤を同時には提供しない。 However, such conventional products and goods do not provide simultaneously the other desirable agents to benefit the skin or hair. この問題の解決策の1つは、別個のクレンジング製品/用品及び処置製品/用品を使用することである。 One solution to this problem is to use separate cleansing products / goods and treatment products / goods. しかし、これは、必ずしも便利又は実用的ではなく、多くの消費者は、皮膚若しくは毛髪をクレンジング且つ処置できる単一の用品の使用を好む。 However, this is not always convenient or impractical, many consumers prefer the use of a single article to the skin or hair can cleanse and treat. 典型的なパーソナルケア用品製品では、皮膚コンディショナーのような処置剤は、しばしばクレンジング界面活性剤と適合性がなく、結果的に望ましくない不均質な混合物の原因となるので、配合が困難である。 In a typical personal care products, treatments such as skin conditioners are often not compatible with cleansing surfactant, therefore causing consequently undesirable heterogeneous mixture, blending is difficult. 配合者は、コンディショナーのような処置生成物と界面活性剤との均質な混合物を得るために、乳化剤、増粘剤、及びゲル化剤を添加して、コンディショニング成分を界面活性剤混合物中に懸濁させる。 Formulator, to obtain a homogeneous mixture of the treated product with a surfactant such as conditioners, emulsifiers, by adding a thickening agent, and a gelling agent, suspension conditioning component to the surfactant mixture to Nigosa. 得られる組成物は、見た目の良い均質な混合物であるが、コンディショナーが乳化してクレンジングの間に効率的に放出されないので、コンディショナーは、皮膚又は毛髪上に効果的に付着しない。 The resulting composition is a good-looking homogeneous mixture, since conditioners are not efficiently released during cleansing and emulsifying, conditioners, do not effectively deposited onto skin or hair. また、多くの処置剤には、泡の発生を抑制するという欠点がある。 Further, many treatments have the disadvantage of suppressing the generation of bubbles. 多くの消費者が上質なクリーム状の豊かな泡を提供するクレンジング用品を求めるので、抑泡性は問題である。 Since many consumers seek cleansing products that provide high-quality creamy rich foam, foam properties is a problem.

したがって、界面活性剤と他の皮膚及び毛髪処置剤とを組み合わせようと試みる従来のパーソナルケア製品及び用品に、界面活性剤とそのような処置剤との不適合性に本質的に起因した欠点があることがわかる。 Therefore, the conventional personal care products and goods attempting to to combine a surfactant and other skin and hair treatment agents, there is essentially due to shortcomings in the incompatibility of the surfactant and such treatments it can be seen. 単一の用品で、効果的なクレンジング、効果的な泡性を提供し、またさらに常に十分な毛髪及び皮膚処置を提供できるパーソナルケアシステムの開発が、明らかに必要とされている。 A single article, effective cleansing, provides an effective lathering, also the development of personal care system that can provide a more consistently adequate hair and skin treatment, there is a clear need. 加えて、個人の洗浄場所を散乱させないような形で取り扱うことのできる、単位用量、角質除去、及び柔軟性を提供するパーソナルケア用品が必要とされている。 In addition, capable of handling the cleaning places individuals in a manner so as not to scatter, unit dose, exfoliation, and personal care products to provide flexibility are needed.

本発明のパーソナルケア用品は、クレンジング並びに治療的若しくは審美的有益剤の適用に有用な、1回使い捨てパーソナルケア用品又は多数回使い捨て用品のいずれかの形態であるので、使用が便利である。 Personal care products of the present invention is useful for the application of cleansing and therapeutic or aesthetic benefit agent, because once is either in the form of a disposable personal care article or multiple disposable articles, it is convenient to use. 使い捨て用品は、クレンジング用品、処置用品、及びコンディショニング用品の、厄介なボトル、固形物、広口瓶、チューブ、並びに他の形態を運ぶ必要がないので、便利である。 Disposable articles are cleansing products, treatment products, and conditioning equipment, cumbersome bottles, solids, jar, tube, and there is no need to carry other forms, which is convenient. また、何度も再使用することが意図されたスポンジ、洗い布、又は他のクレンジング用具は、繰り返し使用に関連して細菌を増殖させ、不快な臭気を発し、また他の望ましくない特徴を生じさせるので、使い捨て用品は、このような用具の使用に代わる、より衛生的な代替品でもある。 Furthermore, sponge also intended to be reused many times, wash cloth or other cleansing implement, is in connection with the repeated use grown bacteria, emit an unpleasant odor, also results in other undesirable characteristics because to, disposable supplies, the alternative to the use of such devices, there is also a more sanitary alternative. 繊維ウェブは、当該技術分野において周知である。 Fibrous webs are well known in the art. 例えば、ポリマー繊維から形成されるウェブのような繊維性不織布ウェブは、例えばおむつのような吸収性用品上の表層のような使い捨て製品に有用な材料として周知である。 For example, fibrous nonwoven webs such as webs formed from polymer fibers are well known as materials useful for disposable products such as the surface layer of the absorbent article such as a diaper. 本発明の好ましい実施形態では、当該用品は、パーソナルケア用途に適しており、そのような処置が必要な皮膚、毛髪、及び同様のケラチン含有表面をクレンジングし、且つ/又は治療的に処置するのに有用である。 In a preferred embodiment of the present invention, the articles are suitable for personal care applications, to cleanse such skin treatment is required, hair, and similar keratin-containing surfaces, and / or to therapeutically treat it is useful to.

多くの用途では、繊維ウェブが嵩高な外見及び/又は柔軟性を有することが望ましい。 In many applications, it is desirable to have a bulky appearance and / or flexibility fibrous web. 例えば、テリー織の布として知られる織物は、嵩高な外見及び柔軟性を有し、しばしば、バスタオル、拭き取り布、よだれかけ、衣料品、及び室内装飾用の布地に使用される。 For example, textile, which is known as the fabric of the terry has a bulky appearance and flexibility, often, bath towels, wipes, bibs, are used in the fabric for clothing, and interior decoration. テリー織の布は、レーピア織機のような特製の織機で織られる。 Terry cloth is woven in special of the loom, such as Repia loom. テリー織の布は、糸の房状のループを特徴としており、タフトのループ数及びループ密度を変化させることができる。 Terry cloth is characterized in tufted loops of thread, it is possible to change the number of loops and loop density of tufts. しかし、テリー織の布は、その製造に比較的複雑で高価な織機を必要とするので、比較的高価である。 However, terry cloth, since it requires relatively complex and expensive weaving machines in their preparation, are relatively expensive. テリー織の布は、その費用ゆえに、多くの用途、特に使い捨て吸収性用品のような限られた使用が意図される用品には商業化不可能である。 Terry cloth, the cost because, in the articles of many applications, in particular use that limited such as disposable absorbent articles are intended to be commercialization impossible.

テリー織の布の外観を有する繊維性不織布ウェブ布地の生産が試みられてきた。 Production of the fibrous nonwoven web fabric having the appearance of cloth of terry have been attempted. 例えば、米国特許第4,465,726号及び米国特許第4,379,799号(共にホルムズ(Holmes)ら)は、特別の成形ベルト上で繊維を流体交絡させることによって生産される、有孔でリブ付きの、テリー織の布状の繊維性不織布ウェブ布地を記載している。 For example, U.S. Patent No. 4,465,726 and U.S. Pat. No. 4,379,799 (both Holmes (Holmes) et al.), Are produced by fluid entangling of fibers on a special forming belt, perforated ribbed in, it describes a cloth-like fibrous nonwoven web fabric of the terry. ホルムズ(Holmes)らの特許に開示の方法で孔を回避できるとしても、流体交絡は、繊維性不織布ウェブ、特に使い捨て用品用のウェブの製造には、比較的高価な処理であることが周知である。 Holmes (Holmes) et be possible to avoid the holes in the methods disclosed in patent, the fluid entangling fibrous nonwoven web, particularly a web of manufacture of disposable articles, well known to be a relatively expensive process is there. さらに、流体交絡によって形成されたウェブは、通常、ウェブのすべての領域で流体の力に曝されているので、ウェブ全体が、加えられた流体力の機械的エネルギーを受ける。 Moreover, the web formed by the fluid entangling typically because they are exposed to force of the fluid in all the regions of the web, the entire web is subjected to mechanical energy of the applied fluid force.

本発明は、そのような処置が必要な皮膚、毛髪、及び同様のケラチン含有組織、又は他の体表面をクレンジング且つ/又は処置するのに特に有用な、使い捨てパーソナルケア用品に関する。 The present invention, in need of such treatment of skin, hair, and similar keratin-containing tissue, or other body surface cleansing and / or particularly useful in treating, relates to a disposable personal care articles. このような各用品は、第1表面及び第2表面を有し、第1領域と、複数の不連続な一体的第2領域とを含む繊維性不織布ウェブを含んでおり、当該第2領域は、直線的な配向を示す不連続部と、第1領域に一体的であるが当該第1領域から延びる複数の房状の繊維を含む変形部とを有しており、各用品は、さらに、ウェブに関連付けられたパーソナルケア組成物を含む。 Each such article has a first surface and a second surface, a first region includes a fibrous nonwoven web comprising a plurality of discrete integral second regions, the second region , a discontinuity that shows a linear orientation, but is an integral in the first region has a deformation portion comprising a plurality of tufted fibers extending from the first region, each article is further It comprises a personal care composition associated with the web.

さらに、これらの用品は、より広範な用途で設計された別のパーソナルケア用具内で、又は当該パーソナルケア用具と併せて使用するのに適している。 Moreover, these articles are suitable In a separate personal care implement that is designed in a more wide range of applications, or for use in conjunction with the personal care tool. この場合、本発明の用品は、容易に使い捨てできない別個のパーソナルケア用具、例えばバスタオル若しくは洗い布の内部に配置され、又は当該パーソナルケア用具に取り付けられる。 In this case, articles of the present invention will be readily disposable can not separate personal care implement, for example, placed inside the bath towel or wash cloth, or attached to the personal care tool. 加えて、本発明の使い捨て用品は、クレンジング且つ/又は処置すべき表面上で用品を動かすのに適したハンドル若しくはグリップに着脱式に取り付けてもよい。 In addition, the disposable articles of the present invention, a handle or grip suitable for moving the article in cleansing and / or treatment to be on the surface may be attached removably. 本発明の用品は、好ましい実施形態ではパーソナルケア用途に適しているが、また同様に、表面若しくは領域が、クレンジングを必要とする、且つ/又は、有益剤、例えばワックス、コンディショナー、UV保護剤、及び他の同様の応用製品の適用を必要とする、自動車の手入れ、海洋輸送手段の手入れ、家庭内の手入れ、動物の世話などのような他の様々な産業でも有用な場合がある。 Articles of the present invention is suitable for personal care applications in the preferred embodiment, Similarly, surface or area, require cleansing and / or benefit agent, such as waxes, conditioners, UV protection agents, and require the application of other similar applications products, care automotive care of marine transportation, care in the home, it may be useful in a variety of other industries such as animal care.

本発明の好ましい実施形態では、用品は、パーソナルケア用途に適しており、十分な泡を生成しながら、皮膚、毛髪、及び身体の同様のケラチン含有表面、主に皮膚及び毛髪をクレンジング且つ/又は処置するのに有用である。 In a preferred embodiment of the present invention, articles are suitable for personal care applications, while generating sufficient foam, skin, hair, and body similar keratin-containing surfaces, mainly cleansing and / or skin and hair it is useful for treating.
本発明は、また、低泡性〜非泡性の、皮膚、毛髪、及び身体の同様のケラチン含有表面、主に皮膚及び毛髪をクレンジング且つ/又は処置するのに有用なパーソナルケア用品に関する。 The present invention is also a low foaming acidic to non-lathering, skin, hair, and similar keratin-containing surfaces of the body, primarily skin and hair related to personal care useful for cleansing and / or treatment.
加えて、本発明は、また、皮膚、毛髪、及び身体の同様のケラチン含有表面、主に皮膚及び毛髪に有益剤を放出することによって当該ケラチン含有表面を治療的に処置するのに有用なパーソナルケア用品に関する。 In addition, the present invention is also the skin, hair, and body similar keratin-containing surfaces, primarily useful personal to the keratin-containing surfaces therapeutically treating by releasing beneficial agent to the skin and hair on care products.

本発明は、また、本明細書に記載の構成のパーソナルケア用品を製造する方法に関する。 The present invention also relates to a method of manufacturing a personal care appliance configured as described herein. また、本発明は、本明細書に記載の用品を使用して、皮膚若しくは毛髪及び身体の類似のケラチン含有表面、主に皮膚及び毛髪をクレンジング且つ処置する方法を提供する。 Further, the present invention uses the article described herein, the skin or hair, and similar keratin-containing surfaces of the body, primarily skin and hair to provide a method for cleansing and treating.
本発明は、また、パーソナルケア組成物がそれに関連付けられた複数の繊維性不織布ウェブを含んだキットを対象とする。 The present invention also personal care composition is intended a kit comprising a plurality of fibrous nonwoven webs associated with it. 加えて、本発明は、また、その上に処置及び/又はクレンジング組成物を持たない複数の繊維性不織布ウェブを含んだキットであって、当該ウェブが、使用時に皮膚、毛髪、及び身体の同様のケラチン含有表面のクレンジング及び/又は処置を達成する特定のタイプの組成物と共に包装される、キットを対象とする。 In addition, the present invention also provides a treatment and / or cleansing composition a plurality of kits containing fibrous nonwoven webs not having thereon the web, similar skin, hair, and body during use packaged with certain types to achieve cleansing and / or treatment of keratin-containing surfaces of the composition, and to kits.

本発明のパーソナルケア用品の必須要素、すなわち、第1表面及び第2表面を有する前駆体ウェブの選択的機械変形によって形成される繊維性不織布ウェブ、並びにパーソナルケア組成物について、以下の通り詳細に説明する。 The essential elements of the personal-care appliance of the present invention, i.e., fibrous nonwoven web formed by selective mechanical deformation of a precursor web having a first surface and a second surface, and for personal care compositions, in detail as follows explain. 特に指示がない限り、本明細書で使用されるすべてのパーセンテージ及び比率は、特に指示がない限り組成物の総重量によるものであり、すべての測定は、特に指定がない限り25℃で実施される。 Unless otherwise indicated, all percentages and ratios used herein are intended in particular due to the total weight of the instruction is not as long as the composition and all measurements are carried out in particular at 25 ° C. unless otherwise specified that. 本発明は、本明細書に記載の必須成分及び必須構成要素、並びに任意成分及び任意構成要素を含み、それらから成り、又はそれらから本質的に成ることができる。 The present invention, essential components and essential components described herein, and includes any component and any components made from them, or may consist essentially of them.

本明細書で使用する時、「ウェブに関連付けられた組成物」とは、ウェブの形成前に個々の繊維若しくは繊維内部に適用された組成物、ウェブに染み込んだ組成物、ウェブの露出した表面上、表面内、若しくは表面に隣接してコーティングされた組成物、又はウェブに放出可能に関連付けられた組成物を意味する。 As used herein, the term "composition associated with the web", composition applied within individual fibers or fiber prior to formation of the web, composition soaked in web, the exposed surface of the web Moreover, the surface, or composition coated adjacent to the surface, or means releasably associated with the composition to the web. 「ウェブに関連付けられた組成物」の存在は、タフトの可視性に干渉することがあるので、「ウェブに関連付けられた組成物」を機械的に又は溶媒(水、アルコール、イソドデカン)で除去し、ウェブを乾燥させてから、「ウェブに関連付けられた組成物」が除去されたタフトを評価しなければならない。 The presence of "composition associated with web", because it may interfere with the visibility of the tufts removed mechanically or solvent "composition associated with the web" (water, alcohol, isododecane) It must is dried web, to be evaluated the tufts "composition associated with the web" have been removed.

本明細書で使用する時、用語「ランダムに」とは、例えば、糸の中の繊維並びに織の中の糸の明確な配向と比べたときのカードウェブ内の繊維のような、平面内の配向の全体的欠如を示すことを意味する。 As used herein, the term "random" is, for example, such as fibers of card web when compared to clear orientation of the yarns in the fibers and woven in yarns, in a plane It is meant to indicate the overall lack of orientation. CDウェブ強度に比べてMDウェブ強度を向上させる少量の配向のように、いくらかの非対称性をもつ繊維ウェブは、糸が織の中に置かれているようには繊維がウェブ内の特定の場所に置かれていないという点で、やはり本質的にランダムと見なされる。 As a small amount of orientation to improve the MD web strength than CD web strength, the fibrous web with some asymmetry, as being placed in the yarn weave specific location within the web fibers in that not positioned, it is also essentially considered random.

本明細書で使用する時、「流体」とは、粘性を有する、水、一価及び多価アルコール類(グリセリン、プロピレングリコール、エタノール、イソプロパノールなど)、鉱油のような炭化水素油類、シリコーン油類を意味しており、それらの中に溶解若しくは分散した、又はそれらに添加された他の構成成分を含有することができる。 As used herein, the term "fluid" has a viscosity, water, monohydric and polyhydric alcohols (glycerin, propylene glycol, ethanol, isopropanol, etc.), hydrocarbon oils such as mineral oil, silicone oil means a kind, dissolved or dispersed within them, or other components that are added to them can be contained.

「泡性界面活性剤」とは、流体と合わせて機械的に攪拌した時にフォーム又は泡を発生させる界面活性剤を意味する。 The term "lathering surfactant" is meant a surfactant that generates foam or froth when mechanically agitated together with fluid.

本明細書で使用する時、用語「身体用クレンジング組成物」は、製品又は用品が、本明細書の定常的泡体積試験に記載の定常的総泡体積を少なくとも1400ml発生できるような、十分な量の本明細書に記載の界面活性剤を含有することを意味する。 As used herein, the term "body cleansing composition", as products or goods can be at least 1400ml generate a standing Total Lather volume according to a steady Lather Volume Test herein, sufficient It means containing a surfactant as described herein in an amount.

本明細書で使用する時、用語「顔用クレンジング組成物」は、組成物が、機械的泡体積試験に記載の機械的泡体積を少なくとも約85ml発生できるような、十分な量の本明細書に記載の界面活性剤を含有することを意味する。 As used herein, the term "facial cleansing composition" means that the composition, that allows at least about 85ml generate mechanical foam volume according to the mechanical foam volume test, a sufficient amount of the specification It means containing surfactants described.

本明細書で使用する時、用語「低泡性」又は「非泡性」は、組成物が、定常的泡体積試験に記載の定常的瞬間泡体積を最大でも700mlしか発生させないことを意味する。 As used herein, the term "low-foaming" or "non-bubble" means that the composition, only be generated 700ml at maximum steady Flash Lather volume according to a steady Lather Volume Test .

本明細書で使用する時、用語「処置剤又は組成物」は、身体のケラチン含有表面、主に皮膚及び毛髪に、美容的及び治療的利益を与えるための配合物を意味する。 As used herein, the term "treatment agent or composition", keratin-containing surfaces of the body, primarily skin and hair is meant a formulation for providing cosmetic and therapeutic benefits.

用語「使い捨て」は、本明細書では通常の意味で使用されており、限られた回数使用された後、好ましくは5回未満、より好ましくは約3回未満、さらに好ましくは約2回未満の完全使用後に処分又は廃棄される用品を意味する。 The term "disposable" is used herein and is used in its ordinary sense, after being the number of uses limited, preferably less than 5 times, more preferably less than about 3 times, more preferably less than about 2 times It means the goods to be disposed of or discarded after full use.

本明細書で使用する時、用語「皮膚コンディショニング組成物」は、水溶性コンディショニング剤、油溶性コンディショニング剤、コンディショニングエマルション、又はこれら3つのいずれかの組み合わせ若しくは順列を含むことのできる、コンディショニング剤の組み合わせを意味する。 As used herein, the term "skin conditioning composition" water soluble conditioning agent, an oil soluble conditioning agent, can contain conditioning emulsions, or three any combination or permutations, combinations of conditioning agents It means.

本明細書で使用する時、用語「水で活性化される」は、本発明の用品に、流体で濡らされてから使用される形態で消費者に提供されるものがあることを意味する。 As used herein, the term "activated in water", the articles of the present invention means that there is to be provided to the consumer in the form to be used after wetted with fluid. これらの用品を流体と接触させ、若しくはこれらの用品を流体と共に生産し、さらに擦過のような機械的な力に曝すことによって、これらの用品が泡を生成し、又は「活性化される」ことがわかる。 These articles are contacted with a fluid, or these articles produced with the fluid, by further exposure to mechanical forces, such as rubbing, these articles are produced foam, or "activated" by It is seen.

本明細書で使用する時、用語「実質的に乾燥した」は、使用前に、用品が流体を実質的に含まず、触ると全体的に乾燥した感触であることを意味する。 As used herein, the term "substantially dry" prior to use, article is free of fluid substantially is meant to be a totally dry feel to the touch. 本明細書で使用する時、「実質的に乾燥した」は、本発明の用品が、約0.95g未満、好ましくは約0.75g未満、より好ましくは約0.5g未満、さらに好ましくは約0.25g未満、さらに好ましくは約0.15g未満、最も好ましくは約0.1g未満の水分保持量を示すことを意味する。 As used herein, "substantially dry" is articles of the present invention is less than about 0.95 g, preferably less than about 0.75 g, more preferably less than about 0.5g, more preferably from about less than 0.25 g, more preferably less than about 0.15 g, and most preferably meant to indicate a moisture holding amount of less than about 0.1 g. 水分保持量の決定については後述する。 Will be described later determines the moisture holding amount. ゆえに、本発明の「実質的に乾燥した」用品は、一般に、約20重量%未満の流体、好ましくは4重量%〜約20重量%の流体、より好ましくは約4重量%〜約16重量%の流体を含む。 Thus, "substantially dry" articles of the present invention generally, the fluid of less than about 20 wt%, preferably from 4 wt% to about 20% by weight of the fluid, more preferably from about 4% to about 16 wt% including the fluid.

本明細書で使用する時、用語「湿った」は、使用前に、用品が、触ると比較的乾燥した感触を与えることができ、それでも流体含有量が多いことを意味する。 As used herein, the term "wet", before use, goods are, when touched can give relatively dry feel, but still means that often the fluid content. ゆえに、本発明の「湿った」用品は、一般に約20重量%〜約40重量%の流体を含む。 Hence, "wet" articles of the present invention generally comprise from about 20% to about 40% by weight of the fluid.

用語「濡れた」は、使用前に、用品が、触ると濡れた感触を与えることができ、且つ流体含有量が多いことを意味する。 The term "wet", before use, goods may be able to give the feel wet to the touch, and it means that often the fluid content. 「濡れた」用品中の流体の重量パーセントは、組成物の総重量に基づく。 Weight percent of "wet" fluids in articles are based on the total weight of the composition. 重量は、全組成物の重量として表される。 Weight, expressed as weight of the total composition. ゆえに、本発明の「濡れた」用品は、一般に、約40重量%より多くの流体、好ましくは40重量%〜約95重量%の流体、より好ましくは約50重量%〜約80重量%の流体を含む。 Hence, "wet" articles of the present invention are generally more fluid than about 40 wt%, preferably 40 wt% to about 95% by weight of the fluid, more preferably from about 50% to about 80 wt% of the fluid including.

(房状の繊維ウェブ) (Tufted fiber web)
図1は、本発明のウェブ1を示す。 Figure 1 shows a web 1 of the present invention. ウェブ1は、第1表面12と第2表面14とを有し、且つ繊維性不織布ウェブの技術分野で一般に知られている機械方向(MD)と機械横方向(CD)とを有する、概ね平面的且つ2次元的な繊維性の不織の前駆体ウェブ20(図7参照)から形成される。 Web 1 has a first surface 12 and a second surface 14, and has a machine direction that is generally known in the art of fibrous nonwoven web (MD) and a cross machine direction (CD), generally planar manner and is formed from the two-dimensional fibrous nonwoven precursor web 20 (see FIG. 7). 第1表面12は、ウェブ1の第1「側部」に対応し、第2表面14は、ウェブ1の第2「側部」に対応しており、用語「側部」は、紙及びフィルムのような概ね2次元的なウェブの一般的な用法で使用されている。 The first surface 12 corresponds to the first "side" of the web 1, second surface 14 corresponds to the second "side" of the web 1, the term "side" is paper and films It is used generally in a common usage of the two-dimensional web, such as. すべての実施形態において、前駆体ウェブ20は、繊維性不織布ウェブであり、ランダムに配向した繊維、すなわち少なくともMD及びCDに対して本質的にランダムに配向した繊維で構成される。 In all embodiments, the precursor web 20 is a fibrous nonwoven web, randomly oriented fibers, that is comprised of fibers oriented essentially random with respect to at least the MD and CD.

繊維性不織布ウェブの前駆体ウェブ20は、より詳細に後述するように、ウェブ1へと成形されるのに十分な繊維伸長性及び移動性を有する繊維を含む、いずれか公知の繊維性不織布ウェブにすることができる。 Precursor web 20 of fibrous nonwoven web, as described in more detail below, including fibers having sufficient fiber elongation properties and mobility to be formed into web 1, any known fibrous nonwoven web it can be. ウェブ1は、前駆体ウェブ20の概ね平面的且つ2次元的な構成によってウェブ1の両側に画定される第1領域2と、前駆体ウェブ20の繊維の一体的な拡張部である離隔された変形部6及び不連続部16によって画定される、複数の不連続な第2領域4とを有する。 Web 1 has a first region 2 defined on both sides of the web 1 by a generally planar and two-dimensional configuration of the precursor web 20, spaced an integral extensions of the fibers of precursor web 20 defined by the deformations 6 and discontinuities 16, and a plurality of discrete second regions 4. 第2領域4の構造は、ウェブ1のどちら側が考慮されるかによって異なる。 Structure of the second region 4 is different depending on which side of web 1 is considered. 図1及び図2に示したウェブ1の実施形態の場合は、ウェブ1の第1表面12に関連付けられたウェブ1の側部では、第2領域4が変形部6を含んでおり、各変形部6が、第1表面12から外側に延びる複数のタフト状・ループ状の整列した繊維8を含む。 For embodiments of web 1 shown in Figures 1 and 2, in the side of the web 1 associated with first surface 12 of web 1, second region 4 includes a deformable portion 6, each modification part 6 includes a plurality of tufted, looped aligned fibers 8 extending outwardly from the first surface 12. 変形部6は、繊維の「タフト」として記述することができ、各変形部6は、図3に示したように、第1表面12の近位にある基部5と、第1表面12から最大の距離にある遠位部分3とを有する。 Maximum deformations 6 may be described as "tufts" of the fiber, the deformations 6, as shown in FIG. 3, a base 5 proximal to the first surface 12, the first surface 12 and a distal portion 3 in the distance. 第2表面14に関連付けられたウェブ1の側部では、第2領域4は、ウェブ1の第2表面14上の繊維配向の不連続部によって画定される、表面12の前記変形部6に対応する不連続部16を含む。 The side of web 1 associated with second surface 14, second region 4 is defined by a discontinuity in the fiber orientation on the second surface 14 of the web 1, corresponding to the deformed portion 6 of the surface 12 including discontinuities 16. 以下で示すように、ウェブ1の他の実施形態では、変形部6は、タフト又は房状のとして記述されることがあるが、ループ状又は整列した繊維を含まない場合もある。 As shown below, in other embodiments of web 1, deformations 6, it is to be described as tufts, or tufted, it may not include a loop-shaped or aligned fibers. 加えて、前記変形部を、ループ又は非ループ状領域を含むことのできるタフトにすることもできる。 In addition, the deformable portion may be a tuft which can include loops or non-looped region.

本明細書で使用する時、用語「繊維性不織布ウェブ」は、個々の繊維又は糸が中に組み込まれているが、配向した繊維を有する織られた又は編まれた布地の場合のような繰り返しパターンではない構造を有するウェブを指す。 As used herein, the term "fibrous nonwoven web", have been incorporated into individual fibers or threads, repeatedly, such as in the case of oriented woven or knitted fabric having a fiber It refers to a web having a structure is not a pattern. 繊維性不織布ウェブ又は布地は、必ずしもこれらに限定するものではないが、メルトブローイング法、スパンボンディング法、エアレイイング法、水流交絡法、スパンレーシング法、及びボンデッドカードウェブ法を含めた多くの方法によって形成されてきた。 Fibrous, nonwoven webs or fabrics, but are not necessarily limited to, melt blowing method, spun bonding method, air laying method, hydroentangling, spunlacing processes, and by a number of methods, including bonded carded web process It has been formed. 不織布ウェブ布地の坪量は、通常、1平方メートル当たりのグラム数(gsm)で表され、繊維の直径は、通常、μmで表される。 The basis weight of nonwoven web fabrics is usually expressed in grams per square meter (gsm), the diameter of the fibers is usually expressed in [mu] m. 繊維のサイズは、また、デニールで表すこともできる。 The size of the fibers can also be expressed in denier. 前駆体ウェブ20(図7参照)の坪量は、10gsm〜500gsm、好ましくは約16gsm〜150gsm、より好ましくは約25gsm〜約120gsm、さらに好ましくは約35gsm〜約100gsmの範囲にすることができる。 The basis weight of precursor web 20 (see FIG. 7) is, 10gsm~500gsm, preferably about 16Gsm~150gsm, more preferably from about 25gsm~ about 120 gsm, more preferably it can range from about 35gsm~ about 100 gsm. バスタオルとして使用する場合、125gsm〜250gsmの坪量が適切な可能性がある。 When used as a bath towel a basis weight of 125gsm~250gsm may be appropriate. 繊維性不織布ウェブの前駆体ウェブ20の構成繊維は、ポリマーで構成することができ、単成分繊維、多成分繊維、及び/又は多組成繊維、毛管路繊維、中空繊維、スプリット繊維、成形繊維若しくはローブ形繊維にすることができ、0.1〜500μmの範囲の主要断面寸法(例えば、円形繊維では直径)を有することができる。 Constituent fibers of the fibrous nonwoven web precursor web 20 can be comprised of polymers, monocomponent fibers, multicomponent fibers, and / or multiple composition fibers, capillary channel fibers, hollow fibers, split fibers, shaped fibers or it can be lobed fibers, the major cross-sectional dimension in the range of 0.1 to 500 [mu] m (e.g., the circular fiber diameter) may have. 例えば、不織布ウェブに適したタイプの繊維の1つには、ナノ繊維が含まれる。 For example, one type of fibers suitable for nonwoven webs include nanofibers. ナノ繊維は、平均直径が1μm未満の繊維として記述される。 Nanofibers have an average diameter is described as a fiber of less than 1 [mu] m. ナノ繊維は、不織布ウェブ内のすべての繊維、又は不織布ウェブ内の一部の繊維を構成することができる。 Nanofibers can be configured all of the fibers in the nonwoven web, or a portion of the fibers in the nonwoven web. また、前駆体ウェブの構成繊維は、化学的性質、構成成分、直径、形状などの特徴が異なる、異なったタイプの繊維の混合物であってもよい。 Further, constituent fibers of the precursor web, chemistry, components, diameter, features such as different shapes or may be a mixture of different types of fibers. 構成繊維は、約0.1デニール〜約100デニールの範囲にすることができる。 Constituent fibers can range from about 0.1 denier to about 100 denier. クレープ不織布層は、様々な天然及び合成の繊維若しくは材料を含んでよい。 Crepe the nonwoven layer may comprise fibers or materials of various natural and synthetic. 本明細書で使用する時、「天然」は、材料が、植物、動物、及び昆虫由来であること、又は植物、動物、及び昆虫の副産物由来であることを意味する。 As used herein, "native" material, plant, animal, and it is derived from an insect or plant, which means that it is derived from an animal, and insect byproducts. 従来の基礎出発物質は、通常、任意の一般的な合成又は天然の織物長の繊維、又はそれらの組み合わせを含む、繊維ウェブである。 Conventional basic starting materials usually contain any common synthetic or natural textile-length fibers, or combinations thereof, a fibrous web. 本発明で有用な天然材料の非限定例としては、これらに限定するものではないが、レーヨン繊維、絹繊維、ケラチン繊維、及びセルロース繊維が挙げられる。 Non-limiting examples of natural materials useful in the present invention include, but are not limited to, rayon fibers, silk fibers, keratin fibers and cellulosic fibers. ケラチン繊維の非限定例としては、羊毛繊維、ラクダの毛繊維などから成る群から選択されるものが挙げられる。 Non-limiting examples of keratin fibers include those selected from the group consisting of a wool fiber, hair fiber camel. セルロース繊維の非限定例としては、木材パルプ繊維、綿繊維、大麻繊維、黄麻繊維、亜麻繊維、及びこれらの組み合わせから成る群から選択されるものが挙げられる。 Nonlimiting examples of cellulosic fibers, wood pulp fibers, cotton fibers, hemp fibers, jute fibers, flax fibers, and include those selected from the group consisting of. 本発明では、テンシル(商標)のようなセルロース繊維材料が好ましい。 In the present invention, cellulosic fibrous materials such as tensile (TM) is preferred. 本発明で有用な合成材料の非限定例としては、アセテート繊維、アクリル繊維、セルロースエステル繊維、モダクリル繊維、ポリアミド繊維、ポリエステル繊維、ポリオレフィン繊維、ポリビニルアルコール繊維、レーヨン繊維、ポリエチレン泡体、ポリウレタン泡体、及びこれらの組み合わせから成る群から選択されるものが挙げられる。 Nonlimiting examples of synthetic materials useful in the present invention, acetate fibers, acrylic fibers, cellulose ester fibers, modacrylic fibers, polyamide fibers, polyester fibers, polyolefin fibers, polyvinyl alcohol fibers, rayon fibers, polyethylene foam, polyurethane foam , and include those selected from the group consisting of. 適した合成材料の例としては、アクリラン(商標)、クレスラン(商標)、及びアクリロニトリル性繊維、オーロン(商標)のようなアクリル類、セルロースアセテート、アーネル(商標)、及びアーセル(商標)のようなセルロースエステル繊維、ナイロン類(例えば、ナイロン6、ナイロン66、ナイロン610など)のようなポリアミド類、フォートレル(商標)、コデル(商標)、及びポリエチレンテレフタレート繊維、ポリブチレンテレフタレート繊維、ダクロン(商標)のようなポリエステル類、ポリプロピレン、ポリエチレンのようなポリオレフィン類、ポリビニルアセテート繊維、並びにこれらの組み合わせが挙げられる。 Examples of synthetic materials suitable, such as Akuriran (TM), Kuresuran (TM), and acrylics such as acrylonitrile fibers, orlon (TM), cellulose acetate, Arnel ®, and Aseru (TM) cellulose ester fibers, nylons (e.g., nylon 6, nylon 66, nylon 610) polyamides, such as, Fotoreru (TM), Koderu (TM), and polyethylene terephthalate fibers, polybutylene terephthalate fibers, Dacron (TM) polyesters, such as, polypropylene, polyolefins such as polyethylene, polyvinyl acetate fibers, and combinations thereof. これら及び他の適した繊維、並びにそれらから調製される不織布については、リーデル(Riedel)、「不織布結合方法及び材料(Nonwoven Bonding Methods and Materials)」、不織布の世界(Nonwoven World)(1987)、アメリカ百科事典(The Encyclopedia Americana)、第11巻147〜153頁及び第26巻566〜581頁(1984)に概ね記載されている。 These and other suitable fibers and the nonwoven fabric prepared therefrom, Riedel (Riedel), "nonwoven bonding methods and materials (Nonwoven Bonding Methods and Materials)", non-woven World (Nonwoven World) (1987), United States of America encyclopedia (the encyclopedia Americana), generally are described in Vol. 11 147-153 pages and Vol. 26, pp 566-581 (1984).

本明細書で使用する時、「スパンボンド繊維」は、押し出されるフィラメントの直径をもったスピナレットの通常は円形の複数の微細な毛管から、溶融した熱可塑性材料をフィラメントとして押し出し、次いで急速に縮小させることによって形成される、直径の小さい繊維を指す。 As used herein, "spunbond fibers" is usually the spinneret having a diameter of filaments extruded from a circular plurality of fine capillaries, extruding a molten thermoplastic material as filaments, then rapidly reduced It is formed by means a small fiber diameter. スパンボンド繊維は、一般に、収集面上に付着する時には粘着性がない。 Spunbond fibers are generally not tacky when adhered on a collecting surface. スパンボンド繊維は、一般に連続的で、7μmより大きい、より具体的には約10〜40μmの平均直径(少なくとも10の試料から)を有する。 Spunbond fibers are generally continuous, 7 [mu] m greater, more specifically having an average diameter of about 10 to 40 [mu] m (at least 10 samples).

本明細書で使用する時、用語「メルトブローイング」は、溶融した熱可塑性材料を通常は円形の複数の微細な金型の毛管内に通し、溶融した糸若しくはフィラメントとして、高速の、通常は加熱された集束するガス(例えば空気)流へと押し出し、このガス流が溶融した熱可塑性材料のフィラメントを細くしてその直径を縮小させることによって、繊維が形成されるプロセスを指しており、その直径は、マイクロ繊維の直径になることもある。 As used herein, the term "meltblowing" refers to a molten thermoplastic material usually passed through a plurality of capillaries of a fine mold circular, as molten threads or filaments, of high-speed, usually heated has been the extruded into converging gases (e.g. air) stream, by reducing its diameter the gas flow to thin filaments of molten thermoplastic material, which refers to the process of fibers is formed, the diameter It may also be a diameter of the microfibers. その後、メルトブロー繊維が、高速ガス流によって運ばれ、しばしばまだ粘着性のある状態で収集面上に付着されて、ランダムに分散したメルトブロー繊維のウェブを形成する。 Thereafter, the meltblown fibers are carried by the high velocity gas stream, often already deposited on a collecting surface in a tacky state, to form a randomly dispersed meltblown fibers of the web. メルトブロー繊維は、連続又は不連続な場合のあるマイクロ繊維であり、一般に、平均直径が10μmよりも小さい。 Meltblown fibers are there microfibers where continuous or discontinuous, generally, the average diameter is less than 10 [mu] m.

本明細書で使用する時、用語「ポリマー」には、一般に、これらに限定するものではないが、ホモポリマー類、コポリマー類、例えば、ブロック、グラフト、ランダム、及び交互コポリマー類、ターポリマー類など、並びにこれらのブレンド及び修飾物が含まれる。 As used herein, the term "polymer", generally, but not limited to, homopolymers, copolymers, for example, block, graft, random, and alternating copolymers, terpolymers, etc. , as well as blends and modifications thereof. 加えて、特に限定しない限り、用語「ポリマー」には、その物質の可能な幾何学的配置すべてが含まれる。 In addition, unless otherwise specifically limited, the term "polymer" includes all geometry capable of the substance. この配置には、これらに限定するものではないが、アイソタクチック、アタクチック、シンジオタクチック、及びランダム対称が含まれる。 This arrangement, but are not limited to, isotactic, atactic, syndiotactic, and random symmetries are included.

本明細書で使用する時、用語「単成分」繊維は、1つのポリマーだけを使用して1つ以上の押出成形機から形成される繊維を指す。 As used herein, the term "monocomponent" fiber refers to a fiber formed from one or more extruders using only one polymer. これは、着色、帯電防止特性、潤滑、親水性などのために少量の添加剤が添加された1つのポリマーから形成される繊維を除外しようとするものではない。 This coloration, antistatic properties, lubrication, not intended to exclude fibers a small amount of additive is formed from one polymer that is added for such hydrophilic. これらの添加剤、例えば着色のための二酸化チタンは、一般に、約5重量%未満、より典型的には約2重量%未満の量で存在する。 These additives, such as colorants titanium dioxide for is generally less than about 5 wt%, more typically in an amount of less than about 2 wt%.

本明細書で使用する時、用語「2成分繊維」は、少なくとも2つの異なるポリマーが別々の押出成形機から押し出され、合わせて紡がれて1つの繊維を形成することによって形成された繊維を指す。 As used herein, the term "bicomponent fibers" refers to fibers formed by at least two different polymers extruded from separate extruders, to form one fiber spun combined . ポリマー類は、2成分繊維の断面にわたってほぼ一定に位置決めされた別個の領域内に配置され、2成分繊維の長さに沿って途切れずに延びている。 Polymers are arranged in substantially distinct regions positioned in constant across the cross-section of the bicomponent fibers, the bicomponent fibers and extend uninterrupted along the length. このような2成分繊維の構成は、例えば、一方のポリマーが他方のポリマーによって囲まれた鞘/芯の配置であってよく、又は、横に並んだ配置、パイ型配置、若しくは「海島型」配置であってよい。 Such second component fiber configurations may, for example, one polymer is a layout of sheath / core surrounded by the other polymer, or the arrangement side by side, pie arrangement, or "islands in the sea" it may be placed. 2成分繊維をスプリット繊維にすることができ、このような繊維は、それぞれ元の2成分繊維よりも断面寸法の小さい多数の繊維へと加工する前若しくは加工する時に、縦方向に裂くことが可能である。 Bicomponent fibers can be split fibers, such fibers can be split when or unprocessed processed into small number of fibers cross-sectional dimensions than the bicomponent fiber source, respectively, in the vertical direction it is. スプリット繊維は、それらの断面寸法が減少しているので、より柔らかい不織布ウェブを作り出すことが示されている。 Split fibers, because their cross-sectional dimensions are reduced, have been shown to produce softer nonwoven webs. 本発明で有用な代表的なスプリット繊維には、すべてテネシー州ジョンソンシティ(Johnson City)のファイバー・イノベーション・テクノロジー(Fiber Innovation Technology)から入手可能な、タイプT−502及びT−512 16セグメントPET/ナイロン6、2.5デニール繊維、並びにタイプT−522 16セグメントPET/PPスプリット繊維が含まれる。 Representative split fibers useful in the present invention, which all available from Fiber Innovation Technology of Johnson City, Tennessee (Johnson City) (Fiber Innovation Technology), type T-502 and T-512 16 segment PET / nylon 6,2.5 denier fibers, as well as type T-522 16 segment PET / PP split fibers.

本明細書で使用する時、用語「コンジュゲート繊維」は、少なくとも2つのポリマーが別々の押出成形機から押し出され、合わせて紡がれて1つの繊維を形成することによって形成された繊維を指す。 As used herein, the term "conjugate fibers" refers to fibers formed by at least two polymers extruded from separate extruders, to form one fiber spun combined. コンジュゲート繊維は、また、多成分若しくは2成分繊維と呼ばれることもある。 Conjugate fibers are also sometimes referred to as multicomponent or bicomponent fibers. コンジュゲート繊維は、単成分繊維であってもよいが、ポリマー類は、通常、互いに異なるものである。 Conjugate fibers may be monocomponent fibers, but polymers are usually different from each other. ポリマー類は、コンジュゲート繊維の断面にわたってほぼ一定に位置決めされた別個の区域内に配置され、コンジュゲート繊維の長さに沿って途切れずに延びている。 Polymers, are located in a separate zone positioned substantially constant across the cross-section of the conjugate fibers and extend uninterrupted along the length of the conjugate fibers. このようなコンジュゲート繊維の構成は、例えば、一方のポリマーが他方のポリマーによって囲まれた鞘/芯の配置であってよく、又は、横に並んだ配置、セグメント化された構成、若しくは「海島型」配置であってよい。 Configuration of such a conjugate fiber may be, for example, one polymer is a layout of sheath / core surrounded by the other polymer, or the arrangement side by side, segmented configuration, or "island it may be a type "arrangement. 2成分繊維の場合、ポリマー類は、75/25、50/50、25/75、又は他の任意の所望の比率で存在してよい。 For bicomponent fibers, polymers, 75 / 25,50 / 50,25 / 75, or other may be present in any desired ratio.

本明細書で使用する時、用語「多組成繊維」は、本明細書では、用語「ドメイン」と同様に、当該技術分野で認められた意味に従って使用される。 As used herein, the term "multiple composition fiber", as used herein, similarly to the term "domain", as used in accordance with accepted meaning in the art. 多組成繊維は、連続相の形態で与えられた別のポリマー全体にわたり、少なくとも1つの不連続相としてドメイン内に分散した少なくとも2つのポリマー類を含む繊維を包含するものとして理解される。 Multiple composition fibers throughout another polymer given in the form of a continuous phase, is understood to encompass a fiber comprising at least two polymers dispersed within the domain as at least one discontinuous phase. 多組成繊維は、さらに、ドメイン内に分散した少なくとも2つ以上のポリマー類を含む繊維を包含するものとして理解され、そのような分散は、ランダムであってよい。 Multiple composition fiber is further understood to encompass fibers comprising at least two or more polymers dispersed in a domain, such dispersion may be random.

本明細書で使用する時、用語「2組成繊維」は、ブレンドとして2つのポリマーが同一の押出成形機から押し出されることによって形成された繊維を指す。 As used herein, the term "bicomponent fibers" refers to fibers which have been formed by the two polymers as a blend extruded from the same extruder. 2組成繊維は、繊維の断面領域にわたって比較的一定に位置決めされた別個の領域内に配置される様々なポリマー成分をもたず、様々なポリマー類は、通常、繊維の長さ全体に沿って連続的でなく、代わりに、通常はランダムに始まって終わるフィブリルを形成している。 2 fiber composition has no different polymer components arranged in relatively discrete region positioned at a constant across the cross-section area of ​​the fiber, various polymers are usually along the entire length of the fiber continuous and not, instead, usually forms the fibrils begin and end at random. 2組成繊維は、また、多組成繊維とも呼ばれることもある。 2 Composition fibers, also sometimes also referred to as multiple composition fibers.

本明細書で使用する時、用語「毛管路繊維」は、毛管路を有する繊維を指す。 As used herein, the term "capillary channel fibers" refers to fibers having capillary passage. このような繊維は、例えば中空繊維であることもできるが、好ましくは、その外表面上に毛管路を有する繊維である。 Such fibers, for example, can also be a hollow fiber, preferably a fiber having a capillary passage on its outer surface. 毛管路は、「U形」、「H形」、「C形」、及び「V形」のような様々な断面形状にすることができる。 Capillary channel can be a variety of cross-sectional shapes such as "U-shaped", "H-shaped", "C-shaped", and "V-shaped".

本明細書で使用する時、第2領域4について使用される時の「一体的な拡張部」のような用語「一体的」は、第2領域4の繊維が前駆体ウェブ20の繊維を起点としていることを指しており、ウェブは、1平方センチメートル当たり少なくとも4つの一体的な不連続な第2領域を含む。 As used herein, the term "integral" as in "integral extension" when used for the second region 4, the fibers of the second region 4 starting from the fibers of precursor web 20 and it refers to that the web comprises at least four integral discrete second regions per square centimeter. したがって、例えば変形部6のループ状繊維8は、前駆体ウェブ20の塑性変形且つ拡張した繊維であることができ、したがってウェブ1の第1領域2に一体的である。 Thus, for example, looped fibers 8 of deformations 6 can be a plastic deformation and extended fibers of the precursor web 20, therefore integral to the first region 2 of web 1.. 本明細書で使用する時、「一体的」は、例えば従来のカーペット製造で一般に実施されているような、タフトを作製する目的で別個の前駆体ウェブに導入又は追加された繊維とは区別されるべきである。 As used herein, "integrally" is, for example, such as is commonly practiced in conventional carpet manufacturing, it is distinguished from fibers introduced or added to a separate precursor web for the purpose of making tufts is Rubeki. 適した不織布ウェブ20は、ループ状繊維8が形成されるように、十分な塑性変形及び引張伸びを起こすことが可能な繊維を含むべきであり、又は繊維の十分な移動が可能であることを理解することができる。 Suitable nonwoven web 20, as looped fibers 8 are formed, should comprise fibers capable of producing sufficient plastic deformation and tensile elongation, or that sufficient movement of the fibers are possible I can understand. ただし、前駆体ウェブ20の第1表面12の平面から飛び出た特定のパーセンテージの繊維が、ループを形成せず、代わりに、破断して、解けた端部を形成することが認識される。 However, a certain percentage of fibers protruding from the plane of the first surface 12 of precursor web 20, without forming a loop, instead, to break, it is recognized that to form a melt end. このような繊維は、本明細書では、図3に示したような「解けた」若しくは「破断した」繊維18と呼ばれる。 Such fibers are referred to herein, "broken", "melt was" or, as shown in FIG. 3 are referred to as fibers 18. 解けた繊維端18は、また、切れた短繊維から成る又は切れた短繊維を含んだ不織布ウェブから変形部6を形成した結果として生じる可能性もある。 Fiber ends 18 solved, and there also occur as a result of forming the deformed portion 6 consisting or containing short fibers cut nonwoven web from staple fibers broken. 解けた繊維端18は、必ずしも本発明に望ましくないものではないが、変形部6が主にループ状繊維8を約100重量%まで含む時に、ウェブ1が、より容易にその嵩高で柔らかい特性を保持できると考えられている。 The fiber ends 18 melted, but not not necessarily desirable in the present invention, when containing deformation 6 is primarily looped fibers 8 to about 100 wt%, the web 1, the more easily its bulky and soft characteristics It is believed that can be held. 好ましい実施形態では、Z方向に飛び出た繊維の少なくとも5重量%、好ましくは少なくとも10重量%、より好ましくは少なくとも20重量%、より好ましくは少なくとも30重量%、より好ましくは少なくとも40重量%、より好ましくは少なくとも50重量%、より好ましくは70重量%、さらに好ましくは90重量%が、ループ状繊維8である。 In a preferred embodiment, at least 5 wt% of the fibers protruding in the Z direction, preferably at least 10 wt%, more preferably at least 20 wt%, more preferably at least 30 wt%, more preferably at least 40 wt%, more preferably at least 50 wt%, more preferably 70 wt%, more preferably 90% by weight, a looped fiber 8.

図1に示したウェブ1の実施形態の代表的な変形部6が、図2に、領域2のさらなる拡大図で示されている。 Typical deformations 6 of the embodiment of web 1 shown in FIG. 1, FIG. 2, shown in a further enlarged view of the area 2. 図のように、変形部6は、ほぼ整列した複数のループ状繊維8を含んでおり、結果として変形部6が明確な長手方向の配向及び長手軸Lを有する。 As shown, deformation 6 comprises a plurality of looped fibers 8 that substantially aligned, deformation 6 as a result, we have an orientation and a longitudinal axis L of the clear longitudinal direction. 本明細書で使用する時、用語「長手方向」は、変形部6の最も長い寸法に位置合わせされた、変形部6の平面内の線、軸、又は方向を指す。 As used herein, the term "longitudinal" refers aligned with the longest dimension of the deformed portion 6, the line in the plane of the deformation portion 6, axis, or direction. 変形部6は、また、MD−CD平面内で長手軸Lに概ね直交する横軸Tも有する(図4参照)。 Deformable section 6, also has a horizontal axis T generally perpendicular to the longitudinal axis L in the MD-CD plane (see FIG. 4). 図1及び図2に示した実施形態では、長手軸Lは、MDに平行である。 In the embodiment shown in FIGS. 1 and 2, longitudinal axis L is parallel to the MD. 一実施形態では、離隔された変形部6すべてが、概ね平行な長手軸Lを有する。 In one embodiment, all deformations 6 spaced apart has generally parallel longitudinal axes L. ウェブ1の単位面積当たりの変形部6の数、すなわち、変形部6の面密度は、1平方センチメートル当たり少なくとも1個の変形部6、好ましくは1平方センチメートル当たり少なくとも4個の変形部6、より好ましくは1平方センチメートル当たり少なくとも10個の変形部6、さらに好ましくは1平方センチメートル当たり少なくとも20個の変形部6、さらに好ましくは1平方センチメートル当たり少なくとも30個の変形部6を含むことができる。 The number of deformations 6 per unit area of ​​web 1, i.e., the surface density of the deformation portion 6, per square centimeter at least one deformable section 6, preferably 1 per square centimeter at least 4 deformations 6, more preferably per square centimeter at least 10 deformations 6, more preferably 1 per square centimeter at least 20 deformations 6, more preferably may include per square centimeter at least 30 deformations 6. 一般に、変形部6の面密度がウェブ1の面積全体にわたって均一である必要はないが、変形部6を、線、ストライプ、バンド、円などのような所定の形状を有する領域のように、ウェブ1の特定の領域だけに配置することができる。 In general, the area density of deformations 6 need not be uniform over the entire area of ​​web 1, the deformations 6, lines, stripes, bands, as a region having a predetermined shape such as a circle, a web it can be placed only in a specific area of ​​1.

図2に示したように、また図3及び図4でより明らかにわかるように、ウェブ1の一実施形態における変形部6の繊維8の特徴の1つは、ループ内にあるループ状繊維8の顕著な方向性を持った整列である。 As shown in FIG. 2, and as seen more clearly in FIGS. 3 and 4, one of the features of the fibers 8 of deformations 6 in one embodiment of web 1, looped fibers 8 in the loop a prominent direction of with alignment of. 図3及び図4に示したように、ループ状繊維8は、図4のような平面図で見たときに、横軸Tに対してほぼ均一に整列している。 As shown in FIGS. 3 and 4, the looped fibers 8, when viewed in plan view as in FIG. 4, are substantially uniformly aligned to the transverse axis T. 「ループ状」繊維8とは、ウェブ1内で始まって終わる繊維8を意味する。 The "loop-like" fibers 8, refers to the fiber 8 that begin and end within the web 1. 変形部6のループ状繊維8に関して「整列した」とは、図4のような平面図で見たときに各ループ状繊維8が横軸Tに平行な有意なベクトル成分を有し、好ましくは横軸Tに平行な主ベクトル成分を有するように、ループ状繊維8すべてが概ね配向していることを意味する。 By "aligned" with respect to looped fibers 8 of deformations 6, has a significant vector component parallel to transverse axis T is the looped fibers 8 when viewed in plan view as in FIG. 4, preferably to have a major vector component parallel to transverse axis T, which means that all looped fibers 8 are generally oriented. 本明細書で使用する時、図4のような平面図で見たときに長手軸Lから45度より大きな角度に配向したループ状繊維8は、横軸Tに平行な有意なベクトル成分を有する。 As used herein, looped fibers 8 oriented in an angle greater than 45 degrees from the longitudinal axis L when viewed in plan view as in Figure 4, has a significant vector component parallel to transverse axis T . 本明細書で使用する時、図4のような平面図で見たときに長手軸Lから60度より大きな角度に配向したループ状繊維8は、横軸Tに平行な主ベクトル成分を有する。 As used herein, looped fibers 8 oriented in an angle greater than 60 degrees from the longitudinal axis L when viewed in plan view as in Figure 4, has a main vector component parallel to transverse axis T. 変形部は、横軸Tに平行な主ベクトル成分を約100%まで含むことができる。 Deformable portion may include a primary vector component parallel to transverse axis T to about 100%. 好ましい実施形態では、変形部6の繊維8の少なくとも1重量%、好ましくは少なくとも5重量%、より好ましくは少なくとも10重量%、さらに好ましくは少なくとも20重量%、さらに好ましくは少なくとも30重量%、さらに好ましくは少なくとも40重量%、さらに好ましくは少なくとも50重量%、さらに好ましくは少なくとも70重量%、さらに好ましくは少なくとも90重量%が、横軸Tに平行な、有意なベクトル成分、より好ましくは主ベクトル成分を有する。 In a preferred embodiment, at least 1 wt.% Of fibers 8 of deformations 6, preferably at least 5 wt%, more preferably at least 10 wt%, more preferably at least 20 wt%, more preferably at least 30 wt%, more preferably at least 40 wt%, more preferably at least 50 wt%, more preferably at least 70 wt%, more preferably at least 90 wt%, parallel to the transverse axis T, a significant vector component, more preferably primary vector component a. 繊維の配向は、必要ならば、適した測定スケール付きの顕微鏡のような拡大手段を用いて決定することができる。 Orientation of the fibers, if necessary, can be determined using a magnifying means like a microscope with the measurement scale that is suitable. 一般に、平面図で見た繊維の非直線的部分では、長手軸Lからのループ状繊維8の角度の決定に、長手軸L及びループ状繊維8の両方についての直線近似を使用することができる。 In general, the non-linear portion of the fibers as seen in plan view, can be the determination of the angle of looped fibers 8 from longitudinal axis L, using a linear approximation for both longitudinal axis L and the looped fibers 8 .

第2領域4の変形部6内のループ状繊維8の配向を、第1領域2の繊維の組成及び配向と対比すると、この第1領域2が、繊維性不織布ウェブの前駆体ウェブ20の場合、本質的にランダムに配向した繊維アラインメントを有するものとして最もよく表される。 The orientation of the second region 4 of the deformed portion of the 6 looped fibers 8, when compared with the composition and orientation of the fibers of the first region 2, the first region 2, when the fibrous nonwoven web precursor web 20 It is essentially best represented as having a fiber alignment randomly oriented.

図1に示した実施形態では、変形部6の長手軸Lは、概ねMDに整列している。 In the embodiment shown in FIG. 1, the longitudinal axis L of the deformation portion 6 is generally aligned in MD. 変形部6、したがって長手軸Lは、原理的には、MD又はCDに対して任意の配向に整列することができる。 Deformation 6 and thus the longitudinal axis L, in principle, can be aligned in any orientation with respect to MD or CD. したがって、一般的には、各変形部6について、ループ状の整列した繊維8が横軸Tに平行な有意なベクトル成分、より好ましくは横軸Tに平行な主ベクトル成分を有するように、当該繊維8が長手軸Lに対して概ね直角に整列していると言うことができる。 Thus, in general, for each deformation 6, a significant vector component parallel to the fiber 8 aligned looped the horizontal axis T, as more preferably a major vector component parallel to transverse axis T, the it can be said that the fibers 8 are generally perpendicular aligned relative to the longitudinal axis L.

図5は、図1に関して記載したのに類似のウェブ1の走査型電子顕微鏡(SEM)写真である。 Figure 5 is a scanning electron microscope (SEM) photograph of a similar web 1 to that described with respect to FIG. 図5のウェブ1は、ポリエチレン/ポリプロピレン(鞘/芯)2成分繊維を含む、70gsmスパンボンド繊維性不織布ウェブである。 Web 1 of FIG. 5 comprises polyethylene / polypropylene (sheath / core) bicomponent fibers, a 70gsm spunbond fibrous nonwoven web. 図5の視点は、基本的にウェブ1の第1表面2及び変形部6の側面図である。 Perspective of FIG. 5 is a side view of the first surface 2 and deformations 6 of essentially the web 1. 「側面図」とは、図5の写真が、概ね図1〜4に示したCD方向で取られていて、MD及び各変形部6の長手軸Lが図5を(例えば、右から左に)横切って配向していることを意味する。 The "side view", the photograph of FIG. 5 is generally have been taken in the CD direction as shown in FIG. 1 to 4, MD and longitudinal axis L 5 of the deformation 6 (e.g., from right to left ) across which means that it is oriented. 図5に示したように、ループ状の整列した繊維8を含む変形部6は、長手軸Lに対して概ね直角に整列し、少なくとも横軸Tに平行な有意なベクトル成分を有する。 As shown in FIG. 5, deformations 6 comprising fibers 8 aligned looped is generally perpendicularly aligned relative to the longitudinal axis L, has a significant vector component parallel to at least the horizontal axis T.

一部の実施形態では、変形部6のもう1つの特徴は、後述するような変形部6を形成する好ましい方法に起因した、変形部6の内部に画定される開いた空洞領域10(図2及び図3参照)によって特徴付けられる、変形部6の概ね開いた構造である。 In some embodiments, deformation 6 Another feature due to the preferred method of forming deformations 6, as described below, the cavity region 10 opened is defined in the interior of the deformable portion 6 (FIG. 2 and characterized by reference to FIG. 3), a generally open structure of deformation 6. 空洞領域10は、変形部6の遠位3端部でより幅広く若しくは大きく、且つ変形部6の基部5でより狭い形状であってよい。 Cavity region 10 is wider or larger at the distal 3 end of deformation 6, and may be a narrower shape in the base 5 of the deformation 6. この形状は、変形部6を形成するのに使用される歯の形状の反対の形状である。 This shape is the opposite of the shape of the shape of the teeth used to form the deformed portion 6. 「空洞領域」とは、繊維を全く含まないことを意味するのではなく、その全体的な外観の一般的な記述が意図されている。 By "void area" does not mean that it does not contain any fibers, general description of its general appearance is intended. したがって、一部の変形部6では、1つ又は複数の解けた繊維8が空洞領域10内に存在することがある。 Therefore, the portion of deformation 6, one or more melt fibers 8 is present in the cavity region 10. 「開いた」空洞領域とは、変形部6の2つの長手方向端部が概ね開いていて繊維を含まず、結果として変形部6が図3に示したような「トンネル」構造状のものを形成することを意味する。 The "open" void area, free of fibers two longitudinal ends of deformation 6 are not generally open, those resulting deformation 6 is shown in FIG. 3 "tunnel" structure like It means to form. 例えば、図6は、図5に示したウェブ1の1つの変形部6の拡大SEM図である。 For example, Figure 6 is an enlarged SEM view of one deformation 6 of the web 1 shown in FIG. 図のように、ループ状の整列した繊維8に加えて、ループ状の整列した複数の繊維8によって画定される明確な開いた空洞領域10が存在する。 As shown, in addition to the fiber 8 aligned looped, there is a clear open cavity region 10 which is defined by a plurality of fibers 8 aligned looped. ほんの少数の破断した繊維18を見ることができる。 It is possible to see only a small number of broken fibers 18. 図からわかるように、変形部6の基部5は、閉じていてもよく(例えば変形部6を形成する繊維が十分に接近し合って接触するなど)、又は開いたままでもよい。 As can be seen, the base 5 of the deformation 6 may be closed (such as the fibers forming the example deformations 6 are in contact with each other sufficiently close), or may remain open. 一般に、基部6のところの開口は、いずれも狭い。 In general, the opening where the base 6 are both narrow.

加えて、ウェブ1を作製する好ましい方法の結果として、第2表面14に関連付けられた第2領域4は、以下で詳述する成形構造の歯群によって方向的に変形部6へと(すなわち、繊維性不織布ウェブの技術分野で一般に理解されている、図1及び図3に示したMD−CD平面に概ね直交する「面外」方向を示す「Z方向」に)飛び出た第2表面14の元々ランダムな繊維によって画定される概ね直線的な凹みによって特徴付けられる、不連続部16になる。 In addition, as a result of the preferred method of making web 1, second region 4 associated with second surface 14, in the direction deformable section 6 by the teeth of the forming structure to be described below (i.e., is generally understood in the art of fibrous nonwoven web, generally perpendicular to the MD-CD plane as shown in FIGS. 1 and 3 in the "out-of-plane" shows a direction "Z direction") protruding a second surface 14 originally characterized by being the substantially linear depressions defined by random fibers, the discontinuities 16. 前駆体ウェブ20の予めランダムに配向した繊維によって示される配向の急激な変化は、変形部6の長手軸Lに概ね平行な長手軸を有するものとして記述できるような直線性を示す、不連続部16を画定する。 Rapid changes in orientation previously indicated randomly by oriented fibers of precursor web 20 shows a linearity that can be described as having generally parallel longitudinal axes to the longitudinal axis L of the deformation portion 6, discontinuities 16 defines a. 前駆体ウェブ20として有用な多くの繊維性不織布ウェブの性質により、不連続部16は、例えば変形部6として明確にわからない場合がある。 Due to the nature of the useful number of fibrous nonwoven webs as precursor webs 20, discontinuity 16 may for example do not know clearly as deformations 6. この理由から、ウェブ1の第2の側部上の不連続部16は、気付かれずに終わる可能性があり、一般に、ウェブ1が厳密に検査されない限り検出されないことがある。 For this reason, discontinuity 16 on the second side of the web 1, may end up unnoticed, generally, may not be detected as long as the web 1 is not strictly inspected. ゆえに、一部の実施形態では、ウェブ1は、テリー織の布の見た目及び感触を有しており、一部の実施形態では、ウェブ1は、第1の側部ではテリー織の布の見た目及び感触を有し、第2の側部では比較的滑らかで柔らかい見た目及び感触を有する。 Thus, in some embodiments, web 1 has the look and feel of the fabric of the terry, in some embodiments, web 1, appearance of the fabric at the first side terry and it has a feel, a second side having a soft look and feel relatively smooth.

さらに、ウェブ1を作製する好ましい方法の結果として、第2領域4がループ状の整列した繊維8を有するかどうかに関わらず、各前駆体ウェブは、ウェブ1の第1表面12及び第2表面14それぞれに、若しくはその付近で、顕著な直線性を示す。 Furthermore, as a result of the preferred method of making web 1, second region 4 regardless of whether it has a fiber 8 aligned looped, the precursor web first surface 12 and a second surface of the web 1 14 respectively, or in the vicinity thereof, showing a pronounced linearity. 作製方法に関して以下でより詳細に開示するように、図7のロール104の歯群110の幾何学的構造により、前駆体ウェブ20の第2領域4の変形部6及びそれらに対応する不連続部16が、それぞれそれらに関連付けられた直線的な配向を有することを理解することができる。 As disclosed in greater detail below with regard to a manufacturing method, the discontinuous portion by the geometry of the teeth 110 of roll 104 in Figure 7, corresponds to the deformation portion 6 and their second regions 4 of precursor web 20 16, can be understood to have a linear orientation associated with them respectively. この直線的な配向は、本明細書に記載のウェブ1の作製方法の必然的な結果である。 This linear orientation is an inevitable consequence of the method for manufacturing a web 1 as described herein. この直線的な配向を理解する一方法は、ウェブ1の第2表面14上の不連続部16の直線的な配向を考慮することである。 One way to understand this linear orientation is to consider the linear orientation of discontinuities 16 on the second surface 14 of the web 1. 同様に、変形部6が第1表面12のところでウェブ1から切り取られると、第2領域4は、例えば変形部6の場所で前駆体ウェブ20に直線的なスリット又は切れ目が作られたかのように、ウェブ1の第1表面12上に直線的な不連続部として現れることになる。 Similarly, when the deformation portion 6 is cut from the web 1 at the first surface 12, second region 4, for example, as at the location of deformation 6 whether linear slit or cut into the precursor web 20 was made , it will appear as a linear discontinuity on the first surface 12 of the web 1. この直線的なウェブ不連続部は、方向的に長手軸Lに一致する。 This linear web discontinuity corresponds directionally to longitudinal axis L.

ウェブ1の説明から、変形部6のループ状繊維8が、ウェブ1の第1表面12又は第2表面14のいずれかを起点として延びることができることがわかる。 From the description of web 1, looped fibers 8 of deformations 6 it is seen that may extend either the first surface 12 or second surface 14 of the web 1 as a starting point. 言うまでもなく、変形部6の繊維8は、また、ウェブ1の内部18から延びることもできる。 Needless to say, the fibers 8 of deformation 6 can also may extend from the interior 18 of the web 1. 変形部6の繊維8は、前駆体ウェブ20の概ね2次元的な平面から飛び出た(すなわち、図3に示したように「Z方向」に飛び出た)結果として延びている。 Fibers 8 of deformation 6 is sticking out from the generally two-dimensional plane of precursor web 20 (i.e., sticking out in the "Z direction" as shown in FIG. 3) extends as a result. 一般に、第2領域4の繊維は、繊維ウェブの第1領域2の繊維に一体的な、当該第1領域2の繊維から延びる繊維を含む。 In general, the fibers of the second region 4 comprises fibers extending from integral, the first region 2 fibers to the fibers of the first region 2 of the fibrous web.

したがって、前述の説明から、一実施形態では、ウェブ1を、第1表面12及び第2表面14を有する繊維ウェブ1として記述することができ、繊維ウェブ1が、第1領域2と、複数の不連続な一体的第2領域4とを含んでおり、第2領域4が、直線的な配向を示し、且つ長手軸Lを画定する不連続部16である、少なくとも1つの部分と、第1領域2に一体的であって当該第1領域2から延びる複数の房状の繊維を含む変形部6である、少なくとももう1つの部分とを有することが理解される。 Thus, from the foregoing description, in one embodiment, the web 1 can be described as a fibrous web 1 having a first surface 12 and second surface 14, the fiber web 1, a first region 2, a plurality of discontinuous includes integrally second region 4, the second region 4, shows a linear orientation, a discontinuity 16 and defining a longitudinal axis L, and at least one portion, the first the region 2 be an integral a deformation 6 comprising a plurality of tufted fibers extending from the first region 2, is understood to have at least another part.

ループ状繊維8の拡張部は、繊維の塑性変形及びポアソン比の影響に起因した繊維断面寸法(例えば、丸い繊維の直径)の全体的な減少を伴うことがある。 Extension of looped fibers 8, fiber cross-section dimensions due to the influence of the plastic deformation and Poisson's ratio of the fibers (e.g., a round fiber diameter) may be accompanied by an overall reduction of. したがって、変形部6の繊維8は、前駆体ウェブ20の繊維並びに第1領域2の繊維の平均繊維直径よりも小さい平均繊維直径を有することがあり、具体的にはそれは、繊維直径の減少を示す、遠位部分と近位部分との間の繊維のループの部分である。 Therefore, the fibers 8 of deformations 6, it is possible to have a fiber and small average fiber diameter than the average fiber diameter of the first region 2 fibers of precursor web 20, the it specifically, the reduction in fiber diameter It shows a portion of the loop of the fiber between the distal and proximal portions. 同一の繊維は、また第1領域にも存在し、その地点では元の繊維直径を有する。 Same fiber may also be present in the first region, at which point has the original fiber diameter. この繊維直径の減少が、ウェブ1の知覚される柔軟性又は質感に寄与でき、前駆体ウェブ20の材料特性によっては、テリー織の綿布に匹敵し得る柔軟性に寄与できると考えられている。 The reduction in fiber diameter, can contribute to the perceived softness or texture of the web 1, depending on the material properties of precursor web 20, it is believed to contribute to the flexibility comparable to cotton terry cloth. 繊維断面寸法の減少は、基部5と遠位部分3との中間で最大になることが判明している。 Reduction in fiber cross section dimension has proven to be the largest in the middle of the base 5 and distal portion 3. これは、以下でより詳細に開示するように、作製方法に起因したものと考えられている。 This is because, as disclosed in more detail below, is believed due to the manufacturing process. 簡潔に言えば、変形部6の基部5及び遠位部分3のところの繊維の部分は、より詳細に後述するように、ロール104の歯群110の先端に隣接しており、加工の間、摩擦で固定されて動かなくなる。 Briefly, portions of the fibers at the base 5 and distal portion 3 of deformations 6, as described later in greater detail, is adjacent to the tip of teeth 110 of roll 104, during processing, jamming is fixed by friction. ゆえに、変形部6の中間部分は、より伸張若しくは伸長しやすく、したがって対応する繊維断面寸法の減少を起こしやすい。 Thus, the middle portion of the deformation portion 6 is more easily stretched or extended, thus prone to a corresponding decrease in fiber cross sectional dimension.

本発明のウェブ1に適した好ましい前駆体ウェブ20が、ループ状繊維8が形成されるように、十分な塑性変形及び引張伸びを起こすことが可能な繊維を含むべきであることを理解することができる。 Preferred precursor web 20 suitable web 1 of the present invention, as looped fibers 8 are formed, to understand that it should comprise fibers capable of producing sufficient plastic deformation and tensile elongation can. ただし、前駆体ウェブ20の第1表面12の平面から飛び出た特定のパーセンテージの繊維が、ループを形成せず、代わりに破断して解けた端部を形成することが認識される。 However, a certain percentage of fibers protruding from the plane of the first surface 12 of precursor web 20, without forming a loop, it is recognized that forming the end portion which melted fractured instead. このような繊維は、図2及び図3に解けた繊維端18として示されている。 Such fibers are shown as fiber ends 18 which melts in FIGS. 図7を参照すると、本発明のウェブ1を作製する装置及び方法が示されている。 Referring to FIG. 7, an apparatus and method for making web 1 of the present invention is shown. 装置100は、噛み合う1対の、軸Aを中心に回転するロール102と、軸Bを中心に回転するロール104とを含んでおり、軸Aは、同一平面内で平行である。 Apparatus 100 includes a roll 102 that rotates about a pair of axes A meshing, includes a roll 104 that rotates about the axis B, the axis A, being parallel in the same plane. ロール102は、ロール102の周囲全体を途切れずに延びる、複数の隆起部106と、それに対応する溝群108とを含む。 Roll 102 includes extending unbroken the entire circumference of rolls 102, a plurality of ridges 106, and a groove group 108 corresponding thereto. ロール104は、ロール102に類似しているが、周囲全体を途切れずに延びる隆起部を有するのではなく、ロール104の少なくとも一部分の周りを離隔された関係で延びる周囲方向に離隔された歯群110の列になるように変更された、周囲方向に延びる隆起部の複数の列を含む。 Roll 104 is similar to roll 102, rather than having ridges that extend unbroken across surrounding teeth spaced apart circumferentially extending relationship spaced apart around at least a portion of roll 104 110 is changed to be the column of, including a plurality of rows of ridges extending circumferentially. ロール104の歯群110の個々の列は、対応する溝群112によって隔てられている。 Individual rows of teeth 110 of roll 104 are separated by corresponding grooves group 112. 運転時には、ロール102の隆起部群106がロール104の溝群112内に延び、ロール104の歯群110がロール102の溝群108内に延びるように、ロール102と104とが噛み合う。 In operation, extending ridges group 106 of roll 102 in the groove group 112 of the roll 104, as teeth 110 of roll 104 extend into the groove group 108 of roll 102 engage the roll 102 and the 104. 噛み合いは、図8の断面図にさらに詳細に示されており、これについては後述する。 Meshing is shown in greater detail in the sectional view of FIG. 8, which will be described later. ロール102及び104の両方若しくはいずれかを、高温油充填ローラのような当該技術分野において公知の手段を用いて加熱することができ、又はローラを電気的に加熱することができる。 Either both rolls 102 and 104 or, in the art, such as hot oil filled rollers can be heated using a known method, or the roller can be electrically heated.

図7では、装置100は、1つのパターン付きロール、例えばロール104と、1つのパターンなし・溝付きロール102とを有する好ましい構成で示されている。 In Figure 7, device 100 includes one patterned roll, e.g., roll 104 is shown in a preferred configuration having one patterned None-grooved roll 102. しかし、特定の実施形態では、各ロールの同一又は異なる対応領域に同一又は異なるパターンを有する、2つのパターン付きロール104を使用することが好ましい場合がある。 However, in certain embodiments, have the same or different patterns on the same or different corresponding regions of the respective rolls, it may be preferable to use two patterned rolls 104. そのような装置は、ウェブ1の両側から変形部が突き出ているウェブを生産することができる。 Such a device can produce webs that project deformation portion from both sides of the web 1.

商業的に実現可能な連続プロセスで本発明のウェブ1を作製する方法は、図7に描かれている。 Method of making a web 1 of the present invention in a commercially viable continuous process is depicted in Figure 7. ウェブ1は、概ね平面的且つ2次元的なものとして記載できる前駆体ウェブ20を機械変形させることによって作製される。 Web 1 is generally manufactured by mechanical deformation of the precursor web 20 that can be described as being planar and two dimensional. 「平面的」及び「2次元的」とは、単純に、第2領域4の形成に起因して明確な平面外、すなわちZ方向の3次元性を付与された完成ウェブ1に比べて、当該ウェブが平坦であることを意味する。 By "planar" and "two-dimensional", simple, clear out of plane due to the formation of the second region 4, i.e. as compared to the finished web 1 that has been granted a three-dimensional of the Z-direction, the it means that the web is flat. 「平面的」及び「2次元的」は、いずれか特定の平坦性、平滑性、又は次元を付与することを意図してはいない。 "Planar" and "two-dimensional" a particular flatness or smoothness, or are not intended to confer dimension.

前駆体ウェブ20は、ウェブ作製プロセスから直接的に、又は供給ロールから間接的に提供され(いずれも図示せず)、逆回転している噛み合うロール102及び104のニップ116へと機械方向に移動される。 Precursor web 20 is moved directly from a web making process or indirectly provided from a supply roll (neither shown), and the machine direction to the nip 116 of rolls 102 and 104 which mesh which rotates in the reverse direction It is. 理論に束縛されるものではないが、前駆体ウェブは、単成分繊維、2成分繊維、及び/又は2組成繊維、毛管路繊維、中空繊維、成形繊維若しくはローブ形繊維を含め、公知のタイプの繊維のいずれかを含む不織布ウェブであることができ、5〜500μmの範囲の主要断面寸法(例えば、円形繊維では直径)を有することができる。 Without being bound by theory, the precursor web is a single component fiber, bicomponent fibers, and / or bicomponent fibers, capillary channel fibers, including hollow fibers, shaped fibers or lobed fibers, known type of can be a nonwoven web comprising any of the fibers, the major cross-sectional dimension in the range of 5 to 500 [mu] m (e.g., the circular fiber diameter) may have. 前駆体ウェブ20は、油加熱式ローラ上での加熱など、当該技術分野において公知の手段によって予熱することができる。 Precursor web 20, such as heating in an oil-heated roller can be preheated by means known in the art. さらに、前駆体ウェブは、メルトブローン法、スパンボンド法、ボンデッドカードウェブ法のような公知の方法によって作製された繊維性不織布ウェブであることもできる。 Furthermore, the precursor web is a melt blown method, spun bonding method, it may also be a bonded card known fabricated fibrous nonwoven web by methods such as web processes. 前駆体ウェブ20がニップ116を通過するにつれて、ロール104の歯群110は、ロール102の溝群108に進入し、同時に繊維を前駆体ウェブ20の平面から面外に飛び出させて、変形部6を形成する。 As precursor web 20 passes through the nip 116, teeth 110 of roll 104 enters the groove group 108 of roll 102 and pops out of plane from the fiber plane of precursor web 20 simultaneously, deformation 6 to form. 実際には、歯群110は、前駆体ウェブ20を「押し」又は「打ち」抜く。 In fact, the teeth 110, pull out the precursor web 20, "press" or "out". 歯群110の先端が前駆体ウェブ20を押し抜くにつれて、繊維が伸張若しくは塑性変形し、又は破断して、ウェブ1の変形部6のループ状繊維8を含めた第2領域4を形成することになるまで、主にCDに配向した歯群110をまたぐ繊維の部分が、歯群110によってZ方向で前駆体ウェブ20の面外に押し出される。 As the tip of teeth 110 pull down the precursor web 20, the fibers are stretched or plastic deformation, or breakage to, to form the second region 4, including the looped fibers 8 of deformations 6 of web 1 in until the portion of the fibers across the main teeth 110 oriented in CD is pushed out of plane of the precursor web 20 in the Z direction by teeth 110. 主に長手軸Lに概ね平行に配向した、すなわち図1に示した前駆体ウェブ20の機械方向に配向した繊維は、歯群110によって単純に広げられ、実質的にウェブ1の第1領域2に残る。 Was mainly generally oriented parallel to the longitudinal axis L, that fibers oriented in the machine direction of precursor web 20 of FIG. 1, simply spread by teeth 110, substantially the first region 2 of web 1 It remains to. より詳細に後述するように、変形部6の形成速度が、一般に、少なくとも遅い形成速度においては、繊維の配向に影響を及ぼすことが判明しているが、図3及び図4に関して前述したように、ループ状繊維8が、変形部6の横軸Tに平行な有意なベクトル成分又は主ベクトル成分を有する繊維のパーセンテージの高い独特の繊維配向を示すことができる理由を理解することができる。 As will be described in more detail below, the rate of formation of deformations 6 are generally at least in the slow formation rate, as has been found to affect the orientation of the fibers, described above with reference to FIGS. 3 and 4 it can looped fibers 8, to understand why it is possible to indicate a unique fiber orientation with high percentage of fibers having a significant vector component or main vector component parallel to transverse axis T of deformation 6. 一般に、変形部6の少なくとも一部の繊維は、横軸Tに直交するZ方向に配向した平面に平行な、有意なベクトル成分若しくは主ベクトル成分を有するものとして記述できる、ループ状の整列した繊維8である。 Generally, at least some of the fibers of deformation 6 are parallel to the plane oriented in the Z direction perpendicular to the horizontal axis T, it can be described as having a significant vector component or main vector component, aligned fibers of loop it is 8.

変形部6の数、間隔、及びサイズは、歯群110の数、間隔、及びサイズを変更し、それに対応してロール104及び/又はロール102に必要な寸法変更を実施することによって、変化させることができる。 The number of deformations 6, spacing, and size by the number of teeth 110, to change the interval, and the size, and correspondingly out the size change necessary to roll 104 and / or roll 102 is varied be able to. この変更と、前駆体ウェブ20及びライン速度の可能な変更とによって、多種多様なウェブ1を多くの目的で作製できるようになる。 And this change, by the possible changes in precursor webs 20 and line speeds, so a wide variety of web 1 can be produced for many purposes.

図8は、噛み合うロール102及び104並びに隆起部106及び歯群110の一部の断面を示す。 Figure 8 shows a cross-section of a portion of roll 102 and 104 and ridges 106 and Hagun 110 meshes. 図のように、歯群110は、歯の高さTH(THを隆起部の高さにも適用できることに留意する。好ましい実施形態では、歯の高さと隆起部の高さとが等しい)、並びにピッチPと呼ばれる歯と歯の間隔(又は隆起部と隆起部の間隔)を有する。 As shown, teeth 110, a tooth height TH (note that it is also applicable to TH height of the raised portion. In a preferred embodiment, equal to the height of the height and the ridges of the teeth), as well as a spacing of teeth, called pitch P (or spacing of the ridges and the ridges). 図のように、係合深さEは、ロール102と104の噛み合いの程度の指標であり、隆起部106の先端から歯110の先端まで測定される。 As shown, depth of engagement E is a measure of the degree of intermeshing rolls 102 and 104 and is measured from tip of ridge 106 to tip of tooth 110. 係合深さE、歯の高さTH、及びピッチPは、前駆体ウェブ20の特性及びウェブ1の所望の特徴に応じて、所望通りに変化させることができる。 Depth of engagement E, tooth height TH, and pitch P, in accordance with the characteristics and desired characteristics of web 1 of the precursor web 20 can be varied as desired. 例えば、一般に、係合Eの程度が大きいほど、主にループ状の変形部が望ましい場合に前駆体ウェブ20の繊維がもつべき必要な伸長特性が大きくなる。 For example, generally, the greater the degree of engagement E, mainly required elongation properties to have the fibers of precursor web 20 when deformation of the loop-shaped desirably increases. また、所望の第2領域4の密度(ウェブ1の単位面積当たりの第2領域4の密度)が大きいほど、ピッチを小さくすべきであり、後述するように歯の長さTL及び歯の距離TDを小さくすべきである。 Also, the larger the desired density of the second region 4 (the density of the second region 4 per unit area of ​​web 1), should be smaller pitch distance length TL and tooth teeth as described below It should reduce the TD.

図9は、坪量約60gsm〜100gsm、好ましくは約80gsmを有する前駆体ウェブ20からスパンボンド繊維性不織布ウェブ材料のテリー織の布状のウェブ1を作製するのに有用な複数の歯110を有するロール104の一実施形態を示す。 Figure 9 is a basis weight of about 60Gsm~100gsm, preferably the precursor plurality of teeth 110 useful for making a cloth-like web 1 from web 20 woven terry spunbond fibrous nonwoven web material having about 80gsm It illustrates one embodiment of a roll 104 having. 歯群110の拡大図が図10に示されている。 Enlarged view of teeth 110 is shown in FIG. 10. ロール104のこの実施形態では、歯群110は、概ね歯の先端111で前縁LEから後縁TEまで測定した均一な周方向長さ寸法TL約1.25mmを有しており、互いに周方向に約1.5mmの距離TDで均一に離隔されている。 In this embodiment of roll 104, teeth 110 has a generally uniform circumferential length dimension TL of about 1.25mm as measured from the leading edge LE to the trailing edge TE at the tooth tip 111, from each other circumferentially It is uniformly spaced at about 1.5mm distance TD in. 約60〜100gsmの範囲の坪量を有する前駆体ウェブ20からテリー織の布ウェブ1を作製するには、ロール104の歯群110は、好ましくは、約0.5mm〜約3mmの範囲の長さTL、約0.5mm〜約3mmの間隔TD、約0.5mm〜約10mmの範囲の歯の高さTH、約1mm(0.040インチ)〜2.54mm(0.100インチ)のピッチPを有する。 To prepare a fabric web 1 of woven terry from precursor web 20 having a basis weight in the range of about 60~100gsm are teeth 110 of roll 104 preferably has a length ranging from about 0.5mm~ about 3mm is TL, the interval TD of about 0.5mm~ about 3 mm, the height of the teeth in the range of about 0.5mm~ about 10 mm TH, pitch of about 1 mm (0.040 inch) ~2.54Mm (0.100 inch) with a P. 係合深さEは、約0.5mm〜約5mm(最高で歯の高さTHに等しい)にすることができる。 Depth of engagement E can be from about 0.5mm~ about 5 mm (equal to tooth height TH a maximum). 言うまでもなく、E、P、TH、TD、及びTLは、変形部6の所望のサイズ、間隔、及び面密度(ウェブ1の単位面積当たりの変形部6の数)を達成するために互いに独立して変化させることができる。 Of course, E, P, TH, TD and TL is deformed portion desired size of 6, spacing, and with each other independently in order to achieve a surface density (number of deformations 6 per unit area of ​​web 1) it is possible to change Te.

図10に示したように、各歯110は、先端111、前縁LE、及び後縁TEを有する。 As shown in FIG. 10, each tooth 110 has tip 111, a leading edge LE, and trailing edge TE. 歯の先端111は、細長く、第2領域4の長手軸Lに対応する概ね長手方向の配向を有する。 Tooth tip 111 is elongated, having a generally longitudinal orientation corresponding to the longitudinal axis L of the second region 4. テリー織の布状として記述できるウェブ1のタフト状・ループ状の変形部6を得るには、LE及びTEがロール104の局所的な周辺表面120に対してほぼ直交すべきであると考えられている。 To obtain a tufted loop-shaped deformation 6 of the web 1 that can be described as a terry cloth-like are considered LE and TE should be substantially perpendicular to the local peripheral surface 120 of roll 104 ing. さらに、歯群110がLE及びTEのところで前駆体ウェブ20を押し抜くように、先端111からLE又はTEの遷移部を、曲率半径が十分に小さい直角などの鋭角にすべきである。 Moreover, as the teeth 110 punched the precursor web 20 at the LE and TE, the transition portion of the LE or TE from the tip 111, the radius of curvature should be at an acute angle, such as sufficiently small right angle. 理論に束縛されるものではないが、歯110の先端とLE及びTEとの間に比較的鋭い角度の先端遷移部があると、歯群110が「きれいに」、すなわち限局的且つ明確に、前駆体ウェブ20を打ち抜くことができ、その結果、得られるウェブ1を、第2領域4で、例えば「エンボスド」ではなく、「房状の」として記述できるようになると考えられている。 Without being bound by theory, when there is a distal transition portion of the relatively sharp angles between the tip and the LE and TE of the teeth 110, "clean" teeth 110, i.e. localized and clearly, the precursor can be punched body web 20, as a result, the web 1 obtained, in the second region 4, instead of for example "Embossed", are believed to be able to describe as "tufted". そのように加工された時には、ウェブ1に、前駆体ウェブ20がもともと持っていた可能性のある弾性を上回る特定の弾性は付与されない。 Such When processed in the the web 1, the specific elasticity in excess of elasticity is likely to precursor web 20 had originally not given.

ライン速度、すなわち回転しているロール102及び104のニップを通って前駆体ウェブ20が加工される速度、並びにその結果得られる変形部6の形成速度が、得られる変形部6の構造に影響を及ぼすことが判明している。 Line speed, i.e. the speed of the precursor web 20 through the nip of rolls 102 and 104 are rotating is processed, and the formation rate of the deformation 6 of the result obtained, an effect on the structure of the deformation portion 6 obtained it has been found on. 例えば、図5及び図6に示した変形部6は、1分当たり約3メートル(m/分)(1分当たり約10フィート)の比較的遅い速度で作製された。 For example, deformation 6 shown in FIGS. 5 and 6 were produced at a relatively slow rate of about 3 meters per minute (m / min) (about 10 feet per minute). 3m/分は、多くの消費者用途のための商業生産には比較的遅い速度と考えられるが、図5及び図6に示した繊維性不織布ウェブで使用されるスパンボンド2成分繊維では、この比較的遅い速度が、変形部6において非常に均一なループ状の整列した繊維をもたらす。 3m / min, a commercial is considered a relatively slow rate to produce spunbond bicomponent fibers used in the indicated fibrous nonwoven webs 5 and 6 for many consumer applications, the relatively slow rate, resulting in a very uniform looped aligned fibers in deformations 6.

より速いライン速度、すなわち回転しているロール102及び104のニップを通じた比較的速い加工速度では、類似材料は、変形部6、すなわちタフトについて、非常に異なる構造を示すことができる。 Faster line speeds, i.e. at a rotation to have a relatively fast processing speed through the nip of rolls 102 and 104, like materials is deformable section 6, that is, the tufts can exhibit very different structures. 例えば、図11及び図12は、同一の材料から同一の加工条件で作製されたウェブ1についての代表的な変形部6を示しており、唯一の相違が、ロール102及び104の回転速度、すなわち、前駆体ウェブ20がウェブ1へと加工されるライン速度(単位:長さ/時間)である。 For example, FIGS. 11 and 12 show representative deformations 6 for webs 1 made under the same processing conditions from the same material, the only difference is, the rotational speed of the rolls 102 and 104, i.e., , line speed of the precursor web 20 is processed into web 1: (unit length / time). 図11及び図12に示したウェブは、サウスカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAフィブラス・ノンウーヴン・ウェブズ(BBA Fibrous,non-woven webs)から入手可能な25gsmであり、商品名ソフトスパン200(登録商標)として販売される。 Web is shown in FIGS. 11 and 12, South BBA Fiburasu-Non'uvun-Webuzu of Carolina Simpsonville (Simpsonville) (BBA Fibrous, non-woven webs) is a 25gsm available from the trade name soft span 200 (registered It is sold under the trademark). 図11に示したウェブは、係合深さEが約3.4mm(約0.135インチ)、ピッチPが1.524mm(0.060インチ)、歯の高さTHが3.912mm(0.154インチ)、歯の距離TDが1.588mm(0.0625インチ)、歯の長さTLが1.270mm(0.050インチ)のロール102及び104のニップ116を通って加工された。 The web shown in FIG. 11, depth of engagement E of about 3.4 mm (about 0.135 inches), the pitch P is 1.524 mm (0.060 inch), a tooth height TH is 3.912mm (0 .154 inches), the distance TD teeth 1.588mm (0.0625 inches), a length TL of the teeth are machined through the nip 116 of rolls 102 and 104 of 1.270 mm (0.050 inches). ウェブは、約15メートル/分(1分当たり約50フィート)のライン速度で進められた。 Web was advanced at a line speed of about 15 meters / minute (about 50 feet per minute). 図12に示したウェブは、図11に示したウェブと同一であり、1分当たり約150メートル(1分当たり約500フィート)のライン速度を除いて同一の条件下で加工された。 Web shown in FIG. 12 is identical to the web shown in FIG. 11 was processed under identical conditions except for the line speed of about 150 meters per minute (about 500 feet per minute).

図11及び図12を調べればわかるように、図示された変形部6は、著しく異なる。 As it can be seen by examining FIGS. 11 and 12, deformation 6 shown is significantly different. 図11に示した変形部6は、図1〜6に示した変形部と構造が類似している。 Deformation 6 shown in FIG. 11, the deformation portion and the structure shown in FIGS. 1-6 are similar. すなわち、それは、破断した繊維、例えば図3に示した繊維18がほとんど存在しない、実質的に整列したループ状繊維8を示す。 That is, it indicates broken fibers, such as fibers 18 there is little shown in FIG. 3, the looped fibers 8 that are substantially aligned. しかし、図12に示した変形部6は、非常に異なる構造、すなわち、比較的高速で変形部6を形成するように加工されたスパンボンド繊維性不織布ウェブ材料に典型的と思われる構造を示す。 However, deformation 6 shown in FIG. 12 shows very different structures, i.e., the processed spunbonded fibrous nonwoven fabric typically with seems structure web material to form a deformed portion 6 at a relatively high speed . この構造に典型的であるのは、変形部6の近位部分、すなわち基部5と、変形部6の遠位部分、すなわち頂部との間にある破断した繊維、並びに、変形部6の頂部における繊維の「もつれ」7と思われるものである。 In the range typical for this structure, the proximal portion of the deformation portion 6, i.e. the base 5, the distal portion of deformations 6, i.e. broken fibers lies between the top and, at the top of deformations 6 it is what appears to be "entangled" 7 of the fiber. もつれ7は、破断していないループ状繊維8を含み、当該繊維8によって変形部6の頂部で支持されており、またさらに、もはや前駆体ウェブ20に一体的ではない破断した繊維11の部分も含む。 Tangles 7 includes a looped fibers 8 that are not broken, is supported at the top of deformations 6 by the fibers 8 and further, even longer portion of the fiber 11 was broken not integral with precursor web 20 including. すなわち、もつれ7は、元々は前駆体ウェブ20に一体的であったが、図7及び図8に関して記載したプロセスにおいて十分に速いライン速度で加工された後には前駆体ウェブ20から完全に引き離される、繊維の部分を含む。 That is, the entanglement 7, but originally was integral to the precursor web 20 is completely detached from precursor web 20 after being processed at a sufficiently high line speeds in the process described with respect to FIGS. 7 and 8 It includes a portion of the fiber.

したがって、前述の説明から、一実施形態では、ウェブ1を、第1表面12及び第2表面14を有する繊維ウェブ1として記述することができ、繊維ウェブ1が、第1領域2と、複数の不連続な第2領域4とを含んでおり、第2領域4が、直線的な配向を示し、且つ長手軸Lを画定する不連続部16である、少なくとも1つの部分と、変形部6である少なくとももう1つの部分とを有しており、変形部6が、第1領域2に一体的であって当該第1領域2から延びる繊維と、第1領域2に一体的でなく当該第1領域2から延びてもいない繊維とを含むことが理解される。 Thus, from the foregoing description, in one embodiment, the web 1 can be described as a fibrous web 1 having a first surface 12 and second surface 14, the fiber web 1, a first region 2, a plurality of includes a discontinuous second region 4, the second region 4, it shows a linear orientation, a discontinuity 16 and defining a longitudinal axis L, and at least one portion, a deformable portion 6 has a certain least another portion, deformation 6 comprises a fiber extending from the first region 2 a integrally with the first region 2, the first not integral with the first region 2 it is understood to comprise a fiber not even extend from the region 2.

ライン速度を除いて材料及び加工が同一であるウェブ1のもう1つの例が、図13及び図14に関して示されている。 Web 1 Another example of material and processing except for line speed is the same, is shown with respect to FIGS. 13 and 14. 図13及び図14に示した各ウェブ1についての前駆体ウェブ20は、サウスカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAフィブラス・ノンウーヴン・ウェブズ(BBA Fibrous,non-woven webs)から入手可能な、商品名ソフトスパン200(登録商標)として販売される、60gsm DAPP(延性配向ポリプロピレン)であった。 Precursor web 20 for each web 1 shown in FIGS. 13 and 14, available from BBA Fiburasu-Non'uvun-Webuzu SC Simpsonville (Simpsonville) (BBA Fibrous, non-woven webs), trade name sold as a soft span 200® was 60 gsm DAPP (ductility oriented polypropylene). 図13に示したウェブは、係合深さEが約3.4mm(約0.135インチ)、ピッチPが1.524mm(0.060インチ)、歯の高さTHが3.683mm(0.145インチ)、歯の距離TDが1.588mm(0.0625インチ)、歯の長さTLが1.270mm(0.050インチ)のロール102及び104のニップ116を通って加工された。 The web shown in FIG. 13, depth of engagement E of about 3.4 mm (about 0.135 inches), the pitch P is 1.524 mm (0.060 inch), a tooth height TH is 3.683mm (0 .145 inches), the distance TD teeth 1.588mm (0.0625 inches), a length TL of the teeth are machined through the nip 116 of rolls 102 and 104 of 1.270 mm (0.050 inches). ウェブは、約15メートル/分(1分当たり約50フィート)のライン速度で進められた。 Web was advanced at a line speed of about 15 meters / minute (about 50 feet per minute). 図14に示したウェブは、図13に示したウェブと同一であり、1分当たり約150メートル(1分当たり約500フィート)のライン速度を除いて同一の条件下で加工された。 Web shown in FIG. 14 is identical to the web shown in FIG. 13 was processed under identical conditions except for the line speed of about 150 meters per minute (about 500 feet per minute).

図13に示したウェブ1は、1分当たり約15メートル(1分当たり約50フィート)のライン速度で加工された。 Web 1 shown in FIG. 13 was processed at a line speed of about 15 meters per minute (about 50 feet per minute). 図のように、この比較的穏やかなライン速度でさえ、変形部6の遠位端のところにいくらかの量のもつれ形成が見られる。 As shown, even at this relatively moderate line speed, some amount of entanglement formed at the distal end of deformation 6 can be seen. このもつれ形成は、扁平な圧縮された繊維のより高密度の部分であるように見え、変形部6の、ロール104の歯110の先端に関連付けられた部分で生じる。 This tangle formation appears to be a higher density of the portion of the flat compressed fibers, of deformations 6, resulting in a portion associated with the distal end of the tooth 110 of roll 104. ライン速度が増大するにつれて、このもつれ形成、すなわちもつれ7は、図14に示したように、より明確になっていき、図14は、図13に示したウェブと同一の条件で、ただし1分当たり約150メートル(1分当たり約500フィート)のライン速度で加工されたウェブを示している。 As line speed increases, the tangle formation, i.e. tangled 7, as shown in FIG. 14, will become clearer, Figure 14, under the same conditions as the web shown in FIG. 13, but 1 minute It shows the processed web at a line speed of about 150 per meter (about 500 feet per minute). 図14に示した変形部6は、より明確なもつれ7を示しており、第1領域2に一体的であって当該第1領域2から延びる繊維と、第1領域2に一体的でなく当該第1領域2から延びてもいない繊維とを含むものとして記述することができる。 Deformation 6 shown in FIG. 14 shows a clearer tangles 7, and the fiber extending from the first region 2 a integrally with the first region 2, the not integral with the first region 2 it can be described as including a fiber not even extend from the first region 2.

変形部6の遠位部分で観察される明確な繊維配向、例えばもつれ7は、主に加工速度に起因すると考えられており、また、繊維のタイプ、前駆体ウェブ20の坪量、並びに繊維間結合に影響し得る加工温度のような他のパラメータによる影響を受けるとも考えられている。 Clear fiber orientation observed at the distal portion of deformations 6, for example, entanglement 7 is considered mainly attributable to the processing rate and the type of fibers, the basis weight of precursor web 20, as well as between fibers affected by other parameters, such as the processing temperature, which may affect binding and is also considered. 例えば、上記で観察されたように、繊維のもつれ形成は、ロール104の歯110の先端に関連付けられた変形部6の部分で生じる。 For example, as observed above, entangled fiber formation occurs at the portion of deformation 6 associated with the tips of the teeth 110 of roll 104. 歯群の先端での繊維の摩擦係合が、繊維を所定の場所に「固定」し、それによって繊維の伸長及び/又は繊維の移動性を制限すると考えられており、2つのメカニズムが変形部6の形成を可能にすると考えられている。 The frictional engagement of the fibers at the tip of the teeth, fibers and "fixed" to place, thereby believed to limit the movement of the extension and / or fibers of the fiber, the two mechanisms are deformed portion It believed to allow 6 formation. したがって、言わば所定の位置に固定された後には、歯110の先端に隣接した繊維を破断することができ、前駆体ウェブのランダムな交絡並びに圧力及び摩擦による繊維の可能な低温溶融によって、破断した繊維が、変形部6の遠位端のところでもつれ7に入り込んだままになる。 Accordingly, after being so to speak fixed in position, it is possible to break the fibers adjacent the tip of teeth 110, the possible low-temperature melting of the fibers by random entanglement and pressure and friction of the precursor web was broken fibers will remain that has entered the 7 tangle at the distal end of deformation 6.

比較的高い坪量を有する前駆体ウェブ20は、一般に、もつれ7に比較的多くの繊維の部分を有する。 Precursor web 20 having a relatively high basis weight, generally has a portion of relatively large number of fibers in the entangled 7. ある意味では、前駆体ウェブに含まれるほとんどの繊維が単純に変形部6の遠位部分へとZ方向に変位して、もつれ7をもたらしているように見える。 In a sense, most of the fibers contained in the precursor web is displaced in the Z direction to simply distal portion of deformations 6, appear to result in tangles 7. 比較的伸長の少ない繊維、又は繊維間の移動性が比較的低い繊維(例えば、繊維レプテーション)を含む前駆体ウェブ20は、変形部6の遠位端でもつれ7に入り込んだままになる繊維が比較的わずかであるように思われる。 Relatively few fibers extension, or mobility is relatively low fiber between the fibers (e.g., fibers reptation) precursor web 20 comprising the fibers remain that has entered the 7 tangle at the distal end of deformation 6 There appears to be relatively minor. 繊維間の移動性は、繊維間結合を低減させ、又はなくすことで、増大させることができる。 Mobility between fibers reduces the interfiber bonding, or by eliminating, can be increased. 特定の不織布ウェブでは、熱結合を完全になくし、又は大幅に低減させて、繊維間の移動性を増大させることができる。 In certain nonwoven webs, completely eliminate the thermal coupling, or greatly reduced, thereby increasing the mobility between the fibers. 同様に、水流交絡ウェブの交絡の程度を低減させて、繊維間の移動性を増大させることもできる。 Similarly, by reducing the degree of entanglement of the hydroentangled web can also increase the mobility between the fibers. いずれの前駆体ウェブ20でも、本明細書に開示した加工の前に潤滑剤を適用すると、やはり繊維間の移動性を増大させることができる。 Any precursor web 20, applying the lubricant prior to processing as disclosed herein, it is possible to also increase the mobility between the fibers. 例えば、界面活性剤又は鉱油の潤滑剤を、ロール102及び104のニップ116に進入する前の前駆体ウェブ20に適用することができる。 For example, it is possible to apply the lubricant surfactant or mineral oil, the precursor web 20 prior to entering the nip 116 of rolls 102 and 104.

もつれ7が存在する結果として、例えば、より擦り洗い的な質感が望ましい拭き取り用品に有用な、わずかに粗い質感をもつウェブ1が得られる。 As a result of entanglement 7 is present, for example, useful to wipe more scrubbing specific texture is desired, the web 1 is obtained with a slightly rough texture. ある意味では、比較的低速で加工された柔らかいテリー織の布状の触感を有するウェブは、同一の条件で、ただし比較的高速で加工された時には、安物のホテルのタオルの感触になる可能性がある。 In a sense, the web having a cloth-like feel of a relatively low-speed soft terry has been processed in the weaving, under the same conditions, except when it is processed at a relatively high speed, can lead to towel the feel of a cheap hotel there is. この粗い質感の感触は、硬質表面洗浄用の拭き取り用品、顔の角質除去用の拭き取り用品、及び皮膚クレンジング用の拭き取り用品のような一部の用途では有用な可能性がある。 Feel of the coarse texture, wipe for cleaning hard surfaces Supplies, wipes for exfoliating facial and be useful in some applications such as wipes for skin cleansing.

長さの短い繊維を含む特定のボンデッドカードウェブは、変形部4にループ状繊維8をごくわずかしか作り出さないので、これらのウェブに作り出された変形部6を、図1〜6に関して前述したような複数のループ状の整列した繊維8を含むものとしては記述できないことが判明した。 Particular bonded carded web that contains the length of the short fibers, because the deformation portion 4 does not produce the looped fibers 8 very little, the deformation portion 6 produced in these webs, previously described with respect to FIGS. 1-6 the including a plurality of looped fibers 8 aligned as found to not be described. その代わりに、図15のSEM写真に示されるように、カード処理された繊維性不織布ウェブは、あるとしてもごくわずかなループ状の整列した繊維8と、すべてではないが多くの整列していない繊維及び/又は破断した繊維18とを有する変形部6を生み出すことができる。 Alternatively, as illustrated in the SEM photograph of FIG. 15, the fibrous nonwoven web which is the card processing, the fibers 8 that negligible looped aligned any, but not all not much aligned it can produce deformations 6 having a fiber and / or broken fibers 18. 図15に示したウェブ1を作製するために使用される前駆体ウェブ20は、サウスカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAノンウーヴンズ(BBA Nonwovens)から高伸長カードウェブ(HEC(登録商標))として入手可能な40gsmカードウェブであり、係合深さEが約3.4mm(約0.135インチ)、ピッチPが約1.5mm(約0.060インチ)、歯の高さTHが約3.7mm(約0.145インチ)、歯の距離TDが約1.6mm(約0.063インチ)、歯の長さTLが約1.25mm(約0.050インチ)のロール102及び104のニップ116を通じて加工された。 Precursor web 20 used to make the web 1 shown in FIG. 15, available from BBA Non'uvunzu (BBA Nonwovens) SC Simpsonville (Simpsonville) as a high elongation carded web (HEC (TM)) a possible 40gsm carded webs, depth of engagement E of about 3.4 mm (about 0.135 inches), about 1.5 mm (about 0.060 inch) pitch P, tooth height TH of about 3. 7 mm (about 0.145 inches), the distance TD teeth about 1.6 mm (about 0.063 inches), the nip rolls 102 and 104 of length TL of the teeth about 1.25 mm (about 0.050 inches) It is processed through 116. ウェブは、約15メートル/分(1分当たり約50フィート)のライン速度で進められた。 Web was advanced at a line speed of about 15 meters / minute (about 50 feet per minute). カードウェブから作製された変形部6内の繊維が整列していないのは、1つには、カードウェブに含まれる繊維の性質に起因すると考えられている。 The fibers in deformations 6 made from carded webs is not aligned, in part, been attributed to the nature of the fibers contained in the card web. 短繊維は、「エンドレス」ではなく、代わりに、25mm〜約400mm程度、より典型的には約40mm〜約80mmの予め定められた長さを有する。 Short fibers, the "endless" but, instead, about 400mm about 25 mm to, more typically having a predetermined length of about 40mm~ about 80 mm. したがって、図7に関して記載した装置によってカードウェブが加工される時には、解けた繊維端が変形部6付近にあり、ゆえに変形部6内にループ状でない繊維端を作り出す可能性がはるかに大きくなると考えられている。 Therefore, when a carded web is processed by the apparatus described with respect to FIG. 7, considered solved fiber end is in the vicinity of deformations 6, thus may create fiber ends not looped is much larger in the deformation 6 It is.

したがって、前述の説明から、本発明のウェブがループ状の整列した繊維を有する必要がなく、一実施形態では、本発明のウェブを、第1表面12及び第2表面14とを有し、且つ実質的にランダムに配向した繊維を含む、前駆体ウェブ20の選択的機械変形によって形成された繊維ウェブ1であるものとして記述することができ、繊維ウェブが、選択的機械変形による変形部を実質的に含まない実質的にランダムに配向した繊維の第1領域と、複数の不連続な一体的第2領域とを含んでおり、第2領域4が、前駆体ウェブ20の離隔された変形部6を含んでおり、各第2領域4が、直線性を示し長手軸Lを画定する不連続部16である少なくとも1つの部分と、前記第1領域に一体的であるが前記第1領域から延びる複数の房状の繊維を含 Thus, from the foregoing description, it is not necessary to have a fiber web of the present invention are aligned looped, in one embodiment, the web of the present invention, and a first surface 12 and second surface 14, and comprises a substantially randomly oriented fibers can be described as being a fibrous web 1 formed by selective mechanical deformation of precursor web 20, the fibrous web is substantially deformed portion by selective mechanical deformation a first region of substantially randomly oriented fibers free in manner, includes a plurality of discrete integral second regions, the second regions 4, spaced deforming portions of the precursor web 20 includes 6, each of the second regions 4, and at least one portion which is discontinuous portion 16 defining a longitudinal axis L indicates linear, from but the first region which is integral with the first region including a plurality of tufted fibers extending 少なくとももう1つの部分とを有することが理解される。 It is understood and at least another portion.

本発明のウェブ1は、選ばれた特徴を有する工業用材料を生産する多くの機会を提示する。 Web 1 of the present invention presents many opportunities for producing industrial materials having selected characteristics. 例えば、変形部6内に露出した繊維端を有する確率を確実に予測できるように、カード処理された前駆体ウェブ20内の短繊維の長さを選択することによって、ウェブ1を作製することができる。 For example, as the probability of having fiber ends exposed in deformations 6 can be reliably predicted, by selecting the length of the short fibers of carded precursor web 20, it is possible to manufacture the web 1 it can. また、第2領域4の変形部6が主にループ状のスパンボンド繊維を含み、第1領域2がカード繊維及びスパンボンド繊維の両方を含むように、短繊維のカードウェブをスパンボンド繊維性不織布ウェブとブレンドし、又は積層化して、混成物を作り出すこともできる。 Further, deformation 6 of the second region 4 comprises predominantly looped spunbond fibers, so that the first region 2 contains both card fibrous and spunbond fibers, spunbond fibrous card web of short fibers blended with nonwoven web, or by laminating, it is also possible to create a hybrid. 前駆体ウェブ20の繊維のタイプ、短繊維の長さ、繊維の層化、及び他の変量は、ウェブ1の所望の機能的特徴をもたらすのに望ましいように変化させることができる。 Types of fibers of precursor web 20, the length of the short fibers, fibers of layering, and other variables may be varied as desired to provide the desired functional characteristics of the web 1.

好ましい実施形態では、前駆体ウェブ20は、最小限の繊維間結合が存在する繊維性不織布ウェブである。 In a preferred embodiment, precursor web 20 is a fibrous nonwoven web between the minimum fiber bonding exists. 例えば、前駆体ウェブを、繊維性不織布ウェブの技術分野において一般に知られているように、あるパターンの不連続な熱的点結合を有する繊維性不織布ウェブにすることができる。 For example, the precursor web, as is generally known in the art of fibrous nonwoven webs can be made fibrous nonwoven web having discrete thermal point bonds of a certain pattern. 本発明に好ましいカード処理された熱結合ウェブは、軽度に結合している。 Preferred carded thermally bonded web of the present invention is bonded lightly. 本明細書で使用する時、用語「軽度に結合した」は、不織布ウェブが、可融性繊維を溶融させ、容易な取り扱い及び運搬のためのウェブの完全性を与えるには十分に熱結合しているが、ウェブがその柔軟性及び可撓性を失うほど重度にはウェブを結合させないことを意味する。 As used herein, the term "bound lightly" is nonwoven web, to melt the fusible fibers, sufficiently thermally coupled to provide web integrity for easy handling and transport and are, but severe enough loses its softness and flexibility web means that do not bind the web. カード処理された熱結合ウェブの中では、タフト及びループを作製するには軽度の結合が好ましい。 Among carded thermally bonded webs, mild coupling is preferred for making tufts and loops.

ただし、一般的には、ウェブ1の第2領域4において最大の繊維移動性及び位置移動が可能になるように、結合点の数及び間隔を最小限に抑えることが望ましい。 However, in general, so as to allow maximum fiber mobility and position movement in the second region 4 of the web 1, it is desirable to minimize the number and spacing of bond points. 一般に、比較的大きな直径、及び/又は破断するまでの比較的大きな拡張、及び/又は比較的大きな繊維移動性を有する繊維を使用すると、より良好且つより明確に形成された第2領域4、具体的には変形部6がもたらされる。 In general, relatively large diameter, and / or relatively large extension to break, and / or when using fibers having a relatively large fiber mobility, the second region 4 is better and more clearly formed, specifically deformation 6 is brought in the manner.

ウェブ1は、好ましい実施形態では単層の前駆体ウェブ20から作製される単層ウェブとして開示されるが、必ずしもそうである必要はない。 Web 1, in the preferred embodiment is disclosed as a single layer web made from a precursor web 20 of a single layer, but not necessarily. 例えば、2つ若しくはそれ以上の層又はプライを有する、積層体又は複合体の前駆体ウェブ20を使用することができる。 For example, having two or more layers or plies can be used precursor web 20 of laminate or composite. 一般に、例えば積層体の前駆体ウェブから形成されたループ状の整列した繊維8が、積層体の両方(又はすべての)層からの繊維で構成され得ることを認識すると、ウェブ1に関する前述の説明が当てはまる。 In general, for example, fibers 8 aligned looped formed from a precursor web of the laminate, when recognizing that that may be configured with fibers from both the laminate (or all) layers, the foregoing description of web 1 It is true. したがって、そのようなウェブ構造では、すべての層のすべての繊維が、拡張及び変形の前に破断しないように、十分な直径、伸長特性、及び繊維移動性をもつことが重要である。 Thus, in such a web structure, all of the fibers of all the layers, so as not to break prior to extension and deformation, sufficient diameter, elongation characteristics, and to have the fiber mobility is important. この方法では、積層体のすべての層からの繊維が、房状の変形部6に寄与することがある。 In this method, fibers from all the layers of the laminate may contribute to the tufted deformations 6. 多層ウェブでは、異なるウェブの繊維が変形部6で混合され又は混じり合うことがある。 In a multilayer web, sometimes fibers of different web with each other are mixed or mixed by the deformations 6. 繊維は、隣接したウェブを通って突き出るのではなく、隣接したウェブの繊維と結合する。 Fibers, rather than extending through the adjacent webs, to bind adjacent web fibers. これは、ウェブが非常に高速で加工される時に、しばしば観察される。 This is, when the web is processed at a very high speed, is often observed.

多層ウェブ1は、単層ウェブ1に勝る重要な利点を有する可能性がある。 Multilayer web 1 may have significant advantages over single layer webs 1. 例えば、2つの前駆体ウェブ20A及び20Bを使用した多層ウェブ1から得られる変形部6が、図16〜18に図式的に示されている。 For example, deformation 6 obtained from a multilayer web 1 using two precursor webs 20A and 20B, shown schematically in Figure 16-18. 図のように、両方の前駆体ウェブ20A及び20Bが、2つの前駆体ウェブを合わせて「固定」する「入れ子」の関係で変形部6に繊維を与えて、層間の接着剤若しくは熱結合の使用又は必要なしに積層体ウェブを形成する。 As shown, both precursor webs 20A and 20B, together two precursor webs "fixed" giving fiber deformations 6 in relation to "nest", the adhesive or thermal bonding between the layers forming a laminate web without the use or need. ただし、望むなら、層間の接着剤、化学結合、樹脂若しくは粉末結合、又は熱結合を、前駆体ウェブの特定の領域又はすべてに、選択的に使用することができる。 However, if desired, adhesive layers, chemical bonding, resin or powder bonding, or thermal bonding, to a particular region or all of the precursor webs can be selectively used. 好ましい実施形態では、変形部6が、図16に示したように積層体の前駆体ウェブの層状の関係を保持しており、すべての好ましい実施形態では、上側の層(具体的には図16〜18の層20Aであるが、一般的には図16〜18に示したZ方向に関する最上層)が、実質的に損なわれていない状態を維持し、図2に示したループ状繊維8を形成する。 In a preferred embodiment, the deformation portion 6 is, holds the relationship of the precursor web of layered laminate as shown in FIG. 16, in all the preferred embodiments, the upper layer (specifically 16 it is a to 18 layers 20A, typically the top-layer) in the Z direction shown in FIG. 16 to 18, and remain substantially intact, the looped fibers 8 shown in FIG. 2 Form.

多層ウェブ1では、各前駆体ウェブが異なる特性を有することができる。 In the multilayer web 1, each precursor web can have different properties. 例えば、ウェブ1は、2つ(又はそれ以上)の前駆体ウェブ、例えば、第1の前駆体ウェブ20A及び第2の前駆体ウェブ20Bを含むことができる。 For example, web 1, precursor webs of the two (or more), for example, may include a first precursor web 20A and the second precursor web 20B. 第1の前駆体ウェブ20Aは、ウェブ20Aを跳ね戻らせることが可能な高伸長及び大きな弾性回復を示す、上側の層を形成することができる。 The first precursor web 20A shows a high elongation and high elastic recovery capable of causing back splash web 20A, it is possible to form the upper layer. 跳ね戻りは、図16に示したような両方のウェブの変形部6の基部部分5を横方向に絞るのに役立つ。 Spring back helps to narrow the base portion 5 of both webs of deformation 6 shown in FIG. 16 in the lateral direction. また、跳ね戻り又は横方向の絞りは、変形部6内のZ方向に配向した繊維を固定して安定化させるのにも役立つ。 Furthermore, rebound or lateral aperture also helps to stabilize the fibers oriented in the Z direction in the deformation 6 was fixed. また、前駆体ウェブ20Aによってもたらされる横方向の絞りは、第2の前駆体ウェブ20Bの安定性を増大させることもできる。 The horizontal direction of the aperture provided by precursor web 20A can also increase the stability of the second precursor web 20B. 多層ウェブ1の一例には、ワシントン州ワショーガル(Washougal)のBBAによって製造されるスパンボンドPE/PP(鞘/芯)の不織布ウェブで構成される、第1の前駆体ウェブ20Aが含まれる。 One example of a multilayer web 1 is comprised of a nonwoven web of spunbond PE / PP produced by BBA WA Washougal (Washougal) (sheath / core), it includes a first precursor web 20A. 第2の前駆体ウェブ20Bは、熱的点結合されたカード処理済みPET/Co−PET不織布ウェブ(ノースカロライナ州シャーロット(Charlotte)で製造される50% 6dpf PETウェルマンタイプ204、及びノースカロライナ州ガストニア(Gastonia)で製造される50% 6dpf Co−PETカネマツタイプLM651)で構成される。 The second precursor web 20B is 50% is produced by thermal point bonded carded treated PET / Co-PET nonwoven web (Charlotte, NC (Charlotte) 6 dpf PET Wellman Type 204, and Gastonia, NC (Gastonia ) composed of 50% 6dpf Co-PET Kanematsu type LM651) produced by. 第2の前駆体ウェブ20Bは、タフト加工を可能にするようにゆるく結合できるので、第1の前駆体ウェブ20Aを横方向に絞ると、やはり第2の前駆体ウェブ20Bの安定性を増大させることができる。 The second precursor web 20B, since it loosely bound to allow tufting, squeeze the first precursor web 20A in the lateral direction, thereby also increasing the stability of the second precursor web 20B be able to. 多層ウェブ1は、使い捨て吸収性用品上のトップシートとして使用される時には身体に接触する層として使用することができ、又は、トップシートと吸収性コアとの間に配置された下側の層として使用することができる。 Multilayer web 1 can be used as a layer in contact with the body when used as a topsheet on a disposable absorbent article, or, as the lower layer disposed between the topsheet and the absorbent core it can be used. また、多層ウェブを吸収性コアとして使用することもできる。 In addition, it is also possible to use a multi-layer web as an absorbent core.

多層ウェブ1では、各前駆体ウェブが異なる材料特性を有し、それによってウェブ1に有益な特性を与えることができる。 In the multilayer web 1 has each precursor web different material properties, thereby providing beneficial properties to the web 1. 例えば、2つ(又はそれ以上)の前駆体ウェブ、例えば第1の前駆体ウェブ20A及び第2の前駆体ウェブ20Bを含むウェブ1は、より詳細に後述するように、使い捨て吸収性用品上のトップシートとして使用するのに有益な流体取り扱い特性を有することができる。 For example, web 1 comprising two (or more) precursor webs, such as first precursor web 20A and the second precursor web 20B, as will be described later in more detail, on the disposable absorbent articles It may have beneficial fluid handling properties for use as a topsheet. 優れた流体取り扱い性のために、例えば、第1の前駆体ウェブ20Aが、上側の層(すなわち、使い捨て吸収性用品上のトップシートとして使用される時には身体に接触する層)を形成することができ、また、当該ウェブ20Aを比較的疎水性のある繊維で構成することができる。 For superior fluid handling, for example, be the first precursor web 20A is an upper layer (i.e., the layer in contact with the body when used as a topsheet on a disposable absorbent article) to form a can, also, it is possible to constitute the web 20A a relatively hydrophobic certain fibers. 第2の前駆体ウェブ20Bは、比較的親水性のある繊維で構成される、下側の層(すなわち、使い捨て吸収性用品上で使用される時にはトップシートと吸収性コアとの間に配置される層)を形成することができる。 The second precursor web 20B is comprised of fibers that relatively a hydrophilic bottom layer (i.e., disposed between the topsheet and the absorbent core when used on a disposable absorbent article that the layer) can be formed. 上側の比較的疎水性のある層上に付着した流体は、すぐに、下側の比較的親水性のある層へと運ばれる。 Fluid adhering to the upper side of the relatively hydrophobic a layer on is immediately conveyed to the lower side of the relatively hydrophilic certain layer. 急速な流体輸送が観察される理由の1つは、変形部6の概ね整列した繊維8、18によって形成された毛管構造である。 One of the reasons for rapid fluid transport is observed, a capillary structure formed by the fibers 8,18 taken generally aligned deformations 6. 繊維8、18は、隣接した繊維間に方向性をもって整列した毛管を形成し、毛管作用は、変形部6の近位部分5の付近の繊維が全体的に集まることによって向上する。 Fibers 8, 18 form a capillary aligned with a direction between adjacent fibers, capillary action, the fibers in the vicinity of the proximal portion 5 of the deformation 6 can be improved by collecting in overall.

急速な流体輸送は、さらに、変形部6によって生み出された空洞10を通って流体がウェブ1に進入できることによって増大すると考えられている。 Rapid fluid transport is further fluid through the cavity 10 created by the deformation portion 6 is believed to increase by allowing the entry of the web 1. この「横から進入する」能力、及び/又は毛管作用、及び/又はウェブ1の構造によってもたらされる親水性勾配が、ウェブ1を、使い捨て吸収性用品に最適な流体取り扱いについて理想的な材料にする。 The "enters from the side" capability, and / or capillary action, and / or hydrophilic gradients caused by the structure of web 1, the web 1, an ideal material for optimal fluid handling for disposable absorbent articles . 具体的には、多層ウェブ1は、流体取り扱い特性のさらに大きな改善をもたらすことができる。 Specifically, multilayer web 1 can provide for even greater improvement in fluid handling characteristics.

他の実施形態では、第1の前駆体ウェブ20Aを比較的柔らかい繊維(例えば、ポリエチレン)で構成することができ、他方、第2の前駆体ウェブ20Bを比較的堅い繊維(例えば、ポリエステル)で構成することができる。 In other embodiments, relatively soft fibers of the first precursor web 20A (for example, polyethylene) can be composed of, on the other hand, a relatively stiff fibers of the second precursor web 20B (e.g., polyester) it can be configured. このような多層ウェブ1では、変形部6は、圧力が加わった後でも、特定の量の高さhを保持又は回復することができる。 In such a multilayer web 1, deformations 6, even after applied pressure, can hold or restore the height h of the specified amounts.

使用される前駆体ウェブ20、並びに歯群110を含めたロール102及び104の寸法パラメータに応じて、本発明のウェブ1は、広範な物理特性を示すことができる。 Precursor web 20 used, and depending on the dimensional parameters of rolls 102 and 104, including teeth 110, web 1 of the present invention can exhibit a wide range of physical properties. ウェブ1は、主観的に感じる柔らかさから粗さまでに及ぶ一連の質感、非吸収性から高い吸収性までに及ぶ吸収性、比較的低い嵩から比較的高い嵩までに及ぶ嵩高性、低い引裂き強度から高い引裂き強度までに及ぶ引裂き強度、非弾性から少なくとも100%の弾性的延伸性までに及ぶ弾性、考慮される化学物質に応じた比較的低い耐性から比較的高い耐性までに及ぶ耐化学性、並びに、遮蔽能力、耐アルカリ性、不透明度、拭き取り能力、吸水性、吸油性、透湿性、断熱特性、耐候性、高い強度、高い引裂き力、耐磨耗性、静電的制御性、風合い、染料親和性、安全性などとして一般に記述される他の多種多様なパラメータを示すことができる。 Web 1, a series of texture ranging up roughness from softness subjectively feel, absorbent ranging up high absorption from nonabsorbable, bulkiness ranging up relatively high bulk from a relatively low bulk, low tear strength high tear spans tear strength to strength from an elastic ranging from non-elastic to at least 100% elastically extensible, chemical resistance ranging up relatively high resistance from a relatively low resistance in accordance with the chemicals considered, and, shielding ability, alkali resistance, opacity, wiping ability, water resistance, oil resistance, moisture permeability, heat insulating properties, weatherability, high strength, high tear force, abrasion resistance, electrostatic controllability, texture, dye affinity may indicate other diverse parameters described generally as including safety. 一般に、前駆体ウェブ20の繊維の伸長特性に応じて、装置100の寸法を変化させて、高さh(図20に示す)及び間隔(不連続な第2領域4の面密度を含める)を含め、第2領域4に関連付けられた広範な寸法を有するウェブ1を作り出すことができる。 In general, depending on the elongation properties of the fibers of precursor web 20, by changing the dimensions of the device 100, the height h (shown in FIG. 20) and spacing (including area density of discrete second regions 4) including, it is possible to produce a web 1 having a wide range of dimensions associated with second regions 4.

図19は、図9及び図10に示したロール104を使用して本発明のプロセスによって作製される、使い捨て吸収性用品の構成要素として有用な、テリー織の布状の繊維性不織布ウェブ布地ウェブ1の顕微鏡写真である。 Figure 19 uses a roll 104 shown in FIGS. 9 and 10 are prepared by the process of the present invention, useful as a component of a disposable absorbent article, terry cloth-like fibrous nonwoven web fabric webs 1 is a micrograph. 図19に示したウェブ1に使用される前駆体ウェブ20は、坪量約80gsmを有し、平均直径約33μmのポリエチレン/ポリプロピレン(鞘/芯)ポリエチレン/ポリプロピレン(鞘/芯)ポリエチレン/ポリプロピレン(鞘/芯)2成分繊維を含む、スパンボンド繊維性不織布ウェブであった。 Precursor web 20 used in the web 1 shown in FIG. 19 has a basis weight of about 80 gsm, polyethylene / polypropylene having an average diameter of about 33 .mu.m (sheath / core) polyethylene / polypropylene (sheath / core) polyethylene / polypropylene ( comprising a sheath / core) bicomponent fibers were spun bonded fibrous nonwoven webs. 図19のウェブ1は、1平方センチメートル当たり約24個の変形部6を有し、複数のループ状の整列した繊維8を有する、離隔された複数のタフト状・ループ状の変形部6をより明らかに示すために目で見える折り畳まれた縁部で折り畳まれており、各繊維8は、平均繊維直径約18μmを有する。 Figure web 1 of 19 1 has a square centimeter per about 24 deformations 6 having a plurality of looped aligned fibers 8, more clearly a plurality of tufted, looped deformations 6 spaced apart are folded in a folded edge visible to the eyes to indicate to, each fiber 8 has an average fiber diameter of about 18 [mu] m.

寸法の示された単一の変形部6が、図20に示されている。 Single deformation 6 shown dimensions are shown in Figure 20. 図10に示したように、図20に関して記載されるウェブでは、タフト状・ループ状の変形部6の空洞領域10は、通常、概ね円形又は楕円形であり、高さhと呼ばれる主要寸法を有しており、この高さhを少なくとも1mmにすることができる。 As shown in FIG. 10, the web described with respect to FIG. 20, the cavity region 10 of tufted loop-shaped deformation 6 is typically generally circular or oval, the major dimension called the height h has can be the height h at least 1 mm. 一般に、高さは、ウェブの働きに重要とは考えられていないが、ウェブ1の所望の最終用途に応じて変化させることができる。 In general, the height, is not important as considered in the working of the web can be varied depending on the desired end use of the web 1. 高さhは、0.1mm〜約10mm又はそれ以上にすることができる。 The height h may be about 10mm or more 0.1 mm to. 繊維性不織布ウェブの前駆体ウェブ20から形成され、テリー織の布の見た目及び感触を有するウェブ1は、約1mm〜約3mmの高さhを有するべきである。 Is formed from a precursor web 20 of fibrous nonwoven web, the web 1 having a look and feel of the fabric of the terry should have a height h of about 1mm~ about 3 mm.

図21に示したウェブ1のさらなる実施形態では、ウェブ1の第1表面12に関連付けられたウェブ1の側部に、第2領域4は、変形部6を含むことができ、各変形部6が、第1表面12から外側に向かって延びる、複数のタフト状の整列した繊維8を含む。 In a further embodiment of web 1 shown in FIG. 21, on the side of the web 1 associated with first surface 12 of web 1, second region 4 may include a deformable portion 6, each deformation 6 but extending outwardly from the first surface 12, including a plurality of tufted of aligned fibers 8. 変形部6は、繊維の「タフト」として記述することができ、各変形部6は、第1表面12の近位にある基部5と、第1表面12から最大の距離にある遠位部分3とを有する。 Deformation 6 can be described as "tufts" of fibers, each deformation 6 has a base portion 5 which is proximal to the first surface 12, a distal portion 3 at the maximum distance from the first surface 12 with the door. ウェブ1の第1表面12上に、第2領域4は、ウェブ1の第1表面12上の繊維配向の不連続部によって画定される不連続部16を含むことができる。 On the first surface 12 of web 1, second region 4 may include a discontinuity 16 defined by a discontinuity in the fiber orientation on the first surface 12 of the web 1. 第2表面14に関連付けられたウェブ1の側部に、第2領域4は、変形部6を含むことができ、各変形部6が、第2表面14から外側に向かって延びる、複数のタフト状・ループ状の整列した繊維8を含む。 On the side of the web 1 associated with second surface 14, second region 4 may include a deformable portion 6, each deformation 6 extends from the second surface 14 toward the outside, a plurality of tufts including Zhou looped aligned fibers 8. 変形部6は、繊維の「タフト」として記述することができ、各変形部6は、第2表面14の近位にある基部5と、第2表面14から最大の距離にある遠位部分3とを有する。 Deformation 6 can be described as "tufts" of fibers, each deformation 6 has a base portion 5 which is proximal to the second surface 14, a distal portion 3 at the maximum distance from the second surface 14 with the door. ウェブ1の第2表面14上に、第2領域は、ウェブ1の第2表面14上の繊維配向の不連続部によって画定される不連続部16を含むことができる。 On the second surface 14 of web 1, second region may include a discontinuity 16 defined by a discontinuity in the fiber orientation on the second surface 14 of the web 1. したがって、ウェブ1は、第1表面12及び第2表面14上に変形部6及び不連続部16を含むことができる。 Thus, the web 1 may include a deformable portion 6 and discontinuities 16 on the first surface 12 and a second surface 14.

以下の表1は、代表的な装置及びその上で作製されるウェブについての代表的な寸法を示す。 Table 1 below shows the typical dimensions for the web to be produced in a representative apparatus and thereon.

上記表1では、すべての試料は、サウスカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAフィブラス・ノンウーヴン・ウェブズ(BBA Fibrous,non-woven webs)から入手可能である。 In Table 1, all samples are available from BBA Fiburasu-Non'uvun-Webuzu SC Simpsonville (Simpsonville) (BBA Fibrous, non-woven webs). 試料1及び2は、商品名ソフテックス(登録商標)として販売される。 Samples 1 and 2, is sold under the trade name Softex (registered trademark). 試料3及び4は、商品名ソフトスパン200(登録商標)として販売される。 Samples 3 and 4 are sold under the trade name Soft span 200®.

(タフトの特性評価方法) (Method of evaluating the characteristic of Taft)
ウェブ側部の代表的な部分を選択し、当業者に周知の標準的な手順によって、画像又は顕微鏡写真を作成する走査型電子顕微鏡(SEM)撮像による評価に適するように、ウェブの試料を調製する。 Select a representative portion of the web sides, prepared by standard procedures well known to those skilled in the art, to be suitable for evaluation by scanning electron microscope (SEM) imaging to create images or micrographs, the sample of the web to. 初めは約10倍の比較的低い倍率で撮像し、タフトを含んだ視野を選択する。 Initially captured at a relatively low magnification of about 10 times, to select the field containing the tufts. 視野内で、代表的なタフトをいくつか選択し、選択されたタフトに含まれる繊維を計数する能力を高めるためにいくつかの視角で画像を取得する。 In the field of view, and select some representative tufts, acquires an image at several viewing angles in order to enhance the ability to count the fibers contained in the selected tuft. 機械方向を向く選択されたタフトそれぞれから、表面から低い角度で、タフトの開口した端部を通して見ている少なくとも第1の画像を取得する。 From each selected tufts facing machine direction, at a low angle from the surface, to obtain at least a first image is viewed through open end of the tuft. 第1の画像から90度近く回転した角度で、少なくとも第2の画像を得る。 At an angle 90 degrees near the first image to obtain at least a second image. タフト中の繊維を精確に計数し、当該繊維の直径を測定する能力を高めるように、倍率を選択する。 The fibers in the tuft accurately counted, so as to increase the ability to measure the diameter of the fiber, selects the magnification. 既に得た画像でバルクの代表的な部分が見られない場合、比較のために、タフトから離れたバルク表面の画像も得る。 If you already obtained not seen a representative portion of the bulk image, for comparison, also obtain an image of the distant bulk surface from tuft. 画像が20mm×25mm(8インチ×10インチ)で印刷され、測定値が15cm(6インチ)キャリパーによって取得される時には、適した倍率は、通常、約10倍〜約100倍の範囲である。 Image is printed at 20 mm × 25 mm (8 inches × 10 inches), when the measured value is obtained by 15cm (6 inches) calipers, suitable magnification is usually from about 10 to about 100-fold range. 画像を20mm×25mm(8インチ×10インチ)以上のサイズで印刷する。 Image printing in 20 mm × 25 mm (8 inches × 10 inches) or more size. これが顕微鏡写真になる。 This is the microscope photograph. 印刷される画像それぞれにスケールバーを含める。 It includes scale bar on each image to be printed.

(繊維の計数) (Counting of fibers)
計数すべきタフトの顕微鏡写真を調査する。 To investigate the microscope photograph of Taft to be counted. タフトの開いた領域を通して見ている、タフトの顕微鏡写真を選択する。 Looking through the open area of ​​the tuft, selects a photomicrograph of tufts. タフトの開いた領域が明らかでない場合、繊維を計数できる画像を選択する。 If the open area of ​​the tuft is not clear, selects an image to be counted fibers. タフトは、一点でウェブ表面から立ち上がっている繊維で構成されており、一部の繊維は、ループを形成して別の地点で表面に再び進入することもある。 Tufts is constituted by fibers standing up from the web surface at a point, some of the fibers may also be re-enters the surface at another point to form a loop. 同一繊維の上向き部分と下向き部分とを容易に区別可能なタフトの領域を探して、不明瞭な繊維をできる限り少なくする。 Looking upward portion and down portion and the region of easily distinguishable tufts of the same fiber, to minimize the ambiguous fibers.

鉛筆、ペン、又はマーカーを使用して、繊維の数を計数する。 Pencil, using pen or a marker, to count the number of fibers. タフトの中心から開始して、ほぼ直線上を移動して縁部に向かって(又はその逆に)外側へと計数する。 Starting from the center of the tuft, it counts to approximately towards the edge by moving a straight line (or vice versa) outside. これが、同一の繊維を2回以上計数する危険を最小限に抑える。 This is, to minimize the risk of counting the same fiber more than once. タフトを慎重に調査して、計数し忘れた、又は2回計数された繊維を探す。 Taft carefully investigated, counted and forgotten, or look for a second time counting fibers. 一部の繊維は、破断している。 Some of the fibers are broken. 破断した繊維の2つの半体を2つの別個の繊維として計数していないことを慎重に確認する。 Carefully confirm that no count the two halves of the broken fibers as two separate fibers. それに応じて総計を調整する。 To adjust the total accordingly. 第1回の計数とは異なる方向の第2の線上で、繊維を再び計数する。 In the second line of direction different from the first time counting again counted fibers. 計数された繊維の最大の数が、そのタフトにおける「タフト当たりの繊維の総数」になる。 Maximum number of counted fibers become "The total number of fibers per tuft" in the tuft. 異なる角度からの、同一のタフトの画像を選択する。 From different angles, it selects the image of the same tuft. 一方の側から他方の側へと(例えば、左から右へと)横切って、又はタフトの頂部に沿って計数して、第2の視角からタフト中の繊維を計数することによって、得られた総計の確度を検証する。 From one side to the other side across (e.g., from left to right), or by counting along the top of the tuft, by counting the fibers in the tufts from the second viewing angle, the resulting to verify the accuracy of the total. 1つの視角からは繊維が不明瞭で、異なる角度から得られた総計がより大きな数を与える場合、大きい方の数をタフト中の繊維の数として選択する。 From one viewing angle fibers unclear, if the total obtained from different angles provide greater numbers, it selects a number of larger as the number of fibers in the tufts. 個別の繊維だけを計数し、タフト若しくはループの頂部の熱溶融又は低温溶着のような任意の加工を含めた加工の結果として生じ得るような、もつれを生じた又は溶融した領域を計数していないことを確かめる。 Counting only the individual fibers, such as may result from processing of such including any processing as hot melt or cold welding of the top of the tuft or loop, not counting or melted region resulted in tangles make sure.

(繊維端部の計数) (Counting of the fiber ends)
タフト中に見ることのできる繊維端部すべてを計数する。 Counting the all fiber ends that can be seen in Taft. 鉛筆、ペン、又はマーカーを使用して、計数された端部それぞれを識別する。 Pencil, Pen, or using a marker to identify each counted end. これが、同一の端部を2回以上計数する危険を最小限に抑える。 This suppresses the same end to minimize the risk of counting more than once. タフト画像を慎重に調査して、計数し忘れた端部を探す。 Tufts image carefully investigate, look for the counted forgotten end. それに応じて総計を調整する。 To adjust the total accordingly. 得られる結果が、「タフト当たりの繊維端部の数」になる。 The results obtained, the "number of fiber ends per tuft". 一部の繊維は、ウェブ表面から引き出されて、一端だけを露出していることがあり、その場合、「タフト当たりの繊維端部の数」が偶数値ではなく奇数値になり得ることに留意する。 Some of the fibers are drawn from the web surface, sometimes exposed only at one end, in which case, noted that "the number of fiber ends per tuft" can become the odd values ​​rather than even number to. それは、得られた値が奇数であるか偶数であるかに関わらず、計数された値として報告される。 It obtained values ​​regardless of whether an odd number or an even number, are reported as counted values.
少なくとももう1つのタフトで、「タフト当たりの繊維の総数」及び「タフト当たりの繊維端部の数」を計数するプロセスを繰り返す。 In at least another tuft, repeat the process for counting the "number of fiber ends per tuft" and "the total number of fibers per tuft". 平均した結果を報告する。 To report the results of the average.

(破断していないタフト当たりの繊維の数) (Number of fibers per tuft that is not broken)
式1によって、「破断していないタフト当たりの繊維の数(N)」を算出する。 By Equation 1 to calculate the "number of fibers per tuft unbroken (N)".
(1)N=タフト当たりの繊維の総数−(タフト当たりの繊維端部の数)/2 (1) The total number of fibers per N = Tuft - (number of fiber ends per tuft) / 2
式2に従って、「破断していないタフト当たりの繊維の数」を、パーセンテージで表す。 According to Equation 2, the "number of fibers per tuft unbroken", expressed as a percentage.
(2)N/%=100×N/タフト当たりの繊維の総数 (2) the total number of N /% = 100 × N / fibers per tuft

(繊維直径) (Fiber diameter)
個々の繊維の幅を測定するのに適した倍率で、タフトの顕微鏡写真を目で見て調べる。 At a magnification suitable for measuring the width of the individual fibers, examined viewed photomicrograph of tufts in the eyes. 繊維直径の一様性についてタフトを調べる。 Check tufts for uniformity of fiber diameter. 繊維直径がかなり一貫したものに思われる場合、代表的と思われる1つの繊維を選択し、キャリパーの間隔をその繊維の幅に設定する。 If you think to what fiber diameter is fairly consistent and, select one of the fibers appears to typically set the interval of caliper to the width of the fiber. キャリパーの間隔をタフト中のさらに5〜10個の繊維と比較して、選択された繊維が代表的であったことを確認する。 Compared to further 5-10 fibers in tuft spacing caliper, to ensure that fibers selected were typical. ほとんどの繊維がキャリパーの設定よりも大きく(又は小さく)見える場合、ギャップを調整して比較を繰り返す。 If most of the fibers is greater than the set caliper (or less) it looks, and repeats the comparison to adjust the gap. 取得された6〜11個の平均キャリパー読み値として実際の直径を算出し、スケールバーを使用して結果を補正し、実際の直径を結果として平均値で報告する。 It calculates the actual diameter as obtained 6-11 amino average caliper readings to correct the results using the scale bar reported in the average value of the actual diameter as a result. その結果が、「タフト中の繊維の平均直径」になる。 As a result, the "average diameter of the fibers in the tufts". 同様に、バルクウェブに焦点を合わせ、一様性について目で見て調べる。 Similarly, focusing on bulk web, examined visually for uniformity. タフト繊維に関するのと同一の手順を使用して、代表的なバルクの繊維直径を決定する。 Using the same procedure as for tufted fibers, to determine the fiber diameter typical bulk. 結果を平均し、スケールバーを使用して結果を実際の寸法に補正する。 The results were averaged, corrected to the actual dimensions results using the scale bar. その結果が、「タフト外の繊維の平均直径」になる。 As a result, the "average diameter of the tuft out of the fiber." 繊維の引き出し程度の目安として、直径の比を容易に決定することができる。 As a measure of the degree drawer fibers, it can readily determine the ratio of the diameter.

(タフトの高さ、タフトの最大幅、及びタフトの最小幅) (Tuft height, maximum width, and the minimum width of the tufts tufted)
タフト(ループであってもよい)の開いた部分を通して見ている、繊維の計数に使用した第1のものと同一の顕微鏡写真を選択する。 Taft looking through the open portion of (or may be a loop), select the same photomicrographs of the first one used to count the fibers. 図22に示した顕微鏡写真では、タフトの高さがH、タフトの最大幅がW、タフトの最小幅がBである。 In the micrograph shown in FIG. 22, the height of the tufts is H, the maximum width of the tufts W, the minimum width of the tufts is B. 測定されるタフト寸法の一様性について、顕微鏡写真を目で見て調べる。 The uniformity of the tuft dimension measured, examined viewed photomicrograph eyes. タフトの最大幅を測定するには、キャリパーの間隔を、最も幅の広い地点におけるそのタフトの幅に設定する。 To measure the maximum width of the tuft, the spacing of the caliper is set to the width of the tuft in a wide point of widest. ほとんどのタフトは、タフトのバルクから劇的に突き出るランダムな外れ繊維をいくらか有する。 Most tufts, somewhat have random out fibers protruding dramatically from the bulk of the tuft. これらの繊維は、キャリパーのギャップ内には含めない。 These fibers are not included in the gap of the caliper. キャリパーの間隔を、さらにいくつか(5〜10個)のタフトと比較する。 The spacing of the caliper further compared with tufts of a number (5-10). 結果を平均し、スケールバーを使用して結果を実際の寸法に調整する。 The results were averaged and adjusted to actual dimensions results using the scale bar. タフトの高さ及びタフトの最小幅について、これと同一の手順に従う。 The tuft height and minimum width of the tufts, following the same procedure as this.

(パーソナルケア用品) (Personal Care)
本発明のパーソナルケア用品は、本発明の繊維ウェブに加えて、皮膚、毛髪、及び身体の同様のケラチン性表面をクレンジング且つ/又は処置するのに有用な、繊維性不織布ウェブに関連付けられた少なくとも1つのクレンジング及び/又は処置組成物を必要とする。 Personal care products of the present invention at least, in addition to the fibrous web of the present invention, the skin, hair, and useful for similar keratinous surfaces of the body cleansing and / or treatment, associated with the fibrous nonwoven web It requires one cleansing and / or treating composition. 本発明者らは、房状のウェブと、本発明のウェブに関連付けられた処置/クレンジング成分(すなわち、他の組成の一部としての組成物)との複合作用が、パーソナルケア用品において予期せぬレベルの利益をもたらすことを発見した。 The present inventors have found that the combined action of the tufted web, and the web to the associated treatment / cleansing component of the present invention (i.e., compositions as part of another composition) is not expected in the personal care products It was found to bring the level of profits unexpected. 理論に制限されるものではないが、ウェブの平面に対して直角に配向した多数の繊維が、本発明の処置組成物と組み合わされた時に、有利に柔らかい又は凹凸のある感触を与えることのできる表面をもたらすことに加えて、独特のクレンジング、角質除去、処置、及び/又は泡利益をもたらすと考えられている。 Without being limited by theory, can provide the feel many fibers oriented at right angles to the plane of the web is, when combined with treatment compositions of the present invention, with a preferably soft or uneven in addition to providing the surface, believed to result in unique cleansing, exfoliating, treatment, and / or foam benefits. 本発明者らは、ウェブの平面、すなわちMD−CD平面に対して直角に配向した繊維が、毛穴若しくは皺のような皮膚の特徴的構造を深く掻き取って関連した汚れを除去することによって洗浄作用を向上させ、皮膚表面からの複合的な掻き取りと吸い上げとによって皮膚に関連した汚れを布へと吸い上げ、汚染物質(すなわち「埃」)又は単純に一時的な皮膚処置の残留物(すなわち顔用ファンデーションのような化粧品に関連した粒子)のことがある皮膚表面上に存在する粒子を取り込み、皮膚表面を洗浄剤に露出させることによって、且つ/又は本発明の用品から皮膚へと処置組成物を吸い上げることによって、皮膚に処置を適用し、泡性界面活性剤成分と組み合わせて機械的に攪拌した時に泡の発生を促進するタフト内/タフト周りの The inventors have washed, the plane of the web, i.e. fibers oriented at right angles to the MD-CD plane, by removing the associated dirty deep scraping the characteristic structure of the skin, such as pores or wrinkles improve action, wicking and dirt in relation to the skin by a wicking and complex scraping from the skin surface to the fabric, contaminants (i.e. "dust") or residues of simply temporary skin treatment (i.e. capture particles that are present on the skin surface in the associated cosmetic products such as facial foundation particles), by exposing the skin surface to the cleaning agent, and / or treatment composition from the articles of the present invention to the skin by sucking things, to apply the treatment to the skin, the tufts in / tufts around to promote bubble formation when mechanically stirred in combination with lathering surfactant component 気の空洞を与えることによって、泡用品に泡利益の向上をもたらすと考えている。 By giving the cavity of the gas, it is thought to lead to improvement of foam profits to Awayo goods.

本発明のパーソナルケア用品は、水、一価及び多価アルコール類(グリセリン、プロピレングリコール、エタノール、イソプロパノールなど)、鉱油のような炭化水素油類、シリコーン流体、またトリグリセリド油類、またシリコーンMQ樹脂類のような流体樹脂類、炭化水素類のエステル類及びエーテル類、アルコール類、香料、芳香油類、テルペン類のような天然油類、様々な樹木及び植物油類、並びにこれらの混合物から成る群から選択される揮発性及び不揮発性流体を含んでよく、また、それらの中に溶解若しくは分散された、又はそれらに加えて、他の構成成分を含有することができる。 Personal care products of the present invention, water, monohydric and polyhydric alcohols (glycerin, propylene glycol, ethanol, isopropanol, etc.), hydrocarbon oils such as mineral oil, silicone fluids, also triglycerides oils, also silicone MQ resin fluid resins such as class, esters hydrocarbons and ethers, alcohols, perfumes, fragrance oils, natural oils such as terpenes, the group consisting of various trees and vegetable oils, and mixtures thereof It may include volatile and non-volatile fluid is selected from, also dissolved or dispersed within them, or in addition to, may contain other components.

当該用品は、また、流体の添加なしでも有用なことがあり、流体を活性化させてもよく、又はその両方でもよい。 The articles are also sometimes useful without the addition of a fluid, may activate the fluid, or both. 房状のウェブと処置組成物との相互作用の理由から、低濃度の処置成分が、大きな利益をもたらすことができる。 For reasons of interaction with tufted web with the treatment composition, the low concentration treatment component of, it can bring great benefits. 例えば、ウェブ表面積1平方メートル当たりわずか約0.25g〜約10g(0.25〜10.0gsm)の乾燥界面活性剤成分が、顔のクレンジングに有用な泡利益をもたらすことができる。 For example, it is possible to dry surfactant component of only about 0.25g~ about 10g per web surface area 1 m2 (0.25~10.0gsm) results in a foam benefits useful for cleansing the face. 房状のウェブが低密度の性質であるので、当該ウェブは、また、指定された表面を拭き取るのに有用な、又は指定された表面に処置組成物を放出するのに有用な、繊維性不織布ウェブの少なくとも約10倍の重量の液体処置成分を保持することが可能である。 Since tufted web is in the nature of the low density, the web is also useful for release treatment composition useful, or designated surface to wipe the given surface, fibrous, nonwoven it is possible to retain at least about 10 times the weight of the liquid therapeutic component of the web. 本発明の用品の他の用途は、本明細書に開示の実施例から明らかになる。 Other uses of the article of the present invention will become apparent from the examples disclosed herein.

特定の状況では、例えば、本発明のパーソナルケア用品上に処置組成物が含まれている状態で、本発明のウェブに不透明な組成物が多量に添加されていて変形部の存在を隠している場合、本発明のパーソナルケア用品は、変形部を含まないように見えることがある。 In certain situations, for example, in a state in which the treatment composition in personal care on goods are included in the present invention, an opaque composition to the web of the present invention is hiding the existence of the deformable portion have a large amount of added If, personal-care appliance of the present invention, may appear to not include deformable portions. 例えば、折り畳んで交互に配置された本発明のパーソナルケア用品30個の積み重ね体であって、各用品が基材の500重量%の粘稠で不透明な治療的半固体エマルションを含んでいる積み重ね体は、その中に含まれるタフト及びループをすぐには現さないことがある。 For example, folded and a personal care product 30 of the stack of the present invention disposed alternately stack the respective article contains an opaque therapeutic semisolid emulsions with 500% by weight of viscous substrate may not manifested immediately tufts and loop contained therein. 変形部の存在を隠しても、それによって得られる利益が全く損なわれず、変形部、すなわちタフト及び/又はループの存在は、初めに本発明のウェブからパーソナルケア組成物を除去することによって証明することができる。 Even hide the presence of the deformable section, thereby not impaired at all benefits obtained, the presence of the deformable portion, namely tufts and / or loops is demonstrated by the removal of the personal care composition from the web of the present invention initially be able to.

(パーソナルケア組成物) (Personal care composition)
本発明は、皮膚、毛髪、並びに指及び足指の爪を含め、皮膚、毛髪、若しくは他の同様のケラチン含有表面を主にクレンジング且つ/又は処置するために個人によって使用されるパーソナルケア用品のためのものである。 The present invention, skin, hair, and including fingers and toenails, skin, hair, or personal care products are used by individuals primarily for cleansing and / or treating other similar keratin-containing surfaces it is for. これらのパーソナルケア用品は、本発明の繊維性不織布ウェブの表面に組み込まれた又は含浸されたパーソナルケア組成物の使用を包含する。 These personal care products include the use of or impregnated personal care composition is incorporated into the surface of the fibrous nonwoven web of the present invention. 本発明のパーソナルケア組成物は、クレンジング組成物、及び処置剤、並びにこれらの混合物から成る群から選択される。 The personal care compositions of the present invention, the cleansing compositions, and treatment agent, and is selected from the group consisting of mixtures. 本発明は、クレンジング組成物と処置剤の両方を単一の用品に組み合わせる用品を含むことができる。 The present invention may include an article that combines both a cleansing composition treatments in a single article.

I. I. (クレンジング組成物) (Cleansing composition)
A. A. (泡性クレンジング組成物) (Foam cleansing composition)
繊維性不織布ウェブに加えて、本発明の用品は、また、繊維性不織布ウェブ又は基材の繊維性不織布ウェブに関連付けられた1つ以上の泡性界面活性剤を含む。 In addition to the fibrous nonwoven web, articles of the present invention may also include one or more lathering surfactants which are associated with the fibrous nonwoven web of fibrous nonwoven web or substrate. ゆえに、泡性界面活性剤を繊維性不織布ウェブ上に添加することができ、又は当該ウェブに含浸させることができる。 Therefore, the lathering surfactant can be added to the fibrous nonwoven web, or can be impregnated into the web. これは一般に、用品の使用時点よりも前に実施されることになり、すなわち、界面活性剤が用品と組み合わされてから、最後に用品が使用のために濡らされる。 This generally will be carried out prior to the point of use of the article, i.e., a surfactant is combined with goods, the end article is wetted for use. 本発明の身体用クレンジング組成物は、当該用品が後述する定常的泡体積試験に従って少なくとも1400mlの総定常的泡体積を発生できるような、十分な量の1つ以上の泡性界面活性剤を含む。 Body cleansing composition of the present invention comprise one or more lathering surfactants least 1400ml that can generate a total steady Lather Volume, a sufficient amount according to the steady Lather Volume Test in which the article is described below . 本発明の顔用クレンジング組成物は、当該組成物が後述する機械的泡体積試験に記載の機械的泡体積を少なくとも85ml発生させるような、十分な濃度の本明細書に記載の界面活性剤を含む。 Facial cleansing composition of the present invention, such as to at least 85ml generate mechanical foam volume according to the mechanical Lather Volume Test in which the composition described below, the surfactants described herein sufficient concentration including. 本発明のシャンプー用品は、繊維性不織布ウェブ上で乾燥された十分なレベルのシャンプー組成物を含む。 Shampoo articles of the present invention contains sufficient levels of the shampoo composition dried on the fibrous nonwoven web.

1)身体用クレンジング組成物 身体用クレンジング組成物は、長時間持続する泡を有することを特徴とし、より大きな表面、すなわち、例えばシャワーを浴びる間に全身を洗うのに最も有用である。 1) Body cleansing compositions body cleansing compositions are characterized by having a bubble that long lasting, larger surface, i.e., a most useful wash systemic during exposure to the example shower. 一般に身体用クレンジング組成物は、好ましくは、ウェブの約1600重量%以下の泡性界面活性剤を含み、好ましくはウェブの約1000重量%以下、より好ましくは約800重量%以下、さらに好ましくは約600重量%以下の泡性界面活性剤を含む。 Generally the body cleansing composition preferably comprises about 1600% by weight of lathering surfactant of the web, preferably about 1000% by weight of the web or less, about 800 wt% and more preferably less, more preferably about containing 600% by weight of lathering surfactant. 一般に身体用クレンジング組成物は、好ましくは、ウェブの少なくとも15重量%の泡性界面活性剤を含み、好ましくはウェブの少なくとも25重量%、より好ましくは少なくとも50重量%、さらに好ましくは少なくとも60重量%の泡性界面活性剤を含む。 Generally the body cleansing composition preferably comprises at least 15 wt.% Of lathering surfactant of the web, preferably at least 25 wt% of the web, more preferably at least 50 wt%, more preferably at least 60 wt% including the foaming surfactant.

本発明の身体用クレンジング組成物は、当該組成物が後述する定常的泡体積試験に従って少なくとも1400mlの定常的総泡体積を発生できるような、十分な量の1つ以上の泡性界面活性剤を含む。 Body cleansing composition of the present invention, as the composition can generate a standing Total Lather volume of at least 1400ml according constant Lather Volume Test described below, one or more lathering surfactants in an amount sufficient including. 好ましくは、身体用クレンジング組成物は、少なくとも1900mlの定常的総泡体積、さらに好ましくは少なくとも2500mlの定常的総泡体積、さらに好ましくは少なくとも3000mlの定常的総泡体積、さらに好ましくは少なくとも3500mlの総定常的泡体積を発生させる。 Preferably, the body cleansing composition, at least steady Total Lather volume of 1900 ml, more preferably the constant Total Lather volume of at least 2500 ml, more preferably the constant Total Lather volume of at least 3000 ml, more preferably at least 3500ml Total generating a constant bubble volume. 本願の状況では、泡性界面活性剤とは、流体と合わせて機械的に攪拌すると、それが関連付けられた用品に泡を形成させる十分なフォーム又は泡を発生させる、界面活性剤を意味する。 In this application context, the lathering surfactants, when mechanically agitated together with fluid, it generates a sufficient foam or froth to form a foam article associated refers to a surfactant. 好ましくは、これらの泡性界面活性剤及び/又はそれらと他の界面活性剤との組み合わせは、低刺激性であるべきであり、これは、これらの界面活性剤が十分なクレンジング又は洗浄利益をもたらすが皮膚又は毛髪を過度に乾燥させないことを意味しており、さらに、前記界面活性剤及び/又はそれらと他の界面活性剤との組み合わせは、定常的泡体積試験に記載の泡基準を満たすべきである。 Preferably, a combination of these lathering surfactant and / or their other surfactants should be mild, which, these surfactants have sufficient cleansing or cleaning benefits results but it indicates that do not overly dry the skin or hair, yet, combination of the surfactant and / or their other surfactants, meet bubbles criteria described in steady Lather volume test it should.

2)顔用クレンジング組成物 顔用クレンジング組成物は、一般に、より少量の流体を使用して、皮膚の小さな部分を洗うために使用される泡を作り出す。 2) facial cleansing compositions facial cleansing compositions typically use a smaller amount of fluid, creating a bubble that is used to wash a small portion of the skin. 顔用クレンジング組成物は、洗面台で顔をクレンジングするのに特に有用である。 Facial cleansing compositions are particularly useful for cleansing the face with washbasin. 一般に顔用クレンジング組成物は、好ましくは、ウェブの約250重量%以下の泡性界面活性剤を含む。 Generally facial cleansing compositions preferably comprise from about 250% by weight of lathering surfactant of the web. 好ましくは、本発明の組成物は、ウェブの約100重量%以下、より好ましくは約75重量%以下、さらに好ましくは約50重量%以下の泡性界面活性剤を含む。 Preferably, the compositions of the present invention comprises about 100% by weight of the web, more preferably up to about 75 wt%, more preferably from about 50 wt% or less of the lathering surfactant. 一般に顔用クレンジング組成物は、好ましくはウェブの少なくとも0.5重量%の泡性界面活性剤を含む。 Generally facial cleansing composition preferably comprises at least 0.5 wt.% Of lathering surfactant of the web. 好ましくは、本発明の組成物は、ウェブの少なくとも0.6重量%、より好ましくは少なくとも0.75重量%、さらに好ましくは少なくとも1重量%の泡性界面活性剤を含む。 Preferably, the compositions of the present invention, at least 0.6 wt% of the web, more preferably at least 0.75 wt%, more preferably at least 1 wt.% Of lathering surfactant.

本発明の顔用クレンジング組成物は、当該組成物が後述する機械的泡体積試験に従って少なくとも85mlの機械的泡体積を発生できるような、十分な量の1つ以上の泡性界面活性剤を含む。 Facial cleansing composition of the present invention comprise one or more lathering surfactants least 85ml that can generate mechanical foam volume, sufficient amounts according the machine Lather Volume Test in which the composition is described below . 好ましくは、顔用クレンジング組成物は、少なくとも150mlの機械的泡体積、さらに好ましくは少なくとも220mlの機械的泡体積、さらに好ましくは少なくとも350mlの機械的泡体積を発生させる。 Preferably, facial cleansing composition, mechanical foam volume of at least 150 ml, more preferably at least 220ml of mechanical foam volume, more preferably generates a mechanical foam volume of at least 350 ml. 泡性界面活性剤とは、流体と合わせて機械的に攪拌すると、用品に全体として泡させる、十分なフォーム又は泡を発生させる界面活性剤を意味する。 The lathering surfactant, when mechanically agitated together with fluid, is foam as a whole to goods, it means a surfactant that generates a sufficient foam or bubbles. 好ましくは、これらの界面活性剤又は界面活性剤の組み合わせは、低刺激性であるべきであり、これは、これらの界面活性剤が十分なクレンジング又は洗浄効果をもたらすが皮膚又は毛髪を過度に乾燥させないことを意味しており、さらに、前記界面活性剤は、前述の泡基準を満たすべきである。 Preferably, a combination of these surfactants or surfactants should be mild, which is overly dry These surfactants provide sufficient cleansing or cleaning effect skin or hair it indicates that not to further the surfactant should meet the bubbles aforementioned criteria.

多種多様な泡性界面活性剤が、本明細書に記載の身体用クレンジング組成物及び顔用クレンジング組成物の両方に有用であり、それらには、陰イオン性泡性界面活性剤、非イオン性泡界面活性剤、両性泡性界面活性剤、及びこれらの混合物から成る群から選択されるものが含まれる。 A wide variety of lathering surfactants are useful for both body cleansing compositions, and facial cleansing compositions described herein and include anionic lathering surfactants, nonionic foam surfactants, amphoteric lathering surfactants, and include those selected from the group consisting of mixtures. 本発明の組成物で有用な泡性界面活性剤の非限定例は、米国特許第6,280,757号(マクエイティ(McAtee)ら、2001年8月28日発行)に開示されている。 Non-limiting examples of useful foam surfactant in the compositions of the present invention, U.S. Patent No. 6,280,757 (Makueiti (McAtee) et al, issued Aug. 28, 2001) disclosed. 一般に、泡性界面活性剤は、存在するコンディショニング剤、例えば、かなり水溶性の高い、通常はHLB値が10を超える、いずれのコンディショニング剤の付着も、さほど強くは妨げない。 Generally, lathering surfactants, conditioning agents that are present, for example, fairly high water solubility, usually HLB value exceeds 10, also deposition of any conditioning agent, does not interfere the less strongly. また、陽イオン性界面活性剤も、必要な泡性界面活性剤の全体的な泡特性に悪影響を与えないのであれば、任意成分として使用することができる。 Also, cationic surfactants also, if not adversely affect the overall foam properties of lathering surfactant required may be used as optional ingredients.

3)シャンプー組成物 シャンプー用品は、繊維性不織布ウェブに適用されるシャンプー組成物を含む。 3) shampoo composition Shampoo article comprises a shampoo composition applied to the fibrous nonwoven web. 前記用品は、上記で開示したように、乾燥した用品、湿った用品、又は濡れた用品であってよい。 It said article, as disclosed above, dry goods, may be moist goods, or wet products. この用品は、洗髪及び身体に適している。 This equipment is suitable for hair and body.

前述の泡性クレンジング組成物に適した界面活性剤には、以下の界面活性剤が含まれる。 Suitable surfactants for lathering cleansing composition described above include the following surfactants.

(陰イオン性泡性界面活性剤) (Anionic lathering surfactant)
本発明の組成物に有用な陰イオン性泡性界面活性剤の非限定例は、マカッチャン(McCutcheon)の「洗剤及び乳化剤(Detergents and Emulsifiers)」、北アメリカ版(1986)、アルレッド・パブリッシング・コーポレーション(allured Publishing Corporation)出版、マカッチャンの「機能性材料(Functional Materials)」、北アメリカ版(1992)、及び米国特許第3,929,678号(ラフリン(Laughlin)ら、1975年12月30日発行)に開示されている。 Nonlimiting examples of useful anionic lathering surfactant in the compositions of the present invention, "Detergents and Emulsifiers (Detergents and Emulsifiers)" McCutcheon (McCutcheon), North American edition (1986), Arureddo Publishing Corporation (allured publishing Corporation) publication, McCutcheon "functional materials (functional materials)", North American Edition (1992), and US Patent No. 3,929,678 (Laughlin (Laughlin), et al., issued Dec. 30, 1975 It is disclosed in).

本明細書では、多種多様な陰イオン性泡性界面活性剤が有用である。 In this specification, a wide variety of anionic lathering surfactants are useful. 陰イオン性泡性界面活性剤の非限定例としては、サルコシネート類、サルフェート類、イセチオネート類、タウレート類、ホスフェート類、ラクチレート類、グルタメート類、及びこれらの混合物から成る群から選択されるものが挙げられる。 Nonlimiting examples of anionic lathering surfactants, sarcosinates, sulfates, isethionates, taurates, phosphates, lactylates, glutamates, and include those selected from the group consisting of mixtures It is. イセチオネート類の中では、アルコイルイセチオネート類が好ましく、サルフェート類の中では、アルキルサルフェート類及びアルキルエーテルサルフェート類が好ましい。 Among isethionates are preferably alkoyl isethionates, among sulfates, the alkyl sulfates and alkyl ether sulfates are preferred.

本明細書で有用な他の陰イオン性物質には、脂肪酸石鹸類(すなわち、アルカリ金属塩類、例えば、ナトリウム塩又はカリウム塩)が挙げられ、通常は約8〜約24個の炭素原子、好ましくは約10〜約20個の炭素原子を有する脂肪酸を有する。 Useful other anionic materials herein are fatty acid soaps (i.e., alkali metal salts, e.g., sodium or potassium salts) include, typically from about 8 to about 24 carbon atoms, preferably has a fatty acid having from about 10 to about 20 carbon atoms. 石鹸類を製造する際に使用されるこれらの脂肪酸類は、例えば、植物若しくは動物由来のグリセリド類(例えば、パーム油、ココヤシ油、大豆油、ヒマシ油、タロー、ラードなど)のような天然源から得ることができる。 These fatty acids used in making the soaps can be, for example, natural sources such as glycerides of vegetable or animal origin (e.g., palm oil, coconut oil, soybean oil, castor oil, tallow, lard, etc.) it can be obtained from. 脂肪酸類は、また、合成的に調製することもできる。 Fatty acids, can also be synthetically prepared. 石鹸類及びそれらの調製については、米国特許第4,557,853号に詳細に記載されている。 The soaps and their preparation are described in detail in U.S. Patent No. 4,557,853.

他の陰イオン性物質には、モノアルキルリン酸塩、ジアルキルリン酸塩、及びトリアルキルリン酸塩のようなホスフェート類が含まれる。 Other anionic materials, monoalkyl phosphates, dialkyl phosphates, and include phosphates such as trialkyl phosphate. 本明細書で有用な好ましい陰イオン性泡性界面活性剤の非限定例としては、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸ナトリウム、トリデセス硫酸ナトリウム、セチル硫酸アンモニウム、セチル硫酸ナトリウム、ココイルイセチオン酸アンモニウム、ラウロイルイセチオン酸ナトリウム、ラウロイル乳酸ナトリウム、ラウロイル乳酸トリエタノールアミン、カプロイル乳酸ナトリウム、ラウロイルサルコシン酸ナトリウム、ミリストイルサルコシン酸ナトリウム、ココイルサルコシン酸ナトリウム、ラウロイルメチルタウリン酸ナトリウム、ココイルメチルタウリン酸ナトリウム、ラウロイルグルタミン酸ナトリウム、ミリストイルグルタミン酸ナトリウム、及びココイルグルタミン酸 Non-limiting examples of preferred anionic lathering surfactants useful herein include, sodium lauryl sulfate, ammonium lauryl sulfate, ammonium laureth sulfate, sodium laureth sulfate, sodium trideceth sulfate, cetyl sulfate, sodium cetyl sulfate, cocoyl isethionate ammonium, sodium lauroyl isethionate, sodium lauroyl lactylate, triethanolamine lauroyl lactylate, sodium caproyl lactate, sodium lauroyl sarcosinate, sodium myristoyl sarcosinate, cocoyl sarcosinate, sodium Singh, sodium lauroyl methyl taurate, sodium cocoyl methyl taurate, sodium lauroyl glutamate, myristoyl sodium glutamate, and cocoyl glutamate トリウム、並びにこれらの混合物から成る群から選択されるものが挙げられる。 Thorium, as well as those selected from the group consisting of mixtures.

本明細書に用いるのに特に好ましいのは、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウロイルサルコシン酸ナトリウム、ココイルサルコシン酸ナトリウム、ミリストイルサルコシン酸ナトリウム、ラウロイル乳酸ナトリウム、及びラウロイル乳酸トリエタノールアミンである。 Especially preferred for use herein is ammonium lauryl sulfate, ammonium laureth sulfate, and sodium lauroyl sarcosinate, sodium cocoyl sarcosinate, sodium myristoyl sarcosinate, sodium lauroyl lactate, and triethanolamine lauroyl lactylate.

(非イオン性泡性界面活性剤) (Nonionic lathering surfactant)
本発明の組成物で使用される非イオン性泡性界面活性剤の非限定例は、マカッチャン(McCutcheon)の「洗剤及び乳化剤(Detergents and Emulsifiers)」、北アメリカ版(1986)、アルレッド・パブリッシング・コーポレーション(allured Publishing Corporation)出版、及びマカッチャンの「機能性材料(Functional Materials)」、北アメリカ版(1992)に開示されている。 Nonlimiting examples of nonionic lathering surfactants for use in the compositions of the present invention, "Detergents and Emulsifiers (Detergents and Emulsifiers)" McCutcheon (McCutcheon), North American edition (1986), Arureddo Publishing Corporation (allured publishing Corporation) publication, and McCutcheon "functional materials (functional materials)", has been disclosed in North American Edition (1992).

本明細書で有用な非イオン性泡性界面活性剤には、アルキルグルコシド類、アルキルポリグルコシド類、ポリヒドロキシ脂肪酸アミド類、アルコキシル化脂肪酸エステル類、泡性スクロースエステル類、アミンオキシド類、及びこれらの混合物から成る群から選択されるものが挙げられる。 Nonionic lathering surfactants useful herein are alkyl glucosides, alkyl polyglucosides, polyhydroxy fatty acid amides, alkoxylated fatty acid esters, lathering sucrose esters, amine oxides, and their They include those selected from the group consisting of.
本明細書に用いるのに好ましい非イオン性界面活性剤の非限定例は、C 8 〜C 14グルコースアミド類、C 8 〜C 14アルキルポリグルコシド類、スクロースココエート、スクロースラウレート、ラウラミンオキシド、ココアミンオキシド、及びこれらの混合物から成る群から選択されるものである。 Nonlimiting examples of preferred nonionic surfactants for use herein are, C 8 -C 14 glucose amides, C 8 -C 14 alkyl polyglucosides, sucrose cocoate, sucrose laurate, lauramine oxide , cocoamine oxide, and is selected from the group consisting of mixtures.

(両性泡性界面活性剤) (Amphoteric lathering surfactant)
本明細書で使用する時、用語「両性泡性界面活性剤」は、また、両性界面活性剤のサブセットとして当該技術分野の配合者に周知の双極性界面活性剤を包含することが意図されている。 As used herein, the term "amphoteric lathering surfactant", and it is intended to encompass known zwitterionic surfactant formulator of the art as a subset of amphoteric surfactants there.

多種多様な両性泡性界面活性剤を、本発明の組成物で使用することができる。 A wide variety of amphoteric lathering surfactants can be used in the compositions of the present invention. 特に有用であるのは、脂肪族二級及び三級アミン類の誘導体類として広く記述されるものであり、好ましくは、窒素が陽イオン状態で、脂肪族ラジカルが直鎖又は分岐鎖であることができ、ラジカルの1つが、イオン性の水溶性基、例えば、カルボキシ、スルホネート、サルフェート、ホスフェート、又はホスホネートを含有するものである。 It Particularly useful are those which are broadly described as derivatives of aliphatic secondary and tertiary amines, preferably, nitrogen is in a cationic state, aliphatic radical is a straight or branched chain It can be one of the radicals, but ionic water-soluble group, for example, those containing carboxy, sulfonate, sulfate, phosphate, or phosphonate.

本発明の組成物に有用な両性界面活性剤の非限定例は、マカッチャン(McCutcheon)の「洗剤及び乳化剤(Detergents and Emulsifiers)」、北アメリカ版(1986)、アルレッド・パブリッシング・コーポレーション(allured Publishing Corporation)出版、及びマカッチャンの「機能性材料(Functional Materials)」、北アメリカ版(1992)に開示されている。 Nonlimiting examples of amphoteric surfactants useful in the compositions of the present invention, "Detergents and Emulsifiers (Detergents and Emulsifiers)" McCutcheon (McCutcheon), North American edition (1986), Arureddo Publishing Corporation (allured Publishing Corporation ) publication, and McCutcheon "functional materials (functional materials)", has been disclosed in North American Edition (1992).

双極性界面活性剤の非限定例は、ベタイン類、スルタイン類、ヒドロキシスルタイン類、アルキルイミノアセテート類、イミノジアルカノエート類、アミノアルカノエート類、及びこれらの混合物から成る群から選択されるものである。 Non-limiting examples of zwitterionic surfactants, betaines, sultaines, hydroxy sultaine, alkyl imino acetates, iminodialkanoates, amino alkanoate such, and those selected from the group consisting of mixtures it is.

本明細書に用いるのに好ましい泡性界面活性剤は、次の通りである。 Preferred lathering surfactants for use herein are as follows. 陰イオン性泡性界面活性剤は、ラウロイルサルコシン酸アンモニウム、トリデセス硫酸ナトリウム、ラウロイルサルコシン酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ココイルイセチオン酸アンモニウム、ココイルイセチオン酸ナトリウム、ラウロイルイセチオン酸ナトリウム、セチル硫酸ナトリウム、ラウロイル乳酸ナトリウム、ラウロイル乳酸トリエタノールアミン、及びこれらの混合物から成る群から選択され、非イオン性泡性界面活性剤は、ラウラミンオキシド、ココアミンオキシド、デシルポリグルコース、ラウリルポリグルコース、スクロースココエート、C 12〜14グルコサミド類、スクロースラウレート、及びこれらの混合物から成る群から選 Anionic lathering surfactants, ammonium lauroyl sarcosinate, sodium trideceth sulfate, sodium lauroyl sarcosinate, ammonium laureth sulfate, sodium laureth sulfate, ammonium lauryl sulfate, sodium lauryl sulfate, ammonium cocoyl isethionate, sodium cocoyl isethionate, sodium lauroyl isethionate, sodium cetyl sulfate, sodium lauroyl lactylate, triethanolamine lauroyl lactylate, and is selected from the group consisting of mixtures, non-ionic lathering surfactants, lauramine oxide, cocoamine oxide, decyl polyglucose, lauryl polyglucose, sucrose cocoate, C 12 to 14 glucosamide acids, sucrose laurate, and mixtures thereof selection され、両性泡性界面活性剤は、ラウロアンホ二酢酸二ナトリウム、ラウロアンホ酢酸ナトリウム、セチルジメチルベタイン、ココアミドプロピルベタイン、ココアミドプロピルヒドロキシスルタイン、及びこれらの混合物から成る群から選択される。 Are, amphoteric lathering surfactants, disodium lauroamphodiacetate, sodium lauroamphoacetate, cetyl dimethyl betaine, cocoamidopropyl betaine, cocoamidopropyl hydroxy sultaine, and is selected from the group consisting of mixtures.

B. B. (非泡性クレンジング組成物) (Non-lathering cleansing composition)
繊維性不織布ウェブに加えて、本発明の組成物は、また、繊維性不織布ウェブに関連付けられた1つ以上の非泡性界面活性剤を含む。 In addition to the fibrous nonwoven web, the compositions of the present invention may also include one or more non-lathering surfactants associated with the fibrous nonwoven web. 本発明の好ましい用品は、濡れた又は湿った状態であり、組成物は、当該組成物が定常的泡体積試験に開示される泡を発生させないような、十分な量の1つ以上の非泡性界面活性剤を含む。 Preferred articles of the present invention is a wet or moist condition, composition, the composition is such as not to generate bubbles disclosed steady Lather Volume Test, a sufficient amount of one or more non-foam including sex surfactant. 本発明の非泡性クレンジング組成物は、当該組成物が後述する定常的泡体積試験に従って最大でも700mlの定常的瞬間泡体積しか発生できないような、十分な量の1つ以上の非泡性界面活性剤を含む。 Non-lathering cleansing composition of the present invention, Steady Flash Lather Volume 700ml at most in accordance with the steady Lather Volume Test in which the composition is described below only that can not be generated, sufficient of one or more non-lathering surfactants amounts containing the active agent. 好ましくは、非泡性クレンジング組成物は、400ml未満の定常的瞬間泡体積、さらに好ましくは300ml未満の定常的瞬間泡体積、さらに好ましくは250ml未満の定常的瞬間泡体積を発生させる。 Preferably, non-lathering cleansing composition Steady Flash Lather Volume of less than 400 ml, more preferably Steady Flash Lather Volume of less than 300 ml, more preferably generates a constant Flash Lather volume of less than 250 ml.

一般に非泡性クレンジング組成物は、好ましくは、ウェブの約1600重量%以下の非泡性界面活性剤を含み、好ましくはウェブの約1000重量%以下、より好ましくは約800重量%以下、さらに好ましくは約600重量%以下の非泡性界面活性剤を含む。 Generally non-lathering cleansing composition preferably comprises about 1600% by weight of non-lathering surfactants of the web, preferably about 1000% by weight of the web, more preferably up to about 800 wt%, more preferably comprises about 600 weight percent of a non-foaming surfactant. 一般に非泡性クレンジング組成物は、好ましくは、ウェブの少なくとも15重量%の非泡性界面活性剤を含み、好ましくはウェブの少なくとも25重量%、より好ましくは少なくとも50重量%、さらに好ましくは少なくとも60重量%の非泡性界面活性剤を含む。 Generally non-lathering cleansing composition preferably comprises a non-foaming surfactant of at least 15% by weight of the web, preferably at least 25 wt% of the web, more preferably at least 50 wt%, more preferably at least 60 including the weight percent of the non-lathering surfactants.
非泡性の用品は、皮膚上に泡が存在することが望ましくない角質除去用の拭き取り布(例えば、ウェットワイプ、リフレッシュメントワイプ)に使用される。 Non-lathering of the article is, wipes for exfoliating that there are bubbles on the skin undesirable (e.g., wet wipes, refreshment wipes) used in. これらの非限定例は、皮膚拭き取り組成物及びリフレッシング組成物である。 Non-limiting examples of these are skin wipe composition and refreshing compositions.

これら非泡性界面活性剤の非限定例は、ポリエチレングリコール20ソルビタンモノラウレート(ポリソルベート20)、ポリエチレングリコール5大豆ステロール、ステアレス−20、セテアレス−20、PPG−2メチルグルコースエーテルジステアレート、セテス−10、ポリソルベート80、セチルホスフェート、セチルリン酸カリウム、ジエタノールアミンセチルホスフェート、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル、PEG−100ステアレート、ポリオキシエチレン20ソルビタントリオレエート(ポリソルベート85)、ソルビタンモノラウレート、ポリオキシエチレン4ラウリルエーテルナトリウムステアレート、ポリグリセリル−4イソステアレート、ラウリン酸ヘキシル、PPG−2メチルグルコースエーテ Nonlimiting examples of these non-lathering surfactants, polyethylene glycol 20 sorbitan monolaurate (Polysorbate 20), polyethylene glycol 5 soya sterol, Steareth-20, Ceteareth-20, PPG-2 methyl glucose ether distearate, ceteth -10, polysorbate 80, cetyl phosphate, potassium cetyl phosphate, diethanolamine cetyl phosphate, polysorbate 60, glyceryl stearate, PEG-100 stearate, polyoxyethylene 20 sorbitan trioleate (polysorbate 85), sorbitan monolaurate, polyoxyethylene 4 lauryl ether sodium stearate, polyglyceryl-4 isostearate, hexyl laurate, PPG-2 methyl glucose ether ジステアレート、セテス−10、ジエタノールアミンセチルホスフェート、ステアリン酸グリセリル、PEG−100ステアレート、及びこれらの混合物である。 Distearate, are ceteth-10, diethanolamine cetyl phosphate, glyceryl stearate, PEG-100 stearate, and mixtures thereof.

1)皮膚拭き取り組成物 皮膚、爪、又は毛髪拭き取り用品は、顔のメークアップ除去、ベビー用拭き取り用品、皮膚リフレッシング拭き取り用品、失禁症状のある患者の入浴拭き取り用品、マスク、及び手の洗浄用拭き取り用品を含めた用品から成る。 1) skin wiping compositions skin, nails, or hair wipes, make-up removal facial wipes baby, skin refreshing wipes, bath wipes patients incontinent, masks, and wiping cleaning of hands consisting of supplies, including supplies.

2)リフレッシング組成物 非泡性洗浄に有用な他の用品には、ペットシャンプー用の拭き取り用品及び乳牛の乳房洗浄用の拭き取り用品が含まれる。 2) The refreshing composition non-lathering other goods useful for washing include wipe wipes for breast cleaning articles and cow pet shampoo.

II. II. (処置組成物) (Treatment composition)
繊維性不織布ウェブに加えて、本発明の用品は、また、繊維性不織布ウェブに関連付けられた1つ以上の処置組成物を含む。 In addition to the fibrous nonwoven web, articles of the present invention may also include one or more treatment composition associated with the fibrous nonwoven web. 処置に使用されるので、これらの用品は、一般に非泡性と見なされ、このような用品は、上記で定義したように、濡れた、湿った、又は乾燥したものにすることができる。 Because it is used in the treatment, these articles are generally considered non-lathering, such articles, as defined above, wet, can be those that wet or dry. 本発明の繊維性不織布ウェブに関連付けられた処置組成物の中には、皮膚、毛髪、及び同様のケラチン性領域用の皮膚コンディショニング剤及び皮膚処置剤がある。 Some treatment composition associated with fibrous nonwoven webs present invention is the skin, hair, and similar skin conditioning agents and skin treatment agents for keratinous region. 本発明の処置組成物は、当該組成物が後述する定常的泡体積試験に従って最大でも700mlの定常的瞬間泡体積しか発生できないような、十分な量の1つ以上の非泡性界面活性剤を含む。 Treatment compositions of the present invention, Steady Flash Lather Volume 700ml at most in accordance with the steady Lather Volume Test in which the composition is described below only that can not be generated, one or more non-lathering surfactants in an amount sufficient including. 好ましくは、処置組成物は、400ml未満の定常的瞬間泡体積、さらに好ましくは300ml未満の定常的瞬間泡体積、さらに好ましくは250ml未満の定常的瞬間泡体積を発生させる。 Preferably, the treatment composition, Steady Flash Lather Volume of less than 400 ml, more preferably Steady Flash Lather Volume of less than 300 ml, more preferably generates a constant Flash Lather volume of less than 250 ml.

A. A. (皮膚コンディショニング剤) (Skin conditioning agent)
本発明の用品は、皮膚、毛髪、及びケラチン含有組織を含む身体の他の部分にコンディショニング利益をもたらすのに有用な皮膚コンディショニング剤を含むことができる。 Articles of the present invention can include skin, hair, and useful skin conditioning agents to provide conditioning benefits to other parts of the body including the keratin-containing tissues. 皮膚コンディショニング剤は、ウェブの約1600重量%以下、好ましくは約1000重量%以下、より好ましくは約800重量%以下、最も好ましくは約600重量%以下の皮膚コンディショニング剤を含むことができる。 Skin conditioning agents, from about 1600 weight% of the web or less, preferably about 1000% by weight or less, more preferably about 800 wt% or less, most preferably comprising about 600 wt% of the skin conditioning agents. 皮膚コンディショニング剤は、ウェブの少なくとも0.05重量%、好ましくは少なくとも15重量%、より好ましくは少なくとも15重量%、最も好ましくは約60重量%以下の皮膚コンディショニング剤を含むことができる。 Skin conditioning agent is at least 0.05% by weight of the web, preferably at least 15 wt%, more preferably at least 15 wt%, most preferably comprising about 60% by weight of the skin conditioning agents.

本発明で有用な皮膚コンディショニング剤は、水溶性コンディショニング剤、油溶性コンディショニング剤、コンディショニングエマルション、又はこれら3つの組み合わせ若しくは順列を含むことができる。 Useful skin conditioning agents in the present invention, water soluble conditioning agent can include oil soluble conditioning agent, the conditioning emulsion, or any combination of the three or permutations. 油溶性コンディショニング剤は、当該油溶性コンディショニング剤の加重算術平均溶解度パラメータが10.5以下になるような、1つ以上の油溶性コンディショニング剤から選択される。 Oil soluble conditioning agent, the weighted arithmetic mean solubility parameter of the oil soluble conditioning agent is such that 10.5 below, is selected from one or more oil soluble conditioning agent. 水溶性コンディショニング剤は、当該水溶性コンディショニング剤の加重算術平均溶解度パラメータが10.5より大きくなるような、1つ以上の水溶性コンディショニング剤から選択される。 Water soluble conditioning agent, the weighted arithmetic mean solubility parameter of said water soluble conditioning agent, such as greater than 10.5, are selected from one or more water soluble conditioning agents. 溶解度パラメータのこの数学的定義に基づけば、例えば、化合物の1つが10.5より大きい個別の溶解度パラメータを有する場合、必要な加重算術平均溶解度パラメータ、すなわち10.5以下は、2つ以上の化合物を含む油溶性コンディショニング剤について達成可能なことが認識される。 Based on this mathematical definition of solubility parameters, for example, if one of the compounds having greater than 10.5 individual solubility parameters, weighted arithmetic mean solubility parameter necessary, ie 10.5 or less, two or more compounds it can be achieved for oil soluble conditioning agent comprising is recognized. 反対に、化合物の1つが10.5以下の個別の溶解度パラメータを有する場合、適切な加重算術平均溶解度パラメータ、すなわち10.5より大きい値は、2つ以上の化合物を含む水溶性コンディショニング剤について達成可能である。 Conversely, if one of the compounds having a 10.5 following individual solubility parameters, appropriate weighted arithmetic mean solubility parameter, i.e. greater than 10.5 values ​​achieved for water soluble conditioning agent comprising two or more compounds possible it is.

溶解度パラメータは、当該技術分野の配合化学者には周知であり、配合過程において物質の適合性及び溶解度を決定する指針として日常的に使用されている。 Solubility parameters are well known to formulation chemists in the art and are routinely used as a guide to determine the compatibility and solubility of materials in the formulation process. 「製品、包装、浸透、及び保存における溶解度の効果(Solubility Effects in Product,Package,Penetration,and Preservation)」、化粧品及びトイレタリー(Cosmetics and Toiletries)、第103巻、47〜69頁(1988年10月)を参照のこと。 "Product, packaging, penetration, and the solubility of the effect in storage (Solubility Effects in Product, Package, Penetration, and Preservation)", cosmetics and toiletries (Cosmetics and Toiletries), the first 103, pp. 47-69 (10 January 1988 )checking.

有用なコンディショニング剤の非限定例としては、ワセリン、脂肪酸類、脂肪酸類のエステル類、脂肪アルコール類、エトキシル化アルコール類、ポリオールポリエステル類、グリセリン、グリセリンモノエステル類、グリセリンポリエステル類、表皮性及び皮脂性炭化水素、ラノリン、直鎖及び分岐状炭化水素、シリコーン油、シリコーンガム、植物油、植物油付加物、水素化植物油類、非イオン性ポリマー類、天然蝋類、合成蝋類、ポリオレフィン性グリコール類、ポリオレフィン性モノエステル、ポリオレフィン性ポリエステル類、コレステロール類、コレステロールエステル類、トリグリセリド類、並びにこれらの混合物から成る群から選択されるものが挙げられる。 Non-limiting examples of useful conditioning agents, petrolatum, fatty acids, fatty acids esters, fatty alcohols, ethoxylated alcohols, polyols polyesters, glycerin, glycerin monoesters, glycerin polyesters, epidermal and sebaceous sex hydrocarbons, lanolin, straight and branched hydrocarbons, silicone oils, silicone gums, vegetable oils, vegetable oil adducts, hydrogenated vegetable oils, nonionic polymers, natural waxes, synthetic waxes, polyolefinic glycols, polyolefinic monoester, polyolefinic polyesters, cholesterols, cholesterol esters, triglycerides, as well as those selected from the group consisting of mixtures.

より具体的には、コンディショニング剤は、パラフィン、鉱油、ワセリン、ステアリルアルコール、セチルアルコール、セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、スクロースのC10〜C30ポリエステル類、ステアリン酸、パルミチン酸、ベヘン酸、オレイン酸、リノール酸、ミリスチン酸、ラウリン酸、リシノール酸、ステアレス−1〜100、セテアレス1〜100、コレステロール類、コレステロールエステル類、グリセリルトリベヘネート、グリセリルジパルミテート、グリセリルモノステアレート、トリヒドロキシステアリン、オゾケライト蝋、ホホバ蝋、ラノリン蝋、エチレングリコールジステアレート、キャンデリラ蝋、カルナウバ蝋、蜜蝋、及びシリコーン蝋類から成る群から選択してよい。 More specifically, the conditioning agents are paraffin, mineral oil, petrolatum, stearyl alcohol, cetyl alcohol, cetearyl alcohol, behenyl alcohol, C10-C30 polyesters sucrose, stearic acid, palmitic acid, behenic acid, oleic acid, linoleic acid , myristic acid, lauric acid, ricinoleic acid, steareth -1~100, ceteareth 1-100, cholesterols, cholesterol esters, glyceryl tribehenate, glyceryl palmitate, glyceryl monostearate, trihydroxystearin, ozokerite wax , jojoba wax, lanolin wax, ethylene glycol distearate, candelilla wax, carnauba wax, beeswax, and may be selected from the group consisting of silicone waxes.

鉱油は、液状ワセリンとしても知られ、石油から得られる液状炭化水素の混合物である。 Mineral oil, also known as liquid petrolatum, a mixture of liquid hydrocarbons obtained from petroleum. ザ・メルク・インデックス(The Merck Index)、第10版、エントリー7048、1033頁(1983)、及び国際化粧品成分事典(International Cosmetic Ingredient Dictionary)、第5版、第1巻、415〜417頁(1993)を参照のこと。 The Merck Index (The Merck Index), 10th Edition, entry pages 7048,1033 (1983), and International Cosmetic Ingredient Dictionary (International Cosmetic Ingredient Dictionary), 5th Edition, Vol. 1, pp. 415-417 (1993 )checking.
ワセリンは、石油ゼリーとしても知られ、非直鎖の固体炭化水素と沸点の高い液状炭化水素とを含むコロイド系である。 Petrolatum is also known as petroleum jelly, is a colloidal system comprising a non-linear solid hydrocarbons and high-boiling liquid hydrocarbons. ザ・メルク・インデックス(The Merck Index)、第10版、エントリー7047、1033頁(1983)、シンドラー(Schindler)、薬品・化粧品産業(Drug.Cosmet.Ind.)、89、36〜37、76、78〜80、82頁(1961)、及び国際化粧品成分事典(International Cosmetic Ingredient Dictionary)、第5版、第1巻、537頁(1993)を参照のこと。 The Merck Index (The Merck Index), 10th Edition, entry pages 7047,1033 (1983), Schindler (Schindler), chemicals and cosmetics industry (Drug.Cosmet.Ind.), 89,36~37,76, pp 78~80,82 (1961), and International cosmetic ingredient Dictionary (International cosmetic ingredient Dictionary), fifth Edition, Volume 1, page 537 (1993).
また、ポリジアルキルシロキサン類、ポリジアリールシロキサン類、及びポリアルカリールシロキサン類のような不揮発性シリコーン類も、有用な皮膚コンディショニング剤である。 Further, polydialkylsiloxanes, non-volatile silicone, such as polydiene aryl siloxanes, and poly alkaryl siloxanes are also useful skin conditioning agents. これらのシリコーン類は、米国特許第5,069,897号(オール(Orr)、1991年12月3日発行)に開示されている。 These silicones are disclosed in U.S. Patent No. 5,069,897 (ol (Orr), issued Dec. 3, 1991) which is incorporated herein by reference.

本発明で好ましくは使用される皮膚コンディショニング剤は、また、用品使用時に皮膚、毛髪、及び同様のケラチン含有表面にコンディショニング利益をもたらすのに有用なコンディショニングエマルションも含んでよい。 Skin conditioning agent is preferably present invention is used, also when goods use skin may also include useful conditioning emulsion to provide a conditioning benefit to the hair, and similar keratin-containing surfaces. 本明細書で使用する時、用語「コンディショニングエマルション」は、油溶性剤を含む外相によって内包される、水溶性コンディショニング剤を含む内相の組み合わせを意味することができ、或いは、本発明で使用する時、用語「コンディショニングエマルション」は、水溶性剤を含む外相によって内包される、油溶性剤を含む内相の組み合わせを意味する。 As used herein, the term "conditioning emulsion" is included by the external phase comprising an oil soluble agent, can mean a combination of an internal phase comprising a water soluble conditioning agent, or for use in the present invention when the term "conditioning emulsion" is included by the outer phase contains a water-soluble agent, it means a combination of an internal phase comprising an oil soluble agent. 好ましい実施形態では、コンディショニングエマルションは、乳化剤をさらに含む。 In a preferred embodiment, the conditioning emulsion further comprises an emulsifier. コンディショニングエマルションは、前記非水溶性繊維性不織布ウェブの約15重量%〜約1600重量%、好ましくは約25重量%〜約1000重量%、より好ましくは約50重量%〜約800重量%、最も好ましくは約60重量%〜約600重量%含まれる。 Conditioning emulsion, said about 15 wt% to about 1600% by weight of the water-insoluble fibrous nonwoven web, preferably from about 25% to about 1000% by weight, more preferably from about 50% to about 800% by weight, most preferably It is included about 60 wt% to about 600% by weight. 好ましい実施形態では、コンディショニングエマルションは、(i)前述した水溶性コンディショニング剤を含む内相と、(ii)油溶性コンディショニング剤の項で前述した、又は「脂質硬度値を増大させるために使用される材料」の項で後述する油溶性剤を含む外相とを含む。 In a preferred embodiment, the conditioning emulsion is used to increase the (i) and internal phase comprising water soluble conditioning agents as described above, previously described in section (ii) an oil soluble conditioning agent, or "lipid hardness value and a external phase comprising oil soluble agents described below in the materials. " 他の実施形態では、コンディショニングエマルションは、前記内相及び外相を有するエマルションを形成可能な乳化剤をさらに含む。 In other embodiments, the conditioning emulsion further comprises an emulsion capable of forming an emulsifier having the internal and external phases. 本発明では内相及び外相を有するエマルションを形成可能な乳化剤が好ましいが、スキンケア配合の技術分野では、水溶性コンディショニング剤を乳化剤なしで油溶性剤によって内包できることが認識される。 Preferred emulsions capable of forming emulsifier having an internal and external phases in the present invention, but the art of skin care formulations, it is recognized that the water soluble conditioning agent can be encapsulated by the oil-soluble agent without an emulsifier. 水溶性コンディショニング剤が油溶性剤によって内包され、それによってクレンジング過程ですすぎ落とされないように保護されているのであれば、その組成物は、本発明の範囲内にある。 Water soluble conditioning agent is encapsulated by oil-soluble agent, thereby if the is protected so as not rinsed off cleansing process, the composition is within the scope of the present invention.

B. B. (皮膚処置剤) (Skin treatment agent)
本発明の用品は、用品使用時に皮膚、毛髪、及び同様のケラチン含有表面に治療的利益及び/又は美容的利益をもたらすのに有用な皮膚処置剤を含むことができる。 Articles of the present invention may contain at supplies use the skin, hair, and useful skin treatment agents to result in a therapeutic benefit and / or cosmetic benefit to the same keratin-containing surfaces. 皮膚処置剤は、ケラチン含有組織への適用に適しており、すなわち、適切な医療的判断の範囲内で、過度の毒性、不適合性、不安定性、アレルギー反応などなしに、ヒトのケラチン含有組織に接触させて使用するのに適している。 Skin treatment agents are suitable for application to keratin-containing tissue, i.e., within the scope of sound medical judgment, incompatibility, instability, without undue toxicity, the human keratin-containing tissues It is suitable for use in contact.

「CTFA化粧品成分ハンドブック(CTFA Cosmetic Ingredient Handbook)」、第2版(1992年)は、本発明の組成物で使用するのに適した、パーソナルケア業界で一般に使用される多種多様な非限定的化粧品及び医薬品成分を記載している。 "CTFA Cosmetic Ingredient Handbook (CTFA Cosmetic Ingredient Handbook)", second edition (1992) is suitable for use in the compositions of the present invention, a wide variety of nonlimiting cosmetic commonly used in the personal care industry and it describes a pharmaceutical ingredient. 皮膚処置剤は、ウェブの約1600重量%以下、好ましくは約1000重量%以下、より好ましくは約800重量%以下、最も好ましくは約600重量%以下の皮膚処置剤を含むことができる。 Skin treatment agents, about 1600 weight% of the web or less, preferably about 1000% or less by weight, about 800 wt% and more preferably less, and most preferably comprises about 600 weight percent of the skin treatment agents. 皮膚処置剤は、ウェブの少なくとも0.05重量%、好ましくは少なくとも15重量%、より好ましくは少なくとも15重量%、最も好ましくは約60重量%以下の皮膚処置剤を含むことができる。 Skin treatment agents, at least 0.05% by weight of the web, preferably at least 15 wt%, more preferably at least 15 wt%, and most preferably comprises from about 60 weight percent of the skin treatment agents.
本発明で有用な皮膚処置剤は、本明細書に記載の組成物を含むことができる。 Useful skin treatment agents in the present invention can include a composition described herein.

(ビタミン類) (Vitamins)
本発明の用品は、ビタミン化合物類、前駆体類、及びそれらの誘導体類を含むことができる。 Articles of the present invention, the vitamin compounds may include precursors, and their derivatives. このようなビタミン化合物類は、天然形態又は合成形態のいずれかであってよい。 Such vitamin compounds may be either naturally occurring form or synthetic form. 適したビタミン化合物類には、これらに限定するものではないが、ビタミンA(例えば、ベータカロチン、レチノイン酸、レチノール、レチノイド類、レチニルパルミテート、レチニルプロプリオネートなど)、ビタミンB(例えば、ナイアシン、ナイアシンアミド、リボフラビン、パントテン酸など)、ビタミンC(例えば、アスコルビン酸など)、ビタミンD(例えば、エルゴステロール、エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロールなど)、ビタミンE(例えば、トコフェロールアセテートなど)、及びビタミンK(例えば、フィトナジオン、メナジオン、フチオコールなど)の化合物類が挙げられる。 Suitable vitamin compounds include, but are not limited to, vitamin A (e.g., beta carotene, retinoic acid, retinol, retinoids, retinyl palmitate, etc. retinyl proprionate), vitamin B (e.g. , niacin, niacinamide, riboflavin, pantothenic acid), vitamin C (e.g., ascorbic acid), vitamin D (e.g., ergosterol, ergocalciferol, cholecalciferol, etc.), vitamin E (e.g., tocopherol acetate) , and vitamin K (e.g., phytonadione, menadione, Fuchiokoru etc.) and the compounds of.

具体的には、本発明の用品は、安全且つ有効な量のビタミンB 3化合物を含んでよい。 Specifically, articles of the present invention may comprise a safe and effective amount of a vitamin B 3 compound. ビタミンB 3化合物は、同時係属米国特許出願第08/834,010号(1997年4月11日出願)(PCT国際公開特許WO97/39733A1(1997年10月30日公開)の対応特許)に記載のように、皮膚の状態を調節するのに特に有用であり、その特許文献の全体を本明細書に参考として組み込む。 Vitamin B 3 compounds, described in co-pending U.S. patent application Ser. No. 08 / 834,010 (Apr. 11, 1997 filed) (PCT Patent Family of International Publication No. WO97 / 39733A1 (published Oct. 30, 1997)) as a particularly useful for regulating skin condition, incorporated in its entirety Patent Document by reference herein. 本発明の治療的成分は、好ましくは、約0.0001%〜約50%、より好ましくは約0.1%〜約10%、さらに好ましくは約0.5%〜約10%、さらに好ましくは約1%〜約5%、最も好ましくは約2%〜約5%のビタミンB 3化合物を含む。 Therapeutic components of the present invention is preferably from about 0.0001% to about 50%, more preferably from about 0.1% to about 10%, more preferably from about 0.5% to about 10%, more preferably from about 1% to about 5%, most preferably from about 2% to about 5% of the vitamin B 3 compound.

本明細書で使用する時、「ビタミンB 3化合物」は、次式を有する化合物を意味し、 As used herein, "vitamin B 3 compound" means a compound having the formula,

式中、Rは、−CONH 2 (すなわち、ナイアシンアミド)、−COOH(すなわち、ニコチン酸)、又は−CH 2 OH(すなわち、ニコチニルアルコール)、これらの誘導体類、及びこれらのいずれかの塩類である。 Wherein, R, -CONH 2 (i.e., niacinamide), - COOH (i.e., nicotinic acid), or -CH 2 OH (i.e., nicotinyl alcohol), these derivatives, and any salts of these it is.

上記ビタミンB 3化合物の代表的な誘導体類には、ニコチン酸の非血管拡張性エステル類、ニコチニルアミノ酸類、カルボン酸類のニコチニルアルコールエステル類、ニコチン酸N−オキシド、及びナイアシンアミドN−オキシドを含めた、ニコチン酸エステル類が挙げられる。 Representative derivatives of the vitamin B 3 compound, non-vasodilating esters of nicotinic acid, nicotinyl amino acids, nicotinyl alcohol esters of carboxylic acids, nicotinic acid N- oxide and niacinamide N- oxide were included, it includes nicotinic acid esters.

適したビタミンB 3化合物の例は、当該分野において周知であり、多数の供給元、例えば、シグマ・ケミカル・カンパニー(Sigma Chemical Company)(ミズーリ州セントルイス(St.Louis))、ICNバイオメディカルズ・インコーポレーテッド(ICN Biomedicals,Inc.)(カリフォルニア州アーヴィン(Irvin))、及びアルドリッチ・ケミカル・カンパニー(Aldrich Chemical Company)(ウィスコンシン州ミルウォーキー(Milwaukee))から市販されている。 Examples of suitable vitamin B 3 compounds are well known in the art, a number of sources, e.g., Sigma Chemical Company (Sigma Chemical Company) (St. Louis, MO (St.Louis)), - ICN Biomedicals Inc. (ICN Biomedicals, Inc.) (commercially available from Irvine, CA (Irvin)), and Aldrich Chemical Company (Aldrich Chemical Company) (Milwaukee (Milwaukee)).
ビタミン化合物は、ほぼ純粋な物質として含めてよく、又は、天然源(例えば、植物)から適した物理的且つ/若しくは化学的単離によって得られる抽出物として含めてよい。 Vitamin compounds may be included as a substantially pure material, or natural sources (e.g., plants) may be included as an extract obtained by physical and / or chemical isolation suitable from.

(ゼオライト類) (Zeolites)
本明細書で有用なゼオライト類の非限定例としては、方沸石、菱沸石、輝沸石、ナトロライト、束沸石、及びソモソナイトのような天然ゼオライト類、並びに、ゼオライトが添加されるマトリックスを形成するゲル法(ケイ酸ナトリウム及びアルミナ)又はクレイ法(カオリン)によって製造されるような合成ゼオライト類が挙げられる。 Non-limiting examples of useful zeolites herein, analcime, chabazite, heulandite, Natororaito, stilbite, and natural zeolites such as Somosonaito, as well as gel forming the matrix of the zeolite is added Law synthetic zeolites such as those manufactured by (sodium silicate and alumina) or clay method (kaolin) and the like.

(ペプチド類) (Peptides)
これらに限定するものではないが、ジ−、トリ−、テトラ−、及びペンタ−ペプチド類並びにそれらの誘導体類を含めたペプチド類を、本発明の組成物に安全且つ有効な量で含めてよい。 But not limited to, di -, tri -, tetra - and penta - the peptides as well as peptides including their derivatives, may be included in a safe and effective amount in the compositions of the present invention . 本明細書で有用なペプチド類及びペプチド誘導体類の非限定例としては、カルノシン(登録商標)(β−ala−his)、gly−his−lys、arg−lys−arg、his−gly−gly、パルミトイル−gly−his−lys(フランスのセダーマ(Sederma)から市販されるバイオペプチドCL(登録商標)、100ppmとして購入可)、ペプチドCK(arg−lys−arg)、ペプチドCK+(ac−arg−lys−arg−NH 2 )、及びシグマ(Sigma)(ミズーリ州セントルイス(St.Louis))からアイアミンとして市販されるhis−gly−glyの銅誘導体が挙げられる。 Non-limiting examples of useful peptides and peptide derivatives herein, carnosine (registered trademark) (β-ala-his), gly-his-lys, arg-lys-arg, his-gly-gly, palmitoyl -gly-his-lys (Biopeptide CL, commercially available from the French Sedama (Sederma) (registered trademark), Swimming purchased as 100 ppm), peptide CK (arg-lys-arg), peptide CK + (ac-arg-lys -arg-NH 2), and Sigma (Sigma) (St. Louis, MO (St.Louis) copper derivative of his-gly-gly, which is commercially available as Aiamin from) and the like. また、テトラペプチド類及びペンタペプチド類(フランスのセダーマ(Sederma)から市販されるパルミトイル−lys−thr−thr−lys−ser)も、本明細書に用いるのに適している。 Further, (palmitoyl -lys-thr-thr-lys-ser, which is commercially available from the French Sedama (Sederma)) tetrapeptides and pentapeptides such are also suitable for use herein.
本組成物に含まれる時には、ペプチド類は、好ましくは、当該組成物の約1×10 -6重量%〜約10重量%、より好ましくは約1×10 -6重量%〜約0.1重量%の量で含まれる。 When included in the present compositions, peptides are preferably from about 1 × 10 -6 wt% to about 10 wt%, more preferably about 1 × 10 -6 wt% to about 0.1 weight of the composition % of are included in the amount.

(日焼け止め活性物質) (Sunscreen actives)
主題発明の組成物は、日焼け止め活性物質を含有してよい。 The composition of the subject invention may contain a sunscreen active. 本明細書で使用する時、「日焼け止め活性物質」には、日焼け止め剤及び物理的日焼け防止剤の両方が含まれる。 As used herein, "sunscreen active" includes both sunscreen agents and physical sunblocks.

本明細書で有用な無機日焼け止め剤には、次の金属酸化物、平均一次粒径約15nm〜約100nmの二酸化チタン、平均一次粒径約15nm〜約150nmの酸化亜鉛、平均一次粒径約15nm〜約500nmを有する酸化鉄、及びこれらの混合物が挙げられる。 Useful inorganic sunscreens herein are those of the metal oxides, titanium dioxide having an average primary particle size of about 15nm~ about 100 nm, zinc oxide having an average primary particle size of about 15nm~ about 150 nm, the average primary particle size of about iron oxide having a 15nm~ about 500 nm, and mixtures thereof. 本明細書で使用される時には、無機日焼け止め剤は、当該組成物の約0.1重量%〜約20重量%、好ましくは約0.5重量%〜約10重量%の量で存在する。 As used herein, the inorganic sunscreens, about 0.1 wt% to about 20% by weight of the composition, preferably in an amount of about 0.5 wt% to about 10 wt%.

多種多様な従来の有機日焼け止め活性物質が、本明細書に用いるのに好適である。 A wide variety of conventional organic sunscreen actives are suitable for use herein. サガリン(Sagarin)の化粧品及びトイレタリー(Cosmetics and Toiletries)(1987年)の第102巻、21頁以下に、多数の適した活性物質が開示されている。 # 102 Volume cosmetics and toiletries Sagarin (Sagarin) (Cosmetics and Toiletries) (1987 years), the following 21 pages, a number of suitable active substances are disclosed. 本明細書で有用な有機日焼け止め活性物質の非限定例としては、オクチルサリチレート、2−フェニルベンズイミダゾール−5−スルホン酸塩類、テレフタリリデンジカンファースルホン酸の塩類、オクトクリレン、オクチルメトキシシンナメート、アボベンゾン、及びこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of useful organic sunscreen actives herein, octyl salicylate, 2-phenylbenzimidazole-5-sulfonic acid salts, salts of terephthalylidene dicamphor sulfonic acid, octocrylene, octyl methoxycinnamate formate, avobenzone, and mixtures thereof.

本発明の組成物中に存在する時には、典型的には当該組成物の約1重量%〜約20重量%、より典型的には約2重量%〜約10重量%の、安全且つ有効な量の有機日焼け止め活性物質が使用される。 When present in the compositions of the present invention comprise from about 1% to about 20% by weight of typically the composition, more typically from about 2% to about 10% by weight, safe and effective amount stop active substances are used in the organic sunscreen.

(テルペンアルコール類) (Terpene alcohols)
本発明の局所適用組成物は、一部の実施形態では、ファルネソール、ファルネソール誘導体類、及びこれらの混合物のようなテルペンアルコールを安全且つ有効な量で含有してよい。 The topical compositions of the present invention, in some embodiments, farnesol, farnesol derivatives, and may contain a safe and effective amount of terpene alcohols as well as mixtures thereof. 本発明の組成物に含まれる時には、テルペンアルコールは、好ましくは当該組成物の約0.001重量%〜約50重量%、より好ましくは当該組成物の約0.01重量%〜約20重量%の量で含まれる。 When included in the compositions of the present invention, the terpene alcohol is preferably from about 0.001% to about 50% by weight of the composition, more preferably from about 0.01% to about 20% by weight of the composition It is included in an amount of.

(落屑活性物質) (Desquamation active substance)
本発明の組成物には、安全且つ有効な量の、好ましくは当該組成物の約0.1重量%〜約10重量%、より好ましくは約0.2重量%〜約5重量%の落屑活性物質を添加してよい。 The composition of the present invention, safe and effective amount, preferably from about 0.1% to about 10% by weight of the composition, more preferably from about 0.2% to about 5 wt% of desquamation active substance may be added. 本明細書で有用な落屑システムの非限定例としては、スルフヒドリル化合物と双極性界面活性剤との組み合わせ、及びサリチル酸と双極性界面活性剤との組み合わせが挙げられる。 Non-limiting examples of useful desquamation system herein, a combination of a sulfhydryl compound and a zwitterionic surfactant, and combinations of salicylic acid and zwitterionic surfactants.

(抗ニキビ活性物質) (Anti-acne actives)
本発明の組成物は、安全且つ有効な量の1つ以上の抗ニキビ活性物質を含有してよい。 The compositions of the present invention may contain one or more anti-acne actives safe and effective amount. 有用な抗ニキビ活性物質の例としては、レゾルシノール、イオウ、サリチル酸、過酸化ベンゾイル、エリスロマイシン、亜鉛などが挙げられる。 Examples of useful anti-acne actives include resorcinol, sulfur, salicylic acid, benzoyl peroxide, erythromycin, zinc, and the like.

(抗しわ活性物質/抗萎縮活性物質) (Anti-wrinkle actives / anti-atrophy actives)
本発明の組成物は、安全且つ有効な量の1つ以上の抗しわ活性物質又は抗萎縮活性物質をさらに含有してよい。 The compositions of the present invention may further contain one or more anti-wrinkle actives or anti-atrophy actives safe and effective amount. 本発明の組成物で使用するのに適した抗しわ活性物質/抗萎縮活性物質の非限定例としては、ヒドロキシ酸(例えば、乳酸及びグリコール酸のようなα−ヒドロキシ酸、又はサリチル酸及びサリチル酸誘導体、例えばオクタノイル誘導体のようなβヒドロキシ酸)、フィチン酸、リポ酸、リソフォスファチド酸、並びに皮膚剥離剤が挙げられる。 Non-limiting examples of anti-wrinkle actives / anti atrophy actives suitable for use in the compositions of the present invention include hydroxy acids (e.g., alpha-hydroxy acids such as lactic acid and glycolic acid, or salicylic acid and salicylic acid derivatives , for example, β-hydroxy acids such as octanoyl derivative), phytic acid, lipoic acid, Li Sophos phosphatidyl de acid, and skin peel agents.

(酸化防止剤/ラジカルスカベンジャー) (Antioxidant / radical scavenger)
主題発明の組成物には、安全且つ有効な量の、好ましくは当該組成物の約0.1%〜約10%、より好ましくは約1%〜約5%の酸化防止剤/ラジカルスカベンジャーを添加してよい。 The compositions of the subject invention, a safe and effective amount, preferably from about 0.1% to about 10% of the composition, more preferably adding about 1% to about 5% antioxidant / radical scavenger it may be.

本明細書で有用な酸化防止剤/ラジカルスカベンジャーの非限定例としては、アスコルビン酸(ビタミンC)及びその誘導体類、トコフェロール(ビタミンE)及びその誘導体類(例えば、ソルビン酸トコフェロール、酢酸トコフェロール)、ブチル化ヒドロキシ安息香酸類及びその塩類、6−ヒドロキシ−2,5,7,8−テトラメチルクロマン−2−カルボン酸、ソルビン酸及びその塩類、リポ酸、アミン類(例えば、N,N−ジエチルヒドロキシルアミン、アミノ−グアニジン)、紅茶抽出物、ブドウ果皮/ブドウ種抽出物、並びにこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of useful antioxidants / radical scavengers herein include ascorbic acid (vitamin C) and its derivatives, tocopherol (vitamin E) and its derivatives (e.g., tocopherol sorbate, tocopherol acetate), butylated hydroxy benzoic acids and their salts, 6-hydroxy-2,5,7,8-tetramethyl chroman-2-carboxylic acid, sorbic acid and its salts, lipoic acid, amines (e.g., N, N-diethylhydroxylamine amines, amino - guanidine), black tea extract, grape skin / grape seed extract, and mixtures thereof.

(フラボノイド類) (Flavonoids)
本発明の組成物は、任意でフラボノイド化合物を含有してよい。 The compositions of the present invention may optionally contain a flavonoid compound. フラボノイド類は、米国特許第5,686,082号及び同第5,686,367号に広く開示されている。 Flavonoids are broadly disclosed in U.S. Patent No. 5,686,082 and ibid No. 5,686,367. 本明細書で有用なフラボノイド類の非限定例としては、非置換フラボン、7,2'−ジヒドロキシフラボン、3',4'−ジヒドロキシナフトフラボン、4'−ヒドロキシフラボン、5,6−ベンゾフラボン、及び7,8−ベンゾフラボン、非置換イソフラボン、ダイゼイン(7,4'−ジヒドロキシイソフラボン)、5,7−ジヒドロキシ−4'−メトキシイソフラボン、大豆イソフラボン類(大豆から抽出される混合物)、並びにこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of useful flavonoids herein are unsubstituted flavones, 7,2'- dihydroxy flavone, 3 ', 4'-dihydroxy-naphthaldehyde flavones, 4'-hydroxy flavone, 5,6-benzoflavone, and 7,8-benzoflavone, unsubstituted isoflavone, daidzein (7,4'-dihydroxy isoflavone), 5,7-dihydroxy-4'-methoxy isoflavone, soy isoflavones (a mixture extracted from soy), and their mixtures thereof.

フラボノイド化合物は、存在する場合、好ましくは組成物の約0.01重量%〜約20重量%、より好ましくは約0.1重量%〜約10重量%の濃度で存在する。 Flavonoid compounds, when present, preferably from about 0.01% to about 20% by weight of the composition, more preferably from about 0.1% to about 10 wt%.

(抗炎症剤) (An anti-inflammatory agent)
本発明の組成物には、安全且つ有効な量の、好ましくは当該組成物の約0.1%〜約10%、より好ましくは約0.5%〜約5%の抗炎症剤を添加してよい。 The composition of the present invention, a safe and effective amount, preferably from about 0.1% to about 10% of the composition, more preferably by adding about 0.5% to about 5% of the anti-inflammatory agents it may be.

本明細書で有用な「天然の」抗炎症剤の非限定例としては、キャンデリラ蝋、ビサボロール(例えば、αビサボロール)、アロエベラ、植物ステロール類(例えば、フィトステロール)、及びこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of "natural" anti-inflammatory agents useful herein include candelilla wax, bisabolol (e.g., alpha bisabolol), aloe vera, plant sterols (e.g., phytosterols), and mixtures thereof.
本明細書で有用なその他の抗炎症剤には、グリチルリチン酸二カリウムのようなグリチルリチン酸塩化合物が挙げられる。 Other anti-inflammatory agents useful herein include glycyrrhizinate compounds such as dipotassium glycyrrhizinate and the like.

(抗セルライト剤) (Anti-cellulite agent)
本発明の組成物は、また、安全且つ有効な量の抗セルライト剤を含有してよい。 The composition of the present invention may also contain an anti-cellulite agent safe and effective amount. 本明細書で有用な抗セルライト剤の非限定例としては、キサンチン化合物(例えば、カフェイン、テオフィリン、テオブロミン、及びアミノフィリン)が挙げられる。 Non-limiting examples of anti-cellulite agents useful herein are xanthine compounds (e.g., caffeine, theophylline, theobromine, and aminophylline) and the like.

(局所麻酔剤) (Local anesthetic)
本発明の組成物は、また、安全且つ有効な量の局所麻酔剤を含有してよい。 The composition of the present invention may also contain a local anesthetic safe and effective amount. 局所麻酔薬の例としては、ベンゾカイン、リドカイン、製薬上許容可能なそれらの塩類、及びそれらの混合物が挙げられる。 Examples of local anesthetics include benzocaine, lidocaine, pharmaceutically acceptable salts thereof, and mixtures thereof.

(日焼け用活性物質) (Sunburn for the active substance)
本発明の組成物は、日焼け用活性物質を含有してよい。 The compositions of the present invention may contain a tanning active. 存在する場合、組成物が、当該組成物の約0.1重量%〜約20重量%、より好ましくは約2重量%〜約7重量%の人工日焼け用活性物質を含有することが好ましい。 When present, the composition comprises about 0.1 wt% to about 20% by weight of the composition, more preferably contains from about 2% to about 7% by weight of artificial tanning actives preferred.
本明細書で有用な日焼け用活性物質の非限定例は、ジヒドロキシアセトンである。 Non-limiting examples of useful tanning actives herein are dihydroxyacetone.

(キレート化剤類) (Chelating agents)
本明細書で使用する時、「キレート化剤」又は「キレート剤」は、金属イオンが容易に化学反応に加わらないように、又は化学反応を触媒しないように、錯体を形成することによって系から金属イオンを除去可能な活性剤を意味する。 As used herein, "chelating agent" or "chelating agent", such that the metal ions is not applied to the readily chemical reaction, or to not catalyze chemical reactions, from a system by forming a complex It means an active agent capable of removing a metal ion. キレート剤を含めることは、過剰な鱗屑又は皮膚のきめの変化の原因になり得る紫外線に対する防護、並びに皮膚の損傷を引き起こし得る他の環境物質からの防護を提供するのに特に有用である。 The inclusion of a chelating agent, protection against ultraviolet rays can become excessive scaling or cause of texture changes in the skin, and is particularly useful for providing protection from other environmental materials that can cause skin damage.

本明細書で有用な代表的な油溶性キレート化剤類は、米国特許第5,487,884号(ビセット(Bissett)ら、1996年1月30日発行)、国際特許公開91/16035号(ブッシュ(Bush)ら、1995年10月31日公開)、及び国際特許公開91/16034号(ブッシュ(Bush)ら、1995年10月31日公開)に開示されている。 Typical oil-soluble chelating agents useful herein are described in U.S. Patent No. 5,487,884 (Bisset (Bissett) et al., Issued Jan. 30, 1996), International Patent Publication No. 91/16035 ( Bush (Bush), et al., have been disclosed to the public on October 31, 1995), and International Patent Publication No. 91/16034 (Bush (Bush), et al., published Oct. 31, 1995). 主題発明の組成物中で有用な好ましい油溶性キレート化剤類は、フリルジオキシム、フリルモノキシム、及びそれらの誘導体類である。 Preferred oil-soluble chelating agents useful in the compositions of the subject invention, furildioxime, furyl mono oxime, and their derivatives.

(美白剤) (Whitening agent)
本発明の組成物は、美白剤を含有してよい。 The compositions of the present invention may contain a whitening agent. 使用される時には、組成物は、好ましくは、当該組成物の約0.1重量%〜約10重量%、より好ましくは約0.2重量%〜約5重量%の美白剤を含有する。 When used, the compositions preferably comprise from about 0.1% to about 10% by weight of the composition, more preferably from about 0.2% to about 5 wt% of whitening agent. 本明細書で有用な美白剤の非限定例としては、ナイアシンアミド、コウジ酸、アルブチン、グルコサミン及び誘導体類、フィトステロール誘導体類(例えば、β−シトステロール、カンペステロール、ブラジカステロール、ルペノール、α−スピナステロール、スチグマステロール、これらの誘導体類、及びこれらの組み合わせ)、アスコルビン酸及びその誘導体類(例えば、アスコルビルリン酸ナトリウム)、並びに抽出物(例えば、クワ抽出物、胎盤抽出物)を含めた、当該技術分野で公知のものが挙げられる。 Nonlimiting examples of useful skin lightening agents herein include niacinamide, kojic acid, arbutin, glucosamine and derivatives, phytosterols derivatives (e.g., beta-sitosterol, campesterol, brassicasterol roll, Rupenoru, alpha-spinner sterols, stigmasterol, these derivatives, and including combinations thereof), ascorbic acid and its derivatives (e.g., sodium ascorbyl phosphate), and extracts (e.g., mulberry extract, placental extract), known are mentioned in the art.

(抗菌活性物質及び抗カビ活性物質) (Antimicrobial actives and antifungal actives)
本発明の組成物は、抗菌又は抗カビ活性物質を含有してよい。 The compositions of the present invention may contain an antimicrobial or antifungal active. 本発明の組成物には、安全且つ有効な量の、好ましくは約0.001%〜約10%、より好ましくは約0.01%〜約5%、さらに好ましくは約0.05%〜約2%の抗菌又は抗カビ活性物質を添加してよい。 The composition of the present invention, a safe and effective amount, preferably from about 0.001% to about 10%, more preferably from about 0.01% to about 5%, more preferably from about 0.05% to about 2% of an antimicrobial or antifungal active may be added.
本明細書で有用な活性物質の好ましい例としては、グリコール酸、乳酸、フィチン酸、N−アセチル−L−システイン、フェノキシエタノール、フェノキシプロパノール、フェノキシイソプロパノール、及びこれらの混合物から選択されるものが挙げられる。 Preferred examples of actives useful herein are glycolic acid, lactic acid, phytic acid, N- acetyl -L- cysteine, phenoxyethanol, and phenoxy propanol, phenoxy isopropanol, and those mixtures thereof .

(皮膚鎮静活性物質及び皮膚回復活性物質) (Skin soothing actives and skin recovery actives)
本発明の組成物には、皮膚鎮静又は皮膚回復活性物質を含めてよい。 The composition of the present invention may include a skin soothing or skin recovery actives. 本明細書に用いるのに適した皮膚鎮静又は皮膚回復活性物質には、パンテノール酸誘導体類(パンテノール、デクスパンテノール、エチルパンテノールを含む)、アロエベラ、アラントイン、ビサボロール、及びグリチルリチン酸二カリウムが挙げられる。 Skin soothing or skin recovery actives suitable for use herein include panthenol acid derivatives (panthenol, dexpanthenol, including ethyl panthenol), aloe vera, allantoin, bisabolol, and dipotassium glycyrrhizinate and the like. 本組成物には、安全且つ有効な量の、好ましくは当該組成物の約0.1重量%〜約30重量%、より好ましくは約0.5重量%〜約20重量%の皮膚鎮静又は皮膚回復活性物質を添加してよい。 In the present compositions, the safe and effective amount, preferably from about 0.1% to about 30% by weight of the composition, more preferably from about 0.5% to about 20 wt% of the skin soothing or skin recovery active substances may be added.
好ましい実施形態には、治療的処置(例えば、ニキビ用用品)、日焼け止め剤適用用品、抗セルライト用品、抗しわ用品、マスク、人工日焼け用用品、足の擦り洗い用用品、化粧品適用用品、及び香水/芳香剤用品が挙げられる。 Preferred embodiments, therapeutic treatment (e.g., goods for acne), sunscreens applied products, anti-cellulite products, anti-wrinkle products, masks, artificial tanning goods, goods for scrubbing foot, cosmetic applications articles and, perfume / fragrance products and the like.

III. III. (複合的クレンジング及び処置組成物) (Complex cleansing and treatment compositions)
これらの用品は、単一の布上でクレンジング組成物と併せた処置を例示する。 These articles illustrate the treatment in conjunction with the cleansing composition on a single fabric. 組成物を別々に添加することができ、又は組成物を混合してから繊維性不織布ウェブに関連付けることができる。 It can be added composition separately, or composition is mixed may be associated with fibrous nonwoven webs.

(追加成分) (Additional component)
本発明の用品は、多種多様な他の任意成分を含むことができる。 Articles of the present invention can include a wide variety of other optional ingredients. これらの追加成分は、製薬上許容可能なものでなければならない。 These additional components must be a pharmaceutically acceptable. CTFA化粧品成分ハンドブック(CTFA Cosmetic Ingredient Handbook)、第2版、1992年(その全体を本明細書に参考として組み込む)は、本発明の組成物で使用するのに適した、スキンケア業界で一般に使用される多種多様な非限定的化粧品及び薬品成分を記載している。 CTFA Cosmetic Ingredient Handbook (CTFA Cosmetic Ingredient Handbook), 2nd edition, 1992 (incorporated in its entirety by reference herein), suitable for use in the compositions of the present invention, it is commonly used in the skin care industry It describes a wide variety of nonlimiting cosmetic and pharmaceutical ingredients that. 成分の機能的部類の非限定例が、この参照文献の537頁に記載されている。 Nonlimiting examples of functional classes of ingredients are described at page 537 of this reference. これら及び他の機能的部類の例としては、研磨材、吸収剤、固化防止剤、酸化防止剤、ビタミン類、結合剤、生物学的添加物、緩衝剤、充填剤、キレート剤、化学的添加物、着色剤、化粧品用収斂剤、化粧品用殺生物剤、変性剤、薬物収斂剤、外用鎮痛剤、皮膜形成剤、芳香剤成分、保湿剤、不透明化剤、pH調整剤、防腐剤、噴射剤、還元剤、皮膚漂白剤、及び日焼け止め剤が挙げられる。 Examples of these and other functional classes include: abrasives, absorbents, anticaking agents, antioxidants, vitamins, binders, biological additives, buffering agents, bulking agents, chelating agents, chemical additives things, colorants, cosmetic astringents, cosmetic biocides, denaturants, drug astringents, external analgesics, film formers, fragrance components, humectants, opacifying agents, pH adjusters, preservatives, propellants agents, reducing agents, skin bleaching agents, and sunscreening agents.
同様に本明細書に有用であるのは、芳香剤、顔料、染料、精油、皮膚感覚剤、収斂剤、皮膚鎮静剤、及び皮膚回復剤のような、審美的成分である。 Equally useful herein, fragrances, pigments, dyes, essential oils, skin sensates, astringents, skin soothing agents, and such as skin recovery agents, aesthetic components.

本発明で使用される組成物は、また、粘性を有する、水、一価及び多価アルコール類(グリセリン、プロピレングリコール、エタノール、イソプロパノールなど)、鉱油のような炭化水素油類、シリコーン油類のような「流体」を含有してもよく、それらの中に溶解若しくは分散した、又はそれらに添加された他の構成成分を含有することもできる。 Compositions used in the present invention also have a viscosity, water, monohydric and polyhydric alcohols (glycerin, propylene glycol, ethanol, isopropanol, etc.), hydrocarbon oils such as mineral oil, silicone oils may contain "fluid" as can the dissolved or dispersed within them, or also contain other components that are added to them.

(陽イオン性ポリマー類) (Cationic polymers)
本発明で使用される組成物は、また、有機陽イオン沈着ポリマーを含有してよい。 The composition used in the present invention may also contain organic cationic deposition polymer. 陽イオン沈着ポリマーの濃度は、好ましくはパーソナルケア組成物の約0.025重量%〜約3重量%、より好ましくは約0.05重量%〜約2重量%、さらに好ましくは約0.1重量%〜約1重量%の範囲である。 The concentration of the cationic deposition polymer is preferably from about 0.025% to about 3% by weight of the personal care composition, more preferably from about 0.05% to about 2 wt%, more preferably from about 0.1 in the range of% to about 1 wt%.

本発明で使用するのに適した陽イオン沈着ポリマー類は、四級アンモニウムのような陽イオン性窒素含有部分、又は陽イオン性プロトン化アミノ部分を含有する。 Cationic deposition polymers suitable for use in the present invention, cationic nitrogen-containing moieties such as quaternary ammonium, or contains a cationic protonated amino moieties. 陽イオン性プロトン化アミン類は、パーソナルクレンジング組成物の特定の種及び選択されるpHに応じて、一級アミン、二級アミン、又は三級アミン(好ましくは二級又は三級)であることができる。 Cationic protonated amines, depending upon the particular species and pH of choice of the personal cleansing composition, primary amine, that is secondary amine, or tertiary amine (preferably secondary or tertiary) it can. 陽イオン沈着ポリマーの平均分子量は、約5,000〜約10,000,000、好ましくは少なくとも約100,000、より好ましくは少なくとも約200,000であるが、好ましくは約2,000,000以下、より好ましくは、約1,500,000以下である。 Average molecular weight of the cationic deposition polymer is from about 5,000 to about 10,000,000, preferably at least about 100,000, more preferably at least about 200,000, preferably about 2,000,000 or less , more preferably about 1,500,000 or less. ポリマー類は、また、パーソナルクレンジング組成物の目的用途のpH(一般に、pH約4〜pH約9、好ましくはpH約5〜pH約8の範囲になる)において、約0.2meq/g〜約5meq/gの範囲、好ましくは少なくとも約0.4meq/g、より好ましくは少なくとも約0.6meq/gの陽イオン電荷密度を有する。 Polymers, also (in general, about pH 4~pH about 9, preferably in the range of pH from about 5~pH about 8) pH of intended use of the personal cleansing composition in from about 0.2 meq / g to about range of 5 meq / g, preferably has a cationic charge density of at least about 0.4 meq / g, more preferably at least about 0.6 meq / g.

パーソナルケア組成物で使用される陽イオン沈着ポリマー類の非限定例としては、陽イオン性セルロース誘導体類のような多糖類ポリマー類が挙げられる。 Nonlimiting examples of cationic deposition polymers for use in the personal care composition, polysaccharide polymers such as cationic cellulose derivatives and the like. 好ましい陽イオン性セルロースポリマー類は、トリメチルアンモニウム置換エポキシドと反応したヒドロキシエチルセルロースの塩類であり、業界(CTFA)ではポリクオタニウム10と呼ばれており、アマコール・コーポレーション(Amerchol Corp.)(米国ニュージャージー州エディソン(Edison))からポリマーKG、JR、及びLRシリーズのポリマーとして入手可能であり、最も好ましいものはKG−30Mである。 Preferred cationic cellulose polymers are salts of hydroxyethyl cellulose reacted with trimethyl ammonium substituted epoxide, industry is called as Polyquaternium 10, (CTFA), Amerchol Corporation (Amerchol Corp.) (New Jersey, USA Edison ( edison)) polymer from the KG, available as JR and LR series polymer, the most preferred being KG-30M.

他の適した陽イオン沈着ポリマー類としては、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドのような陽イオン性グアーガム誘導体類が挙げられ、その具体例としては、ローディア・インコーポレーテッド(Rhodia Inc.)から市販されるジャガーシリーズ(好ましくはジャガーC−17)、及びアクアロン(Aqualon)から市販されるN−ハンスポリマーシリーズが挙げられる。 Other suitable cationic deposition polymers, cationic guar gum derivatives such as guar hydroxypropyltrimonium chloride and the like, and specific examples thereof, are commercially available from Rhodia Inc. (Rhodia Inc.) Jaguar series (preferably Jaguar C-17), and include N- Hans polymer series commercially available from Aqualon (Aqualon).

他の適した陽イオン沈着ポリマー類には、合成の陽イオン性ポリマー類が挙げられる。 Other suitable cationic deposition polymers, cationic polymers of synthetic and the like. 本明細書のクレンジング組成物で使用するのに適した陽イオン性ポリマー類は、約4meq/g〜約7meq/g、好ましくは約4meq/g〜約6meq/g、より好ましくは約4.2meq/g〜約5.5meq/gの陽イオン電荷密度を有する、水溶性又は水分散性の非架橋陽イオン性ポリマー類である。 Cationic polymers suitable for use in the cleansing compositions herein comprise from about 4 meq / g to about 7 meq / g, preferably from about 4 meq / g to about 6 meq / g, more preferably from about 4.2meq / having a cationic charge density of g~ about 5.5 meq / g, a water-soluble or water-dispersible non-crosslinked cationic polymers. 選ばれたポリマー類は、また、平均分子量が約1,000〜約1,000,000、好ましくは約10,000〜約500,000、より好ましくは約75,000〜約250,000でなければならない。 Selected polymers, The average molecular weight of about 1,000 to about 1,000,000, be preferably from about 10,000 to about 500,000, more preferably from about 75,000 to about 250,000 shall.

パーソナルケア組成物中の陽イオン性ポリマーの濃度は、当該組成物の約0.025重量%〜約5重量%、好ましくは約0.1重量%〜約3重量%、より好ましくは約0.2重量%〜約1重量%の範囲である。 The concentration of cationic polymer in the personal care composition, from about 0.025% to about 5% by weight of the composition, preferably from about 0.1% to about 3 wt%, more preferably from about 0. 2 is in the range of weight percent to about 1 weight percent.
クレンジング組成物で使用される市販の合成陽イオン性ポリマーの非限定例は、米国ニュージャージー州クランベリー(Cranberry)のローディア(Rhodia)から商品名ポリケア(商標)133として入手可能なポリメチアクリルアミドプロピルトリモニウムクロリドである。 Non-limiting examples of commercially available synthetic cationic polymer for use in the cleansing composition, NJ Cranbury poly-methylol acrylamide trimonium available under the trade name Porikea (TM) 133 from Rhodia (Rhodia) of (Cranberry) it is chloride.

(定常的泡体積試験) (Steady foam volume test)
本発明の用品は、後述する定常的泡プロファイルを提供することができる。 Articles of the present invention can provide a steady foam profile to be described later. 身体用クレンジング組成物は、高い総定常的泡体積を有し、他方、非泡性用品は、低い定常的瞬間泡体積を有する。 Body cleansing composition has a high total steady foam volume, while the non-lathering article has a low constant Flash Lather volume. パーソナルケア用品は、クレンジング用品又は非クレンジング用品にすることができ、後述するような異なる泡プロファイルをもった泡性用品又は非泡性用品にすることができる。 Personal care products can be in the cleansing article or non-cleansing products, can be lathering article or non-lathering article having different foam profile as described below. 定常的泡体積試験は、水が新たに供給される状態、すなわち入浴時又はシャワーを浴びる時に当然存在するような状態における、用品の泡プロファイルの指標を与える。 Steady Lather Volume Test, the state in which water is newly supplied, i.e. in the state as naturally exists when exposed to bath time or shower, it gives an indication of the goods foam profile.

本明細書に記載の泡プロファイルは、定常的瞬間泡体積と定常的総泡体積との組み合わせであり、これら両方が以下の定常的泡体積試験に従って決定される。 Foam profiles described herein, steady moment a combination of a foam volume and constant Total Lather volume, both of which are determined according to constant Lather Volume Test described below. 10mL間隔で印が付けられた、基部の内側から1,000mLの印までの高さが368.3mm(14.5インチ)の、1,000mLメスシリンダー(例えば、パイレックス2982号)を8個選択する。 Marked with 10mL interval is attached, from the inside of the base to the sign of 1,000mL height 368.3mm of (14.5 inches), eight select 1,000mL graduated cylinder (e.g., Pyrex No. 2982) to. 各メスシリンダーに100gの蒸留水(23℃で±0.3g)を加える。 Add (± 0.3 g at 23 ° C.) distilled water 100g each graduated cylinder. シリンダーに最初のシリンダー(シリンダー1)から最後のシリンダー(シリンダー8)まで順に番号を付け、シリンダーが直立した状態でメスシリンダーの中心を地面に平行な軸で横切る回転軸でシリンダーをクランプ固定する回転装置内に、これらのシリンダーをクランプ固定する。 Numbered sequentially from the first cylinder (cylinder 1) to the end of the cylinder (cylinder 8) in the cylinder, rotating the cylinder to clamp fixed at the rotary shaft cylinder crossing with an axis parallel to the ground the center of the graduated cylinder in an upright position in the device, these cylinders are clamped. シリンダー2〜シリンダー8にはストップコックを追加する。 The cylinder 2 to cylinder 8 to add a stop cock.

最も長い寸法で4つの等幅ストリップに切り分けることによって用品を調製する。 Preparing articles by carving the longest four equal-width strip dimension. 用品に内容物が取り込まれていて、用品をストリップに切り分けるとそれらがこぼれる場合、代わりに用品を4つの均等なストリップに折り畳む。 It has contents are incorporated into the article, if they When isolate supplies the strip spilling, folded instead the article into four equal strips. 用品のサイズが原因で、折り畳んでメスシリンダー内に入れることが不可能な場合、用品を、挿入できるストリップに切り分け、この手順の間にこぼれた内容物があれば、受けておいて、後述する第1のメスシリンダーに別々に加える。 Because goods size, folded and when it is not possible to put in a graduated cylinder, the goods, cut into insert can strip, if there is content spilled during this procedure, it keeps receiving and, later added separately to the first graduated cylinder. これらのストリップを積み重ね、その一端を、メスシリンダー頚部の内側に嵌まる十分に細いものとして選択された単純なバインダークリップで挟む。 Stacking these strips, the one end, sandwiching a simple binder clips selected as whole sufficiently narrow fit inside the graduated cylinder neck. 細い釣り糸のような細いポリマー糸をクリップに縛り付けて、糸が高い位置に保持されている時に、ストリップがクリップ及び糸から垂直に垂れ下がるようにする。 Strapped thin polymer threads, such as a thin fishing line clip, when the yarn is held at a high position, the strip is to hang vertically from the clip and yarns. ストリップの積み重ね体の上端が第1のメスシリンダー(シリンダー1)側部の1,000mlの印と同じ高さに垂れ下がった状態で、ストリップがメスシリンダー内部で垂直に垂れ下がるように、ストリップをシリンダー1内に入れる。 In a state where the upper end of the stack of strips hanging at the same height as the sign of 1,000ml of the first graduated cylinder (cylinder 1) side, so that the strip hangs down vertically inside the graduated cylinder, the strip cylinder 1 put within.

次いで、シリンダー1の頚部にストップコックを挿入し、用品のストリップをメスシリンダーに対して固定する。 Then, insert the stopcock to the neck of the cylinder 1, to fix the goods of the strip with respect to the graduated cylinder. 必要ならば、ストップコックを挿入する前に、上に懸かった糸をテープでシリンダー1の外側に貼ることができる。 If necessary, before inserting the stopcock, the yarn hangs above can be affixed to the outside of the cylinder 1 with tape. また、漏れを防ぐために、テフロン(登録商標)テープを使用して耐水シールを設けることもできる。 Further, in order to prevent leakage, Teflon using (R) tape may be provided waterproof seal. シリンダーを回転装置によって88秒で50回転という安定した速度で50回転させて、フォームセルで構成される泡を発生させ、垂直位置で停止させて、第1の回転シーケンスを完了する。 The cylinders 50 are rotated at a steady rate of 50 rpm at 88 seconds by rotating device generates a foam composed of foam cells, is stopped in a vertical position to complete the first rotation sequence.

タイマーを設定し、こうして発生した泡を30秒間水切りする。 Set the timer, thus draining for 30 seconds the generated foam. このような30秒の水切りの後、シリンダー1において基部からの泡の高さをmlで記録することによって、シリンダー1の泡量として表される第1の泡体積を、四捨五入して10ml単位で測定する(前記高さには、上に泡が浮いている、底部へと水切りされた水が含まれる)。 After draining of such 30 seconds, by recording the height of the foam from the base in ml in the cylinder 1, the first foam volume expressed as the amount of foam cylinders 1, in 10ml to the nearest measuring (the in height, the foam is floating above the draining water contained to the bottom). 泡の上面が均一でない場合、最初のメスシリンダーの半分までが見える最も低い高さがシリンダー1の泡量(ml)になる。 If the top surface of the lather is not uniform, the lowest height at which to half of the first graduated cylinder is visible is the amount of foam cylinders 1 (ml). 泡が粗く、単一又はほんの数個のフォームセルだけがシリンダー全体に広がっている場合、直径を埋めるのに少なくとも5個のフォームセルが必要な高さがシリンダー1の泡量になる(やはり基部からのmL)。 Foam rough, only a single or only a few foam cells may have spread throughout the cylinder, at least five forms cell height required to fill the diameter becomes bubbles in Cylinder 1 (also base mL from). 直径が25.4mm(1インチ)よりも大きいフォームセルは、それらが泡の上面で発生する時には、泡ではなく、空洞の空気として表される。 Larger foam cells than diameter 25.4 mm (1 inch) is in when they occur at the upper surface of the foam, rather than a foam, it expressed as an air cavity. また、メスシリンダーの最上部に集まるがメスシリンダーの底部に移動しない泡も、定規を使用して層の厚さを測定し、それを体積mlに変換して、そこに集まったフォームのmLを基部から上方に測定された泡のmLに加えることによって、それ自体の連続層にあるものとして最上部の泡の測定値に組み込まれる。 Further, bubbles but collects at the top of the graduated cylinder does not move to the bottom of the graduated cylinder is also used a ruler to measure the thickness of the layer, and converts it to a volume ml, the mL of foam gathered there by adding the mL of foam measured from the base upwards, it is incorporated on the measurement of the top of the foam as being continuous layer itself. かなりの量の泡(例えば、体積約60ml以上)がメスシリンダーの側部に垂れ下がり、総泡量の測定を不精確又は困難にしている場合、棒に取り付けられた半円形の可撓性プラウ、例えば、スポンジから切り取った直径50.8mm(2インチ)の栓をもう1度半分に切って長いねじ山付き棒に固定したものを使用して(30秒の水切りの間に)、最上部及び側部の泡をメスシリンダーの底部へと移動させて他の泡と合わせてから、体積を測定する。 Significant amount of foam (e.g., about 60ml or more by volume) is hanging on the side of the measuring cylinder, when the measurement of the total foam volume is the inaccurate or difficult, semicircular flexible plow attached to the rod, for example, (during draining for 30 seconds) using what the plug of diameter were cut from the sponge 50.8 mm (2 inches) is fixed to a long threaded rod cut in again half, top and the sides of the bubble is moved to the bottom of the graduated cylinder from in conjunction with other foam, measuring the volume. 生じ得る最大泡体積は、(フォームの全高がメスシリンダー上の1,000mLの印を超える場合でも)1,000mLである。 Maximum may occur bubble volume is (even if the total height of the foam exceeds the indicia 1,000 mL of the graduated cylinder) 1,000 mL. 生じ得る最小泡体積は、(フォームが存在せず、メスシリンダー内の水の高さが泡の最上部で示され、シリンダー1の泡量として測定される場合でも)100mlである。 Minimum foam volume that may occur, (there is no foam, the height of the water in the graduated cylinder is shown at the top of the foam, even when measured as the amount of foam cylinders 1) is 100 ml.

シリンダー1の泡量を記録した後、糸を持ってストップコックを除去し、第1のメスシリンダーからストリップを取り外し、次いでこのメスシリンダーに再びコックを付ける。 After recording the bubbles in Cylinder 1, the stopcock was removed with the thread, remove the strip from the first graduated cylinder, then again put cock to the graduated cylinder. 用品のストリップを糸だけで保持し、ストリップを吸収性のあるペーパータオルの積み重ね体に数秒間軽く触れさせて、ストリップの底部から水滴を除去する。 The supplies of the strip held by a thread, is a strip of absorbent let me touch a few seconds lightly stack of paper towels to remove water droplets from the bottom of the strip. 次いで、前述したのと同一のやり方で、用品のストリップを、前述でシリンダー2として番号が付けられた第2のメスシリンダーの内側に固定し、そのストップコックを追加し、第2の回転シーケンスを完了して、第1のメスシリンダーについて記載したのと同一のやり方で第2のシリンダーにおいて泡体積を測定し、シリンダー2の泡量として記録する。 Then, in the same manner as that described above, the supplies of the strip, is fixed to the inside of the second measuring cylinder numbers as the cylinder 2 in the above attached, to add the stopcock, the second rotation sequence complete, in the second cylinder in the same manner as described for the first graduated cylinder to measure the foam volume is recorded as a foam in cylinder 2. このシーケンスを合計8回続け、各メスシリンダーにおける泡体積を、そのシリンダーの泡体積として記録する。 Continue this sequence eight times, the foam volume at each measuring cylinder is recorded as a foam volume of the cylinder. すなわち、シリンダー1、シリンダー2、シリンダー3、シリンダー4、シリンダー5、シリンダー6、シリンダー7、及びシリンダー8における泡体積は、それぞれ、シリンダー1の泡量、シリンダー2の泡量、シリンダー3の泡量、シリンダー4の泡量、シリンダー5の泡量、シリンダー6の泡量、シリンダー7の泡量、及びシリンダー8の泡量として表される。 In other words, the cylinder 1, cylinder 2, cylinder 3, a cylinder 4, a cylinder 5, the foam volume in the cylinder 6, cylinder 7, and the cylinder 8, respectively, bubbles in Cylinder 1, bubbles of the cylinder 2, bubbles in Cylinder 3 , foam volume of the cylinder 4, the foam of the cylinder 5, the foam of the cylinder 6, bubbles in cylinder 7, and expressed as a foam in cylinder 8. 定常的瞬間泡体積は、シリンダー1の泡量とシリンダー2の泡量とを合算することによって得られる。 Steady Flash Lather Volume is obtained by summing the bubbles in Cylinder 1 and foam volume of the cylinder 2. 定常的総泡体積は、8個のメスシリンダーすべてにおいて得られた泡を合算することによって得られる。 Steady Total Lather volume is obtained by summing the foam obtained in all eight of the graduated cylinder.

(機械的泡体積試験) (Mechanical foam volume test)
本発明のパーソナルケア用品は、後述する機械的泡体積を提供する。 Personal care products of the present invention provides a mechanical foam volume to be described later. パーソナルケア用品は、クレンジング用品又は非クレンジング用品にすることができ、後述するような異なる機械的泡体積をもった泡性用品又は非泡性用品にすることができる。 Personal care products can be in the cleansing article or non-cleansing products, can be lathering article or non-lathering supplies with different mechanical Lather Volume, as described below. 機械的泡体積試験は、水の供給が限られている状態、すなわち、洗面台で洗う時、例えば洗面台で顔を洗う時、特に、泡性の布、布状用品、又は繊維性不織布ウェブを使用して洗面台でメークアップを除去する時に当然存在するような状態での、用品の機械的な泡の指標を与える。 Mechanical Lather Volume Test, the state where the water supply is limited, i.e., when washing with wash basin, for example when washing the face with washbasin, in particular, foaming of the fabric, cloth-like article, or fibrous nonwoven web the in the state, such as naturally present in time to remove the make-up in the wash basin to use, it gives an indication of the mechanical foam of supplies.

10mL間隔で印が付けられた、基部の内側から1,000mLの印までの高さが368.3mm(14.5インチ)の、1,000mLメスシリンダー(例えば、パイレックス2982号)を選択する。 Marked with 10mL interval is attached, from the inside of the base to the sign of 1,000mL height 368.3mm of (14.5 inches), to select the 1,000mL graduated cylinder (e.g., Pyrex No. 2982). メスシリンダーに25gの蒸留水(23℃で±0.1g)を加える。 25g of distilled water to the graduated cylinder (at 23 ° C. ± 0.1 g) is added.

最も長い寸法で縦方向に切断することによって4つの等幅ストリップに切り分けることにより、用品を調製する。 By cut into four equal width strips by cutting in the longitudinal direction in a longest dimension, to prepare the article. ストリップを積み重ね、その一端を、メスシリンダー頚部の内側に嵌まる十分に細いものとして選択されたバインダークリップ(上部クリップとして指定する)で挟む。 Stacked strips, the one end, sandwiching a selected binder clips (specified as the upper clip) as whole sufficiently narrow fit inside the graduated cylinder neck. 用品に内容物が取り込まれていて、用品をストリップに切り分けるとそれらがこぼれる場合、代わりに用品を4つの均等なストリップに折り畳む。 It has contents are incorporated into the article, if they When isolate supplies the strip spilling, folded instead the article into four equal strips. 用品のサイズが原因で、折り畳んでメスシリンダー内に入れることが不可能な場合、用品を、挿入できるストリップに切り分け、この手順の間にこぼれた内容物があれば、受けておいて、後述する第1のメスシリンダーに別々に加える。 Because goods size, folded and when it is not possible to put in a graduated cylinder, the goods, cut into insert can strip, if there is content spilled during this procedure, it keeps receiving and, later added separately to the first graduated cylinder.

各ストリップの底部に、それぞれ上部クリップとは反対の方向に向けてバインダークリップを取り付ける。 The bottom of each strip, the upper clip respectively attaching the binder clip toward the opposite direction. 各ストリップの中心に、上部クリップ及び各底部クリップの方向から90度の角度に向けてバインダークリップを取り付ける。 The center of each strip, attaching the binder clip toward the upper clip and direction of the bottom clip at an angle of 90 degrees. 各クリップは、平均2.7gの重さがある。 Each clip, there is the weight of the average 2.7g. クリップは、シリンダーが回転する間に、ストリップが短い長さへの収縮と完全長への膨張とを交互に起こして、泡性界面活性剤成分の存在下で泡を発生できる機械的動作を引き起こすように、重量を与えるためのものである。 Clip, while the cylinder rotates, the expansion of the contraction and full length to the strip is shorter in length caused alternately, causes a mechanical action capable of generating foam in the presence of a lathering surfactant component as, it is for providing a weight. 細い釣り糸のような細いポリマー糸を上部クリップに縛り付けて、糸が高い位置に保持されている時に、ストリップが上部クリップ及び糸から垂直に垂れ下がるようにする。 Thin polymer threads, such as a thin fishing line tied to the upper clip, when the yarn is held at a high position, the strip is so depending from the upper clip and yarns vertically.

ストリップの積み重ね体の上端がシリンダー側部の1,000mlの印と同じ高さに垂れ下がった状態で、ストリップがメスシリンダー内部で垂直に垂れ下がるように、ストリップをシリンダー内に入れる。 In a state where the upper end of the stack of strips hanging at the same height as the sign of 1,000ml cylinder side, strips so hang vertically inside a graduated cylinder, add strip into the cylinder. 頚部にストップコックを挿入し、用品のストリップをメスシリンダーに対して固定する。 Insert the stopcock to the neck, to fix the goods of the strip with respect to the graduated cylinder. シリンダーを44秒で25回転という安定した速度で25回転させて、フォームセルで構成される機械的泡を発生させ、垂直位置で停止させる。 Cylinder 25 25 is rotated at a steady rate of rotation at 44 seconds, to generate a mechanical foam composed of foam cells, and stops in a vertical position. 回転の間ストリップを観察すると、各回転が、ストリップに、最大圧縮を起こしてから逆転して元の垂直位置で最大拡張を起こすというサイクルを繰り返させる。 Observing between rotostripped each rotation, the strip, reversed from causing the maximum compression to repeat cycle that causes maximum expansion in the original vertical position. 圧縮の程度は、濡れた状態でのストリップのコンプライアンスに基づいており、したがって様々である。 The degree of compression is based on the strip of compliance when wet, thus varies. (1)速すぎるシリンダーの回転速度、(2)生成された泡による干渉、(3)シリンダー壁面へのストリップの貼り付き、又は(4)これらの因子の組み合わせのような干渉因子が原因で、回転の逆転相の間にコンプライアントな(すなわち、長さ方向に圧縮を比較的起こしやすい)ストリップの圧縮が観察されない場合、ストリップが反転のたびに圧縮を起こし、垂直位置で拡張を起こすことが観察されるまで、装置の回転速度を減速させる。 (1) the rotational speed of the too fast cylinder, (2) interference due to the generated bubbles, (3) sticking strips into cylinder wall, or (4) due to interfering agents such as a combination of these factors, If during the reversal phase of rotation of compliant (i.e., prone relatively compressed in the length direction) compression of the strip is not observed, the strip undergoes compression during each reversal, it may cause extension in a vertical position until it observed, slowing the rotational speed of the device. ストリップのコンプライアンスに基づいてストリップが圧縮及び拡張を起こす範囲で、ストリップの完全な圧縮−拡張サイクルを25回を完了させることが重要である。 The extent of causing a strip compression and expansion on the basis of a strip of compliance, full compression of the strip - it is important to complete the 25 times the expansion cycle. ストリップが圧縮及び拡張を起こさない場合、ストリップの意図される圧縮−拡張を達成するために回転速度を1分当たり15回転(rpm)程度まで減速させる。 If the strip does not cause compression and expansion, the intended compression of the strip - is decelerated to 15 revolutions (rpm) degree per minute the rotational speed in order to achieve expansion. それでもなお、前述した干渉因子が原因でストリップが圧縮及び/又は拡張を起こさない場合、各回転の間、シリンダーを各垂直位置において瞬間的にその場所で保持して手で振盪させて、ストリップに圧縮及び拡張を起こさせる。 Nevertheless, if the strip due to interfering agents described above do not cause compression and / or expansion, during each rotation, the cylinder momentarily shaking by hand and held in place at each vertical position, the strip causing compression and expansion.

次いで、回転装置を再始動させることによって、2回目の25回転について測定を続ける。 Then, by restarting the rotation device, continued measured 25 the second rotation. 停止してから5秒以内に回転装置を再始動させるべきである。 It should restarts the rotation device from the stop within 5 seconds. 停止してから5秒以内に再び回転装置を再始動させ、3回目の25回転を完了する。 Stop the rotation device is restarted again within 5 seconds after completing the 25 rotation of the third. ストップコックを除去し、取り付けられた糸を使用して、それに集まった泡と共に用品を底部へと下降させる。 Removing the stopcock, using an attached thread is lowered to the bottom of the article therewith to gather bubbles. 定常的泡体積試験で記載したのと同一のプラウ(plow)を使用して、メスシリンダーの側部及び最上部に残っている泡をメスシリンダーの底部へと移動させる。 Using steady Lather Volume same plow as described in the test (plow), to move the bubbles remaining in the sides and top of the measuring cylinder to the bottom of the graduated cylinder. プラウを使用して、泡の最上面が確実に均一になるようにする。 Using the plow, so that the uppermost surface of the foam is ensured uniform. 泡表面の最上部が圧潰した用品を超えて延びる場合、泡体積を読み取る前に、やはりプラウを使用して、下降される時に圧潰した繊維性不織布ウェブ内の大きな(>25.4mm(1インチ))の空気の空洞が確実に泡で満たされるようにする。 If extending beyond the article which top has collapsed foam surface, before reading the foam volume, again using the plow, large (> 25.4 mm (1 inch crushed fibrous nonwoven in the web when it is lowered ) cavity of air) reliably to be filled with foam. 泡表面の最上部が用品を超えて延びない場合、泡を壊す、又は圧縮することなく、泡をプラウによってシリンダー内の可能な最低位置へと移動させる。 If the top of the foam surface does not extend beyond the article, breaking the bubbles, or without compressing, moved by plow bubbles into the lowest possible position in the cylinder.

泡の高さが繊維性不織布ウェブの最上部の高さを上回る場合、機械的泡体積は、その下にある繊維性不織布ウェブを含めた泡の高さになる。 If the height of the foam above the top of the height of the fibrous nonwoven web, the mechanical foam volume will foam height, including fibrous, nonwoven web beneath it. 停止してから15秒以内に泡の高さを測定する。 To measure the height of the bubble within 15 seconds from the stop. 高さが繊維性不織布ウェブの最上部の高さを下回る場合、機械的泡体積は、メスシリンダーに広がる泡表面の最も高い部分の高さになる。 If the height is less than the top of the height of the fibrous nonwoven web, the mechanical foam volume, as high as the highest portion of the foam surface extending a graduated cylinder. 初めて濡らされたときにスポンジが膨張するように、試験の間に用品が膨張する場合、プラウを使用して膨張した繊維性不織布ウェブの表面から泡を押しのけるが、これは、シリンダー底部に下降されず、泡の高さに含められない。 As the sponge to expand when first wetted, if article expands during the test, but dislodge bubbles from using plow expanded fibrous nonwoven web surfaces, which are lowered to the bottom of the cylinder no, not included in the height of the bubble. 風船が空気で膨らむように試験の間に用品が膨らむ場合、膨らまないように、同じタイプの新しい用品に傷を付け且つ/又は穴をあけることによってその用品を調製し、試験を繰り返し、機械的泡体積は、傷を付けられた又は穴があけられた用品での泡の高さになる。 If the balloon is inflated is supplies during the test so as to expand with air, so as not to inflate, the article prepared by scratches and / or puncturing the same type of new goods, repeated testing, mechanical foam volume will height of foam supplies where the Tagged or hole drilled wounds. 生じ得る最大泡体積は、(フォームの全高がメスシリンダー上の1,000mLの印を超える場合でも)1,000mLである。 Maximum may occur bubble volume is (even if the total height of the foam exceeds the indicia 1,000 mL of the graduated cylinder) 1,000 mL. 生じ得る最小泡体積は、0mlである(水の高さであるが、これは用品に吸収されることがある)。 Minimum foam volume that may occur is 0 ml (but the height of the water, which may be absorbed into articles). メスシリンダーの内側に泡が見えない場合、用品を下降させて高さを測定する必要はなく、機械的泡体積は、メスシリンダーの底部にある水の高さとして表される。 If bubbles inside the graduated cylinder is not visible, there is no need to measure the height lowers the article, mechanical foam volume is expressed as the height of the water at the bottom of the graduated cylinder.

(水分保持量測定法) (Water retention amount measuring method)
前述のように、本発明の用品は、「実質的に乾燥した」ものにすることができる。 As mentioned above, articles of the present invention, can be made to be "substantially dry". 本明細書で使用する時、「実質的に乾燥した」は、本発明の用品が、約0.95g未満、好ましくは約0.75g未満、より好ましくは約0.5g未満、さらに好ましくは約0.25g未満、さらに好ましくは約0.15g未満、最も好ましくは約0.1g未満の水分保持量を示すことを意味する。 As used herein, "substantially dry" is articles of the present invention is less than about 0.95 g, preferably less than about 0.75 g, more preferably less than about 0.5g, more preferably from about less than 0.25 g, more preferably less than about 0.15 g, and most preferably meant to indicate a moisture holding amount of less than about 0.1 g. 水分保持量は、本発明の用品に触れたときにユーザーが知覚する、「濡れた」拭き取り用品の感触とは対照的な、乾燥した感触の指標である。 Water retention amount, the user perceives when touched to articles of the present invention, as opposed to the feel of the wipe "wet", which is an indicator of dry feel.

本用品及び他の使い捨て繊維性不織布ウェブを主体とした製品の水分保持量を測定するには、以下の機器及び材料が必要である。 To measure the moisture holding amount of the product of the present articles and other disposable fibrous nonwoven webs were mainly involves the following equipment and materials.

次に、2枚のペーパータオルの重量を別々に測定し、各重量を記録する。 Then, the weight of two paper towels separately measured, record each weight. 1枚のペーパータオルを平らな表面(例えば、実験室の作業台)上に置く。 Place one sheet of paper towel flat surface (for example, a lab bench) on. そのペーパータオルの上に試料用品を置く。 Placing the sample supplies on top of the paper towels. 試料用品の上にもう一枚のペーパータオルを置く。 Put another piece of paper towel on top of the sample supplies. 次に、間に挟まれた試料用品上に、レキサンを置き、次いで2000gのおもりを置く。 Next, on the sandwiched sample article which during, place the Lexan and then put a weight of 2000 g. 1分待つ。 Wait for 1 minute. 1分後、おもり(1つ又は複数)及びレキサンを取り除く。 After 1 minute, remove weight (s) and Lexan. 上部及び底部のペーパータオルの重量を測定し、重量を記録する。 Measuring the weight of the paper towel the top and bottom, and record the weight.

上部及び底部のペーパータオル両方について、最終重量(1分後)から初めのペーパータオル重量を引くことによって、水分保持量を算出する。 For paper towels both the top and bottom, by subtracting the first paper towel weight from the final weight (after 1 minute), to calculate the moisture holding amount. 上部及び底部のペーパータオルについて得られた重量差を加算する。 Adding the weight difference obtained for paper towels of the top and bottom. 多数の用品が試験されると仮定して、総重量差を平均して水分保持量を得る。 Assuming multiple articles are tested, average the total weight differences to obtain a water retention amount.

前述のように、本発明の用品は、使用前に「実質的に乾燥した」、「湿った」、又は「濡れた」ものにすることができる。 As mentioned above, articles of the present invention, "substantially dry" prior to use, "wet", or can be made to be "wet". 用品は、触ると乾燥した感触を与えることができ、それでもなお水分含有量が高い。 Supplies, it can give a dry feel to the touch, still a high moisture content. 水分保持量は、本発明の用品に触れたときにユーザーが知覚する、「濡れた」用品の感触とは対照的な、乾燥した感触の指標である。 Water retention amount, the user perceives when touched to articles of the present invention, as opposed to "wet" feel of the article, which is an indicator of dry feel. ゆえに、触ると乾燥した感触がする本発明の用品は、それに含まれている流体の量とは比較的関係なく、乾燥した感触を与えることができる。 Thus, articles of the present invention is the dry feel to the touch for a relatively regardless of the amount of fluid contained therein, can provide a dry feel. 乾燥した感触を有する本発明の用品は、約0.95g未満、好ましくは約0.75g未満、より好ましくは約0.5g未満、さらに好ましくは約0.25g未満、さらに好ましくは約0.15g未満、最も好ましくは約0.1g未満の水分保持量を示す。 Articles of the present invention having a dry feel, less than about 0.95 g, preferably less than about 0.75 g, more preferably less than about 0.5g, more preferably less than about 0.25 g, more preferably from about 0.15g weight, and most preferably showing the moisture holding amount of less than about 0.1 g.

前述のように、本発明の用品は、使用前に「濡れた」ものにすることができる。 As mentioned above, articles of the present invention, can be those "wet" prior to use. 用品は、触ると濡れた感触を与えることができ、水分含有量が高い。 Supplies, can give the feel wet to the touch, there is a high moisture content. 「濡れた」用品中の流体の重量パーセントは、ウェブの乾燥重量に基づく。 % By weight of the "wet" fluid in the article is, based on the dry weight of the web. 重量は、全組成物の重量として表される。 Weight, expressed as weight of the total composition. ゆえに、本発明の「濡れた」用品は、一般に、約40重量%より多くの流体、好ましくは40重量%〜約95重量%の流体、より好ましくは約50重量%〜約80重量%の流体を含む。 Hence, "wet" articles of the present invention are generally more fluid than about 40 wt%, preferably 40 wt% to about 95% by weight of the fluid, more preferably from about 50% to about 80 wt% of the fluid including.

(製造方法) (Production method)
本発明の用品は、前記ウェブが選択的機械変形を受ける前又は後に、クレンジング及び/若しくは処置組成物を、別々に又は同時に、前記ウェブの表面上に添加し、且つ/又は前記ウェブに含浸させることによって、製造することができる。 Articles of the present invention, the before or after the web is subjected to selective mechanical deformation, the cleansing and / or treatment compositions, separately or simultaneously added onto the surface of the web, impregnating and / or the web by, it can be produced. 「別々に」とは、クレンジング組成物及び処置組成物を、初めに組み合わせずに、任意の順序で順次添加できることを意味する。 By "separately", the cleansing compositions and treatment composition, not in combination initially means that can be sequentially added in any order. 「同時に」とは、クレンジング組成物及び処置組成物を、初めに組み合わせて又は組み合わせずに添加できることを意味する。 By "simultaneously" is meant that the cleansing composition and treatment compositions can be added without combination or in combination at the beginning.

クレンジング及び/又は処置組成物は、当業者に公知の任意の手段を使用して、繊維性不織布ウェブ上に組み込み、又は繊維性不織布ウェブに含浸させることができる。 Cleansing and / or treating composition, using any means known in the art, built onto the fibers, nonwoven web, or can be impregnated into the fibrous nonwoven web. これらの構成成分は、様々な噴霧法、浸透法、コーティング法、又は浸漬法を使用して適用することができる。 These components can be a variety of spraying, infiltration method, a coating method, or by using the immersion method is applied. 過剰な界面活性剤及び/又はコンディショニング成分は、(例えば、ニッピング法によって)除去することができる。 Excess surfactant and / or conditioning component can be removed (e.g., by nipping process). 得られる用品は、濡れた状態のままにすることができ、或いは、当該技術分野において公知の従来方法を使用してさらに加工し、湿った若しくは乾燥した状態にすることができる。 Resulting article can be left in a wet state, or further processed using conventional methods known in the art, it can be wet or dry.

(用品の使用方法) (How to use of the article)
本発明は、また、繊維性不織布ウェブの構造ゆえに柔らかい本発明のパーソナルケア用品によって、皮膚、毛髪、若しくは身体の他のケラチン含有組織をクレンジング且つ/又は処置する方法に関する。 The present invention is also the personal-care appliance of the soft present invention to the structure because of the fibrous nonwoven web, skin, hair, or the body of the other keratin-containing tissues to a method of cleansing and / or treatment. これらの方法は、繊維性不織布ウェブを含む使い捨てパーソナルケア用品を流体で濡らす工程と、クレンジング及び/又は処置組成物でクレンジング且つ/又は処置すべき領域を用品で拭き取る工程とを含む。 These methods comprise the steps of wetting the disposable personal care article comprising a fibrous nonwoven web with a fluid, and a step of wiping the cleansing and / or treatment area should be at cleansing and / or treatment composition supplies. 本発明の用品は、使用前に流体で濡らすことができ、使用前に既に流体を含んでいることができ、又は用品を使用するために流体を必要としないものにすることができる。 Articles of the present invention may be wetted with the fluid prior to use, can already contain fluid prior to use, or can be one that does not require fluid to use articles. 実質的に乾燥した用品は、流体に浸すことによって、又は流体の流れの下に置くことによって濡らされる。 Substantially dry article is wetted by placing by immersion in a fluid, or under the fluid flow. 用品を皮膚、毛髪、若しくは他のケラチン含有表面と接触させる前又は接触させている間に、当該用品を機械的に攪拌し、且つ/又は変形させることによって、当該用品から泡が発生する。 The article of skin, hair, or while is before or contacted is contacted with other keratin-containing surfaces, mechanically stirred the article, by and / or deformation, bubbles are generated from the goods.

得られる泡は、皮膚、毛髪、若しくは他のケラチン含有表面をクレンジング且つ/又は処置するのに有用である。 Resulting foam is useful skin, hair, or other keratin-containing surfaces for cleansing and / or treatment. クレンジング/処置過程並びにその後の水によるすすぎの間、処置剤及び活性成分が皮膚、毛髪、若しくは他のケラチン含有表面と接触する。 Cleansing / course of treatment, as well as during rinsing due to subsequent water treatment agent and the active ingredient are in contact skin, hair, or other keratin-containing surfaces. 処置組成物及び活性成分の付着は、繊維性不織布ウェブと、皮膚、毛髪、若しくは身体の他のケラチン含有組織との物理的接触によって向上する。 Deposition treatment compositions and the active ingredient is enhanced and fibrous nonwoven webs, the skin, by physical contact with the hair, or body of another keratin-containing tissues.

理論に制限されるものではないが、繊維性不織布ウェブは、泡の発生並びに処置組成物及び他の任意の活性成分の付着に大きく寄与すると考えられている。 Without being limited by theory, fibrous nonwoven web is believed to contribute significantly to the deposition of the generation and treatment compositions and other optional active ingredients of foam. この泡及び付着は、繊維性不織布ウェブの表面作用の結果であると考えられている。 The foam and deposition are believed to be the result of the surface action of the fibrous nonwoven web. 結果として、より低刺激性の、きわめて少量の界面活性剤を使用することができる。 As a result, a lower irritation, can be used very small amount of a surfactant. 必要な界面活性剤の量の減少は、界面活性剤による皮膚又は毛髪の乾燥効果の低減に関連すると考えられている。 Reduction in the amount of surfactant required is believed to be related to the reduction of the drying effect of the skin or hair with a surfactant. さらに、界面活性剤の量が減ると、界面活性剤が処置組成物の付着に対して示す妨害作用(例えば、界面活性剤による乳化又は直接的な除去による妨害作用)が低減される。 Furthermore, the amount of surfactant is reduced, interference effects indicate to attachment of surfactant treatment compositions (e.g., interference effects due to emulsification or direct removal by the surfactants) are reduced. さらに、理論に制限されるものではないが、繊維性不織布ウェブは、また、処置組成物及び活性成分の付着を向上させると考えられている。 Moreover, although not wishing to be limited by theory, fibrous, nonwoven webs, also believed to improve the adhesion of the treatment composition and the active ingredient. さらに、処置組成物及び活性成分が繊維性不織布ウェブ上に組み込まれ、又は当該ウェブ内に含浸されるので、濡れた、湿った、又は濡らされた用品を皮膚、毛髪、若しくは他のケラチン含有表面に表面接触させることによって、処置組成物及び活性成分がその皮膚へと直接移動する。 Furthermore, the treatment composition and the active ingredient is incorporated into the fibrous nonwoven web, or because they are impregnated into the inner web, wet, damp, or wetted article to the skin, hair, or other keratin-containing surfaces by surface contact with the treatment composition and the active ingredient is moved directly into its skin.

以下の諸実施例は、本発明の範囲内にある諸実施形態をさらに記載し、実証する。 The following various examples, various embodiments within the scope of the present invention further describe and demonstrate. 諸実施例は、単に説明を目的として与えられるにすぎず、その多くの変形形態が本発明の精神及び範囲を逸脱することなく可能であるので、本発明を制限するものとして解釈されるべきではない。 Various examples are merely given for purposes of illustration, since many variations are possible without departing from the spirit and scope of the present invention, to be construed as limiting the present invention Absent. 特に指定のない限り、例示されるすべての量は、全クレンジング、処置組成物の重量に基づいた濃度である。 Unless otherwise specified, all amounts exemplified is the concentration based on the weight of the total cleansing, treatment compositions.

(実施例1) (Example 1)
ループ状でもある、房状の不織布ウェブを調製する。 It is also a loop, to prepare a tufted nonwoven web. 不織布の前駆体不織布ウェブは、100%ポリプロピレンスパンボンド繊維で構成され、1平方メートル当たり約17g(gsm)の坪量を有しており、柔軟性添加剤を含有する親水性PHOB+C1,2,3として指定されて、米国ペンシルベニア州ヘーズルトン(Hazleton)のファースト・クオリティ・フィブラス・ノンウーヴンズ(First Quality Fibrous Nonwovens)によって販売される。 Precursor nonwoven web of non-woven fabric is composed of 100% polypropylene spunbond fibers, it has a basis weight of about 17g per square meter (gsm), as the hydrophilic PHOB + C1,2,3 containing flexible additive is specified, it is sold by First Quality Fiburasu-Non'uvunzu of the United States, Pennsylvania Hazleton (Hazleton) (First Quality Fibrous Nonwovens). ピッチ(P)が1.524mm(0.060インチ)、歯の高さ(TH)が3.683mm(0.145インチ)、歯の間隔(TD)が1.588mm(0.0625インチ)、歯の長さ(TL)が1.270mm(0.050インチ)の歯付きロールを使用して、前駆体不織布ウェブをタフト加工する。 Pitch (P) is 1.524 mm (0.060 inches), the tooth height (TH) is 3.683mm (0.145 inches), spacing of the teeth (TD) is 1.588mm (0.0625 inches) the length of the teeth (TL) uses the toothed rolls 1.270 mm (0.050 inches), tufted precursor nonwoven web. 歯付きロール及び溝付きロールは、3.429mm(0.135インチ)の係合(E)に設定した。 Toothed roll and grooved roll was set to engage the 3.429mm (0.135 inches) (E). 歯付きロール及び溝付きロールの直径は、それぞれ約15cm(6インチ)である。 The diameter of the toothed roll and grooved roll are each about 15cm (6 inches). 前駆体不織布ウェブは、ライン速度7.6m/m(1分当たり25フィート(fpm))でニップ内に送り込まれる。 Precursor nonwoven web is fed into the nip at a line speed of 7.6 m / m (25 feet per minute (fpm)). 房状のウェブを、ウェブの第1側(すなわち、タフト加工された側)の変形部の走査型電子顕微鏡(SEM)画像を作成することによって調査し、本明細書に記載の手順によって評価する。 The tufted web, first side of the web (i.e., tufted processed side) investigated by creating a scanning electron microscope (SEM) image of the deformed portion of, is evaluated by the procedures described herein . 代表的な変形部は、平均23本の繊維で構成され、その約83%が、破断していないループ状の房状の繊維であった。 Exemplary deformable portion is constituted by the average 23 fibers of which about 83% was the looped tufted fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、近位部分と遠位部分との中間では約12μm、バルクでは約15μmである(直径比0.80)。 The diameter of individual looped fibers, in the middle of the proximal and distal portions in about 12 [mu] m, a bulk of about 15 [mu] m (diameter ratio 0.80). ループの高さ×最大幅は、約0.80mm×1.1mmであり、ループは、ウェブ表面近くで約0.60mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 0.80 mm × 1.1 mm, and the loops have a minimum width of approximately 0.60mm near the web surface. 楕円寸法を仮定すると、ループの平面的な突出は、1つの軸がループの高さに等しく、第2の軸がループの最大幅に等しい楕円によって表され、ループの面積は、楕円の面積についての標準的な式(=πab/4(a及びbは楕円の軸))に従って0.69mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, planar projection of the loop is equal to the height of one axis loop, the second axis is represented by the maximum width equal to elliptical loops, the loop area, the area of ​​the ellipse standard formula (= πab / 4 (a and b axes) of the ellipse) of is calculated as 0.69 mm 2 according to.

(実施例2) (Example 2)
房状の繊維性不織布ウェブを調製する。 Preparing tufted fibrous, nonwoven web. 実施例1と同一のポリプロピレン繊維性不織布ウェブを使用し、ライン速度を1分当たり約150メートル(1分当たり500フィート)に増大させることを除いて同一の歯付きロール及び設定を使用する。 Using the same polypropylene fiber nonwoven web as in Example 1, using the same toothed roll and set except increasing the line speed to about 150 meters per minute (500 feet per minute). 変形部があまりループ状ではない様子が観察される。 State deformation portion is not very loop is observed.

(実施例3) (Example 3)
房状の部分と非房状の部分とを有する2ゾーン型の(すなわち、ウェブの1つの領域がタフトを有するゾーンを画定し、同一のウェブの第2の領域がタフトを持たない第2のゾーンを画定する)、房状の繊維性不織布ウェブを調製する。 2-zone having a tufted portion and a non-tufted portion (i.e., defining a zone in which one region of the web has a tuft second second region of the same web has no tufts defining a zone), to prepare a tufted fibrous, nonwoven web. 房状の部分は、ほとんどがループ状に見える。 Tufted part is, most visible in the form of a loop. 実施例1と同一のポリプロピレン繊維性不織布ウェブを使用する。 Using the same polypropylene fiber nonwoven web as in Example 1. 前述の実施例と同一のパターンを有する、ただし手動クランク式である歯付きロールを使用する(ライン速度は、歯付きロールに取り付けられたアームを使用して1分当たりわずか約1メートル(数フィート)であり、歯付きロールは、溝付きロールに噛み合っていて、手で力を加えてアームを回転させると、ロールが回転してウェブをロール間のニップ内に引き込み、そこでタフト加工が起こる)。 It has the same pattern as the previous examples, but using a toothed roll is a manual crank (line speed is only about 1 meter per minute using the arm attached to the toothed rolls (several feet ), and the toothed rolls is not in mesh with the grooved roll, rotating the arm of force by hand draw roll web rotates in the nip between the rolls, where tufting occurs) . 歯付きロールは、歯群を持たずに空隙群を有するロールの部分を有しており、空隙群は、機械方向及び機械横方向の両方に配向した列を成しており、これらの列は、約0.85cmの幅を有しており、両方向で列の間隔(中心間の距離)7.5cmで離隔されている。 Toothed roll has a portion of the roll having a void group without having teeth, voids group are in rows oriented in both the machine direction and cross machine direction, these columns has a width of about 0.85 cm, are spaced by 7.5 cm (distance between the centers) column spacing in both directions. 房状のウェブの第1領域内の部分は、タフト加工されている。 Portion of the first region of the tufted web is tufted. 列を成す、歯群を含まない歯付きロールの部分に対応する第2領域内のウェブの他の部分は、変化しない。 A row, another part of the web of the second region corresponding to the portion of the toothed roll without the teeth does not change. ミツトヨ(Mitutoyo)モデルID−C112CEBマイクロメータを使用して、ウェブの厚さを測定する。 Mitutoyo (Mitutoyo) using a model ID-C112CEB micrometer to measure the thickness of the web. 第1領域内の房状の部分の厚さは、約0.39mmである。 The thickness of the tufted portion of the first region is about 0.39 mm. 第2の非房状の領域内の房状のウェブの厚さは、約0.14mmである。 Tufted thickness of the web of the second non-tufted region is about 0.14 mm.

(実施例4) (Example 4)
房状の繊維性不織布ウェブを調製する。 Preparing tufted fibrous, nonwoven web. 繊維性不織布ウェブは、DAPP繊維(強活性化ポリプロピレン)である繊維で構成され、これは、ポリプロピレン、ポリエチレン、及び少なくとももう1つのコポリマーを含む多組成繊維である。 Fibrous nonwoven web is composed of fibers that are DAPP fiber (strong activation polypropylene), which are polypropylene, a multiple composition fibers comprising polyethylene, and at least another of the copolymer. 繊維性不織布ウェブの坪量は、約30gsm+/5gsmである。 The basis weight of the fibrous nonwoven web is from about 30 gsm + / 5 gsm. 繊維性不織布ウェブは、ノースカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAフィブラス・ノンウーヴンズ(BBA Fibrous Nonwovens)から得られ、フランスのファイバーウェブ・インコーポレーテッド(Fiberweb,Inc)によって生産され、ソフスパン200(登録商標)として販売されている。 Fibrous nonwoven web is obtained from BBA Fiburasu-Non'uvunzu NC Simpsonville (Simpsonville) (BBA Fibrous Nonwovens), French fiber web, Inc. (Fiberweb, Inc) is produced by, as Sofusupan 200® It has been sold. 実施例1の歯付きロール及び設定を使用してライン速度1,524cm/m(50fpm)でウェブをタフト加工し、房状のウェブを同一の方式で調査する。 Tufting the web with toothed roll and line speed 1,524cm / m by using the settings of Example 1 (50 fpm), to investigate the tufted web in the same manner. 代表的なタフトは、平均20本の繊維を含んでおり、その約90%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of 20 fibers of which about 90% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約22μm、バルクでは約24μmである(直径比0.92)。 The diameter of individual looped fibers, the loop about 22 .mu.m, the bulk is about 24 [mu] m (diameter ratio 0.92). ループの高さ×最大幅は、約1.30mm×0.90mmであり、ループは、約0.55mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 1.30 mm × 0.90 mm, and the loops have a minimum width of about 0.55 mm. 実施例1で前述したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、0.92mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions as previously described in Example 1, the loop area is calculated as 0.92 mm 2.

(実施例5) (Example 5)
ライン速度を15,240cm/m(500fpm)に増大させることを除き、同一の材料、プロセス、及び条件を使用して、房状の繊維性不織布ウェブを調製する。 Except increasing the line speed to 15,240cm / m (500fpm), the same material, using the process and conditions, to prepare a tufted fibrous, nonwoven web. 代表的なタフトは、平均20本の繊維で構成され、その約70%が破断していないループ状繊維であった。 Representative tufts is constituted by an average of 20 fibers of which about 70% were looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約16.5μm、バルクでは約20μmである(直径比0.83)。 The diameter of individual looped fibers, the loop about 16.5 um, a bulk of about 20 [mu] m (diameter ratio 0.83). ループの高さ×最大幅は、約0.95mm×0.85mmであり、ループは、約0.55mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 0.95 mm × 0.85 mm, and the loops have a minimum width of about 0.55 mm. 実施例1で前述したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、0.63mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions as previously described in Example 1, the loop area is calculated as 0.63 mm 2.

(実施例6) (Example 6)
実施例4と同一のポリプロピレン繊維性不織布ウェブを使用して、房状の繊維性不織布ウェブを調製する。 Using the same polypropylene fiber nonwoven web as in Example 4, to prepare a tufted fibrous, nonwoven web. 前述の実施例と同一のパターンを有する、ただし実施例3に記載したように手動クランク式である、歯付きロールを使用する(ライン速度は、1分当たりわずか約1メートル(数フィート))。 It has the same pattern as the above-described embodiments, although a manual crank as described in Example 3, using a toothed roll (line speed is only about 1 meter per minute (several feet)). 歯付きロールは、歯群を持たずに空隙群を有するロールの部分を有しており、空隙群は、歯の存在しない部分によって画定され、MD及びCDに延びる列を成している。 Toothed roll has a portion of the roll having a void group without having teeth, voids group is defined by a nonexistent part of the tooth, and has a row extending in the MD and CD. 房状のウェブの第1領域内の部分は、タフト加工されている。 Portion of the first region of the tufted web is tufted. 実施例3で定義したように、列を成し、縁部の周りにもある、第2領域内のウェブの他の部分は、変化しない。 As defined in Example 3, in rows, also around the edges, other portions of the web of the second region does not change. ミツトヨ(Mitutoyo)モデルID−C112CEBマイクロメータを使用して、ウェブの厚さを測定する。 Mitutoyo (Mitutoyo) using a model ID-C112CEB micrometer to measure the thickness of the web. 第1領域内の房状のウェブの厚さは、約0.92mmである。 Tufted web thickness in the first area is about 0.92 mm. 第2の非房状の領域内の房状のウェブの厚さは、約0.21mmである。 Tufted thickness of the web of the second non-tufted region is about 0.21 mm.

(実施例7) (Example 7)
実施例4と同一の歯付きロール及び機器設定並びにライン速度を用い、実施例4と同一の供給元から得られるのと同一の、ただし60gsmと坪量が大きい材料を使用して、繊維性不織布ウェブをタフト加工する。 Example 4 Using the same toothed roll and instrument settings and line speed and, the same as that obtained from the same source as Example 4, except using 60gsm and basis weight material having a large, fibrous, nonwoven tufted web. ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 代表的なタフトは、平均32本の繊維を含んでおり、その約75%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of 32 fibers of which about 75% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約13μm、バルクでは約18μmである(直径比0.72)。 The diameter of individual looped fibers, the loop about 13 .mu.m, the bulk is about 18 [mu] m (diameter ratio 0.72). ループの高さ×最大幅は、約1.35mm×1.03mmであり、ループは、約0.45mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 1.35 mm × 1.03 mm, and the loops have a minimum width of about 0.45 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、1.09mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 1.09 mm 2.

(実施例8) (Example 8)
前述の実施例と同一の材料及び歯付きロールを使用して、他の変更は行わずにライン速度を15,240cm/m(500fpm)に増大させる。 Using the same material and the toothed roll and the above-described embodiment, other changes increases the line speed without the 15,240cm / m (500fpm). ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 個々のループ状繊維の直径は、形成されたループでは約17.5μm、バルクでは約21μmである(直径比0.83)。 The diameter of individual looped fibers, the formed loop of about 17.5 .mu.m, a bulk of about 21 [mu] m (diameter ratio 0.83). ループの高さ×最大幅は、約1.20mm×1.20mmであり、ループは、約0.60mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 1.20 mm × 1.20 mm, and the loops have a minimum width of about 0.60 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、1.13mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 1.13 mm 2. 代表的なタフトは、平均約25本の繊維を含んでおり、その約68%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of about 25 fibers of which about 68% are looped fibers unbroken.

(実施例9) (Example 9)
繊維性不織布ウェブをタフト加工する。 Tufted fibrous nonwoven web. ウェブは、T260HEC(高伸長カード処理済み)であり、これは、サウスカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAフィブラス・ノンウーヴン・ウェブズ(BBA Fibrous,non-woven webs)によって製造される、100%ポリプロピレンカード処理繊維で構成された軽度に結合された高伸長カード処理繊維ウェブであり、坪量40gsmを有する。 Web is T260HEC (high elongation carded treated), which, SC BBA Fiburasu-Non'uvun-Webuzu of Carolina Simpsonville (Simpsonville) (BBA Fibrous, non-woven webs) is produced by 100% of polypropylene card a high elongation carded treated fiber webs coupled to configured lightly treated fibers, having a basis weight 40 gsm. 実施例4と同一の方式でウェブを加工する。 Processing the web in the same manner as in Example 4. ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 代表的なタフトは、平均18本の繊維を含んでおり、その約44%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of 18 fibers of which about 44% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約18.5μm、バルクでは約20μmである(直径比0.93)。 The diameter of individual looped fibers, the loop about 18.5, in the bulk is about 20 [mu] m (diameter ratio 0.93). ループの高さ×最大幅は、約1.30mm×1.15mmであり、ループは、約0.55mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 1.30 mm × 1.15 mm, and the loops have a minimum width of about 0.55 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、1.17mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 1.17 mm 2.

(実施例10) (Example 10)
前述の実施例と同一の材料及び歯付きロールを使用して、他の変更は行わずにライン速度を15,240cm/m(500fpm)に増大させる。 Using the same material and the toothed roll and the above-described embodiment, other changes increases the line speed without the 15,240cm / m (500fpm). ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 代表的なタフトは、平均22本の繊維を含んでおり、その約36%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of 22 fibers of which about 36% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約15μm、バルクでは約15μmである。 The diameter of individual looped fibers, the loop is about 15 [mu] m, a bulk of about 15 [mu] m. ループの高さ×最大幅は、約1.20mm×0.85mmであり、ループは、約0.60mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 1.20 mm × 0.85 mm, and the loops have a minimum width of about 0.60 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、0.80mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 0.80 mm 2.

(実施例11) (Example 11)
繊維性不織布ウェブをタフト加工する。 Tufted fibrous nonwoven web. ウェブは、スパンボンド/スパンレース加工によって調製される100%ポリプロピレンであり、坪量50gsmを有し、ノースカロライナ州グリーンズバラ(Greensboro)のアヴゴル・ノンウーヴンズ(Avgol Nonwovens)によって製造される。 Web is a 100% polypropylene which is prepared by a spunbond / spunlace process, it has a basis weight 50 gsm, manufactured by Avugoru-Non'uvunzu (Avgol Nonwovens) NC Greensboro (Greensboro). 前述の実施例と同一の歯付きロールを、ライン速度305cm/m(10fpm)で使用した。 The same toothed roll and embodiments described above, was used at a line speed of 305cm / m (10fpm). 歯付きロール及び溝付きロールの係合の深さを、2.54mm(0.100インチ)の係合(E)に設定する。 The depth of engagement of the toothed roll and grooved roll is set to engage the 2.54 mm (0.100 inches) (E). ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 代表的なタフトは、平均約29本の繊維を含んでおり、その約50%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of about 29 fibers of which about 50% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約16μm、バルクでは約16μmである。 The diameter of individual looped fibers, the loop is about 16 [mu] m, a bulk of about 16 [mu] m. ループの高さ×最大幅は、約0.90mm×0.70mmであり、ループは、約0.60mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 0.90 mm × 0.70 mm, and the loops have a minimum width of about 0.60 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、0.49mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 0.49 mm 2.

(実施例12) (Example 12)
加熱プレスを使用して、繊維性不織布ウェブをタフト加工する。 Using a heating press, tufted fibrous nonwoven web. ウェブは、実施例11と同一である。 Web is the same as that of Example 11. 上部及び底部の金属プレートが実施例1のロールと同一の歯及び溝の測定寸法を有する、空気圧式の歯付きロールを使用する。 Metal plate top and bottom has a measuring dimensions of the roll and the same teeth and grooves of the Example 1, using a toothed roll pneumatic. これらのプレートは、厚さ1.5cm、x及びy寸法が30平方cmであり、歯付きの上部プレート及び溝付きの底部プレートは、前述した歯及び溝の寸法仕様に工作されている。 These plates are thick 1.5 cm, x and y dimensions 30 square cm, toothed top plate and bottom plate with grooves in is engineered to dimensional specifications of the teeth and grooves described above. 上部プレート上の2つのピンは、底部プレート上の2つの穴と位置合わせされているので、歯が溝の間の凹部と位置合わせされ、実施例1のロールと同一の方式で係合するように、プレートを空気圧式タフト加工ロール上に精密に据え付けることができる。 Two pins on the top plate, the two holes on the bottom plate is aligned, the teeth are aligned with the recess between the grooves, so as to engage in the same manner as the roll Example 1 , it is possible to install a plate precisely on pneumatic tufting roll. シムは、精密な厚さを有する金属スペーサであるが、これを使用して、歯付きプレートと溝付きプレートとの間の係合深さ(E)1.270mm(0.050インチ)を達成する。 Shim is a metal spacer having a precise thickness, achieved by using this, depth of engagement between the toothed plate and the grooved plate (E) 1.270 mm (0.050 inch) to. 空気圧式歯付きロールは、米国サウスカロライナ州エーケン(Aiken)のアイラム・インコーポレーテッド(Airam,Inc)によって作製されるアイラムATP−1585空気圧式プレスである。 Pneumatic toothed roll is Airamu ATP-1585 pneumatic press made by Airamu Inc. of South Carolina, USA Aiken (Aiken) (Airam, Inc). 1秒の滞留時間(接触時間)を使用してウェブをタフト加工する。 Use one second dwell time (contact time) tufted web. ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 代表的なタフトは、平均約50本の繊維を含んでおり、その約100%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of about 50 fibers, the approximately 100% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約7μm、バルクでは約15μmである。 The diameter of individual looped fibers, the loop is about 7 [mu] m, a bulk of about 15 [mu] m. ループの高さ×最大幅は、約0.55mm×0.50mmであり、ループは、約0.50mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 0.55 mm × 0.50 mm, and the loops have a minimum width of about 0.50 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、0.22mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 0.22 mm 2.

(実施例13) (Example 13)
実施例1に記載した歯付きロールを同一の3.429mm(0.135インチ)の係合(E)で使用して、ライン速度305cm/m(10fpm)で繊維性不織布ウェブをタフト加工する。 Use toothed roll described in Example 1 by the engagement of the same 3.429mm (0.135 inches) (E), tufted fibrous nonwoven web at a line speed of 305cm / m (10fpm). ウェブは、芯−鞘構成の5デニールスパンボンドポリエチレン(PE)/ポリプロピレン(PP)2成分繊維で構成され、坪量70gsmを有し、米国サウスカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAノンウーヴンズ(BBA Nonwovens)によって商品名ソフテックス(登録商標)として製造且つ販売される。 Web core - is composed of 5-denier spunbond polyethylene (PE) / polypropylene (PP) 2-component fibers of the sheath structure, having a basis weight 70 gsm, BBA Non'uvunzu (BBA Nonwovens of South Carolina, USA Simpsonville (Simpsonville) ) by it is manufactured and sold under the trade name Softex (registered trademark). タフト状・ループ状ウェブは、ミツトヨ(Mitutoyo)マイクロメータによって測定される厚さ1.09mmを有する。 Tufted loop-shaped web has a thickness 1.09mm, as measured by the Mitutoyo (Mitutoyo) micrometer. ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 代表的なタフトは、平均約44本の繊維を含んでおり、その約100%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of about 44 fibers of which about 100% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約17μm、バルクでは約27μmである。 The diameter of individual looped fibers is in the loop about 17 .mu.m, the bulk is about 27 [mu] m. ループの高さ×最大幅は、約1.55mm×1.20mmであり、ループは、約0.65mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 1.55 mm × 1.20 mm, and the loops have a minimum width of about 0.65 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、1.46mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 1.46 mm 2.

(実施例14) (Example 14)
坪量が80gsmと大きい、実施例13と同一の材料を、実施例13に記載したのと同一の方式でタフト加工する。 Basis weight is as large as 80 gsm, the same material as in Example 13, tufted in the same manner as described in Example 13. ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 代表的なタフトは、平均約61本の繊維を含んでおり、その約100%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of about 61 fibers of which about 100% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約19μm、バルクでは約32μmである。 The diameter of individual looped fibers is in the loop about 19 .mu.m, the bulk is about 32 [mu] m. ループの高さ×最大幅は、約1.05mm×1.25mmであり、ループは、約0.625mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 1.05 mm × 1.25 mm, and the loops have a minimum width of approximately 0.625 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、1.03mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 1.03 mm 2.

(実施例15) (Example 15)
実施例13と同一のプロセス及び材料を使用して、ライン速度を9,144cm/m(300fpm)に増大させる。 Using the same process and materials as in Example 13, to increase the line speed to 9,144cm / m (300fpm). ウェブを顕微鏡的に評価する。 The web is evaluated microscopically. 代表的なタフトは、平均約67本の繊維を含んでおり、その約100%が破断していないループ状繊維である。 Representative tufts comprise an average of about 67 fibers of which about 100% are looped fibers unbroken. 個々のループ状繊維の直径は、ループでは約16μm、バルクでは約26μmである。 The diameter of individual looped fibers, the loop is about 16 [mu] m, a bulk of about 26 .mu.m. ループの高さ×最大幅は、約1.00mm×1.10mmであり、ループは、約0.60mmの最小幅を有する。 Height × maximum width of the loop is about 1.00 mm × 1.10 mm, and the loops have a minimum width of about 0.60 mm. 実施例1に記載したように楕円寸法を仮定すると、ループの面積は、0.86mm 2と算出される。 Assuming elliptical dimensions, as described in Example 1, the loop area is calculated as 0.86 mm 2.

(実施例16) (Example 16)
ベビー用拭き取り用品を調製する。 To prepare the wipes baby. 以下の成分から、均質になるまで混合し、pH5.5に緩衝処理することによって、化学的構成成分を調製する。 From the following ingredients were mixed to homogeneity, by buffered to pH 5.5, to prepare a chemical constituents.

実施例7のループ状ウェブを、寸法18cm×20cmの個別の拭き取り用品に切り分け、重複部分をもつ交互配置構成でZ折りにし、タフト側を外に向けて拭き取り用品40個の群に積み重ねる。 A loop-shaped web of Example 7, cut into individual wipes dimensions 18cm × 20 cm, and the Z-folding in alternating arrangement with overlapping portions, stacking tufts side Housing 40 group wiping towards the outside. 布の重量を基準にして添加割合350%で積み重ね体に化学的構成成分を添加し、小型容器から拭き取り用品を引き出すと新しい拭き取り用品の縁部が現れて容易に取り出せる「ポップアップ式」拭き取り用品ディスペンサーに布を包装する。 The weight of the fabric by adding chemical constituents stack with addition rate 350% based on draws wipe from the vial when the new wiping easily taken out by the edge of the article appears "pop-up" wipes dispenser wrapping a cloth.

(実施例17) (Example 17)
坪量約18gsmを有するスパンボンドウェブから、房状の繊維性不織布ウェブを調製する。 Spunbond web having a basis weight of about 18 gsm, to prepare a tufted fibrous, nonwoven web. ウェブは、100%白色ポリエステル(PET)である繊維で構成され、ノースカロライナ州27704ダラム(Durham)インダストリアル通り(Industrial Dr.)3440のフロイデンベルグ・フィブラス・ノンウーヴンズ(Freudenberg Fibrous Nonwovens)によって製造される。 Web is composed of fibers of 100% white polyester (PET), it is produced by NC 27704 Durham (Durham) Industrial Street (Industrial Dr.) 3440 of Freudenberg Fiburasu-Non'uvunzu (Freudenberg Fibrous Nonwovens). 実施例6のような機器及び設定並びに手動クランク手順を使用して、ウェブをタフト加工する。 Using equipment and settings, as well as hand crank procedure as in Example 6, tufted web. 作り出されるウェブは、ループ状繊維の割合が少ない房状のウェブである。 Web produced is a small percentage tufted web of looped fibers. ウェブは、房状のゾーンでは厚さ0.36mmを有し、非房状のゾーンでは厚さ0.13mmを有する。 Web has a thickness 0.36mm is tufted zone, having a thickness 0.13mm is a non-tufted zone.

(実施例18) (Example 18)
タフト加工された、ループ状繊維の割合が大きい繊維性不織布ウェブを調製する。 Is tufted to prepare a fraction of looped fibers is large fibrous nonwoven web. ウェブは、BBAフィブラス・ノンウーヴンズ(BBA Fibrous Nonwovens)によって製造される、坪量46gsmを有する、芯/鞘2成分繊維(PE/PP)スパンボンドウェブである。 Web is manufactured by BBA Fiburasu-Non'uvunzu (BBA Fibrous Nonwovens), having a basis weight 46Gsm, a core / sheath bicomponent fibers (PE / PP) spunbond web. TLが6.35mm(0.25インチ)、ピッチ(P)が6.35mm(0.25インチ)の歯群を有する歯付きロールを使用して、タフトを作成する。 TL is 6.35 mm (0.25 inch), the pitch (P) uses the toothed rolls having teeth of 6.35 mm (0.25 inches), to create the tuft. 歯群は、列で配置され、1列おきに1/2ピッチずつずれて、ジグザグ模様を創り出す。 Teeth are arranged in rows, shifted by 1/2 pitch in every other column, creating a zigzag pattern. 係合深さ(E)は、3.429mm(0.135インチ)である。 Depth of engagement (E) is a 3.429mm (0.135 inch). 装置は、前述したように手でクランク回転される。 Device is a crank rotated by hand as described above. ウェブは、慎重に調査すると2つの端部で開いて見える、トンネル状ループのように見えるタフトを有しており、その寸法は、長さ約6mm×幅1.25mmである。 Web, carefully investigate the visible open at two ends, has a tuft looks like a tunnel-like loop, the dimensions of which are a length of about 6 mm × width 1.25 mm. ウェブは、房状の領域では厚さ0.91mm、非房状の領域では厚さ0.37mmを有する。 Web has a thickness 0.37mm is tufted region thickness 0.91mm is non tufted area.

(実施例19) (Example 19)
実施例18の装置及び手順を用いて繊維性不織布ウェブを調製する。 Preparing a fibrous nonwoven web using the equipment and procedures of Example 18. ウェブは、実施例11と同一である。 Web is the same as that of Example 11. トンネル状のタフトが明らかであり、これらは、ループ状繊維を有する。 It is clear tunnel-shaped tufts, they have a looped fibers.

(実施例20) (Example 20)
実施例18の装置及び手順を用いて繊維性不織布ウェブを調製する。 Preparing a fibrous nonwoven web using the equipment and procedures of Example 18. ウェブは、実施例1と同一である。 Web is the same as in Example 1. トンネル状のタフトが明らかであり、これらは、ループ状繊維を有する。 It is clear tunnel-shaped tufts, they have a looped fibers.

(実施例21) (Example 21)
2つの前駆体ウェブから、ループ状繊維を有する房状の繊維性不織布ウェブを調製する。 Two precursor webs, to prepare a tufted fibrous nonwoven web having looped fibers. 濃青色の芯−鞘2成分繊維を含む34gsmウェブである、同一の2つのウェブを物理的につなぎ合わせる。 Dark blue core - a 34gsm web comprising a sheath bicomponent fiber, physically connect align two identical webs. つなぎ合わされたウェブを、歯付きロールへと送り込み、実施例3の条件を使用して、両方の前駆体ウェブで始まり且つ終わる繊維を有する、タフトを作り出す。 The spliced ​​web, fed into the toothed rolls, using the conditions of Example 3, and having a ending fibers begins with both precursor webs, creating a tuft. 2つのウェブによるタフト加工手順は、タフトのところでウェブを噛み合わせることによって実質的に単一のウェブであるものを作り出す。 Tufting procedure with two webs, essentially creating what is a single web by engaging the web at the tufts. 房状のウェブは、房状の領域では厚さ1.18mm、非房状の領域では厚さ0.42mmを有する。 Tufted web is tufted region thickness 1.18mm has a thickness 0.42mm is a non-tufted area. 長さ212.725mm(8.375インチ)×幅171.45mm(6.75インチ)の寸法の布では、3つの房状の領域と、布の幅をまたいで延びる4つの非房状の列(縁部の非房状の列を含む)と、縁部のところで布の長さを延びる2つの非房状の列とが存在する。 The cloth dimensions of length 212.725mm (8.375 inch) × the width 171.45mm (6.75 inches), four non-tufted rows extending across the three tufted regions, the width of the fabric (including non-tufted rows of edge), there are two non-tufted rows extending the length of the fabric at the edges. 非房状の列は、つながっている。 Non-tufted column are connected. 布は、へり縫いされた、上質のテリー織の布の洗い布又は小さなタオルの外観及び感触を有する。 Cloth has been helicopter sewing, has the appearance and feel of a wash cloth or small towel cloth quality terry.

(実施例22〜28) (Example 22 to 28)
多数の(順次式)スピナレットによるプロセスを使用し、PPとPE/PP2成分繊維との混合物を有するウェブを作り出して、スパンボンドウェブを調製する。 Using the process according to multiple (sequential type) spinneret creating a web having a mixture of PP and PE / PP2 component fibers, to prepare a spunbond web. 一部のウェブは、編成されていない繊維の混合物によって調製される。 Some of the web is prepared by a mixture of fibers that have not been organized. 他のウェブは、異なる繊維を使用してウェブの上部から底部へと繊維を層状化させる順次式スピナレットによって調製される。 The other web, the fibers to the bottom from the top of the web by using different fibers are prepared by sequential type spinneret for layered. 実施例4のプロセス及び条件を使用し、各ウェブをタフト加工して、房状のウェブを調製する。 Using the process and conditions of Example 4, each web was tufted to prepare a tufted web. ウェブは、以下の組成に従って調製される。 Web is prepared according to the following composition.

タフト加工されていないが、前述の実施例のウェブと組み合わせることによって後出の実施例の構成要素として使用される、以下の繊維性不織布ウェブ又は成形フィルムを調製する。 Although not tufted, it is used as components of an embodiment of infra by combining a web of the aforementioned embodiment, to prepare the following fibrous, nonwoven webs or formed films.

(実施例29) (Example 29)
米国インディアナ州テレホート(Terre Haute)のトレデガー・コーポレーション(Tredegar Corp.)から、ポリエチレンのブレンド(HDPE/LDPE)を含む大きな六角模様(8.75hex)成形フィルムであるウェブを得る。 From Tredegar Corporation of Indiana Terre Haute (Terre Haute) (Tredegar Corp.), obtaining a large hexagonal pattern (8.75hex) web is a formed film comprising a blend of polyethylene (HDPE / LDPE). このウェブは、坪量約36gsm、厚さ1.016mm(0.04インチ)を有する。 The web has a basis weight of about 36Gsm, thickness 1.016 mm (0.04 inches). 成形フィルムは、形成スクリーンの表面上でフィルムを引くことによって前駆体フィルムから形成される、六角形の孔を含んだフィルムであり、この形成スクリーンは、ドラムの表面上にスクリーンが置かれたドラム形の中空フレームであり、このスクリーンは、フィルムの得られるランド領域に対応する六角形模様と、孔に対応する開いた領域とを有する。 Formed films are formed from the precursor film by drawing the film over the surface of the forming screen is inclusive film hexagonal hole, the formation screen, drum screen is placed on the surface of the drum a hollow frame shape, the screen has a hexagonal pattern corresponding to the land areas obtained a film, and a open area corresponding to the hole. 成形フィルムは、フィルムがドラムに接触した状態でドラムを回転させ、圧力約20,684kPa(3,000psi)でフィルムに衝突するウォータージェットを適用することによって、前駆体フィルムから形成され、前記ジェットが、スクリーンの開いた領域でフィルムを破って、フィルムに孔を創り出す。 Formed films, the film rotates the drum in contact with the drum, by applying the water jets impinging on the film at a pressure of about 20,684kPa (3,000psi), formed from a precursor film, said jets , beating film open area of ​​the screen, creating a hole in the film.

(実施例30) (Example 30)
米国インディアナ州テレホート(Terre Haute)のトレデガー・コーポレーション(Tredegar Corp.)から、低密度ポリエチレンポリマーを含む、坪量25gsm、厚さ約0.432mm(0.017インチ)を有する成形フィルムであるウェブを得る。 From Tredegar Corporation of Indiana Terre Haute (Terre Haute) (Tredegar Corp.), including the low density polyethylene polymer, basis weight 25 gsm, the web is a formed film having a thickness of about 0.432 mm (0.017 inch) obtain.

(実施例31) (Example 31)
ラテックス接着剤と、接着剤で満たされたトラフ内に結合していないウェブを浸漬させ、ニップを備える2つのゴム製ロールを使用して過剰な接着剤を搾るディップ&ニッププロセスとを使用して、接着剤で結合された100%ポリエステルである市販のウェブを得るが、このウェブは、米国オハイオ州シンシナティ(Cincinnati)のスターンズ・テキスタイルズ(Stearns Textiles)のような多くの製造業者によって市販されており、坪量2oz/yd 2 (68gsm)を有する。 A latex adhesive, a web that is not bound to the trough filled with the adhesive is immersed, using the dip and nip process using two rubber rolls having a nip squeezing excess adhesive Although obtaining a commercial web 100% polyester, which is adhesively bonded, the web is marketed by many manufacturers such as Stearns Textiles's of Cincinnati, Ohio (Cincinnati) (Stearns Textiles) cage, having a basis weight 2oz / yd 2 (68gsm). ウェブは、詰め物されており、厚さ約5.8mmを有する。 Web is stuffed, having a thickness of about 5.8 mm.

(実施例32) (Example 32)
独立起泡ポリエチレン泡体であるウェブを得る。 Obtain an independent foaming polyethylene foam web. ウェブは、厚さ約3.175mm(1/8インチ)、坪量93gsm、密度約30kg/m 3である。 Web thickness of about 3.175 mm (1/8 inch), basis weight 93Gsm, a density of about 30kg / m 3. ウェブは、機械方向に幾列にもスリット群が形成されていて、これらスリット群は、長さ19.05mm(3/4インチ)、1列の中のスリット間隔6.35mm(1/4インチ)、スリット列の間隔3.175mm(1/8インチ)である。 Web, have been slit group in rows in the machine direction is formed, and these slit group has a length 19.05 mm (3/4 inch), the slit spacing 6.35mm in one column (1/4 inch ) is the interval of the slit row 3.175 mm (1/8 inch). スリット群は、1列おきにスリットの長さの1/2だけMD方向にずれており、したがって、スリットが形成されたウェブをCD方向に引いて広げると、ウェブが格子模様に開く。 Slit group are offset 1/2 only MD direction length of the slit in every other column, therefore, is widened by pulling the web in which slits are formed in the CD direction, the web is open lattice pattern. このようなウェブは、米国オレゴン州ポートランド(Portland)のケブロンLLC(Kevron LLC)によって供給される。 Such a web is supplied by Keburon LLC of the United States Portland, Oregon (Portland) (Kevron LLC).

(実施例33) (Example 33)
ベルギーのリベルテックスNV(Libeltex NV)から、坪量65gsm及び厚さ2.7mmを有する、カード繊維(50%PET、50%PE/PP(芯−鞘)2成分)のエアレイドブレンドである詰綿を得る。 From Belgian Li Vertex NV (Libeltex NV), having a basis weight 65gsm and thickness 2.7 mm, the card fibrous (50% PET, 50% PE / PP (core - sheath) 2 component) is an air-laid blend of batt obtained.

(実施例34) (Example 34)
2つの前駆体ウェブから形成されるウェブである、複合ウェブを調製する。 Is a web formed from two precursor webs, to prepare a composite web. 単プライシートのセルロース吸収性ペーパータオル(米国オハイオ州シンシナティ(Cincinnati)のプロクター&ギャンブル・カンパニー(Procter & Gamble Co.)によって販売されるバウンティ・タオル)を、ずれた列の点の間が約5mm離隔された超音波溶接である点結合を使用して、0.25oz/yd 2スパンボンドポリプロピレンのシートに取り付ける。 Cellulose absorbent paper towel of a single-ply sheet (Cincinnati, Ohio (Cincinnati) of the Procter & Gamble Company (Procter & Gamble Co.) Bounty towel sold by), the deviation was about 5mm separation between the points of the column been using bonds point ultrasonic welding, attached to a sheet of 0.25 oz / yd 2 spunbonded polypropylene. ポリプロピレンウェブは、BBAフィブラス・ノンウーヴンズ(BBA Fibrous Nonwovens)から市販され、セレストラ(登録商標)として販売される。 Polypropylene web is available from BBA Fiburasu-Non'uvunzu (BBA Fibrous Nonwovens), sold as Seresutora (R).

(実施例35) (Example 35)
シャワーを浴びる時に身体をクレンジングする、2重テクスチャ付きの泡布又は用品(これらの用語はこれらの実施例では同一のものを意味するために置き換え可能に使用されている)を調製する。 Cleansing the body when showering, foam fabric or article with dual textures (these terms In these examples have been used interchangeably to mean the same thing) is prepared. 以下の成分から、泡性界面活性剤成分を調製する。 From the following ingredients to prepare a lathering surfactant component.

塊の形成を避けるために継続的に攪拌し、熱を加えながら、陽イオン性ポリマーとグリコール及び界面活性剤とを混合することによって、成分を調製する。 Continuously stirred to avoid the formation of lumps, while applying heat, by mixing the cationic polymer with a glycol and a surfactant, to prepare the ingredients. 冷却の間に香料を添加する。 Adding perfume during cooling. 泡性界面活性剤成分は、約60℃以上に加熱すると溶融し、冷却すると凝固して硬質の固体になる。 Lathering surfactant component melts upon heating above about 60 ° C., becomes hard solid solidified upon cooling. この実施例及び後出の実施例で添加されるパーセンテージは、成分が含有し得る水を含めた、当該成分のパーセンテージである。 The percentage added in the embodiment of this example and infra are components including water which may contain a percentage of the components.

変形部が布の内部から離れる方向(以下の実施例すべても同じ方向)に向いた実施例20の房状のウェブの2つの層と、実施例33の詰綿の2つの層とを使用して、層状化された積層用品を調製する。 And two layers of tufted web of Example 20 facing in the direction (the following examples all same direction) deformation portion away from the interior of the fabric, using two layers of wadding of Example 33 Te, to prepare a stratified laminated article. 泡性界面活性剤成分を、液体になるまで加熱し、完成用品当たり4gの割合で詰綿層の間に3列でスロットコーティングする。 The lathering surfactant component, heated to a liquid, slot coated with three rows between the wadding layer in a proportion of finished goods per 4g. 3cm間隔で用品全体にわたって均等に離隔された直径4mmのシーリング点のグリッドを含むドットパターンをシールする、ブランソン・モデル9000超音波シーラーのような超音波シーラーを使用して、層をシールする。 It seals a dot pattern comprising a grid of ceiling points evenly spaced 4mm diameter throughout supplies at 3cm intervals, Branson model 9000 using ultrasonic sealer such as an ultrasonic sealer, sealing the layers. シールされたウェブを11.9cm×9.0cmの長方形に切り分けて、完成用品を作り出す。 To isolate and sealed web into a rectangle of 11.9cm × 9.0cm, produce the finished goods.

(実施例36) (Example 36)
シャワーを浴びる時に身体をクレンジングする、2重テクスチャ付きの泡布を調製する。 Cleansing the body when you take a shower, to prepare a foam cloth with a double texture. 以下の成分から、泡性界面活性剤成分を調製する: From the following ingredients to prepare a lathering surfactant component:

1(クロンプトン・ウイトコ・リファインド・プロダクツ(Crompton Witco Refined Products)、米国コネチカット州ミドルベリ(Middlebury))、ワセリン 1 (Crompton Witco Refined Products (Crompton Witco Refined Products), Connecticut, USA Midoruberi (Middlebury)), vaseline

実施例35と同一の方式で成分を処理する。 Processing the components in the same manner as in Example 35. 実施例19の房状のウェブの第1の層と、オス側が詰綿層を向いた実施例30の成形フィルムである内部層と、実施例33の詰綿の層とを使用して、層状化された積層用品を調製する。 Using a first layer of tufted web of Example 19, and the inner layer is a formed film of Example 30 in which the male side facing wadding layer, and a layer of wadding of Example 33, a layered the preparation of the reduction has been laminated supplies. 完成用品当たり5.0gの割合で、第1の層と内側の詰綿層との間に薄い層で泡性界面活性剤成分をスロットコーティングし、実施例35と同一の方式で完成する。 At a rate of finished goods per 5.0 g, the lathering surfactant component in a thin layer between the first layer and the inner wadding layer and slot coating, completed in the same manner as in Example 35.

(実施例37) (Example 37)
入浴時に身体をクレンジングする、2重テクスチャ付きの泡布を調製する。 Cleansing the body at the time of bathing, preparing the foam cloth with a double texture. 以下の成分から、泡性界面活性剤成分を調製する。 From the following ingredients to prepare a lathering surfactant component.

構成成分量によって示される相対比率で、過剰な量のタロー脂肪酸、ココヤシ脂肪酸類、リシノール酸と、最終構成成分バッチで必要なグリセリン及び水の半量とから、別々にナトリウム石鹸を調製する。 In relative proportions indicated by the component amount, excessive amounts of tallow fatty acids, coconut fatty acids, prepared and ricinoleic acid, and a half of the required glycerol and water in a final component batch separately sodium soap. 過剰分なしに脂肪酸類を中和するのに必要な化学量論的量で水酸化ナトリウムを加えて、石鹸を製造する。 Of sodium hydroxide was added in a stoichiometric amount required to neutralize the fatty acids without excess, to produce a soap. やはり別々に、同一の方式でステアリン酸及びオレイン酸を用いてトリエタノールアミン(TEA)石鹸を調製し、TEAの10%過剰量で中和する。 Again separately, triethanolamine (TEA) soaps were prepared with stearic acid and oleic acid in the same manner and neutralized with a 10% excess of TEA. ナトリウム及びTEA石鹸を、芳香剤を除いた他の成分とブレンドし、85℃に加熱する。 Sodium and TEA soap, blended with the other ingredients except the fragrance, and heated to 85 ° C.. 均質になったら、混合物を冷却し、冷却中に芳香剤を添加する。 When homogeneous, the mixture is cooled and added fragrance during cooling. 混合物は、室温では硬質の石鹸であり、80℃を超えると液体になり、コーン&プレート粘度計上で2.51/秒の剪断速度で、85℃における粘度がわずか約0.019Pa・s(19cP)である。 Mixtures are soaps rigid at room temperature, exceeds 80 ℃ When becomes liquid at a shear rate of 2.51 / sec cone and plate viscometer, the viscosity at 85 ° C. only about 0.019Pa · s (19cP ) it is.

実施例18の房状のウェブの第1層と、実施例33のウェブである内層と、実施例30のクレープ加工ウェブの2つの層とを使用して、層状化された積層用品を調製する。 Using a first layer of tufted web of Example 18, and the inner layer is a web of Example 33, and two layers of creped web of Example 30, to prepare a layered stackup Supplies . 層を合わせてシールする前に、泡性界面活性剤成分を80℃に加熱し、詰綿に面している側に完成用品当たり3gの割合で中央の層上に噴霧する。 Before sealing together layers, the lathering surfactant component is heated to 80 ° C., is sprayed on the side in proportion at the center of the layer on the finished goods per 3g that faces the batting. 次いで、界面活性剤成分を通じてこれらの層をシールして、約150cm 2の正方形に切り分けて用品を完成する。 Then sealing these layers through the surfactant component, to complete the article isolate the approximately 150 cm 2 square.

(実施例38) (Example 38)
シャワーを浴びる時に身体をクレンジングする、2重テクスチャ付きの泡布を調製する。 Cleansing the body when you take a shower, to prepare a foam cloth with a double texture. 以下の成分から、泡性界面活性剤成分を調製する。 From the following ingredients to prepare a lathering surfactant component.

実施例35と同一の方式で成分を処理する。 Processing the components in the same manner as in Example 35. 実施例19の房状のウェブの第1層と、実施例37の詰綿である内層と、同一の詰綿の外層とを使用して、層状化された積層用品を調製する。 A first layer of tufted web of Example 19, using an inner layer is a wad of Example 37, an outer layer of the same wadding, preparing stratified laminate article. 完成用品当たり4.0gの割合で詰綿層の間に縞状に泡性界面活性剤をスロットコーティングし、実施例35と同一の方式で完成する。 And slot coating the Awasei surfactant in stripes between the wadding layer in a proportion of finished goods per 4.0 g, completed in the same manner as in Example 35.

(実施例39) (Example 39)
シャワーを浴びる時に身体をクレンジングする、2重テクスチャ付きの泡布を調製する。 Cleansing the body when you take a shower, to prepare a foam cloth with a double texture. 以下の成分から、33.1%活性界面活性剤を含む泡性界面活性剤成分を調製する。 From the following ingredients to prepare a lathering surfactant component comprising 33.1% active surfactant.

最も高い温度で形成された側部を布の内側から離れる方向に向けて、実施例20の房状のウェブの2つの層と実施例33のウェブの層とを合わせてシールすることによって、ウェブを調製する。 The highest temperature is formed at the side toward the direction away from the inside of the fabric, by sealing together the web layer of tufted web of two layers as in Example 33 Example 20, the web It is prepared. 低粘度の泡性界面活性剤成分を、完成用品当たり12gの割合でウェブ上に噴霧し、高温の強制空気を使用してウェブを水分含有量約5%まで乾燥させる。 The lathering surfactant component of low viscosity, is sprayed onto the web at a rate of finished goods per 12g, to dry the web to approximately 5% moisture content using hot forced air. ウェブを面積約270cm 2の長方形に切り分けて、完成用品を作り出す。 To isolate and web in a rectangular area of about 270cm 2, produce the finished goods.

(実施例40〜43) (Example 40 to 43)
実施例40〜43について、以下のパーセンテージを有する泡性界面活性剤成分を調製する。 For example 40 to 43, to prepare a lathering surfactant component having the following percentages.

次に、界面活性剤成分なしに、以下の表に従ってウェブを積層化する。 Then, without surfactant component, laminating the web according to the following table. マサチューセッツ州ハイアニス(Hyannis)のセンコープ(Sencorp)から入手可能なセンチネル・モデル808ヒートシーラーのような圧プラテン・ヒートシールデバイスを用いるヒートシール・ダイによって、グリッドパターンの点結合を使用して層を合わせてシールする。 The Massachusetts Hyannis (Hyannis) heat seal die using a pressure platen heat sealing device such as a Sentinel Model 808 heat sealer available from Senkopu (Sencorp) of the combined layers by using the binding point of the grid pattern to seal Te. 点結合は、それぞれ直径約4mmの寸法であり、2cm間隔で離隔されて、六角形配列に配置される。 Point bonding is a dimension of each diameter of about 4 mm, are spaced at 2cm intervals are arranged in a hexagonal array. 積層体を面積約270cm 2の長方形に切り分ける。 Isolate laminate to a rectangular area of about 270 cm 2.

積層化されたウェブ上に界面活性剤成分をコーティングすることによって実施例を完了する。 Completing the embodiments by coating the surfactant component onto laminated web. 界面活性剤成分を加熱して粘度を低下させ、シリンジ内に引き入れて、完成用品当たり3.8gの割合で、ウェブの粗い側を通じてコーティングし(実施例40〜42)、又は粗い側の表面上にコーティングする(実施例43)。 Heating the surfactant component to reduce the viscosity, and drawn into the syringe at a rate of finished goods per 3.8 g, was coated through coarse web side (Example 40-42), or rough side surface coated (example 43).

(実施例44〜47) (Examples 44-47)
以下の化学的構成成分を調製して、洗面台で顔をクレンジングする、特にメークアップを除去するのに有用な、実施例44〜47の用品に使用する。 It was prepared following chemical constituents, cleansing the face with washbasin, particularly useful for removing makeup, use in articles of Examples 44-47. 水中で構成成分相Bを調製し、75℃で構成成分相B中にワセリンを乳化させて、これらの実施例についての界面活性剤成分である相A+Bの25%固体水性混合物を製造する。 The components phase B were prepared in water, 75 by emulsifying a petroleum jelly in component phase B at ° C., to produce a 25% solids aqueous mixture of a surfactant component which Phase A + B for these examples. ここに示した配合には、添加される水は含まれない。 The formulations shown here, water to be added is not included. 成分を別々に混合することによって、構成成分相Cを調製する。 By mixing the ingredients separately prepared constituents phase C.

ウェブを界面活性剤成分のトラフに浸漬させ、ウェブをニップロール内に通過させて界面活性剤を適切な添加割合に調整し、構成成分相C上に噴霧し、強制空気式オーブン内で布を湿分含有量約11%まで乾燥させることによって、用品を調製する。 The web was immersed in a trough of the surfactant component, it is passed through the web in the nip roll by adjusting the surfactant to a suitable addition rate, sprayed onto component phase C, wet cloth in a forced air oven by drying to about 11% partial content, to prepare the article. 界面活性剤成分は、ウェブ1平方メートル当たり86g(gsm)の割合で添加される。 Surfactant ingredients are added at a ratio of the web per square meter 86 g (gsm). 構成成分Cは、6.6gsmの割合で添加される。 Component C is added at a rate of 6.6Gsm. 実施例44〜47に使用されるウェブは、以下の通りである。 Web used in Examples 44-47 are as follows.

ウェブを、角の丸い、表面積約275cm 2の長方形に切り分ける。 The web, rounded corners, cut into rectangular surface area of about 275cm 2.

(実施例48〜50) (Examples 48-50)
泡性の顔用クレンジング用品を調製する。 To prepare a cleansing supplies for the foam of the face. ワセリンを除外し、界面活性剤成分を25%固体で調製することを除いて、同一の方式で、実施例44〜47の界面活性剤成分を調製する。 Excluding Petrolatum, a surfactant component except be prepared with 25% solids, in the same manner, to prepare the surfactant component of Example 44-47. 界面活性剤成分をウェブ上に39gsmの割合で噴霧し、ウェブを湿分含有量約11%まで乾燥させ、ワセリンをウェブ上に4.5gsm(実施例48)、9.1gsm(実施例49)、及び13.5gsm(実施例50)の割合で噴霧することによって、用品を調製する。 The surfactant component was sprayed at a rate of 39gsm on the web, dried to about 11% weight containing moisture the web, 4.5Gsm (Example 48) Petrolatum on the web, 9.1Gsm (Example 49) , and by spraying at a rate of 13.5Gsm (example 50), to prepare the article. 構成成分Cは、実施例46〜49と同一の割合で添加される。 Component C is added at a rate the same as in Example 46-49. 実施例48〜50に使用されるウェブは、以下の通りである。 Web used in Examples 48-50 are as follows.

ウェブを、角の丸い、表面積約275cm 2の長方形に切り分ける。 The web, rounded corners, cut into rectangular surface area of about 275cm 2.

(実施例51) (Example 51)
顔を洗い、メークアップを除去するのに有用な、芳香剤を含まない布を調製する。 Wash your face, useful for removing makeup, to prepare a cloth containing no fragrance. 実施例48〜50の界面活性剤成分を調製し、30gsm(すなわち、化学物質約7.5gsm)の割合でウェブ上に噴霧する。 The surfactant component of Example 48-50 were prepared and sprayed onto the web at a rate of 30 gsm (i.e., chemical about 7.5gsm). ワセリン又は芳香剤は、ウェブに添加しない。 Petrolatum or fragrance is not added to the web. 使用されるウェブは、実施例28のウェブである。 Web used is a web of Example 28. 前述の実施例の方式で、ウェブを乾燥させて切り分ける。 In the manner of previous examples, isolate and dry the web.

(実施例52) (Example 52)
顔を洗い、メークアップを除去するのに有用な、濡れた泡布を調製する。 Wash your face, useful for removing make-up, to prepare the wet foam cloth. 表面積約365cm 2を有する実施例21の布を調製する。 Preparing fabric of Example 21 having a surface area of about 365cm 2. 実施例48の界面活性剤成分(25%固体)を63gsmの割合で布上に噴霧する。 Surfactant component of Example 48 (25% solids) is sprayed onto the fabric at a ratio of 63Gsm. 同じように30枚の布を調製し、半分に折り、積み重ね、良好な防湿特性を有する密閉包み内に包装する。 Just as it prepared 30 sheets of fabric, folded in half, stacked and packaged in a sealed envelope with good moisture barrier properties. その包みをスナップ式の蓋を備えた小型容器内に入れる。 Put the wrapped in a small vessel equipped with a snap-on lid. この用品は、拭き取り用品として使用することができ、又は、流体を加えて活性化させて泡を発生させることができる。 This article is wipe can be used as goods, or can be generated foam by activating the addition of fluid.

(実施例53) (Example 53)
シャワーを浴びる時に身体をクレンジングする、2重テクスチャ付きの泡布を調製する。 Cleansing the body when you take a shower, to prepare a foam cloth with a double texture. 初めに、泡性界面活性剤成分を調製する。 First, prepare the lathering surfactant component. 以下の構成成分を含んだ固形石鹸53.0gを削る。 Shaving soap bar 53.0g containing the following components.

削った固形石鹸を、37.0gのグリセリン(99.7%純粋)、9.5gの水、及び0.5gの香料と混合する。 The bar soap shaved, glycerin 37.0 g (99.7% pure), mixed with perfume water 9.5 g, and 0.5 g. 連続的に攪拌しながら混合物を93℃(200°F)に加熱する。 Continuously heated while stirring the mixture 93 ℃ (200 ° F). 標準的な3ロール・ミルで混合物を低温粉砕して、均質な界面活性剤ペーストを作製する。 The mixture was cryo-ground in a standard 3-roll mill to produce a homogeneous detergent paste. 一方の側部に実施例15のウェブを使用し、中央の2つのウェブに実施例30のウェブを使用し、もう一方の外側の側部に実施例11のウェブを使用して、本発明の用品を調製する。 On one side using a web of Example 15, using the center of the two webs of Example 30 web, using a web of Example 11 on the other outer side, of the present invention to prepare the supplies. この実施例の界面活性剤ペースト3.5gを、実施例30のウェブの間に3本の縞状に押し出す。 The surfactant paste 3.5g of this embodiment, pushing the three stripes between the Example 30 web. センチネル・モデル808シーラーを使用して、界面活性剤の縞を避けた列内にある点結合で、用品をシールする。 Use Sentinel Model 808 sealer, a bond is that in the column to avoid a fringe of the surfactant, to seal the article.

(実施例54) (Example 54)
シャワーを浴びる時に身体をクレンジングする、2重テクスチャ付きの泡布を調製する。 Cleansing the body when you take a shower, to prepare a foam cloth with a double texture. 初めに、高速剪断ミキサー内で以下の成分を乾式ブレンドすることによって、乾燥粉末状の泡性界面活性剤成分を調製する。 First, by dry blending the following ingredients in a high shear mixer to prepare a dry powdered foaming surfactant component. 粉末が均質になったら、最後に香料を粉末上に噴霧して添加する。 When the powder is homogeneous, finally added by spraying perfume onto the powder.

実施例14及び実施例12の房状のウェブを、150cm 2楕円に合致するように切断し、中心に3.0gの界面活性剤成分を置き、センコープ・モデル808ヒートシーラーを使用して縁部及び中心点で結合させ、密封容器内で保管する。 The tufted web of Example 14 and Example 12, was cut to match the 150 cm 2 ellipse, place the surfactant component of 3.0g in the center, the edge using Senkopu model 808 heat sealer and allowed to bind at the center point and stored in a sealed container.

(実施例55) (Example 55)
実施例7及び実施例13のスパンボンド・房状のウェブを、前述の実施例と同一の方式で、中心に同一の界面活性剤成分3gを置いて結合させる。 The spunbond tufted web of Example 7 and Example 13, in the same manner as in Example described above, it is bound at the same surfactant component 3g centered. 実施例7のウェブの片側に、布当たり2gの割合でワセリンを噴霧する。 On one side of the example 7 the web, spraying the petrolatum at a rate of 2g per fabric.

(実施例56) (Example 56)
顔をクレンジングするのに有用なクレンジング用品を調製する。 To prepare useful cleansing supplies for cleansing the face. 実施例8及び実施例11の房状のウェブを、前述の実施例と同一の方式で、中心に同一の界面活性剤成分0.5gを置いて結合させる。 The tufted web of Example 8 and Example 11, in the same manner as in Example described above, is bound at the same surfactant component 0.5g centered. 実施例11のウェブの片側に、布当たり2gの割合でラノリン蝋(リタ・コーポレーション(Rita Corp))を噴霧する。 On one side of the web of Example 11, lanolin wax at a rate of 2g per cloth (Rita Corporation (Rita Corp)) spraying.

(実施例57) (Example 57)
実施例54の界面活性剤成分を調製する。 Preparing surfactant component of Example 54. ラノリン蝋とワセリンとの50/50混合物を溶融させ、高剪断ミキサー内で攪拌しながら界面活性剤成分に添加することによって、界面活性剤成分2部と脂質混合物1部という比率で、界面活性剤成分と脂質混合物とを混合する。 To melt the 50/50 mixture of lanolin wax and petrolatum, by adding a surfactant component with stirring in a high shear mixer in a ratio of 2 parts of surfactant component and the lipid mixture 1 part of a surfactant mixing the ingredients and a lipid mixture. 一方の側部に実施例4のウェブを用い、もう一方の外側の側部に実施例17のウェブ用い、中央に実施例5及び実施例9のウェブを層状に配置して、層状用品を調製する。 On one side using a web of Example 4, using the example 17 on the other outer side webs, and Examples 5 and web of Example 9 in the middle and arranged in layers, preparing a layered article to. 界面活性剤成分5gを中央の2つのウェブの間に広げ、センコープシーラーを使用してウェブを縁部及び中心で結合させる。 Spread surfactant component 5g between the center of the two webs, to bind at the edges and around the web using the sensor Coop sealer. 添加される脂質成分は、乾燥成分が布の周りに移動するのを防ぐのに役立ち、また、界面活性剤成分の泡活性の持続時間を延長する働きもする。 Lipid components added, the dry ingredients help prevent migration around the cloth, also, also serve to prolong the duration of foam activity of the surfactant component.

(実施例58) (Example 58)
約16%活性界面活性剤を有する市販の身体洗浄剤を得る。 Obtaining a commercial personal cleansing having about 16% active surfactant. 身体洗浄剤は、バス&ボディワークス(Bath & Body Works)によって流通されており、水、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウラミンドDEA、TEAココイルグルタメート、コカミドプロピルベタイン、芳香剤、PCAナトリウム、アロエ葉汁、カリカ・パパイヤ果実抽出物、プロピレングリコール、ポリクオタニウム−10、防腐剤、芳香剤、PEG−150ジステアレート、塩化ナトリウム、及び染料を含む。 Personal cleansing is distributed by Bath & Body Works (Bath & Body Works), water, sodium laureth sulfate, Rauramindo DEA, TEA cocoyl glutamate, cocamidopropyl betaine, fragrance, PCA sodium, aloe leaf juice, Kalika papaya fruit extract, including propylene glycol, polyquaternium-10, preservatives, fragrance, PEG-0.99 distearate, sodium chloride, and the dye. 片側に実施例6のウェブ、中央に実施例32のフォーム、底部に実施例33の詰綿を配置して超音波点結合で結合させることによって、層状用品を調製する。 Web of Example 6 on one side, form of Example 32 in the center, by coupling with by placing a wad of Example 33 in the bottom ultrasonic point bonding, to prepare a layered article. 結合したウェブを市販の身体洗浄剤に浸し、この身体洗浄剤を1100gsmの割合でウェブに添加する。 Immersed bonded web commercial body soap, adding the personal cleansing to the web at a rate of 1100Gsm. ウェブを強制空気式オーブン内で乾燥させ、部分的に乾いたらウェブをひっくり返し、ひっくり返す時に過剰な身体洗浄剤を拭き取ってウェブ上に戻す。 Dry the web in a forced air oven, it turned over a web When partially dry, returned to the web by wiping excess personal cleansing when flipping. 湿分約16%まで乾燥させた後、ウェブを11.9cm×9.0cmの寸法の長方形に切り分ける。 After drying to moisture content of about 16%, isolate web into rectangular dimensions of 11.9 cm × 9.0 cm.

(実施例59) (Example 59)
複合型のシャンプー及び皮膚クレンジング用品を調製する。 Preparing composite shampoo and skin cleansing products. 以下の成分を合わせてブレンドし、60℃に加熱し、pHを6.5に調整して、混合物を室温まで冷却する。 Blending together the following components were heated to 60 ° C., the pH was adjusted to 6.5, the mixture is cooled to room temperature.

点結合を使用して実施例5のウェブを実施例33のウェブに結合させ、192cm 2の長方形に切り分ける。 Use point bonding to bind the web of Example 5 to the web of Example 33, cut into rectangular 192cm 2. 成分の混合物14gを用品に添加し、用品を水分含有量10%未満まで乾燥させる。 A mixture 14g of component supplies, to dry the article to a moisture content of less than 10%. この用品は、毛髪及び皮膚のクレンジングに有用であり、非催涙組成物で、眼及び粘膜に対する刺激性がない。 This article is useful for cleansing the hair and skin, in a non-tear composition, there is no irritation to the eyes and mucous membranes.

(実施例60) (Example 60)
以下の化学的構成成分を含む、日焼け止め剤を含んだ皮膚コンディショニング用品を調製する。 Comprising the following chemical components are prepared skin conditioning article containing a sunscreen.

セピゲル(Sepigel)を均質になるまでCD9040と混合する。 Sepigel the (Sepigel) until homogeneous mixing with CD9040. 二酸化チタンを粉砕して水に入れ、次いで攪拌しながらセピゲル相にゆっくり加える。 By grinding titanium dioxide in water and then stirring was slowly added to the Sepigel phase while. 別々に、日焼け止め剤を合わせて均質になるまで40℃で混合し、攪拌しながら他の成分に加える。 Separately, mixed at 40 ° C. until homogeneous combined sunscreens, she added with stirring to the other components. 芳香剤を加え、混合物を周囲温度まで冷却する。 Fragrance is added and the mixture is cooled to ambient temperature.

ウェブの両側に変形部を有する布を調製する。 Preparing fabric having deformation portions on both sides of the web. ウェブは、芯−鞘構成の5デニールスパンボンドポリエチレン(PE)/ポリプロピレン(PP)2成分繊維で構成され、坪量80gsmを有し、米国サウスカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAフィブラス・ノンウーヴンズ(BBA Fibrous Nonwovens)によって商品名ソフテックス(登録商標)として製造且つ販売される。 Web core - is composed of 5-denier spunbond polyethylene (PE) / polypropylene (PP) 2-component fibers of the sheath structure, having a basis weight 80 gsm, South Carolina, USA Simpsonville (Simpsonville) BBA Fiburasu-Non'uvunzu ( BBA Fibrous Nonwovens) and manufactured under the trade name Softex (registered trademark) by being sold. 噛み合う歯群を有する上部プレート及び底部プレートを使用して、ウェブの両側に同時に変形部を作製する。 Use top plate and a bottom plate having teeth which mesh to produce simultaneously deformed portion on both sides of the web. 歯の高さ(TH)が3.683mm(0.145インチ)、歯の長さ(TL)が1.270mm(0.050インチ)、列内の歯の間隔(TD)が1.588mm(0.0625インチ)、ピッチ(P)が1.524mm(0.060インチ)の歯群の列を有する上部プレートを準備する。 Tooth height (TH) is 3.683mm (0.145 inches), the length of the teeth (TL) is 1.270 mm (0.050 inches), spacing of the teeth in the row (TD) is 1.588Mm ( 0.0625 inches), pitch (P) is prepared top plate having a row of teeth of 1.524 mm (0.060 inch). 上部プレートと噛み合う位置のずれた列群を有する底部プレートであって、底部列の歯群がTL6.35mm(0.25インチ)を有する、底部プレートを準備する。 A bottom plate with offset array group position to mesh with the upper plate, the teeth of the bottom row has a TL6.35mm (0.25 inch), to prepare a bottom plate. 底部列の歯群は、肉眼で見える長方形配列のパターンを形成するように配置されており、3つの平行な配列が正方形を形成し、隣接した正方形が配列の長軸に交互に直交する方向を有していて、用品に刺繍を施された布の外観を与える。 Teeth of the bottom row are arranged so as to form a pattern of rectangular arrays macroscopic three parallel arrays to form a square, the direction in which adjacent square perpendicular alternately to the long axis of the array It has, give the appearance of a cloth that has been subjected to the embroidery to the supplies. 化学的構成成分を400gsmの割合で布上に取り込む。 The chemical constituents incorporated on the fabric at a rate of 400 gsm. 布を積み重ねて包装する。 Packaging a stack of cloth. この用品は、日焼け止め組成物を皮膚へと移動させるのに有用であり、皮膚に柔らかい感触を与える。 This article is useful sunscreen composition to move into the skin, giving a soft feel to the skin.

(実施例61) (Example 61)
皮膚軟化物質を乾燥した皮膚に適用するコンディショニング用品を調製する。 Preparing conditioning article to be applied to the skin drying the emollient material. センコープ(Sencorp)のセンチネル・モデル808ヒートシーラーを使用し、点結合を用いて、実施例9及び実施例10のウェブを熱的に結合させる。 Using the Sentinel Model 808 heat sealer of Senkopu (Sencorp), using a point bonding, the web of Example 9 and Example 10 is thermally coupled. ワセリンを90℃に加熱し、塗料噴霧器を用いて添加割合280gsmで実施例9のウェブの側部に噴霧する。 Petrolatum was heated to 90 ° C., it is sprayed on the web side of Example 9 with the addition rate 280gsm with paint sprayer. 面積124cm 2の寸法の長方形用品を切断する。 Cutting a rectangular article dimension of the area 124cm 2. この用品は、乾燥した皮膚に潤いを与えるのに有用であり、シャワーを浴びる際に使用することができ、又は乾燥した皮膚上に使用することができる。 This article is useful for moisturizing dry skin and can be used to can be used to take a shower, or dry on the skin.

(実施例62) (Example 62)
以下の成分を含む、皮膚に潤いを与え、皮膚をクレンジングするのに有用な非含水エマルション成分を含む、非含水の皮膚拭き取り用品を調製する。 Comprising the following ingredients applied to moisturize the skin, including non-water emulsion component useful for cleansing the skin, to prepare a non-hydrated skin wipes.

実施例14のウェブを調製し、エマルション成分を添加割合240gsmでウェブに添加する。 Preparing a web of Example 14, it is added to the web of emulsion components in addition rate 240Gsm. ウェブをサイズ275cm 2の長方形用品に切り分ける。 Isolate the web into rectangular supplies of size 275cm 2.

(実施例63) (Example 63)
顔用処置マスクであり、これは、ウエット又はドライタイプである。 A treatment facial mask, which is a wet or dry type. ドライマスクの場合、ウェブを乾燥させる。 In the case of dry mask, drying the web. ウエットマスクの場合、ウェブを濡らす。 In the case of wet mask, wet the web. 顔用処置マスクは、相Aを均質になるまで混合し、次いで相Bを組み合わせ、組み合わせたものを相Aに添加し、さらに防腐剤を添加することによって調製される。 Facial treatment mask, and mixed until homogeneous phases A, then combine the phase B was added to the combination to Phase A, it is prepared by further adding a preservative. 攪拌しながらサルケアをゆっくり加え、均質になるまで混合する。 Stirring slowly added Salcare while and mix until homogeneous.

混合物を添加割合800gsmでウェブ上にコーティングし、このウェブは、坪量80gsmの、芯−鞘構成の5デニールスパンボンドポリエチレン(PE)/ポリプロピレン(PP)2成分繊維で構成され、米国サウスカロライナ州シンプソンビル(Simpsonville)のBBAフィブラス・ノンウーヴンズ(BBA Fibrous Nonwovens)によって商品名ソフテックス(登録商標)として製造且つ販売される。 The mixture was coated onto the web at addition rate 800Gsm, this web having a basis weight of 80 gsm, a core - is composed of 5-denier spunbond polyethylene (PE) / polypropylene (PP) 2-component fibers of a sheath configuration, South Carolina, USA It is manufactured and sold under the trade name Softex (registered trademark) by Simpson BBA Fiburasu-Non'uvunzu of the building (Simpsonville) (BBA Fibrous Nonwovens). 対流によってウェブを水分含有量8%まで乾燥させる。 By convection drying the web to 8% moisture content. 実施例1に記載した歯付きロール及びロールを同一の3.429mm(0.135インチ)の係合(E)で使用して、ライン速度305cm/m(10fpm)で、コーティングされたウェブをタフト加工する。 Use toothed roll and roll described in Example 1 by the engagement of the same 3.429mm (0.135 inches) (E), at a line speed 305cm / m (10fpm), tufted the coated web processing to. 用品を15平方cmの寸法に切断する。 To cut the supplies to the size of 15 square cm. この用品は、温水で濡らし、ループ側を皮膚に当てて顔の上にマスクとして置くことによって使用される。 This article is wetted with hot water, the loop side is used by placing a mask on the face against the skin.

(実施例64) (Example 64)
以下の化学的構成成分からリキッドファンデーション適用パッドを調製する。 The prepared liquid foundation applied pad from the following chemical constituents.

第1工程として、標準的な乳化手順を使用し、顔料を粉砕してポリソルベート80と共に水相に入れて、構成成分を調製する(構成成分に空気を含ませないように注意する)。 As a first step, using standard emulsification procedure, taking into aqueous phase with polysorbate 80 by grinding pigments (careful so as not to contain the air into its constituent) to prepare the components. 最終工程としてpHを7.5に調整する。 The pH as a final step is adjusted to 7.5. ファンデーション成分を400gsmの割合で実施例14のウェブに適用し、直径63.5mm(2.5インチ)の円に切り分け、密閉包装内に包装する。 Applying the foundation component to the web of Example 14 at a rate of 400 gsm, cut into a circle having a diameter of 63.5 mm (2.5 inches), it is packaged in a sealed package. この用品は、色の付いた化粧品を皮膚に適用するために使用され、抗しわ処置として使用される。 This article is a colored cosmetic used to apply to the skin, is used as an anti-wrinkle treatment.

(実施例65) (Example 65)
以下の化学的構成成分から、ベビー用拭き取り用品を調製する。 The following chemical components are prepared wipes baby. 化学的構成成分500gを調製する。 Preparing chemical constituents 500 g.

混合物を、添加割合600%で実施例14のループ状ウェブ上に噴霧する。 The mixture is sprayed onto the looped web of Example 14 with the addition rate 600%. 処理された布は、蓋付きの従来式のプラスチック小型容器内に包装され、皮膚の拭き取りに有用であり、拭き取りの間、皮膚に対して非常に柔らかいものでありながら、乳幼児の尻から汚れを効果的に除去する。 The treated fabric is packaged in a plastic vial of a conventional type with a lid, it is useful in wiping the skin, during wiping, yet be very soft to the skin, dirt Ass infants effectively removed.

(実施例66) (Example 66)
メークアップを除去するのに有用な、追加的な水を必要としない拭き取り用品を調製する。 Useful for removing makeup, to prepare the wipe does not require additional water. 以下の成分から、化学的構成成分を調製する。 From the following ingredients to prepare a chemical constituents.

この化学的構成成分を、添加割合300%で実施例14のループ状ウェブ上に噴霧する。 The chemical constituents are sprayed onto the looped web of Example 14 with the addition rate 300%. この実施例の処理済み拭き取り用品を、スナップ開閉式の嵌着密閉手段を備えた密封可撓性包装内に包装する。 The treated wipes of this embodiment is packaged in a sealed flexible packaging provided with a fitted and sealing means snap closure.

(実施例67) (Example 67)
皮膚消毒用拭き取り用品を調製する。 To prepare the wipes skin disinfection. カーボポールを水中に分散させ、攪拌して均質な混合物を維持しながら各成分を順次添加することによって、以下の成分から化学的構成成分を調製する。 Dispersing the Carbopol in water by the components sequentially added while maintaining a homogeneous mixture was stirred to prepare a chemical constituents from the following ingredients. pHを6.5に調整する。 To adjust the pH to 6.5.

この化学的構成成分を添加割合550%で実施例7のループ状ウェブに添加し、布を可撓性の拭き取り用品包装内に包装する。 The chemical constituents are added to the loop web of Example 7 with the addition rate 550%, the packaging of cloth flexible wiping the goods packaging. この用品は、皮膚をクレンジング且つ消毒するのに有用である。 This article is useful for cleansing and disinfecting the skin.

(実施例68) (Example 68)
以下の成分から調製される化学的構成成分を含む、人工日焼け用のスキンケア組成物であるアプリケータ拭き取り用品を調製する。 Including chemical constituents which are prepared from the following ingredients to prepare a wipe applicator is skin care composition for artificial tanning.

相Aを75℃に加熱し、相Bを別個に加熱して、均質になるまで混合しながら相Aに加える。 Phase A was heated to 75 ° C., phase B and then heated separately, it added to Phase A with mixing until homogeneous. 冷却の間に芳香剤を加える。 Add fragrance while cooling. この化学的構成成分を添加割合600%で実施例7のループ状ウェブに添加し、布を可撓性の拭き取り用品包装内に包装する。 The chemical constituents are added to the loop web of Example 7 with the addition rate 600%, the packaging of cloth flexible wiping the goods packaging.

(実施例69) (Example 69)
失禁症状のある患者の入浴に有用な、すすぎを必要としない拭き取り用品を調製する。 Useful in the bathing of patients with incontinence symptoms, to prepare the wipe does not require rinsing. 以下の成分を含む化学的構成成分を調製する。 Preparing chemical constituents comprising the following ingredients.

第1材料からのほとんどの繊維のループが第2材料の側にある、2層繊維性不織布ウェブを調製する。 Most of the fibers of the loop from the first material on the side of the second material, to prepare the two-layer fibrous nonwoven webs. 第1の層である100%レーヨンウェブ(70gsm、例えば、ウェブプロ・コーポレーション(Web-pro Corporation)(タワン、ユナヌン・カオヒュン(Yun-anm Kaohiung))から得られるBR070−P15拭き取り用品)を、第2ウェブである80gsmPE/PP2成分層(実施例14のBBAフィブラス・ノンウーヴンズ(BBA FibrousNonwovens)出発材料)と層状化させる。 The first layer is a 100% rayon web (70 gsm, for example, a web pro Corporation (Web-pro Corporation) (Tawan, Yunanun-Kaohyun (Yun-anm Kaohiung)) BR070-P15 wipes derived from) a first a second web 80gsmPE / PP2 component layer (BBA Fiburasu-Non'uvunzu example 14 (BBA FibrousNonwovens) starting material) and is layered. 実施例1の設定で歯付きロール及び溝付きロールを使用し、主に2成分繊維を含むループがレーヨンウェブを貫通して形成されるように、歯の付いた側に2成分繊維ウェブを配置して、材料をタフト加工する。 Using the toothed roll and grooved roll in setting example 1, mainly as a loop comprising bicomponent fibers is formed through the rayon web, placing a bicomponent fiber web on the side toothed and, the tufted material. 400cm 2ウェブ表面当たり22mlの割合で、化学的構成成分を2層ループ状ウェブに添加する。 At a rate of 400 cm 2 web surface per 22 ml, addition of chemical components in two layers looped web. ウェブを400cm 2サイズの布に切断し、折り畳んで包装する。 Cutting the web to the fabric of 400cm 2 size, folded and packaged.

(実施例70) (Example 70)
身体用クレンジングキットを調製する。 To prepare the body for cleansing kit. 実施例14の房状のウェブを調製し、角の丸い300cm 2の正方形の布に切り分ける。 Example 14 a tufted web is prepared and cut into the fabric of the round 300cm 2 of the square corners. 布を積み重ね、布30枚の群で収縮包装する。 Stacked cloth, to shrink-wrapped in groups of 30 sheets cloth. 市販の身体洗浄剤、例えば、米国オハイオ州シンシナティのプロクター&ギャンブル・カンパニー(The Procter & Gamble Co)によって製造且つ流通される、700mlサイズのオイル・オブ・オーレイ・モイスチャライジング・ボディ・ウォッシュを得る。 Commercial personal cleansing, for example, Ohio is and distributed manufactured by Procter & Gamble Company (The Procter & Gamble Co) Cincinnati, obtaining an oil-of-Olay-Moisturizing Body Wash 700ml sizes. 布の積み重ね体3つを身体洗浄剤の単一ボトルと共にもう1度収縮包装して、使い捨ての洗い布を備えた約3ヶ月供給分の身体洗浄剤を含むキットを構成する。 The single stack 3 of the fabric and again shrink packaging with a single bottle of body soap, constitute a kit comprising about 3 months supply of personal cleansing having a disposable wash cloth.

(実施例71) (Example 71)
顔用クレンジングキットを調製する。 To prepare a cleansing kit for the face. 実施例7の房状のウェブを調製し、270cm 2の正方形の布に切り分ける。 To prepare a tufted web of Example 7, cut into the fabric square 270 cm 2. 布30枚の群に縛られたコールドクリームの200ml瓶を含むキットを調製する。 The preparation of a kit that includes a 200ml bottle of cold cream that was tied to a group of 30 sheets cloth. キットを使用して顔からメークアップをクレンジングする時に、水は必要ない。 When cleansing the make-up from the face using a kit, water is not necessary.

(実施例72) (Example 72)
身体用クレンジングキットを調製する。 To prepare the body for cleansing kit. 実施例7の房状のウェブを調製し、275cm 2の布に切り分ける。 The tufted web of Example 7 was prepared, cut into fabric 275cm 2. 1つの単位として合わせて収縮包装された石鹸1個と布30枚の群とを含む、キットを調製する。 And a 1 soaps shrink wrapped to fit as a unit or the cloth 30 sheets group, to prepare a kit. このキットは、個々の使い捨て洗い布と石鹸との約1ヶ月供給分を構成する。 This kit comprises about 1 month supply of the individual disposable wash cloth and soap.

(実施例73) (Example 73)
ペットケア用のキットを調製する。 The preparation of a kit for pet care. 実施例60で開示した房状のウェブを調製し、270cm 2のサイズに切断する。 The tufted web disclosed in Example 60 is prepared and cut to a size of 270 cm 2. 15枚の布を合わせて縛り、次の成分を含むペット用シャンプーの350mlボトルに収縮包装する:水、ラウレス硫酸ナトリウム、コカミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ポリクオタニウム−7、芳香剤、DMDMヒダントイン、EDTA四ナトリウム、塩化ナトリウム、クエン酸、ベンゾフェノン−4、D&C緑色5号、FD&C黄色5号。 Tied together 15 cloths, shrink wrapped 350ml bottle pet shampoo containing the following ingredients: water, sodium laureth sulfate, cocamidopropyl betaine, decyl glucoside, polyquaternium-7, fragrances, DMDM ​​hydantoin, EDTA tetrasodium, sodium chloride, citric acid, benzophenone -4, D & C green No. 5, FD & C yellow No. 5. このキットは、泡立ててペットを洗浄するのに有用であり、外部の給水源と共に使用される。 The kits are useful for cleaning pets bubbled, is used with an external water supply source.

(実施例74) (Example 74)
顔用処置キットを調製する。 To prepare the face for the treatment kit. 実施例7の房状のウェブを調製し、290cm 2の布に切り分ける。 The tufted web of Example 7 was prepared, cut into fabric 290 cm 2. 布30枚の群に縛られたフェースクリームの50ml瓶を含むキットを調製する。 The preparation of a kit that includes a 50ml bottle of face cream that was tied to a group of 30 sheets cloth. キットを使用して顔を処置する時に、水は必要ない。 When treating the face using a kit, water is not necessary.

(実施例75) (Example 75)
実施例39のウェブ及び実施例36の界面活性剤成分を使用して、2重テクスチャ付きの泡用品を調製する。 Surface-active component of the web and Example 36 Example 39 is prepared Awayo products with dual textures. 界面活性剤成分5gを溶融させ、層の中心に4本の縞状に適用してから、FQNウェブ層をアヴゴルポリプロピレン層にシールする。 The surfactant component 5g is melted to seal the applied to the four stripes at the center of the layer, the FQN web layer Av Gol polypropylene layer. 寸法270cm 2の長方形用品を切断する。 Cutting the rectangular articles of dimensions 270 cm 2. この用品は、定常的瞬間泡値約1,330ml、定常的総泡値約4,020mlを有する。 This equipment has a steady moment foam value of about 1,330ml, a steady total foam value of about 4,020ml. この用品は、水の供給が安定している環境、すなわちシャワーで使用する時に、安定した泡の流れを生み出すのに有用である。 This article is the environment in which the supply of water is stable, i.e. when used in the shower, it is useful to produce a steady stream of bubbles.

(実施例76) (Example 76)
実施例39のウェブを使用し、それらを化学的構成成分なしに合わせて結合させ、前述の実施例と同一のサイズに切断して、2重テクスチャ付きの泡用品を調製する。 Using the web of Example 39, which is bound to fit without chemical constituents, and cut to the same size as in the previous example, to prepare a Awayo products with dual textures. 以下の成分を含む化学的構成成分を調製する。 Preparing chemical constituents comprising the following ingredients.

1(アクアロン−ハーキュレス(Aqualon-Hercules)、米国カリフォルニア州アーヴィン(Irvine))、陽イオン性グアー又はグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド 成分を攪拌し、最後に陽イオン性ポリマーを添加して、塊が存在せず均質になるまで攪拌する。 1 (Aqualon - Hercules (Aqualon-Hercules), California Irvine (Irvine)), stirring the cationic guar or guar hydroxypropyltrimonium chloride component, finally adding the cationic polymer, there are lumps and stirred until homogeneous without. 結合されたウェブに、用品当たり12.4gの割合で化学的構成成分を添加する。 The combined webs, adding the chemical constituents in a proportion of 12.4g per article. 用品当たり6.3gの水を失うまで、用品を52℃(125°F)の静止空気中で一晩乾燥させる。 Until it loses its water supplies per 6.3 g, dried overnight in still air of the article to 52 ℃ (125 ° F). この用品は、定常的瞬間泡値約1,530ml及び定常的総泡値約3,570mlを有する。 This equipment has about steady moment foam value 1,530ml and steady-state total foam value of about 3,570ml.

(実施例77) (Example 77)
実施例39のウェブ及び実施例36の界面活性剤成分を使用して、2重テクスチャ付きの泡用品を調製する。 Surface-active component of the web and Example 36 Example 39 is prepared Awayo products with dual textures. 界面活性剤成分5gを溶融させ、層の中心に4本の縞状に適用してから、FQNウェブ層をアヴゴルポリプロピレン層にシールする。 The surfactant component 5g is melted to seal the applied to the four stripes at the center of the layer, the FQN web layer Av Gol polypropylene layer. 寸法270cm 2の長方形用品を切断する。 Cutting the rectangular articles of dimensions 270 cm 2. この用品は、定常的瞬間泡値約1,330ml、定常的総泡値約4,020mlを有する。 This equipment has a steady moment foam value of about 1,330ml, a steady total foam value of about 4,020ml. この用品は、水の供給が安定している環境、すなわちシャワーで使用する時に、安定した泡の流れを生み出すのに有用である。 This article is the environment in which the supply of water is stable, i.e. when used in the shower, it is useful to produce a steady stream of bubbles.

(実施例78) (Example 78)
実施例39のウェブを使用し、それらを化学的構成成分なしに合わせて結合させ、前述の実施例と同一のサイズに切断して、2重テクスチャ付きの泡用品を調製する。 Using the web of Example 39, which is bound to fit without chemical constituents, and cut to the same size as in the previous example, to prepare a Awayo products with dual textures. 以下の成分を含む化学的構成成分を調製する。 Preparing chemical constituents comprising the following ingredients.

成分を攪拌し、最後に陽イオン性ポリマーを添加して、塊が存在せず均質になるまで攪拌する。 Stirring the components, and finally by the addition of cationic polymer and stir until homogeneous absent clumps. 結合されたウェブに、用品当たり12.4gの割合で化学的構成成分を添加する。 The combined webs, adding the chemical constituents in a proportion of 12.4g per article. 用品当たり6.3gの水を失うまで、用品を52℃(125°F)の静止空気中で一晩乾燥させる。 Until it loses its water supplies per 6.3 g, dried overnight in still air of the article to 52 ℃ (125 ° F). この用品は、定常的瞬間泡値1,530ml及び定常的総泡値3,570mlを有する。 This article is, steady moment with a Awachi 1,530ml and steady-state total foam value 3,570ml.

(実施例79〜84) (Examples 79-84)
顔用クレンジング布を調製する。 To prepare a cleansing cloth for the face. 初めに、界面活性剤中で25%活性である以下の成分から、界面活性剤成分を調製する。 First, the following components is 25% active in detergent, to prepare the surfactant component.

前述の実施例のウェブと、指示された量でウェブ上に噴霧される界面活性剤成分とを使用して、以下に示すウェブを調製する。 And the web of the above examples, using the surfactant component to be sprayed on the web in the amounts indicated to prepare the web below.

触ると乾いており、総重量に基づいた湿分含有量が約5%になるまで、強制空気を使用してウェブを乾燥させる。 And dry to the touch, until moisture content, based on the total weight is about 5%, drying the web by using forced air. ワセリンを、幅25.4mm(1インチ)の2本の縞状に、縞当たり1リニアmm当たり4.242g(1リニアインチ当たり0.167g(gli)の割合でウェブ上に適用する。ポリエチレングリコール4600、βシクロデキストリン、芳香剤、メントール、水及びナトリウムMA/ジイソブチレンコポリマーの混合物を含む芳香剤相を、6.6gsmの割合でウェブに添加する。ウェブを19.1cm×15.9cm(7.5インチ×6.25インチ)の布に切り分け、包装する。この布は、以下の機械的泡体積を有する。 Petrolatum, a two stripe width 25.4 mm (1 inch), applied onto the web at a rate of 4.242g per linear mm per stripe (0.167 g per linear inch (gli). Polyethylene glycol 4600, beta-cyclodextrin, fragrances, menthol, fragrance phase comprising a mixture of water and sodium MA / diisobutyrate copolymers, added to the web at the rate of 6.6gsm. 19.1cm web × 15.9 cm (7 cut into the fabric of .5 inch × 6.25 inch) and packaged. the fabric has the following mechanical foam volume.

「発明を実施するための最良の形態」で引用したすべての文献は、その関連部分において本明細書に参考として組み込まれており、いずれの文献の引用も、それが本発明に関する先行技術であることを認めるものとして解釈されるべきではない。 All documents cited in the "best mode for carrying out the invention", are incorporated herein by reference in relevant part, the citation of any document is a prior art relating to the present invention It should not be construed as an admission that.
本発明の特定の実施形態を例示し記載したが、本発明の精神及び範囲から逸脱することなく他の様々な変更及び修正を実施できることが、当業者には自明であろう。 Although illustrated and described particular embodiments of the present invention can be practiced with various other changes and modifications can be made without departing from the spirit and scope of the present invention, it will be apparent to those skilled in the art. したがって、本発明の範囲内にあるそのようなすべての変更及び修正を、添付の特許請求の範囲で扱うものとする。 Accordingly, all such changes and modifications that are within the scope of the present invention, is intended to cover in the appended claims.

本発明のウェブの斜視図。 Perspective view of a web of the present invention. 図1に示したウェブの一部分の拡大図。 An enlarged view of a portion of the web shown in Figure 1. 図2の切断面3−3の断面図。 Sectional view of the cutting plane 3-3 of FIG. 図3に4−4によって示したウェブの一部分の平面図。 Plan view of a portion of the web shown by 4-4 in FIG. 本発明のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of part of the present invention. 図5のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of a portion of FIG. 本発明のウェブを形成する装置の斜視図。 Perspective view of an apparatus for forming a web of the present invention. 図7に示した装置の一部分の断面図。 Sectional view of a portion of the apparatus shown in FIG. 本発明のウェブの一実施形態を形成する装置の一部分の斜視図。 Perspective view of a portion of an apparatus for forming a web of an embodiment of the present invention. 本発明のウェブを形成する装置の一部分の拡大斜視図。 Enlarged perspective view of a portion of an apparatus for forming a web of the present invention. 本発明のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of part of the present invention. 本発明のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of part of the present invention. 本発明のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of part of the present invention. 本発明のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of part of the present invention. 本発明のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of part of the present invention. 本発明のウェブの一部分の略図。 Web of a portion of a schematic representation of the present invention. 本発明のウェブの一部分のもう1つの略図。 Another schematic representation of a web of part of the present invention. 本発明のウェブの一部分のもう1つの略図。 Another schematic representation of a web of part of the present invention. 本発明のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of part of the present invention. 図16に示したウェブの一部分の拡大写真。 Enlarged photograph of a portion of the web shown in FIG. 16. 本発明のウェブの斜視図。 Perspective view of a web of the present invention. 本発明のウェブの一部分の顕微鏡写真。 Photomicrograph of a web of part of the present invention.

Claims (18)

  1. 使い捨てパーソナルケア用品であって、これが (A)第1表面及び第2表面を有し、且つ (i)第1領域、 A disposable personal care products, which has a (A) first and second surfaces, and (i) a first region,
    (ii)直線的な配向を示す不連続部と、前記第1領域に一体的であるが、前記第1領域から延びる複数の房状の繊維を含む変形部とを有する複数の不連続な一体的第2領域を含むスパンボンド繊維性不織布ウェブと、 (Ii) a discontinuity that shows a linear orientation, but is integral to said first region, a plurality of discrete integral and a deformable portion including a plurality of tufted fibers extending from said first region a spunbond fibrous nonwoven web comprising a target second area,
    (B)パーソナルケア組成物とを含むことを特徴とする、パーソナルケア用品。 (B), characterized in that it comprises a personal care composition, personal care products.
  2. 使い捨てパーソナルケア用品であって、これが (A)第1表面及び第2表面を有し、且つ (i)第1領域、 A disposable personal care products, which has a (A) first and second surfaces, and (i) a first region,
    (ii)複数の不連続な第2領域であって、この第2領域のそれぞれが、直線的な配向を示す不連続部と変形部とを有しており、該変形部は、前記第1領域に一体的であるが前記第1領域から延びる房状の繊維と、前記第1領域に一体的でなく前記第1領域からも延びていない繊維とを含む第2領域、 (Ii) a plurality of discrete second regions, the respective second region, has a deformable portion and the discontinuous portion showing a linear orientation, the displacement shape portion, said first and tufted fibers extending from said although an integral first region to region, a second region comprising a fiber that is not also extend from the first region not integral with the first region,
    を含む房状のスパンボンド繊維性不織布ウェブと、 And tufted spunbond fibrous nonwoven web comprising,
    (B)パーソナルケア組成物とを含むことを特徴とする、パーソナルケア用品。 (B), characterized in that it comprises a personal care composition, personal care products.
  3. 使い捨てパーソナルケア用品であって、これが (A)第1表面及び第2表面を有する前駆体ウェブの選択的機械変形によって形成されるスパンボンド繊維性不織布ウェブであって、前記ウェブが (i)実質的にランダムに配向した繊維の第1領域と、 A disposable personal care products, which (A) a spunbonded fibrous nonwoven web formed by selective mechanical deformation of a precursor web having a first surface and a second surface, said web (i) substantially a first region of randomly oriented fibers as basis,
    (ii)直線的な配向を示す不連続部と、前記第1領域に一体的であるが、前記第1領域から延びる複数の繊維を含む変形部とを有する複数の不連続な一体的第2領域とを含み、 (Ii) a discontinuity that shows a linear orientation, the first but integral with the region, a plurality of discrete integral second and a deformable portion including a plurality of fibers extending from said first region and a region,
    前記ウェブが、前記第1表面及び前記第2表面上に前記不連続部と前記変形部とを有しているスパンボンド繊維性不織布ウェブと、 It said web, a spunbond fibrous nonwoven web and a said discontinuity and said deformable portion to the first surface and the second surface,
    (B)パーソナルケア組成物とを含むことを特徴とする、パーソナルケア用品。 (B), characterized in that it comprises a personal care composition, personal care products.
  4. 前記スパンボンド繊維性不織布ウェブは、ランダムに配向した繊維で構成され、前記繊維は、天然繊維及び合成繊維から成る群から選択され、ここで、前記繊維は、単成分繊維、多成分繊維、多組成繊維、毛管路繊維、中空繊維、成形繊維若しくはローブ形繊維、及びこれらの組み合わせから成る群から選択される請求項1〜3のいずれか一項に記載のパーソナルケア用品。 The spunbond fibrous nonwoven web is composed of randomly oriented fibers, said fibers are selected from the group consisting of natural fibers and synthetic fibers, wherein said fibers are monocomponent fibers, multicomponent fibers, multi fiber composition, capillary channel fibers, hollow fibers, shaped fibers or lobed fibers, and personal care products according to claim 1 which is selected from the group consisting of.
  5. 前記ウェブは、1平方センチメートル当たり少なくとも4つの変形部を含む、請求項1〜4のいずれか一項に記載のパーソナルケア用品。 The web 1 comprises at least four deformable portions per square centimeter, personal care products according to any one of claims 1-4.
  6. 前記パーソナルケア組成物は、前記ウェブ上に組み込まれ、または当該ウェブ内に含浸されている、請求項1〜5のいずれか一項に記載のパーソナルケア用品。 The personal care composition, the incorporated onto web or is impregnated into the inner web, personal care article according to any one of claims 1 to 5.
  7. 前記パーソナルケア組成物は、処置組成物、クレンジング組成物、及びこれらの混合物から成る群から選択される、請求項6に記載のパーソナルケア用品。 The personal care compositions, the treatment composition, the cleansing composition, and is selected from the group consisting of mixtures, personal care products of claim 6.
  8. 前記処置組成物は、皮膚処置剤、皮膚コンディショニング剤、及びこれらの混合物から成る群から選択される薬剤を含む、請求項7に記載のパーソナルケア用品。 It said treatment composition, skin treatment agents, skin conditioning agents, and an agent selected from the group consisting of mixtures, personal care article of claim 7.
  9. 前記皮膚処置剤は、ビタミン類、ゼオライト類、ペプチド類、日焼け止め活性物質、テルペンアルコール類、落屑活性物質、抗ニキビ活性物質、抗しわ活性物質、抗萎縮活性物質、酸化防止剤、フラバノイド類、抗炎症剤、抗セルライト剤、局所麻酔剤、日焼け用活性物質、キレート化剤、美白剤、抗菌活性物質、抗カビ活性物質、皮膚鎮静活性物質、皮膚回復活性物質、皮膚保湿活性物質、化粧品活性物質、及びこれらの混合物から成る群から選択される、請求項8に記載のパーソナルケア用品。 The skin treatment agents, vitamins, zeolites, peptides, sunscreen actives, terpene alcohols, desquamation actives, anti-acne actives, anti-wrinkle actives, anti-atrophy actives, anti-oxidants, flavanoids, anti-inflammatory agents, anti-cellulite agents, topical anesthetics, tanning actives, chelators, skin lightening agents, antimicrobial actives, antifungal actives, skin soothing actives, skin recovery actives, skin moisturizing actives, cosmetic active material, and is selected from the group consisting of mixtures, personal care products of claim 8.
  10. 前記ウェブの0.05重量%〜1600重量%の前記皮膚処置剤を含む、請求項9に記載のパーソナルケア用品。 Comprising the skin treatment agents from 0.05% to 1600% by weight of said web, personal care article of claim 9.
  11. 前記皮膚コンディショニング剤は、ワセリン、脂肪酸類、脂肪酸類のエステル類、脂肪アルコール類、エトキシル化アルコール類、ポリオールポリエステル類、グリセリン、グリセリンモノエステル類、グリセリンポリエステル類、表皮性及び皮脂性炭化水素、ラノリン、直鎖及び分岐鎖状炭化水素、シリコーン油、シリコーンガム、植物油、植物油付加物、水素化植物油類、非イオン性ポリマー類、天然蝋類、合成蝋類、ポリオレフィン性グリコール類、ポリオレフィン性モノエステル、ポリオレフィン性ポリエステル類、コレステロール類、コレステロールエステル類、並びにこれらの混合物から成る群から選択される、請求項8に記載のパーソナルケア用品。 Said skin conditioning agent, petrolatum, fatty acids, esters of fatty acids, fatty alcohols, ethoxylated alcohols, polyols polyesters, glycerin, glycerin monoesters, glycerin polyesters, epidermal and sebaceous hydrocarbons, lanolin , straight-chain and branched-chain hydrocarbons, silicone oils, silicone gums, vegetable oils, vegetable oil adducts, hydrogenated vegetable oils, nonionic polymers, natural waxes, synthetic waxes, polyolefinic glycols, polyolefinic monoester , polyolefinic polyesters, cholesterols, cholesterol esters, and are selected from the group consisting of mixtures, personal care products of claim 8.
  12. 前記ウェブの0.05重量%〜1600重量%の前記皮膚コンディショニング剤を含む、請求項11に記載のパーソナルケア用品。 Containing the skin conditioning agent 0.05 wt% to 1600 wt% of said web, personal care article of claim 11.
  13. 前記クレンジング組成物は、サルコシネート類、サルフェート類、イセチオネート類、ホスフェート類、タウレート類、ラクチレート類、グルタメート類、石鹸類、及びこれらの混合物から成る群から選択される陰イオン性界面活性剤、アミンオキシド類、アルキルグルコシド類、アルキルポリグルコシド類、ポリヒドロキシ脂肪酸アミド類、アルコキシル化脂肪酸エステル類、スクロースエステル類、及びこれらの混合物から成る群から選択される非イオン性界面活性剤、ベタイン類、スルタイン類、ヒドロキシスルタイン類、アルキルイミノアセテート類、イミノジアルカノエート類、アミノアルカノエート類、及びこれらの混合物から成る群から選択される両性界面活性剤、ポリエチレングリコール20ソルビタンモノラウレート、ポ The cleansing composition, sarcosinates, sulfates, isethionates, phosphates, taurates, lactylates, glutamates, soaps, and anionic surface active agent selected from the group consisting of mixtures, amine oxide s, alkylglucosides, alkylpolyglucosides, polyhydroxy fatty acid amides, alkoxylated fatty acid esters, sucrose esters, and non-ionic surfactant selected from the group consisting of mixtures, betaines, sultaines , hydroxy sultaine, alkyl imino acetates, iminodialkanoates, amino alkanoate acids, and amphoteric surfactants selected from the group consisting of mixtures of polyethylene glycol 20 sorbitan monolaurate, Po エチレングリコール5大豆ステロール、ステアレス−20、セテアレス−20、PPG−2メチルグルコースエーテルジステアレート、セテス−10、ポリソルベート80、セチルホスフェート、セチルリン酸カリウム、ジエタノールアミンセチルホスフェート、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル、PEG−100ステアレート、ポリオキシエチレン20ソルビタントリオレエート、ソルビタンモノラウレート、ポリオキシエチレン4ラウリルエーテルナトリウムステアレート、ポリグリセリル−4イソステアレート、ラウリン酸ヘキシル、PPG−2メチルグルコースエーテルジステアレート、セテス−10、ジエタノールアミンセチルホスフェート、ステアリン酸グリセリル、PEG−100ステアレート、及びこれらの Ethylene glycol 5 soya sterol, Steareth-20, Ceteareth-20, PPG-2 methyl glucose ether distearate, ceteth-10, polysorbate 80, cetyl phosphate, potassium cetyl phosphate, diethanolamine cetyl phosphate, Polysorbate 60, glyceryl stearate, PEG -100 stearate, polyoxyethylene 20 sorbitan trioleate, sorbitan monolaurate, polyoxyethylene 4 lauryl ether sodium stearate, polyglyceryl-4 isostearate, hexyl laurate, PPG-2 methyl glucose ether distearate, ceteth 10, diethanolamine cetyl phosphate, glyceryl stearate, PEG-100 stearate, and these 合物から成る群から選択される非泡性界面活性剤とから成る群から選択される、請求項7に記載のパーソナルケア用品。 It is selected from the group consisting of a non-foaming surfactant selected from the group consisting of compounds, personal care article of claim 7.
  14. 前記用品は、20重量%未満の流体を含む請求項1〜13のいずれか一項に記載のパーソナルケア用品。 It said article is a personal care article according to any one of claims 1 to 13 comprising the fluid of less than 20 wt%.
  15. 前記クレンジング組成物は、少なくとも1400mlの定常的総泡体積、少なくとも85mlの機械的泡体積、又は700ml未満の定常的瞬間泡体積を生み出す、請求項1〜14のいずれか一項に記載のパーソナルケア用品。 The cleansing composition, at least 1400ml constant Total Lather volume of at least 85ml mechanical foam volume, or produce Steady Flash Lather Volume of less than 700 ml, personal care as claimed in any one of claims 1 to 14 supplies.
  16. 請求項1〜15のいずれか一項に記載の使い捨てパーソナルケア用品の製造方法であって、 A method of manufacturing a disposable personal care article according to any one of claims 1 to 15,
    a. a. 前記スパンボンド繊維性不織布ウェブを作製する工程と、 A step of manufacturing the spunbonded fibrous nonwoven web,
    b. b. 少なくとも1つのパーソナルケア組成物を前記ウェブ上に組み込み、または当該ウウェブ内に含浸させる工程とを含む方法。 Incorporate at least one of the personal care composition onto the web or a method comprising impregnating into the Uwebu.
  17. パーソナルケア用品を使用して、皮膚、毛髪、及び身体の他のケラチン性表面をクレンジングする方法であって、該方法が i. Using a personal care product, the skin, hair, and other keratinous surfaces of the body there is provided a method of cleansing, the method comprising i. 請求項1〜15のいずれか一項に記載の前記パーソナルケア用品を流体で濡らす工程と、 A step of wetting the personal care article according fluid to any one of claims 1 to 15,
    ii. ii. 前記用品を操って泡を形成する工程と、 Forming a foam manipulating the article,
    iii. iii. 皮膚、毛髪、及び身体の他のケラチン含有表面の所望の表面上を前記用品で拭く工程と、 A step of wiping the skin, hair, and the desired upper surface of the other keratin-containing surfaces of the body in said article,
    iv. iv. 前記所望の表面を水ですすぐ工程を含む方法。 Comprising the step of rinsing the desired surface with water.
  18. パーソナルケア用品で、皮膚、毛髪、及び身体の他のケラチン性表面をクレンジングする方法であって、該方法が 1. In personal care products, a method of cleansing the skin, hair, and other keratinous surfaces of the body, the method comprising 1. 請求項1〜15のいずれか一項に記載の前記パーソナルケア用品を操って泡を形成する工程と、 Forming a foam manipulating the personal care article according to any one of claims 1 to 15,
    2. 2. 皮膚、毛髪、及び身体の他のケラチン含有表面の所望の表面上を前記用品で拭く工程と、 A step of wiping the skin, hair, and the desired upper surface of the other keratin-containing surfaces of the body in said article,
    3. 3. 前記所望の表面を水ですすぐ工程を含む方法。 Comprising the step of rinsing the desired surface with water.
JP2005509994A 2002-12-20 2003-12-16 Cloth-like personal care products Expired - Fee Related JP4058073B2 (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US32466102A true 2002-12-20 2002-12-20
US43599603A true 2003-05-12 2003-05-12
US46964303P true 2003-05-12 2003-05-12
US61029903A true 2003-06-30 2003-06-30
PCT/US2003/040232 WO2004058214A1 (en) 2002-12-20 2003-12-16 Cloth-like personal care articles

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006520324A JP2006520324A (en) 2006-09-07
JP4058073B2 true JP4058073B2 (en) 2008-03-05

Family

ID=32686256

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005509994A Expired - Fee Related JP4058073B2 (en) 2002-12-20 2003-12-16 Cloth-like personal care products

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP1572147A1 (en)
JP (1) JP4058073B2 (en)
AU (1) AU2003301011A1 (en)
MX (1) MXPA05006592A (en)
WO (1) WO2004058214A1 (en)

Families Citing this family (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7323438B2 (en) * 2003-06-13 2008-01-29 Procter & Gamble Cleansing article with improved handleability
US9359585B2 (en) 2003-12-08 2016-06-07 Unilever Home & Personal Care Usa, Division Of Conopco, Inc. Stable nonaqueous reactive skin care and cleansing compositions having a continuous and a discontinuous phase
US7846462B2 (en) 2003-12-22 2010-12-07 Unilever Home & Personal Care Usa, Division Of Conopco, Inc. Personal care implement containing a stable reactive skin care and cleansing composition
BRPI0512071B1 (en) * 2004-06-21 2017-04-11 Procter & Gamble non-woven blanket with ties
US20060067962A1 (en) * 2004-09-30 2006-03-30 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Skin cooling compositions
US20060141014A1 (en) * 2004-12-28 2006-06-29 Eknoian Michael W Skin treatment articles and methods
EP1902168B1 (en) * 2005-06-21 2010-07-07 The Procter and Gamble Company Tufted fibrous web
US8168550B2 (en) 2006-11-30 2012-05-01 The Procter & Gamble Company Extensible nonwoven webs containing monocomponent nanocomposite fibers
US8173559B2 (en) 2006-11-30 2012-05-08 The Procter & Gamble Company Extensible nonwoven webs containing multicomponent nanocomposite fibers
US8759606B2 (en) 2009-06-03 2014-06-24 The Procter & Gamble Company Structured fibrous web
US20100310810A1 (en) * 2009-06-03 2010-12-09 Eric Bryan Bond Structured Fibrous Web
US20100312208A1 (en) * 2009-06-03 2010-12-09 Eric Bryan Bond Fluid Permeable Structured Fibrous Web
US20100310845A1 (en) * 2009-06-03 2010-12-09 Eric Bryan Bond Fluid permeable structured fibrous web
US20100310837A1 (en) * 2009-06-03 2010-12-09 Eric Bryan Bond Structured fibrous web
US8308702B2 (en) 2010-04-21 2012-11-13 Johnson & Johnson Consumer Companies, Inc. Foaming porous pad for use with a motorized device
WO2013035072A1 (en) * 2011-09-08 2013-03-14 Vile Glenn Bioactive nanofibres
GB2495109B (en) * 2011-09-29 2016-06-08 Gama Healthcare Ltd A wet wipe
JP5999754B2 (en) * 2012-02-28 2016-09-28 大王製紙株式会社 Absorbent article using the sheet-like material and this absorbent article, as well as absorbent articles for sheet material manufacturing method
WO2014045680A1 (en) * 2012-09-20 2014-03-27 株式会社エバメール化粧品 Wiping cosmetic sheet and method for manufacturing same
JP5946487B2 (en) * 2013-04-01 2016-07-06 花王株式会社 Hair cosmetics and Qing 拭方 method of hair processing method and scalp using the same
JP5828490B2 (en) * 2014-03-28 2015-12-09 花王株式会社 A sheet-like hair cosmetics and hair treatment method using the same
JP5828491B2 (en) * 2014-03-28 2015-12-09 花王株式会社 A sheet-like hair cosmetics and hair treatment method using the same
US10271997B2 (en) * 2014-04-08 2019-04-30 The Procter & Gamble Company Absorbent articles having substrates having zonal treatments
MX2017003319A (en) * 2014-09-12 2017-11-22 Procter & Gamble Nonwoven material having discrete three-dimensional deformations forming protrusions having a varying width and wide base openings.
EP3203960A1 (en) 2014-09-12 2017-08-16 The Procter and Gamble Company Nonwoven material having discrete three-dimensional deformations with wide base openings and specific fiber concentrations
JP2017526831A (en) 2014-09-12 2017-09-14 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Method of making a nonwoven material having a discontinuous three-dimensional deformation portion with a wide base opening which is bonded to the additional layer
CA2958601A1 (en) * 2014-09-12 2016-03-17 The Procter & Gamble Company Nonwoven material having discrete three-dimensional deformations with wide base openings
US10064766B2 (en) 2014-09-12 2018-09-04 The Procter & Gamble Company Nonwoven material having discrete three-dimensional deformations that are configured to collapse in a controlled manner
JP2019044319A (en) * 2017-08-31 2019-03-22 花王株式会社 Nonwoven fabric
TW201912863A (en) * 2017-08-31 2019-04-01 日商花王股份有限公司 Non-woven
WO2019044219A1 (en) * 2017-08-31 2019-03-07 花王株式会社 Nonwoven fabric

Family Cites Families (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3695270A (en) * 1970-01-22 1972-10-03 Int Playtex Corp Sanitary tampon
DE2411685B2 (en) * 1974-03-12 1976-09-02 A method and apparatus for manufacturing a non-woven pile fabric
DE2437090A1 (en) 1974-08-01 1976-02-19 Hoechst Ag cleaning supplies
US4379799A (en) 1981-02-20 1983-04-12 Chicopee Nonwoven fabric having the appearance of apertured, ribbed terry cloth
US4465726A (en) 1983-06-23 1984-08-14 Chicopee Ribbed terry cloth-like nonwoven fabric and process and apparatus for making same
US4557853A (en) 1984-08-24 1985-12-10 The Procter & Gamble Company Skin cleansing compositions containing alkaline earth metal carbonates as skin feel agents
US5069897A (en) 1987-10-16 1991-12-03 The Proctor & Gamble Company Antiperspirant creams
DE3856302T2 (en) 1987-10-22 1999-09-09 Procter & Gamble Light stabilizers containing chelating agent
EP0611301B1 (en) 1990-04-26 2003-06-11 THE PROCTER & GAMBLE COMPANY Chelator compositions comprising oxime compounds
AT195247T (en) 1990-04-26 2000-08-15 Procter & Gamble containing chelate preparation, the alpha-diamine compounds
ES2114063T3 (en) * 1992-07-27 1998-05-16 Procter & Gamble Stratified treatment pads, dual texture.
FR2699818B1 (en) 1992-12-24 1995-02-03 Oreal cosmetic or pharmaceutical composition containing a combination of a polyphenol and an extract of gingko.
JPH08217536A (en) 1995-02-14 1996-08-27 Tdk Corp Semiconductor porcelain composition having positive temperature coefficient of resistance and production thereof
AT252367T (en) 1996-04-23 2003-11-15 Procter & Gamble Process and control skin appearance with vitamin - b3 - links
US6280757B1 (en) 1997-05-22 2001-08-28 The Procter & Gamble Company Cleansing articles for skin or hair
EP0888743A1 (en) * 1997-07-02 1999-01-07 Firma Carl Freudenberg Structured textile material having at least two fleeces and manufacturing process
AU735728B2 (en) 1997-11-19 2001-07-12 Procter & Gamble Company, The Personal cleansing wipe articles having superior softness
US6217889B1 (en) 1999-08-02 2001-04-17 The Proctor & Gamble Company Personal care articles
US6365794B1 (en) * 2000-03-22 2002-04-02 Mcneil-Ppc, Inc. Microporous films comprising flocked fibers
TW583370B (en) * 2002-01-30 2004-04-11 Modetex Biochemical Technology Method for manufacturing woven fabric based skin cleaning and caring product and product thereof
GB0208029D0 (en) * 2002-04-06 2002-05-15 Accantia Holdings Ltd Fabric & application

Also Published As

Publication number Publication date
WO2004058214A1 (en) 2004-07-15
MXPA05006592A (en) 2005-08-16
AU2003301011A1 (en) 2004-07-22
EP1572147A1 (en) 2005-09-14
JP2006520324A (en) 2006-09-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1165040B1 (en) Pre-moistened wipe with lotion to improve dispensing
RU2246319C2 (en) Wet napkins favorably treating skin
EP1560967B2 (en) Nonwoven wipe with resilient wet thickness
CA2302561C (en) Cleansing and conditioning article for skin or hair
JP4738483B2 (en) Tufted fibers web
RU2260421C2 (en) Essentially dry cosmetic cleaning agent with increased foaminess and improved moist flexibility
JP4071194B2 (en) Beneficial component which is eccentrically distributed top on a substrate
EP1143897B1 (en) Water-flux limiting cleansing articles
US6267975B1 (en) Personal care articles
EP2505173A1 (en) Absorbent article
US7789994B2 (en) Clothlike non-woven fibrous structures and processes for making same
CA2511644C (en) An absorbent personal care and/or cleansing product for cosmetic and/or dermatological applications comprising at least one absorbent sheet
DE60113281T2 (en) Flexible soft embossed disposable tablecloth
US6647549B2 (en) Finger glove
EP1257246B2 (en) Personal care articles comprising batting
US7127771B2 (en) Dental wipe
US6217889B1 (en) Personal care articles
US6280757B1 (en) Cleansing articles for skin or hair
KR100450333B1 (en) Cleansing articles for skin and/or hair which also deposits skin care actives
DE60210636T2 (en) Cosmetic cushion with cleansing effervescent agent
KR100450480B1 (en) Personal cleansing wipe articles having superior softness
JP4739182B2 (en) Pattern sheet products
US7682686B2 (en) Tufted fibrous web
EP2213197A1 (en) Facial treatment mask comprising an isolation layer
DE60028780T2 (en) Personal care products

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070322

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070330

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070702

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070727

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071024

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20071116

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20071214

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101221

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111221

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121221

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121221

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131221

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees