JP4055101B2 - Recording apparatus and recording method - Google Patents

Recording apparatus and recording method Download PDF

Info

Publication number
JP4055101B2
JP4055101B2 JP25337199A JP25337199A JP4055101B2 JP 4055101 B2 JP4055101 B2 JP 4055101B2 JP 25337199 A JP25337199 A JP 25337199A JP 25337199 A JP25337199 A JP 25337199A JP 4055101 B2 JP4055101 B2 JP 4055101B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
recording
information
data
recorded
initialization
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP25337199A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2001076421A (en
Inventor
泰弘 植木
武 相澤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Victor Company of Japan Ltd
Original Assignee
Victor Company of Japan Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Victor Company of Japan Ltd filed Critical Victor Company of Japan Ltd
Priority to JP25337199A priority Critical patent/JP4055101B2/en
Publication of JP2001076421A publication Critical patent/JP2001076421A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4055101B2 publication Critical patent/JP4055101B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、例えばDVD記録再生装置(DVD:デジタルビデオディスク或いはデジタルバーサタイルディスク)やHDD装置(HDD:ハードディスクドライブ)等に適用される記録装置及び記録方法に関し、特に装着された記録媒体がフォーマティング処理されていない場合に、非動作時を利用してフォーマティング処理を実行することにより、データを実際に記録するまでに要する時間の短縮化等を図った記録装置及び記録方法に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、MPEG技術を用いて画像データや音声データ等の所定のデータに圧縮伸長処理を施して例えばDVD(デジタルビデオディスク或いはデジタルバーサタイルディスク)に記録再生を行うDVD記録再生装置が知られている。このDVD記録再生装置には、例えば高画質記録モード、中間画質記録モード及び普通画質記録モードが設けられており、この各記録モードを選択してデータの記録が可能となっている。
【0003】
具体的には、所定ビットのメモリ(以下トラックバッファ(TB)という。)が設けられており、このトラックバッファを介してデータの記録再生を行うことで、転送レートの異なるデータの転送レートの差を吸収して各記録モードでの記録等を実現するようになっている。このトラックバッファとしては、例えば4MビットのDRAMが設けられており、可変転送レートで8Mbpsの転送速度のデータを0.5秒程度記憶することができるようになっている。ただ、今日においては、この4Mビットのトラックバッファが使用されることは少なく、この容量以上の、例えば16Mビット或いは64Mビットのトラックバッファを使用するのが一般的となっている。16Mビットのトラックバッファは、可変転送レートで8Mbpsの転送速度のデータを2秒程度記憶することができ、64Mビットのトラックバッファは、可変転送レートで8Mbpsの転送速度のデータを8秒程度記憶することができるようになっている。
【0004】
そして、このトラックバッファを介してデータの記録を行うことで、高画質記録モードでは、例えば8Mbpsの転送レートのデータが2時間分、中間画質記録モードでは、例えば4Mbpsの転送レートのデータが4時間分、また、普通画質記録モードでは、2Mbpsの転送レートのデータが8時間分、それぞれ記録可能となっている。
【0005】
なお、特開平10−92158号の特許公開公報には、この間欠的に再生する信号の連続性を維持するために、装置として必要なシーク時間とトラックバッファの容量との関係が開示されている。
【0006】
ここで、DVD−RAM、或いはDVD−RW等の記録可能なDVD(ディスク)に対して記録を行うには、該ディスクの使用を開始する前に(データの記録を開始する前に)、該ディスクを初期化(フォーマティング)する必要がある。
【発明が解決しようとする課題】
しかし、このディスクの初期化には多くの時間を要する。このため、従来のDVD記録再生装置は、ディスクの初期化が終了しない間はデータの記録を開始することができず、例えば連続した画像をディスクに記録しようとした場合に、この初期化のために記録のタイミングが遅れてしまうという問題があった。
【0007】
なお、ディスクの初期化が行われていない場合であっても、記録指定がなされた場合は直ぐにデータの記録を開始し、ディスクの排出時に初期化を行うことも考えられるが、前述のように初期化には時間を要するため、この場合、ディスクが排出されるまでに時間を要し好ましいことではない。
【0008】
本発明は、上述の課題に鑑みてなされたものであり、記録媒体の初期化が、装置の記録動作や記録媒体の排出動作に支障を来す不都合を防止することができるような記録装置及び記録方法の提供を目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】
請求項1記載の本発明に係る記録装置は、上述の課題を解決するための手段として、1つの記録部を用いて記録媒体に情報を記録する段階で前記記録媒体の初期化が必要な場合に、初期化情報を形成する初期化情報形成手段と、前記記録媒体に記録する連続情報である記録情報を一時記憶する一時記憶手段と、
前記一時記憶手段に記憶された記録情報を読み出して前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録すると共に、
前記連続情報である記録情報を前記一時記憶手段に一時記憶している時間であって、前記記録情報の前記一時記憶手段への書き込みを行い、且つ、前記一時記憶手段に記憶された記録情報を前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録していない時間に、前記初期化情報を前記1つの記録部を用いて、前記記録媒体の初期化が必要な領域に移動して、記録することで該記録媒体の初期化を行う記録手段と、を有する。
【0010】
請求項2記載の本発明に係る記録装置は、上述の課題を解決するために、前記記録手段が、前記初期化情報の記録中に記録情報の記録が指定された場合、該初期情報の記録を中断して記録情報の記録を行い、この記録情報の記録終了後に、残りの初期化情報の記録を行う。
【0011】
請求項3の本発明に係る記録方法は、上記の課題を解決するためのステップとして、1つの記録部を用いて記録媒体に情報を記録する段階で前記記録媒体の初期化が必要な場合に、初期化情報を形成する初期化情報形成ステップと、
前記記録媒体に記録する連続情報である記録情報を一時記憶手段に一時記憶させる一時記憶ステップと、
前記一時記憶ステップにより記憶された記録情報を読み出して前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録すると共に、前記連続情報である記録情報を前記一時記憶手段に一時記憶している時間であって、前記記録情報の前記一時記憶手段への書き込みを行い、且つ、前記一時記憶手段に記憶された記録情報を前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録していない時間に、前記初期化情報を前記1つの記録部を用いて、前記記録媒体の初期化が必要な領域に移動して、記録することで該記録媒体の初期化を行う記録ステップと、を有する。
【0012】
請求項4記載の本発明に係る記録方法は、上述の課題を解決するために、前記記録ステップは、前記初期化情報の記録中に記録情報の記録が指定された場合、該初期化情報の記録を中断して記録情報の記録を行い、この記録情報の記録終了後に、残りの初期化情報の記録を行う
【0013】
【発明の実施の形態】
本発明に係る記録装置及び記録方法は、図1に示すようなDVD記録再生装置に適用することができる。この本発明の第1の実施の形態となるDVD記録再生装置は、相変化材料で形成された記録型のDVD−RWディスク1(DVDリライタブルディスク:以下、単にディスク1という。)に対して映像情報及び音声情報等データを線速度一定(CLV)で記録再生するようになっている。
【0014】
このディスク1には、図2に示すようにディスク内周側から外周側にかけて、レコーディングマネージメント領域(RMA),リードイン領域(LIN)及びデータ領域がそれぞれ設けられている。RMAには、ディスクの物理的な状態を示すデータが記録されており、LINには、ディスクの種類等を示すデータが記録されている。
【0015】
データ領域の先頭は、「ボリウムストラクチャー(VS)」,「ファイルストラクチャー(FS)」及び「インフォファイル(IF)」と呼ばれる、記録したデータの論理的構造を記録するための制御データ領域となっており、また、データ領域の後尾はリードアウト領域(又はボーダーゾーン)となっている。
【0016】
具体的には、LINは、アドレス22fa0からアドレス30000セクタ間に設けられており、3334ECCブロック分の領域を有している。このLINの記録又は再生には、80.016sec要するようになっている。また、RMAは、アドレス203c0からアドレス22f80セクタ間に設けられており、700ECCブロック分の領域を有している。このRMAの記録又は再生には、16.8sec要するようになっている。
【0017】
制御データ領域は、アドレス30000からアドレス約40000セクタ間に設けられており、4096ECCブロック分の領域を有している。また、この制御データ領域の記録又は再生には、約98.304sec要するようになっている。ボーダーゾーン(又はリードアウト)は、2944ECCブロック分の領域を有しており、記録又は再生に最大70.656sec要するようになっている。そして、このディスク1は、データを記録する時間の他に、フォーマットに関する領域を形成するために、最大265.776secの時間が必用となっている。
【0018】
このようなディスク1の1周分のデータ量は、ディスク内周で2ECCブロック程度(1ECCブロックは、エラー訂正の処理単位で16セクタからなる。)、ディスク外周で4ECCブロック程度となっている。また、このディスク1の回転周期は、ディスク内周で40msec、ディスク外周で80msec程度となっている。
【0019】
このようなディスク1に対してデータの記録再生を行うDVD記録再生装置は、例えば操作パネルやリモートコントローラ(リモコン)等である操作部2を介して記録或いは再生の指定がなされると、システムコントローラ3がこれを検出し、ドライバ5及びスピンドルモータ9を介してディスク1を線速度一定に回転駆動すると共に、サーボ制御回路4及びドライバ5を介して光学ピックアップ6のアクチュエータを駆動して、指定された記録トラックに光学ピックアップ6を移動制御し、前記LINに記録されているデータを読み出し制御し、ディスク1の仕様を認識する。また、ディスク1が記録可能なディスクである場合、RMAを再生し、記録されているデータ領域を検出する。そして、このLIN及びRMAに基づいて、制御データ領域の制御データを読み出し、ボリウムストラクチャー(VS)により、記録データの最初や最後の位置、ディフェクト情報を取得し、ファイルストラクチャー(FS)によりファイルのディレクトリー構造やファイルの数を取得し、インフォファイル(IF)により、例えばビデオデータの再生手順等の方法を取得したうえで、データ領域に記録されているデータの再生を行う。
【0020】
光学ピックアップ6はディスク1にレーザビームを照射して得られた反射光に基づいて、再生信号(RF信号)、トラッキングエラー信号、フォーカスエラー信号及びコントロールデータを形成する。プリアンプ7は、トラッキングエラー信号、フォーカスエラー信号及びコントロールデータをサーボ制御回路4にそれぞれ帰還する。サーボ制御回路4は、この帰還されたコントロールデータに基づいて、目的のトラックのセクタを再生するようにアクチュエータを駆動して光学ピックアップ6を移動制御する。また、サーボ制御回路4は、トラッキングエラー信号及びフォーカスエラー信号に基づいて、トラッキングエラー及びフォーカスエラーがそれぞれ零となるようにドライバ5を介して光学ピックアップ6を制御する(フィードバック制御)。
【0021】
また、プリアンプ7は、光学ピックアップ6により再生された信号に対して所定のイコライジング処理を施すことで周波数特性を最適化すると共に、PLL回路で位相制御を施して信号処理回路8に供給する。また、プリアンプ7は、ジッタ生成回路により、PLL回路のビットクロックと再生信号の時間軸とを比較することでジッタ値を形成し、これをシステムコントローラ3に供給する。システムコントローラ3は、このジッタ値を検出し、この検出したジッタ値に基づいて、記録時における波形補正制御を行うようになっている。
【0022】
信号処理回路8は、データがMPEGの可変転送レートで圧縮符号化されたものである場合、このデータを例えば64Mビットの第1のトラックバッファ10(例えばDRAM)に一時的に記憶して読み出すことで、データの可変転送レートの時間変動分を吸収する。
【0023】
また、信号処理回路8は、記録時には、AV符号化復号化部11によりMPEG技術に基づいて圧縮符号化されたデータをEFM+信号(8−16変調信号)に変調処理すると共に、誤り訂正符号を付加し、これをプリアンプ7を介して光学ピックアップ6に供給する。これにより、ディスク1上にデータの記録が行われることとなる。
【0024】
また、信号処理回路8は、再生時には、第1のトラックバッファ10から読み出された再生出力をデジタル化して同期検出を行い、EFM+信号(8−16変調信号)となっている再生信号をNRZデータ(NRZ:Non Return to Zero)の形態にデコードすると共にNRZデータにエラー訂正処理を施し、これをAV符号化復号化部11に供給する。
【0025】
AV符号化復号化部11は、記録時には、入力端子16を介して供給されたデータを、例えば64Mbの第2のトラックバッファ12に書き込み/読み出し制御しながらMPEG技術に基づく圧縮符号化処理を施すと共に、ビデオデータとオーディオデータとを多重化し、これを前記信号処理回路8及びプリアンプ7を介して光学ピックアップ6に供給する。
【0026】
また、AV符号化復号化部11は、再生時には、光学ピックアップ6により再生されたデータからビデオデータとオーディオデータとを分離すると共に、それぞれ前記第2のトラックバッファ12に書き込み/読み出し制御しながらMPEG技術に基づいて伸長復号化処理する。そして、伸長復号化処理したオーディオデータをアナログ化して、例えばテレビジョン受像機のスピーカ部13に供給する。これにより、ディスク1に記録されているオーディオデータに対応する音響出力を得ることができる。また、伸長復号化処理したビデオデータを表示制御部14に供給する。表示制御部14は、このビデオデータを例えばNTSC方式のテレビジョン信号に変換し、これをテレビジョン受像機の表示部15に供給する。これにより、ディスク1に記録されているビデオデータに対応する映像出力を得ることができる。
【0027】
ここで、一般的には、一連の記録動作が終了し、ユーザーがディスクの取り出しを指示すると、前記LIN、RMA、制御データ領域及びリードアウト領域(又はボーダゾーン)を、記録したデータに基づいて記録し、このLIN等の記録が終了した時点でディスクを排出するようになっている。なお、リードアウト領域は、リードアウト領域付近に光学ピックアップ6をシークした際に、データが記録されていないことで該光学ピックアップ6が暴走するという不都合を回避するために、所定の領域の範囲で記録されるようになっている。
【0028】
このようなLIN等の記録を行う初期化(フォーマティング)には、最大で265.776secの時間が必用となり、この時間のために記録のタイミングが遅れたり、ディスクが排出されるまでに時間を要する問題を生ずるのであるが、当該第1の実施の形態のDVD記録再生装置は、図3のフローチャートの各ルーチンに従って動作して初期化を実行することで、これらの問題を解決している。
【0029】
すなわち、この図3に示すフローチャートは、当該DVD記録再生装置にディスク1がローディングされることでスタートとなりシステムコントローラ3がステップS1から順に各ルーチンを実行する。
【0030】
まず、ステップS1では、システムコントローラ3が、現在装着されているディスクは、再生専用のディスク(DVD−ROM)か、記録可能なディスク(DVD−RW)であるかを判別し、記録可能なディスクである場合は(Yesの場合は)ステップS2に進み、再生専用のディスクである場合は(Noの場合は)初期化の必要はないため、そのままこの図3に示すフローチャートを終了する。
【0031】
ステップS2では、システムコントローラ3が、その記録可能なディスクは初期化済みか否かを判別し、初期化済みでない場合は(Noの場合は)ステップS3に進み、初期化済みの場合は(Yesの場合は)初期化の必要はないため、そのままこの図3に示すフローチャートを終了する。
【0032】
ステップS3では、システムコントローラ3が、ディスク1の初期化が終了していないにも拘わらず、直ぐに記録の要求があるのか否かを判別し、記録の要求がある場合はステップS4に進み、記録の要求がない場合はステップS12に進む。ステップS12では、記録の要求がなく時間的な余裕があるため、システムコントローラ3が、ディスク1に対して通常どうり初期化を施すように信号処理回路8を制御し、この図3に示すフローチャートを終了する。
【0033】
次に、ステップS4では、初期化が終了していないにも拘わらず記録の要求があったため、システムコントローラ3は、図1に示す入力端子16を介して供給され、AV符号化復号化部11及び信号処理回路8により前述のデータ処理がなされたデータを、第1のトラックバッファ10に一旦記憶するように信号処理回路8を制御してステップS5に進む。
【0034】
図4は、第1のトラックバッファ10に書き込み/読み出し制御されるデータ量の遷移を示す図なのであるが、この図4からわかるように第1のトラックバッファ10にデータが書き込み制御されることで、第1のトラックバッファ10に記憶されるデータのデータ量は、時間と共にEMPTY(データ量が零の状態)からFULL(データの書き込み用として割り当てられた記憶領域が一杯の状態)に遷移する。システムコントローラ3は、ステップS5において、この第1のトラックバッファ10の容量の残量が、FULL間近(所定量:Ta)となったか否かを判別する。そして、FULL間近の場合は(Yesの場合は)ステップS6に進み、FULL間近となっていない場合は(Noの場合は)ステップS13に進む。
【0035】
ステップS13では、システムコントローラ3が初期化を実行する。具体的には、システムコントローラ3は、図4に示すように第1のトラックバッファ10の容量がEMPTYから全容量の略1/5の量(TBb)まで遷移する時刻t1〜時刻t2の間に光学ピックアップ6をディスク1上のフォーマット領域に移動制御する。そして、第1のトラックバッファ10の容量が時刻t2から全容量の残り略1/5の量(FULL間近=Ta)まで遷移する時刻t2〜時刻t3の間にフォーマットデータをフォーマット領域に記録するように光学ピックアップ6及び信号処理回路8を制御する。
【0036】
システムコントローラ3は、フォーマットデータをフォーマット領域に記録している間も、ステップS5のルーチンを繰り返し実行することで、第1のトラックバッファ10の容量の遷移を監視しており、第1のトラックバッファ10の容量が全容量の残り略1/5の量(TBa)となったとき(時刻t3)に、一旦フォーマットデータの記録を停止し、データを記録するセクタの位置に光学ピックアップ6を移動制御する。そして、ステップS5において、第1のトラックバッファ10がFULL間近(TBa)となったと判断したタイミングでステップS6に進む。
【0037】
ステップS6では、第1のトラックバッファ10がFULL間近となったため、システムコントローラ3が、このFULL間近となった時点から実際にFULLとなるまでの間である時刻t3〜時刻t4の間に、記録を行うセクタの位置に光学ピックアップ6を移動制御してステップS7に進む。そして、このステップS7において、第1のトラックバッファ10がFULLとなるのを待ち、該第1のトラックバッファ10がFULLとなったタイミングでステップS8に進み、図4の時刻t4〜時刻t5に示すように第1のトラックバッファ10からデータを読み出し、これを記録するように信号処理回路8及び光学ピックアップ6を制御する。
【0038】
この記録であるが、当該実施の形態のDVD記録再生装置には、例えば8Mbpsの転送レートで2時間分の画像の記録が可能な高画質記録モード、4Mbpsの転送レートで4時間の画像の記録が可能な中間画質記録モード、及び2Mbpsの転送レートで8時間の画像の記録が可能な普通画質記録モードの3つの記録モードが設けられており、この3つの記録モードの中からユーザにより選択された記録モードに対応する記録を行う。
【0039】
この際、第1のトラックバッファ10は、入力されるデータの転送レートと実際に記録する際の転送レートの差分を吸収する働きをする。具体的には、例えば8Mbpsの転送レートで第1のトラックバッファ10に書き込まれたデータは、ディスク1への書き込み速度を10Mbpsとすると、「10Mbps−2Mbps=8Mbps」の速度で読み出されディスク1に記録される。
【0040】
なお、DVD−RW(RW:リライタブル)の場合、1倍速でのディスクへの書き込み速度は11.08Mbps又は10.08Mbpsであるが、この例においては説明を簡素化するために、1倍速でのディスクへの書き込み速度を10Mbpsと例えて説明したものである。
【0041】
次に、このように第1のトラックバッファ10からデータを読み出してディスクに記録することで、図4に示すように第1のトラックバッファ10の空き容量が大きくなる。ステップS9では、システムコントローラ3が、第1のトラックバッファ10の空き容量がEMPTYとなったか否かを判別し、EMPTYとなった場合は(Yesの場合は)ステップS10に進み、EMPTYとなっていない場合は(Noの場合は)ステップS8に戻り、第1のトラックバッファ10の空き容量をEMPTYとすべくディスク1に対するデータの記録を続行する。
【0042】
ステップS10では、第1のトラックバッファ10の空き容量がEMPTYとなったため、システムコントローラ3が、記録すべきデータの記録が全て終了したか否かを判別し、記録が終了した場合は(Yesの場合は)ステップS11に進み、記録が終了していない場合は(Noの場合は)ステップS5に戻る。そして、第1のトラックバッファ10の残量がFULL間近となるまではステップS13において残りのフォーマットデータをフォーマット領域に記録し、第1のトラックバッファ10の残量がFULL間近となった場合にデータをディスクに記録するような制御をそれぞれ繰り返し実行するように信号処理回路8及び光学ピックアップ6を制御する。
【0043】
すなわち、見かけ上は、データの記録を行っているのであるが、実際には、データの記録の空き時間を利用して(データの記録と並行して)初期化を実行していることとなる。
【0044】
次に、ステップS11では、システムコントローラ3が、データの記録が終了したため、フォーマットデータの記録が全て終了したか否かを判別し、フォーマットデータの記録が全て終了している場合は、そのままこの図3に示すフローチャートの全ルーチンを終了し、フォーマットデータの記録が全て終了していない場合は、残りのフォーマットデータを全て記録するように信号処理回路8及び光学ピックアップ6を制御してこの図3に示すフローチャートの全ルーチンを終了する。
【0045】
なお、前述のように、このフォーマットデータを全て記録するのに要する時間は、最大で265.776secとなっている。データの記録を行う場合、データ記録中の空き時間(t2〜t3)のトータル時間が265.776sec以下の場合には、ステップS11において残りのフォーマットデータを記録する必要があるが、265.776sec以下の空き時間に対応するデータの記録を行うということは稀であるため、殆どの場合、データの記録が終了した時点で既にフォーマットデータの記録も全て終了していることとなるであろう。
【0046】
なお、ここでのフォーマット処理は、前記RMA,LIN等の領域の中でデータを記録する以前に決定可能な範囲のデータを記録するものである。すなわち、記録するデータに伴って変更されるデータに対応するフォーマットデータは、記録を行う毎に書き換える必要が有るが、例えば前記LINのデータは多くの部分が0データを記録するものである。これに対して、フォーマット処理の初期段階においては例えばLINに記録されるデータは、多くは0データ(又はFFのデータ:記録データに依存しない固定データ)が記録される。このため、記録するデータに伴って変更されるデータに対応するフォーマットデータも、このフォーマット処理の初期段階において記録しておくようにしてもよい。
【0047】
以上の説明から明らかなように、当該第1の実施の形態のDVD記録再生装置は、データの記録開始が指定されると、第1のトラックバッファ10にデータの書き込みを開始し、この第1のトラックバッファ10の空き領域が少なくなるまでの間にフォーマットデータをディスク上に記録し、第1のトラックバッファ10の空き領域が少なくなった際に、フォーマットデータの記録を一旦停止して、該トラックバッファ10からデータを読み出してディスクに記録する。そして、トラックバッファ10からデータを読み出すことで空き領域が大きくなった場合に、ディスクへのデータの記録を一旦停止すると共に、トラックバッファ10へのデータの書き込みを継続すると共に、トラックバッファ10の空き領域が少なくなるまでの間にフォーマットデータをディスク上に記録し、トラックバッファ10の空き領域が少なくなった際に、フォーマットデータの記録を一旦停止して、該トラックバッファ10からデータを読み出してディスクに記録する動作を繰り返し実行する。
【0048】
これにより、データをディスクに記録する際の空き時間を利用して、フォーマットデータの記録を終了することができる。このため、ディスクの初期化なしでデータの記録を即座に開始することができ、連続した画像をディスクに記録しようとした場合に初期化のために記録のタイミングが遅れてしまう不都合を防止することができる。また、データの記録中にディスクの初期化を終了させることができるため、記録が終了して時点で即座にディスクの排出を可能とすることができる。
【0049】
また、見かけ上は、データの記録を行っているのであるが、ユーザが知らない間に初期化を終了させることができるため、ユーザに対して初期化を意図させない装置を提供することができる。
【0050】
次に、本発明の第2の実施の形態のDVD記録再生装置の説明をする。上述の第1の実施の形態のDVD記録再生装置は、データの記録時において、第1のトラックバッファ10にデータが書き込まれている間の時間を利用して初期化を終了させるものであったが、この第2の実施の形態のDVD記録再生装置は、記録或いは再生が指定されていない間の空き時間を利用して初期化を終了させるようにしたものである。
【0051】
なお、上述の第1の実施の形態と当該第2の実施の形態とでは、この点のみが異なるため、以下、この差異の説明のみ行い、重複した説明は省略することとする。
【0052】
図5は、この第2の実施の形態のDVD記録再生装置の初期化動作を説明するためのフローチャートである。このフローチャートは、当該第2の実施の形態のDVD記録再生装置にディスク1がローディングされることでスタートとなりシステムコントローラ3がステップS21から順に各ルーチンを実行する。
【0053】
まず、ステップS21では、システムコントローラ3が、現在装着されているディスクは、再生専用のディスク(DVD−ROM)か、記録可能なディスク(DVD−RW)であるかを判別し、記録可能なディスクである場合は(Yesの場合は)ステップS22に進み、再生専用のディスクである場合は(Noの場合は)初期化の必要はないため、そのままこの図5に示すフローチャートを終了する。
【0054】
ステップS22では、システムコントローラ3が、その記録可能なディスクは初期化済みか否かを判別し、初期化済みでない場合は(Noの場合は)ステップS23に進み、初期化済みの場合は(Yesの場合は)初期化の必要はないため、そのままこの図5に示すフローチャートを終了する。ステップS23では、システムコントローラ3が、初期化未終了であることを示す未終了フラグを「H(1:ハイレベル)」としてステップS24に進む。
【0055】
ステップS24では、システムコントローラ3が、ユーザより再生の指定がなされたか否かを判別し、Yesの場合はステップS30に進み再生処理を行い、Noの場合はステップS25に進む。ステップS25では、システムコントローラ3が、ユーザより記録の指定がなされたか否かを判別し、Yesの場合はステップS31に進みデータの記録処理を行い、Noの場合はステップS26に進む。
【0056】
なお、このステップS24及びステップS25における再生及び記録の指定の有無は、例えばシステムコントローラ3内に設けられているタイマにより計数される時間に基づいて判別しており、所定時間が経過しても再生或いは記録を指定する信号が検出されない場合には、ユーザから再生或いは記録の指定がなされないものと判別するようになっている。
【0057】
ステップS26では、ディスク1がローディングされた状態であるにも拘わらず、記録も再生も指定されていないため、システムコントローラ3がフォーマットデータをフォーマット領域に記録するように信号処理回路8及び光学ピックアップ6を制御してステップS27に進む。
【0058】
このステップS27は、システムコントローラ3が、フォーマットデータをフォーマット領域に記録する動作と並行して実行されるルーチンである。すなわち、システムコントローラ3は、フォーマットデータをフォーマット領域に記録制御している間も、このステップS27において、ユーザからの記録或いは再生の指定を監視しており、記録或いは再生の指定がなされない場合は(Noの場合は)ステップS28に進み、記録或いは再生の指定がなされた場合は(Yesの場合は)ステップS32に進む。
【0059】
ステップS32では、システムコントローラ3が、全てのフォーマットデータの記録が終了したか否かを判別し、全てのフォーマットデータの記録が終了している場合は(Yesの場合は)ステップS29に進み、全てのフォーマットデータの記録が終了していない場合は(Noの場合は)ステップS33に進む。
【0060】
この場合、ステップS29では、ユーザから記録或いは再生の指定がなされた際に全てのフォーマットデータの記録が終了していたため、システムコントローラ3は、前記「H」となっている未終了フラグを、ディスク1の初期化が終了したことを示す「L(0:ローレベル)」とし、当該図5に示すフローチャートの全ルーチンを終了する。そして、ユーザから指定された記録或いは再生制御を行う。
【0061】
一方、全てのフォーマットデータの記録が終了していないにも拘わらず、ユーザから記録或いは再生の指定がなされた場合は、システムコントローラ3は、ステップS33において、前記未終了フラグは「H」のままでフォーマットデータの記録を一旦停止し、ステップS24に戻る。そして、ステップS24及びステップS30、或いはステップS25及びステップS31において、ユーザにより指定された再生或いは記録制御を行い、この再生或いは記録が終了した時点でステップS26に進み、残りの初期化処理を実行する。これにより、ディスク1の初期化が終了していないにも拘わらず、ユーザから指定された時点で即座に記録或いは再生を開始することができる。
【0062】
次に、ステップS27において、記録或いは再生の指示がなくステップS28に進んだ場合、システムコントローラ3は、全てのフォーマットデータの記録が終了したか否かを判別し、終了していない場合は(Noの場合は)前記ステップS26に戻りフォーマットデータの記録を継続し、終了した場合は(Yesの場合は)ステップS29に進む。そして、このステップS29において、ディスク1の初期化が終了したことを示すべく、前記「H」となっている未終了フラグを、「L」として、当該図5に示すフローチャートの全ルーチンを終了する。
【0063】
以上の説明から明らかなように、当該第2の実施の形態のDVD記録再生装置は、ディスクがローディングされてから記録或いは再生が指定される間を利用してディスク1の初期化処理を実行する。また、この初期化中に記録或いは再生が指定された場合は、初期化処理を中断し記録或いは再生を行い、記録或いは再生が終了した時点で残りの初期化処理を行う。
【0064】
これにより、ディスクがローディングされてからの空き時間を利用して初期化を行うことができる。また、初期化中に記録或いは再生が指定された場合は、初期化処理を中断して記録或いは再生を行うようになっているため、ディスクの初期化なしでデータの記録再生を即座に開始することができ、連続した画像をディスクに記録しようとした場合に初期化のために記録のタイミングが遅れてしまう不都合を防止することができる。また、ディスクがローディングされてから排出されるまでの間の空き時間を利用して初期化を終了させることができるため、記録が終了した時点で即座にディスクの排出を可能とすることができ、また、従来よりも記録媒体の排出を速くすることができる。
【0065】
また、ディスクがローディングされると自動的に初期化処理を実行するため、ユーザが知らない間に初期化を終了させることができ、ユーザに対して初期化を意図させない装置を提供することができる。
【0066】
なお、記録するデータに伴って変更されるデータに対応するフォーマットデータは、記録を行う毎に書き換える必要が有るが、例えば前記LINのデータは多くの部分が0データを記録するものである。これに対して、フォーマット処理の初期段階においては例えばLINに記録されるデータは、多くは0データ(又はFFのデータ:記録データに依存しない固定データ)が記録される。このため、記録するデータに伴って変更されるデータに対応するフォーマットデータも、このフォーマット処理の初期段階において記録しておくようにしてもよい。
【0067】
上述の各実施の形態のDVD記録再生装置では、ユーザがディスクを挿入してから取り出すまでの空き時間を利用して、最低前記0データを埋めるというフォーマット動作を行うので、記録回数が増えてディスクの寿命が縮むような不都合を防止することができ、無駄時間を大幅に削減することができ、装置の品位の向上を図ることができる。
【0068】
最後に、上述の各実施の形態の説明は本発明の一例である。このため、本発明は上述の実施の形態に限定されることはない。例えば、上述の各実施の形態は、本発明をDVDに対して記録再生を行うDVD記録再生装置に適用した例であったが、本発明は、いわゆるハードディスク(HDD)等の他の記録媒体に対して記録再生を行う装置に適用してもよい。また、一時記憶手段として、64MビットのDRAMの第1のトラックバッファ10を用いることとしたが、これは、例えばHDD等の記録装置を用いてもよい。そして、上述した各実施の形態以外であっても、本発明に係る技術的思想を逸脱しない範囲であれば、設計等に応じて種々の変更が可能であることは勿論である。
【0069】
【発明の効果】
請求項1記載の本発明に係る記録装置は、記録手段が、前記連続情報である記録情報を前記一時記憶手段に一時記憶している時間であって、前記記録情報の前記一時記憶手段への書き込みを行い、且つ、前記一時記憶手段に記憶された記録情報を前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録していない時間に、前記初期化情報を前記1つの記録部を用いて、前記記録媒体の初期化が必要な領域に移動して、記録することで該記録媒体の初期化を行うことにより、一時記憶手段に記録情報が書き込まれている間であり、かつ記録媒体に記録情報が書き込まれていない間に記録媒体の初期化を行うことができる。このため、記録媒体の初期化を行うことなく、即座に記録を開始可能とすることができる。また、記録動作に悪影響を与えることなく初期化を終了させることができる。また、いわば、ユーザが知らない間に記録媒体の初期化を終了させることができるため、記録媒体の排出指示がなされた場合は、即座に該記録媒体を排出可能とすることができる。このため、記録媒体の排出時までの空き時間を利用して初期化を行うことで、従来よりも記録媒体の排出を速くすることができる。
【0070】
請求項2記載の本発明に係る記録装置は、記録手段が、前記初期化情報の記録中に記録情報の記録が指定された場合、該初期情報の記録を中断して記録情報の記録を行い、この記録情報の記録終了後に、残りの初期化情報の記録を行うことにより、記録動作を中断することなく初期化を終了させることができる他、上述と同じ効果を得ることができる。
【0071】
請求項3記載の本発明に係る記録方法は、記録ステップが、一時記憶ステップにより記憶された記録情報を読み出して1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録すると共に、前記連続情報である記録情報を前記一時記憶手段に一時記憶している時間であって、前記記録情報の前記一時記憶手段への書き込みを行い、且つ、前記一時記憶手段に記憶された記録情報を前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録していない時間に、前記初期化情報を前記1つの記録部を用いて、前記記録媒体の初期化が必要な領域に移動して、記録することで該記録媒体の初期化を行うことにより、一時記憶手段に記録情報が書き込まれている間であり、かつ記録媒体に記録情報が書き込まれていない間に記録媒体の初期化を行うことができる。このため、記録媒体の初期化を行うことなく、即座に記録を開始可能とすることができる。また、記録動作に悪影響を与えることなく初期化を終了させることができる。また、いわば、ユーザが知らない間に記録媒体の初期化を終了させることができるため、記録媒体の排出指示がなされた場合は、即座に該記録媒体を排出可能とすることができる。このため、記録媒体の排出時に初期化を行うことで該記録媒体の排出が遅れるような不都合を防止することができる。
【0072】
請求項4記載の本発明に係る記録方法は、前記記録ステップが、初期化情報の記録中に記録情報の記録が指定された場合、該初期化情報の記録を中断して記録情報の記録を行い、この記録情報の記録終了後に、残りの初期化情報の記録を行うことにより、記録動作を中断することなく初期化を終了させることができる他、上述と同じ効果を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る記録装置を適用した第1の実施の形態となるDVD記録再生装置のブロック図である。
【図2】本発明の第1の実施の形態のDVD記録再生装置で用いられるDVDの記録領域を説明するための模式図である。
【図3】本発明の第1の実施の形態のDVD記録再生装置の初期化動作を説明するためのフローチャートである。
【図4】本発明の第1の実施の形態のDVD記録再生装置に設けられている第1のトラックバッファの空き領域の遷移状態と、対応する光学ピックアップの移動状態を説明するための図である。
【図5】本発明の第2の実施の形態のDVD記録再生装置の初期化動作を説明するためのフローチャートである。
【符号の説明】
1…ディスク、2…操作部、3…システムコントローラ、4…サーボ制御回路、5…ドライバ、6…光学ピックアップ、7…プリアンプ、8…信号処理回路、9…スピンドルモータ、10…第1のトラックバッファ、11…AV符号化復号化部、12…第2のトラックバッファ、13…スピーカ部、14…表示制御部、15…表示部、16…データの入力端子
[0001]
BACKGROUND OF THE INVENTION
The present invention is applied to, for example, a DVD recording / reproducing apparatus (DVD: digital video disk or digital versatile disk), an HDD apparatus (HDD: hard disk drive), Apply Recording device And recording method In particular, when the mounted recording medium is not subjected to formatting processing, the formatting processing is executed by using the non-operating time, thereby shortening the time required to actually record data. Recording device And recording method About.
[0002]
[Prior art]
2. Description of the Related Art Conventionally, a DVD recording / reproducing apparatus that performs compression / decompression processing on predetermined data such as image data and audio data using MPEG technology and performs recording / reproduction on, for example, a DVD (digital video disc or digital versatile disc) is known. The DVD recording / reproducing apparatus is provided with, for example, a high image quality recording mode, an intermediate image quality recording mode, and a normal image quality recording mode, and data can be recorded by selecting each recording mode.
[0003]
Specifically, a memory having a predetermined bit (hereinafter referred to as a track buffer (TB)) is provided, and by recording and reproducing data through the track buffer, a difference in transfer rates of data having different transfer rates is achieved. The recording in each recording mode is realized by absorbing the above. As the track buffer, for example, a 4 Mbit DRAM is provided, and data of a transfer rate of 8 Mbps at a variable transfer rate can be stored for about 0.5 seconds. However, today, this 4 Mbit track buffer is rarely used, and it is common to use a 16 Mbit or 64 Mbit track buffer larger than this capacity. The 16 Mbit track buffer can store data at a transfer rate of 8 Mbps at a variable transfer rate for about 2 seconds, and the 64 Mbit track buffer stores data at a transfer rate of 8 Mbps at a variable transfer rate for about 8 seconds. Be able to.
[0004]
By recording data via this track buffer, for example, data of a transfer rate of 8 Mbps is 2 hours in the high image quality recording mode, and data of 4 Mbps transfer rate is 4 hours in the intermediate image quality recording mode. In the normal image quality recording mode, data with a transfer rate of 2 Mbps can be recorded for 8 hours.
[0005]
Japanese Patent Laid-Open No. 10-92158 discloses the relationship between the seek time required for the apparatus and the capacity of the track buffer in order to maintain the continuity of this intermittently reproduced signal. .
[0006]
Here, in order to perform recording on a recordable DVD (disc) such as DVD-RAM or DVD-RW, before starting to use the disc (before recording data), It is necessary to initialize (format) the disc.
[Problems to be solved by the invention]
However, this disk initialization takes a lot of time. For this reason, the conventional DVD recording / reproducing apparatus cannot start data recording until the initialization of the disc is completed. For example, when a continuous image is to be recorded on the disc, However, there was a problem that the recording timing was delayed.
[0007]
Even if the disc has not been initialized, it is possible to start recording data immediately after recording is specified, and to perform initialization when the disc is ejected. Since initialization takes time, in this case, it takes time to eject the disc, which is not preferable.
[0008]
The present invention has been made in view of the above problems, and a recording apparatus in which initialization of the recording medium can prevent inconveniences that hinder the recording operation of the apparatus and the discharging operation of the recording medium. And recording method The purpose is to provide.
[0009]
[Means for Solving the Problems]
The recording apparatus according to the first aspect of the present invention is the case where the recording medium needs to be initialized at the stage of recording information on the recording medium using one recording unit as means for solving the above-described problem. Initialization information forming means for forming initialization information, temporary storage means for temporarily storing recording information which is continuous information recorded on the recording medium,
Read the recording information stored in the temporary storage means and record it on the recording medium using the one recording unit,
It is a time for temporarily storing the record information which is the continuous information in the temporary storage means, Writing the recorded information to the temporary storage means; and Initializing the recording medium using the one recording unit when the recording information stored in the temporary storage means is not recorded on the recording medium using the one recording unit. And a recording means for initializing the recording medium by moving to a necessary area and recording.
[0010]
According to a second aspect of the present invention, there is provided a recording apparatus according to the present invention, wherein, in order to solve the above-described problem, when the recording unit specifies recording of recording information during recording of the initialization information, Conversion The recording of the information is interrupted to record the recording information, and after the recording of the recording information is completed, the remaining initialization information is recorded.
[0011]
According to a third aspect of the present invention, there is provided a recording method according to the present invention, wherein, as a step for solving the above-described problem, the recording medium needs to be initialized at the stage of recording information on the recording medium using one recording unit. An initialization information forming step for forming initialization information;
A temporary storage step of temporarily storing recording information, which is continuous information to be recorded on the recording medium, in a temporary storage unit;
This is the time during which the recording information stored in the temporary storage step is read out and recorded on the recording medium using the one recording unit, and the recording information as the continuous information is temporarily stored in the temporary storage means. And Writing the recorded information to the temporary storage means; and Initializing the recording medium using the one recording unit when the recording information stored in the temporary storage means is not recorded on the recording medium using the one recording unit. Has a recording step of initializing the recording medium by moving to a necessary area and recording.
[0012]
Recording according to the invention as claimed in claim 4 Method In order to solve the above-mentioned problem, the recording Step Is When recording of recording information is designated during recording of the initialization information, the recording of the initialization information is interrupted to record the recording information, and after the recording of the recording information is completed, the remaining initialization information is recorded. I do .
[0013]
DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
Recording apparatus according to the present invention And recording method Can be applied to a DVD recording / reproducing apparatus as shown in FIG. The DVD recording / reproducing apparatus according to the first embodiment of the present invention has a video for a recordable DVD-RW disc 1 (DVD rewritable disc: hereinafter simply referred to as disc 1) formed of a phase change material. Data such as information and audio information is recorded and reproduced at a constant linear velocity (CLV).
[0014]
As shown in FIG. 2, the disc 1 is provided with a recording management area (RMA), a lead-in area (LIN), and a data area from the inner circumference side to the outer circumference side. Data indicating the physical state of the disk is recorded in the RMA, and data indicating the type of the disk and the like is recorded in the LIN.
[0015]
The head of the data area is a control data area for recording the logical structure of the recorded data, called “volume structure (VS)”, “file structure (FS)”, and “info file (IF)”. In addition, the tail of the data area is a lead-out area (or border zone).
[0016]
Specifically, LIN is provided between address 22fa0 and address 30000 sectors, and has an area of 3334 ECC blocks. This LIN recording or reproduction takes 80.16 sec. The RMA is provided between the address 203c0 and the address 22f80 sector, and has an area for 700 ECC blocks. This RMA recording or reproduction takes 16.8 seconds.
[0017]
The control data area is provided between the address 30000 and the address of about 40000 sectors, and has an area for 4096 ECC blocks. Further, it takes about 98.304 sec to record or reproduce the control data area. The border zone (or lead-out) has an area for 2944 ECC blocks, and a maximum of 70.656 sec is required for recording or reproduction. In addition to the time for recording data, the disc 1 requires a maximum time of 265.776 sec in order to form an area related to the format.
[0018]
The amount of data for one circumference of the disk 1 is about 2 ECC blocks on the inner circumference of the disk (one ECC block is composed of 16 sectors in error correction processing), and about 4 ECC blocks on the outer circumference of the disk. The rotation period of the disk 1 is about 40 msec on the inner circumference of the disk and about 80 msec on the outer circumference of the disk.
[0019]
Such a DVD recording / reproducing apparatus for recording / reproducing data on / from the disk 1 is designated by the system controller when recording or reproduction is designated via the operation unit 2 such as an operation panel or a remote controller (remote controller). 3 detects this, and drives the disk 1 to rotate at a constant linear velocity via the driver 5 and the spindle motor 9, and drives the actuator of the optical pickup 6 via the servo control circuit 4 and the driver 5 to specify The optical pickup 6 is controlled to move to the recorded track, the data recorded in the LIN is read out, and the specification of the disk 1 is recognized. If the disc 1 is a recordable disc, the RMA is reproduced to detect the recorded data area. Based on the LIN and RMA, the control data in the control data area is read out, the first and last positions of the recording data and defect information are obtained by the volume structure (VS), and the file directory is obtained by the file structure (FS). The structure and the number of files are acquired, and a method such as a video data playback procedure is acquired by an info file (IF), and then data recorded in the data area is played back.
[0020]
The optical pickup 6 forms a reproduction signal (RF signal), a tracking error signal, a focus error signal, and control data based on the reflected light obtained by irradiating the disk 1 with a laser beam. The preamplifier 7 feeds back the tracking error signal, focus error signal, and control data to the servo control circuit 4. Based on the feedback control data, the servo control circuit 4 controls the movement of the optical pickup 6 by driving the actuator so as to reproduce the sector of the target track. The servo control circuit 4 controls the optical pickup 6 via the driver 5 based on the tracking error signal and the focus error signal so that the tracking error and the focus error become zero (feedback control).
[0021]
Further, the preamplifier 7 optimizes the frequency characteristics by performing a predetermined equalizing process on the signal reproduced by the optical pickup 6, performs phase control by a PLL circuit, and supplies the signal to the signal processing circuit 8. Further, the preamplifier 7 forms a jitter value by comparing the bit clock of the PLL circuit with the time axis of the reproduction signal by the jitter generation circuit, and supplies the jitter value to the system controller 3. The system controller 3 detects the jitter value, and performs waveform correction control at the time of recording based on the detected jitter value.
[0022]
When the data is compression-encoded at the MPEG variable transfer rate, the signal processing circuit 8 temporarily stores and reads this data in, for example, the first track buffer 10 (for example, DRAM) of 64 Mbits. Thus, the time variation of the variable transfer rate of the data is absorbed.
[0023]
Further, during recording, the signal processing circuit 8 modulates the data compressed and encoded based on the MPEG technology by the AV encoding / decoding unit 11 into an EFM + signal (8-16 modulation signal), and converts an error correction code. This is added and supplied to the optical pickup 6 via the preamplifier 7. As a result, data is recorded on the disk 1.
[0024]
Further, during reproduction, the signal processing circuit 8 digitizes the reproduction output read from the first track buffer 10 to perform synchronization detection, and converts the reproduction signal that is an EFM + signal (8-16 modulation signal) to NRZ. The data is decoded into the form of data (NRZ: Non Return to Zero) and the NRZ data is subjected to error correction processing and supplied to the AV encoding / decoding unit 11.
[0025]
At the time of recording, the AV encoding / decoding unit 11 performs compression encoding processing based on MPEG technology while controlling writing / reading of data supplied via the input terminal 16 to / from a second track buffer 12 of 64 Mb, for example. At the same time, the video data and the audio data are multiplexed and supplied to the optical pickup 6 via the signal processing circuit 8 and the preamplifier 7.
[0026]
Also, the AV encoding / decoding unit 11 separates video data and audio data from data reproduced by the optical pickup 6 during reproduction, and performs MPEG / Writing while reading / writing control to the second track buffer 12 respectively. The decompression decoding process is performed based on the technology. Then, the audio data subjected to the decompression decoding process is converted into analog data and supplied to, for example, the speaker unit 13 of the television receiver. Thereby, an acoustic output corresponding to the audio data recorded on the disc 1 can be obtained. Further, the video data subjected to the decompression decoding process is supplied to the display control unit 14. The display control unit 14 converts the video data into, for example, an NTSC television signal and supplies it to the display unit 15 of the television receiver. Thereby, a video output corresponding to the video data recorded on the disc 1 can be obtained.
[0027]
Here, in general, when a series of recording operations is completed and the user instructs to take out the disc, the LIN, RMA, control data area and lead-out area (or border zone) are set based on the recorded data. Recording is performed, and the disc is ejected when recording such as LIN is completed. The lead-out area is a predetermined area in order to avoid the inconvenience that the optical pick-up 6 runs away because no data is recorded when seeking the optical pickup 6 near the lead-out area. It is to be recorded.
[0028]
The initialization (formatting) for recording such LIN or the like requires a maximum time of 265.776 sec. Due to this time, the recording timing is delayed or a time is required until the disc is ejected. Although the necessary problems occur, the DVD recording / reproducing apparatus of the first embodiment solves these problems by operating in accordance with each routine of the flowchart of FIG. 3 and executing initialization.
[0029]
That is, the flowchart shown in FIG. 3 starts when the disc 1 is loaded into the DVD recording / reproducing apparatus, and the system controller 3 executes each routine in order from step S1.
[0030]
First, in step S1, the system controller 3 determines whether the currently loaded disc is a reproduction-only disc (DVD-ROM) or a recordable disc (DVD-RW), and a recordable disc. If it is (Yes), the process proceeds to step S2, and if it is a read-only disc (No), there is no need for initialization, so the flowchart shown in FIG.
[0031]
In step S2, the system controller 3 determines whether or not the recordable disc has been initialized. If it has not been initialized, the system controller 3 proceeds to step S3 (if No), and if it has been initialized (Yes) In this case, since there is no need for initialization, the flowchart shown in FIG.
[0032]
In step S3, the system controller 3 determines whether or not there is a request for recording immediately even though the initialization of the disk 1 has not been completed. If there is a request for recording, the process proceeds to step S4. If there is no request, the process proceeds to step S12. In step S12, since there is no request for recording and there is a time margin, the system controller 3 controls the signal processing circuit 8 so as to initialize the disk 1 as usual, and the flowchart shown in FIG. Exit.
[0033]
Next, in step S4, since there is a recording request even though the initialization is not completed, the system controller 3 is supplied via the input terminal 16 shown in FIG. Then, the signal processing circuit 8 is controlled so as to temporarily store the data processed by the signal processing circuit 8 in the first track buffer 10, and the process proceeds to step S5.
[0034]
FIG. 4 is a diagram showing the transition of the amount of data that is controlled to be written / read to / from the first track buffer 10. As can be seen from FIG. 4, when data is controlled to be written to the first track buffer 10. The amount of data stored in the first track buffer 10 changes from EMPTY (a state where the amount of data is zero) to FULL (a state where the storage area allocated for writing data is full) with time. In step S5, the system controller 3 determines whether or not the remaining capacity of the capacity of the first track buffer 10 is close to FULL (predetermined amount: Ta). If it is close to FULL (in the case of Yes), the process proceeds to step S6. If it is not close to FULL (in the case of No), the process proceeds to step S13.
[0035]
In step S13, the system controller 3 executes initialization. Specifically, the system controller 3, as shown in FIG. 4, between time t <b> 1 and time t <b> 2 when the capacity of the first track buffer 10 changes from EMPTY to approximately 1/5 of the total capacity (TBb). The optical pickup 6 is controlled to move to the format area on the disk 1. Then, the format data is recorded in the format area between time t2 and time t3 when the capacity of the first track buffer 10 transitions from time t2 to the remaining amount of about 1/5 of the total capacity (near FULL = Ta). The optical pickup 6 and the signal processing circuit 8 are controlled.
[0036]
The system controller 3 monitors the transition of the capacity of the first track buffer 10 by repeatedly executing the routine of step S5 while recording the format data in the format area. When the capacity of 10 becomes approximately 1/5 of the remaining capacity (TBa) (time t3), the recording of the format data is temporarily stopped and the optical pickup 6 is controlled to move to the position of the sector where the data is recorded. To do. In step S5, the process proceeds to step S6 when it is determined that the first track buffer 10 is close to FULL (TBa).
[0037]
In step S6, since the first track buffer 10 is close to FULL, the recording is performed between time t3 and time t4 when the system controller 3 is between the time when the FULL is near and the time when it actually becomes FULL. The optical pickup 6 is controlled to move to the position of the sector to be executed, and the process proceeds to step S7. Then, in step S7, the process waits for the first track buffer 10 to become FULL, and proceeds to step S8 at the timing when the first track buffer 10 becomes FULL, as shown at time t4 to time t5 in FIG. Thus, the signal processing circuit 8 and the optical pickup 6 are controlled so that data is read from the first track buffer 10 and recorded.
[0038]
For this recording, the DVD recording / reproducing apparatus of the present embodiment, for example, has a high image quality recording mode capable of recording an image for 2 hours at a transfer rate of 8 Mbps, and records an image for 4 hours at a transfer rate of 4 Mbps. There are three recording modes: an intermediate image quality recording mode capable of recording and an ordinary image quality recording mode capable of recording an image for 8 hours at a transfer rate of 2 Mbps, and the user selects one of these three recording modes. Recording corresponding to the selected recording mode is performed.
[0039]
At this time, the first track buffer 10 functions to absorb the difference between the transfer rate of the input data and the transfer rate at the time of actual recording. Specifically, for example, data written to the first track buffer 10 at a transfer rate of 8 Mbps is read at a speed of “10 Mbps−2 Mbps = 8 Mbps” when the writing speed to the disk 1 is 10 Mbps. To be recorded.
[0040]
In the case of DVD-RW (RW: rewritable), the writing speed to the disc at 1 × speed is 11.08 Mbps or 10.08 Mbps, but in this example, in order to simplify the explanation, at 1 × speed In this example, the writing speed to the disk is described as 10 Mbps.
[0041]
Next, by reading the data from the first track buffer 10 and recording it on the disk in this way, the free space of the first track buffer 10 increases as shown in FIG. In step S9, the system controller 3 determines whether or not the free capacity of the first track buffer 10 has become EMPTY. If it has become EMPTY (in the case of Yes), the system controller 3 proceeds to step S10 and has become EMPTY. If not (No), the process returns to step S8, and data recording on the disk 1 is continued so that the free capacity of the first track buffer 10 becomes EMPTY.
[0042]
In step S10, since the free capacity of the first track buffer 10 has become EMPTY, the system controller 3 determines whether or not the recording of all the data to be recorded has been completed. In the case), the process proceeds to step S11. If the recording is not completed (in the case of No), the process returns to step S5. In step S13, the remaining format data is recorded in the format area until the remaining amount of the first track buffer 10 is close to FULL, and data is stored when the remaining amount of the first track buffer 10 is close to FULL. The signal processing circuit 8 and the optical pickup 6 are controlled so as to repeatedly execute the control for recording the data on the disc.
[0043]
That is, apparently data is recorded, but in reality, initialization is performed using the free time of data recording (in parallel with data recording). .
[0044]
Next, in step S11, the system controller 3 determines whether or not the recording of the format data has been completed because the recording of the data has been completed. When all the routines in the flowchart shown in FIG. 3 are completed and the recording of the format data is not completed, the signal processing circuit 8 and the optical pickup 6 are controlled so as to record all the remaining format data, and the process shown in FIG. All the routines in the flowchart shown are completed.
[0045]
As described above, the maximum time required to record all the format data is 265.776 sec. When recording data, if the total free time (t2 to t3) during data recording is 265.776 sec or less, the remaining format data needs to be recorded in step S11, but 265.776 sec or less. Since it is rare to record data corresponding to the idle time, in most cases, all the recording of the format data will already be completed when the data recording is completed.
[0046]
Note that the format processing here records data in a range that can be determined before recording data in the RMA, LIN, and other areas. That is, the format data corresponding to the data to be changed with the data to be recorded needs to be rewritten every time recording is performed. For example, the LIN data has a lot of data recorded as 0 data. On the other hand, in the initial stage of the formatting process, for example, most of data recorded in LIN is 0 data (or FF data: fixed data independent of recording data). For this reason, the format data corresponding to the data changed with the data to be recorded may be recorded in the initial stage of the formatting process.
[0047]
As is apparent from the above description, when the start of data recording is designated, the DVD recording / reproducing apparatus according to the first embodiment starts writing data into the first track buffer 10. The format data is recorded on the disk until the free area of the track buffer 10 is reduced, and when the free area of the first track buffer 10 is reduced, the recording of the format data is temporarily stopped, Data is read from the track buffer 10 and recorded on the disk. Then, when data is read from the track buffer 10 and the free space becomes large, the recording of data to the disk is temporarily stopped, the data writing to the track buffer 10 is continued, and the free space in the track buffer 10 is The format data is recorded on the disk until the area becomes small, and when the free area of the track buffer 10 becomes small, the recording of the format data is temporarily stopped, the data is read from the track buffer 10 and the disk is read. The operation to record in is repeated.
[0048]
Thus, the recording of the format data can be completed using the free time when the data is recorded on the disc. For this reason, data recording can be started immediately without initialization of the disc, and inconvenience that the recording timing is delayed due to initialization when consecutive images are to be recorded on the disc can be prevented. Can do. In addition, since the initialization of the disc can be completed during the data recording, the disc can be ejected immediately upon completion of the recording.
[0049]
In addition, apparently, data is recorded, but the initialization can be terminated without the user's knowledge, so that it is possible to provide a device that does not cause the user to perform the initialization.
[0050]
Next, a DVD recording / reproducing apparatus according to the second embodiment of the present invention will be described. In the DVD recording / reproducing apparatus of the first embodiment described above, initialization is completed using the time during which data is written to the first track buffer 10 during data recording. However, the DVD recording / reproducing apparatus according to the second embodiment uses the idle time during which recording or reproduction is not designated to end initialization.
[0051]
The first embodiment and the second embodiment described above are different only in this point. Therefore, only the difference will be described below, and redundant description will be omitted.
[0052]
FIG. 5 is a flowchart for explaining the initialization operation of the DVD recording / reproducing apparatus according to the second embodiment. This flowchart starts when the disc 1 is loaded on the DVD recording / reproducing apparatus of the second embodiment, and the system controller 3 executes each routine in order from step S21.
[0053]
First, in step S21, the system controller 3 determines whether the currently loaded disc is a read-only disc (DVD-ROM) or a recordable disc (DVD-RW), and a recordable disc. If it is (Yes), the process proceeds to step S22, and if it is a reproduction-only disc (No), there is no need for initialization, so the flowchart shown in FIG.
[0054]
In step S22, the system controller 3 determines whether or not the recordable disc has been initialized. If it has not been initialized, the system controller 3 proceeds to step S23 (if No), and if it has been initialized (Yes) In this case, since there is no need for initialization, the flowchart shown in FIG. In step S23, the system controller 3 sets the unfinished flag indicating that the initialization is not finished to “H (1: high level)”, and proceeds to step S24.
[0055]
In step S24, the system controller 3 determines whether or not reproduction is designated by the user. If Yes, the system controller 3 proceeds to step S30 to perform reproduction processing, and if No, the process proceeds to step S25. In step S25, the system controller 3 determines whether or not recording is designated by the user. If Yes, the system controller 3 proceeds to step S31 to perform data recording processing, and if No, the process proceeds to step S26.
[0056]
The presence or absence of designation of reproduction and recording in step S24 and step S25 is determined based on, for example, the time counted by a timer provided in the system controller 3, and reproduction is performed even after a predetermined time has elapsed. Alternatively, when a signal designating recording is not detected, it is determined that reproduction or recording is not designated by the user.
[0057]
In step S26, although the disk 1 is loaded, neither recording nor reproduction is designated, so that the system controller 3 records the format data in the format area so that the signal processing circuit 8 and the optical pickup 6 are recorded. To step S27.
[0058]
This step S27 is a routine executed in parallel with the operation in which the system controller 3 records the format data in the format area. That is, the system controller 3 monitors the designation of recording or reproduction from the user in step S27 while recording control of the format data in the format area, and if the designation of recording or reproduction is not made. The process proceeds to step S28 (in the case of No), and if recording or reproduction is designated (in the case of Yes), the process proceeds to step S32.
[0059]
In step S32, the system controller 3 determines whether or not recording of all format data has been completed. If recording of all format data has been completed (in the case of Yes), the process proceeds to step S29. If the recording of the format data has not been completed (No), the process proceeds to step S33.
[0060]
In this case, in step S29, since the recording of all the format data has been completed when the recording or reproduction is designated by the user, the system controller 3 sets the unfinished flag which is “H” to the disk. “L (0: low level)” indicating that the initialization of 1 is completed, and all the routines in the flowchart shown in FIG. Then, recording or reproduction control designated by the user is performed.
[0061]
On the other hand, when the recording or reproduction is designated by the user even though the recording of all the format data is not finished, the system controller 3 keeps the unfinished flag at “H” in step S33. The recording of the format data is temporarily stopped and the process returns to step S24. Then, in step S24 and step S30, or in step S25 and step S31, reproduction or recording control designated by the user is performed, and when this reproduction or recording ends, the process proceeds to step S26, and the remaining initialization processing is executed. . Thereby, although the initialization of the disc 1 is not completed, recording or reproduction can be started immediately at the time designated by the user.
[0062]
Next, in step S27, when there is no recording or reproduction instruction and the process proceeds to step S28, the system controller 3 determines whether or not recording of all the format data has been completed. In the case of (), the process returns to step S26 to continue recording the format data, and when the recording is completed (in the case of Yes), the process proceeds to step S29. Then, in this step S29, in order to indicate that the initialization of the disk 1 has been completed, the unfinished flag that is “H” is set to “L”, and all the routines of the flowchart shown in FIG. .
[0063]
As is clear from the above description, the DVD recording / reproducing apparatus of the second embodiment executes the initialization process of the disc 1 using the period during which recording or reproduction is designated after the disc is loaded. . If recording or reproduction is specified during the initialization, the initialization process is interrupted, recording or reproduction is performed, and the remaining initialization process is performed when recording or reproduction is completed.
[0064]
Thereby, initialization can be performed using the free time after the disk is loaded. If recording or reproduction is specified during initialization, the initialization process is interrupted and recording or reproduction is performed, so that data recording and reproduction is started immediately without initialization of the disk. It is possible to prevent inconvenience that the recording timing is delayed due to initialization when continuous images are recorded on the disc. Also, since the initialization can be completed using the free time from when the disc is loaded to when it is ejected, the disc can be ejected immediately upon completion of recording, Also, the recording medium can be discharged faster than before.
[0065]
In addition, since the initialization process is automatically executed when the disc is loaded, the initialization can be terminated without the user's knowledge, and a device that does not intend the initialization to the user can be provided. .
[0066]
The format data corresponding to the data to be changed along with the data to be recorded needs to be rewritten every time recording is performed. For example, most of the LIN data records 0 data. On the other hand, in the initial stage of the formatting process, for example, most of data recorded in LIN is 0 data (or FF data: fixed data independent of recording data). For this reason, the format data corresponding to the data changed with the data to be recorded may be recorded in the initial stage of the formatting process.
[0067]
In the DVD recording / reproducing apparatus of each of the embodiments described above, the formatting operation is performed in which the user fills in at least the zero data by using the idle time from when the disc is inserted to when the disc is taken out. Inconveniences such as shortening the service life can be prevented, dead time can be significantly reduced, and the quality of the apparatus can be improved.
[0068]
Finally, the description of each of the above embodiments is an example of the present invention. For this reason, this invention is not limited to the above-mentioned embodiment. For example, each of the embodiments described above is an example in which the present invention is applied to a DVD recording / reproducing apparatus that performs recording / reproduction on a DVD. However, the present invention can be applied to other recording media such as a so-called hard disk (HDD). In contrast, the present invention may be applied to an apparatus that performs recording and reproduction. Further, the first track buffer 10 of 64 Mbit DRAM is used as the temporary storage means. However, for example, a recording device such as an HDD may be used. Of course, other than the above-described embodiments, various modifications can be made according to the design and the like as long as they do not depart from the technical idea of the present invention.
[0069]
【The invention's effect】
The recording apparatus according to the first aspect of the present invention is a time during which the recording unit temporarily stores the recording information as the continuous information in the temporary storage unit, Writing the recorded information to the temporary storage means; and Initializing the recording medium using the one recording unit when the recording information stored in the temporary storage means is not recorded on the recording medium using the one recording unit. Is moved to the necessary area and recording is performed to initialize the recording medium, so that the recording information is being written to the temporary storage means and the recording information is not written to the recording medium. In the meantime, the recording medium can be initialized. Therefore, it is possible to immediately start recording without initializing the recording medium. Also, the initialization can be completed without adversely affecting the recording operation. In other words, since the initialization of the recording medium can be terminated without the user's knowledge, the recording medium can be immediately ejected when an instruction to eject the recording medium is given. For this reason, it is possible to discharge the recording medium faster than before by performing initialization using the idle time until the recording medium is discharged.
[0070]
According to a second aspect of the present invention, there is provided a recording apparatus according to the present invention, wherein when the recording means designates recording of recording information during recording of the initialization information, Conversion Recording information can be recorded by interrupting the recording of the information, and after the recording information has been recorded, the remaining initialization information can be recorded, so that the initialization can be completed without interrupting the recording operation. The same effect as described above can be obtained.
[0071]
In the recording method according to the third aspect of the present invention, the recording step reads the recording information stored in the temporary storage step, records the information on the recording medium using one recording unit, and records the continuous information. A time for temporarily storing information in the temporary storage means, Writing the recorded information to the temporary storage means; and Initializing the recording medium using the one recording unit when the recording information stored in the temporary storage means is not recorded on the recording medium using the one recording unit. Is moved to the necessary area and recording is performed to initialize the recording medium, so that the recording information is being written to the temporary storage means and the recording information is not written to the recording medium. In the meantime, the recording medium can be initialized. Therefore, it is possible to immediately start recording without initializing the recording medium. Also, the initialization can be completed without adversely affecting the recording operation. In other words, since the initialization of the recording medium can be terminated without the user's knowledge, the recording medium can be immediately ejected when an instruction to eject the recording medium is given. For this reason, it is possible to prevent inconvenience that the discharge of the recording medium is delayed by performing the initialization when the recording medium is discharged.
[0072]
Recording according to the invention as claimed in claim 4 Method The record Step But, When recording of recording information is specified during recording of initialization information, recording of the initialization information is interrupted and recording information is recorded. After the recording of the recording information is completed, recording of the remaining initialization information is performed. Do Thus, the initialization can be completed without interrupting the recording operation, and the same effect as described above can be obtained.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is a block diagram of a DVD recording / reproducing apparatus according to a first embodiment to which a recording apparatus according to the invention is applied.
FIG. 2 is a schematic diagram for explaining a recording area of a DVD used in the DVD recording / reproducing apparatus according to the first embodiment of the present invention.
FIG. 3 is a flowchart for explaining an initialization operation of the DVD recording / reproducing apparatus according to the first embodiment of the present invention;
FIG. 4 is a diagram for explaining a transition state of an empty area of a first track buffer provided in the DVD recording / reproducing apparatus according to the first embodiment of the present invention and a movement state of a corresponding optical pickup; is there.
FIG. 5 is a flowchart for explaining an initialization operation of the DVD recording / reproducing apparatus according to the second embodiment of the present invention;
[Explanation of symbols]
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 ... Disk, 2 ... Operation part, 3 ... System controller, 4 ... Servo control circuit, 5 ... Driver, 6 ... Optical pick-up, 7 ... Preamplifier, 8 ... Signal processing circuit, 9 ... Spindle motor, 10 ... 1st track | truck Buffer 11, AV encoding / decoding unit 12, second track buffer 13, speaker unit 14, display control unit 15, display unit 16, data input terminal

Claims (4)

1つの記録部を用いて記録媒体に情報を記録する段階で前記記録媒体の初期化が必要な場合に、初期化情報を形成する初期化情報形成手段と、前記記録媒体に記録する連続情報である記録情報を一時記憶する一時記憶手段と、
前記一時記憶手段に記憶された記録情報を読み出して前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録すると共に、
前記連続情報である記録情報を前記一時記憶手段に一時記憶している時間であって、前記記録情報の前記一時記憶手段への書き込みを行い、且つ、前記一時記憶手段に記憶された記録情報を前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録していない時間に、前記初期化情報を前記1つの記録部を用いて、前記記録媒体の初期化が必要な領域に移動して、記録することで該記録媒体の初期化を行う記録手段と、を有することを特徴とする記録装置。
When the recording medium needs to be initialized at the stage of recording information on the recording medium using a single recording unit, initialization information forming means for forming initialization information, and continuous information to be recorded on the recording medium Temporary storage means for temporarily storing certain recording information;
Read the recording information stored in the temporary storage means and record it on the recording medium using the one recording unit,
The time for which the record information which is the continuous information is temporarily stored in the temporary storage means, the record information is written to the temporary storage means, and the record information stored in the temporary storage means is stored in the temporary storage means. The initialization information is moved and recorded in an area where the recording medium needs to be initialized using the one recording unit at a time not recorded on the recording medium using the one recording unit. And a recording means for initializing the recording medium.
前記記録手段は、前記初期化情報の記録中に記録情報の記録が指定された場合、該初期化情報の記録を中断して記録情報の記録を行い、この記録情報の記録終了後に、残りの初期化情報の記録を行うことを特徴とする請求項1記載の記録装置。  When recording information is designated during recording of the initialization information, the recording means interrupts the recording of the initialization information and records the recording information, and after the recording of the recording information is completed, The recording apparatus according to claim 1, wherein initialization information is recorded. 1つの記録部を用いて記録媒体に情報を記録する段階で前記記録媒体の初期化が必要な場合に、初期化情報を形成する初期化情報形成ステップと、
前記記録媒体に記録する連続情報である記録情報を一時記憶手段に一時記憶させる一時記憶ステップと、
前記一時記憶ステップにより記憶された記録情報を読み出して前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録すると共に、前記連続情報である記録情報を前記一時記憶手段に一時記憶している時間であって、前記記録情報の前記一時記憶手段への書き込みを行い、且つ、前記一時記憶手段に記憶された記録情報を前記1つの記録部を用いて前記記録媒体に記録していない時間に、前記初期化情報を前記1つの記録部を用いて、前記記録媒体の初期化が必要な領域に移動して、記録することで該記録媒体の初期化を行う記録ステップと、を有することを特徴とする記録方法。
An initialization information forming step for forming initialization information when the recording medium needs to be initialized at the stage of recording information on the recording medium using one recording unit;
A temporary storage step of temporarily storing recording information, which is continuous information to be recorded on the recording medium, in a temporary storage unit;
This is the time during which the recording information stored in the temporary storage step is read out and recorded on the recording medium using the one recording unit, and the recording information as the continuous information is temporarily stored in the temporary storage means. And writing the recording information to the temporary storage means, and at the time when the recording information stored in the temporary storage means is not recorded on the recording medium using the one recording section. And a recording step of initializing the recording medium by moving the recording information to an area where the recording medium needs to be initialized using the one recording unit. Recording method.
前記記録ステップは、前記初期化情報の記録中に記録情報の記録が指定された場合、該初期化情報の記録を中断して記録情報の記録を行い、この記録情報の記録終了後に、残りの初期化情報の記録を行うことを特徴とする請求項3記載の記録方法。  In the recording step, when recording of recording information is designated during recording of the initialization information, the recording of the initialization information is interrupted and recording information is recorded. After the recording of the recording information is completed, the remaining information is recorded. 4. The recording method according to claim 3, wherein the initialization information is recorded.
JP25337199A 1999-09-07 1999-09-07 Recording apparatus and recording method Expired - Fee Related JP4055101B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25337199A JP4055101B2 (en) 1999-09-07 1999-09-07 Recording apparatus and recording method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25337199A JP4055101B2 (en) 1999-09-07 1999-09-07 Recording apparatus and recording method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001076421A JP2001076421A (en) 2001-03-23
JP4055101B2 true JP4055101B2 (en) 2008-03-05

Family

ID=17250434

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25337199A Expired - Fee Related JP4055101B2 (en) 1999-09-07 1999-09-07 Recording apparatus and recording method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4055101B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4183553B2 (en) 2002-09-19 2008-11-19 株式会社リコー Recording method, program, recording medium, and information recording apparatus
JP4534940B2 (en) * 2005-10-06 2010-09-01 ソニー株式会社 Information recording apparatus, imaging apparatus, information recording control method, and computer program
JP2008084474A (en) 2006-09-28 2008-04-10 Teac Corp Data recording device

Also Published As

Publication number Publication date
JP2001076421A (en) 2001-03-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4628631B2 (en) Method and apparatus for reducing user response time during simultaneous playback and recording
EP1230639B1 (en) Dvd-rom backwards compatible defective sector management in recordable dvd media
KR20030009307A (en) Record during pause and playback with rewritable disk medium
KR20020040895A (en) Data buffer management for rewritable digital program disk
JP4055101B2 (en) Recording apparatus and recording method
JP2000137948A (en) Recording medium, recording method and device, and reproducing method and device
JP2000137952A (en) Recording medium, recording method and device and reproducing method and device
EP1079375A2 (en) Data recording and reproducing apparatus
JP4061784B2 (en) Recording / reproducing apparatus and recording / reproducing method
KR100663407B1 (en) Quickly finalize support method for optical disc
JP3945913B2 (en) Optical disk playback device
JP2000311449A (en) Medium, method, and device for recording and method and device for reproduction
JP3800897B2 (en) Recording / reproducing apparatus, communication apparatus, and recording / reproducing method
JP2000187965A (en) Recording medium, recording method and device, reproducing method and device
JP4193911B2 (en) Recording method and recording / reproducing apparatus
JP3882430B2 (en) Information recording medium reproducing method, information recording medium recording method, information recording medium reproducing apparatus, information recording medium recording apparatus, reproducing method in information recording medium reproducing system, recording method in information recording medium recording system
JP3567765B2 (en) Information recording / reproducing device
JP3747721B2 (en) Recording / reproducing apparatus and recording / reproducing method
JP2001052436A (en) Recorder
JP2001067805A (en) Recording apparatus
JP2004227767A (en) Optical disk reproducing apparatus
JP2000011517A (en) Optical disk recording device
JP2004326934A (en) Recorder
JP2001167519A (en) Information signal reproducing device, information signal recorder, information signal recording/reproducing device, information signal communication device and information signal recording medium
JP2002324353A (en) Information signal reproducing device, information signal recording device and information signal recording and reproducing device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060331

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070126

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070213

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070416

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070522

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070821

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071022

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20071029

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20071116

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20071129

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101221

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111221

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111221

Year of fee payment: 4

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111221

Year of fee payment: 4

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121221

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121221

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131221

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees