JP4049877B2 - Computer system using an electronic pen - Google Patents

Computer system using an electronic pen Download PDF

Info

Publication number
JP4049877B2
JP4049877B2 JP5592698A JP5592698A JP4049877B2 JP 4049877 B2 JP4049877 B2 JP 4049877B2 JP 5592698 A JP5592698 A JP 5592698A JP 5592698 A JP5592698 A JP 5592698A JP 4049877 B2 JP4049877 B2 JP 4049877B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
electronic pen
position
pointer
computer
information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP5592698A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH10333817A (en
Inventor
康弘 福崎
Original Assignee
株式会社ワコム
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP9-96460 priority Critical
Priority to JP9646097 priority
Application filed by 株式会社ワコム filed Critical 株式会社ワコム
Priority to JP5592698A priority patent/JP4049877B2/en
Publication of JPH10333817A publication Critical patent/JPH10333817A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4049877B2 publication Critical patent/JP4049877B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、電子ペン搭載の位置検出装置をコンピュータの入力装置として用いる場合のコンピュータシステム(位置指示器、位置検出装置、インターフェース、コンピュータ本体、オペレーティングシステムと呼ばれる基本ソフト、タブレットドライバ、アプリケーションソフト、表示装置等を含むコンピュータシステム全体)に関する。 The present invention is a computer system (position indicator in the case of using a position detecting device for an electronic pen equipped as an input device for a computer, the position detecting device, interface, computer, basic software called an operating system, tablet driver, application software, display about the entire computer system) that includes a device or the like. ことに相対座標モードを実現するコンピュータシステム及び、相対座標モード・絶対座標モードを切り換えて使うコンピュータシステムに関する。 Particular and computer system for implementing relative coordinate mode, a computer system using switching the relative coordinate mode absolute coordinate mode.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
コンピュータ、特にパソコンの座標入力装置として、従来はマウスが多用されていた。 Computer, in particular as a coordinate input device of the personal computer, the conventional mice have been widely used. 最近は電子ペンと呼ばれる位置指示器を使った座標入力装置(位置検出装置)も用いられるようになってきた。 Recently coordinate input apparatus using a position indicator called electronic pen (position detecting device) has come to be used.
【0003】 [0003]
マウスは、マウスと呼ばれるパック形状の位置指示器を操作者が移動させる量に従って、コンピュータ画面上のポインター(以下、単に「ポインター」と略す。)を移動させるものである。 Mice according to the amount of moving the position indicator of the pack shape called a mouse by the operator, the pointer on the computer screen (hereinafter, simply referred to as "pointer".) It is intended to move the. もっと正確にいえば、マウスを机上で滑らせた距離が、ポインターの移動に反映される。 Rather, distance by sliding the mouse on the desk is reflected in the movement of the pointer. つまり、マウスが空中にある(操作者が机から持ち上げている)場合の移動距離はポインターの移動には反映されない。 In other words, the mouse is in the air (the operator has lifted from the desk) moving distance in this case is to move the pointer not reflected. その結果、ポインターの位置とマウスの位置とが相対的に決定される(絶対的には対応していない)ので、このような操作方法は相対座標入力と呼ばれる。 As a result, the positions of the mouse pointer since it is relatively determined (in absolute terms does not correspond), such instructions are called relative coordinate input.
【0004】 [0004]
一方、電子ペンを搭載した座標入力装置では、電子ペンの指示位置は、電子ペン先端が位置検出装置の検出面(タブレット面上の座標読取領域)内の絶対位置座標として求められ、この位置がポインターの位置に一対一に反映されることになる。 On the other hand, in the coordinate input device equipped with an electronic pen, an instruction position of the electronic pen, electronic pen tip is determined as the absolute position coordinate of the detection surface of the position detecting device (coordinate reading region on the tablet surface), the position is It will be reflected in one-to-one correspondence to the position of the pointer. 電子ペンの指示位置がポインターの位置に一対一に反映されるとはいっても、対応する位置関係をアプリケーションプログラム等の機能によりダイナミックに変化させること(アプリケーション等の機能により座標系を変換し、拡大・縮小・回転・平行移動等を実行すること)は有り得る。 That said indicated position of the electronic pen is reflected in one-to-one correspondence to the position of the pointer, the corresponding positional relationship converts a coordinate system by changing dynamically (such as an application function by the function such as an application program, expanded · performing the reduction, rotation, translation, etc.) likely. ここでは、特に、電子ペンが空中にあっても、その移動量が最終的にポインターの指示位置に反映されることに着目し、そのような操作方法(インキングなどの手書き入力に適した操作方法)を絶対座標入力と呼ぶことにする。 Operation Here, in particular, the electronic pen even in the air, the amount of movement is focused to be reflected in the indication position of the final pointer, suitable for handwritten input, such as such instructions (inking It will be referred to as method) and absolute coordinate input. 電子ペンは例えば電磁誘導を用いた位置検出装置の位置指示器として用いられるものであり、感圧パッドの筆記具とは異なりある一定の読みとり高さの範囲内で座標を検出し得るという性質を有しているので、感圧パッドの筆記具のように強い筆圧を加えつづけなくともインキング(手書き入力)が可能であるという特徴を有する。 Electronic pen is intended to be used as a position indicator of the position detecting apparatus using electromagnetic induction example, have the property of being able to detect the coordinates within a certain reading and height in contrast to the writing instrument of the pressure sensitive pad since it is, and has a feature that inking (handwriting input) is possible without continued to strong writing pressure as writing instruments pressure sensitive pad.
【0005】 [0005]
この明細書で、絶対座標入力とか、相対座標入力とか言っているのは、例えばインターフェースに関するデータのフォーマットにおける位置情報の表現方法の違いではなく、入力デバイスの操作のポインター位置への反映方法の違いのことである。 In this specification, such as absolute coordinate input, what said something about the relative coordinate input, for example instead of the difference of representation of the position information in the format of the data relating to interface, differences in the way reflected in the pointer location of the operation of the input device is that of. 言い替えれば、絶対か相対かは操作者が入力デバイスを操作する感覚とコンピュータ画面上のポインターの動きとの関係を操作者が視覚により感ずる操作感に着目した違いをいっているのであり、それを実現する機能を有する特定の部分(おそらくはタブレット内部の座標処理プログラム、コンピュータ本体側に組み込むタブレットドライバソフト、アプリケーションソフトのうちのいずれか)に着目するのではなくコンピュータシステム全体でその機能を有していると見ることとする。 In other words, it is in the absolute or relative or the operator the relationship between the movement of the pointer on the senses and a computer screen that the operator operates the input device is to say the difference that focuses on the operation sense of feel visually, realize it certain parts (possibly inside the tablet coordinate processing program, tablet driver software incorporated in the computer main body, one of the application software) having the function of which has its function in the entire computer system rather than focusing on to be seen as. 最終的に表示装置上のポインターの動きに反映される操作者の操作感に着目する限りにおいては、途中の処理における座標データ形式が相対座標であるか絶対座標であるかはあまり意味がない。 As long as attention is paid to the feel of the finally displayed is reflected in the movement of the device on the pointer operator, the coordinate data format is not meaningful if the absolute coordinates or the relative coordinates in the course of processing. 座標データ形式の意味における相対座標を扱っていたとしても最終的にそのデータをポインターの座標に足し合わせた結果は表示画面上の絶対座標になるからである。 Coordinate data format results finally that data even deals with relative coordinates sum to the pointer coordinates in the sense of is because an absolute coordinates on the display screen. また、座標データ形式の意味における絶対座標が継続的に検出されている状態にあっては時間的に隣合うデータ同士の引き算を実行することにより相対座標を生成することが可能である。 Further, in the state where the absolute coordinates in the sense of the coordinate data format is detected continuously it is possible to produce a relative coordinate by performing a subtraction of adjacent data between temporally. 相対座標は移動量であると捉えることができるからである。 Relative coordinate is because can be regarded as a movement amount.
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
さて、従来のシステムにおいては、ウィンドウズ(米国マイクロソフト社の商標)などのシステムにおいて、その指示操作を行ういわゆるポインティングと呼ばれる処理をマウスで行い、ワープロなどの文字入力処理はキーボードで行ってきた。 Now, in the conventional system, in a system such as Windows (trademark of Microsoft Corp. in U.S.A.), a process so-called pointing to perform the instruction operation with a mouse, the character input process, such as a word processor has been performed with the keyboard. ポインティングの操作は、いわゆるグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)の観点から用いられるものであって、ポインターを動かして、指示対象を選び、その状態でボタンを押すなどの操作をして、指示対象に関連づけられた処理を起動するものである。 Pointing of operation, which is used from the point of view of the so-called graphical user interface (GUI), move the pointer, select the instruction target, and operations such as pressing a button in this state, the instruction target it is to start the associated process. ポインティング操作においては、指示位置の指定のほかには単純なオン・オフを指示できる操作スイッチのようなものがあればよい。 In the pointing operation, may if like operating switch capable of directing a simple on-off in addition to the specified designated position.
【0007】 [0007]
ところが、近年、電子ペンの普及により、文字は電子ペンによる手書き入力(インキング入力)が可能になってきた。 However, in recent years, due to the spread of the electronic pen, the characters have enabled handwriting input by the electronic pen (inking input). このような手書き文字の入力や、あるいは実際の筆記具と同じ様な筆づかいによる描画では、前述の絶対座標モードが必須である。 Input and of such a handwritten letter, or in by drawing the same kind of brush diction and the actual writing implement, it is essential absolute coordinate mode described above. さらにこの場合は、ペン先にかかる筆圧の強さを検出することにより、筆圧に応じた太さや濃淡を付けるといった表現も可能になってきた。 Further in this case, by detecting the intensity of the writing pressure applied to the pen tip, expressions such add thickness or shade according to the pen pressure it was also becoming available. つまり、単純なオン・オフではない連続量が入力可能である。 That is not a simple on-off continuous quantity can be input.
【0008】 [0008]
また、電子ペンを用いた位置検出装置も価格と使い易さの点から、小型のものになりつつある。 Further, from the viewpoint of ease of use is also a position detecting device using the electronic pen and prices, becoming a small size. そこで、電子ペンの操作であっても、前述のマウスと同じ様な相対座標モードを取り入れることにより、ペンを持った手の手首を固定しておいてペンを動かすことにより、ポインターを移動させてマウスと同様の操作をすることを実現させるのが最近の傾向である。 Therefore, even in the operation of the electronic pen, by incorporating the same such relative coordinate mode and the aforementioned mouse, by moving the pen in advance by fixing the wrist of the hand with a pen to move the pointer it is a recent trend to fulfill to the same operation as the mouse. タブレットと呼ばれる位置検出装置は頻繁に(通常1秒間に数百回程度)絶対座標(タブレット上の座標読み取り領域内のXY直交座標を意味する形式的な意味の絶対座標)を検出しているので、隣合う(あるいは必要ならば適度に間引いて)二つの絶対座標を取得し、それらの絶対座標から引き算をする(タブレット内部の処理装置で実行するか、コンピュータ本体側のOS又はドライバソフトで実現するかを問わずに)ことにより相対座標(移動量情報)を生成できるからである。 Since the position detection apparatus, called a tablet is detected frequently (several hundred times per second Normal) absolute coordinates (absolute coordinates formal sense to mean an XY orthogonal coordinates of the reading area on the tablet) , adjacent (or moderately thinned by, if necessary) to get the two absolute coordinates, they are the subtracting from the absolute coordinates (either run by the processing device in the tablet, realized in OS or driver software of the computer main body side or by the regardless) it is because it generates a relative coordinate (movement amount information). このように絶対座標検出装置を用いて相対座標入力(マウスと同様の入力)を可能にするやり方をマウスエミュレーションモード又は疑似マウスモードと呼んでいる。 The way to allow this manner relative coordinate input using the absolute coordinate detection device (similar input and mouse) are referred to as mouse emulation mode or pseudo mouse mode.
【0009】 [0009]
マウスであれば、その構造上(機械マウスであれば、ボールの回転を直交する2方向について検出し、光学マウスであれば直交する多数の縞模様の横切る回数を計測する構造を有する)必然的に相対座標モードになる。 If a mouse (if mechanical mouse and has a structure of detecting the two directions perpendicular to rotation of the ball, measuring the number of times across the number of stripes orthogonal if an optical mouse) over the structure inevitably It becomes relative coordinate mode. 電子ペンにあっては、そもそも絶対座標モードであって、相対座標モードで使う場合には、特にマウスをエミュレーションする(疑似的にマウスの機能を果たすように見せかける)手法が一般にとられている。 In the electronic pen, the first place be an absolute coordinate mode, when using the relative coordinate mode, especially for emulating mouse (artificially pretends to perform the functions of a mouse) approaches have been taken to the public. ここで、問題となるのは、マウスでポインターの移動距離を大きく取ろうとする際に通常行う往復運動の動きをタブレットを用いたマウスエミュレーションモードでどのように実現するかである。 Here, The problem is how to realize the normal movement of the reciprocating motion performed when trying increase the moving distance of the pointer with the mouse with a mouse emulation mode with tablets.
【0010】 [0010]
マウスでは、机上で操作者が動かす際にポインターを大きく動かそうとすると、机上の端から端まで動かしてそれを実現することも可能であるが、通常はそれをせずに狭い範囲内でマウスを往復運動させることで足りることをコンピュータ操作者は知らず知らずのうちに学習している。 In mice, when trying to move a large pointer in moving the operator on a desk, it is also possible to move from the edge of the desk until the end realizing it, mouse within a narrow range usually without the it I have learned that suffices be reciprocated unwittingly computer operator. この往復運動をもしもマウスをマウスパッド(又は机上)と接した状態を保ったまま実行したのではポインターはいったり来たりするだけであって操作者の思い通りの動きはできない。 This reciprocating motion if the mice than was executed while maintaining a state in which contact with the mouse pad (or desk) is a pointer can not he wanted movement of merely by the operator to come and go. この往復運動においては行きでマウスパッドと接触させたなら帰りはマウスを少し持ち上げて相対座標を検出しない状態で動かすことを操作者は無意識のうちに学んでいる。 Operator to move in a state of not detecting the relative coordinates back if contacted with a mouse pad slightly lift the mouse is learning unconsciously in going in this reciprocation.
【0011】 [0011]
このことのアナロジーを電子ペンのマウスエミュレーションモードで考えてみる。 Come to think of it in the mouse emulation mode of the electronic pen the analogy of this thing. 従来は、位置検出装置(タブレット面)からの電子ペンの高さの違いによって、ポインターを動かすかどうか(相対座標の算出結果をポインターの動きに反映させるか否か)の判定を行っていた。 Conventionally, the difference in height of the electronic pen from the position detector (tablet surface) has been performed determines whether moving the pointer (whether to reflect the result of calculation of the relative coordinates in the motion of the pointer). また、この場合は、ポインティング操作となるので、ペン先の圧力の単純な有無で、指示位置に関連する処理の起動(例えば、選択したメニューの決定)を行うようになる。 In this case, since a pointing operation, a simple presence or absence of pressure of the pen tip, activation of processes related to the indicated position (e.g., the determination of the selected menu) will perform. しかし、高さの正確な判定は難しくコストアップの要因となるので、判定する高さは高くなる傾向にある。 However, since a factor of accurate determination is difficult cost height, the height is determined tends to be higher. そうすると電子ペンを高く持ち上げることが必要となるので使いにくくなるという課題があった。 Then to lift high the electronic pen there is a problem that it becomes difficult to use because it is necessary. 見方を変えれば、インキング入力のしやすさを優先させて判定高さを高く設定するとポインティング入力がしずらくなり、ポインティング入力のしやすさを優先させて判定高さを低くするとインキング入力がしずらくなるという課題があった。 A different perspective, setting high decision height give priority to ease of inking input becomes pleasure not to pointing input, lowering the decision height give priority to ease of pointing input inking Input there is a problem that is pleasure not to.
【0012】 [0012]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
そこで、本発明では、高さを判定するのではなく、電子ペンの筆圧の連続量としての検出(例えば1グラム重から60グラム重までの筆圧の大きさを連続的に512段階にわたって識別すること)機能を利用して、ペン先がわずかに触れた時に、ペン先の移動をポインターの移動に反映させるようにした。 Therefore, in the present invention, instead of determining the height, the identification continuously over 512 steps the magnitude of the detected (e.g. 1 g writing pressure from heavy to 60 grams fold as a continuous amount of the electronic pen writing pressure to it) by using the function, when the pen tip is slightly touched, and so as to reflect the movement of the pen tip with the movement of the pointer.
【0013】 [0013]
また、ペン先をさらに押すことにより、指示位置に関連する処理の起動を行うようにした。 Moreover, by further pressing the pen tip, and to perform the activation of the processes related to the indicated position. これにより、ペン先をほとんど持ち上げることなく、ポインターの移動が可能になり、操作性が向上した。 As a result, without lifting the pen tip almost, it enables movement of the pointer, and improved operability.
【0014】 [0014]
さて、このような相対モード(疑似マウスモード)はポインティング操作には便利であるが、文字を書いたり、筆のような運びで絵を描いたりすること(インキング入力)はできない。 Well, such a relative mode (pseudo mouse mode) is convenient to the pointing operation, or write a letter, that you can draw a picture in the carry, such as a brush (inking input) can not be. そこで、相対モードと絶対モードとを適宜切り換えながら操作できるようにした。 So, to allow operation while switching the relative mode and the absolute mode as appropriate.
【0015】 [0015]
モードの切り換えは、例えば、タブレットに設けたスイッチや、電子ペンに設けたスイッチ、もしくは別の入力装置(例えばキーボード)の操作によって行うことができる。 Switching of modes can be performed, for example, switches and provided to the tablet, by the operation of the switch provided in the electronic pen or other input device, (e.g., a keyboard).
【0016】 [0016]
また、さらに望むらくは、用途に応じて二つのモードを自動的に切り換えることである。 Still hopefully, it is to switch the two modes automatically depending on the application. 例えば、手書き文字認識ソフトにおいては、表示画面上の一部に手書き文字の入力領域を有するものがある。 For example, in handwriting recognition software, those having an input area of ​​the handwriting on a portion of the display screen. このような手書き文字入力領域においては、絶対モードに自動的に切り替わるようにすれば、いちいちモードを切り換える操作が不要になる。 In such a handwritten character input area, if the switch automatically to the absolute mode, the operation for switching the each time mode is not required.
【0017】 [0017]
同じく、描画ソフトにおいても、絶対(手書き)モードに自動的に切り替わるようにすることが考えられる。 Similarly, also in the drawing software, it is conceivable to switch automatically to the absolute (handwritten) mode. ただし、マウス的な操作に慣れた人であれば、相対(疑似マウス)モードでも、使用できるので、このような場合は使用する人の好みに応じて、自動的に切り替わるようにすればよい。 However, if a person accustomed to the mouse manipulations, relative in (pseudo mouse) mode, it is possible to use, this is the case in accordance with the preference of the people who use, may be to switch to automatically. この場合の設定は事前に行っておき、切り換えるか否かの設定をカスタマイズすることになる。 The setting of this case, keep going in advance, would be to customize the setting of whether or not to switch.
【0018】 [0018]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、図面を参照しつつ、本発明の実施の形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings will be described embodiments of the present invention.
【0019】 [0019]
図1は、本発明の構成を示す機能ブロック図である。 Figure 1 is a functional block diagram showing the configuration of the present invention. 位置検出装置10は、いわゆるデジタイザとかタブレットとか呼ばれる絶対座標検出装置である。 The position detecting device 10 is an absolute coordinate detecting device called Toka called digitizer Toka tablet. 本発明で用いる位置検出装置は筆圧を連続値情報として検出可能なものである。 Position detecting apparatus used in the present invention is capable of detecting the pen pressure as a continuous value information. 例えば、日本国埼玉県大利根町に住所を有する株式会社ワコムが提供する位置検出装置の多くは筆圧を連続値として(単なる筆圧の有無のみならず連続値情報、例えば1グラム重から60グラム重までの連続的な筆圧を数百段階の大きさに識別して)検出できる電磁誘導を利用した位置検出装置であることが知られている。 For example, the continuous value information not only whether the (just writing pressure to the pen pressure as a continuous value Many position detection device provided by Wacom Co., Ltd. having an address Saitama Otone cho Japan, for example, 1 gram weight 60 identifying a continuous writing pressure to grams double the size of a few hundred steps) are known to be a position detecting apparatus using electromagnetic induction can be detected.
【0020】 [0020]
座標データ処理部20は、コンピュータ本体側に主に存在する部分であり、ハードウェア的にみれば、CPUが所定のプログラムに従って処理を実行することにより位置検出装置10からコンピュータに入力された座標情報を処理する機能部分である。 Coordinate data processing unit 20 is a portion that exists primarily in the computer main body side, when viewed in a hardware manner, the coordinate information inputted from the position detecting device 10 to the computer by the CPU executes the processing in accordance with a predetermined program it is a function part that processes. ソフトウェア的にみれば、コンピュータの基本ソフトであるオペレーションシステム、周辺機器たるタブレットの駆動ソフトウェアであるタブレットドライバソフト、アプリケーションプログラム等が相互に連携してこの働きを果たす。 Viewed as software, operating system is a basic software of a computer, tablet driver software is driven software peripherals serving tablet, application programs and the like in cooperation with each other fulfill this work.
【0021】 [0021]
「コンピュータ本体側に主に存在する」と書いたのはこの働きの一部を位置検出装置10側にもたせることとする変形実施例も可能だからである。 Wrote a "predominantly present in the computer main body side" is because it is possible variant to be imparted to part of the work to the position detecting device 10 side. 近時の位置検出装置では、その内部にプロセッサ及び必要なプログラムを書き込んだROM等を持ち、座標データ処理を行うのが通常である。 In recent position detecting device has a written ROM such a processor and a necessary program therein, to perform the coordinate data processing is usually. 疑似マウスモードと手書きモードとの切替を位置検出装置側のスイッチ又は位置指示器のスイッチ操作(又は筆圧変化)で行おうとする場合には、座標データ処理部20の一部が位置検出装置側に存在することになる。 Pseudo mouse mode and switches the position detecting device of the switch or the position indicator of the switch operation of the handwriting mode (or brush pressure changes) when you try to do it, a part of the coordinate data processing unit 20 is a position detection apparatus It will be present to.
【0022】 [0022]
図1において、位置検出装置10から座標データ処理部20への矢印は、操作者の位置指示器の動かす動作に従って位置検出装置10が検出した座標データが座標データ処理部20に送出されて、そこで処理されることを示している。 1, the arrows from the position detecting device 10 to coordinate data processing unit 20, coordinate data position detecting device 10 detects in accordance with the operation of moving the position indicator of the operator is sent to the coordinate data processing unit 20, where It indicates that it is processed.
【0023】 [0023]
図1における表示処理部30は、コンピュータの処理内容のうち操作者に見せるために表示する内容を処理する部分である。 Display processing unit 30 in FIG. 1 is a section for processing the content displayed to show the operator of the processing of the computer. つまり、図示を省略した表示装置(CRTディスプレイ等)に表示させる表示データを作成する周知の機能部分である。 In other words, a well-known functional part for creating display data to be displayed on a display device (not shown) (CRT display). 座標データ処理部20から表示処理部30への矢印は、座標データ処理部20からポインターの座標に関する情報が表示処理部30に送出され、その結果表示装置の表示画面上に操作者の意思に基づくポインターが表示されることとなる事情を示している。 Arrow on the display unit 30 from the coordinate data processor 20, information on the coordinates of the pointer from the coordinate data processing unit 20 is sent to the display processing unit 30, based on the operator's intention on the display screen of the result display device It shows the circumstances so that the pointer is displayed.
【0024】 [0024]
図1におけるアプリケーションソフトウェア40は、例えば図面作成ソフト、ワープロソフト、写真編集ソフト、ドローイングソフト等のアプリケーションソフトであって、特に座標を取得して作業する部分をいう。 Application software 40 in FIG. 1, for example, drawing creation software, word processing software, photo editing software, an application software such as drawing software, refers to a portion of the work in particular obtains the coordinates. 座標データ処理部20からアプリケーションソフトウェア40に向かう矢印は、操作者がマウス等により入力した座標データをアプリケーションソフトウェア40が取得して当該アプリケーションソフトの処理に使用することを示している。 Arrow from the coordinate data processing unit 20 to the application software 40, a coordinate data input by an operator using a mouse or the like application software 40 obtains illustrates using the process of the application software. 逆向きの矢印、つまりアプリケーションソフト40から座標データ処理部20への矢印は、アプリケーションソフトウェアが新たなウィンドウ(作業領域)を開いた際にそのウィンドウ(領域)内では特にインキング入力(手書き入力)を必要とする場合に絶対座標モード(手書き入力モード:インキング入力モード)での座標データ処理を座標データ処理部20が実行するように指示を与えることを意味している。 Reverse arrow, i.e. arrows from the application software 40 to coordinate data processing unit 20, in particular inking input within the window when the application software has opened a new window (work area) (area) (handwriting input) absolute coordinate mode when requiring: coordinate data processing unit 20 coordinate data processing in (handwriting input mode inking input mode) is meant to give an instruction to execute. このようなモード選択指示をアプリケーションプログラムに行わせることはまったくアプリケーションプログラム側の設計事項となる。 Possible to perform such mode selection instruction to the application program is exactly the application program side of design matter. 座標データ処理部20側は常に相対座標モード(疑似マウスモード)としておき、絶対座標モードの処理はアプリケーションプログラム側で行うこととする変形実施例も本発明の範疇に含まれるものである。 Always coordinate data processing unit 20 side leave the relative coordinate mode (pseudo mouse mode), the processing of the absolute coordinate mode is modified embodiment to be performed by the application program side is also included in the scope of the present invention.
【0025】 [0025]
図1において、座標モード選択指示部50は、座標データ処理部20の座標データ処理モードを絶対座標モード(インキング入力モード)および相対座標モード(疑似マウスモード)との間で切替える指示を与える機能を有する部分である。 In Figure 1, the coordinate mode selection instructing section 50 has a function to give an instruction to switch between the coordinate data processing mode the absolute coordinate mode (inking input mode) and the relative coordinate mode of the coordinate data processing unit 20 (pseudo mouse mode) a portion having a. 実際に操作者の操作する器具としては、位置指示器のサイドスイッチ(通常、電子ペンの脇に設けられているスイッチ)、タブレット上の押しやすい位置に設けられたスイッチ、キーボードのキー等のうちのいずれかになる。 The fact operator's operation to the instrument, the position indicator side switches (usually switch provided beside the electronic pen), the switch provided in easy to press position on the tablet, of the keys, etc. Keyboard It is either. 操作者がそれを操作することにより操作者の意思に基づいてモード切り替えが行なわれる。 Operator mode switching based on the operator's intention by operating it are carried out. このモード切替は上述したアプリケーションプログラムによるモード切換と併用してあるいは単独で採用され得る。 The mode switching may be employed in combination with the mode switching by the application program described above or alone.
【0026】 [0026]
図1における文字認識エンジン60は、絶対座標モードにおいて手書き文字入力をした際にそれを認識するためのものである。 Character recognition engine 60 in Figure 1 is intended to recognize it upon the handwritten character input in the absolute coordinate mode. 本発明に必須のものではないが、これを採用することによりキーボードなしにタブレットだけでコンピュータ操作の大半をすることも可能となる。 Not essential to the present invention, it is possible to most simply in computer operation tablet without keyboard by adopting the same.
【0027】 [0027]
図2は、本発明における絶対座標モードの処理内容の一例を示すフローチャートである。 Figure 2 is a flowchart showing one example of processing details of the absolute coordinate mode of the present invention. 座標モード選択指示部50の働きにより操作者の意思に基づくモード切り替え、又はアプリケーションソフトウェア40の働きによりアプリケーションの必要に基づくモード切り替えが実行されて絶対座標モードが選択された結果、この絶対座標モードのプログラムにはいる(ステップ100)。 Coordinate mode selection mode switching based on the operator's intention by the action of the indicator 50, or the result of the action of the application software 40 is mode switching based on the needs of the application absolute coordinate mode is executed is selected, the absolute coordinate mode enter the program (step 100).
【0028】 [0028]
まず、電子ペンのペン先の移動距離をポインターの表示位置の座標に加算する処理を実行する(ステップ101)。 First executes a process of adding the moving distance of the nib of the electronic pen to the coordinate of the display position of the pointer (step 101). この処理はタブレットが形式的な意味での絶対座標を出力するものであっても時間的に隣合う座標情報の引き算によりペン先の移動量が算出できるので、それを求めることを前提にしている。 This process is the tablet can be calculated amount of movement of the pen tip by subtraction formal sense of the absolute coordinate output ones in a be temporally adjacent coordinate information, is based on the assumption that ask for it . マウスエミュレーション(疑似マウス)モードでは、必須の前処理であること、及び通常のパソコンのOSがマウスを使うことを前提にしたものが大半であることに基づく。 In the mouse emulation (pseudo mouse) mode, it is an essential pre-treatment, and that OS of a normal PC based on the assumption that you use the mouse is based on it is a majority. ここで、算出されたポインター座標は次の計算のために保存される。 Here, the pointer coordinates calculated is stored for the next calculation.
【0029】 [0029]
次に、「ペン先が空中にあるか?」の判断を実行する(ステップ102)。 Then, it carries out the determination of "whether the pen tip is in the air?" (Step 102). この判断は、従来においてはペンのタブレット面からの高さがある閾値よりも上であるか否かにより行っていたものであるが、本発明では電子ペンの筆圧データを取得し、それが閾値よりも上であるか否かによりなされる。 This determination is in the conventional one in which has been performed by determining whether it is above a certain threshold height from the tablet surface of the pen, the present invention obtains the pen pressure data of the electronic pen, it It made by whether or not above the threshold. この閾値を操作者の好みによりカスタマイズ可能とする変形実施例も可能である。 Variant to be customized by the preference of the operator of the threshold is possible.
【0030】 [0030]
ステップ102で「はい」の場合、即ち電子ペンの筆圧データが閾値以下例えば10グラム以下である場合、ステップ101で算出されたポインターの座標は捨てられる(ステップ104)。 If in step 102 of "YES", that is, when the electronic pen writing pressure data is below a threshold such as 10 grams or less, is discarded coordinates of the pointer calculated in the step 101 (step 104). つまり、アプリケーションプログラム、文字認識エンジン等に採用されない。 In other words, the application program, not employed in character recognition engine or the like.
【0031】 [0031]
ステップ102で「いいえ」の場合、即ち電子ペンの筆圧データが閾値以上例えば10グラム以上である場合、ステップ101で算出されたポインターの座標はいわゆるインキング処理(ペンダウン処理)される(ステップ103)。 If at step 102 the "no", that is, when the electronic pen writing pressure data is the threshold value or more for example 10 grams or more, the coordinates of the pointer calculated in the step 101 is a so-called inking process (pen-down process) (step 103 ). つまり、アプリケーションプログラム、文字認識エンジン等に採用される情報として生かされ、表示装置に筆跡が表示されるなどの処理に用いられる。 That is, an application program, kept alive as information to be employed in the character recognition engine or the like, used in the process such as handwriting is displayed on the display device.
【0032】 [0032]
絶対座標モードでありつづける間、ステップ101からステップ104の処理を繰り返す。 During absolute remain a coordinate mode, it repeats the processing of step 104 from step 101. この手順によれば、ペン先が空中にある間のポインターの座標は次のポインタ座標の計算には用いられるが、インキングのデータとしては採用されないので、漢字やひらがなを入力する際の一つ一つのストロークがメリハリをもって入力でき、運筆途中の余分なデータが文字認識上の妨げにならずにすむという働きをする。 One time According to this procedure, although the pointer coordinates between the pen tip is in the air is used to compute the next pointer coordinate, because it is not employed as the inking data, for inputting kanji and hiragana one stroke can be entered with a sharp, extra data being strokes to act as unnecessary to not interfere with the character recognition.
【0033】 [0033]
図3は、本発明における相対座標モードの処理内容を示すフローチャートである。 Figure 3 is a flowchart showing the processing contents of the relative coordinate mode of the present invention. いわゆる疑似マウスモード(マウスエミュレーション)を実現する一例を示している。 It shows an example for realizing a so-called pseudo-mouse mode (mouse emulation).
【0034】 [0034]
座標モード選択指示部50の働きにより操作者の意思に基づいて、又はアプリケーションソフトウェア40の働きによりアプリケーションの必要に基づいて疑似マウスモードが選択された場合、この相対座標モードの処理に入る(ステップ200)。 Based on the intention of the operator by the operation of the coordinate mode selection instructing section 50, or if the pseudo mouse mode based on the needs of the application by the operation of the application software 40 has been selected, starts the processing of the relative coordinate mode (step 200 ).
【0035】 [0035]
まず、「ペン先が空中にあるか?」の判断がなされる(ステップ201)。 First of all, the determination of "whether the pen tip is in the air?" Is made (step 201). この判断はステップ102の判断と同様、本発明においては筆圧データを取得し、それをあらかじめ定められた閾値と大小比較することによりなされ得る。 This determination is similar to the determination of step 102, in the present invention obtains the pen pressure data, it can be made by comparing the magnitude it a predetermined threshold. この閾値をカスタマイズできることは上述の通りである。 It is as described above that can customize this threshold. この閾値のカスタマイズは絶対座標モードの場合と、相対座標モードの場合とで異なる設定にすることとする実施例も可能である。 Customizing this threshold is also possible embodiment to be different settings in the case of the absolute coordinate mode, as in the relative coordinate mode. 一般には、字を書く場合の筆圧よりもポインティングの場合の筆圧を小さくする方が使いやすいと思われるからである。 In general, because believe is easier to use to reduce the pen pressure in the case of pointing than the pen pressure of when writing the character.
【0036】 [0036]
ステップ201で「はい」(ペン先が空中にある)、即ち筆圧が閾値より下であると判断されると、ペン先の移動距離は取得されずにステップ203へと移る。 "YES" in step 201 (nib is in the air), i.e. when the pen pressure is determined to be below the threshold, the moving distance of the nib moves to step 203 without being acquired. マウスでポインターを大きく動かす際の往復運動における帰る動作をエミュレートするためである。 The operation to return the reciprocating motion when moving large pointer with the mouse in order to emulate.
【0037】 [0037]
ステップ201で「いいえ」(ペン先がタブレット面にある)、即ち筆圧が閾値より上であると判断されると、ペン先の移動距離をポインターの表示位置の座標に加算する処理が実行される(ステップ202)。 "No" in step 201 (nib is in tablet surface), i.e., when the writing pressure is determined to be above a threshold, processing for adding the travel distance of the nib to the coordinates of the display position of the pointer is performed that (step 202).
【0038】 [0038]
次にスイッチ操作処理がなされる(ステップ203)。 Then switch operation processing is performed (step 203). マウスの左ボタン、右ボタンの操作をエミュレートするためである。 Left button of the mouse, the operation of the right button in order to emulate. このスイッチ操作は電子ペンのサイドスイッチ等でなされ得る。 This switch operation can be done with the electronic pen side switch. 近時の電子ペンにはサイドスイッチが二つ設けられたものもあるので、マウスの左ボタン、右ボタンに対応させることが可能である。 Since the recent electronic pen while others side switch is provided two, left mouse button, it is possible to correspond to the right button. また、サイドスイッチが一つしか設けられていない電子ペンにあってはそれを左ボタンとし、タブレット側に一つスイッチを補って設けて右ボタンとすることもできる。 Further, in the electronic pen side switch is provided only one doing it with the left button could be a right button is provided to compensate for the one switch to the tablet side.
【0039】 [0039]
スイッチ操作処理の後、終了する(ステップ204)。 After the switch operation process ends (step 204). 相対座標モードが選択されている間、ステップ201からステップ204までの処理が繰り返される。 While relative coordinate mode is selected, processing from step 201 to step 204 are repeated. これにより疑似マウスモードが実現され、マウスの往復運動に似た動作を電子ペンを用いてタブレット上で行った際にマウスと同様に、大きくポインターを動かして自由自在にポインティング作業を実行することが可能となる。 This pseudo mouse mode is realized by the operation similar to the reciprocating motion of the mouse as well as mouse when performing on the tablet with the digital pen, be performed freely pointing work by moving the large pointer It can become.
【0040】 [0040]
図4は、座標入力装置側に絶対座標モード選択スイッチと相対座標モード選択スイッチとを設けた場合にドローイングアプリケーションソフトを操作する様子を示した図である。 Figure 4 is a diagram showing a state of operating a drawing application software in case of providing the absolute coordinate mode selection switch and the relative coordinate mode selection switch to the coordinate input apparatus.
【0041】 [0041]
図4の上半分には、表示装置の表示画面が描かれている。 The upper half of FIG. 4 is depicted the display screen of the display device. 今、ウィンドウが二つ開かれており、下側に表示されている他のアプリケーションソフトは相対座標モードでの入力が適したものであり、上側に表示されているドローイングアプリケーションソフトは絶対座標モードでの入力が適したものであると考える。 Now, the window has two open, other application software displayed on the lower side are those input at a relative coordinate mode is suitable, drawing application software displayed on the upper side in the absolute coordinate mode considered as one in which input of suitable. 今、ポインターはドローイングアプリケーションソフトのウィンドウ上にある。 Now, the pointer is on the window of the drawing application software. コンピュータ本体及びそれと表示装置、座標入力装置とを結ぶケーブル類は便宜上描くのを省略してある。 Computer and its display device, cables connecting the coordinate input apparatus is omitted draw convenience.
【0042】 [0042]
図4の下半分には座標入力装置(タブレット、デジタイザ)と電子ペンが描かれている。 Coordinate input device in a lower half of FIG. 4 (tablet, digitizer) and the electronic pen is drawn. 電子ペンは操作者により指示されているが、操作者は描くのを省いてある。 While electronic pens has been instructed by the operator, it has been omitted from the operator draws. 座標入力装置の座標読み取り領域該の適当な位置に絶対座標モード選択スイッチと相対座標モード選択スイッチとが設けられている。 Absolute coordinate mode selection switch and the relative coordinate mode selection switch is provided at an appropriate position coordinate reading area the coordinate input device. 絶対座標モード選択スイッチがいったん押されると、相対座標モード選択スイッチが押されるまでの間は絶対座標モード(ステップ100)により座標データ処理部20の処理がなされる。 When the absolute coordinate mode selection switch is once pressed, the processing of the coordinate data processing unit 20 is performed by the absolute coordinate mode until the relative coordinate mode selection switch is pressed (step 100). また、相対座標モード選択スイッチがいったん押されると、絶対座標モード選択スイッチが押されるまでの間は相対座標モード(ステップ200)により座標データ処理部20の処理がなされる。 Further, when the relative coordinate mode selection switch is once pressed, the processing of the coordinate data processing unit 20 is performed until the absolute coordinate mode selection switch is pressed by the relative coordinate mode (step 200). これらのスイッチ情報は、多くの場合座標入力装置からコンピュータ本体に送出され、コンピュータ本体内に存在する座標データ処理部20により処理されるものである。 These switch information is to be sent from a number of cases the coordinate input device to the computer main body, is processed by the coordinate data processing unit 20 present in the computer. しかし、座標データ処理部20の機能のうちの一部を位置検出装置10の内部に設けることとし、位置検出装置10の内部でモード切替情報に基づくモード切り替えの処理を実行することとする変形実施例を本発明が排除するものではない。 However, modifications to the provision of some of the functions of the coordinate data processing unit 20 within the position detecting device 10, and executes the processing of the mode switching based on the mode switching information inside the position detecting device 10 but the present invention is to eliminate the example.
【0043】 [0043]
図4に示す実施例においては、望ましくは、操作者はドローイングアプリケーションのようなインキング入力が好ましい場面に遭遇した際に、それを目で見て判断し、絶対座標モード選択スイッチを押すことにより、手書き入力を実行する。 In the embodiment shown in FIG. 4, desirably, the operator when encountering inking input preferably scenes such as drawing application, to determine to see it by eye, by pushing the absolute coordinate mode selection switch , to run the handwriting input. ワープロソフトのような他のアプリケーションソフトに戻る際に、今度は相対座標モード選択スイッチを押して疑似マウスモードに戻してさらに入力操作を続けて行くことになる。 When returning to other application software such as word processing software, so that this time is going to continue to further input operation to return to the pseudo mouse mode by pressing the relative coordinate mode selection switch.
【0044】 [0044]
図5は、相対座標モードと絶対座標モードとを自動的に(アプリケーションプログラムによりその必要に応じて)切替える実施例における表示画面の様子を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing a state of a display screen in the embodiment relative coordinate mode and the absolute and coordinate mode automatically (if the required by the application program) is switched.
【0045】 [0045]
図5に描かれた表示画面にはワードプロセッサの作業領域が表示され、その上に重ねて手書き文字入力領域(4文字分)が示されている。 The depicted screen 5 displays a work area of ​​a word processor, a handwritten character input area (4 characters) is shown superimposed thereon. 今、「今日は雨が降っている。」という文をキーボードを使わずに電子ペンだけで入力することを操作者が意図していると考える。 Now, consider an operator to enter only with the electronic pen without using the keyboard the sentence "it is raining today." Is intended. 既に「今日は」という部分までの入力がなされ、ワードプロセッサの作業領域上に表示されている。 Already input to the part of "Today" has been made, it is displayed on the work area of ​​a word processor. 手書き文字入力領域の外では相対座標モードとなっている。 Outside handwriting input area has a relative coordinate mode. 即ち、このワードプロセッサプログラムがその作業領域で必要としている入力モードは相対座標モード(疑似マウスモード)である。 That is, the input mode the word processing program is required in the work area is a relative coordinate mode (pseudo mouse mode). したがって、ワードプロセッサの作業領域で電子ペンを動かすことによりマウスと同様の操作感覚でポインターを移動させることができる(▲1▼)。 Therefore, it is possible to move the pointer in the same operation feeling and mouse by moving the electronic pen in the work area of ​​the word processor (▲ 1 ▼).
【0046】 [0046]
手書き文字入力領域にポインターが入った時点で絶対座標モードになる(▲2▼)。 An absolute coordinate mode when the handwriting input area pointer enters the (▲ 2 ▼). 図5では、今既に「雨が」の入力がなされ、文字認識結果が表示されている。 In Figure 5, now already been made to enter the "rain", the character recognition results are displayed. 次の漢字及びひらがなの入力をするために次の3文字目の升目に「降っている」の最初の文字を入力しようとして、操作者が電子ペンを持っていったときには絶対座標モードとなり、いわゆるインキング入力が可能となる。 As you try to enter the first letter of "is falling" to the input of the next kanji and hiragana to the next third character squares, become the absolute coordinate mode when the operator took the electronic pen, the so-called it is possible to inking input. アプリケーションソフトウェア40から座標データ処理部20への指令によりこのモード変更が実行される。 This mode change is performed from the application software 40 by the command to coordinate the data processing unit 20.
【0047】 [0047]
手書き文字を入力する(▲3▼)と、文字認識エンジン60が働いて文字認識が実行され、認識結果をアプリケーションプログラム40が取得できる状態になる。 Inputting handwritten characters and (▲ 3 ▼), working character recognition engine 60 character recognition is performed, becomes the recognition result to the state that the application program 40 can be acquired.
【0048】 [0048]
手書き文字入力領域からポインターが出た時点で相対座標モードに戻る(▲4▼)。 Handwriting input area back to the relative coordinate mode when the pointer has exited the (▲ 4 ▼). ワードプロセッサの作業領域では、アプリケーションプログラムが相対座標モードを要求しているからである。 The working area of ​​the word processor, since the application program is requesting a relative coordinate mode.
【0049】 [0049]
図6は、電子ペンのペン先にかかるわずかな圧力で判定して相対座標モード(疑似マウスモード)を実現する例を示す図である。 Figure 6 is a diagram illustrating an example of realizing a relative coordinate mode (pseudo mouse mode) was determined with a slight pressure on the pen tip of the electronic pen. 図6において水平に描いた線は座標検出装置の検出面を意味する。 Line drawn horizontally in FIG. 6 refers to the detection surface of the coordinate detecting device. 図6の▲1▼は電子ペンの往復運動でポインターを大きく動かそうとする際の行きの動きを示し、図6の▲2▼は電子ペンの往復運動でポインターを大きく動かそうとする際の帰りの動きを示している。 ▲ 1 ▼ is 6 shows the movement of going when trying to move a large pointer in a reciprocating motion of the electronic pen, in FIG. 6 ▲ 2 ▼ when trying to move a large pointer in a reciprocating motion of the electronic pen It shows the movement of return. 図では誇張して示しているので、▲2▼でかなりの高さまで電子ペンがあがっているように描かれているが、実際は距離的にはタブレット面からほとんど浮いていなくても、筆圧が閾値以下であればよいので、マウスほど意識的に空中に浮かせなくても楽に往復運動させることによりポインタの大きな移動が可能となる。 Since exaggerated in the figure, ▲ 2 ▼ at Although depicted as up the electronic pen to a considerable height, even without almost floating from the actual tablet surface at a distance, the the writing pressure since it is sufficient below the threshold, it is possible to a large movement of the pointer by comfortably reciprocate without floated in the air consciously as mice.
【0050】 [0050]
図7は、電子ペンを特定の高さ以上持ち上げて動かして相対座標モード(疑似マウスモード)を実現する従来例を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing a conventional example for implementing relative coordinate mode (pseudo mouse mode) moving lift the pen above a certain height. 従来はこの図で示すように一定の高さ以上に電子ペンを持ち上げることにより、電子ペンを読みとり範囲外に追いやることによりマウスの持ち上げと同様の状態をエミュレートしていた。 By the conventional lifting the electronic pen over a certain height as shown in this figure, the same state as the lifting of the mice was emulated by relegate out of range and read the electronic pen.
【0051】 [0051]
図8は、本発明における相対座標モードと絶対座標モードの違いを説明する図である。 Figure 8 is a diagram for explaining the differences in the relative coordinate mode and an absolute coordinate mode of the present invention. 今、▲1▼と▲2▼のように、電子ペンを用いて往復運動を繰り返すとする。 Now, ▲ 1 ▼ and ▲ 2 ▼ way of the repeated reciprocating motion with the digital pen. ▲1▼の動作は、電子ペンを座標検出装置の検出面に接触させた状態で、しかもあらかじめ設定された閾値以上の筆圧を保ちつつ移動させる。 ▲ 1 ▼ operations, the electronic pen in a state in contact with the detection surface of the coordinate detection device, moreover moves while maintaining a preset threshold or more writing pressure. それに対し、▲2▼の動作は、電子ペンを座標検出装置の検出面から浮かせた状態で、又は接触していても閾値以下の筆圧を保ちつつ移動させる。 In contrast, ▲ 2 ▼ behavior, in a state of floating the digital pen from the detection surface of the coordinate detecting device, or contact also moves while keeping the following writing pressure threshold have. この動きをした場合に、相対座標モード(疑似マウスモード)と絶対座標モード(手書きモード入力)とではどのようにポインタの動きが異なるかを図9及び図10を参照して以下説明する。 When this movement is described below with reference to the relative coordinate mode (pseudo mouse mode) the absolute coordinate mode (handwriting mode input) and FIGS. 9 and 10 how the movement of the pointer is different than. なお、この動きの間中電子ペンは読みとり高さ範囲内にあるもとの考える。 Note that throughout the electronic pen in this movement think of Moto within height range reading.
【0052】 [0052]
図9は、相対座標モードにおける電子ペンの操作と表示画面上のポインターの動きとの関係を示す図である。 Figure 9 is a graph showing the relationship between the motion of the electronic pen operation as the display screen of the pointers in the relative coordinate mode. 相対座標モードにおいては例えば図3に示すフローチャートに従うので、電子ペンがタブレット面に接して動くときにはポインターの位置も対応して動く(ステップ202参照)。 Since the relative coordinate mode according to the flowchart shown in FIG. 3, for example, when the electronic pen moves in contact with the tablet surface the position of the pointer moves correspondingly (see step 202). それに対して電子ペンがタブレット面から離れて帰って来るときにはペン先の移動距離がポインターの表示位置の座標に反映されないので(ステップ201参照)、ポインターの表示位置は図9の下の図に示すように一つの方向に進む一方である。 Since the electronic pen with respect to it moving distance of the pen tip is not reflected in the coordinates of the display position of the pointer when coming back away from the tablet surface (see step 201), the display position of the pointer shown in the lower diagram of FIG. 9 it is the process proceeds in one direction as.
【0053】 [0053]
図10は、絶対座標モードにおける電子ペンの操作と表示画面上のポインターの動きとの関係を示す図である。 Figure 10 is a diagram showing the relationship between the movement of the electronic pen operation as the display screen of the pointers in the absolute coordinate mode. 絶対座標モードにおいては例えば図2に示すフローチャートに従うので、電子ペンがタブレット面に接して動くときにはポインタの位置も対応して動く(ステップ103参照)。 Since the absolute coordinate mode according to the flowchart shown in FIG. 2, for example, moves correspondingly the position of the pointer when the pen moves in contact with the tablet surface (see step 103). このとき手書き文字入力などであれば、同時に表示画面上には、インキング(筆跡表示)もなされることになる。 If such this time handwritten character input, the simultaneous display screen, so that also made inking (handwriting display). それに対して、電子ペンが帰って来るときには、ペン先の移動距離がポインターの表示位置の座標に加算されるので、ポインターも電子ペンの移動に応じて戻って来ることになる(ステップ101)。 In contrast, when the electronic pen come home, since the moving distance of the nib is added to the coordinates of the display position of the pointer, the pointer is also to come back in response to movement of the electronic pen (step 101). 行きと帰りとの違いはインキング(筆跡表示)がなされるか否かの違いとなる(ステップ103)。 The difference between going and return is the difference between whether or not the inking (handwriting display) is performed (step 103).
【0054】 [0054]
図11は、手書き文字認識アプリケーションの操作例を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing an operation example of a handwriting recognition application. 電子ペンのみを用いてワードプロセッサの操作をしようとする際に手書き文字入力用ウィンドウを開いて文字認識をする様子を示している。 It shows a state in which the character recognition window open for handwriting input when attempting to operate word processor using only the electronic pen. 今まさにひらがなの「ふ」の字を手書きにて入力しようとしている。 Now just the character of "Fu" in the hiragana trying to enter by handwriting.
【0055】 [0055]
図12は、手書き文字入力の際の運筆と入力結果との関係を絶対座標モードにおいて示す図である。 Figure 12 is a diagram illustrating the absolute coordinate mode the relationship between the input result and the stroke at the time of handwritten input. ひらがなの「あ」の字を入力する際について示している。 It shows about when you enter the character of "a" of hiragana. ひらがなの「あ」は三つのストロークからなる文字である。 "A" of the hiragana is a character that consists of three stroke. 第一のストロークは上方ほぼ水平に左から右に伸びる。 The first stroke extending to the right from the left upper substantially horizontally. 第二のストロークは中ほど垂直に上から下に伸びる。 Extending from top to bottom vertically as in the second stroke. 第三のストロークはやや複雑であって小さな円弧と大きな円弧との二つの円弧のつながりからなる。 The third stroke consists of two arcs of connection of a rather complex and small arc a major arc.
【0056】 [0056]
図12で太く描いているのは、実際にインキングされる部分を示している。 What drawn thicker in FIG. 12 shows a portion that is actually inked. 図12で点線で描いているのは、電子ペンが浮いていて動くときの軌跡を示すものであって、インキングはなされない部分である。 Is What drawn with a dotted line in FIG. 12, there is shown a trajectory when moving floated electronic pen, a part of inking is not performed. 図2に示す絶対座標モードの処理によれば、点線部分に電子ペンがあるときにもポインターの表示位置の座標に移動距離を加算する処理がなされるから(ステップ101参照)、第一ストロークの書き終りの位置から第二ストロークの書きはじめの位置まで電子ペンを浮かして移動すれば、ポインターの表示位置も右端から上部中央位置まで移動する。 According to the absolute coordinate mode processing shown in FIG. 2, because the process of adding the moving distance to the coordinates of the display position of the pointer is made even when there is an electronic pen in dotted line (see step 101), the first stroke from a position of writing the end moved floated electronic pen to the position of beginning writing the second stroke, moves the display position of the pointer from the right end to the upper central position. また、同様に、第二ストロークの終わりの位置から第三ストロークの書きはじめの位置まで電子ペンを浮かして移動すれば、ポインターの表示位置も下部中央位置からそのやや上の方に移動する。 Similarly, if travel from the position of the end of the second stroke floated electronic pen to the position of beginning writing the third stroke, it moves the display position of the pointer from the bottom center to its slightly towards the top. その結果、図12に示すようにひらがなの「あ」の字を正常に入力することができる。 As a result, it is possible to enter correctly the character of "A" hiragana as shown in FIG. 12.
【0057】 [0057]
図13は、相対座標モードで手書き文字入力の際の運筆を行った際の入力結果を示す図である。 Figure 13 is a diagram showing the input results of performing strokes during handwriting input relative coordinates mode. 図3に示す相対座標モード(疑似マウスモード)でステップ202のポインター表示においてインキングをしたと仮定して、そのインキング結果を太い線で表示して見たものである。 Assuming that the inking in the pointer display in step 202 the relative coordinate mode (pseudo mouse mode) shown in FIG. 3, viewed by displaying the inking results in a thick line. 相対座標モードでは電子ペンが浮いている状態ではポインターの表示位置に移動距離を加算する処理をしないので(ステップ201参照)、第二ストロークの書きはじめが第一ストロークの書き終りと同じ点になり、第三ストロークの描きはじめが第二ストロークの書き終りの位置に一致する。 Since the relative coordinate mode without the process of adding the moving distance to the display position of the pointer in the state that floats the electronic pen (see step 201), writes the beginning of the second stroke is the same point as the write end of the first stroke , to draw the beginning of the third stroke is coincident with the position of the end writing of the second stroke. そのため、インキングの結果物は、図13に示すようにひらがなの「あ」とはかけ離れたものになってしまう。 Therefore, the result of inking, becomes that far from "a" hiragana as shown in FIG. 13.
【0058】 [0058]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
小型の位置検出装置(座標検出装置、タブレット、デジタイザ)であっても、コンピュータ画面上のより広い領域を自由に指示することができる。 Compact position detecting apparatus (coordinate detection device, a tablet, a digitizer) even can instruct freely a wider area on a computer screen. 文字認識を可能とする構成にあっては、キーボードの操作が本質的に不要となり、電子ペン1本でコンピュータの殆どの入力操作(文字等の入力、インク入力、ポインティング入力、描画作業等)ができるようになった。 In the structure that enables the character recognition, the operation of the keyboard is essentially unnecessary, most of the input operation of the computer in one electronic pen (such as characters input, ink input, pointing input, rendering work, etc.) It became so possible.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 本発明の構成を示す機能ブロック図【図2】 本発明における絶対座標モードの処理内容を示すフローチャート【図3】 本発明における相対座標モードの処理内容を示すフローチャート【図4】 座標入力装置側に絶対座標モード選択スイッチと相対座標モード選択スイッチとを設けた場合にドローイングアプリケーションソフトを操作する様子を示した図【図5】 相対座標モードと絶対座標モードとを自動的に切り替える例における表示画面の様子を示す図【図6】 電子ペンのペン先にかかるわずかな圧力で判定して相対座標モードを実現する例を示す図【図7】 電子ペンを特定の高さ以上持ち上げて動かして相対座標モードを実現する例を示す図【図8】 本発明における相対座標モードと絶対座標モードの違いを説明する図【 Figure 1 is a flow chart Figure 4 showing the contents of the relative coordinate mode in flow chart Figure 3 the invention showing a processing content of the absolute coordinate mode in functional block diagram Figure 2 the invention showing a configuration of the present invention coordinates examples of automatically switching the drawing Figure 5 shows the application software showing how to manipulate the relative coordinate mode and the absolute coordinate mode when providing the absolute coordinate mode selection switch on the input device side and the relative coordinate mode selection switch display Figure 7 illustrates an example for implementing relative coordinate mode is determined by the slight pressure exerted in FIG. 6 of the electronic pen nib showing a state of the screen by lifting the electronic pen over a specific height in diagram for explaining the differences in the relative coordinate mode and an absolute coordinate mode in FIG. 8 the invention showing an example of implementing relative coordinate mode by moving [ 9】 相対座標モードにおける電子ペンの操作と表示画面上のポインターの動きとの関係を示す図【図10】 絶対座標モードにおける電子ペンの操作と表示画面上のポインターの動きとの関係を示す図【図11】 手書文字認識アプリケーションの操作例を示す図【図12】 手書文字入力の際の運筆と入力結果との関係を絶対座標モードにおいて示す図【図13】 相対座標モードで手書文字入力の際の運筆を行った際の入力結果を示す図【符号の説明】 9 is a graph showing a relation between the motion of the electronic pen operation as the display screen of the pointers in FIG. [10] absolute coordinate mode showing the relationship between the movement of the electronic pen operation as the display screen of the pointers in the relative coordinate mode 11 is a diagram showing an operation example of a handwriting recognition application [12] the relationship between the input result and the stroke at the time of handwriting input in Figure 13 relative coordinate mode shown in the absolute coordinate mode handwritten It shows the input results of performing strokes during character input [description of symbols]
10 位置検出装置20 座標データ処理部30 表示処理部40 アプリケーションソフトウェア50 座標モード選択指示部60 文字認識エンジン 10 Position detecting device 20 coordinate data processing unit 30 display unit 40 the application software 50 coordinate mode selection instructing section 60 a character recognition engine

Claims (7)

  1. 筆記具形状を有し操作者がコンピュータに操作情報を入力するための位置指示器である電子ペンと該電子ペンの指示し得る範囲であるタブレット面とを有し該タブレット面上の前記電子ペンの位置情報及び該タブレット面と前記電子ペンとの間の押圧力である筆圧情報を検出し得る位置検出装置と、 The operator has a writing instrument shape of the electronic pen on the tablet surface and a tablet surface is in a range capable of directing the electronic pen and electronic pen is position indicator for inputting operation information to a computer a position detecting device capable of detecting the pen pressure is the push force between the positional information and the tablet surface and the electronic pen,
    該位置検出装置の検出した電子ペンの位置情報及び筆圧情報をコンピュータ制御のための操作情報として取得する操作制御部を有するコンピュータと、 A computer having an operation control unit for acquiring the detected position information and writing pressure information of the electronic pen of the position detecting device as operation information for the computer-controlled,
    該コンピュータの処理内容に基づく情報を示す表示画面を有し、該表示画面上にポインターを表示する表示装置とを有し、 A display screen showing information based on the processing contents of the computer has a display unit for displaying a pointer on the display screen,
    該表示装置に表示されるポインターの表示位置と前記位置検出装置からの情報とを前記操作制御部が対応関係をもたせることによって、操作者とコンピュータとの間でインタラクティブな操作を実現したコンピュータシステムであって、 By the operation control unit display position and the information from the position detecting device of a pointer to be displayed on the display device impart a correspondence relationship, in a computer system that realizes interactivity between the operator and the computer there,
    前記操作制御部が、電子ペンの先端にわずかな筆圧がかかった時の電子ペンの移動方向及び移動量をポインターの移動に反映させ、さらに筆圧が加わった時にポインターの指示位置に関連する処理を開始させるようにしたことを特徴とするコンピュータシステム。 The operation control section, to reflect the movement direction and the movement amount of the electronic pen when a slight pen pressure is applied to the tip of the electronic pen on the pointer movement, associated with the indicated position of the pointer when further applied is writing pressure computer system characterized in that so as to start processing.
  2. 筆記具形状を有し操作者がコンピュータに操作情報を入力するための位置指示器である電子ペンと該電子ペンの指示し得る範囲であるタブレット面とを有し該タブレット面上の前記電子ペンの位置情報及び該タブレット面と前記電子ペンとの間の押圧力である筆圧情報を検出し得る位置検出装置と、 The operator has a writing instrument shape of the electronic pen on the tablet surface and a tablet surface is in a range capable of directing the electronic pen and electronic pen is position indicator for inputting operation information to a computer a position detecting device capable of detecting the pen pressure is the push force between the positional information and the tablet surface and the electronic pen,
    該位置検出装置の検出した電子ペンの位置情報及び筆圧情報をコンピュータ制御のための操作情報として取得する操作制御部を有するコンピュータと、 A computer having an operation control unit for acquiring the detected position information and writing pressure information of the electronic pen of the position detecting device as operation information for the computer-controlled,
    該コンピュータの処理内容に基づく情報を示す表示画面を有し、該表示画面上にポインターを表示する表示装置とを有し、 A display screen showing information based on the processing contents of the computer has a display unit for displaying a pointer on the display screen,
    該表示装置に表示されるポインターの表示位置と前記位置検出装置からの情報とを前記操作制御部が対応関係をもたせることによって、操作者とコンピュータとの間でインタラクティブな操作を実現したコンピュータシステムであって、 By the operation control unit display position and the information from the position detecting device of a pointer to be displayed on the display device impart a correspondence relationship, in a computer system that realizes interactivity between the operator and the computer there,
    前記操作制御部は二つの操作モードを有し、 The operation control unit has two operating modes,
    その一つは、電子ペンが位置検出面にほぼ接している時の電子ペンの移動方向及び移動量をポインターの移動に反映させるようになっている疑似マウスモードであり、 One is a pseudo mouse mode in which the electronic pen is adapted to reflect the movement of the electronic pen moving direction and the moving amount of the pointer when are substantially in contact with the position detection surface,
    もう一つは、電子ペンが位置検出装置の検出表面及び近接空間のいずれにあっても、その電子ペンによる指示位置をポインターの表示位置に反映させるようになっている手書きモードであり、 Another, in any detection surface and proximity space of the electronic pen position detecting device, a handwriting mode adapted to reflect the position indicated by the electronic pen to the display position of the pointer,
    この二つのモードを適宜切り換えることのできるモード切り換え部を有することを特徴とするコンピュータシステム。 Computer system characterized in that it comprises a mode switching unit that can be switched the two modes as appropriate.
  3. 筆記具形状を有し操作者がコンピュータに操作情報を入力するための位置指示器である電子ペンと該電子ペンの指示し得る範囲であるタブレット面とを有し該タブレット面上の前記電子ペンの位置情報及び該タブレット面と前記電子ペンとの間の押圧力である筆圧情報を検出し得る位置検出装置と、 The operator has a writing instrument shape of the electronic pen on the tablet surface and a tablet surface is in a range capable of directing the electronic pen and electronic pen is position indicator for inputting operation information to a computer a position detecting device capable of detecting the pen pressure is the push force between the positional information and the tablet surface and the electronic pen,
    該位置検出装置の検出した電子ペンの位置情報及び筆圧情報をコンピュータ制御のための操作情報として取得する操作制御部を有するコンピュータと、 A computer having an operation control unit for acquiring the detected position information and writing pressure information of the electronic pen of the position detecting device as operation information for the computer-controlled,
    該コンピュータの処理内容に基づく情報を示す表示画面を有し、該表示画面上にポインターを表示する表示装置とを有し、 A display screen showing information based on the processing contents of the computer has a display unit for displaying a pointer on the display screen,
    該表示装置に表示されるポインターの表示位置と前記位置検出装置からの情報とを前記操作制御部が対応関係をもたせることによって、操作者とコンピュータとの間でインタラクティブな操作を実現したコンピュータシステムであって、 By the operation control unit display position and the information from the position detecting device of a pointer to be displayed on the display device impart a correspondence relationship, in a computer system that realizes interactivity between the operator and the computer there,
    前記操作制御部は二つの操作モードを有し、 The operation control unit has two operating modes,
    その一つは、電子ペンの先端にわずかな筆圧がかかった時の電子ペンの移動方向及び移動量をポインターの移動に反映させ、更に、筆圧が加わった場合に、ポインターの指示位置に関連する処理を開始させるようになっている疑似マウスモードであり、 One is to reflect the direction and amount of movement of the electronic pen when a slight pen pressure is applied to the tip of the electronic pen on the pointer movement, further, when the writing pressure is applied, the position indicated by the pointer a pseudo mouse mode adapted to initiate an associated process,
    もう一つは、電子ペンが位置検出装置の検出表面及び近接空間のいずれにあっても、その電子ペンによる指示位置をポインターの表示位置に反映させると共に、電子ペン先端に所定以上の筆圧が加わった際に、ポインターの指示位置に関連する処理を開始させるようになっている手書きモードであり、 Another, in any detection surface and proximity space of the electronic pen position detecting device, the reflect the position indicated by the electronic pen to the display position of the pointer, it is more than a predetermined writing pressure to the electronic pen tip when applied, a handwriting mode adapted to start processing associated with the indicated position of the pointer,
    この二つのモードを適宜切り換えることのできるモード切り換え部を有することを特徴とするコンピュータシステム。 Computer system characterized in that it comprises a mode switching unit that can be switched the two modes as appropriate.
  4. 前記モード切り換え部は、位置検出装置に設けられた操作部分の操作によって、モードを変更できることを特徴とする請求項2又は3のコンピュータシステム。 The mode switching unit, according to claim 2 or 3 in the computer system, characterized in that by operating the operation portion provided on the position detecting device, can change the mode.
  5. 前記モード切り換え部は、ポインターの指示位置に応じて、自動的に切り替わることを特徴とする請求項2又は3のコンピュータシステム。 The mode switching unit in response to the instruction position of the pointer, according to claim 2 or 3 in the computer system, characterized in that it automatically switches.
  6. 前記モード切り換え部は、ポインターが手書文字認識のための手書き記入エリアにある時に自動的に手書きモードに切り替わることを特徴とする請求項2又は3のコンピュータシステム。 Said mode switching portion, the pointer is automatically claim 2 or 3 in the computer system, characterized in that switching to the handwriting mode when in the handwritten area for handwriting recognition.
  7. 前記モード切り換え部は、ポインターの指示位置に存在する対象物に対して、事前に設定された情報に従って、自動的に切り替わることを特徴とする請求項5のコンピュータシステム。 The mode switching unit, to the object existing in the indicated position of the pointer, according to information set in advance, according to claim 5, characterized in that automatically switches the computer system.
JP5592698A 1997-03-31 1998-02-20 Computer system using an electronic pen Expired - Fee Related JP4049877B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9-96460 1997-03-31
JP9646097 1997-03-31
JP5592698A JP4049877B2 (en) 1997-03-31 1998-02-20 Computer system using an electronic pen

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5592698A JP4049877B2 (en) 1997-03-31 1998-02-20 Computer system using an electronic pen

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10333817A JPH10333817A (en) 1998-12-18
JP4049877B2 true JP4049877B2 (en) 2008-02-20

Family

ID=26396821

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5592698A Expired - Fee Related JP4049877B2 (en) 1997-03-31 1998-02-20 Computer system using an electronic pen

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4049877B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3952896B2 (en) 2002-07-30 2007-08-01 キヤノン株式会社 Coordinate input apparatus and its control method, program
US7656395B2 (en) * 2004-07-15 2010-02-02 Microsoft Corporation Methods and apparatuses for compound tracking systems
JP4372188B2 (en) * 2007-12-21 2009-11-25 株式会社東芝 Information processing apparatus and display control method
JP5762967B2 (en) * 2010-05-18 2015-08-12 パナソニック インテレクチュアル プロパティ コーポレーション オブアメリカPanasonic Intellectual Property Corporation of America Coordinate determining device, the coordinate determination method and coordinate determination program
WO2014128749A1 (en) 2013-02-19 2014-08-28 株式会社ブリリアントサービス Shape recognition device, shape recognition program, and shape recognition method

Also Published As

Publication number Publication date
JPH10333817A (en) 1998-12-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6043805A (en) Controlling method for inputting messages to a computer
CA2076506C (en) Apparatus and method for reducing system overhead while inking strokes in a finger or stylus-based input device of a data processing system
EP0607926B1 (en) Information processing apparatus with a gesture editing function
JP3909230B2 (en) Coordinate input device
CN1026628C (en) Menu display system and method
JP4215549B2 (en) An information processing apparatus operated by the touch panel mode and pointing device mode
US9939951B2 (en) Electronic device operating according to pressure state of touch input and method thereof
EP0992877B1 (en) Information processing apparatus
CN102262504B (en) User interaction with the virtual keyboard gestures
KR100954594B1 (en) Virtual keyboard input system using pointing apparatus in digial device
JP3588201B2 (en) Coordinate input apparatus and its control method
US6999065B1 (en) Linear touch input device
US6049329A (en) Method of and system for facilitating user input into a small GUI window using a stylus
US9946372B2 (en) Pen type input device and method for character input and mouse functions
CN100465867C (en) Handwritten information input apparatus and handwritten information input method
US8086971B2 (en) Apparatus, methods and computer program products providing finger-based and hand-based gesture commands for portable electronic device applications
US5936612A (en) Computer input device and method for 3-D direct manipulation of graphic objects
US5063376A (en) Numeric mouse one hand controllable computer peripheral pointing device
EP1098241A2 (en) Track pad pointing device with areas of specialized function
US9311724B2 (en) Method for user input from alternative touchpads of a handheld computerized device
EP0637794B1 (en) A small, hand-held computing device
US6424338B1 (en) Speed zone touchpad
US5914702A (en) Pointing device with wrap-around buttons
KR100975168B1 (en) Information display input device and information display input method, and information processing device
US8487879B2 (en) Systems and methods for interacting with a computer through handwriting to a screen

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050216

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070918

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071016

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20071026

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20071120

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20071128

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101207

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101207

Year of fee payment: 3

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111207

Year of fee payment: 4

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121207

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees