JP4041423B2 - 電気接続箱の防水構造 - Google Patents

電気接続箱の防水構造 Download PDF

Info

Publication number
JP4041423B2
JP4041423B2 JP2003090310A JP2003090310A JP4041423B2 JP 4041423 B2 JP4041423 B2 JP 4041423B2 JP 2003090310 A JP2003090310 A JP 2003090310A JP 2003090310 A JP2003090310 A JP 2003090310A JP 4041423 B2 JP4041423 B2 JP 4041423B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
junction box
cover
portion
waterproof structure
box body
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2003090310A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004297975A (ja
Inventor
邦彦 竹内
幸司 野村
昌博 高松
信宏 高田
Original Assignee
矢崎総業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 矢崎総業株式会社 filed Critical 矢崎総業株式会社
Priority to JP2003090310A priority Critical patent/JP4041423B2/ja
Publication of JP2004297975A publication Critical patent/JP2004297975A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4041423B2 publication Critical patent/JP4041423B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02GINSTALLATION OF ELECTRIC CABLES OR LINES, OR OF COMBINED OPTICAL AND ELECTRIC CABLES OR LINES
    • H02G3/00Installations of electric cables or lines in or on buildings, equivalent structures or vehicles
    • H02G3/02Details
    • H02G3/08Distribution boxes; Connection or junction boxes
    • H02G3/088Dustproof, splashproof, drip-proof, waterproof, or flameproof casings or inlets
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S439/00Electrical connectors
    • Y10S439/949Junction box with busbar for plug-socket type interconnection with receptacle

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、メインカバー内に収容した回路板組立体を中間カバーで覆い、中間カバーの外側に電子制御ユニット等の部品を搭載してサブカバーで覆った電気接続箱の防水構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
図4は従来の電気接続箱の防水構造の一形態を示すものである(特許文献1参照)。
【0003】
この電気接続箱41は合成樹脂製の一方のカバー42と他方のカバー43とを備え、両カバー(接続箱本体)42,43の内側に回路板組立体44を収容して、回路板組立体44をカバー42,43で外部の水滴45や塵等から保護したものである。
【0004】
一方(図で右側)のカバー42は周壁46の端縁に外向きの係止突起47を有し、他方(図で左側)のカバー43は周壁48の中間部に係止突起47を係合させる係合孔49を有している。係止突起47や係合孔49の数は適宜設定される。
【0005】
他方のカバー43の周壁48は一方のカバー42の周壁46よりも長く庇状に突出し(符号50で示す)、周壁48の外側にアーチ状の膨出部51が一体に設けられ、係止突起47と係合孔49とが膨出部51の内側に位置して外部の水滴45等から保護されている。外部の水滴45は膨出部51の上に落ち、膨出部51の表面に沿って庇部50から外部に落下し、係合孔49からカバー42,43内への水滴45の浸入が防止される。
【0006】
【特許文献1】
実開平1−76123号公報(第1〜2頁、第2図)
【0007】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、上記従来の電気接続箱の防水構造にあっては、膨出部51の開口52側から水滴が吹き付けられたり、電気接続箱41の組付方向を90゜反転して使用する場合には、膨出部51内に入った水滴が係合孔49からカバー42,43内に浸入し、内部の回路板組立体44や電子部品等に悪影響を与えてしまうという問題があった。
【0008】
また、膨出部51の内側に、図示しない第三のカバー(例えば外付けの電子制御ユニット等のカバー)に対する係止突起を設ける場合には、樹脂成形時の抜き型の関係で膨出部51の底部53を開口させなければならず、左右二つの開口から膨出部内に水滴が一層浸入しやすくなり、電気接続箱の防水性が悪化するという問題があった。
【0009】
本発明は、上記した点に鑑み、カバー(接続箱本体)に他のカバーの係止のための膨出部を設けた構造において、膨出部からカバー(接続箱本体)内への水滴等の浸入を防いで防水性を向上させることのできる電気接続箱の防水構造を提供することを目的とする。
【0010】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するために、本発明の請求項1に係る電気接続箱の防水構造は、接続箱本体の周壁に複数の膨出部が外向きに突出形成され、該接続箱本体の内側と該膨出部の内側空間とが連通し、該膨出部の内側に係止部と係止部成形用の型抜き孔とが設けられ、該係止部にカバーの被係止部が係合する電気接続箱の構造において、前記接続箱本体の周壁の内側に板状の中間カバーが装着され、前記複数の膨出部に対応して複数の小板状の突部が該中間カバーの外周部から一体に外向きに突出形成され、各突部が各膨出部の内側空間に進入して該内側空間を塞ぐことで、該膨出部から該接続箱本体内への水の浸入が防止されたことを特徴とする。
上記構成により、例えば型抜き孔から膨出部内に流入した水滴は中間カバーの突部で阻止されて、接続箱本体内への水滴の浸入が防止される。また、突部は接続箱本体に対する中間カバー装着時の位置決め部として作用し、中間カバーの装着がスムーズ且つ容易に行われる。
【0011】
請求項2に係る電気接続箱の防水構造は、請求項1記載の電気接続箱の防水構造において、前記係止部が前記接続箱本体の内側に向けて突出形成されたことを特徴とする。
上記構成により、接続箱本体に中間カバーを装着する際に、突部が係止部を外向きに押圧して膨出部が外向きに撓み、中間カバーの装着が容易化する。中間カバーを装着した後、部品を搭載し、カバーを装着する際も同様である。カバー及び中間カバーを接続箱本体から離脱させる際にも、突部が係止部を外向きに押圧して膨出部が外向きに撓むから、離脱が容易に行われる。
【0012】
請求項3に係る電気接続箱の防水構造は、請求項1又は2記載の電気接続箱の防水構造において、前記接続箱本体の内側に回路板組立体が収容され、該回路板組立体の外側に前記中間カバーが装着され、該中間カバーの外側に部品が搭載されると共に該部品を覆う前記カバーが装着されることを特徴とする。
上記構成により、中間カバーで回路板組立体を覆って外部から保護し、且つ中間カバーの突部で回路板組立体側への水滴や塵等の浸入を阻止する。中間カバーを装着した後、電子制御ユニット等の部品が搭載され、カバーで外部から保護される。カバーは接続箱本体の係止部で係止固定される。回路板組立体は中間カバーと部品のカバーとで二重に覆われて確実に保護される。
【0013】
【発明の実施の形態】
以下に本発明の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明する。
図1〜図3は、本発明に係る電気接続箱の防水構造の一実施形態を示すものである。
【0014】
この電気接続箱1(図3)は、図1に示す合成樹脂製のメインカバー(接続箱本体)2と、メインカバー2の内側に収容される回路板組立体3及びヒューズブロック(電気部品ブロック)4と、これら回路板組立体3とヒューズブロック4とで構成されるサブ組立体の上に被着される図2〜図3の合成樹脂製の中間カバー5と、図3に鎖線で示す如く中間カバー5の上に装着される電子制御ユニット(部品)6と、電子制御ユニット6を覆うサブカバー(カバー)7とを少なくとも備えるものである。
【0015】
図1の如く、メインカバー2は左右及び後側の三方の壁部8〜10で構成される周壁(外壁)と、周壁8〜10の下側に直交して一体に続く基壁11とを備え、三方の各壁部8〜10に横断面矩形状(略コの字ないし凹字状)の膨出部12がそれぞれ設けられ、膨出部12の内側には、上記サブカバー7(図3)の係合突起(被係止部13)又は図示しない係合孔や係合凹部(被係止部)に対する係止突起(係止部)14が一体に設けられている。
【0016】
膨出部12はメインカバー2の周壁8〜10に直交して続く一対の短辺側の壁部12aと、短辺側の壁部12aを連結する長辺側の幅広の壁部12bとで構成され、上下に貫通する横断面矩形溝状の内側空間15と上下の開口16,17とを有し、上側の開口16内に係止突起14を有している。係止突起14は膨出部12の幅広な壁部12bの内面からメインカバー2の内側に向けて内向きに突出形成され、係止突起14の両側端は膨出部12の短辺側の壁部12aに直交して一体に続いている。係止突起14が内向きに形成されているから、膨出部12の外側への撓み作用で中間カバー5(図3)やサブカバー7の着脱が容易に行われる。
【0017】
この膨出部12とは別にメインカバー2の左右の壁部8,10の前端寄りには中間カバー5をスライド係合させるための左右一対の膨出部18が設けられている。膨出部18は内側に壁部8,10を貫通して略T字状の溝19を有している。上記各膨出部12,18の長さや係止突起14の位置等は電子制御ユニット6(図3)の大きさや形状等に応じて適宜設定される。
【0018】
本発明では主にサブカバー7(図3)の係止のための前述の膨出部12における防水性の向上を図ることを目的としている。なお、図1における電気接続箱1の方向性(上下前後左右)は電気接続箱1の組付方向とは無関係であり、上下逆に使用したり、あるいは90゜反転して使用したりすることもある。明細書では説明の便宜上、図1における上下左右の方向を用いて各部の構成を説明する。
【0019】
サブカバー7(図3)の係止のための膨出部12(図1)は各壁部8〜10の上端から高さ方向中間部まで垂直に延び、上端側に係止突起14を有し(膨出部12は係止突起14を必ず有している必要はない)、下端に係止突起14の型抜きのための開口(型抜き孔)17を有している。従って、この係止突起14の下側空間15や下端の開口17からメインカバー2の内部すなわち電気接続箱1の内部に水滴や塵等が浸入する危険を孕んでいる。
【0020】
そこで本発明は、図2の如く中間カバー5の外周(外縁)に、膨出部12の内側空間(凹部)15内に進入係合する突部(凸部)20を設けて、突部20で膨出部12の内側空間15を外部と遮断し(縦長の内側空間15を長手方向中間部で遮断し)、膨出部12の開口16,17(上側の開口16から水滴が浸入する場合もある)からメインカバー2内への水滴等の浸入を防止したことを特徴とする。
【0021】
中間カバー5の突部20の突出長さL(図2)は必ずしも膨出部12の内側の凹部15の深さWと同じでなくともよく、凹部15の深さWよりも突部20の突出長さLが短くとも防水・防湿の効果(水滴等の浸入を制限する効果)は十分にある。突部20の先端20a(図2)と凹部15の底面との間に隙間を生じる場合でも、突部20が膨出部12の内側空間15を塞いでいることに変わりはない。突部20の突出長さLは少なくとも係止突起14(図1)とラップする(係止突起14の下側に対向して突部20が位置する)長さであることが必要である。
【0022】
中間カバー5(図2)はメインカバー2内の回路板組立体3(図1)の大半部分を覆う水平な板状部21と、板状部21に一体に続いて回路板組立体3の前端側の部分とヒューズブロック4とを覆うブロック状の部分22とで構成され、板状部21の左右両側端と後端とに、メインカバー2の各膨出部12内に進入する小さな矩形板状の突部20が一体に設けられている。
【0023】
本形態で突部20は板状部21の左右両側端に二つづつ、後端に一つ設けられている。突部20の位置及び数はメインカバー2の膨出部12すなわち電子制御ユニット(ECU)6のカバー7に対する係止部14の位置や数等に応じて適宜設定される。板状部21には回路板組立体3から突出したピン状の端子23(図1)を挿通させる孔部24が形成され、ピン状の端子23は電子制御ユニット6に接続される。
【0024】
中間カバー5のブロック状部分22は板状部21よりも高く上向きに突出され、雌型のコネクタハウジング(コネクタ嵌合室)25を一体に有し、ブロック状部分22の左右両側に、メインカバー2の前端寄りの膨出部18(図1)内に進入するスライド係合用の突条26が一体に設けられている。突条26及び膨出部18の内側空間19は横断面略T字状に形成され、前記突部20と同様に膨出部18の開口27(図1)からメインカバー2内への水滴等の浸入を防止する効果も有する。また、膨出部18内への突条26のスライド係合によってメインカバー2内への中間カバー5の装着が容易化する。
【0025】
図1において回路板組立体3は布線回路板28とバスバー回路板29とを積層及び組み付けて構成され、布線回路板28に配索された電線30はバスバー回路板29のバスバー31の垂直方向の圧接端子32に接続され、バスバー31の前端からは音叉状端子(図示せず)が水平方向に突出形成されて、ヒューズブロック4のヒューズ収容室33内に進入してヒューズ34(図3)のタブ端子と接続される。メインカバー1の底壁11にはコネクタハウジングやリレー装着部等(図示せず)が一体に設けられ、これらコネクタハウジングやリレー装着部等には回路板組立体3の端子(図示せず)が収容されて、外部ワイヤハーネスのコネクタやリレー等に接続される。
【0026】
なお、本発明に係る防水構造は、メインカバー(接続箱本体)2と、メインカバー2内に収容される一枚ないし複数の回路板28,29と、回路板組立体3を覆う中間カバー5と、中間カバー5の外側に配置される電子ユニット等の部品6と、部品6を覆うサブカバー7とを少なくとも備える種々の形態の電気接続箱に適用可能である。一枚の回路板を使用した場合は他の電子部品等と接続されて回路板組立体を構成する。
【0027】
また、前述の如く車両等への電気接続箱1の配置形態によっては中間カバー5やサブカバー7が下側になり、メインカバー2のコネクタハウジングを有する壁部11が上側になることもある。また、電気接続箱1を縦向きで使用する場合もある。
【0028】
【発明の効果】
以上の如く、請求項1記載の発明によれば、中間カバーの突部で接続箱本体の膨出部に沿った水滴の浸入を防ぐことができるから、接続箱本体内の構成部品に水滴によるショートや錆等の悪影響を与えることがなく、電気接続箱の経時的な電気的接続の信頼性が高まる。
【0029】
請求項2記載の発明によれば、防水用の突部を設けても、接続箱本体への中間カバーやカバーの着脱を容易に行うことができるから、組立及びメンテナンス時の作業性が向上する。
【0030】
請求項3記載の発明によれば、接続箱本体内の回路板組立体が中間カバーで保護され、且つ中間カバーの突部で回路板組立体側への水滴等の浸入が防止されるから、回路板組立体のショートや錆等が防止され、電気接続箱の経時的な電気的接続の信頼性及び品質が高まる。また、電子制御ユニット等の部品のカバーで回路板組立体を二重に覆って確実に保護することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明における電気接続箱のサブ組立体の一実施形態を示す斜視図である。
【図2】サブ組立体に装着される中間カバーの一実施形態を示す斜視図である。
【図3】サブ組立体に中間カバーを装着して成る電気接続箱の防水構造の一実施形態を示す斜視図である。
【図4】従来の電気接続箱の防水構造の一形態を示す縦断面図である。
【符号の説明】
1 電気接続箱
2 メインカバー(接続箱本体)
3 回路板組立体
5 中間カバー
6 電子制御ユニット(部品)
7 サブカバー(カバー)
8〜10 周壁
12 膨出部
13 被係止部
14 係止突起(係止部)
15 内側空間
17 開口(型抜き孔)
20 突部

Claims (3)

  1. 接続箱本体の周壁に複数の膨出部が外向きに突出形成され、該接続箱本体の内側と該膨出部の内側空間とが連通し、該膨出部の内側に係止部と係止部成形用の型抜き孔とが設けられ、該係止部にカバーの被係止部が係合する電気接続箱の構造において、前記接続箱本体の周壁の内側に板状の中間カバーが装着され、前記複数の膨出部に対応して複数の小板状の突部が該中間カバーの外周部から一体に外向きに突出形成され、各突部が各膨出部の内側空間に進入して該内側空間を塞ぐことで、該膨出部から該接続箱本体内への水の浸入が防止されたことを特徴とする電気接続箱の防水構造。
  2. 前記係止部が前記接続箱本体の内側に向けて突出形成されたことを特徴とする請求項1記載の電気接続箱の防水構造。
  3. 前記接続箱本体の内側に回路板組立体が収容され、該回路板組立体の外側に前記中間カバーが装着され、該中間カバーの外側に部品が搭載されると共に該部品を覆う前記カバーが装着されることを特徴とする請求項1又は2記載の電気接続箱の防水構造。
JP2003090310A 2003-03-28 2003-03-28 電気接続箱の防水構造 Active JP4041423B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003090310A JP4041423B2 (ja) 2003-03-28 2003-03-28 電気接続箱の防水構造

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003090310A JP4041423B2 (ja) 2003-03-28 2003-03-28 電気接続箱の防水構造
CNB2004100315898A CN100361356C (zh) 2003-03-28 2004-03-25 电接线盒的防水结构
FR0403132A FR2853490B1 (fr) 2003-03-28 2004-03-26 Boite de jonction electrique protegee contre l'humidite
US10/809,855 US6971888B2 (en) 2003-03-28 2004-03-26 Waterproof structure of electric junction box

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004297975A JP2004297975A (ja) 2004-10-21
JP4041423B2 true JP4041423B2 (ja) 2008-01-30

Family

ID=32985276

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003090310A Active JP4041423B2 (ja) 2003-03-28 2003-03-28 電気接続箱の防水構造

Country Status (4)

Country Link
US (1) US6971888B2 (ja)
JP (1) JP4041423B2 (ja)
CN (1) CN100361356C (ja)
FR (1) FR2853490B1 (ja)

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4437958B2 (ja) * 2004-08-03 2010-03-24 住友電気工業株式会社 電気接続箱
JP2006311724A (ja) * 2005-04-28 2006-11-09 Yazaki Corp 電気接続箱
JP4868928B2 (ja) * 2006-04-26 2012-02-01 矢崎総業株式会社 ジャンクションブロック
US7851710B2 (en) * 2006-09-05 2010-12-14 Twinhead International Corp. Waterproof and dustproof structure
US7591653B2 (en) * 2006-09-08 2009-09-22 Aees, Inc. Modular power distribution center
JP4588690B2 (ja) * 2006-11-21 2010-12-01 本田技研工業株式会社 電子制御ユニットの防滴構造
JP5026859B2 (ja) * 2007-05-28 2012-09-19 矢崎総業株式会社 電気接続箱
US7855339B2 (en) * 2007-09-26 2010-12-21 Energy Focus, Inc. Electrical junction box cover system for use near water
JP5007249B2 (ja) 2008-02-13 2012-08-22 トヨタ自動車株式会社 電気接続箱の防水構造
DE102009005141A1 (de) * 2009-01-15 2010-07-22 Jean Müller GmbH Elektrotechnische Fabrik Kabelverteilerschrank
JP5273554B2 (ja) * 2009-06-30 2013-08-28 住友電装株式会社 電気接続箱
JP5543793B2 (ja) * 2010-01-28 2014-07-09 矢崎総業株式会社 電気接続箱
US9871362B2 (en) 2015-05-22 2018-01-16 Ryan M. Blaine Electrical junction box
DE112017001581T5 (de) * 2016-03-28 2018-12-13 Panasonic Intellectual Property Management Co., Ltd. Elektrische Verbindungsstruktur
JP6604477B2 (ja) * 2016-05-20 2019-11-13 株式会社オートネットワーク技術研究所 基板ユニット
CN106786025A (zh) * 2017-04-06 2017-05-31 南京信息职业技术学院 一种智能配电箱用翻转嵌入式显示装置

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0176123U (ja) 1987-11-06 1989-05-23
US5067905A (en) * 1989-06-09 1991-11-26 Yazaki Corporation Electric connection box
JP2597037Y2 (ja) * 1993-10-12 1999-06-28 住友電装株式会社 電気接続箱の嵌合構造
JP3405249B2 (ja) * 1999-02-01 2003-05-12 住友電装株式会社 電気接続箱
US6561822B2 (en) * 2001-01-31 2003-05-13 Sumitomo Wiring Systems, Ltd. Electrical junction box cover assembly
US6679708B1 (en) * 2002-09-10 2004-01-20 Sumitomo Wiring Systems, Ltd. Vehicle junction box having power distribution center with terminal for jump-starting vehicle

Also Published As

Publication number Publication date
FR2853490A1 (fr) 2004-10-08
US6971888B2 (en) 2005-12-06
FR2853490B1 (fr) 2008-10-10
CN1543030A (zh) 2004-11-03
JP2004297975A (ja) 2004-10-21
CN100361356C (zh) 2008-01-09
US20040188122A1 (en) 2004-09-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4064766B2 (ja) 電気接続箱
DE102004034178B4 (de) Elektrische Steckerbox
US5179503A (en) Modular automobile power distribution box
JP4181028B2 (ja) 電気接続箱
JP5026859B2 (ja) 電気接続箱
JP4445819B2 (ja) 電気接続箱
JP3785276B2 (ja) 電気接続箱
US7775807B2 (en) Electrical junction box
JP5524687B2 (ja) コネクタ
JP4299079B2 (ja) カセットリレーブロックの組付構造
US7189082B2 (en) Electrical connection box
JP4083991B2 (ja) ヒューズユニットとその製造方法
US6780026B2 (en) Electrical junction box
EP0782216B1 (en) An electrical connection box, a connection construction, a bus bar fixing construction and a connection terminal
JP5756661B2 (ja) 電気接続箱
JP4605136B2 (ja) 電気接続箱
US6597578B2 (en) Electrical connection box
JP4408826B2 (ja) 電気回路基板収容箱
US8002569B2 (en) Electric connection box
JP3833495B2 (ja) 電気接続箱
US9686877B2 (en) Locking structure between member to be supported and supporting body
US8157116B2 (en) Electrical junction box
US7950931B2 (en) Electrical junction box with drainage portions
US9438018B2 (en) Junction box
JP2004166362A (ja) 電気接続箱の防水カバー構造

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20050720

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050729

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20050720

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070625

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070807

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071003

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20071030

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20071109

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101116

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4041423

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111116

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121116

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121116

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131116

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250