JP4033871B2 - 橋桁の構築方法 - Google Patents

橋桁の構築方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4033871B2
JP4033871B2 JP2005140143A JP2005140143A JP4033871B2 JP 4033871 B2 JP4033871 B2 JP 4033871B2 JP 2005140143 A JP2005140143 A JP 2005140143A JP 2005140143 A JP2005140143 A JP 2005140143A JP 4033871 B2 JP4033871 B2 JP 4033871B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor slab
concrete
block
corrugated steel
bridge girder
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2005140143A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006316506A (ja
Inventor
昭夫 春日
毅 廣瀬
喜彦 平
Original Assignee
三井住友建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三井住友建設株式会社 filed Critical 三井住友建設株式会社
Priority to JP2005140143A priority Critical patent/JP4033871B2/ja
Publication of JP2006316506A publication Critical patent/JP2006316506A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4033871B2 publication Critical patent/JP4033871B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本願発明は、道路橋、鉄道橋等として用いられる橋桁の構築方法に係り、特に波形に折り曲げた鋼板をウェブとし、上下縁をコンクリートからなる上床版及び下床版に接合して、断面形状を箱形とした橋桁の構築方法に関する。
上床版と下床版とをプレストレスが導入されたコンクリートで形成し、この上床版と下床版とを連結するウェブ部分に波形鋼材を使用して断面を箱形とした橋桁が知られている。この橋桁では、上床版をコンクリートで形成することにより路面の広い範囲に作用する輪荷重を支持するとともに、鋼材をウェブに用いることによって橋桁の自重を軽くすることができる。また、鋼ウェブを縦方向の折り曲げ線で波形に折り曲げた、いわゆる波形鋼ウェブとすることにより、横方向の曲げ剛性つまり桁断面の変形に対する剛性が著しく大きくなり、ウェブの座屈を有効に防止することができる。
このような構成を有する橋桁の架設には、プレストレストコンクリートからなる箱形断面の橋桁と同様に、橋脚又は橋台から両側又は片側へ所定の長さのブロック毎に張り出して施工してゆく、いわゆる片持ち施工方法を採用することができる。
この片持ち施工の方法としては、図10(a)に示すように、大型の作業用ワーゲン102をすでに施工された橋桁101から張り出すように設置し、この作業用ワーゲン102から支保工103及び作業足場104を吊り下げ、支保工103上で一ブロック分の橋桁を構築する方法が一般的である。この方法では、まず張り出して施工しようとするブロックのウェブとなる波形鋼部材105を吊り支持して所定位置に接続し、支保工103上でコンクリートの下床版101aと上床版101bとを形成する。そして、一ブロックの施工が終了すると、作業用ワーゲン102を既に形成したブロック上に進出移動させ、さらに張り出すように次のブロックを施工するものである。
一方、特許文献1には、上記のような大型の作業用ワーゲンを用いることなく片持ち施工を行う方法が開示されている。この方法では、図10(b)に示すように、張り出すように既に形成された橋桁111の先端に、次に施工するブロックのウェブとなる鋼部材112nを接続し、上床版がまだ施工されていない鋼部材112nから、支保工113a及び作業足場113bを有する作業車113を吊り下げた状態で支持する。つまり、鋼部材112はウェブとなる波形鋼板の上縁に上フランジを溶接接合しておき、この上面を走行するように作業車113を支持し、これによって支保工113a及び作業足場113bを吊り下げるものである。作業車113が支持された施工ブロック(nブロック)では、支保工113a上で下床版111aの形成が行われる。そして、作業車113が前方へ移動した後のブロック(n−1ブロック)では、上床版111bの施工が行われる。また、次に張り出されるブロック(n+1ブロック)を構成する鋼部材112n+1が先行して接合される。その後、先行して鋼部材が支持されたn+1ブロックの上フランジ上に前記作業車113を走行移動させ、この状態でnブロックの上床版とn+1ブロックの下床版を施工する。さらに、n+1ブロックの次に施工するブロック(n+2ブロック、図示しない)のウェブとなる鋼部材を接合し、以下同様に各ブロックの施工を行って、所定の長さまで橋桁を張り出して構築するものである。
上記のように、この構築方法では、張り出し支持された鋼部材の上フランジ上に作業車を支持した状態で上床版及び下床版の構築ができるので、作業車には支保工を張り出すように支持する大きな枠体が不要となり、従来の橋桁の構築方法に比較すると作業車(支保工)の軽量化及び簡略化を図ることができる。
特開2004−116060号公報
しかしながら、上述のような従来から知られている構築方法では、次のような問題点がある。
大型の作業用ワーゲンをすでに施工された橋桁から張り出すように載置して、支保工及び作業足場を支持する方法では、作業用ワーゲンの枠体の重量が大きく、片持ち施工中の橋桁に作用する断面力が大きくなってしまう。また、張り出し架設中の橋桁の先端に大きな作業用のワーゲンが載置されているので、ウェブを構成する鋼部材を張り出した橋桁の先端部分へ搬送するのに障害となり、作業性が悪くなってしまう。
一方、図10(b)に示すように、張り出し支持された鋼部材から作業車を吊り支持する方法では、作業車が支持されている施工ブロックでは上床版を形成するための作業を行うことができず、n−1ブロックの上床版を形成する作業は、前方に次の施工ブロック(nブロック)の鋼部材を取り付け、作業車を前進させてから行うことになる。このため、nブロックの上フランジに作業車を吊り支持した状態で、n−1ブロックの上床版を施工する工程、nブロックの下床版を施工する工程、及び次のn+1ブロックを構成する鋼部材を接合する工程を行う必要があり、作業範囲は3ブロック(n−1,n,n+1)にわたる。このため、作業足場は、少なくともこれら3ブロックにわたって必要となり、足場の重量が大きくなる。また、上床版(n−1ブロック)のコンクリートが硬化する前に、次に施工するn+1ブロックの鋼部材を張り出すように支持しようとすると、3ブロック分前方に吊り支持しながら取り付ける必要があり、大きな揚重設備を必要とする。
また、図10(b)におけるn−1ブロックにおける上床版のコンクリートが硬化するまでは、このブロックは鋼部材と下床版とが合成された断面で、前方にある2ブロック(nブロック及びn+1ブロック)の鋼部材の重量、nブロックの下床版の重量及び作業車の重量を支持することになる。このため、これらの重量による変形量が大きくなって、橋桁を所定の高さに正確に形成するのが難しくなる。
本発明は、上記のような事情に鑑みてなされたものであり、その目的は、作業足場を小型化することにより作業車の軽量化及び簡易化を図るとともに、張り出し架設中の橋桁の剛性を十分に確保することができる橋桁の構築方法を提供することである。
上記問題点を解決するために、請求項1に記載の発明は、 コンクリートからなる上床版と下床版と、これらを複数の位置で上下に連結する波形鋼ウェブとで箱形断面を形成する橋桁を、所定長のブロック毎に、順次張り出すように架設する方法において、 前記波形鋼ウェブとなる波形鋼板の下端部にはコンクリートからなるフランジを一体として固着しておき、 既に構築された橋桁の先端に、次に施工するブロックの前記波形鋼板を張り出すように支持し、 既に構築された橋桁の前記下床版が前記波形鋼ウェブより箱形断面の外側に張り出した部分で走行可能に吊支持されるとともに横方向の位置が拘束された作業車を、張り出すように支持された前記波形鋼板の前記フランジ上に走行移動し、 この作業車が備える作業足場上で、隣接する複数の波形鋼板に固着されたコンクリートからなるフランジの互いに対向する面間にコンクリートを打設してコンクリートの下床版を形成し、 前記下床版を形成する作業を行っている領域の上方で、複数の波形鋼板の上端部を互いに連結するようにコンクリートの上床版を形成するものとし、 順次、次のブロックの波形鋼板を張り出し支持する工程、前記作業車を移動する工程、該ブロックの上床版及び下床版を形成する工程を、くり返すことを特徴とする橋桁の構築方法を提供する。
この方法では、作業足場を支持する作業車は波形鋼板の下縁に固定された下フランジから吊り支持されるので、作業車が支持されているブロックの上部では、作業の障害になるものがない。これにより、作業車を吊り支持している当該ブロックでは、該作業車から吊り支持された作業足場を使って下床版の施工を行うことができるとともに、上床版の施工を並行して行うことができる。
また、当該ブロックの上床版及び下床版を施工した後、次のブロックを構成する波形鋼板を張り出すように支持するときに、上床版及び下床版を施工しているブロックのすぐ前方に取り付ければ良く、次のブロックの波形鋼板を吊り支持するために、大きな揚重設備を必要としない。そして、上床版及び下床版を施工中のブロックに支持された作業足場を利用して容易に波形鋼板の接合作業を行うことができる。また、波形鋼板が張り出すように取り付けられた後は、波形鋼板の下縁に沿って固定された下フランジ上を作業車が走行して、容易に次のブロックに前進させることができる。
したがって、作業足場は、張り出し支持された1ブロック分の長さよりも若干大きなサイズがあればよく、これによって作業車の小型化及び軽量化を図ることができる。
また、ウェブを構成する波形鋼板を張り出し支持した後、この波形鋼板と一体となるように上床版と下床版とがほぼ同時に形成されるので、この施工ブロックの剛性は早期に大きなものとなる。したがって、橋桁の張り出し架設を行うのに十分な強度と剛性を確保することができ、橋桁の片持ち施工を高い精度で行うことができる。
前記波形鋼板の下端部には、該波形鋼板の下縁部を埋め込んで一体となるようにコンクリートブロックが形成され、下フランジとして機能するものとなっている。したがって、波形鋼ウェブとなる鋼部材を所定の位置に張り出すように支持した後、複数のウェブ間でこれらのコンクリートブロックを連結するようにコンクリートを打設し、一体となるようにコンクリートの下床版を形成することができる。
したがって、コンクリートの下床版を施工するときに、鋼フランジの下側へコンクリートを打設する、いわゆる逆打ちによってコンクリート床版と鋼ウェブとを接合するのを回避することができ、気泡の残留やブリージングの発生を防止することができる。これにより、波形鋼ウェブとコンクリートの下床版とを強固に接合することができ、十分な耐久性を確保することができる。
作業車には、前記コンクリートブロックの軸線方向の外側部に当接してガイド車輪が設けられているので、前記作業車がコンクリートブロックで構成されている下フランジ上を走行移動する際に、下フランジの側方に脱落するのが防止される。したがって、前記作業車はコンクリートブロック上を安定して走行することができ、作業足場を容易に移動させることができる。
請求項2に係る発明は、請求項1に記載の橋桁の構築方法において、 前記上床版の施工は、前記波形鋼板の上端部に、橋軸と直角方向の部材となる複数のプレキャストリブを橋軸方向に所定間隔をおいて載置し、 前記プレキャストリブの上に複数のプレキャスト板を敷設し、 前記プレキャストリブ及び前記プレキャスト板の上に、これらと一体となるようにコンクリートを打設して上床版とするものとする。
この方法では、前記波形鋼ウェブの上端部に複数のプレキャストリブを載置し、このプレキャストリブによって、上床版コンクリートの型枠となる複数のプレキャスト板を支持する。そして、このプレキャスト板の上にコンクリートを打設することにより上床版を施工する。したがって、下方から支保工を立ち上げる必要はなく、下床版を形成するための作業を阻害することがない。したがって、下床版と上床版とを効率良く同時に施工することが可能となる。また、プレキャストリブ間に敷設するプレキャスト板は、現場で打設するコンクリートの型枠となり、さらに一体化されて脱型する必要もない。これにより、簡易な工程で上床版の施工を行うことができ、コストダウンが可能となるとともに工期の短縮も可能となる。
以上説明したように、本願発明に係る橋桁の構築方法では、波形鋼板の下縁部に固着されたフランジに作業車を吊り支持させることにより、作業車の小型化及び簡易化を図ることができるとともに、作業車が支持された施工ブロックで下床版と上床版との形成を同時に行うことができる。また、一つの施工ブロックについて波形鋼板を張り出し支持する毎に上床版及び下床版を形成し、一体に接合して橋桁を構築するので、張り出し架設中の橋桁が十分な剛性を有し、橋桁を正確な高さに形成することができる。
以下、本願発明の実施の形態を図に基づいて説明する。
図1は、本願発明に係る方法で架設することができる橋桁の一例を示す概略側面図及び断面図である。
この橋桁1は、橋台2及び橋脚3の上に支承4を介して支持され、複数の径間に連続して架け渡されたものであり、コンクリートからなる上床版10及び下床版20が左右1対の波形鋼ウェブ30で上下に連結されて箱形断面を形成している。
上記波形鋼ウェブ30は、構造用の鋼板を鉛直方向の折り曲げ線で折り曲げ、断面を波形とした波形鋼板31によって形成されており、この波形鋼板31の上縁に沿って鋼板からなる上フランジ32が溶接で接合されている。
上記波形鋼板31の下縁部は、コンクリートの下床版20に埋め込んで接合されている。この下床版20は鉄筋コンクリートからなるものであり、二つの波形鋼ウェブ30を下端部で互いに連結するように形成されている。
上床版10は、上記波形鋼ウェブ30に溶接接合された上フランジ32の上に密着するように形成されており、橋軸に対して直角方向の横リブ11が橋軸方向に所定間隔で形成され、これらの間を連結するように橋軸方向の縦リブ12が上フランジ32上に形成されている。そして、これらの横リブ11と縦リブ12との上に一体となるようにコンクリート板13が形成されている。
次に、上記橋桁1の構築方法であって、本願発明の一実施形態について説明する。
この構築方法は、図2(a)に示すように、基礎地盤から立ち上げられた橋脚2上で、橋桁の一部つまり柱頭部1aを形成する。そして、この柱頭部1aを橋脚2に仮固定し、図2(b)に示すように、この柱頭部1aから両側へ所定長さに分割された施工ブロック1bを順次張り出すように構築してゆくものである。上記施工ブロック1bの長さは、通常3mから6m程度に設定される。
各施工ブロックの構築は次のように行う。
まず、図3(a)に示すように、既に形成された橋桁1cから次に施工するブロックの波形鋼ウェブとなる鋼部材30aを張り出すように支持する。この鋼部材30aは、図4に示すようにあらかじめ波形鋼板31の上端に上フランジ32が溶接されており、さらに架設現場付近に設けられた作業ヤードで下端に沿ってコンクリートブロック21が固着されている。このコンクリートブロック21は、下床版20の一部となるものであり、波形鋼板31の下縁付近を埋め込むように形成され、下床版20が形成されるまでは下フランジとして機能するものである。
張り出すように支持された鋼部材30aの下フランジつまりコンクリートブロック21には、図3(a)又は図5に示すように支保工41と作業足場42とをともなう作業車40を支持させる。この作業車は、図6に示すように、鋼部材30aから両側に張り出したコンクリートブロック21の上面を走行するように設けられた車輪43によって支持され、下床版20を形成するための支保工41と作業足場42とを、吊り支持部材44によって上記車輪43から吊り支持するものとなっている。また、吊り支持部材44には、コンクリートブロック21の側面に当接するようにガイド車輪45を備えており、作業車40がコンクリートブロック21上を走行するときに、側方へ斜行して上記車輪43がコンクリートブロック21の上面から脱落することを防止している。
下床版20は上記作業車40上で次にように形成することができる。
上記支保工41上に、コンクリートを打設するための型枠46が形成され、この上で鉄筋が組み立てられる。下床版20を形成するコンクリートは、鋼部材30aの下端に固着されたコンクリートブロック21と連続するように打設されるものであり、コンクリートブロック21には、現場で打設するコンクリートと連続させるための鉄筋22が一部を突き出して予め埋め込まれている。コンクリートはこれらの鉄筋を埋め込むように打設し、二つの鋼部材30aの下端部を連結する下床版20が形成される。
なお、下床版内に橋軸方向のプレストレスを導入するためのPC鋼材を配置する場合には、上記鉄筋を配置するとともに、管状のシースを配置した状態でコンクリートを打設し、コンクリートが硬化した後にPC鋼材を挿通して緊張力を導入する。
一方、上床版10は次にようにして形成することができる。
図7に示すように、橋軸に対して直角方向の横リブ11を形成するためのプレキャストコンクリート部材11aを橋軸方向に一定の間隔を設けて配列する。そして、これらの間にプレキャストコンクリート板13を架け渡すように配列し、この上に鉄筋及び横締め用のPC鋼材を配置した後、上記プレキャストコンクリート板13を型枠としてコンクリートを打設する。また、このとき上フランジ32の上方には、この上フランジ32の上面と密接するように縦リブとなるコンクリートを現場で打設する。上フランジ32の上面にはスタッドジベル、アングルジベル等のいわゆるずれ止め(図示しない)を取り付けておき、コンクリートの縦リブ12と鋼からなる上フランジ32とを強固に一体化する。また、配列されたプレキャスコンクリート部材11a間で連続し、横リブ11と縦リブ12と上
フランジ32とを一体に結合する。これにより、図8に示すようなコンクリートの上床版10が形成され、現場で打設したコンクリートが硬化した後、横締め用のPC鋼材14に緊張力を導入する。
上記のように上床版10は、張り出すように支持された鋼部材30aの上フランジ32より上方の作業のみで形成することができる。したがって、下床版20を形成する作業を阻害することがなく、作業車40が支持された施工ブロックにおいて、下床版20の形成と上床版10の形成とを同時に行うことができる。
上記のようにして下床版20と上床版10とが形成されると、橋軸方向にプレストレスを導入し、構築した施工ブロックを既に形成されている橋桁に強固に一体化する。その後、次の施工ブロックの構築に移り、上フランジ32’と下フランジとして機能するコンクリートブロック21’とが固着された鋼部材30a’を、図3(b)に示すように吊り支持し、橋桁を張り出してゆく方向の先端部に、既に形成された橋桁1cの波形鋼ウェブ30と連続するように接合する。これにより、次に構築する施工ブロックの鋼部材30aが、図9に示すように、張り出すように支持され、作業車40はコンクリートブロック21の上を走行させ、図3(c)に示すように、次の施工ブロックの鋼部材30a’に固着された下フランジつまりコンクリートブロック21’上に移動する。その後は、前述と同様に下床版と上床版とを形成する。このような作業を順次各施工ブロックについて繰り返し、所定の長さまで片持ち状態で橋桁を構築する。そして、対向するように反対側から張り出して構築された橋桁と突き合わせ、双方の先端部を接続して橋脚間で連続する橋桁とする。
なお、上記実施の形態では、橋脚上から両側にバランスをとりながら張り出して橋桁を構築するものであるが、強固に固定された橋台や既に構築された橋桁から片側に張り出すように橋桁を構築する場合にも、同様に本発明の構築方法を採用することができる。
本願発明に係る方法で構築することができる橋桁の一例を示す概略側面図及び断面図である。 図1に示す橋桁の構築方法の概略を示す側面図である。 図1に示す橋桁の構築方法の概略を示す側面図である。 図1に示す橋桁のウエブとなる鋼部材の概略斜視図である。 図1に示す橋桁を構築する方法の一工程を示す概略斜視図であって、作業車を張り出した鋼部材に支持させた状態を示す図である。 作業車の構造を示す正面図である。 図1に示す橋桁を構築する方法の一工程を示す概略斜視図であって、上床版を構築する工程を示す図である。 図1に示す橋桁を構築する方法の一工程を示す概略斜視図であって、上床版及び下床版が形成された状態を示す図である。 図1に示す橋桁を構築する方法の一工程を示す概略斜視図であって、次の施工ブロックのウエブを構成する鋼部材が支持された状態を示す図である。 従来技術を示す概略側面図である。
符号の説明
1:橋桁、 2:橋台、 3:橋脚、 4:支承、
10:上床版、 11:横リブ、 12:縦リブ、 13:プレキャストコンクリート板、 14:PC鋼材、
20:下床版、 21:コンクリートブロック、
30:波形鋼ウェブ、 30a:波形鋼ウェブを構成するための鋼部材、 31:波形鋼板、 32:上フランジ、
40:作業車、 41:支保工、 42:作業足場、 43:車輪、 44:吊り支持部材、 45:ガイド車輪、

Claims (2)

  1. コンクリートからなる上床版と下床版と、これらを複数の位置で上下に連結する波形鋼ウェブとで箱形断面を形成する橋桁を、所定長のブロック毎に、順次張り出すように架設する方法において、
    前記波形鋼ウェブとなる波形鋼板の下端部にはコンクリートからなるフランジを一体として固着しておき、
    既に構築された橋桁の先端に、次に施工するブロックの前記波形鋼板を張り出すように支持し、
    既に構築された橋桁の前記下床版が前記波形鋼ウェブより箱形断面の外側に張り出した部分で走行可能に吊支持されるとともに横方向の位置が拘束された作業車を、張り出すように支持された前記波形鋼板の前記フランジ上に走行移動し、
    この作業車が備える作業足場上で、隣接する複数の波形鋼板に固着されたコンクリートからなるフランジの互いに対向する面間にコンクリートを打設してコンクリートの下床版を形成し、
    前記下床版を形成する作業を行っている領域の上方で、複数の波形鋼板の上端部を互いに連結するようにコンクリートの上床版を形成するものとし、
    順次、次のブロックの波形鋼板を張り出し支持する工程、前記作業車を移動する工程、該ブロックの上床版及び下床版を形成する工程を、くり返すことを特徴とする橋桁の構築方法。
  2. 前記上床版の施工は、前記波形鋼板の上端部に、橋軸と直角方向の部材となる複数のプレキャストリブを橋軸方向に所定間隔をおいて載置し、
    前記プレキャストリブの上に複数のプレキャスト板を敷設し、
    前記プレキャストリブ及び前記プレキャスト板の上に、これらと一体となるようにコンクリートを打設して上床版とすることを特徴とする請求項1に記載の橋桁の構築方法。
JP2005140143A 2005-05-12 2005-05-12 橋桁の構築方法 Expired - Fee Related JP4033871B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005140143A JP4033871B2 (ja) 2005-05-12 2005-05-12 橋桁の構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005140143A JP4033871B2 (ja) 2005-05-12 2005-05-12 橋桁の構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006316506A JP2006316506A (ja) 2006-11-24
JP4033871B2 true JP4033871B2 (ja) 2008-01-16

Family

ID=37537422

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005140143A Expired - Fee Related JP4033871B2 (ja) 2005-05-12 2005-05-12 橋桁の構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4033871B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5038964B2 (ja) * 2008-04-11 2012-10-03 大成建設株式会社 箱桁の構築方法、コンクリート構造物の構築方法および足場構造
CN103422447B (zh) * 2013-07-18 2015-10-14 浙江中隧桥波形钢腹板有限公司 用波形钢腹板分担荷载的悬臂施工轻型挂篮结构
CN103422437B (zh) * 2013-07-18 2015-11-18 浙江中隧桥波形钢腹板有限公司 波形钢腹板桥梁台阶式施工工艺
CN110847050B (zh) * 2019-11-26 2021-01-22 中交一公局第六工程有限公司 一种大跨度预制波形钢腹板组合梁顶底板同步浇筑模板及其使用方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2006316506A (ja) 2006-11-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2008031768A (ja) 波形鋼板ウエブ箱桁橋の片持張出架設方法
JP4403051B2 (ja) 波形鋼板ウエブ橋の架設方法
JP2007040020A (ja) Pc箱桁橋の架設方法
JP4775741B2 (ja) 橋梁の片持架設工法における柱頭部の施工方法
JP2006077521A (ja) 橋梁構築装置
JP4985540B2 (ja) 片持架設用移動作業車の上下梁システム
JP5053589B2 (ja) 橋桁の構築方法
JP5409178B2 (ja) コンクリート橋の架設工法及び該工法で用いる移動作業装置
JP5319216B2 (ja) 橋桁架設装置及び橋桁架設方法
JP2008274586A (ja) 柱頭部の施工方法
JP4033871B2 (ja) 橋桁の構築方法
JP4033870B2 (ja) 橋桁の構築方法
JP2008031733A (ja) 橋の架設工法
JP4406879B2 (ja) 橋桁の架設方法
JP5059491B2 (ja) 移動吊支保工の組立て方法
JP4748420B2 (ja) 架設作業用桁を用いた波形鋼板ウェブ橋の構築方法
JP5106989B2 (ja) 波形鋼板ウエブ橋架設装置、および波形鋼板ウエブ橋の架設方法
JP3410368B2 (ja) 波形鋼板ウエブ桁の接続方法
CN105064200A (zh) 预制拼装的鱼腹桁架预应力钢混组合简支梁桥及其施工方法
JP4897643B2 (ja) 鉄筋コンクリート合成鋼床版桁橋
KR20130081606A (ko) 복부 파형강판 프리스트레스 콘크리트 합성아이빔 교량에서의 연속지점부의 시공방법
JP2963879B2 (ja) 橋 桁
JP5937898B2 (ja) 箱桁橋の構築法
JP3437785B2 (ja) 波形鋼板ウエブ桁
JP4375788B2 (ja) 上路式吊床版橋の構築方法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070418

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070605

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070801

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20071016

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20071023

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101102

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4033871

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131102

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees