JP3999984B2 - Tone signal generator and tone signal generator - Google Patents

Tone signal generator and tone signal generator Download PDF

Info

Publication number
JP3999984B2
JP3999984B2 JP2002067012A JP2002067012A JP3999984B2 JP 3999984 B2 JP3999984 B2 JP 3999984B2 JP 2002067012 A JP2002067012 A JP 2002067012A JP 2002067012 A JP2002067012 A JP 2002067012A JP 3999984 B2 JP3999984 B2 JP 3999984B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
tone
tone color
data
drum
musical
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2002067012A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003263160A (en )
Inventor
武司 森
Original Assignee
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
この発明は、所定の音色拡張ボードを接続することで音色を適宜に追加して使用することが可能な楽音信号生成装置及び楽音信号生成プログラムに関する。 This invention relates to appropriately can be used in addition musical tone signal generating apparatus and tone signal generation program to tone by connecting a predetermined tone color extension board. 特に、同じパートであるにも関わらず異なる音色でパーカッシブ的な楽音を出力するために用いられるドラム音色等を音色拡張ボードで追加した場合に、該ドラム音色等を構成している複数の個々の音色毎に音色を制御することができるようにした楽音信号生成装置及び楽音信号生成プログラムに関する。 In particular, the same as part but also in different tones regardless percussive specific tone like drum sounds used to output when added in tone extension board, a plurality of constituting the drum sounds like the individual about musical tone signal generating apparatus and tone signal generation program to be able to control the tone color for each tone.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
最近の音源装置や電子楽器などの楽音信号生成装置においては、当該装置が元々初めから有している機能にさらに他の各種機能を追加する機能拡張を、装置本体に対して所定の拡張ボードをプラグイン接続することによって簡単に行うことができるようになっている。 In the musical tone signal generating apparatus such as a recent tone generator or an electronic musical instrument, the extension to further add other various functions to the function which the device has originally from the beginning, a predetermined expansion board with respect to the apparatus main body and it can now be easily performed by connecting plug. こうした拡張ボードの1つである音色拡張ボードを装着することによって、該装置本体に元々搭載されている音色とは異なる音色で楽音を発生することができるようにした楽音信号生成装置が従来から知られている。 By mounting the tone color extension board, which is one of these expansion board, the apparatus musical tone signal generating apparatus that can generate musical tone at a different tone than the tone color is originally mounted on the body conventionally known It is. すなわち、音色拡張ボードはピアノ、ギター、サックス、トランペットなどに関する新規音色を多数記憶しているものであって、外部から入力されたMIDIデータなどに従って予めパート毎(例えばMIDIチャンネル毎)に割り当てられた新規音色で楽音を発音する。 That is, the tone color extension board piano, guitar, saxophone, be those which stores a number of new tone regarding such trumpet, assigned to each previously part according such MIDI data input from the outside (for example, every MIDI channel) Could musical tone in a new tone. 音色拡張ボードとしてはピアノ、ギター、サックス、トランペットなどの音色を記憶しているものの他に、例えばパーカッシブ的な(つまり打楽器的な)役割を持つ音色を記憶しているものがある。 Piano The tone color extension board, guitar, saxophone, in addition to those that stores tone color such as trumpet, for example, there is that stores the tone with percussive specific (i.e. percussive) role. 音色拡張ボードに記憶されたパーカッシブ的な役割を持つ音色(以下、こうした音色をドラム音色あるいはドラムキットと呼ぶ)を利用する場合には、同じパートであるにも関わらず異なる音色で楽音を発音することができる。 Tone with percussive role stored in the tone color extension board (hereinafter, such a tone is called a drum sound, or drum kits) when utilizing utters a tone at different tones in spite of the same part be able to. 例えば、ドラム音色を記憶した音色拡張ボードでは、バスドラム、タムタム、スネアドラム、フロアタム、ハイハットシンバル、サイドシンバル、トップシンバルなどの複数の異なるドラム構成楽器音色を1つのドラム音色として記憶していることから、こうした音色拡張ボード上のドラム音色が選択された場合には外部から入力された例えばMIDIデータ内容に従って、同じパートであっても前記MIDIデータ内容に対応してそれぞれ異なるドラム構成楽器音色で楽音が発音されることになる。 For example, the tone color extension board that stores drum sounds, bass drum, tom-tom, snare drum, floor tom, a hi-hat cymbal, side cymbal, that stores a plurality of different drums configuration instrument tone color, such as the top cymbal as one drum sound from accordance MIDI data content example inputted from the outside when the drum sound on this tone extension board is selected, tone at different drum configurations instrument tone respectively corresponding to the MIDI data contents may be the same part It will be but is pronounced.
【0003】 [0003]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
ところで、音色拡張ボードにより拡張される音色に対しては、効果付与などの音色のエディットを行うことが可能である。 Incidentally, for the tone color to be extended by the tone color extension board, it is possible to perform editing of the tone, such as effect imparting. 例えば楽音信号生成装置と通信インターフェイスを介して接続されたパーソナルコンピュータ(以下、パソコン端末と呼ぶ)からは直接的に音色拡張ボードに記憶された各音色に対してエディットを行うことが可能であるし、楽音信号生成装置からは間接的に音色拡張ボードに記憶された各音色に対してエディットを行うことが可能となっている。 For example musical tone signal generating apparatus and a personal computer connected via a communication interface (hereinafter, personal computer terminal hereinafter) to from it is possible to perform editing for each tone which is directly stored in the tone color extension board , it is possible to perform the editing for each tone color which is indirectly stored in the tone color extension board from the musical tone signal generating apparatus. しかし、従来の楽音信号生成装置は音色拡張ボードに記憶された各音色に対するエディットをパート単位に行うものであったために、音色拡張ボードに記憶されたドラム音色に対してエディットを行う場合には該ドラム音色を構成する多数の異なる音色全てを同じようにエディットしていた。 However, since the conventional musical tone signal generating apparatus were to perform editing for each tone color stored in the tone color extension board to the part unit, the in the case of performing editing with respect to drum sounds stored in the tone color extension board all number of different tones which constitute the drum sounds were edited in the same way. したがって、音色拡張ボードに記憶されたドラム音色を用いた場合、ユーザは演奏にあわせて音色毎に異なる特徴をつけて楽音を発音させることができずに非常に不都合である、という問題点があった。 Therefore, when using the drum sounds stored in the tone color extension board, the user is very disadvantageous, there is a problem that not only sound for the musical tone with a characteristic different for each tone in accordance with the performance It was.
【0004】 [0004]
本発明は上述の点に鑑みてなされたもので、同じパートであるにも関わらず異なる音色でパーカッシブ的な楽音を出力するために用いられるドラム音色等を音色拡張ボードで追加した場合において、ユーザが該ドラム音色等を構成する複数の個々の音色毎に音色の制御を行うことができるようにした楽音信号生成装置及び楽音信号生成プログラムを提供しようとするものである。 The present invention has been made in view of the above, when you add a drum sound, etc. is used to output a percussive specific tone in tone different in spite of the same part by the voice expansion board, the user There is intended to provide a plurality of individual timbre tone signal generating device which make it possible to control the tone color and for each tone signal generation program constituting the drum sounds like.
【0005】 [0005]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明に係る楽音信号生成装置は、効果その他の楽音特性を個別に設定する複数のパラメータを含むパラメータセットをそれぞれ個別のノート番号に対応付けられた複数の音色毎に記憶する記憶手段と、前記記憶手段から前記複数の音色毎のパラメータセットを読み出して記憶する楽音生成用記憶手段と、 前記複数の音色が対応するノート番号に対応付けられた、前記パラメータセット中の各パラメータの値の修正を行うオフセット値をそれぞれ任意に設定する設定手段と、前記楽音生成用記憶手段に記憶されたパラメータセットのうち、前記オフセット値が設定されたノート番号に対応するパラメータセット中の各パラメータを、 該ノート番号に対応する前記オフセット値に基づいてそれぞれ修正する制御手段と、ノート番号を含む発音指 Musical tone signal generating apparatus according to the present invention includes storage means for respectively storing for each of a plurality of tones associated with the individual note numbers a parameter set including a plurality of parameters to be set individually effect other tone characteristics, the from the storage means and the tone generation storage means for reading and storing a parameter set for each of the plurality of tones, said plurality of tones have been correlated to the corresponding note number, a correction value for each parameter in the parameter set setting means for respectively setting arbitrarily the offset value to perform, among the stored parameter set to the musical sound generation storage means, each parameter in the parameter set corresponding to the note number which the offset value is set, the notebook pronunciation finger comprising a control means for correcting respectively on the basis of the offset value corresponding to the number, a note number に応じて、該発音指示に係るノート番号に対応する前記楽音生成用記憶手段に記憶されたパラメータセット中の各パラメータに従う前記効果その他の楽音特性でなる楽音を生成する楽音生成手段とを具える。 Comprising in the musical tone generating means for generating a musical tone comprising the above effects other tone characteristics according the parameters in the parameter set stored in the musical sound generation storage means corresponding to the note number of the emitting sound instruction according to .
【0006】 [0006]
この発明によると、記憶手段に記憶されているそれぞれ個別のノート番号に対応付けられた複数の音色毎のパラメータセットを楽音生成用記憶手段に記憶させる一方で、 前記複数の音色が対応する各ノート番号に対応付けられた、該パラメータセット中の各パラメータの値の修正を行うオフセット値をそれぞれ任意に設定し、楽音生成用記憶手段に記憶されたパラメータセットのうち該オフセット値が設定されたノート番号に対応するパラメータセット中の各パラメータを、該ノート番号に対応する前記オフセット値に基づいてそれぞれ修正し、ノート番号を含む発音指示に応じて、該発音指示に係るノート番号に対応する楽音生成用記憶手段に記憶されたパラメータセット中のパラメータに従う効果その他の楽音特性でなる楽音を生成する According to the present invention, each of which is stored while to be stored in a plurality of tone generation storage means a parameter set for each tone associated with the individual note numbers in the memory means, each note the multiple tones correspond attached corresponds to the number, the offset value for correcting the value of each parameter in the parameter set arbitrarily set respectively, said offset value of the stored parameter sets the tone generation storage means is set notes each parameter in the parameter set corresponding to the number, and correct, respectively, based on the offset value corresponding to the note number, in response to sounding instruction including a note number, tone generation corresponding to the note number of the emitting sound instruction generating a musical tone comprising an effective other tone characteristics according to the parameters in the stored set of parameters to use the storage means で、記憶手段に記憶されている元のパラメータセットを変更することなく、楽音生成用のパラメータを同時に割り当てられる複数の音色のうちの楽音特性を変更させたいすべてあるいは一部の音色について任意に修正することができ、しかも、パラメータセット中の各パラメータを各音色毎に対応するそれぞれのオフセット値を任意に設定することで個別に変更することができる。 In, optionally corrected for tone of all or part you want to change the tone characteristics of a plurality of tone colors to be assigned without the parameters for the tone generating simultaneously changing the original parameter sets stored in the storage means it can be, moreover, can be changed individually by arbitrarily setting the respective offset value corresponding to each parameter in the parameter set for each tone.
【0007】 [0007]
本発明は、装置の発明として構成し、実施することができるのみならず、方法の発明として構成し実施することができる。 The present invention can be configured as the apparatus invention, not only can be carried out, implemented and configured as a method invention. また、本発明は、コンピュータまたはDSP等のプロセッサのプログラムの形態で実施することができるし、そのようなプログラムを記憶した記憶媒体の形態で実施することもできる。 Also, the present invention may be embodied in the form of a software program for execution by a processor such as a computer or DSP, as well as be implemented in the form of a storage medium storing such a program.
【0008】 [0008]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、添付図面を参照してこの発明の実施の形態を詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to the accompanying drawings illustrating the embodiments of the present invention in detail.
【0009】 [0009]
図1は、この発明に係る楽音信号生成装置の実施の形態を示すハード構成ブロック図である。 Figure 1 is a hardware configuration block diagram showing an embodiment of the musical tone signal generating apparatus according to the present invention. この実施例では楽音信号生成装置としての音源装置に、拡張ボードとして音色拡張ボードが装着されている場合を例にとって説明する。 A tone generator as the tone signal generating apparatus in this embodiment, the tone color extension board will be described taking the case that is mounted as an extension board. 勿論、本発明に係る楽音信号生成装置は音源装置の形態に限らず、電子楽器やカラオケ装置又は電子ゲーム装置、あるいは携帯通信端末などのマルチメディア機器等、任意の製品応用形態をとっているものであってよい。 Of course, the tone signal generating apparatus according to the present invention is not limited to the form of the sound source device, an electronic musical instrument or karaoke apparatus or electronic game device, or a multimedia device, etc., such as mobile communication terminals, which are taking any product applied mode it may be at.
【0010】 [0010]
本実施例に示す音源装置MBは、マイクロプロセッサユニット(CPU)1、リードオンリメモリ(ROM)2、ランダムアクセスメモリ(RAM)3からなるマイクロコンピュータの制御の下に各種の処理が実行されるようになっている。 Tone generator MB illustrated in this embodiment, microprocessor unit (CPU) 1, read only memory (ROM) 2, so that the various processes under the control of a microcomputer comprised of random access memory (RAM) 3 is executed It has become. CPU1は、この音源装置MB全体の動作を制御するものである。 CPU1 is for controlling the overall operation of the tone generator MB. このCPU1に対して、通信バス1D(例えば、データ及びアドレスバスなど)を介してROM2、RAM3、表示回路4、検出回路5、MIDI入力インターフェイス6、設定機器インターフェイス7、入出力インターフェイス8、楽音合成器9、ミキサー10、効果装置11がそれぞれ接続されている。 For this CPU 1, the communication bus 1D (e.g., data and address bus, etc.) through the ROM 2, RAM 3, the display circuit 4, the detection circuit 5, MIDI input interface 6, setting device interface 7, output interface 8, tone synthesis vessel 9, a mixer 10, effects device 11 are connected. 更に、CPU1には、タイマ割込み処理(インタラプト処理)における割込み時間や各種時間を計時するタイマ1Aが接続されている。 Further, the CPU 1, the timer 1A for counting interrupts various times for timer interrupt processes are connected. すなわち、タイマ1Aは時間間隔を計数したり、演奏テンポを設定したりするためのテンポクロックパルスを発生する。 Namely, the timer 1A or counts the time interval, generates tempo clock pulses to or setting a performance tempo. このテンポクロックパルスの周波数は、操作子5Aの中の例えばテンポ設定スイッチ等によって調整される。 The frequency of the tempo clock pulses is adjusted by, for example, tempo setting switch or the like in the operating element 5A. このようなタイマ1AからのテンポクロックパルスはCPU1に対して処理タイミング命令として与えられたり、あるいはCPU1に対してインタラプト命令として与えられる。 Such tempo clock pulses from the timer 1A are given as interrupt instruction or given, or with respect to CPU1 as processing timing instructions to CPU1. CPU1は、これらの命令に従って各種処理を実行する。 CPU1 executes various processes in accordance with these instructions. 各種処理としては、「パネル設定処理」(後述する)等がある。 As the various processes, and the like "panel setting process" (to be described later).
【0011】 [0011]
ROM2は、所望の音色での楽音信号生成時に用いる波形データや音量・効果・音色等の楽音特性を設定するための各種パラメータ(以下、こうしたパラメータを単に音色パラメータと呼ぶ)などの各種データ、CPU1により実行あるいは参照される本体音源側搭載機能に関する制御プログラム(例えば「パネル設定処理」など)を格納するものである。 ROM2 is desired various parameters for setting the tone characteristics such as waveform data, volume and effects, tone used during tone signal generation in the tone (hereinafter, simply referred to as tone color parameters such parameters) various data such as, CPU 1 it is for storing a control program relating to the internal tone side mounting function performed or reference (such as "panel setting processing") by. RAM3は、該音源装置MBに接続された音色拡張ボードPBの機能設定データ(つまり音色拡張ボードPBを本体音源装置MB側から制御するための情報)や現在の選択音色情報等の各種データを一時的に記憶するワーキングメモリとして、あるいは現在実行中の制御プログラムやそれに関連するデータを記憶するメモリ等として使用される。 RAM3 is (information for controlling the That tone color extension board PB from the main sound source device MB side) Function setting data tone color extension board PB which is connected to the tone generator device MB and temporarily various data such as current selection tone color information manner as a working memory for storing, as a memory that stores data relating to the control program and that of the currently executing. RAM3の所定のアドレス領域がそれぞれの機能に割り当てられ、レジスタやフラグ、テーブル、メモリなどとして利用される。 Predetermined address regions of RAM3 are allocated to various functions, registers, flags, tables, is utilized as a memory.
【0012】 [0012]
表示回路4は現在の選択音色情報などの各種設定状態を液晶画面4Aに表示するのは勿論のこと、CPU1の制御状態などを液晶画面4Aに表示する。 Display circuit 4 to display the various settings such as the current selection tone color information on the LCD screen 4A is a matter of course, displays a LCD screen 4A control state of CPU 1. 勿論、液晶画面4Aに限らない。 Of course, not limited to the liquid crystal screen 4A. 操作子5Aは発音させる音色の選択、本体音源装置MBに記憶された音色に対する音色パラメータの設定、音色拡張ボードPBに記憶された音色に対する音色パラメータの設定、あるいは音色拡張ボードPBでのパターン発音の設定等を行うための操作子であり、物理的スイッチあるいは液晶画面4Aと共同して動作するソフトウエアによるソフトスイッチにより実現される。 Operator 5A is selected timbre to sound, set the tone color parameter for the tone color stored in the main sound source device MB, set the tone color parameter for the tone color stored in the tone color extension board PB, or a pattern to pronounce in tone color extension board PB an operating element for setting or the like, is realized by the soft switch by software that operates in conjunction with a physical switch or a liquid crystal screen 4A. この操作子5Aを用いた音色の設定では本体音源装置MB及び音色拡張ボードPB内にそれぞれ記憶される音色、すなわち1パート全てを同じ音色で楽音の発音を行うピアノ音色やギター音色あるいはサックス音色など、あるいは同じパートであるにも関わらず異なる音色でパーカッシブ的に楽音の発音を行うドラム音色などを選択して設定することができるようになっている。 Tone in this setting of tone color using the operator 5A stored respectively in the main sound source device MB and tone the extension board PB, i.e. piano tones, guitar tone color, or saxophone tone performing sound of the musical tone to all one part of the same tone or so that the can be set by selecting such as a drum tone performing percussive manner pronounce tone in tone different in spite of the same part. 音色拡張ボードPBに記憶された音色に対する音色パラメータの設定を行う場合、該本体音源装置MBからは音色拡張ボードPB内に記憶された音色パラメータを直接的に変更設定することができないことから、上述したRAM3に記憶されるノート指定音色制御オフセットデータを用いて間接的に音色拡張ボードPB内に記憶されている音色パラメータを変更設定するようになっている(後述する「パネル設定処理」参照)。 When setting the tone color parameter for the tone color stored in the tone color extension board PB, from the inability to directly modify setting the tone color parameters stored in the tone color extension board PB from the body tone generator MB, above It is adapted to set indirectly change the tone color parameters stored in the tone color in the expansion board PB with notes designated tone color control offset data stored in RAM3 that (see "panel setting process" to be described later).
【0013】 [0013]
検出回路5は、上記操作子5Aの各操作子の操作状態を検出し、その操作状態に応じたスイッチ情報を通信バス1Dを介してCPU1に出力する。 Detection circuit 5 detects the operation state of each operating element of the operating element 5A, and outputs it to the CPU1 through the communication bus 1D switch information corresponding to the operation state. MIDI入力インターフェイス6は、外部のMIDI機器6A(例えば電子楽器、MIDIキーボード、MIDIシーケンサーを装備したパソコン端末など)等からMIDIデータを当該音源装置MBへ入力するためのインターフェイスである。 MIDI input interface 6 is an interface for inputting external MIDI device 6A (for example, an electronic musical instrument, MIDI keyboard, computer terminal, etc. equipped with MIDI sequencer) MIDI data from such to the tone generator MB. 外部のMIDI機器6Aはユーザによる操作に応じてMIDIデータを発生する機器であればよく、鍵盤型、ギター型、管楽器型、打楽器型、身振り型等どのようなタイプの操作子を具えた(若しくは、操作形態からなる)機器であってもよい。 External MIDI device 6A may be a device that generates MIDI data in response to operation by a user, keyboard type, guitar type, wind instrument type, percussion instrument type, equipped with gesture type, etc. Any type of operator (or It consists control mode) or may be a device. なお、上記MIDI入力インターフェイス6は専用のMIDIインターフェイスを用いるものに限らず、RS232−C、USB(ユニバーサル・シリアル・バス)、IEEE1394(アイトリプルイー1394)等の汎用のインターフェイスを用いてMIDI入力インターフェイス6を構成するようにしてもよい。 In addition, the MIDI input interface 6 is not limited to using a dedicated MIDI interface, RS232-C, USB (universal serial bus), MIDI input interface by using a general-purpose interface such as IEEE1394 (Ai Triple E 1394) 6 may be configured to. この場合、MIDIデータ以外のデータをも同時に送受信するようにしてもよい。 In this case, it may be transmitted and received simultaneously other data than MIDI data. MIDIインターフェイス6として上記したような汎用のインターフェイスを用いる場合には、外部のMIDI機器6AはMIDIデータ以外のデータも送受信できるようにしてよい。 In the case of using a general-purpose interface as noted above is used as the MIDI interface 6, an external MIDI device 6A may be designed to communicate other data than MIDI data.
【0014】 [0014]
設定機器インターフェイス7は、外部のパーソナルコンピュータ7A等から各種設定情報を当該音源装置MB及び音色拡張ボードPBへ入力するためのインターフェイスである。 Setting device interface 7 is an interface for inputting from an external personal computer 7A and the like various kinds of setting information to the tone generator MB and tone color extension board PB. 外部のパーソナルコンピュータ7Aは所定の専用ソフトを動作させることによって、本体音源装置MB及び音色拡張ボードPBに記憶される各種データに対して変更設定を行うことができる。 External personal computer 7A is by operating a predetermined dedicated software, it is possible to change settings for various data stored in the main sound source device MB and tone color extension board PB. すなわち、上述した操作子5Aとは異なって、外部のパーソナルコンピュータ7Aからは音色拡張ボードPBに記憶された音色パラメータなどを直接的に変更設定することができる(後述する「プラグインボードの設定処理」参照)。 That is, unlike the operator 5A described above, setting processing of the "plug-in board that is able to (to be described later to directly change settings such as tone color parameters stored in the tone color extension board PB from an external personal computer 7A "reference). 入出力インターフェイス8は、この本体音源装置MBと装着された音色拡張ボードPBとを接続するためのインターフェイスである。 Output interface 8 is an interface for connecting the tone color extension board PB mounted with the body tone generator MB. 楽音合成器9は、複数チャンネル分の楽音信号を同時に発生することが可能であり、通信バス1Dを経由して与えられたMIDIデータを入力し、このMIDIデータに基づいて楽音信号を発生する。 Tone synthesizer 9 is capable of generating a musical tone signals of plural channels at the same time, enter the MIDI data supplied via the communication bus 1D, it generates tone signals on the basis of the MIDI data. この楽音合成器9における楽音信号発生方式はいかなるものを用いてもよい。 Tone signal generation system in this musical tone synthesizing unit 9 may use any one. 例えば、発生すべき楽音の音高に対応して変化するアドレスデータに応じて波形メモリに記憶した楽音波形サンプル値データを順次読み出す波形メモリ読み出し方式、又は上記アドレスデータを位相角パラメータデータとして所定の周波数変調演算を実行して楽音波形サンプル値データを求めるFM方式、あるいは上記アドレスデータを位相角パラメータデータとして所定の振幅変調演算を実行して楽音波形サンプル値データを求めるAM方式等の公知の方式を適宜採用してもよい。 For example, sequentially reads waveform memory readout method where tone waveform sample value data stored in a waveform memory in response to address data varying in response to the pitch of tone to be generated, or a predetermined said address data as phase angle parameter data FM system or a known method of AM method in which tone waveform sample value data are obtained by performing predetermined amplitude modulation operations as phase angle parameter data the address data, by performing the frequency modulation operations tone waveform sample value data the may be adopted as appropriate. すなわち、楽音合成器9の方式は、波形メモリ方式、FM方式、物理モデル方式、高調波合成方式、フォルマント合成方式、VCO+VCF+VCAのアナログシンセサイザ方式、アナログシミュレーション方式等、どのような方式であってもよい。 That is, method of tone synthesizer 9, the waveform memory method, FM method, physical model method, harmonics synthesis method, formant synthesis method, analog synthesizer method of VCO + VCF + VCA analog simulation method, and the like, may be any method . また、専用のハードウェアを用いて楽音合成器9を構成するものに限らず、DSPとマイクロプログラム、あるいはCPU1とソフトウェアを用いて楽音合成器9を構成するようにしてもよい。 Further, instead of constructing the tone synthesizer 9 using dedicated hardware, or may be configured a tone synthesizer 9 using a DSP and microprograms or CPU1 and software. さらに、1つの回路を時分割で使用することによって複数の発音チャンネルを形成するようなものでもよいし、1つの発音チャンネルが1つの回路で形成されるようなものであってもよい。 Furthermore, it may be such as to form a plurality of tone generation channels by using a time division one circuit, one tone generation channel may be such as formed by a single circuit.
【0015】 [0015]
ミキサー10は、楽音合成器9から発生された楽音信号および後述するように音色拡張ボードPBにおいて発生された楽音信号あるいは効果装置11において所定の効果を付加された楽音信号などを混合する。 Mixer 10 mixes the main and additional musical tone signal a predetermined effect in the tone signal or the effect device 11 which is generated in the tone color extension board PB to musical tone signals and below that generated from the tone synthesizer 9. 効果装置11は、ミキサー10から出力される楽音信号や楽音合成器9からの楽音信号に対してビブラートやリバーブなど各種のエフェクトを施す。 Effect device 11 performs a variety of effects such as vibrato or reverberation relative tone signal from the tone signals and tone synthesis device 9 that is output from the mixer 10. サウンドシステム11Aは、効果装置11から出力される楽音信号を増幅して出力する。 Sound system 11A amplifies and outputs the musical tone signals output from the effect device 11.
【0016】 [0016]
音色拡張ボードPBにおいて、入出力インターフェイス24は前記本体音源装置MB側の入出力インターフェイス8と接続されるインターフェイスである。 In tone extension board PB, input-output interface 24 is an interface that is connected to the output interface 8 of the main sound source device MB side. 該入出力インターフェイス24を介して、所定の制御情報が前記本体音源装置MBからこの音色拡張ボードPBに転送されるし、反対に音色拡張ボードPBで生成した楽音信号等が本体音源装置MBに転送される。 Through said input output interface 24 transfers, to the predetermined control information is transferred from the main sound source device MB to the tone color extension board PB, the tone signal or the like generated by the tone color extension board PB in opposition to the main sound source device MB It is. CPU21は、この音色拡張ボードPB全体の動作を制御する。 CPU21 controls the tone color extension board PB entire operation. ROM22は該音色拡張ボードPBに搭載されている機能に関する制御プログラム、拡張音色に関する波形情報及び各種パラメータなどを含む音色制御データ、当該音色拡張ボードPB側の機能を前記本体音源装置MBで制御するための機能設定データなどを記憶する。 ROM22 control program related to functions installed in the timbre expansion board PB, tone color control data including waveform information about the extended tone color and various parameters, for controlling the functions of the tone color extension board PB side by the main sound source device MB such as storing the function setting data. RAM23は、現在の選択音色情報、パターン発音時に使用される設定情報(例えば、テンポデータ、パターンオン/オフ情報など)、パーソナルコンピュータ7Aにより生成された音色制御データ、発音用の音色制御データなどを記憶する。 RAM23 is current selection tone color information, setting information used when the pattern sound (e.g., tempo data, such as a pattern on / off information), tone color control data generated by the personal computer 7A, tone color control data for pronunciation Remember. タイマ21Aは、各種タイミング情報を発生する。 Timer 21A generates a variety of timing information. 楽音合成器25はこの音色拡張ボードPBにより拡張される音色の楽音信号を発生するものであり、1または複数チャンネルの楽音を合成することができる。 Tone synthesizer 25 is intended for generating a tone signal of the tone color to be extended by the tone color extension board PB, it can be synthesized tones of one or more channels. この楽音合成器25も前記本体音源装置MB側の楽音合成器9と同様に各種の方式のものを用いることができる。 The tone synthesizer 25 also can be used for the main sound source device MB side Similarly various systems and tone synthesis device 9. さらに、バス2Dはこの音色拡張ボードPB内の各構成要素間におけるデータ転送を行うためのものである。 Furthermore, the bus 2D is for transferring data between the respective components in the tone color extension board PB.
【0017】 [0017]
ここで、上述した音色拡張ボードPB内のROM22に記憶される音色制御データについて、図2を用いて説明する。 Here, the tone color control data stored in the ROM22 of the tone color in the expansion board PB described above will be explained with reference to FIG. 図2は、音色拡張ボードPB内のROM22に記憶される音色制御データのデータ構成の一実施例を示す概念図である。 Figure 2 is a conceptual diagram showing an example of a data structure of the tone color control data stored in the ROM22 in the tone color extension board PB.
【0018】 [0018]
上述したように、本体音源装置MBに装着される音色拡張ボードPBが搭載している機能として、少なくとも拡張音色として本体音源装置MBに対して更にドラム音色を追加する機能を有する。 As described above, as a function of tone color extension board PB mounted on the main sound source device MB is mounted, has a function of adding a further drum sound to the main body tone generator MB least as extended tone color. この場合、音色拡張ボードPBに記憶する音色制御データは、本体音源装置MBに追加することのできるドラム音色を定義する。 In this case, tone color control data stored in the tone color extension board PB defines a drum sound that can be added to the main sound source device MB. この実施例において、音色制御データは複数の各ドラム音色(ドラムキット)毎に、当該ドラム音色を構成するドラム構成楽器音色全てに共通に係る複数の音色パラメータをセットした共通パラメータセットと、各ノート毎に割り当てられた個々のドラム構成楽器音色に係る複数の音色パラメータと波形データとをセットした個別パラメータセットとを含む。 In this embodiment, for each tone color control data each of a plurality of drum sounds (drum kits), a common parameter set set a plurality of tone color parameters according to the common drum configuration instrument timbre all constituting the drum sound, each note and a separate parameter set set a plurality of the tone color parameter and the waveform data according to the individual drum configuration instrument tone color assigned to each. 一般的に、1つのドラムキットに対応するドラム音色は、例えば22インチのバスドラム、12インチと13インチのタムタム、14インチのスネアドラム、16インチのフロアタム、14インチのハイハットシンバル、16〜18インチのサイドシンバル、20インチのトップシンバルなど複数のドラム構成楽器音色で構成される。 Generally, one to drum sounds corresponding to the drum kit, for example, 22 inches bass drum 12 inch and 13 inch tom, snare drum 14-inch, of 16 inches floor tom 14 inch hi-hat cymbal, 16-18 inch side cymbal, composed of a plurality of drums constituting instrument tone such as top cymbal 20-inch. 音色制御データは各ドラムキット毎に付与されたドラムキット名(例えばドラムキットA1、ドラムキットA2)を持ち、これによりドラム構成楽器音色の異なる複数のドラムキットを区別する。 Tone color control data drum kit name assigned to each drum kit (e.g. drum kit A1, drum kit A2) has, thereby distinguishing the different drum kits of drum configuration instrument tone. そして、ドラムキット名に対応して複数の音色パラメータ(例えば、ボリューム、リバーブ、リバーブセンド、インサーションエフェクトなど)をセットで記憶する。 Then, a plurality of tone color parameters corresponding to the drum kit name (e.g., volume, reverb, reverb send, etc. Insertion Effect) storing a set of. この共通パラメータセットに基づいて、該ドラムキットに含まれる複数のドラム構成楽器音色全てに対して同じ楽音特性を付与するための制御がなされる。 Based on the common parameter set, control for applying the same tone characteristics for all of the plurality of drum configuration musical instrument tone contained in the drum kit is made. なお、上記したような各パラメータは既知のものであることから、これらのパラメータについての詳しい説明を省略する。 Incidentally, since each parameter as described above are those known, a detailed description thereof will be omitted for these parameters.
【0019】 [0019]
ドラム音色が音色設定された場合、MIDIデータにおける個々のノートナンバ毎に前記ドラム音色に含まれる個々のドラム構成楽器音色がそれぞれ割当てられる。 If the drum sounds is set tone, each drum configuration instrument tone contained in the drum sound for each individual note number in the MIDI data is assigned, respectively. 例えば、MIDIデータを発生する外部MIDI機器6Aが鍵盤型のMIDIキーボードであるような場合、通常のピアノ音色設定であればノート「C4」が奏でられる鍵盤操作に応じて22インチのバスドラムの音色の楽音を発音したり、あるいはノート「A4」を奏でられる鍵盤操作に応じて16〜18インチのサイドシンバルの音色の楽音を発音する。 For example, the sound of the external MIDI If the device 6A is such that the keyboard type MIDI keyboard 22 inch bass drum according to the keyboard operation is played Notre "C4" Ordinarily piano tone color setting for generating MIDI data or pronounce the musical tone of, or Could tones of timbre 16 to 18-inch side cymbal according to the keyboard operation is played the note "A4". 通常、こうしたMIDIデータにおける個々のノートを区別するデータとしてはノートナンバが用いられる。 Usually, note number is used the individual notes as distinguishing data in such MIDI data. そこで、音色制御データでは、MIDIノートナンバ(この実施例では、ノートナンバ10(Note10)〜ノートナンバ80(Note80)まで)毎に個々のドラム構成楽器音色に関する定義データを記憶している。 Therefore, in the tone color control files, MIDI note number (in this example, note number 10 (note10) ~ note number 80 (Note80) up) stores definition data for individual drum configuration instrument tone color for each. 打楽器名は、該ドラムキットに含まれる個々のドラム構成楽器の名前である。 Percussion instrument name is the name of the individual drum configuration musical instrument that is included in the drum kit. 例えば、「14インチスネアドラム」、「16インチフロアタム」などである。 For example, "14 inches snare drum", and the like "16 inches floor tom". チューン、レベル、パン、リバーブセンド、インサーションエフェクトOn/Off、フィルタは音量・効果・音色等のパラメータであって、これらのパラメータにより該打楽器名の音色に対しての楽音特性制御がなされる。 Tune, level, pan, reverb send, Insertion Effect On / Off, filters a parameter, such as a tone volume and effect-tone characteristic control with respect to the tone of ball striking instrument name is made by these parameters. 波形アドレスは、該打楽器名の音色に関しての波形データを記憶している波形メモリにおける記憶アドレスである。 Waveform address is a memory address in the waveform memory for storing waveform data with respect to the tone of ball striking instrument names. RAM23に記憶される音色制御データは設定機器インターフェイス7を介して接続されたパーソナルコンピュータ7Aの操作に従って生成されるものであるが(これについては後述する)、そのデータ構造は上記ROM22に記憶される音色制御データと同様であることから説明を省略する。 Although tone color control data stored in the RAM23 and is generated according to the operation of the personal computer 7A, which is connected via a set device interface 7 (which will be described later), the data structure is stored in the ROM22 It omitted since it is similar to the tone color control data.
【0020】 [0020]
なお、音色制御データで定義するデータ内容は上述した内容に限らないことは言うまでもない。 The data contents to be defined by the voice control data is naturally not limited to the contents described above. また、上記音色制御データはノートナンバ毎にドラムキットを構成する複数のドラム構成楽器音色がそれぞれ割当てられたものに限らず、波の音や風の音あるいは特殊な合成音などの音色がそれぞれ割当てられたものであってもよい。 Further, the tone color control data is not limited to a plurality of drum configuration instrument tones constituting a drum kit for each note number assigned each tone such as sound waves and wind, or a special synthetic sounds are allocated respectively it may be the one.
【0021】 [0021]
次に、上述した本体音源装置MBのRAM3に記憶される音色拡張ボードPBの機能設定データの1つであるノート指定音色制御オフセットデータについて、図3を用いて説明する。 Next, as one of the function setting data tone extension board PB stored in RAM3 body tone generator MB described above notes designated tone color control offset data will be described with reference to FIG. 図3は、本体音源装置MBにおけるRAM3に記憶されるノート指定音色制御オフセットデータのデータ構成の一実施例を示す概念図である。 Figure 3 is a conceptual diagram showing an example of a data configuration of the notebook designated tone color control offset data stored in RAM3 in body tone generator MB.
【0022】 [0022]
ノート指定音色制御オフセットデータは音色拡張ボードPB内に記憶されたドラム音色を本体音源装置MB側から制御するためのデータであり、特定のノートナンバ別に割当てられた個々のドラム構成楽器音色に対する音色パラメータを変更するためのデータである。 Note specification tone color control offset data is the data for controlling the drum sounds stored in the tone color extension board PB from the main sound source device MB side, the tone color parameters for each drum configuration instrument tone color assigned to another specific note number is the data for changing the. この実施例では、4セットのノート指定音色制御オフセットデータを示し、それぞれが1つのノートナンバに対応する。 In this example, it shows four sets of notes designated tone color control offset data, each corresponding to a single note number. 音色拡張ボードPBは搭載している機能として、少なくとも拡張音色として本体音源装置MBに更にドラム音色を追加する機能を有する。 The tone color extension board PB as functions mounted, has the ability to add more drum sound to the main sound source device MB least as extended tone color. 上述したように、ドラム音色は例えば7つの異なるドラム構成楽器音色を1つのドラムキットとして記憶されており、こうしたドラム音色が選択された場合には外部MIDI機器6Aから受信したMIDIデータにおける個々のノートに関するノートナンバ毎に前記7つのドラム構成楽器音色がそれぞれ割当てられる。 As mentioned above, drum sounds are stored as a single drum kit seven different drum configurations instrument timbre example, individual note in the MIDI data received from an external MIDI device 6A in the case of such a drum tone is selected the seven drum configuration instrument timbre is assigned respectively for each note number relates. そこで、各ノートナンバ毎に割り当てられたドラム構成楽器音色の音色パラメータを制御するために、それぞれが1つのノートに対応するようにしてノート指定音色制御オフセットデータは記憶される。 Therefore, in order to control the tone color parameter of the drum construction instrument tone color assigned to each note number, note specification tone color control offset data respectively so as to correspond to one of the notes are stored. しがって、この実施例に示したノート指定音色制御オフセットデータにおいては、上記7つのドラム構成楽器音色のうち最大4つまでのドラム構成楽器音色に対しての音色パラメータを変更設定することができるようになっている。 What Shiga, in the notebook designated tone color control offset data shown in this example, to change setting the tone color parameters to the drum configuration instrument tone up to four of the above seven drum configuration instrument timbre It has become possible way. ノート指定音色制御オフセットデータは、ノートナンバと複数の音色パラメータとを含む。 Note specification tone color control offset data includes a note number and a plurality of tone color parameters. ノートナンバは、ドラム音色におけるドラム構成楽器音色を割り当てられたノートを指し示すMIDIデータである。 Note number is a MIDI data that points to the note that has been assigned the drum configuration instrument timbre of the drum tone. 音色パラメータは音量・効果・音色等のパラメータであって、この実施例においてチューン、レベル、パン、リバーブセンド、DCFのカットオフ(周波数)などについて、各々オフセット値を持つ。 Tone color parameter is a parameter such as a tone volume and effect, Tune In this example, level, pan, reverb send, for such DCF cutoff (frequency), with each offset value.
【0023】 [0023]
なお、ノート指定音色制御オフセットデータで定義するデータ内容は上述した内容に限らないことは言うまでもない。 The data content defined in note specification tone color control offset data is naturally not limited to the contents described above. また、上述の実施例においては、ノート指定音色制御オフセットデータを4セットのみ用意したものを示したがこれに限らない。 In the above embodiment, although the ones prepared only four sets of notes designated tone color control offset data is not limited thereto.
【0024】 [0024]
図1に示した音源装置MBでは、拡張音色として該音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBに記憶されているドラム音色を、該音源装置MBに元々用意されている各種の音色と共に使用して楽音を出力することができる。 In the sound source device MB shown in FIG. 1, using the drum sounds stored in the tone color extension board PB mounted on the tone generator device MB as extended tone color, together with various tones are originally provided to the tone generator device MB it is possible to output the musical tone Te. そこで、こうした音源装置MBの各種音色と該音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBのドラム音色とを用いた場合における楽音出力処理の概要について、図4を用いて簡単に説明する。 Therefore, the outline of the tone output processing in the case of using a drum sound such tone generator MB of various sound and the sound source device MB in the mounted tone color extension board PB, briefly described with reference to FIG. 図4は、音源装置MBの各種音色と該音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBのドラム音色とを用いた場合の楽音出力処理の概要を説明するためのブロック図である。 Figure 4 is a block diagram for explaining the outline of the tone output processing in the case of using a drum tone sound expansion board PB mounted on the various sound and the sound source device MB of the sound source device MB. なお、図中の矢印は各種データや信号の流れを表すものである。 Arrows in the figure illustrates a flow of various data and signals.
【0025】 [0025]
この図4に示す実施例において、まず外部のMIDI機器6AからMIDIデータが音源装置MBに対して入力される。 In the embodiment shown in FIG. 4, first, MIDI data from an external MIDI device 6A is input to the sound source device MB. 例えば外部MIDI機器6Aが鍵盤型の電子楽器である場合にはユーザによる鍵盤操作などに応じたMIDIデータが入力されるし、外部MIDI機器6Aがシーケンサーである場合にはユーザが作成した一連のMIDIデータがシーケンス順に入力される。 For example external MIDI to device 6A is input MIDI data corresponding to the keyboard, etc. user interaction when an electronic musical instrument keyboard type, a set of MIDI user-created when the external MIDI device 6A is sequencers data is input to the sequence order. 該入力されたMIDIデータがキーオン指示信号(つまりキーオンイベント)である場合、音源装置MBの制御部1(CPU1)は楽音合成部9にキーオン指示信号を送信する。 If MIDI data the input is a key-on instruction signal (i.e. key-on event), the control unit 1 (CPU 1) of the sound source device MB sends a key-on instruction signal to the tone synthesis portion 9. 楽音合成部9では入力されたMIDIデータのMIDIチャンネルに応じて、音色拡張ボードPBの制御部21(CPU21)に対しキーオン指示信号を送信する。 Depending on the MIDI channel of the MIDI data input the tone synthesis portion 9, to the control section 21 of the tone color extension board PB (CPU 21) sends a key-on instruction signal. 楽音合成部9が音色拡張ボードPBの制御部21に対しキーオン指示信号を送信しなかった場合、つまり該MIDIチャンネルに対して音色拡張ボードPBのドラム音色のいずれかを割り当てていなかった場合、楽音合成部9では音源装置MB本体に記憶されている音色のうち予め指定済みの音色に基づいて楽音信号を生成し、生成した楽音信号をミキサー10に送る。 If the musical tone synthesizing unit 9 does not send a key-on instruction signal to the control section 21 of the tone color extension board PB, that is, if you have not allocated any of the drum sounds in tone color extension board PB with respect to the MIDI channel, tone combining unit generates a musical tone signal based on pre-designated tone of the tone color are 9 in stored in the tone generator MB body, and sends the generated musical tone signal to the mixer 10.
【0026】 [0026]
一方、楽音合成部9が音色拡張ボードPBの制御部21に対しキーオン指示信号を送信した場合、つまり該MIDIチャンネルに対して音色拡張ボードPBのドラム音色のいずれかを割り当てていた場合、音色拡張ボードPBの制御部21は送信されたキーオン指示信号に含まれるノートナンバに対応する音色制御データ(図2参照)をRAM23の所定メモリ領域23Aに予め記憶されている発音用の音色制御データから読み出し、該読み出した発音用の音色制御データを音色拡張ボードPBの楽音合成部25に送信する。 On the other hand, if the musical tone synthesizing unit 9 sends a key-on instruction signal to the control section 21 of the tone color extension board PB, if that is has been assigned one of the drum sounds in tone color extension board PB with respect to the MIDI channel, tone extension tone color control data control unit 21 of the board PB is corresponding to the note number contained in the key-on instruction signal transmitted read out from the tone color control data for sound which is previously stored in a predetermined memory area 23A (FIG. 2 refer) to RAM23 , transmits the tone color control data for pronunciation read the the tone synthesis portion 25 of the tone color extension board PB. この際に、楽音合成部9が音色拡張ボードPBの制御部21に対しキーオン指示信号と共にノート指定音色制御オフセット信号を送信していた場合には、制御部21は送信されたキーオン指示信号に含まれるノートナンバに対応する音色制御データをRAM23の所定メモリ領域23Aに予め記憶されている発音用の音色制御データから読み出す。 At this time, when the musical tone synthesizing portion 9 was sending notes designated tone color control offset signals with the key-on instruction signal to the control section 21 of the tone color extension board PB, the control unit 21 included in the key-on instruction signal transmitted reading out tone color control data corresponding to the note number from the RAM23 the tone color control data for sound which is previously stored in a predetermined memory area 23A. そして、該読み出した発音用の音色制御データにおける個別パラメータセットに含まれる各音色パラメータのうち、ノート指定音色制御オフセット信号に基づいて該当する音色パラメータに対してノート指定音色制御オフセットデータのオフセット値を演算する。 Then, among the tone color parameter included in the individual parameter set in the tone color control data for pronunciation read said, the offset value of the notes designated tone color control offset data to the tone color parameters applicable on the basis of the notes designated tone color control offset signal operation to. こうして、RAM領域23Aに記憶されている発音用の音色制御データをオフセット値にて修正設定する。 Thus, modifying sets the tone color control data for sound stored in the RAM area 23A at an offset value. 演算終了後、発音用の音色制御データは音色拡張ボードPBの楽音合成部25に送信される。 After calculation end, tone color control data for sound are sent to the tone synthesis portion 25 of the tone color extension board PB. 楽音合成部25では、発音用の音色制御データに基づきROM22から波形データを読み出し、該読み出した波形データと受信した音色制御データの各音色パラメータとに基づいて楽音信号を生成し、生成した楽音信号をミキサー10に送信する。 The tone synthesis portion 25 reads out the waveform data from ROM22 based on tone color control data for sound, and generates a musical tone signal based on the respective tone color parameter for the tone color control data received with the read-out waveform data, generated musical tone signal and it transmits to the mixer 10. ミキサー10では、音源装置MB本体で生成された所定の音色の楽音信号と、音色拡張ボードPBで生成されたドラム音色の楽音信号とを混合して外部へ出力する。 In mixer 10, and it outputs a tone signal of a predetermined tone generated by the tone generator MB body, by mixing the tone signal drum sounds generated by the tone color extension board PB to the outside.
【0027】 [0027]
以上のようにして、図1に示した音源装置MBでは、拡張音色として該音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBに記憶されているドラム音色を、該音源装置MBに元々用意されている各種の音色と共に使用して楽音を出力することができる。 As described above, in the tone generator MB shown in FIG. 1, the drum sounds stored in the tone color extension board PB mounted on the tone generator device MB as extended tone color, is originally provided to the tone generator device MB it is possible to output the musical tone used with various tones.
【0028】 [0028]
なお、外部MIDI機器6Aから入力されたMIDIデータがキーオン指示信号でなくプログラムチェンジ信号(この実施例ではプログラムチェンジ信号でドラムキットを変更するようにしたので、該信号がドラムキット変更指示信号となる)である場合、音源装置MBの制御部1は楽音合成部9にプログラムチェンジ信号を送信する。 Incidentally, since as MIDI data input from the external MIDI device 6A changes the program change signal (drum kit program change signal in this embodiment instead of key-on instruction signal, the signal becomes a drum kit change instruction signal If) is, the control unit 1 of the sound source device MB transmits a program change signal to the tone synthesis portion 9. 楽音合成部9では入力されたMIDIデータのMIDIチャンネルに応じて、音色拡張ボードPBの制御部21(CPU21)に対しプログラムチェンジ信号を送信する。 Depending on the MIDI channel of the MIDI data input the tone synthesis portion 9, to the control section 21 of the tone color extension board PB (CPU 21) sends a program change signal. 音色拡張ボードPBの制御部21に対しプログラムチェンジ信号を送信しなかった場合、楽音合成部9では該プログラムチェンジ信号に従って音源装置MB本体に記憶されている音色のうちのいずれかに音色を変更して楽音信号を生成する。 If to the control unit 21 of the tone color extension board PB did not send a program change signal to change the tone color to any of the tone color stored in the tone generator MB main body in accordance with the program change signal the musical tone synthesizing unit 9 generating a musical tone signal Te. 一方、音色拡張ボードPBの制御部21にプログラムチェンジ信号(つまりドラムキット変更指示信号)を送信した場合、制御部21は該プログラムチェンジ信号に対応する音色制御データをROM22あるいはRAM23から読み出し、該読み出した音色制御データを音色制御データとしてRAM23の所定メモリ領域23Aに記憶する。 On the other hand, when transmitting a program change signal to the control section 21 of the tone color extension board PB (i.e. drum kit change instruction signal), the control unit 21 reads out the tone color control data corresponding to the program change signal from ROM22 or RAM 23, the read storing tone color control data as tone color control data to the RAM23 in a predetermined memory area 23A has. このようにして、楽音信号出力処理時における音色の変更を行うことができる。 In this way it is possible to change the tone color at the tone signal output processing.
【0029】 [0029]
以上のような楽音信号出力処理に先立ち、図1に示した音源装置MBでは音色拡張ボードPBに記憶されているドラム音色に係る音色制御データの各音色パラメータ内容を適宜に変更することができる。 Prior to the tone signal output processing as described above, it can be changed as appropriate to each tone color parameter contents of the tone color control data according to the tone generator MB drum sounds stored in the tone color extension board PB in FIG. 1. 音色制御データの各音色パラメータ内容を変更するには、音源装置MBから変更する方法と、該音源装置MBに接続されたパーソナルコンピュータ7Aから変更する方法の2通りの方法がある。 To change each tone color parameter contents of the tone color control data, a method of changing from the sound source device MB, there are two ways how to modify the personal computer 7A that is connected to the tone generator device MB. 音源装置MBから音色拡張ボードPBに記憶されたドラム音色の音色制御データ内容を変更する場合、操作子5Aから個々のノートナンバに対応した音色制御データの各音色パラメータのオフセット値を入力する。 When changing the tone color control data contents of drum sounds stored in the tone color extension board PB from the sound source device MB, and inputs the offset value for each tone color parameter for the tone color control data corresponding from operator 5A to individual note numbers. 制御部1では操作子5Aからのオフセット値の入力を受け付けると、RAM3に記憶したノート指定音色制御オフセットデータ(図3参照)における各音色パラメータ毎のオフセット値の設定を書き換える。 When receiving the input of the offset value from the control unit 1, the operating element 5A, rewrites the setting of the offset value for each tone color parameter in the note specification tone color control offset data stored in the RAM 3 (see FIG. 3). 該音源装置MBに接続されたパーソナルコンピュータ7Aから音色拡張ボードPBに記憶されたドラム音色の音色制御データ内容を変更する場合、音色拡張ボードPBのRAM23に記憶される音色制御データ内容を変更する。 When changing the tone color control data contents of drum sounds stored in the tone color extension board PB from the personal computer 7A that is connected to the tone generator device MB, to change the tone color control data contents stored in the RAM23 tone extension board PB. このパーソナルコンピュータ7Aからは、音色制御データの共通パラメータセットと個別パラメータセットにおける各音色パラメータの設定値を直接変更することができる。 From this personal computer 7A, it is possible to change the set values ​​of the tone color parameters in the common parameter set and the individual parameter set tone color control data directly.
【0030】 [0030]
図1に示した音源装置MBでは、拡張音色として該音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBに記憶された音色を使用するように設定することができる。 In the sound source device MB shown in FIG. 1, it can be configured to use the sound stored in the mounted on the tone generator device MB as extended tone color tone color extension board PB. そこで、こうした音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBに記憶された音色を使用するための「パネル設定処理」について、具体例を用いて説明する。 Therefore, the "panel setting processing" for using the tone color stored in such a tone generator MB in the mounted tone color extension board PB, will be described with reference to specific examples. 図5は、図1に示した音源装置MBにおけるCPU1で実行する「パネル設定処理」の一実施例を示すフローチャートである。 Figure 5 is a flow chart showing an example of a "panel setting process" to be executed by the CPU1 in the tone generator MB shown in FIG. 以下、この図5に示したフローチャートに従って、当該処理の動作を説明する。 Hereinafter, according to the flowchart shown in FIG. 5, the operation of the process. なお、この実施例では、プラグインボードとして該音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBに搭載されている機能として、少なくとも拡張音色として本体音源装置MBに更にドラム音色を追加する機能を有する。 In this embodiment, as functions installed in the tone color extension board PB mounted on the tone generator device MB as a plug-in board has a function of adding a further drum sound to the main sound source device MB least as extended tone color.
【0031】 [0031]
ステップS1では、プラグインボードの設定の選択が行われたか否かを判定する。 In step S1, it is determined whether or not the selection of settings of the plug-in board has been performed. すなわち、該音源装置MBにプラグイン装着された音色拡張ボードPB(プラグインボード)に搭載されている音色拡張機能を使用可能とするために、所望の音色拡張ボードPBに対する各種設定が行われたか否かを判定する。 That is, in order to enable the tone extension mounted on the tone generator device MB to plug mounted tone color extension board PB (plug-in board), or the various settings are made for a desired tone color extension board PB and determines whether or not. プラグインボードの設定の選択が行われていないと判定した場合には(ステップS1のNO)、プラグインボードの設定以外のその他指示に対応する各種処理を実行する(ステップS13)。 If the selection of settings of the plug-in board is determined not been performed (NO in step S1), and executes various processes corresponding to other instructions other than setting of the plug-in board (step S13). 一方、プラグインボードの設定の選択が行われたと判定した場合には、所望の音色拡張ボードPBに対する各種設定項目を受け付ける(ステップS2)。 On the other hand, when the selection of the setting of the plug-in board is determined to have been performed accepts various setting items for a desired tone color extension board PB (step S2). このステップS2の処理で受け付ける各種設定としては、チャンネル設定、ドラムキット選択設定、ノート別設定などがある。 The various settings accepted by the processing of step S2, channel setting, drum kit selection setting, there is a notebook-based setting. チャンネル設定が行われた場合には(ステップS3のYES)、チャンネル番号を受け付けて(ステップS4)、該チャンネル番号の割り当てを設定する(ステップS5)。 If the channel setting has been performed (YES in step S3), and accepts a channel number (step S4), and sets the allocation of the channel number (step S5). これにより、音色拡張ボードPBに記憶されたドラム音色を割り当てるべきMIDIチャンネル番号を確保する。 Thus, to ensure a MIDI channel number to be assigned to drum sounds stored in the tone color extension board PB. 1チャンネルに対して1つのドラム音色を割り当てることにより、同じパートであるにも関わらず異なる音色でパーカッシブ的な楽音を発音することができるようになる。 By assigning one drum sounds for one channel, it is possible to pronounce percussive specific tone in tone different in spite of the same part.
【0032】 [0032]
ドラムキット選択設定が行われた場合には(ステップS6のYES)、ドラムキット名称を受け付けて(ステップS7)、該受け付けたドラムキット名称に対応する音色制御データを割り当て設定する(ステップS8)。 If the drum kit selected setting has been made ready for (YES in step S6), and a drum kit name (step S7), and allocation setting a tone color control data corresponding to the received drum kit name (step S8). 例えば、ドラムキット名称として「ドラムキットA1」が指定されている場合、音色拡張ボードPBにおけるROM22に記憶されている該「ドラムキットA1」が付された音色制御データを割り当てるように設定する。 For example, if the "Drum Kit A1" is designated as the drum kit name, it is configured to assign tone color control data to which the "drum kit A1" is attached stored in ROM22 in tone color extension board PB. ノート別設定の選択が行われた場合には(ステップS9のYES)、設定項目とその設定値を受け付けて(ステップS10)、該設定値を記憶する(ステップS11)。 If the selection of the note-based setting is performed by receiving the (YES in step S9), and setting items and the setting value (step S10), and stores the set value (step S11). すなわち、ノート指定音色制御オフセットデータにおける各音色パラメータに対するオフセット値の入力を受け付けて、該ノート指定音色制御オフセットデータを音源装置MBのRAM3に記憶する。 In other words, it receives an input of an offset value for each tone color parameter in the note specification tone color control offset data, and stores the notes designated tone color control offset data in RAM3 of the sound source device MB. このように、音源装置MBから音色拡張ボードPBに記憶されたドラム音色の音色制御データ内容を変更する場合においては、個々のノートナンバに対応した音色制御データの各音色パラメータのオフセット値を入力することで、間接的に変更することができるようになっている。 Thus, in the case of changing the tone color control data contents of drum sounds stored in the tone color extension board PB from the sound source device MB inputs an offset value for each tone color parameter for the tone color control data corresponding to each note number it is, so that it is possible to indirectly change. ステップS12では、プラグインボードに設定値を送信する。 At step S12, and transmits the set value to the plug-in board. ステップS13では、上記した以外のその他の指示に対応する各種処理を実行する。 In step S13, it executes various processes corresponding to the other instructions other than those described above.
【0033】 [0033]
図1に示した音源装置MBでは、該音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBのROM22に記憶されたドラムキット毎の音色制御データの内容を、該音源装置MBに設定機器インターフェイス7を介して接続されたパーソナルコンピュータ7A(以下、単にパソコン端末7Aと呼ぶ)から適宜に変更することができるようになっている。 In the sound source device MB shown in FIG. 1, a ROM22 the contents of tone color control data storage drums each kit sound expansion board PB mounted on the tone generator device MB, via the setting device interface 7 to the tone generator device MB connected Te is a personal computer 7A (hereinafter simply referred to as a personal computer terminal 7A) and is capable of appropriately changed from. そこで、こうした音色拡張ボードPBに記憶されたドラムキット毎の音色制御データの内容をパソコン端末7Aを用いて変更する「プラグインボードの設定処理」について、具体例を用いて説明する。 Accordingly, the "setting process of the plug-in board" modified using a personal computer terminal 7A contents of tone color control data of the drum each kit stored in such tone color extension board PB, it will be described with reference to specific examples. 図6は、図1に示した該音源装置MBに設定機器インターフェイス7を介して接続されたパーソナルコンピュータ7Aで実行する「プラグインボードの設定処理」の一実施例を示すフローチャートである。 Figure 6 is a flow chart showing an example of the "setting process of the plug-in board" to the tone generator device MB via the setting device interface 7 running on a personal computer connected 7A shown in FIG. 以下、この図6に示したフローチャートに従って、当該処理の動作を説明する。 Hereinafter, according to the flowchart shown in FIG. 6, the operation of the process.
【0034】 [0034]
ステップS21では、パソコン端末7Aからの設定内容を受け付ける。 In the step S21, it receives the setting contents from the personal computer terminal 7A. パソコン端末7Aから受け付ける設定内容としては、ドラムキット指定、修正指示、記録指示などがある。 The settings to accept from the personal computer terminal 7A, specify a drum kit, the correction instruction, recording instruction, and the like. ドラムキット指定が行われたと判定した場合には(ステップS22のYES)、対応するドラムキットのデータをプラグインボードから読み出す(ステップS23)。 If the drum kit specified is determined to have been performed (YES in step S22), and reads out the data of the corresponding drum kit from the plug-in board (step S23). すなわち、音色拡張ボードPBにおけるROM22に記憶されているドラムキット毎の音色制御データの中から、指定されたドラムキットの音色制御データを読み出す。 That is, from among the tone color control data for each drum kit stored in the ROM22 in the tone color extension board PB, reads the tone color control data for the specified drum kit. 修正指示が行われたと判定した場合には(ステップS24のYES)、変更値を受け付けて(ステップS25)、取り込んだデータを変更する(ステップS26)。 If the correction instruction is determined to have been performed (YES in step S24), and accepts the change value (step S25), and changes the acquired data (step S26). すなわち、上記ステップS23において読み出したドラムキットに対応する音色制御データの共通パラメータセット及び個別パラメータセットにおける各音色パラメータ内容を、パソコン端末7Aから入力された内容に変更する。 That is, each tone color parameter contents of the common parameter set and the individual parameter set tone color control data corresponding to the read drum kit in step S23, to change the contents inputted from the personal computer terminal 7A. 記録指示が行われたと判定した場合には(ステップS27のYES)、プラグインボードに設定値を送信する(ステップS28)。 If the recording instruction is determined to have been performed (YES in step S27), and transmits the set value to the plug-in board (step S28). すなわち、パソコン端末7Aから入力された内容に設定変更された音色制御データを音色拡張ボードPBのRAM23に記憶する。 That is, to store the tone color control data changed set contents input from the personal computer terminal 7A to RAM23 sound expansion board PB. なお、RAM23を不揮発性メモリで構成すれば、ユーザが設定したこれらの音色制御データを電源のオンオフに関わらず記憶しておくことができる。 Incidentally, by forming the RAM23 in nonvolatile memory, it can be stored irrespective of these tone color control data set by the user on and off the power supply. ステップS29では、上記した処理以外のその他の指示に対応する各種処理を実行する。 In step S29, it executes various processes corresponding to the other instructions other than the processing described above. このようにして、音源装置MBに設定機器インターフェイス7を介して接続されたパーソナルコンピュータ7Aでは、音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBのROM22に記憶されたドラムキット毎の音色制御データの内容を直接変更することができるようになっている。 In this manner, the personal computer 7A connected via the setting device interface 7 to the sound source device MB, ROM 22 to the contents of the tone color control data storage drums each kit sound expansion board PB mounted on the tone generator MB has become so can be changed directly.
【0035】 [0035]
図1に示した音源装置MBに装着された音色拡張ボードPBでは、該音源装置MBにMIDI入力インターフェイス6を介して接続された外部MIDI機器6Aから入力されたMIDIデータに従って、所定のチャンネルに対して割り当て済みのドラムキットを用いてドラム音色で楽音を発音するなどの各種処理を実行する。 In tone extension board PB mounted on the tone generator MB shown in FIG. 1, in accordance with MIDI data input from an external MIDI device 6A connected via a MIDI input interface 6 to the tone generator device MB, for a given channel It executes various processes such as Could tone in drum sounds using the assigned drum kit Te. そこで、こうした音色拡張ボードPBで実行する「プラグインボードの処理」の実施例について、具体例を用いて説明する。 Therefore, for example of "process of the plug-in board" to run in such a tone color extension board PB, it will be described with reference to specific examples. 図7は、図1に示した音色拡張ボードPBにおけるCPU21で実行する「プラグインボードの処理」の実施例を示すフローチャートである。 Figure 7 is a flow chart showing an example of the "processing of the plug-in board" to run CPU21 in tone color extension board PB shown in FIG. この「プラグインボードの処理」は、装着されている音源装置MBの電源オンと同時に起動され、音源装置MBの電源オフと同時に終了する。 This "process of plug-in boards" is activated at the same time as the power-on of the sound source device MB that is mounted, at the same time to end the power off of the sound source device MB.
【0036】 [0036]
ステップS31では、初期化を行う。 In step S31, initialization is performed. 例えば、RAM23に記憶されているパソコン端末7Aを介して設定された各ドラムキット毎の音色制御データや該RAM23の所定メモリ領域23Aにバッファされた音色制御データなどのデータクリアや各種処理パラメータを初期値に設定するなどの各種処理を実行する。 For example, initial data clearing and various processing parameters such as tone color control data buffered in the predetermined memory area 23A of the tone color control data and the RAM23 for each drum kit set through the personal computer terminal 7A stored in the RAM23 It executes various processes such as setting the value. 音色拡張ボードPBが本体音源装置MBから受信する信号としては、キーオン指示信号、ドラムキット変更指示信号(この実施例ではプログラムチェンジ信号)、オフセット信号、その他の制御信号などがある。 The signal tone extension board PB is received from the main sound source device MB, key-on command signal, a drum kit change instruction signal (program change signal in this example), the offset signal, and the like other control signals. キーオン指示信号を受信した場合には(ステップS32のYES)、受信したキーオン指示信号のノートナンバに対応する音色制御データを発音用の音色制御データを記憶したRAM領域23Aから読み出し(ステップS33)、該読み出した音色制御データにおける波形アドレスに従って波形データを読み出し(ステップS34)、さらに読み出した音色制御データの各音色パラメータと音色全体に係る音色パラメータに従って楽音信号を生成して音源装置MBへ送信する(ステップS35)。 If it receives the key-on instruction signal (YES at step S32), it reads from the RAM region 23A which stores tone color control data for timbres control data corresponding to the note number of the received key-on instruction signal (step S33), read waveform data in accordance with waveform address in said read out tone color control data (step S34), and generates a musical tone signal in accordance with tone color parameters according to each entire tone color parameter and the tone of the tone color control data further read transmits to the tone generator MB ( step S35).
【0037】 [0037]
ドラムキット変更指示信号を受信した場合には(ステップS36のYES)、指示のあったドラムキットに対応する音色制御データをROM22またはRAM23に記憶された音色制御データの中から読み出し、RAM領域23Aに記憶された発音用の音色制御データと書き換える(ステップS37)。 If it receives a drum kit change instruction signal read from the (YES in step S36), tone color control data and tone color control data stored in ROM22 or RAM23 corresponding to a drum kit for which the instruction to the RAM area 23A It rewrites the stored tone color control data for pronunciation (step S37). すなわち、音源装置MBから送信されてきたMIDIデータがプログラムチェンジ信号(つまりドラムキット変更指示信号)である場合には、その指定のあったドラムキットの音色制御データをROM22またはRAM23から読み出し、読み出した音色制御データを発音用の音色制御データとしてRAM領域23Aに記憶することでデータ書き換えを行う。 That is, when MIDI data transmitted from the sound source device MB is a program change signal (i.e. drum kit change instruction signal), a tone color control data for that specified, a drum kit read from ROM22 or RAM 23, read performing data rewriting by storing in the RAM area 23A of the tone color control data as tone color control data for sound. オフセット信号を受信した場合には(ステップS38のYES)、RAM領域23Aに記憶された発音用の音色制御データにおける個別パラメータセットの各音色パラメータ値をノート指定音色制御オフセットデータにおける各音色パラメータのオフセット値を用いて修正する(ステップS39)。 When receiving the offset signal (YES in step S38), the offset of each tone color parameter of each tone color parameter values ​​of the individual parameters set in the tone color control data for sound stored in the RAM area 23A in note specification tone color control offset data modifying using the values ​​(step S39). その他の制御信号を受信した場合には(ステップS40のYES)、送信されてきた制御信号に応じて処理を行う(ステップS41)。 If it receives other control signals (YES in step S40), it performs the processing according to the control signal transmitted (step S41). 例えば、チャンネルを指定する制御信号を受信した場合には、音色制御ボードPBに記憶したドラム音色を割り当てるMIDIチャンネルを変更する。 For example, when receiving a control signal for designating the channel changes the MIDI channel to assign drum sounds stored in the tone color control board PB. 各信号の受信処理を終えるとステップS32の処理に戻って、上記ステップS32〜ステップS41までの各処理を繰り返し実行する。 Returning to the processing of step S32 Upon completion of reception processing of signals, repetitively executes the processes up to step S32~ step S41.
【0038】 [0038]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
この発明によれば、同じパートであるにも関わらず異なる音色でパーカッシブ的な楽音を発音するドラム音色等を構成する複数の個々の音色毎に音色パラメータを適宜に変更できるようにしたことから、ドラム音色等を音色拡張ボードで追加した場合に該ドラム音色等を構成する個々の音色毎に異なる特徴を付与することができるようになる、という効果を得る。 According to the present invention, since it has to change the tone color parameter appropriately percussive specific tone for each of a plurality of individual tones constituting Could drum sounds such as in a voice different in spite of the same part, it is possible to impart an individual timbre different features for each constituting the drum sounds such as when adding the drum sounds etc. by the voice expansion board, such an effect that.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】この発明に係る楽音信号生成装置の実施の形態を示すハード構成ブロック図である。 1 is a hardware configuration block diagram showing an embodiment of the musical tone signal generating apparatus according to the present invention.
【図2】 音色拡張ボード内のROMに記憶される音色制御データのデータ構成の一実施例を示す概念図である。 2 is a schematic diagram showing an example of a data structure of the tone color control data stored in the ROM of the tone color extension board.
【図3】 本体音源装置におけるRAMに記憶されるノート指定音色制御オフセットデータのデータ構成の一実施例を示す概念図である。 3 is a schematic diagram showing an example of a data configuration of the notebook designated tone color control offset data stored in the RAM in the main sound source device.
【図4】 音源装置の各種音色と該音源装置に装着された音色拡張ボードのドラム音色とを用いた場合の楽音出力処理の概要を説明するためのブロック図である。 4 is a block diagram for explaining the outline of the tone output processing in the case of using a drum tone sound expansion boards mounted on the various sound and the sound source device of the sound source device.
【図5】 音源装置におけるCPUで実行する「パネル設定処理」の一実施例を示すフローチャートである。 5 is a flow chart showing an example of the "panel setting processing" executed by the CPU in the tone generator.
【図6】 音源装置に設定機器インターフェイスを介して接続されたパーソナルコンピュータで実行する「プラグインボードの設定処理」の一実施例を示すフローチャートである。 6 is a flow chart showing an example of a tone generator in via the setting device interface running on a personal computer connected "setting process of the plug-in board".
【図7】 音色拡張ボードにおけるCPUで実行する「プラグインボードの処理」の実施例を示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing an example of the "processing of the plug-in board" running in CPU in tone color extension board.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1(21)…CPU、1A(21A)…タイマ、2(22)…ROM、3(23)…RAM、4…表示回路、4A…液晶画面、5…検出回路、5A…操作子、6…MIDI入力インターフェイス、6A…外部MIDI機器、7…設定機器インターフェイス、7A…パーソナルコンピュータ、8(24)…入出力インターフェイス、9(25)…楽音合成器、10…ミキサー、11…効果装置、11A…サウンドシステム、1D(2D)…データ及びアドレスバス、MB…音源装置、PB…音色拡張ボード(プラグインボード) 1 (21) ... CPU, 1A (21A) ... timer, 2 (22) ... ROM, 3 (23) ... RAM, 4 ... display circuit, 4A ... LCD screen, 5 ... detecting circuit, 5A ... operator, 6 ... MIDI input interface, 6A ... external MIDI device, 7 ... setting device interface, 7A ... personal computer, 8 (24) ... output interface, 9 (25) ... tone synthesizer, 10 ... mixer, 11 ... effect device, 11A ... sound system, 1D (2D) ... data and address bus, MB ... tone generator, PB ... tone extension board (plug-in board)

Claims (3)

  1. 効果その他の楽音特性を個別に設定する複数のパラメータを含むパラメータセットをそれぞれ個別のノート番号に対応付けられた複数の音色毎に記憶する記憶手段と、 Storage means for storing a parameter set respectively for each of a plurality of tones associated with the individual note numbers including a plurality of parameters for setting the effect other musical properties individually,
    前記記憶手段から前記複数の音色毎のパラメータセットを読み出して記憶する楽音生成用記憶手段と、 A music generation storage means for storing read the parameter set for each of the plurality of tones from the memory means,
    前記複数の音色が対応するノート番号に対応付けられた、前記パラメータセット中の各パラメータの値の修正を行うオフセット値をそれぞれ任意に設定する設定手段と、 Setting means for setting any of the plurality of tones have been correlated to the corresponding note number, the offset value for correcting the value of each parameter in the parameter set, respectively,
    前記楽音生成用記憶手段に記憶されたパラメータセットのうち、前記オフセット値が設定されたノート番号に対応するパラメータセット中の各パラメータを、 該ノート番号に対応する前記オフセット値に基づいてそれぞれ修正する制御手段と、 Of the stored parameter set to the musical sound generation storage means, corrects each based on the parameters in the parameter set corresponding to the note number which the offset value is set to the offset value corresponding to the note number and control means,
    ノート番号を含む発音指示に応じて、該発音指示に係るノート番号に対応する前記楽音生成用記憶手段に記憶されたパラメータセット中の各パラメータに従う前記効果その他の楽音特性でなる楽音を生成する楽音生成手段とを具えた楽音信号生成装置。 Depending on the sound instruction including the note number, the musical tone generating a musical tone comprising the above effects other tone characteristics according the parameters in the parameter set stored in the musical sound generation storage means corresponding to the note number of the emitting sound instruction musical tone signal generating apparatus comprising a generation unit.
  2. 前記記憶手段は、一連のノート番号に対応する複数の前記パラメータセットを1つの単位とした音色キットを複数記憶し、 It said storage means stores a plurality of the plurality of tones kit parameter set as one unit corresponding to a series of note numbers,
    前記音色キットの選択指示に応じて、当該選択された音色キット単位で前記複数のパラメータセットを前記記憶手段から読み出して前記楽音生成用記憶手段に記憶させることを特徴とする請求項1に記載の楽音信号生成装置。 Depending on the selection instruction of the tone color kit, the plurality of parameter sets in the selected tone color kit units read from said storage means according to claim 1, characterized in that to be stored in the tone generation storage means musical tone signal generating apparatus.
  3. 前記記憶手段と前記楽音生成用記憶手段と前記楽音生成手段とは所定の音色拡張ボードに搭載されてなり、 Said and said musical tone generating means storing means and said tone generation storage means becomes mounted on a predetermined tone color extension board,
    前記音色拡張ボードは着脱自在であることを特徴とする請求項1に記載の楽音信号生成装置。 Musical tone signal generating apparatus according to claim 1, wherein said tone color extension board is removable.
JP2002067012A 2002-03-12 2002-03-12 Tone signal generator and tone signal generator Active JP3999984B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002067012A JP3999984B2 (en) 2002-03-12 2002-03-12 Tone signal generator and tone signal generator

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002067012A JP3999984B2 (en) 2002-03-12 2002-03-12 Tone signal generator and tone signal generator

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003263160A true JP2003263160A (en) 2003-09-19
JP3999984B2 true JP3999984B2 (en) 2007-10-31

Family

ID=29198548

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002067012A Active JP3999984B2 (en) 2002-03-12 2002-03-12 Tone signal generator and tone signal generator

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3999984B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4561224B2 (en) * 2004-08-05 2010-10-13 ヤマハ株式会社 Audio signal processing device
EP1646035B1 (en) * 2004-10-05 2013-06-19 Sony Europe Limited Mapped meta-data sound-playback device and audio-sampling/sample processing system useable therewith
JP5125374B2 (en) * 2007-10-02 2013-01-23 ヤマハ株式会社 Electronic music apparatus and program
JP5125373B2 (en) * 2007-10-02 2013-01-23 ヤマハ株式会社 Electronic music apparatus and program
JP5218154B2 (en) * 2009-03-02 2013-06-26 ヤマハ株式会社 Musical tone signal generating apparatus

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2003263160A (en) 2003-09-19 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5747714A (en) Digital tone synthesis modeling for complex instruments
US6188008B1 (en) Chord indication apparatus and method, and storage medium
US5319151A (en) Data processing apparatus outputting waveform data in a certain interval
US5278348A (en) Musical-factor data and processing a chord for use in an electronical musical instrument
US5406024A (en) Electronic sound generating apparatus using arbitrary bar code
US7112738B2 (en) Electronic musical instrument
US20050016366A1 (en) Apparatus and computer program for providing arpeggio patterns
US20030177892A1 (en) Rendition style determining and/or editing apparatus and method
US20010045154A1 (en) Apparatus and method for generating auxiliary melody on the basis of main melody
US5703312A (en) Electronic musical instrument and signal processor having a tonal effect imparting function
US20020007720A1 (en) Automatic musical composition apparatus and method
US6919502B1 (en) Musical tone generation apparatus installing extension board for expansion of tone colors and effects
US20060054006A1 (en) Automatic rendition style determining apparatus and method
JP2001154665A (en) Device and method for controlling music data display
US6031175A (en) Music performing apparatus capable of calling registrations for performance and computer readable medium containing program therefor
US20040055449A1 (en) Rendition style determination apparatus and computer program therefor
US5864081A (en) Musical tone generating apparatus, musical tone generating method and storage medium
JPH09127941A (en) Electronic musical instrument
US20050061141A1 (en) Performance data processing apparatus and program
JP2565069B2 (en) Electronic musical instrument
US5821444A (en) Apparatus and method for tone generation utilizing external tone generator for selected performance information
US6852918B2 (en) Automatic accompaniment apparatus and a storage device storing a program for operating the same
US7312390B2 (en) Automatic music playing apparatus and computer program therefor
US7790977B2 (en) Component tone synthetic apparatus and method a computer program for synthesizing component tone
JP2005062697A (en) Tempo display device

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20041012

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041213

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050118

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20050419

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050616

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050804

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20050809

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20050930

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070810

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100817

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100817

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110817

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120817

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130817

Year of fee payment: 6