JP3993215B2 - ファイル変換システム - Google Patents

ファイル変換システム Download PDF

Info

Publication number
JP3993215B2
JP3993215B2 JP2006015808A JP2006015808A JP3993215B2 JP 3993215 B2 JP3993215 B2 JP 3993215B2 JP 2006015808 A JP2006015808 A JP 2006015808A JP 2006015808 A JP2006015808 A JP 2006015808A JP 3993215 B2 JP3993215 B2 JP 3993215B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
document
means
application program
file
translation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2006015808A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006127551A (ja
Inventor
アシュ、ディラン、ビー.
クレジック、ニック、ジー.
Original Assignee
アップル インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US99768892A priority Critical
Application filed by アップル インコーポレイテッド filed Critical アップル インコーポレイテッド
Publication of JP2006127551A publication Critical patent/JP2006127551A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3993215B2 publication Critical patent/JP3993215B2/ja
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F17/00Digital computing or data processing equipment or methods, specially adapted for specific functions
    • G06F17/20Handling natural language data
    • G06F17/21Text processing
    • G06F17/22Manipulating or registering by use of codes, e.g. in sequence of text characters
    • G06F17/2205Storage facilities
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F16/00Information retrieval; Database structures therefor; File system structures therefor
    • G06F16/10File systems; File servers
    • G06F16/11File system administration, e.g. details of archiving or snapshots
    • G06F16/116Details of conversion of file system types or formats
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F17/00Digital computing or data processing equipment or methods, specially adapted for specific functions
    • G06F17/20Handling natural language data
    • G06F17/21Text processing
    • G06F17/22Manipulating or registering by use of codes, e.g. in sequence of text characters
    • G06F17/2264Transformation
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F17/00Digital computing or data processing equipment or methods, specially adapted for specific functions
    • G06F17/20Handling natural language data
    • G06F17/21Text processing
    • G06F17/24Editing, e.g. insert/delete
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S707/00Data processing: database and file management or data structures
    • Y10S707/99931Database or file accessing

Description

本発明はコンピュータ用のファイリングシステムの改良に関する。より詳細には、異なるファイルシステム間における文書変換の簡素化に関する。

ワークステーションのソフトウエアのデベロッパにとって、ユーザーのインターフェイスにおける一貫性を維持しつつフレキシブルなソフトウエア環境を提供することがますます重要になっている。この種の操作環境を提供しようとする初期の試みについては特許文献1に記載がある。この特許はユーザーがカーソル位置に動的メニューを呼び出し、そのメニューからさまざまなファンクションのどんなものでも呼び出すことができる図表と文章とを組合せた処理システムについて記載している。この種のユーザーとの自然な相互作用は、ユーザーのインターフェイスを改良し、アプリケーションを格段に直感的なものにする。

W0RD(商標)のワードプロセッシングプログラム及びMacWrite(商標)のワードプロセッシングプログラムは現在のところ、文書変換の際に使用できる翻訳プログラム(変換プログラムともいう。以下では、「翻訳」は「変換」と同義である)について静止リストを提供している。しかし追加的に変換ルーチンが作られるのにつれて静止リストに動的に追加していける能力はない。また、それがなければオペレーティングシステムに認識不能なファイルの動的オープニングを提供する解決法のあるシステムは未だ存在しない。今日の技術水準は、ファイルを選択した後、Macintosh[商標]コンピュータ、その他のコンピュータシステムにオープニングを開始するようファイルを挿入しても、そのオープニングシステムが、その特定ファイルの独自の性質を認識するよう前以てプログラムされていないと、あるいはそのファイル取扱い用のアプリケーションがインストールされていないと、処理できない旨を標準指示メッセージ[a standard prompt]がユーザーに表示するようなものにすぎない。
米国特許第4,686,522号

そこで本発明の第1の目的は、特定区域内情報通信網のような通信ライン経由で、地域的、遠隔的にコンピュータに接続される代替のプログラムや翻訳ソフトウエアをサーチし、ユーザーが文書をオープニングするか変換するかの二者択一的選択から選択することができるファイル変換能力を提供することにある。本発明は人間工学的な方法で1つ又は2つ以上の文書を新たなフォーマットに変換するオプションをユーザーに提供するのである。本発明はまた、ユーザーのファイルに対する視点に、Disk Operating System(DOS。商標),Windows(商標)あるいはUNIX(商標)といった自システム以外のオペレーティングシステム(OS)で作られた文書を含むどんな種類の文書やプログラムについても新たな情報を供給するものでもある。

この発明によれば、上述の目的を達成するために、特許請求の範囲に記載のとおりの構成を採用している。ここでは、発明を詳細に説明するのに先だって、特許請求の範囲の記載について補充的に説明を行なっておく。

すなわち、この発明の一側面によれば、上述の目的を達成するために、コンピュータシステムが現在アクセスできないアプリケーションプログラムにより過去に作成された文書を処理する装置に:当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムがコンピュータシステムによりアクセスできないことを判定する手段と;当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムと異なるアプリケーションプログラムであって、当該文書を変換することが可能で、かつ当該コンピュータシステムがアクセス可能な複数のアプリケーションプログラムを特定する手段と;当該文書から当該アクセス可能な複数のアプリケーションプログラムへの変換パスをそれぞれ特定する手段と;当該文書を変換することが可能でアクセス可能なアプリケーションプログラムのうち1つを選択する手段と;選択されたアプリケーションプログラムを用いて他のアクセス可能なアプリケーションプログラムが許容するフォーマットに、当該文書を変換する手段とを設けるようにしている。

この構成においては、文書を作成したアプリケーションプログラムが利用できない場合に文書を変換するオプションを提示して使用勝手の良い態様で文書を利用可能にする。

なお、この発明は装置またはシステムとして実現できるのみでなく、方法としても実現可能である。また、そのような発明の一部をソフトウェアとして構成することができることはもちろんである。またそのようなソフトウェアをコンピュータに実行させるために用いるソフトウェア製品もこの発明の技術的な範囲に含まれることも当然である。

この発明の上述の側面および他の側面は特許請求の範囲に記載され以下実施例を用いて詳述される。

この発明によれば、文書を作成したアプリケーションプログラムが利用できない場合に文書を変換するオプションを提示して使用勝手の良い態様で文書を利用可能にする。

以下、この発明の実施例について説明する。

本発明は、好ましくはIBM社(商標)のPS/2(商標)コンピュータ、またはApple社(商標)のMacintosh(商標)コンピュータのようなパーソナルコンピュータに既に備わっているオペレーティングシステムのコンテキスト中で実施されるのがよい。代表的なハードウエア環境を図1に示す。すなわち図1は、従来のマイクロプロセッサのような中央処理装置(CPU)10、ならびにシステムバス12経由で相互接続されたその他多数の装置がある本発明のワークステーションの典型的なハードウエア構成を示している。図1のワークステーションには、ランダムアクセスメモリー(RAM)14、リードオンリーメモリー(ROM)16、磁気ディスク装置20のような端末機に接続されるI/Oアダプタ18、キーボード24に接続されるユーザーインターフェイスアダプタ22、マウス26、スピーカ28、マイクロホン32、及び/又は例えばバスに対するタッチスクリーン装置(図示せず)のようなその他のユーザーインターフェイスデバイス、ワークステーションをデータ処理網に接続する通信アダプタ34、バスをディスプレイ装置38に接続するディスプレイアダブタ36などがある。このワークステーションにはApple System/7[登録商標]のようなOSが既に装備されている。

図2はユーザーがプログラムを呼出し文書を使用可能なフォーマットに変換するため該当する翻訳ルーチンを積極的に選択しなければならない先行技術の翻訳プログラムの1例である。図3ではオープンファイルに失敗したときの代表的なMacintoshメッセージを示している。

本発明の好ましい実施例は、コンピュータが、それを作り出したプログラムにアクセスを有していないときでも文書をオープンできるシステムソフトウエアの拡張として実現されている。好ましくは本発明は文書をオープンしないでも文書を別のプログラムのフォーマットに変換する。

本発明は他のMacintoshのタスクと同じ様に容易に、このような文書をオープンし、別の文書フォーマットに変換する。それは文書をオープンすることができるプログラムを見つけだし、ユーザーの選択に供するためそれらのプログラムをリスト表示することができる機能をシステムに供給するものである。そうすればユーザーはそれ自身の内にある翻訳能力を使って文書を変換することができるプログラム、または特別の翻訳ソフトウエアを使うプログラムを選択することができる。

本発明は変換処理を準備し、変換を行う翻訳ソフトウエアを呼び出す。本発明は文書及びプログラムに関する情報を集め、最適のオプションを選択しリストアップさせるためにエキスパートシステムを使い、ユーザー選択を記録し、そしてユーザーに前に行った選択を思い出させる。本発明はまた、特定の具体的な文書にとって最も好ましいものを決定させるため、ユーザーがオプションから試行することを可能にする。こうした能力は文書に関する情報をより多く提供するもので、ひいてはユーザーをしてパーソナルコンピュータで利用可能なより広範な種類の文書、例えば、Other Equipment Manufactures(OEM)、Personal Computer(PC)のようなその他のコンピュータで作り出されたシステムや文書に現時点で実行中でないプログラムにより作成された文書などに当たってみるという、より大きいフレキシビリティを与えるものである。図4Aはファイル名400ならびにそれらのサイズ410、種類420のディスプレイの1先行技術例である。図4Bは本発明のディスプレイの1例である。440の種類欄は先行技術のディスプレイより広い記述情報を有している。

ユーザーがディスクやフォルダの内容を名前、サイズ、種類あるいは日付につき見ることを選択すると、本発明でなければ見ることができない詳細な情報を見ることができる。図5Aは先行技術のファイルビューの1例である。これと対照的に本発明では、アプリケーションプログラムで使われたときオープンすることができる文書全部のリストを示す。ユーザーがプログラムのFileメニューからOpenメニューを選択すると、そのプログラムでオープンすることができる文書より多くの文書がディスプレイされ得る。図5Bは本発明のOpenメニューを図示したものである。

典型的な翻訳拡張である翻訳拡張ファイルの例としては、アプリケーション拡張ファイル用のXTNDがある。これらのファイルは本発明をClarisのプログラム及びファイル翻訳ソフトウエアに結合させるように設計されている。RTF/スタイル拡張ファイルは、Microsoft WordとMacWriteII間のような一定のプログラム間で複写や切張りをするとき材料を翻訳するのに要求される追加ファイルである。

本発明は、文書をオープンし、文書間で切張りし、キーボード省略[keyboard shortcuts]を使うなどするとき、典型的なMacintoshのツール全てを採用するものである。また本発明はユーザーのために次のことを可能にする。すなわち、

(1)文書をオープンし変換する際に使われるべきプログラム及び翻訳ソフトウエアを選択すること、
(2)高速変換用の特別な文書コンバータにすること、
(3)特定のユーザーの好みにマッチするように本発明を改変すること。

文書オープンの方法:
Apple Macintoshコンピュータに採用されている典型的なプロシージャは本発明の好ましい実施例に従い下記のステップに挙げてある。当業者であれば、特許請求された本発明の技術範囲から離れることなく、これら以外のステップでも代替できることを了解するであろう。

1.Macintosh Easy Open(MEO)ディスクウインドウ中のOpen Meアイコンを2度スイッチ[double−click]させる。Open MeはMacWriteバージョン5.0文書である。当業者ならOpen Meが文書の例示名称であって、それ以外の文書およびこれに関連する名称も同様に取扱うことができることを容易に理解するであろう。

2.リストを見直し、貴方の翻訳パフォーマンスを選択するためスイッチを入れる[click]。ユーザーは同時に1個の選択しか選択しない。ユーザーに見えるチョイスはその特定のシステムにインストールされているプログラムおよび翻訳ソフトウエアの種類によって異なる。よく起こることは、翻訳拡張を含むチョイスは最良の結果をもたらすが、翻訳は必要に応じて交換できることである。図6はユーザーが本発明に従ってファイルをオープンしたとき、動的に提示されるディスプレイである。600で本発明はどのプログラムがその文書を作ったのかを示す。この場合、“MacWriteII”ラベル610はMacWriteIIがこの文書をそれ自身でオープンすることができること、あるいはラベル620でMacWriteIIはXTND翻訳拡張ファイルと共にワークすることができることを示している。最後にラベル630で、選択ボックスはオプションが推薦されたチョイスだけしか示さないために存在していることを示している。

3.オープンボタンを入れよ[click]。進行度合インジケータは文書が翻訳されていく度合を示す。図7は本発明に従い文書が翻訳されていく進行度合インジケータを示している。ラベル700は使用中の翻訳拡張を明確に表している。ラベル710は現時点に行われている翻訳の進行度合を示している。ラベル720は進行中の翻訳を中止するための選択領域である。

4.文書をオープンしたら、その文書が正しくフォーマットされているかチェックせよ。本発明は文書が新しいプログラムフォーマットに変換されていることを示すため文書を再命名する。

5.変換されたコピーを保管するため、FileメニューからSave As_を選択し、貴方のチョイスの場所にそのコピーを置け。図8は本発明のFileメニューを示す。ラベル800で、ユーザーがチョイスのファイル名を保管することができるように上記Save Asのオプションが選択されている。Fileメニューがラベル810で選択されたことが示されている。

もし翻訳の結果が満足のいくものでないときは、別のオプションがある。すなわち、
・もし貴方がこのチョイスを欲していないことが明白なら、新しい文書を保管することなく貴方はプログラムを中止することができ、別のチョイスをするためOpen Meアイコンを再び2度スイッチすることかできる。そして、
・もし貴方が結果を比較してみたいなら、変換された文書を保管し、別のチョイスでオリジナル文書を再びオープンすることができる。本発明は各種文書のため貴方がつくった最も新しい優先度を記憶していて、次回に同じような種類の文書が選択されたとき、その最も新しい優先度がチョイスのリスト中にハイライト表示される。最適の結果を生み出すチョイスがないときは、本発明はオリジナルのフォーマット形成をしないで単にテキストとして文書をオープンし得るチョイスをディスプレイする。「推薦されたチョイスだけを示せ」というオプションはない。図9は本発明に従った文書翻訳ディスプレイを図示したものである。ラベル900は推薦されたチョイスだけがディスプレイされているなら選択することができるチェックボックスである。ラベル910は、もし貴方が前に同様な文書をオープンするようチョイスしたのなら、本発明はリスト中の貴方の最も新しい優先度を選択することを示している。ライン920以下にリストされているチョイスは最適結果を生み出すとは限らない。推薦されたチョイスだけしか選べないのなら、本発明は全部のチョイスをディスプレイする。

文書アイコンを貴方のシステムに追加されたプログラムアイコンに引き当てる[drag to]ことができ、1または2以上の文書を自動的にオープンすることができる。それは文書アイコンを図10に示すようにその文書をオープンする能力のあるプログラムのアイコンに引き当てることによって行われる。もしそのプログラムが文書をオープンすることができるなら、そのアイコンがハイライト表示される。もしプログラムが貴方の引き出した文書をオープンすることができるなら、図6に示すのと同様に本発明は利用可能なチョイスのリストを提示する。このリストは特定のアプリケーションプログラムや利用可能な翻訳ソフトウエアを含むチョイスに限定される。プログラム同士を複写したり切張りすることは、情報が切張りされた文書中にある受容可能なフォーマット中に複写された材料の翻訳を行うよう本発明によって可能にされている。

文書コンバータ:
文書コンバータは文書を特定のプログラムのフォーマットにその文書をオープンすることなく変換するために設置される便利なシステムユーティリティである。ひとたび文書コンバータが特定のタイプの変換のために初期化されると、文書はそれらのアイコンをコンバータのアイコンに引き出すことによって容易かつ迅速に変換することができる。特定の文書コンバータのアイコンは各種文書のために設置することができる。

文書コンバータを設置するには次のステッブに従う。
1.貴方のハードディスクからDocument Converterを選択し、FileメニューからDuplicateを選びなさい。
2.文書コンバータのコピーをオープンしなさい。
3.Setボタンを入れなさい。
4.Setボタンを入れなさい。

本発明は新しい文書コンバータ名を付与する。この名前はユーザーの判断で変更することができる。

文書の変換:

文書コンバータが正しく初期化されていれば使用は簡単である。文書を変換するには、Open Meアイコンを文書コンバータアイコンに引き出し、マウスボタンを解放する。両アイコンともハイライトされて変換が始まったことを知らせる。

本発明は文書のコピーを作り、文書に(変換された)名前を付与し、オリジナルをそのまま残す。1グループの文書を新しいフォーマットに変換するには、アイコンを選択し、それらを初期化されている文書コンバータに引き出す。

本発明のオプションの初期化:
本発明のカスタム化のためのたくさんのオプションがある。

オプション

オン/オフ:
文書を翻訳する必要がないときは翻訳機能を切ることができる。しかし本発明のシステムソフトウエアがスタートアップ[startup]ディスクに備わっている限り、向上された情報がFinder及びファイルのリストビューになお利用可能であり、文書コンバータもなお使用することができる。FinderについてはAddisison−Wesley Publishing Co.から1985年〜91年に発行された「Inside Macintosh」第1〜6巻に詳述されている。

常時チョイスを表示する:
Always Show Choicesを選択すると、たとえ優先選択[preference]が選択されているとしても、特定の種類の文書をオープンするためのチョイスのリストを提示する。このオプションが解除[deselect]されると、本発明はかつて指示してあった優先選択を特に確認することなく再作動させる。

サーバーからチョイスを算入する:
本発明は、たとえディスクトップで利用可能にされているファイルサーバーをも含めて、ディスク上のあらゆる利用可能なプログラムをサーチするように設置されているのが通常である。ネットワークを介して遠隔のディスクにあるプログラムを使うには長時間が要求されることがある。ハードディスクにしかないプログラムのシステムサーチを、そのシステムに直接接続するため、この制御を解除するようスイッチする。

優先選択の削除:
特定の翻訳優先選択用に選ばれた本発明のチョイスのレコードを消すには、Delete Preferencesボタンを入れる。例えば新たな翻訳ソフトウエアが利用可能なときは、従前のチョイス全てを即座に削除し、そのシステムを各々の新しいチョイスに駆り立てることが便利であろう。

動的な翻訳リスト:
オペレーティングシステムがユーザーにファイルをオープンするための標準的ユーザーインターフェイスを提供しているコンピュータでは、本発明はインストールされている外部のトランスレータファイルに基づきアプリケーションが現実にオープンすることができるファイルフォーマットをオペレーティングシステムに供給する。本発明は後述するように、新しい[current]能力を発揮するためアプリケーションプログラムによりオンザフライに操作することができるファイルのリストを構築する。

ロジックの詳述

動的なアプリケーションオープン能力:
特定のプログラムにどんなフォーマットの文書を決定するかのシステム及び方法は動的な方法で決定され、図11A及び図11Bに示すロジックでユーザーに相互作用で提供される。処理はロジックの概括的一覧が提示される機能ブロック1100から始まる。ロジックは特定のプログラムオープンでき起動できるファイルフォーマットを見つけ出す。次に機能ブロック1110で、アプリケーションが常にオープンすることができるフォーマットで始めることによって処理が開始される。この情報は殆ど全てのアプリケーションプログラムの所定位置に配置され、好ましくはその後、最初のDynamic Application Open Capability(DAOC)が機能ブロック1120及び1130に示すように標準的なSystem7オペレーションを介してアプリケーションリストを得ることによって開始される。

機能ブロック1130に関係するロジックの詳述は図11Bに示されている。

処理は、外部の全てのトランスレータファイルが同定される機能ブロック1131で開始する。すると機能ブロック1132に示された第1の外部のトランスレータファイルで開始して、第1トランスレータファイルが読み出すことのできる抽出ファイルフォーマットが機能ブロック1133で同定される。次に、機能ブロック1135で、前記ファイルトランスレータファイルに対応するファイルフォーマットがリストのソース部に付加される。次に何らかの追加的トランスレータファイルが利用可能かどうかを決定する決定ブロック1136でテストが行われる。もし利用可能なら、次のファイルが機能ブロック1134で選択され、トランスレータファイルが処理することができるファイルフォーマットが機能ブロック1133で決定される。もうファイルが残っていないなら、これら外部のトランスレータを使うアプリケーションがリストの宛て先部分に付加され、処理が図11Aの決定ブロック1140にターミナル1138から戻る。

プログラムがリストの宛先箇所に存在しているか否かを決定するため決定ブロック1140でテストが行われる。プログラムが存在しているなら、機能ブロック1150で全てのフォーマットがオープンできるプログラムのリストに付加される。次に、ほかに処理すべきDAOCが残っていないかを判断するため処理が決定ブロック1170に移される。それ以上処理の必要がないのであれば、オープンできるファイルの完全なリストがターミナル1180でユーザーにリターンされる。もし処理にさらに別のファイルが利用可能なら、次のDAOCが機能ブロック1160で選択され、リストを次のDA0Cで更新するため制御が機能ブロック1130に移される。

図12A〜Gは本発明の翻訳ダイヤログのロジックの詳細のフローチャートである。翻訳ダイヤログは翻訳の可能性をコンピュータのユーザーに提供するユーザーインターフェイス部分である。可能性はユーザーが翻訳処理に関する知識をあまり要求せず、翻訳は通常のファイル処理オペレーションと同一方式で行われるという前提に基づいている。ユーザーが文書に二回スイッチを入れたことをシステムが感知すると、処理が機能ブロック1200で始まる。

機能ブロック1200で二回スイッチされた文書を作成したアプリケーションがシステムにインストールされているか否かにつき決定ブロック1202でテストされる。もしアプリケーションがシステム中に存在するなら、その文書が機能ブロック1212に示されるようにオープンされる。もしアプリケーションがシステム中に存在しないなら、本発明が文書をオープンすることができるか否かを決定するため別のテストが決定ブロック1204で行われる。もしオープンできないなら、その旨のメッセージが機能ブロック1214でユーザーに示される。

しかし通常そうなのだが、もし文書が本発明を使ってオープンできるなら、機能ブロック1206に示されるように、また図12B〜図12Gに詳細に示されるように、本発明の翻訳ダイヤログが文書に適用される。

図12Bでは、本発明の翻訳ダイヤログが終了する機能ブロック1206と連携するロジックの拡張が開始している。最初の処理は可能な翻訳経路が計算される機能ブロック1500で始まる。この機能ブロック1500と関係するロジックについては図12Cに詳細に示されている。最初の翻訳の組合せが機能ブロック1520で開始し、その他の全ての組合せは、機能ブロック1530をループの最初にして次の翻訳の組合せと始まることによって、機能ブロック1510でシステム用に定義された全ての翻訳組合せに関する表が作られる。次に機能ブロック1540で、ユーザーがオープンしようとしている文書からある経路が翻訳できるものか否かが決定される。もしできるのなら、その翻訳組合せが機能ブロック1550に示すように表中の可能な翻訳に加えられる。その他の組合せが残っているか否かにつき機能ブロック1560でテストされ、もし何も残っていないのなら、処理は機能ブロック1530へ戻される。

図12Bの機能ブロック1600のロジックは図12Dに拡張されている。最初の翻訳経路から開始し、機能ブロック1620に示されるように次の翻訳経路を処理することによって機能ブロック1610で処理が始まる。次に、選択した文書をオープンするように、そのシステムにアプリケーションがインストールされているか否かを決定するため機能ブロック1630でサーチを行う。もし決定ブロック1640中にアプリケーションがあるなら、機能ブロック1650でそのアプリケーションが有効なエントリとして記録される。もしそのアプリケーションが決定ブロック1640中にないなら、その他の経路が残っているか否かにつき決定するため決定ブロック1660でテストが行なわれる。もし追加の経路が残っているなら、次の翻訳経路が機能ブロック1620で選択される。もし追加の経路が残っていないなら、制御はターミナル1670から図12Bの機能ブロック1700に戻される。

的確な翻訳ダイヤログが同定されたか否かを判断するため図12Bの機能ブロック1700でテストされる。もし何も検出されなければ、不履行という結果が機能ブロック2040にセットされ、制御は図12Aの決定ブロック1208に戻される。逆にもし的確な翻訳ダイヤログが確認されたら、機能ブロック1800に進み、図12Eに詳細が示されているように、確定した忠実度に基づいてカテゴリごとに経路が分割される。忠実度はフォーマットごとのデータ保存量についても示される。例えばWORD文書がASCIIフォーマットに変換されるときは、全てのフォーマッティング情報は喪失してしまう。しかしWORD文書がWordPerfectにトランスレータ経由で変換されるときは、そのフォーマッティングは保存される。

このようにASCII翻訳は忠実度が低くWORDからWordPerfectへの翻訳は忠実度が高い。処理は最初の翻訳経路がセットされる機能ブロック1810で開始される。

次に機能ブロック1820で次の翻訳経路が立てられ、宛先が忠実度の低いフォーマットであるか否かが決定ブロック1830でテストされる。その宛先が忠実度の低いフォーマットなら、経路は機能ブロック1840の非優先選択チョイスのカテゴリにセットされ、制御は決定ブロック1860に進む。宛先が忠実度の低いフォーマットでないなら、機能ブロック1850で、経路は優先選択チョイスのカテゴリに付加され、処理されるべき経路が別に残っていないかどうかを判断するため制御が決定ブロック1860に進む。もし別の付加される経路が残っているなら、制御はその次の経路を処理するため機能ブロック1820へ進む。

もし付加される経路が残っていないなら、制御はターミナル1870へ進み、そこで処理は図12Bの機能ブロック1900に戻される。

優先選択機能が機能ブロック1900に設けられる。優先選択機能設置オペレーションに関するロジックの詳細については図12Fを参照のこと。処理は優先選択されたアプリケーションが設置される機能ブロック1910から始まる。次に機能ブロック1920で、優先選択された翻訳経路が設置される。そして最後に機能ブロック1930で優先選択機能が効力発効され、制御が図12Bの機能ブロック2000にターミナル1940から戻される。

図12Gに詳細に描かれているように、内容のリストは機能ブロック2000において作られる。処理は翻訳経路開始がセットされる機能ブロック2100で始まる。次に機能ブロック2110で次の翻訳経路が選択され、アプリケーション名が機能ブロック2120で得られる。するとその経路がその翻訳システムを使うことができるかどうかを判断するため決定ブロック2130でテストが行われる。もし使えるなら、その翻訳システム名が機能ブロック2140で得られ、制御は機能ブロック2150へと進む。もし使えないなら、制御は機能ブロック2150へと進み、翻訳ファイルのリストへエントリを付加する。次に決定ブロック2160で、そのエントリが優先選択機能か否かを判断するためテストが行われる。もしそうなら、その優先選択機能が機能ブロック2170で選択され、制御が決定ブロック2180へと進む。もしそうでないなら、別に処理されるべき経路が残っていないかどうかを判断するため決定ブロック2180へと制御が進む。もし別の付加された経路が残っているなら、制御はその経路を処理するため機能ブロック2110へ進む。もし残っていないなら、制御は2190経由で図12Bの機能ブロック2010へと戻る。

機能ブロック2010は図6に示したダイヤログを示し、機能ブロック2020で示されるユーザーの決定に基づく結果をセットする。すると制御はターミナル2060を経由して図12Aの決定ブロック1208に戻る。ユーザーが優先選択された翻訳プログラムを無効にしたか[override]どうかを判断するため決定ブロック1208でテストが行われる。もしユーザーがその優先選択された翻訳プログラムを無効にしていないなら、ユーザーは機能ブロック1214でその旨を告げられる。もし別のチョイスが適当に選択されたときは、文書が機能ブロック1210で翻訳され、その文書が交換され、そして機能ブロック1212に示されるようにその文書はオープンされる。

それともなければ、もしユーザーが機能ブロック1220に示されるようにアイコンをアプリケーションに当てたなら[drag onto]、そのアプリケーションがアイコンの示す文書をオープンすることができるか否かにつき決定ブロック1222で判断するためテストが行われる。もしその文書をオープンできるなら、そのことを示すためにアイコンがハイライトされる。もし文書がそのアプリケーションではオープンできないなら、その文書が図11に示すロジックを採用してオープンすることができるか否かを判断するため決定ブロック1224でテストが行われる。もしその文書をオープンするのに本発明を使うことができるなら、そのアイコンをハイライトするため制御が機能ブロック1230へ進む。もしその文書をオープンするのに本発明を使うことができないなら、機能ブロック1226に示すようにそのアイコンはハイライトされない。

機能ブロック1240に示すように、もしユーザーが別のアプリケーションにとって最適である文書のアイコンを出したときは、その文書をアプリケーションがオープンできるかどうかについて判断するため決定ブロック1242でテストが行われる。アプリケーションが一つも利用できないなら、上述したように本発明を使ってその文書を処理するため決定ブロック1204に処理を進める。もしアプリケーションがその文書をオープンできるなら、機能ブロック1244に示すように文書はオープンされる。

機能ブロック1260に示すようにユーザーがFile MenuからOpenを選択したときは、機能ブロック1262に示すようにOpenダイヤログリストに翻訳することができる文書が追加される。最後にもしユーザーがOpenダイヤログにOpenスイッチを入れたら、アプリケーションがその選択された文書をオープンすることができるかどうか判断するため決定ブロック1252でテストが行われる。アプリケーションがオープンできないなら、本発明がその文書をオープンするように決定ブロック1204に制御を進める。

アプリケーションの詳細: 本発明にはプログラム上2つの視点がある。1つは本発明がFinder,Standard File及び将来的なアプリケーションのために提供する道具箱的なサービスである。これはApplication Capabilities Managerと呼ばれる。もう1つの視点は翻訳拡張の観点から要求されるサービスである。図13は本発明に従って作成されたブロックダイヤグラムである。Finder1300は標準的なオペレーティングシステムのApple System7の一部で、文書をオープンすることを含む通常のファイル処理ルーチンである。アプリケーション1310はワードプロセッサその他の標準的ファイル1320に作用するアプリケーションである。このApplication Capabilities Manager1330は、Finder1300が文書翻訳を行うのに必要とするサービスを提供する。翻訳拡張1340は、アプリケーションファイルではないファイルのための翻訳動作のセットである。アプリケーション翻訳拡張1350はアプリケーションのための翻訳拡張を含んでいる。これらの部分については以下に詳述する。

貴方のアプリケーションがオープンできるファイルのタイプを告知する:
Appleのシステムソフトウエアバージョン7.0及びその後のバージョンでは、リソースIDがアプリケーションの束中にリストされている(即ち、タイプ「BNDU」のアプリケーションのリソース)タイプ“FREF”のリソースを検査することによって、どのタイプのファイルのアプリケーションをオープンすることができるかをFinderは決定する。Finderはこの情報を、どのファイルタイプが所定のアプリケーションにドロップラーンチ[drop−launch]され得るのかを判断するのに用いる。アプリケーションの束中にリストされた「FREF」リソースの全ファイルタイプは、それらが関連付けられたアイコンを有しているか否かとは無関係に、そのアプリケーションにドロップ可能と考えられる。

しかし場合によっては、アプリケーションがオープンされるべきでないファイルタイプの「FREF」リソースを含んでいることがある。例えばアプリケーションが辞書のような非文書ファイルを使い、ファイルをヘルプすることがある。これらファイルはアイコンを持つべきなのであり、したがって「FREF」リソースに相当するのであるが、これらの内容はユーザーに表示され得ない。同様にアプリケーションは優先選択ファイルからデータを読み込むことがあるが、このデータはそのアプリケーションによって内部的に利用されるのであって、ユーザーにより文書としてオープンされない。アプリケーションがオープンできるファイルタイプのリストはアイコンを有しているタイプのリストとは違うものかもしれないので、Translation Managerは新しいリソースのタイプ「open」を定義する。このオープンリソースはどのファイルタイプのアプリケーションが文書としてオープンできるかを宣言する。タイプ「open」のサンプルリソースのRez入力フォームにつき下記に示す。

/*TeachText用のリソースをオープンせよ*/
リソース「open」(128)
{’ttxt’,{’ttro’,’PICT’,’TEXT’}},

オープンリソースはファイルタイプのリストが続くアプリケーションシグナチャでできている。これはある具体的なアプリケーションが、タイプがそのリスト中にあるファイルをオープンすることができることを示すものである。例えばTeachTextは、それ自身のプライベートなフォーマット、’ttro’、あるいはファイルタイプ’PICT’及び’TEXTで作られた文書をオープンすることができる。もしMacintosh Easy Openを使用できるのなら、Finderはユーザーがこれらのタイプの文書をそのアプリケーションにドロップすることを可能にする。さらに、もし何らかの翻訳拡張がインストールされているなら、1特定タイプに翻訳可能なあらゆる文書もそのアプリケーションにドロッブすることができる。したがってもしタイプ’SURF’の文書をファイルタイプ’ttro’に翻訳することができる翻訳拡張があるなら、ユーザーはSurfWriter文書をTeachTextにドロップすることができる。もしTranslation Managerが多数のファイルタイプから翻訳のための宛先ファイルタイプとしてのファイルタイプを選択しなければならないのだとすれば、そのリスト中で最初に出たファイルタイプを選ぶ。どの文書がファイルをオープンするダイアログボックス中にリストされるべきかを決定するために、オープンリソースもルーチンStandardOpenDialogによって使われる。

アプリケーションがオープンできるファイルのタイプは動的に決定され(おそらくあるフォルダにおいてどのフィルタが利用可能なのかを検査することによって)なければならないということは有り得ることである。フィルタは特定のアプリケーションのために利用可能な翻訳ルーチンを指摘する。もしそうなら、システムはオープンリソース中にそれらのファイルタイプを静的にリストすることができない。そのかわりに、オープンできるファイルタイプのリストをランタイムで作り出すために、簡単な翻訳拡張が書き込まれなければならない。

翻訳拡張の書込み:
翻訳拡張はデータ認識能力及び翻訳能力を供給するために本発明が果たす1構成要素である。翻訳拡張は1構成要素であるので、Component Managerによって送られる標準的なセレクタに応えなければならない。さらに、翻訳拡張は次の仕事を行わなければならない。

◎その翻訳能力をMacintosh Easy Openへ通信する
◎具体的な文書及びスクラップのフォーマットを同定する
◎文書及びスクラップを翻訳する
スクラップは、例えば切り張り作業の対象となる部分のような、文書の1部をいう。翻訳拡張はファイル、スクラッブ、またはこれら両者を同定する。翻訳拡張は’thng’リソース内の構成要素フラグ域にビットをセットすることによってファイル又はスクラップを取り扱う。この原則に対する唯一の例外は、それらがオープンできるのはどのファイルタイプかを動的に決定する必要があるアプリケーションに関する。

ファイルタイプとスクラッブタイプのデータタイプ:
タイプ
FileType
=OSType; {ファイルタイプ}
ScrapType
=ResType {スクラップタイプ}

ScrapTypeデータタイプはメモリー中にデータのフォーマットを書き込む。普通、本発明により使われるスクラップタイプはScrap Managerによって使われるスクラップタイプと同一である。しかしながら一つ注意しなければならない例外がある。本発明は一定形式のテキストを記述するため、新しいスクラップタイプである’stxt’を定義している。’stxt’フォーマットを持つスクラップは、そのテキストをその形式情報に付加することによって形成される。これは1スクラップをスクラップ翻訳拡張へと進ませるのに必要である。FileTypeのデータタイプはファイルのフォーマットを記述する。常時あるわけではないがよくあるのは、HFSカタログファイル(以下、ファイルのカタログタイプと呼ぶ)で維持されているように、ファイルのデータのフォーマットがファイルタイプを検査することによって同定し得ることである。しかし翻訳目的のためには、より具体的な同定方法を使うことが必要な場合がしばしばある。例えばデベロッパがアプリケーションを改定するが、そのアプリケーションが作り出す文書のために従来のファイルタイプをそのまま保持するような場合である。これはファイルデータフォーマットの具体的なバージョンを翻訳することはできるが新しいバージョンはできない翻訳拡張にとってトラブルの原因となり得る。同様にMacintoshコンピュータにファイルを作り出す一定のアプリケーション(例えば電子メールプログラムとかディスクマウンティングユーティリティ)は、省略時新ファイルタイプのような標準的ファイルタイプ(例えば’TEXTとか’BINA’)をよく使う。ここでもまた翻訳拡張は、ファイル中のデータの実際のフォーマットを別のフォーマットに翻訳するには、その前にファイル中のデータの実際のフォーマットに関するより多くの情報を必要としている。

ファイルカタログタイプをそのファイルのデータフォーマットに関する唯一の表示として使うことに関係するトラブルを回避するため、本発明は翻訳ファイルタイプを定義している。多くの場合にカタログファイルタイプは翻訳ファイルタイプとして十分である。しかし、本発明は翻訳拡張に具体的なファイルのカタログファイルタイプが本当に翻訳目的のために十分であるかどうかを調べるため、その具体的なファイルを検査する機会を常に与えている。もし拡張が、より特定的なフォーマットを同定することができたときは、その情報を本発明に戻すことになる。

翻訳拡張データの構造:
このセクションは翻訳拡張を記述するのに必要なデータ構造について説明する。File Type Specificationsはファイル翻訳リスト中の文書フォーマットについて記載している。ファイルタイプ明細[specification]の域のある一定のものに関する解釈は、その明細がソース文書タイプのリスト中に起こっているか宛先文書タイプのリスト中に起こっているかによって異なる。ファイルタイプ明細はFile TypeSpecデータ構造によって定義されている。

TYPE FileTypeSpec=
フォーマット:
FileType;
ヒント:
Longlnt;
フラグ:
TranslationAttributes;
catInfoType;
OSType;
CatInfoCreator;
OSType;
END;

フォーマット:
文書の翻訳ファイルのタイプ。本発明では翻訳をするためファイルのフォーマット表現の基準的方法としてこの域を使っている。

ヒント: 貴方の翻訳拡張による使用のために用意されている4バイト値。
フラグ: 翻訳をどのように制御するかにつき特定するビットフラグからなる4バイト値。この域は宛先ファイルのタイプのためにのみ使われる。フラグはあらゆるソースのファイルタイプ明細につき0にセットしておくべきである。現時点では2ビットが定義されているが、その他全てのビットも0にされていなければならない。
定数:
taDstDocNeedsResourceFork=1;
taDstIsAppTranslation=2;
本発明は翻訳ルーチンのDoTranslateFileを呼び出す前に、宛先ファイルのデータフォークを作る。翻訳された文書もまたリソースフォークを要求するときは、定数taDstDocNeedsResourceForkによって特定されたビットがセットされる。

関連するアプリケーションがその特定されたファイルのタイプを所望のフォーマットに翻訳することができるので拡張が翻訳を行わないときは、定数taDstIsAppTranslationによって特定されたビットがセットされる。

catInfoType: ボリュームのカタログファイル中に入れられているファイルのタイプ。
catInfoCreator: ボリュームのカタログファイル中に入れられているファイルのクリエータ。ファイル翻訳リスト中のソース文書のタイプに関するリスト中に発生するファイルのタイプ明細において、Macintosh Easy 0penは、翻訳進捗ダイヤログボックス内の’From’フォーマット明細に表示されたカインドストリングを決定するのにフォーマットとcatInfoCreator域を使う。

ファイル翻訳リスト中の宛先文書のタイプに関するリスト中に発生するファイルのタイプ明細において、本発明は、翻訳進捗ダイヤログボックス内の’To’フォーマット明細に表示されたカインドストリングを決定するのにフォーマットとcatInfoCreator域を使う。このフオーマットとcatInfoCreator域はまた、Document Converterダイヤログボックス中に表示される情報を得るのにも使われる。しかし本発明は翻訳されるファイルのクリエータ及びファイルのタイプを決定するためにcatInfoType域とcatInfoCreator域を使う。
ファイル翻訳リスト: FileTranslationListデータは、貴方の拡張機能がどのファイルフォーマットを、他のどのファイルフォーマットに翻訳することができるかを記述するように構成される。Translation Managerは、その翻訳能力のマスターデータベースを作るため各翻訳システムから得ることができるファイル翻訳リストを使う。
ファイル翻訳リストは、そのリストの改変日を示す域と、上記2つの域に続くグループ数の総数[count]とからなる。拡張によって作られる翻訳リストのサイズは、グループ数、ファイル明細レコードのサイズ、拡張が知っているファイルタイプ数の如何に従い可変である。

modDate: ファイル翻訳リストの作成日。拡張が外部のトランスレータを使っているときは、この域はこれらトランスレータを有するフォルダの改変日にセットされる。
groupCount: 続く翻訳グループの数。
grouplSrcCount: 拡張が読むことのできるグループ内にあるファイルのタイプの数。
grouplSrcEntrySize: この域に続く列中のファイル明細レコードのサイズ。
一般にこの域をSizeOf(FileTypeSize)にセットすることができる。
grouplSrcTypes: ファイル明細レコードの列。貴方の拡張が翻訳の仕方を知っている各ファイルタイプのために、この列にファイル明細レコードを含ましめよ。
grouplDstCount: 拡張が書き込むことのできるグループ中のファイルのタイプの数。
grouplDstEntrySize: この域に続く列中のファイル明細レコードのサイズ。
一般に貴方はこの域をSizeOf(FiIeTypeSpec)にセットすることができる。
grouplDstTypes: ファイル明細レコード列。この域は拡張が翻訳されることができるファイルタイプの各々のために、この列中のファイル明細レコードを含むべきである。

翻訳リストの作成:
翻訳拡張は、要求されたときその翻訳能力につきMacintosh Easy Openに情報を与えることができるのでなければならない。これをするため、ファイル翻訳リストがFileTranslationListレコードによって定義されるようにファイル翻訳リストはファイルされているDoGetFileTranslationList機能を定義する。拡張はどのタイプのファイルがどのような他のタイプに翻訳することができるかを示すために戻されたファイル翻訳リストを、本発明は使う。この情報に基づきファイル翻訳リストはその後、具体的な文書を同定し、またできるだけそれを翻訳するために拡張を呼び出すこともある。

FiIeTranslationListレコードは以下の構成を有している。

このレコードは改変日と続く翻訳グループ数の総数とを有している。ファイル翻訳リスト中の各翻訳グループは、それから拡張が翻訳することができるファイルタイプの集合(grouplSrcTypes域)と、拡張がそれに翻訳することができるファイルタイプの集合(grouplDstTypes域)を特定する。1翻訳グループ内で拡張は、ソースタイプのものを宛先タイプのものに翻訳できるのでなければならない。

別の翻訳グループたちは、1グループ内にあるさまざまなカテゴリのアプリケーションたちに対応する。例えばワードプロセッシングアプリケーションたちを1グループに、スプレッドシートアプリケーションたちを別のグループに置く、というふうにすることができる。殆ど全てのトランスレータは特定のデータモデルを介して翻訳することで作業するので、殆どの場合grouplSrcCountとgrouplDstCountは各々1より大である。こうした殆どの場合、ソースのファイルタイプと宛先のファイルタイプが一部重複したりぴったり一致したりすることが頻発する。

ファイルタイプのいずれか特定のグループ内で、FileTypeSpecデータタイプで定義されているファイルタイプ明細を使って具体的な文書フォーマットを指定する。
ファイルタイプ明細には、ファイルタイプと、貴方の拡張による使用にとっておかれるヒントと、フラグ域と、もとのファイルタイプとクリエータとがある。

この拡張が翻訳できるファイルタイプのリストは永久に変わらないので、DoGetFileTransIationListはMacintosh Easy Openがそれを呼び出すその最初のときにファイル翻訳リストを満たす。そしてそれが呼び出される1回おきごとにDoGetFileTranslationListは、それが今通過したそのリストを単純に戻す[pass back]。

殆どの場合、翻訳拡張はファイルまたはスクラッブを実際に翻訳するのには外部のトランスレータに依存している。この場合もそうであるなら、トランスレータをある特定のフォルダ中に又はフォルダから移動させることにより、ユーザーが貴方の拡張によって使われることになるトランスレータを追加したり削除したりすることもできるのが普通である。この場合、DoGetFileTranslationList機能はそのフォルダの改変日を読むことができ、その翻訳リストを再作成するか否かを決定するためmodDate域中に既に入力されている値と比較する。

ファィルの同定:
どのタイプから、またはどのタイプへ拡張が翻訳できるかファイルのタイプを本発明が知ったなら、その拡張が特定のファイルを翻訳することができるか否かを判断するため拡張を呼び出す。ある種の文書は翻訳目的のために十分特定されていないファイルのタイプを持つことがあるので、このような再チェックが必要である。例えば別のオペレーティングシステムから導入された文書は’TEXT’タイプのファイルを持っているかもしれない。さらに別の翻訳拡張は、そのファイルが実際にSurfWriterPCデータを有していて、特殊なフォーマット変換処理をするべきものであるか否かを判断することができるかもしれない。翻訳拡張が特殊な文書を同定するために呼び出されたときは、それは貴方の拡張のDoIdentifyFile機能を呼び出すことになる。

ある種の文書は単にそれらのファイルタイプとクリエータを調べることによって同定することができる。その他の文書(特にタイプ’TEXT’の文書)は、それら文書が拡張によって翻訳され得るかどうかを判断するためファイルをオープンし、それらの内容を調べることを要求する場合がある。もし拡張がその文書のタイプを認識できなければ、DoIdentifyFileはどのTypeErrにも戻らない。そうでなければDoIdentifyFileはnoErrへ戻り、docKindパラメータがその認識されたファイルタイプにセットされなければならない。DoIdent1fyFile機能は’TEXTをその文書がプレインな[plain]フォーマット化されていないASCIIテキストからできていることを確実に知っていない限り、ファイルタイプとして戻してはならない。たとえ拡張がそれが翻訳できるものとして特定の文書を同定したとしても、本発明は実際にはその翻訳をするために拡張を呼び出すことはしないということに注意してもらいたい。

ファイルの翻訳:
もし翻訳拡張が、それが翻訳できるものとして文書を同定し、ユーザーが貴方の翻訳拡張を使うべく選択した場合は、その文書を翻訳するためその拡張が呼び出される。コンポーネントセレクタのディスパッチャはDoTranslateFile機能を呼び出す。

文書の翻訳:
DoTranslateFileルーチンが呼び出される時までには、dstDocパラメータによって特定されたファイルが既に存在している。宛て先ファイルはデータフォークを持っており、またそれは、もし適当な宛て先ファイルタイプ明細内のフラグ域がtaDstDocNeedsResourceForkビットセットを持っていれば、リソースフォークも持っている。拡張は宛て先ファイルをオープンし、それを翻訳されたデータで満たす。

アプリケーションの翻訳拡張:
アアリケーションの翻訳拡張は拡張フォルダ中に置かれるファイルである。殆どのアプリケーションは一定数のファイルタイプしかオープンできず、したがってそれらリソースフォークたちの中に1オープンリソースを含ましめることによってこれらオープン可能なファイルタイプを宣言することができる。しかしアプリケーションによってはどのファイルをオープンできるかにつき動的に決定する必要がある。これはおそらく、これらアプリケーションが外部のフィルタを使うデータ変換能力を既に持っているからであろう。これらのアプリケーションにとってはオープンリソースだけが、どの種類のファイルをこれらアプリケーションがオープンできるのかを特定するのが不適当なものとなっている。

アプリケーションがオープン可能なファイルタイプのリストを動的に作成する好ましい方法は、ファイルタイプのリストを作成しファイルを同定することはできるが、実際の翻訳は全く行わないというそんなアプリケーションの翻訳拡張を提供することである。アプリケーションの翻訳拡張は本質的に、アプリケーションがオープンできるファイルのタイプの動的リストを作成するためだけに存在する。拡張が本発明に戻すファイル翻訳リスト中のソースリストは、これらのタイプの各々のためのファイルタイプ明細を含んでいなければならず、タイプの宛て先リストにとって、ファイル翻訳リストはそのフォーマットがある程度随意的でほかには使用されないファイルタイプを有している簡単なファイルタイプ明細を含んでいなければならない。この宛て先ファイルタイプを’VOID’と呼ぶことにする。

すると貴方のアプリケーション中のオープンリソースは、ファイル翻訳リスト中の唯一の宛て先ファイルタイプ明細(つまり’VOID’)の少なくともフォーマット域中に値を有する静的リストからなる。本発明に関係する限りの純粋の効果は、アプリケーションがタイプ’VOID’の文書をオープンでき、別のファイルタイプをタイプ’VOID’に翻訳できる、そんな翻訳拡張が存在することである。その結果、動的に作成されたファイルタイプのリストは、今ではアプリケーションと連携されているのである。

本発明のパーソナルコンピュータシステムのブロックダイヤグラムである。 先行技術のトランスレータを示す。 ファイルをオープンすることに失敗したことを表示している先行技術のディスプレイの1例である。 先行技術のファイル情報のディスプレイ例を示す。 本発明のディスプレイ例を示す。 オープンオペレーションの先行技術のMacintoshのディスプレイ例を示す。 本発明のOpenメニューの1例である。 ユーザーが本発明に従ってファイルをオープンしたとき動的に示されるディスプレイである。 本発明に従い文書の翻訳の進行度合を示すインジケータである。 本発明のFileメニューの1例である。 本発明の文書翻訳ディスプレイの1例である。 本発明に従い文書アイコンが引き出されプログラムアイコン上にドロッピングしている操作を示す。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明に係るフローチャートの詳細である。 本発明のブロックダイヤグラムである。

符号の説明

12 システムバス
18 アダプタ
20 磁気ディスク装置
22 ユーザーインターフェイスアダプタ
24 キーボード
26 マウス
28 スピーカ
32 マイクロホン
34 通信アダプタ
36 ディスプレイアダブタ
38 ディスプレイ装置

Claims (18)

  1. コンピュータシステムが現在アクセスできないアプリケーションプログラムにより過去に作成された文書を当該コンピュータシステムにおいて処理する方法において、
    判定手段が、当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムがコンピュータシステムによりアクセスできないことを判定するステップと、
    アプリケーションプログラム特定手段が、当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムと異なるアプリケーションプログラムであって、当該文書を変換した変換文書を処理することが可能で、かつ当該コンピュータシステムがアクセス可能な複数のアプリケーションプログラムを特定するステップと、
    翻訳経路特定手段が、当該文書から当該アクセス可能な複数のアプリケーションプログラムの変換文書それぞれ変換を行うための1または複数の変換プログラムからなる翻訳経路をそれぞれ特定するステップと、
    選択手段が、当該変換文書を処理することが可能でアクセス可能な上記複数のアプリケーションプログラムのうち1つを選択するステップと、
    利用手段が、選択されたアプリケーションプログラムに対応する上記翻訳経路をなす上記1または複数の変換プログラムを用いて当該選択されたアプリケーションプログラムが許容するフォーマットに、当該文書を変換するステップとを有することを特徴とするコンピュータにおける文書処理方法。
  2. 起動手段が、上記文書を変換するステップに続けて、上記選択されたアプリケーションプログラムを起動するステップをさらに有する請求項1記載のコンピュータにおける文書処理方法。
  3. 文書提示手段が上記文書を開くステップをさらに有する請求項2記載のコンピュータにおける文書処理方法。
  4. 上記アプリケーションプログラム特定手段が上記アクセス可能なアプリケーションプログラムを特定するステップに続けて、表示手段が、上記アクセス可能なアプリケーションプログラムの一覧を、当該アプリケーションプログラムに対応する上記翻訳経路をなす上記1または複数の変換プログラムによる文書の変換後に保存されデータの量に応じた順番で表示するステップをさらに有する請求項1記載のコンピュータにおける文書処理方法。
  5. 上記一覧には、上記変換後に保存されデータの量に基づいて、好ましい選択を表示する請求項4記載のコンピュータにおける文書処理方法。
  6. 上記一覧は、翻訳経路の識別情報を含む請求項4記載のコンピュータにおける文書処理方法。
  7. フォーマット識別手段が上記文書のフォーマットを識別するステップをさらに有し、上記判定手段、上記アプリケーションプログラム特定手段、および翻訳経路特定手段がそれぞれ対応する上記ステップを実行するために、上記フォーマット識別手段で識別されたフォーマットの情報を利用する請求項1記載のコンピュータにおける文書処理方法。
  8. 上記コンピュータシステムは通信リンクに接続され、さらに、探索手段が、上記文書を変換することが可能で、遠隔に配置された変換プログラムを上記通信リンクを介して探索する請求項1記載のコンピュータにおける文書処理方法。
  9. コンピュータシステムが現在アクセスできないアプリケーションプログラムにより過去に作成された文書を処理する装置において、
    当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムがコンピュータシステムによりアクセスできないことを判定する手段と、
    当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムと異なるアプリケーションプログラムであって、当該文書を変換した変換文書を処理することが可能で、かつ当該コンピュータシステムがアクセス可能な複数のアプリケーションプログラムを特定する手段と、
    当該文書から当該アクセス可能な複数のアプリケーションプログラムの変換文書それぞれ変換を行うための1または複数の変換プログラムからなる翻訳経路をそれぞれ特定する手段と、
    当該変換文書を処理することが可能でアクセス可能な上記複数のアプリケーションプログラムのうち1つを選択する手段と、
    選択されたアプリケーションプログラムに対応する上記翻訳経路をなす上記1または複数の変換プログラムを用いて当該選択されたアプリケーションプログラムが許容するフォーマットに、当該文書を変換する手段とを有することを特徴とする文書処理装置。
  10. 上記選択されたアプリケーションプログラムを起動する手段をさらに有する請求項記載の文書処理装置。
  11. 上記文書のファイルォーマットを識別する手段をさらに有し、上記アクセスできないことを判定する手段、上記アプリケーションプログラムを特定する手段、および上記経路をそれぞれ特定する手段が、当該識別されたファイルフォーマットの情報を、当該判定する処理または当該特定する処理で利用する請求項記載の文書処理装置。
  12. 上記文書を開く手段をさらに有する請求項記載の文書処理装置。
  13. 上記アクセス可能な複数のアプリケーションプログラムの一覧を、当該アプリケーションプログラムに対応する上記翻訳経路をなす上記1または複数の変換プログラムによる文書の変換後に保存されデータの量に応じた順番で表示する手段をさらに有する請求項記載の文書処理装置。
  14. 上記コンピュータシステムは通信リンクに接続され、さらに、上記文書を変換することが可能で、遠隔地に配置された変換プログラムを上記通信リンクを介して探索する手段をさらに有する請求項記載の文書処理装置。
  15. 過去に作成された文書を処理するためにコンピュータシステムで実行される方法であって、
    第1の利用手段が、文書ファイルの一覧を表示するステップと、
    文書ファイル選択手段が、上記一覧から1の文書ファイルを選択するステップと、
    判別手段が、当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムがコンピュータシステムによりアクセスできるかどうか判定するステップと、
    アクセスできないと判定されたときに、
    (a)アプリケーションプログラム特定手段が、当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムと異なるアプリケーションプログラムであって、当該文書を変換した変換文書を処理することが可能で、かつ当該コンピュータシステムがアクセス可能な複数のアプリケーションプログラムを特定するステップと、
    (b)翻訳経路特定手段が、当該文書から当該アクセス可能な複数のアプリケーションプログラムの変換文書それぞれ変換を行うための1または複数の変換プログラムからなる翻訳経路をそれぞれ特定するステップと、
    (c)アプリケーションプログラム選択手段が、当該変換文書を処理することが可能でアクセス可能な上記複数のアプリケーションプログラムのうち1つを選択するステップと、
    第2の利用手段が、選択されたアプリケーションプログラムに対応する上記翻訳経路をなす上記1または複数の変換プログラムを用いて当該選択されたアプリケーションプログラムが許容するフォーマットに、当該文書ファイルを変換するステップとを有することを特徴とする文書処理方法。
  16. 上記文書ファイルを変換するステップのあとに、文書提示手段が、上記文書ファイルを開くステップをさらに有する請求項15記載の文書処理方法。
  17. 上記アプリケーションプログラム特定手段が上記アクセス可能な複数のアプリケーションプログラムを特定するステップのつぎに、表示手段が、特定された複数のアプリケーションプログラムの一覧を、当該アプリケーションプログラムに対応する上記翻訳経路をなす上記1または複数の変換プログラムによる文書の変換後に保存されデータの量に応じた順番で表示するステップをさらに有する請求項16記載の文書処理方法。
  18. 過去に作成された文書を処理するためにコンピュータシステムにより実現される装置であって、
    文書ファイルの一覧を表示する手段と、
    上記一覧から1の文書ファイルを選択する手段と、
    当該文書ファイルを作成したアプリケーションプログラムがコンピュータシステムによりアクセスできないことを判定する手段と、
    当該文書を作成した当該アプリケーションプログラムと異なるアプリケーションプログラムであって、当該文書を変換した変換文書を処理することが可能で、かつ当該コンピュータシステムがアクセス可能な複数のアプリケーションプログラムを特定する手段と、
    当該文書から当該アクセス可能な複数のアプリケーションプログラムの変換文書それぞれ変換を行うための1または複数の変換プログラムからなる翻訳経路をそれぞれ特定する手段と、
    当該変換文書を処理することが可能でアクセス可能な上記複数のアプリケーションプログラムのうち1つを選択する手段と、
    選択されたアプリケーションプログラムに対応する上記翻訳経路をなす上記1または複数の変換プログラムを用いて該選択されたアプリケーションプログラムが許容するフォーマットに、当該文書ファイルを変換する手段とを有することを特徴とする文書処理装置。
JP2006015808A 1992-12-28 2006-01-25 ファイル変換システム Expired - Lifetime JP3993215B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US99768892A true 1992-12-28 1992-12-28

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06515469 Division

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006127551A JP2006127551A (ja) 2006-05-18
JP3993215B2 true JP3993215B2 (ja) 2007-10-17

Family

ID=25544273

Family Applications (3)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP51546994A Expired - Lifetime JP3993227B2 (ja) 1992-12-28 1993-12-27 ファイル翻訳システム
JP2006015808A Expired - Lifetime JP3993215B2 (ja) 1992-12-28 2006-01-25 ファイル変換システム
JP2007122725A Expired - Lifetime JP4145947B2 (ja) 1992-12-28 2007-05-07 文書変換方法および装置

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP51546994A Expired - Lifetime JP3993227B2 (ja) 1992-12-28 1993-12-27 ファイル翻訳システム

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007122725A Expired - Lifetime JP4145947B2 (ja) 1992-12-28 2007-05-07 文書変換方法および装置

Country Status (8)

Country Link
US (1) US5652876A (ja)
EP (1) EP0676069B1 (ja)
JP (3) JP3993227B2 (ja)
AT (1) AT164016T (ja)
AU (1) AU5960594A (ja)
CA (1) CA2152788C (ja)
DE (2) DE69317443D1 (ja)
WO (1) WO1994015307A1 (ja)

Families Citing this family (63)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5838906A (en) 1994-10-17 1998-11-17 The Regents Of The University Of California Distributed hypermedia method for automatically invoking external application providing interaction and display of embedded objects within a hypermedia document
JP3684555B2 (ja) * 1995-04-20 2005-08-17 富士ゼロックス株式会社 文書処理装置
US5742845A (en) 1995-06-22 1998-04-21 Datascape, Inc. System for extending present open network communication protocols to communicate with non-standard I/O devices directly coupled to an open network
US6119130A (en) * 1996-03-28 2000-09-12 Oracle Corporation Method and apparatus for providing schema evolution without recompilation
US5832213A (en) * 1996-07-03 1998-11-03 Sun Microsystems, Inc. Flexible mounting and unmounting of user removable media
US5909568A (en) * 1996-09-03 1999-06-01 Apple Computer, Inc. Process and apparatus for transferring data between different file formats
US5893916A (en) * 1996-12-13 1999-04-13 Ncr Corporation Method of converting man pages to help topic files
JP4054398B2 (ja) * 1997-03-24 2008-02-27 キヤノン株式会社 情報処理装置及びその方法
US6134544A (en) * 1997-11-21 2000-10-17 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Query supporting interface between a customer administrative system and database network elements in a telecommunications system
US6226658B1 (en) * 1998-06-19 2001-05-01 Hewlett-Packard Company Layout code tuning in universally readable document files
US6532472B1 (en) * 1998-09-29 2003-03-11 Apple Computer, Inc. Persistent state database for operating system services
US6230310B1 (en) 1998-09-29 2001-05-08 Apple Computer, Inc., Method and system for transparently transforming objects for application programs
US6486897B1 (en) * 1998-09-29 2002-11-26 Apple Computer, Inc. Multi-repository display system using separate presentation, adaptation and access layers
US6275987B1 (en) * 1998-11-05 2001-08-14 International Business Machines Corporation Adaptive, predictive progress indicator
US6813621B1 (en) * 1999-08-12 2004-11-02 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Processing graphic images having various file formats
US6470345B1 (en) * 2000-01-04 2002-10-22 International Business Machines Corporation Replacement of substrings in file/directory pathnames with numeric tokens
EP1132833A3 (en) * 2000-01-14 2005-08-03 Sun Microsystems, Inc. A method and structure for dynamic conversion of data
US7207031B2 (en) * 2001-03-01 2007-04-17 Wind River Systems, Inc. System and method for utilization of a command structure representation
US7296217B1 (en) * 2000-05-05 2007-11-13 Timberline Software Corporation Electronic transaction document system
US6646658B1 (en) * 2000-05-17 2003-11-11 Sharp Laboratories Of America, Inc. Tagging data files with application information
US20020067364A1 (en) * 2000-06-22 2002-06-06 Lane John F. Method for browsing various intelligent design data abstractions
US7231050B1 (en) * 2000-07-21 2007-06-12 Harris Scott C Protection against unintentional file changing
JP2002049562A (ja) * 2000-08-03 2002-02-15 Nec Access Technica Ltd 電子メールサービスシステム
US7574346B2 (en) * 2000-10-30 2009-08-11 Microsoft Corporation Kernel emulator for non-native program modules
EP1271342A1 (en) * 2001-04-30 2003-01-02 Sun Microsystems, Inc. Method for accessing database table columns
US6986018B2 (en) * 2001-06-26 2006-01-10 Microsoft Corporation Method and apparatus for selecting cache and proxy policy
US6990497B2 (en) * 2001-06-26 2006-01-24 Microsoft Corporation Dynamic streaming media management
US7171626B2 (en) * 2001-10-29 2007-01-30 Microsoft Corporation System and method for presenting the contents of a content collection based on content type
US7823077B2 (en) 2003-03-24 2010-10-26 Microsoft Corporation System and method for user modification of metadata in a shell browser
US7712034B2 (en) 2003-03-24 2010-05-04 Microsoft Corporation System and method for shell browser
US7769794B2 (en) 2003-03-24 2010-08-03 Microsoft Corporation User interface for a file system shell
US7627552B2 (en) 2003-03-27 2009-12-01 Microsoft Corporation System and method for filtering and organizing items based on common elements
US7650575B2 (en) 2003-03-27 2010-01-19 Microsoft Corporation Rich drag drop user interface
US7925682B2 (en) 2003-03-27 2011-04-12 Microsoft Corporation System and method utilizing virtual folders
US7240292B2 (en) 2003-04-17 2007-07-03 Microsoft Corporation Virtual address bar user interface control
US20040225508A1 (en) * 2003-05-05 2004-11-11 Urali Prem S. Reusable canonical e-business process
US20070162765A1 (en) * 2003-11-28 2007-07-12 Koninklijke Philips Electronics Nv Compatibility check between application and files
US7661101B2 (en) * 2004-01-15 2010-02-09 Parametric Technology Corporation Synchronous and asynchronous collaboration between heterogeneous applications
US7694236B2 (en) 2004-04-23 2010-04-06 Microsoft Corporation Stack icons representing multiple objects
US7657846B2 (en) 2004-04-23 2010-02-02 Microsoft Corporation System and method for displaying stack icons
US7421438B2 (en) * 2004-04-29 2008-09-02 Microsoft Corporation Metadata editing control
US8707209B2 (en) 2004-04-29 2014-04-22 Microsoft Corporation Save preview representation of files being created
US8024335B2 (en) 2004-05-03 2011-09-20 Microsoft Corporation System and method for dynamically generating a selectable search extension
US9552141B2 (en) * 2004-06-21 2017-01-24 Apple Inc. Methods and apparatuses for operating a data processing system
US7788301B2 (en) * 2004-06-21 2010-08-31 Canon Kabushiki Kaisha Metadata driven user interface
US20060101053A1 (en) * 2004-11-05 2006-05-11 Proctor Reginal R System and method for associating software programs with data files within a computer network
US7568182B2 (en) * 2004-12-20 2009-07-28 Microsoft Corporation Method and system for controlling software to facilitate cross-version collaboration of files
US7614016B2 (en) 2005-04-21 2009-11-03 Microsoft Corporation Multiple roots in navigation pane
US8195646B2 (en) 2005-04-22 2012-06-05 Microsoft Corporation Systems, methods, and user interfaces for storing, searching, navigating, and retrieving electronic information
US7512833B1 (en) 2005-05-09 2009-03-31 Adam C. Murphy Universal imaging utility program
US7636883B2 (en) * 2005-05-18 2009-12-22 International Business Machines Corporation User form based automated and guided data collection
US7788290B2 (en) * 2007-03-27 2010-08-31 Microsoft Corporation Automatic file conversion to a target format
JP2009116432A (ja) * 2007-11-02 2009-05-28 Branddialog Inc アプリケーション・データ取引管理システム、プログラム
US10188049B1 (en) * 2008-08-06 2019-01-29 Cropmetrics Llc Customized crop modeling
US9178842B2 (en) * 2008-11-05 2015-11-03 Commvault Systems, Inc. Systems and methods for monitoring messaging applications for compliance with a policy
US20100122313A1 (en) * 2008-11-09 2010-05-13 Aspect9, Inc. Method and system for restricting file access in a computer system
US20110125733A1 (en) * 2009-11-25 2011-05-26 Fish Nathan J Quick access utility
US20130018950A1 (en) * 2011-07-15 2013-01-17 Microsoft Corporation Connecting a device to a meeting
US9218118B2 (en) 2012-09-11 2015-12-22 Apple Inc. Media player playlist management
US9558278B2 (en) 2012-09-11 2017-01-31 Apple Inc. Integrated content recommendation
US9507790B2 (en) 2012-11-06 2016-11-29 Lenovo Enterprise Solutions (Singapore) Pte. Ltd. Providing file indexes and per-file viewing modes within a file management application
US10282088B2 (en) * 2012-12-06 2019-05-07 Samsung Electronics Co., Ltd. Configuration of application execution spaces and sub-spaces for sharing data on a mobile tough screen device
USD789988S1 (en) * 2015-12-12 2017-06-20 Adp, Llc Display screen with graphical user interface

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4686522A (en) * 1985-02-19 1987-08-11 International Business Machines Corporation Method of editing graphic objects in an interactive draw graphic system using implicit editing actions
US5065347A (en) * 1988-08-11 1991-11-12 Xerox Corporation Hierarchical folders display
NL8901827A (nl) * 1989-07-14 1991-02-01 Oce Nederland Bv Systeem voor het verwerken van in bestanden georganiseerde gegevens, alsmede beheersmodule ten gebruike daarin en opslagmedium, voorzien van de programmatuur van deze beheersmodule.

Also Published As

Publication number Publication date
JP2007293869A (ja) 2007-11-08
DE69317443D1 (de) 1998-04-16
EP0676069A1 (en) 1995-10-11
EP0676069B1 (en) 1998-03-11
US5652876A (en) 1997-07-29
WO1994015307A1 (en) 1994-07-07
CA2152788C (en) 2004-11-02
JP2006127551A (ja) 2006-05-18
JP4145947B2 (ja) 2008-09-03
JPH08505723A (ja) 1996-06-18
AU5960594A (en) 1994-07-19
DE69317443T2 (de) 1998-10-08
CA2152788A1 (en) 1994-07-07
JP3993227B2 (ja) 2007-10-17
AT164016T (de) 1998-03-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6724401B1 (en) Computer-based documentation and instruction
US7490298B2 (en) Creating documentation screenshots on demand
AU2005329410B2 (en) Operating system launch menu program listing
US8024335B2 (en) System and method for dynamically generating a selectable search extension
RU2417401C2 (ru) Пользовательский интерфейс переноса и фиксации по новому месту с широкими возможностями
US6305008B1 (en) Automatic statement completion
US8108854B1 (en) Method and system for describing and extracting application information
US5781190A (en) Method and system for transferring a slide presentation between computers
US6788313B1 (en) Method and apparatus for providing on line help for custom application interfaces
US5664206A (en) Method and apparatus for automating the localization of a computer program
JP4202041B2 (ja) 入力モードバイアスを適用するための方法およびシステム
JP3902797B2 (ja) ファイル内部構造の構成方法及び装置
US7178142B2 (en) System and method for dynamically verifying the compatibility of a user interface resource
US7315848B2 (en) Web snippets capture, storage and retrieval system and method
US7543226B2 (en) Methods and systems for objects supporting structured language persistent state
US5864848A (en) Goal-driven information interpretation and extraction system
RU2328034C2 (ru) Способ и система сопоставления операций семантическим меткам в электронных документах
DE19632854B4 (de) Kontext-Identifizierer verwendendes System und Verfahren für eine individuelle Menüanpassung in einem Fenster
JP4366065B2 (ja) リソース・ファイル・ビルダ・ツール及びコンピュータ可読コード
US6396515B1 (en) Method, system and computer program product for dynamic language switching in user interface menus, help text, and dialogs
US7496230B2 (en) System and method for automatic natural language translation of embedded text regions in images during information transfer
US6339755B1 (en) Method, system and data structure for splitting language and locale properties in a data processing system
CA2427865C (en) Virtual address bar user interface control
JP2007535758A (ja) メタデータのナビゲーションおよび割当てのためのプロパティツリー
US20160259805A1 (en) Method for graphical representation of a content collection

Legal Events

Date Code Title Description
A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20060221

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060228

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20060525

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20060605

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060826

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20061003

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070507

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070725

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100803

Year of fee payment: 3

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R3D02

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100803

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110803

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110803

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120803

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130803

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term