JP3985038B2 - 低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素を製造する方法 - Google Patents

低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素を製造する方法 Download PDF

Info

Publication number
JP3985038B2
JP3985038B2 JP2001212374A JP2001212374A JP3985038B2 JP 3985038 B2 JP3985038 B2 JP 3985038B2 JP 2001212374 A JP2001212374 A JP 2001212374A JP 2001212374 A JP2001212374 A JP 2001212374A JP 3985038 B2 JP3985038 B2 JP 3985038B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hydrogen
catalyst
methane
gas
method
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2001212374A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2003026613A (ja
Inventor
忠 吉田
戦国 張
一規 本田
Original Assignee
独立行政法人産業技術総合研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 独立行政法人産業技術総合研究所 filed Critical 独立行政法人産業技術総合研究所
Priority to JP2001212374A priority Critical patent/JP3985038B2/ja
Publication of JP2003026613A publication Critical patent/JP2003026613A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3985038B2 publication Critical patent/JP3985038B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P20/00Technologies relating to chemical industry
    • Y02P20/50Improvements relating to the production of products other than chlorine, adipic acid, caprolactam, or chlorodifluoromethane, e.g. bulk or fine chemicals or pharmaceuticals
    • Y02P20/52Improvements relating to the production of products other than chlorine, adipic acid, caprolactam, or chlorodifluoromethane, e.g. bulk or fine chemicals or pharmaceuticals using catalysts, e.g. selective catalysts
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P20/00Technologies relating to chemical industry
    • Y02P20/50Improvements relating to the production of products other than chlorine, adipic acid, caprolactam, or chlorodifluoromethane, e.g. bulk or fine chemicals or pharmaceuticals
    • Y02P20/58Recycling
    • Y02P20/584Recycling of catalysts

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、天然ガス等の低級炭化水素からプラスチック類などの各種化学製品の基礎物質であるベンゼン及びナフタレンを主成分とする芳香族炭化水素と高純度水素ガスの効率的な製造方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
従来、ベンゼン、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素は主にナフサ及び石炭タールから製造されている。前者は石油資源を出発原料とするが、芳香族炭化水素の収率が低い点が問題である。一方、後者は廉価な石炭を出発原料とするが、溶剤抽出法を使用するため、多量の有機溶剤を必要とする難点がある。
【0003】
また、ナフタレンは従来、主に石炭タールから溶剤抽出法により製造されている。この方法も多量の有機溶剤を要し、且つ収量が極めて低い問題がある。
【0004】
水素ガスの製造法としては、天然ガスやナフサの水蒸気改質法が世界の主流になっているが、900℃程度の高温を必要とし、また改質温度を維持するために多量の原料を燃焼させ、また触媒の活性低下を防ぐために理論必要量の3〜4倍の水蒸気を使用しており、極めて多量のエネルギーを消費している。さらに、改質・燃焼生成物として地球温暖化物質である二酸化炭素が多量に発生するなどの問題点がある。
【0005】
一方、低級炭化水素、特にメタンからベンゼン及びナフタレン等の芳香族炭化水素と水素を製造する方法としては、酸素ガスが存在しない系で、触媒上でメタンを直接分解させる方法いわゆるメタンの直接転換法が知られており、この場合の触媒としてはHZSM−5ゼオライトに担持されたモリブデン、レ二ウム等が有効とされている〔例えば、「JOURNAL OF CATALYSIS」182,92-103(1999)、「JOURNAL OF CATALYSIS」190,276-283(2000)等〕。しかしながら、これらの触媒を使用した場合でも、炭素析出による触媒活性の著しい低下やメタン転換率が低いという解決すべき問題を有している。
【0006】
上記問題の解決策の一つとしては、数%の一酸化炭素及び/又は二酸化炭素の共存下でメタンの直接転換を行うことが提案されているが(特開平11−60514号公報)、一酸化炭素及び/又は二酸化炭素は製造ガス中に残留し、主製品の一つである水素ガスの精製・分離に大きな負荷をもたらすことになるため、実用上問題がある。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】
本発明は、天然ガス等の低級炭化水素からベンゼン、ナフタレン等の芳香族炭化水素と高純度水素を同時に且つ触媒活性の低下を招くことなく製造する高効率な製造法を提供することを課題とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】
本発明者らは、前記課題を解決すべく鋭意研究を重ねた結果、本発明を完成するに至った。即ち、本発明によれば、以下に示す芳香族炭化水素と水素を製造する方法が提供される。
(1)触媒の存在下で、メタンを少なくとも60モル%含有する低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素を製造する方法であって、該低級炭化水素と、触媒の活性維持又は活性が低下した触媒を再生するための水素含有ガスまたは水素ガスとを、それぞれ周期的に且つ交互に触媒と接触させることを特徴とする芳香族炭化水素と水素の製造方法。
(2)該低級炭化水素と水素含有ガスまたは水素ガスとを、それぞれ周期的にかつ交互に触媒と接触させる方式として、当該2種類のガスの切り換え操作による方式または該低級炭化水素が流通している反応帯域と該水素含有ガス又は水素ガスが流通している反応帯域との間を該触媒粒子を循環させる方式を用いることを特徴とする前記(1)に記載の芳香族炭化水素と水素の製造方法。
(3)該触媒の活性維持又は活性が低下した触媒を再生するための水素含有ガスとして、水素濃度が1〜99モル%範囲のもの、または反応生成物から回収される水素ガスの一部を用いることを特徴とする前記(1)又は(2)に記載の芳香族炭化水素と水素の製造方法。
【0009】
【発明の実施の形態】
本発明では、触媒の存在下で、メタン等の低級炭化水素からベンゼン及びナフタレンを主成分とする芳香族炭化水素と水素を製造するにあたり、原料である低級炭化水素と水素含有ガス又は水素ガスをそれぞれ周期的に且つ交互に触媒と接触させることを特徴とする。メタンの芳香族化反応の間、周期的に水素含有ガス又は水素ガスを触媒に接触させることにより、反応中に触媒上に副生した炭素を取り除くことができ、触媒の活性維持又は活性が低下した触媒の再生ができる。よって、低級炭化水素から芳香族炭化水素と高純度水素を高効率で製造することができる。
【0010】
本発明で触媒の活性維持又は活性が低下した触媒を再生するための水素含有ガスとしては、水素のモル濃度が1〜99%範囲のものを用いることができるが、その水素濃度は、好ましくは60〜99モル%、より好ましくは80〜99モル%である。
【0011】
本発明で原料として用いられる低級炭化水素は、モル%で少なくとも60%、好ましくは、80%以上のメタンを含有するものである。メタン含有量がこの範囲であれば、その他に炭素数が2〜5の飽和及び不飽和炭化水素(例えば、エタン、エチレン、プロパン等)が含まれていても良い。
【0012】
本発明で用いる触媒としては、メタンを芳香族化する活性を有するものであればよく、従来公知のものを用いることができる。このようなものには、特開平10−272366号公報や特開平11−47606号公報等に記載されているすべての低級炭化水素の芳香族化触媒が包含される。これらの触媒の中では、特にモリブデン又はタングステン成分を担持したHZSM-5ゼオライト触媒が好ましい。
【0013】
また、本発明における触媒としては、文献(「JOURNAL OF CATALYSIS」190,276-283(2000))に示されたレ二ウム担持HZSM-5ゼオライト触媒を用いることができる。
【0014】
本発明によるメタン等の低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素への転換反応は、原料の低級炭化水素と水素含有ガスまたは水素ガスとがそれぞれ周期的に且つ交互に触媒と接触する形式で実施される。
このような反応の実施方式には、
(i)触媒を含んだ反応器に対して、低級炭化水素と水素含有ガス又は水素ガスとを、切り換え操作により、周期的に且つ交互に切換えて供給する方式、
(ii)低級炭化水素が流通している反応帯域(反応器)と、水素含有ガス又は水素ガスが流通している反応帯域(反応器)との間を、触媒粒子を循環させる方式等が包含される。
【0015】
触媒に対して低級炭化水素を継続的に接触させる時間は、その触媒活性が所定の最低水準よりも低下するまでの時間である。この時間は、触媒の種類や反応条件等により異なるが、通常、1〜20分、好ましくは1〜10分程度である。
【0016】
また、前記触媒に対して低級炭化水素を継続的に接触させた後には、その触媒に対して、水素含有ガス又は水素ガスを継続的に接触させるが、その接触時間は、その触媒活性が再生されるまでの時間である。この時間は、触媒の種類や反応条件等により異なるが、通常、1〜30分、好ましくは5〜20分程度である。
【0017】
本発明の転換反応の条件において、その反応は、温度は650〜900℃、その圧力は1〜40気圧、低級炭化水素及び水素含有ガスまたは水素ガスのそれぞれの体積時間空間速度(GHSV)は3000〜10000hr-1の条件が好ましいが、これらの反応条件は、触媒の種類や反応器の形式等に応じて適宜変更すればよく、特に限定されるものではない。
【0018】
【実施例】
以下、実施例をもって本発明を詳細に説明する。
なお、メタン転換率、ベンゼン生成速度、ナフタレン生成速度、水素生成速度及び芳香族(ベンゼン+ナフタレン)選択率は以下のように定義した。メタンの転換率(%)={(原料メタンモル数―未反応メタンモル数)/原料メタンモル数}×100;ベンゼン生成速度=触媒1g当たり、1秒間に生成したベンゼンのnmol数;ナフタレン水素生成速度=触媒1g当たり、1秒間に生成したナフタレンのnmol数;水素生成速度=触媒1g当たり、1秒間に生成した水素のnmol数;芳香族(ベンゼン+ナフタレン)
選択率={生成した芳香族(ベンゼン+ナフタレン)のメタン換算モル数/(原料メタンモル数―未反応メタンモル数)}×100。
【0019】
参考例1
(HZSM−5にモリブデンを担持した触媒の調製方法)
パラモリブデン酸アンモニウム塩0.2845gを200mlの蒸留水に溶かし、HZSM-5(シリカ/アルミナ比=30、表面積400m/g)の粉末5.0gを加え、十分に攪拌しながら回転式減圧エバポレーターで水を蒸発させた後、110℃で1夜乾燥してパラモリブデン酸アンモニウムのHZSM-5含浸体を得た。これを耐熱皿(直径10cm、深さ2cm)に移し、触媒焼成炉(内容積13.5L)を用いて空気中で500℃、6時間焼成して薄草色粉末を得た。さらに、この粉末を小型手動式加圧成型器を用いて直径2cm、厚さ0.3cmの円柱体に成型した後、粉砕、続いてふるいわけを行い、粒子サイズ250〜500μmのものを調製し、全触媒重量に対して3%のモリブデンを担持したZSM-5触媒(以下Mo(3%) /HZSM-5と略記する)を得た。
【0020】
実施例1
(触媒の前処理及び反応の実施方法)
参考例1で調製したMo(3%) /HZSM-5触媒0.30gを流通式固定床反応装置の石英製反応管(内径8mm)に充填し、650℃で30分、90%メタンガス気流下(17.5ml/分)で炭化処理後、700℃まで昇温してメタンの転換反応を開始した。所定の時間(例えば、5分)反応させた後、原料ガスである90%メタンガスを100%水素ガス(17.5ml/分)に切り換え、メタンの芳香族化反応に伴って触媒上に副生した炭素の水素化反応による除去を所定時間(例えば、5分)行った。その後、同様の操作を繰り返し、反応終了までメタンと水素ガスを交互に触媒層に供給した。
【0021】
実施例2
実施例1の方法に従い、700℃でメタンと水素をそれぞれ5分の周期でMo(3%)/HZSM-5触媒層に流通させたときのメタン転換率、ベンゼン生成速度、ナフタレン生成速度、水素生成速度及び芳香族(ベンゼン+ナフタレン)選択率の経時変化を図1、図2、図3、図4及び図5にそれぞれ示す。これらの結果から、メタンの芳香族化反応を短時間行った後に触媒層に水素ガスを流通させることで、触媒の活性が維持できることがわかる。
【0022】
実施例3
実施例1の方法に従い、700℃でメタンを80分、水素を20分の周期でMo(3%)/HZSM-5触媒層に流通させたときのメタン転換率、ベンゼン生成速度、ナフタレン生成速度、水素生成速度及び芳香族(ベンゼン+ナフタレン)選択率の経時変化を図1、図2、図3、図4及び図5にそれぞれ示す。これらの結果から、メタンの芳香族化反応を長時間行った後でも触媒層に水素ガスを流通させることで、芳香族化反応に伴って活性が低下した触媒を再生できることがわかる。
【0023】
比較例1
実施例2及び3の比較例として、水素ガスへの切り換えがなく、メタンだけをMo(3%)/HZSM-5触媒層に5時間流通させたときのベンゼン生成速度、ナフタレン生成速度、水素生成速度及び芳香族(ベンゼン+ナフタレン)選択率の経時変化を図1、図2、図3、図4及び図5にそれぞれ示す。周期的に水素ガスを触媒層に流すことなくメタンだけを反応させた場合、メタンの芳香族化反応に伴う炭素析出により触媒活性が著しく低下してしまうことがわかる。
【0024】
【発明の効果】
本発明によれば、触媒の存在下で、メタン等の低級炭化水素からベンゼン及びナフタレンを主成分とする芳香族化合物と水素を製造する場合、低級炭化水素と水素含有ガス又は水素ガスをそれぞれ周期的に且つ交互に触媒と接触させることにより、触媒活性の低下を招くことなく安定的にベンゼン等の芳香族炭化水素と水素を製造することができる。また同時に、ベンゼン等の芳香族炭化水素と水素の生成速度がメタンの芳香族化反応とともに低下した場合でも、水素含有ガス又は水素ガスを触媒とある一定の時間接触させることで、再び高い芳香族炭化水素及び水素の生成速度を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 Mo/HZSM-5触媒の存在下でメタンから芳香族及び水素を同時に製造する際に、水素ガスを周期的に触媒に接触させた時とさせない時のメタン転換率の経時変化を示す。
【図2】 Mo/HZSM-5触媒の存在下でメタンから芳香族及び水素を同時に製造する際に、水素ガスを周期的に触媒に接触させた時とさせない時のベンゼン生成速度の経時変化を示す。
【図3】 Mo/HZSM-5触媒の存在下でメタンから芳香族及び水素を同時に製造する際に、水素ガスを周期的に触媒に接触させた時とさせない時のナフタレン生成速度の経時変化を示す。
【図4】 Mo/HZSM-5触媒の存在下でメタンから芳香族及び水素を同時に製造する際に、水素ガスを周期的に触媒に接触させた時とさせない時の水素生成速度の経時変化を示す。
【図5】 Mo/HZSM-5触媒の存在下でメタンから芳香族及び水素を同時に製造する際に、水素ガスを周期的に触媒に接触させた時とさせない時の芳香族(ベンゼン+ナフタレン)選択率の経時変化を示す。

Claims (3)

  1. 触媒の存在下で、メタンを少なくとも60モル%含有する低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素を製造する方法であって、該低級炭化水素と、触媒の活性維持又は活性が低下した触媒を再生するための水素含有ガスまたは水素ガスとを、それぞれ周期的に且つ交互に触媒と接触させることを特徴とする芳香族炭化水素と水素の製造方法。
  2. 該低級炭化水素と水素含有ガスまたは水素ガスとを、それぞれ周期的にかつ交互に触媒と接触させる方式として、当該2種類のガスの切り換え操作による方式または該低級炭化水素が流通している反応帯域と該水素含有ガス又は水素ガスが流通している反応帯域との間を該触媒粒子を循環させる方式を用いることを特徴とする請求項1に記載の芳香族炭化水素と水素の製造方法。
  3. 該触媒の活性維持又は活性が低下した触媒を再生するための水素含有ガスとして、水素濃度が1〜99モル%範囲のもの、または反応生成物から回収される水素ガスの一部を用いることを特徴とする請求項1又は2に記載の芳香族炭化水素と水素の製造方法。
JP2001212374A 2001-07-12 2001-07-12 低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素を製造する方法 Active JP3985038B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001212374A JP3985038B2 (ja) 2001-07-12 2001-07-12 低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素を製造する方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001212374A JP3985038B2 (ja) 2001-07-12 2001-07-12 低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素を製造する方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003026613A JP2003026613A (ja) 2003-01-29
JP3985038B2 true JP3985038B2 (ja) 2007-10-03

Family

ID=19047543

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001212374A Active JP3985038B2 (ja) 2001-07-12 2001-07-12 低級炭化水素から芳香族炭化水素と水素を製造する方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3985038B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9358536B2 (en) 2009-02-12 2016-06-07 Meidensha Corporation Method for producing aromatic hydrocarbon and apparatus for producing aromatic hydrocarbon

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4565277B2 (ja) * 2003-03-07 2010-10-20 北海道曹達株式会社 低級炭化水素の芳香族化触媒反応方法および芳香族化触媒反応装置ならびに芳香族化合物および水素の製造方法
WO2005028105A1 (ja) * 2003-09-17 2005-03-31 Kabushiki Kaisha Meidensha 低級炭化水素の芳香族化触媒とその製造方法並びに芳香族化合物と水素の製造方法
JP4677194B2 (ja) * 2004-03-11 2011-04-27 勝 市川 触媒を用いた低級炭化水素の転化方法
CN1989088B (zh) * 2004-07-28 2010-12-01 株式会社明电舍 芳烃和氢的制造方法
US7683227B2 (en) * 2004-12-22 2010-03-23 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Production of aromatic hydrocarbons from methane
JP5082254B2 (ja) * 2005-02-18 2012-11-28 三菱化学株式会社 芳香族化合物の製造方法及び水素化芳香族化合物の製造方法
CN101115700B (zh) * 2005-02-18 2011-06-01 三菱化学株式会社 芳香族化合物的制造方法和氢化芳香族化合物的制造方法
TW200812938A (en) * 2006-05-31 2008-03-16 Exxonmobil Chem Patents Inc Use of isotopic analysis for determination of aromatic hydrocarbons produced from methane
US7589246B2 (en) 2007-04-04 2009-09-15 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Production of aromatics from methane
JP2008266245A (ja) * 2007-04-24 2008-11-06 Mitsubishi Chemicals Corp 芳香族炭化水素の製造方法
JP2008266244A (ja) * 2007-04-24 2008-11-06 Mitsubishi Chemicals Corp 芳香族炭化水素の製造方法
JP5540462B2 (ja) 2007-06-07 2014-07-02 株式会社明電舎 低級炭化水素の芳香族化触媒の再生方法
WO2009020045A1 (ja) 2007-08-03 2009-02-12 Mitsui Chemicals, Inc. 芳香族炭化水素の製造方法
CN102056666A (zh) * 2008-04-08 2011-05-11 巴斯夫欧洲公司 通过再生不含贵金属的相应催化剂使含甲烷的混合物脱氢芳构化的方法
JP5736633B2 (ja) * 2008-04-18 2015-06-17 株式会社明電舎 触媒及びその製造方法
EA020997B1 (ru) 2008-05-21 2015-03-31 Басф Се Способ получения бензола, толуола (и нафталина) из с-с-алканов при локальном раздельном содозировании водорода
JP5423028B2 (ja) * 2009-02-12 2014-02-19 株式会社明電舎 芳香族炭化水素製造方法
JP5481996B2 (ja) * 2009-02-12 2014-04-23 株式会社明電舎 芳香族炭化水素製造方法
WO2011019037A1 (ja) 2009-08-11 2011-02-17 三菱化学株式会社 触媒の製造方法
EP2473463A2 (de) * 2009-09-03 2012-07-11 Basf Se Verfahren zur herstellung von benzol aus methan
JP2012012340A (ja) * 2010-07-01 2012-01-19 Meidensha Corp 芳香族炭化水素製造方法
CN105061127A (zh) * 2015-06-03 2015-11-18 西北大学 一种低级烷烃芳构化反应-再生体系构建的工艺
CN105879926B (zh) * 2016-05-26 2018-10-02 陕西延长石油(集团)有限责任公司 一种脱氢环化催化剂再生方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9358536B2 (en) 2009-02-12 2016-06-07 Meidensha Corporation Method for producing aromatic hydrocarbon and apparatus for producing aromatic hydrocarbon

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003026613A (ja) 2003-01-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Yang et al. A review of the catalytic hydrogenation of carbon dioxide into value-added hydrocarbons
Ma et al. Recent progress in methane dehydroaromatization: From laboratory curiosities to promising technology
US8729328B2 (en) Process for the oxidative coupling of hydrocarbons
US20140328749A1 (en) Use of a process for hydrogen production
EP2935098B1 (de) Parallele herstellung von wasserstoff, kohlenstoffmonoxid und einem kohlenstoffhaltigen produkt
US8912381B2 (en) Process for the oxidative coupling of methane
CA1236123A (en) Conversions of low molecular weight hydrocarbons to higher molecular weight hydrocarbons using a metal- containing catalyst
AU768519B2 (en) Catalytic partial oxidation process and promoted nickel based catalysts supported on magnesium oxide
ES2257451T3 (es) Procedimiento para la deshidrogenacion de hidrocarburos.
JP4413046B2 (ja) 気相法炭素繊維の製造方法
CN101945703B (zh) 由甲烷生产芳烃的方法
CN101460432B (zh) 由甲烷制备芳烃
US3992468A (en) Process for the catalytic hydrodealkylation of alkylaromatic hydrocarbons
KR101234448B1 (ko) 탄화수소 혼합물로부터 방향족 탄화수소 및 액화석유가스를제조하는 공정
JP4828680B2 (ja) 低炭素数の脂肪族炭化水素をより高い炭素数の炭化水素へ転化する方法及び触媒
CN100582064C (zh) 从甲烷经过非合成气方法合成碳三至碳十三高碳烃的流程
JP4726240B2 (ja) 脱水素された炭化水素化合物の製造方法
AU2003203424B2 (en) Condensation of olefins in Fischer Tropsch tail gas
RU2491120C2 (ru) Получение ароматических соединений из метана
Ma et al. Heterogeneous catalysis by metals
US6552243B2 (en) Catalyst and process for aromatic hydrocarbons production from methane
TWI303997B (en) Catalyst treatment useful for aromatics conversion process
AU2001276996B2 (en) Production of naphtha and light olefins
RU2478426C2 (ru) Катализатор и способ конвертации природного газа в высокоуглеродистые соединения
US4751336A (en) Conversion of a lower alkane

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050401

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20050401

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060728

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060801

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061002

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070403

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070517

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070612

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350