JP3921258B2 - ブラスト装置 - Google Patents

ブラスト装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3921258B2
JP3921258B2 JP14028396A JP14028396A JP3921258B2 JP 3921258 B2 JP3921258 B2 JP 3921258B2 JP 14028396 A JP14028396 A JP 14028396A JP 14028396 A JP14028396 A JP 14028396A JP 3921258 B2 JP3921258 B2 JP 3921258B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
blasting
abrasive
exhaust
chamber
dust
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP14028396A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09323263A (ja
Inventor
恵二 間瀬
Original Assignee
株式会社不二製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社不二製作所 filed Critical 株式会社不二製作所
Priority to JP14028396A priority Critical patent/JP3921258B2/ja
Publication of JPH09323263A publication Critical patent/JPH09323263A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3921258B2 publication Critical patent/JP3921258B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P70/00Climate change mitigation technologies in the production process for final industrial or consumer products
    • Y02P70/10Greenhouse gas [GHG] capture, material saving, heat recovery or other energy efficient measures, e.g. motor control, characterised by manufacturing processes, e.g. for rolling metal or metal working

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、ブラスト装置に関し、特にブラスト加工室を備えたブラスト装置本体と、前記ブラスト加工室の下方に研磨材及び粉塵を吸引する導管を介して研磨材分級装置に連通したブラスト装置に関するものであって、一般の研磨材を使用する場合にも適用されるが、特に研磨材タンク内の安息角が一定しないほどの微粉状態(以下、「微粉性質」という)を有する微粉研磨材にも適用されるブラスト装置に関する。
【0002】
なお、微粉研磨材とは、一般的には、粒度#240すなわち最大粒子の平均径が約170μ以下、平均径の平均が87.5μ〜73.5μ、好ましくは80μから、粒度#3000すなわち、最大粒子の平均径が約19μ以下、平均径の平均が5.9μ〜4.7μ、好ましくは5.0μの範囲にあるものをいい、平均径の平均でいえば、粒径5〜80μの研磨材をいう。これら、微粉研磨材は、普通粒度の研磨材とは異なり、円錐形の山に積み上げられてもさらさらと山の裾野へ流れていくことがなく、極端な場合には垂直に近い角度に積み上げられるほどに微粉研磨材同士の吸着性を有するものである。
【0003】
なお、本発明のブラスト装置は遠心式ではなく空気式であり、空気式ブラスト装置には一般的に直圧式と吸込式がある。
【0004】
【従来の技術】
従来のブラスト装置については、その一例として、エア式重力式ブラスト装置60があり、これを「従来例A」として説明すると、図4において、キャビネット61はワークを出し入れする投入口63を備えており、このキャビネット61内に前記投入口63から投入したワークに研磨材を噴射する噴射ノズル62を設ける。また、前記キャビネット61の下部はホッパ68として形成され、ホッパ68の最下端は導管65を介してキャビネット61の上部に設置された研磨材回収用の回収タンク70の上部に連通する。
【0005】
回収タンク70はいわゆるサイクロンで、粉塵を研磨材から分離する装置であり、回収タンク70の上部の側壁に流入口73を設け、この流入口73に連通管75を介して前記導管65の先端を連結する。
【0006】
回収タンク70の下端は噴射ノズル62から噴射する研磨材の噴射量を調整する研磨材調整器78を備え、この研磨材調整器78に噴射ノズル62を連通している。一方、回収タンク70の上端壁面の略中央には連結管74が設けられ、この連結管74は排出管67を介してダストコレクタ66に連通している。
【0007】
ダストコレクタ66は排風機69を回転しダストコレクタ66内の空気を外気へ放出している。この排風機69によりブラスト装置60のキャビネット61、導管65、回収タンク70内の空気を吸引し、各部がそれぞれ負圧になり、また図示せざる圧縮空気供給源から供給された空気が研磨材と共に噴射ノズル62から噴射されるので、キャビネット61から順に導管65、回収タンク70、ダストコレクタ66へ気流が流れる。
【0008】
上記のブラスト装置60を用いて、ワークを投入口63からキャビネット61内へ投入し、研磨材を噴射ノズル62よりワークの表面へ噴射してブラスト加工を行うと、噴射ノズル62から噴射された研磨材はワークに衝突したときの衝撃でワークの表面から剥離した破片や破砕した再使用不可能な研磨材や他の塵埃を含む粉塵が発生し再使用可能な研磨材中に混入する。
【0009】
噴射された研磨材およびこのとき発生した粉塵は、キャビネット61の下部のホッパ68に落下し、導管65内に生じている気流によって導管65を経て流入口73から回収タンク70へ送られる。
【0010】
流入口73から流入した気流は回転気流となって遠心力により回収タンク70の内壁面に沿って回りながら降下し、この気流に乗って研磨材と粉塵が降下する。気流は回収タンク70の下端近くに達すると、反転して方向転換し上昇気流となり回収タンク70の中心部を小さく回転しながら上昇する。前記粉塵のみが方向転換し上昇気流に乗って上昇するが、研磨材は上昇せず回収タンク70の下部に落下し集積される。
【0011】
前記粉塵は前記上昇気流と共に回収タンク70の上端壁の連結管74から排出管67を経てダストコレクタ66へ流れてダストコレクタに集積され、清浄な空気がダストコレクタの上部に設けられた排風機69から放出される。
【0012】
従来のブラスト装置の他の例としては、図5に示すように,噴射ノズルから噴射された研磨材を重力で分級するブラスト装置があり、これを「従来例B」として 前述した従来例Aのブラスト装置60と同一の部材に対しては同一符号を付して説明する.
図5において、キャビネット61内に、ホッパ68の上方に位置し且つキャビネット61の側壁に沿ってこの側壁に適宜間隔を介して平行な隔壁71を設けてキャビネット61内の気流及び粉塵を導入する排出室72を設け、この排出室72の下方には前記ホッパ68より上方に位置し且つキャビネット61内に連通する連通口76を形成している。前記排出室72は排出管77を介してダストコレクタ66に連結している。
【0013】
したがって、ダストコレクタ66の排風機69により、気流がキャビネット61内で下方へ流れホッパ68の上方で反転して上昇気流になり連通口76から排出室72及び排出管77を経てダストコレクタ66へ流れる。噴射ノズル62から噴射された研磨材は気流に乗って下方へ流れ、気流が上昇気流に反転するときに下方のホッパ68へ落下し、気流と粉塵が連通口76から排出室72及び排出管77を経てダストコレクタ66へ排出される。
【0014】
従来のブラスト装置の他の例としては、図6に示すように,噴射ノズルから噴射された研磨材を分級システムで分級するブラスト装置があり、これを「従来例C」として前述した従来例のブラスト装置60と同一の部材に対しては同一符号を付し,相違する点について説明する.
図6において、キャビネット61の上部に設けた回収タンク70内に、パンチングメタルや微細なメッシュのスクリーンを複数設置し、排風機69によりブラスト装置60のキャビネット61、回収タンク70内の空気を吸引し、各部がそれぞれ負圧になり、また図示せざる圧縮空気供給源から供給された空気が研磨材と共に噴射ノズル62から噴射され、キャビネット61から回収タンク70、ダストコレクタ66へ気流が流れる。そして、キャビネット内の気流が研磨材の浮遊速度以下にして粉塵のみ吸引する。
【0015】
【発明が解決しようとする課題】
ところで、従来例A、従来例B、従来例Cではいずれも、キャビネット61内の研磨材や粉塵がキャビネット61外への飛散や漏出が生じないようにするためにキャビネット61内を負圧にし、キャビネット61内に気流を流入しているので、大量の空気を吸引している。従来例Aにおいては、研磨材を分離、分級するとき、回収タンク70内では前述したように回収タンク70内へ流入した気流は旋回しながら降下し、回収タンク70の下端近くで反転して方向転換し上昇気流となるので、このときに圧力損失が生じることになるので排風機69を大きくしなければならない。
【0016】
実際、キャビネット61内の研磨材を吸引したり、回収タンク70内で気流から研磨材を分離、分級するときは必要な少量の空気を吸引することにより研磨材に対する圧力損失を低く押さえることに寄与するのであるが、従来例Aでは、噴射ノズル62から噴射された空気と研磨材、及び排風機69による吸引力でキャビネット61の隙間から流入する外気などのすべての空気や研磨材が前記回収タンク70へ吸引されるので、多大の量の空気が回収タンク70内に流入することになるために、多大な圧力損失が生じることになる。そのために、ダストコレクタ66の排風機69を大きくしなければならないという問題点があった。
【0017】
しかし、キャビネット61が比較的密閉された構造な場合はともかく、キャビネット61内にコンベア装置が設けられ、ワークの出入り口が開放されている場合は吸入される開口面積が広いために多大の空気量の流入が必要になるのであるが、従来例Aのブラスト装置では上述したように気流の圧力損失の問題点が生じるために、対応することが困難であるという問題点があった。
【0018】
すなわち、上記各従来例における排風機69の研磨材、粉塵の吸引による回収、分級手段においては、それぞれ、実験的に回収分級が一番良好となる独自の風速が設定されるが、同じ風速を設定すると、風量を2倍とするときは、管路の面積も2倍となり、円筒形のものでは、直径が1.412倍となる。上記サイクロンも類似の形状であれば、√2倍となる。風速が早すぎると各部の摩耗、圧力損失が、速度の2乗に比例して増加し、実際には、2倍以上の風量を同一の装置で処理することは、経済的にも不可能といえる。
【0019】
なお、直圧式あるいは吸込式ブラスト装置のいずれにおいても、研磨材の粒度が変化すると、各粒度における研磨材の最適な噴射量の範囲が変化するものである。研磨材の粒度が小さくなるにつれて最適噴射量も少なくなってくる。
【0020】
一例として、以下に吸込式ブラスト装置における研磨材の各粒度毎の最適噴射量を示す。ちなみに、噴射ノズルのノズル径は直径3.2〜7mmであり、噴射圧力は0.5Mpaである。
【0021】
【表1】
【0022】
上記の例から分かるように、#600以下の研磨材の最適噴射量は#60程度の研磨材の最適噴射量に比して1/5程度になるので、#600以下の研磨材の場合には5本の噴射ノズルで研磨材を噴射することにより、#60の研磨材の場合に1本の噴射ノズルで噴射する最適噴射量に匹敵することになる。
【0023】
したがって、同じ程度の量の研磨材を噴射する場合には、研磨材の粒度が小さくなる程、空気量は多くなる。そのために#600以下の研磨材のような微粉研磨材を分級するサイクロンは、噴射ノズルが1本用のブラスト装置の場合に比較して噴射ノズルが5本用のブラスト装置の場合の方が高さが2倍以上になる。ちなみに、半導体工場には高さが高い設備は設置できないという問題点があった。
【0024】
また、従来例B及び従来例Cでは、微粉研磨材は軽いので分離、分級が困難であるので、粉塵と共に気流に乗ってダストコレクタ66へ吸引されるという問題点があった。
【0025】
本発明は叙上の問題点を解決するために開発されたもので、ブラスト加工室内への吸引空気量を大きくして集塵効果を向上させると共に研磨材分級装置内へ研磨材を吸引する際に空気の吸引量を少量にして気流の圧力損失を少なくせしめ、研磨材分級装置内で研磨材を効果的に分級、分離可能にするブラスト装置を提供することを目的とする。
【0026】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するために、本発明のブラスト装置10は、ブラスト加工室12を備えたブラスト装置本体11と、前記ブラスト加工室12の下部に落下した研磨材及び粉塵を導管14を介して吸引し、研磨材と粉塵とに分級して研磨材を回収する研磨材分級装置(サイクロン40)と、この研磨材分級装置で回収された研磨材を前記ブラスト加工室12内のワークに噴射する噴射ノズル62とを設けたブラスト装置において、前記ブラスト装置本体11の上部に、前記ブラスト加工室12に連通する吸気口16と排気口18を設け、前記排気口18を介して前記ブラスト加工室12内の気体を負圧とする吸引装置を設けると共に、前記ブラスト装置本体11内に、前記排気口18を備え、かつ、下方がブラスト加工室12に連通する排気室17を隔設し、この排気室17内に前記排気口18に連通する含塵気体を通過させ、かつ、固体粒子を濾過分離する濾過器22を設けたことを特徴とするものである。
【0028】
さらに、前記ブラスト装置本体11内に、前記排気口18を備え且つ下方がブラスト加工室12に連通する排気室17を隔設し、この排気室17内に前記排気口18に連通する濾過器22を設けても良い。
【0029】
また、前記ブラスト装置本体11に複数の前記排気口18を設け、前記複数の各排気口18に対応する複数の前記排気室17をブラスト装置本体11内に隔設し、各排気室17内に各排気口18に連通する濾過器22を設けることができる。さらに、前記排気口18の上方には、各排気口18と連通する排気ダクト24を設けることができる。
【0030】
なお、前記濾過器22はバッグフィルタで構成することができる。
【0031】
また、前記吸気口16は外気に連通せしめると共に前記排気口18には含塵気体を吸引する吸引装置を連通することが望ましい。
【0032】
さらに、前記排気口18から濾過器22内へ間欠的に圧縮空気を噴射する逆噴射ノズル32を備えた逆噴射管31を設けることもできる。
【0033】
【発明の実施の形態】
以下に、本発明のブラスト装置の実施の形態について、一般的な空気式ブラスト装置で使用する噴射ノズル及び回収タンクあるいは研磨材タンク、ダストコレクタ等の各機器を用いたブラスト装置10を一例として図面を参照して説明する。
【0034】
本実施例では、噴射ノズル、ダストコレクタ等は従来例で示したものと同様である。
【0035】
図1において、ブラスト装置本体11は内部にワークをブラスト加工するブラスト加工室12を備えており、このブラスト加工室12にワークを出し入れする投入口(図示省略)を備えている。前記投入口は従来例で示した投入口63と同様である。前記ブラスト加工室12内には前記投入口から投入したワークに研磨材を噴射する噴射ノズル62が設けられている。この噴射ノズル62は後述する研磨材分級装置で分級された再使用可能な研磨材が供給される。
【0036】
また、ブラスト装置本体11の内部には前記ブラスト加工室12の下方にホッパ13が設けられ、このホッパ13の最下端は導管14を介して研磨材分級装置たるサイクロン40(図3)の上部に連通する。サイクロン40の詳細については後述する。
【0037】
前記ブラスト装置本体11の上壁面には複数個の吸気管15が設けられ、この吸気管15の吸気口16により外気とブラスト加工室12が連通される。吸気管15は上下方向に向けられており、ブラスト装置本体11の上壁面には適宜間隔を介してほぼ均等に配置されている。
【0038】
なお、前記吸気管15の代わりに、単にブラスト装置本体11の上壁面に外気と連通する複数の貫通孔を設け、この複数の貫通孔を吸気口16とすることもできる。また、前記吸気口16は必ずしもブラスト装置本体11の上壁面に設けるのではなく、ブラスト装置本体11の前記上壁面及び上部の側壁または上部の側壁にのみ設けることもできる。
【0039】
また、前記ブラスト装置本体11内の上部には、図1の紙面上で右側の側壁面に適宜の間隔を介して平行な隔壁19と、この隔壁19と前記側壁面との間を図2に示すように3つの隔壁21a,21b,21cで仕切られて4つの排気室17a,17b,17c,17dが形成されている。これらの各排気室17a,17b,17c,17dの下方は開放されて連通口23a,23b,23c,23dを介してブラスト加工室12と連通している。
【0040】
前記各排気室17a,17b,17c,17dの上壁面にはそれぞれ、排気口18が設けられており、各排気口18に連通するバッグフィルタ22a,22b,22c,22dが各排気室17a,17b,17c,17d内に取り付けられている。なお、各排気室17の壁面と各バッグフィルタ22(濾過器)とは適宜間隔を形成することが望ましい。
【0041】
前記バッグフィルタ22a〜dは、含塵気体つまり個体の微粒子(本実施の形態の例では、研磨材や粉塵である)を含む気体を織布、フェルトなどの繊維層を通して、前記微粒子を分離するための操作(これを濾過集塵という)を行うものであり、バッグフィルタ22a〜dは濾過集塵の代表的な濾過器である。
【0042】
バッグフィルタ22a〜dは、織布あるいはフェルトなどの濾布の袋に形成されたもので、含塵気体が前記濾布を通過するときに固体粒子が濾過分離される。濾布の種類によっては0.01μ程度の固体粒子まで分離することができ、その回収(捕集)率も99%以上にも達する。
【0043】
なお、前述した例は、ブラスト装置本体11内に4つの排気室17a〜dおよびバッグフィルタ22a〜dを設けたものであるが、この排気室17a〜dおよびバッグフィルタ22の数は限定されるものではなく、さらに、各排気口18及びバッグフィルタ22の設置場所も上述した実施の形態の例に限定されない。
【0044】
なお、排気室17a〜dの連通口23の位置がホッパ13より上方に位置することは、気流に乗った研磨材及び粉塵をホッパ13に落下しやすくするという点で望ましい。つまり、ブラスト加工室12内の気流がホッパ13に集積された研磨材及び粉塵を攪乱しないように配慮する必要がある。
【0045】
また、前記排気口18の上方には、各排気口18と連通する排気ダクト24が設けられ、この排気ダクト24の一端側は図示せざる排風機等の吸引装置に連通している。
【0046】
前記排気ダクト24内には図2の二点鎖線で示されるように、各排気口18から各バッグフィルタ22内へ間欠的に圧縮空気を噴射せしめる逆噴射管31が設けられている。この逆噴射管31には各排気口18に対応する位置に逆噴射ノズル32が備えられ、各逆噴射ノズル32から対応する各排気口18に順次、適当な時間的間隔を経て間欠的に圧縮空気が逆噴射ノズル32からバッグフィルタ22内へ逆噴射するように構成されている。
【0047】
図3において、サイクロン40は、上部に円筒形状を成す円筒部41と、下部に下方に向けて徐々に狭くなる円錐状を成す円錐部42とから成り、サイクロン40の円筒部41の上部の側壁に流入口43を設け、この流入口43に連通管45を介して前記導管14の先端を連結する。前記連通管45の軸線方向は円筒部41の横断面円形を成す内壁面の接線方向に位置しているので、連通管45からサイクロン40内へ流入した気流は円筒部41の内壁に沿って回りながら降下してゆく。
【0048】
サイクロン40の円錐部42の下端は研磨材を集積する研磨材タンク47に連通され、この研磨材タンク47の下端には噴射ノズル62から噴射する研磨材の噴射量を調整する研磨材調整器48が備えられ、この研磨材調整器48は管(図示省略)を介してブラスト加工室12内の噴射ノズル62に連通されている。
【0049】
一方、サイクロン40の上端壁面の略中央には連結管44が設けられ、この連結管44は排出管46を介して従来例で示した図4と同様のダストコレクタ66に連通している。ダストコレクタ66は排風機69を回転しダストコレクタ66内の空気を外気へ放出する。上述したブラスト装置10の作用について以下に説明する。
【0050】
排気ダクト24に連通する図示せざる吸引装置を運転して大量の空気を吸引すると、排気ダクト24内、バッグフィルタ22a,22b,22c,22d、各排気室17a,17b,17c,17d、ブラスト加工室12内が負圧になる。したがって、ブラスト加工室12内には複数の吸気管15の吸気口16とブラスト装置本体11の隙間とから大量の外気が流入するので、たとえブラスト加工室12内で図示せざる圧縮空気供給源から供給された空気が研磨材と共に噴射ノズル62からワークに向けて噴射されるとしても、また噴射ノズル62から噴射される研磨材が特に微粉研磨材であっても、ブラスト装置本体11外へ飛散したり、漏出したりすることはない。
【0051】
一方、前記排風機69の運転によって、ブラスト装置10のブラスト装置本体11、導管14、サイクロン40内の空気が吸引され、各部がそれぞれ負圧になり、ブラスト装置本体11から順に導管14、サイクロン40、ダストコレクタ66へ気流が流れる。この気流は上記の排気口18から外気へ放出される空気の量に比較して少量である。
【0052】
ワークを投入口からブラスト加工室12内へ投入し、研磨材を噴射ノズル62よりワークの表面へ噴射してブラスト加工を行うと、噴射ノズル62から噴射された研磨材はワークに衝突したときの衝撃でワークの表面から剥離した破片や破砕した再使用不可能な研磨材や他の塵埃を含む粉塵が発生し再使用可能な研磨材中に混入する。
【0053】
前記吸気管15から流入した空気はブラスト加工室12内で図1の点線の矢印に示すように降下してほぼホッパ13の上部位置付近で反転して上昇し、各連通口23a〜dから各排気室17a〜dへ流入する。ブラスト加工室12内で噴射ノズル62から噴射された研磨材は、ブラスト加工室12内の気流が反転するときに容易に下方のホッパ13へ落下するのであるが、粉塵や微粉研磨材等の一部は気流に乗って各排気室17a〜dへ流入する。しかし、前記粉塵や微粉研磨材は各バッグフィルタ22a〜dで阻まれ、殆ど空気のみがバッグフィルタ22a〜dの濾布を通過するので粉塵や微粉研磨材が空気から分離され、濾布を通過した空気は排気口18から排気ダクト24を経て吸引装置から外気へ放出される。
【0054】
なお、バッグフィルタ22a〜dの濾布に付着した研磨材や粉塵は、通気抵抗が極端に低下する前に、逆噴射官31を操作して逆噴射ノズル32から順次、間欠的に排気口18からバッグフィルタ22a〜dへ高圧圧縮空気を圧入し、バッグフィルタ22a〜dの濾布に付着した研磨材や粉塵を払い落とすので、バッグフィルタ22a〜dは常時、通気性が良いものである。なお、払い落とされた研磨材や粉塵は下方のホッパ13へ落下する(図2のバッグフィルタ22bにおける二点鎖線の矢印で示す)。
【0055】
ホッパ13に落下した研磨材および粉塵は、導管14内に生じている気流によって導管14を経て流入口43からサイクロン40へ送られる。
【0056】
流入口43から流入した気流は回転気流となって遠心力により円筒部41の内壁面に沿って回りながら降下し、円錐部42へ到達すると、円錐部42は下方へ向けて徐々に狭くなっているので、気流の回転半径が小さくなり、それに伴って回転速度が徐々に大きくなりながら降下する。この気流に乗って研磨材と粉塵が降下する。
【0057】
気流は円錐部42の下端近くに達すると、反転して方向転換し上昇気流となりサイクロン40の中心部を小さく回転しながら上昇し、サイクロン40の上端壁の連結管44から排出管46を経てダストコレクタ66へ流れる。しかし、前記回転気流に乗って円錐部42の下端近くに降下した研磨材と粉塵のうち粉塵のみが方向転換し上昇気流に乗って上昇するが、研磨材は上昇せず円錐部42の下部で回転気流と共に旋回し、徐々にサイクロン40の下部に落下し、サイクロン40の下方の研磨材タンク47へ集積され、再度研磨材調整器48を経て管を介して噴射ノズル62へ送給される。
【0058】
一方、粉塵は前記上昇気流と共に連結管44から排出管46を経てダストコレクタ66へ送られてダストコレクタに集積され、清浄な空気がダストコレクタの上部に設けられた排風機69から放出される。
【0059】
したがって、ホッパ13から導管14を経てサイクロン40へ流れる気流は、研磨材を吸引したり気流から研磨材を分離するときに生じる研磨材に対する圧力損失を低く押さえるのに必要な少量の空気である。結果としてサイクロン等の研磨材分級装置は小さくても十分であり、高さが低くなる。
【0060】
一方、ブラスト加工室12内には複数の吸気管15の吸気口16とブラスト装置本体11の隙間とから大量の外気が流入するので、前述した本発明の実施の形態の例のようなブラスト加工室12が比較的密閉された構造な場合はともかく、ブラスト加工室12内にコンベア装置が設けられ、ワークの出入り口が開放され吸入される開口面積が広い場合であっても問題はない。
【0061】
なお、前述した本発明の実施の形態の例は、吸込式ブラスト装置の一例を示したのであって、直圧式ブラスト装置やその他のブラスト装置であってもよく、この例に限定されることはない。
【0062】
【発明の効果】
本発明は、以上説明したように構成されているので、以下に記載されるような効果を奏する。
【0063】
(1) 前記ブラスト装置本体の上部に、前記ブラスト加工室に連通する吸気口とブラスト加工室内の気体を吸引する排気口を設け、前記排気口に連通し、含塵気体を通過させ且つ固体粒子を濾過分離する濾過器を前記ブラスト加工室内に設けたので、ブラスト加工室内の含塵気体は、主として濾過器を経て排気口からブラスト装置本体外へ排気されるため、ブラスト加工室内へは吸気口とブラスト装置本体の隙間とから大量の空気が吸引される。したがって、ブラスト加工室内で噴射ノズルから噴射される研磨材は、特に研磨材が微粉研磨材であっても、研磨材がブラスト装置本体外へ飛散したり、漏出したりすることを確実に防止することができる。
【0064】
(2) しかも、ブラスト加工室から導管を経て研磨材分級装置へ流れる気流は、研磨材を吸引したり気流から研磨材を分離するときに生じる研磨材に対する圧力損失を低く押さえられるのに必要な少量の空気であるので、研磨材分級装置は小さくても十分であり、研磨材分級装置の高さを低く押さえることができ、高さが低い工場内にも搬入できるブラスト装置を提供できた。
【0065】
すなわち、本願発明においては、微粉加工の場合噴射量が少ないこともあって、回収分離のための風量を1/5程度に減少させることが可能であり、上記回収機器の大きさを1/√5 とすることができ、装置全体の製造コストの大幅な低減を図ることができる。
【0066】
(3) 上記の(1)項及び(2)項の理由により、ブラスト加工室内にコンベア装置が設けられ、ワークの出入り口が開放され吸入される開口面積が広い場合であっても、ブラスト加工室内に大量の空気を吸引することができ、しかも研磨材分級装置へは少量の空気を効率よく吸引するので圧力損失の問題も回避することができた。
【0067】
(4) さらに、濾過器により微粉研磨材や粉塵などの細かい固体粒子を確実に含塵気体から分離、分級することができるので、従来のように再使用可能な研磨材を廃棄するという事態を避けることができた。
【0069】
) ブラスト装置本体内に、前記排気口を備え且つ下方がブラスト加工室に連通する排気室を隔設し、この排気室内に前記排気口に連通する濾過器を設けたので、ブラスト加工室内へ流入した気体はまず降下し、反転して前記排気室の下方から上昇して排気室内へ流入する。したがって、気流が反転するときに気流内の研磨材を気流から容易に分離して落下させることができた。
【0070】
ブラスト装置本体に複数の前記排気口を設け、これら複数の各排気口に対応する複数の前記排気室をブラスト装置本体内に隔設し、各排気室内に各排気口に連通する濾過器を設けたので、各濾過器内に流入する含塵気体が隣接する濾過器の周囲の気流と干渉することがなくなるため、含塵気体を効率よく各濾過器内へ通過させて排気することができた。
【0071】
) 濾過器がバッグフィルタでなることは、研磨材や粉塵等の固体粒子を含塵気体から確実に効率よく分離できる。
【0072】
) 排気口から濾過器内へ間欠的に圧縮空気を噴射する逆噴射ノズルを備えた逆噴射管を設けたので、逆噴射される圧縮空気により濾過器に付着した研磨材や粉塵は容易に且つ確実に払い落とされるので、濾過器の通気性を常時良くすることができるためにブラスト加工室内の含塵気体を常時効率よく排気することができた。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例を示すもので、ブラスト装置の要部断面を示す正面図である。
【図2】図1の矢視II−II線断面図である。
【図3】本発明の実施例を示すもので、サイクロンの詳細な要部断面を示す正面図である。
【図4】従来例Aを示すブラスト装置の正面図である。
【図5】従来例Bを示すブラスト装置の正面図である。
【図6】従来例Cを示すブラスト装置の正面図である。
【符号の説明】
10 ブラスト装置
11 ブラスト装置本体
12 ブラスト加工室
13 ホッパ
14 導管
15 吸気管
16 吸気口
17a〜d 排気室
18 排気口
19 隔壁
21 隔壁
22a〜d バッグフィルタ
23a〜d 連通口
24 排気ダクト
31 逆噴射管
32 逆噴射ノズル
40 サイクロン
41 円筒部
42 円錐部
43 流入口
44 連結管
45 連通管
46 排出管
47 研磨材タンク
48 研磨材調整器
60 ブラスト装置
61 キャビネット
62 噴射ノズル
63 投入口
65 導管
66 ダストコレクタ
67 排出管
68 ホッパ
69 排風機
70 回収タンク
71 隔壁
72 排出室
73 流入口
74 連結管
75 連通管
76 連通口
77 排出管
78 研磨材調整器

Claims (6)

  1. ブラスト加工室を備えたブラスト装置本体と、前記ブラスト加工室の下部に落下した研磨材及び粉塵を導管を介して吸引し、研磨材と粉塵とに分級して研磨材を回収する研磨材分級装置と、この研磨材分級装置で回収された研磨材を前記ブラスト加工室内のワークに噴射する噴射ノズルとを設けたブラスト装置において、
    前記ブラスト装置本体の上部に、前記ブラスト加工室に連通する吸気口と排気口を設け、前記排気口を介して前記ブラスト加工室内を負圧とする吸引装置を設けると共に、前記ブラスト装置本体内に、前記排気口を備え、かつ、下方がブラスト加工室に連通する排気室を隔設し、この排気室内に前記排気口に連通する含塵気体を通過させ、かつ、固体粒子を濾過分離する濾過器を設けたことを特徴とするブラスト装置。
  2. 前記ブラスト装置本体に複数の前記排気口を設け、前記複数の各排気口に対応する複数の前記排気室をブラスト装置本体内に隔設し、各排気室内に各排気口に連通する濾過器を設けたことを特徴とする請求項記載のブラスト装置。
  3. 前記排気口の上方に、前記各排気口と連通する排気ダクトを設けことを特徴とする請求項2記載のブラスト装置。
  4. 前記濾過器がバッグフィルタでなることを特徴とする請求項1記載のブラスト装置。
  5. 前記吸気口を外気に連通せしめると共に前記排気口に含塵気体を吸引する吸引装置を連通したことを特徴とする請求項1〜のいずれか一記載のブラスト装置。
  6. 前記排気口から濾過器内へ間欠的に圧縮空気を噴射する逆噴射ノズルを備えた逆噴射管を設けたことを特徴とする請求項1〜のいずれか一記載のブラスト装置。
JP14028396A 1996-06-03 1996-06-03 ブラスト装置 Expired - Lifetime JP3921258B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14028396A JP3921258B2 (ja) 1996-06-03 1996-06-03 ブラスト装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14028396A JP3921258B2 (ja) 1996-06-03 1996-06-03 ブラスト装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09323263A JPH09323263A (ja) 1997-12-16
JP3921258B2 true JP3921258B2 (ja) 2007-05-30

Family

ID=15265182

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14028396A Expired - Lifetime JP3921258B2 (ja) 1996-06-03 1996-06-03 ブラスト装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3921258B2 (ja)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5143584B2 (ja) * 2008-02-13 2013-02-13 株式会社 テクトリア 研磨装置
TWI513547B (zh) 2009-09-11 2015-12-21 Sintokogio Ltd Spraying material recovery apparatus and jetting processing apparatus and jetting processing method including jetting material recovery apparatus
JP5455158B2 (ja) * 2010-04-20 2014-03-26 新東工業株式会社 研掃装置
TWI526280B (zh) * 2010-11-29 2016-03-21 Sintokogio Ltd And a bead processing apparatus for a bead processing chamber in which the attachment of the sprayed material and the dust to the inner wall is suppressed
CN103846815A (zh) * 2013-10-23 2014-06-11 洛阳市鼎晶电子材料有限公司 一种除尘风橱
CN103707201A (zh) * 2013-12-06 2014-04-09 天津市工业搪瓷厂 反应釜用抛丸机风管
KR20170094124A (ko) 2014-12-08 2017-08-17 신토고교 가부시키가이샤 연마 장치 및 연마 방법
CN106078485B (zh) * 2016-08-16 2018-06-15 重庆亚庆机械制造有限公司 一种打磨设备

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09323263A (ja) 1997-12-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4198290A (en) Dust separating equipment
CN100430146C (zh) 旋风式分离装置
US6740144B2 (en) Vacuum cleaner utilizing electrostatic filtration and electrostatic precipitator for use therein
TWI490050B (zh) 粉體分級裝置
CN101849805A (zh) 分离设备
JP3921258B2 (ja) ブラスト装置
TWI656947B (zh) 噴射加工裝置及噴射加工裝置列
CN101244356B (zh) 一种组合净化方法及装置
JP2012016651A (ja) 粉粒分離装置
KR970001150B1 (ko) 원심투사장치
US3849091A (en) Closed loop air filtration system
CN1024907C (zh) 粉末喷涂中的回收分离装置
CN209392954U (zh) 一种刹克龙除尘器
JP2000503263A (ja) ウォータジェット式切断設備の研磨材回収装置
CN207221620U (zh) 锅炉用高温布袋除尘器
CN108554108B (zh) 一种多级过滤除尘器
CN207412980U (zh) 除尘装置
JP2009089764A (ja) 電気掃除機
CN214680630U (zh) 一种刮板打磨除尘设备
JP3179338B2 (ja) ブラスト加工装置
JP2017077503A (ja) 除塵装置
GB2116872A (en) Drying apparatus with air filter
JPH06226028A (ja) 粉塵除去装置
JPH07289998A (ja) 微粉研磨材に混在する異物の分離方法並びに微粉研磨材に混在する異物及び粉塵の分離方法及びそれらの分離装置
JP3013054B2 (ja) ブラスト装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20051107

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060104

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060302

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060912

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061012

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20061117

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070123

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070219

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110223

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120223

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130223

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140223

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term