JP3914412B2 - 可倒式ベンチ付き柵 - Google Patents

可倒式ベンチ付き柵 Download PDF

Info

Publication number
JP3914412B2
JP3914412B2 JP2001323658A JP2001323658A JP3914412B2 JP 3914412 B2 JP3914412 B2 JP 3914412B2 JP 2001323658 A JP2001323658 A JP 2001323658A JP 2001323658 A JP2001323658 A JP 2001323658A JP 3914412 B2 JP3914412 B2 JP 3914412B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bench
weight
fence
support
column
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001323658A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2003129433A (ja
Inventor
就一 佐川
昇 渡部
Original Assignee
積水樹脂株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 積水樹脂株式会社 filed Critical 積水樹脂株式会社
Priority to JP2001323658A priority Critical patent/JP3914412B2/ja
Publication of JP2003129433A publication Critical patent/JP2003129433A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3914412B2 publication Critical patent/JP3914412B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は歩道沿い、バス停、公園、プラットホームなどに設置して使用される可倒式ベンチ付き柵に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、例えば特開平10−204841号公報に、可動ビーム両端の係止体が支柱に回動自在に取着され、その係止体付き可動ビームを支柱の手前側に倒して支柱に取着された係止部に水平に支持されてなる防護柵が開示されている。
【0003】
しかしかかる防護柵は、ベンチとして使用する際は支柱間に垂直に支持されている係止体付き可動ビームを手で支柱後方から手前側に略4分の3回転させて係止体を係止部に支持させ、ベンチとして使用しないときは再び手で係止体付き可動ビームを支柱後方に向かって手前側から略4分の3回転させて収納しなければならず、係止体付き可動ビームの出し入れが煩雑であるという問題点がある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
本発明は、かかる従来の欠点に鑑みなされたものであり、通常は柵として使用しながらも必要に応じて簡単にベンチとして機能させ、使い終わった際にも特に収納のために手をわずらわすことなく、しかも、ベンチの座などは柵を構成する支柱径寸法の幅寸法内に収納されてしまい通行の邪魔になるような突出物のないベンチ付き柵を提供しようとするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】
上記課題を解決するため、本発明可倒式ベンチ付き柵は、地上に立設される支柱と横ビームとからなる柵体と、それらの互いに対をなす支柱間に差し渡されるベンチ部とからなり、このベンチ部は座部の後方左右に突設された回転軸が支柱の所定の位置に穿設された軸孔に嵌合され、ベンチ部前方左右に突設された支持部に紐体が接続され、その紐体の延長部分が支柱上方の孔から支柱内に挿入されるとともに、先端には重錘が取着されて、支持部から重錘までの紐体の長さがベンチ部を水平に倒した状態で停止して支持される長さとなされ、ベンチ部は重錘の重量により通常は垂直上方に引き上げられて柵体の一部となり、人が座る際はベンチ部を重錘の重量に抗して手前下方に押し下げるようになされたものである。
【0006】
本発明によれば、支柱間に支持されているベンチ部は重錘の重量により通常は垂直上方に引き上げられ、座りたいときは、ベンチ部を重錘の重量に抗して手前下方に押し下げるだけでよく、立ち上がると重錘の重量により自然に垂直上方に引き上げられて収納され、ベンチ部の出し入れが簡単である。また、ベンチ部は一対の支柱間に差し渡されるベンチ部の座部の後方左右に突設された回転軸が支柱の所定の位置に穿設された軸孔に嵌合されているので、支柱径寸法の幅寸法内にベンチの座などが収納されてしまって収納時においても通行の邪魔になるような突出物がないため通行人が引っ掛かったりする心配もなく安全である。
【0007】
また、本発明可倒式ベンチ付き柵は、上記可倒式ベンチ付き柵のベンチ部を水平に倒した状態にした際に重力によって自然に垂下されてベンチ部を支持するように、脚部の一端がベンチ部の裏面に軸着されてなるものである。
【0008】
これによって、ベンチ部の出し入れによって脚部も自然に出し入れがなされ、脚部についても煩雑な出し入れ作業を必要とせず、このベンチ使用中においては所定の高さを維持してベンチ部の支持がなされる。
【0009】
【発明の実施の形態】
以下、本発明可倒式ベンチ付き柵の一実施形態例について、図1〜図3を参照しながら説明する。
【0010】
図1において、1は柵体である。柵体1は地上に立設される支柱11,11とそれらの間に架設される横ビーム12とからなる。柵体1は、図1に表すように1本の鋼管が曲折されて構成されるような一対の支柱11,11と横ビーム12とが一体に形成されていてもよく、また、多数の支柱11間に継手金具を介して横ビーム12が架設されて組み立てられる形態の柵体であってもよい。
【0011】
2はベンチ部である。ベンチ部2は座部21の後方左右に回転軸22,22が突設され、座部21の前方左右に支持部23、23が突設されている。そして、回転軸22,22は支柱11,11の所定の位置に穿設された軸孔13,13に嵌合され、支持部23、23は支柱11の上方手前側に当接されるようになされ、ベンチ部2が支柱11,11のちょうど間に収納された際にもそれ以上ベンチ部2が柵体1後方側に旋回しないようになされている。
また、図3に破線で表した24は、ベンチ部2を水平に倒した状態にした際に重力によって自然に垂下されてベンチ部2を支持するようになされる脚部であり、ベンチ部2の裏面にその一端が軸着されて重力による作動がなされている。
【0012】
3は紐体である。この紐体3の一端は支持部23,23に接続され、紐体3のもう一方の延長部分は支柱11上方の孔14から支柱11の内側に挿入される。紐体3は伸びの少ないステンレスワイヤーが好適に使用され、防錆や手ざわりの良さから合成樹脂層が被覆されておればなお好ましい。
【0013】
4は重錘である。この重錘4は、支柱11内に挿入された側の紐体3の端部に取着されており、その重錘4の重量によりベンチ部2が常時垂直上方に引き上げられるようになされている。なお、支持部23から重錘4までの紐体3の長さは、ベンチ部2を水平に倒した状態で停止して支持されるのに適合した長さとなされている。
【0014】
上述の、柵←→ベンチの作動を断面図に示したものが図3(a),(b)で、図中15は紐体3のスムーズな作動のために滑車が固定された支軸で、また16は重錘4が所定の高さで停止するように設けられたストッパーである。
【0015】
【発明の効果】
以上詳述したように、本発明可倒式ベンチ付き柵は、地上に立設される支柱と横ビームとからなる柵体と、それらの互いに対をなす支柱間に差し渡されるベンチ部とからなり、このベンチ部は座部の後方左右に突設された回転軸が支柱の所定の位置に穿設された軸孔に嵌合され、ベンチ部前方左右に突設された支持部に紐体が接続され、その紐体の延長部分が支柱上方の孔から支柱内に挿入されて先端には重錘が取着され、支持部から重錘までの紐体の長さがベンチ部を水平に倒した状態で停止して支持される長さとなされており、支柱間に支持されているベンチ部は重錘の重量により通常は垂直上方に引き上げられて柵体の一部となり、人が座る際はベンチ部を重錘の重量に抗して手前下方に押し下げるだけでよく、人が立ち去るとベンチ部は重錘の重量により自然に垂直上方に引き上げられ元通りに収納され、ベンチ部の出し入れが容易である。また、ベンチ部は一対の支柱間に差し渡されるベンチ部の座部の後方左右に突設された回転軸が支柱の所定の位置に穿設された軸孔に嵌合され、また支持部が支柱の上方手前側に当接されるようになされてベンチ部が支柱のちょうど間に収納された際にもそれ以上ベンチ部が柵体の後方側に旋回しないようにして収納されるので、支柱径寸法の幅寸法内にベンチの座などが収納されてしまって収納時において通行の邪魔になるような突出物がなく、通行人が引っ掛かったりするような心配もなく安全である。
【0016】
また、ベンチ部を水平に倒した状態にした際に脚部が重力によって自然に垂下されてベンチ部を支持するように脚部の一端がベンチ部の裏面に軸着されている場合には、ベンチ部の出し入れによって脚部も自然に出し入れがなされるため、脚部についても煩雑な出し入れ作業を必要とせず、このベンチを使用中においてのみ所定の高さを維持してベンチ部の支持がなされて有用である。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明可倒式ベンチ付き柵の実施形態の一例の、ベンチ部が収納された状態を示す斜視図である。
【図2】 本発明可倒式ベンチ付き柵の実施形態の一例の、ベンチ部が引き出された状態を示す斜視図である。
【図3】 図1←→図2の作動を示す断面図(a)←→(b)である。
【符号の説明】
1 柵体
11 支柱
12 横ビーム
13 軸孔
14 孔
15 支軸
16 ストッパー
2 ベンチ部
21 座部
22 回転軸
23 支持部
24 脚部
3 紐体
4 重錘

Claims (2)

  1. 地上に立設される支柱と横ビームとからなる柵体と、それら互いに対をなす支柱間に差し渡されるベンチ部とからなり、このベンチ部は座部の後方左右に突設された回転軸が支柱の所定の位置に穿設された軸孔に嵌合され、ベンチ部前方左右に突設された支持部に紐体が接続され、その紐体の延長部分が支柱上方の孔から支柱内に挿入されるとともに、先端には重錘が取着されて、支持部から重錘までの紐体の長さがベンチ部を水平に倒した状態で停止して支持される長さとなされ、ベンチ部は重錘の重量により通常は垂直上方に引き上げられて柵体の一部となり、人が座る際はベンチ部を重錘の重量に抗して手前下方に押し下げるようになされたことを特徴とする可倒式ベンチ付き柵。
  2. ベンチ部を水平に倒した状態にした際に重力によって自然に垂下されてベンチ部を支持するように、脚部の一端がベンチ部の裏面に軸着されてなる請求項1記載の可倒式ベンチ付き柵。
JP2001323658A 2001-10-22 2001-10-22 可倒式ベンチ付き柵 Expired - Fee Related JP3914412B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001323658A JP3914412B2 (ja) 2001-10-22 2001-10-22 可倒式ベンチ付き柵

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001323658A JP3914412B2 (ja) 2001-10-22 2001-10-22 可倒式ベンチ付き柵

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003129433A JP2003129433A (ja) 2003-05-08
JP3914412B2 true JP3914412B2 (ja) 2007-05-16

Family

ID=19140519

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001323658A Expired - Fee Related JP3914412B2 (ja) 2001-10-22 2001-10-22 可倒式ベンチ付き柵

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3914412B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101388746B1 (ko) * 2012-10-30 2014-04-25 김진아 외력에 순응하는 기능성 펜스
CN110629708A (zh) * 2019-09-19 2019-12-31 玉环睿升自动化技术有限公司 一种慢行道路系统
CN110656604A (zh) * 2019-09-19 2020-01-07 玉环睿升自动化技术有限公司 慢行道路的控制方法

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101991290A (zh) * 2009-08-20 2011-03-30 南通芯迎设计服务有限公司 防尘公共椅
KR101069734B1 (ko) 2010-01-19 2011-10-04 김덕수 접이식 벤치가 구비된 휀스
FI122884B (fi) * 2010-07-26 2012-08-15 Jarmo Airaksinen FREE-RELEASE WALL STRUCTURE AND USE OF WALL STRUCTURE AS NOISE OR VISIBLE
KR101078913B1 (ko) * 2011-04-08 2011-11-24 주식회사 이앤우드피아 펜스에 설치되는 가변형 벤치
KR101260892B1 (ko) 2011-08-19 2013-05-06 주식회사 이앤우드피아 펜스에 설치되는 가변형 벤치
CN105220938A (zh) * 2015-10-26 2016-01-06 湖州中恒园林建设有限公司 一种园林护栏
CN106105908A (zh) * 2016-06-23 2016-11-16 安庆市亿网科技有限公司 一种围栏
JP6446615B1 (ja) * 2018-04-02 2018-12-26 那須 正和 柵構造
KR102250927B1 (ko) * 2019-11-28 2021-05-12 임동욱 볼라드에 설치되는 대기용 의자

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101388746B1 (ko) * 2012-10-30 2014-04-25 김진아 외력에 순응하는 기능성 펜스
CN110629708A (zh) * 2019-09-19 2019-12-31 玉环睿升自动化技术有限公司 一种慢行道路系统
CN110656604A (zh) * 2019-09-19 2020-01-07 玉环睿升自动化技术有限公司 慢行道路的控制方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003129433A (ja) 2003-05-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3914412B2 (ja) 可倒式ベンチ付き柵
US5790995A (en) Aquatic lifting device
US6431093B1 (en) Truck catwalk system
US20090188754A1 (en) Collapsible stepstool
US3390740A (en) Cantilever ladder type diving board for swimming pool
JP2007032133A (ja) 梯子用足踏み台
EP1109987A1 (fr) Structure support portative utilisable en tant qu'echelle ou escabeau
JP2006305210A (ja) 椅子付き手摺
JP2011019805A (ja) トイレ用手摺り装置
US6170093B1 (en) Retractable platform for swimming pool
FR2833162A3 (fr) Dispositif pour introduire dans des piscines des personnes handicapees en fauteuil roulant
KR20080001554U (ko) 재난 구조용 도르래 거치대
US20010023507A1 (en) Patient carrying platforms
US2844155A (en) Baptismal balance
JP2000273886A (ja) マンホールの梯子補助装置
JP3193969B2 (ja) 車椅子用階段昇降機
US2883002A (en) Building materials elevator for scaffolds
JP3069339B2 (ja) 浴槽及び入浴装置
JP2008073453A (ja) 玄関
US5749438A (en) Safety device for emergency exits
JP3175942U (ja) 梯子転倒防止具及びその梯子転倒防止具を取り付けた梯子
JP2500593Y2 (ja) 伸縮梯子
JP3534541B2 (ja) 水路内作業安全装置
TWM471286U (zh) 陽台隱藏式緊急逃生梯
KR200234295Y1 (ko) 미니 스쿠터의 스탠드 구조

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040924

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060815

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061016

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070109

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070202

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3914412

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100209

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110209

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110209

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120209

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120209

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130209

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140209

Year of fee payment: 7

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees