JP3908978B2 - 大断面トンネル用セグメントの接合部構造及び接合部構築方法 - Google Patents

大断面トンネル用セグメントの接合部構造及び接合部構築方法 Download PDF

Info

Publication number
JP3908978B2
JP3908978B2 JP2002142568A JP2002142568A JP3908978B2 JP 3908978 B2 JP3908978 B2 JP 3908978B2 JP 2002142568 A JP2002142568 A JP 2002142568A JP 2002142568 A JP2002142568 A JP 2002142568A JP 3908978 B2 JP3908978 B2 JP 3908978B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
segment
joint
concrete
steel segment
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2002142568A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2003328699A (ja
Inventor
正人 三宅
宗弘 石田
径 豊島
Original Assignee
新日本製鐵株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 新日本製鐵株式会社 filed Critical 新日本製鐵株式会社
Priority to JP2002142568A priority Critical patent/JP3908978B2/ja
Publication of JP2003328699A publication Critical patent/JP2003328699A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3908978B2 publication Critical patent/JP3908978B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、道路トンネル等の大きな断面のトンネルの覆工構造をシールド工法で構築する場合において、コンクリート構体の天井板の側端部とトンネル用セグメントとの接合構造および接合部構築方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
トンネルを走る高速道路などの分岐点にあっては、上り車線と下り車線あるいは、行き先が異なる複数車線など複数の道路が一旦トンネル内で合流し、しばらく両道路が併走した後、分流してそれぞれの方向に走行していくように構築される必要があるが、このような道路トンネルの出入路の分流・合流地点のトンネル断面は大断面とならざるを得ない。
【0003】
今後、このような大断面トンネルをシールド工法で構築する計画が多数ある。シールド工法は、これまで設計や施工技術の進歩により、様々な断面形状のトンネルや大断面のトンネル等の構築に適用されている。他方、複雑化し大型化した断面のトンネルを構築するにあたっては、次の工法が実施される。すなわち、▲1▼単に一本のシールドトンネルの直径を大径化する方法、▲2▼複数本のシールドトンネルを隣同士が一部重なり合うように平行に掘削し、各トンネル間を連通させることにより、横に長い大断面トンネルを構築する方法、▲3▼間隔をあけて複数本のシールドトンネルを掘削し、その後、両トンネル間を多数の支保工を用いて掘削し、天井部をフラットなセグメントを用いて構築して、両シールドトンネルと連通させることにより、横に長い大断面のトンネルを構築する方法等である。
【0004】
さらに、▲4▼として、図8に示す大断面の道路分岐部トンネルを構築する方法がある。これはまず、間隔をあけて複数本のシールドトンネル6を地中4に掘進しながら、トンネル内壁に鋼製セグメント7を組んでセグメントリング7aを構築する。その後、両トンネル6間を開削し、この開削部に天井板12及び底板13と仕切り壁1からなり、長手方向と直交する断面が略工字形のコンクリート構体11をトンネル軸方向に伸長して構築する。さらに、開削により露呈したセグメントリング7aのスキンプレートおよび縦リブ一部を切除し、さらに、コンクリート構体11の天井板12および底板13のそれぞれの側端部12a、13aとセグメントリング7aの上下の切除端部10a、10bを接合部コンクリートで接合一体化する。
【0005】
こうして略工字形のコンクリート構体11の天井板12と底板13とトンネル仕切り壁1とで大断面トンネル9が構築され、仕切り壁1の両側に上り車線(または内回り線)2aと下り車線(または外回り線)2bのある道路3が構築されるものである。
【0006】
▲4▼の従来工法では、略工字形のコンクリート構体11の天井板12および底板13と、鋼製セグメントリング7aの上下の切除端部10a、10bとの接合部構造については特別な工夫はなされておらず、接合が不完全になり易いという問題があった。
【0007】
この問題を解決する方法として、本出願人は先に(A)特願2000−388409及び、(B)特願2001−114454(いずれも未公開)を提案した。(A)、(B)の先願発明は、図8に示す従来例における、コンクリート構体の天井板と鋼製セグメントリングの上部切除端部との接合部構造に特別の工夫を加えることにより、接合構造が不完全になりやすいという従来の問題点を解決している。
【0008】
本発明者が先願発明(A)、(B)についてさらに検討したころ、コンクリート構体11の天井板12とセグメント7との接合部構造が、(A)は剛結合、(B)はピン結合であることを確認した。また、上部荷重により曲げ応力を受る前記接合部は、剛結合であると前記の応力で接合部が破断しやすく、反対に、僅かな回転許容構造とすることにより曲げ応力を円滑に逃がせる構造となり、後者の接合構造が望ましい。つまり、(A)発明の剛結合構造よりも(B)発明のピン結合構造が優れていることが新たに分かった。他方、施工の容易性、施工コストの低廉性の面からは(A)が有利で、(B)発明のピン結合は構造が複雑になりがちで、施工にも手間がかかる不利がある。つまり、(A)発明の剛結合は、露出したセグメントをコンクリート構体11の接合コンクリート中に埋設した後にセグメントの一部を円弧状に切除するだけでよいことから、比較的構造が簡単で、施工コストが低廉であることも確認した。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】
前述の検討結果から、本発明者は(A)、(B)の先願発明を改良することで、それぞれの長所を生かした発明を創案すること、つまり、(B)発明が示唆するピン結合の利点を生かし、同時に(A)発明が開示する構造と施工の簡易性という利点を生かしたコンクリート構体の天井板の接合部構造を実現することが可能であるとの知見を得た。
【0010】
本発明は、前記の知見に基づいて提案するもので、接合部を半剛結合とする(詳細は後述)ことで(A)、(B)の利点を生かした大断面トンネル用セグメントの接合部構造と接合部構築方法を提供することを目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】
前記の目的を達成するために、本発明は次のように構成する。
【0012】
第1の発明は、平行に掘進された各シールドトンネルの内壁に鋼製セグメントを組立てて鋼製セグメントリングを構築したうえ、両鋼製セグメントリングの対向側部が露出するように両トンネルの間を開削し、この開削部に、垂直な壁または柱と、天井板および床板からなる鉄筋または鉄筋鉄骨コンクリート構体トンネル軸方向に延長して構築し、前記天井板および床板の端部と前記鋼製セグメントに跨って接合部コンクリートを打設することで天井板および床板と鋼製セグメントを接合し、天井板と床板との間に位置する前記鋼製セグメントを切除している大断面トンネルにおいて、前記鋼製セグメントリングは、トンネル間の前記開削部によって露出する部位に位置し、前記天井板および床板の外側の位置となる2箇所の継手板が整列配置された撤去部の鋼製セグメントと、露出部位を除く部位に位置する千鳥配置の残置部の鋼製セグメントを組み合わせて構築し、撤去部と残置部の境部に配置される継手鋼製セグメントリング長手方向に直線上に配置されるように設けると共に両継手を接合し、この撤去部と残置部の境部に配置の継手が接合部コンクリートの外側に位置するように、該接合部コンクリートを天井板の端部と撤去部の鋼製セグメント間に撤去部の鋼製セグメント内空間に充填されるように打設することにより撤去部の鋼製セグメントの一部を天井板内部に残置して天井板と残置部の鋼製セグメントを接合していることを特徴とする。
【0013】
第2の発明は、第1の発明において、残置部の鋼製セグメントの端部における凹部に他部に配置の鋼製セグメントの半分の長さの鋼製セグメントを配置していることを特徴とする。
【0014】
第3の発明は、第1または第2の発明において、残置部の鋼製セグメントには中詰めコンクリートが充填されており、かつ、接合部コンクリートが充填される撤去部の鋼製セグメントはスキンプレートが除去されていると共に、天井板のコンクリート補強鉄筋が接合部コンクリート中に伸長して配筋されていることを特徴とする。
【0015】
第4の発明は、第1〜第3の発明において、接合部コンクリートを鋼製セグメントのトンネル内空側に膨出させることで、せん断補強あご部を構築したことを特徴とする。
【0016】
第5の発明は、第1〜第4の発明において、コンクリート構体の床板と前記鋼製セグメントとの接合部が、前記天井板と前記鋼製セグメントとの接合部と略同一構造に構築されていることを特徴とする。
【0017】
第6の発明は、シールドトンネルを平行に掘進しながらトンネル内壁に鋼製セグメントを組立てて鋼製セグメントリングを構築したうえ、両鋼製セグメントリングの対向側部が露出するように両トンネルの間を削し、前記鋼製セグメントリングは、前記削によって露出する部位に位置する撤去部の鋼製セグメントと、露出部位を除く部位に位置する千鳥配置の残置部の鋼製セグメントを組み合わせて構築し、この削部に、垂直な壁または柱と、天井板および床板からなる鉄筋または鉄筋鉄骨コンクリート構体をトンネル軸方向に延長して構築し、前記天井板および床板の端部と前記鋼製セグメントに跨って接合部コンクリートを打設することで天井板および床板と鋼製セグメントを接合し、前記撤去部と残置部の境部に配置される継手鋼製セグメントリング長手方向に直線上に配置されるように設けると共に両継手を接合し、少なくとも天井板の接合部において、撤去部と残置部の境部に配置の継手が接合部コンクリートの外側に位置するように、該接合部コンクリートを天井板の端部と撤去部の鋼製セグメント間に撤去部の鋼製セグメント内空間に充填されるように打設し、前記天井板と床板との間に位置する撤去部の鋼製セグメントを切除することを特徴とする。
【0018】
【作用】
本発明によると、大断面トンネルにおいて、トンネル仕切り壁をなす垂直な壁または柱と天井板および床板とを具備したコンクリート構体と、セグメントリングの切除部との接合部構造につき、コンクリート埋設セグメント部分を接合部コンクリートに埋設することで、簡易な構造と施工性でセグメントとコンクリート構体の天井板との強固な一体化が容易に実現でき、また、コンクリートの外側に位置する継手の接合部が半剛結合(剛結合とピン接合の中間位置にある接合構造)となり、それにより、コンクリート構体の天井板とセグメントとの接合部に作用する曲げ応力に対し、継手部に僅かの目開が生じる程度に該継手板を接合するボルト、ナット部分が若干伸長することで、当該曲げ応力の円滑な解消を実現できる。
【0019】
【発明の実施の形態】
次に、この発明を図示の実施形態に基づいて詳細に説明する。
【0020】
図1〜図3は、本発明が実施される大断面トンネルの構築工程を3段階で示す断面説明図で、図1は第1工程、図2は第2工程、図3は第3工程(最終工程)である。図4は、図3(イ)部の拡大図、図5(A)、(B)、(C)は、図4のa−a断面図、b−b断面図、c−c断面図、図6は、図7のセグメントリングにおいて、残置部と撤去部の境部のボルト接合される継手の拡大斜視図、図7は、セグメントの残置部と撤去部の組み合わせからなるセグメントリングの全体斜視図である。
【0021】
図3の完成された大断面トンネル9においては、コンクリート構体11により天井板12と底板13が構築され、さらに、トンネル内が中間仕切り壁1によって仕切られ、かつ、両側のトンネル6におけるセグメントリング7aの一部が切除されることで、中間仕切り壁1の両側に大断面の空間が形成され、左右側の一方を上り車線(または、内回り)2aとし、他方を下り車線(または、外回り)2bとした複数の道路3が併走するように構築されている。
【0022】
最初の構築工程に戻って大断面トンネルの構造を説明する。図1に示すように、まず所定の間隔を置いて、地中4に2列の山止め壁5が打設されていて、各山止め壁5を切除しながら(切除部を2点錯線で示す)シールド機を掘進させることで、所定の間隔離れた位置に2本のシールドトンネル6を平行にする。また、各シールドトンネル6の内壁には鋼製セグメントリング7aが構築されている(鋼製セグメント7の構造は後述する)。
【0023】
次に、図1に示すように、両シールドトンネル6の下端部を直線で結ぶ位置を底面8として、この底面8から上側で、かつ、両山止め壁5の内側を開削することで開削部21を構築する。このように開削部21を構築することで、両シールドトンネル6の鋼製セグメントリング7aの対向する側部(符号ロで示す)が地中から露出する。
【0024】
次に、図2に示すように、両鋼製セグメントリング7aの間の開削部21に長手方向と直交する断面が略工字形で、トンネル長手方向に沿って所定の長さ伸長するコンクリート構体11を構築し、その天井板12と底板13の側端部12a、13aを鋼製セグメントリング7aに接合する(この点が本発明の主要素であり、後述する)。図2のコンクリート構体11と鋼製セグメントリング7aとの接合段階では、鋼製セグメントリング7aの円弧状の露出側部(ロ)は切除されていない。
【0025】
コンクリート構体11における垂直部分は、トンネルの中間仕切り壁1となり、天井板12はトンネル中間部天井壁となり、底板13はトンネル中間部底板となり、前記鋼製セグメントリング7aにおける切除部20の切除上下端部20a、20bのセグメント内外空間部に接合部コンクリート12bが打設されることで、両部材が接合される。
【0026】
前述の切除作業は、図2に示す工程でコンクリート構体11の天井板側端部12aおよび底板側端部13aを鋼製セグメント7に接合した後に、図3に示す最終工程において行い、2点鎖線で示すように、上下の接合部の間における露出した鋼製セグメントを切除して切除部20を構成する。
【0027】
本発明の主要部は、コンクリート構体11の天井板12の側端部12aと、鋼製セグメントリング7aの切除部20との接合部構造及び接合部構築方法にあるので、図2〜図7を参照して関連する構成を詳しく説明する。
【0028】
図7に示すように、本発明の鋼製セグメント7は、切除予定部20a(後工程での切除部20の個所)の範囲が整列配置で構成され、切除予定部20aを除いた範囲が千鳥配置で構成されており、これは次の理由による。つまり、鋼製セグメント7は、強度面からは全周が千鳥配置が好ましい。しかし、千鳥配置であると、継手板16をセグメントリング7aの長手方向に延長して見ると、凸凹配置となる。この点に関し本発明では、コンクリート構体11と接合部に位置する継手板16(図7に(ハ)で示す部位)は、セグメントリング7aの長手方向に見て直線状に延長している必要があり、この観点から千鳥配置と整列配置のセグメント7を組み合わせてセグメントリング7aの全体が構成されている。
【0029】
なお、図7のセグメントにおける整列配置されている部分も千鳥配置とすることが可能であり、この場合、セグメント端部に形成される凸凹部に、図6に示すハーフセグメント7b(後述する)を当てがうことで、セグメントリングの長手方向に直線状の継手部が形成されるから、切除予定部20aの継手配置も整列配置は必須の要件ではない。
【0030】
図4〜図7でセグメントの千鳥配置と整列配置の組み合わせ例につき、具体的に説明する。残置部と撤去部のいずれの鋼製セグメント7も構成は同一であり、内端縁にフランジ14を有する両側の主桁15と、両主桁15の両端に固着される継手板16と、両主桁15間に掛け渡される縦リブ17と、両主桁15の外端縁に固着されたスキンプレート26で構成されている。千鳥配置の部位の鋼製セグメント7には、中詰めコンクリート27を予め充填しておくのがよい。撤去部の部位の鋼製セグメント7(7c)は後工程で切除すること、及びコンクリート構体11における天井板12の接合部コンクリート12bが後工程で充填される関係で、当該撤去部の鋼製セグメント7には中詰めコンクリートは充填しないでおく。なお、天井板12の端部の接合部コンクリート12bが充填される部位のスキンプレート26は、当該接合コンクリート12bの打設に際し、予め取り除いておくものである。
【0031】
図6でさらに説明すると、残置部のセグメント7の端部はセグメントリング長手方向に見て各リング間において凸凹となっているので、凹部を埋めるように鋼製セグメント7の半分の長さ、つまり、主桁15の長さが千鳥配置部の主桁15の半分のセグメント(ハーフセグメントという)7bを当てがい、各セグメント7、7bの継手板16をボルト18、ナット19で締結して結合される。このように構成することにより、千鳥配置のセグメント7の凸部の継手板16と、ハーフセグメント7bの継手板16とが揃い、全体的に見てトンネル軸方向継手板16が直線状に揃う。
【0032】
また、図6に示すように、整列配置のセグメント7の端部の継手板16はトンネル軸方向全体にみて各継手板16が直線状に揃っている。したがって、図示のように千鳥配置側のセグメント7及びハーフセグメント7bの継手板16と、整列配置のセグメント7の端部の継手板16とを突合せボルト18で接合することで、この継手板16のボルト接合部はトンネル軸方向に直線状に伸長する。なお、セグメント同士は通常ボルト接合で連結されるが、このセグメント同士の接合部に機械式の継手などを用いることも可能である。
【0033】
前述のように千鳥配置と整列配置のセグメント7、7b、7cからなるセグメントリング7aにおいて、図2、図3、図4に示すようにコンクリート構体11の天井板12の側端部12aと整列配置の鋼製セグメント7(その一部が後工程でコンクリート埋設セグメント部分7cとなる)が接合するように接合部コンクリート12bが充填される。
【0034】
具体的に説明すると、図4、図5に示すように、コンクリート構体11の天井板12は仕切り壁1の上部から両側に張り出しており、その内部にはたて、よこの補強鉄筋22が組まれ、接合部コンクリート12bが打設される前は天井板側端部は半完成の状態にあって、端部から補強鉄筋22が突出させてあり、接合部コンクリート12bを打設することで天井板側端部が完成する。
【0035】
また、コンクリート構体11との接合部コンクリート12bが充填される部位の鋼製セグメント7(これをコンクリート埋設セグメント部分7cという)のスキンプレート26は、当該コンクリートの打設に際して、予め取り除いて開口部23を形成してあり、前記補強鉄筋22はこの開口部23の内外に入り込ませてある。
【0036】
前述のようにして、各補強鉄筋22を配筋したうえ、前記開口部23から図4の外形となるように接合部コンクリート12bを打設する。これにより接合部コンクリート12bがコンクリート埋設セグメント部分7cの内外の空間部に充填され、かつ補強鉄筋22で補強されて、当該接合部コンクリート12bを介して、コンクリート構体11の天井板12と鋼製セグメント7とが一体化される。
【0037】
本発明で重要なことは、コンクリート埋設セグメント部分7cに接合部コンクリート12bが充填されたとき、図4に示すように、鋼製セグメント7の千鳥配置側と整列配置側の境部に位置し、かつ、セグメントリングの長手方向に直線に伸長しており、ボルト18で接合された継手板16(他と区別するため、16bを付記する)が、接合部コンクリート12bの外側部に位置していることである。
【0038】
このように構築一体化されたコンクリート構体11の天井板12と鋼製セグメント7との接合部において、必要な結合強度はコンクリート埋設セグメント部分7cで確保される。また、当該接合部に上部荷重により作用する曲げ応力に対しては、接合部コンクリート12bの外側に位置する継手板16(16b)のボルト18による接合部で対応する。すなわち、このボルト18は、接合部に作用する曲げ応力に対しては剛結合とピン結合の中間、つまり半剛結合状態にある。これにより、コンクリート構体11の天井板12と鋼製セグメント7の接合部は必要な結合強度を確保し、しかも曲げ応力に対しては、継手部に約1mm程度の目開きが生じる程度ボルト18が僅か伸長することで先願発明(B)のようにピン結合的に機能し、接合部に作用する曲げ応力を円滑に解消できる。しかも、先願発明(B)のようなピン結合の接合構造に比べて、施工が簡略化でき、施工コストの大幅な低減化を実現できる。
【0039】
接合部コンクリート12bは、コンクリート埋設セグメント部分7cの円弧状の内側には突出しないように打設するが、設計上の必要に応じて、図3、図4に2点鎖線で示す範囲にわたってせん断補強あご部24を打設してもよく、これにより天井板12と鋼製セグメント7の接合部のせん断強度が一層向上する。
【0040】
なお、コンクリート構体11の底板13と鋼製セグメント7の接合部も、天井板12と鋼製セグメント7の接合部と同じ接合構造するもので、前記と対応する要素に対応符号を付して説明を省略する。
【0041】
前述のようにして、コンクリート構体11の天井板12および底板13と鋼製セグメント7の接合部を構築し、接合部コンクリート12bが固化した後、その後の工程で天井板12と底板13との間に位置する整列配置の鋼製セグメント7を切除して切除部20を形成し(図3参照)、仕切り壁1とセグメントリング7aの間に連通する大空間を形成する。その後、仕切り壁1の両側の大空間に従来例と同様に、道路3を構築し、さらに、コンクリート構体1の上方部の部は埋め戻し部25で示すように埋め戻される。
【0042】
【発明の効果】
本発明によると、大断面トンネルにおいて、トンネル仕切り壁をなす垂直な壁または柱と天井板または床板を具備したコンクリート構体と、セグメントリングとの接合部構造につき、天井板と鋼製セグメントを接合部コンクリートによる簡易な接合構造と施工により強固な一体化が実現でき、さらに、接合部コンクリートの外側に位置する継手のボルト接合部が半剛結合部(剛結合とピン接合の中間)となり、接合部に作用する曲げ応力に対し、継手部が目開きする程度ボルト接合部が僅かに伸長することで、当該曲げ応力の円滑な解消を実現できた。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施形態に係る大断面トンネルの第1構築工程の断面説明図である。
【図2】本発明の実施形態に係る大断面トンネルの第2構築工程の断面説明図である。
【図3】本発明の実施形態に係る大断面トンネルの第3構築工程の断面説明図である。
【図4】図3の(イ)部の拡大図である。
【図5】(A)、(B)、(C)は、図4のa−a断面図、b−b断面図、c−c断面図である。
【図6】図7のセグメントリングにおいて、千鳥配置と整列配置の境部のボルト接合される継手部の拡大斜視図である。
【図7】セグメントの千鳥配置と整列配置の組み合わせからなるセグメントリングの全体斜視図である。
【図8】従来の大断面トンネルを示す断面説明図である。
【符号の説明】
1 仕切り壁
2a 上り車線
2b 下り車線
3 道路
4 地中
5 鋼製山止め壁
6 シールドトンネル
7 鋼製セグメント
7a 鋼製セグメントリング
7b ハーフセグメント
7c コンクリート埋設セグメント部分
8 底面
9 大断面トンネル
10 切除部
10a 切除上端部
10b 切除下端部
11 コンクリート構体
12 天井板
12a 天井板側端部
12b 接合部コンクリート
13 底板
13a 底板側端部
13b 接合部コンクリート
14 フランジ
15 主桁
16 継手板
17 縦リブ
18 ボルト
19 ナット
20 切除部
20a 切除部上端部材
20b 切除部下端部
21 開削部
22 補強鉄筋
23 開口部
24 せん断補強あご部
25 埋め込み部
26 スキンプレート
27 中詰コンクリート
(ロ) 露出側部

Claims (6)

  1. 平行に掘進された各シールドトンネルの内壁に鋼製セグメントを組立てて鋼製セグメントリングを構築したうえ、両鋼製セグメントリングの対向側部が露出するように両トンネルの間を削し、この削部に、垂直な壁または柱と、天井板および床板からなる鉄筋または鉄筋鉄骨コンクリート構体トンネル軸方向に延長して構築し、前記天井板および床板の端部と前記鋼製セグメントに跨って接合部コンクリートを打設することで天井板および床板と鋼製セグメントを接合し、天井板と床板との間に位置する前記鋼製セグメントを切除している大断面トンネルにおいて、
    前記鋼製セグメントリングは、トンネル間の前記削部によって露出する部位に位置し、前記天井板および床板の外側の位置となる2箇所の継手が整列配置された撤去部の鋼製セグメントと、露出部位を除く部位に位置する千鳥配置の残置部の鋼製セグメントを組み合わせて構築し、撤去部と残置部の境部に配置される継手鋼製セグメントリング長手方向に直線上に配置されるように設けると共に両継手を接合し、この撤去部と残置部の境部に配置の継手が接合部コンクリートの外側に位置するように、該接合部コンクリートを天井板の端部と撤去部の鋼製セグメント間に撤去部の鋼製セグメント内空間に充填されるように打設することにより撤去部の鋼製セグメントの一部を天井板内部に残置して天井板と残置部の鋼製セグメントを接合していることを特徴とする大断面トンネル用セグメントの接合部構造。
  2. 請求項1において、残置部の鋼製セグメントの端部における凹部に他部に配置の鋼製セグメントの半分の長さの鋼製セグメントを配置していることを特徴とする大断面トンネル用セグメントの接合部構造。
  3. 請求項1または2において、残置部の鋼製セグメントには中詰めコンクリートが充填されており、かつ、接合部コンクリートが充填される撤去部の鋼製セグメントはスキンプレートが除去されていると共に、天井板のコンクリート補強鉄筋が接合部コンクリート中に伸長して配筋されていることを特徴とする大断面トンネル用セグメントの接合部構造。
  4. 請求項1〜3の何れか1項記載において、接合部コンクリートを鋼製セグメントのトンネル内空側に膨出させることで、せん断補強あご部を構築したことを特徴とする大断面トンネル用セグメントの接合部構造。
  5. 請求項1〜4の何れか1項記載において、コンクリート構体の床板と前記鋼製セグメントとの接合部が、前記天井板と前記鋼製セグメントとの接合部と略同一構造に構築されていることを特徴とする大断面トンネル用セグメントの接合部構造。
  6. シールドトンネルを平行に掘進しながらトンネル内壁に鋼製セグメントを組立てて鋼製セグメントリングを構築したうえ、両鋼製セグメントリングの対向側部が露出するように両トンネルの間を削し、前記鋼製セグメントリングは、前記削によって露出する部位に位置する撤去部の鋼製セグメントと、露出部位を除く部位に位置する千鳥配置の残置部の鋼製セグメントを組み合わせて構築し、この削部に、垂直な壁または柱と、天井板および床板からなる鉄筋または鉄筋鉄骨コンクリート構体をトンネル軸方向に延長して構築し、前記天井板および床板の端部と前記鋼製セグメントに跨って接合部コンクリートを打設することで天井板および床板と鋼製セグメントを接合し、前記撤去部と残置部の境部に配置される継手鋼製セグメントリング長手方向に直線上に配置されるように設けると共に両継手を接合し、少なくとも天井板の接合部において、撤去部と残置部の境部に配置の継手が接合部コンクリートの外側に位置するように、該接合部コンクリートを天井板の端部と撤去部の鋼製セグメント間に撤去部の鋼製セグメント内空間に充填されるように打設し、前記天井板と床板との間に位置する撤去部の鋼製セグメントを切除することを特徴とする大断面トンネル用セグメントの接合部構築方法。
JP2002142568A 2002-05-17 2002-05-17 大断面トンネル用セグメントの接合部構造及び接合部構築方法 Active JP3908978B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002142568A JP3908978B2 (ja) 2002-05-17 2002-05-17 大断面トンネル用セグメントの接合部構造及び接合部構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002142568A JP3908978B2 (ja) 2002-05-17 2002-05-17 大断面トンネル用セグメントの接合部構造及び接合部構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003328699A JP2003328699A (ja) 2003-11-19
JP3908978B2 true JP3908978B2 (ja) 2007-04-25

Family

ID=29702819

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002142568A Active JP3908978B2 (ja) 2002-05-17 2002-05-17 大断面トンネル用セグメントの接合部構造及び接合部構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3908978B2 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NL1031391C2 (nl) * 2006-03-16 2007-09-18 Sterk Midden Nederland B V Werkwijze voor het vervaardigen van een doorgang in een ondergrond, alsmede pijpsectie daarvoor.
JP4828286B2 (ja) * 2006-04-07 2011-11-30 新日本製鐵株式会社 セグメントの連結構造及び配置構造
JP4912726B2 (ja) * 2006-04-07 2012-04-11 新日本製鐵株式会社 セグメントリング間の連結構造
JP4960214B2 (ja) * 2007-12-28 2012-06-27 首都高速道路株式会社 トンネル切開き構造
JP5005604B2 (ja) * 2008-04-04 2012-08-22 新日本製鐵株式会社 トンネル構造物
JP5619646B2 (ja) * 2011-02-04 2014-11-05 大成建設株式会社 地下構造物の構築方法および地下構造物

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003328699A (ja) 2003-11-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4205615B2 (ja) シールドトンネルの合流部の構築方法
JP3908978B2 (ja) 大断面トンネル用セグメントの接合部構造及び接合部構築方法
JP4687986B2 (ja) 大断面トンネルの施工方法
KR101167511B1 (ko) 기성 콘크리트 말뚝을 이용한 지하차도 및 그의 시공방법
JP3966334B2 (ja) 並設シールドトンネルの連通部形成方法及びその連通部構造
JP4566914B2 (ja) 再接合セグメント及び連結トンネルの構築方法
JP4303512B2 (ja) 大断面トンネルの施工方法
JP4912839B2 (ja) 多連円弧状トンネルの施工方法およびトンネルと接合体との接続構造
JP4816327B2 (ja) シールドトンネルの拡幅部形成工法
JP2979044B2 (ja) 大規模地下構造物とその構築工法
JP4141321B2 (ja) シールドトンネルの合流部の構築方法
JP6147818B2 (ja) 大断面トンネルの構築方法および大断面覆工体
JP4750568B2 (ja) トンネル合流部の構築方法およびトンネル合流部構造
JP3567401B2 (ja) 大断面トンネルおよびその構築方法
JP3765048B2 (ja) トンネルの構築方法
JP4730608B2 (ja) セグメント
JP3584416B2 (ja) トンネルおよびその構築方法
JP3567399B2 (ja) 大断面トンネルおよびその構築方法
JP6756892B1 (ja) 地下躯体及び地下躯体の構築方法
JPH07310365A (ja) 合成土留め壁構造およびその築造方法
JP3900683B2 (ja) 本線トンネルとランプウエイとの分岐・合流部の施工方法
JP4191536B2 (ja) シールドトンネルの合流部の構築方法
JP2670484B2 (ja) 2連形掘削穴の覆工方法
JP3482625B2 (ja) 大断面トンネルおよびその構築方法
JP2788957B2 (ja) トンネルの合流方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040901

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060928

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061003

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061201

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070116

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070119

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 3908978

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110126

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120126

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130126

Year of fee payment: 6

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130126

Year of fee payment: 6

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130126

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130126

Year of fee payment: 6

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130126

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140126

Year of fee payment: 7

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350