JP3905149B2 - Quality management correlation for the computer system - Google Patents

Quality management correlation for the computer system Download PDF

Info

Publication number
JP3905149B2
JP3905149B2 JP14208496A JP14208496A JP3905149B2 JP 3905149 B2 JP3905149 B2 JP 3905149B2 JP 14208496 A JP14208496 A JP 14208496A JP 14208496 A JP14208496 A JP 14208496A JP 3905149 B2 JP3905149 B2 JP 3905149B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sterilization
step
data
lens
lot
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP14208496A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH09294804A (en
Inventor
ウォーレス・アンソニー・マーティン
クレイグ・ウィリアム・ウォーカー
ケニス・クート・プライサー
ジェームス・ケイ・マイアース
ジョン・マーク・リッパー
ダニエル・ツゥ−ファン・ウォン
ラース・ウィリアム・ジョンソン
ラヴィ・サンカー・サンカ
リチャード・ウェイン・アブラムス
レオナルド・ロッス・レインハート
Original Assignee
ジョンソン・アンド・ジョンソン・ビジョン・ケア・インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ジョンソン・アンド・ジョンソン・ビジョン・ケア・インコーポレイテッド filed Critical ジョンソン・アンド・ジョンソン・ビジョン・ケア・インコーポレイテッド
Priority to JP14208496A priority Critical patent/JP3905149B2/en
Publication of JPH09294804A publication Critical patent/JPH09294804A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3905149B2 publication Critical patent/JP3905149B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は一般には接眼コンタクトレンズ生産用製造施設のためのコンピュータシステムに係り、特にコンタクトレンズ組立施設、具体的には、コンタクトレンズ殺菌工程を調査し最適化することを目標とするコンタクトレンズ組立施設においてコンタクトレンズ製造に使用される生産ラインをモニターするための管理システムに関する。 The present invention generally relates to computer systems for ocular contact lenses for production manufacturing facility, in particular a contact lens assembly facility, specifically, a contact lens assembly facility targeted to optimize investigating contact lens sterilization process managing system for monitoring the production line to be used for making contact lenses in.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
ヒドロゲルコンタクトレンズの直接成型はラーセン(Larsen)への米国特許4,495,313号、ラーセン他(Larsen et al)への米国特許4,680,336号、ラーセン(Larsen)への米国特許4,565,348号、およびラーセン他(Larsen et al)への米国特許4,640,489号に開示されており、これらの全開示はここ本出願に参考文献として含められている。 Direct molding of hydrogel contact lenses is U.S. Patent No. 4,495,313 to Larsen (Larsen), Larsen U.S. Patent No. 4,680,336 to other (Larsen et al), U.S. Pat to Larsen (Larsen) 4, No. 565,348, and Larsen are disclosed in U.S. Patent No. 4,640,489 to other (Larsen et al), the entire disclosures of which are included by reference herein this application. 本質的には、これらの参考文献は裏曲面(上側)と表曲面(下側)の金型部分の間にモノマーを挟み込む自動コンタクトレンズ生産工程を開示している。 Essentially, these references disclose an automated contact lens production process sandwiching the monomer between the mold parts of the back curved surface (upper side) and front curved (lower). モノマーはレンズを形成するように重合され、金型部分から取り外され、さらに消費者向けに処理包装される。 Monomers are polymerized to form the lens, is removed from the mold portion, it is processed packaged further consumer.
【0003】 [0003]
コンタクトレンズの製造には条件と工程とが緊密に制御されていることが必要で、それらの多くはコンピュータおよびその他の制御機器でモニターされる。 The production of contact lenses is necessary to have the condition and the step is tightly controlled, many of which are monitored by computers and other control devices. たとえば、コンタクトレンズ製造中に発生する処理条件や制御データの形式の大量の情報が品質管理と規制承認目的に収集されるかもしれない。 For example, it may be a large amount of information in the form of process conditions and control data generated in the contact lens manufacturing is collected for quality control and regulatory approval purposes. しかしこれには生産されるレンズごとに膨大な量のデータの取得が必要な上、オペレータ、エンジニア、管理者等がかれらの職分を正しく行えるように適した使い方ができるように取得したデータを処理する手段が必要である。 However, this on need to acquire the data of huge amount each lens to be produced, the operator, engineer, data manager or the like is acquired to allow use suitable to allow their Shokubun correctly a means is needed to handle.
【0004】 [0004]
従って、コンタクトレンズ製造施設の処理部門においてコンタクトレンズ生産の各種の観点を制御する複数の製造工程制御装置から工程制御データが自動的に取得でき、かつリアルタイム表示と達成目的のためのデータが自動的に処理できる品質管理システムを提供することが必要になる。 Therefore, process control data from a plurality of manufacturing process control devices for controlling various aspect of contact lens production at process segment of the contact lens manufacturing facility to retrieve automatically and data for real-time display and achieve desired automatically it is necessary to provide a quality control system that can be processed. 特に、カートン詰めではなく、個々に包装され、カートン詰めにする前に行われるコンタクトレンズの殺菌処理を制御する殺菌制御装置から造られたデータを自動的に取得できる品質管理システムが必要である。 In particular, rather than the cartoning, packaged individually, there is a need for quality control system that can automatically acquire the data which is made from the sterilization controller for controlling the sterilization process of the contact lens which is performed prior to the cartoning.
【0005】 [0005]
加えて、殺菌消毒器制御装置からの殺菌作業の成功不成功表示、ロット数、および殺菌作業番号を含む殺菌消毒器作業状態記録を引き続き生産するためコンタクトレンズ殺菌工程制御データを自動的に収集できる品質管理システムを提供することは非常に望ましいだろう。 Additionally, sterilizing unit controller sterilization work success unsuccessful indication from the number of the lot, and the contact lens sterilization process control data for subsequent production of sterilizing unit working state records, including bactericidal operation number can automatically collect it would be highly desirable to provide a quality control system. これらのファイルはオフラインデータベース記憶領域に記憶したり、また長期にわたる殺菌能力の傾向を分析したりするために検索されるかも知れない。 These files and stores offline database storage, also may be searched for or to analyze the trend of long-term bactericidal activity. さらに、本出願に記述してある発明過程に従って、これらのファイルは米連邦食品医薬品局(FDA)の記録保管条件に準拠するに適した記録を自動的に作成されるように処理されるかも知れないし、また殺菌消毒器を再証明するためにも役立つ。 Furthermore, in accordance with the invention process are described in the present application, might these files are processed to be automatically creates a record that is suitable to conform to a recording storage conditions of the US Food and Drug Administration (FDA) It does not, and also help to re-prove the sterilization unit.
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明の目的はコンタクトレンズの生産を制御する複数の製造工程制御装置から工程制御データを自動的に取得し、リアルタイム表示とオフライン分析のために自動的にデータ処理を行うことができるようなコンタクトレンズ製造施設のための品質管理システムを提供することである。 An object of the present invention automatically obtains the process control data from a plurality of manufacturing process control devices for controlling the production of contact lenses, contact that can perform automatic data processing for real-time display and off-line analysis to provide a quality control system for the lens manufacturing facility.
【0007】 [0007]
本発明の別の目的は個々のコンタクトレンズ包装を先ず透明なプラスチック(ブリスター)に包装した後、カートン詰めする前に殺菌するための殺菌処理を実施するコンタクトレンズ製造施設の品質管理システムを提供することである。 Another object of the present invention was packaged in first clear plastic individual contact lens package (blister), to provide a quality control system of a contact lens manufacturing facility for implementing the sterilization process for sterilizing before carton packed it is.
【0008】 [0008]
本発明のさらなる目的は個々のコンタクトレンズ包装をブリスターに第一次の包装後、カートン詰めする前に殺菌するための殺菌制御装置により制御される殺菌機器を含むコンタクトレンズ製造施設の品質管理システムを提供することである。 After a further object of the primary individual contact lenses packaged in blister packaging of the invention, the quality management system of a contact lens manufacturing facility that includes a sterilizing device controlled by the sterilizer control system for sterilizing before carton packed it is to provide.
【0009】 [0009]
本発明のさらに別の目的は殺菌制御装置から殺菌処理制御データを収集し、殺菌消毒器制御装置からの殺菌作業の成功不成功表示、ロット数、および殺菌作業番号を含む殺菌消毒器作業状態記録を引き続き生産する品質管理システムを提供することである。 Still another object of the present invention collects the sterilization control data from the sterilization controller, sterilizing device controller succeeds unsuccessful indication of sterilization work from, number of lots, and sterilizing device working state records, including bactericidal operation number the continued production is to provide a quality control system.
【0010】 [0010]
さらなる本発明の別の目的は個々のコンタクトレンズを包んだ殺菌済みのブリスター包装をカートンに二次包装するための機器を含むコンタクトレンズ製造施設の品質管理システムを提供することである。 Still another object of the present invention is to provide a quality control system of a contact lens manufacturing facility that includes a device for secondary packaging blister packs already sterilized wrapped individual contact lens cartons.
【0011】 [0011]
本発明のさらなる目的は製作済みの全てのコンタクトレンズ包装用ロット番号識別を含むラベル情報を自動的に印刷し相互に関係付ける手段を併合する品質管理システムを提供することである。 A further object is to provide a quality control system for merging means correlating printed automatically label information includes all of the contact lens packaging Lot number identification fabrication already present invention.
【0012】 [0012]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記の諸目的は製造された複数のコンタクトレンズを殺菌するための自動化された殺菌ステーション、および殺菌後、前記レンズを包装するための包装ステーションを含む複数のコンタクトレンズ処理ステーションを有するコンタクトレンズを製作する自動化された生産ラインのための品質管理システムにおいて達成され、その品質管理システムは(a)製造前に少なくとも1バッチのコンタクトレンズを形成するレンズロットに関連したロット数とレンズ度数を含むコンタクトレンズデータを受け取る第一の手段と、 Automated sterilization stations for various purposes described above of sterilizing a plurality of contact lenses produced, and after sterilization, manufacture contact lenses having a plurality of contact lens process stations including a packaging station for packaging said lenses to be accomplished in an automated quality control system for a production line, a contact lens comprising a quality control system (a) lot number and lens power associated with a lens lot of forming a contact lens of at least one batch before production a first means for receiving data,
(b)それぞれが処理ステーションで複数の処理制御機器を調整する1個以上の処理ステーションを制御する複数の処理制御装置と、 (B) a plurality of processing control device for controlling one or more processing stations for adjusting a plurality of process control devices in each processing station,
(c)レンズロットで形成した複数のレンズが複数の処理ステーションから自動殺菌ステーション及び包装ステーションへ移送されるときの移動を追跡する手段と、 Means for tracking the movement when the plurality of lenses formed in (c) lens lot is transported from a plurality of processing stations to the automatic sterilization station and packaging station,
(d)殺菌ステーションへ入力されるレンズの個数を表わすデータを受け取り、殺菌ステーションで失ったコンタクトレンズの理由コードと共にレンズロットの各バッチに対する殺菌データを記録する第二の手段と、 (D) receiving data representing the number of lenses input to sterilization station, and a second means for recording sterilization data for each batch of lens lots with reason code contact lenses lost at sterilization station,
(e)所定のレンズロット毎に殺菌チャンバーへ入力したレンズの合計数とロットから殺菌、包装された実際のレンズ個数に関する概略レポートであって、各バッチのコンタクトレンズのロット番号、満了日、度数と殺菌データを含む概略レポートを作成する手段とから成る。 (E) sterilizing the total number and lot of lenses input to sterilization chamber at predetermined lens lot, a summary report of the actual lens number packaged, lot number of a contact lens of each batch, expiration date, power and means for creating a summary report containing the bactericidal data with.
【0013】 [0013]
本発明のさらなる利便と利点は、本発明の好ましい実施例を指定し図示する添付の図面を参照して以下の詳細な説明により明らかとなろう。 More convenience and advantages of the present invention will become apparent from the preferred embodiments specified with reference to the accompanying drawings, which illustrate the following detailed description of the present invention.
【0014】 [0014]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明のコンタクトレンズを生産する自動化生産ライン用品質管理システムの前述の諸目的と利益は、類似の要素がいくつかの観点にわたって同等の参照番号により指示されている添付図面と共に、発明のいくつかの好ましい実施例の以下の詳細な記述に関して当業者には容易に理解されるであろう。 Various objects and advantages of the aforementioned automated production line quality control system for producing contact lenses of the present invention, in conjunction with the accompanying drawings which are designated by like reference numerals similar elements throughout the several aspects, some inventive it will be readily understood by the following detailed those skilled in the art for a description of the preferred embodiment.
図1は、全体の略図で参照番号10は殺菌およびコンタクトレンズ包装の第二回包装を受動的にモニターするための殺菌モニターシステムを図示している。 1, reference numeral 10 throughout the schematic illustrates the sterilization monitoring system to passively monitor the Second packaging sterilization and the contact lens package. 詳細に以下に説明するように、本発明の殺菌モニターシステム10は特に処理殺菌シリアルデータに処理するように形成されており、殺菌経過報告を生成する。 As described below in detail, sterilization monitoring system 10 of the present invention is formed to process the particular process sterilization serial data to produce sterilizing progress reports.
【0015】 [0015]
図1に示すように、殺菌監視システム10は殺菌制御機器25を有する殺菌チャンバー15から構成され、殺菌チャンバー15は好ましい実施例ではPLCまたは殺菌処理を制御し、殺菌処理データ16およびフォーマット化されたアスキーキャラクターとしてアラームデータ(アラーム条件が存在する場合)を専用プリンター17へ連続して送る専用処理制御装置であり、殺菌処理データ16およびアラームデータは、制御するインターセプティング殺菌モニターノード20は言うまでもなくデータライン16aと既存のコンタクトレンズ生産ライン監視品質管理システム100に接続されるデータライン16bとを経由して専用プリンター17へ連続して送られる。 As shown in FIG. 1, sterilization monitoring system 10 is composed of a sterilization chamber 15 having a sterilizing control device 25, the sterilization chamber 15 is the preferred embodiment controls the PLC or sterilized was sterilized data 16 and formatting a dedicated processing control device for feeding continuously to a dedicated printer 17 alarm data (if an alarm condition exists) as ASCII characters, sterilization data 16 and alarm data, intercepting sterilization monitoring node 20 to control the course via a data line 16b to the data lines 16a are connected to the existing contact lens production line monitoring the quality control system 100 continuously fed to a dedicated printer 17. 以下に詳述するように、殺菌モニターノード20はアスキー殺菌データを処理し、図23に部分的に示し詳細は以下に述べる殺菌遂行レポートを第二プリンター18で自動的に作成する。 As detailed below, sterilization monitor node 20 processes the ASCII sterilization data, automatically creates a partially shown details sterilization performed reports described below in the second printer 18 in FIG. 23. 既存のコンタクトレンズ生産ライン監視品質管理システム100は、上記の本発明と同じ譲受人に譲渡された発明の名称「品質管理の相関性のためのコンピュータプログラム」の米国係属特許出願08/257,800号に開示されており、その仕様と開示は参考として本出願に含めてある。 Existing contact lens production line monitoring the quality management system 100, the above-mentioned US pending patent application 08 / 257,800 entitled the present invention and commonly assigned invention to the same assignee "computer program for correlation of Quality Management" are disclosed in JP, disclosure and its specifications are included in this application by reference. 上記の米国係属特許出願08/257,800号に記述してあるように、既存の監視システムは、各種の製造工程を制御、モニターする複数のプログラム制御可能およびプログラム制御不可能な制御機器から処理制御データを自動的に取得し、そのデータをリアルタイム標示、オフライン技術解析、および品質保証目的のため自動的に処理する。 As are described in the above U.S. pending patent application 08 / 257,800, existing monitoring systems, control various manufacturing processes, processing of a plurality of programmable controllable and programmable uncontrollable control devices to monitor automatically acquires the control data, the data real-time indication, off-line engineering analysis, and automatically processing for quality assurance purposes.
【0016】 [0016]
図2は殺菌モニターノード20と殺菌制御装置25に接続される既存の監視システム100のハードウエアー構成を図示しており、この接続は殺菌モニターノードと二つのオペレータターミナル29a,29b(好ましくはダイナターム(Dynaterm)社製)と既存のモニターシステム100との間の通信を支援するアークネットハブ(ARCNET HUB)ネットワーク機器99a,99bを経由して行われている。 Figure 2 is illustrated fatal hardware configuration of an existing monitoring system 100 which is connected to the sterilization control unit 25 and the sterilization monitor node 20, the connection is sterilized monitor node and two operator terminals 29a, 29 b (preferably Dyna term (Dynaterm) Co., Ltd.) and Arcnet hub (ARCNET hUB of supporting communication between the existing monitoring system 100) network devices 99a, are performed via the 99b. 好ましくは、殺菌モニターノード20は殺菌モニター処理を実行するための以下のモジュールを有する33MHzのインテル486コンピュータシステムを含むこと、すなわち以下のモジュールとは、殺菌通信モジュールと処理50、殺菌サーバーモジュールと処理60、タイムサーバー70、およびファイルサーバー80である。 Preferably, the sterilization monitor node 20 including Intel 486 computer system 33MHz having the following modules for performing the sterilization monitor process, namely the following module, sterilizing the communication module and the processing 50, the processing and sterilization server module 60, it is a time server 70 and the file server 80,. これらのモジュールはそれぞれ以下に詳述している。 These modules are described in more detail below, respectively.
【0017】 [0017]
手短に言えば、監視システム100は、殺菌監視ノードと、上記の本発明と同じ譲受人に譲渡された発明の名称「品質管理の相関性のためのコンピュータプログラム」の米国係属特許出願08/257,654号およびその仕様と開示は参考として本出願に含めてある同特許に開示されているような、各種のコンタクトレンズ製造処理を制御する少なくとも7台のプログラム制御可能なロジック制御装置とから制御パラメータデータを得る。 Briefly, the monitoring system 100 includes a sterilization monitoring node, the above-mentioned US-pending patent "computer program for correlation quality control" The name of the invention and commonly assigned invention to the same assignee Application 08/257 , controlled from 654 and its specification disclosure as disclosed in the patent that is included in this application by reference, at least seven programs controllable logic controller for controlling the various contact lens manufacturing process obtaining the parameter data. これらの製造処理は以下の事柄を含む。 These manufacturing processes comprises the following things. 即ち、PLC31による制御で、射出成型した表曲面レンズ金型のキャリアパレットへの移動、PLC32による制御で、射出成型した裏曲面レンズ金型のキャリアパレットへの移動、PLC33による制御で、モノマー充填およびコンタクトレンズ金型組立操作、PLC34による制御で、前養生、UV養生、およびレンズ金型分離、PLC35による制御で、成型されたコンタクトレンズを含む前曲面金型半分をコンタクトレンズの水和のための水和チャンバーへの移動、PLC36による制御で、自動レンズ検査ステーションに組み込まれた自動視覚システムにより決定されるように合格不合格結果から成るコンタクトレンズ検査データの作成を含む後水和操作、およびPLC37による制御で、回転インデックス(包装)ダイヤル( That is, under the control of PLC 31, the movement of the table curved lens mold carrier pallet injection molded, under the control of PLC32, move to the back curve lens mold carrier pallet injection molded, under the control of PLC33, monomer charge and contact lens mold assembly operations, under the control of the PLCs 34, pre-cured, UV curing, and the lens mold separating, under the control of PLC35, a curve mold half before containing molded contact lenses for hydration of contact lenses transfer to the hydration chamber, under the control of PLC36, hydration operation after including the creation of a contact lens inspection data consisting of pass fail results as determined by an automatic vision system incorporated in the automatic lens inspection station, and PLC37 under the control of, rotation index (packaging) dial ( 示されず)について発生する水溶液の交換、塩分充填、包装箔ヒートシール等の処理を含むレンズ包装処理の一次コンタクトレンズ包装とレンズ包装取りまとめの局面。 Replacement of the aqueous solution to be generated for the indicated not), salinity filling, packaging foil primary contact lens packaging and lens package compiled aspect of the lens packaging process including a process of heat sealing or the like. 八番目のPLCは多分二次包装の様々な局面の制御の提供になり、二次包装には殺菌チャンバーから二次包装領域への包装の移送が含まれ、そこでは本発明と同じ譲受人に譲渡された発明の名称「殺菌および二次包装のための機器と方法」の米国係属特許出願08/257,788号に記述され、その開示は参考として本出願に組み込まれているように、ブリスター包装媒体にラベルが貼付されブリスター包装媒体は二次包装カートンに密封される。 8th PLC probably be to provide control of various aspects of the secondary packaging, the secondary packaging include transport packaging to the secondary packaging area from the sterilization chamber, where the same assignee as the present invention are described in U.S. pending patent application 08 / 257,788 granted with entitled "equipment and method for sterilization and secondary packaging", as the disclosure of which is incorporated herein by reference, blister label packaging medium blister packaging medium is attached is sealed to the secondary packaging cartons. 二次包装は、手短に言うと、バーコード化されたロット番号を印刷しカートンに張り付け、度数と使用期限をカートンに印刷し、ブリスター包装をカートンに挿入しカートンのフラップをのり付け密封し、ロット番号の確認、度数と使用期限の確認、カートンの計量、カートンの箱詰め密封箱へのラベル貼付、そしてパレットへの箱の積載完了とパレットラベルの貼付の段階を含む。 Secondary packaging, Briefly, affixed to print a bar-coded lot number carton, to print the frequency and expiration date on the carton, the inserted flap of the carton and blister packaging to carton sealing glue, confirmation of the lot number, including the confirmation of frequency and use-by date, the weighing of the carton, label affixed to the boxed sealed box of the carton, and the stage of the application of loading is complete and the pallet label of the box to the pallet.
【0018】 [0018]
好ましい実施例では、各PLC31−38はTIシステム545(TexasInstruments)で、バックプレーンを横切るかまたはシリアルリンク(図示されず)によりそれぞれのPLCと通信するためTI386ATM コプロセッサーを含んでいるかも知れない。 In the preferred embodiment, each PLC31-38 the TI system 545 (Texas Instruments), may contain TI386ATM coprocessor for communicating with each of the PLC by or serial link across a backplane (not shown). 各PLCがデータブロックを記憶し更新するためにそれ自身記憶装置と番地指定機能を有していることは分かっている。 That each PLC has its own memory and address specified function to update stored data blocks it is known.
図2に示すように、他のプログラム制御可能機器制御装置、たとえばユーシン社(Yushin Corp.)製の制御装置はコンタクトレンズ製作ラインに配備され、それぞれ6秒毎に8個の割合で表曲面レンズ金型を製作する表曲面成型機39a、同じ割合で裏曲面レンズ金型を製作する裏曲面成型機39b、および製造されたコンタクトレンズを検査し包装するコンタクトレンズ包装を製作する一次包装機39cを制御する。 As shown in FIG. 2, other program controllable device controller, for example, U-Shin Inc. (Yushin Corp.) made of the control device is deployed in a contact lens fabrication line, the table surface lens eight ratio of each every 6 seconds Table curved molding machine 39a of making a mold, the back curved molding machine 39b to fabricate the back curve lens molds at the same rate, and inspect the manufactured contact lens primary packaging machine 39c of manufacturing a contact lens package for packaging Control. もう一つの機器制御装置39dは一次包装以前にコンタクトレンズを自動的に検査する視覚システム(図示されず)を制御する。 Another device controller 39d controls a vision system that automatically inspects the primary packaging prior to contact lens (not shown).
【0019】 [0019]
さらにまた、図2では、既存の監視制御システム(制御システム)100は5種類の処理ノードを含み、そのうちデータ取得ノード205は通信線41およびタイウエイ(Tiway)アダプターカード42により上記の8個のプログラム制御可能ロジック制御装置(PLCs)の各々と通信し、また3個の成型機および視覚検査機の機器制御装置と、専用非同期シリアルライン43a,b,c,およびdによりこれらの機械を接続している8−チャネルシリアルカード44により通信し;リレーショナルデータベースノード210はリレーショナルデータベースソフトウエアーを動かし、製作記録と長期のデータの沿革から成るオフラインデータ記憶装置のために提供されている少なくとも3個の200MBハードディスクを含み;分析お Furthermore, in FIG. 2, the existing includes supervisory control system (control system) 100 is five processing nodes, the communication line 41 of which data acquisition node 205 and Taiuei (Tiway) above eight program by the adapter card 42 communicating with each of the controllable logic controller (PLCs), also three and molding machines and the device control apparatus of the visual inspection machine, dedicated asynchronous serial lines 43a, b, connected c, and d by these machines communicating with are 8-channel serial card 44, a relational database node 210 moves the relational database softwares, at least three 200MB hard disk that is provided for off-line data storage device comprising a production records and long-term data History hints; analysis you び経路指定ノード220は、生データのデータ収集と処理を8個のPLCから始めるために使用されるソフトウエアーの大部分を含み、かつ「リアルタイムデータベース」を維持する。 Fine routing node 220 includes most of the softwares used to begin the process and data collection of the raw data from the eight PLC, and maintains a "real-time databases". 分析および経路指定ノード220は以下のようなモジュールから構成される。 Analysis and routing node 220 is composed of modules such as the following. 即ち、ユーザが定義した論理的なグループまたはデータセット内にデータを記憶し、データセット上に統計と(オプションの)アラームを作成でき、そして統計的制御や他の表示装置を支援する統計サーバー225;PLC、成型機、および視覚検査機からの全てのデータ取得を調整するポーラー226、統計サーバーに対するコンパニオンモジュールであり、かつ統計サーバーに能動的表示装置を支援するために必要な統計的機能を実施させるC−言語制御サーバー228、および、定義した条件に従って動かされる作業セル警報、警告、および例外事項を扱い維持する警報制御サーバー229である。 That is, stores data into logical groups or data set user-defined statistics server 225 can create and statistics on the data set (optional) alarms, and to support statistical control and other display devices ; PLC, molding machine, and polar 226 to adjust all the data acquisition from the vision inspection machine, a companion module for statistics server, and performs a statistical functions needed to support the active display device in the statistics server let C- language control server 228, and, workcell alarms moved in accordance defined conditions, warnings, and a warning control server 229 that handles maintain exceptions.
【0020】 [0020]
監視制御システム100は、さらにロット情報エントリーおよびロット変更を支援し、かつ以下に述べるようにコンタクトレンズロット追跡再調停を実施するために、モジュール90を含む生産ラインのオペレータにグラフや表示を提供する、4個乃至それ以上の同一に形状化されたオペレータステーション230と、データがライン上になくなった後、即ち、ラインの所定の作業が終わった後のリレーショナルデータベースノードに収集されたデータの分析を提供するオフライン分析ノード240を含む。 Monitoring and control system 100 further assists the lot information entry and lot changes, and in order to implement the contact lens lot tracking reconciliation as described below, provides a graphical or displayed to an operator of the production line include a module 90 , a four to operator station 230 where more of the same in shape of, after the data is no longer on the line, i.e., the analysis of the collected data in a relational database node after completion of predetermined work line including offline analysis node 240 that provides. 図2に示すように、アークネットインターフェースカード201,211,221,231,および241のそれぞれに提供されアークネットハブ99aを経由して各種のノード間の通信を支援する。 As shown in FIG. 2, through the provided Arcnet hub 99a in each of the Arcnet interface cards 201,211,221,231, and 241 support communications between various nodes. 好ましい実施例において、上記のサーバーの全てはマサチューセッツ州リンカーン市にあるファーステックインテグレーション(FASTech Integration)社製の標準セル作業ソフトウエアーである。 In the preferred embodiment, all of the above server is Firth Tech Integration (FASTech Integration) manufactured by standard cell work softwares in the Massachusetts Lincoln City.
【0021】 [0021]
図2に関して上に述べたように、既存の監視制御装置100用の3種類の入力ソース、即ち、8個のPLCと、射出成型制御装置39a−dと、視覚検査および一次包装機とがあり、さらに殺菌モニターノード20からのデータがある。 As noted above with respect to FIG. 2, three input sources for an existing monitoring and control device 100, i.e., the eight PLC, the injection molding controller 39a-d, there is a visual inspection and primary packaging machine , there is further data from the sterilization monitor node 20. 監視制御システム100が8個のPLCと視覚検査および一次包装機のおのおのから読むイベントブロックとデータブロックの構造は、上記米係属特許出願08/257,800号に詳細に述べられている。 Structure of the supervisory control system 100 is read from each of the eight PLC and visual inspection and primary packaging machine event blocks and data blocks, are discussed in detail above US pending patent application 08 / 257,800. 加えて、すでに確認済みの米係属特許出願に詳述されているように、生産記録と長期のデータ履歴を記憶するために使われるリレーショナルデータベースが創られる。 In addition, as detailed already verified U.S. pending patent application, a relational database used to store production records and long-term data history is created. 既存の監視制御システム100はこのデータベースに対するオンラインおよびオフラインアクセスを提供し、処理パラメータ対コンタクトレンズ検査結果の分散図、パレット位置毎の欠陥のヒストグラム、機械によるアラームカウントと期間の頭頂図、積算検査結果の時間プロット、シングルトレンドとしての時間に対してプロットされた測定され計算されたパラメータに限定されないが、これらを含んだ有益なグラフを生成するための機構を含み、これらのグラフで固定時間スケールのトレンド(trend fixed time scale)が利用でき、分,時間,日,週にわたるデータを示すことができる。 Existing monitoring and control system 100 to provide online and offline access to this database, dispersion diagram of process parameters vs. contact lens inspection results, histograms of defects for each pallet position, top view of alarm count and duration by machine, integration test results time plot, but are not limited to the measured and calculated parameters plotted against time as a single trend, wherein the mechanism for generating informative graphs including these, a fixed time scale in these graphs available trend (trend fixed time scale) is, minutes, hours, days, it can be shown the data over the week.
【0022】 [0022]
〔殺菌モニターノード〕 [Sterilization monitor node]
図3の詳細なハードウエアー構成に示すように、殺菌モニターノード20はアークネットインターフェースカード21により既存の監視システム100とつながっており、既存の監視システムとの通信を提供する。 As shown in detail fatal hardware configuration of FIG. 3, sterilization monitor node 20 is connected to the existing monitoring system 100 by Arcnet interface card 21 provides communication with the existing monitoring system. 8−チャネルシリアルカード22は殺菌制御装置25とメイン殺菌データライン出力から分かれた専用非同期シリアルライン16bからシリアルデータを受け取る(図2)。 8-channel serial card 22 receives the serial data from the dedicated asynchronous serial lines 16b which is divided from the sterilization controller 25 and the main sterilization data line output (FIG. 2). シリアルポート19はノード20に設けられ、殺菌処理データの完了ラインの通信を行い、殺菌機器の作業が完全か不完全か、データが完全か不完全かあるいは殺菌機器の作業は成功だったかそうでなかったかを示すメッセージを受け取り、そして殺菌機器の作業、エラーログ、およびフェーズファイルレポート作成に関してレポートプリンター18に対するエラーログ情報とフェーズファイル情報を送る。 Serial port 19 is provided in the node 20, to communicate completion line sterilization process data, tasks complete or incomplete sterilization equipment, data work full or incomplete or sterilizer is so what was successful receive a message indicating there was no, and the work of sterilization equipment, send the error log information and the phase file information for the report printer 18 with respect to the error log, and phase file reporting.
【0023】 [0023]
以下に詳細に述べる殺菌モニター処理10は、二個の機能モジュール;殺菌通信モジュール50(「steri comm server 」)と殺菌サーバーモジュール60(「steri server 」)とから構成されている。 Sterilization monitoring process 10 to be described in greater detail below, two functional modules; is constructed from a sterilization communication module 50 ( "steri comm server") and sterilization server module 60 ( "steri server"). 手短に言うと、殺菌通信モジュール50は殺菌制御装置が生成した文字を8−チャネルシリアルカード22を介して受け取るよう機能する。 Briefly, sterilization communication module 50 functions to receive over 8 channels serial card 22 the character bactericidal controller generated. 殺菌サーバーモジュール60は入力の全てを処理し、いろいろのユーザに対するレポートを作成する。 Sterilization server module 60 to process all of the input, to create a report for a variety of users. たとえば、図3に示すように、殺菌サーバー60は情報を処理、シリアルポート19を介して印刷用殺菌作業レポートを作成し、加えて、殺菌作業レポートファイル、四つの主な殺菌フェーズ(加熱負荷、露出負荷、冷却負荷、およびサイクル完了)に関する殺菌機器フェーズ情報を含む殺菌機器フェーズレポートファイル、および長期磁気ディスク記憶装置23専用のエラー情報のエラーログファイルを作成する。 For example, as shown in FIG. 3, disinfection server 60 processes the information to create a print sterilizing work reports through the serial port 19, in addition, sterilizing work report file, four main sterilization phase (heating load, exposing the load, creating a cooling load, and cycle sterilizer phase report file containing sterilizer phase information on completed), and long-term magnetic disk storage 23 error log files dedicated error information. 好ましくは、磁気ディスク記憶装置はどんな容量にも簡単に対応でき、少なくとも324MBの容量を持ち、どんなデータ記憶媒体からできていてもよい。 Preferably, magnetic disk storage device also easily can handle any capacity, has a capacity of at least 324MB, it may be made from any data storage medium. 後のオフライン分析のためにただちに作用し、処理され、記憶されることが必要なアラームまたは処理データポイントは、全てアークネットインターフェースカード21とアークネットハブ99a(図1)を経由して既存の監視制御装置100へ送られる。 Immediately it acts for offline analysis after being processed, stored it is desired alarm or process data points, all ARCNET interface card 21 and the Arcnet hub 99a (Fig. 1) existing monitoring via It is transmitted to the control device 100. 殺菌モニター処理10とそこにある殺菌装置処理モジュール50、60の詳細は以下に述べる。 Details of the sterilizer process module 50, 60 is there a sterilization monitoring process 10 is described below.
【0024】 [0024]
〔殺菌制御装置〕 [Sterilization controller]
図4は殺菌モニターノード20の内部状態を示す状態略図を図示する。 Figure 4 illustrates a state schematic diagram illustrating the internal states of the sterilization monitor node 20. アラームエラーまたは通信タイムアウトエラーの全てを除いて、正常な殺菌作業は、個々に一次(ブリスター)包装されたコンタクトレンズを約1から14,000個の範囲の量から成るバッチが殺菌チャンバーに搭載された後、上記の発明の名称「殺菌および二次包装のための装置と方法」の米係属特許出願08/257,788号に述べてある方法で始まる。 Except for all alarm error or communication timeout error, normal sterilization operation, batch consisting of an amount ranging from about 1 14,000 of the individual primary (blister) packaged contact lens is mounted on sterilization chamber after begins in a manner that is described in U.S. pending patent application 08 / 257,788 entitled "apparatus and method for sterilization and secondary packaging" of the invention described above.
【0025】 [0025]
図4に示してあるように、正常な殺菌作業は次の5個の引き続いた状態またはフェーズから構成されている、即ち、開始フェーズ161、加熱負荷フェーズ162、露出フェーズ163、冷却負荷フェーズ164、およびサイクル完了フェーズ165である。 As is shown in FIG. 4, the normal sterilization work sector is composed of the following five of subsequent states or phases, namely, initiation phase 161, the heating load phase 162, the exposure phase 163, the cooling load phase 164 , and a cycle completion phase 165.
【0026】 [0026]
ノード20が殺菌作業開始状態160、即ち制御装置、殺菌チャンバー、および処理機器を含む殺菌処理ハードウエアーが始動されて動作開始状態になった後、殺菌装置の殺菌チャンバーの温度が処理設定点まで上昇する非常に短い期間、開始フェーズ状態161に移る。 After the node 20 becomes the operation start state sterilization fatal hardware is started including sterilization work start state 160, i.e. the control unit, sterilizing chamber, and processing equipment, temperature rises to the processing set-point of the sterilizing chamber of the sterilizer very short period, moves to the starting phase state 161. 加熱負荷フェーズ162の期間に、殺菌チャンバーは、最適圧力状態下で約122.5℃の最大作動温度に到達する。 During the heating load phase 162, sterilization chamber reaches the maximum operating temperature of about 122.5 ° C. under optimum pressure conditions. 好ましい作動条件では、加熱負荷フェーズ162の期間は約5.5分である。 In a preferred operating conditions, the duration of the heating load phase 162 is about 5.5 minutes. 露出フェーズ期間163中に、図4に示すように、一群のレンズは約31分間殺菌状態にさらされる。 During the exposure phase period 163, as shown in FIG. 4, a group of lenses is exposed to sterilization conditions about 31 minutes. 冷却負荷フェーズ164期間に図4に示すように、温度と圧力が共に下げられることで一群のレンズは約10分間冷やされる。 As shown in FIG. 4 the cooling load phase 164 period, a group of lenses by temperature and pressure are lowered together is cooled to about 10 minutes. 冷却負荷フェーズの後、殺菌装置はサイクル完了フェーズ165に入り、そこでは殺菌処理が正常な条件下で一分以内に殺菌処理を終え、信号167が発せられて殺菌ノードは代替あるいは待機状態159になる。 After cooling load phase, the sterilizer enters the cycle completion phase 165, where completion of the sterilization process within one minute is normal conditions sterilization process sterilizing node signals 167 are emitted alternatively or standby state 159 Become. このフェーズの後、今殺菌されたばかりのレンズは殺菌チャンバーから出る位置に置かれ、菌チャンバーは次の一群のコンタクトレンズが殺菌される前に無負荷あるいは休止状態159に置かれる。 After this phase, the lens just now been sterilized is placed in a position leaving the sterilization chamber, fungi chamber is placed in a no-load or dormant 159 before the next set of contact lens is sterilized.
【0027】 [0027]
図4に示され、以下に詳述されるように、異常なイベント(通信タイムアウト168)が開始サイクル、加熱負荷、露出、冷却負荷、およびサイクル完了フェーズの何れかの機関中に発生した場合、そのフェーズは図4、および、それぞれのライン160a,162a,163a,164a,および165aに示されているように中断され、通信タイムアウトの発生、即ち、殺菌ノードはある指定の期間中、好ましい実施例で言えば60秒毎に約1ライン分のデータの割合で、どんなデータも取得しない。 Shown in FIG. 4, as detailed below, unusual events (communication timeout 168) starts the cycle, heat load, exposure, the cooling load, and if they occur during one engine cycle completion phase, its phase is 4, and the respective lines 160a, 162a, 163a, is interrupted as indicated 164a, and 165a, occurrence of a communication timeout, that is, during a specified period of time sterilization nodes are, preferred embodiments at a rate of about one line of data every 60 seconds in terms of the, any data do not get. タイムアウトを起こしたイベントが修正された場合、信号169が発せられ、殺菌装置モニターノード20は再び殺菌制御装置25からのデータを処理できる。 If the event that caused the time-out has been corrected, the signal 169 is issued, the sterilizer monitoring node 20 can process data from the sterilizer controller 25 again. 殺菌制御装置25は、タイムアウト状態の期間中はデータのやりとりを行っていたのであるから、以下に述べるアルゴリズム中に作られたロジック信号161b,162b,163b,164b,および165bを介して、殺菌装置モニターノード20に適当な殺菌装置フェーズにおいて殺菌モニター処理を再開させる。 Sterilizer controller 25, during the time-out state because it had been subjected to exchange data, via a logic signal produced in the algorithm described 161b, 162b, 163b, 164b, and 165b hereinafter sterilizer resuming the sterilization monitoring process at the appropriate sterilizer phase on the monitor node 20.
【0028】 [0028]
〔殺菌モニター処理〕 [Sterilization monitor processing]
図1および図3に示されているように、殺菌制御装置25は殺菌装置モニターノード20と一方通行の通信を、RS232シリアルインターフェースのアスキーデータストリームを介して行い、殺菌装置モニターノード20は、アークネットハブ99aを介して既存の監視システム100と双方向の通信を行う。 As shown in FIGS. 1 and 3, sterilizer controller 25 to communicate with one way the sterilizer monitoring node 20, performed via the ASCII data stream RS232 serial interface, sterilizer monitoring node 20, the arc It communicates existing monitoring system 100 bidirectionally via the Internet hub 99a. 好ましい実施例において、上記の殺菌フェーズの各々の期間中に、殺菌制御装置25は1ラインの殺菌処理読み取りを、好ましくは毎分1回の頻度で送り出す。 In the preferred embodiment, during each of the sterilization phase, sterilization controller 25 sterilized reading of one line, preferably sends at a frequency of once per minute. 以下に詳述するようにアラーム条件が存在している場合は、殺菌制御装置25は2秒に1回の頻度で1ライン分のデータを生産し同報通信を行う。 If the alarm condition is present as detailed below, sterilization controller 25 produced by performing broadcast communication data of one line in a frequency of once every two seconds.
【0029】 [0029]
図1と図3に関しては、一般に殺菌装置モニター処理を制御するための殺菌装置モニターノード20システムからの、およびそれへのデータの流れを図示する。 Referring to Figure 1 and Figure 3, generally from sterilizer monitoring node 20 system for controlling the sterilizer monitoring process, and illustrates the flow of data to it. 上記のように、アルゴリズムは殺菌モニターノード20処理モジュールの各々、即ち、殺菌通信サーバー50および殺菌サーバー60により実行され、殺菌装置からの全てのデータ情報出力の受動モニターが可能になり、かつ既存の監視システム100のデータ取得および解析ノードへのデータの通信が可能になる。 As described above, the algorithm each sterilization monitor node 20 processing module, i.e., is performed by sterilizing communication server 50 and sterilization server 60, all data information output of the passive monitor from sterilizer allows, and the existing communication of data to the data acquisition and analysis node of the monitoring system 100 is enabled. 殺菌制御装置25から生成された全ての情報はデータ取得のため殺菌モニターノード20の殺菌通信サーバー50へ連続して入力される。 All information generated from the sterilizing controller 25 is input continuously to sterilize the communication server 50 of the sterilization monitor node 20 for data acquisition. 特に、殺菌制御装置25は殺菌処理の各フェーズの期間に連続データの完全ラインを殺菌通信サーバー50への同報通信を行う。 In particular, sterilizing the controller 25 performs the broadcast communication a full line of consecutive data periods for each phase of the sterilization process to sterilize the communication server 50. データの各ラインは12の殺菌処理可変データ形式、アラーム条件を記述したアラーム情報データ、またはテキスト形式の多数の文字から構成される。 Sterilization variable data format of each line of data 12 consists of a number of characters in the alarm information data or text format, describing the alarm condition. 殺菌サーバー60は殺菌通信サーバー50により取得した入力データを処理するデータ処理機能を組み込んで、以下に詳述するように殺菌作業ファイルとレポート75、フェーズファイルとレポート85、エラーログファイル95等を作成する。 Disinfection server 60 incorporates a data processing function for processing input data obtained by sterilizing the communication server 50, creating sterilization working file and reports 75, phase file and reports 85, the error log file 95 or the like as described in detail below to.
【0030】 [0030]
加えて、以下に詳述するように、次の付加情報、即ち、既存の監視システム100の統計サーバー225から入力されるロット番号情報、および連続通信タイムアウトを検出するために殺菌ノード20のタイムサーバー70により周期的に作成される時間間隔ウエークアップデータは、殺菌サーバーモジュール60へ入力される。 In addition, as described in detail below, the following additional information, i.e., time server existing lot number information input from the statistics server 225 of the monitoring system 100, and sterilization node 20 to detect a continuous communication timeout time interval wakes up data that is created periodically by 70 is input to the sterilization server module 60. 殺菌サーバープロセッサー60は、特にリアルタイムの生の殺菌処理測定データは言うまでもなく上記のデータを処理し、以下のものを生成する、即ち、統計サーバー225(図1)による記憶と引き続く報告用の殺菌作業番号、アラーム制御サーバー229(図1)へ入力するためのアラームメッセージ、ハードディスクファイル23(図3)に記憶するための殺菌処理の特定フェーズ毎の情報を含んだ殺菌フェーズファイルデータ、以下にに詳述する殺菌作業レポートを引き続き作成するために磁気ハードディスク記憶装置23へ入力される殺菌作業レポートファイル情報、および既存の監視制御システム100(図1)の制御サーバー228へ入力される殺菌パラメータ値情報である。 Sterilizing the server processor 60, especially to process real-time raw sterilization measurement data, not to mention the above data to generate the following, namely, statistical server 225 sterilization operations for reporting and subsequent storage by (Figure 1) number, alarm control server 229 the alarm messages for entering into (1), a hard disk file 23 sterilizing phase file data including information of each specific phase of the sterilization process to be stored in (3), the following more in sterilization parameter value information to be inputted to the control server 228 of the sterilization work report file information is input to the magnetic hard disk storage 23 in order to continue creating sterilization work report that predicate, and existing monitoring and control system 100 (FIG. 1) is there. 上記の殺菌データ処理機能の各々は以下に詳述する。 Each of the above sterilizing data processing functions will be described in detail below.
【0031】 [0031]
〔殺菌通信処理〕 [Sterilization communication processing]
セル作業システムは、データを受け取ったとき殺菌通信サーバー50を実行するように構成される。 Cell working system is configured to perform the sterilizing communication server 50 when receiving the data. 図5(a)と図5(b)殺菌通信データ取得処理50を図示している。 Figure 5 (a) and illustrates the FIG. 5 (b) sterilizing the communication data acquisition processing 50. セル作業殺菌通信サーバー50の最初のステップは、ステップ110として示してあるように、シリアルポートハードウエアーを初期化することである。 The first step in the cell work sterilizing communication server 50, as shown as step 110, is to initialize the serial port fatal hardware. 次に、ステップ113でシリアルポートが通信用に開かれ入力データバッファー(図示されず)がフラッシュされる。 Then, serial port (not shown) opened input data buffer for communication in step 113 is flushed. 次に、ステップ115では、「ライン取得」機能は殺菌制御装置から1ライン分のシリアルデータを一度に1文字取得するために、無限ループにより呼び出される。 Next, in step 115, "line acquisition" function serial data of one line from the sterilizing controller to obtain one character at a time, is called by an infinite loop. 特に、図5(b)に示してあるように、最初のステップ124で現在の文字カウントが0に初期化される。 In particular, as is shown in FIG. 5 (b), current character count in the first step 124 is initialized to 0. 次のステップ126で文字カウントが入力バッファー(図示されず)のサイズと比較される。 Next character count at step 126 is compared with the size of the input buffer (not shown). 文字カウントが入力バッファーのサイズより大きい場合は、エラーメッセージがステップ127で印刷され、文字処理のために戻されない(ステップ128)。 If the character count is greater than the size of the input buffer, an error message is printed at step 127, not returned to the character processing (step 128). 文字カウントが入力バッファーのサイズより小さい限り、段階131と133が実行され、それぞれ次の文字が検索され(ステップ131)、文字がファイル文字の最後であるかどうかを確認するためにその文字がファイル文字と比較される(ステップ133)。 Unless the character count is less than the size of the input buffer, step 131 and 133 is executed, the respective search the next character (step 131), the characters to the character to see if it is the last file character file It is compared with the character (step 133). その文字がファイル文字の最後でなければ、その文字はステップ135で入力バッファーにセイブされ、文字カウントはステップ138で増加し、その文字がステップ140でライン文字の最後であったかどうかの確認がおこなわれる。 If the character is not the last file character, the character is western input buffer at step 135, the word count is incremented at step 138, check whether the character is the last line character in step 140 is performed . その文字がライン文字の最後であれば、処理は入力ライン(ステップ141)の文字数を戻し、そのラインのデータは殺菌サーバーのメイルボックス、即ち図5(a)に示されるようにステップ155でバッファー位置へ送られる。 If the character is the last line character, the process returns the number of characters in the input line (step 141), the buffer in step 155 as the data of the line is shown in the mailbox of the sterilization server, ie FIGS. 5 (a) It is sent to the position. 現在の文字がファイル文字の最後であると決まれば、これは重大なエラーが発生したことを示している。 If Kimare current character is to be the last of file character, which indicates that a serious error has occurred. これはシリアルラインが断線して再び接続されたときに発生するかも知れない。 This may occur when the serial line is connected again disconnected. それゆえに、ステップ133で現在の文字がファイル文字の最後であると決まった場合、図5(b)のステップで直列機器は閉じ、再開し、そして初期化される。 Therefore, the current character at step 133 if a fixed and it is the last file character, closed series equipment in steps of FIG. 5 (b), the resume and initialized. ステップ145において、シリアルポートが開いたときエラーが発生したかどうかについての決定が行われる。 In step 145, determination of whether an error occurred when the serial port is opened is performed. エラーが発生していない場合、文字は処理のために戻されない(ステップ146)。 If the error has not occurred, the character is not returned for processing (step 146). エラーが発生している場合、エラーメッセージがステップ149で印刷され殺菌通信処理60はステップ152でアボートする。 If an error occurs, an error message is printed at step 149 sterilization communication process 60 is aborted at step 152.
【0032】 [0032]
〔殺菌サーバー処理〕 [Sterilization server processing]
図6は、エレメント250として示されている殺菌サーバーQNXメイルボックスシステムから構成される殺菌サーバー処理60の主な機能ブロックを図示する。 Figure 6 illustrates the major functional blocks of the constructed sterilization server process 60 from the sterilization server QNX Mailbox system shown as elements 250. QNXメイルボックスシステムは、ノードのための第一次的メッセージ経路指定エンジンで、殺菌ノード20における各サーバーはコマンドまたはデータメッセージを受け入れて送るメイルボックスを有する。 QNX mailbox system, the first-order message routing engine for a node, each server in the sterilization node 20 has a mailbox for sending and receiving commands or data message. メッセージのソースにより、殺菌サーバー処理60は図6に示され、かつ以下にさらに詳しく説明する三つの機能の「コマンド開始機能」(startCmdFunc)260、「メイルボックスからの殺菌データ取得機能」(getSteriDataFromMbx )260、および「コマンド呼び起こし機能」(wakeUpCmdFunc )280の何れかを実行する。 The source of the message, sterilizing the server process 60 is shown in FIG. 6, and "command start function" of the three functions described in more detail below (startCmdFunc) 260, "sterilization data acquisition function from mailbox" (getSteriDataFromMbx) 260, and executes one of "command wake up function" (wakeUpCmdFunc) 280.
【0033】 [0033]
セル作業システムは、それが開始されると、殺菌サーバー処理60開始のコマンドを受け取るとコマンド開始機能260を実行するように構成される。 Cell working system, when it is started, configured to execute the command start function 260 receives a sterilizing server process 60 starts command. この機能は、殺菌サーバー60とそこの内部変数が初期化され全てのQNX通信メイルボックス(図示されず)が立ち上げられることを確認する。 This feature, which internal variables and sterilization server 60 to verify that all of the QNX communication mailboxes are initialized (not shown) is raised. 加えて、エントリーエラーログファイル95(図3)に置かれてシステムが開始し、所定の時刻にタイムサーバー70からの今後のウエークアップメッセージが要求されていることを示す。 In addition, placed in the entry error log files 95 (FIG. 3) starts the system, indicating that the future wakeup messages from the time server 70 at a predetermined time is required.
【0034】 [0034]
セルワークシステムは、殺菌通信処理50からの完全ラインのデータから成るメッセージが殺菌サーバーメイルボックスに現われるときは、いつでも「メイルボックスからの殺菌データ取得機能」(getSteriDataFromMbx )機能ブロック270の呼び出しが実行されるように構成される。 Cells work system, when a message consisting of the data of a complete line from sterilization communication process 50 appears at the sterilization server mail box at any time "bactericidal data acquisition function from mailbox" (getSteriDataFromMbx) call of function block 270 is executed configured so that. 「メイルボックスからの殺菌データ取得機能」(getSteriDataFromMbx )機能ブロック270は、メイルボックスからのメッセージをローカル殺菌サーバー入力バッファー(図示されず)にコピーし、そのメッセージの処理を開始するように働く。 "Bactericidal data acquisition function from mailbox" (GetSteriDataFromMbx) function block 270, copies the message from the mailbox to the local disinfection server input buffer (not shown), serve to begin processing the message. 加えて、正しいメッセージラインの終りが存在するかどうかを決めるためのチェックが行われる。 In addition, a check is to determine whether there is the end of the correct message line is carried out. 「メイルボックスからの殺菌データ取得機能」(getSteriDataFromMbx )機能ブロック270は、正しいメッセージラインの終りが存在する場合のみ、殺菌モニターから送られた殺菌データ情報ラインの性質を決めるために「ライン特徴付け」(characterizeLine)アルゴリズム300を呼び出す。 "Bactericidal data acquisition function from mailbox" (getSteriDataFromMbx) function block 270, only if there is the end of the correct message line, in order to determine the nature of the sterilization data information line sent from the sterilization monitor "line characterization" call the (characterizeLine) algorithm 300. 以下に述べるように、殺菌データ情報ラインの性質を決めること、およびこのデータの処理には、以下の機能の1乃至は2個が含まれる。 As described below, to determine the nature of the sterilization data information lines, and the processing of this data, first to the following functions are included two. 即ち、ブロック440として示されている「テキスト評価ライン」(evalTextline)、ブロック405として示されている「処理データライン(processDataLine )、ブロック500として示されている「処理アラームライン」(processAlarmLine)、ブロック320として示されている「オープン殺菌作業レポート」(openSteriRunReport)、およびブロック550として示されている「更新アラーム状態」(updateAlarmStatus) である。 That is, shown as block 440 "Text evaluation line" (evalTextline), "processed data lines are shown as block 405 (processDataLine)," processing alarm line is shown as a block 500 "(processAlarmLine), block It is shown as 320 "open sterilization working report" (openSteriRunReport), and is shown as a block 550 "update alarm condition" (updateAlarmStatus).
【0035】 [0035]
図7に示されているように、「ライン特徴付け」(characterizeLine)アルゴリズム300の最初のステップ302は、起こり得る通信タイムアウトの検出に役立てるために現在の時刻を記録することである。 As shown in Figure 7, the first step 302 of the "line characterization" (characterizeLine) algorithm 300 is to record the current time to aid in the detection of possible communication timeout. 次のステップ304はラインのデータを送り、1つのラインのデータとしてラインの特徴づけと抵触できた殺菌モニターにより送られた見せかけのプリンター制御文字を取り除く。 The next step 304 sends the data in the line to remove spurious printer control characters sent by the sterilization monitor that could conflict as data of one line and the line characterization. 次に、ステップ306で、そのラインに何か印刷可能な文字が存在したかどうか、また殺菌装置作業レポートファイル85が開いていたかどうかが決定される。 Then, in step 306, whether or not something printable characters in the line were present, and whether sterilizer work report file 85 is open is determined. そのラインに印刷可能な文字が存在し、殺菌装置作業レポートファイルが開かれていなかった場合、「オープン殺菌作業レポート」(openSteriRunReport)("steri run report")ファイルアルゴリズムがステップ320で実行される。 There are printable characters in the line, when the sterilizer work report file has not been opened, "open sterilization work report" (openSteriRunReport) ( "steri run report") file algorithm is executed in step 320. 殺菌装置作業レポートを開く手順は図20に示されており、冗長チェックとして最初のステップ322で殺菌装置作業レポートファイル85がすでに開いているかどうかが決定される。 To open the sterilizer work report is shown in Figure 20, whether sterilizer work report file 85 in the first step 322 is already open is determined as a redundant check. 殺菌装置作業レポートファイルが開かれている場合、処理は「ライン特徴付け」(characterizeLine)処理のステップ308へ戻る(図7)。 If sterilizer work report file is opened, the process returns to the "line characterization" (CharacterizeLine) process of step 308 (FIG. 7). ファイルが開かれていない場合、ステップ330で殺菌装置作業レポートファイルが開く前に以下に示すステップが実施される。 If the file is not open, step described below is carried out prior to opening the sterilizer work report file at step 330. 即ち、先ずステップ324で、殺菌装置の各フェーズの各変数に対する最少、最大値が初期化される。 That is, first in step 324, minimum and maximum values ​​are initialized for each variable for each phase of the sterilizer. それから、ステップ326では、以下に詳細に述べるフェーズ期間を後で計算するために、フェーズ毎に退避した開始と終了時刻が初期化される。 Then, in step 326, for later calculating the phase period as described in detail below, start and end time saved in each phase are initialized. 次にステップ328で、初期作業レポートファイルが示されているように現在の日時、「date time RPT 」から構成されるデフォルト名で立ち上げられる。 Next, at step 328, initial work report file is that as in the current indicated date and time, is launched with a default name consists of "date time RPT". ステップ330では、作業レポートファイルが開かれる。 In step 330, the work report file is opened. レポートファイルを開くとエラーが発生することがステップ332で確認された場合、ステップ334では、好ましい実施例では再試行ファイルが立ち上げられ15分毎に開かれ、そしてステップ336でエラーはログレポートファイルに記録される。 If it is confirmed at step 332 that an error occurs when opening a report file, in step 334, it is opened every 15 minutes retry file is raised in the preferred embodiment, and the error log report file in step 336 It is recorded in the. 段階332ではレポートファイルを開いたときエラーが発生しなかった場合、以前に入ったロット番号を統計サーバーからこの処理へ送るように要求され、この処理はライン特徴付けアルゴリズムへ戻る(図7)。 If an error when you open the stage 332 report file not occur, is requested to the lot number entered previously sent from the statistics server to this process, the process returns to the line characterization algorithm (Figure 7).
【0036】 [0036]
殺菌装置作業レポートファイルが図7ですでに開かれている場合、通信タイムアウト検出はステップ308で可能である。 If sterilizer work report file is already open in Figure 7, the communication timeout detection is possible in step 308. そのアルゴリズムはその場合、ステップ310においてラインは次の形式の時間記号で始まる。 The algorithm that case, the line at step 310 begins at time symbols of the form.
hh:mm:ss(hours,minutes,seconds) hh: mm: ss (hours, minutes, seconds)
【0037】 [0037]
そのラインがそのような時間記号で始まった場合、processDataLine アルゴリズムは、ステップ405で実施されデータラインが殺菌装置フェーズデータの12個の変数を含んだ処理変数データを含むことを示している。 If the line is started at such time symbols, ProcessDataLine algorithm, the data line is performed at step 405 is shown to contain a processing variable data including twelve variables sterilizer phase data. さもなければ、ステップ312で、アラーム条件が存在するかどうかについての決定が行われる。 Otherwise, at step 312, a determination as to whether an alarm condition exists is performed. アラーム条件が存在する場合、preoessAlarmLineアルゴリズムはアラームデータを処理し既存の監視システム100のアラーム制御サーバーを更新するため、ステップ500で実施される。 If the alarm condition exists, PreoessAlarmLine algorithm for updating the alarm control server existing monitoring system 100 processes the alarm data is performed in step 500. データラインが本質的にテキストどおりであれば、evalTextLineアルゴリズムがテキストデータを処理するために実施される。 If the data lines are inherently text exactly, EvalTextLine algorithm is performed to process the text data. 入力ラインの処理が完了しているときは常にupdateAlarmStatus 処理がステップ550で呼び出され、アラーム状態が変更したかどうかをチェックする。 Is always updateAlarmStatus process when the processing of the input line has been completed is called in step 550, it is checked whether or not to change the alarm state.
【0038】 [0038]
図8はデータラインからの殺菌フェーズデータの12個の変数を処理するためのprocessDataLine アルゴリズム405を示す。 Figure 8 shows a processDataLine algorithm 405 for processing the 12 variables sterilization phase data from the data line. ステップ407でラインから残っている他の全ての文字を取り去った後、データラインはステップ409で殺菌作業レポートへ加えられる。 After removing all other remaining characters from the line in step 407, the data line is applied to the sterilization work report at step 409. 次に、getDataLinetime アルゴリズムはステップ410で実施され、5個の殺菌フェーズの各々に対して前回の殺菌フェーズのフェーズ停止時刻に加えて現在の動作フェーズの開始時刻が適当なフェーズファイルに記録されていることを確認する。 Next, GetDataLinetime algorithm is performed in step 410, the start time of the current operating phase is recorded in the appropriate phase file for each of the five sterilization phase in addition to the phase stop time of the previous sterilization phase confirm the. 次にステップ412で現在のデータラインの12個の処理可変値が隔離されテキストとして保管される。 Then 12 process variable values ​​of the current data line in step 412 is stored as text isolated. それから、convertAndDoMinMaxアルゴリズムが殺菌処理読み取りの各々をテキスト形式から浮動少数点形式へ変換し、現在の殺菌フェーズに対して12個変数の各々に対する最大最小値を更新するためステップ420で呼び出される。 Then, each convertAndDoMinMax algorithm is sterilized read converted from text form into floating point format, called in step 420 to update the maximum and minimum values ​​for each of the twelve variables for the current sterilization phase. ステップ425で、フェーズファイルの変数を更新する時機かどうかを決定する。 In step 425, to determine whether or not the timing to update the variables in the phase file. 更新しない場合は、処理はステップ427で示したようにcharacterizeLineアルゴリズムへ戻る。 If not updated, the process returns to characterizeLine algorithms as indicated in step 427. 変数を更新する時機ならば、ステップ430でメッセージは定式化され既存の監視制御システム100の制御サーバー228へ送られ、12個の浮動処理変数が表示、傾向分析、および上記の米国係属特許出願08/257,800に詳しく述べているような方法で技術データベースに含めることに利用できるようにする。 If timing of updating the variable, the message in step 430 and sent formulated to control the server 228 for an existing monitoring and control system 100, twelve floating process variables displayed, trend analysis, and the above U.S. pending patent applications 08 / to be available to be included in the technical database in such a way that detailed in 257,800. それからステップ435で現在の殺菌装置フェーズが加熱負荷、露出、サイクル完了、または冷却負荷フェーズにあるかどうかが決定される。 Then the current sterilizer phase heat load in step 435, the exposure, whether the cycle is completed, or the cooling load phase is determined. 殺菌装置がこれらの3つのフェーズの1つにある場合、makePhaseFileEntry処理がステップ440で呼び出される。 If the sterilizer is in one of these three phases, MakePhaseFileEntry process is invoked in step 440. 殺菌装置がこれらの3つのフェーズの1つにない場合、処理は呼び出しcharacterizeLineアルゴリズム280へ戻る。 If sterilization device is not in one of these three phases, the process returns to the calling characterizeLine algorithm 280.
【0039】 [0039]
図9に示すように、makePhaseFileEntry処理440は処理データラインアルゴリズム405から呼び出され、エントリー用処理変数情報を対応フェーズファイルのラインとして書式化する。 As shown in FIG. 9, MakePhaseFileEntry process 440 is called from the processing data line algorithm 405, to format the entry for process variable information as a line of the corresponding phase file. 好ましい実施例においては、4個の主な殺菌フェーズの各々に対してディスク上に1つの別々のフェーズファイルがある。 In a preferred embodiment, there is one separate phase file on disk for each of the four major sterilization phases. 新しいエントリーが作られると、それは適当なフェーズファイルの最後に次のように加えられる。 When a new entry is created, it is added in the following manner at the end of the appropriate phase file. 即ち、先ずステップ445において処理データが殺菌装置の動作の最初から得られたものかどうかが決められる。 That is, first processed data in step 445 whether the obtained from the initial operation of the sterilizer is determined. そうでない場合は、その処理はステップ445でprocessDataLine アルゴリズムへ戻る。 Otherwise, the process returns to processDataLine algorithm in step 445. 現在のフェーズが、開始サイクルが始まった場合、以下の情報はライン形式で収集される。 Current phase, if the start cycle began, the following information is collected by the line format. 即ち、ステップ448において現在のロット番号、ステップ451において殺菌装置の作業番号、ステップ452において日付、ステップ454において時間、ステップ456においてアラーム条件は現在存在するかどうかを伝える表示、およびステップ458においては現在の殺菌装置の作業に対する現在の12個の処理値である。 In other words, the current lot number in step 448, work number of sterilization equipment in step 451, time date, in step 454 in step 452, an alarm condition in step 456 is displayed to tell whether the current is present, and in step 458 the current is the current 12 processing values ​​for the work of the sterilizing apparatus. 最後に、ステップ460においてはそのライン全体が現在のフェーズファイルへ書き込まれる。 Finally, in step 460 the entire line is written to the current phase file.
【0040】 [0040]
図32は、殺菌フェーズ情報を記憶するための上記のフェーズファイル876のエントリーを示す。 Figure 32 shows the entries of the phase file 876 for storing the sterilizing phase information. 図32の表における各行はフェーズファイルにおける1エントリーを表わす。 Each row in the table of FIG. 32 represents one entry in phase file. ロット番号は監視制御装置のオペレータステーション230(図1)のオペレータにより入力され、「モード」エントリーは殺菌制御装置がその時点でアラームを表示したかどうかを指示する単一文字である。 Lot number is entered by the operator of the operator station 230 of the supervisory control device (FIG. 1), "mode" entry is a single character that indicates whether sterilization control apparatus displays the alarm at the time.
【0041】 [0041]
図7に示してあるように、処理がcharacterizeLineアルゴリズムへ戻ったとき、もし殺菌制御装置から得たデータがアラームデータでも処理変数データでもない場合、evalTextLineがステップ450で呼び出されテキストラインを処理する。 As is shown in Figure 7, when the process is returned to characterizeLine algorithm, if the data obtained from the sterilization controller may not be a process variable data in the alarm data, EvalTextLine handles called text line at step 450.
【0042】 [0042]
図10と図11は、入力データラインからのテキストデータを処理するためのevaluateTextline処理450を示す。 10 and 11 show a evaluateTextline process 450 for processing the text data from the input data lines. 評価テキストライン処理の最初のステップ461では残っているプリンター制御文字の全てをラインから取り除き、ステップ462ではラインを殺菌作業レポートへ加える。 All of the printer control characters ratings remain in the first step 461 of the text line processing removed from the line, add the line in step 462 to the sterilization work report. ステップ463ではテキストが殺菌装置の動作の開始を指示しているかどうかを決定する。 In step 463 the text to determine whether the instruction to start operation of the sterilizing apparatus. もし指示していることがわかれば、StartOfRunEvent 手順がステップ465で呼び出され、図12に示すように以下のステップを実行する。 Knowing that instructs If, StartOfRunEvent procedure is called at step 465, to perform the following steps as shown in FIG. 12. 即ち、先ずステップ467でエラーログ95(図3)へのエントリーが行われて殺菌装置の動作が始まったことを示す。 That indicates that the first operation of the entry performed by sterilizer in step 467 to the error log 95 (FIG. 3) is started. それからステップ468では、フラッグが設定されて現在の動作が最初(殺菌装置動作の開始)から始まったことを示し、そしてステップ469で現状は動作状態の開始であることを示す。 In Then step 468, the flag indicates that it is set to the current operation began first (start of sterilizer operation), and indicating that the current state is the start of the operating state at step 469. 次に図12のステップ470で殺菌装置現状は動作開始であり、次のデータラインを特徴づけるために処理が戻るというメッセージが既存の監視システムの制御サーバーへ送られる(図7)。 Then sterilizer situation in step 470 of FIG. 12 is the start operation, the message processing to characterize the next line of data is returned is sent to the control server of an existing monitoring system (Fig. 7).
【0043】 [0043]
図10において、テキストが殺菌装置動作の開始をステップ463で示していなかった場合、ステップ464でテキストが開始フェーズの始まりを指示するかどうかの決定が行われる。 10, if the text was not indicates the start of sterilizer operation at step 463, determines whether to instruct the start of the text starting phase in step 464 is performed. テキストが殺菌装置動作の開始フェーズを示した場合、doStartPhaseEvent 手順がステップ465で呼び出され現状は殺菌開始フェーズであるというフラッグを設定し、次のデータラインを特徴づけるために処理が戻る前に現状は殺菌装置開始フェーズ状態であるというメッセージを既存の監視システムの制御サーバーへ送る(ステップ550、図7)。 If the text indicates the beginning phase of the sterilizer operation, current doStartPhaseEvent procedure is called at step 465 sets a flag that is a sterilizer start phase, the current situation before treatment to characterize the next line of data is returned Send a message sterilizer is the start phase state to the control server of an existing monitoring system (step 550, FIG. 7).
【0044】 [0044]
テキストが殺菌装置動作の開始フェーズをステップ464で示さなかった場合、ステップ471でテキストが殺菌装置加熱負荷フェーズの始まりを指示するかどうかの決定がなされる。 If the text did not show the starting phase of the sterilizer operation at step 464, the text in step 471 determines whether to instruct the start of the sterilizer heating load phase is performed. テキストが殺菌装置加熱負荷フェーズの始まりを示した場合、doHeatLoadPhaseEvent手順がステップ472で呼び出され、現状は殺菌加熱負荷フェーズの始まりであるというフラッグを設定し、殺菌装置の現状は加熱負荷フェーズであるというメッセージを既存の監視システムの制御サーバーへ送る。 If the text indicates the beginning of the sterilizer heat load phase, that doHeatLoadPhaseEvent procedure is called at step 472, current is set a flag that is the beginning of the sterilizing heat load phase, the current state of the sterilizer is heated loading phase Send a message to the control server of the existing monitoring system. 加えて、HeatLoadフェーズファイルがそこへデータを書き込むために、開かれ、手順は次のデータラインを特徴づけるために戻る。 In addition, in order to write the data HeatLoad phase file to it, it is opened, the procedure returns to characterize the next line of data.
【0045】 [0045]
ステップ471でテキストが加熱負荷フェーズの始まりを指示しなかった場合、ステップ473でテキストが殺菌装置露出フェーズの始まりを指示するかどうかの決定が行われる。 If the text did not indicate the beginning of the heating load phase at step 471, the text in step 473 determines whether to instruct the start of the sterilizer exposure phase is performed. テキストが殺菌装置露出フェーズの始まりを指示した場合、doExposurePhaseEvent手順がステップ474で呼び出され、現状は殺菌装置露出フェーズの始まりであるというフラッグを設定し、現状は殺菌装置露出フェーズであるというメッセージを既存の監視システムの制御サーバーへ送る。 If the text has instructed the start of sterilizer exposure phase, DoExposurePhaseEvent procedure is called at step 474, current is set a flag that is the beginning of the sterilizer exposure phase, existing messages that situation is sterilizer exposure phase letter to the control server of the monitoring system. 加えて、次のデータラインを特徴づけるために処理が戻る前に、加熱負荷フェーズファイルは閉ざされ、露出フェーズファイルがそこへデータを書き込むために開かれる。 In addition, before the processing returns to characterize the next line of data, the heating load phase file is closed, is opened in order to write data exposure phases files to it.
【0046】 [0046]
テキストが殺菌装置露出フェーズの始まりをステップ473で指示しなかった場合、ステップ475でテキストが殺菌装置サイクル完了フェーズの始まりを指示するかどうかの決定が行われる。 If the text did not indicate the beginning of the sterilizer exposure phase at step 473, the text in step 475 determines whether to instruct the start of the sterilizer cycle completion phase is performed. テキストが殺菌装置サイクル完了フェーズの始まりを指示する場合は、doCycComplPhaseEvent手順がステップ478で呼び出され、現状は殺菌装置サイクル完了フェーズであるというフラッグを設定し、現在の殺菌装置の状態が加熱負荷フェーズであるというメッセージを既存の監視システムの制御サーバーへ送る。 If the text to indicate the beginning of the sterilizer cycle complete phase, DoCycComplPhaseEvent procedure is called at step 478, current is set a flag that is a sterilizer cycle complete phase, at the current state of the sterilizer heat load phase It sends a message that there is to the control server of the existing monitoring system. 加えて、次のデータラインを特徴づけるために、処理が戻る前に、冷却負荷フェーズファイルは閉ざされサイクル完了フェーズファイルがそこへデータを書き込むために開かれる。 In addition, in order to characterize the next line of data, before the process returns, the cooling load phase file is opened for writing data thereto is closed cycle completion phase file. それから、次のデータラインを特徴付けるために処理は図7のステップ550へ戻る。 Then, the process in order to characterize the next line of data is returned to step 550 of FIG.
【0047】 [0047]
テキストがステップ477で殺菌サイクル完了フェーズの始まりを指示しなかった場合、ステップ479でテキストが殺菌装置動作の終わりを指示するかどうかの決定が行われる。 Text If you did not indicate the beginning of the sterilization cycle completion phase at step 477, the text in step 479 a determination of whether or not to indicate the end of the sterilization equipment operation is carried out. もしテキストが殺菌装置動作の終わりを指示する場合は、doEndOfRunEvent 手順がステップ480で呼び出され、図13に示してあるように以下のステップを実行する。 If the text to indicate the end of sterilizer operation, DoEndOfRunEvent procedure is called at step 480, to perform the following steps as is shown in FIG. 13. 先ず、図13のステップ481で殺菌作業が終わったというエントリーがエラーログに作られる。 First, the entry that was over sterilization operations in step 481 in FIG. 13 is made in the error log. それから、ステップ482で現状は殺菌装置動作を示すフラッグが設定される。 Then, current in step 482 is set flag indicating sterilizer operation. 次に図13のステップ483でサイクル完了フェーズファイルは閉ざされる。 Then the cycle complete phase file in step 483 of FIG. 13 will be closed. ステップ484では、最も最近のデータラインの時刻がサイクル完了フェーズの停止時刻として保管される。 In step 484, the time of the most recent data line is stored as the stop time of the cycle completion phase. ステップ485では、finishSteriRunReport手順が呼び出され、以下に詳細に述べるように殺菌作業レポートを作成する。 In step 485, FinishSteriRunReport procedure is called to create a sterilizing work reports as described in detail below. doEndOfRunCleanupsd として示される他の手順がステップ486で実行され、テキストライン処理を終了し以下に詳細に述べるように殺菌作業レポートを印刷する。 Other procedures shown as doEndOfRunCleanupsd is executed at step 486, to print the sterilization work reports as described in detail below and exit the text line processing. 最後に、ステップ487では、次の殺菌作業が何時始まるか分からないので、通信タイムアウト検出ができない。 Finally, in step 487, because the next sterilization work do not know what time begins, it can not communicate timeout detection.
【0048】 [0048]
図10に戻って、もしテキストがステップ479で殺菌装置の動作の終わりを指示しなかった場合、図11のステップ488で現在のテキストラインが日付を指示するかどうかが決められる。 Referring back to FIG. 10, if the text is if you did not indicate the end of the operation of the sterilizer in step 479, the current text line at step 488 of FIG. 11 is determined whether or not to indicate the date. もし現在のテキストラインが日付を指示する場合は、日はステップ489で保管され、処理は戻りテキストラインの手順を評価する。 If the current text line is to indicate the date, the day is saved in step 489, the process returns to evaluate the procedure of the text line. もし現在のラインが日を指示しない場合は、ステップ490で現在のテキストラインがサイクルカウントを含むかどうかを決める。 If if the current line does not indicate the day, decide whether the current line of text, including the cycle count at step 490. 現在のテキストラインがサイクルカウントを含まない場合は、カウントはステップ491で保管され、殺作業番号を作り、殺菌番号を既存の監視システムの制御サーバーへ送るためにmakeSteriRunNumber手順がステップ492で呼び出される。 If the current text line does not contain a cycle count, the count is stored at step 491, to make a killing bacteria work number, makeSteriRunNumber procedure is called at step 492 in order to send a sterilization number to the control server of the existing monitoring system . 好ましい実施例では、殺菌作業番号が、日,殺菌番号,および殺菌装置サイクルカウントの組み合わせとしてまとめられ、YP1NNNNの形を取る。 In a preferred embodiment, sterilization work number, date, sterilization number, and summarized as a combination of sterilizer cycle count in the form of YP1NNNN. ここでYはその年の最後の数字、P1は生産ラインの殺菌装置番号、そしてNNNNは殺菌装置のサイクルカウントである。 Where Y is the last digit of the year, P1 sterilization unit number of the production line, and NNNN is a cycle count of sterilization equipment. 殺菌作業番号が得られたら、処理はライン特徴付けアルゴリズムへ戻る。 When the sterilization work number is obtained, the process returns to the line characterization algorithm.
【0049】 [0049]
現在のラインがサイクルカウントを含まない場合は、ステップ494として示されるようにラインについては何も行われないで、処理は呼び出しライン特徴付けアルゴリズムへ戻る(ステップ550、図7)。 If the current line does not contain a cycle count, not done anything about the line as shown in step 494, processing returns to the calling line characterization algorithm (step 550, FIG. 7).
【0050】 [0050]
図14はシリアルデータラインからのアラームデータを処理するためのprocessAlarmLineアルゴリズム500を示す。 Figure 14 shows the processAlarmLine algorithm 500 for processing alarm data from the serial data line. ステップ502においてラインから他に残っているプリンター制御文字を全て取り除いた後、既知のアラームフレーズのリストをステップ505で探し既知のアラーム条件が存在するかどうかを指示する。 After removing all the printer control characters remaining from line to another in step 502, it indicates whether a known alarm condition exists looking for a list of known alarm phrases at step 505. 以下の表1と表2は各種のアラームフレーズとアラームコードデータを示す。 Table 1 and Table 2 below shows the various types of alarms phrases and alarm code data.
殺菌制御装置からのアラームテキスト アラームコードクリーン蒸気低 1 Alarm text Alarm code clean steam low-1 from the sterilization controller
冷却水低 2 Cooling water low 2
圧縮空気低 3 Compressed air low 3
サイクル打切り 4 Cycle truncation 4
ドア閉まらず 5 Not from closing door 5
ドア密封せず 6 Without door seal 6
ファン故障 7 Fan failure 7
高温 8 High temperature 8
高水位 9 High-water level 9
低温 10 Low temperature 10
圧力超過 11 Pressure exceeded 11
プラント蒸気低 12 Plant steam Low 12
プワー不良 13 Puwa failure 13
圧力センサーエラー 14 Pressure sensor error 14
PT隔離 15 PT isolation 15
SAM故障 16 SAM failure 16
蒸気故障 17 Steam failure 17
温度センサーエラー 18 Temperature sensor error 18
圧力下 19 Under pressure 19
未知アラーム:このコードは認識されて 999 Unknown alarm: This code is recognized 999
いないアラームテキストがある場合に使用する。 To use if there is an alarm text not.
殺菌モニターサーバーが検出した条件 アラームコード殺菌制御装置の通信タイムアウト 01 Communication time-out conditions alarm code sterilization control device sterilization monitor server has detected 01
【0051】 [0051]
アラーム条件が未知の場合、すなわち、ステップ507で相手がアラームデータフレーズとアラームデータフレーズテーブルの間に見つからない場合、未知のアラームが受信されたこと、能動アラーム条件が記録されることがステップ508で既存の監視システムのアラーム制御サーバーに伝えられる。 If the alarm condition is unknown, i.e., if the other is not found between the alarm data phrase and alarm data phrase table at step 507, that an unknown alarm is received, it is in step 508 the active alarm condition is recorded It is transmitted to the alarm control server of the existing monitoring system. そして処理はステップ515に進みアラームラインを殺菌作業レポートへ加える。 Then, the process adds to the sterilization work report the alarm line the process proceeds to step 515. 既知のアラーム条件が存在する場合、すなわちステップ507で相手がアラームデータフレーズとアラームデータフレーズテーブルの間に見つかる場合、ステップ508でアラームがうまく動作するかどうかを示す。 If a known alarm condition exists, that is, when the other party is found between the alarm data phrase and alarm data phrase table at step 507, indicating whether the alarm works well in step 508. 指示計がアラームがうまく動作することを示した場合、それがステップ511で記録され、ステップ515でアラームラインは殺菌作業レポートへ加えられる。 If the indicator showed to work well alarm, it is recorded in step 511, the alarm line in step 515 is added to the sterilization work report. 指示計がアラームがうまく動作することを示さない場合は、ステップ513でアラーム条件が発生したことを既存の監視システムのアラーム制御サーバーへ伝え、能動アラーム条件が存在することが記録される。 If the indicator does not indicate that work well alarm tells that the alarm condition has occurred at step 513 to the alarm control server existing monitoring systems, it is recorded that the active alarm condition exists. 最後に、ステップ515でアラームラインが殺菌作業レポートへ加えられ、処理は呼び出しcharacterizeLineアルゴリズムへ戻る。 Finally, the alarm line is added to the sterilization work report at step 515, the process returns to the calling characterizeLine algorithm.
【0052】 [0052]
上記のように、characterizeLineアルゴリズムを示す図7の観点から、ラインが特徴付けられ、処理変数データ、アラームデータ、またはテキスト形式のデータ情報が処理された後、アラーム状態はupdateAlarmStatus 処理をステップ550で呼び出すことにより更新される。 As described above, calls from the perspective of Figure 7 showing the characterizeLine algorithm, lines have been characterized, process variable data, after the data information of the alarm data or text format, is processed, the alarm state is the updateAlarmStatus process in step 550 It is updated by. 図15はupdateAlarmStatus 機能を詳しく図示する。 Figure 15 is illustrated in detail the updateAlarmStatus function. ステップ552として示される最初のステップは、もし何かアラームを指示している場合、殺菌器制御装置から支給されるパラメータが現在活動状態にあり、かつ上記のように2秒毎にデータラインを送りつつあることを決める。 The first step indicated as step 552, if you are instructed what alarms, parameters paid from the sterilizer controller is in the currently active, and sends the data lines every two seconds, as described above decide that a certain while. その場合、ステップ554でアラームをクリアーするに十分な時間があるかどうかあるいは現在活動中のアラームを強制的にクリアーすべきかどうかを決める。 In that case, decide whether or not whether or should be forced to clear the alarm of the currently active there is enough time to clear the alarm at step 554. もしアラームをクリアーするのに十分な時間が経過していない場合、即ち最後の殺菌器データエントリーとその前のデータエントリーの間のアラーム条件を強制的にクリアーすべきであることを指示している時間が2秒である場合、ステップ556で現在の殺菌器のアラーム状態が設定され、殺菌アラームは活動していないことを指示する。 It instructs that if you are not allowed enough time to clear the alarm, i.e. should forcibly cleared the alarm conditions during the last sterilizer data entry and the previous data entry If the time is 2 seconds, the alarm state of the current sterilizer set at step 556, sterilization alarm to indicate that no active. アラームをクリアーする十分な時間がある場合、即ち最後の殺菌器データエントリーとその前のデータエントリーの間のアラーム条件を強制的にクリアーすべきでないことを指示している時間が2秒以上ある場合、ステップ559で通信タイムアウトアラームが活動しているかどうか、および最近のデータが入力されているかどうかが決定される。 If there is enough time to clear the alarm, i.e. if the last sterilizer data entry and the time that instructs not to be forced to clear the alarm condition between the previous data entry is equal to or more than 2 seconds whether communication timeout alarm in step 559 is active, and whether recent data has been entered is determined. 上記のように、データが1分以上の間隔で受け取られた場合、たとえばシリアルデータラインが一時的に切り離された場合、通信タイムアウトが発生する。 As described above, when data is received at intervals of more than one minute, for example, when the serial data line is temporarily disconnected, the communication timeout occurs. 通信タイムアウトアラームが活動しておりかつ最近のデータが入力されている場合は、ステップ561で現在の通信アラーム状態は強制的に通信アラームは活動していないことを指示し、そのような指示を提供するよう設定される。 If the communication timeout alarm is active to have and recent data is input, the current communication alarm condition forced Communication alarm at step 561 indicates that not active, provides such an indication It is set to. 通信タイムアウトアラームが活動しておらずかつ最近のデータが入力されていない場合、たとえば殺菌作業の終わりである場合は、ステップ563で全てのアラームがクリアーされるかどうかが決められる。 If the communication time-out alarm has not been to yet not and recent data is input activities, if, for example, is the end of the sterilization work, whether or not all of the alarm is cleared is determined in step 563. 全てのアラームが現在クリアーされている場合は、ステップ565でメッセージが既存の監視システムのアラーム制御サーバーへ送られ、全ての殺菌器関連アラームをリセットする。 If all alarms are currently cleared, the message is sent to the alarm control server existing monitoring system in step 565, to reset all sterilizer related alarms. そうでないと、全てのアラームがクリアーされないとプログラムは呼び出しライン特徴付け処理へ戻る。 Otherwise, if all of the alarm does not clear the program returns to the calling line characterization process.
【0053】 [0053]
図13へ戻って、ステップ485でfinishSteriRunReport485は殺菌器動作が検出されたとき呼び出される。 Returning to FIG. 13, step 485 in finishSteriRunReport485 is invoked when a sterilizer operation is detected. 図16に示されているように、finishSteriRunReport手順の最初のステップ610は現在の動作が最初(殺菌器の動作の開始)から始まったことを示すフラッグが、上記のようにステップ468,図12に関して設定されていたかどうかを決める為にある。 As shown in Figure 16, the first step 610 of finishSteriRunReport steps flag indicating that the current operation is started from the beginning (the beginning of the operation of the sterilizer) is, step 468 as described above with respect to FIG. 12 there in order to decide whether or not has been set. サイクルが殺菌作業の最初から始まっていることを示すフラッグが設定されない場合、ステップ612でラインが1つデータが不完全であることを示す殺菌作業レポートへ加えられ、ステップ614でデータが不完全であることを示すエラーログにエントリーが作られる。 If the cycle is not set the flag indicating that the start on the first sterilization operations, applied to the sterilization work report indicating that the line in step 612 is incomplete one data, the data in step 614 is incomplete entry is made in the error log that indicates that there is. そして処理はステップ617に対して再開される。 Then, the process is restarted with respect to step 617. サイクルが殺菌作業の最初から始まっていることを示すフラッグが設定されている場合、ステップ611で殺菌作業番号が殺菌作業レポートへ加えられる。 If the flag indicating that the cycle is started from the first sterilization work has been set, sterilization operation number is added to the sterilization work report at step 611. 次に、ステップ613で4つの主な殺菌フェーズのどれかが現在の動作に欠けている場合は、データが不完全であることを示す殺菌作業レポートへ1ラインが加えられ(ステップ612)、データが不完全であることを示すエラーログに対してエントリーが作られる(ステップ614)。 Then, if any of the four major sterilization phases in step 613 is lacking in the current operation, the data is one line is added to the sterilization work report indicating that it is incomplete (step 612), data entry is made for the error log indicating that is incomplete (step 614). 4つの主な殺菌フェーズのどれも現在の動作に欠けていない場合は、ステップ615で、データが完全であることを示す殺菌作業レポートへ1ライン追加される。 If none of the four major sterilization phases not lacking in the current operation, in step 615, the data is one line added to the sterilization work report indicating that it is complete. 図16にステップ617で示される次のステップは、殺菌制御装置が図14のステップ511で上に述べたように有効サイクルを指示する成功動作アラームを発したかどうかを決める為にある。 The next step represented by step 617 in FIG. 16, in order to determine whether issued a successful operation alarms sterilizing controller signals the valid cycle as described above in step 511 of FIG. 14. 有効サイクルを指示する成功動作アラームが殺菌制御装置により作られている場合、ステップ619で動作が成功であったことを示す殺菌作業レポートファイルへ1ライン加えられる。 If successful operation alarm indicating a valid cycle is made by sterilizing the controller, it is added 1 line to the sterilization work report file indicating that the operation in step 619 is successful. 有効サイクルを指示する成功動作アラームが殺菌制御装置により作られていない場合、ステップ621で動作が不成功であったことを示す殺菌作業レポートファイルへ1ライン加えられる。 If successful operation alarm indicating a valid cycle is not made by the sterilization controller, added 1 line to the sterilization work report file indicating that the operation in step 621 was unsuccessful. 最後に、ステップ630では、主な殺菌フェーズの各々に対する期間を殺菌作業レポートファイルへ加える手順が呼び出され、ステップ640では、主な殺菌フェーズの各々に対する処理変数の最小最大値を殺菌作業レポートファイルへ加える手順が呼び出される。 Finally, in step 630, the procedure to add a period for each of the major sterilization phases to sterilization work report file is called, in step 640, the minimum and maximum values of the process variables for each of the major sterilization phases to sterilization work report file procedure to add is called.
【0054】 [0054]
finishSteriRunReport手順のaddDurations手順630は、図18のステップ631として示すように殺菌作業レポートのフェーズ期間ヘッダーラインを加えることにより始まる。 addDurations procedure of finishSteriRunReport procedure 630 begins by adding phase period header line sterilization work reports as shown in steps 631 of FIG. 18. 次に、ステップ632に示してあるように、ポインターが4つの主なフェーズの最初に設定される。 Then, as is shown in step 632, the pointer is first set of four major phases. 次のステップはフェーズ期間の印刷を指示する。 The next step is an instruction to print the phase period. 即ち、ステップ633ではフェーズ期間に対するラベルが得られ、ステップ634ではopenSteriRunReportアルゴリズムのステップ326で得られた保存済みのフェーズ開始および終了時刻を使ってフェーズ期間が計算される(図20)。 That is, the label is obtained for the phase period at step 633, the phase period is calculated using the saved phase start and end time obtained in the step 326 of step 634 OpenSteriRunReport algorithm (FIG. 20). 次に、ステップ635で4つの主な殺菌器フェーズの全てに対するフェーズ期間値が処理されたかどうかについての決定がされる。 Next, phase duration values ​​for all four major sterilizer phases in step 635 is a determination as to whether or not the process. 4つの主な殺菌器フェーズの全てに対するフェーズ期間値が処理された場合は、ステップ636で4つの主な殺菌器フェーズの各々に対する計算済みのフェーズ期間を持った結果ラインが殺菌作業レポートファイルへ加えられ、プログラムはfinishSteriRunReport手順のステップ640へ戻る(図16)。 If phase duration values for all four major sterilizer phases have been processed, the result line with a precalculated phase period for each of the four major sterilizer phases in step 636 is added to the sterilization work report file is, the program returns to step 640 of finishSteriRunReport procedure (Figure 16). 4つの主な殺菌器フェーズの全てに対するフェーズ期間値が処理されていない場合は、ステップ633とステップ634が図18のステップ638で示されているようにポインターで指定された各成功フェーズに対して繰り返される。 If phase duration values ​​for all four major sterilizer phases have not been processed for each successful phase specified by the pointer as step 633 and step 634 are shown in step 638 of FIG. 18 Repeated.
【0055】 [0055]
finishSteriRunReport手順で呼び出されたaddMinMax 手順図19のステップ641として示されたように、最小/最大ヘッダーラインを殺菌作業レポートファイルへ加えることで開始する。 As shown in step 641 of addMinMax Procedure Figure 19 called in finishSteriRunReport procedure begins by adding the minimum / maximum header line to sterilization work report file. 次に、ステップ642に示されているように、12個の変数名をふくむラインが動作レポートファイルへ加えられる。 Next, as shown in step 642, the line including a 12 variable name is added to the operation report file. それから、ポインターがステップ643aで示されているように、4つの主なフェーズの最初に設定される。 Then, the pointer as indicated at step 643a, is initially set four major phases. 各フェーズ毎に、最小と最大読みだしのそれぞれに対して1つつのラインがファイルへ加えられる。 For each phase, one not One line is added to the file for the minimum and each read up. 次のステップは最小最大読みだしの印刷を指示する。 The next step is to instruct the printing of the read minimum and maximum. 即ち、ステップ644ではフェーズの最小値に対するラベルはファイルの最初のラインの始まりに加えられ、ステップ645ではこのフェーズの変数の12個の最小値を含むラインが加えられ、ステップ646では最小値の結果ラインス殺菌作業レポートファイルへ加えられ、ステップ647ではフェーズの最大値に対するラベルがファイルの第二ラインの最初に加えられ、ステップ648ではこのフェーズの変数の12個の最大値を含むラインが加えられ、ステップ649では最大値の結果ラインが殺菌作業レポートファイルへ加えられる。 That is, the label for the minimum value of the phase step 644 is added to the beginning of the first line of the file, step 645 is applied a line containing 12 of the minimum value of the variables in this phase, the result of the minimum value in step 646 was added to the rhinestone sterilization work report file, the label is added to the beginning of the second line of the file with respect to the maximum value of the phase step 647, at step 648 the line containing the 12 maximum values of the variables in this phase is added, in step 649 the maximum value of the result line is added to the sterilization work report file. 次に、ステップ650では、殺菌器の全ての4つの主なフェーズに対する最小最大値が殺菌作業レポートファイルへ加えられているかどうかが決められる。 Next, in step 650, minimum and maximum values for all four major phases of sterilizer whether being applied to the sterilization work report file is determined. 殺菌器の全ての4つの主なフェーズに対する最小最大値が印刷されている場合は、処理は殺菌器フェーズ期間の印刷のためのdoEndofRunEvent 手順のステップ486へ戻る。 If the minimum maximum values ​​for all four major phases of sterilizer is printed, the process returns to step 486 of doEndofRunEvent procedure for printing the sterilizer phase period. 殺菌器の全ての4つの主なフェーズに対する最小最大値が印刷されるまで、ステップ644からステップ649は、図19のステップ643bに示されているように、ポインターが指定した各フェーズに対して繰り返される。 To the minimum maximum values ​​are printed for all four major phases of sterilizer, step 649 from step 644, as shown in step 643b in FIG. 19, repeated for each phase of the pointer-specified It is.
【0056】 [0056]
最後に、addDurationsおよびaddMinMax値を実行した後、プログラムはdoEndofRunEvent手順480へ戻り、そこでは図13に示されているようにdoEndOfRunCleanup手順がステップ486で実行される。 Finally, after performing the addDurations and addMinMax value, the program returns to doEndofRunEvent procedure 480, where the doEndOfRunCleanup procedure as shown in FIG. 13 is executed in step 486.
【0057】 [0057]
図17はdoEndofRunCleanup 手順486を図示している。 Figure 17 illustrates the doEndofRunCleanup procedure 486. ステップ651が示すように、この手順は図21のステップ660からステップ669について以下に詳細に述べるように、殺菌作業レポートを閉めて印刷するためのcloseAndPrintRunReport手順を実行する。 As step 651 indicates, this procedure is as described in detail below for step 669 from step 660 in FIG. 21, executes closeAndPrintRunReport procedure for printing by closing the sterilization work report. さらに、図17のdoEndOfRunCleanup 手順は、ステップ652で全ての内部変数をno-run-in-progress条件へ初期化し、ステップ653で図15のステップ552からステップ565に関して述べるように更新アラーム状態手順を呼び出し、ステップ654でエラーログを閉め、そして、ステップ655で殺菌装置が現在スタンバイまたは待ち状態にあることを制御サーバーに伝える。 Furthermore, DoEndOfRunCleanup procedure of Figure 17, all of the internal variable in step 652 and initializes the no-run-in-progress condition, call the update alarm state procedure from step 552 of FIG. 15 in step 653 as described with respect to step 565 , close the error log at step 654, and, tell you that sterilization equipment in step 655 is in the current standby or waiting state to the control server. 最後に、プログラムは図13のdoEndofRunEvent 手順のステップ487へ戻る。 Finally, the program returns to step 487 of doEndofRunEvent procedure of FIG. 13.
【0058】 [0058]
図21に示されているように、殺菌作業レポートを閉めて印刷するために、最初のステップ660は動作レポートファイルを閉める。 As shown in Figure 21, to print close the sterilization work report, the first step 660 closes the operation report file. 上記のように、殺菌サイクルは不完全であると決定された場合、殺菌作業番号は不完全な動作に対しては得られていないかも知れない。 As described above, if it is determined that the sterilization cycle is incomplete sterilization operation number might not be obtained for the incomplete operation. 従って、ステップ662では、殺菌作業番号がこの動作に対して得られているかどうかが決められる。 Therefore, in step 662, sterilization operation number is determined is whether obtained for this operation. 殺菌作業番号がこの動作に対して得られている場合は、ステップ665で新しい動作レポート名が好ましくは下線とロット番号を従えた殺菌作業番号から成るように構成される。 If sterilization operation number is obtained for this behavior is configured to consist of the new action report name Preferably sterilization work number followed by a underscore and lot number in step 665. ステップ667では、動作レポートファイルが新しい構成に新しく命名される。 In step 667, the operation report file is newly named to the new configuration. 最後に、動作レポートファイルはステップ669で印刷される。 Finally, the operation report file is printed at step 669. 殺菌作業番号がこの動作に対して得られていなかった場合は、殺菌作業番号が無く、図20のステップ328に関して上に述べたように、日と時間から構成されるように初期に割り当てられたデフォルトファイル名で動作レポートファイルがステップ669で印刷されることを指示しているエラーログに、ステップ663でエントリーが置かれる。 If sterilization work number has not been obtained for this operation, sterilization operation number is no, as discussed above with respect to step 328 of FIG. 20, assigned initially to consist of date and time in the error log that the operation report file with the default file name is instructed to be printed at step 669, an entry is placed in the step 663. 動作レポートファイルがステップ669で印刷された後、処理はdoEndOfRunCleanup 手順486のステップ652へ戻る(図17)。 After operation report file is printed in step 669, the process returns to the step 652 of doEndOfRunCleanup procedure 486 (FIG. 17).
【0059】 [0059]
図24に示されているように有効で完全な動作用で、ノード20へ接続したプリンター18で印刷した印刷済みの殺菌作業レポート800は、以下のものから構成される。 In a valid and complete operation as shown in FIG. 24, the printed sterilization work report 800 printed by the printer 18 connected to the node 20 is composed of the following ones. 即ち、ライン810として示されるように、下線とロット番号を従えた殺菌作業番号から構成される更新された殺菌作業レポートファイル名;ライン815として示される見出しデータ、ライン816a、ライン816bをそれぞれ含む殺菌作業が始まる日と時間;殺菌装置、ライン817a、817bをそれぞれ識別する名前と番号;殺菌作業 、ライン818を独特な方法で識別するためのサイクルカウンター番号;ライン819として示され、露出タイマーが露出フェーズ期間用目標値を示す12個の殺菌装置処理パラメータ;殺菌器制御装置に制御プログラムを示すプログラム822;および殺菌器制御装置25により既存の監視制御装置100と殺菌モニターノード20へ送られるライン825として示された出力データライン用の That is, as shown as a line 810, which is updated comprised sterilization work number followed by a underscore and lot number sterilization work report file name; heading data shown as a line 815, line 816a, sterilization includes a line 816b, respectively operations start date and time; sterilizer, line 817a, the 817b name to identify each and number; sterilization operations, the cycle counter number for identifying the line 818 in a unique way; shown as line 819, the exposure timer is exposed phase period for the target value 12 of the sterilizing apparatus illustrating the process parameters; program 822 indicating a control program sterilizer controller; line delivered by and sterilizer controller 25 to the existing monitoring controller 100 and the sterilization monitor node 20 825 as indicated in the output data line ラム見出しを示すプログタイム824である。 It is a programming time 824 showing the ram heading. 加えて、データライン825の各々は、見出し(header)に記述される12個の信号の各々に対する読みを従えた動作の開始時間を含む。 In addition, each of the data lines 825 includes a start time of the operation followed by a read for each of the twelve signals described in the heading (header). また、以下のものが提供される、即ちライン812として示された殺菌作業番号;V1−V12とラベルされ毎分一度作られる12個の処理可変データ用の可変データライン;ラベルヘッダーライン830を持ったライン835として示されるように4つの主な殺菌フェーズの期間;ヘッダーライン840を使ってライン845として示されるように、4つの主な殺菌フェーズの各々の期間中に殺菌装置変数毎に観測された最小および最大の読み;ライン850として示されている殺菌作業の成功不成功評価;および全てのデータが4つの殺菌フェーズ、即ち現在の動作に対して受け取られた場合、データが不完全であることを示すライン855である。 Further, the following are provided, i.e. the indicated sterilizing operation number as a line 812; with a label header line 830; variable data lines for the 12 process variable data made V1-V12 and labeled once per minute period of four major sterilization phases as shown as a line 835; as shown as a line 845 with the header line 840, is observed sterilizer each variable in each of the periods of the four major sterilization phases minimum and maximum readings were; successful unsuccessful evaluation of sterilization operations, shown as line 850; and all the data of four sterilization phases, that is, if the received for the current operation, the data is incomplete it is a line 855 which indicates. 加えて、オペレータまたはエンジニアが署名するためのライン805が殺菌作業レポート中に提供される。 In addition, line 805 for operator or engineer sign is provided in a sterilized working report. アラーム情報(たとえばファンの故障)も殺菌器制御装置により印刷してもよいし、どんなアラームテキストも単独で1つのライン上に印刷される。 May be printed by the alarm information (e.g. fan failure) also sterilizer controller, any alarm text is also printed alone on one line. 殺菌器制御装置はアラームテキストを赤で印刷されるプリンター制御コードでアラームテキストを囲む。 Sterilizer controller enclose the alarm text in the printer control code which is printed the alarm text in red.
【0060】 [0060]
図示されないが、専用プリンター17(図1)は図24に示されるレポートと同様の殺菌作業レポートをシリアルデータライン16a経由して殺菌器制御装置から直接印刷する。 Although not shown, the dedicated printer 17 (FIG. 1) is printed directly from the sterilizer controller via the serial data line 16a similar sterilization operations reports and report shown in Figure 24. しかし、専用プリンター17が印刷するレポートは殺菌モニターノードにより作成される殺菌器動作レポートに提供されないようにフェーズ期間と最小/最大値の要約、および成功/不成功指示を持たない。 However, reports dedicated printer 17 prints do not have a summary, and success / failure indication phase period and the minimum / maximum value so as not to be provided to the sterilizer operation report generated by the sterilization monitor node.
【0061】 [0061]
図22は、タイムサーバー70(図3)がウエークアップメッセージを殺菌サーバー処理60へ送るときはいつでも実行可能なソフトウアー機能であるwakeUpCmdFunc処理280を詳細に図示している。 Figure 22 is a time server 70 (FIG. 3) illustrates wakeUpCmdFunc process 280 viable Sofutou et ah function anytime in detail when sending a wake-up message to the sterilization server process 60. 図22に示すように、wakeUpCmdFunc処理の最初のステップ281は、将来指定の時刻に他のウエークアップメッセージを殺菌サーバー60へ送るようタイムサーバーに要請するためにある。 As shown in FIG. 22, the first step 281 of wakeUpCmdFunc process is to request the time server to send other wake-up message to the sterilization server 60 in the future specified time. これは連続した処理ではなくタイムサーバー70がウエークアップメッセージを殺菌サーバーに送るように要請されなければならないことは分かっている。 It has been found is that the time server 70 rather than a continuous process must be requested to send a wake-up message to the sterilization server. ステップ283とステップ284として示されている次の2つのステップは通信タイムアウトが発生したかどうかを示す為にある。 The next two steps shown as steps 283 and step 284 is to indicate whether the communication timeout occurs. 特に、ステップ283において、殺菌サーバーが初期化されるかどうか、タイムアウト検出機能が可能かどうか、そして活動している通信タイムアウトアラームが現在は存在しないことについての決定が行われる。 In particular, at step 283, whether sterilized server is initialized, whether it is possible to time-out detection function and activity to that communication timeout alarm decision about what is currently absent performed. もしこれらの全ての条件が存在しない場合、処理はステップ285で示されるようにCELLworks システムへ戻る。 If there is no all these conditions, the process returns to CELLworks system as indicated at step 285. もしこれらの全ての条件が存在する場合、ステップ284において不適当な量の時間、たとえば1分以上の時間がデータの最後を受け取った以後かかったかどうかを決める。 If there are any of these conditions, the time of inadequate amounts in step 284, for example, 1 minute or longer decide whether took subsequent to receiving the last data. このような条件はシリアルデータラインが一時的に不通になった場合に発生する。 Such conditions occur when the serial data line becomes temporarily disconnected. 最後のデータが受け取られた以後の時間量が過大でない場合(1分を越えない)、処理はステップ285で示すようにCELLworks システムへ戻る。 If the last data is not excessive amount of time subsequent received (not exceeding 1 minute), the process returns to CELLworks system as indicated at step 285. 最後のデータが受け取られた以後の時間量が過大である場合、ステップ286で通信タイムアウトアラームが活動していることを示す。 If the amount of time subsequent to the last data was received is excessive, it indicates that the communication timeout alarm in step 286 is active. そして、ステップ287で通信タイムアウトアラームメッセージが既存の監視システムのアラーム制御サーバーへ送られる。 Then, a communication timeout alarm message is sent to the alarm control server existing monitoring system in step 287. 加えて、ステップ288では通信タイムアウトアラームエントリーがエラーログに作られる。 In addition, a communication timeout alarm entry in step 288 is made in the error log. 次にステップ290でendRunReportForTimeout処理が図23に図示されているように呼び出され、次のように詳細に述べられる、即ち先ず最初に殺菌装置動作レポートファイルが現在開いているかどうかについての決定が行われる。 Then endRunReportForTimeout processing in step 290 is invoked as illustrated in FIG. 23, described in detail as follows, namely firstly sterilizer operation report file is determined as to whether currently open is performed . 殺菌装置動作レポートファイルが現在開いていない場合は、処理はwakeUpCmdFunc 処理のステップ295へ戻る。 If the sterilizer operating report file is not currently open, the process returns to step 295 of wakeUpCmdFunc processing. 殺菌装置動作レポートファイルが現在開いている場合は、ステップ292で通信タイムアウトが発生したことを示し、かつステップ293で現在の殺菌作業用の不完全な動作データがあることを示す動作レポートファイルへラインが加えられる。 If sterilizer operation report file is currently open, the line to the operation report file indicating that indicates that the communication timeout occurs in step 292, and there is an incomplete operation data for the current sterilization work in step 293 It is added. ステップ294では動作データが不完全で処理が図22のwakeUpCmsFunc 処理のステップ295へ戻るエラーログにエントリーが作られる。 Operation data at step 294 is incomplete and processing an entry is made in the error log returns to step 295 of wakeUpCmsFunc process of FIG. 22. ステップ295ではdoEndOfRunCleanup 手順が図17について上に述べられているように呼び出される。 In step 295 DoEndOfRunCleanup procedure is invoked as described above for FIG. 17. 最後に通信タイムアウト可能機能はステップ296で機能せず、ステップ297で現在開いているフェーズファイルも処理がwakeUpCmdFunc 処理へ戻る前に閉められる。 Finally, communication time-out can function does not work in step 296, also processing phase file that is currently open in step 297 is closed before returning to wakeUpCmdFunc processing.
【0062】 [0062]
〔ロット追跡および再調停〕 [Lot tracking and re-arbitration]
図2に示されているように、生産されるレンズロット番号と度数を生産ラインに沿った4つのオペレータステーション230のどこにおいてもオペレータが入力する。 As shown in FIG. 2, the operator enters everywhere in the lens lot number and four operator station 230 the power along the production line to be produced. そうすると、ステーションにあるロットの再調停と追跡アルゴリズム90が実行されロット情報記憶装置用に使用期限 、レンズ中心厚 、および他の変数を計算し推薦する。 Then, re-arbitration and tracking algorithm 90 is used for runs lot information storage time limit of lots in the station, the lens center thickness, and to calculate other variables recommended. 好ましい実施例では、 使用期限は入力したシステム日から数えて16ヶ月であるが、月数は変更してもよく、アルゴリズムは熟練したオペレータなら簡単に修正できる。 In a preferred embodiment, the expiration date is a 16 months counted from the system date entered, months may be changed, the algorithm can be easily modified if skilled operator.
【0063】 [0063]
図25の処理フローチャートに示してあるように、オペレータはステップ671として示されているように先ずオペレータの名前とパスワードを入力するように要請され、入力された名前とパスワードはステップ672でデータ分析ノード(図示されず)にある正規の個人名とパスワードのパスワードファイルにより確認される(図示されず)。 As is shown in the process flowchart of FIG. 25, the operator is requested to enter the first operator name and password as shown in step 671, the name and password entered in the data analysis node in step 672 It is confirmed by the password file of personal name and password of a regular in the (not shown) (not shown). レンズロット番号のオペレータエントリー、度数値情報、およびオペレータステーションにある現在の日付情報を使って、ロット追跡および再調停アルゴリズム90が実行される。 Lens lot number operator entry, power value information, and using the current date information in the operator station, lot tracking and reconciliation algorithm 90 is executed. 特にステップ673では入力したレンズロット番号が検索され、レンズロット番号のフォーマットが確認される。 Searches the particular lens lot number entered in step 673, the format of the lens lot number is verified. ロットが歳入のためか試算のためか(「R/T」)を表す数字を含む確認済みのロット番号からロットが歳入のためか試算のためかについての決定がステップ674で行われる。 Lot decision on whether for from verified lot number, including a number that represents how for the trial or for the revenue ( "R / T") of the lot is estimated probably because of revenue is performed in step 674. 次にステップ675で入力したレンズ度数値が検索され、度数ファクターの有効性が確認される。 Then the lens frequency value input in step 675 is retrieved, the effectiveness of the power factor is confirmed. 度数ファクターの有効であるかどうかの決定はステップ676で行われる。 The determination of whether it is effective for power factor is performed in step 676. 有効な度数ファクターが無ければ、オペレータは度数ファクターを有効にするため新しい度数ファクターを入力する(ステップ675)。 Without effective power factor, the operator enters a new power factor for enabling the frequency factor (step 675). 度数ファクターが有効な場合は、アルゴリズムはルックアップテーブル(図示されず)を使いステップ677で製品コード(「UPC」)とレンズ中心厚さ情報を決める。 If power factor is enabled, the algorithm product code at step 677 using a lookup table (not shown) ( "UPC") and determines the lens center thickness information. ステップ678で示すようにロット番号、度数値情報、ロット使用期限 、製品コード、生産ラインの前に、かつ、他のエントリーは製品が一次包装に到着するまでどの操作ステーションでも表示してよいことを理解すべきである。 Lot number as indicated in step 678, power value information, lot expiration, product code, before the production line, and that the other entries that may be displayed on any control station until the product arrives at the primary packaging it should be understood. 加えて、ロット番号、度数値情報、および他のエントリーはロット製品が一次包装に到着するまで変更してもよい。 In addition, the lot number, frequency value information, and other entries may be changed until the lot product arrives at the primary packaging.
【0064】 [0064]
追跡ロット移動、ロット調停、およびロット交換手順を支援するため、1つのオペレータステーションまたは殺菌装置ノードにおけるダイナターム(DynaTerm)表示ステーション29a,bの何れかで表示装置が利用でき、フォーマット化されたフィールドで記憶済み又は以前に入力したロット番号、製品コード、レンズ度数、レンズ中心厚さ、 使用期限 、製品が歳入のためか試行のためか、ライン上のロットの現在位置は言うまでもなくこれらの情報の表示をオペレータが請求できるようにする。 Tracking lot movement, lot arbitration, and to support the batch replacement procedure, Dyna terms in one operator station or sterilizer node (DynaTerm) display station 29a, available display device in either b, formatted field lot number entered the stored or previously in product code, lens power, lens center thickness, expiration date, or product for trial or for revenue, the current position of the lot on the line, not to mention of this information operator display to be able claims. 以下にさらに詳しく説明するように、以前に入力済みの情報を表示することに加え、殺菌ノード20の殺菌サーバー60により提供されたように、殺菌作業番号も表示してもよい。 As described in more detail below, in addition to displaying the entered information previously as provided by sterilizing server 60 of sterilization node 20, sterilization operation number may also be displayed. 図2に示した各オペレータステーションがオペレータの請求を取得し、フォーマット化したフィールドで情報をオペレータに表示するための専用CELLworks プログラムを有することは理解される。 Each operator station shown obtains a request for the operator in FIG. 2, to have a dedicated CELLworks program for displaying information in a formatted fields the operator may be understood.
【0065】 [0065]
〔ロット追跡〕 [Lot tracking]
上記のように、オペレータはロットをラインの次の部分へつぎつぎと配列することができる。 As described above, the operator can after another arrangement the lot to the next part of the line. ロットが生産ラインに入ったとき、ロット番号情報を表す6個の変数が既存の監視制御システム100の統計サーバーに記憶される。 When the lot has entered the production line, six variables representing lot number information is stored in the statistics server existing monitoring and control system 100. これらの変数はロット番号、UPC、R/T、度数、厚 、および使用期限で、図26(a)に示されているようにデータ構造を有する。 These variables lot number, UPC, R / T, frequency, thick, and expiration date, has a data structure as shown in Figure 26 (a). ロットが置かれている製造区域により、ロット用の各データ構造は「0」または「F」で仕分けられ、それぞれライン以前にあるのか、包装以前のライン(射出成型、レンズの製作、養生、金型外し、等)の前にあるかを示す。 The production area lot is located, the data structure for lots sorted by "0" or "F", or respectively there previously lines, packaging previous line (injection molding, fabrication of the lens, curing, gold Katahazushi, indicate whether or not there before, etc.). ロットが一次包装に入ると、図26(a)のデータ構造は「P」で区分けされそのロットは包装中であることを示す。 When the lot enters the primary packaging, the lot data structure is divided by "P" shown in FIG. 26 (a) shows that it is in the package. そのロットのレンズはトレー積載領域、殺菌領域、または二次包装領域にあるとき、統計サーバー225は2つの追加変数を図26(a)のデータ構造に記憶し図26(b)に示すように新しいデータ構造を形成する。 Lens tray loading area of ​​the lot, when in the sterilization area or secondary packaging area, the statistical server 225 two additional variables, as shown in the stored view 26 (b) in the data structure shown in FIG. 26 (a) to form a new data structure. これらの変数は入力量と損失量で、ロットの再調停中にシステムへ支給される。 These variables are loss and the input amount is paid into the system during reconciliation lot. ロットが殺菌装置の受け台積載領域に入り始めたら、変数は「L」で仕分けられ、そのロットが殺菌装置に入ったら、そのロットのレンズ「S」で仕分けられる。 When the lot is beginning to enter the cradle loading area of ​​the sterilizing apparatus, the variable is sorted in the "L", After entering the lot is in the sterilizing apparatus, it is sorted in the lot of the lens "S". ロットが二次包装に入ると、6個のロット情報変数は「C」で仕分けられ、カートン詰めを指示する。 When the lot enters the secondary packaging, six lot information variables are sorted in the "C", to indicate the cartoning. こうして、本発明の特徴はオペレータが特定のロットの動きを追跡する能力となる。 Thus, features of the present invention will become ability for an operator to track the movement of a particular lot.
【0066】 [0066]
図27のデータフローチャートに示してあるように、たとえばライン上で処理中のロット875をそのロットが移動されるべき生産ライン上の位置880のようなデータを入力することによりロットの移動を要請してよい。 As is shown in the data flow chart in FIG. 27, it requests the movement of a lot, for example, by the lot 875 being processed on the line is the lot to input data such as location 880 on the production line to be moved it may be. 次に述べる事柄を処理するmoveLot アルゴリズム680が実行される、即ちロット番号881、製品コード882、度数883、レンズ中心の厚さ884、 使用期限 885、製品は歳入か試行の何れか886、そしてライン887の特定の場所へ入力したレンズの合計とレンズの損失合計888(以下に述べるように)のようなロット情報データは言うまでもなくオペレータが入力したデータである。 MoveLot algorithm 680 for processing the matter to be described below is executed, that the lot number 881, product code 882, power 883, the lens center thickness 884, expiration date 885, either 886 product revenue or trial and lines, lot information data such as the specific total loss of total and lenses of the lens entered into location 888 of 887 (as described below) is a course data entered by the operator.
【0067】 [0067]
図28は生産ラインを通してレンズロットの移動を追跡するためのmoveLot アルゴリズム680を図示する。 Figure 28 illustrates a moveLot algorithm 680 to track the movement of the lens lots through the production line. 図28のステップ680として示すように、生産ライン上のレンズロットの原始位置が検索される。 As shown in step 680 of FIG. 28, the primitive position of the lens lots on the production line is retrieved. 次にステップ683では、たとえば、ある問題がラインに存在する場合、レンズロット全体よりもむしろ欠陥バッチを取り去るために予防措置としてロットがエントリー以前に殺菌装置15において分割されることになっているときロット番号が変更されるべきかどうかが決められる。 In step 683, for example, if there problem exists in the line, when the lot is to be divided in the sterilizer 15 before entry as a precaution to rather remove the defective batch than the entire lens lot whether to lot number is changed is determined. ロット番号が変更されない場合、ステップ685でロット番号、製品コード、度数、レンズ中心厚さ、 使用期限 、および製品が歳入か試行かといったレンズロットとロット情報データが次のライン位置に移され、ライン上のどの位置でレンズロットが動いたかによりそれぞれ標識「P」「L」「S」または「C」で仕分けられる。 If the lot number is not changed, the lot number in step 685, product code, power, the lens center thickness, expiration date, and product revenue or trial or such lens lot and lot information data is transferred to the next line position, line each depending on whether the lens lot has moved at any position of the above are sorted by label "P" "L" "S" or "C". ロット番号が変更される場合、ステップ687でレンズロット番号はオペレータにより検出されレンズロット番号のフォーマットはステップ689とステップ690で確認される。 If the lot number is changed, the lens lot number in step 687 the format of which is detected by the operator lens lot number is verified in step 689 and step 690. 入力済みのロット番号が有効でない場合、オペレータはロット番号を有効にするため新しい度数ファクターを入力するようになる(ステップ687)。 If entered lot number is not valid, the operator would like to enter a new power factor for enabling the batch number (step 687). 入力済みのロット番号が有効である場合、アルゴリズムはステップ692で上記の識別ロット情報を更新する。 When entered the lot number is valid, the algorithm updating the identification lot information in Step 692.
【0068】 [0068]
〔ロット再調停〕 [Lot re-arbitration]
製品は製造中に紛失または品質保障のため取り除かれるかも知れないという事実のため、二次包装の前にこの製品および紛失または除去の理由を説明することが必要である。 Products due to the fact that it may be removed for lost or quality assurance during production, it is necessary to explain the reason for this product and lost or removed before the secondary packaging. ロット再調停とはこれ以降ゾーン1で示す一次包装作業を離れ、これ以降ゾーン2で示す殺菌作業(殺菌受け台搭載)に入る特定のロットの各レンズ、ロットがこれ以降ゾーン3で示す二次包装(即ち殺菌受け台取り外し、カートン詰め、計量チェック、およびラベル貼付)に利用できるときに説明される処理である。 Leaving the primary packaging operation shown in subsequent zones 1 and lot reconciliation, secondary indicated by sterilization operations each lens of a particular lot entering (sterilization cradle mounted), lot subsequent zone 3 shown in subsequent zone 2 (Removing i.e. sterilization cradle, cartoning, checkweighing, and labeling) packaging is a process to be described when available. 特に、図33に図示されているロット再調停シート890が作成される。 In particular, the lot reconciliation sheet 890 depicted in Figure 33 is created. そのシートは殺菌装置(ライン891)へ入力されるレンズの数と二次包装に利用できるレンズの数(ライン899)を示し、そして言うまでもなく特定のゾーン毎(ライン892、893、894、および895)に失いあるいは取り除かれたレンズの数に等しい差を確認する。 Its sheet indicates the number of lenses that are available on the number and secondary packaging of lenses input to the sterilizer (line 891) (line 899), to mention each particular zone (lines 892,893,894, and 895 to confirm the difference equal to the number of lost or dislodged lens). 既存の監視制御システム100にある「ロット追跡と再調停」アルゴリズムはデータエントリーとロット再調停のための計算を支援する。 "Lot tracking and re-mediation" algorithm in the existing monitoring and control system 100 to support the calculation for data entry and lot re-arbitration.
【0069】 [0069]
図29は、一次包装後殺菌装置15へ入力したレンズの分量の報告を必然的に伴うロット再調停処理の開始を図示する。 Figure 29 illustrates the start of entails lot reconciliation process reports quantity of lenses input to primary packaging after sterilization device 15. この量をオペレータターミナル230またはダイナターム(DynaTerm)操作卓29a,b(図2)から入力する前に、ロットが一次包装、即ちブリスターパックに包装され殺菌の準備ができた一次包装を終えたかどうかの決定がステップ704で行われる。 The amount of operator terminals 230 or Dyna term (DynaTerm) console 29a, before entering the b (FIG. 2), whether the lot is finished primary packaging, i.e. primary packaging packaged in blister packs ready for sterilization decision is made in step 704. もし一次包装が終っていなければ、ロットが一次包装を終えるまで入力量は入力できないと言うエラーメッセージがステップ704で表示される(ゾーン1)。 If not, if finished primary packaging, input the amount until the lot has finished the primary packaging is an error message that you say that you can not input is displayed in step 704 (zone 1). もし一次包装が終っていれば、オペレータはオペレータの頭文字と殺菌の準備ができた実際のレンズの量をステップ705で入力することになる。 If if finished primary packaging, the operator will enter the actual amount of the lens ready for sterilization and initials of the operator in step 705. 次にステップ706でロット情報が更新されロット番号で新しい変数、入力量に反映される。 Then new variables lot number lot information is updated in step 706, it is reflected to the input amount.
【0070】 [0070]
殺菌作業に入るレンズの量を表す数が入力されると、殺菌から取り除かれるレンズの数(ゾーン2)と二次包装(ゾーン3)領域は、記録され入力されなければならない。 The number representing the amount of lens entering the sterilization operation is input, the number (zone 2) and secondary packaging (Zone 3) region of the lens to be removed from the sterilization must be recorded is input. 図30に示すように、ステップ710とステップ720でオペレータは失った製品の数、製品が失われた特定のゾーン、製品が失われ取り除かれた理由、そして殺菌作業番号を全てオペレータターミナルまたはダイナターム(DynaTerm)操作卓から入力してもよい。 As shown in FIG. 30, the number of products operator that lost in the step 710 and step 720, the specific zone product is lost, the reason the product is removed lost and all the sterilizing operation number operator terminals or Dyna term, (DynaTerm) may be input from the operator console. この情報は全て殺菌サーバーから入力される特定のロット番号で参照される。 This information is referred to in a specific lot number, which is input from all sterilization server. この処理はロットが1ゾーンにある間、何回か繰り返される、たとえばロットがそのゾーンにある間にレンズの紛失が複数回発生する。 The process while the lot is in zone 1, is repeated several times, for example lot loss of the lens is generated a plurality of times while in the zone.
【0071】 [0071]
特に、ステップ710で現在のロット位置のゾーン番号は検索され、ゾーン番号が有効かどうかについての確認はステップ713で行われる。 In particular, the zone number of the current lot location step 710 is retrieved, confirmation of whether valid zone number is performed at step 713. ゾーン番号が有効でない場合、オペレータが正しいゾーン番号を入力することになる。 If the zone number is not valid, so that the operator enters the correct zone number. ゾーン番号が有効な場合、ステップ716でどのゾーン番号が入力されたかについての決定がなされる。 If the zone number is valid, decision about which zone number is entered in step 716 is performed. もし現在のロットがゾーン2または3にある場合、オペレータが殺菌作業番号をステップ720で取り除かれたレンズの数をステップ718で入力することになる。 If the current lot is in Zone 2 or 3, it will enter the number of the lens by the operator removed the sterilization operation number in step 720 at step 718. 取り除かれたレンズの数を入力すると、ステップ723でオペレータステーションまたはダイナターム(DynaTerm)が理由選択リストを表示し、オペレータが生産からレンズ包装が取り除かれた特別の理由をステップ725で入力する。 If you enter a number of the removed lens, an operator station or Dyna term (DynaTerm) displays a reason selection list in step 723, the operator inputs a special reason that lens packages have been removed from the production in step 725. ロット当り複数の殺菌作業があるかも知れないから、1殺菌作業当りいくつかの理由により失われるかも知れない。 Because there may be multiple sterilization work per lot, it might be lost for a number of reasons 1 sterilization work per. 理由コードとそれらに対する定義を有するルックアップテーブル(図示されず)がオペレータステーションまたはダイナターム(DynaTerm)操作卓の各々に利用できる。 Reason code (not shown) a look-up table having a definition for them available to each operator station or Dyna term (DynaTerm) console. 以下の表2はレンズが取り除かれた理由のいくつかについて詳細に述べている。 It describes in detail some of the following Table 2 reason the lens is removed.
【0072】 [0072]
理由コード 定義 01 QAのために除去 02 レンズ分散 03 機械的原因による箔裂け 04 箔裂け箔寸法 05 箔にかかる不良度数 06 箔の使用期限の間違い 07 箔上の印刷不鮮明 08 印刷の不整列 09 箔の不整列 10 不整列な穿孔 11 溶液無し 12 低溶液 13 箔上の不良ロット番号 14 シール不完全 15 穿孔裂け 16 シール/包装の吹き飛び 17 正しい位置にバーコードが印刷されず 18 ブラケットにロット番号無し 19 ロット番号バーコードの数字不良 20 UPCバーコードの数字不良 21 無効バーコード(ロット番号) Foil torn 04 foil torn misalignment 09 foil printing unclear 08 printing on the mistake 07 foil of the expiration date of failure frequency 06 foil applied to the foil, size 05 foil due to the removal 02 lens dispersion 03 mechanical cause for the reason code definitions 01 QA No lot number 18 the bracket without the bar code is printed on the blowout 17 correct position of a defective lot number 14 the sealing incomplete 15 perforated tearing 16 seal / packaging on unaligned 10 misaligned perforations 11 solution without 12 low solution 13 foil 19 lot number bar code numbers bad 20 UPC bar code numbers bad 21 invalid bar code (lot number)
22 無効バーコード(UPC) 22 invalid bar code (UPC)
23 不正チェック数字 24 バーコード上の染み 25 バーコード上の穴 26 低級バーコードスキャン確認 27 過剰のり付け 28 タブシール無し 29 タブ不平行 30 カートンのインクよごれ 31 カートン損傷 32 異物 33 カートン詰め器による計量不良 34 ラベル不整列 35 カートン陰影部分に印刷のずれ 36 不正ケースラベル情報 37 ジャムアレー破壊 38 カートン詰め器のジャムによるカートン破壊 39 コンベヤー移送ジャムによるカートン破壊 40 ベルトアレーへのジャムによる破壊 41 ベルトアレー外のジャムによる破壊 42 箔に印刷の無し 43 穿孔無し箔 44 余分なレンズ 60 理由述べ【0073】 23 failure metering due to fraud check digit 24 bar holes 26 lower barcode scanning check stain 25 on the bar code on the code 27 excess glue 28 ink stains tab seal without 29 tabs unbalance 30 carton 31 carton damage 32 foreign matter 33 cartoning unit 34 label printing misalignment 35 carton shaded portions shifted 36 fraud case label information 37 jam array fracture 38 cartoning unit jam by the jam due to the destruction 41 belt array outside of the carton destruction 40 belt array by carton destroyed 39 conveyor transport jam It said extra lens 60 reasons destruction 42 without the foil print 43 drilling without foil 44 by jam [0073]
図30のステップ727で、オペレータステーションに表示されたリストからの選択を行うかどうか、オペレータがレンズ取り除きの新しい理由を入力したかどうかについての決定がされる。 In step 727 of FIG. 30, whether to select from a list displayed on the operator station, the determination as to whether to enter a new reason for the operator removes the lens. 表示されたリストからの選択を行う場合は、オペレータはステップ731でオペレータの頭文字を入力することになる。 When performing a selection from the displayed list, the operator will enter the first letter of the operator in step 731. オペレータがレンズ取り除きの新しい理由を入力する場合は、オペレータが入力した最大34文字になるかも知れない記述は、ステップ731で頭文字を書き込む前にステップ729で検索される。 If the operator enters a new reason for removing the lens is described that may be up to 34 characters input by the operator is searched in step 729 before writing the first letter in step 731. 次のステップ735では上記の図26(b)に示すように描いたデータ構造を持つロット再調停データが更新される。 Lot reconciliation data is updated with the data structure depicted as shown in the following In the step 735 described above in FIG. 26 (b).
【0074】 [0074]
二次包装が完成した後ロット再調停中に行われる最後の動作は、図31の処理フローチャートに示されるようにロットを閉めることである。 The last operation of secondary packaging is performed during lot reconciliation after completing is to close the slot as shown in the process flowchart of FIG. 31. 図31に示すように、オペレータは先ずステップ742でパスワードファイルにより確認されるステップ740として示されたオペレータの名前とパスワードを入力するように要請される。 As shown in FIG. 31, the operator is requested first to enter the operator's name and password indicated as step 740 is confirmed by the password file in step 742. 更新されたロット情報データはステップ745で検索され、ロットが前のゾーンをクリアーしたかどうかの決定がステップ747で行われる。 Lot information data that has been updated is retrieved in step 745, the lot is whether the decision was clear in front of the zone is performed in step 747. ロットが前のゾーンをクリアーしている場合、エラーがステップ749で報告されロットは閉められない。 If the lot is clear in front of the zone, the error is not closed are reported lots at step 749. ロットが前のゾーンをクリアーしている場合はマスターロット(または分割ロット)情報はステップ751でオペレータのエントリーにより得られる。 If the lot is cleared in front of the zone master lot (or split lot) information is obtained by the operator entry at step 751. それから、ステップ754でロット再調停計算が失ったまたは取り除かれた合計のレンズに対して行われる。 Then, performed on total lens lot reconciliation calculations that or removed lost at step 754. 次にステップ756では、失われまたは取り除かれたレンズ包装の合計数が、入力されたそれより多いかどうかの決定が行われる。 In step 756, the total number of lost or removed lens packaging, the determination of whether more input is performed. もし前者の合計数が後者のそれよりも多い場合は、エラーメッセージがステップ758で報告される。 If the former of the total number is larger than that of the latter, an error message is reported in step 758. もし前者の合計数が後者のそれよりも多くない場合は、失われたあるいは取り除かれた総数が入力された総数の1パーセント以上であるかどうかの決定がステップ759で行われる。 If the former total number if not greater than that of the latter, the determination of whether at either or 1 percent of the total number of the total number that is lost or removed is input is performed at step 759. もし失われたあるいは取り除かれた総数が入力された総数の1パーセント以下であれば、失われたあるいは取り除かれた総数が入力された総数の1パーセントに等しいかそれ以下かの決定がステップ764で行われる。 If or total number of removed lost is less than 1 percent of the total number entered, lost or whether or not the total number that has been removed is equal to 1% of the total input less of determination at step 764 It takes place. もし入力されたレンズ包装量が出力された量に等しい場合は、そのロットはステップ768で閉められる。 If lens packages amount entered is equal to the amount that has been output, the lot is closed at step 768. もし失われたあるいは取り除かれた総数が入力された総数の1パーセント以下であれば、1パーセント以下の失った総数がステップ769でオペレータへ報告され、オペレータはステップ771で閉め動作を行うことになる。 If lost or total number of removed is less than 1 percent of the total number that is input, the total number of lost of 1 percent or less are reported to the operator at step 769, the operator will perform an operation to close at step 771 . オペレータはステップ771でマスターロット(または分割ロット)閉めを選んだ場合は、マスターロット(マスターロット)はステップ768で閉められる。 Operator If you chose a closed master lot (or split lot) at step 771, master lot (master lot) is closed in step 768. それから、ロット再調停報告がステップ775で示しているように記憶と印刷用に作成される。 Then, lot reconciliation report is created for printing and storage as indicated at step 775.
【0075】 [0075]
本発明はその好ましい実施例に関して特に示され述べられているが、前述および他の形状の変更と詳細は添付したクレームの範囲のみに制限されるべき本発明の精神と範囲から逸脱するものではなくこの技術に習熟している者に理解され、添付したクレームの範囲のみに制限されるべきである。 The present invention has been described specifically shown with reference to preferred embodiments thereof, not departing from the spirit and scope of the foregoing and other shapes change and details present invention should be limited only by the scope of the appended claims is understood to a person skilled in the art, it should be limited only by the scope of the appended claims.
【0076】 [0076]
本発明の具体的な実施態様は以下の通りである。 Specific embodiments of the present invention is as follows.
(A) 複数のコンタクトレンズ処理ステーションを有し、更にコンタクトレンズの製造後に複数のコンタクトレンズを殺菌する自動化殺菌ステーションと殺菌後にコンタクトレンズを包装する包装ステーションとを含む、コンタクトレンズを製造する自動化製造ライン用の品質管理システムにおいて、 (A) having a plurality of contact lens process stations, further comprising a packaging station for packaging a contact lens with an automated sterilization station after sterilization for sterilizing a plurality of contact lenses after manufacture of contact lenses, automated manufacturing for producing contact lenses in the quality management system for the line,
(a)コンタクトレンズの製造に先立ち、少なくともコンタクトレンズの1バッチを形成するレンズロット毎の関連するロット番号及びレンズ度数を含んだコンタクトレンズ・データを受領する第一の手段と; Prior to the production of (a) contact lens, a first means for receiving contact lens data including an associated lot number and lens power for each lens lot to form a batch of at least a contact lens;
(b)コンタクトレンズを製造する処理ステーションで複数の処理制御器をその各々が制御する、1個以上の処理ステーションを制御する複数の処理制御装置と; (B) each of the plurality of processing controller in the processing station for making contact lenses is controlled, a plurality of processing control device for controlling one or more processing stations;
(c)前記複数の処理ステーションから前記自動殺菌ステーション及び前記包装ステーションへのレンズロットにより形成された複数のレンズの移動を追跡する手段と; (C) means for tracking the movement of said plurality of said from the processing station automatic sterilization station and a plurality of lenses formed by the lens lot to said packaging station;
(d)前記殺菌ステーションで不合格とされたコンタクトレンズの理由コードと共に前記包装ステーションに入力されるレンズ数を表すデータを受領する手段と; (D) means for receiving data representing the number of lenses input to said packaging station together with reason code of the sterilizing station is rejected contact lens;
(e)前記殺菌室に入力された所定のレンズロット毎のレンズ総数と前記ロットから殺菌及び包装されたレンズの実数とについての概略レポートであって、コンタクトレンズの各バッチ毎のロット数及びレンズ度数を含んでいる概略レポートを作成する手段とから成るシステム。 (E) said a schematic report on the real sterilization and packaged lens and a lens total number of each predetermined lens lot entered in the sterilization chamber the lot, the lot number and lens for each batch of contact lenses systems and means for creating a summary report that includes the frequency.
(1)レンズロットは複数のレンズバッチから成り、前記殺菌ステーションは前記1バッチ分のコンタクトレンズを同時に殺菌し、殺菌されたバッチ毎に殺菌サイクル動作番号を作る実施態様(A)に記載の品質管理システム。 (1) Lens lot is composed of a plurality of lenses batches, according to the sterilizing station to simultaneously sterilize the one batch of contact lenses, embodiments make sterilization cycle operation number for each sterilized batch (A) Quality management systems.
(2)前記概略レポートは前記殺菌チャンバーへ入力されたレンズの数を殺菌サイクル動作番号毎に前記バッチから包装されたレンズの数に一致させる実施態様1に記載の品質管理システム。 (2) the summary report quality control system of claim 1 to match the number of lenses packaged from said batch number of lenses input to said sterilization chamber for each sterilization cycle operation number.
(3)失われあるいは取り除かれた各レンズは理由コードと関連し、前記概略作成手段は殺菌サイクル動作番号を有するレンズ包装取り除きコードを含む実施態様1に記載の品質管理システム。 (3) Lost or quality control system according to claim 1 each lens is associated with reason code, the schematic generating means including a code removed lens packages have bactericidal cycling number that has been removed.
(4)所定のレンズ度数に対する厚み仕様と製品コードを自動的に計算する手段を含む実施態様1に記載の品質管理システム。 (4) Quality control system of claim 1 including means for automatically calculating a thickness specification and product code for a given lens power.
(5)厚み仕様と製品コードを計算する手段はルックアップテーブルを含む実施態様1に記載の品質管理システム。 (5) means for calculating a thickness specification and product code quality control system of claim 1 comprising a look-up table.
【0077】 [0077]
(6)所定のレンズロットに対する満期日を自動的に計算する手段を含む実施態様1に記載の品質管理システム。 (6) Quality control system of claim 1 including means for calculating automatically the maturity date for a given lens lot.
(7)前記処理手段は前記生産ライン上の特定のロットの位置を表示する手段を含む実施態様1に記載の品質管理システム。 (7) The processing means the quality management system of claim 1 including means for displaying the location of a particular lot on said production line.
(B) レンズロットにより形成された複数のコンタクトレンズを製造する自動化コンタクトレンズ製造ライン用の殺菌データ処理システムであって、前記コンタクトレンズ製造ラインがコンタクトレンズの製造後前記レンズロットを殺菌する自動化殺菌ステーションを有し、前記自動化殺菌ステーションが殺菌処理の1フェーズ以上を制御する殺菌剤処理制御装置を有し、前記処理制御装置が前記各殺菌フェーズの間に殺菌処理データを定期的に生成してなるシステムにおいて、 (B) a sterilization data processing system for an automated contact lens production line for manufacturing a plurality of contact lens formed by the lens lot, automated sterilizing said contact lens production line sterilizing production after said lens lot of contact lenses It has a station has a fungicide treatment controller the automated sterilization station to control one or more phases of sterilization, the sterilization process data the processing control device during each sterilization phases periodically generated in the system where,
(a)前記殺菌剤処理制御装置から前記殺菌データを受領する手段と; (A) means for receiving said sterilization data from said disinfectant processing control apparatus;
(b)前記殺菌データを自動的に分析してテキスト情報及び殺菌剤パラメータにし、更に前記テキスト情報及び殺菌剤パラメータを処理して、前記殺菌済レンズロット毎のロット数に関連する殺菌作業レポートを自動的に作成する手段とから成るシステム。 (B) to the automatic analysis of bactericidal data to text information and fungicides parameters, further wherein the processing the text information and fungicides parameters, the sterilization work reports related to the number of lots of the sterilized lenses each lot system comprising a means for automatically created.
(8)前記処理制御装置はさらにデータの表示と記憶のため前記殺菌装置パラメータ情報を前記自動化コンタクトレンズ製造ラインのデータ取得装置へ運ぶ実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (8) the process control device further automated contact lens production line for sterilization data according to the embodiment carries the sterilizer parameter information to the data acquisition device of the automated contact lens production line for display and storage of data (B) processing system.
(9)前記処理制御装置はアラーム条件情報を生成し、さらにデータ表示のため前記アラーム条件情報を前記自動化コンタクトレンズ製造ラインのデータ取得装置へ運ぶ実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (9) The processing control unit generates an alarm condition information, automated contact lens production line according to further data display for embodiments carry the alarm condition information to the data acquisition device of the automated contact lens production line (B) use sterilization data processing system.
(10)前記処理手段はさらに前記テキスト情報に基いた殺菌動作の成功又は失敗および前記殺菌動作レポートに基いた指示用殺菌制御パラメータ情報を評価するための手段を含む実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (10) to said processing means embodiment includes means for evaluating further the instruction for sterilizing control parameter information in had based Dzu success or failure and the sterilizing operation report of the sterilizing operation was in group Dzu the text information (B) automated contact lens disinfection data processing system for a production line according.
【0078】 [0078]
(11)前記処理手段はさらに完全な1組のデータが現在の殺菌動作用に得られているかどうかを評価するための手段を含む実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (11) said processing means further complete set of data is automated contact lens production line for sterilization data of claim (B) including means for evaluating whether the obtained for the current sterilization operation processing system.
(12)前記テキスト情報は前記殺菌処理の現在の操作フェーズを含む実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (12) said text information is automated contact lens disinfection data processing system for a production line of claim (B) containing the current operating phase of the sterilization process.
(13)前記殺菌パラメータ情報は前記殺菌処理の各操作フェーズ中に前記殺菌処理制御装置により作られる複数の分離された処理値を含む実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (13) the sterilizing parameter information the sterilization process controller automated contact lens production line sterilization data according to a plurality of separate embodiments comprising treatment values (B) produced by in each operation phase of the sterilization process processing system.
(14)前記処理手段はさらに前記フェーズ期間が前記殺菌動作レポートに含まれる前記殺菌動作の前記各操作フェーズ用のフェーズ期間を決定するための手段を含む実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (14) said processing means automated contact lens according to embodiment (B) including means for determining the phase period for each operation phase of the sterilizing operation which further the phase period is included in the sterilizing operation report sterilization data processing system for the production line.
(15)前記処理手段は各前記殺菌フェーズ用の前記分離処理の最小最大値を決定するための手段を含み、前記分離処理値の最小最大は前記殺菌動作レポートに含まれる実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (15) the processing means includes means for determining the minimum maximum value of the separation process for each said sterilizing phase, minimum and maximum of the separation process value to the embodiments included in the sterilizing operation Report (B) automated contact lens disinfection data processing system for a production line according.
【0079】 [0079]
(16)前記処理手段はさらに各前記殺菌操作フェーズ用のフェーズファイル情報を記憶するフェーズファイルを作る手段を含む実施態様13に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (16) the processing means automated contact lens production line for sterilization data processing system of claim 13 including means for making a phase file further storing the phase file information for each said sterilizing operation phase.
(17)前記殺菌処理制御装置は最初の前指定された時間間隔で殺菌データを生成し、前記殺菌データ処理システムは前記受領手段が前記時間間隔以内に前記殺菌データを前記殺菌器処理制御装置から受領するかどうかを決定する手段をさらに含む実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (17) the sterilization process controller can produce sterilizing data in the first pre-specified time interval, the sterilization data the disinfection data processing system is the acceptance means within said time interval from said sterilizer process controller sterilization data processing system for automated contact lens production line according to further comprising embodiments means for determining whether to receive (B).
(18)前記受領手段が前記時間間隔以内に前記殺菌データを前記殺菌器処理制御装置から受領するかどうかを決定する手段は各前記最初の時間間隔中にウエークアップメッセージを作成するためのタイムサーバーを含む実施態様17に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (18) time server for the means for receiving means for determining whether to receive the sterilization data within said time interval from said sterilizer process controller for creating a wake-up message during each said first time interval automated contact lens disinfection data processing system for a production line of claim 17 including.
(19)前記処理手段は前記殺菌データが各前記最初の時間間隔中に受領されないときに通信タイムアウトアラームメッセージを作成する実施態様18に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (19) the processing means automated contact lens disinfection data processing system for a production line of claim 18 for creating a communication timeout alarm message when the sterilization data is not received during the said first time interval.
(20)前記受領手段は通信サーバーである実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (20) said receiving means is an automated contact lens disinfection data processing system for a production line according to a communication server embodiments (B).
【0080】 [0080]
(21)前記処理手段は殺菌サーバーである実施態様(B)に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (21) the processing means automated contact lens disinfection data processing system for a production line according to a disinfection server embodiments (B).
(22)前記殺菌処理制御装置は第二前指定時間間隔でアラーム条件情報を作成する実施態様9に記載の自動化コンタクトレンズ製造ライン用殺菌データ処理システム。 (22) the sterilization process controller automated contact lens production line for sterilization data processing system of claim 9 to create an alarm condition information in second front specified time interval.
(C) レンズロットにより形成された複数のコンタクトレンズを製造する自動化コンタクトレンズ製造ラインで生成されたデータを処理する方法であって、前記コンタクトレンズ製造ラインがコンタクトレンズの製造後前記レンズロットを殺菌する自動化殺菌ステーションを有し、前記自動化殺菌ステーションが殺菌処理の1フェーズ以上を制御する殺菌剤処理制御装置を有し、前記処理制御装置が前記各殺菌フェーズの間に殺菌処理データを定期的に生成してなる方法において、 (C) A method of processing data generated by the automated contact lens production line for manufacturing a plurality of contact lens formed by the lens lot sterilized after manufacture the lens lot of the contact lens manufacturing line contact lenses to have an automated sterilization station, has a disinfectant process control device wherein the automated sterilization station to control one or more phases of sterilization, disinfection data periodically the processing control device during each sterilization phase in the generated method comprising,
(a)前記殺菌剤処理制御装置から前記殺菌データを受領する段階と; Comprising the steps of: (a) receiving said sterilizing data from the disinfectant processing control apparatus;
(b)前記殺菌データを自動的に分析してテキスト情報及び殺菌剤パラメータ情報にする段階と; (B) automatically analyzing the sterilization data the method comprising the text information and fungicides parameter information;
(c)更に前記テキスト情報及び殺菌剤パラメータを処理して、前記殺菌済レンズロット毎のロット数に関連する殺菌作業レポートを自動的に作成する段階とから成る方法。 Processing the (c) Further, the text information and fungicides parameters, the method comprising a step of automatically creating a sterilizing task reports related to the number of lots of the sterilized lenses each lot.
【0081】 [0081]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上のように、本発明によれば、コンタクトレンズの生産を制御する複数の製造工程制御装置から工程制御データを自動的に取得し、リアルタイム表示とオフライン分析のために自動的にデータ処理を行うことができるようなコンタクトレンズ製造施設のための品質管理システムを提供することができる。 As described above, according to the present invention, automatically acquires process control data from a plurality of manufacturing process control devices for controlling the production of contact lenses, performs automatic data processing for real-time display and off-line analysis it is possible to provide a quality control system for a contact lens manufacturing facility can be.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 本発明の殺菌モニターシステムの全組織図である。 1 is a whole structure view of sterilization monitoring system of the present invention.
【図2】 本発明の殺菌モニターノード20と殺菌制御装置25に接してしめされた既存の監視制御システム100のハードウエアー構成を示す図である。 2 is a diagram showing a fatal hardware configuration of an existing monitoring and control system 100 shown in contact with the sterilization monitor node 20 and Fungicidal control device 25 of the present invention.
【図3】 監視制御装置の殺菌装置モニターノード20の詳細なハードウエアー全体図とそこにおけるデータの流れを示す図である。 3 is a diagram showing the data flow in which the detailed fatal hardware overall view of a sterilizer monitoring node 20 of the monitoring control apparatus.
【図4】 殺菌制御装置25から受け取るときの殺菌モニターノードの内部状態を示した状態データフローチャートである。 4 is a state data flow chart showing the internal state of the sterilization monitor node when it receives from the sterilization controller 25.
【図5】 (a)は、殺菌通信データ取得処理50の詳細を示す図であり、(b)は、殺菌通信データ取得処理50の詳細を示す図である。 5 (a) is a diagram showing details of sterilizing communication data acquisition processing 50, (b) is a diagram showing the details of the sterilization communication data acquisition processing 50.
【図6】 殺菌サーバー処理50の主な機能ブロックを示す図である。 6 is a diagram showing the main functional blocks of the sterilization server process 50.
【図7】 殺菌制御装置により送られたデータラインの性質を決定するためのcharacterizeLineアルゴリズム300を示す図である。 7 is a diagram showing a characterizeLine algorithm 300 for determining the nature of the transmitted data line by sterilizing controller.
【図8】 データラインからの殺菌装置フェーズデータの12個の変数を処理するためのprocessDataLine アルゴリズム405を示す図である。 8 is a diagram showing a processDataLine algorithm 405 for processing the 12 variables sterilizer phase data from the data line.
【図9】 対応フェーズファイルにおいてエントリー用処理変数情報をラインとしてフォーマット化するためのmakePhaseFileEntryアルゴリズム440を示す図である。 9 is a diagram showing a makePhaseFileEntry algorithm 440 for formatting an entry for processing variable information as a line in the corresponding phase file.
【図10】 入力データラインからのテキスト形式のデータを処理ためのevaluateTextline処理450を示す図である。 10 is a diagram showing a evaluateTextline process 450 for processing data in a text format from the input data lines.
【図11】 入力データラインからのテキスト形式のデータを処理ためのevaluateTextline処理450を示す図である。 11 is a diagram showing a evaluateTextline process 450 for processing data in a text format from the input data lines.
【図12】 殺菌装置動作が最初から始まったときに呼び出されるStartOfRunEvent 手順466を示す図である。 12 is a diagram showing a StartOfRunEvent procedure 466 is called when the sterilizer operation is starting with the first.
【図13】 殺菌装置動作の終わりが検出されているときに呼び出されるdoEndOfRunEvent 手順480を示す図である。 13 is a diagram showing a doEndOfRunEvent procedure 480 is called when the end of sterilizer operation is detected.
【図14】 入力データラインからのアラームデータを処理するためのprocessAlarmStatusアルゴリズム500を示す図である。 14 is a diagram showing a processAlarmStatus algorithm 500 for processing alarm data from the input data lines.
【図15】 ライン評価後毎にアラーム状態を更新するためのupdateAlarmStatus アルゴリズム550を示す図である。 Is a diagram illustrating a updateAlarmStatus algorithm 550 for updating the alarm state in FIG. 15 after each line evaluation.
【図16】 殺菌作業レポートを作成するためのfinishSteriRunReport手順485を示す図である。 FIG. 16 is a diagram showing the finishSteriRunReport procedure 485 for creating the sterilization work report.
【図17】 テキストライン処理を終了し殺菌作業レポートを印刷するためのdoEndOfRunCleanup手順486を示す図である。 FIG. 17 is a diagram showing the doEndOfRunCleanup procedure 486 for printing an end to sterilization work report the text line processing.
【図18】 フェーズタイム期間を殺菌作業レポートへ加えるためのaddDurations手順630を示す図である。 18 is a diagram showing a addDurations procedure 630 for adding the phase time period to the sterilization work report.
【図19】 最小最大フェーズ変数データを殺菌作業レポートへ加えるためのaddMimMax 手順640を示す図である。 19 is a diagram showing a addMimMax procedure 640 for adding the minimum and maximum phase variable data to sterilization work report.
【図20】 殺菌作業レポートファイルを開くためのopenSteriRunReport手順を示す図である。 FIG. 20 is a diagram showing the openSteriRunReport procedure for opening the sterilization work report file.
【図21】 殺菌作業レポートファイルを閉めるためのcloseAndPrintRunReport手順を示す図である。 FIG. 21 is a diagram showing the closeAndPrintRunReport procedure for closing the sterilization work report file.
【図22】 CELLworksシステムにより呼び出されるwakeUpCmdFunc処理280を詳細に示す図である。 22 is a diagram showing in detail the wakeUpCmdFunc process 280 called by CELLworks system.
【図23】 殺菌作業レポートファイルを更新するために呼び出されるendRunReportForTimeout処理290を詳細に示す図である。 FIG. 23 is a diagram showing in detail the endRunReportForTimeout processing 290 that will be called in order to update the sterilization work report file.
【図24】 完全な殺菌作業用に自動的に作成される殺菌作業レポートを詳細に示す図である。 FIG. 24 is a automatically shows in detail the sterilization work reports that are created for the complete sterilization work.
【図25】 コンタクトレンズのロット番号情報エントリー用アルゴリズムを示す図である。 FIG. 25 is a diagram showing an algorithm for lot number information entry contact lens.
【図26】 (a)は、一次包装の前にロット情報用に統計サーバーに記憶されるデータ構造を詳細に示す図であり、(b)は、一次包装の後にロット情報用に統計サーバーに記憶されるデータ構造を詳細に示す図である。 [Figure 26 (a) is a diagram showing a data structure stored in the statistics server for lot information prior to primary packaging in detail, (b) is the statistical server for lot information after primary packaging it is a diagram showing in detail the stored the data structure.
【図27】 オペレータの要請によりロットを動かすためのデータフローチャートを示す図である。 27 is a diagram showing a data flow chart for moving the lot by the operator's request.
【図28】 生産ラインを通してレンズロットの動きを追跡するためのmoveLot アルゴリズム680を示す図である。 28 is a diagram showing a moveLot algorithm 680 to track the movement of the lens lots through the production line.
【図29】 殺菌装置へ入力されたレンズ量の報告を必然的に伴うロット再調停処理の開始を示す図である。 29 is a diagram showing the start of entails lot reconciliation process the reports lens amount inputted to the sterilizer.
【図30】 二次包装から取り除かれたレンズの数を入力するための手順を示す図である。 30 is a diagram showing a procedure for entering the number of lenses that has been removed from the secondary packaging.
【図31】 ロット閉めフローチャートを示す図である。 31 is a diagram showing a lot closed flowchart.
【図32】 4つの殺菌装置フェーズファイルにおけるテーブル描画フェーズファイルデータエントリーを示す図である。 32 is a diagram showing a table drawing phase file data entry in four sterilizer phase file.
【図33】 殺菌/二次包装ロット再調停シートを示す図である。 FIG. 33 is a diagram showing a re-arbitration sheet sterilization / secondary packaging lot.

Claims (1)

  1. コンタクトレンズを製造する自動化製造ライン用の品質管理システムであり、コンタクトレンズの製造後に複数のコンタクトレンズを殺菌する自動化殺菌ステーションと、殺菌後にコンタクトレンズを包装する包装ステーションとを含む、複数のコンタクトレンズ処理ステーションを具備する、品質管理システムであって、 A quality control system for an automated production line for producing contact lenses, comprising the automated sterilization station for sterilizing a plurality of contact lenses after production of the contact lens, and a packaging station for packaging a contact lens after disinfection, a plurality of contact lenses comprising a processing station, a quality control system,
    (a)コンタクトレンズの製造に先立ち、少なくともコンタクトレンズの1バッチを形成するレンズロット毎の対応するロット番号及びレンズ度数を含んだコンタクトレンズ・データを受領する第一の手段と、 Prior to the production of (a) contact lens, a first means for receiving contact lens data including an associated lot number and lens power of the lens each lot to form a batch of at least a contact lens,
    (b)1つ以上の処理ステーションを制御する複数の処理制御装置であって、前記処理制御装置のそれぞれはコンタクトレンズを製造するための前記処理ステーションで複数の処理制御器を制御する、複数の処理制御装置と、 A plurality of processing control device for controlling the (b) 1 or more processing stations, each of the processing controller controls a plurality of processing controller in the processing station for producing contact lenses, a plurality of a processing controller,
    (c)レンズロットにより規定された複数のレンズの移動を前記複数の処理ステーションから前記自動殺菌ステーション及び前記包装ステーションまで追跡する移動追跡手段と、 (C) a mobile tracking unit for tracking the movement of a plurality of lenses defined by a lens lot from the plurality of processing stations to said automatic sterilization station and said packaging station,
    (d)前記殺菌ステーションで失われたコンタクトレンズの理由コードと共に前記包装ステーションに入力されるレンズの数を表すデータを受領するデータ受領手段と、 And (d) data reception means for receiving data representing the number of the lenses to be inputted to said packaging station together with reason code contact lenses lost at sterilization station,
    (e)前記殺菌ステーションに入力された所定のレンズロット毎のレンズ総数と前記ロットから殺菌及び包装されたレンズの実数とについての概要レポートであって、コンタクトレンズの各バッチのロット番号及びレンズ度数データを含む概要レポートを作成する概要レポート作成手段と、を具備する品質管理システム。 (E) said a summary report for the real sterilization and packaged lens and a lens total number of each sterilization station entered the predetermined lens lot the lot, the lot number and lens power for each batch of contact lenses quality control system comprising an overview report generating means for generating a summary report containing data.
JP14208496A 1996-04-30 1996-04-30 Quality management correlation for the computer system Expired - Lifetime JP3905149B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14208496A JP3905149B2 (en) 1996-04-30 1996-04-30 Quality management correlation for the computer system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14208496A JP3905149B2 (en) 1996-04-30 1996-04-30 Quality management correlation for the computer system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09294804A JPH09294804A (en) 1997-11-18
JP3905149B2 true JP3905149B2 (en) 2007-04-18

Family

ID=15307065

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14208496A Expired - Lifetime JP3905149B2 (en) 1996-04-30 1996-04-30 Quality management correlation for the computer system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3905149B2 (en)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6485979B1 (en) * 1999-08-05 2002-11-26 3M Innovative Properties Company Electronic system for tracking and monitoring articles to be sterilized and associated method
JP2002225825A (en) * 2001-02-02 2002-08-14 Toyo Jidoki Co Ltd Method and system for manufacturing packaged product
US7270790B2 (en) * 2002-04-11 2007-09-18 Baxter International Inc. Sterilizer monitoring and controlling system and method
WO2015049002A1 (en) * 2013-10-03 2015-04-09 Getinge Sterilization Ab Device and method for washing, desinfecting and/or sterilizing

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09294804A (en) 1997-11-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU700142B2 (en) Medicament verification in an automatic dispensing system
US7554449B2 (en) Method and apparatus for preparing an item with an RFID tag
US7558771B2 (en) System and method for selection of prediction tools
US6690980B2 (en) Method for an alarm event generator
US6181979B1 (en) Medication processing system
US5142612A (en) Computer neural network supervisory process control system and method
US4707796A (en) Reliability and maintainability indicator
US6144893A (en) Method and computer system for controlling an industrial process by analysis of bottlenecks
US7218974B2 (en) Industrial process data acquisition and analysis
US7751929B1 (en) Package handling system with kickout labeling
US6061640A (en) Method of and apparatus for extracting abnormal factors in a processing operation
EP0401816B1 (en) Plant operation supporting method
EP0859299B1 (en) Versatile production system
KR101164247B1 (en) Transportation device and method of living tissues
US5237496A (en) Inventory control method and system
JP4239574B2 (en) Alarm management method and apparatus
US6060992A (en) Method and apparatus for tracking mobile work-in-process parts
US7878396B2 (en) System and method for tracking origins of produce
US7460923B2 (en) Substrate processing system managing apparatus information of substrate processing apparatus
US5596493A (en) Method for classifying sale amount characteristics, method for predicting sale volume, method for ordering for restocking, system for classifying sale amount characteristics and system for ordering for restocking
US5284164A (en) Method for improving the quality of products produced in the cigarette manufacturing process
US5128861A (en) Inventory control method and system
JP4152016B2 (en) Electronic price label of price matching methods and electronic price label of price matching device
US4819176A (en) Process control and data collection system
US8491839B2 (en) Manufacturing execution systems (MES)

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050308

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050315

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20050615

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20050621

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050913

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051025

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20060125

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20060130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060425

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060530

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060828

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061106

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20061115

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20061212

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070111

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R154 Certificate of patent or utility model (reissue)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R154

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110119

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110119

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120119

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130119

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130119

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term