JP3899137B2 - Model producing device - Google Patents

Model producing device Download PDF

Info

Publication number
JP3899137B2
JP3899137B2 JP31434395A JP31434395A JP3899137B2 JP 3899137 B2 JP3899137 B2 JP 3899137B2 JP 31434395 A JP31434395 A JP 31434395A JP 31434395 A JP31434395 A JP 31434395A JP 3899137 B2 JP3899137 B2 JP 3899137B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
model
parts
display device
cut
shape
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP31434395A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH09153082A (en )
Inventor
浩 床波
規雄 野中
Original Assignee
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、プラスチックモデルなどの各種の組立てモデル類をコンピュータによる仮想空間内で組み立てるモデル作製装置に関する。 The present invention relates to a model preparing apparatus for assembling a variety of assembly models such as plastic model in the virtual space by the computer.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
プラスチックモデルや木工模型などの組立てが幅広く行われている。 Assembly, such as a plastic model and carpentry model has been performed widely. プラスチックモデルの場合であれば、複数の部品(パーツ)を一体のものとしたプレートと呼ばれる部材をプラスチック成形によって製造し、組立て時には、プレートから個々の部品を切離し、切離した部品を接着剤などを用いて相互に接合し、必要に応じて塗装等を施すことにより、モデルが完成する。 In the case of plastic model, the member called a plurality of component plates were of integrally (part) prepared by plastic molding, at the time of assembly, disconnecting the individual parts from the plate, and the disconnection component adhesive used bonded to each other, by applying paint or the like, if necessary, the model is completed. モデルの出来の良し悪しは、各部品が本来の位置に正しく配置しているかどうかはもちろんのこととして、例えば、プレートから部品を切離す際のバリがきちんと取れているか、部品相互の接合面に不要な隙間が生じていないかどうか、接着剤がはみ出していないかどうか、塗装が美しくなされているかどうかなどの諸観点から判断することができる。 Models can of good or bad, as the whether, of course the parts are correctly arranged in situ, for example, or burrs when disconnecting parts from plate is taken properly, the bonding surface of the part cross whether or not caused unnecessary gaps, if the adhesive does not protrude, it can be determined from various viewpoints, such as whether paint has been made beautiful.
【0003】 [0003]
プラスチックモデルでは、プレートの製造に金型を使用するため、多種少量の生産ではコストが高くなるとともに、所望のものが入手できるとは限らない。 The plastic model, for using molds in the manufacture of the plate, the cost becomes high in a wide small production, not necessarily desired as are available. また、組み立てられたモデルはかなりの保管場所を要する。 In addition, the assembled model requires a significant storage location.
【0004】 [0004]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
プラスチックモデルを組み立てることの愉しみを分析すると、組立ての過程自体も大きなウェイトを占めている。 Analysis of the pleasures of assembling the plastic model, the process itself of the assembly has also a big weight. そこで、プラスチックモデルの組立ての過程をコンピュータによる仮想空間の中で実現することを検討する。 Therefore, we consider to implement in the virtual space the process of assembly of the plastic model by a computer.
【0005】 [0005]
これまで、「○○ブロック」といった名称で市販されているような組立てブロック玩具を仮想空間内で組み立てるようなソフトウェアは存在した。 Previously, software such as assembling assembly blocks toys such as those marketed under the name such as "○○ block" in the virtual space was present. CADソフトウェアなどで各種の部品を組み立てるものもこの範疇に属する。 What CAD software such as assembling the various parts of also belong to this category. また、いわゆる合体ロボットによる遊びを仮想空間内で実現するものもある。 There is also realizes the play by a so-called coalescence robot in a virtual space. しかし、組立てブロック玩具や合体ロボット玩具とプラスチックモデルとは本質的に異なるものであり、上述した既存のソフトウェアによっては、プラスチックモデルの組立ての愉しみを利用者に与えることはできない。 However, the assembly block toys and coalescence robot toy and plastic models and are essentially different, depending on the existing software described above can not provide the pleasure of the assembly of the plastic model to the user. すなわち、プラスチックモデルの組立てでは、例えば、切離しに使用する道具の種類や組立て者の技能によってバリの形状や大きさが決定し、出来上りの良し悪しを左右するが、既存のソフトウェアではこのような要因を反映した組立てを実現することができない。 That is, in the assembly of the plastic model, for example, to determine the shape and size of burr depending on the type and assembling the skill of tools to be used for disconnecting, influence the good or bad of the finished can, such factors in existing software it is not possible to realize the assembly that reflects the. 具体的には、既存のソフトウェアは、切り口(切断面)の形状が何通りにもなったり、接着剤がはみ出したり、同じような機能(例えば、切断)を実現する何種類ものの道具の中から1つを選択する、といったことに対応していない。 Specifically, the existing software, cut or become for many types the shape of the (cut surface), or protrudes the adhesive, similar functionality (e.g., cleavage) from among several types of tools to achieve a selecting one, it does not correspond to such. さらに、現実のプラスチックモデルでは、誤った位置でプレートから部品を切離した場合には元に戻すことはできないが、仮想空間で実現する場合にもこのようなアンドゥ(Undo)機能を認めず、操作順が異なれば異なる結果が得られるようにすることが望ましい。 Moreover, in a real plastic model, it can not be undone in the case of disconnected parts from plate at a wrong position, even not recognize such Undo (Undo) function When implementing the virtual space, the operation it is desirable that the different results different order is obtained.
【0006】 [0006]
本発明の目的は、現実の空間で組み立てるのと同様の感覚でプラスチックモデルなどの組立てモデルを仮想空間内で組み立てることのできるモデル作製装置を提供することにある。 An object of the present invention is to provide a model manufactured equipment capable of assembling the assembled model, such as a plastic model in a virtual space with the same feeling as assemble in the real space.
【0007】 [0007]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明のモデル作製装置は、表示装置を備え、接続部材を介して相互に接続した複数の部品からなる初期部材から各部品を切離して組立てモデルを組み立てる過程を表示装置上で実現するモデル作製装置において、表示装置に表示された表示画面における位置を指定できる入力装置と、作業履歴ファイルを格納する格納部と、各部品の形状と初期部材における接続条件を記述した部品ライブラリと、組立てに使用する道具類を定義した定義ファイルとを参照し、初期部材を表示装置に表示し、道具が選択され入力装置によって切断位置が指定され切断時の条件が設定された場合に、選択された道具と切断時の条件にしたがって切断位置で部品の切離しが行われたものとして切り口の形状を定めて表示装置に表示し、切り口の形状も含めて当該 Model preparation apparatus of the present invention, the display includes a device, the model preparing apparatus for implementing on a display device a process of assembling the assembled model detach the parts from the initial member comprising a plurality of parts connected to each other via a connecting member in an input device capable of designating a position in the display screen displayed on the display device, a storage unit for storing the work history file, a component library that describes the connection condition in the shape and the initial members of each part, for use in the assembly Referring to the definition file that defines the equipment, to display the initial members on the display device, when a tool is selected condition at the time of cutting position is specified cut by the input device is set, cut with the selected tool is displayed on the display device defines a cut shape as disconnection of parts at the cutting position is performed according to the conditions of time, the, including cut shapes 離しの操作を作業履歴ファイルに記録し、使用する道具及び/または操作が選択され入力装置によって部品が選択された場合に、切り口の形状に応じて当該部品に対して組み立てる操作が施されたものとして表示装置に表示し、当該組み立てる操作を作業履歴ファイルに記録する処理エンジン部と、を有する。 The operation of release was recorded in the work history file, which when part by a tool and / or operation is selected the input device used is selected, the operation of assembling with respect to the components in accordance with the shape of the cut is performed displays on the display device as has a processing engine for recording the assembling operation to the work history file.
【0008】 [0008]
本発明のモデル作製装置では部品ライブラリと定義ファイルの少なくとも一方が記録媒体から読み込まれようにしたり、取外し可能な外部記録媒体に作業履歴ファイルを記録できるようにすることができる。 In the model preparing apparatus of the present invention can be at least one of the component library and definition files or as read from the recording medium, to be able to record the work history file to the removable external recording medium. また、切断位置や部品の指定・選択の他に、道具の選択や切断時の条件設定も、入力装置を用いたグライフィカル・ユーザ・インタフェース上で行えるようにすることが好ましい。 In addition to the cutting position and parts specified and selection, also condition setting selection and during cutting tools, it is preferable to allow on Guraifikaru user interface using the input device. また、切離しに使用される画面と組立てに使用される画面とを分け、利用者からの指示によってこれらいずれかの画面が表示装置上に表示されるようにすることができる。 Also, separate the screens used in the screen and assembly used to disconnect, it can be made to any of these screens is displayed on the display device in response to an instruction from the user. 入力装置としては、例えば、マウスを使用することができる。 The input device, for example, can use the mouse.
【0010】 [0010]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
次に、本発明の実施の形態について、図面を参照して説明する。 Next, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings. 図1は、本発明の実施の一形態のモデル作製装置のハードウェア構成を示している。 Figure 1 shows a hardware configuration of the model preparation device according to one embodiment of the present invention. 以下では、仮想空間内で、初期部材であるプレートから各部品を切離し、プラスチックモデルを組み立てる場合について、説明を行う。 Hereinafter, in the virtual space, detach the parts from the plates the initial member, the case of assembling the plastic model will be described.
【0011】 [0011]
このモデル作製装置は、ハードウェアとしては通常のパーソナルコンピュータや家庭用ゲーム装置を用い、モデル作製装置として作動させるためのプログラムをCD−ROMなどの記憶媒体から読み込むように構成されている。 The model preparing apparatus uses a conventional personal computer or a consumer game device as hardware, and a program for operating as a model preparing apparatus to read from a storage medium such as a CD-ROM. バス10に、CPU11と、入力装置用のインタフェース12と、外部記憶装置用のインタフェース13と、イニシャルプログラムローダー(IPL)や基本入出力システム(BIOS)を格納したROM14と、実行プログラムやデータを格納するためのRAM15と、CRTや液晶ディスプレイなどの表示装置16と、ネットワーク用のインタフェース17とが、接続している。 Stored in the bus 10, a CPU 11, an interface 12 for input device, an interface 13 for external storage device, and ROM14 storing the initial program loader (IPL) and basic input output system (BIOS), the execution program and data and RAM15 to, a display device 16 such as a CRT or a liquid crystal display, and an interface 17 for network connects. 入力装置用のインタフェース12には、マウス21などのポインティングデバイスと、キーボード22と、ディジタイザ23などの座標入力装置などが接続している。 The interface 12 for input device, and a pointing device such as a mouse 21, a keyboard 22, such as a coordinate input device such as a digitizer 23 is connected. 外部記憶装置用のインタフェース13には、フロッピーディスクにデータを読み書きするフロッピードライブ24と、CD−ROMからデータを読み出すCD−ROMドライブ25が接続している。 The interface 13 for external storage device, a floppy drive 24 for reading and writing data to a floppy disk, CD-ROM drive 25 to read data from the CD-ROM is connected. ネットワーク用のインタフェース17は、モデム18を介して、公衆網などのネットワーク27に接続している。 Interface 17 for the network via the modem 18, connected to a network 27 such as a public network. また、外部記憶装置としては、この他、ハードディスク装置26や、光磁気(MO)ディスク装置などを使用することができる。 As the external storage device, the other can be used and the hard disk drive 26, a magneto-optical (MO) disk drive, and the like. このモデル作製装置では、後述するように、利用者の行った各操作ごとにその操作の履歴を、例えばフロッピーディスク上あるいはRAMディスクとしてのRAM15上に配置された作業履歴ファイル36(図2参照)に記録するが、作業履歴ファイル36の容量が大きくなりがちな場合などには、この作業履歴ファイル36を格納するための装置として、ハードディスク装置26を備えておくことが好ましい。 In this model producing device, as will be described later, the user of the history of the operations for each operation performed, for example, a floppy disk or on a work placed on the RAM15 as RAM disk history file 36 (see FIG. 2) Although recorded in, the like if tend increases the capacity of the work history file 36, as a device for storing the work history file 36, it is preferable to a hard disk device 26. ハードディスク装置26は、後述する作製ツール33や部品ライブラリ35を読み込んで保管しておく場合にも使用できる。 The hard disk device 26 can also be used to keep a load the manufacturing tool 33 and component library 35 which will be described later.
【0012】 [0012]
図2は、このモデル作製装置における各ソフトウェアとデータの構成を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing the configuration of each software and data in this model producing device. ソフトウェアとして、全体の動作の管理を行う管理プログラム31と、モデル作製のための処理を行う処理エンジン部32とを有する。 As software, it has a management program 31 for managing the overall operation, and a processing engine 32 that performs processing for model making. 処理エンジン部32の詳細については、後述する。 Details of the processing engine unit 32 will be described later. 処理エンジン部32の下には、モデル作製に使用される道具を定義した定義ファイルである作製ツール33と、利用者に対するグラフィクなインタフェースを提供するための各ルーチンからなる基本GUI34が配置されている。 Under the processing engine 32, a manufacturing tool 33 is a definition file that defines a tool to be used for model preparation, basic GUI34 consisting routines for providing Gurafiku interface for users is located . 作製ツール33は、このモデル作製装置による仮想空間内で使用できる各道具(ツール)とその機能、処理内容とを表わすオブジェクトの集合を格納したファイルとして構成されている。 Preparation tool 33, the tool can be used in the virtual space according to the model preparation unit (tool) that function, and is configured as a file containing a set of objects representing the processing content. データとして、部品ライブラリ35が設けられている。 As the data, the component library 35 is provided. 部品ライブラリ35は、プラスチックモデルを構成する各部品(パーツ)の形状データをまとめたファイルである。 Component library 35 is a file that summarizes the shape data of each of the components (parts) that make up the plastic model. モデルの組立て開始時には、市販の(現実の)プラスチックモデルがそうであるように、複数の部品が枝状の接続部材と一体化してプレートを構成している。 Model The assembly starting, as commercially available (real) plastic model is the case, a plurality of parts constituting the plate and integral with the branch of the connecting member. そこで、部品ライブラリには、プレートでの接続関係や接続部材との接続部位の形状などのデータも格納されている。 Therefore, the component library, and the data for the shape of the connection portion between the connection relationship and connection members on the plate is stored.
【0013】 [0013]
上述した管理プログラム31、処理エンジン部32、作製ツール33、基本GUI34及び部品ライブラリ35は、CD−ROM30内に格納されている。 Management program 31 described above, processing engine 32, making tool 33, the basic GUI34 and component library 35 is stored in the CD-ROM 30. CD−ROM30をCD−ROMドライブ25に装着することにより、少なくとも管理プログラム31、処理エンジン部32及び基本GUI34が読み込まれ、RAM15上に展開し、これによって、図1に示すハードウェアが本実施の形態のモデル作製装置として機能するようになる。 By mounting the CD-ROM 30 into the CD-ROM drive 25, at least the management program 31, the processing engine unit 32 and the basic GUI34 are read, and expanded on RAM 15, whereby the hardware of the present embodiment shown in FIG. 1 It will function as model preparation unit form. RAM15に余裕があれば、作製ツール33や部品ライブラリ35もRAM15上に展開することができ、これによって、処理速度の向上を図ることができる。 If there is room in the RAM 15, making tools 33 and component library 35 can also be expanded in the RAM 15, thereby, it is possible to improve the processing speed. 作製ツール33や部品ライブラリ35をRAM15上に展開しない場合には、必要となる度に、CD−ROM30にアクセスすればよい。 If you do not expand the production tool 33 and the component library 35 on RAM15 is, every time that is required, it is sufficient to access the CD-ROM30. また、ハードディスク装置26がある場合には、作製ツール33や部品ライブラリ35をハードディスク装置26に転送しておくことにより、CD−ROM30から直接読み出す場合に比べ、処理速度を向上することができる。 When there is a hard disk device 26, the manufacturing tool 33 and component library 35 by previously transferred to the hard disk device 26, compared with the case of reading directly from the CD-ROM 30, it is possible to improve the processing speed. また、利用者の行った各操作ごとにその操作の履歴を記録する作業履歴ファイル36が設けられており、動作時には処理エンジン部32によって作業履歴ファイル36に対して書き込みが行われる。 In addition, a work history file 36 for recording the history of the operation is provided for each operation performed by the user, the operation is written to the working history file 36 by the processing engine 32.
【0014】 [0014]
なお、部品ライブラリ35自体は、処理エンジン部32などを格納したCD−ROM30内に一緒に格納しておく必要はなく、別の記録媒体(他のCD−ROMやフロッピーディスクなど)やネットワーク27を介して供給されるようにしてもよい。 Incidentally, the component library 35 itself, it is not necessary to store together in CD-ROM 30 that stores a processing engine unit 32, the another recording medium (such as another CD-ROM or floppy disk) or a network 27 it may be supplied through. 同一の処理エンジン部32や作製ツール33を用いて各種のプラスチックモデルの組立てを行うことを考えると、部品ライブラリ35のみでも拡布・流通が行われるようにしておくことが望ましい。 When using the same processing engine 32 and the manufacturing tool 33 given that to assemble the various plastic model, it is desirable that as open width and distribution is carried out in only the component library 35. また、基本となる道具(ツール)の他に、オプションの道具を用いるようにすることができ、そのために、追加の作製ツール38を別途用意して、基本となる作製ツール33とともに処理エンジン部32での処理に使用されるようにしてもよい。 In addition to the underlying instrument (tool), it is possible to make use of optional tools for them, and provide additional fabrication tools 38 separately treated with manufacturing tool 33 to the underlying engine 32 it may be used for processing in the. 同様に、ある部品ライブラリ35による各部品に対し、オプションとなる部品を追加することができ、そのために、追加の部品ライブラリ39を別途用意して、基本となる部品ライブラリ35とともに使用されるようにしてもよい。 Similarly, for each part by some component library 35, can be added to parts made optional, for which, to prepare additional component library 39 separately to be used with the component library 35 to the underlying it may be. 追加の作製ツール38や追加の部品ライブラリ35などは、例えば、フロッピーディスクやネットワーク27を通じて配布することができる。 Such additional fabrication tools 38 and additional component library 35, for example, can be distributed through a floppy disk or a network 27.
【0015】 [0015]
次に、処理エンジン部32について、処理エンジン部32をRAM15上に展開してCPU11により処理エンジン部32のプログラムを実行した場合の処理について説明する。 Next, the processing engine unit 32, the CPU11 expand processing engine 32 on the RAM15 processing when executing the program of the processing engine 32 will be described.
【0016】 [0016]
実際のプラスチックモデルの組立ての手順を検討すると、プレートから部品を切離すフェーズと、切離された部品を組み立てるフェーズとに大きく分けられる。 When considering the actual procedure of assembly of the plastic model, and phase separating the components from the plates, it is roughly divided into a phase of assembling a detached part. いくつかの部品を切離したら組立てを一部行い、続いて残っている部品のうちのいくつかを切離すというように作業を行うことができるから、開始時には部品を切離すフェーズであり、以後はこれら2つのフェーズを自由に行き来し、最後は組み立てるフェーズとなる。 Make certain the assembly Once you disconnect some of the parts, because subsequently it is possible to perform the work and so disconnect some of the remaining parts, at the time of the start of a phase of disconnecting the parts, thereafter these two phases back and forth freely, finally becomes a phase of assembling. 塗装を行う場合には、一般的には組立て完了後に、塗装のフェーズを実行する。 When performing coating is generally after assembly completion, it executes phase of painting. 図3はプレート40の構成の一例を示しており、プレート40は、複数の部品(パーツ)41が接続部材42に接続した構成であり、各接続部で切断することによって、各部品41が切離される。 Figure 3 shows an example of the configuration of the plate 40, plate 40 has a structure in which a plurality of components (parts) 41 is connected to the connecting member 42, by cutting at the connecting portions, each part 41 is cut It is released.
【0017】 [0017]
そこで、このモデル作製装置では、処理エンジン部32によって、切離しのフェーズに対応するパーツウィンドウと、組立てのフェーズに対応する組立てウィンドウと、塗装のフェーズに対応する塗装ウィンドウとを表示装置16に表示する。 Therefore, in this model producing device, the processing engine unit 32, and displays the part window corresponding to the phase of disconnecting the assembly window corresponding to the phases of assembly, and the display unit 16 the painted window corresponding to the phase of the paint . さらに、対象とするプラスチックモデルの設計図を表示するための設計図ウィンドウが用意されている。 Furthermore, blueprints window for displaying the blueprint of a plastic model of interest are prepared. どのウィンドウを表示するかは、利用者によって選択されるものとし、利用者は、任意の時点で自由にウィンドウを遷移させることができ、表示装置16に表示された各ウィンドウ(設計図ウィンドウを除く)の中で、グラッフィックなユーザインタフェースのもと、マウス21などを使用して仮想的に組立て作業を実行する。 To display which window is intended to be selected by the user, the user, can be freely transition windows at any time, except for the windows (blueprint window displayed on the display device 16 ) in the original Guraffikku user interface, it executes virtually assembling work with the mouse 21.
【0018】 [0018]
まず、パーツウィンドウについて説明する。 First, a description will be given of the part window. 図4はパーツウィンドウ50を示している。 FIG. 4 shows a part window 50. パーツウィンドウ50の中央部には、プレート40などを表示するための大きなスペースが設けられている。 At the center of the part window 50, a large space for displaying the plate 40 is provided. プレート40は部品ライブラリ35中のデータに基づいて表示されるが、すでに切離された部品はここには表示されない。 Plate 40 is displayed based on data in the component library 35, not shown here already detached parts. パーツウィンドウ50の左端には、利用者が道具を選択するための道具アイコン51が上端側から順に並んでいる。 At the left end of the part window 50, the tool icon 51 for a user to select a tool are arranged from the top side. 図示した例では、1番上がニッパーであり、2番目がカッターである。 In the illustrated example, on the No. 1 it is nippers, second is the cutter. この他、はさみや爪切りなどの道具アイコン51を用意しておけばよい。 In addition, it is sufficient to provide a tool icon 51 such as scissors and nail clippers. マウスによるカーソル49で所望の道具アイコン51を選択し、マウスをクリックすることによって、その道具が選択される。 Select the desired tool icons 51 with the cursor 49 by the mouse, by clicking the mouse, the tool is selected. パーツウィンドウ50の左端の下端側には、「選択」ボタンなどのコマンドボタン52が配置している。 At the lower end side of the left edge of the parts window 50, command buttons 52, such as the "select" button is located. 一方、パーツウィンドウ50の右端には、上端側から、 「パーツ」、「組立て」、「塗装」、「設計図」などの遷移ボタン53が配置している。 On the other hand, the right end of the part window 50, from the top side, "part", "assembly", "painting", shift button 53, such as a "blueprint" is arranged. 遷移ボタン53は、マウスのクリックによってウィンドウ間の遷移を指示するものであり、ここではパーツウィンドウ50が現に表示されているので、「パーツ」の遷移ボタン53だけ色が変化している。 Shift button 53 is for instructing the transition between the window with a mouse click, because here the part window 50 is being displayed currently, the color only shift button 53 of "parts" is changing.
【0019】 [0019]
図5は、切離しウィンドウでの処理を説明するフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart for explaining the process in the uncoupling window. まず、利用者によるマウスの操作によって道具の選択が行われ(ステップ101)、次いで、切離し位置や角度、切離し時の力のかけ方などのパラメータ設定が行われる(ステップ102)。 First, the selection of tools is made by the user operating the mouse by (step 101), then disconnect position and angle, the parameter settings, such exertion of force during disconnection is performed (step 102). パラメータ設定も後述するように、パーツウィンドウ50内でのマウスの操作によって行われる。 As parameter setting will be described later, it is performed by operating the mouse in the parts window within 50. そして、設定した値でよいかを利用者に確認し(ステップ103)、この設定値ではよくない場合にはステップ101に戻り、この設定値でよい場合には、道具の種類とパラメータとによって切り口の形状を計算し(ステップ104)、計算結果に基づいてその切り口形状を有するように部品が切離されたとして作業履歴ファイル36にデータを保存し(ステップ105)、切り口部分の形状を表示装置16に表示する(ステップ106)。 It is confirmed whether or setting the value to the user (step 103). If this is not good at setting value returns to step 101, if it is this setting, cut by the type and parameters of the instrument of a shape calculated (step 104), calculated based on the result and save the data in the work history file 36 as a component is disconnected so as to have the cut shape (step 105), the display device the shape of the cut portion 16 to be displayed (step 106). そして、終了かどうかを確認し(ステップ107)、続けて他の部品の切離しを行う場合にはステップ101に戻り、そうでない場合には処理を終了する。 Then, to check whether an exit (step 107), in case of disconnection of the other components continues back to step 101, the process ends otherwise.
【0020】 [0020]
図6(a)〜(d)は、切離し処理時に実際にパーツウィンドウ50に現れる画面例を示している。 FIG 6 (a) ~ (d) show an example of a screen appearing on the actual part window 50 at the time of disconnection process. なお、図6(b)〜(d)では、複雑化を避けるため、画面上の輪郭線などは表示していない。 In FIG. 6 (b) ~ (d), in order to avoid complication, such as contour lines on the screen are not displayed.
【0021】 [0021]
まず、図6(a)に示すように、画面上に表示されたマウスのカーソル49によって、所望の道具アイコン51をクリックする。 First, as shown in FIG. 6 (a), the cursor 49 of the mouse displayed on the screen, clicking on the desired tool icon 51. ここでは、ニッパーが選択されたものとする。 Here, it is assumed that nippers is selected. その結果、マウスのカーソル49がニッパーのアイコン54に変化するから、マウス操作により、切断しようとする所望の位置にまでこのアイコン54を移動させる。 As a result, since the mouse cursor 49 is changed to the nipper icon 54, by operating the mouse to move the icon 54 to a desired position to be cut. ここでは、部品41と接続部材42との接続点にアイコン54を位置付けるものとする。 Here, it is assumed that position the icon 54 to the connection point between the component 41 and the connecting member 42. 所望の場所にアイコン54が位置付けられたら(例えば、ニッパーの先端部分が上述の接続点に位置したら)、マウスを左ボタンをクリックする。 When the icon 54 is positioned at a desired location (e.g., when the distal end portion of the nipper is situated to the connection point of the above), click the left button of the mouse. その結果、ニッパーの先端位置がそこに固定され、アイコン54とは別に、カーソル49が再び現れる。 As a result, nippers tip position is fixed thereto, the icons 54 Separately, a cursor 49 appears again.
【0022】 [0022]
次に、図6(b)に示すように、マウスのカーソル49によってニッパーのアイコン54の根元側(手で持つ側)をドラッギングすることにより、アイコン54の先端(切断すべき位置)を中心として、図示矢印で示されるように、アイコン54が回転し、回転角を適宜にすることによって所望の切断角度を設定する。 Next, as shown in FIG. 6 (b), by dragging the root side of the nippers icon 54 (the side with a hand) by the mouse cursor 49, around the tip (to be cut position) of the icon 54 , as indicated by an arrow icon 54 is rotated to set the desired cutting angle by the rotation angle as appropriate. 続いて、アイコン54をダブルクリックすることによって、手でニッパーを開いているところを示すアイコン55にアイコン54が変化し、さらに、力の入れ具合を示すバーグラフのアイコン56が現れる。 Then, by double-clicking the icon 54, the hand icon 54 in the icon 55 indicating the place where open nippers changes, in addition, an icon 56 of the bar graph showing the placed condition of force appears. ここで、図6(c)に示すようにアイコン56の手の部分にカーソル49を位置させてマウスの左ボタンを押し続けると、手の開く角度が大きくなったり小さくなったりし、これに合わせてバーグラフのアイコン56のバーの部分の長さが長くなったり短くなったりを繰り返す。 Here, by positioning the cursor 49 continues to press the left mouse button on a portion of a hand icon 56 as shown in FIG. 6 (c), larger or smaller angle of opening of the hand, combined with this Te repeated increases or decreases the length of the bar of the portion of the icon 56 of the bar graph. バーが短くなった状態が図6(d)に示されている。 State bar is shortened is shown in FIG. 6 (d). ニッパーの開度(バーグラフのアイコン56のバーの長さ)はニッパーで切る場合の力の表わしており、利用者は、力の値が所望のものとなるまで、マウスの左ボタンを押し続け、切るときの力を設定する。 Nipper opening (bar length of the bar graph icon 56) represents the force when cutting nippers, the user until the value of the force is desired one, press and hold the left mouse button , set the force when cutting. そして、マウスの左ボタンをダブルクリックすることによって、切断が実行される。 Then, by double-clicking the left mouse button, the cutting is performed.
【0023】 [0023]
切断が実行した際、上述したように、処理エンジン部32によって、切り口の形状が計算され、その結果が作業履歴ファイル36に格納されるとともに、表示内容にも反映する。 When cutting is performed, as described above, by the processing engine unit 32, the shape of the cut is calculated, with the result is stored in the work history file 36, also reflected in the display. 切り口の形状の計算は、上述したように利用者によって設定されたパラメータ(選択された道具、切断位置、切断角度、力の値)に基づいて行われる。 Calculation of cut shape, set parameters by the user as described above is performed based on (selected tools, cutting position, the cutting angle, the value of the force). 具体的には、道具、切断位置と切断角度によって切り口の形状やバリの突出量(高さ)を決めるが、その際に、力の値に基づいて定められた誤差値が形状に反映するようにする。 Specifically, tools, and determines the amount of projection of the cut shapes and burr by the cutting position and the cutting angle (height) at that time, so that the error value determined based on the value of the force is reflected in the shape to. なお、本明細書では、バリの高さに特に言及しない場合には、切り口の形状にバリの高さも含まれるものとする。 In this specification, if not specifically mentioned in the height of the burrs are intended to be included also the height of the burr to the shape of the cut. また、力が極端に小さい場合などには、切れないようにすることも可能である。 Further, in the example, when the force is extremely small, it is also possible not expired. これらのパラメータから数値計算によって実際に切り口の形状を求めてもよいが、計算量が膨大になるので、予め、切り口の形状やバリの突出量についてそれぞれ何通りかのパターンを用意しておき、利用者によって設定されたパラメータによる簡単な計算によってこれらのパターンの組合せが決まるようにするとよい。 May actually determine the cut shape by numerical calculations from these parameters, since the amount of calculation becomes huge, preliminarily prepared a number of ways of the patterns each for projecting amount of cut shapes and burrs, may be so determined that a combination of these patterns by simple calculation according to the parameters set by the user. 図7(a)は切断を実行した直後のパーツウィンドウ50を示している。 Figure 7 (a) shows a part window 50 immediately after execution of the cut. 図示されるように、切断位置に表示(図示した例では、部品41と接続部材42の接続部に配置した太線)がなされるとともに、切断部(図示破線内)の拡大図が別のウィンドウ57に表示される。 As shown, (in the illustrated example, and disposed at the connection portion of the connection between parts 41 member 42 thick line) displayed on the cutting position with is made, the window enlarged view of another cutting portion (the illustrated dashed line) 57 It is displayed in. 図示した例では、切り口44は斜めの形状になっている。 In the illustrated example, it cuts 44 are oblique shape. また、図7(b)は、切り口の形状として予め何種類か用意されるパターン58の例を示している。 Further, FIG. 7 (b) shows an example of a pattern 58 are provided several kinds in advance as the shape of the cut. また、図7(c)は切断後に形成されるバリの突出量として予め何種類か用意されるパターン59の例を示している。 Further, FIG. 7 (c) shows an example of a pattern 59 that is prepared or pre-many kinds as the amount of protrusion of burrs to be formed after cutting.
【0024】 [0024]
次に、組立てウィンドウについて説明する。 Next, a description will be given of the assembly window. 図8は組立てウィンドウ60を示している。 Figure 8 shows an assembled window 60. 組立てウィンドウ60の中央部には、組立てが行われる仮想空間を表示するための大きなスペースが設けられている。 At the center of the assembly window 60, a large space for displaying the virtual space are provided assembled is carried out. この仮想空間内には、机をイメージしたメタファ62が表示され、この机の上には、プレート40、プレート40から切離された部品41、組立て途中のプラスチックモデル45などが表示されている。 For this virtual space, it is displayed metaphor 62 the image of a desk, on the desk, the plate 40, part 41 is disconnected from plate 40, such as a plastic model 45 in the middle of the assembly are displayed. 部品41は、パーツウィンドウ50での切離し時に決定した切り口の形状やバリの高さをそのまま保存している。 Parts 41, has preserved the disconnection height of the shape and the burr of the determined cut at the time of in the parts window 50. 組立てウィンドウ60の左端には、利用者が道具を選択するための道具アイコン61が上端側から順に並んでいる。 The left end of the assembly window 60, tool icons 61 for the user to select a tool are arranged from the top side. ここでは、1番上が接着剤であり、2番目がバリを削るためのやすりである。 Here is on No. 1 adhesive, the second is a rasp for grinding the burrs. この他、接着剤を塗るためのつま楊枝や刷毛などの道具アイコン61を用意しておけばよい。 In addition, it is sufficient to provide a tool icon 61, such as a toothpick or brush to paint the adhesive. マウスによって道具の選択がなされる。 Selection tool is made by the mouse. また、パーツウィンドウ50と同様に、コマンドボタン52や遷移ボタン53が配置されている。 Similar to the parts window 50, command buttons 52 and shift button 53 is disposed.
【0025】 [0025]
なお、接着剤を塗るための刷毛やつま楊枝ではなく、接着剤自体の道具アイコン61が選択された場合には、実際に接着剤を塗る動作を行うのではなく、2つの部品を相互に接合したり、ある部品を組立て途中のモデルに接合する動作に移るものとする。 Instead of the brush or toothpicks to paint the adhesive, when the tool icon 61 of the adhesive itself is selected, instead of performing an operation to paint actually adhesive, mutually joining two parts or, it is assumed that advances to be joined to the middle of the assembly model certain components. これに対し、つま楊枝や刷毛自体が選択された場合には、接合を行うのではなく、パーツウィンドウ50での切離しと同様に、ある部品への接着剤の塗布が行われるものとする。 In contrast, when the toothpick or brush itself is selected, rather than performing the bonding, as with disconnect in parts window 50, it is assumed that the application of the adhesive to certain parts takes place.
【0026】 [0026]
次に、部品同士の接合を例に挙げ、組立てウィンドウ60での処理を説明する。 Next, an example of bonding between the components, explaining the process in the assembly window 60. カーソル49によって接着剤の道具アイコン61をクリックし、さらに、相互に接合すべき2つの部品41をクリックすると、図9(a)に示すように、接合のための拡大画面が現れる。 Click the tool icon 61 of adhesive by the cursor 49, further clicking the two parts 41 to be joined to each other, as shown in FIG. 9 (a), it appears larger screen for bonding. もし、相互に係合する凸部46と凹部47がそれぞれの部品41に存在するのであれば、対応する凸部46と凹部47とをカーソル49で指定することにより、両方の部品41の接合が行われる。 If, if the projection 46 and the recess 47 to be engaged with each other are present in each part 41, by specifying the corresponding protrusions 46 and recesses 47 with the cursor 49, the bonding of both parts 41 It takes place. この際、部品41の外周や中心部をクリックしたり、ドラッギングすることで、部品41は仮想空間内で3軸の各方向に移動し、また3軸の回りで回転する。 In this case, clicking the periphery and center of the component 41, by dragging, part 41 moves in the direction of the three axes in the virtual space, also rotates the three axes. また、図9(b)に示すように、接着位置(糊付け位置)48同士を指定して接合させてもよい。 Further, as shown in FIG. 9 (b), the adhesion position (gluing position) may be bonded by specifying 48 together. また、任意の位置への接合を許すような部品41であれば、マウスによって上述したようにして各軸方向の姿勢を決定し、その後、ドラッギングによってその部品を所望の位置に配置するようにすればよい。 Further, if the component 41 that permits bonding to an arbitrary position, in the manner described above by the mouse to determine the axial position, then, by the part by dragging to a desired position, Bayoi.
【0027】 [0027]
これらの処理は、処理エンジン部32により、上述の切離しの場合と同様に行われる。 These processes by the processing engine unit 32, carried out in the same manner as in the above-described disconnection. ただし、図5のフローチャートのステップ101の「道具の選択」には、接着剤自体の道具アイコン61を指定したことによる接合の指示も含まれるものとする。 However, the "selection tools" in the flow chart of step 101 in FIG. 5, are intended to be included also instructs the joint due to the specified tools icon 61 of the adhesive itself. そして、このようにして組立てた履歴は、ステップ105において、作業履歴ファイル36に格納される。 The history assembled in this manner, in step 105, it is stored in the work history file 36.
【0028】 [0028]
次に塗装ウィンドウについて説明する。 It will now be described painted window. 塗装ウィンドウは、組立てウィンドウと同様の構成であるが、道具アイコンとして太さや硬さが異なるいくつかの筆や刷毛が表示され、また、色を指定するカラーパレットを用意している。 Painting window has the same structure and assembly windows, thickness and hardness as a tool icon appears several different brush or brush is also prepared a color palette that specifies the color. この塗装ウィンドウの構成は、部品や組み立てられたモデルの形状によって描画範囲が限定されることを除けば、通常のペイント系のいわゆる「お絵描きソフト」と同様であり、描画結果は作業履歴ファイル36に格納される。 The configuration of the painted window, except that the drawing range depending on the shape of parts and assembled model is limited, is the same as that of the so-called "painting software" of the usual paint systems, drawing result is the work history file 36 It is stored in.
【0029】 [0029]
部品ライブラリ35の構成について、図10を用いて説明する。 The configuration of the component library 35 will be described with reference to FIG. 部品ライブラリは、各部品ごとに、そのパーツ番号(パーツNo.)と形状を表わす3次元ベクトルデータである基本パーツデータによって構成され、さらに、プレート40に接続した状態での位置関係や接続部の形状を含むデータによって構成されている。 Component library, for each component, is constituted by the base parts data is three-dimensional vector data representing the part number (Part No.) shape, further, the positional relationship and the connection portion in a state connected to the plate 40 It is constituted by data including a shape.
【0030】 [0030]
次に、作業履歴ファイル36について説明する。 Next, a description will be given of the work history file 36. 作業履歴ファイル36は、操作手順を逐一記録したスクリプトファイル71と、その操作の結果どうなったかを示す結果ファイル72とによって構成されている。 Work history file 36, as the script file 71 recording the operating procedure one by one, is constituted by the result file 72 that indicates what happened result of the operation. 図11(a)は作業履歴ファイル36の採取のタイミングを説明する図であり、図11(b)はスクリプトファイル71の構成を示す図であり、図11(c)は結果ファイル72のデータ構成を説明する図である。 11 (a) is a diagram for explaining the timing of sampling of the work history file 36, FIG. 11 (b) is a diagram showing the configuration of the script file 71, the data structure of FIG. 11 (c) results file 72 is a diagram illustrating a. その都度、処理エンジン部32によって、スクリプトファイル71に書き足される。 In each case, by the processing engine unit 32, it is added together to write the script file 71. スクリプトファイル71の各レコードは、それぞれ1つの手順に相当し、その操作の対象となった部品のパーツ番号と、使用した道具や操作の種類と、操作時のパラメータ(位置、角度、力、相手など)とを記録している。 Each record in the script file 71, respectively correspond to one step, and part of the part number is the object of the operation, the type of tools and operations using the operation when the parameters (position, angle, force, opponent It is recorded and the like). 一方、結果ファイル72は、ある操作の結果、ある部品にどのような変化が生じたかを記録したファイルである。 On the other hand, result file 72, the result of an operation is a file that records what change has occurred in some parts. この結果ファイル72は操作ごとに生成されるが、その操作によって変化が生じなかった部品については記述しない。 This result file 72 is generated for each operation, not described for the parts change was caused by the operation. 具体的には、結果ファイル72には、その操作によって変化した部品間の位置関係ベクトルデータと、塗装を含めた部品ごとの修正ベクトルデータと、どの部品とどの部品が実際に接着剤でくっついているのかを示す接合関係データとから構成されている。 Specifically, the results in the file 72, the positional relationship between the vector data between components changed by the operation, the correction vector data for each part including painting, which part and which part may stick actually an adhesive It is composed of a bonding relationship data indicating whether there's. もちろん、切り口の形状やバリの高さなども結果ファイル72に反映し、バリをやすりで削った場合もその結果が記録される。 Of course, it reflected in the height, etc. of the cut shapes or burr result file 72, even if shaved burrs with a file the results are recorded. また、組立て完了時には、これらの結果ファイル72を全てまとめた最終結果ファイルが出力される。 Further, at the time of assembly completion, the final result files summarizing all these results file 72 is outputted.
【0031】 [0031]
本来ならスクリプトファイル71だけで作業手順を再現できるはずであるが、スクリプトファイル71だけ再現すると計算時間がかかるので、結果ファイル72を併用している。 Although it should be reproduced work procedure only the script file 71 would otherwise, because it takes calculation time and to reproduce only the script file 71, and a combination of the results file 72. プラスチックモデルの組立ての過程で上述のように変化するベクトルデータのデータ総量(結果ファイル72のデータ総量)は、全ての部品41の細かな形状までを記述した部品ライブラリ35のデータ量に比べてはるかに小さいと考えられる。 Data amount of vector data which changes as described above in the course of assembly of the plastic model (data amount of result file 72) is much compared to the amount of data of the component library 35 which describes to fine shapes of all parts 41 It is considered to be small to. ちなみに、スクリプトファイル71のデータ量はさらに小さいと考えられる。 By the way, the amount of data of the script file 71 is considered to be even smaller. このため、部品ライブラリ35自体はCD−ROMでしか運べないような容量であったとしても、作業履歴ファイル36は、たかだかフロッピーディスク程度の記録媒体で運ぶことが可能であり、ネットワーク27を介する場合でも短時間で送信することが可能である。 Therefore, even the component library 35 itself was volume that does not carry only CD-ROM, work history file 36 is capable of carrying the recording medium of at most about floppy disk, via the network 27 But it is possible to send in a short period of time. したがって、部品ライブラリ35を予めCD−ROMで配布しておけば、あとは、作業履歴ファイル36をフロッピードライブ24によってフロッピーディスクに書き込むかネットワーク27によって送信するだけで、このプラスチックモデルを組み立てたのとは別の場所で、組立ての状況を再現することが可能になる。 Therefore, if distributing the component library 35 in advance in CD-ROM, after the work history file 36 only transmits depending network 27 and writes to a floppy disk by floppy drive 24, and was assembled with this plastic model in another location, it is possible to reproduce the conditions of the assembly.
【0032】 [0032]
以上のようにして、本実施の形態では、処理エンジン部12により表示装置16内に表示される仮想空間内で、本物の(現実の)プラスチックモデルを組み立てるのと同様の操作環境で、プラスチックモデルを組み立てることを楽しむことができる。 As described above, in this embodiment, in the virtual space displayed on the display device 16 by the processing engine unit 12, a real (actual) same operation environment and assemble the plastic model, plastic model it is possible to enjoy that assemble a. また、作業環境ファイルだけを運ぶことによって、その組立てを他の場所でも再現することができるようになる。 Further, by carrying only work environment file, it becomes possible to reproduce even the assembly elsewhere.
【0033】 [0033]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように本発明は、切離し時の切り口の形状なども含めて各操作の履歴を作業履歴ファイルに記録し、また、道具の選択などに応じて組立て形状が変化するように構成されているので、表示装置の画面上で、実際のモデルの組立ての過程をリアルに楽しむことができるようになるという効果がある。 Above-described manner, the present invention is recorded, including such shapes of cut when disconnecting the history of each operation in the work history file, also be configured such that the assembled shape changes depending on the selection of the tool because there, on the screen of the display device, there is an effect that it is possible to enjoy the process of assembly of the actual model realistically. また、作業履歴ファイルを運ぶことにより、他の場所でも組立ての過程を再現できるようになるという効果がある。 Further, by carrying work history file, there is an effect that it becomes possible to reproduce the process of assembly in other places.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の実施の一形態のモデル作製装置のハードウェア構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a hardware configuration of an embodiment model preparing apparatus of the embodiment of the present invention.
【図2】図1のモデル作製装置におけるソフトウェアとデータの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of software and data in the model preparation apparatus of FIG. 1. FIG.
【図3】プレートの一例を示す平面図である。 3 is a plan view showing an example of a plate.
【図4】パーツウィンドウを示す図である。 FIG. 4 is a diagram showing the parts window.
【図5】処理エンジン部による処理を説明するフローチャートである。 5 is a flowchart for describing processing by the processing engine.
【図6】 (a)〜(d)は切離しの処理を行う際の画面例を示す図である。 6 (a) ~ (d) is a diagram showing an example of a screen for performing the process of disconnecting.
【図7】 (a)は切離しの処理を行った後の画面例を示す図であり、(b)は切り口の形状の例を示す図であり、(c)は切断後のバリの突出量の例を示す図である。 7 (a) is a diagram showing an example of a screen after the processing of the disconnection, (b) is a diagram showing an example of the shape of the cut, (c) the amount of protrusion of burrs after cutting is a diagram illustrating an example.
【図8】組立てウィンドウを示す図である。 FIG. 8 is a diagram showing the assembly window.
【図9】 (a),(b)は部品の組立て処理を行う際の画面例を示す図である。 9 (a), a diagram showing a screen example when performing (b) the assembly process of the component.
【図10】部品ライブラリ中のデータの構造を示す図である。 10 is a diagram showing the structure of the data in the component library.
【図11】 (a)は作業履歴ファイルの採取のタイミングを説明する図であり、(b)は作業履歴ファイル中のスクリプトファイルの構成を示す図であり、(c)は作業履歴ファイル中の結果ファイルのデータ構成を説明する図である。 11 (a) is a diagram for explaining the timing of sampling of the work history file, (b) is a diagram showing the configuration of the script file in the work history file, (c) is in the work history file result is a diagram illustrating a data structure of the file.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
10 バス11 CPU 10 bus 11 CPU
12,13,17 インタフェース14 ROM 12,13,17 interface 14 ROM
15 RAM 15 RAM
16 表示装置18 モデム21 マウス22 キーボード23 ディジタイザ24 フロッピードライブ25 CD−ROMドライブ26 ハードディスクドライブ27 ネットワーク30 CD−ROM 16 Display device 18 modem 21 mouse 22 keyboard 23 digitizer 24 floppy drive 25 CD-ROM drive 26 hard disk drive 27 network 30 CD-ROM
31 管理プログラム32 処理エンジン部33 作製ツール34 基本GUI 31 management program 32 processing engine 33 manufactured tools 34 Basic GUI
35 部品ライブラリ38 追加の作製ツール39 追加の部品ライブラリ40 プレート41 部品42 接続部材50 パーツウィンドウ60 組立てウィンドウ101〜107 ステップ 35 parts library 38 additional fabrication tools 39 additional parts library 40 plates 41 parts 42 connecting member 50 Parts window 60 assembled window 101-107 Step

Claims (3)

  1. 表示装置を備え、接続部材を介して相互に接続した複数の部品からなる初期部材から前記各部品を切離して組立てモデルを組み立てる過程を前記表示装置上で実現するモデル作製装置において、 In the model production apparatus for implementing comprising a display device, a process of assembling the assembled model disconnect the respective parts from an initial member comprising a plurality of parts connected to each other via the connecting member on said display device,
    前記表示装置に表示された表示画面における位置を指定できる入力装置と、 An input device which can specify a position in the display device on the displayed display screen,
    作業履歴ファイルを格納する格納部と、 A storage unit for storing the work history file,
    前記各部品の形状と前記初期部材における接続条件を記述した部品ライブラリと、使用する道具類を定義した定義ファイルとを参照し、前記初期部材を前記表示装置に表示し、道具が選択され前記入力装置によって切断位置が指定され切断時の条件が設定された場合に、選択された道具と前記切断時の条件にしたがって前記切断位置で部品の切離しが行われたものとして切り口の形状を定めて前記表示装置に表示し、前記切り口の形状も含めて当該切離しの操作を前記作業履歴ファイルに記録し、使用する道具及び/または操作が選択され前記入力装置によって部品が選択された場合に、前記切り口の形状に応じて当該部品に対して組み立てる操作が施されたものとして前記表示装置に表示し、当該組み立てる操作を前記作業履歴ファイルに A parts library describing a connection condition in the initial member and the shape of each component, with reference to the definition file that defines the utensils to be used to display the initial members on the display device, a tool is selected the input If the condition at the time of cutting position is specified cut by the apparatus is set, the defining the cut shape as if disconnection of parts by the cutting position according to the conditions at the time of the cutting with the selected tool has been performed when displayed on a display device, including the shape of the cut recording the operation of the disconnect in the work history file, component is selected by a tool and / or operation to use is selected the input device, the cut displayed on the display device as an operation to assemble against the part has been subjected in accordance with the shape, the assembling operation to the work history file 録する処理エンジン部と、を有することを特徴とするモデル作製装置。 Model preparation apparatus characterized by having a processing engine for recording.
  2. 記録媒体を読み込む記録装置を有し、前記部品ライブラリと前記定義ファイルの少なくとも一方が前記記録媒体から読み込まれる請求項1に記載のモデル作製装置。 A recording apparatus for reading a recording medium, the model preparing apparatus according to claim 1, wherein at least one of said definition file and the component library is read from the recording medium.
  3. 前記作業履歴ファイルを取外し可能な外部記録媒体に記録するための記録装置を有する請求項1に記載のモデル作製装置。 Model preparing apparatus according to claim 1 having a recording device for recording on the external recording medium removable with the work history file.
JP31434395A 1995-12-01 1995-12-01 Model producing device Expired - Lifetime JP3899137B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31434395A JP3899137B2 (en) 1995-12-01 1995-12-01 Model producing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31434395A JP3899137B2 (en) 1995-12-01 1995-12-01 Model producing device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09153082A true JPH09153082A (en) 1997-06-10
JP3899137B2 true JP3899137B2 (en) 2007-03-28

Family

ID=18052193

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31434395A Expired - Lifetime JP3899137B2 (en) 1995-12-01 1995-12-01 Model producing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3899137B2 (en)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4366617B2 (en) 1999-01-25 2009-11-18 ソニー株式会社 Robotic device
KR101296597B1 (en) * 2011-06-10 2013-08-14 (주)로보티즈 Apparatus for assembling robot based on graphic user interface
KR101179492B1 (en) * 2011-08-08 2012-09-07 주식회사 쌤스인터내셔널 3dimension model assembling apparatus and method thereof
KR101618585B1 (en) * 2014-03-19 2016-05-09 (주)로보티즈 Device for assembling robot

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH09153082A (en) 1997-06-10 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Bielser et al. A state machine for real-time cutting of tetrahedral meshes
US5528744A (en) Data processing system
US6671651B2 (en) 3-D selection and manipulation with a multiple dimension haptic interface
US5619636A (en) Multimedia publishing system
US7210107B2 (en) Menus whose geometry is bounded by two radii and an arc
US5596691A (en) Computer system and method for manipulating the display of drawings
US20030233374A1 (en) Dynamic workflow process
US4841291A (en) Interactive animation of graphics objects
US20040175684A1 (en) System and methods for interactive training of procedures
US6069629A (en) Method of providing access to object parameters within a simulation model
US5680534A (en) Video game/videographics program fabricating system and method with superimpose control
US6078739A (en) Method of managing objects and parameter values associated with the objects within a simulation model
US20020145626A1 (en) Interactive method and system for human networking
US7212203B2 (en) Systems and methods for voxel warping
JP2003157131A (en) Input method, display method, media information composite display method, input device, media information composite display device, input program, media information composite display program, and recording medium where those programs are recorded
Bordegoni et al. Haptic modeling in the conceptual phases of product design
US6011562A (en) Method and system employing an NLE to create and modify 3D animations by mixing and compositing animation data
JP2002120174A (en) Authoring system, authoring method and storage medium
US20080228450A1 (en) Automatic generation of building instructions for building element models
WO1997022952A1 (en) Graphical browser
US6507345B1 (en) Apparatus and method for creating graphics
Bordegoni et al. Haptic technologies for the conceptual and validation phases of product design
WO2009133710A1 (en) Character display data generation device and method
US7571392B2 (en) User definable task based interface
US7574336B1 (en) Model workspaces in modeling environments

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20040206

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20040301

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20040305

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20040206

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20040301

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040525

A072 Dismissal of procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A073

Effective date: 20040811

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060117

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20060320

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060320

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20060320

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061031

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20061213

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20061225

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100105

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110105

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110105

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120105

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130105

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140105

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term