JP3889877B2 - Automatic analyzer and its support system - Google Patents

Automatic analyzer and its support system Download PDF

Info

Publication number
JP3889877B2
JP3889877B2 JP09775498A JP9775498A JP3889877B2 JP 3889877 B2 JP3889877 B2 JP 3889877B2 JP 09775498 A JP09775498 A JP 09775498A JP 9775498 A JP9775498 A JP 9775498A JP 3889877 B2 JP3889877 B2 JP 3889877B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
calibration
analysis
item
step
reagent
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP09775498A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH10339732A (en
Inventor
弘 三巻
智憲 三村
卓 坂詰
一光 川瀬
敦 高橋
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP9-92378 priority Critical
Priority to JP9237897 priority
Application filed by 株式会社日立製作所 filed Critical 株式会社日立製作所
Priority to JP09775498A priority patent/JP3889877B2/en
Publication of JPH10339732A publication Critical patent/JPH10339732A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3889877B2 publication Critical patent/JP3889877B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、生体試料中の成分を分析する自動分析装置およびその支援システムに係り、自動分析装置におけるキャリブレーションおよび精度管理の効率的な運用、管理に関するものである。 The present invention relates to an automatic analyzer and a support system for analyzing components of a biological sample, efficient operation of calibration and accuracy management in the automatic analyzer, to a management.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
血液や尿等の生体試料中の成分を、試薬を用いて分析する自動分析装置においては、分析処理開始の冒頭に、あるいは分析処理中各試薬に応じて定まる所定時間ごとに、あるいは分析処理中の必要に応じて、検量線校正操作であるキャリブレーションや、自動分析装置が良好な状態を保つための精度管理を行なわなければならない。 The components of a biological sample such as blood or urine, in an automatic analyzer for analyzing using reagents, at the beginning of the analysis process starts, or during the analysis process for every predetermined time determined in accordance with each reagent, or analysis process in if necessary, the calibration or a calibration curve calibration operation, the automatic analyzer must perform quality control for maintaining a good state.
【0003】 [0003]
キャリブレーションは、各分析項目に応じて予め定められた濃度の標準液を用いて行なわれる。 The calibration is performed using a standard solution of the concentration predetermined according to each analysis item. また、精度管理は、各分析項目に応じて予め定められた濃度のコントロール検体を用いて行なわれる。 Moreover, quality control is performed using a control sample concentration predetermined according to each analysis item. キャリブレーションや精度管理には、各分析項目に応じた有効時間がある。 The calibration and quality control, there is a valid time corresponding to each analysis item. このため、この有効時間を過ぎると、再度キャリブレーションや精度管理を行なう必要がある。 Therefore, After this effective time, it is necessary to recalibrate and quality control. また、キャリブレーションや精度管理を行なった場合に、その結果が所定の範囲内にない場合には、失敗と判定され、再度キャリブレーションや精度管理を行なわなければならない。 Further, in the case of performing calibration and quality control, in which case the result is not within the predetermined range, it is determined fail, must be performed again calibration and quality control. また、各分析項目において、試薬が新しい試薬ボトルから出された場合にも、再度キャリブレーションを行なわなければならない。 In each analysis item, even if the reagent is issued from a new reagent bottle must perform calibration again.
【0004】 [0004]
米国特許第4,678,755号明細書は、キャリブレーションを実行し得る自動化学分析装置を教示している。 U.S. Patent No. 4,678,755 teaches an automated chemical analyzer which can execute calibration. この先行技術では、分析項目毎に、キャリブレーション時間間隔を記憶しておき、検量線の有効時間が経過してしまった分析項目に対して、制御手段により表示装置上に警告データを表示させ得る。 In this prior art, each analysis item, stores the calibration time interval for analysis item valid time of calibration curve had passed, capable of warning data on a display device by the control means . また、表示装置にキャリブレーションのメニュー画面を出力させた場合には、分析装置で取り扱う全ての分析項目の一覧表が表示され、その内の有効時間を過ぎた分析項目だけにアラームシンボルが付けられる。 Further, when to output a menu screen of the calibration on the display device, the list of all analysis items are displayed handled by the analyzer, attached alarm symbols only for the analytical item past the effective time of the .
【0005】 [0005]
一方、特開平7−92171号公報は、複数の分析装置を容器用搬送ラインに沿って配置し、各分析装置の分析処理能力に応じた数の容器を複数の分析装置に対し順次に分配する搬送システムを教示している。 On the other hand, JP-A-7-92171 has a plurality of analyzers arranged along the container conveying line, sequentially distributes the plurality of analyzer number of containers according to the analysis processing ability of each analysis unit It teaches a transport system. しかし、この先行技術は、キャリブレーション及び精度管理に関して何も記載していない。 However, this prior art does not describe anything about calibration and quality control.
【0006】 [0006]
特開平7−92171号公報に記載された装置は、多数の検体を分析処理するためには有効であるけれども、取り扱う分析項目の種類が極めて多数になる。 Apparatus described in Japanese Patent Laid-Open No. 7-92171, although it is effective for analyzing process many samples, the type of analysis items handled is extremely numerous. このため、特開平7−92171号公報のものと同様な複数分析ユニットを有する自動分析装置を用いようとする際には、米国特許第4,678,755号に記載の方法をそのまま適用すれば、キャリブレーション又は精度管理を行う作業が複雑になる。 Therefore, when the attempts to use an automatic analyzer having a similar plurality analytical units and those of JP-A 7-92171 discloses that if applied as the method described in U.S. Patent No. 4,678,755 , work becomes complicated to perform calibration or quality control.
【0007】 [0007]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明の1つの目的は、複数の分析ユニットのそれぞれにキャリブレーション又は精度管理を行う必要が発生したことを容易にオペレータに知らせることができ、的確にキャリブレーション又は精度管理を各分析ユニットに実行させることができる自動分析装置およびその支援システムを提供することにある。 One object of the present invention, executes it can inform easily operator need to perform each calibration or accuracy management of the plurality of analysis units has occurred, a properly calibrated or quality control in each analysis unit it is to provide an automatic analyzer and its support system can be.
【0008】 [0008]
本発明の他の目的は、自動分析装置にキャリブレーション又は精度管理を実行せしめるための動作プログラムを記憶した記憶媒体を提供することにある。 Another object of the present invention is to provide a storage medium storing an operation program for allowing performing calibration or accuracy management in the automatic analyzer.
【0009】 [0009]
本発明のもう1つの目的は、キャリブレーション又は精度管理に用いる濃度既知の試料を、複数の分析ユニットに対し繰り返して供給することが可能な構成を有する自動分析装置を提供することにある。 Another object of the present invention is to provide an automatic analyzer having a known concentration of the sample used for calibration or accuracy management, the repeat capable of supplying a configuration for a plurality of analysis units.
【0010】 [0010]
本発明の更なる目的は、分析装置内の複数の分析ユニットを効率的に運用する場合におけるキャリブレーション又は精度管理を容易に実行させることができる自動分析装置運転方法を提供することにある。 A further object of the present invention is to provide an automatic analyzer operation method which can be easily performed calibration or accuracy management in the case of operating a plurality of analytical units in the analyzer efficiently.
【0011】 [0011]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明は、それぞれの分析ユニットにて分析対象を測定する複数の分析ユニットが検体ラックを搬送するための搬送ラインに沿って配置された自動分析装置に対して適用される自動分析装置支援システムにおいて、キャリブレーション及び精度管理のうち一方の状態点検画面の表示要求を受け付ける表示要求ボタンを表示する手段と、キャリブレーションの状態点検画面の表示要求がある場合、前回のキャリブレーションの実行からの経過時間が所定の時間間隔を過ぎている分析項目が存在する状態を表わす見出しと、実行されたキャリブレーションのうち失敗した分析項目が存在する状態を表わす見出しとを含む複数の第1の分類見出し、及び、前記各第1の分類見出しに対応した詳細情報の表示を指示するための第1の指示ボタン、を有 The present invention, in the automatic analyzer support system applied to an automatic analyzer which are arranged along a conveying line for the plurality of analysis units for measuring an analyte in each analysis unit to transport the sample rack and means for displaying a display request button for receiving one display request status check screen of the calibration and quality control, if there is a request for displaying the state inspection screen calibration, the elapsed time since the previous execution of calibration there plurality of first classification heading and a heading representing the heading representing a state in which there is an analysis item has passed a predetermined time interval, the state in which the analysis items are present failed among the executed calibration, and , have a first instruction button, for instructing the display of the detailed information corresponding to each of the first category headings る第1の状態点検画面とを表示する第1の画面表示手段と、上記第1の指示ボタンによる指示があったときに、該当する状態の分析項目名、及び該分析項目のキャリブレーションを実行すべき分析ユニット名、を上記第1の状態点検画面上に表示せしめるように制御する第1の制御手段と、精度管理の状態点検画像の表示要求がある場合、前回の精度管理の実行からの経過時間が所定の時間間隔を過ぎている分析項目が存在する状態を表わす見出しと、実行された精度管理のうち失敗した分析項目が存在する状態を表わす見出しとを含む複数の第2の分類見出し、及び、前記各第2の分類見出しに対応した詳細情報の表示を指示するための第2の指示ボタン、を有する第2の状態点検画面を表示する第2の画面表示手段と、上記第2の指示 Run a first screen display means for displaying the first state inspection screen, when instructed by the first instruction button, the analysis item name of the corresponding state, and the calibration of the analysis item that a first control means for controlling should do analytical unit name, a so allowed to appear in the first state inspection screen, when there is a request to display the status check image quality control, from the last execution of the quality control a plurality of second category headings including the heading elapsed time represents a state in which there is an analysis item has passed a predetermined time interval, and a heading representing a state in which the analysis items are present failed out of the executed accuracy management and, a second screen display means for displaying a second state inspection screen having a second instruction button, for instructing the display of the detailed information corresponding to each of the second category headings, the second indication of タンによる指示があったときに、該当する状態の分析項目名、及び該分析項目の精度管理を実行すべき分析ユニット名、を上記第2の状態点検画面上に表示せしめるように制御する第2の制御手段と、備えたことを特徴とする。 When instructed by Tan, analysis item name of the corresponding state, and a second controlled as analytical unit name to be executed accuracy management of the analysis item, the allowed to appear in the second state inspection screen and control means, characterized by comprising.
【0012】 [0012]
本発明は、複数の分析ユニットが検体に対しキャリブレーションを実行する自動分析装置であって、キャリブレーションの状態点検画面の表示要求を受け付ける状態表示要求ボタンと、該状態表示要求ボタンによる表示要求がある場合、前回のキャリブレーションの実行からの経過時間が所定の時間間隔を過ぎている分析項目が存在する状態を表わす見出しと、実行されたキャリブレーションのうち失敗した分析項目が存在する状態を表わす見出しとを含む複数の分類見出し、及び、該各分類見出しに対応した詳細情報の表示要求を受け付けるための指示ボタンを有する状態点検画面、を表示する画面表示手段と、前記指示ボタンによる要求がある場合、該当する状態の分析項目の名称、及び、該分析項目のキャリブレーションを実行すべき The present invention provides an automatic analyzer in which a plurality of analysis units to perform a calibration with respect to the specimen, a status display request button for receiving a request to display the state inspection screen calibration, the display request by the status display request button in some cases, it represents a headline the elapsed time from the previous execution of calibration showing a state in which there is an analysis item has passed a predetermined time interval, the state in which the analysis items are present failed among the executed calibration a plurality of category headings including the heading, and a screen display means for displaying the state inspection screen having an instruction button for accepting a request to display the detailed information corresponding to the respective category headings, there is a request by the instruction button If the name of the analysis item of the corresponding state, and to execute the calibration of the analysis item 析ユニット名、を前記状態点検画面上に表示せしめるように制御する制御手段と、を有することを特徴とする。 And control means for controlling so allowed to display analysis unit name, to the state inspection screen, characterized by having a.
【0015】 [0015]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明の実施例を図1〜図22を参照して説明する。 The embodiments of the present invention will be described with reference to FIGS 22.
【0016】 [0016]
まず、本発明が適用される自動分析装置の一例の構成について説明する。 First, a description will be given of an example of a configuration of an automatic analyzer to which the present invention is applied.
【0017】 [0017]
図1は、生体試料として血清,血漿又は尿を分析することが可能な自動分析装置の概略構成図である。 Figure 1 is a schematic configuration diagram of a biological sample serum, automatic analyzer capable of analyzing the plasma or urine. 図1の自動分析装置には、図2に示すようなディスペンサ方式で試薬を供給する分析装置と、図3に示すようなピペッタ方式で試薬を供給する分析装置とが混在されている。 The automatic analyzer of FIG. 1, the analyzer supplies a reagent by a dispenser system as shown in FIG. 2, and the analyzer for supplying a reagent by a pipetter system as shown in FIG. 3 are mixed. 図1の分析ユニット3A,3F及び3Gは、固定された分析チャンネルを有し、複数の試薬吐出ノズルのそれぞれが試薬毎に専用化されているディスペンサ方式の分析装置である。 Analysis units 3A, 3F and 3G of Fig. 1 has a fixed analytical channel, an analyzer dispenser method, each of the plurality of reagent discharge nozzles are dedicated to each reagent. 分析装置3B,3C,3D及び3Eは、分析チャンネルが固定されずにランダムアクセスされ、1本の試薬ピペッティングノズルで次々と分析項目に応じた試薬を分注するピペッタ方式の分析装置である。 Analyzer 3B, 3C, 3D and 3E, the analysis channel is random access without being fixed, an analyzer dispensing pipetter system reagent in accordance with one after another analysis item in one reagent pipetting nozzles.
【0018】 [0018]
図1において、血清を分析処理するための分析ユニット3A〜3Gは、主搬送ライン20から取り込まれた患者検体ラック1、標準液ラック74、コントロール検体ラック77等のラックをサンプリング位置に位置づけた後に、主搬送ライン20に戻す機能を有する搬送路であるサンプリングライン4A〜4Gと、各サンプリングラインに対応して設けられておりラックの識別情報およびそのラック上の各検体容器の識別情報を読取るための識別情報読取装置51〜57と、患者検体または標準液またはコントロール検体と試薬との分析項目に応じた反応を反応容器内で進めて反応液について例えば光学的に測定する反応部5A〜5Gと、試薬供給部26〜29及び32〜34とをそれぞれ備えている。 In Figure 1, the analysis unit 3A~3G for analyzing processes serum main transfer line patient sample racks 1 taken from 20, standard solution racks 74, the racks such as control sample rack 77 after positioning the sampling position , for reading and sampling line 4A~4G a conveying path, the identification information of the identification information and each sample container on its rack of the rack is provided corresponding to each sampling line having a function of returning to the main transfer line 20 and the identification information reader 51 to 57, a reaction unit 5A~5G reaction measured for the reaction solution for example optically proceed with reaction vessel according to the analysis item of the patient sample or standard solution or control analyte and a reagent , and each comprise a reagent supply unit 26 to 29 and 32-34. 各分析装置の試薬供給部の内、26,27,28,29がピペッタ方式のものであり、32,33,34がディスペンサ方式のものである。 Among the reagent supply section in each analysis unit are those 26, 27, 28, 29 of the pipetter system are those 32, 33 of the dispenser method.
【0019】 [0019]
患者検体用のラック送出部17は、多数の患者検体ラック1をセットできるエリアを有し、主搬送ライン20の方へ患者検体ラック1を1個ずつ送り出す送出機構を有する。 Rack delivery section 17 for the patient samples has an area that can be set a large number of patient sample racks 1, having a delivery mechanism for feeding the patient sample racks 1 one by one toward the main transfer line 20. ラック回収部18は、いずれかの分析ユニットで分析処理された検体を収容している患者検体ラック1を回収するエリアを有し、検体ラックが整然と配列されるように並べる整列機構を有する。 Rack collecting unit 18 has an area for collecting the patient sample racks 1 housing the analysis process analytes in any of the analysis units includes an alignment mechanism to align such sample rack is arranged neatly. 一時格納部22は、分析装置によって検体採取された患者検体ラック1を測定結果が出力されるまで一時的に格納し、再検査が必要な場合は戻りライン25を介して検体ラックを再び主搬送ライン20により搬送されるように送り出し、再検査が不要な場合は検体ラックをラック回収部18へ送り出す。 Temporary storage unit 22, the patient sample racks 1 which is the sample collected by analyzer measurement result is temporarily stored until it is output, if retesting is necessary the sample rack through the return line 25 again the main transport feeding as conveyed by line 20, if the re-examination is not required sending the sample rack to rack recovery unit 18.
【0020】 [0020]
標準液ラック及びコントロール検体ラックの如く反復して使用される特定試料用ラックのための待機ユニット70は、ラック投入口75からオペレータにより投入された標準液ラック74及びコントロール検体ラック77の識別情報を読み取るラックID識別装置71と、ラックID識別装置71で識別情報を読み取られた標準液ラック74およびコントロール検体ラック77をローター76へ搬送する手段と、搬送されてきた標準液ラック74およびコントロール検体ラック77を保持するローター76と、ローター76上における標準液ラック74およびコントロール検体ラック77の保持位置を検出するセンサ72と、ローター76を回転させる駆動手段73とを有する。 Waiting unit 70 for a specific sample rack to be used repeatedly as a standard solution racks and the control sample racks, the identification information of the rack inlet standard solution is introduced by the operator from 75 racks 74 and the control sample racks 77 rack and ID identification device 71, the rack ID identification device and means for conveying the standard solution racks 74 and the control sample racks 77 read the identification information to the rotor 76 at 71, has been transported standard solutions racks 74 and the control sample racks to be read with 77 the rotor 76 for holding, a sensor 72 for detecting the holding position of the standard solution racks 74 and the control sample racks 77 on the rotor 76, and drive means 73 for rotating the rotor 76. 全体制御用コンピュータ40によりキャリブレーションの実行の指示がなされた場合には、駆動手段73によりローター76を回転させて、当該キャリブレーションの実行に必要な既知濃度の分析項目を含んでいる標準液の容器を収容したラック74を送り出し通路80に位置づけ、ローター76の所定位置から引き出した標準液ラック74を、送り出し通路80を通して主搬送ライン20の方へ送り出す。 When the whole control computer 40 instructs the execution of the calibration is performed, the driving means 73 the rotor 76 is rotated, the standard solution containing the analysis items of known concentration required for execution of the calibration positioning the rack 74 accommodating the container feed path 80, the standard solution racks 74 pulled out from a predetermined position of the rotor 76, sends through feed passage 80 toward the main transfer line 20.
【0021】 [0021]
主搬送ライン20は、その分析項目のためにキャリブレーションが必要な分析ユニットに、標準液ラック74を選択的に立ち寄らせる。 Main transfer line 20, the analytical unit requiring calibration for the analysis item, to stop over the standard solution rack 74 selectively. 当該分析ユニットにおけるサンプリング機構は、標準液ラックから所定量の標準液を分析ユニットの反応容器ヘピペッティングする。 The sampling mechanism in the analysis unit, the reaction vessel F pipetting analysis unit a predetermined amount of the standard solution from the standard solution rack.
【0022】 [0022]
また、全体制御用コンピュータ40により、精度管理の実行の指示がなされた場合には、同様にして、駆動手段73によりローター76を回転させた後、当該精度管理の実行に必要な分析項目を含むコントロール検体を収容したラック77を主搬送ライン20により搬送されるように送り出す。 Further, the overall control computer 40, when an instruction of execution of the quality control is performed, in a similar manner, after rotating the rotor 76 by the drive unit 73, including an analysis item necessary for execution of the quality control sending the rack 77 accommodating the control samples, as conveyed by the main conveyor line 20. キャリブレーション用のサンプリングが終了した標準液ラック74、及び精度管理用のサンプリングが終了したコントロール検体ラック77は、当該分析ユニットのサンプリングライン4A〜4Gから主搬送ライン20に引き渡され、次いで、戻りライン25を経て待機ユニッット70まで搬送され、ローター76上の元の保持位置に収納される。 Calibration standard solution sampling is completed the rack 74 the control sample racks 77 and the sampling for quality control has been completed, is delivered from the sampling line 4A~4G of the analysis unit to the main conveyor line 20, then the return line is conveyed to the standby Yunittto 70 through 25, it is accommodated in the original holding position on the rotor 76. 収納されたラック74,77は、その後にキャリブレーション又は精度管理の指令があるまでローター76内で待機する。 Housed racks 74 and 77 are, the process waits at subsequent within the rotor 76 until a command for calibration or accuracy management. 待機ユニット70は、標準液及びコントロール検体が劣化しないように、所定の温度に保たれている。 Standby unit 70, standard solutions and control analytes so as not to degrade, is maintained at a predetermined temperature. ここでは、ローター76を用いる構成としたが、ローター以外にも、エレベータ式の保持手段等、他の構成としてもよい。 Here, a configuration using a rotor 76, in addition to the rotor is also an elevator-type holding means or the like, may be other configurations.
【0023】 [0023]
制御装置は、全体制御用コンピュータ40と、各分析ユニットに対応して設けられた分析ユニット側コンピュータ6A〜6Gと、媒体可搬型の外部記憶装置であるフロッピーディスクメモリ41を有する。 Controller includes a whole control computer 40, an analysis unit side computer 6A~6G provided corresponding to each analysis unit, a floppy disk memory 41 which is an external storage device of a medium portable. 分析ユニット側コンピュータ6A〜6Gは各分析ユニットの光度計からの出力信号の処理を分担する。 Analytical unit side computer 6A~6G to share the processing of the output signal from the photometer of each analytical unit. それらのコンピュータ6A〜6Gに接続された全体制御用コンピュータ40は、各分析部の動作、ラック搬送系の動作及びシステム内の必要部分の動作制御をすると共に、各種情報処理に必要な演算及び制御を実行する。 Their total control computer 40 connected to the computer 6A~6G, the operation of the analysis unit, with the operation control of the necessary parts of the operation and in the system of the rack transport system, the arithmetic and control required for various information processing to run. コンピュータ間の役割分担はこのようなものに限られず、構成上の必要性に応じて種々の態様に変更でき、あるいは全体制御用コンピュータ40のみを用いて分析ユニット側コンピュータを不要にすることも可能である。 Roles between the computers is not limited to such, possible to dispense with the analytical unit side computer using various can change the aspect, or only the whole control computer 40 in accordance with the needs of the construction it is. 全体制御用コンピュータ40には、記憶部45が具備され、データ入力用の操作部42と、情報を画面表示するための表示装置であるCRT43と、測定結果等を出力できるプリンタ44とが接続されている。 The whole control computer 40, the storage unit 45 is provided, an operation unit 42 for data input, and a display device for screen display information CRT 43, a printer 44 capable of outputting measurement results and the like are connected ing. 記憶部45としては、例えば、内蔵型ハードディスクを用いることができる。 The storage unit 45, for example, can be used built-in hard disk.
【0024】 [0024]
なお、各コンピュータには、それぞれ、予めプログラムがインストールされている。 Note that each computer, respectively, pre-program is installed. 各コンピュータは、インストールされたプログラムに従って、制御等の処理を実行する。 Each computer in accordance with the installed program, executes processing such as control. プログラムは、例えば、フロッピーディスク、CD−ROM等の記憶媒体に記憶された状態で提供される。 Program, for example, is provided in a state of being stored floppy disk, a storage medium such as a CD-ROM. プログラムとしては、分析を実行するための制御プログラムの他に、本発明の分析の運用を支援するためのプログラム等がインストールされる。 The program, in addition to the control program for executing analysis, the program or the like for supporting the operation of analysis of the present invention is installed.
【0025】 [0025]
患者検体ラック1は、例えば図2の例に示すように、患者検体を収容した患者検体容器2が複数本、例えば5本ずつ装填される箱状の容器保持体からなるが、この形状以外に種々のものを使用できる。 Patient sample rack 1, for example, as shown in the example of FIG. 2, although the patient sample containers 2 accommodating the patient specimen consists of a plurality of, for example, box-shaped container holder to be loaded one by five, in addition to the shape a variety of things can be used. 標準液ラック74、コントロール検体ラック77も、例えば図2の例に示すように、それぞれ、標準液を収容した標準液容器78またはコントロール検体を収容したコントロール検体容器79が複数本、例えば5本ずつ装填される箱状の容器保持体からなるが、この形状以外に種々のものを使用できる。 Standard solution rack 74, the control sample racks 77 may, for example, as shown in the example of FIG. 2, respectively, the control sample container 79 accommodating the standard solution container 78 or the control sample containing a standard solution is plural, for example, each five comprising a box-shaped container holder to be loaded, but can be used various ones other than this shape. 患者検体ラック1、標準液ラック74、コントロール検体ラック77の外壁にはラック識別情報を示す識別情報媒体が設けられ、患者検体容器2、標準液容器78またはコントロール検体容器79の外壁には内溶液識別情報を示す識別情報媒体が設けられる。 Patient sample rack 1, standard solutions rack 74, the identification information medium showing rack identification information is provided on the outer wall of the control sample rack 77, the inner to the outer wall of the patient sample containers 2, the standard solution vessel 78 or the control sample containers 79 solution identification information medium showing the identification information is provided. これらの識別情報媒体としては、バーコードラベルや磁気記録媒体等が用いられる。 These identification medium, bar code labels and magnetic recording media and the like are used. 患者検体ラック1、標準液ラック74、コントロール検体ラック77に設けられたバーコードは、ラック番号及び検体種別の情報を有する。 Patient sample rack 1, the bar code provided on the standard solution the rack 74, the control sample racks 77 has information of the rack number and sample type. 患者検体容器2に設けられたバーコードは、それぞれの検体に関する情報、例えば、受付番号,受付年月日,患者氏名,患者番号,検体種別,検体依頼分析項目などの情報を有する。 Bar code provided on the patient sample containers 2 has information regarding each sample, for example, the reception number, reception date, patient name, patient number, specimen type, information such as the sample request analysis item. 標準液容器78またはコントロール検体容器79は、それぞれの標準液またはコントロール検体に関する情報、例えば、標準液名またはコントロール検体名,ID,製造ロット番号などの情報を有する。 Standard solution container 78 or the control sample container 79 has information about each standard or control sample, for example, standard solution name or control sample name, ID, information such as manufacturing lot number.
【0026】 [0026]
図1における識別情報読取装置50は、主搬送ライン20によって搬送される前のラック、および検体容器の識別情報(バーコード)を読取った結果をコンピュータ40に入力する。 Identification information reading apparatus 50 in FIG. 1 inputs the previous rack, and a result of reading the identification information of the sample container (bar code) to a computer 40 which is conveyed by the main conveyor line 20. また、一時格納部22に設けられた識別情報読取装置58は、ラックが一時格納部22に入るとき及び出るときに、ラックおよび検体容器のバーコードを読取り全体用コンピュータ40に伝達する。 The identification information reader 58 provided in temporary storage section 22, rack when leaving and when entering the temporary storage unit 22, and transmits the entire computer 40 reads the bar code of the rack and sample containers. ここで、ラックとは、患者検体ラック1、標準液ラック74、およびコントロール検体ラック77をいう。 Here, the rack and the patient sample racks 1, refers to the standard solution racks 74 and the control sample racks 77,. また、ここで、検体容器とは、検体容器2、標準液容器78、およびコントロール検体容器79をいう。 In addition, here, the sample container, the sample container 2, refers to a standard solution container 78 and the control sample containers 79,.
【0027】 [0027]
各分析ユニット3A〜3Gの試薬供給部に収納される各種分析項目用の試薬ボトル12,12A,12Bには、その外壁に試薬識別情報がバーコードなどで表示されている。 Reagent bottles 12,12A for various analysis items to be housed in the reagent supply section in each analysis unit 3A-3G, the 12B, the reagent identification information is displayed in a bar code on an outer wall thereof. 試薬識別情報としては、試薬製造ロット番号,試薬ボトルのサイズ,使用可能な試薬液量,有効期限,ボトル毎に異なっているシーケンス番号、分析項目コードなどを有する。 Reagents identification information has the reagent manufacturing lot number, the size of the reagent bottle, a reagent liquid amount available, the expiration date, sequence number different for each bottle, and analysis item code. このような試薬識別情報はバーコード読取装置によって読取られ、各分析ユニット3A〜3Gに対応づけられ、試薬供給部における試薬ボトルのセット位置,使用可能な液量と1回の分注量から計算される試薬の分析可能回数,分析項目の種類,その試薬が収納された分析ユニット番号などが、記憶部45に登録される。 Such reagents identification information is read by the bar code reader, associated with each analysis unit 3A-3G, the set position of the reagent bottle in the reagent supply unit, calculated from the amount of available liquid and dispensing of one analyzable number of reagents, the type of analysis items, and the analytical unit numbers where the reagent is accommodated, is registered in the storage unit 45.
【0028】 [0028]
主搬送ライン20は、患者検体ラック1、標準液ラック74、又はコントロール検体ラック77を載せる搬送ベルトとベルト駆動用モータ(いずれも図示せず)を具備し、患者検体ラック1、標準液ラック74、又はコントロール検体ラック77を所望位置まで連続移送するよう制御装置により制御される。 Main transfer line 20, the patient sample racks 1, comprises a standard solution racks 74 or the conveyor belt and the belt driving motor for placing a control sample racks 77, (all not shown), the patient sample racks 1, reference solution racks 74 or control sample rack 77 is controlled by the control device to continuously transported to a desired position. 各サンプリングライン4A〜4Gは、ラック引込位置,分注位置及びラック送出位置にラックを停止するように搬送ベルトを間欠的に移動することができる。 Each sampling line 4A~4G a rack retracted position, the conveyor belt to stop the rack to the dispensing position and the rack delivery position can be moved intermittently. 主搬送ライン20によって搬送される患者検体ラック1、標準液ラック74、又はコントロール検体ラック77は、分析ユニットの列に沿って移動され、制御装置によって指定された分析ユニットの前で停止され、直ちにラック移動機構(図示せず)によりサンプリングラインのラック引込位置に移される。 Patient sample rack 1 is conveyed by the main conveyor line 20, the standard solution racks 74 or the control sample racks 77, are moved along a row of analysis units, stopped in front of the analytical unit specified by the controller, immediately transferred to the rack retracted position of the sampling line by the rack moving mechanism (not shown). そして、分注位置にて後述する分注器により分注される。 Then, it dispensed by the dispenser to be described later in dispensing position. 分注操作の終了した患者検体ラック1、標準液ラック74、又はコントロール検体ラック77は、サンプリングラインのラック送出位置から主搬送ライン20上へラック移載機構によって引き渡される。 Dispensing patient sample racks 1 ended the operation, standard solution racks 74 or the control sample racks 77, is delivered by the rack sending position of the sampling line rack transfer mechanism to the main transfer line 20 above. ラック移載機構としては、ラック把持アームを有する移動用ロボットや、主搬送ラインとサンプリングラインの一方から他方へラックを押し出す押出用レバーを有する機構などが使用される。 The rack transfer mechanism, and the moving robot having a rack grip arm, a mechanism having an extrusion lever to push the rack to the other is used from one of the main conveyor line and the sampling line.
【0029】 [0029]
ディスペンサ方式の分析ユニットの構成例を、図2を参照して説明する。 The configuration example of the analysis unit of the dispenser system will be described with reference to FIG. 分析ユニット3Aの反応部5Aは、透光性の反応容器46aを有する反応容器列を同心円状に2列備え、各反応容器列毎に光源14aから反応容器46aを透過した光を分光して複数波長を受光する多波長光度計15aを備える。 The reaction unit 5A of the analytical unit 3A has a plurality the reaction vessel train having a light-transmitting reaction vessel 46a spectrally concentrically 2 Retsusonae, the light transmitted through the reaction vessel 46a from each reaction vessel train every light source 14a comprising a multi-wavelength photometer 15a for receiving the wavelength. 各反応容器列に作用するように、反応部5Aの近傍には、検体用ピペッタポンプ47aに接続されたピペットノズルを有する分注器48aと、試薬用ディスペンサポンプ60に接続された第1試薬ノズル群保持部64及び第2試薬ノズル群保持部66と、第1攪拌機構65及び第2攪拌機構67と、反応容器洗浄機構19aとが配置されている。 To act on each reaction vessel train in the vicinity of the reaction part 5A, the dispenser 48a having a pipette nozzle connected to sample for Pipettaponpu 47a, the first reagent nozzle group connected to reagent dispenser pump 60 the holding portion 64 and the second reagent nozzle group holder 66, the first stirring mechanism 65 and the second stirring mechanism 67, is arranged a reaction vessel cleaning mechanism 19a. 試薬保冷庫62内には、複数の分析項目のための第1試薬及び第2試薬(必要な分析項目用のみ)の試薬ボトル12が配列されており、所定温度に冷却される。 In the reagent refrigerator 62, reagent bottles 12 of a first reagent and second reagent (only for analysis items required) for a plurality of analysis items are arranged, is cooled to a predetermined temperature. 各試薬ボトル12内の試薬液は、チューブを介して試薬用ディスペンサポンプ60により反応容器列上の対応する試薬吐出ノズルに供給される。 Reagent solution in each reagent bottle 12 is supplied to the corresponding reagent discharge nozzle on the reaction container sequence by reagent dispenser pump 60 via a tube. この場合、図1に示す分析ユニット3Aのディスペンサ方式試薬供給部32は、図2の試薬用ディスペンサポンプ60,多数の試薬ボトル12を備えた試薬保冷庫62,第1試薬ノズル群保持部64,第2試薬ノズル群保持部66などを含む。 In this case, dispenser type reagent supply section 32 of analysis unit 3A shown in FIG. 1, the reagent dispenser pump 60 of FIG. 2, reagent refrigerator 62 having many reagent bottles 12, the first reagent nozzle group holder 64, including the second reagent nozzle group holder 66.
【0030】 [0030]
ラック送出部17から供給される個々の患者検体ラック1は、主搬送ライン20によって搬送され、分析ユニット3Aによる分析処理が必要な場合には、分析ユニット3Aのサンプリングライン4Aに移載される。 Individual patient sample racks 1 supplied from rack delivery portion 17 is conveyed by main conveyor line 20, if the analysis processing by the analysis unit 3A is required, is transferred to sampling line 4A of the analytical unit 3A. 分注位置に来た患者検体ラック1上の患者検体は、分注器48aのピペットノズルによって反応容器46aに所定量ピペッティングされる。 Dispensing patient sample on the patient sample racks 1 came to the position is a predetermined amount is pipetted into the reaction container 46a by the pipette nozzle of the dispenser 48a. この反応容器46aには、反応容器列上の所定の位置で分析項目に対応する試薬が吐出され、反応が進行される。 The reaction vessel 46a, the reagent corresponding to the analysis item at a predetermined position on the reaction container column is discharged, the reaction is advanced. 所定時間後、反応容器46a内の反応液は多波長光度計15aによって光学的特性が測定される。 After a predetermined time, the reaction solution in the reaction vessel 46a is the optical properties are measured by the multi-wavelength photometer 15a. 多波長光度計15aから出力された信号は、分析ユニット側コンピュータ6Aによる制御下で対数変換器30a及びアナログ・ディジタル変換器31aの処理を受け、全体制御用コンピュータ40に送信される。 The signal output from the multi-wavelength photometer 15a is subjected to processing of the logarithmic converter 30a and the analog-digital converter 31a under the control of the analytical unit side computer 6A, it is sent to the total control computer 40.
【0031】 [0031]
待機ユニット70から供給される個々の標準液ラック74は、主搬送ライン20によって搬送され、分析ユニット3Aにおけるキャリブレーションが必要な場合には、分析ユニット3Aのサンプリングライン4Aに移載される。 Individual standard solution racks 74 supplied from the standby unit 70 is conveyed by main conveyor line 20, if the calibration of the analytical unit 3A is required, is transferred to sampling line 4A of the analytical unit 3A. ここで、キャリブレーションとは、既知の濃度の試料(標準液)を測定して、検量線を作成する作業のことである。 Here, the calibration, by measuring the sample (standard solution) of known concentration, is that the work of creating a calibration curve.
【0032】 [0032]
分注位置に来た標準液ラック74上の標準液は、分注器48aのピペットノズルによって反応容器46aに所定量ピペッティング分注される。 Standard solution on a standard liquid rack 74 comes to dispensing position is dispensed a predetermined amount pipetted min into the reaction vessel 46a by the pipette nozzle of the dispenser 48a. この反応容器には、反応容器列上の所定の位置で分析項目に対応する試薬が吐出され、反応が進行される。 The reaction vessel, the corresponding reagent analysis item at a predetermined position on the reaction container column is discharged, the reaction is advanced. 所定時間後、反応容器46a内の反応液は多波長光度計15aによって光学的特性が測定される。 After a predetermined time, the reaction solution in the reaction vessel 46a is the optical properties are measured by the multi-wavelength photometer 15a.
【0033】 [0033]
多波長光度計15aから出力された信号は、分析ユニット側コンピュータ6Aによる制御下で対数変換器30a及びアナログ・ディジタル変換器31aの処理を受ける。 The signal output from the multi-wavelength photometer 15a is subjected to processing of the logarithmic converter 30a and the analog-digital converter 31a under the control of the analytical unit side computer 6A. このデータに基づいて、コンピュータ6Aにおいて検量線の式を求めて検量線を作成し、キャリブレーションの成否が判定されて、この成否が全体制御用コンピュータ40に送信される。 The data on the basis of, a calibration curve seeking equation of the calibration curve in the computer 6A, success or failure of the calibration is determined, the success or failure is sent to the whole control computer 40. ここで、キャリブレーションの成功とは、検量線が作成され、作成された検量線が、過去の経験的に得られた検量線から大きく逸脱していないことをいい、キャリブレーションの失敗とは、検量線が作成されない、または、作成された検量線が、過去の経験的に得られた検量線から大きく逸脱していることをいう。 Here, the success of the calibration, a calibration curve is created, a calibration curve was created, it says that you do not deviate greatly from the past of empirically derived calibration curve, and the failure of the calibration, calibration curve is not created, or refers to the calibration curve was created, deviates significantly from historical empirically derived calibration curve. 分析ユニット側コンピュータ6Aには、過去に経験的に得られた検量線のデータと、逸脱許可範囲に関するデータを備えておき、このデータに基づいて、キャリブレーションの成否を判定する。 The analytical unit side computer 6A, and data of the empirically derived calibration curve in the past, keep a data about the deviation allowable range, on the basis of this data, determines the success or failure of calibration.
【0034】 [0034]
なお、分析ユニット側コンピュータ6Aは、キャリブレーションの成否の判定を行なわず、得られた検量線の式に関する情報を全体制御用コンピュータ40に送信し、全体制御用コンピュータ40において、過去に経験的に得られた検量線のデータと、逸脱許可範囲に関するデータを備えておき、キャリブレーションの成否の判定を行なうようにしてもよい。 Incidentally, the analytical unit side computer. 6A, without determination of the success or failure of the calibration, to send information about the formula of the obtained calibration curve in total control computer 40, the total control computer 40, empirically the past and calibration curve data obtained in advance and a data about the deviation allowable range, may be performed determination of success or failure of the calibration.
【0035】 [0035]
待機ユニット70から供給される個々のコントロール検体ラック77は、主搬送ライン20によって搬送され、分析ユニット3Aにおける精度管理が必要な場合には、分析ユニット3Aのサンプリングライン4Aに移載される。 Individual control sample rack 77 supplied from the standby unit 70 is conveyed by main conveyor line 20, if the quality control in the analysis unit 3A is required, it is transferred to sampling line 4A of the analytical unit 3A. ここで、精度管理とは、既知の濃度の試料(コントロール検体)を測定して、この測定結果が所定の範囲内におさまっているか否かを判定することにより、自動分析装置及び試薬等が良好な状態を保っているか否かをチェックする作業のことである。 Here, quality control and measures the sample (control sample) of known concentration, by determining whether the measurement result falls within a predetermined range, good automatic analyzer and reagents, etc. is that the task of checking whether the keeping condition.
【0036】 [0036]
分注位置に来たコントロール検体ラック77上のコントロール検体は、分注器48aのピペットノズルによって反応容器46aに所定量ピペッティング分注される。 Control sample on the control sample rack 77 comes to dispensing position is dispensed a predetermined amount pipetted min into the reaction vessel 46a by the pipette nozzle of the dispenser 48a. この反応容器46aには、反応容器列上の所定の位置で分析項目に対応する試薬が吐出され、反応が進行される。 The reaction vessel 46a, the reagent corresponding to the analysis item at a predetermined position on the reaction container column is discharged, the reaction is advanced. 所定時間後、反応容器46a内の反応液は多波長光度計15aによって光学的特性が測定される。 After a predetermined time, the reaction solution in the reaction vessel 46a is the optical properties are measured by the multi-wavelength photometer 15a.
【0037】 [0037]
多波長光度計15aから出力された信号は、分析ユニット側コンピュータ6Aによる制御下で対数変換器30a及びアナログ・ディジタル変換器31aの処理を受ける。 The signal output from the multi-wavelength photometer 15a is subjected to processing of the logarithmic converter 30a and the analog-digital converter 31a under the control of the analytical unit side computer 6A. このデータに基づいて、分析ユニット側コンピュータ6Aにおいて、精度管理の成否が判定される。 Based on this data, the analytical unit side computer 6A, success or failure of accuracy management is determined. ここで、精度管理の成功とは、精度が測定され、測定された精度が所定の精度を保っている状態をいう。 Here, the success of the quality control, the measurement accuracy, the measured accuracy refers to a state in which maintaining a predetermined accuracy. 精度管理の失敗とは、精度が測定されない、あるいは、測定された精度が所定の精度を保っていない状態をいう。 Failure The accuracy management, accuracy is not measured, or a state in which the measured accuracy is not maintaining a predetermined accuracy. 判定された精度管理の成否は、全体制御用コンピュータ40に送信される。 Success of the determined accuracy management is sent to the whole control computer 40.
【0038】 [0038]
なお、分析ユニット側コンピュータ6Aは精度管理の成否の判定を行なわず、測定できたかできないかの情報、測定できた場合の測定値の情報のみを全体制御用コンピュータ40に送信し、全体制御用コンピュータ40において精度管理の成否の判定を行なうようにしてもよい。 Incidentally, the analytical unit side computer. 6A without determination of success or failure of accuracy management, or information can not or not measured, only send to the whole control computer 40 information of the measurement values ​​when measurable, total control computer it may be carried out determination of the success or failure of accuracy management at 40.
【0039】 [0039]
ディスペンサ方式の分析ユニット3F及び3Gも分析ユニット3Aと同様の構成である。 Analysis units 3F and 3G of the dispenser system has a similar configuration as the analysis unit 3A.
【0040】 [0040]
次に、ピペッタ方式の分析ユニットの構成例を、図3を参照して説明する。 Next, a configuration example of the analysis unit of the pipetter system will be described with reference to FIG. 分析ユニット3Bの反応部5Bに配列された反応容器46b内では、所定の分析項目に関する検体と試薬の反応が進められる。 The analytical unit 3B in the reaction vessel 46b which are arranged in the reaction unit 5B of the reaction of the sample and reagent regarding the predetermined analysis item proceeds. 主搬送ライン20からサンプリングライン4B(図1)に移された患者検体ラック1は、分注位置に位置づけられ、分注器48bのピペットノズルにより指示されている検体が採取され、反応容器46bへ検体の所定量が吐出される。 Patient sample rack 1 is transferred to sampling line 4B of the main conveyor line 20 (FIG. 1) is positioned at the pipetting position, the samples which are indicated by the pipette nozzle of the dispenser 48b is taken into the reaction vessel 46b predetermined amount of sample is discharged. 分注器48bはピペッタポンプ47bを有する。 Dispenser 48b has a Pipettaponpu 47b. 反応部5Bは恒温槽10から供給される恒温液によって一定温度(例えば37℃)に保たれる。 The reaction unit 5B is kept at a constant temperature (e.g. 37 ° C.) by a constant temperature fluid is supplied from the constant temperature bath 10.
【0041】 [0041]
図3の分析ユニットのピペッタ方式試薬供給部26は、第1試薬用と第2試薬用の二つの試薬ディスク26A及び26Bを具備する。 Pipetter type reagent supply unit of the analysis unit of Figure 3 26 and a for the first reagent of two reagent disk 26A and 26B for the second reagent. 多数の種類の分析項目のために準備された各種の試薬を含む試薬ボトル12A及び12Bには、それらの外壁面に試薬識別情報がバーコードによって表示されている。 The reagent bottles 12A and 12B containing various reagents prepared for analysis items of many types, the reagent identification information on their outer wall surface is indicated by a bar code. 試薬ボトル12A及び12Bが試薬ディスク26A及び26Bに載置された後、各試薬ボトルの試薬識別情報がバーコード読取装置23A及び23Bによって読取られ、その情報が該試薬ボトルの試薬ディスク上のセット位置,対応分析項目,該試薬ボトルがセットされた分析ユニット番号などと共に記憶部45に登録される。 After reagent bottles 12A and 12B is placed on the reagent disk 26A and 26B, the reagent identification information of each reagent bottle is read by bar code reader 23A and 23B, a set position on the reagent disk of the information reagent bottle It is registered corresponding analysis item, such as the reagent bottle set analytical unit number along with the storage unit 45. 試薬分注器8A及び8Bは、旋回及び上下動可能な各ピペッタノズルに接続された試薬用ピペットポンプ11を具備する。 Reagent dispenser 8A and 8B, comprises a connected to the pivoting and vertically movable respective Pipettanozuru reagent pipette pump 11.
【0042】 [0042]
患者検体を分注された反応容器46bの列は回転移動され、分析項目の種類に応じて試薬吸入位置に位置づけられた試薬ボトル12Aから試薬分注器8Aにより所定量の試薬液が吸入され、その第1試薬が試薬添加位置にある反応容器46bに吐出される。 Column of the patient specimen dispensing reaction vessel 46b is rotationally moved, the predetermined amount of the reagent solution by the reagent pipetter 8A from reagent bottle 12A positioned at the reagent suction position according to the type of analysis items is sucked, a first reagent is discharged into the reaction container 46b at the reagent addition position. 攪拌位置にて攪拌機構13Aにより内容物が攪拌された後、反応容器列は複数回移送され、反応容器46bが第2試薬添加位置に達すると、試薬分注器8Bは分析項目に応じて試薬吸入位置に位置づけられた試薬ボトル12Bから試薬液を吸入し該反応容器にその試薬を吐出する。 After the contents of the stirring mechanism 13A at the stirring position is agitated, the reaction vessel row is transferred a plurality of times, the reaction vessel 46b reaches the second reagent addition position, the reagent pipettor 8B in accordance with the analysis items reagent inhaled reagent solution from the reagent bottle 12B positioned at the suction position ejects the reagent into the reaction vessel. 次いで反応容器の内容物は攪拌機構13Bによって攪拌される。 Then the contents of the reaction vessel is stirred by the stirring mechanism 13B. その後、反応容器列の回転移送に伴って反応容器46bは光源14bからの光束を通過し、反応容器46bの反応液を透過した光が多波長光度計15bによって検出される。 Thereafter, the reaction vessel 46b with the rotation transfer of the reaction vessel train passes through the light beam from the light source 14b, the light transmitted is detected by the multi-wavelength photometer 15b the reaction liquid in the reaction vessel 46b.
【0043】 [0043]
分析項目に対応する波長の信号は、分析ユニット側コンピュータ6Bによって制御される対数変換器30b及びアナログ・ディジタル変換器31bによって処理され、ディジタル信号が全体制御用コンピュータ40へ送信される。 Signal having a wavelength corresponding to the analysis item is processed by the logarithmic converter 30b and an analog-digital converter 31b which are controlled by analysis unit's computer 6B, the digital signal is transmitted to the whole control computer 40. 測定済の反応容器46bは、洗浄機構19bによって洗浄され、再使用される。 The reaction vessel 46b of Measured is cleaned by the cleaning mechanism 19b, it is reused.
【0044】 [0044]
分析ユニット3Bにおけるキャリブレーションが必要な場合には、標準液ラック74が分析ユニット3Bのサンプリングライン4Bに移載される。 When the calibration of the analytical unit 3B is necessary, standard solutions rack 74 is transferred to sampling line 4B of the analytical unit 3B. 標準液ラック74は、分注位置に位置づけられ、分注器48bのピペットノズルにより指示されている標準液が採取され、反応容器46bへ標準液の所定量が吐出される。 Standard solutions rack 74 is positioned at the pipetting position, standard solutions which are indicated by the pipette nozzle of the dispenser 48b are taken, a predetermined amount of standard solution is discharged into the reaction vessel 46b. この標準液について、上述の患者検体の反応と同様に反応が進められる。 This standard solution, the reaction in the same manner as in the reaction of the aforementioned patient sample is advanced. 反応液の波長の信号は、分析ユニット側コンピュータ6Bによって制御される対数変換器30b及びアナログ・ディジタル変換器31bによって処理される。 Signal of the wavelength of the reaction solution is processed by the logarithmic converter 30b and an analog-digital converter 31b which are controlled by analysis unit's computer 6B. このデータに基づいて、分析ユニット側コンピュータ6Bにおいて検量線の式を求めて検量線を作成し、キャリブレーションの成否が判定されて、この成否が全体制御用コンピュータ40に送信される。 The data on the basis of, a calibration curve seeking equation of the calibration curve in the analysis unit side computer 6B, success or failure of the calibration is determined, the success or failure is sent to the whole control computer 40. 分析ユニット側コンピュータ6Bには、過去に経験的に得られた検量線のデータと、逸脱許可範囲に関するデータを備えておき、このデータに基づいて、キャリブレーションの成否を判定する。 The analytical unit side computer 6B, and the data of the empirically derived calibration curve in the past, keep a data about the deviation allowable range, on the basis of this data, it determines the success or failure of calibration.
【0045】 [0045]
なお、分析ユニット側コンピュータ6Bはキャリブレーションの成否の判定を行なわず、得られた検量線の式に関する情報を全体制御用コンピュータ40に送信し、全体制御用コンピュータ40において、過去に経験的に得られた検量線のデータと、逸脱許可範囲に関するデータを備えておき、キャリブレーションの成否の判定を行なうようにしてもよい。 Incidentally, the analytical unit side computer. 6B without determination of success or failure of the calibration, to send information about the formula of the obtained calibration curve in total control computer 40, the total control computer 40, empirically obtained in the past and calibration curve data, which is in advance provided with a data about the deviation allowable range, may be performed determination of success or failure of the calibration.
【0046】 [0046]
分析ユニット3Bにおける精度管理が必要な場合には、コントロール検体ラック77が分析ユニット3Bのサンプリングライン4Bに移載される。 If quality control is required in the analysis unit 3B is the control sample rack 77 is transferred to sampling line 4B of the analytical unit 3B. コントロール検体ラック77は、分注位置に位置づけられ、分注器48bのピペットノズルにより指示されているコントロール検体が採取され、反応容器46bへコントロール検体の所定量が吐出される。 Control sample racks 77 are positioned at the pipetting position, indicated by that control sample by the pipette nozzle of the dispenser 48b are taken, a predetermined amount of control sample is discharged into the reaction vessel 46b. このコントロール検体について、上述の患者検体の反応と同様に反応が進められる。 This control sample, the reaction in the same manner as in the reaction of the aforementioned patient sample is advanced.
【0047】 [0047]
反応液の波長の信号は、分析ユニット側コンピュータ6Bによって制御される対数変換器30b及びアナログ・ディジタル変換器31bによって処理される。 Signal of the wavelength of the reaction solution is processed by the logarithmic converter 30b and an analog-digital converter 31b which are controlled by analysis unit's computer 6B. このデータに基づいて、分析装置側コンピュータ6Aにおいて所定の精度が保たれているかが判定されて、この結果が全体制御用コンピュータ40に送信される。 Based on this data, whether the predetermined accuracy is kept in the analyzer side computer 6A is determined, the result is sent to the whole control computer 40.
【0048】 [0048]
なお、分析ユニット側コンピュータ6Aは所定の精度が保たれているかの判定を行なわず、測定値のみを全体制御用コンピュータ40に送信し、全体制御用コンピュータ40において所定の精度が保たれているかの判定を行なうようにしてもよい。 Incidentally, the analytical unit side computer. 6A without determination of whether a predetermined accuracy is kept and sends only the measured values ​​to the whole control computer 40, if the total control computer 40 is kept a predetermined accuracy determination may be performed.
【0049】 [0049]
分析ユニット3C,3D及び3Eは、分析ユニット3Bと同様の構成を有する。 Analytical unit 3C, 3D and 3E have the same configuration as the analysis unit 3B.
【0050】 [0050]
次に、図1の実施例装置の動作を説明する。 Next, the operation of the embodiment apparatus of Fig.
【0051】 [0051]
検体ラック1がラック送出部17にセットされる前、標準液ラック74およびコントロール検体ラック77が待機ユニット70にセットされる前に、各検体に対して依頼元から検査指示依頼された分析項目が、各検体番号と共に予め操作部42から全体制御用コンピュータ40に登録される。 Before sample rack 1 is set in rack delivery section 17, before the standard solution racks 74 and the control sample racks 77 are set in the standby unit 70, the analysis items that are inspected instruction request from the request source for each sample It is registered in the whole control computer 40 from the pre-operation unit 42 with each sample number. それぞれの分析項目の分析条件情報、キャリブレーションに関する情報、精度管理に関する情報は、フロッピーディスクメモリ41に記憶されている。 Analysis condition information of each analysis item, information on calibration, information on quality control are stored in a floppy disk memory 41. 同一の分析項目が2つ以上の分析ユニットに割り当てられた場合に、複数の分析ユニットで共通に使用されるべき分析条件情報は、使用する試薬,光度計における測定波長,検体採取量などである。 When the same analysis item is allocated to two or more analytical units, analytical condition information to be used in common by a plurality of analysis units, reagent used, measured in photometer wavelengths, is such specimen collection amount .
【0052】 [0052]
キャリブレーションに関する情報としては、キャリブレーション時間間隔、キャリブレーション実行形式(使用する標準液又はキャリブレータ)、検量線の作成方法、検量線の許容範囲に関する情報、キャリブレーション実行条件(どのような場合にキャリブレーションを実行するか)等がある。 The information about calibration, calibration calibration time interval, (standard or calibrator used), how to create a calibration curve calibration execution format, information regarding the permissible range of the calibration curve, when the calibration execution condition (what Deployment to the execution or), and the like. 精度管理に関する情報としては、精度管理時間間隔、精度管理実行形式(使用するコントロール検体)、精度の許容範囲に関する情報、精度管理実行条件(どのような場合に精度管理を実行するか)等がある。 The information related to quality control, there is a quality control time interval, accuracy management execution format (control sample to be used), information on the allowable range of accuracy, (either run quality control in any case) accuracy management execution conditions . このうち、検量線の作成方法、検量線の許容範囲に関する情報、精度の許容範囲に関する情報は、分析ユニット側コンピュータ6A〜6Gの図示せぬ記憶手段にも記憶される。 Among them, how to create a calibration curve, information about the allowable range of the calibration curve, information about the allowable range of accuracy, also stored in the memory (not shown) means analyzing unit side computer 6A-6G.
【0053】 [0053]
分析条件情報の内、各試薬ボトルに対応して記憶されている情報は、第1試薬から第4試薬までの必要な試薬数,5桁の数字からなる試薬ボトルのコード,試薬の分注量,1つの試薬ボトル当りの分析可能なテスト数などである。 Of analysis condition information, information stored in correspondence with each reagent bottle, the reagents necessary number of the first reagent to the fourth reagent, the reagent bottle code consisting of five digits, the dispensing amount of the reagent , analyzable test per one reagent bottles and the like.
【0054】 [0054]
各分析ユニット3A〜3Gの試薬供給部26〜29,32〜34に試薬ボトルが収納されるのに伴って各試薬ボトルの試薬識別情報が分析ユニット番号と対応づけられて全体制御用コンピュータ40に登録される。 Each analysis unit 3A~3G reagent supply section 26~29,32~34 total control computer 40 by the reagent identification information of each reagent bottle with for reagent bottle is stored is correlated with the analysis unit number to be registered. この場合、同じ検体種を扱う同じグループの複数の分析装置に同一種の分析項目用の試薬が収納される。 In this case, the reagent for the analysis item of the same kind is accommodated in a plurality of analyzers of the same group handling the same sample species. ここでは、血清検体を全ての分析ユニット3A〜3Gで扱うものとする。 Here, it is assumed that dealing with serum samples in all of analysis units 3A-3G. その内、分析ユニット3Aの試薬供給部32には、例えば検体依頼数の多い肝機能検査項目であるGOT,GPT及び緊急検査項目であるカルシウム,UA,BUNのための試薬ボトルが収納される。 Of these, the reagent supply section 32 of analysis unit 3A is, for example GOT is often liver function examination items of specimens request number, GPT and calcium is an emergency test items, UA, the reagent bottles for the BUN is housed. 分析ユニット3Bの試薬供給部26には、例えば肝機能検査項目であるGOT,GPT及び検査依頼数の少ない他の分析項目のための試薬ボトルが収納される。 The reagent supply section 26 of analysis unit 3B is, GOT, the reagent bottles for the less other analysis items of GPT and examination request number is stored, for example, liver function inspection items. 分析ユニット3Cの試薬供給部27には、例えば緊急検査項目であるカルシウム,UA,BUN及び検査依頼数の少ない他の分析項目のための試薬ボトルが収納される。 The analysis unit 3C reagent supply section 27, calcium, UA, the reagent bottles for the less other analysis items of BUN and examination request number are housed such as emergency test items. 従って、肝機能検査項目は、2台の分析ユニット3A及び3Bによって分析処理可能になる。 Accordingly, liver function examination items will be analyzed processed by two analysis units 3A and 3B. また、緊急検査項目は、2台の分析ユニット3A及び3Cによって分析処理可能になる。 Further, the emergency test items will be analyzed processed by two analysis units 3A and 3C. 何台の分析ユニットにどのような分析項目用の試薬を重複させて収納するかは、それぞれの施設の検査室の実情に応じてオペレータにより決定される。 How many what analysis are overlapped reagents for items housed in the analysis unit is determined by the operator depending on the circumstances of the laboratory of the respective facilities.
【0055】 [0055]
各試薬ボトル12,12A,12Bが各試薬供給部に収納されるのに伴って、試薬ボトルに設けられた試薬識別情報が読取られ、試薬ボトルコードをキイとして、分析条件情報として既に登録されている情報が検索され、その試薬ボトルに対応する分析項目,ボトルの大きさ,分析可能なテスト回数,試薬ボトルのセット位置などがそれぞれ関係づけられて全体制御用コンピュータ40に登録される。 Each reagent bottle 12, 12A, along with the 12B is accommodated in each reagent supply section, the reagent identification information provided on the reagent bottle is read, the reagent bottle code as a Kii, already registered as analytical condition information information there are retrieved, the analysis item corresponding to the reagent bottle, the bottle size, analyzable number of tests, such as a set position of the reagent bottle is registered in the whole control computer 40 are related respectively. 同時に、同種の分析項目の分析処理が可能な複数の分析ユニットにおける同種の分析項目用の試薬ボトル全数に基づく最大分析可能回数も登録され、必要に応じてCRT43に表示される。 At the same time, the maximum analyzable number of times based on the reagent bottle total number for analysis item of the same type in the plurality of analysis units which can analyze the process of analysis items of the same kind is also registered and displayed on CRT43 if necessary.
【0056】 [0056]
各分析ユニットにとって必要な分析項目用の対応試薬が収納された後、検体の分析処理に先立って各分析ユニット毎に、その分析ユニットによって分析処理可能な全分析項目のためのキャリブレーションがそれぞれ実行される。 After the corresponding reagent stored for analysis items required for each analysis unit, for each analytical unit prior to analysis processing of the specimen, the calibration is performed each for all analysis items which can be analyzed processed by the analysis unit It is. 分析ユニット側コンピュータは、キャリブレーションの成否を判定する。 Analytical unit side computer determines success or failure of calibration. 2つ以上の分析ユニットに対して同一分析項目が夫々割り当てられている場合には、同じ標準液がそれらの分析ユニットに立ち寄って夫々サンプリングされる。 When the same analysis item is allocated respectively for two or more analytical units, the same standard solution are respectively sampled stop by their analysis unit.
【0057】 [0057]
キャリブレーションの実行が成功して終了した場合には、キャリブレーションが成功した旨と、キャリブレーション結果として得られた検量線の式とを、全体制御コンピュータ40の記憶部45に記憶せしめる。 When the execution of calibration is complete and successful, and that the calibration was successful, the expression of the resulting calibration curve as calibration result and allowed the storage unit 45 of the whole control computer 40. キャリブレーション結果は、各分析ユニットにおいて該当する分析項目が分析処理されたときの濃度演算に使用される。 Calibration results are relevant analysis item is used the concentration calculation when the analysis processing in each analysis unit.
【0058】 [0058]
キャリブレーションの実行が失敗して終了した場合には、分析ユニット側コンピュータは、全体制御コンピュータ40にキャリブレーションが失敗した旨を送信する。 When the execution of calibration is completed fails, the analysis unit side computer transmits that the calibration fails the whole control computer 40. 全体制御コンピュータ40は、キャリブレーションが失敗した旨を、CRT43のキャリブレーション支援画面(後述)に表示する。 Whole control computer 40, the fact that the calibration has failed, and displays the CRT43 calibration support screen (described later). このキャリブレーション支援画面には、キャリブレーションが失敗した分析項目についての情報を表示させる指示を入力するための領域としてボタンが表示されており、オペレータが、操作部42を介してこのボタンについて表示指示を入力すると、失敗した分析項目についての情報を表示すると共に、失敗したキャリブレーションを再実行するための処理が起動される。 This calibration support screen, calibration and buttons are displayed as an area for inputting a command to display information about the analysis items is unsuccessful, the operator, display instruction for the button through the operation section 42 If you enter, and displays the information about the failed analysis item, the processing for re-executing the failed calibration is started.
【0059】 [0059]
すべての分析ユニットにおける全分析項目のためのキャリブレーションの実行が成功して終了した場合には、各分析ユニット毎に、その分析ユニットによって分析処理可能な全分析項目のための精度管理がそれぞれ実行される。 When the execution of calibration for all analysis items in all the analytical units ends in success, for each analytical unit, accuracy management execution each for all analysis items which can be analyzed processed by the analysis unit It is. 分析ユニット側コンピュータは、精度管理の成否を判定し、判定された成否を全体制御コンピュータ40に送信する。 Analytical unit side computer determines the success or failure of accuracy management and sends the determined success or failure to the whole control computer 40.
【0060】 [0060]
精度管理の実行が失敗して終了した場合には、全体制御コンピュータ40は、精度管理が失敗した旨を、CRT43の精度管理支援画面(後述)に表示する。 When the execution of accuracy management is completed fails, the whole control computer 40, the fact that the quality control has failed, and displays the CRT43 accuracy management support screen (described later). この精度管理支援画面には、精度管理が失敗した分析項目についての情報を表示させる指示を入力するための領域としてボタンが表示されており、オペレータが、操作部42を介してこのボタンについて表示指示を入力すると、失敗した分析項目についての情報を表示すると共に、失敗した精度管理を再実行する。 The accuracy management support screen, and buttons are displayed as an area for inputting a command to display information about the analysis item accuracy management fails, the operator, display instruction for the button through the operation section 42 If you enter, and it displays the information about the failed analysis item, re-run the failed quality control.
【0061】 [0061]
すべての分析ユニットにおける精度管理の実行が成功して終了した場合には、各分析ユニット毎に、その分析ユニットによって分析処理可能な分析項目の分析処理が開始される。 If the execution of accuracy management in all the analytical units ends in success, for each analytical unit, the analysis process of the analysis can be processed analysis item is started by the analysis unit.
【0062】 [0062]
分析処理が開始されると、ラック送出部17上におかれた検出ラック1の内の1つが主搬送ライン20の方へ押し出されたのに伴って、その検体ラック1の識別情報又は検体容器2の識別情報が識別情報読取装置50によって読取られる。 When the analysis process starts, one of the detection racks 1 placed on rack delivery section 17 but with in the extruded toward the main transfer line 20, identification information or sample container of the sample rack 1 second identification information is read by the identification information reader 50. 読取られた情報に基づいて該検体ラック1上の検体種別が全体制御用コンピュータ40によって判定され、その検体種のために予め条件設定されている分析ユニットグループが選定され、その後の判断結果によりその分析ユニットグループの内の1つが検体搬送先として決定される。 Is determined by the specimen sample type is whole control computer 40 on the rack 1 on the basis of the read The information analysis unit group which is previously conditions set for that analyte species are selected, the Subsequent determination result one of the analytical unit group is determined as the sample transport destination. ここでは、例えば血清検体が判定され、その検体ラックが搬送されるべき分析ユニット3A,3B,3Cのグループが選定されるものとする。 Here, for example, serum samples are determined, analysis units 3A to the sample rack is transported, 3B, it is assumed that the group of 3C is selected.
【0063】 [0063]
さらに、検体識別情報の読取りに伴って検体番号及び分析項目の登録状況が照合され、検体ラック1上の各検体のために測定指示されている分析項目が判定され、各検体の各分析項目が分析ユニット3A,3B及び3Cの内のいずれかによって分析処理すべきかが、全体制御用コンピュータ40によって判断される。 Furthermore, the verification registration status of the sample number and analysis item with the reading of sample identification-information, analysis items are measured indicated for each sample on sample rack 1 is determined, each analysis item of each sample analysis units 3A, it should be analyzed processed by any of 3B and 3C is determined by the overall control computer 40. この場合、全体制御用コンピュータ40は、各分析ユニットに対して既に分析処理が指示されている分析項目数及びそれらの検体の分注終了までにどの程度の時間を要するかを監視している。 In this case, the whole control computer 40 monitors whether already analysis process takes how much time to dispensing ends of the indicated by number analysis items are and their sample for each analysis unit. 特に、複数の分析ユニットによる分析処理が可能な特定の分析項目に関しては、いずれの分析ユニットによって該分析項目を分析処理させることが効率的であるかが判断される。 Particularly, regarding a specific analysis item analysis process that is capable of multiple analytical units, or be analyzed process the analysis item is effective is determined by either of analysis units. 例えば、特定分析項目であるGOT及びGPTに関し、その時点で処理待ち検体数が最も少ない分析ユニットは3Aと3Bのいずれであるかが判断され、待ち時間の少ない方が指定分析ユニットとされる。 For example, with respect to GOT and GPT is a particular analysis item, the smallest analytical unit processes awaiting sample number at that time is determined whether it is a 3A and 3B are, the smaller latency is the specified analytical unit.
【0064】 [0064]
このような複数の分析ユニット同士の多忙度の程度に応じて特定分析項目を分析処理すべき分析ユニットを自動的に指定する方法以外に、操作者が予め操作部42から各分析項目の処理に使用すべき分析ユニットの優先順位を入力しておく指定方法も可能である。 Such a plurality of analysis units to be analyzed handle specific analysis item according to the degree of degree of busyness of analysis units to each other automatically in addition to the method to specify, from the operator in advance the operation unit 42 to the processing of each analysis item specify how to keep entering the priority of analytical units to be used is also possible.
【0065】 [0065]
特定分析項目を分析すべき検体を有し搬送先(例えば分析ユニット3B)が決定された検体ラック1は、指定された分析ユニット3Bまで主搬送ライン20によって連続搬送され、分析ユニット3Bのサンプリングライン4Bへの搬入口前で停止される。 Sample rack 1 which transport destination has a sample to be analyzed a particular analysis item (for example, the analytical unit 3B) is determined, is continuously transported by the main conveyor line 20 to the specified analytical unit 3B, the analytical unit 3B sampling line It is stopped at loading preoral to 4B. 次いで、検体ラック1は、サンプリングライン4Bに移され、分注位置にて所定の検体が検体分注器48bによって反応部5Bに分注された後、主搬送ライン20に戻される。 Then, the sample rack 1 is transferred to sampling line 4B, given analyte at the dispensing position after being dispensed into the reaction unit 5B by the sample pipetter 48b, it is returned to the main transfer line 20. 検体ラック1上の検体に他の分析ユニット3Cによって分析処理されるべき分析項目が残っている場合には、検体ラック1は、主搬送ライン20により分析ユニット3Cまで搬送され、サンプリングライン4Cに移されて検体分注される。 If there remains analysis items to be analyzed processed by other analysis units 3C to the sample on the sample rack 1, sample rack 1 is conveyed by the main conveyor line 20 to the analysis unit 3C, transferred to sampling line 4C is dispensed specimen worth is.
【0066】 [0066]
各分析ユニットにおける各分析項目用の試薬ボトル内の試薬残量は、全体制御用コンピュータ40によって監視されている。 The remaining reagent amount in the reagent bottle for each analysis item in each analytical unit is monitored by the whole control computer 40. 試薬残量の監視方法としては、試薬ピペットノズルに設けられた液面検出器により当該試薬の分注の際に試薬ボトル内の試薬液面を検知することに基づく方法や、当該試薬の分注の都度、予め入力されている分析可能回数を減算していく方法が採用される。 The monitoring method of the reagent remaining amount, and methods based on detecting the reagent liquid surface in the reagent bottle during dispensing of the reagent by the liquid level detector provided in the reagent pipette nozzle, dispensing of the reagent the respective method is employed to continue to subtract the analyzable number of times which are input in advance. いずれの方法による場合も、その分析項目用の試薬量が不足するか否かは、分析可能回数の残数が所定値に達したか否かを全体制御用コンピュータ40によって判定することによって判断される。 May be due to either method, whether to insufficient amount of reagent for the analysis item, is determined by the number of remaining analyzable number of times it is determined by whether the total control computer 40 has reached a predetermined value that. この場合の所定値は、残数がゼロ回,1回,2回など少ない回数が設定される。 Predetermined value in this case, the remaining number is zero times, once, fewer such twice is set.
【0067】 [0067]
また、例えば、指定分析ユニット3BのGOT試薬が不足であると判断された場合、分析ユニット3BによるGOTの分析処理が停止されると共に、同時にGOT試薬が充分に残っている分析ユニット3AによるGOTの分析処理が可能になるように分析ユニットの切替動作が制御される。 For example, when the GOT reagent of the specified analytical unit 3B is judged to be insufficient, with the analysis processing of GOT by the analytical unit 3B is stopped, the GOT by the analytical unit 3A which GOT reagent simultaneously remains sufficiently switching operation of the analysis unit is controlled so that the analysis processing is possible. よって、その後にGOTを分析処理すべき検体は、次の優先順位である別の分析ユニット3Aへ搬送されてGOTの分析処理がなされる。 Therefore, the sample then to be analyzed processing GOT is, the analysis processing of the GOT is performed is transported to another analytical unit 3A is the next priority.
【0068】 [0068]
図1の実施例における制御装置は、各分析項目の分析処理、キャリブレーション、精度管理をいずれの分析ユニットに指示しているかを把握しており、それらのデータは記憶部45に格納されている。 Controller in the embodiment of FIG. 1, the analysis processing of each analysis item, calibration grasps whether to instruct the one of analysis units to quality control, these data are stored in the storage unit 45 . 全体制御用コンピュータ40は、各分析項目の分析処理、キャリブレーション、精度管理がどの分析ユニットによって処理されているかという情報をメモリテーブルに記憶しており、操作者からの要求があったときにその情報を一覧表にしてCRT43に図面表示せしめる。 Total control computer 40, analysis processing of each analysis item, calibration information as to have been processed by any analysis unit is quality control has been stored in the memory table, the when requested from the operator information in the list allowed to drawing display to CRT43.
【0069】 [0069]
図1の実施例装置では、各分析ユニット3A〜3Gに対し、それぞれの運転の起動及び停止を操作部42のキイ操作によって指示することができ、このような操作部からの指示情報に基づいて全体制御用コンピュータ40は、運転停止された分析ユニットを除く残りの分析ユニットだけにラック送出部17からの検体ラック1を主搬送ライン20を介して搬送せしめる。 Example apparatus of FIG. 1, for each analysis unit 3A-3G, can be indicated by the activation and Kii operation of the operation unit 42 to stop the respective operation based on the instruction information from such an operation section total control computer 40, the sample rack 1 from the rack sender 17 only to the remaining analysis units except the analytical unit which is stopped driving allowed to convey through the main transfer line 20. 特に、夜間のように、依頼検体数が少なく緊急を要する検体の検査業務が主となる時間帯の場合には、最小限必要な分析ユニットだけを運転状態にし、残りの分析ユニットを停止せしめるように運用できる。 In particular, as at night, when the inspection work of the analyte urgent small request number of samples of the main become time zone, and only the minimum required analysis unit to the operating state, so that allowed to stop the rest of the analysis unit It can be operated on. 依頼検体数が増大する時間帯には、停止していた複数の分析ユニットが再稼働される。 The time zone requested number of samples is increased, it is re-activated a plurality of analysis units which have been stopped.
【0070】 [0070]
また、図1の実施例装置では、いずれかの分析ユニットに異常事態が発生して当該分析ユニットによる分析処理が不能になった場合に、同じ分析処理を別の分析ユニットによって肩代わりするように制御装置が別の分析ユニットへの検体ラックの搬送と別の分析ユニットによる分析処理を指示する。 Further, in the embodiment device of Figure 1, when the abnormality in any of the analysis units has become impossible analysis processing by the analysis unit generated, controlled to take over the same analysis processing by another analytical unit device instructs the analyzing process by the transfer to another analytical unit of the sample rack to another analytical unit. 例えば、2台の分析ユニット3Bと3Cに複数の分析項目用の試薬を重複してセットしておくことにより、複数の分析項目に対する分析操作を中断せずに分析処理することができる。 For example, it is possible by previously set duplicate reagents for a plurality of analysis items to two analysis units 3B and 3C, to the analysis processing without interrupting the analysis operation for the plurality of analysis items.
【0071】 [0071]
上記のように自動分析装置において分析処理を行なっている途中、各分析項目に対して予め定まっている所定の時間間隔ごとに、又は所定検体数ごとに、キャリブレーション及び精度管理を行なわなければならない。 Middle of performing analysis processing in the automatic analyzer as described above, every predetermined time interval is predetermined for each analysis item or every predetermined number of samples must be performed calibration and quality control . また、試薬ボトル内の試薬が消費され、試薬ボトルを追加する場合にも、追加された試薬ボトル内の試薬に対して、キャリブレーションを行なわなければならない場合がある。 Also, it is consumed the reagent in the reagent bottle, even when adding a reagent bottle, there is a case where with respect to the reagent in the added reagent bottle must perform calibration.
【0072】 [0072]
本発明の自動分析装置支援システムは、上記のような自動分析装置における分析処理に先立って、または自動分析装置における分析処理の途中で、キャリブレーション及び精度管理を行なうための支援システムであり、以下、この支援システムについて説明する。 Automatic analyzer support system of the present invention, prior to analysis processing in the automatic analyzer described above, or in the middle of the analysis processing in the automated analyzer, a support system for performing calibration and quality control, hereinafter , describes this support system.
【0073】 [0073]
まず、本支援システムが、自動分析装置のCRT43上に表示するキャリブレーション支援画面について説明する。 First, the support system will be described calibration support screen displayed on CRT43 of the automatic analyzer. この支援画面は、キャリブレーション状態の点検画面として機能する。 This support screen functions as a check screen of the calibration state.
【0074】 [0074]
図4に上記キャリブレーション支援画面の一例を示す。 Figure 4 shows an example of the calibration support screen. 画面上の表示入力一体となったボタンであるCalibrationボタン423が、オペレータにより指示されると、Calibrationボタン423の表示が反転されると共に、キャリブレーション支援画面が表示される。 Calibration button 423 is a button that is a display and input integrated on the screen, when it is instructed by an operator, the display of the Calibration button 423 is reversed, the calibration support screen is displayed. この画面上で、キャリブレーション状態の点検画面としての表示部分は、表示領域400と表示領域410を含む部分であり、まず、これらの表示領域について説明する。 In this screen, the display portion as a check screen for the calibration state is a portion including a display area 400 and display area 410, will be described first These display areas.
【0075】 [0075]
Calibrationボタン423が、オペレータにより指示され、キャリブレーション支援画面が表示された時点においては、表示領域410内の表示は、まだなされていない。 Calibration button 423 is instructed by an operator, in the time of the calibration support screen is displayed, the display in the display area 410 is not yet made. キャリブレーション支援画面上には、表示領域410以外の表示がなされている。 The calibration support screen, a display other than the display area 410 have been made.
【0076】 [0076]
表示領域400内には、キャリブレーションの複数状態の分類に対応して設けられる複数の分類見出し、すなわち、分析装置の状態を予め分類して象徴する複数の指標である表示ブロック401〜404が表示される。 In the display region 400, a plurality of category headings provided corresponding to the classification of several states of calibration, that is, pre-classified display blocks 401 to 404 is a plurality of indices symbolizing by the display status of the analyzer It is. さらに、表示領域400内には、それらの表示ブロックに対応して設けられて表示指示を受け付ける指示ボタンもしくは受け付けボタン405〜408が表示される。 Further, in the display area 400, instruction buttons or receiving buttons 405 to 408 receives a display instruction provided in correspondence with those of the display blocks is displayed. 分類見出しとしての表示ブロック401〜404は、各々、分析装置の状態が当該表示ブロックが象徴している事象を含む場合、それ自身の表示態様が変更される。 Display block 401 to 404 as classification heading, respectively, when the state of the analyzer comprises an event which the display block is symbolized, its own display mode is changed.
【0077】 [0077]
表示領域400内のPre-Setting表示ブロック401は、自動分析装置における分析処理に先立って行なうべきキャリブレーション等、定常的に行なう必要があるキャリブレーションに対応する分析項目が登録された場合に点滅する。 Pre-Setting display block 401 in the display area 400 flickers when the calibration or the like to be performed prior to analysis processing in the automated analyzer, analysis item corresponding to the calibration needs to be performed stationarily is registered . Pre-Setting表示ブロック401が点滅した場合に、オペレータがボタン405を指示すると、表示領域410内に、定常的に行なう必要があるキャリブレーションの分析項目名が表示されると共に、表示された分析項目のキャリブレーションが起動される。 If the Pre-Setting display block 401 flickers, an operator instructs the button 405, in the display area 410, along with analysis item name of the calibration needs to be performed stationarily is displayed, the displayed analysis item calibration is started.
【0078】 [0078]
表示領域400内のCalib.Now表示ブロック402は、キャリブレーションの時間間隔が過ぎた分析項目が存在する場合に点滅する。 Calib.Now display block 402 in the display area 400 flickers when the analysis item interval of calibration has passed exists. Calib.Now表示ブロック402が点滅した場合に、オペレータがボタン406を指示すると、表示領域410内に、該当する分析項目名が表示されると共に、表示された分析項目のキャリブレーションが起動される。 If the Calib.Now display block 402 flickers, an operator instructs the button 406, in the display area 410, with the corresponding analysis item name is displayed, the calibration of the displayed analysis item is started.
【0079】 [0079]
表示領域400内のCalib.Failed表示ブロック403は、キャリブレーションの失敗が発生した分析項目が存在する場合に点滅する。 Calib.Failed display block 403 in the display area 400 flickers when the analysis item of failed calibration has occurred there. Calib.Failed表示ブロック403が点滅した場合に、オペレータがボタン407を指示すると、表示領域410内に、該当する分析項目名が表示されると共に、表示された分析項目のキャリブレーションが起動される。 If the Calib.Failed display block 403 flickers, an operator instructs the button 407, in the display area 410, with the corresponding analysis item name is displayed, the calibration of the displayed analysis item is started.
【0080】 [0080]
表示領域400内のChange Over表示ブロック404は、試薬ボトルの追加に伴うキャリブレーションの必要性が発生した分析項目が存在する場合に点滅する。 Change Over display block 404 in the display area 400 flickers when there is an analysis item which need calibration accompanying addition of the reagent bottle occurs. Change Over表示ブロック404が点滅した場合に、オペレータがボタン408を指示すると、表示領域410内に、新たな試薬が加えられた分析項目名が表示されると共に、表示された分析項目のキャリブレーションが起動される。 When the Change Over display block 404 flickers, an operator instructs the button 408, in the display area 410, with a new reagent is added analysis item name is displayed, the calibration of the displayed analysis item It is started.
【0081】 [0081]
次に、表示領域410内に表示される内容について説明する。 Next, describing the details to be displayed in the display area 410. Test411の欄には、キャリブレーションを行なうべき分析項目名を表示する。 The column of Test411, displays the analysis item name to be subjected to calibration. A.Unit412の欄には、キャリブレーションを行なうべき分析ユニット名を表示する。 The column of A.Unit412, displaying the analytical unit name to be subjected to calibration. Blank413の欄には、行なうべきキャリブレーションが、1種類の濃度0の標準液を使用するキャリブレーションである場合に、経過時間/キャリブレーションのインターバル(有効時間)が、表示される。 The column of Blank413, calibration to be performed is, in the case of calibration using standard solution one concentration of 0, elapsed time / calibration interval (valid time) is displayed. Span414の欄には、行なうべきキャリブレーションが、1種類の濃度0でない既知濃度の標準液を使用するキャリブレーションである場合に、経過時間/キャリブレーションのインターバル(有効時間)が、表示される。 The column of Span414, calibration to be performed is, in the case of one calibration using standard solutions of known concentration is not the concentration zero, elapsed time / calibration interval (valid time) is displayed. 2 Points415の欄には、行なうべきキャリブレーションが、2種類の既知濃度の標準液を使用するキャリブレーションである場合に、経過時間/キャリブレーションのインターバル(有効時間)が、表示される。 The column of 2 Points415, calibration to be performed is, in the case of two types of calibration using standard solutions of known concentrations, elapsed time / calibration interval (valid time) is displayed. Full416の欄には、行なうべきキャリブレーションが、3種類以上の既知濃度の標準液を使用するキャリブレーションである場合に、経過時間/キャリブレーションのインターバル(有効時間)が、表示される。 The column of Full416, calibration to be performed is, in the case of calibration using standard solution three or more kinds of known concentrations, elapsed time / calibration interval (valid time) is displayed.
【0082】 [0082]
図4においては、分析項目AST、ALT、ALPのキャリブレーションを、分析ユニット3Dにおいて、1種類の濃度0の標準液を使用して行なう必要があり、経過時間/キャリブレーションのインターバルは、AST、ALT、ALP共に10/100であることが表示されている。 In Figure 4, the analysis items AST, ALT, the calibration of the ALP, in the analysis unit 3D, must be done using standard solution one concentration of 0, an interval of elapsed time / calibration, AST, ALT, it has been displayed that the ALP are both 10/100. また、分析項目LDHのキャリブレーションを、分析ユニット3Eにおいて、1種類の濃度0の標準液を使用して行なう必要があり、経過時間/キャリブレーションのインターバルは、15/100であることが表示されている。 Further, the calibration of the analysis item LDH, the analytical unit 3E, it is necessary to perform using standard solution of one type of concentration of 0, an interval of elapsed time / calibration, it appears to be a 15/100 ing. さらに、分析項目TPのキャリブレーションを、分析ユニット3Eにおいて、1種類の濃度0でない既知濃度の標準液、または2種類の既知濃度の標準液を使用して行なう必要があり、経過時間/キャリブレーションのインターバルは、1種類の濃度0でない既知濃度の標準液を使用する場合には15/100、2種類の既知濃度の標準液を使用する場合には115/200であることが表示されている。 Furthermore, analysis of the calibration item TP, the analytical unit 3E, 1 type standard solution of known concentration is not the concentration of 0, or two must be done using a standard solution of known concentration, elapsed time / calibration the interval, one when using standard solutions of known concentration is not the concentration of 0 is appears that when using a standard solution of known concentration of 15/100, 2 types is 115/200 . さらに、分析項目UNのキャリブレーションを、分析ユニット3Fにおいて、1種類の濃度0の標準液を使用して行なう必要があり、経過時間/キャリブレーションのインターバルは、15/100であることが表示されている。 Further, the calibration of the analysis item UN, the analytical unit 3F, must be done using standard solution one concentration of 0, an interval of elapsed time / calibration, it appears to be a 15/100 ing. さらに、分析項目CREのキャリブレーションを、分析ユニット3Fにおいて、1種類の濃度0でない既知濃度の標準液、または2種類の既知濃度の標準液を使用して行なう必要があり、経過時間/キャリブレーションのインターバルは、1種類の濃度0でない既知濃度の標準液を使用する場合には15/100、2種類の既知濃度の標準液を使用する場合には115/200であることが表示されている。 Furthermore, analysis of the item CRE calibration, the analysis unit 3F, 1 type standard solution of known concentration is not the concentration of 0, or two must be done using a standard solution of known concentration, elapsed time / calibration the interval, one when using standard solutions of known concentration is not the concentration of 0 is appears that when using a standard solution of known concentration of 15/100, 2 types is 115/200 . さらに、分析項目CRPのキャリブレーションを、分析ユニット3Dにおいて、2種類の既知濃度の標準液、または3種類以上の既知濃度の標準液を使用して行なう必要があり、経過時間/キャリブレーションのインターバルは、2種類の既知濃度の標準液を使用する場合には50/100、3種類以上の既知濃度の標準液を使用する場合には50/200であることが表示されている。 Further, the calibration of the analysis item CRP, the analytical unit 3D, 2 kinds of standard solutions of known concentration, or it is necessary to perform using three or more kinds of known concentrations of a standard solution, elapsed time / calibration interval the two in the case of using a standard solution of known concentration when using a standard solution of known concentration of more than 50/100, 3 types are displayed to be 50/200.
【0083】 [0083]
ボタン405からボタン408のいずれかが指示されて、表示領域410に該当する状態にある分析項目のリストが表示されると同時に、各分析項目のキャリブレーションに必要な標準液に関する情報を各分析項目に対応させて、プリンタ44から出力するようにしてもよい。 Any of the buttons 405 of the button 408 is instructed, the list of analysis items in a state corresponding to the display area 410 are displayed simultaneously, the calibration each analysis item information about standard solution required for each analysis item in association with, it may be output from the printer 44.
【0084】 [0084]
また、表示領域410内に表示される分析項目数が多く、全てを一度に表示することができない場合には、ボタン451およびボタン452によって、スクロールさせて分析項目を表示することができる。 Also, many analytical number of items to be displayed in the display area 410, when it is not possible to display all at once, by a button 451 and a button 452, can be displayed analysis item by scrolling.
【0085】 [0085]
次に、上記以外にキャリブレーション支援画面に表示されているボタンについて説明する。 Next, a description will be given button displayed on the calibration support screen other than the above. Work Placeボタン421がオペレータにより指示されると、機能画面を表示する。 When Work Place button 421 is instructed by an operator, and displays the function screen. Reagentボタン422がオペレータにより指示されると、試薬ボトルの管理画面を表示する。 When Reagent button 422 is instructed by an operator, and displays the UI of the reagent bottle. Quality Controlボタン424がオペレータにより指示されると、精度管理支援画面(これについては、後述する)を表示する。 When Quality Control button 424 is instructed by an operator, the accuracy management support screen (for this is described later) is displayed. Utilityボタン425がオペレータにより指示されると、装置を動かすための基本的セッティングを行なうためのシステム設定画面を表示する。 When Utility button 425 is instructed by an operator, to display the system setting screen for performing the basic setting for moving the equipment. Caliburation Traceボタン431がオペレータにより指示されると、過去に行なったキャリブレーションの来歴を表示する。 When Caliburation Trace button 431 is instructed by an operator, and displays the history of calibration performed in the past. Instrument Factorボタン432がオペレータにより指示されると、各分析ユニットの偏りを補正するためのファクターを表示する。 When Instrument Factor button 432 is instructed by an operator, and displays the factor for correcting deviation of each analytical unit. Reaction Monitorボタン433がオペレータにより指示されると、各分析項目ごとの反応の様子をチェックするためのデータを表示する。 When Reaction Monitor button 433 is instructed by an operator, and displays the data for checking the state of reaction for each analysis item. Working Informationボタン434がオペレータにより指示されると、キャリブレーション結果の詳細な情報を表示する。 When Working Information button 434 is instructed by an operator, and displays the detailed information of the calibration results. Saveボタン435がオペレータにより指示されると、画面に表示されたリストを保存する。 When Save button 435 is instructed by an operator, saving the list displayed on the screen. Helpボタン436がオペレータにより指示されると、ヘルプ情報を表示する。 When the Help button 436 is instructed by the operator, to display help information.
【0086】 [0086]
Stopボタン441は、自動分析装置を停止させるためのボタンである。 Stop button 441 is a button for stopping the automatic analyzers. Log offボタン442は、表示画面上から抜けるためのボタンである。 Log off button 442 is a button to exit from the display screen. S.Stopボタン443は、サンプリングを停止させるためのボタンであり、Alarmボタン444は、装置の異常を知らせるためのボタンである。 S.Stop button 443 is a button for stopping sampling, Alarm button 444 is a button for informing the abnormality of the device. System Overviewボタン445は、ラックが正常に流れているかを知るために、ラックの動きの様子を表示するためのボタンである。 System Overview button 445, in order to know the rack is flowing normally, is a button for displaying the state of the rack movement. Printボタン446は、印字を指示するためのボタンであり、Startボタン447は、自動分析装置を起動させるためのボタンである。 Print button 446 is a button for instructing printing, Start button 447 is a button for starting the automatic analyzer.
【0087】 [0087]
次に、本支援システムが、自動分析装置のCRT43上に表示する精度管理支援画面について説明する。 Next, the support system will be described accuracy management support screen displayed on CRT43 of the automatic analyzer. この支援画面は、精度管理状態の点検画面として機能する。 This support screen functions as a check screen of accuracy management state.
【0088】 [0088]
図5に上記精度管理支援画面の一例を示す。 Figure 5 shows an example of the accuracy management support screen. 画面上の表示入力一体となったボタンであるQuality Controlボタン524が、オペレータにより指示されると、Quality Controlボタン524の表示が反転されると共に、精度管理支援画面が表示される。 Quality Control button 524 is a button that is a display and input integrated on the screen, when it is instructed by an operator, the display of the Quality Control button 524 is reversed, the accuracy management support screen is displayed. この画面上で、精度管理状態の点検画面としての表示部分は、表示領域500と表示領域510を含む部分であり、まず、これらの表示領域について説明する。 In this screen, the display portion as a check screen for the accuracy management state is a portion including a display area 500 and display area 510, will be described first These display areas.
【0089】 [0089]
Quality Controlボタン524が、オペレータにより指示され、精度管理支援画面が表示された時点においては、表示領域510内の表示は、まだなされていない。 Quality Control button 524 is instructed by an operator, in the time of accuracy management support screen is displayed, the display in the display area 510 is not yet made. 精度管理支援画面上には、表示領域510以外の表示がなされている。 The accuracy management support screen, a display other than the display area 510 have been made.
【0090】 [0090]
表示領域500内には、精度管理の複数状態の分類に対応して設けられる複数の分類見出し、すなわち、分析装置の状態を予め分類して象徴する複数の指標である表示ブロック501〜503が表示され、さらに、それらの表示ブロックに対応して設けられて表示指示を受け付ける指示ボタンもしくは受け付けボタン505〜407が表示される。 In the display area 500, a plurality of category headings provided corresponding to the classification of several states of quality control, i.e., display blocks 501 to 503 is a plurality of indices symbolizes the state of the analyzer pre-classified to the display is further instruction buttons or receiving buttons 505 to 407 receives a display instruction provided in correspondence with those of the display blocks is displayed. 分類見出しとしての表示ブロック501〜503は、各々、分析装置の状態が当該表示ブロックが象徴している事象を含む場合、それ自身の表示態様が変更される。 Display block 501-503 as classification heading, respectively, when the state of the analyzer comprises an event which the display block is symbolized, its own display mode is changed.
【0091】 [0091]
表示領域500内のPre-Setting表示ブロック501は、自動分析装置における分析処理に先立って行なうべき精度管理等、定常的に行なう必要がある精度管理に対応する分析項目が登録された場合に点滅する。 Pre-Setting display block 501 in the display area 500 flickers when the quality control and the like to be performed prior to analysis processing in the automated analyzer, the analysis items corresponding to the quality control that should be performed stationarily is registered . Pre-Setting表示ブロック501が点滅した場合に、オペレータがボタン505を指示すると、表示領域510内に、定常的に行なう必要がある精度管理の分析項目が表示されると共に、表示された分析項目の精度管理が起動される。 If the Pre-Setting display block 501 flickers, an operator instructs the button 505, in the display area 510, along with analysis item of the accuracy management is necessary to perform stationarily is displayed, the displayed analysis item quality control is started.
【0092】 [0092]
表示領域500内のTime-over表示ブロック502は、精度管理の有効時間が過ぎた場合に点滅する。 Time--over-display block 502 in the display area 500 flickers when the effective time of the quality control has passed. Time-over表示ブロック502が点滅した場合に、オペレータがボタン506を指示すると、表示領域510内に、行なう必要がある精度管理の分析項目が表示されると共に、表示された分析項目の精度管理が起動される。 If the Time--over-display block 502 flickers, an operator instructs the button 506, in the display area 510, along with analysis item of the accuracy management is necessary to perform is displayed, the accuracy management of the displayed analysis item It is started.
【0093】 [0093]
表示領域500内のQC.Failed表示ブロック503は、精度管理の失敗が発生した場合に点滅する。 QC.Failed display block 503 in the display area 500 flickers when a failure of accuracy management occurs. QC.Failed表示ブロック503が点滅した場合に、オペレータがボタン507を指示すると、表示領域510内に、行なう必要がある精度管理の分析項目が表示されると共に、表示された分析項目の精度管理が起動される。 If the QC.Failed display block 503 flickers, an operator instructs the button 507, in the display area 510, along with analysis item of the accuracy management is necessary to perform is displayed, the accuracy management of the displayed analysis item It is started.
【0094】 [0094]
次に、表示領域410内に表示される内容について説明する。 Next, describing the details to be displayed in the display area 410. Test511の欄には、精度管理を行なうべき分析項目を表示する。 The column of Test511, displays the analysis item to be subjected to quality control. A.Unit512の欄には、精度管理を行なうべき分析ユニット名を表示する。 The column of A.Unit512, displaying the analytical unit name to be subjected to quality control. Control513の欄には、行なうべき精度管理に使用するコントロール検体の名称が表示される。 The column of Control513, the name of the control sample to be used for quality control to be performed is displayed. Type514の欄には、行なうべき精度管理に使用するコントロール検体の濃度の種類を規定するタイプが表示される。 The column of Type514, type defines the type of concentration of the control sample to be used for quality control to be performed is displayed. Lot515の欄には、行なうべき精度管理に使用するコントロール検体の製造ロット番号が表示される。 The column of Lot515, production lot number of the control sample to be used for quality control to be performed is displayed. Time Out516の欄には、行なうべき精度管理の経過時間/精度管理のインターバル(有効時間)が、表示される。 In the column of Time Out516, the elapsed time of the quality control to be performed / accuracy management interval (valid time) is displayed.
【0095】 [0095]
図5においては、分析項目AST、ALT、ALPの精度管理を、分析ユニット3Dにおいて、Ctrl-1という名称およびSer/Plというタイプでロット番号X970400のコントロール検体を使用して行なう必要があり、経過時間/精度管理のインターバルは、AST、ALT、ALP共に10/100であることが表示されている。 Fig In 5, analysis items AST, ALT, the quality control of the ALP, in the analysis unit 3D, it is necessary to perform using the control sample lot number X970400 the type of name and Ser / Pl of Ctrl-1, passed interval time / accuracy management, AST, ALT, and appears that ALP are both 10/100. また、分析項目LDHの精度管理を、分析ユニット3Eにおいて、Ctrl-2という名称およびSer/Plというタイプでロット番号S668795のコントロール検体を使用して行なう必要があり、経過時間/精度管理のインターバルは、50/60であることが表示されている。 Furthermore, the quality control of the analysis item LDH, the analytical unit 3E, it is necessary to perform using the control sample lot number S668795 the type of name and Ser / Pl of Ctrl-2, the interval of the elapsed time / accuracy management it is displayed to be 50/60. さらに、分析項目TPの精度管理を、分析ユニット3Eにおいて、Ctrl-2という名称およびSer/Plというタイプでロット番号S668795のコントロール検体を使用して行なう必要があり、経過時間/精度管理のインターバルは、50/60であることが表示されている。 Furthermore, the quality control of the analysis item TP, the analytical unit 3E, it is necessary to perform using the control sample lot number S668795 the type of name and Ser / Pl of Ctrl-2, the interval of the elapsed time / accuracy management it is displayed to be 50/60. さらに、分析項目UNの精度管理を、分析ユニット3Fにおいて、Ctrl-Uという名称およびUrinというタイプでロット番号V846852のコントロール検体を使用して行なう必要があり、経過時間/精度管理のインターバルは、10/60であることが表示されている。 Furthermore, the quality control of the analysis item UN, the analytical unit 3F, it is necessary to perform using the control sample lot number V846852 the type of name and Urin that Ctrl-U, elapsed time / accuracy management interval is 10 / is displayed to be 60. さらに、分析項目CREの精度管理を、分析ユニット3Fにおいて、Ctrl-2という名称およびSer/Plというタイプでロット番号S668795のコントロール検体を使用して行なう必要があり、経過時間/精度管理のインターバルは、50/60であることが表示されている。 Furthermore, the quality control of the analysis item CRE, the analytical unit 3F, it is necessary to perform using the control sample lot number S668795 the type of name and Ser / Pl of Ctrl-2, the interval of the elapsed time / accuracy management it is displayed to be 50/60. さらに、分析項目CRPの精度管理を、分析ユニット3Dにおいて、Ctrl-Mという名称およびSer/Plというタイプでロット番号M970123のコントロール検体を使用して行なう必要があり、経過時間/精度管理のインターバルは、10/60であることが表示されている。 Furthermore, the quality control of the analysis item CRP, the analytical unit 3D, it is necessary to perform using the control sample lot number M970123 the type of name and Ser / Pl of Ctrl-M, the interval of the elapsed time / accuracy management it is displayed to be 10/60.
【0096】 [0096]
ボタン505からボタン507のいずれかが指示されて、表示領域510に分析項目のリストが表示されると同時に、各分析項目の精度管理に必要なコントロール検体に関する情報を各分析項目に対応させて、プリンタ44から出力するようにしてもよい。 Any of the buttons 505 of the button 507 is instructed, at the same time as the list of analysis items is displayed in the display area 510, with information about the control sample necessary for accuracy management of each analysis item corresponding to each analysis item, it may be output from the printer 44.
【0097】 [0097]
また、表示領域510内に表示される分析項目数が多く、全てを一度に表示することができない場合には、ボタン551およびボタン552によって、スクロールさせて分析項目を表示することができる。 Also, many analytical number of items to be displayed in the display area 510, when it is not possible to display all at once, by a button 551 and a button 552, can be displayed analysis item by scrolling.
【0098】 [0098]
次に、上記以外に精度管理支援画面に表示されているボタンについて説明する。 Next, a description will be given button displayed on the accuracy management support screen in addition to the above. Selectボタン531がオペレータにより指示されると、画面に表示されたリストを編集することができる。 If Select button 531 is instructed by an operator, it is possible to edit the list displayed on the screen. Selectボタン531がオペレータにより指示されると、画面に表示されたリストを編集することができる。 If Select button 531 is instructed by an operator, it is possible to edit the list displayed on the screen. Saveボタン532がオペレータにより指示されると、画面に表示されたリストを保存する。 When Save button 532 is instructed by an operator, saving the list displayed on the screen. Helpボタン533がオペレータにより指示されると、ヘルプ情報を表示する。 When the Help button 533 is instructed by the operator, to display help information.
【0099】 [0099]
次に、本支援システムの動作について説明する。 Next, the operation of this support system. 記憶部45に、本支援システムの動作を規定したプログラムが格納されており、全体制御用コンピュータ40が、このプログラムを読みだして実行することにより、本支援システムの動作がなされる。 The storage unit 45 are stored program defining the operation of this support system, the whole control computer 40 and executes the read out program, the operation of this support system is made.
【0100】 [0100]
図6は、本支援システムの動作の概略を示すフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart showing an outline of the operation of this support system. 本支援システムは、まず、ステップ610で、キャリブレーションプリセッティング処理ルーチンを呼び出す。 This support system, first, in step 610, calls the calibration presetting process routine. 次に、ステップ620で、精度管理プリセッティング処理ルーチンを呼び出す。 Next, in step 620, it calls the accuracy management presetting process routine. この後に、ステップ630で分析監視処理ルーチンを呼び出して実行し終了する。 Thereafter, it ends invokes and executes an analysis monitor process routine in step 630.
【0101】 [0101]
図7および図8は、上記ステップ610で起動されるキャリブレーションプリセッティング処理ルーチンの詳細フローチャートである。 7 and FIG. 8 is a detailed flowchart of the calibration presetting process routine to be started at step 610. キャリブレーションプリセッティング処理ルーチンは、まず、ステップ710で、定常的にキャリブレーションを行なうべき分析項目であるキャリブレーションプリセッティング項目の入力を受け付ける。 Calibration presetting process routine, first, in step 710, constantly receives an input of the calibration presetting item is an analysis item to perform calibration. キャリブレーションプリセッティング項目は、オペレータにより操作部42から入力される。 Calibration presetting item is inputted from the operation unit 42 by the operator.
【0102】 [0102]
なお、キャリブレーションプリセッティング項目は、日々変更がなければ、一旦入力したものを更新するようにしてもよい。 It should be noted that the calibration presetting item may be updated what if there is no change on a daily basis, you enter once. また、一部の項目について増減等の変更があれば、その項目についてのみ入力を行って、他は更新処理するようにしてもよい。 Also, any changes of increase or decrease for some items, for the item only performs input, others may update processing.
【0103】 [0103]
次に、ステップ720で、入力されたキャリブレーションプリセッティング項目を記憶部45に記憶する。 Next, at step 720, it stores the calibration presetting item which is input in the storage unit 45. キャリブレーションプリセッティング項目が記憶部45に記憶されると、ステップ730で、図4のキャリブレーション支援画面上のPre-setting表示ブロック401を点滅させる。 When the calibration presetting item is stored in the storage unit 45, at step 730, to blink the Pre-setting display block 401 on the calibration support screen shown in FIG. 4. 次に、ステップ740で、オペレータによるボタン405の指示(キャリブレーションプリセッティング項目の表示指示)があったか否かを判定する。 Next, at step 740, it is determined whether or not an instruction of button 405 by an operator (display instruction of the calibration presetting item). ステップ740において、オペレータによるボタン405の指示が無かったと判定された場合には、表示指示の入力を待つ。 In step 740, if it is determined that the instruction of button 405 by the operator was not, it waits for input of a display instruction. ステップ740において、オペレータによるボタン405の指示があったと判定された場合には、ステップ750へ進み、図4のキャリブレーション支援画面上の表示領域410内に、キャリブレーションプリセッティング項目を表示する。 In step 740, if it is determined that the instruction of button 405 by the operator, the process proceeds to step 750, in the display area 410 on the calibration support screen shown in FIG. 4, and displays the calibration presetting item.
【0104】 [0104]
次に、ステップ810で、キャリブレーションプリセッティング項目の内の1つのキャリブレーションの実行を指示する。 Next, at step 810, and instructs the execution of one calibration among the calibration presetting items. そして、ステップ820で、当該キャリブレーション(ステップ810で実行を指示されたキャリブレーション)が成功したか否かを判定する。 Then, in step 820, it is determined whether the calibration (the calibration that was instructed to be executed in step 810) is successful. ステップ820で、当該キャリブレーションが失敗したと判定された場合には、ステップ870へ進み、キャリブレーション失敗処理ルーチンを呼び出して実行した後、ステップ820へ戻る。 In step 820, if the calibration is determined to have failed, the process proceeds to step 870, after performing call the calibration failure processing routine returns to step 820. ステップ820で、当該キャリブレーションが成功したと判定された場合には、ステップ830へ進み、当該キャリブレーションの分析項目に対して記憶部45に記憶されている、キャリブレーション時刻をリセットする。 In step 820, if the calibration is determined to be successful, the process proceeds to step 830, stored in the storage unit 45 with respect to the analysis item of the calibration, to reset the calibration time.
【0105】 [0105]
次に、ステップ840で、図4のキャリブレーション支援画面上の表示領域410内に表示されているキャリブレーションのプリセッティング項目の内、当該キャリブレーションの分析項目についての表示を消去する。 Next, at step 840, among the presetting items of the calibration which is displayed in the display area 410 on the calibration support screen shown in FIG. 4, it erases the display of the analysis item of the calibration. 次に、ステップ850で、記憶部45に記憶されたプリセッティング項目の内、当該キャリブレーションの分析項目についての記憶を消去する。 Next, at step 850, among the presetting items stored in the storage unit 45, erases the storage of the analysis item of the calibration.
【0106】 [0106]
次に、ステップ860で、キャリブレーションのプリセッティング項目の内の、すべての分析項目についてのキャリブレーションが終了したか否かを判定する。 Next, it is determined at step 860, of the presetting item calibration, whether the calibration has been completed for all the analysis items. ステップ860で、プリセッティング項目の内、まだキャリブレーションが終了していない分析項目が存在すると判定された場合には、ステップ810へ戻る。 In step 860, among the presetting items, if it is determined that the analysis item is not finished calibration exists, the flow returns to step 810. ステップ860で、プリセッティング項目の内、すべての分析項目についてのキャリブレーションが終了したと判定された場合には、リターンする。 In step 860, among the presetting items, if the calibration for all analysis items is determined to have been completed, the process returns.
【0107】 [0107]
次に、図9は、上記キャリブレーションプリセッティング処理ルーチン中のステップ870で起動されるキャリブレーション失敗処理ルーチンの詳細フローチャートである。 Next, FIG. 9 is a detailed flow chart of the calibration failure processing routine started at step 870 in the calibration presetting process routine. キャリブレーション失敗処理ルーチンは、まず、ステップ910で、キャリブレーションが失敗した分析項目を、キャリブ・フェイルド項目として、記憶部45に記憶する。 Calibration failure processing routine, first, at step 910, the analysis item calibration fails, the calibrate-feild item in the storage unit 45. 次に、ステップ920で、図4のキャリブレーション支援画面上のCalib.Failed表示ブロック403を点滅させる。 Next, at step 920, to blink the Calib.Failed display block 403 on the calibration support screen shown in FIG. 4. 次に、ステップ930で、オペレータによるボタン407の指示(キャリブ・フェイルド項目の表示指示)があったか否かを判定する。 Next, at step 930, it is determined whether or not an instruction of button 407 by an operator (display instruction of the calibrate-feild item). ステップ930において、オペレータによるボタン407の指示が無かったと判定された場合には、表示指示入力を待つ。 In step 930, if it is determined that the instruction of button 407 by the operator was not, it waits for a display instruction input. ステップ930において、オペレータによるボタン407の指示があったと判定された場合には、ステップ940へ進み、図4のキャリブレーション支援画面上の表示領域410内に、キャリブ・フェイルド項目を表示する。 In step 930, if it is determined that the instruction of button 407 by the operator, the process proceeds to step 940, in the display area 410 on the calibration support screen shown in FIG. 4, and displays the calibrate-feild item. 次に、ステップ950で、当該キャリブ・フェイルド項目のキャリブレーションの実行を指示する。 Next, at step 950, to instruct execution of calibration of the calibrate-feild item. この後、ステップ960へ進み、図4のキャリブレーション支援画面上の表示領域410内に表示されているキャリブ・フェイルド項目の表示の内の当該キャリブレーションの分析項目を消去する。 Thereafter, the process proceeds to step 960, erases the analysis item of the calibration among the display of the calibrate-feild items displayed in the display area 410 on the calibration support screen shown in FIG. 4. 次に、ステップ970で、記憶部45に記憶されたキャリブ・フェイルド項目の内の当該キャリブレーションの分析項目の記憶を消去してリターンする。 Next, in step 970, the process returns to erase the memory of the analysis item of the calibration among the calibrate-feild items stored in the storage unit 45.
【0108】 [0108]
図10および図11は、上記図6の、本支援システムの動作の概略を示すフローチャートのうちのステップ620で起動される精度管理プリセッティング処理ルーチンの詳細フローチャートである。 10 and 11, of FIG. 6 is a detailed flow chart of the accuracy management presetting process routine to be started at step 620 of the flowchart showing an outline of the operation of this support system. 精度管理プリセッティング処理ルーチンは、まず、ステップ1010で、定常的に精度管理を行なうべき分析項目である精度管理プリセッティング項目の入力を受け付ける。 Quality control presetting process routine, first, at step 1010, constantly accepts an input of the accuracy management presetting item which is an analysis item to be subjected to quality control. 精度管理プリセッティング項目は、オペレータにより操作部42から入力される。 Quality control presetting item is inputted from the operation unit 42 by the operator.
【0109】 [0109]
次に、ステップ1020で、入力された精度管理プリセッティング項目を記憶部45に記憶する。 Next, at step 1020, it stores the input quality control presetting item in the storage unit 45. 精度管理プリセッティング項目が記憶部45に記憶されると、ステップ1030で、図5の精度管理支援画面上のPre-setting表示ブロック501を点滅させる。 When quality control presetting item is stored in the storage unit 45, in step 1030, to blink the Pre-setting display block 501 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5. 次に、ステップ1040で、オペレータによるボタン505の指示(精度管理プリセッティング項目の表示指示)があったか否かを判定する。 Next, in step 1040, it determines whether or not an instruction of button 505 by an operator (display instruction of the accuracy management presetting item). ステップ1040において、オペレータによるボタン505の指示が無かったと判定された場合には、表示指示入力を待つ。 In step 1040, if it is determined that the instruction of button 505 by the operator was not, it waits for a display instruction input. ステップ1040において、オペレータによるボタン505の指示があったと判定された場合には、ステップ1050へ進み、図5の精度管理支援画面上の表示領域510内に、精度管理プリセッティング項目を表示する。 In step 1040, if it is determined that the instruction of button 505 by the operator, the process proceeds to step 1050, in the display area 510 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5, and displays the accuracy management presetting items.
【0110】 [0110]
次に、ステップ1110で、精度管理プリセッティング項目の内の1つの精度管理の実行を指示する。 Next, in step 1110, and instructs the execution of one accuracy management among the accuracy management presetting items. そして、ステップ1120で、当該精度管理(ステップ1110で実行を指示された精度管理)が成功したか否かを判定する。 Then, in step 1120, it determines whether the quality control (indicated quality control execution in Step 1110) succeeds. ステップ1120で、当該精度管理が失敗したと判定された場合には、ステップ1170へ進み、精度管理失敗処理ルーチンを呼び出して実行した後、ステップ1120へ戻る。 In step 1120, if the quality control is determined to have failed, the process proceeds to step 1170, after executing calls the accuracy management failure processing routine returns to step 1120. ステップ1120で、当該精度管理が成功したと判定された場合には、ステップ1130へ進み、当該精度管理の分析項目に対して記憶部45に記憶されている、精度管理時刻をリセットする。 In step 1120, if it is determined that the accuracy management succeeds, the process proceeds to step 1130, stored in the storage unit 45 with respect to the analysis item of the accuracy management resets the accuracy management time. 次に、ステップ1140で、図5の精度管理支援画面上の表示領域510内に表示されている精度管理プリセッティング項目の内、当該精度管理の分析項目についての表示を消去する。 Next, in step 1140, among the accuracy management presetting items displayed in the display area 510 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5, erases the display of the analysis item of the accuracy management. 次に、ステップ1150で、記憶部45に記憶された精度管理プリセッティング項目の内、当該精度管理の分析項目についての記憶を消去する。 Next, in step 1150, among the accuracy management presetting items stored in the storage unit 45, it erases the storage of the analysis item of the accuracy management.
【0111】 [0111]
次に、ステップ1160で、精度管理プリセッティング項目の内の、すべての分析項目についての精度管理が終了したか否かを判定する。 Next, it is determined in step 1160, among the accuracy management presetting item, whether the accuracy management of all analysis items has been completed. ステップ1160で、精度管理プリセッティング項目の内、まだ精度管理が終了していない分析項目が存在すると判定された場合には、ステップ1110へ戻る。 In step 1160, among the accuracy management presetting item, if it is determined that still exists analysis item not ended quality control returns to step 1110. ステップ1160で、精度管理プリセッティング項目の内、すべての分析項目についての精度管理が終了したと判定された場合には、リターンする。 In step 1160, among the accuracy management presetting item, if the quality control for all the analysis items are determined to be ended, the process returns.
【0112】 [0112]
次に、図12は、上記精度管理プリセッティング処理ルーチン中のステップ1170で起動される精度管理失敗処理ルーチンの詳細フローチャートである。 Next, FIG. 12 is a detailed flow chart of the accuracy management failure processing routine started at step 1170 in the quality control presetting process routine. 精度管理失敗処理ルーチンは、まず、ステップ1210で、精度管理が失敗した分析項目を、QCフェイルド項目として、記憶部45に記憶する。 Quality control failure processing routine, first, at step 1210, the analysis item accuracy management fails, the QC feild item in the storage unit 45. 次に、ステップ1220で、図5の精度管理支援画面上のQCFailed表示ブロック503を点滅させる。 Next, in step 1220, to blink the QCFailed display block 503 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5. 次に、ステップ1230で、オペレータによるボタン507の指示(QCフェイルド項目の表示指示)があったか否かを判定する。 Next, in step 1230, it determines whether or not an instruction of button 507 by an operator (display instruction of the QC feild items). ステップ1230において、オペレータによるボタン507の指示が無かったと判定された場合には、表示指示の入力を待つ。 In step 1230, if it is determined that the instruction of button 507 by the operator was not, it waits for input of a display instruction. ステップ1230において、オペレータによるボタン507の指示があったと判定された場合には、ステップ1240へ進み、図5の精度管理支援画面上の表示領域510内に、QCフェイルド項目を表示する。 In step 1230, if it is determined that the instruction of button 507 by the operator, the process proceeds to step 1240, in the display area 510 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5, and displays the QC feild item.
【0113】 [0113]
次に、ステップ1250で、当該QCフェイルド項目の精度管理の実行を指示する。 Next, in step 1250, and instructs the execution of accuracy management of the QC feild item. この後、ステップ1260へ進み、図5の精度管理支援画面上の表示領域510内に表示されているQCフェイルド項目の表示の内の当該精度管理の分析項目を消去する。 Thereafter, the process proceeds to step 1260, erasing the analysis item of the accuracy management among the display of the QC feild items displayed in the display area 510 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5. 次に、ステップ1270で、記憶部45に記憶されたQCフェイルド項目の内の当該精度管理の分析項目の記憶を消去してリターンする。 Next, in step 1270, the routine returns to clear the memory of the analysis item of the accuracy management among the QC feild items stored in the storage unit 45.
【0114】 [0114]
図13は、上記図6の、本支援システムの動作の概略を示すフローチャートのうちのステップ630で起動される分析監視処理ルーチンの詳細フローチャートである。 13, of FIG. 6 is a detailed flow chart of the analysis monitor process routine to be started at step 630 of the flowchart showing an outline of the operation of this support system. 分析監視処理ルーチンは、まず、ステップ13010で、自動分析装置の各分析ユニットに対して、分析処理を実行するように指示する。 Analysis monitor process routine, first, at step 13010, for each analytical unit of the automatic analyzer, an instruction to execute the analysis process. 次に、ステップ13020で、精度管理の有効時間が経過した分析項目があるか否かを判定する。 Next, in step 13020, it is determined whether there is an analysis item for the effective time of the quality control has elapsed. ステップ13020で、精度管理の有効時間が経過した分析項目があると判定された場合には、ステップ13060へ進み、精度管理有効時間オーバー処理ルーチンを呼び出して実行する。 In step 13020, if it is determined that there is an analysis item in which the effective time of the quality control has elapsed, the process proceeds to step 13060 to execute calls the accuracy management effective time-over process routine.
【0115】 [0115]
次に、ステップ13070で、精度管理有効時間オーバー処理ルーチン中で実行された精度管理が成功したか否かを判定する。 Next, in step 13070, it is determined whether or not been quality control carried out in the quality control effective time over processing routine succeeded. ステップ13070で、精度管理有効時間オーバー処理ルーチン中で実行された精度管理が成功したと判定された場合には、ステップ13090へ進み、記憶部45に記憶されている当該精度管理の分析項目の、精度管理時刻をリセットする。 In step 13070, if has been quality control carried out in the quality control effective time over processing routine is determined to be successful, the process proceeds to step 13090, the analysis item of the accuracy management stored in the storage unit 45, to reset the accuracy management time. この後、ステップ13010へ戻る。 After this, the process returns to the step 13010. ステップ13070で、精度管理有効時間オーバー処理ルーチン中で実行された精度管理が失敗したと判定された場合には、ステップ13080へ進み、上述の精度管理失敗処理ルーチンを呼び出して実行した後、ステップ13070へ戻る。 In step 13070, if has been quality control carried out in the quality control effective time over processing routine is determined to have failed, the process proceeds to step 13080, after performing call quality control failure processing routine described above, step 13070 to return. ステップ13020で、精度管理の有効時間が経過した分析項目が無いと判定された場合には、ステップ13030へ進む。 In step 13020, when it is determined that there is no analysis item effective time of the quality control has elapsed, the process proceeds to step 13030.
【0116】 [0116]
ステップ13030においては、キャリブレーションの有効時間が経過した分析項目があるか否かを判定する。 In step 13030, it determines whether there is an analysis item for the effective time of the calibration has elapsed. ステップ13030において、キャリブレーションの有効時間が経過した分析項目があると判定された場合には、ステップ13100へ進み、キャリブレーション有効時間オーバー処理ルーチンを呼び出してその分析項目のキャリブレーションを実行する。 In step 13030, if it is determined that there is an analysis item in which the effective time of the calibration has elapsed, the process proceeds to step 13100 to execute the calibration of the analysis item by calling calibration valid time over processing routine.
【0117】 [0117]
次に、ステップ13110で、キャリブレーション有効時間オーバー処理ルーチン中で実行されたキャリブレーションが成功したか否かを判定する。 Next, in step 13110, it is determined whether the calibration executed in the calibration valid time over processing routine succeeded. ステップ13110で、キャリブレーション有効時間オーバー処理ルーチン中で実行されたキャリブレーションが成功したと判定された場合には、ステップ13130へ進み、記憶部45に記憶されている当該キャリブレーションの分析項目の、キャリブレーション時刻をリセットする。 In step 13110, if the calibration has been performed in the calibration valid time over processing routine is determined to be successful, the process proceeds to step 13130, the analysis item of the calibration stored in the storage unit 45, to reset the calibration time. この後、ステップ13010へ戻る。 After this, the process returns to the step 13010. ステップ13110で、キャリブレーション有効時間オーバー処理ルーチン中で実行されたキャリブレーションが失敗したと判定された場合には、ステップ13120へ進み、上述のキャリブレーション失敗処理ルーチンを呼び出して実行した後、ステップ13110へ戻る。 In step 13110, if the calibration has been performed in the calibration valid time over processing routine is determined to have failed, the process proceeds to step 13120, after running by calling the calibration failure processing routine described above, step 13110 to return. ステップ13030において、キャリブレーションの有効時間が経過した分析項目が無いと判定された場合には、ステップ13040へ進み、試薬不足が発生し試薬ボトルの追加が必要になったか否かを判定する。 In step 13030, if the analysis items valid time of the calibration has elapsed is determined not, the process proceeds to step 13040 determines whether the reagent shortage is needed additional reagent bottle occurs.
【0118】 [0118]
ステップ13040で、試薬ボトルの追加が必要でないと判定された場合には、ステップ13050へ進み、すべての分析処理が終了したか否かを判定する。 In step 13040, if it is determined not to require additional reagent bottle, the process proceeds to step 13050, determines whether all the analysis processing is completed. ステップ13050で、まだ、実行すべき分析処理が存在すると判定された場合には、ステップ13020へ戻る。 In step 13050, still, if to be executed analysis process is determined to exist, the process returns to step 13020. ステップ13050で、すべての分析処理が終了したと判定された場合には、リターンする。 In step 13050, if all analysis process is determined to have ended, the process returns. ステップ13040で、試薬ボトルの追加が必要であると判定された場合には、ステップ13140へ進み、CRT43上の表示画面に、試薬ボトルの追加が必要である旨を表示する。 In step 13040, if it is determined that it is necessary to add a reagent bottle, the process proceeds to step 13140, a display screen on the CRT 43, displays that requires additional reagent bottle.
【0119】 [0119]
次に、ステップ13150で、試薬ボトルが追加されたか否かを判定する。 Next, in step 13150, it is determined whether the reagent bottle is added. ステップ13150で、試薬ボトルが追加されていないと判定された場合には、ステップ13140へ戻る。 In step 13150, in the case where the reagent bottle is determined not to have been added, the process returns to step 13140. ステップ13150で、試薬ボトルが追加されたと判定された場合には、ステップ13160へ進み、試薬ボトルの追加に伴うキャリブレーションの実行の必要性があるか否かを、記憶部45に記憶された情報に基づいて判定する。 In step 13150, information when it is determined that the reagent bottle is added, the process proceeds to step 13160, whether there is a need for execution of calibration accompanying addition of the reagent bottle, stored in the storage unit 45 It is determined on the basis of. ステップ13160で、試薬ボトルの追加に伴うキャリブレーションの実行の必要性が無いと判定された場合には、ステップ13010へ戻る。 In step 13160, when it is determined that there is no need for execution of calibration accompanying addition of the reagent bottle, the process returns to step 13010. ステップ13160で、試薬ボトルの追加に伴うキャリブレーションの実行の必要性があると判定された場合には、ステップ13170へ進み、チェインジ・オーバー処理ルーチンを呼び出して実行した後、ステップ13110へ進む。 In step 13160, when it is determined that there is a need for execution of calibration accompanying addition of the reagent bottle, the process proceeds to step 13170, after running by calling Cheinji-over processing routine proceeds to step 13110.
【0120】 [0120]
次に、図14は、上記分析監視処理ルーチン中のステップ13060で呼び出される精度管理有効時間オーバー処理ルーチンの詳細フローチャートである。 Next, FIG. 14 is a detailed flow chart of the quality control effective time-over routine called in step 13060 in the analysis monitor process routine. 精度管理有効時間オーバー処理ルーチンは、まず、ステップ1410で、精度管理の有効時間が経過した分析項目を、タイム・オーバー項目として、記憶部45に記憶する。 Quality control effective time-over process routine, first, at step 1410, the analysis items effective time of the quality control has passed, as a time-over item stored in the storage unit 45. 次に、ステップ1420で、図5の精度管理支援画面上のTime-over表示ブロック502を点滅させる。 Next, in step 1420, to blink the Time--over-display block 502 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5. 次に、ステップ1430で、オペレータによるボタン506の指示(タイム・オーバー項目の表示指示)があったか否かを判定する。 Next, in step 1430, it determines whether or not an instruction of button 506 by an operator (display instruction of the time-over item). ステップ1430において、オペレータによるボタン506の指示が無かったと判定された場合には、表示指示の入力を待つ。 In step 1430, if it is determined that the instruction of button 506 by the operator was not, it waits for input of a display instruction. ステップ1430において、オペレータによるボタン506の指示があったと判定された場合には、ステップ1440へ進み、図5の精度管理支援画面上の表示領域510内に、タイム・オーバー項目を表示する。 In step 1430, if it is determined that the instruction of button 506 by the operator, the process proceeds to step 1440, in the display area 510 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5, and displays the time-over item. 次に、ステップ1450で、当該タイム・オーバー項目の精度管理の実行を指示する。 Next, in step 1450, and instructs the execution of accuracy management of the time-over item. この後、ステップ1460へ進み、図5の精度管理支援画面上の表示領域510内に表示されているタイム・オーバー項目の表示の内の当該精度管理の分析項目を消去する。 Thereafter, the process proceeds to step 1460, erasing the analysis item of the accuracy management among the display of the time-over item displayed in the display area 510 on the accuracy management support screen shown in FIG. 5. 次に、ステップ1470で、記憶部45に記憶されたタイム・オーバー項目の内の当該精度管理の分析項目の記憶を消去してリターンする。 Next, in step 1470, the routine returns to clear the memory of the analysis item of the accuracy management among the time-over item stored in the storage unit 45.
【0121】 [0121]
次に、図15は、上記分析監視処理ルーチン中のステップ13100で起動されるキャリブレーション有効時間オーバー処理ルーチンの詳細フローチャートである。 Next, FIG. 15 is a detailed flow chart of the calibration valid time over processing routine started at step 13100 in the analysis monitor process routine. キャリブレーション有効時間オーバー処理ルーチンは、まず、ステップ1510で、キャリブレーションの有効時間が経過した分析項目を、キャリブ・ナウ項目として、記憶部45に記憶する。 Calibration effective time-over process routine, first, at step 1510, the analysis item valid time of calibration elapses, the Calibrator Now item in the storage unit 45. 次に、ステップ1520で、図4のキャリブレーション支援画面上のCalib.Now表示ブロック402を点滅させる。 Next, in step 1520, to blink the Calib.Now display block 402 on the calibration support screen shown in FIG. 4. 次に、ステップ1530で、オペレータによるボタン406の指示(キャリブ・ナウ項目の表示指示)があったか否かを判定する。 Next, in step 1530, it determines whether or not an instruction of button 406 by an operator (display instruction of the Calibrate Now item). ステップ1530において、オペレータによるボタン406の指示が無かったと判定された場合には、表示指示の入力を待つ。 In step 1530, if it is determined that the instruction of button 406 by the operator was not, it waits for input of a display instruction.
【0122】 [0122]
ステップ1530において、オペレータによるボタン406の指示があったと判定された場合には、ステップ1540へ進み、図4のキャリブレーション支援画面上の表示領域410内に、キャリブ・ナウ項目を表示する。 In step 1530, if it is determined that the instruction of button 406 by the operator, the process proceeds to step 1540, in the display area 410 on the calibration support screen shown in FIG. 4, and displays the calibrate Now item. 次に、ステップ1550で、当該キャリブ・ナウ項目のキャリブレーションの実行を指示する。 Next, in step 1550, to instruct execution of calibration of the Calibrate Now item. この後、ステップ1560へ進み、図4のキャリブレーション支援画面上の表示領域410内に表示されているキャリブ・ナウ項目の表示の内の当該キャリブレーションの分析項目を消去する。 Thereafter, the process proceeds to step 1560, erasing the analysis item of the calibration among the display of the Calibrate Now item displayed in the display area 410 on the calibration support screen shown in FIG. 4. 次に、ステップ1570で、記憶部45に記憶されたキャリブ・ナウ項目の内の当該キャリブレーションの分析項目の記憶を消去してリターンする。 Next, in step 1570, the routine returns to clear the memory of the analysis item of the calibration among the Calibrate Now item stored in the storage unit 45.
【0123】 [0123]
次に、図16は、上記分析監視処理ルーチン中のステップ13170で起動されるチェインジ・オーバー処理ルーチンの詳細フローチャートである。 Next, FIG. 16 is a detailed flowchart of Cheinji-over processing routine started at step 13170 in the analysis monitor process routine. チェインジ・オーバー処理ルーチンは、まず、ステップ1610で、試薬ボトルの追加又は更新に伴ってキャリブレーションを実行する必要のある分析項目を、チェインジ・オーバー項目として、記憶部45に記憶する。 Cheinji Over processing routine, first, at step 1610, the analysis items that need to run a calibration in accordance with the added or updated reagent bottles, as Cheinji-over items in the storage unit 45. 次に、ステップ1620で、図4のキャリブレーション支援画面上のChange Over表示ブロック404を点滅させる。 Next, in step 1620, to blink the Change Over display block 404 on the calibration support screen shown in FIG. 4. 次に、ステップ1630で、オペレータによるボタン408の指示(チェインジ・オーバー項目の表示指示)があったか否かを判定する。 Next, in step 1630, it determines whether or not an instruction of button 408 by an operator (display instruction of Cheinji Over item). ステップ1630において、オペレータによるボタン408の指示が無かったと判定された場合には、表示指示の入力を待つ。 In step 1630, if it is determined that the instruction of button 408 by the operator was not, it waits for input of a display instruction. ステップ1630において、オペレータによるボタン408の指示があったと判定された場合には、ステップ1640へ進み、図4のキャリブレーション支援画面上の表示領域410内に、チェインジ・オーバー項目を表示する。 In step 1630, if it is determined that the instruction of button 408 by the operator, the process proceeds to step 1640, in the display area 410 on the calibration support screen shown in FIG. 4, and displays the Cheinji Over item. 次に、ステップ1650で、当該チェインジ・オーバー項目のキャリブレーションの実行を指示する。 Next, in step 1650, to instruct execution of calibration of the Cheinji Over item. この後、ステップ1660へ進み、図4のキャリブレーション支援画面上の表示領域410内に表示されているチェインジ・オーバー項目の表示の内の当該キャリブレーションの分析項目を消去する。 Thereafter, the process proceeds to step 1660, erasing the analysis item of the calibration among the display of Cheinji Over item displayed in the display area 410 on the calibration support screen shown in FIG. 4. 次に、ステップ1670で、記憶部45に記憶されたチェインジ・オーバー項目の内の当該キャリブレーションの分析項目の記憶を消去してリターンする。 Next, in step 1670, the routine returns to clear the memory of the analysis item of the calibration among the Cheinji Over item stored in the storage unit 45.
【0124】 [0124]
図17は、図8のステップ810、図9のステップ950、図15のステップ1550、および図16のステップ1650における、キャリブレーションの実行処理の詳細を示すフローチャートである。 17, step 810 in FIG. 8, in step 950, step 1650 in step 1550, and 16 of FIG. 15 in FIG. 9 is a flowchart showing details of the execution process of calibration.
【0125】 [0125]
キャリブレーションの実行処理は、まず、ステップ1710で、自動分析装置の起動を指示する。 Execution of the calibration, first, at step 1710, indicating the start of the automatic analyzer. 次に、ステップ1720で、記憶部45に格納された、各分析項目と当該分析項目のキャリブレーションに必要な標準液についての情報とが対応して格納されているデータから、実行すべき分析項目のキャリブレーションに必要な標準液ラック74を特定する。 Next, at step 1720, stored in the storage unit 45, from the data and information about the standard solution required for the calibration of the analysis item and the analysis item are stored in correspondence, analysis item to be executed identifying the standard solution rack 74 necessary for calibration. また、記憶部45に格納された、各標準液ラックと当該標準液ラックのローター76上の位置(アドレス)とが対応して格納されているデータから、実行すべき分析項目のキャリブレーションに必要な標準液ラック74のローター76上のアドレスを得る。 Further, stored in the storage unit 45, a data position on the rotor 76 of each standard solution racks and the standard solution rack and (addresses) are stored in correspondence, require calibration of the analysis item to be executed obtaining an address on the rotor 76 of a standard solution rack 74.
【0126】 [0126]
次に、ステップ1730で、センサ72で位置を検出しつつ駆動手段73によりローター76を回転し、上記アドレスにある標準液ラック74を、主搬送ライン20への投入口前で停止させる。 Next, in step 1730, the rotor 76 is rotated by driving means 73 while detecting the position at sensor 72, the standard solution racks 74 in the address is stopped in turned preoral to the main conveyor line 20. 次に、ステップ1740で、上記標準液ラック74を主搬送ライン20上へ投入するように指示する。 Next, in step 1740, an instruction to put the standard liquid rack 74 to the main conveyor line 20 above. 次に、ステップ1750で、実行すべき分析項目のキャリブレーションを、どの分析ユニットで実行するのかを、記憶部45に格納されたデータに基づいて判定する。 Next, in step 1750, the calibration of the analysis item to be executed, whether to perform any analysis unit, based on the stored in the storage unit 45 the data is determined.
【0127】 [0127]
次に、ステップ1760で、キャリブレーションを行なうと判定された分析装置に標準液ラック74を搬送するように、主搬送ライン20を制御する。 Next, in step 1760, to transport the standard solution rack 74 in the analyzer where it is determined to perform the calibration, it controls the main transfer line 20. キャリブレーションを行なうと判定された分析ユニットに上記標準液ラック74が搬送されると、ステップ1770で、該当する分析ユニットに、標準液ラック74上の標準液を使用してキャリブレーションを実行するように指示する。 When the calibration the standard liquid rack 74 on the determined analysis unit and performing are transported, in step 1770, the appropriate analysis unit, to perform the calibration using a standard solution of the standard solution racks 74 to tell. この指示を受けると、上記分析ユニットは、実行すべき分析項目のキャリブレーションを実行する。 Upon receiving this instruction, the analysis unit performs the calibration of the analysis item to be executed.
【0128】 [0128]
図18は、図11のステップ1110、図12のステップ1250、および図14のステップ1450における、精度管理の実行処理の詳細を示すフローチャートである。 18, step 1110 in FIG. 11, in step 1450 in step 1250, and 14 in FIG. 12 is a flowchart showing details of the execution process of the quality control. 精度管理の実行処理は、まず、ステップ1810で、自動分析装置の起動を指示する。 Execution of the quality control, first, at step 1810, indicating the start of the automatic analyzer. 次に、ステップ1820で、記憶部45に格納された、各分析項目と当該分析項目の精度管理に必要なコントロール検体についての情報とが対応して格納されているデータから、実行すべき分析項目の精度管理に必要なコントロール検体ラック77を特定する。 Next, at step 1820, stored in the storage unit 45, an analysis item from the data and information for the control sample necessary for accuracy management of each analysis item and the analysis item are stored in correspondence to be executed identifying the control sample rack 77 necessary for accuracy management. また、記憶部45に格納された、各コントロール検体ラックと当該コントロール検体ラックのローター76上の位置(アドレス)とが対応して格納されているデータから、実行すべき分析項目の精度管理に必要なコントロール検体ラック77のローター76上のアドレスを得る。 Further, stored in the storage unit 45, a data position on the rotor 76 of each control sample rack and the control sample racks and (addresses) are stored in correspondence, required quality control analysis item to be executed obtaining an address on the rotor 76 of a control sample rack 77.
【0129】 [0129]
次に、ステップ1830で、センサ72で位置を検出しつつ駆動手段73によりローター76を回転し、上記アドレスにあるコントロール検体ラック77を、主搬送ライン20への投入口前で停止させる。 Next, in step 1830, the rotor 76 is rotated by driving means 73 while detecting the position at sensor 72, the control sample racks 77 in the address is stopped in turned preoral to the main conveyor line 20. 次に、ステップ1840で、上記コントロール検体ラック77を主搬送ライン20上へ投入するように指示する。 Next, in step 1840, an instruction to put the control sample rack 77 to the main conveyor line 20 above. 次に、ステップ1850で、実行すべき分析項目の精度管理を、どの分析ユニットで実行するのかを、記憶部45に格納されたデータに基づいて判定する。 Next, in step 1850, the accuracy management of the analysis item to be executed, whether to perform any analysis unit, based on the stored in the storage unit 45 the data is determined. 次に、ステップ1860で、精度管理を行なうと判定された分析ユニットに上記コントロール検体ラック77を搬送するように、主搬送ライン20を制御する。 Next, in step 1860, so as to convey the control sample rack 77 to the analytical unit which is determined to perform quality control, it controls the main transfer line 20. 精度管理を行なうと判定された分析ユニットに上記コントロール検体ラック77が搬送されると、ステップ1870で、上記分析ユニットに、コントロール検体ラック77上のコントロール検体を使用して精度管理を実行するように指示する。 When the control sample rack 77 to the analytical unit which is determined to perform the quality control is carried, at step 1870, to the analysis unit, by using the control sample on the control sample rack 77 to perform the quality control It instructs. この指示を受けると、上記分析ユニットは、実行すべき分析項目の精度管理を実行する。 Upon receiving this instruction, the analysis unit performs the quality control of the analysis item to be executed.
【0130】 [0130]
図4における表示ブロック401〜404及び図5における表示ブロック501〜503は、キャリブレーション又は精度管理の必要性の状態に対応した分類見出しである。 Display blocks 501-503 in the display blocks 401 to 404 and 5 in FIG. 4 is a classification headings corresponding to the needs of the state of calibration or accuracy management. 図4の表示ブロック401〜404及び図5の表示ブロック501〜503の内、画面の上方に位置される表示ブロックは、下方に位置される表示ブロックよりも優先性が高くなるように設定されている。 Among the display blocks 501 to 503 of the display blocks 401 to 404 and 5 of FIG. 4, the display blocks positioned above the screen, is set to priority is higher than the display blocks positioned below there.
【0131】 [0131]
同一の分析項目に関して、2つ又はそれ以上のキャリブレーション又は精度管理を必要とする分類状態が発生した場合には、該当する2つ又はそれ以上の表示ブロックが点滅する。 For the same analysis item, if the classification condition occurs that requires two or more calibration or accuracy management, the corresponding two or more display blocks flashes. 点滅した表示ブロックの内で、優先性が高い1つの表示ブロックに対応する受付ボタンからキャリブレーション又は精度管理の実行が指示されると、自動分析装置はその指示を実行する。 Among the flickering display blocks, the execution of calibration or accuracy management is instructed from the receiving button which priority corresponds to one display block high, the automatic analyzer executes the instruction. これにより、優先性の低い表示ブロックに対応するキャリブレーション又は精度管理の必要性が解消されるので、指示を受けなかった残りの表示ブロックの点滅状態も消失し、必要性の発生に関する記憶情報が消去される。 Thus, the need for calibration or accuracy management corresponding to the lower priority display blocks is canceled, blinking state of the remaining display block that did not receive the instruction also lost, the stored information about the occurrence of the need It is erased.
【0132】 [0132]
なお、本支援システムの動作の説明において、プリセティング項目、キャリブ・ナウ項目、キャリブ・フェイルド項目、チェインジ・オーバー項目、タイム・オーバー項目、QCフェイルド項目とすべき分析項目をそれぞれについて記憶部45に記憶しておき、記憶された分析項目とヒットした場合に、それぞれ、プリセティング項目、キャリブ・ナウ項目、キャリブ・フェイルド項目、チェインジ・オーバー項目、タイム・オーバー項目、QCフェイルド項目とするようにしてもよい。 In the description of the operation of this support system, Purisetingu item, calibrate Now item, calibrate, feild item Cheinji Over item, Time Over item, an analysis item in the storage unit 45 for each should be QC feild item memory; then, when hit with the stored analysis items, respectively, Purisetingu item, calibrate Now item, calibrate, feild item Cheinji over item, time over item, so as to QC feild item it may be.
【0133】 [0133]
次に、上記支援システムの動作を実現するために、記憶部45に記憶されているデータの構造について説明する。 Next, in order to realize the operation of the support system, a description will be given of the structure of data stored in the storage unit 45. 図19に、このデータの構造を示す。 Figure 19 shows the structure of the data. 記憶部45には、図19に示すように、キャリブレーション情報1900と精度管理情報1910とが格納されている。 The storage unit 45, as shown in FIG. 19, the calibration information 1900 and accuracy management information 1910 are stored. キャリブレーション情報1900は、各分析項目ごとに、キャリブレーション時間間隔、前回実行した当該分析項目のキャリブレーションからの経過時間(または、前回実行した当該分析項目のキャリブレーションの時刻)、キャリブレーション実行形式(キャリブレーションで使用する標準液名称、キャリブレーションの方法等)、キャリブレーションパラメータ(検量線の式に関する情報)、キャリブレーション実行条件(どのような場合にキャリブレーションを実行するのかに関する情報)等を格納している。 Calibration information 1900, for each analysis item, calibration time interval, elapsed time from the calibration of the analysis item executed previously (or, time calibration of the analysis item previously executed), calibration execution format (standard solution name to be used in the calibration method of calibration, etc.), calibration parameter (information on the formula of calibration curve), the (calibration information regarding whether to perform the calibration in any case) or the like calibration execution conditions It is stored. また、精度管理情報1910は、各分析項目ごとに、精度管理時間間隔、前回実行した当該分析項目の精度管理からの経過時間(または、前回実行した当該分析項目の精度管理の時刻)、精度管理実行形式(精度管理で使用するコントロール検体名称、精度管理の方法等)、精度管理実行条件(どのような場合に精度管理を実行するのかに関する情報)等を格納している。 Moreover, quality control information 1910, for each analysis item, the accuracy management time interval, the last time elapsed from the quality control of the analysis item executed time (or the accuracy management time of the analysis item previously executed), accuracy management executable (the control sample name used in quality control, the method of quality control, etc.), stores, etc. (information about whether to perform a quality control in any case) quality control execution condition. 全体制御用コンピュータ40は、必要に応じて、キャリブレーション情報1900、精度管理情報1910を参照しつつ、キャリブレーション及び精度管理を行なう。 Total control computer 40, as needed, calibration information 1900, with reference to the quality control information 1910, performs calibration and accuracy management.
【0134】 [0134]
また、図20に、上記支援システムの動作に伴って発生し記憶部45に格納される、キャリブレーションについてのデータの相互関係を示す。 Further, in FIG. 20 is stored in the storage unit 45 and generated with the operation of the support system, showing the interrelationship of the data for calibration.
【0135】 [0135]
まず、上記データの相互関係についての、第1の例を示す。 First, for the correlation of the data, the first example.
【0136】 [0136]
キャリブレーション項目の事前設定データ2020としては、定常的にキャリブレーションを実行する分析項目が、オペレータにより事前に設定される。 The preset data 2020 of a calibration item, an analysis item to perform constantly calibration is set in advance by the operator. キャリブレーション項目の有効時間切れデータ2030としては、キャリブレーションの時間間隔が経過した場合に、キャリブレーションを再実行する分析項目が、オペレータにより事前に設定される。 Valid timeout data 2030 of a calibration item, if the time interval of the calibration has elapsed, analysis item to rerun the calibration is set in advance by the operator. キャリブレーション失敗データ2040としては、キャリブレーションが失敗した場合に、キャリブレーションを再実行する分析項目が、オペレータにより事前に設定される。 The calibration failure data 2040, if the calibration fails, analysis item to rerun the calibration is set in advance by the operator. 試薬不足に伴うキャリブレーション実行データ2050としては、試薬ボトルを追加した場合に、キャリブレーションを再実行する分析項目が、オペレータにより事前に設定される。 The calibration execution data 2050 accompanying reagent shortage, if you add a reagent bottle, analysis items to rerun the calibration is set in advance by the operator.
【0137】 [0137]
自動分析装置が、定常的に実行するキャリブレーションを実行する状態となった場合には、本支援システムは、キャリブレーション項目の事前設定データ2020を読みだし、キャリブレーション項目の事前設定データ2020として設定されている分析項目に関するキャリブレーション情報1900(図19参照)を参照して、キャリブレーションを行なうべき分析項目と標準液とを対応させて記憶したキャリブレーション実行項目リスト2010を生成し、キャリブレーション実行項目リスト2010に基づいてキャリブレーションを実行する。 Automatic analyzer set, when a state of executing the calibration to be performed constantly, the present support system reads the preset data 2020 of a calibration item, as preset data 2020 of a calibration item refers to the calibration information 1900 about the analysis items are (see FIG. 19), it generates a calibration execution item list 2010 storing in correspondence a and the standard liquid analysis items to perform calibration, calibration execution the calibration is performed on the basis of the item list 2010.
【0138】 [0138]
有効時間としての時間間隔が経過したキャリブレーションが発生した場合には、本支援システムは、当該キャリブレーションの分析項目が、キャリブレーション項目の有効時間切れデータ2030として設定してあるか否かを判定する。 If the calibration time interval as an active period has elapsed occurs, this support system, decision analysis item of the calibration, whether is set as the effective timeout data 2030 of a calibration item to. 当該キャリブレーションの分析項目が、キャリブレーション項目の有効時間切れデータ2030として設定してあると判定された場合には、当該分析項目に関するキャリブレーション情報1900(図19参照)を参照して、キャリブレーションを行なうべき分析項目と標準液とを対応させて記憶したキャリブレーション実行項目リスト2010を生成し、キャリブレーション実行項目リスト2010に基づいてキャリブレーションを実行する。 Analysis item of the calibration, when it is determined that is set as the effective timeout data 2030 of a calibration item, with reference to the calibration information 1900 regarding the analysis item (see Figure 19), calibration the analysis item and with a standard solution is associated to generate a calibration execution item list 2010 storing should be performed, the calibration is performed on the basis of the calibration execution item list 2010. 当該キャリブレーションの分析項目が、キャリブレーション項目の有効時間切れデータ2030として設定してないと判定された場合には、キャリブレーション実行項目リスト2010の生成を行わない。 Analysis item of the calibration, if it is determined not to be set as the effective timeout data 2030 of a calibration item, it does not perform the generation of the calibration execution item list 2010.
【0139】 [0139]
キャリブレーションが失敗した場合には、本支援システムは、当該キャリブレーションの分析項目が、キャリブレーション失敗データ2040として設定してあるか否かを判定する。 If the calibration fails, this support system decides analysis item of the calibration, whether is set as the calibration failure data 2040. 当該キャリブレーションの分析項目が、キャリブレーション失敗データ2040として設定してあると判定された場合には、当該分析項目に関するキャリブレーション情報1900(図19参照)を参照して、キャリブレーションを行なうべき分析項目と標準液とを対応させて記憶したキャリブレーション実行項目リスト2010を生成し、キャリブレーション実行項目リスト2010に基づいてキャリブレーションを実行する。 Analysis item of the calibration, when it is determined that is set as the calibration failure data 2040, the analysis should refers to the calibration information 1900 (see FIG. 19) regarding the analysis item, perform calibration generates a calibration execution item list 2010 storing the items and the standard solution to correspond, the calibration is performed on the basis of the calibration execution item list 2010. 当該キャリブレーションの分析項目が、キャリブレーション失敗データ2040として設定してないと判定された場合には、キャリブレーション実行項目リスト2010の生成を行わない。 Analysis item of the calibration, if it is determined not to be set as the calibration failure data 2040 does not perform generation of the calibration execution item list 2010.
【0140】 [0140]
試薬ボトルを追加又は交換した場合には、本支援システムは、当該キャリブレーションの分析項目が、試薬不足に伴うキャリブレーション実行データ2050として設定してあるか否かを判定する。 If you add or replace the reagent bottle, the present support system determines the analysis item of the calibration, whether is set as calibration execution data 2050 accompanying reagent shortage. 当該キャリブレーションの分析項目が、試薬不足に伴うキャリブレーション実行データ2050として設定してあると判定された場合には、当該分析項目に関するキャリブレーション情報1900(図19参照)を参照して、キャリブレーションを行なうべき分析項目と標準液とを対応させて記憶したキャリブレーション実行項目リスト2010を生成し、キャリブレーション実行項目リスト2010に基づいてキャリブレーションを実行する。 Analysis item of the calibration, when it is determined that is set as calibration execution data 2050 accompanying reagent shortage, with reference to the calibration information 1900 regarding the analysis item (see Figure 19), calibration the analysis item and with a standard solution is associated to generate a calibration execution item list 2010 storing should be performed, the calibration is performed on the basis of the calibration execution item list 2010. 当該キャリブレーションの分析項目が、試薬不足に伴うキャリブレーション実行データ2050として設定してないと判定された場合には、キャリブレーション実行項目リスト2010の生成を行わない。 Analysis item of the calibration, if it is determined not to be set as calibration execution data 2050 accompanying reagent shortage does not perform the generation of the calibration execution item list 2010.
【0141】 [0141]
次に、キャリブレーションについてのデータの相互関係の第2の例を示す。 Next, a second example of correlation data for calibration.
【0142】 [0142]
キャリブレーション項目の事前設定データ2020としては、図7に示したキャリブレーションプリセッティング処理のステップ710で受け付けられたプリセッティング項目が記憶される。 The preset data 2020 of a calibration item, presetting items received in the calibration presetting process of step 710 shown in FIG. 7 is stored. キャリブレーション項目の有効時間切れデータ2030は、図15に示したキャリブレーション有効時間オーバー処理のステップ1510で記憶されたキャリブ・ナウ項目である。 Valid timeout data of a calibration item 2030 is a calibrate Now item stored at Step 1510 of the calibration valid time-over processing shown in FIG. 15. キャリブレーション失敗データ2040は、図9に示したキャリブレーション失敗処理のステップ910で記憶されたキャリブ・フェイルド項目である。 Calibration failure data 2040 is a calibrate-feild items stored in step 910 of the calibration failure processing shown in FIG. 試薬不足に伴うキャリブレーション実行データ2050は、図9に示したチェインジ・オーバー処理のステップ1610で記憶されたチェインジ・オーバー項目である。 Calibration execution data accompanying reagent shortage 2050 is Cheinji Over item stored at Step 1610 of Cheinji-over processing shown in FIG. これらの、キャリブレーション項目の事前設定データ2020、キャリブレーション項目の有効時間切れデータ2030、キャリブレーション失敗データ2040、試薬不足に伴うキャリブレーション実行データ2050が発生すると、全体制御用コンピュータ40は、キャリブレーション情報1900を参照して、キャリブレーションを行なうべき分析項目と標準液とを対応させて記憶したキャリブレーション実行項目リスト2010を生成し、キャリブレーション実行項目リスト2010に基づいてキャリブレーションを実行する。 These, preset data 2020 of a calibration item, the effective timeout data 2030 of a calibration item, calibration failure data 2040, the calibration execution data 2050 accompanying reagent shortage occurs, the overall control computer 40, the calibration Referring to 1900, generates a calibration execution item list 2010 storing in correspondence the analysis item and the standard solution to be subjected to calibration, the calibration is performed on the basis of the calibration execution item list 2010.
【0143】 [0143]
また、図21に、上記支援システムの動作に伴って発生し記憶部45に格納される、精度管理についてのデータの相互関係を示す。 Further, in FIG. 21, it is stored in the storage unit 45 and generated with the operation of the support system, showing the interrelationship of data for quality control.
【0144】 [0144]
まず、上記データの相互関係についての、第1の例を示す。 First, for the correlation of the data, the first example.
【0145】 [0145]
精度管理項目の事前設定データ2120としては、定常的に精度管理を実行する分析項目が、オペレータにより事前に設定される。 The preset data 2120 of a quality control item, an analysis item to perform constantly quality control is set in advance by the operator. 精度管理項目の有効時間切れデータ2130としては、精度管理の有効時間が経過した場合に、精度管理を再実行する分析項目が、オペレータにより事前に設定される。 Valid timeout data 2130 of accuracy management item, if the effective time of the quality control has elapsed, analysis item to rerun the quality control is set in advance by the operator. 精度管理失敗データ2140としては、精度管理が失敗した場合に、精度管理を再実行する分析項目が、オペレータにより事前に設定される。 The quality control fails data 2140, if the quality control fails, analysis item to rerun the quality control is set in advance by the operator.
【0146】 [0146]
自動分析装置が、定常的に実行する精度管理を実行する状態となった場合には、本支援システムは、精度管理項目の事前設定データ2120を読みだし、精度管理項目の事前設定データ2120として設定されている分析項目に関する精度管理情報1910(図19参照)を参照して、精度管理を行なうべき分析項目とコントロール検体とを対応させて記憶した精度管理実行項目リスト2110を生成し、精度管理実行項目リスト2110に基づいて精度管理を実行する。 Automatic analyzer set, when a state of executing the accuracy management to be executed constantly, the present support system reads the preset data 2120 of a quality control item, as preset data 2120 of a quality control item Referring to quality control information 1910 about the analysis items are (see FIG. 19), generates a quality control execution item list 2110 storing in correspondence the analysis item and control sample to be subjected to quality control, quality control run to perform quality control on the basis of the item list 2110.
【0147】 [0147]
有効時間が経過した精度管理が発生した場合には、本支援システムは、当該精度管理の分析項目が、精度管理項目の有効時間切れデータ2130として設定してあるか否かを判定する。 If the quality control the lifetime has elapsed occurs, this support system decides analysis item of the accuracy management, whether is set as the effective timeout data 2130 of the quality control items. 当該精度管理の分析項目が、精度管理項目の有効時間切れデータ2130として設定してあると判定された場合には、当該分析項目に関する精度管理情報1910(図19参照)を参照して、精度管理を行なうべき分析項目とコントロール検体とを対応させて記憶した精度管理実行項目リスト2110を生成し、精度管理実行項目リスト2110に基づいて精度管理を実行する。 Analysis item of the accuracy management is, when it is determined is set as the effective timeout data 2130 of a quality control item refers to the quality control information 1910 (see FIG. 19) regarding the analysis item accuracy management the analysis item and the control sample and the in association generates accuracy management execution item list 2110 storing should be performed, and executes accuracy management on the basis of the accuracy management execution item list 2110. 当該精度管理の分析項目が、精度管理項目の有効時間切れデータ2130として設定してないと判定された場合には、精度管理実行項目リスト2110の生成を行わない。 Analysis item of the accuracy management is, if it is determined not to be set as the effective timeout data 2130 of a quality control item does not perform generation of accuracy management execution item list 2110.
【0148】 [0148]
精度管理が失敗した場合には、本支援システムは、当該精度管理の分析項目が、精度管理失敗データ2140として設定してあるか否かを判定する。 When the accuracy management fails, this support system decides analysis item of the accuracy management, whether is set as accuracy management failure data 2140. 当該精度管理の分析項目が、精度管理失敗データ2140として設定してあると判定された場合には、当該分析項目に関する精度管理情報1910(図19参照)を参照して、精度管理を行なうべき分析項目とコントロール検体とを対応させて記憶した精度管理実行項目リスト2110を生成し、精度管理実行項目リスト2110に基づいて精度管理を実行する。 Analysis item of the accuracy management is, when it is determined is set as accuracy management failure data 2140 refers to the quality control information 1910 (see FIG. 19) regarding the analysis item, analysis should perform quality control the items and the control sample in correspondence to produce the accuracy management execution item list 2110 storing, performing the quality control on the basis of the accuracy management execution item list 2110. 当該精度管理の分析項目が、精度管理失敗データ2140として設定してないと判定された場合には、精度管理実行項目リスト2110の生成を行わない。 Analysis item of the accuracy management is, if it is determined not to be set as a quality control failure data 2140 does not perform generation of accuracy management execution item list 2110.
【0149】 [0149]
次に、精度管理についてのデータの相互関係の第2の例を示す。 Next, a second example of correlation data for quality control.
【0150】 [0150]
精度管理項目の事前設定データ2120としては、図10に示した精度管理プリセッティング処理のステップ1010で受け付けられたプリセッティング項目が記憶される。 The preset data 2120 of a quality control item, presetting item received in step 1010 the quality control presetting process shown in FIG. 10 are stored. 精度管理項目の有効時間切れデータ2130は、図14に示した精度管理有効時間オーバー処理のステップ1410で記憶されたタイム・オーバー項目である。 Valid timeout data of a quality control item 2130 is a time-over item stored at Step 1410 of the accuracy management effective time-over processing shown in FIG. 14. 精度管理失敗データ2140は、図12に示した精度管理失敗処理のステップ1210で記憶されたQCフェイルド項目である。 Quality control failure data 2140 is the QC feild item stored at Step 1210 of the accuracy management failure processing shown in FIG. 12. これらの、精度管理項目の事前設定データ2120、精度管理項目の有効時間切れデータ2130、精度管理失敗データ2140が発生すると、全体制御用コンピュータ40は、精度管理情報1910を参照して、精度管理を行なうべき分析項目とコントロール検体とを対応させて記憶した精度管理実行項目リスト2110を生成し、精度管理実行項目リスト2110に基づいて精度管理を実行する。 These, preset data 2120 of the quality control items, the effective timeout data 2130 of a quality control item and quality control failure data 2140 is generated, the whole control computer 40 refers to the quality control information 1910, quality control generating accuracy management execution item list 2110 storing in correspondence the analysis item and the control sample to be performed, and executes accuracy management on the basis of the accuracy management execution item list 2110.
【0151】 [0151]
さらに、標準液名称、標準液ラックの番号、標準液ラック内の標準液容器の位置、標準液の識別情報(ID)、標準液のロット番号を対応させて記憶しておく。 Furthermore, standard solution name, number of the standard solution racks, the position of the standard solution container standard solution in the rack, the identification information of the standard solution (ID), and stored in association with the lot number of the standard solution. 実行すべきキャリブレーションが発生した場合に、当該キャリブレーションに必要となる標準液名称、標準液ラックの番号、標準液ラック内の標準液容器の位置、標準液の識別情報(ID)、標準液のロット番号をCRT43の表示画面上に表示するようにしてもよい。 If the calibration to be executed occurs, standard solution name required for the calibration of the standard solution rack number, position of the standard solution container standard solution in the rack, the identification information of the standard solution (ID), the standard solution the lot number may be displayed on the display screen of the CRT43. 同様に、コントロール検体名称、コントロール検体ラックの番号、コントロール検体ラック内のコントロール検体容器の位置、コントロール検体の識別情報(ID)、コントロール検体のロット番号を対応させて記憶しておく。 Similarly, the control sample name, control sample rack number, position of the control sample container in a control sample rack, the identification information of the control sample (ID), and stored in association with the lot number of the control sample. 実行すべき精度管理が発生した場合に、当該精度管理に必要となるコントロール検体名称、コントロール検体ラックの番号、コントロール検体ラック内のコントロール検体容器の位置、コントロール検体の識別情報(ID)、コントロール検体のロット番号をCRT43の表示画面上に表示するようにしてもよい。 If the quality control to be executed is generated, the control sample name necessary for the quality control, the control sample rack number, control sample position of the control specimen container in the rack, the identification information (ID), the control sample of the control specimen the lot number may be displayed on the display screen of the CRT43.
【0152】 [0152]
このようなCRT43の表示画面例を、図22に示す。 The display screen example of such a CRT 43, shown in FIG. 22. 図22において、例えば、Pre-Settingボタン2201が、オペレータによりタッチされている場合には、図20のキャリブレーション項目の事前設定データ2020のキャリブレーションの実行に必要となる標準液名称をName2211の欄に、標準液ラックの番号をRack2212の欄に、標準液ラック内の標準液容器の位置をPos2213の欄に、標準液の識別情報(ID)をID2214の欄に、標準液のロット番号をLOT2215の欄に、キャリブレーションの実行理由をREASON2216の欄に、それぞれ表示する。 In Figure 22, for example, Pre-Setting button 2201, if it is touched by the operator, column Name2211 standard solution name necessary for execution of calibration of the preset data 2020 of a calibration item 20 to, the number of the standard solution rack column Rack2212, the position of the standard solution container standard solution in the rack in the field of Pos2213, the identification information of the standard solution (ID) in the column of ID2214, the lot number of the standard solution LOT2215 of the column, the execution reason for calibration in the field of REASON2216, displays respectively. 同時に、図21の精度管理項目の事前設定データ2120の精度管理の実行に必要となるコントロール検体名称をName2217の欄に、コントロール検体ラックの番号をRack2218の欄に、コントロール検体ラック内のコントロール検体容器の位置をPos2219の欄に、コントロール検体の識別情報(ID)をID2220の欄に、コントロール検体のロット番号をLOT2221の欄に、精度管理の実行理由をREASON2222の欄に、それぞれ表示する。 At the same time, the control sample name necessary for execution of accuracy management of the preset data 2120 of the accuracy management item of FIG. 21 in the column of Name2217, the number of the control sample rack in the field of Rack2218, control sample container in a control sample rack position in the column of Pos2219 of the identification information of the control sample (ID) in the column of ID2220, the lot number of the control sample in the column of LOT2221, the execution reason for quality control in the field of REASON2222, displays respectively. 情報を表示すべき標準液数、コントロール検体数が多い場合には、ボタン2241、ボタン2242、ボタン2243、ボタン2244により、表示画面をスクロールさせることができる。 Information standard solution numbers to be displayed, if the control number of specimens is large, button 2241, button 2242, button 2243, the button 2244, it is possible to scroll the display screen.
【0153】 [0153]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明の自動分析装置及びその支援システムによれば、キャリブレーション又は精度管理すべき分析項目を、必要性の発生原因別に、表示画面を通してオペレータに容易に知らせることができ、必要性が発生した特定の分析ユニットのために所定のキャリブレーション又は精度管理を的確に実行させることができる。 According to the automatic analyzer and support system of the present invention, the analytical item to be managed calibration or accuracy, by cause of necessity, can inform easily the operator through the display screen, specific to occur need it can be executed accurately predetermined calibration or accuracy management for the analysis unit.
【0154】 [0154]
本発明の自動分析装置によれば、標準試料又は精度管理用試料を、必要の都度、搬送ラインにより搬送できるので、複数配置されている分析ユニットの内の必要性が生じた分析ユニットに対し、適性な分析項目のキャリブレーション又は精度管理処理を反復して実行することが容易になる。 According to the automatic analyzer of the present invention, the standard sample or the quality control sample, whenever necessary, it is possible transported by the transport line, to the analysis unit need of the analysis units being more disposed occurs, by repeating the calibration or accuracy management process suitability analysis items it is easy to perform.
【0155】 [0155]
本発明の自動分析装置運転方法によれば、複数の分析ユニットを効率的に運用する場合におけるキャリブレーション又は精度管理を容易に実行させることができる。 According to the automatic analyzer operation method of the present invention, it is possible to easily perform calibration or quality control in a case of operating a plurality of analysis units efficiently.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の一実施例の自動分析装置の概略構成を示す図である。 Is a diagram showing a schematic configuration of an automatic analyzer according to an embodiment of the present invention; FIG.
【図2】図1の実施例におけるディスペンサ方式の分析装置の例を説明するための図である。 Is a diagram for explaining an example of the analyzer of a dispenser system in the embodiment of FIG. 1;
【図3】図1の実施例におけるピペッタ方式の分析装置の例を説明するための図である。 3 is a diagram for explaining an example of the analyzer of a pipetter system in the embodiment of FIG.
【図4】本発明のキャリブレーション支援画面を説明するための図である。 4 is a diagram for explaining a calibration support screen of the present invention.
【図5】本発明の精度管理支援画面を説明するための図である。 5 is a diagram for explaining the accuracy management support screen of the present invention.
【図6】本発明の支援システムの動作の概略を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing an outline of the operation of the support system of the present invention.
【図7】本発明の支援システムのキャリブレーションプリセティング処理を示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing a calibration pre-Se computing process support system of the present invention.
【図8】本発明の支援システムのキャリブレーションプリセティング処理を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing a calibration pre-Se computing process support system of the present invention.
【図9】本発明の支援システムのキャリブレーション失敗処理を示すフローチャートである。 9 is a flowchart showing a calibration failure process support system of the present invention.
【図10】本発明の支援システムの精度管理プリセティング処理を示すフローチャートである。 10 is a flowchart showing a quality control Purisetingu process support system of the present invention.
【図11】本発明の支援システムの精度管理プリセティング処理を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing a quality control Purisetingu process support system of the present invention.
【図12】本発明の支援システムの精度管理失敗処理を示すフローチャートである。 12 is a flowchart showing an accuracy management failure process support system of the present invention.
【図13】本発明の支援システムの分析監視処理を示すフローチャートである。 13 is a flow chart showing an analysis monitor process of the support system of the present invention.
【図14】本発明の支援システムの精度管理有効時間オーバー処理を示すフローチャートである。 14 is a flow chart showing the accuracy management effective time-over process support system of the present invention.
【図15】本発明の支援システムのキャリブレーション有効時間オーバー処理を示すフローチャートである。 15 is a flowchart showing a calibration valid time-over process support system of the present invention.
【図16】本発明の支援システムのチェインジ・オーバー処理を示すフローチャートである。 16 is a flowchart showing a Cheinji Over process support system of the present invention.
【図17】本発明の支援システムのキャリブレーション実行指示処理を示すフローチャートである。 17 is a flow chart showing a calibration execution instruction process support system of the present invention.
【図18】本発明の支援システムの精度管理実行指示処理を示すフローチャートである。 18 is a flowchart showing an accuracy management execution instruction process support system of the present invention.
【図19】本発明の支援システムが記憶するデータの構造を説明するための図である。 19 is a diagram for explaining the structure of data support system stores the present invention.
【図20】本発明の支援システムが記憶するデータの相互関係を説明するための図である。 20 is a diagram for explaining the mutual relationship of data support system stores the present invention.
【図21】本発明の支援システムが記憶するデータの相互関係を説明するための図である。 21 is a diagram for explaining the mutual relationship of data support system stores the present invention.
【図22】本発明の支援システムが表示する表示画面の例を説明するための図である。 Is a diagram for assistance system will be described an example of a display screen displaying the FIG. 22 the present invention.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1…患者検体ラック、2…患者検体容器、3A〜3G…分析ユニット、4A〜4G…サンプリングライン、5A〜5G…反応部、12,12A,12B…試薬ボトル、15a,15b…多波長光度計、17…ラック送出部、18…ラック回収部、20…主搬送ライン、26A,26B…試薬ディスク、26〜29,32〜34…試薬供給部、40…全体制御用コンピュータ、50〜58…識別情報読取装置、70…待機ユニット、72…センサ、73…駆動装置、74…標準液ラック、75…標準液ラック・コントロール検体ラック投入口、76…ローター、77…コントロール検体ラック。 1 ... patient sample racks, 2 ... patient sample containers, 3A-3G ... analysis unit, 4A-4G ... sampling line, 5G ... reaction unit, 12, 12A, 12B ... reagent bottle, 15a, 15b ... multi-wavelength photometer , 17 ... rack delivery section, 18 ... rack collecting unit, 20 ... main transfer line, 26A, 26B ... reagent disk, 26~29,32~34 ... reagent supply section, 40 ... overall control computer, 50-58 ... identification information reading device, 70 ... waiting unit, 72 ... sensor, 73 ... drive unit, 74 ... standard solution racks, 75 ... standard solution rack control sample rack input slot, 76 ... rotor, 77 ... control sample rack.

Claims (5)

  1. それぞれの分析ユニットにて分析対象を測定する複数の分析ユニットが検体ラックを搬送するための搬送ラインに沿って配置された自動分析装置に対して適用される自動分析装置支援システムにおいて、 The automatic analyzer support system applied to each of the automatic analyzers in which a plurality of analytical units for measuring an analyte by analysis units are arranged along a transport line for transporting a sample rack,
    キャリブレーション及び精度管理のうち一方の状態点検画面の表示要求を受け付ける表示要求ボタンを表示する手段と、 Means for displaying a display request button for receiving one display request status check screen of the calibration and quality control,
    キャリブレーションの状態点検画面の表示要求がある場合、前回のキャリブレーションの実行からの経過時間が所定の時間間隔を過ぎている分析項目が存在する状態を表わす見出しと、実行されたキャリブレーションのうち失敗した分析項目が存在する状態を表わす見出しとを含む複数の第1の分類見出し、及び、前記各第1の分類見出しに対応した詳細情報の表示を指示するための第1の指示ボタン、を有する第1の状態点検画面とを表示する第1の画面表示手段と、 If there is a request for displaying the state inspection screen calibration, before time and heading representing a state in which the elapsed time from execution of calibration is present analysis item has passed a predetermined time interval, calibration executed a plurality of first classification heading and a heading representing a state in which the analysis items that failed out of emissions present, and, said display a for directing a first detailed information corresponding to each of the first category headings a first screen display means for displaying the first state inspection screen having instruction button, a,
    上記第1の指示ボタンによる指示があったときに、該当する状態の分析項目名、及び該分析項目のキャリブレーションを実行すべき分析ユニット名、を上記第1の状態点検画面上に表示せしめるように制御する第1の制御手段と When instructed by the first instruction button, the analysis item name of the corresponding state, and analysis unit name to execute the calibration of the analysis item, the allowed to appear in the first state inspection screen a first control means for controlling so,
    精度管理の状態点検画像の表示要求がある場合、前回の精度管理の実行からの経過時間が所定の時間間隔を過ぎている分析項目が存在する状態を表わす見出しと、実行された精度管理のうち失敗した分析項目が存在する状態を表わす見出しとを含む複数の第2の分類見出し、及び、前記各第2の分類見出しに対応した詳細情報の表示を指示するための第2の指示ボタン、を有する第2の状態点検画面を表示する第2の画面表示手段と、 If there is a display request of the quality control of the state inspection image, and heading the elapsed time since the previous execution of accuracy management representing a state in which there is an analysis item has passed a predetermined time interval, of the executed accuracy management failed analysis item plurality of second category headings and a heading representing a state in which there is, and, second instruction button for instructing the display of the detailed information corresponding to each of the second category headings, the a second screen display means for displaying a second state inspection screen having,
    上記第2の指示ボタンによる指示があったときに、該当する状態の分析項目名、及び該分析項目の精度管理を実行すべき分析ユニット名、を上記第2の状態点検画面上に表示せしめるように制御する第2の制御手段と、 When instructed by the second instruction button, the analysis item name of the corresponding state, and analysis unit name to be executed accuracy management of the analysis item, the to allowed to appear in the second state inspection screen and second control means for controlling the,
    を備えたことを特徴とする自動分析装置支援システム。 Automatic analyzer support system characterized by comprising a.
  2. 請求項1記載の自動分析装置支援システムにおいて The automatic analyzer support system according to claim 1,
    記複数の第1の分類見出しは、新たな試薬が加わったためにキャリブレーションを実行する必要性が発生した分析項目が存在する状態を表わす見出し、をさらに含むことを特徴とする自動分析装置支援システム。 The first category headings above Symbol of multiple, automatic analyzers support, characterized in that it further includes a heading, representing a state in which the need to perform a calibration is present analysis items that occur because the new reagent is added system.
  3. 請求項1記載の自動分析装置支援システムにおいて、 The automatic analyzer support system according to claim 1,
    上記複数の第1の分類見出し及び第2の分類見出しの内のいずれか1つに対応する状態の発生に伴って、該当する第1の分類見出し及び第2の分類見出しの表示態様が変化されることを特徴とする自動分析装置支援システム。 The plurality of in accordance with the occurrence of the state corresponding to any one of the first category headings and a second category headings, the display mode of the first category headings and a second category headings corresponding is changed automatic analyzer support system according to claim Rukoto.
  4. 請求項1記載の自動分析装置支援システムにおいて、 The automatic analyzer support system according to claim 1,
    同じ分析項目に対し2つ又はそれ以上のキャリブレーション及び精度管理のうち少なくとも一方を必要とする状態の発生が2つ又はそれ以上の分類見出しによって通知されたときに、1つの第1の分類見出し又は第2の分類見出しに対応するキャリブレーション又は精度管理が実行されるのに伴って、残りの他の第1の分類見出し及び第2の分類見出しによる通知が取り消されることを特徴とする自動分析装置支援システム。 When the occurrence of a condition which requires at least one of the two or more calibration and quality control are notified by two or more category headings for the same analysis item, one first category headings with or for calibration or accuracy management is executed corresponding to the second category headings, automatic analysis, wherein a notification by the other remaining first category headings and a second category headings is canceled equipment support system.
  5. それぞれの分析ユニットにて分析対象を測定する複数の分析ユニットが検体ラックを搬送するための搬送ラインに沿って配置された自動分析装置を支援するプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体であって、 A plurality of analysis units for measuring an analyte in each analysis unit is a computer readable recording medium recording a program for supporting an automatic analyzer which are disposed along a transport line for transporting a sample rack ,
    前記コンピュータに、 To the computer,
    キャリブレーション及び精度管理のうち一方の状態点検画面の表示要求を受け付ける表示要求ボタンを表示手段に表示するステップと、 And displaying on the display unit a display request button for receiving one display request status check screen of the calibration and quality control,
    キャリブレーションの状態点検画面の表示要求がある場合、前回のキャリブレーションの実行からの経過時間が所定の時間間隔を過ぎている分析項目が存在する状態を表わす見出しと、実行されたキャリブレーションのうち失敗した分析項目が存在する状態を表わす見出しとを含む複数の第1の分類見出し、及び、前記各第1の分類見出しに対応した詳細情報の表示を指示するための第1の指示ボタン、を有する第1の状態点検画面を表示手段に表示するステップと、 If there is a request for displaying the state inspection screen calibration, and found that the elapsed time from the previous execution of calibration showing a state in which there is an analysis item has passed a predetermined time interval, of the executed calibration failed analysis item plurality of first classification heading and a heading representing a state in which there is, and, a first instruction button for instructing the display of the detailed information corresponding to each of the first category headings, the and displaying on the display means the first state inspection screen having,
    上記第1の指示ボタンによる指示があったときに、該当する状態の分析項目名、及び該分析項目のキャリブレーションを実行すべき分析ユニット名、を上記第1の状態点検画面上に表示せしめるように制御するステップと、 When instructed by the first instruction button, the analysis item name of the corresponding state, and analysis unit name to execute the calibration of the analysis item, the to allowed to appear in the first state inspection screen and controlling to,
    精度管理の状態点検画像の表示要求がある場合、前回の精度管理の実行からの経過時間が所定の時間間隔を過ぎている分析項目が存在する状態を表わす見出しと、実行された精度管理のうち失敗した分析項目が存在する状態を表わす見出しとを含む複数の第2の分類見出し、及び、前記各第2の分類見出しに対応した詳細情報の表示を指示するための第2の指示ボタン、を有する第2の状態点検画面を表示手段に表示するステップと、 If there is a display request of the quality control of the state inspection image, and heading the elapsed time since the previous execution of accuracy management representing a state in which there is an analysis item has passed a predetermined time interval, of the executed accuracy management failed analysis item plurality of second category headings and a heading representing a state in which there is, and, second instruction button for instructing the display of the detailed information corresponding to each of the second category headings, the and displaying on the display means a second state inspection screen having,
    上記第2の指示ボタンによる指示があったときに、該当する状態の分析項目名、及び該分析項目の精度管理を実行すべき分析ユニット名、を上記第2の状態点検画面上に表示せしめるように制御するステップと、 When instructed by the second instruction button, the analysis item name of the corresponding state, and analysis unit name to be executed accuracy management of the analysis item, the to allowed to appear in the second state inspection screen and controlling to,
    を実行させることを特徴とするプログラムを記録した記録媒体。 Recording medium for recording a program for causing the execution.
JP09775498A 1997-04-10 1998-04-09 Automatic analyzer and its support system Expired - Lifetime JP3889877B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9-92378 1997-04-10
JP9237897 1997-04-10
JP09775498A JP3889877B2 (en) 1997-04-10 1998-04-09 Automatic analyzer and its support system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP09775498A JP3889877B2 (en) 1997-04-10 1998-04-09 Automatic analyzer and its support system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10339732A JPH10339732A (en) 1998-12-22
JP3889877B2 true JP3889877B2 (en) 2007-03-07

Family

ID=26433819

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP09775498A Expired - Lifetime JP3889877B2 (en) 1997-04-10 1998-04-09 Automatic analyzer and its support system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3889877B2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009270940A (en) * 2008-05-08 2009-11-19 Hitachi High-Technologies Corp Automatic analysis system
JP2010078477A (en) * 2008-09-26 2010-04-08 Olympus Corp Automatic analyzer and display method of analysis accuracy control

Families Citing this family (26)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3727481B2 (en) 1999-02-04 2005-12-14 株式会社日立製作所 Automatic analyzing method and apparatus
US7842237B1 (en) 2000-01-12 2010-11-30 Hitachi, Ltd. Automatic analyzer and rack transfer device
JP2001330560A (en) * 2000-03-16 2001-11-30 Fuji Photo Film Co Ltd Measuring method using total reflection attenuation and its device
US6864984B2 (en) 2000-03-16 2005-03-08 Fuji Photo Film Co., Ltd. Measuring method and apparatus using attenuation in total reflection
JP2002048707A (en) * 2000-05-22 2002-02-15 Fuji Photo Film Co Ltd Measuring method and device using total reflection decay
JP4576307B2 (en) * 2005-09-12 2010-11-04 株式会社日立ハイテクノロジーズ Automatic analyzer
US8305564B2 (en) 2006-05-16 2012-11-06 Arkray, Inc. Method for automatically discriminating control solution
JP2008021114A (en) * 2006-07-12 2008-01-31 Olympus Corp Control unit, control method and control program
JP4908968B2 (en) * 2006-08-23 2012-04-04 エフ・ホフマン・ラ・ロッシュ・アー・ゲーF. Hoffmann La Roche Ag Automatic analyzer
JP2008058123A (en) * 2006-08-31 2008-03-13 Hitachi High-Technologies Corp Autoanalyzer
JP4511512B2 (en) * 2006-12-22 2010-07-28 シスメックス株式会社 Analyzers for user interface and analyzer
JP2009162584A (en) * 2007-12-28 2009-07-23 Olympus Corp Management system
JP4977634B2 (en) * 2008-01-18 2012-07-18 株式会社日立ハイテクノロジーズ Automatic analyzer
EP2116851B1 (en) * 2008-02-13 2018-09-19 Hitachi High-Technologies Corporation Automatic analyzer
WO2009142087A1 (en) * 2008-05-22 2009-11-26 株式会社 日立ハイテクノロジーズ Automatic analyzer
JP2010133870A (en) * 2008-12-05 2010-06-17 Beckman Coulter Inc Automatic analyzer and precision management method of automatic analyzer
JP5183457B2 (en) * 2008-12-26 2013-04-17 株式会社日立ハイテクノロジーズ Automatic analyzer, the support system
JP5560280B2 (en) * 2009-09-30 2014-07-23 株式会社日立ハイテクノロジーズ Specimen preprocessing transport system
JP5658904B2 (en) * 2010-04-16 2015-01-28 古野電気株式会社 Sample analyzer and analysis control program
JP5875750B2 (en) * 2010-05-07 2016-03-02 株式会社東芝 Automatic analyzer
JP5535047B2 (en) * 2010-11-18 2014-07-02 株式会社日立ハイテクノロジーズ Automatic analyzer
US9046504B2 (en) * 2011-02-24 2015-06-02 Kabushiki Kaisha Toshiba Automatic analysis apparatus
WO2012165229A1 (en) 2011-06-03 2012-12-06 株式会社日立ハイテクノロジーズ Autoanalyzer
JP2013167561A (en) * 2012-02-16 2013-08-29 Hitachi High-Technologies Corp Automatic analyzer
JP6374148B2 (en) * 2013-08-30 2018-08-15 シスメックス株式会社 Sample analyzer and sample analyzing method
JP5931231B2 (en) * 2015-01-19 2016-06-08 株式会社日立ハイテクノロジーズ Automatic analyzer

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009270940A (en) * 2008-05-08 2009-11-19 Hitachi High-Technologies Corp Automatic analysis system
JP2010078477A (en) * 2008-09-26 2010-04-08 Olympus Corp Automatic analyzer and display method of analysis accuracy control

Also Published As

Publication number Publication date
JPH10339732A (en) 1998-12-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1120371C (en) Method and apparatus for management of reagent
EP0703456B1 (en) Apparatus and method for automatically analyzing specimen
EP0977039B1 (en) Handling method of body fluid sample and analysis apparatus using the same
US7700043B2 (en) Analyzer system having sample rack transfer line
US6733728B1 (en) Analyzer system having sample rack transfer line
JP3931150B2 (en) Automatic analyzer
JP3597958B2 (en) Automatic analyzer
US8329101B2 (en) Sample analyzer
CN101526545B (en) Analyzer, sample transportion method for analyzer, and control system for analyzer
US7185288B2 (en) Operator interface module segmented by function in an automatic clinical analyzer
US6984527B2 (en) Automated quality control protocols in a multi-analyzer system
EP1512974B1 (en) Automatic analysis device, measurement device, and measurement result management method
US6409968B1 (en) Automatic analysis apparatus for biological fluid sample and automatic analysis method therefor
CN101358987B (en) Automatic analyzer and method for using the same
US10151766B2 (en) Automatic analyzer
JP4851266B2 (en) Sample analyzer
US5677188A (en) Analyzing method and apparatus for liquid sample
ES2714182T3 (en) Sample analyzer
US7776264B2 (en) Automatic analyzer
JP4434357B2 (en) Automatic analyzer
EP1975630A2 (en) Sample analyzer, reagent aspirating method, and computer program product
JPH08262031A (en) Autoanalyzer
EP2216654B1 (en) Sample analyzer
EP1087231A2 (en) Automatic analysis apparatus
EP0871035B1 (en) A sample analysis system and a method for operating the same

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040820

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050830

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051028

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060620

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060821

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20061121

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20061201

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101208

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101208

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111208

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111208

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121208

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131208

Year of fee payment: 7

EXPY Cancellation because of completion of term