JP3859345B2 - Data transmission method and data transmission apparatus - Google Patents

Data transmission method and data transmission apparatus Download PDF

Info

Publication number
JP3859345B2
JP3859345B2 JP5244298A JP5244298A JP3859345B2 JP 3859345 B2 JP3859345 B2 JP 3859345B2 JP 5244298 A JP5244298 A JP 5244298A JP 5244298 A JP5244298 A JP 5244298A JP 3859345 B2 JP3859345 B2 JP 3859345B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
transmission
frame
data
packet
error
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP5244298A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH1146187A (en
Inventor
プラッサード アナンド
英樹 加藤
伸介 松岡
和彦 関
由姫 面屋
Original Assignee
ユニデン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP9-137292 priority Critical
Priority to JP13729297 priority
Application filed by ユニデン株式会社 filed Critical ユニデン株式会社
Priority to JP5244298A priority patent/JP3859345B2/en
Publication of JPH1146187A publication Critical patent/JPH1146187A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3859345B2 publication Critical patent/JP3859345B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、複数の通信装置相互間に形成される上下方向の通話路の個々の通信速度を変更可能に形成し、相対的に送信データ量の多い通話路により高速の通信速度を与え、相対的に送信データ量の少ない通話路により低速の通信速度を与えて、全体として効率の良いデータ伝送を図る不平衡パケット通信方式に関する。 The present invention, each of the communication speed in the vertical direction of the call path formed between the plurality of communication devices mutually changeably formed, giving a high communication speed by the relatively transmit large amount of data communication path, relative to transmit small data amount by speech path giving low communication speed, to unbalance the packet communication system to achieve efficient data transmission as a whole.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
出願人は、特願平8−222894号の「無線伝送システム」により、不平衡回線を用いる伝送システムを提案している。 Applicants, by "wireless transmission system" in Japanese Patent Application No. 8-222894 proposes a transmission system using unbalanced line. この伝送システムでは、2つの通信装置間に形成される上り回線と下り回線とに異なる通信(伝送)速度を割当てる。 In this transmission system, allocating different communication (transmission) rate and uplink and downlink formed between two communication devices. この際、大量のデータが負荷された回線に高速の通信速度を割当て、相対的に負荷の少ない回線に低速の通信速度を割当てることにより、所定帯域幅の通信チャネルにおいて、全体としてデータ伝送効率を高めるものである。 At this time, allocates high communication speed large amounts of data are loaded line by assigning a low communication speed to low relative load line, the communication channel having a predetermined bandwidth, the data transmission efficiency as a whole it is intended to increase.
【0003】 [0003]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
かかる伝送システムでは、各回線が負担する伝送すべきデータ量の変動に対応して各回線の通信速度の割当てを瞬時に交替(変更)する必要がある。 In such transmission systems, it is necessary to alternate (change) instantly assignment of communication speed corresponding each line to the variation of the amount of data to be transmitted to each line be borne. 前述の伝送システムにおいては、交替のタイミングを合わせるために、例えば、交替用フレームを所定数送信して、カウントダウンを行って切替える。 In the above transmission system, in order to match the timing of replacement, for example, the replacement frame to transmit a predetermined number, switch performs countdown. あるいは交替を示すフレームを受信した直後に交替を実施するようにする。 Or a frame indicating the replacement so as to implement the replacement immediately after receiving.
【0004】 [0004]
しかしながら、より簡単な通信アルゴリズムや回路構成で回線の通信速度の割当ての交替が行われるのが望ましい。 However, the replacement of the assigned line communication speed is performed desirably at a simpler communication algorithms and circuit configuration.
【0005】 [0005]
また、通信回線にノイズ等が混入して送信データが破壊され、エラーデータの再送信が必要となる場合が生ずる。 The noise or the like is transmitted data is destroyed mixed into the communication line occurs may require retransmission of the error data. 再送信の際には、ノイズ等が存在する回線でより確実に相手装置に伝送することが必要となる。 During retransmission, it is necessary to transmit to the partner device more reliably in line noise or the like is present.
【0006】 [0006]
よって、本発明の目的は、不平衡データ通信における回線速度の交替をより簡単に行えるようにした通信速度割当ての変更方法を提供することである。 Accordingly, an object of the present invention is to provide a transmission rate assignment changes methods to allow replacement of line speed more easily in the unbalance data communications.
【0007】 [0007]
本発明の他の目的は、不平衡データ通信において生じた送信(受信)エラーのエラー訂正の方法を提供することである。 Another object of the present invention, the transmission (reception) has occurred in the unbalanced data communication is to provide a method for error correction of the error.
【0008】 [0008]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記目的を達成するため、本発明の不平衡データ通信における送信速度割当て変更方法は、複数の通信装置相互間の双方向通信において上り方向の通信と下り方向の通信に異なる送信速度を用いる不平衡データ通信の送信速度割当ての変更方法において、相対的に低速の送信速度が割当てられた通信装置が送信すべきデータを有するとき、相対的に高速の送信速度が割当てられた通信装置に対し、送信速度の割当て変更要求信号を出力し、上記高速の送信速度が割当てられた通信装置は前記割当て変更要求を受信した際に、自機に送信すべきデータがないことを条件に前記割当て変更を許可する、ことを特徴とする。 To achieve the above object, the transmission rate allocation changing method in unbalance data communication of the present invention, unbalanced use of different transmission rates for communication upstream communication and downstream in the two-way communication between a plurality of communication devices mutually in changing the transmission rate assignment of the data communication, when the transmission rate of the relatively low speed is allocated communication device has data to send, to the communication device transmitting speed of a relatively high speed is assigned, transmission outputs assignment change request signal of the speed, is the fast transmission speed communication devices assigned at the time of receiving the assignment change request, allow the allocation change on condition that there is no data to be transmitted to the own apparatus to, characterized in that.
【0009】 [0009]
かかる変更方法によれば、比較的簡単な回路構成とアルゴリズムによって通信装置相互間で通信速度の交替を行うことが可能となる。 According to such a change process, it is possible to perform replacement of the communication speed between the communication devices other by a relatively simple circuit configuration and algorithms.
【0010】 [0010]
また、本発明の送信エラーデータの再送方式は、第1及び第2の通信装置相互間のデータ通信における送信エラーデータの再送信方式であって、上記第1の通信装置は、送信すべきデータを複数のパケットに分割し、分割した各パケットに送信順位の情報を与えて送信し、上記第2の通信装置は、受信した上記パケットのエラーを検出した場合、該当するエラーパケットの再送信を要求し、上記第1の通信装置は、上記再送信の要求を前記分割したパケットのうちの最後のパケットの送信完了前に受信した場合にはエラーが生じたパケットを再送信し、上記再送信の要求を上記最後のパケットの送信完了後に受信した場合には上記エラーが生じたパケットが上記第2の通信装置に正しく受信されるまで連続的に再送信する、ことを特徴とする Furthermore, the retransmission method of the transmission error data of the present invention, there is provided a retransmission method of the transmission error data in the data communication between the first and second communication devices each other, the first communication device, data to be transmitted was divided into a plurality of packets, sends given information transmission order to each packet divided, the second communication device, when detecting an error of said received packet, retransmission of the corresponding error packet request, the first communication device, when receiving a request for the retransmission before the completion of the transmission of the last packet of said divided packets and retransmission of packets in which the error has occurred, the retransmission packet which the error has occurred continuously retransmitted until it is correctly received to the second communication device, characterized in that in the case where a request has been received after completion transmission of the last packet
【0011】 [0011]
この通信方式によれば、最終パケットが受信側に着信すると、送信側は送信エラーとなったパケットのみを受信側に受信されるまで連続に送信するので、最終パケットが着信するまでの一群のパケットについての伝送効率を下げることなく、無線回線等におけるノイズに対して信号伝送の信頼性を向上することが可能となる。 According to this communication method, the final packet arrives at the receiving side, since the transmitting side transmits continuous until received only packet that transmits errors to the receiving side, a group of packets to the last packet arrives without lowering the transmission efficiency of about, it is possible to improve the reliability of signal transmission with respect to noise in a wireless line, or the like.
【0012】 [0012]
また、本発明の他の送信エラーデータの再送方式は、第1及び第2の通信装置相互間のデータ通信における送信エラーデータの再送信方式において、上記第1の通信装置は、送信すべきデータを複数のバケットに分割し、各パケットに送信順位を与えて送信し、上記第2の通信装置は、受信したパケットのエラー検出を行い、最終順位のパケットの受信前にエラーを検出した場合は、上記第1の通信装置に対してエラーパケットの再送信を要求する選択的再送要求を行い、最終順位のパケットの受信後にエラーを検出した場合は、上記第1の通信装置に対してエラーパケットの連続送信を要求する連続再送信要求を行う、ことを特徴とする。 Another retransmission scheme of transmission error data of the present invention, the retransmission scheme of the transmission error data in the data communication between the first and second communication devices each other, the first communication device, data to be transmitted was divided into a plurality of buckets, transmits giving transmission order to each packet, the second communication apparatus performs error detection of the received packet, when an error is detected prior to receipt of the final ranking packet the subjected to selective retransmission request for requesting retransmission of the error packet to the first communication device, when detecting an error after receiving the final ranking packets, error packets to the first communication device performing continuous retransmission request for continuous transmission, characterized in that.
【0013】 [0013]
このように構成した場合も、最終パケットが受信側に着信すると、送信側は送信エラーとなったパケットのみを受信側に受信されるまで連続に送信することが可能となるので、最終パケットが着信するまでの一群のパケットについての伝送効率を下げることなく、無線回線等におけるノイズに対して信号伝送の信頼性を向上することが可能となる。 Also the case of such a configuration, when the last packet arrives at the receiving side, the transmission side can be transmitted continuously until received only packet that transmits errors to the receiving side, the last packet is an incoming call without lowering the transmission efficiency of the group of packets before, it is possible to improve the reliability of signal transmission with respect to noise in a wireless line, or the like.
【0014】 [0014]
好ましくは、上記送信エラーデータの再送方式において、上記第2の通信装置は、エラーを検出した場合、該当するエラーパケットの再送信の要求を少なくとも2回続けて送出し、上記第1の通信装置は、上記2回の再送信の要求のうちのいずれかの再送信の要求を正しく判別した場合に再送信を行う。 Preferably, the retransmission scheme of the transmission error data, said second communication device, when detecting an error, transmits in succession at least twice retransmission request for the appropriate error packet, the first communication device performs retransmission when correctly determine the requirements of any of the retransmission of the above two retransmission request.
【0015】 [0015]
このように構成すると、第2の通信装置から第1の通信装置へ、より確実に再送信要求を伝達することが可能となる。 According to this structure, from the second communication device to the first communication device, it is possible to transmit reliably retransmit request. すなわち、再送要求を2回連続して送出することにより、受信された再送要求の一つにエラーが生じても、もう一つの再送要求が正しく受信されれば、受信した再送要求に対応して該当データ(パケット)の再送信が行われる。 That is, by transmitting two consecutive retransmission requests, even if an error occurs in one of the received retransmission request, if received another retransmission request is correct, in response to the retransmission request received retransmission of the corresponding data (packets) are performed. そして、第1の通信装置は、同じ再送要求を連続して受信した場合には、2つ目の再送要求を無視し、データの再送を1回だけ行う。 Then, the first communication device, when receiving the same retransmission request continuously ignores the second retransmission request, retransmits the data only once. これにより、伝送効率の低下を防ぐことができる。 Thus, it is possible to prevent a decrease in transmission efficiency.
【0016】 [0016]
この発明に係るデータ伝送方法は、送信すべきデータを含むパケットを複数のフレームに分割する分割ステップと、2 n個のフレームをひとつのブロックとしてくくるステップとを備えるものである。 Data transmission method according to the invention comprising a dividing step of dividing a packet containing data to be transmitted into a plurality of frames, and the step of enclosing the 2 n frames as one block.
【0017】 [0017]
この発明によれば、送信順位の情報のビット長を短くすることができる。 According to the present invention, it is possible to shorten the bit length of the transmission order information. これに伴い、フレーム内のデータ領域を増やすことができて、フレーム効率を高めることができる。 Along with this, it is possible to increase the data area in the frame, it is possible to increase the frame efficiency.
【0018】 [0018]
好ましくは、前記フレームは、前記送信順位を表現する領域とデータ領域とを有し、前記分割ステップにおいて、前記送信順位の領域を小さくして前記データ領域を拡大するように、分割が行われる。 Preferably, the frame has an area and a data area for representing the transmission order, in the dividing step, to enlarge the data area by reducing the area of ​​the sending order, division is performed.
【0019】 [0019]
好ましくは、複数のフレームに分割し、2 n個毎にブロックとしてくくる。 Preferably, divided into a plurality of frames, enclose the blocks every the 2 n.
【0020】 [0020]
データ領域を拡大するためには、IPパケットを適当な2 n (n=1,2,3、・・・)個に分割しなければならない。 To expand the data area, a suitable IP packets 2 n (n = 1,2,3, ··· ) it must be divided into pieces. 2のべき乗の数に分割することが、送信順位を表現する領域のビット数を減らす上で効率的だからである。 Be divided into the number of power of 2, because efficient but in reducing the number of bits of the area representing the transmission order. また、ビット数を減らした結果得られた領域を有効活用できるように、分割数が決定される。 Also, to allow effective use of areas obtained as a result of reducing the number of bits, the number of divisions is determined. 例えば、図12のように情報結合ビットとブロック識別子を含ませ、かつ、送信順位のデータを1バイトを越えないようにするには、7ビットのN(S)、N(R)がそれぞれ半分以下の3ビットになる必要がある。 For example, it includes information coupling bits and the block identifier as in Figure 12, and, to not exceed one byte data transmission order is 7-bit N (S), N (R) half respectively the need for the following 3 bits.
【0021】 [0021]
この発明に係るデータ伝送方法は、送信すべきデータを含むパケットを、複数のブロックに分割する分割ステップと、前記ブロックごとに、送信すべきデータを、それぞれ前記送信順位を表現する領域、ブロックを区別するためのブロック識別子及びデータ領域を有する複数のフレームに分割し、各フレームに送信順位を与えて送信する送信ステップと、受信したフレームのエラー検出を行い、最終順位のフレームの受信前にエラーを検出した場合は、当該エラーフレームの再送信を要求する選択的再送要求ステップと、最終順位のフレームの受信後にエラーを検出した場合は、前記エラーフレームの連続送信を要求する連続再送信要求ステップと、最終順位のフレームの受信後であって、前記エラーフレームの連続送信の前に、次のブロッ Data transmission method according to the present invention, a packet containing data to be transmitted, a dividing step of dividing into a plurality of blocks, each said block, the data to be transmitted, the region for each representing the transmission order, the block divided into a plurality of frames having a block identifier and the data area for distinguishing a transmission step of transmitting giving transmission order in each frame, it performs error detection of the received frame, the error before receiving the final ranking of the frame If it detects a retransmission and selective retransmission request step of requesting, if an error is detected after reception of the final ranking of the frames, retransmission request step successive to request continuous sending of the error frame of the error frame If, even after the reception of the final ranking of the frame, before the continuous transmission of the error frame, the next block のフレームを送信する次フレーム送信ステップとを備える。 And a next frame transmission step of transmitting the frame.
【0022】 [0022]
この発明によれば、フレームにブロック識別子を設けて隣接するブロックを区別できるようにしたので、選択再送(SR)モードから連続再送モード(MC)に移行する際に、データ送信終了又はMCモードに遷移するかの判断を行う必要がなくなる。 According to the present invention, since to be able to distinguish between the adjacent blocks of the block identifiers provided on the frame, in the transition from the selected retransmission (SR) mode to the continuous retransmission mode (MC), the data transmission end or MC mode necessary to perform the determination of whether a transition is eliminated. したがって、アイドルフレーム送信が不要であり、次のブロックのパケットを送信できて、伝送効率を高めることができる。 Accordingly, the idle frame transmission is not necessary, it can send a packet of the next block, it is possible to increase the transmission efficiency.
【0023】 [0023]
好ましくは、前記ブロック識別子は1ビットであり、隣接するブロックを識別可能である。 Preferably, the said block identifier is 1 bit, it is possible to identify the adjacent blocks.
【0024】 [0024]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
発明の実施の形態1. DESCRIPTION OF THE INVENTION Embodiment 1.
以下、本発明の実施の形態について図面を参照して説明する。 It will be described below with reference to the drawings, embodiments of the present invention.
【0025】 [0025]
図1は、複数の通信装置によって通信ネットワークが構成される様子を説明するものである。 Figure 1 is a communication network by a plurality of communication devices illustrating how constructed. ここでは、説明を簡単にするために、通信ネットワークの最小の構成単位である2つの通信装置で通信システムを構成している。 Here, for simplicity of explanation, constitute a communication system with two communication devices is the minimum unit of a configuration of the communication network.
【0026】 [0026]
同図においては、無線通信ネットワークを構成する通信装置1及び2が一例として示されている。 In the figure, the communication apparatus 1 and 2 constituting a wireless communication network is shown as an example. 各通信装置には、コンピュータシステム、電話装置、ファクシミリ等の端末装置が接続される。 Each communication device, a computer system, telephone apparatus, facsimile or the like of the terminal device is connected. この場合、通信装置の一方が基地局、他方が移動局であっても良い。 In this case, one is a base station of the communication device, the other may be a mobile station. また、複数の通信装置によっていわゆる無線LANを構成するものであっても良い。 Further, it may be constitute a so-called wireless LAN by a plurality of communication devices.
【0027】 [0027]
通信装置1及び2の相互間に形成される通信回線の仕様は、全二重式であり、上り回線及び下り回線の通信速度が異なる不平衡の通信回線である。 Specifications of the communication line formed between the communication apparatus 1 and 2 each other is a full-duplex, the communication speed of the uplink and downlink is a communication line different unbalance. 通信回線は、いわゆる周波数分割(FDD)によるものや、時分割多元接続(TDMA)、時分割復信(TDD)等の種々の形式の回線が適用可能である。 Communication line, and by so-called frequency division (FDD), time division multiple access (TDMA), various types of lines, such as time division duplex (TDD) is applicable.
【0028】 [0028]
例えば、ある時点(A)における通信装置1から通信装置2に送信する下り回線の通信速度は、64kbps(高速)で、通信装置2から通信装置1に送信する上り回線の通信速度は4kbps(低速)である。 For example, the communication speed of the downlink to be transmitted from the communication apparatus 1 at a certain point in time (A) to the communication device 2 is a 64 kbps (fast), the communication speed of the uplink to be transmitted from the communication device 2 in the communication device 1 is 4 kbps (slow ) it is. すなわち、下り回線の通信装置1の送信部及び通信装置2の受信部は高速で動作し、上り回線の通信装置1の受信部及び通信装置2の送信部は低速で動作する。 That is, the reception unit of the transmission unit and the communication device 2 of the communication device 1 of the downlink operates at high speed, the transmission unit of the receiving unit and the communication device 2 of the communication device 1 of the uplink operates at low speed. また、他の時点(B)における通信装置2から通信装置1に送信する上り回線の通信速度は、64kbpsで、通信装置2から通信装置1に送信する上り回線の通信速度は4kbpsである。 Further, the communication speed of the uplink to be transmitted from the communication apparatus 2 to the communication apparatus 1 at the other times (B) is at 64 kbps, the communication speed of the uplink to be transmitted from the communication device 2 in the communication device 1 is 4 kbps. 通信装置1に送信する上り回線の通信速度は4kbps(低速)である。 Communication speed uplink to be transmitted to the communication apparatus 1 is 4 kbps (slow). このとき、下り回線の通信装置1の送信部及び通信装置2の受信部は低速で動作し、上り回線の通信装置1の受信部及び通信装置2の送信部は高速で動作する。 At this time, the reception unit of the transmission unit and the communication device 2 of the communication device 1 of the downlink operates at a low speed, the transmission unit of the receiving unit and the communication device 2 of the communication device 1 of the uplink high speed operation.
【0029】 [0029]
このように、上下回線のデータ通信速度を切替える不平衡データ伝送を行うのは、2つの通信装置間の伝送効率を向上するためである。 Thus, perform unbalanced data transmission for switching the data communication speed of the upper and lower lines, in order to improve the transmission efficiency between the two communication devices. すなわち、2つの通信装置相互間の交信状況を観察すると、ある時点では、上下回線のうちいずれか一方の回線が混んでいる場合が多い。 That is, when observing the communication status between two communication devices mutually at some point, in many cases are crowded is one line of the vertical line. このような場合には、通信回線の伝送能力(最大データ伝送量)が一定であるとすると、混んでいる方の回線の通信速度を上げ、その分他方の回線の通信速度を下げて上下通信チャネルの容量内に収める方が、データ通信を早く終えることが出来るからである。 In such a case, when the transmission capability of the communication line (maximum data transmission amount) is constant, increasing the communication speed of line who are crowded, vertical communication to lower the communication speed of the correspondingly other line If you fit within the capacity of the channel it is, is because it is possible to finish faster data communication.
【0030】 [0030]
例えば、インターネット等のネットワークでは、端末側からウェブサーバに対して送るデータよりも、サーバから端末側に送るデータの方が圧倒的に多い。 For example, in a network such as the Internet, than the data sent to the web server from the terminal side, it is overwhelmingly are more data to be sent to the terminal from the server. 端末では、ウェブへのアクセスよりもウェブからのデータのダウンロードに長い時間を要することは、経験的事実である。 In the terminal, also from access to the web takes a long time to download the data from the web is an empirical fact.
【0031】 [0031]
通信装置1及び2の各々は、送信(受信)エラーが生じたときにエラーデータの再度の送信を求める自動再送要求機能(Automatic Repeat Request)を備えている。 Each of the communication devices 1 and 2 is provided with automatic repeat request function for obtaining the transmission again the error data (Automatic the Repeat Request) when the transmission is (receive) error occurred. 本発明に係る通信システムではデータの再送の形式として、特定のデータを再度送信する選択再送(Selective Repeat)に加えて、後述する、同じデータを相手側に着信するまで連続送信する連続再送(Multi Copy)とを備える。 As a form of data retransmission in a communication system according to the present invention, in addition to the selective repeat (Selective the Repeat) for transmitting specific data again later, successive retransmission successive transmissions of the same data until it arrives to the other side (Multi Copy) and a.
【0032】 [0032]
例えば、通信装置が一連のデータの送信中に受信側から先に送信した送信データの不達を表すNACK(否定応答)信号を受信した場合には選択再送を行う。 For example, when the communication device receives a NACK (negative acknowledgment) signal indicating the non-delivery of the transmission data transmitted from the receiving side previously during the transmission of a series of data do selective retransmission. また、一連のデータのデータ送信の一応の終了後に受信側に未着のデータ(送信エラー)が存在する場合には、受信側からACK(肯定応答)信号を受信するまで当該未着のデータを連続送信する連続再送を行うようにすることが出来る。 Further, when the non-arrival of the data to the receiving side after once the end of the data transmission of a series of data (transmission error) is present, the non-arrival of the data until it receives an ACK (acknowledgment) signal from the receiving side it is possible to perform the continuous retransmission of continuous transmission.
【0033】 [0033]
また、通信装置1及び2は、データ送信・受信の切替(スワップ)に対応して、データ送信(受信)速度を高低に切替える機能を有している。 The communication apparatus 1 and 2, corresponding to the switching of the data transmission and reception (swaps), and has a function of switching the data transmission (reception) rate in height.
【0034】 [0034]
送信するデータは、例えば、インターネット・プロトコル(IP)によるパケットデータである。 Data to be transmitted, for example, a packet data according to Internet Protocol (IP). 各通信装置の送信系は、IPパケット(送信データ)を複数のフラグメントに分割し、分割したフラグメントを含む複数の送信パケットを構成し、これ等パケットを相手側装置に送信する。 Transmission system of the communication device, IP packet (transmission data) is divided into a plurality of fragments, constitute a plurality of transmission packets including the divided fragments, and transmits the packets or the like in the partner apparatus. 相手側装置は、その受信系で送信パケットからフラグメントを分離し、各フラグメントを組立て、IPパケットデータを復号する。 Partner apparatus separates the fragments from the transmission packet in the reception system, assemble each fragment, decodes the IP packet data.
【0035】 [0035]
図2は、IPパケットを細分化して複数の送信パケットを形成するフラグメンテーション(fragmentation)を説明する説明図である。 Figure 2 is an explanatory diagram for explaining fragmentation (fragmentation) to form a plurality of transmission packets to subdivide the IP packet.
【0036】 [0036]
端末から出力されたIPパケット・データは、通信装置によりn個のフラグメントに分解される。 IP packet data output from the terminal is broken down into n fragments by the communication device. 各フラグメントにはエラーチェックが施される。 Each fragment error checking is performed. エラーチェックは、例えば、巡回冗長検査(CRC、Cyclic Redundancy Check)を用いることが出来る。 Error checking, for example, cyclic redundancy check (CRC, Cyclic Redundancy Check) can be used. 第1番目の送信パケットには、フラグメントの順番、識別番号(ID、identification)、IPパケットの長さ及びフラグメントの残り数の情報(IP−Len)が含まれる。 The 1st transmission packet, the order of the fragments, the identification number (ID, identification), contains remaining number information of the length and fragments of IP packets (IP-Len) is. IPパケットの長さ情報(IP−Len)は、受信側でのフラグメントの組立に特に重要であるので、二重にCRCをかけて後の判別を確実にしている。 The length information of the IP packet (IP-Len), so is particularly important for assembly of fragments at the receiving side, and to ensure discrimination after over CRC twice. 第2番目〜最後のn番目の送信パケットの各々には、フラグメントの順番、識別番号、IPパケットの分割されたフラグメントの情報等が含まれる。 In each of the second-last n-th transmission packet, the order of the fragments, the identification number, and information such as a broken fragment of the IP packet. 送信パケット1〜nは、順番に送出される。 Transmission packet 1~n is sent sequentially.
【0037】 [0037]
図3は、2つの通信装置1及び2間における不平衡パケット通信におけるデータ送信方向の交替過程(スワッププロセス)を説明する説明図である。 Figure 3 is an explanatory diagram for explaining a data transmission direction of the replacement process in unbalanced packet communication in two communication devices 1 and between 2 (swapping process).
【0038】 [0038]
同図において、送信側(TX)から受信側(RX)に向う信号路は下り回線(図1の(A))に相当し、受信側(RX)から送信側(TX)に向う信号路は上り回線(図1の(B))に相当する。 In the figure, the signal path toward the receiver side (RX) from the transmission side (TX) corresponds to downlink (in FIG. 1 (A)), the signal path toward the transmitting side (TX) from the receiver (RX) is It corresponds to the uplink (in FIG. 1 (B)).
【0039】 [0039]
この例では、通信当初において、通信装置1は、下り回線を高速(64kbps)に設定してデータを通信装置2に送信し、上り回線を低速(4kbps)に設定して通信装置2から返信を受信する。 In this example, the communication initially, the communication apparatus 1 transmits the downlink set to the data to the communication device 2 to a high speed (64 kbps), the reply uplink set from the communication apparatus 2 to the low speed (4 kbps) It received. 受信側(RX)の通信装置2は、下り回線を使用してデータを高速で受信し、上り回線を使用して受信データに対する返信を送信する。 Communication device 2 on the reception side (RX) receives data at a high speed by using the downlink, and transmits a response to the received data using the uplink.
【0040】 [0040]
後述するように、通信装置1は端末装置から供給されるIPパケットを一時格納するIPパケットバッファメモリを備えている。 As described below, the communication device 1 includes the IP packet buffer memory for temporarily storing the IP packets supplied from the terminal device. IPパケットバッファメモリに入力されたIPパケットは、前述したように、n個のIPフラグメントに分割され、分割されたフラグメント1〜nは送信パケットに形成され、通信装置2に向けて高速かつ連続的に送出される。 IP packets input to the IP packet buffer memory, as described above, is divided into n IP fragments, broken fragment 1~n is formed in the transmission packet, fast and continuous to the communication device 2 It is sent to.
【0041】 [0041]
通信装置2は、受信した各送信パケット(受信パケット)を図示しないバッファメモリに逐次格納し、各受信パケットのエラーチェックを行う。 Communication apparatus 2 sequentially stored in the buffer memory (not shown) each transmitted packet received (received packet), performs an error check of each received packet. 受信したフラグメントにエラーがない場合、パケット1〜nの各々の着信に対応して肯定応答信号ACK1〜ACKnを逐次返信する。 If there is no error in the received fragment, sequentially sends back an acknowledgment signal ACK1~ACKn corresponding to each of the incoming packets 1 to n. 返信は上り回線(低速回線)を介して行われる。 Reply is through the uplink (low-speed line). 通信装置2がIPパケットのn番目(最後)のフラグメントを受信すると、一連のフラグメントの受信完了が判別回路によって検出され、各フラグメントが送信順に組立られ、IPパケットが完成する。 When the communication device 2 receives the fragment of n-th IP packet (the last), completion of reception of a series of fragments is detected by the determination circuit, each fragment assembled in the transmission order, the IP packet is completed. このIPパケットは、通信装置2から端末装置に出力される。 This IP packet is output from the communication apparatus 2 to the terminal device.
【0042】 [0042]
通信装置2は、通信装置1から最後の送信パケットnを受信したとき、通信装置2のIPパケット受信バッファに端末装置から送信すべきIPパケットが入力されているかどうかを確認する。 Communication apparatus 2, when the communication device 1 receives the last transmission packet n, IP packet to be transmitted from the terminal device to the IP packet receiving buffer of the communication device 2 confirms whether the input. 端末装置2から端末装置1に送信すべきIPパケット・データが存在すると、n番目の送信パケットに対する肯定応答信号ACKnと、自己のIPパケット・データを送信すべく、スワップ(SWAP)要求を通信装置1に送出する。 If IP packet data to be transmitted from the terminal apparatus 2 to the terminal device 1 exists, the acknowledgment signal ACKn for the n-th transmission packet, in order to transmit its own IP packet data, swap (SWAP) requesting communication device and it sends it to the 1.
【0043】 [0043]
通信装置1のIPパケット受信バッファに、次に送信すべきIPパケットが存在しない場合、通信装置1は、スワップ肯定応答(SWAP ACK)信号を通信装置2に送出する。 The IP packet reception buffer of the communication device 1, when an IP packet to be transmitted next is not present, the communication apparatus 1 sends swap acknowledge (SWAP ACK) signal to the communication device 2. これにより、パケットデータの送信権が通信装置1から通信装置2に交替し、高速回線の使用権が通信装置2に移る。 Thus, alternating the transmission right communication device 1 of the packet data to the communication device 2, the right of use of high-speed line moves to the communication device 2. 通信装置1は上り回線を高速受信に、下り回線を低速送信に切替える。 Communication device 1 is quickly receive uplink switch the downlink to the low speed transmission. 通信装置2は、上り回線を高速送信に、下り回線を低速受信に切替え、そのIPパケット受信バッファに入力されたIPパケットをn個のIPフラグメントに分割し、通信装置1に向けて高速かつ連続的に送出する。 Communication device 2, the high-speed transmission of uplink switches the downlink to the low speed reception, divides the IP packet input to the IP packet reception buffer into n IP fragments, fast and continuous to the communication device 1 to be sent out.
【0044】 [0044]
このようにして、高速回線及び低速回線の使用権が通信装置1から通信装置2に切替えられ、スワップが完了する。 In this way, the right of use of high-speed lines and low-speed line is switched from the communication device 1 to the communication device 2, the swap is complete.
【0045】 [0045]
図4は、通信装置1が通信装置2からのスワップ要求に応えず、引続き高速回線を占有する例を説明する説明図である。 Figure 4 is not responding communication apparatus 1 swap request from the communication device 2 is an explanatory view continued explaining an example of occupying high-speed lines.
【0046】 [0046]
通信装置1は、IPパケットのフラグメント1〜nをそれぞれ含む送信パケット1〜nを形成し、逐次送信する。 Communication apparatus 1 forms the transmission packet 1~n comprising fragments 1~n of IP packets respectively transmitted sequentially. 通信装置2は、これ等を受信して肯定信号ACKiを逐次返信する。 Communication device 2 sequentially sends back an acknowledge signal ACKi receives this like. 通信装置2は最後のフラグメントnを受信すると、自己のIPパケット受信バッファに端末装置からの送信すべきIPパケットが存在することを確認し、通信装置1にACKn信号と共にスワップ要求信号(SWAP)を送出する。 When the communication device 2 receives the last fragment n, a check that the IP packet to be transmitted from the terminal device to its own IP packet receiving buffer is present, the swap request signal with ACKn signal to the communication device 1 (SWAP) sending to.
【0047】 [0047]
しかしながら、本例の場合、通信装置1の受信バッファメモリには、端末装置からの次に送信すべきIPパケットが存在するので、通信装置1はスワップ否定応答(NACK SWAP)信号を返信として送出する。 However, in the present example, the receiving buffer memory of the communication device 1, since the IP packet to be transmitted next from the terminal apparatus exists, the communication apparatus 1 sends Swap negative acknowledgment (NACK SWAP) signal as a reply . この場合には、通信装置2は次に送られる送信パケットの受信を待ち、通信装置1及び通信装置2相互間ではスワップは実行されない。 In this case, the communication device 2 waits for reception of the next transmission packet to be sent, swap between communication device 1 and the communication apparatus 2 mutually is not executed. そして、通信装置1は送信権を保持して、次のIPパケットをフラグメント化して送信パケットを形成し、引続きデータの送信を行う。 Then, the communication device 1 holds the transmission right, the transmission packet is formed by fragmenting the next IP packet, continue to transmit data.
【0048】 [0048]
このようにして、通信装置1は、パケットデータの送信を継続することが可能である。 Thus, the communication device 1 is able to continue the transmission of packet data.
【0049】 [0049]
図5は、送信パケットが相手に正しく受信されなかった場合に、受信側装置からの再送信要求に対して、送信側装置が2つの再送モード(選択再送、連続再送)により、未着の送信パケットの再送信を行う例を説明する説明図である。 5, when the transmission packet has not been received correctly to the other, with respect to retransmission request from the receiving side apparatus, the transmitting apparatus has two retransmission modes (selective retransmission, continuous retransmission), the transmission to arrive it is an explanatory view for explaining an example of performing retransmission of the packet.
【0050】 [0050]
同図において、通信装置1はIPパケットをフラグメント化し、形成した送信パケットを逐次送信する。 In the figure, the communication apparatus 1 fragment the IP packet, sequentially transmits the transmission packet formed. 通信装置2は、各送信パケットの受信に対応して肯定応答信号ACKiを送出する。 Communication device 2 transmits an acknowledgment signal ACKi in response to reception of each transmitted packet. ここで、無線通信回線にノイズや妨害波等が混入して、送信パケット2について不達が生ずるものとする。 Here, noise and disturbance or the like to the wireless communication channel is mixed, it is assumed that the non-arrival occurs for transmitted packets 2. 通信装置2は、FEC/CRCデコーダによってエラーを検出し、通信装置1に対して否定応答信号NACK2を2回連続に送出して送信パケット2の不達を知らせる。 Communication device 2 detects an error by the FEC / CRC decoder informs undelivered transmission packet 2 by sending a negative acknowledgment signal NACK2 continuously twice to the communication device 1. 否定応答信号NACKを2回送信するのは、相手に確実に伝えるためである。 Sending a negative acknowledgment signal NACK 2 times is to convey reliably to the other party.
【0051】 [0051]
通信装置1は、一連の送信パケットの連続送信中に否定応答信号NACKを受信した場合は選択再送モードを実行する。 Communication apparatus 1, when receiving a negative acknowledgment signal NACK during continuous transmission of a sequence of transmission packets to perform a selective retransmission mode. このモードでは、未着の送信パケット2をバッファメモリから読出して再送信する。 In this mode, it retransmits the transmission packet 2 to arrive reads from the buffer memory. 通信装置2から通信装置1に否定応答信号NACK2が2回送られてくる。 Negative acknowledgment signal NACK2 from the communication apparatus 2 to the communication apparatus 1 is transmitted twice. 1回目のNACK2が通信装置1に正しく受信された場合には、通信装置1は送信パケット2を送り、後に受信される2回目のNACK2を無視する。 First NACK2 is when it is received correctly in the communication device 1, the communication apparatus 1 sends the transmission packet 2, ignoring NACK2 of second received later. 仮に、1回目のNACK2にエラーが生じた場合は、どの番号の再送要求か判らないが、2回目のNACK2が正しく受信できれば、通信装置1は送信パケット2を送ることが出来る。 If, when the error in the first NACK2 occurs, but do not know what number of the retransmission requests, if the received NACK2 the second is correct, the communication device 1 can send a transmission packet 2. しかし、この例においては、送信パケット2はノイズの影響を受けて通信装置2に正しく受信されない。 However, in this example, the transmission packet 2 is not received correctly to the communication device 2 under the influence of noise. 通信装置2は、受信した他のパケットについて肯定応答信号ACKiを逐次返信する。 Communication device 2 sequentially sends back an acknowledgment signal ACKi for other packets received. 不達の送信パケット2については否定応答信号NACK2の返信を繰返す。 For non-delivery of the transmitted packet 2 repeats the reply of the negative response signal NACK2. 他の送信パケットの受信は終了する。 Reception of another transmission packet is completed.
【0052】 [0052]
通信装置2は、最後の送信パケットnを受信すると、送信パケット2についての否定応答信号NACK2と最終送信パケットnについての肯定応答ACKnとを送出する。 The communication device 2 receives the last transmission packet n, and sends the acknowledgment ACKn for the final transmission packet n and negative acknowledgment signals NACK2 for transmitting packet 2. これを受信した通信装置1は、最後の送信パケットを送信したことを確認し、選択再送モードから連続再送モードに再送信モードを切替える。 Communication device 1 having received this confirms that the transmission of the last transmitted packet, switches the retransmission mode from the selection retransmission mode to the continuous retransmission mode.
【0053】 [0053]
連続再送モードでは、未着の送信パケットと同一の送信パケットを複数回、例えば、相手から受信の返答を得るまで繰返し送信する。 In continuous retransmission mode, a plurality of times the same transmission packet and sending the packet to arrive, for example, repeatedly transmitting until a reply received from the other party. 通信装置1から送信バケット2が連続送信され、その内の一つが通信装置2で正しく復号される。 Transmission buckets 2 are sequentially transmitted from the communication apparatus 1, one of which is correctly decoded by the communication device 2.
【0054】 [0054]
通信装置2は、通信装置1に対して肯定応答ACK2を送信する。 Communication device 2 transmits an acknowledgment ACK2 to the communication device 1. このとき、自己のIPパケット受信バッファに送信すべきIPパケットが存在すると、通信装置1に対してスワップ要求を送信する。 At this time, when the IP packet to be transmitted to its own IP packet receiving buffer is present, transmits a swap request to the communication apparatus 1.
【0055】 [0055]
通信装置1は、肯定応答信号ACK2を受信し、他に連続再送すべきエラー送信パケットがないことを確認して、再送モードを選択再送モードに切替える。 Communication device 1 receives the acknowledgment signal ACK2, to ensure that there are no errors transmitted packets to be continuously retransmitted to other switches the retransmission mode selective retransmission mode. そして、自己のIPパケット受信バッファに次に送信すべきIPパケットが存在しないことを確認し、通信装置2に対して、スワップ要求肯定信号を送出する。 It is confirmed that the IP packet to be transmitted next to its own IP packet reception buffer does not exist, the communication device 2 transmits a swap request acknowledge signal.
【0056】 [0056]
これを受信した通信装置2は、データの送信権を獲得し、送信系の通信速度を高速に、受信系の通信速度を低速に切替えて、IPパケットのフラグメントを担う送信パケットの送信を開始する。 Communication apparatus 2 which has received this, acquires the transmitting right of the data, a high speed communication speed of the transmission system, switches the communication speed of the reception system to a low speed, to start the transmission of the transmission packet carrying the IP packet fragments .
【0057】 [0057]
このようにして、受信エラーが生じた場合には、最終送信パケット(未送信フラグメント)の有無に対応して選択再送モードと複数再送モードの選択が行われる。 In this manner, the reception error if occurred, the last transmitted packet whether the selection of the selective repeat mode and multiple retransmitted mode corresponds to (unsent fragment) is performed. 一つの送信パケットを再送信する選択再送モードよりも、同一の送信パケットを連続送信する複数再送モードの方が受信側に正しく受信される確率は高くなる。 Than selective repeat mode to retransmit the one transmission packet, the probability that the direction of two or more retransmission mode for continuously transmitting the same transmission packet is correctly received on the reception side is high. しかしながら、他の送信パケットが送信中である場合には、それ等の送信の妨げとなるので、この状態では選択再送モードにより、パケットデータを再送信している。 However, other transmission if the packet is being transmitted, since it like interfere the transmission of the selective repeat mode in this state, and resend the packet data.
【0058】 [0058]
図6は、上述した通信装置1及び2の構成例を説明するブロック図である。 Figure 6 is a block diagram illustrating a configuration example of a communication apparatus 1 and 2 described above. 同図において、21〜28は送信系を、29及び30はアンテナ系を、31〜35は制御系を、41〜50は受信系を、構成する。 In the figure, 21 to 28 a transmission system, the 29 and 30 includes an antenna system, a is 31 to 35 control system, 41 to 50 is a reception system and configuration.
【0059】 [0059]
まず、コンピュータ・システム等の端末装置から入力される全てのIPパケットは受信バッファ21に一旦格納される。 First, all of the IP packets input from the terminal device such as a computer system is temporarily stored in the reception buffer 21. そして、IPパケットは、最初のフラグメント発生部22、パケットフラグメント回路23に与えられる。 Then, IP packet, the first fragment generation unit 22 is supplied to the packet fragments circuit 23. 最初のフラグメント発生部22は、IPパケットの長さ情報を含む最初のフラグメントを作成する論理回路を有し、最初のフラグメントを作成する。 First fragment generation unit 22 includes a logic circuit for generating a first fragment including the length information of the IP packet, to create a first fragment. 作成された最初のフラグメントはフラグメント選択回路25に出力される。 The first fragment is created is output to the fragment selection circuit 25. パケットフラグメント回路23は、伝送すべき各IPパケットを分割して小片(フラグメント)化する。 Packet fragments circuit 23 divides to reduction pieces (fragments) each IP packet to be transmitted. 作成されたIPパケットのフラグメントは、フラグメントバッファ24に格納される。 Fragments of the created IP packet is stored in the fragment buffer 24.
【0060】 [0060]
フラグメント選択回路25は、転送モード制御部32からの指令信号に従って、伝送すべき、最初のフラグメントを最初のフラグメント発生器22の出力から選択し、次以降のフラグメントをフラグメントバッファ24から選択する。 Fragment selection circuit 25 according to the instruction signal from the transfer mode control unit 32, to be transmitted, and select the first fragment from the output of the first fragment generator 22 to select the next subsequent fragment from the fragment buffer 24. 選択したフラグメントはFEC/CRCエンコーダ26に送られる。 The selected fragments are sent to the FEC / CRC encoder 26.
【0061】 [0061]
FEC/CRCエンコーダ26は、フォワード・エラー・コレクション(FEC,Foward Error Correction)・コードあるいは巡回冗長検査(CRC)を用いてデータパケットをエンコード(符号化)し、送信パケットを形成する。 FEC / CRC encoder 26 forward error correction (FEC, Foward Error Correction) encoding (coding) data packet using code or cyclic redundancy check (CRC), to form a transmission packet.
【0062】 [0062]
セレクタ27は、スワップ制御部35からの制御信号に応答して、主ルートのFEC/CRCエンコーダ26が出力する送信パケットあるいはFEC/CRCエンコーダ34が出力する返信データの返信パケットを選択し、送信部28に送る。 The selector 27, in response to a control signal from the swap controller 35 selects the reply packet of the reply data transmission packets or the FEC / CRC encoder 34 outputs FEC / CRC encoder 26 of the main route output, the transmission unit and it sends it to the 28.
【0063】 [0063]
送信部28は、データ信号で搬送波を変調して無線周波の変調信号を得、方向性結合器30介してアンテナ30に送る。 Transmission unit 28 to obtain a modulated signal of a radio frequency by modulating a carrier wave with a data signal, and sends to the antenna 30 via the directional coupler 30. 前述したようにFDD、TDMA/TD、等の種々の信号形式の採用が可能である。 FDD as described above, it is possible TDMA / TD, the adoption of various signal types etc. is. 方向性結合部29は、送信部28の無線周波信号をアンテナ30に送出し、アンテナ30に到来した無線周波信号を受信部41に送出する。 Directional coupling unit 29, a radio frequency signal transmitting unit 28 transmits to the antenna 30, and sends a radio frequency signal arriving at the antenna 30 to the receiver 41. アンテナ30から自由空間に電波が放射され、他の通信装置にIPパケットデータが送信される。 Telecommunications into free space from the antenna 30 is radiated, IP packet data is transmitted to another communication device. 自由空間には、周波数、帯域等の伝送方式で規定される通信チャネルが形成される。 The free space, frequency, communication channel defined by the transmission system of the band or the like is formed.
【0064】 [0064]
一方、制御系のIPパケット存在検出部31は、通信相手に対してスワップ要求を発するかどうかを決定するために、IPパケット受信バッファ21にIPパケットが存在するかどうかを検出し、その結果を転送モード制御部32に出力する。 On the other hand, the IP packet presence detection unit 31 of the control system in order to determine whether issuing a swap request to the communication partner, detects whether an IP packet exists in the IP packet reception buffer 21, the result and outputs to the transfer mode control unit 32. 転送モード制御部32は、ACK(肯定応答)/NACK(否定応答)/スワップ(切替)要求/フラグメント番号等の伝送すべきフレームタイプのモードについて制御を行う主制御部である。 Transfer mode control unit 32 is ACK (Acknowledgment) / NACK (negative acknowledgment) / swap (switch) Request / fragment main control unit for controlling the mode of a frame type to be transmitted, such as numbers. 転送モード制御部32は、受信側から送られたACK信号/NACK信号/スワップ要求信号に対する返信を判断する。 Transfer mode control unit 32 determines a response to sent from the receiving side ACK signal / NACK signal / swap request signal. 返信発生部33は、転送モード制御部32からの指令信号に基づき、受信したパケットに対するACK/NACK信号、スワップ要求信号に対するACK/NACK信号等の返信データを発生する。 Reply generator 33, based on a command signal from the transfer mode control unit 32, ACK / NACK signal for the received packet, generates a reply data such as ACK / NACK signal with respect to the swap request signal. FEC/CRCエンコーダ(返信ルート)34は、返信データをフォワード・エラー・コレクション(FEC)・コードあるいは巡回冗長検査(CRC)によって符号化し、得られた返信パケットを既述セレクタ27に送る。 FEC / CRC encoder (Reply root) 34 encoded by forward error correction reply data (FEC), the code or cyclic redundancy check (CRC), and sends a reply packet obtained in above selector 27.
【0065】 [0065]
スワップ制御部35はスワップ動作に対応して各部の通信速度の切替を制御する役割を担っており、転送モード制御部32からの指示に基づいてセレクタ27、送信部28、受信部41、セレクタ42、FECデコーダ49に使用すべき、64kb/sあるいは4kb/sの通信チャネルの伝送速度レートについての選択信号を送る。 Swap control unit 35 is responsible for controlling the switching of the communication speed of the respective units in response to the swap operation, the selector 27 based on the instruction from the transfer mode control unit 32, transmitting unit 28, receiving unit 41, a selector 42 , to be used for FEC decoder 49, and sends a selection signal for transmission speed rate of the communication channel of the 64 kb / s or 4 kb / s.
【0066】 [0066]
次に、受信部41は、図示しない通信装置からの無線周波信号をアンテナ30、方向性結合部29を介して受信し、データ信号に復調する。 Then, the receiving unit 41 receives radio frequency signals from a communication device (not shown) the antenna 30 via the directional coupling unit 29, and demodulates the data signal. セレクタ42は、スワップ制御部35からの制御情報に従い、受信パケット・データをFECデコーダ(返信ルート)49あるいはFEC/CRCデコーダ(主ルート)43に送る。 The selector 42, in accordance with control information from the swap controller 35, sends the received packet data to the FEC decoder (Reply root) 49 or FEC / CRC decoder (main root) 43.
【0067】 [0067]
FEC/CRCデコーダ43は、受信したデータを復号し、使用されたFECあるいはCRCに基づいてエラーの有無を検出する。 FEC / CRC decoder 43 decodes the received data, detects the presence or absence of an error on the basis of the FEC or CRC used. エラー検出及びエラー・フラグメント番号(あるいは送信パケット番号)は転送モード制御部32に報告される。 Error detection and error fragment number (or transmission packet number) is reported to the transfer mode control unit 32. エラーコレクションを経たデータはフラグメント格納回路44に出力される。 Data that has undergone error correction is output to the fragment storage circuit 44.
【0068】 [0068]
フラグメント格納回路44は、供給されるフラグメント・データから、後述の自動再送要求(ARQ)によって繰返し送信された余分のフラグメントやデータとしての不要部分であるオーバーヘッドを取除き、フラグメントバッファ45に渡す。 Fragment storage circuit 44, the fragment data supplied, removes the overhead is unnecessary portion of the extra fragments and data transmitted repeatedly by an automatic repeat request later (ARQ), and passes to the fragment buffer 45. フラグメントバッファ45は、受信したフラグメントを格納する。 Fragment buffer 45 stores the received fragment. 受信完了検出部46は、第1フラグメントのIP−Len情報、各フラグメントに付された送信順位番号等を参照して全てのフラグメントを受信したかどうかを検出する。 Reception completion detecting section 46, IP-Len information of the first fragment to detect whether it has received all fragments with reference to transmission order number or the like attached to each fragment. パケットデフラグメント回路47は、全てのフラグメントが受信されると、受信完了検出部46からの信号を受けて、IPパケットを形成するために全てのフラグメントを順番に結合する。 Packet defragment circuit 47, when all fragments are received, in response to a signal from the reception completion detection unit 46, combining all of the fragments in the order to form the IP packet. IPパケット送信バッファ48は、復元されたIPパケットを一旦格納し、コンピュータ・システム(端末装置)に送出する。 IP packet transmission buffer 48 temporarily stores the reconstructed IP packet and sends it to the computer system (terminal).
【0069】 [0069]
FECデコーダ(返信)49は、受信部41が受信した受信装置側からの返信パケットをデコード(復号)し、エラーを検査する。 FEC decoder (Reply) 49, a reply packet from the receiving apparatus side receiving unit 41 receives and decodes (decodes) to check for errors. 返信解析部50は、受信した返信内容を解析し、これを転送モード制御部32に知らせる。 Reply analyzing unit 50 analyzes the reply content received, informs the transfer mode control unit 32.
【0070】 [0070]
次に、上述した通信装置のデータ送信における制御動作について図7を参照して説明する。 Will now be described with reference to FIG. 7 the control operation in the data transmission of the above-described communication apparatus. 同図は、通信装置1におけるデータ送信モードを説明するフローチャートである。 The figure is a flow chart for explaining a data transmission mode in the communication device 1.
【0071】 [0071]
このモードでは、通信装置1からデータを送信する送信系の通信速度が64kbps、返信データを受信する受信系の通信速度が4kbpsに設定される。 In this mode, the communication speed of a transmission system for transmitting data from the communication device 1 is 64 kbps, the communication speed of the reception system for receiving return data is set to 4 kbps. これに対応して、相手側(受信側)通信装置2の受信系の通信速度が64kbps、送信系の通信速度が4kbpsに設定される。 Correspondingly, the communication speed of the receiving system of the other party (receiving side) communication device 2 is 64 kbps, the communication speed of the transmission system is set to 4 kbps. 通信速度の切替はスワップ制御部35によって行われる。 Switching of the communication speed is performed by swapping the control unit 35.
【0072】 [0072]
まず、転送モード制御部32は、IPパケット存在検出部31の出力によって、IPパケット受信バッファ21にIPパケットが存在するかどうかを判別する(S22)。 First, the transfer mode control unit 32, by the output of the IP packet presence detection unit 31 determines whether an IP packet exists in the IP packet reception buffer 21 (S22).
【0073】 [0073]
IPパケットが存在しない場合、受信側の通信装置からスワップ要求が送られているかどうかを判断する(S42)。 If the IP packet does not exist, it is determined whether the swap request is sent from the communication device on the receiving side (S42). スワップ要求が存在すれば(S42;Yes)、スワップ肯定(ACK SWAP)信号を送信する。 If there is a swap request (S42; Yes), it transmits a swap affirmative (ACK SWAP) signal. これにより、送信権が受信側に移動する(S44)。 Accordingly, to move to the receiving side transmission right (S44). スワップ要求が存在しなければ(S42;No)、IPパケットの待受け状態(S22)となる。 If the swap request is present (S42; No), the standby state of the IP packet (S22).
【0074】 [0074]
受信バッファ21にIPパケットが存在している場合(S22;Yes)、入来したIPパケットを、最初のフラグメント発生部22、パケットフラグメント回路23、フラグメントバッファ24及びフラグメント選択回路25によってフラグメントに分解する(S24)。 If the IP packet to the receiving buffer 21 is present (S22; Yes), decomposes the IP packets incoming to fragments by the first fragment generation unit 22, packet fragments circuit 23, a fragment buffer 24 and fragment selection circuit 25 (S24). 分解した各フラグメントをエンコーダ26によって送信パケットに形成し、これを送信部28、方向性結合部28及びアンテナ30を経て、他方の通信装置(受信側)に送信する(S26)。 Decomposed each fragment to form a transmission packet by the encoder 26, which transmission part 28, via a directional coupling section 28 and the antenna 30, and transmits to the other communication apparatus (receiving side) (S26).
【0075】 [0075]
転送モード制御部32は、受信側からの送信フラグメントに対する返信がNACK(否定応答)信号かどうかを判別する(S28)。 Transfer mode controller 32 replies to transmission fragments from the receiving side to determine whether NACK (negative acknowledgment) signal (S28). NACK信号は、送信パケット(あるいはフラグメント)が正しく受信(復元)されなかったことをことを意味する。 NACK signal means that that a transmission packet (or fragment) has not been correctly received (restored). NACK信号でない場合(S28;No)、すなわち、ACK信号を受信した場合には、最後のフラグメントを送信したかどうかを判別する(S30)。 If not NACK signal (S28; No), i.e., when receiving the ACK signal, it is determined whether transmission of the last fragment (S30). まだ、最後のフラグメントではない場合(S30;No)には、フラグメントの送信を繰返す(S26〜S30)。 Yet, if not the last fragment; The (S30 No), repeats the transmission of the fragments (S26 to S30).
【0076】 [0076]
全てのフラグメントの送信が終了した場合(S30;Yes)、スワップ要求を受信しているかどうかを確認する(S32)。 If the transmission of all fragments has been completed (S30; Yes), to verify that the received a swap request (S32). スワップ要求を受けていない場合(S32;No)には、受信バッファ21に送信すべき次のIPパケットが残っていないかを確認する(S34)。 When having received no swap request; The (S32 No), checks whether there is no remaining following IP packet to be transmitted to the reception buffer 21 (S34). 残っている場合には(S34;Yes)、ステップS24から繰返し、当該パケットのフラグメントを送信する。 If you are still left (S34; Yes), the repetition from the step S24, and transmits a fragment of the packet. 残っていない場合には(S34;No)、IPパケットの待受け状態(S22)に戻る。 If none remain (S34; No), it returns to the standby state of the IP packet (S22).
【0077】 [0077]
一方、フラグメントの送信後にNACK信号を受信した場合(S28;Yes)、このNACK信号が同一フラグメントについて重複して送信(複送)されたものかどうかを判別する(S46)。 On the other hand, when receiving the NACK signal after transmitting the fragments (S28; Yes), the NACK signal to determine whether those sent (Fukuoku) with respect to the same fragment (S46). 同一フラグメントについて既にNACK信号を受信しているぱあいには(S46;Yes)、このNACK信号を無視(廃棄)し(S48)、フラグメント送信ルーチンのステップS30に移行する(S48)。 Same path already received a NACK signal for fragment Ainiwa (S46; Yes), it ignores the NACK signal (discarded) and (S48), the process proceeds to step S30 fragment transmission routine (S48).
【0078】 [0078]
NACK信号が当該フラグメントについて最初のものである場合(S46;No)、最後のフラグメントの送信が完了したかどうかを判断する(S50)。 If NACK signal is the first one for the fragments (S46; No), it is determined whether transmission of the last fragment has been completed (S50). これは、自己のフラグメントの送信記録あるいは相手装置からの肯定信号ACKnの受信記録により確認可能である。 This can be confirmed by receiving and recording a positive signal ACKn from transmission record or other unit of its own fragments. まだ、最後のフラグメントでない場合(S50;No)、には、受信側で正しく受信(あるいは復元)されなかったフラグメントを再送信する(S52)。 Yet, if not the last fragment (S50; No), the retransmits the was not correctly received by the receiving side (or restore) fragment (S52). これは、選択再送モードに対応する。 This corresponds to the selected retransmission mode. そして、ステップS26に戻って次のフラグメントを送信する。 Then, the process returns to step S26 to transmit the next fragment. 最後のフラグメントが送信された場合(S50)には、後述する、同一フラグメントを連続して再送信する連続再送モードを実行する。 In the case where the last fragment is sent (S50), it executes a continuous retransmission mode to retransmit sequentially described later, the same fragment.
【0079】 [0079]
また、一連のフラグメントの送信終了後(S30;Yes)に、スワップ要求を受信した場合(S32;Yes)には、IP受信バッファにIPパケットが残っているか確認する(S36)。 Further, after the transmission end of a series of fragments; in (S30 Yes), when receiving a swap request; The (S32 Yes), checks whether there remains an IP packet to the IP receiving buffer (S36). 残っている場合には(S36;Yes)、受信側にスワップ否定応答(NACK SWAP)を送出し(S38)、ステップS24に移行して、次のIPパケットのフラグメンテーション、フラグメント送信を行う(S26〜S30)。 If remaining (S36; Yes), the swap negative response to the reception side (NACK SWAP) sends a (S38), the process proceeds to step S24, fragmentation of the next IP packet, the fragment transmission performed (S26 to S30).
【0080】 [0080]
一方、IP受信バッファにIPパケットが残っていない場合には(S36;No)、送信権を受信側装置に移すべく、スワップ肯定(ACK SWAP)信号を送出する(S40)。 On the other hand, if the IP receive buffer it does not remain IP packet (S36; No), in order to transfer the transmission right to the receiving apparatus, and sends the swap affirmative (ACK SWAP) signal (S40). このスワップ肯定に対応してスワップ指令がスワップ制御部に送られ、送信系及び受信系の通信速度(あるいは通信チャネル)が交替する。 The swap affirmative corresponding swap command is sent to the swap controller, the communication speed of the transmission and receiving systems (or communication channels) are replaced. その後、IPパケットの待受け状態(S22)に移行する。 Thereafter, the process proceeds to a standby state of the IP packet (S22).
【0081】 [0081]
次に、連続再送信モードについて図5及び図8に示すフローチャートを参照して説明する。 It will now be described with reference to the flow chart for the continuous re-transmission mode shown in FIGS. 5 and 8.
【0082】 [0082]
連続再送信モードは、最後のフラグメントの送信後に実行される(S50;Yes)。 Continuous retransmission mode is performed after the transmission of the last fragment (S50; Yes). 連続再送信モードでは、受信側から送られたNACK信号に該当するフラグメントを、連続して繰返し送信する(S72)。 In continuous retransmission mode, a fragment corresponding to the NACK signal sent from the receiving side, repeatedly continuously transmitted (S72). 送信したフラグメントに対して受信側からACK信号を送り返してきたかどうかを判断する(S74)。 Determining whether have sends back an ACK signal from the receiving side to the transmitted fragment (S74). ACK信号を受信していない場合(S74;No)には、ステップS72に戻って連続送信を繰返す。 If not received an ACK signal; The (S74 No), it repeats the continuous transmission returns to step S72. ACK信号を受信した場合(S74;Yes)には、他に連続再送信モードで送信すべき、NACK信号を受けた次のフラグメントがあるかどうかを確認する(S76)。 When receiving the ACK signal; The (S74 Yes), to be transmitted otherwise in continuous retransmission mode, to see if there is a next fragment that has received a NACK signal (S76). ある場合(S76;Yes)には、次フラグメントの連続送信を行う(S72〜S74)。 In some cases; The (S76 Yes), performs continuous transmission of the next fragment (S72~S74). ない場合には(S76;No)、ステップ32に移行し、スワップ(S32)や次のIPパケットのフラグメントの送信(S34)等の処理を行う。 If not (S76; No), the process proceeds to step 32, performs processing such as swaps (S32) and transmits the fragments of the next IP packet (S34).
【0083】 [0083]
次に、通信装置1のデータ受信における制御動作について図9に示すフローチャートを参照して説明する。 It will now be described with reference to the flowchart shown in FIG. 9, the control operation of the data receiving communication apparatus 1.
【0084】 [0084]
受信モードでは、受信チャネルの通信速度が64kbps、送信チャネルの通信速度が4kbpsに設定される。 In the receive mode, the communication speed of the reception channel is 64 kbps, the communication speed of the transmission channel is set to 4 kbps. これに対応して、送信側通信装置の送信チャネルの通信速度が64kbps、受信チャネルの通信速度が4kbpsにそれぞれ設定される。 Correspondingly, the communication speed of the transmission channel of the transmitting-side communication apparatus 64 kbps, the communication speed of the reception channel is set to the 4 kbps. 通信速度の切替はスワップ制御部35によって行われる。 Switching of the communication speed is performed by swapping the control unit 35.
【0085】 [0085]
受信モードにおいては、転送モード制御部32は、常時、FEC/RECデコーダ43の出力を監視している。 In receive mode, the transfer mode control unit 32 always monitors the output of the FEC / REC decoder 43. この出力を監視することによって受信された送信パケット(フラグメント)の番号、データエラーの有無等が判る。 Number of transmission packets received by monitoring the output (fragment), presence or absence of data error or the like is known.
【0086】 [0086]
転送モード制御部32は、FEC/RECデコーダ43の出力から相手装置からの送信パケットを受信したかどうかを判別する(S82)。 Transfer mode control unit 32 determines whether it has received a packet transmitted from the partner apparatus from the output of the FEC / REC decoder 43 (S82). パケットを受信しない場合(S82;No)は、端末装置からIPパケット受信バッファ21に、送信すべきIPパケットが入力されているかを確認する(S94)。 If it does not receive the packet (S82; No), the IP packets received buffer 21 from the terminal device, an IP packet to be transmitted to check whether the inputted (S94).
【0087】 [0087]
IPパケットが存在しない場合(S94;No)には、パケットの待受け状態(S82)を継続する。 If the IP packet does not exist; in (S94 No) continues the standby state of the packet (S82). IPパケットが存在する場合(S94;Yes)には、送信権を得るべく、返信発生部33の返信出力ルートを介してスワップ要求を送信する(S86)。 If the IP packet is present; in (S94 Yes), in order to obtain a transmission right and transmits a swap request through a return output route reply generator 33 (S86).
【0088】 [0088]
パケットを受信した場合(S82;Yes)、この受信パケットにエラーがあるかどうかを、FEC/CRデコーダ43によってチェックする(S84)。 If the packet is received (S82; Yes), whether there is an error in the received packet is checked by FEC / CR decoder 43 (S84). エラーが存在する場合(S84;Yes)には、該当フラグメントについてのNACK信号を複数回、例えば2回送信する(S98)。 If errors exist; in (S84 Yes), the plurality of times NACK signals for the corresponding fragment, transmits for example, twice (S98). この送信は、返信発生部33の返信出力ルートを使用する。 The transmission uses a reply output route reply generator 33. エラーが存在しない場合(S84;No)には、受信パケットから分離されたフラグメントをフラグメント格納回路44を介してフラグメントバッファ45に格納する。 If the error is not present; in (S84 No) stores separated from the received packet fragments into fragment buffer 45 via the fragment storage circuit 44.
【0089】 [0089]
次に、返信解析部50の出力により、受信パケットがスワップ要求(S96)に対するスワップ肯定(ACK SWAP)信号であるかどうかを判別する(S86)。 Then, the output of the reply analyzing unit 50, the received packet to determine whether a swap affirmative (ACK SWAP) signal for swap request (S96) (S86). スワップ肯定信号を受信した場合(S86;Yes)には、送信系と受信系の通信速度のスワップを行い(S100)、既述した送信モードへ移行する。 When receiving the swap acknowledge signal; The (S86 Yes), performs swap communication speed of the reception system and the transmission system (S100), the process proceeds to the transmission mode already described.
【0090】 [0090]
スワップ肯定信号を受信しない場合(S86;No)、最後のパケットを受信したかを判別する(S88)。 Does not receive a swap acknowledge signal (S86; No), it determines whether the last packet was received (S88). 最後のパケットではない場合(S88;No)には、受信パケットに対するACK信号を送信(S102)し、次のパケットの着信を待受ける(S82)。 If not the last packet; The (S88 No), the ACK signal transmitted (S102) to the received packet, waits for arrival of the next packet (S82).
【0091】 [0091]
最後のパケットを受信した場合(S88;Yes)、IPパケットバッファ21にIPパケットが入力されているかどうかを判別する(S90)。 If the last packet was received (S88; Yes), IP packet to determine whether the input to the IP packet buffer 21 (S90). 存在しない場合(S90;No)、受信パケットに対するACK信号を送信側に送出し(S102)、次のパケットの着信を待受ける(S82)。 If not (S90; No), an ACK signal is sent to the sender of the received packet (S102), it waits for arrival of the next packet (S82).
【0092】 [0092]
次のIPパケットが入力されている場合(S90;Yes)、送信側に受信パケットのACK信号とスワップ要求を送信する(S92)。 If the next IP packet is inputted (S90; Yes), it transmits an ACK signal and swap request of the received packet to the transmitting side (S92). その後、ステップS82に戻り、待受け状態(S82,S94)となる。 Then, the process returns to step S82, the the standby state (S82, S94).
【0093】 [0093]
図10は、他の実施の形態を説明する部分的なフローチャートである。 Figure 10 is a partial flow chart for explaining another embodiment.
【0094】 [0094]
上述した実施の形態では、通信装置1が送信エラー通知に対して、最後のパケット(フラグメント)を送信したかどうかを判別して(S50)、該当するパケットについて選択的再送(S52)を行うか、連続再送(S72)を行うかを定めている。 Or In the above embodiment, it performed on the communication device 1 transmits an error notification, to determine whether to send the last packet (fragment) to (S50), selective retransmission for the corresponding packet (S52) , it defines whether to perform a continuous retransmission (S72). しかし、受信側の通信装置において、図10に示すように、ステップ84の後に、最後のパケットを受信したかどうかを判別して(S112)、該当するパケットについて選択的再送を要求する(S98)か、連続再送を要求する(S114)かを決定し、送信側通信装置がこれに従うようにすることとしても、同じ効果が得られる。 However, in the communication apparatus on the receiving side, as shown in FIG. 10, after step 84, to determine whether the last packet was received (S112), requesting selective retransmission for the corresponding packet (S98) or, to determine whether to request a continuous retransmission (S114), as the transmission-side communication device to follow this same effect.
【0095】 [0095]
このように、本発明に係る不平衡データ通信システムでは、通信装置間に同時に送信と受信とを行える全二重回線が形成され、この回線は、高速と低速の通信速度の異なる回線からなる不平衡通信回線によって構成される。 Thus, unbalanced data communication system according to the present invention, at the same time duplex line that allows the transmission and reception is formed between the communication device, the line consists of different line of fast and slow communication speed not constituted by the equilibrium communication line. 大量のデータの送受信に高速回線を割当て、返信等の送受信に低速回線を割当てるので、システム全体としてデータ通信に要する時間を短縮することが可能となる。 It allocates a high-speed line to send and receive large amounts of data, since assign Slow for sending and receiving replies such, it is possible to shorten the time required for the data communication system as a whole.
【0096】 [0096]
そして、送信権を持つ通信装置(送信側)が高速回線でデータを送信し、相手装置は高速回線でデータを受信する。 The communication device having the transmission right (transmission side) transmits data at high-speed line, the other unit receives the data at a high speed line. 送信側通信装置が送信すべきデータがなくなったときに、相手(受信側)に送信権を譲ってデータの送受を交替する。 When the transmission device is no longer data to be transmitted, alternating transmission and reception of data by hand over the transmission right to the other party (receiving side). 従って、送信すべき一連のデータの遮断が回避される。 Therefore, it is avoided interruption of the series of data to be transmitted. これは、電話や、音声・画像等のマルチメディアのデータ再生に都合がよい。 This is, phones and, it is convenient to the data playback of multimedia such as audio and video. また、交替のアルゴリズムや機械的構成が比較的に簡単で済む。 Further, algorithms and mechanical construction of the alternate suffices relatively simple.
【0097】 [0097]
データの伝送にエラーが生じたときには、再送信データを着信が返答されるまで連続送信するので、ノイズに対するデータ伝送の信頼性が高く、様々なノイズが発生する無線通信に好ましい。 When an error in data transmission occurs, since the continuous transmission to the incoming retransmission data is reply, reliable data transmission to noise, preferably for radio communication in a variety of noise.
【0098】 [0098]
なお、実施例では、高速回線でデータ信号を下り方向に伝送し、低速回線で返信信号等を上り方向に送っているが、各回線はデータの多重が可能であり、低速回線で返信信号の他に上りデータ信号を送ることも可能である。 In the embodiment, to transmit data signals in the downstream direction at a high speed line, but sends a return signal such as in the uplink at a low speed line, each line is capable of multiplexing data, a slow line return signal it is also possible to send the upstream data signal to another.
【0099】 [0099]
また、無線通信においては、外乱が混入しやすいのでデータの再送が必要となる場合が生じ得るが、未着の送信データを複数再送することによって、相手側への受信確率を高めることが可能となる。 Further, in the wireless communication is because disturbance is likely contaminated when the data retransmission is required may occur by multiple retransmitted transmission data to arrive, is possible to increase the probability of reception to the other side Become.
【0100】 [0100]
また、通信媒体は自由空間の他、導体やオプチカルファイバ等の各種通信ケーブルを使用することが可能である。 The communication medium other free space, it is possible to use various communication cables such as the conductor or optical fiber. また、局間の通信回線のみならず、企業内通信回線、ローカルエリアネットワーク、インターネット等にも適用可能である。 Further, not only the communication line between stations, corporate communications line, a local area network, is also applicable to the Internet or the like.
【0101】 [0101]
発明の実施の形態2. Embodiment Referring 2.
発明の実施の形態1の伝送方法及び装置は、伝送効率の高いインターネットプロトコル(IP)パケットの無線伝送方式を実現するものであり、インターネット、電子メールの普及とモバイルコンピューティング時代の到来に対応できるものである。 Transmission method and device according to the first embodiment of the invention is to realize a radio transmission scheme of the high Internet Protocol (IP) packet transmission efficiency, can cope Internet, the advent of electronic mail penetration and mobile computing era it is intended. なお、以下の説明で「フレーム」という用語を「フラグメント」とともに用いるが、これは発明の実施の形態1の「フラグメント」と同じ意味である。 Although use of the term "frame" with "fragment" in the following description, which has the same meaning as "fragments" according to the first embodiment of the invention.
【0102】 [0102]
発明の実施の形態1の伝送方法及び装置である、ハイブリッドARQ SR/MC(Hybrid Automatic Repeat Request (ARQ) Selective Repeat(SR)/Multi Copy(MC))では、分割したIPパケットの最後のフレームが送信完了するまでSRを行い、最終フレーム送出後に送信確認されていないフレームに対し、MCにてフレーム伝送を行う。 A transmission method and apparatus of the first embodiment of the invention, the hybrid ARQ SR / MC (Hybrid Automatic Repeat Request (ARQ) Selective Repeat (SR) / Multi Copy (MC)), the last frame of the divided IP packet perform SR until the transmission completion, to frame after the last frame sent has not been ascertained transmitted, it performs frame transmission at MC. この方式では、データのスループット、特にバーストノイズ発生時のデータリカバリーが優れているという利点があるが、他方、以下の問題点がある。 In this manner, the throughput of the data, particularly the advantage that data recovery in burst noise is excellent, the other, has the following problems.
【0103】 [0103]
(1)Protocol Data Unit(PDU)の構成の中で送信順序番号N(S)、受信順序番号N(R)の占める領域が大きいため、フレーム効率が低い。 (1) Protocol Data Unit sending in the configuration of (PDU) sequence numbers N (S), since the area occupied by the received sequence number N (R) is large, low frame efficiency.
【0104】 [0104]
(2)SRからMCに移行する際に、データ送信終了又はMCモードに遷移するかの判断を行うため、アイドルフレーム送信が必要となりデータ伝送効率を低下させる。 At the transition (2) from the SR to the MC, for performing determination of whether to transition to the end of data transmission or MC mode, idle frame transmission reduces the data transmission efficiency is required.
【0105】 [0105]
そこで、この発明の実施の形態2では、データ伝送効率の向上に着目し、モジュロ概念を取り入れたハイブリッドARQを提案する。 Therefore, in the second embodiment of the present invention, attention is paid to the improvement of data transmission efficiency, we propose a hybrid ARQ incorporating modulo concept. まず、動作原理の概略について説明し、次に処理の詳細について説明する。 First, outline of the operation principle, next will be described in detail processing.
【0106】 [0106]
この発明の実施の形態2の方式は、分割されたIPパケットをいくつかの単位にまとめ、それをブロックとし、ブロックごとにハイブリッドARQを行うものである。 Method according to a second embodiment of the present invention, summarizes the divided IP packet into a number of units, it was a block, and performs hybrid ARQ block by block. この様子を図11に示す。 This is shown in Figure 11. また、この発明の実施の形態2及び従来(実施の形態1)のフレーム構成を図12に示す。 Also shows the frame structure of the second embodiment and a conventional the present invention (Embodiment 1) Figure 12. 同図の(a)は従来のブロックを設けないときのフレーム構成であり、このとき(a)のヘッダーとして4バイト使用しているが、そのうち1バイトは必要とされていない領域であるため、実効値を計算する際はヘッダーを3バイトとする。 For FIG (a) is a frame configuration when not provided a conventional block, but this time are 4 bytes used as a header of (a), a region that is not one of which bytes are needed, when calculating the effective value of the 3-byte header. (b)はこの発明の実施の形態2のブロックを設けたときのフレーム構成である。 (B) is a frame configuration when provided with blocks of the second embodiment of the present invention. (b)において、最初のバイトに送信側順序番号N(S)、受信側順序番号N(R)、情報結合ビット(1ビット)、ブロック識別子(1ビット)が含まれる。 (B), the sender sequence number in the first byte N (S), the receiving-side sequence number N (R), information bond bit (1 bit), include a block identifier (1 bit) is. 情報結合ビットは、送信されたパケットが一連のものであるか、それとも最後のものであるかを示すためのビットである。 Information combining bits are bits for indicating whether the transmitted packet is set, or whether the last one. ブロック識別子は、この発明の実施の形態2がIPパケットを複数のブロックに分割したことから必要になったものであり、隣接するブロックを区別するためのものである。 Block identifier is for a second embodiment of the present invention is required since by dividing the IP packet into a plurality of blocks, it is used to distinguish between adjacent blocks. 例えば、連続するブロックに対して順次「0」「1」「0」「1」・・・というようにコードが割り当てられる。 For example, the code is assigned and so sequentially "0", "1", "0", "1": for successive blocks. これは送信側順序番号N(S)が1ビット増えると考えることもできる。 This can be considered as sender sequence number N (S) is increased 1 bit. この1ビットのブロック識別子によれば隣接するブロック間の区別はできるが、それ以上離れたブロックについては識別できないが、問題はない。 Although it is distinguished between adjacent blocks according to the block identifier of the 1 bit, but can not be identified for more distant block, there is no problem. あるブロックで送信できなかったパケットは次のブロックの送信までに、マルチコピーモードにより必ず送信されるから、隣接するブロック間を区別できれば十分だからである。 Packets that could not be transmitted in a given block before transmission of the next block, because is always transmitted by the multi-copy mode is because enough if discriminate between adjacent blocks. なお、ブロック識別子を2ビット以上設けることも可能である。 Incidentally, it is also possible to provide a block identifier 2 bits or more. ブロック識別子のビット数を増やせば多くのブロックを識別できるようになる。 It becomes possible to identify the number of blocks by increasing the number of bits block identifier. このブロック識別子は、後述の図16において、ブロック0のパケットnの送信後に続けてブロック1のパケット1−3を送信するために用いられる。 The block identifier is 16 to be described later, is used to transmit the packet 1-3 of block 1 continues after the transmission of packet n of the block 0.
【0107】 [0107]
図12から分かるように、ブロックサイズを8としたとき、レイヤー2で使用するフレーム、PDUの構成要素である送信側順序番号N(S)と受信側順序番号N(R)の使用するビット数が7ビットから3ビットに減り、情報部が増すため、フレーム効率を4.55%向上させることができる。 As can be seen from Figure 12, when the 8 block size, number of bits used on the receiving side sequence number N (R) frame used in Layer 2, PDU components at a sender sequence number N (S) There reduced from 7 bits to 3 bits, to increase the information unit, it is possible to improve the frame efficiency 4.55%. ここではフレームサイズ22バイト、フレーム長5.5msと仮定した。 Here, it was assumed frame size 22 bytes, the frame length 5.5 ms. 例えば、図13に示すように、1518バイトのデータを送ろうとした場合、従来は、同図(a)のように80フレームを必要としたが、この発明の実施の形態2によれば76フレームですむ。 For example, as shown in FIG. 13, when trying to send 1518 bytes of data, which conventionally has required 80 frames as in FIG. (A), 76 frames according to the second embodiment of the present invention live in.
【0108】 [0108]
また、ブロック間に存在する無駄なフレーム送信を有効に利用するために、PDUの構成の一部にブロック識別子を設け、ブロックの前後判断できるようにすることで、送信中のブロックのMCへの遷移判断を待たずに新ブロックの送信が可能となる。 Further, in order to effectively utilize the wasted frame transmission existing between blocks, the block identifier provided on a part of the PDU configuration, by allowing decision preceding and succeeding blocks, to MC block in transmission the transmission of the new block is possible without waiting for the transition decision. IPパケット間の連続送信実現方法は次の通りである。 Continuous transmission realization method between IP packets is as follows.
【0109】 [0109]
送信データの連続性においては、上位プロトコルにTCP/IPを想定しているため、無線でデータを送信中に次のIPパケットが送られていることは十分考えられる。 In the continuity of the transmission data, it is assumed the TCP / IP to the upper protocol, the next IP packet is sent to the transmitting data wirelessly can be sufficiently considered. そこで、IPパケットは上位レイヤからの受信と同時に分割しておき、ブロックの最終フレームのACK/NACKを待たずに、新ブロックの先頭フレームを送信する。 Therefore, IP packets leave divided at the same time as the reception from upper layers without waiting for the ACK / NACK of the last frame of the block, and transmits the first frame of the new block. このことを図14を用いて説明する。 This will be explained with reference to FIG. 14. 同図(a)は従来(実施の形態1)の方式であり、同じく(b)はこの発明の実施の形態2の方式である。 FIG (a) is a conventional method of Embodiment 1, also (b) is a system of a second embodiment of the present invention. (a)において、フレーム3が到達しなかったとき、最後のフレーム4が送信された後、フレーム3がマルチコピーモードで再送される。 (A), the when the frame 3 is not reached after the last frame 4 is transmitted, frame 3 is retransmitted in multicopy mode. しかし、フレーム4の送信とフレーム3の再送の間に空白(Empty)が発生する。 However, blank (Empty) is generated between the retransmission of the transmission frame 3 of the frame 4. これはブロック間の前後判断を間隔を空けることにより行うためである。 This is because performed by spacing the longitudinal decision between blocks. これに対し(b)において、フレーム4が送信された後、直ちに次のブロックのフレーム1が送信され、その後、フレーム3が再送される。 In contrast (b), after the frame 4 is transmitted, immediately transmitted frame 1 of the next block, then the frame 3 is retransmitted. したがって空白は発生しない。 Therefore blank does not occur. フレーム3の再送後、次のブロックのフレーム2が送信される。 After the retransmission of frame 3, the frame 2 is transmitted in the next block. これは、ブロック識別子によりブロック間の前後判断を行うので間隔を空けることが不要になるからである。 This is performed before and after the determination of the blocks by the block identifier be spaced because unnecessary.
【0110】 [0110]
シミュレーションよりフレームエラーレート(Frame Error Rate : FER)が変化したときのスループットを評価した。 Simulation than the frame error rate (Frame Error Rate: FER) and rated the throughput when changed. 結果を図15に示す。 The results are shown in Figure 15. FERが10 -02のとき、従来のハイブリッドARQは85.55%(点線のグラフ)であり、これに対し、この発明の実施の形態2によれば90.00%(実線のグラフ)であり、この方式の方が4.50%スループットが向上する。 When FER is 10 -02, conventional hybrid ARQ is 85.55% (dotted graph), whereas it is 90.00% according to the second embodiment of the present invention (solid line) , which makes this method improves 4.50% throughput.
【0111】 [0111]
以上のように、この発明の実施の形態2によれば、実施の形態1のハイブリッドARQにモジュロの概念を取り入れ、分割されたIPパケットをある単位にまとめたブロックごとにハイブリッドARQを行うようにしたので、フレーム効率が4.55%向上する。 As described above, according to the second embodiment of the present invention, incorporating the concept of modulo hybrid ARQ of Embodiment 1, to perform the hybrid ARQ for each block are summarized in units in the divided IP packet since the frame efficiency is improved 4.55%. また、フレーム中の空きビットを利用したブロック識別子を用いることにより、パケットの連続送信が可能になる。 Further, by using a block identifier uses available bits in a frame allows continuous transmission of the packet. IPパケットのスループットについて計算機シミュレーションにより評価した結果、FERが10 -02の点において、この発明の実施の形態の方が4.50%スループットを向上できる。 Results of evaluation by computer simulation for the throughput of IP packets, FER is in terms of 10 -02, towards the embodiment of the present invention can be improved 4.50 Percent Throughput.
【0112】 [0112]
次に伝送手順の詳細について説明する。 It will be described in detail transmission procedure.
【0113】 [0113]
図16は、この発明の実施の形態2において、送信パケットが相手に正しく受信されなかった場合に、受信側装置からの再送信要求に対して、送信側装置が2つの再送モード(選択再送、連続再送)により、未着の送信パケットの再送信を行う例を説明する説明図である。 16, in the second embodiment of the invention, when the transmission packet has not been received correctly to the other, with respect to retransmission request from the receiving side apparatus, the transmitting apparatus has two retransmission modes (selective retransmission, continuous retransmission) is an explanatory diagram for explaining an example of performing retransmission to arrive of the transmission packet.
【0114】 [0114]
同図において、B0はブロック0の伝送シーケンスを示し、B1はブロック1の伝送シーケンスを示す。 In the drawing, B0 denotes a transmission sequence of block 0, B1 indicates the transmission sequence of block 1. 通信装置はIPパケットをフラグメント(フレーム)化し、形成した送信パケットを逐次送信する。 Communication device an IP packet turned into fragments (frames), and sequentially transmits the transmission packet formed. 通信装置は、各送信パケットの受信に対応して肯定応答信号ACKiを送出する。 Communication device sends an acknowledgment signal ACKi in response to reception of each transmitted packet. ここで、無線通信回線にノイズや妨害波等が混入して、送信パケット2について不達が生ずるものとする。 Here, noise and disturbance or the like to the wireless communication channel is mixed, it is assumed that the non-arrival occurs for transmitted packets 2. 通信装置は、FEC/CRCデコーダによってエラーを検出し、通信装置1に対して否定応答信号NACK2を送出して送信パケット2の不達を知らせる。 Communication apparatus detects an error by the FEC / CRC decoder informs undelivered transmission packet 2 by sending a negative acknowledgment signal NACK2 to the communication device 1.
【0115】 [0115]
通信装置1は、一連の送信パケットの連続送信中に否定応答信号NACKを受信した場合は選択再送モードを実行する。 Communication apparatus 1, when receiving a negative acknowledgment signal NACK during continuous transmission of a sequence of transmission packets to perform a selective retransmission mode. このモードでは、未着の送信パケット2をバッファメモリから読出して再送信する。 In this mode, it retransmits the transmission packet 2 to arrive reads from the buffer memory. NACK2が通信装置1に正しく受信された場合には、通信装置1は送信パケット2を送る。 If the NACK2 is correctly received in the communication device 1, the communication apparatus 1 sends the transmission packet 2. しかし、この例においては、送信パケット2はノイズの影響を受けて通信装置2に正しく受信されない。 However, in this example, the transmission packet 2 is not received correctly to the communication device 2 under the influence of noise. 通信装置2は、受信した他のパケットについて肯定応答信号ACKiを逐次返信する。 Communication device 2 sequentially sends back an acknowledgment signal ACKi for other packets received. 不達の送信パケット2については否定応答信号NACK2の返信を繰返す。 For non-delivery of the transmitted packet 2 repeats the reply of the negative response signal NACK2. 他の送信パケットの受信は終了する。 Reception of another transmission packet is completed. ここまでがブロック0(B0)の伝送シーケンスである。 Up to this is a transmission sequence of block 0 (B0).
【0116】 [0116]
通信装置2は、ブロック0の最後の送信パケットnを受信すると、次のブロック1の送信パケット1、2、3を順次送信する。 The communication device 2 receives the last transmission packet n of the block 0, sequentially transmits the transmission packet 1,2,3 next block 1. その後、伝送モードを連続再送モードに変更し、送信できなかったブロック0のパケット2を連続送信する。 Then, change the transmission mode to the continuous retransmission mode, successive transmissions of packets 2 of block 0 that could not be sent. 相手側からACK2が返され、ブロック0のパケット2が相手側に到達したことを確認できた後に、伝送モードを選択再送モードへ変更し、ブロック1の残りの送信パケット4、5、6を送信する。 ACK2 from the counterpart is returned sent, after the packet 2 of block 0 has been confirmed that it has reached the other side, to change the transmission mode to the selected retransmission mode, the remaining transmission packets 4, 5, 6 of the block 1 to. なお、ブロック識別子がない場合は、再度のパケットnを送信した後、そのACKが返るまで次のパケットを送れなかった。 Incidentally, if there is no block identifier, after transmitting a packet n again, it did not send the next packet until the ACK is returned. 図16のように続けて送ることができるのは、ブロック識別子により隣接するブロックを区別できるからである。 It can be sent continuously as in FIG. 16, because can distinguish blocks adjacent to the block identifier.
【0117】 [0117]
このように、送信できなかったパケットが存在する場合でも、そのブロック0の送信終了後、連続再送モードで送信できなかったパケットを連続送信するまでの間に、次のブロック1のパケット1乃至3を送信できる。 Thus, even if the packet could not be transmitted is present, after completion of transmission of the blocks 0, between that could not be transmitted in a continuous retransmission mode packet until successive transmission packets 1 through 3 of the next block 1 It can be sent. 実施の形態1の図5において、この期間は使用されていなかったのであるから、この発明の実施の形態2の伝送方法は、より多くのパケットを送信することができる。 In Figure 5 of the first embodiment, since the period is had not been used, the transmission method of the second embodiment of the present invention can transmit more packets.
【0118】 [0118]
次に処理の詳細について説明する。 Next, it will be described in detail processing. 図17及び図18はこの発明の実施の形態2の概略処理フローチャートを示す。 17 and 18 shows a schematic process flow chart of a second embodiment of the present invention. 図19及び図20はこの発明の実施の形態2の詳細処理フローチャートを示す。 19 and 20 shows a detailed processing flowchart of the second embodiment of the present invention.
【0119】 [0119]
まず、図17について説明する。 First, it will be described FIG. 17.
【0120】 [0120]
IPパケットがあるかどうか判断する(S201)。 To determine whether there is an IP packet (S201). IPパケットがないとき(NO)はこの処理を繰り返す。 When no IP packet (NO), the processing is repeated. IPパケットがあるとき(YES)は、図11に示すような、IPパケットのフラグメンテーションを行う(S202)。 When an IP packet (YES), as shown in FIG. 11, performs fragmentation of IP packets (S202). 生成されたフラグメントを送信する(S203)。 Transmitting the generated fragment (S203).
【0121】 [0121]
データが正しく到達したかどうか、すなわちNACKを受信したかどうか判断する(S204)。 Whether the data has arrived correctly, i.e. to determine whether it has received a NACK (S204). NACKを受信したとき(YES)はデータが正しく到達しなかったのであるから、再送のためにステップS206以降の処理を行う。 Since when receiving the NACK (YES) is the data does not reach properly, performs step S206 and subsequent steps for retransmission. NACKを受信しないとき(NO)はデータが正しく到達したのであるからステップS205の処理を行う。 When not receiving the NACK (NO) performs the processing in step S205 since it is the data arrives correctly. すべてのフラグメントのうちの最後のフラグメントを送信したかどうか判断する(S205)。 The last fragment of all of the fragments is determined whether or not to send (S205). 送信したとき(YES)は全てのフラグメントの送信は完了し、ステップS201の処理に戻る。 When sent (YES), the transmission of all fragments is complete, the process returns to step S201. 送信していないとき(NO)はステップS203の処理に戻り、残りのフラグメントを送信する。 When not transmitted (NO), the process returns to step S203, and transmits the remaining fragments.
【0122】 [0122]
一方、正しく到達しなかったデータがあるとき、NACKを受けたフラグメントと同じブロック内の最後のフラグメントが送信されているかどうか判断する(S206)。 Meanwhile, when there is data that has not arrived correctly, the last fragments of the same block as a fragment which has received the NACK is determined whether the transmitted (S206). 送信されているとき(YES)は図18の連続再送モード(Multi Copy Mode)に移行する。 When being transmitted (YES), the process proceeds to a continuous retransmission mode of FIG. 18 (Multi Copy Mode). 送信されていないとき(NO)は、NACKを受けたフラグメントを送信する(S207)。 When not transmitted (NO), it transmits the fragments received the NACK (S207).
【0123】 [0123]
次に、図18について説明する。 It will now be described FIG. 18.
【0124】 [0124]
連続再送モードにおいては、NACKに該当するフラグメントを複数回連続送信する(S208)。 In the continuous retransmission mode, a plurality of times continuously transmits the fragments corresponding to NACK (S208). 送信フラグメントのACKを受信したかどうか判断する(S209)。 It determines whether it has received an ACK transmission fragments (S209). 受信しないとき(NO)は、ステップS208の処理を繰り返す。 When not received (NO), it repeats the processing in step S208. 受信したとき(YES)は、送信すべきほかのフラグメントがあるかどうか判断する(S210)。 Upon receiving (YES), it is determined whether there are other fragments to be transmitted (S210). あるとき(YES)は、ステップS208等の処理を繰り返す。 Sometimes (YES), and repeats the processing such as step S208. ないとき(NO)は、MCモードで送信したフラグメントと違うブロックのフラグメントで送信するものがあるかどうか判断する(S211)。 When there (NO), it is determined whether there is to be transmitted in fragments of a block different from the fragment transmitted in MC mode (S211). あるとき(YES、A)は、図17のステップS207の処理に戻る。 When some (YES, A) returns to the processing in step S207 in FIG. 17. ないとき(NO、B)は、図17のステップS205の処理に戻る。 Absence (NO, B) returns to the processing in step S205 in FIG. 17.
【0125】 [0125]
次に、より詳細なフローチャートである図19(図17に対応)について説明する。 It will now be described FIG. 19 is a more detailed flow chart (corresponding to FIG. 17).
【0126】 [0126]
IPパケットがあるかどうか判断する(S201)。 To determine whether there is an IP packet (S201). IPパケットがないとき(NO)はこの処理を繰り返す。 When no IP packet (NO), the processing is repeated. IPパケットがあるとき(YES)は、IPパケットのフラグメンテーションを行う(S202)。 When an IP packet (YES), performs the fragmentation of IP packet (S202).
【0127】 [0127]
タイムアウト(T.O.)したフラグメントでメモリに確保されているものがあるかどうか判断する(S220)。 Timeout (T.O.) is the reserved memory fragments whether determines whether there shall have (S220). あるとき(YES)はステップS225に進み、ないとき(NO)はステップS221に進む。 When there (YES), the process proceeds to step S225, when there is no (NO), the flow proceeds to step S221.
【0128】 [0128]
フラグメントが正しく受信されたかどうか判断する(S221)。 Fragments to determine whether they have been correctly received (S221). 正しく受信されたとき(YES)はステップS222に進む。 Correctly when received (YES), the flow proceeds to step S222. 正しく受信されなかったとき(NO)はステップS231に進み、タイムアウトかどうか判断する(S231)。 When not correctly received (NO), the process proceeds to step S231, it is determined whether the timeout (S231). タイムアウトのとき(YES)は、タイムアウトしたフラグメントとNACKを送信し(S232)、タイムアウトでないとき(NO)は、フラグメントとNACKを送信する(S233)。 When the timeout (YES), transmits the timeout fragments and NACK (S232), when it is not timed out (NO), sends the fragment and NACK (S233). そしてS232,S233の後にステップS220の処理に戻る。 And the process returns to step S220 after the S232, S233.
【0129】 [0129]
受信フレームのタイプを判断する(S222)。 To determine the type of the received frame (S222). U/EMPTYフレームのときは1フレームの場合と同じような処理がなされるものの、ACK/NACKを送信しない点が異なる。 Although similar processing to that of one frame when the U / EMPTY frame is made, that it does not transmit the ACK / NACK are different. 1フレームのときはステップS223に進み、タイムアウトかどうか判断する(S223)。 1 when the frame the flow proceeds to step S223, whether to determine the timeout (S223).
【0130】 [0130]
タイムアウトのとき(YES)は、タイムアウトしたフラグメントとACKを送信し(S235)、その後、ステップS220の処理に戻る。 When the timeout (YES), transmits the timeout fragments and ACK (S235), then the process returns to step S220.
【0131】 [0131]
タイムアウトでないとき(NO)は、最後のフラグメントを送信したかどうか判断する(S224)。 When it is not time-out (NO), it is determined whether or not the transmission of the last fragment (S224). 送信したとき(YES)は最初の処理S201に戻る。 When sent (YES), it returns to the initial processing S201. 送信していないとき(NO)はステップS204に進む。 When not transmitted (NO), the flow proceeds to step S204.
【0132】 [0132]
一方、ステップ220で、T. On the other hand, in step 220, T. O. O. したフラグメントでメモリに確保されているものがあるとき(YES)は、フラグメントは正しく受信されたかどうか判断する(S225)。 When the there is reserved in the memory fragments (YES), the fragment is determined whether or not received correctly (S225). 正しく受信されたとき(YES)はタイムアウトかどうか判断し(S226)、そうでなければ(NO)ステップS204に進み、そうであれば(YES)、タイムアウトしたフラグメントとACKを送信し(S230)、その後にステップS220の処理に戻る。 When correctly received (YES), it is determined whether the time-out (S226), otherwise proceed to (NO) step S204, if so (YES), transmits the timeout fragments and ACK (S230), and thereafter, the process returns to the processing of step S220.
【0133】 [0133]
他方、ステップS225で正しく受信されなかったと判断されたとき(NO)はタイムアウトかどうか判断し(S227)、タイムアウトのとき(YES)はタイムアウトしたフラグをメモリに確保(S228)してから、タイムアウトでないとき(NO)はすぐにフラグメントとNACKを送信する(S229)。 On the other hand, when it is judged not correctly received (NO), it is determined whether the time-out (S227), when the timeout (YES) flag that timed out after securing the memory (S228) in step S225, not time out when (NO) is immediately send fragments and NACK (S229).
【0134】 [0134]
ステップS204では、NACKを受信したかどうか判断し、受信していないとき(NO)はフラグメントとACKを送信し(S240)、ステップS220に戻る。 In step S204, it is determined whether it has received a NACK, if not received (NO), sends the fragment and ACK (S240), the flow returns to step S220. 受信しているとき(YES)は、NACKを受けたフラグメントと同じブロック内の最後のフラグメントが送信されているかどうか判断する(S206)。 When receiving (YES), the last fragments of the same block as a fragment which has received the NACK is determined whether the transmitted (S206). 送信されているとき(YES)は図20の連続再送モードに進む。 When being transmitted (YES), the flow proceeds to continuous retransmission mode of FIG. 20. 送信されていないとき(NO)はNACKを受けたフラグメントとACKを送信し(S241)、ステップS220に戻る。 When not transmitted (NO), sends a fragment ACK that received NACK (S241), the flow returns to step S220.
【0135】 [0135]
次に、図20について説明する。 It will now be described FIG. 20.
【0136】 [0136]
タイムアウトかどうか判断する(S250)。 Whether to determine whether the time-out (S250). タイムアウトのとき(YES)はタイムアウトしたフラグメントをメモリに確保した(S251)後、タイムアウトでないとき(NO)はすぐに、フラグメントが正しく受信されたかどうか判断する(S252)。 After the time-out (YES), to ensure a timeout fragments in the memory (S251), when it is not timed out (NO) immediately determines whether fragment was received correctly (S252). 正しく受信されたとき(YES)はステップS253に進み、そうでないとき(NO)はステップS258に進む。 Correctly when received (YES), the process proceeds to step S253, otherwise (NO), the flow proceeds to step S258.
【0137】 [0137]
ステップS258では、カウンタが最大(MAX)であるかどうか判断し、最大のとき(YES)は、MCにてほかに送信するフラグメントがあるかどうか判断する(S260)。 In step S258, the counter determines whether the maximum (MAX), the maximum time (YES), it is determined whether there is a fragment to be transmitted to the other at MC (S260). 送信するフラグメントがあるとき(YES)は、フラグメントとNACKを送信し(S261)、その後、ステップS250の処理に戻る。 When there is a fragment to be transmitted (YES), it sends the fragment and NACK (S261), then the process returns to step S250. 送信するフラグメントがないとき(NO)は、図19のステップS220(A部)に戻る。 When there is no fragment to be transmitted (NO), the process returns to step S220 (A portion) of FIG. 19. 一方、ステップS258で最大でないと判断されたとき(NO)は、フラグメントとNACKを送信し(S259)、その後、ステップS250の処理に戻る。 On the other hand, if it is determined not to be the maximum in step S258 (NO) transmits the fragments and NACK (S259), then the process returns to step S250.
【0138】 [0138]
ステップS253では、NACKを受信したかどうか判断する(S253)。 In step S253, it is determined whether it has received a NACK (S253). NACKを受信したとき(YES)は、さらにMCにて送信中のフラグメントのNACKかどうか判断し(S254)、NOのときはNACKを受けたフラグメントをメモリに確保した(S255)後、YESのときは直接、ステップS256に進む。 When receiving the NACK (YES) further determines whether NACK fragments being transmitted by MC (S254), after the case of NO to ensure a fragment received a NACK in the memory (S255), if YES proceeds directly to step S256. 一方、ステップS253でNACKを受信しなかったときは直接ステップS256に進む。 On the other hand, the process proceeds directly to step S256 when receiving no NACK in step S253.
【0139】 [0139]
ステップS256では、カウンタが最大(MAX)であるかどうか判断し、最大のとき(YES)は、MCにてほかに送信するフラグメントがあるかどうか判断する(S262)。 In step S256, the counter determines whether the maximum (MAX), the maximum time (YES), it is determined whether there is a fragment to be transmitted to the other at MC (S262). 送信するフラグメントがあるとき(YES)は、次のフラグメントとNACKを送信し(S263)、その後、ステップS250の処理に戻る。 When there is a fragment to be transmitted (YES), it sends the next fragment and NACK (S263), then the process returns to step S250. 送信するフラグメントがないとき(NO)は、図19のステップS220(A部)に戻る。 When there is no fragment to be transmitted (NO), the process returns to step S220 (A portion) of FIG. 19. 一方、ステップS256で最大でないと判断されたとき(NO)は、フラグメントとNACKを送信し(S257)、その後、ステップS250の処理に戻る。 On the other hand, if it is determined not to be the maximum in step S256 (NO) transmits the fragments and NACK (S257), then the process returns to step S250.
【0140】 [0140]
以上のフローチャートは一例であって、先に述べた処理が可能であれば、処理の順序あるいは内容は適宜変更できる。 The flowchart of more than an example, the processing described above is possible, the order or content of the processing can be changed as appropriate.
【0141】 [0141]
次に、パケットのフレーム構成の詳細を説明する。 Next, details of the frame structure of a packet.
【0142】 [0142]
図21は、発明の実施の形態1のフレームフォーマット(レイヤー2)を示す。 Figure 21 shows a frame format of the first embodiment of the invention (layer 2).
【0143】 [0143]
図22は、発明の実施の形態2に係るフレームフォーマットを示す。 Figure 22 shows a frame format according to the second embodiment of the invention. これらを対比するとわかるように、1フレーム当たりの情報フィールドが2バイト多くなっていて、この分、多くのデータを送ることができる。 These As can be seen from the comparison, have information fields per frame becomes most 2 bytes, this amount may send more data. 図22において、Iフレーム番号(N(S))は0〜7の値(3ビット)をとり、I・EMPTYフレームのACK/NACKフラグメント番号(N(R))は、0〜7の値(3ビット)をとる。 In Figure 22, takes the I-frame number (N (S)) is the value of 0-7 (3 bits), I · EMPTY frame ACK / NACK fragment number (N (R)), the value of 0 to 7 ( take a 3-bit).
【0144】 [0144]
次に、図21、22の各フィールドについて説明を加える。 Then added description of the fields 21 and 22.
【0145】 [0145]
図23は、フレームタイプ(ID)フィールドコードを示す。 Figure 23 shows a frame type (ID) field codes. EMPTYフレームはデータがないときに送られるフレームである。 EMPTY frame is a frame to be sent when there is no data. Uフレームはリンク状態を制御するときに送られるフレームである。 U frame is a frame to be sent in controlling the link status. FCI(Free Channel Information)フレームは1秒ごとにBSから空きチャネル情報をのせて送られるフレームである。 FCI (Free Channel Information) frame is a frame to be sent by placing a free channel information from the BS every second. IフレームはIPフラグメントからなるデータを送信するフレームである。 I-frame is a frame for transmitting data composed of IP fragments. この発明の実施の形態2では、Iフレームが従来のものと異なるが、他のものは同じである。 In the second embodiment of the invention, the I-frame is different from the prior art, and the others are the same.
【0146】 [0146]
図24は、ACK/NACK識別子(C)フィールドコードを示す。 Figure 24 shows the ACK / NACK identifier (C) field codes. EMPTYはACK/NACKを返す必要がないときに送られる。 EMPTY is sent when there is no need to return the ACK / NACK. ACKはデータが正しく受信されたときに送られる。 ACK is sent when the data is received correctly. NACKはデータが正しく受信されなかったときに送られる。 NACK is sent when the data has not been received correctly.
【0147】 [0147]
図25は、ブロック識別子(U)フィールドコードを示す。 Figure 25 shows a block identifier (U) field codes. CHNはチャネル使用許可コマンド、UA_CHNはチャネル使用許可レスポンス、CONはリンク確立コマンド、UA_CONはリンク確立レスポンス、DISKは切断コマンド、UA_DISKは切断レスポンス、RSは受信一時停止、RRは受信可能、BLOCK_0は受信したN(R)のブロックが0であることを示し、BLOCK_1は受信したN(R)のブロックが1であることを示す。 CHN channel grant command, UA_CHN channel grant response, CON link establishment command, UA_CON the link establishment response, DISK cutting command, UA_DISK cutting response, RS is received pause, RR is receivable, BLOCK_0 reception to show that the block of N (R) is 0, block_1 indicates that the block of the received N (R) is 1. なお、CHNからRRまでの部分はこの発明の実施の形態2に直接関係しない。 The portion from CHN to RR is not directly related to the second embodiment of the present invention.
【0148】 [0148]
図26は、送信したフラグメントのブロック識別子(B)フィールドコードを示す。 Figure 26 shows a block identifier (B) field codes transmitted fragments. BLOCK_0は送信したフラグメントのブロック識別子0を示し、BLOCK_1は送信したフラグメントのブロック識別子1を示す。 BLOCK_0 shows a block identifier 0 of the transmitted fragment, block_1 shows a block identifier 1 of the transmitted fragments. これが発明の実施の形態2の特徴的な部分である。 This is a characteristic portion of the embodiment 2 of the invention.
【0149】 [0149]
図27は、情報結合ビット(I)フィールドコードを示す。 Figure 27 shows information bond bit (I) field codes. CONTは先頭フレーム又は途中のフレームを示し、DIS_CONTは最終フレーム又は分割していないフレームを示す。 CONT denotes the lead frame or in the middle of the frame, DIS_CONT indicates a frame that is not the last frame or divided.
【0150】 [0150]
次に、各フレームごとのフレーム構成図を説明する。 Next, a frame configuration diagram for each frame.
【0151】 [0151]
図28はEMPTYフレームを示す。 Figure 28 shows the EMPTY frame. EMPTYフレームは送るべき情報がない場合に送られるフレームで、ID,U,N(R),Iフィールドを使用する。 In frames sent in the absence EMPTY frame it sends to the information, ID, U, N (R), using the I field. Uフィールドをブロック識別子として使用する以外のときは、Uフィールドは「0」とする。 When other than the use of U field as block identifier, U field is "0". なお、IDが「00」のとき、ブロック識別子(*の部分)の値は考慮しない。 It should be noted that, when the ID is "00", the value of the block identifier (part of *) is not taken into account.
【0152】 [0152]
図29はUフレームを示す。 Figure 29 shows the U-frame. Uフレームはリンク状態を制御するときに送られるフレームで、ID、U、Iフィールドを使用し、残りのフィールドはすべて「0」とする。 In frame U frame sent in controlling the link status, use ID, U, and I fields, all remaining fields to "0".
【0153】 [0153]
図30はFCIフレームを示す。 Figure 30 shows the FCI frame. FCIフレームはベースステーション(BS)より1秒ごとに送られてくるフレームで、制御フィールドではIDとIを使用し、残りの制御フィールドは「0」とする。 FCI frame is a frame transmitted from each second base station (BS), using the ID and I in the control field, the rest of the control field to "0".
【0154】 [0154]
図31はIフレームはIPフラグメントからなるデータを送信するフレームで、ID,C,U,N(S),N(R),B,Iフィールドを使用する。 Figure 31 is an I-frame is a frame for transmitting data composed of IP fragments, ID, C, U, N (S), N (R), B, use the I field. Uフィールドをブロック識別子として以外のときに使用する場合は、「0」とする。 When used at a time other than the U field as a block identifier is "0".
【0155】 [0155]
以上のように、この発明の実施の形態2によれば、1つのIPパケットを複数のブロックにまとめ、これらブロックごとに送信を行うので、送信順序番号N(S)および受信順序番号N(R)はIPパケットに比べて小さなブロック内の番号を表現できれば足り、したがってこれらのビット長を短くすることができる。 As described above, according to the second embodiment of the present invention, it summarizes one IP packet into a plurality of blocks, since the transmission for each of these blocks, transmission sequence number N (S) and receiving sequence number N (R ) is sufficient if representing the number of the small block in comparison with the IP packet, thus it is possible to shorten these bit length. これに伴い、フレーム内のデータ領域を増やすことができて、フレーム効率を高めることができる。 Along with this, it is possible to increase the data area in the frame, it is possible to increase the frame efficiency.
【0156】 [0156]
また、フレームにブロック識別子を設けて隣接するブロックを区別できるようにしたので、選択再送(SR)モードから連続再送モード(MC)に移行する際に、データ送信終了又はMCモードに遷移するかの判断を行う必要がなくなる。 Also, since to be able to distinguish between the adjacent blocks of the block identifiers provided on the frame, in the transition from the selected retransmission (SR) mode to the continuous retransmission mode (MC), if the transition to the end of data transmission or MC mode necessary to carry out the judgment is eliminated. したがって、アイドルフレーム送信が不要であり、次のブロックのパケットを送信できて、伝送効率を高めることができる。 Accordingly, the idle frame transmission is not necessary, it can send a packet of the next block, it is possible to increase the transmission efficiency.
【0157】 [0157]
本明細書において、手段とは必ずしも物理的手段を意味するものではなく、各手段の機能が、ソフトウェアによって実現される場合も包含する。 As used herein, it does not necessarily mean a physical means, even if the function of each means is implemented by software encompasses. さらに、一つの手段の機能が、二つ以上の物理的手段により実現されても、若しくは、二つ以上の手段の機能が、一つの物理的手段により実現されてもよい。 Furthermore, the function of one means may be implemented by two or more physical means, or the functions of two or more means may be accomplished by a single physical means.
【0158】 [0158]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように、本発明の不平衡データ通信回線における送信速度割当ての変更方法においては、データの送信に高速回線を割当てるに際し、自己に送信すべきデータが存在しなくなったときに、相手に高速回線を開放するようにしているので、比較的に簡単な構成及びアルゴリズムで高速及び低速回線相互間の交替を行うことが可能である。 As described above, in the method of changing the transmission rate assigned in an unbalanced data communication lines of the present invention, when allocating a high-speed line for the transmission of data, when the data to be transmitted to the self is no longer present, the opponent since so as to open the high-speed line, it is possible to perform alternate between high and low speed circuits mutually relatively simple construction and algorithm.
【0159】 [0159]
また、通信装置相互間で未着のデータが生じた場合には、一連の送信データの送信後に、当該未着データが相手に着信するまで連続して送信し続ける送信モードを実行することにより、ノイズ等に対する回線の信頼性を確保することが可能となる。 Further, when the non-arrival of the data between communication devices mutually occurs after transmission of a sequence of transmission data, by the non-arrival data to execute a transmission mode to continue continuously transmitted until the call to the other party, it is possible to ensure the reliability of the line to noise or the like.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 図1は、本発明の実施の形態1の不平衡パケット通信方式の概念を説明するための概略ブロック図である。 [1] Figure 1 is a schematic block diagram for explaining the concept of unbalanced packet communication system of the first embodiment of the present invention.
【図2】 図2は、本発明の実施の形態1のIPパケットのフラグメンテーション(細分化)を説明する説明図である。 Figure 2 is an explanatory diagram for explaining fragmentation (fragmentation) of the IP packet according to the first embodiment of the present invention.
【図3】 図3は、本発明の実施の形態1の通信装置相互間のデータ通信における通常のスワップ(切替)プロセスを説明する説明図である。 Figure 3 is an explanatory diagram for explaining a conventional swap (switching) process in the data communication between the communication devices mutually embodiment 1 of the present invention.
【図4】 図4は、本発明の実施の形態1のスワップ要求が否定されてパケットの送信が継続されるプロセスを説明する説明図である。 Figure 4 is an explanatory diagram for explaining a process denied swap request of the first embodiment of the present invention the transmission of a packet is continued.
【図5】 図5は、本発明の実施の形態1の通常のモードから連続再送信モードへのモード変更のプロセスを説明する説明図である。 Figure 5 is an explanatory diagram for explaining a process of mode change from the normal mode of the first embodiment of the present invention to a continuous re-transmission mode.
【図6】 図2は、本発明の実施の形態1の不平衡パケット通信方式におけるデータの送受信を担う通信装置の構成例を説明する概略ブロック図である。 [6] FIG. 2 is a schematic block diagram illustrating a configuration example of a communication device responsible for transmitting and receiving data in an unbalanced packet communication system of the first embodiment of the present invention.
【図7】 図7は、本発明の実施の形態1の通信装置の送信モードにおける動作を説明するフローチャートである。 Figure 7 is a flow chart for explaining the operation in the transmission mode of the communication device of the first embodiment of the present invention.
【図8】 図8は、本発明の実施の形態1の連続再送信モードを説明するフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart illustrating the continuous re-transmission mode of the first embodiment of the present invention.
【図9】 図9は、本発明の実施の形態1の通信装置の受信モードにおける動作を説明するフローチャートである。 Figure 9 is a flow chart for explaining the operation in receiving mode of the communication device of the first embodiment of the present invention.
【図10】 図10は、本発明の実施の形態1の他の受信モードを説明するフローチャートである。 Figure 10 is a flowchart for explaining another reception mode of the first embodiment of the present invention.
【図11】 図11は、本発明の実施の形態2の方式にかかる、分割されたIPパケットをいくつかの単位にまとめ、それをブロックとし、ブロックごとにハイブリッドARQを行う様子を示す模式図である。 Figure 11 is according to the method of the second embodiment of the present invention, summarizes the divided IP packet into a number of units, it was a block, schematic diagram showing a state of performing hybrid ARQ block by block it is.
【図12】 図12は、本発明の実施の形態2の方式のフレーム構成を示す。 Figure 12 shows a frame configuration method of the second embodiment of the present invention. (a)は従来(実施の形態1)のブロックを設けないときのフレーム構成であり、(b)はこの発明の実施の形態2のブロックを設けたときのフレーム構成である。 (A) is a frame configuration when not provided a block of conventional (Embodiment 1), a frame configuration when provided (b) is a block of the second embodiment of the present invention.
【図13】 図13は、本発明の実施の形態2の方式のパケットの構成の一例を示す。 Figure 13 shows an example of the configuration of a packet scheme of the second embodiment of the present invention. (a)は従来(実施の形態1)のブロックを設けないときのパケットの構成であり、(b)はこの発明の実施の形態2のブロックを設けたときのパケットの構成である。 (A) is a configuration of the packet when not provided a block of conventional (Embodiment 1), a configuration of the packet when provided with (b) is a block of the second embodiment of the present invention.
【図14】 図14は、本発明の実施の形態2の伝送シーケンスの例である。 Figure 14 is an example of a transmission sequence of the second embodiment of the present invention. (a)は従来(実施の形態1)のブロックを設けないときの伝送シーケンスであり、(b)はこの発明の実施の形態2のブロックを設けたときの伝送シーケンスである。 (A) is a transmission sequence when not provided a block of conventional (Embodiment 1), a transmission sequence when provided with (b) is a block of the second embodiment of the present invention.
【図15】 図15は、本発明の実施の形態2の方式の性能を評価するための、フレームエラーレート(Frame Error Rate : FER)が変化したときのスループットを示すシミュレーション結果である。 Figure 15 is for evaluating the performance of the method according to the second embodiment of the present invention, frame error rate (Frame Error Rate: FER) is a simulation result showing the throughput when the change.
【図16】 図16は、本発明の実施の形態2の通常のモードから連続再送信モードへのモード変更のプロセスを説明する説明図である。 Figure 16 is an explanatory diagram for explaining a process of mode change from the normal mode of the second embodiment of the present invention to a continuous re-transmission mode.
【図17】 図17は、本発明の実施の形態2の動作フローチャートである。 Figure 17 is a flowchart showing the operation of the second embodiment of the present invention.
【図18】 図18は、本発明の実施の形態2の(連続再送モードを示す)動作フローチャートである。 Figure 18, (indicating continuous retransmission mode) of the second embodiment of the present invention is an operation flow chart.
【図19】 図19は、本発明の実施の形態2の詳細動作フローチャートである。 Figure 19 is a detailed flowchart of the second embodiment of the present invention.
【図20】 図20は、本発明の実施の形態2の(連続再送モードを示す)詳細動作フローチャートである。 Figure 20, (indicating continuous retransmission mode) of the second embodiment of the present invention is a detailed operation flow chart.
【図21】 図21は、発明の実施の形態1のフレームフォーマット(レイヤー2)を示す。 Figure 21 shows a frame format of the first embodiment of the invention (layer 2).
【図22】 図22は、発明の実施の形態2に係るフレームフォーマットを示す。 Figure 22 shows a frame format according to the second embodiment of the invention.
【図23】 図23は、フレームタイプ(ID)フィールドコードを示す。 Figure 23 shows a frame type (ID) field codes.
【図24】 図24は、ACK/NACK識別子(C)フィールドコードを示す。 Figure 24 shows the ACK / NACK identifier (C) field codes.
【図25】 図25は、ブロック識別子(U)フィールドコードを示す。 Figure 25 shows a block identifier (U) field codes.
【図26】 図26は、送信したフラグメントのブロック識別子(B)フィールドコードを示す。 Figure 26 shows a block identifier (B) field codes transmitted fragments.
【図27】 図27は、情報結合ビット(I)フィールドコードを示す。 Figure 27 shows the information binding bits (I) field codes.
【図28】 図28は、送るべき情報がないときの送られるEMPTYフレームを示す。 Figure 28 shows EMPTY frames sent when there is no information to be sent is.
【図29】 図29は、リンク状態を制御するときに送られるUフレームを示す。 Figure 29 shows the U frame sent in controlling the link status.
【図30】 図30は、ベースステーション(BS)から所定時間ごとに送られてくるFCIフレームを示す。 Figure 30 shows the FCI frame from a base station (BS) transmitted in every predetermined time.
【図31】 図31は、データを送信するためのIフレームを示す。 Figure 31 shows the I-frame for transmitting the data.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
21 IPパケット受信バッファ26 FEC/CRCエンコーダ28 送信部32 転送モード制御部41 受信部43 FEC/CRCデコーダ48 IPパケット送信バッファ 21 IP packet reception buffer 26 FEC / CRC encoder 28 transmitting unit 32 transfer mode controller 41 receiving unit 43 FEC / CRC decoder 48 IP packet transmission buffer

Claims (5)

  1. 送信すべきデータを含むパケットを、複数のブロックに分割する分割ステップと、 A packet containing data to be transmitted, a dividing step of dividing into a plurality of blocks,
    前記ブロックごとに、送信すべきデータを、それぞれ前記送信順位を表現する領域、ブロックを区別するためのブロック識別子及びデータ領域を有する複数のフレームに分割し、各フレームに送信順位を与えて送信する送信ステップと、 For each of the blocks, the data to be transmitted, the region for each representing the transmission order, is divided into a plurality of frames having a block identifier and the data area for distinguishing the block, and transmits giving transmission order in each frame a transmission step,
    受信したフレームのエラー検出を行い、最終順位のフレームの受信前にエラーを検出した場合は、当該エラーフレームの再送信を要求する選択的再送要求ステップと、 Performs error detection of the received frame, if an error is detected prior to receipt of the final ranking of the frame, and selective retransmission request step of requesting retransmission of the error frame,
    最終順位のフレームの受信後にエラーを検出した場合は、前記エラーフレームの連続送信を要求する連続再送信要求ステップと、 If an error is detected after reception of the final ranking frame, a continuous retransmission request step of requesting continuous transmission of the error frame,
    最終順位のフレームの受信後であって、前記エラーフレームの連続送信の前に、次のブロックのフレームを送信する次フレーム送信ステップと、 Even after reception of the final ranking frame, prior to the continuous transmission of the error frame, the next frame transmission step of transmitting the frames of the next block,
    を備える伝送方法。 Transmission method comprising.
  2. 前記ブロック識別子は1ビットであり、隣接するブロックを識別可能であることを特徴とする請求項記載の伝送方法。 The block identifier is 1 bit, the transmission method of claim 1, wherein the distinguishable adjacent blocks.
  3. 前記送信ステップにおいて、2 n個の複数のフレームごとにひとつのブロックとしてくくり、与えられた順序番号に従って送信することを特徴とする請求項記載の伝送方法。 Wherein in the transmitting step, 2 n pieces of enclosed as a single block for each of a plurality of frames, the transmission method of claim 1, wherein the transmitting in accordance with a given sequence number.
  4. 前記送信ステップにおいて、前記送信順位を表示する領域を小さくして前記データ領域を拡大するように分割が行われることを特徴とする請求項記載のデータ伝送方法。 Wherein in the transmission step, the data transmission method of claim 1, wherein by reducing the area for displaying the transmission order, characterized in that the division is performed so as to enlarge the data area.
  5. パケットを分割したブロックごとにデータ通信を行うとともに、相互間のデータ通信における送信エラーデータの再送信を行うデータ伝送装置であって、 It performs data communication for each block obtained by dividing a packet, a retransmission data transmission apparatus that performs transmission errors data in the data communication between each other,
    それぞれ送信順位を表現する領域、ブロックを区別するためのブロック識別子及びデータ領域を有する複数のフレームを受信する受信手段と、 Region representing the sending order, respectively, receiving means for receiving a plurality of frames having a block identifier and the data area for distinguishing the block,
    受信したフレームのエラー検出を行うエラー検出手段と、 And error detecting means for performing error detection of the received frame,
    最終順位のフレームの受信前にエラーを検出した場合は、当該エラーフレームの再送信を要求し、最終順位のフレームの受信後にエラーを検出した場合は、前記エラーフレームの連続送信を要求する再送信要求手段と、 If an error is detected prior to receipt of the final ranking frame to request retransmission of the error frame, if an error is detected after reception of the final ranking of the frames, retransmission requesting continuous transmission of the error frame and request means,
    最終順位のフレームの受信後であって、前記エラーフレームの連続送信の前に、次のブロックのフレームを送信する次フレーム送信手段と、 Even after reception of the final ranking frame, prior to the continuous transmission of the error frame, the next frame transmission means for transmitting a frame of the next block,
    を備える伝送装置。 Transmission device comprising a.
JP5244298A 1997-05-27 1998-03-04 Data transmission method and data transmission apparatus Expired - Fee Related JP3859345B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9-137292 1997-05-27
JP13729297 1997-05-27
JP5244298A JP3859345B2 (en) 1997-05-27 1998-03-04 Data transmission method and data transmission apparatus

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5244298A JP3859345B2 (en) 1997-05-27 1998-03-04 Data transmission method and data transmission apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1146187A JPH1146187A (en) 1999-02-16
JP3859345B2 true JP3859345B2 (en) 2006-12-20

Family

ID=26393053

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5244298A Expired - Fee Related JP3859345B2 (en) 1997-05-27 1998-03-04 Data transmission method and data transmission apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3859345B2 (en)

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6542998B1 (en) 1997-02-08 2003-04-01 Pact Gmbh Method of self-synchronization of configurable elements of a programmable module
FI19992470A (en) * 1999-11-17 2001-05-18 Nokia Mobile Phones Ltd Communication
JP2009054170A (en) * 2001-03-05 2009-03-12 Pact Xpp Technologies Ag Management method for data flow
US9037807B2 (en) 2001-03-05 2015-05-19 Pact Xpp Technologies Ag Processor arrangement on a chip including data processing, memory, and interface elements
US8058899B2 (en) 2000-10-06 2011-11-15 Martin Vorbach Logic cell array and bus system
US7444531B2 (en) 2001-03-05 2008-10-28 Pact Xpp Technologies Ag Methods and devices for treating and processing data
JP4691804B2 (en) * 2001-03-02 2011-06-01 ソニー株式会社 Wireless transmission apparatus and wireless transmission method
US7996827B2 (en) 2001-08-16 2011-08-09 Martin Vorbach Method for the translation of programs for reconfigurable architectures
US8914590B2 (en) 2002-08-07 2014-12-16 Pact Xpp Technologies Ag Data processing method and device
US7889742B2 (en) * 2001-09-29 2011-02-15 Qualcomm, Incorporated Method and system for improving data throughput
US8089940B2 (en) 2001-10-05 2012-01-03 Qualcomm Incorporated Method and system for efficient and reliable data packet transmission
US7161909B2 (en) * 2004-04-23 2007-01-09 Samsung Electronics Co., Ltd. Method and system for acknowledging the receipt of a transmitted data stream in a wireless communication system
KR100744116B1 (en) * 2005-07-12 2007-08-01 삼성전자주식회사 Bidirectional telecommunication apparatus and method for supporting high-speed serial transmission of multimedia information
JP4852057B2 (en) * 2008-02-18 2012-01-11 日本電信電話株式会社 Wireless communication method, wireless communication system, and wireless station apparatus
JP5264629B2 (en) * 2009-06-23 2013-08-14 キヤノン株式会社 Communication terminal and communication terminal control method
CN104488339A (en) 2012-07-24 2015-04-01 富士通株式会社 Wireless terminal, wireless base station, wireless communication system, and wireless communication method

Also Published As

Publication number Publication date
JPH1146187A (en) 1999-02-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3892682B2 (en) Packet transmission method, a base station and mobile station
JP4558739B2 (en) A method for providing a multicast service
EP2168293B1 (en) Uplink transmission enhancement by tti bundling
EP0964548B1 (en) A system and method for link and media access control layer transaction initiation procedures
JP3796239B2 (en) Multicast data retransmission method and apparatus
RU2175466C2 (en) Method and device for channel allocation in radio communication system
US7269152B2 (en) Method and apparatus for transmitting information within a communication system
JP4220154B2 (en) Data retransmission apparatus and method according to the radio link protocol in a mobile communication system
US7436809B2 (en) Communicating system, communicating method, base station, and mobile station
CA2144666C (en) Apparatus and method for radio communication
JP3825405B2 (en) Transmission control method and apparatus of a packet in a mobile communication system
RU2232477C2 (en) Method for signaling among medium access control entities in burst data transfer system
ES2296617T3 (en) Process for forming acknowledgment data on a wireless communications system and wireless communication system.
RU2462824C2 (en) Method and device for fast repeat transfer of signals in communication system
CN101729204B (en) Method for receiving scheduling information from user equipment in mobile communication system
KR101365477B1 (en) Method and apparatus for hybrid automatic repeat request
US6009553A (en) Adaptive error correction for a communications link
CN1153414C (en) Method and arrangement in digital telecommunications system
CN101578791B (en) Method and apparatus for allocating and signaling ack/nack resources in a wireless communication system
US7801146B2 (en) Transmission-reception apparatus
EP1695462B1 (en) Transmitting and receiving control protocol data unit having processing time information
EP1020048B1 (en) Method and apparatus for conveying data packets in a packet data communication system
JP4279252B2 (en) Method and system for updating to generate a transmission rate for the link adaptation in Ieee802.11wlan
US5987018A (en) Radio unit, method of communicating between radio units over a communications channel and method of preparing a sequence of data cells for transmission over a radio channel
US7599363B2 (en) Method for reporting reception result of packets in mobile communication system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050301

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060411

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060529

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060726

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060818

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060904

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060919

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100929

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110929

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees