JP3849369B2 - Playback device, recording device - Google Patents

Playback device, recording device Download PDF

Info

Publication number
JP3849369B2
JP3849369B2 JP27971399A JP27971399A JP3849369B2 JP 3849369 B2 JP3849369 B2 JP 3849369B2 JP 27971399 A JP27971399 A JP 27971399A JP 27971399 A JP27971399 A JP 27971399A JP 3849369 B2 JP3849369 B2 JP 3849369B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
recording
retry
transfer rate
reproduction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP27971399A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2001101810A (en
Inventor
泰弘 植木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Victor Company of Japan Ltd
Original Assignee
Victor Company of Japan Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Victor Company of Japan Ltd filed Critical Victor Company of Japan Ltd
Priority to JP27971399A priority Critical patent/JP3849369B2/en
Publication of JP2001101810A publication Critical patent/JP2001101810A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3849369B2 publication Critical patent/JP3849369B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、1枚のディスク媒体上に多種類のデータ(例えばコンピュータデータ、ビデオデータ、オーディオデータ)または複数の転送レートのデータを混在して記録または再生する際に、何らかの原因で記録再生状態の途中でエラーにより中断が生じても、データの種類または複数の転送レートにより最適なリトライを行なって、再び記録再生状態に良好に戻すことが可能な光ディスクや磁気ディスク装置に関する再生装置、記録装置に関する
【0002】
【従来の技術】
従来、圧縮伸長技術を用いて連続的なオーディオデータを記録再生するポータブルMDプレーヤは、4Mビットのメモリー(トラックバッファー(以下TBと記す)、またはショックプルーフメモリー)を備えている。そして、TBまたはショックプルーフメモリーを用いて、入力側と出力側の転送速度の差を吸収し、また、ショック等のエラーで記録再生中に、記録再生が中断した際にこれを検出し、オーディオデータの連続再生があまり違和感無く再生出来る範囲で、再度中断した位置から記録再生を行うようにリトライ制御をしていた。
また、HDD(ハードディスクドライブ)等のコンピュータデータを記録再生する機器においては、記録信号の連続性については問題にならないから、エラーが発生した場合は、所定のエラー処理を行っていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
しかし、近年、光ディスクや磁気ディスク等に記録されるデータの種類は、コンピュータデータ、オーディオデータ、ビデオデータ等様々である。こうした多種のデータを一枚のディスク媒体に記録するようになると、例えば、転送レートに関係しないコンピュータデータの記録再生中の何らかのエラーによる中断に対しては、何度もリトライすれば、エラーを最小限にして、品質のよい再生データが得られ、前後のデータが繋がり良くこの記録再生を続行することが可能である。一方、オーディオデータ、ビデオデータの転送レートはデータによって固定ではなく、複数の転送レートの設定が可能である。この結果、オーディオデータ、ビデオデータの記録再生中の何らかのエラーによる中断に対しては、この中断前後の転送レートが一致する範囲でリトライを行わないと、データの連続性が無くなってしまい、オーディオデータ、ビデオデータ等の連続性のあるデータを繋がり良く記録再生を続行することは不可能である。
【0004】
具体的には、転送レートが低い場合には、リトライを何度も可能であるという光ディスク装置であれば、最高転送レートの場合のリトライ方法に、低い転送レートの場合のリトライ方法を合わせてしまうと、低い転送レートでは、リトライが何度も可能であるにも関わらずこれができないという無駄なことが発生することになり、装置としての信頼性を損なうという問題が発生していた。
また、実際にこのようにリトライをデータの種類や転送レートによって、変更しようとした場合に、ドライブ装置においては、データの種類や転送レートを知る方法が無く、これを変更することが不可能であった。
特に、光ディスクは一般的に交換可能であり、ディスク表面をユーザーが触ることが出来るために、光ディスクには後天的なゴミの付着等が原因のエラーによるリトライの可能性や、振動衝撃等に対してピックアップがトラッキングはずれをおこしやすい等の問題があり、磁気ディスク等に比較してこの問題を解決することは大きな課題であった。
【0005】
【課題を解決するための手段】
上述した課題を解決するために、本発明は、次の構成を有する再生装置、記録装置を提供する。
(1)情報が記録されているディスクから情報を再生する再生装置であって、前記ディスクのトラックから情報を再生する再生手段と、前記再生手段の出力からエラーを検出するエラー検出手段と、前記エラー検出手段でエラー検出があると、前記再生手段の再生をリトライするリトライ手段と、前記リトライ回数と再生パラメータを変更する手段と、前記ディスクから第1の転送レートで再生した再生情報を一時記憶する一時記憶手段と、前記一時記憶手段で一時記憶した前記再生情報を第1の転送レートより遅い第2の転送レートで読み出す読出手段と、前記ディスクの管理情報領域から前記再生情報の種類及び又は転送レートに関する管理情報を読み出す管理情報読出手段と、前記管理情報読出手段から読み出した前記管理情報によって、前記リトライ手段を制御するリトライ制御手段とを有することを特徴とする再生装置。
(2)情報を記録可能なディスクに情報を記録する記録装置であって、前記ディスクのトラックに情報を記録する記録手段と、記録情報の種類及び又は転送レートを決定する決定手段と、前記記録情報を第1の転送レートで一時記憶する一時記憶手段と、前記一時記憶手段で一時記憶した前記記録情報を第1の転送レートより速い第2の転送レートで読み出して前記ディスクに記録するように、前記一時記憶手段を制御する記録制御手段と、記録時にエラーを検出するエラー検出手段と、前記エラー検出手段からエラー検出出力があると、前記記録手段の記録をリトライするリトライ手段と、前記リトライ回数と記録パラメータを変更する手段と、前記記録情報の種類及び又は転送レートによって、前記リトライ手段を制御するリトライ制御手段とを有することを特徴とする記録装置。
(3)再生情報の種類がオーディオやビデオ等の所定の転送レートの連続的な情報である場合には、前記一時記憶手段による第1と第2の転送レートの補償の範囲で、所定の転送レートの連続性を損なわないようにリトライを行うことを特徴とする(1)記載の再生装置。
(4)記録情報の種類がオーディオやビデオ等の所定の転送レートの連続的な情報である場合には、前記一時記憶手段による第1と第2の転送レートの補償の範囲で、所定の転送レートの連続性を損なわないようにリトライを行うことを特徴とする(2)記載の記録装置。
(5)再生情報の種類がコンピュータ情報や静止画情報等の非連続的な情報である場合には、連続性を持つ情報に対するリトライ回数より多いリトライ回数分リトライを行うことを特徴とする(1)記載の再生装置。
(6)記録情報の種類がコンピュータ情報や静止画情報等の非連続的な情報である場合には、連続性を持つ情報に対するリトライより多いリトライ回数分リトライを行うことを特徴とする(2)記載の記録装置。
)情報が記録されているディスクから情報を再生する再生装置であって、前記ディスクのトラックから情報を再生する再生手段と、前記再生手段の出力からエラーを検出するエラー検出手段と、前記エラー検出手段でエラー検出があると、前記再生手段の再生をリトライするリトライ手段と、前記リトライ回数と再生パラメータを変更する手段と、前記ディスクから第1の転送レートで再生した再生情報を一時記憶する一時記憶手段と、前記一時記憶手段で一時記憶した前記再生情報を外部制御装置に転送する転送手段と、前記再生情報の種類を記録してある前記ディスクの管理情報領域の管理情報を前記外部制御装置に転送する管理情報領域転送手段と、前記管理情報を前記外部制御手段から受け取る受け取り手段と、
前記再生情報の種類よって、前記リトライ手段を制御するリトライ制御手段とを有することを特徴とする再生装置。
(8)情報を記録可能なディスクに情報を記録する記録装置であって、前記ディスクのトラックに情報を記録する記録手段と、記録情報を外部制御手段に入力する入力手段と、前記外部制御手段に入力した記録要求と記録情報の種類に関する情報とを受ける受取手段と、入力した記録情報を一時記憶する一時記憶手段と、一時記憶手段から読み出した前記記録情報を前記記録手段に供給する手段と、記録時にエラーを検出するエラー検出手段と、前記エラー検出手段からエラー検出出力があると、前記記録手段の記録をリトライするリトライ手段と、前記リトライ回数と記録パラメータを変更する手段と、前記記録情報の種類及び又は転送レートによって、前記リトライ手段を制御するリトライ制御手段とを有することを特徴とする記録装置。
(9)再生情報の種類がオーディオやビデオ等の所定の転送レートの連続的な情報である場合には、所定の転送レートの連続性を損なわないようにリトライを行うことを特徴とする(7)記載の再生装置。
(10)記録情報の種類がオーディオやビデオ等の所定の転送レートの連続的な情報である場合には、所定の転送レートの連続性を損なわないようにリトライを行うことを特徴とする(8)記載の記録装置。
(11)再生情報の種類がコンピュータ情報や静止画情報等の非連続的な情報である場合には、連続性を持つ情報に対するリトライ回数より多いリトライ回数分リトライを行うことを特徴とする(7)記載の再生装置。
(12)記録情報の種類がコンピュータ情報や静止画情報等の非連続的な情報である場合には、連続性を持つ情報に対するリトライより多いリトライ回数分リトライを行うことを特徴とする(8)記載の記録装置。
また、本発明は次の構成を有する光ディスク装置に適用しても良い。
図1,図2,図3に示すように、互いに相違するデータフォーマットを有する複数種類のデータ(例えばコンピュータデータ、ビデオデータ、オーディオデータ等のデータ)がそれぞれ記録可能な光ディスク1を再生する光ディスク装置であって、
前記ディスク1は、前記複数種類のデータのうちの少なくとも1のデータが記録されかつ予め基準信号(光ディスク1上に埋め込まれたウオブリング信号にタイミング信号として埋め込まれたシンク信号)が形成されているデータ領域と、前記データ領域に記録されているデータに関する記録情報が記録されている制御領域とを備えており、
前記光ディスク1上の前記制御領域及び前記データ領域をそれぞれ再生走査する再生手段(光学ピックアップ)3と、
前記再生手段3から出力される読出信号から、前記光ディスク1の前記制御領域に記録されている前記記録情報を再生走査して得た再生制御信号と、前記光ディスク1の前記データ領域に記録されている前記データ及び前記基準信号を再生走査して得た再生信号及びサーボエラー信号とを出力する再生信号手段(プリアンプ)4と、
前記再生信号手段4から出力される前記サーボエラー信号に基づいて、前記再生手段3のフォーカス及びトラッキング制御を行なうと共に前記光ディスク1の回転制御を行なうサーボ制御手段(サーボ部)8と、
前記再生信号手段4から出力される前記再生信号を一時記憶する記憶手段(トラックバッファメモリ)11と、
前記再生信号手段4から出力される前記再生制御信号に基づいて、再生走査している前記データの種別及びデータ転送レート等を検知し、この検知した前記データの種別及びデータ転送レート等に対応して前記記憶手段11に対する前記再生信号の書き込み読み出しを制御する制御手段(システムコントローラ)9とを備え、
前記光ディスク1の前記データ領域を再生走査中に前記再生手段3から出力される前記読出信号に中断が生じた場合には、前記制御手段9は、前記再生制御信号に基づいて検知した前記データの種別及びデータ転送レート等に適合したリトライを行なって、中断が生じたときに再生走査していた前記データ領域部分の先頭に前記再生手段3を再度移送して、データの再生を再開始することを特徴とする光ディスク装置。
【0006】
【発明の実施の態様】
以下、本発明を、図面に沿って説明する。
本発明を適用した光ディスク装置は、例えば1枚のディスク媒体上に多種類のデータ(例えばコンピュータデータ、ビデオデータ、オーディオデータ)を混在して記録再生する際に、何らかの原因で記録再生中に中断が生じても、これらのデータの種別及びその転送レートに応じて最適なリトライを行なって、再び記録再生状態に良好に戻すことが可能な光ディスク装置である。以下の説明においては、ディスク媒体(光ディスク)として、DVD−RWを用い、このDVD−RWに対してデータを記録再生する場合について説明するが、他の記録可能なCD−RW、DVD+RWや次世代DVD等の高密度型光ディスクについてもこれを適用できることは言うまでもない。
また、以下の説明で用いるリトライとは、光ディスクのデータ領域を記録又は再生走査中に記録又は再生手段において記録又は読出信号に中断が生じた場合に、この中断状態を検出して、記録又は再生しているデータの種別及びデータ転送レート等に適合した復帰動作を行なって、中断が生じたときに記録又は再生走査していた前記データ領域部分の先頭に前記記録又は再生手段を再度移送して、データの記録又は再生を再開始することを意味している。
【0007】
図1,図2はそれぞれ光ディスク装置の2つの例を示すブロック図である。光ディスク装置は、図1,図2に示すように、スピンドルモータ(SP MOTOR)2、光学ピックアップ(PU)3、プリアンプ(PAMP)4、信号処理部5、AV符号化復号化部(AV−ENDEC)6、ドライバ(DRIVER)7、サーボ部(SERVO)8、システムコントローラ(SYSTEMCONT)9、キー入力部(KEY)10、トラックバッファメモリ11、メモリ12、インターフェイス部(ATAPI(ATA Packet Interface))13、ホストコンピュータ(ホスト)14を備えている。図中、1は光ディスク。
以下の説明において、まず図1に示す光ディスク装置について説明した後に、図2に示す光ディスク装置について説明する。
【0008】
光ディスク1は、例えば相変化材料からなる記録層を有するDVD−RWフォーマットの光ディスクであって、このDVD−RWディスクは、ディスク内でセクター(トラック)が螺旋状に配され、線速度一定(CLV)にて回転が制御され、また、連続する16セクターで1ブロックを構成し、この1ブロックが前記のエラー訂正の処理単位(ECCブロック)となされている。この光ディスク1は、図示しないチャッキング機構によってスピンドルモータ2に取り付けられている。
【0009】
スピンドルモータ2は、ドライバ7により回転駆動され、チャッキング機構によってチャッキングされている光ディスク1を回転させる。また、このスピンドルモータ2は、FGジェネレータと、ホール素子などの回転位置信号の検出手段とを備えて成る。このFGジェネレータからのFG信号及びホール素子からの回転位置信号は、回転サーボ信号としてドライバ7を介してサーボ部8に帰還される。
【0010】
光学ピックアップ3は、半導体レーザを光源とし、コリメータレンズ、対物レンズ等によって、光ディスク1の所定のトラック上にレーザー光Leによるレーザスポットを形成し、また、2軸アクチュエータにて対物レンズを駆動することにより、レーザスポットのフォーカシング及びトラッキングを行う。半導体レーザはレーザ駆動回路により駆動され、2軸アクチュエータはドライバ7により駆動される。
【0011】
キー入力部10は、ユーザにより操作される複数のキーを備えてなり、ユーザからのキー操作入力情報をシステムコントローラ9に送る。即ちこのキー入力部10からは、記録開始や再生開始、記録停止、再生停止等を指示する各種のキー操作入力情報がユーザにより入力可能となされている。
【0012】
システムコントローラ9は、キー入力部10からのキー操作入力情報として、記録開始や再生開始、記録停止、再生停止等の各種キー操作入力情報に応じて、光ディスク装置の各部のLSI(信号処理部5やサーボ部8、アンプ部4、AV符号化復号化部6等)を制御する。なお、例えば記録したい画像の解像度や、カーレースなどのスピードの速いシーン等を取り分ける場合や、記録時間優先で設定するための制御データが、キー入力部10や入力端子から入力された場合も、システムコントローラ9はその制御データを認識し、その認識結果に基づいて記録時間を変更したり、その設定を外部のユーザが選択出来るようにしている。
【0013】
ここで、光ディスク1の再生を行う場合に、キー入力部10から再生開始の指令がなされることにより、これに応じてシステムコントローラ9はアンプ部4、サーボ部8及びドライバ7を再生制御する。即ち、光ディスク1の再生を行う場合には、システムコントローラ9は、先ず最初に、光ディスク1を回転させると共にレーザースポットを光ディスク1上に照射して、信号トラックに予め形成されているアドレス信号を読み取り、そのアドレス情報から再生するべき目的セクター(トラック)を見つけ、その目的セクター(トラック)上にレーザスポットが配置するように光学ピックアップ3を移動制御する。この目的セクターへの移動が完了した後は、光学ピックアップ3は当該目的セクターから再生を開始する。
【0014】
アンプ部4は、光学ピックアップ3にて光ディスク1の目的セクターから再生されたRF信号が供給されこれを増幅すると共に、このRF信号から再生信号、トラッキングエラー信号及びフォーカスエラー信号を生成出力する。また、アンプ部4は、少なくとも再生信号の周波数特性を最適化するイコライザと、再生信号からバイトクロックを抽出すると共に速度サーボ信号を生成するPLL(位相ロックループ)回路と、このPLL回路からのバイトクロックと再生信号の時間軸との比較からジッタ成分を取り出すジッタ生成器とを備えている。このジッタ値はシステムコントローラ9に送出される。アンプ部4はトラッキングエラー信号、フォーカスエラー信号及び速度サーボ信号をサーボ部8に送出する。また、アンプ部4は再生信号を信号処理部5に出力する。
【0015】
サーボ部8は、アンプ部4から供給されるトラッキングエラー信号、フォーカスエラー信号及び速度サーボ信号と、スピンドルモータ2から供給される回転サーボ信号とに基づいて、それぞれ対応する部位のサーボ制御を行う。
【0016】
具体的には、サーボ部8は、アンプ部4のPLL回路が光ディスク1の回転速度に応じて生成した速度サーボ信号と、スピンドルモータ2からの回転サーボ信号とに基づいて、スピンドルモータ2を所定の回転速度で回転させるように、即ち光ディスク1を線速度一定(CLV)にて回転させるような、回転速度サーボ制御信号を生成する。
【0017】
また、サーボ部8は、フォーカすエラー信号及びトラッキングエラー信号に基づいて、光学ピックアップ3が光ディスク1上に正確にフォーカシング及びトラッキングするための光学ピックアップサーボ制御信号を生成する。これら回転速度サーボ制御信号と光学ピックアップサーボ制御信号は、ドライバ7に送られる。なお、これ以降、光ディスク1の記録速度(記録データ転送レート)を記録レートと呼び、光ディスク1の再生速度(再生データ転送レート)を再生レートと呼ぶことにする。
【0018】
ドライバ7はサーボ部8からの回転速度サーボ制御信号に応じてスピンドルモータ2をCLVで回転駆動するための駆動信号をスピンドルモータ2に送出する。また、ドライバ7は光学ピックアップサーボ制御信号に応じて光学ピックアップ3の2軸アクチュエータを駆動する。こうして、スピンドルモータ2はCLVで回転駆動され、また、光学ピックアップ3は光ディスク1上でのレーザスポットのフォーカシング及びトラッキングが良好に行われることになる。
【0019】
信号処理部5は、アンプ部4より供給された再生信号をA/D(アナログ/ディジタル)変換し、このA/D変換により得られたディジタル信号から同期検出を行うと共に、このディジタル信号に施されているいわゆるEFM+信号(8−16変調信号)からNRZ(Non Return to Zero)データへのデコードを行い、さらにエラー訂正処理を行って、光ディスク1上のセクターのアドレスデータと再生データとを得る。信号処理部5にて得られたアドレスデータと同期信号とはシステムコントローラ9に送出される。
【0020】
ここで、アンプ部4より供給される再生信号が例えばMPEGの可変転送レートで圧縮符号化されたデータである場合、この再生データは、64MバイトのD−RAMであるトラックバッファメモリ11に一時的に記憶される。システムコントローラ9はトラックバッファメモリ11への再生データの書き込み/読み出しを適宜制御することで、再生データの可変転送レートの時間変動分を吸収することができる。なお、トラックバッファメモリ11は圧縮符号化されたデータを一時記憶するバッファメモリのことを示しており、例えばDVDにおいて一般的に備えられている可変転送レートを吸収するためのバッファメモリや、MPEGのエンコードやデコード時に用いるバッファメモリを含む。このトラックバッファメモリ11の記憶容量及び記憶領域の管理、書き込み/読み出し制御は、信号処理部5を介して例えばシステムコントローラ9が行う。
【0021】
AV符号化復号化部6は、トラックバッファメモリ11から供給された再生データが、例えばMPEG2にて圧縮符号化され且つオーディオデータとビデオデータとが多重化されたデータであるとき、この再生データから圧縮オーディオデータと圧縮ビデオデータとを分離すると共に、それぞれをMPEG2にて伸長復号化し、さらにD/A(ディジタル/アナログ)変換して、オーディオ信号及びビデオ信号として出力する。この出力されたビデオ信号は、図示しないNTSC(National Television System Committee)エンコーダ等にて処理されてモニタ装置に表示され、また、オーディオ信号は、図示しないスピーカ等に送られて放音される。
【0022】
なお、再生時におけるAV符号化復号化部6で行われる伸長復号化の速度(伸長復号化時のデータ転送レート、以下、伸長レートと呼ぶことにする)は、記録時に設定された記録モードと相補的であることは言うまでもない。言い換えると、AV符号化復号化部6は、複数の伸長レートに応じた伸長復号化処理が可能となされており、記録時に設定された記録モードに応じて当該伸長レートを決定し、そのレートで伸長復号化を行う。この記録モードの情報は、コントロールデータとして記録データと共に光ディスク1に記録されており、光ディスク1の再生時にこのコントロールデータが読み出されてシステムコントローラ9に送られ、システムコントローラ9がこのコントロールデータに基づいてAV符号化復号化部6の伸長レートを設定する。因みに前記したD/A変換はAV符号化復号化部6の外部にて行うことも可能である。
【0023】
前述したのは光ディスク1の再生についてであるが、次に、光ディスク1へ記録を行う場合について説明する。
キー入力部10から記録開始の指令がなされることにより、これに応じてシステムコントローラ9はアンプ部4、サーボ部8及びドライバ7を記録制御する。即ち、光ディスク1の記録を行う場合には、システムコントローラ9は、先ず最初に、光ディスク1を回転させると共にレーザースポットを光ディスク1上に照射して、信号トラックに予めプリピットとして形成されているアドレス信号を読み取り、そのアドレス情報から記録するべき目的セクター(トラック)を見つけ、その目的セクター(トラック)上にレーザスポットが配置するように光学ピックアップ3を移動制御する。この目的セクターへの移動が完了した後は、光学ピックアップ3は当該目的セクターから記録を開始する。
【0024】
光ディスク1に記録するオーディオ及びビデオ信号はAV符号化復号化部6に入力される。AV符号化復号化部6は、供給されたオーディオ信号及びビデオ信号をA/D変換し、それぞれオーディオデータ及びビデオデータを、記録モードに応じた速度にてMPEG2の圧縮符号化を行い、さらにそれらを多重化して信号処理部5に送る。以下、このAV符号化復号化部6における圧縮符号化の速度(圧縮符号化時のデータ転送レート)を圧縮レートと呼ぶことにする。即ち、AV符号化復号化部6は、記録モードに応じた複数の圧縮レートで圧縮符号化を行い得るものである。
【0025】
64MビットのD−RAMであるメモリ12は、AV符号化復号化部6における圧縮伸長の際にオーディオデータ及びビデオデータを一時的に記憶するためのメモリである。因みに前記したA/D変換はAV符号化復号化部6の外部にて行うことも可能である。
【0026】
前述したのはオーディオデータ及びビデオデータの記録についてであったが、静止画情報やコンピュータ上のプログラムファイル等のデータを記録することも可能である。信号処理部5では、AV符号化復号化部6からの圧縮データやシステムコントローラ9を介したプログラムファイル等のデータに対して、エラー訂正符号を付加し、NRZとEFM+のエンコードを行い、さらにシステムコントローラ9から供給される同期信号を付加して記録データを生成する。
【0027】
この記録データはトラックバッファメモリ11に一時的に記憶された後、光ディスク1への記録レートに応じた読出レートで当該トラックバッファメモリ11から読み出される。トラックバッファメモリ11から読み出された記録データは、信号処理部5にて所定の変調処理が行われ、記録信号としてアンプ部4に送られ、光学ピックアップ3にて光ディスク1上の目的セクター(トラック)に記録される。
【0028】
また、このときのシステムコントローラ9は、アンプ部4からのジッタ値をA/D(アナログ/ディジタル)変換して測定し、この測定ジッタ値やアシンメトリ値に従って、記録時のアンプ部4における波形補正量を変更する。即ち、光ディスク1に信号を記録する場合、アンプ部4では、信号処理部5からの信号を波形補正し、この波形補正した信号を光学ピックアップ3のレーザ駆動回路へ送るのである。
【0029】
上述した図1の光ディスク装置において、前記したリトライを実行するブロックは、図3に示す、信号処理部5、サーボ部8、システムコントローラ9である。即ち、図3に示すように、信号処理部5には、再生時に再生信号のPLL制御がアンロックになったことを示すPLLNG信号、再生時又は記録時に用いられかつ光ディスク1上に埋め込まれたウオブリング信号にタイミング信号として埋め込まれたシンク信号の未検出を示すシンク検出NG信号、再生時に再生信号のエラー訂正が不可能であることを示す訂正NG信号がシステムコントローラ9にそれぞれ供給される。一方、サーボ部8では前記したフォーカス、トラッキング、スピンドルのそれぞれのサーボ状態がNGであることを示すフォーカスNG検出信号、トラッキングNG検出信号、スピンドルNG検出信号が、システムコントローラ9にそれぞれ供給される。
【0030】
これらのNG信号を受けてシステムコントローラ9は、その内部に格納した記録信号又は再生信号の種類を識別記憶した信号種類記憶部の記憶値を基に、リトライの方法を決定する。そして、信号処理部5、サーボ部8に対してリトライの指示をそれぞれ行う。例えば前記した記憶値は、記録信号又は再生信号の種類が連続データではないコンピュータデータあるいは連続的なデータであるオーディオデータ、ビデオデータ等であるかの種別、またオーディオデータ、ビデオデータの場合には、転送レート(前記した伸長レート、圧縮レート)の複数の値を含んでいる。
【0031】
具体的なリトライの指示は、記録又は再生中のセクターアドレスの中で、NGが発生したセクターアドレスに、光学ピックアップ3を再度移送して、そのセクターアドレスから記録又は再生を繋げる処理である。
【0032】
光ディスク装置は、記録したい画像の解像度や、カーレースなどのスピードの速いシーン等を取り分ける場合や、記録時間優先で設定するための、キー入力や外部よりの制御データをシステムコントローラ9が認識し、切り替え端子をもっていて、これにより記録時間を変更可能とし、その設定を外部のユーザーが選択出来る。キー入力等の設定によって、システムコントローラ9はMPEGエンコーダに対して、記録時の転送レートを設定する。
【0033】
例えば、原画像として入力されてきたビデオ画像を圧縮する場合に、
高画質な転送レート8Mbpsの記録時間2時間のモード
やや高画質な転送レート4Mbpsの記録時間4時間のモード
普通画質な転送レート2Mbpsの記録時間8時間のモード
の画質優先での選択が可能である。
【0034】
また、記録したい画像の解像度や、カーレースなどのスピードの速いシーン等を取り分ける場合や、記録時間優先で設定するためのキー入力をシステムコントローラ9が認識し、これに応じて転送レートを切り替えることにより、記録時間を任意に変更可能である。
【0035】
記録時(記録モード)の場合には、前記したMPEGエンコーダは各転送レートに対してエンコード可能な構成になっており、ユーザーが任意の転送レートを設定して、記録すべき信号をAV符号化復号化部6のエンコーダとメモリ12との間にてMPEG2の圧縮符号化を行ない、さらにそれらを多重化して、設定した転送レート値に従って、FULL(データが100%近く記憶されている状態)とEMPTY(データが0%近く記憶されている状態)との値をそれぞれ設定してあるトラックバッファメモリ11に、所定の記録単位にして一時的に書き込む。
【0036】
この時、光学ピックアップ3は待機状態として所定の記録すべきトラックでキック待ちの状態とする(図4(A)〜(C)のa領域)。システムコントローラ9はトラックバッファメモリ11の残量の制御を行いながら、トラックバッファメモリ11が所定のFULLの値になったら、信号処理部5はエラー訂正コード、アドレスやシンク信号を加えてトラックバッファメモリ11から読み出した記録データをレーザーの駆動制御を行うプリアンプ4に供給する。こうして、光学ピックアップ3は光ディスク1に記録データの記録を開始する(図4(A)〜(C)のb領域)。この後、トラックバッファメモリ11がEMPTYになったら、前記した記録動作を中止し、キック待ちの待機状態とする。これを繰り返して、連続的な記録を行う。
【0037】
図4は記録時におけるトラックバッファメモリ11へのデータの書き込み読み出し状態を示している。図4(A)では、転送レート2Mbpsの場合を示し、a領域ではトラックバッファメモリ11へのデータの書き込みは、転送レート2Mbpsで書き込まれる。またb領域では、光ディスク1への書き込み速度が10Mbpsであるから、転送レート8Mbps(10−2=8Mbps)でトラックバッファメモリ11からデータが読み出される。
図4(B)では、転送レート4Mbpsの場合を示し、a領域ではトラックバッファメモリ11へのデータの書き込みは、転送レート4Mbpsで書き込まれる。またb領域では、光ディスク1への書き込み速度が10Mbpsであるから、転送レート6Mbps(10−4=6Mbps)で、トラックバッファメモリ11からデータが読み出される。
【0038】
図4(C)では、転送レート8Mbpsの場合を示し、a領域でfトラックバッファメモリ11へのデータの書き込みは、転送レート8Mbpsで書き込まれる。またb領域では、光ディスク1への書き込み速度が10Mbpsであるから、転送レート2Mbps(10−8=2Mbps)で、トラックバッファメモリ11からデータが読み出される。
【0039】
この3つの場合(図4(A)〜(C))において、光ディスク1の記録時の転送レートである10Mbpsに対して、トラックバッファメモリ11への転送レートを2、4、8Mbpsと低く設定してあるため、a領域或いはc領域の光学ピックアップ3の待機状態にて、これを吸収して、連続的に記録が行える。
【0040】
このように、オーディオデータ及びビデオデータの転送レートやコンピュータデータの種類がキー入力等により決定されていて、記録途中でエラーが発生して、記録状態が中断した場合には、図6に示す処理でリトライを行なうことにより、良好に記録が続行可能となる。
【0041】
記録状態が中断した場合には、図6に示すように、まず信号種類判断を行い、それぞれの信号の種類、転送レートの種類によって、以下のようにリトライの回数を設定する(ステップS1)。システムコントローラ9はリトライカウンタを持っていて、このリトライを行う度に回数をカウントする。ここでは、リトライ回数の設定であるが、信号の種類によっては、リトライ回数のみでなく、サーボ系のパラメータ等を変更しながらリトライを行ってもよい。また、ここでは、信号の種類、転送レートの種類によって、リトライ回数を一義的に決定しているがトラックバッファメモリ11の残量との関係で、この回数を調整してもよい。
【0042】
コンピュータデータならリトライ回数5回
転送レート8Mbpsのビデオデータ、オーディオデータならリトライ回数1回
転送レート4Mbpsのビデオデータ、オーディオデータならリトライ回数2回
転送レート2Mbpsのビデオデータ、オーディオデータならリトライ回数3回
【0043】
コンピューターデータの場合信頼性が高く、また、連続的なデータではないので時間の制約は関係なく回数は最も多い回数であるがより増やすことが出来る。
【0044】
また、ビデオデータ、オーディオデータの連続的なデータの場合は、トラックバッファメモリ11のEMPTYの位置から残量が0になるまでの時間内は、リトライが可能であるから、予めリトライ時間と転送レートの時間とトラックバッファメモリ11の容量との関係を計算しておくことにより、リトライ回数を計算出来、転送レートが低い程、前記のように光学ピックアップ3をキックして待機状態の時間が長いので、リトライ回数を多く出来る。
【0045】
次に、上記のようにトラックバッファメモリ11の残量制御を行いながら光ディスク1にデータを記録する記録処置を開始した時点で、エラー(記録状態の中断)が発生したかどうかをチェックする(ステップS2,S3)。エラーが発生していない場合は、所定の記録データが終了するまで記録処理が続行されるが(ステップS7)、エラーが発生した場合には、信号の種類、転送レートの種類によって設定されたリトライ回数に従って、エラーが発生した光ディスク1上のセクターに、光学ピックアップ3を移送してその領域に対して再度記録を行い、リトライカウントを行い、この領域のエラーが無くなったかをチェックする(ステップS4〜S6)。
【0046】
その結果、エラーが無くなった場合は、通常の記録状態に戻り、また回復しない場合は、設定されたリトライ回数のリトライが終了するまで、前記のリトライ処理を繰り返すことになる(ステップS7)。そして、リトライ回数が所定回数になっても、エラーが回復しない場合でも、前記エラーしたセクターに対して所定の範囲の領域を飛ばして、次の領域から記録を行う。そして、記録が終了した時点で、前記記録データの種類及び転送レート等の情報を、前記記録データを記録した位置情報と共に管理領域に記録する。
【0047】
記録の場合には、信号の種類、転送レートの種類に関係なくエラー処理を行うことで、連続的に入力された信号がトラックバッファメモリ11がFULLになってしまうことにより、光ディスク1に記録できないという問題も無く、最大限の許容される時間の中でリトライを行うことが出来、光ディスク装置の信頼性を最大限に向上することが出来る。
【0048】
次に、光ディスク装置が再生モードとなり、光ディスク1から信号を再生する場合には、光学ピックアップ3は所定のコントロールデータが記録されている管理領域の再生トラックのに移動し、開始セクターアドレスを待ち、信号処理部5にてこの信号をデコードし、コントロールデータの中の再生信号の位置情報及び、データの種類がコンピュータデータなのか、ビデオデータ及びオーディオデータ等の連続データなのか、そしてこれがビデオデータ及びオーディオデータの場合、再生時の圧縮された信号の転送レートを読み出し、この値に従って、トラックバッファメモリ11のFULLとEMPTYの値をそれぞれ設定し、再生信号の位置に移動し、トラックバッファメモリ11に書き込み開始する(図5(A)〜(C)のb領域)。
【0049】
そして、システムコントローラ9でトラックバッファメモリ11の残量を監視し、残量がEMPTYを越えた時点で、再生を開始するためAV符号化復号化部6へトラックバッファメモリ11からデータ転送を開始する。(図5(A)〜(C)のc領域)そして、トラックバッファメモリ11の残量がFULLになったら、トラックバッファメモリ11へのデータの書き込みを停止し、この時は光学ピックアップ3は待機状態として所定の再生すべきトラックでキック待ちの状態とする。MPEGデコーダは各転送レートに対して設定可能な構成になっており、再生信号をAV符号化復号化部6とメモリ12との間にてオーディオデータ及びビデオデータをMPEG2でデータ伸長し、D/A変換器からオーディオ信号とビデオ信号とを出力する(図5(A)〜(C)のd領域)。これを繰り返して、連続的な再生を行う。
【0050】
図5は再生時におけるトラックバッファメモリ11へのデータの書き込み読み出し状態を示している。図5(A)では、転送レート2Mbpsの場合を示し、b領域でのトラックバッファメモリ11へのデータ書き込みは、光ディスク1からの読み出し速度が10Mbpsであるから、転送レート10Mbpsで行われる。再生開始のc領域では、転送レート8Mbps(10−2=8Mbps)で、トラックバッファメモリ11へデータが書き込まれる。d領域では、転送レート2Mbpsでトラックバッファメモリ11からデータが読み出される。
【0051】
図5(B)では、転送レート4Mbpsの場合を示し、b領域ではトラックバッファメモリ11へのデータの書き込みは、光ディスク1からの読み出し速度が10Mbpsであるから、転送レート10Mbpsで書き込まれ、再生開始のc領域では、転送レート6Mbps(10−4=6Mbps)で、トラックバッファメモリ11へデータが書き込まれる。d領域では、転送レート4Mbpsでトラックバッファメモリ11からデータが読み出される。
【0052】
図5(C)では、転送レート8Mbpsの場合を示し、b領域でのトラックバッファメモリ11へのデータの書き込みは、光ディスク1からの読み出し速度が10Mbpsであるから、転送レート10Mbpsで書き込まれ、再生開始のc領域では、転送レート2Mbps(10−8=2Mbps)で、トラックバッファメモリ11へデータが書き込まれる。d領域では、転送レート8Mbpsでトラックバッファメモリ11からデータが読み出される。
【0053】
この3つの場合(図5(A)〜(C))において、光ディスク1の再生時の転送レートである10Mbpsに対して、トラックバッファメモリ11への転送レートを2、4、8Mbpsと低く設定してあるため、d領域の待機状態にて、これを吸収して、連続した再生が行える。
【0054】
このように、光ディスク1上のコントロールデータにより読み出される信号の種類であるオーディオデータ及びビデオデータの転送レートやコンピュータデータの種類が決定され、上記のように再生途中でエラーが発生して、再生状態が中断した場合には、図7に示す処理でリトライを行なうことにより、良好に再生が続行可能となる。
【0055】
再生状態が中断した場合には、図7に示すように、まず信号種類判断を行い、それぞれの信号の種類、転送レートの種類によって、以下のようにリトライの回数を設定する(ステップS11)。システムコントローラ9はリトライカウンタを持っていて、リトライを行うたびに回数をカウントする。ここでは、リトライ回数の設定であるが、信号の種類によっては、リトライ回数のみでなく、サーボ系のパラメータ等を変更しながらリトライを行ってもよい。また、ここでは、信号の種類、転送レートの種類によって、リトライ回数を一義的に決定しているがトラックバッファメモリ11の残量との関係で、この回数を調整してもよい。
【0056】
コンピュータデータならリトライ回数5回
転送レート8Mbpsのビデオデータ、オーディオデータならリトライ回数1回
転送レート4Mbpsのビデオデータ、オーディオデータならリトライ回数2回
転送レート2Mbpsのビデオデータ、オーディオデータならリトライ回数3回
【0057】
コンピューターデータの場合信頼性が高く、また、連続的なデータではないので時間の制約は関係なく回数は最も多い回数であるがより増やすことが出来る。
【0058】
また、ビデオデータ、オーディオデータの連続的データの場合は、トラックバッファメモリ11のFULLの位置から残量が最大値(100%)になるまでの時間内は、リトライが可能であるから、予めリトライ時間と転送レートの時間とトラックバッファメモリ11の容量との関係を計算しておくことにより、リトライ回数を計算出来、転送レートが低い程、前記のように光学ピックアップ3をキックして待機状態の時間が長いので、リトライ回数を多く出来る。
【0059】
そして、上記のようにトラックバッファメモリ11の残量制御を行いながら光ディスク1からデータを再生する再生処置を開始した時点で、エラー(再生状態の中断)が発生したかどうかをチェックする(ステップS12,S13)。エラーが発生していない場合は、所定の再生データが終了するまで再生処理が続行されるが(ステップS17)、エラーが発生した場合には、信号の種類、転送レートの種類によって設定されたリトライ回数に従って、エラーが発生した光ディスク1上のセクターに、光学ピックアップ3を移送してその領域に対して再度再生を行い、リトライカウントを行い、この領域のエラーが無くなったかをチェックする(ステップS14〜S16)。
【0060】
その結果、エラーが無くなった場合は、通常の再生に戻り、また回復しない場合は、設定したリトライ回数が終了するまで、前記のリトライ処理を繰り返すことになる(ステップS17)。そして、リトライ回数が所定回数になっても、エラーが回復しない場合でも、前記エラーしたセクターに対して所定の範囲の領域を飛ばして、次の領域から再生を行う。
【0061】
これにより、エラーが回復出来ない場合でも、エラーした領域の信号については、ビデオデータ及びオーディオデータとしての補間処理を行うことにより、連続したビデオ信号及びオーディオ信号を得ることが出来る。これにより最大限の許容される時間の中でリトライを行うことが出来、悲歌のディスク装置の信頼性を最大限に向上することが出来る。
【0062】
さて次に、図2に示す光ディスク装置について説明する。
図2に示す光ディスク装置は、前述した図1に示す光ディスク装置がビデオデータ及びオーディオ信号を圧縮伸張を行う記録再生用プレーヤであるのに対して、圧縮伸張のブロックを持たないドライブであり、また、このドライブと外部の接続をインターフェイス部13を介して行う点と、外部との接続にはホストコンピュータ14を用いている点が異なるが、それ以外の部分は図1に示したものと同様である。前述したものと同一構成部分には同一符号を付し、その説明を省略する。
【0063】
具体的には、図2に示す光ディスク装置には、インターフェイス部13にI/Fブロックがあり、AV符号化復号化部6にもI/Fブロックがある。インターフェイス部13は、コンピュータ周辺ディスク記憶装置のコマンドを規定している業界団体の「マウントフジMt.Fuji」のコマンド体系を基本にドライブの制御を行っている。
【0064】
ここでは、エラー信号を検出する説明の図3、トラックバッファメモリ11の制御を行う説明の図4、図5、記録再生時の処理フローを説明する図6、図7も同様であるが、記録又は再生する信号の種類を知る方法が異なる。
つまり、上記した図1の光ディスク装置では、記録時はキー入力等の入力手段にて入力信号の種類を決定し、再生時は光ディスク1のコントロールデータをデコードして、リトライ回数を決定していたが、この図2に示す光ディスク装置にあっては、ドライブ部分にキー入力部や光ディスク1のコントロールデータをデコードするデコード部を持たないために、記録時には記録する信号の種類はホストコンピュータ14側からインターフェイス部13のI/Fを介して入力される。
【0065】
この場合、ホストコンピュータ14側に接続されたユーザーからの入力信号によって、例えばビデオデータの転送レート2Mbpsの信号が入力されると、ホストコンピュータ14はAV符号化復号化部6のI/Fブロックにその内容を転送し、下記のように記録コマンドと記録開始アドレス等の情報に加えて、前記の信号の種類フラグをドライブに転送する。これを、ドライブの信号処理部5でデコードして、その種類に応じて前記のように記録処理を行う。
【0066】
記録コマンド内容
コマンド種類 「記録」 1000
記録開始アドレス XXXXXXX
データ種類
コンピュータデータ 0001
ビデオデータ及びオーディオデータ 転送レート8Mbps 0008
ビデオデータ及びオーディオデータ 転送レート4Mbps 0004
ビデオデータ及びオーディオデータ 転送レート2Mbps 0002
【0067】
次に、再生処理の場合、前記のようにマウントフジのコマンド体系に基づいて、再生のコマンドに従って、光ディスク1の内周の所定のアドレスに記録されている例えばビデオデータの制御データであるコントロールデータを再生する。例えばDVDビデオ等の場合のマイクロUDFやビデオマネージャー等のファイルである。
【0068】
このデータをホストコンピュータ14が解釈し、コントロールデータに記録してある信号の種類を理解する。そして、この種類を、次に例えば所定のアドレスに記録されているビデオデータを再生する場合に、例えばビデオデータの転送レート2Mbpsの信号であることを、ホストコンピュータ14はAV符号化復号化部6のI/Fブロックにその内容を転送し、下記のように再生コマンドに加えて、前記の信号の種類フラグを転送する。これを、信号処理部5でデコードして、その種類に応じて前記のように再生処理を行う。
【0069】
再生コマンド内容
コマンド種類 「再生」 0100
再生開始アドレス XXXXXXX
データ種類
コンピュータデータ 0001
ビデオデータ及びオーディオデータ 転送レート8Mbps 0008
ビデオデータ及びオーディオデータ 転送レート4Mbps 0004
ビデオデータ及びオーディオデータ 転送レート2Mbps 0002
【0070】
つまり、このように光ディスク装置では、ディジタルデータの内容が理解できないので、記録の処理時に内容である信号の種類を外部のI/Fから入力する事により、同様に最適なエラー処理を行うことが出来る。また、再生の処理時には光ディスク1上のコントロールデータを一旦外部装置に転送し、外部装置で理解した結果をである信号の種類を再度外部のI/Fから入力する事により、同様に最適なエラー処理を行うことが出来る。
なお、本実施例における記録再生の手順や、表示の内容ついては一実施例に過ぎずこの範囲に限定されるものではない。
【0071】
また、ここで信号の種類とは主に、ビデオやオーディオ等の連続的な信号と、この信号の転送レートと、コンピュータデータ等の連続的でない信号を中心に説明しているが、所定の時間の中で処理されなければ意味をなさないコンピュータデータ等は、連続的なデータに属するし、逆にビデオデータでも音声情報を伴わない場合等では、時間的制約を受けない場合もあるのでこの実施例のみの範囲ではない。
【0072】
また、記録再生装置として光ディスクであるDVD−RWを例にとったが、例えば、HDD(ハードディスクドライブ)等の磁気ディスクを用いた記録装置を用いてもかまわないのは、周知の事実である。
ただし、光ディスクは一般的に交換可能であり、ディスク表面をユーザーが触ることが出来る媒体では、後天的なゴミの付着等によるリトライの可能性や、振動衝撃等に対してピックアップがトラッキングはずれをおこしやすい等の問題は、磁気ディスク等に比較して多くより大きな課題であり、かつ、螺旋状にトラックが形成されていて、トラック上を連続的にデータを記録再生可能なシステムとして、本技術はより光ディスク記録再生装置に対して有用である。
【0073】
【発明の効果】
上記したように本発明によれば、例えばビデオやオーディオ等の連続した信号の記録再生の品質を最大限に良好にした状態で、再生信号の連続した再生を行うことが出来、また、コンピュータデータ等の記録再生には、最大の信頼性を確保することが出来るリトライシステムを提供する事により、装置の信頼性を最大限に向上することが出来る。
【図面の簡単な説明】
【図1】光ディスク装置の一例を示すブロック図である。
【図2】光ディスク装置の別の例を示すブロック図である。
【図3】リトライ制御を説明するための図である。
【図4】記録時のトラックバッファー制御の概念図である。
【図5】再生時のトラックバッファー制御の概念図である。
【図6】記録時のリトライ処理を説明するフローチャートである。
【図7】再生時のリトライ処理を説明するフローチャートである。
【符号の説明】
1 光ディスク
3 光学ピックアップ
4 プリアンプ
8 サーボ部
9 システムコントローラ
11 トラックバッファメモリ
[0001]
BACKGROUND OF THE INVENTION
  The present invention provides a recording / reproduction state for some reason when recording or reproducing a plurality of types of data (for example, computer data, video data, audio data) or data of a plurality of transfer rates on a single disk medium. The present invention relates to an optical disk or a magnetic disk device that can perform an optimum retry according to the type of data or a plurality of transfer rates even if an interruption occurs due to an error in the middle of recording, and can return to a good recording / reproducing state again.ReRaw equipment, recording equipmentIn placeConcerning.
[0002]
[Prior art]
2. Description of the Related Art Conventionally, a portable MD player that records and reproduces continuous audio data using compression / decompression technology has a 4 Mbit memory (track buffer (hereinafter referred to as TB) or shock proof memory). TB or shock proof memory is used to absorb the difference in transfer speed between the input side and output side, and this is detected when recording / playback is interrupted during recording / playback due to an error such as shock. Retry control was performed so that recording / reproduction is performed from the position at which it was interrupted again within a range where continuous reproduction of data can be reproduced without much discomfort.
In addition, in a device that records and reproduces computer data such as an HDD (Hard Disk Drive), there is no problem with the continuity of the recording signal. Therefore, when an error occurs, a predetermined error processing is performed.
[0003]
[Problems to be solved by the invention]
However, in recent years, there are various types of data recorded on optical disks, magnetic disks, and the like, such as computer data, audio data, and video data. When such various types of data are recorded on a single disk medium, for example, if an error is interrupted during the recording / playback of computer data that is not related to the transfer rate, the error can be minimized by retrying many times. In the limit, it is possible to obtain reproduction data with high quality, and the data before and after can be connected well and this recording and reproduction can be continued. On the other hand, the transfer rates of audio data and video data are not fixed depending on the data, and a plurality of transfer rates can be set. As a result, for interruption due to some error during recording / playback of audio data and video data, unless data is retried within the range where the transfer rates before and after the interruption match, the data continuity will be lost and the audio data will be lost. It is impossible to continue recording and reproduction with good continuity, such as video data.
[0004]
Specifically, when the transfer rate is low, if the optical disc apparatus is capable of retrying many times, the retry method for the highest transfer rate is combined with the retry method for the low transfer rate. When the transfer rate is low, there is a wasteful effect that the retry cannot be performed even though the retry is possible many times, and the reliability of the apparatus is impaired.
In addition, when actually trying to change the retry depending on the data type and transfer rate in this way, the drive device has no way of knowing the data type and transfer rate, and it is impossible to change this. there were.
In particular, optical disks are generally interchangeable, and the user can touch the disk surface, so there is a possibility of retry due to errors caused by acquired dust on the optical disk, vibration shock, etc. Thus, there is a problem that the pickup tends to be out of tracking, and it has been a big problem to solve this problem as compared with a magnetic disk or the like.
[0005]
[Means for Solving the Problems]
  In order to solve the above-described problems, the present invention has the following configuration.ReRaw equipment, recording equipmentPlaceprovide.
(1)A reproducing apparatus for reproducing information from a disc on which information is recorded, wherein reproducing means for reproducing information from a track of the disc, error detecting means for detecting an error from an output of the reproducing means, and the error detecting means And if there is an error detection, retry means for retrying playback of the playback means;Means for changing the number of retries and playback parameters;Temporary storage means for temporarily storing reproduction information reproduced at a first transfer rate from the disk, and reading means for reading out the reproduction information temporarily stored in the temporary storage means at a second transfer rate slower than the first transfer rate Management information reading means for reading management information relating to the type and / or transfer rate of the reproduction information from the management information area of the disc, and retry control for controlling the retry means by the management information read from the management information reading means And a playback device.
(2)A recording device for recording information on a disc capable of recording information, a recording means for recording information on a track of the disc, a determining means for determining the type and / or transfer rate of the recording information, and the recording information Temporary storage means for temporarily storing at a transfer rate of 1, and the recording information temporarily stored by the temporary storage means for reading at a second transfer rate faster than a first transfer rate and recording it on the disc. A recording control means for controlling the storage means, an error detection means for detecting an error during recording, and a retry means for retrying recording of the recording means when there is an error detection output from the error detection means,Means for changing the number of retries and recording parameters;A recording apparatus comprising: retry control means for controlling the retry means according to the type and / or transfer rate of the recording information.
(3)When the type of reproduction information is continuous information of a predetermined transfer rate such as audio or video, the predetermined transfer rate continues within the range of compensation of the first and second transfer rates by the temporary storage means. It is characterized by retrying so as not to impair the performance(1)The reproducing apparatus as described.
(4)When the type of recording information is continuous information of a predetermined transfer rate such as audio and video, the predetermined transfer rate is continuously within the range of compensation of the first and second transfer rates by the temporary storage means. It is characterized by retrying so as not to impair the performance(2)The recording device described.
(5)When the type of playback information is non-continuous information such as computer information or still image information, the number of retries is performed more than the number of retries for continuous information.(1)The reproducing apparatus as described.
(6)When the type of recorded information is non-continuous information such as computer information or still image information, the number of retries is more than the number of retries for continuous information.(2)The recording device described.
(7A reproducing apparatus for reproducing information from a disc on which information is recorded, a reproducing unit for reproducing information from a track of the disc, an error detecting unit for detecting an error from an output of the reproducing unit, and the error detection If there is an error detection in the means, retry means for retrying the reproduction of the reproduction means,Means for changing the number of retries and playback parameters;Temporary storage means for temporarily storing reproduction information reproduced at the first transfer rate from the disc, transfer means for transferring the reproduction information temporarily stored in the temporary storage means to an external control device, and the type of the reproduction information Management information area transfer means for transferring the management information area of the recorded management information area of the disc to the external control device; and receiving means for receiving the management information from the external control means;
  Type of playback informationInTherefore, a reproducing apparatus comprising retry control means for controlling the retry means.
(8)A recording apparatus for recording information on a disc capable of recording information, the recording means for recording information on a track of the disc, the input means for inputting recording information to an external control means, and the input to the external control means Receiving means for receiving a recording request and information relating to the type of recording information; temporary storage means for temporarily storing the input recording information; means for supplying the recording information read from the temporary storage means to the recording means; Error detection means for detecting an error, retry means for retrying recording of the recording means when there is an error detection output from the error detection means, means for changing the number of retries and recording parameters, and type of the recording information And / or a retry control means for controlling the retry means according to a transfer rate.
(9)When the type of reproduction information is continuous information of a predetermined transfer rate such as audio or video, a retry is performed so as not to impair the continuity of the predetermined transfer rate.(7)The reproducing apparatus as described.
(10)When the type of recording information is continuous information of a predetermined transfer rate such as audio or video, a retry is performed so as not to impair the continuity of the predetermined transfer rate.(8)The recording device described.
(11)When the type of playback information is non-continuous information such as computer information or still image information, the number of retries is performed more than the number of retries for continuous information.(7)The reproducing apparatus as described.
(12)When the type of recorded information is non-continuous information such as computer information or still image information, the number of retries is more than the number of retries for continuous information.(8)The recording device described.
  The present invention also provides an optical disc apparatus having the following configuration.Apply toMay be.
  As shown in FIGS. 1, 2 and 3, an optical disc apparatus for reproducing an optical disc 1 capable of recording a plurality of types of data (eg, computer data, video data, audio data, etc.) having different data formats. Because
  The disc 1 is data in which at least one of the plurality of types of data is recorded and a reference signal (a sync signal embedded as a timing signal in a wobbling signal embedded in the optical disc 1) is formed in advance. An area, and a control area in which recording information related to data recorded in the data area is recorded,
  Reproduction means (optical pickup) 3 for reproducing and scanning each of the control area and the data area on the optical disc 1;
  A reproduction control signal obtained by reproducing and scanning the recorded information recorded in the control area of the optical disc 1 from the readout signal output from the reproducing means 3 and recorded in the data area of the optical disc 1 Reproduction signal means (preamplifier) 4 for outputting a reproduction signal and a servo error signal obtained by reproducing and scanning the data and the reference signal;
  On the basis of the servo error signal output from the reproduction signal means 4, servo control means (servo unit) 8 that performs focus and tracking control of the reproduction means 3 and rotation control of the optical disc 1;
  Storage means (track buffer memory) 11 for temporarily storing the reproduction signal output from the reproduction signal means 4;
  Based on the reproduction control signal output from the reproduction signal means 4, the type and data transfer rate of the data being reproduced and scanned are detected, and the detected data type and data transfer rate and the like are detected. Control means (system controller) 9 for controlling writing and reading of the reproduction signal to and from the storage means 11,
  When an interruption occurs in the readout signal output from the reproduction unit 3 during the reproduction scan of the data area of the optical disc 1, the control unit 9 detects the data detected based on the reproduction control signal. Performing a retry suitable for the type and data transfer rate, etc., re-transferring the playback means 3 to the beginning of the data area portion that was being scanned for playback when the interruption occurred, and restarting data playback An optical disc apparatus characterized by the above.
[0006]
BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
  Hereinafter, the present invention will be described with reference to the drawings.
  The present inventionAppliedWhen an optical disk device records and reproduces various types of data (for example, computer data, video data, and audio data) on a single disk medium, for example, even if an interruption occurs during recording or reproduction for some reason, This is an optical disc apparatus capable of performing an optimum retry according to the type of data and the transfer rate thereof and returning the recording / reproducing state to a good state again. In the following description, a case where a DVD-RW is used as a disk medium (optical disk) and data is recorded / reproduced with respect to the DVD-RW will be described. However, other recordable CD-RW, DVD + RW, and next generation Needless to say, this can also be applied to a high-density optical disk such as a DVD.
  The retry used in the following description refers to recording or reproduction by detecting this interruption state when a recording or reading signal is interrupted in the recording or reproducing means during recording or reproducing scanning of the data area of the optical disk. The recording or reproducing means is transported again to the beginning of the data area portion that was being scanned or recorded when the interruption occurred by performing a return operation suitable for the type of data and the data transfer rate. This means that data recording or reproduction is restarted.
[0007]
1 and 2 are block diagrams showing two examples of the optical disk apparatus, respectively. As shown in FIGS. 1 and 2, the optical disc apparatus includes a spindle motor (SP MOTOR) 2, an optical pickup (PU) 3, a preamplifier (PAMP) 4, a signal processing unit 5, an AV encoding / decoding unit (AV-ENDEC). ) 6, driver (DRIVER) 7, servo unit (SERVER) 8, system controller (SYSTEMCONT) 9, key input unit (KEY) 10, track buffer memory 11, memory 12, interface unit (ATAPI (ATA Packet Interface)) 13 A host computer (host) 14 is provided. In the figure, 1 is an optical disk.
In the following description, the optical disk apparatus shown in FIG. 1 is described first, and then the optical disk apparatus shown in FIG. 2 is described.
[0008]
An optical disc 1 is a DVD-RW format optical disc having a recording layer made of, for example, a phase change material. This DVD-RW disc has sectors (tracks) arranged in a spiral in the disc and has a constant linear velocity (CLV). ) And the rotation is controlled, and one block is composed of 16 consecutive sectors, and this one block is used as the error correction processing unit (ECC block). The optical disk 1 is attached to the spindle motor 2 by a chucking mechanism (not shown).
[0009]
The spindle motor 2 is rotationally driven by the driver 7 and rotates the optical disc 1 chucked by the chucking mechanism. The spindle motor 2 includes an FG generator and a rotational position signal detection means such as a Hall element. The FG signal from the FG generator and the rotational position signal from the Hall element are fed back to the servo unit 8 via the driver 7 as a rotational servo signal.
[0010]
The optical pickup 3 uses a semiconductor laser as a light source, forms a laser spot by a laser beam Le on a predetermined track of the optical disk 1 by a collimator lens, an objective lens, and the like, and drives the objective lens by a biaxial actuator. Thus, focusing and tracking of the laser spot is performed. The semiconductor laser is driven by a laser drive circuit, and the biaxial actuator is driven by a driver 7.
[0011]
The key input unit 10 includes a plurality of keys operated by the user, and sends key operation input information from the user to the system controller 9. That is, from the key input unit 10, various key operation input information for instructing recording start, reproduction start, recording stop, reproduction stop, and the like can be input by the user.
[0012]
The system controller 9 receives, as key operation input information from the key input unit 10, an LSI (signal processing unit 5) of each unit of the optical disc apparatus in accordance with various key operation input information such as recording start, reproduction start, recording stop, and reproduction stop. And the servo unit 8, the amplifier unit 4, the AV encoding / decoding unit 6 and the like). Note that, for example, when separating the resolution of an image to be recorded, a fast scene such as a car race, etc., or when control data for setting with priority on recording time is input from the key input unit 10 or the input terminal, The system controller 9 recognizes the control data, changes the recording time based on the recognition result, and allows the external user to select the setting.
[0013]
Here, when the optical disk 1 is played back, a playback start command is issued from the key input unit 10, and the system controller 9 controls playback of the amplifier unit 4, the servo unit 8, and the driver 7 accordingly. That is, when reproducing the optical disc 1, the system controller 9 first rotates the optical disc 1 and irradiates the optical spot with a laser spot, and reads an address signal formed in advance on the signal track. The target sector (track) to be reproduced is found from the address information, and the optical pickup 3 is moved and controlled so that the laser spot is arranged on the target sector (track). After the movement to the target sector is completed, the optical pickup 3 starts reproduction from the target sector.
[0014]
The amplifier unit 4 is supplied with an RF signal reproduced from the target sector of the optical disk 1 by the optical pickup 3 and amplifies the RF signal, and generates and outputs a reproduction signal, a tracking error signal, and a focus error signal from the RF signal. The amplifier unit 4 includes at least an equalizer that optimizes the frequency characteristics of the reproduction signal, a PLL (phase lock loop) circuit that extracts a byte clock from the reproduction signal and generates a speed servo signal, and a byte from the PLL circuit. A jitter generator for extracting a jitter component from a comparison between the clock and the time axis of the reproduction signal; This jitter value is sent to the system controller 9. The amplifier unit 4 sends a tracking error signal, a focus error signal, and a speed servo signal to the servo unit 8. In addition, the amplifier unit 4 outputs the reproduction signal to the signal processing unit 5.
[0015]
The servo unit 8 performs servo control of corresponding parts based on the tracking error signal, the focus error signal, the speed servo signal supplied from the amplifier unit 4, and the rotation servo signal supplied from the spindle motor 2.
[0016]
Specifically, the servo unit 8 determines the spindle motor 2 based on the speed servo signal generated by the PLL circuit of the amplifier unit 4 according to the rotation speed of the optical disc 1 and the rotation servo signal from the spindle motor 2. A rotation speed servo control signal is generated so that the optical disk 1 is rotated at a constant linear velocity (CLV).
[0017]
The servo unit 8 generates an optical pickup servo control signal for the optical pickup 3 to focus and track on the optical disc 1 accurately based on the focusing error signal and the tracking error signal. These rotational speed servo control signals and optical pickup servo control signals are sent to the driver 7. Hereinafter, the recording speed (recording data transfer rate) of the optical disc 1 is referred to as a recording rate, and the playback speed (playback data transfer rate) of the optical disc 1 is referred to as a playback rate.
[0018]
The driver 7 sends a drive signal to the spindle motor 2 for driving the spindle motor 2 to rotate at CLV in accordance with the rotation speed servo control signal from the servo unit 8. The driver 7 drives the biaxial actuator of the optical pickup 3 according to the optical pickup servo control signal. In this way, the spindle motor 2 is rotationally driven by CLV, and the optical pickup 3 performs focusing and tracking of the laser spot on the optical disk 1 in a good manner.
[0019]
The signal processing unit 5 performs A / D (analog / digital) conversion on the reproduction signal supplied from the amplifier unit 4, performs synchronization detection from the digital signal obtained by the A / D conversion, and applies to the digital signal. The so-called EFM + signal (8-16 modulation signal) is decoded into NRZ (Non Return to Zero) data, and further error correction processing is performed to obtain address data and reproduction data of the sector on the optical disc 1 . The address data and the synchronization signal obtained by the signal processing unit 5 are sent to the system controller 9.
[0020]
Here, when the reproduction signal supplied from the amplifier unit 4 is, for example, data compressed and encoded at an MPEG variable transfer rate, the reproduction data is temporarily stored in the track buffer memory 11 which is a 64 Mbyte D-RAM. Is remembered. The system controller 9 can absorb the time fluctuation of the variable transfer rate of the reproduction data by appropriately controlling the writing / reading of the reproduction data to / from the track buffer memory 11. The track buffer memory 11 is a buffer memory that temporarily stores compression-encoded data. For example, a buffer memory for absorbing a variable transfer rate generally provided in a DVD, an MPEG Includes buffer memory for encoding and decoding. Management of the storage capacity and storage area of the track buffer memory 11 and writing / reading control are performed by, for example, the system controller 9 via the signal processing unit 5.
[0021]
When the reproduction data supplied from the track buffer memory 11 is data that is compression-encoded in MPEG2, for example, and audio data and video data are multiplexed, the AV encoding / decoding unit 6 uses the reproduction data from the reproduction data. The compressed audio data and the compressed video data are separated, and each is decompressed and decoded by MPEG2, and further D / A (digital / analog) converted, and output as an audio signal and a video signal. The output video signal is processed by an NTSC (National Television System Committee) encoder (not shown) and displayed on a monitor device, and the audio signal is sent to a speaker (not shown) and emitted.
[0022]
Note that the speed of decompression decoding performed by the AV encoding / decoding unit 6 at the time of reproduction (data transfer rate at the time of decompression decoding, hereinafter referred to as the decompression rate) is the recording mode set at the time of recording. It goes without saying that they are complementary. In other words, the AV encoding / decoding unit 6 is capable of decompression decoding processing according to a plurality of decompression rates, determines the decompression rate according to the recording mode set at the time of recording, and at that rate Perform decompression decoding. The information of the recording mode is recorded on the optical disc 1 together with the recording data as control data. When the optical disc 1 is reproduced, the control data is read out and sent to the system controller 9, and the system controller 9 is based on the control data. Thus, the expansion rate of the AV encoding / decoding unit 6 is set. Incidentally, the above-described D / A conversion can also be performed outside the AV encoding / decoding unit 6.
[0023]
What has been described above is the reproduction of the optical disc 1, but the case of recording on the optical disc 1 will now be described.
In response to a command to start recording from the key input unit 10, the system controller 9 controls recording of the amplifier unit 4, the servo unit 8, and the driver 7 in response to this. That is, when recording on the optical disk 1, the system controller 9 first rotates the optical disk 1 and irradiates the optical spot with a laser spot, so that an address signal previously formed as a pre-pit on the signal track. , The target sector (track) to be recorded is found from the address information, and the optical pickup 3 is moved and controlled so that the laser spot is arranged on the target sector (track). After the movement to the target sector is completed, the optical pickup 3 starts recording from the target sector.
[0024]
Audio and video signals to be recorded on the optical disc 1 are input to the AV encoding / decoding unit 6. The AV encoding / decoding unit 6 performs A / D conversion on the supplied audio signal and video signal, performs compression encoding of MPEG2 at a speed corresponding to the recording mode, respectively, and further converts them. Are multiplexed and sent to the signal processing unit 5. Hereinafter, the compression coding speed (data transfer rate at the time of compression coding) in the AV coding / decoding unit 6 will be referred to as a compression rate. That is, the AV encoding / decoding unit 6 can perform compression encoding at a plurality of compression rates according to the recording mode.
[0025]
A memory 12 which is a 64-Mbit D-RAM is a memory for temporarily storing audio data and video data at the time of compression / decompression in the AV encoding / decoding unit 6. Incidentally, the A / D conversion described above can also be performed outside the AV encoding / decoding unit 6.
[0026]
The foregoing has been about recording audio data and video data, but it is also possible to record data such as still image information and program files on a computer. In the signal processing unit 5, an error correction code is added to the compressed data from the AV encoding / decoding unit 6 and data such as a program file via the system controller 9, and NRZ and EFM + encoding is performed. Recording data is generated by adding a synchronization signal supplied from the controller 9.
[0027]
The recording data is temporarily stored in the track buffer memory 11 and then read from the track buffer memory 11 at a reading rate corresponding to the recording rate on the optical disc 1. The recording data read from the track buffer memory 11 is subjected to predetermined modulation processing by the signal processing unit 5 and sent to the amplifier unit 4 as a recording signal, and the target sector (track) on the optical disc 1 is recorded by the optical pickup 3. ) Is recorded.
[0028]
At this time, the system controller 9 performs A / D (analog / digital) conversion of the jitter value from the amplifier unit 4 and measures the waveform, and the waveform correction in the amplifier unit 4 at the time of recording is performed according to the measured jitter value and asymmetry value. Change the amount. That is, when a signal is recorded on the optical disk 1, the amplifier unit 4 corrects the waveform of the signal from the signal processing unit 5 and sends the waveform-corrected signal to the laser drive circuit of the optical pickup 3.
[0029]
In the optical disk apparatus of FIG. 1 described above, the blocks for executing the retry are the signal processing unit 5, the servo unit 8, and the system controller 9 shown in FIG. That is, as shown in FIG. 3, the signal processing unit 5 includes a PLLNG signal indicating that the PLL control of the reproduction signal is unlocked at the time of reproduction, and is embedded in the optical disc 1 that is used at the time of reproduction or recording. A sync detection NG signal indicating non-detection of a sync signal embedded as a timing signal in the wobbling signal and a correction NG signal indicating that error correction of the reproduction signal cannot be performed during reproduction are supplied to the system controller 9. On the other hand, the servo unit 8 supplies the system controller 9 with a focus NG detection signal, a tracking NG detection signal, and a spindle NG detection signal that indicate that the focus, tracking, and spindle servo states are NG.
[0030]
Upon receiving these NG signals, the system controller 9 determines a retry method based on the stored value of the signal type storage unit that identifies and stores the type of the recording signal or reproduction signal stored therein. Then, a retry instruction is given to the signal processing unit 5 and the servo unit 8, respectively. For example, the stored value described above may be the type of whether the recording signal or the reproduction signal type is computer data that is not continuous data or audio data or video data that is continuous data, or in the case of audio data or video data. , Including a plurality of values of transfer rates (the above-described expansion rate and compression rate).
[0031]
A specific retry instruction is a process of transferring the optical pickup 3 again to a sector address where NG has occurred among the sector addresses being recorded or reproduced, and linking recording or reproduction from the sector address.
[0032]
In the optical disk apparatus, the system controller 9 recognizes key input and control data from the outside for setting the resolution of an image to be recorded, a scene having a high speed such as a car race, or setting with priority on recording time, It has a switching terminal, so that the recording time can be changed and the setting can be selected by an external user. The system controller 9 sets the transfer rate at the time of recording to the MPEG encoder by setting such as key input.
[0033]
For example, when compressing a video image input as an original image,
High-quality transfer rate 8Mbps recording time 2 hours mode
Mode with a high image quality transfer rate of 4 Mbps and a recording time of 4 hours
Normal image quality transfer rate 2Mbps recording time 8 hours mode
Can be selected with priority on image quality.
[0034]
In addition, the system controller 9 recognizes the key input for setting the resolution of the image to be recorded, the fast scene such as a car race, etc., or setting the recording time priority, and switches the transfer rate accordingly. Thus, the recording time can be arbitrarily changed.
[0035]
In the case of recording (recording mode), the MPEG encoder described above is configured to be able to encode each transfer rate, and the user can set an arbitrary transfer rate and AV-encode the signal to be recorded. MPEG2 compression encoding is performed between the encoder of the decoding unit 6 and the memory 12, and these are further multiplexed, and in accordance with the set transfer rate value, FULL (a state in which data is nearly 100% stored) and The data is temporarily written in a predetermined recording unit in the track buffer memory 11 in which values of EMPTY (a state where data is stored near 0%) are set.
[0036]
At this time, the optical pickup 3 is in a standby state and is in a state of waiting for a kick in a predetermined track to be recorded (area a in FIGS. 4A to 4C). When the system controller 9 controls the remaining amount of the track buffer memory 11 and the track buffer memory 11 reaches a predetermined FULL value, the signal processing unit 5 adds an error correction code, an address and a sync signal to the track buffer memory 11 The recording data read from 11 is supplied to the preamplifier 4 that controls the drive of the laser. Thus, the optical pickup 3 starts recording data on the optical disc 1 (b area in FIGS. 4A to 4C). Thereafter, when the track buffer memory 11 becomes EMPTY, the recording operation described above is stopped, and a standby state for waiting for kicking is set. This is repeated to perform continuous recording.
[0037]
FIG. 4 shows a state in which data is written to and read from the track buffer memory 11 during recording. FIG. 4A shows the case of a transfer rate of 2 Mbps. In the area a, data is written to the track buffer memory 11 at a transfer rate of 2 Mbps. In the area b, since the writing speed to the optical disc 1 is 10 Mbps, data is read from the track buffer memory 11 at a transfer rate of 8 Mbps (10-2 = 8 Mbps).
FIG. 4B shows a case where the transfer rate is 4 Mbps. In the area a, data is written to the track buffer memory 11 at a transfer rate of 4 Mbps. In the area b, since the writing speed to the optical disc 1 is 10 Mbps, data is read from the track buffer memory 11 at a transfer rate of 6 Mbps (10-4 = 6 Mbps).
[0038]
FIG. 4C shows the case of a transfer rate of 8 Mbps, and data is written to the f track buffer memory 11 in the area a at a transfer rate of 8 Mbps. In the area b, since the writing speed to the optical disc 1 is 10 Mbps, data is read from the track buffer memory 11 at a transfer rate of 2 Mbps (10−8 = 2 Mbps).
[0039]
In these three cases (FIGS. 4A to 4C), the transfer rate to the track buffer memory 11 is set lower to 2, 4, and 8 Mbps than the transfer rate at the time of recording on the optical disc 1 is 10 Mbps. Therefore, in the standby state of the optical pickup 3 in the area a or area c, this is absorbed and recording can be performed continuously.
[0040]
As described above, when the transfer rate of audio data and video data and the type of computer data are determined by key input or the like, an error occurs during recording, and the recording state is interrupted, the processing shown in FIG. By performing the retry, recording can be continued satisfactorily.
[0041]
When the recording state is interrupted, as shown in FIG. 6, first, the signal type is determined, and the number of retries is set as follows according to the type of each signal and the type of transfer rate (step S1). The system controller 9 has a retry counter, and counts the number of times each time this retry is performed. Although the number of retries is set here, depending on the type of signal, retries may be performed while changing not only the number of retries but also the parameters of the servo system. Here, the number of retries is uniquely determined according to the type of signal and the type of transfer rate, but this number may be adjusted in relation to the remaining amount of the track buffer memory 11.
[0042]
For computer data, retry 5 times
For video and audio data with a transfer rate of 8 Mbps, retry once
For video and audio data with a transfer rate of 4 Mbps, retry count is 2 times
For video and audio data with a transfer rate of 2 Mbps, retry count is 3 times
[0043]
In the case of computer data, it is highly reliable, and since it is not continuous data, the number of times can be increased although it is the highest number regardless of time constraints.
[0044]
Further, in the case of continuous data of video data and audio data, retry can be performed within the time from the position of EMPTY in the track buffer memory 11 until the remaining amount becomes zero. The number of retries can be calculated by calculating the relationship between the time required for this and the capacity of the track buffer memory 11, and the lower the transfer rate, the longer the waiting time for kicking the optical pickup 3 as described above. , You can increase the number of retries.
[0045]
Next, it is checked whether an error (interruption of the recording state) has occurred at the time when the recording process for recording data on the optical disk 1 is started while performing the remaining amount control of the track buffer memory 11 as described above (step). S2, S3). If no error has occurred, the recording process continues until the predetermined recording data is completed (step S7). If an error has occurred, the retry set according to the signal type and transfer rate type is performed. In accordance with the number of times, the optical pickup 3 is transferred to the sector on the optical disk 1 where the error has occurred, recording is performed again on the area, a retry count is performed, and it is checked whether the error in this area has disappeared (steps S4 to S4). S6).
[0046]
As a result, when there is no error, the normal recording state is restored, and when the error is not recovered, the retry process is repeated until the set number of retries is completed (step S7). Even if the number of retries reaches a predetermined number or even if the error does not recover, a predetermined area is skipped with respect to the erroneous sector, and recording is performed from the next area. When recording is completed, information such as the type and transfer rate of the recording data is recorded in the management area together with the position information where the recording data is recorded.
[0047]
In the case of recording, error processing is performed regardless of the type of signal and the type of transfer rate, so that the continuously input signal cannot be recorded on the optical disc 1 because the track buffer memory 11 becomes FULL. Therefore, the retry can be performed within the maximum allowable time, and the reliability of the optical disc apparatus can be improved to the maximum.
[0048]
Next, when the optical disk device is in the reproduction mode and signals are reproduced from the optical disk 1, the optical pickup 3 moves to the reproduction track in the management area where predetermined control data is recorded, and waits for the start sector address. The signal processing unit 5 decodes this signal, and the position information of the reproduction signal in the control data and whether the data type is computer data or continuous data such as video data and audio data. In the case of audio data, the transfer rate of the compressed signal at the time of reproduction is read, and according to this value, the FULL and EMPTY values of the track buffer memory 11 are set, moved to the position of the reproduction signal, and stored in the track buffer memory 11 Writing starts (region b in FIGS. 5A to 5C).
[0049]
Then, the system controller 9 monitors the remaining amount of the track buffer memory 11, and when the remaining amount exceeds EMPTY, data transfer from the track buffer memory 11 to the AV encoding / decoding unit 6 is started to start reproduction. . (C region in FIGS. 5A to 5C) When the remaining amount of the track buffer memory 11 becomes FULL, the writing of data to the track buffer memory 11 is stopped, and at this time, the optical pickup 3 is on standby. As a state, a predetermined track to be reproduced is set to a kick waiting state. The MPEG decoder has a configuration that can be set for each transfer rate. The playback signal is expanded between the AV encoding / decoding unit 6 and the memory 12, and the audio data and video data are expanded by MPEG2, and the D / D An audio signal and a video signal are output from the A converter (area d in FIGS. 5A to 5C). This is repeated to perform continuous playback.
[0050]
FIG. 5 shows a state in which data is written to and read from the track buffer memory 11 during reproduction. FIG. 5A shows the case of a transfer rate of 2 Mbps. Data writing to the track buffer memory 11 in the area b is performed at a transfer rate of 10 Mbps because the read speed from the optical disc 1 is 10 Mbps. In the reproduction start area c, data is written to the track buffer memory 11 at a transfer rate of 8 Mbps (10-2 = 8 Mbps). In the area d, data is read from the track buffer memory 11 at a transfer rate of 2 Mbps.
[0051]
FIG. 5B shows a case where the transfer rate is 4 Mbps. In the area b, the data write to the track buffer memory 11 is written at the transfer rate of 10 Mbps because the read speed from the optical disc 1 is 10 Mbps, and playback is started. In the area c, data is written to the track buffer memory 11 at a transfer rate of 6 Mbps (10-4 = 6 Mbps). In the area d, data is read from the track buffer memory 11 at a transfer rate of 4 Mbps.
[0052]
FIG. 5C shows a case where the transfer rate is 8 Mbps, and the data write to the track buffer memory 11 in the area b is written at a transfer rate of 10 Mbps because the read speed from the optical disc 1 is 10 Mbps and reproduced. In the starting c area, data is written to the track buffer memory 11 at a transfer rate of 2 Mbps (10−8 = 2 Mbps). In the area d, data is read from the track buffer memory 11 at a transfer rate of 8 Mbps.
[0053]
In these three cases (FIGS. 5 (A) to (C)), the transfer rate to the track buffer memory 11 is set lower to 2, 4, and 8 Mbps than the transfer rate of 10 Mbps during reproduction of the optical disc 1. Therefore, in the standby state of the d area, this can be absorbed and continuous reproduction can be performed.
[0054]
In this way, the transfer rate of audio data and video data, which are the types of signals read by the control data on the optical disc 1, and the type of computer data are determined, and an error occurs during playback as described above, resulting in a playback state. Is interrupted, it is possible to continue the reproduction satisfactorily by performing a retry in the process shown in FIG.
[0055]
When the reproduction state is interrupted, as shown in FIG. 7, first, the signal type is determined, and the number of retries is set as follows according to the type of each signal and the type of transfer rate (step S11). The system controller 9 has a retry counter, and counts the number of times each time a retry is performed. Although the number of retries is set here, depending on the type of signal, retries may be performed while changing not only the number of retries but also the parameters of the servo system. Here, the number of retries is uniquely determined according to the type of signal and the type of transfer rate, but this number may be adjusted in relation to the remaining amount of the track buffer memory 11.
[0056]
For computer data, retry 5 times
For video and audio data with a transfer rate of 8 Mbps, retry once
For video and audio data with a transfer rate of 4 Mbps, retry count is 2 times
For video and audio data with a transfer rate of 2 Mbps, retry count is 3 times
[0057]
In the case of computer data, it is highly reliable, and since it is not continuous data, the number of times can be increased although it is the highest number regardless of time constraints.
[0058]
In the case of continuous data of video data and audio data, retry can be performed within the time from the FULL position of the track buffer memory 11 until the remaining amount reaches the maximum value (100%). By calculating the relationship between the time, the transfer rate time, and the capacity of the track buffer memory 11, the number of retries can be calculated. The lower the transfer rate, the more the optical pickup 3 is kicked as described above and the standby state is increased. Since the time is long, the number of retries can be increased.
[0059]
Then, it is checked whether or not an error (interruption of the reproduction state) has occurred at the time when the reproduction process for reproducing data from the optical disk 1 is started while controlling the remaining amount of the track buffer memory 11 as described above (step S12). , S13). If no error has occurred, the playback process continues until the predetermined playback data ends (step S17). If an error has occurred, the retry set according to the signal type and transfer rate type is performed. In accordance with the number of times, the optical pickup 3 is transferred to the sector on the optical disk 1 where the error has occurred and the area is reproduced again, the retry count is performed, and it is checked whether or not the error in this area has disappeared (steps S14 to S14). S16).
[0060]
As a result, when there is no error, the normal reproduction is resumed. When the error is not recovered, the retry process is repeated until the set number of retries is completed (step S17). Even when the number of retries reaches a predetermined number or even if the error does not recover, a predetermined range is skipped with respect to the errored sector, and reproduction is performed from the next area.
[0061]
As a result, even when the error cannot be recovered, a continuous video signal and audio signal can be obtained by performing interpolation processing as video data and audio data for the signal in the error area. Thus, the retry can be performed within the maximum allowable time, and the reliability of the singing disk device can be improved to the maximum.
[0062]
Now, the optical disk apparatus shown in FIG. 2 will be described.
The optical disk apparatus shown in FIG. 2 is a drive having no compression / decompression block, whereas the optical disk apparatus shown in FIG. 1 is a recording / playback player that compresses and decompresses video data and audio signals. The difference between this drive and external connection via the interface unit 13 is that the host computer 14 is used for external connection, but the other parts are the same as those shown in FIG. is there. The same components as those described above are denoted by the same reference numerals, and description thereof is omitted.
[0063]
Specifically, in the optical disc apparatus shown in FIG. 2, the interface unit 13 has an I / F block, and the AV encoding / decoding unit 6 also has an I / F block. The interface unit 13 controls the drive based on the command system of “Mount Fuji Mt. Fuji” of an industry group that prescribes commands for a computer peripheral disk storage device.
[0064]
Here, FIG. 3 for explaining the error signal detection, FIGS. 4 and 5 for explaining the control of the track buffer memory 11, and FIGS. 6 and 7 for explaining the processing flow at the time of recording / reproducing are the same. Or the method of knowing the type of signal to be reproduced is different.
That is, in the optical disc apparatus of FIG. 1 described above, the type of input signal is determined by input means such as key input during recording, and the control data of the optical disc 1 is decoded during playback to determine the number of retries. However, since the optical disk apparatus shown in FIG. 2 does not have a key input unit or a decoding unit for decoding control data of the optical disk 1 in the drive unit, the type of signal to be recorded at the time of recording is from the host computer 14 side. It is input via the I / F of the interface unit 13.
[0065]
In this case, when, for example, a video data transfer rate of 2 Mbps is input by an input signal from a user connected to the host computer 14, the host computer 14 inputs the I / F block of the AV encoding / decoding unit 6. The contents are transferred, and in addition to information such as a recording command and a recording start address as described below, the signal type flag is transferred to the drive. This is decoded by the signal processing unit 5 of the drive, and the recording process is performed as described above according to the type.
[0066]
Record command contents
Command type “Record” 1000
Recording start address XXXXXXX
Data types
Computer data 0001
Video data and audio data transfer rate 8Mbps 0008
Video data and audio data transfer rate 4 Mbps 0004
Video data and audio data Transfer rate 2 Mbps 0002
[0067]
Next, in the case of reproduction processing, control data which is control data of, for example, video data recorded at a predetermined address on the inner periphery of the optical disc 1 in accordance with the reproduction command based on the Mount Fuji command system as described above. Play. For example, a file such as a micro UDF or a video manager in the case of a DVD video or the like.
[0068]
The host computer 14 interprets this data and understands the type of signal recorded in the control data. Then, when reproducing the video data recorded at a predetermined address next time, for example, the host computer 14 indicates that the signal is a video data transfer rate of 2 Mbps. The contents are transferred to the I / F block, and the signal type flag is transferred in addition to the reproduction command as described below. This is decoded by the signal processing unit 5, and the reproduction processing is performed as described above according to the type.
[0069]
Playback command contents
Command type “Play” 0100
Playback start address XXXXXXX
Data types
Computer data 0001
Video data and audio data transfer rate 8Mbps 0008
Video data and audio data transfer rate 4 Mbps 0004
Video data and audio data Transfer rate 2 Mbps 0002
[0070]
In other words, since the contents of the digital data cannot be understood by the optical disc apparatus in this way, the optimum error processing can be performed in the same manner by inputting the signal type as the contents from the external I / F during the recording process. I can do it. In addition, the control data on the optical disc 1 is once transferred to an external device during reproduction processing, and the result of understanding by the external device is input again from the external I / F, so that an optimum error can be obtained. Processing can be performed.
Note that the recording / reproducing procedure and display contents in this embodiment are merely examples and are not limited to this range.
[0071]
Here, the signal type mainly describes a continuous signal such as video and audio, a transfer rate of this signal, and a non-continuous signal such as computer data. Computer data that does not make sense if it is not processed in the file belongs to continuous data, and conversely, if there is no audio information even with video data, it may not be subject to time restrictions. It is not just an example.
[0072]
Moreover, although DVD-RW, which is an optical disk, is taken as an example of the recording / reproducing apparatus, it is a well-known fact that a recording apparatus using a magnetic disk such as an HDD (Hard Disk Drive) may be used.
However, optical discs are generally interchangeable, and for media on which the user can touch the disc surface, the pickup may be out of tracking due to the possibility of retries due to attached dust, vibration shock, etc. Problems such as easy are many and larger issues compared to magnetic disks and the like, and this technology is a system in which tracks are spirally formed and data can be continuously recorded and reproduced on the tracks. It is more useful for an optical disk recording / reproducing apparatus.
[0073]
【The invention's effect】
As described above, according to the present invention, it is possible to continuously reproduce a reproduction signal in a state in which the quality of continuous signal recording and reproduction such as video and audio is maximized, and computer data By providing a retry system capable of ensuring the maximum reliability for recording / reproduction, etc., the reliability of the apparatus can be improved to the maximum.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is a block diagram showing an example of an optical disc apparatus.
FIG. 2 is a block diagram showing another example of the optical disc apparatus.
FIG. 3 is a diagram for explaining retry control.
FIG. 4 is a conceptual diagram of track buffer control during recording.
FIG. 5 is a conceptual diagram of track buffer control during reproduction.
FIG. 6 is a flowchart illustrating retry processing during recording.
FIG. 7 is a flowchart for explaining retry processing during reproduction.
[Explanation of symbols]
1 Optical disc
3 Optical pickup
4 Preamplifier
8 Servo section
9 System controller
11 Track buffer memory

Claims (12)

情報が記録されているディスクから情報を再生する再生装置であって、
前記ディスクのトラックから情報を再生する再生手段と、
前記再生手段の出力からエラーを検出するエラー検出手段と、
前記エラー検出手段でエラー検出があると、前記再生手段の再生をリトライするリトライ手段と、
前記リトライ回数と再生パラメータを変更する手段と、
前記ディスクから第1の転送レートで再生した再生情報を一時記憶する一時記憶手段と、
前記一時記憶手段で一時記憶した前記再生情報を第1の転送レートより遅い第2の転送レートで読み出す読出手段と、
前記ディスクの管理情報領域から前記再生情報の種類及び又は転送レートに関する管理情報を読み出す管理情報読出手段と、
前記管理情報読出手段から読み出した前記管理情報によって、前記リトライ手段を制御するリトライ制御手段とを有することを特徴とする再生装置。
A playback device for playing back information from a disc on which information is recorded,
Reproducing means for reproducing information from a track of the disc;
Error detection means for detecting an error from the output of the reproduction means;
When there is an error detection in the error detection means, a retry means for retrying reproduction of the reproduction means;
Means for changing the number of retries and playback parameters;
Temporary storage means for temporarily storing reproduction information reproduced at a first transfer rate from the disk;
Reading means for reading out the reproduction information temporarily stored in the temporary storage means at a second transfer rate slower than the first transfer rate;
Management information reading means for reading management information related to the type and / or transfer rate of the reproduction information from the management information area of the disc;
A playback apparatus comprising: retry control means for controlling the retry means based on the management information read from the management information reading means.
情報を記録可能なディスクに情報を記録する記録装置であって、
前記ディスクのトラックに情報を記録する記録手段と、
記録情報の種類及び又は転送レートを決定する決定手段と、
前記記録情報を第1の転送レートで一時記憶する一時記憶手段と、
前記一時記憶手段で一時記憶した前記記録情報を第1の転送レートより速い第2の転送レートで読み出して前記ディスクに記録するように、前記一時記憶手段を制御する記録制御手段と、
記録時にエラーを検出するエラー検出手段と、
前記エラー検出手段からエラー検出出力があると、前記記録手段の記録をリトライするリトライ手段と、
前記リトライ回数と記録パラメータを変更する手段と、
前記記録情報の種類及び又は転送レートによって、前記リトライ手段を制御するリトライ制御手段とを有することを特徴とする記録装置。
A recording device for recording information on a disc capable of recording information,
Recording means for recording information on a track of the disc;
Determining means for determining the type and / or transfer rate of the recorded information;
Temporary storage means for temporarily storing the recording information at a first transfer rate;
Recording control means for controlling the temporary storage means so that the recording information temporarily stored in the temporary storage means is read out at a second transfer rate faster than a first transfer rate and recorded on the disk;
An error detection means for detecting an error during recording;
When there is an error detection output from the error detection means, a retry means for retrying the recording of the recording means,
Means for changing the number of retries and recording parameters;
A recording apparatus comprising: retry control means for controlling the retry means according to the type and / or transfer rate of the recording information.
再生情報の種類がオーディオやビデオ等の所定の転送レートの連続的な情報である場合には、前記一時記憶手段による第1と第2の転送レートの補償の範囲で、所定の転送レートの連続性を損なわないようにリトライを行うことを特徴とする請求項記載の再生装置。When the type of reproduction information is continuous information of a predetermined transfer rate such as audio or video, the predetermined transfer rate continues within the range of compensation of the first and second transfer rates by the temporary storage means. reproducing apparatus according to claim 1, wherein the performing the retry so as not to impair the sex. 記録情報の種類がオーディオやビデオ等の所定の転送レートの連続的な情報である場合には、前記一時記憶手段による第1と第2の転送レートの補償の範囲で、所定の転送レートの連続性を損なわないようにリトライを行うことを特徴とする請求項記載の記録装置。When the type of recording information is continuous information of a predetermined transfer rate such as audio and video, the predetermined transfer rate is continuously within the range of compensation of the first and second transfer rates by the temporary storage means. 3. A recording apparatus according to claim 2 , wherein retry is performed so as not to impair the performance. 再生情報の種類がコンピュータ情報や静止画情報等の非連続的な情報である場合には、連続性を持つ情報に対するリトライ回数より多いリトライ回数分リトライを行うことを特徴とする請求項記載の再生装置。When the type of the reproduction information is discontinuous information such as computer information and still picture information, according to claim 1, characterized in that more retry number of times of retries than retry count for information having continuity Playback device. 記録情報の種類がコンピュータ情報や静止画情報等の非連続的な情報である場合には、連続性を持つ情報に対するリトライより多いリトライ回数分リトライを行うことを特徴とする請求項記載の記録装置。 3. The recording according to claim 2 , wherein when the type of the recorded information is non-continuous information such as computer information or still image information, the retry is performed for the number of retries greater than the retry for the information having continuity. apparatus. 情報が記録されているディスクから情報を再生する再生装置であって、
前記ディスクのトラックから情報を再生する再生手段と、
前記再生手段の出力からエラーを検出するエラー検出手段と、
前記エラー検出手段でエラー検出があると、前記再生手段の再生をリトライするリトライ手段と、
前記リトライ回数と再生パラメータを変更する手段と、
前記ディスクから第1の転送レートで再生した再生情報を一時記憶する一時記憶手段と、
前記一時記憶手段で一時記憶した前記再生情報を外部制御装置に転送する転送手段と、
前記再生情報の種類を記録してある前記ディスクの管理情報領域の管理情報を前記外部制御装置に転送する管理情報領域転送手段と、
前記管理情報を前記外部制御手段から受け取る受け取り手段と、
前記再生情報の種類によって、前記リトライ手段を制御するリトライ制御手段とを有することを特徴とする再生装置。
A playback device for playing back information from a disc on which information is recorded,
Reproducing means for reproducing information from a track of the disc;
Error detection means for detecting an error from the output of the reproduction means;
When there is an error detection in the error detection means, a retry means for retrying reproduction of the reproduction means;
Means for changing the number of retries and playback parameters;
Temporary storage means for temporarily storing reproduction information reproduced at a first transfer rate from the disk;
Transfer means for transferring the reproduction information temporarily stored in the temporary storage means to an external control device;
Management information area transfer means for transferring management information of the management information area of the disc in which the type of the reproduction information is recorded, to the external control device;
Receiving means for receiving the management information from the external control means;
A reproduction apparatus comprising: retry control means for controlling the retry means according to the type of the reproduction information.
情報を記録可能なディスクに情報を記録する記録装置であって、
前記ディスクのトラックに情報を記録する記録手段と、
記録情報を外部制御手段に入力する入力手段と、
前記外部制御手段に入力した記録要求と記録情報の種類に関する情報とを受ける受取手段と、
入力した記録情報を一時記憶する一時記憶手段と、
一時記憶手段から読み出した前記記録情報を前記記録手段に供給する手段と、
記録時にエラーを検出するエラー検出手段と、
前記エラー検出手段からエラー検出出力があると、前記記録手段の記録をリトライするリトライ手段と、
前記リトライ回数と記録パラメータを変更する手段と、
前記記録情報の種類及び又は転送レートによって、前記リトライ手段を制御するリトライ制御手段とを有することを特徴とする記録装置。
A recording device for recording information on a disc capable of recording information,
Recording means for recording information on a track of the disc;
Input means for inputting recording information to the external control means;
Receiving means for receiving a recording request input to the external control means and information on the type of recording information;
Temporary storage means for temporarily storing the input recording information;
Means for supplying the recording information read from the temporary storage means to the recording means;
An error detection means for detecting an error during recording;
When there is an error detection output from the error detection means, a retry means for retrying the recording of the recording means,
Means for changing the number of retries and recording parameters;
A recording apparatus comprising: retry control means for controlling the retry means according to the type and / or transfer rate of the recording information.
再生情報の種類がオーディオやビデオ等の所定の転送レートの連続的な情報である場合には、所定の転送レートの連続性を損なわないようにリトライを行うことを特徴とする請求項記載の再生装置。8. The method according to claim 7 , wherein when the type of reproduction information is continuous information of a predetermined transfer rate such as audio or video, a retry is performed so as not to impair the continuity of the predetermined transfer rate. Playback device. 記録情報の種類がオーディオやビデオ等の所定の転送レートの連続的な情報である場合には、所定の転送レートの連続性を損なわないようにリトライを行うことを特徴とする請求項記載の記録装置。9. The method according to claim 8 , wherein when the type of recording information is continuous information of a predetermined transfer rate such as audio or video, a retry is performed so as not to impair the continuity of the predetermined transfer rate. Recording device. 再生情報の種類がコンピュータ情報や静止画情報等の非連続的な情報である場合には、連続性を持つ情報に対するリトライ回数より多いリトライ回数分リトライを行うことを特徴とする請求項記載の再生装置。8. The method according to claim 7 , wherein when the type of reproduction information is non-continuous information such as computer information or still image information, retry is performed for the number of retries greater than the number of retries for information having continuity. Playback device. 記録情報の種類がコンピュータ情報や静止画情報等の非連続的な情報である場合には、連続性を持つ情報に対するリトライより多いリトライ回数分リトライを行うことを特徴とする請求項記載の記録装置。9. The recording according to claim 8 , wherein when the type of the recorded information is non-continuous information such as computer information or still image information, the retry is performed for the number of retries greater than the retry for the information having continuity. apparatus.
JP27971399A 1999-09-30 1999-09-30 Playback device, recording device Expired - Lifetime JP3849369B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27971399A JP3849369B2 (en) 1999-09-30 1999-09-30 Playback device, recording device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27971399A JP3849369B2 (en) 1999-09-30 1999-09-30 Playback device, recording device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001101810A JP2001101810A (en) 2001-04-13
JP3849369B2 true JP3849369B2 (en) 2006-11-22

Family

ID=17614852

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP27971399A Expired - Lifetime JP3849369B2 (en) 1999-09-30 1999-09-30 Playback device, recording device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3849369B2 (en)

Also Published As

Publication number Publication date
JP2001101810A (en) 2001-04-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH10233701A (en) System decoder provided with memory for correcting error for high speed data processing/transmission and memory control method for error correction
JP3849369B2 (en) Playback device, recording device
JP2000137948A (en) Recording medium, recording method and device, and reproducing method and device
JP2000137952A (en) Recording medium, recording method and device and reproducing method and device
JP3882430B2 (en) Information recording medium reproducing method, information recording medium recording method, information recording medium reproducing apparatus, information recording medium recording apparatus, reproducing method in information recording medium reproducing system, recording method in information recording medium recording system
JP2006252715A (en) Optical disk recording/reproducing device
JP3975586B2 (en) Recording / reproducing apparatus and method, and program recording medium
JP3800897B2 (en) Recording / reproducing apparatus, communication apparatus, and recording / reproducing method
JP4061795B2 (en) Information signal reproducing apparatus, information signal recording apparatus, information signal recording / reproducing apparatus, and information signal recording medium
JP4055101B2 (en) Recording apparatus and recording method
JPH117705A (en) Recorder of optical disc, optical disc data transfer device, optical disc data format device and optical disc reproducer
JP3894447B2 (en) Disc reproducing apparatus and reproducing method thereof
JP3388262B2 (en) Information signal reproducing method, information signal recording method, information signal recording / reproducing method
JP3126030U (en) Combined recording / reproducing device
JP3388259B2 (en) Information signal recording device, information signal recording / reproducing device
JP3388260B2 (en) Information signal reproducing method, information signal recording method, information signal recording / reproducing method
JP3747721B2 (en) Recording / reproducing apparatus and recording / reproducing method
JP3388261B2 (en) Information signal recording device, information signal recording / reproducing device
JP4196360B2 (en) Information signal reproducing apparatus, information signal recording apparatus, and information signal recording / reproducing apparatus
JP3747712B2 (en) Information signal recording / reproducing apparatus, information signal reproducing apparatus
JP4196359B2 (en) Information signal reproducing apparatus, information signal recording apparatus, and information signal recording / reproducing apparatus
JPH10188495A (en) Disk reproducing device
JP3747711B2 (en) Information signal recording / reproducing apparatus and information signal recording / reproducing method
JP2006155888A (en) Recording and reproducing apparatus and communication device
JP2000187965A (en) Recording medium, recording method and device, reproducing method and device

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050705

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050708

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050906

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060207

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060309

A911 Transfer to examiner for re-examination before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20060515

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060808

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060821

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 3849369

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090908

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100908

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100908

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110908

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120908

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120908

Year of fee payment: 6

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120908

Year of fee payment: 6

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120908

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130908

Year of fee payment: 7

EXPY Cancellation because of completion of term