JP3846574B2 - 耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブル - Google Patents

耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブル Download PDF

Info

Publication number
JP3846574B2
JP3846574B2 JP2002176568A JP2002176568A JP3846574B2 JP 3846574 B2 JP3846574 B2 JP 3846574B2 JP 2002176568 A JP2002176568 A JP 2002176568A JP 2002176568 A JP2002176568 A JP 2002176568A JP 3846574 B2 JP3846574 B2 JP 3846574B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
weight
parts
silicone rubber
group
tracking
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2002176568A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004018701A (ja
Inventor
義明 小池
篤 柳沼
Original Assignee
信越化学工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 信越化学工業株式会社 filed Critical 信越化学工業株式会社
Priority to JP2002176568A priority Critical patent/JP3846574B2/ja
Publication of JP2004018701A publication Critical patent/JP2004018701A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3846574B2 publication Critical patent/JP3846574B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01BCABLES; CONDUCTORS; INSULATORS; SELECTION OF MATERIALS FOR THEIR CONDUCTIVE, INSULATING OR DIELECTRIC PROPERTIES
    • H01B3/00Insulators or insulating bodies characterised by the insulating materials; Selection of materials for their insulating or dielectric properties
    • H01B3/18Insulators or insulating bodies characterised by the insulating materials; Selection of materials for their insulating or dielectric properties mainly consisting of organic substances
    • H01B3/28Insulators or insulating bodies characterised by the insulating materials; Selection of materials for their insulating or dielectric properties mainly consisting of organic substances natural or synthetic rubbers
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L83/00Compositions of macromolecular compounds obtained by reactions forming in the main chain of the macromolecule a linkage containing silicon with or without sulfur, nitrogen, oxygen or carbon only; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L83/04Polysiloxanes
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01BCABLES; CONDUCTORS; INSULATORS; SELECTION OF MATERIALS FOR THEIR CONDUCTIVE, INSULATING OR DIELECTRIC PROPERTIES
    • H01B3/00Insulators or insulating bodies characterised by the insulating materials; Selection of materials for their insulating or dielectric properties
    • H01B3/18Insulators or insulating bodies characterised by the insulating materials; Selection of materials for their insulating or dielectric properties mainly consisting of organic substances
    • H01B3/30Insulators or insulating bodies characterised by the insulating materials; Selection of materials for their insulating or dielectric properties mainly consisting of organic substances plastics; resins; waxes
    • H01B3/46Insulators or insulating bodies characterised by the insulating materials; Selection of materials for their insulating or dielectric properties mainly consisting of organic substances plastics; resins; waxes silicones
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08GMACROMOLECULAR COMPOUNDS OBTAINED OTHERWISE THAN BY REACTIONS ONLY INVOLVING UNSATURATED CARBON-TO-CARBON BONDS
    • C08G77/00Macromolecular compounds obtained by reactions forming a linkage containing silicon with or without sulfur, nitrogen, oxygen or carbon in the main chain of the macromolecule
    • C08G77/04Polysiloxanes
    • C08G77/20Polysiloxanes containing silicon bound to unsaturated aliphatic groups
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08GMACROMOLECULAR COMPOUNDS OBTAINED OTHERWISE THAN BY REACTIONS ONLY INVOLVING UNSATURATED CARBON-TO-CARBON BONDS
    • C08G77/00Macromolecular compounds obtained by reactions forming a linkage containing silicon with or without sulfur, nitrogen, oxygen or carbon in the main chain of the macromolecule
    • C08G77/70Siloxanes defined by use of the MDTQ nomenclature
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08KUse of inorganic or non-macromolecular organic substances as compounding ingredients
    • C08K3/00Use of inorganic substances as compounding ingredients
    • C08K3/34Silicon-containing compounds
    • C08K3/36Silica
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08KUse of inorganic or non-macromolecular organic substances as compounding ingredients
    • C08K5/00Use of organic ingredients
    • C08K5/54Silicon-containing compounds
    • C08K5/544Silicon-containing compounds containing nitrogen
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L83/00Compositions of macromolecular compounds obtained by reactions forming in the main chain of the macromolecule a linkage containing silicon with or without sulfur, nitrogen, oxygen or carbon only; Compositions of derivatives of such polymers
    • C08L83/04Polysiloxanes
    • C08L83/08Polysiloxanes containing silicon bound to organic groups containing atoms other than carbon, hydrogen and oxygen
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T428/00Stock material or miscellaneous articles
    • Y10T428/31504Composite [nonstructural laminate]
    • Y10T428/31652Of asbestos
    • Y10T428/31663As siloxane, silicone or silane

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、電力ケーブル同士が接続された中間接続部や、電力ケーブル端末と端子金具が接続された終端接続部などの電力ケーブルの接続部に使用される電気絶縁性のシリコーンゴムを与えるシリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブルに関するものであり、特に、硬化後の機械的強度に優れ、かつ優れた高電圧電気絶縁性を有する硬化物を与える耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブルに関するものである。
【0002】
【従来の技術及び発明が解決しようとする課題】
電力ケーブル同士が接続された中間接続部や、電力ケーブル端末と端子金具が接続された終端接続部などの電力ケーブルの接続部に使用する絶縁部材、特に、電気絶縁性のエンクロージャは、電気絶縁性に優れたシリコーンゴムや、EPゴムなどの弾性ゴムで形成されている。
【0003】
電力ケーブルの接続方法としては、一般的に次の3種類の方法があり、第1には、絶縁性のエンクロージャを、電力ケーブルのシース上を滑らせて電力ケーブルの接続部に移動させて組立てる方法、第2には、反転させたエンクロージャの反転を戻しながら接続部を組立てる方法、第3には、絶縁性のエンクロージャの内側に拡径状態を維持させる芯材をあらかじめ挿入しておき、芯材で拡径された状態のまま電力ケーブルの接続部に移動させ、芯材を抜き取ることによりエンクロージャを収縮させて組立てる常温収縮型という方法がある。これらの接続方法の中では、その作業性を考慮すると、第3の常温収縮型が好まれて用いられている。
【0004】
特に、常温収縮型のエンクロージャに使用されるゴム材料には、容易に拡径可能で、しかも、芯材を取り除いた際の復元性の目安となる引張永久ひずみが小さく、かつ引張強度、引裂強度が高く、更に電気絶縁性として耐トラッキング性に優れた材料が必要となる。要求されるゴム物性として具体的には、引張強度は8MPa以上、引裂強度は25N/mm以上、切断時の伸びは600%以上、引張永久ひずみ(JIS K6249)は180℃で22時間、100%伸張試験条件で20以下が、目標とされる特性値である。
【0005】
シリコーンゴムとEPゴムを比較した場合、シリコーンゴムには、EPゴムに比べ、引張永久ひずみが小さいことから、復元性が良好で、芯材を取り除いた後、ケーブル等との間のシール性、密着性が優れるという特徴がある。また、シリコーンゴムは、高伸張の材料を作ることができることから、拡径が容易であるという特徴もある。
【0006】
しかしながら、シリコーンゴムの場合、屋外で使用する際には、漏洩電流によりトラッキングが発生し劣化するという問題がある。このため、耐トラッキング性を向上させ、電気絶縁性に優れたシリコーンゴムを得るためには、水酸化アルミニウムを高充填する必要があり、そのため、ゴムの機械的強度が劣り、前記のゴム物性を満足しないという欠点を有していた。
【0007】
特開昭61−228062号公報では、窒素含有有機基と不飽和基を有する有機ケイ素化合物と白金系化合物を含有する難燃性シリコーンゴム組成物が記載されているが、これは難燃性には優れるものの、機械的強度等の特性が不十分であり、電力ケーブル接続用としては不十分であった。
また、特開平9−284977号公報には、ベンゾトリアゾールと白金化合物を含有する電力ケーブル接続用エンクロージャが記載されているが、これは水酸化アルミニウムを必須とし、機械的強度も劣るという問題点があった。
【0008】
本発明は、上記問題点を解決するためになされたものであり、引張永久ひずみが小さく、かつ引張強度、引裂強度等の機械的強度に優れ、更に優れた高電圧電気絶縁性を有する硬化物を与える耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブルを提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段及び発明の実施の形態】
本発明者は、上記目的を達成するため鋭意検討を重ねた結果、オルガノポリシロキサンとして(A)アルケニル基含有量が0.001〜2モル%であるオルガノポリシロキサン生ゴム、及び(B)アルケニル基含有量が2モル%を超えて20モル%以下であるオルガノポリシロキサン生ゴムを所定割合で併用し、(C)シリカ微粉末、(D)白金又は白金化合物、(E)窒素含有有機基と不飽和炭化水素基とを含有する有機ケイ素化合物及び/又はベンゾトリアゾール類、(F)硬化剤の各成分を所定量配合したシリコーンゴム組成物が、水酸化アルミニウムを充填しなくとも、優れた耐トラッキング性を有する硬化物を与え、更に、特定のシリコーンオイルを添加すれば耐トラッキング性が更に向上し、上記問題点が解消することを見出し、本発明を完成するに至った。
【0010】
従って、本発明は、(A)アルケニル基含有量が0.001〜2モル%であるオルガノポリシロキサン生ゴム:60〜99重量部
(B)アルケニル基含有量が2モル%を超えて20モル%以下であるオルガノポリシロキサン生ゴム:(A)成分と合わせて100重量部となる量
(C)比表面積が50m2/g以上のシリカ微粉末:5〜100重量部
(D)白金又は白金化合物:(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンの合計に対して白金原子として1〜1000ppm
(E)窒素含有有機基と不飽和炭化水素基とを含有する有機ケイ素化合物及び/又はベンゾトリアゾール類:0.01〜5重量部
(F)硬化剤:組成物を硬化させる必要量
を含有する電力ケーブル接続用耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブルを提供する。
【0011】
【課題を解決するための手段及び発明の実施の形態】
以下、本発明につき更に詳しく説明する。
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物は、(A)アルケニル基含有量が0.001〜2モル%であるオルガノポリシロキサン生ゴム、(B)アルケニル基含有量が2モル%を超えて20モル%以下であるオルガノポリシロキサン生ゴム、(C)比表面積が50m2/g以上のシリカ微粉末、(D)白金又は白金化合物、(E)窒素含有有機基と不飽和炭化水素基とを含有する有機ケイ素化合物及び/又はベンゾトリアゾール類、及び(F)硬化剤を含有する。
【0012】
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物において、(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンは、下記平均組成式(1)
1 aSiO(4-a)/2 (1)
(式中、R1は非置換又は置換の一価炭化水素基、aは1.95〜2.04の正数である。)
で表されるオルガノポリシロキサンであり、(A)成分のオルガノポリシロキサンは、R1の0.001〜2モル%、特に0.001〜1モル%、(B)成分のオルガノポリシロキサンは、R1の2モルを超えて20モル%以下、特に2モルを超えて10モル%以下がビニル基、アリル基、ブテニル基、ヘキセニル基などのアルケニル基、好ましくはビニル基であるものである。なお、アルケニル基は分子鎖末端でも側鎖にあっても、その両方にあってもよい。
【0013】
また、R1のアルケニル基以外の基としては、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、ヘキシル基、ドデシル基などのアルキル基、シクロヘキシル基などのシクロアルキル基、フェニル基、トリル基などのアリール基、β−フェニルプロピル基等のアラルキル基、又はこれらの基の炭素原子に結合した水素原子の一部又は全部をハロゲン原子、シアノ基などで置換したクロロメチル基、トリフルオロプロピル基、シアノエチル基などの同一又は異種の好ましくは炭素数1〜12、より好ましくは炭素数1〜8の非置換又は置換の一価炭化水素基が挙げられる。(A)成分、(B)成分ともにアルケニル基以外のR1の80モル%以上、特に90モル%以上がメチル基であることが好ましい。
【0014】
更に、aは1.95〜2.04、好ましくは1.97〜2.02の正数であり、分子鎖末端がトリメチルシリル基、ジメチルビニル基、ジメチルヒドロキシシリル基、トリビニルシリル基などで封鎖されたものとすることができるが、トリオルガノシリル基で封鎖されたものが好ましく、特にアルケニル基含有シリル基で封鎖されたものが好ましい。
【0015】
この(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンは、(A)成分と(B)成分を、(A)成分のオルガノポリシロキサン60〜99重量部、好ましくは90〜99重量部に対して、(B)成分のオルガノポリシロキサンを(A)成分と合わせて100重量部となる量で併用する。これにより、特に組成物を硬化して得られる硬化物の引裂強度等のゴム物性を優れたものとすることができる。
【0016】
これらのオルガノポリシロキサンは、通常、オルガノハロゲノシランの1種又は2種以上を共加水分解縮合することによって、又は環状ポリシロキサン(シロキサンの3量体又は4量体など)を、アルカリ性又は酸性の触媒を用いて開環重合することによって得ることができるもので、これらは基本的には直鎖状のジオルガノポリシロキサンであるが、一部分岐していてもよい。また、分子構造の異なる2種又はそれ以上の混合物であってもよい。これらオルガノポリシロキサンはガム状であればよく、重合度では3000以上が好ましく、その上限は、好ましくは100000であり、特に好ましくは5000〜20000である。
【0017】
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物において、()成分のシリカ微粉末は、機械的強度の優れたシリコーンゴム硬化物を得るために必須とされるものであるが、この目的のために比表面積が50m2/g以上、好ましくは100〜400m2/gのものを用いる。このシリカ微粉末としては、煙霧質シリカ(乾式シリカ)、沈殿シリカ(湿式シリカ)が例示され、煙霧質シリカ(乾式シリカ)が好ましく、特に、これらの表面をオルガノポリシロキサン、オルガノポリシラザン、クロロシラン、アルコキシシラン等の有機ケイ素化合物で疎水化処理したものが好ましい。これらのシリカは単独でも2種以上併用してもよい。
【0018】
なお、この(C)成分のシリカ微粉末の配合量は、(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンの合計100重量部に対して5〜100重量部、好ましくは10〜90重量部、特に好ましくは30〜80重量部である。5重量部未満では少なすぎて十分な補強効果が得られず、100重量部より多くすると加工性が悪くなり、また、得られるシリコーンゴム硬化物の物理特性が低下する。
【0019】
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物において、(D)成分及び(E)成分は、相乗的に耐トラッキング性を向上させるために配合するものである。特に(D)成分である白金又は白金化合物を配合することによって、シリコーンゴムの難燃性が向上し、更に(E)成分である窒素含有有機基と不飽和炭化水素基を含有する有機ケイ素化合物及び/又はベンゾトリアゾールを配合することによって、耐トラッキング性が向上する。また(E)成分の添加は硬化後の物性に悪影響を与えないことから、機械的強度に優れた硬化物を得ることができる。
【0020】
(D)成分の白金又は白金化合物として具体的には、白金元素単体、シリカ、アルミナ又はシリカゲルのような担体上に吸着された微粒子状白金、白金複合体、塩化第二白金、塩化白金酸、塩化白金酸6水塩とオレフィン又はジビニルジメチルポリシロキサンとの錯体、塩化白金酸6水塩のアルコール溶液等の白金化合物、更には、塩化白金酸6水塩のアルデヒド化合物、エーテル化合物、各種オレフィン類との錯体などが例示される。なお、この(D)成分の白金又は白金化合物の配合量は、(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンの合計に対して白金原子として1〜1000ppm、好ましくは5〜500ppmの範囲とする。
【0021】
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物には、(E)成分として窒素含有有機基と不飽和炭化水素基とを含有する有機ケイ素化合物及び/又はベンゾトリアゾール類を配合する。ここで、窒素含有有機基と不飽和炭化水素基とを含有する有機ケイ素化合物とは、アミノアルキル基、イミノ基等の窒素含有有機基とアルケニル基等の不飽和炭化水素基とを同一分子中に含有する有機ケイ素化合物であり、具体的には、次式
【0022】
【化1】
で示されるオルガノシランのような、アミノアルキル基(好ましくは炭素数1〜3)又はイミノ基とアルケニル基(好ましくはビニル基)とを同一分子中に含有するオルガノシランや、これらを加水分解して得られるシロキサンが例示される。
【0023】
また、上記有機ケイ素化合物としては、アミノアルキル基(好ましくは炭素数1〜3)、イミノ基等の窒素含有有機基を含有するシランと、アルケニル基(好ましくはビニル基、プロペニル基)等の不飽和炭化水素基を含有するシランとの共加水分解シロキサンや、上記窒素含有有機基を含有するシラン及び不飽和炭化水素基を含有するシランと、これらの基をいずれも含まないシランとの共加水分解シロキサンなどであってもよい。これらのシロキサンとしては、下記のものが例示される。
【0024】
【化2】
(式中、mは1以上、好ましくは1〜30、nは1以上、好ましくは1〜50、pは1以上、好ましくは1〜500、qは2以上、好ましくは3〜10の整数である。)
【0025】
一方、ベンゾトリアゾール類としては、ベンゾトリアゾール、1−メチルベンゾトリアゾール、5,6−ジメチルベンゾトリアゾール、2−フェニルベンゾトリアゾール、1−ヒドロキシベンゾトリアゾール、1−ベンゾトリアゾールカルボン酸メチル等が挙げられる。ここで、室温で固体のベンゾトリアゾール類は、組成物中での分散性を向上させるため、アルコール溶液等の溶液としたり、シリコーンオイルペーストやシリコーン生ゴムペースト等のようにペースト化して用いてもよい。
【0026】
なお、この(E)成分の有機ケイ素化合物及び/又はベンゾトリアゾール類の配合量(有機ケイ素化合物とベンゾトリアゾール類を共に配合する場合はその合計量)は、(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンの合計100重量部に対して0.01〜5重量部が適当で、これらが0.01重量部より少ないとその効果はなく、5重量部より多くても、その効果は改善されず、かえって加硫阻害を起こすことがある。好ましくは、0.1〜2重量部である。
【0027】
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物においては、(F)成分の硬化剤として、既知のオルガノハイドロジェンポリシロキサン/白金系触媒(付加反応用硬化剤)又は有機過酸化物触媒を使用し得る。
【0028】
硬化剤として、オルガノハイドロジェンポリシロキサン/白金系触媒を用いる場合、このオルガノハイドロジェンポリシロキサンとしては、
【化3】
(式中、Rは、置換又は非置換一価炭化水素基であり、0<b≦3、0≦c<3、0<b+c≦3を示す。)
で表され、分子中に2つ以上のSiH基を有していれば直鎖状、分岐鎖状、環状のいずれであってもよいが、重合度が300以下のものが好ましい。具体的には、ジメチルハイドロジェンシリル基で末端が封鎖されたジオルガノポリシロキサン、ジメチルシロキサン単位とメチルハイドロジェンシロキサン単位及び末端トリメチルシロキシ単位との共重合体、ジメチルハイドロジェンシロキサン単位(H(CH32SiO0.5単位)とSiO2単位とからなる低粘度流体、1,3,5,7−テトラハイドロジェン−1,3,5,7−テトラメチルシクロテトラシロキサン、1−プロピル−3,5,7−トリハイドロジェン−1,3,5,7−テトラメチルシクロテトラシロキサン、1,5−ジハイドロジェン−3,7−ジヘキシル−1,3,5,7−テトラメチルシクロテトラシロキサンなどが例示される。この硬化剤としてのオルガノハイドロジェンポリシロキサンの添加量は、(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンのアルケニル基の合計に対して、オルガノハイドロジェンポリシロキサンのケイ素原子に直結した水素原子(SiH基)が50〜500モル%となる割合で用いることが望ましい。
【0029】
一方、白金系触媒は、前述の()成分で代用することが可能であるが、必要に応じて、白金元素単体、白金複合体、塩化白金酸、塩化白金酸のアルコール化合物、アルデヒド化合物、エーテル化合物、各種オレフィン類とのコンプレックスなどの白金化合物を、(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンの合計に対して()成分と合わせて白金原子として1〜2000ppm、特に5〜1000ppmの範囲となるように配合することが好ましい。
【0030】
また、硬化剤として、有機過酸化物触媒を用いる場合、有機過酸化物触媒としては、例えばベンゾイルパーオキサイド、2,4−ジクロロベンゾイルパーオキサイド、p−メチルベンゾイルパーオキサイド、o−メチルベンゾイルパーオキサイド、2,4−ジクミルパーオキサイド、2,5−ジメチル−ビス(2,5−t−ブチルパーオキシ)ヘキサン、ジ−t−ブチルパーオキサイド、t−ブチルパーベンゾエートなどが挙げられる。有機過酸化物触媒の配合量は、(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンの合計100重量部に対して0.1〜5重量部とすればよい。
【0031】
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物においては、上述の成分に加えて、更に()成分として、下記一般式(2)で示されるフェニル基含有シリコーンオイルを添加することができ、これにより更に耐トラッキング性を向上させることができる。
【0032】
【化4】
(式中、R2は炭素数1〜8の非置換又は置換の一価炭化水素であり、R2の3モル%以上はフェニル基である。また、R3は水酸基又は同一又は異種の炭素数1〜8の非置換又は置換の一価炭化水素であり、dは3以上の整数である。)
【0033】
ここで、R2としては、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、ヘキシル基、シクロヘキシル基等のアルキル基、シクロアルキル基、フェニル基、トリル基等のアリール基、ベンジル基等のアラルキル基や、これらの水素原子の一部又は全部をハロゲン原子などで置換したものを具体的に挙げることができ、メチル基、フェニル基が好ましい。R2の少なくとも3モル%以上、好ましくは10モル%〜40モル%はフェニル基である。R2のフェニル基が3モル%未満では耐トラッキング性向上効果が少なく多量添加が必要となり、ゴム強度が低下する傾向にある。一方、R3の炭素数1〜8の非置換又は置換の一価炭化水素としては、上記R2として例示したものと同様のものが挙げられ、特にメチル基、水酸基が好ましい。
【0034】
上記式(2)で示されるフェニル基含有シリコーンオイルの25℃における粘度は好ましくは50〜1000cs、特に好ましくは100〜500csである。粘度が50cs未満では、シリコーンゴム組成物の可塑度が低くなり、加工性が悪くなる傾向にあり、1000csを超えると耐トラッキング性向上の効果が少なく多量添加が必要となり、ゴム強度が低下する傾向にある。
【0035】
この()成分のフェニル基含有シリコーンオイルの添加量は、(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンの合計100重量部に対して好ましくは0.01〜5重量部であり、特に好ましくは0.1〜2重量部である。添加量が少なすぎると十分な添加効果が発揮できず、多すぎるとゴム表面にブリードして硬化物の表面汚れの原因となることがある。
【0036】
なお、本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物に、必要に応じて、これらの成分に加えて、従来からシリコーンゴム組成物に配合されている各種添加剤を添加することは、発明の目的を損なわない限り差し支えない。
【0037】
このような添加剤としては、ウエッターと呼ばれる末端に水酸基を有するジメチルポリシロキサン、メチルビニルポリシロキサン等のジオルガノポリシロキサン、ジフェニルシランジオール、ヘキサメチルジシラザン、オルガノアルコキシシランなどの低分子量有機ケイ素化合物、水、珪藻土、石英粉末、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウム、カーボンブラック等の無機質充填材、水酸化セリウム、セリウムシラノレート、セリウム脂肪酸塩等の耐熱剤、ステアリン酸、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸カルシウム等の脂肪酸及びそれらの金属塩、ワックス等の金型離型剤、酸化鉄、酸化チタン等の酸化金属化合物や、顔料などが例示される。
【0038】
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物は、上記した成分を2本ロール、バンバリーミキサー、ドウミキサー(ニーダー)などのゴム混練機を用いて均一に混合することにより得ることができる。
【0039】
本発明の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物は、これを加熱加硫することにより、シリコーンゴム硬化物とすることができ、ゴム組成物の成形、硬化法も適宜選定し得、例えば加圧成形、移送成形、押出成形、射出成形、カレンダー成形等の方法によって成形でき、硬化法も硬化剤の種類に応じて選択される。
【0040】
【実施例】
以下、実施例及び比較例を示し、本発明を具体的に説明するが、本発明は下記の実施例に制限されるものではない。
【0041】
硬化物特性の測定方法
〔機械特性:硬度、引張強度、引裂強度、切断時の伸び、引張永久ひずみ〕
各シリコーンゴム組成物を、165℃、10分間の加熱条件下で、圧縮成形し、厚さ2mmのシリコーンゴムシートを成形、更に、200℃で4時間、2次加硫を行ない、得られたシリコーンゴムシートについて、その機械特性をJIS−K−6249に準じた方法で測定した。
【0042】
〔トラッキング試験〕
IEC Publ.587の規格に準じてMethod.1試験法にて合否の判定を行った。即ち、上記機械特性の測定と同様の方法で得た厚さ6mmのシリコーンゴムシートを用い、荷電圧3.5kV又は4.5kV、電極間距離50mmで、汚染液(0.1%NH4Clと0.02%非イオン界面活性剤との水溶液)を0.6ml/分の速さで上部電極から滴下しながら6時間保持し、試験片にトラックが発生し導通又は貫通(破壊)したものを不合格、トラックの発生がないものを合格とした。
【0043】
[実施例1]
ジメチルシロキサン単位が99.975モル%、ジメチルビニルシロキサン単位が0.025モル%である平均重合度が約8000のオルガノポリシロキサン95重量部、ジメチルシロキサン単位が89.993モル%、メチルビニルシロキサン単位が9.982モル%、ジメチルビニルシロキサン単位が0.025モル%である平均重合度が約8000であるオルガノポリシロキサン5重量部、比表面積が200m2/gであるヒュームドシリカ(アエロジル200(日本アエロジル(株)製))40重量部、分散剤としてヘキサメチルジシラザン5重量部、水1重量部をニーダーにて混練し、更に、下記式(3)で示されるオルガノポリシロキサン(以降、ポリマーAと称する)1.0重量部を混練し、180℃にて3時間熱処理し、コンパウンドAを調製した。
【0044】
【化5】
【0045】
次に、上記コンパウンドA100重量部に対し、塩化白金酸6水塩の2−エチルヘキサノール溶液(白金濃度2重量%)0.1重量部、酸化鉄1.0重量部、酸化チタン5.0重量部、酸化セリウム0.5重量部を2本ロールにて配合し、更に、硬化剤としてジクミルパーオキサイド0.6重量部を2本ロールにて配合してシリコーンゴム組成物1を調製した。
【0046】
上記シリコーンゴム組成物1を用い、前記の方法でゴム硬化物を作製して硬化物の特性を測定した結果を表1に示した。
【0047】
[実施例2]
ジメチルシロキサン単位が99.975モル%、ジメチルビニルシロキサン単位が0.025モル%である平均重合度が約8000のオルガノポリシロキサン95重量部、ジメチルシロキサン単位が89.993モル%、メチルビニルシロキサン単位が9.982モル%、ジメチルビニルシロキサン単位が0.025モル%である平均重合度が約8000のオルガノポリシロキサン5重量部、ジクロロジメチルシランで疎水処理した比表面積が300m2/gであるヒュームドシリカ35重量部、分散剤として両末端にシラノール基を有し、平均重合度が13、25℃における粘度が15csであるジメチルポリシロキサン3重量部をニーダーにて混練し、更に、ポリマーA1.0重量部を混練し、180℃にて3時間熱処理し、コンパウンドBを調製した。
【0048】
次に、上記コンパウンドB100重量部に対し、塩化白金酸6水塩の2−エチルヘキサノール溶液(白金濃度2重量%)0.1重量部、酸化鉄1.0重量部、酸化チタン5.0重量部、酸化セリウム0.5重量部を2本ロールにて配合し、更に、硬化剤としてジクミルパーオキサイド0.6重量部を2本ロールにて配合してシリコーンゴム組成物2を調製した。
【0049】
上記シリコーンゴム組成物2を用い、前記の方法でゴム硬化物を作製して硬化物の特性を測定した結果を表1に示した。
【0050】
[実施例3]
実施例2と同様の方法で調製したコンパウンドB100重量部に対し、塩化白金酸6水塩の2−エチルヘキサノール溶液(白金濃度2重量%)0.1重量部、酸化鉄1.0重量部、酸化チタン5.0重量部、酸化セリウム0.5重量部、末端トリメチルシロキシ基を有するジメチルシロキサン単位75モル%、ジフェニルシロキサン単位25モル%からなる粘度400csのシリコーンオイル1重量部を2本ロールにて配合し、更に、硬化剤としてジクミルパーオキサイド0.6重量部を2本ロールにて配合してシリコーンゴム組成物3を調製した。
【0051】
上記シリコーンゴム組成物3を用い、前記の方法でゴム硬化物を作製して硬化物の特性を測定した結果を表1に示した。
【0052】
[実施例4]
実施例2と同様の方法で調製したコンパウンドB100重量部に対し、塩化白金酸6水塩の2−エチルヘキサノール溶液(白金濃度2重量%)0.1重量部、酸化鉄1.0重量部、酸化チタン5.0重量部、酸化セリウム0.5重量部、ベンゾトリアゾール0.01重量部を2本ロールにて配合し、更に、硬化剤としてジクミルパーオキサイド0.6重量部を2本ロールにて配合して、組成物6を調製した。
【0053】
上記シリコーンゴム組成物6を用い、前記の方法でゴム硬化物を作製して硬化物の特性を測定した結果を表1に示した。
【0054】
[実施例5]
実施例2において、コンパウンドBの調製において、ポリマーAを配合しないこと以外は実施例2と同様の方法でコンパウンドCを調製した。コンパウンドC100重量に対し、塩化白金酸6水塩の2−エチルヘキサノール溶液(白金濃度2重量%)0.1重量部、酸化鉄1.0重量部、酸化チタン5.0重量部、酸化セリウム0.5重量部、ベンゾトリアゾール0.02重量部を2本ロールにて配合して、更に、硬化剤としてジクミルパーオキサイド0.6重量部を2本ロールにて配合して組成物7を調製した。
上記シリコーンゴム組成物7を用い、前記の方法でゴム硬化物を作製して硬化物の特性を測定した結果を表1に示した。
【0055】
[比較例1]
実施例1におけるコンパウンドAの調製において、ポリマーAを配合しないこと以外は実施例1と同様の方法でシリコーンゴム組成物4を調製した。
上記シリコーンゴム組成物4を用い、前記の方法でゴム硬化物を作製して硬化物の特性を測定した結果を表1に示した。
【0056】
[比較例2]
実施例1におけるコンパウンドAの調製において、ポリマーAの代わりに水酸化アルミニウム50重量部を配合した以外は、実施例1と同様の方法でシリコーンゴム組成物5を調製した。
【0057】
上記シリコーンゴム組成物5を用い、前記の方法でゴム硬化物を作製して硬化物の特性を測定した結果を表1に示した。
【0058】
[比較例3]
実施例1において、ジメチルシロキサン単位が99.975モル%、ジメチルビニルシロキサン単位が0.025モル%である平均重合度が約8000であるオルガノポリシロキサンを100重量部配合し、ジメチルシロキサン単位が89.993モル%、メチルビニルシロキサン単位が9.982モル%、ジメチルビニルシロキサン単位が0.025モル%である平均重合度が8000であるオルガノポリシロキサンを配合しないこと以外は実施例1と同様の方法でシリコーンゴム組成物8を調製した。
【0059】
上記シリコーンゴム組成物8を用い、前記の方法でゴム硬化物を作製して硬化物の特性を測定した結果を表1に示した。
【0060】
【表1】
【0061】
【発明の効果】
本発明によれば、引張永久ひずみが小さく、かつ引張強度、引裂強度等の機械的強度に優れ、耐トラッキング性を有する電気絶縁性に優れたシリコーンゴム硬化物を与えるシリコーンゴム組成物を得ることができる。

Claims (4)

  1. (A)アルケニル基含有量が0.001〜2モル%であるオルガノポリシロキサン生ゴム:60〜99重量部
    (B)アルケニル基含有量が2モル%を超えて20モル%以下であるオルガノポリシロキサン生ゴム:(A)成分と合わせて100重量部となる量
    (C)比表面積が50m2/g以上のシリカ微粉末:5〜100重量部
    (D)白金又は白金化合物:(A)成分及び(B)成分のオルガノポリシロキサンの合計に対して白金原子として1〜1000ppm
    (E)窒素含有有機基と不飽和炭化水素基とを含有する有機ケイ素化合物及び/又はベンゾトリアゾール類:0.01〜5重量部
    (F)硬化剤:組成物を硬化させる必要量
    を含有する電力ケーブル接続用耐トラッキング性シリコーンゴム組成物。
  2. 更に、(G)フェニル基含有シリコーンオイルを0.01〜5重量部含有する請求項1記載の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物。
  3. 組成物を硬化させて得た硬化物の引張強度が8MPa以上、引裂強度が25N/mm以上、切断時の伸びが600%以上である請求項1又は2記載の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物。
  4. 請求項1乃至のいずれか1項記載の耐トラッキング性シリコーンゴム組成物の硬化物により接続された電力ケーブル。
JP2002176568A 2002-06-18 2002-06-18 耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブル Active JP3846574B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002176568A JP3846574B2 (ja) 2002-06-18 2002-06-18 耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブル

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002176568A JP3846574B2 (ja) 2002-06-18 2002-06-18 耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブル
US10/461,446 US6890662B2 (en) 2002-06-18 2003-06-16 Anti-tracking silicone rubber composition and power cable using the same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004018701A JP2004018701A (ja) 2004-01-22
JP3846574B2 true JP3846574B2 (ja) 2006-11-15

Family

ID=29728102

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002176568A Active JP3846574B2 (ja) 2002-06-18 2002-06-18 耐トラッキング性シリコーンゴム組成物及びこれを用いた電力ケーブル

Country Status (2)

Country Link
US (1) US6890662B2 (ja)
JP (1) JP3846574B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016528325A (ja) * 2013-06-27 2016-09-15 ブルースター・シリコーンズ・フランス・エスアエス 電気ワイヤ又は電気ケーブルの製造に特に利用し得る熱加硫性ポリオルガノシロキサン組成物

Families Citing this family (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102004050129A1 (de) * 2004-10-14 2006-04-20 Wacker Chemie Ag Siliconkautschuk Zusammensetzung enthaltend unbehandeltes Aluminiumhydroxid als Füllstoff
US7767754B2 (en) * 2005-11-08 2010-08-03 Momentive Performance Materials Inc. Silicone composition and process of making same
US7479522B2 (en) * 2005-11-09 2009-01-20 Momentive Performance Materials Inc. Silicone elastomer composition
JP5223674B2 (ja) * 2006-06-27 2013-06-26 Nok株式会社 シリコーンゴム組成物
US8015990B2 (en) * 2006-11-17 2011-09-13 B. Braun Medical Inc. Needleless access port valves
JP4868174B2 (ja) * 2008-02-08 2012-02-01 信越化学工業株式会社 加熱硬化型シリコーンゴム組成物
JP4917184B1 (ja) * 2010-10-01 2012-04-18 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社 高電圧電気絶縁部品用液状シリコーンゴム組成物
WO2012115139A1 (ja) 2011-02-23 2012-08-30 住友ベークライト株式会社 シリコーンゴム系硬化性組成物、成形体及び医療用チューブ
CN103748171B (zh) * 2011-08-10 2016-03-16 株式会社艾迪科 含硅固化性组合物及其固化物
JP6184091B2 (ja) * 2012-12-14 2017-08-23 信越化学工業株式会社 ミラブル型シリコーンゴム組成物及びその硬化物
JP6572634B2 (ja) * 2015-06-09 2019-09-11 信越化学工業株式会社 付加硬化性シリコーンゴム組成物及び硬化物
JP6546459B2 (ja) * 2015-06-22 2019-07-17 株式会社ブリヂストン タイヤ加硫ブラダー用シリコーンゴム組成物およびこれを用いたタイヤ加硫ブラダー
JP6428591B2 (ja) * 2015-12-10 2018-11-28 信越化学工業株式会社 付加硬化型シリコーンゴム組成物及びシリコーンゴム
JP2017165931A (ja) * 2016-03-18 2017-09-21 信越化学工業株式会社 付加硬化性シリコーンゴム組成物及び硬化物
CN105647188A (zh) * 2016-04-12 2016-06-08 湖南超晨电工科技有限公司 一种冷缩电缆附件用半导电硅橡胶材料及其制备方法
JP6380466B2 (ja) * 2016-06-14 2018-08-29 信越化学工業株式会社 動摩擦係数を低減する方法
JP6696493B2 (ja) * 2017-03-31 2020-05-20 住友ベークライト株式会社 絶縁性ペースト
KR101931439B1 (ko) * 2017-07-17 2018-12-20 최기면 전선 내화 커버용 조성물, 이를 이용한 전선 내화 커버의 제조 방법 및 전선
JP2019077735A (ja) 2017-10-20 2019-05-23 信越化学工業株式会社 シリコーン組成物、シリコーンゴム硬化物、及び電力ケーブル
KR102010693B1 (ko) * 2018-02-09 2019-08-13 주식회사 케이씨씨 실리콘 고무 조성물

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0339550B2 (ja) * 1985-04-02 1991-06-14 Shinetsu Chem Ind Co
JP2689281B2 (ja) * 1990-07-26 1997-12-10 日本碍子株式会社 屋外で使用する碍子用シリコーンゴム組成物
JP3380061B2 (ja) * 1994-09-19 2003-02-24 富士ゼロックス株式会社 給紙用ロール、その製造方法及び給紙ロール用シリコーンゴム組成物
JPH09284977A (ja) 1996-04-10 1997-10-31 Furukawa Electric Co Ltd:The 電力ケーブル接続部用エンクロージャ
JP3859791B2 (ja) * 1997-01-29 2006-12-20 東レ・ダウコーニング株式会社 高電圧電気絶縁部品用液状シリコーンゴム組成物およびその製造方法
JP3544092B2 (ja) * 1997-01-31 2004-07-21 東レ・ダウコーニング・シリコーン株式会社 高電圧電気絶縁部品用液状シリコーンゴム組成物およびその製造方法
JP3356391B2 (ja) * 1997-08-27 2002-12-16 東レ・ダウコーニング・シリコーン株式会社 電線被覆用難燃性シリコーンゴム組成物

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016528325A (ja) * 2013-06-27 2016-09-15 ブルースター・シリコーンズ・フランス・エスアエス 電気ワイヤ又は電気ケーブルの製造に特に利用し得る熱加硫性ポリオルガノシロキサン組成物

Also Published As

Publication number Publication date
US20030232202A1 (en) 2003-12-18
JP2004018701A (ja) 2004-01-22
US6890662B2 (en) 2005-05-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE60200767T2 (de) Dichtmaterial für Polymerelektrolytseperator in Brennstoffzellen
JP3406763B2 (ja) シリコーンゴム組成物
KR100826781B1 (ko) 실온 경화성 실리콘 고무 조성물
JP3734858B2 (ja) フルオロカーボンゴム基剤組成物およびそれを含む硬化フルオロカーボンゴム組成物
JP4524565B2 (ja) 湿式シリカ含有シリコーンゴム硬化物の発泡を抑制する方法
JP2557604B2 (ja) 碍 子
KR20110017864A (ko) 열전도성 실리콘 조성물 및 전자 장치
KR101127309B1 (ko) 정밀 전자 부품 봉지?밀봉용 오르가노폴리실록산 조성물,정밀 전자 부품의 부식 방지 또는 지연 방법, 및 은 함유정밀 전자 부품
KR100680930B1 (ko) 유지성이 향상된 실리콘 고무 조성물
JP3758037B2 (ja) 固体高分子型燃料電池セパレータシール用ゴム組成物及びこれを用いたシール材並びに固体高分子型燃料電池セパレータ
EP0180843B1 (en) Silicone elastomer composition
US4500447A (en) Electrically conductive silicone rubber compositions
JP3183111B2 (ja) 半導電性シリコーンゴムロール用半導電性シリコーンゴム組成物
JP3828612B2 (ja) 液状シリコーンゴム組成物およびその製造方法
JP2522721B2 (ja) オルガノポリシロキサン組成物及びそのゲル硬化物
JP5154010B2 (ja) 熱伝導性シリコーンゴム組成物
TWI389978B (zh) Insulating silicone rubber composition
EP2495285B1 (en) Method of manufacturing using silicone rubber composition
US6713205B2 (en) Sealing material for solid polymer fuel cell separator
US5229037A (en) Electroconductive silocone rubber composition containing a metal
JP2000198930A (ja) 付加硬化型シリコ―ン組成物
JP5581764B2 (ja) シリコーンゴム組成物及び帯電防止性シリコーンゴム硬化物の耐圧縮永久歪性を向上する方法
EP1647578B1 (de) Siliconkautschuk-Zusammensetzung enthaltend unbehandeltes Aluminiumhydroxid als Füllstoff
KR101610964B1 (ko) 액상 경화성 플루오로실리콘 조성물의 탈포성을 향상시키는 방법
GB2045790A (en) Organopolysiloxane composition

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040826

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060406

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060524

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060628

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060802

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060815

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3846574

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120901

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150901

Year of fee payment: 9