JP3780934B2 - 太陽電池フレーム構造 - Google Patents

太陽電池フレーム構造 Download PDF

Info

Publication number
JP3780934B2
JP3780934B2 JP2001386619A JP2001386619A JP3780934B2 JP 3780934 B2 JP3780934 B2 JP 3780934B2 JP 2001386619 A JP2001386619 A JP 2001386619A JP 2001386619 A JP2001386619 A JP 2001386619A JP 3780934 B2 JP3780934 B2 JP 3780934B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
solar cell
ridge
frame
cell module
horizontal frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001386619A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002250105A (ja
Inventor
朋秀 吉田
雅利 世古口
茂樹 武田
Original Assignee
松下電工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2000-385035 priority Critical
Priority to JP2000385035 priority
Application filed by 松下電工株式会社 filed Critical 松下電工株式会社
Priority to JP2001386619A priority patent/JP3780934B2/ja
Publication of JP2002250105A publication Critical patent/JP2002250105A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3780934B2 publication Critical patent/JP3780934B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/30Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules using elongate rigid mounting elements extending substantially along the supporting surface, e.g. for covering buildings with solar heat collectors
    • F24S25/33Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules using elongate rigid mounting elements extending substantially along the supporting surface, e.g. for covering buildings with solar heat collectors forming substantially planar assemblies, e.g. of coplanar or stacked profiles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/20Peripheral frames for modules
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/60Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules
    • F24S25/61Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules for fixing to the ground or to building structures
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S20/00Solar heat collectors specially adapted for particular uses or environments
    • F24S2020/10Solar modules layout; Modular arrangements
    • F24S2020/13Overlaying arrangements similar to roof tiles
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B10/00Integration of renewable energy sources in buildings
    • Y02B10/10Photovoltaic [PV]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/40Solar thermal energy, e.g. solar towers
    • Y02E10/47Mountings or tracking

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
この出願の発明は、太陽電池フレーム構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
近年、エネルギー問題や地球環境問題への関心の高まりとともに、自然エネルギーを利用した新エネルギー技術のひとつとして、太陽電池によって太陽光エネルギーを電力に変換する太陽光発電システムが注目され、その実用化が進められており、その実用形態のひとつとして、住宅等の屋根上に太陽電池モジュールを配設することがしばしば行なわれている。
【0003】
太陽電池モジュールは、たとえば、その周端縁部(つまり、棟側、軒側、左側、右側の端縁部)に横・縦フレーム部材が装着されてなるものであり、それら横・縦フレーム部材を介して野地板や防水下葺材などの屋根下地材の上に載置される。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
ところで、上述した太陽電池モジュールにあっては、太陽光発電システムの実用化をより一層推進させるべく、施工性や耐環境性などの向上が常に要求されており、従来よりそのフレーム構造について様々な研究開発が行われている。
【0005】
この出願の発明も、太陽電池モジュールの施工性や施工後の各種特性をより一層向上させることのできる、全く新しい太陽電池フレーム構造を提供することを課題としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】
この出願の発明は、上記の課題を解決するものとして、第1には、太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材に、軒方向に開口した連結具用挿入部が設けられており、太陽電池モジュールの軒側横フレーム部材に、棟側横フレーム部材との連結のための連結具が着脱自在に固定される連結具用固定部が設けられており、軒棟方向に隣接する軒側太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材と棟側太陽電池モジュールの軒側横フレーム部材とが、連結具が棟側横フレーム部材の前記連結具用挿入部へ挿入されるとともに軒側横フレーム部材の前記連結具用固定部へ固定されて、互いに分離自在に連結されるようになっており、連結具は、軒側横フレーム部材の連結具用固定部へネジ固定されるようになっており、その固定ネジが軒側太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材と接触して、軒側太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材と棟側太陽電池モジュールの軒側横フレーム部材とが電気的に接続されるようになっていることを特徴とする太陽電池フレーム構造を提供する。
【0007】
また、この出願の発明はには、屋根下地材上に配設された固定具を介して上記棟側横フレーム部材が屋根下地に固定されるようになっており、棟側横フレーム部材には固定具用係合部が設けられ、固定具には左右方向に隣接する太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材それぞれの固定具用係合部にまたがる長さの係合部が設けられており、この固定具の係合部に対して左側の太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材における固定具用係合部と右側の太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材における固定用係合部が係合されて、固定具用係合部同士の左右の通りが固定具に沿って出るようになっていることを特徴とする太陽電池フレーム構造、第には、上記固定具における棟側横フレーム部材および縦フレーム部材が乗る部分に位置決め部が設けられており、この位置決め部によって太陽電池モジュールの横方向への位置ずれが防止されるようになっていることを特徴とする太陽電池フレーム構造を提供する。
【0008】
またさらに、第には、上記太陽電池モジュールの左右の縦フレーム部材の少なくとも一方に支持脚が取り付けられており、この支持脚により屋根下地材上にて縦フレーム部材が支持されるようになっており、支持脚の位置ズレを防ぐために、支持脚の面部には凸部が設けられ、縦フレーム部材の下面には凹部が設けられ、これら凸部と凹部が嵌合するようになっていることを特徴とする太陽電池フレーム構造、第には、屋根上における上記太陽電池モジュール群のうちで左右端に位置して仕舞い部材と隣接する太陽電池モジュールの縦フレーム部材には、縦フレーム部材とともに仕舞部材の隣接端部を覆うカバー体が着脱自在に取り付けられるようになっており、このカバー体は、縦フレーム部材に設けられた縦樋部に対して着脱自在にスライド嵌合されることを特徴とする太陽電池フレーム構造を提供する。
またさらに、第には、前記太陽電池モジュールに隣り合う瓦の切断面を覆うけらば瓦がカバー体にネジ固定されるようになっていることを特徴とする太陽電池フレーム構造を提供する。
【0009】
またさらに、第には、屋根上における太陽電池モジュール群のうちで棟側端に位置する上記太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材には、棟側から隣接する瓦の軒側先端部が瓦受け具を介して取り付けられるようになっており、瓦受け具は、棟側横フレーム部材の連結具用挿入部を覆うように上載される上載部と棟方向へ開口した瓦用挿入部とを有しており、この瓦受け具の瓦用挿入部に瓦の軒側先端部を挿入した状態で、上載部を連結具用挿入部へ上載してビス固定することを特徴とする太陽電池フレーム構造、第には、上記瓦用挿入部は、上載部から棟方向へ延設されて棟側横フレーム部材の横樋部を上方から臨む下板片と上載部から上方へ突出するとともに棟方向へ屈折した上板片とを有していることを特徴とする太陽電池フレーム構造を提供する。
【0010】
【発明の実施の形態】
この出願の発明は、以上のとおりの特徴を有するものであるが、以下に、添付した図面に沿って実施例を示し、さらに詳しくこの出願の発明の実施の形態について説明する。
【0011】
【実施例】
[実施例1]
図1および図2は、この出願の発明の太陽電池フレーム構造の一実施例を示したものである。
【0012】
たとえばこれら図1および図2に例示したように、この出願の発明の太陽電池フレーム構造では、太陽電池モジュール(1)の棟側横フレーム部材(11)に、軒方向に開口した連結具用挿入部(111)が設けられており、太陽電池モジュール(1)の軒側横フレーム部材(12)に、棟側横フレーム部材(11)との連結のための連結具(2)が着脱自在に固定される連結具用固定部(121)が設けられており、屋根上にて軒棟方向に隣接する軒側太陽電池モジュール(1a)の棟側横フレーム部材(11)と棟側太陽電池モジュール(1b)の軒側横フレーム部材(12)とが、連結具(2)が棟側横フレーム部材(11)の連結具用挿入部(111)へ挿入されるとともに軒側横フレーム部材(12)の連結具用固定部(121)へ固定されて、互いに分離自在に連結されるようになっていることを特徴としており、これにより、連結具(2)を取り外すだけで棟側横フレーム部材(11)と軒側横フレーム部材(12)との連結を任意に解除でき、段葺きされた太陽電池モジュール群のなかから各太陽電池モジュール(1)を一つずつ単独で脱着できる。
【0013】
この場合さらに説明すると、たとえば図1および図2の例では、まず、太陽電池モジュール(1)の棟側横フレーム部材(11)に設けられた連結具用挿入部(111)は、棟側横フレーム部材(11)の上面部から上方へ突出するとともに軒方向へ屈折した板片により、軒方向へ開口するように構成されている。この連結具用挿入部(111)は、たとえば、1個あるいは複数個が棟側横フレーム部材(11)の長手方向に沿っての所定位置に配設されていても、あるいは長尺体として棟側横フレーム部材(11)の長手方向のほぼ全長に渡って設けられていてもよい。
【0014】
次いで、太陽電池モジュール(1)の軒側横フレーム部材(12)に設けられた連結具用固定部(121)は、軒側横フレーム部材(12)の軒側端部から軒方向へ突出した板片により構成されている。この連結具用固定部(121)も、上記の連結具用挿入部(111)と同様に、たとえば、1個あるいは複数個が軒側横フレーム部材(12)の長手方向に沿っての所定位置に配設されていても、あるいは長尺体として軒側横フレーム部材(12)の長手方向のほぼ全長に渡って設けられていてもよい。
【0015】
そして、棟側横フレーム部材(11)と軒側横フレーム部材(12)とを連結する連結具(2)は、断面略C字形状を有しており、その下方平板部(21)が棟側横フレーム部材(11)の連結具用挿入部(111)の開口部分に挿入され、且つ、上方平板部(22)が軒側横フレーム部材(12)の連結具用固定部(121)にネジ固定されることで、棟側横フレーム部材(11)と軒側横フレーム部材(12)とを連結するようになっている。
【0016】
このような構造により、図1(a)(b)に例示したように、着脱自在な連結具(2)の装着およびネジ固定だけで、互いに軒棟方向に隣接する軒側太陽電池モジュール(1a)の棟側横フレーム部材(11)と棟側太陽電池モジュール(1b)の軒側横フレーム部材(12)を連結することができ、その連結の解除は、図2(a)(b)に例示したように、連結具(2)のネジ外しおよび取外しだけで容易に、且つ任意に行うことができる。
【0017】
すなわち、たとえば図3に例示したように、この出願の発明の太陽電池フレーム構造によれば、最初の施工時には屋根上にて軒側から棟側へと順に太陽電池モジュール(1)を段葺きするが、その後のメンテナンス時や修理・交換時などでは、対象となる太陽電池モジュール(1)のみを、隣接する他の太陽電池モジュール(1)を取り外すことなく、つまり他の太陽電池モジュール(1)とは独立して、単独で取外し・再取付けできるのである。
【0018】
なお、たとえば図4に例示したように、連結具(2)を軒側横フレーム部材(12)に固定させたままで、連結具(2)の下方平板部(21)を棟側横フレーム部材(11)の連結具用挿入部(111)へ挿入可能となっていてもよい。
【0019】
もちろん、互いに左右方向に隣接する太陽電池モジュール(1)の縦フレーム部材(13)(図3参照)は、太陽電池モジュール(1)毎の単独脱着を邪魔することのないように、隣接してはいるものの互いに重なり合いなどせずに独立したものとなっている。
【0020】
[実施例2]
図1の例では、連結具(2)と軒側横フレーム部材(12)の連結具用固定部(121)とは固定ネジ(3)により固定されているが、この場合、固定ネジ(3)が軒側太陽電池モジュール(1a)の棟側横フレーム部材(11)と接触することにより、軒側太陽電池モジュール(1a)の棟側横フレーム部材(11)と棟側太陽電池モジュール(1b)の軒側横フレーム部材(12)とが電気的に接続されるようになっていることが好ましい。
【0021】
より具体的には、たとえば図1(b)に例示したように、固定ネジ(3)は、軒側横フレーム部材(12)の連結具用固定部(121)から連結具(2)の上方平板部(22)を貫通し、その先端が軒側太陽電池モジュール(1a)の棟側横フレーム部材(11)に設けられた連結具用挿入部(111)の上部に接触する長さを有しており、この固定ネジ(3)を介して、連結状態の棟側横フレーム部材(11)と軒側横フレーム部材(12)とは電気的に接続されることとなる。
【0022】
これにより、各太陽電池モジュール(1)に対してアース線を接続するなどのアース対策を別途施す必要がなく、固定ネジ(3)により連結具(2)をネジ固定するだけで、太陽電池モジュール(1)のアース対策をも同時に手間なく実現することができる。
【0023】
[実施例3]
また、この出願の発明では、太陽電池モジュール(1)の施工性をさらに向上させるべく、たとえば図1および図2に例示したように、軒側横フレーム部材(12)に当止片(122)を設け、施工時にこの当止片(122)が軒側太陽電池モジュール(1a)の棟側横フレーム部材(11)における連結具用挿入部(111)と接触して棟側太陽電池モジュール(1b)の軒側横フレーム部材(12)が軒側太陽電池モジュール(1a)の棟側横フレーム部材(11)に対して係止されるようになっていることが好ましい。
【0024】
より具体的には、図1および図2の例では、当止片(122)は、軒側横フレーム部材(12)の下面部から軒方向へ垂下して設けられており、軒側横フレーム部材(12)を軒側太陽電池モジュール(1a)の棟側横フレーム部材(11)へ連結させる際に、当止片(122)の屈曲先端部(122a)が、棟側横フレーム部材(11)の連結具用挿入部(111)を形成する板片の立上り部(111a)に棟側から当接して、軒側横フレーム部材(12)が棟側横フレーム部材(11)に対して当止されるようになっている。
【0025】
この当止構造により、図1(a)に例示したように、施工時において連結具(2)の装着・固定前に、棟側太陽電池モジュール(1b)が軒方向へ滑り落ちてしまうことを防ぐことができ、棟側太陽電池モジュール(1b)を抑えていなくても連結具(2)の装着・固定を容易に行うことができるようになる。もちろん、図2(a)に例示したように、太陽電池モジュール(1)を取り外す際に連結具(2)を取り外した後であっても、モジュール滑落の危険性を効果的に抑制することができる。
【0026】
[実施例4]
上述したように当止片(122)によるフレーム係止構造を設けた場合において、この出願の発明では、連結具用挿入部(111)を形成する板片の立上り部(111a)に棟方向へ突出した荷重受け部(112)を設けてもよく、この荷重受け部(112)上に、立上り部(111a)に当接した当止片(122)の屈曲先端部(122a)が乗ることによって、軒側横フレーム部材(12)がより強固に支持されるようになる。
【0027】
これにより、たとえば積雪があった場合でも、積雪の荷重を下方へ分散させることができ、重みによる軒側横フレーム部材(12)および棟側横フレーム部材(11)や連結具(2)の変形などを効果的に防止することができる。
【0028】
[実施例5]
この出願の発明では、太陽電池モジュール(1)の施工性をさらに一層向上させるべく、たとえば図1及び図2ならびに図5に例示したように、屋根下地材(100)上に配設された固定具(4)を介して棟側横フレーム部材(11)が屋根下地材(100)に固定されるようになっており、棟側横フレーム部材(11)には固定具用係合部(113)が設けられ、固定具(4)には左右方向に隣接する太陽電池モジュール(1)の棟側横フレーム部材(11)それぞれの固定具用係合部(113)にまたがる長さの係合部(41)が設けられた構造とすることが好ましい。
【0029】
これにより、固定具(4)が野地板等の屋根下地材(100)上の所定位置に固定された後、同じ固定具(4)の係合部(41)に対して左側の太陽電池モジュール(1)の棟側横フレーム部材(11)における固定具用係合部(113)と右側の太陽電池モジュール(1)の棟側横フレーム部材(11)における固定具用係合部(113)とが係合される。したがって、左右方向に隣接する固定具用係合部(113)同士の左右の通りが固定具(4)に沿って出るようになり、棟側横フレーム部材(11)の横方向の並び、つまり太陽電池モジュール(1)の横方向の並びが一致する。すなわち、たとえば図6に例示したように太陽電池モジュール(1)を千鳥葺きした場合であっても、棟側横フレーム部材(11)と固定具(4)との係合が確実に行われ、各太陽電池モジュール(1)の横方向の位置決めを容易に行うことができるのである。
【0030】
なお、固定具(4)において、棟側横フレーム部材(11)および縦フレーム部材(13)が乗る部分に位置決め部(図示していない)を設け、その位置決め部によって太陽電池モジュール(1)の横方向への位置ずれを防ぐようにしてもよい。
【0031】
[実施例6]
上述したように太陽電池モジュール(1)の施工性を各段に高めたこの出願の発明では、たてえば以下のような通気構造を併せ持つことで、太陽電池モジュール(1)の施工後の通気性をも向上させることができる。
【0032】
すなわち、たとえば図7および図8に例示したように、連結具(2)の下方平板部(21)に第一の通気口(24)が設けられ、且つ、軒側横フレーム部材(12)の当止片(122)に前記第一の通気口(24)に対して左右方向に位置ずれした第二の通気口(123)が設けられており、また、連結具(2)の下方平板部(21)と棟側横フレーム部材(11)との間に第一の通気隙間(5)が設けられ、且つ、連結具(2)の立板部(23)と棟側横フレーム部材(11)の連結具用挿入部(111)との間に第二の通気隙間(6)が設けられており、これら第一の通気口(24)、第二の通気口(123)、第一の通気隙間(5)および第二の通気隙間(6)により外部と太陽電池モジュール(1)裏側とを連通する通気経路が形成された構造である。
【0033】
なお、図7の例では、実施例4にて前述したように連結具用挿入部(111)背面の荷重受け部(112)に当止片(122)の屈曲先端部(122a)が乗ることによって、軒側横フレーム部材(12)の下面部と連結具用挿入部(111)の上面部との間にも隙間が生じ、第二の通気隙間(6)から第二の通気口(123)との間の通気経路が確保されている。
【0034】
これにより、外部から第一の通気隙間(5)、第一の通気口(24)、第二の通気隙間(6)、第二の通気口(123)を順に通って太陽電池モジュール(1)の裏側へと連通した通気経路により、外気が太陽電池モジュール(1)の裏側、つまり太陽電池モジュール(1)と屋根下地材(100)との間の空間へと導かれ、逆に、太陽電池モジュール(1)の裏側において暖まった空気は通気経路を通って外へ排出されるようになる。したがって、効果的な通気が実現され、太陽電池モジュール(1)の高温化によるエネルギー変換効率の低下を防ぐ効果があるとともに、裏側空間が湿気の少ない環境となるので屋根下地材(100)の腐食や劣化を防ぐ効果もある。
【0035】
また、第二の通気隙間(6)は連結具(2)の立板部(23)によって外部から遮蔽されており、且つ、図8に例示したように(位置関係の説明のために簡略化して図示している)、第一の通気口(24)と第二の通気口(123)とは左右位置が交互にずれて設けられているので、外部からの雨水が太陽電池モジュール(1)裏側へ漏れることがなく、防水対策が施された通気経路となっている。
【0036】
このような通気構造によって、この出願の発明のフレーム構造を具備した太陽電池モジュール(1)自体での通気・換気が可能となり、太陽電池モジュール(1)とは別体としての通気専用モジュールや通気機能付棟役物などの通気部材を用いる必要がないため、屋根の外観性を損ねることもなく、太陽電池モジュール(1)の設置個数を減らす必要もない。
【0037】
[実施例7]
さて、上述した実施例1〜6における各種構造は太陽電池モジュール(1)の横フレーム部材に関わるものであるが、この出願の発明では、太陽電池モジュール(1)の縦フレーム部材についても以下のような構造を提供する。
【0038】
すなわち、図9および図10に例示したように、太陽電池モジュール(1)の左右の縦フレーム部材(13)の少なくとも一方に支持脚(7)が取り付けられており、この支持脚(7)により屋根下地材(100)上にて縦フレーム部材(13)が支持された構造である。
【0039】
この支持構造によって、縦フレーム部材(13)からの荷重を受けて、太陽電池モジュール(1)のたわみを効果的に防止できるようになる。
なお、たとえば図9に例示したように、支持脚(7)の位置ズレを防ぐために、支持脚(7)の上面部に凸部(71)が設けられ、縦フレーム部材(13)の下面部に凹部(131)が設けられており、凸部(71)と凹部(131)が嵌合するようになっていることが好ましい。
【0040】
[実施例8]
また、たとえば図11に例示したように、屋根上におけるモジュール群のうちで左右端部に位置する、つまり後述するように仕舞い部材(110)と隣接することとなる太陽電池モジュール(1)の縦フレーム部材(13)には、縦フレーム部材(13)とともに仕舞い部材(110)の隣接端部を覆うカバー体(8)が着脱自在に取り付けられるようになっていることも好ましい態様である。
【0041】
より具体的には、図11の例では、太陽電池モジュール(1)の周辺に敷設された瓦(120)および太陽電池モジュール(1)の縦フレーム部材(13)との間の漏水を防ぐために、板金製の水切り材である仕舞い部材(110)が設けられている。この場合、カバー体(8)は、縦フレーム部材(13)の上面部と仕舞い部材(110)の立板部(111)とを覆うように、縦フレーム部材(13)に取り付けられている。また、縦フレーム部材(13)には、その長手方向に沿って棟側から軒側へ延びた、雨水等を軒方向へ流すための縦樋部(132)が設けられており、カバー体(8)はこの縦樋部(132)に対して着脱自在にスライド嵌合されている。
【0042】
そして、このカバー体(8)から仕舞い部材(110)にかけて縦フレーム部材(13)と瓦(120)との間の防水構造が実現されている一方で、カバー体(8)の着脱は仕舞い部材(110)に対して独立して行うことができるので、仕舞い部材(110)は取り外すことなく、カバー体(8)を取り外すだけで、太陽電池モジュール(1)の着脱を容易に、且つ任意に行うことができるようになっている。
【0043】
なお図11の例では、瓦(120)の切断面を覆う板金製のけらば瓦(130)が固定ネジ(140)によってカバー体(8)にネジ固定されている。
[実施例9]
ところで、上述の図11の実施例では仕舞い部材(110)と呼んだ板金製の水切り部材を左右端の太陽電池モジュール(1)およびそれに隣り合う瓦(120)との間に設けているが、水切り部材は、当然、棟側端に位置する太陽電池モジュール(1)およびそのさらに棟側位置に敷設される瓦(120)との間にも設けることができる。
【0044】
すなわち、モジュール群のうちで左右端および棟側端に位置する各太陽電池モジュール(1)の周囲に水切り部材を設けて、その水切り部材の周囲に瓦(120)を敷設することで、太陽電池モジュール(1)と瓦(120)とを併用する場合における漏水防止を効果的に実現できるのである。
【0045】
太陽電池モジュール(1)の千鳥葺きを例示した図6は、棟側端の各太陽電池モジュール(1)およびそのさらに棟側の瓦(120)との間に水切り部材(150)を敷設した場合の一例も示している。
【0046】
[実施例10]
他方、漏水防止に威力を発揮する水切り部材(150)ではあるが、図6からも明らかなように、太陽電池モジュール(1)および瓦(120)とは異質の部材であるために、また瓦(120)表面から太陽電池モジュール(1)表面へ雨水を効率良く流すべくスロープ状に延びて露出面積が大きくなるために、屋根全体の外観上目に付いてしまう場合が考えられるので、水切り部材(150)を用いない防水構造を実現することも好ましい態様である。
【0047】
そこで、たとえば図12に例示したように、太陽電池モジュール(1)の棟側横フレーム部材(11)自体に瓦受け具(160)を介して瓦(120)の軒側先端部を取り付けることで、太陽電池モジュール(1)の棟側端部およびそれに棟側から隣接する瓦(120)との間における水切り部材(150)を用いない防水構造を実現することができる。
【0048】
この場合さらに説明すると、図13にも例示したように、瓦受け具(160)は、棟側横フレーム部材(11)の連結具用挿入部(111)を覆うように上載される板片からなる上載部(161)と、上載部(161)の棟側端から棟方向へ延設されて棟側横フレーム部材(11)の横樋部(114)を上方から臨む下板片(162a)および上載部(161)の上面から上方へ突出するとともに棟方向へ屈折した上板片(162b)からなる棟方向へ開口した瓦用挿入部(162)とを有しており、この瓦用挿入部(162)に瓦(120)の軒側先端部を挿入した状態で、上載部(161)を連結具用挿入部(111)上へ載置し、固定ビス(170)により固定している。また本実施例では、上載部(161)の棟側端には、瓦用挿入部(162)を形成する下板片(162a)の他に、下方へ突出した突部(163)も設けられており、この突部(163)と上載部(161)の前方垂れ板片(161a)との間で棟側横フレーム部材(11)の連結具用挿入部(111)を挟持し、突部(163)が連結具用挿入部(111)背面の荷重受け部(112)上に乗り、且つ前方垂れ板片(161a)が連結具用挿入部(111)の軒方向開口を隠すようにして、上載部(161)は連結具用挿入部(111)に覆いかぶせられている。
【0049】
以上の瓦受け具(160)を介して、瓦(120)の軒側先端部を太陽電池モジュール(1)の棟側横フレーム部材(11)へ取り付けることができ、瓦(120)表面を流れてきた雨水は、その軒側先端部にて瓦受け具(160)の瓦用挿入部(162)へ流れ込み、瓦用挿入部(162)の下板片(162a)からその下方に位置する棟側横フレーム部材(11)の横樋部(114)へ落ちて、横樋部(114)内を左右方向に流れる。後は、図10にも示したように横樋部(114)と連通した太陽電池モジュール(1)の縦フレーム部材(13)の縦樋部(132)を通って軒方向へ流れるようになる。
【0050】
したがって、図6に例示したような水切り部材(150)を用いることなく、棟側端に位置する太陽電池モジュール(1)およびそれに棟側から隣接する瓦(120)との間における漏水を効果的に防止することができ、良好な外観性および防水性の両立を実現できる。
【0051】
また、スロープ状の板金製水切り部材(150)よりも瓦受け具(160)の方が部材費が安く、また施工手間も少ないと考えられるため、良好な経済性および施工性の両立をも実現できる。
【0052】
なお、縦フレーム部材(13)の縦樋部(132)は棟軒方向に延び、棟側横フレーム部材(11)の横樋部(114)は左右方向に延び、終端部で互いに連通して雨水を軒方向へ導くものであって、通常は左右・軒棟方向に隣接する太陽電池モジュール(1)間の漏水を軒方向へ導くが、ここでは太陽電池モジュール(1)および瓦(120)との間からの漏水を上記の如く軒方向へ導くために利用している。これにより、瓦受け具(160)が別途必要になるだけで、棟側横フレーム部材(11)はそのまま使用して、太陽電池モジュール(1)に対する棟側の瓦(120)の取付けおよび防水を実現できるのである。
【0053】
もちろん、この発明は以上の例に限定されるものではなく、細部については様々な態様が可能である。
【0054】
【発明の効果】
以上詳しく説明した通り、この出願の発明によって、太陽電池モジュールの施工性や施工後の各種特性をより一層向上させることのできる、全く新しい太陽電池フレーム構造が提供される。
【図面の簡単な説明】
【図1】(a)(b)は、各々、この出願の発明の太陽電池フレーム構造の一実施例を示した要部構成図である。
【図2】(a)(b)は、各々、この出願の発明の太陽電池フレーム構造の一実施例を示した要部構成図である。
【図3】この出願の発明の太陽電池フレーム構造を用いて太陽電池モジュールを施工した場合の一例を示した斜視図である。
【図4】棟側横フレーム部材の連結の別の一例を示した要部構成図である。
【図5】棟側横フレーム部材と固定具との係合関係を説明するための図である。
【図6】太陽電池モジュールの千鳥葺きの一例を示した斜視図である。
【図7】通気経路の一例を示した図である。
【図8】通気経路を形成する第一および第二の通気口の位置関係を説明するための図である。
【図9】縦フレーム部材に対して支持脚を取り付けた場合の一例を示した要部構成図である。
【図10】縦フレーム部材に対して支持脚を取り付けた場合の一例を示した斜視図である。
【図11】縦フレーム部材に対してカバー体を取り付けた場合の一例を示した要部構成図である。
【図12】瓦受け具を介した棟側横フレーム部材への瓦の取付け例を示した要部構成図である。
【図13】瓦受け具を例示した拡大図である。
【符号の説明】
1 太陽電池モジュール
1a 軒側太陽電池モジュール
1b 棟側太陽電池モジュール
11 棟側横フレーム部材
111 連結具用挿入部
111a 立上り部
112 荷重受け部
113 固定具用係合部
114 横樋部
12 軒側横フレーム部材
121 連結具用固定部
122 当止片
122a 屈曲先端部
123 第二の通気口
13 縦フレーム部材
131 凹部
132 縦樋部
2 連結具
21 下方平板部
22 上方平板部
23 立板部
24 第一の通気口
3 固定ネジ
4 固定具
41 係合部
5 第一の通気隙間
6 第二の通気隙間
7 支持脚
71 凸部
8 カバー体
100 屋根下地材
110 仕舞い部材
120 瓦
130 板金けらば瓦
140 固定ネジ
150 水切り部材
160 瓦受け具
161 上載部
161a 前方垂れ板片
162 瓦用挿入部
162a 下板片
162b 上板片
163 突部
170 固定ビス

Claims (8)

  1. 太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材に、軒方向に開口した連結具用挿入部が設けられており、
    太陽電池モジュールの軒側横フレーム部材に、棟側横フレーム部材との連結のための連結具が着脱自在に固定される連結具用固定部が設けられており、
    軒棟方向に隣接する軒側太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材と棟側太陽電池モジュールの軒側横フレーム部材とが、連結具が棟側横フレーム部材の前記連結具用挿入部へ挿入されるとともに軒側横フレーム部材の前記連結具用固定部へ固定されて、互いに分離自在に連結されるようになっており、
    連結具は、軒側横フレーム部材の連結具用固定部へネジ固定されるようになっており、その固定ネジが軒側太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材と接触して、軒側太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材と棟側太陽電池モジュールの軒側横フレーム部材とが電気的に接続されるようになっていることを特徴とする太陽電池フレーム構造。
  2. 屋根下地材上に配設された固定具を介して棟側横フレーム部材が屋根下地に固定されるようになっており、
    棟側横フレーム部材には固定具用係合部が設けられ、固定具には左右方向に隣接する太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材それぞれの固定具用係合部にまたがる長さの係合部が設けられており、
    この固定具の係合部に対して左側の太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材における固定具用係合部と右側の太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材における固定用係合部が係合されて、固定具用係合部同士の左右の通りが固定具に沿って出るようになっている請求項1の太陽電池フレーム構造。
  3. 固定具における棟側横フレーム部材および縦フレーム部材が乗る部分に位置決め部が設けられており、この位置決め部によって太陽電池モジュールの横方向への位置ずれが防止されるようになっている請求項2の太陽電池フレーム構造。
  4. 太陽電池モジュールの左右の縦フレーム部材の少なくとも一方に支持脚が取り付けられており、この支持脚により屋根下地材上にて縦フレーム部材が支持されるようになっており、
    支持脚の位置ズレを防ぐために、支持脚の上面部には凸部が設けられ、縦フレーム部材の下面には凹部が設けられ、これら凸部と凹部が嵌合するようになっている請求項1ないし3のいずれかの太陽電池フレーム構造。
  5. 屋根上における太陽電池モジュール群のうちで左右端に位置して仕舞い部材と隣接する太陽電池モジュールの縦フレーム部材には、縦フレーム部材とともに仕舞部材の隣接端部を覆うカバー体が着脱自在に取り付けられるようになっており、
    このカバー体は、縦フレーム部材に設けられた縦樋部に対して着脱自在にスライド嵌合される請求項1ないし4のいずれかの太陽電池フレーム構造。
  6. 前記太陽電池モジュールに隣り合う瓦の切断面を覆うけらば瓦がカバー体にネジ固定されるようになっている請求項5の太陽電池フレーム構造。
  7. 屋根上における太陽電池モジュール群のうちで棟側端に位置する太陽電池モジュールの棟側横フレーム部材には、棟側から隣接する瓦の軒側先端部が瓦受け具を介して取り付けられるようになっており、
    瓦受け具は、棟側横フレーム部材の連結具用挿入部を覆うように上載される上載部と棟方向へ開口した瓦用挿入部とを有しており、この瓦受け具の瓦用挿入部に瓦の軒側先端部を挿入した状態で、上載部を連結具用挿入部へ上載してビス固定する請求項1ないし6のいずれかの太陽電池フレーム構造。
  8. 瓦用挿入部は、上載部から棟方向へ延設されて棟側横フレーム部材の横樋部を上方から臨む下板片と上載部から上方へ突出するとともに棟方向へ屈折した上板片とを有している請求項7の太陽電池フレーム構造。
JP2001386619A 2000-12-19 2001-12-19 太陽電池フレーム構造 Expired - Fee Related JP3780934B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000-385035 2000-12-19
JP2000385035 2000-12-19
JP2001386619A JP3780934B2 (ja) 2000-12-19 2001-12-19 太陽電池フレーム構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001386619A JP3780934B2 (ja) 2000-12-19 2001-12-19 太陽電池フレーム構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002250105A JP2002250105A (ja) 2002-09-06
JP3780934B2 true JP3780934B2 (ja) 2006-05-31

Family

ID=26606078

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001386619A Expired - Fee Related JP3780934B2 (ja) 2000-12-19 2001-12-19 太陽電池フレーム構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3780934B2 (ja)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20040154655A1 (en) * 2003-02-12 2004-08-12 Sharp Kabushiki Kaisha Attaching structural unit used for installing quadrangular solar-battery module onto slanted roof
JP2008115636A (ja) * 2006-11-07 2008-05-22 Msk Corp パネル保持部材
DE102008007334A1 (de) * 2008-02-02 2009-08-13 Schott Solar Gmbh Befestigungssystem für ein plattenförmiges Bauelement
JP5205250B2 (ja) * 2008-12-12 2013-06-05 Jx日鉱日石エネルギー株式会社 太陽電池モジュールの取付構造及び取付方法
BE1018889A5 (nl) 2009-09-22 2011-10-04 Ottossun Bvba Bevestigingssysteem voor zonnepanelen en bevestigingsprofiel voor een dergelijk systeem.
DE102011122739B4 (de) * 2011-12-23 2016-01-21 Linea Pronto Anordnung zur Befestigung von Plattenelementen
JP6410019B2 (ja) * 2014-03-31 2018-10-24 パナソニックIpマネジメント株式会社 固定具、太陽電池モジュールの施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002250105A (ja) 2002-09-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8701360B2 (en) Method and apparatus for assembling photovoltaic modules
CN102282326B (zh) 太阳电池组件的固定构造、太阳电池组件用的框架及固定构件
US20070221266A1 (en) Solar roof tile
US20100288338A1 (en) Solar cell module
JP3780934B2 (ja) 太陽電池フレーム構造
JP3627597B2 (ja) 太陽電池パネル及び太陽電池パネルによる屋根構造
JP2001193245A (ja) 太陽電池フレーム構造と、太陽電池瓦およびその施工方法、ならびに太陽熱給湯システム
JP3652165B2 (ja) 太陽電池モジュールの取付け構造およびその取付け方法
JP2005133503A (ja) 太陽電池モジュールの設置構造
JP5662003B2 (ja) 太陽電池モジュールの設置構造
CN108729592A (zh) 一种光伏瓦安装装置及光伏瓦系统
JP3485102B2 (ja) 太陽電池フレーム構造
JP2007217904A (ja) 太陽電池モジュールの取付方法
JP3520861B2 (ja) 太陽電池フレーム構造および太陽電池モジュールの棟側納め構造
JP3422325B2 (ja) 太陽電池モジュールの棟側納め構造
JP2631966B2 (ja) 屋根パネル、及び屋根パネルを用いた屋根構造
JP2003184245A (ja) 太陽電池瓦雪止め構造および太陽電池瓦用雪止め具
JP3618070B2 (ja) 太陽電池付屋根
JP3512019B2 (ja) スタータ部材取付構造
CN103199741B (zh) 屋顶太阳能发电装置
JP3705200B2 (ja) 太陽電池瓦施工構造
JP5322103B2 (ja) 太陽エネルギー変換モジュール一体型外装構造の排水構造
CN201479059U (zh) 一种光伏瓦
JP3296962B2 (ja) 屋根パネルの配線構造
JP2018071180A (ja) 太陽光発電装置及び太陽光発電装置付き屋根

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050615

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050913

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051111

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051220

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060120

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060214

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060227

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090317

Year of fee payment: 3

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090317

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100317

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100317

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110317

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120317

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120317

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130317

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130317

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140317

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees