New! View global litigation for patent families

JP3775154B2 - Information recording method, recording apparatus, reproducing method, reproducing apparatus and a recording medium - Google Patents

Information recording method, recording apparatus, reproducing method, reproducing apparatus and a recording medium

Info

Publication number
JP3775154B2
JP3775154B2 JP2000055366A JP2000055366A JP3775154B2 JP 3775154 B2 JP3775154 B2 JP 3775154B2 JP 2000055366 A JP2000055366 A JP 2000055366A JP 2000055366 A JP2000055366 A JP 2000055366A JP 3775154 B2 JP3775154 B2 JP 3775154B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2000055366A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000353361A (en )
Inventor
誠司 日暮
Original Assignee
日本ビクター株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は情報記録方法、記録装置、記録再生方法、再生装置及び記録媒体に係り、特に記録媒体にパケット化して記録されたディジタル映像情報の不正コピーを防止するための記録、再生を行う情報記録方法、記録装置、再生装置及び記録媒体に関する。 The present invention is an information recording method, recording apparatus, reproducing method, reproducing apparatus and relates to a recording medium, particularly recording for preventing unauthorized copying of digital video information recorded by packetizing the recording medium, information for reproducing recorded method, recording apparatus, a reproducing apparatus and a recording medium.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
情報が記録されている記録済みの記録媒体から、別の記録媒体に不正にコピーすることによる著作権の侵害の防止のためのコピーガード技術として、ディジタル・オーディオ・テープレコーダ(DAT)等のディジタルコピーが可能な機器では、1回だけのコピーを許容するシリアル・コピー・マネージメント・システム(SCMS)が知られている。 From recorded recording medium on which information is recorded, as a copy guard technology for preventing the copyright infringement due to unauthorized copying to another recording medium, digital, such as digital audio tape recorder (DAT) the copy that is capable devices, serial copy management system which permits copying only once (SCMS) is known. このSCMSでは、ディジタル音声インタフェース信号に含まれているコピー禁止/許可フラグを用いてコピーの制御を行う。 In the SCMS, controls the copy by using the copy inhibition / permission flag included in the digital audio interface signal.
【0003】 [0003]
また、映像信号が記録されている記録媒体から他の記録媒体へのコピー制御方式として、コピー・ジェネレーション・マネージメント・システム(CGMS)が知られている。 Further, as a copy control method from a recording medium on which the video signal is recorded to another recording medium, copy generation management system (CGMS) is known. このCGMSは、図15に示すように、2ビットのコピー世代コントロール信号を受け渡すようにしたもので、2ビットの値が”00”であれば、コピー記録を許容し、”10”であれば1回だけのコピーを許容し、”11”であればコピーを禁止するように、記録装置を構成する方式であり、値が”10”であるときは、値を”11”に変更して記録する。 The CGMS, as shown in FIG. 15, which was to pass receiving copy generation control signal 2 bits, if the 2-bit value is "00", there by allowing the copy recording, "10" if permits copying only once, so as to prohibit copying if "11" is a system of the recording apparatus, when the value is "10", the value is changed to "11" record Te.
【0004】 [0004]
また、VTRやDVDの分野では、個々の機器が固有のIDを持ち、記録時にIDと乱数を使って映像信号に変形を加えると共に、垂直ブランキング期間に上記の乱数を挿入して記録し、再生時に垂直ブランキング期間から読み出した乱数とIDを使って復元するなど、機器の認証及びスクランブルキーの授受といった手段を講じるようにした記録再生装置も知られている(特開昭61−201586号公報、特開平9−83936号公報)。 In the field of VTR and DVD, has a unique ID each device, along with adding deformation to the video signal using the ID and the random number at the time of recording, recording by inserting the random numbers in a vertical blanking period, such as restored using a random number and ID read out from the vertical blanking period at the time of reproduction, the recording and reproducing apparatus is also known (JP 61-201586 which is adapted take steps such as authentication and the scramble key exchange device Publication, JP-A-9-83936).
【0005】 [0005]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、SCMSやCGMSはコピー禁止/許可フラグやコピー世代コントロール信号の再生装置からコピー記録装置への受け渡し途中にて、これら情報を改ざんされると、コピーガードが機能しないという不都合が生じる。 However, the SCMS and CGMS in the middle passing from the reproducing apparatus of the copy prohibition / permission flags and copy generation control signal to the copy recording device, when tampered these information, resulting disadvantageously copy guard does not work. また、MPEG(Moving Picture Experts Group)方式に準拠して圧縮符号化されたトランスポートストリーム(TS)中にウォータマーク(WM)を埋め込んでおき、再生時にデコードしてアナログ映像信号に復号するときにWMを検出し、その検出した値に応じて再生を許可するかどうか判定する方法も知られているが、前記のCGMSにおいては、コピー世代コントロール信号が元々”11”であるソースと不正コピーをして”11”としたソースの識別が困難であるため、たとえソースに前記WMを挿入しても不正なコピーを防止しずらいという不都合が生じる。 Moreover, MPEG (Moving Picture Experts Group) in the transport stream (TS) which is compression encoded in compliance with the method embeds a watermark (WM), when decoding an analog video signal by decoding during playback detecting the WM, but is also known whether a method of determining whether to permit playback according to the value obtained by the detection, in the aforementioned CGMS, unauthorized copying source and a copy generation control signal is originally "11" since it to "11" and the source identification is difficult, inconvenience that even by inserting the WM source also prevent unauthorized copying hesitation.
【0006】 [0006]
更に、個々の機器の認証およびスクランブルキーの授受という手段を用いて不正コピーを防止する装置では、不正コピー防止手段が複雑であり、機器の価格が高くなると共に、送り側だけでなく、受け側の対応も必要になるといった不都合が生じる。 Furthermore, in the apparatus for preventing unauthorized copying by using the means of authentication and scramble key exchange each device, has a complicated copy protection unit, with the price of equipment is high, not only the feed side, the receiving side of the corresponding also caused inconvenience that it becomes necessary.
【0007】 [0007]
本発明は、以上の点に鑑みなされたもので、当初よりコピー禁止のオリジナルソースのより高度のコピー防止管理を実現し得る情報記録方法、記録装置、記録再生方法、再生装置及び記録媒体を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above, the information recording method capable of realizing a higher degree of copy protection management of the original source of the copy inhibition from the start, recording apparatus, reproducing method, providing a reproducing apparatus and a recording medium an object of the present invention is to.
【0008】 [0008]
また、本発明の他の目的は、簡単で安価な構成によりオリジナルソースのコピー記録した媒体の再生を防止し得る情報記録方法、記録装置、記録再生方法、再生装置及び記録媒体を提供することにある。 Another object of the present invention, an information recording method capable of preventing the reproduction of the original source of the copied recording medium by a simple and inexpensive construction, the recording apparatus, recording and reproducing method, to provide a reproducing apparatus and a recording medium is there.
【0009】 [0009]
更に、本発明の他の目的は、個別課金を可能とし得る情報記録方法、記録装置、記録再生方法、再生装置及び記録媒体を提供することにある。 Furthermore, another object of the present invention is to provide a separate charging may allow an information recording method, recording apparatus, reproducing method, reproducing apparatus and a recording medium.
【0010】 [0010]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記の目的を達成するため、本発明の情報記録方法は、付加情報と共に固定長のデータブロック単位で映像情報を記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録方法において、データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースであるかどうかを示すフラグと、オリジナルソースのときには常にコピー禁止を示し、オリジナルソース以外のときはコピーフリー、コピー禁止及び 1回コピー可のいずれかの状態を示すコントロール信号を記録することを特徴とする。 To achieve the above object, the information recording method of the present invention is an information recording method for recording on each track of a predetermined length of the recording medium video information in a data block of a fixed length along with additional information, data the header area of the block, a flag indicating whether the original source, shows always copy inhibition when the original source copy when other than the original source-free, one of the copy inhibition and copy once allowed wherein the recording control signal indicating the state.
【0011】 [0011]
また、上記の目的を達成するため、本発明の情報記録方法及び記録装置は、付加情報と共に固定長のデータブロック単位で映像情報を記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録方法及び記録装置において、データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報と第2の著作権保護情報を記録し、付加情報内に第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を記録することを特徴とする。 The information in order to achieve the above object, an information recording method and recording apparatus of the present invention, to be recorded on each track of a predetermined length of the recording medium video information in a data block of a fixed length along with additional information the recording method and recording apparatus, the header area in the data block, the first copyright of copyright protection information and the second copyright protection information is recorded, the additional information when the original source is set to a value indicating the copy prohibition the third copyright protection information in a predetermined value relationship with the second copyright protection information and recording the.
【0012】 [0012]
この発明では、第1の著作権保護情報の値がオリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定されて記録されており、1回コピーした場合は第1の著作権保護情報の値がオリジナルソースのときとは別の値に書き換わるため、再生時に、当初よりコピー禁止のオリジナルソースであるか、1回コピーしたためにコピー禁止となったソースであるかの識別ができる。 In the present invention, when the first copyright protection information value original source of which is recorded is set to a value indicating copy inhibit, if copied once value original source of the first copyright protection information the case for rewritten to a different value, at the time of reproduction, whether the original source of the copy inhibition from the start, it is identified whether a source of a copying prohibition to copied once.
【0013】 [0013]
また、上記の目的を達成するため、本発明の情報記録方法及び記録装置は、付加情報と共に固定長のデータブロック単位で映像情報を記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録方法及び記録装置において、データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報を記録し、データブロック内の映像情報中に第2の著作権保護情報を挿入して記録し、付加情報内に第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を記録することを特徴とする。 The information in order to achieve the above object, an information recording method and recording apparatus of the present invention, to be recorded on each track of a predetermined length of the recording medium video information in a data block of a fixed length along with additional information the recording method and recording apparatus, the header area of ​​the data block, when the original source recording a first copyright protection information set to a value indicating copy prohibition, the second in the video information in a data block recorded by inserting the copyright protection information, and recording the third copyright protection information in a predetermined value relationship with the second copyright protection information in the additional information.
【0014】 [0014]
この発明では、再生時に、当初よりコピー禁止のオリジナルソースであるか、1回コピーしたためにコピー禁止となったソースであるかの識別ができると共に、再生時に第1の著作権保護情報がオリジナルソースでないことを示しているときに、第2の著作権保護情報が存在するときは不正コピーした記録媒体であることを識別できる。 In the present invention, at the time of reproduction, whether the original source of the copy inhibition from the start, it is identified whether a source of a copying prohibition to copied once, the first copyright protection information is the original source of the time of reproduction when indicating that not, when the second copyright protection information is present can be identified to be a recording medium which illegally copied.
【0015】 [0015]
ここで、データブロック内の映像情報中には、コピーフリー、コピー禁止及び 1回コピー可のいずれかの状態を示す2ビットの情報を含むウォータマークが挿入されていてもよい。 Here, in the video information in a data block, copy free, watermark including 2-bit information indicating either the status of copy permissible copy prohibited and one may be inserted.
【0016】 [0016]
また、本発明の情報記録方法及び記録装置は、上記の映像情報がスクランブルキーにより暗号化されているときは、第2の著作権保護情報及び第3の著作権保護情報は、互いにスクランブルキーを復号化する特定の関係にある値に設定されていることを特徴とする。 Further, the information recording method and recording apparatus of the present invention, when the video information is encrypted by the scramble key, copyright protection information of the second copyright protection information and the third, the scramble key together It characterized in that it is set to a value in a specific relationship to decoding. この発明では、より一層不正コピーを防止できる。 In the present invention, it can be further prevent unauthorized copying.
【0017】 [0017]
また、上記の目的を達成するため、本発明の情報記録方法及び記録装置は、コピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されているディジタルデータを記録媒体に記録する情報記録方法及び記録装置であって、情報信号がオリジナルソースの信号であるかどうかを示すフラグが、オリジナルソースであることを示す値のときは、記録制限情報を常にコピー禁止の値に設定し、かつ、ディジタルデータを暗号化して、フラグと暗号解除のためのキー情報と共に記録媒体に記録することを特徴とする。 To achieve the above object, an information recording method and recording apparatus of the present invention, copy free, the watermark including the recording control information indicating either the status of the copy prohibition and copy once allowed is inserted an information recording method and a recording apparatus for recording digital data on a recording medium, a flag information signal indicates whether the signal of the original source, when the value indicating the original source, the recording restriction information always set to the value of the copy inhibition, and encrypts digital data, characterized by recording on a recording medium together with the key information for flags and descrambling.
【0018】 [0018]
この発明では、ディジタルデータがオリジナルソースの信号であるときには、ディジタルデータが暗号化されて記録されるため、オリジナルソースの信号を上記のフラグの値を変更してコピー記録しても、また、ディジタルデータをアナログ信号に変換後再度ディジタル信号に変換してコピー記録しても、そのコピー記録した媒体の再生信号は、暗号化されたままとすることができる。 In the present invention, when the digital data is the signal of the original source, since the digital data is recorded is encrypted, even when copying recording a signal of the original source by changing the value of the flag, The digital even the data copy is converted into the converted digital signal back to an analog signal recording, reproduction signal of the copy recorded medium, may remain encrypted.
【0019】 [0019]
また、上記の目的を達成するため、本発明の情報再生装置は、 オリジナルソースであるかどうかを示すフラグが挿入されると共に、前記オリジナルソースのときには常にコピー禁止を示し、前記オリジナルソース以外のときはコピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されているディジタルデータが、付加情報と共に固定長のデータブロック単位で予め定められた長さの各トラックに記録されている記録媒体からディジタルデータを再生する情報再生装置であって、記録媒体の再生信号中から得たキー情報に基づいて生成した復号鍵により暗号解読した後復号化して復号データを生成する復号手段と、復号データ中からウォータマークを検出するウォータマーク検出回路と To achieve the above object, the information reproducing apparatus of the present invention, with a flag indicating whether the original source is inserted, shows always copy inhibition when the original source, when other than the original source copy free, long digital data watermark including the recording control information indicating either the status of copy permissible copy prohibited and one is inserted, a predetermined in data blocks of fixed length together with additional information an information reproducing apparatus for reproducing digital data from a recording medium that is recorded in each track, decoding by decoding after decryption by the decryption key generated based on the key information obtained from the playing signal of the recording medium decoding means for generating data, and watermark detecting circuit for detecting a watermark from being decoded data 再生信号中からフラグを検出するフラグ検出回路と、ウォータマーク検出回路により検出されたウォータマーク中の記録制限情報がコピー禁止の値であるときは、フラグ検出回路により検出されたフラグがオリジナルソースであることを示す値のときに復号データを再生出力し、フラグがオリジナルソースでないことを示す値のときは、復号データの再生出力を禁止する制御回路とを有する構成としたものである。 A flag detection circuit for detecting a flag from being reproduced signal, when the recording restriction information in the watermark detected by the watermark detection circuit is the value of the copy prohibition flag detected by flag detecting circuit in the original source the decoded data reproduced output when the value indicating that, when the value indicating that the flag is not the original source, is obtained by a configuration in which a control circuit for prohibiting the reproduction output of the decoded data.
【0020】 [0020]
この発明では、記録媒体がオリジナルソースであるときには、ウォータマーク中の記録制限情報がコピー禁止の値であり、かつ、フラグがオリジナルソースであることを示しているので、このときのみ復号データを再生出力し、フラグがオリジナルソースでないことを示す値のときは、復号データの再生出力を禁止することにより、オリジナルソースからコピーされた記録媒体の再生を実質的に禁止することができる。 In the present invention, when the recording medium is an original source is recorded restriction information is copy inhibition values ​​in the watermark, and the flag indicates that the original source, reproducing the decoded data only this time outputs, when the value indicating that the flag is not the original source, by prohibiting the reproduction output of the decoded data, it is possible to substantially prohibit the reproduction of the copied recording medium from the original source.
【0021】 [0021]
また、上記の目的を達成するため、本発明の情報記録再生方法は、固定長のデータブロック単位で映像情報が記録され、かつ、付加情報はデータブロックとは異なる領域に記録された記録媒体の記録済み情報を再生する情報記録再生方法において、記録時は、データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報と第2の著作権保護情報を配置し、付加情報内に第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を配置して記録媒体に記録するか、又はデータブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報を配置し、映像情報中に第2の著作権保護情報を挿入し、付加情報内に第2の著 To achieve the above object, the information recording and reproducing method of the present invention, the video information is recorded in a data block of a fixed length, and the additional information is a recording medium recorded in an area different from the data block in the information recording and reproducing method for reproducing the recorded information, recording time is the header area in the data block, the first copyright protection information and the second copyright when the original source is set to a value indicating copy prohibition the protection information is disposed, the second copyright protection information whether recorded in the third recording medium by placing the copyright protection information in a predetermined value relationship between the in the additional information, or the data block in the header area, when the original source is arranged a first copyright protection information set to a value indicating copy prohibition, by inserting a second copyright protection information in the video information, the second in the additional information Author 権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を配置して記録媒体に記録し、再生時は、再生された第1の著作権保護情報が、オリジナルソースで、かつ、コピー禁止を示す値であるときは、記録媒体から再生した第2及び第3の著作権保護情報が所定の値関係にあるかどうか演算し、その所定の値関係にあるときには再生を継続するか、又は再生された第1の著作権保護情報が、オリジナルソースで、かつ、コピー禁止を示す値であるときは、記録媒体から再生した第2及び第3の著作権保護情報が所定の値関係にあるかどうか演算し、その所定の値関係にあるときには再生を継続し、第1の著作権保護情報が、オリジナルソースを示す値でないときは、記録媒体から再生した第2の著作権保護情報が存在するときは再生 Kwon between the protective information by arranging the third copyright protection information in a predetermined value relationship recorded in a recording medium, upon reproduction, the first copyright protection information is played, the original source, and when a value indicating the copy prohibition, second and third copyright protection information reproduced from the recording medium is calculated whether the predetermined value relationship, continue playback when in the predetermined value relationship first copyright protection information or reproduced to is the original source, and, when a value indicating the copy prohibition, second and third copyright protection information reproduced from the recording medium is a predetermined calculates whether a value related to continue playback when in the predetermined value relationship, the first copyright protection information, if not a value indicating the original source, the second copyright reproduced from the recording medium Play is when the protection information is present 禁止することを特徴とする。 Characterized in that it prohibited.
【0022】 [0022]
オリジナルソースの再生に対して、ユーザが使用する民生用記録装置では記録できない第2及び第3の著作権保護情報での認証を再生装置内で行うようにしているため、オリジナルソースのダビングが行われても、コピーした記録媒体の再生を禁止することができる。 The reproduction of the original source, because you have to authenticate with the second and third of the copyright protection information a user can not record a consumer recording device used in the reproducing apparatus, dubbing row of the original source even We can prohibit the reproduction of the copied recording medium.
【0023】 [0023]
また、本発明の情報記録再生方法は、上記の目的を達成するため、コピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されているディジタルデータを記録媒体に記録し、再生時はこの記録媒体から再生したディジタルデータを情報信号に復号する情報記録再生方法であって、記録時は、情報信号がオリジナルソースの信号であるかどうかを示すフラグが、オリジナルソースであることを示す値のときは、記録制限情報を常にコピー禁止の値に設定し、かつ、ディジタルデータを暗号化して、フラグと暗号解除のためのキー情報と共に記録媒体に記録し、再生時は、再生信号中から得たキー情報に基づいて生成した復号鍵により暗号解読した後復号化して得た復号データ中から検出し Further, the information recording and reproducing method of the present invention, for achieving the above object, a digital data copy free, the watermark including the recording control information indicating either the status of copy permissible copy prohibited and one is inserted and recording on a recording medium, when reproducing an information recording and reproducing method for decoding digital data reproduced from the recording medium to the information signal, during recording, a flag indicating whether the information signal is a signal of the original source but when the value indicating the original source, and set the value of always copied prohibiting recording restriction information, and encrypts the digital data, recorded on the recording medium together with the key information for flags and descrambling and, during reproduction, and it detected in the decoded data obtained by decoding after decryption by the decryption key generated based on the key information obtained from the playing signal ウォータマーク中の記録制限情報がコピー禁止の値であるときは、再生信号中から検出したフラグがオリジナルソースであることを示す値のときに復号データを再生出力し、フラグがオリジナルソースでないことを示す値のときは、復号データの再生出力を禁止することを特徴とする。 When recording the restriction information in the watermark is the value of the copy prohibition, the decoded data reproduced output when the value indicating that the flag was detected from the reproduced signal is an original source, that flag is not original source when the value indicated, and inhibits the reproduction output of the decoded data.
【0024】 [0024]
この発明では、記録媒体がオリジナルソースであるときには、ウォータマーク中の記録制限情報がコピー禁止の値であり、かつ、フラグがオリジナルソースであることを示しているので、このときのみ復号データを再生出力し、フラグがオリジナルソースでないことを示す値のときは、復号データの再生出力を禁止することにより、オリジナルソースからコピーされた記録媒体の再生を実質的に禁止することができる。 In the present invention, when the recording medium is an original source is recorded restriction information is copy inhibition values ​​in the watermark, and the flag indicates that the original source, reproducing the decoded data only this time outputs, when the value indicating that the flag is not the original source, by prohibiting the reproduction output of the decoded data, it is possible to substantially prohibit the reproduction of the copied recording medium from the original source.
【0025】 [0025]
また、本発明の記録媒体は上記の目的を達成するため、固定長のデータブロック単位で映像情報が記録され、かつ、付加情報はデータブロックとは異なる領域に記録された記録媒体において、データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報と第2の著作権保護情報が配置され、付加情報内に第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報が配置されて記録されているか、あるいは、データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報が配置され、映像情報中に第2の著作権保護情報が挿入され、付加情報内に第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権 Further, since the recording medium of the present invention to achieve the above object, the video information is recorded in a data block of a fixed length, and the additional information in the recording medium recorded in an area different from the data block, the data block the header area of ​​the inner, first copyright protection information and the second copyright protection information set to a value indicating copy prohibition when the original source is disposed, and a second copyright protection information in the additional information third copyright or protection information is recorded is arranged at a predetermined value relationship between or in the header area in the data block, the first at the time of the original source which is set to a value indicating copy prohibition is the arrangement copyright protection information, the second copyright protection information is inserted into the video information, third copyright in a predetermined value relationship with the second copyright protection information in the additional information 護情報が配置されて記録されていることを特徴とする。 Wherein the protection information is recorded is located.
【0026】 [0026]
また、上記の目的を達成するため、本発明の記録媒体は、 オリジナルソースであるかどうかを示すフラグが挿入されると共に、前記オリジナルソースのときには常にコピー禁止を示し、前記オリジナルソース以外のときはコピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されている映像情報をエンコードして得られたディジタルデータが、固定長のデータブロック単位で記録され、かつ、付加情報がデータブロックとは異なる領域に記録された記録媒体であって、記録制限情報がコピー禁止の値に設定され、かつ、暗号化されたディジタルデータがデータブロックに記録され、映像情報がオリジナルソースであることを示す値のフラグと、暗号解除のためのキー情報が付加情報と To achieve the above object, the recording medium of the present invention, with a flag indicating whether the original source is inserted, shows always copy inhibition when the original source, when other than the original source copy free, the digital data obtained by encoding video information watermark including the recording control information indicating either the status of copy permissible copy prohibited and one is inserted, recording the data blocks of a fixed length It is, and additional information is a recording medium recorded in an area different from the data block, recording the restriction information is set to the value of the copy inhibition, and digital data encrypted is recorded in the data block, a flag value indicating that video information is original source, and key information for descrambling the additional information に記録されていることを特徴とする。 Characterized in that it has been properly recorded on.
【0029】 [0029]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
次に、本発明の実施の形態について、図面と共に説明する。 Next, embodiments of the present invention, by referring to the drawings. 図1は本発明になる記録装置の第1の実施の形態のブロック図を示す。 Figure 1 shows a block diagram of a first embodiment of a recording apparatus according to the present invention. 同図において、画像信号及び音声信号がMPEG2方式により圧縮符号化されてなり、かつ、情報中にウォータマーク(WM)が公知の方法で挿入されたMPEGトランスポートストリーム(TS)が端子10を介してD−VHS(登録商標)方式のエンコーダ14に入力されると共に、メインヘッダ発生器11により発生されたメインヘッダ情報と、パーソナルコンピュータ12により制御されるパック情報発生器13により発生されたパック情報とがそれぞれエンコーダ14に入力される。 In the figure, the image signal and the audio signal is compressed and encoded by the MPEG2 system, and, MPEG transport stream watermark (WM) has been inserted in a known manner into the information (TS) is via the terminal 10 is input to the encoder 14 of the D-VHS (registered trademark) method Te, a main header information generated by the main header generator 11, the pack information generated by the pack information generator 13 controlled by a personal computer 12 bets are input to the encoder 14, respectively.
【0030】 [0030]
なお、上記のWMは、例えば、特開平7−212712号公報に記載されているような、いわゆる透かし模様であり、再生側で認証された透かし模様除去成分により除去される。 The above WM, for example, as described in JP-A-7-212712, a so-called watermark, is removed by watermark removal component authenticated by the reproducing side. しかし、本発明におけるWMはこの公報記載のものに限らず、WMをそのまま再生・復号しても視覚上問題ないようにディジタルデータに挿入することで、再生側で除去しなくてもよいものも含む。 However, WM in the present invention is not limited to those in this publication, by inserting the WM into digital data to be no visual problem as it is reproduced and decoded, while others may not be removed at the reproduction side including. いずれのWMも、コピーが正当であるか不正であるかに関係なく、そのまま記録される。 None of the WM, copy, regardless of whether it is illegal or is valid, is recorded as it is.
【0031】 [0031]
入力TS中に予め挿入されているWMは、通常はCGMSの2ビット情報が少なくとも書き込まれている。 WM which has previously been inserted into the input TS is usually 2 bit information of CGMS are at least written. 従って、このWMの上記2ビット(CGMSビット)も、図15に示したように、”00”のときコピーフリー、”10”のとき一回コピー可、”11”のときコピー禁止を示している。 Therefore, the two bits of the WM (CGMS bits) also, as shown in FIG. 15, "00" copy free when "10" once copy permitted when "11" indicates the copy inhibition time there. ここで、この実施の形態ではプリレコーデッド媒体(オリジナルソース)は、後述するようにオリジナルソースフラグOFが”1”で、メインヘッダ内のCGMSが”11”に設定されるが、OFを用いない場合は、WM中のCGMSビットを”01”として記録されていてもよい。 Here, pre-recorded media (original source) in this embodiment, the original source flag OF is "1", as described below, but CGMS in the main header is set to "11", use the OF if not, it may be recorded as the CGMS bits in WM "01".
【0032】 [0032]
本発明は、媒体の形態を問わないものであるが、この実施の形態では、D−VHS(登録商標)システムに基づく磁気テープを例にとって説明する。 The present invention is intended any form of media, in this embodiment, it will be exemplified a magnetic tape based on D-VHS (registered trademark) system. D−VHSシステムは、回転体の回転面に180度対向して取り付けられた、互いにアジマス角度の異なる2個の回転ヘッドにより、上記回転体の外側面に約180度の角度範囲にわたって斜めに巻回されつつ一定速度で走行される磁気テープに、ディジタル信号を記録再生する構成のヘリカルスキャン方式磁気記録再生装置(VTR)により、所定のパケットサイズの有効データのパケットを、付加情報と共に固定長のデータブロック単位で記録し再生するディジタルVTRシステムである。 D-VHS system was mounted opposite 180 degrees rotation surface of the rotating body, by different two rotating heads having azimuth angles, wound obliquely over an angular range of about 180 degrees on the outer surface of the rotary body the wound while the magnetic tape is traveling at a constant speed, by a helical scan method magnetic recording and reproducing apparatus having a configuration for recording and reproducing digital signal (VTR), a packet of valid data of a predetermined packet size, the fixed length together with additional information a digital VTR system for reproducing recorded in the data blocks.
【0033】 [0033]
エンコーダ14は、入力されたTS、メインヘッダ情報及びパック情報から、上記のD−VHSシステムに準拠した所定フォーマットのディジタル信号を生成して、記録増幅器15へ供給し、ここで所要レベルに増幅させた後記録機構16により磁気テープに記録させる。 Encoder 14, the input TS, the main header information, and pack information, and generates a digital signal of a predetermined format that conforms to the above D-VHS system, and supplied to the recording amplifier 15, is amplified to a required level, where It is recorded on the magnetic tape by the recording mechanism 16 after. 記録機構16は、上記の回転体に取り付けられた2個の回転ヘッドと、記録増幅器15から出力されたディジタル信号を回転ヘッドに供給するロータリートランスなどからなり、回転体に巻回されつつ一定速度で走行する磁気テープに、テープ長手方向に対して傾斜した長手方向を持つディジタル信号記録トラックを順次に形成する。 Recording mechanism 16, and two rotary heads attached to the rotating body described above, the digital signal output from the recording amplifier 15 and the like rotary transformer supplied to the rotary head, a constant rate while being wound around the rotary body in the traveling magnetic tape, sequentially forming a digital signal recording track having a longitudinal direction inclined with respect to the longitudinal direction of the tape.
【0034】 [0034]
この順次に形成されるディジタル信号記録トラックは、図2に示すように、前記データブロックに相当するシンクブロック(SB)と称される一定量のデータエリアを、回転ヘッドの走査に従って複数個配置することにより構成される。 Digital signal recording track this which are sequentially formed, as shown in FIG. 2, a data area of ​​a sync block (SB) called constant amount corresponding to the data block, to a plurality arranged in accordance scanning of the rotary head constructed by. すなわち、ディジタル信号記録トラックのトラックフォーマットは、図2に示す如く、2シンクブロックのマージン領域21、3シンクブロックのプリアンブル領域22、4シンクブロックのサブコード領域23、3シンクブロックのポストアンブル領域24、3シンクブロックのIBG領域25、1シンクブロックのプリアンブル領域26、336シンクブロックのメインコード領域(データ領域)27、2シンクブロックのポストアンブル領域28及びマージン領域29から構成されており、情報の記録領域として、メインコード領域27とサブコード領域23の2領域を有している。 That is, the track format of the digital signal recording track, as shown in FIG. 2, 2 preamble area of ​​the margin area 21,3 sync block 22, and 4 sync block sub-code area 23, 3 postamble area of ​​the sync block 24 of , 3 sync blocks are composed of a main code area (data area) 27,2 sync block postamble area 28 and the margin area 29 in the preamble area 26,336 sync blocks IBG area 25, 1 sync blocks of information as recording area, and a second region of the main code area 27 and the subcode region 23.
【0035】 [0035]
なお、マージン領域29は前記回転ヘッドが取り付けられた回転体が、ドラムサーボにより30rps又は29.97rpsで回転するように制御されるので、2シンクブロック又は2.356シンクブロックとされ、よって1トラック全体では356シンクブロック又は356.356シンクブロックで構成される。 Note that the margin area 29 is a rotating body the rotation head is attached, since it is controlled to rotate at 30rps or 29.97rps by the drum servo, it is a 2 sync blocks or 2.356 sync blocks, thus one track total consists of 356 sync blocks or 356.356 sync blocks. いずれの場合も、サブコード領域23は4シンクブロック、メインコード領域27は336シンクブロックで固定長に設定されている。 In either case, the sub-code area 23 is 4 sync blocks, a main code area 27 is set to a fixed length by 336 sync blocks. メインコード領域27には、例えばMPEG2のトランスポートストリームの188バイトの各パケットが隣接する2つのシンクブロックを単位として記録される。 The main code area 27, for example, each packet of 188-byte MPEG2 transport stream is recorded two sync blocks adjacent units.
【0036】 [0036]
上記の各シンクブロックのうち、メインコード領域27におけるシンクブロックのフォーマットは、図3に示すように、そのシンクブロック再生のための2バイトの同期信号(Sync)の領域31と、3バイトのアドレス情報(ID)の領域32と、様々な情報を格納する2バイトのメインヘッダ格納領域33と、1バイトのデータ予備領域(DATA−AUX)34と、96バイトのデータ格納領域35と、このシンクブロックの情報の誤り訂正のための8バイトの内部パリティ格納領域36とが時系列的に合成された全部で112バイトの構成である。 Of each sync block of the format of the sync blocks in the main code area 27, as shown in FIG. 3, an area 31 of 2-byte synchronous signal (Sync) for the sync block reproduction, address 3 bytes an area 32 of the information (ID), a main header storage area 33 of 2 bytes for storing various information, a 1-byte data auxiliary region (dATA-AUX) 34, a data storage area 35 of 96 bytes, the sync and inner parity storage area 36 8 bytes for error correction of blocks of information are chronologically combined total of 112 bytes of configuration.
【0037】 [0037]
データエリア99バイトのうち、後96バイトが映像情報のデータ格納領域35であり、前3バイトのメインヘッダ格納領域33とデータ予備領域34は、システムのための、ユーザによって書き換えできない情報記録エリアである。 Of the data area 99 bytes, 96 bytes after is the data storage area 35 of the video information, the main header storage area 33 and a data auxiliary region 34 of the front three bytes, for a system, the information recording area that can not be rewritten by the user is there. この実施の形態では、後述するように、メインヘッダ格納領域33に、第1の著作権保護情報(後述のOF及びCGMS)を記録し、データ予備領域34に第2の著作権保護情報B(x)を記録するものである。 In this embodiment, as described later, in the main header storage area 33, a first copyright protection information (OF and CGMS below) is recorded in the data reserved area 34 and the second copyright protection information B ( it is to record an x).
【0038】 [0038]
また、図2のサブコード領域23には、図4に示すフォーマットの28バイトのブロックが全部で16個時系列的に合成された、448バイトのサブコードが格納される。 Further, the sub-code area 23 in FIG. 2, block 28-byte format shown in FIG. 4 is sixteen chronological synthesized in total, 448-byte sub-code is stored. このサブコードは、メインデータに付随する情報(例えば、メインデータのフォーマット情報、記録内容、記録日時等)であるが、この実施の形態では、このサブコード領域23に第3の著作権保護情報A(x)を記録するものである。 The subcode information accompanying the main data (for example, format information of the main data, recorded contents, recording date, etc.), but in this embodiment, the third copyright protection information in the subcode area 23 it is to record an a (x).
【0039】 [0039]
図4に示す28バイトのサブコードシンクブロックについて説明するに、そのシンクブロックの再生のための2バイトの同期信号(Sync)の領域41と、2バイトのアドレス情報の領域42、43及びアドレス情報のパリティの領域44と、1バイトのフォーマットIDの領域45と、それぞれ6バイトのパックデータ格納領域46、47及び48と、4バイトの内部パリティの領域49とからなる。 To describe the subcode sync block of 28 bytes as shown in FIG. 4, two bytes of the region 41 of the synchronizing signal (Sync), regions 42, 43 and the address information of 2 bytes of address information for reproducing the sync block a region 44 of parity, the area 45 of the 1-byte format ID, the pack data storage area 46, 47 and 48, respectively 6 bytes, consisting of inner parity area 49. 4 bytes. フォーマットIDは、トラックのフォーマットがノーマルモード記録によるものか別のモード記録によるものかを示す。 Format ID, the format of the tracks indicates not by mode recording or due to the normal mode recording.
【0040】 [0040]
次に、第1乃至第3の著作権保護情報について更に説明する。 It will now be described for the first to third copyright protection information. メインコード領域27の各シンクブロックに存在する、図3の2バイトのメインヘッダ格納領域33は、図5に示すように、第1バイトの上位4ビットにフォーマット情報が、残りの下位4ビットと第2バイトの計12ビットにシンクブロック情報が割り当てられている。 Present in each sync block of the main code area 27, two bytes of a main header storage area 33 in FIG. 3, as shown in FIG. 5, the format information to the upper 4 bits of the first byte, the remaining lower 4 bits sync block information is assigned to a total of 12 bits of the second byte.
【0041】 [0041]
図5において、「フォーマットID」は、トラックのフォーマットがノーマルモード記録によるものか別のモード記録によるものかを示し、「アプリケーション・ディテール」は、記録ディジタル信号がパケットサイズ188バイトのMPEG2トランスポートパケットであるのか、パケットサイズが140バイトの別の伝送方式のパケットであるのかを識別する情報であり、「時間圧縮率」は圧縮レートを示す情報である。 5, "Format ID", the format of the tracks indicates not by mode recording or due to the normal mode recording, "Application Detail" is recorded a digital signal is an MPEG2 transport packet of the packet size 188 bytes in it's either an information identifying whether a packet size that is a packet of another transmission scheme 140 bytes, "time compression ratio" is information indicating a compression rate. 更に、「D.T.」は、MPEGパケットかダミーデータかトリックプレイデータかを識別させるための2ビットのデータタイプ情報であり、「S.B.C.」はパケットが隣接する2つのシンクブロックを単位として記録される場合、このメインヘッダを有するシンクブロックが隣接する2つのシンクブロックの1番目か2番目かを識別させるためのシンクブロックカウンタ情報である。 Furthermore, "D.T." Is 2-bit data type information for identifying whether MPEG packet or dummy data or a trick play data, "S.B.C." The two sink packet adjacent when recording block units, a sync block counter information for sync blocks having the main header to identify whether the first or second two sync blocks adjoining.
【0042】 [0042]
この実施の形態では、図5に示すように、12シンクブロック単位で繰り返してメインヘッダ格納領域33に2バイトずつ記録されるメインヘッダのうち、一周期の11番目のシンクブロックのメインヘッダ格納領域33に記録されるメインヘッダの上位2ビットをCGMS規定のコピー世代コントロール信号に割り当て、かつ、一周期内の12番目のシンクブロックのメインヘッダ格納領域33に記録されるメインヘッダの最上位ビットをオリジナルソースフラグOFに割り当て、これらCGMSのコピー世代コントロール信号とオリジナルソースフラグOFを第1の著作権保護情報としたものである。 In this embodiment, as shown in FIG. 5, 12 of the main header recorded by 2 bytes in the main header storage area 33 by repeating in units of sync blocks, a main header storage area 11 th sync block of one cycle Assign the upper two bits of the main header recorded in the 33 to copy generation control signal CGMS defined, and the 12 th most significant bits of the main header recorded in the main header storage area 33 of the sync blocks in one cycle assigned to the original source flag oF, in which the copy generation control signal and the original source flag oF thereof CGMS was first copyright protection information.
【0043】 [0043]
CGMS規定のコピー世代コントロール信号は、図15と共に説明したように、2ビットの値が”00”であれば、コピー(ダビング記録)を許容し、”10”であれば1回だけのコピー(ダビング記録)を許容し、”11”であればコピー(ダビング記録)を禁止する内容である。 Copy generation control signal CGMS provisions, as described in conjunction with FIG. 15, if the 2-bit value is "00", copy (dubbing) allow only once if "10" copies ( permit dubbing recording), the contents that prohibits copying if "11" (dubbing). また、1ビットのオリジナルソースフラグOFが”1”であるときは記録媒体がオリジナルソース、”0”であるときは記録媒体がコピーソースであることを示す。 Further, when the time the original source flag OF of 1 bit is "1" in the original source recording medium is a "0" indicates that the recording medium is a copy source. なお、オリジナルソースフラグOFが”1”であるときは、CGMSは必ず”11”とされており、CGMSが”00”又は”10”のときはオリジナルソースフラグOFが”0”とされる。 Incidentally, when the original source flag OF is "1", CGMS is necessarily "11", CGMS original source flag OF is when the "00" or "10" is set to "0".
【0044】 [0044]
また、第2の著作権保護情報は、メインコード領域27の各シンクブロックに存在する、図3の1バイトのデータ予備領域34に記録される。 The second copyright protection information is present in each sync blocks in the main code area 27, is recorded in 1 byte data auxiliary region 34 in FIG. 3. このデータ予備領域34は、図6に示すように、6シンクブロックを一周期として記録され(つまり6バイト単位で記録され)、一周期内の1番目のシンクブロックのデータ予備領域34にはパックヘッダPC0が記録され、残りの2番目から6番目の計5つのシンクブロックの各データ予備領域34にはパック情報PC1〜PC5が記録される。 The data reserved area 34, as shown in FIG. 6, (recorded at That 6 bytes) 6 are recorded sync block as one cycle, pack the first sync block data reserved area 34 in one cycle header PC0 is recorded, each data reserved area 34 of the 6 th total of five sync blocks from the second rest of the pack information PC1~PC5 it is recorded.
【0045】 [0045]
ここで、本実施の形態では、図6に示したPC0〜PC5の計6バイトのパック情報のうち、1番目のパックヘッダPC0の1バイトをオール”1”に設定し、かつ、残りの2番目から6番目の計5バイトのパック情報PC1〜PC5として任意の値の第2の著作権保護情報B(x)を記録するものである。 In the present embodiment, among the PC0~PC5 the six bytes of the pack information shown in FIG. 6, to set the first 1 byte of the pack header PC0 to all "1", and the remaining 2 it is for recording the second copyright protection information B (x) for any value as the sixth five byte pack information PC1~PC5 from th.
【0046】 [0046]
更に、本実施の形態では、サブコード領域23に記録される図4に示したフォーマットのサブコード信号のうち、6バイトのパックデータ領域46〜48のうち、1又は2以上のパックデータ領域の先頭の1バイトに著作権保護情報であることを示すオール”1”を配置し、残りの5バイトで第3の著作権保護情報A(x)を記録するものである。 Further, in the present embodiment, among the format sub-code signal shown in FIG. 4 to be recorded in the subcode area 23, of the 6 bytes of pack data areas 46 to 48, of one or more pack data area place all "1" indicating that the head of 1 byte is copyright protection information, and records the third copyright protection information a (x) in the remaining 5 bytes. ここで、第3の著作権保護情報A(x)は、第2の著作権保護情報B(x)と相補的な値となるように選定されており、よって、対応するビット同士を加算するとオール”1”となるように値が選定されている。 The third of the copyright protection information A (x) is chosen to be complementary value and the second copyright protection information B (x), thus, adding the corresponding bits with each other value so that all "1" is selected. なお、第2及び第3の著作権保護情報B(x)及びA(x)は、オリジナルソースフラグOFが”1”であるときのみ記録される。 Note that the second and third of the copyright protection information B (x) and A (x) is only recorded when the original source flag OF is "1".
【0047】 [0047]
図1に示したメインヘッダ発生器11は、上記のメインヘッダ領域33に記録される、第1の著作権保護情報を含むメインヘッダ情報を発生し、パック情報発生器13は、上記のデータ予備領域34及びサブコード領域23に記録される、第2及び第3の著作権保護情報を含む6バイトのパック情報を発生する。 The main header generator 11 shown in FIG. 1 are recorded in the main header area 33, the main header information including a first copyright protection information generated, packed information generator 13, the above data pre is recorded in the area 34 and the subcode area 23, it generates a 6-byte pack information including second and third copyright protection information. その後、前述したように、記録機構16により磁気テープに、図2のトラックフォーマットを形成して入力TSと共に記録される。 Thereafter, as described above, the magnetic tape by the recording mechanism 16, is recorded together with the input TS to form a track format in FIG.
【0048】 [0048]
上記の記録装置はメーカによるものであり、このようにして記録されたプリレコーデッドテープ(記録済み磁気テープ)のメインヘッダ格納領域33には、前記第1の著作権保護情報であるオリジナルソースフラグOFが”1”であるときは、CGMSは”11”として記録されている。 The above recording apparatus is due to the manufacturer, the original source flag in the main header storage area 33 of the thus recorded pre-recorded tape (recorded magnetic tape), which is the first copyright protection information when oF is "1", CGMS is recorded as "11".
【0049】 [0049]
この記録済み磁気テープをユーザがコピー(ダビング記録)する場合は、第1のD−VHS方式VTRで記録ディジタル信号を再生し、コピーによる品質劣化を避けるためにデコードする前の再生ディジタル信号(再生TSに再生CGMSが時分割された信号)を第2のD−VHS方式VTRに入力して、別の磁気テープに新たにD−VHSシステム準拠の図2に示したトラックフォーマットを形成してディジタル記録することとなる。 If this recorded magnetic tape user copy (dubbing), the first D-VHS system to reproduce the recorded digital signal by VTR, before playing the digital signal to be decoded in order to avoid quality deterioration due to copying (reproduction a signal) which is divided during reproduction CGMS is the TS is input to the second D-VHS system VTR, digital form the track format shown in FIG. 2 of the new D-VHS system conforms to another of the magnetic tape so that the record.
【0050】 [0050]
しかし、ユーザが使用できる第2のD−VHS方式VTRでは、再生ディジタル信号中のWMはトランスポートストリーム(TS)に埋め込まれているのでそのままコピー記録されるが、前記メインヘッダ領域33、データ予備領域34及びサブコード領域23の記録情報をそのままコピー記録できない仕様となっており、第2、第3の著作権保護情報B(x)及びA(x)は出力されないし、一般用D−VHS方式VTRでは記録もできない。 However, in the second D-VHS system VTR available to a user, WM playing digital signal is directly copied recorded because they are embedded in the transport stream (TS), the main header area 33, data pre the recording information area 34 and the sub code area 23 has as a specification that can not be copied recording, second, third copyright protection information B (x) and a (x) is to not output, generally a D-VHS method can not be recorded in the VTR.
【0051】 [0051]
ただし、メインヘッダ領域33のコピー世代コントロール信号(CGMS)だけは、民生用VTRでコピー記録できるようになされているが、民生用VTRは入力されたコピー世代コントロール信号(CGMS)の値が”11”であるときは記録できず、また”10”のときには”11”に変更して記録できるような仕様となっている。 However, only the copy generation control signal of the main header area 33 (CGMS) is are adapted to be copied record in consumer VTR, consumer VTR is the value of the copy generation control signal input (CGMS) "11 "can not be recorded when a and" "when the" 10 has a specification that can be recorded by changing the 11 ".
【0052】 [0052]
従って、ユーザが上記の記録済み磁気テープを第1のD−VHS方式VTRで再生し、その再生ディジタル信号を第2のD−VHS方式VTRに入力してコピー記録しようとした場合は、メインヘッダ領域33からの再生コピー世代コントロール信号(CGMS)の値が”11”であるので、本来は記録自体ができず、コピー記録を防止できる。 Therefore, when the user reproduces the above recorded magnetic tape at a first D-VHS system VTR, tried to enter copy recording the reproduced digital signal to a second D-VHS system VTR, the main header since the value of the reproduced copy generation control signal (CGMS) from the region 33 is "11", originally it can not record itself, can prevent copying recording.
【0053】 [0053]
しかし、再生入力コピー世代コントロール信号(CGMS)の値が”11”であっても、それを”00”や”10”に変更して記録できるようにユーザが第2のD−VHS方式VTRを改造し、かつ、第2及び第3の著作権保護情報B(x)及びA(x)が解読された場合は、コピー記録できてしまう。 However, even the value of the playback input copy generation control signal (CGMS) is "11", a user second D-VHS system VTR can be recorded by changing it to "00" and "10" remodeled, and if the second and third of the copyright protection information B (x) and a (x) is decrypted, she can copy recording. ただし、この場合でも、コピー記録された磁気テープの記録情報を再生したときに、再生TS中に埋め込まれているWM中のCGMSビットを”11”に設定しておくことにより、後述する如く再生できないようにすることができるので、結果としてコピー記録を防止できる。 However, even in this case, when reproducing the recorded information of the magnetic tape copied recorded, by setting to "11" CGMS bits in WM embedded during playback TS, as described later playback it is possible to be not so, it is possible to prevent the copying recorded as a result.
【0054】 [0054]
また、この実施の形態では、CGMSの値が1回コピー可を示す”10”である磁気テープでは、前記オリジナルソースフラグOFの値は”0”であり、それをコピー記録した場合はCGMSの値はコピー禁止を示す”11”に変更して記録されるが、オリジナルソースフラグOFの値は”0”のまま記録される。 Further, in this embodiment, the magnetic tape the value of CGMS is "10" indicating copy permission once, the value of the original source flag OF is "0", the CGMS if it was copied recorded the value is recorded by changing to "11" indicating copy prohibition, the value of the original source flag oF is recorded remains "0". オリジナルソースフラグOFは、ユーザが有する一般民生用VTRでは常に”0”を記録するようになされているからである。 Original Source Flag OF is because users have been made to record always "0" in the general consumer VTR having the. 従って、オリジナルソースを不正にコピー記録した場合、そのコピー記録磁気テープには、オリジナルソースフラグOFの値は”0”で記録される。 Accordingly, if illegally copied recording original source, the copy magnetic recording tape, the value of the original source flag OF is recorded by "0".
【0055】 [0055]
一方、当初よりコピー禁止であるオリジナルソースの磁気テープでは、前述したように、CGMSの値は”11”で、かつ、オリジナルソースフラグOFの値は”1”であるから、再生しようとする磁気テープが、当初よりコピー禁止であるオリジナルソースなのか、1回コピーしたためにコピー禁止となったソースであるかが、再生されたオリジナルソースフラグOF及びコピー世代コントロール信号CGMSに基づいて、識別できる。 On the other hand, the original source of the magnetic tape is copy prohibited from the beginning, as described above, the value of CGMS is "11", and, since the original value of the source flag OF is "1", a magnetic to be reproduced tape, or the original sources of a copy-prohibited from the beginning, whether the source of a copying prohibition to the copied once, based on the original source flag oF is reproduced and copy generation control signal CGMS, can be identified.
【0056】 [0056]
このため、当初よりコピー禁止であるオリジナルソースでは、前記著作権保護情報B(x)及びA(x)による特別のコピーガードを掛けることが可能となるばかりでなく、課金情報等の情報もソースに付随して伝送することが可能となり、個別課金が可能なシステムを構築できる。 Therefore, the original source is copy-prohibited from the beginning, the copyright protection information B (x) and A (x) by not only making it possible to apply a special copy protection, also the source information, such as billing information it is possible to transmit in association with, a system can be constructed which can be individually charged.
【0057】 [0057]
図7は本発明になる記録装置の第2の実施の形態のブロック図を示す。 Figure 7 shows a block diagram of a second embodiment of a recording apparatus according to the present invention. 同図中、図1と同一構成部分には同一符号を付し、その説明を省略する。 In the figure, the same reference numerals are given to the same components as FIG. 1, the description thereof is omitted. 図7において、画像信号及び音声信号がMPEG2方式により圧縮符号化されてなり、かつ、情報中にウォータマーク(WM)が公知の方法で挿入されたMPEGトランスポートストリーム(TS)が端子10を介して媒体認証信号付加回路17に供給され、ここでパック情報発生器18からの暗号化された第2の著作権保護情報が付加される。 7, the image signal and the audio signal is compressed and encoded by the MPEG2 system, and, MPEG transport stream watermark (WM) has been inserted in a known manner into the information (TS) is via the terminal 10 Te is supplied to the medium authentication signal adding circuit 17, wherein the second copyright protection information encrypted from the pack information generator 18 are added.
【0058】 [0058]
一方、正規の再生装置のみが有するマスタキー(マスタ鍵)が暗号鍵としてキー暗号化回路20に供給され、ここで端子10を介して入力される映像情報のソース毎に定められたタイトルキーを暗号化する。 Meanwhile, the master key that only authorized reproducing apparatus has (master key) is supplied to the key encrypting circuit 20 as an encryption key, wherein the encryption title key determined for each source of video information inputted through the terminal 10 the reduction. 暗号化されたタイトルキーは、タイトルキーを生成するための情報としてパック情報発生器18に供給されて、演算により前記タイトルキーを復元できる特定の関係にある値にそれぞれ設定された第2の著作権保護情報B(x)と第3の著作権保護情報A(x)を生成させる。 The encrypted title key is supplied in the pack information generator 18 as information for generating a title key, a second work that is set to the value in a specific relationship that can restore the title key by computing Kwon protection information B (x) and to produce a third of the copyright protection information a (x). すなわち、第2の著作権保護情報B(x)と第3の著作権保護情報A(x)は、前記実施の形態のように互いに相補的な値に必ずしもなるわけではなく、スクランブルキーとなるような特定な関係の値に設定される。 That is, the second copyright protection information B (x) and third copyright protection information A (x) is not necessarily be mutually complementary values ​​as of the embodiment, a scramble key It is set to the value of a particular relationship like.
【0059】 [0059]
この暗号化された第2の著作権保護情報B(x)は上記のように媒体認証信号付加回路17に供給されて入力TSに付加される。 The encrypted second copyright protection information B (x) is added to the input TS is supplied to the medium authentication signal adding circuit 17 as described above. この第2の著作権保護情報B(x)の入力TS中の付加位置としては、例えばMPEG2トランスポートストリームの188バイトのトランスポートパケットの、アダプテーションフィールド内にあるオプショナルフィールドのプライベートデータ記録領域がある。 As the adding position in the input TS of the second copyright protection information B (x), for example, the transport packets of 188-byte MPEG2 transport stream, there is a private data recording area of ​​the optional field within the adaptation field .
【0060】 [0060]
媒体認証信号付加回路17から取り出された、第2の著作権保護情報B(x)が付加されたTSは暗号化回路19に供給され、ここでスクランブルキーであるタイトルキーに基づいて第2の著作権保護情報B(x)を除くTS部分のみが暗号化された後、エンコーダ14にパック情報発生器18からの第3の著作権保護情報A(x)を含むパック情報及びメインヘッダ発生器11からの第1の著作権保護情報OF及びCGMSを含むメインヘッダ情報とともに入力される。 Retrieved from medium authentication signal adding circuit 17, the TS of the second copyright protection information B (x) is added is supplied to the encryption circuit 19, the second on the basis of where the title key is scrambled key after only TS portion except for the copyright protection information B (x) is encrypted, the pack information, and the main header generator comprises a third of the copyright protection information a (x) from the pack information generator 18 to the encoder 14 It is input with the main header information including a first copyright protection information oF and CGMS from 11.
【0061】 [0061]
この実施の形態では、第1の著作権保護情報OF及びCGMSは第1の実施の形態と同様に、図5に示したメインヘッダ領域の所定位置に記録され、またオリジナルソースフラグOFが”1”であるときは第3の著作権保護情報A(x)も第1の実施の形態と同様にサブコード領域23に記録されるが、第2の著作権保護情報B(x)はTS内に埋め込まれて記録されることとなる。 In this embodiment, the first copyright protection information OF and CGMS, as in the first embodiment, recorded in a predetermined position of the main header area shown in FIG. 5, also the original source flag OF is "1 when a "is recorded in the third of the copyright protection information a (x) is also the first embodiment similarly to the subcode area 23, the second copyright protection information B (x) is the TS embedded in it so that the recorded.
【0062】 [0062]
この実施の形態で記録したディジタル信号の再生にあたっては、正規のユーザが使用する再生装置では記録側と同一のマスタキーの格納メモリを有しており、第2の著作権保護情報B(x)と第3の著作権保護情報A(x)とで所定の演算を行うことでタイトルキーを復元するための情報を生成し、この情報を上記のマスタキーを用いて復号することによりタイトルキーを復元し、更にこのタイトルキーを復号鍵として使用して、暗号化されている再生映像情報を復号(デスクランブル)できる。 In reproduction of the digital signal recorded in this embodiment, the playback device authorized user uses has a memory storing the same master key and the recording side, the second copyright protection information B (x) It generates information for restoring the title key by performing a predetermined calculation out with third copyright protection information a (x), the information to restore the title key by decoding using the above master key further using this title key as a decryption key, you can decrypt the reproduced video information that has been encrypted (descrambling).
【0063】 [0063]
従って、本実施の形態では、第1の実施の形態に比べてより一層コピーの防止ができる。 Thus, in this embodiment, more can prevent the copying more than the first embodiment. なお、この実施の形態では、タイトルキーを暗号鍵として暗号化を行う暗号化回路19では第2の著作権保護情報B(x)の暗号化をしていないが、暗号化することも可能である。 In this embodiment, no encryption of the encryption circuit in 19 second copyright protection information B (x) for encrypting the title key as the encryption key, but it is also possible to encrypt is there.
【0064】 [0064]
このようにしてメーカにより記録された記録済み磁気テープを、ユーザがコピー記録しようとした場合は、メインヘッダ領域33からの再生コピー世代コントロール信号(CGMS)の値が”11”であるので、本来は記録自体ができず、コピー記録を防止できる。 The thus recorded magnetic tape recorded by the manufacturer and, if the user attempts to copy recording, the value of the reproduced copy generation control signal from the main header area 33 (CGMS) is "11", the original It can not record itself, can prevent copying recording.
【0065】 [0065]
しかし、入力コピー世代コントロール信号(CGMS)の値が”11”であっても、それを”00”や”10”に変更して記録できるようにユーザが第2のD−VHS方式VTRを改造し、かつ、第2及び第3の著作権保護情報B(x)及びA(x)が解読された場合は、コピー記録できてしまう。 However, even with a value of "11" input copy generation control signal (CGMS), the user can be recorded by changing it to "00" or "10" remodeled second D-VHS system VTR and, and, if the second and third of the copyright protection information B (x) and a (x) is decrypted, she can copy recording. ただし、この場合でも、メインヘッダ領域33及びサブコード領域23の記録情報をそのままコピー記録できないので、オリジナルソースフラグOFの値は”0”で記録され、また、第2の著作権保護情報B(x)とウォータマークWMはTS内に埋め込まれてそのまま記録されるので、OFとTS内のWMによりコピー防止は可能である。 However, even in this case, can not be copied record information is recorded in the main header area 33 and the sub-code area 23, the value of the original source flag OF is recorded at "0", and the second copyright protection information B ( since x) and the watermark WM is directly recorded embedded in TS, copy protection by WM in oF and TS are possible.
【0066】 [0066]
次に、本発明により記録された磁気テープの再生側の動作について図8のフローチャートと共に説明する。 Next, by referring to the flow chart of FIG. 8 for the reproducing side of the operation of the magnetic tape recorded by the present invention. 再生装置は、上記の第2の実施の形態により記録された記録済み磁気テープから再生したディジタル信号をD−VHS(登録商標)方式のデコーダで復号し(暗号の解読は正規になされており、またA(x)とB(x)は互いに相補的な値関係にあるものとする)、メインヘッダ領域の再生信号から図5に示した前記オリジナルソースフラグOFとCGMSの値を読み取り(ステップ101)、CGMSの値が”11”かどうか判定し(ステップ102)、”11”であるときはオリジナルソースフラグOFが”1”であるかどうか判定する(ステップ103)。 Reproducing apparatus, decoding of decoding the digital signal reproduced from the recorded magnetic tape recorded by the above-described second embodiment in decoder D-VHS (registered trademark) method (encryption is done in normal, and shall a (x) and B (x) have a complementary value relation to each other), the reading of the original source flag oF and the value of CGMS shown in FIG. 5 from the reproduction signal of the main header region (step 101 ), the value of CGMS is "11" if it is determined whether (step 102), when "11" is determines whether the original source flag oF is "1" (step 103).
【0067】 [0067]
CGMSが”11”で、かつ、OFが”1”であるときは記録媒体がオリジナルソースであるので、続いてTS中の所定位置から第2の著作権保護情報B(x)を読み取り、また、サブコード領域23から再生した計6バイトのパック情報のうち、パックヘッダがオール”1”であるパック情報を検出して、残りの5バイトのパック情報から第3の著作権保護情報A(x)を読み取る(ステップ104)。 CGMS is "11", and, since when the OF is "1" in the recording medium is the original source, read followed by a predetermined position in the TS second copyright protection information B (x), also of the six bytes of the pack information reproduced from the subcode area 23, it detects the pack information pack header is all "1", the remaining five bytes of the pack information third copyright protection information a ( reading x) (step 104).
【0068】 [0068]
続いて、ステップ103で読み取った著作権保護情報A(x)及びB(x)の値が存在するかどうか判定し(ステップ105、106)、存在する場合は両著作権保護情報A(x)及びB(x)を対応するビット同士で加算し、その加算値が”1”であるかどうか判定する(ステップ107)。 Subsequently, it is judged whether the value of the copyright protection information A read in step 103 (x) and B (x) is present (step 105), if present both copyright protection information A (x) and adding B (x) with the corresponding bits with each other, it determines whether the added value is "1" (step 107). 前述したように、第2の著作権保護情報B(x)と第3の著作権保護情報A(x)とは、それぞれ対応するビットの値が異なるようになされて記録されているので、正規のオリジナルソースの磁気テープの再生信号であれば、上記の加算値は”1”となるはずであるので、加算値が”1”のときは正規のオリジナルソースの再生信号であると判断してデコーダに再生を行わせ、再生出力を得る(ステップ108)。 As described above, the second copyright protection information B (x) and the third of the copyright protection information A (x), respectively the value of the corresponding bit is recorded is made to be different, normal if the magnetic tape original source of the reproduced signal, the above-mentioned added value should be a "1", it is determined that when the addition value is "1" which is a reproduction signal of the normal original source of decoder to perform the reproduction, reproduction output (step 108).
【0069】 [0069]
一方、著作権保護情報A(x)及びB(x)のうち、少なくとも一方の値が存在しない場合、あるいは両方の値が存在していても著作権保護情報A(x)及びB(x)の対応するビット同士の加算値が”0”であるときは、オリジナルソースの磁気テープの再生信号ではないと判断して、再生出力が得られないようにする(ステップ109)。 On the other hand, the copyright protection information A (x) and B of the (x), at least one of the case where the value does not exist, or both even if the value is present copyright protection information A (x) and B (x) when the sum of the corresponding bit to each other is "0", it is determined that not the magnetic tape of the reproduction signal of the original source, so that the reproduction output can not be obtained (step 109).
【0070】 [0070]
また、ステップ103でオリジナルソースフラグOFが”0”であると判定したときは、CGMSの値が”11”であるにもかかわらず、改造VTRにより不正にコピー記録された可能性のある磁気テープからの再生ディジタル信号であり、オリジナルソースではない可能性があると判断して、続いて、再生TS中の所定位置から第2の著作権保護情報B(x)を読み取り(ステップ110)、第2の著作権保護情報B(x)の値が存在するかどうか判定する(ステップ111)。 The magnetic tape when the original source flag OF is determined to be a "0" in the step 103, the value of CGMS is "11" in spite of the, which may have been illegally copied recording by remodeling VTR a reproduced digital signal from, it is determined that there may not be the original source, followed by the second copyright protection information B from the predetermined position in the playing TS (x) is read (step 110), the It determines whether the value of the second copyright protection information B (x) is present (step 111).
【0071】 [0071]
前述したように、オリジナルソースを不正にコピー記録した場合、そのコピー記録磁気テープには、オリジナルソースフラグOFの値は”0”で記録され、また、第2の著作権保護情報B(x)とウォータマークWMはTS内に埋め込まれてそのまま記録されるので、オリジナルソースフラグOFの値が”0”で、かつ、第2の著作権保護情報B(x)が存在するときには、不正にコピー記録した磁気テープであると判断して再生を中止する(ステップ109)。 As described above, when the illegally copied record the original source, the copy magnetic recording tape, the value of the original source flag OF is recorded at "0", and the second copyright protection information B (x) since the watermark WM is directly recorded embedded in the TS and, in the value of the original source flag oF is "0", and, when the second copyright protection information B (x) is present, illegally copied it is determined that the recorded magnetic tape to stop the playback (step 109).
【0072】 [0072]
一方、ステップ111で第2の著作権保護情報B(x)が存在しないと判定されたときは、オリジナルソースを不正にコピー記録した磁気テープの再生信号ではなく、例えば1回コピー可の条件で記録した磁気テープの再生信号であると判断し、再生を継続し(ステップ112)、次フェーズ117のTS中に埋め込まれているWMの判定処理を行う。 On the other hand, in step 111 when the second copyright protection information B (x) is determined not to exist, instead of the magnetic tape reproduction signal illegally copied recording original source, for example, a single copy permission conditions determines that the reproduced signal of the recorded magnetic tape, and continues to play (step 112), it performs the determination process of the WM are embedded in the TS next phase 117. すなわち、ステップ112で再生を継続する場合、あるいはステップ102でCGMSの値が“11”以外のコピーを許容する値であると判定されたときには、再生TS中のウォータマークWMを読み取り(ステップ113)、WMの読み取り値が“11”であるかどうか判定する(ステップ114)。 That is, when the continued reproduction in step 112, or when the value of CGMS in step 102 is determined to be a value that permits copying other than "11", reads the watermark WM being reproduced TS (step 113) determines whether reading of WM is "11" (step 114).
【0073】 [0073]
WMの読み取り値が“11”であるときは本来コピー記録されるディジタル信号ではないと判断して再生を停止し(ステップ115)、WMの読み取り値が“11”以外の値であるときはコピー記録が許容されているディジタル信号ではあると判断して再生を行う(ステップ116)。 Copy when reading WM is "11" when a is judged not to be the digital signal is originally copy recorder to stop playing (step 115), reading WM is a value other than "11" It determines that there is a digital signal recording is allowed to perform playback (step 116).
【0074】 [0074]
なお、仮にオリジナルソースから不正にコピー記録した磁気テープには、ユーザがコピーに使用したVTRにはオリジナルソースからは第3の著作権保護情報A(x)は出力されないし、一般用のD−VHS方式のVTRでは記録もできない。 Incidentally, if the magnetic tape has been illegally copied recording from the original source, the user to from the original source is the VTR used for copy no third copyright protection information A (x) is output, the general use of D- in the VTR of the VHS system it can not be recorded. 従って、いくらコピーをしてもステップ105によりA(x)が存在しないと判断されるため、再生することはできない。 Accordingly, since the A (x) is determined not to exist by even steps 105 to a much copy, it can not be reproduced. このように、本実施の形態では、オリジナルソースから不正にコピー記録した磁気テープを再生しても、再生画像が得られないため、結果として不正なコピー記録を防止することができる。 Thus, in the present embodiment, even when reproducing the magnetic tape illegally copied recording from the original source, since the reproduction image is not obtained, it is possible to prevent unauthorized copying recorded as a result.
【0075】 [0075]
次に、本発明の記録装置の第3の実施の形態について説明する。 Next, a description will be given of a third embodiment of the recording apparatus of the present invention. 図9は本発明になる記録装置の第3の実施の形態のブロック図を示す。 Figure 9 shows a block diagram of a third embodiment of a recording apparatus according to the present invention. 同図中、図7と同一構成部分には同一符号を付し、その説明を省略する。 In the figure, the same reference numerals are given to the same components as in FIG. 7, a description thereof will be omitted. 図9において、端子51を介して入力された、オリジナルソースのアナログ映像信号は、A/D変換器52に供給されてディジタル信号に変換された後、ウォータマーク付加回路53に供給され、ここで記録制限情報を有するウォータマークが付加される。 9, which is input through the terminal 51, the analog video signal of the original source is converted into a digital signal is supplied to the A / D converter 52 is supplied to the watermark adding circuit 53, where watermark having a recording restriction information is added.
【0076】 [0076]
MPEGエンコーダ54は、上記のウォータマークが付加されたディジタル信号を入力として受け、MPEG方式に準拠した圧縮符号化を行ってTSを生成して暗号化回路55に供給し、ここでアナログ映像信号のソース毎に定められたタイトルキーを暗号鍵として暗号化される。 MPEG encoder 54 receives a digital signal from which the watermark is added as an input, and generates a TS is supplied to the encryption circuit 55 performs compression coding according to the MPEG method, wherein the analog video signal the title key that has been determined for each source is encrypted as an encryption key.
【0077】 [0077]
一方、パック情報発生器56は、キー暗号化回路20においてマスタキーを暗号鍵として暗号化されたタイトルキーが入力され、ここで演算によりタイトルキーを復元できる特定の関係にある値にそれぞれ設定された第2の著作権保護情報B(x)と第3の著作権保護情報A(x)を生成する点は第2の実施の形態のパック情報発生器18と同様であるが、このパック情報発生器56は、上記の2つの著作権保護情報B(x)及びA(x)の両方を含むパック情報を生成してエンコーダ14へ出力する点が異なる。 On the other hand, the pack information generator 56, the key encrypting circuit 20 is input encrypted title key master key as the encryption key, which is set to the value in a specific relationship that can restore the title key by calculation where Although the second copyright protection information B (x) and the third of the copyright protection information except a a (x) is the same as the pack information generator 18 of the second embodiment, the pack information generating vessel 56 that generates and outputs pack information including both of the above two copyright protection information B (x) and a (x) to the encoder 14 is different.
【0078】 [0078]
エンコーダ14は、メインヘッダ発生器11からの第1の著作権保護情報OF及びCGMSを含むメインヘッダ情報と、パック情報発生器56からの第1及び第2の著作権保護情報B(x)及びA(x)の両方を含むパック情報を、暗号化回路55から入力されたTSと共に、D−VHS(登録商標)方式所定のフォーマットに変換する。 The encoder 14 includes a main header information including a first copyright protection information OF and CGMS from the main header generator 11, first and second copyright protection information B from the pack information generator 56 (x) and the pack information including both a (x), TS with input from the encryption circuit 55, converted to D-VHS (registered trademark) method prescribed format.
【0079】 [0079]
この実施の形態では、第1の著作権保護情報OF及びCGMSは第1及び第2の実施の形態と同様に、図5に示したメインヘッダ領域の所定位置に記録され、またオリジナルソースフラグOFが“1”であるときは第2の著作権保護情報B(x)が図3に示したデータ予備領域34に記録され、第3の著作権保護情報A(x)が第1及び第2の実施の形態と同様に、図2に示したサブコード領域23に記録されることとなる。 In this embodiment, the first copyright protection information OF and CGMS are similar to the first and second embodiments, is recorded in a predetermined position of the main header area shown in FIG. 5, also the original source flag OF when is a "1" is recorded in the data reserved area 34 where the second copyright protection information B (x) is shown in FIG. 3, a third of the copyright protection information a (x) is the first and second similar to the embodiment, and thus is recorded in the sub code area 23 shown in FIG. また、この実施の形態では、オリジナルソースフラグOFが“1”であるプリレコーデッドテープ(オリジナルソース)の記録ディジタル信号は、暗号化されて記録される点に特徴がある。 Further, in this embodiment, the recording digital signal prerecorded tape (original source) Original source flag OF is "1", it is characterized in that the recorded encrypted. 従って、オリジナルソースフラグOFは、“1”のとき記録ディジタル信号が暗号化されており、“0”のとき暗号化されていないことを示すフラグとして再生装置で用いられる。 Thus, the original source flag OF is, "1" recorded digital signal when it is encrypted, used in reproduction apparatus as a flag to indicate that unencrypted when it is "0".
【0080】 [0080]
次に、この記録装置により記録されたプリレコーデッドテープ(オリジナルソース)の再生装置の構成及び動作について説明する。 Next, the configuration and operation of the reproducing apparatus of the prerecorded tapes recorded by the recording apparatus (the original source). なお、図9の記録装置は、図1や図7に示した記録装置と同様にメーカにより使用されるものであるのに対し、再生装置はユーザにより使用されるものである。 The recording apparatus of Figure 9, while those used by the manufacturer as well as the recording apparatus shown in FIGS. 1 and 7, the playback device is intended to be used by the user.
【0081】 [0081]
図10は図9の記録装置により記録された記録媒体を再生する、本発明になる情報再生装置の第1の実施の形態のブロック図を示す。 Figure 10 reproduces the recording medium recorded by the recording apparatus of FIG. 9 shows a block diagram of a first embodiment of the information reproducing apparatus according to the present invention. 図10において、再生機構61は前述した記録機構16と同様の周知の構成であり、回転体の回転面に対向して取り付けられた2個の回転ヘッドと、上記の回転体に所定角度範囲にわたって巻回されつつ一定速度で走行する磁気テープ上に形成されたディジタル信号記録トラックを、上記の回転ヘッドが走査することにより得られる上記の回転ヘッドからの再生信号を次段に伝送するロータリートランスなどからなる。 10, reproducing mechanism 61 has the same well-known configuration as a recording mechanism 16 described above, and two rotary heads mounted opposite to the rotating surface of the rotating member over a predetermined angular range in the rotating body of the the digital signal recording track formed on the magnetic tape runs at a constant speed while being wound, the reproduced signal from said rotary head obtained by the above rotary head scans such as a rotary transformer for transmitting to the next stage consisting of.
【0082】 [0082]
再生機構61により磁気テープから再生された再生信号は、ヘッドアンプ62で前置増幅された後、再生処理回路63で所定の再生信号処理を受けて、暗号解読回路64、パック情報デコーダ65及びOF検出回路67にそれぞれ供給される。 Reproduction signal reproduced from the magnetic tape by a reproducing mechanism 61, after being pre-amplified by a head amplifier 62, receives the predetermined reproduced signal processed by the reproduction processing circuit 63, decryption circuit 64, the pack information decoder 65 and OF It is supplied to the detection circuit 67. パック情報デコーダ65は、オリジナルソースのプリレコーデッドテープの入力再生信号中の所定位置に含まれている第2の著作権保護情報B(x)と第3の著作権保護情報A(x)をデコードして再生し、これらをキー生成回路66に供給する。 Pack information decoder 65, the second copyright protection information B contained in the predetermined position in the input reproduced signal of the pre-recorded tapes of the original source (x) and the third of the copyright protection information A (x) It decodes reproduced, and supplies them to the key generating circuit 66.
【0083】 [0083]
キー生成回路66は、正規のユーザが使用する再生装置では記録側と同一のマスタキーを記憶しており、パック情報デコーダ65から入力された著作権保護情報B(x)及びA(x)とで所定の演算を行うことでタイトルキーを復元するための情報を生成し、更にこの情報を上記のマスタキーを用いて復号することによりタイトルキーを復元して暗号解読回路64に供給する。 Key generation circuit 66, the reproducing apparatus legitimate users to use the stores the same master key and a recording side, out with the pack information copyright protection information has been input from the decoder 65 B (x) and A (x) generates information for restoring the title key by performing a predetermined calculation, further supplies this information to the decryption circuit 64 to restore the title key by decoding using the above master key. 暗号解読回路64は、入力再生信号を、キー生成回路66から入力されるタイトルキーを復号鍵として使用して、暗号化されている再生信号を復号(デスクランブル)する。 Decryption circuit 64, an input reproduced signal, by using the title key input from the key generating circuit 66 as the decryption key to decode the reproduced signal that has been encrypted (descrambling).
【0084】 [0084]
暗号解読回路64から取り出された再生信号は、正規にオリジナルソースのプリレコーデッドテープから再生された場合は、図9の暗号化回路55の入力信号と同等の圧縮符号化データであり、MPEGデコーダ68に供給されて、MPEG方式に準拠して復号されて再生映像信号とされて再生制御回路70に供給される。 Reproduction signal extracted from the decryption circuit 64, when it is reproduced from the original source prerecorded tape to a normal, an input signal equivalent to compressed data of the encryption circuit 55 of FIG. 9, MPEG decoder 68 is supplied to and supplied to the reproduction control circuit 70 is a reproduced video signal is decoded according to the MPEG scheme.
【0085】 [0085]
また、MPEGデコーダ68の一部から取り出されたデコード信号は、ウォータマーク検出回路69に供給され、ここでウォータマーク(WM)が検出され、その検出結果が再生制御回路70に入力される。 Further, the decode signals extracted from a part of the MPEG decoder 68 is supplied to the watermark detection circuit 69, wherein the watermark (WM) is detected, the detection result is input to the reproduction control circuit 70. 一方、これと並行して、OF検出回路67は入力再生信号中から前記第1の著作権保護情報OFを検出し、その検出結果を再生制御回路70へ出力する。 In parallel with this, OF detecting circuit 67 detects the from the input reproduced signal first copyright protection information OF, and outputs the detection result to the playback control circuit 70.
【0086】 [0086]
再生制御回路70は、上記の2つの検出結果を受け、図11のフローチャートに従って、MPEGデコーダ68から出力された復号データを再生するか再生中止するかの制御を行う。 Reproduction control circuit 70 receives the two detection results described above, according to the flowchart of FIG. 11 is performed whether the control either playback stop reproducing the decoded data output from the MPEG decoder 68. すなわち、再生制御回路70は、ウォータマーク検出回路69からウォータマーク検出結果を受けたかどうか判定し(ステップ201)、ウォータマーク検出結果が入力された場合は、検出されたWM内の記録制限情報であるCGMSの値が“11”かどうか判定する(ステップ202)。 That is, the reproduction control circuit 70, a watermark detection circuit 69 determines whether it has received a watermark detection result (step 201), if the watermark detection result is inputted, the recording restriction information in the detected WM It determines whether the value of the CGMS is "11" (step 202).
【0087】 [0087]
ステップ202でCGMSの値が“11”であると判定した場合は、オリジナルソースフラグOFの値が“1”であるかどうか判定する(ステップ203)。 If the value of CGMS is determined to be "11" in the step 202, it is determined whether the value of the original source flag OF is "1" (step 203). 前述したように、コピー禁止であるプリレコーデッドテープ(オリジナルソース)では、オリジナルソースフラグOFが”1”であり、このとき第1の著作権保護情報CGMSとWM内のCGMSは共に必ず”11”とされている。 As described above, in a copy inhibited prerecorded tape (original source), is the original source flag OF is "1", this time the first copyright protection information CGMS and CGMS in WM always both "11 there is a ". 従って、ステップ202でWM内のCGMSの値が“11”であり、かつ、ステップ203でオリジナルソースフラグOFが”1”であると判定されたときには、コピー禁止であるプリレコーデッドテープ(オリジナルソース)であり、それが正規に再生されたものであると判断でき、よって、この場合は再生制御回路70は再生可と判断して、MPEGデコーダ68から入力された復号データをD/A変換器71へ出力させる(ステップ204)。 Therefore, the value of the CGMS in the WM is "11" in the step 202, and, when the original source flag OF is determined to be "1" in the step 203, a copy prohibition prerecorded tape (original source ), and it can be determined that those played in normal, therefore, this case is the reproduction control circuit 70 determines that reproducible, D / a converter the decoded data inputted from the MPEG decoder 68 It is output to the 71 (step 204). D/A変換器71により復号データがアナログ映像信号に変換されて出力される。 The decoded data by the D / A converter 71 is output after being converted into an analog video signal.
【0088】 [0088]
一方、ステップ203でオリジナルソースフラグOFが”1”でない(“0”である)と判定されたときには、入力再生信号がコピーされたレコーデッドテープからの信号であると判断でき、よって、この場合は再生制御回路70は再生不可と判断して、MPEGデコーダ68から入力された復号データのD/A変換器71への出力を禁止する(ステップ205)。 On the other hand, when the original source flag OF is determined as "1" not ( "0") in step 203, it can be determined that the input reproduced signal is from-recorded tape copied, therefore, this case the reproduction control circuit 70 determines that the irreproducible, prohibits an output to the D / a converter 71 of the decoded data input from the MPEG decoder 68 (step 205). これにより、再生映像信号が得られず、コピーを実質的に防止できる。 Thus, the reproduced video signal can not be obtained, it can be substantially prevent copying.
【0089】 [0089]
なお、仮に、著作権保護情報B(x)及びA(x)が解読されて暗号解読がなされたとしても、ステップ201でウォータマークを検出した検出結果が入力されない場合、あるいはステップ202でWM内のCGMSの値が“11”以外の値であるときには、図8のステップ101に進み、前述した図8のフローチャートに従った再生処理を行う(ステップ206)。 Incidentally, if the copyright protection information B (x) and A (x) is decrypted as decryption is performed, if the detection result of detecting the watermark in step 201 is not entered, or the WM in step 202 when the value of CGMS is a value other than "11", the process proceeds to step 101 in FIG. 8, it performs the reproduction process according to the flowchart of FIG. 8 described above (step 206). この場合は、B(x)が存在するので、再生を不可とすることができる。 In this case, since the B (x) is present, it can be impossible to play.
【0090】 [0090]
ここで、プリレコーデッドテープ(オリジナルソース)の再生ディジタル信号を例えば、エンコーダ付きD−VHS方式の記録装置などによりアナログ信号に変換してから、ディジタル信号として磁気テープに記録する場合(カジュアルコピーする場合)、通常はマクロビジョン信号、映像信号の垂直ブランキング期間にCGMSビットを挿入したC−GMSAやウォータマークなどで記録制限されるのが通常であるが、マクロビジョン信号やC−GMSAを除去すれば記録可能となる。 Here, the reproduced digital signal of the pre-recorded tape (original source) for example, convert the recording device the analog signal due to the D-VHS system with encoders, which if (copy casual to be recorded on the magnetic tape as a digital signal If), usually Macrovision signal, but it is usually being such recording limit C-GMSA and watermark inserting a CGMS bit in the vertical blanking interval of the video signal, removes the Macrovision signal and C-GMSA recordable become if.
【0091】 [0091]
そして、その記録媒体を再生した場合は、第2の著作権保護情報B(x)が存在しなくなり、オリジナルソースフラグOFが”0”として記録されるので(通常のD−VHS方式のVTRでは、前述したように、OFはコピーできず、コピーしたディジタル信号記録テープを再生すると、OFは必ず“0”で出力される)、タイトルキーを復元できない。 Then, the case where the recording medium is reproduced, the second copyright protection information B (x) is not present, the so original source flag OF is recorded as "0" (normal D-VHS system VTR as described above, oF can not be copied, when reproducing digital signal recording tape copied, oF is output always "0"), it can not be recovered title key. 従って、暗号解読ができず、再生信号の復号ができないし、仮に、著作権保護情報B(x)及びA(x)が解読されたとしても、ステップ203からステップ205に進み、再生不可とすることができる。 Thus, unable to decrypt It can not decode the reproduction signal, even if the copyright protection information B (x) and A (x) is decoded, the process proceeds from step 203 to step 205, and irreproducible be able to.
【0092】 [0092]
なお、組織的パイラシーによる不正コピーでは、オリジナルソースフラグOFを”1”にして記録することが可能であったとしても、キー生成回路66は、正規のユーザが使用する再生装置でない限り、記録側と同一のマスタキーを記憶しておらず、また、アナログ信号に変換してから、ユーザが通常のD−VHS方式のVTRを使用してディジタル信号として磁気テープに記録し、それを再生した場合は、著作権保護情報B(x)及びA(x)が存在しないので、タイトルキーを復元できないため、暗号解読回路64により暗号化されている再生信号を復号(デスクランブル)することができない。 In the illegal copying by organized piracy, even it was possible to record to "1" to the original source flag OF, key generation circuit 66, as long as normal users not reproducing apparatus used, a recording-side not store the same master key and, also, after converting an analog signal, the user is recorded on the magnetic tape as a digital signal using a VTR of the conventional D-VHS system, if you play it since copyright protection information B (x) and a (x) is not present, can not restore the title key can not decrypt the reproduced signal that has been encrypted by decryption circuit 64 (descrambling). 従って、ウォータマークも正常にデコードすることができず、この再生装置で再生することができない。 Therefore, the watermark may not be able to decode successfully, it can not be reproduced by the reproducing apparatus.
【0093】 [0093]
なお、この実施の形態によれば、プリレコーデッド媒体(オリジナルソース)に記録されているディジタル信号を、アナログ信号に変換せずに、直接にディジタル信号形態で別の記録媒体に不正コピーした場合でも、上記と同様にオリジナルソースフラグOFが”0”として記録されるので、不正コピーした記録媒体の再生信号の再生を禁止でき、仮にOFを“1”として記録するように改造したとしても、また、著作権保護情報B(x)及びA(x)が解読されたとしても、正規のユーザが使用する再生装置でない限り、記録側と同一のマスタキーを記憶しておらず、暗号を解読できず、また、WM中のCGMSビットを“11”に設定しておくことにより、再生できないようにすることができるので、結果として不正なコピー記録を防止 Incidentally, according to this embodiment, when the digital signal recorded on prerecorded media (original source), without converting to an analog signal, and illegally copied to another recording medium in a digital signal form directly But, since in the same manner as described above the original source flag oF is recorded as "0", it can prohibit reproduction of the reproduction signal of the recording medium illegally copied, even if remodeled to record a "1" to oF, Further, even if the copyright protection information B (x) and a (x) is decrypted, unless authorized user is not a reproducing apparatus used, not to store the same master key and a recording side, it can decrypt not, also, by previously setting the CGMS bits in WM "11", it is possible to prevent play, prevent unauthorized copying recorded as a result ることができる。 Rukoto can.
【0094】 [0094]
ところで、以上の実施の形態では、D−VHS(登録商標)方式のVTRに適用した例について説明したが、ディジタル放送やデータ伝送などに適用することもできる。 Incidentally, in the above embodiment has been described as being applied to a VTR of the D-VHS (registered trademark) method, can be applied to such as digital broadcasting and data transmission. 図12はこの場合の本発明になる情報再生装置の第2の実施の形態のブロック図を示す。 Figure 12 shows a block diagram of a second embodiment of the present invention comprising the information reproducing apparatus in this case. 同図中、この再生装置に入力される信号は、例えばIEEE1394を使用したDTLA方式による信号である。 In the figure, a signal inputted to the reproducing apparatus is a signal by DTLA method using the IEEE1394, for example. なお、図12はディジタル放送受信部を備えたテレビジョン受像機の一部を構成していてもよい。 Note that FIG. 12 may constitute a part of a television receiver having a digital broadcast receiver.
【0095】 [0095]
このDTLA方式は、著作権保護情報と共に映像・音声の圧縮情報を伝送する方式の一つで、著作権保護情報としてEMIと呼ぶ2ビットの情報を、MPEG方式の圧縮符号化データと共に伝送する。 The DTLA method is one method for transmitting compressed information of video and audio along with copyright protection information, two bits of information called the EMI as copyright protection information, it is transmitted together with compressed data of the MPEG system. ここで、EMIは図14に示すように、2ビットの値が“00”であれば、コピー記録を許容し、“01”であれば既に1回コピー記録が行われたので、それ以上のコピー記録を禁止し(いわゆるノーモアコピー)、“10”であれば、1回だけのコピーを許容し、“11”であれば、コピーを禁止するように、記録装置を構成させる著作権保護情報であり、値が“10”であるときは値が“01”に変更されて記録される。 Here, EMI, as shown in FIG. 14, if the 2-bit value is "00", permits copying recording, since "01" if the already once copied recording was done, more if it prohibits copying recording (so-called no-more-copies), "10", if permits copying only once, "11", so as to prohibit copying, the copyright protection information for forming the recording device , and the value is the value when it is "10" "01" is recorded is changed to.
【0096】 [0096]
図12において、入力されたIEEE1394を使用したDTLA方式による信号は、IEEE1394レシーバ81により受信及び復調され、復調信号はMPEGデコーダ83に供給されてMPEG方式に準拠した復号が行われる一方、復調信号の一部はEMI検出回路82に供給されて前記EMIが検出される。 12, signals by DTLA method using an IEEE1394 input is received and demodulated by IEEE1394 receiver 81, demodulated signal while the decoder conforming to the MPEG system is supplied to the MPEG decoder 83 is performed, the demodulated signal some said EMI is detected is supplied to the EMI detection circuit 82. MPEGデコーダ83で復号されたデータは、出力判定回路85に供給されると共にウォータマーク検出回路84に供給されてウォータマーク(WM)が検出される。 Data decoded by the MPEG decoder 83 is supplied to the watermark detection circuit 84 watermark (WM) is detected is supplied to the output decision circuit 85.
【0097】 [0097]
出力判定回路85は上記のEMI検出回路82及びウォータマーク検出回路84の各検出結果を受け、図13のフローチャートに従って、MPEGデコーダ83から出力された復号データを再生可とするか再生不可とするかの判定を行う。 Whether the output determination circuit 85 receives the detection results of the above EMI detection circuit 82 and the watermark detection circuit 84, in accordance with the flowchart of FIG. 13, or the irreproducible decoded data output from the MPEG decoder 83 and renewable a determination is made of. すなわち、出力判定回路85は、ウォータマーク検出回路84からウォータマーク検出結果を受けたかどうか判定し(ステップ301)、ウォータマーク検出結果が入力された場合は、検出されたWM内の記録制限情報であるCGMSの値が“11”かどうか判定する(ステップ302)。 That is, the output determination circuit 85 determines whether it has received a watermark detection result from the watermark detection circuit 84 (step 301), if the watermark detection result is inputted, the recording restriction information in the detected WM It determines whether the value of the CGMS is "11" (step 302).
【0098】 [0098]
ステップ302でWM内のCGMSの値が“11”であると判定した場合は、EMIの値が“11”であるかどうか判定する(ステップ303)。 If it is determined that the value of the CGMS in the WM is "11" in the step 302, it is determined whether the value of the EMI is "11" (step 303). コピー禁止であるオリジナルソースでは、EMIの値が”11”であり、このときWM内のCGMSは必ず”11”とされている。 The original source is copy inhibited, the value of EMI is "11", CGMS in this case WM is necessarily "11". 従って、ステップ302でWM内のCGMSの値が“11”であり、かつ、ステップ303でEMIの値が”11”であると判定されたときには、コピー禁止であるオリジナルソースであり、それが正規に再生されたものであると判断でき、よって、この場合は出力判定回路85は再生可及びデコード可と判定して、MPEGデコーダ83から入力された復号データをD/A変換器86へ出力させる(ステップ304)。 Therefore, the value of the CGMS in the WM is "11" in the step 302, and, when EMI value is determined to be "11" in the step 303, is the original source is copy inhibited, it normal can be determined to be one that is played, therefore, the output judging circuit 85 in this case is determined that reproducible and decodable to output the decoded data input from the MPEG decoder 83 to the D / a converter 86 (step 304). D/A変換器86により復号データがアナログ映像信号に変換されて出力され、画面に表示される。 The decoded data by the D / A converter 86 is outputted are converted into an analog video signal is displayed on the screen.
【0099】 [0099]
一方、出力判定回路85は、ステップ303でEMIの値が“11”でないと判定したときには、WM内のCGMSの値が“11”であるにもかかわらず、EMIの値が“11”でないので、EMIの値を例えば“11”からそれ以外の値に変更して不正コピーしたソースからの復号データであるとみなし、再生不可及びデコード不可と判定して、MPEGデコーダ83から入力された復号データのD/A変換器86への出力を禁止する(ステップ305)。 On the other hand, the output judging circuit 85, when the EMI value is determined not "11" in step 303, even though the value of the CGMS in the WM is "11", the value of EMI is not "11" , regarded as a decoded data value of EMI from source illegal copying is changed to other values, for example, from "11", it is determined that the irreproducible and decoding disabled, decoded data inputted from the MPEG decoder 83 of prohibiting output of the D / a converter 86 (step 305).
【0100】 [0100]
また、出力判定回路85はステップ302でWM内のCGMSの値が“11”でないと判定したときには、そのWM内のCGMSの値が“10”かどうか判定し(ステップ306)、“10”であれば、EMIの値が“00”かどうか判定する(ステップ307)。 Further, the output judging circuit 85 when the value of CGMS in WM is determined not "11" in step 302, the value of the CGMS in the WM is "10" if it is determined whether (step 306), with "10" if any, it is determined whether or not the value of EMI is "00" (step 307).
【0101】 [0101]
出力判定回路85は、ステップ307でEMIの値が“00”であると判定したときには、WM内のCGMSの値が“10”であるにもかかわらず、EMIの値が“10”又は“00”でないので、EMIの値を例えば“10”から“00”に変更して不正コピーしたソースからの復号データであるとみなし、再生不可及びデコード不可と判定して、MPEGデコーダ83から入力された復号データのD/A変換器86への出力を禁止する(ステップ308)。 Output determination circuit 85, when the EMI value is determined to be "00" in the step 307, even though the value of the CGMS in the WM is "10", the value of the EMI is "10" or "00 "because it is not, the value of EMI, for example," regarded as a decoded data from source illegal copying is changed to 00 "" to "10, it is determined that the irreproducible and decoding disabled, input from the MPEG decoder 83 It prohibits the output of the D / a converter 86 of the decoded data (step 308). なお、ステップ305及び308の再生不可、デコード不可処理を行うときには、入力されたソースが不正コピーによるものである旨の表示も行う。 The reproduction impossible in step 305 and 308, when performing the decoding is impossible, and the processing is performed also indication source input is due to illegal copying.
【0102】 [0102]
また、出力判定回路85はステップ307でEMIの値が“00”でないと判定したときには、入力されたソースが不正コピーによるものでないと判断し、再生可及びデコード可と判定して、MPEGデコーダ83から入力された復号データをD/A変換器86へ出力させる(ステップ304)。 Further, the output judging circuit 85 when the EMI value is determined not "00" in the step 307, it is determined that the input source is not due to illegal copying, it is determined that reproducible and decodable, MPEG decoder 83 the decoded data input from and outputs to the D / a converter 86 (step 304).
【0103】 [0103]
なお、出力判定回路85は、ステップ301でウォータマークを検出した旨の検出結果が入力されないと判定したとき、ステップ306でWM内のCGMSの値が“10”でない(すなわち、CGMSが“00”又は“01”である)と判定したときには、入力ソースがコピーフリー又は1回のみコピー禁止である正規のソースであると判断し、再生可及びデコード可と判定して、MPEGデコーダ83から入力された復号データをD/A変換器86へ出力させる(ステップ309)。 The output decision circuit 85, when the detection result indicating that detects a watermark in step 301 is determined not to be input, the value of the CGMS in the WM is not "10" in the step 306 (i.e., CGMS is "00" or when a is) and determines "01" determines that the input source is a legitimate source of a copy prohibited only copy free or one, it is determined that reproducible and decodable, inputted from the MPEG decoder 83 the decoded data is output to the D / a converter 86 (step 309).
【0104】 [0104]
このように、この実施の形態では、IEEE1394形式の入力信号に対しても、入力データ中に埋め込まれているWM内のCGMSと、EMIの両方の値が適切な関係にあるときにのみ、再生・デコード可か不可かの判定を行うようにしているため、不正コピーに対して、より有効な著作権保護を図ることができる。 Thus, in this embodiment, even for IEEE1394 format of the input signals, and CGMS in WM embedded in the input data, only when the value of both EMI is in the proper relationship, reproduction • to decode it is to perform the friendly or disabled or the determination can be against unauthorized copying, achieve more effective copyright protection.
【0105】 [0105]
なお、本発明は以上の実施の形態に限定されるものではなく、例えば第2の著作権保護情報B(x)及び第3の著作権保護情報A(x)の一方をサブコード領域に記録し、他方をMPEGのトランスポートストリーム(TS)のデータに挿入されているウォータマーク(WM)のCGMS以外のビットを記録制限情報に割り当てて記録してもよい。 The present invention is not limited to the above embodiments, for example, recording one of the second copyright protection information B (x) and the third of the copyright protection information A (x) in the sub-code area and the other a may be recorded by assigning bits other than CGMS insertion has been that watermark data of the transport stream (TS) (WM) of the MPEG in the recording control information. また、第2、第3の著作権保護情報を使用して、映像情報にスクランブルをかけることもできることはいうまでもない。 The second, by using the third copyright protection information, you can of course be also scrambling the video information. また、第2の著作権保護情報B(x)及び第3の著作権保護情報A(x)は互いに相補的な値でなくてもよく、要は特定な既知の関係にある値であればよい。 The second copyright protection information B (x) and the third of the copyright protection information A (x) may not be complementary values ​​to each other. In short, if a value in a particular known relation good.
【0106】 [0106]
また、図7及び図9に示した第2及び第3の実施の形態では、キー暗号化回路20によりタイトルキーをマスタキーで暗号化することでタイトルキーを生成する情報を得ているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、ハード側のメモリに多くのキーを格納しており、そのアドレス情報を第2、第3の著作権保護情報として伝送してもよいし、タイトルキーに或る関数を掛け算して桁数をタイトルキーよりも大にしてタイトルキーを生成する情報を得てもよい。 In the second and third embodiments shown in FIGS. 7 and 9, but the key encrypting circuit 20 is obtained information to generate the title key by encrypting the title key in a master key, the invention is not limited thereto, for example, stores a number of key in the memory of the hard side, the address information a second, it may be transmitted as the third copyright protection information, title the number of digits by multiplying a certain function may be obtained information to generate a title key in the large than the title key to key. また、ICカードやスマートカードのような外部記憶装置にキーを入れてそれにアクセスするための情報を第2、第3の著作権保護情報として伝送してもよい。 Also, information for accessing thereto put the key in the external storage device such as an IC card or smart card second, may be transmitted as the third copyright protection information. 更に、音声信号に対しても適用可能である。 Furthermore, it is also applicable to audio signals.
【0107】 [0107]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように、本発明によれば、第1の著作権保護情報の値がオリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定されて記録されており、1回コピーした場合は第1の著作権保護情報の値がオリジナルソースのときとは別の値に書き換え、再生時に、当初よりコピー禁止のオリジナルソースであるか、1回コピーしたためにコピー禁止となったソースであるかの識別ができるようにしたため、オリジナルソースの再生に対し、より高度な不正コピーの防止管理ができる。 As described above, according to the present invention, when the value of the first copyright protection information of the original source is recorded is set to a value indicating copy inhibit, if copied once first copyright Kwon rewritten to another value the value of the protection information as that in the original source, during reproduction, being the original source of the copy inhibition from the start, it is identified whether a source of a copying prohibition to copied once because the way, with respect to reproduction of the original source, it is prevented manage more advanced piracy.
【0108】 [0108]
また、本発明によれば、オリジナルソースの再生に対し、民生機では、記録できない情報での認証を行う方式としたため、オリジナルソースからのコピーが行われても、コピーされたソースの再生を禁止することができ、結果として、不正コピーを防止できる。 Further, according to the present invention, with respect to reproduction of the original source, the consumer machine, due to the method of performing authentication with the not be recorded information, be made a copy from the original source, prohibits the reproduction of the copied source it can be, as a result, can prevent illegal copying.
【0109】 [0109]
また、本発明によれば、著作権保護情報がコピーに際し、記録されてしまう情報(WM)と伝送されない情報(第2もしくは第3の著作権保護情報)とし、再生装置内での認証方式としたため、全体システムが安価(専用インターフェイスを必要としない)であり、汎用インターフェイスでの映像伝送ができる。 Further, according to the present invention, when copying copyright protection information is not transmitted to the information would be recorded (WM) information (second or third copyright protection information), the authentication method in the reproducing device because the entire system is low cost (does not require a dedicated interface), it is video transmission in general-purpose interface.
【0110】 [0110]
また、本発明によれば、情報信号がオリジナルソースの信号であるときには、情報信号をデコードして得られたディジタルデータを暗号化して、オリジナルソースであることを示すフラグなどと共に記録することにより、オリジナルソースの信号をフラグの値を変更してコピー記録しても、また、ディジタルデータをアナログ信号に変換後再度ディジタル信号に変換してコピー記録しても、オリジナルソースから不正コピーした媒体の再生信号は、暗号化されたままとすることができるので、不正コピーした媒体の再生信号の出力を禁止でき、これにより不正コピーを防止することができる。 Further, according to the present invention, when the information signal is a signal of the original source encrypts the digital data obtained by decoding the information signal, by recording with such a flag indicating that the original source, When copying recorded by changing the value of the flag signal of the original source, also be a digital data copy is converted into the converted digital signal back to an analog signal recording, playback of illegally copied medium from the original source signal, it is possible to remain encrypted, can prohibit the output of the reproduced signal of unauthorized copied medium, thereby preventing unauthorized copying.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明記録装置の第1の実施の形態のブロック図である。 1 is a block diagram of a first embodiment of the present invention the recording apparatus.
【図2】本発明記録装置により記録されるトラックフォーマットの一例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of a track format recorded by the present invention; FIG recording apparatus.
【図3】図2中のメインコード領域のデータブロックのフォーマットの一例を示す図である。 3 is a diagram showing an example of the format of the data blocks in the main code area in Fig.
【図4】図2中のサブコ−ド領域のデータブロックのフォーマットの一例を示す図である。 [4] subcode in FIG. 2 - is a diagram showing an example of a format of a data block of de region.
【図5】図3中のメインヘッダ領域の記録情報の詳細を示す図である。 5 is a diagram showing the details of recording information in the main header area in FIG.
【図6】図3中のデータ予備領域の記録情報の説明図である。 6 is an explanatory view of a recording information data reserved area in FIG.
【図7】本発明記録装置の第2の実施の形態のブロック図である。 7 is a block diagram of a second embodiment of the present invention the recording apparatus.
【図8】本発明の再生方法の一実施の形態の動作説明用フローチャートである。 8 is an operation explanatory flowchart of an embodiment of a reproducing method of the present invention.
【図9】本発明記録装置の第2の実施の形態のブロック図である。 9 is a block diagram of a second embodiment of the present invention the recording apparatus.
【図10】本発明再生装置の第1の実施の形態のブロック図である。 Figure 10 is a block diagram of a first embodiment of the present invention reproducing apparatus.
【図11】図10中の再生制御回路の動作説明用フローチャートである。 11 is a flowchart for explaining the operation of the reproduction control circuit in FIG.
【図12】本発明再生装置の第2の実施の形態のブロック図である。 12 is a block diagram of a second embodiment of the present invention reproducing apparatus.
【図13】図12中の出力判定回路の動作説明用フローチャートである。 13 is a flowchart for explaining the operation of the output judging circuit in FIG.
【図14】EMIのコードと内容の説明図である。 FIG. 14 is an explanatory diagram of the EMI of code and content.
【図15】CGMSのコードと内容の説明図である。 FIG. 15 is an explanatory diagram of the code and the contents of the CGMS.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
10 トランスポート入力端子11 メインヘッダ発生器(第1の発生器) 10 Transport input terminal 11 main header generator (first generator)
12 パーソナルコンピュータ13、18 パック情報発生器(第2の発生器) 12 personal computer 13 and 18 pack information generator (second generator)
14 エンコーダ16 記録機構17 媒体認証信号付加回路19 暗号化回路20 キー暗号化回路23 サブコード領域27 メインコード格納領域31 メインヘッダ格納領域32 データ予備領域53 ウォータマーク付加回路54 MPEGエンコーダ55 暗号化回路56 パック情報発生器61 再生機構64 暗号解読回路65 パック情報デコーダ66 キー生成回路67 OF検出回路68、83 MPEGデコーダ69、84 ウォータマーク検出回路70 再生制御回路81 IEEE1394レシーバ82 EMI検出回路85 出力判定回路 14 encoder 16 recording mechanism 17 medium authentication signal adding circuit 19 an encryption circuit 20 key encrypting circuit 23 subcode region 27 the main code storage area 31 the main header storage area 32 data auxiliary region 53 watermark adding circuit 54 MPEG encoder 55 encrypts circuit 56 pack information generator 61 reproducing mechanism 64 decryption circuit 65 pack information decoder 66 key generating circuit 67 OF detecting circuit 68,83 MPEG decoder 69,84 watermark detection circuit 70 reproduction control circuit 81 IEEE1394 receiver 82 EMI detecting circuit 85 outputs determination circuit

Claims (18)

  1. 付加情報と共に固定長のデータブロック単位で映像情報を記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録方法において、 An information recording method in which video information in a data block of a fixed length along with additional information is recorded on each track of a predetermined length of the recording medium,
    前記データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースであるかどうかを示すフラグと、前記オリジナルソースのときには常にコピー禁止を示し、前記オリジナルソース以外のときはコピーフリー、コピー禁止及び 1回コピー可のいずれかの状態を示すコントロール信号を記録することを特徴とする情報記録方法。 Wherein the header area in the data block, a flag indicating whether the original source, the show always copy inhibition when the original source, the copy time other than the original source-free, copying prohibited and one copy permitted information recording method and recording control signal indicating one of the following states.
  2. 付加情報と共に固定長のデータブロック単位で映像情報を記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録方法において、 An information recording method in which video information in a data block of a fixed length along with additional information is recorded on each track of a predetermined length of the recording medium,
    前記データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報と第2の著作権保護情報を記録し、前記付加情報内に前記第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を記録することを特徴とする情報記録方法。 Wherein the header area in the data block, when the original source records the first copyright protection information and the second copyright protection information set to a value indicating copy prohibition, the second in the additional information information recording method and recording a third copyright protection information in a predetermined value relationship with copyright protection information.
  3. 付加情報と共に固定長のデータブロック単位で映像情報を記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録方法において、 An information recording method in which video information in a data block of a fixed length along with additional information is recorded on each track of a predetermined length of the recording medium,
    前記データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報を記録し、前記データブロック内の映像情報中に第2の著作権保護情報を挿入して記録し、前記付加情報内に前記第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を記録することを特徴とする情報記録方法。 In a header area in the data block, the first copyright protection information is recorded when the original source which is set to a value indicating copy prohibition, the second copyright protection information in the video information in the data block information recording method characterized by inserting records, records a third copyright protection information in a predetermined value relationship with the second copyright protection information in the additional information.
  4. 前記データブロック内の映像情報中に、コピーフリー、コピー禁止及び 1回コピー可のいずれかの状態を示す2ビットの情報を含むウォータマークが挿入されていることを特徴とする請求項2又は3記載の情報記録方法。 Wherein in the video information in a data block, copy free, claim 2 or 3, characterized in that the watermark including 2-bit information indicating either the status of copy permissible copy prohibited and one is inserted information recording method according.
  5. 前記映像情報はスクランブルキーにより暗号化されており、前記第2の著作権保護情報及び前記第3の著作権保護情報は、互いに前記スクランブルキーを復号化する特定の関係にある値に設定されていることを特徴とする請求項2又は3記載の情報記録方法。 The video information is encrypted by the scramble key, the second copyright protection information and the third copyright protection information is set to a value in a specific relationship to decrypt the scrambling keys to each other claim 2 or 3 information recording method according to, characterized in that there.
  6. コピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されているディジタルデータを記録媒体に記録する情報記録方法であって、 Copy free, an information recording method for recording digital data watermark including the recording control information indicating either the status of copy permissible copy prohibited and one is inserted into a recording medium,
    前記ディジタルデータがオリジナルソースの信号であるかどうかを示すフラグが、前記オリジナルソースであることを示す値のときは、前記記録制限情報を常にコピー禁止の値に設定し、かつ、前記ディジタルデータを暗号化して、前記フラグと暗号解除のためのキー情報と共に前記記録媒体に記録することを特徴とする情報記録方法。 Flag the digital data indicating whether the signal of the original source, the when the value indicating the original source, and set the recording restriction information always the value of copy inhibition and the digital data encrypts, the information recording method characterized by recording on the recording medium together with the flag and key information for descrambling.
  7. 付加情報と共に固定長のデータブロック単位で映像情報を記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録装置において、 An information recording apparatus for recording on each track of a predetermined length of the recording medium video information in a data block of a fixed length along with additional information,
    オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報を含むヘッダ情報を発生する第1の発生器と、 A first generator for generating header information including a first copyright protection information set to a value indicating copy prohibition when the original source,
    第2の著作権保護情報と、該第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を含む前記付加情報を発生する第2の発生器と、 A second copyright protection information, a second generator for generating the additional information including the third copyright protection information in a predetermined value relationship with the copyright protection information of the second,
    前記映像情報と前記第1及び第2の発生器の各出力情報とを入力として受け、前記映像情報はデータブロック内のデータ領域に配置し、前記ヘッダ情報及び前記第2の著作権保護情報は前記データブロック内のヘッダ領域に配置し、前記第3の著作権保護情報を含む付加情報は前記データブロックとは異なる領域に配置して記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する記録手段と を有することを特徴とする情報記録装置。 Receives the respective output information of the video information and the first and second generators as the input, the video information is placed in the data area in the data block, the header information and the second copyright protection information wherein arranged in the header area in the data block, the additional information including the third copyright protection information is recorded in each track of a predetermined length of the recording medium is disposed in an area different from the said data block information recording apparatus characterized by having a recording means.
  8. 付加情報と共に固定長のデータブロック単位で映像情報を記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録装置において、 An information recording apparatus for recording on each track of a predetermined length of the recording medium video information in a data block of a fixed length along with additional information,
    オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報を含むヘッダ情報を発生する第1の発生器と、 A first generator for generating header information including a first copyright protection information set to a value indicating copy prohibition when the original source,
    第2の著作権保護情報と、該第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を含む前記付加情報を発生する第2の発生器と、 A second copyright protection information, a second generator for generating the additional information including the third copyright protection information in a predetermined value relationship with the copyright protection information of the second,
    前記データブロックに配置される映像情報中に、前記第2の発生器からの前記第2の著作権保護情報を付加する付加手段と、 In the video information arranged in said data block, and adding means for adding said second copyright protection information from said second generator,
    前記映像情報と前記第1及び第2の発生器の各出力情報とを入力として受け、前記映像情報及び第2の著作権保護情報はデータブロック内のデータ領域に配置し、前記ヘッダ情報は前記データブロック内のヘッダ領域に配置し、前記第3の著作権保護情報を含む付加情報は前記データブロックとは異なる領域に配置して記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する記録手段と を有することを特徴とする情報記録装置。 Receiving the said video information and each of the output information of the first and second generators as the input, the video information and the second copyright protection information is placed in the data area in the data block, the header information is the place in a header area in the data block, the additional information including the third copyright protection information is recorded in each track of a predetermined length of the recording medium is disposed in an area different from the said data blocks recorded information recording apparatus characterized by having means.
  9. 前記付加手段からの前記第2の著作権保護情報が付加された前記映像情報を受け、該映像情報のみをスクランブルキーに基づいて暗号化して前記記録手段に入力する暗号化手段と、前記スクランブルキーを生成するための情報を生成する生成回路とを有し、前記第2の発生器は前記生成回路の出力情報に基づいて、前記スクランブルキーを復号化する互いに特定の関係にある値に設定されている前記第2及び第3の著作権保護情報を生成することを特徴とする請求項8記載の情報記録装置。 Wherein said second copyright protection information from the additional means receiving said video information is added, and encryption means for inputting to said recording means and encrypted based only the video information to the scramble key, the scrambling key and a generation circuit for generating information for generating said second generator based on the output information of said generating circuit, is set to a value in a specific relationship to each other for decoding the scrambling key and it is configured to generate the second and third copyright protection information of the information recording apparatus according to claim 8, wherein.
  10. オリジナルソースであるかどうかを示すフラグが挿入されると共に、前記オリジナルソースのときには常にコピー禁止を示し、前記オリジナルソース以外のときはコピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されているディジタルデータを、付加情報と共に固定長のデータブロック単位で記録媒体の予め定められた長さの各トラックに記録する情報記録装置であって、 Together with a flag indicating whether the original source is inserted, the show always copy inhibition when the original source, the copy time other than the original source-free, one of the status of the copy prohibition and copy once allowed the digital data watermark including the recording control information is inserted, an information recording apparatus for recording on each track of a predetermined length of the recording medium in unit of data block having a fixed length along with additional information,
    前記記録制限情報がコピー禁止の値に設定された前記ウォータマークが挿入されている情報信号を圧縮ディジタルデータに変換するエンコーダと、 An encoder for converting an information signal said recording said watermark restriction information is set to the value of the copy inhibition is inserted into the compressed digital data,
    前記エンコーダの出力圧縮ディジタルデータを暗号化する暗号化手段と、 Encryption means for encrypting the output compressed digital data of the encoder,
    前記情報信号が前記オリジナルソースの信号であることを示すフラグと、暗号解除のためのキー情報を前記付加情報と共に発生する発生手段と、 A flag indicating that said information signal is a signal of the original source, and generating means for generating the key information for descrambling together with the additional information,
    前記フラグ及びキー情報と前記付加情報を、前記暗号化手段から出力されたディジタルデータと共に前記各トラックに記録する記録手段と を有することを特徴とする情報記録装置。 Information recording apparatus characterized in that it comprises a recording means for recording the additional information and the flag and key information, to the tracks with the digital data output from said encryption means.
  11. オリジナルソースであるかどうかを示すフラグが挿入されると共に、前記オリジナルソースのときには常にコピー禁止を示し、前記オリジナルソース以外のときはコピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されているディジタルデータが暗号化されて、キー情報を含む付加情報と共に固定長のデータブロック単位で予め定められた長さの各トラックに記録されている記録媒体から前記ディジタルデータを再生する情報再生装置であって、 Together with a flag indicating whether the original source is inserted, the show always copy inhibition when the original source, the copy time other than the original source-free, one of the status of the copy prohibition and copy once allowed is encrypted digital data watermark is inserted that includes a recording control information, a recording medium that is recorded in each track of a fixed length a predetermined length in a data block along with additional information including the key information an information reproducing apparatus for reproducing the digital data from,
    前記記録媒体の再生信号中から得た前記キー情報に基づいて生成した復号鍵により暗号解読した後復号化して復号データを生成する復号手段と、 Decoding means for generating decoded data by decoding after decryption by the decryption key generated based on the key information obtained from in the reproduced signal of the recording medium,
    前記復号データ中から前記ウォータマークを検出するウォータマーク検出回路と、 A watermark detection circuit for detecting said watermark from in the decoded data,
    前記再生信号中から前記オリジナルソースの信号であることを示すフラグを検出するフラグ検出回路と、 A flag detection circuit for detecting a flag indicating that the in the reproduction signal is a signal of the original source,
    前記ウォータマーク検出回路により検出された前記ウォータマーク中の前記記録制限情報がコピー禁止の値であるときは、前記フラグ検出回路により検出された前記フラグが前記オリジナルソースであることを示す値のときに前記復号データを再生出力し、前記フラグが前記オリジナルソースでないことを示す値のときは、前記復号データの再生出力を禁止する制御回路と を有することを特徴とする情報再生装置。 When said recording restriction information in the watermark detected by the watermark detecting circuit is the value of the copy inhibition when the flag the flag detected by the detection circuit is a value that indicates that the is the original source the decoded data to the reproduction output, when the value indicating that the flag is not the original source, the information reproducing apparatus characterized by a control circuit for prohibiting the reproduction output of the decoded data.
  12. 固定長のデータブロック単位で映像情報が記録され、かつ、付加情報が前記データブロックとは異なる領域に記録された記録媒体の記録済み情報を再生する情報記録再生方法において、 Video information is recorded in a data block of a fixed length, and, in the information recording and reproducing method additional information to reproduce the recorded information of the recording medium recorded in an area different from said data block,
    記録時は、前記データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報と第2の著作権保護情報を配置し、前記付加情報内に前記第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を配置して前記記録媒体に記録し、 During recording, the header area in the data block, when the original source is arranged a first copyright protection information and the second copyright protection information set to a value indicating copy prohibition, in the additional information third place the copyright protection information in a predetermined value relationship with the second copyright protection information is recorded on the recording medium,
    再生時は、再生された前記第1の著作権保護情報が、オリジナルソースで、かつ、コピー禁止を示す値であるときは、前記記録媒体から再生した前記第2及び第3の著作権保護情報が前記所定の値関係にあるかどうか演算し、その所定の値関係にあるときには再生を継続することを特徴とする情報記録再生方法。 During reproduction, the first copyright protection information is played, the original source, and, when a value indicating the copy prohibition, the second and third copyright protection information reproduced from the recording medium there calculates whether the said predetermined value relationship, the information recording and reproducing method characterized by continuing playback when in the predetermined value relationship.
  13. 固定長のデータブロック単位で映像情報が記録され、かつ、付加情報が前記データブロックとは異なる領域に記録された記録媒体の記録済み情報を再生する情報記録再生方法において、 Video information is recorded in a data block of a fixed length, and, in the information recording and reproducing method additional information to reproduce the recorded information of the recording medium recorded in an area different from said data block,
    記録時は、前記データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報を配置し、前記映像情報中に第2の著作権保護情報を挿入し、前記付加情報内に前記第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報を配置して前記記録媒体に記録し、 During recording, the header area in the data block, when the original source is arranged a first copyright protection information set to a value indicating copy prohibition, the second copyright protection information in the video information inserted, said second place the third copyright protection information in a predetermined value relationship with the copyright protection information is recorded on the recording medium in the additional information,
    再生時は、再生された前記第1の著作権保護情報が、オリジナルソースで、かつ、コピー禁止を示す値であるときは、前記記録媒体から再生した前記第2及び第3の著作権保護情報が前記所定の値関係にあるかどうか演算し、その所定の値関係にあるときには再生を継続し、前記第1の著作権保護情報が、オリジナルソースを示す値でないときは、前記記録媒体から再生した前記第2の著作権保護情報が存在するときは再生を禁止することを特徴とする情報記録再生方法。 During reproduction, the first copyright protection information is played, the original source, and, when a value indicating the copy prohibition, the second and third copyright protection information reproduced from the recording medium there calculates whether the said predetermined value relationship, continues to play when in its predetermined value relationship, when said first copyright protection information is not the value indicating the original source is reproduced from said recording medium information recording and reproducing method characterized by prohibiting the reproduction when said second copyright protection information is present.
  14. コピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されているディジタルデータを記録媒体に記録し、再生時はこの記録媒体から再生した前記ディジタルデータを情報信号に復号する情報記録再生方法であって、 Copy free, recording on a recording medium digital data watermark is inserted that includes a recording restriction information indicating one of the states of copy permissible copy inhibition and once, during playback the digital data reproduced from the recording medium the an information recording and reproducing method for decoding the information signal,
    記録時は、前記情報信号がオリジナルソースの信号であるかどうかを示すフラグが、前記オリジナルソースであることを示す値のときは、前記記録制限情報を常にコピー禁止の値に設定し、かつ、前記ディジタルデータを暗号化して、前記フラグと暗号解除のためのキー情報と共に前記記録媒体に記録し、 During recording, the flag by the information signal indicating whether the signal of the original source, the when the value indicating the original source, and set the value of always copied prohibits the recording restriction information, and, encrypts the digital data, recorded in the flag and the recording medium along with the key information for descrambling,
    再生時は、再生信号中から得た前記キー情報に基づいて生成した復号鍵により暗号解読した後復号化して得た復号データ中から検出した前記ウォータマーク中の前記記録制限情報がコピー禁止の値であるときは、前記再生信号中から検出した前記フラグが前記オリジナルソースであることを示す値のときに前記復号データを再生出力し、前記フラグが前記オリジナルソースでないことを示す値のときは、前記復号データの再生出力を禁止することを特徴とする情報記録再生方法。 During playback, the recording restriction information in the watermark detected from the in-decoding data obtained by decoding after decryption by the decryption key generated based on the key information obtained from in the reproduced signal is a copy prohibition value when it is, the decoded data reproduced output when the flag is detected from among the reproduced signal value indicating that the is the original source, when said flag has a value indicating that it is not said original source, information recording and reproducing method characterized by prohibiting the reproduction output of the decoded data.
  15. 固定長のデータブロック単位で映像情報が記録され、かつ、付加情報が前記データブロックとは異なる領域に記録された記録媒体において、 Video information is recorded in a data block of a fixed length, and the additional information in the recording medium recorded in an area different from said data block,
    前記データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報と第2の著作権保護情報が配置され、前記付加情報内に前記第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報が配置されて記録されていることを特徴とする記録媒体。 Wherein the header area in the data block, when the original source is arranged a first copyright protection information and the second copyright protection information set to a value indicating copy prohibition, the second in the additional information recording medium, wherein a third copyright protection information in a predetermined value relationship with the copyright protection information is recorded is located.
  16. 固定長のデータブロック単位で映像情報が記録され、かつ、付加情報が前記データブロックとは異なる領域に記録された記録媒体において、 Video information is recorded in a data block of a fixed length, and the additional information in the recording medium recorded in an area different from said data block,
    前記データブロック内のヘッダ領域に、オリジナルソースのときにはコピー禁止を示す値に設定された第1の著作権保護情報が配置され、前記映像情報中に第2の著作権保護情報が挿入され、前記付加情報内に前記第2の著作権保護情報との間で所定の値関係にある第3の著作権保護情報が配置されて記録されていることを特徴とする記録媒体。 Wherein the header area in the data block, when the original source is arranged a first copyright protection information set to a value indicating copy prohibition, the second copyright protection information is inserted into the video information, the recording medium, wherein a third copyright protection information in a predetermined value relationship with the inside additional information second copyright protection information is recorded is located.
  17. 前記映像情報はスクランブルキーにより暗号化されており、前記第2の著作権保護情報及び前記第3の著作権保護情報は、互いに前記スクランブルキーを復号化する特定の関係にある値に設定されていることを特徴とする請求項15又は16記載の記録媒体。 The video information is encrypted by the scramble key, the second copyright protection information and the third copyright protection information is set to a value in a specific relationship to decrypt the scrambling keys to each other claim 15 or 16 the recording medium, wherein Being.
  18. オリジナルソースであるかどうかを示すフラグが挿入されると共に、前記オリジナルソースのときには常にコピー禁止を示し、前記オリジナルソース以外のときはコピーフリー、コピー禁止及び1回コピー可のいずれかの状態を示す記録制限情報を含むウォータマークが挿入されており、かつ、映像情報をエンコードして得られたディジタルデータが、固定長のデータブロック単位で記録され、かつ、付加情報が前記データブロックとは異なる領域に記録された記録媒体であって、 Together with a flag indicating whether the original source is inserted, the show always copy inhibition when the original source, the copy time other than the original source-free, one of the status of the copy prohibition and copy once allowed and watermark including the recording control information is inserted, and the digital data obtained by encoding the video information is recorded in a data block of a fixed length, and a region where the additional information is different from the data block a recorded recording medium,
    前記記録制限情報がコピー禁止の値に設定され、かつ、暗号化された前記ディジタルデータが前記データブロックに記録され、前記映像情報がオリジナルソースであることを示す値のフラグと、暗号解除のためのキー情報が前記付加情報と共に記録されていることを特徴とする記録媒体。 The recording control information is set to the value of the copy inhibition, and the digital data encrypted is recorded in the data block, a flag value indicating that said video information is the original source, for descrambling recording medium on which the key information is characterized by being recorded with the additional information.
JP2000055366A 1999-04-08 2000-03-01 Information recording method, recording apparatus, reproducing method, reproducing apparatus and a recording medium Active JP3775154B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11-101178 1999-04-08
JP10117899 1999-04-08
JP2000055366A JP3775154B2 (en) 1999-04-08 2000-03-01 Information recording method, recording apparatus, reproducing method, reproducing apparatus and a recording medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000055366A JP3775154B2 (en) 1999-04-08 2000-03-01 Information recording method, recording apparatus, reproducing method, reproducing apparatus and a recording medium

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000353361A true JP2000353361A (en) 2000-12-19
JP3775154B2 true JP3775154B2 (en) 2006-05-17

Family

ID=26442091

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000055366A Active JP3775154B2 (en) 1999-04-08 2000-03-01 Information recording method, recording apparatus, reproducing method, reproducing apparatus and a recording medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3775154B2 (en)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6965975B2 (en) 2001-03-31 2005-11-15 Lg Electronics Inc. Apparatus and method for moving contents having a restricted number of copies between storage media
JP4934923B2 (en) * 2001-08-09 2012-05-23 ソニー株式会社 Information recording apparatus, information reproducing apparatus, and an information recording method, information reproducing method, and computer program
KR100955976B1 (en) * 2002-01-28 2010-05-04 소니 주식회사 Information recording apparatus and method, and information reproduction apparatus and method
US8031868B2 (en) 2006-02-27 2011-10-04 Kabushiki Kaisha Toshiba Apparatus, method, and computer program product for recording content
US8479079B2 (en) 2010-04-09 2013-07-02 International Business Machines Corporation Integrated data and header protection for tape drives
US8762805B2 (en) 2010-12-01 2014-06-24 International Business Machines Corporation Decoding encoded data containing integrated data and header protection
JP4875219B2 (en) * 2011-06-27 2012-02-15 株式会社東芝 Content recording apparatus, the encryption apparatus, recording method and program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2000353361A (en) 2000-12-19 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Bloom et al. Copy protection for DVD video
US7000113B1 (en) Recording information with a watermark related to a prerecorded medium mark on an information carrier
US5923486A (en) Recording and reproducing system for protecting copyrighted data
US7225339B2 (en) Information recording/playback apparatus and method
US6694023B1 (en) Method and apparatus for protecting copyright of digital recording medium and copyright protected digital recording medium
US7319752B2 (en) Information recording device, information playback device, information recording method, information playback method, and information recording medium and program providing medium used therewith
US20080072072A1 (en) Recording Device and Recording Method
US6310956B1 (en) Copy protection apparatus and method
US6009170A (en) Method for appending a signal with ciphered playback mode information
US6314518B1 (en) System for transferring content information and supplemental information relating thereto
US20020015494A1 (en) Encrypted data signal, data storage medium, data signal playback apparatus, and data signal recording apparatus
US5574787A (en) Apparatus and method for comprehensive copy protection for video platforms and unprotected source material
US6526510B1 (en) Signal reproducing method and apparatus, signal recording method and apparatus and signal recording system
US6882728B1 (en) Reproduction apparatus and decoding apparatus
US6836844B1 (en) Information signal copy managing method, information signal recording method, information signal output apparatus, and recording medium
US20070009232A1 (en) Information processing system, information processing method, computer program executed in information processing system
US20030061500A1 (en) Signal processing method and device, and recording medium
US6289103B1 (en) Signal reproducing/recording/transmitting method and apparatus and signal record medium
US6347144B1 (en) Copy prevention method and apparatus for digital video system
US20010017828A1 (en) Multimedia copy control system and method using digital data recording medium and optical disc reproducing apparatus
US6633723B1 (en) Recording and reproducing system, recording apparatus and reproducing apparatus having copy protection function
US20060150251A1 (en) Information recording medium, data processing method, and computer program
US20030231334A1 (en) Recording medium, recording apparatus, reading apparatus, and program and method therefore
US20020106192A1 (en) Contents data, recording medium, recording method and device, reproducing method and device
US20020076048A1 (en) System and method for inserting disruptions into merged digital recordings

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050701

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050712

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050906

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051108

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051221

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060131

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060213

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090303

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100303

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110303

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120303

Year of fee payment: 6

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120303

Year of fee payment: 6

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120303

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130303

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140303

Year of fee payment: 8