JP3773934B2 - ピアスカム - Google Patents

ピアスカム Download PDF

Info

Publication number
JP3773934B2
JP3773934B2 JP2003344676A JP2003344676A JP3773934B2 JP 3773934 B2 JP3773934 B2 JP 3773934B2 JP 2003344676 A JP2003344676 A JP 2003344676A JP 2003344676 A JP2003344676 A JP 2003344676A JP 3773934 B2 JP3773934 B2 JP 3773934B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
piercing
punch
piercing punch
cam
stripper
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003344676A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005111479A (ja
Inventor
準敏 北村
Original Assignee
ユミックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ユミックス株式会社 filed Critical ユミックス株式会社
Priority to JP2003344676A priority Critical patent/JP3773934B2/ja
Publication of JP2005111479A publication Critical patent/JP2005111479A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3773934B2 publication Critical patent/JP3773934B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D28/00Shaping by press-cutting; Perforating
    • B21D28/002Drive of the tools
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D28/00Shaping by press-cutting; Perforating
    • B21D28/24Perforating, i.e. punching holes
    • B21D28/32Perforating, i.e. punching holes in other articles of special shape
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/202With product handling means
    • Y10T83/2092Means to move, guide, or permit free fall or flight of product
    • Y10T83/2096Means to move product out of contact with tool
    • Y10T83/2135Moving stripper timed with tool stroke
    • Y10T83/2163Stripper biased against product
    • Y10T83/2166Spring biased stripper
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/869Means to drive or to guide tool
    • Y10T83/8727Plural tools selectively engageable with single drive
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/869Means to drive or to guide tool
    • Y10T83/8821With simple rectilinear reciprocating motion only
    • Y10T83/8828Plural tools with same drive means
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/869Means to drive or to guide tool
    • Y10T83/8821With simple rectilinear reciprocating motion only
    • Y10T83/8841Tool driver movable relative to tool support
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/929Tool or tool with support
    • Y10T83/9411Cutting couple type
    • Y10T83/9423Punching tool

Description

本発明は、ピアスカムに関し、特に、規格化されたピアスカムについてのものである。

従来のピアスカムは、図16に示されている通りで、ピアスパンチ101と、ピアスパンチ101を保持するパンチプレート102と、ピアスパンチ101で孔開けする前にワークWを押圧し、孔開け後ワークWからピアスパンチ101を引き離すストリッパー103と、ストリッパー103を押圧するクッションゴム(コイルスプリングの場合もある)104と、パンチプレート102を取付け、ワークWに向けて進退する受動カム105と、受動カム105を前進させる作動カム106と、受動カム105を摺動させ保持し、作動カム106が受動カム105を駆動する際は、ヒールの役目を果たす基板ブロック107と、受動カム105を復帰させるコイルスプリング108とよりなる。

受動カム105、作動カム106及び基板ブロック107は鋳物製で大きく場所を取り、高価なものである。

このように従来のピアスカムは、大きくて場所を取り、取付けにくく、高価で、斜面に取付けるのが困難である。

また、ピアスパンチ101、受動カム105・作動カム106・基板ブロック107とは、通常発注先が別であるため、一括して発注できず、生産管理上不便である。

コンパクト、省スペース、取付容易、コストダウンができ、斜面にも取付けが可能で、ピアスパンチとその付属部品が一括発注できることを課題とする。

そこで、本発明は、上記の事情に鑑み、コンパクト、省スペース、取付容易、コストダウンができ、斜面にも取付けが可能で、ピアスパンチとその付属部品が一括発注できるようにすべく、ピアスパンチと、ピアスパンチを着脱自在に設けたボディと、ピアスパンチの先端部を内嵌めし、コイルスプリングで付勢したストリッパーと、ボディに揺動自在に設けピアスパンチの後端面に当接させた回動アームと、回動アームにプレス機械の下降力を伝達し、上昇時回動アームを引っ掛け上昇するドライバーとよりなるピアスカムとした。

本発明は、上述のように、ピアスパンチと、ピアスパンチを着脱自在に設けたボディと、ピアスパンチの先端部を内嵌めし、コイルスプリングで付勢したストリッパーと、ボディに揺動自在に設けピアスパンチの後端面に当接させた回動アームと、回動アームにプレス機械の下降力を伝達し、上昇時回動アームを引っ掛け上昇するドライバーとよりなるピアスカムであるので、コンパクト、省スペース、取付容易、コストダウンができ、斜面にも取付けが可能で、ピアスパンチとその付属部品が一括発注できる。

本発明を添付する図面に示す具体的な一実施例に基づいて、以下詳細に説明する。

図1は、本発明の具体的一実施例のピアスカムの正面図、図2はドライバーを除いた平面図である。

ディ1にはピアスパンチ2を着脱自在に設け、コイルスプリング3で付勢したストリッパー4をボディ1に摺動自在に設け、動アーム5は揺動自在にボディ1に枢着し、その下部をピアスパンチ2の後端面に当接させ、上型に垂下状に設けたドライバー6はプレス機会の下降力を揺動アーム5に伝達し、上昇後、回動アーム5を引っ掛けて上昇する。

ボディ1の詳細を図3〜図5に示す。図3はその正面図、図4はその側面図、図5はその平面図である。

ボディ1には、ピアスパンチ2を着脱する案内孔7を穿設する。

ピアスパンチ2で孔開けする際、孔開け前ワークを押圧し、穴開け後ピアスパンチ2をワークから抜き離す働きをするストリッパー4を取付ける長孔10をボディ1に穿設する。

ボディ1の後端上部には、揺動アーム5を設けるブラケット部11を設し、ブラケット部11に取付孔12を穿設する。

なお、符号32は下型本体に取付ける取付孔である。

ピアスパンチ2の詳細を図6〜図8に示す。図6はその正面図、図7はその側面図、図8はその平面図である。

ピアスパンチ2は、前記ボディ1の案内孔7に装着できるように、その軸部13を円形に形成し、また、ピアスパンチ2をストッパー面9に当接させて固定できるように軸部13の中間部に平面14を形成する。さらに、軸部13の前端部に位置決め孔15を穿設する。

軸部13の前端面にはコイルスプリング3の着座部28を切削して形成する。

ストリッパー4の詳細を図9、図10に示す。図9はその正面図、図10はその平面図である。

ストリッパー4は、銅製の鋳造品で、コ字状断面で、ピアスパンチ2の孔開け部16が嵌まる孔17の内面にはピアスパンチ2の孔開け部16の移動が滑らかに行えるようにグラファイトを含浸させておく。

ストリッパー4の両側壁18には、ストリッパー4のストロークを決めるストローク長孔19を穿設する。

揺動アーム5の詳細を図11に示す。揺動アーム5は扇形の板状体で、揺動中心に孔20を穿設し、一方の端部をピアスパンチ2の後端面に当接する円弧当接部21に、他方の端部をドライバー6に当接する円弧当接部22にそれぞれ形成する。さらに、他方の端部には上昇時ドライバー6のフック23が引っ掛かるピン24を両側へ突設する。

スライドピン25を図12、図13に示す。図12はその正面図、図13はその平面図である。スライドピンは、ピアスパンチ2のボディ1への脱着のために用いるもので、円柱体を半割りにし、平面26の両側を若干削除したものである。

本ピアスカムは次のように組み立てる。

ボディ1の案内孔7にピアスパンチ2を挿入し、その後端面をストッパー面9に当接し、ピアスパンチ2の平面14にスライドピン25の平面26を当接させてボディ1の着脱孔27に挿入し、ピアスパンチ2を固定する。ピアスパンチ2が刃欠け等で交換が必要な時は、このスライドピン25を抜いて新たなピアスパンチ2に替えてスライドピン25を挿入して固定する。

このスライドピン25はピアスパンチ2の孔開けが円形以外、例えば四角形、六角形等の場合、ピアスパンチ2の回り止めの役割を果たす。

次に、コイルスプリング3をピアスパンチ2の着座部28に着座させ、ストリッパー4の孔17にピアスパンチ2の孔開け部16を嵌め、ストッパーピン29をストリッパー14の側壁18のストローク長孔19、ボディ1の長孔10に嵌める。ストリッパー4はコイルスプリング3で付勢されているので、ストロークSだけ前方に移動する。

揺動アーム5はボディ1のブラケット部11の取付孔12とその孔20を合致させピン31により枢着し、その円弧当接部21をピアスパンチ2の後端面に当接させ、ピアスパンチ2と揺動アーム5とをリンクでピン結合(図示せず)しておく。

上型に固着したドライバー6の下端面30は揺動アーム5の円弧当接部22に当接し、ドライバー6の下降により揺動アーム5が回動し、その円弧当接部21はピアスパンチ2の後端面を加圧しコイルスプリング3の付勢力に抗してピアスパンチ2を前方へ押し出す。

ピアスパンチ2で孔開け加工後は、上型が上昇しドライバー6のフック23が揺動アーム5のピン24を引っ掛け、揺動アーム5を後方へ回動させ、ピアスパンチ2の平面14をスライドピン25の平面26に摺動させて、ピアスパンチ2も後退復帰する。

図14はドライバー6が上昇した状態を示す。

本ピアスカムは取付面が図15に示すように傾斜面33であっても容易に取付けられる。

本ピアスカムでの孔開けは、孔径15〜35mmのものに容易に適用できる。

本ピアスカムは、薄板成形品の孔開けに利用できるが、薄板成形品の外、プラスチック等の孔開けにも利用できる。

本発明の具体的一実施例のピアスカムの正面図である。 ドライバーを除いた平面図である。 ボディの正面図である。 ボディの側面図である。 ボディの平面図である。 ピアスパンチの正面図である。 ピアスパンチの側面図である。 ピアスパンチの平面図である。 ストリッパーの正面図である。 ストリッパーの平面図である。 揺動アームの正面図である。 スライドピンの正面図である。 スライドピンの平面図である。 ドライバーが上昇した状態の本ピアスカムの正面図である。 本ピアスカムを斜面に取付けた状態の正面図である。 従来のピアスカムの縦断面図である。

符号の説明

2…ピアスパンチ
1…ボディ
3…コイルスプリング
4…ストリッパー
5…回動アーム
6…ドライバー

Claims (1)

  1. ピアスパンチと、ピアスパンチを着脱自在に設け、下型本体の傾斜する取付面にも取付けうるボディと、ピアスパンチの先端部を内嵌めし、コイルスプリングで付勢したストリッパーと、ボディに揺動自在に設けピアスパンチの後端面に当接させた回動アームと、回動アームにプレス機械の下降力を伝達し、上昇時回動アームを引っ掛け上昇する上型に垂直状に設けたドライバーとよりなるピアスカム。
JP2003344676A 2003-10-02 2003-10-02 ピアスカム Expired - Fee Related JP3773934B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003344676A JP3773934B2 (ja) 2003-10-02 2003-10-02 ピアスカム

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003344676A JP3773934B2 (ja) 2003-10-02 2003-10-02 ピアスカム
ES04015503T ES2305623T3 (es) 2003-10-02 2004-07-01 Leva de perforar.
DE200460013897 DE602004013897D1 (de) 2003-10-02 2004-07-01 Stanznocken
EP20040015503 EP1520638B1 (en) 2003-10-02 2004-07-01 Pierce cam
US10/885,692 US7290473B2 (en) 2003-10-02 2004-07-08 Pierce cam
CA 2480731 CA2480731A1 (en) 2003-10-02 2004-09-07 Pierce cam

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005111479A JP2005111479A (ja) 2005-04-28
JP3773934B2 true JP3773934B2 (ja) 2006-05-10

Family

ID=34309137

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003344676A Expired - Fee Related JP3773934B2 (ja) 2003-10-02 2003-10-02 ピアスカム

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7290473B2 (ja)
EP (1) EP1520638B1 (ja)
JP (1) JP3773934B2 (ja)
CA (1) CA2480731A1 (ja)
DE (1) DE602004013897D1 (ja)
ES (1) ES2305623T3 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5423302B2 (ja) * 2009-10-02 2014-02-19 トヨタ紡織株式会社 ワークの製造装置及び製造方法
IT1399541B1 (it) * 2010-04-09 2013-04-19 Scattolon Stampo perfezionato per estrattore di punzoni
FR2985203B1 (fr) * 2012-01-04 2014-01-31 Peugeot Citroen Automobiles Sa Outillage pour presse d'emboutissage a transfert a ventouses comportant un dispositif a coulisseau
FR3021884B1 (fr) * 2014-06-06 2016-12-23 Peugeot Citroen Automobiles Sa Dispositif pour securiser le coulisseau d'un outil de presse, monte mobile entre une position reculee et une position de travail
CN104368681B (zh) * 2014-11-27 2016-08-17 安徽江淮汽车股份有限公司 斜楔机构
CN106216492A (zh) * 2016-08-08 2016-12-14 安徽江淮汽车股份有限公司 一种侧冲孔模具

Family Cites Families (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US702698A (en) * 1902-01-17 1902-06-17 Philip A Bowen Bookbinder's press-punch.
US1478684A (en) * 1923-01-25 1923-12-25 Henry O Taylor Vegetable cutter
US3205742A (en) * 1963-07-11 1965-09-14 Dro Engineering Company Di Adjustable pierce unit
US3811171A (en) * 1970-10-23 1974-05-21 Mac Lean Fogg Lock Nut Co Pierce nut applying tool
US3987695A (en) * 1975-12-22 1976-10-26 Neilsen Hildaur L Hole punch device for selectively punching different arrays of holes in sheet material
US4052871A (en) * 1976-08-13 1977-10-11 J. J. & M. Stock-piercing punch mechanism
FR2440790A1 (fr) * 1978-11-13 1980-06-06 Cecchi Gerard Unite de poinconnage
US4428262A (en) * 1982-07-09 1984-01-31 Vlahek Charles D Adjustable long life stripper
JPH0232653Y2 (ja) * 1985-08-30 1990-09-04
US4645399A (en) * 1985-11-05 1987-02-24 General Binding Corporation Combined punch and binding machine having an improved pressure bar assembly
FR2625694A1 (fr) * 1988-01-12 1989-07-13 Renault Dispositif de commande de poinconnage
US4993295A (en) * 1988-12-08 1991-02-19 Utica Enterprises, Inc. Punch stripper
JPH0698598B2 (ja) * 1989-03-02 1994-12-07 丸善株式会社 電動パンチ
JPH05169151A (ja) * 1991-12-16 1993-07-09 Mekatoro Joban Internatl:Kk パンチプレス機
US5992285A (en) * 1994-11-21 1999-11-30 Talarico; Joe Floating punch holder
US5899110A (en) * 1997-12-01 1999-05-04 Reo Hydraulic Pierce & Form, Inc. Pivoting fabricating apparatus with a linear action
SE519761C2 (sv) * 2001-09-27 2003-04-08 Brain Invest Internat Ab Perforator

Also Published As

Publication number Publication date
US20050072287A1 (en) 2005-04-07
JP2005111479A (ja) 2005-04-28
ES2305623T3 (es) 2008-11-01
EP1520638B1 (en) 2008-05-21
CA2480731A1 (en) 2005-04-02
EP1520638A1 (en) 2005-04-06
DE602004013897D1 (de) 2008-07-03
US7290473B2 (en) 2007-11-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1620213B1 (en) Press brake tool
US5782308A (en) Quick clamping device for at least one tool of a machine tool
KR100557405B1 (ko) 록킹장치를 가진 슬라이드 파스너용 슬라이더
JP4097599B2 (ja) プレスブレーキ工具および工具保持具
US7000446B2 (en) Stamping press having four in one guide pin assembly
US6755104B2 (en) Stripper plate supporting assembly
CA2664784C (en) Multiple punch and die assembly providing hand disassembly, punch length adjustment and replacement
US5904064A (en) Cam assembly for use in a pressing machine
CN101327507B (zh) 一种模具中的冲孔切换机构
CA2610279C (en) Tool fastening device for a wedge drive
CA2435833A1 (en) Wedge-lockable removable punch and die bushing in retainer
KR100586398B1 (ko) 프로그래시브 금형 장치
JP4231886B2 (ja) パイプ材にナットを固着するプレス装置
CN100427239C (zh) 一种复合冷冲压模具
EP0102429B1 (en) Compound die assembly
EP1166925A3 (en) Self-centering trim punch
JP4663895B2 (ja) 金型装置
DE60204545T2 (de) Gleitnocken-Presswerkzeug
WO2004037527A3 (de) Vorrichtung zum stanzen, prägen und/oder verformen flacher elemente
JP3452491B2 (ja) パンチホルダ装置
CN102672034B (zh) 连接支架精冲孔模具以及精冲孔的方法
US7793530B2 (en) Durable enlarged forming tool technology
EP1344586B1 (en) Cam apparatus
KR20030086999A (ko) 상형 홀더 장치
KR20090010904U (ko) 프로그레시브 금형

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050922

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051215

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060124

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060213

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060215

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090224

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100224

Year of fee payment: 4

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees