JP3771448B2 - Coupon issuing device - Google Patents

Coupon issuing device Download PDF

Info

Publication number
JP3771448B2
JP3771448B2 JP2001010218A JP2001010218A JP3771448B2 JP 3771448 B2 JP3771448 B2 JP 3771448B2 JP 2001010218 A JP2001010218 A JP 2001010218A JP 2001010218 A JP2001010218 A JP 2001010218A JP 3771448 B2 JP3771448 B2 JP 3771448B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
coupon
issued
file
coupons
type
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001010218A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002216247A (en
Inventor
征海 青木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toshiba TEC Corp
Original Assignee
Toshiba TEC Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba TEC Corp filed Critical Toshiba TEC Corp
Priority to JP2001010218A priority Critical patent/JP3771448B2/en
Publication of JP2002216247A publication Critical patent/JP2002216247A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3771448B2 publication Critical patent/JP3771448B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、クーポンの発行及び利用が可能なPOS(Point Of Sales)システムに用いられるクーポン発行装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来のPOSシステムに用いられるクーポン発行装置としては、予めクーポン発行対象の商品を記憶部に設定しておき、POSターミナルにおいて買物客が買上げる商品が登録されると、その登録商品がクーポン発行対象の商品か否かを判断し、クーポン発行対象の商品が登録されたと判断した場合には、POSターミナルのレシートプリンタを利用して所定のクーポン券を印字発行させるようにしたものがあった。この場合において、クーポン券は、発行対象となった商品若しくはその商品が属する部門の商品を次回以降に購入する際に値引または割引するというものであった。
【0003】
このようなクーポン発行装置を店で使用することにより、店で買物をしてクーポンを受取った顧客はそのクーポンを利用するために再度来店する可能性が高いため、客の定着化が図られ、販売促進の効果を期待できる。
【0004】
ところで、小売店における客の定着化を狙った他の方法として、会員優待制度がある。この制度は、店と会員契約をした顧客,いわゆる会員に対して一般客よりも低価格で商品を提供する制度であったり、会員が商品を購入する毎にその購入金額に応じたポイントを算出し、ポイントが溜まると何らかの特典を付与する制度であったりする。
【0005】
そして最近では、会員優待制度を導入している小売店において、会員と一般客とをより一層差別化するために、会員に対してのみクーポンを発行するサービスを導入したい要望があった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、従来のPOSシステムに用いられるクーポン発行装置においては、クーポン対象商品を買上げた顧客に対してクーポンが発行されるため、会員でなくてもクーポンが発行される場合や、会員でもクーポンが発行されない場合があり、クーポンによる会員と一般客との差別化が困難であった。
【0007】
そこで、複数種類のクーポンをまとめたものを各会員に郵送したり店で配布したりして差別化を図っているのが実情であり、クーポンの作成や郵送などに手間とコストがかかっていた。また、各会員には全種類のクーポンがまとめて配布されるため、多くのクーポンが使用されずに破棄されてしまっており、コストがかかるわりには無駄が多かった。
【0008】
本発明はこのような事情に基づいてなされたものであり、その目的とするところは、各会員に対してその会員が必要な種類のクーポンを手間を掛けることなく発行することができ、クーポンサービスを効率よく実施することができるクーポン発行装置を提供しようとするものである。
【0009】
【課題を解決するための手段】
本願請求項1記載の発明は、複数種類のクーポンを発行することができるクーポン発行装置において、各会員にそれぞれ配布される会員カードの会員識別情報に対応してその会員に対して発行すべきクーポンの種別コードを当該会員に対して発行すべきクーポン全てが未発行か発行済かを示すフラグとともに記憶する会員ファイルと、会員カードの会員識別情報を入力する入力手段と、この入力手段により会員カードの会員識別情報が入力されると会員ファイルを検索して当該会員識別情報に対応するフラグからクーポン未発行か発行済かを判断するクーポン発行判断手段と、この発行判断手段によりクーポン未発行と判断されると会員ファイルに当該会員識別情報に対応して設定されている種別コードのクーポン全てを発行させるとともに当該フラグを発行済に更新し、クーポン発行済と判断されるとクーポンの発行を行なわないクーポン発行制御手段とを備えたものである。
このような構成により、入力手段を介して会員カードの会員識別情報が入力されると、その会員識別情報で会員ファイルが検索される。そして、その会員識別情報に対応するフラグがクーポン未発行を示すときには、その会員識別情報に対応して設定されている種別コードのクーポン全てが発行される。これに対し、当該会員識別情報に対応するフラグがクーポン発行済を示すときには、クーポンが発行されない。したがって、会員ファイルに会員毎にその会員に対して発行すべきクーポンの種類が設定されると、各会員に対して1度だけその発行すべき種類のクーポンが発行される。
【0010】
本願請求項2記載の発明は、上記請求項1記載の発明に、さらに、各会員が買上げる商品を登録する商品登録部と、この商品登録部で登録された商品データに基づき会員毎にその会員が買上げた商品の売上金額を累計する会員別売上累計手段と、会員毎に前記会員別売上累計手段により累計される売上金額に基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類を決定し前記会員ファイルに設定する発行クーポン設定手段とを備えたものである。
このような構成により、各会員に対してそれぞれ設定される発行すべきクーポンの種類は、当該会員が店で買上げた商品の売上金額累計額に基づいて決定される。したがって、例えば売上の多い会員に対してより多くのクーポンを発行するというような差別化を図ることができる。
【0011】
本願請求項3記載の発明は、上記請求項2記載の発明において、商品登録部が、各会員が商品買上の際に使用したクーポンの登録機能を含むものであり、この商品登録部で登録されたクーポンデータに基づき会員毎にその会員が使用したクーポンの種類を管理する使用クーポン管理手段を備え、かつ発行クーポン設定手段を、会員毎に会員別売上累計手段により累計される売上金額と使用クーポン管理手段により管理される使用クーポンの種類とに基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類を決定し会員ファイルに設定する手段としたものである。
このような構成により、各会員に対してそれぞれ設定される発行すべきクーポンの種類は、当該会員が店で買上げた商品の売上金額累計額にと当該会員が店で使用したクーポンの種類とに基づいて決定される。したがって、例えば売上の多い会員に対してその会員が使用することが多い種類のクーポンをより多く発行するというような差別化を図ることができる。
【0012】
本願請求項4記載の発明は、上記請求項1記載のクーポン発行装置において、会員ファイルを、各会員にそれぞれ配布される会員カードの会員識別情報に対応してその会員に対して発行すべきクーポンの種別コード及びその発行枚数を当該会員に対してクーポンを未発行か発行済かを示すフラグとともに記憶するものとし、クーポン発行制御手段を、クーポン発行判断手段によりクーポン未発行と判断されると会員ファイルに当該会員識別情報に対応して設定されている種別コードのクーポンをそれぞれ発行枚数分発行させるとともに当該フラグを発行済に更新し、クーポン発行済と判断されるとクーポンの発行を行なわない手段としたものである。
このような構成により、入力手段を介して会員カードの会員識別情報が入力されると、その会員識別情報で会員ファイルが検索される。そして、その会員識別情報に対応するフラグがクーポン未発行を示すときには、その会員識別情報に対応して設定されている種別コードのクーポンがそれぞれ発行枚数分発行される。これに対し、当該会員識別情報に対応するフラグがクーポン発行済を示すときには、クーポンが発行されない。したがって、会員ファイルに会員毎にその会員に対して発行すべきクーポンの種類とその発行枚数とが設定されると、各会員に対して1度だけその発行すべき種類のクーポンがそれぞれ発行枚数分発行される。
【0013】
本願請求項5記載の発明は、上記請求項4記載の発明に、さらに各会員が買上げる商品を登録する商品登録部と、この商品登録部で登録された商品データに基づき会員毎にその会員が買上げた商品の売上金額を各商品を分類する分類コード別に累計する会員別売上累計手段と、会員毎に会員別売上累計手段により累計される分類コード別売上金額に基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類とその発行枚数を決定し会員ファイルに設定する発行クーポン設定手段とを備えたものである。
【0014】
このような構成により、各会員に対してそれぞれ設定される発行すべきクーポンの種類とその発行枚数は、当該会員が店で買上げた商品の売上金額累計額に基づいて決定される。したがって、例えば売上の多い会員に対してより多くのクーポンを発行するというような差別化を図ることができる。
【0015】
本願請求項6記載の発明は、上記請求項5記載の発明において、商品登録部が、各会員が商品買上の際に使用したクーポンの登録機能を含むものであり、この商品登録部で登録されたクーポンデータに基づき会員毎にその会員が使用したクーポンの種類と枚数を管理する使用クーポン管理手段を備え、かつ発行クーポン設定手段を、会員毎に会員別売上累計手段により累計される分類コード別売上金額と使用クーポン管理手段により管理される使用クーポンの種類と枚数とに基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類を決定し会員ファイルに設定する手段としたものである。
このような構成により、各会員に対してそれぞれ設定される発行すべきクーポンの種類とその発行枚数は、当該会員が店で買上げた商品の売上金額累計額にと当該会員が店で使用したクーポンの種類及びその枚数とに基づいて決定される。したがって、例えば売上の多い会員に対してその会員が使用することが多い種類のクーポンをより多く発行するというような差別化を図ることができる。
【0016】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の一実施の形態を図面を用いて説明する。
なお、この実施の形態は、会員に対して一般客よりも低価格で商品を提供する会員優待制度を導入するとともに、会員に対してのみ予め指定された商品分類に属する商品を値引または割引して販売するクーポン60(図14を参照)を複数種類発行することで会員と一般客との差別化を図る店舗のPOSシステムに本発明を適用した場合である。
【0017】
図1は本実施の形態のPOSシステム全体図であり、各買物客が買上げる商品を登録する商品登録部を備えた複数台のPOSターミナル1と、各POSターミナル1を集中管理するファイルプロセッサ2とを、LAN(Local Area Network)3で接続してPOSシステムを構築している。各POSターミナル1には、各会員に対してそれぞれ配布される会員カード4のカードデータを読取るためのカードリーダ5を設けている。因みに、会員カード4は、図2に示すように、カード発行店の店コードや、そのカードを所有する会員を識別する会員識別情報としての会員番号等が記録されたもので、磁気カードまたはICカードを利用して作成したものである。
【0018】
ファイルプロセッサ2は、前記LAN3を介して各POSターミナル1を接続する一方、公衆回線または専用回線を介してホストコンピュータ等の上位機種を接続している。また、会員ファイル6,単品ファイル7及びクーポンファイル8をそれぞれ記憶管理している。
【0019】
会員ファイル6は、図3に示すように、各会員をそれぞれ識別する会員識別情報としての会員番号に対応して、その会員の氏名,住所,電話番号などの会員データを記憶管理するデータファイルである。また特に、クーポン60の種類を特定するクーポン種別コード毎にクーポン発行枚数,すなわちクーポン利用可能枚数を記憶できるようになっている。また、各商品を分類するリンク部門コード別に売上金額を累計できるようになっている。さらに、当該会員番号の会員に対してクーポン60を未発行(0)であるか発行済(1)であるかを識別するクーポンフラグを記憶するようになっている。
【0020】
単品ファイル7は、図4に示すように、各商品をそれぞれ識別する単品コードに対応して、商品名,通常単価(非会員による購入単位数当たりの価格),会員単価(会員による購入単位数当たりの価格)等の単品データを記憶管理するデータファイルである。また特に、その商品が属する商品分類であるリンク部門コードと、その商品を購入する際に使用できるクーポン60を特定するクーポン種別コードとを記憶するようになっている。なお、クーポン種別コードが“0”の場合には、その商品は購入の際に使用できるクーポン60が存在しないクーポン非対象の商品であることを示している。
【0021】
クーポンファイル8は、図5に示すように、各種クーポン60の種類を特定するクーポン種別コードに対応して、同一種のクーポンに対して重複しないように割当て設定されるクーポン番号と、そのクーポン60に印字される1〜N(N≧2の正数)行分のメッセージデータと、そのクーポン60が値引用クーポンなのか割引用クーポンなのかを区分する値割引区分データ(1:値引,2:割引)と、値引額または割引率のレートとを記憶管理するデータファイルである。また特に、そのクーポン60によって値引または割引される商品のリンク部門コード(複数設定可)と、1〜K(K≧2の正数)枚までの発行枚数毎に金額データ範囲を記憶するようになっている。なお、図中「n」はデータが未設定であることを示す。
【0022】
図6はPOSターミナル1の要部構成を示すブロック図であり、このPOSターミナル1は、制御部本体としてCPU(Central Processing Unit)101を備えている。また、CPU101が実行するプログラム等の固定的データを予め格納したROM(Read Only Memory)102、CPU101が処理するデータやCPU101によって処理されたデータ等の可変的データを格納するRAM(Random Access Memory)103、現在の日付及び時刻を計時する時計部104、前記LAN3を介して行なうデータ通信を制御するLANコントローラ105、キャッシャ用に設けられた正面表示器106の画面表示を制御する第1の表示コントローラ107及び買物客用に設けられた客面表示器108の画面表示を制御する第2の表示コントローラ109の他、キーボードインタフェース110,スキャナインタフェース111,プリンタインタフェース112,カードリーダインタフェース113,ドロワインタフェース114等の各入出力機器用インタフェースを備えている。そしてCPU101と、ROM102,RAM103,時計部104,LANコントローラ105,第1,第2の表示コントローラ107,109及び各入出力機器用インタフェース110〜114とを、アドレスバス,データバス等のバスライン115で接続している。
【0023】
キーボードインタフェース110には、置数キー,PLU(Price Look Up)キー,小計キー,預/現計キー等の商品登録業務用キーが配設されたPOSターミナル専用のキーボード116を接続している。スキャナインタフェース111には、各商品に付される単品コードのバーコードやクーポン60に印刷されるクーポンバーコード63等を光学的に読取ることができるスキャナ117を接続している。プリンタインタフェース112には、レシート用紙に印字を行ないレシートとして発行することができるプリンタ118を接続している。カードリーダインタフェース113には前記カードリーダ5を接続している。ドロワインタフェース114には、現金等を収容するためのドロワ119を接続している。
【0024】
ここに、キーボード116とスキャナ117は各会員が買上げる商品を登録する商品登録部として機能する。そして、この商品登録部は、各会員が商品買上の際に使用したクーポンの登録機能を含むものである。
【0025】
図7はファイルプロセッサ2の要部構成を示すブロック図であり、このファイルプロセッサ2も、制御部本体としてCPU201を備えている。また、CPU201が実行するプログラム等の固定的データを予め格納したROM202、CPU201が処理するデータやCPU201によって処理されたデータ等の可変的データを格納するRAM203、現在の日付及び時刻を計時する時計部204、前記LAN3を介して行なうデータ通信を制御するLANコントローラ205の他、FDD(Floppy Disk Drive)装置206の駆動を制御するFDDコントローラ207、HDD(Hard Disk Drive)装置208の駆動を制御するHDDコントローラ209、上位機器とのデータ通信を司るMODEM(modulator-demodulator:変復調装置)210等を備えている。そしてCPU201と、ROM202,RAM203,時計部204,LANコントローラ205,FDDコントローラ207,HDDコントローラ209及びMODEM210とを、アドレスバス,データバス等のバスライン211で接続している。
【0026】
HDD装置208には、前記会員ファイル6,単品ファイル7及びクーポンファイル8の各データファイルを記憶保存している。
【0027】
RAM203には、図8に示すように、各会員のリンク部門別売上金額を累計する期間である売上管理期間の開始日及び終了日と、各会員にクーポンを発行する期間であるクーポン発行期間の開始日及び終了日と、各会員に発行したクーポンの有効利用期間であるクーポン利用期間の開始日及び終了日とをそれぞれ更新自在に記憶するクーポンスケジュールテーブル9を形成している。そして、必要なときに、上位機種からのダウンロードによりクーポンスケジュールテーブル9のデータを更新するようになっている。また、クーポン発行期間のとき“1”にセットされる発行フラグF1と、クーポン利用期間のとき“1”にセットされる利用フラグF2とを記憶するエリアも形成している。
【0028】
しかして、ファイルプロセッサ2のCPU201は、特に、時計部204にて計時される時刻が予め設定されている開店業務開始時刻になると、上記クーポンスケジュールテーブル9を参照して図9の流れ図に示す処理手順の開店業務を開始するものとなっている。
【0029】
先ずCPU201は、ST(ステップ)1として時計部204にて計時されている現在日がクーポンスケジュールテーブル9に設定されている売上管理期間(開始日〜終了日)内か否かを判断する。ここで、現在日が売上管理期間内の場合には、ST2として現在日がその売上管理期間の開始日か否かを判断する。そして開始日の場合には、ST3として会員ファイル6に登録されている全会員データのリンク部門コード別売上金額累計データを“0”にクリアする。ST2にて現在日が売上管理期間の開始日以外の場合には、ST3の処理は行なわない。
【0030】
一方、ST1にて現在日が売上管理期間外の場合には、ST4として現在日の前日が売上管理期間の終了日か否かを判断する。そして終了日の場合には、ST5として後述するクーポン発券枚数設定処理を実行する。ST4にて現在日の前日が売上管理期間の終了日以外の場合には、ST5の処理は行なわない。
【0031】
次にCPU201は、ST6として現在日がクーポンスケジュールテーブル9に設定されているクーポン発行期間(開始日〜終了日)内か否かを判断する。ここで、現在日がクーポン発行期間内の場合には、ST7として現在日がそのクーポン発行期間の開始日か否かを判断する。そして開始日の場合には、ST8として前記発行フラグF1を“1”にセットする。ST8にて現在日がクーポン発行期間の開始日以外の場合には、ST8の処理は行なわない。
【0032】
一方、ST5にて現在日がクーポン発行期間外の場合には、ST9として現在日の前日がクーポン発行期間の終了日か否かを判断する。そして終了日の場合には、ST10として前記発行フラグF1を“0“にリセットする。ST9にて現在日の前日がクーポン発行期間の終了日以外の場合には、ST10の処理は行なわない。
【0033】
次にCPU201は、ST11として現在日がクーポンスケジュールテーブル9に設定されているクーポン利用期間(開始日〜終了日)内か否かを判断する。ここで、現在日がクーポン利用期間内の場合には、ST12として現在日がそのクーポン利用期間の開始日か否かを判断する。そして開始日の場合には、ST13として前記利用フラグF2を“1”にセットする。ST12にて現在日がクーポン利用期間の開始日以外の場合には、ST13の処理は行なわない。
【0034】
一方、ST10にて現在日がクーポン利用期間外の場合には、ST14として現在日の前日がクーポン利用期間の終了日か否かを判断する。そして終了日の場合には、ST15として前記利用フラグF2を“0“にリセットする。ST14にて現在日の前日がクーポン利用期間の終了日以外の場合には、ST15の処理は行なわない。
その後、CPU201は、開店業務として従来より実行している他の処理に入る。
【0035】
図10は上記クーポン発券枚数設定処理を具体的に示す流れ図である。すなわちCPU201は、前記開店業務のST4の処理にて現在日の前日が売上管理期間の終了日であると判断すると、この図10の流れ図に示す処理を開始し、先ず、ST21として第1のカウンタaを“0”にリセットする。次に、ST22としてこの第1のカウンタaを「1」だけカウントアップしたならば、ST23として会員ファイル6から第1のカウンタaに相当する順番のレコード(以下、a番目会員情報と称する)を読込む。
【0036】
ここで、ST24としてa番目会員情報を会員ファイル6から読込むことができたならば、ST25として第2のカウンタbを“0”にリセットする。次に、ST26としてこの第2のカウンタbを「1」だけカウントアップしたならば、ST27としてクーポンファイル8から第2のカウンタbに相当する順番のレコード(以下、b番目クーポン情報と称する)を読込む。
【0037】
ここで、ST28としてb番目クーポン情報をクーポンファイル8から読込むことができたならば、ST29としてそのb番目クーポン情報からクーポン対象のリンク部門コードを全て取得する。次に、ST30としてa番目会員情報からST29で取得したクーポン対象のリンク部門コード別に累計した売上金額を全て取出し、その合計金額を算出する。次に、ST31としてb番目クーポン情報からST30で算出した売上合計金額を金額データ範囲とする発行枚数Pを取得する。また、ST32としてa番目会員情報からb番目クーポン情報のクーポン種別コードに対する利用可能枚数Qを取得する。そして、ST33として上記発行枚数Pから利用可能枚数Qを減算して当該クーポン種別コードに対する新規の利用可能枚数Rを算出する。このとき、発行枚数Pから利用可能枚数Qを減算した結果が負となる場合には、新規の利用可能枚数Rを0とする。しかる後、ST34としてa番目会員情報のうちb番目クーポン情報のクーポン種別コードに対する利用可能枚数を、ST33で算出した新規の利用可能枚数Rに書換え更新したならばST26の処理に戻り、第2のカウンタbをさらに「1」だけカウントアップする。
【0038】
こうして、クーポンファイル8に登録されている各クーポン情報を順番に読込み、その都度、a番目会員情報に対してST29乃至ST34の処理を実行して、該当クーポン種別コードに対する利用可能枚数を更新する。そして、ST28にてクーポンファイル8からb番目クーポン情報を読込むことができなくなったならばST22に戻り、第1カウンタaを「1」だけカウントアップして、会員ファイル6からa番目会員情報を読込む。そして、このa番目会員情報に対してST25以降の処理を繰り返す。すなわち、クーポンファイル8に登録されている各クーポン情報を再び先頭から順番に読込み、その都度、a番目会員情報に対してST29乃至ST34の処理を実行して、該当クーポン種別コードに対する利用可能枚数を更新する。
【0039】
こうして、会員ファイル6に登録されている各会員情報の各クーポン種別コードに対する利用可能枚数を順次更新する。そして、ST24にて会員ファイル6からa番目会員情報を読込むことができなくなったならば、このクーポン発券枚数設定処理を終了する。
【0040】
一方、各POSターミナル1のCPU101は、特にカードリーダ5で読取ったカードデータの店コードが予め有効コードとして設定されている店コードであるとき、有効な会員カード6のカードデータを読取ったと認識して、図11の流れ図に示す会員登録業務を開始するものとなっている。
【0041】
先ずCPU101は、ST1としてカードリーダ5により会員カード6から読取ったカードデータ(店コード,会員番号など)から図13(a)に示すレイアウトの問合せ伝文を作成し、この問合せ伝文をLAN3を介してファイルプロセッサ2に送信する。なお、図13(a)に示す伝文レイアウトの「FF」は問合せ伝文を示すコードであり、「FPID」は伝文送信先であるファイルプロセッサ2の通信アドレスであり、「TMID」は伝文送信元であるPOSターミナル1の通信アドレスである。
【0042】
これにより、ファイルプロセッサ2のCPU201は、会員情報問合せ伝文中の会員番号で会員ファイル6を検索して該当する会員情報を読出し、RAM203に格納されている発行フラグF1及び利用フラグF2の各フラグデータとともに図13(b)に示すレイアウトの会員情報応答伝文を作成する。そして、この会員情報応答伝文をLAN3を介して問合せ元のPOSターミナル1に送信する。なお、図13(b)に示す伝文レイアウトの「FF」は会員情報応答伝文を示すコードであり、「TMID」は伝文送信先であるPOSターミナル1の通信アドレスであり、「FPID」は伝文送信元であるファイルプロセッサ2の通信アドレスである。
【0043】
そこで、この会員情報応答伝文を受信したPOSターミナル1のCPU101は、その応答伝文に含まれる会員情報,発行フラグF1及び利用フラグF2をそれぞれRAM103の会員処理メモリに格納した後、ST2としてその会員処理メモリに格納された会員情報中のクーポンフラグをチェックして、この会員に対してクーポン60が未発行か発行済かを判断する。そして、クーポンフラグが“0”にリセットされており、クーポン60が未発行であると判断した場合には、ST3として当該会員情報から会員氏名を取得し、正面表示器106及び客面表示器108に表示させる。これに対し、クーポンフラグが“1”にセットされており、クーポン60が発行済であると判断した場合には、ST3として当該会員情報から会員氏名とともにクーポン種別コード毎の利用可能枚数を取得し、これらを正面表示器106及び客面表示器108に表示させる。
【0044】
次に、ST5として図12に具体的に示す買上商品登録処理を実行する。この処理は、ST6として1会員が買上げる商品の登録終了を宣言する締めキー(例えば預/現計キー)が入力されるまで繰返し実行する。
【0045】
先ず、ST21としてスキャナ117によりバーコードがスキャニングされるのを待機する。そして、バーコードがスキャニングされたならば、ST22としてそのバーコードがクーポン60に印刷されているクーポンバーコード63か否かを判断する。なお、このクーポンバーコード63はクーポン種別コードを最上位桁としその後にクーポン番号をつなげた数字列をバーコード化したものである。
【0046】
ST22にてスキャニングされたバーコードがクーポンバーコードであった場合には、ST23として会員処理メモリ内に格納された利用フラグF2をチェックする。ここで、利用フラグF2が“0”にリセットされていた場合には、現在はクーポン利用期間外でありクーポン60を使用できないのでST21に戻り、次のバーコードデータがスキャニングされるのを待機する。これに対し、利用フラグF2が“1”にセットされていた場合には、現在はクーポン利用期間内なので、ST24として会員処理メモリに格納された会員情報中のクーポン種別コード別利用可能枚数のうち、スキャニングされたクーポンバーコードの最上位桁であるクーポン種別コードの利用可能枚数が「0」より大きいか否かをチェックする。そして、利用可能枚数が「0」の場合には、当該クーポン60は使用できないのでST21に戻り、次のバーコードデータがスキャニングされるのを待機する。これに対し、利用可能枚数が「0」より大きい場合には、スキャニングされたクーポンバーコードのコード(クーポン種別コード+クーポン番号)をRAM103のワークエリアW1に一時格納する。その後、ST21に戻り、次のバーコードデータがスキャニングされるのを待機する。
【0047】
一方、ST22にてスキャニングされたバーコードがクーポンバーコードでなく、ST26として各商品に付される単品コードであった場合には、ST27としてその単品コードを含む単品情報問合せ伝文を作成し、この問合せ伝文をLAN3を介してファイルプロセッサ2に送信する。これにより、ファイルプロセッサ2のCPU201は、単品情報問合せ伝文を受信すると、伝文中の単品コードで単品ファイル7を検索して該当する単品情報を読出し、問合せ元のPOSターミナル1に返信するので、この単品情報を受信したPOSターミナル1のCPU101は、ST28としてこの単品情報中のクーポン種別コードが「0」か否か、つまりクーポン対象商品か否かをチェックする。ここで、単品情報中のクーポン種別コードが「0」でありクーポン対象外商品であった場合には、単品情報中の単価を登録商品の販売価格としてST34に進む。
【0048】
これに対し、単品情報中のクーポン種別コードが「0」でなくクーポン対象商品であった場合には、ST29としてその単品情報中のクーポン種別コードがワークエリアW1内のクーポンコードの最上位桁であるクーポン種別コードと一致するか否かを判断する。ここで、一致しない場合(ワークエリアW1内のデータが「0」の場合も含む)には、クーポン60を利用しない商品の登録なので、単品情報中の単価を登録商品の販売価格としてST34に進む。
【0049】
これに対し、ST29にて単品情報中のクーポン種別コードがワークエリアW1内のクーポン種別コードと一致する場合には、クーポン60を利用した商品の登録なので、ST30として単品情報中のクーポン種別コードを含むクーポン情報問合せ伝文を作成し、この問合せ伝文をLAN3を介してファイルプロセッサ2に送信する。これにより、ファイルプロセッサ2のCPU201は、クーポン情報問合せ伝文を受信すると、伝文中のクーポン種別コードでクーポンファイル8を検索して該当するクーポン情報を読出し、問合せ元のPOSターミナル1に返信するので、このクーポン情報を受信したPOSターミナル1のCPU101は、ST31としてそのクーポン情報のクーポン番号がワークエリアW1内のクーポンコードの最上位桁を除くクーポン番号と一致するか否かを判断する。ここで一致しない場合には、使用不可能な有効期限切れ若しくは偽造されたクーポンが使用されたので、ST34に進む。
【0050】
ST31にてクーポン番号が一致した場合には、ST32として会員処理メモリに格納されている会員情報中の該当クーポン種別コードに対応する利用可能枚数を1だけ減算する。また、ST33としてクーポン情報中の値割引区分データとレートとから値引額を求める。具体的には、値割引区分データが「1:値引額」の場合には、レートのデータをそのまま値引額とする。また、値割引区分データが「2:割引額」の場合には、単品情報中の会員単価のレート(%)を値引額とする。こうして、値引額を求めたならば、単品情報中の会員単価から値引額を減算して登録商品の販売価格を計算して、ST34に進む。
【0051】
ST34では、単品売上登録処理を実行する。この処理は、単品情報中の単品コードと販売価格と販売点数とをトランザクションデータとしてRAM103のトランザクションメモリに登録する処理である。また、1取引分の販売価格を取引合計器にて合計する処理や、商品名,販売価格等を正面表示器106及び客面表示器108に表示する処理等を含む。
【0052】
その後、ST35として会員処理メモリに格納されている会員情報中のリンク部門コード別売上金額データのうち、単品情報中のリンク部門コードと同一部門コードの売上金額データを、登録商品の販売価格を加算した金額に更新する。そして、ST36として前記ワークエリアW1のデータを“0”にクリアしたならば、今回の買上商品登録処理を終了する。
【0053】
図11の説明に戻る。ST6にて締めキーの入力を検知した場合には、ST7として登録締め処理を実行する。この処理は、例えば預/現計キーにより預かり金額が入力された場合には、その預かり金額から取引合計器内の合計金額を減じて釣銭額を算出し、正面表示器106及び客面表示器108に表示するとともに、ドロワ119を開放させる処理である。次いで、ST8としてプリンタ118を駆動させてレシートを印字発行させる。
【0054】
その後、ST9として会員処理メモリに格納されている発行フラグF1をチェックする。ここで、発行フラグF1が“0”にリセットされていた場合には、現在はクーポン発行期間外なのでST13に進む。これに対し、発行フラグF1が“1”にセットされていた場合には、現在はクーポン発行期間なので、ST10として会員処理メモリに格納されている会員情報中のクーポンフラグをチェックする。そして、クーポンフラグが“1“、つまり当該会員に対してクーポン発行済の場合にはST13に進む。
【0055】
これに対し、クーポンフラグが“0“、つまり当該会員に対してクーポン未発行の場合には、ST11としてクーポン発行処理を実行する。具体的には、会員処理メモリに格納されている会員情報中のクーポン種別コード別利用可能枚数をチェックする。そして、利用可能枚数が「1」以上のクーポン種別コードを取得する毎に、そのクーポン種別コードを含むクーポン情報問合せ伝文を作成し、この問合せ伝文をLAN3を介してファイルプロセッサ2に送信する。これにより、ファイルプロセッサ2のCPU201は、前記と同様にクーポン情報問合せ伝文伝文中のクーポン種別コードでクーポンファイル8を検索して該当するクーポン情報を読出し、問合せ元のPOSターミナル1に返信するので、このクーポン情報を受信したPOSターミナル1のCPU101は、プリンタ118の駆動を制御して、図14に示すように、当該クーポン情報中のメッセージデータ61と、会員処理メモリに格納されている会員情報中の会員番号及び会員氏名62と、当該クーポン情報中のクーポン種別コードとクーポン番号とからなるクーポンバーコード63とを印字したクーポン60を利用可能枚数分発行させる。
【0056】
こうして、CPU101は、クーポンコード別利用可能枚数が「1」以上のクーポン種別コードのクーポン60をそれぞれ利用可能枚数分印字発行させたならば、ST12として会員処理メモリに格納されている会員情報中のクーポンフラグを、未発行を示す“0”から発行済を示す“1”に更新する。その後、ST13に進む。
【0057】
ST13では、会員処理メモリに格納されている会員情報をLAN3を介してファイルプロセッサ2に転送する。これにより、ファイルプロセッサ2のCPU201は、POSターミナル1から受信した会員情報で会員ファイル6内の同一会員番号の会員情報を上書き更新する。そして更新後、会員情報送信元のPOSターミナル1に対して更新終了の応答を返信するので、この更新終了応答を受信したPOSターミナル1のCPU101は、会員処理メモリをクリアして、今回の会員登録業務を終了するものとなっている。
【0058】
このように本実施の形態においては、各POSターミナル1を集中管理するファイルプロセッサ2に、会員ファイル6,単品ファイル7及びクーポンファイル8が設けられている。そして、会員ファイル6には、各会員にそれぞれ配布される会員カードの会員識別情報である会員番号に対応して、その会員に対して発行すべきクーポンの種別コードと、その種別コードで識別されるクーポンの利用可能枚数すなわち発行枚数とが、当該会員に対してクーポンを未発行か発行済かを示すクーポンフラグとともに設定登録されるようになっている。また、この会員ファイル6により各商品を分類するリンク部門コード別に当該会員が買上げた商品の売上金額が累計されるようになっている。単品ファイル7には、各商品固有の単品コードに対応してその商品が属する分類であるリンク部門コードとその商品が値引または割引対象となるクーポンの種別コードとが予め設定登録されている。クーポンファイル8には、各種クーポンを識別するクーポン種別コードに対応して、同一種のクーポンのなかで重複しないように割当てられるクーポン番号とともに、そのクーポン作成に要する印字データ、値割引区分コード、レート、クーポン対象の商品が属するリンク部門コードが設定登録されるようになっている。また、1〜K(K≧2)までの発行枚数毎にその枚数のクーポンの発行に必要な売上金額範囲も設定登録されるようになっている。
【0059】
また、ファイルプロセッサ2のRAM203に、クーポンスケジュールテーブル9が形成されており、このテーブル9に、クーポンサービスの売上管理期間,クーポン発行期間及びクーポン利用期間の各開始日と終了日が設定されるようになっている。
【0060】
さて、ファイルプロセッサ2においては、毎営業日の開店前の所定時刻になると、自動的に開店業務が実施される。この開店業務において、今、現在日がクーポンスケジュールテーブル9に設定された売上管理期間の開始日に一致したとすると、会員ファイル6に登録されている全会員データのリンク部門コード別売上金額累計データが“0”にクリアされる(図9中ST3)。
【0061】
一方、営業時間帯に会員が店で商品を購入し、会員カード4を提示して代金の支払いを申し出たとすると、POSターミナル1を操作するキャッシャは、会員から受取った会員カード4のカードデータをカードリーダ5で読取らせる。そうすると、そのカードデータ中の会員番号に対応する会員ファイルデータがファイルプロセッサ2からPOSターミナル1に読込まれる。そして、クーポンフラグがチェックされる。このとき、クーポンフラグが未発行(0)を示すとすると、正面表示器106及び客面表示器108に当該会員の氏名が表示されるので、キャッシャは、当該会員が買上げる商品の登録を行なう。そうすると、会員ファイルデータの登録商品が属するリンク部門コードに対応する売上金額データに登録商品の販売価格が加算される(図12中ST35)。こうして、商品登録を行なう毎に、その商品の販売価格が当該顧客の会員ファイルデータの該当するリンク部門コード別売上金額データに加算される。当該会員が買上げる商品の登録を終了すると、キャッシャは、締めキーを押下する。そうすると、プリンタ118により今回取引のレシートが印字発行される。また、商品登録によってリンク部門コード別売上金額データが加算更新された会員ファイルデータがファイルプロセッサ2の会員ファイル6に上書きされる(図11中ST13)。
【0062】
各POSターミナル1において会員が買上げる商品の登録が行なわれる毎に、上記の処理が繰り返される。したがって、会員ファイル6に登録されている各会員データのリンク部門コード別売上金額累計データは売上管理期間開始日の開店業務の際にクリアされるので、会員ファイル6では会員毎に売上管理期間中に当該会員が買上げた商品の売上金額が累計される。
【0063】
ここに、各POSターミナル1のカードリーダ5は、会員カード4の会員識別情報(会員番号)を入力する入力手段として機能する。また、図12に示す買上商品登録処理のST35の処理と、図11に示す会員登録業務処理のST13の処理とを実行するPOSターミナル1のCPU101と、ファイルプロセッサ2が有する会員ファイル6とは、商品登録部(キーボード116,スキャナ117)で登録された商品データに基づき会員毎にその会員が買上げた商品の売上金額を各商品を分類する分類コード(リンク部門コード)別に累計する会員別売上累計手段を構成する。
【0064】
その後、現在日がクーポンスケジュールテーブル9に設定された売上管理期間の終了日の翌日に一致したとする。そうすると、当日の開店業務において、クーポン発券枚数設定処理が実行される(図9中ST5)。
【0065】
例えば、クーポン種別コード「1」のクーポンファイルデータに、クーポン対象部門コードとして「01」及び「03」が設定されており、発行枚数1の金額範囲として「1〜999」が、発行枚数2の金額範囲として「1000〜9999」がそれぞれ設定されていたとする。この場合、リンク部門コード「01」と「03」に属する商品の売上金額合計が0円の会員に対してはクーポン種別コード「1」の利用可能枚数データとして「0」が決定され、同部門コードの売上金額合計が1〜999円の会員に対してはクーポン種別コード「1」の利用可能枚数データとして「1」が決定され、同部門コードの売上金額合計が1000〜9999円の会員に対してはクーポン種別コード「1」の利用可能枚数データとして「2」が決定される。同様に、クーポン種別コード「2」のクーポンファイルデータに、クーポン対象部門コードとして「02」及び「03」が設定されており、発行枚数1の金額範囲として「1000〜9999」が、発行枚数2の金額範囲として「10000〜99999」がそれぞれ設定されていた場合には、リンク部門コード「02」と「03」に属する商品の売上金額合計が1000円未満の会員に対してはクーポン種別コード「2」の利用可能枚数データとして「0」が決定され、同部門コードの売上金額合計が1000〜9999円の会員に対してはクーポン種別コード「2」の利用可能枚数データとして「1」が決定され、同部門コードの売上金額合計が10000〜99999円の会員に対してはクーポン種別コード「2」の利用可能枚数データとして「2」が決定される。
【0066】
ここに、図9に示す開店業務処理のST5の処理、より詳しくは図10に示すクーポン発券枚数設定処理のST21〜ST34の各処理を実行するファイルプロセッサ2のCPU201は、会員毎に会員別売上累計手段(POSターミナル1のCPU101,会員ファイル6)により累計される分類コード別売上金額(リンク部門コード別売上金額)に基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類とその発行枚数を決定し会員ファイル6に設定する発行クーポン設定手段を構成する。
【0067】
その後、現在日がクーポンスケジュールテーブル9に設定されたクーポン発行期間の開始日に一致したとする。そうすると、当日の開店業務において、ファイルプロセッサ2のRAM203に発行フラグF1がセットされる。
【0068】
この状態で、POSターミナル1において、会員が買上げる商品の登録が行なわれ、締めキーが入力されると、当該会員の会員ファイルデータにおけるクーポンフラグがチェックされる(図11中ST10)。そして、このクーポンフラグが“0”、つまり未発行を示すときには、当該会員ファイルデータのクーポン種別コード別利用可能枚数がチェックされる。そして、利用可能枚数が1以上の種別コードに対応するクーポン60が自動的にその利用可能枚数分プリンタ118により印字発行されるとともに(図11中ST11)、当該会員ファイルデータのクーポンフラグが未発行“0”から発行済“1”に更新される(図11中ST12,ST13)。
【0069】
例えば、クーポン種別コード「1」に対する利用可能枚数が「2」で、クーポン種別コード「2」に対する利用可能枚数が「1」の会員に対しては、クーポン種別コード「1」で識別されるクーポン60が2枚とクーポン種別コード「2」で識別されるクーポン60が1枚発行される。また、クーポン種別コード「1」に対する利用可能枚数が「3」で、クーポン種別コード「2」に対する利用可能枚数が「0」の会員に対しては、クーポン種別コード「1」で識別されるクーポン60が3枚発行され、クーポン種別コード「2」で識別されるクーポン60は発行されない。
【0070】
なお、クーポン60には、図14に示すように、該当するクーポン種別コードを最上位桁とし、クーポンファイル8に当該クーポン種別コードに対応して設定されているクーポン番号を下位桁とするクーポンバーコード63が印字されて発行される。
【0071】
ここに、図11に示す会員登録業務のST10,ST11,ST12の処理を実行するPOSターミナル1のCPU101は、入力手段(カードリーダ5)により会員カード4の会員識別情報(会員番号)が入力されると会員ファイル6を検索してクーポンフラグからクーポン未発行か発行済かを判断するクーポン発行判断手段と、この発行判断手段によりクーポン未発行と判断されると会員ファイル6に当該会員識別情報(会員番号)に対応して設定されている種別コードのクーポンをそれぞれ発行枚数分発行させるとともに当該フラグを発行済に更新し、クーポン発行済と判断されるとクーポンの発行を行なわないクーポン発行制御手段とを構成する。
【0072】
その後、現在日がクーポンスケジュールテーブル9に設定されたクーポン発行期間の終了日の翌日に一致したとすると、発行フラグF1がリセットされる。そうすると、たとえクーポン未発行の会員が買上げる商品の登録がPOSターミナル1で実行されても、クーポンは発行されない。
【0073】
その後、現在日がクーポンスケジュールテーブル9に設定されたクーポン利用期間の開始日に一致したとする。そうすると、当日の開店業務において、ファイルプロセッサ2のRAM203に利用フラグF2がセットされる。
【0074】
この状態で、POSターミナル1において、会員カード4のカードデータがカードリーダ5により読取られると、その会員の氏名とともに、直前のクーポン発行期間内に当該会員に対して発行されたクーポンの種類とその発行枚数が正面表示器106及び客面表示器108に表示される。
【0075】
ここで、会員がクーポン60を提示しそのクーポン60で値引または割引が可能な商品の購入を申し出ると、キャッシャは、先ず、クーポン60のクーポンバーコード63をスキャナ117でスキャニングし、続いて商品の単品バーコードをスキャニングして登録を行なう。そうすると、当該会員の会員ファイルデータにおける該当クーポン種別コードの利用可能枚数が1以上であり、かつ登録商品が当該クーポン60の対象商品であるときのみ、登録商品の販売価格が当該クーポン60のレートで値引または割引処理される(図12のST33)。そして、当該会員の会員ファイルデータにおける該当クーポン種別コードの利用可能枚数が「1」だけ減算される(図12のST32)。
【0076】
なお、該当クーポン種別コードの利用可能枚数が0であった場合には、登録商品の販売価格は当該クーポン60のレートでは値引または割引処理されない。
【0077】
こうして、クーポン60が利用され、対象商品が値引または割引される毎に、当該顧客の会員ファイルデータの該当するクーポン種別コードに対応した利用可能枚数が1ずつ減算される。当該会員が買上げる商品の登録を終了すると、キャッシャは、締めキーを押下する。そうすると、プリンタ118により今回取引のレシートが印字発行される。また、商品登録によってリンク部門コード別売上金額データが加算更新されると同時に、使用されたクーポン60のクーポン種別コードに対応した利用可能枚数が減算更新された会員ファイルデータがファイルプロセッサ2の会員ファイル6に上書きされる(図11中ST13)。
【0078】
各POSターミナル1において会員がクーポン60を使用して買上げる商品の登録が行なわれる毎に、上記の処理が繰り返される。したがって、会員ファイル6に登録されている各会員データのクーポン種別コード別利用可能枚数データはクーポン発行期間開始日の開店業務の際に同一クーポン種別コードの発行枚数が設定されるので、会員ファイル6では会員毎にクーポン利用期間中に当該会員が使用したクーポンの枚数が種別に計数される。そして、クーポン利用期間が終了したとき、利用可能枚数が1以上のクーポン60は、当該顧客に対して発行されたが使用されなかったクーポン60ということになる。
【0079】
ここに、図12に示す買上商品登録処理のST32の処理と、図11に示す会員登録業務処理のST13の処理とを実行するPOSターミナル1のCPU101と、ファイルプロセッサ2が有する会員ファイル6とは、商品登録部(スキャナ117)で登録されたクーポンデータに基づき会員毎にその会員が使用したクーポン60の種類と枚数を管理する使用クーポン管理手段を構成する。
【0080】
その後、再び次のクーポンサービスにおける売上管理期間となり、その終了日翌日の開店日になると、クーポン発券枚数設定処理が実行される。このとき、クーポン種別コードに対する利用可能枚数が残っていた会員,つまり前回のクーポンサービスで発行されたが利用しなかったクーポンがある会員に対しては、売上金額に応じて算出された同一種別コードのクーポン発行枚数が残数分減算されて設定される。
【0081】
例えばクーポン種別コード「1」の利用可能枚数データが「1」でかつクーポン種別コード「2」の利用可能枚数データが「0」であった会員の場合、クーポン種別コード「1」及び「2」の各クーポン60に対するクーポン対象部門コードの売上合計金額から決定される利用可能枚数がいずれも「2」であったとすると、クーポン種別コード「1」の利用可能枚数データは「1」となり、クーポン種別コード「2」の利用可能枚数データは「2」となる。
【0082】
このように本実施の形態によれば、ファイルプロセッサ2の会員ファイル6に会員毎にその会員に対して発行すべきクーポンの種類(クーポン種別コード)とその発行枚数(利用可能枚数)とが設定されると、POSターミナル1において、各会員に対して1度だけその発行すべき種類のクーポン60がそれぞれ発行枚数分発行されるので、各会員に対してその会員が必要な種類のクーポン60を手間を掛けることなく発行することができる。したがって、クーポンサービスを効率よく実施できるようになる。
【0083】
また、各会員に対してそれぞれ設定される発行すべきクーポンの種類とその発行枚数は、当該会員が店で買上げた商品の売上金額累計額に基づいて決定される。したがって、例えば売上の多い会員に対してより多くのクーポンを発行するというような差別化を図ることができる。しかも、前回のクーポンサービスで使用しなかった分は減算して発行枚数を決定している。逆を言えば、同一種類のクーポンを良く使用する会員に対してはその種類のクーポンを多く発行するようにしている。したがって、例えば売上の多い会員に対してその会員が使用することが多い種類のクーポンをより多く発行するというような差別化を図ることもできる。
【0084】
なお、前記一実施の形態では、各商品の部門別売上金額に応じて発行すべきクーポンの種類とその発行枚数(利用可能枚数)を決定したが、発行すべきクーポンの種類のみを決定し、発行枚数は全て一定値とする実施形態にも本発明は適用できるものである。
【0085】
また、前記一実施の形態では、POSシステムを構築するファイルプロセッサ2とPOSターミナル1とによって本発明のクーポン発行装置を構成したが、会員ファイル6,単品ファイル7及びクーポンファイル8をPOSターミナル1に設けることによって、POSターミナル単体で本発明のクーポン発行装置を構成することもできる。また、POSターミナル1と本発明のクーポン発行装置とを分離して構成し、両者間を有線または無線で通信自在に接続するようにしてもよい。
この他、本発明の要旨を逸脱しない範囲で種々変形実施可能であるのは勿論である。
【0086】
【発明の効果】
以上詳述したように、本願請求項1記載の発明によれば、各会員に対してその会員が必要な種類のクーポンを手間を掛けることなく発行することができ、クーポンサービスを効率よく実施することができるクーポン発行装置を提供できる。
【0087】
また、本願請求項2記載の発明によれば、上記請求項1記載の発明の効果に加えて、売上の多い会員に対してより多くの種類のクーポンを発行するというような差別化を図ることができる効果を奏する。
【0088】
また、本願請求項記載の発明によれば、上記請求項1記載の発明の効果に加えて、売上の多い会員に対してその会員が使用することが多い種類のクーポンを発行するというような差別化を図ることができる効果を奏する。
【0089】
また、本願請求項4記載の発明によれば、各会員に対してその会員が必要な種類のクーポンを必要な枚数だけ手間を掛けることなく発行することができ、クーポンサービスを効率よく実施することができるクーポン発行装置を提供できる。
【0090】
また、本願請求項5記載の発明によれば、上記請求項4記載の発明の効果に加えて、売上の多い会員に対してより多くの種類のクーポンを必要な数だけ発行するというような差別化を図ることができる効果を奏する。
【0091】
また、本願請求項6記載の発明によれば、上記請求項4記載の発明の効果に加えて、売上の多い会員に対してその会員が使用することが多い種類のクーポンを必要な数だけ発行するというような差別化を図ることができる効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の一実施の形態であるPOSシステムの全体構成図。
【図2】 同実施の形態で使用する会員カードのデータレイアウトを示す図。
【図3】 同実施の形態で使用する会員ファイルのデータレイアウトを示す図。
【図4】 同実施の形態で使用する単品ファイルのデータレイアウトを示す図。
【図5】 同実施の形態で使用するクーポンファイルのデータレイアウトを示す図。
【図6】 同実施の形態におけるPOSターミナルの要部構成を示すブロック図。
【図7】 同実施の形態におけるファイルプロセッサの要部構成を示すブロック図。
【図8】 同実施の形態においてファイルプロセッサのRAMに形成する主要なメモリエリアを示す図。
【図9】 同実施の形態においてファイルプロセッサのCPUが実行する開店業務処理の要部を示す流れ図。
【図10】図9におけるクーポン発券枚数設定処理を具体的に示す流れ図。
【図11】同実施の形態においてPOSターミナルのCPUが実行する会員登録業務処理の要部を示す流れ図。
【図12】図11における買上商品登録処理を具体的に示す流れ図。
【図13】同実施の形態においてPOSターミナルとファイルプロセッサとの間で授受される主要な伝文のデータレイアウトを示す図。
【図14】同実施の形態でPOSターミナルから印字発行されるクーポンの一例を示す平面図。
【符号の説明】
1…POSターミナル
2…ファイルプロセッサ
3…会員カード
5…カードリーダ
6…会員ファイル
7…単品ファイル
8…クーポンファイル
9…クーポンスケジュールテーブル
60…クーポン
101,201…CPU
[0001]
BACKGROUND OF THE INVENTION
The present invention relates to a coupon issuing device used in a POS (Point Of Sales) system capable of issuing and using coupons.
[0002]
[Prior art]
As a coupon issuing device used in a conventional POS system, a product for which a coupon is issued is set in a storage unit in advance, and when a product purchased by a shopper is registered at a POS terminal, the registered product is a coupon issuance target. When it is determined whether or not a product for which a coupon is to be issued has been registered, a predetermined coupon is printed and issued using a receipt printer of a POS terminal. In this case, the coupon ticket is for discounting or discounting when the product to be issued or the product of the department to which the product belongs is purchased from the next time.
[0003]
By using such a coupon issuing device in a store, a customer who bought a coupon at a store and received a coupon is more likely to come to the store again to use the coupon. Expect sales promotion effects.
[0004]
By the way, there is a member special treatment system as another method aiming at the establishment of customers in retail stores. This system is a system that offers products at a lower price than ordinary customers to customers who have a membership contract with the store, so-called members, or calculates points according to the purchase price each time a member purchases a product However, it is a system that grants some kind of privilege when points accumulate.
[0005]
Recently, there has been a demand for introducing a service for issuing coupons only to members in order to further differentiate between members and general customers at retail stores that have introduced a member benefit system.
[0006]
[Problems to be solved by the invention]
However, in the coupon issuing device used in the conventional POS system, a coupon is issued to a customer who has purchased a coupon target product. In some cases, it was difficult to differentiate between members and ordinary customers using coupons.
[0007]
Therefore, it was the fact that different types of coupons were collected and mailed to each member or distributed at the store to differentiate, and it took time and money to create coupons and mail them. . In addition, since all types of coupons are distributed to each member at the same time, many coupons are discarded without being used.
[0008]
The present invention has been made based on such circumstances, and the purpose of the present invention is to allow each member to issue a coupon of the type necessary for the member without trouble, and to provide a coupon service. The present invention is intended to provide a coupon issuing device that can efficiently implement the above.
[0009]
[Means for Solving the Problems]
The invention according to claim 1 of the present application is a coupon issuing device capable of issuing a plurality of types of coupons, corresponding to the member identification information of the membership card distributed to each member. Type code , For the member Should be issued coupon Everything is A member file stored together with a flag indicating whether it has not been issued or issued, an input means for inputting member identification information of the member card, and when the member identification information of the member card is input by this input means, the member file is searched. A coupon issue determination means for determining whether a coupon has not been issued or has been issued from a flag corresponding to the member identification information, and if the issue determination means determines that a coupon has not been issued, the member file is set corresponding to the member identification information Type code coupon all And a coupon issue control means for not issuing a coupon when it is determined that the coupon has been issued.
With this configuration, when the member identification information of the member card is input via the input means, the member file is searched with the member identification information. When the flag corresponding to the member identification information indicates that the coupon has not been issued, the coupon of the type code set corresponding to the member identification information all Is issued. On the other hand, when the flag corresponding to the member identification information indicates that the coupon has been issued, no coupon is issued. Therefore, when the type of coupon to be issued to each member is set for each member in the member file, the type of coupon to be issued is issued to each member only once.
[0010]
The invention described in claim 2 of the present application is the same as that of claim 1 described above, and further includes a product registration unit for registering products purchased by each member, and each member based on product data registered in the product registration unit. Determine the type of coupon to be issued to the member based on the sales amount accumulated by the member-based sales accumulation unit for each member that accumulates the sales amount of products purchased by the member. Issued coupon setting means for setting in the member file.
With such a configuration, the type of coupon to be issued set for each member is determined based on the accumulated sales amount of the products purchased by the member at the store. Therefore, for example, differentiation can be achieved by issuing more coupons to members with higher sales.
[0011]
The invention according to claim 3 of the present application is the invention according to claim 2, wherein the product registration unit includes a registration function of a coupon used by each member when purchasing the product, and is registered by the product registration unit. For each member based on the coupon data used, and the used coupon management means for managing the type of coupon used by the member, and the issued coupon setting means for the sales amount accumulated by the member-specific sales accumulating means for each member and the used coupon Based on the type of coupon used managed by the management means, the type of coupon to be issued to the member is determined and set in the member file.
With such a configuration, the types of coupons to be issued for each member are the cumulative sales amount of products purchased by the member at the store and the coupon types used by the member at the store. To be determined. Therefore, for example, it is possible to differentiate such that more types of coupons that are frequently used by members are issued to members with higher sales.
[0012]
The invention according to claim 4 of the present application is the coupon issuing device according to claim 1, wherein the member file is issued to the member corresponding to the member identification information of the member card distributed to each member. The type code and the number of issued cards are stored together with a flag indicating whether the coupon has not been issued or has been issued to the member, and the coupon issuance control means is determined to be unissued by the coupon issuance judgment means. A means for issuing coupons of the type code set corresponding to the member identification information in the file for each issued number, updating the flag to issued, and not issuing a coupon when it is determined that the coupon has been issued It is what.
With this configuration, when the member identification information of the member card is input via the input means, the member file is searched with the member identification information. When the flag corresponding to the member identification information indicates that the coupon has not been issued, coupons of the type code set corresponding to the member identification information are issued for the number of issued cards. On the other hand, when the flag corresponding to the member identification information indicates that the coupon has been issued, no coupon is issued. Accordingly, when the type of coupon to be issued to each member and the number of issued coupons are set for each member in the member file, each type of coupon to be issued is issued for each member for the number of issued tickets. publish.
[0013]
The invention according to claim 5 of the present application is the same as that of claim 4 above, and further includes a product registration unit for registering products purchased by each member, and each member based on the product data registered by the product registration unit. For each member based on the total sales amount by member that accumulates the sales amount of the product purchased by the member by the classification code that classifies each product, and the sales amount by classification code that is accumulated by the member-specific sales cumulative unit for each member An issuance coupon setting means is provided for determining the type of coupon to be issued and the number of issued coupons and setting them in the member file.
[0014]
With such a configuration, the type of coupon to be issued and the number of issued coupons set for each member are determined based on the accumulated sales amount of the products purchased by the member at the store. Therefore, for example, differentiation can be achieved by issuing more coupons to members with higher sales.
[0015]
The invention according to claim 6 of the present application is the invention according to claim 5, wherein the product registration unit includes a function of registering a coupon used by each member when purchasing the product, and is registered by the product registration unit. For each member based on the coupon data used, and the used coupon management means for managing the type and number of coupons used by the member for each member, and the issued coupon setting means for each member by the cumulative sales means for each member This is a means for determining the type of coupon to be issued to the member based on the sales amount and the type and number of coupons managed by the used coupon management means and setting it in the member file.
With such a configuration, the type of coupons to be issued and the number of issued coupons set for each member are determined by the accumulated amount of the product purchased by the member at the store and the coupon used by the member at the store. It is determined based on the type and the number of sheets. Therefore, for example, it is possible to differentiate such that more types of coupons that are frequently used by members are issued to members with higher sales.
[0016]
DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.
In addition, this embodiment introduces a member preferential treatment system that provides products to members at a lower price than ordinary customers, and discounts or discounts for products belonging to a product category designated in advance only for members. This is a case where the present invention is applied to a POS system of a store that differentiates between members and general customers by issuing a plurality of types of coupons 60 (see FIG. 14) to be sold.
[0017]
FIG. 1 is an overall view of a POS system according to the present embodiment. A plurality of POS terminals 1 each having a product registration unit for registering products purchased by each shopper, and a file processor 2 for centrally managing each POS terminal 1. Are connected by a LAN (Local Area Network) 3 to construct a POS system. Each POS terminal 1 is provided with a card reader 5 for reading card data of a member card 4 distributed to each member. Incidentally, as shown in FIG. 2, the member card 4 is a card in which a store code of a card issuing store, a member number as member identification information for identifying a member who owns the card, and the like are recorded. It was created using a card.
[0018]
The file processor 2 connects each POS terminal 1 via the LAN 3 and connects a higher-level model such as a host computer via a public line or a dedicated line. The member file 6, the single product file 7 and the coupon file 8 are stored and managed, respectively.
[0019]
As shown in FIG. 3, the member file 6 is a data file for storing and managing member data such as a member's name, address, and telephone number corresponding to the member number as member identification information for identifying each member. is there. In particular, the number of coupons issued, that is, the number of coupons that can be used can be stored for each coupon type code that specifies the type of coupon 60. In addition, the sales amount can be accumulated for each link department code for classifying each product. Further, a coupon flag for identifying whether the coupon 60 has not been issued (0) or issued (1) is stored for the member with the membership number.
[0020]
As shown in FIG. 4, the single product file 7 corresponds to the single product code for identifying each product, and the product name, normal unit price (price per unit purchased by non-members), and unit price (number of units purchased by members). This is a data file for storing and managing single item data such as (price per hit). In particular, a link department code that is a product category to which the product belongs and a coupon type code that specifies a coupon 60 that can be used when purchasing the product are stored. When the coupon type code is “0”, it indicates that the product is a non-coupon target product for which there is no coupon 60 that can be used at the time of purchase.
[0021]
As shown in FIG. 5, the coupon file 8 corresponds to a coupon type code that specifies the type of various coupons 60, and a coupon number assigned and set so as not to overlap for the same type of coupon, and the coupon 60 1 to N (N ≧ 2 positive number) lines of message data and value discount classification data (1: discount, 2) for classifying whether the coupon 60 is a value quotation coupon or a discount coupon : Discount) and discount rate or discount rate rate. Further, in particular, the amount data range is stored for each link department code (multiple setting is possible) of the product discounted or discounted by the coupon 60 and the number of issued cards from 1 to K (a positive number of K ≧ 2). It has become. In the figure, “n” indicates that data is not set.
[0022]
FIG. 6 is a block diagram showing a main configuration of the POS terminal 1. The POS terminal 1 includes a CPU (Central Processing Unit) 101 as a control unit main body. Further, a ROM (Read Only Memory) 102 in which fixed data such as a program executed by the CPU 101 is stored in advance, and a RAM (Random Access Memory) in which variable data such as data processed by the CPU 101 and data processed by the CPU 101 are stored. 103, a clock unit 104 that measures the current date and time, a LAN controller 105 that controls data communication through the LAN 3, and a first display controller that controls the screen display of the front display 106 provided for the cashier 107 and a second display controller 109 for controlling the screen display of a customer display 108 provided for a shopper, a keyboard interface 110, a scanner interface 111, a printer interface 112, a card reader interface 113, and a drawer interface 11 And an interface for each input and output devices and the like. The CPU 101, the ROM 102, the RAM 103, the clock unit 104, the LAN controller 105, the first and second display controllers 107 and 109, and the input / output device interfaces 110 to 114 are connected to a bus line 115 such as an address bus and a data bus. Connected with.
[0023]
Connected to the keyboard interface 110 is a keyboard POS terminal-dedicated keyboard 116 on which product registration work keys such as numeric keys, PLU (Price Look Up) keys, subtotal keys, and deposit / cash keys are arranged. The scanner interface 111 is connected to a scanner 117 that can optically read a barcode of a single item code attached to each product, a coupon barcode 63 printed on the coupon 60, and the like. The printer interface 112 is connected to a printer 118 that can print on a receipt sheet and issue it as a receipt. The card reader 5 is connected to the card reader interface 113. A drawer 119 for receiving cash or the like is connected to the drawer interface 114.
[0024]
Here, the keyboard 116 and the scanner 117 function as a product registration unit for registering products purchased by each member. And this product registration part contains the registration function of the coupon which each member used when purchasing goods.
[0025]
FIG. 7 is a block diagram showing a main configuration of the file processor 2. The file processor 2 also includes a CPU 201 as a control unit main body. In addition, a ROM 202 that stores in advance fixed data such as a program executed by the CPU 201, a RAM 203 that stores variable data such as data processed by the CPU 201 and data processed by the CPU 201, and a clock unit that measures the current date and time 204, in addition to the LAN controller 205 that controls data communication performed via the LAN 3, an FDD controller 207 that controls driving of an FDD (Floppy Disk Drive) device 206, and an HDD that controls driving of an HDD (Hard Disk Drive) device 208 A controller 209 and a MODEM (modulator-demodulator) 210 that manages data communication with a host device are provided. The CPU 201 is connected to the ROM 202, RAM 203, clock unit 204, LAN controller 205, FDD controller 207, HDD controller 209, and MODEM 210 via a bus line 211 such as an address bus or a data bus.
[0026]
In the HDD device 208, the data files of the member file 6, the single product file 7 and the coupon file 8 are stored and stored.
[0027]
In the RAM 203, as shown in FIG. 8, the start date and end date of the sales management period, which is a period for accumulating the sales amount by link department of each member, and the coupon issue period, which is a period for issuing a coupon to each member, are stored. A coupon schedule table 9 is formed that stores the start date and end date and the start date and end date of the coupon use period, which is the effective use period of the coupon issued to each member, in an updatable manner. When necessary, the data of the coupon schedule table 9 is updated by downloading from a higher model. In addition, an area for storing an issue flag F1 set to “1” during the coupon issue period and a use flag F2 set to “1” during the coupon use period is also formed.
[0028]
Thus, the CPU 201 of the file processor 2 refers to the coupon schedule table 9 and performs the process shown in the flowchart of FIG. 9 when the time measured by the clock unit 204 reaches a preset opening business start time. The opening of the procedure is to start.
[0029]
First, the CPU 201 determines whether or not the current date counted by the clock unit 204 as ST (step) 1 is within the sales management period (start date to end date) set in the coupon schedule table 9. If the current date is within the sales management period, it is determined in ST2 whether the current date is the start date of the sales management period. In the case of the start date, the total sales amount data by link department code of all member data registered in the member file 6 as ST3 is cleared to “0”. If the current date is other than the start date of the sales management period in ST2, the process of ST3 is not performed.
[0030]
On the other hand, if the current date is outside the sales management period in ST1, it is determined in ST4 whether the day before the current date is the end date of the sales management period. In the case of the end date, a coupon ticket issuing number setting process, which will be described later, is executed as ST5. If the day before the current date is other than the end date of the sales management period in ST4, the process of ST5 is not performed.
[0031]
Next, the CPU 201 determines whether or not the current date is within the coupon issue period (start date to end date) set in the coupon schedule table 9 as ST6. If the current date is within the coupon issue period, it is determined in ST7 whether the current date is the start date of the coupon issue period. In the case of the start date, the issue flag F1 is set to “1” as ST8. If the current date is other than the start date of the coupon issue period at ST8, the process at ST8 is not performed.
[0032]
On the other hand, if the current date is outside the coupon issue period in ST5, it is determined in ST9 whether the day before the current date is the end date of the coupon issue period. In the case of the end date, the issue flag F1 is reset to “0” in ST10. If the day before the current date is other than the end date of the coupon issue period at ST9, the process at ST10 is not performed.
[0033]
Next, the CPU 201 determines whether or not the current date is within the coupon use period (start date to end date) set in the coupon schedule table 9 as ST11. If the current date is within the coupon usage period, it is determined in ST12 whether the current date is the start date of the coupon usage period. In the case of the start date, the use flag F2 is set to “1” as ST13. If the current date is other than the start date of the coupon use period in ST12, the process of ST13 is not performed.
[0034]
On the other hand, if the current date is outside the coupon usage period in ST10, it is determined in ST14 whether the day before the current date is the end date of the coupon usage period. In the case of the end date, the use flag F2 is reset to “0” in ST15. If the day before the current date is other than the end date of the coupon use period in ST14, the process of ST15 is not performed.
Thereafter, the CPU 201 enters another process that has been conventionally performed as a store opening operation.
[0035]
FIG. 10 is a flowchart specifically showing the above-described coupon ticket issuing number setting process. That is, when the CPU 201 determines that the day before the current day is the end date of the sales management period in the process of ST4 of the store opening business, the CPU 201 starts the process shown in the flowchart of FIG. a is reset to "0". Next, if the first counter a is incremented by “1” as ST22, records corresponding to the first counter a from the member file 6 (hereinafter referred to as a-th member information) are recorded as ST23. Read.
[0036]
If the a-th member information can be read from the member file 6 as ST24, the second counter b is reset to “0” as ST25. Next, if the second counter b is counted up by “1” in ST26, records in the order corresponding to the second counter b from the coupon file 8 (hereinafter referred to as b-th coupon information) are recorded in ST27. Read.
[0037]
Here, if the b-th coupon information can be read from the coupon file 8 as ST28, all the link department codes targeted for the coupon are acquired from the b-th coupon information as ST29. Next, in ST30, all the sales amounts accumulated for each coupon department link department code acquired in ST29 are extracted from the a-th member information, and the total amount is calculated. Next, as ST31, the number of issued sheets P having the total sales amount calculated in ST30 from the b-th coupon information as the amount data range is acquired. ST 32 To obtain the usable number Q for the coupon type code of the b-th coupon information from the a-th member information. In ST33, the usable number Q is subtracted from the issued number P to calculate a new usable number R for the coupon type code. At this time, if the result of subtracting the usable number Q from the issued number P is negative, the new usable number R is set to zero. Thereafter, if the available number for the coupon type code of the b-th coupon information in the a-th member information is rewritten and updated to the new available number R calculated in ST33 as ST34, the process returns to ST26, and the second The counter b is further incremented by “1”.
[0038]
In this way, each coupon information registered in the coupon file 8 is read in order, and each time the processing of ST29 to ST34 is executed for the a-th member information, the usable number for the corresponding coupon type code is updated. If the b-th coupon information cannot be read from the coupon file 8 in ST28, the process returns to ST22, the first counter a is incremented by “1”, and the a-th member information is retrieved from the member file 6. Read. And the process after ST25 is repeated with respect to this a-th member information. That is, each coupon information registered in the coupon file 8 is read again in order from the top, and each time the processing of ST29 to ST34 is executed for the a-th member information, the usable number for the corresponding coupon type code is determined. Update.
[0039]
In this way, the usable number for each coupon type code of each member information registered in the member file 6 is sequentially updated. If the a-th member information cannot be read from the member file 6 in ST24, the coupon ticket issuing number setting process is terminated.
[0040]
On the other hand, the CPU 101 of each POS terminal 1 recognizes that the card data of the valid member card 6 has been read, particularly when the store code of the card data read by the card reader 5 is a store code set in advance as a valid code. Thus, the member registration work shown in the flowchart of FIG. 11 is started.
[0041]
First, the CPU 101 creates an inquiry message having the layout shown in FIG. 13A from the card data (store code, member number, etc.) read from the member card 6 by the card reader 5 in ST1, and this inquiry message is transmitted to the LAN 3 as shown in FIG. To the file processor 2. Note that “FF” in the message layout shown in FIG. 13A is a code indicating the inquiry message, “FPID” is the communication address of the file processor 2 that is the message transmission destination, and “TMID” is the message. This is the communication address of the POS terminal 1 that is the sentence transmission source.
[0042]
As a result, the CPU 201 of the file processor 2 searches the member file 6 with the member number in the member information inquiry message, reads out the corresponding member information, and stores each flag data of the issue flag F1 and the use flag F2 stored in the RAM 203. At the same time, a member information response message having the layout shown in FIG. Then, the member information response message is transmitted to the inquiring POS terminal 1 via the LAN 3. Note that “FF” in the message layout shown in FIG. 13B is a code indicating the member information response message, “TMID” is the communication address of the POS terminal 1 that is the message transmission destination, and “FPID”. Is a communication address of the file processor 2 which is a message transmission source.
[0043]
Therefore, the CPU 101 of the POS terminal 1 that has received this member information response message stores the member information, issuance flag F1 and use flag F2 included in the response message in the member processing memory of the RAM 103, and then as ST2 The coupon flag in the member information stored in the member processing memory is checked to determine whether the coupon 60 has not been issued or has been issued to this member. When the coupon flag is reset to “0” and it is determined that the coupon 60 has not been issued, the member name is acquired from the member information as ST3, and the front display 106 and the customer display 108 are obtained. To display. On the other hand, if the coupon flag is set to “1” and it is determined that the coupon 60 has been issued, the number of usable coupons for each coupon type code is acquired from the member information together with the member name as ST3. These are displayed on the front display 106 and the customer display 108.
[0044]
Next, the purchase merchandise registration process specifically shown in FIG. 12 is executed as ST5. This process is repeated until a closing key (for example, a deposit / current total key) for declaring the end of registration of a product purchased by one member is input as ST6.
[0045]
First, it waits for the barcode to be scanned by the scanner 117 as ST21. If the barcode is scanned, it is determined in ST22 whether the barcode is a coupon barcode 63 printed on the coupon 60 or not. The coupon bar code 63 is a bar code of a numeric string in which the coupon type code is the most significant digit and the coupon number is connected thereafter.
[0046]
When the barcode scanned in ST22 is a coupon barcode, the use flag F2 stored in the member processing memory is checked as ST23. Here, if the use flag F2 is reset to “0”, it is currently outside the coupon use period and the coupon 60 cannot be used, so the process returns to ST21 and waits for the next barcode data to be scanned. . On the other hand, if the usage flag F2 is set to “1”, it is currently within the coupon usage period, so out of the usable number by coupon type code in the member information stored in the member processing memory as ST24 Then, it is checked whether or not the usable number of coupon type codes which are the most significant digits of the scanned coupon barcode is larger than “0”. If the available number is “0”, the coupon 60 cannot be used, so the process returns to ST21 and waits for the next barcode data to be scanned. On the other hand, when the usable number is larger than “0”, the scanned coupon barcode code (coupon type code + coupon number) is temporarily stored in the work area W 1 of the RAM 103. Thereafter, the process returns to ST21 and waits for the next barcode data to be scanned.
[0047]
On the other hand, if the barcode scanned in ST22 is not a coupon barcode but a single product code attached to each product as ST26, a single product information inquiry message including the single product code is created as ST27, This inquiry message is transmitted to the file processor 2 via the LAN 3. Thereby, when the CPU 201 of the file processor 2 receives the single item information inquiry message, it searches the single item file 7 with the single item code in the message, reads out the corresponding single item information, and returns it to the POS terminal 1 as the inquiry source. The CPU 101 of the POS terminal 1 that has received the single item information checks in ST28 whether the coupon type code in the single item information is “0”, that is, whether it is a coupon target product. If the coupon type code in the single product information is “0” and the product is not a coupon target product, the unit price in the single product information is set as the selling price of the registered product, and the process proceeds to ST34.
[0048]
On the other hand, when the coupon type code in the single item information is not “0” but the coupon target product, the coupon type code in the single item information is the highest digit of the coupon code in the work area W1 as ST29. It is determined whether or not it matches a certain coupon type code. Here, if they do not match (including the case where the data in the work area W1 is “0”), since the product is registered without using the coupon 60, the process proceeds to ST34 with the unit price in the single product information as the sales price of the registered product. .
[0049]
On the other hand, if the coupon type code in the single item information matches the coupon type code in the work area W1 in ST29, the coupon type code in the single item information is set as ST30 because the product is registered using the coupon 60. A coupon information inquiry message is created, and the inquiry message is transmitted to the file processor 2 via the LAN 3. As a result, when the CPU 201 of the file processor 2 receives the coupon information inquiry message, it searches the coupon file 8 with the coupon type code in the message, reads the corresponding coupon information, and returns it to the POS terminal 1 as the inquiry source. The CPU 101 of the POS terminal 1 that has received this coupon information determines whether or not the coupon number of the coupon information matches the coupon number excluding the most significant digit of the coupon code in the work area W1 in ST31. If they do not match, an expired or counterfeit coupon that cannot be used has been used, and the process proceeds to ST34.
[0050]
If the coupon numbers match in ST31, the available number corresponding to the corresponding coupon type code in the member information stored in the member processing memory as ST32 is decremented by one. In ST33, the discount amount is obtained from the value discount category data and the rate in the coupon information. Specifically, when the discount discount category data is “1: discount”, the rate data is used as the discount. When the value discount category data is “2: Discount amount”, the rate (%) of the member unit price in the single product information is used as the discount amount. If the discount amount is obtained in this way, the sales price of the registered product is calculated by subtracting the discount amount from the member unit price in the single item information, and the process proceeds to ST34.
[0051]
In ST34, single item sales registration processing is executed. This process is a process of registering the single item code, the selling price, and the selling point in the single item information in the transaction memory of the RAM 103 as transaction data. Also included is a process of summing the sales price for one transaction using a transaction total, and a process of displaying the product name, the sales price, etc. on the front display 106 and the customer display 108.
[0052]
After that, among the sales amount data by link department code in the member information stored in the member processing memory as ST35, the sales amount data of the same department code as the link department code in the single product information is added to the sales price of the registered product. Update to the amount you made. If the data in the work area W1 is cleared to “0” in ST36, the current purchase product registration process is terminated.
[0053]
Returning to the description of FIG. When the input of the tightening key is detected in ST6, the registered tightening process is executed as ST7. In this process, for example, when the deposit amount is input by the deposit / cash key, the change amount is calculated by subtracting the total amount in the transaction total from the deposit amount, and the front indicator 106 and the customer indicator This is a process of displaying the data at 108 and opening the drawer 119. Next, in ST8, the printer 118 is driven to print and issue a receipt.
[0054]
Thereafter, the issue flag F1 stored in the member processing memory is checked as ST9. If the issuance flag F1 is reset to “0”, it is currently outside the coupon issuance period, and the process proceeds to ST13. On the other hand, if the issuance flag F1 is set to “1”, it is a coupon issuance period now, so the coupon flag in the member information stored in the member processing memory is checked as ST10. If the coupon flag is “1”, that is, if the coupon has been issued to the member, the process proceeds to ST13.
[0055]
On the other hand, when the coupon flag is “0”, that is, when the coupon has not been issued to the member, the coupon issuing process is executed as ST11. Specifically, the usable number for each coupon type code in the member information stored in the member processing memory is checked. Then, every time a coupon type code whose usable number is “1” or more is acquired, a coupon information inquiry message including the coupon type code is created, and this inquiry message is transmitted to the file processor 2 via the LAN 3. . As a result, the CPU 201 of the file processor 2 searches the coupon file 8 with the coupon type code in the coupon information inquiry message, reads the corresponding coupon information, and returns it to the POS terminal 1 as the inquiry source. Upon receiving this coupon information, the CPU 101 of the POS terminal 1 controls the driving of the printer 118, and as shown in FIG. 14, the message data 61 in the coupon information and the member information stored in the member processing memory. The coupon 60 printed with the member number and member name 62 therein and the coupon barcode 63 composed of the coupon type code and the coupon number in the coupon information is issued for the usable number.
[0056]
In this way, when the CPU 101 prints and issues coupons of coupon type codes whose coupon-usable number of coupons is “1” or more for each usable number of copies, the CPU 101 stores in the member information stored in the member processing memory as ST12. The coupon flag is updated from “0” indicating unissued to “1” indicating issued. Thereafter, the process proceeds to ST13.
[0057]
In ST13, the member information stored in the member processing memory is transferred to the file processor 2 via the LAN 3. Thereby, the CPU 201 of the file processor 2 overwrites and updates the member information of the same member number in the member file 6 with the member information received from the POS terminal 1. Then, after the update, an update completion response is returned to the POS terminal 1 that is the member information transmission source. Therefore, the CPU 101 of the POS terminal 1 that has received this update completion response clears the member processing memory, and this membership registration The business is to be terminated.
[0058]
As described above, in the present embodiment, the file processor 2 that centrally manages each POS terminal 1 is provided with the member file 6, the single product file 7, and the coupon file 8. The member file 6 is identified by the type code of the coupon to be issued to the member and the type code corresponding to the member number which is the member identification information of the member card distributed to each member. The number of coupons that can be used, that is, the number of issued coupons, is set and registered together with a coupon flag indicating whether the coupon has not been issued or has been issued. Further, the sales amount of the product purchased by the member is accumulated for each link department code for classifying each product by the member file 6. In the single product file 7, a link department code, which is a classification to which the product belongs, corresponding to a single product code unique to each product, and a type code of a coupon for which the product is discounted or discounted are registered in advance. The coupon file 8 includes a coupon number assigned so as not to overlap among coupons of the same type corresponding to coupon type codes for identifying various coupons, print data required for creating the coupon, value discount classification code, rate The link department code to which the coupon target product belongs is set and registered. In addition, a sales amount range necessary for issuing coupons corresponding to the number of issued tickets from 1 to K (K ≧ 2) is also set and registered.
[0059]
Further, a coupon schedule table 9 is formed in the RAM 203 of the file processor 2, and the start date and end date of the coupon service sales management period, coupon issue period, and coupon use period are set in this table 9. It has become.
[0060]
Now, in the file processor 2, the store opening operation is automatically performed at a predetermined time before the store opening every business day. In this store opening operation, if the current date matches the start date of the sales management period set in the coupon schedule table 9, the accumulated sales amount data by link department code of all member data registered in the member file 6 Is cleared to "0" (ST3 in FIG. 9).
[0061]
On the other hand, if a member purchases a product at a store during business hours, presents the member card 4 and offers to pay the price, the cashier operating the POS terminal 1 receives the card data of the member card 4 received from the member. Read by the card reader 5. Then, member file data corresponding to the member number in the card data is read from the file processor 2 to the POS terminal 1. Then, the coupon flag is checked. At this time, if the coupon flag indicates not issued (0), the name of the member is displayed on the front display 106 and the customer display 108, so the cashier registers the product purchased by the member. . Then, the sales price of the registered product is added to the sales amount data corresponding to the link department code to which the registered product of the member file data belongs (ST35 in FIG. 12). Thus, each time the product is registered, the sales price of the product is added to the sales amount data by link department code corresponding to the member file data of the customer. When the registration of the product purchased by the member is completed, the cashier presses the closing key. Then, the receipt of the current transaction is printed and issued by the printer 118. Further, the member file data in which the sales amount data by link department code is added and updated by the product registration is overwritten on the member file 6 of the file processor 2 (ST13 in FIG. 11).
[0062]
Each time a product purchased by a member is registered at each POS terminal 1, the above processing is repeated. Therefore, since the accumulated sales amount data by link department code of each member data registered in the member file 6 is cleared at the opening of the sales management period start date, the member file 6 has a sales management period for each member. The sales amount of the product purchased by the member is accumulated.
[0063]
Here, the card reader 5 of each POS terminal 1 functions as an input means for inputting the member identification information (member number) of the member card 4. Further, the CPU 101 of the POS terminal 1 that executes the process of ST35 of the purchased product registration process shown in FIG. 12 and the process of ST13 of the member registration work process shown in FIG. 11 and the member file 6 that the file processor 2 has are as follows. Cumulative sales for each member that accumulates the sales amount of the product purchased by the member for each member based on the product data registered by the product registration unit (keyboard 116, scanner 117) by classification code (link department code) for classifying each product. Configure the means.
[0064]
Thereafter, it is assumed that the current date matches the day after the end date of the sales management period set in the coupon schedule table 9. Then, the coupon issuance number setting process is executed in the opening business on that day (ST5 in FIG. 9).
[0065]
For example, “01” and “03” are set as the coupon target department codes in the coupon file data of the coupon type code “1”, and “1 to 999” as the amount range of the issued number 1 is the issued number 2 It is assumed that “1000 to 9999” is set as the amount range. In this case, “0” is determined as the usable number data of the coupon type code “1” for the member whose total sales amount of the products belonging to the link department codes “01” and “03” is 0 yen, and the same department “1” is determined as the usable number data of coupon type code “1” for members whose total sales amount of the code is 1 to 999 yen, and the total sales amount of the same department code is 1000 to 9999 yen. On the other hand, “2” is determined as the usable number data of the coupon type code “1”. Similarly, “02” and “03” are set as the coupon target department code in the coupon file data of the coupon type code “2”, and “1000 to 9999” as the amount range of the issued number 1 is the issued number 2 If “10000 to 99999” is set as the amount range for each of the members, the coupon type code “0” is given to a member whose total sales amount of products belonging to the link department codes “02” and “03” is less than 1000 yen. “0” is determined as the usable number data of “2”, and “1” is determined as the usable number data of the coupon type code “2” for the member whose total sales amount of the same department code is 1000 to 9999 yen. The coupon type code “2” can be used for members whose total sales amount of the same department code is 10,000 to 99999 yen. "2" is determined as.
[0066]
Here, the CPU 201 of the file processor 2 that executes the processing of ST5 of the store opening operation processing shown in FIG. 9, more specifically, the processing of ST21 to ST34 of the coupon ticket issuing number setting processing shown in FIG. Based on the sales amount by classification code (sales amount by link department code) accumulated by the cumulative means (CPU 101 of the POS terminal 1, member file 6), the type of coupon to be issued to the member and the number of issued coupons are determined. And issue coupon setting means for setting in the member file 6.
[0067]
Thereafter, it is assumed that the current date matches the start date of the coupon issue period set in the coupon schedule table 9. Then, the issue flag F1 is set in the RAM 203 of the file processor 2 in the opening operation on that day.
[0068]
In this state, in the POS terminal 1, when a member registers a product to be purchased and inputs a closing key, the coupon flag in the member file data of the member is checked (ST10 in FIG. 11). When the coupon flag is “0”, that is, indicates that it has not been issued, the number of usable pieces by coupon type code of the member file data is checked. Then, the coupon 60 corresponding to the type code whose usable number is 1 or more is automatically printed and issued by the printer 118 for the usable number (ST11 in FIG. 11), and the coupon flag of the member file data is not issued. It is updated from “0” to issued “1” (ST12 and ST13 in FIG. 11).
[0069]
For example, for a member whose usable number for coupon type code “1” is “2” and whose usable number for coupon type code “2” is “1”, the coupon identified by coupon type code “1” is used. Two coupons 60 and one coupon 60 identified by the coupon type code “2” are issued. In addition, a coupon identified by the coupon type code “1” is given to a member whose available number for the coupon type code “1” is “3” and the available number for the coupon type code “2” is “0”. Three pieces of 60 are issued, and the coupon 60 identified by the coupon type code “2” is not issued.
[0070]
As shown in FIG. 14, the coupon 60 includes a coupon bar having the corresponding coupon type code as the most significant digit and the coupon number set in the coupon file 8 corresponding to the coupon type code as the lower digit. A code 63 is printed and issued.
[0071]
Here, the CPU 101 of the POS terminal 1 that executes the processes of ST10, ST11, and ST12 of the member registration service shown in FIG. 11 receives the member identification information (member number) of the member card 4 by the input means (card reader 5). Then, a coupon issue determination means for searching the member file 6 to determine whether the coupon has not been issued or not issued from the coupon flag, and when the issue determination means determines that the coupon has not been issued, the member identification information ( Coupon issue control means for issuing coupons of the type code set corresponding to (membership number) for each issued number, updating the flag to issued, and not issuing a coupon when it is determined that the coupon has been issued And configure.
[0072]
Thereafter, if the current date matches the day after the end date of the coupon issue period set in the coupon schedule table 9, the issue flag F1 is reset. Then, even if registration of a product purchased by a member who has not issued a coupon is executed at the POS terminal 1, no coupon is issued.
[0073]
Thereafter, it is assumed that the current date matches the start date of the coupon use period set in the coupon schedule table 9. Then, the use flag F2 is set in the RAM 203 of the file processor 2 in the opening operation on that day.
[0074]
In this state, when the card data of the member card 4 is read by the card reader 5 at the POS terminal 1, the type of coupon issued to the member within the immediately preceding coupon issuing period, along with the name of the member, and its The issued number is displayed on the front display 106 and the customer display 108.
[0075]
Here, when the member presents the coupon 60 and offers to purchase a product that can be discounted or discounted with the coupon 60, the cashier first scans the coupon barcode 63 of the coupon 60 with the scanner 117, and then the product. Scan and register a single barcode. Then, the sales price of the registered product is the rate of the coupon 60 only when the number of usable coupon type codes in the member file data of the member is 1 or more and the registered product is a target product of the coupon 60. Discount or discount processing is performed (ST33 in FIG. 12). Then, “1” is subtracted from the number of usable coupon type codes in the member file data of the member (ST32 in FIG. 12).
[0076]
If the number of usable coupon type codes is 0, the sales price of the registered product is not discounted or discounted at the coupon 60 rate.
[0077]
Thus, every time the coupon 60 is used and the target product is discounted or discounted, the usable number corresponding to the corresponding coupon type code in the customer's member file data is decremented by one. When the registration of the product purchased by the member is completed, the cashier presses the closing key. Then, the receipt of the current transaction is printed and issued by the printer 118. In addition, the member file data in which the amount of usable data corresponding to the coupon type code of the used coupon 60 is subtracted and updated at the same time as the sales amount data for each link department code is added and updated by the product registration is updated. 6 is overwritten (ST13 in FIG. 11).
[0078]
The above processing is repeated each time the member purchases a product purchased using the coupon 60 at each POS terminal 1. Therefore, the number of pieces of usable data by coupon type code of each member data registered in the member file 6 is set with the number of issued coupons of the same coupon type code at the opening of the coupon issue period start date. Then, for each member, the number of coupons used by the member during the coupon use period is counted by type. When the coupon use period ends, the coupon 60 having a usable number of 1 or more is a coupon 60 that was issued to the customer but was not used.
[0079]
Here, the CPU 101 of the POS terminal 1 that executes the process of ST32 of the purchased product registration process shown in FIG. 12 and the process of ST13 of the member registration work process shown in FIG. 11 and the member file 6 that the file processor 2 has are as follows. Based on the coupon data registered by the merchandise registration unit (scanner 117), a used coupon management means for managing the type and number of coupons 60 used by the member for each member is configured.
[0080]
After that, the sales management period in the next coupon service is entered again, and when the opening date is the next day after the end date, the coupon issuance number setting process is executed. At this time, the same type code calculated according to the sales amount is given to members who have available coupons for the coupon type code, that is, members who have coupons issued but not used in the previous coupon service. The number of issued coupons is set by subtracting the remaining number.
[0081]
For example, in the case of a member whose coupon type code “1” usable number data is “1” and coupon type code “2” is usable number data “0”, the coupon type codes “1” and “2” Assuming that the number of usable sheets determined from the total sales amount of the coupon target department code for each coupon 60 is “2”, the usable number data of the coupon type code “1” is “1”. The usable number data of the code “2” is “2”.
[0082]
As described above, according to the present embodiment, the type of coupon (coupon type code) to be issued to each member and the number of issued cards (available number) are set in the member file 6 of the file processor 2 for each member. Then, at the POS terminal 1, the coupon 60 of the type to be issued is issued for each member only once, so that the coupon 60 of the type that the member needs is issued to each member. It can be issued without any hassle. Accordingly, the coupon service can be efficiently implemented.
[0083]
Further, the type of coupon to be issued and the number of issued coupons set for each member are determined based on the accumulated sales amount of the products purchased by the member at the store. Therefore, for example, differentiation can be achieved by issuing more coupons to members with higher sales. In addition, the number of issued cards is determined by subtracting the amount not used in the previous coupon service. In other words, a large number of coupons of the same type are issued to members who often use the same type of coupons. Therefore, for example, it is possible to differentiate such that more types of coupons that are frequently used by members are issued to members with higher sales.
[0084]
In the above-described embodiment, the type of coupon to be issued and the number of issued coupons (available number) are determined according to the sales amount by department of each product, but only the type of coupon to be issued is determined, The present invention can also be applied to embodiments in which the number of issued sheets is a constant value.
[0085]
In the embodiment, the file processor 2 and the POS terminal 1 constructing the POS system constitute the coupon issuing device of the present invention. However, the member file 6, the single item file 7 and the coupon file 8 are stored in the POS terminal 1. By providing, the coupon issuing device of the present invention can be configured by a single POS terminal. Further, the POS terminal 1 and the coupon issuing apparatus of the present invention may be configured separately, and the two may be connected so as to be communicable by wire or wirelessly.
Of course, various modifications can be made without departing from the scope of the present invention.
[0086]
【The invention's effect】
As described above in detail, according to the invention described in claim 1 of the present application, a coupon of the type necessary for the member can be issued to each member without trouble, and the coupon service is efficiently implemented. It is possible to provide a coupon issuing device that can
[0087]
According to the invention described in claim 2 of the present application, in addition to the effect of the invention described in claim 1 above, differentiation such as issuing more types of coupons to members with higher sales is achieved. There is an effect that can.
[0088]
In addition, the claims of the present application 3 According to the invention described above, in addition to the effect of the invention described in claim 1 above, it is possible to achieve differentiation such as issuing coupons of a type often used by the member to members with a large sales. There is an effect that can be done.
[0089]
In addition, according to the invention described in claim 4 of the present application, it is possible to issue a required number of coupons to each member without the need for trouble, and to efficiently implement the coupon service. Can provide a coupon issuing device.
[0090]
Further, according to the invention described in claim 5 of the present application, in addition to the effect of the invention described in claim 4 above, it is discriminated that a required number of coupons of a larger number are issued to members with higher sales. There is an effect that can be realized.
[0091]
Further, according to the invention described in claim 6 of the present application, in addition to the effect of the invention described in claim 4 above, the required number of types of coupons that the member often uses is issued to the member with high sales. There is an effect that can be differentiated.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is an overall configuration diagram of a POS system according to an embodiment of the present invention.
FIG. 2 is a view showing a data layout of a membership card used in the embodiment.
FIG. 3 is a view showing a data layout of a member file used in the embodiment.
FIG. 4 is a diagram showing a data layout of a single product file used in the embodiment.
FIG. 5 is a view showing a data layout of a coupon file used in the embodiment.
FIG. 6 is a block diagram showing a main configuration of a POS terminal according to the embodiment.
FIG. 7 is an exemplary block diagram showing the main configuration of the file processor according to the embodiment;
FIG. 8 is an exemplary view showing main memory areas formed in the RAM of the file processor in the embodiment.
FIG. 9 is a flowchart showing the main part of the store opening process executed by the CPU of the file processor in the embodiment;
10 is a flowchart specifically showing a coupon ticket issuing number setting process in FIG. 9;
FIG. 11 is a flowchart showing a main part of member registration work processing executed by the CPU of the POS terminal in the embodiment;
12 is a flowchart specifically showing a purchased product registration process in FIG. 11;
FIG. 13 is a diagram showing a data layout of main messages exchanged between the POS terminal and the file processor in the embodiment.
FIG. 14 is a plan view showing an example of a coupon printed and issued from a POS terminal in the embodiment.
[Explanation of symbols]
1 ... POS terminal
2 ... File processor
3… Membership card
5 ... Card reader
6 ... Member file
7 ... Single item file
8 ... Coupon file
9 ... Coupon schedule table
60 ... Coupon
101, 201 ... CPU

Claims (6)

複数種類のクーポンを発行することができるクーポン発行装置において、
各会員にそれぞれ配布される会員カードの会員識別情報に対応してその会員に対して発行すべきクーポンの種別コードを当該会員に対して発行すべきクーポン全てが未発行か発行済かを示すフラグとともに記憶する会員ファイルと、
前記会員カードの会員識別情報を入力する入力手段と、
この入力手段により前記会員カードの会員識別情報が入力されると前記会員ファイルを検索して当該会員識別情報に対応するフラグからクーポン未発行か発行済かを判断するクーポン発行判断手段と、
この発行判断手段によりクーポン未発行と判断されると前記会員ファイルに当該会員識別情報に対応して設定されている種別コードのクーポン全てを発行させるとともに当該フラグを発行済に更新し、クーポン発行済と判断されるとクーポンの発行を行なわないクーポン発行制御手段と、
を具備したことを特徴とするクーポン発行装置。
In the coupon issuing device that can issue multiple types of coupons,
Corresponding to the member identification information of the membership card distributed to each member, the type code of the coupon to be issued to that member, indicating whether all coupons to be issued to that member have not been issued or have been issued A member file to remember with the flag,
Input means for inputting member identification information of the member card;
When the member identification information of the member card is input by this input means, a coupon issue determination means for searching the member file and determining whether a coupon is not issued or issued from a flag corresponding to the member identification information;
If it is determined that the coupon is not issued by the issue determination means, the coupon file is issued with all the coupons of the type code set corresponding to the member identification information and the flag is updated to issued. Coupon issue control means that does not issue coupons when it is determined,
A coupon issuing device characterized by comprising:
各会員が買上げる商品を登録する商品登録部と、
この商品登録部で登録された商品データに基づき会員毎にその会員が買上げた商品の売上金額を累計する会員別売上累計手段と、
会員毎に前記会員別売上累計手段により累計される売上金額に基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類を決定し前記会員ファイルに設定する発行クーポン設定手段と、
を備えたことを特徴とする請求項1記載のクーポン発行装置。
A product registration department for registering products purchased by each member;
A member-by-member sales accumulating means for accumulating the sales amount of products purchased by each member based on the product data registered in the product registration unit;
Issuing coupon setting means for determining the type of coupon to be issued to the member based on the sales amount accumulated by the member-based sales accumulating means for each member and setting in the member file;
The coupon issuing device according to claim 1, further comprising:
商品登録部は、各会員が商品買上の際に使用したクーポンの登録機能を含むものであり、
この商品登録部で登録されたクーポンデータに基づき会員毎にその会員が使用したクーポンの種類を管理する使用クーポン管理手段を備え、
発行クーポン設定手段は、会員毎に会員別売上累計手段により累計される売上金額と前記使用クーポン管理手段により管理される使用クーポンの種類とに基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類を決定し会員ファイルに設定する手段であることを特徴とする請求項2記載のクーポン発行装置。
The Product Registration Department includes a coupon registration function that each member used to purchase products.
For each member based on the coupon data registered in the product registration unit, the coupon management means for managing the type of coupon used by the member,
The issued coupon setting means determines the type of coupon to be issued to the member on the basis of the sales amount accumulated by the member-specific sales accumulating means for each member and the used coupon type managed by the used coupon managing means. 3. The coupon issuing device according to claim 2, wherein the coupon issuing device determines and sets the member file.
複数種類のクーポンを発行することができるクーポン発行装置において、
各会員にそれぞれ配布される会員カードの会員識別情報に対応してその会員に対して発行すべきクーポンの種別コード及びその発行枚数を当該会員に対してクーポンを未発行か発行済かを示すフラグとともに記憶する会員ファイルと、
前記会員カードの会員識別情報を入力する入力手段と、
この入力手段により前記会員カードの会員識別情報が入力されると前記会員ファイルを検索して当該会員識別情報に対応するフラグからクーポン未発行か発行済かを判断するクーポン発行判断手段と、
この発行判断手段によりクーポン未発行と判断されると前記会員ファイルに当該会員識別情報に対応して設定されている種別コードのクーポンをそれぞれ発行枚数分発行させるとともに当該フラグを発行済に更新し、クーポン発行済と判断されるとクーポンの発行を行なわないクーポン発行制御手段と、
を具備したことを特徴とするクーポン発行装置。
In the coupon issuing device that can issue multiple types of coupons,
Flag indicating whether the coupon type code to be issued to the member corresponding to the member identification information of the membership card distributed to each member and the number of issued coupons are not issued or issued to the member A member file to remember with,
Input means for inputting member identification information of the member card;
When the member identification information of the member card is input by this input means, a coupon issue determination means for searching the member file and determining whether a coupon is not issued or issued from a flag corresponding to the member identification information;
If it is determined that the coupon has not been issued by the issue determination means, the coupon is issued for each issued number of coupons of the type code set corresponding to the member identification information in the member file, and the flag is updated to issued, A coupon issue control means for not issuing a coupon when it is determined that a coupon has been issued;
A coupon issuing device characterized by comprising:
各会員が買上げる商品を登録する商品登録部と、
この商品登録部で登録された商品データに基づき会員毎にその会員が買上げた商品の売上金額を各商品を分類する分類コード別に累計する会員別売上累計手段と、
会員毎に前記会員別売上累計手段により累計される分類コード別売上金額に基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類とその発行枚数を決定し会員ファイルに設定する発行クーポン設定手段と、
を備えたことを特徴とする請求項4記載のクーポン発行装置。
A product registration department for registering products purchased by each member;
A member-by-member sales accumulating means for accumulating the sales amount of the product purchased by the member for each member based on the product data registered in the product registration unit for each classification code for classifying each product,
Issuing coupon setting means for determining the type of coupon to be issued to the member based on the sales amount by classification code accumulated by the member-specific sales accumulating means for each member and setting the number of issued coupons in the member file;
The coupon issuing device according to claim 4, further comprising:
商品登録部は、各会員が商品買上の際に使用したクーポンの登録機能を含むものであり、
この商品登録部で登録されたクーポンデータに基づき会員毎にその会員が使用したクーポンの種類と枚数を管理する使用クーポン管理手段を備え、
発行クーポン設定手段は、会員毎に会員別売上累計手段により累計される分類コード別売上金額と前記使用クーポン管理手段により管理される使用クーポンの種類と枚数とに基づいてその会員に対して発行すべきクーポンの種類を決定し会員ファイルに設定する手段であることを特徴とする請求項5記載のクーポン発行装置。
The Product Registration Department includes a coupon registration function that each member used to purchase products.
For each member based on the coupon data registered in the product registration unit, a coupon management means for managing the type and number of coupons used by the member is provided.
The issued coupon setting means issues to each member based on the sales amount by classification code accumulated by the member-specific sales accumulating means for each member and the type and number of used coupons managed by the used coupon managing means. 6. The coupon issuing device according to claim 5, wherein said coupon issuing device is a means for determining a type of a coupon to be set and setting it in a member file.
JP2001010218A 2001-01-18 2001-01-18 Coupon issuing device Expired - Fee Related JP3771448B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001010218A JP3771448B2 (en) 2001-01-18 2001-01-18 Coupon issuing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001010218A JP3771448B2 (en) 2001-01-18 2001-01-18 Coupon issuing device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002216247A JP2002216247A (en) 2002-08-02
JP3771448B2 true JP3771448B2 (en) 2006-04-26

Family

ID=18877569

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001010218A Expired - Fee Related JP3771448B2 (en) 2001-01-18 2001-01-18 Coupon issuing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3771448B2 (en)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4553127B2 (en) * 2005-01-04 2010-09-29 日本電気株式会社 Coupon management method, coupon management system, information processing terminal, membership card, program
JP2008040757A (en) * 2006-08-04 2008-02-21 Toshiba Tec Corp Head office message information notifying system and head office message information notifying method
JP5117117B2 (en) * 2007-06-14 2013-01-09 生活協同組合コープさっぽろ Coupon related information management server
JP5117116B2 (en) * 2007-06-14 2013-01-09 生活協同組合コープさっぽろ Coupon related information management server
JP5117119B2 (en) * 2007-06-15 2013-01-09 生活協同組合コープさっぽろ Coupon related information management server
JP5117118B2 (en) * 2007-06-15 2013-01-09 生活協同組合コープさっぽろ Coupon related information management server
KR101427385B1 (en) 2012-07-09 2014-08-08 (주)오케이터치 Method for providing coupon service
JP5408758B1 (en) 2013-03-11 2014-02-05 Necインフロンティア株式会社 Sales promotion system, sales promotion method and sales promotion program
JP2016015108A (en) * 2014-06-10 2016-01-28 東芝テック株式会社 Electronic receipt management server, commodity sales data processor, print control device and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002216247A (en) 2002-08-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3699358B2 (en) Product sales registration data processing apparatus and product sales registration data processing system
JP3771448B2 (en) Coupon issuing device
JPH07160950A (en) Commodity sales data processing unit
JP3272525B2 (en) POS system
JP3699313B2 (en) Product sales registration device
JP3619798B2 (en) Customer management device and merchandise sales registration data processing device
JP3745647B2 (en) Coupon issuing system
JP3406724B2 (en) POS system
JP3236730B2 (en) POS system
JP2001222767A (en) Merchandise sales method and merchandise sakes registering device
JPH0589372A (en) Processor for product sales data
JP4185412B2 (en) Payment processing device
JP2001076260A (en) Commodity sales registration data processor
JPH1011508A (en) Merchandise sales registering data processor
JP3526363B2 (en) Product sales registration data processing device
JP2007018042A (en) Coupon issuing system
JP3139600B2 (en) Cash register
JP2001291170A (en) Merchandise sales register processor
JP3806321B2 (en) Product sales registration data processing device
JP3482051B2 (en) Product sales registration data processing device
JPH09147237A (en) Commodity sales registration data processing system
JPH0793665A (en) Commodity sales data processor
JP3891704B2 (en) Product sales registration processing device
JP2002342840A (en) Point management device
JPH06243350A (en) Article sales data processor

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040322

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050628

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050705

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050905

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060207

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060209

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees