JP3742356B2 - ヒートポンプ給湯機 - Google Patents

ヒートポンプ給湯機 Download PDF

Info

Publication number
JP3742356B2
JP3742356B2 JP2002077458A JP2002077458A JP3742356B2 JP 3742356 B2 JP3742356 B2 JP 3742356B2 JP 2002077458 A JP2002077458 A JP 2002077458A JP 2002077458 A JP2002077458 A JP 2002077458A JP 3742356 B2 JP3742356 B2 JP 3742356B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hot water
water
heat exchanger
water supply
temperature
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2002077458A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2003279133A (ja
JP2003279133A5 (ja
Inventor
博志 小暮
武夫 小沢
哲信 岡村
仁彦 権守
はる子 芦田
健一 齊藤
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社日立製作所 filed Critical 株式会社日立製作所
Priority to JP2002077458A priority Critical patent/JP3742356B2/ja
Publication of JP2003279133A publication Critical patent/JP2003279133A/ja
Publication of JP2003279133A5 publication Critical patent/JP2003279133A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3742356B2 publication Critical patent/JP3742356B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24DDOMESTIC- OR SPACE-HEATING SYSTEMS, e.g. CENTRAL HEATING SYSTEMS; DOMESTIC HOT-WATER SUPPLY SYSTEMS; ELEMENTS OR COMPONENTS THEREFOR
    • F24D17/00Domestic hot-water supply systems
    • F24D17/02Domestic hot-water supply systems using heat pumps
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2309/00Gas cycle refrigeration machines
    • F25B2309/06Compression machines, plant or systems characterised by the refrigerant being carbon dioxide
    • F25B2309/061Compression machines, plant or systems characterised by the refrigerant being carbon dioxide with cycle highest pressure above the supercritical pressure
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2339/00Details of evaporators; Details of condensers
    • F25B2339/04Details of condensers
    • F25B2339/047Water-cooled condensers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2400/00General features or devices for refrigeration machines, plants or systems, combined heating and refrigeration systems or heat-pump systems, i.e. not limited to a particular subgroup of F25B
    • F25B2400/04Refrigeration circuit bypassing means
    • F25B2400/0403Refrigeration circuit bypassing means for the condenser
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2400/00General features or devices for refrigeration machines, plants or systems, combined heating and refrigeration systems or heat-pump systems, i.e. not limited to a particular subgroup of F25B
    • F25B2400/04Refrigeration circuit bypassing means
    • F25B2400/0411Refrigeration circuit bypassing means for the expansion valve or capillary tube
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2400/00General features or devices for refrigeration machines, plants or systems, combined heating and refrigeration systems or heat-pump systems, i.e. not limited to a particular subgroup of F25B
    • F25B2400/06Several compression cycles arranged in parallel
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B2600/00Control issues
    • F25B2600/02Compressor control
    • F25B2600/021Inverters therefor
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B30/00Heat pumps
    • F25B30/02Heat pumps of the compression type
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25BREFRIGERATION MACHINES, PLANTS OR SYSTEMS; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT-PUMP SYSTEMS
    • F25B9/00Compression machines, plant, or systems, in which the refrigerant is air or other gas of low boiling point
    • F25B9/002Compression machines, plant, or systems, in which the refrigerant is air or other gas of low boiling point characterised by the refrigerant
    • F25B9/008Compression machines, plant, or systems, in which the refrigerant is air or other gas of low boiling point characterised by the refrigerant the refrigerant being carbon dioxide
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B30/00Energy efficient heating, ventilation or air conditioning [HVAC]
    • Y02B30/70Efficient control or regulation technologies
    • Y02B30/74Technologies based on motor control
    • Y02B30/741Speed regulation of the compressor

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明はヒートポンプ回路を利用した給湯機に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来の給湯機には貯湯槽を持たずにガス等を燃焼させて、その強力な燃焼熱で瞬間的に水を沸き上げて湯を供給する燃焼式給湯機や、大容量の貯湯槽を持ち夜間割引の安い深夜電力を利用して、夜の間に電気ヒータで加熱した大量の湯を貯湯槽に貯蔵し、日中に貯湯槽に貯蔵した湯を使う電気温水器等があった。
【0003】
しかし、最近では電気温水器に比較してエネルギー効率が300〜500%も良いと云われるヒートポンプ給湯機が普及し始めてきた。ヒートポンプ給湯機は熱源に冷媒の状態変化を利用しているので、電気ヒータ加熱の数倍エネルギー効率が良く、またガス等を燃焼しないのでCO2を排出せず環境にやさしい給湯機と云われている。しかし、ガス等を燃焼したときのように強力な熱量がないため、電気温水器と同様に大容量の貯湯槽を設け、夜間の安価な電力を使って夜中にヒートポンプ回路で湯を沸き上げて貯湯槽に貯蔵し、日中は貯蔵した湯を使うと云う方法が一般的であった。したがって、従来のヒートポンプ給湯機ではヒートポンプ回路と、ヒートポンプ回路で沸かした湯を大量に貯蔵しておく貯湯槽をそれぞれ別個の装置として設け、配管等で接続して給湯機として機能させていた。
【0004】
この例として特開平9−126547号公報に記載されたヒートポンプ給湯機が知られている。圧縮機、凝縮器、減圧装置、蒸発器から構成されたヒートポンプ回路と、大容量の貯湯槽を備え、貯湯槽の下部から循環ポンプを介してヒートポンプ回路の凝縮器となる水熱交換器に水配管を接続し、水熱交換器の出口と貯湯槽の上部に温水配管を接続して沸上げ回路を設けている。
【0005】
そして、夜間の安価な電力を利用してエネルギー効率の良いヒートポンプ回路を運転し、貯湯槽内の水を循環ポンプで循環させながら水熱交換器で所定の湯温になるまで徐々に温め、所定の湯温に達したことを温度検知器で検知してヒートポンプ回路の運転を停止している。
【0006】
日中、使用端末で湯を使用する際には貯湯槽上部から取り出した湯と水道水とをミキシングバルブで混合することで適当な温度にして供給する。
【0007】
なお、貯湯槽の湯温が低下したときは、出湯経路については詳細記載されていないが、貯湯槽の湯を水熱交換器及びヒータで再加熱して使用端末に供給することが記載されている。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、貯湯槽に貯蔵した湯で浴槽に湯を満たすことを考えると貯湯槽の容量は浴槽と同様200L近くになり、さらにその他の湯の使用に対してある程度余裕を見ると500L必要となるケースもある。貯湯槽の容量一杯に湯をためた場合、その質量は200kg乃至500kgを超えることになる。したがってヒートポンプ給湯機は地盤を堅固なものとするために基礎工事を行い、しかも十分な広さの設置スペースでなければ設置することができなかった。
【0009】
さらに、大量の湯を沸き上げるためには大量のエネルギーが必要になり、また、高温の湯として貯蔵することは外気温度との差が大きくなり、放熱による熱損失が大きくなるため更に余分なエネルギーを使用することになっていた。
【0010】
このため、アパートやマンションのベランダのような狭い場所や強度の不十分な場所には据え付けることができなかった。
【0011】
また、従来のヒートポンプ給湯機は夜間の安い電気料金を利用して、夜中にヒートポンプ回路を運転して高温の湯にして貯湯槽に貯え、日中はヒートポンプ回路を運転しないで貯湯槽に貯まっている湯を使用するという使い方を基本的に行っているため、時には貯湯槽の湯を使いきってしまい、直ぐに沸き上げることができず湯切れを起こすことがあった。上記特開平9−126547号公報に記載のヒートポンプ給湯機においても、電気温水器と同様夜間電力を利用して貯湯し、湯が不足したときに追炊き運転を行うもので、この追炊き運転は補助的なものである。
【0012】
また、外気温度より温度の高い大量の湯を貯蔵するため貯湯槽の表面から熱が放射されてエネルギーの無駄使いになり、それによって温度が下がる分、夜の間に余裕を持って温めておく必要があった。
【0013】
本発明の目的は、湯温が安定するまでの時間を短縮可能なヒートポンプ給湯機を提供することにある。
【0014】
【課題を解決するための手段】
前記課題を解決するために、本発明は主として次のような構成を採用する。
圧縮機と、この圧縮機から吐出された冷媒と給水管から導入された水との間で熱交換する第1熱交換器と、この第1熱交換器からの冷媒を減圧する減圧手段と、この減圧手段と前記圧縮機との間に設けられた第2熱交換器とを有するヒートポンプ回路と、
前記給水管から導入された水を、前記第1熱交換器によって昇温して、使用端末に給湯することができる瞬間式給湯回路と、
前記第1熱交換器によって昇温された湯に、第1の混合手段を介して、給湯タンクに貯湯された湯を供給して、前記使用端末に給湯することができるタンク給湯回路と、
前記第1熱交換器と前記給湯タンクとをバイパスして、前記第1の混合手段を通過した湯に、第2の混合手段を介して、前記給水管から導入された水を混合することができるバイパス回路と、
前記第1熱交換器の下流で前記第1の混合手段の上流に配設された第1の温度検知手段と、
前記第1の混合手段の下流で前記第2の混合手段の上流に配設された第2の温度検知手段と、
前記第2の混合手段の下流に配設された第3の温度検知手段と、
前記第1の温度検知手段の出力に基づいて前記圧縮機の回転数を制御し、前記第2の温度検知手段の出力に基づいて前記第1の混合手段を制御し、前記第3の温度検知手段の出力に基づいて前記第2の混合手段を制御する制御手段とを備えたヒートポンプ給湯機。
【0018】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の実施例を図によって説明する。図1は本発明のヒートポンプ給湯機の1実施例である。
【0019】
まず、冷凍サイクルから説明する。それぞれの機器は冷媒配管で接続されていて、その中に冷媒を封入して密封し、ヒートポンプ回路10を構成しており、給湯に必要な大能力を実現させるため、さらにもう1つのヒートポンプ回路10aを追加した2つのヒートポンプ回路からなる。なお、本実施例においては、2つのヒートポンプ回路により給湯器を構成したが、圧縮機や熱交換器の性能、給湯能力によって1つの回路でも3つ以上の回路を用いても良い。
【0020】
圧縮機1及び圧縮機1aにより圧縮された冷媒(二酸化炭素)は、熱交換器2に流入される。熱交換器2は、冷媒を凝縮させる凝縮器3、3aと湯水を沸き上げる水熱交換器11さらに浴槽水熱交換器44が一体に組込まれている。熱交換器2から流れ出た冷媒は減圧装置5、減圧装置5aの作用によって減圧され低温低圧の冷媒となる。そして、蒸発器6、蒸発器6aにおいて、送風機9及び送風機9aによって送風される外気から熱を吸収して、アキュムレーター7、アキュムレーター7aを介して再び圧縮機1及び圧縮機1aに吸入される。
【0021】
8及び8aはバイパス弁で、これを開くことによって圧縮機1及び圧縮機1aから吐出される高温高圧の冷媒を蒸発器6及び6aに通流させることで、蒸発器6及び6aに付着した霜を融解させる(除霜制御)。この除霜制御のタイミングは、2つの冷媒回路同時であっても良いし、ずらしても良い。ずらした場合は、能力が多少低下するが間断無く給湯ができるという効果がある。
【0022】
次に、水道管16から水を取り入れ、熱交換器2を介して直接利用側に給湯し、または後述するように内部で水を循環させることで所定の温度に沸かし上げる水循環回路22の給湯回路について説明する。
【0023】
この水循環回路22には、熱交換器2、減圧逆止弁17、流量センサー21、逆止弁48、49、給湯タンク13、循環ポンプ15、給湯タンク13からの湯と水熱交換器11からの出湯を混合するミキシングバルブ61、ミキシングバルブ61からの湯と水を混合するミキシングバルブ62、湯の流量を調整する流量調整弁63を水配管で接続して構成している。
【0024】
また、浴槽水回路は熱交換器2と、注湯電磁弁51、逆止弁50、水位センサー60、浴槽用の循環ポンプ46で構成されている。
【0025】
本実施例に係るヒートポンプ給湯機は、従来のように大型の貯湯槽を用いることなく小型軽量な給湯機とする。すなわち、ヒートポンプ回路10の高温の冷媒と水循環回路22の水を水熱交換器11にて熱交換することで湯を沸かす給湯機において、給水管16から導入された水を水熱交換器11によって昇温してそのまま使用端末27に給湯する瞬間式とすることで、従来の大型の貯湯タンクを不要とすることができる。また、ヒートポンプ回路10の運転開始直後の圧力条件が安定するまでは水を温めるのに充分な凝縮熱を発生させることができないので、その立ち上がりの短時間は給湯タンク13に貯蔵している湯と水熱交換器11からの水を混合して給湯することで、設定温度を保ちつつ給湯タンク13の小型化を図ることができる。そして、ヒートポンプ回路10の運転が安定し、設定温度の湯を沸かし上げる状態になったとき、給湯タンク13に貯湯されている湯の使用を止めて直接給湯するようにした。以下、詳細に説明する。
【0026】
ヒートポンプ給湯機への水の供給を説明する。給水管16から供給された水は、減圧逆止弁17に流入し、この先一方は給水管19を介して給湯タンク13に、もう一方は水熱交換器11との間に接続された水配管を介して熱交換器2に分流する。また、使用端末27への給湯はミキシングバルブ61、62、流量調整弁63を通り設定温度にされ供給される。
【0027】
本実施例に示すヒートポンプ給湯機は、基本的に給水管16から供給された水を熱交換器2によって使用者が設定した温度に上昇させ、使用端末27に給湯する瞬間湯沸し器を想定している。このため、冷凍サイクルの能力が高い場合や水熱交換器11の性能が高ければ、給湯タンク13を設ける必要がない。このため、重量や設置スペースを取っていた従来の電気温水器よりも飛躍的にコンパクトな給湯機になる可能性がある。
【0028】
しかし、給水される水の温度が低い、冷凍サイクルが安定してなく熱交換器2が十分に温まっていないといった理由から、給湯温度が設定温度に達しない場合がある。
【0029】
そこで、本実施例では、必要最小限の給湯タンク13を設置し、熱交換器2から出力される水の温度が設定温度に達するまで、補助的に給湯タンク13に貯められた湯を使用して使用端末27における給湯温度を確保するものである。
【0030】
場合によってはいつまでも熱交換器2から出力される湯の温度が上昇しない場合も考えられる。この場合、使用端末27での湯の使用が中断したときに、給湯タンク13内に所定の高い温度の湯を貯湯することで、次の湯の使用時に設定温度の湯の給湯を確保することができる。各部の動作については、以下の説明により次第に明らかになる。
【0031】
ミキシングバルブ61は、前述したようにヒートポンプ回路運転開始直後、熱交換器2(水熱交換器11)から出てくる湯の温度が充分に上がりきらないときに、補助的に給湯タンク13の湯を混合して設定温度となった湯を使用端末27に供給するためのバルブである。なお、ミキシングバルブ61と給湯タンク13とは給湯管20によって接続されている。
【0032】
また、ミキシングバルブ62は、ミキシングバルブ61から供給される湯の温度が設定温度よりも高い場合、給水管16から供給される水と混合することで湯温を低下させ設定温度にする機能を有している。
【0033】
さらに、流量調整弁63は、給湯量が予定の総量を超えないように流量を規制する機能を有する弁である。
【0034】
また各部には、給水温度センサー52、水熱交換器出口水温センサー53、混合された給湯タンクの湯と水熱交換器出口水の温度を測る水温センサー54、最終的な出湯水温を測定する出湯温度センサー55、給湯タンク13の残湯量を測定するためのタンク温度センサー56(a、b、c)が、また冷凍サイクル側には、蒸発器6、6aの中間温度を測定する蒸発器温度センサー58、58aが、圧縮機1の吸込み温度を感知する吸込み温度センサー59、59aが配置されている。
【0035】
そしてヒートポンプ回路10、10a、給湯タンク13を含めた水循環回路22およびその他の機器が後述する箱体23の中に収納されている。
【0036】
使用端末27として、キッチン等の蛇口24、浴室のシャワー25、また注湯電磁弁51と逆止弁50で区切られた浴槽26等が設けられている。この逆止弁50は、給水管16から供給された湯水に浴槽26の湯水が衛生上混ざらないようにするための弁である。なお、本実施例では特に明記していないが必要に応じて水用の端末がそれぞれの端末に付設されることになる。
【0037】
本実施例に係るヒートポンプ給湯機はこのような構成を備え、以下説明するような動作を行う。ヒートポンプ給湯機は電気温水器に比較してエネルギー効率が300〜500%良いと云われている。このヒートポンプ回路10を利用して、瞬間湯沸器のように直接、使用端末に湯を供給しようとするものである。しかし、前にも説明したようにヒートポンプ回路10は運転開始直後からヒートポンプ回路が安定するまでの間は、水熱交換器11で水を温めるのに必要な凝縮熱を充分に供給することができず、使用端末27に温かな湯を直接供給することができない。本実施例のヒートポンプ給湯機ではその立ち上がりの数分間を、小容量の給湯タンク13内に貯蔵している高温の湯を補助的に供給して使用するものである。
【0038】
まず、給湯タンク13の容量について説明する。極端な場合は除くとして、一般家庭でのシャワーの水量は11.8リットル/分であり、台所が8.5リットル/分であり、洗面所が7.5リットル/分であり、連続使用時間が、シャワーが9.7分、台所が13.4分である。同時に使う場合を考慮しないとすると、必要な連続した湯の供給量は約114リットルである。給湯温度を40℃とし、給湯タンク13に貯湯されている湯温をサルモレナ菌等が死滅する温度といわれている60℃とし、熱交換器2から供給される水の温度を最悪の状態を考えて8℃と仮定する。この条件で、給湯タンク13に貯湯しなければならない湯量を計算すると、約70リットルである。しかし、熱交換器2から供給される水の温度が常に8℃は考えることができないので、これよりも10℃高いおよそ18℃になっていれば給湯タンク13の容量は60リットルで済む。
【0039】
また、現在市販されているパッケージエアコンの室外機の大きさを家庭用給湯機として許容される大きさとすると、高さ1.4m、幅0.9m、奥行き0.3m位であり、給湯タンク13の形状を円筒形状とし、給湯タンク13を室外機の箱体内に収納するとした場合、許容し得る最大の大きさは、給湯タンク13の直径が0.3mであり、高さが1.4mである。この容量は0.1立方メートル(100リットル)である。
【0040】
以上を纏めると、給湯タンク13の貯湯容量として60リットルから100リットルの範囲が望ましい。この範囲に給湯タンク13の貯油容量を収めると、上記したように湯の使用に支障を来たさない範囲で、パッケージエアコンやルームエアコンのように室外機を一つの箱の中に収納することができる。すなわち、給湯タンク13を、主な構成要素である圧縮機1、室外熱交換器6、水熱交換器11及び減圧装置5と共に一つの筐体内に収納することができる。
【0041】
ところで、CFC系フロン冷媒を用いた冷凍サイクルでは、60℃がほぼ最高に沸き上げた場合の温度となるが、冷媒として二酸化炭素(CO2)を用いるとさらに湯温を上昇させることができ、これを上昇させた分だけ、給湯タンク13の貯湯容量を少なくしても良い。
【0042】
さて、風呂26以外の使用端末が利用された場合、流量センサー21が端末の使用を感知し、圧縮機1を起動してヒートポンプ回路10の運転を開始する。運転初期の段階では、ヒートポンプ回路10は、まだ立ち上がり状態であるため、給湯タンク10を利用した給湯運転となる。給水管16から導水された水は、減圧弁17、給水管19を介して給湯タンク13の下部に至る。給湯タンク13では、その下部から水が供給され、その水圧により給湯タンク13の上部に貯まっていた高温の湯は給湯管20に押し出される。
【0043】
一方、給水管16からの水は冷凍サイクル10により水を加熱するため水熱交換器11に流れる水回路に分かれる。給湯タンク13からの湯と水熱交換器11からの出湯を混合するミキシングバルブ61で設定された温度になるように温度センサー54で温度を感知し、貯湯タンク13からの湯と、冷凍サイクル10より加熱された水熱交換器11からの水の量で調整する。この運転初期の場合、水熱交換器11を通過してくる水は十分に温められていないため給湯タンク13からの湯の量が多く、水熱交換器11を流れる水の量は少なくなる(混合運転モード)。ここで運転初期段階において、水熱交換器11を流れる水の量を少なくし
た場合、少量の水のため温度を急激に上昇させる事ができる。
【0044】
なお、この混合運転モードにて、使用端末27の湯の温度が高すぎる(設定値以上となる場合)、ミキシングバルブ62が開かれ給水管16からの水が混合され湯温が調節される。
【0045】
運転が継続するとヒートポンプ回路10は徐々に安定し始め、水熱交換器11から出湯される湯の温度も高温となり、給湯タンク13からの湯と水熱交換器11からの出湯を混合するミキシングバルブ61は、徐々に給湯タンク13からの出湯を絞り込んでゆき、水冷媒熱交換器11からの出湯温度が設定温度となった場合に、給湯タンク13からの出湯を全閉しヒートポンプ回路10より加熱された水熱交換器11を通過した湯のみで端末に湯を供給できるようになる(瞬間湯沸しモード)。
【0046】
この時設定された温度で端末に湯を供給するために、温度センサー55で温度を感知し、水熱交換器11から出湯しミキシングバルブ61を通過した湯と、バイパスされた水を混合するミキシングバルブ62で、設定された湯を端末に供給する。特に夏場など給水管16から供給される水の温度が高い場合、水熱交換器11から出力されるの温度が設定温度より高くなる。このとき設定温度になるようにミキシングバルブ62を調節することで適宜水を混合して端末に湯を供給する(水混合モード)。
【0047】
なお、冷凍サイクル10を圧縮機1の回転数を制御できるインバータ制御とすれば、水熱交換器11の出湯温度を温度センサー53で感知し、圧縮機1の回転数を制御し設定された水温になるようにすることができる。
【0048】
さらに、冷凍サイクル10自身は、蒸発器6の中間に配置された温度センサー58と圧縮機吸込み温度センサーの差が一定になるように膨張弁5が調整される。
【0049】
そして使用端末が閉められた場合、流量センサー21がそれを感知し、給湯タンク13の湯温が設定値以下である場合、給湯タンク13の追炊き運転に移行する。
【0050】
給湯タンクの追炊き運転は、冷凍サイクル10を運転させたまま、水熱交換器出口温度が高温(貯湯温度)になるのを待ち、ポンプ15を運転させる。これにより給湯タンク13の下部にたまった水は、水熱交換器11に至り高温の湯となり、逆止弁49を介して給湯タンク13の上部に戻される。この逆止弁49は上記通常給湯時でタンクよりの出湯がミキシングバルブ61で全閉となった時の給湯タンク13からの出湯を防ぐ役割を果たす。
【0051】
また、この時の水熱交換器出口温度は圧縮機1の回転数、循環ポンプ15の流量を変化させることにより行い、タンク温度センサー56により給湯タンク沸上げ完了を感知し、給湯タンク13の追炊きを終了し、待機状態となる。
【0052】
なお、給湯タンク13から端末への出湯は、給水管16からの水の供給により行われるため、満タン状態が保たれ、給油タンク13内の湯量が減少することは原則的にない。据付完了時や長期間使用しないときに給湯タンク13内の湯を抜いた後の使用開始時は給湯タンク13内に湯がないので給水(給湯)する必要がある。この場合、使用端末27のシャワー25や蛇口24を開放すると、給水管16からの水は、水熱交換器11を介して使用端末11に流れる。このとき、出湯温度センサー55の検出値は低温を検出するため、ミキシングバルブ62は、湯側のみとなる(給水管16からの水は混合されない)。また、出湯温度センサー54の検出値も低温となるため、ミキシングバルブ61は水熱交換器11からの湯と給湯タンク20からの水とが混合されるように開く。しかし、給湯タンク13内には未だ水が張られていないので水がミキシングバルブ61を介して給湯タンク13から出力されない。そして、ミキシングバルブ61が給湯タンク13側も開いたことにより、空気が抜けるようになったため、給水管16からの水は水熱交換器11に流れると共に給湯タンク13にも流れ込む。そして、満タンになったときに使用側端末27の栓を止めると先に説明した給湯タンク13の追炊きが開始される。
【0053】
ところで、冷凍サイクル10の圧縮機1をインバータ化したとしても冷凍サイクルには、最低能力と最高能力が存在してしまう。給湯に必要とされる能力は、給水温度センサー52、流量センサー21、設定出湯温度で推測することができる。
【0054】
もし、必要給湯能力が冷凍サイクルの最低能力以下の場合、冷凍サイクル10は運転することなく、通常給湯時と同様の回路(水熱交換器11からの湯(水)と給湯タンク13からの湯とを混合する運転回路)を使用し給湯タンク13のみで設定温度で出湯させる。タンク内の残湯量(湯温が低くなった)が少なくなった場合にタンク追炊き運転を行いタンクに湯を補給する運転とする。
【0055】
ガス給湯機のような瞬間湯沸し機は、補助タンクを持ち合わせていないため、最低能力以下では給湯することができない(使用側端末の混合栓で温度調整する)が、本実施例では、給湯タンク13を持っているためこのような場合でも端末に設定温度で給湯することができる。
【0056】
また、給湯能力が、冷凍サイクル10の最大能力を超えてしまった場合は、流量調整弁63を絞り流量を調整することで設定出湯温度にして出湯させる構造とする。
【0057】
通常ヒートポンプ式の給湯機は深夜電力を利用し、300リットル以上の大型タンクに70℃〜90℃に水を沸上げ貯湯することになり、高温で沸き上げなくてはいけないため熱効率は低下するが、本発明によれば、端末で必要とする湯の温度(例えば一般に使用される42℃)で湯を沸き上げるため、他のヒートポンプ式給湯機と比較し熱効率は非常に良くなる。
【0058】
浴槽26に給湯、お湯張りをする場合、上記同様の給湯運転をし、注湯電磁弁51を開くことにより、浴槽26に湯を張る。また浴槽26への注湯が途切れた場合浴槽26の湯が逆流してしまうことが考えられるので、衛生面を考慮して、逆止弁50によりこれを防いでいる。
【0059】
また、浴槽27への注湯、お湯張りは180リットル以上ものお湯を張るため、上記の給湯運転の場合と変え、運転初期では、給湯タンク13の湯を使用せずに、ヒートポンプ回路10を運転し、直接水熱交換器11の水を注湯する運転としても良い。これは浴槽26に湯を張るためには180リットル以上の湯が必要であり、冷凍サイクル10の立ち上がり時間は、全体に対してわずかであるためである。浴槽26の水位は水位センサー60で監視しているため、設定水位となった場合に浴槽への注湯、お湯張り運転を中止する。
【0060】
次に風呂の追炊きについて説明する。従来の風呂釜と同様に既に浴槽26に、水が張ってあり、これを沸かそうとした場合、大きなタンクに貯湯してある電気温水器等では浴槽に張ってある水を沸かすことができなかった。
【0061】
しかし、本実施例では、冷媒を凝縮させる凝縮器3と湯水を沸き上げる水熱交換器11さらに浴槽水熱交換器44が一体に組込まれている熱交換器2としているため、ヒートポンプ回路10を運転し、循環ポンプ46を運転させ浴槽26に張られた水を循環させることにより、浴槽内の水を沸上げることができる。即ち、浴槽26に張られた水は、循環ポンプ46によって浴槽水熱交換器に送られ昇温され、再び浴槽26に戻される。そして、浴槽水熱交換器44の上流側に設けられ、浴槽内の水温を検出する風呂温度センサー57の検出値が、設定温度になったとき、ヒートポンプ回路(主に圧縮機1)及び循環ポンプ46の運転を止める機能を有している。すなわち、自動的に浴槽内の湯温を設定値に保つ自動機能を持たせている。
【0062】
上記の様に、浴槽26に対して注湯、お湯張り、またお湯沸しができることから、浴槽26の湯が少なくなった場合のお湯足し、お湯がぬるくなった場合の追焚き等多彩な風呂自動機能を有する。
【0063】
また運転初期の過渡時期の時間と水の温度の関係を実験した特性曲線を図2に示す。
【0064】
一般家庭における使用端末27で使用する湯の温度や湯の量は約40〜42℃で6〜8リットル/分と云われている。これを元に冬季の外気条件を加味して実験では、供給する水の温度を8℃にしている。
【0065】
グラフは、ヒートポンプ回路10を運転すると同時に水熱交換器11に水を供給した時、水熱交換器11出口の水温の変化を表わしたものである。水熱交換器11の入口に8℃の水を供給して、水熱交換器11の出口の湯温が42℃になるまで約7分間を要することが分かる。
【0066】
キッチンの蛇口24やシャワー25で湯温が上がるまでの7分間を、待ち続けることは我慢できない。
【0067】
本実施例ではこの実験を元に、約30リットルの小容量の給湯タンク13(現実的には、余裕をもって90リットル)を設け、約60℃の湯を貯蔵している。
【0068】
使用端末では60℃の湯に、初期値として8℃の水熱交換器11からの水道水を加えて42℃に薄めて使用することになるので、例え水熱交換器11からの水温が、8℃のまま変化しなくても60℃の湯が30リットルあれば約5分間を補償することができる。また、この程度の大きさの給湯タンクならばヒートポンプ回路箱体の中に一体に収納できるので、従来のヒートポンプ給湯機のように広い設置スペースを必要とすることもなく、また質量も小さいので強固な地盤をも必要としないので、アパートやマンションのベランダ等にも設置が可能になる。
【0069】
次に給湯タンク13の組込み位置について説明する。給湯タンク13の組込み位置は図3のようにヒートポンプ回路10の下部に設ける構造、図4のようにヒートポンプ回路10の上部に設ける構造、あるいは図5のようにヒートポンプ回路10の横に設ける構造等が考えられる。
【0070】
図3のようにヒートポンプ回路10の下部に設けた場合には湯の入った給湯タンク13が箱体の下部にあるためヒートポンプ給湯機の安定性が良くなり、また、製造工程においても給湯タンク13の上に順々に組み立てることができるので作業性が良く、サービスにおいても箱体23を外すだけで内部の機器を簡単に点検できるのでサービス性が向上する。なお、30は制御回路であって、圧縮機、減圧装置5、各種ミキシングバルブ、ファン9等を各種センサー等の出力に基づいて制御するものである。以下の図についても同様である。
【0071】
しかし、箱体の下部に設けた場合には、高温の湯を貯蔵した給湯タンク13が地面に近いため、給湯タンク13の表面から放熱量が多くなり余分なエネルギーを浪費することになる。これを避けるため、組立て性、サービス性を多少犠牲にして給湯タンク13を図4に示すようにヒートポンプ回路10の上部に設けることが考えられる。この場合には、ヒートポンプ回路10で発生した熱が給湯タンク13を包むようになるため、給湯タンク13からの余分な放熱を減らすことができる。
【0072】
また、図5に示すように、ヒートポンプ回路10の横に設置して組立て性、サービス性を確保したまま、給湯タンク13からの無駄な放熱量を押さえることも可能である。
【0073】
あるいは図6のように、箱体の中に一体に収納することを止め、ヒートポンプ回路10を納めた箱体の脇に給湯タンク13を設置することも考えられる。この場合、冷媒に関するヒートポンプ回路10と給湯に関する水廻り部分が別個になり、それぞれ平行して製品を生産することができので、製品の生産性が良くなり、据付けにおいてもそれぞれ別個に作業ができるので据付け工事が容易となり、サービスにおいてはサービスの作業性をより改善することができる。
【0074】
【発明の効果】
本発明によれば、湯温が安定するまでの時間を短縮可能なヒートポンプ給湯機を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明のヒートポンプ給湯機のヒートポンプ回路及び水回路の一実施例を示す図。
【図2】 ヒートポンプ回路運転開始後の水の温度と時間の特性曲線。
【図3】 給湯タンクをヒートポンプ回路の下部に組込んだ構成図。
【図4】 給湯タンクをヒートポンプ回路の上部に組込んだ構成図。
【図5】 給湯タンクをヒートポンプ回路の横に組込んだ構成図。
【図6】 給湯タンクをヒートポンプ回路本体の外に設けた構成図。
【符号の説明】
1…圧縮機、2…熱交換器、3…凝縮器、5…減圧装置、6…蒸発器(室外熱交換器)、7…アキュムレータ、8…バイパス弁、9…送風機、10…ヒートポンプ回路、11…水熱交換器、13…給湯タンク、15…循環ポンプ、16…給水管、17…減圧弁、19…給水管、20…給湯管、21…流量計、22…水循環回路23…外箱、24…蛇口、25…シャワー、26…浴槽、27…使用端末、30…制御回路、53…水熱交換器出口温度センサ、56…給湯タンク温度センサー、61、62、63…ミキシングバルブ

Claims (3)

  1. 圧縮機と、この圧縮機から吐出された冷媒と給水管から導入された水との間で熱交換する第1熱交換器と、この第1熱交換器からの冷媒を減圧する減圧手段と、この減圧手段と前記圧縮機との間に設けられた第2熱交換器とを有するヒートポンプ回路と、
    前記給水管から導入された水を、前記第1熱交換器によって昇温して、使用端末に給湯することができる瞬間式給湯回路と、
    前記第1熱交換器によって昇温された湯に、第1の混合手段を介して、給湯タンクに貯湯された湯を供給して、前記使用端末に給湯することができるタンク給湯回路と、
    前記第1熱交換器と前記給湯タンクとをバイパスして、前記第1の混合手段を通過した湯に、第2の混合手段を介して、前記給水管から導入された水を混合することができるバイパス回路と、
    前記第1熱交換器の下流で前記第1の混合手段の上流に配設された第1の温度検知手段と、
    前記第1の混合手段の下流で前記第2の混合手段の上流に配設された第2の温度検知手段と、
    前記第2の混合手段の下流に配設された第3の温度検知手段と、
    前記第1の温度検知手段の出力に基づいて前記圧縮機の回転数を制御し、前記第2の温度検知手段の出力に基づいて前記第1の混合手段を制御し、前記第3の温度検知手段の出力に基づいて前記第2の混合手段を制御する制御手段とを備えたヒートポンプ給湯機。
  2. 請求項1において、
    前記圧縮機、前記第1熱交換器、前記減圧手段、前記第2熱交換器、前記給湯タンクを一の筐体内に収納したことを特徴とするヒートポンプ給湯機。
  3. 請求項2において、
    前記ヒートポンプ回路の横に、前記給湯タンクを設置したことを特徴とするヒートポンプ給湯機。
JP2002077458A 2002-03-20 2002-03-20 ヒートポンプ給湯機 Active JP3742356B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002077458A JP3742356B2 (ja) 2002-03-20 2002-03-20 ヒートポンプ給湯機

Applications Claiming Priority (12)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002077458A JP3742356B2 (ja) 2002-03-20 2002-03-20 ヒートポンプ給湯機
CN 03102317 CN1229596C (zh) 2002-03-20 2003-01-30 热泵式热水供给机
CN 200510107586 CN100590365C (zh) 2002-03-20 2003-01-30 热泵式热水供给机
CN 200510107583 CN100439811C (zh) 2002-03-20 2003-01-30 热泵式热水供给机
CN 200510107585 CN100427843C (zh) 2002-03-20 2003-01-30 热泵式热水供给机
CN 200510107584 CN100439812C (zh) 2002-03-20 2003-01-30 热泵式热水供给机
CN 200510107580 CN100460776C (zh) 2002-03-20 2003-01-30 热泵式热水供给机
CN 200510107582 CN1740705B (zh) 2002-03-20 2003-01-30 热泵式热水供给机
CN 200510107581 CN100460777C (zh) 2002-03-20 2003-01-30 热泵式热水供给机
US10/358,277 US6837443B2 (en) 2002-03-20 2003-02-05 Heat pump hot-water supply system
US10/839,213 US6874694B2 (en) 2002-03-20 2004-05-06 Heat pump hot-water supply system
US11/097,302 US7234646B2 (en) 2002-03-20 2005-04-04 Heat pump hot-water supply system

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2003279133A JP2003279133A (ja) 2003-10-02
JP2003279133A5 JP2003279133A5 (ja) 2005-06-16
JP3742356B2 true JP3742356B2 (ja) 2006-02-01

Family

ID=28035517

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002077458A Active JP3742356B2 (ja) 2002-03-20 2002-03-20 ヒートポンプ給湯機

Country Status (3)

Country Link
US (3) US6837443B2 (ja)
JP (1) JP3742356B2 (ja)
CN (8) CN100439812C (ja)

Families Citing this family (92)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003222391A (ja) * 2002-01-29 2003-08-08 Daikin Ind Ltd ヒートポンプ式給湯機
JP3918786B2 (ja) * 2003-07-30 2007-05-23 株式会社デンソー 貯湯式ヒートポンプ給湯装置
JP2005195211A (ja) * 2004-01-05 2005-07-21 Matsushita Electric Ind Co Ltd ヒートポンプ給湯機
JP4649897B2 (ja) * 2004-07-09 2011-03-16 ダイキン工業株式会社 熱搬送システム
JP2006083720A (ja) * 2004-09-14 2006-03-30 Honda Motor Co Ltd コジェネレーション装置
JP2006084115A (ja) * 2004-09-16 2006-03-30 Matsushita Electric Ind Co Ltd ヒートポンプ給湯機
US20060080988A1 (en) * 2004-10-20 2006-04-20 Carrier Corporation Gas cooler configuration integrated into heat pump chassis
JP4284290B2 (ja) 2005-03-24 2009-06-24 日立アプライアンス株式会社 ヒートポンプ給湯機
CA2503056A1 (fr) * 2005-04-07 2006-10-07 Louis Cloutier Chaudiere avec anti-chambre et echangeur helicoidal
KR20080042074A (ko) * 2005-06-28 2008-05-14 판게 태양 에너지-히트 펌프 복합, 다단계 가열식 에너지 저장온수 제작 방법 및 그의 전용 장치
JP4486001B2 (ja) * 2005-07-05 2010-06-23 東芝キヤリア株式会社 ヒートポンプ式給湯機
JP4139403B2 (ja) * 2005-09-16 2008-08-27 リンナイ株式会社 給湯システム
JP2007132542A (ja) * 2005-11-08 2007-05-31 Daikin Ind Ltd ヒートポンプ給湯装置
US7278379B2 (en) * 2005-11-14 2007-10-09 Pvi Industries, Llc Heat exchange system
JP2007205658A (ja) * 2006-02-02 2007-08-16 Denso Corp ヒートポンプ式給湯装置およびヒートポンプ式給湯装置用制御装置
JP4997782B2 (ja) * 2006-02-15 2012-08-08 パナソニック株式会社 ヒートポンプ蓄熱装置
JP4513760B2 (ja) * 2006-02-15 2010-07-28 株式会社デンソー ヒートポンプ式給湯装置およびヒートポンプ式給湯装置用制御装置
JP4958460B2 (ja) * 2006-03-29 2012-06-20 中部電力株式会社 ヒートポンプ給湯機
KR101152472B1 (ko) 2006-05-19 2012-07-03 엘지전자 주식회사 지열을 이용한 공기조화기
JP4839141B2 (ja) * 2006-06-26 2011-12-21 日立アプライアンス株式会社 ヒートポンプ給湯装置
JP2008008563A (ja) * 2006-06-30 2008-01-17 Hanshin Electric Co Ltd 貯湯式給湯方法および貯湯式給湯装置
KR101270615B1 (ko) * 2006-07-25 2013-06-07 엘지전자 주식회사 코제너레이션 및 그 제어 방법
EP2061997A2 (en) * 2006-08-31 2009-05-27 Colipu A/S An energy system with a heat pump
NL1032610C2 (nl) * 2006-10-03 2008-04-04 Henri Peteri Beheer Bv Inrichting voor het afgeven van water met variabele temperaturen.
US7934664B1 (en) * 2006-10-26 2011-05-03 Gerry Wolter Hydronic space and water heater
US7298968B1 (en) 2007-01-05 2007-11-20 Rheem Manufacturing Company Pumpless combination instantaneous/storage water heater system
CN101688686B (zh) * 2007-02-21 2013-06-19 艾欧史密斯有限公司 容积-即热式热水器
JP2008267790A (ja) * 2007-03-27 2008-11-06 Daikin Ind Ltd ヒートポンプ式給湯装置および暖房給湯装置
JP2008275302A (ja) * 2007-03-30 2008-11-13 Daikin Ind Ltd 暖房給湯装置
JP5094217B2 (ja) * 2007-06-01 2012-12-12 日立アプライアンス株式会社 ヒートポンプ給湯装置
US9328932B2 (en) 2007-06-27 2016-05-03 Racool, L.L.C. Building designs and heating and cooling systems
US10082317B2 (en) 2007-06-27 2018-09-25 Racool, L.L.C. Building designs and heating and cooling systems
US8245949B2 (en) * 2007-07-25 2012-08-21 Grand Hotel, LLC Energy conservation system for using heat from air conditioning units to heat water supply lines
JP4274273B2 (ja) * 2007-08-23 2009-06-03 ダイキン工業株式会社 貯湯式給湯機
WO2009026618A1 (en) * 2007-08-24 2009-03-05 Rheem Australia Pty Limited Improvements in air intakes for water heaters
WO2009057303A1 (ja) * 2007-11-02 2009-05-07 Panasonic Corporation 給湯システム
JP4988521B2 (ja) * 2007-11-16 2012-08-01 日立アプライアンス株式会社 ヒートポンプ給湯装置
JP4725575B2 (ja) * 2007-11-19 2011-07-13 ダイキン工業株式会社 ヒートポンプ式給湯装置
JP2009257652A (ja) * 2008-02-29 2009-11-05 Daikin Ind Ltd 冷凍装置
WO2009113881A1 (en) * 2008-03-10 2009-09-17 Matrix Engineering Limited Heat pump water heater
JP5164634B2 (ja) * 2008-03-28 2013-03-21 日立アプライアンス株式会社 ヒートポンプ給湯機
US8157924B2 (en) 2008-04-09 2012-04-17 Premark Feg L.L.C. Warewasher including heat recovery system with hot water supplement
JP2010025419A (ja) * 2008-07-18 2010-02-04 Hitachi Appliances Inc 給湯機
KR101329509B1 (ko) * 2008-08-04 2013-11-13 엘지전자 주식회사 히트펌프 연동 온수 순환 시스템 및 제어 방법
FR2934890B1 (fr) * 2008-08-06 2010-09-17 Cb Froid Installation de pompe a chaleur pour le chauffage d'un fluide.
US8422870B2 (en) 2009-02-13 2013-04-16 General Electric Company Residential heat pump water heater
JP5378504B2 (ja) * 2009-03-27 2013-12-25 日立アプライアンス株式会社 ヒートポンプ式給湯機
WO2010116454A1 (ja) * 2009-03-30 2010-10-14 三菱電機株式会社 流体加熱システム及び流体加熱方法及び流体加熱制御システム及び制御装置及び制御方法
DK177404B1 (en) 2009-07-08 2013-04-02 Colipu As An energy system with a heat pump
US8186175B2 (en) * 2009-08-11 2012-05-29 Te-Shou Lee Structural improvement for electric energy saving equipment
US8539789B2 (en) * 2009-08-17 2013-09-24 Johnson Controls Technology Company Heat-pump chiller with improved heat recovery features
US8770154B2 (en) * 2009-09-03 2014-07-08 Champion Industries, Inc. Heat exchanger water heating system for commercial dishwasher
US8385729B2 (en) 2009-09-08 2013-02-26 Rheem Manufacturing Company Heat pump water heater and associated control system
JP5310431B2 (ja) * 2009-09-17 2013-10-09 パナソニック株式会社 ヒートポンプ式温水暖房装置
JP5380226B2 (ja) * 2009-09-25 2014-01-08 株式会社日立製作所 空調給湯システム及びヒートポンプユニット
CN102575883B (zh) * 2009-10-23 2014-06-25 三菱电机株式会社 空调装置
FR2955381A1 (fr) * 2010-01-19 2011-07-22 Michel Charles Albert Barbizet Procede de valorisation d'energie thermique a basse temperature dans les systemes multi-generation
CN102762934B (zh) * 2010-02-26 2015-08-05 株式会社日立制作所 三流体热交换器以及使用了该三流体热交换器的空气调节供热水系统
JP5729910B2 (ja) * 2010-03-05 2015-06-03 三菱重工業株式会社 温水ヒートポンプおよびその制御方法
ITUD20100056A1 (it) * 2010-03-23 2011-09-24 Regola Engineering S R L Apparato di termocondizionamento
JP5705455B2 (ja) * 2010-04-28 2015-04-22 三菱重工業株式会社 Co2冷媒を用いたヒートポンプ給湯装置
FR2961295B1 (fr) * 2010-06-10 2013-05-17 Atlantic Industrie Sas Procede et dispositif de determination d'une capacite d'eau mitigee
CN101872200B (zh) * 2010-06-29 2011-09-14 张家港市沃斯汀新材料研究所有限公司 流量控制装置
JP5404541B2 (ja) * 2010-07-07 2014-02-05 三菱電機株式会社 熱交換器、およびそれを備えた給湯装置
EP2413048B1 (de) * 2010-07-30 2013-06-05 Grundfos Management A/S Brauchwassererwärmungseinheit
KR101216085B1 (ko) * 2010-08-17 2012-12-26 엘지전자 주식회사 히트펌프
US9182159B2 (en) * 2010-10-14 2015-11-10 Purpose Company Limited Water heater and control method therefor
CN102022773A (zh) * 2010-11-30 2011-04-20 上海交通大学 回收洗澡水余热的二氧化碳热泵热水器
US9322600B2 (en) 2011-03-17 2016-04-26 Olive Tree Patents 1 Llc Thermosyphon heat recovery
JP5884042B2 (ja) * 2011-05-31 2016-03-15 パナソニックIpマネジメント株式会社 ヒートポンプ式温水暖房装置
US8768154B2 (en) 2011-06-21 2014-07-01 Daichi L Nakagawa Fixed and selectively fixed bypass pumpless instantaneous / storage water heater system
CN102252423B (zh) * 2011-07-04 2013-03-20 东莞市新时代新能源科技有限公司 多功能空气能浴缸制备方法及实施该方法的浴缸
US8973382B2 (en) * 2012-04-17 2015-03-10 Lee Wa Wong Energy efficient air heating, air conditioning and water heating system
ES2442247B1 (es) * 2012-04-30 2014-09-02 Jessica GUTIERREZ MURIANO Equipo enfriador-recuperador para refrigeración de instalaciones
JP5870844B2 (ja) * 2012-05-23 2016-03-01 三菱電機株式会社 貯湯式給湯機
CN102705985B (zh) * 2012-06-12 2015-01-21 广东美的暖通设备有限公司 热泵热水机系统及其控制风速的方法
CN102721173A (zh) * 2012-06-14 2012-10-10 华南理工大学 一种可调即热式热泵热水器
CN102734927B (zh) * 2012-06-27 2014-11-05 周裕佳 按摩浴缸的双联供水结构及其控制方法
JP5984965B2 (ja) * 2012-12-11 2016-09-06 三菱電機株式会社 空調給湯複合システム
WO2014101225A1 (en) 2012-12-31 2014-07-03 Trane International Inc. Heat pump water heater
US10260775B2 (en) * 2013-03-15 2019-04-16 Green Matters Technologies Inc. Retrofit hot water system and method
CN103277892B (zh) * 2013-06-17 2015-06-24 江苏天舒电器有限公司 一次加热式热泵热水机组恒温流量调节装置及其控制方法
CN105485760A (zh) * 2014-03-24 2016-04-13 张明 热泵与热水加热组合系统的制冷和制生活热水流程
CN104224004B (zh) * 2014-09-12 2016-08-24 王盛洪 一种热回收型洗澡机
US10375901B2 (en) 2014-12-09 2019-08-13 Mtd Products Inc Blower/vacuum
JP6452465B2 (ja) * 2015-01-20 2019-01-16 大阪瓦斯株式会社 熱供給システム
CN104676902B (zh) * 2015-03-11 2017-06-30 广东美的暖通设备有限公司 热泵热水器及其控制方法
US10316981B2 (en) * 2015-05-26 2019-06-11 Haier Us Appliance Solutions, Inc. Heat pump water heater appliance and an electronic mixing valve
US10285562B2 (en) 2015-07-31 2019-05-14 Illinois Tool Works Inc. Warewasher with heat recovery system
US10178937B2 (en) 2015-07-31 2019-01-15 Illinois Tool Works Inc. Warewasher with heat recovery system
US10178940B2 (en) 2015-07-31 2019-01-15 Illinois Tool Works Inc. Warewasher with heat recovery system
CN109556331A (zh) * 2018-12-12 2019-04-02 珠海格力电器股份有限公司 一种水冷机组及其水温控制方法

Family Cites Families (54)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
SE394741B (sv) * 1974-04-18 1977-07-04 Projectus Ind Produkter Ab Vermepumpsystem
US4209996A (en) * 1976-01-29 1980-07-01 Dunham-Bush, Inc. Reciprocating compressor refrigeration system using step expansion and auto staging
DK141027C (ja) * 1975-03-10 1982-12-06 H B Madsen
US4124177A (en) * 1977-04-21 1978-11-07 Timmerman Robert W Heating system
US4505328A (en) * 1978-12-13 1985-03-19 Schmitt Robert F System for conditioning air
US4367634A (en) * 1979-04-12 1983-01-11 Bolton Bruce E Modulating heat pump system
US4323109A (en) * 1979-08-27 1982-04-06 General Electric Company Open cycle heat pump system and process for transferring heat
US4474169A (en) * 1980-06-03 1984-10-02 Steutermann Edward M Solar heat collector control device
US4599870A (en) * 1981-03-25 1986-07-15 Hebert Theodore M Thermosyphon heat recovery
JPS6316653B2 (ja) 1982-07-15 1988-04-11 Sanden Corp
US4627483A (en) * 1984-01-09 1986-12-09 Visual Information Institute, Inc. Heat pump control system
JPS60162160A (en) * 1984-02-03 1985-08-23 Toshiba Kk Method of operating heat pump type air conditioner
KR900000809B1 (ko) * 1984-02-09 1990-02-17 카다야마히도하지로 냉난방 · 급탕용(給湯用) 히트펌프장치
US4570449A (en) * 1984-05-03 1986-02-18 Acl-Filco Corporation Refrigeration system
FR2568355B1 (fr) * 1984-07-25 1986-12-26 Gaz De France Procede de chauffage d'un batiment ou local quelconque et appareil comportant application de ce procede
FR2568354B1 (fr) * 1984-07-25 1986-12-26 Gaz De France Procede de production d'air chaud et d'eau chaude sanitaire et appareil pour la mise en oeuvre de ce procede
JPH0528223B2 (ja) 1984-07-26 1993-04-23 Matsushita Electric Ind Co Ltd
US4747273A (en) * 1987-03-05 1988-05-31 Artesian Building Systems Heating and cooling system
US4766734A (en) * 1987-09-08 1988-08-30 Electric Power Research Institute, Inc. Heat pump system with hot water defrost
JPH0511891B2 (ja) 1987-09-30 1993-02-16 Otokogumi Kk
US4796437A (en) * 1987-10-23 1989-01-10 James Larry S Multifluid heat pump system
JPH01181032A (en) * 1988-01-13 1989-07-19 Toshiba Corp Air conditioner
JPH0796969B2 (ja) 1988-02-16 1995-10-18 リンナイ株式会社 給湯装置
US4860552A (en) * 1988-12-23 1989-08-29 Honeywell, Inc. Heat pump fan control
GB2230873B (en) * 1989-02-27 1993-10-06 Toshiba Kk Multi-system air conditioning machine
JP2723339B2 (ja) * 1989-04-28 1998-03-09 株式会社東芝 ヒートポンプ暖房装置
US5228302A (en) * 1991-11-12 1993-07-20 Eiermann Kenneth L Method and apparatus for latent heat extraction
US5320166A (en) * 1993-01-06 1994-06-14 Consolidated Natural Gas Service Company, Inc. Heat pump system with refrigerant isolation and heat storage
JP3401829B2 (ja) 1993-04-30 2003-04-28 松下電器産業株式会社 温水器
JP3060807B2 (ja) 1993-12-16 2000-07-10 ダイキン工業株式会社 多室型空気調和装置
US5367601A (en) * 1994-02-16 1994-11-22 World Technology Group, Inc. Supplemental heat control system with duct temperature sensor and variable setpoint
US5465588A (en) * 1994-06-01 1995-11-14 Hydro Delta Corporation Multi-function self-contained heat pump system with microprocessor control
JPH08296895A (ja) 1995-04-27 1996-11-12 Matsushita Electric Ind Co Ltd ヒートポンプ給湯機
JPH09126547A (ja) 1995-11-02 1997-05-16 Matsushita Electric Ind Co Ltd ヒートポンプ給湯機
JP3707119B2 (ja) * 1995-12-25 2005-10-19 株式会社デンソー 車両用空調装置
JPH09310924A (ja) 1996-05-23 1997-12-02 Hitachi Chem Co Ltd 太陽熱給湯機
JP3800721B2 (ja) 1997-05-14 2006-07-26 松下電器産業株式会社 ヒートポンプ式湯沸かし装置
CN2314277Y (zh) * 1997-12-25 1999-04-14 扬帆兴业股份有限公司 多功能热泵
US5967411A (en) * 1998-01-23 1999-10-19 Carrier Corporation Method and apparatus for controlling supplemental heat in a heat pump system
JPH11344258A (ja) 1998-06-02 1999-12-14 Toshiba Electric Appliance Co Ltd 電気温水器の沸き上げ制御装置
CN2380835Y (zh) * 1999-05-29 2000-05-31 李建华 一种热泵式热水器
JP3297657B2 (ja) * 1999-09-13 2002-07-02 東京電力株式会社 ヒートポンプ式給湯器
JP3387474B2 (ja) 2000-03-24 2003-03-17 ダイキン工業株式会社 ヒートポンプ式給湯装置
JP4104805B2 (ja) 2000-03-30 2008-06-18 三菱電機株式会社 ヒートポンプ給湯器
JP4169454B2 (ja) 2000-04-12 2008-10-22 大阪瓦斯株式会社 貯湯式の給湯熱源装置
JP2001296051A (ja) 2000-04-12 2001-10-26 Harman Co Ltd 貯湯式の給湯熱源装置
JP2002039616A (ja) 2000-07-27 2002-02-06 Denso Corp 給湯装置
JP2002048420A (ja) 2000-08-04 2002-02-15 Sanyo Electric Air Conditioning Co Ltd ヒートポンプ給湯機
JP4382972B2 (ja) 2000-08-07 2009-12-16 三洋エアコンディショナーズ株式会社 ヒートポンプ式給湯装置の運転方法及びヒートポンプ式給湯装置
US6601773B2 (en) * 2001-02-21 2003-08-05 Sanyo Electric Co., Ltd. Heat pump type hot water supply apparatus
US7316267B2 (en) * 2002-02-12 2008-01-08 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Heat pump water device
JP2004264807A (ja) 2002-07-04 2004-09-24 Konica Minolta Holdings Inc カラー画像形成方法
US7424434B2 (en) 2002-09-04 2008-09-09 Microsoft Corporation Unified lossy and lossless audio compression
JP2004264808A (ja) 2003-01-07 2004-09-24 Shinohara Yasuko 光学顕微鏡および天体望遠鏡の結像方法

Also Published As

Publication number Publication date
US7234646B2 (en) 2007-06-26
CN1740705B (zh) 2010-04-21
US20050167516A1 (en) 2005-08-04
CN1740653A (zh) 2006-03-01
JP2003279133A (ja) 2003-10-02
CN100439811C (zh) 2008-12-03
CN1740650A (zh) 2006-03-01
CN1445485A (zh) 2003-10-01
CN1740649A (zh) 2006-03-01
US20040200905A1 (en) 2004-10-14
CN1229596C (zh) 2005-11-30
CN1740651A (zh) 2006-03-01
CN100427843C (zh) 2008-10-22
CN1740654A (zh) 2006-03-01
CN1740705A (zh) 2006-03-01
US6837443B2 (en) 2005-01-04
CN100439812C (zh) 2008-12-03
US6874694B2 (en) 2005-04-05
US20030178498A1 (en) 2003-09-25
CN1740652A (zh) 2006-03-01
CN100460777C (zh) 2009-02-11
CN100460776C (zh) 2009-02-11
CN100590365C (zh) 2010-02-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20170130997A1 (en) Heat pump system
US8385729B2 (en) Heat pump water heater and associated control system
DE60107901T2 (de) Heisswasserzufuhrsystem mit einem Wärmepumpenkreis
US5366153A (en) Heat pump system with refrigerant isolation and heat storage
KR100859245B1 (ko) 히트 펌프 급탕 마루 난방 장치
CN1740705B (zh) 热泵式热水供给机
US8984901B2 (en) Heat pump system
JP5012695B2 (ja) 給湯システム
JP4089501B2 (ja) 貯湯式給湯器
EP1298395A2 (en) Heat pump type hot water supply system
JP4284290B2 (ja) ヒートポンプ給湯機
JP2007003162A (ja) 貯湯式ヒートポンプ給湯装置
JP2008520944A (ja) 水の加熱を伴うヒートポンプシステムにおける冷媒充填制御
JP5087484B2 (ja) 貯湯式給湯暖房装置
US5628200A (en) Heat pump system with selective space cooling
JP3854169B2 (ja) ヒートポンプ式給湯装置
KR100640137B1 (ko) 히트 펌프식 급탕 난방 장치
CN102472535B (zh) 空调供热水系统以及热泵单元
JP4893070B2 (ja) 戻り温水の回収方法および給湯システム
KR100563180B1 (ko) 히트 펌프 급탕 장치
JP4389378B2 (ja) 貯湯式ヒートポンプ給湯機
JP4979669B2 (ja) 貯湯式給湯システム
JP2004108597A (ja) ヒートポンプシステム
JP2006336937A (ja) 貯湯式給湯装置
JP2004218912A (ja) ヒートポンプ式給湯暖房装置

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040913

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050125

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050531

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20050714

RD13 Notification of appointment of power of sub attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7433

Effective date: 20050722

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050728

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20050722

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20051101

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20051110

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3742356

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091118

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101118

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101118

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111118

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111118

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121118

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121118

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131118

Year of fee payment: 8

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350