JP3714530B2 - Data communication system, data relay apparatus and a data relay destination selecting method - Google Patents

Data communication system, data relay apparatus and a data relay destination selecting method Download PDF

Info

Publication number
JP3714530B2
JP3714530B2 JP2001048242A JP2001048242A JP3714530B2 JP 3714530 B2 JP3714530 B2 JP 3714530B2 JP 2001048242 A JP2001048242 A JP 2001048242A JP 2001048242 A JP2001048242 A JP 2001048242A JP 3714530 B2 JP3714530 B2 JP 3714530B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
data
performance
router
packet
apparatus
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001048242A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002252635A (en )
Inventor
茂利 中西
Original Assignee
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、送信ホストと受信ホストの間にルータが複数配置されルータによりデータ配送経路が決定されるようなIPネットワークにおいて、送信ホストから受信ホストへの診断パケットのペイロード(データ部)に経路の途中に存在する各々のルータのIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を記録しながら転送し、受信ホストに到着した診断パケットのペイロードに収集された経路途中の各ルータのIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を受信ホストが送信ホスト向きに返却する診断結果パケットのペイロードに複写し、受信ホストから送信ホストへと返却される診断結果パケット内部に記録されている各ルータのIPアドレスと動的な状態情報は属性情報を途中のルータがパケットを転送する際に参照し、送信ホストから受信ホ The present invention, in the IP network such as routers data delivery path by a plurality disposed router is determined between sender and receiver hosts, the path from the sending host to the payload (data part) of the diagnostic packet to the receiving host each of the router IP address and dynamic state information and attribute information existing in the middle of transfers while recording, dynamic IP address for each router in the middle path are collected in the payload of diagnostic packets arriving at the receiving host diagnosis copied to the payload of the packet receiving host status information and attribute information is returned to the sending host direction, and IP address of each router that recorded diagnosis results into an internal packet to be returned to the sending host from receiving host dynamic state information refers to attribute information when the middle of the router forwards the packet, received e from the sending host トへの経路で自ルータより下流に存在するルータのIPアドレスと動的な状態情報と属性情報を参照し、その参照した値を予め決められて自ルータ内部に設定されてある閾値と比較し、閾値以上の値となっていた場合に下流の経路に存在しパケットを中継するルータを変更することによって、データ転送時に動的な経路情報や属性情報の変化によって発生するデータ転送遅延やデータ紛失を防止し、最適なデータ配送経路を決定するIPネットワークシステム構築に対する経路制御手法および経路情報収集手法に関する。 It refers to the IP address and dynamic state information and the attribute information of the router that exists from the downstream own router on the path to DOO, compared with a predetermined and are set within its own router threshold the reference value , exist by changing the router for relaying packets, the data transfer delay and data loss caused by a change in the dynamic route information and attribute information when data is transferred to the downstream path in a case in which it is in the above value threshold preventing relates routing mechanism and route information collection approach to IP network system constructed to determine the optimal data delivery route.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来、送信ホストと受信ホストの間にルータが複数配置され、ルータによりデータ配送経路が決定されデータが中継されながら配送されるようなIPネットワークでは、データ配送経路を決定するために、各々のルータ間でルーティングプロトコルに基づいたパケットを交換しあうことで、あるルータがデータを中継するための次のルータを決定している。 Traditionally, routers are more disposed between the sender and receiver hosts, the IP network such as the data determined data delivery path by the router is delivered while being relayed, in order to determine the data delivery path, each router by mutually exchanging packets based on the routing protocol between, it determines the next router for that router for relaying data.
【0003】 [0003]
従来技術1. The prior art 1.
「第3版 TCP/IPによるネットワーク構築 Vol.I −原理・プロトコル・アーキテクチャ−」(Douglas Comer著、村井純・楠本博之訳、共立出版株式会社発行)の第16章によると、経路を決定するためのルーティングプロトコルとして、経路制御情報プロトコル(RIP)、HELLOプロトコル、オープンショーテストパスファーストプロトコル(OSPF)が示されている。 "Network construction Vol.I according to the third edition of TCP / IP - principle and protocol architecture -" (Douglas Comer al., Jun Hiroyuki Kusumoto translation Murai, Kyoritsu Shuppan Co., Ltd.) According to the Chapter 16, to determine the route as a routing protocol for routing control information protocol (RIP), HELLO protocol, open Shortest path First protocol (OSPF) is shown.
【0004】 [0004]
RIPでは、ネットワーク上に位置するルータ間でそのネットワークへの到達距離をホップカウントと呼ばれる受信ホストまでの経路に存在しているルータの数と自IPアドレスとの対を、RIPパケットにより、各ルータ間で交換することで、各々のルータ内部に経路情報を構築する。 In RIP, the pair of the number and the local IP address of the router that the reach to the network between router located on the network exists in the path to the receiving host called hop count, the RIP packet, each router by exchanged between, building a routing information within each router.
受信ホストまでの経路上に存在するルータ数が多いほどネットワーク的な距離が遠いと仮定し、ルータはデータを転送する際、受信ホストまでのホップカウントがより小さくなるように次ルータを選択する。 Network distances as the number of routers that exist on the path to the receiving host often assumes that far, the router when transferring data, hop count to the receiving host to select the next router to become smaller.
図41中では、ホストA1001とホストB1002間で使用可能な経路は、ルータa1003−ルータb1004−ルータc1005−ルータd1006で構成される第一の経路1008と、ルータa1003−ルータe1007−ルータd1006で構成される第二の経路1009の2経路が存在する。 In Figure 41, the available paths between the host A1001 and the host B 1002, a first path 1008 configured by the router a1003- router b1004- router c1005- router D1006, composed router a1003- router e1007- router D1006 2 the path of the second path 1009 is present to be. このようなネットワーク上でRIPに基づいてRIPパケットを各々のルータが交換しあい、ルータ内部に経路制御情報を作成した場合、第一の経路1008では、ホストA1001とホストB1002の間には4個のルータ、つまりホップ数は4となり、また、第二の経路1009では、ホストA1001とホストB1002の間には3個のルータ、つまりホップ数は3となる。 Such mutual exchange RIP packets each router on the basis of the RIP on a network, if you create a routing information within the router, the first path 1008, four between the host A1001 and host B1002 routers, that is the number of hops 4 becomes also, in the second path 1009, three routers, i.e. the number of hops between the host A1001 and host B1002 is three.
前述したように、RIPではよりホップ数の少なくなるような経路を用いるため、図41の例では第二の経路1009を用いて、データが転送されることになる。 As described above, since the use of less made such paths more the RIP hop count, in the example of FIG. 41 by using the second path 1009, the data is transferred.
【0005】 [0005]
HELLOプロトコルでは、RIPで用いられている受信ホストまで経路に存在するルータ数を表したのホップカウントの変わりに、ネットワーク遅延に基づいた経路距離を用いデータを転送する。 The HELLO protocol, instead of the hop count represents the number of routers in the route to the receiving host that is used in the RIP, and transfers the data using a path metric that is based on network delay.
HELLOプロトコルパケットが各々のルータによって交換される際にタイムスタンプから計算した遅延情報を付加することにより、受信ホストまでの距離を遅延を用いて表し、より遅延の少なくなるような経路をルータが選択しながら、配送経路を確立したり変更したりする。 By HELLO protocol packets adds delay information calculated from the time stamp when it is exchanged by each of the routers represents the distance to the receiving host using the delay, the router selects a less made such path delay while, or change to establish a delivery route.
図42のネットワークモデル内の各構成要素は図41の構成要素と同じため、ここでの説明は省略する。 Since the same as the components of each component 41 in the network model of FIG. 42, description thereof will be omitted. このようなネットワーク上でHELLOプロトコルに基づいてHELLOプロトコルパケットを各々のルータが交換しあい、ルータ内部に経路制御情報を作成した場合、第一の経路1008では、ホストA1001とホストB1002の間の合計遅延は、0.3msとなり、また、第二の経路1009では、ホストA1001とホストB1002の間の合計遅延は0.5msとなる。 Such mutually exchanging a HELLO protocol packets each router based on the HELLO protocol on the network, if you create a routing information within the router, the first path 1008, the total delay between the host A1001 and host B1002 is, 0.3 ms becomes also, the second path 1009, the total delay between the host A1001 and host B1002 becomes 0.5 ms.
前述したようにHELLOプロトコルではより転送遅延の少なくなるような経路を用いるため、図42の例では、第一の経路1008を用いて、データが転送されることになる。 For using less made such paths more transfer delay in the HELLO protocol as described above, in the example of FIG. 42, using the first route 1008, the data is transferred.
【0006】 [0006]
OSPFプロトコルでは、ネットワーク上に位置する各々のルータの管理者が、予め接続インタフェースの速度や物理伝送路の帯域幅など静的な情報を基にコストと呼ばれる値を定義する。 The OSPF protocol, the administrator of each router located on the network, to define a value called cost based on static information such as bandwidth in advance speed of the connection interface and the physical transmission path.
各々のルータ間では、予め定義されたコスト情報を交換することで、自ルータ内に経路情報を構築し、データを転送する際は予め交換されているコスト情報を基に、よりコストが低くなるような次ルータへと転送する。 Between each router, by exchanging the cost information previously defined, to construct the routing information in its own router, the data on the basis of the cost information previously exchanged when transferring, cost is lowered more to transfer to the next router, such as.
図43のネットワークモデル内の各構成要素は図41の構成要素と同じため、ここでの説明は省略する。 Since the same as the components of each component 41 in the network model of FIG. 43, description thereof will be omitted. このようなネットワーク上でOSPFプロトコルに基づいてOSPFプロトコルパケットを各々のルータが交換しあい、ルータ内部に経路制御情報を作成した場合、第一の経路1008では、ホストA1001とホストB1002の間の合計コストは4となり、また、第二の経路1009では、ホストA1001とホストB1002の間の合計コストは9となる。 Such mutually exchange OSPF protocol packets each router based on the OSPF protocol on the network, if you create a routing information within the router, the first path 1008, the total cost between the host A1001 and host B1002 4 becomes also, the second path 1009, the total cost between the host A1001 and host B1002 is nine.
前述したようにOSPFプロトコルではよりコストが少なくなるような経路を用いるため、図43の例では、第一の経路1008を用いて、データが転送されることになる。 For using path as more cost is reduced by the OSPF protocol as described above, in the example of FIG. 43, using the first route 1008, the data is transferred.
【0007】 [0007]
従来技術2. The prior art 2.
図44は、「特開平8−8909 ネットワークシステムの状態診断・監視装置」で示されている、ネットワークシステムの状態診断・監視装置の構成図である。 Figure 44 is indicated by "diagnosis and monitoring device of JP-A-8-8909 network system" is a configuration diagram of a condition diagnosis and monitoring device of the network system.
【0008】 [0008]
ここでは、対象とするネットワークシステムとして、1101に示すネットワークA、1102に示すネットワークB、1103に示すネットワークCの、3つの広域ネットワークを基幹とするシステムを想定している。 Here, as a network system of interest, the network C shown in network B, 1103 shown in network A, 1102 shown in 1101, it assumes a system for the backbone of three wide-area networks. このようなネットワークシステムに対して、1111で示す監視装置がシステムの診断・監視を行うものとする。 For such a network system, monitoring indicated by 1111 device is assumed to diagnose and monitor the system.
【0009】 [0009]
そのために、従来技術2では、テスト用のパケットをネットワーク上に流す。 Therefore, in the conventional art 2, flow packets for the test on the network. 例えば、装置1112〜1117(装置1112、1114、1116は中継装置)、およびその周辺のネットワークの生死状態、負荷状態を監視するときには、監視装置1111から、矢印1112〜1117を巡回して戻ってくるパケットを送信する。 For example, apparatus 1112 to 1117 (unit 1112, 1114, 1116 relay device), and life or death state of the surrounding network, when monitoring the load condition, the monitoring apparatus 1111, come back visited arrow 1112-1117 to send a packet.
【0010】 [0010]
各装置は、パケットを受信すると、CPU負荷など自装置に関する情報、パケットの受信、送信時刻などをパケットに書き込み、次の装置に送信すると同時に、破線矢印1131〜1135で示されるように、監視装置1111にも返送する。 Each device receives a packet, write the information about the own device such as a CPU load, the reception of the packet, and transmission time to the packet, as soon as that sent to the next device, indicated by the dashed arrows 1131 to 1135, the monitoring device also returned to 1111.
【0011】 [0011]
監視装置1111は、各装置から返送されてくるパケットの情報を集め、記憶しておく。 Monitoring apparatus 1111 collects information of a packet sent back from the device and stored. 情報が集められると、監視装置では、各装置によりパケットに書き込まれたCPU負荷などの情報から、各装置の状態を検知することが出来る。 When the information is collected, the monitoring device, the information such as CPU load written in the packet by each device, it is possible to detect the state of each device.
【0012】 [0012]
また、各装置により書き込まれたパケットの受信、送信時刻から、パケットの挙動が分かり、ネットワークの負荷などの状態を推定することが出来る。 The reception of a packet that has been written by the apparatus, the transmission time, to understand the behavior of the packet, it is possible to estimate the conditions such as network load.
【0013】 [0013]
更に、パケットが正常に返送されない場合は、返送されてきた状況から、障害箇所を検知することが出来る。 Furthermore, if a packet is not sent back properly, from the situation that has been sent back, it is possible to detect the fault location. テストパケットの巡回経路は任意に設定することが出来るので、従来技術2によれば、以上のような診断・監視をネットワークシステムの任意の箇所について行うことが出来、テストパケットをより広範な情報収集に利用し、それにより、障害検知に限定されない広範囲のネットワークシステムの状態診断・監視を実現する装置を提供することができる。 Since patrol route of the test packet may be set arbitrarily, according to the prior art 2, it can be performed for any point in the network system as described above diagnosis and monitoring, more extensive information collecting test packet utilized in, whereby it is possible to provide an apparatus for implementing the state diagnosis and monitoring of a wide range of network system is not limited to fault detection.
【0014】 [0014]
従来技術3. The prior art 3.
図45は、「特開昭59−2467 パケット交換網におけるネットワーク障害制御方法」で示される、パケット交換網の例を示している。 Figure 45 is indicated by "network failure control method in JP 59-2467 packet switching network", it shows an example of a packet-switched network.
【0015】 [0015]
パケット交換装置A1201〜パケット交換装置D1204は、それぞれ伝送回線1211〜1218を収容し、相互に接続されている。 Packet switching device A1201~ packet switching apparatus D1204, respectively houses a transmission line from 1211 to 1218 are connected to each other. このようなパケット交換網に対して、網内で規定された通信パケットの制御方式に従わない網内を巡回する試験パケットをもうけ、各々のパケット交換装置より試験パケットを転送することにより間接するパケット交換装置及び指定されたパケット交換装置間の全ての回線と指定区間内のパケット交換装置の動作チェックを行い、試験結果を試験パケット発生元へ通知することにより効率よいルーティング制御を可能とする。 Packets that indirectly by for such packet switching networks, providing an test packet to cycle through the network that do not follow the control scheme defined communication packet in the network, and transfers the test packet from each of the packet switching device It performs an operation check of all the lines and packet switching device in the designated section between changer and the specified packet switching device, to enable efficient routing control by notifying the test results to the test packets originated.
【0016】 [0016]
今、パケット交換装置A1201が試験要求発生元とした場合を考える。 Now, consider a case where packet switching apparatus A1201 is a test request source.
【0017】 [0017]
試験要求パケットには、試験要求発生元としてパケット交換装置A1201、試験区間指定エリアとして、パケット交換装置D1204及び巡回順序情報が設定される。 The test request packet, the packet switching device A1201 as the test request source, as a test period designated area, packet switching apparatus D1204 and cyclic order information is set.
【0018】 [0018]
パケット交換装置D1204へのルートは、パケット交換装置A1201→パケット交換装置D1204、パケット交換装置A1201→パケット交換装置B1202→パケット交換装置D1204、およびパケット交換装置A1201→パケット交換装置C1203→パケット交換装置B1202→パケット交換装置D1204の3ルートが存在する。 Route to the packet switching device D1204 is packet switching device A 1201 → packet switching apparatus D1204, packet switching device A 1201 → packet switching device B 1202 → packet switching apparatus D1204, and packet switching device A 1201 → packet switching device C1203 → packet switching device B 1202 → 3 routes the packet switching device D1204 is present. この場合巡回先の試験結果を判断し、重複する試験となるときには、その巡回局での試験をスキップする。 In this case it determines the cyclic destination test results, when a duplicate test skips testing of its cyclic station.
【0019】 [0019]
パケット交換装置A1201では伝送回線1211〜1215の動作確認を行い、試験結果を格納する。 In packet switching apparatus A1201 check the operation of the transmission lines 1211 to 1215, and stores the test results. 次に、第1ルートの巡回先パケット交換装置D1204へ試験要求パケットを転送し、伝送回線1214、1215、1217、1218の動作確認を行って試験結果をパケット交換装置Aへ通知する。 Next, a test request packet to the cyclic target packet switching device D1204 of the first route and transfer, and notifies the test result to the packet switching device A performs operation confirmation of the transmission line 1214,1215,1217,1218.
【0020】 [0020]
パケット交換装置Dへの全回線(伝送回線1214および1215)、あるいは交換装置が障害で、試験要求パケットが受け入れられない場合は、試験要求パケットは転送せずに、その旨を格納し、次ルートの試験に移行する。 In all lines to the packet switching apparatus D (transmission line 1214 and 1215), or switching device fault, if the test request packet is not accepted, the test request packet without transferring, and stores that effect, the following route to migrate to the test.
【0021】 [0021]
このようにして、第2ルートの巡回先パケット交換装置B1202、更に第3ルートの巡回先パケット交換装置C1203へ試験要求パケットを転送し、各パケット交換局の状況を把握していく。 In this manner, the second route cyclic destination packet switching device B 1202, and further forwards the test request packet to the third root of cyclic destination packet switching apparatus C1203, continue to grasp the status of each packet switching station.
【0022】 [0022]
パケット交換装置A1201では各巡回先の試験結果通知パケットを受信し、パケット交換装置A1201を基点としたネットワーク全体の状況を認識することにより、ルーティング制御を作成、変更していく。 Receiving a test result notification packet of the packet switching apparatus each cyclic destination in A 1201, by recognizing the status of the entire network as a base point the packet switching device A 1201, creating routing control, continue to change.
【0023】 [0023]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
従来技術1では、送信ホストと受信ホストと、その間に位置する複数のルータにより形成されるデータ配送経路を、各々のルータ間でやりとりされるルーティングプロトコルに従ったパケットを用いて決定している。 In the prior art 1, the sender and receiver hosts, and determines the data delivery path formed by a plurality of routers located therebetween, with the packet in accordance with a routing protocol to be exchanged between each of the routers.
ルーティングプロトコルとしてRIPを用いた場合、送信ホストと受信ホストとの間に形成されるデータ配送経路は、経路上に存在するルータの個数がより少なくなるように決定されるが、個々のルータ間の物理伝送路の帯域幅や転送速度などは全く考慮されておらず、また、各々のルータのデータ配送処理能力や他の経路から配送されてきたり他の経路へ配送するデータ量も全く考慮されていないため、例えば、決定されたデータ配送経路途中のルータでの配送処理にかかる負荷が非常に高く、ルータ内でのデータ転送処理で遅延が発生するにも関わらず、そのような経路を使用してしまう場合があり、結果的に送信ホストと受信ホストの間のデータ転送に遅延が発生してしまう場合がある。 When using RIP as the routing protocol, the data delivery path formed between the sender and receiver hosts, although the number of routers existing on a route is determined to be less, between individual routers not at all taken into consideration such as bandwidth and transmission rate of the physical transmission path, also the amount of data to be delivered to other paths or have been delivered from the data delivery processing power and other routes of each of the routers are considered at all no reason, for example, load on the delivery process in the determined data delivery route in the middle of the router is very high, despite the delay in the data transfer process in the router occurs, using such routes may thus delay the data transfer between the receiver and consequently the sending host host might occur.
また、ルータ内でデータ転送処理に遅延が発生した場合、処理待ちのデータは一旦ルータ内部に設置されているバッファに蓄積されることになる。 Further, when the delay in the data transfer process in the router occurs, the data pending will be stored in the buffer that is once installed inside the router. このバッファでは転送されてきたデータを有限量しか蓄積しておくことが出来ないため、バッファ溢れが起きた場合は、転送されてきたデータが紛失してしまうことになる。 Since this buffer can not be left only accumulated a finite amount of data that has been transferred, if the buffer overflow occurs, so that the data transferred will be lost.
【0024】 [0024]
ルーティングプロトコルにHELLOプロトコルを用いた場合は、送信ホストと受信ホストの間のデータ転送経路を転送遅延を用いる事で決定し、転送遅延が小さくなるような経路を用いてデータを転送するが、各々のルータがHELLOプロトコルに基づいてやりとりするパケットには転送遅延時間の情報のみ含まれ、各々のルータは転送遅延時間だけを基に経路を決定することになり、ルータ内の持つ、他の重要な状態情報や属性情報などは全く考慮されていない。 In the case of using the HELLO protocol routing protocols, data transfer path between the sender and receiver hosts determined by the use of transfer delay, but transfers the data by using the path as transfer delay decreases, respectively routers in the packet to be exchanged based on the HELLO protocol contains only information transfer delay time, each router will determine the route based on only forward delay time, it possessed a router, other important It is not taken into consideration such as the status information and attribute information.
したがって、例えばルータの持つバッファ残量やCPU性能、他の経路から配送されてきたり他の経路へ配送するデータ量などの、ルータ処理に密接に関係のある動的な状態情報や属性情報は、データ転送経路決定には何も考慮されないことになる。 Thus, for example, the remaining buffer capacity and CPU performance with the router, such as the amount of data to be delivered to other paths or been delivered from another path, dynamic state information and the attribute information of closely related to the router processing, nothing will not be considered for data transmission path determination. したがって、データ転送経路途中のルータの負荷が高い場合のデータ転送経路の変更が行われず、ルータ内でのデータ転送処理による遅延やルータ内のバッファ溢れが起きた場合のデータ紛失が発生してしまうことになる。 Therefore, change of the data transfer path when the load of the data transfer path during the router has a higher is not performed, the data loss when a buffer overflow in the delay or a router by the data transfer processing in the router occurs occurs It will be.
【0025】 [0025]
ルーティングプロトコルにOSPFプロトコルを用いた場合は、送信ホストと受信ホストの間のデータ転送経路を、予め個々のルータの管理者が定め付与したコストを用いて決定するが、このコストは、個々のルータの持つ接続インタフェースの速度や物理伝送路の帯域幅など、静的な情報を基に決定される。 In the case of using the OSPF protocol routing protocol, the data transfer path between the sender and receiver hosts, but determined using the previously costs administrator has given set of individual routers, the cost of each router such as bandwidth speed and physical transmission path connection interface with the, it is determined based on static information.
個々のルータの管理者がルータの処理性能を鑑みコストを定めるわけであるが、実際にネットワーク上に接続されたそのルータに対してどのくらいの量のデータが転送されてくるか、また、どのくらいのデータ量の転送が必要となるかなど、静的な状態では決定が不可能な点が多数存在する。 While the administrator of each router is not determine the cost in view of the performance of the router actually how much data to the connected the router on the network is transferred, also, how much such as whether the data amount of transfer is required, decision point can not there are a large number in a static state. しかし、ルータ運用中にそれらの動的な状態情報や属性情報を、ルータの経路決定へ反映することは出来ない。 However, the dynamic state information and attribute information of them while the router is operational, can not be reflected to the path determination of the router. したがって、データ転送経路途中の負荷が高い場合のデータ転送経路の変更が行われず、ルータ内でのデータ転送処理による遅延やルータ内のバッファ溢れが起きた場合のデータ紛失が発生してしまうことになる。 Thus, without changing the data transfer path when the data transfer path of the middle load is high is performed, in that the data loss when a buffer overflow in the delay or a router by the data transfer processing in the router occurs occurs Become.
【0026】 [0026]
従来技術2では、ネットワークシステムの任意の箇所について診断・監視を行うことが出来、より広範な情報収集に利用し、それにより、障害検知に限定されない広範囲のネットワークシステムの状態診断・監視を実現する装置を提供することは可能だが、本技術によれば、診断・監視の結果、ネットワークのある一部に障害が発生していたり、ある一部の通信負荷が高かった場合の回避処置は示されておらず、集中管理を実施する監視装置に診断・監視結果が集積され、それをオペレータに提示することで、オペレータがネットワークの状態を容易に把握することや、更に細かな診断・監視処理を指示することを目的とした技術である。 In the prior art 2, for any point of the network system can be diagnosed and monitored, using a more extensive information gathering, thereby realizing the state diagnosis and monitoring of a wide range of network system is not limited to fault detection While it is possible to provide a device, according to the present technology, diagnostic and monitoring results, or are part of the failure of the network, the avoidance actions when a portion of the communication load was high in shown and yet not being diagnosed and monitored results integrated in the monitoring device to implement centralized management, to present it to the operator, the operator easily grasp the status of the network and, more detailed diagnosis and monitoring treatment it is a technique that aims to instruct.
したがって、ネットワークに障害が発生したり過負荷な通信が発生した際に、データ転送を行うルータが自動でデータ転送経路を変更をすることは無い。 Therefore, when the network fails or overloaded communication occurs, it never router for transferring data to change the data transfer path automatically. また、ネットワークに過負荷な通信が発生しないよう、ある負荷以上の通信が発生した時に別のデータ転送経路を設定することは出来ない。 Further, as the overloaded communications network does not occur, it is not possible to set a different data transfer path when above a certain load of the communication occurs.
したがって、データ転送経路途中の負荷の測定は可能なものの、負荷が高い場合のデータ転送経路の変更が行われず、ルータ内でのデータ転送処理による遅延やルータ内のバッファ溢れが起きた場合のデータ紛失が発生してしまうことになる。 Therefore, although the possible measurement of the data transfer path of the middle load, the data in the case where the load is not modified the data transfer path is higher, a buffer overflow in the delay or a router by the data transfer processing in the router has occurred so that the loss occurs.
【0027】 [0027]
従来技術3では、網内で規定された通信パケットの制御方式に従わない網内を巡回する試験パケットをもうけ、各々のパケット交換装置より試験パケットを転送することにより、間接するパケット交換装置及び指定されたパケット交換装置間での全ての回線と指定区間内のパケット交換装置の動作チェックを行い、試験結果を試験パケット発生元へ通知することにより効率よいルーティング制御を可能とするとあるが、試験パケットの転送により検出できる事象は、パケット交換装置上で発生している障害またはパケット交換装置間に配置されている回線上での障害のみであり、パケット交換装置内でのパケット交換処理にかかる負荷や資源量やパケット交換装置間に配置されている回線上のパケット流量などの動的な状態情報や属性情報の In the prior art 3, providing an test packet to cycle through the network that do not follow the control method of a communication packet defined in the network, by transferring the test packet from each of the packet switching device, packet switching device and designated indirectly has been subjected to operation check of all the lines and packet switching device in the designated section between packet switching device, although the enabling efficient routing control by notifying the test results to the test packets originated, test packet events can be detected by the transfer of is only fault on the line, which is arranged between the failure or packet switching device are occurring on a packet-switched system, load Ya according to the packet exchange processing in the packet switching device the dynamic state information and attribute information such as packet flow on a line which is located between the biomass and the packet switching device 断や通知をすることは出来ない。 It can not be the cross-sectional and notifications.
したがって、データ転送経路途中のパケット交換装置や回線の通信負荷が高い場合、データ転送経路の変更が行われず、ルータ内でのデータ転送処理による遅延やルータ内のバッファ溢れが起きた場合のデータ紛失が発生してしまうことになる。 Therefore, when the communication load of the data transfer path during the packet switching device or circuit is high, changes the data transfer route is not performed, the data loss when a buffer overflow in the delay or a router by the data transfer processing in the router has occurred There will be occur.
また、本技術を用いれば効率よいルーティング制御が可能となるとあるが、パケット交換装置やパケット交換装置間に配置されている回線上で実際に障害が発生した際に、ルーティング制御情報をどのように作成したり変更したりするかについては、開示されていない。 Further, when there is the the use of the present technology efficient routing control can be, for actually fault on the line that is located between the packet switching device or packet switching device occurs, how the routing control information for information about how to create or modify, not disclosed.
【0028】 [0028]
本発明は上記の問題点を解決するためになされたもので、送信ホストと受信ホストの間のデータ転送経路上に配置されている各々のルータのデータ転送中の動的な状態情報や属性情報を収集し、また、各々のルータより収集した動的な状態情報や属性情報を各々のルータに参照させ、ルータ内部で予め決定されている閾値によって、自ルータより下流のルータの診断値が閾値よりも高かった場合に、自ルータに他の下流経路を選択させるようにする技術である。 The present invention has been made to solve the problems described above, dynamic state information and attribute information in the data transfer of each router that is disposed on the data transfer path between the sender and receiver hosts collect, also by reference to the dynamic state information and the attribute information collected from each of the routers in each router, the threshold value which is previously determined in the router, the diagnostic value of the downstream router from router itself threshold If higher than a technology that to select the other downstream path to the own router.
これにより、上記の従来技術の持つ、静的な状態情報や属性情報のみでデータ転送経路を決定した際の、実通信時のルータのデータ転送時の負荷によるデータ転送遅延やルータ内のバッファ溢れによるデータ紛失の発生を未然に防ぐことで、本ネットワークシステムを用いた通信の信頼性を向上させることを目的としている。 Thus, with the above prior art, when determining the data transfer path only in a static state information and attribute information, a buffer overflow of the data transfer delay and the router according to the load of the data transfer of the router during actual communication by prevent occurrence of data loss due to, aims at improving the reliability of communication with the network system.
【0029】 [0029]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明に係るデータ通信システムは、 Data communication system according to the present invention,
データ送信装置とデータ受信装置と、前記データ送信装置と前記データ受信装置との間に配置された複数のデータ中継装置とを有し、 A data transmitting apparatus and a data receiving device, and a plurality of data relaying devices disposed between the data receiving apparatus and the data transmission device,
前記複数のデータ中継装置には、前記データ送信装置と前記データ受信装置との間に設定されたデータ中継経路に含まれる複数の経路内データ中継装置が含まれるデータ通信システムであって、 The plurality of data relaying apparatus, a said data transmission apparatus and data communication system includes a plurality of paths in the data relay apparatus in the configuration data relay path between the data receiving device,
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちいずれか一方は、 Either one of the data transmitter and the data receiver,
各経路内データ中継装置のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を生成し、生成した前記処理性能通知情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方に向けて送信し、前記データ中継経路に従って前記複数の経路内データ中継装置間で前記処理性能通知情報を順次転送させ、 Generates a performance notification information data processing performance of each path in the data relay apparatus is shown, and transmits the generated the processing performance notification information to the other of the data transmitting apparatus and the data receiving device, said wherein according to the data relay paths between said plurality of paths within the data relaying device performance notification information sequentially transferred to,
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
転送された前記処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記データ中継経路において自己のデータ中継先として設定された設定中継先データ中継装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断し、判断結果に基づき自己のデータ中継先を選択することを特徴とする。 Receiving the transferred the performance notification information was based on the received performance notification information, the data processing performance predetermined level data set is set as its own data relay destination in the relay route relay destination data gateway It determines whether or not to conform to, and selects its own data relay destination based on the determination result.
【0030】 [0030]
前記複数の経路内データ中継装置のうちのいずれかの経路内データ中継装置には、前記データ中継経路に含まれない少なくとも一つ以上の経路外データ中継装置が接続され、 Wherein the any route within the data relay device among the plurality of paths in a data relaying apparatus, the data is not included in the relay route at least one off-path data relay apparatus is connected,
前記いずれかの経路内データ中継装置は、 Wherein any of the routes in the data relaying apparatus,
前記設定中継先データ中継装置のデータ処理性能に対する判断の判断結果に基づき、自己のデータ中継先を前記経路外データ中継装置のうちのいずれかの経路外データ中継装置に変更することを特徴とする。 Based on the determination result of the determination to the data processing performance of the setting relay destination data relay apparatus, and changes its own data relay destination to one of the off-path data relay apparatus of the path outside the data relay apparatus .
【0031】 [0031]
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちいずれか一方は、 Either one of the data transmitter and the data receiver,
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方より送信された、前記各経路内データ中継装置のデータ処理性能を調査する処理性能調査情報を受信し、受信した前記処理性能調査情報に基づき前記処理性能通知情報を生成することを特徴とする。 The sent from the other of the data transmitting apparatus and the data receiving apparatus, the receiving processing performance survey information to investigate the data processing performance of each path in the data relaying apparatus, based on said received the performance survey information and generating a performance report information.
【0032】 [0032]
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方は、 The other of the data transmitter and the data receiver,
前記処理性能調査情報を生成し、生成した前記処理性能調査情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの一方に向けて送信し、前記データ中継経路に従って前記複数の経路内データ中継装置間で前記処理性能調査情報を順次転送させ、 Generating the performance survey information, the generated the performance survey information was transmitted to the one of the data transmitting apparatus and the data receiving device, among the plurality of paths in the data relay apparatus according to the data relay path in order to transfer the performance survey information,
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
転送された前記処理性能調査情報を受信し、受信した前記処理性能調査情報に自己のデータ処理性能を記述し、自己のデータ処理性能が記述された前記処理性能調査情報を他の経路内データ中継装置に転送し、 Receiving the transferred the performance survey information has been to describe its own data processing performance on the received performance survey information, the performance survey information other routes in the data relaying its data processing performance is described and transfer device,
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの一方は、 Wherein one of the data transmitting apparatus and the data receiving device,
前記複数の経路内データ中継装置間で順次転送され前記各経路内データ中継装置によりデータ処理性能が記述された前記処理性能調査情報を受信し、受信した前記処理性能調査情報に基づき前記処理性能通知情報を生成することを特徴とする。 Receiving the performance survey information data processing performance is described by the plurality of paths in the data relay apparatus between sequentially transferred each path in the data relaying apparatus, the processing performance notification based on the received performance research information and generating the information.
【0033】 [0033]
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
データ処理性能に関する閾値である処理性能閾値を有し、前記設定中継先データ中継装置のデータ処理性能が前記処理性能閾値に適合するか否かを判断することを特徴とする。 It has a performance threshold is a threshold related to the data processing performance, the data processing performance of the setting relay destination data relay device and wherein the determining whether to meet the performance threshold.
【0034】 [0034]
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちいずれか一方は、 Either one of the data transmitter and the data receiver,
データ処理性能に関する閾値である処理性能閾値が含まれた処理性能通知情報を生成し、生成した前記処理性能通知情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方に向けて送信し、前記データ中継経路に従って前記複数の経路内データ中継装置間で前記処理性能通知情報を順次転送させ、 Generates a performance notification information processing performance threshold is a threshold related to the data processing performance is included, and transmits the generated the processing performance notification information to the other of the data transmitting apparatus and the data receiving device, said wherein according to the data relay paths between said plurality of paths within the data relaying device performance notification information sequentially transferred to,
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
転送された前記処理性能通知情報を受信し、前記設定中継先データ中継装置のデータ処理性能が受信した前記処理性能通知情報に含まれた前記処理性能閾値に適合するか否かを判断することを特徴とする。 Receiving the transferred the performance notification information has been, to determine whether the data processing performance of the setting relay destination data relay device to meet the performance threshold included in the processing performance notification information received and features.
【0035】 [0035]
前記いずれかの経路内データ中継装置は、 Wherein any of the routes in the data relaying apparatus,
前記経路外データ中継装置の各々に対して各経路外データ中継装置のデータ処理性能を調査する処理性能調査情報を送信し、前記処理性能調査情報に対する応答として前記各経路外データ中継装置より前記各経路外データ中継装置のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記各経路外データ中継装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする。 Send a performance survey information to investigate the data processing performance of each path outside the data relay apparatus for each of the path outside the data relay device, the more each path outside the data relay apparatus in response to the processing performance research information each or receive performance notification information data processing performance is shown of the path out of the data relaying apparatus, based on the received performance notification information, the data processing performance of each path out data relaying apparatus to conform to a predetermined level wherein the determining whether.
【0036】 [0036]
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちいずれか一方は、 Either one of the data transmitter and the data receiver,
複数種類のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を生成し、生成した前記処理性能通知情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方に向けて送信し、前記データ中継経路に従って前記複数の経路内データ中継装置間で前記処理性能通知情報を順次転送させ、 Generates a performance report information in which a plurality of types of data processing performance is indicated, and transmits the generated the processing performance notification information to the other of the data transmitting apparatus and the data receiving apparatus, according to the data relay path sequentially transferred the performance notification information among the plurality of paths in a data relaying apparatus,
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
転送された前記処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置の複数種類のデータ処理性能の各々が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする。 Receiving the transferred the performance notification information based on the received performance notification information, determines whether or not each of a plurality of types of data processing performance of the setting relay destination data relay apparatus to conform to a predetermined level characterized in that it.
【0037】 [0037]
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方は、 The other of the data transmitter and the data receiver,
複数種類のデータ処理性能のうち特定のデータ処理性能を調査対象に指定する処理性能調査情報を生成することを特徴とする。 And generating a performance survey information specifying surveyed specific data processing performance among the plurality of types of data processing performance.
【0038】 [0038]
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方は、 The other of the data transmitter and the data receiver,
前記複数の経路内データ中継装置間で順次転送された前記処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記データ送信装置及び前記データ受信装置との間に所定のデータ中継経路を設定することを特徴とする。 Receiving the performance notification information sequentially transferred between the plurality of paths in a data relaying apparatus, based on the received performance notification information, predetermined data relay between said data transmitting device and the data receiving device and sets a path.
【0039】 [0039]
前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方は、 The other of the data transmitter and the data receiver,
所定の間隔で、前記処理性能調査情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの一方に向けて送信することを特徴とする。 At predetermined intervals, and transmits towards the performance survey information to one of said data transmitter and the data receiver.
【0040】 [0040]
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
前記各経路内データ中継装置のCPU使用率が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置のCPU使用率が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする。 Receiving the performance notification information CPU usage is shown in each path in the data relay device, based on the received performance notification information, CPU utilization of the setting relay destination data relay apparatus adapted to a predetermined level wherein the determining whether to.
【0041】 [0041]
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
前記各経路内データ中継装置の送受信バッファの使用率が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置の送受信バッファの使用率が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする。 Receiving the performance notification information usage has been shown in the transmission and reception buffer of each path in the data relay device, based on the received performance notification information, utilization of the transmission and reception buffer of the setting relay destination data gateway predetermined wherein the determining whether to meet the level of.
【0042】 [0042]
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
前記各経路内データ中継装置の平均データ転送量が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置の平均データ転送量が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする。 Receiving said average performance notification information data transfer amount was shown in each path in the data relay device, based on the received performance notification information, the average data transfer amount is a predetermined level of the setting relay destination data gateway wherein the determining whether to meet.
【0043】 [0043]
前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
前記各経路内データ中継装置の最大データ転送量が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置の最大データ転送量が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする。 Receiving said performance notification information maximum data transfer amount was shown in each path in the data relay device, based on the received performance notification information, the maximum data transfer amount is a predetermined level of the setting relay destination data gateway wherein the determining whether to meet.
【0044】 [0044]
本発明に係るデータ中継装置は、 Data relay apparatus according to the present invention,
複数のデータ通信装置に接続され、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択するデータ中継装置であって、 Is connected to a plurality of data communication apparatus, a data relaying device selecting the data relay destination from the plurality of data communication apparatus,
前記複数のデータ通信装置のうち特定のデータ通信装置より、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を受信する処理性能通知情報受信部と、 Than the specific data communication device of the plurality of data communication apparatus, and the processing performance notification information receiving unit for receiving a performance notification information data processing performance of the specific data communication device is shown,
前記処理性能通知情報受信部により受信された前記処理性能通知情報に基づき、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断する処理性能判断部と、 Said processing performance notification on the basis of the performance notification information received by the information receiving unit, the data processing performance of the particular data communication apparatus determines whether to conform to a predetermined level performance determination unit,
前記処理性能判断部による判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択する中継先選択部とを有することを特徴とする。 Based on the result of determination by the performance determination unit, and having a relay destination selecting unit that selects a data relay destination from the plurality of data communication devices.
【0045】 [0045]
前記中継先選択部は、前記処理性能判断部による判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置のうち前記特定のデータ通信装置以外のいずれかのデータ通信装置をデータ中継先として選択することを特徴とする。 The relay destination selecting unit, wherein the selecting based on a result of determination by the performance determination unit, one of the data communication apparatus other than the specific data communication device of the plurality of communication devices as a data relay destination to.
【0046】 [0046]
前記データ中継装置は、更に、データ処理性能に関する閾値である処理性能閾値を記録する処理性能閾値記録部を有し、 The data relay apparatus further has a performance threshold recording unit for recording the performance threshold is a threshold related to the data processing performance,
前記処理性能判断部は、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が前記処理性能閾値に適合するか否かを判断することを特徴とする。 The processing performance determination unit is characterized in that data processing performance of the particular data communication apparatus determines whether to meet the performance threshold.
【0047】 [0047]
前記処理性能通知情報受信部は、前記複数のデータ通信装置の各々より、各データ通信装置のデータ処理性能を通知する処理性能通知情報を受信し、 The processing performance notification information receiving unit, from each of the plurality of data communication apparatus receives the performance notification information for notifying the data processing performance of the data communication apparatus,
前記処理性能判断部は、前記処理性能通知情報受信部により受信された前記処理性能通知情報に基づき、前記各データ通信装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断し、 The processing performance determination unit, based on the processing performance notification information received by the processing performance notification information receiving unit, the data processing performance of the data communication apparatus determines whether to conform to a predetermined level,
前記中継先選択部は、前記処理性能判断部による判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択することを特徴とする。 The relay destination selecting unit, based on a result of determination by the performance determination unit, and selects the data relay destination from the plurality of data communication devices.
【0048】 [0048]
本発明に係るデータ中継方法は、 Data relay method according to the present invention,
複数のデータ通信装置に接続され、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択するデータ中継方法であって、 Is connected to a plurality of data communication apparatus, a data relaying method for selecting a data relay destination from the plurality of data communication apparatus,
前記複数のデータ通信装置のうち特定のデータ通信装置より、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を受信する処理性能通知情報受信ステップと、 And processing performance notification information receiving step of a certain data communication apparatus, receives a performance notification information data processing performance of the specific data communication device is illustrated among the plurality of data communication apparatus,
前記処理性能通知情報受信ステップにより受信された前記処理性能通知情報に基づき、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断する処理性能判断ステップと、 Based on the performance notification information received by the processing performance notification information receiving step, the processing performance determination step of data processing performance of the particular data communication apparatus determines whether to conform to a predetermined level,
前記処理性能判断ステップによる判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択する中継先選択ステップとを有することを特徴とする。 Based on the result of determination by the performance determination step, and having a relay destination selecting step of selecting a data relay destination from the plurality of data communication devices.
【0049】 [0049]
前記中継先選択ステップは、前記処理性能判断ステップによる判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置のうち前記特定のデータ通信装置以外のいずれかのデータ通信装置をデータ中継先として選択することを特徴とする。 The relay destination selecting step wherein selecting based on a result of determination by the performance determination step, one of the data communication apparatus other than the specific data communication device of the plurality of communication devices as a data relay destination to.
【0050】 [0050]
前記データ中継方法は、更に、データ処理性能に関する閾値である処理性能閾値を記録する処理性能閾値記録ステップを有し、 The data relay method may further include a processing performance threshold recording step of recording the performance threshold is a threshold related to the data processing performance,
前記処理性能判断ステップは、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が前記処理性能閾値に適合するか否かを判断することを特徴とする。 The processing performance determination step, characterized in that the data processing performance of the particular data communication apparatus determines whether to meet the performance threshold.
【0051】 [0051]
前記処理性能通知情報受信ステップは、前記複数のデータ通信装置の各々より、各データ通信装置のデータ処理性能を通知する処理性能通知情報を受信し、 The processing performance notification information reception step, from each of the plurality of data communication apparatus receives the performance notification information for notifying the data processing performance of the data communication apparatus,
前記処理性能判断ステップは、前記処理性能通知情報受信ステップにより受信された前記処理性能通知情報に基づき、前記各データ通信装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断し、 The processing performance determination step, based on the processing performance notification information received by the processing performance notification information receiving step, the data processing performance of the data communication apparatus determines whether to conform to a predetermined level,
前記中継先選択ステップは、前記処理性能判断ステップによる判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択することを特徴とする。 The relay destination selecting step, based on a result of determination by the performance determination step, and selects the data relay destination from the plurality of data communication devices.
【0052】 [0052]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
実施の形態1. The first embodiment.
以下、本発明の第1の実施の形態について図1を用い説明する。 Hereinafter, a first embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 図1は本実施の形態に係るデータ通信システムの一実施例である。 Figure 1 shows an embodiment of a data communication system according to this embodiment.
【0053】 [0053]
図1において、1は送信ホスト(データ送信装置)となるホストA、2は受信ホスト(データ受信装置)となるホストBである。 In Figure 1, 1 is a host B Host A, 2 as a transmission host (data transmission device) as the receiving host (data receiving apparatus). ホストA1と同等な計算機やホストB2と同等の機能を持つ計算機が、ホストA1やホストB2の接続されているネットワークと同等な関係の位置に接続されているが、説明を簡単にするために、本例では省略している。 For the host A1 equivalent calculator and host B2 and computer with equivalent functions, it is connected to a position equivalent relationships and networks connected to the host A1 and the host B2, to simplify the description, It is omitted in this example.
また、3〜10はネットワーク上に配置されているルータ(データ中継装置)を表し、ホストA1−ルータ3−ルータ4−ルータ5−ルータ6−ホストB2により、ホストA1−ホストB2間のデータ配送経路(データ中継経路)11が作成されている。 Further, 3 to 10 represent the router (data relay device) that is located on a network, by a host A1- Router 3- Router 4 Router 5 Router 6- host B2, data delivery between the host A1- host B2 route (data relay path) 11 is created. 従ってルータ3,4,5,6はデータ中継経路に含まれる経路内データ中継装置である。 Therefore the router 3, 4, 5 and 6 is a path within the data relay apparatus included in the data relay path. また、ルータ7およびルータ8およびルータ9およびルータ10は、データ配送経路11には関与していないルータ(経路外データ中継装置)である。 The router 7 and the router 8 and router 9 and the router 10, a router that is not involved in data delivery path 11 (the path outside the data relay apparatus). 12は本発明によって変更された代替のデータ転送経路を示している。 12 shows the data transfer path of an alternative modified by the present invention.
なお、データ配送経路11は、例えば、従来技術1において説明したいずれかの手法により設定されるものとする。 The data delivery path 11, for example, assumed to be set by any of the techniques described in the prior art 1.
【0054】 [0054]
図2は、ホストA1が定期的にホストB2に向かって送信する診断パケット(処理性能調査情報)のフォーマットを示している。 2, the host A1 indicates the format of the diagnostic packet to be transmitted toward the regular host B2 (processing performance survey information).
まず、ホストA1がホストB2に向かってパケットを送信する際、診断パケットには送信元であるホストA1のIPアドレス30と受信先であるホストB2のIPアドレス31と送信したパケットが診断パケットであることを示すパケット種別32のみが存在し、ペイロード41は空である。 First, when the host A1 sends the packet toward the host B2, packets transmitted with the IP address 31 of the host B2 is received destination IP address 30 of the host A1, which is the transmission source is a diagnostic packet for diagnosis packet there are only packet type 32 which indicates that the payload 41 is empty.
この診断パケットが図1のデータ配送経路11上に位置する1番目のルータ3を通る際に、ルータ3は診断パケットのペイロード41に1番目にルータ3のIPアドレス33とルータ3の動的な状態情報や属性情報(データ処理性能情報)34を付加する。 When the diagnostic packet passes through the first router 3 located on the data delivery path 11 in FIG. 1, router 3 is dynamic IP address 33 and the router 3 of the router 3 to the first in the payload 41 of the diagnostic packet adding status information and attribute information (data processing performance information) 34.
【0055】 [0055]
次に、各ルータの構成について説明する。 Next, the configuration of each router.
図40は、各ルータの構成を示す図である。 Figure 40 is a diagram showing the configuration of each router.
図において、3000は、他のルータ、ホストA1又はホストB2より各種パケットを受信し、また、他のルータ、ホストA1又はホストB2に対して各種パケットを送信するパケット送受信部である。 In the figure, 3000 is another router receives various packets from the host A1 or the host B2, also, other routers, a packet transceiver unit for transmitting various packets to the host A1 or host B2.
3100は、パケット送受信部3000により受信されたパケットの種別を判別するパケット種別判別部である。 3100 is a packet type determining unit which determines the type of the packet received by the packet reception unit 3000. パケット種別判別部3100は、通常パケット、診断パケット、診断結果パケットのいずれかのパケット種別を判別し、判別結果により通常パケット処理部3200、診断パケット処理部3300、診断結果パケット処理部3400のいずれかにパケットを渡す。 Packet type determination unit 3100, normal packet, the diagnostic packet, to determine one of a packet type of the diagnosis result packet, normal packet processing section 3200 the discrimination result, the diagnostic packet processing unit 3300, either diagnosis packet processing unit 3400 It passes the packet to.
【0056】 [0056]
3200は、通常パケットに対する処理を行う通常パケット処理部である。 3200 is a normal packet processing unit that performs processing for the normal packet. なお、通常パケットに対する処理は、本発明の対象外であるため、詳細は省略する。 The processing for a normal packet, since outside the scope of the present invention, details are omitted.
【0057】 [0057]
3300は、診断パケットに対する処理を行う診断パケット処理部である。 3300 is a diagnostic packet processing unit that performs processing for the diagnosis packet. 診断パケット処理部3300は、動的状態情報/属性情報検出部3310と診断パケット加工部3320とからなる。 Diagnostic packet processing unit 3300 is composed of a dynamic state information / attribute information detection unit 3310 and the diagnostic packet processing unit 3320 Metropolitan. また、診断パケット加工部3320は、更に、動的状態情報/属性情報付与部3330と自IPアドレス付与部3340とからなる。 Further, the diagnostic packet processing unit 3320 is further comprised of a local IP address assigning unit 3340 Metropolitan dynamic state information / attribute information adding unit 3330.
動的状態情報/属性情報検出部3310は、自ルータの動的な状態情報や属性情報を検出する。 Dynamic state information / attribute information detection unit 3310 detects the dynamic state information and the attribute information of the own router.
また、動的状態情報/属性情報付与部3330は、動的状態情報/属性情報検出部3310により検出された自ルータの動的な状態情報や属性情報を診断パケットのペイロードに付与する。 Also, the dynamic state information / attribute information adding unit 3330 assigns a dynamic state information and the attribute information of the own router detected by the dynamic state information / attribute information detection unit 3310 in the payload of diagnostic packets.
自IPアドレス付与部3340は、診断パケットのペイロードに自ルータのIPアドレスを付与する。 Own IP address assigning unit 3340 assigns a IP address of the local router in the payload of diagnostic packets.
【0058】 [0058]
3400は、診断結果パケットに対する処理を行う診断結果パケット処理部である。 3400 is a diagnostic result packet processing unit that performs processing for the diagnosis packet. 診断結果パケット処理部3400は、下流ルータIPアドレス検索部3410、下流ルータ動的状態情報/属性情報取得部3420、下流ルータ判断部3430、閾値記録部3440、下流ルータ選択部3450からなる。 Diagnosis packet processing section 3400, a downstream router IP address retrieving unit 3410, the downstream router dynamic state information / attribute information acquisition unit 3420, the downstream router determining unit 3430, the threshold recording section 3440 consists of the downstream router selector 3450.
下流ルータIPアドレス検索部3410は、診断結果パケットのペイロードから自ルータの一段下流のルータのIPアドレスを検索する。 Downstream router IP address retrieving unit 3410 retrieves the IP address of the stage downstream of the router own router from the payload of the diagnostic result packet.
下流ルータ動的状態情報/属性情報取得部3420は、下流ルータIPアドレス検索部3410により検索された下流ルータのIPアドレスに基づき、下流ルータの動的な状態情報や属性情報を診断パケットのペイロードより取得する。 Downstream router dynamic state information / attribute information acquisition unit 3420, based on the IP address of the downstream router retrieved by the downstream router IP address retrieving unit 3410, from the payload of the diagnostic packet dynamic state information and the attribute information of the downstream router get.
下流ルータ判断部3430は、下流ルータ動的状態情報/属性情報取得部3420が取得した下流ルータの動的な状態情報や属性情報が所定の閾値を超えてるか否かの判断を行う。 Downstream router determining unit 3430, dynamic state information and the attribute information of the downstream router downstream router dynamic state information / attribute information acquisition unit 3420 acquires the determines whether or not it exceeds a predetermined threshold.
閾値記録部3440は、下流ルータ判断部3430が下流ルータの動的な状態情報や属性情報の判断を行う際に用いる閾値を記録している。 Threshold recording section 3440, the downstream router determining unit 3430 records the threshold used for making a determination of the dynamic state information and the attribute information of the downstream router.
下流ルータ選択部3450は、下流ルータ判断部3430による判断結果に基づき、下流ルータを選択する。 Downstream router selection unit 3450, based on a result of determination by the downstream router determining unit 3430 selects the downstream router. 前述の例では、ルータ5の下流ルータ判断部3430が、ルータ6の動的な状態情報や属性情報が閾値以下であると判断すれば、ルータ5の下流ルータ選択部3450はルータ6をそのまま下流ルータ(中継先)として選択し、ルータ6の動的な状態情報や属性情報が閾値以上であると判断すれば、ルータ5の下流ルータ選択部3450は他のルータ、例えば、ルータ10を代替の下流ルータ(中継先)として選択する。 In the above example, the downstream router determining unit 3430 of the router 5, when it is judged that the dynamic state information and the attribute information of the router 6 is below the threshold, the downstream router selector 3450 of the router 5 as downstream routers 6 router selected as (relay destination), it is judged that the dynamic state information and the attribute information of the router 6 is equal to or greater than the threshold, the downstream router selector 3450 of the router 5 other routers, for example, alternative router 10 It is selected as the downstream router (relay destination).
【0059】 [0059]
3500は、ルーティングテーブルであって、パケット送受信部3000が各種パケットを送信する際に参照するテーブルである。 3500, a routing table is a table referred to when packet transceiver unit 3000 transmits various packets.
【0060】 [0060]
次に、データ配送経路11上のルータが診断パケットを受信した際の内部動作順序を図3を用いて説明する。 It will now be described with reference to FIG. 3 the internal operation order in a router on the data delivery path 11 receives the diagnostic packet.
ルータのパケット送受信部3000がパケットを受信した際、ステップ60で、パケット種別判別部3100は受信したパケットが診断パケットであるかどうかを、図2で示した診断パケットフォーマット中のパケット種別32を調査することで検出し、受信したパケットが診断パケットの場合はステップ61へ処理を移し、診断パケットでない場合はステップ63へ処理を移す。 When the router packet transceiver 3000 receives a packet, investigation in step 60, whether the packet type determining section 3100 is a packet received diagnostic packets, a packet type 32 in the diagnosis packet format shown in FIG. 2 detected by the received packet is transferred to step 61 if the diagnostic packet, if not the diagnostic packet transfers to step 63.
ステップ61では、診断パケット加工部3320の自IPアドレス付与部3340が受信した診断パケットのペイロードに対して自ルータのIPアドレスを付加し、次にステップ62で、診断パケット加工部3320の動的状態情報/属性情報付与部3330が受信した診断パケットのペイロードに対して自ルータの動的な状態情報や属性情報を付加する。 In step 61, adds the IP address of the router with respect to the payload of diagnostic packets own IP address assigning unit 3340 of the diagnostic packet processing unit 3320 has received, then at step 62, the dynamic state of the diagnostic packet processing unit 3320 adding dynamic state information and the attribute information of its own router the payload of diagnostic packets information / attribute information adding unit 3330 has received. 動的状態情報/属性情報付与部3330により診断パケットのペイロードに付加される動的状態情報や属性情報は動的状態情報/属性情報検出部3310により検出されたものである。 Dynamic state information / attribute information adding unit 3330 dynamic state information and the attribute information added to the payload of the diagnostic packet by are those detected by the dynamic state information / attribute information detection unit 3310.
その後、ステップ63で、パケット送受信部3000がルーティングテーブル3500を用いてルータが持つ通常のパケット転送処理を実施し処理を終了する。 Thereafter, in step 63, the packet receiving unit 3000 finishes the normal packet transfer processing executes processing with the router using the routing table 3500. なおステップ63の通常パケット転送処理に関しては、既存のルータに一般的に備わっている処理であるため、ここでは説明を省略する。 Note for normal packet transfer processing in step 63 are the processing that comes generally to an existing router, and a description thereof will be omitted.
【0061】 [0061]
前述の処理をルータ3内部で実施し、その後、診断パケットはルータ3を通過した後、データ配送経路上に位置する2番目のルータ4を通る。 Performing the aforementioned process router 3 inside, then the diagnostic packet passes through the router 3, through the second router 4 located data delivery on a route. ルータ4を診断パケットが通る際に、ルータ4は診断パケットのペイロード41に2番目のルータ4のIPアドレス35と2番目のルータ4の動的な状態情報や属性情報36を付加する。 When passing through the router 4 is the diagnostic packet, the router 4 adds dynamic state information and the attribute information 36 of the IP address 35 and the second router 4 of the second router 4 in the payload 41 of the diagnostic packet.
このようにして、送信ホストと受信ホストの間の経路上に存在するルータのIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を、診断パケットが各々のルータを通過する際に、ルータ内部で診断パケットのペイロードに付与していく。 In this way, the path dynamic state information and the attribute information and the IP address of the router that exists on between the sender and receiver hosts, when the diagnostic packets passing through each router, diagnosis packet in the router continue to grant to the payload. なお図1に示した例では、ホストB2に到着した段階での診断パケットのペイロードには、4番目のルータ6に関するIPアドレスと4番目のルータの動的な状態情報や属性情報が付与されていることになる。 Note that, in the example shown in FIG. 1, the payload of diagnostic packets at the stage of arrival to the host B2 may fourth router 6 IP address and the fourth router dynamic state information and the attribute information is granted relating It will be there.
また、ホストA1が診断パケットをホストB2に向けて送信する処理は、ホストA1上で動作するアプリケーションからの明示的な送信要求により送信する場合もあるし、ホストA1で動作しているオペレーティングシステム内部に診断パケットを送信するための機能が含まれている場合もある。 The processing by the host A1 sends toward the diagnostic packet to the host B2 may or may send an explicit transmission request from an application operating on the host A1, an internal operating system running on the host A1 it may also contain functionality for transmitting a diagnostic packet.
【0062】 [0062]
ホストA1からホストB2に送信された診断パケットが、ホストB2に到着した段階で、ホストB2は受信した診断パケットのペイロードを図4で示した診断結果パケット(処理性能通知情報)に複製しホストA1に向け送信する。 Diagnosis packet transmitted from the host A1 to the host B2 is replicated at the stage of arrival to the host B2, host B2 payload of diagnostic packets received the diagnosis result packet (processing performance notification information) shown in FIG. 4 the host A1 to send towards. 診断結果パケットのフォーマットは送信元のホストB2のIPアドレス42と受信先のホストA1のIPアドレス43の順序が入れ替わり、かつ、パケットの種別32が診断結果パケット表す値になるだけであり、ペイロード41の各構成要素はホストB2に到着した診断パケットのペイロード41となんら変わりはない。 The format of the diagnosis result packet exchanges the order of IP address 43 of the IP address 42 and destination host A1 in the source host B2, and is only type 32 packet a value indicating the packet diagnosis, payload 41 each component of it is not in any way change the payload 41 of the diagnostic packet that arrived at the host B2.
【0063】 [0063]
ホストB2からホストA1へ向け診断結果パケットが送信された段階で、診断結果パケットはデータ配送経路11を用いて途中のルータで転送されながらホストA1に向けて配送される。 At the stage when the diagnostic result packet is transmitted toward the host B2 to the host A1, diagnosis packet is delivered to the host A1 while being transferred in the middle of the router using a data delivery path 11.
ホストB2から送信された診断結果パケットを最初に転送する転送経路11上のルータ6はホストA1−ホストB2の間に形成されている転送経路11上で、自ルータよりも下流にはルータが無いことを、診断結果パケットのペイロード41から知り、自ルータよりも上流のルータであるルータ5へ診断結果パケットを転送する。 Router 6 on the transfer path 11 to first transfer the diagnosis packet transmitted from the host B2 is on the transfer path 11 formed between the host A1- host B2, there is no router downstream from the own router things, knowing from the payload 41 of the diagnosis result packet, and transfers the diagnosis result packet to the router 5 is an upstream router than the router itself.
下流のルータ6からの診断結果パケットを受信したルータ5は診断結果パケットのペイロード41を検査することで、自ルータよりも下流にルータ6が存在することを知る。 Router 5 which received the diagnosis result packet from the downstream router 6 by inspecting the payload 41 of the diagnosis result packet knows that router 6 is present downstream from the local router.
ここで、診断結果パケットのペイロード41からルータ5の下流にあるルータ6のIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を検索する。 Here, to find the IP address and dynamic state information and the attribute information of the router 6 from the payload 41 of the diagnostic result packet to the downstream router 5. ルータ6のIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を得たルータ5は、自ルータ内部に予めルータ管理者により設定された、動的な状態情報や属性情報に対する閾値(処理性能閾値)と、診断結果パケットのペイロード41から得たルータ5の動的な状態情報や属性情報と比較して、ルータ5からホストB2に対するデータ転送経路の変更を行うか否かの判断を実施する。 Router 5 to give the IP address and dynamic state information and the attribute information of the router 6 was set in advance by the router administrator within own router, a threshold value (performance threshold) for dynamic state information and attribute information , diagnostic results compared to dynamic state information and the attribute information of the router 5 obtained from the payload 41 of the packet, performing a determination of whether to change the data transfer path from the router 5 to the host B2.
【0064】 [0064]
次に、データ配送経路11上のルータが診断結果パケットを受信した際の内部動作順序を図5を用いて説明する。 It will now be described with reference to FIG. 5 the internal operation order in a router on the data delivery path 11 receives the diagnosis result packet.
ルータがパケットを受信した際、ステップ80で、パケット種別判別部3100が、受信したパケットが診断結果パケットであるかどうかを、図4で示した診断結果パケットフォーマット中のパケット種別32を調査することで検出し、受信したパケットが診断結果パケットの場合はステップ81へ処理を移し、診断結果パケットでない場合はステップ63へ処理を移す。 When the router receives a packet, in step 80, the packet type determining unit 3100, the received packet is whether the diagnostic result packet, to investigate the packet type 32 in the diagnostic result packet format shown in FIG. 4 in detecting the received packet is transferred to step 81 if the diagnostic result packet, if not diagnosed result packet transfers to step 63.
ステップ81では、下流ルータIPアドレス検索部3410が受信した診断結果パケットのペイロードの中から自ルータのIPアドレスを検索することで、自ルータのIPアドレスおよび動的な状態情報や属性情報の記録されている位置を特定する。 In step 81, by searching the IP address of the router from the payload of the diagnosis packet downstream router IP address retrieving unit 3410 has received, it is recorded IP address and dynamic state information and the attribute information of its own router and that position to identify.
ステップ82でペイロード上の自ルータのIPアドレスと動的な状態情報や属性情報が記録されている位置よりも後方に他のルータの記録があるかどうかを検査し、後方に他のルータの記録がある場合はステップ83へ処理を移し、後方に他のルータの記録が無い場合は自ルータはデータ転送経路中の最下流に存在するルータであると判断しステップ63へ処理を移す。 Step 82 checks if the local router IP address and dynamic state information and the attribute information on the payload is recorded in the other routers in the rear than the position recorded by the recording of the other routers in the rear If there is the process goes to step 83, the own router if there is no record of the other routers in the rear shifts the process to step 63 determines that the router, located most downstream in the data transfer path.
ステップ83では、下流ルータ動的状態情報/属性情報取得部3420がペイロードを検索し、自ルータの1段下流にあるルータの動的な状態情報や属性情報を取得する。 In step 83, the downstream router dynamic state information / attribute information acquisition unit 3420 searches the payload, to obtain the dynamic state information and the attribute information of the router in the first stage downstream of the local router.
ステップ84で、下流ルータ判断部3430が取得した動的な状態情報や属性情報が予めルータ管理者により自ルータに設定された、動的な状態情報や属性情報に対する閾値(処理性能閾値)を超えているかどうかを検査し、取得した動的な状態情報や属性情報が閾値を超えていた場合はステップ85へ処理を移し、取得した動的な状態情報や属性情報が閾値を超えていない場合はステップ63に処理を移す。 In step 84, dynamic state information and the attribute information downstream router determining unit 3430 has acquired is set in its own router beforehand by the router administrator, exceeds a threshold (processing performance threshold) for dynamic state information and attribute information and how to inspect whether the acquired dynamic state information and the attribute information is transferred to step 85 if it exceeds the threshold value, when the acquired dynamic state information and the attribute information does not exceed the threshold in step 63 moves the process.
ステップ85では、下流ルータ選択部3450が自ルータがそれまで下流ルータとしてデータを転送していたルータの他に代替の下流ルータとなるルータが存在するかを調査し、代替ルータとなるルータが存在すればステップ86へ処理を移し、代替ルータとなるルータが存在しなければステップ63に処理を移す。 In step 85, there is a router to investigate whether the downstream router selector 3450 own router is present in addition to an alternative downstream router router router that has transferred the data as downstream routers before, an alternative router if the process goes to step 86, the process proceeds to step 63 if an alternative router become routers exist.
ステップ86では下流ルータ選択部3450が自ルータが以降下流ルータ(中継先)として使用するルータを代替ルータとする設定を行いステップ63へ処理を移す。 In step 86 the downstream router selecting section 3450 moves the process to step 63 to set the alternative router a router to use as a downstream router own router or later (relay destination).
ステップ63ではルータが持つ通常のパケット転送処理を実施し処理を終了する。 In step 63 the router terminates a normal packet transfer processing executes processing with. なおステップ63の通常パケットの転送処理に関しては、既存のルータに一般的に備わっている処理であるため、ここでは説明を省略する。 Incidentally as for the transfer processing of a normal packet in step 63 are the processing that comes generally to an existing router, and a description thereof will be omitted.
【0065】 [0065]
このように、データ配送経路11に位置する各々のルータ内部で診断結果パケットの処理を実施するわけであるが、図1で示した本実施の形態でのルータ5の動作を例に挙げ、データ転送経路の変更について説明する。 Thus, although not carrying out the process of the diagnosis result packet at each router internal located data delivery path 11, an example of the operation of the router 5 in the present embodiment shown in FIG. 1, the data to describe the changes of the transfer route.
今、ルータ5の下流に存在するルータ6から転送された診断結果パケットをルータ5が受信したとする。 Now, the diagnostic results packet transferred from the router 6 located downstream of the router 5 Router 5 has received. ルータ5は図5で示した処理の流れに沿って、ルータ5の下流にあるルータ6の動的な状態情報や属性情報の値を取得し、その値がルータ5の管理者により予め設定された閾値を超えていない場合は、ルータ6を中継先として選択するとともに、ルータ5の上流に属するルータ4に対して診断結果パケットを転送する。 Router 5 along the flow of processing shown in FIG. 5, to obtain the value of the dynamic state information and the attribute information of the router 6 downstream of the router 5, the value is set in advance by the administrator of the router 5 If does not exceed the threshold, while selecting the router 6 as the relay destination, and transfers the diagnosis result packet to router 4 which belongs to the upstream router 5.
またルータ5の下流にあるルータ6から転送された診断結果パケットをルータ5が受信し、診断結果パケットから取得した下流にあるルータ5の動的な状態情報や属性情報の値とルータ5の管理者により予め設定された閾値との比較の結果、閾値を超えている場合、ルータ5の内部で、他の下流ルータとして動作可能なルータ10を検出し、ルータ5が次回からデータ転送に使用する下流ルータとしてルータ10を使用するように設定が自動的に変更される。 Also receiving the diagnosis result packet transferred from the router 6 in the downstream router 5 is a router 5, the diagnostic result management value and the router 5 of dynamic state information and the attribute information of the router 5 downstream acquired from the packet result of the comparison with a preset threshold by the user, if it exceeds the threshold, within the router 5, and detects the operable router 10 as other downstream routers, the router 5 is used for data transfer from the next configured to use the router 10 as a downstream router is automatically changed. その後、ルータ5の上流に位置するルータ4に診断パケットが転送される。 Then, the diagnostic packet is forwarded to the router 4 located upstream router 5.
この段階で今まで使用されていたデータ配送経路11は途中からルータ5−ルータ10−ホストB2で形成される代替のデータ配送経路12を用いることになる。 Data delivery path 11 which has been used until now in this stage will be using the data delivery path 12 of the alternative, which is formed from the middle in the router 5 Router 10 Host B2.
【0066】 [0066]
なお、以上の説明では、送信ホストA1から受信ホストB2に向けて診断パケットを送信し、受信ホストB2から送信ホストA1に向けて診断結果パケットを送信することとしたが、これらを逆の流れで行うことも可能である。 In the above description, sends diagnostic packet to the receiving host B2 from the sending host A1, it is assumed that transmitting the diagnosis result packet to the sending host A1 from receiving host B2, these in reverse flow it is also possible to carry out.
【0067】 [0067]
本発明を用いることにより、従来技術では出来なかった、ホストA1−ホストB2間に定められるデータ転送経路上に位置しデータ転送処理を実施する各々のルータの動的な状態情報や属性情報の変化によってデータ転送経路を変更することが可能になり、その結果、使用経路の動的な状態情報や属性情報が一定となる経路を作成でき、データ転送時に動的な経路情報や属性情報の変化によって発生するデータ転送遅延を抑え、最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, could not in the prior art, the change in the dynamic state information and attribute information for each of the routers located on the data transfer path defined between the host A1- host B2 implement a data transfer process it is possible to change the data transfer path by, depending on the result, can create a route that dynamic state information and the attribute information of the path is constant, a change in the dynamic route information and the attribute information during the data transfer suppressing the data transfer delay occurs, it is possible to construct a network system to determine the optimal data delivery route.
【0068】 [0068]
実施の形態2. The second embodiment.
以下、本発明の第2の実施の形態について図6および図7を用い説明する。 Hereinafter, a second embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS.
図6は本実施の形態におけるホストA1からホストB2に向け送信される診断パケットのフォーマットを示し、また図7は本実施の形態におけるホストB2からホストA1に向け送信される診断結果パケットのフォーマットを示している。 6 shows a format of a diagnostic packet from the host A1 in the present embodiment is transmitted to the host B2, and FIG. 7 is the format of the diagnostic result packet that is transmitted toward the host B2 to the host A1 in the present embodiment shows.
【0069】 [0069]
図6の診断パケットでは、実施の形態1で説明した、診断パケットについて、データ配送経路11上の各々のルータを診断パケットが通過する際に、個々のルータが付与する動的な状態情報や属性情報に対して、各々のルータのCPU使用率を付与するものである。 Diagnostic packet of FIG. 6, described in the first embodiment, the diagnostic packet, in passing through the diagnostic packet each router on the data delivery path 11, dynamic state information and attributes individual routers grant the information is intended to impart CPU utilization for each router.
したがって実施の形態2では、データ配送経路11の1番目のルータを診断パケットが通過する際、1番目のルータのIPアドレス33と1番目のルータのCPU使用率100を付与し、2番目のルータを診断パケットが通過する際、2番目のルータのIPアドレス35と2番目のCPU使用率101を付与する。 Thus in the second embodiment, when passing through the diagnostic packet first router data delivery path 11, to grant the first router IP address 33 and the first router CPU utilization 100 of the second router the time of diagnosis packet passes, impart a second IP address 35 of the router and the second CPU utilization 101. このように、データ配送経路11上のn−1番目のルータを通過する際、n−1番目のルータのIPアドレス37とn−1番目のルータのCPU使用率102を付与し、データ配送経路11上のn番目のルータを通過する際、n番目のルータのIPアドレス39とn番目のルータのCPU使用率103を付与する。 Thus, when passing through the n-1 th router on data delivery path 11, to impart CPU utilization 102 of the (n-1) th router IP address 37 and n-1 th router, data delivery path when passing through the n-th routers on 11, imparts n th router IP address 39 and the n-th router CPU utilization 103.
【0070】 [0070]
その後、ホストB2へ診断パケットが到着し、ホストB2内で、実施の形態1で示したように、診断パケットのペイロード41を診断結果パケットのペイロードに複製し、ホストB2はホストA1に向け、データ配送経路11を使用し、診断結果パケットを送信する。 Then, arriving diagnostic packet to the host B2, in the host B2, as shown in the first embodiment, duplicate the payload 41 of the diagnosis packet in the payload of the diagnostic result packet, the host B2 is directed to the host A1, data using the delivery path 11, and transmits the diagnosis result packet.
診断結果パケットがデータ転送経路上に存在する各々のルータを通過する際、ホストA1からホストB2へのデータの流れを示すデータ配送経路上のあるルータは、実施の形態1に示した方法と同様の方法を用い、自ルータの下流ルータのIPアドレスとCPU使用率を、予め自ルータ内部に自ルータ管理者により設定されているCPU使用率の閾値を比較し、下流のデータ転送経路を変更するか否かを選択する。 When the diagnostic result packet passing through each router in the data transfer path, from the host A1 on the data delivery path showing the flow of data to the host B2 routers, similar to the method shown in Embodiment 1 using methods, the IP address and CPU utilization for downstream router of its own router, by comparing the threshold value of the CPU utilization has been set by the own router administrator within previously own router to change the downstream data transfer path whether or not to select.
【0071】 [0071]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストA1から送信された診断パケットを転送する際の内部処理を図 8に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis packet transmitted from the host A1 in FIG. 診断パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態1と概ね処理の流れは同じであり、ステップ150で、自ルータのCPU使用率を診断パケットのペイロードの付加する処理を実施する。 When the diagnosis packet each router forwards, is generally process flow as in the first embodiment are the same, in step 150, and carries out a process of adding the payload of the diagnostic packet CPU utilization of the own router.
【0072】 [0072]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストB2から送信される診断結果パケットを転送する際の内部処理を図9に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis result packet sent from the host B2 in FIG. 診断結果パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態1と概ね処理の流れは同じであり、ステップ151で1段下流にあるルータのCPU使用率をペイロードから取得する処理を実施し、ステップ152で取得した1段下流にあるルータのCPU使用率を、自ルータに予め管理者により設定されているCPU使用率の閾値を比較する処理を実施する。 When a diagnosis result packet each router to forward a same generally process flow as in the first embodiment and performs the process of acquiring the CPU usage rate of the router in one step downstream in step 151 from the payload, step the CPU utilization of the router in the first stage downstream acquired in 152, carries out a process of comparing the threshold value of the CPU utilization has been set in advance by the administrator own router.
【0073】 [0073]
なお、以上の説明では、送信ホストA1から受信ホストB2に向けて診断パケットを送信し、受信ホストB2から送信ホストA1に向けて診断結果パケットを送信することとしたが、これらを逆の流れで行うことも可能である。 In the above description, sends diagnostic packet to the receiving host B2 from the sending host A1, it is assumed that transmitting the diagnosis result packet to the sending host A1 from receiving host B2, these in reverse flow it is also possible to carry out.
【0074】 [0074]
本発明を用いることにより、データ配送経路11上に存在するルータのうち、ルータのCPU使用率が高い場合に起こる転送遅延を抑えたデータ転送が可能となり、最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, among the routers present on the data delivery path 11, it is possible to suppress data transfer to transfer delay that occurs when the CPU utilization of the router is higher, the network system to determine the optimal data delivery route it is possible to build.
【0075】 [0075]
実施の形態3. Embodiment 3.
以下、本発明の第3の実施の形態について図10および図11を用い説明する。 Hereinafter, a third embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 10 and 11.
図10は本実施の形態におけるホストA1からホストB2に向け送信される診断パケットのフォーマットを示し、また図11は本実施の形態におけるホストB2からホストA1に向け送信される診断結果パケットのフォーマットを示している。 Figure 10 shows the format of diagnostic packets from the host A1 in the present embodiment is transmitted to the host B2, and FIG. 11 is a format of a diagnostic result packet from the host B2 in this embodiment are transmitted to the host A1 shows.
【0076】 [0076]
図10の診断パケットは、実施の形態2で説明した診断パケットに対して、1番目のルータを診断パケットが通過する際に、1番目のルータの送受信バッファ使用率200が追加され、2番目のルータを診断パケットが通過する際に、2番目のルータの送受信バッファ使用率201が追加される。 Diagnosis packet of FIG. 10, a diagnostic packet described in the second embodiment, when the diagnostic packet first router passes, first router receiving buffer usage rate 200 is added in, the second when the router diagnostic packet passes, the transmission and reception buffer usage rate 201 of the second router is added.
このようにして、データ配送経路11上のn−1番目のルータを診断パケットが通過する際、n−1番目のルータの送受信バッファ使用率202が追加され、n番目のルータを診断パケットが通過する際、n番目のルータの送受信バッファ使用率203が追加される。 Thus, when passing through the diagnostic packet n-1 th router on data delivery path 11, the transmission and reception buffer utilization 202 of the (n-1) th router is added, the diagnostic packet passes through the n th router to time, the transmission and reception buffer utilization 203 of n-th router is added.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、各々のルータのCPU使用率が省略され診断結果パケットに付与されない場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, sometimes CPU utilization for each router is not applied to the diagnostic result packet is omitted.
【0077】 [0077]
その後、ホストB2へ診断パケットが到着し、ホストB2内で、実施の形態1で示したように、診断パケットのペイロード41を診断結果パケットのペイロードに複製し、ホストB2はホストA1に向け、データ配送経路11を使用し、診断結果パケットを送信する。 Then, arriving diagnostic packet to the host B2, in the host B2, as shown in the first embodiment, duplicate the payload 41 of the diagnosis packet in the payload of the diagnostic result packet, the host B2 is directed to the host A1, data using the delivery path 11, and transmits the diagnosis result packet.
診断パケットがデータ転送経路上に存在する各々のルータを通過する際、ホストA1からホストB2へのデータの流れを示すデータ配送経路上にあるルータは、実施の形態2に示した方法と同様の方法を用い、自ルータの下流ルータIPアドレスとCPU使用率、および、本実施の形態で追加された送受信バッファ使用率を、予め自ルータ内部に自ルータ管理者により設定されているCPU使用率の閾値や送受信バッファ使用率の閾値と比較し、下流のデータ転送経路を変更するか否かを選択する。 When the diagnostic packet passing through each router in the data transfer path, the router from the host A1 in the data delivery path showing the flow of data to the host B2 is the same as the method shown in Embodiment 2 using the method, the downstream router IP address and CPU utilization for own router, and the transmission and reception buffer usage added in this embodiment, the CPU usage rate which is set by its own router administrator in advance inside the own router It is compared with a threshold value of the threshold value and the transmission and reception buffer usage, to select whether to change the downstream data transfer path.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、各々のルータのCPU使用率が省略され診断結果パケットに付与されない場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, sometimes CPU utilization for each router is not applied to the diagnostic result packet is omitted. その他の処理は実施の形態1および実施の形態2と同等のため、ここでの説明は省略する。 For comparable other processes and form 2 of Embodiment 1 and Embodiment, description thereof will be omitted.
【0078】 [0078]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストA1から送信された診断パケットを転送する際の内部処理を図12に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis packet transmitted from the host A1 in FIG.
診断パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態2と概ね処理の流れは同じであり、ステップ250で、自ルータの送受信バッファ使用率を診断パケットのペイロードに付加する処理を実施する。 When the diagnosis packet of each router forwards, is approximately process flow in the second embodiment are the same, in step 250, and carries out a process of adding a transmission and reception buffer usage rate of the own router to the payload of diagnostic packets.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、ステップ150のペイロードにCPU使用率を追加する処理が省略される場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, sometimes processing for adding a CPU utilization in the payload at step 150 is omitted.
【0079】 [0079]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストB2から送信される診断結果パケットを転送する際の内部処理を図13に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis result packet sent from the host B2 in FIG.
診断結果パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態2と概ね処理の流れは同じであり、ステップ251で1段下流にあるルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率をペイロードから取得する処理を実施し、ステップ252で取得した1段下流のルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率を、自ルータに予め管理者により設定されているCPU使用率の閾値と送受信バッファ使用率の閾値を比較する処理を実施する。 When a diagnosis result packet each router forwards, is generally process flow in the second embodiment are the same, and acquires the CPU utilization and reception buffer usage rate of the router downstream one step in step 251 from the payload process performed, the CPU utilization and reception buffer usage rate of one stage downstream router acquired in step 252, compares the threshold of the threshold and the transmission and reception buffer utilization CPU utilization which is set in advance by the administrator own router process to implement that.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、ステップ251での自ルータの1段下流のルータのCPU使用率を取得する処理、およびステップ252での自ルータの1段下流のルータのCPU使用率と自ルータに予め管理者により設定されているCPU使用率の閾値との比較を行う処理が省略される場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, the process of acquiring the CPU usage rate of one stage downstream router own router at step 251, and the own at step 252 in some cases the process for comparing the threshold value of the router CPU utilization which is set in advance by the administrator to the CPU usage and the local router of one stage downstream of the router is omitted. その他の処理は実施の形態1および実施の形態2と同等のため、ここでの説明は省略する。 For comparable other processes and form 2 of Embodiment 1 and Embodiment, description thereof will be omitted.
【0080】 [0080]
なお、以上の説明では、送信ホストA1から受信ホストB2に向けて診断パケットを送信し、受信ホストB2から送信ホストA1に向けて診断結果パケットを送信することとしたが、これらを逆の流れで行うことも可能である。 In the above description, sends diagnostic packet to the receiving host B2 from the sending host A1, it is assumed that transmitting the diagnosis result packet to the sending host A1 from receiving host B2, these in reverse flow it is also possible to carry out.
【0081】 [0081]
本発明を用いることにより、データ配送経路11上に存在するルータのうち、ルータの送受信バッファ使用率の高い場合に起こる、送受信バッファ溢れによるデータ紛失を防止することを可能となり、最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, among the routers present on the data delivery path 11 occurs when a high transmission and reception buffer usage rate of the router, becomes possible to prevent data loss due to overflow reception buffer, optimal data delivery route it is possible to construct a network system for determining.
【0082】 [0082]
実施の形態4. Embodiment 4.
以下、本発明の第4の実施形態について図14および図15を用い説明する。 Hereinafter, a fourth embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 14 and 15.
図14は本実施の形態におけるホストA1からホストB2に向け送信される診断パケットのフォーマットを示し、また図15は本実施の形態におけるホストB2からホストA1に向け送信される診断結果パケットのフォーマットを示している。 Figure 14 shows the format of diagnostic packets from the host A1 in the present embodiment is transmitted to the host B2, and FIG. 15 is a format of a diagnostic result packet from the host B2 in this embodiment are transmitted to the host A1 shows.
【0083】 [0083]
図14の診断パケットは、実施の形態3で説明した診断パケットに対して、1番目のルータを診断パケットが通過する際に、1番目のルータの平均データ転送量300が追加され、2番目のルータを診断パケットが通過する際に、2番目のルータの平均データ転送量301が追加される。 Diagnosis packet of FIG. 14, a diagnostic packet explained in the third embodiment, when the diagnostic packet first router passes, is added an average data transfer amount 300 of the first router, the second when the router diagnostic packet passes, the average data transfer amount 301 of the second router is added.
このようにして、データ配送経路11上のn−1番目のルータを診断パケットが通過する際、n−1番目のルータの平均データ転送量302が追加され、n番目のルータを診断パケットが通過する際、n番目のルータの平均データ転送量303が追加される。 Thus, when the n-1 th router on data delivery path 11 diagnostic packet passes, is added n-1-th router average data transfer amount 302 of the diagnostic packet passes through the n th router when the average data transfer amount 303 in the n-th router is added.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、各々のルータのCPU使用率および各々のルータの送受信バッファ使用率が省略され診断結果パケットに付与されない場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, even when the CPU usage rate of each of the routers and each router receiving buffer utilization is not applied to the diagnostic result packet is omitted is there.
【0084】 [0084]
その後、ホストB2へ診断パケットが到着し、ホストB2内で、実施の形態1で示したように、診断パケットのペイロード41を診断結果パケットのペイロードに複製し、ホストB2はホストA1に向け、データ配送経路11を使用し、診断結果パケットを送信する。 Then, arriving diagnostic packet to the host B2, in the host B2, as shown in the first embodiment, duplicate the payload 41 of the diagnosis packet in the payload of the diagnostic result packet, the host B2 is directed to the host A1, data using the delivery path 11, and transmits the diagnosis result packet.
診断パケットがデータ転送経路上に存在する各々のルータを通過する際、ホストA1からホストB2へのデータの流れを示すデータ配送経路上にあるルータは、実施の形態3に示した方法と同様の方法を用い、自ルータの下流ルータIPアドレスとCPU使用率と送受信バッファ使用率、および、本実施の形態で追加された平均データ転送量を、予め自ルータ内部に自ルータ管理者により設定されているCPU使用率の閾値や送受信バッファ使用率の閾値や平均データ転送量の閾値と比較し、下流のデータ転送経路を変更するか否かを選択する。 When the diagnostic packet passing through each router in the data transfer path, the router from the host A1 in the data delivery path showing the flow of data to the host B2 is the same as the method shown in the third embodiment using the method, the downstream router IP address and CPU utilization and reception buffer usage rate of its own router, and the average data transfer amount, which is added in this embodiment, is set by its own router administrator in advance inside the own router compared to CPU utilization threshold and the transmission and reception buffer usage rate threshold and the average data transfer amount threshold are to select whether to change the downstream data transfer path.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、各々のルータのCPU使用率や送受信バッファ使用率が省略され診断結果パケットに付与されない場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, sometimes each router CPU usage and transmission and reception buffer utilization is not applied to the diagnostic result packet is omitted.
【0085】 [0085]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストA1から送信された診断パケットを転送する際の内部処理を図16に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis packet transmitted from the host A1 in FIG.
診断パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態3と概ね処理の流れは同じであり、ステップ350で、自ルータの平均データ転送量を診断パケットのペイロードに付加する処理を実施する。 When the diagnosis packet each router forwards, is generally process flow in the third embodiment are the same, in step 350, and carries out a process of adding the average data transfer amount of the own router to the payload of diagnostic packets.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、ステップ150のペイロードにCPU使用率を追加する処理およびステップ250のペイロードに送受信バッファ使用率を追加する処理が省略される場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, the process of adding a transmission and reception buffer utilization payload processing and step 250 adds the CPU utilization in the payload at step 150 If it is omitted in some cases. その他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3と同等のため、ここでの説明は省略する。 For comparable other processes and the first and the second and third embodiments of the embodiment, description thereof will be omitted.
【0086】 [0086]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストB2から送信される診断結果パケットを転送する際の内部処理を図17に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis result packet sent from the host B2 in FIG.
診断結果パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態3と概ね処理の流れは同じであり、ステップ351で1段下流にあるルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率と平均データ転送量をペイロードから取得する処理を実施し、ステップ352で取得した1段下流のルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率と平均データ転送量を、自ルータに予め管理者により設定されているCPU使用率の閾値と送受信バッファ使用率の閾値と平均データ転送量の閾値を比較する処理を実施する。 When a diagnosis result packet each router to forward a same generally process flow in the third embodiment, CPU utilization of the router downstream one step in step 351 and the reception buffer usage rate and an average data transfer amount and carries out a process of acquiring from the payload, the CPU usage and average data transfer amount between the transmission and reception buffer utilization one stage downstream router acquired in step 352, the CPU usage rate which is set in advance by the administrator own router It carries out a process of comparing the threshold of the threshold value and the threshold to the average data transfer amount of the transmission and reception buffer utilization.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、ステップ351での自ルータの1段下流のルータのCPU使用率を取得する処理と送受信バッファ使用率を取得する処理、およびステップ352での自ルータの1段下流のルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率とを自ルータに予め管理者により設定されているCPU使用率の閾値と送受信バッファ使用率との比較を行う処理が省略される場合もある。 In the case of the present invention, obtained by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, the processing and transmission and reception buffer usage rate to get the CPU usage rate of one stage downstream router own router in step 351 processes, and the CPU utilization of a stage downstream of the router own router at step 352 and reception buffer usage with a threshold and reception buffer usage rate of the CPU use rate that is set in advance by the administrator own router when the process of performing comparison is omitted also. その他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3と同等のため、ここでの説明は省略する。 For comparable other processes and the first and the second and third embodiments of the embodiment, description thereof will be omitted.
【0087】 [0087]
なお、以上の説明では、送信ホストA1から受信ホストB2に向けて診断パケットを送信し、受信ホストB2から送信ホストA1に向けて診断結果パケットを送信することとしたが、これらを逆の流れで行うことも可能である。 In the above description, sends diagnostic packet to the receiving host B2 from the sending host A1, it is assumed that transmitting the diagnosis result packet to the sending host A1 from receiving host B2, these in reverse flow it is also possible to carry out.
【0088】 [0088]
本発明を用いることにより、データ配送経路11上に存在するルータのうち、あるルータとそのルータの下流にあるルータとの間の物理伝送路上でのデータの輻輳を防止することが可能となり、転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, among the routers present on the data delivery path 11, it is possible to prevent congestion of data in the physical transmission path between the routers to be a router downstream of the router, the transfer it is possible to construct a network system to determine the optimal data delivery route to prevent delay or data loss.
【0089】 [0089]
実施の形態5. Embodiment 5.
以下、本発明の第5の実施形態について図18および図19を用い説明する。 Hereinafter, a fifth embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 18 and 19.
図18は本実施の形態におけるホストA1からホストB2に向け送信される診断パケットのフォーマットを示し、また図19は本実施の形態におけるホストB2からホストA1に向け送信される診断結果パケットのフォーマットを示している。 Figure 18 shows the format of diagnostic packets from the host A1 in the present embodiment is transmitted to the host B2, and FIG. 19 is a format of the diagnostic result packet from the host B2 in this embodiment are transmitted to the host A1 shows.
【0090】 [0090]
図18の診断パケットは、実施の形態4で説明した診断パケットに対して、1番目のルータを診断パケットが通過する際に、1番目のルータの最大データ転送量400が追加され、2番目のルータを診断パケットが通過する際に、2番目のルータの最大データ転送量401が追加される。 Diagnosis packet of FIG. 18, a diagnostic packet described in the fourth embodiment, when the diagnostic packet first router passes, is added first maximum data transfer amount 400 of the router, the second when the router diagnostic packet passes, the maximum data transfer amount 401 of the second router is added.
このようにして、データ配送経路11上のn−1番目のルータを診断パケットが通過する際、n−1番目のルータの最大データ転送量402が追加され、n番目のルータを診断パケットが通過する際、n番目のルータの最大データ転送量403が追加される。 Thus, when passing through the diagnostic packet n-1 th router on data delivery path 11, the maximum data transfer amount 402 of the (n-1) th router is added, the diagnostic packet passes through the n th router when the maximum data transfer amount 403 in the n-th router is added.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、各々のルータのCPU使用率および各々のルータの送受信バッファ使用率および各々のルータの平均データ転送量が省略され診断結果パケットに付与されない場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, the average data transfer amount for each router CPU utilization and each router receiving buffer utilization and each router of omission It is may not be granted to the diagnostic result packet.
【0091】 [0091]
その後、ホストB2へ診断パケットが到着し、ホストB2内で、実施の形態1で示したように、診断パケットのペイロード41を診断結果パケットのペイロードに複製し、ホストB2はホストA1に向け、データ配送経路11を使用し、診断結果パケットを送信する。 Then, arriving diagnostic packet to the host B2, in the host B2, as shown in the first embodiment, duplicate the payload 41 of the diagnosis packet in the payload of the diagnostic result packet, the host B2 is directed to the host A1, data using the delivery path 11, and transmits the diagnosis result packet.
診断パケットがデータ転送経路上に存在する各々のルータを通過する際、ホストA1からホストB2へのデータの流れを示すデータ配送経路上にあるルータは、実施の形態4に示した方法と同様の方法を用い、自ルータの下流ルータIPアドレスとCPU使用率と送受信バッファ使用率と平均データ転送量、および、本実施の形態で追加された最大データ転送量を、予め自ルータ内部に自ルータ管理者により設定されているCPU使用率の閾値や送受信バッファ使用率の閾値や平均データ転送量の閾値や最大データ転送量の閾値と比較し、下流のデータ転送経路を変更するか否かを選択する。 When the diagnostic packet passing through each router in the data transfer path, the router from the host A1 in the data delivery path showing the flow of data to the host B2 is the same as the method shown in the fourth embodiment using the method, average data transfer amount between the downstream router IP address and CPU utilization and reception buffer usage rate of its own router, and the local router managing the maximum data transfer amount added in the present embodiment, in the pre own router compared to that has been set and the threshold value of the threshold and the transmission and reception buffer utilization CPU utilization average data transfer amount of the threshold and the maximum data transfer amount of the threshold by user selects whether or not to change the downstream data transfer path .
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、各々のルータのCPU使用率や送受信バッファ使用率や平均データ転送量が省略され診断結果パケットに付与されない場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, if each of the CPU usage and the transmission and reception buffer usage and average data transfer amount of the router is not applied to the diagnostic result packet is omitted there is also.
【0092】 [0092]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストA1から送信された診断パケットを転送する際の内部処理を図20に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis packet transmitted from the host A1 in FIG.
診断パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態4と概ね処理の流れは同じであり、ステップ450で、自ルータの最大データ転送量を診断パケットのペイロードに付加する処理を実施する。 When the diagnosis packet each router forwards, is generally process flow in the fourth embodiment are the same, in step 450, and carries out a process of adding the maximum data transfer amount of the own router to the payload of diagnostic packets. なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、ステップ150のペイロードにCPU使用率を追加する処理およびステップ250のペイロードに送受信バッファ使用率を追加する処理およびステップ350のペイロードに平均データ転送量を追加する処理が省略される場合もある。 In the case of the present invention, by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, the process and to add a transmission and reception buffer utilization payload processing and step 250 adds the CPU utilization in the payload at step 150 in some cases the process of adding the average data transfer amount to the payload in step 350 is omitted. その他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4と同等のため、ここでの説明は省略する。 For comparable other processes are the first embodiment and the second and Embodiment 3 and Embodiment 4, description thereof will be omitted.
【0093】 [0093]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストB2から送信される診断結果パケットを転送する際の内部処理を図21に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis result packet sent from the host B2 in FIG 21.
診断結果パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態4と概ね処理の流れは同じであり、ステップ451で1段下流にあるルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率と平均データ転送量と最大データ転送量をペイロードから取得する処理を実施し、ステップ452で取得した1段下流のルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率と平均データ転送量と最大データ転送量を、自ルータに予め管理者により設定されているCPU使用率の閾値と送受信バッファ使用率の閾値と平均データ転送量の閾値と最大データ転送量の閾値を比較する処理を実施する。 When a diagnosis result packet each router forwards, is generally process flow in the fourth embodiment are the same, CPU utilization of the router downstream one step in step 451 and the reception buffer usage rate and the average data transfer amount and carries out a process of acquiring the maximum data transfer amount from the payload, the average data transfer amount and the maximum data transfer amount between the CPU utilization of the first stage downstream router acquired the transmission and reception buffer utilization in step 452, advance management own router It carries out a process of comparing the threshold of the threshold and the maximum data transfer amount of the threshold and the average data transfer amount of the threshold and the transmission and reception buffer utilization CPU utilization has been set by the user.
なお、本発明の場合、各々のルータ管理者により事前にルータに設定を行うことにより、ステップ451での自ルータの1段下流のルータのCPU使用率を取得する処理と送受信バッファ使用率を取得する処理と平均データ転送量を取得する処理、およびステップ452での自ルータの1段下流のルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率と平均データ転送量を自ルータに予め管理者により設定されているCPU使用率の閾値と送受信バッファ使用率と平均データ転送量の閾値との比較を行う処理が省略される場合もある。 In the case of the present invention, obtained by performing the setting in the router beforehand by each router administrator, the processing and transmission and reception buffer usage rate to get the CPU usage rate of one stage downstream router own router in step 451 process of acquiring the processing and the average data transfer amount for, and the average data transfer amount between the CPU utilization and reception buffer usage rate of one stage downstream router own router in step 452 is set in advance by the administrator own router even if the process for comparing the threshold value and the transmission and reception buffer utilization CPU utilization and the average data transfer amount threshold are is omitted there. その他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4と同等のため、ここでの説明は省略する。 For comparable other processes are the first embodiment and the second and Embodiment 3 and Embodiment 4, description thereof will be omitted.
【0094】 [0094]
なお、以上の説明では、送信ホストA1から受信ホストB2に向けて診断パケットを送信し、受信ホストB2から送信ホストA1に向けて診断結果パケットを送信することとしたが、これらを逆の流れで行うことも可能である。 In the above description, sends diagnostic packet to the receiving host B2 from the sending host A1, it is assumed that transmitting the diagnosis result packet to the sending host A1 from receiving host B2, these in reverse flow it is also possible to carry out.
【0095】 [0095]
本発明を用いることにより、データ配送経路11上に存在するルータのうち、あるルータとそのルータの下流にあるルータとの間の物理伝送路上で配送負荷ピーク時のデータの輻輳を防止することが可能となり、転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, among the routers present on the data delivery path 11, it is possible to prevent congestion data at the time of delivery load peak physical transmission path between the routers to be a router downstream of the router possible and it becomes possible to construct a network system to determine the optimal data delivery route for preventing the forward delay and data loss.
【0096】 [0096]
実施の形態6. Embodiment 6.
以下、本発明の第6の実施形態について図22を用い説明する。 Hereinafter, a sixth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 22.
図22は本実施の形態におけるホストA1とホストB2との間に規定されたデータ転送経路上の一部のルータとその周辺に位置するルータを抜き出したものである。 Figure 22 is an extract of the router located on a part of the router and its surroundings on prescribed data transfer path between the host A1 and the host B2 in this embodiment.
【0097】 [0097]
図22において、500および501および502および503は実施の形態1〜5で示す機能を持つルータを表し、504はルータ500とルータ502が存在するホストA1とホストB2との間に規定されたデータ転送経路を示す。 In Figure 22, 500 and 501 and 502 and 503 represent a router having a function indicated by the first to fifth embodiments, 504 defined between the host A1 and the host B2 router 500 and router 502 are present data It shows the transfer path. 従ってルータ500及びルータ501は経路内データ中継装置であり、ルータ501及びルータ502は経路外データ中継装置である。 Therefore the router 500 and the router 501 is a path in a data relaying apparatus, a router 501 and the router 502 is a path outside the data relay apparatus.
505はホストA1からホストB2に向け送信された診断パケットを示し、506および507および508はデータ転送経路504上に位置するルータ500により診断パケット505を複製し、ルータ500の持つ通信インタフェースより転送された診断パケットを示す。 505 indicates a diagnosis packet transmitted toward the host A1 to the host B2, 506 and 507 and 508 duplicates the diagnosis packet 505 by router 500, located on the data transfer path 504 is transferred from the communication interface with the router 500 It was shown a diagnostic packet.
なお、ホストA1からホストB2へのデータ転送について、ルータ501からホストB2へのデータ転送は、物理伝送路が接続されていないため不可能と仮定し、また、ルータ502およびルータ503からホストB2へのデータ転送は、物理伝送路が接続されているため可能と仮定する。 Note that the data transfer from the host A1 to the host B2, the data transfer from the router 501 to the host B2 assumes impossible because the physical transmission line is not connected, also, from the router 502 and the router 503 to the host B2 data transfer is assumed possible because the physical transmission line is connected.
509はルータ501で診断パケット506を受信した際にルータ501からはホストB2へは到達しないため、ルータ501の内部処理でエラーパケットとして返送されたパケットであり、510はルータ502内部で診断パケット507に対して処理を施した診断パケット、511はルータ503内部で診断パケット508に対して処理を施した診断パケットを表す。 Since 509 does not reach the router 501 to the host B2 when receiving a diagnosis packet 506 in the router 501, a packet that is returned as an error packet in the internal processing of the router 501, the diagnostic packet 507 510 in the router 502 diagnosis packet subjected to processing for, 511 represents a diagnostic packet subjected to processing for diagnosis packet 508 in the router 503. なお、パケット509〜511は、実施の形態1〜5で説明した診断結果パケットに相当し、処理性能通知情報である。 The packet 509 to 511 corresponds to the diagnosis result packet described in the first to fifth embodiments, a processing performance notification information.
【0098】 [0098]
ホストA1よりホストB2へ向け、診断パケットが送信され、ルータ500よりも上流のルータにより、前述した、実施の形態1または実施の形態2または実施の形態3または実施の形態4または実施の形態5に示した方法を用いて、診断パケット505がルータ500に転送されてくる。 Towards the host A1 to the host B2, diagnostic packet is sent by the upstream router than the router 500, described above, Embodiment 1 or Embodiment 2 or Embodiment 3 or Embodiment 4 or Embodiment 5 using the method shown in, the diagnostic packet 505 is transferred to the router 500.
診断パケット505を受信したルータ500は、前述した実施の形態1または実施の形態2または実施の形態3または実施の形態4または実施の形態5で示した方法を用い、診断パケット505のペイロードに対して、自ルータのIPアドレスと動的な状態情報または属性情報として予めルータ500の管理者により設定された、CPU使用率や送受信バッファ使用率や平均データ転送量や最大データ転送量を付与する。 Router has received the diagnosis packet 505 500, using the method described in Embodiment 4 or Embodiment 5 Embodiment 3 or Embodiment 2 or Embodiment 1 or Embodiment embodiment described above, with respect to the payload of the diagnostic packet 505 Te, pre set by the administrator of the router 500, to impart CPU usage and the transmission and reception buffer usage and average data transfer amount and the maximum data transfer amount as an IP address and a dynamic state information or attribute information of the router.
次に、ルータ500内部で、診断パケット505を自ルータが持つ通信インタフェース分の複製を作り、ルータ500の下流に位置するルータ501へは診断パケット506として、ルータ502へは診断パケット507として、ルータ503へは診断パケット508として転送する。 Then, in the router 500 creates a copy of the communication interface component having a diagnostic packet 505 own router, as a diagnostic packet 506 to the router 501 located downstream of the router 500, as a diagnostic packet 507 to the router 502, the router It is to 503 transfers the diagnosis packet 508.
【0099】 [0099]
ルータ500により診断パケット505を複製して作成した診断パケット506および507および508のうち、ルータ501に対して転送した診断パケット506は、ルータ501に到着後、ルータ501内部の処理で下流に位置するホストB2へは到着しないと判断され、ルータ501のIPアドレスと動的な状態情報や属性情報としてのCPU使用率や送受信バッファ使用量や平均データ転送量や最大データ転送量をペイロードには付与せず、診断パケット506のペイロードをそのままエラーパケットに複製し、パケット種別をエラーパケットとしてルータ500に返送される。 Among the diagnostic packet 506 and 507 and 508 were prepared by replicating the diagnosis packet 505 by the router 500, the diagnostic packet 506 has been transferred to the router 501, after arrival router 501, located downstream the router 501 internal processing It is determined not to arrive to the host B2, giving not the CPU usage and the transmission and reception buffer usage and average data transfer amount and the maximum amount of data transferred as the IP address and dynamic state information and the attribute information of the router 501 in the payload not, the payload of diagnosis packet 506 as it replicates the error packet is returned to the router 500 a packet type as an error packet.
また、ルータ500により診断パケット505を複製して作成した診断パケットのうち、ルータ502に対して転送した診断パケット507は、ルータ502に到着後、ルータ502の内部の処理で、ルータ502のIPアドレスと動的な状態情報や属性情報としてのCPU使用率や送受信バッファ使用率や平均データ転送量や最大データ転送量をペイロードに付与され、診断パケット510としてホストB2へ向け転送される。 Also, among the diagnostic packet created by duplicating the diagnostic packet 505 by the router 500, the diagnostic packet 507 forwarded to the router 502, after arriving to the router 502, within the process of the router 502, IP address of the router 502 and been granted the CPU usage and the transmission and reception buffer usage and average data transfer amount and the maximum amount of data transfer as a dynamic status information and attribute information in the payload is transferred toward a diagnosis packet 510 to the host B2. また、ルータ500により診断パケット505を複製して作成した診断パケット508についてもルータ503の内部処理を経て、診断パケット511としてホストBへ転送される。 Moreover, even after the internal processing of the router 503 for diagnosis packet 508 created by duplicating the diagnostic packet 505 by router 500 and forwarded as a diagnostic packet 511 to Host B.
【0100】 [0100]
ルータ501から返送されたエラーパケット509を受信したルータ500は、エラーパケット509のパケット種別を参照することにより、ホストB2へのデータ転送経路としてルータ501は使用できないことを知り、ルータ501の内部処理でエラーパケット509を廃棄する。 Router 500 which has received the error packet 509 sent back from the router 501 refers to the packet type of the error packet 509 knows that the data transfer path to the host B2 router 501 can not be used, the internal processing of the router 501 in discarding the error packet 509.
【0101】 [0101]
図23に本実施の形態の手法を用いた場合の診断パケットを受信した場合のルータ内部処理を示す。 It shows a router internal processing when receiving the diagnosis packet in the case of using the method of the present embodiment in FIG. 23.
本処理は、実施の形態5に対して本発明を適用した場合の処理の内容を示しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4に対しても同様の処理を追加することが可能である。 This process, while indicating the contents of processing in the case of applying the present invention to the fifth embodiment, even for the first embodiment and the second and Embodiment 3 and Embodiment 4 it is possible to add the same process.
本実施の形態では、ステップ550で、ルータ501は自ルータの下流にあるホストB2に対して到達可能かどうかを検査し、到達不可能であれば、ステップ551でパケットタイプをエラーとしたエラーパケットを生成し、ステップ552で診断パケットのペイロードをエラーパケットに複製し、ステップ553で1段上流のルータ500へエラーパケットを返却する処理を実施する。 In this embodiment, at step 550, the router 501 checks whether reachable to the host B2 downstream of its own router, if unreachable error packet as an error packet type at step 551 It generates a payload of diagnosis packet replicates the error packet in step 552, and carries out a process of returning an error packet in step 553 to the first stage upstream router 500. 他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5と同様のため、ここでの説明は省略する。 Since other processes are similar to Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment 5, description thereof will be omitted.
【0102】 [0102]
図24に本実施例を用いた場合のエラーパケットを受信した場合のルータ500内部処理を示す。 It shows a router 500 internal processing when receiving an error packet in which the present embodiment in FIG. 24.
本処理は、実施の形態5に対して本発明を適用した場合の処理の内容を示しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4に対しても同様の処理を追加することが可能である。 This process, while indicating the contents of processing in the case of applying the present invention to the fifth embodiment, even for the first embodiment and the second and Embodiment 3 and Embodiment 4 it is possible to add the same process.
本実施の形態では、ルータ500は、ステップ554で受信したパケットがエラーパケットか否かをパケット種別により判断し、エラーパケットであればステップ555でルータ内部でエラーパケットを廃棄する。 In this embodiment, the router 500, the packet received is judged by the packet type whether an error packet in step 554, discards the error packet in the router in step 555 if the error packet. 他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5と同様のため、ここでの説明は省略する。 Since other processes are similar to Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment 5, description thereof will be omitted.
【0103】 [0103]
なお、以上の説明では、送信ホストA1から受信ホストB2に向けて診断パケットを送信し、受信ホストB2から送信ホストA1に向けて診断結果パケットを送信することとしたが、これらを逆の流れで行うことも可能である。 In the above description, sends diagnostic packet to the receiving host B2 from the sending host A1, it is assumed that transmitting the diagnosis result packet to the sending host A1 from receiving host B2, these in reverse flow it is also possible to carry out.
【0104】 [0104]
本発明を用いることにより、データ配送経路11およびその一部を表したデータ転送経路504上で、予め診断パケットを複数複製し、あるルータの通信インタフェースに接続されている下流のルータに予め転送することにより、その段階での最適なデータ配送経路を決定することが可能となり、また、最終的なデータ転送先へ物理伝送路が接続されていない場合、データが到達不可能であることを知ることが可能となり、その結果、転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を、早期に決定出来るネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, on the data transfer path 504 represents the data delivery path 11 and a part thereof, pre-diagnosis packet plurality replication in advance transferred to the downstream router connected to the communication interface of a router by, it is possible to determine the optimal data delivery route at that stage, also, if the final data transfer destination physical transmission path is not connected, to know that the data is unreachable It becomes possible, as a result, an optimal data delivery route for preventing the forward delay and data loss, it is possible to construct a network system can be determined early.
【0105】 [0105]
実施の形態7. Embodiment 7.
以下、本発明の第7の実施形態について図25および図26を用い説明する。 Hereinafter, a seventh embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 25 and 26. 図25は本実施の形態におけるホストA1からホストB2に向け送信される診断パケットのフォーマットを示し、また図26は本実施の形態におけるホストB2からホストA1に向け送信される診断結果パケットのフォーマットを示している。 Figure 25 shows the format of diagnostic packets from the host A1 in the present embodiment is transmitted to the host B2, and FIG. 26 is a format of the diagnostic result packet from the host B2 in this embodiment are transmitted to the host A1 shows.
【0106】 [0106]
図25の診断パケットは、実施の形態5で説明した診断パケットに対して、ホストA1内部でペイロードの最初に動的な状態情報や属性情報取得指定600を付与する。 Diagnosis packet of FIG. 25, a diagnostic packet described in Embodiment 5, imparts first dynamic state information and the attribute information acquiring designated 600 of the payload within the host A1. 動的な状態情報や属性情報取得指定600には、ホストA1とホストB2との間のデータ配送経路11上に配置されている各々のルータで付与する動的な状態情報や属性情報の種別が指定される。 The dynamic state information and the attribute information acquiring designated 600, the type of the dynamic state information and the attribute information to be applied in each of the router that is located on the data delivery path 11 between the host A1 and the host B2 It is specified.
この動的な状態情報や属性情報取得指定600の設定値を、データ配送経路11上に配置されている各々のルータが参照し、指定された動的な状態情報や属性情報を自ルータのIPアドレスと共にペイロード41に付与する。 The set value of the dynamic state information and the attribute information acquiring designated 600, the data delivery path 11 each router that is placed on the reference, the dynamic state information and the attribute information specified of the own router IP It applied to the payload 41 along with the address.
なお、本発明では、実施の形態5の診断パケットに対して、動的な状態情報や属性情報取得指定600を追加しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態6においても同様に追加可能である。 In the present invention, a diagnostic packet of the fifth embodiment, although adding a dynamic state information and the attribute information acquiring designated 600, Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and It can be added also in the sixth embodiment 4 and embodiment.
【0107】 [0107]
図26は本実施の形態における診断結果パケットのフォーマットを示している。 Figure 26 shows the format of the diagnosis result packet in this embodiment.
図25で示した診断パケットがホストB2に到着し、ホストB2内で、実施の形態1で示したように、診断パケットのペイロード41を診断結果パケットのペイロードに複製し、ホストB2はホストA1に向け、データ配送経路11を使用し、診断結果パケットを転送する。 Diagnosis packet arrives at the host B2 shown in FIG. 25, in the host B2, as shown in the first embodiment, duplicate the payload 41 of the diagnosis packet in the payload of the diagnostic result packet, the host B2 to the host A1 towards, using the data delivery path 11, and transfers the diagnosis result packet.
診断パケットがデータ転送経路上に存在する各々のルータを通過する際、ホストA1からホストB2へのデータの流れを示すデータ配送経路上にあるルータは、動的な状態情報や属性情報取得指定600の設定値を参照し、ペイロード41に付与されている、1段下流のルータの動的な状態情報や属性情報と、予め自ルータにルータ管理者により設定されている動的な状態情報や属性情報の閾値とを比較し、下流のデータ転送経路を変更するか否かを選択する。 When the diagnostic packet passing through each router in the data transfer path, the router, dynamic state information and the attribute information acquiring designation from the host A1 in the data delivery path showing the flow of data to the host B2 600 Referring to the set value, it is assigned to the payload 41, and dynamic state information and the attribute information of the one stage downstream router, dynamic state information and attributes that are set by the router administrator previously own router comparing the threshold information to select whether to change the downstream data transfer path.
なお、本発明では、実施の形態5の診断パケットに対して、動的な状態情報や属性情報取得指定600を追加しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態6においても同様に追加可能である。 In the present invention, a diagnostic packet of the fifth embodiment, although adding a dynamic state information and the attribute information acquiring designated 600, Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and It can be added also in the sixth embodiment 4 and embodiment.
【0108】 [0108]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストA1から送信された診断パケットを転送する際の内部処理を図27に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis packet transmitted from the host A1 in FIG.
本処理は、実施の形態5に対して本発明を適用した場合の処理の内容を示しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態6に対しても同等の処理を追加することが可能である。 This process, while indicating the contents of processing in the case of applying the present invention to the fifth embodiment, Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment it is possible to add the same processing with respect to 6.
診断パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態5と概ね処理の流れは同じであり、ステップ650で診断パケットのペイロードより動的な状態情報や属性情報取得指定600に設定されている値を取得し、ステップ651で動的な状態情報や属性情報取得指定値を検査しCPU使用率の記録が指定されているかどうかを判定する。 When the diagnosis packet each router forwards, is generally process flow in the fifth embodiment are the same, that have been set values ​​in the diagnosis dynamic state information and the attribute information acquisition specified by the payload of the packet 600 in step 650 acquires, examines the dynamic state information and the attribute information acquisition specified value in step 651 determines whether the recording of the CPU usage rate is specified. ステップ652で、動的な状態情報や属性情報取得指定値を検査し送受信バッファ使用率の記録が指定されているかどうかを判定し、ステップ653で、動的な状態情報や属性情報取得指定値を検査し平均データ転送量の記録が指定されているかどうかを判定し、ステップ654で、動的な状態情報や属性情報取得指定値を検査し最大データ転送量の記録が指定されているかどうかを判定する。 In step 652, it examines the dynamic state information and the attribute information acquired designated value to determine whether the recording of the transmission and reception buffer usage rate is specified, at step 653, the dynamic state information and the attribute information acquiring specified value examined to determine whether the specified recording the average data transfer amount, at step 654, determines whether the maximum data transfer amount of the recording is designated inspect dynamic state information and the attribute information acquiring specified value to.
他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5および実施の形態6と同等のため、ここでの説明は省略する。 Since other processing is equivalent to Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment 5 and Embodiment 6 of the embodiment, description thereof will be omitted.
【0109】 [0109]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストB2から送信される診断結果パケットを転送する際の内部処理を図28に示す。 Each router on the data transfer path, showing the internal processing for transferring a diagnosis result packet sent from the host B2 in FIG 28.
本処理は、実施の形態5に対して本発明を適用した場合の処理の内容を示しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態6に対しても同等の処理を追加することが可能である。 This process, while indicating the contents of processing in the case of applying the present invention to the fifth embodiment, Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment it is possible to add the same processing with respect to 6.
診断結果パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態5と概ね処理の流れは同じであり、ステップ655でペイロードより動的な状態情報や属性情報取得指定600の値を取得し、ステップ656で1段下流にあるルータの項目より、動的な状態情報や属性情報取得指定600で指定された項目を取得し、ステップ657で動的な状態情報や属性情報取得指定600で指定された項目と、自ルータに予め管理者により設定されている閾値とを比較する処理を実施する。 When a diagnosis result packet each router forwards generally processing flow in the fifth embodiment are the same to obtain the dynamic state information and the value of the attribute information acquisition designated 600 from the payload in step 655, step 656 in more items router in one step downstream, to retrieve the specified item in a dynamic state information and the attribute information acquiring specified 600, specified in the dynamic state information and the attribute information acquiring specified 600 in step 657 items When, carries out a process of comparing the threshold value set in advance by the administrator own router.
他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5および実施の形態6と同等のため、ここでの説明は省略する。 Since other processing is equivalent to Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment 5 and Embodiment 6 of the embodiment, description thereof will be omitted.
【0110】 [0110]
なお、以上の説明では、送信ホストA1から受信ホストB2に向けて診断パケットを送信し、受信ホストB2から送信ホストA1に向けて診断結果パケットを送信することとしたが、これらを逆の流れで行うことも可能である。 In the above description, sends diagnostic packet to the receiving host B2 from the sending host A1, it is assumed that transmitting the diagnosis result packet to the sending host A1 from receiving host B2, these in reverse flow it is also possible to carry out.
【0111】 [0111]
本発明を用いることにより、データ配送経路11上に存在するルータに対して、各々のルータで取得し診断パケットのペイロードに付与する動的な状態情報や属性情報が動的に指定でき、かつ、診断結果パケットのペイロード中に記録されている1段下流のルータの動的な状態情報や属性情報と自ルータにルータ管理者により予め設定されている動的な状態情報や属性情報の閾値との間で比較項目を動的に決定することが可能となり、動的な状態情報や属性情報の比較対象を変更することで転送遅延やデータ紛失の防止する最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, the router that exists on the data delivery path 11, can payload in a dynamic state information and attribute information dynamically specify which imparts the acquired diagnosis packet at each router, and, with the threshold value of the diagnostic result packet dynamic state information and the attribute information set in advance by the router administrator dynamic state information and the attribute information and the own router that is recorded in one stage downstream router in a payload of it is possible to dynamically determine the comparative items between the network system to determine the optimal data delivery route for preventing the transfer delay and data loss by changing the comparison of dynamic state information and attribute information it is possible to construct.
【0112】 [0112]
実施の形態8. Embodiment 8.
以下、本発明の第8の実施形態について図29および図30を用い説明する。 Hereinafter, an eighth embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 29 and 30. 図29は本実施の形態においてホストA1からホストB2に向け送信される診断パケットのフォーマットを示し、また図30は本実施の形態においてホストB2からホストA1に向け送信される診断結果パケットのフォーマットを示している。 Figure 29 shows the format of the diagnostic packet in this embodiment is transmitted toward the host A1 to the host B2, and FIG. 30 is a format of diagnostic results packet in this embodiment is transmitted toward the host B2 to the host A1 shows.
【0113】 [0113]
図29の診断パケットは、実施の形態5で説明した診断パケットに対して、ホストA1内部でペイロードの最初に動的な状態情報や属性情報の閾値700を追加したものである。 Diagnosis packet of FIG. 29 are those of a diagnostic packet described in the fifth embodiment, by adding the threshold 700 of the first dynamic state information and the attribute information of the payload within the host A1. 動的な状態情報や属性情報の閾値700はデータ配送経路11上の各々のルータで予めルータ管理者により設定された、そのルータで取得しなくてはいけない動的な状態情報や属性情報の種類分の閾値が格納されている。 Threshold 700 of dynamic state information and the attribute information is set in advance by the router administrator at each router on the data delivery path 11, the type of dynamic state information and the attribute information that should not be not obtained in the router min threshold is stored. この動的な状態情報や属性情報の閾値700はホストA1が診断パケットをホストB2に送信する際に付与される。 Threshold 700 of the dynamic state information and the attribute information is given when the host A1 sends the diagnostic packet to the host B2. その後、データ配送経路11上の各々のルータは、診断パケットの転送の際には、この動的な状態情報や属性情報の閾値700を参照せず、前述した実施の形態5で示したデータ転送処理を実施する。 Thereafter, each of the router on the data delivery path 11, when the transfer of diagnostic packets, without referring to the threshold 700 of the dynamic state information and the attribute information, the data transfer shown in Embodiment 5 described above processing is carried out.
なお、本発明では、実施の形態5の診断パケットに対して、動的な状態情報や属性情報の閾値700を追加しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態6および実施の形態7においても同様に追加可能である。 In the present invention, a diagnostic packet of the fifth embodiment, although adding the threshold 700 of the dynamic state information and attribute information, Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and It can be added also in the sixth and seventh embodiment of embodiment 4 and embodiment.
【0114】 [0114]
図30は本実施の形態における診断結果パケットのフォーマットを示している。 Figure 30 shows the format of the diagnosis result packet in this embodiment.
図29で示した診断パケットがホストB2に到着し、ホストB2内で、実施の形態1で示したように、診断パケットのペイロード41を診断結果パケットのペイロードに複製し、ホストB2はホストA1に向け、データ配送経路11を使用し、診断結果パケットを転送する。 Diagnosis packet arrives at the host B2 shown in FIG. 29, in the host B2, as shown in the first embodiment, duplicate the payload 41 of the diagnosis packet in the payload of the diagnostic result packet, the host B2 to the host A1 towards, using the data delivery path 11, and transfers the diagnosis result packet.
診断パケットがデータ転送経路上に存在する各々のルータを通過する際、ホストA1からホストB2へのデータの流れを示すデータ配送経路上にあるルータは、動的な状態情報や属性情報の閾値700の設定値を参照し、ペイロード41に付与されている、1段下流のルータの動的な状態情報や属性情報と、動的な状態情報や属性情報の閾値700の設定値とを比較し、下流のデータ転送経路を変更するか否かを選択する。 When the diagnostic packet passing through each router in the data transfer path, the threshold of the router, dynamic state information and the attribute information in the data delivery path showing the flow of data from the host A1 to the host B2 700 reference to the set value, compared granted to the payload 41, and dynamic state information and the attribute information of the one stage downstream router, and a set value of the threshold 700 of the dynamic state information and the attribute information, selecting whether or not to change the downstream data transfer path.
なお、本発明では、実施の形態5の診断パケットに対して、動的な状態情報や属性情報の閾値700を追加しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5および実施の形態6および実施の形態7においても同様に追加可能である。 In the present invention, a diagnostic packet of the fifth embodiment, although adding the threshold 700 of the dynamic state information and attribute information, Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and can be added also in the fourth and embodiment 5 and embodiment 6 and embodiment 7 of the embodiment.
【0115】 [0115]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストA1から送信された診断パケットを転送する際の内部処理は、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5および実施の形態6および実施の形態7と同等であるため、ここでの説明は省略する。 Each router on the data transfer path, the internal processing for transferring a diagnosis packet transmitted from the host A1 is Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment since 5 and is equivalent to embodiment 6 and embodiment 7 of the embodiment, description thereof will be omitted.
【0116】 [0116]
データ転送経路上の各々のルータが、ホストB2から送信される診断結果パケットを転送する際の内部処理を図31に示す。 Each router on the data transfer path, shown in Figure 31 the internal processing for transferring a diagnosis result packet sent from the host B2.
本処理は、実施の形態5に対して本発明を適用した場合の処理の内容を示しているが、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態6および実施の形態7に対しても同等の処理を追加することが可能である。 This process, while indicating the contents of processing in the case of applying the present invention to the fifth embodiment, Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment even for 6 and embodiment 7 it is possible to add the same processing.
診断結果パケットを各々のルータが転送する際、実施の形態5と概ね処理の流れは同じであり、ステップ750でペイロードより動的な状態情報や属性情報の閾値を取得し、ステップ751で1段下流にあるルータのCPU使用率と送受信バッファ使用率と平均データ転送量と最大データ転送量をペイロードより取得した動的な状態情報や属性情報の閾値を比較する処理を実施する。 When a diagnosis result packet each router forwards generally processing flow in the fifth embodiment are the same, and acquires the threshold of the dynamic state information and the attribute information from the payload in step 750, one stage at step 751 It carries out a process of comparing the threshold value of the dynamic state information and the attribute information acquired from the payload CPU utilization and average data transfer amount between the transmission and reception buffer utilization and the maximum amount of data transferred router downstream. 他の処理は実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5および実施の形態6および実施の形態7と同等のため、ここでの説明は省略する。 Since other processing is equivalent to Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment 5 and Embodiment 6 and Embodiment 7 of the embodiment, the description thereof is omitted here .
【0117】 [0117]
なお、以上の説明では、送信ホストA1から受信ホストB2に向けて診断パケットを送信し、受信ホストB2から送信ホストA1に向けて診断結果パケットを送信することとしたが、これらを逆の流れで行うことも可能である。 In the above description, sends diagnostic packet to the receiving host B2 from the sending host A1, it is assumed that transmitting the diagnosis result packet to the sending host A1 from receiving host B2, these in reverse flow it is also possible to carry out.
【0118】 [0118]
本発明を用いることにより、データ配送経路11上に存在するルータに対して、各々のルータで取得し診断パケットのペイロードに付与するCPU使用率や送受信バッファ使用率や平均データ転送量や最大データ転送量と診断結果パケットに付与されている動的な状態情報や属性情報の閾値を比較することが可能となり、動的な状態情報や属性情報の閾値を個々の診断パケット送信時に変更することで転送遅延やデータ紛失の防止する最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, data to delivery path 11 routers present on, CPU usage and the transmission and reception buffer usage and average data transfer amount and the maximum data transfer to be obtained in each of the router assigned to the payload of the diagnostic packet the amount and the diagnosis results it becomes possible to compare the threshold value of the dynamic state information and the attribute information attached to the packet, forwarding by changing the threshold value of the dynamic state information and the attribute information during individual diagnosis packet transmission it is possible to construct a network system to determine the optimal data delivery route to prevent delays or data loss.
【0119】 [0119]
実施の形態9. Embodiment 9.
以下、本発明の第9の実施形態について図32を用い説明する。 Hereinafter, a ninth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 32.
図32は診断パケットを生成/送信および診断結果パケットを受信し、また診断結果パケットのペイロードに付与されたデータ配送経路11上の各々のルータのIPアドレスを取得し蓄積処理を実施するホストA1の内部構造の例を示したものである。 Figure 32 is a host A1 which receives the generated / transmitted and diagnostic result packet diagnosis packet, also carried the acquired accumulation processing the IP address of each router on the data delivery path 11 which is applied to the payload of the diagnosis result packet It illustrates an example of the internal structure.
【0120】 [0120]
ホストA1内部では、ホスト上で動作するOSにより、カーネル領域801とユーザ領域800に分けられて処理される。 Inside the host A1, the OS running on the host, is processed is divided into kernel space 801 and user space 800. 本実施の形態では、ユーザ領域800で動作するデータ転送経路診断アプリケーション802および他の通信アプリケーション803の処理を例示する。 In this embodiment, illustrating the processing of the data transfer path diagnostics application 802 and other communication applications 803 operating in the user area 800. これらのアプリケーション以外の処理を行うアプリケーションもホストA1上で同時に複数動作するが、本実施の形態では記載を省略する。 Application that performs processing other than these applications also several operating simultaneously on the host A1, but omitted as in this embodiment. データ転送経路診断アプリケーション802はその内部に診断パケット生成部804と診断パケット送信部805と診断結果パケット受信部807と診断結果蓄積部806と経路検索部809を持ち、診断結果蓄積部806は診断結果蓄積テーブル808を管理している。 Data transfer path diagnostic application 802 has a diagnosis result storage unit 806 and the route search unit 809 and the diagnostic packet generator 804 therein and diagnosis packet transmitting section 805 and the diagnosis results packet receiving unit 807, the diagnostic result storage unit 806 diagnosis result It manages the accumulation table 808.
【0121】 [0121]
データ転送経路診断アプリケーション802は任意のタイミングで、診断パケット生成部により、データ配送経路11に送信する診断パケットを作成し、その後診断パケット送信部805により、生成した診断パケットをネットワーク上に送信する。 Data transfer path diagnostic application 802 at any time, by the diagnostic packet generator creates a diagnostic packet to be transmitted to the data delivery path 11, by the subsequent diagnosis packet transmitting section 805 transmits the generated diagnostic packet onto the network.
診断パケット生成部804で生成された診断パケットのフォーマットは、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5および実施の形態6および実施の形態7および実施の形態8で示した診断パケットのフォーマットを採る。 The format of diagnostic packets generated by the diagnostic packet generator 804, Embodiment 1 and Embodiment 2 and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment 5 and Embodiment 6 and Embodiment 7 of the embodiment and take the format of diagnostic packet shown in embodiment 8.
【0122】 [0122]
ホストA1の接続されているネットワークより、実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5および実施の形態6および実施の形態7および実施の形態8で示した診断結果パケットが到着した際、データ転送経路診断アプリケーション802の診断結果パケット受信部807で受信し、その後診断結果蓄積部806に渡される。 From networks connected to the host A1, in the first embodiment and the second and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment 5 and Embodiment 6 and Embodiment 7 and Embodiment 8 Embodiment when diagnosis packet shown arrives, it receives the diagnostic result packet receiving unit 807 of the data transfer path diagnostics application 802, are passed to the subsequent diagnosis result storage unit 806.
診断結果蓄積部806は診断結果パケット受信部807より取得した診断結果パケットのペイロードから、データ配送経路11上の各々のルータが付与したIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を抜き出し、データ転送経路情報として診断結果蓄積テーブルへ記録する。 Diagnostic result storage unit 806 from the payload of diagnosis packet acquired from the diagnostic result packet receiving section 807 extracts the IP address and dynamic state information and attribute information each router on the data delivery path 11 is applied, the data transfer It is recorded on the diagnostic result storage table as route information.
本処理を診断結果パケットを受信するたびに実施することにより、診断結果蓄積テーブルには、データ配送経路11上にある各々のルータのIPアドレスによる経路情報と動的な状態情報や属性情報が蓄積される。 By performing each time it receives a diagnosis result packet the process, the diagnostic result storage table, the data delivery route path information and dynamic state information and the attribute information by the IP address of each router in on the 11 accumulation It is.
実施の形態1および実施の形態2および実施の形態3および実施の形態4および実施の形態5および実施の形態6および実施の形態7および実施の形態8で行われる、データ転送経路の動的な変更処理により、更新されたデータ転送経路についても次回の診断結果パケット受信の際に動的な状態情報や属性情報が診断結果蓄積テーブル808内に蓄積されることになる。 Performed in the first embodiment and the second and Embodiment 3 and Embodiment 4 and Embodiment 5 and Embodiment 6 and Embodiment 7 and Embodiment 8 of the embodiment, the dynamic of the data transfer path by changing process, the updated data transfer path also results in a dynamic state information and the attribute information at the next diagnosis result packet received is accumulated in the diagnostic result storage table 808.
【0123】 [0123]
ここで他の通信アプリケーション803が、ネットワーク上で決定されているホストA1とホストB2との間のデータ転送経路に従わない、IPパケットのソースルーティング手法を用いたデータの送信を実施する場合を示す。 Wherein the other communication applications 803, shows a case not according to the data transfer path between the host A1 and the host B2 that is determined on the network, to implement the transmission of data using the source routing technique of the IP packet .
他のアプリケーション803はIPパケットのソースルーティング手法を用いるパケットを作成する段階でデータ転送経路診断アプリケーション802内の経路検索部809へ、データ転送経路を通して、各々のルータの動的な状態情報や属性情報がある閾値以下となる経路の候補を抽出するよう要求する。 To the route search unit 809 of the other applications 803 in a data transfer path diagnostics application 802 at the stage of creating a packet using source routing techniques IP packet, through a data transfer path, dynamic state information and the attribute information of each router requests to extract a candidate threshold below become route is.
他の通信アプリケーション803より経路候補抽出要求を受け取った経路検索部809は診断結果蓄積テーブル808より、経路途中の各々のルータの動的な状態情報や属性情報が閾値以下となるようなデータ転送経路候補を他のアプリケーション803に対して提示する。 Than the path search unit 809 having received the route candidate extraction request from the other communication applications 803 diagnosis result storage table 808, the data transfer path such as dynamic status information and attribute information of each of the intermediate path router is equal to or less than the threshold to present a candidate to the other applications 803.
経路検索部809よりデータ転送経路候補を提示された段階で、他の通信アプリケーション803は、データ転送経路上の各々のルータの動的な状態情報や属性情報以外の決定条件(例えば、必ずあるルータは通らなくてはいけない、などの条件)を基に、実際にソースルーティング手法で用いるデータ転送経路を決定する。 In step presented data transfer path candidate from the route searching unit 809, other communication applications 803, dynamic state information and the attribute information other than the determination condition of each of the router on the data transfer path (for example, always the router based should not be going through, the conditions), such as to determine a data transfer channel to be used actually in the source routing techniques.
【0124】 [0124]
図33にデータ転送経路診断アプリケーション802内部の診断パケット生成部804の処理を示す。 It shows the processing of the data transfer path diagnostics application 802 inside the diagnostic packet generator 804 in FIG. 33.
データ転送経路診断アプリケーション802が動作中の任意のタイミングにおいて、ステップ850で診断パケットを生成し、ステップ851で生成した診断パケットを診断パケット送信部805へ渡し処理を終了する。 Data transfer path diagnostics application 802 at any time during operation, generates diagnostic packet at step 850, and ends the passing process diagnostic packet generated at step 851 to the diagnostic packet transmitter 805.
次に図34にデータ転送経路診断アプリケーション802内部の診断パケット送信部805の処理を示す。 Next shows the processing of the data transfer path diagnostics application 802 inside the diagnostic packet transmission unit 805 in FIG. 34.
ステップ852で診断パケット生成部804から受け取り、ステップ853で診断パケットをホストA1が接続されているネットワークへ送信し処理を終了する。 It receives from the diagnostic packet generator 804 in step 852, and ends the diagnosis packet transmitted to the network where the host A1 is connected processed in step 853.
次に図35にデータ転送経路診断アプリケーション802内部の診断結果パケット受信部807の処理を示す。 Next shows the processing of the data transfer path diagnostics application 802 inside the diagnosis result packet receiving section 807 in FIG. 35.
ステップ854でホストA1が接続されているネットワークから診断結果パケットを受信し、ステップ855で受信した診断結果パケットを診断結果蓄積部806へ渡し処理を終了する。 It receives the diagnosis result packet from a network host A1 in step 854 is connected, and ends the passing process diagnostic results packet received in step 855 to the diagnostic result storage unit 806.
次に図36にデータ転送経路診断アプリケーション802内部の診断結果蓄積部806の処理を示す。 Next shows the processing of the data transfer path diagnostics application 802 inside the diagnosis result storage unit 806 in FIG. 36. ステップ856で診断結果パケット受信部807より受信した診断結果パケットを受け取り、ステップ857で診断結果パケットのペイロードに記録された各々のルータのIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を抽出し診断結果蓄積テーブル808に追加し処理を終了する。 Receives the diagnosis result packet received from the diagnosis result packet receiving unit 807 in step 856, the extracted diagnostic result an IP address and dynamic state information and attribute information for each of the routers recorded in the payload of the diagnosis result packet in step 857 It ends the additional processing in the accumulation table 808.
次に図37にデータ転送経路診断アプリケーション802内部の経路検索部809の処理を示す。 Next shows the processing of the data transfer path diagnostics application 802 inside of the path search section 809 in FIG. 37.
ステップ860で他の通信アプリケーション803からのデータ経路候補抽出要求を受け取り、ステップ861で受け取ったデータ経路候補抽出要求に指定された、ルータの動的な状態情報や属性情報に対する閾値を基に診断結果蓄積部806が管理している診断結果蓄積テーブル808内部を検索することによりデータ経路候補を抽出し、他の通信アプリケーション803へ提示し処理を終了する。 Receive data path candidate extraction request from another communication application 803 in step 860, specified in the data path candidate extraction request received in step 861, the diagnosis result based on the threshold for dynamic state information and the attribute information of the router extracting data path candidates by accumulating unit 806 searches for diagnosis internal storage table 808 which manages, and terminates the present processing to another communication application 803.
【0125】 [0125]
本発明を用いることにより、データ配送経路11上の各々のルータにより作成された診断結果パケットのペイロードに付与されている各々のルータのIPアドレスおよび動的な状態情報や属性情報をホストA1に蓄積することが可能となり、ホストA1上で動作するIPパケットのソースルーティング手法を用いて、決められたデータ転送経路に従わないパケット送信を実施したい他の通信アプリケーションに対しても、動的な状態情報や属性情報が一定となり転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を選択させる手法を提供可能となる。 By using the present invention, storing an IP address and dynamic status information and attribute information for each of the routers that are granted to the payload of the diagnosis result packet generated by each of the routers on the data delivery path 11 to the host A1 it becomes possible to, by using a source routing technique of the IP packet that runs on the host A1, also for other communication applications to be performed packet transmission not according to the data transfer path which is determined, dynamic state information and attribute information can be provided a method for selecting the optimum data delivery route for preventing the forward delay and data loss becomes constant.
【0126】 [0126]
なお、本実施の形態では、データ転送経路診断アプリケーション802が診断パケット送信側のホストA1のアプリケーションとして動作する例を示したが、データ転送経路診断アプリケーション802が持つ同等の機能を送信ホストA1のカーネル領域801に持たせて同等の効果を得ることも可能である。 In this embodiment, the data transfer path diagnostics application 802 shows an example of the operation as the application of the diagnostic packet sender host A1, the same function as that of the data transfer path diagnostics application 802 has the sending host A1 kernel it is also possible to obtain the same effect by providing the region 801.
また、本実施の形態では、診断パケット送信側のホストA1上にデータ転送経路診断アプリケーション802の機能が備わっていることを前提に説明したが診断パケット受信側のホストB2上にも本実施の形態で示した機能が備わっていても良く、その場合はホストB2側からも診断パケットを送信することが可能となる。 Further, according to the embodiment, the diagnostic packet sender host A1 data transfer path diagnosis it has been explained assuming the function of the application 802 is provided also present on the host B2 diagnostic packet receiving side form on may have capabilities provided shown in, it becomes possible to send diagnostic packet that case the host B2 side.
【0127】 [0127]
実施の形態10. Embodiment 10.
以下、本発明の第10の実施形態について図38を用い説明する。 Hereinafter, a tenth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 38.
図38は周期起床部900をデータ転送経路診断アプリケーション802に備えたホストA1の内部構造の例を示したものである。 Figure 38 shows an example of the internal structure of the host A1 having a periodic wake-up unit 900 to the data transfer path diagnostics application 802.
【0128】 [0128]
周期起床部900はデータ経路診断アプリケーション802の起動時、または、起動後のホストA1の管理者からの指示で一定間隔で動作し診断パケット生成部804に対して診断パケットを生成するよう促す処理を実施する。 Periodic wakeup unit 900 at the start of the data path diagnostic application 802, or, the process is prompted to generate diagnostic packet to operate at regular intervals in the instruction from the administrator of the host A1 after startup diagnostic packet generator 804 carry out.
これにより、周期起床部900が一定間隔で診断パケット生成部804を動作させることで、診断パケット生成部804では一定間隔で診断パケットを生成することになり、実施の形態9で示した診断パケットのネットワークへの送信処理が一定の間隔で実施されることになる。 Thus, by periodically wakeup unit 900 operates the diagnostic packet generator 804 at regular intervals, resulting in the formation of the diagnostic packet at regular intervals in the diagnostic packet generator 804, the diagnostic packet shown in Embodiment 9 so that the transmission processing to the network is carried out at regular intervals. また、これに基づいてネットワークから受信する診断結果パケットも一定間隔にホストA1に到着することになり、その結果診断結果蓄積テーブル808には、診断結果パケット受信部807および診断結果蓄積部806によりデータ配送経路11上にある各々のルータのIPアドレスによる経路情報と動的な状態情報は属性情報が蓄積されることになる。 Further, the diagnostic result packet also will be arriving to the host A1 in regular intervals, the resulting diagnosis result storage table 808, the data by the diagnosis result packet receiving unit 807 and the diagnostic result storage unit 806 for receiving from the network based on this route information and dynamic state information by the IP address of each router is on the delivery path 11 will be the attribute information is stored.
これにより診断結果蓄積テーブル808の内容は一定間隔で更新されつづけ、新しいデータ転送経路の候補を他の通信アプリケーション803からのデータ転送経路抽出要求に対して経路検索部809により最新のデータ転送経路候補を提示することが可能となる。 Thus the contents of the diagnosis result storage table 808 continues to be updated at regular intervals, new data transfer data transfer path extraction newest data transfer path candidate by the route search unit 809 to the request of the candidate route from another communication applications 803 it becomes possible to present. なお他の構成要素の処理は前述の実施の形態9と同等のため、ここでの説明は省略する。 Note for the processing of other components equivalent to the ninth embodiment described above, description thereof is omitted here.
【0129】 [0129]
図39にデータ転送経路診断アプリケーション802内部の周期起床部900の処理を示す。 Shows the processing of the data transfer path diagnostics application 802 inside the periodic wake-up unit 900 in FIG. 39.
データ転送経路診断アプリケーション802起動時、または起動後のホストA1の管理者からの指示で設定された間隔により、ステップ950で周期的に起床し、ステップ951で診断パケット生成部に診断パケット生成を促し処理を終了する。 Data transfer path diagnostics application 802 at startup, or the interval set by an instruction from the administrator of the host A1 after startup, periodically waking up in step 950, prompts the diagnostic packet generator to the diagnostic packet generator at step 951 the process is terminated. なお、他の構成要素の処理内容は前述の実施の形態9と同等のため、ここでの説明は省略する。 Note that the processing contents of the other components for the equivalent ninth embodiment described above, description thereof is omitted here.
【0130】 [0130]
本発明を用いることにより、データ配送経路11上の各々のルータにより作成された診断結果パケットのペイロードに付与されている各々のルータのIPアドレスおよび動的な状態情報や属性情報を周期的に新しい情報に更新することが可能となり、ホストA1上で動作するIPパケットのソースルーティング手法を用いて、決められたデータ転送経路に従わないパケット送信を実施したい他の通信アプリケーションに対して、最新となる動的な状態情報や属性情報が一定となり転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を選択させる手法を提供可能となる。 By using the present invention, the data delivery path 11 on each of the respective routers granted to the payload of the diagnosis result packet generated by the router IP address and dynamic state information and the attribute information periodically new it becomes possible to update the information, using a source routing technique of the IP packet that runs on the host A1, for other communication applications to be performed packet transmission not according to the data transfer path that is determined, the newest dynamic state information and the attribute information can be provided a method for selecting the optimum data delivery route for preventing the forward delay and data loss becomes constant.
【0131】 [0131]
なお、本実施の形態では、データ転送経路診断アプリケーション802が診断パケット送信側のホストA1のアプリケーションとして動作する例を示したが、データ転送経路診断アプリケーション802が持つ同等の機能を送信ホストA1のカーネル領域801に持たせて同等の効果を得ることも可能である。 In this embodiment, the data transfer path diagnostics application 802 shows an example of the operation as the application of the diagnostic packet sender host A1, the same function as that of the data transfer path diagnostics application 802 has the sending host A1 kernel it is also possible to obtain the same effect by providing the region 801. また、本実施の形態では、診断パケット送信側のホストA1上にデータ転送経路診断アプリケーション802の機能が備わっていることを前提に説明したが診断パケット受信側のホストB2上に本実施の形態で示した機能が備わっていても良く、その場合はホストB2側からも診断パケットを送信することが可能となる。 Further, in this embodiment, in this embodiment in has been described on the assumption on the host B2 diagnostic packet receiving side be provided as function of the data transfer path diagnostics application 802 on the host A1 in the diagnosis packet transmitting side may indicate the functions provided, it becomes possible to send diagnostic packet that case the host B2 side.
【0132】 [0132]
ここで、以上にて説明してきた本発明の特徴をまとめると以下のようになる。 Here, so only of the principles of the present invention has been described in above.
本発明は、送信ホストと受信ホストとの間にルータが複数配置され、ルータによりデータ配送経路が決定されるようなIPネットワークにおいて、以下の手段を備えることで、使用経路の動的な状態情報や属性情報が一定となる経路を作成でき、データ転送時に動的な経路情報や属性情報の変化によって発生するデータ転送遅延を抑え、最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステム構築手法に関する。 The present invention, a router is more disposed between the sender and receiver hosts in an IP network, such as data delivery route is determined by the router, by providing the following means, dynamic state information of the path can create a route and attribute information is constant, suppressing the data transfer delay caused by a change in the dynamic route information and attribute information when data is transferred, a network system construction method to determine the optimal data delivery route.
(a)送信ホストは一定間隔で、受信ホストとの間の経路を診断するための診断パケットを送信する。 (A) sending host at regular intervals, it transmits a diagnosis packet for diagnosing of the path between the receiving host.
(b)送信ホスト−受信ホスト間のデータ転送経路上に存在するルータP1は、送信ホストからの診断パケットを、ルータP1より下流のルータP2へ転送する際に、診断パケットのペイロード(データ部)にルータP1のIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を付与する。 (B) transmitting host - router P1 present on the data transfer path between the receiving host, the diagnostic packets from the host, when transferring from the router P1 to the downstream router P2, the payload of the diagnostic packet (data part) to give the IP address and the dynamic state information and attribute information of the router P1 to.
(c)ルータP2も同様に、配送経路の下流にあるルータP3へ診断パケットを転送する際に、診断パケットのペイロードにルータP2のIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を付与する。 (C) the router P2 likewise, when transferring the diagnostic packet to the router P3 downstream of the delivery path, to impart IP address and dynamic state information and the attribute information of the router P2 in the payload of diagnostic packets.
(d)上記(b)(c)のようにして、経路途中の各々のルータのIPアドレスと動的な状態情報や属性情報が付与された診断パケットが、受信ホストに到着した段階で、受信ホストは診断パケットのペイロードに付与された経路途中にあるルータのIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を、診断結果パケットのペイロードに複製し送信ホストへ向け返信する。 As (d) above (b) (c), the diagnostic packet IP address and dynamic state information and the attribute information of each of the intermediate path router is granted, at the stage when arriving at the receiving host, the receiving host IP addresses and dynamic state information and the attribute information of the router in the intermediate path assigned to the payload of diagnostic packets, it replicates the payload of the diagnostic result packet returns toward the sending host.
(e)経路途中に存在する、各々のルータは、診断結果パケットのペイロードを見ることで、送信ホストから受信ホスト向きの経路で自ルータより下流にあるルータの動的な状態情報や属性情報を検出することが出来、その動的な状態情報や属性情報が、予め自ルータ管理者により設定された閾値以上であれば、他のルータを経由するように経路を変更する。 (E) present in the intermediate path, each router, diagnosis by looking at the payload of the packet, the dynamic state information and the attribute information of the router that is downstream from the own router on the path of the receiving host outwardly from the sending host It can be detected, the dynamic state information and attribute information, if the set threshold value or more in advance by the local router administrator changes the path to go through the other routers.
【0133】 [0133]
本発明は、上記のネットワークシステムで、経路途中に存在するルータが診断パケットのペイロードに付与する自ルータの動的な状態情報や属性情報として自ルータのCPU使用率を用いる。 The present invention, in the above network system, a router present in the intermediate path is used CPU utilization of the own router as dynamic status information and attribute information of the own router to be added to the payload of diagnostic packets. 診断結果パケットにより各ルータが経路を変更する要因に、下流に存在するルータのCPU使用率を用いることで、ルータのCPU使用率が高い場合に起こる転送遅延を抑えたデータ転送を可能とすることを特徴とする。 Factors that each router by diagnostic result packet reroute, by using the CPU utilization of the router located downstream, to allow suppressed data transfer transfer delay that occurs when a high router CPU utilization the features.
【0134】 [0134]
本発明は、上記のネットワークシステムで、経路途中に存在するルータが診断パケットのペイロードに付与する自ルータの動的な状態情報や属性情報として、ルータ内部の送受信バッファの使用率を用いるか、または、自ルータの送受信バッファの使用率を追加する。 The present invention, in the above network system, as its own router dynamic state information and the attribute information of the routers in the middle path is applied to the payload of diagnostic packets, or using a usage rate of the transmission and reception buffer in a router, or adds the usage rate of the sending and receiving buffer of the local router. 診断結果パケットにより、各ルータが経路を変更する要因に、下流のルータの送受信バッファの使用率を用いることで、送受信バッファ溢れによるデータ紛失を防止することを可能とすることを特徴とする。 The diagnosis packet, the factors each router to change the route, by using the usage rate of the sending and receiving buffer of the downstream router, characterized in that it makes it possible to prevent data loss due to overflow transmission and reception buffer.
【0135】 [0135]
本発明は、上記のネットワークシステムで、途中経路に存在するルータが診断パケットのペイロードに付与する自ルータの動的な状態情報や属性情報として自ルータの平均データ転送量を用いるか、または、自ルータの平均データ転送量を追加する。 The present invention, in the above network system, or use the average data transfer amount of the own router as dynamic status information and attribute information of the own router routers in the middle path is applied to the payload of diagnostic packets, or the self Add average data transfer amount of the router. 診断結果パケットにより、各ルータが経路を変更する要因に、下流のルータの平均データ転送量を用いることで、下流ルータとの間の物理伝送路上でのデータの輻輳による転送遅延やデータ紛失を防止することを可能とすることを特徴とする。 Prevented by diagnosis packet, the factors each router to change the route, by using the average data transfer amount of the downstream router, the transfer delay and data loss due to congestion of data in the physical transmission path between the downstream router characterized in that to be able to.
【0136】 [0136]
本発明は、上記のネットワークシステムで、途中経路に存在するルータが診断パケットのペイロードに付与する自ルータの動的な状態情報や属性情報として自ルータの最大データ転送量を用いるか、または、自ルータの最大データ転送量を追加する。 The present invention, in the above network system, or router that exists in the middle path using the maximum data transfer amount of the own router as dynamic status information and attribute information of the own router to be added to the payload of diagnostic packets, or the self add up to the amount of data transferred router. 診断結果パケットにより、各ルータが経路を変更する要因に、下流のルータの最大データ転送量を用いることで、下流ルータとの間の物理伝送路上でのピーク時のデータの輻輳による転送遅延やデータ紛失を防止することを可能とすることを特徴とする。 The diagnosis packet, the factors each router to change the route, by using the maximum amount of data transferred downstream of the router, the transfer delay and data due to congestion of data during peak at physical transmission path between the downstream router characterized in that it possible to prevent loss.
【0137】 [0137]
本発明は、上記のネットワークシステムにおいて、以下の手段を備えることで、送信ホスト−受信ホスト間に多数存在する転送経路を経路途中の各々のルータによって検出可能とし、かつ、その複数経路の中から最適な転送経路を選択することを可能とするネットワークシステム構築手法に関する。 The present invention, in the network system, by providing the following means, transmitting host - and detectable by a number each router forwarding path path way that exists between the receiving host, and, from among the plurality of routes a network system construction method that makes it possible to select an optimum transfer path.
(a)送信ホストが受信ホストに向けて送信した診断パケットを、経路途中に存在するルータが自ルータの持つ送受信インタフェース分、内部で診断パケット複製し、全ての送受信インタフェースに対して、下流ルータに順次診断パケットを転送するようにする。 The diagnostic packet (a) sending host sends to the receiving host, transmitting and receiving interface component with a router existing in the intermediate path is the own router to diagnose packet replication internally, for all of the transmitting and receiving interface, the downstream router sequentially diagnostic packet to be transferred.
(b)上記(a)のようにして、複数経路に分散された診断パケットのうち、受信ホストへ到着した診断パケットは、受信ホストにより診断結果パケットとして、それまで通ってきた経路を戻る形で送信ホストに向けて返却される。 As (b) above (a), among the diagnostic packet distributed over multiple paths, the diagnostic packets arriving to the receiving host, as a diagnostic result packet by the receiving host, in a way that returns a path which has passed through until then It is returned towards the sending host.
(c)上記(a)のようにして、複数経路に分散された診断パケットのうち、物理的経路が存在しないなどの理由より、受信ホストへ到着しなかった診断パケットは、経路途中ルータより送信ホストに向けてエラーパケットが返却される。 (C) as described above (a), among the diagnostic packet distributed over multiple paths, from the reasons such as physical route does not exist, the diagnostic packet did not arrive to the receiving host, transmitting from the path way router error packet is returned to the host.
(d)送信ホストに向けて返却された診断結果パケットおよびエラーパケットにより、途中経路に存在する各々のルータはパケットのペイロードを見ることで、送信ホスト−受信ホスト間に複数の配送経路が存在することを把握する。 (D) the return diagnostic result packet and error packet to the sending host, each router that exists in the middle path by looking at the payload of the packet, the sending host - a plurality of delivery paths exist between receiving host to understand that.
(e)さらに、把握した複数経路に対して、予め規定された閾値以下となる最適な経路を決定する。 (E) In addition, for a plurality routes grasped, to determine the optimal route to be less predefined threshold.
【0138】 [0138]
本発明は、上記のネットワークシステムにおいて、以下の手段を備えることで、データ配送経路を変更する要因を各々のルータに通知することを可能とするネットワークシステム構築手法に関する。 The present invention, in the network system, by providing the following means, a network system construction method that makes it possible to notify a cause for changing the data delivery path to each router.
(a)送信ホストが送信する診断パケットに、ルータの持つ動的な状態情報や属性情報のうち、診断パケットに記録する要素を指定するためのフィールドをもつ。 (A) a diagnostic packet sending host transmits, among the dynamic state information and the attribute information with the router, having a field for specifying an element to be recorded in the diagnostic packet.
(b)送信ホストは受信ホストに対して診断パケットを送信する前に、データ配送経路途中の各々のルータに記録させる動的な状態情報や属性情報を指定する。 (B) before sending host to transmit the diagnostic packet to the receiving host, to specify the dynamic state information and the attribute information to be recorded in each of the routers in the middle of the data delivery path.
(c)(b)により送信ホストより発行された診断パケットを受信したルータは、その診断パケット内に示されている、送信ホストが指定した動的な状態情報や属性情報を、自ルータのIPアドレスと共に診断パケットのペイロードに記録する。 (C) the router having received the diagnosis packet issued from the transmitting host by (b) is shown in the diagnosis packet, the transmission dynamic state information and the attribute information that the host has specified, the local router IP It is recorded in the payload of the diagnosis packet along with the address.
【0139】 [0139]
本発明は、上記のネットワークシステムにおいて、以下の手段を備えることで、データ配送経路を変更するための閾値を各々のルータに通知することを可能とするネットワーク構築手法に関する。 The present invention, in the network system, by providing the following means for the network construction method which makes it possible to notify the threshold for changing the data delivery path to each router.
(a)送信ホストが送信する診断パケットに、ルータの持つ動的な状態情報や属性情報に対して、経路を変更する際の閾値を指定するためのフィールドを持つ。 (A) a diagnostic packet sending host transmits, with respect to dynamic state information and the attribute information with the router, with a field for designating a threshold value when changing the path.
(b)送信ホストは受信ホストに対して診断パケットを送信する前に、データ配送経路の各々のルータに動的な状態情報や属性情報による、経路変更に対する閾値を指定する。 (B) before sending host to transmit the diagnostic packet to the receiving host, by dynamic state information and the attribute information to each router in the data delivery path, specifies the threshold for rerouting.
(c)送信ホストから受信ホストに対して送信される診断パケットが、データ配送経路の途中に存在するルータにより中継されるときは、上記と同様に、ペイロードに動的な状態情報や属性情報を自ルータのIPアドレスと共に記録していく。 (C) diagnosis packet transmitted to the receiving host from the transmitting host, when relayed by the router that exists in the middle of the data delivery path, in the same manner as mentioned above, the dynamic state information and attribute information in the payload It will be recorded along with the IP address of the router.
(d)受信ホストに到着した診断パケットはそのペイロードを診断結果パケットに複製し、送信ホストへ返送される。 (D) diagnostic packets arriving at the receiving host replicates the payload diagnosis result to the packet is sent back to the sending host.
(e)受信ホストから送信ホストに対して返送された診断結果パケットを、データ配送経路の途中のルータが転送する際、受信結果パケットの動的な状態情報や属性情報に対する閾値を記録しているフィールドを参照することで、自ルータが経路を変更するための閾値を知り、その閾値を用い、自ルータより下流にあるルータの動的な状態情報や属性情報との比較をし、閾値以上の値であれば、経路の変更を行う。 (E) a diagnosis result packet sent back to the transmitting host from the receiving host, when the middle of the router of the data delivery route transfers records the threshold for dynamic state information and the attribute information of the received result packet by referring to the field, the local router to know the threshold for changing the route, using the threshold value, the comparison of the dynamic state information and the attribute information of the router that is downstream from the own router, the above threshold if the value, to change the route.
【0140】 [0140]
本発明は、上記のネットワークシステムにおいて、受信ホストから送信ホストへ返却された診断結果パケットを、送信ホストが受信した際、診断パケットのペイロードに記録されている、経路途中のルータが付与したIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を送信ホストで収集し管理する。 The present invention, in the above network system, a diagnosis result packet returned to the sending host from receiving host, when the sending host receives, IP address, which is recorded in the payload of the diagnosis packet, the intermediate path router has granted and collected at sending host dynamic state information and the attribute information managed. IPパケットのソースルーティングリクエストが送信ホスト上で動作するユーザアプリケーションより発行された場合、収集管理したIPアドレスと動的な状態情報や属性情報の中から、最適な経路を選択し指定することを可能とすることを特徴とする。 If the source routing request IP packet is issued from the user application running on the sending host, from among the collection management IP address and dynamic state information and attribute information, it allows to specify and select the best route characterized by a.
【0141】 [0141]
本発明は、上記のネットワークシステムで、送信ホストが収集し管理しているIPアドレスと動的な状態情報や属性情報を、送信ホストが一定間隔で発行する診断パケットへの返信として受信ホストから返却される診断結果パケットを基準に更新することにより、ユーザアプリケーションより発行された、IPパケットのソースルーティング要求に対して、常に最適な経路を選択し指定することを可能とすることを特徴とする。 The present invention is returned in the above network system, the IP address and dynamic state information and attribute information transmitting host is collected and managed, the receiving host reply to the diagnostic packet transmission host issues at regular intervals by updating the reference diagnostic results packets, issued by the user application, the source routing request for an IP packet, select always optimal route, characterized in that it possible to specify.
【0142】 [0142]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明を用いることにより、従来技術では出来なかった、送信ホスト−受信ホスト間に定められるデータ転送経路上に位置しデータ転送処理を実施する各々のルータの動的な状態情報や属性情報の変化によってデータ転送経路を変更することが可能になり、その結果、ルータの動的な状態情報や属性情報が一定となる経路を作成でき、データ転送時に動的な経路情報や属性情報の変化によって発生するデータ転送遅延を抑え、最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, could not in the prior art, the sending host - a change in the dynamic state information and attribute information of each router to implement the position and the data transfer processing on the data transfer path defined between the receiving host it is possible to change the data transfer path by, as a result, can create a route that dynamic state information and the attribute information of the router becomes constant, caused by the change in the dynamic route information and attribute information when data is transferred suppressing the data transfer delay, it is possible to construct a network system to determine the optimal data delivery route.
【0143】 [0143]
本発明を用いることにより、データ転送経路上に存在するルータのうち、ルータのCPU使用率が高い場合に起こる転送遅延を抑えたデータ転送が可能となり、最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, among the routers present on the data transfer path, it is possible to suppress data transfer to transfer delay that occurs when the CPU utilization of the router is higher, the network system to determine the optimal data delivery route it is possible to construct.
【0144】 [0144]
本発明を用いることにより、データ転送経路上に存在するルータのうち、ルータの送受信バッファ使用率の高い場合に起こる、送受信バッファ溢れによるデータ紛失を防止することを可能となり、最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, among the routers present on the data transfer path, it occurs when high transmission and reception buffer usage rate of the router, becomes possible to prevent data loss due to overflow reception buffer, an optimal data delivery route it is possible to construct a network system to determine.
【0145】 [0145]
本発明を用いることにより、データ転送経路上に存在するルータのうち、あるルータとそのルータの下流にあるルータとの間の物理伝送路上でのデータの輻輳を防止することが可能となり、転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, among the routers present on the data transfer path, it is possible to prevent congestion of data in the physical transmission path between the routers to be a router downstream of the router, transfer delay the or data loss it is possible to construct a network system to determine the optimal data delivery route to prevent.
【0146】 [0146]
本発明を用いることにより、データ転送経路上に存在するルータのうち、あるルータとそのルータの下流にあるルータとの間の物理伝送路上で配送負荷ピーク時のデータの輻輳を防止することが可能となり、転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, among the routers present on the data transfer path, it can be prevented congestion data at the time of delivery load peak physical transmission path between the routers to be a router downstream of the router next, it is possible to construct a network system to determine the optimal data delivery route for preventing the forward delay and data loss.
【0147】 [0147]
本発明を用いることにより、データ転送経路上で、予め診断パケットを複数複製し、あるルータの通信インタフェースに接続されている下流のルータに予め転送することにより、その段階での最適なデータ配送経路を決定することが可能となり、また、最終的なデータ転送先へ物理伝送路が接続されていない場合、データが到達不可能であることを知ることが可能となり、その結果、転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を、早期に決定出来るネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, on the data transfer path, by pre-diagnosis packet plurality replication in advance transferred to the downstream router connected to the communication interface of a router, the optimal data delivery route at that stage can be determined and will also, when the final data transfer destination physical transmission path is not connected, the data becomes possible to know that it is unreachable, so that transfer delay and data loss optimal data delivery route to prevent, it is possible to construct a network system can be determined early.
【0148】 [0148]
本発明を用いることにより、データ転送経路上に存在するルータに対して、各々のルータで取得し診断パケットのペイロードに付与する動的な状態情報や属性情報が動的に指定でき、かつ、診断結果パケットのペイロード中に記録されている1段下流のルータの動的な状態情報や属性情報と自ルータにルータ管理者により予め設定されている動的な状態情報や属性情報の閾値との間で比較項目を動的に決定することが可能となり、動的な状態情報や属性情報の比較対象を変更することで転送遅延やデータ紛失の防止する最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, the router that exists on the data transfer path, can payload in a dynamic state information and attribute information dynamically specify which imparts the acquired diagnosis packet at each router, and diagnosis between the thresholds of the dynamic state information and the attribute information set in advance by the results router administrator dynamic state information and attribute information and its own router one stage downstream of the router that is recorded in the payload of the packet in it is possible to dynamically determine the comparison items, a network system to determine the optimal data delivery route for preventing the transfer delay and data loss by changing the comparison of dynamic state information and attribute information it is possible to become.
【0149】 [0149]
本発明を用いることにより、データ転送経路上に存在するルータに対して、各々のルータで取得し診断パケットのペイロードに付与するCPU使用率や送受信バッファ使用率や平均データ転送量や最大データ転送量と診断結果パケットに付与されている動的な状態情報や属性情報の閾値を比較することが可能となり、動的な状態情報や属性情報の閾値を個々の診断パケット送信時に変更することで転送遅延やデータ紛失の防止する最適なデータ配送経路を決定するネットワークシステムを構築することが可能となる。 By using the present invention, the router that exists on the data transfer path, CPU utilization is obtained in each of the router assigned to the payload of the diagnosis packet transmission and reception buffer usage and average data transfer amount and the maximum data transfer amount diagnosis results can be compared threshold dynamic state information and the attribute information attached with it to the packet, transfer delay by changing the threshold value of the dynamic state information and the attribute information during individual diagnosis packet transmitted the network system to determine the optimal data delivery route to prevent or data loss it is possible to construct.
【0150】 [0150]
本発明を用いることにより、データ転送経路上の各々のルータにより作成された診断結果パケットのペイロードに付与されている各々のルータのIPアドレスおよび動的な状態情報や属性情報を送信ホストに蓄積することが可能となり、送信ホスト上で動作するIPパケットのソースルーティング手法を用いて、決められたデータ転送経路に従わないパケット送信を実施したい他の通信アプリケーションに対しても、動的な状態情報や属性情報が一定となり転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を選択させる手法を提供可能となる。 By using the present invention, it stores the IP address and dynamic status information and attribute information for each of the routers that are granted to the payload of the diagnosis result packet generated by each of the routers on the data transfer path to the sending host it becomes possible, by using a source routing technique of the IP packet which operates on the sending host, also for other communication applications to be performed packet transmission not according to the data transfer path which is determined, Ya dynamic state information attribute information can be provided a method for selecting the optimum data delivery route for preventing the forward delay and data loss becomes constant.
【0151】 [0151]
本発明を用いることにより、データ転送経路上の各々のルータにより作成された診断結果パケットのペイロードに付与されている各々のルータのIPアドレスおよび動的な状態情報や属性情報を周期的に新しい情報に更新することが可能となり、送信ホスト上で動作するIPパケットのソースルーティング手法を用いて、決められたデータ転送経路に従わないパケット送信を実施したい他の通信アプリケーションに対して、最新となる動的な状態情報や属性情報が一定となり転送遅延やデータ紛失を防止する最適なデータ配送経路を選択させる手法を提供可能となる。 By using the present invention, the IP address and dynamic status information and attribute information for each of the routers that are granted to the payload of the diagnosis result packet generated by each of the routers on the data transfer path cyclically new information it is possible to update, using the source routing technique of the IP packet which operates on the sending host, to other communications applications to be performed packet transmission not according to the data transfer path that is determined, the newest dynamic state information and attribute information can be provided a method for selecting the optimum data delivery route for preventing the forward delay and data loss becomes constant.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 本発明に係るデータ通信システムの一例を示す図。 It illustrates an example of a data communication system according to the present invention; FIG.
【図2】 実施の形態1に係る診断パケットのフォーマットの一例を示す図。 2 is a diagram showing an example of a format of a diagnostic packet according to the first embodiment.
【図3】 実施の形態1に係る診断パケットの転送処理を示すフローチャート図。 FIG. 3 is a flowchart showing a transfer process of a diagnostic packet according to the first embodiment.
【図4】 実施の形態1に係る診断結果パケットのフォーマットの一例を示す図。 4 is a diagram showing an example of the format of the diagnostic result packet according to the first embodiment.
【図5】 実施の形態1に係る診断結果パケットの転送処理を示すフローチャート図。 FIG. 5 is a flowchart showing a transfer process of the diagnosis result packet according to the first embodiment.
【図6】 実施の形態2に係る診断パケットのフォーマットの一例を示す図。 6 is a diagram showing an example of the format of diagnostic packets according to the second embodiment.
【図7】 実施の形態2に係る診断結果パケットのフォーマットの一例を示す図。 7 is a diagram showing an example of the format of the diagnostic result packet according to the second embodiment.
【図8】 実施の形態2に係る診断パケットの転送処理を示すフローチャート図。 FIG. 8 is a flowchart showing a transfer process of a diagnostic packet according to the second embodiment.
【図9】 実施の形態2に係る診断結果パケットの転送処理を示すフローチャート図。 FIG. 9 is a flowchart showing a transfer processing of the diagnostic result packet according to the second embodiment.
【図10】 実施の形態3に係る診断パケットのフォーマットの一例を示す図。 10 is a view showing an example of the format of diagnostic packets according to the third embodiment.
【図11】 実施の形態3に係る診断結果パケットのフォーマットの一例を示す図。 11 is a diagram showing an example of the format of the diagnostic result packet according to the third embodiment.
【図12】 実施の形態3に係る診断パケットの転送処理を示すフローチャート図。 FIG. 12 is a flowchart showing a transfer process of a diagnostic packet according to the third embodiment.
【図13】 実施の形態3に係る診断結果パケットの転送処理を示すフローチャート図。 FIG. 13 is a flowchart showing a transfer processing of the diagnostic result packet according to the third embodiment.
【図14】 実施の形態4に係る診断パケットのフォーマットの一例を示す図。 14 illustrates an example of the format of diagnostic packets according to the fourth embodiment.
【図15】 実施の形態4に係る診断結果パケットのフォーマットの一例を示す図。 FIG. 15 is a diagram showing an example of the format of the diagnostic result packet according to the fourth embodiment.
【図16】 実施の形態4に係る診断パケットの転送処理を示すフローチャート図。 Figure 16 is a flowchart showing a transfer processing of diagnostic packets according to the fourth embodiment.
【図17】 実施の形態4に係る診断結果パケットの転送処理を示すフローチャート図。 Figure 17 is a flowchart showing a transfer processing of the diagnostic result packet according to the fourth embodiment.
【図18】 実施の形態5に係る診断パケットのフォーマットの一例を示す図。 FIG. 18 is a diagram showing an example of the format of diagnostic packets according to the fifth embodiment.
【図19】 実施の形態5に係る診断結果パケットのフォーマットの一例を示す図。 Figure 19 is a view showing an example of the format of the diagnostic result packet according to the fifth embodiment.
【図20】 実施の形態5に係る診断パケットの転送処理を示すフローチャート図。 Figure 20 is a flowchart showing a transfer processing of diagnostic packets according to the fifth embodiment.
【図21】 実施の形態5に係る診断結果パケットの転送処理を示すフローチャート図。 Figure 21 is a flowchart showing a transfer processing of the diagnostic result packet according to the fifth embodiment.
【図22】 実施の形態6に係るデータ通信システムの一部を示す図。 FIG. 22 shows a part of a data communication system according to the sixth embodiment.
【図23】 実施の形態6に係る診断パケットの転送処理を示すフローチャート図。 Figure 23 is a flowchart showing a transfer processing of diagnostic packets according to a sixth embodiment.
【図24】 実施の形態6に係るエラーパケットに対する処理を示すフローチャート図。 Figure 24 is a flowchart showing the processing for error packet according to the sixth embodiment.
【図25】 実施の形態7に係る診断パケットのフォーマットの一例を示す図。 Figure 25 is a diagram showing an example of the format of diagnostic packets according to the seventh embodiment.
【図26】 実施の形態7に係る診断結果パケットのフォーマットの一例を示す図。 26 shows an example of the format of the diagnostic result packet according to the seventh embodiment.
【図27】 実施の形態7に係る診断パケットの転送処理を示すフローチャート図。 Figure 27 is a flowchart showing a transfer process of a diagnostic packet according to the seventh embodiment.
【図28】 実施の形態7に係る診断結果パケットの転送処理を示すフローチャート図。 Figure 28 is a flowchart showing a transfer processing of the diagnostic result packet according to the seventh embodiment.
【図29】 実施の形態8に係る診断パケットのフォーマットの一例を示す図。 Figure 29 is a diagram showing an example of the format of diagnostic packets according to the eighth embodiment.
【図30】 実施の形態8に係る診断結果パケットのフォーマットの一例を示す図。 FIG. 30 shows an example of the format of the diagnostic result packet according to the eighth embodiment.
【図31】 実施の形態8に係る診断結果パケットの転送処理を示すフローチャート図。 Figure 31 is a flowchart showing a transfer processing of the diagnostic result packet according to the eighth embodiment.
【図32】 実施の形態9に係る送信ホストの構成を示す図。 Figure 32 is a diagram showing a configuration of a sending host according to a ninth embodiment.
【図33】 実施の形態9に係る診断パケット生成部の処理を示すフローチャート図。 Figure 33 is a flowchart showing the processing of the diagnostic packet generator according to the ninth embodiment.
【図34】 実施の形態9に係る診断パケット送信部の処理を示すフローチャート図。 Figure 34 is a flowchart showing the processing of the diagnostic packet transmitter according to the ninth embodiment.
【図35】 実施の形態9に係る診断結果パケット受信部の処理を示すフローチャート図。 Figure 35 is a flowchart showing the processing of the diagnostic result packet receiving unit according to the ninth embodiment.
【図36】 実施の形態9に係る診断結果蓄積部の処理を示すフローチャート図。 Figure 36 is a flowchart showing the processing of the diagnostic result storage unit according to the ninth embodiment.
【図37】 実施の形態9に係る経路検索部の処理を示すフローチャート図。 Figure 37 is a flowchart showing the processing of the route search unit according to the ninth embodiment.
【図38】 実施の形態10に係る送信ホストの構成を示す図。 FIG. 38 shows a configuration of a transmission host according to the tenth embodiment.
【図39】 実施の形態10に係る周期起床部の処理を示すフローチャート図。 Figure 39 is a flowchart showing the processing of the periodic wake-up unit according to the tenth embodiment.
【図40】 ルータの構成を示す図。 FIG. 40 is a diagram showing the configuration of the router.
【図41】 従来技術1(RIP)を示す図。 Figure 41 illustrates the prior art 1 (RIP).
【図42】 従来技術1(HELLOプロトコル)を示す図。 Figure 42 illustrates a prior art 1 (HELLO protocol).
【図43】 従来技術1(OSPFプロトコル)を示す図。 Figure 43 illustrates a prior art 1 (OSPF protocol).
【図44】 従来技術2を示す図。 Figure 44 illustrates a prior art 2.
【図45】 従来技術3を示す図。 Figure 45 illustrates a prior art 3.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 送信ホスト、2 受信ホスト、3 ルータ、4 ルータ、5 ルータ、6ルータ、7 ルータ、8 ルータ、9 ルータ、10 ルータ、11 データ配送経路、12 変更後のデータ配送経路、800 ユーザ領域、801 カーネル領域、802 データ転送経路診断アプリケーション、803 他の通信アプリケーション、804 診断パケット生成部、805 診断パケット送信部、806 診断結果蓄積部、807 診断結果パケット受信部、808 診断結果蓄積テーブル、809 経路検索部、900 周期起床部、3000 パケット送受信部、3100 パケット種別判別部、3200 通常パケット処理部、3300 診断パケット処理部、3310 動的状態情報/属性情報検出部、3320 診断パケット加工部、3330 動的状態情報/属性情報付 1 the sending host, second receiving host, 3 router, 4 router, 5 routers, 6 routers, 7 router, 8 routers, 9 routers, 10 router, 11 data delivery path, data delivery route after 12 changes 800 the user area, 801 kernel area, 802 the data transfer path diagnostic applications 803 other communication applications 804 diagnostic packet generator, 805 diagnosis packet transmitting section, 806 diagnosis result storage unit, 807 diagnosis packet receiving unit, 808 diagnosis result storage table 809 route search Department, 900 cycles wakeup unit, 3000 packet transceiver, 3100 the packet type determining unit, 3200 normal packet processing section, 3300 the diagnostic packet processing section, 3310 the dynamic state information / attribute information detection unit, 3320 diagnosis packet processing section, 3330 dynamic state information / attribute with information 部、3340 自IPアドレス付与部、3400 診断結果パケット処理部、3410 下流ルータIPアドレス検索部、3420 下流ルータ動的状態情報/属性情報取得部、3430 下流ルータ判断部、3440 閾値記録部、3450 下流ルータ選択部、3500 ルーティングテーブル。 Department, 3340 own IP address assignment unit, 3400 diagnosis packet processing section, 3410 the downstream router IP address retrieving unit, 3420 downstream router dynamic state information / attribute information acquisition unit, 3430 a downstream router determining unit, 3440 a threshold recording unit, 3450 downstream router selector, 3500 routing table.

Claims (23)

  1. データ送信装置とデータ受信装置と、前記データ送信装置と前記データ受信装置との間に配置された複数のデータ中継装置とを有し、 A data transmitting apparatus and a data receiving device, and a plurality of data relaying devices disposed between the data receiving apparatus and the data transmission device,
    前記複数のデータ中継装置には、前記データ送信装置と前記データ受信装置との間に設定されたデータ中継経路に含まれる複数の経路内データ中継装置が含まれるデータ通信システムであって、 The plurality of data relaying apparatus, a said data transmission apparatus and data communication system includes a plurality of paths in the data relay apparatus in the configuration data relay path between the data receiving device,
    前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちいずれか一方は、 Either one of the data transmitter and the data receiver,
    各経路内データ中継装置のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を生成し、生成した前記処理性能通知情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方に向けて送信し、前記データ中継経路に従って前記複数の経路内データ中継装置間で前記処理性能通知情報を順次転送させ、 Generates a performance notification information data processing performance of each path in the data relay apparatus is shown, and transmits the generated the processing performance notification information to the other of the data transmitting apparatus and the data receiving device, said wherein according to the data relay paths between said plurality of paths within the data relaying device performance notification information sequentially transferred to,
    前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    転送された前記処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記データ中継経路において自己のデータ中継先として設定された設定中継先データ中継装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断し、判断結果に基づき自己のデータ中継先を選択することを特徴とするデータ通信システム。 Receiving the transferred the performance notification information was based on the received performance notification information, the data processing performance predetermined level data set is set as its own data relay destination in the relay route relay destination data gateway It determines whether or not to conform to, a data communication system and selects its own data relay destination based on the determination result.
  2. 前記複数の経路内データ中継装置のうちのいずれかの経路内データ中継装置には、前記データ中継経路に含まれない少なくとも一つ以上の経路外データ中継装置が接続され、 Wherein the any route within the data relay device among the plurality of paths in a data relaying apparatus, the data is not included in the relay route at least one off-path data relay apparatus is connected,
    前記いずれかの経路内データ中継装置は、 Wherein any of the routes in the data relaying apparatus,
    前記設定中継先データ中継装置のデータ処理性能に対する判断の判断結果に基づき、自己のデータ中継先を前記経路外データ中継装置のうちのいずれかの経路外データ中継装置に変更することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Based on the determination result of the determination to the data processing performance of the setting relay destination data relay apparatus, and changes its own data relay destination to one of the off-path data relay apparatus of the path outside the data relay apparatus the data communication system according to claim 1.
  3. 前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちいずれか一方は、 Either one of the data transmitter and the data receiver,
    前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方より送信された、前記各経路内データ中継装置のデータ処理性能を調査する処理性能調査情報を受信し、受信した前記処理性能調査情報に基づき前記処理性能通知情報を生成することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 The sent from the other of the data transmitting apparatus and the data receiving apparatus, the receiving processing performance survey information to investigate the data processing performance of each path in the data relaying apparatus, based on said received the performance survey information the data communication system according to claim 1, characterized in that generating a processing performance notification information.
  4. 前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方は、 The other of the data transmitter and the data receiver,
    前記処理性能調査情報を生成し、生成した前記処理性能調査情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの一方に向けて送信し、前記データ中継経路に従って前記複数の経路内データ中継装置間で前記処理性能調査情報を順次転送させ、 Generating the performance survey information, the generated the performance survey information was transmitted to the one of the data transmitting apparatus and the data receiving device, among the plurality of paths in the data relay apparatus according to the data relay path in order to transfer the performance survey information,
    前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    転送された前記処理性能調査情報を受信し、受信した前記処理性能調査情報に自己のデータ処理性能を記述し、自己のデータ処理性能が記述された前記処理性能調査情報を他の経路内データ中継装置に転送し、 Receiving the transferred the performance survey information has been to describe its own data processing performance on the received performance survey information, the performance survey information other routes in the data relaying its data processing performance is described and transfer device,
    前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの一方は、 Wherein one of the data transmitting apparatus and the data receiving device,
    前記複数の経路内データ中継装置間で順次転送され前記各経路内データ中継装置によりデータ処理性能が記述された前記処理性能調査情報を受信し、受信した前記処理性能調査情報に基づき前記処理性能通知情報を生成することを特徴とする請求項3に記載のデータ通信システム。 Receiving the performance survey information data processing performance is described by the plurality of paths in the data relay apparatus between sequentially transferred each path in the data relaying apparatus, the processing performance notification based on the received performance research information the data communication system according to claim 3, characterized in that to generate the information.
  5. 前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    データ処理性能に関する閾値である処理性能閾値を有し、前記設定中継先データ中継装置のデータ処理性能が前記処理性能閾値に適合するか否かを判断することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Has a performance threshold is a threshold related to the data processing performance, according to claim 1, the data processing performance of the setting relay destination data relay device and wherein the determining whether to meet the performance threshold data communication system.
  6. 前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちいずれか一方は、 Either one of the data transmitter and the data receiver,
    データ処理性能に関する閾値である処理性能閾値が含まれた処理性能通知情報を生成し、生成した前記処理性能通知情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方に向けて送信し、前記データ中継経路に従って前記複数の経路内データ中継装置間で前記処理性能通知情報を順次転送させ、 Generates a performance notification information processing performance threshold is a threshold related to the data processing performance is included, and transmits the generated the processing performance notification information to the other of the data transmitting apparatus and the data receiving device, said wherein according to the data relay paths between said plurality of paths within the data relaying device performance notification information sequentially transferred to,
    前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    転送された前記処理性能通知情報を受信し、前記設定中継先データ中継装置のデータ処理性能が受信した前記処理性能通知情報に含まれた前記処理性能閾値に適合するか否かを判断することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Receiving the transferred the performance notification information has been, to determine whether the data processing performance of the setting relay destination data relay device to meet the performance threshold included in the processing performance notification information received the data communication system of claim 1, wherein.
  7. 前記いずれかの経路内データ中継装置は、 Wherein any of the routes in the data relaying apparatus,
    前記経路外データ中継装置の各々に対して各経路外データ中継装置のデータ処理性能を調査する処理性能調査情報を送信し、前記処理性能調査情報に対する応答として前記各経路外データ中継装置より前記各経路外データ中継装置のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記各経路外データ中継装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする請求項2に記載のデータ通信システム。 Send a performance survey information to investigate the data processing performance of each path outside the data relay apparatus for each of the path outside the data relay device, the more each path outside the data relay apparatus in response to the processing performance research information each or receive performance notification information data processing performance is shown of the path out of the data relaying apparatus, based on the received performance notification information, the data processing performance of each path out data relaying apparatus to conform to a predetermined level the data communication system according to claim 2, characterized in that to determine whether.
  8. 前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちいずれか一方は、 Either one of the data transmitter and the data receiver,
    複数種類のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を生成し、生成した前記処理性能通知情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方に向けて送信し、前記データ中継経路に従って前記複数の経路内データ中継装置間で前記処理性能通知情報を順次転送させ、 Generates a performance report information in which a plurality of types of data processing performance is indicated, and transmits the generated the processing performance notification information to the other of the data transmitting apparatus and the data receiving apparatus, according to the data relay path sequentially transferred the performance notification information among the plurality of paths in a data relaying apparatus,
    前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    転送された前記処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置の複数種類のデータ処理性能の各々が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Receiving the transferred the performance notification information based on the received performance notification information, determines whether or not each of a plurality of types of data processing performance of the setting relay destination data relay apparatus to conform to a predetermined level the data communication system according to claim 1, characterized in that.
  9. 前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方は、 The other of the data transmitter and the data receiver,
    複数種類のデータ処理性能のうち特定のデータ処理性能を調査対象に指定する処理性能調査情報を生成することを特徴とする請求項4に記載のデータ通信システム。 The data communication system of claim 4, wherein generating a performance survey information specifying surveyed specific data processing performance among the plurality of types of data processing performance.
  10. 前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方は、 The other of the data transmitter and the data receiver,
    前記複数の経路内データ中継装置間で順次転送された前記処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記データ送信装置及び前記データ受信装置との間に所定のデータ中継経路を設定することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Receiving the performance notification information sequentially transferred between the plurality of paths in a data relaying apparatus, based on the received performance notification information, predetermined data relay between said data transmitting device and the data receiving device the data communication system according to claim 1, characterized in that to set the path.
  11. 前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの他方は、 The other of the data transmitter and the data receiver,
    所定の間隔で、前記処理性能調査情報を前記データ送信装置及び前記データ受信装置のうちの一方に向けて送信することを特徴とする請求項4に記載のデータ通信システム。 At predetermined intervals, the data communication system according to the performance survey information to Claim 4, characterized in that to be transmitted to one of said data transmitter and the data receiver.
  12. 前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    前記各経路内データ中継装置のCPU使用率が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置のCPU使用率が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Receiving the performance notification information CPU usage is shown in each path in the data relay device, based on the received performance notification information, CPU utilization of the setting relay destination data relay apparatus adapted to a predetermined level the data communication system according to claim 1, characterized in that determining whether to.
  13. 前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    前記各経路内データ中継装置の送受信バッファの使用率が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置の送受信バッファの使用率が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Receiving the performance notification information usage has been shown in the transmission and reception buffer of each path in the data relay device, based on the received performance notification information, utilization of the transmission and reception buffer of the setting relay destination data gateway predetermined the data communication system according to claim 1, characterized in that determining whether to meet the level of.
  14. 前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    前記各経路内データ中継装置の平均データ転送量が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置の平均データ転送量が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Receiving said average performance notification information data transfer amount was shown in each path in the data relay device, based on the received performance notification information, the average data transfer amount is a predetermined level of the setting relay destination data gateway the data communication system according to claim 1, characterized in that determining whether to meet.
  15. 前記各経路内データ中継装置は、 Wherein each path in the data relaying apparatus,
    前記各経路内データ中継装置の最大データ転送量が示された処理性能通知情報を受信し、受信した前記処理性能通知情報に基づき、前記設定中継先データ中継装置の最大データ転送量が所定のレベルに適合するか否かを判断することを特徴とする請求項1に記載のデータ通信システム。 Receiving said performance notification information maximum data transfer amount was shown in each path in the data relay device, based on the received performance notification information, the maximum data transfer amount is a predetermined level of the setting relay destination data gateway the data communication system according to claim 1, characterized in that determining whether to meet.
  16. 複数のデータ通信装置に接続され、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択するデータ中継装置であって、 Is connected to a plurality of data communication apparatus, a data relaying device selecting the data relay destination from the plurality of data communication apparatus,
    前記複数のデータ通信装置のうち特定のデータ通信装置より、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を受信する処理性能通知情報受信部と、 Than the specific data communication device of the plurality of data communication apparatus, and the processing performance notification information receiving unit for receiving a performance notification information data processing performance of the specific data communication device is shown,
    前記処理性能通知情報受信部により受信された前記処理性能通知情報に基づき、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断する処理性能判断部と、 Said processing performance notification on the basis of the performance notification information received by the information receiving unit, the data processing performance of the particular data communication apparatus determines whether to conform to a predetermined level performance determination unit,
    前記処理性能判断部による判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択する中継先選択部とを有することを特徴とするデータ中継装置。 Data relay apparatus characterized by having said process based on the determination result by the performance determination unit, the relay destination selecting unit that selects a data relay destination from the plurality of data communication devices.
  17. 前記中継先選択部は、前記処理性能判断部による判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置のうち前記特定のデータ通信装置以外のいずれかのデータ通信装置をデータ中継先として選択することを特徴とする請求項16に記載のデータ中継装置。 The relay destination selecting unit, wherein the selecting based on a result of determination by the performance determination unit, one of the data communication apparatus other than the specific data communication device of the plurality of communication devices as a data relay destination the data relay apparatus according to claim 16,.
  18. 前記データ中継装置は、更に、データ処理性能に関する閾値である処理性能閾値を記録する処理性能閾値記録部を有し、 The data relay apparatus further has a performance threshold recording unit for recording the performance threshold is a threshold related to the data processing performance,
    前記処理性能判断部は、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が前記処理性能閾値に適合するか否かを判断することを特徴とする請求項16に記載のデータ中継装置。 The processing performance determination unit, a data relaying apparatus of claim 16, the data processing performance of the specific data communication device is characterized in that determining whether to meet the performance threshold.
  19. 前記処理性能通知情報受信部は、前記複数のデータ通信装置の各々より、各データ通信装置のデータ処理性能を通知する処理性能通知情報を受信し、 The processing performance notification information receiving unit, from each of the plurality of data communication apparatus receives the performance notification information for notifying the data processing performance of the data communication apparatus,
    前記処理性能判断部は、前記処理性能通知情報受信部により受信された前記処理性能通知情報に基づき、前記各データ通信装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断し、 The processing performance determination unit, based on the processing performance notification information received by the processing performance notification information receiving unit, the data processing performance of the data communication apparatus determines whether to conform to a predetermined level,
    前記中継先選択部は、前記処理性能判断部による判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置からデータ中継先を選択することを特徴とする請求項16に記載のデータ中継装置。 The relay destination selecting unit, based on a result of determination by the performance determination unit, the data relay apparatus according to claim 16, characterized in that selecting a data relay destination from the plurality of data communication devices.
  20. 複数のデータ通信装置に接続されたデータ中継装置のデータ中継先を、前記複数のデータ通信装置から択するデータ中継先選択方法であって、 The data relay destination of the connected data relay apparatus to a plurality of data communication apparatus, a data relay destination selecting method for selecting from said plurality of data communication apparatus,
    前記複数のデータ通信装置のうち特定のデータ通信装置より、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が示された処理性能通知情報を受信する処理性能通知情報受信ステップと、 And processing performance notification information receiving step of a certain data communication apparatus, receives a performance notification information data processing performance of the specific data communication device is illustrated among the plurality of data communication apparatus,
    前記処理性能通知情報受信ステップにより受信された前記処理性能通知情報に基づき、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断する処理性能判断ステップと、 Based on the performance notification information received by the processing performance notification information receiving step, the processing performance determination step of data processing performance of the particular data communication apparatus determines whether to conform to a predetermined level,
    前記処理性能判断ステップによる判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置から前記データ中継装置のデータ中継先を選択する中継先選択ステップとを有することを特徴とするデータ中継先選択方法。 The processing based on the determination result by the performance determination step, the data relay destination selecting method characterized by having a relay destination selecting step of selecting a data relay destination of the data relay apparatus from said plurality of data communication devices.
  21. 前記中継先選択ステップは、前記処理性能判断ステップによる判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置のうち前記特定のデータ通信装置以外のいずれかのデータ通信装置を前記データ中継装置のデータ中継先として選択することを特徴とする請求項20に記載のデータ中継先選択方法。 The relay destination selecting step, based on a result of determination by the performance determination step, one of the data communication apparatus other than the specific data communication device of the plurality of communication devices as a data relay destination of the data relay apparatus data relay destination selecting method according to claim 20, wherein the selecting.
  22. 前記データ中継方法は、更に、データ処理性能に関する閾値である処理性能閾値を記録する処理性能閾値記録ステップを有し、 The data relay method may further include a processing performance threshold recording step of recording the performance threshold is a threshold related to the data processing performance,
    前記処理性能判断ステップは、前記特定のデータ通信装置のデータ処理性能が前記処理性能閾値に適合するか否かを判断することを特徴とする請求項20に記載のデータ中継先選択方法。 The processing performance determination step, the data relay destination selecting method according to claim 20 in which the data processing performance of the specific data communication device is characterized in that determining whether to meet the performance threshold.
  23. 前記処理性能通知情報受信ステップは、前記複数のデータ通信装置の各々より、各データ通信装置のデータ処理性能を通知する処理性能通知情報を受信し、 The processing performance notification information reception step, from each of the plurality of data communication apparatus receives the performance notification information for notifying the data processing performance of the data communication apparatus,
    前記処理性能判断ステップは、前記処理性能通知情報受信ステップにより受信された前記処理性能通知情報に基づき、前記各データ通信装置のデータ処理性能が所定のレベルに適合するか否かを判断し、 The processing performance determination step, based on the processing performance notification information received by the processing performance notification information receiving step, the data processing performance of the data communication apparatus determines whether to conform to a predetermined level,
    前記中継先選択ステップは、前記処理性能判断ステップによる判断結果に基づき、前記複数のデータ通信装置から前記データ中継装置のデータ中継先を選択することを特徴とする請求項20に記載のデータ中継先選択方法。 The relay destination selecting step, based on a result of determination by the performance determination step, the data relay destination of claim 20, wherein selecting the data relay destination of the data relay apparatus from said plurality of data communication apparatus method selection.
JP2001048242A 2001-02-23 2001-02-23 Data communication system, data relay apparatus and a data relay destination selecting method Expired - Fee Related JP3714530B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001048242A JP3714530B2 (en) 2001-02-23 2001-02-23 Data communication system, data relay apparatus and a data relay destination selecting method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001048242A JP3714530B2 (en) 2001-02-23 2001-02-23 Data communication system, data relay apparatus and a data relay destination selecting method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002252635A true JP2002252635A (en) 2002-09-06
JP3714530B2 true JP3714530B2 (en) 2005-11-09

Family

ID=18909545

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001048242A Expired - Fee Related JP3714530B2 (en) 2001-02-23 2001-02-23 Data communication system, data relay apparatus and a data relay destination selecting method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3714530B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004045163A1 (en) * 2002-11-12 2004-05-27 Fujitsu Limited Communication network system
US7551634B2 (en) 2002-11-12 2009-06-23 Fujitsu Limited Communication network system
US8223761B2 (en) 2004-12-28 2012-07-17 Zte Corporation Method for diagnosing the router which supports policy-based routing
JP4564855B2 (en) * 2005-01-31 2010-10-20 株式会社リコー Data transfer system and electronic equipment
JP4665639B2 (en) * 2005-07-19 2011-04-06 日本電気株式会社 Communication quality monitoring system, the communication quality monitoring apparatus, communication quality degradation point specifying device, method and program in the device
JP2008153884A (en) * 2006-12-15 2008-07-03 Fujitsu Ltd Data transfer method and communication equipment

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2002252635A (en) 2002-09-06 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6047330A (en) Virtual router discovery system
US5684807A (en) Adaptive distributed system and method for fault tolerance
US6278694B1 (en) Collecting and reporting monitoring data from remote network probes
US6978223B2 (en) Systems and methods for network performance measurement using packet signature collection
US20030072485A1 (en) Method and system for topology construction and path identification in a routing domain operated according to a link state routing protocol
US20020143935A1 (en) Method of determining the topology of a network of objects
US7284147B2 (en) Reliable fault resolution in a cluster
US20090198958A1 (en) System and Method for Performing Dynamic Request Routing Based on Broadcast Source Request Information
US20070110063A1 (en) Apparatus, system, and method for reliable, fast, and scalable multicast message delivery in service overlay networks
US5495471A (en) System and method for restoring a telecommunications network based on a two prong approach
Chen et al. Distributed quality-of-service routing in high-speed networks based on selective probing
US7116643B2 (en) Method and system for data in a collection and route discovery communication network
Teixeira et al. Network sensitivity to hot-potato disruptions
US6219705B1 (en) System and method of collecting and maintaining historical top communicator information on a communication device
US20060092850A1 (en) Remote estimation of round-trip delays in a data network
Han et al. Topology aware overlay networks
US6118760A (en) Management of entries in a network element forwarding memory
US20070086362A1 (en) Network management method and communications network system
US20110267952A1 (en) Dynamic latency-based rerouting
Feamster et al. Measuring the effects of Internet path faults on reactive routing
US20060092856A1 (en) Node device
US20070070975A1 (en) Storage system and storage device
US20060221825A1 (en) Congestion control network relay device and method
US20020178397A1 (en) System for managing layered network
US20050147051A1 (en) Detection of forwarding problems for external prefixes

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20040517

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040531

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20041018

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050315

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050419

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050817

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050818

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080902

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090902

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090902

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100902

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110902

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110902

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120902

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130902

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees