JP3690717B2 - セルサーチ制御方法、移動局および移動通信システム - Google Patents

セルサーチ制御方法、移動局および移動通信システム

Info

Publication number
JP3690717B2
JP3690717B2 JP20097999A JP20097999A JP3690717B2 JP 3690717 B2 JP3690717 B2 JP 3690717B2 JP 20097999 A JP20097999 A JP 20097999A JP 20097999 A JP20097999 A JP 20097999A JP 3690717 B2 JP3690717 B2 JP 3690717B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
station
need
mobile
base
location
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP20097999A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2001028778A (ja )
Inventor
哲朗 今井
衛 佐和橋
誠蔵 尾上
義裕 石川
Original Assignee
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W48/00Access restriction; Network selection; Access point selection
    • H04W48/16Discovering, processing access restriction or access information
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W36/00Handoff or reselection arrangements
    • H04W36/24Reselection being triggered by specific parameters used to improve the performance of a single terminal
    • H04W36/32Reselection being triggered by specific parameters used to improve the performance of a single terminal by location or mobility data, e.g. speed data
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明はセルサーチ(新たなとまり木チャネルの探索)の制御方法、移動局、および移動局と複数の基地局とを備えた移動通信システムに関する。
【0002】
【従来の技術】
現在普及している携帯電話のような移動通信システムでは、サービスエリア全体をセルとよばれる比較的小さな無線ゾーンに分割してサービスを行っている。このようなシステムは、例えば図1に示すように、分割された無線ゾーンをカバーする複数の基地局111−1〜111−5と、これら基地局111−1〜111−5との間に無線チャネルを設定して通信を行う移動局112−1〜112−3により構成されている。
【0003】
基地局からある送信電力で送信された電波は減衰しながら空間を伝搬し受信点に到達する。電波が受ける減衰量は送信点と受信点の距離が遠くなるほど大きくなるという性質があるため、基本的に遠い基地局から送信されるとまり木チャネルは弱い受信電力で、近い基地局から送信されるとまり木チャネルは強い受信電力で受信される。現実には、伝搬損失の大小は距離だけではなく、地形や建造物などの状況により異なってくるため、移動局の移動に伴って各基地局からのとまり木チャネルの受信電力は大きく変動する。基地局から送信される信号をよりよい品質で受信するためには、移動局は各基地局からのとまり木チャネルを常に監視し、最良の基地局を選択することが重要となる。
【0004】
一方、移動局では消費電力を小さくしてバッテリを長持ちさせることを目的として、間欠受信とよばれる技術が適用される。待ち受け動作中移動局は、自局への呼び出し(ページング)があるかどうか常に監視する必要があるが、間欠受信は、受信する必要の無い時にはできるだけ受信機を停止させることによって電力消費を抑える技術である。図2は文献「Specification of Air-Interface for 3G Mobile System Volume 3」で規定されているページングチャネルの構造を説明するための概念図である。同文献によれば、間欠受信の効果をより大きくするために、多数存在する移動局を複数のグループに分類し、それぞれのグループに対する呼び出し信号をひとつの物理チャネル上にマッピングするようページングチャネルを構成している。図2はそのようなグループのうちひとつのグループへの呼び出し信号を示している。図中PI(PI1およびPI2)と示されている部分は、ページングあり/なしを示す情報を示す非常に短い信号で、MUI(MUI1〜MUI4)と示されている部分はページング情報(移動局のID番号)を含んでいる。移動局はまずPI部を受信し、その受信結果に基づいてページングありと判定された場合にのみMUI部分を受信する。従って、自局が所属するグループのページングのみ受信すればよいことおよび、ページング情報が無い場合にはPI部のみを受信すればよいことの、2つの効果により実際に受信が必要な時間率は小さく抑えられ、結果、消費電力を非常に小さく抑えることが可能である。図2では、すでに移動局側の判定により選択された基地局から送出されるページング情報を対象として描いているが、現実には、移動局の移動に伴って周辺の基地局のとまり木チャネルを探索するための動作が必要となる。周辺の基地局を探索する動作は受信可能性のある多数のとまり木チャネルを受信する動作が必要となるため、この探索動作そのものの頻度をできるだけ小さくすることが、間欠受信の効果をより高くするという観点から重要である。
【0005】
このように、移動局の移動に合わせて最良の基地局を選択するためには、常時周辺基地局のとまり木チャネルを探索・受信して監視することが必要であり、他方で、移動局のバッテリを長持ちさせるためにはできるだけ受信機を動作させる時間率を低く抑える必要があるという相反する要求が存在する。つまり、受信機を動作させる時間率を低く抑えると、基地局の選択精度が低下するため所定のサービスの品質が得られなくなるなど好ましくない結果を招いてしまう。反対に、受信機を動作させる時間率を高くして基地局の選択精度を高めると、移動局のバッテリが早く消耗するため、移動局装置の利便性が著しく低下するという重大な問題が生ずる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】
文献(柚木、東、堤、「W−CDMA移動機におけるセル選択制御」、1999年信学総大 B−5−186)では、間欠受信の効果を評価しており、移動局の移動を反映した的確な基地局選択を行うためには周期的に周辺基地局の探索を行うことが必要であると示唆している。しかしながら、一定周期で周辺基地局の探索を行った場合、ある程度の間欠受信の効果が得られるように周期を設定せざるを得ないため、移動局が高速で移動するような場合や伝搬状況が激しく変化するような環境では、伝搬環境の変化に追随することができずに基地局選択精度が低下してしまうという好ましくない問題が発生する。また、移動局がほとんど移動しないような場合や伝搬状況の変化が緩慢な環境では、無駄なとまり木探索が頻繁に行われるため、移動局のバッテリを消耗してしまうという重大な欠陥を有していた。
【0007】
このような問題点に鑑み、本発明は移動局における(周辺)セルサーチ制御方法において、最良の基地局を選択する精度を高く保ちつつ、消費電力を抑えることを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】
図3は本発明の作用を説明するための概念図である。図に示したように4つの基地局311−1〜311−4によりカバーされているエリアを移動局312が矢印に沿って移動する場合について考える。なお、移動局312は出発地点にいるときに、3つの基地局311−1〜311−3についてはそのとまり木チャネルを捕捉しており、基地局311−4についてはそのとまり木チャネルを捕捉できていないものとする。移動局312が基地局に近い場所に位置しているとき、例えば移動局312がその出発点に位置しているときは基地局311−1からのとまり木チャネルを良好に受信することができるため、より良い基地局を探索する必要性は低く、従って探索の頻度を低く抑えても受信品質にはほとんど影響を与えない。しかし、移動局が複数のセルの境界付近に位置している場合には他のより良い基地局のとまり木チャネルに切り替える必要性が高くなると同時に基地局311−4のように現在そのとまり木チャネルを捕捉していない基地局のとまり木チャネルが受信される確率も高くなる。
【0009】
基地局に近い場合にはとまり木チャネルの受信電力(受信レベル)は高く、セル周辺部すなわち複数のセルの境界付近に位置する場合にはとまり木チャネルの受信電力は低くなる。基地局に近い場合には、とまり木の受信電力そのものが高く、また他基地局のとまり木から干渉妨害を受ける確率は低いため、とまり木チャネルの受信SIR(Signal to Interference power Ratio)は高い。反対にセル周辺部、すなわち複数のセルの境界付近に位置する場合には、とまり木チャネルの受信電力そのものが低く、かつ他基地局のとまり木から干渉妨害を受ける確率が高くなるため、とまり木チャネルの受信SIRは低くなる。このような受信SIRと移動局の位置との関係は、無線アクセス方式によらず得られるが、符号分割多元接続(Code Division Multiple Access; CDMA)技術により構成されるセルラシステムでは、各基地局で同じ無線周波数を使用し、常に干渉が存在する状況下で動作するため、よりこの関係が明確である。
【0010】
また、とまり木チャネルの受信電力ととまり木チャネルを復号して得られる送信電力とに基づき計算される伝搬損失は基地局に近い場合に小さく、セル周辺部すなわち複数のセルの境界付近に位置する場合には大きくなる。
【0011】
さらに、送信した信号が基地局において一定の品質(受信電力や受信SIRなど)で受信できるように、移動局において信号の送信電力を制御しているような場合には、その送信電力は、基地局に近い場合に小さく、セル周辺部すなわち複数のセルの境界付近に位置する場合には大きくなる。
【0012】
したがって、最も高い受信電力、最も高い受信SIR、最も小さい伝搬損失、または最も低い送信電力に注目すれば、移動局が基地局の近くにいるのか、遠くにいる(セル周辺部)にいるのかがわかる。
【0013】
受信電力が最も高いとまり木チャネルと2番目に高いとまり木チャネルとで受信電力を比較すると、最も高い受信電力に対する2番目に高い受信電力の比(=2番目に高い受信電力/最も高い受信電力)は、基地局に近い場合には小さく、セル周辺部すなわち複数のセルの境界付近に位置する場合には大きくなる。受信SIRについても同様のことがいえる。伝搬損失については、最も小さい伝搬損失に対する2番目に小さい伝搬損失の比は、基地局に近い場合に大きい。
【0014】
また、最も高い受信電力に対する比がある一定値以上になる受信電力を有するとまり木の数は、基地局に近い場合には最高のものが飛び抜けて高いため少数となり、反対にセル周辺部すなわち複数のセルの境界付近に位置する場合には多数のとまり木チャネルが同程度の受信電力で受かるためその数は多くなる。受信SIRについても同様のことがいえる。伝搬損失については、最も小さい伝搬損失に対する比がある一定値以下になる伝搬損失を有するとまり木チャネルの数は、基地局に近い場合に少ない。
【0015】
本発明はこのようにして、新たなとまり木チャネルの探索の必要性が高いセル周辺部に移動局が位置しているか、あるいはその必要性が低い基地局の近辺に移動局が位置しているかを自動的に判断し、より必要性が高い地点において探索の頻度を増し、反対にその必要性が低い地点において探索の頻度を減ずる。
【0016】
また、移動局の移動速度が速い場合には各とまり木チャネルのレベルの時間的な変動が激しくなるため、新たなとまり木チャネルが出現する頻度が高くなり、反対に移動局がほとんど移動しないような場合には、その頻度は低くなる。本発明は移動速度を検出することにより、新たなとまり木チャネルの探索頻度を変化させ、より探索の必要性が高い場合において探索の頻度を増し、反対にその必要性が低い場合において探索の頻度を減ずる。
【0017】
上記目的を達成するために、請求項1に記載の発明は、基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する移動局におけるセルサーチ制御方法であって、現在捕捉している各とまり木チャネル第1の受信品質を測定する測定ステップと、前記測定ステップにより測定した第1の受信品質から第2の受信品質を取得する取得ステップと、前記取得ステップにより取得した第2の受信品質に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定する制御ステップとを備えることを特徴とする。
【0018】
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信電力に関して、最も高い受信電力を取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した最も高い受信電力に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0019】
請求項3に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信電力に関して、最も高い受信電力に対する2番目に高い受信電力の比を取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0020】
請求項4に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信電力に関して、最も高い受信電力に対する比がある一定値以上になる受信電力を有するとまり木チャネルの数を取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0021】
請求項5に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRを取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した最も高い受信SIRに基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0022】
請求項6に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRに対する2番目に高い受信SIRの比を取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0023】
請求項7に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRに対する比がある一定値以上になる受信SIRを有するとまり木チャネルの数を取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0024】
請求項8に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出しステップをさらに備え、前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定された受信電力と、前記取り出しステップにより取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失を取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した最も小さい伝搬損失に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0025】
請求項9に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出しステップをさらに備え、前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定された受信電力と、前記取り出しステップにより取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失に対する2番目に小さい伝搬損失の比を取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0026】
請求項10に記載の発明は、請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出しステップをさらに備え、前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定された受信電力と、前記取り出しステップにより取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失に対する比がある一定値以下になる伝搬損失を有するとまり木チャネルの数を取得し、前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0027】
請求項11に記載の発明は、基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する移動局におけるセルサーチ制御方法であって、現在通信または待ち受けを行っている各基地局へ信号を送信する際の送信電力を測定する測定ステップと、前記測定ステップにより測定した送信電力に関して、最も低い送信電力を取得する取得ステップと、前記取得ステップにより取得した最も低い送信電力に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定する制御ステップとを備えることを特徴とする。
【0029】
請求項12に記載の発明は、基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する移動局であって、現在捕捉している各とまり木チャネル第1の受信品質を測定する測定手段と、前記測定手段により測定した第1の受信品質から第2の受信品質を取得する取得手段と、前記取得手段により取得した第2の受信品質に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定する制御手段とを備えたことを特徴とする。
【0030】
請求項13に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信電力に関して、最も高い受信電力を取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した最も高い受信電力に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0031】
請求項14に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信電力に関して、最も高い受信電力に対する2番目に高い受信電力の比を取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0032】
請求項15に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信電力に関して、最も高い受信電力に対する比がある一定値以上になる受信電力を有するとまり木チャネルの数を取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0033】
請求項16に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRを取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した最も高い受信SIRに基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0034】
請求項17に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRに対する2番目に高い受信SIRの比を取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0035】
請求項18に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRに対する比がある一定値以上になる受信SIRを有するとまり木チャネルの数を取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0036】
請求項19に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出し手段をさらに備え、前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定された受信電力と、前記取り出し手段により取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失を取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した最も小さい伝搬損失に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0037】
請求項20に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出し手段をさらに備え、前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定された受信電力と、前記取り出し手段により取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失に対する2番目に小さい伝搬損失の比を取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0038】
請求項21に記載の発明は、請求項12に記載の移動局であって、現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出し手段をさらに備え、前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、前記取得手段は、前記測定手段により測定された受信電力と、前記取り出し手段により取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失に対する比がある一定値以下になる伝搬損失を有するとまり木チャネルの数を取得し、前記制御手段は、前記取得手段により取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする。
【0039】
請求項22に記載の発明は、基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する移動局であって、現在通信または待ち受けを行っている各基地局へ信号を送信する際の送信電力を測定する測定手段と、前記測定手段により測定した送信電力に関して、最も低い送信電力を取得する取得手段と、前記取得手段により取得した最も低い送信電力に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定する制御手段とを備えたことを特徴とする。
【0041】
請求項23に記載の発明は、請求項12ないし22のいずれかに記載の移動局であって、待ち受け動作中は、間欠受信により自局への呼び出しを監視することを特徴とする。
【0042】
請求項24に記載の発明は、移動通信システムであって、請求項12ないし23のいずれかに記載の移動局と複数の基地局とを備えたことを特徴とする。
【0043】
以上の構成によれば、移動局におけるセルサーチ制御方法において、最良の基地局を選択する精度を高く保ちつつ、消費電力を抑えることができる。
【0044】
【発明の実施の形態】
以下、図面を参照しながら本発明の実施形態について詳細に説明する。
【0045】
(第1実施形態)
図4は本発明の第1実施形態に係る移動局の構成例を示す図である。同図は、移動局の構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。本実施形態に係る移動局は、移動局送受信装置420、ユーザインタフェース422、アンテナ424、とまり木チャネル品質測定制御回路426、共通制御回路428、セルサーチ制御回路430、セルサーチ頻度制御回路432、メモリ434、およびバス436を備える。本実施形態に係る移動局は、基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する。また、待ち受け動作中は、間欠受信により自局への呼び出しを監視する。
【0046】
移動局送受信装置420は基地局から送出される無線変調されたユーザ情報や制御信号を復調したり、ユーザ信号や制御信号を符号化・変調し送るための装置である。移動局送受信装置420は周波数分割多元接続(Frequency Division Multiple Access; FDMA)、時分割多元接続(Time Division Multiple Access; TDMA)、符号分割多元接続(Code Division Multiple Access; CDMA)などにより異なるが、無線区間の変復調方式の違いは本発明の効果に何ら影響を与えない。移動局送受信装置420はアンテナ424およびユーザインタフェース422にそれぞれ接続されている。共通制御回路428は、移動局の全般的な制御を司る回路である。とまり木チャネル品質測定制御回路426は移動局送受信装置420に対してとまり木チャネルの品質測定を指令し、また、測定結果を取得するための回路である。セルサーチ制御回路430は、移動局送受信装置420に対してセルサーチの実行を指令し、また、セルサーチ実行結果を取得するための回路である。さらに、セルサーチ頻度制御回路432は、とまり木チャネルの品質測定結果に基づきセルサーチを実行する頻度を制御するための回路である。メモリ434は各種データを記憶するための回路である。共通制御回路428、とまり木チャネル品質測定制御回路426、セルサーチ制御回路430、セルサーチ頻度制御回路432、メモリ434はバス436を介して相互に接続されている。
【0047】
図5は、本実施形態に係るメモリ434上に格納されるデータの例を示す図である。TH1、TH2、・・・、 THNは、測定されたとまり木チャネルの品質と比較するためのしきい値である。これらのしきい値としては、例えば、(現在捕捉している)とまり木チャネルの最高受信電力、とまり木チャネルの受信電力の最高値に対する2番目の値の比、とまり木チャネルの受信電力の最高値に対する比がある一定値以上になる受信電力を有するとまり木チャネルの数、とまり木チャネルの最高受信SIR、とまり木チャネルの受信SIRの最高値に対する2番目の値の比、とまり木チャネルの受信SIRの最高値に対する比がある一定値以上になる受信SIRを有するの数、自移動局と基地局との間の伝搬損失の最小値に対する2番目の値の比、または自移動局と基地局との間の伝搬損失の最小値に対する比がある一定値以下になる伝搬損失を有するとまり木チャネル(基地局)の数と比較すべきしきい値等が考えられる。また、F1、F2、・・・、FNは、それぞれのしきい値に対応して定められるセルサーチ頻度(新たなとまり木チャネルを探索する頻度)を示すパラメータである。
【0048】
TH1、TH2、・・・、 THNを、とまり木チャネルの最高受信電力のしきい値にする場合には、その最高受信電力が高ければセルサーチ頻度を低くし、その最高受信電力が低ければ、セルサーチ頻度を高くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0049】
TH1、TH2、・・・、 THNを、とまり木チャネルの最高受信電力に対する2番目に高い受信電力の比のしきい値にする場合には、その比が高ければセルサーチ頻度を高くし、その比が低ければセルサーチ頻度を低くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0050】
TH1、TH2、・・・、 THNを、とまり木チャネルの最高受信電力に対する比がある一定値以上になる受信電力を有するとまり木チャネルの数のしきい値にする場合には、その数が多ければセルサーチ頻度を高くし、その数が少なければセルサーチ頻度を低くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0051】
TH1、TH2、・・・、 THNを、とまり木チャネルの最高受信SIRのしきい値にする場合には、その最高受信SIRが高ければセルサーチ頻度を低くし、その最高受信SIRが低ければ、セルサーチ頻度を高くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0052】
TH1、TH2、・・・、 THNを、とまり木チャネルの最高受信SIRに対する2番目に高い受信SIRの比のしきい値にする場合には、その比が高ければセルサーチ頻度を高くし、その比が低ければセルサーチ頻度を低くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0053】
TH1、TH2、・・・、 THNを、とまり木チャネルの最高受信SIRに対する比がある一定値以上になる受信SIRを有するとまり木チャネルの数のしきい値にする場合には、その数が多ければセルサーチ頻度を高くし、その数が少なければセルサーチ頻度を低くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0054】
TH1、TH2、・・・、 THNを、自移動局と基地局との間の最小伝搬損失のしきい値にする場合には、その最小伝搬損失が大きければセルサーチ頻度を高くし、その最小伝搬損失が小さければ、セルサーチ頻度を低くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0055】
TH1、TH2、・・・、 THNを、自移動局と基地局との間の最小伝搬損失に対する2番目に小さい伝搬損失の比のしきい値にする場合には、その比が低ければセルサーチ頻度を高くし、その比が高ければセルサーチ頻度を低くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0056】
TH1、TH2、・・・、 THNを、自移動局と基地局との間の最小伝搬損失に対する比がある一定値以下になる伝搬損失を有するとまり木チャネル(基地局)の数のしきい値にする場合には、その数が多ければセルサーチ頻度を高くし、その数が少なければセルサーチ頻度を低くするようにF1、F2、・・・、FNを設定する。
【0057】
図6は本実施形態に係るセルサーチ頻度を制御する処理の流れの例を説明するフローチャートである。とまり木チャネル品質測定制御回路426は移動局送受信装置420に現在捕捉しているとまり木チャネルの品質(受信電力等)の測定を指令し結果をメモリ434に格納する(ステップS601)。例えば、測定された受信電力中の最高値に基づきセルサーチ頻度を決定するのであれば、その最高値のみをメモリ434に格納し、後の比較(S604)で使用すればよい。セルサーチ頻度制御回路432は、ループ変数iを1に初期化し(S602)、しきい値TH1をメモリ434から読み出す(S603)。測定結果(測定した品質)をTH1と比較し(S604)、測定結果がTH1よりも小さければセルサーチ頻度をF1に設定し(S605)、そうでなければ、iを1だけ増やして(S606)、i=Nでなければ(S607)ステップS603に戻り同様の処理を繰り返す。i=Nであれば(S607)セルサーチ頻度をFNに設定する(S608)。
【0058】
受信品質として自移動局と基地局との間の伝搬損失を用いる場合、基地局はとまり木チャネルを送信した際の電力の情報(送信電力情報)をとまり木チャネルに含めて移動局に送信する。また、移動局はステップS601において、とまり木チャネルの受信電力を測定し、さらにそのとまり木チャネルを復号し、送信電力情報を取り出し、受信電力と送信電力とから伝搬損失を求める。
【0059】
(第2実施形態)
図7は本発明の第2実施形態に係る移動局の構成例を示す図である。同図は、移動局装置の構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。本実施形態に係る移動局は、移動局送受信装置720、ユーザインタフェース722、アンテナ724、送信電力測定制御回路738、共通制御回路728、セルサーチ制御回路730、セルサーチ頻度制御回路732、メモリ734、およびバス736を備える。本実施形態に係る移動局は、基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する。また、待ち受け動作中は、間欠受信により自局への呼び出しを監視する。
【0060】
移動局送受信装置720は基地局から送出される無線変調されたユーザ情報や制御信号を復調したり、ユーザ信号や制御信号を符号化・変調し送るための装置である。移動局送受信装置720はアンテナ724およびユーザインタフェース722にそれぞれ接続されている。共通制御回路728は、移動局の全般的な制御を司る回路である。送信電力測定制御回路738は移動局送受信装置に対して、現在通信または待ち受けを行っている基地局へ信号を送信する際の送信電力を測定するように指令し、また、測定結果を取得するための回路である。セルサーチ制御回路730は、移動局送受信装置720に対してセルサーチの実行を指令し、また、セルサーチ実行結果を取得するための回路である。さらに、セルサーチ頻度制御回路732は、送信電力の測定結果に基づきセルサーチを実行する頻度を制御するための回路である。メモリ734は各種データを記憶するための回路である。共通制御回路728、送信電力測定制御回路738、セルサーチ制御回路730、セルサーチ頻度制御回路732、およびメモリ734はバス736を介して相互に接続されている。
【0061】
本実施形態に係る移動局(移動局送受信装置720)は、送信した信号が基地局において一定の品質(受信電力や受信SIRなど)で受信できるように、信号の送信電力を制御している。送信電力の制御は、基地局から送信されてくるコマンドに基づいて行っている。
【0062】
メモリ734上に格納されるデータの内容は図5に示す内容と同様である。本実施形態においては、TH1、TH2、・・・、 THNが、測定された最も低い送信電力と比較するためのしきい値となる。F1、F2、・・・、FNについては、最も低い送信電力が大きければセルサーチ頻度を高くし、最も低い送信電力が小さければ、セルサーチ頻度を低くするようにを設定する。
【0063】
セルサーチ頻度を制御する処理の流れは図6に示す流れと同様である。本実施形態においては、ステップS601で送信電力を測定することになる。
【0064】
(第3実施形態)
図8は本発明の第3実施形態に係る移動局の構成例を示す図である。同図は、移動局装置の構成のうち本発明に関係する部分のみを概念的に示している。本実施形態に係る移動局は、移動局送受信装置820、ユーザインタフェース822、アンテナ824、速度検出制御回路840、速度検出装置842、共通制御回路828、セルサーチ制御回路830、セルサーチ頻度制御回路832、メモリ834、およびバス836を備える。本実施形態に係る移動局は、基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する。また、待ち受け動作中は、間欠受信により自局への呼び出しを監視する。
【0065】
移動局送受信装置820は基地局から送出される無線変調されたユーザ情報や制御信号を復調したり、ユーザ信号や制御信号を符号化・変調し送るための装置である。移動局送受信装置820はアンテナ824およびユーザインタフェース822にそれぞれ接続されている。速度検出装置842は、移動局の移動速度を検出するための装置である。移動局の移動速度を検出する方法は、自動車の車速計を用いる手法、受信信号のフェージングピッチを検出する手法、さらには万歩計を用いる手法など、各種多様な手法が考えられ適用可能であるが、どのような手法により速度が検出されているかは本発明の効果に何ら影響を与えない。共通制御回路828は、移動局の全般的な制御を司る回路である。速度検出制御回路840は速度検出装置842に対して移動局の現在の移動速度の測定を指令し、また、測定結果を取得するための回路である。セルサーチ制御回路830は、移動局送受信装置820に対してセルサーチの実行を指令し、また、セルサーチ実行結果を取得するための回路である。さらに、セルサーチ頻度制御回路832は、移動速度の測定結果に基づきセルサーチを実行する頻度を制御するための回路である。メモリ834は各種データを記憶するための回路である。共通制御回路828、速度検出制御回路840、セルサーチ制御回路830、セルサーチ頻度制御回路832、メモリ834はバス836を介して相互に接続されている。
【0066】
メモリ834上に格納されるデータの内容は図5に示す内容と同様である。本実施形態においては、TH1、TH2、・・・、 THNが、検出された移動速度と比較するためのしきい値となる。F1、F2、・・・、FNについては、移動速度が速ければセルサーチ頻度を高くし、移動速度が遅ければ、セルサーチ頻度を低くするようにを設定する。
【0067】
セルサーチ頻度を制御する処理の流れは図6に示す流れと同様である。本実施形態においては、ステップS601で移動速度を検出することになる。
【0068】
【発明の効果】
以上、詳細に説明したように、本発明は、移動局が現在捕捉している基地局のとまり木チャネルの受信品質(最高受信電力、最高の受信電力に対する2番目に高い受信電力の比、最高の受信電力に対する比が一定値以上になる受信電力を有するとまり木チャネルの数、最高受信SIR、最高の受信SIRに対する2番目に高い受信SIRの比、最高の受信SIRに対する比が一定値以上になる受信SIRを有するとまり木チャネルの数、とまり木受信電力ととまり木チャネルを復号して得られる送信電力に基づき計算される伝搬損失の最小値、最小の伝搬損失に対する2番目に小さい伝搬損失の比、最小の伝搬損失に対する比が一定値以下になる伝搬損失を有するとまり木チャネルの数等)、または基地局へ信号を送信する際の送信電力を測定し、新たなとまり木チャネルの探索の必要性が高いセル周辺部に移動局が位置しているか、あるいはその必要性が低い基地局の近辺に移動局が位置しているかを自動的に判断し、より必要性が高い地点において探索の頻度を増し、反対にその必要性が低い地点において探索の頻度を減ずる。
【0069】
また、移動局において自局の移動速度を検出し、新たなとまり木チャネルが出現する頻度が高い場合には探索の頻度を増し、反対に新たなとまり木チャネルが出現する頻度が低い場合において探索の頻度を減ずる。
【0070】
このようにして、移動局におけるセルサーチ制御方法において、最良の基地局を選択する精度を高く保ちつつ、消費電力を抑えることができる。すなわち、とまり木チャネルの受信品質の変動が激しい状況にあってはとまり木チャネルの探索頻度を高く設定するようにし、基地局から移動局へ送出される信号の受信品質を高く保つことが可能であり、同時に、とまり木チャネルの受信品質の変動が緩慢な状況にあってはとまり木チャネルの探索頻度を低く設定するように作用し、移動局における消費電力を極めて小さく抑えることが可能となりバッテリの使用可能時間が増大するという効果がある。
【図面の簡単な説明】
【図1】移動通信システムの例を示す図である。
【図2】ページングチャネルの構造を説明するための概念図である。
【図3】本発明の作用を説明するための概念図である。
【図4】本発明の第1実施形態に係る移動局の構成例を示す図である。
【図5】本発明の第1実施形態に係るメモリ上に格納されるデータの例を示す図である。
【図6】本発明の第1実施形態に係るセルサーチ頻度を制御する処理の流れの例を説明するフローチャートである。
【図7】本発明の第2実施形態に係る移動局の構成例を示す図である。
【図8】本発明の第3実施形態に係る移動局の構成例を示す図である。
【符号の説明】
111−1〜111−5、311−1〜311−4 基地局
112−1〜112−3、312 移動局
420、720、820 移動局送受信装置
422、722、822 ユーザインタフェース
424、724、824 アンテナ
426 とまり木チャネル品質測定制御回路
428、728、828 共通制御回路
430、730、830 セルサーチ制御回路
432、732、832 セルサーチ頻度制御回路
434、734、834 メモリ
436、736、836 バス
738 送信電力測定制御回路
840 速度検出制御回路
842 速度検出装置

Claims (24)

  1. 基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する移動局におけるセルサーチ制御方法であって、
    現在捕捉している各とまり木チャネル第1の受信品質を測定する測定ステップと、
    前記測定ステップにより測定した第1の受信品質から第2の受信品質を取得する取得ステップと、
    前記取得ステップにより取得した第2の受信品質に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定する制御ステップと
    を備えることを特徴とするセルサーチ制御方法。
  2. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信電力に関して、最も高い受信電力を取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した最も高い受信電力に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  3. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信電力に関して、最も高い受信電力に対する2番目に高い受信電力の比を取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  4. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信電力に関して、最も高い受信電力に対する比がある一定値以上になる受信電力を有するとまり木チャネルの数を取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  5. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRを取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した最も高い受信SIRに基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  6. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRに対する2番目に高い受信SIRの比を取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  7. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRに対する比がある一定値以上になる受信SIRを有するとまり木チャネルの数 を取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  8. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出しステップをさらに備え、
    前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定された受信電力と、前記取り出しステップにより取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失を取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した最も小さい伝搬損失に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  9. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出しステップをさらに備え、
    前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定された受信電力と、前記取り出しステップにより取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失に対する2番目に小さい伝搬損失の比を取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  10. 請求項1に記載のセルサーチ制御方法であって、
    現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出しステップをさらに備え、
    前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、
    前記測定ステップは、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得ステップは、前記測定ステップにより測定された受信電力と、前記取り出しステップにより取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失に対する比がある一定値以下になる伝搬損失を有するとまり木チャネルの数を取得し、
    前記制御ステップは、前記取得ステップにより取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とするセルサーチ制御方法。
  11. 基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する移動局におけるセルサーチ制御方法であって、
    現在通信または待ち受けを行っている各基地局へ信号を送信する際の送信電力を測定する測定ステップと、
    前記測定ステップにより測定した送信電力に関して、最も低い送信電力を取得する取得ステップと、
    前記取得ステップにより取得した最も低い送信電力に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定する制御ステップと
    を備えることを特徴とするセルサーチ制御方法。
  12. 基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する移動局であって、
    現在捕捉している各とまり木チャネル第1の受信品質を測定する測定手段と、
    前記測定手段により測定した第1の受信品質から第2の受信品質を取得する取得手段と、
    前記取得手段により取得した第2の受信品質に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定する制御手段と
    を備えたことを特徴とする移動局。
  13. 請求項12に記載の移動局であって、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信電力に関して、最も高い受信電力を取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した最も高い受信電力に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  14. 請求項12に記載の移動局であって、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信電力に関して、最も高い受信電力に対する2番目に高い受信電力の比を取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  15. 請求項12に記載の移動局であって、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信電力に関して、最も高い受信電力に対する比がある一定値以上になる受信電力を有するとまり木チャネルの数を取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  16. 請求項12に記載の移動局であって、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRを取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した最も高い受信SIRに基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  17. 請求項12に記載の移動局であって、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRに対する2番目に高い受信SIRの比を取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  18. 請求項12に記載の移動局であって、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信SIRを測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定した受信SIRに関して、最も高い受信SIRに対する比がある一定値以上になる受信SIRを有するとまり木チャネルの数を取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  19. 請求項12に記載の移動局であって、
    現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出し手段をさらに備え、
    前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定された受信電力と、前記取り出し手段により取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失を取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した最も小さい伝搬損失に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  20. 請求項12に記載の移動局であって、
    現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出し手段をさらに備え、
    前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定された受信電力と、前記取り出し手段により取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失に対する2番目に小さい伝搬損失の比を取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した比に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  21. 請求項12に記載の移動局であって、
    現在捕捉している各とまり木チャネル受信して復号し、送信電力情報を取り出す取り出し手段をさらに備え、
    前記とまり木チャネルには該とまり木チャネルの送信電力情報が含まれ、
    前記測定手段は、現在捕捉している各とまり木チャネルの受信電力を測定し、
    前記取得手段は、前記測定手段により測定された受信電力と、前記取り出し手段により取り出された該受信電力を有するとまり木チャネルの送信電力とから、自局と該とまり木チャネルを送信した基地局との間の伝搬損失を算出し、算出された伝搬損失に関して、最も小さい伝搬損失に対する比がある一定値以下になる伝搬損失を有するとまり木チャネルの数を取得し、
    前記制御手段は、前記取得手段により取得した数に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定することを特徴とする移動局。
  22. 基地局が送信したとまり木チャネルを探索し、捕捉して受信することにより、通信または待ち受けを行う基地局を決定する移動局であって、
    現在通信または待ち受けを行っている各基地局へ信号を送信する際の送信電力を測定する測定手段と、
    前記測定手段により測定した送信電力に関して、最も低い送信電力を取得する取得手段と、
    前記取得手段により取得した最も低い送信電力に基づき、現在捕捉していない新たなとまり木チャネルを探索する頻度を決定する制御手段と
    を備えたことを特徴とする移動局。
  23. 請求項12ないし22のいずれかに記載の移動局であって、待ち受け動作中は、間欠受信により自局への呼び出しを監視することを特徴とする移動局。
  24. 請求項12ないし23のいずれかに記載の移動局と複数の基地局とを備えたことを特徴とする移動通信システム。
JP20097999A 1999-07-14 1999-07-14 セルサーチ制御方法、移動局および移動通信システム Active JP3690717B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20097999A JP3690717B2 (ja) 1999-07-14 1999-07-14 セルサーチ制御方法、移動局および移動通信システム

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20097999A JP3690717B2 (ja) 1999-07-14 1999-07-14 セルサーチ制御方法、移動局および移動通信システム
DE2000630512 DE60030512D1 (de) 1999-07-14 2000-07-11 Verfahren, mobile Station und Kommunikationssystem zur Steuerung der zellsuche
EP20000305842 EP1069794B1 (en) 1999-07-14 2000-07-11 Cell search control method, mobile station and mobile communications system
DE2000630512 DE60030512T2 (de) 1999-07-14 2000-07-11 Verfahren, mobile Station und Kommunikationssystem zur Steuerung der Zellsuche
EP20060076660 EP1729530B1 (en) 1999-07-14 2000-07-11 Cell search control method, mobile station and mobile communications system
US09616013 US7139571B1 (en) 1999-07-14 2000-07-13 Cell search control method, mobile station and mobile communications system
KR20000040170A KR100365634B1 (ko) 1999-07-14 2000-07-13 셀 서치 제어 방법, 이동국 및 이동 통신 시스템
CN 00126294 CN1279776C (zh) 1999-07-14 2000-07-14 小区搜索控制方法,移动站和移动通信系统

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001028778A true JP2001028778A (ja) 2001-01-30
JP3690717B2 true JP3690717B2 (ja) 2005-08-31

Family

ID=16433507

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20097999A Active JP3690717B2 (ja) 1999-07-14 1999-07-14 セルサーチ制御方法、移動局および移動通信システム

Country Status (5)

Country Link
US (1) US7139571B1 (ja)
EP (2) EP1069794B1 (ja)
JP (1) JP3690717B2 (ja)
CN (1) CN1279776C (ja)
DE (2) DE60030512D1 (ja)

Families Citing this family (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3851525B2 (ja) * 2001-08-09 2006-11-29 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 移動局装置、移動通信システムおよびキャリア検出方法
JP4631233B2 (ja) 2001-08-22 2011-02-23 日本電気株式会社 セルラ電話装置及びそれに用いるセルサーチ方法
JP4089245B2 (ja) * 2002-03-06 2008-05-28 日本電気株式会社 移動通信端末装置及びそのセルサーチ制御方法並びにプログラム
DE60305019T2 (de) * 2002-03-29 2006-12-14 Interdigital Technology Corporation, Wilmington Paging-anzeigerverarbeitungssystem auf niedrigen schichten und verfahren für ein in einem drahtlosen kommunikationssystem vewendetes mehrschichtiges kommunikationsgerät
US6985733B2 (en) * 2002-08-15 2006-01-10 Motorola, Inc. Method and apparatus for scanning for neighboring cells
JP3764152B2 (ja) 2003-06-17 2006-04-05 株式会社東芝 移動通信端末のハンドオフ制御方法及び移動通信端末
JPWO2005029723A1 (ja) * 2003-09-18 2006-11-30 三菱電機株式会社 移動体通信端末
JP4364661B2 (ja) 2004-01-30 2009-11-18 Okiセミコンダクタ株式会社 セル選択方法および移動通信装置
CN100508655C (zh) 2004-10-26 2009-07-01 大唐移动通信设备有限公司;上海大唐移动通信设备有限公司 提高移动台切换测量准确度的方法及越区切换控制方法
US7917140B2 (en) 2004-12-06 2011-03-29 Telefonaktiebolaget L M Ericsson (Publ) Initial cell search in mobile communications systems
US8068839B2 (en) 2005-06-09 2011-11-29 Mitsubishi Electric Corporation Mobile radio communication system, base station apparatus, radio network controller, and mobile station
KR100796850B1 (ko) 2005-12-30 2008-01-22 삼성전자주식회사 Gsm 통신 장치의 총 배터리 수명을 개선하는 시스템
KR100650398B1 (ko) * 2005-12-30 2006-11-21 주식회사 팬택 프리앰블을 측정하여 효과적인 슬립 주기를 결정하는와이브로 단말기 및 방법
US20100184420A1 (en) * 2006-12-29 2010-07-22 Stanley Reinhold Method and Apparatus for Prolonging Battery Life in a Mobile Communication Device Using Motion Detection
US8655419B2 (en) * 2007-02-01 2014-02-18 Microsoft Corporation Providing a power state alter signal to a device based upon a position signal corresponding to the mobile device
US8630674B2 (en) 2007-06-27 2014-01-14 St-Ericsson Sa Method of driving a mobile communication terminal
US8428637B2 (en) 2007-07-10 2013-04-23 Qualcomm Incorporated Extending access terminal battery life through search rate control
JP5094279B2 (ja) * 2007-08-27 2012-12-12 キヤノン株式会社 通信装置
CN101919289B (zh) 2007-11-27 2013-07-10 夏普株式会社 移动台装置、无线通信系统、移动台装置控制方法
US8055256B2 (en) 2008-05-30 2011-11-08 Motorola Mobility, Inc. Method and apparatus for selecting scanning rates in a multi-mode communication device
CN101599810B (zh) 2008-06-06 2013-06-05 博通集成电路(上海)有限公司 差错掩盖装置及方法
JP5156498B2 (ja) * 2008-06-18 2013-03-06 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 基地局及び移動通信方法
KR101471085B1 (ko) 2008-09-18 2014-12-09 삼성전자주식회사 이동통신 시스템에서 등록된 사용자의 접속 가능한 초소형 기지국 자동 탐색 장치 및 방법
US8437313B2 (en) 2008-12-23 2013-05-07 Research In Motion Limited Scanning methods and apparatus for mobile devices in wireless local area networks for reduced power consumption
DE602008004793D1 (de) * 2008-12-23 2011-03-10 Research In Motion Ltd Abtastverfahren und mobile Kommunikationsvorrichtung in drahtlosen lokalen Netzwerken zum verringerten Stromverbrauch
US8843131B2 (en) * 2009-05-28 2014-09-23 Qualcomm Incorporated Reducing frequent handoffs of a wireless communication device
US8195251B2 (en) 2010-02-26 2012-06-05 Research In Motion Limited Reducing WLAN power consumption on a mobile device utilizing a cellular radio interface
EP2364049B1 (en) * 2010-02-26 2012-06-06 Research In Motion Limited Reducing WLAN power consumption on a mobile device utilizing a cellular radio interface
US8706137B2 (en) * 2011-08-02 2014-04-22 Qualcomm Incorporated Likelihood of mobile device portal transition

Family Cites Families (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1994029981A1 (en) * 1993-06-14 1994-12-22 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson Non-continuous transmission for seamless handover in ds-cdma systems
US5603081A (en) * 1993-11-01 1997-02-11 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson Method for communicating in a wireless communication system
JP3483295B2 (ja) 1994-04-15 2004-01-06 富士通株式会社 周辺ゾーンキャリア監視方式および移動局
JP3148506B2 (ja) 1994-04-27 2001-03-19 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 移動通信セル判定方法及びその移動局装置
JPH07327256A (ja) 1994-05-31 1995-12-12 Kenwood Corp 移動無線における移動局の待ち受け制御方式
JPH0846563A (ja) 1994-07-28 1996-02-16 Sanyo Electric Co Ltd デジタル方式自動車電話システムの制御方法
JPH08107585A (ja) 1994-10-06 1996-04-23 Toyo Commun Equip Co Ltd 移動無線通信システム
DE69534333D1 (de) * 1994-11-22 2005-09-01 Nippon Telegraph & Telephone Steuerkanal-Suchverfahren in einer mobilen Station
US5566366A (en) * 1994-11-30 1996-10-15 Motorola, Inc. Method of power conservation in a data communications system
JPH0998465A (ja) 1995-09-29 1997-04-08 Nec Corp 携帯無線電話制御法及び携帯無線電話機
JPH0998131A (ja) 1995-10-03 1997-04-08 Kokusai Electric Co Ltd チャンネル走査制御方法および携帯電話機
JP2986388B2 (ja) * 1995-10-19 1999-12-06 エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社 移動通信におけるとまり木チャネル設定方法
US6067460A (en) * 1996-05-23 2000-05-23 Nokia Mobile Phones Limited Mobile station having enhanced standby mode
US6493561B1 (en) * 1996-06-24 2002-12-10 Fujitsu Limited Mobile communication system enabling efficient use of small-zone base stations
FI104680B (fi) * 1997-01-09 2000-04-14 Nokia Mobile Phones Ltd Menetelmä naapurisolutiedon määrittämiseksi solukkoverkossa ja matkaviestin
KR100265584B1 (ko) 1997-07-22 2000-09-15 정태기 이동통신에서의 유휴 핸드오프 제어방법
US6725068B2 (en) * 1997-08-05 2004-04-20 Tokyo Digital Phone Co., Ltd. Digital wireless telephone system
GB2328582B (en) * 1997-08-22 2002-06-19 Nec Technologies Mobile radio station -station monitoring control
JPH1198071A (ja) 1997-09-20 1999-04-09 Matsushita Electric Ind Co Ltd Cdma移動無線端末装置
JPH11113044A (ja) * 1997-09-30 1999-04-23 Sony Corp 通信方法、送信方法、受信方法、基地局及び端末装置
JP3109504B2 (ja) * 1998-03-27 2000-11-20 日本電気株式会社 セルラシステムおよびセルラシステムの隣接周波数干渉回避方法と移動局
US6603773B2 (en) * 1998-04-08 2003-08-05 Nokia Mobile Phones Limited Method and system for controlling the transmission power of certain parts of a radio transmission
JP2885789B1 (ja) 1998-05-08 1999-04-26 静岡日本電気株式会社 無線電話機の基地局検索方法と通信システム
JP2947279B1 (ja) * 1998-07-31 1999-09-13 日本電気株式会社 スペクトラム拡散通信システム、及びスペクトラム拡散通信システムにおけるハンドオーバー方法
JP3204310B2 (ja) * 1998-08-12 2001-09-04 日本電気株式会社 Cdma移動通信システムおよびその下り送信電力制御方法
JP3864326B2 (ja) * 1998-08-19 2006-12-27 富士通株式会社 ハンドオーバ方法,基地局,移動局及び移動通信システム
JP3447579B2 (ja) * 1998-10-07 2003-09-16 松下電器産業株式会社 無線通信装置及び無線通信方法
US6665277B1 (en) * 1998-10-16 2003-12-16 Texas Instruments Incorporated Comma free codes for fast cell search using tertiary synchronization channel
JP2000201101A (ja) * 1999-01-07 2000-07-18 Fujitsu Ltd 拡散通信システムとその移動機

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2001028778A (ja) 2001-01-30 application
CN1283014A (zh) 2001-02-07 application
EP1729530A2 (en) 2006-12-06 application
EP1729530B1 (en) 2013-05-29 grant
CN1279776C (zh) 2006-10-11 grant
EP1729530A3 (en) 2007-12-26 application
EP1069794A2 (en) 2001-01-17 application
DE60030512T2 (de) 2007-01-11 grant
DE60030512D1 (de) 2006-10-19 grant
US7139571B1 (en) 2006-11-21 grant
EP1069794A3 (en) 2001-09-19 application
KR20010015324A (ko) 2001-02-26 application
EP1069794B1 (en) 2006-09-06 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7313398B1 (en) System and method for handoff in a CDMA network
US5710973A (en) Method for allocating idle channels of a cellular mobile telephone system for use in a microcellular system
US7065361B1 (en) Method of tuning handoff neighbor lists
US6597679B1 (en) Control of compressed mode transmission in WCDMA
US5999522A (en) Method and apparatus for determining hand-off candidates in a communication system
US6252861B1 (en) Methods and apparatus for interfrequency handoff in a wireless communication system
US6751460B2 (en) Methods and apparatus for performing cell reselection for supporting efficiently hierarchical cell structures
US20100298001A1 (en) Speed-Dependent Adaptation of Mobility Parameters with Dual Speed Measurement
US20050075074A1 (en) Method and apparatus for selecting carriers
US20050037798A1 (en) Mobile station, mobile communication system, and cell selection method
US6111864A (en) Hand-off method and apparatus in CDMA cellular system
US5987062A (en) Seamless roaming for wireless local area networks
US6714789B1 (en) Method and system for inter-frequency handoff and capacity enhancement in a wireless telecommunications network
US20040022217A1 (en) Method and apparatus for soft handover area detection using inter-band measurements
US20040157608A1 (en) Mobile communication terminal and control unit
US6311059B1 (en) Mobile radio station
US20030060201A1 (en) Method and system for optimizing system-access and soft-handoff parameters based on location information
US20110207459A1 (en) Method and apparatus for cell reselection
EP1117269A1 (en) Method and devices for improved handover procedures in mobile communication systems
US6496493B1 (en) Handoff trial method by a mobile station
US7149201B2 (en) Enhanced bearer overhead monitoring for improved position location performance for wireless mobiles
US20130109372A1 (en) Performing inter-frequency measurements in a mobile network
US7054631B2 (en) Enhancement of soft handoff in a mobile wireless network through the use of dynamic information feedback from mobile users
US20010006514A1 (en) Apparatus and method for performing handoff in a mobile communication system
US6718171B1 (en) Robust and efficient reacquisition after call release

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040420

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040423

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040622

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050527

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20050610

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050610

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080624

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090624

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090624

Year of fee payment: 4

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R3D02

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090624

Year of fee payment: 4

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R3D04

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100624

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100624

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110624

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120624

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120624

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130624

Year of fee payment: 8

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250